Sentosa Cafe 〜 ハウツリーラナイの小ちゃい版w

所用があって、旦那さんと朝からデートしてた休日の朝。
ちょっと時間が空いたので、ご用事付近のカフェで一服。
実は前から気になっていたカフェではあったんですが、初来店。

th_IMG_2392.jpg 

交差点の一角にあるのですが、お店の前にも大きな街路樹があって、お店自体も
グリーンを多用したデザインになっており、さながら森の中にいるかのよう。
ま、カフェの内部は清潔感こそあるものの、最近オープンしたカフェ群のように
作り込んでる感も無くシンプルなんですけどね。

取り立てて「ぜひとも行きたい特別なカフェ!!」って感じでもないのですが、
SENTOSAという名前が個人的に印象的だったのと、この木!

th_IMG_2395_20160808155645a92.jpg th_IMG_2393.jpg 

テラス席のスーペースにあり、この木のすぐ下の席に座ったのだけど、
まるでハワイのハウツリー・ラナイのよう!

ハウツリー・ラナイは、ハワイのホテルに併設されてるガーデンレストラン。
私が生まれて初めてエッグベネディクトを食べた所なんですよ。憧れのレシピでねー。
そんなに難しい物じゃないんだけど、知ったキッカケが映画『Pretty Bride』、
2000年頃だったから結構遅かった。

映画の中の人に合わせてばかりの主人公アナ(ジュリア・ロバーツ)の昔の彼氏達に
彼女の好きな卵料理は?と聞くと「俺と同じでスクランブルエッグ」「ポーチドエッグ。
俺と同じ」と答が色々。そんな彼女が自分の気持ちに正直になる、と決意。それを
恋人に告げるシーンで言ったのが「私はベネディクトが好き」と言う象徴的な台詞。

多分それまでに聞いた事もあったし見た事もあったレシピなんだけど、この台詞で
とても印象に残って、食べてみたいなーと思ってたのねー。そしたらハワイのハウ
ツリー・ラナイにそれを見つけて、喜び勇んで食べたって想い出が。旦那さんが
(彼が意図しないままに)叶えてくれた Hundreds of My Dreamsの中の一つ(^皿^)

そのレストランはこちらのカフェよりもっと広くて、テラス席にはもっと何本もの
大きな木が植えてあって、テラス中が緑の葉っぱの屋根に覆われてる様な所だった
けど、こちらのカフェはその縮小版みたいな感じでちょっとワクワク。
まぁこれはまーったく個人的な思い入れなので他の方には特になんでも無い事かも
しれませんが…(笑)

th_IMG_2398_20160808155712aa4.jpg  th_IMG_2399_20160808155714a2b.jpg

th_IMG_2400_20160808155716a05.jpg th_IMG_2401_20160808155717aaf.jpg 

メニューはドリンクがメイン。
多少朝食メニューなんかはあるみたい。
朝食はこの日既に済ませていたので、軽く飲み物を…と見てたら…

あら。Ca Phe Cacao Xayなんてものがある!
コーヒーとココアをミックスしたもの。
この組み合わせ、私大好きで家では結構作るのだけど、あんまり外で見ない気が。
まぁ外で飲む時は酒メニューばかり見てるからかもしれないけど。。。(苦笑)
で、早速頼んでみました。

th_IMG_2409.jpg 

旦那さんはスイカのジュース。
うーん、うちゅくしい。

なんてことないカフェなんだけど、グラス選びとかお上手なとこあるよね。
日本で、せっかく気張ってブランドカフェに行ったのに、経費削減なのか
簡易的な食器でモノを提供されてガッカリ、なんて事が何度かあったので、
依頼、こういう何気ないカフェなのにシュッとしたグラスで出してくれたり
すると、気を配ってらっしゃるなーと思う次第。

th_IMG_2412_20160808165103ef7.jpg 

このストローの絡ませ方はどないや、と思うけどな。
ややこし(・∀・;

肝心のココアコーヒーなのですが、これがまた美味しかった!
まず甘みが適宜で、コーヒーを殺さず、ココアも活かし、な良いバランス。
まぁここチェーンというか、ホーチミン市内に数店舗ある様なので、レシピも
中央がしっかり管理されてるんでしょうけど、適当じゃこうはならんやろな
と言う安定のお味。ビックリする様な独創的な味ってわけじゃないんだけどねw

th_IMG_2414.jpg  th_IMG_2415_20160808165105c44.jpg

そして見てー。氷部分がさ、シャーベット状になってるのっ。
そう、ココアドリンクにグロックの氷だけを入れると、溶けた際の分離感が
半端ないんよね。ココアって完全に水に溶ける訳じゃないし抽出して飲むもの
でもないし、一時的に水分にココアの粉が鏤められてる状態なので、脂肪分が
あるミルクとならともかく、それが少ない水からは分離し易く、飲んでる途中で
水っぽーくなるの。

でもこうしてココアドリンクの一部をフローズン状にしてくれてると、飲み物
自体も良く冷えるし、溶けて来ても分離感が無くて最期まで美味しく飲める♪
わかっとらっしゃるなーっ。手間のかかることだから、その辺理解してない
方が立てるレシピじゃないと思うんよね。

ゴージャスさだったらもっと他にもカフェはあるし、安さ求めるなら道端
カフェで飲めば良い。そう言う意味で「ここでなければならない」理由は
個人的な物か利便性であるかって感じではあるのですが、今回頼んだ物に
関して言えば思いがけず誠実なレシピに出会えてちょっと感激。

朝から旦那さんとのお出かけデートでタダでさえも気分よかったのに、
いいお店を見つけられたと、ちぇりさん更にご機嫌さん(^・^)
すぐ近くの交差点を行き交うバイクをボーッと見ながら、幸せなカフェタイムを
過ごしたのでした♪ 普段使いにまた行ってみよ♪



SENTOSA CAFE
16 Bà Huyện Thanh Q3






にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪
スポンサーサイト

大清花 〜 おいしい焼き餃子!!

ホーチミンに来て餃子と言うと、日本人ブログの間で必ず出てくるのが
大娘水餃。私も5区の店舗とビンズンの店舗に行ってますが。。。。
うん、テンション低いわー(笑)

いや、美味しいんですよ。
より本場のものっぽい感じで。
ただ個人的に皮の厚みがちょっと苦手。

良くあの手作り感溢れるモッチリした皮を「ぷりっぷりで美味しい!」
と表現される方もいらっしゃるのですが、自分にはボテボテした風にしか
感じなくて、不要にハラが太るからビールがすぐに美味しくなくなるし、
他の料理を食べる余裕も無くなるし。。。(それ単に食い意地張ってる
だけじゃねーか。。。)

ってことで、両店舗通算しても3回くらいしか行って無いし、持ち帰りは
一度もした事無い。餃子はもう自作するしか無いなーと思いつつ、
これまたプロには叶わぬ程度の餃子でやり過ごして来た訳ですが。。。


th_IMG_2512_20160822194450e95.jpg 

ほおっ。
ちっとも聞いた事が無かった名前。
でも場所は。。。大娘水餃のならびにあるんだよね(・∀・;
あの辺、見て見ると興味深い中華料理屋さんがずらりと並んでて、
確かに普段なかなか行かないエリアとは言え、何故にこれまで放置してたのか、
と、猛省した所。

店内は清潔感のある食堂と言う風情。お客さんにはエリア柄もあってか
中国語の方が多かったですが、英語がボチボチ通じます。ベトナムのチャイニーズ
エリアは、中国語が多く飛び交う物の英語が通じるのがありがたい。他国の
チャイナタウン的な所に行くと、結構容赦ない中国語を浴びせられてタジタジ
になることありますもんね(・∀・;

th_IMG_2513.jpg th_IMG_2514_2016082219445308a.jpg 

th_IMG_2515.jpg th_IMG_2516_20160822194456503.jpg

餃子がイチオシっぽく、水餃子がやはりデーンとしてますが、焼き餃子があるのが
嬉しいね!あと、その他の料理も結構色々。辛そうなのもあって、こりゃ嬉しい(^・^)

で、早速行きましょうかね。餃子。
どーん!


th_IMG_2522_20160822194624722.jpg 

お皿はドーンだけど、ちょっと小振りで食べ易いやつ!
且つ。。。ご覧下さい。中の餡が少し透けて見える薄皮!!!
おーーー!!!スケスケの、好みーヾ(@⌒▽⌒@)ノ

卓上の酢と醤油にてタレを作り、そしてふと見ると。。。?


th_IMG_2523_20160822194624b25.jpg 

おーーーーっ。
唐辛子、これ少し発行させてるタイプで且つ、刻んだだけじゃなく、
少しゴリゴリやってるタイプかしら?辛そうに見えるけど実はそんなに
辛すぎず、唐辛子の風味が豊かなタイプ。こういう唐辛子、好きー♪
タレにたっぷりこの唐辛子を入れて…?

th_IMG_2525_201608221946283ff.jpg 

ひょっひょっひょ、おーいしー!!!ヾ(@⌒▽⌒@)ノ
これこれ、こういう焼き餃子が食べたかってん!!

この際限なく食べられそうなサイズとボリューム。口に含むとジュワッとくる
ジューシーさ。これがまた肉汁一辺倒(=脂たぷたぷ)じゃなく、野菜の
水分をも活かした感じのジューシさ。刻んだだけのお野菜(加熱後絞る、
と言う行程はやってなさそう)と思われる。わかっとらっしゃるねー♪
こうした方が、キャベツなり白菜なりの甘みがより生きる上に、ジュワ、の
内訳がクドくなり過ぎないので、ばっくばっく食べれるんよねー(*´艸`*)

なんかね、この餃子もニラ入りとかキノコのだけのもあったかな、色んな食材
使ったのがあったし、その組み合わせのバリエーションもあったしで、これ、
大勢で行って全種類頼んで食べ比べしてみたいわー。

あとね、こちらのお店、一品料理もおいしかってん。
例えばこれ。茄子の揚げたのに豆豉のタレ、絡めたやつやってんけど…

th_IMG_2520.jpg 

あ…なんか私の視界にあったまんま、うっとりした紗がかかってる。。。
(単なる光の加減なw)
柵に切った茄子に澱粉系の薄衣を纏わせてカリッと揚げた後、少し粘度のある
タレを絡めてる。なので味はしっかり茄子に絡んでるけど、食べたときにまだ
薄くカリッとした食感もある。

しかしながら、良く揚げていても澱粉系の衣がガードしてくれてるので、
中はジュワッとしてるけれども、脂を吸ってのそれではなく、茄子自身が持つ
水分と、ベトナムで育ったお茄子独特の濃厚なトロリ感。なにこれ、ちょー
美味しいっ!!ビールゴクゴク!!!

ウッカリ勢いづいてしまったので、焼きものなんかも頼んで見たの。
三つ指ついて、お出迎えー♪


th_IMG_2528_20160822201532d3b.jpg 

え、あ、いや?こういうお出迎え(・∀・;
且つ、これはちょっと食べ難かった。モミジ(この部位の呼び方)はやっぱり
似たのに限るね。ただ味はすんごいおいしかった!歯を立ててンギー!!って
食いちぎらないと食べれなかったんで、女性が男性と一緒の時に食べるのは
どーなんかいなと思いましたが、まぁそんなの隠したって付合ってりゃボロ
でるしねー。(←戦線離脱者の開き直り)

ただ味はよかった!
ご覧の通り、やっぱりこの店、唐辛子使いが得意なようで、たっぷりまぶされて
るんだけど、辛味よりも唐辛子の豊かな香がふくよかで実に美味しかった。
ただ、本当に食べ難いのでお気をつけて(笑)

後ヒットだったのが羊の串っ。
中国…ったって広いから殿地方でもってことじゃないだろうけど、いくつかの
都市に行った時、街角で気軽に羊が売られてたのが印象的だったんよね。
もともと(食べ物として)羊大好きだし、と何気なく頼んでみたら。。

th_IMG_2526_20160822194628f75.jpg 
ちょっとカレー風味が効いてましたね?実に美味しい!!
次回行ったら、まずこれを頼んでビールぐびりとやりたい絶対!

で、私は背を向けてたんですが、店の外を向いて座ってた連れの方が、
表に置いてる炭火でこの串を焼いてる店員さんの様子を見てて。。。

「めちゃめちゃ丁寧に焼いてるよ?」

と。どれどれ、と見てると。。。
うん、下焼きした後、作業台の所に戻ってスパイスなりタレをかけて火に戻り、
しばらく遠火で焼いてはまたスパイスを。。。の繰り返し。ご、ごめん、
たった2本に手間掛けさせて(・∀・; でも。。。。

確かに食べると、焼いたのにパッとスパイスなりタレなりを散らしただけの
馴染み方じゃないんよな。そして充分に焼けてはいるけど、焼き過ぎてなく、
ほんっとにベトナムは炭火を使うのが上手な人が多いですなぁ。

串物があり、餃子がおいしく、〆にガツガツ食べたかったら料理もうまい。
もうね、ビール美味しく飲みたい人は、是非行くべき!

ちなみに朝8時から夜10時まで開いてるんですって(´⊙ω⊙`)
ランチどころか、朝食にも使えますな(笑)
もしかしたら朝はメニューが限定されてるかもだけど…
(マテ、朝から飲みに行くのか?)

時間の調整はしやすいかも。
ピーク時間は避ける、とかのね。

この日、19時半くらいだったかなー。晩ご飯には割と遅目の時間かなって
思ってたけど、それでも満席でちょっと待った(^^; どうやら人気のお店らしい
んで、ランチタイムや晩御飯時で混みそうだなーって時は外した方が良いかも。

大娘水餃のように冷凍餃子の持ち帰りとかも出来るらしいから、今度買って
帰ろうかなー。ちょっとロットが大きかった気がするけど(100個とか?)
ま、すぐに食べちゃうでしょ( ̄ー ̄)

あー、でも「また行きたい!」って思える餃子屋さん教えてもらえたの、
めっちゃ嬉しい!!(≧∇≦) ギョーザー♪ギョーザー♪焼きギョーザー♪
今度ギョーザだけでお腹いっぱいにしたろかいなー(^・^)



th_IMG_2532_20160822201536be2.jpg 

396 Tran Phu Q5





にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

Son Tan 〜 山羊食べるなら!

「ちぇりさん山羊鍋食べに来ませんか?( ・`ω・´)」

と、かなり真剣な面持ちで友達に言われて、おぅ行こう行こうと気軽に返事。
その後彼女は他のお友達にも声をかけたそうなのですが、

「ローカルの山羊肉屋はちょっと…」

みたいな感じで一様に断られたのだとか。
それは実は私も同じで、

「今度ヤギ鍋食べに行くんだけどさー、良かったら一緒に…」

と、切り出しても皆まで言う前に「そうなんだー、行ってらっしゃい(^^)」
と、他人事。どうやら一般的な日本人奥様方にはウケ、またはイメージが
良くない食材なのかなと認識した次第。

ところがそれが日本人の奥さんばかりのことじゃなかった。
ローカルの女のコに声をかけても「山羊は食べたことないわー」
「いや、私は遠慮します」の声が相次ぐと言うじゃないですか。

そういえば以前旦那さんの会社の女のコが「一緒にご飯食べに行きましょう♡」
と、愛らしくお誘いして下さったので「じゃぁ山羊鍋なるものを食べてみたい!」
と言った瞬間、困惑の色を瞳に浮かべ、しかし日本人のサポート役がお仕事である、
と言う日頃の彼女の立場がNOと彼女に言わせなかったのか、

「わ、わかりました。。私、良く知りませんから調べますね!」

と、ワザワザ探してくれた事があったのを思い出した。
聞けば。。。


山羊肉と言うのは、どうやら日本で言う所のスッポンだったりニンニク料理的
ポジションにあり、合法的ドーピングを好むおっちゃん達に人気の食べ物で
あるらしい。しかもその味云々と並んで、あるとされる効果への期待が高く、
その使い道があろうと無かろうと好まれるという点でも共通しており、ベトナムの
山羊肉料理屋さんを覗くと、9割方がおっちゃんである。男性で、まぁそういう
お年頃の男性たち。同じ男性でも、ドーピングが必要ないと思われる若い人は
あまり見かけない。

なるほど。そりゃあ若い女のコが誘われたら戸惑うわ。
これ、私がおっちゃんだったら、セクハラ案件であったかもしれない。

私に「山羊鍋食べに行こう!」と誘われた時の女のコの心境を推察するに、
風邪っぽい上司の様子を気遣い「栄養ドリンクでも買ってきましょうか?」
と言ったら「じゃぁ凄十買って来て 」とか言われてしまった時rくらい気まずく、
さりとて断り辛く、窮地に追い込まれたのではなかろうかと思われる。
まったくお気の毒な事をしてしまった。

というわけで、結局他に同行する人は見つからず、女2人で昼から山羊鍋。
朝10時から開いてて、入り口には膨大な数のバイクが停まる駐輪場があり、
その奥にお店があると信じて数十メートルほど歩いて行かないと行きつかない
そうこのような造りのお店。


th_IMG_2632.jpg th_IMG_2634_2016082102181797b.jpg

th_IMG_2635.jpg 


ベトナムローカルの証である、丈の低いテーブルと椅子がずらりと並び、
店員さんは殆ど英語を使われず、最近行った店の中でもなかなかグッとくる雰囲気です。
ただ清潔感がとてもあって、夜は賑わうのだろうけれど、昼はそんなに人もおらず
快適空間。ってかガラガラ。やっぱり夜の食べ物なんですかね。

th_IMG_2641_20160821021903a76.jpg 

th_IMG_2657_20160821023741f5c.jpg 

なぜかシドニーのオペラハウスの写真があったのは不思議でしたが、もっと不思議
だったのは、大量の山羊が群れてる写真。黒いタレ耳の山羊は遠目にスヌーピー。
その種の山羊を扱っていらっしゃるのかは知りませんが、あんな山羊さん見た事
なかったなー。こういうもかぁいらしーなー、と思ってるすぐそばで。。。

th_IMG_2643_20160821023346756.jpg 

解体中(--)/
リブの所を薄刃のカッターナイフで丁寧に丁寧に骨かハズす繊細な作業をして
おられました。山羊の解体、最初っから見てみたい。

意外な事にメニューには英語が記されてました。中心街からもかなり離れた
場所にあるのに、外国の人が来るんだろうか。それとも場所など関係無い程
有名人気店なんだろうか。


th_IMG_2637.jpg th_IMG_2638_2016082102185977f.jpg

th_IMG_2639_20160821021901ddd.jpg th_IMG_2642_20160821021904518.jpg


トライしてみた物の、やっぱ苦手だ(´Д` )と言う方には、シーフード等もある様子。
とりあえず、山羊料理屋に来たら焼肉を食べて鍋、と言う流れが定番と聞くので
ホーチミンでは定番の山羊のオッパイ焼肉を注文。熟れた練炭がテーブルに運ばれ、
その上でジュジュウジュウ。焼き箸と食べる箸が、素材も色も異にして出されている
のが意識高い。

th_IMG_2646_20160821023349778.jpg th_IMG_2644_201608210233486c7.jpg

これ、この店でいつ頃からされてた事なのか知りませんが、日本ではこの7〜8年
じゃないですかね。焼肉食べる時にはそこ気をつけろという注意が浸透し始めたの。
日本に比べると全体の衛生面ガー、と言う話は良く聞くし、実際そういうところは
あるのですが、殊、温度湿度が高い所ならではの菌対策と言うのは、やはり南国の
方が民間レベルで古くから知られて馴染んでいるのかな、なんて想像したり。

さてオッパイ(オッパイだ凄十だと連呼してるけど、この回、管理サイドから
チェック入りませんかね…)。見た目は、これまでに食べてきたのと同じだった
のですが。。。

th_IMG_2650_2016082102373510f.jpg 

これ、違う!!!
タンの様にシャクシャクとした小気味良い歯応えは似てるのですが、もう少し
全体に味がさっぱりしており、舌の端、両奥部分に微かな、本当に微かな
苦味を感じる。

苦味と言っても嫌な意味での苦味ではなく、例えるなら銀杏を食べた時にほんのり
と染みる美味しい苦味。あんな感じ。それがなんとも「大人のニガ旨」という
感じで実に美味っ。小さいサイズの盛りを頼んだのに結構な量が出て来て、
(うあー、頼み過ぎたぁ。。。)と思った10分後には完食してましたねっ( ・`ω・´)b

しかもひと口食べる毎に「こんなの初めて!」と山羊鍋がもたらす可能性に
ふさわしい賞賛を幾度となく繰り返す始末。もっと他の場面で使いたい台詞である。

しかしそれにしてもこれは。。。今までのと明らかに違う。
それが、山羊の種類が違うのか、今までのが実は山羊ではなかったのか。
チマタでは山羊のオッパイって数がかなり限られるので(雌雄で個体数が1/2、
ある程度育つ事が必要だろうから、さらに何分の一かになり、且つ、彼女達は
更なる個体を生み出す母体でもあるので、そこを絶やしては後が続かぬ。そう
考えると、山羊のオッパイ焼肉なんぞ、そんなに大量に出回らない=豚の
オッパイを山羊のオッパイと偽って出している所がかなりある、とのこと。

と言われても、山羊のオッパイも豚のオッパイも食べる機会が少ない日本で
育ったので、これが山羊のオッパイですよと言われて出された物は、さいですか、
と言って頂くしか無い訳で、更にはこれまで20回は頂いたと思われる「山羊の
オッパイ」とされたもの、大体どれも同じ味だった。ので、こんなものなん
だろうなと思うしか無かったのだけど。。。

こんなにあからさまに違う山羊を食べさせ羅得た上に、目の前で、あきらかに
豚とは違う物が解体されてる所を見た直後となっては、こりゃーこれが本物で
いままでのはもしや…?と思わざるを得ないのであります。もしもそれが正しい
としたら、自分、よーこれまで「山羊のオパーイ、おいしーヽ(・∀・)ノ」とか
言うとったな、恥ずかしい。。。

ただ真真偽の程は分かりませんし、この店は、壁にある写真に見られたスヌーピー
山羊を使ってて、街中のお店はユキちゃん山羊を使ってる、そこに違いがある、
という可能性が無きにしもあらずなので断言はできないんですけどね。。。

ともあれ、うまいのであります。
そしてぺろりと食べてしまったので、鍋へと移行するのであります。
鍋になると、これまで肉を焼いてた網がはずされて、同じ炭火に出汁がかけられ、
山羊肉と、大量のお野菜が運ばれてきます。お野菜わっしゃー!

th_IMG_2654.jpg th_IMG_2653.jpg

2人だったので小さいサイズを、と言ったら、ホントにちょうど頃合いのサイズで
これは嬉しいジャストサイズ。中を見ると少し済んだ醤油ベースにも見えるお出汁に
お豆腐やら薬味やら。そこに生の山羊肉をザザーっ。後はグツグツ煮立てまして、
仕上げにお野菜を入れてちょっと炊いたらできあがり。おっほーヾ(@⌒▽⌒@)ノ

th_IMG_2658_20160821024206d9f.jpg 

まずはスープを頂いてみると。。。?
おおおっ、ほのかな薬膳テイストっ。スターアニス(八角)や生姜などがほんのり
と香る。山羊の風味なのか、植物性ではない旨味が滲んでて、ベースの出汁は
ちょっとわからなかったのですが、凄くシュッとした大人な滋味。甘くもなく、
塩気が主張するでもなく、旨味と薬膳の香りが滲んだ、おいしい鉄観音茶のスープ
みたいな。

んで肝心の山羊さんは、きっと固いだろうなーと想像してたら。。。
やわい?(´⊙ω⊙`)

th_IMG_2661_20160821024051ed9.jpg 

いや、ソフトな砂ズリくらいのゴリュゴリュ感はあるのですが歯切れが良く、
その後の租借時、「やわ!!」と声が出る程柔い。いや、さっき入れたの、
モロ生肉やったよな?事前に蒸すとかなんとか模してなさそうだったし、
このクリアで品のある出汁の味をジャマしないと言うことは、なんぞの調味料に
つけ込んでたって感じでもない、色合いから見てもそうだし、スパイスがまぶ
されたとかでないのも一目瞭然。

ただ、包丁がもの凄く丁寧に入れられてましてねー。筋切りも兼ねてなんでしょうけど、
そのお仕事の成果が大きいと思われます。小粒に切られてるんだけど、そのどれもに
丁寧な仕事がされてて、そのどれもが古物なのに旨味をギュッと蓄えてて。
またその出汁吸ったお豆腐のおいしい事と言ったら。。。

なにこれ。こんなおいしいお鍋あんの?
何で自分今までたどり着かんかってん!

いや、派手じゃないんですよ?
ガツーンと辛いとかコテーッと濃いとか、そんな美味さじゃなくってね。
身体に染みる滋味芳醇。スープなんかもう湯飲み茶碗入れてたら、御茶代わりに
ずーっと飲んでられる感じよ。しかも。。。

山羊って「温」の食べ物なのね。身体を温めると言われてます。
身体が温まるということは、血流が良くなると言うことで、そこが男性には
「合法ドーピング」と言われてる所以。血流、大事やしなっ(ナニによ)。

実際食べた後は、遠赤外線を当てられてるかの様な温かさ。
っちゅーか、熱い。ただ外からの熱さじゃなくて、身体の芯からジワーッと
ポッポポッポする感じ。一緒に行ったお友達はどんなにお部屋を温めても
手足の先が冷たいらしいのですが、その時ばかりはポカポカしてたんですって。

これ。。。メチャクチャ美容にええんちゃう?
いや、ナニにもいいかんもしれませんけど、血流良くなるって身体が温まる、
代謝が上がるで、女性が求めるもんでもあるんちゃう?お肉もヘルシー、
脂もくどくない。実際あれだけの焼き肉と鍋をペローッと食べても胃が軽かった。
食べた感はあって満足はしてるんだけど、胃袋がちっとも重くない。苦しくない。
発汗すればお肌にも良いし、これ女性が食べんでどーすんの?!

しかもここ、2人で2品とはいえ、こんだけ食べてビール1本ずつ飲んで…

th_IMG_2666_20160821024054029.jpg 


258kドン。まーぢかっ!!!2人で1300円くらいだとぉ?!(´⊙ω⊙`)
ありがたい。。。ありがたすぎる。。。
エキスパートプレミアムバージョンなら凄十1本分にしかなってないぞ。。。
(ところでちぇりさん、なんで値段を知っている)

なんならワタクシ、周囲に1度、健康を慮ってジムに行くのと同じくらいの
心持ちで、この山羊鍋食べに伺いたい。ここ、昼だったら人も少ないし、
ポーションもボチボチやから一人山羊鍋しにきたろかいな。

でもでも。その他のメニューも山羊三昧だったんよなー。
開拓したいっ。山羊料理、自分で作る機会は殆ど無かろうと思われるけど、
色んな料理食べてみたい!!
ホーチミンのワンダーランド、また見つけたーヾ(@⌒▽⌒@)ノ

いやー、この時のお友達、よくぞ誘ってくれました!
英語メニューがあった事から察するに、結構メジャーなお店なんかもしれませんが、
私の回りではあまり口の端に上って来ないお店だったので、ご存じなかった方が
いたら、そして山羊に興味をお持ちの方には、まぁとにかく一度食べて下さい、
と、お勧めしたいっ!

ナニを頼んでいいかよくわからないって方には、セットメニューもある様です。
何人分・山羊コース、山羊+海鮮コース、みたいな感じで。

th_IMG_2667_20160821024056ffe.jpg 

シーフードにしてもスパイスがベトナムならではの味だと思うし、
観光客の方にも、ぜひ食べてってみてほしいなー♪




SON TAN
111C Lý Chính Thắng, Q3




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

証明写真

必要があって、証明写真を撮りに行きました。
これが初めての事ではありませんが、前回はローカルの人が付き添いで来て
くれて、今回は1人でチャレンジ。まぁ店頭にはサイズサンプルがあるし、
問題なかろう、と。

そして実際オーダーはとても簡単。
3x4cmサイズのもの8枚セットで50kドン。
安くていいね♪

th_IMG_1742.jpgth_IMG_1743.jpg

ちゃんとカメラマンが居てセット下で撮ってはくれるのですが。。。

th_IMG_1740.jpg 

この手前、道路です(笑)
バリバリ自然光を活用してのエコ撮影(・∀・;
椅子の高さ調整なんてモノもありません。
カメラマンが彼の膝で適宜な高さを調整してくれます( ・`ω・´)b
シンプルだの。。。(´Д` )

そして上の写真右手にあるのが。。


th_IMG_1741_20160808175256ae0.jpg 

鏡っ。
受付後、「あっちに行って」と撮影場所を指差されたのでそそくさと椅子に
座った所、「ちょっとこっちが先だよー!」と言われて何かと思ったら、
この鏡の前に誘導された。。。いや、そんな直前になにかしたって大して
変わらんし、一応前髪やらなにやらはレギュレーションに引っかからないように
してきたし。。。

と思ったけど、その言い訳をするベトナム語学力が無い。
且つ、カメラマンさんはワタクシが鏡の前でなにかしらするであろうという
ことを期待して待っている様子。仕方ないので顔の右見て左見て前髪を
チョンチョンっといじってみる。

でも後で出来上がりを待ってる間に他の人が撮影するのを見ていたら、
みんなこの鏡の前でめっちゃあれこれいじってる。あれこれいじった成果が
あったかどうかは別として、とにかくこっちの角度、あっちの角度と、
ものっすご念入りに鏡を見てる。なんか。。。もっと自分を愛してあげよう、
って反省しました。。。(。-_-。)

撮影後。
カウンター前にある椅子に座って待つ事10分。
その間なにが行われていたかと言うと…

修正(・∀・;

世界で一番効果があると言われる美容アイテムPhotoShopにて、ガンガン
修正がなされてる(笑)。本人に希望は聞いたりせず、デザイナー(と、
敢えて呼ばせて頂こうw)さんの裁量により、アレンジがドンドン加えられ…

「はい、できあがり♪」

と、貰った物を見てみると、これ。。。。
この写真でこれが私であると証明できますかね?(・∀・;
って感じの仕上がりに。。。(笑)

ま、前回もそれで通ったから大丈夫だろ。。。
日本のオート撮影ブースのやつも、最近はお肌を綺麗に見せる機能とか、
プリクラみたいに見栄えを良くする機能がついてたりするらしいから、
それのマニュアル版と思えばいいのか。。。
笑い話のつもりで、出来上がった写真を旦那さんに見せると、


「ちぇりさん、こんなのまだ全然大丈夫ですよ。
 ウチの会社の人なんて、ヨレヨレのTシャツで撮影に行ったら、
 ドレスシャツ姿の写真になって返って来てたよwww」(爆)

お。。。おそるべし。。。
ベトナムの証明写真www
ってかそれ、最期のセレモニーの為の写真の加工じゃないんだから…(´Д` )

ともあれ、お安く素早くできるのはいいね。
多分アッチコッチにあるんだとは思うけど、私が利用してるのは
美味しいもの通りのMac Dinh Chi沿いにあるお店。
もし証明写真が必要になったら、こちらにもありますよーということで(^・^)b



th_IMG_1744_20160808175300a6e.jpg 

MINH QUYEN
28 Mac Dinh Chi Q1







にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

鯖寿司を作ってみた

鯖寿司と言えばSAKAIさん。
あそこの鯖寿司、ほんと好き。
だから普段は買って楽しむのですが。。。

先日、酢締めで頂けそうな鯖が手に入ったので自分でも作ってみましたよ、と。
どーん♪


IMG_1544.jpg 

ちぇりさん、写真撮る時は背後をちょっと片付けようや。。。

に、しても、この鯖肉厚よねーっ。
冷凍モノでちょっと身が焼けてたので半生〆にはできなかったけど、
ネギ・生姜・とろろ昆布をシャリとの間に噛ませて好みのオリジナルな
味を作れるのは魅力。

他に、柚子所や変わりネタでは、タマリンドでソースを作ってそれを間に
噛ませるなんてワザも出来ますねー。タマリンド、クセが少なく酸味が
酢飯のそれとリンクする上、お醤油と相性が良いので、具材によっては
寿司の薬味として意外にアリなんですよね。

最近酢飯もこちらの米とこちらで売ってる酢でなんとか自分の好みに
近づけられるようになってきたし、ボチボチな仕上がりでした(^・^)

惜しむらくは、買っていたのにバーナーを使うのを忘れて炙りバージョンを
作り損ねた事。なんの為にバーナー買った(´Д` )
今度作ったら絶対炙りバッテラにするんだっ ( 。•̀_•́。)
(で、また忘れてたら笑うよなーw)←やりそう






にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

イオンのクロワッサン

多分どこのイオンにも、食料品売り場の近くにベーカリーが併設されて
るんじゃないかと思うんです。適度にお安く適度に美味しいベーカリー。
個人的にはBIG Cのパン屋さんがコスパ最強で好きなんですが、
イオンのもなかなか悪くない。

クオリティだけ考えたらもっと美味しいパン屋さんはあるのかもですが、
値段がねーっ。安いっ(^^;

アイデア的に面白い事もしてて、クロワッサンをね、恐らくはバターシート
みたいなんで作ってるの。クロワッサンって本来は、生地バター生地バター
生地バター生地バターで、あの層を作るんですが、廉価な事と食感から、
恐らくはパン生地に、同じ固さくらいに仕上げた味付きの(この場合は多分
バター風味)生地シートを使って要るんじゃないかと予測(あくまで予測です)。

そうする事で安く作ってる。
なんと私の拳二つ分くらいのデッカさがあって、プレーンなやつは7000ドン
弱とかだったかな???35円。えーーーーっ(^^;

で、まぁ生地に命欠けてるわけじゃないので、結構色々なアレンジに打って出てる。
これが飛騨高山はトランブルーさんとこのようなクロワッサンならこうは行かない。
私、あの店に行く為に飛騨高山に行き、朝から並んでクロワッサンを買い求めた
ことがありましたが、飲み物を口にして味覚を邪魔するのも躊躇われる様な生地
でしたもんね。買った直後に公園で頂いたんですが、乗ってたブランコ降りて
ひれ伏しながら頂きましたもん(ごめんなさい、ちょっと盛りました)。

そんな高貴なクロワッサンなら要らん事しようなんぞ、これっぽっちも思わない
わけですが、売値35円くらいのなら、あれもやったろかいこれもやったろかい、
という気になってもおかしくない(笑)

プレーンなものに、アーモンドスライスとハイグルコース(溶けないお砂糖)が
かかったもの、チョコレートでコーティングしたもの(ベトナムのパンに
コーティングしてるチョコレート、美味しいよなぁ。ちょっとブラックで)、
そしてカスタードクリームを入れた物がある!!

th_IMG_2005_20160807233538d27.jpg 

ごめん。食べたわ。写真撮る前に。
んで個人的にヒットだったのがカスタード入り。
クロワッサンにカスタードて!!!
どんなにクドい味になるのかと思ったら、これ、生地が(言葉悪いけど)
安っちぃですやん?だからポッテリとした懐かしの糊の様なチープな
カスタードと良い感じなのよっ。

th_IMG_2006_20160807233541576.jpg 

糊みたいな、じゃ伝わり難いか。。。
ほらっ。スーパーの袋パンコーナーに置いてある10個入り89円みたいな
小ぶりのシュークリームあるやん?アレに入ってるようなカスタード。
あれ、むっしょーに食べたくなるときない?私はあるっ ( 。•̀_•́。)

あのチープさと安い生地のクロワッサンが、いー感じですのん。
もともとのガタイがデカいから、そこにボッテリとクリーム入れてあるんで
めっちゃズッシリしてますが、うっかりペロッと食べてしまうレベル。
値段はそれぞれちょっとずつ違うんだけど、一番高いのでも11kドンとか
だったかなぁ。60円しない。

日本でもさ、おいっしーパン屋さんのパンももちろん喜んで買うし
食べるんだけど、コンビニで菓子パンの新作見たら気になるし、
何でも無いチープな味がホッとする時ってあるじゃないですか。
そんな感じでイオンのクロワッサン、食べてます(笑)

ま、あそこは他の品揃えにかなり波があるんで、お好みとタイミングを
選んで買うのがコツではあるけど、このクロワッサンは多分常駐メニュー
なのでいつでも買えると思います。そんなに強くお勧めするって感じ
でもないけど、悪くなかったよー、ということで(笑)




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

ボウリングに行ってみた

ちょっと前、ビンズンのイオンの中にあるボウリングに行って来ました。
まぁボウリングなんてどこでもそんなに変わりません。
違いと言えば、一緒に行ったローカルの女のコが、ボールを投げてピンを倒す、
と言う事を知ってはいても、点数の付け方を全く理解しておらず、それを英語で
説明すると言う脳トレがついて来たくらいです。

いや、そんなに難しい事じゃないんだけど、ペンも紙も無い状態でそれを
的確に分かり易くいきなり説明しろって状況はなかなかキツかった。。。
久しぶりに頭使って英語喋ったわ。。。

th_IMG_1314.jpg 

あと物理的に違う事と言えば、ボールが。。。
重さに比べて、指穴が小さく、親指と中指・薬指の感覚が狭い(・∀・;

ベトナムの人、身体も華奢だから手も小さかったりするのかなー。
かなり色々探してみたけど、私が扱える重さのボールでピッタリ来るの、
全然なかった。。。私の手もそんなに大きい方じゃないんだけどなー。。。

th_IMG_1322_20160805162033187.jpg

あと違うのは。。。
靴を借りると、靴下も一緒について来ること(笑)


 th_IMG_1316_201608051620329bd.jpg

そうか、ビーチサンダルやミュールの人が多いから、靴下履いてる人が少ないんだw
もちろん、この靴下は持ち帰れます。捨てて行くことも出来るけど、
洗って使い回す事はしないみたい。コスト考えたらそりゃそうか(笑)

で、この日は靴下が無いかもしれない前提で来てたので自前の靴下を履いて
きてたので、この靴下は持って帰ろう♪と手にしてみると。。。


th_IMG_1317_20160805162033905.jpg 


( ̄ー☆キラリーン

読める。読めるぞっ。
「さわやかコットン」
と言いたかったんだろう?大丈夫だっ。

「ン」と「ソ」の取り違え、2語が
アナグラム的に入れ子になっていると言うコンボではあるが、
熱意は伝わったっ。君が言いたい事はよーくわかるぞ。

その下の「ナンチャラ加工」の部分も「スイサ(サイズ)」の部分も
どれ一つとして合っていないが、気にするな。

人間ってすごいんだよ。度々話題になる「ケンブリッジ大学の研究結果」
で体感した人も多いんじゃないか。科学的な根拠はまだ明確になっていない
らしいけど…


「こんちには みさなん おんげき ですか?
 わしたは げんき です。 この ぶんょしう は いりぎす の ケブンッリジ 
 だがいく の けゅきんう の けっか にんんげ は もじ を にしんき する とき 
 その さしいょと さいご の もさじえ あいてっれば じばんゅん は めくちちゃゃ 
 でも ちんゃと よめる という けゅきんう に もづいとて わざと もじの 
 じんばゅん を いかれえて あまりす。

 どでうす? ちんゃと よゃちめう でしょ?
 ちんゃと よためら はのんう よしろく」



意外と読めたでしょ?(笑)
いわんや、このブログの読者の皆さんに於かれましては、
ちぇり誤字解読のプロフェッショナル。
異国の摩訶不思議日本語列など、きっと何でもない筈だ( ・`ω・´)b
(↑一応自覚はある)

そう、ちぇり誤字は異国で暮らす方が不意にこうい理不尽に遭遇しても
戸惑わないでいられるための訓練アイテム。。。





嘘です。
ごめんなさい。
誤字、ご迷惑おかけしております。

反省してるから、あれはやめて。
珍しく誤字が無かった回に対して、

「どうかしたんですか?」
「体調でもお悪いんですか?」

ってメッセージ送るの。素で凹むわ…orz

うん、話し逸れまくったけど、久しぶりのボウリング、楽しかったです。
一緒に居た女のコがちょー可愛くて幸せだった。
そしてウッカリ腱鞘炎を再発させかけたのはナイショー(´Д` )
イテテ。








にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

ペットボトル茶飲み比べ

スーパーでこんなん見つけて、最初日本のペット茶かと思ったら、
なんか様子が違う…????


th_IMG_1143_201608080042325df.jpg 

伊藤園なら聞いた事あるけど、御茶園はきいたことない。
そして良く見たら漢字がおおい。でも「日本」の文字もある。
なんだったら平仮名も。一番右のとかトクホ系の商品の空気感バリバリ出してるし…

ってことで良く見たら中国…???確か記憶によると、その一地域からの輸入品
っぽい。へーっ。(気ぃ使うなぁ、貿易の話になると)

海外で御茶のペットや缶ドリンクを買うと、「これ木の幹に塗っといたら
カブトムシが寄ってくるんちゃうか?」ってくらい甘くて、思わずブーーー!!
と吹き出す事が良くありましたが、最近はやっと日本的な甘くない御茶も
チラホラ見かけるようになりました。さてこれはどっちかな。。。?と
思ったら。。。

th_IMG_1147_201608080042358c0.jpg 

一応、全部甘くない御茶でした!
が、さすが御茶大国。ペットボトルなのに御茶の味が玄人向けすぎる(・∀・;
そもそも平仮名でカナ添えられても一切味の見当がつかない「萌葱色」とか
読めんし味の表現ちゃうし。。。(「萌葱」くらいは読めるようになっとこか…)

th_IMG_1144_20160808004234083.jpg th_IMG_1145_2016080800423426f.jpg

モデルが無駄にイケメンやし(そこは放っといたれ)、これどうよ。
急須イラスト内にある味の説明。

th_IMG_1151_20160808004249d8f.jpg

「冰醸な甘さ」。
爽やかだけど旨味がふくよかで…みたいなことなんだろうなという
イメージは出来る漢字を使う国の人。だけど、初めて聞いたぞ、「冰醸」なんて。
しかも緑茶って書いてあんのに、この4種類の中で一番緑じゃなかったわ。
茶色。烏龍茶みたいな茶色(笑)

トクホみたいなやつはお値段も一番高かったんだけd、見るからに手を出したく
なくなるようなパッケージ。ゴーヤ入っとるんかい。。。
いや、ゴーヤ茶ってのもあるけどもやな。

th_IMG_1150_2016080800423785f.jpg 

しかして飲み比べは。。。
このゴーヤ入りの健康茶みたいなんが一番飲み易かった????!!(´⊙ω⊙`)

これ、間違えたんやないかと思って何度も飲んでみたんですが、なんか紅茶の
ような風味なんですよ。ゴーヤとか入ってるなら苦そうなもんなのに、むしろ
ホンノリ甘みを感じる旨味があって、実に美味しい。爽やかで後口もスッキリ。

スッキリと言う意味では他の3種類も悪くはなかったのですが、如何せん、
御茶の種類が高等というか、私にはちょっと飲み慣れない風味、お味がかなり
強くて、ちと飲み難かった(^^; 好みなんでむしろこれはいい!!と思われる
方もおられるかなーとは思うのですが、まさかゴーヤ入りのトクホ風茶が
一番美味しいとはなぁ(笑)これ、飲み比べせずにその場でゴクゴク飲む
為に買うんだったら絶対割けてたヤツだわwww

「とりあえずトライしてみる」って、大事ねー。
見た目が好みじゃなかろうと、避けるべきだと読み取っても、試してみたら
あら不思議。他の三つの方が面倒で手に負えない。一番避けたかった相手が
一番性に合うなんてこともあるのね。

あ、御茶の話ね。
もしかしたら、相似で他の事にも言えるかもだけど(*´艸`*)

そもそも飲み比べをしよう、と思わず、ただ単に喉乾いたからと、そのとき
目についたもの、手に取った物を買ってたら1/4の確率で「このメーカーのは
二度と買うかーヽ(`Д´)ノ」となってた可能性もあり、この分解茶にいきつか
なかった可能性は更に高まり。ご縁と言うのはいろんなとこから繋がってますなぁ♪

ともあれこれ、SATRA FOODSさんにあったのですが、コンビニとかでも
売ってるのかな?御茶飲みたい時にこのパッケージ見かけたら迷わず
ゴーヤ君がいるやつだなっ。なんかしらんが分解してくれるらしいしっ。
(対象:脂肪であることを希望っ)

個人的には苦手だったけど、ガッツリ濃い御茶が好きですーって方もおられると
思うので、イケメンパッケージのボトルも、ご興味がある方はどうぞー♪







にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

Met Sign 〜 「あの」ビルの上にあるアットホームなカフェ

以前もご紹介したNguyen Hueにある、一階が図書館のビル。
実はカフェだけじゃなくて、お洋服やらアクセサリーのお店も色々入ってて、
先日全階探検したのですが、なかなか見甲斐がありました(笑)


th_IMG_1783_201608051506121fc.jpg th_IMG_1786_20160805150614092.jpg

th_IMG_1789_2016080515061546c.jpg th_IMG_1791_2016080515061719e.jpg

中には、観光目抜きの大通りにお店を出しているところもあり、どうやらこちらを
工房代わりに使っていたりと言うお店もある様子。なので派手やかなお店が
並ぶ場所、というわけではないのですが、個人アーティストさんが軒を並べてる
ような空気感があって、お好きな方にはこういうところ、とってもいいんじゃない
かなーなんて。

th_IMG_1785_201608051512422c4.jpg th_IMG_1794_20160805151244154.jpg

階段を上がった所に各界のテナントさんのポスターが…と思ったけど、
違う階のもバンバン張ってあったので、お目当てのお店が何階にあるかは
しっかり確認してから向かわれて下さい(笑)
なんかお寿司屋さんとかも入ってるのな。ちょっと見たら結構お客さん
入ってて、今度行ってみねばねばねばという使命感が( ・`ω・´)b

途中、シルバーアクセサリーのお店もあって、ちょっと覗いたら安かったし
可愛かったのでウッカリ買ってしもた。あんたもうシルバーって歳じゃなか
ろうにとも思ったんだけど、ま、プチプラだったんでお店の応援の意味も込めてw
(違う意味でのシルバーには近づいてるけどな。。。)

         th_IMG_2382_201608051512480ff.jpg    

th_IMG_1802_20160805151245dba.jpg th_IMG_1803_20160805151246253.jpg


以前も書きましたがこちらのエレベーターは有料(3000ドンだけどw)なので
使われる際はお金を要求してくる人がいても不審に思わないであげて下さいね(笑)
ちなみにこの日はテナントがありそうな8階くらいまで階段で上った。
ぜーーーーーっ(´Д` )

で、疲れたのでお茶でも飲もうと言うことになり、とりあえずもう動きたく
なかったので、その階のお店へ。なんかちょうどHAPPYアワーの時間だったし。
ってか、カフェでもあるのね、HAPPYアワー。月〜金の12時〜14時までで
限定メニューの中かららしいけど、がんばっておられる。

th_IMG_1806.jpg 

まぁこんなビル(って言い方したらなんだけど)の8階だもんなぁ。
最初から目指して来るか、私らみたいにビル全部探検してみよう!みたいな
ひとにしか中々目を止めてもらえないんじゃなかろうか。いや、そこは
Facebook大好きなベトナムの方の事。上手に広告してるんかなぁ。

店内に入ると。。。あらこじんまり。でもカフェとしてしっかり作り
込まれてる印象。こういうデザインとかはほんと凝るよね、こちらの方。

th_IMG_1809_20160805154044d57.jpg 

どうやらもともとは居住用のお部屋を改造しているらしく、メゾネットタイプの上の
階にも席は作られてたけど、その下にあるキッチンは整えられて入るけど、日頃の
料理にも使えそうな雰囲気。

th_IMG_1810_20160805154046a69.jpg 

この奥にあるお手洗いをお借りしたら洗面台のところには歯ブラシとか
洗濯要洗剤とか置いてあったから、ここ居住スペースも兼ねてるのかもね(笑)
でもカフェスペースに生活感はあまり漏らしていなくて清潔感もあったし、
もしほんとにここに「住んでいる」としても、上手な使い方をしてるなーって
印象。そんな感じなので、初めて行ったんだけど、なんかお友達宅に遊びに
来てる様な感覚もあり、いちゃんとカフェに居る感覚もアリ。いいバランス(^・^)

th_IMG_1813_2016080515415836b.jpg th_IMG_1814_20160805154048157.jpg

ドリンクもそこそこでね。
モクテルを頼んだのだけど、スモールジャグに入って来て量がたっぷりっ。
そしてハーブもふんだんっ。もうこういうの飲むと日本で出される安いモヒート
とか飲めなくなるよね(^^; お酒が入っていても居なくても、ハーブ使いのドリンクは
このお店に限らずもっと推しても良いと思う。こちらの方には普通の事でも日本や
国に寄ってはここまでのハーブ使い(経費的・技術的に)できないとこも結構
あると思うもの。これで50kドン以下はお安いわぁ(*´艸`*)

ただまぁここでしか楽しめないメニュー、てことでもないので、ワザワザ行って
見て下さいって感じじゃないけど、ま、この周辺でどこかでお茶を、となった時に
このビルの中のチョイスはかなりありますんで、リストに加えて頂いとけば重宝する
かもな、ってことで。

しかしこのロゴ、なんか地球防衛軍的な空気感を感じるんですが。。。
デザイン人と会ってみたい。。。
何インスパイアードなのか興味あるわー(笑)


th_IMG_1807_201608051540434f9.jpg 



Metsign
8F, 42 Nguyen Hue  Q1






にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

3 Anh Em 〜 中心街にMi Quanの専門店!

ダイアモンドプラザから Hai Ba Trung通りに出て左に折れた道路沿い、
角っこにデカデカと構えてるお店なのですぐにわかります。


th_IMG_2292_2016080814550373e.jpg 

以前は確かカフェかなんかで、そこを居抜いて使ってる様子。
なので店内は麺屋さんっぽくないし不要に広いし(笑)、
その広さから総合的に色々置いてるベトナム料理のお店かなと思ってたら
ミクアンの専門店だって言うし(笑)

これ何時まで続くかなーと思う反面、ここ、もともと別にもお店があるみたい
なんですよね。店舗拡張するってことは既に名前の知られた人気店と読む方が
確実だろうし、はてさて。なかなか今後が気になるお店。

なんかさ、いい物件あるし、他の店舗で採算取れて余裕あるから取りあえず
改装とかは後回しで始めちゃう?みたいなゆるーい感覚、読み違えると失敗
するけど、見切って始めて追々やってけばいいんじゃね?みたいなゆとりみたい
なのは嫌いじゃないわー。実際お客さん結構入ってるし、まぢ今後が気になるw

ま、それには味が大きく関わってくる訳ですが。。。

th_IMG_2293_20160808145505969.jpg th_IMG_2301_20160808145758de2.jpg

おーーー。ホントにミクアンメイン(笑)
ってか、それ以外が殆ど無い。
ミクアンベースで具材が色々選べる感じ。全部乗せのDac Bietで65ドン。
1区価格だとは思うけど、それも無いようによりけりよね。

壁に農場の写真が掲げてあって何やら書いてあったんだけど、もしかしたら
お野菜に拘ってるのかな。契約農家がどうしたこうしたとか、拘りの栽培法で
育てられた産地直送のなんとかかんとか…とか、書いてあるのかもしれない。
すんません、ベトナム語読解できないっす(ノ_・。)

で、出て来たのがこれ。
おーーーー!!うちゅくしい!!

th_IMG_2295_20160808145506f53.jpg 

ミクアンはペロペロのきしめんみたいなのにちょっと少なめのお出汁(でも
割としっかり味)を絡めて食べる感じの麺。混ぜ麺、というほど出汁に油
っこさはないしサラッとしてるんだけど、具材の味や食感が色々なので
賑やかしく、寂しい感じがしない。日本で言う所の伊勢うどん・きしめん
バージョンみたいな(ややこし)。

そして読み通り。。。

th_IMG_2296_20160808145508a7b.jpg 

お野菜ワッシャー!ヾ(@⌒▽⌒@)ノ
これがねー、見事に御手入れされてるのっ。生なんだからせいぜい洗って乾かしとく
くらいやろ、と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、ご自分でお野菜を
市場などから買って来て調理される方はお分かりになるかと思います。

玉石混合の「いまそこから摘んで来ました」という体の野菜には取り除かなければ
ならない傷んだ部分もあるし、メインの茎からは外した方が良いものもあるし、
非ぬ所に土がついてたりするから、しっかりつけ込み、葉っぱ一枚一枚を丁寧に洗う
必要があることもあり。。。エラい大変。

この陽気ですから常温に晒しておく訳にも行かず、さりとて水に浸けっぱなしでは
雑菌が湧く。冷蔵庫に入れておくにもスペースに限りがある場合もアリ、
手間にかかる時間と提供するタイミングを見計らって采配するのはなかなか大変。
チョロっと洗えばすぐに使える日本のお野菜とは大違いなので、こっちに来た頃は
野菜の手入れをするだけでも「家事やったー!」みたいな達成感があった物ですw

なので麺屋さんで添えられるお野菜って結構そのお店の姿勢を表していて、
雑な所はかなーり雑だったりするのですが、まーっここのお店のは綺麗でしたわよっ。
無造作に盛られてるお皿ではあったけども、オーラがあった。清潔感がバリバリ。

また盛られてたのがミントメインだったりして、ちょっとシャレとんしゃー♪
私、ミントってあんまり好まなかったんですが、ベトナムに来てから好きになった
んですよねー。モヒートやらこういう麺料理やらにも積極的にワシワシ入れる。

th_IMG_2297_20160808145509652.jpg th_IMG_2298_20160808145755483.jpg

胃腸をスッキリさせてくれる効果もあるから暑い国で食事をする時に一緒に
食すと食後がラクなんで、身体が欲してるのかもしれませんね。もしくは、
鎮静効果もあると言うことなので、いつもウッホハッホしながら食べ物に
食いついてるワタクシに、神が「落ち着け」と言われているのかもしれない…。

こちらの麺、かなり日本のきしめんっぽくって米粉が主体なのかなとは思うの
ですが、フォーやブン、バンダーなどに比べてかなりモッチリ。より日本の
きしめんに近い感じ。そしてここのワンポーションは結構量があった!

ホイアンで数件食べた時はかなり少なめで、なんならお代わりしよか?と
思っちゃうくらい物足りなく、おやつ感覚なのかなーと思ってましたが、
こちらのお店しっかり「お食事」。別のミクアンの専門店

Mi Quan My Son
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-3617.html

のもちょっと少なめだったからそういうものかと思ってたんだけどね。

具材が色々乗っかっているとはいえ、出汁味だけでは飽きて来たなと言う時は、
卓上にあるチリ、添付されてくるライムを絞って味に変化を。

th_IMG_2299_201608081457555c3.jpg  th_IMG_2300_20160808145756d4f.jpg

なんか見た目がジャムみたいなこちらのチリペースト、甘めでおいしかったでー。
ちょっとコチュジャン的な風合いで、どっさり混ぜて食べました(^皿^)

卓上トラップ(当然のように出されるけど食べた分はしっかり感情を取られる
ベトナム式のお勧めサービスを勝手にそう呼んでるw)のヨーグルトもおいしそう
だったんだけど、麺だけでお腹いっぱいになってしまったので今回は断念。

うん、麺を残せばよかったんだけどさ、美味しくてさ、ちるちるちるっと勢いが
ついて止められなかったの(´・ω・`)

でもこれ、日本人的に受けが良い味じゃないかと思うんですよねー。
中部地方だから南部の料理程甘くないので、日本の東方面の方にも受け入れて
貰い易いんじゃないかなーと。この場所にしてはメニューが地味なラインナップ
なのでほんと、今後どうなるかが気になりますが、中心街でミクアンの専門店は
個人的には嬉しい限り。

旅行者の方にも使い易い場所にあると思うので、フォー以外の麺も試して
みたい、という方にはお勧めですヾ(@⌒ー⌒@)ノ


th_IMG_2294_20160808145753e20.jpg 


3Anh Em
133 Hai Ba Trung, Q1

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

The Jade 〜 夢の(一部には悪夢のw)ドリアンケーキ

「お菓子もらったんだけど、ちぇりさんにも食べてみてほしいの!」
と言われて頂戴した生菓子。見た所、どうやらクレープのクリーム包みの様な感じ。

th_IMG_1646_2016080514104646e.jpg 

なんかね、こちらのお店、ほぼこれ一本でやってるお店なんだそうですよ。
チーズケーキ的フレーバーもあるとかないとか。どっちにしても少数精鋭。
すごい。

ちなみにケースの中のクレープ菓子はピッチリラップで包まれてて
乾燥しないようになってます。どれどれ。恐らく中身はカスタードか
フレッシュクリームだろうからお気に入りのアールグレイでも淹れて…
(ケース、オープーン!)

モワンっ( ̄ー ̄)

お友達からはジャックフルーツのケーキだと聞いていたんだけど、
これ、多分ドリアンやw お店情報調べてメニューを見ると、
sầu riêng とあったので、Google先生によるとドリアンで間違いないっぽいw

そう、ドリアンとジャックフルーツって味も歯応えも全然違うけど、
香りの系統が似てるんだよね。もっふぉりとした濃厚な南国フルーツの香り。
うおー…。←ドリアンは過去に3回トライしたけどあまり好まなかった人w

でもま、せっかく頂いたし。。。
加工されてればあのダイレクトな香りも少しは和らいで。。。


th_IMG_1649_2016080514104941b.jpg th_IMG_1648_2016080514104851b.jpg

うおっふぁーっ(笑)
もともとクリーミーな食感の物なので、フレッシュクリームとの相性は良いです。
クレープ生地かと思ったけど、かなりムッチリネッチリな感じのマットな生地で
クレープ生地を器に張ったラップに伸ばしてレンチンで作るヤツみたいな食感。
好みもあろうが、生地として楽しむ、というよりは、中のクリームを支える器的
存在の様な(笑)

そしてさすがにドリアンそのものよりマイルドにはなってるのだけど、
口中から鼻腔までをモッフォリ満たすこの香りwww 
う、うん。多分ドリアン好きには溜まらん感じで且つ、お洒落に食べられる
良アイテムだと思います。これならホテルや乗り物への持ち込みも文句言われない
だろうし、ドリアン好きな方は必見。

もしくは、ドリアンを勝手まで試したくはないけど、どんなもんか雰囲気だけでも、
という人にも向いてるかも。お好きだったら複数個パックもあって数が増えれれば
割安になるそうだから買い易いかも。

3個45kドン。
5個65kドン。
7個95kドン。
10個で130kドンだそうです。


個人的にはドリアンがそんなに得意じゃないので自分で買うことはないかも
ですが、お好きな方には面白いアイテムかなーと思ったのでご紹介。
まぁ日本じゃ作ろうと思ってもとてもコストが合わない商品ですからね。
ベトナムに居る間に試した、という事実を得られたのはありがたかったです。
おごちそうさまでした。


モワーン(笑)



The Jade
45/1 Đường 3 Tháng Q10





にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

SAKAI 〜 特バッテラ!!

***** 2016 Jul. *****

やーーーっ(≧∇≦)
不定期に提供されてるポセイ丼、やっと食べれたー!!!
ってか、SAKAIさんに夜伺うのが初めてだったんですが、いいねーっ。
居酒屋メニューが全般に揃ってるし、昼と夜、変わりなく丁寧なお料理!
まずはポセイどーんヾ(@⌒▽⌒@)ノ


th_IMG_2284_20160808001702838.jpg 

うーーーつーーーくーーーしーーーいいいぃぃぃ。
これね、ドンブリは色々組み合わせを自分でチョイスできるらしく、これにサーモン
プラスだったりなんだりで打線を組めるようになってるらしい。もちろん何を選ぶかで
価格が変わってくるんですが、見てー。このウニ。当然持って来る間の時間があるから
若干ミョウバンは使ってるんだろうけど、舌に触る程ではないし、ちょー美味しいっ。

そしてウニ本命だったから特に期待も警戒もしていなかったイクラがまた美味しかった!
コンパで目を付けた女のコ誘い出すのに隣の子ぉにヘルプ出してたら、なんかそっちの
この方が良くなってしもたみたいな。

いやーっ。常時ではないにせよ、ベトナムでこれを頂けるんか。
すごいな。幸せやな。今回は8月1日から開始で、お品が尽き次第終了と言う
ことだったんで、この記事が出せる頃までには終わってしもてるかもしれませんが、
これまでも不定期に度々やってくれていて、都度、各情報誌などで予告されている
ようなので、まだ召し上がった事が無い方で機会を見つけたらぜひぜひ。

で、こちらのお店。
今よりももっと日本食を食べてなかった2年前から1年前の頃にあっても、
ここはええなー、と思ってたとこ。例えばラーメン、例えば焼鳥に特化したら
好みの店は別にもあるんですが、まぁ生ものから寿司、居酒屋メニュー全般と
大層な品数揃えてらっしゃるんで総合力が高いと思うのっ。

th_IMG_2273_2016080800165613c.jpg th_IMG_2274_201608080016580b1.jpgth_IMG_2281.jpg th_IMG_2277_20160808001702c2b.jpg

正式名称覚えてないけど、ピリ辛味の枝豆に、とても美しい出汁巻き。
焼きムラも油の余熱の変色も無い、プロが作るモノの中でも上等な出汁巻き。
んまかった。 あと生肉のタルタルに銀杏に。。。あー酒が捗る。

th_IMG_2276_20160808001754c02.jpg th_IMG_2286_201608080017595fd.jpg

つぶ貝のお刺身とか、アヴォカドの細巻きがつまみに最高!
ええ、もう私くらいになると酢飯がつまみになるんですわw
あと、生わさびをふんだんに使った涙巻きを、目ぇウルウル(இ௦இ)させながら
食べたり、揚げものに手を出したりと、そりゃーもうかなりな種類、ジャンル
のものを頂いたのだけど、まだまだ品書きはありまして。そしてハズレが一品も
なかっというね。

あと大好物のこれ。


th_IMG_2282_20160808001756c19.jpg 

鯖寿司は炙ってもらいましてん(*´艸`*)
しかも酒の途中だからってことで、米は少なめ。そんなオーダーも出来るのね。
あ、酒の途中だからというか、もっと色んな物が食べたいから胃袋のスペース
節約の為ってのもあったなwww 

ジジッと軽く炙られた皮目の香ばしさ、脂の乗り方、〆め方の妙。
うまいわー。やっぱり美味しいわー。
こんなん日本の地方によってはなかなか食べる習慣が無いとこもありますからね。
習慣あっても、皆が一様に高い腕前をお持ちと言うわけでもありませんし。

このお店の素晴らしいとこは、こんだけの物揃えて、お客さん連れてっても
充分なサービスレベルとお料理があるのに高級すぎず、普段使いにも出来るとこやね。
高級一辺倒で行くと言うお店も、場合によっては必要やろうしそれはそれなんですが、
庶民としては、こちらの方がありがたい。そりゃローカル飯に比べたら和食ですから
値は張りますが、和食の中でどーや?という話になったら、やっぱりここ、安定感
あるわー。

ランチに良し。夜飲みによし。
あってくれてよかったーって思うお店ですな(^・^)



***** 2015 Apr. *****

なんだかんだで良く行っているサカイさん。
主にランチタイムに行ってて、都度違うメニューを頼んでみるのですが、
安定してるなーヾ(@⌒ー⌒@)ノ


th_IMG_9822.jpg

お刺身、お寿司系は程々のお値段だけどボリュームタップリだし
見目麗しいし、和食を日常のランチとしていただくにはお休めの価格の割に
かなりリッチな味とボリュームを味わえる気がします♪

th_IMG_9821.jpg

↑これは前も頼んだかな?
ブレが無いです。ここしばらくで数回行ったんだけど、その時々によって
調子が良くないときなんてのも無いし、店員さんの対応も丁寧。
安定しているので、最近は人に「和食食べるならどこに行ってる?」みたいな
質問をされたときは「さかいさん♪」と答えてて、それを聞いて行った人達も
喜んでくれる事が多いみたい。

大振りのお刺身が楽しみでここに来るとツイツイお刺身とかお寿司メニューを
頼んでしまうのだけど、その他にも色んな日本食も有る様なので頼んでみたいなー
と思いつつ、いつも似たのになっちゃう(^^;


th_IMG_9819.jpg


自分では控えめに(まずまず美味しいよねー♪)なんて思ってたつもりだけど、
こうもちょくちょく行って似たメニューを頼んでしまうってのは、実は相当
気に入ってるんですかね、これ(笑)

じっ、次回こそはなんか別のメニュー、頼んでみるぞーっ(笑)




***** 2015 Jan. *****

この年末年始にSakaiさんから嬉しいプロモーションがありました。
以前もご紹介した美味しい特バッテラがお安くなってるヾ(@⌒ー⌒@)ノ


th_IMG_6749.jpg th_IMG_6750.jpg


予約限定ってことだったので電話予約をし、それだけを取りに伺うと言うのも愛想の無い話。
ってことで、ランチを頂きに上がりました。以前の特バッテラはお友達がお家に買ってきて
くれたものだったので、お店で頂くは初めてでした。


th_IMG_6746.jpg th_IMG_6748.jpg

お二階の席に通されたのだけど、程々にシックで良い感じやなー♪
普通に気軽に食べに来易い程度には開放的やし、お仕事がらみのお相手と食事できる
程度には落ち着いてるし。また別の階にはもうちょっとフォーマルな感じの空間も
あるんやろな。宴会メニューも手軽にあるみたいやし、良さそうやな。


で、ランチなんですが、メニューがいっぱい!!


th_IMG_6747.jpg

で、一緒に行った方はお蕎麦と天ぷらのセットを頼まれたのだけど、運ばれてきた
瞬間からお出汁の良い香り!!あらーっ、これはちょっと期待が持てる♪

th_IMG_6751_2015011420164303c.jpg th_IMG_6753.jpg

お蕎麦を頼んだ所、おうどんがきちゃったのはご愛嬌ですが(笑)
このおうどんがまた、ツリっとした肌のやつで食べ易かったし、やっぱりお出汁が美味しかった!
澄んでて金色の関西系のお出汁。これは嬉しい♪(ってかあんた人のまで食べとるんか…)

私はお寿司とお刺身のセットを。
これがまた結構盛りだくさんでビックリした(笑)

th_IMG_6754.jpg

盛りつけには貝殻なんかもあしらって豪華な雰囲気。
ベトナムで海ブドウがポピュラーなのは知っていたけど、なんせ日本では貴重品。
そのイメージが抜けないままなのでやっぱり豪華な雰囲気(笑)
飾り切りの人参や海ブドウの後ろに握り寿司が更に隠れてたのはなぜ?と
思ったけど(主役やねんからもっと前に出してもいいのにw)盛りだくさんやなーっ。

th_IMG_6756.jpg

あとやっぱりこちらのお出汁、美味しいわ。
茶碗蒸しの造りの丁寧だった事。
いえ、別に麺つゆで作るのも悪くはないし、ってか、自分で作る時は手軽に作るし(笑)
どんな時にも頑に良いお出汁を引いて作るべし!なんていうつもりはないのですが、
やはりお外で食べる時に、ちゃんとした茶碗蒸しが出て来ると嬉しいもの。
もー真っ先に頂きました(笑)

th_IMG_6757.jpg


あと、特バッテラを食べた時から思ってたんですが、こちらの酢飯の味が私の
好みなんですよねー。これは個人差があると思うんですが、酢の角が丸めで
気持ち甘め。強過ぎず、薄過ぎず、ネタの旨味が楽しめる、まさに良い「塩梅」。
塩や酢が強いと、ネタの味を邪魔する事があったり、途中で温かいお茶で
口直ししないと、舌が偏る事があるんですよねー。でもこちらのは本当に良い
塩梅なのでバクバクと(笑)


th_IMG_6758.jpg th_IMG_6759.jpg

あと、食べさしの写真で恐縮ですが、お刺身に添えられてたツマが奇麗だったなー。
そもそものお刺身が奇麗で、旨味を逃さない状態で提供されてた事が大きいですが、
一切ドリップが落ちてなかった。お刺身のツマがドリップソーサー的になって
食べる気がしない事が多いのですが、あんまり奇麗でシャキシャキと美味しそうだったので
この日はしっかり頂いてしまいました(笑)

今回頂いたもの(同行の方の天ぷらまで含む)、どれももの凄く個性的とか
突飛な味わいではなく、正統派の「日本の食事」としてとても丁寧に感じました。
例えば特別な日に気張って食べに行く、と言う感じではないかもですが、
日々のご飯に重ねて通うお店としては、ものすごーーーく魅力的。

正直…食べ慣れてるジャンルでもあるせいか、ホーチミンの和食屋さんでは
敢えて重ねて行く事は少ないかなー、とか、美味しいけど結構高いしなー、という
ところに当たることが多く、積極的に攻めてなかったのですが、こちらのお店は、
いいなー。お友達ご夫妻が、ことあるごとに伺うと言っていたのにも凄くなっとく。

あ、もちろん特バッテラもおいしかったですよー♪


th_IMG_6769.jpg


相変わらずの肉厚のサバ。好みの酢飯。
推されることで魚の旨味がお米の方にジンワリ移るので、持ち帰るなりして食べごろ
までに半日程ある方が良い、というのも、気持ちが急かなくていいですね。

そうそう、今回ついてくれた店員の女の子も、出来うる限り丁寧な日本語を
使おうとしてくれてたし、お水やらなにやらの不足がある時はすぐに気がついてくれたりと
大変細やかなサービスだったのにも感心しましたし嬉しかった♪
また他のものも食べに行きたいなー♪ 良い和食屋さんが有ってくれると言うのは
嬉しいもんですね。特バッテラだけじゃない、Sakai さんのホッとできるおいしいご飯。
よろしかったら是非一度ー♪



***** 2014 Jun. *****


先日ご紹介した Dragon Hot Pot のデリバリーで主婦友さんがお祝いしてくれた時に、
わざわざ朝からこちらのお店に走ってくれて、噂の特バッテラまでご用意頂きました!
こちら、和食のお店という事は聞いてたのですが、まだ未訪。でもこの特バッテラの
お噂だけは、あっちこっちからチョイチョイ聞こえて来てたんですよねー♪
はい、ドン♪

th_IMG_2129.jpg

うおう!肉厚!!!
さすがに夏場の国なので、しっかり中まで〆てあるけど、サバや、サバー♪
そう言えばホーチミンで殆ど食べてない♪

で、これがまた食べてみると、大変美味しい♪
どっかからの輸入もんかしら。しっかり〆ててもシットリしてるくらいに脂はあるし、
酢飯の具合もほどよくて、違和感が無いどころか、日本基準で味わってみても十分美味しい♡
酢飯がいいから、海鮮巻寿司もゴーセイで美味しかったぁ♪

th_IMG_2127.jpg

ホーチミンのいろんな所でお寿司、食べられるけど、酢飯が今ひとつ好みじゃなくて
結果、あまりお寿司を食べないようにしてた事が多かったんだけど、ここのはいいなー。
いつかお店にも食べに行かなきゃ。そしてこの特バッテラは時々食べたい♪
押し寿司だから、お家に持ち帰って食べても十分美味しいしね♪

おごちそうさまでした。
最近和食のお店のバリエーションが増えて来たとこでしたが、また一つお気に入りが増えました♪


SAKAI
70 Mac Dinh Chi St., Ward Da Kao Q1

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Arms Nakayama 〜 お気に入りの美容室見つけた!

ショートカットを信頼してお任せしていた美容師さんが日本に帰ってしまった
ので、さてどうしたものか、と思い続けてはや4ヶ月。
その間どうしていたかというと。。。

伸ばす方向で乗り切っていた( ・`ω・´)b

いや、伸ばすったってあんた、伸ばし放題じゃもっさもっさやーん(´Д` )
ってことで、これはいよいよ美容室探しをしなければいけないかなーと
思っていた所、お友達から「お手軽でいいとこあるよー」と聞いたので、
実は1ヶ月ちょっと前にカラーだけしに行ってみました。

th_IMG_9713.jpg th_IMG_9714.jpg

場所は、Hai Ba Trung通りを中心街からずーっと北方面に上がって行き、
タンディン市場を超えて更に真っ直ぐ言った右手にあります。
結構ローカルなエリアではあるのですが、Hai Ba Trung通りという馴染みの
ある通り沿いにあるってことで、そんなにアウェイ感は感じないかな?

お友達からの評判もあったのですが、これ、もらったんですよねー。
広告入りポケットティッシュ!

th_IMG_2442_20160807172309b2c.jpg 

うおーー!!なんか嬉しいぞ!(笑)
日本だと(都会なら)もう要らん!って程無料で貰えてたポケットティッシュ。
田舎だったり車社会なエリアだと貰える機会が無いんだけれども、
ホーチミンにはそもそもそんなことする概念がないからか全く見かけて
なかったな。結果、ポケティは自分で買ってたんですが。。。

なんか、ちょっと嬉しいじゃないか(※^^※)
ポケットティッシュ、買えないものじゃないですよ。
惜しくもないお値段です。そしてホーチミンライフ、楽しいです。
日本にも程々遊びに帰れてるから、恋しくて恋しくて仕方ないって
感じでもないのですが。。。

でもなんかこの「広告入りポケットティッシュ」っていうアイテムがツボる。
もの凄く大感激!っていうような衝撃じゃないけれども、グッと来る(笑)
なんか嬉しくて使うのもったいなくて、持ち歩いてはいたんだけど、
使うのもったいなくて自前で買ったポケットティッシュから使ってる(笑)

こちら、ターゲットが日本人だけでなく、ローカルのお客さんにも使って
もらえるようにってことでスタッフさんにもローカルのかたがいらっしゃり、
私がやってもらってる間にローカルのお客さんも続々来てました。

が、日本人がお願いする場合は基本的に日本人の美容師さんが担当してくれます。
その方の場合だけ少し指名料的な物がかかるんですが、それも小さな額。
なにより。。。

男前なんですよっ( ・`ω・´)b

って、あ、ごめんなさい。
専門技術をお持ちの方を褒めるのにルックスから入るなんて、
セクハラですかね(・∀・;


さっきのポケットティッシュ写真の真ん中におられる方ですわ。
すんげ美味しそうな二の腕してて、そこにあるタトゥーもカッコいい!!
もう施術受けてる間、美味しそうなその二の腕に齧り付かないようにするのが
大変で大変で。。。(←発言に全く反省する様子が見られませんがコイツ)

って、だからそう言うとこばかり褒めると失礼ですね。
食べてみたら残念だったお店の内装や器ばっかり褒めるケースのように
受けとられては大変。まずカラー、すっごく良かったです。丁寧だったし、
トリートメント効果もあるものだったので染める前より髪が元気になったし、
ツヤが随分続いたなー。

そして。
奏功してる間に、こちらにお世話になったと言うお友達が続々。
1人ははストレートだった髪に柔らかなパーマをかけてもらってて
女度がグッと上がって素敵になってたし、一番興味があったショートカット。
これにチャレンジしたお友達がとっても素敵になってた!!

「僕、どっちかというとショート、得意なんですよ」

とは、美容師さんから聞いてたんだけど、確かに上手!!
彼女もともとショートだったんだけど、カットの仕方で変わるものねー。
更にチャーミングになっててチョー羨ましくなり、私も速攻行って来た、とw

まぁ最近やっとアップに出来る長さになってきて、この長さをもうしばらく
楽しみたいので今回はあまりカットせずに。ボリュームは欲しいからパーマは
かけたいけど余りキツくなく、余分なところカットして下さい、くらいしか
オーダーしなかったのに。。。

すんごいお気に入りな髪型にしてくれた(*´ω`)

家で自分でスタイリングする際のアドバイスとかも細かくくれるし、
なんかねー、施術してくれてる間,心地いーの。別にマッサージとか
してくれてるわけじゃないんだけど、すんごい気持ち良い。
なんだろな、と思ったら。。。

腕も逞しいが、手が大きい(・∀・)
もう自分の頭がハンドボールになったくらいに感じるくらい、大きなお手手!(笑)
それでワフワフワフ〜っと乾かしてもらったりしてると、気分はすっかり
飼い主さんに撫でられるワンコ。そりゃ気持ちよい(*´ω`)

しっかし、あの大きな手でどうしてあんな繊細な作業ができるのか不思議。
美容師さんってみんな手品師さんみたいだなーって思うけど、こちらの方、
魔法使いさん度合いが高い。しかも平井堅的イケメン度数も加わるという
コンボ決めてる。困るな。通いたくなるじゃないか。(ちぇりさん目的を
取り違えないように気をつけましょう)

プラスね、こちら、カットとパーマをお願いして。。。

th_IMG_2443_2016080718064235d.jpg 

800kドン!
4000円くらい?!
まーぢか!!(´⊙ω⊙`)

あんな男前さんにワフワフしてもろて、こんな金額でええの?!
(だからちぇりさん、対価の対象が違う。。。)
ってか、ちゃんと日本人向けに薬剤その他も見極めてくれて丁寧な
接受してくれて、加えて私が行った人はみんな素敵にしてもろてるからなー。
この金額なら、今までより頻度高く髪型変えに行ってもええかも!

「これでもローカルの人にはそこそこの金額ですしねー」

とはお店の方談。
ごもっとも。

でも私、そもそも日本にいてもそんなに美容代、ガッツリ出す方じゃ
なかったからホーチミンの狭いチョイスの中で自分の中での許容金額内の
お店となると中々難しかったのだけど、こちらは許容範囲を下回ったわ。。。
個人的には、もの凄いコスパ。

ただま、前の美容師さんの時にも話しましたけど、こればっかりは技術
だけの話じゃなくて相性その他がありますんでね。どなたにもRight Choice
であるとは言えないし、金額もロングの方だとどうなるかは聞いてないんですが
お尋ねしたらきっと親切に教えてくれると思います。
とりあえず、私は今後の美容室が決まってひと安心(^・^)

あと店内にも書いてありましたが、サービスに満足されたら料金外で、
アシストに就いてくれたローカルのスタッフさんにチップをお願いします
とのこと。

チップってのは受けたサービスに対する感謝とか気持ちの表れなので
必ずしも差し上げるべき物ではない、と思ってるのですが、お店に
寄ってはこのチップに収入のかなりの部分を頼ってるスタッフさんも
いらっしゃるんですよね。

こちらのお店がどういうシステムか分かりませんし、お店側からは
一切要求されません。だからスルーしても当然何も言われないし
問題ありませんが、私は、良いサービスを受けた際にはお渡しするように
しています。

ベトナムではチップをもらうことを当然とは思ってない人もいらっしゃって、
中には断る方もいるくらい。そんなことがあるくらいだから受けとる際に
とても素敵な笑顔で受けとってくれる人もいるんですよね。

チップ、日本人には馴染みの無い慣習なので、海外に行き始めた当初は
面倒だなって思ってたんですが、ことベトナムに於いては気持ち良くやり
取りすることができるし、感謝の形を小さな金額ではあるけど形にして
端的に表せる、というのは、最近むしろ便利だなって思うようにすらなりました。

ま、他国での請求書に「チップいくら」って、貰う事前提で項目が
あったりすると圧迫感を感じる訳ですが…( ̄ー ̄)

なにはともあれ、お気に入りの美容室が見つかって心強い限り♪
しかもお安いお値段なので、もう少しこまめに御手入れしに行けるかも♪

美容室探しでお困りの方は、よかったら選択肢に入れてみて下さいね。
色々気楽に相談し易いし、親切で居心地良いし、個人的には技術もセンスも
素敵だなーと思う美容師さんだと思います(^・^)


th_IMG_9705.jpg 

Arms Nakayama
434 Hai Ba Trung Q1








にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

ジャックフルーツ

日本では中々見かけない南国フルーツ。
でもベトナムでは、よーーーーく見かけますね。
旬がいつか分からないくらい良く見る果物。
それがある日帰ったら、部屋にゴロンとありまして。。。

th_IMG_2176_20160805010317f03.jpg 

なんかおる、と言うくらいの存在感。
旦那さんがお友達からもらってきたらしい。
でけぇ。。。。

それもそのはず、ジャックフルーツ。
こいつはこれでも小さい方で、大きな物になるとこの成りのまま70㌢ほど
までに育ち、且つ重さは4〜50kgにまでなるという(・∀・;
これは10kgにも満た無い感じだったから、ちびっ子なのかそう言う種類なのか。

そしてコイツの特徴はその大きさだけでなく、香り( ・`ω・´)b
匂いのキツい果物と言えばドリアンですが、それにちょっと近い物を感じる
南国のトロピカルフルーツ特有の気怠く濃密な甘い香りがするのが特徴。
そしてその芳香性も非常に高く、こいつが部屋にある間、ヘタしたら外にも
匂いが漏れるんじゃな以下と思われるほど、強烈な香が(笑)

南国のホテルやその他の公共施設に寄っては「ドリアンお断り」という注意
書きを貼ってる所があるのですが、時折「ドリアン・ジャックフルーツお断り」
とされていることがあるほど、コイツも匂いはきつい。ドリアンほど
忌避はされてないと思うが、なかなかのもんです(笑)

あんまりにも大きいので、刃を入れる時はなんかちょっと罪悪感。。
悪い事をしている風情が刃先から指に伝わり、なかなか続々する物が。
(←危ないやつ

th_IMG_2188_20160805010320011.jpg 

んで、切るとこんな感じ。
パッカーン♪

th_IMG_2189.jpg th_IMG_2194_20160805010323dba.jpg

さすがにこの1玉全部ってのは持て余すご家庭も多いのか、売られる場合は
こうやって実を割った後に、房状になってる可食部分を取り出した状態で
小分けにして売ってる場合が多いです。

テクスチャーは。。。何とも日本の方に分かり易い様な他の食材が見つからないw
水分は少なく、繊維質がいかにも食感で、香は先程伝えたに濃密で甘やか。
の割に、味覚的な甘さがクドすぎないのが特徴で、以外とサクサク食べれて
しまう。

あまり熟れてない時期の実は、カットして炒めたり煮込んだりされ、
野菜として重宝されます。若い頃には熟れた時の芳香が殆ど無いので、
「これがジャックフルーツ????」と、教えられてもにわかには
信じ難いほどなのですが、その変貌ぶりもまた面白い。

大事な所だからもう一度言いますね。
「若い頃には熟れた時ほどの芳香が殆ど無い」のです。
ここのところをご留意いただいて、関係各位には熟れ頃のワタクシに
接して頂きたく。(熟れ過ぎ厳禁)

フレッシュな物にトライする機会の無い方は、フリーズドライにされた
チップスがお土産品の定番として、多くのスーパーやコンビニで売られているので
お試しあれ。サクサクとした食感と自然な甘み、なによりあのほわぁっと香る
トロピカル感が、甘過ぎない白ワインなどのアテにすると絶妙です。
お酒を召し上がらない方は、お好みの紅茶のアテにされてもいいかもですね。
(紅茶のアテて。。。)

ちなみに当然我家だけでは食べ切れなくて、お友達に貰ってもらった(・∀・;
こいつだけは丸ごと買いより、小分けパックを買った方が良さそうですね(笑)
香りに特徴があるので好き嫌いはありましょうし、香りの系統がドリアン
芳香なので警戒される方もいらっしゃるかもしれませんが、お味は意外に素直で
美味しいですよ。まだの方はお試しあれ♪








にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

BBQ week でした!

ちょっと前になるのですが、お友達宅がお引っ越しするのでその前に…
と、そのお宅にあるBBQスペースを使って、久しぶりのちぇりBBQ(^皿^)
この週はもう一軒、お誘いがかかってて、BBQウイーク。週に2回もやるの、
日本の花見シーズン以来やw

th_IMG_1570_20160804162113dab.jpg 

あいっかわらず素敵なBBQスペースやわぁ(*´艸`*)
日よけもあるし。
すっかりこちらの着火剤にも慣れまして、むしろ今ではジェルや固形の
着火剤よりこちらの方が使い易い感じ。ラクチン♪

th_IMG_1574.jpg  th_IMG_1579_20160804162329a24.jpg


日起こしもアッサリ終わって、さぁジュウジュウ!!
の前に、乾杯!!!(≧∇≦)

th_IMG_1577.jpg 

火のそばにおるからなー。暑いからなー。
身体冷却しながらやらんといかんもんなー。
ビールビールぅ♪

で、まぁ今回も色々仕込んで行きまして、鶏のハーブレモン漬けやら、
豚肉のタマリンド漬けやら。炭の具合が良い感じなので、どれもいい具合に
焼けて行きます♪

th_IMG_1584_2016080416190905a.jpg 


下は牛肉。
赤身は堅くなりがちですけど、仕込み次第で
ふっくら美味しく。あとは焼き加減ですなぁ。
炭はコントロールし難いからちょっと難しいけど、今回は上手いこと行きました♡

th_IMG_1593_20160804161912312.jpg

お肉買って来て焼いてタレ漬けて食べる、というBBQベーシックももちろん楽しいの
ですが、こうやって色々仕込んで食べるのもまた美味しいもので♪

なにもしないで焼いたお肉は、薬味に拘ったりとかですね。
サッと素直に焼いた豚トロは、以前こちらのレシピコーナーでも紹介した
ネギとごま油と旨み調味料で作ったネギだれで(๑・﹃ ・`๑)ジュル”


th_IMG_1589_20160805002629820.jpg th_IMG_1590_2016080500263136d.jpg

とか、お野菜を色々用意しといて一緒に頂くとかですね。
女性が多い時は。これ、経験上、男性にやってもあまりウケない(・∀・;

そう言えば今回は参加者の方がタコをしいれてきてくれまして!

th_IMG_1578.jpg 

でかい。。。
800gの大物でした。
さてこれを同調理下かと言うと…?

th_IMG_1592_20160804161911a52.jpg

どーん!!素焼き!(笑)

海鮮料理屋さんやスペイン料理屋さんで食べるベトナムのタコがもの
凄く柔らかくて、これは下ごしらえとかスパイスにコツがあるのか
タコ自体の特性が日本のそれとは違うのか、とっても気になってたんですが、
炭火の素焼きで食べてみれば、どっちがより多くの原因を担ってるかが
わかるだろ、ってんで、個人的には実験も兼ねて焼かせてもらった(笑)

th_IMG_1595_20160804161914c64.jpg 

焼いてるうちにでんぐり返る様もまた愛らしい(*´ω`)
で、結果!!


th_IMG_1598_20160804162924c2b.jpg th_IMG_1596_20160804162922168.jpg

ちょーっ、プリップリ!!
しかも半生に焼き上げるとかじゃなくて、ガッツリ焼いてもまだ柔い!!
そしてアクの少ない、でも旨味のしっかりした、これ日本の上物と
言われるタコだったら、混紡が折れるまで叩かなこうまでならんのでは
なかろうかという口当たり。思うに。。。

日本でタコの有名所と言えば明石。
全国的にはさほどでなくとも、北九州が面する関門海峡辺りのタコも評判が良い。
どっちも過酷な潮の流れが、周辺海域が持つ特徴ですな。
対してベトナムの海は。。。

割とのんびりしてるんじゃないですかね。あたたかくてフワフワした塩の流れの
なかでユルユル育って来たら、そりゃーやんわりともなるんじゃないかと(笑)
いえ、根拠の無い、これは完全な想像ですが(笑)

そういえば日本に居た時、玄海の鯛を食べて育ったので、ゴリッゴリの歯応えが
鯛のそれだと思っていたのですが、瀬戸内の鯛を食べた時は、そのふんわり加減に
衝撃受けたのを思い出しましたわ。潮流激しい所の鯛と、内海の湖のように穏やか
な海で育った鯛と。やっぱり塩の加減とか関係あるんかなー。

もう一軒のBBQは、なんと夜の大人のBBQ(*´艸`*)
とあるビルの屋上を使っての、なんとも粋なBBQだったのですが…
夜なので暗くて写真が絵にならん(´Д` )

唯一撮ったのがこれ。
以前もベトナムでやったかなぁ。
豚の美味しい国でやる豚の塩釜。

th_IMG_1656.jpg th_IMG_1664_20160804162928de1.jpg

パッカーン♪

日本だと業務用スーパーでこのサイズ(2kgちょい)の塊を買えるのですが、
こちらでこれだけを切り出してもらうオーダーをするだけの語学力が未だ
ないので、今回は肩ロースの大きめのブロックを自分で成形して作ってみました。
目的の食材が手に入らないなら入らないで、工夫するもんだな。

普段はなかなか見られないお料理だろうし、こちらも多人数が集まる時じゃ
ないと作れないので、ちょー楽しかった♪ ちなみに25人分目安で作り
ましたが、量的にも良い感じで食べてもらえた(^・^)

この集まりでは初めてお会いする方も多くて、ちと緊張したのですけども、
皆さん快く迎えてくれて、大変楽しい時間を過ごす事ができました。
焼き方さんは男性陣が請け負ってくれたし(`・ω・´)ゞ

週2回のBBQはなかなかハードでしたけども、日本であれだけやっていたのに
ベトナムでは中々できなかったので、久しぶりに腕が鳴ったわ(笑)
また呼んでもらえるといいなー♪ 
こちらの食材と調味料で、まだまだBBQネタ、考えたい所です♪






にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

Stoker 〜 熟成肉を心置きなくっ

***** 2016 Jul. *****

ランチに来ましたー♪
最初にディナーの方からは言っちゃったのでハードル上がるかなーと
ちょっと心配だったんですけどね。なんてたってこの値段。

th_IMG_1461_201608041511572f9.jpg 

th_IMG_1462_201608041511596b4.jpg

夜のゴージャスなメニューとは打って変わってリーズナブルよねー。
ベーシックメニューからのチョイスだと200kドン。熟成肉をメインに
選ぶ場合は、75kドン増し。400円も違わずにあの熟成肉食べられる
なら迷わずそっちでしょ。

と言いつつ、ここのポークソテーも美味しいんよなー(^^;
でも私は初ランチだったので、取りあえず熟成肉に。
どのくらいの量が出てくるのかも気になったし。

熟成肉のステーキを選んだ場合、付け合わせは、マッシュポテトか
野菜のオーブン焼き、チップスの三種類から選びます。

ソースはチミチュリ(基本的にはハーブやガーリックをオリーブオイルと
酢で合わせたソース)かベアルネーズ(卵黄ベースに香味野菜やオイル、
酢を加えて作ったリッチなゆるいマヨネーズみたいな感じ)から選びます。

聞いたら、このソースがなんのこっちゃら分からなかったと言う方が
いたので一応メモ。ご参考までに。

さて前菜。

th_IMG_1466_20160804151203b1e.jpg 

スープもセットなのね。
この日はガスパチョにキノコのソテー。
出し方がシャレてるよねー♪

th_IMG_1468_201608041514151b7.jpg th_IMG_1471_2016080415141800e.jpg

こちらはお友達が頼んだポークソテー。
土台になってるのはブロッコリーペースト入りマッシュポテト。
あいかわらず脂プリップリであまくておいしー(*´艸`*)
そして、熟成肉っ。じゃんっ♪


th_IMG_1470_201608041514170a1.jpg 

おーーーー。風格がある。
ソースはこれ、ベアルネーズのほうね。
お肉は120gなのでそんなに沢山は無いのですが、ちいちゃくても鯛。
ちいちゃくても熟成肉!まーっ、旨味がギッシリ詰まってて美味しいですわー♪

熟成肉だから美味しい、とは思ってないんですが(知識ない人がブームに乗って
適当に作ってたり、それらしいものにしただけで箸にも棒にもかからん熟成肉…
と呼ばれてるものに過去何度も遭遇した)ここのお肉は、夜も昼も「ああ、なるほど。
熟成肉が美味しいって言われるのはこれかー」って納得の行くお味。

th_IMG_1473_20160804151419f62.jpg 

ここのレアの中心部はギリギリ攻めてる感じなのですが、そこはWooden FIer
という調理法ですから、外側と内側の様子に差が出るのは仕方なく、むしろ、
その調理法で良くここまでの状態を作り上げられるもんだと感心。丁寧に鉄板
調理したレアとより随分と粗野な感じに仕上がってますが、それが薪焼きの
醍醐味でもあり。お好みは分かれるところでしょうけど、こういうレアも
オイシねぇ(*´艸`*)

夜はなんだかんだで酒も飲んだらいい金額になるのでそんなに頻繁には来れないし、
最近他にもステーキのおいしいお店見つけたから、更に足が遠のいちゃってたん
ですが、ランチならいいなぁ、ここ♪ まだ行った事が無いってかたは、まずは
ランチからお試ししてみてはいかがでしょ?お試しあれ♪






***** 2016 May. *****

ここのランチもお手頃そうなので行ってみたいなー、と思っている内に、
夜にまた訪れる機会がやって参りました。6人と言う大所帯で。
ってことは…???

700g、800gオーバーからしか頼めない肉を頼めるじゃないか( ・`ω・´)b
ってことで、今回は熟成肉の塊ちゃんにチャレンジしましたヾ(@⌒▽⌒@)ノ

ただしこれ、自分で確実に重量を指定できる訳じゃありません。
既にその日のカットがお店に用意されていて、お肉の種類により
「本日は◯◯◯g、◯◯◯gとございますがどちらにしますか?」
見たいなチョイスになります。ので、最低ラインギリギリの重さのお肉が
あるかはわかりません。今回は6人居たので、一種類を800g、もう一つを
1.2kgで。どんだけ食うんだおまいらよ。

まず、生肉の状態で持って来てくれてます。
どん。


th_IMG_8540.jpg 

で、さすがにこのサイズで、且Wooden Fireということになると、結構時間が
かかるようで、片方は30分、片方は45分かかると言われました。
実際にはもうちょっと早かった様な気がしますが、気の合う仲間とワイワイ
楽しく話していたのであっというまに感じただけかもしれません(・∀・;

焼き上がるまでは飲みましたよね。
ハッピーアワーの17時〜20時までを狙い撃ちして行きましたので(ってか
この時間、食事時もガッツリ入ってるからお店側としては豪気だよね)
先ず飲む。プロセッコなんて、グラスで70kドン=350円。安い。

th_IMG_8543.jpg 

ので、みんな「椀子蕎麦か!!!」ってくらいに飲み倒してたよね。。。
6人がそれぞれのペースで「もう一杯ー!」とか言って注文するもんだから
お店の人がすごーく忙しそうでした。。。ご、ごめん。。。
ちなみにボトルは写真に撮らせてもらっただけで、
ボトルになるとハッピーアワー対象外なのでお気をつけくださいませ。


th_IMG_8541.jpg th_IMG_8542.jpg

今回は前菜のサラダなんかも頼んじゃいました。
トマトのサラダとハーブのサラダ。こんなの1人1枚分くらいのりょうなので、
それぞれを6人でつつきますーとか言ったらお店の方が凄い戸惑ってた(苦笑)
取り分けもやってくれたんだけど、なんか申し訳なかったわぁ。。。(汗)

カトラリーは相変わらずのラギオール。
これ、自分ちで肉食べるのにも欲しいわぁ。
いや、そんな良い肉家で食べてないんだけどさ、蛋白質とL-カルチニン摂取の
為にローカルの赤身肉良く食べるからさ。。。(痩せたいけど食う事は止めない
ワガママBody)


th_IMG_8544.jpg th_IMG_8545.jpg


ともあれ。。。
そんなこんなで結構アッと言う間にお肉登場。
じゃじゃんっ。

th_IMG_8546.jpg 

フォトジェニーックヾ(@⌒▽⌒@)ノ
美しいのでもう一枚。ドンっ。


th_IMG_8547.jpg 


ひょーっひょっひょっひょっひょ!!!!←テンションおかしくなってる
うんまそー!!今回は人数多かったのでミディアムでお願いしたのですが、
薪でミディアムってチョー難しそう(^^; そら時間もかかるっちゅー話なんですが、
もうどんだけでもかけて下さい、こんなうまそうな肉焼いてくれるなら!

そして更にもう一種類。

th_IMG_8548.jpg 

T-Bone。私、フィリピンでもこの部位美味しいなーっ、と思ってたんですが、
やっぱうまいわっ。まぁこちらのお肉はフラスフェッドと言うことで、肉質が
更にきめ細やかで、まるでビロードの様な目への当たり。そんな特別なお肉だから
こそと言う部分もあったかともいますが。。。。

美ーつーくーしーいーーーーーヾ(@⌒▽⌒@)ノ

美味しいものって美しいよなっ。
機械や実用品で本当に役に立つ、またその機能だけを追求して他を削ぎ落とした
ものを「美しい」と感じるように、美味しさが追求された料理って美しいっ。
あかん、この写真を今記事書く時に貼付けながら滝涎。。。


th_IMG_8549.jpg 

ご覧のとおり、余り脂がジョワジョワしてる感じではありません。
赤身の力を最大限に出し切ってのしっとりとした食感、旨味を詰めて詰めて
更にそれが組織の中で膨らんで、の結果のお肉。に、2キロあった筈なのに、
あっというまに無くなったわ。。。(・∀・;

th_IMG_8566.jpg 

しまいには、骨までしゃぶるお嬢達(写真自粛)。
それくらいに美味しかったっ。で、またこの旨味が濃厚ながら、大層品が
あるので、なんならプロセッこのままでも行けるんよな。赤は赤で合わせたら
もちろん美味しかったです。が、泡でも行ける。雑で贅沢な合わせ方やけど。

で。(で?)
足りなかったから、前回見つけてたSecretoをー(*´艸`*)

2っつ( ・`ω・´)b (えーーー!)

th_IMG_8564.jpg 

やっぱ美味いわーっ。
今回初めて召し上がる方達にも好評でした。
これ、1ポーション490kなんで、なんだったら1人でフラッと来て食べるのもアリ。
毎日のご飯の価格じゃないけど、たまに外でおいしいお肉で豚好きで、って方には
ホントにお勧め。

th_IMG_8559.jpg 

ソースもなんだかんだ用意されてて赤ワインソース、ブルーチーズソース、マッシュ
ルームソース、ペッパーソースとか頼みまして、まぁ赤ワインソース美味しいかなー、
いや、他のも美味しいんだけど肉がとにかく美味しいから、なんあら添付のこの
塩が一番美味しい、みたいな。

2kg+豚肉さんのセクレタ2ポーション平らげてやっとお腹が落ち着いて来た
私たち。そろそろほろ酔いにもなってきましたんで(椀子そばのようにグラス
重ねといてやっとほろ酔い、だと…?)酔い覚ましにカクテルを。。。

お勧めをお伺いしたら、シグナチャーカクテル的な位置にあるやつでジンベース
のがあるというのでお願いしたら、んまーっかぁいらしいのが出てきまして!

th_IMG_8568.jpg th_IMG_8569.jpg

バラのつぼみかしら。ほんのり全体もピンクで、でも味はビターで
ジンのクールさがサッパリとした味わい。ゴークゴクゴクゴク(違う。
カクテルはアクエリアスじゃないぞ、その飲み方違う。しかもそれ
結構強いし。。。)

で、ひと行き着いたので、今回はHappy Ending 行きまっせー!
(まだ食うのか!!!)

th_IMG_8570.jpg th_IMG_8580_20160515211135050.jpg

ティラミスはブラックココアのクラストを散らしてて(オレオか?)その
ザグザグ感とビターな感じに洋酒がきいたマスカルポーネのミルキー感。
かなぁり美味い。子供さんにはちと辛いかもだけど、かなぁり美味しい。

写真上右はサバラン系なんだけど、パンじゃなくてスポンジに洋酒を浸した
タイプ(また酒かい)。こちらは。。。ちょっと期待した味じゃなかった
けど、まぁ美味しい。そしてねそしてね!!(ま…まだあるのか…)

th_IMG_8572.jpg 

これをこうしてね、こうしてから。。。

th_IMG_8574.jpg 

こうだ!!!
アルコールに火を入れてダークチェリーのコンポートが入ったプチパンに炎を
注ぎ…?

th_IMG_8579.jpg

どやぁぁぁぁっヾ(@⌒▽⌒@)ノ
このあと凄い勢いで食べたのでトロォリの瞬間がないんですが、
これまた超絶おいしくて。。。

濃厚でコクがあって、ビターなんだけど、チェリーのコンポートの
甘さと赤さ(の味ってあるじゃないですか)が加わって実に大人!!

ホーチミンって、何でこんなにショコラのデザートが美味しいのか。。。
色んなお店のフォンダンショコラが素晴らしい素晴らしい言うてますけど、
このレベルが次から次に出てくるのって、ものすっごい希有な環境だと
思うんですよ?こちらに来る前はホーチミンがチョコレートの名所なんて
終ぞ思わなかったものですが、そして旅行で数日来たくらいじゃなかなか
見つけられなかったと思うんですが。。。

チョコレート好きな方には、旅行者でも体験してほしい。
ベトナムに来てなんでチョコ?と思われるかもしれませんが、このレベルの
フォンダンショコラ、日本で食べようと思ったら店から選ばないけませんし
選んだら全体コストもエラい事になりまっせ。

ああ、思い出してもタメイキが出る。
どーかこのお店でお食事をされる際には、Happy Ending のための
スペースを胃袋に空けてて頂きたい。そして本当にHappy Endingを
迎えて頂きたい。そして再確認していただきたい。
このお店を一言で表現するにはなんと言えば良いかを。
これ以上にこの言葉が似合うお店はそうそうないでしょう。


酒池肉林( ・`ω・´)b


まぁ夜こんだけ飲んで食えば、ハッピーアワーといえどもそこそこなお値段に
なりましたけれど、むしろ「あれだけ飲んでそれで収まったんだ?!」という
思いもあり。価値をどこに置くかはそれぞれですが、ほんっまに美味しいひと時
でした。あー、満足っヾ(@⌒ー⌒@)ノ




***** 2016 Apr. *****


肉、と言えば  Elgaucho 。または Au Lac Do Brazil  どちらもそれなりのお値段がかかりますが、お肉の質も間違いないし、 ステーキとして頂いた際にも、シュラスコとして供された際にもその調理 手腕に問題はなし。それなりの料金を払うだけの信頼に値するお店。 追随を許すお店が中々無いので、この2件が不動の定番になってましたが。。。 th_IMG_6540_20160419160850763.jpg 新星登場( ・`ω・´)b 伺う前から何人もの方にもの凄い評判の良さを聞いてたお店。 ランチの予定が流れ流れて夜の訪問になりました。でも結果夜で良かったかも! 先ず店に入るとカウンターが。17時〜20時はHappy Hourだそうで、 それを楽しんでるお客さんが多い様でした。 二階に上がる階段の横には… th_IMG_6541_20160419160851eb9.jpg th_IMG_6542_2016041916085265b.jpg th_IMG_6543_201604191608546e6.jpg th_IMG_6544_2016041916085538d.jpg おおおおおっ。うやうやしく補完されてる熟成肉達! ものにより部位により、日数を示したドライエイジドのお肉達が 「おいでやす( ⸝⸝•ᴗ•⸝⸝ )」 と待ってます。むふふ。 二階に行くと、あら素敵♪ そんなに広いスペースじゃないけど、シックに治めて雰囲気が良い。 難ならテラス席もありますが、まぁ暑い日だったのでこの日は回避w th_IMG_6586_20160419162518ad6.jpg お肉も一級品を揃えてるようだから飲み物も高いかなーと思ったけれども、 この日はちょうどハッピーアワーの時間内。うひひ。半額で頂けるじゃないか(^皿^) th_IMG_6545_20160419162519283.jpg ってか、そもそもそんなに高くなかった。グラスワインも160kドンくらいから ありましたし、プロセッコも140k。200オーバー取るお店があること思えば 安いとすら言ってしまえる。更にその半額となれば…(くどいよ、よっぽど うれしかったんだなw) これはたしかに一階のカウンターでチョイ飲みして行こうかなって気にもなりますわな。 商売お上手。 お肉のメニューは。。。 th_IMG_6546_20160419162521335.jpg th_IMG_6547_20160419162522a46.jpg th_IMG_6548_201604191625240a6.jpg スターター+メインで選んでHappi Ending(デザート)を迎える流れらしい。 かなりの種類のスターターがあり、選ぶのもこれまた中々楽しい。 この日はシーザーサラダにフォアグラを。 ね。ベトナムに来て初めて知ったわ。フォアグラはメインじゃなくてスターター として出される事もあるんだって。フレンチなんかでもスターターに並ぶ 食材ですもんねぇ。なんて贅沢。 th_IMG_6560.jpg シーザーサラダに散らされてた自家製ベーコンと思しきチップスも 美味しかったなー。量がしっかりあったので、これ、2人でシェアでよろしいかと。 フォアグラは。。。 th_IMG_6561_201604191632293c9.jpg th_IMG_6562_201604191632302fa.jpg うふふふふ(*´ω`) スターターなのであまりガッツリした量じゃないけれど、存在感は 抜群です。そして感激したのは、付け合わせのソース! th_IMG_6553_2016041916322675f.jpg 家でフォアグラをソテーする際はリンゴを煮詰めたソースを添えることが 多いのだけど、この手があったか。グワバですって!!! 味的にはジャムを活用してるのかなって感じでしたが、ちょうどそのとき 頂いていたプロセッコがサッパリだったのでちょうど良い感じ。 美味しゅうございましたー♡ で、メイン( ・`ω・´)b 今回は30日熟成のサーロインを頂きました。 ってか、色々チョイスはあったんだけど、700g〜とかいうメニューが メインで、このワンポーションも250g/350gのチョイス。 なかなかのポーション(・∀・; 当然今回は250gでオーダーしたけど、それがこれ。 ドン。 th_IMG_6595_2016041916460103d.jpg ほおおおおおっ。 中々フォトジェニック。 実は結構大きめの木のプレートに乗っている為、250gってこんなに 小さかったんだっけ?と印象だったのですが、食べて見るとこれがなかなか どうして!! 量的なボリュームもさることながら、味わいがとてもとても深いので、 旨味的な満足感がハンパなく、これ以上多かったら私的にはギブアップ ですが、これ以下だとチョット食べ足りない感があったかも。いや、 実査には全部食べるご「げーっふっ(^・^)」ってなったんだけどね(笑) th_IMG_6580_20160419164605a34.jpg 見て下さいこの断面。 美しい。 そしてキメ細やかで、舌に触れるとビロードの様。 ひと口ごとにウットリしてた。 Wooden Fired Grill とあちこちで強調されてたのですが、なるほど、 炭火焼のものに比べてワイルドさがあると言いますか、薪の火で焼いてる だけあって、野趣がある。それでいて肉中心部までへの熱の入れ方は 繊細で、凝りゃチョット一度一階の焼き場を見学しにいかねばならない。 そしてこうなるとなるほど、赤ワインのメニューが充実するはず。 ボトルのメニューはかなりのページを埋めてました。価格も800kドン台から 上はそらもう色々ですが(笑)、お手頃価格から拘りのランクまで。 こりゃお詳しい方、お好きな方をお連れしても楽しんで頂けそう♪ 旦那さんは、ポークを注文。 せっかくエイジド・ビーフのお店に行ってるのになぜポーク?と思われ ましたか? ふっふっふ。。。。。なんとこの店。。。 th_IMG_6555_201604191654224a6.jpg セクレタがあるッヽ(;▽;)ノ しかもスペインの豚さんである。 イベリコ、とは書いてないけど、スペインの黒豚さんらしい。 何よりセクレタ。 これは肩の上の脂肪部分の中に潜む、1頭から2kgくらいしか取れないと 言われてる希少部位。以前日本でこれを使った料理を出してるお店あったけど、 とても手が出る価格じゃなかった(・∀・; まぁ、豚に寄ってグレードもあるので一概に比較は出来ませんが、それが 200gで2500円しないとか。。。。なんだよそのチョット良いファミレス みたいな価格はよ。。。それで美味しかったらもうこれメチャクチャお得な 料理じゃねーか? th_IMG_6572_2016041916542513e.jpg th_IMG_6576_201604191646028fb.jpg 実際食べてみると、細かくプチプチプチ…っと小気味良く弾ける繊維質の 心地良い食感、そこから肉汁をブジュワっとなんて出したりしません。 それが楽しい食事もあるけど、ここは奥ゆかしいセクレタさん。ファッと 香る薪焼きの勢いの中にも繊細な旨味を堂々と構えて、それを静かに静かに アピールしてくる。 うまい。 ベトナムの豚も大概美味しいと思ってましたが、やはりこれはこれで別物。 小さなひと口ずつを切っては味わって味わって何度も楽しみましたです、はい。 牛の熟成肉がメインではあるけど、この豚さんも是非味わって頂きたい。 ってか、まぢ、日本だとホントに高いからこれ。 お得だから食えと言うのも貧乏ったら敷い話ではあるけど(笑) 個人的にはこれ、めっちゃくっちゃ嬉しいですわ。これだからホーチミンでの 食べ歩きは止められない。こんなお得な話があって良いものかと言う食材が、 贅沢な調理法でお手軽に提供されていたりするのだから。全く持ってありがたい ことだ。 th_IMG_6552_2016041920220332a.jpg th_IMG_6556_20160419202204c0d.jpg 最初に出て来るパンもしーっとりとした旨味のふくよかな上物で、添えられた バターソースがまたフッと舌に消え行く感じのリッチさ。サイドディッシュに 頼んだトリュフ入り・バタータップリのマッシュポテトは肉と食べても単体で 食べても夢見心地。はい、カロリーの事は忘れましょうね。はいはい忘れたー。 ちなみにさすがに色々拘る所はちがうなー、と思ったのがカトラリー。 旦那さんが、「このナイフ切れ味良いなー」って感心してたのでふと 見てみたら、Laguiole。 th_IMG_6581_20160419202206624.jpg スタッフさんは、テーブルに関わってくれた人がほぼ完璧なアメリカン・ イングリッシュで(ッて言い方も不思議な気がするけどw)心置きなく会話を 楽しめるし、メニューの説明も実に流暢。味、雰囲気、アイテム、居心地が どれもとても良いバランス。Elgauchoよりはこじんまり感がありますが、 実にコージー且つ、お値打ちにお料理を楽しめる大変良いお店だと思います。 これから肉料理でオススメの店を尋ねられたら、ここを真っ先に出すかも しれんなぁ。本当に次から次にこの街は、良いお店が出てきますなっ。 ここ、お仕事上のお食事とかにも使えると思うんで、そのような御用がおありに なる方は、一度下見がてらに行かれることをお勧めしておきます〜ヾ(@⌒ー⌒@)ノ Stoker 44 Mac Thi Buoi にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Go2 Bar 〜 水煙草を試してみた( ・`ω・´)b

バックパッカー街の目立つ場所にあるお店。
Bui Vien  通りとDe Tham 通りが交差する所で、大きなブルズマークを
掲げるバーの向かい側。Sinh Cafeなどがある辺りなので、
デイツアーを利用した事がある人はご存知かもですね。

でも名前の通りのGo Go バーではありません。
お姉ちゃん、踊ってない(;ー;)
(ここはベトナム、慎みましょう)

角っこにあり屋内席もありますが、通り沿いに向けた半屋外の咳が
賑やかで楽しいです。賑やかすぎるきらいはあるけど、まぁ酔って
しまえば、ね。(ね?)

ビールなどは別枠ですが、一杯90kドンのカクテルを2杯頼んだら1杯オマケ
でついてくる=180kドンで3杯=1杯60kドンってとこ。安いなおい。
一応フードメニューもある様子だけど、この日はご飯食べてたのでパス。

th_IMG_2159_2016080318522279f.jpg th_IMG_2161_2016080318522596e.jpg

で、頼んだカクテルがこちら。
うん、見た目はキュートだけどさすがに一杯300円。
ごーくごく飲めるw(=薄いw)

     th_IMG_2162_20160803185226872.jpg

ま、喉乾いてたからちょうどいいやね。
ここは上質な酒を楽しむと言うよりは、通りの雰囲気を頼むって感じ。
一人日本語を上手に操る男の子が居て、こちらが日本人と見るや、
あれやらこれやら日本語でお世話焼いてくれてたのも可愛かったな。

th_IMG_2175_2016080319135880a.jpg 
(↑ 写真掲載の許可、取りました♪)

あとねーっ、ここシーシャがあった!水煙草!
1区のトルコ料理のお店にもあるとは聞いてたんだけど、結局今まで
やったことなかったのねー。そもそも煙草は吸わないんだけど、
シガーはお酒を飲む時に数回試して美味しかった記憶があるのと、
やったことないことやってみたいって好奇心から、はい注文。

th_IMG_2168_20160803185228c80.jpg 

へーーーっ。こういうものなんだ。
水煙草っていうけど、火も使うのね。器具のてっぺんに銀紙で包まれ
てる中に葉っぱがあるのかな?その上に炭。多分BBQ焼いてる炭、
持って来たんかな。エエ具合に火が落ち着いてる炭持って来てた(笑)

水煙草って色々タイプがあるようですが、ここで出してるのはタールや
ニコチンは含まないもののよう。それが口の中に残るのと煙の匂いが
苦手で煙草を吸わないので、そこが含まれていないと聞いてひと安心。

シガーはお酒と相性の良い物があるので調味料的に楽しんだのですが…
(調味料…???)さて、こちらで扱う水煙草にはベリーや柑橘系の
果物フレーバーなどがあるらしく、今回はアップル+ミントのミックス
風味に。なんかアイスクリームでも頼んでる感じやなぁ(笑)

2人で吸う場合は、口をつけるマウスピースの部分を2つくれます。
なかなかクリーンな対応をなさる。んで、どういうしくみかイマイチ理解
できてないけど、どうやらこの機械の中に煙が充満しているっぽいので
それをすぅーっと吸い込ん…

ぐえっほぉっほぅえっはっほッ…

…いやほら。私、普段煙草吸わないからさ。
もう大丈夫。落ち着いてこう優雅にふかせばいいんだよね。
すぅーっと吸い…

ぼへーーーーーーっほ、うぉえっほ、ぐぉっほ ごほッごほッ




(;ー;)


なんかこう。。。水煙草って、ゆるーっとふわふわーっとしたイメージが
あったんですが、なんかそうならない。。。と、ふと横を見ると、
同席の御仁は、ぷかぁ♪っと美味しそうに。。。

結果、ちぇりさんが得られたのは喉のイガイガと涙目だけ(ノ_・。)
いやうん、ほのかにアップルとミントが香る煙は不快じゃなかったです
けどね。これデザート代わりに楽しめたら霞み食ってるようなもんで
カロリー気にしなくていいのになぁ。ちえーっ。。。


でもま、何事も経験ですわな。
日本じゃ中々見かけないし(東アジア関連経験してる人には珍しく
なかったようですが)多分もっと安い所があるにしろ、千円以内で
こんなもんやっちゅーのが分かればそれで。。。

ご旅行中の方とかですね、ご興味のある方はこちらのお店にも
ありますよ、ということで。。。

げほッげほッ。。。




Go2 Bar
187 De Tham Q1






にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

Maison Marou 〜「あの」Marouのショコラショップ!

***** 2016 Jul. *****

もう前回レポをして以降、何度こちらに行っただろう。。。
行った事が無い人がいる、と聞けば「じゃ、今から行く?!」と強引に
誘ってお連れすること6回以上。。。そろそろ血中チョコレート濃度が
かなり上がって来てるんじゃないかと思われます(・∀・;

ケーキは殆ど制覇したし、ドリンクもチョコレート関係は全部( ・`ω・´)b
最近のお気に入りは、ショコラドリンクのパッションフルーツ♪
温かいのも冷たいのもイケますなぁ♡

th_IMG_1817_2016080300130948f.jpg th_IMG_1633_201608030013098a9.jpg

って、写真じゃどれが何やらよーわからんでな(笑)
シナモンとチリってのはショコラと合わせるのに鉄板なので珍しくないけど、
パッションフルーツって他ではあまり見た事なかったんよね。オレンジは
たまにショコラに合わせるけど、ドリンクではあまり見かけないし、
柑橘系以外だったらこう来るか!って言う以外さと、もの凄くマッチする
不思議感がたまりません(*´艸`*)

プラス最近は。。。

th_IMG_1631_201608030013079e2.jpg

なーんと、モエを置くようになってます!!
しかもグランド・ヴィンテージというチョイスもあるっ。
強気だなー(^^;

ラデュレのフルーティなマカロンとシャンパンは合わせたことがありますが、
ここのマカロン、ショコラクリームばかりだからなー。やっぱりフルーツフレーバー
のクリームのヤツを選んだ方が合わせやすいのか、はたまたここのショコラくらい
酸味のあるものであればシャンパンと合わせてもマッチするのか。。。

シャンパンとショコラのマリアージュは私、これまで意識して試したことが無くて、
ちょっと想像ができません。ここで300kドン+ショコラ代を使うのはなかなか
勇気が要るのでそのうち。。。いつか試してみようと思います。。うん、試せたら
いいな。。。。試せますように。。。(-人-)




***** 2016 Jun. *****

なんてこと!!
我が愛するMarou チョコの直営店が出来たと聞いて、先日行って参りました!
場所はベンタン市場付近にあるバスターミナルの南側。街のど真ん中ではないけれど、
そんなに行き難い場所でもなく、むしろこのくらいの位置感が良い感じ。
外観も素敵ね。もう主観入りまくりだけど、やっぱり素敵♡


th_IMG_9597.jpg 

th_IMG_9598.jpg    th_IMG_9599.jpg


店内に入ると、かなりの広さ。
制作キッチンも併設されてて、ガラス張りのこちら側から大理石を巡らせた作業場の
中にその様子を見る事もできます。もちろん常に作業がされてるわけじゃないけど、
雰囲気ある♪


th_IMG_9612.jpg th_IMG_9613_2016060820524555d.jpg

MAROUのチョコレートが色んな産地毎に製品として分けられてるのはみなさんも
ご存知の事と思いますが、こうやって地図で表示されると更によくわかりますね。
産地だけ言われてもよくわからないし(・∀・; ←地理オンチ


th_IMG_9600.jpg 


そして入り口から右手壁際に商品がディスプレイされているのですが。。。
th_IMG_9601.jpg 

わーお、ボンボンがある!!
MAROUのっ、ボンボン?!
なにその夢の様なショコラはっ!!!
板チョコでもあれだけの美味しさを出してたものが、色んなフレーバーのボンボンに
なったとか、幸せすぎる。。。(*´艸`*)

ショコラはグラム売りするお店も多いですが、こちらは1個25kドンというシステム。
6個用と12個専用の専用BOXが。
迷わず6個入りを購入。うん、どの6個を選ぶかは迷いに迷ったけど。

で、これまでの産地別の特徴を生かした「あの」華やかなパッケージなものとは別に、
こんなスタイリッシュなシリーズが発表された様です。

th_IMG_9605.jpg th_IMG_9606.jpg

7種類?も出たのっ?(((o(*゚▽゚*)o)))
クッキークランチだったりパッションフルーツやココナツパウダーを練り込んだもの、
ライスパフを入れたものなど、これまでのチョコレート自体と別の素材のコンビネーション。
それが7種類も。天国か。ここは天国かっ。

更にはイートインコーナーも。
もちろんこれまでに紹介したものを買って食べると言う手もあるのでしょうが。。。

th_IMG_9608.jpg 

イートインメニューがあるーヾ(@⌒ー⌒@)ノ
ホッとチョコレートが4種類もあるし、ホットorコールドの選択肢も。
ドリンクショコラが苦手と言う方には普通にコーヒーなどもあります。
なぜなら、ショコラのケーキも色々あるから!!!

th_IMG_9610_2016060820593843b.jpg 

th_IMG_9611_20160608205940d08.jpg

きああああああああっ(≧∇≦)(←嬉しさのあまり悲鳴を上げてる)
ショコラに特化してるのにこんなに沢山の種類があるの?!
大変っ。どれを食べれば良いの(≧∇≦)

th_IMG_9614_20160608205247908.jpg th_IMG_9615_20160608205249e44.jpg

とりあえずこの日はケーキをお友達宅への手みやげにして、店内ではホットショコラ
を頂く事に。手前がレギュラー。向こう側がダブルショコラ。レジカウンターの
壁にあるメニューの一番上がレギュラーで、二晩目のBoldだったかな?って
メニューがダブルショコラらしいです。

th_IMG_9618.jpg 

見た目にも濃厚さの違いが分かりますよね。ただ濃厚=美味しい、では
なくて、それぞれに味わいがある。ベーシックな方は、従来の板チョコに
見られる様に油脂分が控えめなせいか、もの凄く深いコクはあるのだけど、
引き際が良い。口に含んだ際、クッと舌にインパクトを与えたかと思ったら、
飲み下すとともにスゥッと居なくなる感じ。Marouのチョコレート特有の
酸味がまた良い具合に生かされていて、ワタクシ、日本で1500円ほどする
某ブランドのホットショコラよりも好きになった次第です。

ちなみにレギュラーが90kドン、ダブルが100kドン。
500円。この国では安か無いです。でもこんなレベルのショコラドリンクを
この価格で飲めるとか、ちょっと日本じゃ考えられないです。且つ、油脂分が
低めなことから、洋酒にも合いそうなんですよねー。今度はテイクアウトして
家でラムとかブランデー入れて飲もう( ・`ω・´)b

ケーキもすばらしかったですよっ。
って、手みやげで持ってってるのに自分もチャッカリ食べている(・∀・;

th_IMG_9626.jpg 


まずはエクレア。小振りだけど、シュー皮のレシピが、私的には多分ホーチミンの中だと
一番好きで、且つクリームに使われてるガナッシュと上掛けされてるクーベルチュールが
「チョコ」縛りでありながら個性を持ってて見事な合わせを奏でてるという感嘆の一品。
失礼ながら、頭に浮かんだのはエクレアを売りにしている某ホテル。
シグナチャー・スイーツにするならこれくらいの事はしてほしい。

あとボタンのデコレーションが可愛らしいチョコレートムースも、すばらしかったね。
ムースと言いつつゼラチンで固めただけの「ババロアじゃんこれ」みたいなのが多い中、
もの凄く繊細なメレンゲ使いのショコラムース。キメ細かくシルキーな繊細な口溶け
なのに、ショコラの風味はグンっと口中にインパクトをもたらしてて、意外性の中に
絶妙なバランスが。更にいくつかの味のギミックが仕込まれていて、とりあえず即座
には「美味しい」と言う感想を言葉にする余裕すらなかったほど。

th_IMG_9629_20160609132817747.jpg th_IMG_9627.jpg

更にマカロンは…どれもショコラ縛りなんだけど、パッションフルーツを
混ぜ込んだものやディープなカカオのもの、キャラメルを仕込んだものなどで
小粒ながら濃厚さ満点。しかも、マカロンのシェルがフレンチスタイルの中でも
かなり繊細なもの!こーの湿度の高いホーチミンで何でこんな繊細なシェルを
作れるのっ(・∀・;

なんというか、チョコレートだけじゃなく。。
それをモチーフにした「お菓子」の部分でも、それぞれの専門店(ケーキ屋さん
とかマカロン屋さんとか)の味をサクッと凌駕してしまってる。。。

加えてまだまだ伸び代がありそうな余裕を感じる。。。やめたれや。。。
小学校の運動会にオリンピック選手がいきなり入って来たみたいやんか(´Д` )

th_IMG_9646_20160609132817b35.jpg 

ボンボンは…また別の機会にゆっくり美味しく頂きます。
ここまできたら美味しいのは分かってるので「どう楽しむか」を
考えてからの方が良さそうなので(*´艸`*)

久々に…衝撃でしたわ。
お食事でもガツーンと衝撃を受ける様なことが最近ないねーと話してた
ばかりだったのですが、来たわこれ。ここ、間違いなくホーチミンの名所に
なります。既に日本でもイベントごとや一部のオサレ雑貨店などでは話題に
なってるMAROUですが、遠からずこのお店のことやお店の新作のことが
食べ物関係、旅行関係、貿易関係の方から目を付けられる事でしょう。
というか、これ見逃してたらアカンでほんま。

日本には高名なショコラティエ産たちのチョコレートが数あると知っていても
尚、これは成功するだろうなーと思わせる「ベトナムののカカオの愉悦」。
この数年でも目覚ましい展開を見せて来たMAROUさんですが、ますます
将来が楽しみですね。このお店がオープンした今のホーチミンにいられて
ほんとにラッキーですわー。

場所も割と行き易いところにあるので、チョコがお好きな方はぜひとも行かれて
見て下さいね♪ あと手土産なんかにもきっときっと喜ばれると思うので、
男性で甘いものはちょっと…と言う方が奥様や「お友達」にお持たせとして
買うのもとってもお勧めです♡ (注:文中の「 」に他意はありません♡)



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

MISOYA Ramen 〜 ビンズンで味噌ラーメン!

そもそも粉物はワンコインが理想、とかいう昭和の価値観をまだひきずってる
「古風な女」なので(それちょっと違う)、ホーチミンに出来てるラーメン屋さんの
なかなかなお値段にはビビってしまうワタクシ。加えてグルテンフリーの麺に溢れた
ホーチミンでは、ついつい機会を逸しがち。
(グルテンが悪いとは思ってないんですけどね。パン好きだし)

しかしこちらのお店は気になった。
レタントンにもある、田所商店さんと同じ系列と聞いてるのですが、
レタントンの方とワタクシ、あまり相性が良くないようで、何度行っても
トラブル対処中だったり開店が遅れたりと、そもそも店内に入れない事
ばかりだったというね(・∀・; でももしこちらのビンズンのお店のお味が
レタンとのと同じであるなら、念願かなったと言うべきか(笑)


th_IMG_2024.jpg 

ビンズンのイオンに入ってるお店です。
食料品売り場近くにあるエスカレーターを上がって行くと、レストランフロア
手前側にあるのですぐに分かるかと思います。ビンズンにお仕事に行かれてる方
たちの間では、スッカリお馴染みかもしれませんね。

味噌ラーメン、とだけ頭にあって特に深く考えてなかったのですが、
北海道風と東京風????があるのね。東京風の味噌ラーメンってちょっと
よくわからなかったので気になったんだけど、ここはまず初めてだし、
メニューにも北海道味噌ラーメンの方が先に載ってたからそっちがデフォかな、
と思ったので北海道風に。

        th_IMG_2027_20160803142448a97.jpg

th_IMG_2028_20160803142450db8.jpg th_IMG_2029_20160803142451003.jpg

店内は朱が貴重で、壁には日本語の書が前面に。
こういうの、ローカルの人に意味が分かり辛いであろう事はもちろんだけど
どんな風に見えるんだろうなー。ベトナムにも書はあったと思うから、
なんとなくシックリきてはくれるんだろうか(^・^)

th_IMG_2037_201608031426271df.jpg 

さて本題。
北海道味噌ラーメンです。

th_IMG_2040_20160803142629368.jpg 

空いてたので、そこそこの時間でスムーズに着丼。
フライドポテトが乗ってたのには気になったけど、とりあえずそこは
本題じゃないので見ないふりして着手。頂きますっ(`・ω・´)ゞ

th_IMG_2042_20160803142631d97.jpg 

おほーっ、主張し過ぎないプリプリ麺、ほっこりするお味噌の味わい。
つけ麺なんかにありがちなんですが、麺がもうトッピングもスープもすべてを
押しのけ、どやーーーー!!ってしてる感じのあるじゃないですか。そうする
までにはそれなりの味わいを持った麺だからこそで、それはそれの楽しみ方が
あるわけですが、その主張を打って迎える気概がこっちにも求められるから
少々疲れる。たまに食べるだけならいいんだけど。

でもここの歯とってもバランスが良い。
塩や醤油に加えると、調味料自体に旨味が多く含まれるお味噌のスープも
家でここまでやるのは難しいけど、といって、やたらに個性を主張している
ような圧は感じず、すんなりと美味しく頂ける様子。しかもこれ、70kドン
なんですよね。ありがたいお値段。

ラーメン合戦が盛り上がると個性豊かなメニューが楽しめるようになるのは
いいんだけど、あんまり個性が立ちすぎてるのはしょっちゅう食べたいとは
思え難いから、日常使いにはこういうラーメンが嬉しいですね♪
ただし、レタントンのお店は一杯辺りがもう少しお高くなるんだったかな。

あっ、ここ餃子もおいしかった!!

th_IMG_2043_20160803142632a73.jpg 

デフォは5個なんだけど、3個入りの小さいポーションもあったのー♪
これちょっと嬉しい♪

2人で行ってれば1皿頼んでシェアするんだけど、一人だとラーメン食べたら
お腹いっぱい。でも餃子も食べたいと言う欲が出たとき、無理して食べるか
残すか諦めるか。。。どれをとっても悩ましい(笑)
でも3つ入りなら迷わずに頼めちゃう♪

田所商店さんって、確か色んな国にお店を出されてるんですよね。
アメリカ、カナダ、台湾、ブラジル、タイ、中国。そしてベトナム。
確かベトナムは工場もこちらに作ってらっしゃるんでしたっけ。

日本食屋さんって、単にその地に住む日本人のニーズを満たすだけじゃなくて、
食文化をその土地に伝えると言う役割もあると思ってるんですが、こちらは更に
店舗の手前、製造段階にも大きな雇用も生んでいると言うすばらしい会社。

ほっとするようなお味なので、広く受け入れられ易いと思うので、ローカルの
方達にも是非馴染んでもらって、長くこの地に根付いてってほしいですね。
特にビンズンのこのお値段なら、ローカルのお値段に照らしたら少しだけ
お高目だとしても馴染んでもらい易いかもしれないし♪

味噌ラーメンって言うと北海道ってイメージだったから東京バージョンは今回
スルーしたけど(ってか、どっちかしか食べられないしな)こうなると
ちょっと気になって来たなー。またビンズンに行った時にトライしようっと(^・^)


th_IMG_2036_201608031426267cd.jpg 






にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

名源新城 〜 ビンズンにある美味い中華!

ビンズンに行った時に、旦那さんがイチオシしてくれた中華料理店。
忙しい中、ランチタイムにワザワザ会社のみなさんに出て来てもらった
所に加わりました(^皿^) ←手のかかるヨメ

ビンズンの工業団地付近って、まだまだ飲食店が少ないのですが、こちらは
ビンズン内を走る路線バスのセンター的な所付近にあって、少し離れたお隣
さんには、大きな一軒構えの Sushi Bar さんもありました。現在その反対
隣にも、ワインなどを置くお洒落な感じのベトナム料理のお店が建設中で、
更に少し煎った所にはフードコート施設もあります。

お仕事で使われることもあろうから、まずは少数精鋭でって感じでしょうか。
今回ご紹介するお店なんかは、今後界隈が賑やかになっても「この店は最初
の頃からあってさぁ!」みたいな感じで、ビンズンの老舗として語られて行く
のかなと(^・^)

店内は大きな宴会…、結婚式も出来そうな勢いの広さと設備。
そしてメニューも立派!!

         th_IMG_1945_201608030102133eb.jpg 
th_IMG_1946_20160803010214211.jpg th_IMG_1949_20160803010215b59.jpg

写真が多くて分かり易いですねー♪
また気楽な一品もあるのですが、高級素材の料理も置いているから、
接待などにも使えそう。この日はランチを食べに来たのですが。。。


th_IMG_1944_20160803010213754.jpg 

おおっ、点心メニューがある♡
もちろん先程のグランドメニューからも選べます。
あと、朝食メニューなんてのもありまして…

th_IMG_1953_2016080301025725b.jpg 

朝8時から午前中いっぱいやってるそうです。
もし通勤途中に寄れるんだったら、ちょっと良さげですね♪

で、早速のお料理ですが。。。

th_IMG_1954.jpg th_IMG_1957_20160803010301738.jpg

ゴーヤの炒め物卵とじ、羊の串焼き。
ゴーヤはあまり苦くない、ベトナムの肉厚ゴーヤが使われていて、サッと
炒めた後に出汁を幾ばくか馴染ませて卵とじに下感じの物。ゴーヤがしっかり
生きていて、ふんわりとそれを卵が包む優しいお味。美味しい。これ大皿から
グアーッとかきこんで食べたい。(お行儀悪い)

羊肉の串物は、小振りだけどもカレースパイスがほんのり利いててオイシー(≧∇≦)
これ、ビール無しで食べるの至難(^^; 

ニラ餃子もおいしかったなーっ。
この手のヤツ、ガッツリ本場のだと皮が厚めになるじゃないですか。
それが美味しい、と言われる方もいらっしゃるのですが、ワタクシ的には、
薄めでつるリンとした方が好き。厚いとハラに溜まって他の物が食べられなく
なるからっ( ・`ω・´)b ←いやしい

th_IMG_1959_201608030118548fa.jpg th_IMG_1960_2016080301185486f.jpg

th_IMG_1956_2016080301185394a.jpgth_IMG_1958_20160803011852227.jpg

小籠包がこれまた良かったなーっ。
愛するDim Tu Tacの小籠包もすばらしいのですが、あそこのは中のスープが
とろっとまろくて少し温度が低めですね。対してこちらはアッツアツ。
ってかまぁ普通層なんだけど。そして皮が薄めだけどしっかりとスープを
閉じ込めていて大変優秀。んまい。あとねー。

th_IMG_1955_20160803010259224.jpg 

麻婆豆腐ーーー!!!
わたしこれ、大っ好きなんですけど、残念ながらホーチミンには今一つ
美味しいと思える麻婆豆腐がないんですよねぇ。。。(ノ_・。)

見かけたら頼んでみてるし、美味いと言われる所は大抵行ってるんですが、
好みの物が中々無い。他の料理が美味しいとこでも、うんまぁねー、位な
感じ。それがこちらの麻婆豆腐と言ったらっ。

あっちあっちで油がチリチリしてそうな状態で出てくるんだけど、お豆腐
滑らか。全体がキュッと程よい唐辛子の辛味で締められていて、程よい香
と控えめなアタック感の山椒。バランスが絶妙 ( *´꒳`*)੭⁾⁾♡”

特に山椒、これは全く好みですが、あまり強いと舌が痺れて(麻婆豆腐の
「麻」の部分ですわな)特に炭水化物の甘みを感じられなくなるんですよね。
山椒の辛さ自体に耐えることは何でも無いことなんですが、他の食材への
味覚が鈍るのがどーも苦手で。。。

といって、全く山椒を使わないと言うのもフ抜けた感じで色気がなく、
自分で調整する以外=外食では中々好みのバランスが無いのですが、
こちらの麻婆豆腐は超好みだった。こう、どんぶりに白飯を軽く盛って
ですね、そこにザザァーっとこの麻婆豆腐をかけてガッツガッツかき込みたい。
なんかここに来るとそんなんばっかり。食欲ガンガン刺激される。

で、時間があまりなかったので、今回は料理はこのくらいだったのですが、
しっかりデザートまで食べようとするのがみなさん素晴らしい( ・`ω・´)b
じゃん。

th_IMG_1961_201608030135409fc.jpg 

おーーー!うちゅくしい!!
エッグタルトです。ちょっと時間がかかったので、これタイミング良く食べたい方は、
少し早めに頼むと良いかも。アッツアッツで出てきます。速攻で齧り付くと
エラい目見ます。激しく注意を促したいと思います。あぢゅかった。。。(;ー;)

でも。
あぢゅあぢゅいいながら食べる価値が、ものッ凄ごある!!!
まず卵記事の部分が非常にまろやかでライトとすら言えるのだけど、卵のコクは
しっかりあるし、甘さもちょうどええ感じやし、私が苦手な卵臭さが無い。

そして是非注目してほしいのがタルト生地の部分。

th_IMG_1962_2016080301354247b.jpg 

思わず拡大してしまいましたが。。。お分かり頂けますでしょうか。
メッチャメチャ薄く層になってますでしょ?且つ、重たくないんですよ。
中華のこの手のデザートの生地は主に小麦粉とラードを使うんです。
西洋のパイ生地に使われるバターの代わりに、ラード。

バターより若干融点が低く、常温であればバターより柔らかいことが
多いので、こういう生地を作ろうとするとかなり難しいと思われます。
自分で作っても、なんか層が不揃いだしモッソモッソするし、自分が
味見させられたら「………素朴な味ですね(ニッコリ)」ってなる感じ。
(………「元気そうな赤ちゃんですねー♪」のノリで↑)

それがどうでしょう。繊細なること羽衣のごとし。
主成分の一つがラードであるなんて想像もできない軽さと味わい。
水分は少ないので口の中でホロホロとはするのですが、卵の部分が
トローッとしたクリーム状で、そのホロホロを包み込みつつ
アクセントに変えて大変美味しく頂けます。これはほんっと,感動した!

思うに。。。腕の良い点心師さんか料理人さんがおられるんでしょうなぁ。
競争相手が少ない所にあるお店、と思ってちょっとナメてました。
ヘタしたら、ホーチミンでこれまでに行った中華料理の中でもTOPクラス。

ちょっと今回は品数が少なかったので言い切ってしまうのはどうかと思い
ますが、まさか頼んだ物だけ手が良かったと言うこともないだろうから、
かなり期待できる気が。これはまた次回、できれば多人数でお伺いして
他にも色々食べてみたいぞ。競争相手が少ないのに、すごいなぁ。

チョイチョイ通えないのが残念ですが(笑)、まだまだあるもんですね、
美味しいお店!探し求めてた麻婆豆腐が、まさかこんなとこにあろうとは
思いも寄りませんでした(^^)ゞ 

なかなか「是非行って下さいね!」とは気軽にお勧めできない場所にありますが、
もしもお近くに行かれる機会があったら、是非お試しくださいませヾ(@⌒▽⌒@)ノ


th_IMG_1951_20160803015348189.jpg 





にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪
sidetitleプロフィールsidetitle

Author:ちぇり
FC2ブログへようこそ!

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ村PVランキングsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleFC2アフィリエイトsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR