【つぶやきごと①】お気持ちは嬉しく頂いております♪

このブログを本格的にやり始めたのは今から2年半前のこと。
え。まだそのくらいしか経ってないっけ???(・∀・;
ガッツリ3年以上はやってると思ったんだが。。。

まぁ最初は自分のための備忘録的な意味で始めたとこあるから毎日とかじゃ
なかったしな。ぽつりぽつりでもやってた頃を入れると3年くらいになるのか。
レストラン記事だけでも500件を超えて、いったいどんだけ食ってるんだと(-“-;

そんな中で、時々お誘いを頂きます。
お店の方から。

特には新規開店のお店やら、わたしがまだ記事に出来ていないお店さんから、
よかったら一度いらしてください、と。
ありがたいことです。

ただ。。。

これはもう完全に私の未熟さ故なのですが、接待的なものを受けてしまうと、
どうしても自分の判断基準がフラットに保てない。

やはり御馳走になってしまうと、本当に美味しかったにしても、それを書く際に
どこかしらに手心が入ってしまいそうで、そんなヨコシマな気持ちが入ってしま
っては、お店に対しても失礼だろうなぁと。あ、私だけではない、お客さん全員が
受けられる期間限定の割引などはありがたく利用させてもらってます(^^)ゞ

今思えば、そういう風に想いを固めるようになったのは、過去に一件だけ、
まだそんなに更新していなかった頃に招かれた、とあるお店のオープニング
イベントがきっかけだったように思います。

幸いその店は美味しかったからよかったのですが、それでもやはり表現を
選択する際には微妙な抵抗感を感じる場面もあり、こういうのはどうなんだろう、
と思いつつ、苦心惨憺して書いたことを未だに覚えています。
日頃なーーーーにも考えずに書いてるだけに、あれは参った(^^;

また、あまりに残念だったお店に関しては改善の希望をお伝えするまでも
ないかな、と言う判断基準で、記事にしていないお店も沢山あって…
(つまり表に出している以上に食っている…と…?(・∀・;)

万が一にもお接待を受けて「記事にしない」と判断した際、少なくともお店の方は
招いた上で書かれていない、ということは…?と、快く思われないでしょうし、
私も書かない事で意思表示を既にしていまっていることになり、双方に負担。

異論をお持ちの方もおられようとは思いますが(例えばマイナスだったお店の事も
バッサリ書いてほしい、というリクエストは沢山いただいています(^^;)
このブログは自分の為に書き始めた、と言う当初の動機が今も変わらず残っている
部分があり、お金を貰ってそのお店の事を記事にするプロ・ライティングの
場ではないので、しばらくは今の判断でやっていく、と決めているので
ご理解頂けるとありがたく。

更には、最近はこのブログを見てお店に行って下さっているという方の
お話も少しずつ耳にする事が増えて来て、で、あれば美味しいお店情報の方が
有用であろうし、個人の一時的な「義理」を軸に言葉を連ねるのは、尚更
自分的に好ましくないな、と考えていて、お気持ちには感謝しつつ、
飲食店からの接待はお断りしています。


ご馳走してもらった方がお財布が助かるのはもちろんなのですが(笑)、
正直な所を記すのは、美味しいものを食べるのと同じくらい私には大事な
事だったのでそこを旦那さんにお話しすると、

「ぜひそうしたらいいですよ。それがちぇりさんの誠意なら
 お金がかかってもそうすべきだと思うです ( ・`ω・´)b」

と。
こんだけの穀潰しに、よぉこの人こんなん言えるな、と驚きつつ(なに他人事w)、
その言葉に甘えさせてもらってる次第。

で、いままでお申し出をいただいた飲食店のみなさまには、一介のブロガーの
非礼にもなり兼ねない言い分を理解し、快く聞きいれてくれたお店がほとんど
ででした。全くこちらの勝手でご厚意を突き返す様な事をしているのに、
本当にありがたい事です。

都度、ご理解頂けるように個別のご説明は差し上げていて、それはもちろん
今後もそのようにするつもりなのですが、事情を知らせていなかったがゆえに
お手間とお気持ちを割かせてしまったようなことがあったのなら、一度キチンと
こちらのスタンスを示しておくべきだよな、と思ったので、こちらに一筆。

気にかけて頂けて、とても嬉しく頂戴しております。
今まで存じ上げなかったお店に関しては、ご連絡頂いたのも何かのご縁、
と思っていますので、折りを見てお伺いさせて頂く事があると思います。
その際にも名乗らずお料理を頂く非礼があると思いますが、
これまでに引き続きご理解・ご容赦をいただき、書かせて頂いた際には、

「来やがったなw」

くらいに思って頂けたら幸いです。
また掲載させていただいたものに関しても、私が勝手に感じただけの事で誤解があったり、
妄想・推察で書いて間違った事をお伝えしていたり、お店の意図しない解釈を
読者に伝えている様な事があって御迷惑をかけしている様な事があればお知らせください。

基本、みんなに楽しんでほしいお店を選んで掲載し ています。
(カテゴリー:Not Recommended に関しては、私は知ってるのにお知らせして
いなかったが故にテキスト検索で引っかからない様、店名を文字では記さない
ようにしています)

お店のご迷惑になる事は本意ではありませんので、訂正すべき所は
訂正させていただきますので、お手間ですが、よろしくお願い致します。



ちぇり




スポンサーサイト

Phatty's Bar 〜 気軽に飲めるカジュアルバー

スポーツバーとかお姉ちゃんバーとか、割とこのエリアに沢山あるので
チョイチョイは行ってみてるんですが、飲み物か角煮かなりさがある。
ビール1杯100k前後ってとこもそんなに珍しくない。
日本だと普通だけど、ホーチミンでその価格はけっこうキツい(・∀・;

というわけで、安心して飲めるお店( ・`ω・´)b
ここもカテゴライズはスポーツバー。
行ったときはもう遅かったし、その日何か大きなゲームは無かったようで、
店内は落ち着いた感じ。


th_IMG_4501.jpg 

しかしすまなんだーっっっっ。
この時既に結構酔ってて、飲んだ酒すら撮ってなかった(´Д` )
まぁあれだ。ビールとウイスキーしか飲んでないので、そんなに変わり映えの
するもんではないwww あなたのイマジネーションに委ねますっ( ・`ω・´)b
(オイコラ逃げるな

で、メニュー写真も暗くてイマイチ。
でも内容は魅力的。
グランドメニューはべつにあって、これは多分定期的に変わるのかなーと予測
されるスペシャリティ。あら、ラムとかも使ってる。

th_IMG_4500.jpg 

で、グランドメニューですが、ちょっと暗い上に文字が小さくて見辛かった
のでHPを見てみたら、クリアなメニューがありました♪
ビールは45kドンから。まぁ安いっちゃ言わんが、この辺のパブやバーの相場と
してはお安い方。ってか、取りあえずフルーツジュースやコーヒー寄り易いです。
この店では。お財布に優しくなりたいならビールをどうぞ。

th_IMG_4805_20160922031701782.jpg th_IMG_4806_20160922031702701.jpg

でね、お店情報見てたら、なぁんと。
朝の8時半〜夜中の12時半、なんて書いてある???
ん???夜の8時半から???
いや、やっぱり朝の8時半からって書いてある。

フォー屋さんやバインミー屋さんなら朝5時から夜まで通しで開いてるお店
あるのは知ってたけど、バーで早朝から夜まで通し????掲載ミスか???

th_IMG_4809_2016092203170689e.jpg 

あったよ、朝食が…orz
本気だったのね、朝8時半からって。。。
まぁちょっとはずれたとこにある気はするけど、オフィス街も近いから
出社前とかに食べてく人がいるのかしら?まぁこの値段だから観光客狙い?
いや、観光客はベトナム料理食べたがる傾向があるだろうから、出社前の
欧米の方とか????

24時間開いてるとかなら、夜通しあったゲームを楽しんだあとに、って
事も考えられるけど、一応夜中でクローズするしなぁ。
ゲームがある時は臨機応変に営業するのかなぁ。

th_IMG_4807_20160922031703d1c.jpg th_IMG_4808_2016092203170574b.jpg

話を酒に戻すと、スピリッツ系はさすがにチョットするけど、それでも
500円以下でナミナミ入ってた(と思われる)ので、やっぱり気軽に飲めるかな。
あとこういうバー@ホーチミンに時々見られるメニューなんだけど、
ジャグで提供されるカクテル( ̄▽ ̄) 

グラス提供で120k。
ジャグ提供で260k。
倍額なら単純に倍量かなって思うけど、倍額以上だから多分倍以上入ってて、
克子の価格ならグラス◯杯頼むより得よね、って設定だろうから。。。
どんなサイズでくるんだろ(笑) ショートのレシピ、その量で出すか?(笑)

th_IMG_4811_20160922032244c3d.jpg 

サンドイッチやホットドッグ、バーガーなどのメニューも結構充実。
Relish & Sons にラムバーガーがあって大騒ぎしてたけど、意外とあるのね。
ここしばらくこの手のバーのメニュー色々見て来て、結構面白そうだなー
って思って来ちゃった。見てると結構しっかりしたもん出してるようだし、
中々一件目からこういうとこって行かないけど、結構いいのかもしれない。

ってか、3コース190kドンでランチがあることもあるらしい。
FBに乗ってただけなのでいつものことなのか、何曜日か限定の物なのか
わからないんだけど、ランチタイムに開いてることは間違いなさそうなので
チャンスは夜だけじゃなく昼にもあるぞっと(๑•̀ㅂ•́)و✧

今度はご飯レポ、できたらいいなー♪


Phatty's Bar
46 - 48 Tôn Thất Thiệp Q1





にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

... hum 〜 3区の店舗

3区の店舗、って言い方したけど、むしろこっちが本店か(^^;
1区のhumさんはこちら。

http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-3603.html


ベジタリアンなんだけど味にボリュームがあるレシピで満足感は充分にある、
という、食べ過ぎ飲み過ぎのリカバリー時には嬉しいお店(^・^)

いやま、そういう時には自生しろよって話ですが(。-_-。)


th_IMG_3705_20160920185828125.jpg 

th_IMG_3707_20160920185829437.jpg

1区のお店も素敵だけど、こちらのナチュラルな感じが素敵ね♪
2階席は割と涼しいらしいのですが、この日はほぼ満席でもう1階席しか空いていない、
と。そして一階席は。。。エアコンが無い(・∀・; うん、ナチュラルな感じ、素敵ね…。
涼しい席を確保したいなら予約して行く方が得策かもですね(^^;

さすがに観光客も多いからかメニューは写真入り。ちょっと説明多いけど、
それがこの店のこだわりっていうか、ベジタリアン料理なんてキッチリ説明
してもらわないと、どんな物をどんな風に調理してるかわかんないもんね(^^;

th_IMG_3708_20160920185830155.jpg 

th_IMG_3709_20160920185832454.jpg

th_IMG_3710_201609201858339d4.jpg

でもここのベジタリアンが嬉しい所は、ゴリゴリのヴィーガンではない所。
あまりに絞られると、食べ慣れない側にはちょっと辛いですもんね。
ゴリゴリじゃないから。。。

th_IMG_3721.jpg 

チーズプレートなんてモノもある。
素晴らしく美味しいドライのバナナとパイナップルとか薄切りにしたリンゴとか
チーズにとても相性の良いフルーツも色々添えられてて、チーズの温度も良い感じ
だし、こりゃまワインを飲まずにはいられませんわな(*´艸`*)

th_IMG_3712.jpg 

面白かったのは突き出し的に出てた小皿。
生姜やグリーンチリのピクルスは東南アジアでは珍しくないけど、左のやつ!
レモングラス!!若いレモングラスの根から遠い部分は繊維に垂直に刃を入れる
小口切りや微塵切りにすれば生でも食べられる、というのは知ってて家でも実践
してたけど、そうかピクルスにすると言う手があったか!

まぁ大量に食べる物じゃないけど、焼き魚のハジカミ的に使うのも良いし、
炒め物やらサラダに散らして風味を添えるにはいいですねぇ。
これ、フレッシュなまま放置しとくと水分が飛んで固くなる一方だけど、
ピクルスで水分の中につけておいたら日持ちも良いし。なるほどなー。

th_IMG_3720.jpg 

チーズプレートにはレンコンチップスなんかも添えられていて、これが意外に
ジャンクな味(笑)チップスにした後、洋物のポテチなんかによくあるチェダー
チーズパウダーガッツリかけました、みたいな味わい。でも野菜だもんなっ。
乳製品も良しとしてる店だからチーズもオッケーだしなっ(笑)

ってか、チーズプレートだからそういう味付けにしてくれたのかしら?
シャレたベジタリアン、なんて言う言い回し聞くと、ほらそこの男性陣、
全く興味を失くしてたと思われますけど、意外にビールのアテになるもん、
ありますぜw

クリスタルナンチャラってメニューがあって何じゃらほい、と思って頼んだら、
クラゲ…??いや、あれも一応、存在の殆どが水とはいえ動物だから、この
店では御法度よな。でもこの透明のちゅるちゅるしたものはなに?と思ったら、
アロエ。へーっ、なるほどね!

日本でも沖縄では食べるかもだけど、他じゃ殆ど食べる機会が無いものなぁ。
かなり無味な感じで、味わいと言えば和えてあるタレの味。その他の野菜の中に
なんかチュルンとしたもんがあるな、程度ですが、経験値としては面白いかも。

th_IMG_3722.jpg th_IMG_3724_20160920200622b93.jpg

上の写真右は、humさんに行ったら必ずと言って良い程頼む、キノコのカレー。
味的に想起させられるのはプーパッポン。ココナツベースの柔らかな甘みのある
ホンワリカレー煮各種キノコがゴロゴロと。その食感と旨味がアクセントになって、
優しいカレー料理となってます。これホントに美味しい。なんだったら食べるのが
面倒くさいカニが入ってるプーパッポンよりいいかもしれない(暴言)。

ベトナムのキノコってサイズも大きいし旨味も濃いし、こんな風に活用すると、
お肉とか使わなくても満足感のある料理がすぐにできるからいいよねー。
まぁカロリー調整したつもりで、量をガッツリ食べたら意味ないんだけど(笑)

タイやインドネシアなんかでは割と見かけるパイナップル炒飯もあります♪
ベトナムにもないことはないんだろうけど、ベトナム料理のお店の炒飯は
土鍋に入ってたり蓮の葉にくるまれてたりしてる事が多いので、このプレゼンが
あるお店は貴重。

th_IMG_3723_201609202006208ac.jpg 

珍しい食材を使ってる訳じゃないけど、日本では中々しない提供の仕方だし、
旅行で来られたお客さんとかにお勧めすると喜ばれる事が多いです(^・^)
そしてどのお店でも見つけたら頼んでしまう、コークエット。

th_IMG_3725_20160920200623d47.jpg 


このブログでは何度も出て来てるからご存知の方も多いと思いますが、蒸し野菜の
甘辛ダレつけ。ベトナム式バーニャカウダと勝手に呼んでるヤツ。
今回のお店のには、白ナスが入ってました♪ これがギョルギョルした食感で
美味しいんだよね♪勿論その他の資格マメやら葉物野菜も美味しかったけど(^・^)

ワインの安いラインナップが出はからってて、そこそこなお値段のものしかなかった
けど、まぁ管理とかはしっかりしてるし、それなりに楽しめます。

th_IMG_3713_20160920185929dc3.jpg 

ってかまぁ、やっぱりここ雰囲気良いし、料理自体が安定して美味しいわな。
ベジタリアン、とこちらを気負わせず、そして落胆もさせずさらっとワザを
光らせてるって感じでしょうか。特にベジタリアンを意識せず、普段使いのリストに
入れておきたい安心の一店だと思います(^・^)




...hum Vegetarian Restaurant and Cafe
32 Vo Van Tan Q3



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

Mo Te 〜 こんな所に美味しいフエ料理!

***** 2016 Sep.again *****

麺好きな御仁と一緒に、二度目の訪問。
今度は私はブンボーフエを頂きましたよっ。
メニューの一番上にあったし、フエ料理の麺料理と言えばこれですもんねっ。
前回はバインカンの誘惑に負けたけど(^^)ゞ

th_IMG_4055_20160922015300df1.jpg 

おっほー♪
こっちにもあのすり身入ってる♪ プラス、牛肉のスライスがたっぷりと。
あーーーねぇ。うまいわっ。スープの味がまろくて深い。でも後口サッパリ。
一般的に思う所のブンボーフエの様な辛さは無くて香辛料も控えめな感じ。
フエで食べたのともちょっと違うけど、bo=ビーフの味が生きた麺。

th_IMG_4058.jpg th_IMG_4059_20160922015304f64.jpg

お野菜もわっしゃりついて来て、このビーフスライスがしーっとりとして
美味しいのっ。恐らくは価格から考えてもローカルの牛だし赤身部分だし、
ガッシガッシ筋張って固くてもおかしくないのに、キメ細かくてシットリしてて。
和えての冷凍→解答プロセス噛ませてたりするんかなぁ。

んで、今回は2人いた事を良い事に、蒸し物の盛り合わせも頼んでしまった♪
フエの名物だものねー♪

th_IMG_4056_20160922015301bc6.jpg 

全部蒸し物。
米粉の蒸し物。
米粉ばっかりそんなに食えるかい!と思うなかれ。フエのこの手のプレートは
どれもプレーンな味わい+エビなどのアクセントになる食材って組み合わせ
なんだけど、そもそもの記事の所感がどれも違うんですよね。

米粉蒸しただけで何でこんなに違うん???って思うんですが、違うんですよ。
濃度や生地の厚さとか形状で、素材が同じでもこんなに違って感じるのかなーと。

一番緩い生地と思われるのが小皿に入って皿後と蒸してるバインベオ。
タレをかけ、スプーンで掬って頂きます。てろてろ。
特に好きなのはこちらの一品(名称不明)

th_IMG_4060_20160922015306c6e.jpg 

フエ料理のチェーン店のMon Hueさんの時にも紹介しましたが、カリッとした食感の
揚げ餅の上に蒸し餅が乗っていると言う、米 on 米な米好き落涙の一品。この皿を
食べている限り、この世に糖質制限などという言葉が存在するのが信じられません。
そして(アンドロイドR)田中一郎先生のような方がベトナムにもおられたのだなと
思いを馳せずにはいらないのです。うまい。

うん、やっぱり良いな、こちらのお店。
夜に人を連れてくるにはちょっと品数、華やかさがもう一歩と言う感じではあるけど、
1人でサクッと済ます時やランチタイムにはホントにぴったり。
やっぱり美味しいお店なのでしたーヾ(@⌒ー⌒@)ノ


***** 2016 Sep. *****

今、私が信頼してお世話になり、すっかりファンになってしまってる美容室、

Arms Nakayama さん
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-4312.html

遠くはないのですが、ちょーっと自分の生活圏からはずれた場所にあるので、
先日行った際の帰りに周囲を探検。言うてもHai Ba Trung 通りから横に入って行く
感じの所の探検だったので、ローカル色が濃いながらも賑やかな所だったのですが。。

Arms Nakayamaさんを出て左方向(タンディン市場方面)へ進み、すぐにある
交差点を左に進む事…うーん、300mくらいかな。そこにある交差点をまた左に
折れると。。。

th_IMG_3981_20160904211729bc4.jpg 


あらっ、なんか可愛い感じのお店!
この日は日曜日だかからか周辺、お休みしているお店が多かったので
近くまで行って確認して見ると。。。開いてるヾ(@⌒ー⌒@)ノ

th_IMG_3983_2016090421173118f.jpg

フエ料理かー。なんか麺ものほしかったけど、ゴッテリなのはキツい感じ
だったからちょうどいいか、と入ってみました。
こじんまりな規模だけど、店舗内のデザインも可愛いー♪

th_IMG_3984_20160904211731e9a.jpg 

th_IMG_3985_20160904211732ad1.jpg

外国のお客さんは少ないのか、店に入るなりメニューを持って来て
「ゆーりー、ベッナミー?」(多分 you read Vietnamese?)と不安げな顔。
「メニューだけなら( ・`ω・´)b」と威張って言うと、ホッとした様な笑顔に
なったのが印象的だった(笑)

で、メニュー。割と強気な値段。
ほうほう。フエだけに、ブンボーフエがTOPに来てる。
そしてその下に、ワタクシの愛するバインカンが!!!

th_IMG_3987_20160904211818219.jpg 

もうメニューにバインカンの文字を見かけると、条件反射的に頼んでしまうの
なんとかしたい。。。フエ料理だし、TOPメニューにブンボーフエが来てるなら、
まず初回はブンボーフエだろー、しもたなー、オーダーし直すか?いや、他に
客おらんし、もうチャッチャと始めてる感じやしなー、しもたー…などと
1人後悔してたのですが。。。

th_IMG_3993.jpg 

ぐはあっ、美味そう!!!
いわゆる店で食べるバインカンは、断面が丸くて半透明な感じの物が多いのですが、
ここは多分、我家が市場で買ってるバインカンと似た風情のヤツ。うちが買ってる
タンディン市場も近くなので、もしかしたら同じ店のやつかもしれない。
ムッチムッチのうどん状のバインカン!それよりなにより。。。

th_IMG_3994_20160904211821a5c.jpg th_IMG_3995_20160904211823e93.jpg

おわかりいただけるだろうか。トロみのついた、このスープ。もう運ばれて来た
瞬間、ドンブリの中でたゆ〜んたゆ〜んと、その色っぽい濃度を揺らして誘惑する様、
エロエロしい!!!! そしてカニの身がゴロッゴロw 小さいタイプのものですが、
とにかくワッサリ入ってるwww

ちょっとのあいだウッカリ見とれて箸を取らなかったので、こちらが食べ方を
知らないと思ったのか、お店の方が「野菜はスープが熱いうちに入れたがええよー、
あ、ライムもな、ちょっと入れると美味しいでー。辛いのは?辛いのが好きやったら
ここにチリもあるから。。。」と、とにかく甲斐甲斐しい(笑) ローカルのお店に
行くと時々あるんだけど、ベトナムにはほんと、親切な方多いよね。ほのぼのする♪

で、このスープが。。。
品っ、あるわーっ。食べてる側がこんな表現しかできんのが品がないけど、
めっちゃくっちゃ上品っ。まぁ食べレポで上品って表現されてるときは
「味薄いわボケ!」の婉曲な言い回しの事もあるわけですが(そゆこと言わない…)、
ここのはちゃうよっ。

私が貝料理のことを話す際によく言うことですが、旨味はありつつ雑味が少なく
清廉な美味しさがあるんですね。且つ、トロみをつけることで舌の上に残る
感覚的な時間が長くなるため、塩分は控えめだけど、旨味成分をじっくり感じる
ことができるという。この濃度、それも考えてのことだろうなぁ。いや、制作者は
多分科学的な事を考えてと言うより、己の感覚で作ってるんだろうけれど、
実に理にかなったバランスな気がする。

ほいでこれなー♪
Cha Cua。カニのすり身♪ すごい晴れた日で自然光強過ぎな映り方ですがw

th_IMG_3997.jpg th_IMG_3998_20160904222607bf4.jpg

全体にオレンジ色で、逆撫で作ったCha Caよりも口当たりが柔らかく(カニの
身ベースだったら繊維質がしっかりしてるからそうなるか)優しいお味。
この色合が蟹味噌や卵だけから出てる物とは思い難いけど、こちらもふんわり
やさしくそれらの風味がありまして、なんなら私、これだけ1ダースぐらい買って
帰りたいくらい好きだった。うめぇ。

また卓上調味料のチリが秀逸でねー。
あまり甘味の無い、すきっとした潔い辛さ、
スープ自体がおいしかったので、かなり後半になって入れてみたのですが、うん、
これも売ってほしい(笑) 初回から言うのはなんだから、もうちょっと通って
仲良くなったらお願いしてみよう(笑)

th_IMG_3999_20160904222608b0e.jpg th_IMG_4001_2016090422260865e.jpg

そんなこんなでスープまできれーに食べ上げておごちそうさん。
でも。。。なんか、もう一品。またすぐ来るつもりではあるけど、美味しかったので
あと一品くらいは押さえておきたい。しかし料理はもう入らん。。。ふむ。
と、メニューの裏面を見ると…?

th_IMG_4002.jpg 

いぇーーーーい!!Bap nepがあるーーーーヾ(@⌒▽⌒@)ノ
トウモロコシのチェー!!
チェーを置いてる所はあっても、これがあるとこはそんなにない!!
しかも80円しない!!(笑)

th_IMG_4004_20160904223536d9a.jpg th_IMG_4005_20160904223538438.jpg

いいねーっ、一見コーンスープみたいですが、デザートです(笑)
ほんのり甘い。時々トウモロコシを甘く煮る?!と、拒絶を含んだ違和感を
感じられる方もおられる様ですが、どのチェーにも共通しているように、
「ほんのり」甘いだけです。しかもトウモロコシの風味がしっかりしている、
どちらかというと原生種に近い物を使ってる感じなので、個人的には、改良に
改良を重ねている日本のベタ甘種の方が違和感感じる(・∀・;

ま、好きずきですから自分の好みを強制する訳じゃありませんが、お高いもの
でもないし、食べず嫌いでこれまで経験が無いと言う方には一度召し上がって
みてほしいかも。

しかしこれがデザートって健康的よね。控えめなお砂糖、バターも無し。
若干のココナッツミルクに油脂分は入っているだろうけど、植物性だし、
ココナツの脂はむしろ積極的に取り入れた方が良かった筈。そして小さい
スプーンでちみちみ食べる。これ、血糖値揚げ憎い食べ方やなぁ。

なんにしても。。。メニューに番手にあったバインカンがこの美味しさか。
ブンボーフエ、ちょっと期待してしまうな。他にもたくさん「また行きたい♪」
と思うお店がある中、いつまた食いに来るんだよ!と自分で突っ込み入れて
ますが、なるべく早めに再訪したい。

こと、ブンボーフエに関しては、フエで食べたのがダントツに美味しかった=
ホーチミンではなかなか出会えないので、期待を込めて、近々食べに来て
みたいなーと思うのでした♪

th_IMG_4006_20160904223539dfe.jpg 

Quan Hue Mo Te
2 Tran Nhat Duat Q1



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

Mountain Retreat 〜 Secret Gardenの姉妹店♪

在住者にも地元の人にも旅行者にも大人気のSecret Garden。
こちらはその姉妹店になるそうです。

姉妹店と言えば、
Ngoc Chau Garden
さんも系列だったと思いますが、あそこはちょっと味が濃く、料理の
プロセスやセンスも若干逸れていて賛否がある感じですけど、こちらの
お店はかなり本流の流れを汲んでるイメージ=誰を連れてっても安心、
と言った感じです。

場所はベンタン市場前から中心街に伸びているLe Loi通り。
Pasteur通りに割と近い辺りのこの建物をまずめざしてください。

th_IMG_4532.jpg th_IMG_4534_20160920005840a01.jpg

その左横に「Taka Plaza」の表示があるので、そのヘムの中へ。
ちょっと歩くと右手に下写真右看板が見えてきます。ここです。

th_IMG_4535.jpg th_IMG_4536.jpg

が。。。
ここからが本番です。階段を登ります。

th_IMG_4538_20160920005844c7c.jpg 

ドンドン上ります。

th_IMG_4539_20160920010341490.jpg 

ま…っ、まだまだ…のぼ…り…

th_IMG_4540_201609200103421ac.jpg

ぜーーーーーーっ(´Д` )
Secret Gardenさんも4階まで登らねばなりませんが、ここはなんと更に上。
5階まで登ります(苦笑) しかも話に聞いた所によると、さらに上のフロアが
あるとかなんとか????まぢか。。。。

th_IMG_4541_2016092001034367d.jpg 

th_IMG_4551_20160920010346888.jpg 

まぁ上がってくるお客さんお客さん、みんな息を切らせてましたね(笑)
知ってて来たのか、知らずに下まで来て登ってみたらこんなにすごい階段
だったのか。。。(笑)

竹などを多用したベトナミーズな雰囲気は本店に近い感じ。
こちらなら、最近では行列ができてるという行列が満員でも、こちらへ、
と言うチョイスが持てるかも♪

メニューは外国人を意識してか、写真が豊富でメニューが見易い(^・^)
ラインナップ、微妙にSGさんとは違ってるようだけど、食べたい物は殆ど
そろってる感じかな。これは嬉しい♪

th_IMG_4544.jpg 

th_IMG_4545_20160920014244b79.jpg

th_IMG_4546_20160920014245a9a.jpg

th_IMG_4547_201609200142472d3.jpg

お茶もこんな感じで、茶葉を入れて涼しげにしてくれてるのも嬉しいですよね。
趣がある♪

th_IMG_4548.jpg 

さてお料理。
ジャジャーン♪

th_IMG_4557_20160920015046093.jpg 

あーーーーっ、お野菜が沢山で、The ベトナミーズって感じ♪
それでいて見た目にも味にもバリエーションが多彩で、ほんと、旅行者にも
ゲストをお連れするにも良い感じ。チョイスが多いから現場での微調整し易いし。

初手からいくのもどうかと思うんですが、ガーリック炒飯。
ベトナムの炒飯は本当においしい。使う米の違いなどからお店によって多少の
食感などの違いはありますが、小さくてサクサクした物体が入ってて(未だに
正体不明)その食感も楽しく、香ばしいガーリックの香は食欲をそそり、
加えてお米が軽めなのでガッツガッツいける。なんならこれをつめみに
ビール飲める(笑)

th_IMG_4555.jpg th_IMG_4558_20160920015047a8c.jpg

お醤油に唐辛子をちょっと入れたものを小皿に作っておいて、それをちょっとずつ
かけながら食べる炒飯はエンドレスに食べられます( ・`ω・´)b
炒飯、ベトナムの名物料理にしてもええくらいに何処のお店のも美味しいんよなぁ。
さすがお米の国の人達。扱い方を心得ておられる。

th_IMG_4560_201609200150515a5.jpg th_IMG_4564_2016092001513252e.jpg

ここの春巻きもおいしいんよなー。
あ、ここのってのは、SG系列のってことで、うん、このお店はかなりSGさんに
近いかも。ますます持って、SGさんが満員だったらこちらに、と言う選択肢と
してピッタリかと。まぁそんなことを言ってると、こちらもすぐに行列ができる
ようになるのかもしれませんが(・∀・;
th_IMG_4559.jpg th_IMG_4561_201609200151316df.jpg

豚肉とエビ、木耳などが沢山詰まったトマト煮とかもメッチャ美味しかったなぁ!
どの素材も味がしっかりしてて、味付けはかなりシンプルなのに、いや、シンプル
だからか生き生きしてる♪

上右写真のスープは、ツルムラサキかなぁ。ちょっとトロみのある葉っぱがたっぷり
入ったカニにスープ。おそらくバインダークアにつかうスープみたいなやつ。カニを
すり潰して水に溶かして涌かして越したスープ。ここのがそれかはわかりませんが、
そんな味のする、品が良くてとても美味しい一品。贅沢だよなぁ。

そしてここに来たらぜひとも食べたい、コークエット。

th_IMG_4565.jpg 

色んな種類の蒸し野菜を、甘みをつけたヌクマム、ニンニク、豚の脂、エビなど、
そのお店独自の配合で作った甘辛ダレにつけて食べる料理。甘辛いタレがしっかり
としていると言うのもありますが、それ以上に野菜の味がとても濃いので実に美味しい!
お野菜なのに、酒のつまみにもなっちゃうんですよね。どの野菜も個性豊かで、
野菜って本来こういう味だよなーって改めて思います。

うーん、全般にやっぱり充実してるなー。
同じ姉妹店でも、Ngoc Chauさんとこより、こちらのお店の方がSecret Garden
に味も近く、SGファンならこちらの方がオススメかも。

うん、5階まで階段上がって来る覚悟があるなら、だけどね(笑)
ってか。。。酔っ払ったらあの階段降りるの、結構怖いな(^^;

諸々が全て頃合いな感じの使い勝手の良いお店。
どちらにしても、特にディナーは予約をして行った方が良いと思いますが、
SGに電話してもいっぱいだった!って時には、こちらの事も覚えておくと
便利かもしれません♪

Mountain Trtreat
36 Le Loi   Q1





にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

Hun Khoi 〜 こんな所にシャレたBBQ店がっ

食の好みがもの凄く会う友達がいて、一緒に開拓してもハズレが
少ないんだけど、お互いが独自に開拓して紹介し合っても、まぁ
ナイスなチョイスな事が多い。

そんな彼女の最新お手柄店がこちら。
正確には彼女の旦那様が見つけてくれたお店だったかな。
Pasteur通りってよく通るけど、13番って、こんな端っこの方には来た事、
あんまりなかったかも!!

th_IMG_4744.jpg 

入り口表に大掛かりなグリルスペースがあって、調理場が外ってとこが
ベトナムチックですがこれ、やっぱり効率いいよなぁ(笑)

th_IMG_4745.jpg 

店内の汚れも防げるし匂いも籠らない。送風は場合によってはいるかも
だけど、換気の必要がないと言うね。すばらしい。

店内はゆとりはあるけど、そんなに広大ってわけでもなく、人の目がよく行き
届く頃合いの広さ。木材を使ったウェスタンチックな雰囲気。この火のお客
さんは、殆どベトナムの方っぽかったけど、外国からのお客さんもちらほら

th_IMG_4751_20160921205342159.jpg 
カウンターに生ビールのサーバーが見えたので迷わずオーダー。
ピッチャーやタワーサイズもあるので、大勢で来た時には活用すると
楽しいかも♪タワービール、なんかテンション上がるんだよね(笑)

th_IMG_4746_20160921205306d9d.jpg 

ビールは一杯35kドンからとリーズナブルです。
この周辺にあるお店のランクと価格はピンキリなので、ビールが一杯
100k近くって所もあったりするのですが(おねえちゃんがたくさん
いるスポーツバーとか)かなりリーズナブルですね♪


th_IMG_4747_20160921205308e3c.jpg 

th_IMG_4748_20160921205309585.jpg

th_IMG_4749.jpg

th_IMG_4750.jpg

サラダやスターター、メインなど、カテゴリー別に明確に分けられてるので
注文し易いですね。店内カウンターの所に自作と思われるメニューのPVが
流れてるので、それを見ながらイメージを見て決めるのもいいかも。

まずは女子らしく(未だ「女子」言うか。。。)サラダ何ぞを頼んでみまして、
クラブミートのサラダってメニューにあったんですよ。日本人的に、ほぐした
カニの身がパラリパラリと乗ってるサラダかなーと思ったら、ちょとt見辛い
いんですが、フレーク状のカニの身に衣をつけて揚げてある(!!)ものが
散らされてた!!

th_IMG_4758_20160921210141d48.jpg 

餓えに乗ってるオレンジ色っぽいのがそれ。
まぁそんな大量に乗ってる訳じゃなく、クルトン的ポジションと言いましょうか、

「すんませんっ、僕、野菜やないんですけど、ちょっとあると面白いかなー
 思て、サラダさんとこおじゃましてみましてん!」

くらいの存在感。でもこれがなかなか効いてるし、カニの身のフレークの唐揚げるて!
斬新!!こっち、カニの身ほぐしたのとか普通に売ってて、且つほぐさねば商品に
ならんような小蟹の身ぃは安かったりしますから、これ家でもやれるかも!
面倒くさそうやけど!!(笑)

サラダに入ってるコーンもサッと火でローストされてまして、これがまた美味しい。
なにげないけど、手間を惜しんでないサラダ。

そしてお次がグリルドチキンウイングのチーズソース添え!
ナチョスの組み合わせをグリルドチキンでっつー、夢の様な共演!!

th_IMG_4755.jpg 

上に乗ってるの、藁、ちゃいますよ。
割いて揚げたレモングラスです。
そんな美味しいもんちゃうのやけど、たまにこういう料理のトッピングとして
使われてて、サクサクの食感のなかに軽ーくレモングラスの香が残ってまして、
意外とこれだけ食べながらビール、とか好きだったりする。油もあるし。

んでチキンなんですが、見る?
見ちゃう?アップで見ちゃう?


th_IMG_4757_20160921210140fb0.jpg

どやーーーーヾ(@⌒▽⌒@)ノ
グリルドなんだけど、焼く前になんか手を入れてるんかな。ちゅるりん、ちゅぽん♪
と身が離れる。美味しい。肉だけどアペタイザー。ジャブにもならん勢いで
あっという間に女子三人に凌駕されてゆく皿。儚い命であった。。。

そしてお目当てだったのがこちらっ。
ラムラックーーーー!!!
ぎゃーーーーーっ、美味しそう!!!(≧∇≦)


th_IMG_4763_201609212101449a5.jpg 

お値段、280kドンでしてん。1400円くらい。
だから2ピースも出てくりゃいいかなーと思ってたんだけど、なんと4本!!!
まぢか!!!ええと…ちょっとええ肉料理屋だと、これ2本で倍額は取られるぞっ。
実質4倍くらいのお値打ち感!

タレ焼きのようになってて味がよく染みてるのと、肉本来の味とそのタレの絡みが
すっげーラインでガチあっててうんまーい!!!その「すっげーライン」ってのが
食べる側にゴリゴリアピールして来るとこじゃなく、めちゃくちゃバランス良いとこ
すぎて、なんというか「当たり前」に食わせる自然さと言うか絶妙さと言うか、
かっこいいさり気なさでね。まぁお見事。

肉質の話もあるんでしょうけど、後口にはフワッとラムの風味が香るんで、味気ない…
もとい、綺麗な味の(笑)ラムばかりを使ってると言うことでもないと思うんですが、
これも調味料とのぶつけ方ですわなぁ。ノイズキャンシステムみたいなもん。
音を封じて聞こえなくするのではなく音に音をぶつけて消す、というあの原理に似てる。

クセの強い素材の料理は、そのくせにどういうクセをぶつけてバランス取るか。
これですわな。そのバランスも、どの線で取るかで料理全体がものすごく強烈に
なるか、穏やかなもんになるかが変わる。

研究されての結果なのか、センスでバーンと決めたもんの結果なのかはしりません
けど、やーーーーーっ、このラム、美味しいっ。これをこんな気軽な値段で、
なんだったら一人でも来れそうなカジュアルなお店で食べられるって、
なんちゅー幸運に恵まれてるんでしょう、ワタクシっ。(お前だけのためではない

ラムはちょっと…という方には、ダック料理もありまして、胸肉のローストと、
レッグローストのチョイスで今回はダックレッグを。

th_IMG_4767_20160921210219de8.jpg 

いや…クセがあるのがあかん、言うてる人に、アヒル勧めてどうすんねんっちゅー
話ですが。。。これがまた。
旨味、すげぇ。。。。

もともとダックは鳥に比べて赤味と言うか、水分が少なめな分旨味が凝縮されており
濃厚な味わいを楽しめるお肉ですが、その分やっぱりクセも強い。私なんぞは好き
なのでそれが旨味とするのですが、それでも「おおっ」と思う香がする事がある。
個体差もあれば調理法もあると思うのですが。。。

ラムに続き、こちらも相当、ダックの味を生かし切ってましたねっ。
これなら普段アヒルはちょっと、と言う人ももしかしたら開眼するかもしれません。
しかし、それでもやっぱり抵抗があるという方には、鳥肉料理や豚肉料理もありました
のでご心配なく。すんません。クセものばっかりのラインナップで。

しっかしうまいなー、ここのグリル料理。なんかまだいけそう(え?
ってことで、こちらも追加。
肉前菜にして肉・肉メインが来てのデザート代わり?(マテ
ラムソーセージ!!

th_IMG_4771.jpg 

うっほー!!!
長くて太っとーい!(*´艸`*)
注文する際、もうメイン2品食べたあとだったので、店員さんが、

「いや、これ結構デカいんですけどホントに大丈夫ですか…?」

って一度断りかけたのを「so what?」と返したはいいが、確かにこれはちょっと
止めるわ(笑) 初手のメインで持って来ても相当頑張らんと食べ切れんかも(笑)

中は結構キメ細かいタイプのフィリング。シャウエッセン的な物とは対局にある
感じなんですが、肌理が細かいと言うだけで混ぜ物のジャマさは感じず、脂は充分
ジュワジュワしていてカレー風味なのもまた美味しい。中国やモンゴルの羊料理
なんかでも、カレーっぽい味に仕上げてあるの、多いし美味しいですよね♪
相性がいんだろうなぁ、羊と。

さすがにこれは半分まで食べてギブアップ。でも持ち帰りをさせてもらえたので
問題無し。ってかそれ見越してたんだけど。

うがーっ。ここ、他の料理もきっと美味しいんだろうなー!!
ハンバーガーとかもあったし、昼間も通しでやってるようだからフラッと1人で
行ってもいいかも。シェアした方が楽しい品もあるけれど、1人で行っても私
あのラム、全然ぺろりと食べれるわ。というか、むしろ食べたい。独り占めして。

ベトナムの人のグリルの上手さには常日頃から感心しきりだったのですが、
この手のBBQのお店、何処もそんな大差ないだろうなと思ってたけど、うん、
差はありそうやね。あまりこの手のお店の件数こなしてないからここの店が
アベレージなんか突出してるのか判断付き難い所ですが、この日食べた料理はどれも
間違いなく美味しかった。あの調味料の合わせや焼きは、家ではできん。
いや、できるかもしれんけどめんどいわ。。。

こらええとこ教えてもろたなぁ。
やっぱり彼女のセレクトに間違いないわ。
これまたもっと大勢で来てワイワイつつくの楽しそうやな♪
鍋や串もええけど、ラムのグリル食べに来たくなったらここ1択ぅ(^・^)


Hun Khoi
13 Pasteur Q1






にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

干しズッキーニ

干し野菜のファンの方って、結構いらっしゃるんじゃないでしょうか。
特にベトナムは日差しも強いし、数時間も干すだけで、生野菜として
同じように調理するだけなのに、食感も味わいも変わってくれるから
手軽で楽しいですよね♪

特にお気に入りなのはズッキーニ。

th_IMG_3392.jpg 

輪切りにして風通しの良い薪巣やザルがあればザルなどに置いて、お日様に当てて
2〜3時間。外はちょっとホコリっぽくてイヤだわって方は、細かい目のネットを
かけるとか、それでもイヤだと思うなら、冷蔵庫の中でラップをせずに半日放置、
なんていう方法も。まぁお日様に当てた物とは微妙に違うかもだけど、食べて

「むむっ。これは冷蔵庫感想で太陽光を当てておらぬな?!」

などと海原る人もそんなにおらんでしょうからどちらでも。
あとはこれを生のズッキーニを調理するように、

・ニンニクとベーコンで炒める
・ラタトゥイユ的にトマトソースで炒り付ける
・天ぷらやフライに
・オリーブオイルを軽くかけてお好みのハーブとオーブン焼きに
・ピックル液や漬け物液につけて
・カレーに放り込む
・ダイスに切ってサラダに散らす

などなど、用途は色々。
まぁ生で食べても美味しいからそんな手間かけんでもという気がしますが、
ズッキーニの新城のあのギョリギョリとした歯応えが一層際立つ気がして
私、好きなんですよねー♪ 

勿論他の野菜でも干す事で美味しさがます物は多く、キュウリピーマン、
大根、人参、キノコ類もサッと干してから使うと、格段に旨味が増す気が
しますし、物によっては食感も良くなります。欲しすぎるとまた用途が
変わるので、「数時間」というのがポイントです。まぁ多少全としても
それはそれなんですが…(笑)

水分が飛ぶ分、生のままよりも気持ち保存性があがるので、例えば切り口を
つけてしまったけど余ったお野菜などは他の事をしている間に干しておく、
などすると良いかもしれません。

あ、でも雨の季節が多い時期は、雨に濡らさない事、湿度が増して来たら
干しっぱなしにせず冷蔵庫に切り替える事、などを心がけて下さいね。
見えなくても菌の繁殖は気になるし、そこは台所を預かる人の判断で
責任を持って( ・`ω・´)b

まぁホーチミンはお野菜美味しいですけどね、なにもしなくても。
ただ同じ野菜もちょっと手を加えるだけで目先が変わるかもしれませんので
よろしかったらお試しアレ♪




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

ベトナム式芋けんぴ?

このメーカーのシリーズ、お土産によく買います。
ジャックフルーツのフリーズドライのチップスとか。
あれ、白ワインとかにも合うんですよねー(*´ω`)

th_IMG_4050.jpg 

で、この芋けんぴみたいなのは全くスルーしてました。
困難日本でも珍しくないし、そもそも地味なお菓子やし、土産物にした
ところで大した反応は得られまいと。それがなんかの時に間違えて買って
しまいまして、捨てるのももったいないから、と、

「旦那さん、会社でのおやつにいかが?(^・^)」

と押し付けたwww
そしたらこれが大ヒット!
下味をつけて揚げてあるのか、もともとのお芋さんの味が良いのか、
砂糖衣や粉末合成調味量っぽいものは表面に見られないのに、
ゴリゴリ噛んでると、なんかとても味が良い。芋、揚げてるだけなのに。
スイートポテト、とはまた違う、芋の旨味がしっかりあるの。

いや、揚げてるんかな?これもドライ製法使ってなんかやってるんかな。
そういや食べる時、指、特にベタベタしない気がする。

派手さないし、インパクトも弱いので、お客さん来た時にドヤー!って
出す様なお菓子じゃないかもだけど、コーヒーでも日本茶でもジュースでも
イケそうだし、日頃のおやつに良い感じ♪

芋けんぴ「なんて」とか思っちゃっててゴメンナサイ。
これからは、「芋けんぴさん、食させて頂きます」と手を合わせてから
頂きます。おいちぃ(^・^)







にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

ファミマでmobiのトップアップカード買ったら…

普段はmobiショップか、街角のお店なんかでmobi phoneカードを買ってるんです。
あの銀色の箇所スクラッチして現れる番号でトップアップするやつ。

で、先日レタントン近くで用事があって、ちょうどリミットが
切れたので「どっかに買えるとこない?」って聞いたら、
ファミマで買えるというじゃないですかっ。知らんかった(´⊙ω⊙`)

聞いたら結構ファミマで買ってる人多いらしくて、今までなにを
苦労してたのかと情けなくなったわ(^^;

でもファミマのはいつも買うカードじゃなくて、こんな形の。

ファミマMOBI 


れ、レシート???(・∀・;
いえこれ、クレジットカードの端末を操作して出て来たもの。
これがトップアップカードの代わりになるらしい。
親指の下にある12桁の番号がトップアップナンバー。へーーーっ。

ちなみにいつものように
*101*12桁# 
でコールしたら、当たり前だけど問題なくチャージできました。
スクラッチの手間が無くてラクチン(・∀・)

…は、いいけど。。。
私、100kドンのカードを数枚常備するタイプなんですよね。
大体はひと月ごとのデータプランにしてるので急に切れる、ということは
ないのですが、出先でWi-Fi使い辛くてPCにテザリングで飛ばした場合とか、
結構データ量使うので。

且つ、データプラン容量超えたら、そのままデータプランを更新してくれれば
いんだけど、なんか残ってる金額分を食いつぶすことが何度かあって、
下手に沢山入れておくともったいないことになっちゃうのよね(´Д` )

なので今回も100k×2枚をオーダーしたのですが。。。
このレシート状態のヤツだと、ウッカリ捨ててしまいそうで怖いな(^^;
あと色褪せが心配。海外のレシートってけっこうあっというまに印刷された
文字が薄れて見えなくなったりするからなー(笑)

まぁ、写真に撮ってキープしとけばいいんだけども、こんな販売形式も
あるのね。ほんっとにしらんかったわ。以前はファミマにチャージする
機械が置いてあった訳だからサービスが無くなってしまったと言うのは考え
にくいというのにね。聞いたら入り口の所にもしっかり表示がしてあるそうです。

思い込むと、そうとしか見えなくなる視野の狭さ、
なんとかしたい。。。(・∀・;







にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

一日女子大生@Ton Duc Thang University

ハイそこ笑わない。
一日でも大学に行ったんだから女子大生だったんだよっ( ・`ω・´)

もうご卒業されたんですが、もう帰国された、私が仲良くしてもらってた方が
それはそれは熱心にベトナム語の勉強をされていて、日常会話ならペラッペラ、
くらいにまでなり、もう最後の方は一緒にランチに行ってもオーダーから何某
かのやりとりは全部お任せしていたくらいだったのですが、その方が教えて
貰っていた先生が、7区のTon Duc Thang大学で教えていらっしゃるという
ことで、機会をいただき、行って来ました。

th_IMG_4020_2016091802064695a.jpg 

場所は、7区のLotte Martを更に南に少し行った辺り。
これまで勉強と言う者に縁がなかったので知らなかった。。。
周りには熱心にベトナム語を勉強されてる方が結構居るのですが、
基本ナマケモノだからなー(´Д` )

しかしキャンパスライフ。楽しそうだな(*´ω`)
このピンクのアオザイは月曜日のユニフォームなのかしら。
月曜日だけ白いアオザイを着る学校があると言うのは聞いた事があるんだけど、
この大学はピンクなのかな。若いっていいわー。
私は若い頃もこんなピンク、身につけた事が無かったけど(笑)


th_IMG_4028_20160918020651d2e.jpg 

校内はとてもきれいに整備されててかなり広い。
さて、お目当ての校舎はどちらだろうか、と思ってたら、あきらかに不慣れな
こちらを見越したガードマンが「何処に行くの?」と尋ねてくれて、事前に
知らされていたクラスのタイトルを見せると、アッチだよ、と丁寧に
教えてくれました。

こちらの大学はベトナムの学生さんがメインなんだろうけど、外国の人にベトナムの
文化と言語を教える環境をとても大きく備えてらして、その後の彼らのベトナム
での就職やその他にとても影響を与えてるんだって。

私みたいに「Ngon!」だけ使ってればいいやみたいな人とは違って、お仕事をする
となれば、やっぱりその地の言語は出来るに越した事無い。そこを基準にする
会社があるとすれば、選択肢や収入に直結するし。

もちろん、生活の上でも出来れば絶対楽しいし役立つ訳で(ならちぇりさん、
もうちょっと勉強しましょうか)、今回参加したクラスには、まだベトナムに
来て2週間とか1ヶ月とか、そもそもの生活にも慣れてないだろうに…
と思われる方も結構いて、なんというか、みなさんエラいわーっ。

th_IMG_4026.jpg 

7区と言うお土地柄もあってか、殆どの方が韓国からの方でした。
連例も境遇もまちまちな人達が集まってるのでなかなか楽しい♪
状況は違えど、このクラスではみんなフラット。
お寿司の勉強の時にも経験したけど、こういうのはとても心地良い。

そういえば受付で色々と手続きをしていたのも殆ど韓国の方だったかな。
たまたまかもしれないけど、基本、人種でクラスを分けることはしないと
思われるので、平均比率として日本人生徒が少ないのか。。。
もしくは、1区や3区の方が都合良い方が多いのかな?

しかしそれにしても大盛況。本当はこの日6人くらいのクラスの予定だった
らしいのが、ふたを開けてみたら十数人もいて、先生も忙しそう! 
でもそれも納得なんですよね。授業がスッゴイ楽しいの!

私、常々「先生」という、講義をされる方に希望する事があって、
それは「エンターテイナーであってほしい」ということ。
残念ながら、私が学生時代に教わって来た先生って、教科書と指導要綱に従った
文言を淡々と読み上げるだけの人とかが多かった。
で、「それ、生徒が自分で読めば良くない?」っていつも思ってた。

勿論理解できないところがあれば、そこにある文言以外の言葉で説明は
してくれるのだけど、もっと生徒のアテンションを集めてくれると良いのにな、
という思いは捨て切れず。

あとスピーチする時も、原稿を読むだけの人が多かったりとか。
うん、難しいのはわかる。自分がやれと言われたらすぐにできるもんでも
ないと思うし。でもそこはプロなのだから、と、ついつい期待しちゃう
ポイントだったんですよね。

英語圏の人達のそう言う場面を見ると実に聴衆の気を引く技術に長けていて、
すごいなぁ、と思う事が多くて感心していたのですが。。。(もちろんそう
じゃないケースもあるけどw)

今回の先生もすごかったなー。
すごくフランクで、ベトナム語の授業自体もとても興味深かったのだけど
(今更ですが、発音の仕方とか初めてキチンと学んだ気がするw)生徒さんを
ひきつける様子がもの凄く勉強になった!

それがどんなにすごいかは、そのクラスが初級クラスで、先生の母国語である
ベトナム語を殆ど理解しない人達の集まりで、且つ授業は相互に第2か第3
外国語(辺り)である英語で行われている、という事を考えたら想像が
できるかと思います。

もしくは、そう言う状況だからこそ、図説やリズムを使い、空気感を引っぱって
いくことに長けるようになられるのかなぁ。「授業」なんだけど堅苦しい
「勉強」じゃなくて、常に笑いがそこら中に起こってる、和気あいあいとした
楽しい空間。

th_IMG_4024_20160918020648b34.jpg 

まぁそれはその場に集まった人との兼ね合いもきっとあって、みなさん、
もの凄く積極的!私が経験して来た日本の授業って、生徒が声を出す場面が
少なかったり、先生のガイドを復唱する際も音量控えめで恥ずかしげに
言ったりするケースが多かったのですが、みなさんとても積極的!

間違ってても恥ずかしがらない。むしろ間違えるのは初心者だから
当たり前、って感じで堂々と言う。堂々と間違ってキッチリ指摘をして
もらえば、より覚えるし、みんなも同じ間違いをしなくなる。なので、
クラスに居る全員が課題の発音や例文をこなすと、授業の最後には
ほぼ全員が習った事を程々収めることができてました。
まぁ初歩の初歩なクラスだったからってのもあるんでしょうが。

あと、先生が一人一人の机を回って発音やら質問事項を尋ねているときのこと。
他の生徒さんたちは、思い思いに自分が苦手な箇所の発音練習をしたり、
隣の人と習った会話の練習をしたり質問を出し合ったりして、とても賑やか。
やらされてるんじゃなく、自主的に積極的に習得しようとして。。。

って、それって本来当たり前よね。。。
私、それまでそんな風な授業の受け方、殆どして来なかったから、うわーっ、
違うな!ってのと、マゴマゴしてたころって自分は一体なにをやってたんだ???
と不思議にすら思ってしまった(^^; (不思議とか言ってんじゃねーわ)

S__6701078.jpg そういえば今回は使いませんでしたが、該当級ではこういう教科書を使うそうです。
聞いた話では、ハノイとホーチミンの大学では使う教科書の傾向が違うらしく、
ホーチミンの方が、より会話に重きを置いた内容なんだとか。そもそも発音が
大きく違うケースもあるようなので、教育背景も色々なんでしょうね。

とにかく。。。
なんというか、「うおっ、勉強するのも楽しいかも?」って印象。
うん、初級クラスだしお試しだったからってのも大きいと思うんだけど、
そもそも私、英語も特別な授業って受けた事無いから、外国語の勉強って、
こんな風に発音から丁寧に教わってって、コミュニケーションを取りながら
やるもんなんだなーって新鮮な気持ちだった(^^)ゞ

ちなみにこちら、レギュラーコースだと適正を見るテストをした後、
12コース6レベルのクラスにふり分けられて、


2コマ/日 × 5日/週 = 40コマ/月


のペースでやってくらしい。結構ガッツリ。

更にその上の集中講義になると、


4コマ/日 × 5日/週 = 20コマ/週 =80コマ/月



ってスケジュールになるらしい。

更に特別目的がある場合は、それに沿った内容で対応してくれる事もあるとか。


その他、規定にあるクラス以外にも、個人レッスンや特定のグループレッスン

なんかも場合によっては受けてもらえるらしいので、こちらをご希望の方は

要ご相談だそうです。まぁ興味があったらまず問い合わせてみるのが一番

っぽいですね。その時々でクラスはあってももう定員超えてたりとかもある

かもしれないし。



ってか、大学だけどかなりフレキシブルに対応してもらえるのね。
もちろん、そのときの講師の枠とかそういうので可能不可能はあるんだろうけど。

私はここしばらくちょっと時間が取れそうにないので、改めて授業に
申し込むのはまたの機会になると思うけど、これからベトナム語を、と
お考えの方、もしご興味があれば問い合わせてみてはいかがでしょう。
私が授業を受けた先生もそうでしたが、他の語学学校も経験した友人の話によると、
かなりレベルの高い先生が集まっていらっしゃるそうです♪

それにベトナムでのキャンパスライフ、
日本のそれとはまた違う楽しみがあるかもしれませんしね(^・^)


th_IMG_4014_201609180326296fe.jpg 






にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

Sorrento Cafe 〜 10区のオアシス

あい、予告通り昨日の情報に続けて、10区情報、書いときます。

先日打合せ毎をする際に、どっかカフェででもやりましょうってことになって
「どこにしましょうか」「どっかいいとこありますか?」ってな話になり、
どんなとこが良いか言ってくれたら選びますよー、とお伝えしたら、

「水辺のカフェがいいです♪」

と。
おっと。まさかのキーワード(笑)
コーヒーが美味しい、とか安い、とか、フードが充実してる、
ケーキが美味しい、ではなくて、

「水辺のカフェ」

やりとりしてたメールみながら「水辺かい!!」と突っ込みましたが(笑)
まぁ燃えますわね。こういう制限があるリクエストを貰うと、一層力も入ろう
というもの。

すぐ思い浮かんだのは2区でしたが、ちょいと打合せに行くには遠い。
で、思い至ったのが、私もまだ行った事が無かったけど、長らくリストに
入ったままになっていたカフェ。

th_IMG_4454.jpg 

水辺っ!
ちぇりさん、間違ってない!( ・`ω・´)b

10区にあるこちらのカフェは、かなぁりローカル色が強いエリアにあり、
こんな場所がこんなところ(失礼!)に?!と意外性もあるのですが、
とにかく造りが素敵なのです♪


th_IMG_4456_20160917221625fc3.jpg

池もチーフを中心にした中庭状のスペースを取り囲むように一階席があり、
それを見下ろす2階席もぐるーりと。全体を見るとかなりのスペース。
ゆとりがある。ってか、池の中、すごい綺麗に手入れしてあるね。水が循環
してるとはいえ、葉っぱの一つも浮いてない印象だし、非常にクリーン。


th_IMG_4455_2016091722162316d.jpg 

ご覧のように木々も多く、この日は雨上がりだったので殊更に緑が濃くて、
それが風にそよいで、つねに(サワサワサワサワ…)と心地良い音を奏でてました。
そこに、流れる水の音。うわーーーーっ。思ってた以上に素敵な空間!!

うん、コーヒーはね、極普通(笑)
でも無料でお茶が出てくるタイプのとこです。
お茶は有料の所もあるからありがたい。

ってか、私ベトナムの飲食店で初めて海外でもお茶を無料で出してくれるとこ
あるんだーって経験しました。最近は変わって来てるのかな。

th_IMG_4458_20160917221627ece.jpg 

ベトナムでも昔から使っていて、たまたま似てるだけなんだろうけど、日本の屋根瓦
みたいな物が使われていたり、石積みなテクスチャーで壁を作ったり、床のタイルも
とてもかわいらしかった。

th_IMG_4462_20160917223114563.jpg 


どういうセンスの方がこういうカフェを設計するんでしょう。
ホーチミンには、日本にはあまり見ないデザインのカフェが沢山あって、
しかもそれが本当に多種多様。カフェデザイナーさんという仕事があって、
かなりの数がいるんじゃないかと勘ぐってしまうほど(実のところは知りません)


th_IMG_4463_201609172231151e8.jpg 

うん、飲んだのコーヒーだけだし、味については書く事無いです(笑)
強いて言えば、こちらのカフェは、この環境が御馳走。
ホントにメチャクチャ気持ち良い!


th_IMG_4465_20160917221703369.jpg 

難点は。。。
気持ちよ過ぎてお仕事が捗らないこと(・∀・;
カフェで書き物をする事が多いのでここ良さそう!と思ったけれども、
まず間違いなく「ぼーーーーーーーっ」とする(笑)

交通量の多い通りからちょっと中に入ってることもあって、本当に店内は静か。
いや、水の音と葉の音は常にあるから、シーンとしてるわけじゃないんだけれども、
ものすごっぉぉく癒される。

リクエストをくれた方も「ここ、いいですね!」時に言ってくれた様子。
(いや選んだ人目の前にして「ここアカン」とはなかなか言えんやろw)
個人的には、やっと念願かなって行けたので、よくぞリクエストをくれました、
と言う感じ。

10区なんでね、あまり頻繁に行けるエリアじゃないんですが、それこそリラックス
しに、普段の行動エリアからちょっとはずれた所まで出向いてぼーーーっとする。
それでいて、タクシーなりバイクなりで1区や3区の賑やかな所に戻るのにも
10分15分そこそこですから、これ、知っとくとなかなか良いんじゃないかと
思うんですよ♪

この規模とアイデアを持つカフェって、少なくとも私は日本にあまり見なかった
ので、今度友人が日本から遊びに来たら連れて来ようかなーなんて思ったり。
いかにもベトナム、なものではありませんが、ベトナムにしか無い物であれば、
旅の想い出にもなるかなーって。

繁華街の中には、なかなか見られないレアカフェでした♪


Sorrento Cafe
91/6 Hòa Hưng, Q10









にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

Hoang Lan 〜 10区の名店?!バンカンクア!

まず最初にお断りしておきますと、この日は朝からなにも食べてませんでした。
朝一で定期のエクササイズに行って、帰って身支度してでかけて打合せごとが
あって、更にそこからお買い物に行き、ふと気分がわるくなったので何事かと
思ったら。。。。

13時半になるのに、朝から何にも食べてなかった(-“-;
お腹減り過ぎて気持ち悪くなってたらしい。
ので、多少、空腹スパイスが効いていたのかもしれませんが、
すげー美味しかった、バンカンクア!!( ・`ω・´)b

th_IMG_4648_201609171832450b0.jpg 

うん、もうみんな見慣れてるよね。。。
ちぇりさん好きだもんね、バンカンクア。。。
何度このブログにでて来た事か。

そして食う度言ってるんだよ。「ここのバインカン最高!」って。
おまえそれ、もう狼少年じゃねーかって言われてもしかたない。
でもそれぞれに個性があって美味しいんだよなぁ。

「こんなバンカンじゃないとだめ!」ってのがないから、自分、本当に
バンカンが好きなんだと思う。女好きの男友達が言ってたの。

「タイプはこんな子、とか言ってる内は本当の女好きではない。
 女の子ならみんな好き、と言える自分くらいにならねば、
 本当の女好きと言ってはならならない( ・`ω・´)b」

なんじゃそりゃ、と、その時は思ったんだけど、今なら分かるよ。
ワタクシも、バインカンは押し並べて好きだ。不備不健全でハラを下す様だと
アカンが、そうでなければみんな好きだ。愛している、バンカンクア。

しかし一方で別の友達の名言も思い出す。
彼女は無類のカレー好きだったので、どのお店のカレーが美味しい?と聞くと、

「あー、私に聞いてもダメ。私はカレーでありさえすれば美味しいって
 思っちゃう真性のカレー好きだから詳しい事はわかんないしセンスも無いよ」

なるほど(´⊙ω⊙`)
というわけで、私も無類のバンカン好きなので、どうぞ話半分に聞いてやって
ください。ま、なんかの折りに試してみようか、くらいで。。。(弱気だなオイw)

でもね、この店の場合は、信頼度をその来客数に証明してもらえると思います。
いや、店内は狭く、この日は時間もはずしていたので店内にそんなに沢山の客が
いたわけじゃないのですが、持ち帰りにする客がひっきりなしで、しかもみんな、
10とか20食の単位で買って帰ってる!!

th_IMG_4658_20160917184434d47.jpg th_IMG_4659_20160917184435fba.jpg

店先で調理しているNon Laのおばちゃん、もーすごいスピードで、
しかも私が店内に居た間、休みなくずーーーーっと動いてた(・∀・; 
バイクでピックアップしにきたお客さん、みんな400kドンとか500kドン
とか払ってってるの。すげーwww

超ローカルエリアなので一切英語は通じません。
が、とにかく面倒見の良いおばちゃんが、なににするのー?とか聞いて来て
くれたので、手元にあったネットで見つけた写真を見せつつ、バンカンクア!と。
ってか、メニューがどこにもないから何頼んでいいかわかんないんだよ(-“-;

ただバンカンクアの専門店ということはわかっていたので、多分おばちゃんは
トッピングはナニにするかと聞いて来たんだと思う。なので作ってるおばちゃん
とこに行って、絵面が良さそうだなーと思って、「このカニちょーだい!」
と、丸ごとの茹でカニを指差したら、

th_IMG_4643.jpg 

「こーんなの食べ難くって仕方ないわよ!
 ほら、この剥いてあるやつ入れてあげるから!」※想像意訳

と強く言われたのでスゴスゴ着席(´・ω・`)
でもおばちゃん正解。
もうね、この丼の中に入ってるカニの量を自分の手で剥いて食べようと思ったら
面倒くさくって仕方ないわw カニ、ゴロッゴロ!!

th_IMG_4650.jpg 

ってか、この手のカニの身は市場で剥いた物を買ってるんだと思ってたんだけど、
このお店はこの場でお店の方がやってるんかねー。そりゃそっちの方が安いん
だろうけども、なんという手間のかけようっ。

麺は押し出し系の◯断面のムチュルップル麺。
でもそんなにイヤヨイヤヨと抵抗するタイプじゃなく、大地喜和子系むっちりタイプ。
(わかんないから。若い人、わかんないから。)

th_IMG_4649_201609171832447c0.jpg 

んでね、トロみのある、少し甘いカニ出汁スープだけでも充分美味しいんだけど、
具材をつけて食べる為のタレがついてきてまして。。。ちょっと写真じゃ見辛い
かもですが、柑橘類の粒粒みたいなんが浮いてるの、わかります?

th_IMG_4645.jpg th_IMG_4654_20160917183245800.jpg

ヌクマムに甘み+オレンジみたいな酸味の穏やかな柑橘類を絞ってるっぽい。
なにこれシャレてる。ほいでもって、これにカニ出汁がタップリ染みて絡んだ
カニの身をつけて食べるじゃないですか。(あ…!)って思った。

私、日本でカニを食べる時も、ナニが一番美味しいって焼くか蒸すかしてカニの
旨味をなるべく逃がさないように加熱した物に、甘酢をつけて食べるのが大好き
なんですよ。まぁ三杯酢くらいかな。塩茹でのも美味しいんだけど、甲羅で旨味を
閉じ込めて調理したもんって結構物によってはクドくなるんですが、そこに三杯酢。

もちろん三杯酢と、このヌクマム+柑橘果汁は素材を異にしているわけですが、
味の構成としての酸味と塩気(三杯酢の塩:ヌクマム)、甘みってところが
共通しているからか、ふっと日本でカニを食べるときの事を思い出してね。
完全にベトナム料理なんだけど、なんちゅー馴染みのある味やと。
言葉も通じんお店で親しみを感じる不思議。これだからベト飯はやめられん。

ちなみに、エビをつけて食べても美味しいです。
もちろん丼には途中でライムとチリも追加。最初から入れても良いんだけども、
途中で入れたら二度美味しいし(*´艸`*)

th_IMG_4656_201609171844327b0.jpg th_IMG_4651_20160917190308a5d.jpg 

普段は食べない、油条(多分有料???)も入れちゃった♪
油条(中国語でユゥティヤオみたいな発音だっけ???)、ベトナム語で言う所の
Quayだっけか。特にベトナムのは発酵させとるんか??と思われるパンに近い
物に当たる事が多くて(本来の物は炭酸的なもので発泡させてるだけでパンとは
材料も製法も違う=味も違う)、チミッと違和感が遭ったんだけど、ここのは
バンカンのスープにとても良く合い、ちょー美味しかった。うん、単にお腹が
減ってたからだけかもしれないけど(笑)


th_IMG_4652_20160917190306fd9.jpg th_IMG_4644.jpg

スープが残りひと口になったときの寂しさったらなかったわぁ。。。
うっかり「もう一杯!」と言いそうになったのを必死に我慢。

th_IMG_4657_20160917184433418.jpg 

せめて持ち帰ろうかなとも思ったんだけど、その夜のメニューはもう決めて
段取りしてあったし、翌日などになれば味も落ちようし、それはあまりにこの
バンカンに失礼だろうと我慢した。また必ずや食べにくる事を決意して。

注文したときと、Ngon!=美味しい!!って言う言葉以外は殆ど通じないまま
だったけど(笑)、それでも日本人が珍しいのか、ニコニコ話しかけ続けてくれた
おばちゃんとか、様子を伺っては、ライムがあるぞチリがあるぞと勧めてくれた
隣の席のおじちゃんとか。味もお店の雰囲気も大満足の昼ご飯(*´ω`)

イヤ正直言うと、到着したときのこの様子を見たときは、回れ右しようかと
思ったけどねw 軒先色褪せてボロボロやし傾いてるしw 明りは薄いし店内は
モノに溢れて、ごちゃごちゃしてるし。。。。

th_IMG_4640_201609171922446ce.jpg  th_IMG_4661_20160917192242516.jpg

でもね、店先のおばちゃんがとにかくひっきりなしに動いて手際良く次々に
店舗良く調理している様とか、表の席に座ってお店の方と親しげに良い笑顔で
お話ししてる常連さんらしきお客さん(あくまで想像です)だとか…

「美味しいお店の雰囲気」に溢れてたんよな。パッと見るの様子だけでは
わからんもんです。「整理整頓こそビジネス成功の基本!」とか絶対嘘やん、
と思ってしもたけど(笑)

ちみっと遠いのでバイクなどの足が無いと、肝心のバンカン(油条、お茶込
で 49k ドンだった)より高い交通費がかかってしまいますがまた是非食べに
行きたいお店。

え。バイク持ってる知人友人に連れてけなんてワタクシひとっ言も言うてませんで。
いやいやいやいや、そんなそんな。決して決して (ヾノ・∀・`)ナイナイ

最近10区、色々開拓してるんで、今後他のお店もレポして行きます。
なので、なんぞとセットで10区探検に行く時とかに思い出してもらえたら幸い。
地元の方々に親しまれてる、ええお店やと思いますー(^・^)


Hoang Lan
484  Vinh Vien  Q10




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

The Fish Sause 〜 街中のルーフトップにあるベトナミーズ

以前、

Tranquility

と言う名前でご紹介したカフェが、現在はベトナム料理のお店に変わっています。
以前からロケーション、内装が心地良いお店だったのですが、今回のお店は更に
手が加わっていて、昼間は勿論、夜は更に素敵な空間になってる様子。

中央郵便局裏手側、インターコンチネンタル敷地内にあるハードロックカフェの
前にあるHai Ba Trung通りを挟み、少し北側に行った最初十字路、Le Duan 通り
との過度にある銀行…かな?にしか見えないビルがあるのですが、お店のロゴが
場所的には堂々とした位置なのだけど、小さめにひっそりあるのでまずはそれを
確認して下さい(笑)

th_IMG_4424_201609172311312ba.jpg 

Le Duan 鶏側に入り口があり、どう見ても銀行にしか見えないのでとても入り辛い
ですが、めげずに入り、すぐ右手にあるエレベーターを目指して下さい。そこに
このロゴを見つけたらもう安心。エレベーターの階数表示の所にもしっかりロゴがw

th_IMG_4425.jpg th_IMG_4426_20160917231134a8f.jpg

一応分かり難い事は自覚してらっしゃるのねwww
だったらもうちょっと入り口が入り易いようにしてくれるといいんだけど(^^;

th_IMG_4427_201609172311365b2.jpg 

目的のフロアに到着するとこんな感じ。
採光がよく、とても気持ちの良い空間です♪

以前よりもちょっと落ち着いた造りになったかな?
大きな窓枠に沿わせてる、これもフレームって言うのかな?
が、独特なデザインでとても素敵♪ お好きな方はテラス席もある様です。
焼けるわ暑いわで、私は選ばないけれど(笑)

th_IMG_4428_20160917231137885.jpg


待ち合わせまでに少し時間があったので、歩いて来てアチアチになってた体を
クールダウンさせるためスイカジュースをフライングで注文。ここのはお砂糖が
混ぜてないヤツで美味しかった♪ このテーブルにあるボンボンみたいな植物、
なんだろ。お花の名前(ってかこれが花かどうかもわからん)本当に疎いので
分からんのだけど、かわいいね、これ♡

th_IMG_4433_20160917231626b6f.jpg th_IMG_4434_201609172319415ae.jpg

カフェっぽい雰囲気なのだけど、料理は結構な種類があって、サラダ、前菜
的な物、メイン、その他のお野菜のスペシャリテなど色々。選び甲斐がある♪

th_IMG_4429_20160917231620a10.jpg 

th_IMG_4430.jpg

th_IMG_4431_201609172316231e8.jpg

th_IMG_4432_20160917231624fa0.jpg

そこから頼んだのがまず、こちら。
蓮のサラダ。蓮と言っても日本人が連想するレンコンじゃなくて、レンコンの
赤ちゃんみたいな細っそいやつ。でもちゃーんとレンコンの穴があるの(笑)
当たり前の事なんだけど、赤ちゃんのツメを見て「こんなちっこい手なのに
ちゃんとツメがあるー(≧∇≦)」って言いたくなるときの感覚に似てるw
え?そんなん言いたくならない?(・∀・;

th_IMG_4436_2016091723194266c.jpg th_IMG_4437_20160917231943b3a.jpg

定番のクラッカーがついてくるのでそれに乗っけても良いし、勿論そのまま
食べても。蓮のサラダ的な物だと良いながら、キノコがウワッサー!!と
入ってて、もう繊維質だらけな感じの一品(笑) 全体の程よく、でも素材の
味が生きる程度に味付けがされてあって食べ易いし、なにはともあれ食事の
前半で食べておくと体にもよさそうですわ。これ。

炒飯は、この日女のコと2人だったし、彼女はその後お仕事で人にも会うだろう
からとガーリック炒飯は避けてベジタブル炒飯に。でもこれがまた色っろんな
お野菜がタップリ入ってて味わい深い!!スープとか頼んだら、これにちょっと
かけながら食べてもいい。美味しい。そして器が可愛い。出来ればこの器
抱え込んでガツガツ食べたい。(お行儀悪い)

th_IMG_4438.jpg th_IMG_4441_201609172319477fb.jpg

んでビックリしたのが。。。
メインの料理。Wild Duckのナンチャラカンチャラってのがあったんですよ。
Duckのコンフィかなんかが別にあって、更にWild Duckと別名で書いてあったので
おやどんな料理だろう、とあまり考えずに頼んだら。。。

th_IMG_4442_201609172330130dc.jpg 

ス…スープ????(・∀・;
いや、スープは他に頼んだんです。なのでこれは。。。他のテーブルの間違いでは?
これ、どう見てもメインってよりスープよな?しかもアヒルどこよ。蓮しか見えん。
ってか、蓮の根に蓮の実。どんだけ蓮。

まぁ間違える事もあるよなー。お姉さんお姉さん、これ名前なによ?
うち、こんなん頼んでないと思うんだけど…

「Wild Duckのナンチャラカンチャラでございます」

なっ(・∀・;
間違っていないと。アヒルどこ。
と、漁っていると。。。

th_IMG_4443_20160917233015a7a.jpg 

いた。ごめん、あまりの衝撃に写真ブレてる。(嘘。単にミスった)
これ…烏骨鶏か????!!!英語名はSilkieと覚えてたから全く予想して
なかったけれど、このサイズ、この肌の色。そしてベトナムでは烏骨鶏が
スーパーで普通に売られてるほど身近な食材。勿論チキンよりは高いけど、
日常食として全然買えるレベルの価格。

まぁああぢぃぃぃかあああああっ。
そうなれば話は違うぞ!早速頂いてみましたら。。。。

うんまいっ。
実に。実に実に滋味ある味わい。
食べてもやっぱりスープを楽しむもの、という感じが強かったので、お肉料理を
期待していた場合には(しまった、こんなハズでは…)と思っちゃうかもしれませんが、
個人的にはこれ、よくメニューの中から引き当てた、と、自画自賛。

蓮のスープをチキンブイヨンで煮込んだスープって、中華料理にもあったと
思うし、且つかなり漢方食的なものじゃなかったかな。ま、医食同源に
基づいた食生活をしている方達にとってみれば、全ての食が漢方的な物なの
だけど(笑)、マレーシア時代、体が疲れたり冷えたりしてた時にはこれに似た
レンコンのスープをよく勧められた記憶があります。

蓮の実はその時入ってなくて、ダブル蓮バージョンは今回が初めてですが、
これ。。。。例えば日本の薬膳を謳ったレストランとかで食べたら一体
いくらするんでしょう(・∀・; 素材的にもかなり残すとの物になると思うし、
そもそもこんな料理を出してるお店が少なかろうと思います。

ってか、ベトナムでも私、これまでこんな料理があるって気づかずに来たので、
そんなに何処にでもあるとか誰しもが頻繁に頼む物ではないのかも。

あーーーりーーーがーーーたーーーいーーー。

薬膳的役割を果たすであろうと予測は出来る物の、あまりクセの強いスパイス
等は使われておらず、ベースはあくまで烏骨鶏のスープで食べ易いってのも嬉しい
ところ。鶏とは一線を画す滋味に溢れたスープに極々シンプルな味付けを
しただけなので、余程烏骨鶏が嫌いでなければ日本人の口にもすんなりと合うし、
鶏が好きなら烏骨鶏もきっと大丈夫じゃないかと思われます。

よくよく煮込んで美味しいスープが染みたレンコンはホクホクのお芋さんのよう
でもあり、でもレンコン特有の繊細な繊維質も風味も感じられ、いつもの
シャキシャキしたレンコンさんとはちょっと違う趣です。潰れる程煮られた
蓮の実もホコホコしてて良い感じ。

あーなんか、体に染みるわー。
すっごい体に良さそう。レンコンって結構胃腸に運負担がかかり易い食べ物だけど、
ここまでホコホコにされたたら、よく噛めばそんなに大変じゃなさそうだし、
なんかちょっと元気ないなーって時、器抱え込んでガツガツ食べたい。(←本日2回目)

炒飯とこのレンコンのメインの器、両手に抱えて食べてたら怖いな。。。。

どれも丁寧だし派手さは無いけど、実直で滋味に溢れたものばかり。
場所柄センスがとても良いので、もっと先進的な料理とかシャレたもんに
走るのかなって思ったら、こんな素朴に美味しいものが並ぶとは意外。
むしろ街中では貴重な感じもする位。だからか、ランチタイムには満員御礼。

th_IMG_4444_201609172359225c4.jpg 

ワンポーションが大きいので大勢でシェアしたら結構安く上がるし、場所も便利で
シャレた空間。そら人も集まるわねー。なのでこちらに来られるときは、ちょっと
早めか遅めに行った方が吉。みなさん、美味しいお店を良く知ってるなぁ(^^;

煌びやかなベトナム料理にも胸ときめくけど、こういうお料理ももの凄く良いっ。
こちらの料理、もっと色々食べてみたいわー(って何処のレストランでも言ってる
よね、あなた)。

ベトナム料理、割とどこもメニューが似てたり、レベルも程々高かったりして
決め手に欠ける事が多い気がしますが、ここは手駒にあると、ロケーションも
含め、バリエーションの一つとして重宝するお店かと思われます♪
いいとこ突いて、特色を出して来てるなー♪


The Fish Sauce
41 Le Duan Q1 (Roof Top)




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

Bar 5 Saigon 〜 ガールズバー的な???

何でお前がガールズバーの定義知ってんだよって話ですが。。。
ってか、名目は「スポーツバー」です。

http://www.bar5saigon.com/

だからかガールズバーより大らかな空気感で、女の子達はカウンターの中に
いるだけじゃなく、広い店内のアッチコッチにオーダーされた物を運びがてら
やってきては話しかけてくれます。もし仲間内で話をしたければ、適当に
あしらえば、放っておいてもくれます。

良い距離感( ・`ω・´)b


th_IMG_2533_2016091619364875c.jpg 

女のコが目的でいくならチミッと物足りないかもですが、こうあまりベッタリ
されたくないときもあるじゃないですか(お前何目線で誰に同意を求めてるんだw)。
愛想良い子がチョイチョイ来てくれるのは大歓迎だが、まぁちょっと仲間内だけで
飲ましてくれや、みたいな時。そんな時に良い感じのお店だと思います。


th_IMG_2535_201609161936493b1.jpg 

店内にはかなり大きめのコの時か□型のカウンターがあり、ガールズバーよろしく、
その中には女の子達がいっぱいいまして、デザインは様々ですが、みなさん白で
統一したお洋服を来てらっしゃいました。欧米の方が多い客層だったのですが、
ニーズに応えてか、ベトナムの方らしからぬ肉感的なお嬢さんも多々(*´ω`)

このカウンター以外にも結構なスペースがあって、スツール席が点在。
収容人数、結構なもんだな。なので、カウンターで女の子達とワイワイやるのも
良しだし、ちょっと多人数で行っても大丈夫な感じです。

あと(一応)女性の私が行ってても全然違和感なかったし、いかがわしいとこで
なさそうかなとは思ったかな。例えば女同士のグループで行っても多分平気。
ま,ベトナムのこういう接客につく女性はフラットに接してくれる事が多いので、
男性のお客さんの実力次第では違った楽しみがあるかもですがっ。

th_IMG_2537_201609161936533db.jpg th_IMG_2538.jpg

2件目3件目に来たんでフードメニューは頼まずビールやウイスキーなどを
チョイチョイ。ウイスキーを4〜5杯飲んでチョイチョイって表現を使って
良いかどうかはわかりませんが、うん、チョイチョイ。しかしロックでこの
量ってすごいよなw ホーチミン、スピリッツ系は大盤振る舞いな量を注いで
くれる所が多いからスキよ♡

店内が暗かったので、写真がすこぶる見辛くて申し訳ないのですが、フード
メニューも結構品数があるようなので、仕事帰りに軽い食事も兼ねて一杯やる、
みたいな人も多いのかなーと。ま、食べて無いんで味も充実しているのかは
わからないんですが。


th_IMG_2539.jpg 

th_IMG_2541_201609161941066dd.jpg


お…おぅ。。。。
この記事上げる時に初めて見るが、タイガー、85kもしてたのか。。。
結構取るな。。。(入店時から酔っ払ってたのでメニュー見ずにオーダー
してた人)

スピリッツ系も1ショット120k前後。ただまこっちは量が多いから、
割とリーズナブルと言えなくもない気がしないでもない。(遠回りし過ぎ)
ってか。。。。


th_IMG_2540_20160916194104f6a.jpg 

なんだ。↑この写真の右上にある、

SAN MIGUEL  13k  All You Can Drink 

ってのわわわわわっ。
写真っ。写真なんでもうちょっと上まで撮ってなかったの?!
その金額で飲み放題てなによ?!なんか制限あるんでしょ?30分とか
1時間とかっ(いやさすがに30分は…)曜日限定とか、なんかあるやろー!!!

まぁSan Miguelが苦手な人にはなんの情報でもないんですが、これ、例えば
2時間くらい飲ませてくれるんやったら好きな人にはメッチャ良くなーい?!
早速確認しに行かなくちゃー!と思ってたら、うん、HPに書いてあった。

th_IMG_4602_20160916201728c98.jpg 

おーー!!HPによればタイガーも選択肢に入ってる!
しかもドラフト!いえーっヾ(@⌒▽⌒@)ノ
さすがに3-7pmの縛りはあるけど、お仕事してる人も、5時に退社できる人
ならチャンスあり( ・`ω・´)b 昼酒したい人には更に持ってこいw

…って、よー考えたら、この店の単価で考えるとすっごい得だけど、
ちまたでビール1杯、25kドンとか30kドンで飲める事を考えたら、
そうか、よほどガバガバ飲む人じゃなければそんなに安いわけでもないのか(笑)

いやっ。でもこのハッピーアワーの飲み放題に乗っかれた、って事実は
きっと楽しいと思うのっ。なんか得した気がする!(←全く論理的でない人の発想w)
ましてや綺麗なお姉ちゃんが運んで来てくれるビールはきっと美味しい筈っ( ̄‥ ̄)=3 

th_IMG_4600_20160916201726dda.jpg 
th_IMG_4601_20160916201729445.jpg

メニューを見る限りは結構しっかりとしたフードメニューを取り揃えてるようだし、
うん、ええな。ビール好きな人つれてサクッといく?!みたいな時には使えるかも♪
まぁ飲み放題やりたいって言ってる時点でサクッとで終わる訳は無い気がするけど(笑)

良いね良いね。こういうお店のチョイスは手駒に持っておいて損は無い。
男女問わずに誘えるし、客層も年齢はもとより、そもそも人種が色々入り
交じってるわけでフリーダム。こういうとこに何気に入って当たり前のように
ビールを飲んで、慣れた感じでお店をでると、あーこの街に住んでるんだなーって
感じになりますね。

気取らず気張らず、日常の句読点を打ちに行く店。
どっすか(^・^)










にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

Big C スーパー外部のパン屋さん

***** 2016 Sep. *****

ちょっとひと口メモなんですけど。。。
今朝( 19 Sep.2016)アップした「The Mach House」さんって
あったじゃないですか。カジュアルなフレンチだけど、随所に素敵なギミックが
噛まされてる料理が楽しいお店。そこ、とあるフランスの方が教えてくれたと
書いたんですが。。。
その方がそのお店のパンを好きだと言ってた際に、


「ぼく、Big Cのパンも大好きなんですよね!」

と。おおおおおお!!!!
ちぇりも好きー!!!!ヾ(@⌒▽⌒@)ノ

いやま、フランスの方といったって色んな好みの方、経験値の方がおられましょう
と思うのですが、まず教えて頂いた The Mach House さんのお味がドンピシャ
でしたし、本国のお味に関しては、少なくとも他国人の私よりも遥かに長けてる
わけじゃないですか。そんな方が「好きや」と言われるのを聞けば、やっぱあの味、
すごいねんなー!!ってなるじゃないですか。

私の周りでもBig Cさんのパンの評価はすこぶる高く、ただ気安くチョイチョイ行く
と言う距離にはないので、付近に住んでるお友達と遊ぶ際には、

「なぁ、ちょっと悪いけど買って来てくれん?」

などと甘えて買って来てもらっている次第。
美味い美味いとは思ってたけど、ほんっまに安っすいのに、本場フランスの方も
唸らせる力量があるパンだったとは。すばらしいなっ。

かなり多種類がそろっているので、全部が全部当たりなんかはわかりませんが、
そんな話で、やっぱりコスパは最強っぽいですね、ここのパン屋。
機会があったら是非お試しになられて下さいませーヾ(@⌒▽⌒@)ノ



***** 2016 Jan. *****

相変わらずおいしいねー、こちらのパン屋さん。
自分じゃなかなか行けないもんで、この付近にお住まいのお友達と会う時に、
「なぁ、買うてきてくれん?」等と甘えて買って来てもらってます(。-_-。)

バゲッド等も相変わらず大変安くて美味しく、某他国チェーン店に比べると
そのコスパたるや比べ物にならず、感心しきりなわけですが。。。


th_IMG_1321_201602011151022d7.jpg


おーーーー!!

ワタクシ:「巨大な源氏パイや!!」
旦那さん:「うわあっ、おいしそうなリーフパイ!!」

こ…っ、この辺に育ちの違いが垣間見られる凸凹夫婦(。-_-。)

写真は比較対象が無いのでちょっと分かり難いのですが、私の手のひら広げた
よりも、更に大きいサイズの物で、んまーご立派、と言うサイズ。
実はちょっとバタバタしていて、頂いてから二日後くらいに食べてない事に
ハっ!!と気づき、慌てて食べてみたのですが。。。

バターやショートニングを多用しているものにも関わらず、生地がダレること
なく、湿気る事無く(一応冷蔵庫で保管してました)小気味良い歯触りな上に
ジャリジャリのお砂糖が美味しくって(←カステラは底にジャリジャリお砂糖が
ついてるのが好き)これ、ちょっと奇麗に箱詰めしたら、お持たせに買っても
ええんちゃう?ってレベル。まぢ美味しいっ(*´艸`*)

ただ、美味しいだけに食べ過ぎ注意。
でっかい1枚があっという間に無くなったりする。
カロリー考えたら怖い怖いw

天使の味わい、悪魔のカロリー。
でもこれ、次回はリクエストして買って来てもらおう。超美味しい。
大変おごちそうさまでした♪
やっぱりこのパン屋さん、素敵やなー♡


***** 2015 Oct. *****


先日、Phú Nhuận  にある Big Cに初めて連れてってもらいました♪
Big C自体は、ビンズンにある店舗のに行った事があったのですが、いつもお友達が
パンを買って来てくれるのはこちらの店舗で、一度行ってみたかったんですよねー。


で、店内に入り、スーパーの入り口部分まで行くと。。。


th_IMG_6988_20151005002258c85.jpg


あらっ。
スーパーの中には中でパンコーナーがあるのですが、その外にもパン屋さんが。
多分中の安いパン屋さんとはラインナップがちがうんかな。
ってか、この外のもそんなに高くなかったけど(^^;

th_IMG_6989.jpg th_IMG_6990_20151005002301126.jpg

ショーケースに奇麗に入れられて、なんかケーキ並みの扱いやわぁ♪
そしてどれも美味しそう!!!

BIG Cのパンは、スーパーの内外を問わず何度もお友達から頂いて、すっごい美味しいのは
わかってたので迷わず購入を決断。でも。。。。どれを買うかにはものっそい迷った(^^;
小さい店舗ながら魅力体なラインナップがいっぱいで。。。(苦笑)

で、今回はまぁるい大きなブールみたいなやつと、巨大なスコーン?ビスケット???
みたいなのんを買ってみましたヾ(@⌒▽⌒@)ノ


th_IMG_7008_20151005002305616.jpg


でーっ、このビスケットみたいなヤツが個人的に大ヒット!!
タマゴをタップリ使ってるのか、ほんのり黄味がかった生地は加水率かなり低めで、
パンと言うより、半分お菓子みたいな食感でしたが、バターの香りが濃厚で、
たくさん鏤められてるレーズンがまた良い仕事してるっ( ・`ω・´)b


th_IMG_7009_2015100500230361d.jpg



食後に、「冷凍する前にちょっと味見を。。。」と思っただけだったのに、
全部食っちまったじゃねーかっヽ(;▽;)ノ
紅茶との相性が良すぎます、これ。。。
結構大きなカットのものが、15kドンだったかなー。

そして大きな半球状のパンは、中味がしっとりきめ細やかで、サッと表面を焼いて
ザクッとさせると、また味わい深い。ちゃーんと小麦が行きた味わいなんよなー。
こっちは値段覚えてないけど、まー知れてますわ。

th_IMG_7010_201510050023219ab.jpg


なんやろ。一応、Big プロデュースの、みたいな表記はしてあるんだけど、
スーパーのパン屋でここまでのレベル出せるもの????
私が日本で時々行ってたスーパー内のベーカリーは酷かったぞ???


やっぱり好きだわ、Big Cのパン。
このスタイルの、スーパー外での単独採算的お店がどこのBig Cさんにもあるのかは
わかりませんが、もしお見かけになったら試してみてー。そりゃ、ヨーロッパ
とかの、著名シェフが作る様な最先端の者じゃないかもけど、滋味のある、日常に
頂くにはとっても美味しいパンだと思います、ここの♪ 
コスパ考えたら最高ですよーヾ(@⌒ー⌒@)ノ


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

The Mac House 〜 フランスの方のお墨付き!

最近知り合ったフランスの方とホーチミングルメ談義をしている際に、

「ぼく、ここのパンが大好きなんです!」

と言っていたので早速行ってみた。
ってか、知らんかった。いや、何となくフレンチの看板が出てるのは見たこと
あるんだけど、ここ、一階がブティック。そしてレストランはそのブティックに
入って店内を横切り、奥にある階段を上がった所にあると言う、

なにこのちぇり除け

みたいな見つけ難さ。
こだわりなんだろうけど、入り難いっちゅーねん(・∀・;


th_IMG_4474_20160916014512ab5.jpg th_IMG_4475_201609160145138c1.jpg

階段登り口にはhオリジナルハニーや委託物らしきジャムも売っていて
すでにここからちょっと惹かれる。特にハチミツがなー。
今度荷物持ち歩いても良い時に買ってみよ♪

th_IMG_4476_201609160145133f5.jpg 


階段を上がって、さぁレストランに到着してみると…?

th_IMG_4477_201609160145157df.jpg th_IMG_4478.jpg

あらぁ、意外にカジュアルでいいんじゃない?!
ちょっとチビちぇりが苦手な背ぇ高椅子が多かったけど、ちゃんと低いソファの
席もあったので、そのときの運によっては、好みの席に座れそうやし(^・^)

ざくーっとワインリストを見るとそんなに高くはなくて、例えばプロセッコは
ボトルで650kドンくらい。複数人数でいけば全然アリなお値段。もちろん
グラスもあるわけですが、お会計から考えて見ると、1杯150k前後くらいだった
のかな???いや、モノにもよると思うんだけど、悪くないお値段だったような。

th_IMG_4484.jpg 

th_IMG_4485_20160916014859330.jpg 


メニューはかなぁり絞り込んである感じですが、単品でも良ければスターターと
メインでコースも組み易く、あまりフランス料理に詳しくない方でも割と
選び易かったり、口に合い易いんじゃないかなーと言うモノを揃えてる
気がしました。

こういうところは。。。その一品一品への創意工夫やアイデアが詰まってることが
多いんですよね。品数や突飛な物で勝負しないんだったらそこらへんで仕掛けて
来る事が多い。よし、これは楽しみだぞ?とワクワクしながら、まずは
コールドカッツとチーズのミックスプレートを注文。はい、きたー!!

th_IMG_4488_20160916014900b80.jpg 


しもた、2人で食べるにしちゃ、すごい量!!…と思ったのですが。。。
ご覧下さい。チーズもコールドカッツも、ものすごおおおおおおく薄い!!!
多分オートスライサーでやってるんだろうけど、この手があったかー!!って感じ!

だってほら、ワイン飲みたいときのチーズって、その味が欲しい訳じゃないですか。
もちろんハラペコの時には、トロトロふんにゃりのミルキーなブリーをハプー!!
っと、お口一杯に頬張りたい、という欲求に教われる事もありますが、単につまみ
としてのチーズが欲しい場合には、そのボリュームはちょっとジャマ。

その味わいさえあれば言い訳ですから、こうやって味覚は充分に提供し、質量は
落とすと言うやり方で提供してくれると、メッチャ嬉しい!!じゃないと、次の
料理に続かないから、飲食店側にしてもこれは結構賢い戦略なんじゃなかろうか♪

もうこれ、見てー♪

th_IMG_4490_20160916020049566.jpg

私、お洋服のフリルには一切興味がございませんが(なんかカイカイになる)
このチーズのフリルには、じょーに胸がときめきます♡ 美しい!!

且つ、とてもしっかりした味のモノだったので、この薄さでもじゅーぶんな味。
オイリーさも控えめに感じるのでひと口、ふた口と重ねていき易いし、ワインと
一緒にお口の中に含んでも、親和性が高い。何故これを今まで自分もやってみな
かったのか。

まぁ、この薄さでも充分に楽しめるだけの、旨味の凝縮度ってのが必要だと思う
んで、良いチーズが身近に無いと中々出来ない発想なのかもしれませんが、
いやー、参った。 ハムはハニーハムっぽかったですが、これも薄々にスライス
されてて、でも美味しくてよろしかったわー。

んで何が良かったって、くだんのフランスの方がおっしゃってたように、パンが
秀逸!!!なにこれ、フランスの人って、こんなレベルのパンが日常食なの?!

th_IMG_4489_20160916022650fa0.jpg 


周りにお粉がタップリ振られてるのって、フランスのパンによくある気がするんだけど
どうなんでしょね。私フランス行った事ないからしらんのだけども。とにかくその
粉がたっぷりまぶさっている皮の部分がカリッカリ!!そして中のクラスともしっとり
してるのに重たくなくて、添え付けのバターを乗せて食べたら、まぁお御馳走♪
あのフランスの方が大好きだと言うのも頷ける。

薄く薄くスライスされたハムやチーズがまたこういうパンを食べる時に相性が良い
のですよね。少人数でワインメインに楽しむ方は、このプレートだけでもけっこう
満足できるかもしれない。なんと言う幸せなプレート。

しかし何かメインも欲しい。
と言う事で、ラムがいいかサーモンが良いかと見ていたら。。。
あっらぁ、フォアグラがある♡

ベトナムって、以前のフランスとの兼ね合いの影響からか、フォアグラが比較的
カジュアルに頂けてしまうんですよね。なんだったら自分で生のを買って来て、
家で調理する事も出来る。ベトナムに来たばかりのころ、自分でフォアグラ焼く、
という愉悦にしばらく浸ってた物でした(笑)
ってなわけで、こちら。

th_IMG_4492_20160916020049025.jpg 

これで400kですって。
そりゃーお料理一品に400kって、ベトナムでは大ごとですよ?
でもでも、もー焼き方が完璧なの!!

フォアグラソテーは、自分でやってみると分かりますが、火が入りすぎると、
あのプワプワとして口内で押しつぶしたときのトロッとする食感も旨味も
無くなるし、火入れが足りんと、大層色気の無いものになってしまう。
いろんなところで潔さを求められるお料理。まぁ料理全般そうだろうなとは
思うのですが、特に、見極めと「ここ!」みたいな決断を強く要される
お料理だと思うんです。

その観点から行くと、こちらのフォアグラソテーは、んまーっ男前!
私、人の顔の造作なんかはそこまで気にならない人なんですが(ハンサムさんは
ハンサムさんで楽しませて頂くけど)料理に見られる男前度には大変弱いっ。
すんげーカッコいいな、こちらのシェフ!(料理の腕前的に)

手前右にある丸ぁるいのは、スタックドポテト。日本でも最近カフェ飯の
付け合わせとして流行ってる様ですが、ここのはカリッカリに仕上げられてて
ですね、これまた美味しい。フォアグラがトロトロなだけに、食感の
コントラストが大変楽しい。

フォアグラの下に敷かれてるのはポレンタかな?と思ったら、ポルチーニ風味の
パンプキンペースト。その香と甘みがトロトロのフォアグラと相まって、
ほよほよとつかみ所の無い、それでいて確実にこちらの快感中枢を刺激して来る。
なんだよこの攻撃力。もうアッと言うまに籠絡されてしまいましたよ。。。
しかも、お店の方に会わせてもらったのは、トカイ。

th_IMG_4493_20160916104357757.jpg 

ハンガリーの甘ぁい白。ドイツの貴腐やカナダのアイスワインほどベタ甘では
ないのだけど(まぁその不達にも色々ある訳ですが一般的に)トロリと舌に
乗る甘さと爽やかな風味は、まさにフォアグラの為にある様な金の雫。
好きなんですよ、ちょっと塩を効かせたフォアグラのソテーと甘いワイン。
自宅で調理する際も、ソースはリンゴを煮詰めた甘いものにしたりしますしねー。

結局ワインはあれこれ飲んで、8杯くらい飲んだかな?
1杯200kドンだったとしたら、それだけで1600kになるわけで、きっと
なかなかな値段になったなーと思ってたら、最終的には料理を含んでも
それ以下の価格(´⊙ω⊙`) グラスワインが150k前後だったのだろうな
というのは、最終的な価格から推察した話。

あんまりカパカパ飲むもんだから、途中シェフが心配して、
「あの、なんだったらボトルでお入れした方がお安くなるかと…」
って気遣ってくれてたの、笑った(笑) そりゃそうなんだけど、
取りあえず初訪問のお店はグラスで管理度合いやセレクト見とくの、楽しいしね♪

ベトナミーズのテイストを入れた料理もあるらしく、こちらのお店を以前から
知ってる友達によると、当初はベトナム料理のイメージの方が強かったとか。
メニューを見る限り、この日のラインナップにそれは感じなかったけど、
ランチが3コースで200k、メインとデザートだと160kからあってかなり
リーズナブルだから、その辺に今も現れてたりもするのかなー。

とにかく、気軽にこんなレベルのお料理を楽しめるフレンチがあるって、
めっちゃ嬉しい!ガッツリコースを組んで食べるのも良いのだけれども、
ほら、美味しい料理でちょっと飲みたいって時あるじゃないですか。
でもそのときの料理はチップスとかじゃなくって、ちゃんとしたのが良いの。

これだけの味を出せるフレンチレストランで単品ひとつだけ頼んでダラダラ
楽しんでOKって、ホーチミン、なんていいとこなのかしらっ(≧∇≦)
今度はデザートまで楽しまないとなー。んふふふふ。
別のお友達も誘って近々また行こうっと!



th_IMG_4513_2016091602005152e.jpg 

th_IMG_4514_20160916111607905.jpg 

The Mach House
75 Pasteur Q1





にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

【告知】アオザイ会主催 Charity Bazaar 2016

告知です。
これまた私のお友達が関わってるイベントのお知らせ。
アオザイ会さんが主催されてるチャリティーバザー2016.

th_IMG_4217.jpg 

すんません、スキャナーがなくて(´Д` )
26日(月)10:00-13:00
Sherwood Residence (127 Pasteur Q3)
入場料:40,000 vnd

確か前回も情報を頂いて告知をさせてもらった記憶が。
んで、私も当日お伺いしたんですが、スイーツやら手芸品やら、
既存のお店の商品やらがお得に売られてて大盛況だったご様子。
私もお気に入りの商品があったからガッツリ買わせてもらったもんなぁ。
お気に入りのジャムが一割引かなんかだったのですよ(*´ω`)

まぁ、今年はどのお店がどういう価格で出されてるのかわからないので、
その辺お約束は出来ないのですが、ホーチミンで活躍されてる在住者の方々が
提供して下さってるお品もあって、日頃は接点が無くても「お話に聞いてた
方のお品がここにー!!!」みたいなのがあるのもまた楽しいですよね(^^)

ちなみに入場に関しては、混雑を避けるため、当日会場に来られた方先着順に
整理券が配られ、そこにある入場可能時間に合わせて入場ができる、と言う
システムのようです。うん、そうでもしないと大混雑だろうからな、会場(・∀・;

ちなみにこのバザーでの主益金は前回と同じく、
日本国総領事館を通じて震災復興義援金とされるそうです。

今年はどんな商品が出るんだろうなぁ。
気になります。私も時間を作ってお伺いせねばっ( ・`ω・´)b

来週の月曜開催です。
まだご予定にゆとりのある方は、お出掛けになってみてはいかがでしょう(^^)







にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

心折られるCoopのバンズ。。。(←商品的には良いという意味です)

お引っ越ししてからあまりパンを焼く時間が取れていないのですが、
忙しい、だけが理由ではなく。。。


th_IMG_3761.jpg 

おまわりさん、こいつです。
こいつがワタクシのやる気をへし折った悪いやつですヽ(;−;)ノ

Coop Martで売ってるバンズ。
2個入りです。でかいです。
スーパーのパン売り場で売ってるパンなんてナンボのもんじゃい、
とタカをくくっていたのですが、出来心で買ってみたところ。。。

th_IMG_3762_20160913004921ce2.jpg th_IMG_3763.jpg    
           th_IMG_3764_20160913004924d7d.jpg  

ふっかふっか。
気泡率の高い軽めの食感で、人によっては「スカスカ」という表現になる方も
おられようかと思いますが、わたし、バーガーや惣菜パンの素材はスッカスッカの
方が好き。ほんのりと甘く、サンドする物の旨味を口内で増すサポート薬をしつつ、
モテモテボッテリして口の中を占領する事無く、且つ、ガッツリ食べても胃に重たく
ない、そんなバンズが好きなのです。

これ、完璧やん…orz

旦那様も大のお気に入りで、あまりに好評を頂いたんで、折りを見て、隙を見ては
このパンを買い求めているのですが、お値段がまたすごい。ばっふり大きなバンズ
2個で6,400ドン…orz…orz…orz

th_IMG_3765_20160913004925675.jpg 


ワタクシが丹誠込めて手ゴネで3時間弱かけて作ったものが、確実に6,400ドン以下。
時給換算すると2,000ドン。この事実に耐えられるメンタルを持ってる人が居ると
言うなら教えてほしい。私はその方を解脱者として深く尊敬することであろう。

とにかく。。。
パン造りの熱が急激に冷めている。
これまでの人生でも多々挫折は味わって来たけど、今回のようなセットバックは
ここしばらく無かったのでかなぁり凹んでます。でもせっかくマッズイところから
あそこまで作れるように頑張ったのに、完全に止めちゃうのももったいない。

チ…チャパタとか、そっちの方面にいこうかな。。。
負け戦にしがみついて傷を深くするのもなんなので、
ここは戦いの場を替えて、ホーチミンではあまり売ってないタイプのパンで
攻める作戦。どうだろ。逃げるが勝ちとも言うしな。しょぼん(´・ω・`)




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

肉骨茶ってご存知ですか?

「肉骨茶」=バクテ、と読みます。
見慣れてる私にはなーんともないのですが、知らない人が見ると、けっこう
おどろおどろしい感じの組み合わせに見えることもあるらしく、その字面だけで
引いちゃう人もいると気づいた今日この頃(笑)

でもこのブログで、

Lau Hong Kong
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-4110.html

を紹介した際、そこのスープメニューにあった肉骨茶の事を書いた際、
反応してくれた方が何人かいてすっごく嬉しかったんですよね。

もともとシンガポールやマレーシアに渡って来ていた中国は福建の人達の間で
生まれた料理で、中国由来だけど料理としての発祥はマレーシア・シンガポール
辺りって料理。名前に「茶」の字が入ってるけど、茶で煮ているわけじゃなく、
漢方薬に用いるスパイス=スターアニスやシナモン、クローヴなんかを色々
組み合わせたもの+お醤油や塩で豚や鶏を煮る料理。

なんで「茶」の字が入ってるかと言うと、お茶を飲みながら頂く料理だから
なんですって。誤解され易い名前だなぁ。私も最初はすっかり漢方茶的な
もので煮るからそう言うんだって思ってた(笑)

もともとは商品用に削ぎ落とし切れなかった肉片がついた骨部分をなんとか
生かして滋養のある料理が出来ないか、というところから始まった物の用で、
労働者の方達の間のものだったそうです。今でも肉骨茶は朝食によく食べるもの
とされてるようで(とは言え、昼夜も食べることができますけどね)肉素材の
料理でありながらアッサリ食べられるのが特徴。

で。これ、日本人も結構好みの味だと思うんですが、東南亜グルメになかなか
登場してくれない。結果、日本国内ではあまり浸透してない料理の一つじゃ
ないかなぁ、と。

専門店が無い事は無い様ですが、ほとんどは東南アジア料理飲食店の中の
メニューの一つ、的扱いで、それらのお店がどれだけ栄えていても、いったい
どのくらい楽しまれているのかと考えると。。。大変に心許ないイメージしか
浮かばない。

なので私は家飯での肉骨茶をことあるごとに披露したりしてるんです。
評判も悪くないです(まぁ作った人間の目の前で不味い、とは言えんでしょうがw)。
でも中々広まらない…orz

ワタクシの不徳の致すところだとは思うのですが、作るのも簡単なんですよー。
家庭用にこういう肉骨茶パックが売ってまして、スパイス類がお茶パック的な物に
詰められてるんですね。これをお湯に入れてあとは鶏や豚などお好みの物を放り込んで
煮ればOK。仕上げにお塩かお醤油をちょろり。あら簡単。

th_IMG_3662.jpg 

ちなみに日本なら輸入食材を扱ってる所には結構置いてるのを見た事があるし、
ホーチミンなら、バインミーで有名な Nhu Lan さんの近く、

Thai Hoa
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-3452.html

などの食材店に置いてるんで結構身近。
マレーシア現地では豚肉を各部位に分けて煮て、それを組み合わせたオーダーを
する事が多いのですが、ふと見ると、このパッケージに鶏が使われてる。
そうか、鶏肉骨茶という手もあったな、と先日作ってみたら。。。

th_IMG_3758_2016091300122738c.jpg 

ぐはあっ(´Д` )
すんごい美味しいのが出来た!(手前味噌っ)

トリ肉がもうね、とろっとろなのっ。
そう、これは男性をお誘いすると一様にイヤな顔をされる熊本の「はげの湯」さん
で頂く丸鶏の地獄蒸し。これに近い物があるっ。あそこの蒸し丸鶏は、胸肉の所で
すらトロットロで「肉ってこんなにトロけるのか!」という驚愕をもたらす一品
なのですが、そこ以外で初めて食った。トロける鶏肉。これまで肉骨茶で鶏を
あまり使って来なかったので知りませんでしたが、このハーブ類、どうやら鶏肉を
テロンテロンにする効果がある様ですねっ( ・`ω・´)b

これは。。。ベトナムの鶏肉を使ったのも良かったのかもしれません。
スープに塩気が少ないので、水っぽい鶏肉だと味がボッケボケになる恐れが。
且つ、食感もどうなるかなぁ。その点、ベトナムの鶏肉は味が濃いのと食感も
もともとしっかりしていることが多いので(ともすれば固い仕上がりになるんですが)
それらが美味く作用したのかなぁ、とも思ったり。

穏やかな時のスープなのですが、今回はとても滋味に満ちた味になったので、
本来は入れない卵や大根を思わず投入。ああ日本人。おでんDNA全開です。
でもやっぱり美味しかった\(*´Q`*)/

これが家で作れるなら、マレーシアに行った時に無理矢理機会作って食べに行く、
とかしなくてよくなるなぁ。美味しいお店は割りと辺鄙な所にあるってのが定説
で、旅行者には結構ハードル高いんよな、肉骨茶。。。

もしもこれみてお試しになられる方がいらっしゃったら、食べる際に、手元に
刻んだ生唐辛子を少し入れたお醤油を用意し、それにチョンチョンとつけながら
食べるとメリハリが出て美味しいです。またおつゆはご飯にかけて、お茶漬け的に
頂くと最高♪

うん、また近々肉骨茶パーティしようっ。
食べた事無い人に食べた貰おう♪
我家の肉骨茶はしばらく鶏だな。
体にも良さそうだし、地道に肉骨茶広報活動、ガンバるですかねっ♪







にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

MEZZ RESTAURANT 〜 Sofitel Hotel のランチ&シャンパンブランチ

***** 2016 Aug. ランチビュッフェ *****

シャンパンブランチの事は下記に書いてあるのでそちらをご参照下さい。
個人的には、ホーチミンのシャンパンブランチならこちら、と思っているのですが、
では、平日のランチビュッフェはいかがな物かと訪れてみました♪

なんせワタクシには、
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-4271.html

これがあるっ↑。
来年の2月までっ。
使い倒さねばもったいない!!!(←せこい)

というわけで、なにかというと、興味のあるお友達を誘って行ってるのですが、
平日ビュッフェはもちろんシャンパンブランチと比べるべくものではないけど、
まぁそれでも充分ですわ!

th_IMG_2546_20160912220249fcb.jpg th_IMG_2548_20160912220252b55.jpg

th_IMG_2549.jpg   th_IMG_2547_201609122202503f9.jpg
 
th_IMG_2551_20160912220255b2f.jpg th_IMG_2559_20160912220517dbd.jpg

th_IMG_2562_20160912220519cda.jpg th_IMG_2563.jpg

私ここのビュッフェのお寿司・お刺身コーナー、がんばってるなーと思うんですが、
そこのお刺身類と海草類、種類豊富なお野菜類を合わせてサラダにして食べるのが
オススメよ、とお友達から入れ知恵…もとい、アドバイス貰って真似てるんですが、
ほんんとに良い( ・`ω・´)b

だってほら、そこそこのお刺身を外で食べようと思ったら結構なお値段するじゃない
ですか。それが食べ放題。生ものが食べたくなったらここで補充(笑)

日によって出てくる物が違う事もあると思うんですが、この日はポークローストが
秀逸でしたね。チャイニーズローストもですが、オーブンローストの多分ロースかなぁ。
食べたら「ええ?!(´⊙ω⊙`)」って思うくらいにシットリジューシーで柔らかく、
油の少ない部分の豚とは思えない食感。でも旨味はそこに詰まってるという理想的な
仕上がり。ちょー美味しかった。

th_IMG_2572.jpg th_IMG_2575_201609122259257cd.jpg

ベトナム料理コーナーもチャイニーズコーナーも充実してるし、煮物やパン
フライ系のホッとポットエリアも、内容はコストを落とした物になっている
かもですが、バリエーションは充分すぎる程揃っており、まぁ食べ切れない
くらいの種類があるので「足りない( *`ω´)」とか言う方は殆どいないんじゃ
ないでしょうか(笑)

嬉しいのは、スイーツ類もかなり充実してること。
見た目にも美しいし、お味がね。どれもかなりいいとこいってる。
極上とは言わないし、物によっては(こ…これがフランス風なのかな???)
と思わないでも無いものもあrんですが(笑)、まぁ全体に美味しいですよ。
ショコラファウンテンもあったし。なにより。。。

th_IMG_2578_2016091222052152b.jpg th_IMG_2584_2016091222592791c.jpg

私のだーーーーーーい好きなイチゴの赤ワイン煮がある!!!
イチゴ、生だとベトナムではコストかかる気がするんだけど、冷凍の物を使って
るんかなぁ。まぁそれでもこのレシピだとマイナス要素がないから全然構わない
んですが、あいっかわらず美味しいわー。


th_IMG_2579_20160912220523d75.jpg th_IMG_2582_20160912225926914.jpg


これをタップリ器に取って、クレープに合わせたりアイスクリームに合わせたり。
なんだったらワイン飲みながらこれ食べるですよ(笑)
幸せや。なんだったらご飯の量半分に減らしてこれ延々食べてもいい。。。
(それMAXお行儀悪いから止めなさいね。。。)

ちなみにお値段は諸々混みで600kドンちょっと。
ワタクシ、例のカードがあるので2人で行った時には半額。
1人300kドンの計算です。1500円。

うんまだそれランチにしちゃリッチな価格だけど、日本でも強豪少ない田舎の
ランチだとそのくらいは軽く行く。それに毎日の事じゃない。たまーのことだ。
それでこんだけ生魚や寿司、凝った付け合わせで食べる新鮮な野菜のサラダ、
上質のメインディッシュに大好きなスイーツがそろってるんなら個人的には文句
なし( ・`ω・´)b

ただま、正価が3000円なので、そこは人によりタイミングにより価値かも変わって
来ようし、自分もその価格なら今の頻度は無いな、と思うのだけれども、まぁ、
例えば誰かのお誕生会だとか、歓迎会とかそう言う場にはいいんじゃないかなーと
思うわけです。

最近、他のホテルのランチビュッフェに行って無いので明確な比較ができませんが、
絶対値的に満足できるランチビュッフェだと思いましたー♪





***** 2016 Jun. シャンパンブランチ *****

ピンクティ
 http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-3632.html  
チーズビュッフェ http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-3760.html  
シャンパンブランチ http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-3928.html 

と、どこのホテルよりも回数、そしてバラエティ豊かにビュッフェのすばらしさを
伝えて来たSOFITEL SAIGON PLAZAさんですが、改装後、前回ご報告したシャンパン
ブランチとは随分様変わりしたようだったので再度のご紹介。

というか、以前レポした時とは会場も変わったので別記事で。
会場は、正面玄関から入ると2階左手の方に移りました(以前は右手だった)。
エレベーターで上に上がったら右手に折れた側。左手にあったL'Oliverという
会場は、現在はアラカルト専門のフレンチレストランになっている様子。

あの会場、悪くはなかったのですが、ちょっとこじんまりだったので、ちょっと
華やかさに欠けてる感じだったんですよね。ただ料理が一流だったので、
華やかさよりも実を取る場合はSOFITEL推し、って感じだったのです。
それが改装後。。。


th_IMG_9135_20160605170836942.jpg 

あっらーっ、改装後はスッカリシック&ゴージャスな感じに!
いいじゃないですかーっ。これなら雰囲気の点でもお勧めになったので、
シャンパンビュフェとしては圧倒的な地位を確立した感じですね。
…と、いやいや。まだお料理は頂いていないので早合点は禁物。

そう言えば以前のテタンジェからシャンパンの銘柄も変わってましたし。。


th_IMG_9133.jpg 

や、充分美味しいんですけどね(笑)
なにはtもあれ、ホッとディッシュからコールドカッツまでかなりの充実振りです。
あと、 M gallery  http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-4167.html
さんの時にも思ったんですが、ディスプレイが素敵なんですよねー。


th_IMG_9139.jpg th_IMG_9138.jpg

パンやグラスを上手に使ったセンスの良い盛りつけ。
見て回ってるだけでもウキウキします♪

th_IMG_9145.jpg 

グリル用魚介類を置いてあるところなんて、氷で作った天使の羽みたいなものが
ライトアップされてて、まーお金をかけていらっしゃること(^^;

チーズは意外に控えめでしたが(それでも10数種類はあったけど)
さすがフランス系列のホテル。生ハムやサラミなども大変美味しいものが揃えられてて
繊細な冷製類は専用の保冷この中にディスプレイ。冷房が効いているとはいえ、基本が
夏気候にある奥内だと、どうしてもムースやパテ、ゼラチンを使ったテリーヌなんかは
ダレるんですよねー。


        th_IMG_9143.jpg

th_IMG_9146.jpg th_IMG_9142_2016060517091756a.jpg 


それを防ぐ為にゼラチンをアガーにすれば食感が変わるし、そこで味を変えることを
良しとせずに、オリジナルの味を大事にするため、この保冷庫内でのディスプレイを
選択されたのでしょう。実に愛がある。そして誇りがあるね。ご自分たちが作る
お料理に対して。食べる前にお店の装備を見ればレベルを推測する事が出来る、
というのは、こういう所なんですよねー。勉強になるっ( ・`ω・´)b

お寿司のディスプレイも奇麗だったなー。
後こちらの板さん、大変包丁使いが奇麗。
お友達はこちらのランチビュッフェなんかに来ても、この板さんが切り出すお刺身と
お野菜をタップリ取って海鮮サラダにして頂くのが大好きだと聞いてたんだけど、
なるほど納得。こりゃ専門のお店でも中々叶わんレベル。お寿司も悪くなかったしなぁ。

th_IMG_9147.jpg 

リッチなトッピングも沢山あるのでサラダとはいえどもシャンパンに合うように
アレンジも可能。贅沢だわー。

th_IMG_9169.jpg 

チャイニーズ〜ベトナミーズももちろん装備。
今回は殆どこの辺食べなかったけど(笑)、見目にも楽しいし美味しそうだし、
旅行者の方でベトナム料理を楽しみにして来られる方のニーズもバッチリ満たせます。

th_IMG_9154.jpg th_IMG_9156.jpg

しかぁしっ。
ワタクシたちの今回の目玉は…?

th_IMG_9191.jpg 

うわーーっはっはっは。
フォアグラのテリーヌーヾ(@⌒▽⌒@)ノ

これはSOFITEL より格段に高いHayattさんでも出してない素材(あそこイタリアン
ですもんね)。これが食べたくて今回はこちらにしたの。ってのが、前回のシャンパン
ブランチで頂いたフォアグラがとてつもなく美味しかったから。まずはテリーヌで。

th_IMG_9174.jpg 

お塩パラリでも美味しいんですが、私はハチミツにバルサミコが好き。
バルサミコだけってのが無かったからサラダコーナーからバルサミコ、
パンまたはチーズコーナーからハチミツ持って来て卓上調味。
うめぇ。。。そしてこれ、結構時間内に何度か食べたんですが、ずーっと補充
されてましたね。。。潤沢ですね。。。豪気だ。。。

いやいやフォアグラなんてひと口ありゃぁ充分でしょ、んなもんバクバク食べる
もんじゃないわ、と思われる方、ごもっともです。それが品のある食べ方と言う
ものですw そんな方には、こちらのメイン食材を♪

th_IMG_9180.jpg 

グリルコーナーでオーダーできるロブスター。そしてビーフやラムのステーキ。
ラムも前回のシャンパンブランチの時がメチャクチャ美味しかったんですよねーっ。
今回はシンプルなグリルだけだからどーかなーと思ってたんですが、うん、やっぱり
美味しかった。クセが少なめなのでガツンとしたラムが好きな方には物足りない感
があるように思われるかもですが、旨味が濃いっ( ・`ω・´)b

敬遠される方が多い中、私は気にせずガッツリ頂く牡蠣もあるヾ(@⌒▽⌒@)ノ
グリルもしてくれるんだけど、まぁ生ですよ。

th_IMG_9178_201606051736166b0.jpg 

今回のはローカル産。
この時期のローカルの牡蠣。
アホかコイツ、と呆れられてるかたもいらっしゃるかもしれませんが(笑)
まぁ毎日ドンブリ一杯食べる訳じゃないしな、このシャンパンにこのトロける
ような牡蠣の旨味を取らない方が自分には損だな、というトレードオフを
取って食ったわ。半ダースくらい。超絶美味っ。←鉄壁の胃腸の持ち主

私、日本順の牡蠣を大概食べて来ましたが、ベトナムの牡蠣には比べ物にならない
くらいミルキーで濃厚なものが結構あるんですよねーっ。以前Hayatt さんで頂いた
カナダから空輸した牡蠣が過去最上級にミルキーだったのですが、それにも負けない
濃厚さ。もうね、日本歴含めてこれまで使ってた「ミルキー」という牡蠣への賛辞は
全部撤回したい。あのアッサリはアッサリで美味しいけれども「ミルキーな」という
称号はこのくらいのものにでないと使こたらアカン。そんなことを思ってしまうくらい
美味しかった。

まぁこればっかりは時期もタイミングもあるから常に同じレベルのものが供給されて
いるとはお約束できませんが、牡蠣好きな方は、ホーチミンのシャンパンブランチに
出て来る牡蠣、地物・ローカルもの色々あるけど、どこもけっこう厳選されてると
思うのでおススメですよ( ・`ω・´)b

そうそう、チーズコーナーにはラクレットもあったので、お好きな方はお腹が
一杯になる前に楽しんだ方が良いかも。じっくりじっくり巨大なチーズを
熱源で溶かして少し焦がしたトロトロのものをポテトにタップリ。至福。


th_IMG_9198_20160605175157590.jpg th_IMG_9205_20160605175100935.jpg

箸休めにはグリルドサラダを。
相変わらずトッピングやドレッシングが一杯なので、最初にチェックしておいて、
他のセクションのお料理と自己流で雲合わせても美味しいと思いますよー。


         th_IMG_9194_201606051751537c7.jpg  

th_IMG_9195_20160605175154960.jpg th_IMG_9196_201606051751567cd.jpg


魚介のグリルにブラックリーブのペーストとかジェノベーゼをトッピングするとかね。
そう言う変化を付けると、箸ももっと進みますし。
(あなたぐらい食べたらお店が大変お気の毒ですけどね。。。)

あっ、忘れてた。
グリルドコーナーには伊勢エビやら牡蠣などが並んでるので分かり易いのですが
(さっきの氷柱ディスプレイがあったとことは別の場所にあります)
ソテー用のフォアグラは外気に晒さない方が良いからか、目に見える所にはありませんっ。
(先程のパテはチーズ近くのコールドカッツのコーナーにある)

th_IMG_9193_201606051756328bb.jpg th_IMG_9187_20160605175630b47.jpg

「フォアグラのソテーが食べたいっヾ(@⌒▽⌒@)ノ」と、係の人に伝えましょう。
「開けゴマ!」と言わないと、ドアは開いてくれないのです。
(なんで教えてくれないんだろう)とか(パテ、あんだけ食べてたんだから
勧めてくれても良いのに…)なんてエスパーであることを人に望んでても
美味しいものはやってきませんっ。食いたいものは伝えるべし。
欲しいものがあるのなら、人生なんでも望みは口に出しましょう(๑•̀ㅂ•́)و✧

あと、SOFITELさんと言えば楽しみなのがスイーツ関連。
特にムース系は定評があったようですが、今回は更にその部分に力が入れられて
いたような。


th_IMG_9216.jpg 

あと、マカロンは間違いないですし(私ここのをよく贈り物に使い
ます)、ショコラはまぢ、腰が砕けますよ。。。フォンダンショコラのソースですら
メロメロになります。。。


th_IMG_9162.jpg   th_IMG_9221.jpg

ここのショコラを楽しめたら、ブランドショコラショップに行って千円オーバーも
払ってホットチョコを飲みたいとか言う欲求に駆られる事も無くなります。
ダークチェリーのワイン煮るとかブリーチーズと合わせたら軽くトリップするくらい
最高だったわ。。。思い出してもウットリする。。。

th_IMG_9211_201606051806254af.jpg th_IMG_9161.jpg


後メレンゲ使いがさすがのレベルで、普段はあまり好まないマシュマロを
ここのショコラファウンテンだとパクパク食べちゃう(^^;
自家製のジェラートも美味しかったなー。(ほんまにあんたどんだけ食ってる…)

前回はメインディッシュをオーダーして持って来てもらう形式で、それが他の
ビュッフェとはちがっており、且つ実に美味しい皿の数々だったので人にお勧めする
際の売りにしてたんだけど、それが無くなった今もその頃に負けないどころか、
むしろパワーアップした感がある Mezz Restaurantの日曜限定シャンパンブランチ。
ちょっぴり割引プランがあったので、お一人さま1,500kドン。約7500円。
(定価だとこれに15%くらい上乗せかな?)

一回の食事の単価にしちゃ高いですよ、そりゃ。
でも軽くシャンパン1人1本飲む様な吞ん兵衛は「安い!」と言わざるを得ない金額。
時間制限も無いし、何か一つの食材に客が群がる様な残念な光景も無く、優雅に
これだけのレベルの食事を楽しめるのだから「コスパ」という点では超絶的。

ちなみにリニューアルされたHyattさんは税サ抜きで2,000k弱でしたから、それと
比較してもお得と言わざるを得ない。もちろんシャンパンの種類や料理の傾向も
違いますからどちらが好みかに寄ってコスパジャッジも変わるとは思いますが。。。

やっぱりいいです、SOFITELさん♪
ホーチミンのシャンパンブランチの中では…いや、東洋一と歌われた別国の
(倍額くらいする)ビュッフェですら比べ物になりませんから、東南アジアの中でも
屈指じゃないかと個人的には思ってます( ・`ω・´)b

これ、こう言うのがお好きな方はホーチミンに居る間に楽しまないと、
絶対もったいないと思います。そんなしょっちゅう行くもんでもないし、
考えてみたら日本で適当な飲み屋に行ったってこのくらいになることがあるのを思えば、
無理な金額でもないんじゃないかと。強くお勧めっ。

ってか書いてたらまた行きたくなったっww
いつか旦那さんをそそのかして行ってみようっと(*´艸`*)


Sofitel Saigon Plaza
17 Lê Duẩn, Bến Nghé, Quận 1,






にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪
sidetitleプロフィールsidetitle

Author:ちぇり
FC2ブログへようこそ!

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ村PVランキングsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleFC2アフィリエイトsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR