スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nam Phan 〜 Khai Silk の高級ベトナミーズ

3区にある...humさん http://u0u1.net/CPhq のお隣にあります。
遺跡かよ!!と突っ込みたくなる立派な構え。

下から煽るとこんな感じ。ホント立派。
中の様子がちっともわからなかったから、表にあるメニューが無かったら
入ろうと言う気にはならなかったのですが。。。


BENTO( ̄▽ ̄)

しかも日本のおせち入れる容器みたいなのに色々詰め合わされてる感じ。
しかも一人分99k。お手頃じゃん!!と思って入ってみたのですが。。

お、おぅ。。。

おおおっ、おおおおおぅ…(・∀・;
これ、表の99kのメニュー見ずに入ってたら(しもた、やらかした!)
と思うレベルのゴージャス感。庶民が来る所じゃねーじゃねーか。

広間の感じもただならぬ感じ。
未だ昼で太陽光がたくさん入ってるからいいけれども、これ、
夜になるとさらにゴージャス感、増すんじゃないか。

うぉううぉううぉううぉう。。。。(・∀・;
こりゃ、完全に接待用のお店ですなw
ランチに様子見に来て正解だった♪(とこのときは思っていたw)

通されたのは大きなダイニングの脇にある、個室じゃないけど袋小路
みたいなスペースになってる所。二人だったし、ちょっと打合せ事も
あったから、こういう場所で助かった。ほんとお仕事仕様の対応が
できるお店だわね。

テーブルセットもなんぞ良い感じよなー。
まではよかったんですが、聞いて見ると表に書いてあったBENTOは
もうやっていないというではないか(・∀・;

やっべーっ、いくらするんだここ!
と思ったけど、幸いにもランチセットがあったので助かりました。

セットは何種類もあったけど、ミニマムラインが250k弱。
そして2人からの注文なので、1人で行っても食べれません(´Д` )
ま、1人だったらアラカルトを頼むしか無いか。

うん、安くはないけど、まぁありかな。これくらで済んで良かった良かった、
(とこのときは思ってました。まだw)
ちなみにアラカルトも2人前からしか注文出来ないモノがけっこうあって、
ああ、お一人様がくるもんじゃないのだなと(;ー;)

生春巻きで大きく外れた事は無いけど、大きく当たることもなかったのよね。
ここのもものすごく特徴的って分けじゃないけど、レタスが多くて美味しかった
のはまちがいない。ランチタイムとは言いながら、直前に作ってくれた仕上がり
だったし。

おいしかったのはこれ。
クラッカーに乗せて食べる、シジミの炒め物なんだけど、レモングラスを
刻んだ者がいっぱい!だけど、それに頼る事なく、お醤油風味もしっかり
していて、打合せさえ無ければ速攻ビールを頼みたくなる味。

お魚の煮物、2人分なのに、白身のお魚がゴロッゴロ入ってて、
これ、たっぷり食べてくれる男性が相手じゃなかったら絶対残してたわ。
私、このお魚1ブロックあったらご飯1膳食べられる。ってことは、
この鍋の中にあるだけで6杯はご飯食べられる(笑)

恐らくはSnakehead Fish=ライギョ?
でも、こちらの方は本当に川魚を上手に調理されるよね。
まぁ臭みが残ってるような調理法は論外なんだろうけれど
(臭いが無くて美味しい!とか言うのは逆に失礼になろうと言う考えですが)
ツイツイ言ってしまいたくなる。ホント,見事な調理法。
もしくは素材の選び方。川魚も美味しいんよなぁ。


空芯菜のニンニク炒めはテッパンで美味しいし、野菜タップリのスープは
滋味深い安心のお味。うん、全体にお料理は文句無し。量もかなりあって、
コスパ的には悪くないです。と考えてました。この段階でもまだ。

 

で,食事が終わってからデザートが出て来たんですけどね?

変わったデザインでしょう?
バナナのケーキ(^・^)

スポンジじゃなく、東南アジア特有の、モチュモチュテクスチャー。
あー、こういうの重たいんだよね。ちょっと苦手、と思ったけれども
ひと口たべると、あらビックリ。バナナの酸味が程よく効いて、
紛う事無きバナナ味なんだけど、クドくなく、且つモチュモチュだけど
重すぎない。不思議なレシピ。でも美味しい!

そして、こんな美味しいケーキ食べるならコーヒー頂こうよ!
と注文したのがこちら。

耳無し芳一みたいなソーサーとカップですが、これはこれで雰囲気ある。
店内がベトナム・クラシックな感じにまとめられてるので、こういうのも
とても似合うんですね。

で、褒めるべきはカップじゃなくて、コーヒーの味っ。
ベトナムコーヒーなんだけど、これまでに飲んだ事の無い味!
全くのブラックでお願いしたのですが(砂糖もナシ)、日頃飲む
ベトナムコーヒーと濃度は変わらないくらい濃いのだけれども、
ふくよかで、どこか花の香りの様なものが喉の奥から鼻の奥に
ぽわっと灯る。え?なに?なにこれ???

…と戸惑ってたら、一緒に居た方も「うまいですねーっ、これ!」って。
ウッカリしてこれがどういう由来のマメなのかを聞くのは忘れたんだ
けどども、こんだけあちこちでベトナムコーヒー飲んでても
全く遭遇した事なかった。これにかする様なものすらなかった。
これはすごい。もう飲み干すまで何度も口をつけて、都度、
おいしいねーっ!!ってずっと言ってた。

このコーヒーだけ飲みに来たい。
いや、お食事も美味しかったんだけど、
多分このコーヒーもそこそこのお値段なんだろうな。
税サもついて、二人でお代が800k(・∀・;

ま、でもそのくらいにはなるか。。。
食事代が1人250k×2人分=500k。
コーヒーが80kくらいはしたのかなぁ。覚えてないのですが、
まぁ100kくらいは余裕でしても良いくらいの味だったので
そこはいいんですが、そうか。500kにコーヒー代を足して
諸々入れたらそれくらいになるか。。。うぉう。。。
1人99kđのつもりがえらいことになったなw

でも。。。でも。。。っ
お接待なんかにお連れするにはとても良いと思う。
スタッフさん達が男性が多くスマートだったってのも良かった。
何より雰囲気が厳かだし、夜はもっと雰囲気ありそうだし、
プライベートで気軽にチョクチョク行く感じじゃないけど、
社用で使うにはいいんじゃないかな?

ちなみにこちらがなんでKhai Silkの関連だと分かったかと言うと、
Wi-Fiのパスワードがそれだった。凄ーくなっとく。

ベトナム料理である程度のグレードの所をお探しの方には
おススメです。もちろん、夜のメニューは食べてないので、
下見はされた方が良いと思いますが、雰囲気、サービス、ランチの
お味共にどれも充分合格点だったと思います。ちなみにランチは、
もっと上のクラスのものもたくさんあったので、ご紹介したより
豪華なものもあると思います。

うん、どうか活用してやって下さい。
そしたらちぇりさんの800kも報われます。
ぱう(。-_-。)


Nam Phan
34 Vo Van Tan Q3

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑

イイね!の代わりにポチしてくれると、

 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ
 
 
☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★
          居候クンが帰国しました
    <ブログサイト・リニューアル予告 
      更新!(バックナンバーでご覧頂けます) 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】
 
☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★
 
 
スポンサーサイト

Hoan Hy 〜 庶民的なベジタリアン♪

けっこう良く行く周辺なのに、全く知らなかったこのヘムの中。
ヘム、っちゅーか脇道っちゅーか。


写真が美味しそうだったので、久しぶりにランチご一緒しましょ♪
となった人に「ここがいい( ・`ω・´)b」と推して訪問。


そしたらこのお店がある通り、なんか立派なカフェがあったり、
他にも色んなレストランがあったりして、ちょっと驚き。
知らんかったわ、こんなにたくさんお店がある地域だったなんて…。



Nha Hang Chay とあるのでベジタリアンですね。
ホーチミンには熱心な仏教徒の方が多いからか、ベジタリアンの日、
日本的に言えば精進料理の日と言うのがあって、菜食が生活に根付いて
いることと、そもそも普段のお食事もお野菜比率が高いため、抵抗が
少ないのかなーと推測してるんですが、実に手軽にベジタリアン料理を
楽しむことができるんですね。


↓こちらのお店とか、ベジタリアンとはいえ、凄く食べ応えがあり、且つ
お洒落で、ゲストをお連れするにも十分だったりするのですが。。。

http://urx.mobi/COgk
http://urx.mobi/COgm


今回ご紹介するお店はもっと庶民的な感じかな。
毎日のご飯に普通に利用出来る様な。



シンプルな箱をとりあえずお洒落にしようとしたけど、頑張ってる感が
抜けない所も庶民的。いいんです、こういうラインのお店があっても。
むしろこの隙だらけな感じがホッとさせます(笑)



机とか椅子はちょっと良い感じの者を使ってるから落ち着けるし清潔感も
あるんですけどね。あか抜け切らないかんがあるので、VIPを連れて、
って感じじゃ無いですが、普段使いには良い感じ。それが証拠にこの日は
いくらランチタイムとは言え、満席でしたからね、店内。オール・ローカル
ピープル。中には会社の方の集まりなのか、ご家族なのか、大きな人数の
テーブルもチラホラ。皆さん慣れたように見えたので、お店が愛されてる感、
半端ない。


メニューの最初のページに奇なりPIZZAの文字を見つけたときは
どうしようかと思いましたけどね(・∀・;
こう言う事があるから、初訪問のお店には、やらかしても笑い話に
してくれるバディくらいの仲の人じゃないといっしょに行けないw



全部ではありませんが、所々に写真もあって分かり易い。
分かり難いのは多分ベジタリアンだから、◯◯野菜の▼肉風、
みたいな書き方がされてて、ベジタリアンのお店だと知らないと
混乱してしまうか、料理が来てからオーダーミスだと勘違いして
しまうかもなのこと。お気をつけてw



すっごいローカルな感じのお店なのに、英語が添えられてたのは

ありがたかったな。▼肉風の◯◯野菜とかって書き方だからやっぱり

ややこしかったけど(笑)

というわけで、今回はこんなモノををば。



フエ料理のシジミ炒めに似た料理。
お察しの通り、クラッカーを適当に割って、それに乗せて頂きます。
ライスペーパーや葉っぱで巻き巻きも好きだけど、サラダやこういう
炒め物をクラッカーに乗せて食べるってのもかなりの定番。



こちらはキノコの炒め物。イカに見えるなw
恐らく、なんですが、まぶさってるのはレモングラスを細かくしたもので、
ベースの味はココナツカラメル、かなぁ?醤油っぽいのですが香ばしく、
軽い美味しい苦味があって、大人の甘辛。


素材はキノコメインでヘルシーなのですが、結構油は使ってる様子w
だからビールとかにはとても美味しそうなのですが、カロリー的には
どうかしら?とちょっと気にしたけど、うん、ちょっとだけね。

すぐ忘れた。美味しいの優先(笑)

そしてこの日のメインはこちら♪



長崎皿うどん?(笑)
多分定番なのでしょうね。よく行くこちら↓のお店にも同じ様な料理が
あってすごく美味しいの(^・^)


http://urx.mobi/COip


シンプルな出汁餡なので、野菜の味が決め手だからかなぁ。
またここのお店のはお野菜がゴロッゴロと大きくて食べ応えがありました!
もちろんそれぞれのお味もクッキリ、ヴィヴィッドで、元気があるなー!
って感じのお野菜。


麺は。。。揚げてある麺なんですが、かなり太目。
ちょーっと食べ難い感があったかな?すごく美味しいんだけど、
餡が少なめだった事もあって、焦らなくても全部ふやけることは
ありませんでした(笑)


パリパリのままの麺が好きな人にはかなり嬉しい。
でもちょっとふやけた麺が好きな方にはアゴが疲れる。
ちぇりさんは前半はパリパリで後半はふやけた所を食べるのが
好きなのだけど、中々ふやけてくれなかった点だけちょっと残念w
味はとても美味しかったのだけど(^・^)


そういえば、マレーシアのイーミーにちょっと似てる。
といっても最終形態がじゃ無くて,使われてる麺が。


揚げた麺を茹で戻してスープで食べたり炒めたりして食べる、
日本ではちょっと見ない感じの食感の美味しい麺。

だから滅多に知ってる方とは遭遇したことがないのですが、
この日一緒に行った方はさすがでしたわ。


「イーミー、美味しいよね!」


と、普通に返ってきましたもん。
「おぬし、やるなっ( ・`ω・´)b」と思わせる瞬間(笑)

さてここへ来て気になるのがメニュー最初に乗ってたPIZZA(笑)
厳格なビーガンは、私が見る限りホーチミンには少ないかなーって
印象なんで、チーズピザってのがメニューにあったのは驚かないけど、
その他の二つはメイン食材を書いてあって、チーズが使われてるか
どうかは不明なんよな。


チーズが乗ってなかったらなんとなくピザっぽくないけど、生地の
上に「具材」(チーズとは限らない)を置いて焼くものってのが
大まかな定義だった気がするから、それもありだし。それのベジ
タリアン・バージョン。生地の質に寄るけど美味しかったら儲けもん?

うん、気になるな。


今度また食べに行こう。
食べ過ぎたり飲み過ぎたあとの罪悪感甲斐性にも有効なベジタリアン。
(それ、なんか使い方間違えてない?)
宗教云々じゃなくても日常に手軽に取り入れられるのは嬉しいですねー♪


Hoan Hy
290/7 Nam Ky Khoi Nghia Q3
Open  08:30-14:00  /  16:00-21:00

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑

イイね!の代わりにポチしてくれると、

 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ
 
 
☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★
          居候クンが帰国しました
    <ブログサイト・リニューアル予告 
      更新!(バックナンバーでご覧頂けます) 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】
 
☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★
 
 

Bo Ko Nguyen Cu Trinh 〜 ミー・ボーコーと燕の巣

某SNSにて、ホーチミン在住の方と繋がることあ多くなってきた
今日この頃。食べ物情報なんかもけっこうさせてもらってて、
ここへ来て情報量が一気に増えた感じ。


で、人が食べてるものを見ると、自分も食べたくなる食いしん坊(笑)
先日どなたかがPho Bo Kho(ミー・ボーコー)を食べてるのを見て
いてもたってもなくなり、行ってみたいお店リストからピックアップ。



あー、これそばを通りかかってみただけじゃ入らなかったタイプのお店だ。
こぎれいすぎる。(もっとローカルな感じのとこの方が美味しそう、とか
思ってしまう短絡脳)料理の写真を見ただけだったのでもっとローカル
そうなイメージだったのでちょっと意外。


Bo Khoってのはベトナム式のビーフシチューで、
でも日本人が考える様なシチューの粘度はなく、サラッサラなスープ系。
まぁシチュー=煮込みものなので土地によって色んなタイプがあるんで
しょうが、やはり暑い国であの粘度はキツいし、食べ難い面もあって
サラサラタイプになったんですかねー。


訪ねたお店は、意外にも小綺麗な屋内仕様で(失礼だなあんた)
清潔感があり、旅行者の方でも行き易い感じのお店。場所がちょっと
行き難いかもだけど、そんなに離れたお店じゃないし、知っておくと便利そう。



今回は、Miという麺と合わせたバージョンを目指して来たのですが、
メインのBo Khoを軸にパンを合わせたりご飯を合わせたりと臨機応変。
日本だと、シチューに米かパンかで論争が起きたりしますが、ホーチ
ミンでは「うまけりゃどれでも良いじゃん♪」って感じですかね(・∀・)



ほかにも、コムタムなどの軽食もある様子。
ラインナップ、シンプルだけど選び易くて良いかも。



そんななに広くない店内ですが、お陽さまがタップリ入って気持ちよい♪
(あ、日焼け止め塗ってくるの忘れたw)

食堂低な雰囲気で、あまり色気がある感じじゃないけど、サクッと食べる
にはいいですよね、こういうお店。そして登場、Mi Bo Kho。
じゃん。



インスタによくある感じで撮ってみました(--)/
この色味の綺麗さから、太陽光がどれだけたくさん入って来てるかを
ご想像頂けるかと思います。お陽さま、偉大。綺麗に撮れる。


そして!Bo Khoに麺を合わせる時には割とPho(フォー)が多い気が
するのですが、これはMi。細めの中華麺的な。でもご覧下さい。
ラッキーな事に、こちらのMiは、ちぇりさんの大好きな輪郭がしっかり
したウォーリュウォーリュした食感の美味しいヤツ!


口に入れると一本一本の輪郭がフルフルと口内に触れてくすぐったく、
喰むと微かにアルデンテ。多分生麺か半乾燥のものと思われるので、
アルデンテと言う表現は性格じゃないかもだけど、シャキッとしててね。
大好きなの、この麺(^・^)


ただ時間が経って吸水しちゃうとボヨンとした普通のゆで麺になって
しまうので時間が勝負。この麺が出て来た時は、具材やスープは後
回し。先に麺を愛でる事が先決。


 


にしても、人参もお肉もゴロッゴロ!
60kドン(約300円)って安くはないけど、納得の量に納得のお味。
牛のお出汁はよくきいてると思うんだけども、スパイス類が複雑に
感じられて、このビーフシチューはほんと、ベトナム独特のものに
思えるなー。大満足の逸品でした。

で、メニューで気になってたんですが…



この店、燕の巣も置いてるらしい。
Yenってのが燕の巣。


たまにあるんよね、燕の巣専門店とか、それをメインに据えたデザート
置いてある店。しかしここはボーコーが美味しいと評判のお店。
メニューにもまずボーコーが先に来てた。オーナーさんがビジネスで
燕の巣を取り扱ってらっしゃるのかな?


ってか…一番高い色々ミックス、80kドン!
ミーボーコーより高いじゃないか!(笑)

しかし,この店ちょっと離れているので、またすぐ来ようって気に
なるかどうか。。。ええい、迷ったときはNow or Neverだ!
今しかチャンスが無いのかもなら,迷わずトライ!
(400円で壮大な決意をしてますよ、この人)
えーい、どうだー!


 


うん、普通よね(笑)
こっちによくあるチェースタイル。
ドライ・ロンガンや蓮の実なんかが入ってます。


地味よねー、見た目w
でもこれた食べつけるとクセになる。
暑い国だからか、シロップも控えめな甘さでサッパリしていて、
ドライフルーツも砂糖漬けにはされてないっぽくて、干された時の
深い風味が良い感じ。


燕の巣自体は、フカヒレと一緒でそんなに味があるわけじゃなく、
周囲の食材や合わせてる水分の味で頂くと言う感じ。
上の写真の、レンゲで救ってモヨもよしてるやつがそれ。

そんなに味が良い、とか以前に、味がないのに何でそんなに高いの?
といいますのは、まず希少価値が高いと言うことと、漢方的効能として…


・美肌効果
・アンチエイジング
・免疫力アップ


などなどに良いそうで、特に美肌や美白の話題が出る時には
よくピックアップされる食材。


も、もう一杯、食っとくか?(・∀・;


まぁ、常食にしないと意味が無いとは思うのですが、その二つに
とても感心が高い様子のベトナムでは、この燕の巣を使ったドリンク
等が、普通のローカルスーパーに売られているくらいポピュラー。


ちょっと高級なボトルづめになったものなどは贈答品などにも
喜ばれるらしく、日本の観光客の方でも、他の国よりは易く買える、
ということで、買って帰られる方もおられる様子。


以前普通のデザート屋さんと間違えて入った所では、もっと燕の巣
をフィーチャーしたモノをだすところだったのか、200kドン(千円!)
とかするメニューが基準で、スゴスゴ尻尾を巻いてお店を出た事が
あったのですが、まぁここクラの値段だったら「話の種に」と、
食べてみても良いかなって値段ですかね。


ベトナム固有のってわけじゃないけど、このお値段だし、外は紫外線
激しいし気休めだとしても「病は気から」と申します。こんなの食べ
たよー、という経験を買うと思って試してみるのもいいんじゃないか
と思いますー(^・^)



Bo Kho Nguyen Cu Trinh 
81 Nguyen Cu Trinh Q1



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑

イイね!の代わりにポチしてくれると、

 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ
 
 
☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★
          居候クンが帰国しました
    <ブログサイト・リニューアル予告 
      更新!(バックナンバーでご覧頂けます) 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】
 
☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★
 
 

Di Ly Banh Da Cua 〜 カニ麺屋さん♪

***** 2017 Mar. 追記 *****

ツイこないだご紹介したこちらのお店。
なんかローカルの方にも大人気みたいやねーっ。
なんと、ベトナムの食べログ(←勝手にそう呼んでます)で、
なんと10点。

Di Ly10点 
中々見まへんで。これ。
まぁあくまでこれが公平な投票に夜点数であるなら、という
前提ですが、まぁ場所もいいし味も良かった。

そもそもこの麺料理自体の競争率が低く、価格もそれなり
とはいえ、チェーンの美味しくないフォーと大差なく、
ならばと注目を集める要素は満載で…

これはマーケティングの勝利やろなぁ。
お店の中も食器も徹底して可愛くしてたし、多分、
優秀なプロデューサーさんがおられるのであろうと思われ。

あーまた食べに行きたくなって来た♪

***** 2017 Mar. *****

先日ご紹介したカフェのM2Cさん。
こちらのビストロがDong Khoi市場にあるというので行ってみたら…

あらま。
お店がない(・∀・;
代わりに。。。

th_IMG_0658_20170322005541f24.jpg 

細っそいけどめちゃくちゃオサレな雰囲気の入り口!
そして分かり易い。このお店のメインはBanh Da Cua!(バン・ダー・クア!)

th_IMG_0660_201703220055434a0.jpg 

そう言えばこちらのブログでも一度専門店を紹介させて頂きましたが、
意外に見かける事が少ない料理。総合ベトナム料理店の1メニューと
しては置いてる所があるかもですが、多分その1件以外は私も紹介
できていないんじゃないかなぁ。

そして細い間口の次は細ぉい通路を奥に入って行き、更に2階に上がって
やっと店舗です(笑) 

th_IMG_0661_20170322005544010.jpg 

Dong Khoi通り側にはベランダ席もありますが、当然屋内、
エアコンの効いたお席を選択。最近暑いもんね、日中(・∀・;

th_IMG_0663_20170322005545389.jpg 

お店全体は細長い感じで、以前写真で見てた、本来行きたかった
M2Cのビストロさんと同じ間取り。。店内にM2Cさんの名刺も置いたままに
なってたし、某食べ物サイトでググったら、グループ店舗表示の中にこちらの
お店があったので、多分オーナーは変わらず居抜きで方向性を変えたって
ことなんですかね。

th_IMG_0675.jpg 

ビストロもけっこう評判よかったので楽しみにしてたんだけども
まぁ、これはこれで。Banh Da Cua(バン・ダー・クア)って自分的には貴重だし。

th_IMG_0666_20170322005548c9b.jpg th_IMG_0667_20170322005549e35.jpg

th_IMG_0668_20170322005551d1a.jpg th_IMG_0669_201703220055529e5.jpg

麺料理が基本ですが、トップページと2ページ目に一品ずつある
だけで、他は一品料理がチラホラ。かなり絞り込んでます。
でもこの規模の店ならその方が信頼できる。あまり手広い品書きを
見ると、ちょっと不安になるもんな(・∀・;

th_IMG_0671_20170322005554327.jpg th_IMG_0672_201703220055568cf.jpg

春巻き等の一品料理もあるので、場所柄旅行者狙いなのは承知。
価格もそこそこお高いです。でもローカルに比べればってお話なので、
利便性と清潔さ、そしてお洒落さを優先する人には問題ない選択肢
になると思われ。

もちろん、味も悪くなかったですよ!
Banh Cuon(蒸し春巻き)を頼んだらこの日は品切だと言うので
生春巻きを。

th_IMG_0676_20170322005601e4c.jpg

最近滅多に頼んでなかったのですが、ここのは巻き立て(皮が湿らせたて)
って感じで、レタスがたくさん入っており、ほぼサラダ代わりといった
風情でシャクシャク完食。シャクシャク。

th_IMG_0677_201703220056026ad.jpg 

キノコの煮物とスープがセットになったプレートもあり、
こちらはもっとヘルシーですね。若干のお肉も入っていた様ですが、
女子飯・カフェ飯・極まれりな感じ。でもこちらのキノコは味が
濃いし、お醤油の風味が程よくって、汁ごとご飯にかけてたべたら
美味しそう!

th_IMG_0679.jpg 

これを頼んだ居候クンはお行儀が良いのでそんなことはしてなかった
けど、ちぇりなら確実にぶっかけるw ベトナムはご飯におかずのお汁
かけて食べるの、お行儀悪いことにはならないって聞いてます( ・`ω・´)b

私はこちらのお店の主力のBanh Da Cua。

th_IMG_0680_2017032200560577f.jpg 

うおーっ。真上ショットは勇気要るなーw
食べ物写真サイトとか見てるとやたらにみんなやっているから
真似て見た。けどヘタクソだからつまんねーなーwww

Banh Da Cua とは、サトウキビで色付けしてある、少し茶味かかった
色の太平ペロペロ麺が特徴的。これは一度感想させてるものを使うことが
殆どの様子。と言って得に強いコシがあるってわけじゃないけど、ペロペロ。


th_IMG_0682_2017032201105325f.jpg 

もしくはピロピロ。
勢い良く啜ると口元でベチベチするやつ。
ペロペロやピロピロの麺は正義( ・`ω・´)b

th_IMG_0683_20170322011054110.jpg 

お出汁は小さなカニを殻ごとすり潰して良く炊き込み濾したもの。
手がかかってる。恐らくは中心に乗ってるもんの様な状態にした
カニが炊き込まれるのだろうけど、ご心配なく。トッピングとして
乗ってるのは、チャンと可食部分のみのすり身になってます(笑)

th_IMG_0684_201703220110557fb.jpg th_IMG_0685_2017032201105655d.jpg

トッピングが賑やかで、すり身のようなものから、葉っぱで
巻いてるミンチ肉(多分貝が入ってるやつかな?)揚げ天などなど、
結構なボリューム。おつゆが結構しっかり味で、私がこれまで食べて
来たBanh Da Cuaの中では一番分かり易い味だったかも。

まぁ場所が場所なんで、他所の土地の人にも分かり易い味が求め
られた結果なんですかね。気持ち、もうちょっと薄めの所にチリを
効かせて食べたい肝しましたが、十分美味しい。

th_IMG_0674_20170322005557134.jpg 

ってか、この街中にBanh Da Cuaを主力としたお店ができるって、
これなかなか素晴らしい事じゃなかろうか。まぁ旅行者の方に、
こういう麺料理もあるんですよってことを認識してもらう必要は
あるし、できれば1階の入り口で写真入りメニューを置くなどして
もうちょっとアピールした方が良いとは思いますが…

今回この3品で200kドンちょっと。
ローカルに比べれば高いとは言え、悪くない金額。2人で千円だもの。
しかもこの場所だもの。しかもしかも、この界隈ではレアな部類の
料理だもの。

アリじゃないですかね(^・^)
ってか、自分的にはすごく嬉しいBanh Da Cua。
家でやれって言われても、無理じゃないけど「ヤダ」って思う
手間がかかってるお料理だけに、まだ食べた事が無い人は、
ぜひとも食べてみてほしいです♪


Di Ly Banh Da Cua
103 Dong Khoi Q1



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ


☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★

      <予約請け負い、応じかねます 
      更新!(バックナンバーでご覧頂けます) 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】

☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★


今週のお気に入り【20th - 26th Mar. 2017】

今週は、これ。

th_IMG_0682_2017032201105325f.jpg 

Di Ly Banh Da Cua

街中にあってくれると貴重な料理っていうポイント加算はあるけど、
うん、美味しかったし、お店もお洒落だったしね♪

スープの中で麺が少しダマってたので、そういうとこもうちょっと
丁寧に愛を持って接してくれたら嬉しいなーとは思うけど、
分かり易い味だったし、ベトナムのバリエーション豊かな麺を
旅行者にも楽しんでもらえる位置にあるってのは、やっぱり貴重。

美味しかった♪




Tay Ho ~ ベトナムに腸粉が?! 

***** 2017 Mar. *****

あれ?こんなに更新してなかったかな。
結構前回更新からも行ってます。
相変わらず大好きです、こちらのお店。

で、先日行ったら,メニューが更新されてました!
メニューの質が、じゃなく、メニューそのものがw

th_IMG_5201.jpg 

th_IMG_5202.jpg

おーっっ、トッピングやサイドまで丁寧に分かり易く書いてある!
以前は店内にある昔の価格の値段表を遠くから指差したり、それも
改訂されて価格が変わってたりして、英語が通じない環境下で且つ、
観光客の方とかだと、中々ハードルが高かったのですが、これなら
指差しオーダーもOK♪

もしご迷惑でないのなら、日本語追加するお手伝いをさせて頂きたい
ところw ま、メニューに見られる日本語は便利だけれども風情を
なくすという面もあるという意見も聞くから、こちらのお店はこれで
いいのかな。

こちらのお店も企業努力をしておられるね。
もうかったら、その地位に甘んじたままにせずに、
ちゃんと店内の改善事項にお金を回す。素晴らしい。
あー、思い出したら食べたくなったわ(笑)
***** 2016 Jun. *****

とくに更新していないけど、チョイチョイ行ってるTay Hoさん。
路地向かい、お隣にあった同じ名前の店舗はビル毎壊されて
スッキリ無くなってしまいましたなぁ。そもそもお客も入ってなかったし。
やはり皆さん、美味しいお店はどちらなのかよーくわかっていらっしゃる。

ここのお店、持ち帰りもポピュラーなので、通りがかりや中途半端な
時間だと家に買って帰って頂く事が増えてたのですが、先日久しぶりに
こちらのBanh Cuonを食べてみたい、と言われる方がおられたので
店舗にて。


th_IMG_9708.jpg 

お昼時、結構お客さん入ってましたねー。
朝食タイムにも多いのですが、お昼もまだまだ結構混むのか。
ってか、自分らもランチ食べに行ってるしなっw

こちらのお店はBanh Cuon一本なので、写真は代わり映えしないのですが
ま、せっかく行ったのでまた載せときます。


th_IMG_9709.jpg 

変わらず美味しい。
ちょーっとお値段上がった気がしますが、まぁそれでも200円ちょっと。
あと私はここのBanh Cuonありきで他のお店の物を食べ比べてたりして
きてたのですが、単純に生地の感じも味もここのが好きだなーと思っていたら、

「具が多い!!!」

と、この日一緒に行った方からご指摘が。
そうだね、そこだね。違いを言うなら。
なんとなく生地、中の具材の味、食感、みたいに細分化して比較してた
けど、そうだわ、圧倒的にボリュームが違うってのを一番先に出さなきゃな(笑)

こんな分かりやすい違いは無いし、凌駕多いと言うだけじゃなく、肉も
叩いてミンチにしてるので肉肉しいといいますか、食べた感がすごくある。
でもグルテンフリーの米の生地。ツルンごっくんツルンごっくんと飲むように
平らげても胃には軽い。それが「足らん!!」という感想になる方もいるかも
ですが(笑)、その時には別のお店に行きゃいいだけで。。。(笑)

うん、やっぱり好きだわ。ここのBanh Cuon。
一緒に行った人が美味しくないとは言い難い程の勢いで勧めてしまったが
全く後悔はしていない( ー`дー´) 

Banh Cuon 食べるなら、ここに来んねー♪
ほんとにおいしーよーヾ(@⌒ー⌒@)ノ


***** 2016 Jan. *****

二ヶ月ホーチミンを離れてて、フォーやらブンやらいろいろ恋しい物は
あったけど、こちらのお店も、速く行きたい!と、渇望しておりました。
やっぱりうまいわー、これ。自分で作るのは無理があるしロスが多いし、
以前は恋いこがれてた点心の腸粉よりも今ではこちらの方が好き♡

店先では相も変わらず、一枚一枚、この生地を蒸し上げては具の豚肉そぼろを
包むお店のお姉さん方。慣れていらっしゃるとは言え、本当に見事な手つき。

th_IMG_6831.jpg th_IMG_6832_201601102320296fa.jpg

th_IMG_6830.jpg th_IMG_6829.jpg

ね。こんなん、家でやろうと思ったら大変だしそもそもできんし、
できたとしても、諸々のロス(道具の保管場所とか準備と片付けの手間とか)
を考えると、食べたくなったときに食べに来た方が絶対賢いと思うの。

個人的にはこの作業、しばらくゆっくり見させてもらいたいんだけれども、
いつもお店はとても混んでて、おジャマするのが申し訳ないので渋々
その場を離れてます(笑)

日本の人にももっと知ってほしいベトナム料理なんだけど、作れるようになる
間での仕込みと、作る手間隙考えたら日本じゃ難しいんだろうなー(・∀・;
チョイ食べが嬉しい料理だから高くなったら本末転倒だし。

旅行でホーチミンに来られる皆さん、もし機会と時間とご興味があったら、
ぜひこちらのバインクオン、試してみてくださいね。ゴージャスなもんじゃ
ありませんが、ベトナムならではで、日本ではなかなか見かけないものなので、
食べる甲斐はあるんじゃないかと思いますー♪



***** 2015 Aug. *****

ホーチミンに来た直後に見つけて大大大好きだったお店!!
バインクオン!!!


th_IMG_5512.jpg


これまでも何度か行ってたんだけど、今回は久しぶりに再訪問して美味しさを再確認。
最初は腸粉の面影を求めてこちらのバインクオンを食べ、感激していたのだけど。。。
舌がベトナム寄りになってきたのかなー。作りは似てるものの、なんだったら
バインクオンの方がずっと美味しく感じるようになって来たwww


一枚一枚蒸したライスペーパーに、甘辛目に味付けされた荒めの豚挽き肉。
ぷるんペチョンつるんっ♪っとした生地の中にモギュモギュと歯ごたえの良いお肉。
しみ込む甘辛いヌクマムのタレ。うっまいなーっ。相変わらずペロペロペロって
食べれてしまう♪

そしてテーブルに備え付けられてるチリが、かなーり容赦なく辛くていい!(笑)
一人前で4ロールくらいあったかなー。軽いんだけど傘はあるので、味が単調に
感じて来たらこのチリオススメ。

あんまり美味しくて、実は旦那さんには食べてもらった事が無かったので
この日はお持ち帰りをしてみました。発泡スチロールに本体入れて、チリと
フライドシュリンプ&オニオン、ヌクマムのタレを別袋にて。
生地のコシがー、とか、アツアツじゃないとー、とかがないので、お持ち帰り
しても、お店で頂くのと変わらない美味しさで頂けるってのもポイント高い♪


やっぱいいわーっ。
もしまだ食べた事が無かったら、ぜひとも食べて頂きたいベトナムの味。
他のお店でもあれば食べてみるのだけど、やはりこちらのお店に叶う所は
なかなかないと思われます。オススメ!



***** 2012 Oct. *****


さて、今回長期滞在ってことで、数冊のガイドブックを持ってきたのですが、
まぁ、どこも似たり寄ったりなものを紹介しているわけです。
且つ、ベトナムのガイドブックですから、他国料理はあまり載ってない。
他国料理に類するようなアレンジ物も、フランス料理を除いては少ない。
ってことで、もっとローカルフードの検索を、とネットを活用していると…

おおおおおお!!!!
なんだっ、この見た目、まるで腸粉!!!

$☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り


はい、数週間前、香港で狂喜しながら食べていた料理。
米粉の緩い生地を流して蒸した皮に具材を包み、もちゅもちゅペロン♪
とした食感が楽しい、あの逸品です♪

そうか、ベトナムもお米の国。
ましてやライスペーパーなんてものがあるのだから、腸粉のような料理があっても
おかしくないよね。でもあんまりガイドブックと科には載ってなかった気がするなー。

ってことで、ベトナム在住日本人の方がアップしてくれていた情報を頼りに
行ってみました♪ すると、なんと、相方さんの会社の総務?兼通訳兼…
みたいなお仕事をしてくれていて、ちぇりも仲良くさせてもらってる、
あいちゃんのオフィスと同じ通りにあるじゃないですか♪

ってことで、あいちゃんに用事があったタイミングを見計らって、行ってみました♪
TAY HO というお店♪

すると、やってるやってる♪
店先で若い女の子が、生地を丸い容器に流し込んで蒸しあげては、
ペロン♪とお箸で器用に引き上げ、具材を巻き込む係の人に渡してる♪

☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り ☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

早々に席に着き、料理の名前は知らなかったので、指さしで、あれ、一つください♪
とお願いすると、店主らしい男の人が、素早く了解してくれて、待つことしばし。
そして出てきたのが、こちらっ♪

$☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り $☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

おお…この薄く透けた皮の感じ…そして薄ら見える具材の影。。。
腸粉だーーーー!(>▽<)


味のほどがわからなかったので、とりあえず目の前にあるヌクマムだれだけを
上に注ぎ、まずはペロン♪ と、ひと口頂戴♪ すると…

ぽっちゅーん、もっちゅーん、とした、あの独特の吸着感!
そして具材は、豚肉の味付きミンチ!!!

香港でもいろいろ具材は選べるのだけど、基本、エビやら海戦物が入っている
事が多い…となると、相方さんは具材を寄って食べなければならないわけで、
ちと不便だったけど、これなら相方さんにも食べてもらえるー♪

付け合せに、かまぼこみたいなすり身の天ぷらがついてるのですが、
それも日本人的に、かなり美味しい♪ うわっはー!!!
ってなわけで、テンションMAX。

目の前にある腸粉をベロンゴックン、ベロンゴックン。
はーぷはぷ言いながら食べてましたら、こちらを見ていた店主らしき
オッチャンが、ついに笑い出してしまいまして、

『そんなに美味しい?(笑) でもなぁ、こっちの辛いのつけて食べると
 もっとうまいよっ。あ、辛いの大丈夫?』

的な事を言いながら、結局食べ終わるまでかいがいしくそばについててくれた…(笑)
なんかとっても親切なお店でしたよ♪


☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り ☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

真横に、同じ蒸し装置を置いたお店があったので、おそらくは同じ商品を
出しているのでしょうが、そちらのお店はお客さんガラガラ。こちらの
Tay Ho さんは、お客さんたくさん&お持ち帰りのお客様も次々に来てました♪

ベトナムのお店選びの鉄則は、『現地の人が入ってる店を狙え!』だそうです。
客の数が、そのまま味の評価なんだとか(笑)
ってことは、Tay Hoさん、美味しいお店だったんですねー♪

目印は、ものっ凄いグリーンのこの看板(笑)

☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り ☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

シンプルな店名なので、日本人にも覚えやすそう♪
後で聞いたら、ベトナムの方はこれを朝食に良く食べるんだそうです。
確かにおなかにやさしそうで、頃合いな量だったかもなー♪

ああ、それにしても…
求めよ、さらば与えられん♪
まさかベトナムで、こんなに好みぴったりの腸粉に出会えるなんて!

1人前、36,000ドン=144円くらい。
お値段も、頃合いやね♪





BANH CUON TAY HO

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:ベトナム料理 | レタントン通り周辺



Hong Phat 〜 フーティウを求めて

フーティウ、美味しいですよね。
って、こっちに来るまでは知らなかった料理でした(笑)
ベトナムの麺料理と言えば、フォー。それしか知らなかった。
から、最初聞いた時は何じゃそりゃ?って感じ。

一度食べて以来すっかりファンになったのですが、これ…
なんというか、どこも平均的に美味しいと言いますか、
あまりハズレがない。ただし、飛び抜けて「ここは!」って
言う所も少ない。

言う程巡ってるわけでもなくて、20件程度しか食べ歩いてないので,
そりゃあんた基礎データが足らんわ、と言われればそれまでですが、
「満足出来てない」ってモチベーションを上げてくれるスパイスでも
ありますわね。「満足出来てる」の方が良さそうに聞こえるけど、
それって追求するモチベーションを得難いってことでもあるから、
私みたいな食い道楽には、「不足」も美味しさの1つだったり(^・^)

th_IMG_0025_201703151933394ac.jpg 

とはいえ、こちら、遠かったわーw
綺麗な店構えのお店で、ガラス容器に入ったフーティウの絵面が気に
なってはいたんだけども、なんせ足がないと遠い。5区とかに行く
ことを思えばそこまで遠くはないかもだけど、この周辺になにか
「ついで」があるわけじゃなし、この為だけに行くのは…と躊躇って
いたのですが…

フーティウ好きなバイクをお持ちの方とランチしましょうってことに
なったので、すかさず提案( ̄▽ ̄) 人を何だと思ってるんだお前は…。
(明確にこの時は「足」、ですね。うん)

th_IMG_0039_20170315193343761.jpg

すんごいローカルエリアにあるので外国人客を見込んでるわけじゃなさ
そうだけども、室内にはモバイルでの館内把握画面などがあってハイテク。
あまり他に見かけた事ないけど、メニュー写真や看板写真もしっかり
していて、チェーン店っぽい雰囲気も。2階席とかもあって、結構大掛かり。

th_IMG_0028_20170315193340434.jpg 

うおうっ!!
価格も結構大掛かりだぜ!(笑)
フーティウ一杯90kドン(・∀・;

路上のお店なら25kや30kってのがある料理ですよ。。。
まぢか。。。

いやうん、一食分の麺料理、500円以下なら大騒ぎする程じゃ
無いと思われるかもしれませんが、相場ってのがあるじゃない、
相場ってのが。。。

th_IMG_0029_2017031519334061d.jpg 

一品料理もそこそこな値段取ってるなぁ。。。。
ここ、1区の街中じゃねーぞ?それでこの価格?客来るの?
それでも問題ないくらい美味しいの?

まぁそれも数分後に食べてみれば分かる事。
迷いなくフーティウを注も…

th_IMG_0040_20170315193345307.jpg 

やだっ、私の大好きなアヒルの麺があるっ(´Д` )
あのアヒル麺屋さん http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-3346.html
以外ではあまり見かけてない分、ものすごくそそられる。。。けど。。。

うん、105kドンか( ̄ー ̄)
我が愛するアヒル麺屋さんもそんなに安くはないけど、これはなかなか。
初志貫徹。フーティウ行こっ、フーティウっ。
の前に、トラップが。

th_IMG_0030_20170315193342a7d.jpg 

このお店、点心も置いてるようで、有無を言わさずこれらがテーブルに
並べられます。インドネシアのパダン料理式。バーッと並べられて
サービス???とか思って手をだすと、その分はしっかり請求される
と言うシステム。

煮物とか揚げ物ならまだいいんだけど、
点心はこれやっちゃいかん気がする(・∀・;
前のお客さんのテーブルにどのくらいの時間置かれていたかって
話もあるしねー。というわけで、「コレ要らないから下げてー」
って言ったら、問題なく下げてくれるので、他所のお店でも必要ない
場合は遠慮なくいいましょう。まぁテーブルの片隅にあるくらいなら
放置しとけば良いと思うけど。

で、フーティウ。
フーティウには二種類あるのことが多く、汁アリと汁無し。
汁無しはDryと表示されてたりしますが、ベトナム語だと、
Kho(コー)と言ってたかな?

th_IMG_0034_20170315193349499.jpg 

うーん、これこれ。このガラスの器に入った絵面が欲しかったのです(笑)
別に冷たいめんってわけじゃないけど、何となく日本人の郷愁を
そそりませんか?ソーメン的なw

スープは別添えで来るので、麺にちょっと足してほぐし易くして
食べても良いですが、基本、タレがかかっているので、まずは
それをよーく混ぜ混ぜして食べてみて下さいね。

th_IMG_0037_20170315193353453.jpg 

野菜とかも入れてしっかり底から混ぜっ返してから食べるっ。
ここのは…具沢山だし、なにより肝心の麺のエッジがしっかり
立っててんまいですがなっ。

この、小麦の麺にはない伸びゴシ、でもフォーの様にヘラヘラしてる
ばかりではない、凛とした感じがフーティウの魅力。うめーっ。

そしてこちらが汁ありのフーティウ。

th_IMG_0033_20170315193347d09.jpg 


見た目、フォーと変わらん感じよね。
ガラスの容器に入ってるのは汁無しと同じだけど、スープがけっこう
アチアチなので、こっちは違和感あるかしら(笑)
でも見てこれ。

th_IMG_0035_201703151933490a6.jpg 

ソーメンンよりかは太い。冷や麦?
いや、やっぱり温かくても麺のエッジが効いてます。
これが口の中に入り、内頬といい上あごと良い、多少の租借を
重ねたあとでも喉の内側を撫ぜて胃の腑に落ちるまでの快感ったら。。。

喉越しを楽しむってのは、きっとこういうコトを言うのねって
改めて。ああ、エロい。

ハラペコリンだったからワンタンも追加。
おほっ、美味しそう(^・^)

th_IMG_0036_20170315193352318.jpg th_IMG_0038_2017031519335430b.jpg

ワンタンの好みも人それぞれで、こちらの様な肉餡たっぷりな
ボリューミーなやつ、私は大好きなんですが、ご一緒してくれた
方は、皮がもうちょっとヘラヘラしててチュルン♪ってしたのが
お好みとか。なるほどねー、具沢山なら餃子でもいいもんね。
皮のペロペロちゅるん♪な感じは、ワンタンならではのお楽しみかも。

今回食べたものは全体的にレベル高いとこで美味しかったです!
が、お値段も高かったので(笑)、ごり押しする程じゃないかも
しれない(笑) 

ただ、フーティウのお店のバリエーションを増やしたい人や
(お前みたいなのが他におらっしゃると思うてか…)
この周辺に興味が有るとか開拓したいとかなんかしらの
プラスαの理由があって言って頂く分にはよろしいかと思います(^・^)

うーん…アヒル麺がやっぱり気になってるから、またバイク出して
くれる人がいたら食べに行ってみようかなー。。。(人をアテに
するんじゃありません!w)


Hu Tihu Hong Phat
389 - 391 Vo Van Tan Q3




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ


☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★

      <どど、どうでした?> 
      更新!(バックナンバーでご覧頂けます) 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】

☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★


Bun Dau Ngo Nho Pho Nho  〜 来たれ勇者

Bun Dau Mam Tom という料理は以前にも紹介した事がありましたが、
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-3596.html
かなりクセの強いお料理であることから、その存在は知ってても
わざわざ遠くにまで足を運んでトライしよう、という人があまり
多くないのはなんとなく感じているところ。

先日、日本から遊びに来た友達は、果敢にチャレンジしてましたけどねw
面白がってたし、美味しかったらしい。さすが我が友w

では。せめて場所の遠さの問題が無くなったらどうか。
実は街中に、旅行者でも行き易いお店があるのですよ♪


th_IMG_9006_20170313200030a22.jpg 


皆さんご存知の
Secret Garden  
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-3900.html
があるヘムの中。他にも人気店が多いPasteur通りにあるんですねー。
しかも割と街中寄り。ヘムに入って行った右手奥側。

この日は開店直後に行ったせいか、きれいに洗われた野菜が乾かされて
いるところでした。野菜って、綺麗に洗うのも大事なんだけど,その後、
水分をしっかり飛ばすのも大事。

th_IMG_9007_20170313200032b79.jpg

水っぽくならないように、とかっていう味云々の話もあるけど、
こんな風に気温も湿度も高い国では、雑菌繁殖の温床になりますからね。
これは家で料理をする時にも鉄則。洗浄後、生のまま食べる場合の素材は
なるべく水気を切って乾かす。大事( ・`ω・´)b

th_IMG_9009_20170313200035950.jpg

th_IMG_9010_20170313200037ced.jpg

もっとローカルな感じのお店かと思ってたけど、写真がたくさんの
メニューがあったり、なんだかんだと世話を焼いてくれるスタッフさん
がたくさんいてとっても親切。でも価格はリーズナブル。

何を頼んだら良いか分からない時は、コンボメニューまでありました♪

th_IMG_9008_2017031320003356f.jpg 

流石に前回紹介した別のローカル店よりは高いですが、交通費とか利便性
とか考えると全然アリ。しかも量もタップリだからコスパも良しっ。

奥内スペースなんだけど、ドアは開け放ってるからオープンスペース感覚。
椅子はローカル式のかなり低い椅子なんだけど、これは意図的かな?
だって店内の装飾がとてもポップ(^・^)

th_IMG_9012_20170313200040d7e.jpg 

扇風機があることからお察し頂けるかと思いますが、エアコンはほぼ
無いと思って下さい(笑) だからコレからの季節(3〜6月)辺り
ってけっこう暑いかもしれませんから、涼しい時間帯を選んで行きましょう♪

th_IMG_9014_201703132000421df.jpg 

ちなみにセットを頼んだ後に,お気に入りの食材があれば追加出来ます。

th_IMG_9011_201703132000382b6.jpg 

コレは以前別のブンダウ屋さんでもそうだったから、ブンダウ食べる
時にはそういうものなのかもですね。お豆腐とかおいしいしねー(^・^)

で、こちらが一人前のコンボ。

th_IMG_9019_20170313201218afa.jpg 

うぉっふぁー!!量多いわ(・∀・;
野菜も多いし、脂的ボリュームはすくないかもだけど、繊維質
豊富な事を考えるとすぐにお腹がいっぱいになりそう(笑)
3人で2コンボとかそのくらいでちょうど良いかも?
足りなかったら好きな具材だけ足せば良いし(^・^)

似た様なものばかりを頼んでも何なので、もう1つはブンチャーに
すると言う手もあります。こちらも人気の商品らしい。

th_IMG_9018_20170313201217a08.jpg 

うんっ、確かに美味しかったっ。
ブンチャーって、専門店も勿論おいしいんだけど、「フォーで有名な
お店のメニューの中のブンチャー」とか、こちらみたいにメインは
ブンダウだけど「ブンチャー『も』美味しい」みたいなパターン、
結構ある気が。

で、肝心のブンダウなんですが。。。
そう、主役のマムトム。コレが匂いが強烈(笑)

私は嫌いじゃないんだけど、例えば和食のくさやとか納豆とかそんな
位置づけなのかな。海老を発酵させた調味料だからかなり強烈。
日本でもアミエビの塩辛みたいなものはあるけど、比べ物に
ならない「香り」。←気を使ってるw

th_IMG_9021_201703132012216c6.jpg th_IMG_9022.jpg

そもそも色がすごいよね(笑)
ただ、ものっすごい旨味の宝庫でもありまして、この匂いがクリア
できれば、それはそれは美味しい思いを出来る訳です(*´艸`*)

ちょこっとだけ使う、フエ料理のコムヘンっていう、シジミの剥き身を
混ぜて食べるご飯ななは、このマムトムの旨味とシジミの旨味が合わさって
そりゃぁ複雑且つ地味に溢れてとても美味。

上の写真にあるように、マムトムには添え漬けられてるダイダイ
みたいな柑橘類を絞って混ぜます。これね、面白いですよ。

th_IMG_9024.jpg th_IMG_9025_20170313201225605.jpg

絞り込んだだけだと何ともならないけど、お箸で全体を混ぜると
シュワシュワシュワー!!!っとなって色が変わる!!
ど、どんな化学反応が(・∀・;

ま、マムトムも柑橘類もケミカルなものじゃないのでそこは心配
ないのですが、これ、仕組み知りたいね(笑)
そしてこの柑橘類が加わることによって、マムトムが随分とまろやか
になり、食べ易くなる。いや、食べ易くなると言うと元が食べ難い
みたいだけど…いや、うん、やっぱり食べ難いか(笑)

ここはもしかしたらオリジナルの方が好きってかたもいるかもだから
あくまで「好み」ということで、失礼にならないように表現したい所
だけども、初心者はとりあえず、タップリの果汁を混ぜた方が
いいかも? うん、タダの提案ね、提案(笑)

ところで…

th_IMG_9026_2017031320122733d.jpg 

この繊維質タップリの、タケノコ????
メンマみたいなものがあったんですが、これがごっつい…ごっつい…

ケモノ臭かった(・∀・;

なんでだろう。。。
肉じゃないんだけど。。。ものっすごいケモノ臭w
ヤギを食べても体感できない強烈さ。
平気な人は良いんだけども、苦手な人はご注意を(笑)

最後に美味しそうな画像貼っときますかね(笑)

th_IMG_9027_20170313205139781.jpg 

ブンチャーに着いてたネム、スッゴイ美味しかった♪
そして海老が乗っかった天ぷらも(^・^)

th_IMG_9028_20170313205140814.jpg


かき揚げに比べたら素朴すぎる絵面だけども、かわいくない?(笑)
結構しっかり台生地にくっついてて健気なんだよね(笑)
そしてオイシイの。私はスイートチリを着けて食べるのが好き。
汁物があるなら、スープに浸して食べるとか。

ちなみに、トライしてみたけどどーーーしてもマムトムを受け付けなかった、
という場合は、お醤油を頼むと良いと思います。
お醤油=xì dầu だったかな?

お店の方も心得ていて、外国の方には中々ハードルが高いって知ってる
から、快く出してくれるし、漬けダレさえ確保出来れば、あとはとても
新鮮な野菜や揚げ物、お豆腐なんかで日本人には馴染み易いと思います(^・^)

th_IMG_9015.jpg


Bun Dau Ngo Nho Pho Nho
156C Pasteur Q1
にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ


☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★

      <清潔大国ニッポン?> 
      更新!(バックナンバーでご覧頂けます) 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】

☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★


Hoang Yen 〜 ハイバーチュン沿いのレストランタイプ

私、Hoang Yen さんって、ビュッフェ形式のお店しかないと
思ってたら、レストラン形式の所もあるんですってね?
そう言う話を聞いた直後に、ビュッフェと思って入った店舗が
レストランだった…orz

いや、いいですけど。
他店舗レストラン形式のお店に行かれた事がある方も、
色々揃ってて、お客さんを連れてったりするのにも使ってるって
仰ってたし。ま、ビュッフェじゃないならないで、その調査も
したかったからちょうどいいかと。

th_IMG_2045_20170304194303d22.jpg 

NOVOTEL HOTEL はす向かいにそびえるこちら。
以前からHoang Yenさんではあったけども、昨年改装されましたよね。

th_IMG_2047_20170304194304403.jpg 

Hai Ba Trung 側の入り口はこんな感じ。
結構小さい(笑)
バイクは、Nguyen Thi Minh Khai  Nguyen Dinh Chieu 沿いに
停めるようになってるから、そっちの方にも出入り口があるのかな。
(※通りの名前間違えてました!御指摘感謝!)

th_IMG_2054_2017030419465137b.jpg th_IMG_2055.jpg

1階の席は、ちょっとキュウキュウした感じだったかなー。
スペース自体が小さめだし。
ただ、奥の方か2階席は良さげそうだなとは推察。ちょっとこの日は
忙しそうで、部屋見せてって言い出せなかった(・∀・;

メニューですが…

th_IMG_2049_20170304194306639.jpg 

th_IMG_2050_20170304194307f14.jpg 

ティピカルな物からも有り合わせ等、写真で色々紹介されてて
分かり易いのはいいですね♪ただ、ワンポーションが結構大きく、
単価もそこそこお高かったので、日頃のご飯にはちと引くかも(苦笑)

th_IMG_2051_20170304194310672.jpg 

th_IMG_2052_20170304194311ae4.jpg

ただ頼んでみた後に思ったんですが、メニューの写真と実物の差が殆ど
なくて、実に忠実。且つ、とても見た目がクリーンで整然としてるんですよ。
料理自体は素朴な物からおもてなし用の物まで色々あるんですが、
なるほど、こういうプレゼンテーションだったら客人にも喜んでもらえそう。

th_IMG_2048_20170304194305681.jpg 

ちょっとゴージャスなラインナップもあったりするし。
値段すごいけどw ちょっとしたホテルのレストラン並み。

しかし聞いたらホーチミンって、年収350万円以上の裕福層が、
60万人もいるって言うじゃないですか。私、裕福層の話をする際、
800万都市の1%くらいだとして…みたいな話してたけど、
甘すぎる想定だわね。。。10倍近くの数字じゃん。。。

350万円って、日本で聞いたらそこまでじゃないかもなんですけども、
物価の事を勘案すると、どのくらいの価値になるのかな。
そりゃー裕福層向けビジネスが成立するわというお話で、
こういう価格のお店もサラッと払える人が多いんだろうなー(・∀・;

気を取り直しまして。。。

th_IMG_2058_20170304194314b0a.jpg 

はい、これ好きーヾ(@⌒▽⌒@)ノ
茹で豚さんを、ブンとかハーブと共にライスペーパーに包んで食べるやつ。
鍵は、Mam Tom Chua! あ、大丈夫です。Mam Tomって着いてるけど、
あの紫の海老を発酵させた調味料ではありませんw あれは匂いが強烈だから、
苦手な外国人、多いですもんね。ってか、ローカルの人でも苦手だって
言ってる人いた。

Mam Tom Chua ってのは良く瓶詰めで売ってるんですが、小エビを
薬味とナンプラー、甘味を足した調味料につけ込んで発酵。。。
までさせてるのかな。かなり長期保存ができる、思いっきり海老の
形が残ってるけど,調味料的な使い方をします。

結構日本人好きな味じゃないかなー。
私も日常の料理によく使う。刻んだり混ぜ込んだり、なんならこいつを
主役にしたり。中々使い甲斐、ありますよ♪

甘辛酸っぱい感じの味に、海老の旨味がジュワリとね。
このアタックを、豚肉の脂と旨味がやんわり受けて、お口の中が
大充実。それをブンとライスペーパーの炭水化物分でワッシワッシ。
んまいっ。

th_IMG_2059_20170304194315c2d.jpg 

昼間っから酒も飲まぬのに頼んでしまった。鴨の舌w
食べ難いけど好きなんだよな。且つ、ここのやつは、ガーリックソルトが
メッチャ利いてて、これ食べながらビール飲まないって失礼に当たるんじゃ?!
と思うほどの肴感。(全くそんなことはありませんっ

しっかし、大事な人と食事してたのに、こんなもん頼んじゃったもん
だから、んぎーーーーっと噛みちぎる、細かい所をガジガジ齧る、
残った骨部分をチューチュー吸うって…

初デートだったら絶対アウト( ̄▽ ̄)
少なくとも淑女の食べ方は難しいので、会食等の時は避けた方がよいかもね…
え?鴨の舌なんて頼まない?あ、そうですか。。。そうなんですか。。。

……おいしいで?(・ω・)ノ

th_IMG_2061_20170304194317cbd.jpg 

そしてこれー。
田舎料理っぽかったんだけども、私が大好きな紫芋のスープさん。
先日家でも作ってたやつ。
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-4530.html

ご一緒してもらってた方が食べた事がないというので強制的に。
色、すごいけど、絶対うまいやんな、これ?
お出汁きいてるけど塩気穏やか、優しいお味で、山芋ベースだから
胃腸にも優しい、荒くおろした山芋のシャクシャク食感も食欲を刺激。
大変美味しい。ってか、このスープ、美味しくないの飲んだ事ない。

ワンポーションが大きいので、今回はこれくらいにしといたんだけど、
3品でもうん、わーって金額ではあったw いや、全然出せない額じゃ
ないけど、路上で20kドンの麺で済ます事があるのを思うと、
いったい何倍食べれるんだよ、あの麺が、と。
(みみっちぃからヤメなさいw

とはいえ、やっぱり料理はキッチリしてるし、恐らくは2階席など、
おもてなしにも使えるんじゃないかなー。そもそもあの価格帯は
そう言う層を狙ってるんだろうしねー。

大衆ビュッフェをやってるとこのレストラン?って、正直最初は
思ったけれども、いやいや、逆や。逆にしっかりしたレシピと技術を
あっちゃこっちゃで再現できる体力あるから、コストもあわせて
やりくりしないと難しいビュッフェを、あんなに豪華に楽しく演出
する事ができるのやな。

お見それしました。
中々日常ご飯では行かないかもしれませんが、大事な方のおもてなしとか
綺麗なお店の方が安心、というお客さんのために知っておくと良いチョイス。
しかと、記憶致しました〜♪


Hoang Yen
174 Hai Ba Trung Q1

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ


☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★

  <優先順位> 更新!(バックナンバーでご覧頂けます) 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】

☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★


【閉店?】Son Tai 〜 山羊食べるなら!

***** 2017 Mar, *****

うーむ、ここ美味しかったしおススメだったのになぁ。
入れ替わりの多いホーチミンとはいえ、繁盛されてたこちらまで
なくなってしまうとは。。。

しょぼーんです、しょぼーん(´・ω・`)

お勧めしてお店にまで行ってもらったのに「閉まってた」って。
申し訳なかったなぁ。情報が遅くてすみません。
そして情報寄せてくれてありがとうございました。

しょぼーん(´・ω・`)

***** 2016 Aug. 初回から一週間後 *****

こちらのお店、結婚反響が大きくて「私も行きたい!!と言うお声をたくさん
いただきました。ありがとうございます。ベト飯ルーティンの中に是非加えて
頂きたい「ヤギ肉」、もっと日本の方の間でポピュラーになってほしい(*´艸`*)

ってことで、初回から一週間しないうちに再訪。
エラいお気に入りやね、ちぇりさん(笑)
といっても、前回とは違うメンバーとなんですけどね(^・^)

そして今回は夜に訪問。
なんとなく、ヤギ肉屋さんには夕方位からおっちゃんたちがワイノワイノ
やってるイメージだったんですが、この日は雨が酷かったせいか客足もまばらで、
あんまり人目も気にならなかったし、なんだったら若いグループにお嬢さんも
いらしたし、そこまで女性から嫌われてる感じでもないのかな?と勝手な解釈(笑)

プラス、お店のお兄ちゃんが覚えてくれてたようで、あいかわらず無愛想では
あったけど、ハニカミながら(あ…)みたいな顔してくれたのが萌えたwww
テーブルに着いてお世話をしてくれた別のお兄ちゃんは若干の英語も喋れて
愛想良く、かいがいしくもしてくれたけどね。

で、そんな彼のお勧めで今回初めて食べたのがこれ。

th_IMG_3475.jpg 

ヤギ肉のレモングラス蒸し!!!
恐らくは生肉の状態でしっかり下味につけ込まれた物に刻んだ生のレモングラスを
たっぷりまぶして蒸してある。蒸した時に脂や水分が底にたまってしまわないよう、
穴の開いた受け皿に乗せ、下はボウル状態の器にて、美味しいとこだけがしっかり
残るような調理法。これが。。。

バッカうま!!!(≧∇≦)
歯応えはあるんです。でもやっぱり柔らかい。コリコリした感じは地鶏の様な食感
ですが、地鶏やヒネ鶏程強情ではなく、歯を入れるとすんなりと噛み切れる。
良く締まってるのに柔らかい。うまい。なにこれ。

この調理法、他のお肉でもやってみたいなってちょっと思ったけど、どうだろう。
しっかりとしたヤギのお肉の味があってこそかもしれない。他の肉にも合うのなら
もっと色んなお店のいろんな場面で見かけるだろうし、ヤギ向きの調理法なのかもね。


th_IMG_3489_20160831180544e7c.jpg 

メニュー左のSteamカテゴリー4番の、Steam Goat with Lemongrass
ってヤツだったと思います。分かり易い。そしてちょっと不思議な感覚だったのが、
日本にはほぼない味なのに、全く抵抗感がないどころか、なんか馴染んですらいたことw

その場に居た3人が3人とも同意見で、ヤギなんて食べた事殆ど無いのにねー、
と、クビかしげてた。うん、ビールぐびぐび、ヤギばくばくやってる合間の
ほんのちょっとの間だけだったけど(笑)

まぁベトナム料理全般に言える事でもあるんだけど、出汁文化と言う共通項が
そんな感覚を抱かせるのか、傾向は違うとは言え、お米大好きな国同士だからか。
もちろんマムトム(エビの発酵調味料)とか突き抜けて個性が強くて好き嫌いの
ある食材もあるんだけど、そういうのは日本の梅干し納豆塩辛と同じ位置づけでさ。

しかしヤギもレモングラスも日本人にはそんなに馴染みが無い筈なのになー。
面白いなー。よっぽどヤギ・レモングラスが嫌いな人じゃなければこれ、
絶対美味しく食べられると思います。ビールのアテにも良いし、お勧めっ( ・`ω・´)b

そしてあとは前回と同じくオッパイ焼肉と山羊鍋です。
この二つだけはどうしてもハズせない。となると新規メニュー開拓がなかなか
進まない。これはやはり大勢でおしかけるしか。。。

th_IMG_3477.jpg 


オッパイ焼肉、前回は小さいサイズのものを2人でぺろりと食べてしまったので、
今回は大きい物を。なかなか迫力。そしてそれを焼いて、ジュウジュウジュウ!
やーーーーー!!やっぱり美味しい!!(≧∇≦)


th_IMG_3480_20160831180542bd4.jpg 

たっぷり添えられてるオクラもまたおいしいんよなー。
つけダレで程よく水分を与えられてるからカスカスにならないし、味が濃いから
肉と一緒に食べてても全く引けを取らない存在感。またベトナムのオクラって
デッカいくせに筋張ってなくて美味しいんだよねー。大きい=収穫時を過ぎて陳ねて
しまった、ではなく、栄養と太陽が潤沢な中で育ったから単純に収穫時には気が
ついたらデッカくなっちゃってましたってことなんだろうね。豊かな事だ。


th_IMG_3481_201608311805439a4.jpg th_IMG_3486_20160831183030318.jpg

鍋はあいかわらずお野菜がわっしゃー!!!と出てきまして、うん、女性的にとても嬉しい。
ってか、男性ばかりのテーブルでも、殆ど残さず食べていたからエラいねっ、ベトナムの人。
お野菜たっぷりが日常のご飯。素晴らしい。

ってか、こちらも肉と食べても負けない濃い味。
スープがあわやかな味わいだから一層引き立つってのもあるんだけど、芥子菜とか、
ほろっとした苦味があってうまいよなぁ。ベトナムのお野菜、コークエット(茹で野菜を
甘辛いタレにつけるベトナム式バーニャカウダみたいなの)なんかにしても、ほぼ野菜
だけで食べさせる料理なんだけど、野菜自体の味が濃いから充分つまみになるんだよなー。


昼と夜は若干オップションが違うのか、麺は種類が2つ出てきました。
鍋の大きさの違いかな???今回は鍋も前回より大きかったし。



          th_IMG_3482_201608311830469c7.jpg   
  
th_IMG_3487.jpg th_IMG_3488_2016083118303541d.jpg

完全なる乾麺が出て来た上に、ついて来たフォー的な物も乾燥し切っては無かったけど、
そのまま食べられる感じではなかったので、鍋をさらった後に投入。そしたらあなた
これがまた。。。美味しいっヽ(;▽;)ノ

そう、こういう、お出汁があまり塩味濃くなく、滋味で頂くタイプの場合は、
ちょっと乾いた麺にダイレクトに入れて吸わせて馴染ませる方が美味しいですね。
ブンとかは鍋の中に入れるとどこ行ったかわかんなくなっちゃうから、小椀に取って
そこにスープをかけるもんだと思ってましたが、吸わせた方が美味しいのもあるなー。

なんにしても、最初から最後まで美味しかったです。
雨が降ってた事もありますが、夜はこの時期、少し涼しい風が入って来てたし、
雨が降ってもちゃんと屋根あるところだし(野外のお店も多いのでねw)スペースは充分。

一点、言うとしたら、椅子とテーブルが低く且つ、椅子にクッションなんてありませんから、
長時間居座って飲み食いしようとすると、お尻がいたくなっちゃいます(笑)
お尻イタいの我慢してダラダラ食べるか、食べたい物を絞り込んで一気にオーダー、
一気に食べてチャッと出るか(笑)

なにはともあれ、やっぱり美味しいお店でした♪
もっと色々食べてみたいぞーヾ(@⌒▽⌒@)ノ



***** 2016 Aug. *****


「ちぇりさん山羊鍋食べに来ませんか?( ・`ω・´)」

と、かなり真剣な面持ちで友達に言われて、おぅ行こう行こうと気軽に返事。
その後彼女は他のお友達にも声をかけたそうなのですが、

「ローカルの山羊肉屋はちょっと…」

みたいな感じで一様に断られたのだとか。
それは実は私も同じで、

「今度ヤギ鍋食べに行くんだけどさー、良かったら一緒に…」

と、切り出しても皆まで言う前に「そうなんだー、行ってらっしゃい(^^)」
と、他人事。どうやら一般的な日本人奥様方にはウケ、またはイメージが
良くない食材なのかなと認識した次第。

ところがそれが日本人の奥さんばかりのことじゃなかった。
ローカルの女のコに声をかけても「山羊は食べたことないわー」
「いや、私は遠慮します」の声が相次ぐと言うじゃないですか。

そういえば以前旦那さんの会社の女のコが「一緒にご飯食べに行きましょう♡」
と、愛らしくお誘いして下さったので「じゃぁ山羊鍋なるものを食べてみたい!」
と言った瞬間、困惑の色を瞳に浮かべ、しかし日本人のサポート役がお仕事である、
と言う日頃の彼女の立場がNOと彼女に言わせなかったのか、

「わ、わかりました。。私、良く知りませんから調べますね!」

と、ワザワザ探してくれた事があったのを思い出した。
聞けば。。。


山羊肉と言うのは、どうやら日本で言う所のスッポンだったりニンニク料理的
ポジションにあり、合法的ドーピングを好むおっちゃん達に人気の食べ物で
あるらしい。しかもその味云々と並んで、あるとされる効果への期待が高く、
その使い道があろうと無かろうと好まれるという点でも共通しており、ベトナムの
山羊肉料理屋さんを覗くと、9割方がおっちゃんである。男性で、まぁそういう
お年頃の男性たち。同じ男性でも、ドーピングが必要ないと思われる若い人は
あまり見かけない。

なるほど。そりゃあ若い女のコが誘われたら戸惑うわ。
これ、私がおっちゃんだったら、セクハラ案件であったかもしれない。

私に「山羊鍋食べに行こう!」と誘われた時の女のコの心境を推察するに、
風邪っぽい上司の様子を気遣い「栄養ドリンクでも買ってきましょうか?」
と言ったら「じゃぁ凄十買って来て 」とか言われてしまった時rくらい気まずく、
さりとて断り辛く、窮地に追い込まれたのではなかろうかと思われる。
まったくお気の毒な事をしてしまった。

というわけで、結局他に同行する人は見つからず、女2人で昼から山羊鍋。
朝10時から開いてて、入り口には膨大な数のバイクが停まる駐輪場があり、
その奥にお店があると信じて数十メートルほど歩いて行かないと行きつかない
そうこのような造りのお店。


th_IMG_2632.jpg th_IMG_2634_2016082102181797b.jpg

th_IMG_2635.jpg 


ベトナムローカルの証である、丈の低いテーブルと椅子がずらりと並び、
店員さんは殆ど英語を使われず、最近行った店の中でもなかなかグッとくる雰囲気です。
ただ清潔感がとてもあって、夜は賑わうのだろうけれど、昼はそんなに人もおらず
快適空間。ってかガラガラ。やっぱり夜の食べ物なんですかね。

th_IMG_2641_20160821021903a76.jpg 

th_IMG_2657_20160821023741f5c.jpg 

なぜかシドニーのオペラハウスの写真があったのは不思議でしたが、もっと不思議
だったのは、大量の山羊が群れてる写真。黒いタレ耳の山羊は遠目にスヌーピー。
その種の山羊を扱っていらっしゃるのかは知りませんが、あんな山羊さん見た事
なかったなー。こういうもかぁいらしーなー、と思ってるすぐそばで。。。

th_IMG_2643_20160821023346756.jpg 

解体中(--)/
リブの所を薄刃のカッターナイフで丁寧に丁寧に骨かハズす繊細な作業をして
おられました。山羊の解体、最初っから見てみたい。

意外な事にメニューには英語が記されてました。中心街からもかなり離れた
場所にあるのに、外国の人が来るんだろうか。それとも場所など関係無い程
有名人気店なんだろうか。


th_IMG_2637.jpg th_IMG_2638_2016082102185977f.jpg

th_IMG_2639_20160821021901ddd.jpg th_IMG_2642_20160821021904518.jpg


トライしてみた物の、やっぱ苦手だ(´Д` )と言う方には、シーフード等もある様子。
とりあえず、山羊料理屋に来たら焼肉を食べて鍋、と言う流れが定番と聞くので
ホーチミンでは定番の山羊のオッパイ焼肉を注文。熟れた練炭がテーブルに運ばれ、
その上でジュジュウジュウ。焼き箸と食べる箸が、素材も色も異にして出されている
のが意識高い。

th_IMG_2646_20160821023349778.jpg th_IMG_2644_201608210233486c7.jpg

これ、この店でいつ頃からされてた事なのか知りませんが、日本ではこの7〜8年
じゃないですかね。焼肉食べる時にはそこ気をつけろという注意が浸透し始めたの。
日本に比べると全体の衛生面ガー、と言う話は良く聞くし、実際そういうところは
あるのですが、殊、温度湿度が高い所ならではの菌対策と言うのは、やはり南国の
方が民間レベルで古くから知られて馴染んでいるのかな、なんて想像したり。

さてオッパイ(オッパイだ凄十だと連呼してるけど、この回、管理サイドから
チェック入りませんかね…)。見た目は、これまでに食べてきたのと同じだった
のですが。。。

th_IMG_2650_2016082102373510f.jpg 

これ、違う!!!
タンの様にシャクシャクとした小気味良い歯応えは似てるのですが、もう少し
全体に味がさっぱりしており、舌の端、両奥部分に微かな、本当に微かな
苦味を感じる。

苦味と言っても嫌な意味での苦味ではなく、例えるなら銀杏を食べた時にほんのり
と染みる美味しい苦味。あんな感じ。それがなんとも「大人のニガ旨」という
感じで実に美味っ。小さいサイズの盛りを頼んだのに結構な量が出て来て、
(うあー、頼み過ぎたぁ。。。)と思った10分後には完食してましたねっ( ・`ω・´)b

しかもひと口食べる毎に「こんなの初めて!」と山羊鍋がもたらす可能性に
ふさわしい賞賛を幾度となく繰り返す始末。もっと他の場面で使いたい台詞である。

しかしそれにしてもこれは。。。今までのと明らかに違う。
それが、山羊の種類が違うのか、今までのが実は山羊ではなかったのか。
チマタでは山羊のオッパイって数がかなり限られるので(雌雄で個体数が1/2、
ある程度育つ事が必要だろうから、さらに何分の一かになり、且つ、彼女達は
更なる個体を生み出す母体でもあるので、そこを絶やしては後が続かぬ。そう
考えると、山羊のオッパイ焼肉なんぞ、そんなに大量に出回らない=豚の
オッパイを山羊のオッパイと偽って出している所がかなりある、とのこと。

と言われても、山羊のオッパイも豚のオッパイも食べる機会が少ない日本で
育ったので、これが山羊のオッパイですよと言われて出された物は、さいですか、
と言って頂くしか無い訳で、更にはこれまで20回は頂いたと思われる「山羊の
オッパイ」とされたもの、大体どれも同じ味だった。ので、こんなものなん
だろうなと思うしか無かったのだけど。。。

こんなにあからさまに違う山羊を食べさせ羅得た上に、目の前で、あきらかに
豚とは違う物が解体されてる所を見た直後となっては、こりゃーこれが本物で
いままでのはもしや…?と思わざるを得ないのであります。もしもそれが正しい
としたら、自分、よーこれまで「山羊のオパーイ、おいしーヽ(・∀・)ノ」とか
言うとったな、恥ずかしい。。。

ただ真真偽の程は分かりませんし、この店は、壁にある写真に見られたスヌーピー
山羊を使ってて、街中のお店はユキちゃん山羊を使ってる、そこに違いがある、
という可能性が無きにしもあらずなので断言はできないんですけどね。。。

ともあれ、うまいのであります。
そしてぺろりと食べてしまったので、鍋へと移行するのであります。
鍋になると、これまで肉を焼いてた網がはずされて、同じ炭火に出汁がかけられ、
山羊肉と、大量のお野菜が運ばれてきます。お野菜わっしゃー!

th_IMG_2654.jpg th_IMG_2653.jpg

2人だったので小さいサイズを、と言ったら、ホントにちょうど頃合いのサイズで
これは嬉しいジャストサイズ。中を見ると少し済んだ醤油ベースにも見えるお出汁に
お豆腐やら薬味やら。そこに生の山羊肉をザザーっ。後はグツグツ煮立てまして、
仕上げにお野菜を入れてちょっと炊いたらできあがり。おっほーヾ(@⌒▽⌒@)ノ

th_IMG_2658_20160821024206d9f.jpg 

まずはスープを頂いてみると。。。?
おおおっ、ほのかな薬膳テイストっ。スターアニス(八角)や生姜などがほんのり
と香る。山羊の風味なのか、植物性ではない旨味が滲んでて、ベースの出汁は
ちょっとわからなかったのですが、凄くシュッとした大人な滋味。甘くもなく、
塩気が主張するでもなく、旨味と薬膳の香りが滲んだ、おいしい鉄観音茶のスープ
みたいな。

んで肝心の山羊さんは、きっと固いだろうなーと想像してたら。。。
やわい?(´⊙ω⊙`)

th_IMG_2661_20160821024051ed9.jpg 

いや、ソフトな砂ズリくらいのゴリュゴリュ感はあるのですが歯切れが良く、
その後の租借時、「やわ!!」と声が出る程柔い。いや、さっき入れたの、
モロ生肉やったよな?事前に蒸すとかなんとか模してなさそうだったし、
このクリアで品のある出汁の味をジャマしないと言うことは、なんぞの調味料に
つけ込んでたって感じでもない、色合いから見てもそうだし、スパイスがまぶ
されたとかでないのも一目瞭然。

ただ、包丁がもの凄く丁寧に入れられてましてねー。筋切りも兼ねてなんでしょうけど、
そのお仕事の成果が大きいと思われます。小粒に切られてるんだけど、そのどれもに
丁寧な仕事がされてて、そのどれもが古物なのに旨味をギュッと蓄えてて。
またその出汁吸ったお豆腐のおいしい事と言ったら。。。

なにこれ。こんなおいしいお鍋あんの?
何で自分今までたどり着かんかってん!

いや、派手じゃないんですよ?
ガツーンと辛いとかコテーッと濃いとか、そんな美味さじゃなくってね。
身体に染みる滋味芳醇。スープなんかもう湯飲み茶碗入れてたら、御茶代わりに
ずーっと飲んでられる感じよ。しかも。。。

山羊って「温」の食べ物なのね。身体を温めると言われてます。
身体が温まるということは、血流が良くなると言うことで、そこが男性には
「合法ドーピング」と言われてる所以。血流、大事やしなっ(ナニによ)。

実際食べた後は、遠赤外線を当てられてるかの様な温かさ。
っちゅーか、熱い。ただ外からの熱さじゃなくて、身体の芯からジワーッと
ポッポポッポする感じ。一緒に行ったお友達はどんなにお部屋を温めても
手足の先が冷たいらしいのですが、その時ばかりはポカポカしてたんですって。

これ。。。メチャクチャ美容にええんちゃう?
いや、ナニにもいいかんもしれませんけど、血流良くなるって身体が温まる、
代謝が上がるで、女性が求めるもんでもあるんちゃう?お肉もヘルシー、
脂もくどくない。実際あれだけの焼き肉と鍋をペローッと食べても胃が軽かった。
食べた感はあって満足はしてるんだけど、胃袋がちっとも重くない。苦しくない。
発汗すればお肌にも良いし、これ女性が食べんでどーすんの?!

しかもここ、2人で2品とはいえ、こんだけ食べてビール1本ずつ飲んで…

th_IMG_2666_20160821024054029.jpg 


258kドン。まーぢかっ!!!2人で1300円くらいだとぉ?!(´⊙ω⊙`)
ありがたい。。。ありがたすぎる。。。
エキスパートプレミアムバージョンなら凄十1本分にしかなってないぞ。。。
(ところでちぇりさん、なんで値段を知っている)

なんならワタクシ、周囲に1度、健康を慮ってジムに行くのと同じくらいの
心持ちで、この山羊鍋食べに伺いたい。ここ、昼だったら人も少ないし、
ポーションもボチボチやから一人山羊鍋しにきたろかいな。

でもでも。その他のメニューも山羊三昧だったんよなー。
開拓したいっ。山羊料理、自分で作る機会は殆ど無かろうと思われるけど、
色んな料理食べてみたい!!
ホーチミンのワンダーランド、また見つけたーヾ(@⌒▽⌒@)ノ

いやー、この時のお友達、よくぞ誘ってくれました!
英語メニューがあった事から察するに、結構メジャーなお店なんかもしれませんが、
私の回りではあまり口の端に上って来ないお店だったので、ご存じなかった方が
いたら、そして山羊に興味をお持ちの方には、まぁとにかく一度食べて下さい、
と、お勧めしたいっ!

ナニを頼んでいいかよくわからないって方には、セットメニューもある様です。
何人分・山羊コース、山羊+海鮮コース、みたいな感じで。

th_IMG_2667_20160821024056ffe.jpg 

シーフードにしてもスパイスがベトナムならではの味だと思うし、
観光客の方にも、ぜひ食べてってみてほしいなー♪




SON TAI
111C Lý Chính Thắng, Q3




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

Oc Khanh 〜 興味津々貝料理!

***** 2017 Feb. *****

前回記事からも何度か行ってたんですが、今回相当久しぶり。
で、行ってみたら、えーーー!!!

th_IMG_5639_20170303131622512.jpg 
看板ができとるがな!!
しかも立派な!!!

th_IMG_5641_201703031316233f7.jpg 

見ると店員さん達ユニフォームまで作ってる。
儲かってまんなー!!!
ってか、今回7時くらいに行ったら待たされたよ。。。
私らの前にも20人くらい待ち。すげーっ。

ってか、ホーチミンでよく体験するんだけど、小さな小さなローカル
のお店でも儲かって来ると看板なり内装なり従業員のユニフォームなり
にお金をちゃんと回してるんだよね。けっこう昔ながらのままで行って
そこには経費かけないって例を見て来ただけに、へーって最初はよく
思ったな。

th_IMG_5643_201703031316241c4.jpg th_IMG_5644_20170303131625680.jpg

th_IMG_5646_20170303131628612.jpg th_IMG_5648_20170303131629fea.jpg

ワタクシが最初大層感心したオレンジソース健在。
そこに塩蟹。コレ一皿でどんだけビール飲めるか分からん。
身を食べたあとも殻をしゃぶりつつビールグビグビ(やめなさいよ…

マテ貝のガーリック炒めは鉄板よね。
ほんとにホーチミンで頂くマテ貝は味が良い。し、調理も上手。

th_IMG_5649_201703031316316be.jpg 

牡蠣はここのご自慢料理の1つでもあるのでとりあえず食っとく。
今日はフォーマイ(チーズ)。岩牡蠣くらいのでっかさがあるな。
食べ甲斐あるある。

ブリッとデッカい牡蠣の身をベロンと口元に寄せましてね?
唇の周りをチーズソースだらけにしつつ、ジュルっと口の中に
半ば吸い込むように取り込む訳ですよ。すぐに噛んだらダメ。
ぷよっぷよっとした柔肌を舌で転がししばし堪能。

そしてゆっくり、とてもゆっくり、舌と上あごでジュンワリ
押し潰すと、ぶじゅわーっ♡と染み出る牡蠣の肉汁。それと
チーズソースが交ざると、あーーーーーーーーっっ、うまい!
書いてて涎が!!!

th_IMG_5651_2017030313163295b.jpg th_IMG_5652_20170303131633b2e.jpg

今回、日本でお住まいになっておられるベトナムの方もご一緒しまして、
彼女がこんなの頼んでくれたんですがこれがまた美味。貝の正体は不明
なんですが、バターソース炒め。というか、ほぼアヒージョに近い。
そしてバターと言う名の紛うことなきマーガリンだw

貝の身自体はコリコリあっさりなんで好き嫌いは少ないと思われます。
そしてこのソースにバインミー(ベトナム式フランスパン)浸して
食べたらもう、身体に悪い事はわかっていてもヤメられない止まらない。
これは次回からの定番にしよう。

そして貝じゃないけど、超おススメなのがMi Xao!炒め麺!

th_IMG_5653_20170303131634ad2.jpg 

わかる?この輪郭のハッキリした麺、わかる?
インスタント麺ですわ。安っちぃ食材ですわ。でもね。炒める時に水分
のある調味料を使う事を計算しての麺の茹で具合。野菜と調味料から
出る水分を計算し切った上での配慮。

ちょーーーー美味しかったの。
むしろこれは生麺じゃダメ。即席麺でないといけないのです。
そうでなければこの味にはならないのです。縮れがもたらすふるふると
口の中で踊る食感。その際に魅力となる弾力を出す為の調理加減。
多分彼らは極自然にそれをやってて、何も難しい事をやってる感は
ないのだろうけど、すばらしいっ。目指す物がコレ、と定まってないと
たどり着けない仕上がりですよっ、これはっ。

安い食材を「それでならなければならない」ものに仕上げる感性。
あーもーやっぱり好きだわこの店っ。かっこえーっっ。

行列になるのも当然だわな。
料理に愛を込める人がいて、それを受け取る客がいる。
すばらしきかな、ホーチミンの飲食店。
今回も大変満足且つ、学びがあったわ。
VIVA! Oc Khan !




***** 2014 Nov. *****

二度目です。
お仕事で来られてた御仁の帰国が決まり、最後に飯でも…と言う話になりまして、
どこにしましょ、といくつか提案しましたら、ローカルなお店が良い!ということで。
平日の夕刻でしたが…

th_IMG_4751.jpg

大混雑ー(´Д` )
基本、ローカルのスタッフさんのみなので(タイミング良ければ英語出来る人がいる)
電話して席押さえてくれてるかどうかってとこから尋ねるのもままならない…。
ってことで、こちらに行くときは並ぶ事覚悟。ま、店内が満員だったら、
外に椅子とテーブル出して、客席を広げてはくれるんだけどねw

表では大きな牡蠣や仕込まれたタコが炭火でジュウジュウ。
海老は竹串に刺されて姿勢良く真っ直ぐ人され焼きムラができないように。
見てると大変丁寧なお仕事ぶり。

th_IMG_4753.jpg


メニューには一部写真も入ってるので頼み易くはあるのですが、やはり外せない
ものもあるので、前回の自分のサイトを読み出しておいて身振り手振り(笑)

th_IMG_4746.jpg th_IMG_4747.jpg
th_IMG_4748.jpg th_IMG_4756.jpg

そして前回食べてなかった、大好きな巻貝のココナツ煮♪
先端の尖った所が全てカットされてて、そこからチューっ♡って吸うと
キュポン!って身が飛び出て包んだよね♪ ココナツの煮汁もジュウジュウ吸いながら
行儀悪い事のこの上ないけど、楽しいしおいちい(*´艸`*)


あと、これも全開食べてなかったんですが、タコ!!
タライの中にタレやらスパイスやらにドゥエー!!!っと漬け込まれてたのは
見たんだけど、調理したのは食べてなくて、あまり東南アジアで見かける事が
少なかったタコをどうやって調理してるのかなーって興味津々だったのよね。
で、炭火焼だったわけですが…」

th_IMG_4763_2014120418443356b.jpg

柔っわ!!!
ole  で頂く地中海料理のタコも
相当柔らかくてビックリしたんだけど、ここのお店のも柔い!!

自分で調理するとき、あの手この手の下ごしらえを駆使してもこんなに柔らかく
なったことないんだけど…ミートテンダー的な何かを使ってるのかなぁ…。
おいしいヾ(@⌒ー⌒@)ノ

あと、前回出てたかどうか覚えてなかったのですが、この小鉢のタレ。
これが美味しかった♪

タマリンドソースとかココナツミルクとか、貝料理のソースをパンにつけて
頂くのが美味しいのですが、これをつけて食べるのもまた美味しい!
って、多分これ料理のどれかにつけて食べるもんだと思うんだけどw
なんというか、こんな雰囲気のお店だからそうとは思えないけれど、ちょっと
フレンチのソースにも通じる組み合わせ。温州みかん的な甘さのある柑橘果汁に
バターと薬味が足してある感じ。これ、家でも使えるなー。

うーん、やっぱりベトナム料理、面白い。
アジアンだし、こちらのお店に至っては、手もクチもベタベタぎとぎとになりながら
低い椅子に路上で座って頂くワイルドスタイルだし(笑)、ちっともお洒落じゃない
んだけど、調理の方法の想像がつかない様な仕上がりの料理があったり、煮詰めたら
ジビエのソースになるんじゃないかって言う様な洒落た組み合わせのタレが出て来たり。
まだまだ奥が深そうだなー。そしてこの店はまだまだ美味しい物がありそう♪
また近々出かけようっと♪


 
***** 2014 Sep. *****


友達が、習い事メンバーと行くと言うのに、部外者のワタクシ目も便乗。
図々しくご一緒させてもらってきました(^皿^)

場所は動物園に向かって、オーシャンズパレスを左に曲がります。
テケテケ数十m歩いてるとこういう表示がかかってるヘムが左手に
あるので、そこを入ります。

th_IMG_2491.jpg th_IMG_2492.jpg

歩道には『HEM25』と言う表示もありますね。
これは解りやすい♪
そしてHEMに入ると、右手にこちらのお店があります。
超ローカル♪

th_IMG_2468.jpg th_IMG_2467.jpg

中に入ると、平日のお昼ながら大混雑。人気のお店なんですねー♪
今回連れて行って下さった方も、最初はローカルのお友達に教えてもらったとか。
さすが。なかなかガイドブック等には載ってなさそうなお店ですね(笑)
素敵(*´艸`*)

入り口には機能的そうなシンプルキッチン。アーンド、タコ!!
なんか調味料に浸けられたタコ!!スペイン料理屋さんでも、ランチビュッフェでも
タコ最近食べたけど、なんかやーらかいしプリップリのプチプチで美味しいタコが
多いんよなー。そう言う種類のタコなのか調理法が特殊なのか。食べてみたい♪

th_IMG_2470.jpg th_IMG_2469.jpg

メニューは貝の種類毎に調理法がいくつか書かれてます。
事前勉強して行けばなんとか…なる?(笑)
今回は連れてって下さった方が全てオーダーしてくれたのでお任せーヾ(@⌒ー⌒@)ノ

th_IMG_2471.jpg th_IMG_2472.jpg
th_IMG_2473.jpg th_IMG_2474.jpg

まず最初に来たのがマテ貝〜♪ っぽいやつ♪
ベトナムでは貝の種類が正確にはわからない(笑)けど、形とかそれっぽかったなー。
ニンニクベースの塩胡椒でシンプルに。でも身がデカくてプリプリしてて美味しい!
で、牡蠣とかを食べたときの印象と同じく、雑味が少ない。養殖してるわけでも
なかろうに、不思議ー。

th_IMG_2478.jpg th_IMG_2480.jpg

次はハマグリのレモングラス蒸し。。。かと思ったら、ちょっとトムヤムクン
っぽいタイっぽい味のスープ蒸しだった♪ でもそんなに辛くない。
驚いたのは、テーブルに出て来た瞬間はまだグーツグツグツグツグツ!!!!
って、鍋の中が煮えくり返ってた事。そして。まだ貝が口を開いてなかった事。

甲斐甲斐しい様子の店員さんが蓋を取らずに行ったので取ろうとしたら
「ちょっと待ったーーーー!」のジェスチャーが入りましたので、しばし放置。
するとほどなくして、ポク♪ポクポク♪という音を立てて貝の口が開き始めた♪
なるほど、余熱まで考慮した熱配分だったのかー!!

って、これがたまたまだったのか、いつもそう言うタイミングを心がけて
おられるのかはわかりませんが、ホーチミンで食べるハマグリの火の入り方って
絶妙な物がありませんか??? しっかり火を入れた物じゃないと怖くてダメ!!
って言う人はちょっと躊躇するくらいのギリレアな感じ。煮過ぎて身がしょぼしょぼに
なってしまった、なんてやつには当たった事が無いんですよね。それでいて口は開き、
お出汁はスープに滲ませてる。それを意識しての上の卓上采配だったとしたら。。。

素晴らしすぎるっ。
真意はわかりませんが(笑)

とびきり気に入ったのは、こちら。巻貝のタマリンドソース炒め。
タマリンドソース、甘酸っぱいベースに醤油等を加えて私も良く家の料理に
使うのですが、お肉料理がメインで貝に使った物を食べるのはこれが二回目!

th_IMG_2479.jpg

ちょっとお行儀悪く見えますが、ローカルの方に習った食べ方を実行。
一度ポイッと口に殻ごと入れてソースをしゃぶり尽くし、中の身を取り出して
食べる。そして別注文しておいたバインミーをソースに浸して食べる!!
んまい!!!

th_IMG_2487.jpg

面白かったのは、この炒め物に白い小さな角切りの何かが混ざっていて、
何だろうと食べて見ると。。。サクリ…ジュワ…っ!!とする豚の脂を
香ばしく揚げた物でした!!なるほど!!確かに巻貝程度の穏やかな旨味と
サッパリ味のタマリンドだけでは今一つパンチに欠ける。そこで豚脂。。。

貝と豚脂って、ちょっと日本人にはなかなか出て来ない発想じゃないですか?
私にはありませんでした(^^; 以前、

Saffron
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-3602.html

で豚肉とアサリの煮物を食べた時にも驚いたけど、面白いなー、こういう
組み合わせ。海の物と山の物ってだけでも合わない確率高そうなのに、
豚に貝。この組み合わせはちょっと研究してみる余地があるかもしれない♪

改めて見てみると、マテ貝の炒め物にも豚の脂と思しき物がサクッと揚げられ
入ってました♪うーん、面白い。

面白かったと言えば、こちらも相当驚いたし気に入った!!
左が蟹で右が貝なんですが、恐らくは同じ調理法。
唐辛子入りのエビ塩。。。かなぁ?ちょっと柔らかめの辛さのお塩を水分
少なめの衣に入れてまぶした食材を『殻ごと』火入れ!!!

th_IMG_2481.jpg th_IMG_2483.jpg

全体が均等に色づいてたから多分あれ、揚げてるんだと思う。
でも当然ですが、貝の殻は食べられないし味も中に浸透しない。
蟹の殻だって外して食べる。ならそんな衣浸ける意味ないじゃん!!
って思うかもしれませんが。。。

さっきのタマリンドソースの巻貝みたいに、口の中に放り込んでしゃぶればよろしw
特に蟹はさほど固い殻ではないので、カニペンチを一応用意はしてくれてたけど、
自前の歯で噛みついてバリバリ。その際に殻にしっかりしがみついてる水分
少なめのガリガリ衣をイヤでも味わうことになる。これが。。。。

th_IMG_2486.jpg th_IMG_2484.jpg 


美味しい!なんならこの蟹の殻しゃぶるだけでビール飲めるわ!
いや食べるけど、他の料理も!(笑)
そしてこの調理法も、ちょっと自分の中には無かった発想。
貝や蟹を殻後と炒める、ってのはマレーシアやシンガポールで経験済みだったけど、、
塩気の強い衣を浸けて揚げるっちゅーのは想定外。おもろい。

あと蟹の味が、こちらに良くあるアッサリ味じゃなく、ちょっと日本で
味わう蟹の様な、蟹蟹しい風味を持ってて、小さいながら大満足。

ってか、衣の塩気と唐辛子が結構強くて、口の中が塩っぱいわピリピリ
するわな状態になってるのに、ちゃんと味わえるくらいの旨味があったからなー。
蟹。優秀。ってかここの料理、酒飲みにはたまらんですばい。。。。( ̄¬ ̄)

〆は、牡蠣のお粥。
先日雲丹のお粥を堪能したばかりでしたが、牡蠣のお粥もええねー♪

th_IMG_2489.jpg

やーっ、昼から貝料理とビール、大堪能!!
図々しくも紛れさせてもらった甲斐がありましたー(>▽<)
ここ、絶対ええやん!もう既に連れてったら喜んでくれる人の顔が
何人も浮かぶ(笑) ビール飲む人、周りに結構いるからなー(笑)

ええとこ教えてもろた!!
あ、意外と英語のできるお嬢さんがこの日は居てくれたのも頼もしかった♪
連れてってくれた方はもうベトナム語でやり取りされてましたが(すげー!(^^;)
自分みたいな無作法もんにはありがたいかぎり。

ここはまた近々ぜひとも行きたいなー♪
貝料理は、鍋料理並みに独りで食べると寂しそうなので何人かで繰り出す
のが良さそうですが、店内あまり広くないので、たとえば10人以上とかの
大人数になりそうなときはお気をつけ下さいませ♪


ちなみに、今回お世話になった方、これまで失礼ながら存じ上げなかったのですが、
なんと、ワタクシがホーチミンに越して来た当初から随分お世話になったブログを
書かれていた方でビックリ!!!(´⊙ω⊙`)

ホーチミン暮らし
http://blogs.yahoo.co.jp/yasukowww/


こちらの、9月12日に同じ日の事を書かれていて、
http://blogs.yahoo.co.jp/yasukowww/archive/2014/9/12

↑こちらのブログの、またその他の先人のみなさまの情報があったからこそ、
初期、全く独りで行動していた数ヶ月感、のりきれたようなようなもの。
また自分の微々たる体験でも、なんぞ見てくれた方の役に立てれば、と思ったのが、
ホーチミンでのブログ開始の動機でもありまして…

もっときちんとご挨拶すればよかったと今になって思うのですが、目の前の
美味しそうなものに夢中になって挨拶もそこそこ…( ꒪⌓꒪)  
いい歳をして無礼なやつめ…(苦笑)

ホーチミン暮らしさんの頁では、詳しいメニュー名(in ベトナム語)なども
掲載してくれてます!あーっ、これ親切!
私いっつも食べるの優先で、メニューの写真こそ撮るものの、ベトナム語の
紹介してないなー(^^; 写真指さしでお願いします、なスタンス(苦笑)

とかいいつつ、多分このお店に次回行くときは、とくに自分の頁を改善する
こともなく、ホーチミン暮らしさんの頁を携帯に開いて持ってくだろうなw 
お世話になりますm(. . )m ←仕事しろw



th_IMG_2482.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪



Oc Khanh

夜総合点★★★☆☆ 3.8



関連ランキング:ベトナム料理 | レタントン通り周辺


Com Ga Hoi An 〜 チキンライスの美味しいお店♪

噂に聞いてたんですよ。
Com Ga(チキンライス)専門店なんですが、デフォメニューが40kドン。
だけど100kドンのメニューもあるお店なんだと。
th_IMG_5429_20170226172317c4b.jpg

中部料理のお店に良くある黄色の配色。分かり易い。
オープンドアのようにみせかけ、サッシがしっかりしめたるので、
「おおっ、クーラーが効いてるんや!」と入店前から期待をそそる。
暑い日にはありがたいですもんねー(´Д` )

店内はウナギの寝床。そんなに広くはありません。
極々シンプル。だからランチタイムなどは避けて、ちょっとハズした
時間に行く方が良いかもですね.この辺オフィスとかけっこうあって、
ランチタイムはどこのお店も混むみたいだし。

th_IMG_5433.jpg 

あ、ちなみにいつぞやのベルギー料理屋さんの通りにあって割に近く。
この辺、意外と色んなお店があるのねー。

th_IMG_5432.jpg

黒板に色々書いてますけど、特別にその日のスペシャルがあるような
感じではなく、卓上にあるメニューと変わらない内容の様です。

th_IMG_5431_20170226172319a16.jpg 

あとは

ほんまやっ。
40kドンのコムガーと、100kドンのコムガーがあるっ。
何その価格差。まさか量?!

パパイヤサラダがあるようで、コムガー以外だとホイアン風お粥って
言うのと、手羽先やドラムスティックっていう部位指定+パパイヤサラダ、
みたいな組み合わせ。メニュー自体はとてもシンプル。

th_IMG_5430.jpg 

良いですね。
出す物を特化してるお店ってロスが少ない。ロスに回す分を品質に回す
こともできるし、手間も決まった作業に集約できるから、作り手さんに
よるムラが減る。チョイスを求めるお客さんには物足りなさを与えるかも
しれませんけど、一定数の顧客を確保してるなら、それを食べにきてる
人ばかりなんで、モノの回転も上がる=フレッシュな物を頂けるって
利点もあるしね。

th_IMG_5435_201702261723232ae.jpg th_IMG_5441_20170226172331088.jpg

特化しているお店らしく、コムガーを頼むとチキンスープが着いてきます。
そしてタレの様な物が着いて来て、これが内臓を活用したもの。
実に美味しい。コムガー自体の味が完成していたのでタレなんか
必要ないのですが、このタレ自体が美味しかったり。

ちなみにチリは甘辛ネットリ系。これ、普通にご飯に乗せて食べても
美味しいよね(・∀・) 多分市販品にも良くある味。おいちぃ。

で、お待ちかね。
th_IMG_5436_20170226172325b02.jpg 

おおおおっ。手前が100k。奥が40k。
なるほど、まず量は確かにちょっと違う。
でも価格に比例した倍以上、ってことはない。で、良く良く見たら…

th_IMG_5438_20170226172328cd5.jpg 

なるほど、40kの方は胸肉ですな♪
それを割いてる。食べ易い。
日本でも鶏肉は胸肉の方が安い。それはパサパサして美味しくないからっ
って理由もあるけど、それは調理法でなんとでもなるんだよね。実際、
ベトナムで食べる胸肉料理はおいしいの多い。ってか、旨味成分だけで
いくと、胸肉使う方がお得って話もあるしなぁ。

th_IMG_5437_20170226172326d2a.jpg 

とはいえ、弾力も油分もあるモモの方が分かり易く美味しいってのも
わからなくはない。実際こちらで使われてるモモ肉の蒸したのを
割いたものは、いやこれ割いてくれてないと食えないよね?って
くらいの弾力、そして歯応え。うんうん、美味しい♪100kって
価格はそれでも結構なもんだなーと思うけど、もしかしたら鶏自体にも
相当拘ってるのかもしれませんな。

量が結構あるので、二人で来たらこれともう一品をシェアする感じでも
いいかも。単品のパパイヤサラダもかなりの量でしたしね。

th_IMG_5439_20170226172329204.jpg 

チョーッとカットが長くてしかもパパイヤ自体が元気なので、
大口空けて押し込まねばならず、おしとやかに振る舞いたい方には不向き
ですが、タイのソムタムとは違う、ベトナム風の味付けのパパイヤサラダ、
美味しかったですよ♪

60kするので量が結構なものだったことと、これにも鶏肉が使われ
てるので、ボリューム感も満点です。

コムガーなー。おやつ程度に食べるタイプのチミっとサイズのものとか、
なんか貧相な物とかが多くて、東南アジア各国にあるメニューとは言え
ホーチミンのは今一つ馴染まない事も多かったけども、こういう

「コレで勝負してますっ」

みたいな気概のあるのはやっぱいいわ♪
美味しかったです、御馳走様♪
40kと100kの違いも分かって大満足。

単品狙いでコムガーのお店を探すんだったらおススメですよ♪


th_IMG_5442.jpg 


Com Ga Hoi An
31C Tran Quoc Toan Q3
にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

※台湾の食べ物じゃないアレコレをメルマガに追記しました♪↓

☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★

<モノ知らずは失礼のもと> 更新!(バックナンバーでご覧頂けます) 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】

☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★


【移転】Mi Tau 〜 街中にあるリーズナブルなフエ料理!

***** 2017  Feb.*****

移転しました!
新しい住所は、30/2 Hai Ba Trung Q1

って、殆ど場所変わってないやーん(笑)
ま、なんぞご事情があったんでしょう(皆まで言うまい)。
移転自体は半年前くらい前だったようですが、やっと新店舗に
伺ってみました。

Hai Ba Trung通り沿いにはこんな感じで看板があるので割と
分かり易いかも。そしてそこから伸びる路地に沿って数十m程
奥に行くと…?

th_IMG_5257_20170222025204ed1.jpg th_IMG_5259_20170222025206995.jpg

左手にあります。
あら、素敵な佇まい。

th_IMG_5260_20170222025206798.jpg 

1階は小分けされたスペースがいくつかあって、ちょっとせせこましい感じ
でしたが(お客さんが一杯だったので写真撮れず)、二階は結構ゆったり目。
前よりも雰囲気が良くなった感じ(^・^)

th_IMG_5261_201702220252089bb.jpg 

メニューはそのまま、変わってませんでした。
が、お値段が張り替えられてる物が多かったので、もしかしたらちょっと
値上がりしてるかな?まぁ、元がこの場所にしちゃかなりお安目だったからね。
少々上がった所で、って感じ。 お味のクオリティも変わってませんでした♪

手軽に食べて、客人も連れて行けるフエ料理のお店、覚えておいて損は
ないので、しばらくぶりに思い出してくださいませー♪

th_IMG_5266_20170222025209baf.jpg 



***** 2016 Mar.*****

こちらのお店、考えてみたら今まで最低4人以上で行くことが多く、ワイノワイノと
いくつもの料理をつつき合うことがおおかったのですが、サクッと食べられる
単品メニューもあるので、1人ご飯の時にも重宝します。


例えばブンボーフエ。
フエ料理だからありますわな。
路面店に比べるとお高いけども(6〜70kドンくらいだったかと)
充分な量があるし、味も安定しておいしい。


th_IMG_5436_20160409210557199.jpg


あと単品でオススメなのはコムヘン。
シジミのご飯。

th_IMG_5435.jpg


ご飯ものとは言え、軽いベトナムのお米ですし、米と同量くらいの具材が入ってるので
どっちかって言うとサラダみたいな感覚で、たくさん食べたい方にはちょっと
物足りないかもしれませんが(笑)、このあとにカフェに行くとか飲み過ぎて
胃がちょっとキツいけど何か食べとかなくちゃとか言う方には持ってこい。
(だれのことですかね…)


中程にマムトム、という紫色のエビを発酵させた塩辛い調味料があって、クセが
あるとされている為、苦手意識をお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、
紫蘇やその他のハーブ類、香ばしいピーナッツなどと相まると、さほどに強くは
感じないかなーと言う感じ。ま、私は好きだから気にならないだけかもしれませんがw

全体を良くまぜて頂きますが、そこについて来るシジミのスープを足してお茶漬け
の様にして食べても良し。スープは別に飲んでも良し。日本のシジミのお出汁程、
グウッとくる旨味は無いのですが、サラッとしていて大変品のあるお味。
これ、茹で溢したりしているのか、もともとベトナムの貝はあっさり味のものが
多いから、シジミも多分に漏れずなのかはわからないのですが、スッと身体には
馴染みそうな味。

サクッと食べたい1人ご飯の時にはとても重宝すると思います♪
場所も割と便利な所にありますし、一人ご飯のリストに加えていて損はないかと
思います〜(^_-)



***** 2015 Oct.*****

ちょーっと前の話になるのですが、ちょっとすげーなって思った話。
こちらのお店に伺うと、目につくのが数々のトロフィーと、世界の
あらゆる観光地を背景にしたニコやかなお母さんの写真。
その数ざっと見ても。。。軽く20は越えてる???

th_IMG_6916_20160115190528d0b.jpg


我が家も結構色んな国に言ったと思ってたけど、その数も範囲もとても叶わない(^^;
あれ???けっこうあっちゃこっちゃ訪れるのに大変だと聞いてた気がした
んだが、どういこっちゃ…(・∀・;

息子さんがゴルフプレイヤーだと言うことはチラと聞いた事があったので、
トロフィーは息子さんので、お母さんそれについてったりしてたのかなー、
なーんて思ってたんですが。。。

th_IMG_6923.jpg


つらりつらりと話をしてると、

「日本人はみんなお仕事熱心だけど、あなたたち、自分のやりたいこと、
 しっかりやらなきゃダメよー♪人生愉しんだもん勝ちなんだから!」

みたいな話になりまして。。。
お母さんはいつも生き生きお仕事してるよねー♪
いつも親切にしてくれてありがとう♪みたいな話の進め方をしてたら、

「これも私の楽しみだから!」

と。これ「も」?ってことは、他にも何かやってるの?
お母さん???と尋ねたら。。。

「もちろんよ!今朝も朝から回って来たわよっ」

回って来た???どこを???

「ゴルフよーっ♪こないだも入賞したばっかりで…」

入賞?!(´⊙ω⊙`)
お母さん、ゴルフする上に、なんかコンペティションにでも出てるの?!
と、失礼ながら驚いたら。。。


th_IMG_6927.jpg


おおおお!!!
息子さんのだとばかり思ってたトロフィー群は、なんと殆ど
お母さんのものだった!!!(・∀・;

もちろん息子さんも優秀だそうで、ちょっと写真を撮りそこねてしまったのだけど、
とても立派な、恐らくはベトナム国内ではかなりメジャーっぽいゴルフ雑誌の表紙を
でかでか飾ってた。。。やだ、イケメン…(*´艸`*)

そしてその雑誌にはお母さんの最近の成果も記事も載ってて、そりゃー大々的に
取り扱われてらっしゃった。。。まぢか。。。

th_IMG_6925_20160115190531358.jpg

(↑左から2番目がお母さん)

おっ、お見それしましたーっ。
お母さん、ただ優しくて親切なベトナム料理屋さんのお母さんでは
なかったのね(・∀・;


th_IMG_6911_20160115191216966.jpg th_IMG_6912_201601151912174c5.jpg

th_IMG_6913_201601151912189fa.jpg th_IMG_6915_20160115191219a2a.jpg

もちろんこの日も美味しく食事を頂いてたのですが、もうお母さんの話が
聞きたくて聞きたくて、この日は正直、食事どころじゃなかったかも(笑)
だってお母さん、もう50半ばくらいではあろうし、もしかしたらもうちょっと
お歳を召してらっしゃるかも。それであーた、毎日のようにゴルフを愉しみ、
お店にも出て、且つ、とても穏やかで親切な接客をして。。。

「だーってそりゃあなた、これ私の楽しみだもの!(笑)」

と、軽々と笑い飛ばせてしまうバイタリティ。
それがただの楽しみで終わらず、実績をキッチリ残してらっしゃると言うすごさ。
かっ、カッコいーなー!!!!

もちろん、そう言うご自身の生き方に自信もあればプライドもおありに
なるんでしょう。こちらが聞いたら諸々を嬉しそうに話してくれて、

「すごいでしょ(^_-)」

と、押し付けがましくならない程度に、チャーミングに誇らしげなのも素晴らしい。
自慢の押売は迷惑だけども、愉しんでいることを褒められり興味を持って
貰った事を素直に嬉しく思えて、それを表に出せるってのは、実に
素晴らしい事だと思うのですよ。謙虚・謙遜がすぎて、それをまだできて
いない人を前に「いやいや私なんてまだまだですよ」と言って無意識の
刃物を向けるより。

一般に、芸術作品であったり仕事の成果であったりなどは、その作者と
切り離して考えるのがフェアである、とされてますよね。作者の人となりが
どうあれ、作品の素晴らしさには影響しない、と。
そうあるべきなんだろうなーとは思うのですが、私はその辺切り話すのヘタ(苦笑)

なので逆に、もとから好きなお店ではあったけど、こんなかっこい女性が
やっていらっしゃるとなると、ますます肩入れしたくなってしまいました(笑)
例えばこれがお店やお料理の絶対的評価に関わることであるなら正しい
評価の方法ではないのかもしれませんが。。。

ちょっとこの日は、しばらく興奮が止まりませんでしたね。
穏やかで優しくて小柄で、とてもゴルフで一線を張ってる方のようには
(失礼ながら)お見受けしてなかったのだけど、どっこいどっこい。
若くてもヘタレにはとても真似できないかっこよさを持ったお母さん。
すげーわ、ほんと。

ゴルフでそこまで名が通ってれば、お店には出なくてもそれなりの暮らしは
できるでしょうに、、、って考え方が違うんだな。お店は儲けの為と言うより、
多分お母さんの楽しみのため。たくさんの人に郷の料理を愉しんでほしい、
という動機でやってらっしゃるんだな。と、考えれば、あの立地であの価格
というのも頷ける。

お店をやることで、お母さんも楽しい。お客も嬉しい。
素晴らしいご商売をされていらっしゃるなぁ。
この日ゆっくりお母さんと話せて、ますますこちらのお店が大好きになったのでした♪
フエ料理、美味しいしなぁ♪

お母さんのお人柄だけじゃなく、日常ご飯にも気軽に使える料理内容だし
美味しいので、まだお試しになってない方はぜひどうぞ♪


***** 2015 Sep.*****

なんと。。。。まだこのお店を記事にしていなかった事に今ごろ気づいた(((;゚д゚;)))
ホーチミンに来て間もない頃に旦那さんに連れてってもらって以降、
なにかと折りを見て行くお店。

th_IMG_5542_201509011910410e2.jpg


理由は、

・ツアーではそんなに食べに行く事が少ないフエ料理であること
・チェーン店ではない
・美味しい
・場所が便利
・安い

等色々です。Dong Khoi 通りから一本違いの Hai Ba Trung という便利な
通り・且つ中心地に近い所にありながら、もの凄くリーズナブルなんですよ。
日本人野お客さんが多いからか、ここのおばちゃまも片言の日本語で甲斐甲斐しく
接客してくれて、その温かさも私は大好き。

ただし、増え料理によく見られる宮廷料理的な「鳳凰ーーーっ」とか
「孔雀ーーーー」みたいな飾り付けは無くて、もっと家庭的な感じのフエ料理。
だからお安いのかもだけど、それにしたってこの周辺の観光客価格バリバリの
お店に比べたら、相当にリーズナブル。

そんなお値段でももちろん場所柄観光客は意識しているようで、メニューは
分かり易い写真入り。うん、その写真に写ってるのが何かってのが分かってれば
便利って話だけど(笑)、まぁ文字だけでイメージし辛いよりかはありがたい(笑)


th_IMG_5543_201509011910437b0.jpg th_IMG_5544_20150901191045f10.jpg
th_IMG_5545_20150901191045fbb.jpg th_IMG_5546.jpg
th_IMG_5547_20150901191105e64.jpg th_IMG_5548_2015090119110680b.jpg


フエ料理の特徴は蒸し物が多い事。米粉やタピオカ粉などを水で溶いた生地を
器ごと蒸したり蒸して整形し直したりしたものがたくさんあるのですが。。。
なんで粉溶いて蒸かしただけのもんにこんなにバリエーションがあるの?!
という食感と味。いやー、突き詰めてるわー。これはこの店が、というよりは、
フエ料理と言う文化が突き詰められてるってことなんでしょうが。


まずは大好きなこちら。
ムチムチぷるん♪の透明生地にエビが包まれてる一品。


th_IMG_5549_20150901191108704.jpg


モッチラモッチラしているなかに、エビの香りとプチプリ食感。
ベンタン市場の中にも似た料理を食べさせてくれるお店があるけど、
いつもお客さんが多くて落ち着かないし、圧倒されて買えない事すらあるから
買いに行くのにパワーが要るのよね(^^;

そして定番のこちら。
宮廷料理程派手じゃないにしても奇麗ですよね♪


th_IMG_5550_20150901191109a72.jpg

甘いお芋さんを蒸かした物とブン、紫蘇、葱などをライスペーパーで巻いたもの。
日本のお寿司の飾り巻きみたい♪ これに茹で豚とエビの酸っぱ甘辛い発酵食品を
乗せてパクリと頂きます。炭水化物にビタミン類に蛋白質。豚を作る脂もかすかに
ありますし、味的にも栄養的にも、もの凄いバランスの良いお料理やなこれ。。。

th_IMG_5551_20150901191110f4f.jpg

これやお野菜やエビの炒め物をパリパリのおせんべいに乗せて頂くもの。
いいつまみになるわー。はい、ビール追加w

豚のつくねの炭火焼。これは日本の串物のようにそのまま齧り付くんじゃなくて、
お肉の部分を分け分けし、ライスペーパーにお野菜類と一緒に包んで頂きます。


th_IMG_5560.jpg


炭火焼にしているので香りが良いし、レモングラスも利かせてるのかなー。
お肉なんだけどサッパリ風味♪ これを包む薄い薄い、でもオブラートよりは
少し厚めのライスペーパーはこのお店で知って、以来、自宅でも買って使っております。
ゴワゴワしないし、濡らす手間も要らないしで便利よね。


th_IMG_5561.jpg th_IMG_5562.jpg

またこのピーナツソースが美味しいんだよなー。
どの料理にもお野菜が多くてアッサリ目なのに、こうやってタレなどでアクセントや
バリエーションをつけ飽きさせないのも魅力の一つ。


あとこちらのお店に来たら絶対頼むのがコムヘン!
シジミの混ぜご飯!!


th_IMG_5553_2015090119195206b.jpg


ご飯の上にシジミの剥き身(!!)、紫蘇、ピーナッツ、エビを発酵させた調味料の
マムトム、ゴマ、その他の菜ものなど、やっぱりこれもお野菜たくさん!
ってか。。。シジミの剥き身って…ヽ(;▽;)ノ

th_IMG_5554_20150901191952550.jpg th_IMG_5555.jpg


ハマグリの剥き身が売られてるのを見ただけでも感涙したのに、シジミ…だと…?
シジミのお汁のシジミの身を食うか食わないかとか論争するどころの話じゃないですよ。
機械なのか手作業なのか知りませんが、どっちにしたってかなりのお手間。
自分がもしこれ作れと言われた事を想像すると涙でてくる。。。(;ー;)

食べ方としては上の写真の右側のように、最初ひたすら混ぜ倒します。
ご飯がこちらのホロホロ枚なのでだんごになることは滅多に無いです。
思いっきりまぜ倒しましょう。マムトム、と言うエビの発酵調味料は
その特徴的な匂いで外国人には敬遠される事が多いようですが、この料理に
関しては量も少ないし、他に紫蘇などの香りも加わり、そんなに強くないので
是非試してみて頂きたい。旨味がタップリの調味料ですからねーっ。


で、混ぜたおしたご飯をまずはそのまま味わいます。うーん♡
ご飯の料理とは言え、具材もすごく多いしご飯も軽いので、さらりサラリと
食べれてしまう♪ そして2杯目は、これについてくるシジミのスープをかけて
お茶漬け風に。このスープがまた、大変上品なシジミのスープ。ガツー!!っと
貝の味がするのかと思ったら、きれーなお出汁なんですよねー。


th_IMG_5557_20150901193705bec.jpg


そして〆は大抵出してもらえる温かいお茶と生姜のチップス。
このチップス、砂糖漬けにして干されてるので甘いんだけど、
元の生姜がかなりのヒネものでピリリと辛い。結果、お口スッキリ。
無料の物なのでいつも出してもらえる、とは確約できないのですが、
私が行くときは毎回出してくれてるから多分定番なのかなー。

ブボーフエもあるので、ランチにサクッと麺だけ、さっきのコムヘンだけ、
とか言うのも有りだと思います。ブンボーフエは90kとローカルのお店に
比べたらお高いのですがお味は確か。それに照らすと不思議なのですが
今回ご紹介したお料理たちは70kとか、ブンボー以下の物も多く。。。(笑)

数人でシェアすると大抵1人千円とかなんですよね(^^;
もちろん頼む量やモノにも寄りますが、かなーりお安い!!

揚げ物はともかく脂っ気の少ない料理も多くサッパリあっさり済ませたい時にも
いいですし、何より全体が家庭的な味なのでホッとします。お世話してくれる
おばちゃんも感じ良くて温かいし(でもこの方、世界中を旅してる!店内の
写真を見つけたらじっくり見てみてください。合成か?!って思うくらい色んな
場所を背景にしてるwww)、とっても良いお店だと思います♪

今まで書いてなかったなんて、失態だったわー(^^;


th_IMG_5266_20170222025209baf.jpg 

2017 Feb.時点新住所  30/2 Hai Ba Trung Q1


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

【メニュー変更?】 NANA 〜 統一会堂付近くの広々としたカフェビストロ

***** 2017 Feb. *****

展開が早いなぁ。。。
未だお店こそあるのですが、メニューが大幅に変わった様です。
残念ながらお客があまり入っていないようで(価格が問題か?)
多種類のメニューを抱えることが難しくなったのか、前回ご紹介
した写真メニューが殆ど適用されていないとのこと。

代わりのメニューも悪くはなかった、とは、訪問された方の談
でしたが、前回までに此方のブログでご紹介した料理は食べられない
可能性が大きいのでお気をつけ下さいませ。

料理のラインナップ、クオリティ共に悪くなかったんだけど、
ちょーっと高めだったかなぁ。。。。飲食店には美味しさだけ
でなく、別の要素も必要とは言え、中々難しいですなぁ。



***** 2017 Jan. *****

ホーチミンの飲食店さんは日進月歩。
時々その料理のクオリティが対抗したりするケースがあったりと、
日進月歩とはいえ、不安定さも兼ね備えてたりもするのですが…

こちらのお店。ツイ先日ご紹介したばかりだったのですが、チラと
写真でお魅せした通り、メニューが文字だけだったんですよね。
それが先日行ってみたら。。。

th_IMG_1657_20170112205456466.jpg  th_IMG_1658.jpg

th_IMG_1659_2017011220545982b.jpg th_IMG_1660_20170112205500f09.jpg

th_IMG_1661_20170112205502e90.jpg th_IMG_1663_20170112205503abd.jpg

おー!これは分かり易い!
しかも盛りつけのセンスがすごく素敵。
まぁそれは実物が写真通りだったらって話ですが(笑)、よくよく見てみると
こちらのメニューに取り揃えられてるお料理、ベトナムの北から南迄のものを
カテゴライズしてご用意されてるみたいなんですねー。

th_IMG_1667_20170112205505a5b.jpg 

th_IMG_1668_20170112205506b5c.jpg

th_IMG_1669_20170112205508bb0.jpg

同じように各地の料理を取り揃えてらっしゃるお店は珍しくないかもしれませんが、
メニューの左肩の所に「北部」「中部」「南部」というというように明確に記されて
いて、どれがどこの料理か知らずに食べていた人にも分かり易い。

th_IMG_1670_20170112210116ca6.jpg th_IMG_1671_20170112210118c74.jpg

特にホーチミンには総合的なレシピを出してくれてるお店が多いので、こういう
ところで改めて認識しておくのも楽しいかもしれません(^・^)
そしてこちらのお店、色々食べてみたのですが、お味もよいしプレゼンもよい。

th_IMG_1672_20170112210119dbe.jpg  th_IMG_1673_20170112210119edf.jpg

あと、お店全体がこぎれいでお洒落なんで、これまで食べるのを躊躇してた食べ物にも
チャレンジしようかな、と思えるようになるのか、この日ご一緒してもらった方達の
なかでは、ベトナムの代表的なお料理の「タニシの肉詰め」、初体験って方も多かったw

これ、私今迄可もなく不可もなくって感じだったんですが、こちらのお店のは貝が
結構大粒に切られていて、豚肉ミンチの中でもコリュッコリュって歯応えがよい。
私が今迄食べて来たこの料理の中では(といっても10回くらいしか食べてないけど)
一番好きだったかも(^・^)

th_IMG_1675_2017011221012299c.jpg th_IMG_1676.jpg

麺ものはやっぱり定番として頼むべき。
もう数種類ここの麺食べたけど、好きだわ。フォーにしろブンボーにしろフーティウに
しろ専門店の一定傾向に照らすと個性があるので、好き嫌いはあるかなーと思いますが
私は今の所当たり続き。

th_IMG_1680.jpg 

         th_IMG_1683_201701122110445ee.jpg

th_IMG_1684_2017011221012847f.jpg th_IMG_1682_20170112210126061.jpg

牛肉のフライドライスって珍しかったから頼んでみたら土鍋に入って雰囲気良いわ味
良いわだし、中部の蒸し物の盛り合わせも色々と。あと、女子大好きなコークエット、
勝手に「ベトナム式バーニャカウダ」って呼んでるヤツも、お野菜きれーで美味しかった
なー。この料理、私は Secret Gardenさんのが一番好きなんだけど、ここのも
負けじ劣らずだったかなぁ。

th_IMG_1679.jpg 

お値段単価、例えば麺料理なんかはローカル店に比べたらそりゃちょっと高めです。
ただこれだけの種類とクオリティが、この立地、環境で頂けるとなると、例えば
お偉いさんを連れて行く様なお店じゃないかもだけど、お友達が日本から遊びに
来た時のアテンドなんかではメチャクチャ重宝するんじゃないかなー。

見てると欧米のお客さんが多いので、お店の方も英語対応頑張ってるし(全員が
流暢とは言いませんがw)バラエティに富んだ料理を置いてあるお店が良いな
って時には重宝させてもらってます♪

なんかね、表から見るとカフェにしか見えなくて、まさかこんなに料理の種類が
あるって思えないし、カフェ飯って印象よくないケースが結構あるからスルー
しちゃってる人、結構いるようなんですけども、まぁ一度お味を試してもらって
人をお連れするお店の駒の一つにもっておくと便利難じゃないかなーと思います(^・^)



***** 2016 Dec. *****

Nam Ky Khoi Nghia通りを挟んだ、統一会堂向かい側にできてる
大きなカフェビストロ。大きなグラスゥォールで外から内部の様子が
殆ど見えてしまう構造で人目を引くので、もう既に行った、とか気になってる
方も多い筈。


th_IMG_0782.jpg 

で、ビストロ、とあったので、洋風の料理があるのかな、と思ったらけっこう
しっかりベトナム料理。観光客を当て込んでる場所柄なので、ベトナミーズと
書くよりもビストロ、とした方が食事所として分かりやすいからかしら。

オープニングセールなのか、25日までサービスセットのメニューがある様です。
結構大きめのセットっぽいので、1人で行った私にはあまり勧められません
でしたが、なんかお酒を1杯かったら1杯無料ってのは勧めてくれても良かった
かも(。-_-。)


th_IMG_0783_2016122018300595a.jpg th_IMG_0793.jpg

店内はこんな感じでひたすら明るく開放的なイメージ!
うんっ、晴れてる日は暑いぞーっ、これ!(笑)

th_IMG_0791.jpg 

th_IMG_0790_20161220183012313.jpg 

要は温室みたいな感じだもんね。涼しい今の気候ならともかく、暑くなる4月5月
とかは、どんなにクーラーきかせてもおいつかないんじゃなかろうか(・∀・;

訪問した時、喉がカラッカラだったので、まずは飲み物を。
タマリンドとジンジャーのドリンクってのがったからそれを。
タマリンドジュース、もっと見かけても良いと思うのに、意外と見かけない気が。

th_IMG_0794_2016122018301835c.jpg 

で、これ。
ピピピ、ピーナッツ?(´⊙ω⊙`)(笑)

いや、ピーナッツは好きなんだけども、ドリンクの上にトッピングされてるのは
初めてかな(笑) どないやんねこれーwww と突っ込みつつ、いざ飲もうと
ストローに口を近づけると。。。?

あらっ。
タマリンドの甘酸っぱい香りとピーナッツの香ばしい香りが意外に合う????
甘酸っぱいとは言え、タマリンドはかなりコクがある甘酸っぱさなので、
ナッツの香りと合わさっても負けないのかな。

実際、ピーナツを口の中にいれてカリッと噛み、更にその風味を口に満たした
後にジュースを飲んでも分離しない。むしろ良い感じ。こりゃ面白い。
また底の方にはタマリンドの…種部分???実…の部分になるのかな????
それともタマリンドで作ったジェリーみたいなもの???

th_IMG_0795_2016122018302003e.jpg 

噛めば味は確かにタマリンド。わざわざ手をかけた物を使うこともなかろうと
思われるので、恐らくは自然由来のものだと思うんですが、コリュンプリュン
しておいしいがな(*´ω`)

折角来たのだからなんか食べてみよう、と思ってメニューを開くと…?

th_IMG_0785_20161220183008615.jpg 

th_IMG_0786_20161220183009a0f.jpg

th_IMG_0788.jpg

ほっほっほー。
さすが観光客価格。といってもまぁ、1区ならよくある価格帯かもしれませんが、
うん、路上店とかと比べたらすごい値段差(笑) 麺もの、80k弱くらいのものが
ゴロゴロある。言うても400円くらいだから、欧米の観光客価格を考えたら安い
もんだけど、ローカルを知る人間からすると結構お高め。ならばなおさら二度目が
あるかわからんぞ?と思って頼んでみました。

th_IMG_0796_20161220185217b38.jpg 

フーティウナンヴァーンヾ(@⌒ー⌒@)ノ
天井も半ガラスだからスープに光が反射して見難いぞーwww
まーたこんなローカルメニューを、高い金出してこんな所で食べるかね?
と思われた方。仰る通り、粋狂です。ただ、こういう設備・保持食材量が
しっかりあるところだからこそ作れる味ってのもあって、路上のものとは
また別枠で探してみる事で、美味しいのに出会えることがあるんですよねー。

th_IMG_0798.jpg th_IMG_0799.jpg

添えられたお野菜のメインはモヤシ(下の方にある)と春菊。
アウトラインがしっかりとした腰を感じる細い麺。そしてスープが。。。
おいっしー!!!けっこうシッカリした塩味ついてて、まぁ化調もそこそこ
使われて入る様ですが、非常に味が明確。

自然素材に拘った上でコスト勘案されたものは「優しいお味」と表現されつつ
うすらぼんやりしたものもあるわけですが、それはそれ。卓上調味料を使い
こなせるローカル食が得意な人には、美味しく食べるのは造作もない事。
でも観光客の方などは。。。(こ、こんなもんなのかな…)って思っちゃう
こともありますよね。

その点こちらのこのスープはすごく分かりやすい。
ドンブリにあるスープ全部を飲むのは、ちょっと塩が強くて遠慮しようかな
って感じだったけども、豚をベースにスルメや野菜を使ってるのかな。
麺や野菜はおいしく最後まで頂けました。この位分かりやすい味の方が、
不特定多数の国からいらっしゃる観光客の皆さんには受けが良いのかもしれませんね。

th_IMG_0801_20161220185215c51.jpg th_IMG_0802_201612201852150be.jpg

具材の、海老の頭の先の所はカットしてあるベトナム式。
あの先端が固くて痛いし、あると食べ難いんですよね。剥くのが面倒くさいから、
と食らいつくと、口の中がズタズタになる。そんなら頭を落とせばいいじゃん、
と思われる方がいらっしゃるかもしれませんが…

いやいやいやいや。
頭のところは味噌が入っててうまいじゃないか。そんなうまいところを、
食材に精通し、食材を愛するベトナムの方が無駄にする訳ない。
これ、ここだけじゃなくて他のお店にもよく見られる手法。
最初見た時感動したわ。

そして豚レバーをボイルして薄くスライスしたもの。見てこの滑らかさ。
レバーと言いつつ、プリンプリンとした弾力があってみずみずしい。
加熱した牛のレバーにあるようなモソモソ感がない。そもそもこのクセの
少ない麺とスープの中にあって、レバーがこんなに綺麗な味で頂けるのだから
すごいよなぁ。

コレはちょっと他のメニューも期待できるかもしれません。
いつまで、と言うのは書いていなかった様ですが、旅行者の方、バックパッカー
の方は15%オフ、ってことになるそうです。ジャッジは彼ら。私はここに在住
してますが、勝手に15%引いててくれました(笑) 特に在住証明とかVISA
提示が必要と言うわけじゃないようです。

え?引かれなかった?
ということは、現地の人と見間違われたと言うことで。
それだけ馴染んでいたと言うことで。
うん、ネタにしたら15%分くらい、すぐに取り返せる気がしますw

なかなか便利な所にあるので、お散歩途中のチョイ休憩にも良さそうです。
朝早く(確か7時から)やっているので、お散歩&朝食を食べに行っても
よさそうですね。なんにしても素敵なカフェやビストロが増えてくれるのは
嬉しい限り。

観光客にも在住者にも親しまれるお店になってってくれると良いですね♪



NANA
152 Nam Ky Khoi Nghia Q1




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

Dong Pho ~ 久しぶりのベトナム料理

***** 2017 Feb.*****

うっわすっごい久しぶり。
スイーツショップが併設されてから食事は相変わらず暫く伺って
いないのですが、先日チョロっとカフェ使いに行きました。

th_IMG_4244_20170226223433559.jpg 

食事メインで行く時には気づかなかったのですが、結構カフェメニュー
充実してるんですねここ。特に、あと付けで併設されたスイーツ
ショップの影響が大きいのかもしれないけど。

th_IMG_4245_20170226223434e90.jpg 

メニューのドリンクも豊富だったのでほんと、気軽にカフェ使いができる
感じ。食事はちょっとゴージャスだし、そこそこお高めだから気合いが要る
けど、これならいける???

th_IMG_4250_20170226223437966.jpg  th_IMG_4251_20170226223439b61.jpg

th_IMG_4252_2017022622343953b.jpg  th_IMG_4253_201702262234409f6.jpg

th_IMG_4249.jpg 

正直な所、エスプレッソはあまり私の好みじゃなかったけど、
チョイスが多いので大勢で行っても楽しめました。
お土産も買えたりするし、良い感じ♪

th_IMG_4265_20170226223446f0f.jpg 

時を同じくして、全く別の機会に頂き物をしたんですが。。。

th_IMG_5469_20170226223449aaf.jpg 

これ。
ピーナッツとフライドオニオンのミックスポットなんですが。。。
すんごい美味しい!!

料理に使うフライドオニオンって、時間が経ってることもあってちょっと
油っこかったり(むしろそれが調理の時にありがたかったりもするのですが)
この中に入ってるフライドオニオンはサックサク。しかも絶妙な分量加減と
交ざり加減で、いつどこを摘んでもピーナッツとセットでフライドオニオン
着いて来る。

キャラメルコーンのジレンマ(底の方にちょろっとだけしか入っていない
ピーナッツの寂しさよ)に悶える必要はありません。安心していつでも
一緒に楽しんで下さい、ピーナッツとフライドオニオン。ビールのアテに
持ってこい。なんだったらコーヒーとかにも良くあう気がする。

お礼に、と言って下さった物ですが、大したことをした訳でもないのに
恐縮ですっ(バリバリ)。ホントにこんなお気遣いは(バリバリ)
今後はなさらないで(ボーリボリボリ)くださいね♪(バリボリバリボリ♪)

こんな商品もあったのねー。
知らなかったわ。今後お持たせにも使わせてもーらおっ♪




**** 2014.April ****

最近ホーチミンに来られた方とランチをご一緒することになったので、久しぶりに
シャレ込んでこちらのお店に。ベトナムテイストがベースだけど、お料理の盛りつけが
奇麗だったり、調理の手間への気の効かせ方が面白かったりして、好きなんですよね、
こちらのお店♪ 毎日飯ではないけれど、たまにお客人などを連れて行くにはもってこい♪

で、前にレビューを書いたのが一年前と知って驚愕してるんですが(時が経つのの速いこと!)
行ってみてビックリ。向かって左となりに、同店のスイーツショップが併設されてる!!

th_IMG_1213.jpg

ここのマカロン、美味しかったもんなー。
以前はレストラン店舗にショーケースが置いてあって、店内デザートも持ち帰りも
そちらで対応してたんだけど、やっぱり人気が出過ぎたか。すごいねー、別店舗分の
スペース構えるなんて♪ そして皆さん、やっぱり美味しい物はお好きでらっしゃる♪

そういえば、レストラン店舗の方も若干リニューアルされた感じで、メニューに
写真が増えて見やすくなってました。多分内容はそんなに変わってないけど。


th_IMG_1206.jpg th_IMG_1205.jpg

お料理も相変わらずの冴え方でしたが、久しぶりだったせいもあってか、
なんだか以前よりもさらに味が良くなったような???
おもてなしするつもりが、うまいねうまいね!!って自分が一番楽しんでしまっていたというねw

th_IMG_1194.jpg th_IMG_1195.jpg
th_IMG_1198.jpg th_IMG_1201.jpg 

今回初トライしたのは、パエリア!
なぜこの店でパエリア??って思ったけど、結果オーライ。
魚介類が安くて豊富なお土地柄だし、年度の低いお米はあるし、この料理、
絶対ベトナムに向いてるよねwww

th_IMG_1203.jpg

黄色いレモン、珍しいよねー♪
ホーチミンでは♪

そしてデザート。
以前はマカロンしか食べなかったのですが、今回はマカロン『と』別デザートw

        th_IMG_1209.jpg
th_IMG_1207.jpg th_IMG_1208.jpg 


同席者はサバランやクレープを頼み、ちぇりはチョコレートムースを頼んだのですが。。。
このチョコレートムースが絶品!! 小さなグラスにチョロっと入っててシンプルな
デコレーションだったから、大して期待もしてなかったんだけど、一口食べたら、
うお!!ってなった(笑) デザートにも手を抜いてないなー。

結構ね、人気が出ると料理が雑になって行ったり、味が変わってったりする店多い気が
するんですが、こちらのお店は良い所はそのままに、そして改善できる点は手間を惜しまず
改善しているようですね♪ 素晴らしい♪
おもてなしのお店リストに、ぜひ入れておきたいお店です♪



**** 2013.May ****

さて、ベトナムに来て小一週間。
なんだかんだで、今回はお部屋にこもりっきり(^^;

え、やっと先日、こちらの主婦友さんと一緒にランチに行ってきました♪
久しぶりのベトナム料理。ベースはフエ料理かな?

☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り ☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り
http://www.vnnavi.com/dongpho/menu.html


こちらのお店はあまりガイドブックなどで見かけないらしいですが、
「空飛ぶおこげ」のキャッチコピーで有名な、コム・ニュゥというお店のお隣です。
この通りには、安くはないけど、お洒落なお店が並んでて、ランチ時にはどこも
結構な人気ぶり。行かれる際は予約か、早めの入店を推奨。

☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り ☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

ベトナム的なアイテムを飾ってたりもするんだけど、どこかヨーロッパ的な
趣を感じたり、アジア一辺倒ではない雰囲気がとっても素敵。ベトナムの
レストランやカフェに良くあるスタイルなんだけど、価格や内容に対して、
すごくゴージャス感があって好き♪

一度行かれたことがある人がご一緒だったのでおススメを聞くと、
フィンガーフードの盛り合わせが良かったとのことで、こちら。


☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

わおっ、ゴージャス!
これってベトナム料理というよりは、かなり西洋ナイズされてる感じですけど、
具合のテイストはしっかりベトナミ―なんですよ(笑) といって、タルト生地や
ペストリー生地に手が抜かれてるわけじゃなく、そこはさすが、フランス文化を
引き継ぐお国柄、という感じでしょうか。

       ☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り
☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り ☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り
       ☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

魚介やお肉をバランスよく使ってて、どれも美味しい!
チョット小腹の空いた程度の時なら、これにもう一品&スイーツ位でもいいかも?

んで、蒸し物の盛り合わせプレートもあります。

$☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

フエ料理の定番ですね~♪
何種類もの蒸し物がワンプレートに。

これ、少人数のときとかに嬉しいんですよね。チョコッとずつを
たくさん種類食べれて♪ そういえば、さっきのフィンガーフードもそうでしたが、
これ、メニュー写真でいくつずつになってても、お店に伺ってる人数分にして下さい、
ってお願いしたら、大抵、人数分ずつに調整してくれます。臨機応変。
しかもそのお願いして嫌な顔されたことがないどころか、向こうが、人数分に
しましょうか?と提案してくれることもある。
ここはベトナムのサービスの素敵な所♪

で、いつも監視するんだけど…
どれも米粉などを溶いたものを蒸した料理なんですね。
そんなのが4種類、5種類あるわけですよ。
で、見た目にも形こそ違えど、まぁ、似たようなもんだろうなって思うんだけど…

$☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

        ☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り ☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り
        $☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

これがキッチリ、全部違うのよねー(^^;
もちゅもちゅした蒸し物って点では共通してるんだけど、食感も風味も
合わせる具材も形も違う。それがわかる人にしかわからないような違いじゃなくて、
ちゃんと違う。近い素材を使ってて、ベースは同じくしながらも、このこだわり。
なんというか、繊細さというか細やかさを感じますなぁ。ほんと、いつも感心する。

で、〆は鶏の土鍋ごはんに、シジミの春雨炒め。
土鍋ごはんは鉄板で美味しい!!
素材の鶏を醤油ベース(ヌクマムかな?)で甘辛目に味付けしたうえで
出汁で炊きこんでる一品で、お米にはもち米チックな風味。ちょっとおこわ
を彷彿させる懐かしい味で、日本人でこれ嫌いな人、いないんじゃないかしら?

     $☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り ☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

シジミはよくご飯や麺に合わせられてるんだけど、日本のシジミよりもアッサリ
していて、あのコクを期待すると肩透かしだけど、素直においしいです。
ってか、いつも思うんだけど、このむき身にしたシジミ…誰が取り出してるんだろう。。。
身から察するに日本のシジミよりも更に殻は小さいはず。それを一つ一つ、
かなりの数を取り出すって。。。


…やめよう、気が遠くなって倒れそうだ。。。
メコン川でのキャラメルの手作業行程や、蒸し春巻きの皮を一枚一枚蒸しては
取り上げ…ってのを見てきてるだけに、手作業でチマチマ殻から身をほじってる
絵が見えてならない。。。くらぁ…(笑)

さて、こちらのお店の更に嬉しいところは、スイーツが美味しかったこと!
お持ち帰り用らしきショーケースには、マカロンがずらり!!!
フランス文化の影響か、ベトナムではマカロンを良く見かけるのですが、
やはりその分バリエーションがある=好みが分かれるところでもあります。
さて、こちらのマカロンは…?と興味本位で頼んでみたら。。。

☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り ☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

お見事なフレンチスタイル!!!(>▽<)
サックサックで、甘さはぎりぎり。バタークリームは風味豊かで、
あー、これ、めっちゃお気に入り。。。

多分お持ち帰りのチョコの試食も兼て、なんだけど、テーブルに運んできてくれた
チョコレートはフリー(これはいつもあるのかはわかりません)。
これも美味しかった。。。以前、ベトナム産のチョコレートを食べて、
その美味しさにビックリしたんだけど、こちらもどうやらベトナム産かな?
カカオの比率が高くて口どけが良くて、おとなな感じのショコラ。うましっ。

☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り ☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

もちろんチェーも頼んで、もうお腹いっぱい(^^;
チョット頼み過ぎたかしら。。。でもこんだけ上質な料理とお菓子をたっぷり
いただいて、1500円くらいだったかな?レートが下がったから、数か月前からは
ちょっとお高めになりましたが、まぁ福山ったら普通にランチである価格だ。
一週間お籠りだったし、ちょっと贅沢、許してもらおう(*´艸`*)

にしても、美味しかった♪
フエ料理って点では、今まで食べた中で一番美味しかったし、
何と言ってもスイーツが優秀っ。カフェタイムはないようですが、
スイーツはお持ち帰りの為だけに買いに来る人もいたようなので、
一度覗いてみるのもいいかも♪

マカロン、箱詰めのもあったなー。
手元にあったらガスガス食べそうで怖いから危険だけど、
あれ、一度買いたいなー♪

※商工会の割引ききます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村



Dong Pho

昼総合点★★★☆☆ 3.7



関連ランキング:ベトナム料理 | ファングーラオ通り周辺


Pho 99 〜 レタントンにできたPho 屋さん

ちょっと用事があって周辺をあるいてたら、おや。新しいPHOやさん。
でも明らかにチェーン店。チェーン店のフォーはなー。まずくもないけど、
そんなにビックリする程美味しくもないし、どーかなー。メニュー見たら
結構なお値段だし、やめとくかー…

と思ってた所に、「今日は半額セールですよ♪」という呼び込みを受けて
おや、それはよい、と、アッサリ釣られた小市民(--)/

th_IMG_1186_20170108185149165.jpg 

チェーン店の良い所はメニューが分かりやすいところかな。
ホーチミンにいまどのくらい店舗があるのかしらないけど、こちらのお店も
実に分かりやすいメニュー。且つ、結構な品数。

th_IMG_1187_20170108185150db8.jpg 

フォーに何種類もあるよということもわかりやすいし、フォー以外の朝食メニューが
いくつかあるのも分かりやすい。写真があるって、多分旅行者さんにはすごく
ありがたいよね。馴染みのない料理なんて、英語の文字で見てもわかんないもの(^^;
しかしPho BoのバリエーションにUSビーフがあるってのは珍しいかも。
そこに価値を見いだすことがあるんかね。

th_IMG_1188_20170108185152769.jpg

にしても、種類が多い。
バインセオまである。
専門店以外、例えばレストランなどのたくさんあるメニューの中の一品として
出されてるバインセオで美味しいのに当たったことないから猜疑心満々だけど、
写真で見る限りは悪くなさそう?

th_IMG_1189_20170108185153ac6.jpg

フルーツジュースなんかも充実してそうだから、ガッツリ食べるつもりじゃなくても、
様子見や、おやつタイムもベトナムフードで攻めたい!って旅行者さんには使い易い
かも。春巻きだとか、ちょっとした一品とかだけでも全然遠慮する必要なさそうな
感じだった。

th_IMG_1190_20170108185154680.jpg

で、今回オーダーしたのは、ベーシックなフォー・ボー。
大きいサイズと小さいサイズがあって、チョイ食べで良いから小さい方を
頼もうとしたら「今日は半額だから大きい方が絶対お得ですよ?お肉もいっぱい!
ね!ね!」みたいに人懐っこく可愛い店員さんに言われたのでアッサリ変更。
「大きいサイズで(--)/」

th_IMG_1191_20170108185156d86.jpg 

おや、確かに具材がたっぷりで良い香り(^・^)
麺も割とシッカリしてるタイプで、といってもまぁフォーですから、そんなに
伸び腰があったりとかってわけじゃないんだけど、ブチブチ切れる程愛想が
ないわけでもなく、モソモソと固い訳でもなく。

th_IMG_1192_20170108185157719.jpg th_IMG_1194_201701081852008c5.jpg

ぺろりぺろりと頼りなさ過ぎることもないので、ボチボチ行けてるんでないかなーと。
ただ如何せん、価格が小さいので65k、大きいので75k。か…かなり高いよね(^^;
スープも悪くないんだけど、やっぱりどうしても一般ラインを目指すと無難な味に
なるしなー。

th_IMG_1195_20170108185202b50.jpg  th_IMG_1196_201701081852032ec.jpg

ま、そういうときは卓上の調味料で色々プラス( ・`ω・´)b
これが出来るのがベトナム料理の良い所。
そしてお肉、何種類も入ってたんだけどどれも処理が上手で美味しかったな。

というわけで、すっごいおススメって訳でもないけどガッカリすることもない
チェーン店。ま、半額だったから言える話で、正規価格だったらちょーっと
高すぎるかなーって感じですが、考えてみればこの周辺でフォーを食べるのに
頃合いの所って少ないし、でもけっこう観光しに来たお友達などは連れて来る
エリアかもだし、知っておいて損はないかな?

一点、店員さん達がものすごく一生懸命で、英語を喋れる子も結構いて
喋れなくても何とか通じるようにって頑張ってくれてたことはお伝え
しときます。イイコたちだった(^・^)

th_IMG_1197_201701081852056da.jpg 

PHO 99
17/7 Le Thanh Ton Q1

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

BBQ Garden 〜 意外とお手軽?

場所柄、なんとなく食指が動かないままにいたのですが、でも多分だれでも
通りがかりに見たことがあるんじゃないかと思われるこちら。

th_IMG_0809_20170108173922825.jpg 

ねっ。ねっ。見たことあるでしょ?このロゴ(笑)
ただ場所柄、すっごいメジャーな所な様な気がして、逆に(わざわざ行くのもなー)
って感じで機会を逸していたのですが…

th_IMG_0811_20170108173924e88.jpg 

クリスマス前のシーズンだったのでキラッキラ☆
なかなか盛大なイルミネーション(笑)
そして客席はこんな感じ。

th_IMG_0817_201701081739284c7.jpg 

「屋内にしますか?」って聞かれたけど、屋内席…どこにあったんだろう(・∀・;
見渡す限りのオープンスペースで、収容人数、一対何人になるのかとしばし計算
したくなるほど広かった。。。でも外席なわりにテーブルや椅子もチープすぎず
な感じでいい雰囲気。あら。思ってたよりいいかもしれない♪(どんなのを想像
してたんだwww)

th_IMG_0812_201701081739265dc.jpg 

th_IMG_0815_20170108173927c2a.jpg

メニューもシンプルで分かりやすいし、BBQって聞くと「肉ーヾ(@⌒▽⌒@)ノ」
って感じがするけど、ベジアリアンメニューがあったりするのはさすが。
ベジタリアン用って、野菜の特製を生かしてアッサリしたものだったり、逆に
お野菜なのに物足りなさが無いように仕立ててくれてたりと、宗教があまり
関係無い人間としては気分に合わせて選べるのはほんとありがたい。ベトナムの
ベジタリアンって、ほんっと技術高いしね。

th_IMG_0819_20170108173931473.jpg 

取りあえずこの日頼んだのは、たれ漬けのお肉…にチーズを巻いた物と書いてあった
気がしたんだが、玉ねぎが包まれてるものだった(笑) 結構甘コッテリしたタレで
白飯あったら進んだだろーなーって感じのお味(笑)

th_IMG_0820_2017010817393395e.jpg

いっそがしい時は自分でやってねって感じなのかもだけど、この日はけっこう
空いてたせいか、店員さんがつきっきりで焼いてくれました。優しい(^・^)
テーブルに炭火を置くんじゃなくて、もともとセットアップされてるジンギスカン
プレートみたいなヤツでジュウジュウジュウ♪

th_IMG_0822_20170108173934dfd.jpg

美味しかったのは鮭の串焼き。
香味オイルみたいなのが塗られてあって、ちょっと話に夢中になってて店員さんも
目が離れてて、しもたっ、焼き過ぎたー!と思ったんだけど、それでもしっとり、
食感も味も良くって美味しかったなー。絶対焼き方失敗したと思ってたのに(^^;

なんかね、ちょっとしたビアガーデン的にサクッと飲みに夜のにいいかも。
BBQっていうと、何となくガッツリーってイメージあるけど、このお店なら、
今回みたいにチョイ食べでビール飲んでお喋りしてって。

今とても夜風が気持ち良いし、気の合う人と気楽にお喋りしにって、カフェ
みたいな使い方をしてもいいかも。気張らずに食べられる量の多少もあまり
気にせず入れるのはラクチンでいいね♪人気が出るのも分かるかも(^・^)

ってか、ここもメニュー豊富だったなー。今度はベジタリアンのメニューも
試してみようかしら。あ、虫除けは持ってっといた方が良いと思います( ・`ω・´)b
お外ですからね。

ってか、屋内席ってほんと、どこにあったんだろうw
今度じっくり探検してみるかな(笑)

***** 追記 *****

この記事を仕込んだ直後に、Viet Navi さんというサイトにて、こちらのお店の
方へのインタビュー記事があり、読ませていただきました。

https://vietnam-navi.info/article/barbecue-garden-restaurant-saito

以前はフランスの経営だったそうですが、今は日本人の方に委ねられているの
ですね!ローカルのお客さんがすごく多かったし、メニューもオリジナリティに
富んでいて、当然それがローカルの方に受けているからお客さんも多いのだと
思うのですが、そんなこんなでなんとなくローカルの方が仕切っておられるお店
なのかな、と思っちゃってました(^^;

店員さんたちが丁寧に気分よく接してくれていたのも、彼らの資質もあるにせよ、
教育の賜物ってところもあるのかなぁ。地の利がある、と思われるかもしれませんが、
ベトナムの方達厳しいですからね。よい場所にあっても美味しくなかったりサービスが
よくなければ閑古鳥が鳴くと言う事象は数知れず。なのにあの繁盛振り。

異国の地であれだけローカルの方に受け入れられて賑わっていると言うのは
すごいことですなぁ。並大抵の事では無いと思われるのですが、だからこそ、
尊敬せずにはいられない。今後とも、躍進して頂きたいものですね♪



BBQ Garden 
135A Nam Ky Khoi Nghia Q1


An Nam Quan 〜 鶏好き集まれ♪

お友達に連れてってもらいました♪
いろいろあるんだけど、鶏料理が美味しいとの事。

th_IMG_1080_20161228093138600.jpg 

場所は、GEMセンターを右手に見つつ、北西に①ブロック程進んだ辺り、左手。
すぐにイメージは出来るエリアだけど、あまり用事がなくて行った事が無いなー。

th_IMG_1081_201612280931404bb.jpg 

ローカル店で、椅子もそんなに高くないのですが(低い、と聞いていたので、
あのプラスチックの風呂イスみたいなの想像してたらお洒落だったw)
こぎれい且つ、ちょっと可愛い感じに仕上がってるお店、2階まではオープン
スペースなので時期に寄っては暑そうですが、3階はエアコンがあります。
ギリギリ働いてくれてる感じの(笑)

メニューがねー、また品数が多いの!!

th_IMG_1083_20161228093142d71.jpg

th_IMG_1085_201612280931436b8.jpg

朝9時くらいから夜10時まで開いているお店らしく、なるほど、朝食に良さそうな
物もあればランチにサクッと食べて行けそうな物もあって盛りだくさん。

th_IMG_1086.jpg


th_IMG_1087.jpg

とりあえずこの日は夜に出向き、ビールも飲もうぜってなっていたので、
まずはこんな物を頼んでみました♪
実は出て来たのは一番最後だったんで、リアルレポとしてはちょっと時間が前後
してますけどご了承を(笑)

th_IMG_1101.jpg 

おっほー!!鶏尽くし!
一番向こうが、独特のスパイスで下味をつけたからげ、右側が鶏肝の甘辛煮的お品。
私特に、鶏肝がスキでした。レバーである事はその形状や様子からも明らかなのに
食感が独特!砂肝は砂肝であったから混同してる訳じゃ無いと思うんだけど、歯切れ
が良くて、レバー特有のぬたぬたがない。おいっし。

th_IMG_1102.jpg th_IMG_1104.jpg

手前にワッサリと盛られてるのは胸の辺りかなー。細く裂かれてタップリの玉ねぎと
サラダ仕立てにされたもの。それぞれの部位で味付けが違ってて賑やかしい♪

th_IMG_1103.jpg th_IMG_1105.jpg

おこわかな?と思ったお米は、そこまで強い粘り越しでなく食べやすい。
海外のお米の臭いが苦手だ、という方の話は良く聞くのですが、その土地の料理を
食べるときはそのお米の香りがあってこそって部分もあって、私はスキなんですよねー♪
もちろん日本の甘くてふっくらしたお米も好きですが(^・^)

うん、コレはかなり良いつまみ。
ただ量が結構あるので、そうだなー、最低4人とか。できれば6人くらいあった方が
他のお料理も楽しみやすいかも。2人だったらこの一品で完結しそうw

th_IMG_1106_20161228094414a1f.jpg th_IMG_1107.jpg

苦手な方はギョットするかもしれませんが、頭付き。
これがスキな人にはたまらんのよなー!
ひっくり返すと味噌的な物がありまして(それが何か詳しく言及するのは避けましょう)
小さいながら良いお味なのっ。この日は6人いたのですが、私以外のみなさん、
ご遠慮なさって、なーんと私1人に食べさせてくれた!なんて心が広い!
(多分反れちょっと違う気がするw)

あとおつまみ的に良かったのは、ちっこいイカの炒め物。
コレが甘ピリ辛で、日本人絶対スキやろ?!って味。

th_IMG_1093_20161228094406049.jpg 

当然ながらビールに良く合う。これ1人飲みで来てチョイチョイつまみつつ
やるんもええんちゃうか?(それ、寂しいから…)

そしてこの日のお目当ては鍋でしたー!

th_IMG_1095_20161228094409a49.jpg 

鍋にもシーフードやら何やらと色々種類はあったのですが、今回は無難に鶏鍋で。
でも所謂日本の鶏鍋とは違ってまして、かなりたくさんの骨付き鶏をガッツリ
煮出した旨味タップリなとこに、このお野菜の量。

th_IMG_1094.jpg 

あっ。かぽちゃのお花もある♪
5種類くらいのお野菜がとても綺麗に御手入れされてて美味しそう♪
特にカボチャの花って手入れが大変。花の一つ一つにあるおしべやらめしべを綺麗に
取り除いてから調理するんだよね。イッパイ食べたいときはちょー面倒臭い(笑)

th_IMG_1099_20161228094411db0.jpg 

面白いのはこの葉っぱ。別のお店で頂いたことがあるんですが、酸っぱいんですよねー(笑)
生のまま齧ってもすっぱいけど、お鍋でクタクタに煮ても酸っぱい。多少その風味が
スープに移るのか、結果、スープにも酸味が少しついて実に食欲をそそるのです。

柑橘類でも酢でもない酸味。葉っぱを齧ると感じる事が多い青臭さや苦味などより
真っ先に酸味が来る葉っぱ。面白いなー。食感もシャキシャキしていて、炊いても
割とシッカリしてるこのはっぱ。確かスッポンのお鍋にも入っていた事があったような。
コックリトしたコクが出るスープを食べやすくする為に良いコンビネーションなんです
かねー。

ところで心優しい皆さんは、鍋に入ってた頭もワタクシにくれたんです!

th_IMG_1098_20161228094410440.jpg 

どーゆーこと?!
こんな美味しいところを独り占めさせてくれるって、みんなどんだけ優しいん?!
(だから多分動機がちょっと違うと思うよ。。。)

タップリの鶏とタップリのお野菜。それでいて、酸味が加わると言うベトナム
料理独特の味付け。且つ、それでも日本人に馴染みやすいお味。
鶏自体は地鶏っぽい風合いで、炊き上げられたあとも身はプリップリと
しており、小振りなので若干の食べ難さはあったものの、味は逸品。

うーん、ここの他のお鍋も気になるなー。
とりあえず、鶏鍋が逸品だった事はお伝えしておきますね。

こじんまりとしてますが、コンセプトが統一されてるし、大勢で突き合うには
手頃な料理が揃っているこちらのお店。ローカル店の魅力が満載ながら、
清潔感も充分にあるので、プライベートな集まりだったら本当に重宝しそうです♪
ええとこ教えてもらいましたーヾ(@⌒▽⌒@)ノ


An Nam Quan 
59 Nguyen Binh Khiem Q1

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、 
参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

Dong Nhan 〜 ベンタン近くのコムビンザン!

前回日本からホーチミンに帰って来たときの『ベト飯恋しい欲』ったらなかった
わけですが、その時行ったコムビンザン(惣菜定食屋みたいなとこ?)の美味し
かったのが忘れられない!!でも。。。

Minh Duc
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-4427.html

さんは、ちょーっと遠い。なのでそんなにチョイチョイ行けない。
せめてもちっと近くに無い物か…と思っていたら。。。

そーだそーだ!!
ベンタン市場の割と近い所に一件あったじゃないか!!
ちぇりさんが、生まれて初めてベトナムに来た時、アレもコレもと欲張って、
ガーツガーツ食べたお店が!その頃はブログやってなかったからデータも取って
ないけれど、あったあった、またいつか行こうと思っていたのに行けてない店が!

ってことで、こちらでございます♪

th_IMG_0862_2016122323311423e.jpg 

Dong Nhanって、どんにゃん?













ごめんなさい。






ベンタン横のLe Thanh Ton通りを一本北に行った、Ly Tu Trong通りと
Truong Dinh通りが交差する角の一つにあります。昼間とか、いーーーーっつも
お客さんがわんさかしてる所。角で目立つし、指差し注文できそうだったから、
初期の頃にも入れたの。マレーシア時代からぶっかけ飯、大好きだったし。

で、今回はお持ち帰りと言うか持ち寄りと言うか、間に合わせ的な感じだったから
器もなくて、綺麗に紹介できないのが大変申し訳なかったのですが、次回同じ物を
買って並べ直して写真を撮るまで待てなかった!!その位美味しかったの(≧∇≦)

th_IMG_0864.jpg 

この日は夜だったからか、昼より若干品数が少なかった気がしたけど、それでも
お野菜の出汁炒めいたいなんから魚の揚げ物,チャーカー(魚のすり身の揚げ物)、
豚の煮物、高菜の炒め煮、カレーなどなどがあり、どれにしようか迷う迷う(^・^)

並べられているものだけじゃなく、その横ではザックザックと豚肉の焼いたの
(挙げたの?)の塊をスライスしているお兄さん。手が休まる間がありません!

th_IMG_0865_20161223233117e78.jpg 

で、お持ち帰りの状態は。。。

th_IMG_0868_201612232331203df.jpg 

うん、ごめん。美しくないよね(・∀・;
でっ、でもこれ、ゴミが少なくてええねんで?ビニール袋に食べ物飲み物入れるの
見慣れない日本人はギョットするかもしれませんけど(笑)、慣れるとなかなか
機能的なんです( ・`ω・´)b

器のふた部分に乗せられたのだけ見せたらこんな感じ。

th_IMG_0869_2016122323312165d.jpg 

この豚肉が。。。メーチャクチャ美味しかった!
皮の部分は薄くカリッカリ、その下の脂が暑すぎる事なくくどすぎることなく、
赤身の部分はしーっとり。味の染み方も程よい加減で、この料理としてはこれまで
食べて来た物の中でもトップクラスやったかもしれん!

そして器に出せなかったからあまりに見目が美しくなく、写真は控えさせて
もらいますが、チキンカレー!!これがドンピシャ好みでさっ。

擂り下ろした薬味とスパイス、鶏肉を少量のココナツミルクでじっくり蒸して
鶏の味が溶け込んだエキスをしっかり出してから更にココナツミルクを入れて炊く
マレーシア式チキンカレーに味がそっくり。ココナツオイルの油の分離加減を
見ても、残った旨味部分とスパイスが馴染んでるコックリした部分の様子を
見てもほんと良く似てる。

これが美味しいのよ。
サラサラしているけど、インドのそれとも違ってて、甘味に感じる鶏の旨味が
余す所なく引き出されており、ホロホロとした東南アジアのお米に合うこと合う
ことっ。

ゴロゴロとしたジャガ芋が入っていますが、コレはあまりに混まれず、火が入った
後にカレーソースの中に長時間あったから味が染みてる、と言う風情。それが良い。
トロけてなくなるほど煮込んだジャガ芋も悪くはないけど、ホクホクとしつつ
カレーの風味とチキンの旨味をシーッカリ吸ったジャガ芋さん。それをハフっと
ホロッと、お口の中で崩すときの至福と言ったら(^・^)

あーーーっ、やっぱり絵面が欲しいなっ。近々行って食べて来ます!(笑)
焼き茄子も美味しかったし、白菜の炒めもんとかも、大量に買って大皿に盛って
食卓に出したら、ものすごくええとこの中華料理に見えるかもしれん( ー`дー´) 

ちなみに盛って帰った写真にあるだけの量を買って180kドンくらいだったかしら。
ごはんがもう1パックあって、軽くなら4人分くらいの量だし、おつまみとして
なら、6人分くらいはあったと思われ。安いわーっ。

ここはちょっと場所もお値段も行きやすいと思うので、ベトナム的お惣菜を
あれこれ楽しんでみたいと言う人には推し推しです♪定番だから、何を今更、
という方もおられましょうが、改めて再認識、ということで♪


Dong Nhan (Com Ba Ca)←ローカル記事だと( )内表記のことも多い
42 Tuong Dinh Q1




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

Bep Me In 〜 キッチュな魅力のベトナム料理屋さん

***** 2016 Dec *****

ふと気がつくと、あっという間に某旅サイトのホーチミン人気レストラン
ランキングでもトップになっていたこちらのお店。美味しいしロケーションも
良いし、いいお店だなーと思ってたけど、やっぱりなぁ。

https://www.tripadvisor.com/Restaurants-g293925-Ho_Chi_Minh_City.html

リンク先は日々順位が変わるかもですが、コレを書いてる日は「ノワール」
と言う暗闇レストランが一番だったけど、まぁそれはちょっと特殊なので、
ベトナム料理部門で言えば、実質トップがこちらのお店。すげーな。
まだ一年経ってないと言うのに、旅行者からの支持が高い。

そんなこちらにスイーツメニューが加わりましたん♪

th_IMG_1071.jpg 

前からアイスクリームはあったんだけど、これ!っていうデザートがなかった
のだけが残念だったのですが。。。キタキタキタキタ(・∀・)
3種類の写真はこちら。

th_IMG_9148_20161227132534bc2.jpg 

ああ、あまりのウットリさそのままに画面にもソフトフォーカスが。。。
(また光量待ちがやがったな)

パウンドケーキはバナナケーキ、奥左がパンダンドーム。
そして一番お気に入りなのが…?

th_IMG_1075_20161227132531091.jpg 

バナナクリームシュー!!!
もうこのクリーム、見ただけでちょっと違うって思いません?
もちろんカスタードじゃない。と言って生クリームだけでもなければ
バターオンリーでもない。食感はちょっとアイシングに近いものを
感じるのですが、そこにバナナのマッタリした風味が加わり、テクスチャーは
もーーーーってり。

「こんなの初めて♡」
とか陳腐な言葉は使いたくないが、なんぞこれ。すげー面白い。
そしてテクスチャーがヘヴィな分、大きさは小ぶりにまとめられていて、
食後感がジャストな感じ。ボリューム調整も味の内だもんなー。

その他二つも美味しかったのですが、私は特にこのシュークリームがお気に入り♪
で、時々、コレとフレッシュココナツだけを楽しみに行ったりもしてます(笑)

日本の様なケーキが少ないホーチミン。
そこにご不満を持ってらっしゃる方も多いんじゃないかと思いますが、
だってここは日本じゃないんだもの。そして欧米各国から日本人が知らない
レシピがバンバン持ち込まれてるんですもの(こちらのオーナーはフランスの方)。

それなら「日本と違うなにか」を楽しむ方がお得ってもの。
日本のモノは日本で楽しめばいいんだし(^・^)

お菓子作りとかかなりやったつもりだったけど、こんなレシピは出会った
事がなかったわー。面白いし美味しいし、もしここでご飯食べる機会が
あったら、ちょっとだけお腹をデザートの為に空けておいてもらって
試してほしい一品です(^・^)


***** 2016 Nov.again *****

ブログを見ててくれるかたであればお気づきかもしれませんが、私、

そーんなに同じお店の追加記事、沢山は書いてないと思うんです。


一つは、そのお店に何度も行っててもついついお気に入りメニューばかりを

楽しんでしまって、記事にしても目新しさがなかろうと言うことから書かない

と言うパターン。また別のケースでは、新しく試してみたいお店が多くて

3度目4度目になかなか機会が回らない、ということも。


胃袋がカートリッジ式になってくれたらどんなによいかと以前から切に願いつつ、

またあのお店に行きたい、あのお店の別のメニューを食べてみたいと言う願いを

持っていながら叶えられていないことを残念にも思う日々。


そんな中でも何かとご縁があったり、強固な意志によって回を重ねるお店もあります。

極稀ですが。こちらはそんなお店の中の一つ。


正直。。。初回、2回目は美味しさもありつつ、お店の雰囲気や立地、メニューの

ラインナップの便利さに引かれた面もありました。それがなんだかんだでお誘い

頂いた先から指定されたのがこちらのお店だったりなんだりでご縁があり、

この短期間に結構な回数、お伺いしている次第。


まぁそれだけなら書く事もないかと思っていたのですが。。。

書かねばならぬ事態に遭遇。


th_IMG_9140.jpg th_IMG_9144_20161208025435c4d.jpg


この蓮の葉包みご飯、私がいままで食べたどの蓮の葉ご飯よりも美味しかったのっ。

葉っぱの風味が蒸気に染みて、ふーっくらと米粒の間に行き渡り、ホクホクとした

蓮の実が愛嬌を添え、豊かな具材が美味しさと共に満足感をお口にもたらす。

お前どこの回し者だと言われても良い。いいから食べて。ここの蓮の葉包みご飯。

旅行者やらハイソな方に人気の某所の同じ料理がどんなに味気ない物か、これを

食べて明確に意識したわ。( ↑ 皆さんの想像力に委ねた部分)



あとね、ベトナムに豚の煮物あるじゃないですか。

クレイポットに入ってて、甘辛く炊き上げられてるヤツ。

よくある味です。多少香辛料に特徴があっても、ベースは日本人にも馴染みやすい

系統の味。だから抵抗もなければ気遣いもなく、割と雑にどんなとこのも美味しく

頂いてたんですが。。。


th_IMG_9142_20161208025434860.jpg 


こちらも食べて。いいから食べて。

写真では肉がかなり締まって見えるじゃないですか。この見た目から判断するに、

脂以外の部分が煮上げることでギチギチに閉まってしまい、また脂は外に流れて

しまってパサパサするんじゃないかと思いません?


それ、間違いです。

まず私が間違えた。


侮って最初箸を付けてなかったんです。そしたら同席してた方がコレをひと口

食べて驚愕。完全に動きを止めて、人の会話に割って入らずにはいられぬ様子で、

「これは素晴らしい!!」と大感激の様相。


失礼ながら、おいおいこれが?と、私はまだまだ疑心暗鬼で、そんなに言うなら

食ってやろうかと、無意味な高飛車を噛ましてたんですが。。。


ほろりトロリン。

無駄な脂はキレイに抜かれて、甘くて美味しく、繊維質を感じさせつつもトロける

脂が、しっとりと下赤味の部分に絡まって、ぱさつかないどころかトロける食感!

うん知ってる、こんな手あかベットリな表現使っちゃアカンことはっ。でもトロ

けたのよっ。嘘は言われんっ(笑)


且つ、ココナツのカラメルかな。あれの風味を煮る事で紛らわすで無く、主張

させすぎるでなく存在させてて、なるほど、これは「日本の角煮みたいな」もの

ではなく、「ベトナムの豚の煮物である」と認識させるに十分な個性。


むーーーーーーーーー。

高価なレストランでもなく(むしろ安い)、お洒落なカフェ風のライトテイストな

ベトナム料理店に、こんな味を教わるとは!!お店には失礼だけど、使い勝手の

方が先に来ていた当初の数回をかるーく裏切られてしまいました!このお店、

こちらの予想や期待以上や!


まだ全品は食べ切れていないのですが、ほかにもなんか掘り出しメニューがありそうやなぁ。

なんだかんだでご縁があったのは、もっとこの店の味を知れ、という神の采配に

違いない( ・`ω・´)b  


神の采配なら仕方ない。

もっと通わないと仕方ない。

あー仕方ない仕方ない♪



ちなみに近く新しいデザートメニューが加わるそうです。

まだどうなるか分からないらしいので詳しいお知らせはできませんが、

いましばらくお待ちください。期待できる一品をお伝えできると思われます♪




***** 2016 Nov.*****

なんだかんだで、既に数回行ってます。
やっぱりあの可愛らしい感じの内装が、人を連れて行きたい気になるんよなー。
実際女のコとか連れて行ったら、えらいこと喜んでくれるし(*´ω`)

可愛い若い女のコが喜んでくれたらこんな嬉しい事は無い、
というスタンスで日々過ごしている今日この頃。
いよいよ自分の性別がわからなくなって参りました(・ω・)ノ

さて今回は、お二階のお席にて。

th_IMG_5780_2016101922485705e.jpg 

あー、2階は2階でまたよろしいですなぁ。
クーラーも入れてくれるんで、こっちの方が快適と言えば快適。
1階程ポップじゃないけど、エリアごとにいろんなパターンを取りれて、
混沌とならないように上手にまとめてるといいますか、良い感じのガチャ感。

th_IMG_5781.jpg

あと壁にかかってる「ベトナムのお母さん」的な写真が、良い感じでねー。

th_IMG_5782_20161019224859f2d.jpg 

こういう写真集あったらちょっと欲しいかも。
皆さん、ええお顔をされておられる♪

th_IMG_5783_201610192249013f0.jpg

で、前回と同様、豆腐のゴマフライとかブンチャーは頼んだのですが、
正統派の生春巻きを頼んでみました所。。。

th_IMG_5789_20161019224941927.jpg 

漬けダレが、お醤油!(´⊙ω⊙`)
いや、日本人的には全然アリなんだけど、意外と無くない?生春巻きをお醤油に
つけて食べて下さいって。自分でもしなかったし、なんかぐるっと一周回って、
ああこれアリか、と。

ただま、通常のベトナム式のままだったらTuong Den とかチリソースとかつける方が
きっと美味しい。お醤油で食べさせようとする殻には、ちょっと仕込まれてるわけで、
巻いてあるものが「ああ、なるほどなー」と思わせる、日本人には身近な食材だったり
しました。それは。。。

お揚げさんヾ(@⌒ー⌒@)ノ

なるほど、他の具材はほぼベトナム式なんだけど、揚げが入る事で全体の味の
ボリュームも上がるし、日本人にはものすごくシックリと来る組み合わせ。
もちろん揚げだけを絶えてる訳ではありませんが、醤油と揚げの大豆親和が
他の食材も引っぱってってくれる感じ。この手があったかーっ。

「生春巻きなんか、冷蔵庫に余ってるもんなんでも巻いたらよろしーが♪」

とか言ってる割には、全く思いつかんかったな(´⊙ω⊙`)
そういえばこちらのお料理は全般に、ちょっとそういう小技が聞いてるというか、
見た目に分からなくても、調味料ギミックが効いてるというか。
トラディショナルな感じの味を期待して行くと(ん?)と思う所があるかも
しれませんが、それが良い( ・`ω・´)b


th_IMG_5791_2016101922494335d.jpg 

豚肉のタマリンドソースナンチャラってのを頼んだら、こちらもちょっと予想と違ってて
細切り豚肉さんにタマリンドで味付けしたんかな。それに衣をつけて揚げてあるやつが
出てきました。クニュリと柔らかく味わい深い。1片は小さいけれども、満足感がある。
ビールに合うね。

あと前回も写真しか載せてないままでしたが、こちら。
一時期ちぇりさんがハマってた、プレミアムココナッツを飲むことができます。
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-3695.html

th_IMG_5785.jpg 

これねーっ、今、どのくらいの販路で売られてるのか分かんないけど、私が毎週
まとめ買いをしてた頃には、一部のオーガニックショップでしか売ってなかったんよな。
在住者の方は食材宅配サービスで買えるはずだけど、旅行者の方だとなかなかそういう
のを利用するのも難儀だったりしますから、美味しいココナツウォーター飲んで
みたいなー、と思った時にはぜひこちらで( ・`ω・´)b

考えてみたら、もっと飲食店で出回っても良かろうに、あんまり見かけん気がするなー。
自分が気にしてなかったから目に入ってなかっただけなんかな。これ、大きいヤツとは
味が全然違ってハズレもないし、こちらのお店のはキリッと冷してくれてるから
美味しさも倍増よ。久しぶりに飲んだら、お代わりしそうな勢いで飲んでしまいましたわw

やっぱね、こう言う所にも拘り出るよね♪
これ、知ってて且つ、ご商売に乗せようとするくらいだから、未だ食べてない
メニューにも色々工夫がされてそうやなぁ♪今後も楽しみなお店の一つです(^・^)



***** 2016 Oct.*****

「ちぇりさん、美味しいベトナム料理のお店があるから行きませんか!」

と、教えて頂き、ランチをご一緒してきました。
場所はベンタン市場の近く。

th_IMG_5607_20161009012456670.jpg 

このヘム内には他にも増え料理のお店があったりするので、もしかしたら
ご存知の方も多いかもしれません。Le Thanh Ton 通りからヘム内に
入るところはこんな感じで、底から先には途中には沢山のローカルの
ネイル屋さんがあり…

th_IMG_5606_20161009012454110.jpg th_IMG_5608_20161009012457e73.jpg

目指すお店の看板もちゃんとあるので分かり難いようで分かりやすい???

th_IMG_5610_20161009012458515.jpg 

突き当たりに見えるのがこのお店。結構有名なフエ料理のお店。この左右にもお店が
連なってるのですが、右手の方にあるのが今回のお目当てのお店。

th_IMG_5647.jpg

このロゴもセンスいいなーって思ったんだけど、店内がめちゃくちゃキッチュ!
じゃん!

th_unnamed (1) 
(Photo by Bep Me in)

やーーーー!かわいいいっ(≧∇≦)
2階席もいい空間になってるよ?っていわれたけど、この階がいいーーー♡
もう見てーっ。プラスチックの風呂椅子の背ぇ高バージョン、なんでもない椅子
やのに、45度に構えて綺麗にどれも並べられてる。それだけで雰囲気違うって。
全体が黄色を基調にした中でのコントラストも計算づくやな、これ。
色彩、配置、そして全体が醸す雰囲気。なんというアイキャッチ。

th_unnamed.jpg 
(Photo by Bep Me in)

壁には窓の絵。
そしてその中?外?の景色。
ちょっとニョニャな雰囲気漂う配色がまたよろしいなー。

あと、こんなアートも。

th_IMG_5636_2016100901443747d.jpg

ほんまもんの自転車と壁の絵をコラボさせた壁の一角。
最初の、店内全体図の左の方に自転車を立てかけてるのが見えると思いますが、
それを横から見たらこんな仕掛けになってましたよ、と。ひらりひらりと風に
アオザイなびかせてるの、天女さんみたいやなぁ。

場所柄外国の人も多いのか、メニューは写真入りでとても分かりやすく、
チョイスも豊富。

th_IMG_5626_20161009014432dd1.jpg

チョイ食べからシェア用ポーションまで色々あるので使い勝手が良さそうです。
お野菜メニューもたっぷりーヾ(@⌒ー⌒@)ノ

th_IMG_5625.jpg 

th_IMG_5622_20161009012529af0.jpg

英語が出来るスタッフさんも多くいらっしゃって、諸々スムーズだったのもラク
だったな。実は最初に話したスタッフさんが、どーもどっかで見た事ある顔だな、
と思いつつ話をしてると、のちに、以前良く通ってたお店(今はなくなった)の
スタッフさんだった事が判明して「あーーーー!!!」ってお互いになってた(笑)
長い事ひとつの街にいると、こんなこともあるもんだわな(^・^)

th_IMG_5629_20161009014436ba0.jpg th_IMG_5635_20161009015116707.jpg

驚いたのはその方の記憶力で、「(あのお店では)よく◯◯を召し上がってました
よねー♪」と私の食べてた物を覚えてた事。これまで何人の接客をして来たのか
しらないけど、人気店だったから半端な数じゃなかろうに、すげーな(´⊙ω⊙`)

一品目はこちら。お豆腐のゴマフライ。
これがベトナム料理なのか、ここの創作料理なのかはわかりませんが、中身、
充填卵豆腐を使ってて、しっかりしたバッターで覆った衣はカリッとしっかり
してるのに、中〜でてくる豆腐がトロリとしていて絶妙なコントラスト。

th_IMG_5631.jpg 

2種類のタレの片方はキューピーさんのゴマだれだと思われます(笑)
なんか身近なお味で嬉しいわ(笑)

そしてこちら。ホーチミンではお馴染みのパンプキンフラワーの炒め物。
ただでさえも花芯の部分を逐一摂らないといけなくて手間がかかる食材なのに、
こちらのにはさらに中に魚のすり身が仕込まれているという手の込みよう。

th_IMG_5634_2016100901511571d.jpg 

でもその手間を「大変やったんよー、あーしんど」とはみじんも感じさせず、さらっと
食べさせてくれる所が奥ゆかしい。これ、あんた作れ言われたら面倒やでー(笑)

このお花、特に強い苦味も旨味もあるわけではないのですが、そのクセの無さが
逆に意外さを持ち、且つ、シャキシャキとした食感が心地良く、お野菜的で
ありながら見た目に優雅さもあり、女性のゲストがいる時に頼むと、まず間違いが
無い一品。中身おっちゃんの私でもちょっと嬉しくなるくらいだから鉄板です( ・`ω・´)b

そしてこの日のメインは、ブンチャーヾ(@⌒ー⌒@)ノ

th_IMG_5632_201610090151138b0.jpg 

うおぅ、豪華!
こ、これで1ポーション????(・∀・;
2人いたから2人前にしてくれたんかな???にしても、この日のお会計は
この3品で210kとかやったし、やっぱり1人前かしら。。。????
なんか、焼肉定食食べに来たくらいのボリューム感あるよな(笑)

つけダレは定番の味のものだったけど、なんかこうひとくふされてる感があって、
すごく好みではあったな。なにがどうってとこまではちょっとわからんかったけど。

聞けばオーナーさんはフランスの方なんですって。
それでこのセンスなのか?!(´⊙ω⊙`)
いや、フランスの方が全員センス良いかは知りませんけど(笑)、
ベトナムオンリーな感時ではないテイストが随所に。

食べ終わった後、2階席も見せてもらったのですが、なるほど、すすめられるだけ
あって素敵だわ。お客さんも結構いっぱい。ローカルの方がこの日は多かったかな。

th_IMG_5639_20161009020936535.jpg th_IMG_5644_20161009020939b89.jpg

th_IMG_5643_201610090209380a4.jpg th_IMG_5646_20161009020941760.jpg

うーん、これはお客さんお連れしたい♪
ぶっちゃけベトナム料理って、その店にしかないものがあるとか、ずば抜けた
シグナチャーディッシュがないと、値段が違ったとしてもそこそこどこも美味しい、
って印象があるから、こういう、内装が特徴的で魅力的な所って結構選択の
決め手になる。

ゴージャスすぎず、でもとてもキュートで、なんかその場所にいる事自体が
お御馳走。まだあまり品数は食べてないので全体の味の評価は出来ませんが、
少なくともこの日食べた物はどれも美味しかったし、もうね、この雰囲気が。

ベンタン市場の近くなので観光客の方にも使ってもらいやすいんじゃないかなー。
在住者の方も知ってて損は無いと思うので、よろしかったらぜひ一度♪



Bep Me In







にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪
sidetitleプロフィールsidetitle

ちぇり

Author:ちぇり
FC2ブログへようこそ!

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleブログ村PVランキングsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
アップグレード 追加 作成済み/作成可能プロファイル数:0/1 キーワードをご入力ください ご指定の条件に該当するデータがありません * 他のユーザーから閲覧もしくは管理権限を与えられたプロファイル ユーザーガイダンス 解析コードの実装方法 Google Tag Manger 1.下記の解析コードをコピーして、解析を行いたい全てのページの から
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
の間に貼付けてください。 解析コードのコピー 2.解析コードが実装されたウェブサイトを開いてください。 3.解析コードが正しく実装されたか確認してください。 チェック 閉じる
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。