スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cafe Cardinal 〜 泡な朝!

大ネタ行きます( ・`ω・´)b

Cafe Cardinalは、ホーチミンきってのギンギラ…ではなく、
ゴージャスホテルのReverie Saigon。ワタクシの愛する
R&J  http://urx3.nu/CSip
を抱えるあのホテル。


実はこれまでもホテル内レストランを視察に行った事は
あったのですが(個人で視察て…)その装飾のゴージャスさ
には目を見張ったものの、ビュフェ会場の様子はいまひとつ。。

いやっ、ゴージャスなんですっ。

レストランスペースの雰囲気は、ゴージャス以上っ。



なんだったら目がチカチカしてくる程、煌びやかっ
(微かにトゲがあるように聞こえたらごめんなさい。
アレはアレで素晴らしいんだけど単純に好みから少し外れる…)



ですが、料理の品数がものすごく少なく見えたんです。
まぁ食べるわけじゃんく、サラッと見て回っただけだから、
見逃していた部分もあるかもでしたが、そもそもの料理の陳列
スペース自体がとても少ない。

で、何となく足を向けていなかったのですが…


「あそこの朝食ビュッフェって、泡付きらしいよ?」

なんだってええええええ!!

シャンパンブランチでもなく、通常朝食にスパークリング
ワインを付けるだと?けしからんっ!!!
まったくもってけしからーん!!!ヽ(`・ω・´)ノ


これは内容を確認しに行かねばなるまいよ(*´ω`)
ってことで行ってきました。


というか、ちょっとこの日は特別な日で、お世話になった、
仲間内でも飛び切りの美人さんで、ちぇりさん憧れの的
だったお友達の帰任が決まり、さよならご飯会だったのです。
ちょっと寂しい。でもだからこそ、盛大にやるのです。
華やかな彼女に似つかわしいこちらのお店で、盛大に飲むのです!



おぉお。。。ホンマにプロセッコ出てきたやで。。
でもこれ別料金やったりするんちゃうん?と思ったのですが、
ちゃんと料金に含まれてました。まぢか。



ひとまずは、カンパーイヾ(@⌒▽⌒@)ノ
はい、この時点で朝の9時前でしたわw
朝から飲んでも罪悪感を感じない人、限定朝食。
うひひひひ(^皿^)


ちなみにこの朝食、6時からやってるからな。
なんだったら、6時から飲めるってことだからな。
今回は所用があってこの時間からになりましたけど、
いつかやったる。6時開店と同時に乾杯 ( 。•̀_•́。)


ってか、ヨーロッパでは割と普通なんですってね。
朝食に泡があるって。スティルワイン(泡じゃない一般的な
発泡性の無いワイン)はないんだけれども、スパークリングが
朝食にフリーフローでついてる所は珍しくないんだって。
知らんかったー。




果物とねー、パン類はものすごく充実してるのっ。
パンのレベルも高いし、いや、これはこれで素敵だなーって思うんだけど、
やっぱり以前見たように、陳列スペースが小さい。


 



この黒パンなんかも、一見フレンチ風でありながら、肌理が細かく
揃ったしっとりタイプと言う、ドイツパンともまた違うそれで
面白かったわー。


この実験心をくすぐるデキャンタのチョイスもまたよろしいわね。
色とりどりのジュースがあって、面白かった♪オレンジやスイカなどの
定番はもちろんだけど、キュウリのジュースとかあってねー(^皿^)



ただその他は…
ホットディッシュを含めて、そこまで強く特筆する様なものが無い。
どう考えてもアンバランス。このゴージャスな内装に泡まであるのに
この品揃え。うーむ。。。


 


 


と思っていたら、今回謎が解けました。
こちら、メインがオーダービュッフェ形式になってる!



「もちろん」この朝食メニューの中のものは、何度頼んでもOK!
冊子後ろの方に価格付きで表示されてるものはアラカルトってことに
なるので、お気をつけて。しかしそれにしてもかなりの種類。

一般的な「お好きな卵料理」や、ちぇりさんの大好物のエッグ・
ベネディクトなどもあるけど、フォーやボーコー(ベトナム式
ビーフシチュー)等のベトナム料理ももちろんあります。


とにかくチョイスの幅が広いので、特に陳列されてるものを
取りに行かなくても、オーダーだけで過ごせてしまう充実振り!

色々食べてみたいモノはあったけど、まずは…?



えへへーっ、しゅきーっ(*´ω`)
オランデーズソースは少しライトだったけど、ビュッフェの中の一品
だからね。あんまりコッテリしてしまっては(胃袋の)あとが続かない。


実際これ、1つはお友達にシェアしてもらおうと思ってたのに、殆ど
自分で食べたからな。。。それでももたれなかったから、意図した
軽さなんだろうなぁ。。。


お友達はこちらをオーダー。
なんと、フォアグラのテリーヌっ。朝から!!



ビュッフェでフォアグラを楽しめると言えば、Sofitel Hotelのシャンパン
ブランチでしたが、なんと。。ここは平日毎日楽しめるんですか。
まぢか。。。


 


デニッシュのフレンチトースト、塩キャラメルソースってのも
幸せだった。キャラメルソースがかなりビターで泡にもとっても
合うお味。(普通はそこ、ラテとかミルクティとか言うとこな)



ステーキと目玉焼きのセットなんてものもある。
最初はベトナム式の薄くてマーガリンがベッタリな感じの
ステーキかなと思ったら、赤身のサッパリ輸入牛のステーキでした。
これは良い。そして目玉焼きの焼き方が素晴らしい。


温かく熱は入ってるけど、底の白身が焦げておらず、口触りが
とても優しい。そして黄身はとろっとろ。素晴らしい。

更になにがよかったって、このChef Charming!



焼きたてのクロワッサンとチョコクロワッサンを運んで来てくれるの
だけど、最初頂いて、ちょっと他の物を食べる間…5分くらいかなぁ?
テーブルの上に放置しといたら、


「マダム、そんな古いのを食べちゃいけませんっ。
 新しいのにお取り返しますよ!」


と、さっき貰ったのを引き上げて、新しいのを分けてくれる。
いやいや,パンにそんな古いも何も、しかも数分で…って思ったの
ですが、食べてビックリ(´⊙ω⊙`)



あたたかいのっ。そして軽いの!フォアッフォアで層はできて
るんだけどもシットリ。風味はあるけど油っこくない。
もしかしたら。。。今まで食べたホーチミンでのクロワッサンの
中で一番好きかもしれない。実に繊細。なるほど、こりゃ5分で
全然別物になるわ。こだわるわけね。


そういえば他の菓子パン類も美味しかった♪



まだまだマフィンやドーナツ等もあったのですが、さすがに限界w
ってか、あまりに限界過ぎて、いつもならどこの朝食ビュッフェでも
必ずと言って良い程頼むフォーや他のベトナム料理を一切頼むの
忘れてしまった。。。


それくらい、料理が充実。
ディスプレイされてるものじゃなく、オーダーの部分。
ディスプレイされてるやつは正直、そこまででもない。


単発的に美味しいソーセージとか、コールドカッツ類は無問題
だけど、やっぱりみんなそんなに食べない=回転が悪いので、
モノもちょっと乾き気味になったり劣化も見られ。


ただオーダーセクションはパンケーキも好きだったし、
目玉焼きやエッグベネディクトの玉子の扱い見てたら、
オムレツとかも、これh美味しいんじゃないかなぁ。


ここはちょっと攻略し甲斐がありますわっ。
ってか、プロセッコ付きで混み混み800k弱。
額面は700k 台後半だったんですが、税サ諸々でそんな感じ。
大体、ほかの5つ星と並んでます。


でーすーがー!


プロセッコ付き( ・`ω・´)b
しかもフリーフローよっ?!

シャンパンと並べるものじゃないけど、これ、シャンパンブランチ
だったら倍額、又はそれ以上ですもんね。飲むときそんなに食いや
しないんだから、美味しいメイン料理があるなら、その他のもんの
品数の少なさはマイナスにはなりません。いや、飲みながら食べる
方にも十分満足してもらえそうな内容っ。


夜は出難い奥様も、この時間帯ならどうですか?!
朝から飲むことにNO GUILTYな方オンリーですが、
料理も相当充実してるから、食べるだけの方も十分かと。
パン好きな人とかも面白いんじゃないかなぁ。


スタイルがちょっと違うので、一概に他のホテルのビュッフェと
並べはできないけれど、いやはや、本当にお見それしました。
これは知っとくべきだし、チョイスに持っておくべきだわよ。
いやー、いいわ。吞ん兵衛にはコスパ最強。


チョイチョイ行く様な価格じゃないけど、でもまた行きたい。
食べてないものいっぱいある。これは良いね。最近ビュッフェは
ホテルが固定しがちだったから、良い開拓先になりましたー♪


P.S.ちなみに明日のメルマガで、こちらの朝食ビュッフェの
  お得情報、お伝えします。良かったら見てね(^・^)


Cafe Cardinal at The Reverie Saigon
57-69F Dong Khoi Q1


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑

イイね!の代わりにポチしてくれると、

 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ
 
 
☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★
          
  <Cafe Cardinal  朝食ビュッフェのお得な話 
      明日更新!(バックナンバーでご覧頂けます) 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】
 
☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★
 
 
スポンサーサイト

MEZZ RESTAURANT 〜 Sofitel Hotel のランチ&シャンパンブランチ

***** 2017 Mar. シャンパンブランチ *****

久しぶりのシャンパンブランチ。
日本からのお友達が来ていたので、是非楽しんでほしくて
こちらのブランチに拉致りました。

th_IMG_0595.jpg 

氷柱のデコレーションは相変わらず。
この日のシャンパンはロートシルト(・∀・)

th_IMG_0587_201703241329468a9.jpg 

全体のストラクチャも変わってないけど、時期的なモノなのか、
シーフードがいつもより若干充実していた様な?

th_IMG_0604_20170324131703b1c.jpg

お目当ての牡蠣が充実してたのは勿論だし、伊勢エビのグリルも
ジャンジャン焼かれてました。シャンパンブランチはそんなしょっちゅう
来るもんじゃないけど、来れば伊勢エビ食べられる所が増えたので、
以前程伊勢エビが遠い存在じゃなくなった気がするなw

th_IMG_0588_201703241315060ed.jpg 

グリルド・ベジタブルや深い鍋の中にゴージャスに作られた
ラザニア等、ホットディッシュも大変充実。
なかなかこっちまで胃袋が回らないんだけどね(笑)

th_IMG_0589_2017032413150763a.jpg

充実の魚介類は、食べたいものをお皿に取って調理法を指定。
茹でるのか炒めるのか。炒める際にはどのソースを使うのか。
お楽しみがいろいろあって迷っちゃいます(^・^)

th_IMG_0592_20170324131510e56.jpg 

今回お気に入りになったのは、伊勢エビのビスク。
殻や頭から作るスープなんだけど、すごく濃厚でありつつ
アクが殆ど出てなくて、どれだけ丁寧に炊いたのだろうと
感心の一品。美味しかったなー。そのまま飲んでも美味しいけど、
パンを浸して食べても美味しい。このスープだけでシャンパン
何杯飲めるやらw

th_IMG_0614_2017032413151806b.jpg 


そして意外な事に、こちらお蕎麦がけっこうおいしいw
日本からきてる友達に勧めはしなかったけど(笑)
私2杯お代わりしたわ。控えめな量だとしても、食べ過ぎやろw

th_IMG_0619.jpg 

少し色が黒目のお出汁で、関西風ではないのだけれども、
とてもお味が良くって、例えばセットアップ(インスタント的な)
お出汁だったとしても、好きな味。お蕎麦も茹でおきなんだけど、
ビュッフェ中のお疲れ気味の胃にはむしろそれが良し。
これもしランチビュッフェで出てたら、また食べたい♪

日本からのお友達によると、
「入れ替え制もなければ、どのお料理も補充が途切れることもなく
 ガツガツ並ぶことなんてないし、時間が過ぎてもテーブルの上に
 あるものでのんびりしてても追い出されない。いいねー♪」

とのことでした。
うん、さすが我が友。
よくぞ理解してくれました♪

あ、フォアグラも健在です。

th_IMG_0607_20170324132757356.jpg th_IMG_0605.jpg

パテもポアレも。
しかもどちらもレシピがとても素晴らしいので、
やっぱりこのビュッフェはかなりお得です。
滅多に行かないシャンパンビュッフェだからこそ、
どちらのものに行くかはそれぞれの特徴を抑えて用心深く!
そしてしっかり楽しんで下さいねー♪


***** 2016 Aug. ランチビュッフェ *****

シャンパンブランチの事は下記に書いてあるのでそちらをご参照下さい。
個人的には、ホーチミンのシャンパンブランチならこちら、と思っているのですが、
では、平日のランチビュッフェはいかがな物かと訪れてみました♪

なんせワタクシには、
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-4271.html

これがあるっ↑。
来年の2月までっ。
使い倒さねばもったいない!!!(←せこい)

というわけで、なにかというと、興味のあるお友達を誘って行ってるのですが、
平日ビュッフェはもちろんシャンパンブランチと比べるべくものではないけど、
まぁそれでも充分ですわ!

th_IMG_2546_20160912220249fcb.jpg th_IMG_2548_20160912220252b55.jpg

th_IMG_2549.jpg   th_IMG_2547_201609122202503f9.jpg
 
th_IMG_2551_20160912220255b2f.jpg th_IMG_2559_20160912220517dbd.jpg

th_IMG_2562_20160912220519cda.jpg th_IMG_2563.jpg

私ここのビュッフェのお寿司・お刺身コーナー、がんばってるなーと思うんですが、
そこのお刺身類と海草類、種類豊富なお野菜類を合わせてサラダにして食べるのが
オススメよ、とお友達から入れ知恵…もとい、アドバイス貰って真似てるんですが、
ほんんとに良い( ・`ω・´)b

だってほら、そこそこのお刺身を外で食べようと思ったら結構なお値段するじゃない
ですか。それが食べ放題。生ものが食べたくなったらここで補充(笑)

日によって出てくる物が違う事もあると思うんですが、この日はポークローストが
秀逸でしたね。チャイニーズローストもですが、オーブンローストの多分ロースかなぁ。
食べたら「ええ?!(´⊙ω⊙`)」って思うくらいにシットリジューシーで柔らかく、
油の少ない部分の豚とは思えない食感。でも旨味はそこに詰まってるという理想的な
仕上がり。ちょー美味しかった。

th_IMG_2572.jpg th_IMG_2575_201609122259257cd.jpg

ベトナム料理コーナーもチャイニーズコーナーも充実してるし、煮物やパン
フライ系のホッとポットエリアも、内容はコストを落とした物になっている
かもですが、バリエーションは充分すぎる程揃っており、まぁ食べ切れない
くらいの種類があるので「足りない( *`ω´)」とか言う方は殆どいないんじゃ
ないでしょうか(笑)

嬉しいのは、スイーツ類もかなり充実してること。
見た目にも美しいし、お味がね。どれもかなりいいとこいってる。
極上とは言わないし、物によっては(こ…これがフランス風なのかな???)
と思わないでも無いものもあrんですが(笑)、まぁ全体に美味しいですよ。
ショコラファウンテンもあったし。なにより。。。

th_IMG_2578_2016091222052152b.jpg th_IMG_2584_2016091222592791c.jpg

私のだーーーーーーい好きなイチゴの赤ワイン煮がある!!!
イチゴ、生だとベトナムではコストかかる気がするんだけど、冷凍の物を使って
るんかなぁ。まぁそれでもこのレシピだとマイナス要素がないから全然構わない
んですが、あいっかわらず美味しいわー。


th_IMG_2579_20160912220523d75.jpg th_IMG_2582_20160912225926914.jpg


これをタップリ器に取って、クレープに合わせたりアイスクリームに合わせたり。
なんだったらワイン飲みながらこれ食べるですよ(笑)
幸せや。なんだったらご飯の量半分に減らしてこれ延々食べてもいい。。。
(それMAXお行儀悪いから止めなさいね。。。)

ちなみにお値段は諸々混みで600kドンちょっと。
ワタクシ、例のカードがあるので2人で行った時には半額。
1人300kドンの計算です。1500円。

うんまだそれランチにしちゃリッチな価格だけど、日本でも強豪少ない田舎の
ランチだとそのくらいは軽く行く。それに毎日の事じゃない。たまーのことだ。
それでこんだけ生魚や寿司、凝った付け合わせで食べる新鮮な野菜のサラダ、
上質のメインディッシュに大好きなスイーツがそろってるんなら個人的には文句
なし( ・`ω・´)b

ただま、正価が3000円なので、そこは人によりタイミングにより価値かも変わって
来ようし、自分もその価格なら今の頻度は無いな、と思うのだけれども、まぁ、
例えば誰かのお誕生会だとか、歓迎会とかそう言う場にはいいんじゃないかなーと
思うわけです。

最近、他のホテルのランチビュッフェに行って無いので明確な比較ができませんが、
絶対値的に満足できるランチビュッフェだと思いましたー♪





***** 2016 Jun. シャンパンブランチ *****

ピンクティ
 http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-3632.html  
チーズビュッフェ http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-3760.html  
シャンパンブランチ http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-3928.html 

と、どこのホテルよりも回数、そしてバラエティ豊かにビュッフェのすばらしさを
伝えて来たSOFITEL SAIGON PLAZAさんですが、改装後、前回ご報告したシャンパン
ブランチとは随分様変わりしたようだったので再度のご紹介。

というか、以前レポした時とは会場も変わったので別記事で。
会場は、正面玄関から入ると2階左手の方に移りました(以前は右手だった)。
エレベーターで上に上がったら右手に折れた側。左手にあったL'Oliverという
会場は、現在はアラカルト専門のフレンチレストランになっている様子。

あの会場、悪くはなかったのですが、ちょっとこじんまりだったので、ちょっと
華やかさに欠けてる感じだったんですよね。ただ料理が一流だったので、
華やかさよりも実を取る場合はSOFITEL推し、って感じだったのです。
それが改装後。。。


th_IMG_9135_20160605170836942.jpg 

あっらーっ、改装後はスッカリシック&ゴージャスな感じに!
いいじゃないですかーっ。これなら雰囲気の点でもお勧めになったので、
シャンパンビュフェとしては圧倒的な地位を確立した感じですね。
…と、いやいや。まだお料理は頂いていないので早合点は禁物。

そう言えば以前のテタンジェからシャンパンの銘柄も変わってましたし。。


th_IMG_9133.jpg 

や、充分美味しいんですけどね(笑)
なにはtもあれ、ホッとディッシュからコールドカッツまでかなりの充実振りです。
あと、 M gallery  http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-4167.html
さんの時にも思ったんですが、ディスプレイが素敵なんですよねー。


th_IMG_9139.jpg th_IMG_9138.jpg

パンやグラスを上手に使ったセンスの良い盛りつけ。
見て回ってるだけでもウキウキします♪

th_IMG_9145.jpg 

グリル用魚介類を置いてあるところなんて、氷で作った天使の羽みたいなものが
ライトアップされてて、まーお金をかけていらっしゃること(^^;

チーズは意外に控えめでしたが(それでも10数種類はあったけど)
さすがフランス系列のホテル。生ハムやサラミなども大変美味しいものが揃えられてて
繊細な冷製類は専用の保冷この中にディスプレイ。冷房が効いているとはいえ、基本が
夏気候にある奥内だと、どうしてもムースやパテ、ゼラチンを使ったテリーヌなんかは
ダレるんですよねー。


        th_IMG_9143.jpg

th_IMG_9146.jpg th_IMG_9142_2016060517091756a.jpg 


それを防ぐ為にゼラチンをアガーにすれば食感が変わるし、そこで味を変えることを
良しとせずに、オリジナルの味を大事にするため、この保冷庫内でのディスプレイを
選択されたのでしょう。実に愛がある。そして誇りがあるね。ご自分たちが作る
お料理に対して。食べる前にお店の装備を見ればレベルを推測する事が出来る、
というのは、こういう所なんですよねー。勉強になるっ( ・`ω・´)b

お寿司のディスプレイも奇麗だったなー。
後こちらの板さん、大変包丁使いが奇麗。
お友達はこちらのランチビュッフェなんかに来ても、この板さんが切り出すお刺身と
お野菜をタップリ取って海鮮サラダにして頂くのが大好きだと聞いてたんだけど、
なるほど納得。こりゃ専門のお店でも中々叶わんレベル。お寿司も悪くなかったしなぁ。

th_IMG_9147.jpg 

リッチなトッピングも沢山あるのでサラダとはいえどもシャンパンに合うように
アレンジも可能。贅沢だわー。

th_IMG_9169.jpg 

チャイニーズ〜ベトナミーズももちろん装備。
今回は殆どこの辺食べなかったけど(笑)、見目にも楽しいし美味しそうだし、
旅行者の方でベトナム料理を楽しみにして来られる方のニーズもバッチリ満たせます。

th_IMG_9154.jpg th_IMG_9156.jpg

しかぁしっ。
ワタクシたちの今回の目玉は…?

th_IMG_9191.jpg 

うわーーっはっはっは。
フォアグラのテリーヌーヾ(@⌒▽⌒@)ノ

これはSOFITEL より格段に高いHayattさんでも出してない素材(あそこイタリアン
ですもんね)。これが食べたくて今回はこちらにしたの。ってのが、前回のシャンパン
ブランチで頂いたフォアグラがとてつもなく美味しかったから。まずはテリーヌで。

th_IMG_9174.jpg 

お塩パラリでも美味しいんですが、私はハチミツにバルサミコが好き。
バルサミコだけってのが無かったからサラダコーナーからバルサミコ、
パンまたはチーズコーナーからハチミツ持って来て卓上調味。
うめぇ。。。そしてこれ、結構時間内に何度か食べたんですが、ずーっと補充
されてましたね。。。潤沢ですね。。。豪気だ。。。

いやいやフォアグラなんてひと口ありゃぁ充分でしょ、んなもんバクバク食べる
もんじゃないわ、と思われる方、ごもっともです。それが品のある食べ方と言う
ものですw そんな方には、こちらのメイン食材を♪

th_IMG_9180.jpg 

グリルコーナーでオーダーできるロブスター。そしてビーフやラムのステーキ。
ラムも前回のシャンパンブランチの時がメチャクチャ美味しかったんですよねーっ。
今回はシンプルなグリルだけだからどーかなーと思ってたんですが、うん、やっぱり
美味しかった。クセが少なめなのでガツンとしたラムが好きな方には物足りない感
があるように思われるかもですが、旨味が濃いっ( ・`ω・´)b

敬遠される方が多い中、私は気にせずガッツリ頂く牡蠣もあるヾ(@⌒▽⌒@)ノ
グリルもしてくれるんだけど、まぁ生ですよ。

th_IMG_9178_201606051736166b0.jpg 

今回のはローカル産。
この時期のローカルの牡蠣。
アホかコイツ、と呆れられてるかたもいらっしゃるかもしれませんが(笑)
まぁ毎日ドンブリ一杯食べる訳じゃないしな、このシャンパンにこのトロける
ような牡蠣の旨味を取らない方が自分には損だな、というトレードオフを
取って食ったわ。半ダースくらい。超絶美味っ。←鉄壁の胃腸の持ち主

私、日本順の牡蠣を大概食べて来ましたが、ベトナムの牡蠣には比べ物にならない
くらいミルキーで濃厚なものが結構あるんですよねーっ。以前Hayatt さんで頂いた
カナダから空輸した牡蠣が過去最上級にミルキーだったのですが、それにも負けない
濃厚さ。もうね、日本歴含めてこれまで使ってた「ミルキー」という牡蠣への賛辞は
全部撤回したい。あのアッサリはアッサリで美味しいけれども「ミルキーな」という
称号はこのくらいのものにでないと使こたらアカン。そんなことを思ってしまうくらい
美味しかった。

まぁこればっかりは時期もタイミングもあるから常に同じレベルのものが供給されて
いるとはお約束できませんが、牡蠣好きな方は、ホーチミンのシャンパンブランチに
出て来る牡蠣、地物・ローカルもの色々あるけど、どこもけっこう厳選されてると
思うのでおススメですよ( ・`ω・´)b

そうそう、チーズコーナーにはラクレットもあったので、お好きな方はお腹が
一杯になる前に楽しんだ方が良いかも。じっくりじっくり巨大なチーズを
熱源で溶かして少し焦がしたトロトロのものをポテトにタップリ。至福。


th_IMG_9198_20160605175157590.jpg th_IMG_9205_20160605175100935.jpg

箸休めにはグリルドサラダを。
相変わらずトッピングやドレッシングが一杯なので、最初にチェックしておいて、
他のセクションのお料理と自己流で雲合わせても美味しいと思いますよー。


         th_IMG_9194_201606051751537c7.jpg  

th_IMG_9195_20160605175154960.jpg th_IMG_9196_201606051751567cd.jpg


魚介のグリルにブラックリーブのペーストとかジェノベーゼをトッピングするとかね。
そう言う変化を付けると、箸ももっと進みますし。
(あなたぐらい食べたらお店が大変お気の毒ですけどね。。。)

あっ、忘れてた。
グリルドコーナーには伊勢エビやら牡蠣などが並んでるので分かり易いのですが
(さっきの氷柱ディスプレイがあったとことは別の場所にあります)
ソテー用のフォアグラは外気に晒さない方が良いからか、目に見える所にはありませんっ。
(先程のパテはチーズ近くのコールドカッツのコーナーにある)

th_IMG_9193_201606051756328bb.jpg th_IMG_9187_20160605175630b47.jpg

「フォアグラのソテーが食べたいっヾ(@⌒▽⌒@)ノ」と、係の人に伝えましょう。
「開けゴマ!」と言わないと、ドアは開いてくれないのです。
(なんで教えてくれないんだろう)とか(パテ、あんだけ食べてたんだから
勧めてくれても良いのに…)なんてエスパーであることを人に望んでても
美味しいものはやってきませんっ。食いたいものは伝えるべし。
欲しいものがあるのなら、人生なんでも望みは口に出しましょう(๑•̀ㅂ•́)و✧

あと、SOFITELさんと言えば楽しみなのがスイーツ関連。
特にムース系は定評があったようですが、今回は更にその部分に力が入れられて
いたような。


th_IMG_9216.jpg 

あと、マカロンは間違いないですし(私ここのをよく贈り物に使い
ます)、ショコラはまぢ、腰が砕けますよ。。。フォンダンショコラのソースですら
メロメロになります。。。


th_IMG_9162.jpg   th_IMG_9221.jpg

ここのショコラを楽しめたら、ブランドショコラショップに行って千円オーバーも
払ってホットチョコを飲みたいとか言う欲求に駆られる事も無くなります。
ダークチェリーのワイン煮るとかブリーチーズと合わせたら軽くトリップするくらい
最高だったわ。。。思い出してもウットリする。。。

th_IMG_9211_201606051806254af.jpg th_IMG_9161.jpg


後メレンゲ使いがさすがのレベルで、普段はあまり好まないマシュマロを
ここのショコラファウンテンだとパクパク食べちゃう(^^;
自家製のジェラートも美味しかったなー。(ほんまにあんたどんだけ食ってる…)

前回はメインディッシュをオーダーして持って来てもらう形式で、それが他の
ビュッフェとはちがっており、且つ実に美味しい皿の数々だったので人にお勧めする
際の売りにしてたんだけど、それが無くなった今もその頃に負けないどころか、
むしろパワーアップした感がある Mezz Restaurantの日曜限定シャンパンブランチ。
ちょっぴり割引プランがあったので、お一人さま1,500kドン。約7500円。
(定価だとこれに15%くらい上乗せかな?)

一回の食事の単価にしちゃ高いですよ、そりゃ。
でも軽くシャンパン1人1本飲む様な吞ん兵衛は「安い!」と言わざるを得ない金額。
時間制限も無いし、何か一つの食材に客が群がる様な残念な光景も無く、優雅に
これだけのレベルの食事を楽しめるのだから「コスパ」という点では超絶的。

ちなみにリニューアルされたHyattさんは税サ抜きで2,000k弱でしたから、それと
比較してもお得と言わざるを得ない。もちろんシャンパンの種類や料理の傾向も
違いますからどちらが好みかに寄ってコスパジャッジも変わるとは思いますが。。。

やっぱりいいです、SOFITELさん♪
ホーチミンのシャンパンブランチの中では…いや、東洋一と歌われた別国の
(倍額くらいする)ビュッフェですら比べ物になりませんから、東南アジアの中でも
屈指じゃないかと個人的には思ってます( ・`ω・´)b

これ、こう言うのがお好きな方はホーチミンに居る間に楽しまないと、
絶対もったいないと思います。そんなしょっちゅう行くもんでもないし、
考えてみたら日本で適当な飲み屋に行ったってこのくらいになることがあるのを思えば、
無理な金額でもないんじゃないかと。強くお勧めっ。

ってか書いてたらまた行きたくなったっww
いつか旦那さんをそそのかして行ってみようっと(*´艸`*)


Sofitel Saigon Plaza
17 Lê Duẩn, Bến Nghé, Quận 1,




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Food Conexion 〜 久々来訪!ランチに牡蠣がありました!

***** 2017 Jan. ***** 

うおっ、記事更新は二年半振り!
実際には間にもうちょっと行ってましたが、今回はかなり久しぶり。
こちらも、http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-4271.html の対象店なので
活用しないとですねー♪ってことで、先日女子二人で行って参りました。

そう、Accho Clubの会員になってると、2人と時のダイニングは50%引き。
超お得( ・`ω・´)b
で、久方ぶりに行ってみましたら…

th_IMG_2226_20170123190023886.jpg 

はーい、あいかわらず美しい店内。
こちらのホテルはコンヴェンションとかも良く行われるらしく、会議室設備も
良いと聞きますが、多人数に対応できるようにメインダイニングのスペースが広く、
且つ華やかさを忘れない盛りつけやラインなっぷはあいかわらず。
ただ、ちょっと品数を絞り込んでる感はあったかな?その分。。。

th_IMG_2207_20170123190025a2d.jpg th_IMG_2203_20170123190029d2a.jpg

おや、シーフードが??
いえ、以前も前菜などにシーフードが使われて履いたのですが、こんな風にシンプルに、
そのものを楽しむと言うような趣向はなかった様な。ってか牡蠣があるじゃないですか!
生食しても大丈夫なやつ?と聞くとそうだという。ならば、ってことで…

th_IMG_2215_20170123190031aad.jpg 

うん、みなさんは自己責任でね。自粛しつつ食べて下さいね。
ワタクシ過去に牡蠣をどんなにバカ食いしても当たったことがないもんで、
躊躇なくこんな量を取って来てますけど、ちぇりの大丈夫=みなさんの大丈夫、
では絶対にありませんし、単にちぇり菌>ウイルスってことだと思いますので
くれぐれもお気をつけを。

しっかしこの日の牡蠣は小ぶりながら、おいっすぃー!!!(≧∇≦)
牡蠣は飲み物( ・`ω・´)b(違います…)
結局このあと、2回お代わりに行ったから、1.5ダースは食べたなぁ。生で。
あ、焼きもおいしかったです。(焼きも食ったんかい!

th_IMG_2217_201701231900327e8.jpg 

このチーズ焼きやらネギ焼きやらは、日本も是非やると良いと思うのよ。
今シーズンだろうしさ。

聞くと去年の半ば頃から、ランチにもシーフードを取り入れてるんだそうです。
生ものですから、当然その日の仕入れによって並ぶものは違い、必ずしも牡蠣が
あるという確約は出来ないそうですが、殆どのケースであるんだとか。
充実したランチビュッフェ多しといえども、生牡蠣食べられるランチビュッフェは
少なめよなー。これはええこと知れたヾ(@⌒ー⌒@)ノ

th_IMG_2208_20170123190026b96.jpg th_IMG_2209_20170123190028cc9.jpg

チーズとかセミドライフルーツとか、少数精鋭って感じだけど、まぁ十分だよね。
質良く美味しいものが揃ってくれてれば。私、半生のプルーンが大好きで、クリー
ミーなカマンベールっぽいやつと食べるのが好きなんだよねー(^・^)

もちろんその他のお料理もあいかわらずの充実振り。以前ほど、小さいグラス
ポーション仕立ての前菜とかは減ってたけど(多分あれ手間がかかりすぎる)
あいかわらずお野菜がふんだんに用意されてて、その仕込みも美しく、ドレッシング
なども実に魅力的で種類が豊富。その場で作ってもらえるベトナムの麺類なども
もちろん常設。そして。。。

 th_IMG_2216_2017012319094509b.jpg th_IMG_2213_201701231909446aa.jpg

th_IMG_2222_201701231909480b2.jpg th_IMG_2218_20170123190946edc.jpg

上の写真の下段右、奥の方にあるスープ。
何だと思います? なんとロブスターのビスク!!おいおいおいおいwww
ランチビュッフェで出すメニューじゃねーだろそれwww

あれです。ロブスターの頭や殻の部分を焼いて煮詰めてベースを作るあのスープ。
アメリケーヌソースとかあの辺作る時みたいな手法の。手間かかるってば! 
でもまぁ材料は豊富に手に入るんだろうな。多分夜はシーフードビュッフェで
ロブスター出してたりするんだろうし、海老とかでもつくれるしなぁ。

まぁこのスープにパンを浸して食べるだけでも、私、今回の金額払う価値あるわ、
って思ったくらいよ。コスパが良すぎる。

そして忘れちゃ行けない、こちらのビュフェのお楽しみ。
スイーツビュッフェーヾ(@⌒ー⌒@)ノ

th_IMG_2202_20170123191645a47.jpg 

あいかわらず華やかねー!そして一目見ただけで手間のかかり様がよーくわかる。
各ビュッフェ、同じスイーツ部門でも得意不得意があるもんですが、こちらは
特にムース系が大変得意と見ております。

th_IMG_2223_2017012319164823f.jpg 

今回はこのココナツのムースが絶品だったわ。
これも毎日同じメニューじゃないので必ずあるとは言えないけれども、もし
見かけたら是非試してみて。写真でわかるかなー、生地の肌理の細かさ。
滑らかさ。美しい。美味なるものは美しいのです。

th_IMG_2225_20170123191646d2d.jpg 

こちらのスイーツはまたポーションを小さめにしてくれてるのも嬉しい所。
デザインのセンスもいいよねー。勉強になるわー。
で、こんな感じ。

th_IMG_2230_201701231916494d6.jpg

どんだけ食うねーんヽ(・∀・)ノ
でも見て。見ただけで分かるバリエーション。飽きないんだもん。仕方ないやん。
(量の問題どこ行った)

総括:取り揃えてるものの様相は、申し上げたように以前とは少し変わってましたが、
充実度は変わらず、若しくはシーフードがお好きな人にとっては大躍進( ・`ω・´)b
コーヒー紅茶もセルフですが含まれていて、全て込み込みで500kちょっとだった
かな。気持ち上がってたけど、コスパ考えたら文句無しです。

クオリティ変動の大きいホーチミンの中にあって、こういう変化は嬉しいですなぁ。
いや、久々に堪能しました♪お御馳走様でしたーヾ(@⌒▽⌒@)ノ




***** 2014.. Aug *****

フードコネクションさん、私の中ではホーチミンのランチビュッフェをリクエスト
された際、まず一番におススメしていたお店なのですが。。。
最近、行かれた方から情報を寄せて頂きました。

『グラスポーションの前菜がなくなっていて…
 内容的にもちぇりさんが行かれた時より落ちてたかも… 』

とのこと。なんてことっ。
メインはともかく、あのビュッフェが特徴的であったことの一つに、
グラスポーションの美しさ、美味しさ、種類の多さがあったというのに、それが
削られてしまっていたとなっては魅了が半減。。。。


以前に別の記事でも書きましたが、オープン当時は華やかにして集客に勤め、
ある程度固定客がついたり客数が安定してくると質を落としたり料金が上がったり、
という変化が見られる事が少なくない、と聞いた事があります。

自分自身はそれをあまり如実に目の当たりにした事が無いし、今回も自分が
体験したことではないのですが、日頃からこのブログを読んで他のお店にも
行ってくださってる読者の方からの情報。信頼できるだけに残念至極。

私も次回行った時は気をつけて比較してみますが、これから行かれるご予定の
方がいらっしゃいましたら、私の以前書いた記事だけでは片手落ちになりそう
ですので、そう言う情報があったということを念頭に置いてお出かけになって
いただけると助かります。


*****2014 Jun. *****

ランチタイムだから行きやすい、ってのはあるけど、此方のビュッフェが一番リピート
回数多いなー。相変わらず美味しかったです、フード・コネクションさん♪

th_IMG_2152.jpg

th_IMG_2150.jpg th_IMG_2144.jpg

今回は、前回まで定番で大好きだった焼き野菜がなかったのが残念でしたが、上記写真の
マグロのタタキ・マンゴー添えとか新しいメニューも多くなってて面白かった♪

お客さんの数も昨年末とは段違いに増えて来てて、賑わってるようで何より。
あんまり流行りすぎると入れなくなって困る、って話もあるけど、良いお店は
しっかり人気を呼んで儲けて長く続けてもらわないとこまりますもんね♪

ただ、お客さんが多くなってくると対応が難しいのか、今回はアイスクリーム
アトラクションをお願いしても「本日は難しくて…」と断られてしまいました。
初めてお連れしたお客様がいたので、ぜひやってほしかったのですが。。。

ま、たくさんのテーブルであっちもこっちもってなると難しいから仕方ない
かもしれませんね。またはスタッフさんの人数の兼ね合いだったかもですが。。。

ところで、料理もさることながら、スイーツが更にパワーアップしてたように感じたのは
気のせいだったでしょうか。種類と良い質と言い、このスイーツだけでもビュッフェとして
成立しそうな勢い。

th_IMG_2145.jpg th_IMG_2146.jpg

これで2000円チョイの金額は、やっぱりお得ですね。
ランチビュッフェで迷ったら、こちら、やっぱりおススメです♪


*****2013 Dec. *****

先日ご紹介したこちらのビュッフェ、
まさかの翌日に二連チャンで行ってしまいました(笑)

最初に行ったのが金曜日。翌日、量はあまり食べないので日頃はそんなに
ビュッフェに興味を示しそうにない相方さんが珍しく反応。
どうせならってことで、良くお食事をご一緒してくれる会社の方も誘ってみた♪

その方は大層舌が肥えてらっしゃるので、いつも初めての所におつれする際は
どきどきなのですが、日頃はお仕事で大変お忙しいので、お店を開拓する間も
なかろう、と、つたないながらも、ちぇりチョイスの精鋭どころにお連れさせて
もらってる次第。さて、今回はどうかしら???

ぶっちゃけめっちゃ気に入ったので、前日と同じ物でもいいやという感覚で
行ったのですが、全体の構成こそ似てたけど、それぞれの詳細がかなり違う!!
例えば小皿ポーションに分けられた生春巻きの具材は前日とは違ってたし、
カプレーゼは、ビーツとチーズのグリルになってた。麺物にはフォーを
アヒルと一緒にクイティヤオのように炒めた物も。これ、美味しかった!!

th_IMG_5182.jpg th_IMG_5178.jpg

グラスポーションの前菜は、種類も増えて内容も昨日とは違ってる。
今日はカニ肉をふんだんに使ったサラダ的な物が美味しかった♪
あと、ちぇりの大好きな蛤料理もあったー♪

th_IMG_5183.jpg th_IMG_5194.jpg

蛤の料理なんて、ガーッと作ったらごっちゃーと盛られててもいいのに、
ウォーマーの中に丁寧に1連だけ広げておかれてたんだよね。
どこまでディスプレイに細かいのか。。。補充も大変だろうにね。

今回お肉でめっちゃ美味しかったのはダックのテリヤキみたいなの。
これ、専門店で出されても納得いくお味!!
で。。。出来れば手づかみで骨の所しゃぶりつきたかった。。。(笑)

th_IMG_5179.jpg

チーズも前日とは違う種類の物が並べられてて、これまた美味。
右のお寿司の内容は前日と同じだったんだけど、写真の、中が黒っぽく見えるやつ、
何かの佃煮っぽかったんだけど、シャリシャリと軽いクリスピー感があって
美味しかったので正体は何かを聞いたら、鮭の皮なんですって!!

th_IMG_5199.jpg th_IMG_5190.jpg


それがちっとも生臭さとかが無くて、ひじょーに美味しい。
お寿司にクリスピーナ素材を合わせるってのも楽しいし、お寿司担当の方の
ご自慢の一品なんですって。すごいニコニコしながら解説してくれた♪

パンコーナーで、粉砂糖をフリフリしている人がいたので、
なにしてるのー?って聞いたら、

『Making a Christmas!』

th_IMG_5184.jpg

ですって(笑)
キュートよね(*´艸`*)
お寿司コーナーの方もそうだったけど,こちらのビュッフェが好きな理由は、
お料理の味だけじゃなくて、スタッフの方がとても気持ち良くお仕事されてる
所も大きいかしら。気軽に話しかけてくれるし、どなたも誇りを持って自分の
箇所を担当しておられるように感じます♪

卵のファルシは、前日はアヴォカドメインだったけど、今日は甘辛テイストの
味だった。好み。スープはアスパラガスをチョイス。もう一つはココナツベースで
ちょっとアジアンな感じだったかな。リッチなお味で、決して種類を間に合わせる
だけのものには思えなかったわー。

th_IMG_5180.jpg th_IMG_5200.jpg

スイーツも充実。
前日に違わず(笑)

th_IMG_5235.jpg

写真,ドンドン行っちゃう(笑)

th_IMG_5234.jpg

で、前日もあったけど手を付けなかったのが、こちらのお菓子。
白い部分はメレンゲでケースになってて、中にカスタードとクリームが!!

th_IMG_5233.jpg

レモンタルトのメレンゲが甘かったから、このお菓子も甘いだろうと手を出して
なかったのだけど、こちらは焦げ目をつけないようにする為かお砂糖控えめ。
で、お粉を殆ど使ってない分、パートシュクレ(タルト生地)よりも断然軽い!!
うまいじゃないか!!

こういうメレンゲでケースを作ったタルトのようなお菓子を、PAVLOVAって
言うんですってね。恥ずかしながら初めて聞いた(^^;  そして日本では
あんまり、ってか、殆ど遭遇した事なかった。同じメレンゲでマカロンは
ポピュラーなんだけどねー。

で、結局3つも食べちゃったよ、これだけで(爆)
そのくらい軽いし美味しい。今目の前にあったら5個は食べれる(笑)
シンプルなお味なんだけど、食感が秀逸。ビュフェ後半になると
クリームの水分で若干湿気って来てる感があったので、ちょっとお早めに
お試しになられる事をおすすめ。

で、これまたゆとりが無くて前日には試してなかった果物も食べてみたんですが…

th_IMG_5236.jpg

なんか果物ですら、一級品というか、大変美味しゅうございました。
特にピンクグワバ?!かな?青いのはガシガシするだけであんまり好きじゃ
なかったんだけど、モモのような柔らかさがあって美味しい、これ!!
お腹が一杯じゃなかったら、お皿に山盛り食べたかった(笑)

で、思ったんですけど、こちらの料理の数って、一流ホテルの広大なビュッフェほど
たくさんではないんですが、ちょっぴりずつなら一通りぜーんぶ食べられるかも?
って感じなんですよね(笑)  数が多いって見目には嬉しいんだけど、全く手を
つけられない物も多くて残念な事があったりしません?(笑)

その点、こちらのだと、ひと通り味見が出来て、更にお気に入りを追加でって
こともできるのがいいなーって。ええ、人によっては、とてもひと通りなんて
食べられないようですが、ちぇりは食べれましたよっと(笑)

宿泊客が連日来られる事も見込んでか、ほんと、味わいや素材をがらっと変えてて、
連日の訪問でも新鮮みが十分にあって、すごくよかった。毎日変えるなんて大変
ですね!とシェフに言ったら、『あなたが今日も来る事知ってたから頑張りましたよ♪』
ですって(笑)  シェフはとても気軽に質問に答えてくれるチャーミングな方なので、
英語が出来る方はぜひ、話しかけてみてほしいです。とても楽しそうにお料理の
お話してくださいますよ♪

あと、土曜日が平日扱いの料金ってのも嬉しいですね。
家族をビュッフェに誘いたくても、土日は倍額近くになる所もあったりして
お得感が半減したり、行きにくかったりするのですが、土曜にお休みが
もらえた時は、平日通りにたのしめるのだから嬉しい話。
お誘いした会社の方も,とても喜んで下さってた様子。

詳しい時間や料金、住所は前記事をご覧下さい♪
そして機会があったらぜひお試しを。
土曜日だから金曜日よりは若干お客が多かったけど、まだまだ今が
狙い目ですよっ(笑) 極端な混雑が無い中ゆっくり楽しめるし、
「こんなとこ行って来たよー」と言えるのも今のうち!!
おすすめです☆

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村

Cafe des Beaux Arts (Mgallery) 〜 ショコラ好きに朗報!

ランチビュッフェやシーフードビュッフェで何度もご紹介したことがある
Mgalleryさんですが、1階にあるティーラウンジで、最近、ハイティが
始まっていたのをご存知だったでしょうか?

ハイティ、またはアフタヌーンティー。ホーチミン市内でおすすめしたくなる
所ってのは個人的にはいくつかで、ひとつは、

Hayatt Hotel(土曜日限定)
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-3520.html
こちらはゴージャス系。ただし土曜日限定ってのがネック。
週末はなかなかお家を出難い方もいらっしゃるので、お勧めし難いこともあったり。
そしてお手軽系は、

The Library (Intercontinental Hotel)
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-3493.html

インターコンチなのにお手軽だとぉ?!と私も最初は思ったのですが、
こちらは2人分FIXのセットでビュッフェではありません。でも十分に美味しくて、
少々のベトナミーズフィンガーフードなども含まれ、甘いものとしょっぱいものとの
バランスも良く、以前言ったときは330kドンという超お手軽価格でした。
二人で1700円くらい。ケーキセットを頼んだと考えてもいいくらいのお値段。

データがもう3年前になっちゃうので、もしかしたら若干お高くなってる
かもですが、それでもまだまだお安い価格。
それ以外のハイティ、アフタヌーンティーは、あまり魅力に感じる
ことがなかったのですが。。。。

二ヶ月程前から、Mgalleryさんの1階にあるティーラウンジにて、
月〜土曜日の14:30〜17:00 に提供する、ハイティ、始めたんですって!!!

Mgalleryさんといえば、お食事ビュッフェが私の周りでは一番人気。
そしてお料理のみならず、ビュッフェのデザートコーナーがとても充実していて、
ビュフェのデザートとしては、ではなく、市内のどのスイーツショップを
もってしても「ここが一番好きかも!」という方が続出しているほどの人気。

その数は、とても食事メインのビュッフェについているとは思えない品数で、
且つクオリティも素晴らしいと私も思うのですが食事と合わせてのビュッフェ
となると、どうしてもどっちも制限せざるを得なくなる。胃袋カートリッジの
開発が本当に待たれる所なのですが…(真剣に待望しております)

こちらでは心行く迄スイーツを楽しんで頂けます( ・`ω・´)b
さぁ、フォトギャラリー、参りましょう!

th_IMG_1805.jpg 

th_IMG_1807_20170114123824e4d.jpg

th_IMG_1808_20170114123825792.jpg

わーっはっはっは。ショコラレシピのオンパレード!!
こちらのホテルはSofitelさんなどと並んでフランス系なので、そもそも日頃から
ショコラレシピに強い所だとは思ってましたが、ハイティともなると更にその色が
濃く出てるようで、ショコラ・ラバーにはたまりません状態(*´ω`)

正統派のフレンチレシピだけでなく、ショコラ・ディムサムなんてユニークな
レシピもあったりして遊び心もあったり。

th_IMG_1811_20170114123828986.jpg  th_IMG_1812_20170114123830c71.jpg

ショコラとバナナの揚げ春巻きに、蒸しショコラ包み。
ふふふ。面白い試みね。
シンプルなトリュフチョコも何種類も揃ってます。材料はインポートしているとの
ことでしたが、手を加えるのは全て専属のショコラティエさんなんだとか。

th_IMG_1815_20170114124259903.jpg th_IMG_1816_20170114124301ecc.jpg

th_IMG_1813_20170114124258fe0.jpg th_IMG_1817_201701141243024b5.jpg

個人的にヒットして(やっべーなこれ。。。)と思ったのが、ボトルの中に詰められ
ている、ナッツと合わせたショコラの数々。これはあかん。。。美味しすぎる。。。
ケーキとなると、クリームやバターがコッテリってのもあるから自ずと制限かかる
けど、この辺の質の良いチョコレートと歯触りの良いナッツとのコンビネーションは
大変危険。とても危険。クランチーなパフが混ぜ込まれてるやつとか、ストップ
するのがすごい難しかった。。。

いやー、しかし言うても、甘いものばっかりだとさすがにそんなには食べられないわー、
という方。こちらのビュッフェはチョコレートなりその他のスイーツはもちろん放題
なのですが、

th_IMG_1828_20170114124700fdb.jpg食べ

こちらが人数分、ご用意されていります。この日はフォカッチャサンドのようなものと
スモークサーモンタップリのサンドイッチ、生春巻き。マドレーヌはまぁ甘いけどw
鮭の手まり寿司。こちらは食べ放題ではなく人数分のみが一度提供されるスタイル。

塩気のあるフィンガーフードもカウンターに並べておいてくれればいいのに、と
思われるかもしれませんが、これらの共通点、おわかりになりますでしょうか。
そう、長時間放置しとくと「カッピカッピ」になってしまって美味しくなくなる。

且つ、アフタヌーンティーへはスイーツを求めて来て頂いているので、これは
あくまでインターバルの為に用意して、且つ、美味しく召し上がって頂く為に
都度、お客さんが着席されたのを確認してから作られるのだそうです。
お心使いですなぁ。

th_IMG_1829_201701141247018fa.jpg  th_IMG_1830_20170114124703805.jpg


そういえば入り口の所にあったバードケージ!!

th_IMG_1820_20170114201115001.jpg 

あんまりに見美しい造形で、最初、作り物かと思った(笑)
「これ、食品サンプル?プラスチック?」とか失礼なことを聞いてしもたよw
そのくらいに美しく小さくキッチュで美味しそう!!!
もちろんこれらも含まれてるのですが、特に上段!

th_IMG_1821_201701142011173c2.jpg 

エクレアの色々。
一番手前の地味色なのは、レモンクリーム&メレンゲで、アメリカンパイで定番の
組み合わせのものをフレンチのシューに組み合わせたもの。ここのさ、シューが
ワタクシ好みのフレンチスタイルで、ちょーご満悦!

ホーチミンで探すのが難しい物の中に、シュー皮があると思うんです。色んなタイプ
のものがあって良いし、実際そりゃぁ色んなタイプのものがあるんですが、残念ながら
好みのものが少なくて、シューは見ればトライしてみるものの、二度目は無い、って
ケースばかりだったのですが。。。

th_IMG_1824_20170114201509686.jpg 

いいわー。このシューは、とても良いっ。
まぁ個人の好みなのでこれがお口に合う合わないはあると思いますが、
特に私はこれのレモンメレンゲがお気に入り。

th_IMG_1825_20170114201511737.jpg 

これと紅茶があったらもう、すごく幸せ。
むー。ショコラなレシピが多いからコーヒーの方が全体には合いそうな気が
するけど、このレモンメレンゲは絶対紅茶だなー。迷う(・∀・;

バードケージの下段にはプチフール。

th_IMG_1822_20170114201118721.jpg 

こんな小さい面積だとさ、誰かがピックしてくとスペースが目立つわけですよ。
でも日頃のビュッフェで拝見している通り、補充が実に速やかで、気がつくと
すぐに元通りに満たされていると言う細やかさ。ベトナムの良いとこビュッフェには
共通して言えることですが、人員をしっかり確保して教育費をかけることもできる
からか、この辺のサービス細部が実に徹底されてるんですよね。本当に素晴らしい。

あと以前からこちらのMgalleryさんが好きなのは、そのお味やビュッフェの充実ぶり
ばかりが理由ではなく。。。スタッフさん達が皆さんとても気持ちの良い方ばかり。
実は先日マネジメントサイドの方とお話しさせてもらう機会があったのですが、
その方自信がとても朗らかでユーモアがあり、なるほど「スマート」というのは
ああ愛い方のことを言うのだな、と思える方。かつチャーミング。

こっちはただの1客ですよ。なのに実に丁寧に陽気に楽しく、そしてインテリジェンス
も欠かさぬ会話で、とてもとても魅力的な方でした。ああ言う方が上にいらっしゃる
ホテル。そりゃぁ隅々の部署にいらっしゃるスタッフさんにもそれが伝播しようというもの。

th_IMG_1827_20170114202659126.jpg 

なるほどなー、と、ただただ納得した次第。
お料理に対する姿勢を聞いても、やはりとても「品質」にこだわっていらっしゃって、
対価以上にお客様に楽しんでもらえるように、とのお心遣いが随所に感じられる
お話でした。まぁそれはこれまでのお料理からも見て取れる話。それは偶然の賜物
ではなく、上に立つ人の理想であり、それが具現化されたものだったのだなぁ、
と確信できて、とても嬉しく感じた次第。

こちらの金額、550kドン++
3千円弱。うん、単価だけ見るとお安くはないかもしれません。
でもピアノの素敵な生演奏もあるし、ゆったりとした空間で、大好きなスイーツを
心行くまで、特にショコラを楽しみたい、という方には…絶対おすすめ( ・`ω・´)b

ちなみに、シャンパンがグラス1杯ついたセットもあってそちらは750kドン++。
シャンパンとショコラ。どこのセレブだよってコンビネーションではありますが、
それがカジュアルにできてしまうのが、ホーチミンの良い所。

th_IMG_1818_2017011412430468a.jpg 

愛でるだけでも美しいこのスイーツたち。
これらを一度に思う存分楽しめるスイーツビュッフェ。しかも平日毎日やってる。
これは。。。ちょっと朝食を遅めにして、こちらが開始の14:30までランチを
抜いて挑むべし( ・`ω・´)b

お勧めしたいハイティが見つかって、個人的にもホントに嬉しい♪
こちらがチラシ。

th_IMG_1943_20170114212136449.jpg 

あら、Naughty High Tea ですってよ(*´艸`*)
Why don't we get naughty then ?


Cafe Des Beaux Arts (Mgallery 1階ティラウンジ)
76-78 Nguyen Thi Minh Khai Q1
14:30 - 17:00






にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

Victory Hotel  〜 驚愕のコスパ朝食ビュッフェ

以前からビュッフェに関しては東南アジアに於いてホーチミンに並ぶ
都市は少ないんじゃないかと思っているワタクシ。それは別に5つ星の
高級ホテルに限った事ではなく、4つ星、3つ星にも言えること。

とはいえ、やはりネタになるのはどかんとデカい5つ星の事が多く、
そのクラスなら何処の国とか関係なくそれなりにすごいやろー?というわけで…

今回は3つ星ホテルを見て頂きましょう。
場所は、3区のコープマート近くにあるVICTORY HOTEL。

th_IMG_0060.jpg 

地味なホテルです。内装も割と古くなっ…いえ、アンティーク調で、
まぁお若いカップルさんや女子同士がキャピキャピしながら訪ねるホテルでは
ないかもしれません。

が…。
ちょっと見て下さいコレ。
建物の表に掲げられてるんですが、これが気になって気になって。

th_IMG_0110.jpg 

朝食ビュッフェ、109kドン。昼食ビュッフェ、200kドン。夕食ビュフェ220kドン。
うそやん(´Д` )

趣きのあるホテルの様子と宿泊料(5千円ちょっとからあるっぽい)からして、
このお値段の朝食となると、B&Bくらいのもんしかないんかなぁ、と思いつつ
ガラス越しにチラ見すると。。。あら。なんか結構並んでる。しかし550円の
ビュッフェ。。。気になる気になる気になる気になる。

というわけで、行ってきましたヽ(・∀・)ノ
はい、ドーン♪


th_IMG_0096_20161212231935c6e.jpg 

あらぁ、結構ご立派!
このメインアイランドの他に、向こう側にはパンやジャムなどのパン類が。
手前にはフルーツ、ドリンク、スイーツの数々。しかもその数が結構揃ってる。

th_IMG_0070_20161212233221b8d.jpg th_IMG_0065.jpg

th_IMG_0094.jpg 

ベトナムお得意のハム類なども充実していて、当然ながら生春巻きやら
米粉の蒸し物も色々と。

th_IMG_0067.jpg 

お粥もあれば、ホットディッシュの中に焼きそばなんかもありますし、
お肉が良ければボーコー(ベトナム式ビーフシチュー)もあり、これがまた大層美味しかったり。

th_IMG_0073_20161212233446c5c.jpg th_IMG_0074_2016121223344250e.jpg

th_IMG_0069_20161212231926f1d.jpg 

更に手前奥の方にはフォースタンドがありまして、この日はブンボーフエとフォーボー
の二種類が用意されてました。

th_IMG_0079.jpg

th_IMG_0075_20161212231929b89.jpg th_IMG_0076_20161212231931b62.jpg

悔しいかな。。。路上のお店より設備も食材の回しも効く、こういうホテルの
麺類って美味しいんですよね。本当は「こんなの路上で食うからうめーんじゃねーかっ、
てやんでぃ!」って言いたい所なのですが(その「てやんでぃ!」ってのはどこから…)
経験上、ホテルの麺類はおいしい物が多い。そしてここのブンボーフエもご多分に
漏れず美味しかった。コレをわんこ蕎麦的に何倍でも食べて良い、というだけでも
109kドンの価値はある。(ちなみに普通の大きさのドンブリでした。。。)


th_IMG_0078.jpg th_IMG_0080.jpg

この葉っぱに包まれた米粉…かな?の蒸し物も美味しかったなー。
ミンチが鏤められてたんで味的なボリューム感はあるのに、ちゅるりとお腹に
優しい食感。朝食には持ってこいね♪(他に山ほど食べれば焼け石に水だがな)

小さく焼かれたパンケーキもおいしかった。
食べやすいし量も調整しやすいし、小さく焼くと、アラが出難いのと生地のダメージが
少ないので、焼いた後しばらく時間を置く場合も食べやすいままなんですよね。

th_IMG_0081.jpg th_IMG_0082.jpg

お菓子類は素朴でしたが、アカンくはなかったなー。普通に美味しく頂けた。
オイスターソース味の焼きそばもおいしかったし、食べるものイッパイ。
例えば高級なチーズは並ばないし、こまめなサーヴィングもありません。
料理も素朴な物が多くて煌びやかさはないかもですが。。。

550円でこれって、すごくないです?
しかもそれぞれが、普通に美味しい。
ちょーお得じゃない?これ。

ってことは。。。
ランチはディナーのビュッフェも、期待できたりするんじゃないか( ・`ω・´)b
ってか。。。

th_IMG_0066.jpg 

ソフトクリームの機械あってんけど、これ、ディナーのときだけなんだって(ノ_・。)
カップもってカシャンカシャンしてしもたやんけ。。。(←意地汚い)

コスパで行けば、5つ星の「フォアグラがあるのにこの値段!」「シャンパン
飲み放題なのにこの価格!」とか言うのよりもずっとすごいんじゃなかろうか。
こりゃー千円ランチ、1100円ディナーも楽しみだ(^・^)

VICTORY HOTEL
14 Vo Van Tan Q3




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

Saigon Kitchen(Mgallery) 〜 木・金限定シーフードビュッフェ!!

以前こちらのランチビュッフェのことを書き、
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-4167.html

同じお店の事なので、重ねて書いても良いかなーと思ったのですが、
あまりにも趣きが違っていたので別記事にしました。

SOFITEL系列のこちらのお店は、SOFITEL本体に比べると若干カジュアル
ラインですが、デザインドホテルとしてとても素敵だし実際人気もあるみたい
だし、個人的にもとても好み。

th_IMG_5868_20161015231649801.jpg th_IMG_5874_201610152316531eb.jpg

ビュッフェの規模も、SOFITEL に比べると若干こじんまり感はあるのですが、
少数精鋭と言いますか、いや、小数というには充分すぎる品数があり、
小規模だと言ってもとても全種類食べきれる物ではありません。

th_IMG_5876_20161015231655e3a.jpg 

th_IMG_5872_20161015231650d7d.jpg th_IMG_5873_2016101523165282f.jpg


且つ。。。
何度も言うけど、ここはSOFITEL系列。
ということは、フレンチスタイルのレシピが多い。
というわけで。。。

th_IMG_5869_20161015232046df9.jpg th_IMG_5870_20161015232048fdd.jpg

スイーツ類が秀逸なんですっ。
特にショコラ!!!(≧∇≦)
ミルフィーユにムース、ガトーショコラとよりどりみどり!!
みんなが頼んでた焼きたてクレープにかけてたチョコレートソースも美味しそう
だったなぁ。。。。。

th_IMG_5896_2016101523205200a.jpg th_IMG_5900_20161015232050a5d.jpg

もうオペラなんか、アップで上げちゃおうかしら。
はい、どーん♡

th_IMG_5898_20161015232048675.jpg 

さすがにビュッフェ仕様なので小振りに仕上げたるのですが、それでも存在感が
半端ないっ。ちみっちみ頂いたのだけど、それでもひと口ひと口の充実感が
たまりませんでしたわよっ、おくさまっ。後ろにあるホワイトチョコレートの
ケーキもミルキーで美味しかったなぁ。

でーっ。
今回お伝えしたかったのは、こちら、木金に限り、シーフードナイトをされてるんだって!
この情報知らずに、たまたま行ったのが木曜の夜。予約もせずに行ってみたら、

「今夜はシーフードナイトを開催してるんですよ!」

と、誇らしげに言われて我ら歓喜。
How lucky we are!!

大きなハマグリみたいなのをガーリック焼きにしてもらったり、牡蠣もネギ焼きやら
チーズ焼きやら。まぁ私は生で頂きましたが、多分国内産のやつ。小振りだけど、
とってもミルキー♡ いきなり私「生で4つ♪」とか頼んでたけど、食べ放題です。
これだけでも私、元取れる( ・`ω・´)b (←コイツの胃腸は尋常な強さじゃないので、
イコール安全、とは言いきれませんので、生食の際は自己責任で。。。)

th_IMG_5889_20161015232643c83.jpg th_IMG_5888.jpg

こっちのシーフードビュッフェなり、シーフードレストランではあまり見なかった
気がするのですが、タラバ的なカニの足!!やーん、美味しい!!!
美保関の宿で習ったカニ足の剥き方に習って、ベローンとさせて頂きましたよ!
日本だったらここで生姜甘酢を。。ってとこですがライム塩、うまかったぇー(*´ω`)

th_IMG_5877_20161015232638696.jpg th_IMG_5894_20161015232939a34.jpg

あとこの子!!
このカニが美味しかった!!!

th_IMG_5892.jpg 

スチームしてもらっただけなんだけど、味噌が結構入ってて、身が甘い!!
まぁこういうもんは時期もあるし個体差もあるから、いつでも確実に美味しい!!
と、言い切れるものではありませんが、トライする価値はあるかも。一緒に行った
みなさんは、剥くのがめんどい、ということで、当初食べる気がなかったようですが、

「カニ剥き、ばっちこーいヽ(・∀・)ノ」

な、ちぇりさんがそこにいたので、バキバキと食べやすいように解体したら
食べてもらえたw しかも「これ、メインよりも美味しいかも?!」との声続出。
この手のカニ、日本では少ないし、機会がある人はほんっとこれ、食べてみてほしい。
蒸し加減も絶妙で、ぷるっとみずみずしいし甘いし、ほんま最高。

でまぁ、そんな磐余片したあとに出すのもなんですが。。。(笑)

th_IMG_5880_20161015232640d00.jpg 

は、ロブスター、食べ放題ですよっ( ・`ω・´)b
刺身はお訊ねしなかったのですが、チーズ焼き、ガーリックバター焼き、タマリンド
ソースなど、お好みの味付けで調理してくれる様子。鮮度が良いなら今度自分で
刺身にさばかしてもらおうかな。。。。w

th_IMG_5891_20161015232644eba.jpg 

見た目そんなに変わりませんけど↑チーズ焼き。
↓ガーリックバター焼き。

th_IMG_5899_2016101523294058d.jpg

昭和の結婚式やと、これが出てくると「奮発したなー!」みたいなバロメーターに
なってたよね。。。いやま、こちらの国でも高級品ではあるんだけどね。。。
食べ放題。。。なんならこれだけでお腹いっぱいにしても誰も文句を言いません。。。
所変わればなんとやら、ですなぁ。。。

ホーチミンに来た当初は、このロブスターが食べれて、お刺身でも頂ける、という
こともあって、シーフードビュッフェといえば、Nikkoさんという話を聞き、
そこにしかないものであろうくらいの勢いで珍重してた物ですが、結構そうでも
なかったw そういえばロブスターはこちらのビュッフェにもありましたしね。
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-4127.html

ただま、料理全般、今回のMgalleryさんの方が1段2段、上ですなぁ。
スイーツまで入れると、規模は小さい物の、個人的にはこちらの圧勝。

あとこちらのレストランの何が良いって、スタッフさんがみなさんとにかく
よく気がつくし親切ですねっ。フレンドリーでもあり、大変に居心地が良い。
あと、まだあまりここのシーフードビュッフェなり、ビュッフェとしての価値が
知られていないのか、お席がゆったりしていて、ガヤガヤし過ぎていないのも良い。

価格設定も2段階あって、
食事+コーヒー・紅茶・お水 の場合は、880k ドン。
食事+ワイン・ビール。ソフトドリンク類 の場合は1088kドン。

まぁこれに税金・サービス料が付くのでそこそこなお値段にはなるのですが、
たしかこちらは、飲む人飲まない人がグループ内に混在してもちゃんとカウント
してくれたと思います。ランチの時にそれやった。

SOFITEL系列なので、ACCORクラブメンバーカードが使えたため、今回は
1人1,000k ドンにて収まりました。あれだけの質の良い料理にスイーツ、
プラス酒が飲み放題で5000円。毎日の食事では無いけど、たまぁにちょっと
した集まり事がある時何ぞには大変お得なプランじゃないかと♪

やーっ、それにしてもラッキーだった♪
通常ディナービュッフェだったとしてもそんなに金額大きく違わない筈なので
これはお得!次回は木金狙い撃ちにして、また行きたいと思いますヾ(@⌒ー⌒@)ノ


Saigon Kitchen (Mgallery)
76 78 Nguyen Thi Minh Kha





にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

The Grill 〜 Daxton Hotel

***** 2016 Apr. *****

書き数日後。
早くもディナービュッフェにに行って来ました(笑)
朝食ビュッフェ、コスパは良いけどボチボチかなーって印象だったので
夜はどうしよう、と思ってたら、「この人と行くと大抵大当たりの店が多い!」
ってお友達がノって来たので、こらいけるかも?と思い突撃( ・`ω・´)b

ベトナムのホテルビュッフェ、他のアジア諸外国の中にあっては屈指の
クオリティとコスパを誇ってると思うんですが、ホテルビュッフェは結構
単価が高いので、たまにしか行かない代わりに行くとなったら5つ星!
みたいなところがあったのですが。。。

4つ星も、いい!!ヾ(@⌒▽⌒@)ノ

th_IMG_7177_20160427180336aa9.jpg 

何が良いって、まずは価格がリーズナブル。
某伊勢エビが売りの広大なスケールのビュッフェは最近値上げして
140万ドンになったという話を聞きました。対してこちらのビュッフェは
70万ドン。約半額。まぁお酒の飲み放題が入ってないので、かなりの量を
飲まれる方にはどっちが得かなー、とは思いますが、料理だけなら
断然安い。しかも。。。

th_IMG_7110.jpg 

ワインリストは4000円前後のものからって感じだったんですが、ディナー
ビュッフェを注文した人にだけの特典で、ハウスワインが280kドン、
1400円くらいでボトルを頂けると言う!しかもこれ、美味しかった!!
ほぼ(ベトナムでの)原価の提供だな、これ(・∀・;

こちらはシーフードが充実していて、ちょうど5月1日まではスカンピ
フェア(手長エビ)をやってまして、日頃のラインナップに加えて
手長エビさんも参加されてました。

th_IMG_7113_20160427180841d24.jpg

 th_IMG_7115_20160427180842bef.jpg ←結構デカい♪


お刺身もご自慢らしく、こちらが日本人と見るや、「お刺身あるよ!」
と御自慢げに言われていたので頂いてみると。。。


th_IMG_7152_2016042718045035d.jpg 

th_IMG_7151_2016042718044957a.jpg th_IMG_7111_201604271803380c6.jpg

切り方は大胆ですが、新選でとても奇麗な味のモッチリサーモンさん!
それにイワシや鯖の〆たもの。これが、日本の職人さんが繊細に〆た色気の
あるもの、というわけじゃないのですが、例えばちょっと良いスーパーに置いて
ある、真空パックの〆鯖あるじゃないですか。あんな味。安定してて、これを
ベトナムで食べれるってのは結構ポイント高いんじゃないか?!

お寿司も結構行けまして。
寿司はねー、5つ星のビュッフェでも残念至極なものが多くて半分諦め
てたんですが。。。


 
        th_IMG_7140_2016042718034011c.jpg

th_IMG_7138.jpg th_IMG_7159.jpg

巻物もかぁいらしくしてあるし、握りは手まりの様な形でネタに限りは
ありますが、ご覧の通り、美しい!サケもよかったけど、烏賊がおいしかったな!
見るからに美しくてアピール力高かったし!あとシャリがボチボチいけてまして。
気持ち柔らかめだったけど、バランスの良い酢の馴染み。これ、寿司専門店でも
ホーチミンではできてないとこあるからなー。結構勉強しておられると見た。

th_IMG_7144_20160427180448dfc.jpg 

お肉もあります。
こちらはほどほどでしたが、このビュッフェ、ソースが愉しい!
ブラックペッパーにマッシュルーム、マスタードなどの定番所から
ペパーミントソースなんてのもあって、それらがけっこうどれも美味しく、
私はお肉だけじゃなくて、例えばペパーミントソースとかは塩と合わせて
サラダや鮭のお刺身にも使ってみたり(*´ω`)

th_IMG_7124_20160427180447d64.jpg

サラダ類もちょっと手がかけられててバリエーションが豊富。
心置きなく色んなお野菜をバックバックと食べられるヾ(@⌒ー⌒@)ノ

th_IMG_7117_201604271824380bf.jpg 

th_IMG_7122_20160427182439aa8.jpg th_IMG_7121_20160427182439cf5.jpg

朝食の時と同じでライトなソースからドライトマトやオリーブのトッピング、
バルサミコドレッシングやオリーブオイルとヴィネガーを混ぜただけのシンプル
なものなど、ガッツリ食べたい食材がいっぱいある中で、サラッと食べられる
要素を備えてくれてるのが嬉しいですね♪

で、こちらのビュッフェのメイン食材が、こちら!!

th_IMG_7114_20160427182541f81.jpg 

ロブスターヾ(@⌒▽⌒@)ノ
といっても、某ホテルの様な伊勢エビ系じゃなく、どっちかというとザリガニ系。
でもここまで育ってるのって相当な価格だよね?でも食べ放題。うひ(^皿^)

タマリンドソースやらチーズ焼きやら色々指定は出来ましたが、今回は
シンプルにガーリックバターをチョイス。どん。

th_IMG_7162_20160427182542bff.jpg 

どーーーですかああああーーーー!!!
このボリューム!!しかも味の濃度がとても高くてちょーー美味しい!!!(´⊙ω⊙`)
これ、焼き方ももの凄くお上手だったので、焼き方の問題なのか素材の問題なのか、
はたまた個体差の問題なのか確定できないのですが、わたくしの伊勢エビ過去歴から
すると、このザリガニ系ロブスター、圧倒的に旨味があって、プリップリで美味しかった!

th_IMG_7163_20160427182544b87.jpg th_IMG_7165_20160427182545181.jpg

あと、爪部分はこちらが何も指定してないのに、塩茹でにしてくれてたのー♪
すんごいでっかい爪!でもここって水分飛び易いからグリルにするとパサパサ
になりがちだし、茹でて正解。このお心遣いが素晴らしい!!

まったちょっと塩気強めにしてくれてる所にぎゅーっとしたエビの旨味。
なんだこいつカニか?と思う程のうまみで、なんだったらこれチミチミ
しゃぶりながら酒飲みたい感じ。(4つ星ホテルでヤメてくださいね、それ)

 
th_IMG_7156_20160427183407566.jpg 

手長エビ、手、邪魔だなおい。。
でもこれは頭の部分をしゃぶるの美味しい。
もちろん身も美味しいのだけど。

んで、もしこちらに行かれる事があったら食べてほしいのが、ロブスターもだけど
ブラックタイガーのバーベキュー!え?そんなありきたりのもの?と思われたかも
しれませんが。。。

th_IMG_7157_20160427183406d78.jpg th_IMG_7172_2016042718340426d.jpg

サリサリと薄氷を食むような歯触りの殻。そこまで丁寧に焼いているのに、
中身はとてもジューシーで、エビのうまさを最大限に引き出していると言う。
さすが、店名が The Grill といわれるだけのことはある。
こーんな火入れのエビなんて、ちょっとどこでもは食べられませんぜ!!
「ただ焼く」だけの料理だからこそ、焼き方さんのウデが問われる、
ある意味、難易度がとても高い調理法。ほんとこれはビックリした!

そんな繊細な火入れでちょうりしてくれるのだから、うまいわなぁ、
ロブスターも。こーれ、こんなレベルの焼き物を食べにこれるだけでも
元取れるっ。しかも大きなホテルに比べたら格安と言う嬉しい値段で!

そんなウデだから、当然ラムも美味しかったり( ・`ω・´)b

th_IMG_7174_20160427184558e6f.jpg 

ラム、意外と置いてるビュッフェないよね。
うしし。
これ、定番だけどペパーミントソース、美味しかったよ。
お友達はブラックペッパーが合うって言ってた。

th_IMG_7136_20160427184803949.jpg th_IMG_7181.jpg

デザートもおいしかったのー!
デザート、ビュッフェでも美味しい!って思える所は結構限られてる
気がするのですが、こちらのデザートは「どやー!!」って顔する美味しさ
というより、ビュッフェの中にあってお腹を邪魔しない美味しさが。

つまりは軽めで甘さもちょっと控えめ。
またチョコレートムースにはBlackチェリーのコンポートが混ぜられてたり、
チーズケーキにはショコラソースがマーブルされてたり。なんてこった。
お腹いっぱいって思ってたのに、これどっちも食べちゃったわ(笑)

th_IMG_7137_20160427184803685.jpg th_IMG_7133_20160427184800ede.jpg

デコレーションも奇麗じゃないです?
マニュアル的にやってるってよりかは、作り手さんが楽しんであyってる感が
ビンビン感じられるデコレーション。見目に楽しいってのもビュッフェの醍醐味。
嬉しいねぇ♪


th_IMG_7179.jpg th_IMG_7178_2016042718484866e.jpg

紅茶は別料金になりますが、私の大好きなDilmahだったし、
そうそ、写真ないけど、自家製のアイスクリームのパッションフルーツ、
メチャクチャ美味しくてお代わりした!(笑)

アイスクリームのソースやトッピングも豊富で色々。
全体的な料理の数は大手に比べりゃ控えめだけども、少数精鋭。
そしてグリル意外は突出した個性やお味を誇るかんじではないけれど、
チラッとした所に絶妙な組み合わせがあったり、センスの良さが随所に
見られ、食べる中にそれを探すことに宝もの探しの様な楽しさが♪

飲み物に何をオーダーするか、どのくらいのムカに寄ってトータル価格は
変わって来ると思いますが、定価690kドン。280kドンのワインを一本
入れて珈琲や紅茶を別注文して、税サが入って今回は一人1,000kドン。
5000円くらい。

お水はつくので、とくに飲み物に拘らなければ3500円ほどのビュッフェ。
この日はお客さんも少なくてゆったりできたのはよかったけれども、
なんでここが知られてないのか(ってか自分もお義父さんたちが泊る
まで知らんかった。。。)不思議なレベルで腕が立ちます。特に焼き物。

どうですか。
人気の5つ星ホテルはちょっと気が張る・財布も心配と言う方は、
こういう4つ星ホテルのビュッフェでサラッと過ごしてみると言うのは。
価格的にも雰囲気もサラッとだけど、ロブスターは食べ放題だし、焼き師は最高。

この週末、特にご旅行に行かれる予定は無いからなにしよう、と
思われてる方、こんな過ごし方もいいのでは?2016年5月1日までは
手長エビもありますし(^皿^)

いや、ほんとにテンション上がりましたわっ。
書いてたらまたあのロブスター食べたくなったのですぐにいきたい。
また行きたい。お友達を誘ってみようっと♪


***** 2016 Apr. *****

Vitexcoタワー近く、Nguyen Hue 通りにあるホテル。
近くに自分ちがあるので、泊る事は愚か足を運ぶ事も無かったホテル
ですが、旦那さんのご両親が遊びに来た際、こちらに泊られるという
ことだったので初訪問。

4つ星ですが、小綺麗な内外間、豪奢すぎないコージーなエントランス
空間にお部屋、そしてなにより場所が良い!ドンコイ通りから一本
筋を違えてるだけだし、目の前には大きな遊歩道。毎晩たくさんの
人が集まっては来てますが、スペースが広くある事とガードの人が結構
いらっしゃることから、割に安全なエリアにも見えるし、賑やかしい
雰囲気は「旅行」で来られる方には非日常な感覚も相まって大変
よろしいのではないかと思われ(^・^)


th_IMG_6718_20160425154841587.jpg 

th_IMG_6720_20160425154842236.jpg

そんなホテルの朝食での朝食に乱入。
ビュッフェでお一人さま350kドン。税サ入れて400kドン。
毎日の食事にしては贅沢だけど、5つ星のホテルに比べたら半額ほど。
4つ星とはいえ、ルックスも奇麗で内容も悪くないのでこれはお得かも♪

th_IMG_6943_2016042515484409e.jpg

もちろん倍額する様なとこのビュッフェに比べると品数は少ないのですが、
パンをディスプレイする為のパンのテーブルとか、ちょっと気の効いたデザインが
楽しい。

 th_IMG_6944_201604251548454f5.jpg   th_IMG_6969_20160425154847ec1.jpg

ジューススタンドに多種類のフルーツジュースが並ぶのはベトナムでは珍しく
ありませんが、Rosella ジュースがあったのは個人的に嬉しかった。
美味しかったし(^・^)

th_IMG_6947.jpg th_IMG_6963_20160425155439f79.jpg

日本でもRosella Tea として売られてることもあれば、ハイビスカスティなんて
呼び方で売られてる事も多いかも。エジプトでは「カルカデ」と呼ばれてるん
だったかな。ビタミンCとクエン酸が豊富で疲労回復、美肌、代謝促進、胃腸の
働きも助けてくれて、なんだったら血圧や血糖値の上昇も緩やかにしてくれる
とかいう、健康食品のデパートみたいな食材なので、美容を気にするベリー
ダンサーなんかには極々日常的な飲み物だと聞いた事も。

インドネシアやタイなんかでもお安く買えたと思いますが、ベトナムでも結構
手に入りますよねー♪程よい酸味があって爽やかなので常備して冷蔵庫に冷して
いるなんて方の話も良くききます。

th_IMG_6949_2016042515544015e.jpg th_IMG_6964_20160425155444aa7.jpg

パテやチーズは少数精鋭でしたが、あまりたくさんあっても食べ切れないので
頃合いの種類数かも。この辺、同じ東南アジアでも、そしてここよりグレードが
高くても6Pチーズみたいなのしか出さない所とか結構多いのでベトナムの
ビュッフェはやっぱり優秀(チーズ・パテが大好きという個人的な好みによりw)。

th_IMG_6955_20160425155442388.jpg 

ハム類は5種類くらいあったかな.それにハッシュドポテトやらエビ蒸し餃子、
スモークの効いたカリカリベーコンなど、なんなら筑前煮みたいなのがあったり
して、さすが各国からのゲストを迎えるNguyen Hue 通りにあるホテルの朝食、
と思ってしまった(笑)

お粥のトッピングも豊富だし、もちろんフォーもありました。
別枠に構えられたキッチンで、フォーや卵料理、パンケーキを随時作ってもらえます。
そしてやっぱりこちらも調味料やトッピングが豊富。贅沢ねー♪

th_IMG_6951_20160425160514cac.jpg th_IMG_6958_20160425160516a21.jpg

ポイント高かったのはサラダコーナーにあるドレッシング欄に、
ドライトマトをオリーブにつけたものやクラッシュされたオリーブが
「調味料」として置かれていた事。結構良い物を使っていたように思われるので
コストはかかるかもですが、ロスが少なく、(人によるけど)ゴージャス感を
得られ易いアイテムだと思うので、良く考えられてるなーと。

th_IMG_6967.jpg 

パンケーキのソースとしてジャムやメープルシロップに並び、
ホイップよりも濃厚そうで、クロテッドよりも軽そうなクリームが気になったので
それを食べる為にパンケーキを頼んでみたら、皿一杯の大きさのが出て来て
びっくり(・∀・; でも生地を作り置きしているであろうにも関わらず、
軽いフワフワの仕上がりで美味しくって、もう4ラウンド目くらいの
お皿だったのにペロッと食べちゃったわよね。。。(怖

th_IMG_6973_20160425160910bb3.jpg th_IMG_6960_201604251609041a0.jpg

クリーム、正体はわからなかったけど、見た目通りホイップ以上クロテッド
未満な感じで美味しかった♡ ってか、作り置き生地だとモッテリ重く焼き
あがりがちな所がおおいのに、ほんと、フワフワだったなー。どんな配合
なんだろう????

デザートのフルーツが色々遭ったのは言わずもがなで、ヨーグルトコーナーが
果物とは別に設置されてたのも嬉しかったな。カップに入ったヨーグルト
数種類ってのもあったけど、プレーンヨーグルトとフルーツを混ぜた
自家製のフルーツヨーグルトもあったっけ。ポメロ混ぜたりフルーツカクテル
を混ぜ込んであったり。そしてそこにも…?

th_IMG_6971.jpg th_IMG_6970_20160425160907864.jpg

Rosella のコンポート!!(´⊙ω⊙`)
多分ベトナムではそんなに高価なものじゃないのかもだけど、個人的な印象としては
ちょーゴージャス!!実際肉厚のRosellaをふっくりと煮上げた食感は心地良かったし、
程よく甘酸っぱい感じも大変◎。ヨーグルトとの相性も良いけど、これをつまみに
お紅茶飲んでも良い感じ。ってか、家にあるRosela Tea、こんな風にできないかしら?
やってみよ(*´ω`)

最終的にHSBCカードで払うと15%オフと言うサービスがあったので、1人頭
340kちょいくらい。1700円。うん、アリだわ。朝食ビュッフェなんて宿泊
してなきゃ滅多に行かない→たまのことだから奮発しちゃおう!ってことで
五つ星のホテルのに行くことが多かったですが、うんうん、3つ星、4つ星の
リーズナブルな朝食ビュッフェを楽しむってのもアリかもですね。

もちろんお味のグレードやゴージャス感に関しては横並びで見る訳にはいきませんが、
1700円分の価値は充分あるし、あまり見ないディスプレイやレシピを見るにつけ、
各ホテル、色々趣向を凝らしているのだろうし、そういう朝食巡りも面白いかな、
なんて思ったり。あと、そのときのお財布具合にもよりますしね(^^;

いやいや、お義父さんお義母さんにアテンドする体で、すっかりリサーチに
かまけさせてもらいました(笑)。華美さは要らんがたまにはホテルで
カジュアルに朝食を、って時にはいいかもしれませんね♪ 
泊る機会がなかったとしても、市内のホテル朝食巡り、してみたくなっちゃい
ましたー(*´艸`*)

The Grill  〜 Daxton Hotel Saigon
63 Nguyen Hue Q1




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Mgallery Hotel 〜 ランチビュッフェ

こちらのホテル、個人的に良く通る場所だったのにあったの気づかなかった(^^;
去年のオープンだったのかな。割と最近ではあるらしいのですが、外観も
滋味目で(シックって言えよ…)言われてもウッカリしてたら通り過ぎそうな勢い。

でも中に入ると。。。左程広大なホテルではありませんが、調度が一つ一つ
拘ってる感じでとても素敵!!Gelleryを謳ってるだけあって、チョイスが
素敵だなー♪

th_IMG_4199_20160304192813108.jpg

th_IMG_4265_20160304192814e5f.jpg th_IMG_4268_201603041928161e1.jpg

エレベーター前にも大きなシェルフに今の飾りの様な様相を作りながらも
置いてあるのはベトナムで作られたと思われる螺鈿のケースや彫り物
などなど。ホテル全体の雰囲気はキュッと商店を絞ったモダンさがありますが、
あくまでベトナムの香りを残した空気感でとっても素敵。

レストランフロアに行くと。。。


th_IMG_4200.jpg

th_IMG_4202.jpg


あらーっ、こちらも落ち着いていながら品の良いゴージャス感もあってとても素敵♪
ビュッフェエリアは程々、と行った感じの広さでしたが、どのお料理も素材から
レシピまでが厳選されてるんだろうなーというオーラがビンビン。これもう
完全に主観なのですが、おいしい料理は持ってる空気感が違うんですよね。
こちらのお料理は見た所とても魅力的。うわー、楽しみ!

大きなポークリブのローストもあれば、ディムサム(点心)、ベトナム料理の
ホットディッシュ、彩り豊かな野菜をふんだんに使ったサラダや豊富な種類のチーズ。
お刺身、お寿司も置いてました♪

th_IMG_4207_201603041928551d2.jpg

th_IMG_4206.jpg th_IMG_4208.jpg

th_IMG_4209_20160304192857af5.jpg th_IMG_4211_20160304192859e3b.jpg


実際、程よく焼いた上にウォーマーの下に晒されてたらパサつきがちなポークリブは
しっとりと美味しく仕上がっていたし、やさの味は生き生きしてるし、ホッとディッシュ
達はどれも見逃したくなくて、ちみっちみとかなりの種類を取って回ったのですが。。。


th_IMG_4212.jpg th_IMG_4214.jpg

th_IMG_4215_20160304193629dd6.jpg


サラダに使われてるのはクルミじゃなくてピーカンナッツだし(クルミも好きだけど)
肴のソテーやチキンソテーなんかの温かい料理の付け合わせにはマッシュド・パンプキン
(これがドンブリで食べたいくらい美味しかった♡)その他にもたくさのサイドが用意
されてて、それらが出しゃばること無くでも且つ、一つ一つがピシャリと決まってて、
まー、お見事としか言い様が無い(´⊙ω⊙`


th_IMG_4244.jpg th_IMG_4218_20160304194044bcb.jpg

th_IMG_4220_201603041936303b0.jpg th_IMG_4225.jpg

お気に入りだったのは、これまたベトナムのビュッフェでは割と定番の白身魚の
薫製。ここのはわりとしっかりと熱が入った温燻タイプのものでしたが、その割に
シットリしてるしスモークの香りがとてもふっくら。ワインがワインがススム君。

生牡蠣等はありませんでしたが、海老や蟹をふんだんに使った料理もありますし、
シーフードのBBQも大好評。焼き物、どのビュッフェにも大体あるけど、意外と鬼門で
食材のチョイスと焼き方さんの腕がダイレクトに出ちゃうものだから当たりかハズレか
があるんですよねー。


th_IMG_4240_20160304193752ee5.jpg

th_IMG_4223_20160304193632aae.jpg th_IMG_4242_20160304193754077.jpg

わーお。。。。。
これはすごい。

スペースも品数も、ホーチミン市内の中では抑えめかもしれませんが、一つ一つの料理の
質がもの凄く高い!美味しいだけじゃなく、ワクワクさせるものがあるレシピとディスプレイ。
しかも(好みはあれど)殆ど捨て皿がないという打率の高さ。

一点、パスタと寿司はちょっと頂けない感じ(麺が)でしたが、パンもご飯もヌードルも
あるから、そこはスキップしても問題ないし刺身はおいしかったし。。。もちろん広大な
スペースに溢れんばかりの食材が並んでるすがたを愛でるのもビュッフェの楽しいの一つ
ではあって、それを求めるならすこしばかりこじんまりしているかなと言う気はしますが。。。

その分内容にもディスプレイにも相当な労力とセンスがつぎ込まれてる気がします。
実際問題として食べられる量には限りがあって、全種類を食べ尽くすなんて無理なことが
多い訳ですから、数だけを追ってお座なりな料理に鳴ってしまうよりかは、こういう少数
精鋭で攻めてもらうのも嬉しいかな、と思ったり(^皿^)
いえ、充分な品数はあると思うんで、あくまで比較をした場合、って話ですが。


さて、まとめに入りかけてしまいましたが、こちら、気をつけて頂きたいのが食だけでお腹を
いっぱいにしないこと!!これまでのランチビュッフェでは賞賛が半々だったデザートが。。。


        th_IMG_4231_20160304200341cd5.jpg

th_IMG_4232.jpg th_IMG_4233.jpg

もう見るからにメチャクチャ美味しそう!!
これ以外にその場で焼いてくれるクレープに数種類のソースやアイスクリーム、
スモールポーションの数々のスイーツが。。。(涎)

そう、こちらのホテルはSOFITEL系列のホテルなのでスイーツは期待してたんですよね。
でもこれほどとは思わなかった!!!こちらもアホ程の数は無いのですが、
あれこれ楽しむには十分な量で、とにかく一つ一つの質が高い。ホーチミンでは要注意
アイテムのシュー皮を使ったプチエクレアなんかも、リッチなクリームと合わさって
美味しかったし、バインフラン(プリン)はとても濃厚なのにクドくなくて滑らかで、
フィリピンのレチェフランにも近いものを感じる一品。私が食べて来たバインフランの
中でもトップクラスだったかも。。。


th_IMG_4250.jpg th_IMG_4255.jpg

th_IMG_4252.jpg th_IMG_4253_20160304201633cb5.jpg

クレープは素朴なタイプではあったけどバターが香る、ちゃんと良く寝かされた生地で、
生地そのものを楽しむのに充分耐えうるクオリティだし、お願いだからオプションで
デザート食べる用の胃袋くださいって感じだった(・∀・;

あとね、一押ししておきたいのはこれ。
一見普通のタルトに見えるでしょう??

th_IMG_4254_20160304200345edd.jpg th_IMG_4256_201603042003474be.jpg

クリームが少し黄色味かかってる。だから最初はこれ、バタークリームだと
思ったんですよ。基本あまり好きなクリームじゃないのですが、最近のバタークリームの
レシピは繊細だし、増してやこちらはフレンチ資本のホテルだからもしかしたら美味しいん
じゃない?くらいの気持ちでいたら、先のそれを食べたお友達の様子が尋常じゃない。
何ごとか、と思ってひと口頂いてみると。。。

なーんでーすとぉぉぉぉーーーー!!(´⊙ω⊙`)

これ、クロテッドクリーム!!
あり得ない!!タルトにクロテッドクリームですって???
しかも惜しみなくこんなにタップリと。。。(・∀・;

それを受けるタルト生地の歯ごたえも良く、フィリングも実に品良くまとめ
られていて、これは明らかにこのクリームを主役にしたタルト。そりゃそうよね。
こんな素材使って主役に据えない方がおかしい。そして鏤められてるキラキラ
したコーティングがされたアーモンド。。。

ねぇ。。。このタルトとコーヒーで千円取られても文句ないよね。。。
何だこのビュッフェ、全くもって素晴らしい。。。


お菓子メインのお茶会に来たと言うならこのクオリティもわかるけど、
ランチビュッフェのデザートとして出されていたのがこのレベル、だと…???
これは行っておかないともったいないんじゃないですかねっ!!

ホテルにお尋ねしたら料金は2段階あって、

588kドン++(コーヒーか紅茶付き)
888kドン++(ワインその他のアルコール付き)

あれ??この日は200kドンプラスでお酒付きに出来ますよーって言われたんですが。。。
なんかのキャンペーンとかやってたのかな?ともあれ、それにしたって1500円くらいで
飲み放題がつくなら飲める人にはお安い価格。

プラス、こちらの皆さん、英語が流暢な方が多くてニコやかだったし、
サービスが逐一丁寧でしたねー。ひっじょーに気分良く過ごせました。

日常のランチにはちょーっと贅沢な金額ですが、例えばどなたかのお誕生日だったり
おもてなしをしたいゲストがいるとかって時には、全てに於いて安心して楽しめる
ビュッフェなんじゃないでしょうか。ランチビュッフェの中では総合点が一番高いと
感じてますし、一緒に居た友達はSOFITELのランチビュッフェよりも好きだ、という
方も居ました(私はSOFITELのランチビュッフェは未体験)。

いやーっ、ホテルの外観が地味…じゃない、シックだからって見逃してる場合ぢゃ
ないですよっ。機会を見つけて是非是非こちらはトライしてみて!至福のひと時を
過ごせます(*´艸`*)



th_IMG_4386_201603042039025f3.jpg



Hotel des Arts Saigon Mgallery
76-78 Nguyen Thi Minh Khai

Atrium Cafe 〜 ロッテレジェンドのロブスタービュッフェ♪

某ホテルのロブスタービュッフェの噂に浮き沈みがあり、ついにはお目当てだった
ロブスターも無い事があるらしい、なんて話まで出て来て(現在は復活している
と言う話もアリ)、ある種ベトナム名物だと思ってたビュッフェだったので残念
だなーと思っていたら。。。


th_IMG_1324.jpg


ロッテレジェンドホテル内にあるアトリウムカフェ。
こちらでロブスターもいただけるシーフードブッフェをやってるってことで
早速行って参りました♪ この日はちょっと用事があって、ご一緒させて
貰うお友達に先に行って席とロブスターの確保をお願いし、後から参加した
のですが。。。。


th_IMG_1326_2016013118022221d.jpg


いや、幾ら食べ邦題ってあーたこの量( ̄▽ ̄)
あ、いえ、私の分だけじゃないですよ。3人分(笑)
にしたってすごい量(笑)

別のレストランのビュッフェではロブスターの量に限りがあって補充がされない
と言う話を聞いた事があり、遅れて行ってエビが無かったら残念だねってことで
確保してくれていたのですが。。。実際には途中から行ってもまだ素材は補充
されており、さすがに行く時間帯によって食べられる物の内容が変わる、という
ことはないのかなーと。


th_IMG_1357_20160131180906867.jpg

th_IMG_1358_20160131180906c90.jpg th_IMG_1359.jpg


この日はシンプルに塩焼きにしてもらっていたようですが、多分他にも味の
チョイスはあるんじゃないかな。日本の方にはこれが一番良いだろう、という
お店側のすすめだったそう。確かにたくさん食べるにはシンプルが一番。
ライムかけて食べると、焼きたてじゃなくても充分美味しかった♪

他には生ものも結構充実してて、個人的にはフレッシュオイスターがあったの、
嬉しかったな。ま、私は少々食べてもお腹を壊した事が無いので安全性の
保証はできませんが(笑)、6つほど。クオリティの程はそこそこでしたが、
充分楽しめました。

th_IMG_1327_201601311802235fd.jpg th_IMG_1341_201601311802279b0.jpg


その他のコールドカッツやホットスタッフも多分に漏れずの充実振りでした。
当然全種類を食べるなんて無理なので(笑)、全てを実況する事は出来ませんがwww


th_IMG_1335.jpg th_IMG_1344_20160131181453fdf.jpg

th_IMG_1336.jpg th_IMG_1343.jpg


例えばチキンとピーチのサラダ、ダックレッグのコンフィにプラムを合わせたものだとか、
ちょーっと気の利いたレシピが魅力的で、へーっ、ほーっ、という驚嘆もアリ。


th_IMG_1365.jpg

th_IMG_1364.jpg th_IMG_1366.jpg

お寿司に関しては。。。
ビュッフェ用に超絶小ぶりに作ってるところはご配慮頂いてるなーと感心
しましたが(小さく握るのって本当に難しいんです)残ねながら、シャリが
鉛玉のように握り固められててこれは残念(・∀・;


th_IMG_1371.jpg th_IMG_1373.jpg

あの重質量では、せっかく小さく握ってくれてても値千金ならぬ、値千貫。
胃に重たすぎるし何より味が。。。(-“-;
ま、そこはイメージでやらざるを得ない所もあるだろうから仕方ないですね。
ロブスターのビュッフェ食べに来て寿司に文句つける人もおらんだろうし。。

そういえばこちらのビュッフェ、プラス+入れて百万ドンチョイだったの
ですが、もちろんドリンクが含まれてます。ワインやビール飲み放題。
プラス、カクテルがありました。これはちょっと珍しいかも?!

th_IMG_1332.jpg


ただし、頼むタイミングによって同じマルガリータでもあるコール度数に相当
差があったので(笑)、薄いのが良い人、濃いのが良い人はそれぞれ都度、
キッチリ希望を伝えて作ってもらうのが良いかと思います(笑)
フルーツジュースはフレッシュな物を使かってるのかなって思うくらいに
美味しかったし、レシピの割合は不安定でも自分好みの物を作ってもらえる、
と考えたらむしろありがたいかも?(^皿^)

スイーツは。。。


th_IMG_1353.jpg th_IMG_1355_201601311828022ca.jpg

th_IMG_1356_20160131182804b4b.jpg th_IMG_1354_201601311828028f7.jpg


割愛( ̄▽ ̄)
ほら、あの、力配分ってありますものね。
単純にこちらの資本の国の傾向と日本人の舌の傾向が違うってこともあるかもだし、
もちろん私の好みの話だけかもしれませんから、これが良いと言う方がおられる
とも思うのですが、個人的にはデザートはフレッシュ・フルーツ、
ドライフルーツで満足しましたw 見目には華やかで楽しかったですけどね♪


ともあれ。。。
この日は平日だったのですが、かなーりお席に余裕がありました。
まだ余りロブスターのことが知られてないのかな?
同じロブスターを売りにしてた某ホテルは交通の便がもっと良くない
所でも人気だったので、相当警戒して予約も勇んでしたのですが、
これならフラリと来ても大丈夫だったかなーなんて。

お味の質はピックする物によりけりと言う気はしましたが、なんてったって
メインは海老。ロブスター食べ放題って日本だと中々無いし、増してや
こんな優雅な感じで、となると更に難しいので(ガチの争奪戦になってる
様子のビュッフェは何度か日本で見た事がある…)メインターゲットを明確に
据えて、それ以外の狙いも定め、徹底的にピンポイントで楽しむ、という
戦略で行けば、楽しめるんじゃないかと思われます♪

それよりなにより、やっぱり気の置けない人と心置きなくワイワイできるってのは
楽しいもんですなぁ。ベトナムに戻って来てビュッフェに行きたかったし、
この日は盛大に飲んで食べてをしたので、大満足の夜でした♪



Atrium Cafe
2A-4A Ton Duc Thang


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Liberty Central City Point 〜 シーフードビュッフェ!

前回はリバーサイド支店のランチビュッフェがとても素敵だったLiberty Centoral.
今回はベンタン市場にほど近い位置にある City Point 支店にて、
夜のシーフードビュッフェを楽しんで来ました。

ホテルのシーフードビュフェというと、Hotel Nikko が有名ですが、
お値段がちょっと気張るので(私が知る限りは、1,000kドン++)
気ガルニって感じではありません。まぁお酒が飲み放題なので飲める方には
お得な価格なんですけれども。

それがこちらのホテルでは、525kドン++。ほぼ半額。
ただし、木曜〜日曜限定。
月曜〜水曜日は特にシーフードに特化しないディナービュッフェのようなので
お気をつけて。ただしこちらは450kドン++。更にお得(笑)

th_IMG_6224_20150914021850faa.jpg

値段から察するに、ニッコーさんなどに比べれば小希望だろうと予想して来店。
リバーサイド店もそうだったけど、こちらのお店もとてもスタッフさんの接客が良い。
丁寧でニコやかで朗らかなサービス。その人の持つ物も大きいと思うけど、
上の方が良く指導されてるんだろうなー。


th_IMG_6100_201509140218521d8.jpg


こちらのホテル、煌びやかな5つ星ホテル程のゴーディさはありませんが、
かといってビジネスホテルライクすぎずに、ほどほどシックな雰囲気があって
調度頃合い。この日は木曜日だったのですが、お客産もほどほど。
多過ぎず少な過ぎずでゆーったりでした♪

さて、飲み物は別なのですが、こちらのお値段も左程高くなく、
軽く飲めば満足な人には逆にお得な感じかも。


th_IMG_6099_20150914021851226.jpg


シーフードがメインとはいえ、その他のお料理も結構な品数揃ってます。
もちろん、五つ星ホテルほどのスペースでも種類でもありませんが、
あれ、見目には楽しいのですが結局全種類なんて食べられませんしねぇ(^^;
勿論そんな豪華さを楽しみたいときはその価値がある訳ですが、気軽にサクッと
行って楽しみたい時には、「頃合い」の方が落ち着けたり。

          th_IMG_6105_20150914021946232.jpg 
th_IMG_6106_20150914021948f27.jpg th_IMG_6108_2015091402194995d.jpg


といっても、チーズから複数酒のパン、ホットディッシュもかなりあって充分な量。
そしてそして肝心のシーフードはと言うと…?


th_IMG_6110.jpg

th_IMG_6112.jpg

th_IMG_6111.jpg


かにー!!テナガエビー!!!ワタリガニー!!!
どれもそんなに大振りのものではないけど、新鮮で美味しそう♪
そして大人気の様子だったのは。。。


th_IMG_6118_20150914025521572.jpg


伊勢エビっ( ・`ω・´)b
まぁ、可愛いサイズで、日本だったらこれ、捕ったら怒られそうなサイズ
なんですが(笑)、何はともあれ伊勢エビですっ(笑)

そしてこれらをお好きにピックアップし、スタッフさんに渡してスチームか
グリルか伝えると、番号札を渡してくれるのであとでテーブルまで持って来てくれます。
その他にもタコやイカ、仕込みをしたお野菜類に回もかなりの数がありました。

th_IMG_6117_20150914025519ab6.jpg th_IMG_6115_2015091402195262d.jpg


こじんまりなスペースだからそんなに待たなくても良いし、お店の方の目も
良く行き届いてて、足りなくなった食材はすぐに補充がされていたし、
まったくもって快適なビュッフェスペース。
そして席で他の物をつまみながらまっていると…?

まずはグリール!
ドーン♪


th_IMG_6131.jpg


お次はスチーム。
ドーン!


th_IMG_6133.jpg


おーーーーっ。
なんか頼んだ以上のもん…多分他のテーブルの奴もガンガン交じってるなー(笑)
ま、食べたい物は入ってるわけだし、気にするなー!(笑)

ってことで早速バリバリ食べ始めたら。。。
あっらーっ、全然期待してなかったウチワエビさん、身がギッシリっ。
以前に日本で食べた数回はどれも身が小さくてめんどい、というイメージしか
なかったんだけど、こんだけミッシリなら食べ甲斐があるわいねー♪
時期が良かったんかしら♪


th_IMG_6137.jpg


カニさんは味噌がタップリ。手長エビも伊勢エビもプリンプリン♪
こりゃー美味しい!!

th_IMG_6138.jpg
th_IMG_6139.jpg th_IMG_6140_2015091403122182b.jpg


スティームもグリルもどっちも食べてみて、焼いてる方が美味しいだろうと言う予想
だったのですが、モノが小さめな所に火力が強いグリルを使ってるためか、ちと
身がカスカスになりがちだったため、私はスティームの方が好きだったかなー。

ってことで、2回目はスティームで頼んだら、勿論その通りにしてくれたのだけど、
牡蠣だけはグリルにしてくれてました。その方が美味しいと言うあちらさんの判断なんでしょうね。
確かに身の小さな牡蠣だったので、それが正解だったと思います。


th_IMG_6142_20150914031223389.jpg


あと食べ比べて思ったのは、シンプルに食べるなら泥ガニよりワタリガニの方が味が良い
ってこと。ここ最近かに専門店でチリクラブだなんだと食べてていたのは泥ガニで、
それはそれで美味しかったのですが、あれは調味料を合わせて美味しいものなんだなーと。

いや、上品さを美味しさの基準にするなら充分に美味しいのだけど、蒸したり焼いたりした
だけで頂く時にはワタリガニの方が旨味は圧勝。食べるとこ少なそうだなーと思って
パスタクリームの出汁的に使う程度だったんだけど、頑張って剥いて食べる価値はあるかも。
ワタリガニ。

そしてその他の料理も美味しかった♪
これはその日によりけりで内容が変わるかもしれませんが、個人的にはカエルのフライが
ヒット。天丼みたいに甘辛いタレが絡めてあって、まー美味しい。この盛り合わせのお皿
手前にある揚げ物がそうです。カエル、LOVE♡


th_IMG_6124_20150914031217ea9.jpg

あ、寿司は。。。
人間の力でどうやったらこんなに米を圧縮できるんだろう、ってくらいの巻き込み具合…(^^;
ナイフ入れたらスパーって切れたよね。。。


th_IMG_6135.jpg th_IMG_6136_201509140321005ec.jpg

ここ…これはご愛嬌(^^;

デザートコーナーも結構充実していて、フルーツにベトナム式お菓子、そして洋風
水菓子系もいくつか。


th_IMG_6120_201509140323355cf.jpg th_IMG_6121_20150914032335f19.jpg

ホッとポットにはたっぷりのお豆腐が作られていて、それを
ジンジャーシロップで頂く趣向の物も。でも。。。でも。。。

イザ自分達が食べに行こうと思った時にはもうすっからかん!!ヽ(;▽;)ノ
お客さん、そんなにいなかったし、デザートのとこに群がってる感じもして
なかったのに、いつの間に。。。

お豆腐、みんな好きなんだなぁ。。。
そして洋風のデザート類も見事に無くなってた。。。
エビカニに夢中になって、もうデザートはあわてて食べないと終了時間が
間近じゃないかー!!って時今でモシャモシャやってたのが敗因だな。。。
今度からは、食べたいデザートは事前に取っておこう。。。
お豆腐ー(;ー;)


でもデザート自体は他にもあって、チェーが自分でカスタマイズできるシステム!
じゃじゃん!!!


th_IMG_6101.jpg


ぎんなん、蓮の実、こんぶにチェンドル(緑のちねったようなプリプリのやつ)、
チアシードにライチ、ロンガン、デーツにジャックフルーツ、ゼリー類などなど。
チェー屋さんに揃えられてるのはみたことあるけど、これ、自分が組み合わせたいように
そして食べたい分、好きなだけ取れてしまう喜ばしさ!!!


th_IMG_6146.jpg th_IMG_6147_2015091403285487a.jpg

これはこれで嬉しいわー。
さすがにエビカニは黙々状態になりますんで、お付き合い初めのカップルさんの
デートには不向きかもしれませんが(笑)、飲み物1杯入れても3000円くらい。
これなら毎日、は無理な金額でも、例えば週に一度、二週間に一度くらいの頻度の
ディナーだったらアリな金額じゃないですかね?内容もエビカニ食べ放題ですし。

ただ、もう一回伝えておきますが、このシーフードビュッフェは
木〜日限定です( ・`ω・´)b
月曜〜水曜日は通常ビュッフェですのでお間違えのないように。

あとこちらでは色々食事に関して頑張っておられるようですね。
ベトナム料理に特化したランチビュッフェは299k++。
先日2日の独立記念日のときもスペシャルビュッフェをやってましたが、
27日(日)には、Mid Autumn Festivalと称して、899k++ でお酒のフリーフロー、
サーカス&マジックアトラクション付きのディナーもあったりするとか。

th_IMG_6225_2015091403285675d.jpg

日常でも、夕方17時〜18時にはタパスアワーと言うのがあって、20種類弱のタパスを
楽しめる様子。しかもタパスはどれも同額で、1品50kドンというお手軽さ。
しかも、2つ頼めば90kドンと、ちょっとお得。品数が増えるごとにお得になって、
MAX5品だと180kドン。1品そのままの価格×5で考えると250kになるわけだから、
あーらお得!

th_IMG_6226_201509140328557d8.jpg th_IMG_6227_2015091403290558f.jpg

th_IMG_6228_2015091403290505f.jpg


場所柄もいいし、気張らずに行ける、でもそこそこお洒落な雰囲気のホテルの
レストラン。こう言う頑張ってる所は有効活用して、Win x Winな関係で
長く続けてもらいたい物ですね♪


Central Restaurant 
59 Pasteur Street. Q1



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Latest Recipe 〜 Le Meridian Saigon のランチビュッフェ

Ton Duc Thang通り=川沿いに出来た新しいホテル。
まだ入り口が工事中だったりするので、もう開いてんのかいなどうかいな、
と、疑問に思いつつ、何度も素通りしてたのですが、どうやらもうホテル内は
営業しているらしいと聞き、ビュッフェに行こう、と誘ってもらいました♪

メリディアン。何処の国のにも泊まったことはありませんが、結構良いランクの
ホテルだってことは知ってる。こりゃちょっと価格を調べてった方がいいな、
ってことでランチビュッフェのお値段を電話で確認したら。。。

なんとっ。
今月いっぱい、2015年8月末まで、オープニング・プロモーションで
30%OFF
らしいですわよっ、おくさま!!!


こりゃー良いタイミングで誘ってもらえた、ってことで、喜び勇んで
行ってきました。お電話で聞いてた所では450k++ ←30%OFF後の価格。
おおっ、それならリーズナブル♪

ってか、この際対応してくれたスタッフさんがとても感じの良い方で印象が
すごくよかったのですが、ホテルについてからも、ドアマンからレストランの
スタッフさんまでが実に細やかで親切な対応!!


th_IMG_4989_20150812000844aa1.jpg

新築だし、フランス系のホテルはどこもインテリアが素敵ですね♪
シンプルだけど軽すぎること無く落ち着いてて、プラス、こちらは川沿いの
景色を取り入れるため、窓が大きく採光も良い。ええ、川が奇麗かどうかは
考えちゃダメです(笑) イマジネーションを膨らませましょうっ ( 。•̀_•́。)b


メインはオーダー制。さすがにランチでお安い価格なので、SOFITELの
シャンパンブランチのように何回でもオーダーOK、というわけにはいきませんが(笑)
チョイスは色々。アジアンスタイルとウェスタンスタイルそれぞれに肉、魚の
お料理があるようです。ウェスタンスタイルにはベジタリアンディッシュも。


th_IMG_4964.jpg

コールドカッツからサラダ類、ハム、チーズ、ホットディッシュにスイーツなどは
ビュッフェ形式で。全般にスペースもほどほどで品数はそんなにたくさん!!
と言う感じではありませんが、どれも厳選されてる感じです。


          th_IMG_4940.jpg
th_IMG_4943_2015081200085091f.jpg th_IMG_4941_20150812000846828.jpg

広大なスペースに大量多種類の料理が並ぶ様も壮観ですが、結局それらは
目を楽しませてくれるだけで全種類を食べるわけにもいかないんですよね。
たまーのシャンパンブランチの時などにはそれもまた一興ですが、
普通のランチ、でもちょっとお洒落にいきまひょかー、ってな程度の時なら、
目に入ったもの、気になった物を制覇できるくらいの方が実用的かも(^皿^)

そしてこちらのランチビュッフェでは特に、シーフードがオススメ!!
特にエビ!!!

th_IMG_4948_20150812001030729.jpg

氷にブッ刺されておりました(笑)
しかもこれ、かなぁり大きいサイズ。加えて、非常に頃合いの火入れ加減。
味が抜けてなかったんだけど、蒸してるのかなぁ。そして芯の所がギリギリ
加熱されてる感じで、身が大きいから全体にブチブチ!!って感じで歯ごたえは
良いんだけど、中はしーっとり。うーん、このエビ、すごい。

実際この日に行った全員にエビは大好評。
こんなに大きいのに食べた人は6尾とか7尾食べちゃってる方も居た(^^;
いやでも、この価格で昼からこんな立派なエビ食べられるって、かなり豪華。

スモーク類は鮭やらシーバスやら三種類もあって、
スモーク好きにはたまりまへん(*´艸`*)


th_IMG_4953_2015081200303591a.jpg th_IMG_4954_20150812003036adb.jpg


↓この貝は大きくて食べ甲斐ありそうだったのに、ちょっとゴムゴム
しててイマイチでしたが。。。。


th_IMG_4955_20150812001032c3d.jpg

シーフードプレートは大満足の内容。
これは嬉しい♪

th_IMG_4962.jpg

あ、お寿司もありました(笑)
ビュッフェ向きにかなーり小振りなため、握り方がすこし固めだけど気にならないし、
酢飯の味的にも米の炊き方も好きだったかな。ネタも奇麗に処理しているので、
お口直し的にポイポイっと頂くのには嬉しいメニュー。どっちかというと握りより
巻物の方が美味しかったかな。

特に花びら型に巻いてるタイプのがシャリと具材のバランスよかった。
卵焼きやら野菜を◯く巻いてるやつは、野菜がゴリゴリすぎてちょっとバランス
悪かったけど、ビュッフェで出すお寿司としては全体的にアリだなーと。

th_IMG_4949.jpg th_IMG_4978_20150812004800fca.jpg



ウェスタンスタイルの食事は、スープやシーフードパイ、ピザなど。
シーフードパイのパイ生地は長時間保温状態で置けるようにと、若干固め。
フラジャイル感のある生地は焼き上げてから食べるまでの時間が勝負だから
ビュッフェには向かないのは分かるのですが、パイとしてというよりは
タルトを食べる的スタンスで行くと楽しめるかも。シーフード、ふんだんに
乗ってて、フィリングは上々だし。

          th_IMG_4945_20150812004051fb5.jpg
th_IMG_4946_201508120040528f9.jpg th_IMG_4985.jpg


ベトナム料理ももちろんあります。
生春巻きはド定番ですが、この盛り方、奇麗ですよね♪
自分でたくさん作った時は、ついベターッと一面に並べてしまいがち
だけど、なるほど、こうやって立体感を出すと接面積も少ないからくっつき難いし
見目も美しいですわね。勉強になりますっ。

th_IMG_4942_20150812000849de7.jpg

その他にエビ餃子やらシュウマイなどの蒸し物、その場で作ってもらえるブンチャーなど。
ただ、ベトナム料理に関して言うと、ここはベトナムなんだけど、外国の人が
作ったベトナム料理と言う感じ。ピリ辛の和え物サラダ系は割と美味しかったのですが
ホーチミンにしても味がかなり濃かったことと、逆にブンチャー、バインクオンなどは
うす味過ぎると言うか、一体感が無いと言うか。いえ、美味しくない訳じゃないんですけどね。
敢えてここでベトナム料理を頂く必要は無いかなーと。ベトナムだけど。いやベトナムだから?

th_IMG_4982.jpg th_IMG_4990_20150812010604e31.jpg


とまぁ、ちょっとイヤごと系になりましたけど、メインがドーンです、ドーン!
はい、三枚、大写真でいきましょうか!!

th_IMG_4974.jpg

th_IMG_4975_20150812010600b7a.jpg

th_IMG_4976_20150812010601680.jpg

上からリブアイステーキ、メカジキのグリル、チキンのアジアンスタイル。
待って。どれもすっごいボリューム(笑)
これにパンとスープでもつければ、もうここのビュッフェ料金取られても
しゃーないんちゃうかというレベル(笑)

メインは最初に聞かれるのですが、出してもらうタイミングはこちら次第。
GOサインを出してから持って来てもらえます。多分これ食べちゃうと
他が食べられなくなりそうなので、ほどほどあっちこっちを軽くつまんでから
頂くのが得策かと(笑)


もちろん、ランチの、しかもビュッフェの中の一品ですから、高級レストラン
のもののように、って訳には行きませんが、ステーキはちゃんとオーダー
した焼き加減で出て来たし(薄めのカットだったから、相当注意してないと
焼き加減厳守するの難しそう)、メカジキは輪をかけてすごいボリューム。
お好きな方はたーっぷり堪能できると思います。

チキンの煮物は「ドライAppleとハーブの煮物」というのに釣られて興味本位で
頼んでみたのですが、これ、めっちゃ美味しい薬膳スープや!!(´∀`)
薬膳系の香りが苦手な方にはちょっと難しいかもですが、私的にはすごくいい。
シンガポール、マレーシアの肉骨茶的な。鶏肉もタップリ入ってましたが、
これはスープが主役やな。ご飯がかなり固くて残念だったけど、いーです。
米は寿司で摂るから(笑)

ってか、すごいなーっ。
ビュッフェをあの価格で出しといて、メインがこのボリュームかー。
どうやって採算合わせてるのか。。。まぁ食後のコーヒー・紅茶以外の飲み物は
別料金だからってのはあるかもだけど、良心的だ。。。

さて、スイーツ。
さすがにフランス系のホテルらしく、デコレーションがいかにもそれ。
見目に楽しいですね♪

th_IMG_4996_201508120130039e8.jpg th_IMG_4959.jpg
th_IMG_4958_2015081201300093f.jpg th_IMG_4960_20150812013001acf.jpg


こういうアシンメトリー且つエレガントなデコレーションはフランス菓子に
多い気がしますね。ドイツとかはシンメトリーなデコレーションにするし
(彼ら曰く、切ったときどれも均一じゃないと美しくないじゃないか、という
大変ドイツらしい理由らしいw)日本ではあまりこういう色使いはしませんね的な(笑)
そう言う意味で見目の特色はフレンチテイストたっぷりかと。

ただ。。。
個人的にスイーツの味は、ぼーちぼちだったかな(^^;
タイミングが悪かったかな。スイーツまで完璧なハイアットの直後だったし。
なのでかなーり舌が厳しくはなってると思いますが、それにしても、微妙に
アジアンなテイストがヒョコ!っと組み込まれてたりしてちょっと違和感。
パンダンリーフ風味とかジャリジャリのココナツとか。好きな人はいいけど
フランス菓子のつもりでいくと、ん???ってなるかも。
全体のレシピも無難無難なとこで収めてる感じかな。
店名が「最新のレシピ」という割には…という感はちょっとあり。

th_IMG_4991_20150812012846ebb.jpg th_IMG_4992_20150812012849132.jpg

あっ、でも果物はものすごく適熟なやつばかりだったので、好みのスイーツが無くても
充分満足できるレベルっ。これは時期にもよるかもだけど、どの種類もドンピシャ
だったから、もの凄く気を使われてるのかなと。紅茶のティーセットも可愛くて
嬉しかったーヾ(@⌒ー⌒@)ノ

とまぁ、ちょいちょいイヤごと挟みましたが、本来そこまで言えたギリじゃない。
結果的に1人、440kドン弱だったんですよね。2600円くらい。
それであれだけ素晴らしいエビ(←とにかくエビ推しw)と、その他シーフード、
種々の料理にボリュームあるオーダー・メイン、食後のコーヒーまでついてるんだから、
四の五の言うなって話ですね(^^;

通常価格になると550kくらいかー。食べる物により好み・感じ方はそれぞれ
あるかと思いますが、雰囲気も込みで、特にこのオープニング・プロモーション
価格だったら全体にとても素敵なビュッフェです。

なにより、最初にも言いましたがスタッフさんが素晴らしいし、気分よく過ごせる
この空間をこんなお手頃な価格で楽しませてもらえるのだったらかなり安いと言って良い。
どのくらいスタッフさんが素晴らしかったかと言うと、BABY連れだった友達が
料理を取りに行ったとき、席に着く時、フロアマネージャーさんらしき紳士な感じの
スタッフさんが、「恋人かっ(´⊙ω⊙`)」ってくらい甲斐甲斐しくケアしてくれてて
「好きになっちゃうかと思ったわ(笑)」と言ってたくらい(笑)

子連れお断り、な所もあって、それはそれでそのお店のスタイルだからアリだとは
思うのですが、やはりこういう姿勢を見せてくれると、子供への配慮だけでなく、
例えば客人を連れて行く際など、いろいろお任せできるかなって思っちゃいますね。

新しくて、まだ入り口の所は工事してたりしますけど、せっかくなので、
このプロモーション期間内にお試しになってはいかがでしょう?
今月いっぱいということなので早くお知らせしたくて、無理矢理この記事、
食べに行った翌日にねじ込みました(笑)

ちなみに、1階カフェではアフタヌーンティーもされてるとか。
1人だと290kドン、2人だと500k弱と聞いたので、偶数人で行くとお得かも。(←セコいw)
日曜日はシャンパンブランチもやっていて、こちらは1400kドン++。
SOFITELと同じく、シャンパンはテタンジェだそうです。

ふむ。
楽しみだな(*´艸`*)


Le Meridian Saigon Hotel ( Latest Recipe)
3C Ton Duc Thang Street,Q1



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Opera 〜 PARK HAYATT SAIGON のシャンパンブランチ!

さあさあ!!以前から行ってみたかったPARK HAYATT SAIGONの
シャンパンブランチ。先月リニューアルオープンしたと言うので早速(*´艸`*)

th_IMG_4557.jpg

以前から素敵なエントランスだったけど、更に明るくなった感じ。
ドアマンも、予約を受け付けてくれたレストランの女性も以前と変わらず親切で、
良いクラスのホテルなのに、肩肘張らなくて良い感じがいいよね、このホテル。

th_IMG_4533.jpg

で、予約に行った日(電話でも可能)にドリンクのリストを貰ったのですが。。。
わーお!シャンパンがボランジェだ!!(((o(*゚▽゚*)o)))
あの、ジェームズ・ボンド御用達のっ(それ言うなら女王陛下のっていいなさいよw)
ネームバリューはバッチリな逸品。シャンパンの中でも安定感が抜群で
信頼を置く泡ファンも多いと言われてますよね。

インターコンチはヴーヴでソフィテルはテタンジェ。ハイアット、以前はモエ
だったと記憶してたんだけど、ボランジェだなんて!さすがのハイアット。
ホーチミンの他のシャンパンブランチで、これ出してるとこあるのかなー。

th_IMG_4558.jpg

ってことで、席について早々注いでもらって早速乾杯。
少こーし樽香が奥に控えている爽やかだけど大人な味わい。
おいしいーねっ。


th_IMG_4566.jpg th_IMG_4575_20150803144103a6a.jpg


さて、PARK HAYATT さんには朝食ビュッフェと、土曜日の午後限定のアフタヌーンティーに
来たことがあります。つまり、今回がこのホテルの3つ目のビュッフェ体験。こんなに
ビュッフェを楽しみに来てるホテルは他に無いかも(笑)

また過去2回のどちらもとても素敵で美味しく、申し分が無かったんですよね。
アフタヌーンティーは競合が少ないからあれですが、朝食に関してはいくつか体験
したところ、ここ、ハイアットさんが一番じゃないかと思ってるくらいにお気に入り。
なので否が応でもシャンパンブランチへの期待が高まります♪

          th_IMG_4570_20150803145204111.jpg
th_IMG_4562.jpg th_IMG_4560.jpg


ホットスタッフからビーフやラムの塊のロースト(その場でスライスしてくれます)、
フィンガーフードまで色とりどりに美しく並べられてます♪
コールドカッツは朝食の中でもずば抜けて美味しかったのですが、今回も品揃えが
とても素敵♪ 

th_IMG_4561.jpg


生ハムやサラミに関しては、オープンキッチン内でこまめにスライス
してはお皿に補充してました。しかもなるべく人目につかないようにさりげなく。
この心遣いと細やかさが素晴らしいのよね、ここ。

そうそう、結果的にあまり今回は食べられなかったんだけど、パンもおいしいんだよねー。
チーズに添えられてたドライフルーツもセミドライタイプでとても上質なものばかり。

           th_IMG_4571_20150803145603580.jpg
th_IMG_4572_20150803145604aa5.jpg th_IMG_4574_20150803145605b89.jpg


ハチミツ漬けにしたフルーツをブリーに添えたら、もうウットリ。。。
チーズにハニーにフルーツとシャンパン。なんのご褒美。。。


th_IMG_4593_20150803145834c61.jpg


ああ、それよりなにより、こちら、シーフードも素晴らしいのっ。
種類や盛り方はシンプルで、目を見張る様な華やかさと言うのはないのだけど、
質にとびっきりの拘りを見せてる感じ。


th_IMG_4563.jpg th_IMG_4564.jpg

カニはちょっと面倒そうだったから食べなかったけど(笑)、エビは芯をほんの少し
残した感じのジューシーな火入れ。ハマグリは小さめだったけど、プックリする所で
熱を止めて蒸し上げられてて味がとても濃厚。

th_IMG_4582_20150803150242bda.jpg

そしてなにより…今回一番印象深かったのは、この食材。
牡蠣!!

th_IMG_4583_201508031502443f7.jpg th_IMG_4599.jpg

私、日本なら北は北海道から三陸、岡山、広島、熊本と色んな所の牡蠣を食べて来たし、
毎年、牡蠣を山ほど食べに行ってたし、他にもフランスやオーストラリアなど、色んな
国の牡蠣も頂いて来たけど。。。

こんっなにミルキーな牡蠣は生まれて初めてっ(´⊙ω⊙`)
というか、ミルキーってのは、こう言う牡蠣に対して使う表現で、
今までの牡蠣には使っちゃいけなかったんだなーって思ったくらいっ。

日本の牡蠣は、もちろん好きです。
食べてきた中のものにはコクがあり、これはミルキーと言う表現をしてよいもの
だろうなって思ったものも沢山あったのですが、今にして思うとどちらかというと
清廉さや爽やかな旨味のものが多かったなーと。

対してこちらの牡蠣は。。。もうまるでフグの白子っ。
舌に乗せると、まるで滑らかなベシャメルを口に含んだ彼の様なまったりとした
重みとまろみ。雑味やアクは殆ど感じなくて、ただトロォリとポッテリと舌に
まとわりつく濃厚さ。なんだこれっ。最初(今食べたの、牡蠣だったよな…??)
って不思議な気持ちになってしまった(^^;

どっちがどう、というよりは、別物って言った方が良いくらいの違い。
こちらが動物性の濃厚な生クリームだとしたら、今までのは低脂肪乳くらいに
広い開きを感じた。。。その濃厚でまーったりとした牡蠣でお口の中がコテコテに
なったところに、爽やかなシャンパン。ああ…胃袋カートリッジがあるなら永遠に
繰り返していたいこの快楽。。。

とにかくすばらしかった、こちらの牡蠣っ。
聞くと、カナダ産のものだそうです。初めて頂いた♪
まぁ、カナダも広いし種類も色々あるだろうからもの凄くザックリした手がかりだし
毎度カナダ産のものを出しているかも、時期によっても質が変わると思うので、
確実にこれに巡り会えるとは限りませんが。。。

ホーチミンのみならず、これまでの自分の牡蠣歴通して考えてみても間違いなく
最上級。いんやーっ、おいしかった♡


th_IMG_4584_201508031502459e0.jpg

シーフードは、他にもサラダとして調味されてるものもあって、ホタテの貝柱は小粒
ながら、とてもふっくら仕上げられて、サラダコーナーにさりげなく置かれてたけど
うっかり見逃す所だった。そんなさりげない置き方されてる中にこんな美味しい料理が
潜められてるだなんて侮れない。。。

あとちょっと添えてるビーツのサラダね。ミックスされてるのが白い干しぶどうを
ふっくらと戻したもの。洒落てるわーっ。ビーツも程良い堅さでサラッとした
ドレッシングであえてあって、実にシャンパンに良く合うのです♪

そういえば見ただけで素晴らしいだろうなと感じられた生ハムは肌理が細かく
ベルベットの様な舌触りで、塩気は抑えめ。旨味は全開。添えられたメロンと
合わせて頂くと、まーっ至福っ。

th_IMG_4588.jpg


お肉のプレートもとても充実。
ローストビーフはテーブル中の賞賛を浴びてた。私もとても気に入ったけど、
ラムレッグのローストも捨て難い!!!


th_IMG_4585_20150803150246916.jpg

大きな塊のローストをその場でスライスしてくれるので、厚みなどにお好みがあれば
リクエストすると良いと思います♪

そういえばこちらはソフィテルほてるのように、オーダー制のメニューもあります。
ソフィテルはメインメニューがオーダー制でしたが、こちらはパスタ類がオーダー制。

th_IMG_4605.jpg


全部で5種類。
とりあえず、どのくらいの大きさで出て来るかわからなかったので、
カボチャのリゾットとアサリとルッコラのフェトチーネを注文。


th_IMG_4594_20150803150326fe5.jpg th_IMG_4595_20150803150328042.jpg

あらっ、小ぶりのお皿で、4人で少しずつ味見するにはちょうど良い感じ♪
これは他の3種類も頼んでみねば(*´艸`*)

そしてカボチャのリゾットは芯を残したちゃんとしたアルデンテなリゾット。
濃厚過ぎないかポチャがほんのり甘味を添える中、程よいブイヨンと塩気が美味しい。
そしてフェトチーネ!!生麺なんだけどプリップリの弾力があってソースも良く絡み
とても美味しい!!

私、実は生パスタあんまり好きじゃないし、ホーチミンでは乾麺で作ってる所で
すら、あまりパスタがおいしいと思えたことが無かったのですが、ここのは美味しい!
ホーチミンにしては、ではなく、純粋に美味しい!!これは嬉しい♪


          th_IMG_4600_20150803153319530.jpg
th_IMG_4603_20150803152818bba.jpg th_IMG_4604_2015080315282099b.jpg



スパゲティーニもチーズを包み込んだラビオリもキノコのリガトーニも、どれも秀逸!
ホーチミンでこんな美味しいパスタが食べられるなんて!こちら、ビュッフェ以外にも
単品を食べられるレストランだったりするのかなぁ。ここのパスタならわざわざ
食べに来たい♪



土曜の午後にだけ開催されてるハイティで、こちらのホテルのパティシエさんの腕が
確かなことは知っていたけど、ビュッフェのデザートも間違い無しっ。
レアチーズケーキもティラミスも、ギリギリの所を攻め込みながら絶妙なバランスを
取ってる、実に見事な味わいで、甘過ぎないからこれをつまみにシャンパンを頂くのも
また美味しかったり。


th_IMG_4608_20150803163239f39.jpg



フランボワーズを使ったミルフィーユは、サクサクの生地にバターがそれなりに
使われてると思われるのに爽やかな美味しさがあるし、アイスクリームは
どのフレーバーも素材の味がとてもヴィヴィッドで、例えばイチゴはとても
フレッシュな風味だし、ヘーゼルナッツはこの上なく濃厚だけど後口サッパリ。
すばらしい。


          th_IMG_4579_20150803152948654.jpg
th_IMG_4578_20150803152946484.jpg th_IMG_4580_201508031528171ea.jpg

バインフランは濃厚な生クリームとバニラビーンズを豊富につかったリッチ仕様、
パンナコッタはこの上なく滑らかで、どれもが上品な甘さで次々食べられてしまう♪


全体的に。。。
品数はインターコンチネンタルの方があって煌びやかさもそっちにあるけど、
少数精鋭。いや、決して少数じゃないんだけど、ほぼチョイチョイ全部食べて
どれとしてハズレがない。ハズレじゃない、どころか、どれもがとても突き詰め
られてて、そもそも素材からの厳選ッぷりがハンパなく、それを生かした
イタリアンの生き生きした様子がどの料理にも感じられた♪

デザートのマカロンがイタリアンレシピだったように、スイーツまで徹底して
イタリアンで通されていて、例えばオーダー制のメイン料理の追求っぷりだったら
SOFITELのフレンチのオーダービュッフェが群を抜いてたけど、目の前にある
料理の平均点の高さと「イタリアン」というジャンルを隅から隅まで楽しみたいなら、
迷わずハイアット。


こちら、シャンパンブランチの私が知る中ではホーチミン1、高い価格設定の
1,800kドン++。結局2,000kドンちょいになりましたが。。。
そしてその単価は安い、とは言えませんが。。。

内容を考えたら実に価値ある2,000kドン。
飲めない人にはお高いかもですが、椀子そばのようにシャンパン横から注がれても
ひるまない私たちの様なウワバ…あ、いえ、お酒好きなら、シャンパンだけでも
元取れる。プラス、あの素晴らしいお料理達。アジアの別歳で行くとこに行けば、
この倍の価格はしようかという内容ですから、ものっすごい穴場。

もちろん、そんなにチョイチョイ行けるものではありませんが(笑)
リピートしたいビュッフェの一つ。

そうそう、他のブランチでは時々あるのですが、有料のスティルウォーター。
ここでもそうかなーなんて思いながら頼んだら、なんとこれも料金に含まれてた!!

th_IMG_4612_20150803164857acb.jpg


まぁベトナムだったら有料だったとしても千円は取られないと思いますが、
なんだかんだで三時間、しかもその間ずーっと酒を飲み続けているわけですから、
お水もほしくなるわけです。結局私たちは今回3本分以上いただいたし、食後の
コーヒーや紅茶も当然含まれてる。

ナーンてことを考えてたら、単価としては他に比べると高いけど、実質そこまで
性あるものでもないのかなーと。あと、スタッフさん達がみなさん素晴らしく
良く気がついてて親切でしたね。この水のボトルのラベルを見ようと手に取ったら、
自分達で注ごうとしているのかと思ったのか、猛ダッシュで駆け寄って来て、

「お客様に注がせんなんてとんでもない!!」

と言わんばかりに対応してくれたり(^^;
どこまで細かく気を配っていてくれるのか。。。

食事やお酒は15時までだったのですが、最後に注いでもらったシャンパンを
その後もゆっくり飲みながら、結局16時半くらいまで居座ってしまったけど
特に追い出されることもなく、のんびり。ああ、なんて優雅。

知る中で一番高くはあったけど、充実度もハンパなかったし、期待以上の
クオリティ。お客さんもせかせかしたり料理に押し寄せる様なことも無いし、
とても居心地の良い空間。同レベルの他地域のホテルに比べればずーっと
お安く頂けるわけだし。。。

ほんと、ホーチミンって、ビュッフェを楽しむのにめちゃくちゃ「今」が
いいですよねっ。このタイミングでホーチミンにいられてラッキーやわぁ。。。
ここね、欧米の年配の方とかも結構折られて楽しまれてたので、ちょっとした
客人をお連れしても喜んでもらえるんじゃないかと思いますよ♪
きちんとしたお料理でもてなすのももちろん素敵ですが、こういうクラスの
ビュッフェになったら、ビュッフェといえどもおもてなしになると思う♪

シャンパンブランチでどこにいくか迷ったら、ぜひとも候補に入れてほしい
レストランの一つです♪



Park Hayatt Saigon
2 Lam Son Square, District 1




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Hoang Yen 〜 ベトナム料理のビュッフェ♪

ベトナム料理のビュッフェスタイルのお店と言えば、今は無き
Nguyen Du Street の GAO さんとか、ツイ先日ご紹介した
Liberty Central Hotel の Central Restaurant  などがありますが、
その辺が出てくるずっと前からあったのがこちらのグループ。

ホーチミン市内に4店舗くらいあるのは知ってるけど、
もしかしたらもうちょっとあったりするのかしら???
今回行ったのはゼンプラザさん内にあるお店。

th_IMG_3739.jpg


ゼンプラザさんにもなかなか足を向ける機会がなかったのですが、
ヤズヤさんとか、我が愛する Vuvuzala さんとかも入ってて、
今まで存じ上げずに失礼しました、という感じ(^^;

th_IMG_3741.jpg th_IMG_3740.jpg


日本風に言うと2階に上がるとSushi Barがあり、更にその上のフロアがHoang Yen.
有名な写真館さんとかもこちらのビルに入ってらっしゃるんですねー。


th_IMG_3745.jpg th_IMG_3744_20150704005601eae.jpg

間口こそ小さめなんですが、店内全般はかなり広い!
この日は20人くらいの団体さんもいましたが、そんな数でもなんのその。
かなりのキャパがある様子。昼だったからまだ控えめな人数だったけど、
これ、週末の夜とか結構な数のお客さんが入るんじゃないかなーっ。

実は別店舗に行った際、そんなにいなーってのがなかったので敢えて書いて
なかったのですが、あれれ?店舗に寄って印象が違う??
故父らのお店は盛りつけも細やかだしとにかく種類が多いし、200kドン以下の
設定でこれはなかなかの品揃え。


th_IMG_3748_20150704010747e26.jpg th_IMG_3749_20150704010749b75.jpg

th_IMG_3751_201507040107496b1.jpg th_IMG_3758_20150704010900e6d.jpg


ベトナム料理に特化してるのもいいですね。
日数少なにしかベトナムに滞在できない旅行者の方には、一気に色んなものを
試せていいかも。春巻きだけでも数種類。バインセオはその場で焼いてくれてるし、
蒸し春巻きのバインクオンもその場で一枚ずつ蒸してくれてる!

揚げ物も揚げたてだし、ホットスタッフもかなり充実。
これはなかなか。。。

th_IMG_3752_20150704010752db0.jpg

th_IMG_3759.jpg


鯖のグリルがあったんだけど、それも美味しかったなー。
こういうスタイルのお店の魚料理って、大抵はスルーするんだけど、こちらのは
見ただけでも美味しそうでスルーできなかった(^^;


th_IMG_3757.jpg th_IMG_3762.jpg


魚と言えば、鯛の煮付けなんて自分が作るより品良い味だったなー(^^;
身もシットリで美味しかったし。


th_IMG_3767_20150704020620f88.jpg
th_IMG_3770.jpg


しあげは、できたての温かいお豆腐にジンジャーシロップをかけたものとか豊富な果物、
ソフトクリームも数種類。いやー、こんだけあったら大満足♪

          th_IMG_3771.jpg
th_IMG_3773.jpg th_IMG_3774.jpg


店内は広いけれどもカジュアルなので洗練された雰囲気、というわけにはいきませんが、
気楽なイメージはありました。味も全般に庶民的な感じで、外食ながらにほっとする
感じの味のものが多かったかも。その時々にも寄るのでしょうが、お客さんの殆どは
ローカルの方で、人気のある料理の前などはちょっと積極的にいかないといつまで
たっても手に出来ない、と言う事態がなきにしもあらずでしたが(笑)
これまで行った他の2店に比べると、私的には大満足。
店舗によってこんなに違うかー、と言う感じ。

ベトナムで千円ちょっとのランチは結構酔いお値段の方だと思いますが、
用意されてる種類、味の安定度、便利さなどを考えたらかなり有効なお値段では
ないでしょうか。他店舗のディナーに行った事があって、内容的にはシーフードが
充実したりと言うのはあったけど、これだけの品数があれば充分なので、コスパ的には
ランチがお勧めな気もします。こちらのお店のディナーには行って無いので、
あくまでこれまでの経験からの推察ですが(^^;


ベトナム料理に特化したビュッフェって、そんなに沢山は無いと思うので、
手駒で持っておいて損はないし、こちらの系列のお店だったら、
こちらの店舗、おススメですよ♪



Hoang Yen
ZEN PLAZA 54-56 Nguyen Trai,St,Dist1
11:00-14:00
17:30-22:00




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Central Restaurant 〜 Liberty Central River Side

ベンタン近くにある Liberty Hotel については以前書いた通りですが、
あちらは最近出来た方。元々川沿いにはもっと以前からRiver Sideという支所名で
ホテルがあったんですね。あまり身近な人であの辺のホテルを使われる方がいなかった
ので、見逃していたポイントでした。

でも以前から入り口の所にビュッフェの案内がリーズナブルな価格でアピール
されてて気にはなってたんですよねー。
で、聞くとランチはベトナム料理メインでやってらっしゃるという!!!
これは助かるっ。


th_IMG_2649_20150605191814d3a.jpg


滞在時間が短い旅行者の方を食事にお連れする際に、専門店に連れて行った方が
美味しいモノを召し上がって頂けるのは間違いないのですが、なにせ食事の機会が
限られてるので、一度に色んな種類のベトナム料理を楽しんでもらえる場所は貴重。
ビュッフェをゆったりたのしんでもらえる、というのもベトナムのホテルならでは
ですし、以前お気に入りにしてたベトナム料理のビュッフェ専門店は閉店しちゃったし…

ってことで偵察がてら、まずは下見に行ってみました。
いつまでやってるキャンペーンかは知りませんが、36時間前までに予約をすると
2割引と言う話を聞いたので、事前予約も兼ねて行くと(別に電話でもいいよう
ですが様子を見てみたかったのもあって足を運んでみた)実に快くスタッフさんが
説明してくれた上、その日は運動帰りで小汚い恰好をしていたにも拘らず、

「よかったら中をご覧になってみませんか?」

と、お食事をされてる方がいらっしゃる中、ビュッフェの様子を詳しく紹介してくださり、
まー、気が利くやら親切やら。元々予約するつもりではあったけど、即座に予約。
内装も、もっと事務的なホテルかと思ってたら採光が良くて明るくて
シンプルシックな感じの素敵な内装だったし。
サイゴン川も見渡せて、夜も雰囲気良さそうだなー。


th_IMG_2652.jpg th_IMG_2714.jpg


そして当日も行ってみると、日本人の予約客が他に居なかったのか、

「4名様でしたら…◯◯さまですか?」

と、予約リストも水にこちらの名前を覚えてた!!!(´⊙ω⊙`)
ネーム入のリザベーション・プレートも机の上に構えてくれてたから
それを用意したり見ていたスタッフさんが名前を覚えてくれてたのかもですが、
予約対応してくれた方とは別の方だったから顔は知らない筈なのに…素晴らしい。

ベトナムの方が人の顔を覚えてることの能力に長けていることはみなさんも
ご経験されてご存知かもしれませんが、ほんっと、これって教育したから
どうのってことじゃないと思うんですよね。私がもしこう言うとこのスタッフで
一度予約に来ただけの客の顔覚えとけって何度言われても無理な気がする(^^;


5つ星のホテルでも、丁寧ながらカジュアルさが魅力的なホーチミンのサービス。
それを「一流ではない」と仰る向きもあるのも聞いた事があるのですが、
私は個人的にはスタイルや高級嗜好の所作云々の質よりも、こういうサービスの
本質的な所がにこやかに朗らかに手依拠されてることに、より魅力を感じるんですよね。
アジアの他数カ国に行った中でもダントツに好き。

さ、話戻してこちらのビュッフェ。
街中のハイグレードなホテルのそれよりスペースも小さめだし、ベトナム料理オンリーの
セレクトだし、ゴージャスさやバリエーションの多さでは控えめに感じるかもですが
清潔感が高く、ディスプレイのセンスは充分に魅力的。

th_IMG_2715.jpg


ベトナム料理らしくお野菜タップリのサラダ類。
中にはアロエのサラダ、なんて、自分には食べつけないものもあって興味津々。


th_IMG_2718_20150605192001854.jpg th_IMG_2716.jpg

大体ベトナムチックなドレッシングで敢えてあるものが多かったですが、見目にも
バリエーションがあり、素材や味にも工夫が凝らされててアレもこれも食べたくなります♪


th_IMG_2735_20150605193427ab7.jpg
th_IMG_2737_20150605193431aec.jpg


コールドカッツも徹底的にベトナムのもので固められてました。
豚川やミミガーなどを煮こごりのように寄せたハムとか、少し甘めの独特のハムなど、
こうして見ると、ハムだけでもベトナム料理って沢山バリエを持ってるんですねーっ。

th_IMG_2741_201506051935059c1.jpg th_IMG_2740.jpg


温かい物の中にはエビの天ぷらなどもあって、おや、と思ったけど、もはやこれも
もうベトナムの味になってくれているのか、元からそう言う料理がこちらにもあったのか。
あと大きな辛くない赤いチリ…カレイドスコープって品種かなー。風味は良いけど、
ほっとんど絡みが無い唐辛子に詰め物をして揚げた物など、見目にも楽しい、
それでいて日本人の舌にもシックリ来る様なメニューもありました。


th_IMG_2725_20150605192002dde.jpg


魚介にロブスターや生牡蠣などの豪華なものはありませんが、大きな大きなハマグリや
シーバス、小ぶりのタコや肉、オクラのベーコン巻などちょっと手を加えたものが
グリルドコーナーにありました。

th_IMG_2727_2015060519200555f.jpg

生の状態の物を自分でお皿にピックアップし、それを渡して席に戻っていると、
焼き上がった物が運ばれてきます。ハマグリはネギオイルとナッツがあしらわれている
定番スタイルに仕上げられて、まーーーーー身がミッチリ!!!お代わりした。
二回も(笑) あんあ立派なハマグリ、なかなかお目にかかれないっ(笑)

th_IMG_2746.jpg


ホットスタッフはスチームドライスやガーリック炒飯までを含んで10種類程。
大きなビュッフェ会場を持つ所に比べると少なめに感じるかもですが、内容が
実にバリエーションに富んでいて、楽しむには充分な量。ってか、これでも
全種類は食べ切れてない(^^;

          th_IMG_2732_20150605193423b47.jpg
th_IMG_2733_2015060519342593c.jpg th_IMG_2734_2015060519342646f.jpg


th_IMG_2730.jpg th_IMG_2731_201506051935021c5.jpg

蒸し物や、もちろんスープ麺のコーナーもあり、数種類ある麺や具材をお皿に乗せて
何種類かあるスープを指定してお願いするとその場で作ってくれます。
ちなみに今回私はスパイシースープを頼みましたが、スパイシーなのに甘かった(笑)
あれかな、タイのスープを意識している感じ。友達が頼んでた鶏出汁がメチャクチャ
美味しかったです!(←あ、横取りして食べてるwww

th_IMG_2755.jpg

色んな物をまんべんなく食べたい、と言う欲求もあるのですが、食べてみて
美味しくてリピートしたい欲もあって、何度も同じ種類の料理の皿を重ねて
しまいました(笑) これ、ビュッフェ食べに行った時の中でも珍しいパターンかも。

th_IMG_2751_20150605194321b17.jpg th_IMG_2752_20150605194323c82.jpg

↑左写真の手前の唐揚げみたいなのはチリソルトをまぶしたカエルの唐揚げ、
奥が辛くないチリの詰め物の揚げ物。右写真はグリルメニュー。ハマグリ美味し
かったし、お肉もガチガチに固い赤身かと思ったら、ハラミかなぁ???
見た目はタンみたいだけど、食感と味わいは横隔膜的なマットな柔らかさがあって
旨やかなベトナムの塩を振って食べると大変美味しいっ。罪悪感無く肉をガンガン
楽しめる。

ドリンクは別料金になるのですが、ひとつだけコールドカッツの所に
レモングラスティが置いてありました。これがまた胃をスッキリさせるわ
口の中が爽やかになるわで、ビュッフェの時には大変嬉しいお飲物(笑)

th_IMG_2754_2015060519442881d.jpg

添えられてたハチミツのディッパーはレモングラス。
こういとこが豊かだよねー。こっちにしてみりゃ後は捨てるだけで
洗うコストもかからないし、そもそも少々使った所で微々たる金額の物だろうけど、
入手困難な国から来た人にして見ると豪華だしシャレとんしゃーですなっ。

th_IMG_2723_201506051944341c4.jpg th_IMG_2721_20150605194432472.jpg

デザートにはフルーツがタップリ。
ケーキも色々あるのですが、こちらもベトナムスタイルと言いましょうか、
ゼラチン物はガッチリ固めで、ベイクドものもシンプル一直線。素朴、という
表現がピッタリ来るかな。技術がどうのではなく味の嗜好の問題で、トラディショナル
路線を基軸にしたレシピっぽく私の好みではありませんでしたが、見目には楽しく
アイスクリームはサラッとしていて二回もお代わりしてしまいましたwww


th_IMG_2758_201506051952538b2.jpg


そうそう、ワインが結構リーズナブル!!と思ったのですが、一番お手頃な
400kドンラインのやつは泡も白も軒並み品切www

th_IMG_2712_20150605194318f6c.jpg th_IMG_2713_201506051943194a7.jpg


で、650kの泡を頼みました。
ま、これでも充分リーズナブルよね、ホテルのレストランで頂くなら。
美味しかったし。

th_IMG_2744_201506051943218df.jpg

通常のランチ価格が299k++。
早めに予約をすればその2割引。(←いつまでやってるキャンペーンかは不明)
こじんまりだけど、ベトナム料理のあれこれを一時に楽しめるし、お野菜タップリ
メニューが多いからヘルシー気分も味わえますし(実際には調味料が甘めだから
どのくらいヘルシーかは追求しないでおきましょうwww)見目に楽しくサービスも良い。


夜も525kでビュッフェがある様ですね。ホテルのビュッフェとしては安い。
ここ、ちょっといいかもですよ♪今までしらなかったけど結構穴場(*´艸`*)

各国料理が取り揃えられた豪華なシャンパンビュッフェももちろん素敵だけれど、
普段使いのビュッフェ捜すなら、こちらも是非是非考慮に入れて頂きたい♪
大変満足なベトナム・ランチ・ビュッフェでしたヾ(@⌒ー⌒@)ノ


th_IMG_2790.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Market 39 〜 サンデーブランチ!

別行動が多い日曜日ですが、この日は旦那さんがお家にいることになり、
急遽当日、

「一緒の日曜日って珍しいから、シャンパンブランチ、行っちゃう?」

とのお誘い。
えー!!!!(´⊙ω⊙`)

というのも旦那さん、食べ放題だからとガッツリ食べるタイプじゃないし、
お酒も程々お楽しみになると言う節度をお持ちの方。私は「節度って何?」
って人なのでセッキョク的にビュッフェに行くけど旦那さんが行くことは稀。
宿泊時、朝食が着いてるときならいざ知らず、サンデーブランチに一緒に
行けるなんて、めーっちゃ嬉しい!!!

ということで、話が出てから速攻5分で予約入れたよねっ( ・`ω・´)b
はい、こちらのサンデーブランチは大変人気なので、行かれる際には
予約をお勧め致します。実際この日も満席でした。

こちらはインターコンチネンタルホテル棟グランドフロアにあるレストラン。
朝食ビュッフェには来たことがあって、規模的には自分が行った中では
ホーチミンで一番大きく華やかな印象。さて、サンデーブランチになると
それがどうなるかと言うと…


th_IMG_2522.jpg


あいっ変わらず広いわー(笑)
そして大きな窓際に沿ってスペースが作られてるので、採光が良く
明るく開放的なイメージ。そもそものスペース自体が広いと言うのも
あるのですが、テーブルの配置の流れやら色々工夫し、よりゆとりある
空間に見せることに専念している印象。

そしてその広々しているスペースいーーーーぱいに、シーフードをメインと
しつつ、各国料理をこれでもか、と並べて華やかな演出をしている心意気は
朝食の時と同じですね!いや、見るだけでも楽しいわ!

ま、当然見るだけでは終わらない訳ですが…(笑)
先日のSofitel Hotelのサンデーブランチの泡はテタンジェでしたが、
インターコンチはヴーヴでサービス。
なんかもう、泡の種類でビュッフェを選ぶとかできちゃうのって、
めちゃくちゃ贅沢ですよね。。。

th_IMG_2523.jpg


スパークリングワインはよく飲むけど、さすがにシャンパンはそんなに頻繁に
空けないので、ここぞとばかりに頂きました(*´艸`*) 旦那さんもこれはとても
気に入ったようで(そりゃーそうだろうw)あまり飲み食いしないのにもったいなく
なかったかなーなんて心配が無くなっちゃうほどご機嫌さんで何杯も飲んでた♪

小ぶりだったけど生牡蠣も並べられ、コールドカッツやサラダ類の種類も豊富
だったら見目も麗しく、いやー、やっぱり楽しいですね、こちらのビュッフェ!


th_IMG_2527_20150604024651353.jpg th_IMG_2535.jpg


そして忘れないうちにメインを紹介しておきますと…


th_IMG_2532_20150604024653401.jpg

どしゃっ(笑)

小振りだけど、ロブスターに赤貝、ムール貝、エビ、そして団扇エビの
ボイルの山!!!!これらは自分的にはお御馳走の食材だけども、
それをまるでまったく珍重すべきじゃないもののように盛ってるところが
贅沢と言うか豊かさを見せつけられると言うか、なんかもう笑っちゃう
ディスプレイ(笑) これがビュッフェ開催時間中、ついぞ減った様子を
見せない位にこまめに補充され、最後までこの山が小さくなることはなく…www

何処のビュッフェも色んな工夫を凝らしてるけど、すっごいよねーwww
これはちょっと家では出せないボリュームだし、そもそも食材だって
ゴージャスだし、中々の見物。ホテルニッコーのシーフードビュッフェの
伊勢エビほどではないけど、どれも身がミッシリ詰まってて美味しかったし
大満足ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

          th_IMG_2555_20150604030145028.jpg 
th_IMG_2556_2015060403014603e.jpg th_IMG_2557_20150604030148e3e.jpg 

こちらは団扇エビ。
私、こんなに身がびっしり詰まった団扇エビさん、食べたこと無かった。
どっちかというと労する割に食べられる量が少なくて面倒くさいって
思ってたんだけど、これ、ぽろっと取れるしお口一杯に頬張れる(≧∇≦)

お次は伊勢エビ。
うおっほい。

th_IMG_2585_20150604030149701.jpg th_IMG_2587_201506040301500d3.jpg

こっちもボロっと簡単に身が取れて、とても一口では食べられないほどの
大きさで。。。ソースも各種揃っているので、沢山食べても飽きが来難いし、
こりゃーエビ好きにはたまりませんなっ(*´艸`*)

ベトナムのこういう場には殆どと言って良い程登場するスモークサーモンは
プレゼンテーションを工夫されてて、半身そのままにディルをまぶした状態で
ディスプレイ、要望してからカットしてもらうと言う趣向。すっげー!!!


          th_IMG_2544_20150604030650912.jpg
th_IMG_2546_2015060403064935e.jpg th_IMG_2559.jpg

このスモークサーモンがほぼ冷薫。
ヒンヤリとした食感ですが、口に入れるとすぐさま解けるトロットロの脂。
それでいて身の部分はプリップリと口内に吸い付くようにエロティック。
ほぼ生の食感、しかも上等な生のサーモンの食感で、控えめな燻煙の香りが
なんとも奥ゆかしい。この奥ゆかしい味わいに合わせて、添える薬味やソースが
このサーモンのためだけに7〜8種類。贅沢だなーっ。


th_IMG_2552_201506040306493f6.jpg

定番の白身魚(多分スズキ?)の薫製も素晴らしかった。
ちょーっと塩気がきつめで温薫くらいの熱入りでしたが、
食感は噛んだ端から跳ねるようにプリンプリンしていて色気満載。
酒が進むわーっ(*´艸`*)

そして牡蠣っ。
今回色々なシーフードを口にしたけど、魚介もののなかではこれが一番っ。

th_IMG_2553.jpg


小ぶりで受けが深いタイプの牡蠣。
ベトナム産の物を頂くと、大抵受けが浅くて身も小振りな物が多い印象
だったのですが、ここのは受けの深さにぽーってりと身が詰まってて
食べ応えアリ!!そして清廉ながらミルキーで、どうしてこの濃厚さと
後口の爽やかさが同居できるのか不思議でならず、最初はちょっと困惑
してしまった程の美味しさでした。。。。

尋ねると、ニャチャンの牡蠣だと(´⊙ω⊙`)
そうかベトナムにもこんなタイプの牡蠣があるのかー。
ま、時期やタイミングもあろうから、これが常にあるとは確約できませんが、
遭遇できたらラッキーかと思います。これまで食べたベトナムの牡蠣の中でも
Top3に入る美味しさっ。

お肉はローストビーフにラムショルダー、そしてターキー。
塊のままドーンと置いてあるので、リクエストして切ってもらいましょう。
かなりデッカいスライスになるので、1枚をシェアしても良いサイズだった(^^;

th_IMG_2575.jpg

th_IMG_2564.jpg th_IMG_2566.jpg

ソースも豊富。
そりゃお肉が数種類もあれば当然だけど、それぞれのソースがきっちり
特徴を表していて楽しかった♪グレービーも美味しかったけど、私は
マッシュルームソースがお気に入り♪

広いエリアに広げられた食べ物達の前を何度も何度も往復したんだけど、
一度には全てに目を配れなくって、通る度に何かしら目を引かれたのですが…

th_IMG_2567.jpg


パプリカをこんな風に飾るとかも面白いなーと。
ちょっと雰囲気がラフレシアみたいになってますが(笑)
あと圧巻だったのは、こちらのビュッフェのシーザサラダ。
どん。

th_IMG_2550_20150604032013a61.jpg

いやいやいやいや(笑)
好みの野菜やチップスをチーズの器に放り込んで、ガーリガーリ
自分でチーズを削りながらミックスする!!!
なんだよこの贅沢なシーザーサラダはよ!!!(笑)

もちろんクリーミーチーズソースも用意されてるんですが、なんといっても
この贅沢なプレゼンテーションが楽しいよね!!!ビュッフェならではの
豪快な仕掛け。これ、楽しいなー♪

北京ダックは、リクエストしたらソースごとロールにしてくれた物を
提供してくれるので食べ易いし、なんせYu-Chuさんのお膝元だから
美味しいわねー♪


th_IMG_2528.jpg th_IMG_2580.jpg

バインセオは、見た目ボッテリに見えたのだけどパリッパリ。
小気味良くって箸休め的に頂くにはもってこい。(どんなゴッツイ箸休めや…)

th_IMG_2576_20150604033021a6b.jpg

感心したのはお刺身&お寿司コーナー。
最近ホーチミンの寿司に大注目しているちぇり僧さん的に、
データ集めの意味でちょろっと頂いてみたのですが。。。

th_IMG_2578.jpg th_IMG_2579_20150604033032862.jpg

ネタに関しては、大変良い仕上がりで、特にサーモンなんて絶品と言って良いくらい。
ま、サーモンは質の良い物によく出会えますけど、切り身の角を見てください。
ちゃーんと手入れされた包丁で丁寧に迅速に切られた物であろうことが想像されます。

そしてお寿司!!
その他のネタもよかったのですが、シャリの小振りさ加減と酢の入れ方がGOOD
と言って良い領域。握り方が気持ち重ためだったので、個人的にはそこがちょっと
残念でしたが、なーんと日本人シェフなしでこれのクオリティをキープしてると
いうのだから素晴らしいっ。

実は一年ちょっと前にこちらの朝食ビュッフェで出てたお寿司をつまんだら、
ものすごーーーーく残念だったんですよね。。。その頃とシェフが変わったのか
色々とお勉強の末に改善されたのかはわかりませんが、ビュッフェの一品として
出すには充分なレベル。やっぱり最近のホーチミンの寿司、面白いなぁ。

汁物、ホットスタッフその他、まだまだ色々あったのだけど、
きりがないのでスイーツへGO。こちらもかなりのスペースを割いていて、
通りかかる子供がもうボーゼンと立ち尽くす程の華やかさ(笑)

th_IMG_2596_2015060403420077a.jpg th_IMG_2597_20150604034151c85.jpg
th_IMG_2603_201506040341592b0.jpg th_IMG_2598_2015060403415256c.jpg

ものにより、平凡だなと思うものもあれば、これは!と思うものもあって
玉石混合の感は否めませんでしたが、好みによる所も多いと思うので、
こればっかりは食べてみてお気に入りを捜していただくしかないかなー。

個人的に気に入ったのはパッションフルーツの皮を器にしたムースと、
モカケーキ。見てっ。表面のパターニングも細やかで美しかったのだけど、
2mmないスポンジともかクリームをレイヤーにしてるのっ。

th_IMG_2611.jpg


これ、スポンジをこの薄さに焼いた時の扱いの面倒さか、
厚く焼いたとしたらカットの繊細さが求められてるわけで、
自分が作れ、と言われたらちょー面倒臭そう(^^; 
バタークリームベースですが、レイヤーが薄いことと全体が小さいから
クドい印象にはならず、大変満足。久しぶりにモカクリームのケーキ食べた。

th_IMG_2612.jpg th_IMG_2620.jpg

ムース系、ゼリー系は好きなのが多かったかなー。
と言っても全部食べれた訳じゃないけど(とても無理!)
見目に楽しいのは間違いなかった♪

シーフードをあまり食べられない旦那さん的には料理の味のインパクトは
あまり強くなかったようで、確かに、Sofitel さんのお料理のクオリティには
及びません。が、これだけの種類の食材を手間ひま惜しまずデコレートして
且つ、アイデアに富んだプレゼンテーションで楽しませてくれるビュフェなんて
なかなかあるもんじゃありません!

味を求めるか、サンデーブランチと言う空間を楽しむかで選択基準は
変わって来ると思いますが、華やかさと楽しさと言う意味ではこちらが随一。
お値段はこの日は1人込み込みで1,700kちょっとだったかなー。
今のレートで行くと小一万円。ベトナムにしてはかなり豪華。でも…

この手のサンデーブランチ、シンガポールの同ランク有名ホテルで
且つ同ランクの泡のセットで頂いたら1.6万円〜2万円近くしますからね…( ꒪⌓꒪)
もちろんシンガの有名ホテルで頂いたと言う事実にお金を払う価値はあると
思うのですが、実利を追求するならベトナム、ほんとにお得だと思う。。。

実際、今回テーブルについてくれたスタッフさんなんて、めっちゃ嬉しそうに
楽しそうにサーヴィングしてくれる可愛い女の子で気分良かったし、
入れ替え制とかじゃないからのんびりできるし、食事が一段落したころには
フィリピンの方達のノリの良い生演奏が始まったりして、
「どうぞまだまだゆっくりしてってください」の気持ちは表してくれるしで、
本当に大満足。

泡の銘柄で選ぶもよし。
内容の特色で選ぶも良し。
各ホテルがしのぎを削って工夫を凝らしているサンデーブランチ、
機会が許されるならあちこち食べ歩くの、楽しいですねヾ(@⌒ー⌒@)ノ


Market 39
39 Le Duan Street Q1
Inter Continental (Hotel) G Floor.




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

L'Oliver Restaurant 〜 最高のシャンパンブランチ!

ピンクティ http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-3632.html 
チーズビュッフェ http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-3760.html 

のどちらもがお気に入りという、料理に関しては信頼を寄せてるSofitel Hotelさん。
こちらのサンデー・ブランチがリニューアルしたと言うので行ってみました♪


S__7823365.jpg


といっても、以前に行った事がある訳じゃないので比較は出来ないんですが…(笑)
ボードの情報によると、泡は テタンジェと書いてあるヾ(@⌒ー⌒@)ノ
モエやヴーヴのホテルもありますが、テタンジェはあんまり見た事無いかも。
好きなシャンパンだから嬉しい(≧∇≦)

会場はSofitelホテルの2階。
チーズビュフェがあったレストランの反対側にあるレストラン。
華々しく、これまでに来られた星つきシェフの写真が飾られている側のレストランです。
さすがのフランス系ホテル。

まずはお待ちかねのテタンジェを♪


th_IMG_0998.jpg


おいしいわー。飲んだわー。
この日は2人で行ったんだけど、1人1本くらいは飲んだんじゃないかと言う勢い。
フリーフローのチョイスは他に赤・白・ビールなどもありますが、まぁ来てたお客さん、
殆ど泡ばっかりでしたね(笑)。終わり頃に見たら空き瓶、10本くらい並んでたらしいw
意外な事に、あんまり混んでなかったんだよねー。

会場は、正直インターコンチネンタルやハイアット、ニューワールド等に比べると
かなりこじんまりした印象。ただ、席のエリアはいい具合に仕切りが入り、
大人数だったら個室もあって、コージーで良い感じ♪

          th_IMG_0992.jpg
th_IMG_0994.jpg th_IMG_0993.jpg


階下を見下ろす通路沿いに魚介類から生ハム、チーズ、スープ、サラダ等等が
華かに並んでいます。論より証拠。百聞は一見にしかずと言うことでお写真を。

th_IMG_0999.jpg th_IMG_1004.jpg

お刺身の前には氷のオブジェ、ワインを冷すのに氷のコンテナなどがあって
涼しげですね♪ 全館冷房が効いているとは言え、このシャンパンブランチの
数時間のためだけのもの。毎週発注してるんですねー。すごい。

で、その前にあったお刺身が中々斬新な盛りつけでした(笑)

th_IMG_1003.jpg

多分ベースは鮭?(笑)
なるほど、こんな盛り方が(笑)
ちなみにお刺身、絶品とまではいきませんが、充分美味しかったですよ♪
ってか、マグロの赤身、美味しい物を扱うお店が多いですね。

私が利用してる日本食材さんもだし、暑い所だからトロはあれだけど、
赤身に関しては旨味もぎっちり詰まってるし、冷凍・解凍の手間さえ
惜しまず間違えてなければ、ほんっとに美味しい。そろそろトロより赤身が
嬉しいお年頃なので尚更の事嬉しいわ(笑)

th_IMG_1006.jpg th_IMG_1008.jpg
th_IMG_1007.jpg th_IMG_1017.jpg


盛りつけがきれいよねーっ。
これなんて最初ニョッキかと思ったんだけど、ホタテのバジル蒸し。
全体に低温で丁寧に熱を入れた感じでふーっくら!
一緒に行ったお友達と「なにこれー!!!」と大喜びで味わった一品。

th_IMG_1016.jpg


定番の生ハムやチーズ。
控えめな種類ですが大変良質な物を集めて、まぁこれ以上
あっても全種類食べられるもんでもないので十分でしょう。


th_IMG_1010.jpg th_IMG_1011.jpg


ローストビーフやパテも種類が豊富です。
なんとまぁ手間のかかったものが次から次へと並ぶもんだわね。
ビュッフェのメニューじゃ薙いだろこれ、って感じで圧倒されます(^^;


th_IMG_1012.jpg th_IMG_1013.jpg

フォアグラのテリーヌとかもね(*´艸`*)
これ出してるビュッフェは少ない気がしますわ。
しかもかなり上質。むふふふふ。


th_IMG_1014.jpg


魚介類はこちら。
どーん。

th_IMG_1005_201504272007223b2.jpg


エビ、カニ、貝類、蟹の爪。
好きな人にはたまりません状態。
ロブスターなんて成形して加熱した後、この細工ですよ?
なんて細やかなっ。


th_IMG_1038.jpg th_IMG_1036.jpg


「もちろん」生ガキもあります。
ソースはレモンとバルサミコベースのガーリックドレッシング。
なんとまぁ洒落とんしゃーね。


th_IMG_1033.jpg th_IMG_1037.jpg

カニ爪も美味しかったわー。
シェル・クラッカーで割れ目さえ入れればスポン♪って取れる♪
とても風味が良くて熱の入れ方もジューシーで、なーんにもつけずに
ペロッペロと食べれてしまう (*´艸`*)

th_IMG_1018.jpg th_IMG_1045.jpg


ね?こじんまり見えたとは言っても内容充実でしょー。
しかもほんっとにどれも繊細だったし、手の入れ方にウットリするほど。
しーかーもー、今までご紹介したのは「前菜」の域のものなのです。
ナーンとこちらのビュッフェは、メインがオーダー制になっている!!!
そう、作り立ての物を温かい状態で頂けるのです!!!(≧∇≦)
メニュー、バーン!!!


th_IMG_0995.jpg

なーにーこーれー!!!!
なんて素敵なチョイス!
フォアグラにラムにシーフードソテー、ビーフシチューにスズキのポワレ。。。
やっだーーーーっ、どれ頼むどれ頼むー(≧∇≦)
と狂喜してたのですが。。。。

th_IMG_1042.jpg


えー!!!えーー!!!えーーーー!!!!

なにっ、このメインも食べ放題ってこと?
何度頼んでもOKですってえ!!!!????
じゃ、悩む必要ないじゃん!上から全部持ってこーいでも良いってことよねっ。
フォアグラ何回食べてもいいってことよね?!すっごーい!!!(≧∇≦)
(↑メインは1人一品だと思い込んでいた貧乏性。。。)

ってことで、まずはフォアグラ。サイドはポテトグラタン。
サイドは別ココットにて出て来る可愛らしさ。だからどんだけ
ビュッフェの料理に手をかけてんだよ。。。

th_IMG_1023.jpg


th_IMG_1025.jpg

小降りですが、フリーフローの一品としては正しいボリューム。
ってか、やはりメインの味も繊細で複雑で少量分でも大変大変満足のいく味。
好みとしてはもうちょっと表面カリッとの方が好きだったけど、これも焼き方の
テイストのひとつですものね。フンワリしっとりなフォアグラでした。

ラムは。。。。
これ、たまらんですばい。。。
ミディアムレアに仕上げてあるんですけど、生ラムじゃないと出せないんじゃないか、
というフレッシュさと旨味の複雑さ。上手に熟成させた生ラムだと思うんだけど
国内産かなー。こないだ羊の群れをを追ってる動画を見せてもらったばかりで
国内で牧羊してるらしってのは聞いたんだけど。


th_IMG_1022.jpg

th_IMG_1024.jpg


こちらのサイドはラタトゥイユ。
まぁこの国の夏野菜はどれも味が濃くて生きが良いから、ラタトゥイユとか
抜群の仕上がりになりますよね。家だったらこれだけでワインが飲めるわ。
で、ラムにはペッパーソースを選んだんだけど。これがまた美味しくてさーっ。

メインの食材は勿論素晴らしいのだけど、鏤められてるサイドや修飾用の
お野菜からソースまでが見事に美味しいっ。

間に挟んだロブスターのビスクもまーーーーーーー丁寧っ。
このメニューを出してるお店を何件か知ってて、どこもそれぞれ美味しいのですが、
メイン食材がふんだんに手に入るお土地柄だからか、結構力任せに作ってるとこが
多い気がするんですよね。兎に角ひたすら大量の材料使ってガツンと濃くして
どやー!!!みたいなの。


th_IMG_1034.jpg


それがこちらは、ひっじょーに穏やかでまろやか。
ロブスターの味は十分に引き出されてるのですが、味わいの元にもなるアクが
ギリギリまで押さえられてて、優しさを感じる程にクリーミーではあるけれど、
舌に重たさは感じさせない。繊細、というほど線は細くないのだけど、どこかしら
控えめな所作があって、いやいやいやいや、シェフのセンスが垣間見られる様な一品。
ふう。。。酒が進むwww

メイン、続きます(まだ食ったのかwww)
プロヴァンス風のビーフシチューにスズキのレモングラス蒸し。


th_IMG_1041.jpg 
th_IMG_1040.jpg


こーのビーフシチューには独特の酸味があり、ソースが殆ど無くなるくらいに
コックリと煮含められており、フォークの先でちょっとつついただけの量でも
旨味がギューーーーーンと舌に染みるっ。これ、赤頼んでもよかったなー。

スズキはもうこの国のイタリアンやフレンチでは定番の食材。
実に手練な感じのさばきで、生姜と香るレモングラスが実に爽やか。
爽やかな中にも充分な旨味があって、これ、寝かせて使ってはるのかなぁ。

日本でも魚介を然るべき手段で熟成させる手法が定番になってきてますが、
欧米にはそもそも昔からあった手法なんだろうか?だとしたら日本に
その料理が入ってくる際にその手法も同時に入って来ると思うんだけど、
私が知らんかっただけなんかなー。


さいごはこれ。
エビのソテーをエビのソースで仕上げたもの。
これ。。。。このソース。。。もうかなりお腹いっぱいで且つ、
ほぼ一本分くらい飲んで酔っぱらってる状態の舌にも魔法のように美味しかった。。。


th_IMG_1039.jpg


このビュッフェのメイン、ポーションが小さいのでぜひ、食べきれるだけ
頼んでみてほしいです。せめてイニシャルラインナップだけでも。
2人で5品はいけたから、3〜4人居たらグリル物やサイドも制覇
できるかも???


あ、もちろんデザートも充実です。
ピンクティでスイーツの美味しさは体験済みだったのですが、ハイクオリティな
料理の後のデザートとなると、また更に手がかかってますね。


th_IMG_1049.jpg th_IMG_1050.jpg
th_IMG_1051.jpg th_IMG_1052.jpg

まーっ、華やか♪
勿論見た目だけじゃなくお味も大変品があって美味しいです。
またここのマカロン、美味しいしねーっ。


th_IMG_1029.jpg


ベリーのギモーヴには更にベリーのソースをかけて。
あと食べ切れなかったけど、アイスクリームも多種類用意されてました♪
チョコレートファウンテンやショコラも各種♡

th_IMG_1056.jpg th_IMG_1057.jpg

ベリーと合わせたショコラのケーキはリッチな味わい。パリブレストのクリームは
ナッティで大人な感じ。どれも実に高い位置で個性を持ちつつ、お口の中で
華やかに踊ってくれます♪


これはパンダンリーフの風味っぽかったけど、グラスムース。
見てくださいよ。中に入ってるのは丸くくり貫いたメロンに、
更に小さな栗抜きで穴を開けて、そこにパンダンのグリーンに対比する
赤いベーリをちょこんと添えてる。ほんっまにこれ、ビュッフェで出す
何十種類、ヘタしたら百は超えてる種類の品の一つにかける手間ちゃうわー(´Д` )


th_IMG_1059.jpg th_IMG_1060.jpg

デザートに取りかかった所で「コーヒー等はいかがですか?」と聞いてくれる
スタッフさん。出て来たコーヒーはillyでしたよ。完璧やな。時々、この〆の
コーヒーが何故かフリーフローに入ってなくて別料金ってケースがあるけど、
こちらは含まれていたと思われます。

諸々プラスプラスで絞めて1,300kドンくらいだったかな?
7000円くらい?ランチの金額としてはたまーのお楽しみにしかできない金額
だけど、テタンジェだけでそれ位分は飲んだし、料理に関してはコース料理に
出て来てもおかしくないレベルのお味が多種多様に楽しめたのだから、これは
もう素晴らしいコストパフォーマンス!!

2人して酔っぱらってるんだけど、料理に逐一感動しながら、実に良く食べて
飲んで楽しんだ!!!私、結構食べながら料理の事ガチャガチャ言うから
やかましこともあると思うんですが(笑)、こうやって一緒に楽しんでくれる
人がいてくれるって、幸せやわぁ(*´ω`)

文句無し。
朝食、ハイティー、ディナービュッフェ、ホーチミン内のこの手のビュッフェで
私が経験した物をぜええええんぶ引っ括めて、

ここ最高峰っ( ・`ω・´)b


世にも美味しいビュッフェですわよっ、奥様!!!
満席にもなっておらず、席に結構余裕があったのが不思議でならない美味しさでした。
場所がちょっと外れてるし、個人的にもここのお料理を食べてみるまであまり馴染みの
無いホテルだったから、ガイドブックとかでも知名度がそんなに高くないのかなー。

あ、混雑はしてなかったけど、席数はそんなになさそうなので、特に大人数で
行かれるときは予約する事をお勧めします。ホーチミンに住まれてる方は
ここのビュッフェには行った方が良いし、ご旅行中にビュッフェを一度くらいは…
と思われてて、フレンチメインで楽しみたい方には強くお勧め。
幸せな日曜日の昼下がりでしたーヾ(@⌒ー⌒@)ノ



SOFITEL SAIGON PLAZA
17 Lê Duẩn, Bến Nghé, Quận 1,




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

SOFITEL SAIGON PLAZA 〜 チーズビュッフェへようこそ!

SOFITELさんです。
当初何人かのブログを拝見して、お料理の評判が今ひとつで敬遠していた
にも拘らず、伺ったピンクティ(ハイティ)にあった軽食をつまんで感激。

ハイティですから小さなワンポーションだったけど、スズキのポワレにキノコの
ムース。素晴らしく美味しくて、スイーツ食べに行ってたのにそれらを3回も
お代わりしてしまったというお行儀の悪さを発揮したのは記憶にも新しい所(笑)

更には、フランスの星持ちシェフを定期的に招いてのお料理提供をされている
ことがわかるなど、自分の中では俄然、ランクの上がったSOFITELさん。
残念ながら星持ちシェフの次回の予定がまだ未定、ということで、なかなか
再訪に至ってなかったのですが、金曜日限定(2016年6月現在は木曜日になってる様です)
でチーズビュッフェをやっている、
との話を聞いて行って来ました♪

th_IMG_2815_20141009175441770.jpg


ホーチミンの五つ星クラスのディナービュッフェの質やコスパが素晴らしいのは
何度もお伝えして来ているところですが、チーズに特化した物があるなんて!
もちろん、ワイン飲み放題も着いています。いや、こう言う場合はフリーフローって
言った方が品があるんですかねw でも自分の中では「飲み放題」。そっちの
方がちょっとワクワク(笑)←居酒屋文化がデフォなもんでw

フライヤーによると、50種類ものチーズが揃ってるそうですが、まーその数だけ
聞いてもとりあえず素人の手には負えなさそうなので難しい事は考えず
(↑ほんとのところは考える事が出来ない)、行き当たりばったりで楽しもう!
一度に損なに沢山の種類のチーズを食べ比べることなんてなかなかできない
しねー、くらいのスタンスで伺ったのですが。。。。

なによこれ!!
チーズの種類や量も凄いけど、他のお料理もめっちゃ充実(@@)

th_IMG_2823.jpg

th_IMG_2833.jpg


特にシーフード系。とてもとてもミルキーな生牡蠣にプリプリのエビ、
ごろっと食べ応えのあるカニ爪、しっかり身の詰まったワタリガニ。
ホッコリほろほろのスズキ等の焼き物、めっとりとエロティックな
スモークサーモン。チーズ食べに来たのに、1皿目は海物でてんこ盛りw

th_IMG_2839.jpg


ハムやパンのコーナーもかなりのスペースを割いているかと思えば、
ベトナム料理のコーナーも充実。

th_IMG_2827_20141009175442aa0.jpg

th_IMG_2829.jpg

th_IMG_2861_20141009180817249.jpg th_IMG_2863_20141009180818387.jpg

更には、スイーツもかなりの数があって、ショコラに関しては別コーナーが
設けられていたと言うね。。。い。。。胃袋がいくつ会っても足りまへんがな(´Д` )

         th_IMG_2835.jpg

th_IMG_2825.jpg th_IMG_2826.jpg


他のホテルのように、全体が素晴らしいディーナービュッフェであること+
50種類のチーズまである豪華版!って感じでしょうか。こりゃーすげーや!
コールドカッツの質も良ければ、調理物もやはり味は確か…という表現は
好みがあるから適切じゃないか。個人的には凄く好みの物が多かったです。

しかも自分が持ってる好みの味にたまたま合った、というよりは、丁寧さと
際々に攻めた火入れや調味加減で、食べてみたらこちらの好みの幅が
広がった、という感じ。チーズ食べに行ったのに、すっかり色んな料理の
方に夢中になってしまいました(笑)

もちろん他のホテルのビュッフェにもチーズはほぼ必須で置かれてる訳ですが、
さすがに「チーズビュッフェ」を謳っているだけあって、SOFITELさんの充実ぶりに
適う所は見た事無いし、日本人には馴染みの薄いチーズスライサーなども設置
されてて、そう言う部分でも興味深かったし、チーズの事は訳解らないなりにも
楽しかった♪ 

           th_IMG_2821.jpg

th_IMG_2819.jpg th_IMG_2818.jpg



訳わからなさすぎて食べたチーズのことすら、詳しく書けないのが申し訳ない
限りですが(笑←笑いごっちゃなかろう)、まぁ圧倒されるようなバリエーションを
ちみっちみと多種類皿に取って頂く楽しさな。これ、初めての体験でしたわー。

th_IMG_2844.jpg


ちなみにフランスの方はさすが、こちらのビュッフェの事を良くご存知のようで
お客様の中にもフランスの方が多かったように思います。そしてさすがだなー
と思ったのは、チーズコーナーの前に皿を持って立ち、なにやら1人で、

◯×※⚫️□☆△〜、×◇※☆■っ。←フランス語的音感を当てはめて下さい

と呟いては納得したり首をひねったりしながら食べるチーズを厳選してるのを
拝見したとき(笑) みんながみんなってわけじゃなかったけど、拘りのある方は
食材とお話ししながらその日の出会いを楽しむのだなーと。さすがマルシェの
文化が高い国。

ワインに関しては泡物が無く、白・赤の各1種類ずつしかなく、チョイスが無い
のが残念ですが、まぁじゃぁ選べるよと言われても知識があるわけでもない
んだけどね(笑)

料金は1,000kドン(5千円)弱弱と言った所。
ホーチミンではホテルに寄っては7千円クラスもあることを考えるとリーズナブル。
そしてこの内容と味のレベル、バリエーションを考えると大変にお得。こんだけの
種類のチーズが一同に会している場所なんて、日本では滅多に見た事無い。
(いや、ある所にはあるんだろうけどね)

ここに限らず、他のホテルのビュッフェも知らないだけで素敵なところが沢山
あるんだろうなー。金額的に、しょっちゅうてわけにはいかないけど、月一くらい
で開拓していけるといいなー。サンデーブランチとかも開拓して行きたいし。
ああ。。。胃袋があと4つくらいほしいですね。。。(←それ牛より多くなるやんけ)


SOFITEL SAIGON PLAZA
17 Lê Duẩn, Bến Nghé, Quận 1,




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Park Hyatt Saigon Hotel 〜 土曜限定のアフタヌーンティ♪

***** 2014 Sep. *****

以前に書いた生地通り、土用日限定・こちらのスペースで行われる
アフタヌーンティがとってもすてきなハイアットホテルですが、
日頃のお茶に使うにもとってもいい雰囲気。
私、ここのティセットが好きなんですよねー♡


th_IMG_2855.jpg

あ、ティセットって、食器の方です。
ケーキとかとのセット、じゃないです(笑)
でもこの日はラッキーで、新作なのかなんかのプロモーションなのか、沢山の
マカロンを運んで来てくれて「お好きな物をお一つどうぞ♪」ってヾ(@⌒ー⌒@)ノ

ちょっと大降りのマカロンでしたが、フレンチスタイルでサックサク。
ほんっとにホーチミンってマカロンのレベルが高いよなー。
チョコレートもだけど、南国でこう言う高レベルなお菓子に出会えるとは
思わなかった。。。

紅茶は特に強く書く個性があるってわけじゃないのですが、とにかくこちらの
お店の雰囲気がいい事と、食器の様子が大好きで、要も無いのにフラッと
行ってはぼーっとすることもしばしば。

別にホテルじゃなくっても、素敵カフェは沢山ほかにもあるわけですが、
人があまりゴミゴミとしていないこと、しっとりとした空気感などはさすがの
一流ホテルさん。考え事一つをスルにしても、こう言う空間だと余裕を持って
考えられる様な気がします♪

th_IMG_2856_2014091915300620a.jpg

身近にこう言う場所があってチョイチョイ行ってると、それがクセになって
しまって、日本に帰った時、つい似た空間を求めるようになってしまったのは
困ったもんですが(日本だとこう言う場所でお茶するだけで2千円仕事ですもんね・汗)
こちらだと600円〜800円くらいでチョイスの幅あるメニューが楽しめます。
安くはないけど、この空間の事を思えば全然お得。

日本だと中々良いホテルのラウンジを使ったりはしないのですが、
最近はすっかりクセになってます(笑)
人との待ち合わせなんかもこう言う場所を使えばちょっと気が利いてますね♪
せっかく身近にある環境なので、ぜひとも活用したいスポットです♪


***** 2014 Jan. *****

なんてことでしょう。
書いたつもりだったのに、まだアップしてなかったこの素敵なアフタヌーンティ!!
パークハイアットで、土曜日の14時からのみ限定のサービス。
ハイアットの玄関を入って右手のティラウンジにて提供されます。


th_IMG_2223.jpg


ここのティーラウンジ、大好きなんです。
大きな構えの5つ星にありがちなゴーディな感じとは違い、シックにゴージャス。
何も用事がないとき、むしろ暇な時に独りでこちらに伺ってはお茶を頂いたりしてます♪

このアフタヌーンティの時もですが、通常、こちらに来てお茶を頂く際の
ティーセットがすごく素敵なんですよ。これ。

th_IMG_2234.jpg

更に時間がアフタヌーンティの時間が始まりますと、おもむろにピアノと
バイオリンの生演奏が。。。なんて優雅な。。。

th_IMG_2232.jpg


幸せな気分になれます(*´艸`*)
で、スイーツの方はと言いますと、もっと幸せ!!
ちょっともう写真連発しちゃいますね(笑)

       th_IMG_2226.jpg
th_IMG_2225.jpg th_IMG_2228.jpg

そもそもラウンジがそんなに広大ではありませんから、スペース的には小さめ
なんですが、品数がすごい。。。そしてその趣のバリエーションもかなり多い。
『うわあっ♡』と、思わず声が漏れてしまいます(笑)

アフタヌーンティのマストアイテム、スコーンは、布のナプキンで包んでご提供。
こうすると冷めにくいし湿気もこもらず、機能的。さすがハイアット。

th_IMG_2236.jpg

問題は、これだけビュッフェスタイルではなく、一人二つ換算で持って来て
もらえるようなのですが、二つも食べたらお腹いっぱいになりますがな。。。。
といって、これ、お持ち帰りは出来ないんです(聞いたんかいw)

さすがにビュッフェのお品が持ち帰れないのは承知でしたが、こうして
人数分出されるものは、その後使い回しする訳でもないでしょうし、捨てる
だけなのにもったいないなー、とかちょっと思ってしまった。。。(ノ_・。)

ひっじょーにスタンダードなレシピで作られていて、クロテッドクリームも
ちゃんとついており、ベトナムのみならず、日本で食べた物を合わせてもかなり
好きなスコーンだったから、尚更残して帰ることの惜しかったこと惜しかったこと。
見てたら、ビュッフェじゃなく、ハイティースタンドにセレクトしたアフタヌーンティ
セットもあったようなので、そちらで食べたら心置きなく頂けるかもですね。

それにしても。。。
ケーキ類が充実。一つ一つに手がかかってるし、お味のレベルが素晴らしい!!

th_IMG_2229.jpg th_IMG_2230.jpg

東南アジアのケーキのレベルは、実はあまり期待してなかったのですが、ほんと、
ベトナムに越して来てから改めることしきり。もちろん、お店によりけりな訳ですが、
評判のいい所を選んで行っているせいか、美味しい所に当たる確率、めっちゃ高い*\(^o^)/*

th_IMG_2238.jpg

ホーチミンで人気の抹茶のケーキもあって、これが意外に美味しいんです。
日本だと,抹茶の加工品的スイーツはあまり食べなかったんですが、どういう
素性の抹茶を使っているのか、とにかく量をふんだんに使っているため、
とてもリッチな味がするんですよー。あと、さすがカカオの国。
こういうビュッフェにもショコラがあるのが嬉しい所♡

th_IMG_2243.jpg th_IMG_2245.jpg

甘い物ばかりでなく、小さなサンドイッチや親指サイズくらいのバンミーなど
キュートなフィンガーフードも充実。特にスモークサーモンとチーズのサンドイッチは。。
何度お代わりしに行ったかわからない(笑) 

th_IMG_2244.jpg th_IMG_2248.jpg

タルトサイズのオニオンキッシュなども、すごく「きちんと」したレシピで
こんなミニチュアみたいな一つ作るのにどんだけ手間をかけているのか、と
感心しっぱなし!!! 見目にも楽しく、とにかく一つ一つが美味しいので、
ビュッフェは量が食べられないから。。。と日頃は躊躇する方でも、価値ある
お茶タイムになるんじゃないかと思われます。

ハイアットは、お食事ビュッフェが別場所で提供されています。
他の多くのホテルは、ハイティースタンドで提供されるアフタヌーンティの場合は
ともかくとして、ビュッフェの場合は、食事のスペースと同じ所で提供される
ことも多く、だだっ広すぎて雰囲気に欠けることがあるんですよね。
食事ならいいけど、お茶にはちょっと、みたいな。その点、ハイアットの
アフタヌーンティなら、雰囲気も抜群。幸せですよー♪

ちょっとセコい情報を提供させていただくと(笑)、紅茶を頼むとポットサービス。
なのでタップリ3杯分くらいはあるのですが、珈琲を頼むと1杯限り。
2杯目以降は、珈琲の通常料金を取られるので、時間をかけてゆっくりと、
飲み物もある程度ゆとり持って頂きたい、という場合は、紅茶がお得。
午後ティーなわけですしね(笑)

あと、私たちが行った時は、事前予約が出来ませんでした。
あまり広くないスペースだし、混んだらいけない、と、14時かなり前に
行って待機してたけど、他にあんまりお客さんおらず(笑)
14時少し過ぎてもすんなり入れたようでした(笑)

ま、旅行シーズンなんかにもよるかもしれませんから、毎回そうとは
いえませんけど、開始時間目安に行けば、大体吸われるんじゃないかなー、
という雰囲気。

これは旅行時の1コマにもオススメなティータイム。
確か2500円くらい換算だったと思います。
お安くはないけど、ちょっとこのレベルのアフタヌーンティ、この価格では
日本じゃ難しいと思いますので、超オススメです♡


PARK HAYATT SAIGON
2 Lam Son Square | District 1


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

NOVOTEL HOTEL 〜 ランチビュッフェ♪

ランチビュッフェが美味しいと聞いて行って来ました♪
開始時間は11時半。ギリギリに行くと、まだ殆どお客さんがいません
でしたが、12時過ぎくらいから続々と。客席数が多いので満席、とまでは
いきませんでしたが、会社単位や大人数で予約されてる方が多かった様子。
大人数で行く時や、良い席が欲しい時には予約した方が良いかもですね?

         th_IMG_2524.jpg 
th_IMG_2525.jpg th_IMG_2541.jpg

キッズスペースとかも遭ったから、近くの席をもらえるなら、
お母さん達もゆっくり楽しめるかもしれませんね♪

会場は、円形のディスプレイを多用しててなかなかハイセンスなレイアウト。
奇麗だし、センスあるなーと言うのが第一印象。

th_IMG_2527.jpg

テーブルに着くと、150kドンでワイン・ビール・ソフトドリンク飲み放題の
システムが紹介されていたので、当初その日は飲むつもりじゃなかったけど、
うん、あっけなく飲む事になったよね。。。その後の予定潰す事にして(苦笑)

th_IMG_2542.jpg


早速料理を見に行くと、数もかなりありそうで、何処のセクションから
攻めようか迷いましたが、魚介のコーナーに牡蠣があったー♪生ガキ♪
これは嬉しい♪やっぱり飲まねば!(笑)

th_IMG_2530.jpg
th_IMG_2529.jpg th_IMG_2531.jpg

センス良くディスプレイしながらも、ちょっとローカルな雰囲気を漂わせる
アイテムも効かせてあって、目で楽しむにはとっても良いビュッフェかと。
特にサラダには果物が多用してあってゴージャス感が満載だったなー。


        th_IMG_2546.jpg
th_IMG_2545.jpg th_IMG_2547.jpg

まずはそのシーフード系とサラダでファーストラウンド。
牡蠣、この日の物はかなりアッサリ系だったけど、数を食べるにはちょうどいい♪
サラリ系の白ワインとも良く合ってました♪都合半ダース食べたな。。。(^^;

th_IMG_2548.jpg

ハム・チーズ系のコールドカッツは種類も豊富で楽しめたなー。ベトナム式のハム
とか、名前知らないけど、キノコと豚肉の煮こごりみたいなやつも美味しかった♪

        th_IMG_2532.jpg
th_IMG_2533.jpg th_IMG_2534.jpg

残念だったのがお肉系。
シーフード系は、火を入れた物も生ものもどちらもとても美味しく、こりゃー
当たりのビュッフェだな!と思ったのですが、肉料理が軒並み自分好みじゃなかった…
味気なかったし火入れも残念。豚も牛も(え?)って感じだったかなー。
美味しそうに見えたんだけど。


        th_IMG_2550.jpg
th_IMG_2536.jpg th_IMG_2537.jpg 

生で並べられてる素材を選んでその場で鉄板焼きにしてくれるコーナーのものの
方がまだ美味しかったかな。牛・豚・鳥肉・魚・カエルなどがありました。
カエル頂戴って言ったら「え?!カエル食べるの?!大丈夫?!」って言われた…
日本人だと少ないのかな。。。

th_IMG_2555.jpg


あと、ベトナムの方がオーダーする際、シェフが「焼けましたよ!」と渡しても、
ほんの少しの赤身や血の滴りを指摘して、とにかくジリジリに再度焼かせる、
というのが何度もあってて、火入れにはナイーブなんだなーと実感したり。いや、
南国ではそれが当たり前だと思うんですけども。

th_IMG_2551.jpg th_IMG_2552.jpg

ウォームキーパー内の料理も。。。んーーーーー(^^;
味付けのベースに於いての出汁、とか旨味、とか、あまり気にされないのかなー。
薄味、というよりは、食べた5〜6種類の料理どれにも層が感じられなかったかな。。
食べてない料理もあるから、底には美味しい物も合ったかもだけど。。。

肉屋調理もの中心に取ったお皿はとても残念なものに。
カボチャとかも焼きすぎでカスカスってたし。。。


th_IMG_2556.jpg

ってことで、↓ シーフードに戻るw


th_IMG_2557.jpg

シーフードはホントに美味しかった。
サラダ類もお洒落で工夫されてて、3ラウンドくらい取りに行ったw
だってマンゴーやパパイヤがふんだんに使われたサラダなんて、日本じゃ中々
食べられないし、甘いばっかりにせず、いい具合の塩気のあるドレッシングと
上手に合わせてて絶妙だったの。あのセンスがあるのにどうして料理が…(^^;

パンもあかんかったんよなー…
色々チョイスがある中で、一つしか食べなかったからパン全体がダメ、とは
言えないのですが、少なくともこのパンはダメだった。。。

th_IMG_2561.jpg

とても別のパンを食べてみようと言う気力が湧かなくなるレベル。
ホーチミンはパンのおいしいエリアだと思ってたのだけど、勿論例外はある
ってことですね。。。ヤマザキのテーブルロールが恋しくなったわ。

パンがダメってことは、ベーカリーセクション全般にも関わりかねないなー、
と思ってたら。。。

th_IMG_2526_20140920210341d83.jpg th_IMG_2544.jpg

うん…えっと、その…
みっ、見た目!!見た目は華やかでしたよ、デザート群!!(お察しください・涙)
メリハリが無かったり、洋酒等をあまり使わない主義なのか…
と書き出したら、何か凄い辛辣な言葉がポンポン飛び出して来そうになったので自粛。
うん、やっぱり読み手さんのお力をお借りします。お察しください。。。

フォローするなら、アイスクリームは美味しかったです!!
自家製かどうか分からないのでフォローになるかどうかはわかりませんが、
ココナツ風味やマンゴー風味のアイスクリームは美味しかったです!!
お腹いっぱい食べたらデザートキツいから、アイスクリームくらいが
ちょうどいいですよね!!ね!!(ヒヤヒヤ…

そっ、それから料理もフォローしとくと、グリルは美味しかったですよ!!!
特にタコ!!グリルも天ぷらもすっごい美味しかった!!
プリップリのコリッコリで、どうやったらこの食感が出せるのかと。。。
スペイン料理のお店で食べたタコもそうだったけど、どうやってるんだろう。。
こんな食感で自分でタコ、調理できたことない気がする。。。

th_IMG_2558.jpg

総合すると。。。。

たまたま私とシェフ陣の味覚が合わず、調理物は残念ながら合わなかったけど、
素材に元々旨味があるシーフードを生で食べるかシンプルにグリルしたものは
とびっきりに美味しいぞと。素材の持ち味を生かしたフルーツサラダも豪華絢爛。
あれはほんと、食べる価値ある。

そもそも、完璧な人が居ないように、様々な要素が集結するビュッフェ料理の
全てが完璧、全て自分の口に合う、なんてことはないわけでね。大事なのは、
完璧ではなくても、人には良い所が必ず何かしらあるということ。ビュッフェも
そうで、このホテルのビュッフェは◯◯が得意、こちらのビュッフェは△△が得意、
みたいなの、あると思うんです。そこを知って有用活用するのが大事。

それにビュッフェにある料理全種類食べる事なんて到底できないわけですから、
ビュッフェ全体の1/3でも美味しい物があれば十分価値があるわけで、もし、
調理物に興味があるとかシーフード系が苦手です、という方には別をオススメ
したいですが…

生ガキやら火入れ絶妙の蒸し海老、巨大シーバスのグリル(日替わりと思われる
ので魚種は変わるかもしれません)などを楽しみたい、と言う方にはこちら、
大プッシュ。ワインも150kドンで飲み放題だし、価値はあると思いますねー。
実際機会があればまた行くと思いますもん。

むしろ、このビュッフェの得員分野はこれでその他はそうでもないよ!
みたいな明確な線引きが合った方があきらめがつくwww
どれもこれも美味しかったら感激はすると思うけど、胃袋、いくつあっても
たりませんもん(^^; (←そーまでしてガッつくか…苦笑)

料金、諸々込みで、449kドン弱。
入り口レジの各種割引アイコン表示の所にはなかったのですが、一か八かで
試しに出してみたら、JBAでフードの方のみ10%割引されてました♪
(飲み放題はさすがに対象外だったw)

ま、税金・サービスがそれにつくから結局はメニュー額面足した通りくらい
ではあるんですが、割引無ければドドンと上乗せされるわけですから嬉しいですよね♪
グループ会社の会員カードの勧誘等はありますが、スタッフさん達も大変
気が利いてて気持ち良く過ごせたランチタイム…ってか、気持よく酔ってたよね。。。
速攻帰ってお昼寝したよね。。。不良主婦、どんどん素行が悪くなるな。。。(--)


NOVOTEL SAIGON
http://www.novotel.com/gb/hotel-7965-novotel-saigon-centre/index.shtml?xts=201912&xtor=SEC-706-GOO-[ppc-nov-mar-goo-vn-en-vn-bro-sear-vn-loc]-[nov-v5627-ho_chi_minh_city-7965]-S-[+novotel%20+saigon]&xtdt=23520276



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪


HOTEL NIKKO 〜 噂の海鮮ビュッフェ!(経過情報あり)

**** 2014. Aug ****

さて、数年前に比べると、どうも評判が芳しくなかったこちらのビュッフェ。
その噂に関しては、前回の追記内でもお伝えした所ですが、結局その後自分で確認
しに行く機会も無いままで、どの程度の落胆を誘う物であるかも分からないまま
だったのですが…

とある、このブログの読者さんが、奥様と連れ立ってつい最近おいでになったそうです。
評判が落ちた、との情報をふまえた上で出向かれたそうなのですが、結果は。。。

奥様はお料理の多さを楽しまれ、その読者の方も海鮮料理を楽しまれたそう♪
もちろん、私が見たそれと人様の印象を比較する事は出来ませんから、以前の
レベルに戻ったのかどうかは定かではありません。例えば以前あった伊勢エビの
お刺身がある時と無い時がある、と言う情報も引き続き入って来ているし、
中には牡蠣すらも無かったことがあるという話も。

でも思ったんです。
絶頂期を知っている人には同じ値段でグレードが落ちたと感じる物に魅力がないかも
しれませんが、そもそもベトナムの高ランクホテルのビュッフェって、日本のそれに
比べると、食材・人件費に置ける低コストを武器に、比べられない程豪華ですよね(^^;

好きずきはありましょうが、多様な魚介類にカラフルな果物。ローカル・インター
ナショナルを取り入れたお料理群、最近はスイーツもかなり充実している所が多い
気がします。同金額(5千円〜8千円)で比べれば、日本のものはもっと堅実な
ラインナップに治まりそうだし、同グレードを期待すれば、そんな器楽では済まない気が…

ホーチミンにあっては他のホテルにも素晴らしいビュッフェのチョイスが沢山あり、
その中で優劣をつけてどこに行くかの優先順位をつけるのは当然。
なので、自分基準で納得いかない物に迎合すべし、とは思わないのですが、
例えば旅行者の方や、自分がアテンドするゲスト、ビュッフェ暦があまり多くない
方のチョイスを封じるような言い方をするのはどうかなー、と、ちょっと顧みた次第。

先のような書き方しているのを読めばあまり良い印象も無く、じゃ、他の所にして
おくか、と思われても仕方の無い所、敢えてトライしてくれた方が居て、その方に
とっては十分満足の行く物だったと言う情報、これはこれでとてもありがたい情報でした♪

私は私の主観による感想をここに書いて行くしかありませんが、多方面から頂く
ご感想を、別のご意見もあるよということでご紹介することも、読んで下さる方の
選択基準を広げるには有効じゃないかなと思っているので、頂いたご意見を本人の
ご了承のもと、転載させていただきました。

私も来月ゲストをどこかのビュフェに連れて行く予定なんだけど、
NIKKOもチョイスの一つに入れて検討しようかなー♪




**** 2014.02.08 ****

昨日、下記のURLがつながらない、との連絡をいただきました。
日本語の予約サイトがあるので、日本の方には便利なのですが、
他のデバイスから試してみても無効。。


現在ベトナム国外にいて、手持ちの連絡手段の具合がよろしくなく、
ホテルにも連絡がつかない状態です。ですので、ビュッフェの有無などが
未確認な状態となっています。
ちなみに先月半ばに利用された方は、HP予約フォームを使えたようです。


が。


私のレポとは、遠く離れた残念な内容だったとのこと。
イセエビはおいしかったらしいし、お酒を飲む方には、それでも5千円と
いう価格は日本では味わえないものと思われますが、その他の料理があまりにも
少なかったとのこと。。。。

私が自分の目で見たわけじゃないので、見方の違いかな、とも思ったのですが、
何分にも私が信頼する、食に通じた、そして私とのグルメ話にも共通項が多い方の
お話なので、事実事情を確認しにいかないとなーと思っているところ。


旧正月前だったので、ほかの店にもみられるコスト削減の一環かな、とも思ってますが、
他の方のブログでも、以前に比べると刻々と質が落ちているという話もあり、
下記のレポートを頼りに今後行かれた方を落胆させてしまう可能性が。。。
そもそもHPがダウンしているのを放置してるのも問題ですしね(^^;

というわけで、近々確認には行きますが、現在レポ内容と現状に差がある可能性が
あるようなので、ご注意願います。大好きなビュッフェだったのに、もしそれが
ほんとうなら残念だなー。。。





**** 初回訪問 ****

東南アジア、殊にベトナムのホテルビュッフェは、その価格と質の高さ、
味の良さ、日本人好みのテイストが多い事から、もっと旅行者さんたちにも
アピールして、旅の楽しみの一つにしてもいいんじゃないか、というが持論
なんですが。。。

HOTEL NIKKOの夜の海鮮ビュッフェ。
これはもう、ほんとに名前が聞こえてますね。
長くいらっしゃる駐在の方の中には月一で通う、と言われる方もおられ、
身近にいる食べ好きな方からも、あれはいいよ、とお勧めされた。

というわけで、行ってみない選択肢は無い!とばかりに勇んで出陣。
大変人気のビュッフェらしく、飛び込みで行くのは危険なので、事前に
電話予約をしっかりとして行きました。

ジャン。

th_th_IMG_4649.jpg

まずは牡蠣のお出迎えー♪
この日はフランス産の牡蠣でした。
実は最近ちょっとだけ金額が上がった事や、仕入れが変わったのかも?というのが
あったらしく、常連さんの中には、特に牡蠣は以前ほどではなくなった、との声も
聞かれたのですが、比較を持たないちぇり的には、十分満足。

th_th_IMG_4671.jpg th_th_IMG_4672.jpg

身こそ、日本の物のように厚くないけど、洗練されたお味で、何個でもチュルッチュル
食べれる感じ。牡蠣は補充されていたので、あんまり焦って取りに行かなくても大丈夫かも。
お刺身も解凍の仕方とかにすごく気を使われてるようで、日本で食べるにしても、十分な
レベルの物がでてきましたが、マグロに関しては早々に売り切れることもあるのでお早めに、
とのアドバイスを事前にもらいました(笑)

ちなみに牡蠣、ちぇりは殻ごとテーブルに持ち帰って頂きましたが、人に寄っては、
ディスプレイ箇所で身だけ取り出して殻を置いてってる人たちもいたなー。

テーブル上の使わなくなったお皿は、スタッフさんがこまめに引いてってくれるので、
あまり他の方のご迷惑になったり、ディスプレイを乱すのは美しくないと思うので、
あれもこちらではアリなマナーなのかもしれないけど、個人的には控えたい所(^^;

っちゅーか。。。
海鮮ビュッフェとは聞いてたんだけど、その他の料理もすごく充実してて、
会場が、広い。。。すごく、広い。。

th_IMG_4653.jpg th_IMG_4654.jpg

肉類やチーズ類、それに伴うパンもとっても充実してます。
目当ては他にあるから、それらにはほとんど手を付けなかったけど(笑)

th_IMG_4652.jpg th_IMG_4655.jpg

とりあえず全体を探検してみたら、
スイーツもすんごいスペースを取って並べられてた!
胃袋カートリッジ、欲しいー(><)

      th_IMG_4659.jpg
th_IMG_4656.jpg th_IMG_4657.jpg

では、そろそろ本命にいきましょーかー♪
はい、ドン♪

th_th_IMG_4662.jpg


赤いポッチリつけてますけど、チエちゃんじゃないよ♪(古い。。。)
伊勢エビさーん(≧∇≦)

日本では高級食材の伊勢エビさんでらっしゃいますが、名前からのイメージで、
お伊勢さん周辺の特産なのかと思ってましたら、最近は九州の方でも伊勢エビ海道
なんて物が賑わってまして、伊勢に限らず色んな所で人気者。もっというなら、
これ、熱帯の方が育ちやすい種類なんですってね(^^;

こちらのホテルで出されていたのがベトナム産なのか、たとえばオーストラリアなど
殻の輸入物なのかまでは今回は聞きませんでしたけど、どちらにしても、少なくとも
日本と同じくらいに有利な環境ではあるようで、個人的にはこっちの方が育ちやすく、
結果として、ビュッフェ=食べ放題に出す食材に出来るほど、豊かにあるのだろうなぁ、
という見解。それでも高級品に違いは無いのですが、手の届く贅沢、といいますかね。

伊勢エビが良い食材であり、お客さんに喜んでもらえるということは、スタッフも
もちろん肌身で感じて知っておられるようで、調理前の大量に並ぶ伊勢エビに驚嘆
してると、それはもう嬉しそうにシェフが出て来て色々と解説を(笑)

調理方法には、刺身/茹で/バター焼き/チーズ焼き/タマリンドソース炒め/チリ炒め
バジルソースなどなど、その日に寄って色んな調理法があるようで、量と調理法を
指定すると、その通りにしてくれるという仕組みらしい。ただし、あくまでセルフ
サービスなので、調理に時間がかかる場合は、再度、もらいに行く必要がありますが。

というわけで、写真、いきましょーかぁ!
まずはお刺身!

th_th_IMG_4674.jpg

そしてバター焼きに伊勢エビの天ぷら!

th_th_IMG_4673.jpg th_th_IMG_4684.jpg

めっちゃお気に入りだったのは、タマリンドソース!!

th_th_IMG_4680.jpg


タマリンドってのは、南国ではポピュラーな植物で、豆状のさやの中に
入ってる甘酸っぱい実の部分を使うんですが、ジュースにしたり、エビ・
カニを炒める際のソースとして使われる事が多いです。日本ではあまり馴染みが
ありませんが、肥満防止だったり新陳代謝の促進にも良いと言われてる
昔は薬としても使われていた食材なのです♪ちぇりの大好物(*´艸`*)

他にも,シンプルに茹でた物も、ベトナムの定番、ライム塩で食べるととても
美味しかった♪ ってか、結局独り、多きい伊勢エビ、2匹半〜3匹分は
食べたような。。。 とはいえ、当初目標ではもっと食べれるつもりだったん
ですけどね。。。だいぶ胃袋戦力が落ちて来ている。。。

意外だったのは、一番期待していたお刺身がそうでもなくて、火を入れた
もののほうが食が進んだということ。お刺身も十分おいしく、歯応えはプリップリ
なのですが、日本で食べるエビ・カニのお刺身のような甘みが少ない。
これ、こちらの魚介全体に言えることなんですが、アッサリしたものが多いんですよねー。

ちぇり的には、北海道の牡蠣や他の貝類の味が澄んでいる事から、北の海、
冷たい海だと雑雑したものが省かれて、それを摂取する生物の味もシンプルに
なるのだろう、と勝手に思っていた節があり、これを南の温かい海に当てはめて
想像するに、どんなややこしい味わいなのかと思ってたのですが、ベトナム産の
牡蠣にしてもホタテにしても、実に味がさっぱりしている。

生で食べるにはさっぱりしすぎていて、熱を通して旨味成分を引き出して、やっと
ちょうど良いくらいになる。更には、タンパク質というのは加熱した方が消化吸収が
よろしいですから、結果それが食べやすい、という所に繋がり、今回も、
お刺身よりも、火を通したバター焼きやらタマリンドソース炒めに圧倒的な軍配が。

火を通したエビと言うのは、灰汁も強くなり、そんなに食べられるものではない、
と思ってたけど、ベトナムで頂く分に関しては、火を通した方が食べやすかった(笑)
こうなると、チーズ焼きにまでたどり着けなかったのは口惜しい。。。
次回は初手からガンガン火を入れたエビを楽しみたいと思います(笑)

ちなみに、今回は手を出しませんでしたが、カニも食べ放題です。

th_th_IMG_4735.jpg

チミッと面倒くさいなーと言うのがあって、エビに集中していたのですが
こちらのカニさん、結構な大きさ。これなら食べ甲斐があったかも?(笑)

他にも食べた見たいお料理は数々あったのですが、胃袋に余地がなく。。。

th_th_IMG_4668.jpg th_th_IMG_4665.jpg

でも、パスタだけは食べてきましたっ。
美味しいと噂だったので。

th_th_IMG_4689.jpg


生麺をディスプレイされていて、その日用意されてるソースメニューから
選ぶと、その場で調理をしてくれます。なるほど、生麺だったら茹で時間
少なくて澄むし、実演提供するには向いてるよなー。乾麺を使う際に、アルデンテ、
という概念が殆どないと言われるホーチミンで、生麺だから美味しい、と思われ
てるのかなー、なんて思ってましたら。。。

th_th_IMG_4696.jpg th_th_IMG_4698.jpg

うまい。。。。
特に左のジェノベーゼ。。。右のアラビアータも美味しかったけど、
ジェノベーゼ、作るの見てたらジェノバソースにクリーム混ぜて、更にチーズ
(多分パルメザン)もダッパダッパ使ってた(笑) 

で、最終的にバジルの爽やかさを生かしながらも、ものすごく奥深い味になってて、
パスタの専門店で食べるよりもずっと美味しい。というか、過去食べて来た
ジェノベーゼの中で一番美味しかったかもしれん!!!

これは!!!というわけで、そこで食欲に火がついてしまい、
フォーも食べてしまいました(え?)

th_th_IMG_4710.jpg


いやー、ハイアットのビュッフェで食べたフォーが美味しかったもんで、
こういう場所のフォーも,チャンスがある時に食べておくべきかなーと思いまして。。。
(言い訳女王)
これは、まずまず。フォーの麺を使った炒め麺もあって、いろーんな具材を
自分で指定して作ってもらえるシステムだったみたい。ものすごく惹かれたけど、
さすがにもう無理。。。。

th_th_IMG_4705.jpg

デザート以外は(*´艸`*)
これがまた、海鮮ビュッフェメインだというのに、ものすごい数の種類が取り
揃えられてるし、一つ一つがすっごく丁寧。レモンメレンゲなんて七面倒臭い
ものも、とても美味しく仕上げられてたし、小さなグラスにあしらわれた
ゼリー類、特に杏仁豆腐とおぼしきモッチュモッチュの冷や菓子はドンブリで
食べたい勢いだった(笑)

あ、言い忘れてましたが、こちら、フリーフローのドリンクもついてます。
スパークリングワインに赤、白。ビールや、お酒を飲まない方にはジュースもあった。

th_th_IMG_4697.jpg


さて、これでおいくらだったかと言いますと。。。
税サ込み込みで、1,000kドン弱。
今のレートだと5000円弱、と、少し前に比べたらちょっと割高になりましたが、
ワイン飲み放題付き、伊勢エビ、カニ、牡蠣、その他の料理にスイーツ食べ放題で
その値段ですよ!!!どーですか、これ!!!

ぶっちゃけ、ローカルの海鮮料理のお店で食べても、そこまで安くはありません。
食べる側のキャパにも寄るけど、これは本当にお得な価格!

他一流ホテルのディナービュッフェはどうかというと、ドリンクに制限が
あったり、料理内容がここまででもなかったり、価格がもっと高かったりなど色々
あるので、日本人のエビニーズやらカニニーズの高さを考えても、総合的にはこちらが
一番バランスが良く、エビカニ好きなら楽しめるんじゃないかなー、という見解。

これ、もっと旅行者とかにアピールしてもいいんじゃないかなー。
友達に話したら、これ目的にベトナムに遊びに来てもいいかもしれない!
とまで言ってましたよ(笑)

旅のニーズもそれぞれですが、こんなビュッフェ、日本じゃ中々お目にかかれない。
しかもこんな価格では、中々難しい。
更に言うなら、スタッフさん達がどなたも大変楽しそうに、そして誇りを持って
お仕事をされてる様子が、大変居心地の良い空間を作ってた。

ビュッフェって、ドシャーッと人が押し寄せるイメージで、ちょっとなーってのが
あったんですが、こちらの、それなりのホテルになると、その辺のマナーも心得え
られてる方が多いし、そもそも客に焦りを覚えさせるようなサーヴの仕方をしてない。
常に補充し、なくなるかもしれない、なんて心配はさせないような配慮がされてる。
その辺も、

『ベトナムに来たらぜひ、ビュッフェを楽しもう!』

と、推奨している所以です。
なんにしても、幸せな夜でした♪
飲み食いが大好きな日本の友達、みんな連れて行きたいわぁ♪

再度言いますが、かなり人気のビュッフェなので、当日とかだとお席が無い、
という事もあり得ます。思い立ったら、そして日にちが決まったらなるべく早い
段階で、電話予約されて下さい。少々片言英語でも、外国人対応に慣れてらっしゃる
スタッフさんが、丁寧に対応して下さいます。間違いが無いように折り返し電話も
してくれたし、人気のビュッフェだけあって、対応もきちんとされてます。

もしくは、ホームページからの予約も出来ます。
ラ・ブラッスリーというレストランで、PrtyTypeという項目で、Buffetを選び、
その他の必要事項を記入すれば大丈夫。リプライがあると思うので、それを
スマートフォンなどに入れて行けば完璧ですね♪

http://www.hotelnikkosaigon.com.vn/jp/restaurant_booking.php?id=4


エビはしばらくもういいかなー、と場所をあとにしたちぇりですが、
翌日、既に(次はいつ頃が良いかな。。。)とか思った事はナイショです。。。(笑)
みなさんもぜひ、機会があったらお試し下さいね♪


Hotel Nikko
http://www.hotelnikkosaigon.com.vn/jp/index.php

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
sidetitleプロフィールsidetitle

ちぇり

Author:ちぇり
FC2ブログへようこそ!

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleブログ村PVランキングsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
アップグレード 追加 作成済み/作成可能プロファイル数:0/1 キーワードをご入力ください ご指定の条件に該当するデータがありません * 他のユーザーから閲覧もしくは管理権限を与えられたプロファイル ユーザーガイダンス 解析コードの実装方法 Google Tag Manger 1.下記の解析コードをコピーして、解析を行いたい全てのページの から
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
の間に貼付けてください。 解析コードのコピー 2.解析コードが実装されたウェブサイトを開いてください。 3.解析コードが正しく実装されたか確認してください。 チェック 閉じる
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。