NAMO 〜 ピザ首位 in Ho Chi Minh !

***** 2017 Jal. ******

メルマガをご覧になった方はお気づきになったかもしれませんが…
<1月30日発行分・バックナンバー>
http://www.mag2.com/m/0001678179.html

じゃ、本家の方は変わってないのかよと。
そうか、考えてみたら本家にあまり行ってない。
本家は良かったのに、じゃなく、本家ごと方向性が変わっていたら?
という懸念もなかった訳ではないのですが、サクッとリサーチ
入れた所では以前と味は変わってない、と。

ってことで、行ってみました。
頼んだものは…ごめんなさい。あまり代わり映えしません(笑)
アンティパストは相変わらずハムのチョイスが素晴らしく、
オニオンジャムも男性陣に好評。うちの旦那さん曰く、

「わさび入ってない?!」

おおっ、言われてみれば!(←結構鈍感w

th_IMG_2789_20170204180345eb5.jpg 
チーズのセレクトがこの日は個人的に今一つでしたが(ハード系で
固められてた)4人で十分な量。ちょっとつまむくらいなら6人居ても
大丈夫かな?

ピザは、Forest なんちゃら。
なんだっけ?ってお店の人に聞いたら「ああ、分かる。森のなかの
なんとかでしょ?キノコの。私も覚えてないわ(笑)」って、
優等生な接客を(笑)

th_IMG_2790_20170204180347154.jpg 
キノコ自体もおいしいんだけど、やっぱりほんのりトリュフが散らされてる
のが美味しいのよねー。クドすぎず、ふわっと香る。うんまいわ。
オリーブオイルだばだばかけて食べるのがスキ。

で、クアトロフロマージュ。ブルーチーズ入りだからかハチミツ付きのやつ。
エロい。大人だし、男性陣と一緒だったので「( ー`дー´) 」っとした顔
してましたけど、これ1人で部屋で食べたら、もうデレンデレンになるよね。
(ならない?)




th_IMG_2792.jpg

生地は相変わらずモッチモッチで、塩の加減も素晴らしく、やっぱり
個人的にはこの生地好き。よかった、味が変わってなくて。
モチモチはそもそも苦手なタイプなんだけども、ここのは旨いわ。
同席の男性陣も同じ意見で、お気に召して頂けた様でした(^・^)

ただし。。


 th_IMG_2791_201702041803475bb.jpg

ヴィール、仔牛のフェトチーネ。
これは。。。うん、褒める所が他にあったからここに書くけど、
ほんっっとおおおおおおおに、酷かった(^^;

まぁ仔牛のソースの方は可もなく不可もなくだったけど、
麺がシリコン食ってるみたいだった。
ここのパスタ、悪くないって言ってる人もいたから頼んで
みたけど、フェトチーネは冒険すぎたか。。。

食べ終わらない内にお皿を返したくらいに酷かった。あれはない。
そしてソースに感じたのは、メルマガで書いた店舗のその他の料理と
同じ様な感覚。悪くはないんだけど物足りなさ過ぎる。何食ってるか
認識し難いピンぼけ具合。

コールドカッツとピザは、ほんっと大好きですっ(必死
別店舗のピザがどうかは知りませんが、少なくともこの本店のピザは
私、好き。多分、ココのお店はサラダとピザがベストチョイス。

上がった?
落としたあと、上がった?ね???(・∀・;

***** 2016 Jul. ******

ランチタイムに初来訪。
お昼も人気があるようですね。
今回は5人ほどだったので予約をしてもらって行きましたが正解でした。
ピーク時は満席状態。

th_IMG_1169_20160711032823e79.jpg 

今回の収穫は、ボトルを頼む際、もし希望のボトルがグラスで供されたあと
だったりして開きボトルに幾ばくか残っている場合、お願いすればテイスティング
をさせてくれるということ。もちろん未開封の物を開けてまでというのは
難しいしこちらも気の引けることですが、チャンスがある時はお店の方から声を
かけてくれるでしょうし、逆に「テイスティングできるものはありますか?」
と聞けばレコメンドしてくれるかもしれません。

で、今回お通し敵にピザ生地をカルツォーネ風に焼いてくれたもの(もちろん
具材は入ってない)ものを、豆とヨーグルトベースかなぁ?ソースといっしょに
出してくれたのですがこれがメチャウマ。程よい塩気で、これだけでつまみになる。
でもこれでお腹いっぱいにしないように気をつけないと。危険危険(笑)

th_IMG_1170_20160711032825a30.jpg th_IMG_1180_201607110328296db.jpg


メニューをよくよく見てたら生地に自信があるってことと、生地には生酵母が使われてる
ことが判明。どら良いイーストでも充分美味しいものは出来ると思うのですが、生酵母
にしか出せない独特の風味や酸味、旨味と言うものがありますから、拘りポイントなんで
しょうね。扱いが面倒なので私は家では滅多に使わないので、余計にお外のご飯でそこに
拘ってくれているとなると点数高い( ・`ω・´)b

th_IMG_1173_20160711032827c01.jpg th_IMG_1171_20160711032826e8e.jpg 

あと、このシグナチャー・ピッツァのTOPに掲げられてるメニュー、単純にハウススペ
シャルなんだろうと思ってたら、スペシャルはスペシャルだけども、なんと大きいサイズ
のものは、1mもあるんですって!!!(爆) 直径なのかスクエアなのかは不明なの
だけどどっちにしても巨大だわ。。。。燃えるわ。。。いつか食べたいわ。。。(笑)

既にすばらしいレベルのピザを食べられるお店がいくつもあるホーチミン。
後発で勝負するには味はもちろん、こういう目玉料理を作る事も戦略として大事なこと。
お客さんが店を選ぶ際、美味しいからどの見せでもいい、と、味の部分で思うなら、
決め手になるのは、「あのお店に行かないと食べられないメニューがある」って要素。
(あの店は嫌だ、で弾かれないこと前提で)

色々心得ておられますなぁ。この事一つをとってみても、ここが美味しさだけでなく、
各方面に関するプロを抱えてやっておられることが窺い知れます。で、無ければ
すばらしい才覚をお持ちの方がマネジメントサイドにおられるか。まぁこの一等地に
お店を構えようかと言うのですから、下手は打ちませんわね。学びが多い。

今回も、このアンティパストを頼みました。
5人いたけど、それでも充分でしたね。。他に食べる物があったと言うことも
ありますけども、ヘタしたらこれ6〜8人くらいでも、食前にちょっとつまむくらいなら
充分かも。前回よー食ったな、経った2人で。。。。

th_IMG_1181_2016071103285459f.jpg 


そしてサラダ2品。
シーザーサラダにはチキンが結構入っててボリューム満点。
クリスピーチキンになるとさらにドン(笑)


th_IMG_1182_20160711032855e09.jpg th_IMG_1184_20160711032857be6.jpg

全体量はシェアするとさほどでもないけど、ワイン軽く一杯とこの皿だけでランチは
事足りてしまいそうな勢い。チキンは胸肉中心に使ってたし、ヘルシーかと(*´艸`*)


th_IMG_1185_20160711032858d5d.jpg 

で、今回頼んで個人的に一番美味しかったのは、Forestaなんちゃら、「森のピザ」
的なネーミングのキノコとトリュフのピザ。えろい。。。トリュフって、なんで
こんなにエロい香り。。。。キノコは軽くソテーされているので旨味が増してて
ギョルリギョルリと歯触りも楽しく、そこに(んふわっ)とくるトリュフの香り。
白でも赤でも至福の味わい。たまらん。。。


th_IMG_1187_20160711032900bc7.jpg 


クワトロ・フロマッジにはハチミツがついてくるあたり、わかってらっしゃる。
言う程ブルーが強い訳ではなかったのですが、4種類のチーズの風味が無為に溶け
あってしまわずに、マーブル状に主張し合ってるのが面白い。お口の中が大変
賑やか(笑)

もう少しブルーが強ければハチミツがドンピシャだった気がするけど、意外と
全体がミルキー且つバリエーションに富んだチーズに彩られてたので、個人的には
ペッパーフレークとオリーブオイルたっぷりで頂くのが好きでした♪

うーん、今回も美味しかった。
前回のカルパッチョは今一つだったと言うのと、聞く所に寄るとパスタはちょっと…
と言うご意見が多かったので、新しい料理に挑戦するのは結構冒険かもしれませんが、
メインのピザは、色々試してもかなりイけそうな予感です。
またぜひ食べに来させてもらおう。書いてたらお腹減ったーヾ(@⌒▽⌒@)ノ




***** 2016 Jun. ******

これまでイタリアン、またはピザのおいしい所はどこ?と聞かれたら、 
R&J  そこに付随する  The Long  こそしてド定番の La bettola
さんなどいかがでしょう?とお伝えしてたのですが。。。

ピザに関してはいきなりこちらが自分の中のTOPに踊り出てしまいました。
いや、これまで人様にご紹介して来たお店も充分美味しい、いや、かなりの
レベルだったと思うし今も味は落ちてないと思うんですが、それをサクーっ
と凌駕しちゃったこちらのお店。凄い勢いだな。

th_IMG_9832.jpg 

写真は二階席ですが、割とカジュアル。
周辺に El Gaucho 、Hayatt Hotel なんかがある割にはカジュアルな造り。
一階はバーカウンター、テーブル席となっていて更にカジュアル。

th_IMG_9833_20160615140732d9c.jpg 


オープンから19時まではHappy Hourもあるようで、その間はドリンクが
50%オフになるそうなので、待ち人来るまでさっさと一杯。(待てよ、
お連れさんをさ。。。)


th_IMG_9835.jpg th_IMG_9847.jpg

プロセッコが160kドンのところ、半額なので80kドン。400円♪
コラ飲まな♪(使命感に駆られる必要はどこにも無いと言う説はスルー)
あとこちらはさすがに場所柄内容柄か、非常に英語でストレス無く通じる
スタッフさんが多くていいですね。軽くお喋りできるレベルなので注文も
楽しいヾ(@⌒ー⌒@)ノ

th_IMG_9841.jpg 

ピザがメインで、シグナチャー・ラインナップとクラシック・ライン
ナップが揃えられており、かなり種類は豊富ですが、加えて、フィックス
レシピに個人の希望のトッピングをプラスしてもらう事も可能な様子。

今回はフライド・エッグプラント=揚げ茄子をあしらったSicilianaに
サンドライトマトとブラックオリーブをプラスしてもらいました。
茄子なー、ベトナムの茄子、ほんっとに味が濃くてトローっと濃厚で
美味しいもんなー。これは楽しみ♪

th_IMG_9848.jpg th_IMG_9849.jpg

で、見つけたら食べずにおられぬカルパッチョを前菜に。
んーー、これはボチボチ。悪くはないけど、ホーチミンで良くある冷凍肉で味が
抜けてるタイプっぽい。いや、冷凍保存してるのが悪いってわけじゃないんだけどね。
解凍にしくったりそもそもの肉質なのか、和紙食べてるっぽい感じの物があるんだよな。

食感もそうだし味も無い。から、オレンジが添えられてるのは素敵な組み合わせ
だと思ったんだけど、一緒に食べるとオレンジの味しかしなかった(´Д` )
ビーフカルパッチョに関しては、La Maisonさんの圧勝。

ですが。。。
本筋のピザ。オーダーしてからかなりのスピードで出て来た所からも、窯の火力が
伺える。生地は、下階のキッチンで手際良くクルクル回しながら延ばしてる様子が
ずっと見えててテンポ良く調理されてるんだろうなぁという印象。

生地を仕込むのは大変ですが、それを「延ばす→ソース・具材を配置→焼く」って
行程はヘタしたら6〜8分ですもんね。特にこちらのような薄めの生地は、かなり
高い火力でサッと焼くタイプのものもありますし。

あ?御託はいいからサッサと見せろ?
失礼しました。
じゃん。

th_IMG_9850_20160615141015247.jpg 


オーラがあるっ( ・`ω・´)b
そしてトッピングは充分でありつつも生地に対して控えめな比率。
こりゃぁ相当生地に自信があると見た!!!

(はぷーっ)

うんま…っ!(・д・)
生地がスッゴイ薄いんですけど、所謂モッチリの香ばしい系。
特にフチにつけられた「焦げ」がガツンと風味を出してて、小麦の美味しさを
引き立ててます。私こういう生地の「もっちりもちもち」にあまり価値を置かない
人なんですが、時々こうして「もちもちも美味しいやろーヾ(@⌒ー⌒@)ノ」と
無邪気にアピールして来る生地に遭遇するので考えを改めざるを得なくなる。。。

th_IMG_9855_20160615144017fd0.jpg 

ピザで気になるのがソース部分ですが、それがもう他の具材と渾然一体。
ドヤー!!と主張して来る強いトマトソースも好きなんですが、ここのは他の
トッピングの旨味と口の中で合わさってベストになるように調整されているのか、
ソースだけの主張は無いけど、味わうと確かにそこにトマトソースはあって、
実に幸福な味わい。ひと口食べる毎に「おいひーっ、これ、おいひー!!」と
イチイチうるさいちぇり僧さん(。-_-。)

やーっ、これね。これまでのお勧め店のものとはまた方向性が違うところに
突き抜けてる。こんなにナポリなピザはちょっとホーチミンでは見ないかもっ。
これは買いですっ。ピザ好きさんなら食べた方が良いっ( ・`ω・´)b

で、スッカリご満悦でワインがワインがススム君。
カルパッチョとピザを食べ終えたタイミングでアンティパストを注文w
ドン。


th_IMG_9858.jpg 

フォトジェニーック!!
サラミ、生ハムなどが6唐種類。そのどれもが口に入れるとすぐに質の良さを
示してくれる良品で、チーズ、ブルスケッタも数種類。中央のサラダにはオリーブ、
サンドライトマトがあしらわれ、ドレッシングはバルサミコとハチミツかなぁ。
塩気の強いハムやチーズと合わせると、いやん美味しい♡

ほんとはこれ、ピザ食べる前にワインとかビール飲みながら3〜4人くらいで
チョイチョイつつく感じですが、デザート代わりに2人で食べたわ。。。
ほぼ全部。。。でもちぇりさんたち悪くない。これが美味しすぎるのが悪い( ー`дー´) 

これ360kドンだったかな。1800円。
単価だけ見るとそこそこだけど、素材一つ一つの質の良さを考えたら破格に安い。
生ハムなんかもう、しっとりしてて脂乗ってて口に入れたらその身をタユンと
こちらに委ねてトロリトロリと溶け行くように身をくねらせてエロッエロでしたで。

th_IMG_9861_2016061514402202a.jpg th_IMG_9862_20160615144023160.jpg

小皿に添えられてるのはオニオンジャム!
玉ねぎの風味はしっかりあるけどとっても甘くて(玉ねぎだけの甘みじゃなくて
しっかり砂糖も使ってる甘さ。ほんとに「ジャム」)それをまたチーズやサラミに
合わせるのが粋。あと、生っぽいイタリアのスパイシーなソーセージもあり、
ほんっと楽しいプレートだった!

ハッピーアワーにこれだけつまみながら飲むってのもいいなー。
うん、多分間違いなくその後にピザ頼む流れにはなると思うんだけど(笑)
こういうのとかバースナックだけサクッとつまむだけ、みたいな気軽な利用を
するのもかっこええな。そうできるようになるためには、あと10回くらい
ここでピザ食べて、「もうしばらくはええかな」くらいにならんと無理そう
だけど(^^;

いーーーやーーーーっ、しかしMAROUのカフェじゃありませんけど、
こんだけ競合店が多い中、スコーン!!と抜けた所にいきなり躍り出てくる
この勢い。どんだけの資金と技術をつぎ込んでるのか。そしてそんなお店が
バンバン出来てるのがホーチミン。なんか街全体が化け物じみてる勢いですな。
圧倒的やわ。

日本も東京の飲食事情はこんな感じなのかもだけど、東京だとお財布が
とても続かないので、ホーチミンで良かった良かったと胸を撫で下ろしてる次第。
それにしても、またも素敵なお店が出来たもんです♪大勢で行ってピザ何種類か
食べ比べってのもやってみたいな♪ 
単品料理の方は未知数なので、そっちも色々試してみたい。
ラムの料理が何品かあったので、今度はそれも試してみたいと思います(*´艸`*)



NAMO
74/6 Hai Ba Trung








にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ


☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★

    <お見送り> 更新!(バックナンバーでご覧頂けます) 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】

☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★


スポンサーサイト

Ole ! 〜 ただいま!と言いたくなるスパニッシュ!

***** 2017 Jan. *****

久しぶりんに行ったんですけど、あいかわらずの大歓迎。
初めてこのお店に行く人をお連れしてたんやけど、
「ちぇりさん、めっちゃ仲良しやん!」と驚く程。

いや、言うほどやないねんで。こちらの方がフレンドリーで
楽しいだけで(笑) シェフもお母さんもとってもお元気。
そしてお元気でないとやってられないだろうなと思われる程、
お店は大盛況!

th_IMG_1834_20170203172738ae3.jpg 

考えてみたら夜は初めてかなぁ。
ベトナムの方っぽかったけど、なかなか熱のあるスパニッシュギターを
楽しめました。そしてこれまた初なんですが、この日は2階のお席にて。
そんなに沢山あるわけじゃないけど、こじんまりして良い感じ。
1階もいいけど、2階の方がちょっと落ち着いた感じかな?

th_IMG_1840_20170203172745eb9.jpg 

最初はジャグで頼んだんだけど、あっという間に無くなったので、
サングリア追加。そして何となく毎回決まっちゃうからご紹介重ねるのも
どうなんかなと思うんですが、初めて来た人にはやっぱりマンチェゴ
チーズは食べてほしいし、パンコントマテとの相性も楽しんでほしく。

th_IMG_1836_20170203172741e72.jpg th_IMG_1835_20170203172740843.jpg

正直なとこ、ガフガフとサングリア飲んでたらこれだけでも十分な感じに
なっちゃうのだけど、それでは愛想がないのでもう1、2品。
この日は海老のアヒージョ頼んだら、こんな立派なのがやってきた!

th_IMG_1838_2017020317274282f.jpg 

最初オイルパンの中でグツグツやってくれたままで登場なんだけど、
火の入り過ぎを防ぐ為か、食べ易さを優先してくれるおかげか、
海老だけ別皿に盛ってくれました。美しい。ってかかなり大振り。

家でやるときは、殻ごと食べれてしまえるくらいの小ささのモノを
じっくりやってバリバリ食べちゃうんですが(ほんっと色気ないなぁw)
この大きさになるとさすがにプリプリ。しかもあんなにグツグツ
だったのに、プチッ!プリっ!としてるのはさすが。

地中海料理に良く使う食材、ホーチミンに豊富に揃ってるから、
現地の味そのものとは行かないまでも、かなり相性良い料理だよね、
スパニッシュって。

th_IMG_1839_201702031727446c2.jpg 

で、定番のパスタパエリア。
やっぱりおいしーっ(*´ω`)
お手製マヨソースをかけたら、まさに大人の一平ちゃん(まだ言うかっ)
異国の地で、更に異国の料理なのに、なんて懐かしい感じがする味なんだっ。
(ちなみにソース味ではないので誤解なきよう。あくまで雰囲気ねw)

狭い2階席に、もう一組お人数でいらしたのも日本のグループの
方でした。当初はなかった日本語も途中からメニューに入るように
なったし、お客さん、何処の国の方って問わず、沢山いらしてるようですね。

「日本人は、Politeだからほんと、スキよ! 
 それに比べて見てよスパニッシュったら!(笑)」

とはお母さん談(笑)
リップサービかもだけど、ホントにいつ来ても明るくて陽気で親切で。
随分行って無かったけれども、やっぱり「帰ってきた感」があるわ、
このお店。料理のお味も変わり無しっ。ちょっと単価が上がったかなー
って感じがしたので、やっぱりここは多人数で行くのがお得。
二人だと、3品でも余るし結構嵩みます。(2品じゃ物足りなかったり
するのが微妙な所)

が、楽しいし美味しいので無問題!ッて方にはとってもおススメ♪
強豪が少なくてこのレベル、クオリティキープはほんとに尊敬。
良いお店です♪

***** 2016 Jul. *****

たまに行ってはいるのですが、今回はちょっと間が開いてて久しぶり。
レポにするのはもう一年振りになるのかー(^^;
光陰矢の如しも過ぎるだろうっていう。

あいかわらずのお父さんとお母さん。陽気で元気で、まるっきり、
久しぶりの実感に返って来た感覚(笑) ここのメニュー、色々あるんだけど
外せない物がある=毎回あまり代わり映えしないお品を頼んでばかりだったのですが。。。


th_IMG_1129.jpg 

こんな物が加わってました。
白豆とハマグリのスープ。カラマリも入ってて実に良いお出汁が出てます♪
といって、あまりに貝の旨味が強すぎることなく、大きなふっくりとした白豆
さんが、上手に貝の旨味を受け止めてる感じ。タップリ入ってて、4〜5杯分は
取れるかな?2人で行くと、ヘタしたらこれとサラダだけでお腹いっぱいになって
しまいかねない勢い(^^; ここ、美味しいんだけどポーション大きいのがなー。

th_IMG_1132_2016070400423660f.jpg th_IMG_1133_2016070400423753e.jpg

ベトナムは生のお豆さんを気軽に買えたり使えたりするのがいいですよね。
乾燥させたお豆さんには乾燥させたお豆さんの良さがあるけど、
このフックリとした優しい美味しさを手軽に楽しめると言うのはかなり嬉しい♪

そして今回新たに頼んでみたのは。。。ゴートチーズのサラダ!
どーん!!(笑)


th_IMG_1131_20160704004235b3f.jpg 

ほやから、ポーションデカイて。。。(苦笑)
葉レタスに、キュウリ、トマト、輪切りとダイスに切ったパプリカタップリ。
要岩石っぽいプレートに盛られた様子はワイドそのもの。そして鎮座まします
ゴートチーズは、もうタップリ!これも前菜としてチョロっといただくなら5〜6人
ポーション(^^; タップリ食べても3人分はあるなぁ。

th_IMG_1134_201607040042395bc.jpg th_IMG_1127_201607040052084e5.jpg

全体にはハチミツとバルサミコを煮詰めたような甘いドレッシングがまぶされており、
それだけだと「これ甘過ぎやーん(´Д` )」ってなるくらい甘いのですが、コクッと
味わい深く、且つちょっとクセのあるクリーミーなゴートチーズと合わせて見ると、
途端に「こでなければ( ・`ω・´)b」となるから食べ合わせって面白い。

人も同じですわなー。
単独でおるとなんでもないのやけど、この人通るとなんかパフォーマンス上がって
しゃーないな、とか、この人とおる時はなんかツイてないことばかりあるけど、
この人とおるとえーことばっかり♪ みたいなの。

一応「ゴートチーズと胡桃のサラダ」ってなってて、もちろんくるみも散らされてる
けど、何粒かだけの事ですので、この皿は山羊と野菜のタッグを楽しむべき一品。
あいかわらず両手で持たないと倒れてしまいそうな程なみなみ注がれたサングリアと
相性抜群。おいしいわー。

そして最後はやっぱりこのパエリア。
もう米よりこっちの方が断然好き。

th_IMG_1135_201607040052098bd.jpg 

旦那さん、甲殻類アレルギーでエビ・カニが食べられないので、それらを抜いて
くれるようにお願いすると、いつも快く引き受けてくれます。あの貝は大丈夫?
イカは?他は?と念入りの他の食材も確認してくれた上で。親切よねー。


th_IMG_1137_201607040052103a1.jpg th_IMG_1138_201607040052117c7.jpg

これも大概な量があるから、半分はお持ち帰り(笑)
これがまた温め直して食べても充分美味しいもんだから、ちょっと多いなーという
時でもいつも惜しみなくオーダーしちゃう(笑)

また添えられてるニンニクタップリのマヨっぽソースを混ぜて食べると、以前にも
お話ししました通りに「一平ちゃん」(笑)。ちょっと「大人の」一平ちゃんって
とこかなー(笑) あいかわらず美味しいですわーっ。

そして食べれなかったけど諦め切れずに持ち帰ったマンチェゴチーズ。
相川らずパンコントマーテとの相性抜群。家に持ち帰ると、トマトとオリーブ
オイルをタップリかけられたパンが少し頼りなくなっているので、パンだけ焼き
直し、愛しのマンチェゴチーズを添えて。

th_IMG_1155.jpg 

家ではレモンサングリアをお伴にしたのですが、まーっ、やっぱり美味しいわーっ。
マンチェゴチーズ、アンナムとかでも探すんだけど、あそこは基本フランス系だし、
スペインのチーズってなかなかみかけないのよねー。このチーズ、ほんっと美味しい。
美味しい割にクセが強いとかじゃなく食べ易いし。

ただ今回ちょっと思ったのが、もしやお値段上がった?ってこと。
いや、頼んだ事無かったメニュー2品も頼んだし、以前のお会計も覚えてないので
完全な比較は出来ないのですが、この上記4品にビール2本、サングリア1杯で
1,300kドン。え、そんなに高かったっけ?(・∀・;

いやいや、でもパエリアは半分持ち帰って晩ご飯になったし、マンチェゴチーズは
2晩に分けて楽しめただけの量があったし、サラダもスープも充分以上の量があった。
2人で来るなら2品で量的にはちょうどいいよね。ただアレもこれも食べたくなるから
欲張っちゃうのが高値の原因ってだけでさ、総量で考えるとアリなお値段。実際これ
最低でも4人分は量があったし、ヘタしたら5〜6人を賄えるからな。そう考えたら
そんなには高くないか。

それ以上にオイシイしなぁ。
うん、ここはお友達とグループで来るのが良いと思う。
と言いつつ、きっと夫婦でまた来るんだけど。
ブレない、落ちない、安定のお味。
スペイン料理に関しては、ホーチミン内で比類無きお店じゃないでしょうか♪



***** 2015 Apr. *****

久ーしぶりに行ってきました!
ボリュームある料理が多いのでダイエット中には控えたい所なのですが
(えっ、ダイエットって言葉知ってたん?!)
こちらのお店、旦那さんが大好きで、たまにランチタイムを一緒に楽しめる
休日などがあるとリクエストしてくれるんだよね♪


で、行ってみたら、入り口にライブ情報。
おおっ.時間など限定的ではあるけどこんな事も始めたのか♪

th_IMG_1886_201505241800060ca.jpg

そして店内に入ると、相変わらずのウェルカムな感じ。
ベトナムの方もスタッフさんで入られてるんだけど、その方達もフレンドリー
なんだよねー♪ で、見てたらメニューの拍子も豪華になってたっ。

           th_IMG_1887_201505241800064cc.jpg
th_IMG_1888_2015052418000706c.jpg th_IMG_1889_201505241800089d5.jpg


そしてオリーブオイルのエクストラが有料に。
これは良い事だと思う。こちらのお店、塩とかオリーブオイルとかええもんつかって
いらっしゃるから、ガバッと食べたいけど気が引けるってことがあったので、
これなら心置きなく、相手が損をすることもなく楽しめるヾ(@⌒ー⌒@)ノ

スペインの地図をモチーフにしたランチョンマットなども作られてて。。。
察するに。。。

儲かってまんにゃ( ̄▽ ̄)


ええこっちゃー!
美味しくて誠実で楽しくお仕事をしているお店が認められるのは、
ええこっちゃー!!

と、食事前に気分が良くなったところで、恒例のサングリア。
重い…やっぱりグラスの中が、重い…(笑)
どんだけの量が入ってんねんwww

th_IMG_1890_2015052418001015d.jpg

オリーブのピクルスにもちょっとひと手間。
その満までも美味しいオリーブではありますが、このひと手間がまた嬉しいよね。
そして色々食べたい物は数あれど、やっぱり外せないマンチェゴチーズヾ(@⌒ー⌒@)ノ

th_IMG_1892_20150524180038f61.jpg

以前はこれに添えられるパンコントマテ(生トマトをすりつけたトースト)が
チーズの下に置かれてたけど、今回は別添え。だからといって何が違ってるわけじゃ
ないけど、この辺のゆるーいところもいい感じ。

th_IMG_1893_20150524180039ec4.jpg th_IMG_1894_20150524180040ad9.jpg


で、今回初オーダーしたのがこちら。
白身魚…多分タラ?の焼き物。自家製っぽいマヨソースですっかり覆われてたから
出てきた時に魚の姿は見えませんが…(笑)

th_IMG_1895_20150524180042516.jpg

もー運ばれてきた時からお魚の分湧かした香りがフワーッとその場に広がって、
そりゃーとっても美味しそう!そしてナイフとフォークでフォクっと切ると…


th_IMG_1898_2015052418100659f.jpg th_IMG_1901_201505241810080e8.jpg

うぉっふぁー!!
ふぉっくふぉっく♡
そしてちょっとだけ干してあったかの様なプリンプリンとした弾力。
頃合いの火加減にまったりとした焼きマヨソース。。。。

私、マヨネーズは自分で調理する際は隠し味に使う程度で、あまり強くは
好まないのですが、こちらのマヨ、自家製でオリジナリティがあると言うのと
あまり脂っこくない感じがとても良いっ。添付の枝豆はちょっと残念だったけど、
パプリカかけられたポテトもおいしく、これはとても満足な一品。

そして今回一番嬉しかったのは…
パエリアね、諦めてたんです。オーダーする際に勧められたんだけど、
旦那さんが甲殻類アレルギーなので、流石にパエリアは食べられないよなと。


アレルギー食材がほんのちょっとしか使われてなかったり、代替品があるなら
他の物で作ってくれますかって言えるけど、パエリアはそれが主要な食材。
さすがにそれを省いてくれ、他の物を使ってくれと言うのは店の味を否定するにも
等しくて、そんな失礼な事はできまいよ、と思ってたら…

「え?だったら海老やイカを外して作ったらいいじゃん!
 ムール貝や白身魚でも美味しいのできるよーっ。
 どう?試してみない?」

って、シェフ自らが言ってくださった( ̄Д ̄;)
そう来たか!

自分が思ってた、お店の味をこちらの都合で変えてくれ、というのは、
今でも全て間違ってるとは思わないけど、ある物を使ってその場でアレンジをし、
お客さんに楽しんでもらえる力量を認めてたら、それもあながち失礼に当たる
ばかりではないのだな、と、気づかせてもらえましたねーっ。


もちろん、こう言う事はお店川に裁量のあることなので、こちら側から
それを要求して良い物ではないと思います。しかし力量があり、器量もある
シェフが自ら、とてもチャーミングな様子でそのように仰ってくださったので
ここはもう素直に甘える事に♪それが、こちら♪


th_IMG_1899_20150524181009322.jpg

お米じゃなく、パスタのパエリヤ。
ムール貝がいっぱいで、お出汁が良くきき、焦がし醤油的な風味がベース。
正直マンチャゴチーズと白身魚のマヨ・グラタン風でお腹はかなり満ちてたのですが、
入るっ。これは入るっ(笑)最終的にちょっと持ち帰ったけど、これはいい!

旦那さんとこちらのお店に来てパエリアを楽しんだのは初めてでした。
まさかそんな風に言ってもらえるとは思わなくって。
パエリアには海老やイカなどをつかわないといけない、という自分の
狭量さを思い知った一件でしたね。やっぱりこの店、素晴らしい!

ちなみに、こちらのパエリアにもマヨソースが。


th_IMG_1901_201505241810080e8.jpg

これをまぜまぜして食べると、また味の具合が変わって美味しい♪
魚介系とマヨネーズの相性の良さは、世界各地で証明されていること。
ってかこの味、一平ちゃんやっ!!(笑)←また地域性の濃いことを…www

パスタではあったけど、スープを吸わせた上に焼いたりしてるタイプのもの
出し極細の物なので、持って返った後温めなおしてもコシがどーしたこーした
と言う不足がなく、美味しく再度頂けました(*´艸`*)

いやーっ、行く度に好きになるね、こちらのお店っ。
英語のホーチミンレストランランキングみたいなのでもグングン上位に
上がってきてるのも納得納得! 今後も頑張ってほしいお店ですー♪


***** 2014 Nov. *****

一ヶ月以上の帰国から戻って来た最初の週末。
新しいネタ探しにぜひ行きたいと思ってたのだけど…

「お母さんに会いに行こう♪」

と、旦那さん。
お母さんとはもちろん、Oleのマドレのことだが、うーん、確かに
美味しいんだけど気になる新しいお店が。。。

「新規開拓はちぇりさんのお仕事っ。僕はその結果美味しい所にだけ行くの♪」

という、至極もっともなことを言われたので、ちょっばかり「仕方なく」
出向いたのですが。。。。

th_IMG_4611.jpg

「あら久しぶりー!!!ヾ(@⌒ー⌒@)ノ」

と、キスとハグで迎えられた瞬間、ああ、やっぱり帰った時に実家への
挨拶はしとかないかんな、と…(何処が誰の実家やw)
繁盛してはるんかな。表のシェードが新しくなってるー♪と思いながら
店内に入ると、土曜のお昼、店内はほぼ満席。流行ってますな♪

まずはサングリア。
2人だからグラスで頼んだのですが、やっぱり多いなここのサングリア。
グラス重すぎて高足だと不安定で不安定で(笑)

th_IMG_4612.jpg


お料理は、旦那さんは甲殻類やイカ・タコが食べられないのでお肉中心のオーダーに。
まずは、マンチャゴチーズ〜♪

th_IMG_4613.jpg


以前はパンコントマテの上にチーズが直接乗ってましたが、セパレートで
出てきました。こころなしかチーズの量が増えてないか???(^^;
そしてお次は豚耳のアヒージョ!


th_IMG_4614.jpg th_IMG_4615.jpg

定番だけど、うーんっ、これもやっぱり美味しい!!
日本で食べるミミガーとは比べ物にならないくらい肉付きがよくて、
でも耳の部分だから肉と言うよりコラーゲン質。耳だって分かってるけど、
ちょっとした豚足食べた意欲も満たされちゃう(笑)

そしてパプリカとともにぱらりと散らされてる塩がやっぱり美味しいのねー。
飲み物頼むと、自動的にバケットも突き出し的に出てくるのだけど、
残ったオイルにそのパンつけて拭き取るようにして食べ尽くしちゃった(笑)

お肉料理、前回は仔牛の煮込みを頼んだので、今回はミートボールに挑戦。
餅米入りってことだったんだけど、これがかなりの固さで、ちょっとモソモソ…
日本でよくあるふんわりしたつなぎを使ったミートボールを想像してると
ちょっとビックリしちゃうかも(^^; でもソースは凄く美味しかった♪
セットにしたご飯に混ぜて食べると美味しい♪

うーん、ちょっと最初渋ってた割には大堪能(*´艸`*)
やっぱり美味しいこのお店♪
ローカルのお客さんも増えて来てたようだし、
ますます繁盛してくださいませーヾ(@⌒ー⌒@)ノ



***** 2014 Sep. *****

あれ?その後何度も行ってるんですが、追記をしてなかったようですね(^^;
行く度になるべく新しいメニューにチャレンジしているので、その結果をご報告。
とはいえ、外せないメニューもありまして。。。(笑)

th_th_IMG_2025.jpg th_th_IMG_2026.jpg

マンチャゴチーズとパンコントマテの組み合わせ&タコのオイル煮。
このタコ、やっぱりメチャクチャ柔くて美味しい。。。
この辺のタコが柔らかいのか、そう言う調理法をしているのか。

今回初めて頼んだのはこちら♪
豚の耳の炒め物♪

th_th_IMG_2027.jpg

日本で豚の耳というと、ミミガーと呼ぶ、薄い軟骨が中心にあるものを炒めたり
煮たり薫製にしたりした物を細く切って提供された物が浮かびますが、こちらの
豚の耳は。。。身がミッチリ(^^; 身と言っても肉って感じじゃなくて、やっぱり
軟骨周りのコラーゲン的ムチムチ食感のものだけど、ボリュームが凄い(笑)
こっちの豚さん、どんだけ耳が厚いのか(笑)

そしてパエリヤ!は、前にも頼んだのですが、今回のはパスタで作ったパエリア♪
ちょっと一見ビリヤニのようですが、お米のパエリアと同じく、具材の旨味を
しっかり吸った美味しさ。面白かったのは…

th_th_IMG_2028_201409121941286ef.jpg th_th_IMG_2033.jpg


こんなに細くてこんなに短めにカットされてるパスタなのに、ツリッツリ♪
流石にこの細さだと、コシがあるとかプリプリしてるってのはないのですが、
グツグツ煮られて、多分オーブンかなんかでジリジリ焼かれてるから、クタクタ
のヘノヘノになってもおかしくないのに…

張りがある。一本一本がシャンとしてて口触りもいい。
噛み応えってほどじゃないけど、なんか存在感ある口内食感。
でもお米よりもずっと軽い。

シェフ曰く、
「これは軽いから夜パエリアを食べるんだったらこっちをおススメするよ!」
とのこと。なるほど、具材も味の様子もお米のパエリアと似てるけど、
残された活動時間が少ない晩ご飯にはこっちの方が向いてるかも?

パスタのパエリアって食べた事無かったけど、これはいいなー♪
ガッツリ腹に溜めたいときはご飯のほうがいいかもですが、お酒飲みながら
ボチボチ行きたいときは、昼までもこちら、おススメです♪

ああ、おススメと言えばデザート!!!
チュロス、って、良く日本では遊園地とかにあると思うんですが、
生地を脂に直接、☆口金で絞り落として揚げるお菓子。今まで堅かったり
重かったりして、あんまり口に合う物が無かったので好んで食べることは
なかったのですが。。。


th_th_IMG_2035.jpg th_th_IMG_2036.jpg


揚げたての物を提供してくれたせいもあってか、表面、特に☆の突出してる部分は
カリカリサリサリ。軽い弾力を感じながら噛み締めると。。。生地が軽くて美味しい!
油っこくもないから揚げ菓子にも関わらず、チョコレートソースをタップリ絡めて
食べるのが美味しいし、これまで食べて来たチュロスはいったい何だったの?と。

以前ご紹介したモチュモチュのクレマカタランも良いですが、美味しいチュロス、
個人的には初めて食べたので印象的♪ 甘い物がお嫌いでなく、胃袋にゆとりが
あったらぜひぜひお試しくださいませー♪



***** 2014 Aug. *****


随分前から出来てたお店だったのですが、中々機会がなくやっと訪問。
いや、オープン当初数回チャレンジしたんですが、なぜか閉まってることが
多くて意欲を削がれてたんですよね(^^;

th_IMG_1660_20140818200513cf0.jpg

店内はこじんまりだけど明るい感じで入りやすい♪
二階もあるのかな?大抵のお客さんは1階に通されてるようですが。

th_IMG_1670_20140818200515e4b.jpg

初訪にも関わらず、お店の方が「オラ!」とすごく気さくに迎えてくれて、ああラテン♪
バルセロナに行ったときも、道で見かけた人が気軽に声かけてくれてたなー。
「オラ♪」って♪

スペイン語は自分も相方さんもできなかったんだけど、相方さんが天真爛漫にあらゆる
人に「オラー♪(^0^)」って声かけてるの、いいなーって思ったの覚えてる(笑)
どこに行っても臆する事無く笑顔に笑顔で返せるってのは素敵な事よね♪


で、まずは飲み物。
この日は3人いたから1リットルのサングリアを注文してシェア♪
これが飲み口軽くて、フルーティーでとても美味しい♪

th_IMG_1667_20140818200516c4b.jpg th_IMG_1669_20140818200513761.jpg

お酒だけをメインに飲むなら、もっとガッツリしたクセのある赤で作った物も好きなんですが、
多分スペイン料理はこってりなものもあると思うので、これぐらいガブガブ飲めた方が
個人的には嬉しかったり♪ (昼からガブガブ飲むなよな…)

で、一緒に行った方達がオープン当初に来た事が合ったらしいのですが、その頃にはなかった
らしい日本語がメニューにありました。表記は、ベトナム語、スペイン語、英語、フランス語、
日本語、ロシア語…かな????ちょっと自分には分からない言語もあるけど多分…(笑)

ベンタン市場に近いレタントン通り沿いだし、日本人も多いんですかね。実際この時日本人
男性3人組のお客様もいらっしゃったから、オープン当初以降、客層を見ながら色々改善
されてきたのかもしれません。

th_IMG_1662.jpg
th_IMG_1663_201408182006188a7.jpg

で、この日はパエリアを食べたかったので、あと何かタパスを少々。。。と選んでいたら、
お店のオーナーさんらしきマドレ(お母さん)が、スパニッシュなまりの英語で、

『タパスはせいぜい二つで十分よ!
 お腹いっぱいになってパエリアが食べられなくなっちゃうから、頼み過ぎは禁物(^_-)』


と。なんて控えめな営業なんだ。
放っておけばタパス3つは頼んだかもしれないのに(笑)
残しちゃってもそれは客側のオーダーによるものなのでお店の責任じゃないと思うんだけど
残った食材やお料理への愛情と、お客さんへの愛情があるんだろーなー。ちょっと感動。

th_IMG_1664_201408182006194ec.jpg


で、最初がこちら。
ポテトタップリのスパニッシュオムレツとタコのオリーブオイル炒め?煮?

th_IMG_1671_20140818204949d76.jpg th_IMG_1672.jpg

オムレツは素朴な感じで特筆する感じじゃなかったけど量がすごい(^^; 
一人だったらぜったいこれで満腹になってる(苦笑)
で、素晴らしかったのがタコ!しっかり火入れしてあるのに柔らかーい!!!

そして質の良いオリーブオイルはガーリックがしっかり主張している中でも香りが高く、
それに合わせてから差抑えめだけど風味のよいピメント(赤い香辛料)がベストマッチ。
味付けはシンプルに塩だけなんだけど、この塩が。。塩が。。。すっごく美味しい。

岩塩を砕いた感じの小さいつぶつぶで残ってて、パンにオイルをつけて食べる時に、
ちょっとカリって歯に手ながら食べる感じなんだけど、塩分が柔らかくて旨味がすごい!
聞けばスペインの稀少な手作業シーソルトらしく、実は少し有料で分けてもらえないかと
交渉してみたのだけど、あまりの希少さに、本当に申し訳なさそうにお断りをされました。

断られたのは全く持ってこちらのワガママを言ってみただけだったので問題
ないのですが、そうされた事で余計にこのお塩の希少さが際立ちましたね。
タコ食べ終わっても、ずーっとバゲットでオイル掬って食べ続けてた(笑)

で、メインのパエリア、ドーン♪

th_IMG_1673.jpg

シーフードバージョンにしたのですが、さすが海産物がお手頃なベトナム、
エビやら貝やらイカやら何やらがゴーッチャリと大盤振る舞いで入ってます!
米は若干柔らかめだけど、そもそも糊成分が低いお米を使ってるので、口当たりが
悪くなるということはなく、むしろ日本人には食べやすいかな?ちょっと家庭的な
風情もそこに現れてて個人的には大満足♪

デザートにはクレマカタランという、ちぇりはクレーム・ド・カタラナという名前で
記憶してたカスタードのデザート、まークレームブリュレだわな。それと、
マカダミアの浮き島がどうしたこうしたと言うデザートが気になったので注文。
何だろうと思ったら。。。

th_IMG_1675.jpg

アイスクリームにタップリのチョコファッジ!!!
何この幸せなデザートはーーー!!!(笑)
そしてホーチミンでチョコレートを使ったデザートってアタリが多いんだよね。
デザートがってより、チョコレートの質がいい。
ここのはファッジ状になっててちょっとネットリ感があり、かなり濃厚で美味しかった♪

で、あんまり満足して美味しかったので。。。
数日後に相方さんと再訪(笑)
マドレが覚えててくれたようで、それはそれは親しげに「オラー!」って迎えてくれました♪
こっちはもうすっかり「ただいまー♪」って感じだよね(笑)
いいなー、この雰囲気♪

ただ心配だったのが。。。頼む物があるかなってこと。
ってのが、相方さん、エビ・カニ・イカ・タコアレルギーなんだよね(^^;
こないだは食べる物が決まってたから、あまり他のメニューを見ていなかったの。
地中海料理でこれはなかなかチョイスが大変。。。と思ってたけど。。。

th_IMG_1661_2014081820051471b.jpg

タパスからメインまで、結構肉料理もある様子♪
色々お勧めされる前に、食べられない物があるとマドレに伝えたら

「お肉が食べれるなら、だーいじょうぶよ!
 魚介以外にもおいしい料理はいっぱいあるわ!」

と、全く意に介さない様子で色々勧めてくれた♪
まーずは飲み物。サングリアが美味しかったけど二人で1リットルはちょっと多いからグラスで…
って、あれ?リットルで1800円くらいだったのに、グラスだと1杯600円オーバー??
かなり単価が高いなーと思ったけど飲み切れずに残すのももったいなかったのでグラスで頼んだら…


th_IMG_1699.jpg

重い重い重い!!
グラスが重いーーーー!!(笑)
ワイングラスにこんな注がれてるの初めてやわ!
重くて不安定すぎて厚みのある布製のコースターの上に何か乗せてられへん(笑)
重心取れんと、グラス倒さんかヒヤヒヤしたわ(^^;
なるほど、単価が高いのはこう言う訳だったのかwwww

で、お料理はこの日まず頼んだのが、チョリソー。
スパイスタップリのソーセージですね♪

th_IMG_1712_20140818205039683.jpg


グーツグツグツグツグツグツ!!!!
と、凄まじい勢いで煮立つオイルが入った鍋が登場し、その段階では中にどんな物が
あるやら見えない程の煮えたぎり方(笑) それでいて、スライスされたチョリソーは
堅くなることなく、スパイスが立ってていい感じ!

サラミのように堅くて食感が良くない物もありますが、こちらのはしっかりとした
ソーセージと言う風合いで弾力があり、噛み締めるごとに味がすごい。。。。
気持ち塩っぱめの濃い味は、吞ん兵衛にはたまりまへん(*´艸`*)

1切れの味覚的満足度がすごく高い。ので一人数切れで満足ですね。
大きなスライスが10切れくらい入ってたので、3〜4人でシェアできるとベター。
いや、2人で5切れずつペロっと食べたけどね(笑)

お次はこれ。初訪の時にも気になっていたマンチェゴチーズとトースト!!
このチーズを使ったハンバーグメニューもあったけど、この日は魚介がアウト=
パエリアが食べられなくて炭水化物が無いなーと思ってたのでトーストの方を♪
これが…これが…っ

th_IMG_1703.jpg

(゚д゚)ウマー.
このマンチェゴチーズと言うのは初めて食べた!
羊の乳と牛の乳のブレンドで作られているチーズで、食感は固形だけどシットリと柔らかく、
匂いにクセは無いけど旨味がすごい! 噛むとホロッと優しく折れ、数回噛み締める程度の
高度はあるけど、あとは滑らかにパンと合わさって、いやー美味なり美味なり♪
油脂分が少ないのもいいですね。クドくなくパクパク沢山食べられる♪

下のトーストはパン・コン・トマテ。
トーストした生地のカット面がちょっと荒いパンに、ガーリックと生トマトをこすりつけた
スペリンでは定番のパン。そのガーリックの風味とトマトの酸味がチーズの旨味と
相まって、止まらん…食べる手が止まらんーーーーー!!二人には結構な量があったと
思うのだけど、キッチリ全部食べちゃいました(^^; どのくらい美味しかったかと言うと…

一口齧っては、むっふーうっまーい( ̄‥ ̄)=3 フン 
むっふー!( ̄‥ ̄)=3 フン むっふーーー!!!( ̄‥ ̄)=3 フン
と、何度も何度も言ってましたね(笑)あのチーズ家にも欲しい。
ちょっとあちこち探してみよう。

で、この日のメインは仔牛の煮込み!
注文する時にかなーり迫力ある体型のシェフ(多分マドレの旦那さん)がいらしてて、

「これ頼むならご飯が合うよ!食べる?食べるよね!」

と、頼まない選択肢が無い様子で言って来たので仰る通りに。。。(笑)

このシェフ、奥で料理をして注文をこなしてはフロアに出て来て、全てのお客さんを
まんべんなく回り各所でお喋り。時に座り込んだり、時にお料理の質問に答えたりと、
始終笑顔が絶えない様子! もちろんマドレも常にフロアに気配りをしていて、
用がある時も無い時も実にニコやかに誰かとお話をしてる♪ お仕事なんだけど…
お仕事なんだろうけど…なんかすっごい楽しそう!(((o(*゚▽゚*)o)))

で、仔牛の煮込み…
絵面はあまりよくないんですが。。。(笑)

th_IMG_1706.jpg

肉がめっちゃくちゃ柔らかい。。。
薄めではあるんだけど、ナイフなし、ちょっとスプーンで触ったらフニっと切れる。
すっかり赤ワイン煮込みかなと思ってたらスペインの白で煮込んでて、オリーブやら
キノコ???かな???とか野菜などの旨味がワインの美味い成分と一緒にぎゅーっと
凝縮されてて、滋味深ーくほのぼの美味しい!!

塩気はそんなに強くないんです。でも多種の旨味成分がギュッと詰まってるんで
味わい的には重厚感があるんですね。んでもって、シェフ正解。これをお米と一緒に
お口に入れて等質を加味しながらいただくと、これ、たまらんですな!!

和と洋の違いはあるけど、良質で濃いダシを味わう感覚。
はああああっ。スペイン料理にこういうのもあるんだ。
バルセロナに行ったときはあまり驚く味に出会えなかったのですが所違えば。。。
とか言ってたら、

『あら、私もバルセロナから来たのよ♪』

と、マドレ。あれ????えらい違うな…(^^;
まー自分たちが行ったのは超観光地だったので比べる方が失礼かもですが、

『どうしても観光地だとおざなりになっちゃうことがあっても仕方ないわよね、
 でも私たちはそれをしたくなかったのよ。まさかホーチミンにお店出すとは
 思ってなかったけどねー!』


と、ケラケラ明るく笑いながら言ってました。
考えてみたら魚介類が安くて豊富なホーチミン。
地中海料理を作るのには打ってつけと言えば打ってつけ。幸いフランスの影響で
ワインやチーズ文化も馴染んでるから、スペイン料理のポテンシャルも高いですよね♪

相方さんが大好きなので、この日もクレマカタンを頼んだのですが、この時シェフは
お手空きだったのか、バーナーを持ってテーブルにお出まし。目の前でキャラメリゼ
してくれました♪ ぐおおおおおお♪

th_IMG_1709_20140818214420468.jpg

ここのは生地がちょっとモッチュリしていて食べ応え満点!
2〜3人で分けてちょうどいい量ですから、くれぐれも頼みすぎないように(笑)
この日もマドレに「一人分で十分よ!」って釘刺された(笑)

そういえば相方さんが見つけたこの子。
可愛いから写真撮らせてもらったんだけど…

th_IMG_1698_201408182050364c3.jpg th_IMG_1697_20140818204950b73.jpg

めっちゃ良い顔してません?(笑)
貯金箱なんだけど、何でもマドレがもうかれこれ20年ほど連れ回ってる豚さんなんだって♪
カウンターのとこにいるから、お店に行ったら探してみてね♪

でもま、マドレもパドレ(お父さん=シェフ)も負けてないくらい良い顔してたなー♪
愛想がいい、という表現を超えた陽気さと温かさで、ほんっとに実家に帰ったみたいな
空気感(笑) 初訪問時、食事後に雨が降ったからダラダラ長居してたんで帰る時にそれを
詫びたら、

『ここはね、レストランじゃなくてあなたの家だと思ってちょうだい。
 だからどれだけゆっくりしてもらってってもいいのよ!
 またいつでも帰ってらっしゃい!』


なんか…なんか…時々出会うんだよね。一見の客だろうが、ちょっと居合わせて話しただけの
仲だろうが、信じられない包容力で、押し付ける事無くこちらを受け入れてくれる人。
以前出会ったのはハワイアン航空の年配のCAさん。なんかものすごく素直に甘えたくなって
自分で(え?)って思うほどだったんだけど、どう言う人間の大きさなんだろうな、あれは。
すごく憧れる。

大好きだなー、このお店。
ワンポーションが多いので、一人でフラッと食べに行くと1品くらいしか食べられないかも
しれないけど、味もお店の雰囲気と同じで家庭的な温度感があるし、食べ飽きなさそう♪
また行きたい、というより、帰りたい、と思えるお店。良いお店だなー、としみじみ思う♪

大変、好きなお店がまた一つ増えました。
また行きたいけど、ローテーションするお店がどんどん増えているので胃袋足りない(^^;
ホーチミン、恐るべしだなー(笑)

th_IMG_1695_201408182144222f3.jpg
th_IMG_1696_201408182144232ba.jpg
th_IMG_1677_201408182144213e6.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪


【移転】Choi Go Jip 〜 1区にも美味しい韓国料理が!

***** 2017 Feb. *****

今更だけど、こちら移転してるのよね。。。
修正お知らせしてなかった。。。今はこちらの住所になってます。

Hồ Tùng Mậu, Quận 1,

こちらの店舗にはまだ行った事が無いのですが、
お友達に情報聞かれて、ああ、移ってたなと。
韓国料理、中々付合ってもらえる人が居ないのだけど、どなたか
見つけたら早速行ってみまーす♪いや1人でも行けるけど、
品数が頼めないからさ。。。 ←食いしん坊万歳



***** 2014 May. *****

もうタイトルがいきなり失礼よね(苦笑)
でも実際、冷麺などを求めて結構な数の韓国料理を巡ってるんですよ。
で、知らない店に知人友人を連れて行くのもなんですから、一人行動が多くて
たいした皿数は頼めないので、それだけでジャッジするのはどうかとも思うんですが…

あかんやろ、これ(´Д` )
という、料理の基礎の基礎もできてないような店も実際あって、

話にならん


レベルのとこにも多々遭遇していたために、1区での韓国料理はもう食べない!
と思ってたくらいにこじらせてたんですけども、今回こちらが美味しいよ、と
お誘いいただいたので行ってみました。場所は、市民劇場からもほどない、
カラベルホテル左手方向。中華料理やさんやらビアホールやらが並んでます。

余談ながら、三年前にちょっとだけ遊びに来たとき、出来心でそこにあるビアホールに
入ったら、大層いい加減な物を出された上に高かったので、この辺は勝手に鬼門にして
たんですが…(なんという個人的なジャッジ…)

th_IMG_1131.jpg th_IMG_1132.jpg

おう、問題のビアホールの左手奥に、さらにお店があるじゃないか!
もう近づきもしなかったから知らなかったわ(笑)
で、その左手に折れた突き当たりにあるのがこちらのお店。
へー!!こんなところにお店があったんだ!

エレベーターで上階に上がると、かなり大きな宴会もできそうなほどの広さ。

th_IMG_1133.jpg

内装は簡素な感じだけど、小上がり個室みたいなのもあったかな?
で、ホーチミンはフレンチもそうだけど、韓国料理もポーションが大きいので
まずは3品だけオーダー。それでも食前には。。。

th_IMG_1135.jpg

この皿数(笑)
韓国料理屋さんでこの場面になると、オーダーした物全部キャンセルして

『白飯ください』

っていいたくなるよねw
それやったら実際、十分お腹いっぱいになると思うわw

しかしっ。
大人ですからそんなことはしませんよーw
ちゃんとオーダー遂行しますっ(当たり前やw)

キムチ数種類にナムルやチヂミ。これを適当に出すところもあるんだけど、
こちらのお店のは、この段階から美味しかった!!チヂミなんて、小降りではある
ものの、ぷちっぷちのいかがターップリ入ってて、これ、単品オーダーしてもよくね?
って思わせてくれる美味しさ! …って、もしかしたら試食も兼ねてのかこれwww

で、まずは餃子。
丸くてかなりボリュームのある餃子。
はぷーーーーー!!!っとかぶりついても、一口じゃちょっと大きすぎかな?


th_IMG_1137.jpg th_IMG_1138.jpg


ほら、ちぇりお口小さいから(反論不可)ってのもあるけど、結構でかいw
日本の餃子を想像してるとちょっとイメージ違うけど、美味しい♪

th_IMG_1142.jpg

見目も美しいよね(*´ω`)

もう1品は冷麺!!
これは日本でもメニューに見つけたら、ついつい頼んでしまうお品。
マイベストランキングも作れるほど食べ歩いて来てるのだけど、ホーチミンではまだ
いまひとつ、ピンとくるのに出会ってないのねー。どこもお店の人が運んで来たら、
チョッキンチョッキンやってくれるし、それなりに捕獲的に見えるんだけど。。。

th_IMG_1140.jpg

で、じゃん。

th_IMG_1141.jpg

おお、悪くなさそう。(写真ボケてるけどなwww)
って、いつも思うんだけど(笑)、食べてみるまでわからないよねー(笑)
どれどれ。。。

おお!! ホーチミンに多い、強すぎる甘みがなくてスッキリのスープ、
細めの麺のコシは個人的にはもうちょっとあってほしいけど、全体に奇麗にしっかり
締められてるし、スープの強弱に良く馴染むしなやかさがあって、のどごしが良い。

th_IMG_1143.jpg

茹で牛のスライスの仕込みも丁寧。
うん、これ美味しい!
これなら一人で単品冷麺食べにくるのもありだと思う!
まだ5〜6件しかホーチミンの冷麺は食べていないけど、その中では一番美味しい♪

ってか、先付け(…とは言わんかw)から一品一品まで、このお店美味しい!!
フォーと同じく、1区には美味しい韓国料理屋さんが少ないと聞いていたけど、
ここはありだわ!!ってか、またすぐ行きたい!!!

7区まで行かないと、美味しい韓国料理は食べれないかと思ってたけど、
これで安泰ー!! かなりの大人数入りそうだったので、宴会とかにも良さそうですよ。
焼き肉メニューもありました。

Choi Go Jip
Hồ Tùng Mậu, P. Bến Nghé,  Quận 1, ←新しい住所です



 にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪


Noir 〜 暗闇での新体験②

いつまで経っても目が慣れない遮光部屋。
モノがそこにある気配も感じられないと言うのは、
慣れない人間にはちょっと恐怖。恐怖だし、面倒を引き起こす
可能性大。例えば高足のグラスをひっくり返すとか、
熱いスープの器の中に指を突っ込んでしまうとか(´Д` )

ってか、お水のグラスも頼んだワインのグラスも、極普通の
高ーいスラットした足がついたグラスなの!!!怖いから!
それ、見えててもドンガラガッシャンやるやつだから!!ヽ(;▽;)ノ

ましてや、若い子連れてるときなんだよ。
ねーちゃん、格好悪いことしたくないわけよ。(見栄っ張り

そこで考えた。テーブルは壁沿いにピッタリつけてある。
だったらグラスを壁際ギリギリに置いて、手前からの距離だけを
探るようにしたら、左右の場所を探る手間が省けてリスクが
減るんじゃなかろうか、と。

あとはその壁の手触りやグラスへの距離、テーブルの形などから
脳内に勝手にセルフVRを再生し、視覚は真っ黒なままなんだけど、
脳内映像を頼りにモノを探したり掴んだりしてみると、これが中々
うまくいった。

脳内映像は勝手な想像だし、感覚で得た質感や距離感は実際とは
違ってる部分もあったと思うけど、全くゼロから毎回探り当てる
よりかはスムーズだった気がします。カッコいい言い方すると、
「心の目」的なものを使ったのは初めてかも。ここでもまた
新しい体験。

今回はWESTコースを選んだのですが、構成としては、前菜・
メイン・デザートの3パーツ。ただし、前菜メインに4種類
ずつの料理が出て来る!おおっ、それはゴージャス!

ちなみに2人くらいのときであれば、同じメニューを頼んだ方が
感想をシェアできて楽しいと思います。目が見える状態なら
違うのを頼んでシェアしたい所ですが、実際にやってみてこれ、
違う物を頼んでいたら、かなりつまらなかったかとw

まずは4種類の前菜。
4種類は小鉢くらいの大きさに入れられていて、1つのトレイに
乗せられています。それぞれのお皿はそれぞれの形にあった
くぼみにはめ込まれているので、ちょっと淵に手が当たったくらいでは
ひっくり返ったりしないので安心。

味の構成があるのでしょうか。右上のお皿から時計回りに頂く
ように勧められます。実際同じ所から同じタイミングで同じ料理を
連れと味わうのが面白いですからね。1つ1つを確認しながら
食べ勧めます。

スープ、二種。最初は冷たいの。おお、クリーミーで何となく
食べ覚えのある味。これは楽勝♪と思ってたけど、あとで聞いたら
「えっ、そんなもんも入ってたん?!」と言う食材も。
えーーーーっ(笑)

次は暖かいスープ。
こっれが、ごーーーーーつい美味しかった!!
深みがあって滋味に溢れて何とも安心するお味。しかも食べ進め
てると「うわっ、なにこれ?!」のお楽しみも。しかもそれが、
そんだけアタックのある美味しさのスープを超えて尚。。。

なんか。。スープ食べた段階で(ここ、とんでもないとこちゃうか?)
という予感。そう感じた途端に俄然ワクワク。
いや、来店前から楽しみではあったのだけど、

「ちぇりさん、めっちゃテンション上がってますねwww」

と笑われる程度には上がってた(笑)
ぶっちゃけると…美味しいかどうかはわからんなーと思ってたから、
ワクワクしてたのはその体験に対してだけだったんよね。それが
ゴッツ美味しい!!ってのがわかったもんで、脳内ダダ漏れ。。。(笑)

その後も驚きの連続。
前菜の残り2品にすら、どーーーーしても解明できなかった食材が。
食べたことがある、と思えるものもあれば、その旨味が含まれる
食材とはかけ離れた食感でしか無い物に翻弄されたりとおお忙しい!

都度、あーだろうかこうだろうかと意見を言い合うのも面白い。
まぁ講釈垂れてあとで大間違いしたらこっ恥ずかしい訳ですが(笑)
それもありです。なぜならこの日に出された料理全て、どれ1つと
して、Ordinary なものはありませんでしたから、視覚が有功だった
としても、分からない物があったことでしょう。

特にメイン料理に至っては、分子ガストロノミー分野の要素を
取り入れてるんじゃないかと思われる調理法の物もあり、
フィエキーなことこの上ない!!説明されたらそこに至った
経緯が分からないでも無かったけれど、説明されても「これが?!」
と信じられない物があったくらいだからねー。

間違えても当たり前。
そんな距離を料理に与えてくれているのは、お店の思い遣りかも
しれませんね。客が間違えても居心地悪くならないように。

なるほど納得。
企画だけで客を読んでるのかと思いましたが、
うん、私が間違えていました。ここのシェフ、イってるわ(笑)

センスと技術が半端ない。
しかもこちらのメニュー、3ヶ月ごとに変わるんだそうです。
コースは3種類あるから1ヶ月に1コースずつ食べれば毎月違った
モノを楽しめるかも…(おいおいw

しかし…当初は味覚の6割を占める視覚が無くなったらモノが美味しく
ないんじゃないか、との予想もあったわけですが、経験して見ると
あれほどじっくり味わったこともないんじゃないかと思って見たり。

美味しかったかどうかと言う観点とは別に、素材や調理法を予想
しながら、あんなにじっくり味わったことが、ここ最近あったなかと。
また感じられる味覚も、もしかしたら見えているときよりも鋭敏で
あったのではないかと思って見たり。

そのコースを食べたことがある人にだけの権利として、もちろん
お金は出すから、見える環境で同じメニューを食べさせて
くれないかなー。同じ料理を、違う環境で食べ比べてみたい。
感覚なので、正確な数値では出せないけれども、見えないことによる
味覚への影響を感じてみたい。これ、お店に交渉してみようかな。。。

ともかく。。。
色々と衝撃的な経験でした。
そして言っておきたいのは、ここがホーチミンの飲食店人気トップを
張ってる理由は、その企画性もあるだろうけど、味ありきです。
East や Vegetarian は未だ食べてないのでそちらがどうかは分からない
のですが、少なくとも、West に関する腕前は「至高」でした。

もしも、視界が遮られたことに寄って美味しく感じられるという作用が
あるとしたら、少し課題評価してしまってるのかもしれませんが、
どちらにしても皆さんが食べる条件は同じ。これは。。。

ホーチミンにいらした時に。いらっしゃる間に。
こちらの体験は、是非試してみた方が良いのでは。
世界的にも知られたお店であるようだし、実際、環境的にも
料理的にも素晴らしい体験でした。これは行ってみて本当によかった。

ランキングに疑いの目を向けてゴメンナサイ(笑)
私も一票、入れておこう(^^;


Noir 
178 Hai Ba Trung

↓こちらのサイトから予約してください。
http://www.noirdininginthedark.com/reservation.html




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ


☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★

  <長いのはお好き?> 更新!(バックナンバーでご覧頂けます) 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】

☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★


Noir 〜 暗闇での新体験①

棒世界的旅行情報サイトにて、2000件はあろうかというホーチミンの
飲食店ランキングにあって、ほぼトップをキープし続けている化け物
レストラン。Noir(ノワール)。フランス語で「黒」という意味。

別経営ですが、色んな国にも同じコンセプトのお店はあって、日本にも
期間限定で営業されたことがあったのかな?真っ暗闇の中で食事を
するという変わった趣向のお店。

盛りつけも味の内、なんて申しまして、視覚がもたらす美味しさ、
ってのは、一説によると味覚の6割を占めるとかいう話もあったり
するわけですが、その「美味しさの要素」を一切取り除こうと言う話。
旨いのか、それ?

そんな疑問を持ってしまうところもあって、ちょーっと斜めから
見てたんですが、同士が見つかったこともあり、好奇心に負けて
行ってしまいましたw

th_IMG_2828_20170208110501ec7.jpg 

懐かしい。暫く行って無かった Hai Ba Trung通り沿いのトレジュール
さんがある角を曲がった所にある、

An VIen さん
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-3344.html

さんがあるヘムの中。
An Vien さんを右手に見て、更にズンズン進んで行った奥左手。
予約をしていったら、お店の外までスタッフさんが出てくれていてお出迎え。

即、入り口すぐのウェイてイングバーにて、諸々の説明を受けます。
アルコール・ノンアルコールのチョイスのウェルカムドリンクを頂きつつ、
食事中にどんなドリンクを頂くかを指定。そしてお料理は3種類コースが
あるのでここで選びます。

th_IMG_2832.jpg 

当然、詳細は書かれてません。
コースは、West, East, Vegetarian の3種類があって、その場で
選べます(予約サイトにはそれを選ぶメニューは無かった)。

点字の表示はお店の外の表示から使われていて、それがお店の
コンセプトであることを表現しているかのよう。

そう。こちらのお店の店員さんの中には、目や耳が不自由な方が
おられるのですが、皆さん実にスマートな接客をされていて、
感覚が不自由であられるのに、ではなく、接客業として素敵でした。

他の国でもそうなのかもしれませんが、ホーチミンやホイアンで、
こういう、身体的に不自由なところがある方が活躍する場を目にする
機会が何度もあって、これは素敵なことだなぁ、と。残念ながら、
私が住んでた日本の地方では、あまり無かったように思うので尚更。
(都会は違うのかもしれませんが)

さて、ドリンクを飲みながら、こんなゲームをさせられます。

th_IMG_2834_20170208110507502.jpg 

子供のオモチャみたいですよね(笑)
色んな形をしたピースを、同じ形のくぼみに埋め込むだけのゲーム。
ただし、「目隠しをして」。これが結構難しい!

th_IMG_2837_201702081105107f5.jpg

こんなにシンプルな形とルールの遊びなのに、なっかなかできない。。。
ちょ、これ難しくね?と焦ってたら、同行の若年男子はササッと終わって
ちぇりさんのオロオロ動作を見つつ爆笑。。。

ちょっとっ。あんた少しばっかり若いからって(いや、かなり若いよね)
年寄りバカにするんじゃないわよっヽ(`Д´)ノ(オロオロオロオロ…

冷静に、ピースの形を確かめて、頭の中で想像をして、今度は当てはめる
型の淵をなぞって確認するも、入らない。。。いや、入らないのはまだ
良くて、ピースの方が小さい場合、ハマってしまうもんだから、すっかり
それが正解だと思い込んでたら、他のピースが空いてる型に収まらない。
むぅ。。。(。-_-。)

視界が遮られるだけで、こんなにできることが限られるのか。。。
慣れる時間をすっ飛ばしてるからってのがあるにしても、難しかった。。。
これがまず最初の「体験」。予想以上だったかも。

そしていよいよ食事の席に。
完全遮光のお部屋は別棟に構えられてます。
オーナーさんらしき方に案内されてウェイティングスペースを出て
そこに向かうと、目が不自由なスタッフさんにバトンタッチ。

この方がベテランさんのようで、実にスマートな英語とガイドで
緊張気味のこちらを安心させてくれます。あと、暗闇の中では
ジェスチャーが役に立たないので、用事があるときは彼を呼ぶしか
ありませんから、彼の名前をしっかり覚えます。

彼の肩に私が手を置き、私の肩に同行男子が手を置いて、
電車ごっこをみたいにして狭い歩幅で少しずつ進んで行きます。
怖いです(笑) 明るいところから急に暗い所に入ったと言う
こともあって、途端視界を奪われた感じがして大変に心許ない。

しかし、これまでに何百、もしかしたら千を越えるお客さんを
お迎えされて居ると思われるお店。客が簡単に怪我をするような
案内はしない筈。今時分に取れる一番の安全策は。。。

彼を信じること。

で、思ったんです。
誰かを「信じる」って改めて決意することって日常生活の中で中々
無いよなと。家族友人の大切な人は、信じられるからそばに居る訳で、
改めて決意する必要は無い訳で、実は信じてないけれども、これから
「信じるべき」と決意する時に人は「誰かを信じる」決断をするもの。

人格的なことを全く知らないこの案内人さんをこれまでに信じてなか
ったことは当たり前。だけどここでは彼のリードに任せるしかない。
だから「信じる」。

英語だと I trust you. って会話の中で結構使える幅があるけど、
日本語で「あなたを信じます」って結構深刻であまり使う場面がないなと。
これが二つ目の体験。

そして、人間の目って暗い所でも慣れて来たら多少は見えるように
なるものだと思ってたけど。。。遮光部屋は本当に完全なる「Noir」。
どんなに時間が経っても、どんなに目を大きく開けてても、
何かの気配すら見えてくる気がしない。こんな暗闇、体験したこと
なかったかも。

感じられるのは上下だけ。重力が無かったら多分生態機能を果たせない。
もしもクルクルと何回か回されたら前後左右、一切の方向感覚が
無くなっていたと思われる。これが3つ目の体験。

まだ知っている人がそばに居て話ができ、且つ、こういうレストランで
あることが前提だから普通の状態を保てていたけど、突然こんな状態に
放り込まれたら、相当心細いと思う。

わお。
肝心のお食事の前に、この店、いろんな体験が待ってた。
これは食事に来ることに兼ねて、体験を得に来る、という意味でも
かなり有意義なことかもしれない。諸々の「新体験」から、
個人的にはすごく色んなことが触発された。なるほど、これは
評価される。

ここまでの体験で評価するなら、「五感と思考への刺激が美味しい」
ってことでしょうか。興味深い。とはいえ、安くない金額のお食事
ですから、味がまずくちゃ興ざめです。さてその詳細は…?

長くなるので次回の記事で。
当然ながら食事を写真には撮れなかったので、文字のみのレポに
なりますが、様子を知ってもらえれば幸い(^・^)


Noir 
178 Hai Ba Trung

↓こちらのサイトから予約してください。
http://www.noirdininginthedark.com/reservation.html

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ


☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★

  <長いのはお好き?> 更新!(バックナンバーでご覧頂けます) 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】

☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★


URBAN 〜 ここのグリルドチーズ最高!!

***** 2017 Jan. *****

以外と長い間行ってなかったなー。
でもここのグリルドチーズだけはいつも記憶のどっかにあって、スキあらば
食べたいと思う気持ちはいつも持っていたんですよ( ・`ω・´)b

で、この近くでご用事があり、それが終わったのがたまたまランチタイム
だったので、ご用事にご一緒してた方を誘ってランチ♪
でも。。。

うん、ダイエットが必要な状態であのグリルドチーズを一人前食べちゃうのは
どうかと思われる。。。ってことで、サラダとグリルドチーズを頼んでヘルシーにシェアw


th_IMG_1066_2017011516075699f.jpg 

はい、こちらも結構なボリュームw
ダイエットになるのかならんのか分からんボリュームのサラダですが、うん、
美味しかったです(笑)

ホーチミンはこうして生野菜を外食で気楽に取れるのが良いよね。
国に寄っては(特に暑い国だと)警戒してあまり食べない所もあるし、日本だと
食べられるけど量が奥ゆかしかったりして、タップリ食べようと思ったら財布が
辛くなるとかね。ホーチミンはそもそも自分とこのベトナム料理でもお野菜を
タップリ使うのが素晴らしい。そして…?

th_IMG_1067_20170115160757cc2.jpg 

おー!!久しぶりー!!
多分薄力粉多めのフォカッチャ的な目の荒いパンをパンド・グリル。
だから食感がザッグザグ。そこにコックリチーズの風味と、薄く薄くスライスされて
何層にも重ねられたハムのフリルの様な食感。

両面をグリルする時に多分バターとか使ってるんだよな。。。
美味しいものって、カロリー高いよね(ノ_・。)

th_IMG_1068_2017011516075819a.jpg 

くっそー。でもこの誘惑には抗えん。。。
久しぶりに食べましたが、うん、やっぱり美味しかったです。

ありそうで、意外と外では見かけないレシピ。結構これ、お家レシピだもんね。
男の子がこれ、上手に作れたらそれだけでモテ度、メチャクチャ上がりますって
感じの、ちょっとお洒落な家飯。それをパン生地から突き詰めて、お外レシピに
しちゃってるこちらのグリルドチーズ。美味しいしカッコいい。

やはり変わらず愛しております。
しばらくぶりに行って言うのも図々しい話ですが、愛してます( ・`ω・´)b
レタントン付近でサクッとランチ食べたい時、意外と迷うことがあるので
ここは常にリストに入れておきたいなーと思ってます(^・^)



***** 2015 May *****

さて、グリルドチーズが超絶美味しかったこちらのお店。
夜は気軽なバートしても使えます♪
カウンターもあり、テーブルもアリ。
倉庫チックなデザインの店内はカジュアルに、でもちょっとお洒落に飲める感じ。

今回は6人くらいだったからテーブルに案内してもらったんだけど、
灰皿にはライムが。


th_IMG_1827.jpg


シャレとんしゃーねー。
まぁライムの輪切り一つでタバコの匂いが全て消える訳ではないけど、
コーヒーの出し殻だと匂いが強すぎるし、ちょっとでも爽やかにという
お心遣いがありがたい♪


そしてカクテル。
色んなの頼んだけど全般に安定して美味しいですね♪
それなりの値段取るので当たり前っちゃー当たり前ですが、
お味も良い上に量もタップリ。モヒートなんてソフトドリンクだったと
しても大盤振る舞いな量ですがな(笑)


th_IMG_1828_20150525163157207.jpg th_IMG_1829_20150525163158c61.jpg


で、ふと見てみると、壁にお勧めメニューが書いてあった。
どれどれ????

th_IMG_1830_20150525163200013.jpg

………………………………(--)
Wasabi Martini だと????

地雷だ。
間違いなく地雷だ。
しかしこの日は割るのリメンバーが集まってたため、頼んでみよーぜー!!
ってことになり、注文。ワサビをどう言う所に使っているのか見物見物(*´艸`*)

ってことで出てきたのがこれ。


th_IMG_1831_2015052516320144f.jpg


スティックはレモングラス。それに飴を絡めてる。
飴???口直し???いやいや、そんなに不味いもんはさすがに出さんやろ!
と思って飲んでみると…。。。。


ブーーーー!!!


こっ、これはっ!!
期待に違わぬ大地雷!!!(^^;
いかに「ネタ」とは言えど、これはすごい。。。

しかしお店側に非はありません。
ちゃんと「Wasabi 」って書いてたもんね。
Wasabi って書いてるのにワサビの味がしない方が可笑しい訳で、
ええ、もうワサビ風味満点の所に若干の柑橘系、甘味も混沌と入り交じった
世にも不思議なカクテルでした(^^;

こりゃもう大笑いのネタとして笑い飛ばして、なんか代わりのを頼みましょう、
と言っていたら、お店の方も心えたもんで、こっちが注文し直す前に、
お口直しにどうぞーっつって、ライチのおいしいマティーニを出してきてくれた(笑)

酔っ払ってたんで、それがワサビマティーニ頼んだ時に出される込のものなのか
別料金を取られていたのか確認はできませんでしたが、まぁこういう光景が
たびたび繰り返されるんでしょうね(笑)
本気で美味しいお酒だけを飲みたい人にはお勧めしませんが、
ま、この時はこの時で楽しかった(笑)

そんな感じで大騒ぎの団体でしたが、お店の人は始終気が利いてて
親切だったし愛想良いし可愛いし…で、やっぱりお気に入りのお店なのでした♪
レタントン辺りでごはん食べたあとにチョイ飲みしたいなーって時にもいいかも
ですねー♪




***** 2015 Mar. *****

あまりご縁が無かったNgo Van Nam という通り。
ここにおいしいハンバーガーを食べられるお店があると言うことで行ってみました。

th_IMG_0025_201503251853508b1.jpg

店内は広々しており、2階席の天井までが吹き抜け的に高いし、
カジュアルなバー・ホールって感じで頃合いな感じ。いいね、ここ!


th_IMG_0034.jpg


カウンター以外はスツール+ハイテーブルだったんだけど、壁側の席には
足下にステップが一段構えられてて、チビ助のワタクシにも大変座り
易かったです(笑)。スツール席だとよじ上るのが大変なんだよな。。。
(↑えれぇ恰好悪いですwww)

さて、カジュアルなバーっぽく見えつつ、お料理はけっこう種類がいろいろ。
とりあえずおススメのバーガーは注文し、あと一品はなににしようかなー、
と思ってみていたら。。。


th_IMG_0026_201503251853517a4.jpg

グリルドチーズがあるじゃなーい!(上の写真の中にはないです(^^;)
私大好きなんですよね、グリルドチーズっ。シンプルな料理なので、パン選び
からしてハードルが高いけど、あれって結構家で作るものって感じがして、
実際、日本やホーチミンの外ではあまり見かけない様な…

ってことで、それも注文。
そしたら最初にまず、パンが出て来た。
って、バーガーとグリルドチーズのパンメニューにもパンですか(´Д` )

th_IMG_0038_20150325185441870.jpg th_IMG_0037_201503251854405ac.jpg

と、思うなかれ。
このパンがまたウンマイの!
バルサミコ・オリーブオイル・マヨネーズ・バターも添えられてるもんだから、
これ食べたら絶対メインが入らん、食べちゃダメ食べちゃダメ食べちゃダメ…
との呪文も全く効かず。。。

th_IMG_9873.jpg


またビールがパンと合うんだよねー。
食事が来る前に軽くゲフッと( ̄▽ ̄)

こちらに食事に行かれる際は、このパンを食べることを自制する鉄の意思か、
このパンもメインも入るくらいの鉄の胃袋をご持参ください。。。

さてハンバーガー。
どん。

th_IMG_9876.jpg th_IMG_9878.jpg


あれっ、割と小降り!!
いや、ガッカリしてるんじゃなくて、日本人にはこれくらいがいいなとw
Hard Rock Cafe とか Black Catさんのバーガーって、一日分のカロリー総量
満たしそうなくらいでかいから、ちょっと食べるの辛い時があるんだよねw

バンズもセレクト、気が利いてるなー。
量販のパン屋さんではあまり見たいタイプのバンズだから、専用に焼いて
もらってるのかな。今回はアヴォカドをプラスしてもらったのですが、
メニューにあるトッピングメニューだけでなく、スパイス等もリクエストしたら
ある程度は利いてもらえる様です♪

で、個人的にオススメなのが、やっぱりグリルドチーズ!!

th_IMG_9875.jpg

こっちは量が多いっ(笑)
香ばしくトーストされたパンは薄力粉多めの理想的なタイプ。
グルテンを押さえたパン生地だと、グリルした時にザッグザグの食感が
楽しめるんですよね。グリルドチーズはこの食感のものが一番好き♡
でも普通のパン屋さんにはなかなかなくて、パニーニー用の記事を売ってる
とことかイタリア系のとこで見る事が多い…=なかなかないのよねー。

そして中身はシンプルに…チーズとハム!
チーズはグリュイエルかなー。今度聞いてみよう。


th_IMG_9877.jpg

 
このパンの断面っ。
お分かりいただけるだろうか。。。表面はガリッガリザグザウで生地は多分、
コネコネタイプじゃなくて、水分で溶いてゆるゆるタイプのものかなー。
うーん、これ、再現したい。

で、量がすっごい多いです。
バーガーは適量と思ったけど、グリルドチーズはこれ、2人前あると思うw
なのでとりあえずは二人でシェア、位のつもりで頼まれて、様子を見た方が
よろしっかと(^^;

実際二回目に旦那さんと行った時は二人で1つで充分でした(笑)
これにサラダ。

th_IMG_0039_20150325192244867.jpg th_IMG_0040_20150325192246bb4.jpg

サラダは水菜ベースにカッテージチーズにクルミ、私の大好きな大量のビーツ!
バルサミコのドレッシングだけど、少し甘めマイルドに仕上げられてて、
これまた好み。なんかやたらに酸っぱいドレッシングになっちゃってるとこ
多いもんね、バルサミコ使ってると。

やーっ、これ美味しいわー。
絶対旦那さん好きだと思って連れてったんだけど、大変気に入ってくれた様です♪
大好きな人が、自分の大好きなもんを好きになってくれるって、幸せやねー♡
自分が好きな物だから自分が食べても美味しくて幸せだったし、それを美味しそうに
食べてる旦那さん見て幸せやったし、まーなんとも満たされたブランチタイムでしたわ♪


え?あ、この時はワインを頂きました(笑)
各種、グラスでも取り揃えられてるようなので、気軽に飲めちゃうんですもの…www


あと、金曜日と土曜日は牡蠣のスペシャルメニューがある様です。
ただし、夜限定らしい。頼もうとしたけど、この時は昼だったのでダメだった…


th_IMG_0032_20150325192304e7c.jpg th_IMG_0033_201503251923055d8.jpg

で、見てたらスイーツもあるのな。
ってことで、お腹は十分満たされてたんだけど、好奇心で一品注文。
グリルドパイナップルが乗った、Chocolate Pavrova。
パブロワ、って発音するのかな。甘いメレンゲを軽く焼き固めて、
甘くないクリームとフルーツで飾ったお菓子。


th_IMG_0042_2015032519224835b.jpg

日本ではあんまり見かけないよね。
ホーチミンのレストランではビュッフェのデザートコーナーにシレっと
置かれてたりする程度にはポピューラみたいだけど。

で、これがスポンジだったら偉いこと重たい訳ですが、メレンゲなんです。
こちらのはわずかに粉が入ってたかなー。メレンゲだけのようにガリガリでは
なく、微かにしっとり。そこにフォークを入れるとカシュ…ッと崩れる
フラジャイルなテクスチャー。


th_IMG_0045_20150325192250bc5.jpg th_IMG_0046.jpg

ナイフを入れるとあっという間にガシャグシャになりますwww
が、そもそもメレンゲ大好きなので、これ、嬉しーっ♡
基本のレシピに忠実に、クリームは甘味を押さえに押さえてあったし、
グリルドパイナップルが良いアクセント。なに、ホーチミンって、
こんなデザートも食べれたりするんだ!!!

パブロワ、メレンゲは焼き置きできるし、注文入ったら数種類の食材を
組み合わせるだけで提供時間も短くて済むしコストかかんないし、
日本のカフェメニューにもピッタリだと思うんだけど、いまひとつ
メジャーなお菓子じゃないよねー。もったいない。

こちらのお店、夜サクッとの飲みにくるのも良い感じだし、これまで食べた
メニューから察するに味のセンスはいいみたいだし、多分通しで開いてるから
日中カフェ使いしてもいい感じ。うっわー、またお役立ちなカフェを教えて
もらってしまった。こりゃいいわー。

ってか、あのグリルドチーズはまた近々絶対に食べに行くっ。
自分の過去グリルドチーズ史上、トップレベルの好みの味。
かーっ、書いててお腹が減って来ちゃいましたーっ(^^;


th_IMG_0041_2015032519224740a.jpg



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Oliver's Pizza 〜 これは手軽で美味しい!

***** 2017 Jan. *****

凄まじい勢いでこちらのピザのデリバリー回数を重ねてたのですが、先日、
ついにお店に行ってきましたヽ(・∀・)ノ

Mac Dinh Thi 80番なんだけど、通りに面してるお店を見てると、ちょうどその
番号だけ、スキップされてて、どこかなーと思ってたら…

th_IMG_1794_201701151956530c1.jpg 

この看板が目印の様です。
んで、このヘムの中に入って行くと、すぐ右手に…?

th_IMG_1795_20170115195655b5d.jpg th_IMG_1796.jpg

あら、小振りだけどスッキリとした素敵なお店♪
店内に入ると、奥の方に既に仕込まれたピザが陳列されてて、オーダーしたら
すぐに焼けるようになっている。なるほど、それでいつもデリバリーも速かったのか。

th_IMG_1797_2017011519565854e.jpg 

ある程度の客数が見込めるランチタイムとかにはこれ、有用なやり方だよね。
分かり易いし、見目にも楽しい♪

th_IMG_1798.jpg 

th_IMG_1799.jpg

コンボがお得で、ピザ1スライス+サラダ+コーラかお水で、70kドン。
(ピザの種類によっては+10kドン)
ピザ2スライスの場合はサラダ無しで+コーラーかお水で90kドン。
(ピザの種類によっては+10kドン)

おー!これは安い!ヽ(・∀・)ノ
もともとデリバリーもお安くて美味しいってのがかなりポイントだったんだ
けど、お店で食べると更に安いな。で、1ピースあったら十分かなーと思って
たんだけど、

「え?!2スライスにして半分こしようよ!」

と一緒に行った人に提案されたので、それもそうかと思い、2スライスのコンボに。
そしたらこんな感じで出てきました♪

th_IMG_1801_2017011519570302c.jpg 

おー!!いい感じ!
私、ここのマルガリータが大好きなのっ。ピザの基本みたいな言われ方する、
トマトソースにチーズとバジルのシンプルなピザだけど、ここのはバジルが
ハッパでぺろりと乗ってるだけじゃなく、バジルソースも鏤められてるんよねー。
そもそもトマトソースもかなり好き。そのコンビネーションでかなり
VIVIDな味わいなんだよねー。

そしてこちらのお店のピザの生地!
やっぱり好きだーっ。
一級品のナポリ式ピザが街にはあるのも、良ーく知ってる。
一方でアメリカンな厚い生地は苦手なくせに、こちらのピザ生地にはなぜか
魅了される。

例えるならURBANのグリルドチーズに使われてる様な薄力粉比率が多めの
感じのフォカッチャ的生地のような。それがベイクドされた時に、特に
そこの部分がガリガリっとした食感になってて。。。

th_IMG_1803_20170115195704d42.jpg 

半分こずつトレードした4種類の生地。
はいはい、ぺろっと(笑)
誰だよ、1ピースで十分だとか言ってたのはw

th_IMG_1800_20170115202041b80.jpg 

これにコークがついて(ピザとコークってベタでいいなw)二人で200kドンキッチリ。
二人で千円。安くない?しかもオイシイの。まぁそこは好みがあろうけど、
ヤギチーズ使ったピザとかもサラッとあるからね。センスいいよ。

それにこの生地、一度食べてみてほしい。単なるアメリカンの生地でもないし、
こういうジャンルがイタリアのどっかにあるのかもしれないけど、個人的には
初めてだったし珍しかったし、知って良かったって思う生地だったから。

そういえば欧米の方がランチに入れ替わり立ち替わりきてたけど、
みなさんナイフとフォークをつかってらして、え?ピザってそうやって食うの?
ってちょっと衝撃。うん、私達は手で食べましたよー(笑)

隠れた所にあるお店だけど、イチオシです。
デリバリーでもお店でも。よかったらぜひ試してみて下さいね♪


***** 2016 Dec. *****

Mac Dinh Thiに手軽で美味しいピザ屋がある、とご飯友達から聞いては
いたのですが、それをふと思い出して、デリバリーが必要な時に、
例のデリバリーサイトvietnammm にて探してみたら、あったあった!

th_IMG_0859_20161223222931a7f.jpg 

四角い形が特徴的なこちらのピザ。大きいサイズのものもあるのですが、
10cm × 15cmくらいの小さいスライスも、45kドン〜55kドンくらいで
あるっぽい。デリバリーしてくれる最低価格は150kということだったので、
あれこれ取り混ぜて小さいのを三種類、頼んでみました♪

ジャン♪

th_IMG_0860.jpg 

おっほっ、箱を開ける前から良い香り!!
手前がバジルソースタップリのマルゲリータ、真ん中がゴート(ヤギ)チーズのCapra
ってやつ。一番奥のが3種のチーズの3Fromaggi。

具材に関して言うと、かなりバランスの良い3Fromaggi、そしてこちらもバランス
良いけど、チャーンとヤギチーズの香りを立ててる真ん中のもの、そしてフレッシュ
且つ濃厚なバジルソースタップリのマルゲリータで充実しまくり!一つの箱に入れ
られてるのに、それぞれが干渉し合わず、でも個性をしっかり持っていて、なんか
もう玉手箱みたいなデリバリーBOX(お目目キラキラ

食べても実際美味しいのよ!
大きいサイズでも食べ切れたと思うけど、こんなに豊かなフレーバーがあるなら
私は次回も色んな味の組み合わせで楽しみたいなー(^・^)

で、クラストの方なんですが。。。

th_IMG_0861.jpg 

ちょっと分かり難くてごめんなさいよー。
デリバリーサイトのメニュー写真では、ふっくらとしたアメリカンタイプに見えて、
それはちょっとどうかなーと思ってたんですが(厚い生地苦手)実際にはかなり
薄め。だけどクリスピーな訳じゃなくて、ナポリ風でもない。もちろんシカゴ系の
カップ式の生地でもない。

風味的にボリューミーな具材とソースを支えるに十分なだけの生地ではあるけど、
表面をまるで油で焼いたかの様に薄くガリガリと小気味良い歯触りにさせた部分が
あり、噛み締めるのが面白い。且つ、生地の主張がそんなにあるわけじゃないの
だけど、あれだけの具材やソースを支えて物足りなさを生んでいないと言うのは…

Olievrさんのピザとしてベストなバランスなんでしょうね。
クラストを楽しむって感じでもなければ、デロデロになって食べ難いドヤ顔
ソースのピザでもなく、且つ、ナポリ式のものでもない。
Oliverさんのピザ。

このサイズが1スライス(と言ってもそこそこな量あるけどね)250円前後と
思うと安い!!って訳じゃないけど、デリバリーされた状態であの美味しさなら
買いだわー。何と言っても、最低価格150kドン=750円くらいからデリバリー
してくれるなんて、超ありがたい。しかもデリバリー料金無し。

なんだったらビールも25kドンくらいからあるので、ほんっとにどこにも行かずに
食事したいときは飲み物まで揃えてもらえる(ビールはマストなのな、あんた…)。
ま、その点は別にこちらのお店だけのことじゃないわけですが。。。

うん。このピザ、好き(^・^)
マルゲリータにあんなにふんだんなバジルソース使ってるの食べた事ないし、
ヤギチーズの使い方も絶妙だったし、お気に入り♪

ホーチミンにはとんでもないレベルのピザも数ありますが、こういう、
ビール片手に部屋でくつろぎながら食べられるカジュアルなピザもあるんだねー♪
幸せなことだヾ(@⌒ー⌒@)ノ


Oliver's Pizza
80/5 Mac Dinh Thi Q1





にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

カルダモン 〜 スパイスがカッコいい!

***** 2016 Dec. *****

カシミールカレーと言えば、その昔、ロイヤルホストと言う西のファミレスが
初夏当たりに毎年やってたカレーフェアでの目玉商品(またローカルな…)。
まだ昔の話なので今のように本格的なインド料理がナチュラルに街に存在する
時代でもなく、その個性的な味わいに魅せられて、フェアの間中は胃炎起こす
まで毎日食べてた。(←バカw

で、知識もなかった頃だったので、ワタクシすっかりこれ、カシミール地方の
名物料理だと思ってたんですが、違うんですってね。カルダモンの店主さん曰く、

th_IMG_0008_20170105134133723.jpg 

だそうです。
うん、私も調べてそう聞いてたけどほんとにそうだったのね(笑)
そもそもの発祥となったお店「デリー」は上野にあるお店だったかな?

そう、カシミールカレーは、なんと日本生まれだったという衝撃の事実(笑)
また定義も曖昧な為に、どういうスパイスをどのくらい使った物の事を指す、
とか言う記述もないので、実に倍レーション豊かな結果を出してるカレーなのです。
それはそれで、お店の個性が出て面白い。というわけで、こちら。

th_IMG_0010_201701051341368da.jpg 

シンプルっ( ・`ω・´)b
だがこのシンプルさが良いっ。
そもそもこちらのお店のレギュラーメニューも、個人的にはとてもスパイス使いが
独創的で、「楽しませてくれる」カレーだった訳ですが、このカシミールもまた
おもしろい。

濃度、油分が低めで胃に重たくないのも好ましい。
しかし食べ応えはしっかりなのです。カレー食った!という満足感があるし、
なんかありふれたもんじゃない「特別なカレー食ったぞ!」という充実感もある。

日本に居る頃は、自分のカレーが大好きで(自分の料理フェチなもんで…)
外でカレーを食べることなど、ついぞなかったのですが、カルダモンさんを
知ってから、チョイチョイお外で食べたくなるし、自分が作るカレーもチョイチョイ
アレンジを加えるようになったかなー。

そういえばこちらで夜ご飯をいただいたこともあるのですが、

th_IMG_3774_201701051351503df.jpg th_IMG_3777_20170105135151e11.jpg

th_IMG_5739_2017010513515592b.jpg th_IMG_5740_2017010513515514b.jpg

th_IMG_5736_20170105135152878.jpg th_IMG_3772.jpg

バリエーションに富んでて面白い(笑)
当初入るのを躊躇っていた理由である「あれもこれものメニューどないやねん」
ってのも、それぞれを食べてみると「色々あってくれて嬉しいやん」に変わるから
面白い(笑) 言うほど通ってるわけじゃないのですが、もしこのお店が近くに
あってくれてて外食する機会が多いのなら重宝するんだろうなーって。

行ったらやっぱりカレーが食べたくなっちゃうんですが、サイドとして何かを
追加するも良し。単品料理を酒のつまみにするも良し。

ってか、いつ伺っても馴染みらしきお客さんをお見受けするので、愛されてる
お店なんだろうなーと。
ちなみに今度試したいのは2種類盛りのカレー。

th_IMG_0007_2017010513413246d.jpg 

「同時に食べ比べる」って、違いを感じるには一番なので、こういうメニュー、
嬉しいのよね(*´艸`*) 店主さんから違いを詳しく聞きながらとか食べられたら
面白そう。あー、話してたらカレー食べたくなって来た〜(笑)



***** 2016 Aug. *****

これまでなかなか足を中々踏み入れなかったのに、美味しいお店を立て続けに
見つけて俄然開拓意欲を刺激されてるThai Van Lung内のお店群。
今回は、最近ご紹介したお蕎麦屋さんの「山伏」さんのすぐ近くにある
カレー屋さんです。

th_IMG_1682.jpg 

おや、肉料理もあるのね、と思いつつ近づいてみると…


th_IMG_1684_2016072520343936b.jpg 

……か、かなりバラエティに富んだラインナップ。。。
えっと…うん、わからなくはない。なんとなくシルクロード的なものを感じる
気もする。とりとめがないようで、何となく繋がりを感じる様な…(←もの
凄い漠然としてるんですけどね)。

と、ともかく入ってみましょう。

th_IMG_1690_201607252035231db.jpg 

おお。程よいスペースの中に漂う、そこはかとないエキゾチック感。
そしてスパイス推しのインテリア。雑然としているように見えて、まとまりがある。
おや、それってさっきのメニューそのもの?バラバラなものが集まってるように
見えて、なんか統一感があるというか。へーっ。面白いバランス感覚。
なんかカッコいいぞ。

th_IMG_1689.jpg

表のメニューで見たキノコのテリーヌと言うのが大好物で気になったので頼んで
みよう、と思ってたのだけど、お昼は限定メニューになる様です。と言っても
かなりの種類があるんだけれども。

th_IMG_1686_20160725203442c80.jpg 

うおー。担々麺とかも気になるけど、やっぱりここはカレーよなぁ。
そしてドライカレーも気になるけど、メニューのトップを最初は食べておきたい
よなー、ということで、今回は看板メニューのスパイスカレーを。

そしてもう迷わないようになるべく視線を移さないようにしてたのですが、
こんな組み合わせのランチもある様です。


th_IMG_1687_20160725203443bdb.jpg 

麻婆豆腐ー!!手作り餃子ー!!!
見かけたらまずは試してみたいアイテムがががが。
でも今日はもうお口がカレーになってるしなぁ(ノ_・。)
ということで、泣く泣く我慢。最初は取り留めないラインナップだと思った
けれども、この内容、どれもけっこう魅力的じゃない?しかも10万ドンとか。
美味しかったら日常ご飯に超嬉しいじゃん。

とか考えてたら、早々に着丼。
はいっ。


th_IMG_1694_201607252035264a2.jpg 

シンプル( ・`ω・´)b
パッと見、日本のルーで作った感じのカレーに見えるけど。。。

th_IMG_1697_20160725221546b89.jpg 

油脂分がもっとライトで、スパイスが…っ、スパイスが…っ、かっこいい!!!
ごめん、私スパイス使いそんなに経験ないんで、なんて表現したらいいか的確な
言葉が見つからないんですが(笑)、そのルックスと口に入れる前の風味から、
なんかなつかし感じの、日本の喫茶店なんかに良くあるタイプのカレーかなー、
それはそれで嬉しいやーん、みたいなことをフッと思い浮かべたりしてたのですが…

確実に、スパイスの使い方が全く別もの。
なんやろなー、なにがどうとは言えないんだけど、カシミールカレーっぽい
大人っぽさというか、なんか「かっこいい」ねん。スパイスがかっこいいって
どういうこっちゃと思うのですが、色々な香りが絡まりつつシュッと抜けた
筋が通ってるというか、うん、やっぱりかっこいいのw

カシミールっぽいというなら、それはまさに日本のカレーじゃないかと言う話
なんで(カシミールカレーはカシミール地方のカレーじゃなくて日本のカレー屋さんが
客の要望に応えて作った和製メニュー)、店主が拘ってるものに沿わない表現だったら
本当に申し訳ないのですが…

例えばホーチミンで食べられる、北や南インドのカレーは、日本の特に地方では
なかなかありつけないものだったりするので、ちょっと気合い入れて「行こか!」
みたいな空気になるのですが、それよりもっと家庭的。ただし、このスパイス使い
の男前さ加減はルーではもちろん、素人がなんぞチョチョっとやって出せる風味
でもないと思うので、「外で食べる甲斐のある日常使いにしたい味」と言いますか。
なんかもう諸々絶妙。価格も安いし。

ほいで添えてもらったお漬け物がまた美味しくて…

th_IMG_1696_201607252035273b4.jpg th_IMG_1699_20160725221548bda.jpg

せやねん。このカレーには福神漬けじゃなくて、さっぱりとした柔らかい塩味の
ゴーヤやニンジン、お大根さんのお漬け物。これが良く合うっ。そして漬け物、
単体でももの凄く美味しい!!

結構大きな容器にタップリ入れてくれてたんですが、もうちぇりさん、サラダの
ようにシャリショリシャリショリシャリショリシャリショリシャリショリシャリ
ショリシャリショリシャリショリシャリショリシャリショリシャリショリシャリ…

きっ、気がついたら、なんと…

th_IMG_1703_20160725222902a6d.jpg 

空っぽ(・∀・;
ごーめーんーなーさーーーーーい(><)
これはもう、お漬け物代を取って頂かないと申し訳ないっ、と申し出たのですが、
「お好きなだけ召し上がって頂けたらいいですよー♪」と鷹揚な店主。
優しい(;ー;)

カレー自体の辛さはそんなでもなくて、スパイスの妙をじっくり楽しめるゆとりのある
辛さだったので、別に刺激を和らげる為のお野菜摂取ではなかったのだけど、いーわ。
ゴーヤのライトなお漬け物。カレーに合うわ。この発想はなかったわ。
初訪問でレシピを伺うなど、失礼千万なのでお尋ねはしませんでしたが、ちょっと
自分でもチャレンジしてみようかなー。美味しかった、ゴーヤの漬け物。

というわけで、カレーを食べ終え、次のお楽しみ。
そう、このお店が気になってた理由は、「エッグコーヒー」を置いてある事!
ハノイ名物…というか、ハノイのあるお店の名物、なんだと思うんですが、
ホーチミンではあまり見かけないベトナムコーヒーのアレンジメニュー。
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-3589.html

なにがなんでも今一度!!と思ってた訳でもないのですが、ほら、手に入り難い
状況にあると気になるじゃないですか(笑)。あるんやったらまた飲んでみたいなー
と思ってたんですよ。というわけで、こちらもオーダー。


th_IMG_1700_201607252215503a7.jpg th_IMG_1704.jpg


ハノイで頂いたのは温かいバージョンでしたが、こちらのはなにも指定しない
状態で冷たい物が出てきました。しかも!!!コーヒー部分が甘くない!!!
良い!!!!

エッグコーヒーはコーヒーの上に砂糖で共立て(卵黄と卵白を一緒に泡立てた)に
したと思われる卵のアワアワを乗せたコーヒーなんですが、味の面と、おそらく
泡を安定させるためにというのもあるのか、結構しっかりした甘みがつけられる。
(砂糖により泡立てた卵の泡は安定し易くなります)
ので、コーヒーが甘いと甘いもんの上に更に甘い物が加わって、背筋がウゾウゾウゾ!
っとする程甘くなる(・∀・;

ですが、こちらのコーヒーは甘くなかったので、卵のアワアワをざくざく混ぜ
ながら頂くとちょうど良い。いいわーっ、これ!!しかも私、コーヒーとカレー
の組み合わせって、そもそもカレー作る時の隠し味としてコーヒー使ったりする
ことあるし、スパイスとカフェインは刺激物と言う共通項を持っていて、食材的
にバランスいいよなーと思ってたんで、カレー屋さんで拘ったコーヒーを出して
くれるのはとても嬉しい。

更にこれ、3万ドンですからね。
この周辺、特に表通りとかに出たら、ノーマルなコーヒーでもこの倍額取る所が
あるというのに、なんて安さだ!!!!(´⊙ω⊙`)
ってか。。。


th_IMG_1692_201607252035243f0.jpg 

ミルクチャイ、杏仁豆腐、ゴマ団子、エッグコーヒー、一律3万ドンなんですて(´⊙ω⊙`)
しかもしかも、目玉料理がカレー、というか、料理屋さんではありながら、

「カフェ使いだけでももちろんどうぞ(^^)」

と、店主さん。
やっぱり優しいヽ(;▽;)ノ
だって飲み物とちょっとしたデザート頼んでも6万ドンでっせ?
300円。ありがたいわーっ。
th_IMG_1698_20160725221547a21.jpg th_IMG_1685.jpg


ちなみに夜は赤身ステーキやらローストビーフやらなど、外の看板にあったように
お肉好きには嬉しいメニューもあるそうで。←超肉食
んでお酒類もお安いんなぁ。万の所でコンマ打ってあるから最初ビックリした
けど(ひと桁少ないんかと思ったw)それにしたってお安いわけで。

うーむ。Thai Van Lung、侮り難し。
個人的に残念なお店もあったけど、だからといってエリア一帯を同じに見ては
失礼ですね。お味も良くてお値段もお手頃。これ、この周辺で夕食を食べる方
には嬉しいお店なんじゃないですかねー♪

ガッカリすることもあったけど、またもやThai Van Lungを見直すお店が
自分の中に増えました。おごちそうさま♪またカレーを食べに行きたいし、
麻婆豆腐や餃子、お肉もぜひとも食べに伺いたいです♪




Cardamon
15B/83 Lê Thánh Tôn Q1




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

Singapore Food 〜 メニュー多っ!!

前々から気になってたお店ではあったけど、何故か通るのがいつも
食事の後だったり、予定先に向かうときだったりして機会を逸していたお店。
この店の近くで「お昼食べよかー」みたいな話になったのでこれはチャンス!
と、お連れ酸を道連れに。。。(笑)

th_IMG_0879_2016122400141018b.jpg 

いや待って。
お店の名前、ダイレクト過ぎやない?(笑)
分かりやすくていいけどさwww

店内は極々シンプルな「食堂」。気取りもなく、愛想もあまりあるとは言えないけど、
店員さんたちはとても親切♪ そして男性客が多かったかな。もっというと男性の
一人客。かなり慣れた感じの方もいらっしゃったから、常連さんかもしれんなー。

th_IMG_0883.jpg 


で、メニューなんですが。。。


th_IMG_0880.jpg 

th_IMG_0881_20161224001413940.jpg
th_IMG_0882.jpg

おっほー!!!すごい品数!!しかも見る限りは、どれもちゃんとシンガポール料理
しとる!!!シンガポールとマレーシアの料理って、そうと謳いながらも、いざ蓋を
開けてみたら、なんか東南アジアのあっちゃこっちゃのもんが交じってて、印象が
ぼやけてしまうってことありません?そもそもシンガポール料理ってどんなんよ?と
言われたら、シンガポールに欲行くとか住んでる人じゃないと、困る人の方が多い
んじゃないかと。

そもそもシンガポール自体が、公用語に4カ国語を採用し、それに呼応する人種が
住んでいて文化も生活も多国籍なわけだから、印象が散らばって当たり前っちゃ
当たり前。そしてニョニャ系食事文化も地理的に入って来てるだろうから、中華?
と思っちゃうような見た目の料理も多いから、混同しやすいと思うんですが、味は

「あーーーっ、シンガポールで食べるやつや!」

って特徴があるんですよね。
で、喜び勇んで食べたのが、まずこれ。
ラクサ!

th_IMG_0886.jpg 

ココナツベースのカレースープで食べる麺♪
オリジナルと蒸し鶏が入ったヤツがあって、今回は蒸し鶏入りの豪華版(^・^)
ついてくる、ベトナムで言う所のサテは海老ベースで、辛いけれども旨味タップリ♪
鶏や厚揚げなどの具材を漬けて食べるも良し、スープに少しずつ溶かして味の変化を
楽しむのも良し♪

シンガポール料理の特徴として、卓上にあったチリがあります。
ベトナムのサテに比べるとアッサリしていて、ニンニクや玉ねぎなんかの比率が
高く、辛いのは辛いんだけど薬味色が強いんですよね。

th_IMG_0890.jpg th_IMG_0888_20161224001419ea7.jpg

チキンライスなんかにドパー!!っとかけて、良く食べてました。
薬味一つでも、やっぱり国の違い、感じられるなー。面白い♪

そしてもう一品はシンガポールヌードル。

th_IMG_0889.jpg 

ケンミンの焼きビーフンちゃうでw
卵も仕上げに一緒に炒ってあって、奥の方に感じるカレー味がその特徴。
塩胡椒とかオイスターソースだけでも美味しいと思うんだけども、このちょっと
奥の方にあるスパイスの風味が特徴的。ぶっちゃけ、私はあんまりシンガポールで
この麺食べた事なかったんだけど、一緒に炒った人が好きだったんだって。

そして…?

th_IMG_0891.jpg 

肉骨茶ーヾ(@⌒▽⌒@)ノ
マレーシアのそれより色が白く、風味もアッサリ仕手いるのがシンガポール流で、
もともと私はマレーシア派だったのですが、先日のシンガポールで肉骨茶の名店に
行き、その美味しさに目覚めた次第。

うぉー。でも来れ頼むなら白飯欲しい。
白飯、小椀に取り分けて、肉骨茶のスープをザブザブかけて流し込みたい。
うまいがな。

ってか。。。
このクオリティであの品数、控えてるのか( ꒪⌓꒪)
そしてあの量。

頼んでみて食べてみて分かった。なぜ男性の1人客が多いのか。
腹をしっかり満たしに来てるなw

あのメニューにある品数にしてもワンポーションが大きい事にしても、
行くなら最低2人、できれば4〜6人くらいいると随分楽しめそうでよす♪
すんごいたくさんの種類があったもんなーっ。アレを攻略するのは並大抵
ではなさそうだっ(食う気満々w)。

お店の外見からはもうちょっと品数も合わせてシンプルなお店と思ってた
だけに、嬉しい意外性だったかな。今度は隣の席の人が食べてた、
チキンライスを食べてみたいぞー(^・^)


Singapore Food
54 Tuong Dinh Q1


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

【閉店】Blanchy Street  〜 ペルー風の和食???

***** 2016 Dec. ******

久しぶりにこのお店があるヘムに入ったらお店が無くなってました(´Д` )
でも料理人さんとかは同じなのかなー。以前は日本とペルーのフュージョンという
なかなか想像し難いジャンルのお料理を出されてましたが、今度はペルー料理
一本になったようです。うん、ペルー料理って言われてもおいそれと想像は
つかないのですが…(笑)

なんか、「ペルー料理はおいしい」というのが定説なんですって。
お友達の知り合いが「あちこち行った中で一番ペルー料理が好きだ!」という
人が居ると聞いたので、私もペルーに行った事がある人に聞いてみたのですが、
同じく、「あそこはうまい!!」と間髪入れずに帰って来た。。。

まぁ、料理のジャンルとして美味しくてもお店によってその味は変わるので、
今、以前ここで紹介したお店跡地にあるお店の味がどうなのかってのはまた
別の話かもしれませんが。。。気になるー!ヾ(@⌒▽⌒@)ノ

というわけで、行って来たらまたレポしますね♪
楽しい楽しみ♪

***** 2016 Mar. ******


何を言ってるか分からないと思うけど、事実そのように名刺に
書いてあったのでそのまんまをお伝えしました。ペルー風和食。
そもそもペルー料理に明るくないので一切想像がつきませんが…(^^;

そしてこちらのお店、結構高いとの噂を聞いてて、まぁ必要がなければ
行くことは無いかなーと思ってたのだけど、最近Hai Ba Trung 通り沿いから
ハッキリ見えるように、ランチセットの売り出しがされてまして。。。

th_IMG_4439_20160306153657cbd.jpg

場所派、Hoa Tuc さんやもう一件の和食屋さんの杏さん、
リファイナリーさん(綴りが出て来んかった)とかがある、あの
元アヘン工場があった所といわれてるヘムの中、入ってすぐ右手です。

th_IMG_4440_20160306153658088.jpg

1階はカウンター席と少数のテーブル席になっていて、少人数や一人でも
フラリと立ち寄れる感じで好かねー。ポーチのとこにも席があったけど
この日はちょっと暑かったので店内で。


th_IMG_4450.jpg



295kドンで2人分のセットランチ、と言う売り文句に釣られて来たのでそれを
お願いしようと思ったら、その価格だけどチョイスがいろいろ。あれっ。
1種類じゃないんだっ(´⊙ω⊙`)


th_IMG_4441.jpg

th_IMG_4442_201603061537015b5.jpg


ほかにも普通に一人分のランチとかあったんですが、言う程高くないなぁ。
いや、ローカルご飯に比べたら当然高いんですが、200kドン台で色々あるし、
和食屋さんとしては割とアベレージ。


       th_IMG_4444_201603061537027f1.jpg

th_IMG_4445_20160306153737792.jpg th_IMG_4446_20160306153739e61.jpg


グランドメニューも見たんですが、前評判よりは全然お値段、アリな感じでしたね。
寿司が「タパス」担ってたりして、なかなかその無いように独創性はありそうでしたがw
メインでガッツリ寿司、ではなく、飲みながらチョイチョイ気楽につまむ、
みたいなことをしたい時には、スタイル的にはありかなーとか。ま、お料理を
頼んでみないとわかりませんが。


th_IMG_4451.jpg


意味なくビール(笑)
取りあえず飲みながら待つよね(笑)
そして頼んだのはシェフのオススメ的セット。出て来たのが…?



th_IMG_4458_20160306153743e87.jpg



おおおお!!結構ゴーカじゃん!
サラダにグリルドチキン、揚げ豆腐にフリッター…もとい、天ぷらっ。
和食屋さんだから天ぷらなっ(笑) それに巻き寿司、それに合わせた
まさかの白飯(笑)、そして汁物、デザートと続きます。へーーーー!
エラい大サービスやなぁ♪


では一つ一つ食べてみまひょ。サラダは普通だったので割愛しますね。
まずはフリッt…、あいえ、イカの天ぷらっ。天ぷらですよっ、これわ!w

th_IMG_4460_20160306162403281.jpg

うん、普通に美味しいですよ♪
油切れも良いし、さくさくとした薄衣。ベトナムの烏賊がおいしいのはご存知の通り。
ビールのつまみにええですなぁ♪

面白かったのがこれ!
揚げ豆腐!!


th_IMG_4463_20160306163049d04.jpg



でも超スパイシーwww
パプリカとかその他のスパイスを片栗粉なりスターチ類に混ぜて衣にしてあります。
これが意外に美味しいのっ(笑)。和食か?と言われたら、いんにゃ、こんな味は
和食には無い、ってことになるんですが、手法はしっかり和の手法で、とても丁寧に
衣がつけられていたし、お豆腐本体が先ず美味しかった。

一緒に行ったお友達となんかの味に似てるなー、ということになって思い出して
みたところ、タンドーリチキン的な風味があった♪ これ、おもしろい。
お豆腐なんだけど衣にアタックを与えることで味にボリュームが出ますから、
食べ応えも出て来るし、カレー粉なんかでやったらお子さんとかも喜ばれる
んじゃないですかねー♪(実際の会話の中では男の人も喜ぶんではないかなどと
いうちょっと失礼に当たるかもしれない発想もあったことをここに白状して
おきます。。。)


ライム?レモン?にも焼き入れがされてあって、素敵やね♪
私は冷凍して保存しておいた生レモンを解凍して使うことでより絞りやすくしているの
ですが、こうして少し焼いたり熱を入れるのも絞りやすくしてくれるんですよね。
レンジでも良いけど、こうして焼き色をつけてあげると、見栄えもいいし♪

メインの肉ものはこちら。
ちょっと写真が上下それ反対やろ、という向きになってしまいましたがwww


th_IMG_4462.jpg


グリルなんです。鶏胸肉の。
ですから外側は香ばしく焼き上げられているんですが、中身が驚く程しっとり!
これ、仕込みが余程丁寧か、火入れが余程繊細にされてるか。そういえば
以前別のお店…地中海料理やったかなー。で頂いた鶏胸肉もものすごいお上手に
調理されてはったんよな。諸外国シェフって、鶏肉の扱い、お上手でらっしゃるん
かなぁ。パプリカ風味のオーロラソースで頂くんですが、超美味しかった。
この一品見ても、料理の腕は高いし、筋を通したスタイルを持った調理人さん
なんやろなー、というのが窺い知れる感じ。

巻き寿司あんのに白飯でてくるてどないやねーん!って所や、色から見て赤出汁?
と思ったのが、ベトナム風のシーフードピリ辛スープだったり(チゲっぽい味だった)
それをレンゲで頂く所などは外国人さん仕様やなーって気がしましたけれども…(笑)

th_IMG_4453.jpg th_IMG_4455.jpg


どれも美味しいんですよ。それぞれ。お米すら美味しかった。巻き寿司を頂いたので
白飯は途中で残してしまいましたが、お外で頂くお米としては悪くない出来だったかと。
そしてその白飯と合わせて出されて来た巻物も。。。


th_IMG_4467.jpg th_IMG_4452.jpg


悪くなかったんですよー♪
諸外国で頂くシャリの風味の限界は、適量のゴマで補われてたり、具材の種類が色々で、
でもバランスを取りつつ、歯ごたえや味わいもよく、こりゃちょっと今度は握りも
食べて見ようかな?と思うくらいには美味しかったです。


そしてデザート。


th_IMG_4468.jpg



うん、悪くないんじゃないですかね?
おそらく、あまり良い評価を感じられなかった人は、「和食」を期待して行かれた場合
だったのかもしれませんね。確かにこれを「伝統的な和食です」と言われてしまうと
おいおいおいってなるわけですが(笑)、諸外国に出てった和食は現地ニーズに合わせて
親しんでもらってナンボの所がありますし、そこから新しいアイデアを逆に日本人の私が
もらうこともありますし、結果が「美味しい」に行き着いてるなら、本来の和食では
しない手法をとることもアリかなぁ?と思うんですよね。

そう言うのを食べて日本食のファンになってくれた方が、いつかは本場の日本に行って
食べてみよう、とか思ってくれたら更に嬉しい訳ですし、最低限、この素材にこういう
扱いをすると良さがダメになるからやらない方が良いですよ、ということはあっても、
美味しいに繋げる為のルールは料理に無いと思ってるので、ドンドンやってほしいと
思いますね。

っちゅーか、今回初めて知ったのですが、こちらの監修をされてる方、あの
「NOBU LONDON」におられたことがある方なんですってね(´⊙ω⊙`)
直接料理を作られてる方がそうなのかどうかは存じませんが、なるほど、そりゃー
諸々の料理の手入れがお見事な上に、バシーッと決めた所に持ってってる感、ありましたわ。
物の分かった方のお料理って、ピンとの合わせどころとそこへの持って行き方が
勢いとして伝わってきますもんねー♪

うん、面白いですよ、こちらのお料理。
和食、と思って行くとビックリしちゃうかもですが、そんなアホ程高いわけでもなく、
チョイ飲みにも良い感じ。あ、お酒の価格をあまりしっかり見てなかったので、
もしかしたらたくさんお飲みになる方にはコストがかかることになっちゃうかもしれません
ので、そこはご確認の上ご利用ください(・∀・;


人それぞれ好みはあるので、ご意見はご意見として伺うとして、やっぱり自分の舌で
確かめに言ってみないと行けませんねー♪お御馳走様でしたー♪



th_IMG_4448_201603061630470c7.jpg

th_IMG_4449_2016030616512367a.jpg




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Ganges 〜 「あの」お店のお味???

えーっと、確認できてはいない情報なのですが、一説によると、
こちらの付近にあるインドカレーの人気店の料理人さんが独立して
出されたお店だとか何とか。真実の程はわからないのですが、そういえば
元店とされる所、ランチビュッフェがなくなってたりと、若干営業形態が
変わってたのはその辺が関係していたのかしら。。。

th_IMG_6299_20161219235856be4.jpg 

どちらもハイバーチュンのえー場所にありますわ。
メニューの豊富さを見てみても、そして南北インド料理を食べられる所を見てみても…


th_IMG_6300.jpgth_IMG_6301_20161219235859c6a.jpg


つ、潰しにかかってるんかしら?という状況(・∀・;
いやでも、先方はかなり以前からのファンをたくさん抱えてるからな。
もしも味の傾向が違えば「インド料理のバリエーション」ってことにはなっても
潰し合いにはならんだろ、と気を取り直してメニューを熟読。

th_IMG_6302_20161219235900506.jpg 

おー!この店にもドーサがあるーヾ(@⌒ー⌒@)ノ ←大好物
ドーサってのは豆の粉を水で溶いて発酵させた生地を薄くクレープ状に焼いたもの。
クレープ状とはいえ、しんなりとした柔らかさがあるわけじゃなく、どちらかと言うと
薄く乾いててパリパリした感じ。これが薄いながらに微かな酸味と旨味を湛えてて
カレーに合う!

そして米やナンと違って軽いので、カレーをたくさん食べられるのが大きなメリット。
うん、ガッツリいけちゃうお若い人には全く同意できない話なんだろうけど、
ちぇり僧さんはもう若くないのでわかっておくれw
そして早速頼んでみると…?


th_IMG_6306.jpg 


ドーン!(笑)
で、デカイ。。。(笑)
噂されてる元店のもこんなに大きかったっけか。。。
でもま極薄なんで、全体量はそんなに多い訳じゃないです。食べられます。
ぺろりと。うん、問題なく美味しいです。やっぱり味わい深くて好きだ。

th_IMG_6310_201612192359087ec.jpg 

カレーが背の高い、でも大きさ的には小さなバケツみたいな容器に入ってくるのも、
元店に近い発想ですね。これ、日本人のカレー感からすると不思議な感じがする
かもですが、実情的にはテーブル上のスペースを取らなくて大変具合が良い。

もっと言うと人数辺りの机面積を節約できるので、デザイン次第ではお店にとっても
収容客数を増やせる要因となり得る、大変頭の良い容器採用ではなかろうかと思って
います( ・`ω・´)b 
ま、少数皿数でも食卓を豪華に見せたい場合には逆に不向きなんですけどw

で、こういう本格的なインド料理のお店に来たらオーダーしたいのがビリヤニ。
この料理に使われてるような細長いお米は日常的には使わないし、結構手間も
かかるので、いざ本格的に家で作ろうと思ったらえらいこっちゃ。
なので、こう言うのはお外で食べるに限る(^・^)

th_IMG_6308_20161219235906fca.jpg 

ベジタリアン仕様の物もあればノンベジのものもあり、ビリヤニとひと口に言っても
いろいろなのですが、個人的にはマトンのビリヤニとか好きですねー。お米はホロホロ
として軽いのに味わいはしっかり。ガッツガッツ食べてもお腹がキツくなりにくいし
お酒のお伴にチョミチョミ食べてもいいし。

あまりお違和感のなさに。。。
噂で聞いた、元のお店から移って来た方がやっておられるのでは?と言う話を
ウッカリ信じてしまいそうな錯覚に(笑)。この部分は確かめてないし、確かめ
るったってあなた「あなた、前の店独立して元店つぶしにかかってるんですか?」
とかとても聞けない。。。(いや後半は聞かんでもええやろw)

逆に…元店に行って食べてみろよって話ですかね。
全く同じメニューを食べ比べた訳じゃないので正確な比較が出来る訳じゃないけれど、
大きく変わってるなら、その話の信憑性も上がりそうだし。
ま、実際には美味しければそこは重要ではないんで気にする事もないといえば
ないんだけれどもw

こちらのお店とくだんのもう一件。結構至近距離にあるので、今後、どうなって
いくかが気になります。お客さんの奪い合いじゃなく、それぞれに特徴を保って
美味しいバリエーションをキープしてくれるるといいんですけどね(^^;



Ganges
74a2 Hai Ba Trung Q1 




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

Quyenky Migia 〜 アヒルの薬膳麺♪ 

***** 2016 Nov. *****

わー…。最初の投稿、もう4年前やって。
結構何度も行ってたんだけど、他に優先すべきお店がいっぱいあって、
同じメニューしか食べてないから更新してなかったんやろなー。
というわけで、久しぶりの掘り起こし。

th_IMG_5529_20161214040245150.jpg 

うーん、やっぱりこのアヒルのモモ肉の薬膳スープ、おいしーわー。
麺や野菜の加減、ガリッガリのエビ天なんかも変わってない。
閉店移転情報が相次ぐ中で、変わらぬお味。
ここに来たらあいかわらずこのアヒルか雲呑、水餃子しか食べてないから
こっちも変わっていないんだけど。

th_IMG_5528_20161214040244c94.jpg 

このまま食べると口の中傷だらけになりそうなガキガキのエビ天。
コレを砕いてスープに入れて少しふやかしつつ、それでも染みない部分を
ガリュガリュっとやるのも美味しいんよなー。

th_IMG_5527_20161214040243f01.jpg 

そっけないくらいのこの食堂の風景もそのまんま。
入り難い入り口の割には奥行きがあって席数が多く、すごいアンバランス
なんだけど、お昼時にはたくさんの人が入ってると言う人気店。ええね。
今後もずっと続いてってほしい。

あ、コレだけ変わってた。
果物は多分まだ食べ放題なんかなぁ。
でもおぜんざいが。。。あのアッサリ味で美味しかったおぜんざいが、
有料になってました。5000đだけど(笑)

th_IMG_5526_2016121404024190b.jpg 

HOPってのは翻訳機にかけたら「箱」って出たんだけど、カクテルで言う所の
ジャグ、ビールで言うところのピッチャー的なポジションのものかしら???
まぁなー、アレ無料で出してたのがおかしかったよな(笑)
ここぞとばかりにガンガン食べてた人いたしw

あのおぜんざい、アッサリして美味しいから今度はそれもたべれるくらいの
お腹を用意して行こう。アヒル麺と共に時々無性に食べたくなるわ。
この街では「外国人」の私だけれども、徐々に、時々行きたくなる行きつけの
「あの店」が増えてきてるかなー♪


***** 2012 Dec. *****



まー、もー、ほんとに、食べ物の話題ばっかりで、すみませんねぇ(^^;
でもまだまだネタにストックが…(苦笑)

というわけで、今回もチャチャっと行きます。
ベトナムだけど、ちょいと中華系のテイストが入った、麺屋さん♪

$☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

店名も漢字で書かれてます。
入口には、ラッシュに備えての下準備された土鍋がずらーり並べられてたり、
従業員さんがたくさんいて、とても一般の人が入ってよいような雰囲気じゃ
ないが(笑)、奥の方には食堂的広さの席が用意されてるし、二階もあります。
なので、ひるまず、ズンズン進んでいきましょう(笑)

中国系の料理だけあって、漢字表記されたメニューもあって、
それでも中国語だから、そんなにわかるわけじゃないけど、なんとなくわかる(笑) 
言えば英語表記のものもあるので、ローカルなお店にしては旅行者にやさしいかな♪


$☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

メニュー、ちょっとぶれちゃってますが(笑)、こちら基本麺屋さんで、
チャーシュー麺や、水餃子麺、雲呑麺など、日本人にもなじみのある、
でも香港チック(広東料理系?)なメニューがずらり♪

で、こちらのお店のおススメで、ちぇりのお気に入りが、メニューの下部にある
『特別』って書いてある中の一番上の、アヒルのモモを使った薬膳チックなメニュー♪

☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

え?あ、絵面が地味?(笑)
よね。でもね、これが美味しいのですよ♪
アヒルのモモ肉が一本、ゴンッと入ってる鍋はふつふつと煮立ってて、
ほんのりと香る薬膳な香りが少し甘やかな感じ。
麺は別で出てきます。

☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

おおおおおおっ!!こっ、この麺は!!
まさに香港で食べる雲呑麺(ワンタンミー)の、細腰麺!!
これ、美味しいのよねー!!

基本ベトナムでは米粉から作った麺が多くて、コシは二の次な感じのものが
主流。といって、別にモッチリどっしりまでは求めてないので、特に不満は
なかったのだけど、この細くて輪郭がはっきりした麺、喉を撫でる感じが
とーっても美味しいの♪ 

この麺をスープの方に入れてもいいし、シェアをするなら小椀に取り分けてもいい。
ナツメなどが入った滋味あふれるスープは、いかにも体によさそうで、
ジュワーっとしみいる感じです♪お肉もホロホロと箸で簡単にほぐせる軟さ♪

☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り ☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り


見た目、麺が少なそうに見えるのだけど、これがチマチマ食べ進めてくと、
意外と満腹になったりします(笑) ま、メインがスープなんで、一時的に
腹が膨れるだけ、というのはあるかもだけど(笑)、まぁ、その方がローカロリーで
済みそうだし、健康的かと♪

基本、麺+スープと別皿で出てくるようで、雲呑麺も、こんな感じで出て
きてました♪ 結構肉餡がギッシリ詰まった雲呑で、食べ応えがありましたよ♪
写真はないけど、チャーシューも美味♪

☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り ☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

麺の上に乗ってる揚げ物は、エビのかき揚げ。。。だったらいいなぁ(笑)
生地が広く広げられてガリッガリにあげられたとこに、エビがちょこんと
いる感じ(笑)  おそらくはグルテンの高い粉で作っていると思われるのですが、
とにかく固い。そのままバリバリかじったら、間違いなく口の中が傷だらけに
なっちゃいます(笑)

ので、スープに入れてふやかして食べるが吉。
そんなに脂っぽくはないのですが、うどんやそばに入れる天かすのような
役割を果たすのでしょうか、ちょっと全体にコクが加わって美味しくなります♪

こちらのお店の嬉しいところは、食後にフルーツビュッフェがあるところ♪
と言っても、内容は日替わりだし、そんなにおいしいゴージャスなフルーツが
並べられてるわけじゃないのですが…(笑)

       ☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り
☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り ☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

ローカルの女の子たちなどは、食事の前から、山盛り、更にフルーツを取ってきて
きゃいきゃい言いながら食べてます(笑) スイカは普通に美味しいですし、
グワバやアセロラは、添え付けの唐辛子塩を付けて食べます。そんなに美味しく
なくても、日本人には珍しい食べ物だから、ま、話の種にはなるでしょう(笑)

あと、これも食べ放題のデザートの中に含まれている、赤豆のチェー!!
これが美味しい!!!

温かいので、平たく言うと、日本のぜんざいのようなものですが、さらっとしていて
小粒の赤豆(小豆よりずいぶん小さい)は、よく炊かれてるけど荷崩れしてなくて
上品な甘さに仕上げられてる。そして何と言っても特徴的なのが…

$☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

陳皮が入ってるんです(^^)b

陳皮というのは、熟れた後のミカンの皮を乾燥させたもの。
健胃薬の漢方として用いられることもあれば、日本では、お正月のお屠蘇にも
使われており、中華料理では五香粉(ウーシャンフェン)という調味料にも
使われてるので、知らないうちに、食べた事がある方も多いかもしれませんね♪

そういえば香港の市場では、果物屋さんがミカンを売るとき、丁寧に剥いて
中身だけを売ってました。渇いちゃうのに、なんで???と思ってたら、
美しく等分に切り目を入れられた皮たちが横に山積みにされてた…
あれも陳皮として売り物になるんだな、きっと(笑)  商売上手♪(笑)

って、話が横にそれちゃいましたが、この陳皮とサラサラぜんざいの相性が
思いの外絶妙で、へーっ、こんな組み合わせがあったのか、と、大変感心した次第。
これ、難しいものでもないから、日本に帰ったらぜひ作ろう♪

というわけで、お食事からデザートまで、とにかく体によさそうな物づくし。
それでいて、料理には適度な肉っ気、油っ気があるので満足感も十分あるし、
料理の傾向も広東系なので、お味もとっても日本人好み♪
更にいうと、ちぇりが住んでるお部屋から、歩いて5分くらいなのよねー(^m^)

というわけで、とってもお気に入りの麺のお店、ベトナム料理ではないけれど、
一度は食べてみてほしい、身体にやさしいお店の味です♪

☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

お子様連れに朗報@Hard Rock Cafe!


ハードロックカフェのそばを通ったらこんな触れ込みが。
日曜日、一日中どの時間に行っても、12歳以下のお子さんにはフリーフードが
あるんですって♪まぁさすがに決められた子供用メニューの中からってこと
だと思うんですが、それにしたってあらお得。

th_IMG_0207_20161213003434618.jpg

ここに書かれてるのは「キッズパスタ」「チキン料理」ってことだけなんで
あんまりチョイスはないかもですが、それでもまぁね。この店結構メニュー
単価高いんで、お得と言えばお得。年齢確認の為の何かが必要家まではここで
見て取れなかったんですが、例えば明らかに12歳以下であればいいんですが、
微妙に判別し難いお年頃であれば、何か持って行った方が良いかも。

th_IMG_0208_20161213003436eb1.jpg

特にこのチケットは必要ないと思われますが、「お友達にも良かったら〜」と
渡されたので、ここに貼っておきますわ(笑)

あと、上写真のQRコードになんか書いてあるかなーと思ってリンク先に飛んで
みたら、一般メニューが書かれてました。


th_IMG_0282_2016121301025566f.jpg th_IMG_0283_201612130102578f7.jpg

th_IMG_0284.jpg th_IMG_0285_201612130103001a6.jpg

th_IMG_0286_20161213010301de6.jpg th_IMG_0287.jpg

アメリカンなお店なんで、ザックリした感じの物が多いですが、たまーに行きたく
なるんですよね(笑)

というわけで、お子様がいらっしゃる方へのインフォメーションでした(^・^)



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

Lau Hong Kong 〜 ここの火鍋ごっつい美味い!

***** 2016 Dec.*****

久しぶりー!
アッチコッチで火鍋食べるけど、なんだかんだでここが一番美味いよな、
という結論になりつつある仲間内。ってか、肉骨茶(肉骨茶)があるのが
大きいよな。しかもマレーシア系の。且つ、味がとてもいいんですよ。

th_IMG_9174_20161212184735319.jpg 

なので二択のスープは、「肉骨茶と、何にする?」見たいなチョイスになります(笑)
肉骨茶はお肉もゴロゴロ入っててそれだけでも食べ甲斐がある。
もう十分に煮込まれてるのでスープが来たらまず肉骨茶のに肉を食い、空腹を
抑えます(どんだけ腹空かして行ってねんw)

それでもまだ沸くのを待ち切れない時にはこのタレ舐めながらビール飲みます。
うん、しってる。お行儀悪いの。でもゴッツ美味しいねん、このタレ。
ニンニクタップリだから家に帰ったらチョー臭がられるけど(笑)


th_IMG_9172.jpg 

んでもって、具材はバラで全部頼むので、食べる量と無いようにより予算は変わります。
ま、でもコレまでに言った平均を見ると、一人頭400kドン〜500kドンくらいかな?
ビールも込みで。すんごいよく食べるメンバーで。

th_IMG_9173.jpg th_IMG_9176.jpg

すり身は絞り出し袋に入ってて機能的(笑)
揚げ湯葉は欠かせませんなぁ。これ、中国で覚えたんだけど、鍋に入れると
本当に美味しい。何なら家でも湯葉かったら揚げて使う。日本の湯葉だと
高くて恐れ多くてできないけど、東南アジアだと湯葉が安くてザックザック
使えるよね♪

th_IMG_9182.jpg th_IMG_9178_20161212184739bc2.jpg

前にもお話しした通り、こちらのお店のラムにはニュージーランド産とベトナム産が
あって、どっちも美味しい。もう一回食べ比べてみようぜー!となったのですが、
うん、どっちも「うんめー!!」「うまいうまい!!」という言葉しか出て来なかった
ので何食べても美味しかった様です(笑)

とにかく。。。
肉骨茶をスープで使う贅沢をさせてくれるのはこの店以外に今の所知らないので、
個人的にはものすごくポイントが高いです。しかも具材が新鮮。特にお野菜、キノコ類。
あれこれ揃えるのは家では大変なので、ここ、ホント定期的に通いたい(笑)
火鍋食べたいなと思ったら、ほんとここ、おススメですよ!


***** 2016 Jan.*****



お友達に誘ってもらったのですが、お店に到着してみてびっくり。
なーんと、以前2度程見かけてメチャクチャ気になってたお店だった!

th_IMG_0806_20160108001323df1.jpg


が、車に乗っていた時の通りがかりで住所等を記録しておく機会が無く、
何となくそのまんまになってたのです。が、こちら、なにが何が気になって
いたかと言いますと。。。

th_IMG_0807.jpg

お分かり頂けただろうか。
店先に張り出されたメニューの中、左肩に「肉骨茶」の文字が!

香港やマレーシア、シンガポールに行かれた事のある方はご存知かもしれませんが、
豚の各部位を中国漢方的スパイスと中国醤油でガッツリ煮込んだ定番料理。
漢方的スパイスといってもライトな薬膳と言った感じでそこまでクセが強い
わけじゃなく、されどクコの実、朝鮮人参などの薬効高そうなモノも入っていて、
いかにも身体に良さそうな感じ。

特に私はマレーシアの物を良く食べた経験があるのですが、シンガポールの物より
まず見た目に色が濃く、漢方風味も深めの様な気がします。良い言い方をすれば
シンガポールは「上品」。でも私はガツガツ行きたい口なのでマレーシアン・
スタイルの肉骨茶が好き。

実はここベトナムでも、肉骨茶スパイスは輸入食材店で簡単に手に入ります。
が、料理自体はそんなに見かけてなかったんですよねー。中華はあるけど点心系が
多いし、そもそもマレーシア料理、シンガポール料理は絶対数が少ないから
なかなか見かける機会が無かったのです。それがこちらのお店の、しかも
最近取り込まれた「NEW!!」なメニューとしてあると言うではありませんかっ。
もー気になって気になってwww

で、今回行ってみたらこちらは単品料理のお店ではなく、鍋屋さんだったと。
入って見ると意外にモダンな感じのお店で、ちょっとお見それしました、
と言う感じ。

th_IMG_0808_201601080013262f3.jpg th_IMG_0817_20160108001329604.jpg

1階は広くはなかったけれども、小綺麗なIHヒーターが組み込まれたテーブルがあり、
店員さんも、この日は暇だったからか甲斐甲斐しい(笑)

th_IMG_0809_201601080013276f3.jpg th_IMG_0811_201601080013491b7.jpg


火鍋メニューのシステムはよくある、スープ2種類を選んで、まずそのスープに
お値段がついてて、具材は好みで色々個別に頼むと言うもの。
スープは12種類もあって、肉骨茶はなんと、そのスープの中の一つだった!
単品じゃなかったのか!!!

他にも素直そうなチキンストックやスパイシーそうなカレー味やトムヤムクン的な
ものがあったりとバリエーションも豊か。今回は私のワガママを通させてもらって、
肉骨茶と四川麻辣の辛いものをチョイス。

th_IMG_0812_20160108001351771.jpg th_IMG_0813_201601080013523ce.jpg

諸々の注文を終えると、まずはお椀やお箸、タレがセットされるんですが、
このタレが。。。台湾の沙茶醤(サーチャージャン)に更に薬味等の手を加えた
感じの大変コク深く、そしてピリッとした絡みが絶妙なインパクトのある味。
鍋のセッティングができるまで、このタレでビール飲んでたよね。。。(やめれ…

th_IMG_0818.jpg th_IMG_0814_20160108001354a03.jpg

私、焼肉のタレって大好きだったし、その複雑さには敬意を持っていたんですが、
こちらのグッと香ばしく深みのあるタレを味わうと、焼肉のタレって可愛らしいなぁ♡
と、根拠無く上から目線になってしまう自分が居ました。このタレ、白飯に
混ぜて食べたい。。。(行儀悪い。。。

ところで火鍋。スープだけで268kドンだと???と思われた方がもしかしたら
いらっしゃったでしょうか。1400円くらいかな。うん、この国の外食料金事情を
考えたら鍋の出汁にその金額?と思われるかもしれませんが。。。
どーん♪

th_IMG_0819.jpg

他のお店で見るより明らかに大振りの鍋!!
鍋だけじゃ分かり難いだろうから比較画像もどーん♪

th_IMG_0820.jpg

…うーん、あんまりわからんか。。。
でも明らかにタップリ入ってる大きさの鍋でした。
もちろん途中で追加もしてくれます。他の鍋屋さんも追加はしてくれる所が多いので、
鍋自体が小さくてもええやないか、と言う話もあるのですが、やはり見た目の豪華さ
も違うし、具材を色々入れ易いし、デカいと豪気でいいじゃないですかー♡

具材はミートボール,フィッシュボール、そのバリエーションが色々で、お肉も各種。
あとはお野菜が多数に、キノコ類やお豆腐等。日本の豆腐ってことで充填豆腐も
あったのですが、今回はこちらのお豆腐に。波切りカットがされてあるから出汁が
絡み易いし、豆腐自体もおいしかったので充填豆腐よりも良かったと思ってます。

th_IMG_0823.jpg th_IMG_0830_20160108003201e07.jpg

あとは揚げ湯葉♡
中国の鍋ではかなりポピュラーなのですが、乾燥湯葉を一度油で揚げたものを
出汁で炊くんですね。日本だと繊細な湯葉が手に入り易いので揚げずに使う事が
多いのですが、体験した方もおられるように、ベトナムや中国で手に入る乾燥
湯葉は結構強情(笑) 
そのまま炊いてもなかなか美味しい加減になってくれません(^^;

そ・こ・で!
この手法です。乾燥湯葉を油で揚げて炊く。これが思わぬ歯ごたえ、食感を生み、
人によってはお肉を食べている様な感覚だ、と言われる方も。私はどー食べても
湯葉だなって思うんですが、それにしたって日本のトロトロ湯葉とは違ってて
食べ応えはあり。家でも鍋にはそうやって湯葉を使ってるくらい好きなのですが、
もし食べた事が無い、という方がおられましたら、こういうお鍋屋さんで見つけた
時に是非お試しあれ♪

お肉も色々豊富でしたよー。
まずはニュージーランドとベトナムのラム肉を食べ比べ(*´艸`*)
からの、豚肉さんへ。

        th_IMG_0825.jpg
th_IMG_0828.jpg th_IMG_0831_2016010800320534c.jpg

ここ、食べ放題ではありませんけど、1皿1皿がそこそこの良い盛りってのがいいですね。
そこまでチョコチョコ頼まんでもいい。写真撮り忘れたけど、春菊や白菜もワッサリで。。。
そうそう!キノコの盛り合わせも景気良かったですよー!はい、どーん♪

th_IMG_0821.jpg


こんだけの色んなキノコなんて家で揃えようと思ったら面倒くさいわお金かかるわ(^^;
こういう機会に存分に楽しむのが吉ですなぁ♪椎茸とか、大分の良質のドンコみたいに
肉厚でメッチャ美味しかったし♡

th_IMG_0827.jpg

で、スープなんですが。。。

th_IMG_0822.jpg

麻辣のスープはピシャーッと辛くて、でもベースのお出汁には旨味がギューッと
してあって、辛いだけではない、いや、辛い所もしっかりしてるんだけど、
味わいが楽しいよー出来たスープ。旨味はあるけど塩味がそんなに強い訳じゃ
ないので多少煮つまってもクドくならず、まぁ美味しい。

そしてそして、お目当てだった肉骨茶スープ。
ってか、鍋の出汁だからスープだけが出てくるんかと思ってましたら、
薬膳はたーーーっぷり入ってるわ、お肉はゴロンゴロン入ってるわ!!!

th_IMG_0833_20160108005700b5d.jpg

出汁ガラではありません。
しっかり炊かれて骨からの身離れがよくなってて、もちろんスープに豚の旨味も
滲んでるんですが、そこで薬膳と一体になったスープの味がお肉に戻ってて、
ちゃーんと肉骨茶の一品になってるんです!これ、鍋のスープってより、ほんと
肉骨茶っていうちゃんとした料理。これだけ別盛りで出されたら私、「肉骨茶」
としてお金出して食べますよ、ちゃんと。肉骨茶も色々あるけれど、かなり好みの
味付けだったし。

更に、香港鍋を謳ってベトナムにあるにも拘らず、若干日本を考慮してくれてる
感が見られる、メニューのUDONの文字(笑)

th_IMG_0834.jpg th_IMG_0837.jpg

まぁ今回は4種類の色違い乾麺を頼んだんですけどね(笑)
そのままスープに放り込んでグツグツ。加水率の低い細麺でツルリツルリと
入って行きます。他にはもちろん米麺もあり、インスタント麺もあり、生ラーメン
のようなものもあり。そしてそして、これまた日本人を意識しているのかな?
というメニューが。。。


th_IMG_0835.jpg th_IMG_0838.jpg


ご飯と卵ー!!
雑炊できるーーー(≧∇≦)

ホーチミンってお鍋料理は各種あるけど〆は麺じゃないですか。
お米を入れて雑炊にするって習慣が無いのか、単にあまり好まれないのか、
あんまり見ないですよね。大抵はブンが突いてくるイメージ。お店に寄っては
お願いしたらご飯と卵を持って来てくれたりもしますけれども、最初から
メニューに載ってるってのは和食店以外では珍しいかも!

ええ、肉骨茶のスープで御雑炊にしましたけれども、まーーーーーーーーっ、
美味しかったですわよ!!!肉骨茶は普通、白飯にスープをかけるだけ、で
食べる事が多いので初めて雑炊にしましたが、この手があったかー!!という
感じ。今度家で肉骨茶したら〆は雑炊にして食べよーっと♪

何だここの火鍋は。
まだ2種類しかスープを試していませんが、この突き詰め度合いを見ると、他の
スープもきっと美味しいんじゃないかと思われ。とりあえず過去食べた火鍋の
中ではぷっちぎりにクオリティ高い。ホーチミン市内だけの比較じゃなくて、
香港とかマレーシアを含めてもって意味で。まぁ他国の経験が何十件もあるわけじゃ
ありませんが。。。

先日香港で食べた時は、相当評判のお店で実際お店に行くとかなりの面積が
ローカルな方達で埋め尽くされてて、さすが噂に聞こえたお店だ、と思いつつ
頂いたのですが。。。まぁ極普通で一人頭4000円弱。。。。うーん。。。

更に以前も別のお店で食べた時に、本場でもこんなものかー、って思ったんですよね。
もちろんきっと地元ッ子に聞けば美味しいお店はきっとあるんです。安くもあるで
しょう。ただそこそこ評判の良いお店であの金額を取られてあれくらいかー、
と思うと、どちらのお店も二度目は無いかなと。

そう言えば先日、日本に帰国した時も、酷い火鍋を食べさせられて閉口した
ばかりだったのも思い出した。。。

そう言うのを勘案すると、相当美味しいし良いお店だと思いますよ、ここ。
ますます、火鍋を食べる為には香港に行く必要を感じなくなった(笑)

嗚呼…まだ帰国前に溜めたネタがあるからそっちを先に書いてしまわないと、
って思ってたのに、あんまり美味しすぎて書かずにはいられませんでした(´Д` )
また他のスープも試してみたいので、追加記事も近々書けたら良いなーと
思ってます♪


th_IMG_0815_20160108012243ebb.jpg

206B Nguyen Trai, Q1


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

La Belgique 〜 ベルギー料理ってどんなんでしょ?

***** 2016  Nov. *****

その後2回も行ってたのに、レポかけてなかった。
そして今回のレポに関しては、「自己責任」にてトライするなり回避するなりを
してほしいんですが。。。

ほら、だって。私のお腹、アテにならないから。
例えば5人で牡蠣を食べに行って、帰り道4人が病院送りになりそうになる中、
私一人平気だったし、真夏の夜店で食中毒が出た時も、そこでガッツリ食べていたにも
関わらず、1人ケロッとしていた実績があるので、

「ちぇりが食べても大丈夫だった」

は、全くアテにならないので。。。
とういのも、本日ご紹介するのはこちらっ。


th_IMG_6334_20161127222949b3f.jpg 

ステーキ・タルタルっ( ・`ω・´)b
ベルギーの名物料理なんですってね?←ここ知らんかった

オードリー・ヘップバーンが、契約で「それ以上太っちゃダメ!」って言われて
体重維持&ダイエットにひたすら食べ続けたと言うステーキ・タルタル。
油も使っておらず赤身肉を使ってるから低脂肪高タンパクのお料理。

ええ、南国で生肉+生卵ですからね。危険極まりないです。
コレを結構「どやー!」って感じで出しているので、お店としても細心の注意を
払っては居ると思うのですが、日本と違ってこちらの基準がどうなってるかは
分からないし、基準があった所で確認の仕様は無い話。

ってか、基準が厳しいハズの日本だって大事故あったしね。
アレは本当に基準があるかどうかじゃなくて、取り扱いをする人の話だと
個人的には思っています。

といって。。。まだこちらのお店の方に全幅の信頼を奥までのお付き合いは
できてないので、その部分でも自信を持ってはお勧めできません。
ただ。。。

th_IMG_6338.jpg 

個人的にはメチャクチャ嬉しいメニューだったんですよっ、これ!!
多少バルサミコ強めでお肉を〆てあるのですが、お肉自体がとても良い。
ニュージーランドから輸入してるって言ってたかな。

タルタルにしては(ってか、日本人にしてはかな)量が半端なく多くって、
ヘタしたらあれ、150gくらいあったんじゃないだろうか。
生で150ってあーた、なかなかですよ。もし少なかったとしても、そのくらいの
体感ボリュームはあった。いつかちゃんと何グラムあるか聞いてみよう。

もう久しぶりに美味しいタルタル食べたから、手変え品変え、同じ様な写真
バンバン載せちゃうwww

th_IMG_6339_20161127222953d30.jpg 


その前に、スープで胃の腑を温めておいたので、尚更美味しく感じたかも。
この国の素材なら間違いなく美味しいと思ったスープ・ド・ポワソン。
魚介のスープ。

th_IMG_6332_20161127222949b60.jpg 

これが気取り過ぎず、といって、素朴すぎず、馴染みは良いのだけどお店で
頂くだけの価値は充分にあるお味で、ニクいなーって感じでした(笑)
このスープはあんまり素朴すぎると(自分でも出来るわ)と思ってしまうし、
気取られすぎると物足りない。

では質実剛健に味を飛び抜けさせて…とやると、旨味摂取量が飽和状態となって
次の皿への食欲が邪魔をされかねないと言う微妙なスープだと思うのですが
(なんでもかんでも旨味が強ければいいと言うものじゃないですからね)
その辺のバランスがとても良くて好みのお味。確かお値段も70kドンとかいう

「いいんっすか、そんなんで!!」

と言いたくなるお値段だったし、こちらは両手離しでおすすめ。
お肉もなー、生肉好きな方にはお勧めしたい所ですが、上記の様な理由で
私からは強くお勧めする事はできません。対策として、例えば4人くらいで
いらして、他の料理も頼みつつ、コレ一品をシェアして味見程度にする、
と言う方法はあるかもです。

人間の胃酸は多少の外敵(傷んだものなど)は処理できるようにできているのだ
そうです。ただ許容量がそんなに大きくないので、ちょっとだけ味見するか、
ガツッと食べるかで結果が変わることがあるそうです。

東南アジアの方が一回の食事量を少なくして、回数多くチョコチョコおやつを
食べるのは、食べ物が傷みやすい環境下にあって身を守る術を自然に体現
しているからだと聞いた事があるのですが、それの応用。

いや、危険と思われるものは食うなよ、と言うご意見を持たれた方。
はい、あなたが一番正しいです(笑)

Curiosity kills the cat. 
Cat だけじゃなく、Cheriでもやられる。
いくら大好物だからと言って越えられそうにないリスクを取るのは賢くないです。
ちぇりは自己実績から「いける」と思って食べてますけど、それも確実では
ないので、タイミング(周辺に長距離移動が無いかとか穴空けられない用事が
ないかとか)は見ております。

そこまで言うなら記事にすんなよ、って気もしますが。。。
美味しかってんもーん(*´ω`) ←既に3回食べて平気だった人

というわけで、禁断のお料理のご紹介でした。
カルパッチョくらいはあるけども、ステーキタルタルはホーチミンでは中々無いしね。
ま、食べに行かなくてもデータの一貫としてお見知り置き頂ければ。
はい。完全に自分の為の回でしたね。。。生肉ぅぅぅぅぅぅ(*´ω`)





***** 2016  Oct. *****

布を買いに行く人も多いと思われる、タンディン市場のすぐ近く。
割とローカルエリアですよね。小洒落た洋食のお店なんて殆どないと
思ってたのですが。。。


th_IMG_6193_201610191650275cd.jpg 

ベルギー料理(´⊙ω⊙`)
…って、どんなの?(笑)

これまで日本含めてあまり特化されたお店に行った事がなく、もちろん
ベルギーに行った事も無いので、印象と言えば「チョコレートとビール」。
特にチョコレートはminiストップのベルギーチョコソフトが記憶に深い( ・`ω・´)b
(記憶が安いな。。。)

表、地味だし、表通っても看板上の方にあるから気づかないんですよね。
私も「ここにこんなお店あるんですよねー」って言われないと気づかなかった(・∀・;
そんな滋味目のお店ですが、内装はなかなか収まりよくて素敵。

th_IMG_6199.jpg 


こじんまりで、4人席が6つくらいだったかなぁ。
リザーブ席がいくつかあって、予想外にも人気のお店っぽい。
予想外ってしつれいだけども、まぁ周辺環境見ると、ちょっと意外な種類のお店
だったもんで(笑)


th_IMG_6194_2016101916502909a.jpg

ベルギー料理って、フランス料理と共通する項目がけっこうあるんですってね。
あと、前菜にはムール貝を良く使うんだとか。なるほど、こちらのメニューにも
ありますね。

th_IMG_6195_20161019165030f81.jpg

あと、サラダなんかはメディテラニアンな感じ。
良き。
この辺、女性は嬉しいんじゃないか。
でもメインは結構肉系多し。シーフードのあれこれもあるんだけど、
お肉料理の比率が結構高かったので、ご自慢なのかなと。


th_IMG_6196_2016101916503130f.jpg

まぁ、ベルギー料理がそうなのか、こちらのお店がそうなのかって話はあるけど、
他のお客さんも結構肉料理頼んでたなー。

取りあえずこの日はセットランチで様子見。
スターターとメイン、それぞれ2チョイスの中から選んで165k ドン。
当然ながらローカルに照らすとお高いけれども、1区の街中のこの手のお店の
セットランチと比べると気持ちお手軽かな?内容にもよるけど。

th_IMG_6212_2016101917031646c.jpg 

で、多分この価格だったら全体量はそうとうありそうだなって分かったんだけど、
どーーーーしてもムール貝食べたくて頼んでしもた。

th_IMG_6206.jpg 

ムール貝のタルタルって書いてあったんだけど、なんかサルサソースみたいなのが
たっぷりと乗って来た。あちゃーっ、これ、貝負けるやろ。ムール貝ってそんなに
強い風味や味を持ってるものではなく、よく、サラッとワイン蒸しにしたやつを
バケツ盛りで食う、みたいなことやってますよね。あんなの、クドい貝だったらとても
できない。

なので強いソースをこんなにでっぷりかけるってのは、ちょっと…
って思ったんですが…
はい、あーんヾ(@⌒0⌒@)ノ

th_IMG_6207_201610191651116b1.jpg 

食べて見ると、意外にも貝が負けてない。
それにしたってこのソースはちょっとジャンキーだったので個人的な好みとしては
サラッと蒸してくれたり、それにガーリクバターでもやってくれればって感じでしたが
(確かそう言うメニューもあった気がする)、それはあくまで好みの問題。
料理としてのバランスは取れてる。

というのも、ムール貝の身がごっつい(・∀・;
すごくシッカリした厚みがあって、歯応えもジャックリジャックリありまして、
全体質量を体感で語ると、「やだ、お口の中がいっぱい…(うっとり」となる
レベル。でけー。日本で食べるムール貝はスナックみたいに食べれてた気がするんだがな…。

th_IMG_6203_20161019165107e7e.jpg th_IMG_6205.jpg  

楽しみにしといてほしいのはパン!
スッゴイ香ばしいし、お粉の味わいが深くて美味しい!
ホーチミンの欧州系レストランに行って何が楽しみって、パンが個性豊かで
それぞれの美味しさを存分に生かしてるところよねっ。特製のガーリックハーブ
バターなんかがついちゃってtから、これだけでワイン1杯空いたわ(^^;

th_IMG_6209_20161019165113e18.jpg 

そしてセットランチのサラダ。
ガスパチョかサラダが選べたのですが、サラダってあんた。。。
魚の、ほぼ揚げたくらいの勢いで皮目をかりっとさせたのんが3つも乗ってる!
これ、メインと言っても良い量では。。。(苦笑)

Red Mulletってなってたから、ヒメジ????
にしてはデカい気もするけど、まぁベトナムだからな。。。
よく育つもんなぁ、海産物(^^;

で、このお魚がものっすごく良い香り!
魚臭いんでなくて、香ばしく焼けて皮目の下にある脂の部分からふっくら立ち上る
良い「香り」。もうこの香だけでもまた飲める!(飲み過ぎです)

th_IMG_6210_20161019170315176.jpg 

例えばメインで食べる際には、もーちょっと気持ち日を小さくしてみずみずしさを重視
する物と思われますが、ここはサラダのトッピングの一つですから、ガッチリカリッと
歯応えを持たせってアクセントにしてるんでしょうな。プラス、白身の部分、これ、
半日くらい干した?と言うくらいにクリュックリュしていて味が濃い。この魚、
ちょっと水っぽいのが特徴かと思ってたけど、調理法やなぁ。干してるかどうかは
知らんけど、いい具合に凝縮させてて美味しかった。

んで、葉っぱの方には殆ど味付けがされてなかったのですが、生き生きした葉っぱ
同士が空間を作って盛られてるわけです。そこにあっちあっちの焼かれたばかりの
香ばしいお魚が寄せられるとどうなるか。

香が葉と葉の間に充満します。
余熱で気持ち葉っぱがシンナリします。
すると途端に魚との馴染みが良くなり、且つ、葉の味わいも深く舌に感じられる
ようになるので、お魚さんと一緒に食べると、あら美味しい♪

気持ち油分が欲しかったので、卓上のオリーブオイルをダーーーーっとかけて頂き
ましたが、なるほどなーっ。香で食べさせるサラダもあるんや。それがこの店の
意図した物かどうかは知らんが、個人的には感心の一品。これ、面白い。

そしてメイン。
veal …ということは仔牛か。大好物。
だけど。。。。チキンがなー。日本だとあまり選ばないチョイスなのだけど、
ホーチミンだと意外とオモロい事して来る所がけっこうあるので侮れない。
仔牛なら「好き」と言う気持ちも手伝って間違いない気もするのだけれど、
ここはちょっと冒険するか。

th_IMG_6217_201610191703181cb.jpg 

おおっと。。。
冒険し過ぎたか(・∀・;

胸肉。
且つかなりの火入れ。表面が割り方乾くまでしっかり焼かれてる。
ソテーしたあとにオーブンかな。胸肉をここまでやったら、どうなんかなぁ、
と思いつつ、恐る恐る口に運んでみましたら。。。

th_IMG_6218_201610191703204f3.jpg 

ありゃ。
中身しっとり。
敢えてのこういう焼き方なのか。

断面、お分かりになりますでしょうか。明らかに胸肉なんだけれども、繊維と
繊維の間に水分がたまって見えるの、見えます?ジュワーっ、とまではいきません。
が、しっとり。お口の中でモサモサしない。そんなん基本中の基本やん、と思われる
かもしれませんが、まぁ多いで。日本でぱっさぱっさの出してる所。

しかもトップにベーコンとチーズ。またホーチミンでは当たり前ですが、この手の
お店では旨味の濃い良いチーズを使われてます。ほんのり甘やかさを感じるほどの
リッチなチーズで、それがベーコンの塩気と旨味と一緒に胸肉と言う受け皿の上で
幸せな混沌。

デッカい胸肉だったんで、量的に多すぎる暗いだったんですけど、最後まで飽きる
ことなく、感触。ひと口ひと口がとても充実した旨味の塊を頂いてるようで、
このお値段にしては充実だなぁ、と。

で、仔牛の味が気になって気になって(´Д` )
あのセットランチ、チョイチョイ代わるみたいやもんなぁ。
次行った時出会えるやろか。

ってか、グランドメニュー意外の「おすすめ」ってのも黒板にあって。。

th_IMG_6213_2016101917031745a.jpg 

Steak Tartare だとーーーーーっ。
Soupe de Poisson だとーーーーーっ。

そういえばデザートにフォンダンショコラもあった。
あかん。これは詰めて通わなあかん。
しかしこんなん毎日食べてたら、体重がエラい事になる(´Д` )

ふぅむ。。。
洗練さとか突出したオリジナリティとかは特に感じなかったけれども、
まずこの価格で頂けるセットランチとしてはボリュームも質も上々だし、
個々のメニューを読んで行っても、構成が面白い。並びを見ても、
キッチンが労をいとわない感じが伝わって来る。

その辺、通じてるんでしょうね。お客さんには常連さんが多いっぽくて、
メニューを良く知り、プラスαのリクエストをしてる場面があちこちに。
ほぼ欧米のお客さんか、彼らと一緒に来ているベトナム人で日本人は皆無。
近くにある日系企業さんのお客さんがたまに来られるとの事でしたけど、

「どうやってここ知ったの??」

ってすっごく珍しがられました。
確かに、ネット上でもあんまり見た事なかったもんなぁ。

残念ながら14:00-18:00まではアイドリングタイムとなり、ケーキだけを食べに
カフェ使いで、ってのは難しいっぽいので、(オーダーが通らないと言う意味では
なくて、ランチタイムにそれをやる強い気持ちが客にあるかどうかと言う問題)
フォンダンショコラを食べたい時には、食事をアラカルトで軽めに構成する必要が
ありそうだし、別チョイスのセットランチはセットランチで気になるし。。。

あうー。
片っ端から色んな友達誘うかな(・∀・;

しかしベルギー料理なんてカテゴリー、初めて触れる事ができました。
やっぱり懐深いね、ホーチミン。
今度はワインじゃなくてビールも飲んでみねばなー♪



La Belgique
17 Trần Quốc Toản Q1
にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

Mgallery内のフレンチレストラン 〜  バーでもレストランで使うにも良い!

ビュッフェにしてもルーフトップバーにしても評判が良いMgallery。
私も大好きでチョイチョイ行ってるのですが、こちらのトップフロアにある
フレンチレストランがずーっと気になってたので行ってきました♪

ええ、もちろんACCHO カードを使ってお料理半額特典使って(^・^)
(その場合、ドリンクは15%引き)

ルーフトップバーに行く際、最上階までエレベーターで上がり、そこから
更にお外までの通路を行く訳ですが、そのエレベーターを下りたら左手に入り口がある
ちょっと分かり難い間口のお店。こんなとこ、高そうだしあんまり来る人いないかなー
と思ってたのですが。。。

th_IMG_6379_20161021224212f47.jpg 

この日はWoman's Dayだったこともあってか、ほぼ満席(・∀・;
入店したときがまだあまり混んでなかったときだったので予約無しでも入れたけど、
これ、もうちょっと遅かったらお断りされてたな。。。こんなに人気とは知らなかった…。
まぁ、普通の日だったらもうちょっと落ち着いてるかもだけど。


th_IMG_6362_201610212242071a9.jpg 

個室、ではないのだけど、ゆったりとしたソファ席は程よくし切られていて、
軽いプライベート空間になってるし、フロアのお席は夜景が見渡せて綺麗だし、
そもそもこのビル内全般がお洒落なブティックホテル(日本のそれとは違います)
ですからね。ものすごーくセンスが良い♪

あ、全般に写真が暗くてごめんなさい(・∀・;
携帯じゃ、ちょっと難しい光量でした。。。(笑)

th_IMG_6363_20161021224209ca8.jpg 

入った時間がちょうどハッピーアワーの時間だったので、バースナック(NIBBLES)と
ドリンクの多くが半額。ラッキー♡

th_IMG_6364_20161021224210d43.jpg

んで、いくつかのグランドメニューの中からのものとバースナックをいくつか
頼んだのですが、ドリンクはまずワインを。ニュージーランドのチョイスがあった
ので、迷わずその白。そして待ってると突き出し的にこのパンが。

th_IMG_6366_201610212311216f2.jpg 

これがちょー美味しかった!(だから食レポでその口調やめなさいよ…)
塩っ気が効いてて、めっちゃ酒に合うっ。これだけで軽くワイン2杯は行けるw

しかーしっ。

こちらはバースナックも秀逸だった。。。
特にこれっ。なんの変哲も無いフライドポテトに見えるかもしれませんが、

th_IMG_6369.jpg 

ふりかけられてるのは黒胡椒とパルミジャーノ。
そしてなーんと、これにトリュフディップが付いてるのっ。
めっちゃくちゃ美味しい!!!

ポテト自体は「もっとシャンと揚げなさいよー」「揚げたのすぐに小さい器に
重ねるんじゃないわよー、湿気でシナってるじゃーん」とか言うのはあったのですが、
もう添えられてるトリュフのソースで全部帳消し。

なんかそんな食べ慣れんもんいややわー、という方もおられるかもですが、
大丈夫。ベースはマヨネーズとかサワークリムっぽい感じなので、トリュフの香りが
嫌いじゃない限りは、揚げ物にマヨネーズと言う夢の組み合わせです。
七難隠すトリュフディップ(笑)

絡まりは小さめのイカの輪切りの唐揚げで、イカなのにサクサクしてる食感。
最初ワイン頼んでたんだけど、こりゃたまらんってことで。。。

th_IMG_6371.jpg 

まだグラスにワイン残ってるのに、はいビール!(笑)
この辺の切り替えがサクサクできる友達と飲みに来れると楽よね。
ぷっはーヾ(@⌒0⌒@)ノ

あー、ハッピーアワー対象のバースナックがこんなに充実してるなら、
ほんと、ディナーとかの前にここでチョイ飲み・ちょい食べしてくの、アリだわ。


th_IMG_6376.jpg 

フレンチなので、フォアグラもある。
かなりちっちゃめだったけど、調理はほんとに繊細な感じ。さすがのSOFITEL系列。
あと、イベリコ豚のソテー。

th_IMG_6374_20161021231125d2a.jpg 

うーん、写真が暗くてごめんなさい。
でも、これもなかなか。ちょっとローカルの豚っぽいテクスチャーもあったんだけど
充分味わい深くてソースも美味しかった。ふむふむ。お料理がちょっとヘヴィだったので、
さっぱりする為にもヒートも飲んだ。大人味〜♪

th_IMG_6377.jpg 

もう、大概なチャンポンだな。。。
でも、やっぱり気のオケワイ友達と気楽に何も考えず、ポンポン口から
出る言葉を繋げるだけで楽しく笑って飲める酒は、変な良い方しませんな♪

この日はWoman's Dayだったこともあって、お店からお花も頂いたし。

th_IMG_6380_20161021233859b04.jpg 

リザーブすれば窓際の席も取れて夜景も楽しめるし、お店の様子全体が大人で素敵。
でもそこまでバカ高い感じでもない。まぁ割引カード持ってた殻ってのはあるけども、
軽く飲みに行く分には、ルーフトップのばーより落ち着いてて好みかも♪

ほんっとにこのホテルは使い勝手が良いねー♪
泊まった事は無いので宿泊施設のことはわからないのですが、ウォークインの
お食事使いやお酒を楽しみにいくホテルとしては、優秀至極。お仕事の場面でも
かなり使える空間だと思うので、そういう場面にお店をよく使われる方には
下見がてらの訪問をおすすめ。私、すっかりファンになっておりますー(^・^)



Mgallery Saigon
76-78 Nguyen Thi Minh Khai Q1


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

【閉店?】SWISS HOUSE SAIGON 〜 チーズフォンデュにラクレットも加わりました♪

***** 2016 Oct ***** 

つい一ヶ月半前まではやってらしたのに。。。
しょぼーん(´・ω・`)

昨日行こうとしたら、お店なかってん。。。
全く別の店舗になってしもてて、特に移転のお知らせとかも無く。。。
8月末までは割引プロモーションやってるでー!みたいなの貼ってたのに…。

ラクレット、美味しかったのになぁ。。。
残念。。。



***** 2014 Aug. *****

チーズフォンデュが食べたいと言う客人のリクエストがあったので、
久しぶりのSwiss House。いつもの様ににこやかに迎えられ、親しげな
おくさまと、シェフの旦那様に歓迎されつつ着席。で、メニューを拝見
しはじめまいしたら。。。

おや!ラクレットがメニューに増えてる!!

th_IMG_2047_201408301620319ea.jpg


こちらでのチーズメニューと言うとチーズフォンデュ。
ラクレットは、

ALPS
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-3534.html

に行かないと食べられないなー、でもあちらはそれ以外のお料理が。。。。
ってのがあったから、美味しいチーズフォンデュをその他の料理を近くで楽しめる
だけよし、としてたのですが、なんとなんと、これからはラクレットも近くで
食べられる!!!

そしてメニューをよく見てると、日本語のメニュー名がしっかりしてる。
以前もあった気がするけど、ちょっと怪しげなところがあったんだよね(笑)
そして、価格に関して、大体の日本円価格の目安が書かれてある。

          th_IMG_2048_20140830162032db2.jpg
th_IMG_2050.jpg th_IMG_2051_20140830162036cc0.jpg

この日もランチタイムだったけど日本人のお客さんいたし、場所が何てったって
Le Thanh Ton通り。よりニーズを提供してサービスを充実させたんですかね。
すばらしい。この数ヶ月のうちに数回行ったけど何かしら都度、進化している気が。
営業熱心ですね♪

で、ラクレット。
出てくるのはこんな感じ。

th_IMG_2054_20140830162115c23.jpg

ポテトとサラミ数種類がセットになっているようですね。
本来ラクレットというのは「削る」と言うような意味で、チーズの塊を熱し、
溶けた所を削り落としていただく、いわばハイジのチーズのような食べ方のものを
指すのですが、お店で提供する場合にはそれでは効率がよろしくない。
定量も測れないし品質劣化も招きやすいし。

というわけで、チーズは最初からスライスされた物が提供され、それを専用の
鉄板でフツフツと焼きます。するとチーズがとろとろぉっと♪

th_IMG_2056_201408301621156bd.jpg th_IMG_2061.jpg

ALPSさんでは、大きな石焼式器機のセットで下が、こちらはもっとライトな
仕様。焦げ付きにくい加工をされた細長い鉄板の片方側に取っ手が着いてて、
チーズが焼けたらその取っ手を持ち上げ、鉄板全体に傾斜をつけられるように
なっており、溶けたチーズが傾斜の下の方にたらーっと流れて行くと言う塩梅。
チーズが落ちてくる下に具材を乗せた皿をスタンバイしておいてかければ出来上がり♪

ちょっと美味しそうな写真が撮れなかったのであれですがw
こんな感じ。

th_IMG_2059.jpg

こちらのお店のチーズフォンデュは、割と味加減がアッサリ目でタップリ
食べられるのが良い所なんですが、コッテリ派なら、このラクレットをお勧め。
自分のペースで都度焼いて楽しめますから、お酒飲みつつ、のんびり楽しみたい
ってときにも良いですね。フォンデュにしろラクレットにしろ、家でやると
後片付けが大変なので(笑)、お外でこそ楽しみたいメニューですね♪

おお、そういえば今回はお子様も居たので、サーモンのパスタなんて物も
頼んでみました。横取りして食べてみるとw、ショートパスタの茹で方はまぁ
ホーチミン仕様でしたが、ソースは重からず軽からず。粉チーズがついていた
ので、濃厚度はそれで調整する感じ。そしてゴロッゴロ入ったサーモンソテー。

th_IMG_2052.jpg

サーモンって、結構高くないですか、ホーチミン相場。。。
そう言う意味で、こちらも(我が家では)家庭でなかなか買わない食材なので、
個人的にはお外で食べるお料理。って意味で、アリでしたねー(笑)

あと相変わらず奥様の采配が素晴らしい。
数品のお料理を同時に運んで来たとき、スタッフさん達が適当に置こうとしたら、

「お子さんがチーズをつけやすいようにフォンデュは子供側へ
 ラクレットは手が掛かるから、親御さん達の居る大人側へ。
 ソーセージは食べたそうにしているあのお子さんが居る所に先にね」

と、全体を見て的確な采配を…(笑)
全てが客の都合に良いようになるかはその時々で違うかもしれませんが、
少なくとも、お客様に寄り楽しく美味しく過ごしてもらおう、というその
お心遣いが嬉しいですよね。そう言う心持ちがいつもあるから、メニューも
ああやって進化し続けてるんだろうなー。

「子供達が、チーズ、メチャクチャ美味しかったって言ってましたよ!」

と、伝えると、シェフがとても嬉しそうに相好崩して笑ってらしたのが
印象的でした♪ またチーズ好きな方が居たらお連れしようっと♪



***** 2014 May. *****

レタントン通りにあるスカイガーデンやらファミマの並びをハイバーチュン通り
近くにまで行ったところにあるお店。近くにはちぇりの大好きな 

La Cuisine
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-3434.html

があったりします。
二件となりくらいだったかな?

入り口はめっちゃ地味な感じですが、一応電飾のサインボードが出ているので
割と見つけやすいかと。

th_IMG_1709.jpg

入り口にはランチメニューとは別にグランドメニューも置いてあるので、
これ確認してから入ってもいいですね。
ちなみにランチは 160k。この日はサラダにシーバスのメインにデザートですって。
場所柄を考えてもかなりリーズナブル??

         th_IMG_1710.jpg
th_IMG_1711.jpg th_IMG_1712.jpg

メニュー構成はアペタイザーにシュニッツェル(カツレツ)数種類、
チーズフォンデュにお肉料理やステーキ類、デザートと行ったところ。
ランチタイムに行ったのでランチを食べてみたい気もしたけど、全会一致で、

『チーズフォンデュよねっ』

ってことになって、その他チョイチョイ頼みつつ、ワインも頼んで不良主婦w
外観も地味なら1階も地味で、ちょっと外から見ただけだと、あまりそそられないかも
ですが、にかいの通されてみたら、あらキュート♪

th_IMG_1713.jpg

えーっと、チャチといえばチャチですが(笑)、かわいいですよ♪
スイスというと、木目にヴィヴィッドな山景色ってのが相場なのかもですね。
以前、ラクレットを食べに行った、

ALPS
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-3534.html

も、雰囲気似てました♪
で、まずドイツパンとフランスパンがバターと出て来て、ワインをぐびり。
この穀物たっぷりのずっしりパンが旨いのなんの!
ベースがライかな?だから香ばしくて、少しずつを噛み締めて食べてると、
いくらでもワインが飲めちゃいそう!

th_IMG_1717.jpg th_IMG_1718.jpg

ご一緒した主婦友さんが、「これもしかして…」と気づかれたのでお訪ねしてみると、
教会近くのシュナイダーさんとこのパンだそうです。これ、買いに行こう。

で、まずはサラダ。
わーお♪

th_IMG_1719.jpg

中心に生の葉レタスがあるものの、インゲン、カブ、人参、コーンにキドニービーンズ、
ザワークラウとなどなどが、それぞれ違う味付けで和えられて奇麗に盛られた逸品です。
種類が多いし味にバリエーションが多い上に、豆類などの炭水化物系も盛られているので、
3人で食べても満足感が高かった♪ これが180kドン弱くらいだったかな?

お次はソーセージ!!でかい!!
そしてザワークラウトたっぷり!!!

th_IMG_1729.jpg

しかも多分これ、ちゃんと発酵させてるタイプで、ピクルスタイプで
ごまかしたりしていない。且つ、これが仕入れたものであったとしても、
一度温めてくれてるんだよね。愛があるなぁ。。。

ソーセージは脂の多いタイプじゃなかったけど、味が良くて食べ応えあり。
辛くない練りマスタードをたっぷりつけて食べると、またまたワインが進んじゃうー*\(^o^)/*

で、来ましたよ、メインのチーズフォンデュ!!
はい、ドン!!

th_IMG_1723.jpg


フォンデュパンはベトナムチックな陶器鍋だけどw、いやこれいいよね。
色のコントラストもいいし、耐熱性あるから向いてると思うわ。
角切りフランスパンがたくさんついてくるんだけど、茹で芋がないか聞いて、
メニューにあったのかなかったのかしらないけど、新ジャガをゆでてもらいました♪
合うのよねー、これ♪

th_IMG_1732.jpg th_IMG_1730.jpg

フォンデュソースも軽過ぎず重すぎず、ワインの配合も程々で食べやすくて
味わい深い。ちぇり的にはかなり理想のフォンデュソース!!危険や!!!
これでまたまたワインが進むーーーー!!!
やばいっ、誰か止めてーーーーー!!!(←止まる気ないやつw)

ってことで、はふー!!!!
どれもかなりのボリュームで、ぽんぽんパンパン、酔っぱらい!!
もー入らんー!!!!とかいいながら、

『よろしかったらデザート、いかがですか?』

と、店員さん。
やだっ、チョコレートムースがあるじゃない!?
ホーチミンのチョコレートムース、結構当たりが多いのよね!
お値段も、確か300円だか500円だかとお手軽だったので誘惑に負けて、

『チョコレートムース1個頼んでシェアしてもらってもいいですか?』

と同席のお二方にお尋ねしたら、

『キャロットケーキも1個いい?』

と、心強いご提案がwwww
だから好きよ、このお二人w

で、でてきたのがこちら。
ドン!

th_IMG_1735.jpg

でけーよw
これ、一人じゃ絶対食えないだろw
食事直後だったとはいえ、三人でも結構四苦八苦w

味は、チョコ成分はそんなに強く主張してなかったけど、クリームとメレンゲが丁寧に
混ぜ合わされてあって、しっかり冷やされた分、少しスプーンでの取り口は固めに
感じたけれども、大変にまろやか♪ 変にスパイスや香りの強い洋酒をあまり使って
ないので、素直な味で、心地よい口溶け。んまいな。

で、こちらがキャロットケーキ。ドン。

th_IMG_1736.jpg

うぉっほ、アイスクリーム添え♪
その冷たさに対比させるように、ケーキはほんのり温められており、
スパイスや人参の香りが、効果的にふわっと上がってくるようになってる。
パウンド系の様子だったけど、メレンゲを多用したレシピなのか、共立ての
卵をベースにしてるのか、脂っぽさはあんまりなくて、ふか…っとした口当たり。

お口に入れると、ふぉふふぉふとした軽さに含まれた風味が、優しい蒸気と共に
ほわあ…っと広がり、こーりゃ美味しい!!そしてその温かいところに、冷たい
バニラのアイスクリームな。ケーキの油脂分が少ないから、温度のコントラストの中に
味の重さのバランスができてて、いや、お見事お見事。これ美味しいわ。

ってか、この日頼んだ料理全般、デザートまで完璧やん!!
ここはちょっと、ほかのお料理も食べてみたいかも?

シェフは欧米の方らしく、スイスの方かは聞かなかったけど、優しそうな方で、
途中お料理の様子を聞きに来てくれました。ホールの女性は非常にくっきりとした
日本人に聞き取りやすい英語を話してくださる方で、一生懸命な感じ&なにかと
気を使ってくださったので、始終、気持ちよく過ごせました。

3人でワイン2杯ずつ飲んで料理三品、デザート二品。
ボトル入れた方が良かったねー、と話しながらのお会計は1700kドンと、ちょっと
ランチには値が張りましたが、飲んでるからねーw そしてあのクオリティの
お料理だったら大満足! お酒飲まなきゃ、一人350kドンくらいだったから、
めちゃくちゃ高いわけじゃないです。

んで、先にも書きましたが、ランチメニューなら160kで、使い方次第で
お手軽にも、ガッツリディナーにも行かせそうなお店ですね。

いやー、我が家から割と近いんですよ。
こんなお店ができてくれて、めっちゃ嬉しい!
ってか La Cuisine さんと数件隣って、どんなグルメストリートなのよ!!

すてきなお店ができてくれました♪
まだ知名度が低いのか、ランチタイムのお客さん数が少なかったけど、ここはぜひぜひ
知ってもらって活用していただきたい店!! 今度はステーキかカツレツ食べたいー♪


th_IMG_1714.jpg



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Napoly 〜 侮り間違えました(--)/

サイゴン大聖堂裏手に伸びる Pham Ngoc Thach通りに面してあるカフェ。
Napolyっていう名前からイタリアンけいなんだろうなーとは認識してたけど、
類似点名店のイメージがあって、どーーーーも触手が伸びなかった。

でも、ここ結構長くここにあるんだよね。結構な面積を構えてて、維持費だけ
でも結構かかるんじゃなかろうか、と思うのに、潰れもせずやっている。
そんなにわんさか人が入ってるイメージでもないけど、続いてる。

しかし誰からも話を聞かない。
果たしていったいどうなんだろう?と思いつつもなかなか足を向けなかったの
ですが。。。先日の大雨の日。飲みに出ようと言うことだけ決めてたのだけど、
とにかくタクシーが捕まらず、その時いたとこから歩いて行ける範囲でなんとか
しようってことになって、入ってみた。

th_IMG_5064.jpg 

入り口、立派なんだよなー。
暗いし雨の日だったんで全容が掴み難いと思いますが、この写真の上部には
特に夜は煌煌とした明りがともされ実に目立つ。昼は質素なんだけど。
雰囲気はいいんだよ。雰囲気は。でもとにかくイタリアンの話題でこの店の話が
出て来ない(笑) どんなもんじゃろなー、と、ここへ来ても未だ疑ってるw

屋内席入り口にはジェラートのケースが。
なるほど、カフェ使いにまず来てみれば良かったかな。

店内はね、かなり広い。しかも2階席もある。

th_IMG_5073.jpg 

ものすごーく突き詰められたデザインかと言われるとそうじゃないけど、
素敵なグラスたちが豊富にディスプレイとして飾られてたり、随所にお花が
アレンジされてたりと、なかなか素敵。こういう空間がポンっとあるから
贅沢よねー、ベトナムのカフェ。メニューは…

th_IMG_5065.jpg th_IMG_5066_2016100200224062f.jpg

th_IMG_5067_20161002002242a9e.jpg th_IMG_5068.jpg

ごめん。Appetizer とかあるの見て(お、いっちょまえに)とか思ってしまった(笑)
全般に散漫なラインナップでこの時点で見直したとも言えなかったし、メニューを
見たからこその地雷感もやっぱりあったのですが。。。

th_IMG_5078_20161002213440be7.jpg 

おや。なんかシャレたもんが出て来た。
ソーセージをベーコンで巻いたどーしたこーしたてやつだったんだけど、
なにこの「MART(日本の素敵奥さん雑誌)」とかに出てきそうな盛りつけは。
しかもピクルスとオリーブ添え。味も悪くないし充分つまみとして有功。

th_IMG_5079_20161002213442688.jpg 

ソーセージが曲がってしまわない様にか、爪楊枝がど真ん中に刺さったまま
だったのは突っ込み入れたけど(笑)、まぁこれはベトナム文化だ。
揚げるエビの形を整えるため、とか、加熱で変形する食材を均一形に
仕上げる為に、爪楊枝でキープして調理後もそのままって結構あるよね。
日本だと大問題になりそうだ(^^;

んで、もうひとつは何を頼んだかと言いますと…

th_IMG_5074_2016100221343983c.jpg 

パスタ。ボロネーゼ。ホーチミンに来て初めて自分でパスタ頼んだ(笑)
だって皆さんご存知の通り、「悪名高きホーチミンのパスタ」ですもん(笑)
アルデンテに拘るのは(イタリア人を含めても)日本人くらいのもんだというのは
分かっていても、その度を超した緩さ加減に呆れる方が続出と聞いていたし、
なんだったら自分でそこそこのパスタ作れるし…ってことでいままで店で
頼んだ事が無かったのですが…(ひと様が頼んだのを食べた事はあった)

どうせなら盛大にはずしてやろうぜ( ・`ω・´)b
ってことで、頼んでみた(失礼極まりないな君)。
ら。。。

いやん、普通に美味しいやん(・∀・;

あー…極上とは言いません。でも…せやなー。日本で喫茶店に入って頼むパスタ、
っちゅーか、スパゲッティありますやん?ああいう美味しさがあって、アルデンテ
でこそないものの、庶民的な美味しさっちゅーか、休日友達んち遊びにいったら、
お昼にそこのお母さんが作ってくれはった、みたいな美味しさ。まぢか。

金額も…5〜600円くらいやったかいな。お手頃。
んで、気取らんでええし、広々した綺麗なカフェやし、これ、フッとお昼に
思い立って、お喋りやPC作業しにくるにはええんちゃうん?(^^;

うあーーーっ、侮りまくってた。。。
っていうか、そんなに酷かったらホーチミンでそんなに長く続く訳がありません
わな。味でそこまでの評価が高くなくても、何か良い所があったはずやし。
お見それしましたー(´Д` )

まぁ是非にと人に強く勧めるもんでもないし、自分も積極的に二回目行く?と
言われたら、まぁそんなにすぐに強く行きたいとは思わないかもしれませんけど、
悪くなかったですわー。

場所柄、「酷い店じゃない」と知っておくだけでも損にはならんかもしれん。
ってか、今になってジェラートが気になって来た。そうだ、ジェラートならすぐ
にも食べに行ってみたい。ホーチミン、アイスクリームショップはそこそこあっても
ジェラート専門店ってあんまりないもんな。カフェ使いなら更に使い勝手良さそう
だし、そっちで近々行って見るかなー♪


th_IMG_5080_20161002213443c37.jpg 

Napoly
7 Pham Ngoc Thach Q3





にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

Hun Khoi 〜 こんな所にシャレたBBQ店がっ

食の好みがもの凄く会う友達がいて、一緒に開拓してもハズレが
少ないんだけど、お互いが独自に開拓して紹介し合っても、まぁ
ナイスなチョイスな事が多い。

そんな彼女の最新お手柄店がこちら。
正確には彼女の旦那様が見つけてくれたお店だったかな。
Pasteur通りってよく通るけど、13番って、こんな端っこの方には来た事、
あんまりなかったかも!!

th_IMG_4744.jpg 

入り口表に大掛かりなグリルスペースがあって、調理場が外ってとこが
ベトナムチックですがこれ、やっぱり効率いいよなぁ(笑)

th_IMG_4745.jpg 

店内の汚れも防げるし匂いも籠らない。送風は場合によってはいるかも
だけど、換気の必要がないと言うね。すばらしい。

店内はゆとりはあるけど、そんなに広大ってわけでもなく、人の目がよく行き
届く頃合いの広さ。木材を使ったウェスタンチックな雰囲気。この火のお客
さんは、殆どベトナムの方っぽかったけど、外国からのお客さんもちらほら

th_IMG_4751_20160921205342159.jpg 
カウンターに生ビールのサーバーが見えたので迷わずオーダー。
ピッチャーやタワーサイズもあるので、大勢で来た時には活用すると
楽しいかも♪タワービール、なんかテンション上がるんだよね(笑)

th_IMG_4746_20160921205306d9d.jpg 

ビールは一杯35kドンからとリーズナブルです。
この周辺にあるお店のランクと価格はピンキリなので、ビールが一杯
100k近くって所もあったりするのですが(おねえちゃんがたくさん
いるスポーツバーとか)かなりリーズナブルですね♪


th_IMG_4747_20160921205308e3c.jpg 

th_IMG_4748_20160921205309585.jpg

th_IMG_4749.jpg

th_IMG_4750.jpg

サラダやスターター、メインなど、カテゴリー別に明確に分けられてるので
注文し易いですね。店内カウンターの所に自作と思われるメニューのPVが
流れてるので、それを見ながらイメージを見て決めるのもいいかも。

まずは女子らしく(未だ「女子」言うか。。。)サラダ何ぞを頼んでみまして、
クラブミートのサラダってメニューにあったんですよ。日本人的に、ほぐした
カニの身がパラリパラリと乗ってるサラダかなーと思ったら、ちょとt見辛い
いんですが、フレーク状のカニの身に衣をつけて揚げてある(!!)ものが
散らされてた!!

th_IMG_4758_20160921210141d48.jpg 

餓えに乗ってるオレンジ色っぽいのがそれ。
まぁそんな大量に乗ってる訳じゃなく、クルトン的ポジションと言いましょうか、

「すんませんっ、僕、野菜やないんですけど、ちょっとあると面白いかなー
 思て、サラダさんとこおじゃましてみましてん!」

くらいの存在感。でもこれがなかなか効いてるし、カニの身のフレークの唐揚げるて!
斬新!!こっち、カニの身ほぐしたのとか普通に売ってて、且つほぐさねば商品に
ならんような小蟹の身ぃは安かったりしますから、これ家でもやれるかも!
面倒くさそうやけど!!(笑)

サラダに入ってるコーンもサッと火でローストされてまして、これがまた美味しい。
なにげないけど、手間を惜しんでないサラダ。

そしてお次がグリルドチキンウイングのチーズソース添え!
ナチョスの組み合わせをグリルドチキンでっつー、夢の様な共演!!

th_IMG_4755.jpg 

上に乗ってるの、藁、ちゃいますよ。
割いて揚げたレモングラスです。
そんな美味しいもんちゃうのやけど、たまにこういう料理のトッピングとして
使われてて、サクサクの食感のなかに軽ーくレモングラスの香が残ってまして、
意外とこれだけ食べながらビール、とか好きだったりする。油もあるし。

んでチキンなんですが、見る?
見ちゃう?アップで見ちゃう?


th_IMG_4757_20160921210140fb0.jpg

どやーーーーヾ(@⌒▽⌒@)ノ
グリルドなんだけど、焼く前になんか手を入れてるんかな。ちゅるりん、ちゅぽん♪
と身が離れる。美味しい。肉だけどアペタイザー。ジャブにもならん勢いで
あっという間に女子三人に凌駕されてゆく皿。儚い命であった。。。

そしてお目当てだったのがこちらっ。
ラムラックーーーー!!!
ぎゃーーーーーっ、美味しそう!!!(≧∇≦)


th_IMG_4763_201609212101449a5.jpg 

お値段、280kドンでしてん。1400円くらい。
だから2ピースも出てくりゃいいかなーと思ってたんだけど、なんと4本!!!
まぢか!!!ええと…ちょっとええ肉料理屋だと、これ2本で倍額は取られるぞっ。
実質4倍くらいのお値打ち感!

タレ焼きのようになってて味がよく染みてるのと、肉本来の味とそのタレの絡みが
すっげーラインでガチあっててうんまーい!!!その「すっげーライン」ってのが
食べる側にゴリゴリアピールして来るとこじゃなく、めちゃくちゃバランス良いとこ
すぎて、なんというか「当たり前」に食わせる自然さと言うか絶妙さと言うか、
かっこいいさり気なさでね。まぁお見事。

肉質の話もあるんでしょうけど、後口にはフワッとラムの風味が香るんで、味気ない…
もとい、綺麗な味の(笑)ラムばかりを使ってると言うことでもないと思うんですが、
これも調味料とのぶつけ方ですわなぁ。ノイズキャンシステムみたいなもん。
音を封じて聞こえなくするのではなく音に音をぶつけて消す、というあの原理に似てる。

クセの強い素材の料理は、そのくせにどういうクセをぶつけてバランス取るか。
これですわな。そのバランスも、どの線で取るかで料理全体がものすごく強烈に
なるか、穏やかなもんになるかが変わる。

研究されての結果なのか、センスでバーンと決めたもんの結果なのかはしりません
けど、やーーーーーっ、このラム、美味しいっ。これをこんな気軽な値段で、
なんだったら一人でも来れそうなカジュアルなお店で食べられるって、
なんちゅー幸運に恵まれてるんでしょう、ワタクシっ。(お前だけのためではない

ラムはちょっと…という方には、ダック料理もありまして、胸肉のローストと、
レッグローストのチョイスで今回はダックレッグを。

th_IMG_4767_20160921210219de8.jpg 

いや…クセがあるのがあかん、言うてる人に、アヒル勧めてどうすんねんっちゅー
話ですが。。。これがまた。
旨味、すげぇ。。。。

もともとダックは鳥に比べて赤味と言うか、水分が少なめな分旨味が凝縮されており
濃厚な味わいを楽しめるお肉ですが、その分やっぱりクセも強い。私なんぞは好き
なのでそれが旨味とするのですが、それでも「おおっ」と思う香がする事がある。
個体差もあれば調理法もあると思うのですが。。。

ラムに続き、こちらも相当、ダックの味を生かし切ってましたねっ。
これなら普段アヒルはちょっと、と言う人ももしかしたら開眼するかもしれません。
しかし、それでもやっぱり抵抗があるという方には、鳥肉料理や豚肉料理もありました
のでご心配なく。すんません。クセものばっかりのラインナップで。

しっかしうまいなー、ここのグリル料理。なんかまだいけそう(え?
ってことで、こちらも追加。
肉前菜にして肉・肉メインが来てのデザート代わり?(マテ
ラムソーセージ!!

th_IMG_4771.jpg 

うっほー!!!
長くて太っとーい!(*´艸`*)
注文する際、もうメイン2品食べたあとだったので、店員さんが、

「いや、これ結構デカいんですけどホントに大丈夫ですか…?」

って一度断りかけたのを「so what?」と返したはいいが、確かにこれはちょっと
止めるわ(笑) 初手のメインで持って来ても相当頑張らんと食べ切れんかも(笑)

中は結構キメ細かいタイプのフィリング。シャウエッセン的な物とは対局にある
感じなんですが、肌理が細かいと言うだけで混ぜ物のジャマさは感じず、脂は充分
ジュワジュワしていてカレー風味なのもまた美味しい。中国やモンゴルの羊料理
なんかでも、カレーっぽい味に仕上げてあるの、多いし美味しいですよね♪
相性がいんだろうなぁ、羊と。

さすがにこれは半分まで食べてギブアップ。でも持ち帰りをさせてもらえたので
問題無し。ってかそれ見越してたんだけど。

うがーっ。ここ、他の料理もきっと美味しいんだろうなー!!
ハンバーガーとかもあったし、昼間も通しでやってるようだからフラッと1人で
行ってもいいかも。シェアした方が楽しい品もあるけれど、1人で行っても私
あのラム、全然ぺろりと食べれるわ。というか、むしろ食べたい。独り占めして。

ベトナムの人のグリルの上手さには常日頃から感心しきりだったのですが、
この手のBBQのお店、何処もそんな大差ないだろうなと思ってたけど、うん、
差はありそうやね。あまりこの手のお店の件数こなしてないからここの店が
アベレージなんか突出してるのか判断付き難い所ですが、この日食べた料理はどれも
間違いなく美味しかった。あの調味料の合わせや焼きは、家ではできん。
いや、できるかもしれんけどめんどいわ。。。

こらええとこ教えてもろたなぁ。
やっぱり彼女のセレクトに間違いないわ。
これまたもっと大勢で来てワイワイつつくの楽しそうやな♪
鍋や串もええけど、ラムのグリル食べに来たくなったらここ1択ぅ(^・^)


Hun Khoi
13 Pasteur Q1






にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

【移転!】La Bettola 〜 一番お気に入りなイタリアンかも!

読者の方から(しかも日本在住の方からw)情報を頂きました!
La Bettolaさん、移転されたそうです!
住所は、

  82 xuan thuy,tao dien Q2   

情報をくれた方が、ホーチミンに来られるお友達の為に予約の電話をされた際、
移転のお話をお店のかtから聞かれ、移転したら住所を知らせてほしい、
とお願いしていた結果、お店から連絡が来たそうです。

すばらしい。。。
ホーチミン市内に居て、お前は何をやってたんだと。
ホントにこのお店が好きなら、嘆いていてないで電話しろよと。
なにが「しょぼん(´・ω・`)」だ。まず動け、っちゅー話ですな。

いや、申し訳ない。
そして大変助かりました♪
最近は読者の方からオススメのお店を教えてもらったり、閉店だったよ、
と知らせてもらえたり、ほんと助かっています。ご協力頂けてるみなさん、
ありがとうございます。そしてLa Bettolaさん、なくなったのではなくて
よかったヾ(@⌒ー⌒@)ノ

後日、2区のお店にも行ってみたいと思います♪



***** 2016 Sep. ***** 

残念なお知らせが。
本日、こちらのお店に伺おうとした友人より「建物が取り壊されてる!」と。
移転情報等もなかったようで、ローカルの飲食店情報サイトにも告知無し。
ただ、2区に移ったと言う情報がちらほら。詳細を掴めていなくてすみません。

近々どっかで「2区にあったよ!」とご報告できる事を切に願うのであります。。。
しょぼん。。。(´・ω・`)



***** 2015 Aug. *****

なんだかんだでチョイチョイ行ってはいたのですが、
いつも頼む物が同じだったので更新をサボっておりましたw 

今回5ヶ月振りくらいに行ってみたのですが、相変わらずの人気、
そして変わらぬサービスの質と味。うん、安心ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
そして今回は。。。


th_IMG_4811_20150825160855834.jpg


ポルチーニのピザを頼んでみました。
こっれがもーっ、すばらしい!!
家でポルチーニを使うときは感想の物を申し訳程度に使い、料理全体にも
ホンワリと香る程度の使い方しか出来ないのですが(高いもんね…)
ここのはゴリュゴリュ言うほどの歯ごたえ、豊かな香り。それがチーズと
とろけあった時の芳醇さ。

白っ。これは白のケヴェルツェなんかと合わすと至福!
ものっそい幸せな気持ちになれますぞっ(≧∇≦)

ラザニアは安定の美味しさ。
リクエストがあったのでカルボナーラを頼んだけど、これもボチボチ。
ただここのロングパスタは全般に、他の料理よりもインパクトが少ない印象。
充分美味しいんですけれども。

th_IMG_4812_2015082516085607c.jpg th_IMG_4810_2015082516085407e.jpg


そして利いた情報によると、ブッラータチーズを手作りし始めたと利いたので
楽しみにしてたら、どうやら看板メニューのラ・ベットラのモッツァレラを
それに変更してくれるので嬉々としてお願いしたら。。。
やっぱり品切でしたとお詫びが入りました(。-_-。)

th_IMG_4808_2015082516085255e.jpg


というわけでこの日はいつもと変わらぬ、モッツァレラのラ・ベットラ。
フォカッチャは相変わらず素晴らしく美味しく、頃合いの塩気に小麦の香り。
いやはや。ほんとにこれだけでビールなりワインが進むよね。
少人数だとこのプレートだけで結構腹が満ちてしまうのが難点ですが(笑)
頼まずにはいられない。んまいねーっ。

イタリアの定番デザートも文句無し。
料理の精彩さに比べると少しおとなしめのイメージですが、充分美味しい。

th_IMG_4819_20150825161919855.jpg th_IMG_4817_201508251619186a2.jpg

写真はティラミスとパンナコッタ。あと、ジェラートがおいしかった!
パッションフルーツ、マンゴー、バニラ、ストロベリーなど色々ありましたが、
どれも素材の個性がヴィヴィッドに打ち出されてて、舌触りはとても滑らか。
確か1スクープが40kドンくらいだったかしら???安かった記憶が。

th_IMG_4814_20150825162047ac2.jpg

コッテリ甘いデザートは要らないけど、おいしい料理のあとをサッパリジェラートで
締めたいと言う方には特にオススメ。ジェラートなんてありふれてるかなーと思って
たんだけど、これはアリだわ。おいしかった。

うん、まだまだメインディッシュを開拓できていないので、またチョイチョイ行って
みないといけないなー♪



***** 2014 Aug. *****

また行ったんかい!という突っ込みが入りそうですが…(笑)
今回はお子様がご一緒のお友達と訪問。
ベトナム料理も美味しかったみたいだけど、お子様達にはアッサリすぎたのか、

『チーズが食べたい!ピザ!!』

と言うリクエストがあったので(笑)
といって、チェーン店のピザ屋さんに連れて行くのは忍びない。
ってことでこちらへ。お子様連れは少ないお店ではありますが、お店の方は
逐一気を配って下さって、安心でしたねー。小さいお子様用の椅子こそあるか
どうかはわかりませんが(小学生中学年以上数名だったので)…

冷房の風を寒そうに受けてるこの様子をめざとく見つけては温度を調整
してくれる、子供が受け付けそうな飲み物のチョイスを可能な限り広げよう
としてくれる、メニューのチョイスを相談した際に、子供も食べられるものを
という配慮を加えてくれる。結構大人な雰囲気の店だし、実際あまり子供さんの
姿を見た事が無かったのでちょっと心配だったのですが、こちらが期待する以上
に丁寧な対応をしてくれましたね。この手のお店には子連れを敬遠される経験が
過去に何度かあったので(ベトナム以外の国で)ちょっとホッとしました♪

料理はいつもとほぼ同じ物を頼んだのですが、お店がお勧めしてくれた
『ラザニア』。これが初トライメニューですっごく美味しかったので追記♪

th_IMG_1977.jpg

赤身肉の荒めひき肉が肉肉しいトマトソースと、もーっぷりとした食感の
チーズとクリームソース。実に実にまろやかで、お口の中が取っても幸せ♡
ボリュームがあったので1人で食べるとしたらこれ1品でお腹いっぱいに
なっちゃいそうですが(笑)、こんな各々の素材の美味しさが「渾然一体」
となったラザニアは初めて食べたかもしれない♪さすが店がお勧めするだけの
ことはある♪

こちらの店、小麦を使った生地もの…フォカッチャやピザがおいしいので、
パスタ類はついつい後回し、または量のサポート的に頼む事が多かったのですが、
これは侮れない。ラザニアがあれだけ美味しいなら他のパスタも期待できるかも。
チラと、他のお客さんが食べてたのを横目に見た限りでは、フェトチーネとか
美味しそうだった( ̄¬ ̄)

パスタ、オリジナルらしいしなー。
いやー、短期間にかなり通ってるお店ですが、興味が尽きませんな♪

新トライメニューが美味しかったのと、子供産らへの対応がとてもよかったので
ご報告。うん、書いてたらもうまた行きたくなってしまった(笑)
白い粉の魔力、だのー(^^;



***** 2014 Jul. *****

はい、二度目の訪問です。
前回と同じランチタイム。わーーーー、お客さんがいっぱい!!

前回と同じ二階席に通されたのですが、入った時こそ数組だったけど、
10組くらいのお客さんですぐに埋まった!!欧米の方も多かったけど、
ローカルのお客さんもけっこういたな。お店側としてはローカルの方も取り込める
ようにってどこかで言われてたの読んだ気がしたから、順調に理想に近づいて
おられるのかも♪


th_IMG_1759.jpg

前回と同じく、これは外せない、ラ・ベットラ。
店名を冠した、フォカッチャと自家製モッツァレラ、豚肉料理とルッコラの一品。
お客さん多すぎて盛りつけるプレートが前回と違っててちょっと雰囲気変わってるけど、
お味は相変わらずのおいしさ♪

th_IMG_1762.jpg th_IMG_1761.jpg

今回はリゾットとトマトソースのパスタも頼んでみました♪
サフランをタップリ使ったリゾットはチーズの風味も満点で、
米料理なんだけど、お酒のアテにもなりそうでしたよ(笑)
トマトソースとバジルのパスタは、ご多分に漏れずアルデンテではありませんでしたが(笑)
表面が少しざらついててソースが良く絡んだムチぷりタイプ。

デザートは今回はティラミスを初めて食べてみました♪
プラス、前回のクレープが忘れられないという方が居たので、そちらも注文。

th_IMG_1766_20140821162350be5.jpg th_IMG_1765.jpg

あら、クレープはちょっとデコレーションが変わってますね♪
味は変わらず美味しかったのだけど、前菜の皿の盛りつけといい、
マイナーチェンジシェフの気分で結構チョイチョイあってるのかも?

そして今回は食後にリモンチェッロの振舞ではなく、マカロンが出て来ました♪
フレンチスタイルなシェルにしっかりとしたピエも立ってて美味しかったのですが
もうデザートもかなり無理目に詰め込んだ感じだったので、一生懸命頂きました(笑)

それにしても、盛況だったなー。
4P'sさんみたいに思い立っても直ぐ行けなくて予約取らなくても入れるのが良いね!
って言ってたけど、こりゃーこの先わかんないね。オープン間もなくでこの混雑具合。
この日がたまたまだったのかもしれないけど、明らかに数週間前に行った時とは活気が
違う気がしました♪

イタリアン食べてみたいなーと思われることがあったら、
ぜひぜひトライしてみてくださいませ♪


***** 2014 Jul. *****

スイス料理や西アフリカ料理などが並ぶ Ho Tung Mau 通りに新しく
イタリアンレストランが出来ました! 

って、行ってみたら以前行った事があるお店だった。。。
悪くはなかったんだけど、ちょっと残念なお店だったから、
記事を書いたか書いてなかったかすらもちょっとあやふや…(^^;

ま、個人的にはあまり推し尚店じゃなかったので、新規のこちらのお店に期待♡
ってことで、こちら。

th_IMG_3896.jpg th_IMG_3898.jpg

うんうん、間違いない(笑) 
通されたら部屋の造りが同じでした(笑)
1階はちょっと雑っとしてますが、二階、中二階は、こじんまりながらも最高が良く、
なかなか気持ちよい空間です♪

入り口には。。。


th_IMG_3897.jpg


おお!!石釜が!!
4P‘sさんにも石釜があって存分にその威力を発揮されてましたが、こちらにも♪
これは期待できますね♪

ワインは割とお手頃価格からあるようです。グラスだったら90kドンから。
しかもそれがけっこうグラスにタップリ次がれててご満悦(笑)

th_IMG_3902.jpg th_IMG_3903.jpg

で、突き出しに出されてたチーズ?薄い生地?のパリッパリしたのが、すっごい美味しい!
塩気がピキ!と効いててですね、もう「ハイ飲んでー飲んでー、ぐっと飲んでー♪」と
言わんばかり(笑) はいはい、言われなくても飲みますよー(*´艸`*)

190kドンのランチセットもあるそうですが、この日は3人居たのでアラカルトをシェア
することに。サラダはどれにしよう。。。と選んでたら。。。

th_IMG_3900.jpg th_IMG_3899.jpg

『La Bettolaという店名が着いたアペタイザーがおススメですよ!』

という。後の二品はパスタとピザにするつもりで、ちょっと葉っぱ物が欲しかったのですが、
葉っぱ物のサラダは3人でシェアするにはちょっと少ないんじゃないかというアドバイス。
でも葉っぱ欲しいなーと思いつつ、一旦考え直したのですが、とても感じ良く勧めてもらった
ので、そのイチオシメニューを注文。そしたらこれが大当たり! ドン!

th_IMG_3904.jpg

おおおーーー!!
グリーンは予想通り少なめだったけど、薄切り豚肉の。。。アレは何だろう。
ハムじゃないけど、ソミュールかなにかで仕込んでるのかな?
食感は茹で蓋っぽいんだけど、塩味がしっかりしてて、でも超絶薄切りだから
クドくない。でも脂美味しい!!ひゃー!!!(>▽<)

ジェノベーゼがちょっとかかったモッツァレラはミルキーだし、たっぷりと盛り合わせ
られてるフォカッチャがまた。。。絶妙な塩加減。表面の焦げの香ばしさ。モッチモチの
噛み応え。ちぇり、あんまりモチモチ生地って好まないんですよ。口の中で団子になるし、
胃にも重い。でもここの生地は真剣に美味い!ああ、モチモチして美味しいってのは
こう言う生地の事を言うのかな、と、改めて。チーズも手作りされているときいたけど、
このモッツァレラもお手製かなぁ?今度行ったら聞いてみよう♪

お継ぎはパスタ。手打ちの生パスタなんですよー♪
はい、ドン♪

th_IMG_3905.jpg

おっほ!エビやらイカ、アサリ?ハマグリ?やらがゴロッゴロ♪
トマトソースもかなりリッチなレシピみたいで、テーブルに置かれただけで濃厚な
トマトと魚介の香りが立ち上がってくる!!!しかも。。。

麺がむちっとプリッと♡
生なので、アルデンテ的な食感は出せませんが、生麺特有の熟女のようなムッチリ感が♡
今回のはリングイネ的な細さと薄さの物だったので、歯ごたえも重過ぎなくて小気味良い。
んまっt(^0^)

そしてピザー!
さきほどのフォカッチャから推察するに、相当期待できた訳ですが。。。

th_IMG_3906.jpg

ひゃっほーい!ヾ(@⌒▽⌒@)ノ
もう間違いないねっ、香ばしそうに焦げた部分、立ち上るチーズの香り。トマトソースの
美味しさはさっきのパスタで証明済みだし、もう食べるのが待ち遠しい待ち遠しい♡

で、食べたら。。。はいはい、言う間でもありませんが美味しかったですよー♪
オリーブオイルをタップリかけて滴らせながら啜るようにモグモグもっちゅり。
不思議だなー。生地、こんなにモチモチしてるのに、ちっとも重たく感じない。
美味いものって、胃袋広げる効果があるよねっ(責任転嫁っ)

いやー、美味しかったねーっ、本当に美味しかったねー!とクドいくらい繰り返し
つつ食後の余韻に浸ってましたら。。

『食後にデザートかお飲物はいかがですか?』

………お腹はいっぱい。。。でも断れない(^^;
だってあんなに美味しいお料理を出すお店だよ?
一体どんなスイーツが待っているかと思うと、断れる訳なんてないじゃないですかっw

ってことで、まずはラテとショコラムース。
先日、2区Mecong Merchant のチョコレートプディングも絶賛したばかりですが、
いやー。。。こっ、これも捨てがたいw 

th_IMG_3910.jpg th_IMG_3912.jpg

ラテに着いてたチョコレートかけのアイスボックスクッキーもサックサクで美味しいの♪
ってか、このクッキーがあるならスイーツは要らなかった気もするけど、いや、
このチョコムースは食べといてよかったか。

チョコとホワイトチョコに種類のムースがコッテリ盛られてるのだけど、
とてもクリーミーで、ムースだから口溶けはいいのだけど、風味はこーっくり。
んまぁぁぁい!!

で、もう一品はクレープ。Crepe alla Nutella というやつでした。
Nutella ってなんぞ?と思って調べてみたら、ヘーゼルナッツの粉末や諸々を
ペースト状にしてチョコレート風味にしたスプレッドらしい。間違いなく、
よく寝かされた生地のモッチリもちもちクレープ生地の中には、たっぷりとその
Nutellaが。。。

すっごい。。。すっごいゴージャスなんだけど、かなぁりヘヴィなので
お気をつけ下さい(^^; この時は一人1皿頼んでたので結構苦戦w 
3人で1皿をシェアしてもよかったかもww

ってか、この皿だけでランチ代わりになりそうな。。。
カロリーは間違いなくランチ分はありそうだしwww

あー、でもやっぱり頼んで良かった!
やっぱりスイーツまで美味しい!!!
ふう、満腹!と思ってたら。。。

「もしよろしければ、当店特製のリモンチェッロを振る舞わせてもらえませんか?」

はい、喜んでー!ヾ(@⌒ー⌒@)ノ ←遠慮と言う言葉を知らない。。。

これ、ホーチミンのお店ではよくありますよね。リモンチェッロだったりアマレット
だったり、お店に寄って種類は色々だけど、デザート酒みたいなのをごちそうしてくれるの♪
本場のイタリアとかもそうなんだよって、行った事ある人に教えてもらった♪
なんて素敵な習慣なんだ(笑)

th_IMG_3909.jpg th_IMG_3917.jpg

リモンチェッロと言うのはイタリアのリキュールで、かなり度数の強い無色の、
できるだけエタノールと水を混ぜただけの物が理想とされる強烈なお酒に
レモンと甘みを加えて作ったアルコール度数30度くらいはあるおお酒。
なのでショットグラスでちょっとだけ♪ ってか、アルコールの強さよりも
甘さがすごいので、カキ氷にかけたくなる。。。(笑)

いやー、もう最初から最後まで大ヒット。
ホーチミンのイタリアンの中ではちぇり、ダントツに好きかも。
まだ3品しか食べれてなくて、肉とか魚とかの評価が出来てないのがアレですが、
ピザも最強かもしれない。ってか、フォカッチャ!!!もうこれは一緒に行った
人にも大大大好評だったし、実際、いーワインのつまみに。。。。(笑)

お店も自信があるんでしょうね。フォカッチャだけでも4種類くらいメニューありましたから。
ここのお店だったら、カルツォーネとかも美味しいだろーなー。

是非また行きたい。直ぐ行きたい。
他の方にもたくさん行って頂きたい!!!
あ、デリバリーも出来るそうですよ。家のみのとき、これ、最高ですね!
ダントツにお勧めのお店。是非ご賞味あれーヾ(@⌒ー⌒@)ノ

th_IMG_3915.jpg
th_IMG_3916.jpg
sidetitleプロフィールsidetitle

Author:ちぇり
FC2ブログへようこそ!

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleブログ村PVランキングsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR