Di Ly Banh Da Cua 〜 カニ麺屋さん♪

先日ご紹介したカフェのM2Cさん。
こちらのビストロがDong Khoi市場にあるというので行ってみたら…

あらま。
お店がない(・∀・;
代わりに。。。

th_IMG_0658_20170322005541f24.jpg 

細っそいけどめちゃくちゃオサレな雰囲気の入り口!
そして分かり易い。このお店のメインはBanh Da Cua!

th_IMG_0660_201703220055434a0.jpg 

そう言えばこちらのブログでも一度専門店を紹介させて頂きましたが、
意外に見かける事が少ない料理。総合ベトナム料理店の1メニューと
しては置いてる所があるかもですが、多分その1件以外は私も紹介
できていないんじゃないかなぁ。

そして細い間口の次は細ぉい通路を奥に入って行き、更に2階に上がって
やっと店舗です(笑) 

th_IMG_0661_20170322005544010.jpg 

Dong Khoi通り側にはベランダ席もありますが、当然屋内、
エアコンの効いたお席を選択。最近暑いもんね、日中(・∀・;

th_IMG_0663_20170322005545389.jpg 

お店全体は細長い感じで、以前写真で見てた、本来行きたかった
M2Cのビストロさんと同じ間取り。。店内にM2Cさんの名刺も置いたままに
なってたし、某食べ物サイトでググったら、グループ店舗表示の中にこちらの
お店があったので、多分オーナーは変わらず居抜きで方向性を変えたって
ことなんですかね。

th_IMG_0675.jpg 

ビストロもけっこう評判よかったので楽しみにしてたんだけども
まぁ、これはこれで。Banh Da Cuaって自分的には貴重だし。

th_IMG_0666_20170322005548c9b.jpg th_IMG_0667_20170322005549e35.jpg

th_IMG_0668_20170322005551d1a.jpg th_IMG_0669_201703220055529e5.jpg

麺料理が基本ですが、トップページと2ページ目に一品ずつある
だけで、他は一品料理がチラホラ。かなり絞り込んでます。
でもこの規模の店ならその方が信頼できる。あまり手広い品書きを
見ると、ちょっと不安になるもんな(・∀・;

th_IMG_0671_20170322005554327.jpg th_IMG_0672_201703220055568cf.jpg

春巻き等の一品料理もあるので、場所柄旅行者狙いなのは承知。
価格もそこそこお高いです。でもローカルに比べればってお話なので、
利便性と清潔さ、そしてお洒落さを優先する人には問題ない選択肢
になると思われ。

もちろん、味も悪くなかったですよ!
Banh Cuon(蒸し春巻き)を頼んだらこの日は品切だと言うので
生春巻きを。

th_IMG_0676_20170322005601e4c.jpg

最近滅多に頼んでなかったのですが、ここのは巻き立て(皮が湿らせたて)
って感じで、レタスがたくさん入っており、ほぼサラダ代わりといった
風情でシャクシャク完食。シャクシャク。

th_IMG_0677_201703220056026ad.jpg 

キノコの煮物とスープがセットになったプレートもあり、
こちらはもっとヘルシーですね。若干のお肉も入っていた様ですが、
女子飯・カフェ飯・極まれりな感じ。でもこちらのキノコは味が
濃いし、お醤油の風味が程よくって、汁ごとご飯にかけてたべたら
美味しそう!

th_IMG_0679.jpg 

これを頼んだ居候クンはお行儀が良いのでそんなことはしてなかった
けど、ちぇりなら確実にぶっかけるw ベトナムはご飯におかずのお汁
かけて食べるの、お行儀悪いことにはならないって聞いてます( ・`ω・´)b

私はこちらのお店の主力のBanh Da Cua。

th_IMG_0680_2017032200560577f.jpg 

うおーっ。真上ショットは勇気要るなーw
食べ物写真サイトとか見てるとやたらにみんなやっているから
真似て見た。けどヘタクソだからつまんねーなーwww

Banh Da Cua とは、サトウキビで色付けしてある、少し茶味かかった
色の太平ペロペロ麺が特徴的。これは一度感想させてるものを使うことが
殆どの様子。と言って得に強いコシがあるってわけじゃないけど、ペロペロ。


th_IMG_0682_2017032201105325f.jpg 

もしくはピロピロ。
勢い良く啜ると口元でベチベチするやつ。
ペロペロやピロピロの麺は正義( ・`ω・´)b

th_IMG_0683_20170322011054110.jpg 

お出汁は小さなカニを殻ごとすり潰して良く炊き込み濾したもの。
手がかかってる。恐らくは中心に乗ってるもんの様な状態にした
カニが炊き込まれるのだろうけど、ご心配なく。トッピングとして
乗ってるのは、チャンと可食部分のみのすり身になってます(笑)

th_IMG_0684_201703220110557fb.jpg th_IMG_0685_2017032201105655d.jpg

トッピングが賑やかで、すり身のようなものから、葉っぱで
巻いてるミンチ肉(多分貝が入ってるやつかな?)揚げ天などなど、
結構なボリューム。おつゆが結構しっかり味で、私がこれまで食べて
来たBanh Da Cuaの中では一番分かり易い味だったかも。

まぁ場所が場所なんで、他所の土地の人にも分かり易い味が求め
られた結果なんですかね。気持ち、もうちょっと薄めの所にチリを
効かせて食べたい肝しましたが、十分美味しい。

th_IMG_0674_20170322005557134.jpg 

ってか、この街中にBanh Da Cuaを主力としたお店ができるって、
これなかなか素晴らしい事じゃなかろうか。まぁ旅行者の方に、
こういう麺料理もあるんですよってことを認識してもらう必要は
あるし、できれば1階の入り口で写真入りメニューを置くなどして
もうちょっとアピールした方が良いとは思いますが…

今回この3品で200kドンちょっと。
ローカルに比べれば高いとは言え、悪くない金額。2人で千円だもの。
しかもこの場所だもの。しかもしかも、この界隈ではレアな部類の
料理だもの。

アリじゃないですかね(^・^)
ってか、自分的にはすごく嬉しいBanh Da Cua。
家でやれって言われても、無理じゃないけど「ヤダ」って思う
手間がかかってるお料理だけに、まだ食べた事が無い人は、
ぜひとも食べてみてほしいです♪


Di Ly Banh Da Cua
103 Dong Khoi Q1



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ


☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★

      <予約請け負い、応じかねます 
      更新!(バックナンバーでご覧頂けます) 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】

☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★


スポンサーサイト

Ralf's Artisan Gelato 〜 ジェラート専門店♪

ちょっと下打合せ先の方から聞いて行ってみました♪
なんと、愛するMaison Marouのすぐ近く♪

th_IMG_0687.jpg 

周りにはあまり分かり易い飲食店がないので、ちょーっと地味に見えますが、
逆に、ジェラートショップとか他にないから見つけ易いかな?

店内に入ると、すぐ左手にジェラート群っ。
バニラ、ショコラ、ラムレーズンなど、フルーツ以外のモチーフも
色々。パッションフルーツやココナツはあったけど、意外と、
南国のフルーツは少なめだったかな?

th_IMG_0688.jpg

価格は1スクープ、40kドン。200円。
もうちょっとするかなーと思ったけど、割とリーズナブル?
いや、物価上は安くないと思うけど(ヘタしたら麺料理2杯食べれるw)
専門店としてはアリな価格かも(・∀・)

th_IMG_0691.jpg 

2階席もあった様ですが、1階はこじんまりとしたスペース。
いかにもちょっとしたイートインといった程度ですが、お花や絵が飾られてて
おもてなしの心は感じます♪

th_IMG_0696.jpg

今回は食後と言うこともあって、シンプルなスクープだけを頂きました。
ストロベリーとラムレーズン!

th_IMG_0698.jpg 

ストロベリーはかなりリアルなイチゴ味。酸味が強くて、イチゴの
風味が鮮やかで、クリーム類が多く含まれるアイスクリームには
ないリアル感がジェラートの本懐。うまし。

一方ラムレーズンはラムレーズンとして全うしていましたが、
結構クリーミーだったので、これはアイスクリームで食べても良かったかな?w

th_IMG_0699.jpg

蓮茶がついてくる所がベトナムよねー♪
これがまたさっぱりしてて良いんだわ。
あのお値段でお茶付きとなると、ますますお得。

また添えられてるイタリアンウェハースがゴマ風味なの(^・^)

th_IMG_0700.jpg 

ゴマ風味がどういう効果をもたらすかと言うと、クリーミーな
タイプのジェラートとは脂の部分で共通するし、さっぱりな
フルーツ系のジェラートには、途中で温度の舌休めとしてだけじゃなく、
舌にコクをもたらす事で「飽きる」ことを防いでくれるんですね。

あっさりしたウェハースであるだけでも、随分と気分転換にはなる
と思うのですが、そこに一工夫してある所がこだわりですなー。

今回の2品だけではこちらの真髄を語ることはできませんが、
2品の味から真摯な感じは受け取りました。

ってか…

th_IMG_0704.jpg 

よく見てなかったんですが、パフェ類が豊富!
バナナスプリットとか、小腹空いてるとき絶対食べたいやんなぁ(・∀・)
チョコレートサンデーとか、フルーツのジェラートと合わせてくれたら
美味しいかも。フルーツの味をダイレクト&ヴィヴィッドに出してきて
るから、きっと合うんじゃないかと思う。

th_IMG_0705.jpg 

あと飲み物類も充実なのねー。
ソフトドリンク類20kドンって、安い(^^;
モクテルのモヒートとかもあるんで、これ、フルーツジェラートと
合わせると美味しそうだな。できれば酒が入っててほしいけどw

th_IMG_0706_201703220000599c2.jpg

酒入りカクテルの方はチョイスは少なかったけど、
大好物のコーヒー+ベイリーズのやつがあった♪
ショコラジェラートと合わせてみてはいかがでしょうかっ( ・`ω・´)b

ゴージャスな店内とかじゃないので、リラクゼーションを求めて
行く感じではありませんが、ジェラート。言われてみれば専門店
って、そんなにたくさん聞かない気がする。あと、この周辺って
個人的に未開拓なので、リストには加えておきたいお店ではありました。

どですか。
これからの暑くなって行く季節にサッパリジェラート。
お楽しみあれ♪


Ralf's Artisan Gelato
39 Đặng Thị Nhu Q1




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ


☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★

      <予約請け負い、応じかねます 
      更新!(バックナンバーでご覧頂けます) 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】

☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★


Kampung Malayu 〜 美味しいロティチャナイ!

居候クンとご飯に行こうって話になり、どこに使用か検討して、
「マレーシア料理に行こう」ということになり探した所、
こちらがヒット。でも情報としてはあまり芳しくない感じ。

ただメニューが気になったので、美味しくなかったらとっとと
河岸を変えればいいよね、くらいの気楽さで出陣。

th_IMG_0394_20170316015013bc5.jpg 

って、ここ、Cat Tuong http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-3361.html
の並びだし、数件隣じゃんかっ。知らんかった(´⊙ω⊙`)
ちょっと身辛いけど、Selamat Datang (セラマッ・ダタン)は
いらっしゃいませの意味。店名より明確に、こちらがマレーシア
料理のお店だと物語ってますな(^・^)

しかも。。。

th_IMG_0395.jpg 

おーーー!!!
店先のオープンスペースでロッティチャナイ、焼きよる!!!
すごい!!ライブじゃん!!焼き立てが食べられるってことじゃん!(≧∇≦)

ロッティチャナイ、生地を寝かせて程よく発酵させたあと、
ご覧のように向こうが透けるほど薄く薄く伸ばし、ギーを塗りながら
折り畳みつつ焼く、パイのパン生地版みたいな食べ物。

家で作るにはとても手間がかかるので自作するのは大変だし、
冷凍の物では美味しいものに中々出会えないしで、食べられる
マレーシア国外のお店はとっても貴重。まさかこちらにあったとは!

th_IMG_0396.jpg 

で、ムスリムの方達が楽しめるようにハラルではあるけど、料理内容
としてはハラル素材を使ったベトナム料理もあり、マレーシア、
シンガポール、インド料理と取り揃えている様子。

ま、ベトナムはともかく、その他の国の料理はマレーシア本国に
当たり前にあって、それぞれにアレンジがかかっており、インディアン
だったりシンガポールであったりしても、マレーシア料理と言えなくも
ないから、このカテゴライズは当然ですな。

th_IMG_0397.jpg

でーっ、ロッティチャナイ!!
プレーンなものからスイートなもの等色々あるけど、今回は
チキンカレー付きのものを。スプーンとナイフ、ではなくフォーク
を合わせるのがマレーシア流。ですが、まぁ、手でちぎって食べる
のもあり。ホントは右手しか使わないけどね。

th_IMG_0400_20170316015018f07.jpg

見てーっ。さっき言ったみたいに、パイの様な層を作りながらも
しっとりとしたテクスチャーで、焼き上げたあと、クシュ!って
横から包むように押してこうして空気を含ませるんだよね。

本来はギーっていう牛の脂を使うんだけど、こちらの場合は
マーガリン。その香りがまたチープでよろしい!w
お味も。。。うんうん、焼きたてってのも手伝って、美味しい
美味しい!!久しぶりのロッティチャナイ、感激!!

そしてレンダン。
ほんとはマトンを食べたかったんだけど、この日は品切で
チキンに変更。他にはビーフの選択肢あり。

th_IMG_0401_20170316015019fe8.jpg 

擂り下ろした玉ねぎや生姜、ニンニク、少量のココナツミルク、
スパイス類で鶏肉を蒸し煮にしてシッカリとエクストラクトを
出した後に更にココナツミルクを足して煮詰める料理。

マレーシアではお祝いの時には欠かせないお料理だったかと。
って、まぁ普段から食べてたけれども。
フレンチのシュエと呼ばれる手法にも似たこの調理法は
私の後々の煮物のレシピにも多用している美味しい作り方。
マレーシア滞在時代に教えてくれた「隣のおばちゃん」には
いまもとても感謝している。

そして、サテ。

th_IMG_0403.jpg 

スパイスで下味をつけた鶏肉やマトン、ビーフを串焼き。
マレーシア風焼鳥、とか言われることあるけど、味わいは全く別。
特にソースは、ピーナツをベースとした甘辛コックリだれで、
さっぱりとした鶏肉にも合い、しっかり味のビーフやマトンにも
堂々と対抗出来る絶妙な立ち位置の味。

これ、日本の焼鳥屋さんでも、塩・タレ・サテって、
ラインナップに加えたら、手間は同じでメニューの幅が広がる
のになと常々思う(それもう違う料理だからw)

なにが良かったって、マレーシア料理初体験の居候クンが
どの料理も痛く気に入り、且つ、ココナツミルク苦手だと言ってた
割には、どれもぺろりと食べてた事。まぁココナツ風味が全面に
出てる感じじゃないからってのもあるんだろうけど、調理法に
よってはココナツミルクを使っててもOK、と知れたのは
彼にとってよかったんではなかろうか♪

ホールにはベトナムの方もいましたが、仕切っておられたのが
マレーシアの女性で、おそらくはキッチンもマレーの方がやって
らっしゃるのではないかなぁ、と。

店名のKampungは「田舎」、Malayuは「マレーの」と言う意味。
つまり、「マレーの田舎料理のお店」と言った意味合いなんで
しょうか。その名の通り、豪奢でも特別でもないけれど、
マレーシアの日常ご飯が安定したレベルで楽しめるお店と見ました。

ホーチミンに旅行で来られたりお住まいになってるマレーシアの
皆さんには、憩いのお見せになってるんじゃないかなー。実際
常連さんと思しき方もいらっしゃったし。
なんにしても、とても良いっ( ・`ω・´)b

オーダーに必要な簡単なやり取りは、久しぶりのマレー語で。
そんなに喋れるわけじゃないけど、キュートなマレー語を
使える場所があるのは嬉しい♪もちょっとおさらいしてから
今度はもちょっと話せるようになって行こう。

以前にも一件、マレー料理屋さんを紹介した事がありましたが、
こちらもなかなか♪良いチョイスが増えましたー(^・^)



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ


☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★

      お陽さまが宿るカフェ 
      更新!(バックナンバーでご覧頂けます) 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】

☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★


M2C 〜 いまさらですが。。。

あっちこっちにできていて、Foodyさんによると、
市内に5店舗くらいあるのかな?未登録店があれば
もうちょっとあることになりますが。。。

目立つ所にあるので、けっこう行かれてる方も多いじゃないかと思います。
当初見かけた店舗が、かなり路上店に近い感じで、そのイメージが
尾を引いており、私は最近まで行っていなかったのですが。。。
(別に路上店が嫌いと言うわけじゃないのですが、PC作業とか
 しにくいので、事実上、使えないお店だと認識していた)

th_IMG_0367_2017031600462000f.jpg 

しかぁし、先日付近のカフェで待ち合わせをしてたら、そのカフェがオープン
予定時間に空いておらず。。。急遽近くにあったこちらのカフェに飛び込んだ
次第。そしたら。。。

th_IMG_0384_2017031600463646a.jpg 

th_IMG_0374.jpg 

おそらく居抜き状態のにちょっと手を加えた感じなんだろうけど、
おっされじゃん(・∀・; 屋外席もあるけど屋内席も充実してて良い感じ。
且つ。。。

th_IMG_0369_201703160046225cf.jpg 

いやん、朝食メニューとか65k均一だけど、ドリンク付きでお得じゃない?
しかもフォーとかブンボーとかじゃに、ちょっと捻りが入った麺メニュー。
いーじゃない?(^・^)

th_IMG_0371.jpg 

そのほかにもシャレたドリンクがあったり、スイーツ類も結構充実
しているらしい。こちらは味を確認してないので何とも言えませんが、
チョイスとしては悪くない。

th_IMG_0372.jpg 

ドリンクはフリーの割に色々あるし、良く良く見てみるとメニューに
日本語もあって分かり易い♪ ここ、Pasteur寄りの Ly Tu Tron通りに
あって便利だから観光客も来易いのかな。

フリードリンクの中のフルーツジュースとしてスイカジュースを
チョイスしているのも個人的には得点高しっ。私、日本に居る頃、
夏はトウモロコシとスイカと素麺で生きてたからなっ。


th_IMG_0375.jpg th_IMG_0377_2017031600462952e.jpg

なにはともあれ、ちゃんとマーケティングして対応しているお店らしい。
ってか、じゃないと数店舗も出せないか(^^)ゞ

頼んでみたのは海老のスープビーフンと、ウナギのトッピングの春雨麺。
この海老スープの麺が美味しかった!

th_IMG_0378_20170316004630326.jpg 

具材を着けて食べるように、サテトム(海老のピリ辛調味料)が
ついて来てたんだけど、それをもうスープの中にブチこんじゃって、
更に海老度アップさせて頂くと美味しかった(^・^)

それに見て。

th_IMG_0381_2017031600463451e.jpg 

この店に限った事じゃないんだけれども、海老の口先の固い所が切ってある。
あそこ、齧り付くにしても手で触るにしても、危険なんです。かなり鋭利。
といって、頭をハズしてしまうと、美味しい所がないなってしまう。

出汁を取るにしても齧るにしても、海老の頭って、旨味がとても詰まって
いるとこ。それはベトナムの方も重々承知で、いつぞやはベトナムの
居酒屋さんで、頭まで食べるのが面倒だからと、殻入れにポイポイ
入れてた所(私は何も残らなくなるまで食べてましたがw)、

「ここが美味いんじゃねーか!食べろ食べろ!」

と、皿に戻された程(笑)
なのでこういう麺のトピングとして入ってる場合等は、危険な部分は
切り落とし,美味しい部分は残すと言う手間をかけて下さっている。
素晴らしい。愛がある。食材への敬意があるよね。本人達には多分
当然のことで、そんな意識もないくらいに当然なのかもしれないけど。

th_IMG_0380_20170316004632e31.jpg 

こちらのウナギの麺の方は、どんなにコッテリしてるのかと思ったら、
日本のにゅうめん的なアッサリさ。とてもしっかりしたお出汁だけども
塩気が強い訳じゃなく,旨味で食わせるまさに「出汁」。

ウナギと言っても、細く切って下味を漬け揚げたウナギが乗ってるって
話で、別にウナギから出汁を取ってるわけじゃないですw

th_IMG_0382_20170316004636c77.jpg 

このウナギ、出汁に浸けずにそのまま食べたら、いい酒のアテに
なるだろうなーって香ばしさ。これが多少アクセントにはなりますが、
全体としてはとても穏やかでサラリとお腹に収まる一杯。

th_IMG_0383_20170316010207fc7.jpg 

茹でて最初にドンブリに入れられてた結果、ひと塊になってた
春雨には驚きましたがw まぁ、それもスープの中でくしゅくしゅ
したら、すぐにほどける。色がグレーで見慣れない春雨でしたが、
太目でちゅるりと食べ応えがあり、でも胃には優しく朝食に最適。

良いね、やっぱりベトナム麺。
優しいわ、身体に、舌に。

しかしそれにしても。。。
グランドメニューにもフードがたくさんありましてね?
ビックリしました。ここ、路上カフェの延長くらいと思ってたのに、
めっちゃ充実。フードもドリンクメニューもどっちも。

って、話をしてたら、

「Dong Khoi通りにビストロもあるんですよー!」

との情報が!!
カフェが当たるとビストロを出す、という最近よくある流れの中の
一件のようです。行った方の感想によると、

「侮り難し、ベトナムっ( ・`ω・´)b」

と思われたとか。
確かにホーチミンのカフェ飯恐るべしだからなぁ。
今度ぜひともお食事をしに行ってみようと思います♪
使い易いカフェがまた1つ増えましたー(^・^)



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ


☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★

      <お陽さまが宿るカフェ> 
      更新!(バックナンバーでご覧頂けます) 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】

☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★


Hong Phat 〜 フーティウを求めて

フーティウ、美味しいですよね。
って、こっちに来るまでは知らなかった料理でした(笑)
ベトナムの麺料理と言えば、フォー。それしか知らなかった。
から、最初聞いた時は何じゃそりゃ?って感じ。

一度食べて以来すっかりファンになったのですが、これ…
なんというか、どこも平均的に美味しいと言いますか、
あまりハズレがない。ただし、飛び抜けて「ここは!」って
言う所も少ない。

言う程巡ってるわけでもなくて、20件程度しか食べ歩いてないので,
そりゃあんた基礎データが足らんわ、と言われればそれまでですが、
「満足出来てない」ってモチベーションを上げてくれるスパイスでも
ありますわね。「満足出来てる」の方が良さそうに聞こえるけど、
それって追求するモチベーションを得難いってことでもあるから、
私みたいな食い道楽には、「不足」も美味しさの1つだったり(^・^)

th_IMG_0025_201703151933394ac.jpg 

とはいえ、こちら、遠かったわーw
綺麗な店構えのお店で、ガラス容器に入ったフーティウの絵面が気に
なってはいたんだけども、なんせ足がないと遠い。5区とかに行く
ことを思えばそこまで遠くはないかもだけど、この周辺になにか
「ついで」があるわけじゃなし、この為だけに行くのは…と躊躇って
いたのですが…

フーティウ好きなバイクをお持ちの方とランチしましょうってことに
なったので、すかさず提案( ̄▽ ̄) 人を何だと思ってるんだお前は…。
(明確にこの時は「足」、ですね。うん)

th_IMG_0039_20170315193343761.jpg

すんごいローカルエリアにあるので外国人客を見込んでるわけじゃなさ
そうだけども、室内にはモバイルでの館内把握画面などがあってハイテク。
あまり他に見かけた事ないけど、メニュー写真や看板写真もしっかり
していて、チェーン店っぽい雰囲気も。2階席とかもあって、結構大掛かり。

th_IMG_0028_20170315193340434.jpg 

うおうっ!!
価格も結構大掛かりだぜ!(笑)
フーティウ一杯90kドン(・∀・;

路上のお店なら25kや30kってのがある料理ですよ。。。
まぢか。。。

いやうん、一食分の麺料理、500円以下なら大騒ぎする程じゃ
無いと思われるかもしれませんが、相場ってのがあるじゃない、
相場ってのが。。。

th_IMG_0029_2017031519334061d.jpg 

一品料理もそこそこな値段取ってるなぁ。。。。
ここ、1区の街中じゃねーぞ?それでこの価格?客来るの?
それでも問題ないくらい美味しいの?

まぁそれも数分後に食べてみれば分かる事。
迷いなくフーティウを注も…

th_IMG_0040_20170315193345307.jpg 

やだっ、私の大好きなアヒルの麺があるっ(´Д` )
あのアヒル麺屋さん http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-3346.html
以外ではあまり見かけてない分、ものすごくそそられる。。。けど。。。

うん、105kドンか( ̄ー ̄)
我が愛するアヒル麺屋さんもそんなに安くはないけど、これはなかなか。
初志貫徹。フーティウ行こっ、フーティウっ。
の前に、トラップが。

th_IMG_0030_20170315193342a7d.jpg 

このお店、点心も置いてるようで、有無を言わさずこれらがテーブルに
並べられます。インドネシアのパダン料理式。バーッと並べられて
サービス???とか思って手をだすと、その分はしっかり請求される
と言うシステム。

煮物とか揚げ物ならまだいいんだけど、
点心はこれやっちゃいかん気がする(・∀・;
前のお客さんのテーブルにどのくらいの時間置かれていたかって
話もあるしねー。というわけで、「コレ要らないから下げてー」
って言ったら、問題なく下げてくれるので、他所のお店でも必要ない
場合は遠慮なくいいましょう。まぁテーブルの片隅にあるくらいなら
放置しとけば良いと思うけど。

で、フーティウ。
フーティウには二種類あるのことが多く、汁アリと汁無し。
汁無しはDryと表示されてたりしますが、ベトナム語だと、
Kho(コー)と言ってたかな?

th_IMG_0034_20170315193349499.jpg 

うーん、これこれ。このガラスの器に入った絵面が欲しかったのです(笑)
別に冷たいめんってわけじゃないけど、何となく日本人の郷愁を
そそりませんか?ソーメン的なw

スープは別添えで来るので、麺にちょっと足してほぐし易くして
食べても良いですが、基本、タレがかかっているので、まずは
それをよーく混ぜ混ぜして食べてみて下さいね。

th_IMG_0037_20170315193353453.jpg 

野菜とかも入れてしっかり底から混ぜっ返してから食べるっ。
ここのは…具沢山だし、なにより肝心の麺のエッジがしっかり
立っててんまいですがなっ。

この、小麦の麺にはない伸びゴシ、でもフォーの様にヘラヘラしてる
ばかりではない、凛とした感じがフーティウの魅力。うめーっ。

そしてこちらが汁ありのフーティウ。

th_IMG_0033_20170315193347d09.jpg 


見た目、フォーと変わらん感じよね。
ガラスの容器に入ってるのは汁無しと同じだけど、スープがけっこう
アチアチなので、こっちは違和感あるかしら(笑)
でも見てこれ。

th_IMG_0035_201703151933490a6.jpg 

ソーメンンよりかは太い。冷や麦?
いや、やっぱり温かくても麺のエッジが効いてます。
これが口の中に入り、内頬といい上あごと良い、多少の租借を
重ねたあとでも喉の内側を撫ぜて胃の腑に落ちるまでの快感ったら。。。

喉越しを楽しむってのは、きっとこういうコトを言うのねって
改めて。ああ、エロい。

ハラペコリンだったからワンタンも追加。
おほっ、美味しそう(^・^)

th_IMG_0036_20170315193352318.jpg th_IMG_0038_2017031519335430b.jpg

ワンタンの好みも人それぞれで、こちらの様な肉餡たっぷりな
ボリューミーなやつ、私は大好きなんですが、ご一緒してくれた
方は、皮がもうちょっとヘラヘラしててチュルン♪ってしたのが
お好みとか。なるほどねー、具沢山なら餃子でもいいもんね。
皮のペロペロちゅるん♪な感じは、ワンタンならではのお楽しみかも。

今回食べたものは全体的にレベル高いとこで美味しかったです!
が、お値段も高かったので(笑)、ごり押しする程じゃないかも
しれない(笑) 

ただ、フーティウのお店のバリエーションを増やしたい人や
(お前みたいなのが他におらっしゃると思うてか…)
この周辺に興味が有るとか開拓したいとかなんかしらの
プラスαの理由があって言って頂く分にはよろしいかと思います(^・^)

うーん…アヒル麺がやっぱり気になってるから、またバイク出して
くれる人がいたら食べに行ってみようかなー。。。(人をアテに
するんじゃありません!w)


Hu Tihu Hong Phat
389 - 391 Vo Van Tan Q3




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ


☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★

      <どど、どうでした?> 
      更新!(バックナンバーでご覧頂けます) 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】

☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★


【Delivery】guanabana 〜 健康スムージーのお店♪

***** 2017 Mar. again *****

なんだかんだでここ良く頼んでるなぁ。
今回はサラダもだけど、パニー二も。

日本に居る時はパニーニと言いながら、普通のスーパーに売ってる
ヤ◯ザキのホットドッグ用のパンになんか挟んで潰して焼いた、
みたいなのが横行していて(っざけんな…)と思う事が多々あったの
ですが(いや、それもパニーニと言えばパニーニだ)

パンの種類が豊富でクオリティが高いホーチミンでは、拘りが
感じられるものに遭遇する確率がすごく高い。さてこちらは?

th_IMG_2275_20170315182210973.jpg 

おや、おもしろい。
これもう生地の形状からテクスチャーから、菓子パン素材や
コッペパン素材じゃないのはわかりますな。
カットするとこんな感じ。

th_IMG_2276_201703151822128d0.jpg 

あーー!!!ザグザグのやつや!!
多分薄力粉多めの生地っ。焼けてる部分がザックリして、空気の
層がランダムで、突き詰めるとモッチリなんだけど、空気層が
多いから全体に重くなり過ぎないヤツっ。好きなヤツ(≧∇≦)

これは焼き上げてからの時間が勝負のやつやなーっ。
今回のも美味しかったんだけど、デリバリーじゃなく店の中で
食べた方が美味しいヤツやっ。これは店に食べに行かんとっ( ・`ω・´)b

th_IMG_2278.jpg 

相変わらずサラダはゴージャス。バジル系のドレッシングが
美味しかったわーっ。甘過ぎないフルーツを上手に取り入れてる
スタイル、最初は違和感あったんだけど(スイカとかw)すっかり
お気に入りになっちゃった(^・^)

ただ。。。


th_IMG_2279_20170315182214c8d.jpg 

ジンジャーなんちゃらだったかな。。。
こちらのお店のスムージー、そもそもヘルシー路線なため、青汁系の、
味は一切無視した身体に良い為だけ、みたいなのものもあるんですわ。。。
今回果敢にチャレンジしたら。。。

玉砕…orz
まじゅい。
ものすごーーーーーーーーーく、まじゅい(´Д` )
好奇心で頼んでみたけど、大失敗w
いや、あくまで個人の好みの話なんで、身体に良いもの=美味しい!
とされる方にはイケるかもしれません。

いや、うん、自己責任でよろしくです。。。
うえー…( ̄◇ ̄;



***** 2017 Mar. *****

最近すっかり重宝させてもらってるんで、作っちゃいました、
「Delivery」ってカテゴリー(^・^)

ホーチミンはほんと、色んなお店が宅配してくれるし、
宅配料も安いか無料で且つ、迅速。忙しいときホントに助かる。

しかも驚く程レベル高い物が来たりするから侮れない。
勿論、どのお店で何を頼むかで変わって来るけど、それはそれ。
オーダーする側のウデの見せ所ってのもあって、結果の善し悪しも
また面白かったり。

ここなんかは前述したように、自宅じゃ中々か出せない素材を
使ってたりして感心していたのですが、先日

Box 4P's

さんのオーダーをしてたら、おやややや?


サラダメニュ1 サラダメニュ2

50 Shades of Green (あの映画は思い出すと中指立てたくなりますけどねw)
だとか、Peace Love and Sesame など、印象的なタイトルのサラダが!
これは… Guanabana さんの商品ですねヽ(・∀・)ノ

しばらく留守にする事が多くてBox 4P'sさんを利用出来ていなかったので
気づいてなかったのですが、さすがお目が高くていらっしゃる♪
4P’っさんが商品に加えられると言うことは、品質も良いと認定された
ものなのでしょうし、ますますもって安心且つ手軽に楽しみたくなりますね♪

他の食材と一緒に届けてもらえるのも手間は省ける、その日の食卓に
一品増やせるで便利な事この上なさそう。すばらしい。
もしもご興味がおありの方は、是非試してみて下さいね♪


***** 2017 Jan. *****

わー。ここ最初に書いた時、もう二年半まえですって!(´⊙ω⊙`)
Ly Tu Trong って今程お店無かったし、ひっそりと、しかもスムージー専門店って
大丈夫かい?って思ってたけど、もったねーっっ(失礼だな)。

いや、お味も美味しかったけど、スムージーなんて置いてるカフェ珍しくないし、
それ一本でどうやって他で差別化してやって行くのか…と気にはなってたんですが、
その後、ホットサンドとか、もとからあったヘルシー志向をサラダメニューなんかに
投影して、その辺で成功したのかなー。他店舗展開するような成功ではないかもだけど、
いやいや、お見それしました。

で、なんでまた久々に引っぱり出して来たかと言うと。。
先日。旦那さんがお留守で1人の夜があったんです。
なーんか自分も食欲がなくて気分も乗らず、昼から作業に没頭。
んで気づいたら…やだ、もう20時(・∀・;

th_IMG_1950_201701151918133bf.jpg 

スムージーとサラダヽ(・∀・)ノ
これなら食欲がなくてもなんとかいけそう、と思ってデリバリー。
サラダのデリバリーは以前別のお店でやって、チョーッとイマイチだったので
どーかなーと思ったんだけど、スムージーだけデリバリーするってのもなんだから
サラダも。そしたらこれが当たりだったの!

何種類かある中の、「in Love with the COCONUT」って名前のサラダ
だったんだけど、スイカとかも野菜の一部として入ってて面白かった(笑)
カプシカムは肉厚で甘いし、他のお野菜の手入れも丁寧でシャッキシャキ。

th_IMG_1951_201701151918159f0.jpg

メニュー名にあるCOCONUTはどこに使われてるんだろう?と思ってたら
ドレッシングに使われてた♪さっぱりしてるんだけど、ココナツの香りが
加わることで南国チックなエロチックさも。

マニュアル?には、「サラダの蓋をあけたらドレッシングをかけて、蓋を
きちんと閉めたことを確認してから良く振って食べて下さい」とあったの
ですが、ドレッシングの量が大盤振る舞いだったんで、それやるとちょっと
オーバードレストになるかなーって感じだったので、ディップ敵に使いました。

ほいでね?このサラダの中に…

th_IMG_1952_20170115191816e13.jpg  th_IMG_1953_20170115191817d5c.jpg

わーっ、Sprouted Beans !
発芽させたお豆さん!

発芽させたこういうお野菜って、例えばは注がさせずに食べるよりも栄養価が
高くて、抗酸化作用とかも高いんで美容によかったりもすると聞く。でも自分で
こう言う状態に迄してタイミングよく食べるって、なかなか手間よね。それを
こんな風にお手軽なサラダでサラッと使ってるって、センスいいなーっ。
ちょっと驚いちゃった。

こんなチョイス持ってるんだったら、ちょっと他のサラダも食べてみたいかも。
食欲無かったから仕方なく、じゃなく、ここのサラダを食べる為にデリバリー
してみたいかも。いや、お店に食べに行ってもいいんだけどね(笑)

ともあれ、ちょっと意外な発見でした♪
スムージーだけでやって行けるのかとか、要らん心配しとる場合じゃなかったわw
ライトなお食事したい時に、もってこいじゃん、こちらのお店。
今更だけど、今後は活用して行こうっと(^・^) 

ちなみに、食べたらやっぱり気分が回復しました(笑)
実はちょっと鬱々としてたんだけど、あれ、お腹減ってたのが半分くらい
原因だったのかもw 人間、やっぱり食わねばいけませんなー(笑)


***** 2014 Jun. *****


Ly Tu Trong 通り、日本の方も多く住まわれるNorfolk Mansion 向かって右数件
となりに、スムージーをウリにしたカフェが出来てました♪

th_IMG_2757.jpg th_IMG_2758.jpg
th_IMG_2756.jpg th_IMG_2762.jpg


カフェと言っても簡素なジューススタンドと言った感じなので、ゆっくりと腰を
押し付けてって感じじゃないですが、健康をウリにしているだけあって、
清潔感があふれるデザイン。で、どう健康的かと言いますと。。

フレッシュな果物を使っている…のは、どこのシントー屋さんも同じ話で
競争力にはなりませんよね。こちらのお店は、それにプラスしてコラーゲンとか
ビタミン類、プロテインや野菜成分をプラスできるシステムがあるようです♪

th_IMG_2763.jpg
th_IMG_2759.jpg th_IMG_2761.jpg

なるほど、サプリジューススタンドですね♪
で、フルーツの名前のスムージーもあるのですが、レディミックスの健康スムージーも
あって、目に留まったのは。。。

Slim Down Smoothie

なんて魅惑的なっ!!!(笑)
いや、そんなの一杯飲んだって痩せる訳じゃないのは知ってるし、本気で痩せたいなら
そんなの飲んでないで茶でも飲んでろよって話なのですが(いや、栄養素はバランスよく
取った方が良いから一概には言えない)味が銅のじゃなくてね、ネーミングで思わず注文w

もーね、これからお店やる人とか物販に携わる方には強く伝えたい。
内容よりもなによりも、こんなタイトルに釣られる客がいるのは事実なんですよ(←実例)
ま、まるっきり嘘ついて客を騙くらかすようなやり口ってのはよろしくないし、
どうせ長くは続きゃしないと思いますが、言い回しを大切にするって大事だわー、
と、ちぇりなんかを見てるとほんと思うわ。。。

あ、いや、お味もおいしかったですよ(笑)
多分何かしらのパウダー物が混ざってたからか、若干舌触りが粉っぽい?って
感じがしたけど、ベースはマンゴーとかオレンジの馴染みあるフルーツ味で
十分美味しく頂けました。

価格が60kとか70kで、市場のスムージーに慣れてるとちょっとお高めかなー
とは思ったけど、気は心って言いますしねっ。これで健康になったりスリムに
なれた気がするなら安いかもっ。それこそプラセボ。思い込み、大事っ(そうか?w)

この日は持ち帰りでお願いしたのですが、カップをビニール袋、じゃなくて、
ビニールのカップハングに入れてくれました♪ これ、無駄がないしカップを
安定してぶら下げやすいから、便利♪

th_IMG_2766.jpg

直ぐ近くの角を曲がると飲食店が多く並ぶ通りになります。
Thai Van Lunh通りだったかな?
なので、お食事の後に、とか、逆にお食事前に軽くお腹に入れておくと食べ過ぎ防止、
とかの効果もあっての健康スムージーってことになるかもしれませんねw(無理矢理だのw)

位置的にも値段的にも微妙ですが、味は悪くなかったし、スムージー専門店って
この周辺には意外となかったりしますから、気が向いたらお試しくださいませ〜♪


th_IMG_2768.jpg 





にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑

イイね!の代わりにポチしてくれると、
 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ


☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★

      <ちぇりの生態 UBER編> 
      更新!(バックナンバーでご覧頂けます) 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】

☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★


Bun Dau Ngo Nho Pho Nho  〜 来たれ勇者

Bun Dau Mam Tom という料理は以前にも紹介した事がありましたが、
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-3596.html
かなりクセの強いお料理であることから、その存在は知ってても
わざわざ遠くにまで足を運んでトライしよう、という人があまり
多くないのはなんとなく感じているところ。

先日、日本から遊びに来た友達は、果敢にチャレンジしてましたけどねw
面白がってたし、美味しかったらしい。さすが我が友w

では。せめて場所の遠さの問題が無くなったらどうか。
実は街中に、旅行者でも行き易いお店があるのですよ♪


th_IMG_9006_20170313200030a22.jpg 


皆さんご存知の
Secret Garden  
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-3900.html
があるヘムの中。他にも人気店が多いPasteur通りにあるんですねー。
しかも割と街中寄り。ヘムに入って行った右手奥側。

この日は開店直後に行ったせいか、きれいに洗われた野菜が乾かされて
いるところでした。野菜って、綺麗に洗うのも大事なんだけど,その後、
水分をしっかり飛ばすのも大事。

th_IMG_9007_20170313200032b79.jpg

水っぽくならないように、とかっていう味云々の話もあるけど、
こんな風に気温も湿度も高い国では、雑菌繁殖の温床になりますからね。
これは家で料理をする時にも鉄則。洗浄後、生のまま食べる場合の素材は
なるべく水気を切って乾かす。大事( ・`ω・´)b

th_IMG_9009_20170313200035950.jpg

th_IMG_9010_20170313200037ced.jpg

もっとローカルな感じのお店かと思ってたけど、写真がたくさんの
メニューがあったり、なんだかんだと世話を焼いてくれるスタッフさん
がたくさんいてとっても親切。でも価格はリーズナブル。

何を頼んだら良いか分からない時は、コンボメニューまでありました♪

th_IMG_9008_2017031320003356f.jpg 

流石に前回紹介した別のローカル店よりは高いですが、交通費とか利便性
とか考えると全然アリ。しかも量もタップリだからコスパも良しっ。

奥内スペースなんだけど、ドアは開け放ってるからオープンスペース感覚。
椅子はローカル式のかなり低い椅子なんだけど、これは意図的かな?
だって店内の装飾がとてもポップ(^・^)

th_IMG_9012_20170313200040d7e.jpg 

扇風機があることからお察し頂けるかと思いますが、エアコンはほぼ
無いと思って下さい(笑) だからコレからの季節(3〜6月)辺り
ってけっこう暑いかもしれませんから、涼しい時間帯を選んで行きましょう♪

th_IMG_9014_201703132000421df.jpg 

ちなみにセットを頼んだ後に,お気に入りの食材があれば追加出来ます。

th_IMG_9011_201703132000382b6.jpg 

コレは以前別のブンダウ屋さんでもそうだったから、ブンダウ食べる
時にはそういうものなのかもですね。お豆腐とかおいしいしねー(^・^)

で、こちらが一人前のコンボ。

th_IMG_9019_20170313201218afa.jpg 

うぉっふぁー!!量多いわ(・∀・;
野菜も多いし、脂的ボリュームはすくないかもだけど、繊維質
豊富な事を考えるとすぐにお腹がいっぱいになりそう(笑)
3人で2コンボとかそのくらいでちょうど良いかも?
足りなかったら好きな具材だけ足せば良いし(^・^)

似た様なものばかりを頼んでも何なので、もう1つはブンチャーに
すると言う手もあります。こちらも人気の商品らしい。

th_IMG_9018_20170313201217a08.jpg 

うんっ、確かに美味しかったっ。
ブンチャーって、専門店も勿論おいしいんだけど、「フォーで有名な
お店のメニューの中のブンチャー」とか、こちらみたいにメインは
ブンダウだけど「ブンチャー『も』美味しい」みたいなパターン、
結構ある気が。

で、肝心のブンダウなんですが。。。
そう、主役のマムトム。コレが匂いが強烈(笑)

私は嫌いじゃないんだけど、例えば和食のくさやとか納豆とかそんな
位置づけなのかな。海老を発酵させた調味料だからかなり強烈。
日本でもアミエビの塩辛みたいなものはあるけど、比べ物に
ならない「香り」。←気を使ってるw

th_IMG_9021_201703132012216c6.jpg th_IMG_9022.jpg

そもそも色がすごいよね(笑)
ただ、ものっすごい旨味の宝庫でもありまして、この匂いがクリア
できれば、それはそれは美味しい思いを出来る訳です(*´艸`*)

ちょこっとだけ使う、フエ料理のコムヘンっていう、シジミの剥き身を
混ぜて食べるご飯ななは、このマムトムの旨味とシジミの旨味が合わさって
そりゃぁ複雑且つ地味に溢れてとても美味。

上の写真にあるように、マムトムには添え漬けられてるダイダイ
みたいな柑橘類を絞って混ぜます。これね、面白いですよ。

th_IMG_9024.jpg th_IMG_9025_20170313201225605.jpg

絞り込んだだけだと何ともならないけど、お箸で全体を混ぜると
シュワシュワシュワー!!!っとなって色が変わる!!
ど、どんな化学反応が(・∀・;

ま、マムトムも柑橘類もケミカルなものじゃないのでそこは心配
ないのですが、これ、仕組み知りたいね(笑)
そしてこの柑橘類が加わることによって、マムトムが随分とまろやか
になり、食べ易くなる。いや、食べ易くなると言うと元が食べ難い
みたいだけど…いや、うん、やっぱり食べ難いか(笑)

ここはもしかしたらオリジナルの方が好きってかたもいるかもだから
あくまで「好み」ということで、失礼にならないように表現したい所
だけども、初心者はとりあえず、タップリの果汁を混ぜた方が
いいかも? うん、タダの提案ね、提案(笑)

ところで…

th_IMG_9026_2017031320122733d.jpg 

この繊維質タップリの、タケノコ????
メンマみたいなものがあったんですが、これがごっつい…ごっつい…

ケモノ臭かった(・∀・;

なんでだろう。。。
肉じゃないんだけど。。。ものっすごいケモノ臭w
ヤギを食べても体感できない強烈さ。
平気な人は良いんだけども、苦手な人はご注意を(笑)

最後に美味しそうな画像貼っときますかね(笑)

th_IMG_9027_20170313205139781.jpg 

ブンチャーに着いてたネム、スッゴイ美味しかった♪
そして海老が乗っかった天ぷらも(^・^)

th_IMG_9028_20170313205140814.jpg


かき揚げに比べたら素朴すぎる絵面だけども、かわいくない?(笑)
結構しっかり台生地にくっついてて健気なんだよね(笑)
そしてオイシイの。私はスイートチリを着けて食べるのが好き。
汁物があるなら、スープに浸して食べるとか。

ちなみに、トライしてみたけどどーーーしてもマムトムを受け付けなかった、
という場合は、お醤油を頼むと良いと思います。
お醤油=xì dầu だったかな?

お店の方も心得ていて、外国の方には中々ハードルが高いって知ってる
から、快く出してくれるし、漬けダレさえ確保出来れば、あとはとても
新鮮な野菜や揚げ物、お豆腐なんかで日本人には馴染み易いと思います(^・^)

th_IMG_9015.jpg


Bun Dau Ngo Nho Pho Nho
156C Pasteur Q1
にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ


☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★

      <清潔大国ニッポン?> 
      更新!(バックナンバーでご覧頂けます) 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】

☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★


Hoang Yen 〜 ハイバーチュン沿いのレストランタイプ

私、Hoang Yen さんって、ビュッフェ形式のお店しかないと
思ってたら、レストラン形式の所もあるんですってね?
そう言う話を聞いた直後に、ビュッフェと思って入った店舗が
レストランだった…orz

いや、いいですけど。
他店舗レストラン形式のお店に行かれた事がある方も、
色々揃ってて、お客さんを連れてったりするのにも使ってるって
仰ってたし。ま、ビュッフェじゃないならないで、その調査も
したかったからちょうどいいかと。

th_IMG_2045_20170304194303d22.jpg 

NOVOTEL HOTEL はす向かいにそびえるこちら。
以前からHoang Yenさんではあったけども、昨年改装されましたよね。

th_IMG_2047_20170304194304403.jpg 

Hai Ba Trung 側の入り口はこんな感じ。
結構小さい(笑)
バイクは、Nguyen Thi Minh Khai  Nguyen Dinh Chieu 沿いに
停めるようになってるから、そっちの方にも出入り口があるのかな。
(※通りの名前間違えてました!御指摘感謝!)

th_IMG_2054_2017030419465137b.jpg th_IMG_2055.jpg

1階の席は、ちょっとキュウキュウした感じだったかなー。
スペース自体が小さめだし。
ただ、奥の方か2階席は良さげそうだなとは推察。ちょっとこの日は
忙しそうで、部屋見せてって言い出せなかった(・∀・;

メニューですが…

th_IMG_2049_20170304194306639.jpg 

th_IMG_2050_20170304194307f14.jpg 

ティピカルな物からも有り合わせ等、写真で色々紹介されてて
分かり易いのはいいですね♪ただ、ワンポーションが結構大きく、
単価もそこそこお高かったので、日頃のご飯にはちと引くかも(苦笑)

th_IMG_2051_20170304194310672.jpg 

th_IMG_2052_20170304194311ae4.jpg

ただ頼んでみた後に思ったんですが、メニューの写真と実物の差が殆ど
なくて、実に忠実。且つ、とても見た目がクリーンで整然としてるんですよ。
料理自体は素朴な物からおもてなし用の物まで色々あるんですが、
なるほど、こういうプレゼンテーションだったら客人にも喜んでもらえそう。

th_IMG_2048_20170304194305681.jpg 

ちょっとゴージャスなラインナップもあったりするし。
値段すごいけどw ちょっとしたホテルのレストラン並み。

しかし聞いたらホーチミンって、年収350万円以上の裕福層が、
60万人もいるって言うじゃないですか。私、裕福層の話をする際、
800万都市の1%くらいだとして…みたいな話してたけど、
甘すぎる想定だわね。。。10倍近くの数字じゃん。。。

350万円って、日本で聞いたらそこまでじゃないかもなんですけども、
物価の事を勘案すると、どのくらいの価値になるのかな。
そりゃー裕福層向けビジネスが成立するわというお話で、
こういう価格のお店もサラッと払える人が多いんだろうなー(・∀・;

気を取り直しまして。。。

th_IMG_2058_20170304194314b0a.jpg 

はい、これ好きーヾ(@⌒▽⌒@)ノ
茹で豚さんを、ブンとかハーブと共にライスペーパーに包んで食べるやつ。
鍵は、Mam Tom Chua! あ、大丈夫です。Mam Tomって着いてるけど、
あの紫の海老を発酵させた調味料ではありませんw あれは匂いが強烈だから、
苦手な外国人、多いですもんね。ってか、ローカルの人でも苦手だって
言ってる人いた。

Mam Tom Chua ってのは良く瓶詰めで売ってるんですが、小エビを
薬味とナンプラー、甘味を足した調味料につけ込んで発酵。。。
までさせてるのかな。かなり長期保存ができる、思いっきり海老の
形が残ってるけど,調味料的な使い方をします。

結構日本人好きな味じゃないかなー。
私も日常の料理によく使う。刻んだり混ぜ込んだり、なんならこいつを
主役にしたり。中々使い甲斐、ありますよ♪

甘辛酸っぱい感じの味に、海老の旨味がジュワリとね。
このアタックを、豚肉の脂と旨味がやんわり受けて、お口の中が
大充実。それをブンとライスペーパーの炭水化物分でワッシワッシ。
んまいっ。

th_IMG_2059_20170304194315c2d.jpg 

昼間っから酒も飲まぬのに頼んでしまった。鴨の舌w
食べ難いけど好きなんだよな。且つ、ここのやつは、ガーリックソルトが
メッチャ利いてて、これ食べながらビール飲まないって失礼に当たるんじゃ?!
と思うほどの肴感。(全くそんなことはありませんっ

しっかし、大事な人と食事してたのに、こんなもん頼んじゃったもん
だから、んぎーーーーっと噛みちぎる、細かい所をガジガジ齧る、
残った骨部分をチューチュー吸うって…

初デートだったら絶対アウト( ̄▽ ̄)
少なくとも淑女の食べ方は難しいので、会食等の時は避けた方がよいかもね…
え?鴨の舌なんて頼まない?あ、そうですか。。。そうなんですか。。。

……おいしいで?(・ω・)ノ

th_IMG_2061_20170304194317cbd.jpg 

そしてこれー。
田舎料理っぽかったんだけども、私が大好きな紫芋のスープさん。
先日家でも作ってたやつ。
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-4530.html

ご一緒してもらってた方が食べた事がないというので強制的に。
色、すごいけど、絶対うまいやんな、これ?
お出汁きいてるけど塩気穏やか、優しいお味で、山芋ベースだから
胃腸にも優しい、荒くおろした山芋のシャクシャク食感も食欲を刺激。
大変美味しい。ってか、このスープ、美味しくないの飲んだ事ない。

ワンポーションが大きいので、今回はこれくらいにしといたんだけど、
3品でもうん、わーって金額ではあったw いや、全然出せない額じゃ
ないけど、路上で20kドンの麺で済ます事があるのを思うと、
いったい何倍食べれるんだよ、あの麺が、と。
(みみっちぃからヤメなさいw

とはいえ、やっぱり料理はキッチリしてるし、恐らくは2階席など、
おもてなしにも使えるんじゃないかなー。そもそもあの価格帯は
そう言う層を狙ってるんだろうしねー。

大衆ビュッフェをやってるとこのレストラン?って、正直最初は
思ったけれども、いやいや、逆や。逆にしっかりしたレシピと技術を
あっちゃこっちゃで再現できる体力あるから、コストもあわせて
やりくりしないと難しいビュッフェを、あんなに豪華に楽しく演出
する事ができるのやな。

お見それしました。
中々日常ご飯では行かないかもしれませんが、大事な方のおもてなしとか
綺麗なお店の方が安心、というお客さんのために知っておくと良いチョイス。
しかと、記憶致しました〜♪


Hoang Yen
174 Hai Ba Trung Q1

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ


☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★

  <優先順位> 更新!(バックナンバーでご覧頂けます) 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】

☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★


【Delivery】 Pasta Box

デリバリーはとっても便利。
特に最近,ちょっと出掛ける間も惜しい、ってな状況があるから、
ちょっと注文に数分かけるだけで用事をしながら配達を待って、
お片づけもしなくて良いって、すんごい有難い。

ただ。。。
どうやったって出来立てよりかは状態が劣るものもある。
例えばサラダや暖め直しの利くようなもの、麺とスープが別に
宅配されるベトナムの麺料理などならタイムラグがそこまで
響きはしないのですが…

パスタなんて、出来上がってからどんだけ速くサーヴするかが
美味しさの要素でもあり、これまでは候補にすら上げた事が
なかったです。デリバリーの。

しかし先日居候君が「ここの前頼んだら美味しかったですよ!」と言い、
「今日頼みたいから一緒にどうですか?」というお誘いを。

ふむ。断る事も出来ました。
が、日頃から舌があう人の言葉だし、自分の中でだけ決めてる基準が
必ずしもいつも正しいとは限らない。ので、乗ってみました。

日によって違うこともあるのでしょうが、ランチ前から夜9時まで、
ミニマムオーダーは60kドンから、宅配費用は20kドンかかるけど、
120kドン分頼めばフリー。諸々条件がよろしいね。

メニュー 

アラビアータ、フンギ、ソーセージ、ミートボール、シーフード、サーモン、
ペスト、カルボナーラ、ラザニア、アジアンソースなんてものもある。
そしてそれぞれのパスタに、「スパゲッティ、リングイネ、ペンネ」の
チョイスがヽ(・∀・)ノ

th_IMG_5693_2017030417592427e.jpg 

試される消費者w
こういうチョイスがある場合、それらをどう組み合わせるかで結果が
大きく変わって来たりするから面白い。勿論思いつくまま気軽に
やるのもありなんだけど、個人的にはメニュー全体からお店の
強みを想像したり、宅配時間に耐えられそうな物はどれかと考えて
みたりと、あれこれやるのが面白い(笑)

居候君はリングイネのサーモンソース、私はフンギのペンネをチョイス。
30分後にはお伺いしますよ!とSMSが来たんだけれども,実際には
20分くらいで到着した。。。
ねぇ、パスタ茹でる時間、なかったくない?(・∀・;


th_IMG_5694_20170304175925e50.jpg
 


まぁやり方は色々あって、9割茹でた状態のものを冷凍しておき、白ワイン
(又は水)で数分茹で戻す方法とか、もちろん茹でたてには敵わないけど
飲食店では良くあるやり方。(こちらのお店がどうされているかは不明)。

しかもそんなに酷くないので、自宅でも大勢の客人をもてなす時には
使える手。大量のパスタ、一緒に茹でることはできても、ソースと
合わせたりの行程が一度にたくさん出来ないものね。

で、サーモンのリングイネはこちら。

th_IMG_5695_2017030417592759d.jpg 

おっ、見た目、旨そうじゃーん。
ってか、ちょっと味見させてもらったら、ソースはイケましたよっ、
十分美味しい。麺が気持ち柔らかかったけど、コレよりベタベタに
柔い麺を店で出された事もあるので、まぁ及第点。ってか、なんも
かんもアルデンテだったらいいって話でもないですしねw

ぷりっぷりの跳ね返る様な食感じゃないとって方には頼りないかも
しれませんが、ソースの美味しさ、パスタ自体の味わいが相まって、
私的にはアリでした。そして…?

th_IMG_5696_2017030417592702d.jpg 

見た目がちょっとあれですがw フンギは当たり!
もともとキノコ系が好きだってのもありますが、調理後、
サーヴするまでに時間がかかる場合には、ショートパスタの
方がロングパスタよりダメージが少ないです。

ダメージがあったところで、生地が厚めであることと短い形状
ということで、「麺」というより「個体」を食べる感覚があり、
麺に求めるコシなり喉越しなりを期待しない分、感じる
ダメージが少なくなるって部分もあるかも。

だからパーティ料理だったり、作り置きのサラダに使う場合には、
ショートパスタを選ぶのが無難、と、自分の中では思ってます。

実際、今回のこれ、かなーりいけた!(´⊙ω⊙`)
ってか、ここサーモンの方もそうだったけど、味のセンスが良いと見たっ。
旨味のバランスがどちらもよかった。

プラス、好みで粉チーズをふりかけたり、黒胡椒を散らしたり
すれば、もっと完璧じゃなかろうか。

一般に、ホーチミンで出されるパスタはやわやわで不味い!
って、もう何度も何度も聞かされたけど、恐る恐る頼んでみると、
今回も然り、Napoly  http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-4376.html
さんも然りで、決して悪くないんだよなー。
私の舌がジャンクだからかなーw

あの味のセンスだったら、メニューにあったバーガーとかも気になるな。
ちょっとこちらのお店、チェック。次回もなんか頼んでみよう。
一人頭、500円くらいでこのくらいのパスタだったら、
個人的には全然アリだと思いましたーヽ(・∀・)ノ


Pasta Box
https://www.vietnammm.com/en/pasta-box



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ


☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★

    <ちぇり in Vietnam ができるまで 
     更新!(バックナンバーでご覧頂けます) 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】

☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★


My Life Coffee 〜 24時間営業のカフェ

割に探すとヒットする「ホーチミン 24時間営業のカフェ」。
日本からのフライトが深夜便で早朝に到着、ホテルのチェックイン
までには未だ時間があるし、といって荷物もあるからあまり
ブラブラってのもちょっとなー…ってこと、ありますもんね。

ホテルがちょうど良い場所にある場合は荷物だけ先に預けて
朝のお散歩、ってのもいいかもですが、フライト直後じゃ疲れてるし
ゆっくりしたいですもんね。だからそういう情報がヒットするんだと
思いますが。。。

意外と情報通りじゃないこともあるのでご注意(・∀・;
まぁ事前に電話して確認出来ればいいけれど、国際電話までして
確かめるか?っちゅー話もあるし、結局現場に行くのが現実的
かなー、とは思うんですが…


th_IMG_5285_201703041738446b8.jpg 

th_IMG_5286_20170304173846079.jpg th_IMG_5287_20170304173847a2c.jpg

先日、早朝にカフェを使う機会があって、こちらの事を思い出し提案
したんですよ。場所は、New Worldホテルより少し西にあるロータリー沿い。
Nguyen Trai入り口にあるとこ。目立ってて、且つ、ツイ最近利用した上、
ご覧のように堂々と24時間営業を謳っていたので安心して出向いたら…

th_IMG_5471_2017030417384913f.jpg 

はい、閉まってたー(・∀・;
まぢか。あんなにデカデカ「24hours」って書いてるくせに。

でもま、少なくないんですよね。
オープン時には24時間を謳ってるんだけど、客足その他に寄って
調整するんですかね。それはそれ、マネジメントとしては正しいの
だと思いますが、「営業時間を変えたんだったらアナウンスしてくれ」
と、切に思います。。。…orz

ってことで、この日はセカンドチョイスのお店へ。
こういうこともあろうかと、いくつかピックアップしといてよかった。

th_IMG_5473_20170304173850017.jpg 

Tran Hung Dao通り沿い、Pullman Hotel 向かいにあるMy Life Coffee。
週末の早朝は、付近のクラブの音楽がまだ聞こえて来てて若干賑やかでは
あり、且つ夜明かししたのか、ソファには身体を横たえソファと同化
してるような人等が何人かいたけど(笑)、基本的には穏やかな空気。

th_IMG_5474_201703041738528b1.jpg 

th_IMG_5478.jpg th_IMG_5483_201703041739022a4.jpg

分煙もしっかり出来ている上に、特に禁煙ルームの方はちょっとした
大きなミーティングデスクなんかもあって、その時の空き具合にもよる
だろうけど、多人数でも楽しそう。

th_IMG_5480.jpg 

他店舗にも行った事が無かったので知らなかったんですが、結構フード
メニューもある様ですね。今回は頂かなかったからどんな具合かわかり
ませんが、フードも24時間提供してくれてるとしたら重宝するかも。

th_IMG_5481.jpg 

th_IMG_5482.jpg

今回訪れたのが5時半くらいだったかなぁ。その時間にはすっかりそこに
腰を落ち着けてる人達がいたので、きっとその前から、つまりは24時間営業を
ホントにやってるんだろうなーという印象。夜通しそこに居た訳じゃないから
確実には分かんないけど、多分、ねw

そんな夜中や早朝のカフェ利用がどんな頻度で必要なんだよって話はあるけど、
意外と問い合せがあったりもするので、知っておくと便利かも。

そういえば、中心部の大聖堂近くにも何件か24時間表示のカフェがあった
から、ほんとに開いてるのかどうかチェックしといた方が良さそうだなー。
ウチのブログもそうだけど、情報内容が結構コロコロかわるから、
出来る限りフォローアップしとかなね。。。

とりあえず、こちらのお店は大丈夫でした。
アイスコーヒーはかなりヘヴィで、チェイサーが欲しいくらいの重さ
でしたけど、脳みそ叩き起こすにはちょうどよかったし、白々と夜が
開ける様を,カフェの中から見るというのも、なかなかオツなものでした(^・^)


昔はこれを夜通しの流れでやってたよなー…(笑)
もう今はそんな元気ないけども(・∀・;


My Life Coffee (24h営業)
257 Tran Hung Dao Q1



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ


☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★

      <ちぇりの生態 UBER編> 
      更新!(バックナンバーでご覧頂けます) 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】

☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★


Mo Mo Paradise 〜 噂のしゃぶしゃぶ屋さん♪(写真追加)

****** 2017 Mar. ******

他店舗は合間にも行ってましたが、こちらの店舗は久しぶり!
ふと思い立って,くだんの居候君と行ってきました(^・^)

th_IMG_5676_20170304162421881.jpg 

そうそう、味噌キムチって出てるの知ってたんだけど、食べた事が
なかったんだよねー。気になる気になる。でも、もうすぐ帰国の
居候君に、ここの「独特の」すき焼きも食べさせてあげたい(笑)

というわけで、なんとこの日はすき焼きと味噌キムチのコンビネーション。
濃いーーーーー(・∀・;

th_IMG_5685.jpg 

陰陽のシンボルに近いこの鍋見るとテンション上がるよね。
え?上がらない?(笑)
この鍋、家に欲しいなって思うくらい好きなんだけど(笑)

久しぶりの訪問でしたが、店員さんの日本語力が上がっててびっくり。
この日の客層はローカルの方が殆どでしたが、日本人もけっこう訪ねて
いるのかなー。1人だけじゃなく、スタッフさんの何人もがかなり綺麗な
日本語で「こちらのお席へドウゾー♪」とか、「ショウショウ
お待ちください♪」とか。物越しも柔らかだし、大変素晴らしい。

th_IMG_5677_2017030416242296c.jpg th_IMG_5689.jpg

メニューの「コラーゲン『べ』邦題」にツボりながらドリンクバーへ。
居候君曰く「食べ放題ってことは、戦いですね?( ・`ω・´)b」ってことで、
この日はビールも炭酸もナシっ。蓮茶で攻める健全さw

こう言う食べ放題の鍋のお店はローカルにもあるんだけれども、ここの
何が良いかって、お野菜類が綺麗なのよねー♪ いつ行ってもどこの店舗も
徹底してる。そして、ベトナムならではのお野菜もあること。

th_IMG_5683_201703041624250c2.jpg 

カボチャのハナとか♪
これ、花粉あるとこ、1つ1つ取らんとだから、家で調理するの大変。
それがこちらでは山のように♪ 新鮮で色も綺麗で張りもある。
鍋の中で軽く煮ると、ガクの部分がホクリとなって、また美味しい。
白菜や春菊など馴染みの野菜もとても綺麗でおいしいけれども、
カボチャの花を、労をせずして好きなだけ食べられるって、個人的には
かなりのバリュー(^・^)

th_IMG_5684.jpg 

お肉も相変わらず美しいですなっ♪
そして、お客さんがこの日はそこまで多くなかった事もあってか、
店員さん立ちが良く気がつく! ここは食材取りに行くのも客がセルフ
でやるお店だし、彼らの仕事は主に肉と調味料のサプライだから、
やって当たり前じゃないかと思われるかもしれませんが…

その中にもタイミングやら物越しの柔らかさ、察しの良さなどがあり
ましてね。この日は終止満点でした(^・^)
ってか。。。

th_IMG_5686.jpg 

投入 by 居候君。
見事な現役大学生鍋奉行( ̄ー ̄)

肉一皿を、ひと箸で掬い、ベロッと鍋へ。
そして煮えたらザクッと掬ってガブリと食べる。
まとめてやっても追いついてかないスピードで、べろんごっくんべろんごっくん。
肉の皿が、わんこ蕎麦みたいな勢いで取り替えられておりましたw
一枚一枚をシャブリシャブリとかやっとられるかとw

良い。
いかな、自分が食いしん坊といいましてもやね、大学生男子の食欲と
その勢いに敵う訳ない。ちぇりさんは早々に離脱して、彼の食べっぷり
を鑑賞するに徹してました。見てるだけでハラ太る(・∀・;

そう言えば周りのベトナムの方達に、すき焼き頼んでる方が多くって、
みなさん、調味料がサーブされるや否や、なんの躊躇もなく、
流れる様な動作で卵を割ってシャカシャカほぐしてた。。。

th_IMG_5687_201703041624318e1.jpg 

日本以外の方が。
しかも暖かい地方の方が。
生卵を躊躇なく召し上がるとか。

更には「すきやき」という料理が、そしてそれには生卵、
というセオリーまで浸透してるとか。これは…

ホーチミンにおかれましては、Mo Mo Paradiseさんの功績
ではないですかね?生卵=忌避されがちな文化の1つがこんなにも
受け入れられてるって、すごい事だと思いますよ。

まぁ、他所の卵ではやったらあかんよ、というところまでが浸透
していると言う前提で(というか、食べないのが基本だから大丈夫とは
思うんですが)言わせてもらうなら、ここまでシャブシャブって
料理を広めてくれたのもすごい事やし。

あ、あと、麺の美味しさも健在。
特に細めん。好っきゃわー。

th_IMG_5679_2017030416242241b.jpg th_IMG_5680_20170304162424411.jpg

居候君曰く、香港の雲呑麺に使われてるような麺、と。
うん、正確な表現かと。素麺のように細いけれども、かんすい使って
ます系の麺で、輪郭がシャープ。粉の風味がしっかりしてて喉元を
撫でつつ通る感覚が旨い。これ、麺だけ売ってくれんやろか?

時が経つと、お店の味が変わったり、しかもそれには良い方向に
変わった場合とそうでない場合もあって、勿論人の入れ替わりもある。
だからしばらくぶりに行くお店を訪ねる時は、ちょっとドキドキする
んですが…

こちらは食材の品質も変わってなかったし、スタッフさんに関しては
むしろかなりグレードアップしているように感じました。
素晴らしい。

それにしても、居候君の食べっぷりったら気持ちよい程。
あの胃袋、ちぇりにも欲しいなー。
どっかに売ってないかなー。
なんなら胃袋カートリッジでもいいんですが(。-_-。)



****** 2014 July 初訪問の翌日w ******

えーっと、まさかの2連ちゃん(笑)
初訪問の日、「美味しかったよー♪」と相方さんに報告したら、翌日が土曜日で
夕食時感に家に居られる事が分かったため「じゃ、行く?」って話になり
二日連続。。。

th_IMG_3296.jpg

あ、夜も結構表の様子、地味でしたね(笑)
で、店内に入るとフロアマネージャーさんらしき男性に
「あー!昨日の!」見たいな顔されたよね(※ーー※)

夜混雑するかなーと思って予約して行ったのですが、ま、ぼちぼちって感じだったかな。
ローカルの方も多かったです♪ 寿司とか天ぷらとかしゃぶしゃぶとか、
日本の料理がどんどん他の国に浸透してってくれるの、嬉しいですね♪

前日には撮り損ねてたお酒のメニューをアップしときます。
割とお安め?隣のベトナム人カップルさんは、四合瓶くらいの日本酒を
2本くらいガンガン空けてましたw

         th_IMG_3299.jpg
th_IMG_3300.jpg th_IMG_3301.jpg

相変わらずお肉は綺麗だったし、お客さんが多くなったときの親サイバーの補充や
美観は道南だろうと言う心配も一切無用と判明。スタッフさんが昼より増えてて、
それは甲斐甲斐しく動いていたし、相変わらず、目配り気配りが細やかだった♪

th_IMG_3304.jpg

で、前の日には食べ切れなかった細麺にチャレンジしたんですが、これ!ぜひ食べて!
生麺なので、茹でる、という過程が居るため、すき焼きとしゃぶしゃぶ、ミックス鍋を
頼まれているときはシャブシャブのダシの方で茹でた方が良いと思います。
生麺から茹でるため、シャブシャブのダシで茹でるにしても、タップリ目の水分で茹でた
方が良いので、少なくなってたらお願いして足してもらってください。

th_IMG_3306.jpg th_IMG_3307.jpg

そしてくっつきやすいので、入れて直ぐは橋でほぐしつつ火入れ。
細いのでものの1〜2分で食べられるようになりますが、水で締めるわけでもないのに、
1本1本の輪郭がシャキ!としてて、細さからは想像できない程のコシ。
いわゆるMiに分類される中華系の麺だと思うのですが、メッチャ好み!
ちぇりの大好きなアヒル麺 http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-3346.html屋さん
の麺にもちょっと似てる♪

シャブシャブ用のゴマだれに、野菜バーのところにある刻んだチリをタップリ入れたもので
頂いたんですが、ちょっと担々麺チックで美味しかった♪ 太麺も美味しかったけど、
ちぇり的にはこの細麺の方が好みかしら♪ いつも締めの段階で食べるから、おなかが
いっぱいでフーフー言っちゃうんだけど(そーまでして食べるなよ。。。)今度はもう
ちょっと前の段階で投入しても良いなー♪ 

一ヶ月有効の100kドンのバウチャーも頂いたので、また近々行きたいと思います♪
(↑二日続けて食べに行っても、むしろ体重減っていたから調子に乗ってるwww)



****** 2014 July 初訪問 ******

もー、プレオープンの頃から行かれた方のブログで評判が良かった
モーモーパラダイス、略してモーパラ。
HPで営業時間とかが分かりにくかった為に、お昼やってるんかなー、
今度確かめななーと思ってた所に主婦友さんから、

『お昼やってるって!食べに行きたい!』

と、渡りに船のお誘いが♪
行く行く〜♪早速明日行く〜♪と二つ返事でお返事を返して早速訪問。
表は以外と控えめな感じ?夜だともうちょっとサインとかが明るくなるのかな?

th_IMG_3226.jpg

メニューは食べ放題のみ。
種類は、すき焼きかしゃぶしゃぶ。もしくはその二種類を一度に。
時間は90分か120分かで料金が変わります。

th_IMG_3297.jpg th_IMG_3249.jpg

90分で1種類の鍋だと338kドン。
2種類のミックス鍋だと388kドン。
5万ドンの違いです。250円差くらい。それで二種類楽しめるなら絶対お得よね!
ってことで、欲張り食いしん坊達は迷わずに種類の鍋にしたのでした(笑)

追加オプションでコラーゲンも頼んだのはナイショ。。(*´艸`*)

th_IMG_3262.jpg

わかってる。経口摂取じゃコラーゲンなんて大して意味がないってこと。
でも単純人間には、プラセボ効果ってものがあるのよっw
科学では解明できない不思議な事が世の中にはあるの!
信じるものは救われる!! 
↑ こう言うのがカモになりやすいので気をつけましょうね。ガーガー。

th_IMG_3281.jpg th_IMG_3279.jpg


ちなみにセットには、ペプシ、ミリンダ、セブンアップ、紅茶、かな?がフリードリンク
としてついてます♪ ミリンダ!!なんて懐かしい!!(笑)
そしてなんとこの日はオープニングキャンペーン中だったのか、ビールが1杯無料だった♪
わっほい!! (迷わず頼んだよね。。。昼だけど。。。)

th_IMG_3298.jpg

実はビール後に Tra Da (冷たい蓮茶)もフリーかなーと思って頼んだら、これは
ドリンクバーというメニューにしかなかったらしく、ドリンクバーメニュー28kドンの
別料金になりました。紅茶もあるって知ってたら紅茶でも良かったんだけど、
ちゃんと見に行ってなかったから知らなかった(^^; 
後に、一緒に行ったお二人も Tra Da を頼もうとした時に、

『セブンアップやペプシならフリードリンクですが、別注文になさいますか?』

ってわざわざ確認しに来てくれた。。。
黙っときゃ店の売り上げになっただろうに(と言っても28kドンだけどw)丁寧やなー。

で、お野菜は取り放題です♪
サラダもちょっぴりあったけど、お鍋用のお野菜がメイン。

th_IMG_3252.jpg th_IMG_3267.jpg

お野菜綺麗!!白菜ー!!春菊ーー!!そしてキノコ類が満載!!!
これ、家で全種類揃えてやろうと思ったら金額的にもエラい事だし、手間が大変!!
(ベトナムのお野菜、洗ったり選別した利が大変なので。。。)
というわけで、喜び勇んで鍋が卓にやってくる前から取りに行って席に戻ったら。。。


th_IMG_3257.jpg th_IMG_3256.jpg

うおう!最初はお店の方から盛り合わせがく来るのか(^^;
それを食べた後でまた好きなお野菜を取りに行けば良かったのね。。。
プラス、すき焼きには生卵がついてる!!しかも追い生卵(←追加注文のことらしい)も可能!
なにここ天国?!(生卵LOVE♡)って、喜んだのはいいけど。。。

th_IMG_3260.jpg

すき焼き用の割り下やらしゃぶしゃぶ用のポン酢、ゴマだれ、差し水、
そしてメインのお肉などもあるので机の上がぎっちぎっちや。。。(苦笑) 
まっ、食べる自身は満々だったし、実際これに加えてお野菜もお肉も何回も頼んだけどねw

そうそう、お肉がおいしかったのですよ!
牛肉は日本の高級店のようなサシ入りじゃありませんが、牛脂が胃におもたれ気味な
妙齢のワタクシたちには赤身の方が好都合(笑) 豚肉も、ベトナムのは美味しいって
知ってたけど、しゃぶしゃぶ用専門の超薄切りが大変美味しく、べろんゴックン
べろんゴックンと食べるわ食べるわ(その祇園ヤメロ・笑)

th_IMG_3255.jpg


しかも、鍋の中こんな感じ。とても主婦三人の集まりの鍋とは思えないごった煮具合w
お肉しゃぶしゃぶするスペース、ないやーん!(´Д` )

th_IMG_3266.jpg

で、驚きだったのがすき焼き。
薄めの割り下が煮立ってる中に具材を入れる方式ですよ。
しゃぶしゃぶのダシが割り下になってる状態。
焼き付けから始めないすき焼きって、ちぇりがいた地方ではあまり見なくてやったことない。
加えて食べ放題だ。店内の様子は落ち着き感&リッチ感があるけど、そもそも味はそんなに
期待が…とか失礼な事思ってたのに。。。

th_IMG_3275.jpg

うまいがな!!
意外だったけど、他の具材もクツクツやってると程よくちゃんと「すき焼き」になるの。
もちろん焼き付けスタイルよりもアッサリ目になるのですが、このアッサリ感がまたよろし。
なにによろし、かというと、量を食べるために、いとよろしっ。
(学生じゃないんだから。。。)

あ、野菜バーの所に麺も二種類程置いてまして、今回は太いチャンポン麺のようなものを
頂いたんですが、これが生麺。加水率はかなり低めでしっかりしてるので、たっぷりの
水分でしっかり茹でるのが吉。太い麺は結構ふくれるので、1玉から様子見ながら
茹でられる事をお勧めします。これ、3玉とか入れると増えるわかめちゃん並に慌てる事に
なると思う。。。

お水、ゴマだれ、ポン酢などの追加は遠慮なく店員さんに言うといいと思います。
英語より日本語の方が通じました(笑)
そして目に見えるお肉に関しては、お皿が開いたと思ったらすぐに下げに来て、

『次は牛肉、いくつお持ちしますか?豚肉はいかがですか?』

と、甲斐甲斐しい。良く、目配り気配りされてらっしゃったと思います。
おまけに先のドリンクのアドバイス(わざわざ有料のにしなくてもフリードリンクが
ありますが…ってやつ)に続き、90分の時間が近づいて来たのでお会計を頼んだら

『アイスクリームも(セットの中に)あるんですよ!
 とても美味しいです。食べませんか?』

とお勧めしてくださるっ。
大変、美味しいなら食べなくちゃ!ってことでそこから食べたよね。。。
時間、結構延長してたけど、お目こぼしいただいたよね。。。。
90分フルで食べといてまだ入るか。。。

器もアイスクリームと一緒に冷凍庫で冷やされてて、ご配慮も細やかだなと。
んで、これが食べ放題後にふさわしいアッサリ具合で、食べやすかった♪

th_IMG_3280.jpg

これだけ美味しくて店員さんも感じ良いなら、会社の集まりに持つ帰るんじゃないかなー、
と思って、大人数用の席はないかと聞いたら、二階にVIPルームがありました♪
一番大きい所で16人席(ちょっと頑張れば4人くらいは追加できるかな?)、
8人用の半個室なども。1階も落ち着いた雰囲気でしたが、これなら更にゆっくりも
できるんじゃないかしら♪

th_IMG_3253_201407112011454f7.jpg th_IMG_3283.jpg

なんにしても、評判通り思った以上に美味しかったし、感じよかった!
お鍋のブッフェとしてはちょっとお高めかもですが、美味しいのでそれ以上はガッツリ
食べた気がします(笑) お野菜補給にもいいんじゃなかろうか♪

とくに昼夜で値段設定の違いは内容ですので、ご都合のよろしい時にぜひぜひお試しくださいな♪
日本の高級料亭並、とはいかなくっても、誠意のある、居心地の良いお店でした!

th_IMG_3284.jpg 


 

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑

イイね!の代わりにポチしてくれると、
 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ


☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★

      <ちぇりの生態 UBER編> 
      更新!(バックナンバーでご覧頂けます) 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】

☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★


Wheel House Cafe 〜 車コンセプトのキュートなカフェ♪

開拓したいしたいと思ってる割に、なかなか調査が進んでいない
Phu Nhuan エリア。どうしても日頃の行動範囲圏から外れるので、
読者の方からの情報が頼り。で、今回行ってみたいお店を教えて
もらったのですが、その日に限ってその店お休み(´Д` )

タクシー代を払ってわざわざ行ったのに、何も収穫ナシで帰っては
もったいない(ケチ)。ので、ぐるりと見回してみました所…

th_IMG_5541_2017030414320924b.jpg 

おおっ、目的地だった所の真向かいに、なんか良さげなカフェあるやん♪
しかも食事を全面に押し出している。

知ってるよ、ちぇり。
ホーチミンのカフェ飯はあなどっちゃいけないんだ。
日本では何度もカフェ飯の残念さに泣いた事があったけど、
ホーチミンのカフェでは美味しいとこが多いんだよねっ。
ちぇり知ってる( ・`ω・´)b

th_IMG_5543_20170304143210cf4.jpg 

しかもエリアがらか、結構お手軽価格だわ♪
小腹を満たす程度で良いし、こりゃ試しとかなな(^・^)
ってことで突撃。

th_IMG_5544_201703041441196b1.jpg th_IMG_5545_20170304144122573.jpg

カフェらしく、ドリンクやスイーツのメニューがまず展開されるわけですが、
その数がかなり豊富!実際にどのくらい取り揃えていらっしゃるのかは
未知数ですが(笑)、気概は感じる( ・`ω・´)b

そしてお食事メニューも…

th_IMG_5548_2017030414321581b.jpg  th_IMG_5551_20170304143216bc9.jpg

オマケ程度にあるんかいなと思ってたら、結構な種類がありました。
そしてBanh Canh は「udon」と英語で表記されてるなど、
こういうローカルなとこにまで日本の料理名が浸透してくれてるのだなぁ、
とちょっと嬉しかったり。

ってか。。。

th_IMG_5562_20170304144124605.jpg 

かわいくない?ヽ(・∀・)ノ
ほらほら、こっちも♡

th_IMG_5560_20170304144123b1c.jpg 

うきゃーーーーっ(≧∇≦)
しまった、もっと良く見て席を選べば良かった。
この「きょん♪」としたお顔の車のソファに座ればよかった。
座りたい座りたい座りたい…(子供かっw

お店の名前通り、こちらの店内、モチーフは車。
日本製のミニカーなんかもたくさん置いてあって、小さな男の子とか
連れて来ちゃうと大変かもっ(ちぇりでも大喜びだったからなっw)

th_IMG_5558_20170304144118aef.jpg 

全体もアメリカンダイナー風のデザインでポップな感じ。
ただ所々創り込みが甘い、もしくはぞんざいな扱い(掃除道具がその辺に
置かれていたりとかw)があったので、世界観が確立出来てないのが
残念でしたが、まぁいい。車がたくさんあるのでそれで良しっw

th_IMG_5557_20170304144118d10.jpg 

表にフーティウがイチオシとあったので頼んでみたら品切との事。
次におススメと言うバインカンを頼んでみました。
ら?

おーっ、これは!
ウチがタンディン市場で買って冷凍常備しているやつではないか!
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-4233.html
うん、このバインカンはまさにうどんなんよなー♪

th_IMG_5568_201703041441285cb.jpg 

クリアスープはしっかりめの旨味出汁。
うん、化調は使われてるだろうけども、この乗り難い目の表面にも
上手に乗ってて良い感じ♪ 具材の骨付き肉もほろっほろで、
骨から肉がスルッと外れる。
やっぱりカフェとは言えど、ちゃんと料理してるんよなぁ。

th_IMG_5569.jpg  th_IMG_5572_201703041441309df.jpg

各種類の料理を各店からデリばってる、なんてお店もあるようですが、
それはそれ、どこから入れるかがお店のウデの見せ所だし、なんにしても
消費者的にはその場で旨い物をいただけるんなら良い訳で。

そういえば、夜はちょっとカフェバーっぽくもなったりするのか、
おつまみ系の小さな食事も色々と。
例えばBap Xao.


th_IMG_5564_201703041441256fe.jpg 

おーーーーっ。
綺麗な更に乗ったBap Xaoとか,初めてみたわーwww
大体が屋台か飲み屋に売りにくる移動店のもんだもんな。
発泡スチロールの容器に入ってて、小さいアイスクリーム用の
スプーンで、

「うおーっ、掬い難いーー!食べ難いー!!」

とイラチになりながら食べるのが常なのでちょっと新鮮(笑)
コーンとバターと干しエビのコンビネーション。ほんと好き。
正確にはちょっとの砂糖と塩も入ってるし、バターもマーガリン
のことが多いけど(笑)、干しエビ合わせる当たりとか、ちょっと
なかなか発想出来んわ。海老が豊かにある土地ならではなんかもねー。

ご飯を食べに行く為に、わざわざこちらに、って選択はしない
かもしれませんが、なんしお店がキュートなんでまた行きたい(笑)
お子様連れの時とか楽しんでもらえるかも?(^・^)

ってか、自分が楽しかったわ(笑)
今度行ったら、絶対あの車のソファに座るんだ♪
青い子が良いかな。楽しみにしとこーっと♪


Wheel House Cafe
313 Nguyễn Trọng Tuyển,  Q. Phu Nhuan



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ


☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★

      <ちぇりの生態 UBER編> 
      更新!(バックナンバーでご覧頂けます) 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】

☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★


【閉店、というか壊滅】MIN Coffee 〜 Non Coffeeってなんぞ???

***** 2017 Mar.*****

こちらのカフェだけでなく、こちらのカフェの後ろにあった
体育館もろとも取り壊しになっておりまして、閉店、というか、
壊滅状態(´Д` )

th_IMG_5719_20170304133028aef.jpg 

ボルダリングとかテニスコートとかもあったかなり広い土地。
なにができるんだろうなー。MINカフェさん、私が2週間台湾に
行ってる間にないなってた。最後に見た時はまだまだお客さんも入って
お元気そうだったのに…(ノ_・。) (なんか表現違うw)

この敷地だとショッピングセンターとかかなぁ。
レジデンスやホテルは過密状態のこのエリア。でもそれでも1区から
移って来てる人が多いと聞くから、まだ居住用ビルの可能性もあるなー。
なんにしても、またMINカフェさんが不カッツしてくれる事を願いつつ。



***** 2016 Nov.*****

チェーン…っぽいメニューの造りなんだけど、あんまり他で見た事ないなー、
でもコージーそうだなー、と思い入ってみました。

th_IMG_5909.jpg 

場所柄か、結構おっちゃんとかも入ってて、のんびりするひとアリ、
パソコンパチパチお仕事してる人もあり。

th_IMG_5910_201610192137582e9.jpg

いいわー。このゆるっと加減。
PC開いてもなんも言われんどころか電源まで提供してくれるし、店員さん
親切やし、空間ノビノビやし。ベトナムはほんっと、カフェにゆとりが
あって良いね。一部、人気チェーンを覗いての話だけど(笑)

th_IMG_5914_2016101921380159b.jpg 

システムとしては、入り口のレジの所で先にオーダーしてから席につくタイプ。
番号札を貰ってて、混んでなければ店員さんが持って来てくれるし、混んでれば
呼ばれるんで適当に取りに行くみたい。まーず自分で取りに行った事無いけど(笑)

ところで、前からあったのはあったんだけど、最近富みにこの手のタイル使ってる
お店、ふえてる気がしますね♪

th_IMG_5915_20161019214047159.jpg
 

お洒落な奥さんやったら、こんなタイル使ってなんかセンスのええ事されるん
やろなぁ。え?私?無理無理無理無理。だってタイル、食べれんし。

でな?
ちょっと見てくれる、このメニュー。

th_IMG_5913_201610192138006ab.jpg 

この日暑くて、ここにくるまでに結構歩いてたから冷たいのがいいなーと思って
見てたら。。。

なに。
Coffee & Non Coffee って。

見ると下にフレーバードシロップの種類が書いてあるから、それを混ぜたもの
なんだろうなーとは分かったけど、なに。Non Cooffeeって。
しかもCoffee & Non Coffeeって。

とりあえず、指差して「これ」って言ってみたら「どっちになさいますかー(^^)」
との質問。どっちってシロップの事?と聞いたら「いえ、Coffee か Non Coffeeか」。

そじゃったらCoffee or Non Coffee、ちゃうんけщ(゚Д゚щ)
ってか、じゃぁNon Coffeeってなによ。
水でも酒でもみっくちゅじゅーちゅでもNon Coffeeやでっ。
何出してくんのん?!

という疑問に駆られておもしろそうだったので頼んでみた。
結果。。。

th_IMG_5918_2016101921380271f.jpg 


まっちろ( ̄ー ̄) 
※容器は透明です

これ…ミルクやんけ!(笑)
んなら、ミルクて書けやー!(笑)

いや、別ににゅうにゅう嫌いやないからええけどもやな。
にゅうにゅうにヘーゼルナッツのフレーバードシロップって、甘やかやでー(・∀・;
しかもなに。こうなると知ってたら乗せてくれるなと言っておいたのに、
生クリームがてんこ盛り。。。にゅうにゅうに、生クリームて。。。

いや、不味い訳や無いんですよ。
でもわたし、この時メッチャ喉乾いてたんです(笑)
結構な距離を歩いて来てて、汗だくだったんです。早く速やかにさっぱりとした
水分補給をしたかったんです。そこに、甘いにゅうにゅうに甘いクリーム。。。

th_IMG_5921_20161019214049f81.jpg 

速やかにブラックコーヒーをチェイサーに( ・`ω・´)b
真っ白の飲んだら真っ黒の飲んでバランスとったらええねんという理論。
お腹の中でカフェスダー。

まぁなんやかやで、この日4〜5時間ここに居座ってたので、2杯くらい頼んでも
タリんくらいなんですけどね(^^; 音楽もこの日は選曲が良くて、PC仕事が着々捗り
ついつい長居を。

ちょこっとならフードメニューもあった様なので、今度また長居をすることが
あったら、ご飯も食べてみよーかなー。Non coffeeはもう要らんけどもw
(サラリとしたバニラシェイクの様でお好きな方は好きだと思う)
店員さんもお店の雰囲気も程よい感じで居心地良かったし、
作業スペースとしてはリストに加えたいカフェでしたー♪


th_IMG_5917.jpg 



Min Coffee
8 Vo Van Tan Q3





にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

【閉店?】Son Tai 〜 山羊食べるなら!

***** 2017 Mar, *****

うーむ、ここ美味しかったしおススメだったのになぁ。
入れ替わりの多いホーチミンとはいえ、繁盛されてたこちらまで
なくなってしまうとは。。。

しょぼーんです、しょぼーん(´・ω・`)

お勧めしてお店にまで行ってもらったのに「閉まってた」って。
申し訳なかったなぁ。情報が遅くてすみません。
そして情報寄せてくれてありがとうございました。

しょぼーん(´・ω・`)

***** 2016 Aug. 初回から一週間後 *****

こちらのお店、結婚反響が大きくて「私も行きたい!!と言うお声をたくさん
いただきました。ありがとうございます。ベト飯ルーティンの中に是非加えて
頂きたい「ヤギ肉」、もっと日本の方の間でポピュラーになってほしい(*´艸`*)

ってことで、初回から一週間しないうちに再訪。
エラいお気に入りやね、ちぇりさん(笑)
といっても、前回とは違うメンバーとなんですけどね(^・^)

そして今回は夜に訪問。
なんとなく、ヤギ肉屋さんには夕方位からおっちゃんたちがワイノワイノ
やってるイメージだったんですが、この日は雨が酷かったせいか客足もまばらで、
あんまり人目も気にならなかったし、なんだったら若いグループにお嬢さんも
いらしたし、そこまで女性から嫌われてる感じでもないのかな?と勝手な解釈(笑)

プラス、お店のお兄ちゃんが覚えてくれてたようで、あいかわらず無愛想では
あったけど、ハニカミながら(あ…)みたいな顔してくれたのが萌えたwww
テーブルに着いてお世話をしてくれた別のお兄ちゃんは若干の英語も喋れて
愛想良く、かいがいしくもしてくれたけどね。

で、そんな彼のお勧めで今回初めて食べたのがこれ。

th_IMG_3475.jpg 

ヤギ肉のレモングラス蒸し!!!
恐らくは生肉の状態でしっかり下味につけ込まれた物に刻んだ生のレモングラスを
たっぷりまぶして蒸してある。蒸した時に脂や水分が底にたまってしまわないよう、
穴の開いた受け皿に乗せ、下はボウル状態の器にて、美味しいとこだけがしっかり
残るような調理法。これが。。。

バッカうま!!!(≧∇≦)
歯応えはあるんです。でもやっぱり柔らかい。コリコリした感じは地鶏の様な食感
ですが、地鶏やヒネ鶏程強情ではなく、歯を入れるとすんなりと噛み切れる。
良く締まってるのに柔らかい。うまい。なにこれ。

この調理法、他のお肉でもやってみたいなってちょっと思ったけど、どうだろう。
しっかりとしたヤギのお肉の味があってこそかもしれない。他の肉にも合うのなら
もっと色んなお店のいろんな場面で見かけるだろうし、ヤギ向きの調理法なのかもね。


th_IMG_3489_20160831180544e7c.jpg 

メニュー左のSteamカテゴリー4番の、Steam Goat with Lemongrass
ってヤツだったと思います。分かり易い。そしてちょっと不思議な感覚だったのが、
日本にはほぼない味なのに、全く抵抗感がないどころか、なんか馴染んですらいたことw

その場に居た3人が3人とも同意見で、ヤギなんて食べた事殆ど無いのにねー、
と、クビかしげてた。うん、ビールぐびぐび、ヤギばくばくやってる合間の
ほんのちょっとの間だけだったけど(笑)

まぁベトナム料理全般に言える事でもあるんだけど、出汁文化と言う共通項が
そんな感覚を抱かせるのか、傾向は違うとは言え、お米大好きな国同士だからか。
もちろんマムトム(エビの発酵調味料)とか突き抜けて個性が強くて好き嫌いの
ある食材もあるんだけど、そういうのは日本の梅干し納豆塩辛と同じ位置づけでさ。

しかしヤギもレモングラスも日本人にはそんなに馴染みが無い筈なのになー。
面白いなー。よっぽどヤギ・レモングラスが嫌いな人じゃなければこれ、
絶対美味しく食べられると思います。ビールのアテにも良いし、お勧めっ( ・`ω・´)b

そしてあとは前回と同じくオッパイ焼肉と山羊鍋です。
この二つだけはどうしてもハズせない。となると新規メニュー開拓がなかなか
進まない。これはやはり大勢でおしかけるしか。。。

th_IMG_3477.jpg 


オッパイ焼肉、前回は小さいサイズのものを2人でぺろりと食べてしまったので、
今回は大きい物を。なかなか迫力。そしてそれを焼いて、ジュウジュウジュウ!
やーーーーー!!やっぱり美味しい!!(≧∇≦)


th_IMG_3480_20160831180542bd4.jpg 

たっぷり添えられてるオクラもまたおいしいんよなー。
つけダレで程よく水分を与えられてるからカスカスにならないし、味が濃いから
肉と一緒に食べてても全く引けを取らない存在感。またベトナムのオクラって
デッカいくせに筋張ってなくて美味しいんだよねー。大きい=収穫時を過ぎて陳ねて
しまった、ではなく、栄養と太陽が潤沢な中で育ったから単純に収穫時には気が
ついたらデッカくなっちゃってましたってことなんだろうね。豊かな事だ。


th_IMG_3481_201608311805439a4.jpg th_IMG_3486_20160831183030318.jpg

鍋はあいかわらずお野菜がわっしゃー!!!と出てきまして、うん、女性的にとても嬉しい。
ってか、男性ばかりのテーブルでも、殆ど残さず食べていたからエラいねっ、ベトナムの人。
お野菜たっぷりが日常のご飯。素晴らしい。

ってか、こちらも肉と食べても負けない濃い味。
スープがあわやかな味わいだから一層引き立つってのもあるんだけど、芥子菜とか、
ほろっとした苦味があってうまいよなぁ。ベトナムのお野菜、コークエット(茹で野菜を
甘辛いタレにつけるベトナム式バーニャカウダみたいなの)なんかにしても、ほぼ野菜
だけで食べさせる料理なんだけど、野菜自体の味が濃いから充分つまみになるんだよなー。


昼と夜は若干オップションが違うのか、麺は種類が2つ出てきました。
鍋の大きさの違いかな???今回は鍋も前回より大きかったし。



          th_IMG_3482_201608311830469c7.jpg   
  
th_IMG_3487.jpg th_IMG_3488_2016083118303541d.jpg

完全なる乾麺が出て来た上に、ついて来たフォー的な物も乾燥し切っては無かったけど、
そのまま食べられる感じではなかったので、鍋をさらった後に投入。そしたらあなた
これがまた。。。美味しいっヽ(;▽;)ノ

そう、こういう、お出汁があまり塩味濃くなく、滋味で頂くタイプの場合は、
ちょっと乾いた麺にダイレクトに入れて吸わせて馴染ませる方が美味しいですね。
ブンとかは鍋の中に入れるとどこ行ったかわかんなくなっちゃうから、小椀に取って
そこにスープをかけるもんだと思ってましたが、吸わせた方が美味しいのもあるなー。

なんにしても、最初から最後まで美味しかったです。
雨が降ってた事もありますが、夜はこの時期、少し涼しい風が入って来てたし、
雨が降ってもちゃんと屋根あるところだし(野外のお店も多いのでねw)スペースは充分。

一点、言うとしたら、椅子とテーブルが低く且つ、椅子にクッションなんてありませんから、
長時間居座って飲み食いしようとすると、お尻がいたくなっちゃいます(笑)
お尻イタいの我慢してダラダラ食べるか、食べたい物を絞り込んで一気にオーダー、
一気に食べてチャッと出るか(笑)

なにはともあれ、やっぱり美味しいお店でした♪
もっと色々食べてみたいぞーヾ(@⌒▽⌒@)ノ



***** 2016 Aug. *****


「ちぇりさん山羊鍋食べに来ませんか?( ・`ω・´)」

と、かなり真剣な面持ちで友達に言われて、おぅ行こう行こうと気軽に返事。
その後彼女は他のお友達にも声をかけたそうなのですが、

「ローカルの山羊肉屋はちょっと…」

みたいな感じで一様に断られたのだとか。
それは実は私も同じで、

「今度ヤギ鍋食べに行くんだけどさー、良かったら一緒に…」

と、切り出しても皆まで言う前に「そうなんだー、行ってらっしゃい(^^)」
と、他人事。どうやら一般的な日本人奥様方にはウケ、またはイメージが
良くない食材なのかなと認識した次第。

ところがそれが日本人の奥さんばかりのことじゃなかった。
ローカルの女のコに声をかけても「山羊は食べたことないわー」
「いや、私は遠慮します」の声が相次ぐと言うじゃないですか。

そういえば以前旦那さんの会社の女のコが「一緒にご飯食べに行きましょう♡」
と、愛らしくお誘いして下さったので「じゃぁ山羊鍋なるものを食べてみたい!」
と言った瞬間、困惑の色を瞳に浮かべ、しかし日本人のサポート役がお仕事である、
と言う日頃の彼女の立場がNOと彼女に言わせなかったのか、

「わ、わかりました。。私、良く知りませんから調べますね!」

と、ワザワザ探してくれた事があったのを思い出した。
聞けば。。。


山羊肉と言うのは、どうやら日本で言う所のスッポンだったりニンニク料理的
ポジションにあり、合法的ドーピングを好むおっちゃん達に人気の食べ物で
あるらしい。しかもその味云々と並んで、あるとされる効果への期待が高く、
その使い道があろうと無かろうと好まれるという点でも共通しており、ベトナムの
山羊肉料理屋さんを覗くと、9割方がおっちゃんである。男性で、まぁそういう
お年頃の男性たち。同じ男性でも、ドーピングが必要ないと思われる若い人は
あまり見かけない。

なるほど。そりゃあ若い女のコが誘われたら戸惑うわ。
これ、私がおっちゃんだったら、セクハラ案件であったかもしれない。

私に「山羊鍋食べに行こう!」と誘われた時の女のコの心境を推察するに、
風邪っぽい上司の様子を気遣い「栄養ドリンクでも買ってきましょうか?」
と言ったら「じゃぁ凄十買って来て 」とか言われてしまった時rくらい気まずく、
さりとて断り辛く、窮地に追い込まれたのではなかろうかと思われる。
まったくお気の毒な事をしてしまった。

というわけで、結局他に同行する人は見つからず、女2人で昼から山羊鍋。
朝10時から開いてて、入り口には膨大な数のバイクが停まる駐輪場があり、
その奥にお店があると信じて数十メートルほど歩いて行かないと行きつかない
そうこのような造りのお店。


th_IMG_2632.jpg th_IMG_2634_2016082102181797b.jpg

th_IMG_2635.jpg 


ベトナムローカルの証である、丈の低いテーブルと椅子がずらりと並び、
店員さんは殆ど英語を使われず、最近行った店の中でもなかなかグッとくる雰囲気です。
ただ清潔感がとてもあって、夜は賑わうのだろうけれど、昼はそんなに人もおらず
快適空間。ってかガラガラ。やっぱり夜の食べ物なんですかね。

th_IMG_2641_20160821021903a76.jpg 

th_IMG_2657_20160821023741f5c.jpg 

なぜかシドニーのオペラハウスの写真があったのは不思議でしたが、もっと不思議
だったのは、大量の山羊が群れてる写真。黒いタレ耳の山羊は遠目にスヌーピー。
その種の山羊を扱っていらっしゃるのかは知りませんが、あんな山羊さん見た事
なかったなー。こういうもかぁいらしーなー、と思ってるすぐそばで。。。

th_IMG_2643_20160821023346756.jpg 

解体中(--)/
リブの所を薄刃のカッターナイフで丁寧に丁寧に骨かハズす繊細な作業をして
おられました。山羊の解体、最初っから見てみたい。

意外な事にメニューには英語が記されてました。中心街からもかなり離れた
場所にあるのに、外国の人が来るんだろうか。それとも場所など関係無い程
有名人気店なんだろうか。


th_IMG_2637.jpg th_IMG_2638_2016082102185977f.jpg

th_IMG_2639_20160821021901ddd.jpg th_IMG_2642_20160821021904518.jpg


トライしてみた物の、やっぱ苦手だ(´Д` )と言う方には、シーフード等もある様子。
とりあえず、山羊料理屋に来たら焼肉を食べて鍋、と言う流れが定番と聞くので
ホーチミンでは定番の山羊のオッパイ焼肉を注文。熟れた練炭がテーブルに運ばれ、
その上でジュジュウジュウ。焼き箸と食べる箸が、素材も色も異にして出されている
のが意識高い。

th_IMG_2646_20160821023349778.jpg th_IMG_2644_201608210233486c7.jpg

これ、この店でいつ頃からされてた事なのか知りませんが、日本ではこの7〜8年
じゃないですかね。焼肉食べる時にはそこ気をつけろという注意が浸透し始めたの。
日本に比べると全体の衛生面ガー、と言う話は良く聞くし、実際そういうところは
あるのですが、殊、温度湿度が高い所ならではの菌対策と言うのは、やはり南国の
方が民間レベルで古くから知られて馴染んでいるのかな、なんて想像したり。

さてオッパイ(オッパイだ凄十だと連呼してるけど、この回、管理サイドから
チェック入りませんかね…)。見た目は、これまでに食べてきたのと同じだった
のですが。。。

th_IMG_2650_2016082102373510f.jpg 

これ、違う!!!
タンの様にシャクシャクとした小気味良い歯応えは似てるのですが、もう少し
全体に味がさっぱりしており、舌の端、両奥部分に微かな、本当に微かな
苦味を感じる。

苦味と言っても嫌な意味での苦味ではなく、例えるなら銀杏を食べた時にほんのり
と染みる美味しい苦味。あんな感じ。それがなんとも「大人のニガ旨」という
感じで実に美味っ。小さいサイズの盛りを頼んだのに結構な量が出て来て、
(うあー、頼み過ぎたぁ。。。)と思った10分後には完食してましたねっ( ・`ω・´)b

しかもひと口食べる毎に「こんなの初めて!」と山羊鍋がもたらす可能性に
ふさわしい賞賛を幾度となく繰り返す始末。もっと他の場面で使いたい台詞である。

しかしそれにしてもこれは。。。今までのと明らかに違う。
それが、山羊の種類が違うのか、今までのが実は山羊ではなかったのか。
チマタでは山羊のオッパイって数がかなり限られるので(雌雄で個体数が1/2、
ある程度育つ事が必要だろうから、さらに何分の一かになり、且つ、彼女達は
更なる個体を生み出す母体でもあるので、そこを絶やしては後が続かぬ。そう
考えると、山羊のオッパイ焼肉なんぞ、そんなに大量に出回らない=豚の
オッパイを山羊のオッパイと偽って出している所がかなりある、とのこと。

と言われても、山羊のオッパイも豚のオッパイも食べる機会が少ない日本で
育ったので、これが山羊のオッパイですよと言われて出された物は、さいですか、
と言って頂くしか無い訳で、更にはこれまで20回は頂いたと思われる「山羊の
オッパイ」とされたもの、大体どれも同じ味だった。ので、こんなものなん
だろうなと思うしか無かったのだけど。。。

こんなにあからさまに違う山羊を食べさせ羅得た上に、目の前で、あきらかに
豚とは違う物が解体されてる所を見た直後となっては、こりゃーこれが本物で
いままでのはもしや…?と思わざるを得ないのであります。もしもそれが正しい
としたら、自分、よーこれまで「山羊のオパーイ、おいしーヽ(・∀・)ノ」とか
言うとったな、恥ずかしい。。。

ただ真真偽の程は分かりませんし、この店は、壁にある写真に見られたスヌーピー
山羊を使ってて、街中のお店はユキちゃん山羊を使ってる、そこに違いがある、
という可能性が無きにしもあらずなので断言はできないんですけどね。。。

ともあれ、うまいのであります。
そしてぺろりと食べてしまったので、鍋へと移行するのであります。
鍋になると、これまで肉を焼いてた網がはずされて、同じ炭火に出汁がかけられ、
山羊肉と、大量のお野菜が運ばれてきます。お野菜わっしゃー!

th_IMG_2654.jpg th_IMG_2653.jpg

2人だったので小さいサイズを、と言ったら、ホントにちょうど頃合いのサイズで
これは嬉しいジャストサイズ。中を見ると少し済んだ醤油ベースにも見えるお出汁に
お豆腐やら薬味やら。そこに生の山羊肉をザザーっ。後はグツグツ煮立てまして、
仕上げにお野菜を入れてちょっと炊いたらできあがり。おっほーヾ(@⌒▽⌒@)ノ

th_IMG_2658_20160821024206d9f.jpg 

まずはスープを頂いてみると。。。?
おおおっ、ほのかな薬膳テイストっ。スターアニス(八角)や生姜などがほんのり
と香る。山羊の風味なのか、植物性ではない旨味が滲んでて、ベースの出汁は
ちょっとわからなかったのですが、凄くシュッとした大人な滋味。甘くもなく、
塩気が主張するでもなく、旨味と薬膳の香りが滲んだ、おいしい鉄観音茶のスープ
みたいな。

んで肝心の山羊さんは、きっと固いだろうなーと想像してたら。。。
やわい?(´⊙ω⊙`)

th_IMG_2661_20160821024051ed9.jpg 

いや、ソフトな砂ズリくらいのゴリュゴリュ感はあるのですが歯切れが良く、
その後の租借時、「やわ!!」と声が出る程柔い。いや、さっき入れたの、
モロ生肉やったよな?事前に蒸すとかなんとか模してなさそうだったし、
このクリアで品のある出汁の味をジャマしないと言うことは、なんぞの調味料に
つけ込んでたって感じでもない、色合いから見てもそうだし、スパイスがまぶ
されたとかでないのも一目瞭然。

ただ、包丁がもの凄く丁寧に入れられてましてねー。筋切りも兼ねてなんでしょうけど、
そのお仕事の成果が大きいと思われます。小粒に切られてるんだけど、そのどれもに
丁寧な仕事がされてて、そのどれもが古物なのに旨味をギュッと蓄えてて。
またその出汁吸ったお豆腐のおいしい事と言ったら。。。

なにこれ。こんなおいしいお鍋あんの?
何で自分今までたどり着かんかってん!

いや、派手じゃないんですよ?
ガツーンと辛いとかコテーッと濃いとか、そんな美味さじゃなくってね。
身体に染みる滋味芳醇。スープなんかもう湯飲み茶碗入れてたら、御茶代わりに
ずーっと飲んでられる感じよ。しかも。。。

山羊って「温」の食べ物なのね。身体を温めると言われてます。
身体が温まるということは、血流が良くなると言うことで、そこが男性には
「合法ドーピング」と言われてる所以。血流、大事やしなっ(ナニによ)。

実際食べた後は、遠赤外線を当てられてるかの様な温かさ。
っちゅーか、熱い。ただ外からの熱さじゃなくて、身体の芯からジワーッと
ポッポポッポする感じ。一緒に行ったお友達はどんなにお部屋を温めても
手足の先が冷たいらしいのですが、その時ばかりはポカポカしてたんですって。

これ。。。メチャクチャ美容にええんちゃう?
いや、ナニにもいいかんもしれませんけど、血流良くなるって身体が温まる、
代謝が上がるで、女性が求めるもんでもあるんちゃう?お肉もヘルシー、
脂もくどくない。実際あれだけの焼き肉と鍋をペローッと食べても胃が軽かった。
食べた感はあって満足はしてるんだけど、胃袋がちっとも重くない。苦しくない。
発汗すればお肌にも良いし、これ女性が食べんでどーすんの?!

しかもここ、2人で2品とはいえ、こんだけ食べてビール1本ずつ飲んで…

th_IMG_2666_20160821024054029.jpg 


258kドン。まーぢかっ!!!2人で1300円くらいだとぉ?!(´⊙ω⊙`)
ありがたい。。。ありがたすぎる。。。
エキスパートプレミアムバージョンなら凄十1本分にしかなってないぞ。。。
(ところでちぇりさん、なんで値段を知っている)

なんならワタクシ、周囲に1度、健康を慮ってジムに行くのと同じくらいの
心持ちで、この山羊鍋食べに伺いたい。ここ、昼だったら人も少ないし、
ポーションもボチボチやから一人山羊鍋しにきたろかいな。

でもでも。その他のメニューも山羊三昧だったんよなー。
開拓したいっ。山羊料理、自分で作る機会は殆ど無かろうと思われるけど、
色んな料理食べてみたい!!
ホーチミンのワンダーランド、また見つけたーヾ(@⌒▽⌒@)ノ

いやー、この時のお友達、よくぞ誘ってくれました!
英語メニューがあった事から察するに、結構メジャーなお店なんかもしれませんが、
私の回りではあまり口の端に上って来ないお店だったので、ご存じなかった方が
いたら、そして山羊に興味をお持ちの方には、まぁとにかく一度食べて下さい、
と、お勧めしたいっ!

ナニを頼んでいいかよくわからないって方には、セットメニューもある様です。
何人分・山羊コース、山羊+海鮮コース、みたいな感じで。

th_IMG_2667_20160821024056ffe.jpg 

シーフードにしてもスパイスがベトナムならではの味だと思うし、
観光客の方にも、ぜひ食べてってみてほしいなー♪




SON TAI
111C Lý Chính Thắng, Q3




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

Oc Khanh 〜 興味津々貝料理!

***** 2017 Feb. *****

前回記事からも何度か行ってたんですが、今回相当久しぶり。
で、行ってみたら、えーーー!!!

th_IMG_5639_20170303131622512.jpg 
看板ができとるがな!!
しかも立派な!!!

th_IMG_5641_201703031316233f7.jpg 

見ると店員さん達ユニフォームまで作ってる。
儲かってまんなー!!!
ってか、今回7時くらいに行ったら待たされたよ。。。
私らの前にも20人くらい待ち。すげーっ。

ってか、ホーチミンでよく体験するんだけど、小さな小さなローカル
のお店でも儲かって来ると看板なり内装なり従業員のユニフォームなり
にお金をちゃんと回してるんだよね。けっこう昔ながらのままで行って
そこには経費かけないって例を見て来ただけに、へーって最初はよく
思ったな。

th_IMG_5643_201703031316241c4.jpg th_IMG_5644_20170303131625680.jpg

th_IMG_5646_20170303131628612.jpg th_IMG_5648_20170303131629fea.jpg

ワタクシが最初大層感心したオレンジソース健在。
そこに塩蟹。コレ一皿でどんだけビール飲めるか分からん。
身を食べたあとも殻をしゃぶりつつビールグビグビ(やめなさいよ…

マテ貝のガーリック炒めは鉄板よね。
ほんとにホーチミンで頂くマテ貝は味が良い。し、調理も上手。

th_IMG_5649_201703031316316be.jpg 

牡蠣はここのご自慢料理の1つでもあるのでとりあえず食っとく。
今日はフォーマイ(チーズ)。岩牡蠣くらいのでっかさがあるな。
食べ甲斐あるある。

ブリッとデッカい牡蠣の身をベロンと口元に寄せましてね?
唇の周りをチーズソースだらけにしつつ、ジュルっと口の中に
半ば吸い込むように取り込む訳ですよ。すぐに噛んだらダメ。
ぷよっぷよっとした柔肌を舌で転がししばし堪能。

そしてゆっくり、とてもゆっくり、舌と上あごでジュンワリ
押し潰すと、ぶじゅわーっ♡と染み出る牡蠣の肉汁。それと
チーズソースが交ざると、あーーーーーーーーっっ、うまい!
書いてて涎が!!!

th_IMG_5651_2017030313163295b.jpg th_IMG_5652_20170303131633b2e.jpg

今回、日本でお住まいになっておられるベトナムの方もご一緒しまして、
彼女がこんなの頼んでくれたんですがこれがまた美味。貝の正体は不明
なんですが、バターソース炒め。というか、ほぼアヒージョに近い。
そしてバターと言う名の紛うことなきマーガリンだw

貝の身自体はコリコリあっさりなんで好き嫌いは少ないと思われます。
そしてこのソースにバインミー(ベトナム式フランスパン)浸して
食べたらもう、身体に悪い事はわかっていてもヤメられない止まらない。
これは次回からの定番にしよう。

そして貝じゃないけど、超おススメなのがMi Xao!炒め麺!

th_IMG_5653_20170303131634ad2.jpg 

わかる?この輪郭のハッキリした麺、わかる?
インスタント麺ですわ。安っちぃ食材ですわ。でもね。炒める時に水分
のある調味料を使う事を計算しての麺の茹で具合。野菜と調味料から
出る水分を計算し切った上での配慮。

ちょーーーー美味しかったの。
むしろこれは生麺じゃダメ。即席麺でないといけないのです。
そうでなければこの味にはならないのです。縮れがもたらすふるふると
口の中で踊る食感。その際に魅力となる弾力を出す為の調理加減。
多分彼らは極自然にそれをやってて、何も難しい事をやってる感は
ないのだろうけど、すばらしいっ。目指す物がコレ、と定まってないと
たどり着けない仕上がりですよっ、これはっ。

安い食材を「それでならなければならない」ものに仕上げる感性。
あーもーやっぱり好きだわこの店っ。かっこえーっっ。

行列になるのも当然だわな。
料理に愛を込める人がいて、それを受け取る客がいる。
すばらしきかな、ホーチミンの飲食店。
今回も大変満足且つ、学びがあったわ。
VIVA! Oc Khan !




***** 2014 Nov. *****

二度目です。
お仕事で来られてた御仁の帰国が決まり、最後に飯でも…と言う話になりまして、
どこにしましょ、といくつか提案しましたら、ローカルなお店が良い!ということで。
平日の夕刻でしたが…

th_IMG_4751.jpg

大混雑ー(´Д` )
基本、ローカルのスタッフさんのみなので(タイミング良ければ英語出来る人がいる)
電話して席押さえてくれてるかどうかってとこから尋ねるのもままならない…。
ってことで、こちらに行くときは並ぶ事覚悟。ま、店内が満員だったら、
外に椅子とテーブル出して、客席を広げてはくれるんだけどねw

表では大きな牡蠣や仕込まれたタコが炭火でジュウジュウ。
海老は竹串に刺されて姿勢良く真っ直ぐ人され焼きムラができないように。
見てると大変丁寧なお仕事ぶり。

th_IMG_4753.jpg


メニューには一部写真も入ってるので頼み易くはあるのですが、やはり外せない
ものもあるので、前回の自分のサイトを読み出しておいて身振り手振り(笑)

th_IMG_4746.jpg th_IMG_4747.jpg
th_IMG_4748.jpg th_IMG_4756.jpg

そして前回食べてなかった、大好きな巻貝のココナツ煮♪
先端の尖った所が全てカットされてて、そこからチューっ♡って吸うと
キュポン!って身が飛び出て包んだよね♪ ココナツの煮汁もジュウジュウ吸いながら
行儀悪い事のこの上ないけど、楽しいしおいちい(*´艸`*)


あと、これも全開食べてなかったんですが、タコ!!
タライの中にタレやらスパイスやらにドゥエー!!!っと漬け込まれてたのは
見たんだけど、調理したのは食べてなくて、あまり東南アジアで見かける事が
少なかったタコをどうやって調理してるのかなーって興味津々だったのよね。
で、炭火焼だったわけですが…」

th_IMG_4763_2014120418443356b.jpg

柔っわ!!!
ole  で頂く地中海料理のタコも
相当柔らかくてビックリしたんだけど、ここのお店のも柔い!!

自分で調理するとき、あの手この手の下ごしらえを駆使してもこんなに柔らかく
なったことないんだけど…ミートテンダー的な何かを使ってるのかなぁ…。
おいしいヾ(@⌒ー⌒@)ノ

あと、前回出てたかどうか覚えてなかったのですが、この小鉢のタレ。
これが美味しかった♪

タマリンドソースとかココナツミルクとか、貝料理のソースをパンにつけて
頂くのが美味しいのですが、これをつけて食べるのもまた美味しい!
って、多分これ料理のどれかにつけて食べるもんだと思うんだけどw
なんというか、こんな雰囲気のお店だからそうとは思えないけれど、ちょっと
フレンチのソースにも通じる組み合わせ。温州みかん的な甘さのある柑橘果汁に
バターと薬味が足してある感じ。これ、家でも使えるなー。

うーん、やっぱりベトナム料理、面白い。
アジアンだし、こちらのお店に至っては、手もクチもベタベタぎとぎとになりながら
低い椅子に路上で座って頂くワイルドスタイルだし(笑)、ちっともお洒落じゃない
んだけど、調理の方法の想像がつかない様な仕上がりの料理があったり、煮詰めたら
ジビエのソースになるんじゃないかって言う様な洒落た組み合わせのタレが出て来たり。
まだまだ奥が深そうだなー。そしてこの店はまだまだ美味しい物がありそう♪
また近々出かけようっと♪


 
***** 2014 Sep. *****


友達が、習い事メンバーと行くと言うのに、部外者のワタクシ目も便乗。
図々しくご一緒させてもらってきました(^皿^)

場所は動物園に向かって、オーシャンズパレスを左に曲がります。
テケテケ数十m歩いてるとこういう表示がかかってるヘムが左手に
あるので、そこを入ります。

th_IMG_2491.jpg th_IMG_2492.jpg

歩道には『HEM25』と言う表示もありますね。
これは解りやすい♪
そしてHEMに入ると、右手にこちらのお店があります。
超ローカル♪

th_IMG_2468.jpg th_IMG_2467.jpg

中に入ると、平日のお昼ながら大混雑。人気のお店なんですねー♪
今回連れて行って下さった方も、最初はローカルのお友達に教えてもらったとか。
さすが。なかなかガイドブック等には載ってなさそうなお店ですね(笑)
素敵(*´艸`*)

入り口には機能的そうなシンプルキッチン。アーンド、タコ!!
なんか調味料に浸けられたタコ!!スペイン料理屋さんでも、ランチビュッフェでも
タコ最近食べたけど、なんかやーらかいしプリップリのプチプチで美味しいタコが
多いんよなー。そう言う種類のタコなのか調理法が特殊なのか。食べてみたい♪

th_IMG_2470.jpg th_IMG_2469.jpg

メニューは貝の種類毎に調理法がいくつか書かれてます。
事前勉強して行けばなんとか…なる?(笑)
今回は連れてって下さった方が全てオーダーしてくれたのでお任せーヾ(@⌒ー⌒@)ノ

th_IMG_2471.jpg th_IMG_2472.jpg
th_IMG_2473.jpg th_IMG_2474.jpg

まず最初に来たのがマテ貝〜♪ っぽいやつ♪
ベトナムでは貝の種類が正確にはわからない(笑)けど、形とかそれっぽかったなー。
ニンニクベースの塩胡椒でシンプルに。でも身がデカくてプリプリしてて美味しい!
で、牡蠣とかを食べたときの印象と同じく、雑味が少ない。養殖してるわけでも
なかろうに、不思議ー。

th_IMG_2478.jpg th_IMG_2480.jpg

次はハマグリのレモングラス蒸し。。。かと思ったら、ちょっとトムヤムクン
っぽいタイっぽい味のスープ蒸しだった♪ でもそんなに辛くない。
驚いたのは、テーブルに出て来た瞬間はまだグーツグツグツグツグツ!!!!
って、鍋の中が煮えくり返ってた事。そして。まだ貝が口を開いてなかった事。

甲斐甲斐しい様子の店員さんが蓋を取らずに行ったので取ろうとしたら
「ちょっと待ったーーーー!」のジェスチャーが入りましたので、しばし放置。
するとほどなくして、ポク♪ポクポク♪という音を立てて貝の口が開き始めた♪
なるほど、余熱まで考慮した熱配分だったのかー!!

って、これがたまたまだったのか、いつもそう言うタイミングを心がけて
おられるのかはわかりませんが、ホーチミンで食べるハマグリの火の入り方って
絶妙な物がありませんか??? しっかり火を入れた物じゃないと怖くてダメ!!
って言う人はちょっと躊躇するくらいのギリレアな感じ。煮過ぎて身がしょぼしょぼに
なってしまった、なんてやつには当たった事が無いんですよね。それでいて口は開き、
お出汁はスープに滲ませてる。それを意識しての上の卓上采配だったとしたら。。。

素晴らしすぎるっ。
真意はわかりませんが(笑)

とびきり気に入ったのは、こちら。巻貝のタマリンドソース炒め。
タマリンドソース、甘酸っぱいベースに醤油等を加えて私も良く家の料理に
使うのですが、お肉料理がメインで貝に使った物を食べるのはこれが二回目!

th_IMG_2479.jpg

ちょっとお行儀悪く見えますが、ローカルの方に習った食べ方を実行。
一度ポイッと口に殻ごと入れてソースをしゃぶり尽くし、中の身を取り出して
食べる。そして別注文しておいたバインミーをソースに浸して食べる!!
んまい!!!

th_IMG_2487.jpg

面白かったのは、この炒め物に白い小さな角切りの何かが混ざっていて、
何だろうと食べて見ると。。。サクリ…ジュワ…っ!!とする豚の脂を
香ばしく揚げた物でした!!なるほど!!確かに巻貝程度の穏やかな旨味と
サッパリ味のタマリンドだけでは今一つパンチに欠ける。そこで豚脂。。。

貝と豚脂って、ちょっと日本人にはなかなか出て来ない発想じゃないですか?
私にはありませんでした(^^; 以前、

Saffron
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-3602.html

で豚肉とアサリの煮物を食べた時にも驚いたけど、面白いなー、こういう
組み合わせ。海の物と山の物ってだけでも合わない確率高そうなのに、
豚に貝。この組み合わせはちょっと研究してみる余地があるかもしれない♪

改めて見てみると、マテ貝の炒め物にも豚の脂と思しき物がサクッと揚げられ
入ってました♪うーん、面白い。

面白かったと言えば、こちらも相当驚いたし気に入った!!
左が蟹で右が貝なんですが、恐らくは同じ調理法。
唐辛子入りのエビ塩。。。かなぁ?ちょっと柔らかめの辛さのお塩を水分
少なめの衣に入れてまぶした食材を『殻ごと』火入れ!!!

th_IMG_2481.jpg th_IMG_2483.jpg

全体が均等に色づいてたから多分あれ、揚げてるんだと思う。
でも当然ですが、貝の殻は食べられないし味も中に浸透しない。
蟹の殻だって外して食べる。ならそんな衣浸ける意味ないじゃん!!
って思うかもしれませんが。。。

さっきのタマリンドソースの巻貝みたいに、口の中に放り込んでしゃぶればよろしw
特に蟹はさほど固い殻ではないので、カニペンチを一応用意はしてくれてたけど、
自前の歯で噛みついてバリバリ。その際に殻にしっかりしがみついてる水分
少なめのガリガリ衣をイヤでも味わうことになる。これが。。。。

th_IMG_2486.jpg th_IMG_2484.jpg 


美味しい!なんならこの蟹の殻しゃぶるだけでビール飲めるわ!
いや食べるけど、他の料理も!(笑)
そしてこの調理法も、ちょっと自分の中には無かった発想。
貝や蟹を殻後と炒める、ってのはマレーシアやシンガポールで経験済みだったけど、、
塩気の強い衣を浸けて揚げるっちゅーのは想定外。おもろい。

あと蟹の味が、こちらに良くあるアッサリ味じゃなく、ちょっと日本で
味わう蟹の様な、蟹蟹しい風味を持ってて、小さいながら大満足。

ってか、衣の塩気と唐辛子が結構強くて、口の中が塩っぱいわピリピリ
するわな状態になってるのに、ちゃんと味わえるくらいの旨味があったからなー。
蟹。優秀。ってかここの料理、酒飲みにはたまらんですばい。。。。( ̄¬ ̄)

〆は、牡蠣のお粥。
先日雲丹のお粥を堪能したばかりでしたが、牡蠣のお粥もええねー♪

th_IMG_2489.jpg

やーっ、昼から貝料理とビール、大堪能!!
図々しくも紛れさせてもらった甲斐がありましたー(>▽<)
ここ、絶対ええやん!もう既に連れてったら喜んでくれる人の顔が
何人も浮かぶ(笑) ビール飲む人、周りに結構いるからなー(笑)

ええとこ教えてもろた!!
あ、意外と英語のできるお嬢さんがこの日は居てくれたのも頼もしかった♪
連れてってくれた方はもうベトナム語でやり取りされてましたが(すげー!(^^;)
自分みたいな無作法もんにはありがたいかぎり。

ここはまた近々ぜひとも行きたいなー♪
貝料理は、鍋料理並みに独りで食べると寂しそうなので何人かで繰り出す
のが良さそうですが、店内あまり広くないので、たとえば10人以上とかの
大人数になりそうなときはお気をつけ下さいませ♪


ちなみに、今回お世話になった方、これまで失礼ながら存じ上げなかったのですが、
なんと、ワタクシがホーチミンに越して来た当初から随分お世話になったブログを
書かれていた方でビックリ!!!(´⊙ω⊙`)

ホーチミン暮らし
http://blogs.yahoo.co.jp/yasukowww/


こちらの、9月12日に同じ日の事を書かれていて、
http://blogs.yahoo.co.jp/yasukowww/archive/2014/9/12

↑こちらのブログの、またその他の先人のみなさまの情報があったからこそ、
初期、全く独りで行動していた数ヶ月感、のりきれたようなようなもの。
また自分の微々たる体験でも、なんぞ見てくれた方の役に立てれば、と思ったのが、
ホーチミンでのブログ開始の動機でもありまして…

もっときちんとご挨拶すればよかったと今になって思うのですが、目の前の
美味しそうなものに夢中になって挨拶もそこそこ…( ꒪⌓꒪)  
いい歳をして無礼なやつめ…(苦笑)

ホーチミン暮らしさんの頁では、詳しいメニュー名(in ベトナム語)なども
掲載してくれてます!あーっ、これ親切!
私いっつも食べるの優先で、メニューの写真こそ撮るものの、ベトナム語の
紹介してないなー(^^; 写真指さしでお願いします、なスタンス(苦笑)

とかいいつつ、多分このお店に次回行くときは、とくに自分の頁を改善する
こともなく、ホーチミン暮らしさんの頁を携帯に開いて持ってくだろうなw 
お世話になりますm(. . )m ←仕事しろw



th_IMG_2482.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪



Oc Khanh

夜総合点★★★☆☆ 3.8



関連ランキング:ベトナム料理 | レタントン通り周辺


Five Boys 〜 由緒正しくシントーを楽しめるお店!

「ちぇりさん、ココナツのシントーを飲んでみたいです!」

アテンドしてた客人からそのように言われて困ったちぇりさん。
シントー、意外と自分が飲まないのよね。

食事の時には重すぎる。
朝の食事代わりには身体を冷しすぎる。
デザートにと思っても,ご飯を食べる時はたらふく食ってしまうので
(あんたいい大人なんだから加減しなさいよ)お茶かコーヒーくらい
しか入らない。そもそもカロリーがとんでもない。

となると、ランチを食べ損ねたまま次のアポにGO!な時の
ウィダー in ゼリー的なタイミングでしか飲むことない。
ので、勢い機会が減ってしまう。ので、マンゴーやらバナナやら、
ティピカルな物しか思い浮かばない。

店のメニューなんかじっくり見てないわけですよ。そもそも、
ココナツのシントーがある事自体、彼のリクエストを聞いて知った。
シントーが飲める所は知っているけど、ピンポイントでココナツの
モノがのめるとことなると…???

検索検索w 
いや、ココナツシントーで検索した訳じゃないのだけど、めぼしいお店
情報ピックして、メニュー表が見れる資料を漁ってですな、見つけました( ・`ω・´)b

th_IMG_5235_20170228115359c01.jpg 

店、どこよ(´Д` )
場所はBui Vien 当たりの一角。
入るべきヘムの向かい側はこんな感じのならびになってましたわ。

th_IMG_5237_20170228115445cae.jpg 

まぁ,とにかく、最初の写真のヘムの所を入って行くと、おばあちゃまが
イチゴを剥き剥きしておられました。あ、ヘタ取ってたってことねw
単純にイチゴ屋さんなのかなーと思ったけど、多分あれ、このシントーの
お店の食材準備。

th_IMG_5238_20170228115412c12.jpg 

そして先程の入り口から10数メートルも行くと右側に、

th_IMG_5242_20170228115400794.jpg 

果物が積んである。
コレが目印(笑)
え?店ないやん、って?

th_IMG_5243.jpg 

ありますがな。ちゃんとした椅子がっ( ・`ω・´)b
私が見たベトナムの椅子の中でもコレ、過去最上級に低いかも(笑)
That's ベトナムっ。

店内?いや、青空店内?(笑)はこんな感じですが、メニューは
しっかりしてますのんよ。こんな感じ。

th_IMG_5247.jpg 

th_IMG_5246_20170228115400278.jpg 

単品でも良いし、好みで3種類までミックスできるんだったかな?
既に用意されてる定番のミックスメニューもあるので、迷った時はお手軽にこれ。
コーヒー10kドンってのもすごいなぁ!(・∀・;

で、ちぇりさんが頼んだのはピンクグワバ。
これまでhum...さんでしか見かける事がないかと思ってたピンクグワバ、
こんな所にあったのか。しかも激安で。

th_IMG_5251_20170228115426c9e.jpg 

客人は念願のココナツシントーを頼んでて、何かとミックスした方が良いよ
と言われた時に迷わずドリアン選んでたっ(´⊙ω⊙`) やるなおぬしっ。
で、このテーブル、すごくない?!

th_IMG_5250_20170228115412207.jpg 

本来椅子である筈のプラスチックの物体に穴を開けただけで、自社製品
(ヘノッヘノの耐久性のなさそうなプラカップ入りシントー)に特化した
省スペースで安全性も兼ね備えた(ガタガタさせたり少々手が当たった所で
倒れない)すばらしいテーブルに設えてるっ。

これをテーブルたらしめるために、あの極端に低い椅子を置いてたのか…
(いや知らん)

ところで客人のココナツ・ドリアン・シントー。
ご本人は大変置きに召したようでご満悦でいらっしゃいました。
私も味見をさせてもらったのですが、ものっすごいドリアンで、
ココナツどこ行った???って感じではありましたけども、ドリアン
苦手な私でも結構行けた!

ここのシントーは砂糖や練乳を使ってないと言う情報も見たのですが、
今回頼んだ物には二つともに入ってた様子。ってか練乳入らなくても
シントーの定義に入るのか?って気はしますし、甘すぎることなく
味のバランスはとてもよかったので、これは入ってた方がいいのかな
とすら。物によってはサッパリさせる為に入れてないのもあるのかも?

そして甘過ぎないように仕立ててあるから、練乳は加えててもメインの
果物の味は健在。且つ、その果物がトッピングされてるのも嬉しいですよね。
ドリアンは、ネットリした果肉がポテッと載せられてました(笑)

どうですかね。ドリアンは試してみたいけど、市場で買える果肉は
ポーションが大きすぎる。でも、これならお手軽。万が一にも美味しく
ないと感じてしまっても、まあ経験代だと笑って過ごせる金額ですし、
なんといってもドリアン強い子、負けない子。多少他の果物と混ぜても
その主張は雄々しく強く、さすが果物の王様です。

お試しするならシントーで。
うんこれ使える。なんなら他の果物に対しても。
こちらならかなりの種類がありますし、シントー自体がベトナム
名物でもありますしね♪ 
アテンド何度もしてるけど、未だに勉強になりますなー(^・^)

ってことで、日常のちょっとひと息つきたい時にも、お客さんに
ベトナムテイストを味わってもらうにも、中々使えるお安いシントー
専門店。知ってて損は無いと思いますよー♪

Five Boys
84/7 Bui Vien Q1
09:00am - 01:00am




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ


☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★

      <モノを知らぬは失礼のもと> 
       更新!(バックナンバーでご覧頂けます) 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】

☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★


The Crab Shack 〜 カニさんソースまぶしの刑!

***** 2017 Feb. *****

うおー!先日思い立って寄ってみたら、すっかり門を閉ざしていたので
無くなってしまったのかと思っていたら。。。あるわ。あったわ。
しっかり改装して再開してたヾ(@⌒▽⌒@)ノ

th_IMG_5490_20170226200231496.jpg 






ほいでもってメニューも一新。
メインは変わっていないのですが(お値段はちょっと上がったかな?)
単品で頼めるメニューも増えてて、気軽に1人で来てビールと一品、
なんて方もお出でになったご様子。

th_IMG_5492_20170226200232eb2.jpg 

これはまぁ、こんな魚介類がありますよと言うご紹介。
これらを自由に組み合わせる事も出来ますが、グラム売り
ですし、ま、高くはなると思われます。

そこで…?

th_IMG_5493.jpg 

ケイジャンクラブにはコンボ1、コンボ2、コンボ3という
組み合わせがあるのでこちらを選ぶのがよろしいかと。
最低重量が2kg?!ってことでギョッとされるかもですが、
そもそも殻が殆どのザリガニや貝などを多く含んだ構成なので、
そんなに多すぎると言うこともなく、今回は2人でペロリ(・∀・)
ただ結構量はあるので、3人でも行けると思われ。

th_IMG_5494.jpg 

ほかにも生牡蠣や単品で頼めるサラダや揚げ物なども増えてた♪

th_IMG_5495.jpg

この辺があれば、手を汚す食べ方はニガテ、という人も楽しめるし、
気楽さが違いますよね♪

th_IMG_5496.jpg 

カニ料理も満載。
こちらの蟹は多分グラム売りで時価になるので、そこそこの
お値段になるとは思いますが、シンガポールとかで食べるより
安いのは確実。ソースのバリエーションも沢山あって美味しそう( ̄¬ ̄)

th_IMG_5497.jpg

カニは高そうだけど、イヤやっぱりエビくらいは食べたいわって
ことであればこんな感じのメニューも。
そういえばタラバがメニューに加わってたのはなによりだわね。
高そうだけども。

th_IMG_5498.jpg

ご飯メニューも増えてたーヾ(@⌒▽⌒@)ノ
普通にフライドライスみたいなのもあったけど、そこはさすがに魚介類を
売りにしているお店のメニュー。パエリヤ風のものもあってなかなか。

th_IMG_5499.jpg

で、ケイジャンクラブのオーダーの仕方ですが、まず単品で頼みたい場合は
魚介類を選びます。が、さっき言ったようにこれはちと高く着く可能性有り。
色々面倒くさかったら、コンボを頼みましょう。コンボも内容が色々ですが、
個人的にはクラム(ハマグリ)が入ったコンボ2がお好み(^・^)
出汁が美味しいのよねー♪

th_IMG_5501_20170226200243d4a.jpg 

その次がソースの選択。
ベーシックなケイジャンソース、レモン&ペッパー、ガーリックバター、
それらを混ぜたALL in One、そしてオレンジソース!!洒落とーねー!
以前ローカルの貝料理屋さんでも出された事あるけど、このセンス、
素晴らしい。


th_IMG_5502_20170226200244a52.jpg

で、今回はAll in Oneをオーダーしました。
ほいでもってお気に入りのサイド(と言っても中に入ってるんですが)
があれば追加を注文。ソースはデフォでもタップリあるので、例えば
4人くらいで言ったときは、コンボ1つにこのサイドを増やす事で
量を調整するのもアリかなと。

th_IMG_5503.jpg

絶対頼んでおいた方が良いサイドは「Bread」。ま、Banh Mi でベトナム式の
軽いフランスパンなんですが、言うたらこれが「肝」になるので、絶対頼む
ことを推奨。こればっかりはベースのセットに入って無いし( ・`ω・´)b

th_IMG_5493 のコピー 

辛さは今回真ん中当たりのBurningってのにしたんですが、これでも
結構来てました(・∀・; ファーストバイトのアタックはそんなでも
なかったですが、全体に来る。ずしっと来る。昼に食べて夜まで胃袋
カッカしてたw これ、最上級の「Oh my god」にしたらどんな
ことになるんでしょうね。。。恐いもの見たさで食べてみたい気はします…。

注文後は用意されたビニール手袋をご確認ください。
これは途中汚れたり破れたりしたらまた持って来てもらえるので
必ず使ってくださいね。

th_IMG_5507_20170226203331225.jpg 

2年くらい前かな。日本二もこの手の料理を出すお店が上陸したって
ニュースを見てたら、なーんと客に素手で食わせてた(((;゚д゚;)))

口に入れるモノへの衛生配慮ってこともあるけど、これね、結構チリが
効いたソースの場合が多いんですよ。レモンペッパーにしたって胡椒
効かせてる。なのに素手。。。

唐辛子などの辛味は味、というより、痛覚で感じるものですから、
当然、手の皮膚にも染みればピリピリすることがあります。そして
細かい粒子がしみ込んだら中々落ちない。お水でザーザー洗っても、
です。もしその唐辛子成分が残った手で目やその他の粘膜をこすり
でもしたら…

考えるだに恐ろしい。
持ち帰りは衛生上の問題があるから禁止とか、あれだけ厳しい日本で
あれが放置されてるってのは本当に不思議。いやでも最近音沙汰
聞いてないし、さすがにもう改善されてるかな?

そういえば待ってる間にこんな突き出しも着いてきました。
カニクラッカーヽ(・∀・)ノ

th_IMG_5510.jpg th_IMG_5511.jpg

スピンみたいな素材のもんだと思いますが、わーい、こういう
可愛いのスキヾ(@⌒ー⌒@)ノ ←単純で良い顧客だと思う

ってわけで、そういうのをバリバリ食べながら待つこと暫し。
はいっ。登場!!

 


うおっふぁー!アッチアッチでホッコホッコ!!
熱っついんでね、お気をつけ下さい。ソースにはかなり油が使われてて
それが蓋をする状態になり、底の部分まで中々冷えない。

th_IMG_5518.jpg 

なので両手で食べようとすると結構大変。
というわけで、ちぇりさん的には左手で素材を抑え、利き手の右手には
フォークを持って挑むのを良しとしています。人間は道具を使える生きもの
なのだなと再確認。

中身はクラム、ソーセージ、ザリガニ、海老、ポテト、トウモロコシ等々。
どれも美味しいのですが、海老こそ食べ甲斐があるものの、ザリガニは
小さめで殆ど出汁用と言った感じかしら。いやでも出汁を出したあとでも
十分美味しいので、ぜひトライしてみてほしい。








食べる部分は小さいけれども旨味は充分。
殻もそんなに固くないので、口の中に放り込み、ガジューガジュガジュと
噛み砕いてからジューッと味わい、殻入れにペッとしてもよいのですが、
それではあまりに行儀が悪い(一番効率的と思われるんですけどね…)
って場合は。。。

th_IMG_5529_201702262048439cc.jpg th_IMG_5530_20170226204844921.jpg

左手でザリガニを抑えて右手のフォークで頭と胴体切り離し、
頭の下部分をフォークで抑えて上の殻の部分をカパッと開ける。
こうすると当たりの場合味噌が入ってて取っても美味しい(^・^)

そしてなにより美味しいのがこれよっ、奥さん!

th_IMG_5522.jpg 

全ての素材のエキスが集約されたソースにパンを浸して食べる悦楽!!
またBanh Miで軽くって、霞を食べてるが如くなので、食欲と煩悩に
まみれた仙人、延々御代わりし続けるよね、Banh Miを。。。

今回も二人で御代わりして食べたんだけども、ソースは完食に至らず。
うーん、これ、パスタ絡めても美味しいよなぁ。。。持って帰りたい。。。
でもさすがにそれは。。。うーんヽ(;ー;)ノ

th_IMG_5531_20170226204845a4b.jpg 

ってことで、大堪能の久しぶりのケイジャンクラブ。
男性はこういうの、面倒くさいと思われる方もいらっしゃると思いますが、
人数居るときは頼むだけ頼んで、ゴチャゴチャしたのを食べるのは人に
任せて(なんならちぇりが参上します(--)/)このソースをBanh Miで味わう
だけでも価値ありまっせっ。

って、それではあんまりやって方は、他にも沢山頼める料理が増えてたし、
ますます楽しみ易くなったんじゃないですかね、こちらのお店♪

あっ、もしあれば、もう捨ててもええわ、というTシャツを着ていく
事をお勧めします。うん。なぜかというと、この大人で淑女のちぇり
さんですら、服に赤いスポットが点々と(´・ω・`)

ひ…漂白剤でなんとかなるかな。。。




***** 2014 May. *****

三区のコープマートからちょっとの位置に、カニ屋ができた!
なぜわかったかというとこれ!

th_IMG_1646.jpg


ハイもうどう見てもカニ屋!!(笑)
でも意外に高いホーチミンは1区のエビ、カニ。ちょっと小奇麗な海鮮料理専門店に
行ったら、結構な金額を取られるというね。ってか、ベンタン横の屋台とかでも、
エビやらカニやらは結構高い。まぁエビは種類に寄っては大したことないんだけど…

で、まぁこちらのお店も、ゴツいMud Crab とかを食べようとすると結構します。
店内オサレなだけあって。生け簀にはワタリガニとか、同じMud Crabでも雌と雄で
価格が違ったり。例えばワタリガニはキロ500円くらいだけど、Mud Crab の雄は卵持ってなくて
小さめだけど2500円/キロ、大きいメスは4〜5000円/キロ。

th_IMG_1647.jpg


まー、「これでっか!!」と思う物でも700gくらいだったから、実際に食べた時の
単価はもうちょっと低いけど、けっこうねー(^^;

で、これらのカ二をシングルで合わせることもできるんだけど、あれです。
いつかご紹介したケイジャンクラブのお店と同じく
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-3491.html

諸々のミックスシーフードとソースをビニール袋に一緒に入れて
ワッシャワッシャした後に手づかみでゲッショゲッショと食べるタイプのやつで、
コンボメニューがありましたよっと♪

th_IMG_1649.jpg th_IMG_1651.jpg

コンボ1だとちょっと寂しいけど、コンボ3だと大したカニが入ってるわけでも
ないのに値が張るなー、と、日本人のお手本のような選択思考回路に入ってたら、
お店の人から、『コンボ2がお得だしよろしいと思いますよ♪』とおススメ頂いたので、
これ幸いとそれにフォーカス。だいたい2〜3人前。

th_IMG_1652.jpg th_IMG_1655.jpg

前述の類似別店と同じく、テーブルの上には模造紙が敷かれてて、ビニール製の
エプロンもある。もう遠慮なくワシワシできる準備が万端ですぞ!!(笑)
はい、ドン!

th_IMG_1653.jpg


お…おぅ…。。。ドン、と言った割にはビジュアルが弱いな。。。(苦笑)
でも中にはプリップリのハマグリやらエビさんがケイジャンソースにまみれていっぱい!

th_IMG_1654.jpg

ただし、カニは入ってなくて。。。こいつw

th_IMG_1660.jpg th_IMG_1661.jpg

ザ…ザリガニ???(^^;
身は小さくて食べにくいけど、カニのようなエビのような独特の風味でちぇりは好き♪
奇麗に食べようとせず、ちぇりは頭をへし折って上部のからを外し、ミソのところを
ちゅうちゅうちゅう。胴体の方は殻ごと口に入れてガシガシ噛んで、ペっぺっぺっ!!!
超行儀悪い(笑)

でもこういう料理は行儀悪く、その上でセクシーに食べてなんぼだわさ。

th_IMG_1659.jpg

ファッションと同じで。テーブルマナーも一通りそつなくこなせる技量がある上で、
崩してやんちゃにセクシーに。って、ちぇりのそれがセクシーだってわけじゃないんだけどね。
エプロンしたら、よだれかけみたいになってたし(´Д` )

ちなみに、食べる魚介類の身の部分ってのは、そんなにたくさんないのだけど、
慣れぬ作業で食べるから時間かかるってことと、ビニール内に溶け出たエキスが
ケイジャンソースと相まって素晴らしく、それにパンをつけて食べると、
上等なブイヤベースに浸して食べてるような感じでナンボでも入り、お腹いっぱい!



ちなみにちぇりは、左手にビニール手袋をして、利き手の右にはカトラリーを持ち、
わしょわしょ食べるのが好きでした。ビニール手袋は両手分支給されるし、
言ったら途中で補充してもらえると思います。パンも補充してもらった♪

あ、ソースはケイジャンソースのほかに、レモンペッパーとかバターなんちゃら
とかもありました。オールインワン、的なものもあって、それはそれらを全部混ぜるのか
どうなのかはちょっと謎でしたけど(笑)、個人的な見解+ご一緒した方達の感想は

『別店より味いいね』

という結論。
ただし、別店の似たメニューには入ってたジャガイモがこっちには入ってなかったので、
あれがあってくれるといいねー、という希望はあったけど。

どうですかね。
奇麗なレストランでオサレに食べるランチもいいけど、たまにはワイルド&セクシーに♪
ケイジャン・クラブ、いかがですかー♪


th_IMG_1657.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Com Ga Hoi An 〜 チキンライスの美味しいお店♪

噂に聞いてたんですよ。
Com Ga(チキンライス)専門店なんですが、デフォメニューが40kドン。
だけど100kドンのメニューもあるお店なんだと。
th_IMG_5429_20170226172317c4b.jpg

中部料理のお店に良くある黄色の配色。分かり易い。
オープンドアのようにみせかけ、サッシがしっかりしめたるので、
「おおっ、クーラーが効いてるんや!」と入店前から期待をそそる。
暑い日にはありがたいですもんねー(´Д` )

店内はウナギの寝床。そんなに広くはありません。
極々シンプル。だからランチタイムなどは避けて、ちょっとハズした
時間に行く方が良いかもですね.この辺オフィスとかけっこうあって、
ランチタイムはどこのお店も混むみたいだし。

th_IMG_5433.jpg 

あ、ちなみにいつぞやのベルギー料理屋さんの通りにあって割に近く。
この辺、意外と色んなお店があるのねー。

th_IMG_5432.jpg

黒板に色々書いてますけど、特別にその日のスペシャルがあるような
感じではなく、卓上にあるメニューと変わらない内容の様です。

th_IMG_5431_20170226172319a16.jpg 

あとは

ほんまやっ。
40kドンのコムガーと、100kドンのコムガーがあるっ。
何その価格差。まさか量?!

パパイヤサラダがあるようで、コムガー以外だとホイアン風お粥って
言うのと、手羽先やドラムスティックっていう部位指定+パパイヤサラダ、
みたいな組み合わせ。メニュー自体はとてもシンプル。

th_IMG_5430.jpg 

良いですね。
出す物を特化してるお店ってロスが少ない。ロスに回す分を品質に回す
こともできるし、手間も決まった作業に集約できるから、作り手さんに
よるムラが減る。チョイスを求めるお客さんには物足りなさを与えるかも
しれませんけど、一定数の顧客を確保してるなら、それを食べにきてる
人ばかりなんで、モノの回転も上がる=フレッシュな物を頂けるって
利点もあるしね。

th_IMG_5435_201702261723232ae.jpg th_IMG_5441_20170226172331088.jpg

特化しているお店らしく、コムガーを頼むとチキンスープが着いてきます。
そしてタレの様な物が着いて来て、これが内臓を活用したもの。
実に美味しい。コムガー自体の味が完成していたのでタレなんか
必要ないのですが、このタレ自体が美味しかったり。

ちなみにチリは甘辛ネットリ系。これ、普通にご飯に乗せて食べても
美味しいよね(・∀・) 多分市販品にも良くある味。おいちぃ。

で、お待ちかね。
th_IMG_5436_20170226172325b02.jpg 

おおおおっ。手前が100k。奥が40k。
なるほど、まず量は確かにちょっと違う。
でも価格に比例した倍以上、ってことはない。で、良く良く見たら…

th_IMG_5438_20170226172328cd5.jpg 

なるほど、40kの方は胸肉ですな♪
それを割いてる。食べ易い。
日本でも鶏肉は胸肉の方が安い。それはパサパサして美味しくないからっ
って理由もあるけど、それは調理法でなんとでもなるんだよね。実際、
ベトナムで食べる胸肉料理はおいしいの多い。ってか、旨味成分だけで
いくと、胸肉使う方がお得って話もあるしなぁ。

th_IMG_5437_20170226172326d2a.jpg 

とはいえ、弾力も油分もあるモモの方が分かり易く美味しいってのも
わからなくはない。実際こちらで使われてるモモ肉の蒸したのを
割いたものは、いやこれ割いてくれてないと食えないよね?って
くらいの弾力、そして歯応え。うんうん、美味しい♪100kって
価格はそれでも結構なもんだなーと思うけど、もしかしたら鶏自体にも
相当拘ってるのかもしれませんな。

量が結構あるので、二人で来たらこれともう一品をシェアする感じでも
いいかも。単品のパパイヤサラダもかなりの量でしたしね。

th_IMG_5439_20170226172329204.jpg 

チョーッとカットが長くてしかもパパイヤ自体が元気なので、
大口空けて押し込まねばならず、おしとやかに振る舞いたい方には不向き
ですが、タイのソムタムとは違う、ベトナム風の味付けのパパイヤサラダ、
美味しかったですよ♪

60kするので量が結構なものだったことと、これにも鶏肉が使われ
てるので、ボリューム感も満点です。

コムガーなー。おやつ程度に食べるタイプのチミっとサイズのものとか、
なんか貧相な物とかが多くて、東南アジア各国にあるメニューとは言え
ホーチミンのは今一つ馴染まない事も多かったけども、こういう

「コレで勝負してますっ」

みたいな気概のあるのはやっぱいいわ♪
美味しかったです、御馳走様♪
40kと100kの違いも分かって大満足。

単品狙いでコムガーのお店を探すんだったらおススメですよ♪


th_IMG_5442.jpg 


Com Ga Hoi An
31C Tran Quoc Toan Q3
にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

※台湾の食べ物じゃないアレコレをメルマガに追記しました♪↓

☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★

<モノ知らずは失礼のもと> 更新!(バックナンバーでご覧頂けます) 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】

☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★


The Mach House 〜 フランスの方のお墨付き!

*****  2017  Feb. *****

最近チョイチョイ動画入れてみてるんですが、どうでしょね?


撮り方がまだ試行錯誤中なので、チョピッとだけだし、あんまり上手
とも言えませんけど、お料理の臨場感が伝わると良いなーと思いまして。
まずは愛するThe Mach Houseさんのランチで料理撮ってみました。

こちらはデザートのチョコレートムース。
アイスクリームも美味しいし、クレームブリュレも捨て難いけど、
セットランチのチョイスの中では、このムースがダントツおススメ。


はい、あーんヾ(@⌒0⌒@)ノ


*****  2017  Jan. *****

<<2017年1月26日〜2月6日まで、テト休みに入るそうです>>

最近こちらのブログを見て、私の大のお気に入りのこのフレンチに行って
下さる方が多いようで、お店の方からも「最近日本人が多くて嬉しいよ!」
とのお言葉を頂きました♪ 

召し上がってみられて、お口に合うかどうかはその方次第だと思うのですが、
合えば嬉しいし、合わなくても、好きなお味やお店への選択肢が絞られて、
その方に撮ってのより良い選択をしてもらえるキッカケになれたら嬉しい
なーと常々思っているので、本当に願ってもないことですヾ(@⌒ー⌒@)ノ

さて、こちらのお店。
2017年1月26日〜2月6日まで、テト休みに入るそうです。
ベトナム国外へご旅行などに出掛ける方も多いかと思いますが、
のんびりと街でお過ごしになる方の中で、お休み中にこちらのお店に行こう、
と思って下さってる方が居てはいけないので、お知らせでした♪


*****  2017  Jan. again *****

かなり通ってます。
お友達との新年会もこちらでしました。
まずはピンクの泡で、女子会らしく(いつ女子だったかの明記は控える)。

th_IMG_1728.jpg th_IMG_1737_2017011812074045c.jpg

アイスバッグで保冷ってのがこの店らしくて良い感じ。
私にとって泡はやっぱりちょっと特別なときの為のものだったり、スペシャル感が
あるんだけれども、このお店で飲むと、普通に飲んでる感が味わえるんよね。

th_IMG_1734_201701181207370e6.jpg th_IMG_1735_201701181207372da.jpg

th_IMG_1736_201701181207387f5.jpg th_IMG_1739_20170118120741607.jpg

フォアグラ好きの友達にどーしても食べさせたかったテリーヌ、限定ものかと
思ってたら年が明けてからも置いててくれて、食べてもらうことができました♪
聞いてないのだけど、自家製なのか、とても甘酸っぱくて味の良いドライトマトを
散らしたサラダや、ラムの煮込みを頼んだら、これがなんとホワイトソース!

「ラムにおススメのワインを選んでくれますか?」とお願いしたら白が来たので
ブラウンソースを想像していた自分たちにはなんのこっちゃら???だったのですが、
へーーー!!ラムのホワイトソース煮込み、初めて食べたわ!
そして…?

th_IMG_1740_201701181207435ae.jpg 

フォアグラのソテー!ヾ(@⌒▽⌒@)ノ
これで2千円ちょっとだったかな。焼き方やソースの味に関してはもう言わない。
言うことなんて「最高」の一言に決まってるから。そしてほんの少し干してから
ソテーしてるっぽいキノコたちと一緒に食べると、またこれが別の料理の様な含みを
持つから面白い。

単体じゃないの。皿の上のものと合わせて完結する「料理」になっている。
体中がほどかれて行く様な多幸感。美味しいものがあったら変なクスリなんぞ、
ほんとに不要。まぁ脳内麻薬が分泌されると言う点では食べ物もクスリも似た
とこあるけどw

そして別の日。(えっw

やっと旦那さんを連れて行けたんです!
ホントは大晦日のディナーを頂こうかと言ってたんだけど、急遽旅に出てしまった
のでリベンジ。ランチのラムのラザニアに興味を持ってくれていたのでお昼に出陣。

そういえばこちら、グラスワインもありますが、少しだけお得に、カラフェでの
提供もありまして。

th_IMG_1958_20170118121636bf4.jpg th_IMG_1959_201701181216374b6.jpg

量は変わらないんだけど、グラスワイン1杯×2人分を頼むより、2人分として
カラフェを頼んだ方が10kドン安い(笑)
4人分としたカラフェ(ハーフボトル分)はお値段変わりないんだけども、
ボトルにすると更にお得と言うのが分かるし、少しでもお得にっていうお店のお気遣いが
感じられて嬉しいよね♪

で、旦那さんはお目当てのラムのラザニアとガスパチョのランチコースを頼んだの
ですが、ラザニアの量が半端ないと知ってたちぇりさんはサラダと、どうやら限定
っぽチーズがあったので軽く。

th_IMG_1960_20170118121639f20.jpg 

スモークサーモンのサラダ、もうなんかメインと言ってもおかしくないくらいの
肉厚サーモンがドーッシャリ乗ってる(笑)ハッパ部分はあいかわらずのバジル
風味のドレッシングをオーバードレストにならないようにちりばめていて美しい。

そして限定のチーズと言うのが…

th_IMG_1962_2017011812164085f.jpg 

こちら。Saint Marcellin という、極々小さな村で作られる地方のチーズらしいの
ですが、シェフが生まれ育った街のものなんですって!

「これだけを食べても美味しいんだけど、ニョッキに絡めたりして食べると
 最高でさぁ!街のみんなの大好物なんですよ!ああ、僕このチーズのこと話し 
 だしたら止まらないからもうやめとくけど、気に入ってくれると嬉しいな!」

と、それはそれは嬉しそうに紹介して下さったシェフ。
あんな顔して勧められたら頼まない訳に行かないじゃない?(笑)

個人的に…「良い料理人」というのは、美味しいものを作れることは大前提として、
ああやって素材や調理法なり調理道具に愛情を注げる人のことを言うんだろうな
と思っています。故・私が最も影響を受けて彼を越えるフレンチにであったことがない、
というシェフもそうでした。料理を褒めると厨房から肉のかたまりを出して来て、

「だって見て下さいよ!こんなに美人さんなんですよっ。美味しくならない
 わけがない。。。(うっとり)」

と恍惚の表情を浮かべておられた。
チーズの説明をしてくれた時のシェフの表情や、このチーズを紹介できると言う心の
底から喜んでいる空気感、ホントにチャーミングだったなぁ(※^^※)

th_IMG_1966_2017011812164285a.jpg 

そしてこのチーズ。常温でもこの蕩け具合。
聞いていた程クセがあるようには感じなかったけど、ミルキーでネットリと舌に絡み、
ふくよかな香りを鼻腔に膨らませた後に、旨味を味蕾にグンッと染ませる力強さ。
こーれーはー旨い!!!

ってことで、無理を言ってお持ち帰りさせてもらいました。
お店で提供されていたのがハーフポーションということだったので、ワンホール( ・`ω・´)b

th_IMG_1969.jpg 

今後人気があれば定期的に入荷されるかもしれませんが、当面は限定っぽいです。
フランス料理屋さんによくある、アホ程の量は出てきませんので、チーズお好きな
方が居たらぜひ試してみて下さいね。私はチーズにそんなに詳しくないので、
なおさらのこと、ええもん教えてもらいましたー(^・^)



*****  2017  Jan *****

さて、実質今年一発目のホーチミン美味いもん情報はこちら。
実は他にも山ほどお知らせしたいお店や料理があるのでどれにするか
とても悩んだのだけど、こちら。ものすごーく美味しかったのと、
ものすごーく素敵な事実がわかったから。

食べに行ったのはランチだったのだけど、今回はランチセットを頼まずに、
アラカルトからチョイス。というのが、グリーティングシーズンだった
からか、黒板に見つけてしまったの。

th_IMG_1131_2017010813044144c.jpg 

フォアグラのテリーヌ!!(お目目キラキラ☆)
でもまさかこんなボリュームで出て来るとは思わなかったー!(笑)
6〜7mmはあろうかという分厚いカットが3つも…(笑)
嬉しいけど、これ、1人で食べるんっすか?(・∀・;

値段が200kだったのよ。その金額で誰がこの量出て来るって思うよ。
大盤振る舞いにも程があるっ(もぐもぐ)。
あーけしからんけしからんっ(もぐもぐもぐもぐ)

…うまい…(笑)
素晴らしく滑らかで、口内の温度でふわぁ…っと溶けてく。
合わせてるのはタンジェリンソース。なにこの組み合わせ。
美しすぎる。。。

これは黒板に書いてあった限定品なので、いつもあるメニューでは
ないそうです。ただある程度の人数がいるなら、事前に言ってもらえれば
作る事は可能、と。まぁフォアグラのテリーヌ、最低丸一日はかかりそう
だものね。だから。。。

もし冷静のフォアグラがお嫌いでなくて、運良く来店した時にこの料理の
文字を黒板に見かけたら、ぜひとも試して。1人じゃちょっと量多かった
けど、まぁこの店に1人で来る人も少なかろうし。。。(苦笑)

そして驚くのは未だ早い。
この日のメインはダックのコンフィ。

th_IMG_1135_20170108130440c51.jpg 
手前の付け合わせはキノコのムース。
これがまたものすごくふくよか。やっぱりベトナムのキノコは使い甲斐が
ありますなぁ。とても風味が豊か。それよりなにより、ダックのコンフィ…

運ばれて来て、5m先まで近づいた所で(くら…っ)するような香ばしい
香りが!自分のテーブルと皿の間にはまだ別の客席があったと言うのに、
間違いなく自分の所に来ると言う確信を感じつつ、みるみる近づき、
みるみる芳香が強くなり。。。

目の前に置かれた時には、もうウットリよ…
コンフィの周りにある空気のテクスチャが明らかに柔らかくふくよかで
魅惑的。深呼吸すると「幸福」年か言い様が無い気分に満たされて…

…なんかヤバいもん吸ってるときの感想みたいだなw

th_IMG_1140_20170108130442951.jpg 

ナイフを置いてみてまた(´⊙ω⊙`)。
コンフィだから、火入れの段階では表面はしっとりやわらかなところを
客に出す直前の仕上げの時にカリッと焼きます、表面を。見ての通り焦げ
もあるし、さぞやクリスピーな感覚だろうと思ったら…

おわかりいただけるだろうか( ・`ω・´)b
ナイフがフックリとその身に沈む柔らかさ。といって、なすがままに
任せるのではなく、内側から穏やかに押し返す抵抗がまたエロティック。

あまりの妖婉さに思わず(あ…♡)と、ナイフを一旦持ち上げて切るのを
躊躇ってしまったほど。なんかもうとてつもなくいやらしいことしてる
錯覚に陥ったわ。

肉への仕込みも去ることながら、コンフィの調理時間の間、よほど温度に
気をつけて丁寧に作業してらしたんだろうな。コゲのある香ばしい表面
部分もありながら、全体は素晴らしくシットリとしあがっていて、一度
刃を入れるとほろっほろ。

ほろっほろ状態ってモソモソっぽくなることあるけど、ほろっほろだけど
シットリ。そしてそのほぐれた繊維と繊維の間に、ダックの風味が
ふぉくふぉくと籠っていて、ひと噛みするごとに、嗚呼…(リアルに
思い出してしまって筆が止まるの巻)

これは夜、またはその後に人に会う用事がない時に食べるべき。
その後にちょっと人と会う予定があったから、なーんとこの世にも魅惑的な
料理をお酒抜きで食べたのよ…(ノ_・。) 未だに信じられないわ。
セルフ拷問状態。

身悶えしてるとお店の人が、「飲めばいいのに。グラスで出せるワイン
あるよ?」と言うのだけれども、私、飲むとすぐに顔が真っ赤になる
のよね…(´・ω・`)

というわけで、この二つの料理がおススメだったってのもあるのだけど、
お知らせしたいニュースはここから。デザートに、フォンダンショコラを
見つけたので頼んでみたら…

th_IMG_1144_20170108130444976.jpg 
んんっ?!
このギリギリな生地の感じ…。フォンダンショコラって時々中の蕩けた
ショコラに全てを預けてしまって甘味が足りなさ過ぎたり食感がたより
無さ過ぎたり、逆に重た過ぎたりなどがあって微妙な部分なんだけれども、
これは絶妙。くどすぎず、頼りなさ過ぎもせず、突き詰められた感じの生地。

食べ覚えのあるこれは。。。?と思って、「このレシピって…?」と
シェフに水を向けたら…

「ああ、これはポールボキューズのレシピですよ。
 僕フランスで系列のお店に勤めてたんでその時に学んだヤツ」

あー、それでか。
どーりで食べたことがあると思…っ…た…って、
ええええええ!!(´⊙ω⊙`)
なんかいま、サラッとすごいこと聞いた気がする?!

「直属じゃないんですけどね、関連のレストランで働いてたんですよ」

って、事も無げにサラリサラリとっ!!!!
いや、系列だって大変なことでしょっ。センスがあるとは思ってたけど、
まさかそんな筋の方でいらしたとは。。。

こんな逸材が、ブティックの上にあるカジュアルなフレンチビストロで
腕を振るってるなんて、ホーチミンはこれだからやめられないっ( ・`ω・´)b
これは他のお料理も着々頂いてみないとですねっ。
楽しみ〜♪(^・^)




***** 2016 Dec. *****

気になっていたこちらのランチに行ってきました。
ランチタイムからグランドメニューも頼める様ですが、セットランチがある、
ということで、そちらを。

th_IMG_0236_20161213013520029.jpg 

前回と少し雰囲気が変わったかしら?
昼間に見ても良い具合のお店ですなー。フォーマルすぎず、カジュアルすぎず。
入り口が、一階のブティックを鳥抜けないと上がって来れないってことを
覗けば、とても踏み込みやすいし過ごしやすい。

th_IMG_0237_2016121301352231a.jpg

メニューとデザートで160kドン。
それにスターターがついて200kドン。
フレンチのコースにしては価格もお手頃。

th_IMG_0238_20161213013523ce9.jpg 

例の美味しいパンとガスパチョ。
この日は3人いたので、もう一つのチョイスのダックのテリーヌも。
こーーーーれがあなた、酒飲まずに食べるのが苦行苦行。その後に人に会う
予定があって、赤い顔していくわけにいかなかったので飲まなかったんだけど、
美味し過ぎて辛かった(ノ_・。)

th_IMG_0240.jpg

そしてお次がメイン。
これは5種類あった中の3つ。
まずはサーモンのサラダ。

th_IMG_0241.jpg 

サーモンサラダは二種類あったけど、これはCured Salmonの方。
Cured FIsh と書かれてある場合は塩漬けか薫製。この場合は冷燻ですね。
ちょっと写真じゃゴッチャリして見えるけど、肉厚で大きめのサーモンは
見るからにモッチリしていてとても食べ甲斐がありました。サラッとした
バジル風味のドレッシングも素敵。うんめっ。(ここで更にワイン飲めない
辛さが倍)

th_IMG_0242_20161213013528946.jpg 

これはラムのラザニア。
ゴッツイ量やなーw
そしてお味もとても濃厚。幸い3人だからシェアできたけども、これ、1人で
食えって言われたらなかなかの量。スターターなしにしたら何とか行けるかしら。
もしくは、今日はガッツリ食いたいぞー!って人には持ってこいの一品。

嗚呼ワイン…ワインが飲みたい。。。
砂漠に3日取り残されてもこんなに渇望するまいよ。。。
そしてステーキっ。

th_IMG_0243.jpg 

そんなに大振りじゃありませんけどね、もう見るからにワイルドでしょ?
味も超ワイルドなのこれがっ。いや、ワイルドっていうと粗野な感じしか
イメージできないか。。。切り口とかは確かに粗野になるんだけども、
味わいが、柔らかくて旨味がギューッと凝縮してて、肉ってこんなに美味いかね、と。

ここのお店に限りませんが、ホーチミン、美味しいお肉食べさせてくれる所、
けっこうあるよねー。お高いお店じゃなくても美味しい。決して高くない、
むしろ安いってところでこの味の質。なんという恵まれた街なんでしょう。

そしてデザートのチョイス3種は一つずつ全部頼んじゃいました。

th_IMG_0248.jpg 

アイスクリーム(チョコ、クランベリー、抹茶のチョイス)と、クレームブリュレ。
そしてチョコレートムース。アイス、自家製なのかなぁ。すごい美味しい。
クランベリーのジェラートっぽくなってるんだけど、コレまで食べたクランベリー
味の中では一番美味しかった。

ブリュレは素直ながらにリキュールの風味が効いててこれまた美味。そして一番
推したいのが、チョコレートムース!めっちゃビターで大人の味で美味しかった!
コレも赤ワインと一緒に頂いたらメチャクチャ美味しそう!

いやーっ、1人で食べる分にはもちろんスターター、メイン、デザートと
一品ずつですが、これで200kドン、千円ですか。。。なんだよこのレベルの高さ…。
これを…ワイン無しで食べ切っただなんて奇跡だわ。。。

今度は飲める時に行こう。
絶対飲める時に行こう。
飲むんだ。あのセットランチで飲むんだいっ(ノ_・。)




***** 2016 Oct. *****

最近知り合ったフランスの方とホーチミングルメ談義をしている際に、

「ぼく、ここのパンが大好きなんです!」

と言っていたので早速行ってみた。
ってか、知らんかった。いや、何となくフレンチの看板が出てるのは見たこと
あるんだけど、ここ、一階がブティック。そしてレストランはそのブティックに
入って店内を横切り、奥にある階段を上がった所にあると言う、

なにこのちぇり除け

みたいな見つけ難さ。
こだわりなんだろうけど、入り難いっちゅーねん(・∀・;


th_IMG_4474_20160916014512ab5.jpg th_IMG_4475_201609160145138c1.jpg

階段登り口にはhオリジナルハニーや委託物らしきジャムも売っていて
すでにここからちょっと惹かれる。特にハチミツがなー。
今度荷物持ち歩いても良い時に買ってみよ♪

th_IMG_4476_201609160145133f5.jpg 


階段を上がって、さぁレストランに到着してみると…?

th_IMG_4477_201609160145157df.jpg th_IMG_4478.jpg

あらぁ、意外にカジュアルでいいんじゃない?!
ちょっとチビちぇりが苦手な背ぇ高椅子が多かったけど、ちゃんと低いソファの
席もあったので、そのときの運によっては、好みの席に座れそうやし(^・^)

ざくーっとワインリストを見るとそんなに高くはなくて、例えばプロセッコは
ボトルで650kドンくらい。複数人数でいけば全然アリなお値段。もちろん
グラスもあるわけですが、お会計から考えて見ると、1杯150k前後くらいだった
のかな???いや、モノにもよると思うんだけど、悪くないお値段だったような。

th_IMG_4484.jpg 

th_IMG_4485_20160916014859330.jpg 


メニューはかなぁり絞り込んである感じですが、単品でも良ければスターターと
メインでコースも組み易く、あまりフランス料理に詳しくない方でも割と
選び易かったり、口に合い易いんじゃないかなーと言うモノを揃えてる
気がしました。

こういうところは。。。その一品一品への創意工夫やアイデアが詰まってることが
多いんですよね。品数や突飛な物で勝負しないんだったらそこらへんで仕掛けて
来る事が多い。よし、これは楽しみだぞ?とワクワクしながら、まずは
コールドカッツとチーズのミックスプレートを注文。はい、きたー!!

th_IMG_4488_20160916014900b80.jpg 


しもた、2人で食べるにしちゃ、すごい量!!…と思ったのですが。。。
ご覧下さい。チーズもコールドカッツも、ものすごおおおおおおく薄い!!!
多分オートスライサーでやってるんだろうけど、この手があったかー!!って感じ!

だってほら、ワイン飲みたいときのチーズって、その味が欲しい訳じゃないですか。
もちろんハラペコの時には、トロトロふんにゃりのミルキーなブリーをハプー!!
っと、お口一杯に頬張りたい、という欲求に教われる事もありますが、単につまみ
としてのチーズが欲しい場合には、そのボリュームはちょっとジャマ。

その味わいさえあれば言い訳ですから、こうやって味覚は充分に提供し、質量は
落とすと言うやり方で提供してくれると、メッチャ嬉しい!!じゃないと、次の
料理に続かないから、飲食店側にしてもこれは結構賢い戦略なんじゃなかろうか♪

もうこれ、見てー♪

th_IMG_4490_20160916020049566.jpg

私、お洋服のフリルには一切興味がございませんが(なんかカイカイになる)
このチーズのフリルには、じょーに胸がときめきます♡ 美しい!!

且つ、とてもしっかりした味のモノだったので、この薄さでもじゅーぶんな味。
オイリーさも控えめに感じるのでひと口、ふた口と重ねていき易いし、ワインと
一緒にお口の中に含んでも、親和性が高い。何故これを今まで自分もやってみな
かったのか。

まぁ、この薄さでも充分に楽しめるだけの、旨味の凝縮度ってのが必要だと思う
んで、良いチーズが身近に無いと中々出来ない発想なのかもしれませんが、
いやー、参った。 ハムはハニーハムっぽかったですが、これも薄々にスライス
されてて、でも美味しくてよろしかったわー。

んで何が良かったって、くだんのフランスの方がおっしゃってたように、パンが
秀逸!!!なにこれ、フランスの人って、こんなレベルのパンが日常食なの?!

th_IMG_4489_20160916022650fa0.jpg 


周りにお粉がタップリ振られてるのって、フランスのパンによくある気がするんだけど
どうなんでしょね。私フランス行った事ないからしらんのだけども。とにかくその
粉がたっぷりまぶさっている皮の部分がカリッカリ!!そして中のクラスともしっとり
してるのに重たくなくて、添え付けのバターを乗せて食べたら、まぁお御馳走♪
あのフランスの方が大好きだと言うのも頷ける。

薄く薄くスライスされたハムやチーズがまたこういうパンを食べる時に相性が良い
のですよね。少人数でワインメインに楽しむ方は、このプレートだけでもけっこう
満足できるかもしれない。なんと言う幸せなプレート。

しかし何かメインも欲しい。
と言う事で、ラムがいいかサーモンが良いかと見ていたら。。。
あっらぁ、フォアグラがある♡

ベトナムって、以前のフランスとの兼ね合いの影響からか、フォアグラが比較的
カジュアルに頂けてしまうんですよね。なんだったら自分で生のを買って来て、
家で調理する事も出来る。ベトナムに来たばかりのころ、自分でフォアグラ焼く、
という愉悦にしばらく浸ってた物でした(笑)
ってなわけで、こちら。

th_IMG_4492_20160916020049025.jpg 

これで400kですって。
そりゃーお料理一品に400kって、ベトナムでは大ごとですよ?
でもでも、もー焼き方が完璧なの!!

フォアグラソテーは、自分でやってみると分かりますが、火が入りすぎると、
あのプワプワとして口内で押しつぶしたときのトロッとする食感も旨味も
無くなるし、火入れが足りんと、大層色気の無いものになってしまう。
いろんなところで潔さを求められるお料理。まぁ料理全般そうだろうなとは
思うのですが、特に、見極めと「ここ!」みたいな決断を強く要される
お料理だと思うんです。

その観点から行くと、こちらのフォアグラソテーは、んまーっ男前!
私、人の顔の造作なんかはそこまで気にならない人なんですが(ハンサムさんは
ハンサムさんで楽しませて頂くけど)料理に見られる男前度には大変弱いっ。
すんげーカッコいいな、こちらのシェフ!(料理の腕前的に)

手前右にある丸ぁるいのは、スタックドポテト。日本でも最近カフェ飯の
付け合わせとして流行ってる様ですが、ここのはカリッカリに仕上げられてて
ですね、これまた美味しい。フォアグラがトロトロなだけに、食感の
コントラストが大変楽しい。

フォアグラの下に敷かれてるのはポレンタかな?と思ったら、ポルチーニ風味の
パンプキンペースト。その香と甘みがトロトロのフォアグラと相まって、
ほよほよとつかみ所の無い、それでいて確実にこちらの快感中枢を刺激して来る。
なんだよこの攻撃力。もうアッと言うまに籠絡されてしまいましたよ。。。
しかも、お店の方に会わせてもらったのは、トカイ。

th_IMG_4493_20160916104357757.jpg 

ハンガリーの甘ぁい白。ドイツの貴腐やカナダのアイスワインほどベタ甘では
ないのだけど(まぁその不達にも色々ある訳ですが一般的に)トロリと舌に
乗る甘さと爽やかな風味は、まさにフォアグラの為にある様な金の雫。
好きなんですよ、ちょっと塩を効かせたフォアグラのソテーと甘いワイン。
自宅で調理する際も、ソースはリンゴを煮詰めた甘いものにしたりしますしねー。

結局ワインはあれこれ飲んで、8杯くらい飲んだかな?
1杯200kドンだったとしたら、それだけで1600kになるわけで、きっと
なかなかな値段になったなーと思ってたら、最終的には料理を含んでも
それ以下の価格(´⊙ω⊙`) グラスワインが150k前後だったのだろうな
というのは、最終的な価格から推察した話。

あんまりカパカパ飲むもんだから、途中シェフが心配して、
「あの、なんだったらボトルでお入れした方がお安くなるかと…」
って気遣ってくれてたの、笑った(笑) そりゃそうなんだけど、
取りあえず初訪問のお店はグラスで管理度合いやセレクト見とくの、楽しいしね♪

ベトナミーズのテイストを入れた料理もあるらしく、こちらのお店を以前から
知ってる友達によると、当初はベトナム料理のイメージの方が強かったとか。
メニューを見る限り、この日のラインナップにそれは感じなかったけど、
ランチが3コースで200k、メインとデザートだと160kからあってかなり
リーズナブルだから、その辺に今も現れてたりもするのかなー。

とにかく、気軽にこんなレベルのお料理を楽しめるフレンチがあるって、
めっちゃ嬉しい!ガッツリコースを組んで食べるのも良いのだけれども、
ほら、美味しい料理でちょっと飲みたいって時あるじゃないですか。
でもそのときの料理はチップスとかじゃなくって、ちゃんとしたのが良いの。

これだけの味を出せるフレンチレストランで単品ひとつだけ頼んでダラダラ
楽しんでOKって、ホーチミン、なんていいとこなのかしらっ(≧∇≦)
今度はデザートまで楽しまないとなー。んふふふふ。
別のお友達も誘って近々また行こうっと!



th_IMG_4513_2016091602005152e.jpg 

th_IMG_4514_20160916111607905.jpg 

The Mach House
75 Pasteur Q1





にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

【移転】Mi Tau 〜 街中にあるリーズナブルなフエ料理!

***** 2017  Feb.*****

移転しました!
新しい住所は、30/2 Hai Ba Trung Q1

って、殆ど場所変わってないやーん(笑)
ま、なんぞご事情があったんでしょう(皆まで言うまい)。
移転自体は半年前くらい前だったようですが、やっと新店舗に
伺ってみました。

Hai Ba Trung通り沿いにはこんな感じで看板があるので割と
分かり易いかも。そしてそこから伸びる路地に沿って数十m程
奥に行くと…?

th_IMG_5257_20170222025204ed1.jpg th_IMG_5259_20170222025206995.jpg

左手にあります。
あら、素敵な佇まい。

th_IMG_5260_20170222025206798.jpg 

1階は小分けされたスペースがいくつかあって、ちょっとせせこましい感じ
でしたが(お客さんが一杯だったので写真撮れず)、二階は結構ゆったり目。
前よりも雰囲気が良くなった感じ(^・^)

th_IMG_5261_201702220252089bb.jpg 

メニューはそのまま、変わってませんでした。
が、お値段が張り替えられてる物が多かったので、もしかしたらちょっと
値上がりしてるかな?まぁ、元がこの場所にしちゃかなりお安目だったからね。
少々上がった所で、って感じ。 お味のクオリティも変わってませんでした♪

手軽に食べて、客人も連れて行けるフエ料理のお店、覚えておいて損は
ないので、しばらくぶりに思い出してくださいませー♪

th_IMG_5266_20170222025209baf.jpg 



***** 2016 Mar.*****

こちらのお店、考えてみたら今まで最低4人以上で行くことが多く、ワイノワイノと
いくつもの料理をつつき合うことがおおかったのですが、サクッと食べられる
単品メニューもあるので、1人ご飯の時にも重宝します。


例えばブンボーフエ。
フエ料理だからありますわな。
路面店に比べるとお高いけども(6〜70kドンくらいだったかと)
充分な量があるし、味も安定しておいしい。


th_IMG_5436_20160409210557199.jpg


あと単品でオススメなのはコムヘン。
シジミのご飯。

th_IMG_5435.jpg


ご飯ものとは言え、軽いベトナムのお米ですし、米と同量くらいの具材が入ってるので
どっちかって言うとサラダみたいな感覚で、たくさん食べたい方にはちょっと
物足りないかもしれませんが(笑)、このあとにカフェに行くとか飲み過ぎて
胃がちょっとキツいけど何か食べとかなくちゃとか言う方には持ってこい。
(だれのことですかね…)


中程にマムトム、という紫色のエビを発酵させた塩辛い調味料があって、クセが
あるとされている為、苦手意識をお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、
紫蘇やその他のハーブ類、香ばしいピーナッツなどと相まると、さほどに強くは
感じないかなーと言う感じ。ま、私は好きだから気にならないだけかもしれませんがw

全体を良くまぜて頂きますが、そこについて来るシジミのスープを足してお茶漬け
の様にして食べても良し。スープは別に飲んでも良し。日本のシジミのお出汁程、
グウッとくる旨味は無いのですが、サラッとしていて大変品のあるお味。
これ、茹で溢したりしているのか、もともとベトナムの貝はあっさり味のものが
多いから、シジミも多分に漏れずなのかはわからないのですが、スッと身体には
馴染みそうな味。

サクッと食べたい1人ご飯の時にはとても重宝すると思います♪
場所も割と便利な所にありますし、一人ご飯のリストに加えていて損はないかと
思います〜(^_-)



***** 2015 Oct.*****

ちょーっと前の話になるのですが、ちょっとすげーなって思った話。
こちらのお店に伺うと、目につくのが数々のトロフィーと、世界の
あらゆる観光地を背景にしたニコやかなお母さんの写真。
その数ざっと見ても。。。軽く20は越えてる???

th_IMG_6916_20160115190528d0b.jpg


我が家も結構色んな国に言ったと思ってたけど、その数も範囲もとても叶わない(^^;
あれ???けっこうあっちゃこっちゃ訪れるのに大変だと聞いてた気がした
んだが、どういこっちゃ…(・∀・;

息子さんがゴルフプレイヤーだと言うことはチラと聞いた事があったので、
トロフィーは息子さんので、お母さんそれについてったりしてたのかなー、
なーんて思ってたんですが。。。

th_IMG_6923.jpg


つらりつらりと話をしてると、

「日本人はみんなお仕事熱心だけど、あなたたち、自分のやりたいこと、
 しっかりやらなきゃダメよー♪人生愉しんだもん勝ちなんだから!」

みたいな話になりまして。。。
お母さんはいつも生き生きお仕事してるよねー♪
いつも親切にしてくれてありがとう♪みたいな話の進め方をしてたら、

「これも私の楽しみだから!」

と。これ「も」?ってことは、他にも何かやってるの?
お母さん???と尋ねたら。。。

「もちろんよ!今朝も朝から回って来たわよっ」

回って来た???どこを???

「ゴルフよーっ♪こないだも入賞したばっかりで…」

入賞?!(´⊙ω⊙`)
お母さん、ゴルフする上に、なんかコンペティションにでも出てるの?!
と、失礼ながら驚いたら。。。


th_IMG_6927.jpg


おおおお!!!
息子さんのだとばかり思ってたトロフィー群は、なんと殆ど
お母さんのものだった!!!(・∀・;

もちろん息子さんも優秀だそうで、ちょっと写真を撮りそこねてしまったのだけど、
とても立派な、恐らくはベトナム国内ではかなりメジャーっぽいゴルフ雑誌の表紙を
でかでか飾ってた。。。やだ、イケメン…(*´艸`*)

そしてその雑誌にはお母さんの最近の成果も記事も載ってて、そりゃー大々的に
取り扱われてらっしゃった。。。まぢか。。。

th_IMG_6925_20160115190531358.jpg

(↑左から2番目がお母さん)

おっ、お見それしましたーっ。
お母さん、ただ優しくて親切なベトナム料理屋さんのお母さんでは
なかったのね(・∀・;


th_IMG_6911_20160115191216966.jpg th_IMG_6912_201601151912174c5.jpg

th_IMG_6913_201601151912189fa.jpg th_IMG_6915_20160115191219a2a.jpg

もちろんこの日も美味しく食事を頂いてたのですが、もうお母さんの話が
聞きたくて聞きたくて、この日は正直、食事どころじゃなかったかも(笑)
だってお母さん、もう50半ばくらいではあろうし、もしかしたらもうちょっと
お歳を召してらっしゃるかも。それであーた、毎日のようにゴルフを愉しみ、
お店にも出て、且つ、とても穏やかで親切な接客をして。。。

「だーってそりゃあなた、これ私の楽しみだもの!(笑)」

と、軽々と笑い飛ばせてしまうバイタリティ。
それがただの楽しみで終わらず、実績をキッチリ残してらっしゃると言うすごさ。
かっ、カッコいーなー!!!!

もちろん、そう言うご自身の生き方に自信もあればプライドもおありに
なるんでしょう。こちらが聞いたら諸々を嬉しそうに話してくれて、

「すごいでしょ(^_-)」

と、押し付けがましくならない程度に、チャーミングに誇らしげなのも素晴らしい。
自慢の押売は迷惑だけども、愉しんでいることを褒められり興味を持って
貰った事を素直に嬉しく思えて、それを表に出せるってのは、実に
素晴らしい事だと思うのですよ。謙虚・謙遜がすぎて、それをまだできて
いない人を前に「いやいや私なんてまだまだですよ」と言って無意識の
刃物を向けるより。

一般に、芸術作品であったり仕事の成果であったりなどは、その作者と
切り離して考えるのがフェアである、とされてますよね。作者の人となりが
どうあれ、作品の素晴らしさには影響しない、と。
そうあるべきなんだろうなーとは思うのですが、私はその辺切り話すのヘタ(苦笑)

なので逆に、もとから好きなお店ではあったけど、こんなかっこい女性が
やっていらっしゃるとなると、ますます肩入れしたくなってしまいました(笑)
例えばこれがお店やお料理の絶対的評価に関わることであるなら正しい
評価の方法ではないのかもしれませんが。。。

ちょっとこの日は、しばらく興奮が止まりませんでしたね。
穏やかで優しくて小柄で、とてもゴルフで一線を張ってる方のようには
(失礼ながら)お見受けしてなかったのだけど、どっこいどっこい。
若くてもヘタレにはとても真似できないかっこよさを持ったお母さん。
すげーわ、ほんと。

ゴルフでそこまで名が通ってれば、お店には出なくてもそれなりの暮らしは
できるでしょうに、、、って考え方が違うんだな。お店は儲けの為と言うより、
多分お母さんの楽しみのため。たくさんの人に郷の料理を愉しんでほしい、
という動機でやってらっしゃるんだな。と、考えれば、あの立地であの価格
というのも頷ける。

お店をやることで、お母さんも楽しい。お客も嬉しい。
素晴らしいご商売をされていらっしゃるなぁ。
この日ゆっくりお母さんと話せて、ますますこちらのお店が大好きになったのでした♪
フエ料理、美味しいしなぁ♪

お母さんのお人柄だけじゃなく、日常ご飯にも気軽に使える料理内容だし
美味しいので、まだお試しになってない方はぜひどうぞ♪


***** 2015 Sep.*****

なんと。。。。まだこのお店を記事にしていなかった事に今ごろ気づいた(((;゚д゚;)))
ホーチミンに来て間もない頃に旦那さんに連れてってもらって以降、
なにかと折りを見て行くお店。

th_IMG_5542_201509011910410e2.jpg


理由は、

・ツアーではそんなに食べに行く事が少ないフエ料理であること
・チェーン店ではない
・美味しい
・場所が便利
・安い

等色々です。Dong Khoi 通りから一本違いの Hai Ba Trung という便利な
通り・且つ中心地に近い所にありながら、もの凄くリーズナブルなんですよ。
日本人野お客さんが多いからか、ここのおばちゃまも片言の日本語で甲斐甲斐しく
接客してくれて、その温かさも私は大好き。

ただし、増え料理によく見られる宮廷料理的な「鳳凰ーーーっ」とか
「孔雀ーーーー」みたいな飾り付けは無くて、もっと家庭的な感じのフエ料理。
だからお安いのかもだけど、それにしたってこの周辺の観光客価格バリバリの
お店に比べたら、相当にリーズナブル。

そんなお値段でももちろん場所柄観光客は意識しているようで、メニューは
分かり易い写真入り。うん、その写真に写ってるのが何かってのが分かってれば
便利って話だけど(笑)、まぁ文字だけでイメージし辛いよりかはありがたい(笑)


th_IMG_5543_201509011910437b0.jpg th_IMG_5544_20150901191045f10.jpg
th_IMG_5545_20150901191045fbb.jpg th_IMG_5546.jpg
th_IMG_5547_20150901191105e64.jpg th_IMG_5548_2015090119110680b.jpg


フエ料理の特徴は蒸し物が多い事。米粉やタピオカ粉などを水で溶いた生地を
器ごと蒸したり蒸して整形し直したりしたものがたくさんあるのですが。。。
なんで粉溶いて蒸かしただけのもんにこんなにバリエーションがあるの?!
という食感と味。いやー、突き詰めてるわー。これはこの店が、というよりは、
フエ料理と言う文化が突き詰められてるってことなんでしょうが。


まずは大好きなこちら。
ムチムチぷるん♪の透明生地にエビが包まれてる一品。


th_IMG_5549_20150901191108704.jpg


モッチラモッチラしているなかに、エビの香りとプチプリ食感。
ベンタン市場の中にも似た料理を食べさせてくれるお店があるけど、
いつもお客さんが多くて落ち着かないし、圧倒されて買えない事すらあるから
買いに行くのにパワーが要るのよね(^^;

そして定番のこちら。
宮廷料理程派手じゃないにしても奇麗ですよね♪


th_IMG_5550_20150901191109a72.jpg

甘いお芋さんを蒸かした物とブン、紫蘇、葱などをライスペーパーで巻いたもの。
日本のお寿司の飾り巻きみたい♪ これに茹で豚とエビの酸っぱ甘辛い発酵食品を
乗せてパクリと頂きます。炭水化物にビタミン類に蛋白質。豚を作る脂もかすかに
ありますし、味的にも栄養的にも、もの凄いバランスの良いお料理やなこれ。。。

th_IMG_5551_20150901191110f4f.jpg

これやお野菜やエビの炒め物をパリパリのおせんべいに乗せて頂くもの。
いいつまみになるわー。はい、ビール追加w

豚のつくねの炭火焼。これは日本の串物のようにそのまま齧り付くんじゃなくて、
お肉の部分を分け分けし、ライスペーパーにお野菜類と一緒に包んで頂きます。


th_IMG_5560.jpg


炭火焼にしているので香りが良いし、レモングラスも利かせてるのかなー。
お肉なんだけどサッパリ風味♪ これを包む薄い薄い、でもオブラートよりは
少し厚めのライスペーパーはこのお店で知って、以来、自宅でも買って使っております。
ゴワゴワしないし、濡らす手間も要らないしで便利よね。


th_IMG_5561.jpg th_IMG_5562.jpg

またこのピーナツソースが美味しいんだよなー。
どの料理にもお野菜が多くてアッサリ目なのに、こうやってタレなどでアクセントや
バリエーションをつけ飽きさせないのも魅力の一つ。


あとこちらのお店に来たら絶対頼むのがコムヘン!
シジミの混ぜご飯!!


th_IMG_5553_2015090119195206b.jpg


ご飯の上にシジミの剥き身(!!)、紫蘇、ピーナッツ、エビを発酵させた調味料の
マムトム、ゴマ、その他の菜ものなど、やっぱりこれもお野菜たくさん!
ってか。。。シジミの剥き身って…ヽ(;▽;)ノ

th_IMG_5554_20150901191952550.jpg th_IMG_5555.jpg


ハマグリの剥き身が売られてるのを見ただけでも感涙したのに、シジミ…だと…?
シジミのお汁のシジミの身を食うか食わないかとか論争するどころの話じゃないですよ。
機械なのか手作業なのか知りませんが、どっちにしたってかなりのお手間。
自分がもしこれ作れと言われた事を想像すると涙でてくる。。。(;ー;)

食べ方としては上の写真の右側のように、最初ひたすら混ぜ倒します。
ご飯がこちらのホロホロ枚なのでだんごになることは滅多に無いです。
思いっきりまぜ倒しましょう。マムトム、と言うエビの発酵調味料は
その特徴的な匂いで外国人には敬遠される事が多いようですが、この料理に
関しては量も少ないし、他に紫蘇などの香りも加わり、そんなに強くないので
是非試してみて頂きたい。旨味がタップリの調味料ですからねーっ。


で、混ぜたおしたご飯をまずはそのまま味わいます。うーん♡
ご飯の料理とは言え、具材もすごく多いしご飯も軽いので、さらりサラリと
食べれてしまう♪ そして2杯目は、これについてくるシジミのスープをかけて
お茶漬け風に。このスープがまた、大変上品なシジミのスープ。ガツー!!っと
貝の味がするのかと思ったら、きれーなお出汁なんですよねー。


th_IMG_5557_20150901193705bec.jpg


そして〆は大抵出してもらえる温かいお茶と生姜のチップス。
このチップス、砂糖漬けにして干されてるので甘いんだけど、
元の生姜がかなりのヒネものでピリリと辛い。結果、お口スッキリ。
無料の物なのでいつも出してもらえる、とは確約できないのですが、
私が行くときは毎回出してくれてるから多分定番なのかなー。

ブボーフエもあるので、ランチにサクッと麺だけ、さっきのコムヘンだけ、
とか言うのも有りだと思います。ブンボーフエは90kとローカルのお店に
比べたらお高いのですがお味は確か。それに照らすと不思議なのですが
今回ご紹介したお料理たちは70kとか、ブンボー以下の物も多く。。。(笑)

数人でシェアすると大抵1人千円とかなんですよね(^^;
もちろん頼む量やモノにも寄りますが、かなーりお安い!!

揚げ物はともかく脂っ気の少ない料理も多くサッパリあっさり済ませたい時にも
いいですし、何より全体が家庭的な味なのでホッとします。お世話してくれる
おばちゃんも感じ良くて温かいし(でもこの方、世界中を旅してる!店内の
写真を見つけたらじっくり見てみてください。合成か?!って思うくらい色んな
場所を背景にしてるwww)、とっても良いお店だと思います♪

今まで書いてなかったなんて、失態だったわー(^^;


th_IMG_5266_20170222025209baf.jpg 

2017 Feb.時点新住所  30/2 Hai Ba Trung Q1


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪
sidetitleプロフィールsidetitle

Author:ちぇり
FC2ブログへようこそ!

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleブログ村PVランキングsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
アップグレード 追加 作成済み/作成可能プロファイル数:0/1 キーワードをご入力ください ご指定の条件に該当するデータがありません * 他のユーザーから閲覧もしくは管理権限を与えられたプロファイル ユーザーガイダンス 解析コードの実装方法 Google Tag Manger 1.下記の解析コードをコピーして、解析を行いたい全てのページの から の間に貼付けてください。 解析コードのコピー 2.解析コードが実装されたウェブサイトを開いてください。 3.解析コードが正しく実装されたか確認してください。 チェック 閉じる
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR