Com Ga Sai Gon 〜 チキンライスの美味しいお店♪

噂に聞いてたんですよ。
Com Ga(チキンライス)専門店なんですが、デフォメニューが40kドン。
だけど100kドンのメニューもあるお店なんだと。
th_IMG_5429_20170226172317c4b.jpg

中部料理のお店に良くある黄色の配色。分かり易い。
オープンドアのようにみせかけ、サッシがしっかりしめたるので、
「おおっ、クーラーが効いてるんや!」と入店前から期待をそそる。
暑い日にはありがたいですもんねー(´Д` )

店内はウナギの寝床。そんなに広くはありません。
極々シンプル。だからランチタイムなどは避けて、ちょっとハズした
時間に行く方が良いかもですね.この辺オフィスとかけっこうあって、
ランチタイムはどこのお店も混むみたいだし。

th_IMG_5433.jpg 

あ、ちなみにいつぞやのベルギー料理屋さんの通りにあって割に近く。
この辺、意外と色んなお店があるのねー。

th_IMG_5432.jpg

黒板に色々書いてますけど、特別にその日のスペシャルがあるような
感じではなく、卓上にあるメニューと変わらない内容の様です。

th_IMG_5431_20170226172319a16.jpg 

あとは

ほんまやっ。
40kドンのコムガーと、100kドンのコムガーがあるっ。
何その価格差。まさか量?!

パパイヤサラダがあるようで、コムガー以外だとホイアン風お粥って
言うのと、手羽先やドラムスティックっていう部位指定+パパイヤサラダ、
みたいな組み合わせ。メニュー自体はとてもシンプル。

th_IMG_5430.jpg 

良いですね。
出す物を特化してるお店ってロスが少ない。ロスに回す分を品質に回す
こともできるし、手間も決まった作業に集約できるから、作り手さんに
よるムラが減る。チョイスを求めるお客さんには物足りなさを与えるかも
しれませんけど、一定数の顧客を確保してるなら、それを食べにきてる
人ばかりなんで、モノの回転も上がる=フレッシュな物を頂けるって
利点もあるしね。

th_IMG_5435_201702261723232ae.jpg th_IMG_5441_20170226172331088.jpg

特化しているお店らしく、コムガーを頼むとチキンスープが着いてきます。
そしてタレの様な物が着いて来て、これが内臓を活用したもの。
実に美味しい。コムガー自体の味が完成していたのでタレなんか
必要ないのですが、このタレ自体が美味しかったり。

ちなみにチリは甘辛ネットリ系。これ、普通にご飯に乗せて食べても
美味しいよね(・∀・) 多分市販品にも良くある味。おいちぃ。

で、お待ちかね。
th_IMG_5436_20170226172325b02.jpg 

おおおおっ。手前が100k。奥が40k。
なるほど、まず量は確かにちょっと違う。
でも価格に比例した倍以上、ってことはない。で、良く良く見たら…

th_IMG_5438_20170226172328cd5.jpg 

なるほど、40kの方は胸肉ですな♪
それを割いてる。食べ易い。
日本でも鶏肉は胸肉の方が安い。それはパサパサして美味しくないからっ
って理由もあるけど、それは調理法でなんとでもなるんだよね。実際、
ベトナムで食べる胸肉料理はおいしいの多い。ってか、旨味成分だけで
いくと、胸肉使う方がお得って話もあるしなぁ。

th_IMG_5437_20170226172326d2a.jpg 

とはいえ、弾力も油分もあるモモの方が分かり易く美味しいってのも
わからなくはない。実際こちらで使われてるモモ肉の蒸したのを
割いたものは、いやこれ割いてくれてないと食えないよね?って
くらいの弾力、そして歯応え。うんうん、美味しい♪100kって
価格はそれでも結構なもんだなーと思うけど、もしかしたら鶏自体にも
相当拘ってるのかもしれませんな。

量が結構あるので、二人で来たらこれともう一品をシェアする感じでも
いいかも。単品のパパイヤサラダもかなりの量でしたしね。

th_IMG_5439_20170226172329204.jpg 

チョーッとカットが長くてしかもパパイヤ自体が元気なので、
大口空けて押し込まねばならず、おしとやかに振る舞いたい方には不向き
ですが、タイのソムタムとは違う、ベトナム風の味付けのパパイヤサラダ、
美味しかったですよ♪

60kするので量が結構なものだったことと、これにも鶏肉が使われ
てるので、ボリューム感も満点です。

コムガーなー。おやつ程度に食べるタイプのチミっとサイズのものとか、
なんか貧相な物とかが多くて、東南アジア各国にあるメニューとは言え
ホーチミンのは今一つ馴染まない事も多かったけども、こういう

「コレで勝負してますっ」

みたいな気概のあるのはやっぱいいわ♪
美味しかったです、御馳走様♪
40kと100kの違いも分かって大満足。

単品狙いでコムガーのお店を探すんだったらおススメですよ♪


th_IMG_5442.jpg 


Com Ga Hoi An
31C Tran Quoc Toan Q3
にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

※台湾の食べ物じゃないアレコレをメルマガに追記しました♪↓

☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★

<モノ知らずは失礼のもと> 更新!(バックナンバーでご覧頂けます) 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】

☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★


スポンサーサイト

The Mach House 〜 フランスの方のお墨付き!

*****  2017  Feb. *****

最近チョイチョイ動画入れてみてるんですが、どうでしょね?


撮り方がまだ試行錯誤中なので、チョピッとだけだし、あんまり上手
とも言えませんけど、お料理の臨場感が伝わると良いなーと思いまして。
まずは愛するThe Mach Houseさんのランチで料理撮ってみました。

こちらはデザートのチョコレートムース。
アイスクリームも美味しいし、クレームブリュレも捨て難いけど、
セットランチのチョイスの中では、このムースがダントツおススメ。


はい、あーんヾ(@⌒0⌒@)ノ


*****  2017  Jan. *****

<<2017年1月26日〜2月6日まで、テト休みに入るそうです>>

最近こちらのブログを見て、私の大のお気に入りのこのフレンチに行って
下さる方が多いようで、お店の方からも「最近日本人が多くて嬉しいよ!」
とのお言葉を頂きました♪ 

召し上がってみられて、お口に合うかどうかはその方次第だと思うのですが、
合えば嬉しいし、合わなくても、好きなお味やお店への選択肢が絞られて、
その方に撮ってのより良い選択をしてもらえるキッカケになれたら嬉しい
なーと常々思っているので、本当に願ってもないことですヾ(@⌒ー⌒@)ノ

さて、こちらのお店。
2017年1月26日〜2月6日まで、テト休みに入るそうです。
ベトナム国外へご旅行などに出掛ける方も多いかと思いますが、
のんびりと街でお過ごしになる方の中で、お休み中にこちらのお店に行こう、
と思って下さってる方が居てはいけないので、お知らせでした♪


*****  2017  Jan. again *****

かなり通ってます。
お友達との新年会もこちらでしました。
まずはピンクの泡で、女子会らしく(いつ女子だったかの明記は控える)。

th_IMG_1728.jpg th_IMG_1737_2017011812074045c.jpg

アイスバッグで保冷ってのがこの店らしくて良い感じ。
私にとって泡はやっぱりちょっと特別なときの為のものだったり、スペシャル感が
あるんだけれども、このお店で飲むと、普通に飲んでる感が味わえるんよね。

th_IMG_1734_201701181207370e6.jpg th_IMG_1735_201701181207372da.jpg

th_IMG_1736_201701181207387f5.jpg th_IMG_1739_20170118120741607.jpg

フォアグラ好きの友達にどーしても食べさせたかったテリーヌ、限定ものかと
思ってたら年が明けてからも置いててくれて、食べてもらうことができました♪
聞いてないのだけど、自家製なのか、とても甘酸っぱくて味の良いドライトマトを
散らしたサラダや、ラムの煮込みを頼んだら、これがなんとホワイトソース!

「ラムにおススメのワインを選んでくれますか?」とお願いしたら白が来たので
ブラウンソースを想像していた自分たちにはなんのこっちゃら???だったのですが、
へーーー!!ラムのホワイトソース煮込み、初めて食べたわ!
そして…?

th_IMG_1740_201701181207435ae.jpg 

フォアグラのソテー!ヾ(@⌒▽⌒@)ノ
これで2千円ちょっとだったかな。焼き方やソースの味に関してはもう言わない。
言うことなんて「最高」の一言に決まってるから。そしてほんの少し干してから
ソテーしてるっぽいキノコたちと一緒に食べると、またこれが別の料理の様な含みを
持つから面白い。

単体じゃないの。皿の上のものと合わせて完結する「料理」になっている。
体中がほどかれて行く様な多幸感。美味しいものがあったら変なクスリなんぞ、
ほんとに不要。まぁ脳内麻薬が分泌されると言う点では食べ物もクスリも似た
とこあるけどw

そして別の日。(えっw

やっと旦那さんを連れて行けたんです!
ホントは大晦日のディナーを頂こうかと言ってたんだけど、急遽旅に出てしまった
のでリベンジ。ランチのラムのラザニアに興味を持ってくれていたのでお昼に出陣。

そういえばこちら、グラスワインもありますが、少しだけお得に、カラフェでの
提供もありまして。

th_IMG_1958_20170118121636bf4.jpg th_IMG_1959_201701181216374b6.jpg

量は変わらないんだけど、グラスワイン1杯×2人分を頼むより、2人分として
カラフェを頼んだ方が10kドン安い(笑)
4人分としたカラフェ(ハーフボトル分)はお値段変わりないんだけども、
ボトルにすると更にお得と言うのが分かるし、少しでもお得にっていうお店のお気遣いが
感じられて嬉しいよね♪

で、旦那さんはお目当てのラムのラザニアとガスパチョのランチコースを頼んだの
ですが、ラザニアの量が半端ないと知ってたちぇりさんはサラダと、どうやら限定
っぽチーズがあったので軽く。

th_IMG_1960_20170118121639f20.jpg 

スモークサーモンのサラダ、もうなんかメインと言ってもおかしくないくらいの
肉厚サーモンがドーッシャリ乗ってる(笑)ハッパ部分はあいかわらずのバジル
風味のドレッシングをオーバードレストにならないようにちりばめていて美しい。

そして限定のチーズと言うのが…

th_IMG_1962_2017011812164085f.jpg 

こちら。Saint Marcellin という、極々小さな村で作られる地方のチーズらしいの
ですが、シェフが生まれ育った街のものなんですって!

「これだけを食べても美味しいんだけど、ニョッキに絡めたりして食べると
 最高でさぁ!街のみんなの大好物なんですよ!ああ、僕このチーズのこと話し 
 だしたら止まらないからもうやめとくけど、気に入ってくれると嬉しいな!」

と、それはそれは嬉しそうに紹介して下さったシェフ。
あんな顔して勧められたら頼まない訳に行かないじゃない?(笑)

個人的に…「良い料理人」というのは、美味しいものを作れることは大前提として、
ああやって素材や調理法なり調理道具に愛情を注げる人のことを言うんだろうな
と思っています。故・私が最も影響を受けて彼を越えるフレンチにであったことがない、
というシェフもそうでした。料理を褒めると厨房から肉のかたまりを出して来て、

「だって見て下さいよ!こんなに美人さんなんですよっ。美味しくならない
 わけがない。。。(うっとり)」

と恍惚の表情を浮かべておられた。
チーズの説明をしてくれた時のシェフの表情や、このチーズを紹介できると言う心の
底から喜んでいる空気感、ホントにチャーミングだったなぁ(※^^※)

th_IMG_1966_2017011812164285a.jpg 

そしてこのチーズ。常温でもこの蕩け具合。
聞いていた程クセがあるようには感じなかったけど、ミルキーでネットリと舌に絡み、
ふくよかな香りを鼻腔に膨らませた後に、旨味を味蕾にグンッと染ませる力強さ。
こーれーはー旨い!!!

ってことで、無理を言ってお持ち帰りさせてもらいました。
お店で提供されていたのがハーフポーションということだったので、ワンホール( ・`ω・´)b

th_IMG_1969.jpg 

今後人気があれば定期的に入荷されるかもしれませんが、当面は限定っぽいです。
フランス料理屋さんによくある、アホ程の量は出てきませんので、チーズお好きな
方が居たらぜひ試してみて下さいね。私はチーズにそんなに詳しくないので、
なおさらのこと、ええもん教えてもらいましたー(^・^)



*****  2017  Jan *****

さて、実質今年一発目のホーチミン美味いもん情報はこちら。
実は他にも山ほどお知らせしたいお店や料理があるのでどれにするか
とても悩んだのだけど、こちら。ものすごーく美味しかったのと、
ものすごーく素敵な事実がわかったから。

食べに行ったのはランチだったのだけど、今回はランチセットを頼まずに、
アラカルトからチョイス。というのが、グリーティングシーズンだった
からか、黒板に見つけてしまったの。

th_IMG_1131_2017010813044144c.jpg 

フォアグラのテリーヌ!!(お目目キラキラ☆)
でもまさかこんなボリュームで出て来るとは思わなかったー!(笑)
6〜7mmはあろうかという分厚いカットが3つも…(笑)
嬉しいけど、これ、1人で食べるんっすか?(・∀・;

値段が200kだったのよ。その金額で誰がこの量出て来るって思うよ。
大盤振る舞いにも程があるっ(もぐもぐ)。
あーけしからんけしからんっ(もぐもぐもぐもぐ)

…うまい…(笑)
素晴らしく滑らかで、口内の温度でふわぁ…っと溶けてく。
合わせてるのはタンジェリンソース。なにこの組み合わせ。
美しすぎる。。。

これは黒板に書いてあった限定品なので、いつもあるメニューでは
ないそうです。ただある程度の人数がいるなら、事前に言ってもらえれば
作る事は可能、と。まぁフォアグラのテリーヌ、最低丸一日はかかりそう
だものね。だから。。。

もし冷静のフォアグラがお嫌いでなくて、運良く来店した時にこの料理の
文字を黒板に見かけたら、ぜひとも試して。1人じゃちょっと量多かった
けど、まぁこの店に1人で来る人も少なかろうし。。。(苦笑)

そして驚くのは未だ早い。
この日のメインはダックのコンフィ。

th_IMG_1135_20170108130440c51.jpg 
手前の付け合わせはキノコのムース。
これがまたものすごくふくよか。やっぱりベトナムのキノコは使い甲斐が
ありますなぁ。とても風味が豊か。それよりなにより、ダックのコンフィ…

運ばれて来て、5m先まで近づいた所で(くら…っ)するような香ばしい
香りが!自分のテーブルと皿の間にはまだ別の客席があったと言うのに、
間違いなく自分の所に来ると言う確信を感じつつ、みるみる近づき、
みるみる芳香が強くなり。。。

目の前に置かれた時には、もうウットリよ…
コンフィの周りにある空気のテクスチャが明らかに柔らかくふくよかで
魅惑的。深呼吸すると「幸福」年か言い様が無い気分に満たされて…

…なんかヤバいもん吸ってるときの感想みたいだなw

th_IMG_1140_20170108130442951.jpg 

ナイフを置いてみてまた(´⊙ω⊙`)。
コンフィだから、火入れの段階では表面はしっとりやわらかなところを
客に出す直前の仕上げの時にカリッと焼きます、表面を。見ての通り焦げ
もあるし、さぞやクリスピーな感覚だろうと思ったら…

おわかりいただけるだろうか( ・`ω・´)b
ナイフがフックリとその身に沈む柔らかさ。といって、なすがままに
任せるのではなく、内側から穏やかに押し返す抵抗がまたエロティック。

あまりの妖婉さに思わず(あ…♡)と、ナイフを一旦持ち上げて切るのを
躊躇ってしまったほど。なんかもうとてつもなくいやらしいことしてる
錯覚に陥ったわ。

肉への仕込みも去ることながら、コンフィの調理時間の間、よほど温度に
気をつけて丁寧に作業してらしたんだろうな。コゲのある香ばしい表面
部分もありながら、全体は素晴らしくシットリとしあがっていて、一度
刃を入れるとほろっほろ。

ほろっほろ状態ってモソモソっぽくなることあるけど、ほろっほろだけど
シットリ。そしてそのほぐれた繊維と繊維の間に、ダックの風味が
ふぉくふぉくと籠っていて、ひと噛みするごとに、嗚呼…(リアルに
思い出してしまって筆が止まるの巻)

これは夜、またはその後に人に会う用事がない時に食べるべき。
その後にちょっと人と会う予定があったから、なーんとこの世にも魅惑的な
料理をお酒抜きで食べたのよ…(ノ_・。) 未だに信じられないわ。
セルフ拷問状態。

身悶えしてるとお店の人が、「飲めばいいのに。グラスで出せるワイン
あるよ?」と言うのだけれども、私、飲むとすぐに顔が真っ赤になる
のよね…(´・ω・`)

というわけで、この二つの料理がおススメだったってのもあるのだけど、
お知らせしたいニュースはここから。デザートに、フォンダンショコラを
見つけたので頼んでみたら…

th_IMG_1144_20170108130444976.jpg 
んんっ?!
このギリギリな生地の感じ…。フォンダンショコラって時々中の蕩けた
ショコラに全てを預けてしまって甘味が足りなさ過ぎたり食感がたより
無さ過ぎたり、逆に重た過ぎたりなどがあって微妙な部分なんだけれども、
これは絶妙。くどすぎず、頼りなさ過ぎもせず、突き詰められた感じの生地。

食べ覚えのあるこれは。。。?と思って、「このレシピって…?」と
シェフに水を向けたら…

「ああ、これはポールボキューズのレシピですよ。
 僕フランスで系列のお店に勤めてたんでその時に学んだヤツ」

あー、それでか。
どーりで食べたことがあると思…っ…た…って、
ええええええ!!(´⊙ω⊙`)
なんかいま、サラッとすごいこと聞いた気がする?!

「直属じゃないんですけどね、関連のレストランで働いてたんですよ」

って、事も無げにサラリサラリとっ!!!!
いや、系列だって大変なことでしょっ。センスがあるとは思ってたけど、
まさかそんな筋の方でいらしたとは。。。

こんな逸材が、ブティックの上にあるカジュアルなフレンチビストロで
腕を振るってるなんて、ホーチミンはこれだからやめられないっ( ・`ω・´)b
これは他のお料理も着々頂いてみないとですねっ。
楽しみ〜♪(^・^)




***** 2016 Dec. *****

気になっていたこちらのランチに行ってきました。
ランチタイムからグランドメニューも頼める様ですが、セットランチがある、
ということで、そちらを。

th_IMG_0236_20161213013520029.jpg 

前回と少し雰囲気が変わったかしら?
昼間に見ても良い具合のお店ですなー。フォーマルすぎず、カジュアルすぎず。
入り口が、一階のブティックを鳥抜けないと上がって来れないってことを
覗けば、とても踏み込みやすいし過ごしやすい。

th_IMG_0237_2016121301352231a.jpg

メニューとデザートで160kドン。
それにスターターがついて200kドン。
フレンチのコースにしては価格もお手頃。

th_IMG_0238_20161213013523ce9.jpg 

例の美味しいパンとガスパチョ。
この日は3人いたので、もう一つのチョイスのダックのテリーヌも。
こーーーーれがあなた、酒飲まずに食べるのが苦行苦行。その後に人に会う
予定があって、赤い顔していくわけにいかなかったので飲まなかったんだけど、
美味し過ぎて辛かった(ノ_・。)

th_IMG_0240.jpg

そしてお次がメイン。
これは5種類あった中の3つ。
まずはサーモンのサラダ。

th_IMG_0241.jpg 

サーモンサラダは二種類あったけど、これはCured Salmonの方。
Cured FIsh と書かれてある場合は塩漬けか薫製。この場合は冷燻ですね。
ちょっと写真じゃゴッチャリして見えるけど、肉厚で大きめのサーモンは
見るからにモッチリしていてとても食べ甲斐がありました。サラッとした
バジル風味のドレッシングも素敵。うんめっ。(ここで更にワイン飲めない
辛さが倍)

th_IMG_0242_20161213013528946.jpg 

これはラムのラザニア。
ゴッツイ量やなーw
そしてお味もとても濃厚。幸い3人だからシェアできたけども、これ、1人で
食えって言われたらなかなかの量。スターターなしにしたら何とか行けるかしら。
もしくは、今日はガッツリ食いたいぞー!って人には持ってこいの一品。

嗚呼ワイン…ワインが飲みたい。。。
砂漠に3日取り残されてもこんなに渇望するまいよ。。。
そしてステーキっ。

th_IMG_0243.jpg 

そんなに大振りじゃありませんけどね、もう見るからにワイルドでしょ?
味も超ワイルドなのこれがっ。いや、ワイルドっていうと粗野な感じしか
イメージできないか。。。切り口とかは確かに粗野になるんだけども、
味わいが、柔らかくて旨味がギューッと凝縮してて、肉ってこんなに美味いかね、と。

ここのお店に限りませんが、ホーチミン、美味しいお肉食べさせてくれる所、
けっこうあるよねー。お高いお店じゃなくても美味しい。決して高くない、
むしろ安いってところでこの味の質。なんという恵まれた街なんでしょう。

そしてデザートのチョイス3種は一つずつ全部頼んじゃいました。

th_IMG_0248.jpg 

アイスクリーム(チョコ、クランベリー、抹茶のチョイス)と、クレームブリュレ。
そしてチョコレートムース。アイス、自家製なのかなぁ。すごい美味しい。
クランベリーのジェラートっぽくなってるんだけど、コレまで食べたクランベリー
味の中では一番美味しかった。

ブリュレは素直ながらにリキュールの風味が効いててこれまた美味。そして一番
推したいのが、チョコレートムース!めっちゃビターで大人の味で美味しかった!
コレも赤ワインと一緒に頂いたらメチャクチャ美味しそう!

いやーっ、1人で食べる分にはもちろんスターター、メイン、デザートと
一品ずつですが、これで200kドン、千円ですか。。。なんだよこのレベルの高さ…。
これを…ワイン無しで食べ切っただなんて奇跡だわ。。。

今度は飲める時に行こう。
絶対飲める時に行こう。
飲むんだ。あのセットランチで飲むんだいっ(ノ_・。)




***** 2016 Oct. *****

最近知り合ったフランスの方とホーチミングルメ談義をしている際に、

「ぼく、ここのパンが大好きなんです!」

と言っていたので早速行ってみた。
ってか、知らんかった。いや、何となくフレンチの看板が出てるのは見たこと
あるんだけど、ここ、一階がブティック。そしてレストランはそのブティックに
入って店内を横切り、奥にある階段を上がった所にあると言う、

なにこのちぇり除け

みたいな見つけ難さ。
こだわりなんだろうけど、入り難いっちゅーねん(・∀・;


th_IMG_4474_20160916014512ab5.jpg th_IMG_4475_201609160145138c1.jpg

階段登り口にはhオリジナルハニーや委託物らしきジャムも売っていて
すでにここからちょっと惹かれる。特にハチミツがなー。
今度荷物持ち歩いても良い時に買ってみよ♪

th_IMG_4476_201609160145133f5.jpg 


階段を上がって、さぁレストランに到着してみると…?

th_IMG_4477_201609160145157df.jpg th_IMG_4478.jpg

あらぁ、意外にカジュアルでいいんじゃない?!
ちょっとチビちぇりが苦手な背ぇ高椅子が多かったけど、ちゃんと低いソファの
席もあったので、そのときの運によっては、好みの席に座れそうやし(^・^)

ざくーっとワインリストを見るとそんなに高くはなくて、例えばプロセッコは
ボトルで650kドンくらい。複数人数でいけば全然アリなお値段。もちろん
グラスもあるわけですが、お会計から考えて見ると、1杯150k前後くらいだった
のかな???いや、モノにもよると思うんだけど、悪くないお値段だったような。

th_IMG_4484.jpg 

th_IMG_4485_20160916014859330.jpg 


メニューはかなぁり絞り込んである感じですが、単品でも良ければスターターと
メインでコースも組み易く、あまりフランス料理に詳しくない方でも割と
選び易かったり、口に合い易いんじゃないかなーと言うモノを揃えてる
気がしました。

こういうところは。。。その一品一品への創意工夫やアイデアが詰まってることが
多いんですよね。品数や突飛な物で勝負しないんだったらそこらへんで仕掛けて
来る事が多い。よし、これは楽しみだぞ?とワクワクしながら、まずは
コールドカッツとチーズのミックスプレートを注文。はい、きたー!!

th_IMG_4488_20160916014900b80.jpg 


しもた、2人で食べるにしちゃ、すごい量!!…と思ったのですが。。。
ご覧下さい。チーズもコールドカッツも、ものすごおおおおおおく薄い!!!
多分オートスライサーでやってるんだろうけど、この手があったかー!!って感じ!

だってほら、ワイン飲みたいときのチーズって、その味が欲しい訳じゃないですか。
もちろんハラペコの時には、トロトロふんにゃりのミルキーなブリーをハプー!!
っと、お口一杯に頬張りたい、という欲求に教われる事もありますが、単につまみ
としてのチーズが欲しい場合には、そのボリュームはちょっとジャマ。

その味わいさえあれば言い訳ですから、こうやって味覚は充分に提供し、質量は
落とすと言うやり方で提供してくれると、メッチャ嬉しい!!じゃないと、次の
料理に続かないから、飲食店側にしてもこれは結構賢い戦略なんじゃなかろうか♪

もうこれ、見てー♪

th_IMG_4490_20160916020049566.jpg

私、お洋服のフリルには一切興味がございませんが(なんかカイカイになる)
このチーズのフリルには、じょーに胸がときめきます♡ 美しい!!

且つ、とてもしっかりした味のモノだったので、この薄さでもじゅーぶんな味。
オイリーさも控えめに感じるのでひと口、ふた口と重ねていき易いし、ワインと
一緒にお口の中に含んでも、親和性が高い。何故これを今まで自分もやってみな
かったのか。

まぁ、この薄さでも充分に楽しめるだけの、旨味の凝縮度ってのが必要だと思う
んで、良いチーズが身近に無いと中々出来ない発想なのかもしれませんが、
いやー、参った。 ハムはハニーハムっぽかったですが、これも薄々にスライス
されてて、でも美味しくてよろしかったわー。

んで何が良かったって、くだんのフランスの方がおっしゃってたように、パンが
秀逸!!!なにこれ、フランスの人って、こんなレベルのパンが日常食なの?!

th_IMG_4489_20160916022650fa0.jpg 


周りにお粉がタップリ振られてるのって、フランスのパンによくある気がするんだけど
どうなんでしょね。私フランス行った事ないからしらんのだけども。とにかくその
粉がたっぷりまぶさっている皮の部分がカリッカリ!!そして中のクラスともしっとり
してるのに重たくなくて、添え付けのバターを乗せて食べたら、まぁお御馳走♪
あのフランスの方が大好きだと言うのも頷ける。

薄く薄くスライスされたハムやチーズがまたこういうパンを食べる時に相性が良い
のですよね。少人数でワインメインに楽しむ方は、このプレートだけでもけっこう
満足できるかもしれない。なんと言う幸せなプレート。

しかし何かメインも欲しい。
と言う事で、ラムがいいかサーモンが良いかと見ていたら。。。
あっらぁ、フォアグラがある♡

ベトナムって、以前のフランスとの兼ね合いの影響からか、フォアグラが比較的
カジュアルに頂けてしまうんですよね。なんだったら自分で生のを買って来て、
家で調理する事も出来る。ベトナムに来たばかりのころ、自分でフォアグラ焼く、
という愉悦にしばらく浸ってた物でした(笑)
ってなわけで、こちら。

th_IMG_4492_20160916020049025.jpg 

これで400kですって。
そりゃーお料理一品に400kって、ベトナムでは大ごとですよ?
でもでも、もー焼き方が完璧なの!!

フォアグラソテーは、自分でやってみると分かりますが、火が入りすぎると、
あのプワプワとして口内で押しつぶしたときのトロッとする食感も旨味も
無くなるし、火入れが足りんと、大層色気の無いものになってしまう。
いろんなところで潔さを求められるお料理。まぁ料理全般そうだろうなとは
思うのですが、特に、見極めと「ここ!」みたいな決断を強く要される
お料理だと思うんです。

その観点から行くと、こちらのフォアグラソテーは、んまーっ男前!
私、人の顔の造作なんかはそこまで気にならない人なんですが(ハンサムさんは
ハンサムさんで楽しませて頂くけど)料理に見られる男前度には大変弱いっ。
すんげーカッコいいな、こちらのシェフ!(料理の腕前的に)

手前右にある丸ぁるいのは、スタックドポテト。日本でも最近カフェ飯の
付け合わせとして流行ってる様ですが、ここのはカリッカリに仕上げられてて
ですね、これまた美味しい。フォアグラがトロトロなだけに、食感の
コントラストが大変楽しい。

フォアグラの下に敷かれてるのはポレンタかな?と思ったら、ポルチーニ風味の
パンプキンペースト。その香と甘みがトロトロのフォアグラと相まって、
ほよほよとつかみ所の無い、それでいて確実にこちらの快感中枢を刺激して来る。
なんだよこの攻撃力。もうアッと言うまに籠絡されてしまいましたよ。。。
しかも、お店の方に会わせてもらったのは、トカイ。

th_IMG_4493_20160916104357757.jpg 

ハンガリーの甘ぁい白。ドイツの貴腐やカナダのアイスワインほどベタ甘では
ないのだけど(まぁその不達にも色々ある訳ですが一般的に)トロリと舌に
乗る甘さと爽やかな風味は、まさにフォアグラの為にある様な金の雫。
好きなんですよ、ちょっと塩を効かせたフォアグラのソテーと甘いワイン。
自宅で調理する際も、ソースはリンゴを煮詰めた甘いものにしたりしますしねー。

結局ワインはあれこれ飲んで、8杯くらい飲んだかな?
1杯200kドンだったとしたら、それだけで1600kになるわけで、きっと
なかなかな値段になったなーと思ってたら、最終的には料理を含んでも
それ以下の価格(´⊙ω⊙`) グラスワインが150k前後だったのだろうな
というのは、最終的な価格から推察した話。

あんまりカパカパ飲むもんだから、途中シェフが心配して、
「あの、なんだったらボトルでお入れした方がお安くなるかと…」
って気遣ってくれてたの、笑った(笑) そりゃそうなんだけど、
取りあえず初訪問のお店はグラスで管理度合いやセレクト見とくの、楽しいしね♪

ベトナミーズのテイストを入れた料理もあるらしく、こちらのお店を以前から
知ってる友達によると、当初はベトナム料理のイメージの方が強かったとか。
メニューを見る限り、この日のラインナップにそれは感じなかったけど、
ランチが3コースで200k、メインとデザートだと160kからあってかなり
リーズナブルだから、その辺に今も現れてたりもするのかなー。

とにかく、気軽にこんなレベルのお料理を楽しめるフレンチがあるって、
めっちゃ嬉しい!ガッツリコースを組んで食べるのも良いのだけれども、
ほら、美味しい料理でちょっと飲みたいって時あるじゃないですか。
でもそのときの料理はチップスとかじゃなくって、ちゃんとしたのが良いの。

これだけの味を出せるフレンチレストランで単品ひとつだけ頼んでダラダラ
楽しんでOKって、ホーチミン、なんていいとこなのかしらっ(≧∇≦)
今度はデザートまで楽しまないとなー。んふふふふ。
別のお友達も誘って近々また行こうっと!



th_IMG_4513_2016091602005152e.jpg 

th_IMG_4514_20160916111607905.jpg 

The Mach House
75 Pasteur Q1





にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

【移転】Mi Tau 〜 街中にあるリーズナブルなフエ料理!

***** 2017  Feb.*****

移転しました!
新しい住所は、30/2 Hai Ba Trung Q1

って、殆ど場所変わってないやーん(笑)
ま、なんぞご事情があったんでしょう(皆まで言うまい)。
移転自体は半年前くらい前だったようですが、やっと新店舗に
伺ってみました。

Hai Ba Trung通り沿いにはこんな感じで看板があるので割と
分かり易いかも。そしてそこから伸びる路地に沿って数十m程
奥に行くと…?

th_IMG_5257_20170222025204ed1.jpg th_IMG_5259_20170222025206995.jpg

左手にあります。
あら、素敵な佇まい。

th_IMG_5260_20170222025206798.jpg 

1階は小分けされたスペースがいくつかあって、ちょっとせせこましい感じ
でしたが(お客さんが一杯だったので写真撮れず)、二階は結構ゆったり目。
前よりも雰囲気が良くなった感じ(^・^)

th_IMG_5261_201702220252089bb.jpg 

メニューはそのまま、変わってませんでした。
が、お値段が張り替えられてる物が多かったので、もしかしたらちょっと
値上がりしてるかな?まぁ、元がこの場所にしちゃかなりお安目だったからね。
少々上がった所で、って感じ。 お味のクオリティも変わってませんでした♪

手軽に食べて、客人も連れて行けるフエ料理のお店、覚えておいて損は
ないので、しばらくぶりに思い出してくださいませー♪

th_IMG_5266_20170222025209baf.jpg 



***** 2016 Mar.*****

こちらのお店、考えてみたら今まで最低4人以上で行くことが多く、ワイノワイノと
いくつもの料理をつつき合うことがおおかったのですが、サクッと食べられる
単品メニューもあるので、1人ご飯の時にも重宝します。


例えばブンボーフエ。
フエ料理だからありますわな。
路面店に比べるとお高いけども(6〜70kドンくらいだったかと)
充分な量があるし、味も安定しておいしい。


th_IMG_5436_20160409210557199.jpg


あと単品でオススメなのはコムヘン。
シジミのご飯。

th_IMG_5435.jpg


ご飯ものとは言え、軽いベトナムのお米ですし、米と同量くらいの具材が入ってるので
どっちかって言うとサラダみたいな感覚で、たくさん食べたい方にはちょっと
物足りないかもしれませんが(笑)、このあとにカフェに行くとか飲み過ぎて
胃がちょっとキツいけど何か食べとかなくちゃとか言う方には持ってこい。
(だれのことですかね…)


中程にマムトム、という紫色のエビを発酵させた塩辛い調味料があって、クセが
あるとされている為、苦手意識をお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、
紫蘇やその他のハーブ類、香ばしいピーナッツなどと相まると、さほどに強くは
感じないかなーと言う感じ。ま、私は好きだから気にならないだけかもしれませんがw

全体を良くまぜて頂きますが、そこについて来るシジミのスープを足してお茶漬け
の様にして食べても良し。スープは別に飲んでも良し。日本のシジミのお出汁程、
グウッとくる旨味は無いのですが、サラッとしていて大変品のあるお味。
これ、茹で溢したりしているのか、もともとベトナムの貝はあっさり味のものが
多いから、シジミも多分に漏れずなのかはわからないのですが、スッと身体には
馴染みそうな味。

サクッと食べたい1人ご飯の時にはとても重宝すると思います♪
場所も割と便利な所にありますし、一人ご飯のリストに加えていて損はないかと
思います〜(^_-)



***** 2015 Oct.*****

ちょーっと前の話になるのですが、ちょっとすげーなって思った話。
こちらのお店に伺うと、目につくのが数々のトロフィーと、世界の
あらゆる観光地を背景にしたニコやかなお母さんの写真。
その数ざっと見ても。。。軽く20は越えてる???

th_IMG_6916_20160115190528d0b.jpg


我が家も結構色んな国に言ったと思ってたけど、その数も範囲もとても叶わない(^^;
あれ???けっこうあっちゃこっちゃ訪れるのに大変だと聞いてた気がした
んだが、どういこっちゃ…(・∀・;

息子さんがゴルフプレイヤーだと言うことはチラと聞いた事があったので、
トロフィーは息子さんので、お母さんそれについてったりしてたのかなー、
なーんて思ってたんですが。。。

th_IMG_6923.jpg


つらりつらりと話をしてると、

「日本人はみんなお仕事熱心だけど、あなたたち、自分のやりたいこと、
 しっかりやらなきゃダメよー♪人生愉しんだもん勝ちなんだから!」

みたいな話になりまして。。。
お母さんはいつも生き生きお仕事してるよねー♪
いつも親切にしてくれてありがとう♪みたいな話の進め方をしてたら、

「これも私の楽しみだから!」

と。これ「も」?ってことは、他にも何かやってるの?
お母さん???と尋ねたら。。。

「もちろんよ!今朝も朝から回って来たわよっ」

回って来た???どこを???

「ゴルフよーっ♪こないだも入賞したばっかりで…」

入賞?!(´⊙ω⊙`)
お母さん、ゴルフする上に、なんかコンペティションにでも出てるの?!
と、失礼ながら驚いたら。。。


th_IMG_6927.jpg


おおおお!!!
息子さんのだとばかり思ってたトロフィー群は、なんと殆ど
お母さんのものだった!!!(・∀・;

もちろん息子さんも優秀だそうで、ちょっと写真を撮りそこねてしまったのだけど、
とても立派な、恐らくはベトナム国内ではかなりメジャーっぽいゴルフ雑誌の表紙を
でかでか飾ってた。。。やだ、イケメン…(*´艸`*)

そしてその雑誌にはお母さんの最近の成果も記事も載ってて、そりゃー大々的に
取り扱われてらっしゃった。。。まぢか。。。

th_IMG_6925_20160115190531358.jpg

(↑左から2番目がお母さん)

おっ、お見それしましたーっ。
お母さん、ただ優しくて親切なベトナム料理屋さんのお母さんでは
なかったのね(・∀・;


th_IMG_6911_20160115191216966.jpg th_IMG_6912_201601151912174c5.jpg

th_IMG_6913_201601151912189fa.jpg th_IMG_6915_20160115191219a2a.jpg

もちろんこの日も美味しく食事を頂いてたのですが、もうお母さんの話が
聞きたくて聞きたくて、この日は正直、食事どころじゃなかったかも(笑)
だってお母さん、もう50半ばくらいではあろうし、もしかしたらもうちょっと
お歳を召してらっしゃるかも。それであーた、毎日のようにゴルフを愉しみ、
お店にも出て、且つ、とても穏やかで親切な接客をして。。。

「だーってそりゃあなた、これ私の楽しみだもの!(笑)」

と、軽々と笑い飛ばせてしまうバイタリティ。
それがただの楽しみで終わらず、実績をキッチリ残してらっしゃると言うすごさ。
かっ、カッコいーなー!!!!

もちろん、そう言うご自身の生き方に自信もあればプライドもおありに
なるんでしょう。こちらが聞いたら諸々を嬉しそうに話してくれて、

「すごいでしょ(^_-)」

と、押し付けがましくならない程度に、チャーミングに誇らしげなのも素晴らしい。
自慢の押売は迷惑だけども、愉しんでいることを褒められり興味を持って
貰った事を素直に嬉しく思えて、それを表に出せるってのは、実に
素晴らしい事だと思うのですよ。謙虚・謙遜がすぎて、それをまだできて
いない人を前に「いやいや私なんてまだまだですよ」と言って無意識の
刃物を向けるより。

一般に、芸術作品であったり仕事の成果であったりなどは、その作者と
切り離して考えるのがフェアである、とされてますよね。作者の人となりが
どうあれ、作品の素晴らしさには影響しない、と。
そうあるべきなんだろうなーとは思うのですが、私はその辺切り話すのヘタ(苦笑)

なので逆に、もとから好きなお店ではあったけど、こんなかっこい女性が
やっていらっしゃるとなると、ますます肩入れしたくなってしまいました(笑)
例えばこれがお店やお料理の絶対的評価に関わることであるなら正しい
評価の方法ではないのかもしれませんが。。。

ちょっとこの日は、しばらく興奮が止まりませんでしたね。
穏やかで優しくて小柄で、とてもゴルフで一線を張ってる方のようには
(失礼ながら)お見受けしてなかったのだけど、どっこいどっこい。
若くてもヘタレにはとても真似できないかっこよさを持ったお母さん。
すげーわ、ほんと。

ゴルフでそこまで名が通ってれば、お店には出なくてもそれなりの暮らしは
できるでしょうに、、、って考え方が違うんだな。お店は儲けの為と言うより、
多分お母さんの楽しみのため。たくさんの人に郷の料理を愉しんでほしい、
という動機でやってらっしゃるんだな。と、考えれば、あの立地であの価格
というのも頷ける。

お店をやることで、お母さんも楽しい。お客も嬉しい。
素晴らしいご商売をされていらっしゃるなぁ。
この日ゆっくりお母さんと話せて、ますますこちらのお店が大好きになったのでした♪
フエ料理、美味しいしなぁ♪

お母さんのお人柄だけじゃなく、日常ご飯にも気軽に使える料理内容だし
美味しいので、まだお試しになってない方はぜひどうぞ♪


***** 2015 Sep.*****

なんと。。。。まだこのお店を記事にしていなかった事に今ごろ気づいた(((;゚д゚;)))
ホーチミンに来て間もない頃に旦那さんに連れてってもらって以降、
なにかと折りを見て行くお店。

th_IMG_5542_201509011910410e2.jpg


理由は、

・ツアーではそんなに食べに行く事が少ないフエ料理であること
・チェーン店ではない
・美味しい
・場所が便利
・安い

等色々です。Dong Khoi 通りから一本違いの Hai Ba Trung という便利な
通り・且つ中心地に近い所にありながら、もの凄くリーズナブルなんですよ。
日本人野お客さんが多いからか、ここのおばちゃまも片言の日本語で甲斐甲斐しく
接客してくれて、その温かさも私は大好き。

ただし、増え料理によく見られる宮廷料理的な「鳳凰ーーーっ」とか
「孔雀ーーーー」みたいな飾り付けは無くて、もっと家庭的な感じのフエ料理。
だからお安いのかもだけど、それにしたってこの周辺の観光客価格バリバリの
お店に比べたら、相当にリーズナブル。

そんなお値段でももちろん場所柄観光客は意識しているようで、メニューは
分かり易い写真入り。うん、その写真に写ってるのが何かってのが分かってれば
便利って話だけど(笑)、まぁ文字だけでイメージし辛いよりかはありがたい(笑)


th_IMG_5543_201509011910437b0.jpg th_IMG_5544_20150901191045f10.jpg
th_IMG_5545_20150901191045fbb.jpg th_IMG_5546.jpg
th_IMG_5547_20150901191105e64.jpg th_IMG_5548_2015090119110680b.jpg


フエ料理の特徴は蒸し物が多い事。米粉やタピオカ粉などを水で溶いた生地を
器ごと蒸したり蒸して整形し直したりしたものがたくさんあるのですが。。。
なんで粉溶いて蒸かしただけのもんにこんなにバリエーションがあるの?!
という食感と味。いやー、突き詰めてるわー。これはこの店が、というよりは、
フエ料理と言う文化が突き詰められてるってことなんでしょうが。


まずは大好きなこちら。
ムチムチぷるん♪の透明生地にエビが包まれてる一品。


th_IMG_5549_20150901191108704.jpg


モッチラモッチラしているなかに、エビの香りとプチプリ食感。
ベンタン市場の中にも似た料理を食べさせてくれるお店があるけど、
いつもお客さんが多くて落ち着かないし、圧倒されて買えない事すらあるから
買いに行くのにパワーが要るのよね(^^;

そして定番のこちら。
宮廷料理程派手じゃないにしても奇麗ですよね♪


th_IMG_5550_20150901191109a72.jpg

甘いお芋さんを蒸かした物とブン、紫蘇、葱などをライスペーパーで巻いたもの。
日本のお寿司の飾り巻きみたい♪ これに茹で豚とエビの酸っぱ甘辛い発酵食品を
乗せてパクリと頂きます。炭水化物にビタミン類に蛋白質。豚を作る脂もかすかに
ありますし、味的にも栄養的にも、もの凄いバランスの良いお料理やなこれ。。。

th_IMG_5551_20150901191110f4f.jpg

これやお野菜やエビの炒め物をパリパリのおせんべいに乗せて頂くもの。
いいつまみになるわー。はい、ビール追加w

豚のつくねの炭火焼。これは日本の串物のようにそのまま齧り付くんじゃなくて、
お肉の部分を分け分けし、ライスペーパーにお野菜類と一緒に包んで頂きます。


th_IMG_5560.jpg


炭火焼にしているので香りが良いし、レモングラスも利かせてるのかなー。
お肉なんだけどサッパリ風味♪ これを包む薄い薄い、でもオブラートよりは
少し厚めのライスペーパーはこのお店で知って、以来、自宅でも買って使っております。
ゴワゴワしないし、濡らす手間も要らないしで便利よね。


th_IMG_5561.jpg th_IMG_5562.jpg

またこのピーナツソースが美味しいんだよなー。
どの料理にもお野菜が多くてアッサリ目なのに、こうやってタレなどでアクセントや
バリエーションをつけ飽きさせないのも魅力の一つ。


あとこちらのお店に来たら絶対頼むのがコムヘン!
シジミの混ぜご飯!!


th_IMG_5553_2015090119195206b.jpg


ご飯の上にシジミの剥き身(!!)、紫蘇、ピーナッツ、エビを発酵させた調味料の
マムトム、ゴマ、その他の菜ものなど、やっぱりこれもお野菜たくさん!
ってか。。。シジミの剥き身って…ヽ(;▽;)ノ

th_IMG_5554_20150901191952550.jpg th_IMG_5555.jpg


ハマグリの剥き身が売られてるのを見ただけでも感涙したのに、シジミ…だと…?
シジミのお汁のシジミの身を食うか食わないかとか論争するどころの話じゃないですよ。
機械なのか手作業なのか知りませんが、どっちにしたってかなりのお手間。
自分がもしこれ作れと言われた事を想像すると涙でてくる。。。(;ー;)

食べ方としては上の写真の右側のように、最初ひたすら混ぜ倒します。
ご飯がこちらのホロホロ枚なのでだんごになることは滅多に無いです。
思いっきりまぜ倒しましょう。マムトム、と言うエビの発酵調味料は
その特徴的な匂いで外国人には敬遠される事が多いようですが、この料理に
関しては量も少ないし、他に紫蘇などの香りも加わり、そんなに強くないので
是非試してみて頂きたい。旨味がタップリの調味料ですからねーっ。


で、混ぜたおしたご飯をまずはそのまま味わいます。うーん♡
ご飯の料理とは言え、具材もすごく多いしご飯も軽いので、さらりサラリと
食べれてしまう♪ そして2杯目は、これについてくるシジミのスープをかけて
お茶漬け風に。このスープがまた、大変上品なシジミのスープ。ガツー!!っと
貝の味がするのかと思ったら、きれーなお出汁なんですよねー。


th_IMG_5557_20150901193705bec.jpg


そして〆は大抵出してもらえる温かいお茶と生姜のチップス。
このチップス、砂糖漬けにして干されてるので甘いんだけど、
元の生姜がかなりのヒネものでピリリと辛い。結果、お口スッキリ。
無料の物なのでいつも出してもらえる、とは確約できないのですが、
私が行くときは毎回出してくれてるから多分定番なのかなー。

ブボーフエもあるので、ランチにサクッと麺だけ、さっきのコムヘンだけ、
とか言うのも有りだと思います。ブンボーフエは90kとローカルのお店に
比べたらお高いのですがお味は確か。それに照らすと不思議なのですが
今回ご紹介したお料理たちは70kとか、ブンボー以下の物も多く。。。(笑)

数人でシェアすると大抵1人千円とかなんですよね(^^;
もちろん頼む量やモノにも寄りますが、かなーりお安い!!

揚げ物はともかく脂っ気の少ない料理も多くサッパリあっさり済ませたい時にも
いいですし、何より全体が家庭的な味なのでホッとします。お世話してくれる
おばちゃんも感じ良くて温かいし(でもこの方、世界中を旅してる!店内の
写真を見つけたらじっくり見てみてください。合成か?!って思うくらい色んな
場所を背景にしてるwww)、とっても良いお店だと思います♪

今まで書いてなかったなんて、失態だったわー(^^;


th_IMG_5266_20170222025209baf.jpg 

2017 Feb.時点新住所  30/2 Hai Ba Trung Q1


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

【メニュー変更?】 NANA 〜 統一会堂付近くの広々としたカフェビストロ

***** 2017 Feb. *****

展開が早いなぁ。。。
未だお店こそあるのですが、メニューが大幅に変わった様です。
残念ながらお客があまり入っていないようで(価格が問題か?)
多種類のメニューを抱えることが難しくなったのか、前回ご紹介
した写真メニューが殆ど適用されていないとのこと。

代わりのメニューも悪くはなかった、とは、訪問された方の談
でしたが、前回までに此方のブログでご紹介した料理は食べられない
可能性が大きいのでお気をつけ下さいませ。

料理のラインナップ、クオリティ共に悪くなかったんだけど、
ちょーっと高めだったかなぁ。。。。飲食店には美味しさだけ
でなく、別の要素も必要とは言え、中々難しいですなぁ。



***** 2017 Jan. *****

ホーチミンの飲食店さんは日進月歩。
時々その料理のクオリティが対抗したりするケースがあったりと、
日進月歩とはいえ、不安定さも兼ね備えてたりもするのですが…

こちらのお店。ツイ先日ご紹介したばかりだったのですが、チラと
写真でお魅せした通り、メニューが文字だけだったんですよね。
それが先日行ってみたら。。。

th_IMG_1657_20170112205456466.jpg  th_IMG_1658.jpg

th_IMG_1659_2017011220545982b.jpg th_IMG_1660_20170112205500f09.jpg

th_IMG_1661_20170112205502e90.jpg th_IMG_1663_20170112205503abd.jpg

おー!これは分かり易い!
しかも盛りつけのセンスがすごく素敵。
まぁそれは実物が写真通りだったらって話ですが(笑)、よくよく見てみると
こちらのメニューに取り揃えられてるお料理、ベトナムの北から南迄のものを
カテゴライズしてご用意されてるみたいなんですねー。

th_IMG_1667_20170112205505a5b.jpg 

th_IMG_1668_20170112205506b5c.jpg

th_IMG_1669_20170112205508bb0.jpg

同じように各地の料理を取り揃えてらっしゃるお店は珍しくないかもしれませんが、
メニューの左肩の所に「北部」「中部」「南部」というというように明確に記されて
いて、どれがどこの料理か知らずに食べていた人にも分かり易い。

th_IMG_1670_20170112210116ca6.jpg th_IMG_1671_20170112210118c74.jpg

特にホーチミンには総合的なレシピを出してくれてるお店が多いので、こういう
ところで改めて認識しておくのも楽しいかもしれません(^・^)
そしてこちらのお店、色々食べてみたのですが、お味もよいしプレゼンもよい。

th_IMG_1672_20170112210119dbe.jpg  th_IMG_1673_20170112210119edf.jpg

あと、お店全体がこぎれいでお洒落なんで、これまで食べるのを躊躇してた食べ物にも
チャレンジしようかな、と思えるようになるのか、この日ご一緒してもらった方達の
なかでは、ベトナムの代表的なお料理の「タニシの肉詰め」、初体験って方も多かったw

これ、私今迄可もなく不可もなくって感じだったんですが、こちらのお店のは貝が
結構大粒に切られていて、豚肉ミンチの中でもコリュッコリュって歯応えがよい。
私が今迄食べて来たこの料理の中では(といっても10回くらいしか食べてないけど)
一番好きだったかも(^・^)

th_IMG_1675_2017011221012299c.jpg th_IMG_1676.jpg

麺ものはやっぱり定番として頼むべき。
もう数種類ここの麺食べたけど、好きだわ。フォーにしろブンボーにしろフーティウに
しろ専門店の一定傾向に照らすと個性があるので、好き嫌いはあるかなーと思いますが
私は今の所当たり続き。

th_IMG_1680.jpg 

         th_IMG_1683_201701122110445ee.jpg

th_IMG_1684_2017011221012847f.jpg th_IMG_1682_20170112210126061.jpg

牛肉のフライドライスって珍しかったから頼んでみたら土鍋に入って雰囲気良いわ味
良いわだし、中部の蒸し物の盛り合わせも色々と。あと、女子大好きなコークエット、
勝手に「ベトナム式バーニャカウダ」って呼んでるヤツも、お野菜きれーで美味しかった
なー。この料理、私は Secret Gardenさんのが一番好きなんだけど、ここのも
負けじ劣らずだったかなぁ。

th_IMG_1679.jpg 

お値段単価、例えば麺料理なんかはローカル店に比べたらそりゃちょっと高めです。
ただこれだけの種類とクオリティが、この立地、環境で頂けるとなると、例えば
お偉いさんを連れて行く様なお店じゃないかもだけど、お友達が日本から遊びに
来た時のアテンドなんかではメチャクチャ重宝するんじゃないかなー。

見てると欧米のお客さんが多いので、お店の方も英語対応頑張ってるし(全員が
流暢とは言いませんがw)バラエティに富んだ料理を置いてあるお店が良いな
って時には重宝させてもらってます♪

なんかね、表から見るとカフェにしか見えなくて、まさかこんなに料理の種類が
あるって思えないし、カフェ飯って印象よくないケースが結構あるからスルー
しちゃってる人、結構いるようなんですけども、まぁ一度お味を試してもらって
人をお連れするお店の駒の一つにもっておくと便利難じゃないかなーと思います(^・^)



***** 2016 Dec. *****

Nam Ky Khoi Nghia通りを挟んだ、統一会堂向かい側にできてる
大きなカフェビストロ。大きなグラスゥォールで外から内部の様子が
殆ど見えてしまう構造で人目を引くので、もう既に行った、とか気になってる
方も多い筈。


th_IMG_0782.jpg 

で、ビストロ、とあったので、洋風の料理があるのかな、と思ったらけっこう
しっかりベトナム料理。観光客を当て込んでる場所柄なので、ベトナミーズと
書くよりもビストロ、とした方が食事所として分かりやすいからかしら。

オープニングセールなのか、25日までサービスセットのメニューがある様です。
結構大きめのセットっぽいので、1人で行った私にはあまり勧められません
でしたが、なんかお酒を1杯かったら1杯無料ってのは勧めてくれても良かった
かも(。-_-。)


th_IMG_0783_2016122018300595a.jpg th_IMG_0793.jpg

店内はこんな感じでひたすら明るく開放的なイメージ!
うんっ、晴れてる日は暑いぞーっ、これ!(笑)

th_IMG_0791.jpg 

th_IMG_0790_20161220183012313.jpg 

要は温室みたいな感じだもんね。涼しい今の気候ならともかく、暑くなる4月5月
とかは、どんなにクーラーきかせてもおいつかないんじゃなかろうか(・∀・;

訪問した時、喉がカラッカラだったので、まずは飲み物を。
タマリンドとジンジャーのドリンクってのがったからそれを。
タマリンドジュース、もっと見かけても良いと思うのに、意外と見かけない気が。

th_IMG_0794_2016122018301835c.jpg 

で、これ。
ピピピ、ピーナッツ?(´⊙ω⊙`)(笑)

いや、ピーナッツは好きなんだけども、ドリンクの上にトッピングされてるのは
初めてかな(笑) どないやんねこれーwww と突っ込みつつ、いざ飲もうと
ストローに口を近づけると。。。?

あらっ。
タマリンドの甘酸っぱい香りとピーナッツの香ばしい香りが意外に合う????
甘酸っぱいとは言え、タマリンドはかなりコクがある甘酸っぱさなので、
ナッツの香りと合わさっても負けないのかな。

実際、ピーナツを口の中にいれてカリッと噛み、更にその風味を口に満たした
後にジュースを飲んでも分離しない。むしろ良い感じ。こりゃ面白い。
また底の方にはタマリンドの…種部分???実…の部分になるのかな????
それともタマリンドで作ったジェリーみたいなもの???

th_IMG_0795_2016122018302003e.jpg 

噛めば味は確かにタマリンド。わざわざ手をかけた物を使うこともなかろうと
思われるので、恐らくは自然由来のものだと思うんですが、コリュンプリュン
しておいしいがな(*´ω`)

折角来たのだからなんか食べてみよう、と思ってメニューを開くと…?

th_IMG_0785_20161220183008615.jpg 

th_IMG_0786_20161220183009a0f.jpg

th_IMG_0788.jpg

ほっほっほー。
さすが観光客価格。といってもまぁ、1区ならよくある価格帯かもしれませんが、
うん、路上店とかと比べたらすごい値段差(笑) 麺もの、80k弱くらいのものが
ゴロゴロある。言うても400円くらいだから、欧米の観光客価格を考えたら安い
もんだけど、ローカルを知る人間からすると結構お高め。ならばなおさら二度目が
あるかわからんぞ?と思って頼んでみました。

th_IMG_0796_20161220185217b38.jpg 

フーティウナンヴァーンヾ(@⌒ー⌒@)ノ
天井も半ガラスだからスープに光が反射して見難いぞーwww
まーたこんなローカルメニューを、高い金出してこんな所で食べるかね?
と思われた方。仰る通り、粋狂です。ただ、こういう設備・保持食材量が
しっかりあるところだからこそ作れる味ってのもあって、路上のものとは
また別枠で探してみる事で、美味しいのに出会えることがあるんですよねー。

th_IMG_0798.jpg th_IMG_0799.jpg

添えられたお野菜のメインはモヤシ(下の方にある)と春菊。
アウトラインがしっかりとした腰を感じる細い麺。そしてスープが。。。
おいっしー!!!けっこうシッカリした塩味ついてて、まぁ化調もそこそこ
使われて入る様ですが、非常に味が明確。

自然素材に拘った上でコスト勘案されたものは「優しいお味」と表現されつつ
うすらぼんやりしたものもあるわけですが、それはそれ。卓上調味料を使い
こなせるローカル食が得意な人には、美味しく食べるのは造作もない事。
でも観光客の方などは。。。(こ、こんなもんなのかな…)って思っちゃう
こともありますよね。

その点こちらのこのスープはすごく分かりやすい。
ドンブリにあるスープ全部を飲むのは、ちょっと塩が強くて遠慮しようかな
って感じだったけども、豚をベースにスルメや野菜を使ってるのかな。
麺や野菜はおいしく最後まで頂けました。この位分かりやすい味の方が、
不特定多数の国からいらっしゃる観光客の皆さんには受けが良いのかもしれませんね。

th_IMG_0801_20161220185215c51.jpg th_IMG_0802_201612201852150be.jpg

具材の、海老の頭の先の所はカットしてあるベトナム式。
あの先端が固くて痛いし、あると食べ難いんですよね。剥くのが面倒くさいから、
と食らいつくと、口の中がズタズタになる。そんなら頭を落とせばいいじゃん、
と思われる方がいらっしゃるかもしれませんが…

いやいやいやいや。
頭のところは味噌が入っててうまいじゃないか。そんなうまいところを、
食材に精通し、食材を愛するベトナムの方が無駄にする訳ない。
これ、ここだけじゃなくて他のお店にもよく見られる手法。
最初見た時感動したわ。

そして豚レバーをボイルして薄くスライスしたもの。見てこの滑らかさ。
レバーと言いつつ、プリンプリンとした弾力があってみずみずしい。
加熱した牛のレバーにあるようなモソモソ感がない。そもそもこのクセの
少ない麺とスープの中にあって、レバーがこんなに綺麗な味で頂けるのだから
すごいよなぁ。

コレはちょっと他のメニューも期待できるかもしれません。
いつまで、と言うのは書いていなかった様ですが、旅行者の方、バックパッカー
の方は15%オフ、ってことになるそうです。ジャッジは彼ら。私はここに在住
してますが、勝手に15%引いててくれました(笑) 特に在住証明とかVISA
提示が必要と言うわけじゃないようです。

え?引かれなかった?
ということは、現地の人と見間違われたと言うことで。
それだけ馴染んでいたと言うことで。
うん、ネタにしたら15%分くらい、すぐに取り返せる気がしますw

なかなか便利な所にあるので、お散歩途中のチョイ休憩にも良さそうです。
朝早く(確か7時から)やっているので、お散歩&朝食を食べに行っても
よさそうですね。なんにしても素敵なカフェやビストロが増えてくれるのは
嬉しい限り。

観光客にも在住者にも親しまれるお店になってってくれると良いですね♪



NANA
152 Nam Ky Khoi Nghia Q1




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

【閉店?】Saigon's Lookout 〜 まぢでLook out! 肉好きに朗報!

***** 2017 Feb. *****

まさかの閉店。。。
私が現地で確認したわけではないのですが、昨年末のクリスマス
辺りにて閉店したらしいとの情報をキャッチ。我が目で確かめる
までは信じたくないのですが、辛い。。。お気に入りのステーキ
屋さんだっただけに。。。

しょぼん(´・ω・`)

***** 2016 Jul. 前回から5日後 *****

あんまりおいしかったので、一週間と間を置かずに再訪。
日曜日、珍しく旦那さんがお仕事でお家にいたので一緒にお肉♪

「あんなローカルな所にあんな綺麗なお店があるとか信じられんし、
 質もスッゴイ良かったのー!!!」

とあんまりギャーギャー騒ぎ立てていたので旦那さんから、

「それ。。。キツネさんに騙されたんじゃないですか?(ーдー)」

と言われてしまい、なんか本当にそんな気がして来たので確かめに
行きたかったのもあるんですよね。。。
いやまぢで、そのくらい夢見心地だったもんで。。。(笑)
でも化かされてませんでしたっ。ちゃんとお店、あったよ( ・`ω・´)b

この日は朝食が遅かったので、たっぷり食べることになるであろうことを想定し、
ランチを食べずに15時頃来店。こちらのお店、11時〜0時まで通し営業なんですよね。
でも。。。

th_IMG_2230_2016073120441858e.jpg 

シーン…。
15時なんて中途半端な時間だから人は少なかろうとは思ってたけど、
夜と違って灯りもないし、ガードの方もおいでにならない。ふむ。。。
通し営業とはなってても日曜だしなー、お休みかなーと思ったのだけど、
一応聞いてみよう、と店に向かった所でガードの方が現れて「開いてるよ!」と。
昼訪れた方は、この静けさに負けずに踏み込んでってくださいね(笑)


th_IMG_2199_201607312044148de.jpg th_IMG_2200_2016073120441489f.jpg

あいかわらず素敵な店内ですが、夜の方が雰囲気あるかな。まぁ昼から
雰囲気出してどーすんだって話もあるけど、昼は昼にふさわしい
カジュアルさが出てるのがまた良いね。

んで、前記事の中のランチが少しお安くなるかもっての、記事中でも訂正
しましたが、どうやらランチタイムに5人以上で来られたグループは一人頭が
少し安くなりますよ、ということだったらしいです。もしランチ価格を期待して
既にご訪問されてしまった方がいらっしゃったら、大変申し訳ありませんでした。

前回はワインしか頼まなかったのですが、今回は旦那さんがビールを注文。
お値段はそれなりでしたが、グラスがキンキンに冷されており、ボトルの
タイガークリスタルだったこともあって、まるで生ビールの様な味わい。。
んまい(*´ω`)(あれ?旦那さんが頼んだんじゃなかったの?)

th_IMG_2201_201607312044177c1.jpg th_IMG_2202_20160731204417137.jpg

前回サラッとしか写せてなかったサラダはこちら。
さして特徴の強いものではありませんが、実にしゃきっとし上げられてて爽やか。
ドレッシングが前回とは違ってマスタード風味だった♪

そして、芋ーヾ(@⌒▽⌒@)ノ

th_IMG_2205_201607312044522c5.jpg 

やっぱり美味しいわー。
この日、お給仕をしてくれた方もご自慢だったようで、
「ホーチミンでこんなフライドポテトを出すのはうちだけですから!」
と、誇らしげにサーヴしてくれました。こういう、自分が働いているお店の
ものを大好きだと言う風情で勧めてもらえるのは気持ち良いですね♪

そして「ソースとポテトはUnlimitedです( ・`ω・´)b」と今回はキッチリ
お伺いできました。さあ、ポテトラヴァーよ、存分に食べるが良いっ(笑)

さすがに細かいレシピまでは聞けませんでしたが、どうやらどこかの段階で
チーズを使っているんだそうな。なるほど、随分と旨味が強いと思ったら。
チーズをどこでどう使ってるのかは不明なんだけどね。

そして、肉ー(*´ω`)


th_IMG_2204_20160731204451538.jpg 

やっぱり美味しい。
とても美味しい。

またもや、私がレアで旦那さんがミディアムと言う組み合わせで焼いてもらいました。
旦那さん、日頃からミディアム派の人。前回一緒に行ったお友達と同じ。
レアの方が気に入るよ、と言いかけたのですが、まぁ比較して食べてみた方が
納得できるか、と思い、希望通りのミディアムに。

しかして。。。「レアの方が美味しいね?!」ですって(笑)
いや、ミディアムも充分美味しく焼けているのですが、前回のお友達も、
この店でレアの美味しさに目覚めてて、全くおんなじリアクションだったので
ちょっと面白かったかも(笑)

th_IMG_2208_20160731204455459.jpg 

またお肉を皿に取ってしばらく置いておくと。。。冷めて食感が変わったり、
味わいももちろんそれに連れて違っていたり。やはりこの肉をユルユルと
温めるサーヴィング・プレートが良い仕事をしているのだなぁ、と実感。

で、2人分をペロリ。
で、また1人前追加(笑)
このとき、旦那さんが迷わず「レアで( ・`ω・´)b」と言ったのも、
前一緒に行ったお友達と同じリアクションだった(笑)

もちろん比較後、「やっぱりミディアムが美味しいわ、ウェルダンが好きだわ」
と思われる方も当然いらっしゃるわけですが、レアをなんとなく試さずにいた
だけで食べなかったけど、美味しく調理してくれる所で試してもらって好きに
なってもらえた、というのは、彼らの選択肢が増えたと言うことでもあるので
嬉しいなと。

th_IMG_2211_20160731210808151.jpg 

ミディアムも今まで好きで食べてたのだから嫌いになったわけじゃないし、
食べ方も食べ物の種類も、選択肢が増えれば、幸せでいられる道が増えるって
ことだもんね。えかったえかった♪(お前の幸せ食いもんだけなんかい。。。)

あと可愛かったのが、前回追加を頼んだら、サラダもパンもワンセットついてきて、
さすがにもうそこは要らなかったからもったいなかったなーと思い、今回は追加
する際に、パンとサラダは要らないわー、とお伝えしたの。価格はそのままでかま
わないから残させないでくれーってつもりで。そしたら。。。

th_IMG_2217_2016073121081294c.jpg 

ちゃんと引いててくれました(笑)
上からビール、グラスワイン、カクテル、そして2人前のセット、そして最期が
追加分のステーキのみの価格。ランチの団体さん割引の価格になってますね♪
ポテトはUnlimitedだからドンドン追加を注文できます(笑)。あ、あと、
やっぱりソースもナンボでも頼んで下さいってことでした。

th_IMG_2206_20160731204453dd2.jpg 

粋がってた訳じゃないのですが、美味しいお肉は塩胡椒で、とか結構
拘ってたんですが、ここのソース、まぢで美味しい。前にも言ったけど、
ソースが美味しい、というよりは、ソースと肉を合わせた時がとても美味しい。

お肉自体も充分旨味があって、塩で食べれば食べたでそれもまた美味しいのだけど
ソースまみれにして食べるのがまた美味しい。こういうとこは拘り捨てて、
臨機応変に選択肢を広げた方がお得ですな。塩でも美味しい。ソースでも美味しい。
どっちも食べたい。なのでもう一枚( ・`ω・´)b

ここでは2人で3枚、600g食い上げるのがデフォになりつつありますわ(´Д` )

th_IMG_2213_20160731210809604.jpg th_IMG_2214_2016073121081085c.jpg

ちなみにここのお塩も胡椒も、おいっしーのでお試しくださいね。
あと今回はお客さんが他にいなかったこともあってか、デザートスイーツを
ちょこっとサービスしてくれたん(*´艸`*) パッションフルーツのレアチーズと
ダークショコラのチーズケーキ。メニューで見たけど前回はとても入らなかった
ので、気にはなっていたけど頼めなかった品。

どっちもすんごく美味しかったけど、めちゃくちゃ濃厚。。。というか、
ヘヴィと言って良い程のボリューム感だったので、このデザート(実際の
ワンポーションはもうちょっと大きい筈)を食べたいならお肉の追加を諦めろ
って感じかな。。。若しくはお酒だけ飲みに来たとき、通しなのでカフェ使い
で寄った時に楽しむか。

ところでこちらのバックサイド、2階には、貸し切り部屋がある様ですよ♪
ちょーっと薄暗かったので写真が心許ないのですが、10人程度で使える
個室+バー付き、そして更に上には立派なバーカウンターのある、
4〜50人は入れられそうなしたクラブルームのようなスペースが。
DJブースなんかもついてる。
こういうとこを借り切ってパーティやるのも一興ですな(*´ω`)

th_IMG_2220.jpg  th_IMG_2222_20160731212931536.jpg

th_IMG_2224_20160731212933ea0.jpg th_IMG_2227_201607312129349bd.jpg

またこの日もサーヴしてくれた男の子が流暢な英語使い且つ丁寧な人で、
店を誇りに思ってることが伝わる、実に気持ちの良い接客をしてくれました。
色々とお話をしたのだけれど、日本語で一つだけ知ってる言葉がある、と
言うのでそれはなにかと尋ねたら、

「omotenashi(※^^※)」

と。ホスピタリティを学んだ時に覚えた言葉だと言ってたのですが、もしかしたら
フーンライとかKOTOさんなど、サービス業関連に従事する人を育てるところで
学ばれたりしたのかなぁ。彼が学んで来たこと、良く活かされてると思います。
マニュアルどおりではなく、ホスピタリティとは、ということを自分なりにしっかり
解釈している方の接客振り。勉強の成果と言うのは、こういう風に実らせるもの
なんだなと感心しきり。あれなら大事なお客さんとか連れてっても心配なさそう♪

いろんな面で、本当に良いお店だと思います。
ホーチミンには珍しくないことだけれども、気分よく美味しい時間を楽しめる
空間の選択肢が増えると言うのも、これやっぱり嬉しいこと。
ここ、色んな方に知ってほしいなー♪


***** 2016 Jul. *****

もーあんまり感動しまくったので緊急差し替え。
(2週間分の記事書き溜めてる+手持ちネタがまだまだあるのに
 こんなことするから更に溜まる。。。)
肉好き…つっても、ステーキになりますが、お好きな方には超絶朗報。

ステーキっつったら、ホーチミンで有名なのは、El Gauchoさんや、
最近では私も推してたStokerさん。どちらもうまいよね。うん。
でも、高い(^^;  

たまーに行く分にはアリですが、そんなにしょっちゅう行けるもんじゃない。
群を抜いて美味しいのは間違いないので、特別なオケイションとかお接待とか
そう言う場面ではむしろそのお値段の方が良い、ということもありましょうが、
あー肉食べたいなーと、ふと思い立ったらすぐに行ける、と言う感じじゃない。
どっちかというと、行く!と決めてから日ごとその日が近づいてくるのを
指折り数えて楽しみにする様なお店。
でも本日は、普段使いに出来るお店のご紹介。しかもお味的にも素晴らしい!

それは以前、麺を食べに来た事があるエリアの近くにあって
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-4187.html
街中からそんなに外れても無いし遠くもないけど、どローカルな感じのエリア。
食べ物屋さんこそ何件かありましたけど、目に入る範囲は一面、超ローカル。
且つ、バイクの修理屋さんや部品屋さん、工具関係の商店がずらりと
並んでる感じで、観光客はまーず来ないだろうなーっていう。

プラス、事前の情報収集で見かけた料理写真がステンレスっぽい素材のトレイに
ドン!とお肉が乗ってるだけのものだったので、小雨模様だったこの日、
「青空飯屋だったら別のとこ行かなきゃねー」とか言ってたんです。
超ローカル店だと思って。そして付近に行くと。。

真っ暗。
一件だけ煌煌と灯りを放つ「SL」と書かれた高級クラブみたいなのがあって、
怪しげだなーって思ったんだけど、あとは真っ暗。ありゃーっ、今日は店休日?
それとも雨だから早く閉めた?こんな所にステーキ屋さんなんて流行らなくて
もうお店が無くなったとか…???とか最初は思ったのですが…

今一度手元の資料で店名を調べると…Saigon's Lookout。。。。
えっ、SL?!(´⊙ω⊙`)


th_IMG_1866_20160727005707bc2.jpg

住所を照らし合わせると、なんと怪しげな高級クラブと思って素通り
してしまったこちらの白亜の建物が目当てのお店でしたよと。なにー!!!!
誰やー!!青空飯屋とか言うてたのはー!!(お前やー!!!)

一転して、怪しげな高級クラブから素敵でお洒落なステーキ屋さんと
改められたその建物にはガードの方がおられて、うやうやしくお迎えしてくれ
ました。。。なんか。。。いろいろごめんなさい。。。

そして店内に入って更にビックリ。

th_IMG_1867_20160727005707a5b.jpg 

オサレざんすーっ(・∀・;
バーカウンターがあるし、シグナチャー・カクテルなどもあって、出されるそれらを
見てると大変美味しそうだったので、バー使いとしてもサクッと利用できるのでしょう。
更に、尋ねはしませんでしたが、奥の方に仕切られたお部屋もあったような。。。

th_IMG_1884_20160727005711b0d.jpg 

割にカジュアルだけど、内装凝ってるし高級感あるし、あとサービスが
ものすごくスマートでしたわっ。この日対応してくれた全てのスタッフさんは
見事に流暢な英語を話され、コミュニケーションがスムーズだったのも
ポイント高しっ。言葉は流暢だったけど、慇懃無礼になることなく、
本質はベトナムの方の朗らかな対応だったし。

こういうの、外国人には最高よな。
美しい英語でやり取りがラクチンだっても、高慢ちきな対応されたら気ぃ悪い。
といって、朗らかは良いけど言葉が通じず、コミュニケーションが全く取れない、
というのもこれまたストレス。

例えこちらの英語がさほどでなくても、この朗らか対応だったら、
きっと嫌な思いはせずになんとかなると思うんですよ?
ベトナムの良い所やねぇ♪

th_IMG_1869_20160727005708110.jpg 

まずは飲み物メニューを出されまして。。。
おお、割かた安いな。紅茶類とかは35kドンくらいからある。
ビールは50kドン。ローカルの飯屋に比べたらそら高いけども、それでも250円。
ワインリストは別にあって、グラスは120kドンくらいから。
じゃ、次は食べ物のメニューを…とお願いしたら、

「お客様、当店にフードメリストはございません」

と。
お????

「当店はオーストラリアンビーフのリブアイステーキのみの提供となって
 おりまして、パン、サラダ、フライドポテトがセットになっております」

うぉっほーーーーっ。黙って座ればピシャリと出て来る一品だけの専門店!
そら潔いなぁ!!!オーダーするのは焼き方だけと!

th_IMG_1871_20160727011250450.jpg th_IMG_1879_20160727011255728.jpg

まずはホカホカのパンとシーザー風のサラダ。パンはバターの風味が聞いた
テーブルロール的なもので風味が良く、サラダもオーバードレストにならない
程良い感じ。生野菜の、しかも新鮮で美味しいお野菜のサラダをあっちこっちで
結構気楽に食べられるってのは東南アジアでは嬉しい事ですよね。
オリジナルのコースターなんかも作られてあって、拘りが見られます。

そしてこのお店のサブの名物であるフレンチフライ!!!
ドッサー!!!!(笑)

th_IMG_1874_20160727011252393.jpg 

聞く所によると、このフライドポテトは言うたら追加してくれる
とかしてくれないとか。食べ放題との噂もあるけど定かじゃないのでご確認を。
ただ少々追加料金出しても追加を食べたくなる味ではあった。微かに纏わせ
られた衣が小気味良い口当たりを醸し、味わいがあるっ!!

これ、油になんか細工してんのかなぁ。トスカーナ・フライドポテト(ハーブ
などを大量に揚げ油に入れ低温からじっくり揚げるフライドポテト)的な様相
がある。そのくらいに味わい深い。

え?Macのポテトに見た目が似てる?
そうなんです。例えるならばこれはその高級バージョン。
高級なMacポテト。←食レポ失格w

で、本命のステーキ。
灯りが少なかったので写真がちょっと情けないのが申し訳ありませんが…

th_IMG_1881_20160727011339320.jpg th_IMG_1875_20160727011254293.jpg

なるほど。ネットの写真でステンのトレイに乗ってたのは、こういう理屈が
あったからかっ。固形燃料を使ってウォーマーの役目を果たしてたんですねっ!!!

日頃から、鉄板ではステーキが煮えてしまうのでよろしくない、といって、
皿だと保温力に限界がある、と思ってまして。特に200g以上となると食べる
のにそこそこ時間もかかるし、そもそもそんなにガッついて食べるのは
好ましくない。美味しいお肉はおいしいワインとじっくり味わって食べたいもの。

ましてや、素敵なお相手と差し向かいにてのお食事だったら尚の事。
肉が冷めないうちにとケモノのようにむしゃぶりつくのも興ざめですし、
(それでもセクシーでいられるのが理想ではあるけど、私の場合ほんとに
ケダモノになってしまうので。。。)肉を冷えるまで放置するのも、
これまた料理へのないがしろ感が半端ない。

となると。。。
これはベストの提供方法の一つではなかろうかっ( ・`ω・´)b

ああ…重ね重ねすんません。。。安っぽいお店だなんて思ってしまって。。。
青空飯屋とか誤解しててホンマにホンマにごめんなさい(´Д` )

この提供方法を採用した、というだけでも、素材や料理への愛を感じる。
一品のみのメニュー提供、相当覚悟が要ったと思うんですが、覚悟をする
ってのは恐れに対して見て見ぬ振りをして振り切るってことではなく、
リスクに対抗できる策を貫く、と捉えての戦略なのでしょう。

あっぱれです。カッコいい。この一点を見てもこの店の料理がまずい
わけがない、と分かりましたわ。食べる前から。しかして。。。


th_IMG_1873.jpg 

うん、ごめん。
あんまり美味しそうに見えないよね(笑)
盛りつけはザックリですねん。ワイルドっちゃーワイルド。
光量も圧倒的に不足してる(修正してこれ)。
ネットの写真がどれも安っぽく見えてたのにはここで納得。ただ。。。

めっちゃくっちゃ美味しいです(≧∇≦)
赤身メインなのですが、なにゆえかユンルリと柔らかく、うまみがすんごい。
私より先にひと口食べた連れが、「いーから早く食べて!!!」と急かして
くるほどの印象深さっ。

ただし、ドライエイジングした様な口当たりでも味わいでもなかったので
どうやってオーストラリアンビーフをあんなに旨味で満ちさせたのかは不明。
そもそもの牛さんの出自が飛び抜けてたりするんだろうか。

でもこれ。。。350kドンなんです。ビックリ(´⊙ω⊙`)
パンもサラダも凝ったお味のたっぷりポテトも込みで、1800円弱。
これ、日本のファミレスステーキにフルでセットつけたら同じくらいじゃ
ありません?質は間違いなく格段にこちらが上ですが。
この味をこの値段で食べられるって。。。。どないなってんのや(´Д` )

th_IMG_1876_20160727011334d2d.jpg th_IMG_1877_20160727011335726.jpg

日頃肉は、塩胡椒で頂くのが好きなのですが、強烈にプッシュされて「うちの
ソース、自慢なんです!」と言われたので使ってみると。。。牛骨から仕込
まれたというデミグラスソース、過去食べた物の中でも最上位クラス。。。。

ソース単体でもうまいなーっと思ったのですが、ギューッと旨味の詰まった肉と
一緒に噛み締めると、合う、というよりは渾然一体となる感じで口内調味の悦
がある( ー`дー´)  肉の味がソースに負けない、とかソースが肉の味を引き立てる、
じゃなく、渾然一体。このバランスに持ってくるまでに、一体どれだけの時間と
手間を費やしたのか。。。

プラス、エッグヨークとアヴォカドで作ったというソースも添えられており
(ちょっとマヨネーズチック)、いかな柔らかさと旨味があるとはいえ、
赤身では油脂分が足りなさすぎる、と思われる向きへのサポートも忘れてはいない。
万全を期していらっしゃる。

で、このソースポット、小さめだったんで、なるほど、コストがかかってるから
量の調整でセーブをかけてるんだろうなーと思ってたら、なくなるころには追加が
ドンドン持って来られて、言えばいくらでも出してくれそうな勢い。あれ?(・∀・;

ポテトにつけて食べても美味しかったので、お気に召した方でもっと欲しいと
思われた方は遠慮なく言ってみたら良いと思う。

あと、レアとミディアムでお願いしたのですが、私はレアが圧倒的に好きでした。
まぁ元からレアが好きだと言うのもあるのですが、赤身は特に火を入れるにつれ、
堅さやパサつきが目立つ部位。赤身は適温と余熱で上手に熱を入れられたものが
ジューシー且つ旨味もしっかり引き出されていて美味しいと思います。

th_IMG_1880_20160727011337451.jpg 

ところでレアって、決して生という意味ではないのですが、誤解されてる方が
時々いらっしゃるようなんですよね。「海外だからレアは止めとく=生ものは
怖いから止めとく」的な言い回しを時折聞く事があったりします。

好みで、レアよりミディアム、ウェルダンが良し、としてる方に何も言うことは
ないのですが、そう言う誤解をしている方で試すチャンスを逃してるケースは、
ちょっともったいないなと思ったり。(試した後でどう思われるかはそれぞれかと)

そもそも周りだけチャッと焼いて中は生って、それレアじゃなくて、タタキですし。
表面を焼いた上で中が生なのはブルーかブルーレアなんですよね。

ただ思い返すと、レア=生と解釈して中心が冷たい肉を平気で出してるお店に
日本で過去に何件か遭遇してきたので、そう言う誤解が招かれても仕方ないのかも
しれません。日本だと最大4段階の焼き方(レア・ミディアム・ミディアムレア・
ウェルダン)ってのが主流なのも原因かも。

照らしてホーチミンでも焼き方はやはり10段階まではなく、せいぜい日本と
同じ4段階だと思うのですが、ステーキを謳い、名を馳せているお店であれば
生なレアを出されたことがこれまでないのは、本当に素晴らしい事だと思います。

と言った所で思い至った。私、日本で名を馳せてる店でステーキ食べた事ないわ。
街の老舗のステーキ屋でも5〜6千円〜小一万はかかろうと言う食べ物。
都会の有名所なんかで食べたら一体いくらすることやら。。。

対してホーチミンは手の届く範囲に有名所があるので、比較対象が適切
ではなかったな。。。すんません。。。

ってことで、1人前200gを感嘆の内に食べ終わった私と連れ。
ワインのグラスを重ねる為のオーダー時に、さして互いに打ち合わせることも
なく「肉、もう一枚」と、全く自然な流れでオーダー。(ええ?!www

というわけで、都合2人で600g。1人300gをぺろりと平らげ、
それでもなおかつ、

「なんだろー!満足はしてるけどお腹が苦しくないー!ってか、軽いー!」

とか言ってる始末。普段は150gも食べれば満足するのにどうしたことかっ。
うまいものには魔力があるねっ。←責任転嫁


ランチは更にお手頃で275kドン。さすがにサイズは少し小さめになるかも
ですが、たとえば150gだったとしても悪くない量だと思います。これも
近々確かめにいかなければ。

※訂正します。ランチは、5人以上のグループで行ったら一人頭275kドン
 になるとのことでした。もし既にランチ価格を期待して行かれてしまった
 方がいたらごめんなさい!


更に更に、お会計を追えた時にスタンプカードくれましたwww
500kドンに1スタンプかな?

th_IMG_1888_201607270222283d2.jpg th_IMG_1883.jpg

高級感があるお店なのに、とか、そもそもお手頃価格やのに、とか思いましたが、
この調子なら結構すぐに溜まりそうだし(どんだけ食うねん…)スタンプの数に
よってはドリンクのサービスやらワインボトルでプレゼントとかなんならステーキ
1コース丸っとプレゼントみたいなのもあるようなので俄然貯める気満々ですわっ。
( ̄‥ ̄)=3 フン

エスプレッソは安定のillyだったし内装は素敵だし、音楽もセンス良かったし
ワインも美味しく人も良く、まぁとにかく幸福感に満ちあふれて帰途に着き
ましたわよ。

肉好きの人はぜひぜひトライしてみて下さい。
私、高級店に行くなら、その分2回こちらに来たい。
味の(方向性は違うけれども)ヴァリューも落とさずに楽しめるんだから
味覚的にもコスパ的にも美味しいです( ・`ω・´)b

ああしかし…こう言うてはなんですが、こんな所にこんなお店があるなんて。
ほんまにホーチミンは街中で宝もん探しが出来るなぁ!ワクワクするわ♪
この記事、食べた直後に書いてるんだけど、思い返してたらもうまた食べたく
なりましたわ(笑)。ランチの追記、また改めて書きますねー♪
(←行く気満々w


th_IMG_1887_20160727022226fac.jpg th_IMG_1886_20160727024047c8b.jpg

写りが悪いな。 37 Bis Ky Con Q1  が住所です。
名刺も拘ってはりますなーっ。特殊刷りの赤金にエンボスですわ。
おされ。







にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

Tous Les Jours 〜 …のケーキやパン

***** 2017 Feb. *****

台湾ネタが終わらない内にドンドン溜まるホーチミン情報…
というわけで、夕刊です(--)/

取り急ぎのものだったり、移転・閉店情報その他、小ネタを
夕方にお届けして行きますね。じゃないと処理し切れん…。

期間限定(不明)の様ですが、現在Tous Les Joursさんにて、
「シナモンコーヒー」ってメニューが出てる様です。

th_IMG_5383_201702220234061c8.jpg 

エスプレッソに濃厚クリームを浮かせ、シナモンをたっぷり
と言う、めちゃくちゃちぇりさん好みのセッティング。
ニッキはダメ(だから八つ橋ニガテ…)なクセにシナモン
大好きというワガママっぷりですが、特に濃いコーヒーと
会わせた物は大好物(^・^)

んでもってこのメニュー自体も限定品っぽかったのですが、
(すんません、ボードちゃんと読んでなかった)
今なら、マドレーヌ2個がオマケについて来るらしいヽ(・∀・)ノ

th_IMG_5382_20170222023405b43.jpg 
最初わかんなくて「こんなの頼んでないよー」って言ったら、
なんでか店員さんの方が嬉しそうに「今オマケでついてくるんです!」
って言ってくれた(笑)

その笑顔に釣られて「オマケ?!やったーヾ(@⌒▽⌒@)ノ」って
思わず言ったら、向こうの方に居た店員さんにまで笑われたわ。。。

th_IMG_5384_20170222023408d40.jpg 

シナモンコーヒーは45kドン。
どうやらマドレーヌは通常からの売り物らしく、15kって値段が
ついてました。まぁ15kドンのオマケ、金額的には大きくないけど、
「マドレーヌ2個」という単位になったらちょっと嬉しい(笑)

極上、とは言わないけど、こちらのケーキ類悪くないし、
シンプルなこの焼き菓子に関してはかなり正統派のレシピの
ように思えたし、表面の糖分がちょっとジリっと焼けて、
それが時間型って落ちついてちょっと湿気てはいるんだけど、
生地面の美味しい風味を持ってたし。

またこのサイズのコーヒーって、例えばコーヒーが飲みたくて、
ってより、時間調整や作業の為にカフェに入った時、食前で
お腹がチャポチャポに鳴りたくないときとか最適よね。

ちょっと期限がわからないのですが、このごろこんなことやって
ましたよーというお知らせでした♪


***** 2015 Aug. *****

なんだかんだで良く利用してるのが、レタントンのサブウェイ斜め向かいくらいにある
店舗。ここ、二階のカフェがそこそこ居心地よいし、電源とかもあるからPC持ち込むにも
良いし、テラス席があるから、タバコ吸う人をお連れするにも便利なのねー。

あと、朝食メニューが充実してるの。
意外と紹介してなかったかもしれないけど、ここのフレンチトースト、めっちゃ好き。
オムレツメニューもイケてたなー。朝10時か11時くらいまでの限定メニューなんだけど、
ボリューミーで朝昼兼用のブランチなんかには持ってこい♪


あとチョイ食べのパンも結構買ってたりするかなー。
本国にお住まいの方からは、「このお店が美味しいなんて信じられない!」と
言われましたが(笑)、ホーチミンの中ではボチボチ美味しいし、なにより
バリエーションが多いし悪くはないと思うんよなー。ちょっと意外なこともあるけどw
例えばこちら。


          th_IMG_3836.jpg
th_IMG_3838.jpg th_IMG_3839.jpg

中央のまん丸い奴ね、コーヒーナンチャラって書いてたからコーヒーメロンパンみたいな
感じかなーと思って買ったの。そしたら食べようと持った時に底の方がちょっとベタついてて
あれ???って思ったら、中にいっぱいブルーベリージャムが入ってた!(笑)

もしかしたら商品名、私が読み違えただけかもだけど、こっちはコーヒーのつもり
だったし、色もいかにもそんな感じだったのでちょっとびっくり(笑)
でもこれがアレ。日本でほら、大手メーカーが量産してるスーパーで売ってる
ジャムパンがあるじゃないですか?あんたこれ、小さめのだったら瓶入りジャムの
半分くらい使ってるんちゃうけ?!ってくらいタップリジャムが入ってるやつ。
アレ並みっ(笑)。タマーに食べたくなるんだけど、意外とセルフピックのパン屋
さんにはなかったりするんよねー。うひひ、これは嬉しい(笑)

更には揚げあんぱん。
私自身はあまりあんぱんに重きを置かないのですが、旦那さんがたまーにあんこ欲
全開になるのよね(笑)。でもベトナムの小豆は上手に炊けないともっぱらの噂。
チェーのように形を残して味わう分には良いのですが、潰して滑らかにするアンコには
どーも向かないみたいなんですよね。ってことで、水煮のあずきを日本から運んでたり
したのですが。。。


th_IMG_4867_201508091938112f3.jpg th_IMG_4868_201508091938126e3.jpg


頂き物なんで、本来なら表面についているであろうお砂糖が溶けてしまってますけど、
中、ちゃーんとアンコ!!やだっ、これ本国からの取り寄せかなぁ。ベトナムで調達
してるのかしら?だったらアンコだけ分けてくんないかなー(´Д` )

普通に美味しいアンコなんですよ、これ。
包み方が中々斬新な感じですが、限られた量を均等に行き渡らせると言う意味では
効率的な包み方、かな?アンコどっさり、じゃなくても美味しいから充分満足感
あるし。

うあー、舐めてた。
別にバカにしてたつもりはなかったけど、こっちのあんぱんなんてー、と思ってた
節があったんだなと、食べて気づいた。ごめんなさい(^^;

特にこのサブウェイ前のお店はいつも種類豊富に取り揃えてるし、店員さんも親切なので
割とお気に入り。上記二つが定番かどうかはわからないので常にあるかはわかりませんが、
もうちょっと発掘してみる価値はあるかなーと思い直させてもらった2品でした♪



***** 2014 Jun. *****


ホーチミンではおなじみのパン屋さん。
韓国系だったかな?かなり大規模に展開されていると思います。
東南アジアの他の国でも見かけた気が。

菓子パンや総菜パン各種を棚に並べて、お客さんがセルフで選んで
レジに持ってく日本のアンデルセン方式。中には日本の菓子パンを
モチーフにしてる?と思しき物もあって、価格的には日本のパン屋さんと
あまり変わらないくらいなので「ベトナムだから安い!」って感じでは
ありませんが、日本人的にコスパは悪くないと思います。

且つ、カフェが併設されてるレタントン店などで提供されてる朝食メニューは
なかなかのもの。フレンチトーストとかほんとに美味しい♪

今回は、手みやげとしてホールケーキを頂きました♪
東南アジアのケーキの水準の上がり方は目を見張る物がありますが、
バラつきがあるのも確かで、特にフレッシュクリーム系には、ついつい構えて
しまうのですが。。。

th_IMG_0625.jpg

これね、美味しかった!!
ミントランさんのケーキの様な繊細さとか、最新技術を使った云々、とまでは
いいませんけど、軽くて肌理の整ったスポンジ、甘さ控えめのフレッシュクリーム、
ぷっちぷっちのハチ切れそうな張りのあるブドウ山盛り!!!

デコレーションこそシンプルですが、シンプルなケーキってガツガツ食べれていいですよね(笑)
ふんわりなスポンジと対比した、ジューシーで歯ごたえの良いブドウが
アクセントになって、わっしわっしと食べれてしまう(笑)

極上のって感じではなくても、期待以上。
ケーキでありながら爽やかとも言える風味なので、香りの良い紅茶とすごく合ってました♪
侮りまくってて、ごめんなさーい!!(^^;

店舗に寄っておいてるケーキが違うかもだし、季節やタイミングに寄っても
ラインナップが違うかもなので、必ずあるものではないかもしれませんが、
ちょっとこちらのベーカリーで売られてるケーキへの印象が変わりました♪

ホーチミン市内に何店舗もあるお店です。
中心市街には

ビンコムセンターB(古い方)の地下 72 Le Thanh Ton,Dist1
Hai Ba Trung 店 180 Hai Ba Trung St., Dist.1
Tran Hung Dao通り店 59 Trần Hưng Đạo,,Dist.1
ダイヤモンドプラザ店 Diamond Plaza, 3rd floor, 34 Le Duan St., Dist.1
レタントン店 17/14 Lê Thánh Tôn, Bến Nghé Dist.1

などが点在。もしかした現在もうちょっと増えてるかも?
テイクアウトにも便利ですし、カフェスペースはカジュアルなので気軽に
時間を過ごすにも良し。お手軽に使える「いつものパン屋さん。
お酒の入ってない、でもハーブたっぷりのソフトドリンク・モヒート
なんかも美味しかったので、お散歩中の水分補給にもどうぞ♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

NAMO 〜 ピザ首位 in Ho Chi Minh !

***** 2017 Jal. ******

メルマガをご覧になった方はお気づきになったかもしれませんが…
<1月30日発行分・バックナンバー>
http://www.mag2.com/m/0001678179.html

じゃ、本家の方は変わってないのかよと。
そうか、考えてみたら本家にあまり行ってない。
本家は良かったのに、じゃなく、本家ごと方向性が変わっていたら?
という懸念もなかった訳ではないのですが、サクッとリサーチ
入れた所では以前と味は変わってない、と。

ってことで、行ってみました。
頼んだものは…ごめんなさい。あまり代わり映えしません(笑)
アンティパストは相変わらずハムのチョイスが素晴らしく、
オニオンジャムも男性陣に好評。うちの旦那さん曰く、

「わさび入ってない?!」

おおっ、言われてみれば!(←結構鈍感w

th_IMG_2789_20170204180345eb5.jpg 
チーズのセレクトがこの日は個人的に今一つでしたが(ハード系で
固められてた)4人で十分な量。ちょっとつまむくらいなら6人居ても
大丈夫かな?

ピザは、Forest なんちゃら。
なんだっけ?ってお店の人に聞いたら「ああ、分かる。森のなかの
なんとかでしょ?キノコの。私も覚えてないわ(笑)」って、
優等生な接客を(笑)

th_IMG_2790_20170204180347154.jpg 
キノコ自体もおいしいんだけど、やっぱりほんのりトリュフが散らされてる
のが美味しいのよねー。クドすぎず、ふわっと香る。うんまいわ。
オリーブオイルだばだばかけて食べるのがスキ。

で、クアトロフロマージュ。ブルーチーズ入りだからかハチミツ付きのやつ。
エロい。大人だし、男性陣と一緒だったので「( ー`дー´) 」っとした顔
してましたけど、これ1人で部屋で食べたら、もうデレンデレンになるよね。
(ならない?)




th_IMG_2792.jpg

生地は相変わらずモッチモッチで、塩の加減も素晴らしく、やっぱり
個人的にはこの生地好き。よかった、味が変わってなくて。
モチモチはそもそも苦手なタイプなんだけども、ここのは旨いわ。
同席の男性陣も同じ意見で、お気に召して頂けた様でした(^・^)

ただし。。


 th_IMG_2791_201702041803475bb.jpg

ヴィール、仔牛のフェトチーネ。
これは。。。うん、褒める所が他にあったからここに書くけど、
ほんっっとおおおおおおおに、酷かった(^^;

まぁ仔牛のソースの方は可もなく不可もなくだったけど、
麺がシリコン食ってるみたいだった。
ここのパスタ、悪くないって言ってる人もいたから頼んで
みたけど、フェトチーネは冒険すぎたか。。。

食べ終わらない内にお皿を返したくらいに酷かった。あれはない。
そしてソースに感じたのは、メルマガで書いた店舗のその他の料理と
同じ様な感覚。悪くはないんだけど物足りなさ過ぎる。何食ってるか
認識し難いピンぼけ具合。

コールドカッツとピザは、ほんっと大好きですっ(必死
別店舗のピザがどうかは知りませんが、少なくともこの本店のピザは
私、好き。多分、ココのお店はサラダとピザがベストチョイス。

上がった?
落としたあと、上がった?ね???(・∀・;

***** 2016 Jul. ******

ランチタイムに初来訪。
お昼も人気があるようですね。
今回は5人ほどだったので予約をしてもらって行きましたが正解でした。
ピーク時は満席状態。

th_IMG_1169_20160711032823e79.jpg 

今回の収穫は、ボトルを頼む際、もし希望のボトルがグラスで供されたあと
だったりして開きボトルに幾ばくか残っている場合、お願いすればテイスティング
をさせてくれるということ。もちろん未開封の物を開けてまでというのは
難しいしこちらも気の引けることですが、チャンスがある時はお店の方から声を
かけてくれるでしょうし、逆に「テイスティングできるものはありますか?」
と聞けばレコメンドしてくれるかもしれません。

で、今回お通し敵にピザ生地をカルツォーネ風に焼いてくれたもの(もちろん
具材は入ってない)ものを、豆とヨーグルトベースかなぁ?ソースといっしょに
出してくれたのですがこれがメチャウマ。程よい塩気で、これだけでつまみになる。
でもこれでお腹いっぱいにしないように気をつけないと。危険危険(笑)

th_IMG_1170_20160711032825a30.jpg th_IMG_1180_201607110328296db.jpg


メニューをよくよく見てたら生地に自信があるってことと、生地には生酵母が使われてる
ことが判明。どら良いイーストでも充分美味しいものは出来ると思うのですが、生酵母
にしか出せない独特の風味や酸味、旨味と言うものがありますから、拘りポイントなんで
しょうね。扱いが面倒なので私は家では滅多に使わないので、余計にお外のご飯でそこに
拘ってくれているとなると点数高い( ・`ω・´)b

th_IMG_1173_20160711032827c01.jpg th_IMG_1171_20160711032826e8e.jpg 

あと、このシグナチャー・ピッツァのTOPに掲げられてるメニュー、単純にハウススペ
シャルなんだろうと思ってたら、スペシャルはスペシャルだけども、なんと大きいサイズ
のものは、1mもあるんですって!!!(爆) 直径なのかスクエアなのかは不明なの
だけどどっちにしても巨大だわ。。。。燃えるわ。。。いつか食べたいわ。。。(笑)

既にすばらしいレベルのピザを食べられるお店がいくつもあるホーチミン。
後発で勝負するには味はもちろん、こういう目玉料理を作る事も戦略として大事なこと。
お客さんが店を選ぶ際、美味しいからどの見せでもいい、と、味の部分で思うなら、
決め手になるのは、「あのお店に行かないと食べられないメニューがある」って要素。
(あの店は嫌だ、で弾かれないこと前提で)

色々心得ておられますなぁ。この事一つをとってみても、ここが美味しさだけでなく、
各方面に関するプロを抱えてやっておられることが窺い知れます。で、無ければ
すばらしい才覚をお持ちの方がマネジメントサイドにおられるか。まぁこの一等地に
お店を構えようかと言うのですから、下手は打ちませんわね。学びが多い。

今回も、このアンティパストを頼みました。
5人いたけど、それでも充分でしたね。。他に食べる物があったと言うことも
ありますけども、ヘタしたらこれ6〜8人くらいでも、食前にちょっとつまむくらいなら
充分かも。前回よー食ったな、経った2人で。。。。

th_IMG_1181_2016071103285459f.jpg 


そしてサラダ2品。
シーザーサラダにはチキンが結構入っててボリューム満点。
クリスピーチキンになるとさらにドン(笑)


th_IMG_1182_20160711032855e09.jpg th_IMG_1184_20160711032857be6.jpg

全体量はシェアするとさほどでもないけど、ワイン軽く一杯とこの皿だけでランチは
事足りてしまいそうな勢い。チキンは胸肉中心に使ってたし、ヘルシーかと(*´艸`*)


th_IMG_1185_20160711032858d5d.jpg 

で、今回頼んで個人的に一番美味しかったのは、Forestaなんちゃら、「森のピザ」
的なネーミングのキノコとトリュフのピザ。えろい。。。トリュフって、なんで
こんなにエロい香り。。。。キノコは軽くソテーされているので旨味が増してて
ギョルリギョルリと歯触りも楽しく、そこに(んふわっ)とくるトリュフの香り。
白でも赤でも至福の味わい。たまらん。。。


th_IMG_1187_20160711032900bc7.jpg 


クワトロ・フロマッジにはハチミツがついてくるあたり、わかってらっしゃる。
言う程ブルーが強い訳ではなかったのですが、4種類のチーズの風味が無為に溶け
あってしまわずに、マーブル状に主張し合ってるのが面白い。お口の中が大変
賑やか(笑)

もう少しブルーが強ければハチミツがドンピシャだった気がするけど、意外と
全体がミルキー且つバリエーションに富んだチーズに彩られてたので、個人的には
ペッパーフレークとオリーブオイルたっぷりで頂くのが好きでした♪

うーん、今回も美味しかった。
前回のカルパッチョは今一つだったと言うのと、聞く所に寄るとパスタはちょっと…
と言うご意見が多かったので、新しい料理に挑戦するのは結構冒険かもしれませんが、
メインのピザは、色々試してもかなりイけそうな予感です。
またぜひ食べに来させてもらおう。書いてたらお腹減ったーヾ(@⌒▽⌒@)ノ




***** 2016 Jun. ******

これまでイタリアン、またはピザのおいしい所はどこ?と聞かれたら、 
R&J  そこに付随する  The Long  こそしてド定番の La bettola
さんなどいかがでしょう?とお伝えしてたのですが。。。

ピザに関してはいきなりこちらが自分の中のTOPに踊り出てしまいました。
いや、これまで人様にご紹介して来たお店も充分美味しい、いや、かなりの
レベルだったと思うし今も味は落ちてないと思うんですが、それをサクーっ
と凌駕しちゃったこちらのお店。凄い勢いだな。

th_IMG_9832.jpg 

写真は二階席ですが、割とカジュアル。
周辺に El Gaucho 、Hayatt Hotel なんかがある割にはカジュアルな造り。
一階はバーカウンター、テーブル席となっていて更にカジュアル。

th_IMG_9833_20160615140732d9c.jpg 


オープンから19時まではHappy Hourもあるようで、その間はドリンクが
50%オフになるそうなので、待ち人来るまでさっさと一杯。(待てよ、
お連れさんをさ。。。)


th_IMG_9835.jpg th_IMG_9847.jpg

プロセッコが160kドンのところ、半額なので80kドン。400円♪
コラ飲まな♪(使命感に駆られる必要はどこにも無いと言う説はスルー)
あとこちらはさすがに場所柄内容柄か、非常に英語でストレス無く通じる
スタッフさんが多くていいですね。軽くお喋りできるレベルなので注文も
楽しいヾ(@⌒ー⌒@)ノ

th_IMG_9841.jpg 

ピザがメインで、シグナチャー・ラインナップとクラシック・ライン
ナップが揃えられており、かなり種類は豊富ですが、加えて、フィックス
レシピに個人の希望のトッピングをプラスしてもらう事も可能な様子。

今回はフライド・エッグプラント=揚げ茄子をあしらったSicilianaに
サンドライトマトとブラックオリーブをプラスしてもらいました。
茄子なー、ベトナムの茄子、ほんっとに味が濃くてトローっと濃厚で
美味しいもんなー。これは楽しみ♪

th_IMG_9848.jpg th_IMG_9849.jpg

で、見つけたら食べずにおられぬカルパッチョを前菜に。
んーー、これはボチボチ。悪くはないけど、ホーチミンで良くある冷凍肉で味が
抜けてるタイプっぽい。いや、冷凍保存してるのが悪いってわけじゃないんだけどね。
解凍にしくったりそもそもの肉質なのか、和紙食べてるっぽい感じの物があるんだよな。

食感もそうだし味も無い。から、オレンジが添えられてるのは素敵な組み合わせ
だと思ったんだけど、一緒に食べるとオレンジの味しかしなかった(´Д` )
ビーフカルパッチョに関しては、La Maisonさんの圧勝。

ですが。。。
本筋のピザ。オーダーしてからかなりのスピードで出て来た所からも、窯の火力が
伺える。生地は、下階のキッチンで手際良くクルクル回しながら延ばしてる様子が
ずっと見えててテンポ良く調理されてるんだろうなぁという印象。

生地を仕込むのは大変ですが、それを「延ばす→ソース・具材を配置→焼く」って
行程はヘタしたら6〜8分ですもんね。特にこちらのような薄めの生地は、かなり
高い火力でサッと焼くタイプのものもありますし。

あ?御託はいいからサッサと見せろ?
失礼しました。
じゃん。

th_IMG_9850_20160615141015247.jpg 


オーラがあるっ( ・`ω・´)b
そしてトッピングは充分でありつつも生地に対して控えめな比率。
こりゃぁ相当生地に自信があると見た!!!

(はぷーっ)

うんま…っ!(・д・)
生地がスッゴイ薄いんですけど、所謂モッチリの香ばしい系。
特にフチにつけられた「焦げ」がガツンと風味を出してて、小麦の美味しさを
引き立ててます。私こういう生地の「もっちりもちもち」にあまり価値を置かない
人なんですが、時々こうして「もちもちも美味しいやろーヾ(@⌒ー⌒@)ノ」と
無邪気にアピールして来る生地に遭遇するので考えを改めざるを得なくなる。。。

th_IMG_9855_20160615144017fd0.jpg 

ピザで気になるのがソース部分ですが、それがもう他の具材と渾然一体。
ドヤー!!と主張して来る強いトマトソースも好きなんですが、ここのは他の
トッピングの旨味と口の中で合わさってベストになるように調整されているのか、
ソースだけの主張は無いけど、味わうと確かにそこにトマトソースはあって、
実に幸福な味わい。ひと口食べる毎に「おいひーっ、これ、おいひー!!」と
イチイチうるさいちぇり僧さん(。-_-。)

やーっ、これね。これまでのお勧め店のものとはまた方向性が違うところに
突き抜けてる。こんなにナポリなピザはちょっとホーチミンでは見ないかもっ。
これは買いですっ。ピザ好きさんなら食べた方が良いっ( ・`ω・´)b

で、スッカリご満悦でワインがワインがススム君。
カルパッチョとピザを食べ終えたタイミングでアンティパストを注文w
ドン。


th_IMG_9858.jpg 

フォトジェニーック!!
サラミ、生ハムなどが6唐種類。そのどれもが口に入れるとすぐに質の良さを
示してくれる良品で、チーズ、ブルスケッタも数種類。中央のサラダにはオリーブ、
サンドライトマトがあしらわれ、ドレッシングはバルサミコとハチミツかなぁ。
塩気の強いハムやチーズと合わせると、いやん美味しい♡

ほんとはこれ、ピザ食べる前にワインとかビール飲みながら3〜4人くらいで
チョイチョイつつく感じですが、デザート代わりに2人で食べたわ。。。
ほぼ全部。。。でもちぇりさんたち悪くない。これが美味しすぎるのが悪い( ー`дー´) 

これ360kドンだったかな。1800円。
単価だけ見るとそこそこだけど、素材一つ一つの質の良さを考えたら破格に安い。
生ハムなんかもう、しっとりしてて脂乗ってて口に入れたらその身をタユンと
こちらに委ねてトロリトロリと溶け行くように身をくねらせてエロッエロでしたで。

th_IMG_9861_2016061514402202a.jpg th_IMG_9862_20160615144023160.jpg

小皿に添えられてるのはオニオンジャム!
玉ねぎの風味はしっかりあるけどとっても甘くて(玉ねぎだけの甘みじゃなくて
しっかり砂糖も使ってる甘さ。ほんとに「ジャム」)それをまたチーズやサラミに
合わせるのが粋。あと、生っぽいイタリアのスパイシーなソーセージもあり、
ほんっと楽しいプレートだった!

ハッピーアワーにこれだけつまみながら飲むってのもいいなー。
うん、多分間違いなくその後にピザ頼む流れにはなると思うんだけど(笑)
こういうのとかバースナックだけサクッとつまむだけ、みたいな気軽な利用を
するのもかっこええな。そうできるようになるためには、あと10回くらい
ここでピザ食べて、「もうしばらくはええかな」くらいにならんと無理そう
だけど(^^;

いーーーやーーーーっ、しかしMAROUのカフェじゃありませんけど、
こんだけ競合店が多い中、スコーン!!と抜けた所にいきなり躍り出てくる
この勢い。どんだけの資金と技術をつぎ込んでるのか。そしてそんなお店が
バンバン出来てるのがホーチミン。なんか街全体が化け物じみてる勢いですな。
圧倒的やわ。

日本も東京の飲食事情はこんな感じなのかもだけど、東京だとお財布が
とても続かないので、ホーチミンで良かった良かったと胸を撫で下ろしてる次第。
それにしても、またも素敵なお店が出来たもんです♪大勢で行ってピザ何種類か
食べ比べってのもやってみたいな♪ 
単品料理の方は未知数なので、そっちも色々試してみたい。
ラムの料理が何品かあったので、今度はそれも試してみたいと思います(*´艸`*)



NAMO
74/6 Hai Ba Trung








にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ


☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★

    <お見送り> 更新!(バックナンバーでご覧頂けます) 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】

☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★


Ole ! 〜 ただいま!と言いたくなるスパニッシュ!

***** 2017 Jan. *****

久しぶりんに行ったんですけど、あいかわらずの大歓迎。
初めてこのお店に行く人をお連れしてたんやけど、
「ちぇりさん、めっちゃ仲良しやん!」と驚く程。

いや、言うほどやないねんで。こちらの方がフレンドリーで
楽しいだけで(笑) シェフもお母さんもとってもお元気。
そしてお元気でないとやってられないだろうなと思われる程、
お店は大盛況!

th_IMG_1834_20170203172738ae3.jpg 

考えてみたら夜は初めてかなぁ。
ベトナムの方っぽかったけど、なかなか熱のあるスパニッシュギターを
楽しめました。そしてこれまた初なんですが、この日は2階のお席にて。
そんなに沢山あるわけじゃないけど、こじんまりして良い感じ。
1階もいいけど、2階の方がちょっと落ち着いた感じかな?

th_IMG_1840_20170203172745eb9.jpg 

最初はジャグで頼んだんだけど、あっという間に無くなったので、
サングリア追加。そして何となく毎回決まっちゃうからご紹介重ねるのも
どうなんかなと思うんですが、初めて来た人にはやっぱりマンチェゴ
チーズは食べてほしいし、パンコントマテとの相性も楽しんでほしく。

th_IMG_1836_20170203172741e72.jpg th_IMG_1835_20170203172740843.jpg

正直なとこ、ガフガフとサングリア飲んでたらこれだけでも十分な感じに
なっちゃうのだけど、それでは愛想がないのでもう1、2品。
この日は海老のアヒージョ頼んだら、こんな立派なのがやってきた!

th_IMG_1838_2017020317274282f.jpg 

最初オイルパンの中でグツグツやってくれたままで登場なんだけど、
火の入り過ぎを防ぐ為か、食べ易さを優先してくれるおかげか、
海老だけ別皿に盛ってくれました。美しい。ってかかなり大振り。

家でやるときは、殻ごと食べれてしまえるくらいの小ささのモノを
じっくりやってバリバリ食べちゃうんですが(ほんっと色気ないなぁw)
この大きさになるとさすがにプリプリ。しかもあんなにグツグツ
だったのに、プチッ!プリっ!としてるのはさすが。

地中海料理に良く使う食材、ホーチミンに豊富に揃ってるから、
現地の味そのものとは行かないまでも、かなり相性良い料理だよね、
スパニッシュって。

th_IMG_1839_201702031727446c2.jpg 

で、定番のパスタパエリア。
やっぱりおいしーっ(*´ω`)
お手製マヨソースをかけたら、まさに大人の一平ちゃん(まだ言うかっ)
異国の地で、更に異国の料理なのに、なんて懐かしい感じがする味なんだっ。
(ちなみにソース味ではないので誤解なきよう。あくまで雰囲気ねw)

狭い2階席に、もう一組お人数でいらしたのも日本のグループの
方でした。当初はなかった日本語も途中からメニューに入るように
なったし、お客さん、何処の国の方って問わず、沢山いらしてるようですね。

「日本人は、Politeだからほんと、スキよ! 
 それに比べて見てよスパニッシュったら!(笑)」

とはお母さん談(笑)
リップサービかもだけど、ホントにいつ来ても明るくて陽気で親切で。
随分行って無かったけれども、やっぱり「帰ってきた感」があるわ、
このお店。料理のお味も変わり無しっ。ちょっと単価が上がったかなー
って感じがしたので、やっぱりここは多人数で行くのがお得。
二人だと、3品でも余るし結構嵩みます。(2品じゃ物足りなかったり
するのが微妙な所)

が、楽しいし美味しいので無問題!ッて方にはとってもおススメ♪
強豪が少なくてこのレベル、クオリティキープはほんとに尊敬。
良いお店です♪

***** 2016 Jul. *****

たまに行ってはいるのですが、今回はちょっと間が開いてて久しぶり。
レポにするのはもう一年振りになるのかー(^^;
光陰矢の如しも過ぎるだろうっていう。

あいかわらずのお父さんとお母さん。陽気で元気で、まるっきり、
久しぶりの実感に返って来た感覚(笑) ここのメニュー、色々あるんだけど
外せない物がある=毎回あまり代わり映えしないお品を頼んでばかりだったのですが。。。


th_IMG_1129.jpg 

こんな物が加わってました。
白豆とハマグリのスープ。カラマリも入ってて実に良いお出汁が出てます♪
といって、あまりに貝の旨味が強すぎることなく、大きなふっくりとした白豆
さんが、上手に貝の旨味を受け止めてる感じ。タップリ入ってて、4〜5杯分は
取れるかな?2人で行くと、ヘタしたらこれとサラダだけでお腹いっぱいになって
しまいかねない勢い(^^; ここ、美味しいんだけどポーション大きいのがなー。

th_IMG_1132_2016070400423660f.jpg th_IMG_1133_2016070400423753e.jpg

ベトナムは生のお豆さんを気軽に買えたり使えたりするのがいいですよね。
乾燥させたお豆さんには乾燥させたお豆さんの良さがあるけど、
このフックリとした優しい美味しさを手軽に楽しめると言うのはかなり嬉しい♪

そして今回新たに頼んでみたのは。。。ゴートチーズのサラダ!
どーん!!(笑)


th_IMG_1131_20160704004235b3f.jpg 

ほやから、ポーションデカイて。。。(苦笑)
葉レタスに、キュウリ、トマト、輪切りとダイスに切ったパプリカタップリ。
要岩石っぽいプレートに盛られた様子はワイドそのもの。そして鎮座まします
ゴートチーズは、もうタップリ!これも前菜としてチョロっといただくなら5〜6人
ポーション(^^; タップリ食べても3人分はあるなぁ。

th_IMG_1134_201607040042395bc.jpg th_IMG_1127_201607040052084e5.jpg

全体にはハチミツとバルサミコを煮詰めたような甘いドレッシングがまぶされており、
それだけだと「これ甘過ぎやーん(´Д` )」ってなるくらい甘いのですが、コクッと
味わい深く、且つちょっとクセのあるクリーミーなゴートチーズと合わせて見ると、
途端に「こでなければ( ・`ω・´)b」となるから食べ合わせって面白い。

人も同じですわなー。
単独でおるとなんでもないのやけど、この人通るとなんかパフォーマンス上がって
しゃーないな、とか、この人とおる時はなんかツイてないことばかりあるけど、
この人とおるとえーことばっかり♪ みたいなの。

一応「ゴートチーズと胡桃のサラダ」ってなってて、もちろんくるみも散らされてる
けど、何粒かだけの事ですので、この皿は山羊と野菜のタッグを楽しむべき一品。
あいかわらず両手で持たないと倒れてしまいそうな程なみなみ注がれたサングリアと
相性抜群。おいしいわー。

そして最後はやっぱりこのパエリア。
もう米よりこっちの方が断然好き。

th_IMG_1135_201607040052098bd.jpg 

旦那さん、甲殻類アレルギーでエビ・カニが食べられないので、それらを抜いて
くれるようにお願いすると、いつも快く引き受けてくれます。あの貝は大丈夫?
イカは?他は?と念入りの他の食材も確認してくれた上で。親切よねー。


th_IMG_1137_201607040052103a1.jpg th_IMG_1138_201607040052117c7.jpg

これも大概な量があるから、半分はお持ち帰り(笑)
これがまた温め直して食べても充分美味しいもんだから、ちょっと多いなーという
時でもいつも惜しみなくオーダーしちゃう(笑)

また添えられてるニンニクタップリのマヨっぽソースを混ぜて食べると、以前にも
お話ししました通りに「一平ちゃん」(笑)。ちょっと「大人の」一平ちゃんって
とこかなー(笑) あいかわらず美味しいですわーっ。

そして食べれなかったけど諦め切れずに持ち帰ったマンチェゴチーズ。
相川らずパンコントマーテとの相性抜群。家に持ち帰ると、トマトとオリーブ
オイルをタップリかけられたパンが少し頼りなくなっているので、パンだけ焼き
直し、愛しのマンチェゴチーズを添えて。

th_IMG_1155.jpg 

家ではレモンサングリアをお伴にしたのですが、まーっ、やっぱり美味しいわーっ。
マンチェゴチーズ、アンナムとかでも探すんだけど、あそこは基本フランス系だし、
スペインのチーズってなかなかみかけないのよねー。このチーズ、ほんっと美味しい。
美味しい割にクセが強いとかじゃなく食べ易いし。

ただ今回ちょっと思ったのが、もしやお値段上がった?ってこと。
いや、頼んだ事無かったメニュー2品も頼んだし、以前のお会計も覚えてないので
完全な比較は出来ないのですが、この上記4品にビール2本、サングリア1杯で
1,300kドン。え、そんなに高かったっけ?(・∀・;

いやいや、でもパエリアは半分持ち帰って晩ご飯になったし、マンチェゴチーズは
2晩に分けて楽しめただけの量があったし、サラダもスープも充分以上の量があった。
2人で来るなら2品で量的にはちょうどいいよね。ただアレもこれも食べたくなるから
欲張っちゃうのが高値の原因ってだけでさ、総量で考えるとアリなお値段。実際これ
最低でも4人分は量があったし、ヘタしたら5〜6人を賄えるからな。そう考えたら
そんなには高くないか。

それ以上にオイシイしなぁ。
うん、ここはお友達とグループで来るのが良いと思う。
と言いつつ、きっと夫婦でまた来るんだけど。
ブレない、落ちない、安定のお味。
スペイン料理に関しては、ホーチミン内で比類無きお店じゃないでしょうか♪



***** 2015 Apr. *****

久ーしぶりに行ってきました!
ボリュームある料理が多いのでダイエット中には控えたい所なのですが
(えっ、ダイエットって言葉知ってたん?!)
こちらのお店、旦那さんが大好きで、たまにランチタイムを一緒に楽しめる
休日などがあるとリクエストしてくれるんだよね♪


で、行ってみたら、入り口にライブ情報。
おおっ.時間など限定的ではあるけどこんな事も始めたのか♪

th_IMG_1886_201505241800060ca.jpg

そして店内に入ると、相変わらずのウェルカムな感じ。
ベトナムの方もスタッフさんで入られてるんだけど、その方達もフレンドリー
なんだよねー♪ で、見てたらメニューの拍子も豪華になってたっ。

           th_IMG_1887_201505241800064cc.jpg
th_IMG_1888_2015052418000706c.jpg th_IMG_1889_201505241800089d5.jpg


そしてオリーブオイルのエクストラが有料に。
これは良い事だと思う。こちらのお店、塩とかオリーブオイルとかええもんつかって
いらっしゃるから、ガバッと食べたいけど気が引けるってことがあったので、
これなら心置きなく、相手が損をすることもなく楽しめるヾ(@⌒ー⌒@)ノ

スペインの地図をモチーフにしたランチョンマットなども作られてて。。。
察するに。。。

儲かってまんにゃ( ̄▽ ̄)


ええこっちゃー!
美味しくて誠実で楽しくお仕事をしているお店が認められるのは、
ええこっちゃー!!

と、食事前に気分が良くなったところで、恒例のサングリア。
重い…やっぱりグラスの中が、重い…(笑)
どんだけの量が入ってんねんwww

th_IMG_1890_2015052418001015d.jpg

オリーブのピクルスにもちょっとひと手間。
その満までも美味しいオリーブではありますが、このひと手間がまた嬉しいよね。
そして色々食べたい物は数あれど、やっぱり外せないマンチェゴチーズヾ(@⌒ー⌒@)ノ

th_IMG_1892_20150524180038f61.jpg

以前はこれに添えられるパンコントマテ(生トマトをすりつけたトースト)が
チーズの下に置かれてたけど、今回は別添え。だからといって何が違ってるわけじゃ
ないけど、この辺のゆるーいところもいい感じ。

th_IMG_1893_20150524180039ec4.jpg th_IMG_1894_20150524180040ad9.jpg


で、今回初オーダーしたのがこちら。
白身魚…多分タラ?の焼き物。自家製っぽいマヨソースですっかり覆われてたから
出てきた時に魚の姿は見えませんが…(笑)

th_IMG_1895_20150524180042516.jpg

もー運ばれてきた時からお魚の分湧かした香りがフワーッとその場に広がって、
そりゃーとっても美味しそう!そしてナイフとフォークでフォクっと切ると…


th_IMG_1898_2015052418100659f.jpg th_IMG_1901_201505241810080e8.jpg

うぉっふぁー!!
ふぉっくふぉっく♡
そしてちょっとだけ干してあったかの様なプリンプリンとした弾力。
頃合いの火加減にまったりとした焼きマヨソース。。。。

私、マヨネーズは自分で調理する際は隠し味に使う程度で、あまり強くは
好まないのですが、こちらのマヨ、自家製でオリジナリティがあると言うのと
あまり脂っこくない感じがとても良いっ。添付の枝豆はちょっと残念だったけど、
パプリカかけられたポテトもおいしく、これはとても満足な一品。

そして今回一番嬉しかったのは…
パエリアね、諦めてたんです。オーダーする際に勧められたんだけど、
旦那さんが甲殻類アレルギーなので、流石にパエリアは食べられないよなと。


アレルギー食材がほんのちょっとしか使われてなかったり、代替品があるなら
他の物で作ってくれますかって言えるけど、パエリアはそれが主要な食材。
さすがにそれを省いてくれ、他の物を使ってくれと言うのは店の味を否定するにも
等しくて、そんな失礼な事はできまいよ、と思ってたら…

「え?だったら海老やイカを外して作ったらいいじゃん!
 ムール貝や白身魚でも美味しいのできるよーっ。
 どう?試してみない?」

って、シェフ自らが言ってくださった( ̄Д ̄;)
そう来たか!

自分が思ってた、お店の味をこちらの都合で変えてくれ、というのは、
今でも全て間違ってるとは思わないけど、ある物を使ってその場でアレンジをし、
お客さんに楽しんでもらえる力量を認めてたら、それもあながち失礼に当たる
ばかりではないのだな、と、気づかせてもらえましたねーっ。


もちろん、こう言う事はお店川に裁量のあることなので、こちら側から
それを要求して良い物ではないと思います。しかし力量があり、器量もある
シェフが自ら、とてもチャーミングな様子でそのように仰ってくださったので
ここはもう素直に甘える事に♪それが、こちら♪


th_IMG_1899_20150524181009322.jpg

お米じゃなく、パスタのパエリヤ。
ムール貝がいっぱいで、お出汁が良くきき、焦がし醤油的な風味がベース。
正直マンチャゴチーズと白身魚のマヨ・グラタン風でお腹はかなり満ちてたのですが、
入るっ。これは入るっ(笑)最終的にちょっと持ち帰ったけど、これはいい!

旦那さんとこちらのお店に来てパエリアを楽しんだのは初めてでした。
まさかそんな風に言ってもらえるとは思わなくって。
パエリアには海老やイカなどをつかわないといけない、という自分の
狭量さを思い知った一件でしたね。やっぱりこの店、素晴らしい!

ちなみに、こちらのパエリアにもマヨソースが。


th_IMG_1901_201505241810080e8.jpg

これをまぜまぜして食べると、また味の具合が変わって美味しい♪
魚介系とマヨネーズの相性の良さは、世界各地で証明されていること。
ってかこの味、一平ちゃんやっ!!(笑)←また地域性の濃いことを…www

パスタではあったけど、スープを吸わせた上に焼いたりしてるタイプのもの
出し極細の物なので、持って返った後温めなおしてもコシがどーしたこーした
と言う不足がなく、美味しく再度頂けました(*´艸`*)

いやーっ、行く度に好きになるね、こちらのお店っ。
英語のホーチミンレストランランキングみたいなのでもグングン上位に
上がってきてるのも納得納得! 今後も頑張ってほしいお店ですー♪


***** 2014 Nov. *****

一ヶ月以上の帰国から戻って来た最初の週末。
新しいネタ探しにぜひ行きたいと思ってたのだけど…

「お母さんに会いに行こう♪」

と、旦那さん。
お母さんとはもちろん、Oleのマドレのことだが、うーん、確かに
美味しいんだけど気になる新しいお店が。。。

「新規開拓はちぇりさんのお仕事っ。僕はその結果美味しい所にだけ行くの♪」

という、至極もっともなことを言われたので、ちょっばかり「仕方なく」
出向いたのですが。。。。

th_IMG_4611.jpg

「あら久しぶりー!!!ヾ(@⌒ー⌒@)ノ」

と、キスとハグで迎えられた瞬間、ああ、やっぱり帰った時に実家への
挨拶はしとかないかんな、と…(何処が誰の実家やw)
繁盛してはるんかな。表のシェードが新しくなってるー♪と思いながら
店内に入ると、土曜のお昼、店内はほぼ満席。流行ってますな♪

まずはサングリア。
2人だからグラスで頼んだのですが、やっぱり多いなここのサングリア。
グラス重すぎて高足だと不安定で不安定で(笑)

th_IMG_4612.jpg


お料理は、旦那さんは甲殻類やイカ・タコが食べられないのでお肉中心のオーダーに。
まずは、マンチャゴチーズ〜♪

th_IMG_4613.jpg


以前はパンコントマテの上にチーズが直接乗ってましたが、セパレートで
出てきました。こころなしかチーズの量が増えてないか???(^^;
そしてお次は豚耳のアヒージョ!


th_IMG_4614.jpg th_IMG_4615.jpg

定番だけど、うーんっ、これもやっぱり美味しい!!
日本で食べるミミガーとは比べ物にならないくらい肉付きがよくて、
でも耳の部分だから肉と言うよりコラーゲン質。耳だって分かってるけど、
ちょっとした豚足食べた意欲も満たされちゃう(笑)

そしてパプリカとともにぱらりと散らされてる塩がやっぱり美味しいのねー。
飲み物頼むと、自動的にバケットも突き出し的に出てくるのだけど、
残ったオイルにそのパンつけて拭き取るようにして食べ尽くしちゃった(笑)

お肉料理、前回は仔牛の煮込みを頼んだので、今回はミートボールに挑戦。
餅米入りってことだったんだけど、これがかなりの固さで、ちょっとモソモソ…
日本でよくあるふんわりしたつなぎを使ったミートボールを想像してると
ちょっとビックリしちゃうかも(^^; でもソースは凄く美味しかった♪
セットにしたご飯に混ぜて食べると美味しい♪

うーん、ちょっと最初渋ってた割には大堪能(*´艸`*)
やっぱり美味しいこのお店♪
ローカルのお客さんも増えて来てたようだし、
ますます繁盛してくださいませーヾ(@⌒ー⌒@)ノ



***** 2014 Sep. *****

あれ?その後何度も行ってるんですが、追記をしてなかったようですね(^^;
行く度になるべく新しいメニューにチャレンジしているので、その結果をご報告。
とはいえ、外せないメニューもありまして。。。(笑)

th_th_IMG_2025.jpg th_th_IMG_2026.jpg

マンチャゴチーズとパンコントマテの組み合わせ&タコのオイル煮。
このタコ、やっぱりメチャクチャ柔くて美味しい。。。
この辺のタコが柔らかいのか、そう言う調理法をしているのか。

今回初めて頼んだのはこちら♪
豚の耳の炒め物♪

th_th_IMG_2027.jpg

日本で豚の耳というと、ミミガーと呼ぶ、薄い軟骨が中心にあるものを炒めたり
煮たり薫製にしたりした物を細く切って提供された物が浮かびますが、こちらの
豚の耳は。。。身がミッチリ(^^; 身と言っても肉って感じじゃなくて、やっぱり
軟骨周りのコラーゲン的ムチムチ食感のものだけど、ボリュームが凄い(笑)
こっちの豚さん、どんだけ耳が厚いのか(笑)

そしてパエリヤ!は、前にも頼んだのですが、今回のはパスタで作ったパエリア♪
ちょっと一見ビリヤニのようですが、お米のパエリアと同じく、具材の旨味を
しっかり吸った美味しさ。面白かったのは…

th_th_IMG_2028_201409121941286ef.jpg th_th_IMG_2033.jpg


こんなに細くてこんなに短めにカットされてるパスタなのに、ツリッツリ♪
流石にこの細さだと、コシがあるとかプリプリしてるってのはないのですが、
グツグツ煮られて、多分オーブンかなんかでジリジリ焼かれてるから、クタクタ
のヘノヘノになってもおかしくないのに…

張りがある。一本一本がシャンとしてて口触りもいい。
噛み応えってほどじゃないけど、なんか存在感ある口内食感。
でもお米よりもずっと軽い。

シェフ曰く、
「これは軽いから夜パエリアを食べるんだったらこっちをおススメするよ!」
とのこと。なるほど、具材も味の様子もお米のパエリアと似てるけど、
残された活動時間が少ない晩ご飯にはこっちの方が向いてるかも?

パスタのパエリアって食べた事無かったけど、これはいいなー♪
ガッツリ腹に溜めたいときはご飯のほうがいいかもですが、お酒飲みながら
ボチボチ行きたいときは、昼までもこちら、おススメです♪

ああ、おススメと言えばデザート!!!
チュロス、って、良く日本では遊園地とかにあると思うんですが、
生地を脂に直接、☆口金で絞り落として揚げるお菓子。今まで堅かったり
重かったりして、あんまり口に合う物が無かったので好んで食べることは
なかったのですが。。。


th_th_IMG_2035.jpg th_th_IMG_2036.jpg


揚げたての物を提供してくれたせいもあってか、表面、特に☆の突出してる部分は
カリカリサリサリ。軽い弾力を感じながら噛み締めると。。。生地が軽くて美味しい!
油っこくもないから揚げ菓子にも関わらず、チョコレートソースをタップリ絡めて
食べるのが美味しいし、これまで食べて来たチュロスはいったい何だったの?と。

以前ご紹介したモチュモチュのクレマカタランも良いですが、美味しいチュロス、
個人的には初めて食べたので印象的♪ 甘い物がお嫌いでなく、胃袋にゆとりが
あったらぜひぜひお試しくださいませー♪



***** 2014 Aug. *****


随分前から出来てたお店だったのですが、中々機会がなくやっと訪問。
いや、オープン当初数回チャレンジしたんですが、なぜか閉まってることが
多くて意欲を削がれてたんですよね(^^;

th_IMG_1660_20140818200513cf0.jpg

店内はこじんまりだけど明るい感じで入りやすい♪
二階もあるのかな?大抵のお客さんは1階に通されてるようですが。

th_IMG_1670_20140818200515e4b.jpg

初訪にも関わらず、お店の方が「オラ!」とすごく気さくに迎えてくれて、ああラテン♪
バルセロナに行ったときも、道で見かけた人が気軽に声かけてくれてたなー。
「オラ♪」って♪

スペイン語は自分も相方さんもできなかったんだけど、相方さんが天真爛漫にあらゆる
人に「オラー♪(^0^)」って声かけてるの、いいなーって思ったの覚えてる(笑)
どこに行っても臆する事無く笑顔に笑顔で返せるってのは素敵な事よね♪


で、まずは飲み物。
この日は3人いたから1リットルのサングリアを注文してシェア♪
これが飲み口軽くて、フルーティーでとても美味しい♪

th_IMG_1667_20140818200516c4b.jpg th_IMG_1669_20140818200513761.jpg

お酒だけをメインに飲むなら、もっとガッツリしたクセのある赤で作った物も好きなんですが、
多分スペイン料理はこってりなものもあると思うので、これぐらいガブガブ飲めた方が
個人的には嬉しかったり♪ (昼からガブガブ飲むなよな…)

で、一緒に行った方達がオープン当初に来た事が合ったらしいのですが、その頃にはなかった
らしい日本語がメニューにありました。表記は、ベトナム語、スペイン語、英語、フランス語、
日本語、ロシア語…かな????ちょっと自分には分からない言語もあるけど多分…(笑)

ベンタン市場に近いレタントン通り沿いだし、日本人も多いんですかね。実際この時日本人
男性3人組のお客様もいらっしゃったから、オープン当初以降、客層を見ながら色々改善
されてきたのかもしれません。

th_IMG_1662.jpg
th_IMG_1663_201408182006188a7.jpg

で、この日はパエリアを食べたかったので、あと何かタパスを少々。。。と選んでいたら、
お店のオーナーさんらしきマドレ(お母さん)が、スパニッシュなまりの英語で、

『タパスはせいぜい二つで十分よ!
 お腹いっぱいになってパエリアが食べられなくなっちゃうから、頼み過ぎは禁物(^_-)』


と。なんて控えめな営業なんだ。
放っておけばタパス3つは頼んだかもしれないのに(笑)
残しちゃってもそれは客側のオーダーによるものなのでお店の責任じゃないと思うんだけど
残った食材やお料理への愛情と、お客さんへの愛情があるんだろーなー。ちょっと感動。

th_IMG_1664_201408182006194ec.jpg


で、最初がこちら。
ポテトタップリのスパニッシュオムレツとタコのオリーブオイル炒め?煮?

th_IMG_1671_20140818204949d76.jpg th_IMG_1672.jpg

オムレツは素朴な感じで特筆する感じじゃなかったけど量がすごい(^^; 
一人だったらぜったいこれで満腹になってる(苦笑)
で、素晴らしかったのがタコ!しっかり火入れしてあるのに柔らかーい!!!

そして質の良いオリーブオイルはガーリックがしっかり主張している中でも香りが高く、
それに合わせてから差抑えめだけど風味のよいピメント(赤い香辛料)がベストマッチ。
味付けはシンプルに塩だけなんだけど、この塩が。。塩が。。。すっごく美味しい。

岩塩を砕いた感じの小さいつぶつぶで残ってて、パンにオイルをつけて食べる時に、
ちょっとカリって歯に手ながら食べる感じなんだけど、塩分が柔らかくて旨味がすごい!
聞けばスペインの稀少な手作業シーソルトらしく、実は少し有料で分けてもらえないかと
交渉してみたのだけど、あまりの希少さに、本当に申し訳なさそうにお断りをされました。

断られたのは全く持ってこちらのワガママを言ってみただけだったので問題
ないのですが、そうされた事で余計にこのお塩の希少さが際立ちましたね。
タコ食べ終わっても、ずーっとバゲットでオイル掬って食べ続けてた(笑)

で、メインのパエリア、ドーン♪

th_IMG_1673.jpg

シーフードバージョンにしたのですが、さすが海産物がお手頃なベトナム、
エビやら貝やらイカやら何やらがゴーッチャリと大盤振る舞いで入ってます!
米は若干柔らかめだけど、そもそも糊成分が低いお米を使ってるので、口当たりが
悪くなるということはなく、むしろ日本人には食べやすいかな?ちょっと家庭的な
風情もそこに現れてて個人的には大満足♪

デザートにはクレマカタランという、ちぇりはクレーム・ド・カタラナという名前で
記憶してたカスタードのデザート、まークレームブリュレだわな。それと、
マカダミアの浮き島がどうしたこうしたと言うデザートが気になったので注文。
何だろうと思ったら。。。

th_IMG_1675.jpg

アイスクリームにタップリのチョコファッジ!!!
何この幸せなデザートはーーー!!!(笑)
そしてホーチミンでチョコレートを使ったデザートってアタリが多いんだよね。
デザートがってより、チョコレートの質がいい。
ここのはファッジ状になっててちょっとネットリ感があり、かなり濃厚で美味しかった♪

で、あんまり満足して美味しかったので。。。
数日後に相方さんと再訪(笑)
マドレが覚えててくれたようで、それはそれは親しげに「オラー!」って迎えてくれました♪
こっちはもうすっかり「ただいまー♪」って感じだよね(笑)
いいなー、この雰囲気♪

ただ心配だったのが。。。頼む物があるかなってこと。
ってのが、相方さん、エビ・カニ・イカ・タコアレルギーなんだよね(^^;
こないだは食べる物が決まってたから、あまり他のメニューを見ていなかったの。
地中海料理でこれはなかなかチョイスが大変。。。と思ってたけど。。。

th_IMG_1661_2014081820051471b.jpg

タパスからメインまで、結構肉料理もある様子♪
色々お勧めされる前に、食べられない物があるとマドレに伝えたら

「お肉が食べれるなら、だーいじょうぶよ!
 魚介以外にもおいしい料理はいっぱいあるわ!」

と、全く意に介さない様子で色々勧めてくれた♪
まーずは飲み物。サングリアが美味しかったけど二人で1リットルはちょっと多いからグラスで…
って、あれ?リットルで1800円くらいだったのに、グラスだと1杯600円オーバー??
かなり単価が高いなーと思ったけど飲み切れずに残すのももったいなかったのでグラスで頼んだら…


th_IMG_1699.jpg

重い重い重い!!
グラスが重いーーーー!!(笑)
ワイングラスにこんな注がれてるの初めてやわ!
重くて不安定すぎて厚みのある布製のコースターの上に何か乗せてられへん(笑)
重心取れんと、グラス倒さんかヒヤヒヤしたわ(^^;
なるほど、単価が高いのはこう言う訳だったのかwwww

で、お料理はこの日まず頼んだのが、チョリソー。
スパイスタップリのソーセージですね♪

th_IMG_1712_20140818205039683.jpg


グーツグツグツグツグツグツ!!!!
と、凄まじい勢いで煮立つオイルが入った鍋が登場し、その段階では中にどんな物が
あるやら見えない程の煮えたぎり方(笑) それでいて、スライスされたチョリソーは
堅くなることなく、スパイスが立ってていい感じ!

サラミのように堅くて食感が良くない物もありますが、こちらのはしっかりとした
ソーセージと言う風合いで弾力があり、噛み締めるごとに味がすごい。。。。
気持ち塩っぱめの濃い味は、吞ん兵衛にはたまりまへん(*´艸`*)

1切れの味覚的満足度がすごく高い。ので一人数切れで満足ですね。
大きなスライスが10切れくらい入ってたので、3〜4人でシェアできるとベター。
いや、2人で5切れずつペロっと食べたけどね(笑)

お次はこれ。初訪の時にも気になっていたマンチェゴチーズとトースト!!
このチーズを使ったハンバーグメニューもあったけど、この日は魚介がアウト=
パエリアが食べられなくて炭水化物が無いなーと思ってたのでトーストの方を♪
これが…これが…っ

th_IMG_1703.jpg

(゚д゚)ウマー.
このマンチェゴチーズと言うのは初めて食べた!
羊の乳と牛の乳のブレンドで作られているチーズで、食感は固形だけどシットリと柔らかく、
匂いにクセは無いけど旨味がすごい! 噛むとホロッと優しく折れ、数回噛み締める程度の
高度はあるけど、あとは滑らかにパンと合わさって、いやー美味なり美味なり♪
油脂分が少ないのもいいですね。クドくなくパクパク沢山食べられる♪

下のトーストはパン・コン・トマテ。
トーストした生地のカット面がちょっと荒いパンに、ガーリックと生トマトをこすりつけた
スペリンでは定番のパン。そのガーリックの風味とトマトの酸味がチーズの旨味と
相まって、止まらん…食べる手が止まらんーーーーー!!二人には結構な量があったと
思うのだけど、キッチリ全部食べちゃいました(^^; どのくらい美味しかったかと言うと…

一口齧っては、むっふーうっまーい( ̄‥ ̄)=3 フン 
むっふー!( ̄‥ ̄)=3 フン むっふーーー!!!( ̄‥ ̄)=3 フン
と、何度も何度も言ってましたね(笑)あのチーズ家にも欲しい。
ちょっとあちこち探してみよう。

で、この日のメインは仔牛の煮込み!
注文する時にかなーり迫力ある体型のシェフ(多分マドレの旦那さん)がいらしてて、

「これ頼むならご飯が合うよ!食べる?食べるよね!」

と、頼まない選択肢が無い様子で言って来たので仰る通りに。。。(笑)

このシェフ、奥で料理をして注文をこなしてはフロアに出て来て、全てのお客さんを
まんべんなく回り各所でお喋り。時に座り込んだり、時にお料理の質問に答えたりと、
始終笑顔が絶えない様子! もちろんマドレも常にフロアに気配りをしていて、
用がある時も無い時も実にニコやかに誰かとお話をしてる♪ お仕事なんだけど…
お仕事なんだろうけど…なんかすっごい楽しそう!(((o(*゚▽゚*)o)))

で、仔牛の煮込み…
絵面はあまりよくないんですが。。。(笑)

th_IMG_1706.jpg

肉がめっちゃくちゃ柔らかい。。。
薄めではあるんだけど、ナイフなし、ちょっとスプーンで触ったらフニっと切れる。
すっかり赤ワイン煮込みかなと思ってたらスペインの白で煮込んでて、オリーブやら
キノコ???かな???とか野菜などの旨味がワインの美味い成分と一緒にぎゅーっと
凝縮されてて、滋味深ーくほのぼの美味しい!!

塩気はそんなに強くないんです。でも多種の旨味成分がギュッと詰まってるんで
味わい的には重厚感があるんですね。んでもって、シェフ正解。これをお米と一緒に
お口に入れて等質を加味しながらいただくと、これ、たまらんですな!!

和と洋の違いはあるけど、良質で濃いダシを味わう感覚。
はああああっ。スペイン料理にこういうのもあるんだ。
バルセロナに行ったときはあまり驚く味に出会えなかったのですが所違えば。。。
とか言ってたら、

『あら、私もバルセロナから来たのよ♪』

と、マドレ。あれ????えらい違うな…(^^;
まー自分たちが行ったのは超観光地だったので比べる方が失礼かもですが、

『どうしても観光地だとおざなりになっちゃうことがあっても仕方ないわよね、
 でも私たちはそれをしたくなかったのよ。まさかホーチミンにお店出すとは
 思ってなかったけどねー!』


と、ケラケラ明るく笑いながら言ってました。
考えてみたら魚介類が安くて豊富なホーチミン。
地中海料理を作るのには打ってつけと言えば打ってつけ。幸いフランスの影響で
ワインやチーズ文化も馴染んでるから、スペイン料理のポテンシャルも高いですよね♪

相方さんが大好きなので、この日もクレマカタンを頼んだのですが、この時シェフは
お手空きだったのか、バーナーを持ってテーブルにお出まし。目の前でキャラメリゼ
してくれました♪ ぐおおおおおお♪

th_IMG_1709_20140818214420468.jpg

ここのは生地がちょっとモッチュリしていて食べ応え満点!
2〜3人で分けてちょうどいい量ですから、くれぐれも頼みすぎないように(笑)
この日もマドレに「一人分で十分よ!」って釘刺された(笑)

そういえば相方さんが見つけたこの子。
可愛いから写真撮らせてもらったんだけど…

th_IMG_1698_201408182050364c3.jpg th_IMG_1697_20140818204950b73.jpg

めっちゃ良い顔してません?(笑)
貯金箱なんだけど、何でもマドレがもうかれこれ20年ほど連れ回ってる豚さんなんだって♪
カウンターのとこにいるから、お店に行ったら探してみてね♪

でもま、マドレもパドレ(お父さん=シェフ)も負けてないくらい良い顔してたなー♪
愛想がいい、という表現を超えた陽気さと温かさで、ほんっとに実家に帰ったみたいな
空気感(笑) 初訪問時、食事後に雨が降ったからダラダラ長居してたんで帰る時にそれを
詫びたら、

『ここはね、レストランじゃなくてあなたの家だと思ってちょうだい。
 だからどれだけゆっくりしてもらってってもいいのよ!
 またいつでも帰ってらっしゃい!』


なんか…なんか…時々出会うんだよね。一見の客だろうが、ちょっと居合わせて話しただけの
仲だろうが、信じられない包容力で、押し付ける事無くこちらを受け入れてくれる人。
以前出会ったのはハワイアン航空の年配のCAさん。なんかものすごく素直に甘えたくなって
自分で(え?)って思うほどだったんだけど、どう言う人間の大きさなんだろうな、あれは。
すごく憧れる。

大好きだなー、このお店。
ワンポーションが多いので、一人でフラッと食べに行くと1品くらいしか食べられないかも
しれないけど、味もお店の雰囲気と同じで家庭的な温度感があるし、食べ飽きなさそう♪
また行きたい、というより、帰りたい、と思えるお店。良いお店だなー、としみじみ思う♪

大変、好きなお店がまた一つ増えました。
また行きたいけど、ローテーションするお店がどんどん増えているので胃袋足りない(^^;
ホーチミン、恐るべしだなー(笑)

th_IMG_1695_201408182144222f3.jpg
th_IMG_1696_201408182144232ba.jpg
th_IMG_1677_201408182144213e6.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪


【移転】Choi Go Jip 〜 1区にも美味しい韓国料理が!

***** 2017 Feb. *****

今更だけど、こちら移転してるのよね。。。
修正お知らせしてなかった。。。今はこちらの住所になってます。

Hồ Tùng Mậu, Quận 1,

こちらの店舗にはまだ行った事が無いのですが、
お友達に情報聞かれて、ああ、移ってたなと。
韓国料理、中々付合ってもらえる人が居ないのだけど、どなたか
見つけたら早速行ってみまーす♪いや1人でも行けるけど、
品数が頼めないからさ。。。 ←食いしん坊万歳



***** 2014 May. *****

もうタイトルがいきなり失礼よね(苦笑)
でも実際、冷麺などを求めて結構な数の韓国料理を巡ってるんですよ。
で、知らない店に知人友人を連れて行くのもなんですから、一人行動が多くて
たいした皿数は頼めないので、それだけでジャッジするのはどうかとも思うんですが…

あかんやろ、これ(´Д` )
という、料理の基礎の基礎もできてないような店も実際あって、

話にならん


レベルのとこにも多々遭遇していたために、1区での韓国料理はもう食べない!
と思ってたくらいにこじらせてたんですけども、今回こちらが美味しいよ、と
お誘いいただいたので行ってみました。場所は、市民劇場からもほどない、
カラベルホテル左手方向。中華料理やさんやらビアホールやらが並んでます。

余談ながら、三年前にちょっとだけ遊びに来たとき、出来心でそこにあるビアホールに
入ったら、大層いい加減な物を出された上に高かったので、この辺は勝手に鬼門にして
たんですが…(なんという個人的なジャッジ…)

th_IMG_1131.jpg th_IMG_1132.jpg

おう、問題のビアホールの左手奥に、さらにお店があるじゃないか!
もう近づきもしなかったから知らなかったわ(笑)
で、その左手に折れた突き当たりにあるのがこちらのお店。
へー!!こんなところにお店があったんだ!

エレベーターで上階に上がると、かなり大きな宴会もできそうなほどの広さ。

th_IMG_1133.jpg

内装は簡素な感じだけど、小上がり個室みたいなのもあったかな?
で、ホーチミンはフレンチもそうだけど、韓国料理もポーションが大きいので
まずは3品だけオーダー。それでも食前には。。。

th_IMG_1135.jpg

この皿数(笑)
韓国料理屋さんでこの場面になると、オーダーした物全部キャンセルして

『白飯ください』

っていいたくなるよねw
それやったら実際、十分お腹いっぱいになると思うわw

しかしっ。
大人ですからそんなことはしませんよーw
ちゃんとオーダー遂行しますっ(当たり前やw)

キムチ数種類にナムルやチヂミ。これを適当に出すところもあるんだけど、
こちらのお店のは、この段階から美味しかった!!チヂミなんて、小降りではある
ものの、ぷちっぷちのいかがターップリ入ってて、これ、単品オーダーしてもよくね?
って思わせてくれる美味しさ! …って、もしかしたら試食も兼ねてのかこれwww

で、まずは餃子。
丸くてかなりボリュームのある餃子。
はぷーーーーー!!!っとかぶりついても、一口じゃちょっと大きすぎかな?


th_IMG_1137.jpg th_IMG_1138.jpg


ほら、ちぇりお口小さいから(反論不可)ってのもあるけど、結構でかいw
日本の餃子を想像してるとちょっとイメージ違うけど、美味しい♪

th_IMG_1142.jpg

見目も美しいよね(*´ω`)

もう1品は冷麺!!
これは日本でもメニューに見つけたら、ついつい頼んでしまうお品。
マイベストランキングも作れるほど食べ歩いて来てるのだけど、ホーチミンではまだ
いまひとつ、ピンとくるのに出会ってないのねー。どこもお店の人が運んで来たら、
チョッキンチョッキンやってくれるし、それなりに捕獲的に見えるんだけど。。。

th_IMG_1140.jpg

で、じゃん。

th_IMG_1141.jpg

おお、悪くなさそう。(写真ボケてるけどなwww)
って、いつも思うんだけど(笑)、食べてみるまでわからないよねー(笑)
どれどれ。。。

おお!! ホーチミンに多い、強すぎる甘みがなくてスッキリのスープ、
細めの麺のコシは個人的にはもうちょっとあってほしいけど、全体に奇麗にしっかり
締められてるし、スープの強弱に良く馴染むしなやかさがあって、のどごしが良い。

th_IMG_1143.jpg

茹で牛のスライスの仕込みも丁寧。
うん、これ美味しい!
これなら一人で単品冷麺食べにくるのもありだと思う!
まだ5〜6件しかホーチミンの冷麺は食べていないけど、その中では一番美味しい♪

ってか、先付け(…とは言わんかw)から一品一品まで、このお店美味しい!!
フォーと同じく、1区には美味しい韓国料理屋さんが少ないと聞いていたけど、
ここはありだわ!!ってか、またすぐ行きたい!!!

7区まで行かないと、美味しい韓国料理は食べれないかと思ってたけど、
これで安泰ー!! かなりの大人数入りそうだったので、宴会とかにも良さそうですよ。
焼き肉メニューもありました。

Choi Go Jip
Hồ Tùng Mậu, P. Bến Nghé,  Quận 1, ←新しい住所です



 にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪


SAKAI 〜 特バッテラ!!

***** 2017 Feb. *****

「今ポセイ丼やってるみたいですー♪」

と、そりゃぁ美味しそうなポセイ丼の写真を友達から送りつけられた
翌日の朝。2時間かけて仕上げた原稿が保存作業のミスにより飛ぶ、
という、大変悲しい出来事があり、床のワックスになってしまう程落胆
したので、ポセイ丼を食べに行くことにしました(・∀・)

凹んだら、美味しいものを。
これ鉄則( ・`ω・´)b


th_IMG_2816.jpg 

おっひょーーーー!!ハイ、忘れた!
悲しかったこと、ぜーんぶ忘れた!(簡単でいいね…
美っつくしいねーヾ(@⌒▽⌒@)ノ

っちゅーか、このウニのエッジ。
どうやってキープしてるんだろうか???

th_IMG_2818_20170210124811d6c.jpg th_IMG_2820_20170210124814adc.jpg

ウニはそもそも生であれば、日本にいても食べる機会が少ないもの。
それをホーチミンでこんなグレードの物を頂けるって、美味しさ倍増。
傷、癒えるわー。言えた上で、更に幸せ上乗せするわー。

ちなみに写真を送って来たお友達。
昨日の今日と言うのに、私がポセイ丼食べに行くと言うと自分も行くと
言って来て、お刺身定食食べてました。ほいで思わず「うま!!」と
声を漏らしてたのがお味噌汁。そう、こちら、お出汁が美味しい。ので、

th_IMG_2819_2017021012481380c.jpg 

茶碗蒸しとかも美味しいんですよね。
すごく丁寧に蒸されていて、もちろんスなんて入ってないし、
液も綺麗に濾されているからムラが無い。出汁の濃さと卵の
割合もものすごく私好み。ここに来たら茶碗蒸し必ず頼む。
できれば4つくらい頼みたいくらい。理想はドンブリ( ・`ω・´)b
(それ、蒸し加減変わって来るから…)

和食屋さん,滅多に行かないけど、食べたくなったらここに来る。
とりあえずお刺身系のメニューはコスパがとても良いし、安心感
安定感がとにかくあるわ。

ポセイ丼、不定期なのでアンテナ張ってないと食べ逃すけど、
その分レア感あって良いかもですね。

Sakaiさん、よかったらポセイ丼予告、ちぇりに頂けたら掲載するんで
よろしくお願い申し上げます。(あ、職権乱用




***** 2016 Jul. *****

やーーーっ(≧∇≦)
不定期に提供されてるポセイ丼、やっと食べれたー!!!
ってか、SAKAIさんに夜伺うのが初めてだったんですが、いいねーっ。
居酒屋メニューが全般に揃ってるし、昼と夜、変わりなく丁寧なお料理!
まずはポセイどーんヾ(@⌒▽⌒@)ノ


th_IMG_2284_20160808001702838.jpg 

うーーーつーーーくーーーしーーーいいいぃぃぃ。
これね、ドンブリは色々組み合わせを自分でチョイスできるらしく、これにサーモン
プラスだったりなんだりで打線を組めるようになってるらしい。もちろん何を選ぶかで
価格が変わってくるんですが、見てー。このウニ。当然持って来る間の時間があるから
若干ミョウバンは使ってるんだろうけど、舌に触る程ではないし、ちょー美味しいっ。

そしてウニ本命だったから特に期待も警戒もしていなかったイクラがまた美味しかった!
コンパで目を付けた女のコ誘い出すのに隣の子ぉにヘルプ出してたら、なんかそっちの
この方が良くなってしもたみたいな。

いやーっ。常時ではないにせよ、ベトナムでこれを頂けるんか。
すごいな。幸せやな。今回は8月1日から開始で、お品が尽き次第終了と言う
ことだったんで、この記事が出せる頃までには終わってしもてるかもしれませんが、
これまでも不定期に度々やってくれていて、都度、各情報誌などで予告されている
ようなので、まだ召し上がった事が無い方で機会を見つけたらぜひぜひ。

で、こちらのお店。
今よりももっと日本食を食べてなかった2年前から1年前の頃にあっても、
ここはええなー、と思ってたとこ。例えばラーメン、例えば焼鳥に特化したら
好みの店は別にもあるんですが、まぁ生ものから寿司、居酒屋メニュー全般と
大層な品数揃えてらっしゃるんで総合力が高いと思うのっ。

th_IMG_2273_2016080800165613c.jpg th_IMG_2274_201608080016580b1.jpgth_IMG_2281.jpg th_IMG_2277_20160808001702c2b.jpg

正式名称覚えてないけど、ピリ辛味の枝豆に、とても美しい出汁巻き。
焼きムラも油の余熱の変色も無い、プロが作るモノの中でも上等な出汁巻き。
んまかった。 あと生肉のタルタルに銀杏に。。。あー酒が捗る。

th_IMG_2276_20160808001754c02.jpg th_IMG_2286_201608080017595fd.jpg

つぶ貝のお刺身とか、アヴォカドの細巻きがつまみに最高!
ええ、もう私くらいになると酢飯がつまみになるんですわw
あと、生わさびをふんだんに使った涙巻きを、目ぇウルウル(இ௦இ)させながら
食べたり、揚げものに手を出したりと、そりゃーもうかなりな種類、ジャンル
のものを頂いたのだけど、まだまだ品書きはありまして。そしてハズレが一品も
なかっというね。

あと大好物のこれ。


th_IMG_2282_20160808001756c19.jpg 

鯖寿司は炙ってもらいましてん(*´艸`*)
しかも酒の途中だからってことで、米は少なめ。そんなオーダーも出来るのね。
あ、酒の途中だからというか、もっと色んな物が食べたいから胃袋のスペース
節約の為ってのもあったなwww 

ジジッと軽く炙られた皮目の香ばしさ、脂の乗り方、〆め方の妙。
うまいわー。やっぱり美味しいわー。
こんなん日本の地方によってはなかなか食べる習慣が無いとこもありますからね。
習慣あっても、皆が一様に高い腕前をお持ちと言うわけでもありませんし。

このお店の素晴らしいとこは、こんだけの物揃えて、お客さん連れてっても
充分なサービスレベルとお料理があるのに高級すぎず、普段使いにも出来るとこやね。
高級一辺倒で行くと言うお店も、場合によっては必要やろうしそれはそれなんですが、
庶民としては、こちらの方がありがたい。そりゃローカル飯に比べたら和食ですから
値は張りますが、和食の中でどーや?という話になったら、やっぱりここ、安定感
あるわー。

ランチに良し。夜飲みによし。
あってくれてよかったーって思うお店ですな(^・^)



***** 2015 Apr. *****

なんだかんだで良く行っているサカイさん。
主にランチタイムに行ってて、都度違うメニューを頼んでみるのですが、
安定してるなーヾ(@⌒ー⌒@)ノ


th_IMG_9822.jpg

お刺身、お寿司系は程々のお値段だけどボリュームタップリだし
見目麗しいし、和食を日常のランチとしていただくにはお休めの価格の割に
かなりリッチな味とボリュームを味わえる気がします♪

th_IMG_9821.jpg

↑これは前も頼んだかな?
ブレが無いです。ここしばらくで数回行ったんだけど、その時々によって
調子が良くないときなんてのも無いし、店員さんの対応も丁寧。
安定しているので、最近は人に「和食食べるならどこに行ってる?」みたいな
質問をされたときは「さかいさん♪」と答えてて、それを聞いて行った人達も
喜んでくれる事が多いみたい。

大振りのお刺身が楽しみでここに来るとツイツイお刺身とかお寿司メニューを
頼んでしまうのだけど、その他にも色んな日本食も有る様なので頼んでみたいなー
と思いつつ、いつも似たのになっちゃう(^^;


th_IMG_9819.jpg


自分では控えめに(まずまず美味しいよねー♪)なんて思ってたつもりだけど、
こうもちょくちょく行って似たメニューを頼んでしまうってのは、実は相当
気に入ってるんですかね、これ(笑)

じっ、次回こそはなんか別のメニュー、頼んでみるぞーっ(笑)




***** 2015 Jan. *****

この年末年始にSakaiさんから嬉しいプロモーションがありました。
以前もご紹介した美味しい特バッテラがお安くなってるヾ(@⌒ー⌒@)ノ


th_IMG_6749.jpg th_IMG_6750.jpg


予約限定ってことだったので電話予約をし、それだけを取りに伺うと言うのも愛想の無い話。
ってことで、ランチを頂きに上がりました。以前の特バッテラはお友達がお家に買ってきて
くれたものだったので、お店で頂くは初めてでした。


th_IMG_6746.jpg th_IMG_6748.jpg

お二階の席に通されたのだけど、程々にシックで良い感じやなー♪
普通に気軽に食べに来易い程度には開放的やし、お仕事がらみのお相手と食事できる
程度には落ち着いてるし。また別の階にはもうちょっとフォーマルな感じの空間も
あるんやろな。宴会メニューも手軽にあるみたいやし、良さそうやな。


で、ランチなんですが、メニューがいっぱい!!


th_IMG_6747.jpg

で、一緒に行った方はお蕎麦と天ぷらのセットを頼まれたのだけど、運ばれてきた
瞬間からお出汁の良い香り!!あらーっ、これはちょっと期待が持てる♪

th_IMG_6751_2015011420164303c.jpg th_IMG_6753.jpg

お蕎麦を頼んだ所、おうどんがきちゃったのはご愛嬌ですが(笑)
このおうどんがまた、ツリっとした肌のやつで食べ易かったし、やっぱりお出汁が美味しかった!
澄んでて金色の関西系のお出汁。これは嬉しい♪(ってかあんた人のまで食べとるんか…)

私はお寿司とお刺身のセットを。
これがまた結構盛りだくさんでビックリした(笑)

th_IMG_6754.jpg

盛りつけには貝殻なんかもあしらって豪華な雰囲気。
ベトナムで海ブドウがポピュラーなのは知っていたけど、なんせ日本では貴重品。
そのイメージが抜けないままなのでやっぱり豪華な雰囲気(笑)
飾り切りの人参や海ブドウの後ろに握り寿司が更に隠れてたのはなぜ?と
思ったけど(主役やねんからもっと前に出してもいいのにw)盛りだくさんやなーっ。

th_IMG_6756.jpg

あとやっぱりこちらのお出汁、美味しいわ。
茶碗蒸しの造りの丁寧だった事。
いえ、別に麺つゆで作るのも悪くはないし、ってか、自分で作る時は手軽に作るし(笑)
どんな時にも頑に良いお出汁を引いて作るべし!なんていうつもりはないのですが、
やはりお外で食べる時に、ちゃんとした茶碗蒸しが出て来ると嬉しいもの。
もー真っ先に頂きました(笑)

th_IMG_6757.jpg


あと、特バッテラを食べた時から思ってたんですが、こちらの酢飯の味が私の
好みなんですよねー。これは個人差があると思うんですが、酢の角が丸めで
気持ち甘め。強過ぎず、薄過ぎず、ネタの旨味が楽しめる、まさに良い「塩梅」。
塩や酢が強いと、ネタの味を邪魔する事があったり、途中で温かいお茶で
口直ししないと、舌が偏る事があるんですよねー。でもこちらのは本当に良い
塩梅なのでバクバクと(笑)


th_IMG_6758.jpg th_IMG_6759.jpg

あと、食べさしの写真で恐縮ですが、お刺身に添えられてたツマが奇麗だったなー。
そもそものお刺身が奇麗で、旨味を逃さない状態で提供されてた事が大きいですが、
一切ドリップが落ちてなかった。お刺身のツマがドリップソーサー的になって
食べる気がしない事が多いのですが、あんまり奇麗でシャキシャキと美味しそうだったので
この日はしっかり頂いてしまいました(笑)

今回頂いたもの(同行の方の天ぷらまで含む)、どれももの凄く個性的とか
突飛な味わいではなく、正統派の「日本の食事」としてとても丁寧に感じました。
例えば特別な日に気張って食べに行く、と言う感じではないかもですが、
日々のご飯に重ねて通うお店としては、ものすごーーーく魅力的。

正直…食べ慣れてるジャンルでもあるせいか、ホーチミンの和食屋さんでは
敢えて重ねて行く事は少ないかなー、とか、美味しいけど結構高いしなー、という
ところに当たることが多く、積極的に攻めてなかったのですが、こちらのお店は、
いいなー。お友達ご夫妻が、ことあるごとに伺うと言っていたのにも凄くなっとく。

あ、もちろん特バッテラもおいしかったですよー♪


th_IMG_6769.jpg


相変わらずの肉厚のサバ。好みの酢飯。
推されることで魚の旨味がお米の方にジンワリ移るので、持ち帰るなりして食べごろ
までに半日程ある方が良い、というのも、気持ちが急かなくていいですね。

そうそう、今回ついてくれた店員の女の子も、出来うる限り丁寧な日本語を
使おうとしてくれてたし、お水やらなにやらの不足がある時はすぐに気がついてくれたりと
大変細やかなサービスだったのにも感心しましたし嬉しかった♪
また他のものも食べに行きたいなー♪ 良い和食屋さんが有ってくれると言うのは
嬉しいもんですね。特バッテラだけじゃない、Sakai さんのホッとできるおいしいご飯。
よろしかったら是非一度ー♪



***** 2014 Jun. *****


先日ご紹介した Dragon Hot Pot のデリバリーで主婦友さんがお祝いしてくれた時に、
わざわざ朝からこちらのお店に走ってくれて、噂の特バッテラまでご用意頂きました!
こちら、和食のお店という事は聞いてたのですが、まだ未訪。でもこの特バッテラの
お噂だけは、あっちこっちからチョイチョイ聞こえて来てたんですよねー♪
はい、ドン♪

th_IMG_2129.jpg

うおう!肉厚!!!
さすがに夏場の国なので、しっかり中まで〆てあるけど、サバや、サバー♪
そう言えばホーチミンで殆ど食べてない♪

で、これがまた食べてみると、大変美味しい♪
どっかからの輸入もんかしら。しっかり〆ててもシットリしてるくらいに脂はあるし、
酢飯の具合もほどよくて、違和感が無いどころか、日本基準で味わってみても十分美味しい♡
酢飯がいいから、海鮮巻寿司もゴーセイで美味しかったぁ♪

th_IMG_2127.jpg

ホーチミンのいろんな所でお寿司、食べられるけど、酢飯が今ひとつ好みじゃなくて
結果、あまりお寿司を食べないようにしてた事が多かったんだけど、ここのはいいなー。
いつかお店にも食べに行かなきゃ。そしてこの特バッテラは時々食べたい♪
押し寿司だから、お家に持ち帰って食べても十分美味しいしね♪

おごちそうさまでした。
最近和食のお店のバリエーションが増えて来たとこでしたが、また一つお気に入りが増えました♪


SAKAI
70 Mac Dinh Chi St., Ward Da Kao Q1

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

【緊急速報】Valentine's Day スペシャルコース@The Mach House

緊急&朗報です。
明後日の14日のプラン、決まって無いわー、という方。
もうこの上ないディナープラン情報を入手しました。

我が愛するThe Mach Houseさんが、バレンタインだけの
スペシャルコースを提供してくれるとのこと!!
私、ホーチミンにいないから行けないんですけど(ノ_・。)

th_IMG_4310.jpg 

しかも、お料理にプラス350k丼で、それぞれの皿に相応しい
ワインペアリングがされる=4杯分のグラスワインが楽しめると言う
趣向!!おおっ、安くね?!(そういう観点だけで良いお店推すのヤメようよ…)
ってか、なんでホーチミンにいないのよっ、自分!!!(悔

まずはお食事初めのAmuse bouche.「ひと口のお楽しみ」
ってところでしょうか。それにはピンクプロセッコがペアリング。
内容はお楽しみ♪

次は前菜のSea Food Trio。
サーモンタルタル/マグロのリエット/イカとパプリカのオイル煮の盛り合わせ。
合わせられるワインはColombelleの白。確か、ライトだけど香りが豊かな
爽やか系ではなかったかな。

メインは、Monkfishとリゾットの組み合わせ。
Monkfish つったらアンコウですよ、アンコウ。
それを彼(私が敬愛するチャーミングなここのシェフ)がどう調理するのか…
くーーーーっ、食べてみたいヽ(;▽;)ノ
こちらであれば、シャルドネのワインが合わせられます。


               もしくは

Oven Baked Veal Fillet Wrapped in dough mushroom sauce
仔牛のフィレの包み焼きマッシュルームソース添え
まぢか。。。これ、金積むからメインどっちも食わせてくれよって内容じゃん。。
こちらだと飲み応えのある赤がペアリングされるようですね。

そしてデザート。
Chocolate Tart or Pink Prailne Tart
チョコレートかピンクプラリネのタルト。
これに甘いデザートワイン。

なんすか、これ。。。
なんで私が居ない時にこんなことするのよ。。。
あの腕前のシェフがこんだけの料理してペアリングして、
1,000kドンだと…?

以前、別のお店でその日のスペシャルメニューにワインをペアリング
するイベントに偶然出くわし、日頃のグランドメニューとは別物の
ごとき素晴らしさを感じた感激、未だ覚めやらずなのですが、
こちらのお店でも、このワインを再び頼むことは可能でも、ワインと
今回のお料理の組み合わせは多分今回一回コッキリ。
千載一遇、万に1つのお楽しみじゃん。。。

もしも、この日のディナーを食べに行ける幸運な人がいたら、
是非様子を教えてほしい。。。
ど、どこでもドアが切実に欲しいわ。。。

というわけで、大変悔しい思いと、行ける方への羨望を込めての
お知らせでした。まぢ行きたかった。。。(ノ_・。)

そんなに沢山の席があるお店じゃないので、写真下部にあるe-mailか
電話、もしkはSMSなどで予約してから行くのがよろしいかと。
折角のバレンタインデートなのに、飛び込みで行って満員でした、
とかなるとかなしいので、用意は周到にされて下さい ねっ( ・`ω・´)b


The Mach House
75 Pasteur Q1



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ


☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★

<イライラTrade Off> 更新!(バックナンバーでご覧頂けます) 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】

☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★


Noir 〜 暗闇での新体験②

いつまで経っても目が慣れない遮光部屋。
モノがそこにある気配も感じられないと言うのは、
慣れない人間にはちょっと恐怖。恐怖だし、面倒を引き起こす
可能性大。例えば高足のグラスをひっくり返すとか、
熱いスープの器の中に指を突っ込んでしまうとか(´Д` )

ってか、お水のグラスも頼んだワインのグラスも、極普通の
高ーいスラットした足がついたグラスなの!!!怖いから!
それ、見えててもドンガラガッシャンやるやつだから!!ヽ(;▽;)ノ

ましてや、若い子連れてるときなんだよ。
ねーちゃん、格好悪いことしたくないわけよ。(見栄っ張り

そこで考えた。テーブルは壁沿いにピッタリつけてある。
だったらグラスを壁際ギリギリに置いて、手前からの距離だけを
探るようにしたら、左右の場所を探る手間が省けてリスクが
減るんじゃなかろうか、と。

あとはその壁の手触りやグラスへの距離、テーブルの形などから
脳内に勝手にセルフVRを再生し、視覚は真っ黒なままなんだけど、
脳内映像を頼りにモノを探したり掴んだりしてみると、これが中々
うまくいった。

脳内映像は勝手な想像だし、感覚で得た質感や距離感は実際とは
違ってる部分もあったと思うけど、全くゼロから毎回探り当てる
よりかはスムーズだった気がします。カッコいい言い方すると、
「心の目」的なものを使ったのは初めてかも。ここでもまた
新しい体験。

今回はWESTコースを選んだのですが、構成としては、前菜・
メイン・デザートの3パーツ。ただし、前菜メインに4種類
ずつの料理が出て来る!おおっ、それはゴージャス!

ちなみに2人くらいのときであれば、同じメニューを頼んだ方が
感想をシェアできて楽しいと思います。目が見える状態なら
違うのを頼んでシェアしたい所ですが、実際にやってみてこれ、
違う物を頼んでいたら、かなりつまらなかったかとw

まずは4種類の前菜。
4種類は小鉢くらいの大きさに入れられていて、1つのトレイに
乗せられています。それぞれのお皿はそれぞれの形にあった
くぼみにはめ込まれているので、ちょっと淵に手が当たったくらいでは
ひっくり返ったりしないので安心。

味の構成があるのでしょうか。右上のお皿から時計回りに頂く
ように勧められます。実際同じ所から同じタイミングで同じ料理を
連れと味わうのが面白いですからね。1つ1つを確認しながら
食べ勧めます。

スープ、二種。最初は冷たいの。おお、クリーミーで何となく
食べ覚えのある味。これは楽勝♪と思ってたけど、あとで聞いたら
「えっ、そんなもんも入ってたん?!」と言う食材も。
えーーーーっ(笑)

次は暖かいスープ。
こっれが、ごーーーーーつい美味しかった!!
深みがあって滋味に溢れて何とも安心するお味。しかも食べ進め
てると「うわっ、なにこれ?!」のお楽しみも。しかもそれが、
そんだけアタックのある美味しさのスープを超えて尚。。。

なんか。。スープ食べた段階で(ここ、とんでもないとこちゃうか?)
という予感。そう感じた途端に俄然ワクワク。
いや、来店前から楽しみではあったのだけど、

「ちぇりさん、めっちゃテンション上がってますねwww」

と笑われる程度には上がってた(笑)
ぶっちゃけると…美味しいかどうかはわからんなーと思ってたから、
ワクワクしてたのはその体験に対してだけだったんよね。それが
ゴッツ美味しい!!ってのがわかったもんで、脳内ダダ漏れ。。。(笑)

その後も驚きの連続。
前菜の残り2品にすら、どーーーーしても解明できなかった食材が。
食べたことがある、と思えるものもあれば、その旨味が含まれる
食材とはかけ離れた食感でしか無い物に翻弄されたりとおお忙しい!

都度、あーだろうかこうだろうかと意見を言い合うのも面白い。
まぁ講釈垂れてあとで大間違いしたらこっ恥ずかしい訳ですが(笑)
それもありです。なぜならこの日に出された料理全て、どれ1つと
して、Ordinary なものはありませんでしたから、視覚が有功だった
としても、分からない物があったことでしょう。

特にメイン料理に至っては、分子ガストロノミー分野の要素を
取り入れてるんじゃないかと思われる調理法の物もあり、
フィエキーなことこの上ない!!説明されたらそこに至った
経緯が分からないでも無かったけれど、説明されても「これが?!」
と信じられない物があったくらいだからねー。

間違えても当たり前。
そんな距離を料理に与えてくれているのは、お店の思い遣りかも
しれませんね。客が間違えても居心地悪くならないように。

なるほど納得。
企画だけで客を読んでるのかと思いましたが、
うん、私が間違えていました。ここのシェフ、イってるわ(笑)

センスと技術が半端ない。
しかもこちらのメニュー、3ヶ月ごとに変わるんだそうです。
コースは3種類あるから1ヶ月に1コースずつ食べれば毎月違った
モノを楽しめるかも…(おいおいw

しかし…当初は味覚の6割を占める視覚が無くなったらモノが美味しく
ないんじゃないか、との予想もあったわけですが、経験して見ると
あれほどじっくり味わったこともないんじゃないかと思って見たり。

美味しかったかどうかと言う観点とは別に、素材や調理法を予想
しながら、あんなにじっくり味わったことが、ここ最近あったなかと。
また感じられる味覚も、もしかしたら見えているときよりも鋭敏で
あったのではないかと思って見たり。

そのコースを食べたことがある人にだけの権利として、もちろん
お金は出すから、見える環境で同じメニューを食べさせて
くれないかなー。同じ料理を、違う環境で食べ比べてみたい。
感覚なので、正確な数値では出せないけれども、見えないことによる
味覚への影響を感じてみたい。これ、お店に交渉してみようかな。。。

ともかく。。。
色々と衝撃的な経験でした。
そして言っておきたいのは、ここがホーチミンの飲食店人気トップを
張ってる理由は、その企画性もあるだろうけど、味ありきです。
East や Vegetarian は未だ食べてないのでそちらがどうかは分からない
のですが、少なくとも、West に関する腕前は「至高」でした。

もしも、視界が遮られたことに寄って美味しく感じられるという作用が
あるとしたら、少し課題評価してしまってるのかもしれませんが、
どちらにしても皆さんが食べる条件は同じ。これは。。。

ホーチミンにいらした時に。いらっしゃる間に。
こちらの体験は、是非試してみた方が良いのでは。
世界的にも知られたお店であるようだし、実際、環境的にも
料理的にも素晴らしい体験でした。これは行ってみて本当によかった。

ランキングに疑いの目を向けてゴメンナサイ(笑)
私も一票、入れておこう(^^;


Noir 
178 Hai Ba Trung

↓こちらのサイトから予約してください。
http://www.noirdininginthedark.com/reservation.html




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ


☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★

  <長いのはお好き?> 更新!(バックナンバーでご覧頂けます) 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】

☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★


Noir 〜 暗闇での新体験①

棒世界的旅行情報サイトにて、2000件はあろうかというホーチミンの
飲食店ランキングにあって、ほぼトップをキープし続けている化け物
レストラン。Noir(ノワール)。フランス語で「黒」という意味。

別経営ですが、色んな国にも同じコンセプトのお店はあって、日本にも
期間限定で営業されたことがあったのかな?真っ暗闇の中で食事を
するという変わった趣向のお店。

盛りつけも味の内、なんて申しまして、視覚がもたらす美味しさ、
ってのは、一説によると味覚の6割を占めるとかいう話もあったり
するわけですが、その「美味しさの要素」を一切取り除こうと言う話。
旨いのか、それ?

そんな疑問を持ってしまうところもあって、ちょーっと斜めから
見てたんですが、同士が見つかったこともあり、好奇心に負けて
行ってしまいましたw

th_IMG_2828_20170208110501ec7.jpg 

懐かしい。暫く行って無かった Hai Ba Trung通り沿いのトレジュール
さんがある角を曲がった所にある、

An VIen さん
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-3344.html

さんがあるヘムの中。
An Vien さんを右手に見て、更にズンズン進んで行った奥左手。
予約をしていったら、お店の外までスタッフさんが出てくれていてお出迎え。

即、入り口すぐのウェイてイングバーにて、諸々の説明を受けます。
アルコール・ノンアルコールのチョイスのウェルカムドリンクを頂きつつ、
食事中にどんなドリンクを頂くかを指定。そしてお料理は3種類コースが
あるのでここで選びます。

th_IMG_2832.jpg 

当然、詳細は書かれてません。
コースは、West, East, Vegetarian の3種類があって、その場で
選べます(予約サイトにはそれを選ぶメニューは無かった)。

点字の表示はお店の外の表示から使われていて、それがお店の
コンセプトであることを表現しているかのよう。

そう。こちらのお店の店員さんの中には、目や耳が不自由な方が
おられるのですが、皆さん実にスマートな接客をされていて、
感覚が不自由であられるのに、ではなく、接客業として素敵でした。

他の国でもそうなのかもしれませんが、ホーチミンやホイアンで、
こういう、身体的に不自由なところがある方が活躍する場を目にする
機会が何度もあって、これは素敵なことだなぁ、と。残念ながら、
私が住んでた日本の地方では、あまり無かったように思うので尚更。
(都会は違うのかもしれませんが)

さて、ドリンクを飲みながら、こんなゲームをさせられます。

th_IMG_2834_20170208110507502.jpg 

子供のオモチャみたいですよね(笑)
色んな形をしたピースを、同じ形のくぼみに埋め込むだけのゲーム。
ただし、「目隠しをして」。これが結構難しい!

th_IMG_2837_201702081105107f5.jpg

こんなにシンプルな形とルールの遊びなのに、なっかなかできない。。。
ちょ、これ難しくね?と焦ってたら、同行の若年男子はササッと終わって
ちぇりさんのオロオロ動作を見つつ爆笑。。。

ちょっとっ。あんた少しばっかり若いからって(いや、かなり若いよね)
年寄りバカにするんじゃないわよっヽ(`Д´)ノ(オロオロオロオロ…

冷静に、ピースの形を確かめて、頭の中で想像をして、今度は当てはめる
型の淵をなぞって確認するも、入らない。。。いや、入らないのはまだ
良くて、ピースの方が小さい場合、ハマってしまうもんだから、すっかり
それが正解だと思い込んでたら、他のピースが空いてる型に収まらない。
むぅ。。。(。-_-。)

視界が遮られるだけで、こんなにできることが限られるのか。。。
慣れる時間をすっ飛ばしてるからってのがあるにしても、難しかった。。。
これがまず最初の「体験」。予想以上だったかも。

そしていよいよ食事の席に。
完全遮光のお部屋は別棟に構えられてます。
オーナーさんらしき方に案内されてウェイティングスペースを出て
そこに向かうと、目が不自由なスタッフさんにバトンタッチ。

この方がベテランさんのようで、実にスマートな英語とガイドで
緊張気味のこちらを安心させてくれます。あと、暗闇の中では
ジェスチャーが役に立たないので、用事があるときは彼を呼ぶしか
ありませんから、彼の名前をしっかり覚えます。

彼の肩に私が手を置き、私の肩に同行男子が手を置いて、
電車ごっこをみたいにして狭い歩幅で少しずつ進んで行きます。
怖いです(笑) 明るいところから急に暗い所に入ったと言う
こともあって、途端視界を奪われた感じがして大変に心許ない。

しかし、これまでに何百、もしかしたら千を越えるお客さんを
お迎えされて居ると思われるお店。客が簡単に怪我をするような
案内はしない筈。今時分に取れる一番の安全策は。。。

彼を信じること。

で、思ったんです。
誰かを「信じる」って改めて決意することって日常生活の中で中々
無いよなと。家族友人の大切な人は、信じられるからそばに居る訳で、
改めて決意する必要は無い訳で、実は信じてないけれども、これから
「信じるべき」と決意する時に人は「誰かを信じる」決断をするもの。

人格的なことを全く知らないこの案内人さんをこれまでに信じてなか
ったことは当たり前。だけどここでは彼のリードに任せるしかない。
だから「信じる」。

英語だと I trust you. って会話の中で結構使える幅があるけど、
日本語で「あなたを信じます」って結構深刻であまり使う場面がないなと。
これが二つ目の体験。

そして、人間の目って暗い所でも慣れて来たら多少は見えるように
なるものだと思ってたけど。。。遮光部屋は本当に完全なる「Noir」。
どんなに時間が経っても、どんなに目を大きく開けてても、
何かの気配すら見えてくる気がしない。こんな暗闇、体験したこと
なかったかも。

感じられるのは上下だけ。重力が無かったら多分生態機能を果たせない。
もしもクルクルと何回か回されたら前後左右、一切の方向感覚が
無くなっていたと思われる。これが3つ目の体験。

まだ知っている人がそばに居て話ができ、且つ、こういうレストランで
あることが前提だから普通の状態を保てていたけど、突然こんな状態に
放り込まれたら、相当心細いと思う。

わお。
肝心のお食事の前に、この店、いろんな体験が待ってた。
これは食事に来ることに兼ねて、体験を得に来る、という意味でも
かなり有意義なことかもしれない。諸々の「新体験」から、
個人的にはすごく色んなことが触発された。なるほど、これは
評価される。

ここまでの体験で評価するなら、「五感と思考への刺激が美味しい」
ってことでしょうか。興味深い。とはいえ、安くない金額のお食事
ですから、味がまずくちゃ興ざめです。さてその詳細は…?

長くなるので次回の記事で。
当然ながら食事を写真には撮れなかったので、文字のみのレポに
なりますが、様子を知ってもらえれば幸い(^・^)


Noir 
178 Hai Ba Trung

↓こちらのサイトから予約してください。
http://www.noirdininginthedark.com/reservation.html

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ


☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★

  <長いのはお好き?> 更新!(バックナンバーでご覧頂けます) 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】

☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★


Dong Pho ~ 久しぶりのベトナム料理

***** 2017 Feb.*****

うっわすっごい久しぶり。
スイーツショップが併設されてから食事は相変わらず暫く伺って
いないのですが、先日チョロっとカフェ使いに行きました。

th_IMG_4244_20170226223433559.jpg 

食事メインで行く時には気づかなかったのですが、結構カフェメニュー
充実してるんですねここ。特に、あと付けで併設されたスイーツ
ショップの影響が大きいのかもしれないけど。

th_IMG_4245_20170226223434e90.jpg 

メニューのドリンクも豊富だったのでほんと、気軽にカフェ使いができる
感じ。食事はちょっとゴージャスだし、そこそこお高めだから気合いが要る
けど、これならいける???

th_IMG_4250_20170226223437966.jpg  th_IMG_4251_20170226223439b61.jpg

th_IMG_4252_2017022622343953b.jpg  th_IMG_4253_201702262234409f6.jpg

th_IMG_4249.jpg 

正直な所、エスプレッソはあまり私の好みじゃなかったけど、
チョイスが多いので大勢で行っても楽しめました。
お土産も買えたりするし、良い感じ♪

th_IMG_4265_20170226223446f0f.jpg 

時を同じくして、全く別の機会に頂き物をしたんですが。。。

th_IMG_5469_20170226223449aaf.jpg 

これ。
ピーナッツとフライドオニオンのミックスポットなんですが。。。
すんごい美味しい!!

料理に使うフライドオニオンって、時間が経ってることもあってちょっと
油っこかったり(むしろそれが調理の時にありがたかったりもするのですが)
この中に入ってるフライドオニオンはサックサク。しかも絶妙な分量加減と
交ざり加減で、いつどこを摘んでもピーナッツとセットでフライドオニオン
着いて来る。

キャラメルコーンのジレンマ(底の方にちょろっとだけしか入っていない
ピーナッツの寂しさよ)に悶える必要はありません。安心していつでも
一緒に楽しんで下さい、ピーナッツとフライドオニオン。ビールのアテに
持ってこい。なんだったらコーヒーとかにも良くあう気がする。

お礼に、と言って下さった物ですが、大したことをした訳でもないのに
恐縮ですっ(バリバリ)。ホントにこんなお気遣いは(バリバリ)
今後はなさらないで(ボーリボリボリ)くださいね♪(バリボリバリボリ♪)

こんな商品もあったのねー。
知らなかったわ。今後お持たせにも使わせてもーらおっ♪




**** 2014.April ****

最近ホーチミンに来られた方とランチをご一緒することになったので、久しぶりに
シャレ込んでこちらのお店に。ベトナムテイストがベースだけど、お料理の盛りつけが
奇麗だったり、調理の手間への気の効かせ方が面白かったりして、好きなんですよね、
こちらのお店♪ 毎日飯ではないけれど、たまにお客人などを連れて行くにはもってこい♪

で、前にレビューを書いたのが一年前と知って驚愕してるんですが(時が経つのの速いこと!)
行ってみてビックリ。向かって左となりに、同店のスイーツショップが併設されてる!!

th_IMG_1213.jpg

ここのマカロン、美味しかったもんなー。
以前はレストラン店舗にショーケースが置いてあって、店内デザートも持ち帰りも
そちらで対応してたんだけど、やっぱり人気が出過ぎたか。すごいねー、別店舗分の
スペース構えるなんて♪ そして皆さん、やっぱり美味しい物はお好きでらっしゃる♪

そういえば、レストラン店舗の方も若干リニューアルされた感じで、メニューに
写真が増えて見やすくなってました。多分内容はそんなに変わってないけど。


th_IMG_1206.jpg th_IMG_1205.jpg

お料理も相変わらずの冴え方でしたが、久しぶりだったせいもあってか、
なんだか以前よりもさらに味が良くなったような???
おもてなしするつもりが、うまいねうまいね!!って自分が一番楽しんでしまっていたというねw

th_IMG_1194.jpg th_IMG_1195.jpg
th_IMG_1198.jpg th_IMG_1201.jpg 

今回初トライしたのは、パエリア!
なぜこの店でパエリア??って思ったけど、結果オーライ。
魚介類が安くて豊富なお土地柄だし、年度の低いお米はあるし、この料理、
絶対ベトナムに向いてるよねwww

th_IMG_1203.jpg

黄色いレモン、珍しいよねー♪
ホーチミンでは♪

そしてデザート。
以前はマカロンしか食べなかったのですが、今回はマカロン『と』別デザートw

        th_IMG_1209.jpg
th_IMG_1207.jpg th_IMG_1208.jpg 


同席者はサバランやクレープを頼み、ちぇりはチョコレートムースを頼んだのですが。。。
このチョコレートムースが絶品!! 小さなグラスにチョロっと入っててシンプルな
デコレーションだったから、大して期待もしてなかったんだけど、一口食べたら、
うお!!ってなった(笑) デザートにも手を抜いてないなー。

結構ね、人気が出ると料理が雑になって行ったり、味が変わってったりする店多い気が
するんですが、こちらのお店は良い所はそのままに、そして改善できる点は手間を惜しまず
改善しているようですね♪ 素晴らしい♪
おもてなしのお店リストに、ぜひ入れておきたいお店です♪



**** 2013.May ****

さて、ベトナムに来て小一週間。
なんだかんだで、今回はお部屋にこもりっきり(^^;

え、やっと先日、こちらの主婦友さんと一緒にランチに行ってきました♪
久しぶりのベトナム料理。ベースはフエ料理かな?

☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り ☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り
http://www.vnnavi.com/dongpho/menu.html


こちらのお店はあまりガイドブックなどで見かけないらしいですが、
「空飛ぶおこげ」のキャッチコピーで有名な、コム・ニュゥというお店のお隣です。
この通りには、安くはないけど、お洒落なお店が並んでて、ランチ時にはどこも
結構な人気ぶり。行かれる際は予約か、早めの入店を推奨。

☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り ☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

ベトナム的なアイテムを飾ってたりもするんだけど、どこかヨーロッパ的な
趣を感じたり、アジア一辺倒ではない雰囲気がとっても素敵。ベトナムの
レストランやカフェに良くあるスタイルなんだけど、価格や内容に対して、
すごくゴージャス感があって好き♪

一度行かれたことがある人がご一緒だったのでおススメを聞くと、
フィンガーフードの盛り合わせが良かったとのことで、こちら。


☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

わおっ、ゴージャス!
これってベトナム料理というよりは、かなり西洋ナイズされてる感じですけど、
具合のテイストはしっかりベトナミ―なんですよ(笑) といって、タルト生地や
ペストリー生地に手が抜かれてるわけじゃなく、そこはさすが、フランス文化を
引き継ぐお国柄、という感じでしょうか。

       ☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り
☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り ☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り
       ☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

魚介やお肉をバランスよく使ってて、どれも美味しい!
チョット小腹の空いた程度の時なら、これにもう一品&スイーツ位でもいいかも?

んで、蒸し物の盛り合わせプレートもあります。

$☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

フエ料理の定番ですね~♪
何種類もの蒸し物がワンプレートに。

これ、少人数のときとかに嬉しいんですよね。チョコッとずつを
たくさん種類食べれて♪ そういえば、さっきのフィンガーフードもそうでしたが、
これ、メニュー写真でいくつずつになってても、お店に伺ってる人数分にして下さい、
ってお願いしたら、大抵、人数分ずつに調整してくれます。臨機応変。
しかもそのお願いして嫌な顔されたことがないどころか、向こうが、人数分に
しましょうか?と提案してくれることもある。
ここはベトナムのサービスの素敵な所♪

で、いつも監視するんだけど…
どれも米粉などを溶いたものを蒸した料理なんですね。
そんなのが4種類、5種類あるわけですよ。
で、見た目にも形こそ違えど、まぁ、似たようなもんだろうなって思うんだけど…

$☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

        ☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り ☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り
        $☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

これがキッチリ、全部違うのよねー(^^;
もちゅもちゅした蒸し物って点では共通してるんだけど、食感も風味も
合わせる具材も形も違う。それがわかる人にしかわからないような違いじゃなくて、
ちゃんと違う。近い素材を使ってて、ベースは同じくしながらも、このこだわり。
なんというか、繊細さというか細やかさを感じますなぁ。ほんと、いつも感心する。

で、〆は鶏の土鍋ごはんに、シジミの春雨炒め。
土鍋ごはんは鉄板で美味しい!!
素材の鶏を醤油ベース(ヌクマムかな?)で甘辛目に味付けしたうえで
出汁で炊きこんでる一品で、お米にはもち米チックな風味。ちょっとおこわ
を彷彿させる懐かしい味で、日本人でこれ嫌いな人、いないんじゃないかしら?

     $☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り ☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

シジミはよくご飯や麺に合わせられてるんだけど、日本のシジミよりもアッサリ
していて、あのコクを期待すると肩透かしだけど、素直においしいです。
ってか、いつも思うんだけど、このむき身にしたシジミ…誰が取り出してるんだろう。。。
身から察するに日本のシジミよりも更に殻は小さいはず。それを一つ一つ、
かなりの数を取り出すって。。。


…やめよう、気が遠くなって倒れそうだ。。。
メコン川でのキャラメルの手作業行程や、蒸し春巻きの皮を一枚一枚蒸しては
取り上げ…ってのを見てきてるだけに、手作業でチマチマ殻から身をほじってる
絵が見えてならない。。。くらぁ…(笑)

さて、こちらのお店の更に嬉しいところは、スイーツが美味しかったこと!
お持ち帰り用らしきショーケースには、マカロンがずらり!!!
フランス文化の影響か、ベトナムではマカロンを良く見かけるのですが、
やはりその分バリエーションがある=好みが分かれるところでもあります。
さて、こちらのマカロンは…?と興味本位で頼んでみたら。。。

☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り ☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

お見事なフレンチスタイル!!!(>▽<)
サックサックで、甘さはぎりぎり。バタークリームは風味豊かで、
あー、これ、めっちゃお気に入り。。。

多分お持ち帰りのチョコの試食も兼て、なんだけど、テーブルに運んできてくれた
チョコレートはフリー(これはいつもあるのかはわかりません)。
これも美味しかった。。。以前、ベトナム産のチョコレートを食べて、
その美味しさにビックリしたんだけど、こちらもどうやらベトナム産かな?
カカオの比率が高くて口どけが良くて、おとなな感じのショコラ。うましっ。

☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り ☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

もちろんチェーも頼んで、もうお腹いっぱい(^^;
チョット頼み過ぎたかしら。。。でもこんだけ上質な料理とお菓子をたっぷり
いただいて、1500円くらいだったかな?レートが下がったから、数か月前からは
ちょっとお高めになりましたが、まぁ福山ったら普通にランチである価格だ。
一週間お籠りだったし、ちょっと贅沢、許してもらおう(*´艸`*)

にしても、美味しかった♪
フエ料理って点では、今まで食べた中で一番美味しかったし、
何と言ってもスイーツが優秀っ。カフェタイムはないようですが、
スイーツはお持ち帰りの為だけに買いに来る人もいたようなので、
一度覗いてみるのもいいかも♪

マカロン、箱詰めのもあったなー。
手元にあったらガスガス食べそうで怖いから危険だけど、
あれ、一度買いたいなー♪

※商工会の割引ききます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村



Dong Pho

昼総合点★★★☆☆ 3.7



関連ランキング:ベトナム料理 | ファングーラオ通り周辺


Sweet Street 〜 スイーツだけじゃない様子♪

私の大好きだったスイス料理のお店がなくなり、その跡地にできてたお店。
しばらくはスネてショゲて、こちらのお店には全く関係のないことなのに、
敢えて素通りしたりしてたwww 
たまにそういう意味のないことするよな、自分。(たまに…?

th_IMG_1695_20170124011906743.jpg 

んで、店内大枠のストラクチャは変わってないんだけど、お客さんはまず2階の
席に通されるっぽいね。1階にはショーケースがあって、ケーキが色々並んで
いるので、気になる人はそれを見てから上に上がると良いかも。

th_IMG_1701.jpg 

th_IMG_1702.jpg 

こんな感じのブリックス調でシンプルです。
前のスイス料理屋さんのときから、あんまり手は加えられてないと思うんだけど、
イメージチェンジは見事に出来てますな。お見事。

ってか、前のお店のことをやたらに引っぱり出してくるの、昔の男に未練
タラタラな感じに似てるからもうヤメよう。。。

メニュー見てちょっとビックリ。
所帯小さいし、店名がこれだからすっかりケーキ中心のお店だと思ってたら、
スープ、サラダ、アペタイザーですって(´⊙ω⊙`)

th_IMG_1696_20170124011907541.jpg 

th_IMG_1697_20170124011908c16.jpg

そう来たら当然メインもあるわけで、パスタらやら肉料理やらその他諸々も
結構な数揃ってました。意外。そしてお客さんは欧米系の方が2人入ってて、
どちらもお食事をご所望。あんまり量は多すぎない感じに見えたけど、料理に
よるかなー。価格帯は大体150k前後〜200k前後のものが多かった様な。
メインの料理はポンと金額上がってたけどね。

英字新聞をテーブルマットにしている当たりは「狙い過ぎやろーw」という気も
しないではないけど、あえて狙って「どやーっ!」とやってるんだったら
むしろ好きだ。ここまでベタな店も少ないし、分かり易くて大変良い。
(逆に言うと繊細な仕込みは気づかなかったりしますから、自分…)

th_IMG_1703_20170124011914303.jpg

で、甘くないブラックコーヒーと、チャレンジングなことにケーキを頼んで
見たのでした。こんなとこのケーキは絶対ゴツいって分かってるのに、
なんて無謀な。しかもショコラ&ココナツ。店員さんが一番おススメだって
言うから。可愛い店員さんがこちらの顔を覗き込むように小首かしげてニコっ
てしながら言うから。断れるわけがない。で…

ドーン。

th_IMG_1704_20170124011916da1.jpg

え?そんなにデカそうに見えないって?
そうだね。写真ではデカく見えないし、実際、そんなメチャクチャ大きい訳でも
なかった。たぶん、NYDCのケーキの方が外径は大きい。でも質量的にはこいつも
なかなかのものでした…orz

だって、見て。このアイシングの層。それにナッツが鏤められてて、チョコ
コーティングまで。。。そしてしっとりとしたバターベースのショコラ生地の
間には、ココナツアイシングとチョコレートファッジの様な濃厚クリームが
層になって。。。。おぅふ。。。。これ、翌日の夜まで何も食べちゃいけん
カロリー構成じゃなかろうか。。。

th_IMG_1705.jpg

しかし本当に恐ろしいのはこれからです。これがなんと、口当たりがクドく
ない(苦笑)。バター生地のクセして、ショコラ生地だからなのかしっとりはしとるが
重たくない。アイシング部分が意外とココナツでカバーされてるからなのか、
甘いにゃ甘いが、ベタ甘でもなく、生地の重たさもそんなでもない。

いっそ。。。いっそ、クソ重たくして、
「やだーっ、二口食べたらもうお腹いっぱいー♡」
とか言わせてくれ。

食っちゃうから。意外とくどくない、とかって程度だったら、
うっかり全部食っちゃうからヽ(;▽;)ノ

さすがこの店のナンバーワン。。。(by 小首かしげた店員さん)。
一筋縄では行きません。見た目の印象と質実を違えて相手を翻弄する戦法。
わかっているのに、知っているのに、気づくとハメられている嬢の手練。

個人的に、ドンピシャの味わいではなかったにも関わらず、ウッカリ術中に
ハマったわたくし。普通に美味しく食べちゃったし、実際味も悪くない。

味はわるくなかったが、主張しておく。自身は悪いやつです。カロリーを隠して
(お、意外と大丈夫そうかも?)とか人に思わせ、うっかりペロッと食わせ
ようとする、とってもとっても悪いやつですヽ(`・ω・´)ノ

そう。コイツが悪いのであって、食べてしまったワタクシは悪くない。
全部食べ切ったけれども悪くない。悪くないったら、悪くないっ( ・`ω・´)b


…むなしい……orz


このケーキで摂取した糖質がもしかしてここについた肉の原因なのかしら、
などと、二の腕やら、腹まわりなどをポヨポヨ触りながらこの原稿を書いています。
辛い。。。

このように大きな代償を伴う危険はありますが、お茶しにくる分には、
雰囲気も悪くないし、考えてみたらケーキを買って帰れる所は結構あるけど、
その場で食べられる所、となると、チェーンカフェを除くと割と限られる
気もするので(自分が行っていないだけと言う話もあるけど)リストに入れて
おくには良いかもしれません。

ってか、食事の方が気になったかな。
なかなかこの辺で食事ってことになる機会がないのでいつになるかわからない
けど、お料理がどんくらいのもんかは気になります。またご用事ついでに寄って
みようっと(^・^)


Sweet Street 
54 Le Thanh Ton Q1 




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ


☆★☆*…*…*…*…* メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*…*★☆★

    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★

Cafe & Restaurant Ho Chi Minh City 〜 量で2敗中。。。

おそらく皆さんご存知の Maison Marou の二階にあるカフェレストラン。
ってか、何ちゅー名前つけてくんねん。そのまま検索したらホーチミン中の
カフェやレストランが引っかかって来るやないかいヽ(`Д´)ノ

かなり簡易的なカフェなんかなーと思っていたら、実は結構本格的な
レストランであると知ったのが去年末。Marouに行った時にトイレに行きたく
なって、2階だと言われたので上がってみたら、クリスマスメニューを張り
出してて、それが1人あたり5000円とか6000円とかで「なんだと?!(´⊙ω⊙`)」
となった次第。

th_IMG_1204_2017012319545013c.jpg 

店内、かなり広々してるんよね。
面白かったのが、下のMarou の住所が1167-169 Calmette なのに、その上の
階のこちらのお店は171 Calmetteなんだってw 1階と2階で住所が違うとはw

th_IMG_1205_20170123195452bd8.jpg 

ちょっと物足りないくらいのシプルさだけど、床面積が相当あるから、客が
一杯入ればちょうど良い感じになるのかもですね。諸々のセッティングなどが
割とカッチリしていて、なるほど、カフェというよりはレストランなのだな、と。

th_IMG_1206_20170123195453575.jpg th_IMG_1208_20170123195455b01.jpg

こっちがフードメニューでぇ…

th_IMG_1201_2017012319550556e.jpg 

こっちが飲み物メニュー。
かなりあるのでまずジャンルを追って絞り込んでからって感じですかね。
このタイプのメニュー、たまに見かけるよなー。コストかからなくて良い
のだろうけど、ちと見辛いのが難点。ま、日本語だったらそうでもない
のかもしれんけど。。。

th_IMG_1202.jpg

スイーツの所にはしっかりとMarouのメニューもあるので、落ち着いて
食べたい時にはこちらに上がって来るといいかも、ちょっと高くなってるけど。

th_IMG_1203_20170123195508d15.jpg

で、当初私ここ、軽いカフェだと思ってたから、お茶&作業しに来たんですよね。
せっかくだからなんか甘いもん頼んでみようかーってことでアップルパイを。
果物タップリのタイプのやつなら、サラッと食べれそうだったし。サラッと…

th_IMG_1212_20170123195456c7e.jpg 

どーん(・∀・;

アップルパイ。。。アメリカンな生地のサクサクっとした軽いやつ。。。
じゃ、なかった。。。(´Д` ) パートシュクレ。パートサブレでもない、
しかも厚めのパートシュクレ。中にリンゴがタップリなのは嬉しいけれども
ランチ直後のデザートとしてはかなりヘヴィw 
というか、これをランチにして良いレベルw

th_IMG_1213_20170123195458bf2.jpg th_IMG_1214_20170123195459bf5.jpg

いや、味はすっげよかったですよ。
突飛なことはしていない王道の味だけれども、シナモンのバランスも良く、
煮林檎の適度なシャクシャク感、あまり砂糖を入れ過ぎない、リンゴの味を
生かした仕上げ。絞り込んだ良いレシピだと思いました。ただ量が多い(笑)

というわけで、生地部分はちょっと残しました。
申し訳ない。ですが居心地が良く、この辺に用事があることが続いたので、
あまり間を空けずに再訪。

th_IMG_1649_201701231955017f3.jpg th_IMG_1652_20170123195510982.jpg

この日は朝ご飯代わりに、とお腹空っぽの状態でお伺いしたので、アップルパイの時
のような失態はするまい、と、コーヒーとパンケーキ、という大変クラシカルな
組み合わせのオーダーをしてみました。おお、パンケーキ小さめ♪
ちょうどええやーん♪これなら楽勝楽勝♪

th_IMG_1651_20170123195504ad0.jpg 

らく…しょ… 
…………………げーっふっ(;ー;)

何段重ねとんねん!
パンケーキを重ねるときは3段までと習わなかったのか?!(出典不詳)
いや、食えんことはないが、これが結構シッカリした生地のパンケーキで
腹の中で膨らむ膨らむ。。。

まずくはないけど、特筆すべきほどではないから、当たりメニューでも
ない、大変 Ordinary な感じの品だったしな。そう言うのが食べたい時も
あるから脳内データベースにありかなーくらい。

しかしなんだよこのポーションのデカさ。。。
欧米人相手にしててももうちょっと手加減してるお店も結構多いぞ。
料理頼むの怖くなって来るな。。。

でもなんかココで言うとオマケみたいなメニューばかり頼んでいるので、
ちゃんと料理、一度頼んでみた方が良いかもしれん。
2連敗の結果を引きずったままチャレンジするのは勇気が要るが、場所柄、
雰囲気、Marouの上ということも勘案すると、知っておいて損はないか?

とりあえず、一番のおススメは「誰かと来る」こと。
そして当面飲み物以外は1/2人数分で頼んで様子を見ることをおススメw
追ってまたレポします。料理食べたら。スイーツだけのチャレンジは、
1人で来た時に挑む気力は削がれておりますw 
いや、美味しくないわけじゃないんだけどね。げーふ(^^;



Cafe & Restaurant Ho Chi Minh City
171 Calmette Q1 

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

Oromia Coffee and Lounge 〜 お猫さまが闊歩するカフェ

***** 2017 Jan. ******

お猫さまが闊歩するお店としてご紹介したこちらのお店。
現在もお店としては素敵に華麗に営業中なのですが。。。

th_IMG_1782_20170122134056ced.jpg 

猫がいない。。。(。-_-。)
お猫さまたち、毛がフワフワの用もの愛玩限定系だったので、まさか食卓に
上る様なことはなかったことと信じたいのですが(ベトナムだと結構シャレに
なりませんからね)ココ数回行った際、いつも一匹もおられなかった。。。
しょぼん。。。(´・ω・`)

th_IMG_1783_20170122134056b7a.jpg

シントー頼んだらこんなグラスに入って来て、諸々可愛く素敵なカフェであることには
変わりないのですが、もしもお猫さまをお目当てにこちらに出向かれた方がいてガッカリ
させてはいけないので、一応のご報告。いい猫カフェだったのになー(´・ω・`)



***** 2016 Oct. ******

打合せごとがありまして、ちょうど手近な所にあるカフェってだけのことで
こちらに伺って参りました。メイン通りのNam Ky Khoi Nghia から、この
ヘムの表示を目指します。
th_IMG_5235_20161001085313b69.jpg 

入り口には、「HEM 143』と言う小さな表示もありますので目安にどうぞ。
んでヘムを入るとY字に道が分かれてまして、右側の方に行くと看板があります。
うん、このカフェだ。と確信して向かうも。。。

th_IMG_5236_20161001085314185.jpg th_IMG_5237.jpg

「ここ違うよー(・∀・)」

と、駐車場の番人らしきおにいちゃん。え。でもこんなデッカく看板出てるやん。
しかも上にも出てる。立派な看板。これで違うの?

「うん、違うー。あっちっ側にあるよー(・∀・)」

と指差すは、Y字に分かれた左の方。えー、さっきちょっと行ってみたけど、
あったか?カフェとか。と、今一度トライするも見当たらない。のでまた看板の方に
戻って、ホンマにここカフェちゃうのん???と、食い下がるも、

「違うってー。あっちの道ー(・∀・)」

と事も無げ。えーーーーー。ほんとにぃぃぃぃ?
うんでも、この看板のある所は確かにただのバイク置き場。。。

と言う訳で、もう一度反対側の道にトライするも、うーん、無い。それっぽい
物も見当たらん。でも特にその道が先で分かれている訳でも、脇道があるわけでもない。
うーん。。と思ってると、ご一緒してた方が道の奥まで行って右手に発見。おーーー!!


th_IMG_5238.jpg 

うんでも、看板、見辛いね(笑)
これ、Y字に分かれた所にサインボード掲げるとか、店の前まで行かなくても見える
看板設置すると課してほしー(笑)
多分前は看板のあったところにあって、今は移転したとかってことかしら。

th_IMG_5261_20161001085529f85.jpg 

小さな中庭風なスペースが設けられてて、これが店内への通路の一つにもなっています。
(ここを通らなくても店には入れる)
お水がとても綺麗に手入れされていて、コケの一つも見当たらん。そこに色とりどりの
立派な鯉がワッサワッサと(笑)
小さなスペースだけど、よーー手入れしてあるなぁ!

th_IMG_5262_20161001085530118.jpg

店内はそんなに広くないけど、タイディで書斎チックな様子を醸して居心地が良い。
ってかヘムの奥の奥、散々私ら迷って行ったのに、なんか人気の店みたいで、
写真に写っていない部分は殆どお客さんで埋まっていて大盛況。

th_IMG_5240.jpg 

お仕事やミーティング的な事に使ってる人が多い雰囲気で、そんなにワイノワイノ
って感じじゃないけど、賑わってる。こんなわかりにくとこ、みんなよー知ってるなぁ(^^;

th_IMG_5242.jpg

に、しても静かすぎるカフェも逆にあれなんで、このくらいが集中するのにちょうど
良い雑音。あらここいいじゃない?と思ってたら…?

th_IMG_5250_20161001091102262.jpg 

ん???
なんぞ????


拡大。

th_IMG_5250_20161001091102262.jpg 

なんかおる。
うお!!!
あっちにも!!!

th_IMG_5253_20161001091106513.jpg 

にゃーーーー!!!
ここ、猫カフェやったんけ!!!(≧∇≦)
でも。。。

所謂、日本でよく見る猫カフェとは随分様子が違う感じ。
というのも、客が猫を指名して呼びつけ、無理矢理理抱っこしたりヒザにしばりつけて、
相手が断り辛い事をいいことに(猫にしてみりゃ人間なんて抗う事が不可能な巨大生物
やもんな)ナデリナデリと不躾なお触りもしない。チューなんてもってのほか。
猫カフェはキャバクラではない、ということを客がみなさん、よく承知しておられる。


th_IMG_5260_20161001091138e23.jpg 


加えて、猫の扱いを知らない人の、本人はそのつもりがなくても猫にとっては
乱暴でしかない、みたいな扱いも無い。ただただお猫さまは自由奔放に歩き回り、
時々気が向いたらお客さんの横の椅子にポンッ♪と飛び乗ったりされておられる。
客はその様子に特に注意を払うでもなく淡々とお仕事なり作業をしてる。

ただし「撫でろ」とお猫さまがご所望になられた際には下僕となってご奉仕
するけど、「もうよい」と満足されたらすみやかにこちらは身を引き、
お猫さまがなさりたいよう、そして気兼ねなくお歩きになられる様、道を空け、
敢えて自分の注意を他に向けるという気遣いまで自然にしている。

猫カフェにあっては下僕である人間は慎ましやかさが求められる、ということを
無言の内に客が全員周知徹底している振舞。何だこの猫カフェ文化の高さっ。

お猫さまに対してキャバ嬢みたいな扱いをし、お猫さまのご心労をふやすばかりの
タイプの猫カフェはワタクシあまり好かんのですが、このような猫カフェなら
大変に良いっ。お猫さまがもふもふノビノビされておられる。

th_IMG_5257_201610010911362f4.jpg 

よく手入れされたふっさふっさの毛並みは触れずとも遠目で愛でるだけで
幸せになれます。シッポをポフポフお振りになるご様子など、
そばにひれ伏し命が下るのを何時間でも待ちたくなるような愛らしさ。
一瞥でも下されば、もう光栄の極みでございます。

店は、店主だけが作る物に非ず。
客と店主で作り上げる物なり。
客が良質でないとお店の価値を下げる事になりかねない。

そう言う点で、ここはなんと幸せでクオリティの高いカフェなのでしょう。
うん、仕事に集中するの大変だったけどね( ̄ー ̄)

ちなみにお猫さまの癒し効果が絶大だからか、お店のスタッフも皆さん物越し
やわらかく、こまめにお茶を追加しに来てくれたり、何かと細かい気遣いも
くださる、大変居心地の良いカフェでもありました。

th_IMG_5248_20161001091158f89.jpg 

あ、アイスラテも美味しかったです。
最後に写真一枚、感想一行ですます食べ記事ってなんやねん、って感じですが、
このカフェに関してはお猫さま最優先。

偶然にこんな素敵なカフェを見つけただなんて、打合せした方との企画、
上手く行くとしか思えない( ・`ω・´)b 

ああそれにしてもお猫さま。
また下僕になりに行きたいものです。
にゃぁ。


Oromia Cafe and Lounge
193A/D3 Nam Kỳ Khởi Nghĩa, Quận 3,




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

Food Conexion 〜 久々来訪!ランチに牡蠣がありました!

***** 2017 Jan. ***** 

うおっ、記事更新は二年半振り!
実際には間にもうちょっと行ってましたが、今回はかなり久しぶり。
こちらも、http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-4271.html の対象店なので
活用しないとですねー♪ってことで、先日女子二人で行って参りました。

そう、Accho Clubの会員になってると、2人と時のダイニングは50%引き。
超お得( ・`ω・´)b
で、久方ぶりに行ってみましたら…

th_IMG_2226_20170123190023886.jpg 

はーい、あいかわらず美しい店内。
こちらのホテルはコンヴェンションとかも良く行われるらしく、会議室設備も
良いと聞きますが、多人数に対応できるようにメインダイニングのスペースが広く、
且つ華やかさを忘れない盛りつけやラインなっぷはあいかわらず。
ただ、ちょっと品数を絞り込んでる感はあったかな?その分。。。

th_IMG_2207_20170123190025a2d.jpg th_IMG_2203_20170123190029d2a.jpg

おや、シーフードが??
いえ、以前も前菜などにシーフードが使われて履いたのですが、こんな風にシンプルに、
そのものを楽しむと言うような趣向はなかった様な。ってか牡蠣があるじゃないですか!
生食しても大丈夫なやつ?と聞くとそうだという。ならば、ってことで…

th_IMG_2215_20170123190031aad.jpg 

うん、みなさんは自己責任でね。自粛しつつ食べて下さいね。
ワタクシ過去に牡蠣をどんなにバカ食いしても当たったことがないもんで、
躊躇なくこんな量を取って来てますけど、ちぇりの大丈夫=みなさんの大丈夫、
では絶対にありませんし、単にちぇり菌>ウイルスってことだと思いますので
くれぐれもお気をつけを。

しっかしこの日の牡蠣は小ぶりながら、おいっすぃー!!!(≧∇≦)
牡蠣は飲み物( ・`ω・´)b(違います…)
結局このあと、2回お代わりに行ったから、1.5ダースは食べたなぁ。生で。
あ、焼きもおいしかったです。(焼きも食ったんかい!

th_IMG_2217_201701231900327e8.jpg 

このチーズ焼きやらネギ焼きやらは、日本も是非やると良いと思うのよ。
今シーズンだろうしさ。

聞くと去年の半ば頃から、ランチにもシーフードを取り入れてるんだそうです。
生ものですから、当然その日の仕入れによって並ぶものは違い、必ずしも牡蠣が
あるという確約は出来ないそうですが、殆どのケースであるんだとか。
充実したランチビュッフェ多しといえども、生牡蠣食べられるランチビュッフェは
少なめよなー。これはええこと知れたヾ(@⌒ー⌒@)ノ

th_IMG_2208_20170123190026b96.jpg th_IMG_2209_20170123190028cc9.jpg

チーズとかセミドライフルーツとか、少数精鋭って感じだけど、まぁ十分だよね。
質良く美味しいものが揃ってくれてれば。私、半生のプルーンが大好きで、クリー
ミーなカマンベールっぽいやつと食べるのが好きなんだよねー(^・^)

もちろんその他のお料理もあいかわらずの充実振り。以前ほど、小さいグラス
ポーション仕立ての前菜とかは減ってたけど(多分あれ手間がかかりすぎる)
あいかわらずお野菜がふんだんに用意されてて、その仕込みも美しく、ドレッシング
なども実に魅力的で種類が豊富。その場で作ってもらえるベトナムの麺類なども
もちろん常設。そして。。。

 th_IMG_2216_2017012319094509b.jpg th_IMG_2213_201701231909446aa.jpg

th_IMG_2222_201701231909480b2.jpg th_IMG_2218_20170123190946edc.jpg

上の写真の下段右、奥の方にあるスープ。
何だと思います? なんとロブスターのビスク!!おいおいおいおいwww
ランチビュッフェで出すメニューじゃねーだろそれwww

あれです。ロブスターの頭や殻の部分を焼いて煮詰めてベースを作るあのスープ。
アメリケーヌソースとかあの辺作る時みたいな手法の。手間かかるってば! 
でもまぁ材料は豊富に手に入るんだろうな。多分夜はシーフードビュッフェで
ロブスター出してたりするんだろうし、海老とかでもつくれるしなぁ。

まぁこのスープにパンを浸して食べるだけでも、私、今回の金額払う価値あるわ、
って思ったくらいよ。コスパが良すぎる。

そして忘れちゃ行けない、こちらのビュフェのお楽しみ。
スイーツビュッフェーヾ(@⌒ー⌒@)ノ

th_IMG_2202_20170123191645a47.jpg 

あいかわらず華やかねー!そして一目見ただけで手間のかかり様がよーくわかる。
各ビュッフェ、同じスイーツ部門でも得意不得意があるもんですが、こちらは
特にムース系が大変得意と見ております。

th_IMG_2223_2017012319164823f.jpg 

今回はこのココナツのムースが絶品だったわ。
これも毎日同じメニューじゃないので必ずあるとは言えないけれども、もし
見かけたら是非試してみて。写真でわかるかなー、生地の肌理の細かさ。
滑らかさ。美しい。美味なるものは美しいのです。

th_IMG_2225_20170123191646d2d.jpg 

こちらのスイーツはまたポーションを小さめにしてくれてるのも嬉しい所。
デザインのセンスもいいよねー。勉強になるわー。
で、こんな感じ。

th_IMG_2230_201701231916494d6.jpg

どんだけ食うねーんヽ(・∀・)ノ
でも見て。見ただけで分かるバリエーション。飽きないんだもん。仕方ないやん。
(量の問題どこ行った)

総括:取り揃えてるものの様相は、申し上げたように以前とは少し変わってましたが、
充実度は変わらず、若しくはシーフードがお好きな人にとっては大躍進( ・`ω・´)b
コーヒー紅茶もセルフですが含まれていて、全て込み込みで500kちょっとだった
かな。気持ち上がってたけど、コスパ考えたら文句無しです。

クオリティ変動の大きいホーチミンの中にあって、こういう変化は嬉しいですなぁ。
いや、久々に堪能しました♪お御馳走様でしたーヾ(@⌒▽⌒@)ノ




***** 2014.. Aug *****

フードコネクションさん、私の中ではホーチミンのランチビュッフェをリクエスト
された際、まず一番におススメしていたお店なのですが。。。
最近、行かれた方から情報を寄せて頂きました。

『グラスポーションの前菜がなくなっていて…
 内容的にもちぇりさんが行かれた時より落ちてたかも… 』

とのこと。なんてことっ。
メインはともかく、あのビュッフェが特徴的であったことの一つに、
グラスポーションの美しさ、美味しさ、種類の多さがあったというのに、それが
削られてしまっていたとなっては魅了が半減。。。。


以前に別の記事でも書きましたが、オープン当時は華やかにして集客に勤め、
ある程度固定客がついたり客数が安定してくると質を落としたり料金が上がったり、
という変化が見られる事が少なくない、と聞いた事があります。

自分自身はそれをあまり如実に目の当たりにした事が無いし、今回も自分が
体験したことではないのですが、日頃からこのブログを読んで他のお店にも
行ってくださってる読者の方からの情報。信頼できるだけに残念至極。

私も次回行った時は気をつけて比較してみますが、これから行かれるご予定の
方がいらっしゃいましたら、私の以前書いた記事だけでは片手落ちになりそう
ですので、そう言う情報があったということを念頭に置いてお出かけになって
いただけると助かります。


*****2014 Jun. *****

ランチタイムだから行きやすい、ってのはあるけど、此方のビュッフェが一番リピート
回数多いなー。相変わらず美味しかったです、フード・コネクションさん♪

th_IMG_2152.jpg

th_IMG_2150.jpg th_IMG_2144.jpg

今回は、前回まで定番で大好きだった焼き野菜がなかったのが残念でしたが、上記写真の
マグロのタタキ・マンゴー添えとか新しいメニューも多くなってて面白かった♪

お客さんの数も昨年末とは段違いに増えて来てて、賑わってるようで何より。
あんまり流行りすぎると入れなくなって困る、って話もあるけど、良いお店は
しっかり人気を呼んで儲けて長く続けてもらわないとこまりますもんね♪

ただ、お客さんが多くなってくると対応が難しいのか、今回はアイスクリーム
アトラクションをお願いしても「本日は難しくて…」と断られてしまいました。
初めてお連れしたお客様がいたので、ぜひやってほしかったのですが。。。

ま、たくさんのテーブルであっちもこっちもってなると難しいから仕方ない
かもしれませんね。またはスタッフさんの人数の兼ね合いだったかもですが。。。

ところで、料理もさることながら、スイーツが更にパワーアップしてたように感じたのは
気のせいだったでしょうか。種類と良い質と言い、このスイーツだけでもビュッフェとして
成立しそうな勢い。

th_IMG_2145.jpg th_IMG_2146.jpg

これで2000円チョイの金額は、やっぱりお得ですね。
ランチビュッフェで迷ったら、こちら、やっぱりおススメです♪


*****2013 Dec. *****

先日ご紹介したこちらのビュッフェ、
まさかの翌日に二連チャンで行ってしまいました(笑)

最初に行ったのが金曜日。翌日、量はあまり食べないので日頃はそんなに
ビュッフェに興味を示しそうにない相方さんが珍しく反応。
どうせならってことで、良くお食事をご一緒してくれる会社の方も誘ってみた♪

その方は大層舌が肥えてらっしゃるので、いつも初めての所におつれする際は
どきどきなのですが、日頃はお仕事で大変お忙しいので、お店を開拓する間も
なかろう、と、つたないながらも、ちぇりチョイスの精鋭どころにお連れさせて
もらってる次第。さて、今回はどうかしら???

ぶっちゃけめっちゃ気に入ったので、前日と同じ物でもいいやという感覚で
行ったのですが、全体の構成こそ似てたけど、それぞれの詳細がかなり違う!!
例えば小皿ポーションに分けられた生春巻きの具材は前日とは違ってたし、
カプレーゼは、ビーツとチーズのグリルになってた。麺物にはフォーを
アヒルと一緒にクイティヤオのように炒めた物も。これ、美味しかった!!

th_IMG_5182.jpg th_IMG_5178.jpg

グラスポーションの前菜は、種類も増えて内容も昨日とは違ってる。
今日はカニ肉をふんだんに使ったサラダ的な物が美味しかった♪
あと、ちぇりの大好きな蛤料理もあったー♪

th_IMG_5183.jpg th_IMG_5194.jpg

蛤の料理なんて、ガーッと作ったらごっちゃーと盛られててもいいのに、
ウォーマーの中に丁寧に1連だけ広げておかれてたんだよね。
どこまでディスプレイに細かいのか。。。補充も大変だろうにね。

今回お肉でめっちゃ美味しかったのはダックのテリヤキみたいなの。
これ、専門店で出されても納得いくお味!!
で。。。出来れば手づかみで骨の所しゃぶりつきたかった。。。(笑)

th_IMG_5179.jpg

チーズも前日とは違う種類の物が並べられてて、これまた美味。
右のお寿司の内容は前日と同じだったんだけど、写真の、中が黒っぽく見えるやつ、
何かの佃煮っぽかったんだけど、シャリシャリと軽いクリスピー感があって
美味しかったので正体は何かを聞いたら、鮭の皮なんですって!!

th_IMG_5199.jpg th_IMG_5190.jpg


それがちっとも生臭さとかが無くて、ひじょーに美味しい。
お寿司にクリスピーナ素材を合わせるってのも楽しいし、お寿司担当の方の
ご自慢の一品なんですって。すごいニコニコしながら解説してくれた♪

パンコーナーで、粉砂糖をフリフリしている人がいたので、
なにしてるのー?って聞いたら、

『Making a Christmas!』

th_IMG_5184.jpg

ですって(笑)
キュートよね(*´艸`*)
お寿司コーナーの方もそうだったけど,こちらのビュッフェが好きな理由は、
お料理の味だけじゃなくて、スタッフの方がとても気持ち良くお仕事されてる
所も大きいかしら。気軽に話しかけてくれるし、どなたも誇りを持って自分の
箇所を担当しておられるように感じます♪

卵のファルシは、前日はアヴォカドメインだったけど、今日は甘辛テイストの
味だった。好み。スープはアスパラガスをチョイス。もう一つはココナツベースで
ちょっとアジアンな感じだったかな。リッチなお味で、決して種類を間に合わせる
だけのものには思えなかったわー。

th_IMG_5180.jpg th_IMG_5200.jpg

スイーツも充実。
前日に違わず(笑)

th_IMG_5235.jpg

写真,ドンドン行っちゃう(笑)

th_IMG_5234.jpg

で、前日もあったけど手を付けなかったのが、こちらのお菓子。
白い部分はメレンゲでケースになってて、中にカスタードとクリームが!!

th_IMG_5233.jpg

レモンタルトのメレンゲが甘かったから、このお菓子も甘いだろうと手を出して
なかったのだけど、こちらは焦げ目をつけないようにする為かお砂糖控えめ。
で、お粉を殆ど使ってない分、パートシュクレ(タルト生地)よりも断然軽い!!
うまいじゃないか!!

こういうメレンゲでケースを作ったタルトのようなお菓子を、PAVLOVAって
言うんですってね。恥ずかしながら初めて聞いた(^^;  そして日本では
あんまり、ってか、殆ど遭遇した事なかった。同じメレンゲでマカロンは
ポピュラーなんだけどねー。

で、結局3つも食べちゃったよ、これだけで(爆)
そのくらい軽いし美味しい。今目の前にあったら5個は食べれる(笑)
シンプルなお味なんだけど、食感が秀逸。ビュフェ後半になると
クリームの水分で若干湿気って来てる感があったので、ちょっとお早めに
お試しになられる事をおすすめ。

で、これまたゆとりが無くて前日には試してなかった果物も食べてみたんですが…

th_IMG_5236.jpg

なんか果物ですら、一級品というか、大変美味しゅうございました。
特にピンクグワバ?!かな?青いのはガシガシするだけであんまり好きじゃ
なかったんだけど、モモのような柔らかさがあって美味しい、これ!!
お腹が一杯じゃなかったら、お皿に山盛り食べたかった(笑)

で、思ったんですけど、こちらの料理の数って、一流ホテルの広大なビュッフェほど
たくさんではないんですが、ちょっぴりずつなら一通りぜーんぶ食べられるかも?
って感じなんですよね(笑)  数が多いって見目には嬉しいんだけど、全く手を
つけられない物も多くて残念な事があったりしません?(笑)

その点、こちらのだと、ひと通り味見が出来て、更にお気に入りを追加でって
こともできるのがいいなーって。ええ、人によっては、とてもひと通りなんて
食べられないようですが、ちぇりは食べれましたよっと(笑)

宿泊客が連日来られる事も見込んでか、ほんと、味わいや素材をがらっと変えてて、
連日の訪問でも新鮮みが十分にあって、すごくよかった。毎日変えるなんて大変
ですね!とシェフに言ったら、『あなたが今日も来る事知ってたから頑張りましたよ♪』
ですって(笑)  シェフはとても気軽に質問に答えてくれるチャーミングな方なので、
英語が出来る方はぜひ、話しかけてみてほしいです。とても楽しそうにお料理の
お話してくださいますよ♪

あと、土曜日が平日扱いの料金ってのも嬉しいですね。
家族をビュッフェに誘いたくても、土日は倍額近くになる所もあったりして
お得感が半減したり、行きにくかったりするのですが、土曜にお休みが
もらえた時は、平日通りにたのしめるのだから嬉しい話。
お誘いした会社の方も,とても喜んで下さってた様子。

詳しい時間や料金、住所は前記事をご覧下さい♪
そして機会があったらぜひお試しを。
土曜日だから金曜日よりは若干お客が多かったけど、まだまだ今が
狙い目ですよっ(笑) 極端な混雑が無い中ゆっくり楽しめるし、
「こんなとこ行って来たよー」と言えるのも今のうち!!
おすすめです☆

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村

Babros Coffee Roaster 〜 いいっ。ここ好き!

***** 2017 Jan. already again?!*****

行って来た。
予告通りすぐ行って来た(笑)
だって気になったんだもーん、ピザトースト!
はい、ドーンヾ(@⌒▽⌒@)ノ

th_IMG_2257.jpg 

うひゃあっ、美味しそう♪
しかもサラダ付きだーっヾ(@⌒▽⌒@)ノ

うん、ピザトーストですよ。なんだったらお家でも良くやるから、そんな
珍しいもんじゃないですよね。でもピザじゃなくて、ピザトースト。
お外で気軽に食べれる所って私そんなに知らなかったのと、なんせ前回の
シナモントーストで上げられた期待値が高い。わくわっくしながら食べたよね♪

th_IMG_2258_201701231643500c2.jpg 

全景。
やっぱりこちらも食べ易いように切り込みが入れられてて、ふぉっくふぉくの食パン
さん。それにキュッと味が絞り込まれたトマトソース+フレッシュのプチトマト!
これ、ポイント!!

美味しいピザソース使ってたら追いトマトは要らん気もするけど、薄いピザ生地
じゃなく,食パンの場合な。がふーっと齧り付いた場合、お口の中が乾き気味に。
そこにフレッシュのトマトの「ぷちゅ♡」があってくれたら、随分と食べ易くなる。
そのバランスが好きなので、私も家で作るときは良く使うんですが、こちらの
お店のも「ぷちゅ♡」があったー♪

あ、行っとく?
ひとくち、行っとく?
はい、あーんヾ(@⌒0⌒@)ノ

th_IMG_2260_201701231643533d2.jpg 

th_IMG_2259_201701231643512ee.jpg th_IMG_2256.jpg

っちゅーか、バランスええわー。
知ってる味ですよ?ピザトーストですもん。「こんなの食べたことないー!」
とかじゃないです。なのに、もろもろのバランスが良いからか、単に私の好み
だったからか、もう霞のように消えてったよね、胃袋にw 
おいしかったぁん(*´ω`)

細く細くシュレッドされてるキャベツのサラダも、嗚呼我が日本の喫茶店。
もうこのサラダで郷愁そそられるとか、自分、どんだけ日本から遠くなって
いるのか。いや、定食屋さんとかには出てくるのかな、この手のサラダ。
でも決して「つけあわせ」的な雑さはなかったですよ。

いや、付け合わせというポジションではあるのだけど、シャキーっとして
清廉で。一片のキャベツも残さず、頂きました。んまし。

土曜日の午前中だったのですが、意外なことに、ローカルのお客さんでほぼ
満員状態!えーっ、まだ宣伝とかされてないと聞いてたのに、みなさん、
クチコミやらなにやらで知ったのかしら。目ざとい。。。

トーストとかはメニューに控えめに書かれていて「目玉です」って感じじゃなく、
コーヒー推しな様相なのに、このピザトーストやシナモントーストを頼んでた
方が多くいらっしゃった様なのも印象的。あれ、絶対誰かに聞いてるでなぁ。

今月オープンしたばかりでこの人気振り。
決して派手な場所にある訳じゃないのに、やっぱりすげーな。

んでね、メニューにホットサンドあるの見つけてん。
………さ、行って来よか…(。-_-。)



***** 2017 Jan. *****

私、ブログから呼びかけのオフ会と化したことないんですが、最近各方面の
繋がりから色んな方とお会いするようになって、先日も知り合い伝てで
ご一緒させてもらった人から「読んでますよー!」と言って頂き、感激の極み。

で、その方よくよく読み込んで下さってるから、どのお店に私が行って、
どのお店に未だ私が行ってないか(書いてないか)良くご存知。そこで
もちかけてくれたんです。

「ちぇりさん、ここのカフェ行った事ありますか?」

知らんなー。場所的にCuc Gachの近くっぽい。
最近あの辺ご用事で行くことが多いから、カフェ情報ってありがたい。
どんなとこやろ、と情報を貰って見るも、名前に全く聞き覚えがない。。。

「シナモントーストがめっちゃ美味しかったんですよ!」

(ガタ…っ!!!)

シナモントーストだってっ。
いきなりちぇりさんの♡を鷲掴み。
ニッキは嫌いだが(生八つ橋食べれない人)シナモンは好き。
だからこそシナモンレシピには並々ならぬ思い入れを持つちぇりさん、
聞いた二日後に行ったよね。気持ち的には翌日行きたかったんだけど、
ちょっと時間が取れなくて、2日後に無理矢理行ったよね。

th_IMG_2074_2017011918212874b.jpg 

th_IMG_2076_20170119182130ff6.jpg

わーお、素敵なカフェだとは聞いてたけど、創り込みがすごい。
エントランスからしてキチっとキュッと。周りがローカルっぽい空気感な
だけに余計に際立ってる感じ。そしてドアを開けて入ってみると…?

th_IMG_2084_20170119182136aa6.jpg 

「いらっしゃいませ!」
…って、え?日本の方???(´⊙ω⊙`)
その情報はもらってなかったのでちょっと驚いたけど…

th_IMG_2079_20170119182131a53.jpg

わお。内装は更に素敵。
ってか。。。。何だろうこの空気感。
ただセンスが良いってだけじゃなくて…

th_IMG_2081.jpg

こう。。。そうだ。日本の拘りの喫茶店に居る感覚。
すごく落ち着く、というか、しっくりくるというか。
日本の喫茶店にしては床面積がとても広くて、机同士の間のスペースも広くて
ゆったりしているけれども、空気感が、なんか日本。それは単に迎えてくれた
声が「いらっしゃいませ」だったってだけじゃないと思うんだけど、今時分が
どの国に居るか、ちょっとわかんなくなってきた(笑)


th_IMG_2080_201701191821334c2.jpg

聞けば、この一月にこちらのお店をオープンしたばかりで、あれこれ拘ってたら
外注できずに、内装まで全部ご自分たちでやってしまわれたのだとか!
えー!!(笑)

ああでもだからか、と同時に納得も。
なんというか、デザインとかそういう話だけじゃなく、きっと細やかな所の拘り
方が日本人のそれというか、細部が醸すものってあるじゃないですか。
そういうのが感覚的なものになってこちらに語りかけて来ると言うか。

いや、同じ日本人でも私の様なガサツなのもいるんで、「日本人全部が繊細」と
いうつもりはないのですが、ほら、コーヒーに拘る方とか、いろんなことに
気を配られるケース多いじゃないですか。

メニューには頼み易いブレンドなどの基本的なもの+軽食のページと、更に
踏み込んだ詳しいコーヒーのメニューが。私は余りコーヒーに明るくないので、
ひとまずは「あまり酸味の無い物が良い」とだけ伝えて、シグナチャー・コーヒー
の内、酸味があまり強くない方のものを。一緒に頼んだのは…?

th_IMG_2085_201701191821370cd.jpg 

シナモントースト!
こちらのカフェを教えてくれた人がおススメの一品。
実はこのお店に来る直前に麺を1つ食べて来てたんだけど(笑)
デザートデザート。。。(笑)

これがもう、運ばれて来たときにコーヒーの香りと空気中で交ざり合って、
とても幸せな美味しそうな香りに(^・^)
見た目は、すごくシンプルですよね。
でもこれ、食べたらビックリしますよ。

th_IMG_2086_20170119182139e37.jpg


まずパンのセレクトが良くって、ホーチミンにこんな美味しい食パンあったっけなぁ、
と首をひねることしばし。まぁ上手に調理されてたので食パンだけの味わいってのは
わからないのですが、目が細やかでフォッカフォカ。

皿に面した側ですら美しくトーストされてサクサクとしてたのですが、表面!
表側の面!トースト時にお砂糖がジャリジャリザグザグしてて、やーーー!
これ、おいしー!!(≧∇≦)

んでね?んでね?表面は薄く小気味良いガリガリ感なのに、中がしーっとり。
シロップとクリームがついてるんだけど、もうこのトースト自体だけで完璧に
世界が成立してる!食べ易いように1枚を半分に切ったものに更に切り込みが
入れられているお心遣いも味わいの1つ。

th_IMG_2087_20170119182140d9b.jpg  th_IMG_2088_20170119182142960.jpg

そしてやっぱり要らんかなと思ってたこのクリームも、食べて見ると美味しい(笑)
ご自分の所でホイップされてるとのことでしたが、油脂分が少なめなのか、
泡立て方がお上手なのか、お口の中でホワッとないなる。色が少し黄み
がかってて味もまろやかなんでカスタードでも交ざってるんかいな?と
思った程だったのだけど、そう言う話でもないらしい。
くどくないから、パンにたっぷり添えて食べても「パンが主役」、という
ポジションは守ってると言う奥ゆかしさもあり、素晴らしい。

っちゅーか幸せ。
コーヒーもフックリこっくりととても豊かに感じられる味で、これまた
口にするとこう、舌にどうのというよりは、体中に染みると言うか。
砂糖を入れずにいただいていると、シナモントーストとの相性がまた良い。

こんな幸せ、あったのね(*´ω`)
あ、お裾分け、いっとく?はい、あーん(・0・)

th_IMG_2089_201701191821439c4.jpg th_IMG_2090_20170119182145cda.jpg

しかしそれにしても。。。居心地が良い。
私、ホーチミン大好きだし、ここはホーチミンなのだから、むしろローカルなものを
楽しむべし、的な方向性を持っていたと思ってました。郷に入っては郷に従え。
もちろんたまに日本のモノがあってくれれば、それはとても便利でありがたいの
だけど、そこに日本そのものを求めようとはしていなかったし、「気分が味わえ
れば十分ありがたい」くらいに思ってました。でも。。

この落ち着き感。しっくりさ加減。
求めていたつもりはないけど、与えられて初めてしった自分の欲求。
こういう場所、欲しかったんだなぁ。。。自分。。。

時間に限りがあったのでもう30分もすれば席を立たないといけない、って状況
だったのですが、叶うことならあと数時間くらいお邪魔していたかった…
(御迷惑ですよっ)。実際ほんの短い時間ですごく書き物も捗ったし。

それにしたってあと30分。
ちょうどバランスよく平らげてしまったコーヒーとシナモントーストの残骸だけを
前にそのまますごすのもなんだったし、水出しコーヒーの装置が気になってたので
聞いてみたら、水出しコーヒーのアイスがあるというので、追加注文。

th_IMG_2091_2017011918214678c.jpg

「少し濃いめになっておりますので、よろしかったらミルクとシロップをどうぞ」

とのことだったのだけど、まずはひと口。
おっほ、濃いは濃いのだけど、すんごいふくよか、なのに後口がスキーッとしてて
美味しいって、ひと言で言っちゃいけない感じ。すごく充実してて清廉。
ただやっぱり気持ちアタックが強めなので、シロップを少したらしてみました。

これも、なかなかこちらの素材じゃお気に召さなかったとかで、日本からお砂糖を
持って来ての手作りなんですって! さっきあまり使わなかったけど、シナモン
トーストに添えられてたの、ハチミツかと思ってたけどこれだったのかしら。

そしてこのシロップを控えめに垂らすとですね。どうなったと思います?
もうこれ、お酒の様な充実感。グーグーガンモがコーヒー飲んで酔っ払ってたの、
あながち変なことでもなかったんじゃないかと思われる、すんごい色香。(古い…

水出しコーヒーを使ったレシピで「琥珀の女王」というのがあって、見つける度に
試してみるのだけど、最初に口にした別府の「グリーンスポット」というコーヒー屋
さんでのみ、その「お酒の様な色香」を感じたんよね。それを求めてその後色んな
場所で水出しコーヒー、または琥珀の女王を試してるんだけど、そのふくよかさに
出会うことはなくここに至ったわけですが。。。

あった。ホーチミンに。
1人だったんで、あんまり大げさには騒ぎませんでしたが、内心「うわっほー!!」
と小躍り大踊り。「酒の様なもの」が好きなんなら酒飲めよ、と突っ込まれそう
ですが、コーヒーが含むお酒の様なふくよかさってのは、またお酒と違った高揚感が
ありましてね。これはこれ。また別物なんです。とにかく。。。

豆の事とか詳しいことはわからないんですが、私が大好きな味で且つ、そうそう
出会えるものではなかったものに出会えたことは記しておきます。なんてこった。

そういえば店に入ったら、偶然にも大好きな飯友達がお仕事の打合せをして
ましてwww さすがワタクシの飯友である。
早速、且つ同タイミングでこのお店にいるとは、タダモノではないw 
曰く、「ピザトーストもメッチャ美味しかったですよ!」と。

行けと。またすぐに食べに行け、と。
わかりましたよ。伺いますよ。あんな美味しいコーヒーを頂けるのなら、
お仕事もさぞや捗るでしょうし、シナモントーストから察するに、きっと他の
メニューも美味しいに違いない。交通費出しても行く価値あるわ。

ベトナムの飲食事情、日に日に良くなってるのは体感しているところですが、
そんな中でも、こんな方向でポーンと飛び抜けたお店ができてくれたりするから
油断がならない(笑) そしてそう言う素敵なお店が次々に出来て行く様子を
目の当たりにして体感できるのですから、今の時代のホーチミンに住まわせて
もらえてるって、ホントにラッキーなことですわー♪

ベトナムのコーヒーも美味しいけれど、たまに日式珈琲も恋しくなりますよね。
そしてここに行くと、細やかなサービスと拘り抜かれたレシピの軽食と、
日本人が落ち着く空間が迎えてくれます。そう言う場所が恋しくなったら、
是非思い出して行ってみて下さいませ。きっとお気に入りのお店になるん
じゃないかなーと思います♪



th_IMG_2233.jpg th_IMG_2234_201701192155385ac.jpg


Babros Coffee Roaster
54 Dang Dung St. Q1




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

Brainergy Coffee 〜 旅行者さんも楽しいかも♪

ベンタン近く、Le Loi 通りの目立つ所にあるので、もう行かれたことが
ある方も多いかもしれませんが、一階が本屋さん兼雑貨屋さんで、
2階にカフェスペースがあるお店。

th_IMG_1759_20170123160638874.jpg 

この1階の本屋さんが秀逸でさーっ。外国の本屋さんなんて言葉わかん
ないし行ってもなーって方もおられるかもですが、さすがに場所柄、
客層を押さえているようで、ビジュアルに楽しい作品が揃えられてるっぽい。

th_IMG_1760_2017012316064004b.jpg

例えば個人的に気になったのは、お料理本。
外国のお料理本って、文字ばっかりだったり写真に力らをあまりいれてない
パターンのものもあるのですが、こちらに置かれてるのは、どれも写真や
レイアウトが美しく、編集もかなり魅力的なものばかり。

th_IMG_1754_20170123160631fc0.jpg  

定番の、「バイクにどんだけ荷物積むねん!」写真集とか、ベトナムの民族衣装や
民族雑貨などの写真集など、見目華やか且つ、とても朗らかなものが多くて、
表紙を見ているだけでもニコニコしちゃう。ってか、なによ。「バインミー・
ハンドブック」ってwww お店情報とか作り方とかの本なのかしらね???

まぁ、日本でも「これで制覇!大阪たこやきガイド!」とかありそうやもんな。
800万都市ホーチミン。食い倒れの街ホーチミン。そらバインミーだけでも
1冊本を作れるわな。

th_IMG_1756_2017012316063452a.jpg 

あと、絵本みたいなのも気になったな。
絵本なんて日本国内でもものすごい傾向の違うものがあるんだから、ホーチミンにも
そりゃー色んなタッチのものがあって興味深い。

th_IMG_1757_201701231606368d1.jpg 

プロパガンダコースターとかもあって、これは自宅にも欲しいし、
お土産なんかにもありじゃないかなー。軽いしコンパクトだし実用性もある(笑)

th_IMG_1785_20170123160642ee5.jpg 

th_IMG_1786_20170123160643e4e.jpg

間口はそんなに広くないし、ウナギの寝床みたいな感じのスペースなんだけど、
デザインがすごく良い。限られたスペースなのにものすごく見応えがある。
ありきたりのお土産物屋さんとかだと、あーはいはい、みたいな感じになるんだ
けども、ここにはライブラリー的な要素もありつつ、土産物散策にもよく良い感じ♪
単純に楽しいです(^・^)

th_IMG_1758_201701231606371ad.jpg 

カフェスペースがちょっとわかりにくいので、躊躇してしまう方が
おられるかもですが、1階本屋さんの奥の方までズンズンずんと進んで、
左側に階段見つけたら、ザックザックと上がってってください。
すると、じゃじゃん♪

th_IMG_1787_20170123160644bfc.jpg 

仕上げて来てるなーっ。かっこいい。
色んなタイプがあるけど、ホーチミンのカフェって、どこもここもかっこいい
ですよねー。カフェデザイナーさんとか、特化したデザイナーさんがいたり
するんかなぁ。初めてのカフェに入るときはいつも楽しみ。

th_IMG_1790_20170123160649584.jpg 

メニューは、場所の割にはそこそこお安目、かな?
ベトナムコーヒーのベーシックで22kドン。これは立ち寄り易い。

th_IMG_1789_20170123160648c00.jpg 

この日、この時はお客さんが少ない時間帯だったのか、あまりココの2階を
目指す人がいないのか、ノーゲスト。Wi-Fiがサクサクだったので、おかげさまで
随分と作業が捗りました(^・^) 良い感じ♪

th_IMG_1791_20170123160650268.jpg 

で、味はどうだったんだってか?
うん、まぁ、ね。
こんだけ味以外のことを先にガンガン書いてたらお察しの通り、極普通でしたw
ひどかったら流石にこれ、飲食カテゴリーじゃなく、お買い物カテゴリーに押し
込める所ですが、まぁ普通www

th_IMG_1792_20170123160652fd2.jpg 

いーじゃないか、そういうところがあったってw
ダントツな味を期待する価格でもないし、なにより雰囲気がここの御馳走。
何を売りにするかはカフェそれぞれだもんね。
街中の、キュッとしたスペースにこういうお店を創り出すって言うセンスが素敵よ。

旅行者の皆さんは、ほぼほぼ全員が通りかかる道じゃなかろうかと思いますし、
在住者の方達にはミーティングポイントとしても活用し易いかも。
機会があったら、ぜひ、覗いてみて下さいね。お茶飲まなくても、書籍がとっても
面白かったので♪(だから「お茶飲まなくても」とか言わない…www)


Brainergy Coffe
46 Le Loi  Q1
sidetitleプロフィールsidetitle

Author:ちぇり
FC2ブログへようこそ!

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleブログ村PVランキングsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR