ミミガーの酢の物?

コープのお惣菜コーナーでこんなもン見つけて買ってみました。

th_IMG_2314_201702101732300a6.jpg 

ミミガーの酢の物?!(´⊙ω⊙`)
軟骨のコリュコリュと脂身のネッチリが美味しい豚の耳。
大抵の場合は甘辛系の味で煮付けてあるか、塩胡椒系で炒めて
ある鹿田と思ってたのですが、酢の物!

組み合わせ的には珍しい物ではないから、知ってる人には極
普通の物なんかなぁ。自分的にはミミガーと酢の物って、
経験したことが無かったのでかなり新鮮。

唐辛子とニンニク、エシャロットなどがゴロゴロ入ってたので、
日本の酢の物とはちょっと趣が違いましたが、食べて見ると、
あらアッサリ♪ いいじゃない?

ただ、こちらのお酢を使ってるようで、ちょーっと酸味のパンチが
弱かったので、自分の好みの三杯酢を作ってつけ直し。


th_IMG_2315.jpg 

ラー油も加えてピリ辛に。
辛いのが苦手だったら、ごま油で中華風に。
もちょっとクッキリした味が欲しかったら、お醤油を少々。
アレンジ自在。

で、これが冷蔵状態だったらそこそこ日持ちがするようだし、
サッと出せる良いおつまみに♪

所変わればなんとやら。
なるほどなー、ミミガーの酢の物。
目からウロコの一品でした♪




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ


☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★

 <イライラTrade Off> 更新!(バックナンバーでご覧頂けます) 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】

☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★


スポンサーサイト

酸っぱい白菜の漬け物作ってます

台湾や。ああ台湾や、台湾や。
未だ忘れえぬあの美味しさ。

いろいろあるんだけれども、やっぱりの酸っぱい白菜のお鍋がよかったなー。
黒おにぎりや小籠包も美味しかったんだけど、あのお鍋。斬新。
白菜の古漬けがあんなおいしい事になるとは。
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-4445.html

ってことで、白菜の古漬け作ろうぜ企画、実施中。
考えたら白菜の浅漬けはよく作るけど(しかもその時食べる分だけちょっぴり)
ちゃんとした白菜のお漬け物ってわざわざ自分で作った事がなかったかも。

ってことで、まずは天日干しからスタート(^・^)

th_IMG_0031_20161214025633652.jpg 

真の部分に少し切れ目を入れて手で4つに割いた白菜を半日程干しまして。
塩の加減は確か白菜の重さの2%だったか3%だったかとうろ覚え。
直接食べるのではなく、鍋にする為の白菜漬けなので昆布を多めに
しようと思い、少なめの2%を採用。

葉の一枚一枚の間、特に根っこの部分は丁寧に塩を振り入れて残りの塩を全体に。
昆布はハサミでチョキチョキ切った物を適当に。
鷹の爪と柚子がなかったので、赤柚子胡椒で代用。(それはあるんだw)

とりあえず実験的に作るだけなので全体量は1キロ弱。
本当は塩分や酸に強いホーローの容器が良かったと思うんだけど、
少量だし、ホーチミンだと常温に放置するのも憚られる=冷蔵庫保管必須
なので、ここはタッパーで代用。

重石は。。。
水袋で代用(笑)

th_IMG_0146_201612140256366cd.jpg 

白菜量が1キロだからね。もっと大量だと効率良い重石の用がよいだろうけど、
取りあえずこの量ならビニールに水を入れた物で重量稼げる。
白菜の上に、重さが均等に散るように器よりひと回り小さいタッパーの蓋を
噛ませて重石ならぬ重水。で、冷蔵庫へ。

この先、水がちゃんと上がってくれれば(そして塩加減間違えてなければw)
そこそこのもんが出来ると思うんだけどどうかなー、と思いつつ、恐る恐る
翌日冷蔵庫を覗いて見ると…?


th_IMG_0145_20161214025635671.jpg

おおっ。だいぶん水が上がっとるじゃないか!
果たしてこの翌日にはさら水量が増えており、現在順調に育っております(^・^)
酸っぱい白菜のお鍋にする為の白菜なので、今すぐ食べたりはせずにしばし我慢。

ってか、こんなに順調に育ってくれると、大量に作りたくなるな。
といって、重石はかなりの邪魔になるから。。。
あの、あれが欲しい。なんかネジ式で中部がグイグイねじ込んで圧力かける
万力タイプの漬け物容器。昭和の家によくあったヤツ。

そうだ、この時期だもの。
サンタさんにお願いしよう。

サンタさん、ネジ式の漬け物器をちぇりにプレゼントして下さいヽ(・∀・)ノ
ダイヤモンドとかオープンカーより、ちぇりは今、漬け物器が欲しいです。
あーめーん♪ (なんか色々ちがう)





にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

【閑話休題】ミタゾノ・カレーを作ってみました( ・`ω・´)b

日本で放映されてる「家政夫のミタゾノ」。
深夜枠だし,松岡君女装しとるしでなんぞこれ、と思ってたんだけど、
松岡君が思いのほか吹っ切ってて面白い(笑)

プラス、ワタクシの年代的には「トッツィー」を彷彿とさせられ、
なんだかついつい見ています。はい、古いですね。30代以下の方、
知らんですわな。ダスティン・ホフマンの「トッツィー」。

有名どころの助走と言えば故・ロビン・ウイリアムズの「ミセス・ダウト」や
「ヘアスプレー」のジョン・トラボルタとかありますが、あのクラスの男優さんが
やった女装で且つ話題を集めたのは「トッツィー」が走りだったような。

んで、「家政夫」なんです。女装した松岡君。
サスペンスタッチ、時にはミステリータッチな小劇場的ストーリーの中に、
ちょいちょい「お婆ちゃんの知恵袋的」家事技を盛り込んで来てて、
そのバランス感覚が面白い。ついでにいうとその家事技がほんとにすぐに
応用できちゃいそうで、やってみたくなるんですね。

というわけで、先日の回で登場してた、ミタゾノ・カレーを作って来ました( ・`ω・´)b
ええ、もう矢も盾もたまらなくなって(笑)

このカレー、「手軽に一日寝かせたような味を出す」が売りなんですが、
なーんと、最初に野菜類を炒めも煮もせず、いきなりミキサーにかけて砕いて
しまうという!なにーっ(笑)

th_IMG_8702 のコピー 

更に番組の中では、肉も一緒に砕いてしまうと言う設定になってました。
うん、ミンチ上の方が味は出やすいから合理的。ではあるけど、私はお肉は
ゴロゴロがよかったので、お肉だけは別にカットして投入しました。
野菜類は人参・玉ねぎ・ニンニク・生姜・ジャガ芋。量は適当。

ミキサー回す為の水分は、番組内ではリンゴジュースってなってたかな?
ちぇりバージョンでは白いワインで。なんなら水でも問題ないと思うし、
ベトナムに居るならココナツジュースとかデモ美味しいと思うの。

そして、煮る。
どんだけアクが上がって来るかと思いきや、意外と上がって来なくてラクチン。
で、結構煮上げたんだけど、思うほどベースに深みが出てない様な。。。

普段は材料に少しの水分を足しては煮詰め、足しては煮詰めという手法を使ってて
それだともうルーを入れなくてもいいんじゃね?ってくらいの味になるので
ちょっと拍子抜け。コレで本当に一晩寝かせた様なカレーになるのか…?

th_IMG_8705_20161120131919ca4.jpg 

ルーを入れる段階で、カレールーがない事が判明。
え?ヽ(・∀・)ノ

というわけで、ビーフシチューのルーはあったのでそれをベースに、インドネシアの
ソトアヤムや発酵唐辛子、ガラムマサラ、ブラックココアなどを足してカレーっぽい
味に。なんでそんなもんが色々あるのにカレールーが無いんだよ。。。

ミタゾノさんによれば、鍵は「ピーナツバター」。
なるほど、一晩寝かせた様なコクってのは煮込み方や材料を砕いてから煮るって
とこより、この一点の威力が大きいようだな。

th_IMG_8707 (1) 

コク云々に関しては。。。うん、自分の味の調合次第+ピーナツバターがカバー
する所が多いかなって感じたけど、このルーの食感が良い!砕いた野菜の繊維が
全体をフワフワな感じに。同時に、その繊維が水分を含む感じで、全体としては
トロみと言うか濃度があるようにまとまってる。

小麦粉と脂がタップリの日本のカレールーだけで同じトロみを出そうとしたら
かなり重たくなるけれど、この野菜の繊維で濃度を保てるため、例えば粉末の
カレーミックススパイスやその他の調味料を加えるだけでも、十分ぽってりした
感じになる。食感的濃度はあるけど、口当たりや胃には軽く、ふわふわとした
不思議食感。

うんっ、これ味よりこの食感を得る為に、「野菜を砕いてから煮る」って手法は
ものすごくあり!!

玉ねぎとか、フードプロセッサーやミキサーに生でかけると苦味が出ちゃって
調理し難い感があったんだけど、なるほど。カレーならそこもカバーできるし、
むしろココアやコーヒーで苦味を和えてプラス事もある事を考えれば、
カレーに関しては有効な調理法とも言えるか。

ドラマの中では、砕いて全部混ぜちゃうから人参嫌いの子供さんにも美味しく
人参を食べてもらえるって設定でした。わからなくして食べる事が好き嫌いの
克服に繋がるかはわからないし、昨今では好き嫌いを失くす事はそんなに大事か?
って議論もあるので、個々はオマケ的に考えて頂きたいですが(笑)、栄養素的に
摂取してもらった方が良いなとお考えの場合には有功ですね。

別に難しい事でもややこしいことでもないのに、思いつかなかったレシピだなぁ♪
発想の勝利ですね。ええもん教えてもろたーヾ(@⌒ー⌒@)ノ





にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

チキンソルトなるものを頂きました♪

オーストラリアでは定番のお塩なんですって。
先日頂いたのですが、これがまーっ、ジャンキーなお味で使い甲斐がある!(笑)
(褒め言葉ですw)

th_IMG_6188_20161017190801171.jpg 

チキンフレーバーなので、塩の味自体にボリュームがあるため、マヨネーズと混ぜて
アッサリとした茹で野菜につけたり、シンプルなフライドポテトに降ったり、
目玉焼き、野菜炒めなんかにとても良く合う♪

例えばお肉ちょっとでやる野菜炒めとかも、コイツで味つけると、お野菜自体の
味がボリューミーになり、お肉がそんなにたくさんじゃなくても満足感があるん
ですよねー。

ダイエットとかさ、そういうので何でもかんでもライトにしちゃうと、なんか
「足りない」感があって欠乏しちゃって続かない、またはどっかでヘヴィな物を
どか食いしちゃうなんてことになりかねないんだけど、こうやって、取るべき野菜の
味のボリュームをしっかり確保して頂くと、結果、お野菜メインなのに充分満足、
って結果に持って行けたりするんですよねー(^・^)
ベジタブル炒飯の時なんかにもこれを使えば、はい、リッチ♪


th_IMG_6176_20161017190800103.jpg 

これくれた方、オーストラリアに長くいらした方で、あちらでは
「当然のように」キッチンにあるもののようで、私が初めて使うと言ったら、
「知らないのぉおお?!」
と驚愕されておりました(笑)

クレイジーソルトとかとはまたちょっと違う趣…というか、
ぶちゃけいえば、ジャンキーなんだけど(笑)、分かりやすくて美味しいわこれ。
いまじゃすっかりキッチンのスタメン。なくなったら。。。

買いに行くかな、オーストラリア。←コイツホントにやりかねんぞw






にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

Bot Banh Ran 〜 味の素さんのホットケーキミックス♪

ホットケーキミックスって、あんまり使わないんですが、
あると何かと便利なので常備はしておくんですが。。。

ホーチミンで見かける輸入ものパンケーキミックスなりホットケーキ
ミックス、買ったのが軒並み美味しくなかったんですよね(´Д` )
しかも1キロ単位とかで売られてて、高いわマズイは処置に困るわ。。。

で、買わなくなってたんですが、しばらく前ごろから、味の素さんが
出されたホットケーキミックスが出回りましたよね。
あれ、200g単にだし使いやすそうだなーと思って買っておいたんです。

th_IMG_6178_20161017174820121.jpg 

で、しばらく使ってなかったんですが、先日ペチョーン(´・ω・`)
となることがあったので、これは元気になるお薬を補充しなければ
ならない( ・`ω・´)b と思い立って焼いてみました。
これがものっすごく優秀♪

まず、卵が要らない。
卵は濃度にムラがあるので、普段は牛乳と混ぜてから粉と合わせる、という
手順を取るのですが、ブレンダーででもミックスしないとやっぱりムラは残るし、
ムラが残るとどうなるかというと、粉との馴染みが悪くなったり、馴染ませたあとも
まだムラが残ったりになるので、混ぜる階数が増えるんですね。

混ぜる階数が増えると、小麦粉からグルテン(粘り)が出て来てモッテリ
と重たい生地なる。お菓子を作る方はご存知と思いますが、軽く仕上げたい
生地を焼く際には、粉と水分、混ぜたらなるべく短時間で火入れを始めるのが
鉄則。なので、なるべく少ない回数で水分と粉を混ぜられるに越した事は
ないのですが。。。。

このホットケーキミックスは、卵を使わず、牛乳を混ぜるだけ。
プラス、お粉の配合にも工夫をされているのかなぁ。ものっすごく
馴染みがよくても、本当に必要最低限で混ぜ合わせる事ができました。
= 生地の状態が大変に良いので。。。

th_IMG_6177_20161017174817c4b.jpg 

焼け具合がとても良いヾ(@⌒ー⌒@)ノ
もうこの時点でなんか幸せになって来た(笑)

焼けたのんにはバターと蜂蜜。
もうお薬だから遠慮せずにドバドバかけたったw
(用法用量は適切に…www)

th_IMG_6191_201610181123268d4.jpg 

中もサックリフワッとしててねー、
なんか自分がホットケーキ焼くの上手になった気分(笑)
食べ口が重たいのも苦手で普通のホットケーキは殆ど作らなかったんだけど、
これならちょっとパッと作って食べたくなるわぁ♪


th_IMG_6180_2016101717482027c.jpg

味もね、あんまり香料は強すぎないけど、でも自前で作ってバニラエッセンス
落としただけでは引き出せん、ホットケーキミックス特有の香ばしくて
甘やかな香があって、ものすごく好み。それでいて甘すぎる事も重い事もないし。

なにより、今まで使った事のあるホットケーキミックス、日本のを併せても
個人的には一番使いやすいんちゃうか?という印象。
何が違うんやろな。すっごい生地が扱いやすいの。
やっぱり卵入れんって所が大きいんかなぁ。

そんな派手なお菓子じゃないけど、ホットケーキって幸せやない?
ポテーッとフライパンに生地を落としたんが、ジワジワ膨らんで来て
フォカーッていい臭い放ち始めて…

うん、元気なくしたときは、ホットケーキ。
特効薬(笑)

お子様のいるご家庭に限らず、休日の朝食とかにも重宝すると思いますんで、
よかったらぜひ試してみて下さいねー♪ チョコチップやらバナナ入れても
美味しそうだし、色々アレンジしても楽しそうなのでぜひぜひですー♪






にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

Gach Tom 〜 エビの顆粒出汁

最近の自分の中での大ヒット。
エビの顆粒出汁。


th_IMG_4316.jpg 

ベトナムには日本には無い、たとえば椎茸だけじゃなくて色んな種類の
マッシュルームを使った顆粒出汁とか、豚肉のお出汁など、手軽に使えて
且つ、日本人にも割と馴染みやすい顆粒出汁がたくさんあって重宝売るなー、
と思ってたのですが、これ。どの暗い前からあったのか知りませんけど、
最近見つけて、まー良く使う!

エビのダシ、と聞いて思い浮かべるのがアメリケーヌソースやエビのビスク。
殻を適宜に砕いて焼いたり炒めたりした物を煮込むって手法のお料理。

…んなこと、家庭でそうそうやるかいや(-“-;

でも美味しいのは知ってる。で、どうしても味わいたくなったら、幸いホーチミン
市内のステーキ屋さんやら何やらのお店にサラッと置いてるので、その気になれば
食べられる場所もすぐにある → やっぱり家で作らない、という構造に。

まぁ日本人家庭のお家で「エビのダシ」ってがのどのくらい求められてるか、
っちゅー話はあるんですが、でもエビ好きやん?日本人。手軽に使える、
となったら、色々活用法はあると思うの。

それにこのお出汁、ビックリするほど出しゃばらんと、まぁ使いやすいこと!
たとえば卵焼きとか、錦糸卵を作るときに、少量を湯に溶き、出し巻き卵の
出汁的に使う。

th_IMG_4315_20161008083204bba.jpg 

上の写真は薄焼き卵を作った際のもんですが、アヒルの卵を使ってるので色綺麗でしょー♪
卵自体、黄身の比率が大きくて発色良くし上がると言うのもあるのですが、
出汁の色がジャマをしないと言うのもありますな。もちろん昆布出汁やら
カツオ出汁も、正当な取り方をすればそんなに色濃くなる事は無いのですが、
顆粒の物を使うと結構色がつく事ありますよねー。

あと驚くのは、この海老ダシ、アクが無い。
エビの殻を焼いて煮詰めてという手法でやった場合、確かに濃厚な味わいは取れる
のですが、アク、というか、どんなに煮詰める家庭で灰汁を取っても残る、
エグみのような…、いやエグいとまでは言わんけど、こちらの食べる量に
制限ラインを引く様な、クドい感じが出がちなんだけど…

この顆粒出汁を使うと、エビの風味を優しく演出して、でも塩気すらまろっと
させてあるので、実にほんわりとした仕上がりになる。なんだったらもうこれ
湯に溶いてサーッと卵流し込んでかき玉汁にでもすれば、そりゃぁ美味しい
スープができる。

それをあんかけにしてもよろしそうやなぁ。例えば炒めた野菜だけをこの餡で
まとめても、品が良くなりこそすれ、物足りない感じはない気がします。
旨味はあるけど下世話な感じがあまりしない、とても「上等」な感じになるの。

他にどんな物が合うかなー、と考えて、こんなんもやってみましたん。

th_IMG_4874_20161008083206727.jpg th_IMG_4875_201610080832097ab.jpg


ベシャメルソース。
せっかくエビ出汁の品が良いから、バターは使わず、バターの部分をオリーブオイルにし、
小麦粉にじっくりと火を入れてネットリからポソポソ、それがジュワジュワと変化する
様を楽しみルーを作ったら、牛乳と合わせてトロトロ煮詰める。行程は普通通りですが、
味付けがこのエビのお出汁。

もう自画自賛させて頂きますが、これ、めっちゃ美味しかったですよ(*´ω`)
すげー優しいお味だから、ポテトなどの淡い味の物と会わせても素材が生きるし、
お肉類などの濃厚な味の物と合わせると今度はコントラストが美しい。
なんだったらもう、茹でたパスタに絡めるだけでおごちそう。

あ、そういえばホワイトソース作る時にダマになる、と言う声を最近何件からか
聞いたのですが、ルーと牛乳を混ぜる際に、それまでルーを熱し続けたフライパンの中、
ではなく、一旦ルーを他ボウルなどに取り出して、「少しずつ」牛乳を加えつつ、
「泡立て器で」混ぜて上げると良いです。

ホイッパーを使って手動で混ぜても良いですし、もしあるのなら電動のハンドミキサー
でやるも良し。私は愛用のマジックブレットを使っていますが、見事にフワフワに
なってくれます。

th_IMG_5017_2016100808322932b.jpg 

ここで牛乳の全量を混ぜてしまう必要は無くて、ある程度ルーガ伸びたらフライパンに戻し、
(このとき炒めたルーが残っているとそれがダマの元になるので一旦洗う)
好みの味付けのベースを入れ(今回はエビ出汁、強い味の塩胡椒は仕上げで調整)
今度はホイッパーをゴムベラに持ち替えてパンの底を8の時に耐えずこそぎつつ、
ゆるめの火で煮詰めて行きます。その過程で濃度がグッと上がるので、都度、少しずつ、
残りの牛乳なり、私なんかは計ってないので(笑)、適宜量の牛乳を加えて行ったら
とっても滑らかなベシャメルソースの出来上がり。うん、邪道だけど(笑)

「レンジで簡単にできるベシャメルソース」ってのもあるのは知ってるんだけど、
加熱過程での粉の変化や、牛乳と合わせた時の一瞬で変わる様相の差とか、
それが次第にとろりとろりと心地良さそうに濃度を増して行く様だとかを見つつ、
お話しするように料理してくの、メチャクチャ好きなんよな(*´ω`) ←ヘンタイ

そんな大好きなベシャメル作りに、この海老ダシ、最強の助っ人。
なんか同じ行程しかやってなくても、ええもん創れた気になれます( ・`ω・´)b

ほんと、開くもクセもかなりないので、茶碗蒸し、お澄まし、鍋出汁、煮物のベース。
普通に日本のお出汁を使う感覚で料理に取り入れたらいいと思います。
なんだったら、インスタント麺とかできあいのモノにプラスαするだけで
ちょっと豪華になるかもしれない。これでお雑炊なんか炊いても美味しいなぁ♡

うちは旦那さんが甲殻類アレルギーなんであんまり多様は出来ませんが(笑)
持ちよりパーティなんかの時に使うと大抵、評判が良い。
おススメですよーヾ(@⌒▽⌒@)ノ






にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

作り置き重宝!夏野菜の揚げ浸し

そういえばなんか思い至らなくてしばらくやってなかったのですが、
先日久しぶりに野菜の揚げ浸しをしたら、エラい事美味しかった(自画自賛)。

ってか、家で作ると好みのお出汁、好みの濃さで作れるので、
どうやったって自分にとっては美味しいものができるんだよね(笑)

揚げ浸し 

お好みの麺つゆとかがあるなら、それを気持ち濃いめに希釈して使っても良し。
顆粒のお出汁でサッと作っても良いし、しっかり出汁を自分で取って作るも良し。
私は気もち甘めが好きなのでみりんを入れたり、みりんが無ければお砂糖で甘みを
ちょっとつけます。

これにお酢を少し入れるとさっぱりするし、お酢+ごま油だと中華系の風味になります。
オトナ向けに味を引き締めたいときは、鷹の爪か生の唐辛子を小さく刻んだ物を少々。
または食べる際に一味や七味をパラッと降っても。

お野菜は、
茄子・オクラ・パプリカ・ズッキーニ・エリンギ・カボチャなどなどですが、
全て素揚げにして熱い内に用意しといた出汁の中に入れるだけ。
気持ち大振りにカットするのがコツと言えばコツ。

特に茄子はベトナムの物で作ると最高に美味しいですね( ・`ω・´)b
濃厚でトロトロ。それでいてお出汁をとても良く吸ってくれるので、
お口に入れてジュワーッとさせたときの充実感が半端ないっすっ。

余った半端野菜もこうしておけば日持ちがするし、色んな野菜と混ぜる事で、
「余り物感」がなくなります。冷蔵庫から出したらすぐに食べられるし。

且つ、ベースがめんつゆなので、そうめんやその他お好みの麺にぶっかけて
頂いても良し、サッとあたためて卵で閉じてもこれまた良し。
新たにお豆腐に片栗粉を浸けてあげた物を加えて、お野菜タップリ揚げ出し豆腐に
しても良いし、鶏の唐揚げなんかと合わせても良し。
アラ大変。大量に作り置いてもあっという間になくなっちゃう(・∀・;

特にホーチミンのお野菜たちは味が濃いので、こんなにシンプルな調理法でも
実に生き生きとしたお御馳走になってくれます。日持ちもするし、ちょい足し
料理のバリエーションもとても豊富。お役立ち簡単レシピ、よろしかったら
お試しあれ♪





にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

干しズッキーニ

干し野菜のファンの方って、結構いらっしゃるんじゃないでしょうか。
特にベトナムは日差しも強いし、数時間も干すだけで、生野菜として
同じように調理するだけなのに、食感も味わいも変わってくれるから
手軽で楽しいですよね♪

特にお気に入りなのはズッキーニ。

th_IMG_3392.jpg 

輪切りにして風通しの良い薪巣やザルがあればザルなどに置いて、お日様に当てて
2〜3時間。外はちょっとホコリっぽくてイヤだわって方は、細かい目のネットを
かけるとか、それでもイヤだと思うなら、冷蔵庫の中でラップをせずに半日放置、
なんていう方法も。まぁお日様に当てた物とは微妙に違うかもだけど、食べて

「むむっ。これは冷蔵庫感想で太陽光を当てておらぬな?!」

などと海原る人もそんなにおらんでしょうからどちらでも。
あとはこれを生のズッキーニを調理するように、

・ニンニクとベーコンで炒める
・ラタトゥイユ的にトマトソースで炒り付ける
・天ぷらやフライに
・オリーブオイルを軽くかけてお好みのハーブとオーブン焼きに
・ピックル液や漬け物液につけて
・カレーに放り込む
・ダイスに切ってサラダに散らす

などなど、用途は色々。
まぁ生で食べても美味しいからそんな手間かけんでもという気がしますが、
ズッキーニの新城のあのギョリギョリとした歯応えが一層際立つ気がして
私、好きなんですよねー♪ 

勿論他の野菜でも干す事で美味しさがます物は多く、キュウリピーマン、
大根、人参、キノコ類もサッと干してから使うと、格段に旨味が増す気が
しますし、物によっては食感も良くなります。欲しすぎるとまた用途が
変わるので、「数時間」というのがポイントです。まぁ多少全としても
それはそれなんですが…(笑)

水分が飛ぶ分、生のままよりも気持ち保存性があがるので、例えば切り口を
つけてしまったけど余ったお野菜などは他の事をしている間に干しておく、
などすると良いかもしれません。

あ、でも雨の季節が多い時期は、雨に濡らさない事、湿度が増して来たら
干しっぱなしにせず冷蔵庫に切り替える事、などを心がけて下さいね。
見えなくても菌の繁殖は気になるし、そこは台所を預かる人の判断で
責任を持って( ・`ω・´)b

まぁホーチミンはお野菜美味しいですけどね、なにもしなくても。
ただ同じ野菜もちょっと手を加えるだけで目先が変わるかもしれませんので
よろしかったらお試しアレ♪




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

肉骨茶ってご存知ですか?

「肉骨茶」=バクテ、と読みます。
見慣れてる私にはなーんともないのですが、知らない人が見ると、けっこう
おどろおどろしい感じの組み合わせに見えることもあるらしく、その字面だけで
引いちゃう人もいると気づいた今日この頃(笑)

でもこのブログで、

Lau Hong Kong
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-4110.html

を紹介した際、そこのスープメニューにあった肉骨茶の事を書いた際、
反応してくれた方が何人かいてすっごく嬉しかったんですよね。

もともとシンガポールやマレーシアに渡って来ていた中国は福建の人達の間で
生まれた料理で、中国由来だけど料理としての発祥はマレーシア・シンガポール
辺りって料理。名前に「茶」の字が入ってるけど、茶で煮ているわけじゃなく、
漢方薬に用いるスパイス=スターアニスやシナモン、クローヴなんかを色々
組み合わせたもの+お醤油や塩で豚や鶏を煮る料理。

なんで「茶」の字が入ってるかと言うと、お茶を飲みながら頂く料理だから
なんですって。誤解され易い名前だなぁ。私も最初はすっかり漢方茶的な
もので煮るからそう言うんだって思ってた(笑)

もともとは商品用に削ぎ落とし切れなかった肉片がついた骨部分をなんとか
生かして滋養のある料理が出来ないか、というところから始まった物の用で、
労働者の方達の間のものだったそうです。今でも肉骨茶は朝食によく食べるもの
とされてるようで(とは言え、昼夜も食べることができますけどね)肉素材の
料理でありながらアッサリ食べられるのが特徴。

で。これ、日本人も結構好みの味だと思うんですが、東南亜グルメになかなか
登場してくれない。結果、日本国内ではあまり浸透してない料理の一つじゃ
ないかなぁ、と。

専門店が無い事は無い様ですが、ほとんどは東南アジア料理飲食店の中の
メニューの一つ、的扱いで、それらのお店がどれだけ栄えていても、いったい
どのくらい楽しまれているのかと考えると。。。大変に心許ないイメージしか
浮かばない。

なので私は家飯での肉骨茶をことあるごとに披露したりしてるんです。
評判も悪くないです(まぁ作った人間の目の前で不味い、とは言えんでしょうがw)。
でも中々広まらない…orz

ワタクシの不徳の致すところだとは思うのですが、作るのも簡単なんですよー。
家庭用にこういう肉骨茶パックが売ってまして、スパイス類がお茶パック的な物に
詰められてるんですね。これをお湯に入れてあとは鶏や豚などお好みの物を放り込んで
煮ればOK。仕上げにお塩かお醤油をちょろり。あら簡単。

th_IMG_3662.jpg 

ちなみに日本なら輸入食材を扱ってる所には結構置いてるのを見た事があるし、
ホーチミンなら、バインミーで有名な Nhu Lan さんの近く、

Thai Hoa
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-3452.html

などの食材店に置いてるんで結構身近。
マレーシア現地では豚肉を各部位に分けて煮て、それを組み合わせたオーダーを
する事が多いのですが、ふと見ると、このパッケージに鶏が使われてる。
そうか、鶏肉骨茶という手もあったな、と先日作ってみたら。。。

th_IMG_3758_2016091300122738c.jpg 

ぐはあっ(´Д` )
すんごい美味しいのが出来た!(手前味噌っ)

トリ肉がもうね、とろっとろなのっ。
そう、これは男性をお誘いすると一様にイヤな顔をされる熊本の「はげの湯」さん
で頂く丸鶏の地獄蒸し。これに近い物があるっ。あそこの蒸し丸鶏は、胸肉の所で
すらトロットロで「肉ってこんなにトロけるのか!」という驚愕をもたらす一品
なのですが、そこ以外で初めて食った。トロける鶏肉。これまで肉骨茶で鶏を
あまり使って来なかったので知りませんでしたが、このハーブ類、どうやら鶏肉を
テロンテロンにする効果がある様ですねっ( ・`ω・´)b

これは。。。ベトナムの鶏肉を使ったのも良かったのかもしれません。
スープに塩気が少ないので、水っぽい鶏肉だと味がボッケボケになる恐れが。
且つ、食感もどうなるかなぁ。その点、ベトナムの鶏肉は味が濃いのと食感も
もともとしっかりしていることが多いので(ともすれば固い仕上がりになるんですが)
それらが美味く作用したのかなぁ、とも思ったり。

穏やかな時のスープなのですが、今回はとても滋味に満ちた味になったので、
本来は入れない卵や大根を思わず投入。ああ日本人。おでんDNA全開です。
でもやっぱり美味しかった\(*´Q`*)/

これが家で作れるなら、マレーシアに行った時に無理矢理機会作って食べに行く、
とかしなくてよくなるなぁ。美味しいお店は割りと辺鄙な所にあるってのが定説
で、旅行者には結構ハードル高いんよな、肉骨茶。。。

もしもこれみてお試しになられる方がいらっしゃったら、食べる際に、手元に
刻んだ生唐辛子を少し入れたお醤油を用意し、それにチョンチョンとつけながら
食べるとメリハリが出て美味しいです。またおつゆはご飯にかけて、お茶漬け的に
頂くと最高♪

うん、また近々肉骨茶パーティしようっ。
食べた事無い人に食べた貰おう♪
我家の肉骨茶はしばらく鶏だな。
体にも良さそうだし、地道に肉骨茶広報活動、ガンバるですかねっ♪







にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

ピサンゴレン♪

バナナが豊富な東南アジア。
なんとなく、買って来た物の傷みが日本で売られてるものよりずっと
速い気がして、食べられる分以外は買わないように心がけてるんですが、
ローカルの方に頂いたりなんだりで、だぶつく事がたまにあったり。

そんな時には生のままで食べ切れない分を潰して小分けにして冷凍→
ミルクやその他の果物+ヨーグルトをマジックブレットにかけてスムージー
にしたりバナナケーキを焼いてみたりするんですが、東南アジア名物の
ピサンゴレンなどいかがでしょう(^・^)

ピサンゴレンはマレー語で、インドネシア語でも同じかな?
ピサン=バナナ、ゴレン=揚げる、つまり揚げバナナ。
タイ料理屋さんや、ベトナム料理のちょっといいとこなんかにも置いてある
ことがあるから(呼び名は違いますが)、食べた事がある方もいらっしゃる
かもしれませんが。。。

熱を入れたバナナって、酸味が増してトロッとした口当たりで、美味しく
ないです?我家は夫婦揃って大好きで(^・^)

フリッターの衣で揚げても良いのですが、ハンパにあまったホットケーキ
ミックスがあったら、それに片栗粉(またはコーンスターチ等の澱粉類)
をちょっと混ぜて緩めに溶いた物を衣にすると風味が良いです。
ホットケーキミックスとか無かったら小麦粉で全然◎。

th_IMG_3394.jpg th_IMG_3395.jpg

若すぎるとガチガチに固くて、揚げるとそれがお芋のようにホクホクとなり
食感は良いけど風味に欠ける。甘みも酸味もかなり少なめ。ほんと芋みたい。
熟れすぎると扱いが難しいのと、甘みが強過ぎて油と合わさるとちょっとクドい。

生で食べるにはちょっと若いけど、風味も甘みも程々に整ってて、ひと手間
かけるとグッと美味しくなる、みたいなのが私の好み。若すぎず、熟れすぎず、
お年頃がよろしいね(*´艸`*)

th_IMG_3400_20160902040804fbe.jpg 

衣がカリッと揚がったら出来上がり。
バナナは生でも食べれちゃうので、火入れはあんまり気にしなくても良し。
揚げたままでも美味しいのですが、ダメオシのハチミツとかフルーツジャムを
煮切ったワインで伸ばしたもの、若しくはフルーツビネガーとハチミツを煮詰めた
ものなどをかけても美味しい。

さらにイっちゃえ!!ってヤケクソなときはチョコレートソースももちろん美味しい。
トコトン甘い物は心のお薬。なんだったらバニラアイスを添えても良い。嫌な事
あったり疲れたり、ヘタった時にはその位ヤケクソになっても良いと思うの( ・`ω・´)b

ま、いずれの場合も、このデザートを美味しく食べるコツは、


カロリーの存在を忘れる( ー`дー´) 


この一言に尽きますねっ。
ハラを括って、お召し上がりください(笑)





にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

厚揚げとパイナップル煮?!

私、コープマートのお惣菜、結構好きです。
安いし、結構美味しい。
ローカル向けなので思いっきりベトナム式なのですが、それがまた良い ( 。•̀_•́。)

豚肉と卵を甘辛く似たもの、唐揚げ、魚のすり身の天ぷら、お野菜の煮浸し。
さすがに全品をお惣菜で揃えてしまうとお料理をする楽しみが減ってしまうので、
一品二品、食卓に足す感じで買うのですが、旦那さんも割と気に入ってくれることが
多いので、良く活用してます。

が。。。。
これは初めてトライした。
前からあったのかもですが、目に入っていなかった。
珍しく旦那さんとお買い物に行った際に、旦那さんが見つけて買ってみたんです。
厚揚げとパイナップルの煮物(笑)

th_IMG_3656.jpg 

見た目は、厚揚げとタケノコの煮物の要である(笑)
ヌクマムも使った甘辛味がベース。ご飯に合います。
厚揚げさんはちょっと硬めの豆腐生地で食べ応えが。
そして。。。

パイナップルー(笑)
そのまんま!!(笑)


th_IMG_3658.jpg 

果物を料理に使う場合、熟れる前のあまり甘くない頃の物を使うことが
けっこうありますが、このパイナップルはしっかり甘い(笑)
しかし、砂糖を使おうがみりんを使おうが、甘辛味のものに「甘み」
という要素があるわけですから、パイナップルの甘みは邪魔ではありません。

では酸味はどうか。
ここ10年位、某お酢メーカーさんの提案により、ジャガ芋とトリ肉の
甘辛煮に酢を入れる、というレシピがかなり浸透して来ているように思い
ますが、意外と気にならないんですよねー。あれ。

もちろん、気にならない程度の量を使ってるってこともあると思いますが、
加熱する事で酸の角が取れ、脂を含む食材を使うことでまろやかさが増し、
酢のさっぱりとした作用で全体はアッサリするけど、「お酢が入ってる!」
と、強く感じる程ではなくなると言う。

そう考えると、使う量の比率にも寄りますが、パイナップルが持つ酸味等
案ずるに足らず。さすがにパイナップルそのものを食べると、果物的風味は
あって、それが「お惣菜」というカテゴリーの中にあることはまかりならん!
という方には違和感バリバリなんでしょうが…(笑)

ヌクマムやお醤油の塩気を吸ったパイナップル、悪くない。
すっげー美味しいとは言えませんが、私は嫌いじゃなかったかな。
しかも繊維質がしっかりしてるところなんか、見た目だけじゃなく、
食感もタケノコっぽくて、そこも違和感軽減に一役買ってる。

うーん、不思議っ(笑)
ネタにしようと思ってたけど、食べてみたら意外と行ける。
塩っぱすぎないし、甘みも果物の甘みなのでベタつかなくて、量も食べれる。
なんだったらこれにビール、いいかもしんない。

パイナップル、お鍋の風味と酸味つけに使ってるのは食べた事があったけど、
こんなにダイレクトな使い方があったとは(笑)

果物などは、自然のままが一番美味しい、というご意見もあって、それは
全くごもっとも。豊かな味わい方であるなぁ、と思うのですが、量的に
ふんだんにあることで色んな食べ方をするために手間を技術を使って楽しむ。
これもまた豊かな事だなぁと思うのです。もしくは。。。

日本みたいに四季があって、折々の旬の物が限定的に楽しめる、逆に言うと、
限定的にしか楽しめないとなると、その貴重性に敬意を示す為にも「そのまま」
が良しとされることもあるのでしょうが、ホーチミンのように年中夏で、
同じものがいつでも、しかもかなり豊富に穫れるとなると、余らかして捨てる、
というのももったいないし、ならばあの手この手でバリエーションを持たせて
楽しもうとしますわなー(笑)

いや、新鮮でしたっ。
パイナップルの煮物。
合わせる食材には相性があると思いますが、豚肉とかも美味しそうだし、
ちょっと自分でもやってみようかな。生じゃなくて、乾燥パイナップルを
使ってもまた控えめな風味や味わいになると思うし、いろいろ試してみる
価値ありかもーヾ(@⌒ー⌒@)ノ







にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

鯖寿司を作ってみた

鯖寿司と言えばSAKAIさん。
あそこの鯖寿司、ほんと好き。
だから普段は買って楽しむのですが。。。

先日、酢締めで頂けそうな鯖が手に入ったので自分でも作ってみましたよ、と。
どーん♪


th_IMG_1545_201610080940130bc.jpg 

ちぇりさん、写真撮る時は背後をちょっと片付けようや。。。

に、しても、この鯖肉厚よねーっ。
冷凍モノでちょっと身が焼けてたので半生〆にはできなかったけど、
ネギ・生姜・とろろ昆布をシャリとの間に噛ませて好みのオリジナルな
味を作れるのは魅力。

他に、柚子所や変わりネタでは、タマリンドでソースを作ってそれを間に
噛ませるなんてワザも出来ますねー。タマリンド、クセが少なく酸味が
酢飯のそれとリンクする上、お醤油と相性が良いので、具材によっては
寿司の薬味として意外にアリなんですよね。

最近酢飯もこちらの米とこちらで売ってる酢でなんとか自分の好みに
近づけられるようになってきたし、ボチボチな仕上がりでした(^・^)

惜しむらくは、買っていたのにバーナーを使うのを忘れて炙りバージョンを
作り損ねた事。なんの為にバーナー買った(´Д` )
今度作ったら絶対炙りバッテラにするんだっ ( 。•̀_•́。)
(で、また忘れてたら笑うよなーw)←やりそう






にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

BBQ week でした!

ちょっと前になるのですが、お友達宅がお引っ越しするのでその前に…
と、そのお宅にあるBBQスペースを使って、久しぶりのちぇりBBQ(^皿^)
この週はもう一軒、お誘いがかかってて、BBQウイーク。週に2回もやるの、
日本の花見シーズン以来やw

th_IMG_1570_20160804162113dab.jpg 

あいっかわらず素敵なBBQスペースやわぁ(*´艸`*)
日よけもあるし。
すっかりこちらの着火剤にも慣れまして、むしろ今ではジェルや固形の
着火剤よりこちらの方が使い易い感じ。ラクチン♪

th_IMG_1574.jpg  th_IMG_1579_20160804162329a24.jpg


日起こしもアッサリ終わって、さぁジュウジュウ!!
の前に、乾杯!!!(≧∇≦)

th_IMG_1577.jpg 

火のそばにおるからなー。暑いからなー。
身体冷却しながらやらんといかんもんなー。
ビールビールぅ♪

で、まぁ今回も色々仕込んで行きまして、鶏のハーブレモン漬けやら、
豚肉のタマリンド漬けやら。炭の具合が良い感じなので、どれもいい具合に
焼けて行きます♪

th_IMG_1584_2016080416190905a.jpg 


下は牛肉。
赤身は堅くなりがちですけど、仕込み次第で
ふっくら美味しく。あとは焼き加減ですなぁ。
炭はコントロールし難いからちょっと難しいけど、今回は上手いこと行きました♡

th_IMG_1593_20160804161912312.jpg

お肉買って来て焼いてタレ漬けて食べる、というBBQベーシックももちろん楽しいの
ですが、こうやって色々仕込んで食べるのもまた美味しいもので♪

なにもしないで焼いたお肉は、薬味に拘ったりとかですね。
サッと素直に焼いた豚トロは、以前こちらのレシピコーナーでも紹介した
ネギとごま油と旨み調味料で作ったネギだれで(๑・﹃ ・`๑)ジュル”


th_IMG_1589_20160805002629820.jpg th_IMG_1590_2016080500263136d.jpg

とか、お野菜を色々用意しといて一緒に頂くとかですね。
女性が多い時は。これ、経験上、男性にやってもあまりウケない(・∀・;

そう言えば今回は参加者の方がタコをしいれてきてくれまして!

th_IMG_1578.jpg 

でかい。。。
800gの大物でした。
さてこれを同調理下かと言うと…?

th_IMG_1592_20160804161911a52.jpg

どーん!!素焼き!(笑)

海鮮料理屋さんやスペイン料理屋さんで食べるベトナムのタコがもの
凄く柔らかくて、これは下ごしらえとかスパイスにコツがあるのか
タコ自体の特性が日本のそれとは違うのか、とっても気になってたんですが、
炭火の素焼きで食べてみれば、どっちがより多くの原因を担ってるかが
わかるだろ、ってんで、個人的には実験も兼ねて焼かせてもらった(笑)

th_IMG_1595_20160804161914c64.jpg 

焼いてるうちにでんぐり返る様もまた愛らしい(*´ω`)
で、結果!!


th_IMG_1598_20160804162924c2b.jpg th_IMG_1596_20160804162922168.jpg

ちょーっ、プリップリ!!
しかも半生に焼き上げるとかじゃなくて、ガッツリ焼いてもまだ柔い!!
そしてアクの少ない、でも旨味のしっかりした、これ日本の上物と
言われるタコだったら、混紡が折れるまで叩かなこうまでならんのでは
なかろうかという口当たり。思うに。。。

日本でタコの有名所と言えば明石。
全国的にはさほどでなくとも、北九州が面する関門海峡辺りのタコも評判が良い。
どっちも過酷な潮の流れが、周辺海域が持つ特徴ですな。
対してベトナムの海は。。。

割とのんびりしてるんじゃないですかね。あたたかくてフワフワした塩の流れの
なかでユルユル育って来たら、そりゃーやんわりともなるんじゃないかと(笑)
いえ、根拠の無い、これは完全な想像ですが(笑)

そういえば日本に居た時、玄海の鯛を食べて育ったので、ゴリッゴリの歯応えが
鯛のそれだと思っていたのですが、瀬戸内の鯛を食べた時は、そのふんわり加減に
衝撃受けたのを思い出しましたわ。潮流激しい所の鯛と、内海の湖のように穏やか
な海で育った鯛と。やっぱり塩の加減とか関係あるんかなー。

もう一軒のBBQは、なんと夜の大人のBBQ(*´艸`*)
とあるビルの屋上を使っての、なんとも粋なBBQだったのですが…
夜なので暗くて写真が絵にならん(´Д` )

唯一撮ったのがこれ。
以前もベトナムでやったかなぁ。
豚の美味しい国でやる豚の塩釜。

th_IMG_1656.jpg th_IMG_1664_20160804162928de1.jpg

パッカーン♪

日本だと業務用スーパーでこのサイズ(2kgちょい)の塊を買えるのですが、
こちらでこれだけを切り出してもらうオーダーをするだけの語学力が未だ
ないので、今回は肩ロースの大きめのブロックを自分で成形して作ってみました。
目的の食材が手に入らないなら入らないで、工夫するもんだな。

普段はなかなか見られないお料理だろうし、こちらも多人数が集まる時じゃ
ないと作れないので、ちょー楽しかった♪ ちなみに25人分目安で作り
ましたが、量的にも良い感じで食べてもらえた(^・^)

この集まりでは初めてお会いする方も多くて、ちと緊張したのですけども、
皆さん快く迎えてくれて、大変楽しい時間を過ごす事ができました。
焼き方さんは男性陣が請け負ってくれたし(`・ω・´)ゞ

週2回のBBQはなかなかハードでしたけども、日本であれだけやっていたのに
ベトナムでは中々できなかったので、久しぶりに腕が鳴ったわ(笑)
また呼んでもらえるといいなー♪ 
こちらの食材と調味料で、まだまだBBQネタ、考えたい所です♪






にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

ふわふわとうふ

***** 追記 *****

あったわ。
レタントンのファミマにあったし、2区のメトロにもありました。
逆にこれを教えてもらったお友達曰く、「BIG Cには無くなってた(泣)」。

まぁ品切しちゃうとしばらく補充されないなんてことはよくあるので
一時的な事かもだけど、結構色んな場所で売ってるのねこれ。
気づかなかったわ(・∀・;

買い易くなったので、我家の冷蔵庫には切らすことなく補充されてます♪

*********************************

先日お友達から「ちぇりさん、こんなお豆腐知ってます?」と聞かれたん
ですが。。。

th_IMG_1638.jpg 

うん、ICHIBAN TOFU さんってブランドは見た事あったし普通の
お豆腐は確か食べた事があった気がするんだけど、このキャラメルコーンの
袋の形みたいなのに入ったのは知んなー。

「もしよかったら食べてみてもらえま…」

「食べる!!!」

思いっきり食い気味に反応して買って来てもらってしまいました(*´ω`)
私はあまり見かけた事が無かったんですよね。彼女はBIG Cで買ってると
言ってました。まぁこういうのがあるとは知らず、探しもしていなかった
ので目に入らなかっただけで近所にもあるんかもしれませんが(人間、
見たい物しか見えないと言いますが、意識に無い物も見えませんからね)
買って来てくれるというので素直に甘える( ・`ω・´)b

中身は、豆腐と言うよりお揚げさん。
厚みはあるけど中身はあまり詰まっていないお揚げさんで、
ふくらんだ薄揚げさんと言う感じ。ほうほう。

th_IMG_1820_20160731140928ad0.jpg 


そしてあんまりギトギトしていないので油抜きも要らん。
おおっ。これメッチャ使い易くないか????
まずはお鍋に入れて。油抜きせずに鍋にそのまま放り込むだけ。
あら簡単♪

th_IMG_1642.jpg 

八宝菜的に、他の具材と炒めてスープをよーく染ませてトロみでまとめて
あんかけ風に。これもおいしかったなー。お揚げ自体にそんなに水分が
ないのとスカスカさんなので、お出汁を染ますとよー入るし馴染む!

th_IMG_1732_2016073114092730f.jpg 

プラス大豆ですやん?コクがあるから、こういう野菜のあんかけなんかに
加えると、肉の代わり、とまではいいませんけど、全体の物足りない感が
かなり緩和されて良いアクセントに。これも油抜きせずにそのままポイポイ♪

こちらはお友達に聞いた使い方だったんだけど、ザクザク荒めに刻んで
グラタンのトッピングにしてオーブンで焼く、と。するとどうでしょう。
パン粉程ガッツリ焼かなくても、油がコーティングされているせいか
熱の周りが早くてすぐにサクサクっ、カリカリっとなるし、サリサリとした
口触りが、下のトロォリとしたベシャメルと良いコントラストを成してて
美味しい!!!


th_IMG_1823_20160731140930e8d.jpg 

なにこれ、使える子やなー!!!
おうどんとかの汁物麺の出し作る時にちょっと入れてもええし、
味噌汁の具なんかにもよろしやろな。写真撮り損ねましたんけど、
軽ーくトースターやオーブンで炙ってカリッとさせた所に生姜醤油を
ジャッとかけ七味をふったら、えーおつまみにもなりましたよー(*´艸`*)

お好み焼きみたいなン作る時は揚げ玉代わりに入れても良いし、
刻んだのを揚げ物の衣にしても面白そうやな。甘辛く炊いといて、
ご飯のお伴にするとか卵とじにするとかしても美味しそう。
やだ、この子だけで夢がドンドン広がりますがな(*´ω`)
※ワタクシの夢=レシピ

水分が少ないお揚げさんだから日持ちもするし、ギトギトしない程度に
油の処理をされてあるので油まわりも気にならない。保存に長けてて
使い道も一杯あるって、なんて優秀な食材なのっ。

ちょっと近くに売ってないか探してみよー。
1区・3区当たりで目撃情報が合ったらお願いします!
冷蔵庫に常備しときたい、これ。

商品名からして日系の方なり会社が絡んでくれてるのかもですが、
もともとお豆腐文化がある国だから、こういうものも出て来てくれやすいの
かもしれませんねー♪ ありがたいこっちゃヾ(@⌒ー⌒@)ノ




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

ネギの保存と活用法

ベトナムの野菜、安全性云々を言われる方もいらっしゃいますが、
農薬除去など、できることは手を打って、あとはちぇり菌頼み(なんだそれ)。
青々と元気がよくて味が濃く美味しいものが多いので、私は色々楽しんでます♪
ただ。。。。


ワンポーションの量が多いですよね(-“-;


好きなだけとって量り売りにしてもらう分には調整も出来るのだけど、ほら、
葉レタス、芥子菜(みたいなの?)ほうれん草。割と綺麗に洗ってまとめられてる
葉物なんかはすっごく多いじゃないですか。余程集中的に食べないと、2人
暮らしのうちみたいな家だと、食べ切る前に傷ませてしまいかねない(^^;

ネギなんかも、確かに常備はしたいけれども、なんせワンポーションが大きいので
使い切る頃にはシナシナに。。。カットして冷凍すると言う手もあるけど、冷凍
したものは繊維が壊れて食感が悪くなるし香りもイマイチ。といって、カットした
モノを冷蔵してても乾くだけだし。。。

そんな時は、洗ったネギの手元に濡れたキッチンタオルを巻き、全体を
ビニール袋で覆うようにして保存すると、若干は長持ちします。

th_IMG_1358_20160719011938fda.jpg th_IMG_1359_20160719011940fe7.jpg

あっちこっちで言われてるのでご存知の方も多いかもですが、先日知らないと
仰っていた方がいたので覚え書き。

まぁこうしてもやっぱり日ごとに風味は落ちるのですが、青々しさ、みずみず
しさはキープできるので、食感に関してはかなり良いまま。なるべく早く
食べ切る事は鉄則ですが、一週間くらいは元気なままかな?それでも全部は
食べ切れないので、半分はカットして冷凍、半分はこうして冷蔵で、と使い分けてます。
冷凍したのも、例えばオムレツに焼き込むとか、炒飯炒める時にまぜるとか、
加熱する時にはあまり問題ないし。

あと、最近自分の中で流行ってるのは「ネギ塩」。
白ネギでも青ネギでも、白ネギの青い部分でも(笑)、ネギならなんでも微塵切り
にして、お気に入りのまろやかな塩、ごま油、少しの顆粒状マッシュルーム出汁
(味の素さんのを愛用してます)をまぜるだけ。すぐにも使えるけど、そのまま
冷蔵庫で数時間以上寝かした方が馴染んで美味しい。


th_IMG_1483_20160719011941b07.jpg 

例えばそれを、
・冷や奴・油抜きした厚揚げを空焼きしたものなどに乗せる
・豚肉をサッと焼いた物に添えても(イメージは焼肉屋さんのネギタン塩的な)
・白身魚のフライのソースに
・玉子にまぜて焼いても良い。
・なんだったら白飯にこれをのっけるだけ

などなど、色々使える。
特にネギ白飯私は丼でペロッといけます( ・`ω・´)b(いや、ドンブリはやめとけ…)

脂と塩に漬けとく事で生のままより長持ちするし、シンナリなってもただ
水分が飛んだ物とは違って「馴染んだ」状態なのでオイシイし。
ちょっとネギがあまりそうな時はこうしておくと色々使えて便利です♪
最近は気に入り過ぎて、これ作る為にネギ買って来てるとこありますけども…(笑)


余るなら、保存できるようにして使い切る。
折角の美味しいお野菜、最後まで楽しみたいですもんね(^・^)b




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

フルーツかプレーゼ

先日、桃とネクタリンを買ったネタを書きましたが、桃の方は充分桃の
味がしたけども、香りや甘さのアタックが穏やかだったので、最近流行の
百花プレーゼにしようと思ったけど、淡やかなモッツァレラと合わせても
ちょっと味がボケるかなーと思ったので。。。


th_IMG_1458.jpg 

皮を剥かなくても香りが強くて、食べるととても甘かったネクタリンの方を合わせて
みました♪その二つをスライスして盛り、オリーブオイルと美味しいお塩をパラリ
パラリで出来上がり。これ、美味しかったー♪


で、思ったんですが、味の輪郭や糖度が高い南国のフルーツって、カプレーゼとして
モッツァレラに合わせる食材として剥いてるんじゃないかと思うんですよね。

たとえばマンゴーとかも絶対合う筈。パイナップルはちょっと酸が強い気がするけど、
良く熟れた物ならミルキーなモッツァレラが受け止めてくれる感じで美味しいだろうし、
香りがきらいでなければ、ジャックフルーツなんかも面白いかも。パパイヤはよほど
ヴィヴィッドな味の物なら合うかなー。いっそサッパリさせて、ポメロと合わせれば
ざくざく食べれそうな気がするし♪

日本だと、桃のカプレーゼや桃とモッツァレラの冷製パスタが季節限定でこの時期に
代人気になりますよね。残念ながらホーチミンではカプレーゼにするに耐えられる
桃を入手するのは難しいけど、ほぼ一年中、何かしらの果物が手に入ります。
折角の果物天国、色んな形で楽しみたいですねーヾ(@⌒ー⌒@)ノ






にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

生豆でおぜんざい風 

ベトナムは、生のお豆さんが気軽に買えていいですよね♪
塩茹でにして良し、茹でた物をかき揚げの具にして良し。
サヤから出してお豆さんだけパックにして売ってくれてたりするから手軽だし。

で、今回はこの紅いお豆さんを使ってみました。

th_IMG_1485_20160718235547b36.jpg 

小豆みたいな色だけど、小豆より大きい。
キドニービーンズかなぁ。生を見た事が無いので確証はないんだけど、
形は似てる気がします。

で、これを洗ってたっぷり被る量のお湯でコトコト煮る事2〜30分。
その時間を聞くと大変そう!って気がしますけど、乾燥豆だと一晩かけて戻すとか、
更にそこから茹でるとか、もの凄く時間かかるので、それに比べるとお手軽ですね♪
アクは適度に取り除き、指先で豆が簡単に潰れるくらいになったらザルにあげて
茹で汁はボウルに取っておきます。

th_IMG_1490_20160718235550347.jpg th_IMG_1489_20160718235549d32.jpg

豆に同量の砂糖を混ぜて、まずは水分を加えずに砂糖を豆煮含めるように弱火で
10分ほどコトコト煮たら(砂糖が溶けただけで充分な水分が鍋の中にはある状態)
先程とって置いた茹で汁を加え、て少し煮詰めて出来上がり。

今回は茹で汁を加えた段階で顆粒のほうじ茶を加えました。
ほうじ茶とお豆さんの風味って合うんですよねー♪


th_IMG_1493_20160718235552f99.jpg th_IMG_1495_20160718235553722.jpg

顆粒のほうじ茶は珍しいと思うので、お好みのお茶(ほうじ茶・烏龍茶・鉄観音茶
など)をお茶パックに入れて、茹で汁を加えた段階で投入し、一緒にコトコト煮出す
という手もあります。緑茶も合わなくはないと思うのですが、抹茶を使った場合は
色が微妙になる事と、赤いお豆の煮物には茶色いお茶の方がなんとなく合う様な気も。
ここはお好みかなーと思われます。

おぜんざいを頂く時にはお茶が供されるので、その二つが合う、ということは
以前からわかっていたことなので、それをここでドッキング。お茶の濃さも種類も
自分で調整できるので、お好みで是非試してみて下さいね♪

ってか、焼いたお餅を入れた完成品の写真撮り忘れた(・∀・;
ま、よくあるおぜんざいの絵面だったので、ぜひみなさんの想像力をお借りして
ここにその絵があったということに。。。(究極の手抜き)

しかしこの生豆さん、美味しいですわ。
簡単にふっくらなるし、普通に茹でてトマトチリなんかで似てチリコンカン風にしても
美味しそう。まだこれで餡子を作れるかどうかは試してませんが、次回チャレンジして
見たいと思います♪(ベトナムの乾燥小豆、なかなか上手に戻ってくれませんものね(^^;)






にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

シシャモの変わり揚げ

日本で食べてるシシャモの多くはベトナムから輸出されてるものだと、ベトナムにきてから
知ったワタクシ。本物のシシャモはとても貴重で、加工された物が海外から入れられてる、
というのは聞いてたのですが、そこに特に注目する機会も無かったので、それがまさか
ベトナムとは終ぞ思わず。。。

大変失礼し増しました、と一礼してからベトナムでのシシャモライフ(と言う程のもんか?w)
を享受させて頂いてるわけですが、悩みと言えば、1パックのポーションがデカい( ・`ω・´)b
10尾くらいのものもあって、たとえば4人のご家族だったらペロッと食べられちゃうかも
だけど、ウチみたいに2人だとちょっと…(´・ω・`)

ましてや、METROみたいなところで買うと更に多い(・∀・;
20尾〜30尾くらいのポーションの物があったりして、買うのにちょっと躊躇したり。
食べる機会があっても、そんなにシシャモばっかり食べないしなぁ、と思ってたの
ですが。。。

ベトナム料理に習って加工すると、これが結構コンスタントに減って行く!
ってか、モシャモシャ食べられる!
ベトナム料理に習う方法とは。。。。

シシャモのフライ♪
ローカルのお店にたまに置いてあったりするんですよねー。
炙ったりグリルで焼いて頂くだけの事が多いシシャモですが(多分日本人の多くは
それがベースではないでしょうか)揚げる。この発想は私はベトナムに来るまで持って
なかった。シシャモのフライ。フライドシシャモ。どちらの語感もベトナムで初めて
口にした。

ベトナムでシシャモは冷凍で売られてるので、本来なら解凍後すぐに調理するのが
望ましいのですが、数が多いポーションを買ってしまった時は、バラバラに離れる
程度に解凍したら(完全には解凍しない)バッターを浸けて衣をつけて再冷凍。
こうしておくと、いつでもサッと揚げるだけで美味しいおつまみ&おかずに♪

th_IMG_8802.jpg 

衣に今回は手持ちにあった蕎麦茶をパン粉に混ぜてみたのですが、これがまた
風味が良い。蕎麦茶なんてないわよッて方は、

・日本茶・中国茶などを手揉みで細かくした物
・ドライバジルやパセリ
・粉チーズ
・余ってるふりかけ

なんかを混ぜちゃってもいいかもですね。チーズやふりかけなどの場合は既に塩味
がそこにあるので、揚げたあと食べる際に塩を振る必要もありません。

バッターは、

・小麦粉 …3
・タピオカ粉、片栗粉、コーンスターチなどの穀類澱粉 …1
・水 …4

の割合でよく混ぜるだけ。(全体量は仕込む量によって調整して下さい)
これに素材のシシャモを潜らせ、お好みのハーブやお茶を混ぜたパン粉をまぶすだけ。

パン粉:混ぜ物 = 5:1

くらいですが、あるだけでいいし、その風味が好きだったら多めでも。
ただ塩気のあるふりかけやチーズを入れる時には、チロッと味見してみて下さい。
揚げると油の作用でちょっと味を感じ難くなるので、ちょっと濃かったなくらいは
大丈夫。ま、味が足りなきゃあとで食べる際にパラリと美味しいお塩でも降れば
いいだけですので、控えめトライでやってみるのがよろしいかと。

th_IMG_8801.jpg 

すぐに揚げない場合は、なるべく短時間で上の作業を終わらせ、なるべくシシャモを
解凍しないうちに再冷凍。ほんとはこういうやりかた、あまり良くないんですが、
幸いにもシシャモは水分が少ないお魚凍ってるうちに作業してなるべく手早く再冷凍
すれば食感も味もそこまで酷く損なうことはない気がします。←テキトー

たださすがに一度完全解凍してしまうとその限りではありませんし、なにより
衛生面が心配ですからくれぐれもお気をつけ下さいね。

で、これをくっつかないよう、あまり重ねないようにして少量ずつ(私は5尾ずつくらい)
ラップに包んで冷凍してます。平らなお皿やバットにラップを敷き、隙間を置いて並べ、
更に上からラップ、というやり方だとシシャモが冷凍庫の中で傷つかなくて良いですね。

揚げる時は冷凍のまま。
一般的な180度でキツネ色になるまで揚げればOKです。

揚げ物に魅力を感じなくなって来たお年頃なのだけど(笑)、特に茶葉衣にした
菜は揚げ物ながら口上がりがさっぱりしていて、結構食が進みます。

ちなみにこの衣は他の素材。。。エビや白身魚等にも使えますので試してみて下さいね。
パン粉にプラス1するだけで、手間は変わらず、料理のバリエーションが増えますよ♪




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

肉味噌Banh Miピザ

以前ご紹介した、 Banh Miのパンを使ったお手軽ピザ。
あちこちでお試し頂けてるようでとても嬉しいです♪
ってか、自画自賛しますけど、アレ簡単で美味いよなぁ(*´ω`)

で、その応用編です。
しかも具材も以前自分で作ったものでご紹介。
どんだけ自分のレシピ好きやねん。

ってか、手抜きを突き詰めてくとねー(・∀・;
自分がやりよいようにやっちゃうもんだから、ツイツイ自分レシピに。。。(笑)

使うのは、作り置きしておいた、大豆蛋白を使った肉味噌。
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-4239.html

これを最初から作る所からやろうとすると手間ですが、この肉味噌、ほんとに
色々なものに使えるので、作る時はまとめて、が鉄則( ・`ω・´)b

ピザソースの代わりにはTuong Denを使います♪
そそ、あのPhoを食べる時にお肉や野菜をつけて食べる甘味噌みたいなやつ。
アレが濃度も味も、ピザソースとして使うにはちょうど良い♪

th_IMG_9802.jpg th_IMG_9804.jpg


ちぎったり、一口大に切ったBanh Miに直接Tuong Denをピヤーッとかけて、
その上に肉味噌を。んで、お好みでネギを散らして(無くてもOK)チーズ。
で、焼く。以上。

既に料理というほどのもんでもないな。。。orz

しっかしチーズとTuong Den、そして肉味噌に使ってる味噌の風味って本当に合う。
これ、私が小学生の頃からやってた組み合わせだったのですが、当初はゲテモノ
扱いされましたわー(笑)。最近は宅配ピザとかでもメニューに入ってるから
かなり受け入れられて来たんでしょうが、良く言われるのは、

「チーズも味噌も発酵ものだから」

と言う共通項があるからとか。
確かに料理するとき食材の合わせや調理法の組み合わせは共通項がある方が馴染みが
いいですものねー。

th_IMG_9811_20160629112521aca.jpg 

ちなみにチーズはモッツァレラみたいなミルキーなものでもマイルドになって美味しいし、
チェダーやゴーダみたいにこってり系でもTuong Denと肉味噌コンビ、負けません( ・`ω・´)b

ネギをタップリ散らすとちょっと和風な感じもあり、トマト&チーズのピザなムードじゃ
ないなーって時でも意外とシックリ来たり。お手軽だし割と日本の方には好んでもらい
安い味じゃないかなーと思いますんで、よろしかったらお試しくださいませヾ(@⌒ー⌒@)ノ



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

唐揚げにタピオカ粉

いつの頃からかなぁ。
鶏のモモ肉の骨無しバージョンを買えるようになった頃から、時々無性に
食べたくなって作ってしまう「唐揚げ」。日本に居る頃もそんなに作ってた
わけじゃなかったんだけど、なんかですねー、ホーチミンで作る唐揚げ、
メチャクチャ美味しいんですよ。自画自賛で恐縮ですが、まぢ美味しい。

唐揚げ 

こりゃぁ鶏が良いのかいきなり自分のウデが上がったのか、とか考え
たんだけど、後者の訳があるわけなくて、日本だと良く客人を呼ぶ際に作ったり
してたので大鍋にタップリの油を入れて揚げていた所、今は2人分なので鍋も
小さめ=油も少なめ。ご覧のように、揚げ方も結構雑(笑)

九州式に(大きく括ったなぁw)醤油、生姜、ニンニク、あればみりん、今は
ハチミツなど、好みの漬けダレをモミモミしたのに片栗粉をまぶして揚げる、
と言うやり方なんですが、いつの事か、片栗粉を切らしまして。しかももう
買いに行けない時間・タイミングにそれに気づき、急遽タピオカ粉で代用したら
それなりのモンができたことがあって、それ以降、ホーチミンでは安くて
手に入り易いタピオカ粉でやってるんですが。。。

お肉がやたらにジューシーなんです。
噛んだらお口の中でブジュワー!!!ってなる。
そして身がフワフワしてる。表はタレと絡んだタピオカ粉がカリッカリに
揚がって小気味良いし、なにこれ自分突然唐揚げ名人になったんか?と
思ってたのですが…(んなわけあるかい)

どーやらタピオカ粉が良い様なんです。
実は同じくタピオカ粉でなんとなくやってみたらメチャクチャ美味しくなった!
と言う声をお友達から聞きまして、これはもしや…?と思い、小麦粉・片栗粉・
タピオカ粉で実験してみた所、個人的にはそれぞれ違いを感じることができ、
タピオカ粉が一番優秀だった!!!

なんというか、水分と絡んだ時のガード力が高いと言うか、しっかりお肉を
コートしてる感じなんですねー。逆にそれが災いして、衣をつけすぎると
衣部分がガッキガッキの歯応えにw つけ込んだタレを一度よく切ってから
タピオカ粉をまぶす、ってのがポイントかな。ペーパーで拭き取るまでは必要
ないけど(それやったら今度は粉が絡み難い)、ザルにあけてしばらく放置、
くらいの水切りはした方が良いみたい。でないと口の中が傷だらけになる様な
衣になってしまいます(笑)

そこら辺の加減は調整してってほしいのですが、どーやらタピオカ粉、
唐揚げに使うと凄い優秀っぽいですよっ( ・`ω・´)b

タレを使わない、塩胡椒だけの肉周りに水分が無い状態でまぶしたらどうなるかは
やっていないのですが、悪い事は無いと思います。もちろん、唐揚げ粉だって充分
美味しくはあるのですが、九州式の唐揚げの場合はどうしてもタレ味+無味の澱粉、
と言う組み合わせになり、その際、小麦粉はともかく片栗粉とタピオカ粉なんて同じ
デンプン質なのに、こんなに仕上がりが違うもんだなぁ、と改めて感心したというお話。

考えてみたらトロみつけるのに使ったって違いが出るから、揚げた時にも違いが
出るのは当然っちゃー当然ですが。。。。

あーっ、しもたー!!!ちょっとほったらかして揚げ過ぎたー!!!とか
思った時ですら(いや、ちゃんとやれや)「じょわああああぁぁあああぁっ」
ってなりますから。まぢ、お勧め。

タピオカ粉、日本じゃちょっと高いかもだけど、ホーチミンではお安い
食材ですからね。よかったら是非是非お試しアレ♪






にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪
sidetitleプロフィールsidetitle

Author:ちぇり
FC2ブログへようこそ!

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleブログ村PVランキングsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR