メニューのプレゼンが上手すぎるのも。。。

先日UPしてた某カフェ。
お食事メニューがメニューの中で魅力的に紹介されててきになったので
近々の内に行ってきました。ま、付近にった違う店舗ではあったんですが…

th_IMG_8820_20161203025947b61.jpg 

はい、今回はNot Recommendedなので、店名は文字では表記しません。
このブログを読んでくれてる方にはお知らせしておきたいなー、という
ことはあっても、必要以上の営業妨害になってはいけないので、例えば
ここのブログとは全く関係のない誰かがこのお店の名前を検索した時に
まで目に触れさそう、と言う意図ではないので、ご理解くださいませ。

th_IMG_8822.jpg th_IMG_8823.jpgth_IMG_8826.jpg th_IMG_8829_20161203025951e15.jpg

店舗がちがってもそこはチェーン店。メニュー内容も多分殆ど変わらず、
あいかわらずのプレゼンの良さ。そしてドリンクも問題ない。けど…?

th_IMG_8831.jpg th_IMG_8834_20161203030555476.jpg

フレンチトーストは食パンを使い、そこは良いとしても卵液が全く染みておらず、
なんとなく玉子風味のするトーストくらいの感覚で(パンの切り口で染みて
ないのがお分かり頂けるかと思います)、添えられてるリコッタの味気なさと
ミスマッチ感気持ちよい程。(えw

エッグベネディクトはそこまで酷くありませんでしたが(やっぱり酷かったんか…)、
ポーチドエッグの作り方に愛が感じられなかったのと、パン部分の適当さ加減が
ちょっと。。。

いや、これらは好みの話なので、百歩譲ってNot Reccomended の対象には
ならないとしましょう。問題は…これ。

th_IMG_8838_20161203030555a25.jpg 

料理に付いてた。
この物体に生地が付着しているので、それが恐らく調理の際に生地にくっつく形で
焼き込まれてしまった物と想像されます。恐らくは、金だわしの破片。

この一片から想像されるのは、

①すぐに欠けるほど老朽化して脆い金ダワシを使っていた→不潔と判断
②金ダワシが欠けるほどゴシゴシと力を入れて使っていた→フライパン傷だらけ
 テフロンの場合は危険物質が滲んでいる可能性も
③洗った後のすすぎが不十分で金ダワシの破片が鍋に残ったまま調理。
 金ダワシより不十分なすすぎ表面で焼かれた生地が心配。。。
④どっかから飛んで来た→不可抗力

できれば④であってほしいですが、その他と考えるとあまり気分の良いもの
ではありませんね(^^; いや、殆ど食ったんだけども(笑)

異物混入が一切あり得ない調理場など、ぶっちゃけ、殆ど無いと思った方が良い。
クリーンルーム並みの手続きをしない限りは、これ、言うちゃいかんのですが
どんな調理場でも起こり得る事。特にベトナムでは小さい虫などがちょっと
紛れているのは日常茶飯事。個人的にはそれはよほど周辺食材に影響を成して
いないかぎり、ペッと取ってそのまま食べ続けるのですが、さすがに今回の
金ダワシの破片らしき物に関しては、かなりの違和感。。。

普段なら支払いを終えた時点でサクッとお伝しておく所ですが。。。

th_IMG_8839_201612030305595f8.jpg 

最後に頼んだクレームブリュレが、簡単手作りミックスで作りました感
満載で、テクスチャーも風味も、残念ながら2口目が進まなかったほど。。。
お店の女のコが「もう…お食べ終わりですか…???と怪訝そうにしていた
のが申し訳なかったけれども、it‘s just not for us (私達には合わなかった
みたい)とだけお伝えして退散。

お料理に見込みがあるなら「頑張ってほしい」との気持ちを込めて指摘を
お伝えするのですが、こちらの料理は残念ながら…(苦笑)

いや、ほんとプレゼンがお上手でした(笑)
写真の力って、すごいよね。
そりゃみんな気合い入れて証明写真とか釣書用の写真撮るっちゅーのな。
(はい、話が逸れたから今日はおしまい!)

自分も自分のパッケージ、もうちょっと気をつけよーっと思った
朝食の後なのでした。残念。



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ
スポンサーサイト

確かに出てくるのはExpressやったけれども。。。

ひっさしぶりのNot Recommended。
イヤ他にも書いてない所は沢山あるんですが、敢えて書く程でもないかなーという
程度だったり、書いてどうなる、という感じでもあるので秘めたままにしてあったの
ですが、いや、今回のは中々どうして。

ビンズンのイオン内の店舗に行ったのですが、ホーチミン市内にもいくつも
店舗を構えてるお店です。ファミレス系統。そう言う風貌の所ですから特に
期待していた訳でもないのですが、予想を遥かに裏切られた(´Д` )


料理が出てくるのは店名にある通り、超特急で出てきましたね。
ビックリする程。このパッタイなんかオーダー後数分で出てきた。
いや、確かに数分あったらつくれるけれども、他の料理との兼ね合い
っちゅーもんも考えてやな(笑)

th_IMG_1302.jpg 

すんごい味が濃くて、この麺数筋で茶碗一杯のご飯が食べられる勢いでしたわ。
不味い訳じゃないけれども団子にもなってるし、扱いがあかん。
パッタイと言うより茹で置きフォーの使い回しっぽい出来やったし。

マッサマンカレーは、ガッツンガッツンに焼かれた石鍋で出て来た。
香りもへったくれもあったもんじゃない(´Д` )

th_IMG_1304_20160711004831438.jpg th_IMG_1305_2016071100483249a.jpg

タイ料理定番の春雨麺も出て来たけどこれも全く諸々のバランス考えておらず。
特に残念だったのは下の二つで、ソフトシェルクラブのプーパッポがあると勇んで
頼んだら、まぁ解凍の仕方を見事に間違えた「水気タップリ」のソフトシェルクラブ。
ジューシーな、ではなく、ドリップグジョグジョと言う感じ。

葉っぱ巻きグリルのも冷凍なんかなぁ。いや、チェーンだし、冷凍はええねん。
問題はその取り扱いで、レンチンか室温で適当に戻したのを揚げたか、ヘタしたら
凍ったままのをガリガリ油で揚げてしもたか。。。水分もなんも抜けてしまって
パサパサやわ味しぃひんわ。

th_IMG_1306.jpg th_IMG_1308.jpg


経験から、日本だったら絶対に入らないタイプのお店だったのですが、
ベトナムはチェーンと言っても侮れん所があって、特にベトナム料理のチェーン店
とか、極上とまではいかなくても地の利や価格を考えたらば「アリなんちゃうん♪」
という所が少なくなく、チェーン、ファミレスっぽいと言うだけでは忌避する
理由にならないなぁと学んだのですが、まぁ他国料理に関しては結構やっぱり
ハズしますねw

この時は連れてる人もいたし、旦那さんに御馳走になったのでこんな物言いするのも
大変恐縮な気はするのですが、すくなくともビンズンの店舗には行かぬが吉。
もしかしたら他の店舗はうまいことやってるところもあるのかもですが。。。
まぁ自分ならもう二度目は無いかな、店舗がどこでも。。。

良いながら一通りは食べたんですけどね。客人たちの手前があったのと、
空腹だったのと。人間、何事も飢えたらあかん。飢えたら本来箸にも棒にも
引っかからん程度のもんでも、そこそこのもんとして受け入れられてしまうもんです。
満ち足りていれば、「そんなんやったら要らんー」と言えるものを、
飢えてるが故に欲してしまうという悲しさ。。。

口惜しい。
ワタクシの空腹、一回分もったいない事してしもた(-“-;

久しぶりにものすごくいい加減な食材の扱いをしているお店に出会いましたわ。
でもまぁこれも経験やわな。こんだけ一から十まで残念やと、それはそれで、
って感じにもなりますし、書いてない残念なお店の中では群を抜いてた。

店名は、タイトルと料理内容からお察しください。
ほんとにメジャーなチェーンですわ。

ホーチミンのタイ料理は中々厳しいなぁ、と思ってたけども(美味しくても値段が
高い・程々価格だとかなりラフなど)ここまで元気よく残念だと、更にその認識が
深まってしまいましたわなー。残念。






にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

きれいでゴージャスな寿司屋さんだけど…

こちらのお店。。。店名を出そうかどうか迷ったんですが。。。。
というのは、ラインナップも悪くないし、内装に関して言えば接待利用可能レベルなんです。
サーヴィングも悪くないし、料理のルックスも悪くなかったのだけど。。。

最後まで箸を進めることができなかった(^^;
はい、お味が残念だったんです(苦笑)
「この店あかーん!!」と言ってしまうには他の要素が悪く無さ過ぎ、
躊躇したのだけど。。。まぁお味に関して勧められなかったのなら、
万が一にも間違いを防ぐ為に店名は出さない方が良いのかな、と。。。

もちろん、いつものようにこれはお店情報を探す為に検索された方の結果として
ひっかからないようにする為の対策法なので(あくまで個人の感想でお店の
営業妨害をするのが主旨ではないため)、写真から「ああ、あのお店か!」と
お分かりになる方もいらっしゃると思います。また確認をされたい方は
管理人宛のメッセージを頂ければお伝えしますのでご了承くださいませ。


で、こちら。
内装、きらびやかです。
食器もキッチリしてます。

th_IMG_7186_201601052324312ae.jpg th_IMG_7187_20160105232433d0f.jpg


おしぼりも、Sorae さんにあるのと似てるな。
石にいくつかくぼみをつけて、一カ所には水を張り、そこに乾燥圧縮された
ペーパータオルを入れると適量の水分を吸って濡れタオルになるってやつ。
ホーチミンでは、これを出す事=高級感につながるっぽい。

th_IMG_7188_20160105232433faf.jpg th_IMG_7191_20160105232434c27.jpg


ただ、店名の通りのテーマが貫かれてるので、かなーり即物的なモチーフが
いっぱいあります。カネ、金、かねwww

th_IMG_7193_20160105232435441.jpg

この辺、日本人にはちょっと抵抗がある感じかもしれませんね(^^;
いえ、個人的にもお金自体への敬意とお金への欲望は適度であれば必要な物だと
思っていますし、むしろそれが無くなってしまうとその時点で諸々が止まって
しまうので、素直にお金を敬愛することは良い事だと思うんですが、そこは
まぁわたくしとて日本人の端くれ。。。仕事相手とかをこう言う雰囲気の所に
連れてくるのは若干考えてしまう所ではあります(^^;

ただ、おもてなしの為の料理のビジュアルは、メニューを見る限りはゴージャスそう。
寿司のシャリの形は気になるけど、お刺身には力を入れてるみたいだし、
姿造りをするだけの心得のある方もいらっしゃる様子。


th_IMG_7171_20160105233204c6f.jpg th_IMG_7176_2016010523320514e.jpg

th_IMG_7172_2016010523320587e.jpg th_IMG_7182.jpg


しかも、別店のメニューから消えてしまったマンゴーロールがある!
もちろんその店の物と味は違うのでしょうが、あのメニューは結構美味しい上に
ネタになる可能性が高いから、大変惜しんでいた所。ここのがそこそこ美味し
ければ、使えるじゃぁあーりませんか♪

th_IMG_7185_201601052335056d3.jpg

しかし、この日は私にとっての初日。
出来れば握りの様子を見たい。しかし、セット物が。。。手頃な物が無い。
カツ丼とか、そう言うメニューはたくさんあって、1人来店でも困らない
お品書きは色々あったのだけど、握りに関しては程よいセットの様な物がなくて、
単品で頼んでみました。ドン。

th_IMG_7198_2016010523350656f.jpg


ワサビなんかの脇役も気が使われてるし、何よりこの握りの形。

        th_IMG_7201_2016010523350893d.jpg

th_IMG_7200_2016010523350810f.jpg th_IMG_7206_20160105233509341.jpg


美しい。締まったサイド。こんもりと盛り上がった天井に、しっかりとシャリに
馴染んだネタ。これは日本の寿司屋さんでも、昨今安さに走る事が多い中では
見かけ難いほど。且つ、シャリが見事な扇形に。基本に忠実。実に見た目で
そそって来る。これは期待出来るんじゃ無いか?!と色めき立ったわけですが。。。

………………………………(-“-;

シャリに殆ど味がない(;ー;)
そもそもそんなに甘味の無いお米でしたが、寿司酢の要素が殆ど感じられない。
海鮮丼で、白飯にネタが乗ってる物は割と食べられるけど、握りにした時、
シャリの味が薄めなだけでも寿司の意味が半減するのに、すし酢が殆ど
感じられないとなると。。。

実に実に味気ない。
今まで色んな所のお寿司を頂いて来て、ネタが弱いとか握り方が餅のようだとか
色々残念ポイントは経験して来たつもりでしたが、こーれは予想できなかった。
今までに無かった残念ポイント。「すし酢の味がしない」。

ネタも悪くないどころか、むしろ上等な感じがしたし、何度も言いますが、
この形ですよ。メチャクチャ美味しそうじゃ無いですか?


th_IMG_7207_20160106000026227.jpg


これだけの技術をお持ちの方が握ってらっしゃってこの酢飯の状態と言うのは…
意図的なんでしょうねぇ。。。ベトナムに限った事ではありませんが、酢飯の
酢の味が強い事に抵抗を示す国は多いようです。なんだったら白飯の方が良い、
とすら言う外国の方も知っています。だから、ターゲットが日本人ではなく、
ローカルの人であるとしたら、意図的にこういう味にしている事が考えられる
わけです。

ただ、我が敬愛するSushi Koさんが本来の酢飯の基準をキッチリ守られている
にも拘らず、ローカルの方にあれだけ受けている事を考えると、一概に、
ローカルの方を相手にする際は酢飯の酢を手加減すべし、というのがセオリー
と言う訳でもなさそうな気がする。実際他のお店の寿司でもこんな味は無かったし。

さて。。。このお店の狙いが吉と出るか凶と出るか。
こればっかりは自分の価値観だけで見て良い事ではなく、市場が決めることなので
一概に「アカン」とは言え無い訳です。ただ、日本人的には。。。

残念なお寿司だったかなと。
握りの技術が明らかに高いだけに落胆した、ということもあるかもですが、
万が一にもこの記事を見てお店に行かれる方がいたとしたら、私が感じた
ことは伝えておかないと、私と似た嗜好の方はガッカリされるだろうなと
思ったので残念賞として紹介しました。値段も安くないですしねー(苦笑)

ただ、このお店に伺ったのは昨年の10月の事。
少し時間が経ってます。
なのでもしかしたらお客さんのご意見へのレスポンスにより、
状況が変わっているかもしれませんので、その場合はご容赦ください。

またそのようにお気づきになられた場合は、最近行かれた方の声として
注釈とさせて頂ければありがたいので、ご協力頂ける方はご一報頂けますと
大変有り難く思います。なにとぞよろしくお願いしますm(--)m



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

インスタント・プディング


……………………………………(^^)


はいっ、そこ笑顔でごまかさない!!!
こーんなあからさまに外す様な物になぜ手を出したかー!!!ヽ(`Д´)ノ


th_IMG_0224_2015122918065561f.jpg


あれです。
まずいまずいと聞けば聞く程興味が湧いて、どんだけ不味いか一度食べてみてやろう!
とか思うタイプ。これは誰に不味いと言われた訳じゃないけど、もうあきらかに。。。
ね。。。。


しかもこの手のインスタント見た事ない。
ハウスのプリンでも鍋を使い火を使いってするのに、湯を混ぜるだけのインスタント…
だと…????

th_IMG_0225_20151229180657108.jpg

湯をカップ内のガイド線まで入れたらよーくかきまぜ、7分待つとある。
7分?!なんだその時間。カップ麺の最長でも5分までの物しか知らんぞっ。
興味は深まるばかりである。

では、制作。
蓋を空ける。
はい、慌ててはいけません。海外のカップものにはフォークやスプーンなどが入ってる
事があるのでお湯を入れる前に確認しましょう。ご多分に漏れずこれにも入ってました。
はい、取り出し取り出し。

th_IMG_0226_201512291806586d0.jpg th_IMG_0227_2015122918065958c.jpg

そしてものっすごい低い位置にあるガイドライン。
これ、ちょっとカップ傾けてて粉末が偏ってたら見逃すぢゃないか(・∀・;
実際お湯を入れてみると、ほんのちょーっとしか必要なかったので、
カップ麺のつもりでジャーーーっと入れると入れ過ぎます。

そして混ぁぜ混ぁぜ混ぜ混ぜ混ぜ混ぜ。
グリグリグリグリ。


th_IMG_0228_201512291807010ae.jpg


蓋をして7分待ちます。
長いです。ジッと待つには長過ぎます。
といって、何か他の作業をし始めると多分忘れてしまうので、タイマーをかけて
その場を離れます。いや、じっと見ててもいんだけど、微妙な時間よね。
7分って(・∀・;

そして7分経過!!
ジャジャーン!!


th_IMG_0231.jpg


ジャ…ジャーン…(・∀・;
えっと…うん、粉を水で溶いただけ、のモノよりかは何となく固まってる。
でもプディングというほど滑らかなプルルン感はなく。。。不思議な物体。。。

そこにモーレツにかぶさるプリンの香りっ。
プリンはプリンなんだけど、ハウスのプリンの素系のガッツリ香料入ってます、
というよりは、香料でしか構成されてません!みたいな強烈な甘い香り。
こ。。。。これは。。。


食べて見ると。。。極甘でした(´Д` )
そして人工的な感じのバニラ臭ぷんぷん。
に、2倍量のホイップクリーム(砂糖無し)と混ぜたらカスタードクリーム
っぽい感じで食べられないことはなさそうだけど、このままでは。。。

無理ーっ、あまーいっ、臭いきつーいっ。
わかってたことだけど、これ、無理ーっ(;ー;)

でも試さずには居られないキュリアス・キャット。
いつかどっかでヤられるな(^^;

と、取りあえず今年初めの厄落とし、みたいな感じで。。。。
ご興味を持たれた方は、くれぐれも「自己責任で」お試しくださいね。
あー、甘かった。。。(; ̄ェ ̄)


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

スターシェフの料理教室談

料理教室
某ホテルで行われた、フランススターシェフを招いての料理教室。
以前に行った事があるという方も周りにいて興味津々。

ってか、毎年何人かスターシェフが来て料理を振る舞ってくれるのは知っていたので
以前より「予定が決まったら連絡してくれ」と言っていたのだけど、連絡が来る事は
なく。。。そんな個人へのアピールをしなくても客がいっぱいになる企画なんだろうなー
と推察しておりました。

それが今回は料理教室と言うオプションもついてのサービス提供。
幸いにも予約が取れたので喜び勇んで行って来たのですが。。。

先に結論を言いますと、ちょーやる気の無い感じでしたね(^^;
ま、フランス語をベトナムの方が聞いて、それを更に別の人が英語にして…って
状態だったのも難しさを生む要因の一つだったと思いますが、そもそも
その通訳さんもおぼつかなくて、参加者でフランス語がおできになる日本人の方が
実に見事にその場を助けてくださってました。ホテル側、あかんやろそれ(´Д` )

内容的に気になったのは、例えば、

・完成系を示さないまま始める為に、個々の作業において必要な事が分かり難い
・作業の意味が示されない
・どの作業がどういうことに奏功をもたらすのかのガイドが無い


ままに進められて行く為に、言われた事しか出来ない=個人の作業に発展性が
無い上に、作業に対する確信が持てないので、おずおず…と言った感じでしか
進められずに楽しくない(-“-;

ってか、参加者が実際に手を下せたのはカボチャのポタージュだけで、主婦を
数年やってりゃ誰でもやったことがあるんじゃね?って料理で、更には取り立てて
珍しい食材を使うとか手法をとると言う事もなく、何でこれをチョイスしたのかと。。。

ポタージュにする野菜の切り方なんて、ほぼほぼ同等に煮える大きさにきれば
形や大きさはそこまで厳密に気にしなくていいのだけど、さっき言ったみたいな
ガイドが殆ど無いから切り方の意味がわからないため、シェフの真似をするしか
なく、そこに近づけるのが作業の目的になっちゃ生んだけど、実際には大して
そこに意味があるわけじゃないので、そんなとこに神経すり減らさんでもよかろうや
というね。

th_IMG_7769.jpg

あと、野菜類を炒めてからブイヨンで煮でミキサーでブレンドするって行程
なんだけど、先の事をきちんと提示すれば炒める時に焦げ色を付けるなんて
ことは思いも寄らない訳ですが、ただ「しっかり炒める」としか言わなかった
ために、しっかり焦げ目をつけちゃってる人も居て、それはもう使えない、
とかね。料理やってる人には今更な料理だし、やってない人には説明が足りない。
何をターゲットにしてるかサッパリわからん。

その他に品も飾り付けは奇麗で、メインの部分の調理法はシェフが実際にやって
くれていたので参考になった向きもあったかもですが(私的には特に新しい
手法や食材は殆ど無かった)、飾り付けの段になって、「ここで一時間かけて
作ったこれを使います」とか言いいつつ、オサレなデコレーションアイテム出して
きてて、もう段取りメチャクチャ。むしろその作り方教えてよ、みたいな(笑)

th_IMG_7776.jpg


且つ、終いにはエスプーマとか使い始めて、それ、一般家庭では作れねーだろっ
て喧嘩売ってるようにしか感じられんぞ。。。

いや、私は持ってるんですけどね、エスプーマ。ホーチミンでは良く見かけるし、
参加者の皆さんも良くご存知のようでしたが、持ってる方がどれだけいるかとなると…。
そこら辺の事情を把握して、「エスプーマがないならこういう方法で…」って提示が
あればまだよかったのですが、それもなし。

「フランス料理って作るもんじゃなく、外に食べに行くもんだねー」

って言い始める人もいて、なんの為の料理教室なんだろうと。。。
個人的には甚だ残念。しかしながら、逆の視点で見させてもらうと、
自分がもし、人に料理の作り方を伝える際に気をつけた方が良いこと
というのが満載で、その点では大変勉強になりました。

まぁシェフの仕事は料理を作る事で教えることじゃなかろうし、きっと、
呼び寄せたからには、なんぞほかに儲け口を作りたいというホテル側の意向
ありきのご企画だったんですかね。お疲れであろうシェフにはご負担な
お仕事だったのかもしれません。

ただ、この料理教室は同時に数人来ているシェフを違えて別の日も別のメニューで
やっていたようで、他の日はもしかしたらとても充実していたのかも。以前に同じ
ホテルのクラスを受けた人はとても参考になって楽しかったと言っていて、今回は
かなり様子が違ったと言うご意見も聞きました。なのでシェフによりけりで様子も
変わると言う事の様子。単に「運」だったのかもしれませんね。

で、これにライトなランチがついて6000円弱。
スターシェフのクラスと料理なら安いもんじゃないか!と思って喜び勇んで参加
しましたが、お料理もかなり「それなり」でしたし、今回は高い勉強代になりました。
ビュッフェなんかでこちらのお店の料理は体験してるんで、お店自体が素晴らしい
ことは分かってるだけに、肩すかしな内容でしたね(^^;

th_IMG_7782.jpg

特にこの前菜は残念至極。
シェフが手がけたのか、アシスタント的ポジションの方が作られたの
かはわかりませんが、日頃のこちらのレストランが出すお料理に比べたら
恐ろしく質が残念だった。

まぁスター選手が良い監督さんやタレントになれるかと言うとそうではないのと
同じで、一流シェフが最適解を持つ料理教室を必ず開けると言うわけじゃないし、
制限の多い中でのランチ提供が得意と言うわけではないということでしょう。

シェフのお料理はシェフが力を一番発揮できる状態のシチュエーションで頂くのが
一番なんだろうな、と、イロモノに手を出した自分の選択眼の無さを反省した
お料理教室でした(^^;


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

名物と聞いてたエクレアが。。。

割と新しい某ホテルのウリがエクレアだと聞いて、気になってました。
エクレア,大好きなんです♪
特にビターなチョコレートが掛かってるやつは、シュークリームよりも
ずっと好き。なので虎視眈々と機会をうかがっておりました。
で、先日こちらに用事があって行った訳です。


th_IMG_7852_20151124212927402.jpg


しゃーれたケーキが並んどんしゃーねー♪
そしてこちら、なんとケーキ屋さん、というかカフェなのに、
ハッピーアワーがあるという!

th_IMG_7855.jpg


18時〜19時までの間はケーキ半額?!(´⊙ω⊙`)


th_IMG_7856.jpg

しまったー!!!
この日伺ったのは17時過ぎ。
そしてその後は予定があったので待つわけにもいかず。。。
残ねーん(;ー;)

と思ってたら。。。
もっと残念なことが。


th_IMG_7857.jpg


箱に恭しく入ったエクレア達。
なんと1個70kドンとかする。
日本でも食った事無いわ。400円オーバーのエクレアなんて。

th_IMG_7859.jpg


でもご覧の通りフレーバーに寄ってデコレーションも色々と施されており、
趣向が凝らされた一品。何か日本でも流行ってるらしいですね。電話やなんかを
ゴテゴテ飾るみたいに、やれアラザンだなんだとエディブルな装飾パーツで
飾り倒したエクレア。スッカリ流行に乗り遅れてましたわー。まぁ、余り惹かれ
手なかった事実もあるわけですが。。。。


th_IMG_7860.jpg


お分かりになりますでしょうか。。。
もう見ただけでシューが荒れてます。。。
しかも所々にある鋭角な感じ。。これは。。。

(ガージガジガジガジガジジジジ)


…orz
完全に水分足りなさすぎ、粉練り過ぎ、膨らませた後の余熱入れ過ぎ。。。
歯ごたえのあるクッキーシューとか言う事じゃなく、ゲッシゲッシの
残念なシュー皮。いや、私が知らないだけでもしかしたらこういうレシピが
あるのかもしれませんが。。。。

こんなのシュー皮とは思いたくないヽ(;▽;)ノ

th_IMG_7861.jpg th_IMG_7862.jpg


コーヒー、ピスタチオ、レモンクリームと、それぞれのフィリングの味は悪くないし、
手に持つと(ズシ…っ)賭する程の重量があり、なんだったら1個を3回に分けて
食べたいくらいのボリューム感はあるのですが、その分量も一度に食べるにはどうかと
思うし、なにせゲシゲシの皮がどんなに美味しいクリームも邪魔をするwww

これだけの量のクリームを持ってしてもお口の中でゲッシゲッシモッソモッソするの
だから、相当だと思います。。。。これが名物なのかぁ。。。

考えたらこちらのレストランのデザートが残念だったのを思いだしたし、料理も、
シンプルに素材を焼いた物が印象に残ってるだけで、あとは程々…な感じだったので、
そもそもの監修の方向性が、自分とは合ってないんだろうな。。。。


大好きなエクレアが食べられると色めき立ったけど、あっという間に意気消沈。
でもま、これも好みですので、お試しになりたい方はまずはハッピーアワーを
狙ってみてはいかがでしょう?個人的にはあまりお勧めできませんが(^^;

あ、名前は書いてませんが、お知りになりたい方はメールにてお答えするので、
メールアドレスを添えてお知らせくださいませw


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

バインカンだったらいいってもんでは…

私、何度も言っていますが、バインカン大好きなんです。
なので、最近では「バインカン」のキーワードでお店を探して出向いたりも
しています。しかし同じ麺でも。。。色々ですなぁ(^^;

日本だってうどん、ラーメン、それぞれの分野でピンキリなクオリティ幅が
あるわけですから、当然ベトナムの麺にも同じ事があって然るべき。ただ
やっぱり名前が聞こえている様なお店だと、割とどこも美味しかったり。

個性はあるから好みは分かれる所ですが、いろいろ有ります。
これまで言った所の物にはそんなに酷いものはなく、だからこそ、
躍起になって開拓する意味みたいなのが分からなくなりかけていたのですが。。。

59D Tran Quoc ToanQ3


来たっ。
久々に残念なバインカン(←なんで嬉しそうなの・笑)

th_IMG_7841.jpg

安いからそんなに文句は言えないのですが、同じ価格帯でも
美味しいものはあるからなー、と思うと、かなり残念なやつ。

バインカンは麺の中でも更にその質の幅が広い麺だなーというが私的感想。
自分で作ってみた事もあるのですが、まー大変。まず、バインカンとは断面が
丸く太目のうどんのようなもの、と表現される事がけっこうあるのですが、
手作りすると包丁切りになるので麺は四角になります。

もしかしたらイタリアのパスタマシンみたいなのがあって、自家製でも断面の
丸い麺を作成する事は可能なのかもしれませんが(笑)、小さなお店で自家製の
物を出してるお店のものは、結構『□』の麺だったり。

th_IMG_7844.jpg


なので同じ「バインカン」と言いながら食感も色もテクスチャーも全然
違ってたりする事があるのですが。。。それにしたってこちらのお店のは
酷かった。もうブッツブツ(^^;



他の米麺と同様、そんなにコシのある物ではないのですが、切れてちゃ寂しい。
いや、切れていても生地自体がプルンプルンしてたら、麺とは言えなくても、
おいしいスープの具材として楽しめるんだけど、ここのはネト…っとした
食感があるだけで、言われないと到底バインカンとは思えない。。。

th_IMG_7845.jpg th_IMG_7846.jpg


小腹空かせて遠路はるばる行ったのに、これは残念。
しかし一方でどこかニヤリとしてしまったのは。。。

これまでのバインカンが、かなり上層にあるものであったと分かったから。
そして残念な物があると知れた今、それらの価値が上がったから。
そして今後もバインカン探訪をする意味があるわかったからヾ(@⌒▽⌒@)ノ

どこのを食べても美味しいんだったら探す必要なないもんねー。
むふふ。これでまた食べ歩ける(*´艸`*) ←変態

しかしまぁ、こちら他のメニューもあるモノの、お店の看板には一番大きく
バインカンの名前を挙げててこれなのか。。。店構えも結構広く立派なんだけど、
人気あるんかなぁ。としたらほんと、好みの話で、私には合わなかったって
だけの話だと思うんだけど。なんにしても、こちらのお店の看板を見られた
時には、バインカンは避ける事をオスメします(^^;

ネガティブ情報ではありますが、個人的にバインカン探訪へのテコ入れと
なる一件だったのでネタにしました。参考にならない情報ですみませんーww


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

ダッチコーヒー……

さて、わたくし、コーヒーは大体温かくして頂くのですが、
ダッチコーヒーは大好きです。あれですね。8時間とかヘタしたら12時間とか
時間をかけて、大きな装置を通しつつ作る事もある水だしコーヒー。

手間隙時間をかければ良いってモノでもないとは思いますが、
これがお店によっては、まるで熟成させたお酒の様な風味すらある、
クリアさとふくよかさを兼ね合わせた素晴らしいコーヒーになるんですよね。

昔、グーグーガンモがコーヒーで酔っ払うって設定だけど、美味しい
ダッチコーヒーを飲んだ時には、「私ってガンモ?!」って思ったくらいに
ウットリしましたもん。特に「琥珀の女王」と言うレシピに仕立ててある
ものには絶品が時々あるんですよねー。酔っ払いかねない程、芳醇な味。
アイスだからスッキリ模しているのに、その両極端な魅力が見事に同居
している様に、ほんとに驚いた物でした。

だからといって、ダッチコーヒーとさえ書いていれば何でもいいかと
言うとそうではなくて、それほどに繊細なコーヒーだからこそ、作り手
さんによって味が全然違います。格も全く変わります。突出して美味しい
ものがあるなら、その麓には死屍累々な感じで残念なものもあって然るべき、
なのですが。。。

えーっと、水の様なダッチコーヒー、頂きました(笑)
コーヒーに対してクリア、と言う表現は充分あり得るのですが、
これはね、「水」(笑)


th_IMG_7152_20151012191317400.jpg

色はついてるのに、どうやったらこんなに水に近くできるのか(^^;
まぁそんなに高くなかったし、その値段で美味しいダッチコーヒーを頂こう、
なんてのがそもそも甘い考えですよね。増してやチェーン的なお店で出されてる
ものに期待をする方がよろしくない。

とはいえ、これをダッチコーヒーと言ってしまうのかー、という、
ちょっと呆れてしまった観は拭えず(^^;

ただ人に聞くとラテやその他の一般メニューは割と普通らしいです。
特にヒドイと言う話はあまり聞きませんでした。ただ、ダッチは。。。
個人的にはお勧めしません(^^;

残念賞の恒例で、残念だった部分だけを紹介する時は文字検索で引っかからないよう、
(=お店名で検索した際に悪い情報だけが検索者に届かないよう)
店名は書かずにおきますが、お写真でお察し頂ければ。

th_IMG_7150_20151012191309c48.jpg th_IMG_7149_20151012191308538.jpg


もしも知らずにこちらのお店に入っても、印象的な内装があったので、
「あ」と思って頂けるかと。思われたらダッチ回避をお勧めしますwww

そういえば、ベトナムではあまりダッチコーヒーって見かけない気が。
ニーズが違うのかなー。今後ちょっと気をつけてメニュー、見てみよう♪




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

HAHA SUSHI 〜 マンゴー寿司にトライ!

***** 2015 Oct. *****

まぁこのネタ見て「行ってみよう!」という方はそんなに
おられなかったかと思いますが…(笑)


実はかなりしばらくしてから、ここのお店の話が出まして。
いやー、ちょっとネタでマンゴー寿司っちゅーもんを食べてみたけど、
意外な事にこれがイケましてー、みたいなことをネタとして話してたんでしけど、
なぁんと、ここの太巻き海鮮寿司のファンがいた!しかも身近に!

そうか、マンゴーの寿司を食べれてしまったのは、単に私がスキモノ
だったってだけじゃなく(スキモノてあんた…)言われてみれば基本は
しっかりしていたよな。だからマンゴーと言うネタにだけ思考回路を集中
させられ、本来気にするシャリだなんだと言うところはスルーできたんだ。

あまり界隈で名前を聞かないお寿司屋さんだったのですっかりキワモノ扱い
しちゃってましたが、ふむふむ。何度も買いに行く事が有る程のファンが
いるなら、これは今一度、普通のお寿司を食べに行ってみねばなるまいよっ。

ってことで、喜び勇んで買いに行ったら。。。あら、改装中(^^;
いや、なくなるかもしれないし、改装かどうかわからないんだけど…
とにかく待とう。ぜひとも復活してくれる事を願って。

ってことで待つことしばし。
目出たく再開店されまして、行ってみたんですよ。
取りあえず握りの加減も知りたかったので、店内では握りを食べて、
巻物は持ち帰りにしようかと。で、メニューを見たら。。。


th_IMG_6443.jpg th_IMG_6444.jpg

あら…我が愛するマンゴーロールが無くなっている。。。
なんてことだ。アレがあるから、今回美味しかったら誰かをこの店に
連れて来る価値が有ると思ってたのに。もしくは、アレが無くてもずば抜けて
美味しいメニューが有るなら話は別だけど、うーむ。。。

ってことで、取りあえずランチに握りの盛り合わせを。

th_IMG_6456.jpg th_IMG_6457_201510081649438a6.jpg

うぉっと…。
えっと、写真では伝わらないかもですが、シャリの粒が立ち過ぎてる。。。
そしてつやがない。。。ひと目で。。。

乾いてる(-“-;

ってわかるほど。
果たして口に入れ見ると、これは…これは…

合羽橋のサンプル寿司ではないか?!(爆)

ほんっとに口が悪くて申し訳ないですが、なんとワタクシ、一応ひと目に
触れないようにしつつ、紙ナプキンに出してしまいました。。。
シャリ、乾いてるだけじゃなくて、そもそも芯がかなり残った炊き方してる。。。
どうやってこの形にまとまってるのかが不思議なくらいボロッボロ。。。
消化するのに、胃腸が相当頑張ってくれないと消化できないだろうと予想される
レベルの固さ。。。

およそ…寿司の心得が有る方が握ったとは思えない。。
この日たまたまだったんだろうか。いやでも、ものが分かって握ってる人であれば、
とてもじゃないが、あのシャリを「使い物になる」とは判断しないと思われる。。。
お店が改装された際に、握り手さんが変わってしまわれたのかなぁ。。。


持ち帰り用に注文していた巻物は慌ててキャンセル。
念のためにあと二つだけ少し齧ってみましたが、もちろんシャリの状態は
どれも同じ。ネタに関しては特筆する程よくもないけど、酷くもなかったけど、
とても食べられたものでは。。。。


もの凄く残念。
ネタ?と思いきや、実はイケるお店だった!っていう位置づけで、個人的には
「発掘してやったぜ!」感があったお店だっただけにガッカリ。。。
もしかしたらまた状況が改善されるかもしれませんが、それが判明するまでは、
ちょっと「残念賞」カテゴリーに移動させていただきます。。。
うーむ。。。残念。。。。


***** 2014 Oct. *****


これ、カテゴライズに迷いましたよ。
確かに寿司がメインのお店なんですが、変わり寿司とかありましてね。
純正和食というよりは、かなりローカライズされた感じのお寿司屋さん。
価格はそれなりだったけど(^^;

th_IMG_3168.jpg

場所hは以前ご紹介したカフェ、

SAIGONISTA
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-3697.html

と同じヘムの中にあります。
Le Loi から入って行くと、左手側。
HANA の看板が大きく出てるので割と解りやすいかと。

私が行った時には、流暢な英語を喋る丁寧なスタッフさんがいて、
何かと甲斐甲斐しくお世話を焼いてくれました(笑)
まず店内はこんな感じ。

th_IMG_3184_20141020002937c33.jpg

シンプルだしそこそこ清潔感もありますが、結構ローカルのお客さんも
多くて、ローカル食に比べればお高めではある物の、割と身近な食堂、
的な空気感。特に付近でご商売されてるらしい方がランチに良く来られてる、
みたいな雰囲気がありました。

メニューは、お寿司をメインとしながらも、海鮮丼、うどん、お弁当など色々。
揚げ物や焼き魚なんかもありましたね。なかなかバリエーションが豊富。


th_IMG_3169_201410200028571ed.jpg th_IMG_3170_201410200028595e8.jpg
th_IMG_3178_2014102000290056c.jpg th_IMG_3180_20141020002902bd1.jpg

こらこらこらこら。
ししゃもの写真。腹が上向いてもーてるがな(笑)


そして私の目を釘付けにしたメニューが一品。。。
それはお寿司だったんですが、巻物で1ポーションが5〜6切れは
ありそうなもの。1人で行ってたので、それだけでお腹がいっぱいになって
しまいそうな勢い(^^; しかし一品だけと言うのも愛想が無いので…

th_IMG_3183_20141020002936205.jpg


茶碗蒸しを頼んでみた。
これ、好きなんですよね。日本にいるころから。
自分でも時々無性に食べたくなって自作したりもします。どんぶりで(爆)
で、お寿司屋さんやら和食屋さんに行くとかなり高頻度で注文するのですがt…

うん、ちゃんと蒸しては作ってあると思われます。レンチンじゃない感じ。
でも、如何せん出汁が薄い(^^; 具材はアレコレ入っててサービス満点な
気概だけは感じるのですが、ベースの出汁が弱すぎる。茶碗蒸しってのは
椀物と同義みたいなもんで出汁が命と考えるので、これはちょっと他の料理も
どうだろうなーという一抹の不安。

でも既に頼んでたお寿司がある。
今更キャンセルも出来ないタイミング。
それにそのお寿司は出汁を必要としない物だったので、気を取り直して待つ事に。
で、待った末に来たのがこれ。

th_IMG_3186_20141020002939e39.jpg


(※--※)
マンゴー寿司www


酔狂もいい加減にしとけや!と言う声が聞こえて来そうですが(笑)
もう気になって気になって仕方なくて…(笑)

そもそも基本、寿司は自由な物というのがワタクシの考え方。
もちろん、日本の伝統を守った「日本の寿司」と言う物の立場はキッチリ
守るべしと思うので、質の低い物・好き勝手な事をした物を「日本の寿司です」
と言われるのは好ましくないのですが。。。

たとえばカリフォルニアロールもそうでした。
当初こそイロモノ扱いされ、気持悪い等と言う声も上がった時期があった
ようですが、どうですか。今ではすっかり回転寿司の人気メニューで、
更にそれに手を加えて進化させた物まで日本に浸透してしまってる。

勿論好き嫌いはあるでしょうが、わたしもあれ、嫌いじゃないんですよねー。
サラダ巻とかになると、むしろ「食べたいー!」って思うことすらあるし。
詳しく追跡して来たわけじゃありませんが、あのカリフォルニアロールって
のが出て来てから、割とお野菜やらカニカマやらマヨネーズやらを寿司に
カジュアルに使うようになった感、ありませんかね。いや、もしかしたら
もっと前からかもだし、サラダ巻は確か宮崎かどっかのお寿司屋さんが発祥
だった気がするのですが、どっちにしろ伝統の寿司から見れば亜流の物が
すっかり市民権を得ている事実はありますよね。

変わり寿司の全部が全部、そうやって多くに受け入れられる訳じゃないし、
中にはどんなに広い心を持ってしても受け入れがたい、と感じてしまうものが
あるのも確かですが(笑)、基本、日本の伝統を名乗らない限り、寿司は
自由であった方が楽しかろう、と思うのです。ま、寿司に限らず、料理っ
てのは自由な方が良いと思うのです♪その方が、より多くの人に楽しんで
もらえるチャンスが増えると思うから(^^)b

ってことで、講釈は止めにしてそろそろいってみましょーかー!!(気合い)
ええ、寿司は自由が良い、というポリシーはあってもですね、やっぱりさすがに
マンゴー寿司となると、結構勇気が要りましたよ!
マンゴーも寿司も好きだけど一緒になったらどうなるか。。。

th_IMG_3188_201410200029425c3.jpg

ぱくり。

………………………ん?
んん???んんんんん????!!!!
あれれ?スルリと食べれてしまったぞ???
なんかの間違い?(どんな間違いだ)

も、もう一つ行ってみましょうか。
ぱくり。

おっやー?
えーっと…これ、言っちゃっていいのかな。
言うとこのブログの真価に関わって来そうな気もするんだけど…(笑)

い…意外とイケる???(^^;


海苔を内巻きにした裏巻き物。中の具材は海老フライ。
青い物を好んで食べるベトナムでは珍しく、熟れ熟れのマンゴースライスが
ネタとして上に乗っており、その頂上にはマヨ系のソースがポッチョリと。

海老フライ巻き、はい、回転寿司とかにありますね。
天ぷらとおむすびを合わせた物があるくらいですから、海老フライと酢飯も
そんなに違和感ありません。海老フライにマヨネーズってのも大丈夫。
酢飯にマヨネーズも、シーチキン巻やらサラダ巻きですっかり馴染んでる。
海老フライとマヨネーズも、タルタルソース的に考えると違和感無い。
接点が多いですね、裏巻き本体は。そして接点があると、わりとまとまり
やすいもの。しかしそこにくるのが…

熟れ熟れマンゴー(^^;
当然ながら、コイツがどんだけ突拍子もない仕事をしてくれるのかいな、
と思ってたのですが…

そのトロリ、とした食感は脂の乗った魚が口中でトヨン…と頼りなく
身を委ねてくる時の物のようでもあり、また口の中で噛むにつれ、
シャリの粒に程よくまとわってコーティングして行く様子と言い…
食感的には寝かされた脂物系の刺身のものをちょっと想起させるほど。

ただまーマンゴーですから、フルーツ特有の香りからは免れない。
これに違和感感じる人はきっとアウトだと思うんですが、幸いにも
酢飯には「酢」と言う酸味が使われてます。この酸味がマンゴーの味の
中の「酸」と通じ合う。これが酢飯の要素には感じにく苦みとかであれば
浮いてしまったのかもしれませんが、辛うじて酸味の部分でシンクロしてる。

また甘みに関しても、酢飯にはかなりの量の砂糖が使われてますから、
カテゴリーこそ違う物の、シャリもマンゴーも「甘酸っぱい」という
系統の物である点で共通項があるせいか。。。

うーん、3口目も食べたけれども、決して決して悪くない(^^;
では、これを目当てにわざわざ食べにくる価値があるか、というと、
そこまではないわけですが(笑)、何人かで来た時に、ちょっと余興的に
頼んでみよかー、と、笑いネタとして頼んだとしても、残念ながらそんなに
笑える感じでもないです。罰ゲームにもなりません(笑) ヘタしたら、
お好きな方はお好きかもだし、旅先の思い出にちょっと頼んでみよかー、
となっても、丸損する感じじゃないかな?

th_IMG_3187_201410200029402ff.jpg


で、結局わたくし、これ↑完食してしまいましたw
特に無理をしたわけでもなく、嫌々食べた訳でもなく、といって、
極上に喜んで美味しく食べた、というわけでもないのですが、

(おもろいなぁこれ…)

という好奇心と、絶妙な所で結び合ってる味の接点、そのバランスと
妙に気を取られてる間に、ぺろりと無くなってしまったと言う感じ(^^;
最初の茶碗蒸しの残念感があったので、他のお料理に関しては未だ、
そんなに期待が出来ないのですが、シャリに関してはヘタしたら寿司の
美味さを謳ってる店の物より具合良かったし、こら頼む物によっては
結構行けるお店なんかなー、と思ってみたり。

なにせこの単品しか食べてないので、魚の質もわかりません。
千円以内で食べられる海鮮丼やら刺身定食等もあるので、おいしかったら
目っけもんなんですけど、どんなもんでしょね。ちょっとまた行く機会が
あったらレポしますね。

とりあえず、今回はマンゴー寿司のレポートでした。
意外と嫌いじゃない自分がいてちょっとビックリ。。。
いいんかなー、こんなことを食べ物ブログで書いてしもてw
ちょっと反響と、またこのマンゴー寿司を食べた事のある方のご意見が
気になる所でございますー(笑)

HAHA Sushi
36/3A Lê Lợi , Quận 1




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

オーガニック?スモークサーモン

最初に言うときます。
今回のは残念情報。

ベトナムで買えるスモークサーモンって、けっこう美味しいの多くないですか?
安くはないけど、日本でも厳選して買わないと手に入らない様なムッチリと
脂が乗った美味しい奴。北欧からの仕入れものだと思うのですが、
おもてなしの時にはぜひとも使いたい優良食品。

日頃はアンナムグルメマーケットやMETRO辺りで買うのですが、
先日、スーパーの冷凍食品の所にもスモークサーモンがあるのを見つけて
どんなのがあるのか見てたんです。そしたら。。。

th_IMG_3965_2015081011155299d.jpg


「着色料使ってません」
「化学調味料?的な物も使ってません」
「保存料使ってません」

等と書いてある。
そしてパッケージにある文字のベースはベトナム語…
ってことは、ベトナムで作られてる商品なのかなー。

千円ほどしたので試しに買うにはちょっとお高いかなーと思ったし、
日頃からそんなにオーガニックに拘ってるわけじゃないので一瞬迷ったけど、
まぁモノは試し、と買ってみました。

結果…


th_IMG_3966.jpg


おいしくない(´Д` )
脂が殆ど載ってなくてパサパサのザラザラ。
滑らかさが無いし味気ない。。。

これ、色々オーガニックを気にした結果、というよりは、そもそも
素材が美味しくないのかもしれない。。。加工にもまだ工夫の余地が
あるんだろうけど、これは久々、残念なスモークサーモン。


安いんだったらまだしも、美味しい奴と殆ど値段変わりませんからね。
美味しければなんでもいい、とも思いませんが、オーガニック意識しすぎて
美味しくないってのも私は苦手。

とても生のまま食べる気がしなかったので、もうブツブツにぶった切って
鮭チャーハンにして食べてやりましたよ。千円賭けて鮭チャーハン。
高くついたー(´Д` )


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Beverly 〜 シントー神話が…orz

シントー、所謂スムージーがポピュラーなホーチミン。
果物や野菜を手軽に美味しく取れるのがとても嬉しいですよね。
ま、それなりにお砂糖も入ってるから、ヘルシーかどうかは別として(笑)

あとうれしいのが、カフェ、道端、市場の中等、色んな所でシントーを
頂いた事が有るのですが、ほっとんどハズレがないんですよね。
多少甘い甘くないの好み等はありますが、飲めない程酷い物には
当たった事無い。どれも大体美味しくいただけてま…


した(--)/
はい、このお店に来るまでは。
Fly to the Moon のすぐ近くにあるこちらのお店。
広く角地を陣取っていて、それなりの店構えだから前から気になってたんですよ。
で、どっかコーヒーでも飲みに行く?ってなった時にリクエストして
お友達に付合ってもらったんです。


th_IMG_0426.jpg th_IMG_0427.jpg


店の構えに比べて店内が意外に狭く、1階は満席でもあったので二階のお部屋に。
あまりコージーとはいえませんが、採光が良くてスッキリした感じではありました。

th_IMG_0429.jpg th_IMG_0428.jpg

しかーし、頼んで出て来たパッションフルーツのシントーが…


th_IMG_0431.jpg

もう見るからにチャチい。。。
なんだこのカラースプレーは。。。そもそもシントーにホイップクリームを
併せてるのが個人的には苦手だったので、やってもたなー、とは思ったのですが、
飲んでビックリ。確かにパッションフルーツの種が砕かれた物が入っているので
フレッシュな物を使ったのではあるのだろうけど、べたべたと甘く、且つ、
香料入りのミルクでも使っているのか変な臭いがする(^^;

口をつけてもべたっと甘いだけど、とても飲めた代物じゃない。
なんか駄菓子屋のジュースの素をミルクやら何やらと色々まぜて
あれぇ???(・д・) ってなった感じの味(苦笑)

幸いだったのは、こちらのお店、ハス茶を無料で提供してくれることでしたね。
とても二口目を飲む気力が湧かず、結局ずーっとお茶飲んでました(笑)
さすがにご一緒してもらった人にも気づかれて「どうかしたの?」と言われ
ましたが、うん、ちょっとでももういらん、ってくらいに不味かったです(笑)

コーヒーやレモンスカッシュ系の飲み物は大丈夫だったみたい。
だけど、あの味のセンスで良しとするなら、料理なんてとんでもないって
感じかなー。まぁ喫茶部門と料理部門と手がける方が違うかもだし、
好みの話も有るので人に「行くな」とは言えませんが。。。

ま、シントーにも美味しくない物がある、これまで美味しかった数々のお店は
優秀なお店だったんだ、ということが分かった事が収穫ですかねっ( ・`ω・´)b
気を抜いてしまい、同行してくれた方達には申し訳ない事をしてしまいましたが、
シントーはどこで飲んでも美味しい物、なんて気を抜いて、客人を連れて行った
時とかでなくて本当に良かったわ。。。

店構えとかにも騙されないようにしとかないとですねー。
しかしあの辺結構カフェエリアなのに生き残ってるってことは、得意なものも
あるんやろな。結構前からあそこにあるし。個人的に2度目はないと思って
ますが、万が一にも何かのお誘いでいくことになったら、シントーだけは絶対
頼むまいと心に固く誓ったのでしたっ(苦笑)



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Caravel Hotel 〜 アフタヌーンティー

カラベル一階のティーサロンにて提供されるアフタヌーンティは、
12時から提供されると言う異例のサービスが嬉しいと伺ってました。
こちらのアフタヌーンティの量って結構あるから、ランチの後だと苦しいし、
一般的に始まる14時からだとそれまでの時間にお腹が減って中途半端だし…
って、意外と食べるチャンスを逸したりするんですよね。

そしてこちらにはベトナム式と英国式のに種類のセットがあり、
そのチョイスも嬉しいと。別会場で行われるビュッフェの評判もなにかと
耳にする事があり、お料理にも定評があるのかなーと思ってました。


th_IMG_0144_20150412164717f94.jpg th_IMG_0146.jpg

立地も良いし、雰囲気まずまず。
お値段はどちらのスタイルも280kドンで飲み物付き。
スパークリングワインのグラスをつけると380kドン。

th_IMG_0142_20150412164714042.jpg th_IMG_0143_20150412164715640.jpg

安くはないけど、アフタヌーンティとしてはボチボチお手頃。
お酒が付いたと考えるなら、まぁ一考の余地。と思ったのですが…


          th_IMG_0154.jpg
th_IMG_0149.jpg th_IMG_0153.jpg

飲み物は、まぁ良し。
ティーポットもおもしろかった。
けど。。。


th_IMG_0155.jpg th_IMG_0158.jpg


メインなのに写真の小ささからお察しください。
左がイングリッシュスタイル、右がベトナミーズスタイル。
まず見た目がしょぼいな。。。

量が少ない、とか言うことじゃなくて、もうことごとくオーラが無い。
久しぶりに4つ星、5つ星のホテルのアフタヌーンティでこんなに
オーラの無い物見た。で、実際に食べて見ると。。。。


…………………………(--)


不味くて食べれない、ということはないんですよ、もちろん。
ツナサンドとか、よほど質の良くないパンを使わない限りは不味く作る方が
難しいわな。でもどれを食べても、大層体操おもんない(^^;
もうなにがどうよろしくなかったか、などと解説するまでもありません。

別になんでもいいから腹を満たしたかったということで頼む分にはいいと
思います。それなりに量はあります。でもワクワク感がちっともない。。。

これなら似たスタイルで出してくれるインターコンチネンタルのライブラリー
というロビーカフェで提供されてるアフタヌーンティセットの方を迷いなく
推します。 http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-3493.html

こちらは2人分で330kドン。
カラベルのはお酒をつけない同じ条件でも2人だったら560kドンだから
かなりお得。また価格的なことだけじゃなく、料理メニューも丁寧に手が
尽くされてるし、味も良い。ベトナミーズとイングリッシュのセッションセットで
チョイスはないけど、目にした段階からのワクワク感も楽しいし、実際
食べても美味しかったです。

カラベル、あの料理を出して良しとするなら、ビュッフェメニューの方も考えちゃうなー。
一度も行った事なくて、サンデーブランチとかの評判が結構いいとか聞いたこと
あったんだけど、ちょっと当分は興味削がれたままになるかなー。

お誘いした手前、その場では言わなかったのですが、同席頂いた方の1人に
後日こっそり(どやった?)と感想を聞いたら、きっぱり「美味しくなかったねー!」
と言ってたので、ま、そういう事だと思います(^^;
場所も良いし雰囲気も悪くない。その分お値段しっかり取ってる割には
久しぶりの残念賞。はーっ。残念賞は書くのもテンション低くなるわー(^^;


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

BANYAN 〜 ハワイアンパンケーキとな。。。

日本ではそろそろブームも落ち着いて来た様相のパンケーキ。
こちらのお店も東京に店舗を構えるお店なんだとか。
パンケーキって幸せメニューですもんね。
あっという間に周りで話題に上るようになり、お誘いを受けたので
行ってみました。

思ってたよりかなり多きなお店構えでビックリ。
店内は、日本のファミレスを彷彿とさせる感じで、なんかちょっと嬉しい♪
凝った所ばかりに行ってると、こう言う所がすごく居心地良く感じたりするんですよね(笑)


th_IMG_7111.jpg
th_IMG_7119.jpg th_IMG_7120.jpg


パンケーキメインではあるけれど、ランチタイムにはローカルセットもお安くあるし、
クロックムッシュ風のフレンチトーストやサンドイッチ等塩気物も充実してる様子。
ほうほう。

           th_IMG_7113_2015012420270460c.jpg
th_IMG_7114.jpg th_IMG_7115.jpg


あとこれ、ベトナムで作ってるんですかね。
フエフーズて書いてある。確かに梅干しがある=梅があるわけだから、
ベトナムで作っててもおかしくないよね。今回は飲まなかったけど、これ、
今度飲んでみたい♪ どっか売ってないかなー。


th_IMG_7123_20150124202750ce7.jpg



シントーはあまりどこで頂いても外れた事が無いけど、こちらも美味しかったです。
飾りつけがハワイアン。素敵。


th_IMG_7124_2015012420275142d.jpg


と、ここまでは良かったのですが…
お料理が…(^^;
まず出て来たフレンチトーストが…

th_IMG_7125_20150124203234124.jpg


冷たい…orz
カラメリゼされた果物がヒンヤリしてたのは、アップルパイにアイスクリームを
添える様な物なのかな、と思ったけれども、アイスクリームは別に着いてるし、
パン生地部分も冷たかったのは、なぜ…???

まさかフレンチトーストを作り置きしているわけじゃないだろうし、
作ったあとに運ぶまで、時間が空き過ぎたのかしら。。。そんなに
待たされた感じもしなかったので、ちょっと不思議だったな。。。
そして好みを言うと、私はフレンチトーストはフォークを持って焼き上がりを
待つほど、焼きたての熱々を食べるのが好きです。なので残念ながらこちらの
お店のレシピは好みではなかった。。。


そしてメインのパンケーキ。
たーっぷりのメープルシロップも添えられて、パッと見でスフレ系を目指したの
かな、という印象もあり、ちょっと期待したのですが。。。


th_IMG_7129.jpg th_IMG_7131.jpg


断面をご覧になってもお分かり頂ける通り、焼きが足りなかったのか気泡が潰れて
しまってます。且つ、舌触りが粉っぽい。。。行った方の話によると美味しかった、
と言う話が多かったので、たまたまこの日のオペレーションがうまくいってなかった
のかな。。。。


甘い物ばかりでは、と口直し的に頼んでいたチーズとハムのホットサンドはぼちぼち。
こちらもパンが冷えていたけど、中のチーズは溶けていたから、やっぱり作ったあと
運んでくるまでにタイムラグがあったのかな。。。。一度焼いて冷えたパンって残念
なんだよね。。。。温かかったら味は悪くなかっただろうからもったいなかった…。


th_IMG_7126_201501242032329fb.jpg


日本でも成功しているお店だと聞きますし、日本のお店の評判を聞くと、とても
評価が高いお店なんですよ。海外で、となると材料やらオペレーションの段取りやらが
色々違うので難しい事もあるのかなー。せっかく素敵なお店だし、レシピはきっと
悪くなくって、タイミングやオペレーションの問題だと思うので、今後、お店の方も
お客さんの立場で食べてみてもらって改善箇所があると思われるのなら変えてって
もらえたらいいなー。

まぁ、私の好みのみがお店の正解、というわけじゃないので、これがお店のレシピなら、
私の口に合わなかったというだけの話なので悪しからず(^^;
お店の方のとても丁寧で、接客も日本式、いや、それ以上に丁寧にご指導されてて
実際スタッフさんたちも一生懸命してくださってたので、ホントに残念でしたが、
また少し時間を置いて行ってみます。お料理系はまだ全然頂いていないし、
ランチはお手軽価格だったので、付近に用事がある様な時は重宝するじゃないかと
思います♪


th_IMG_7122_201501242048328b7.jpg th_IMG_7121_20150124204848eef.jpg



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

多分期間限定物ですが。。。

『冷やし中華はじめました!』の札が日本でも出回る頃。
ホーチミンでも、冷たいめんを出すお店があちこちに増えて来てるようですね♪

…って、いつでも夏やん!(><)
むしろ、これからはちょっと涼しくなる気がするんだが。。。。
まぁ冷たい麺特集をやってるお店があるというので行って来ました。
『冷やしラーメン』の文字に釣られて。

油分を除いて、冷たいスープに麺を浮かべる冷やしラーメン。
日本では夏のコンビニ定番メニューにもなっていますが、通常ラーメン店では
温かいスープを流用する訳に行かず、といって、別にスープを炊くのも大変なので、
意外と食べられないメニュー。なので見つけたらつい飛びついちゃうんですよね。

で、頼んでみたら。。。


th_IMG_2677.jpg

え…?????
(;゚Д゚) (゚Д゚;) (;つД⊂)ゴシゴシ (゚Д゚)え?

th_IMG_2679.jpg

これ、冷やし中華やーん(´Д` )
冷やしラーメンってのは、韓国冷麺のようにタップリのキンキンスープの中にたまご麺
とか、ラーメンらしい麺が浮いてるもんちゃうんかい。まぁ冷やしラーメンの提議が
これじゃない、というルールはないので、これが冷やしラーメンだと言われたら
そうですか、と言うしかないのですが。。。
ぱう。。。

更にこれが食べてみると、その味は冷やし中華にあらず。
醤油ダレが先行した感じの胃辛めのタレ。見た目は冷やし中華なんだけど、
そのビジュアルから期待される味とは逸れるのがまたチグハグで。。

またこれとご飯、みそ汁、茶碗蒸しがセットになっているってのもね。
お互い全く浸潤制が感じられない。温かいスープのラーメンだったら米とは
まだ相性通いかもしれないけれどみそ汁要らんし、冷たい麺だと米の甘みが
阻害されるし、で、麺とその他の物を一緒にたべることはなく。

麺は3口で断念し、みそ汁とご飯、お漬け物、茶碗蒸しでお腹を満たしたのでした。
寂しい(ノ_・。)

仲間内でもあまり名前の上がらない和食屋さんでしたが、納得。(←なんでわざわざ行くかな…)
まー、一品だけ食べて評価するのも乱暴ですけど、味のセンスとか
料理の組み合わせとかからどうしても推察するから、再訪問は厳しいかなー。。。

冷やしラーメン、と言う名前のメニューを掲げてるのは1件だけじゃないと思うので
参考になるかどうかわかりませんが、このようなことがありました、御報告でした。

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪




 ※残念賞カテゴリーのお店に関しては、文字では店名を出さない事にしています。
  (検索結果に上がって、不必要に検索者の印象を下げないことが目的です)
 ちぇりの個人データとしては記録しておきたいので記事にしていますが、
 店名に関しては写真その他でご推察いただくか、お問い合わせ頂けたらお伝えします。

 また上記の趣旨より、コメントにて店名が明記されてしまった場合、修正のお願いを
 させてもらう事があるのでご了承ください。

マルチョウたっぷりのモツ鍋でしたが。。。

**** 追記 ***************************

お友達情報です。
こちらのお店に行った時、A4サイズのメニュー一枚しかなくて、随分絞り込んだなー
と思ったと書きましたが、どうやらグランドメニューが他にあるそうで(^^;
この日お店の方に聞いた時は「これだけ」って言われたからわかんなかった。。。

んで、ベーシックメニューに醤油味とかもあるそうです。
そらそうだわなー。月代わりのメニューしかない、と考える方が不自然か(^^;
で、お醤油味のはおいしかったよ!という情報も頂きました♪

こりゃやっぱり仕切り直しでもう一度行ってみないといけないかなー。
情報、ありがとでした♪
というわけで、以下のレビューはメインメニューがないと思っていた状態で、
且つ、このとき限定の感想と言うことでお願いしますm(--)m

*************************************



しょうき http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-3532.html さんで
もつ鍋が食べられる事に狂喜していたちぇりですが、最近ほかにもモツ鍋専門店が
できたというので、喜んで出かけてみました♪

連日満員必至とのことで、しっかり予約をして挑みましたよ。
結果正解。予定時間よりちょっと早く到着したら、きっちり、予約時間まで待たされる
ほどにギッチギッチに混んでいた(笑) 圧倒的に日本人男性が多かったですね。

th_IMG_2660.jpg

メニュー、かなり絞り込まれてます。
メインのモツ鍋も、月代わりで味が変わるようで一択。
6月は、塩味でした。うんうん、いいね。博多では醤油味が多かったけど、塩も好き。
モツの甘みとジンワリ合わさるとたまらんよね♪

th_IMG_2665.jpg

おお!!出て来たのはキノコやキャベツ一杯の盛りの良い鍋!いいねいいねー!
そしてそして更に言うと、こちらのモツは、=マルチョウ!!!
一緒に行った方はミックスモツがよかったみたいで、ちょっとご不満なようでしたが(笑)
ちぇり的には自分で作る時にもマルチョウ・オンリーで作ってたのでこれは嬉しい!!


酢モツもあって、博多色濃厚。
がつ刺し、という品名でしたが、嬉しいですね。でも…

th_IMG_2664.jpg

ちょっとしょっぱいかな。。。個人的にはもちょっと甘め軽めの酢が好み。
ま、ビールにはいいかな。メインは鍋だし、ご愛嬌ご愛嬌。

お鍋はお店のスタッフさんがつきっきりで様子を見て取り分ける所までやってくれたので、
気持ち、マルチョウはもうちょっとガンガン炊き上げた方が良いけどなー、と
思いながらも、まずはお味見。。。おーーー、モツ、プリプリ!!

th_IMG_2666.jpg th_IMG_2667.jpg

…って、ここまではよかったんですが。。。
なんと、バターが入ってた???(^^;

多分北海道ラーメンの塩バター的な者を狙われたのだと思いますが。。。。
何を食べてもバター味。何を口元に寄せてもバター風味。マルチョウって、
それ自体がかなりオイリーなので、ガンガン炊き出して、モツを食べる、というよりも、
そのモツから出た脂の甘みが染みたおつゆ、またそのおつゆで炊いたお野菜が
美味しいものという概念だったのですが。。。

脂×油。これは。。。つらい。。。…orz

モツ自体は、素晴らしく美しい手入れをされてました。
市場でモツを見る時もいつも感心するのですが、本当に丁寧に奇麗に手入れが
されているので、そもそも食材としてのポテンシャルは高い!と思ってました
けど、こちらのお店自体も相当気を使われてらっしゃるんだと思います。
そこはほんとに素晴らしい。

結果、匂いもしないし(それは当然のことなんですが、日本でも手入れの甘いところは
匂いが鼻につくことがある)モツ自体はとても食べやすく、その丁寧なところが
人気に結びついているのだと思いますが。。。

今回は残念ながら、ガツ刺しといい鍋といい、味付けが個人的に合わなかった。。。
でもあくまで「個人的な」話です。相当の支持を得られてる所から見ると、
ちぇりの嗜好の方が少数派と思われます。

でも、やっぱりあのバターはモツが可哀想だったなぁ。。。(ノ_・。)
先月は何味だったんだろう。先月行った人達はこぞって美味しい!って
言ってたもんなー。

月代わりってことだから、来月になって別の味になったらまた試してみようかな。
それまでは、ひとまずちぇりは、もつ鍋食べるなら、しょうきさん派ってことで。。。

※残念賞カテゴリーのお店に関しては、文字では店名を出さない事にしています。
 (検索結果に上がって、不必要に検索者の印象を下げないことが目的です)
 ちぇりの個人データとしては記録しておきたいので記事にしていますが、
 店名に関しては写真その他でご推察いただくか、お問い合わせ頂けたらお伝えします。

 また上記の趣旨より、コメントにて店名が明記されてしまった場合、修正のお願いを
 させてもらう事があるのでご了承ください。


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

サラサラっと軽い醤油ラーメン

最近ホーチミンのラーメンレベルがガンガン上がって来てるので、あまり
ラーメンLOVERでないちぇりですら、新しいお店ができるたびに楽しみに
なってきてるのですが。。。

th_IMG_2108.jpg


女性には割と人気の高いらしいこちらのお店。
醤油ラーメンがベースなのかな?
バリエーションはチャーシューや味卵でつけて、つけ麺がある程度。
先日言った喜神さんが、多種のスープを携えていながらすごくレベルが高かったので、
特化されてるこちらの様なお店ならどんなにか美味しいかとわくわくしながら行ってみたら…

th_IMG_2113.jpg th_IMG_2112.jpg
th_IMG_2111_20140611141813d31.jpg th_IMG_2114.jpg

うん、見た目は美しい醤油ラーメン。
チャーシューも手製でおいしそう♪
ですが全体にインパクトが弱い、いや、言い方買えたら『優しい』とかになるんで
しょうが、ちぇりにはどーも最初のアタックも旨味の潜り込みも今ひとつ。

加えてつけ麺も、つけダレがサラサラタイプだし、もちろんヒーターなんてのも
ありませんから、あっという間に冷たくなってしまう。冷え冷えならまた違いますが
ぬるーいつけ出汁では折角の麺もどういう立場を取ったら良いか戸惑ってる感じにしか
見えなくって、ちょっと残念。

決定打はこれ。

th_IMG_2115.jpg th_IMG_2116.jpg

卵かけ御飯、ではなく、卵黄の醤油漬けと白ご飯。
この料理自体はちぇりも大好きで家でも卵黄が余った時に良く作るのだけど、
ラーメン屋さんで見るのは珍しい。卵白はスープを濾すのに使ったりしてるんかなー
などと勝手に想像しながら頼んでみたんです。そしたらこれがかなり
漬け込みの深いもので全くお米に馴染まない…orz

これ、ご飯類の所にあったから、すっかりご飯と頂くものかと思ってたけど、
もしかしたら単にツマミとして単体で頂くもんやったんかいな?
あと漬けダレの醤油の味は好みだと思うので、自分と合わなかったからと
言って批判するものではありませんが、固さと言いタレとのバランスといい、
個人的には色気を全く感じなかったので、ああ、こちらのお店とは舌が合わないのだなー、
と感じてしまった次第。

ただ、人気あります。
行った時もほぼ満席。日頃からも良く名前をききますし、麺こそ違えど、
あっさりとした醤油スープは、うどんスープのそれを彷彿とさせるので、
日々チョイチョイ通って食べるのにはいいのかもしれまえんね。

あと、ちぇりはかなりの濃い味の口になってますし、ラーメンっつったら、
ド豚骨が好きだったりするので、繊細な味には不感症なだけかもしれません(^^;
残念賞なのでお名前は出してませんけど、お客さんが多い中でこういう感じ方を
することもあるわけですから、いかに個人の好みでいう「うまい・うまくない」
云々が属人的なものかってことですなー。

参考になる様なならん様なレビューで申し訳ありませんが、もしこちらのお店に
偶然行き当たって、いや自分はこういう所が美味しかったで!!と言うご意見など
ございましたら、ぜひお寄せくださいませ♪


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

評判聞いて、とあるフレンチに行ってみましたが。。。

界隈であまり様子を聞かないお店が、実は結構人気あるみたいよ、と聞いて
行ってみました。場所は以前紹介したスイス料理・ALPSさんの近くかな。

th_IMG_0573.jpg


店内シンプルで小洒落てます。
白と赤を基調にしてて、ちょっとアメリな気分になれたり。

th_IMG_0574.jpg th_IMG_0582.jpg

とまぁ、ここまでは良かったし、ホーチミンの多くのお店で信頼が置けるように、
ワインも質の良い物が出て来て、パンもおいしかったのですが。。。

th_IMG_0580.jpg th_IMG_0581.jpg

アヴォカドのマッシュ。
えーっと。。。味がない。。。(苦笑)

そもそもホーチミンで食べられるアヴォカドは日本で売られてるそれに比べて
ネットリ感がなく、割と若い内に食べることもあってか、食感も固く味も薄い。
シントー(ベトナムでは良く飲まれている果物を使ったスムージー)にするくらい
だから、コッテリしてたらクドいわなw

th_IMG_0583.jpg th_IMG_0584.jpg

だったらだったで、生クリームを加えるなり、せめて塩こしょう的なアクセントはあっても
いいと思うのですが(ましてやアペタイザーですからね)本っ気で味気なかった。
それでせめて素材の味が濃ければ、あえての演出なんだろうとも思うけど、
素材の味も薄薄ですし。

お次はムール貝のワイン蒸し。
あまたある魚介類の中で、この貝があってくれるのは嬉しい限りで、カジュアルな
フレンチレストランなどでは、洗面器みたいなボウルに山盛り、このムール貝の
ワイン蒸しを据え、黙々とワインを飲んでる御仁を時々見ます(笑)

th_IMG_0585.jpg


というわけで、これはさすがに味の落としようがなかったかと思うのですが、
食べた感想は、……and????という感じで、シンプルサイドの王道すぎて、
何のサプライズもない感じ。ぶっちゃけどこでも食べれるし、自分で作った方が
好みのハーブとか添えれていいかも。

唯一面白かったのは、Blaack Pudding という名前の料理で、どうやら内蔵やら
多種類のハーブやらを摘めたソーセージのような物。フレンチの名店・La Villaの
名物料理にもなってるやつの一派だと思われますが、これはほどほど面白かった。
リンゴのコンポートなども合わせるようになっていて、ワインとの妙を楽しむには◎。
けどやっぱり味、薄め(笑)

th_IMG_0586.jpg th_IMG_0587.jpg


それがこの店のポリシーなのか、ベースにしているフランス料理の種類としてそうなのかは
わかりませんが、酒飲みには物足りないことこの上ないし、酒を飲まない連れも、
????となってました(^^;

素材の扱いはしっかりしてるし、不味い、とまではいませんが、この調子だと、
ほかの料理を頼んでも、薄らボンヤリした感じの物が多いのかなーと思ったり。
お値段は、ビックリするほどの額じゃないけど、こういうスタイルのフレンチとしては
アベレージ取ってたから安くはないしね。

店員さんたちはベトナムの方達で、すごく気を使ってくれてたし、笑顔がすてきで
感じよかっただけに。。。うーん、残念(^^;

こういうタイプのフレンチがあるとして、それを忠実に守ってるとしたら、それは
ちぇりの勉強不足で失礼至極な感想でしたが、ちぇりと連れの舌には合わなかったなー、
というのが感想でした。ちょっと地味なエリアにあるので、早々通りがかりに入ってみよう、
とはならないと思いますが、念のためにご報告でした。。。


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

トリップアドバイザー最近一位のお店に。。。

La Villa とか、Saffron とか、Trip Advisor のホーチミンレストランランキングには
結構お世話になっていて、レビューを読んで出かけてって外したことはあまりありませんでした。
で、ここ数ヶ月ばっかし、彗星のごとく登場し、1位をキープしていたあるお店。
(2014年5月8日現在)

どうやらお寿司屋さんのようなのですが、日本人の口の端にはほとんど上らず、
いや、そんな人気のあるお店だったら、どっかから情報が入ってもいいのに。。。
と訝しがっていたところ、

『検証しに行こうや』

と同誌が行ってくれたので、早速偵察。
場所はベンタン市場を遥か西に Le Lai 沿いに進んだところ。
バックパッカー街から程無い辺り。
目指す住所に着いてみると、なんだか寿司屋らしからぬ店構え。
どっちかってぇと、カフェバーみたいな雰囲気???

th_IMG_1684.jpg


それは店内に入っても印象が変わらず、無難にはまとめてるけど『洋』のテイスト。
良く言って、金粉などを黒地の壁にあしらっていて、洋のテイスト内での和を
がんばって演出している感じ???

th_IMG_1686.jpg th_IMG_1687.jpg

メニューも日本料理は慣れしたカラフルさww
そしてお皿も、醤油皿は別途になく、一枚皿を仕切って醤油エリアを作ったもの。

th_IMG_1688.jpg


まぁ、それはいい。
問題は味だ。
Trip Advisor で評価を下していた人たちは、一様に「リーズナブルさ」を
打ち出していて、でも日本以外の国の方が多かったので、コスパも含んでの評価かも、
とは思っていたので、かなりハードルを下げていたのですが。。。

th_IMG_1690.jpg


生ガキです。
ウニをあしらってあるのはゴージャスだなって思いましたが、飛びっこだウズラの卵黄だと
卵づくしで、お年頃中田たちには中々禁忌な物揃いw ま、一個くらい食べたところで
どうにかなるわけじゃありませんが、忍ばされてたのが塩や醤油やじゃなくて、醤油ベースの
ドレッシングだったよね。。。うん、これはこれでありなんだけど、ものすごーく西洋テイストw

お寿司も。。。

th_IMG_1692.jpg th_IMG_1693.jpg
th_IMG_1694.jpg th_IMG_1695.jpg

スズキ、ホタテ、飛びっこ、白マグロ。悪くはないです。ネタは。
ただしシャリが柔らかすぎて、酢もぴりっとしていない。
こっちの米では酢飯は酢で仕込むよりも、あの粉末酢飯粉を使った方がきっと正解だなぁ。
もともと、ジャポニカ米は日本米に近い風味を持っていても給水量が少ないし、炊き上げた
あとともなると、さらにその吸い込みと馴染みは良くない。となると、粉末の酢飯の素を
使った方が正解な気がするんだよなー。

先日、某うどん屋で頂いたいなり寿司のシャリも全く同じ加減でした。
柔らかすぎ=水分は事足り過ぎてるのに、味がしまってない状態。
酢飯たるもの、という概念がまず浸透していないのと米の性質とダブルで
そういう傾向になりやすいんだろうなぁ。

ってか、ネタの上に何じゃらかんじゃら乗っけてる時点で手でつまんで上下を
ひっくり返し、ネタに醤油を…ってのが無理なのよね。ガリで醤油を塗るという
手もあったけど、ガリの味が強すぎて、ネタが死んじゃいそうで。。。。

とか気を使ってみても、白身にガッツリ紅葉おろしが乗っててビリビリ辛かったり
したから、あまり作法にはこだわらなくてもよかったかもしれない。。。(笑)

オリジナルの創作寿司に至っては。。。

th_IMG_1696.jpg

親指の先ほどのシャリをマグロで巻いて、マヨネーズ和えのツナやら何やらで
デコレートした一品。もうシャリはどこにあるかわからないほどだし、マグロの
解凍の仕方は気をつけてらしたみたいだけど、全体のバランスが、むむむむむ。。。

ちなみに申し上げておきますと、ちぇりは各国のオリジナルの突飛なお寿司に寛容なタイプです。
もちろん、オリジナルな正当的技術は尊重すべきですが、寿司というのは大変に懐の深い料理で
その土地土地、季節の物を上手に取り込めるものだから、自由にすればいいと思っているタイプ。

そのバランスが良い限りは(--)b

残念ながらこちらのお店のものは、全てに渡ってバランスが残念(^^;
ただし魚介類のネタの扱いには気を使われていると感じられたので、たとえば
刺身をつまみに飲む、ってだけなら、そこそこ行けると思います。

ただ、評価にあったようなリーズナブル感もないし、なるほど日本人の口の端には
上らないはずだな、と納得してしまう味。やたらに飛びっこが乗って見目鮮やかに
されていたり、わさびが別添えになっていたりという点も、西洋人客をターゲットに
しているのかなー、と推察。

で、マネージャーさんかオーナーさんらしき方が様子を聞きに来てくださった際、
とても流暢なアメリカアクセントの英語を話されていたので、どちらのご出身か
聞いてみたら、オリジナルはベトナムだけど、アメリカに長くいて、あちらで寿司を
仕込まれ帰国し、5ヶ月前に開店したとか。

あー、やっぱり、欧米仕込みの欧米の方ターゲットのお店だったかー。
納得納得。スタッフには日本人もいるそうですが、二世の方で、アメリカしか
知らない日本人の方とのこと。それじゃ和テイストは入ってこんわな。

寿司を一種類食べるごとに、ネタは悪くない物の、そのアンバランスさに、
ちぇりより正直に顔に出る御仁が、何とも言えない表情をしていて、それを
見るのは大変に愉快だったため(←普段は自分が見られることが多いw)
お味には不満があったものの、興が乗ってしまい、茶碗蒸しも頼んでみました。

th_IMG_1697.jpg th_IMG_1698.jpg

おう。。。。
既に出汁と卵の比率が1:1くらいの固さ。。。(笑)
そして出汁が薄い。多分卵が加わることを想定してない出汁の引き方で。。。

うん、全体に方向性としては、アンバランス ってことで統一されてるw

ってことで、食べれないほどまずい訳じゃないしネタも悪くはないけれど、
組織票 欧米人表でTrip Advisor での一位は成り立ってるんだろうな、との分析。
ある意味納得。それにしたって、あのランキングで一位を守ってるのはちょっと不自然
ですけどね。

はい、残念賞だったので店名は出しません。
多分この記事のちょっと後なら、まだランキングは変わってないと思います。
且つ、写真には若干の手がかりもあるかと思いますので、文中住所付近の寿司屋に
行かれようとしている時があれば、ご参考まで。

今度日本に帰ったら、酢飯の素、買ってこよう。。。


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

シンガポール料理と聞いて行ってみた…

さて、少し前の話になりますが、しばらく旅行でさぼってたり、旅行記書いてて
ホーチミン情報がおろそかになってた間にも、当たりあり、外れありの日々を
過ごしておりました。で、今回はハズレ情報(^^;

th_IMG_0378.jpg


割と最近できてたお店で気になったので行ってみたシンガポール料理のお店。
フレッシュ・フロッグ・ポーリッジ、と看板にはあったのですが、一応シンガポール
野文字も確認したので、カレーラクサとかあるかなーと思ってふらりと入ってみたら。。

        th_IMG_0379.jpg
th_IMG_0380.jpg th_IMG_0381.jpg
th_IMG_0382.jpg th_IMG_0383.jpg

しまった。。。。
ワンポーションは大きいのかもしれませんが、単価が高い。。。
それに一人だと大きなポーションというのも困る。うーむ、しくった。

この時点で、お一人サマには厳しいな、と思ったのですが、この店構え。。。
どー見てもファーストフードなんだけどなー(^^;

th_IMG_0385.jpg

カエル料理がご自慢らしかったけど、ホーチミンのカエルの美味しさは、自分でも
調理するので重々知ってるし、ソースの味も想像がついたので、メインは珈琲豚にして、
炭水化物は、ご自慢のフロッグ・ポーリッジを頼んでみた。

けど。。。。

すっごい普通のお粥でしかなく、カエル、どこ?って感じ。
ただの粥として出されたら美味しく頂いたし、これは30kという金額だったので
まー、お粥が食べたい時には良いかなーと思うのですが、カエル、どこいった。

で、珈琲ソースの豚さんね、これ、味はおいしかったけど。。。
160kもするのに、『これ、つきだしですか?』程度の漁師か無い。
そもそもスペアリブなので、骨がガッツリあって、食べにくい上に、
食べれる所も少ないというね。。。。。

これにお茶を頼んで、トータル200k超え。
ヘタしたらコースのランチが食べれる価格。
ポーションが多ければ、独りでは不都合というだけだったけど、
これはちょっとコスパが低い(^^;

珈琲豚も味は良かったけど、あんまりにも量が少なすぎた。。。
あのお店、食べ盛りの子供とか連れてったら大変なことになるんじゃないか(笑)
且つ、シンガポールならではって感じのラインナップでもなかったように思われるし、
知ってる料理も、特にシンガポールらしさは感じず。。。

まぁ、マレーシアとか、あっちこっちにお店を出されてるから、融合してるのかも
だけど、この価格は。。。と、ケチくさく価格にこだわってたら、メシ友達のE氏曰く、

『味じゃなくて価格の再現をしたんじゃね?』


それや!
シンガポール価格をそのまま持って来てるんや!(笑)
そんなん要らんわー!(笑)

でもまぁ、カエル料理を食べてみたい,という方にはバリエーションもあって
トライし易いかもですし、軽くお粥だけを。。。という方にもアリかもですね。
あんまりお粥だけサラッと食べさせてくれるお店も少ないし。

とはいえ。。。もうちょっとコスパを上げるか、一人でも食べ易いお店にしてくれたらなー(^^;
はい、残念賞なお店だったので、店名その他は文字では記しません。(検索対策)
写真は上げたままにしておくので、もし見かけたら、ということで。
残念。


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

愛がなーい(T ^ T)

ちぇりは冷麺大好きなので、メニューに冷麺あれば頼むし、冷麺があると、
ワザワザ足を運ぶことすらあるのですが、あれだけポピュラーな料理ながら、
他国の料理と言うことからか、ホーチミンでは当たりが少ない。。。。(T ^ T)


今回はこちらのお店にトライしてみたのですが。。。

th_IMG_6176.jpg


中は普通の食堂風。
日本に良くある、昔ながらの大衆焼き肉屋見たいな感じ。
それは別にいい。

th_IMG_6185.jpg th_IMG_6183.jpg

韓国料理の定番である、キムチやナムルが何種類も出てくるも、雰囲気が
食堂ですから品数が抑え気味なのも文句言わない。あれは日本人的には
出てくるだけでも、オマケがついて来たみたいで嬉しい物だし(笑)

が。。。。


肝心の冷麺がアカン。。
まずスープがぬるい。
そして麺が締まってない。いや、締まってないだけならまだしも、所々、
茹で湯の熱が残ってる(´Д` )
仮にも、冷麺と名乗って客の前に出すはずの物に、なんという仕打ち。

冷麺、とはいえ無い温度であるばかりか、食材が全く本領発揮できない
状態に追いやってるなんてもう、料理人さんの気が知れない。
なんて愛のない。

美味しくなかったことへの残念さよりも、目の前の麺、スープ、その他の食材が
お気の毒でお気の毒で、悲しくて涙ぐんでしまいましたよ。
(韓国料理屋で独り涙を浮かべる怪しい人影)
精一杯の手が尽くされた物が、自分の口に合わなかったというのなら、
ああ、残念だったね、で済むのですが、これは切ない。

冷麺であの手入れでは、メニューメインの肉への手入れなど期待できる訳も無く、
ちぇり的に再訪はちょっとないかなー。あまりブログやらガイド情報に名前が
上がって来ないことには、理由があるってことですかね。いや、マイナーなお店でも、
美味しいお店はあったりするから、そんな括りをすると、他のお店に失礼か。。。

ま、ともあれ、残念賞のお店なので、店名はいつものようにテキストでは書いてません。
写真からご推察下さい(笑) または、ちぇりに連絡を貰えたらこっそりお伝えします(^_-)

おいしい冷麺、食べたいなー。。。。


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

sidetitleプロフィールsidetitle

Author:ちぇり
FC2ブログへようこそ!

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleブログ村PVランキングsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
アップグレード 追加 作成済み/作成可能プロファイル数:0/1 キーワードをご入力ください ご指定の条件に該当するデータがありません * 他のユーザーから閲覧もしくは管理権限を与えられたプロファイル ユーザーガイダンス 解析コードの実装方法 Google Tag Manger 1.下記の解析コードをコピーして、解析を行いたい全てのページの から の間に貼付けてください。 解析コードのコピー 2.解析コードが実装されたウェブサイトを開いてください。 3.解析コードが正しく実装されたか確認してください。 チェック 閉じる
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR