スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Vung Tauで海鮮食べまくり♪ 〜 プライベートリムジンで楽々♪

そういえば、Vung Tau ツアーにまた行ってきましてん。
ツアーと言っても自分で車をチャーターして、行きたい所を指定し、
現地であちこち行った後にホーチミンに帰って来ると言う完全オーダーメイドです。

車をお願いしたのはこちら。

th_IMG_0768.jpg 

こちら、基本ベトナム語なので最初に繋いでもらうにはマンションのスタッフさん
の手を借りなければならならないのですが、あとはSMSでなんとかかんとか。
時間、人数、行き先などの基本情報は最初に伝えてもらっとくのですが、重ねて
基本情報を相手に知らせて返事が来たら予約完了。

まぁシステム化されてるわけでもなさそうなんで、運ちゃんにもよりけりなのかな
って感じなんですが、今回は相手が若干英語ができたので、これまたこちらの
若干のベトナム語で何とかやり取りして成立。

今回は以前より一人多い7人で申し込み、且つ、リムジンでお願いしたので、
朝9:30出発で、19時にはホーチミンに帰って来る段取りで2,500,000ドン。
一人頭、往復で1600円くらい。うん、バスならもっと安いんだけども、
その人数になると同時に一つの車で移動できない可能性もある。みんなで
楽しくワイワイやろーぜ、が一番目的なので、ここは必要経費ってことで(^^)ゞ

th_IMG_0731_20161228112604d59.jpg th_IMG_0735.jpg
 
往復の快適さも大きいかな。片道1時間半〜2時間。ボチボチな距離ですので、
ここで疲れてしまうと旅が台無し。しかも当然酒を飲むメンバーなので、あまり
過酷だと色々面倒。前回6人だったときよりひと回り大きな車になってて、
天井もプ…ッ、プラネタリウム仕様…???(・∀・;
一歩間違えればヤン車仕様ですが。。。(笑) 

まぁベトナムではこういうもののポジショニングが日本とは違うのでしょう。
今回の運転手さん、ものすごく丁寧だったし愛想は良いし笑顔爽やかだし、
ええ方でした(^・^)

まずは毎回ご紹介してるGanh Haoさん。
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-4181.html

th_IMG_0741.jpg th_IMG_0742_20161228112611033.jpg

th_IMG_0743_20161228112612996.jpg th_IMG_0744_20161228112614f31.jpg

海沿いで景色が良く、ロケーションの価値も高いが、メニューが種類が豊富で
適当に頼んでも、自分の場合はあまり外した事がないのでかなり信頼を置いてる
お店。人によっては「前に来た時は酷かったのに。。。」というご意見の方も
いたので、物によりけりなのかもですが、私的にはお気に入り♪

特に揚げ物が得意とお見受けしていて、ソフトシェルクラブなんぞは、過去に
食べた物の中でこの店が一番ですわ。前回も食べ、今回も食べて確信したので
間違いない。あとなんの変哲もないイカリングが美味しかったり、貝料理が
充実してたり。

エビの刺身も外せませんなぁっ(*´ω`)

th_IMG_0747_2016122811261788e.jpg

これ、うんまいのよ。すっごい綺麗に手入れしてあるし、身がプリップリ。
というか、歯を入れると「ブチブチ!」って言うくらいに活きが良い。うまい。
これは500g単位で注文できるっぽいです。600gって言われたら断られたw

そしてシャコも外せんなー。

th_IMG_0745_20161228112615d92.jpg 

今はシーズンなんだろうか?かなり大振りで身もミッシリ。いや、以前来た時も
そうだったから、季節あんまり関係無いんかな?(笑) これは一人一尾食べたい
ところでしたが、他の料理もあれこれ頼んだので、人数÷2匹分頼んで半分にカット。
それでも充分満足感あり。ってか、炒める時に使ってるニンニクフレークがまたおいしい!
ニンニクだけでビール飲んでた( ̄ー ̄)

平日だとお客さんも少なく、料理もパッパと出てくるので、一時間もしないうちに
シーフードの数々をぺろりと平らげ、お次はカフェに。カフェは毎回新しい所を
探して点々としている感じ。目的は、お茶を飲むと言うよりお喋りだったりゲーム
だったりなのでどこでもいいっちゃどこでもいいんですが、今回はこちらに。

th_IMG_0761_201612281433518c5.jpg 

スイーツとかは、うん…まぁ…そのなんだ。うん。ねっ。
(なにw)

          th_IMG_0765_20161228143355990.jpg 

th_IMG_0763_2016122814335402d.jpg th_IMG_0766_20161228143357fff.jpg 

ドリンク類は普通に美味しく豊富な種類が揃ってました。まる。以上。
で、ここで二時間弱くらいかな?楽しく時間を過ごしたあと、車を呼んで次の場所へ。

「運転手さん、ここへ行って下さい」
「マダム???レストランですよね、これ???(・∀・;」

思いっきり確認されました(笑)
そらそう思うわな。
あんたらついさっき、別のレストランでしっかり飯食べてたやん!って話で(^^)ゞ

でもお店が違えば味も違う。得意分野も違うだろうということで、こちらもお馴染み、
Thanh Phat さんへ。
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-3858.html

同じエリアにあるシーフードのお店だからそんなに変わらんやろ!
と思われると思いますが、まぁこちらの方がローカル色がとても強くて
雰囲気からして違いますし、オーダーする物をダブらさなければですねっ( ・`ω・´)b
(ただ、ヴンタウで目一杯食べて帰りたいだけやろそれw)

th_IMG_0769.jpg  th_IMG_0771_20161228145201ec5.jpgth_IMG_0776_20161228145203faf.jpg  th_IMG_0777_20161228145205acf.jpg  

牡蠣の葱油焼きに牡蠣のおかゆ、巨大マテ貝のBBQ、巻き貝の蒸したん。
特に好評なのはマテ貝で、日本では見られないサイズで且つ、味もいい。
1個を3つくらいにカットしてくれてるのですが、それでも充分な食べ応え。
そして今回ヒットだったのは、このエビさん。

th_IMG_0778_20161228145206e79.jpg 

わっはーっ、立派!!
正直、素材選びをする時に見たら高そうだったのでやめとこ、と思い、
小さい海老を頼んだつもりだったんだけど、出て来たらコレw
まー出て来たもんはしゃーない。食べるべし。と、食べて見ると…?

ちょーーーおいしいっ。
海老自体の味もすごく良いんだけど、ライム塩が合う合う。
もう、私日本に帰っても、塩茹での海老、ライム塩無くしては食べられないかもしれないw

うーん満足満足。
7時にホーチミンに着く事が今回の条件なので、5時半前にお店を出発。
ひたすら食べてたVung Tauツアー。

いや、あるんですよ?
キリスト像のある小高い丘とか遊園地とかビーチレジャーだって楽しめる所は
あるわけですが。。。ひたすら食う旅( ・`ω・´)b(笑)
日帰りなんだけど、充実感が半端ない。

疲れない車を選ぶってのも結構ポイントかもしれない。
うちの旦那さんみたいにローカルバスを乗り継いで行くと言うアドベンチャーも
悪くないですけどね(^・^)

どうですか。週末にちょっとVung Tauまで。
海鮮料理がお好きな人は、美味しい週末を過ごせると思いますよー♪





にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ
スポンサーサイト

Than Phat 〜 ブンタウの名物海鮮料理屋,偽物に注意!

***** 2016 Sep. ******

なーんと、ランチに別のお店で海鮮食べたのに、ちょっとお茶して帰る前にもう
一件、と、更に海鮮料理のお店に行ってしまったワタクシたち。。。(笑)
女性だけで行動すると、思いつきで無茶を言っても結構実現しちゃうから好きよ。

え?女性全般を一緒にするな?
そ、そうですね(・∀・;

この日の前後はお天気が不安定だったので、良い素材が上がってるかなーと心配
でしたが、魚種も豊富で、特に牡蠣なんかとても立派な物が入ってた♪

th_IMG_4385_201610012245142b8.jpg th_IMG_4386_20161001224516a4c.jpg


ここで必要量を選んで調理法を指定しても良いけど、料理の事がよくわからないなら
メニューを見て注文しても大丈夫。合わせ技で、見かけた素材の写真を撮っておいて、
注文を取りに来てくれた人に、「これを炒めてほしい」とか「蒸してほしい」とか
言うのもあり。ただしあんまり英語通じるスタッフさんいないけどね(^^;

th_IMG_4388_20161001224519d68.jpg 

今回はものすごーーーーくりっぱなマテ貝が入ってて興味が有ったので頼んでみました。
グリーンオニオンでBBQ。これが。。。好評だった!グループの中でも「これがこの日の
一番のヒットだった!」って言う人もいて、選んだちぇりさんご満悦(^・^)

th_IMG_4395_20161001224550bb5.jpg 

で、でけぇ…(・∀・;
日本で食べられるマテ貝って中指くらいのサイズだと思うんですが、
「お前シャウエッセンか?!」って位の太さと長さ。むふ。美味しそう(*´艸`*)

ちょっと一本丸ごとだと食べ難いのでカットしてもらうと良いですね。
貝のギョルッギョルとした小気味良い食感に深い旨味。でもアクは強くない。
確かに美味しい。これまであんまり頼んで来なかった気がするけど、これ、
今後も結構使えるかも!


th_IMG_4392_20161001224549432.jpg 

シンプルに海老を蒸しただけの物をライム塩で食べるのも、散々海鮮食べた後だと
グッと来た。このシチュエーションをなぞろうと思う人がいるかどうかは別ですが(笑)
こういうシンプルな料理は後に持って来ておくと良いかもですね。

th_IMG_4391_2016100122454782f.jpg

牡蠣のネギオイル焼きは安定の美味しさ。
私は生で食べましたけど(*´ω`)

あとはお粥。Chaoって言うんですよね、ベトナムで。
朝食なんかにもよく食べるけど、お粥文化って本当にありがたい。

th_IMG_4390_20161001224546b79.jpg 

日本にもお粥はあるけど、お外で食べられる機会って少ないし、
美味しいお出汁で炊いた中国系のお粥となると更に巡り会うの難しいから
日本にいる時よりお粥食べる機会増えちゃった。

ほら、今回みたいに海鮮でランチ食べた後の追い海鮮する今回みたいな
時にも、軽いベトナムのお米で作ったヤツだと胃袋に優しくて。。。
(だからそんなことする人いないってば。。。)

うん、やっぱりこちらのお店は定番。
この日は平日だったので、いつもの週末のにぎわいは無かったけど、
それはそれでまたゆっくりした雰囲気でよかったかも。
安定の美味しさです。ブンタウに行ったらぜひどうぞ♪



***** 2015 Apr. *****

さて、ブンタウに来たらこちらも毎回来てる海鮮料理屋さん。
で、料理は何度もレポートしてるので、今回は重要なお知らせを。。。

実はこちらの海鮮料理がある場所には、他にも似た様な料理屋さんが並んでます。
しかもよく見てみると、アルファベットの綴りが同じお店が何件もある。
まぁ商売繁盛して拡張したのかなーなんて思ってましたが。。。

先日うっかりいつも行く場所所の一つ手前に入っちゃったんですよ。
そしたら。。。


          th_IMG_0249.jpg
th_IMG_0252.jpg th_IMG_0253.jpg

いつも食べてるシャコの塩の仕方は甘いわ、ガーリックライスの炒め方もイマイチ。
揚げ魚なのに身がゆるく、多分油の温度を間違えてる感じ。まずいって訳じゃなく、
ほどほど美味しく頂けるんだけど、明らかに冴えが無い。エッジが立ってない。

おかしい。こんなゆるゆるな感じな事はなかったのになー。
ってか、むしろ感心する事が沢山毎回あってたのに。。。
と思ってたらあなた、。。。


                     X
th_IMG_6075_20150405014631c16.jpg th_IMG_0254.jpg


うっがー!!!!!
アルファベットよ魅した時の音が似てる!!
でも綴りは違うし発音記号も全然違う。。。

やられた。。。
同じなのか、と店の人に聞いたら自信満々に隣のお店と同じだと言われたので、
キッチリ看板見比べるのを怠った。。。。


実はこの記事を見て行ってくれた方が以前いて、でもその方、どうやらこちらの
お店に入ってしまったようだったのです。で、その方曰く、どうも私が紹介した
お店とは違ってたようで悔しかった、ちゃんと確かめれば良かった、と言われてたの
ですが、まぁ同じ場所で捕れてるもののことだし、海鮮料理なんて素材が命。
あの辺のお店だったらどこもそれなりに美味しいんじゃないかしら?なーんて呑気な
ことを言ってたのですが。。。

うん、その方が言われてた事、全く正しいっ。
全然違うわっ(屮゜Д゜)屮

その方が私の味覚をどうやって感知したかは疑問ですが(笑)
よく違う店だったと気づかれたなー。
だって何度も行ってる私でも、「お店拡張したのかなー」なんて呑気な事を
考えながら見逃してたのに、何かおかしいと思って確認されたんだろうから。。。

あれですな。街中でも良くある、流行った店があるようだから、となりに似た
名前(又は同じ名前)の店を出したろ。間違えて来る客もいるんじゃね?
もしくは片方が混雑している時のおこぼれもらえりゃ、ちったー儲けになる
んじゃね??みたいなやつ(-”-)

いやー、体験してないままに大変いい加減なことを申し上げてしまいました。
断言します。この二つの店、ゼンッゼン味が違いますっ。なのでこれはキッチリ
区別したい。そしてできるなら確認して、いつものおススメ店の方に行ってみて
ほしい。味の攻め加減が全然違います。

外観の違いも出しときますね。
並んでるのでうっかりしやすいですが←うっかりした人
綴りも違うし、発音記号も違います。


                     X
th_IMG_0264.jpg th_IMG_0266.jpg

で、本家の方には、真向かいに同じ名前の別店舗があります。
この向かいの方に桶に入った魚介類がビッチバッチしてるので、そこで選んで
その二階か、海沿い側の方の広い広い座席の方に案内されます。そうそう、
本家(と勝手に決めてますが)は海側に面した客席部分が

th_IMG_0267.jpg

ものすごーーーく広いです。そして食事時には殆どそれが埋まってワイワイ
していることが多いです。パチもん(これも勝手に決めつけてますが)の方は、
割と人目で見渡せる程度の、さして広いとは感じないごく普通の食堂店舗の様相。

もしもブンタウで海鮮料理を、とお考えで、こちら周辺のお店に行かれる際は、
ぜひぜひ、ご注意されて下さいませー。


***** 2015 Feb. *****


旦那さんはブンタウにサーフィンをしに行ってるわけですが、
わたくしはもっぱらインペリアルホテルに泊まることと、
こちらの海鮮料理屋さんに行くのが目的!(笑)

ベトナムに来た当初はどんなに海鮮料理が安くて美味しいのだろうと期待に
胸を膨らませていた物ですが、ホーチミン市内の海鮮料理屋さんって結構高い…。
日本に比べれば安いかもだけど…いや、最近では日本の方が安いかもなぁ。
ベトナムならではのものもあるとはいえ、ちょーっと日常使いにするには
コストがあわない。

でも、ニャチャンとかブンタウとか、海に近くのリゾート地に行くと、
途端にお安くなるんですよね♪ 土地ならではの物も沢山あるし♪
ただ…

ウチの旦那さんは甲殻類アレルギー。
2人で行くと食べる物が限られる!ヽ(;▽;)ノ

「ちぇりさんは海老蟹、食べたらいいじゃないですか♪」

とは言ってくれる物の、1人で海老カニの山に食らいつくのも気が引けまして…
ってことで、今回は別のご家族と合流しての念願の海鮮料理。
さー行ってみよう!!


まずは店頭に並ぶ魚介類を指定。
これが込んでる時はまー積極的に行かないとなかなか係の人に取り合ってもらえない(^^;
日本語でも何でもいいから主張しましょう。嫌な顔されてもひるんではいけません。


          th_IMG_6084.jpg
th_IMG_6083_20150125170240615.jpg th_IMG_6082.jpg

カキ、カニ、シャコ、海老、その他のお魚。色々あります♪
シャコ2匹!!と言ったら2キロくらいを取り分けられそうになって、
ちがーうちゃうちゃう!!!2匹ー!!ハイカーイ!!(←これも正解か分からん)
と叫ぶ場面も少々(^^;


貝類が奇麗に整列してお出迎えしてくれてたり、蟹を一杯一杯、目にも留まらぬ
早業で〆ていたりと、なかなか珍しい光景にも出会えます。


         th_IMG_6104.jpg
th_IMG_6106.jpg th_IMG_6105.jpg


行きたまま調理するより〆て調理した方がストレスが無くて味の落ち方が
緩やかで済むんやろうな。ホントに細やかだねぇ。


で、本来は選んでどう調理するかってのを伝えないといけないんだけど、
伝わらない場合は「グリル!!」と行っておけば良きに計らってくれます(笑)
ちなみに、店内には別にメニューがあるので、ここでのやり取りが面倒くさいと言う
メニューからご注文を。全部じゃないけどイラストがあったりしてなんとなく
推察もできます。英語も書いてあったし。

まずはカキのグリルー♪
ネギ油とナッツがかけてありますね。定番ですが、これ、美味しい♪


th_IMG_6085.jpg


そしてシャコ!!
でっかいシャコ!!!
こんなの日本じゃなかなか食べれない!!


th_IMG_6086_20150125170241b2d.jpg

もう、身がプリップリ。
大きいから手間もかからん。
そしてシャコの身だけをお口の中一杯に頬張れる幸せ。。。


th_IMG_6087_201501251738250a2.jpg


こればっかりはベトナムでのお楽しみやなー。
むふふ(*´艸`*)

貝類もおいしいですな。ちょっと小さめだから手間だけど、ひじょーに
奇麗なお味をしてる。アクが無い。茹でただけっぽいシンプルなものに
ライム塩をつけてペロリ。

th_IMG_6090.jpg th_IMG_6091.jpg


ガーリックチャーハンは定番なのですが、ハマグリのカインチュア
(ちょっと酸っぱみのあるスープ)もうましっ。ハマグリは剥き身。
贅沢よなっ。


th_IMG_6093_20150125173108dcf.jpg th_IMG_6088.jpg

で、今回お初で頼んだのがこれ。
なんと、ハター!!!!ヾ(@⌒▽⌒@)ノ

th_IMG_6094.jpg

でっかいでー!!
30cmはあったんちゃうか?
竿に当たってあげようったって、なかなか上がらんレベルの太さ!!
こんなん日本で食べたら一体いくらすることやら…(((;゚д゚;)))
で、写真の様な様子で来たから早速食べよう!と箸を付けたら…


『待って待って待って待ってーーー!!!
 まだ!!まだだから!!!』


と、店員さんが必死の形相で飛んで来た。。。
お魚ももう蒸されてたし、感性経過と思ってたら、垂れの入ったお皿の上で
薬味のネギとかがシンナリするまで温め直してから頂くんだって…
どんだけ欠食児童だとおもわれたのか…(^^;


というわけで、ゴーーーーーーーーーーっ。


th_IMG_6097.jpg


うおっふぁー♪
身がホックホク!
こんだけデカかったら、少々雑にむしっても身だけがゴローっと取れるし、
食べ易いわ美味しいわ、上がる蒸気からもハタの風味がホコホコ上がってお御馳走♪

で、食べ進めてって驚いた。
腹の部分、もちろん食べられない部分は奇麗に掃除されてるんですが…


th_IMG_6099.jpg th_IMG_6100.jpg


ちょっと分かり難いし写真グロくてごめんなさいよ(笑)
あのね、胃袋と肝がちゃーんと残されてましてん。
これくらい大降りの魚になると、胃袋って美味しいんですよね。コリッコリして。
タラの胃袋をキムチにしているチャンジャなら召し上がった事ある方も多いんじゃ
ないでしょうか。

でも手間がかかります。
ここだけ残してお腹掃除するって。
自分でやるときもまずガーッサリと内蔵出してザーッと洗ってしまう。
蒸し物なら特に匂いが残らないように、奇麗サッパリ取り出してしまう。
逆に言うと、残したまま臭みを残さず調理しようと思ったら、相応の手入れが必要です。

それを、やってくれてはんねんなー。
冒頭のカニ〆もやけど、ほんっとに丁寧。
有名店ではあるけれど、決して高級店じゃないんですよ。
雰囲気も気軽な食堂。それでこんな手間をかけて下さる。
美味しい所をご存知で、ちゃーんと楽しませてくれる。

素晴らしい。
もうベトナムでは何度もこんな場面にであった事があるけど、やっぱり感動するわ。
この人ら、どんだけ食を大事にしてんのやろなー。食を大事に、というか、
美味しいもんを追求する、というか。はーっ。感心したっ。


加えて、この日は海辺の席が一杯で(何百人も入りそうなスペースなのに!)陸側の
二階席に通されており、そちらもほぼ満席になりつつ、てんてこ舞いだったと言うのに
料理は足りてるか、とか、飲み物はどうする、とか何かと気を使ってくれてたし、
お魚の件だって目を配ってくれてたから「まだやでー!!」と教えてもらえたものの、
ほっとかれたらあのまま食べ尽くしてたとこやったわ(笑)

ザックリ感はぬぐえないので、高級な場所でおもてなしを、と言うケースには向かない
かもしれませんが、良いお店だと思いますー。美味しいし安いし♪
周りには類似のお店が沢山並んでいるのですが、いつ行ってもこの店だけが繁盛
してるし、繁盛してる店=美味しいお店というのはベトナムの鉄則。
ブンタウに行かれたら、ぜひともお試しくださいませー♪



th_IMG_6075.jpg

334 Trần Phú, 5, tp. Vũng Tàu
↑2号店とかもあったりする様ですが、レストラン名を見せると、大抵私が行ってる
本店らしき方に連れて行ってくれる様です。フェリー乗り場からタクシーで
10〜15分くらい。150k〜180kドンくらいだったかな?




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪



Vựa Hải Sản Thành Phát

昼総合点★★★☆☆ 3.8



関連ランキング:ベトナム料理 | グエンフエ通り周辺


Hai San Ganh Hao 〜 海辺のお洒落な海鮮料理屋さん!

***** 2016 Sep. *****

週末にヴンタウ行っちゃおっかな?とか考えてる方の為のレストラン情報w

先日お友達6人程で車を借り切り、海鮮食べに行こうぜ!
ってことになったのですが、最近は悩むんですよね。
Thanh Phatか、こちらのお店か。それぞれに良さがあるんで実に悩む。

が、今回は華やかかりし奥様方の集まりでしたし、ちょっとお洒落なこちらに
しましょうか、ということで、ランチに行って参りました( ・`ω・´)b

はいはい、エビのお刺身はやっぱりおいしかったですよーっ。
お醤油もでてくるけど、ライム塩で食べるの最高っ。

th_IMG_4348.jpg 

ちなみに海老はこの量で500g。
一品料理でない場合は、結構キロ数でオーダーかけるケースがあって、いったい
それがどのくらいかわからず戸惑うことがあるんですよね。そのときの個体サイズ
にもよるし、頭も含んでの重量ですから、500gで15〜18尾くらいってとこでしょうか。

th_IMG_4350_201610012327326de.jpg  th_IMG_4357_2016100123322424a.jpg

塩で食べても美味しく感じる程手入れが丁寧で綺麗な味なんですよねーっ。
ほんっとにお見事。あいかわらず、頭の部分は(こちらが指定していなくても)
サクサク食べられるフライにしてくれるし、ほんとにわかっていらっしゃるっ。

日頃はナマモノに警戒心を持って節度ある態度をお持ちの皆さんも、
結構今回は乗ってくれました(笑)
まぁ私に合わせられても責任持てないので、日頃はそのくらいでいてくれる方が
ありがたいのだけど、この日ばかりはこの海老、食べてもらえて良かった♪

意外と初めて食べる!という方が多かったのが、赤貝のタマリンドソース炒め。
貝料理屋さんに行ったら定番の味付けなんだけど、そうか、路上の貝料理屋さん
なんてそんなにみなさん行かないか(・∀・;

th_IMG_4344.jpg 

赤貝も、ベトナムのんって旨味あるのにアクが少なくて美味しいんよなぁ。
アクのある貝に甘酸っぱいタマリンドソースなんか回したらクドくてしかたないけど、
貝の味がこれはとてもきれいだったんで超美味しかった♡

しかし更においしいものが。
私的にも、これまで食べた中でも最高峰!と思ったのはソフトシェルクラブの唐揚げ。
ここのお店の、めーーーーっちゃ良い!衣の加減も絶妙でねーっ。
もちろんチマチマ手間をかけずにガブリと食べられるし、何よりカニの味が良い。

th_IMG_4351_20161001232733eb7.jpg 

一区・三区での海鮮は「金を積めば食べられる」という認識でしたが、あれだな。
ブンタウだとそもそもの味が違って感じる気がするな。まぁ使われてるカニが
ブルークラブ的な物で海のカニである事が前提だけどw(さすがに種類まで特定できんw)

なぜかカラマリとかですら美味しかったんだよな。
ですら、というのは語弊があるかもしれませんが、私の経験上、カラマリフライで
「お!」と思わせる物にであった事が殆ど無いんでそういう評価になっちゃうのよね。。。

それがどうです。これは素材もだけど、衣が美味しかった。フライ衣なんだけど、
ほんのり甘いと言うか、そういうセットパウダーがあるにしたって、揚げ方もお上手。

th_IMG_4352_20161001232735e21.jpg 


とにかく一品一品手ぇ抜いてないなー。
そして本日のメインイベントはこちら。
でたー!!!!巨大シャコーーーーー!!!


th_IMG_4353_20161001234753992.jpg 

…の、Chien Toi=ニンニク炒め。
Thanh Phatさんでも定番として頼むのですが、こちらの店にもありました。
メニューにもあるけど、メニューの種類が多くて探すのが大変だから、今回は
思い切って全てベトナム語で注文したら通りましたっ。

Tom Thic Chien Toi( ・`ω・´)b
まぁ上の写真見せたら問題なく注文できます(笑)
こちらもキロ換算での精算になるけど、さすがにここまで大きい物だと「何匹」
という単位で注文します。これまた時のサイズによるのでザックリだけど、
1尾200k前後くらいと考えてオーダーすると良いと思います。

初めてでどんなもんか分からん場合は、人数÷2の匹数でもいけるんちゃうかと。
気に入ったり足りなかったらまた注文しても良い訳ですし。

しっかしそれにしてもまーーー、カニに引き続き、これも過去最高級レベルの
大きさとお味だったの!もうこの日、皆で行くのを知ってて、どなたかが
取り置いてくれてたんちゃうか?というくらいのクオリティ。

 th_IMG_4359_20161001234755e5c.jpg th_IMG_4361_20161001234757f75.jpg

デカいわー。半分の長さでこんな対比。しかも子が入っとる!!
そら美味い筈やーっ。卵生む直前のとか、一番旨味があるやつじゃないか。
実際食感も実にプリプリで、溢れる肉汁の旨味といったらなかったわーっ。
また大量にかかってるにんにくフレーク(多分パン粉も混合)も単独で美味しくって
シャコ食べた後もそれをちみちみ食べながらビール飲んだ(笑)

これね、旅行者の方でヴンタウに行く機会があった人が食べたら、ほんっと良い
記念になるんじゃないかと思うの。こんな巨大シャコ、しかも美味しいヤツ、
日本じゃとても食べられないもの。

th_IMG_4362_201610012347598e7.jpg 

にんにく炒飯は、大体どのお店で頼んでも安定の美味しさなのよね。
これ、ほんとベトナム名物にすれば良いのに。
シンプルなんだけど、場所に酔ってはまるっこい粒のお米を使ってて、水分は
少なくパラパラしてるはずなのに、とぅるりとぅるりと喉を滑り落ちて行く。

そこに、正体不明なんだけど、サックサクした粒が沢山混ざってて、噛んでも
食感がよく、にんにくの風味も美味しい。これにチリをちょっと浮かせた醤油を
かけつつ食べたら至高っ。自分が炒飯でビール飲める女になるなんて、若いころに
思いもせなんだ。。。女性としてタブーな事の一つの様な気もそこはかとなく
してたんだけど、知った事か。うまいんじゃ。

これにまだ春巻きやらナニやら頼んで、1人2千円ちょっとくらいやったかなぁ?
500kドンでおつりが返って来た気がします。日常のランチにしたら大豪遊やけど
特別なオケイションの為のランチだったら安いんちゃう?酒も飲んだのに(´⊙ω⊙`)

やっぱり良いわー、このお店。
実は以前このお店に来たことあると言う方が今回の仲間にいて、そのときはむしろ
「美味しくなかった」という感想だったらしいので、頼むモノにもよるのかもですね。
ただここに写真で上げてるヤツは、どれも美味しかったですよっ。「海鮮食ってる!」
っていう充実感に溢れてました!

忌憚ないご意見を頂ける、気の置けない友達だからこそ信頼できる反応ですが、
喜んでもらえてなによりでした♪メニュー、一手に任されて、実はちょっと
ドキドキやってーん(・∀・;  ←今だから言う

でも初めての人とかもっと何頼んでよいかわかんないだろうしな。
またなんか美味しそうな新しいメニュー頼んだら追記しますね♪
メニューの選択眼、磨いときます(`・ω・´)ゞ




***** 2016 Mar. *****

Vung Tau と言えば、我家が行くともうド定番のお店ばかりで、
毎回更新するのもなんだから、と、しばらく放置しておりましたが。。。
そして実際、シャコ食べに行ったり、夜は屋台で貝料理を堪能してたり
するわけですが…(笑)

th_IMG_5534_20160327233354310.jpg


すんません、お店の入り口の様子が見辛くて(・∀・;
今回は、海鮮料理のGanh Haoさんというところに来てみました。
旦那さんのお友達で、以前こちらでバイトしていたと言う女のコが居て、
日頃は別の場所で生活してるのだけど、この日はたまたま、ご家族を訪ねて
ヴンタウに来てると言うので同行してもらったのです。
いや、持つべきものは(旦那さんんの)お友達♡

ここ、かなりの人気店で、良い席を取ろうと思ったら予約必須だし、
7時くらいともなると、広々とした店内が殆ど埋まってたくらいですから、
席の善し悪しじゃなく、時間帯によってはとにかく予約が必須かもです。
特に週末。

th_IMG_5537.jpg th_IMG_5536.jpg


入り口ゲートを潜ると左手に長く降りる坂があって、其の先に海岸沿いの席などが
パーッと広がってるのですが、奥内席もあって、そこを通して見える海がまた奇麗♪
この日は土曜日だったこともあってか、18時前と言う時間にもかかわらず、人がいっぱい。
サンセットを見ながら夕食なんて、雰囲気いいですもんねー♪


th_IMG_5541_20160327233358ddf.jpg


さて、面白かったのはメニュー。
英語できる店員さんは少なかったようですが、メニューには一応英語があります。
でも英語があってもわからん単語がいくつもあった。。。(笑)

th_IMG_5556.jpgvth_IMG_5557_20160327233504dcc.jpg

th_IMG_5558_20160327233504df9.jpg th_IMG_5559.jpg

でも、貝だけでも種類分けでいくつものメニューを出してるし、お魚はもちろん、
お肉類も結構充実。とにかく料理の幅が広い。随所にSashimiの文字があるのも、
おーーーーっ、て感じ
奮発して伊勢エビを頼まれてる方も多かったようだなー。
ヴンタウは海鮮がとても安いですが、それでも伊勢エビとかはちょっとお高目
なのに、みんな豪気だ(^皿^)

th_IMG_5561_20160327234852f31.jpg

あと嬉しかったのは、お粥メニューがあること。
海鮮を使ったお粥が何種類も!
これはスープ代わりだったり締めに良さそう(*´艸`*)


th_IMG_5554_201603272348536db.jpg


ってことで、お料理行きましょうか♪

th_IMG_5565.jpg th_IMG_5566_20160327234855ecb.jpg

まずはベイビー・オイスターの卵とじ。
ネギがタップリ遣われてて、小指の先程の小さな牡蠣をたくさん焼き込んだもの。
タイ料理に似た料理がありますが、それよりオイリーではなくさっぱり目。
小さいながら牡蠣の旨味がジンワリ卵に滲んでて、また卵が其の旨味を一滴残らず
まとめてて大変美味♪ お醤油をつけて食べるように促されたけど、なにもつけ
無くても充分美味しい!!

そして昼も食べたんですが、牡蠣の炭火焼・ネギオイル。
うまいわー。何回食べても美味いわー。ネギ油+塩+ピーナッツ。
これ絶対日本でもやった方が言いと思うの。素材の味をそのままに、というのも
素敵だけど、チョイ足しで何倍にも美味しさが倍増するならやるべきよっ( ・`ω・´)b


th_IMG_5567.jpg th_IMG_5571.jpg



定番の、酸味+ニョクマム味のサラダは赤貝を使ったもの♪
もちろん、殻を剥いたヤツ。仕事が細かい!!
そしてこの赤貝がキッチリ火は通されてるんだけどプリップリ!!
ゴロンゴロン入ってるし、軽く火を通された野菜は味が良く馴染んでて食べやすいし
これは満足なサラダだわ♪ 定番の海老クラッカーに乗せてサクサクと頂きます♪


店名にあるようにHao=牡蠣料理が名物だということで、牡蠣の皿をもう一品。
これです。

th_IMG_5572.jpg th_IMG_5573.jpg


そう春巻き!!
ナーんでこれに今まで気づかなかったのか!!
カキフライなど、油で揚げると言う調理法は活用していたものの、春巻きの具材にするって
余り考えたこと無くありませんでした?私は無かった。でもこれがすこぶる具合よい!!

少し厚めの春巻きの皮(若しくは重ねを多くする)でしっかり包んで揚げられてるので
牡蠣の水分が逃げ難いのか、熱はしっかり通っていてもプックリしてて、ブジュワ!っと
ジューシー、シンプルながら牡蠣の美味しさが存分に生かされた一品、且つサイズ的にも
食べやすく、ビールのお伴として大変優秀!!これ、今度やってみよ!

そして今回印象深かったのが。。。

th_IMG_5577.jpg


車エビの刺身ー!!ヾ(@⌒▽⌒@)ノ
他のお魚でも刺身を色々出してくれるようだったのですが、正体不明の名前のものを
頼んだらこの日は品切。次に希望したのも品切(笑)ってことで、無難に海老に。
海老も種類が色々あったからなー。ちなみにこれはFresh Shrinpという表示でした。
それ、固有名詞か?(^^;

キロ単位の価格を確認してから必要量を注文。
この日はキロ550kドンで300gお願いしたので、写真の量で165kドン…900円くらいかな?
1ダースくらいはありましたから安いもんでしょー♪

しかも見て下さい。アルミが敷いてあるでしょう?その下には氷が敷き詰められてるんです。
海老がぬるくなって身が緩んでしまわないようにしっかり冷しつつ、しかし氷に直接
当たって水っぽくならないようにとのお心遣いでしょうか。背わたもしっかり取られてあり、
迷いの無い包丁で食べやすくカットされてます。

愛がある。食材とお客さんへの愛がある( ・`ω・´)b

その愛の成せる技か、この車エビのまー美味しかったこと!!
小粒ながらブリンブリンとしてまして、歯で噛み締めるとブチブチブチ!!!
と音がするくらい威勢が良い。それでいて噛みしだいて行くとトロリンと甘く、
それでいてベトナムの他の魚介と同じようにアクが少なく奇麗な味なので
もうなんぼでも食べられる。私独りで半ダースは食べた(笑)

お醤油やワサビも用意してくれてたんですが、個人的にはレモン塩が美味しかったな。
もう口がそろそろベトナム式になって来てるんかも(笑)
しっかし、車エビの刺身なんて、日本でもそんなに食べてなかったですわ(笑)
超嬉しいヾ(@⌒ー⌒@)ノ

更に嬉しいことには。。。


th_IMG_5575_20160327235504bac.jpg


かーっっ。
解ってはるなぁ!!
そうそう、海老は頭もとっても味が良い。
そこをタダ捨てるなんてもったいないことこの上ないっ。
店に寄ってはこの頭だけ集めてソースにしたりもするようですが、こちらは
キッチリお客に甘言。丁寧に、低音からじっくり揚げて最後カッと温度揚げて
仕上げてあるので、中までサクサク。味噌の部分もジュンワリ味わえるように
なってまして、これ、ビールが進むし!!!

別にこちらがリクエストした訳じゃないんですよ?
お店の判断。嬉しいじゃないですかー。食材の美味しい所をちゃんとしってはってて
それを良いようにしてお客さんにキッチリ出してくれるって、こんだけの量があったら
一品多く頂いたも同然ですもんね?

もうあんまり美味しかったから、手元もっ回載せちゃいます。
おわかりいただけるでしょうか。この美しさ。
シュッとしてるでしょ?
そして中身の澄んでること!


th_IMG_5582_20160328000844838.jpg


もう翌日まで何度もフラッシュバックして、お家の中で蘇るあの跳ねる感覚。。。
生海老好きにはもうたまりまへんで( ̄¬ ̄)

もちろん、生が苦手と言う方には色んな調理法もそろってますんで、それで
楽しんで下さいませ。海老だけじゃなく、今度は他のお刺身も試してみたいなー。

で、締めは今回はWhite Clam…ハマグリさんのお粥にしました♪
おかゆにも魚を使ったものだったり赤貝使ったものだったりと色々あって
選ぶ楽しみがありますね♪小さいバージョン、大きいバージョンがあって、
この日は4人だったからもちろん小さいバージョンを頼んだのですが。。。


th_IMG_5587_20160328000845671.jpg


うん、まぁデカイ(笑)
でもお米は少量で事前に炊いてあって、3分粥くらいかなぁ。かなりライト♪
でもハマグリのお出汁はコックリ!!レモングラス蒸しなんかの時にはちょっと物足りない
くらいにアッサリ調理されてますけど、これは結構しっかりとした貝のお味。そこに大葉、
ネギ、モヤシ、フライドオニオンなどがタップリ投入されましてコクも出る。

貝類のエキスはお酒の分解にも役立ってくれると言いますし、汁物=水分補給もまた
有効。炭水化物も多少はあった方が糖質となってお酒のあとには良いようですが、
それを取り過ぎずに居られるのもお粥のメリット。ええなぁ、締めにお粥。
美味しいし身体が楽です♪


っちゅーか、どのお皿も今回は大当たりでしたわー♪
そら広大な敷地の中の席が満席になるっちゅーお話で。
自分らが頂いたのは2階席だったのですが、海に近い方が良いなら1階席をオススメ。
また生け簀もあって(そこもなんかお洒落にしとる)元気に泳ぐ魚や伊勢エビが
たくさんいたので、その辺を見て選んで調理してもらうと言うのもありかもですね♪

th_IMG_5593_20160328001815c56.jpg

th_IMG_5598_20160328001817ba2.jpg

こちら奥内席もあったので、日中で日差しや熱さが気になる際は、
そちらを使うと良いかもしれません。

いつも行ってるThanh Phat ももちろん良いのですが、あちらよりもちょっと
お洒落な感じで、例えばデートだったり、なんかのお祝い事だったり、
久しぶりに友達とワイワイ賑やか敷くええもん食べましょうか、と言う時には
超オススメ。まだまだ私も食べたいものがあったなー♡

ヴンタウ、距離的には一泊二日、ヘタしたら日帰りでも行けちゃいますが、
胃袋的には数日あっても足りないなー(^^;



Hải Sản Gành Hào
<03 Trần Phú, P. 5, Tp. Vũng Tàu, Vũng Tàu



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Vung Tau のThe Imperial Hotel の 朝食!

***** 2016 Mar. *****


週末をまたいで身内みたいな友達が遊びにくるときは、良く連れて行くVun Tau.
旦那さんはいつも通りサーフィンを楽しめ、ちぇりはシーフードを楽しめ(笑)
旅行者さんは、短期間の滞在中に自力では行き難い所に行けるってことで、結構好評。

んで、その際には相変わらずThe Imperial Hotelに泊ることが多いです。
別生地で御伝えしましたが、最近はすぐ近くに遊園地が出来たり、裏手には夜に
なるとシーフード料理の屋台がずらりと並んだりと、何かと都合が良いですからね。

そして何より私はここの朝食のゴージャスさと味のクオリティが大好きで
ガンガン一推ししてたのですが。。。

ここ数回のこと。
気持ーち、モーニングビュッフェが縮小されてるかなぁ、と言う感じ。。。
まぁどちらとも乾期で海風がバンバン吹きすさぶ中で行ったので、まず表の
プールサイドにまでビュッフェは持ち出せないんだろうなと言うことと、
最近レジデンス棟がオープンしたので、そちらの朝食の準備もアリ、といって、
単純にスタッフを二倍にするのは難しかろうから、人手を分散させたのかなぁ、
というのが予想。


th_IMG_5632_20160327195946168.jpg th_IMG_5634_20160327195948985.jpg

th_IMG_5636_20160327195949875.jpg th_IMG_5638_20160327195951bc3.jpg


まぁ、味は落ちてないです。
サラダのドレッシングにブラックオリーブのピュレがあったりチーズタップリの
上等なジェノベーゼがあったり、ヨーグルトのコーナーには手製と思しきマンゴーや
パイナップル、ブルーベリーのジャム。少数精鋭になった、と言えばそうなんですが…
なんか行くたんびに少しずつ規模が小さくなってる様な。。。

大好きだった、川魚の白身の薫製もここ数回は跡形も無く。
サラミやハム類はあったけど、生ハムとかも無かったし。。。。
まぁ、経費削減と見るのが妥当かなぁ、と。。。


ただ季節に寄って集客の様子も随分違うようですし、それに合わせて内容は調整
するかもです。ただ。以前に報告した程ドーン!!と言う印象じゃなくなってた
なぁ、と思ったので一応のご報告。何人の方からか、ブログを見て行って下さった、
と言う話を聞いたことがあったので、もしや過去記事の内容を期待して行かれて
ガッカリされてはいけないと想いまして(・∀・;
でも美味しいんですよ。相変わらず(笑)


あと、一回のカフェでスイーツ頼まれるときは気をつけて下さい。
以前はなかったケーキメニューが大きく打ち出されていたので早速頼んでみたのですが…
100kドンだったのですよ。ちょっと高いな、とは思ったんですが、5つ星の
ホテルだし、そのくらいだよなと思って頼んでみたら。。。


th_IMG_5619_2016032720090947c.jpg

th_IMG_5618_20160327200907413.jpg


20cmくらいのホールタルトが来たわ。
そして皿がズシリと重たく感じるチーズケーキがきたわ。
価格は量に回されたか。。。( ̄▽ ̄)

普通に美味しかったです。
だからお腹が減ってたら食べれたと想いますが、これ、食事直後だったので
4人掛かりでも食べ切れなかった(´Д` )

とても言い感じのカフェなので、泊らなくても御立ち寄りになりやすいかと
思いますし、使い勝手は良いと思うのですが、くれぐれもスイーツ頼むときは
量の加減をしてくださいませwww

th_IMG_5616.jpg

th_IMG_5614_20160327201226d57.jpg




***** 2015 Apr. *****

もう4回目になるかなー。
週末のんびり、ブンタウ旅♪
お宿はいつもこちらのホテル♪

…で、これまで問題なく楽しめてたのですが。。。
いえ、今回も楽しんだのですが。。。

4月はちょっとオフピーク?
たまたまこの週末だけがお客さんが少なめだったのかもしれないし、
この日はすっごく風が強く、突風と言っても良い程の風が吹き荒れてた朝だったので、
プールサイドに進出しての朝食提供はナシ。結果的に屋内だけの提供になっていたの
ですが。。。なんか、ちょっと品数も少なかったかな?

ま、宿泊客の数が少ないのに多い時と同じには出せないですよね。
本当に客が少なかったのか、ビュッフェの室自体が少し落ちたのかが気になる所
でしたが。。。。それでもゴージャスなんですけどね(笑)

th_IMG_0336.jpg

th_IMG_0338.jpg

何か今回はお外席(食べる席だけは外にもあった)のところに小さく可愛い
盛りつけをしたりして、努力の跡も見られたし。ま、風強くてすぐに乾いちゃう
から、あんまり美味しくキープできる方法ではないと思うけどwww

 th_IMG_0339.jpg th_IMG_0340.jpg


味的にはいつもと変わらず美味しかったです。
そして、品数が減ったように見えたとはいえ、そもそも全種類を食べ尽くせる
わけでもなく、私が好きなものは大体あったので無問題。

th_IMG_0342.jpg



特に今回の麺は、フォーとバインカンだったヾ(@⌒ー⌒@)ノ
皮付き豚さんの薄切りがトッピング。これ、美味しかったなーっ。
煮物も、こういうトッピングにも、私はやっぱり豚食べるなら皮付きが良いわー。


th_IMG_0348.jpg th_IMG_0350.jpg

バインカンは「うどんみたいな麺」とかって言われる事があるけど、それは
ブンやフォーに比べて丸くて太いからってだけで、食感は全然違うよね。
タピオカ粉を使ったプルムチュル麺。これ、本と美味しい♪

あんまりどこでも食べられるってものでもないから、見つけたらいつも速攻で
オーダーするのですが、今回は朝食メニューにあったので腸ラッキー♡
うっかり2杯食べそうになったわ。。。(笑)

お出汁は丁寧に取った澄んだ豚骨スープ。
これ、美味しいわー。

ってことで、ちょっとご報告。
私的には十分満足だったし、相変わらず美味しく楽しい朝食タイムを楽しめた
のですが、タイミングによっては少し規模を縮小する事もあるようです。
これが一時的なもので、今後また人出が多い時等は盛大にやってくれることを
切に切に願います。

ってか、いま裏手に新しい新棟を建ててて、もうちょっとでオープンしそうなんですよね。
そしたら今よりずっと多くのお客さんを受け入れることもあるわけで、だとしたら
朝食を縮小するってことは亡いと思うので、大丈夫だとは思うんですけどね。
万が一、こちらのブログを見られて期待して行ったのにプールサイドではなにもやって
なかったよーってことがあると申し訳ないので、ご報告でした(^^)





***** 2014 Jan. *****


またまた行って来ました、Vung Tau のお気に入りのホテルの朝食。
いや、朝食だけの為に行った訳じゃないしちゃんと泊まったけど(笑)
ま、目的の大半はこの朝食(笑)
ホーチミン市内でも同じホテルのビュッフェに通う事は少ないのにねー(笑)

th_IMG_6041_20150125133235565.jpg

今回はまだクリスマスから間がない頃だったのでツリーが飾りっぱなしになってました。
絵画的なもののクオリティはアレなんですが(笑)、ま、そこは気は心っw
ゴージャス感を一生懸命出そうと頑張ってます(笑)

朝食は相変わらずの豪華絢爛さ。
8時と言う時間はまだこの日の宿泊者の型達にはちょっと速かったのか、
お外エリアのスタンバイがまだだったけど、室内のチョイスだけでも到底
食べきれるものではないので、食べながら表の準備を待つ事に。

th_IMG_6108.jpg th_IMG_6115.jpg


ベトナムのホテルの朝食で時々発見するんだけど、これが美味しかった!
白身魚のスモーク!!スモークサーモンは良く見かけるけど、白身魚は
あまり日本で経験した事無かったんだよね。でも鮭も白身の魚だし、
道理としてはあっても当たり前の物。これは多分、スズキ、かなぁ?

th_th_IMG_6118_20150125135348c06.jpg

脂も乗ってて、めっとりと色っぽい舌触り。しっかりとした塩気に燻煙の風味。
あかん、これ朝からお酒が欲しくなる(^^;
では、まず第一弾。

th_IMG_6122_20150125133357709.jpg



第二弾。


th_IMG_6125.jpg




第三弾。(ええ?!


th_IMG_6123_20150125133359447.jpg


フォーって、できれば何となくのイメージ通り、

「こんなもんはなー!こぎれいな店で食べるもんじゃないんだよっ。
 道端の汚ったない店の方が美味しいの!!

って言いたい所なんだけど、こと1区に関しては、ちゃんとした店構えで
設備があって、とか、ホテルのビュッフェの一環として出されてるやつって
物の方が圧倒的に美味しい物に遭遇する機会が多いんよな(^^;

こちらのフォーも美味しかったです。今回は牛骨ダシのフォー。
大変に滋味深い。他の物も食べたいからほんの味見だけ、と持ったけど、
スープまでペロッと食べた(笑)

店構えのものはそれなりのお値段がするし、ビュッフェメニュー内の物に関しては、
お金積んでもそれだけオーダーするってことはできないし、やるとするなら
ビュッフェ代の2千円とか3千円払ってフォーだけ食べるってことになるけど、
そんなの現実的じゃないし…

なかなか焦れるところではあります(^^;
ま、お金を出す程に美味しい物が食べられる、というのは、健全でもあると
思うんだけどね。高くて不味いがあり得んのは当然だけど、安くて美味しい、も、
度が過ぎるのは個人的にあんまり好ましくないなと思ったり。

いや、消費者としてはありがたいし、そこを目指す企業の努力と言うのは本当に
素晴らしいと思うんだけどね。日本とか帰ると、「ええ?!なんでこれが300円なの?!」
とか思うことが時々あって、人件費とか設備費とかベトナムよりも遥かに高いのに
どーなってんだ???と、ちょっと不気味に思うことある(^^;
それで経済が円滑に回ってみんなが潤ってるならいいんですけどねー。

と、なんか話が逸れました。
続いて、第四弾。まーーーだ食っとるんかーい!!!(笑)


th_IMG_6128.jpg

チーズ類も美味しい物が揃ってるし、オリーブも種類色々だし、
生ハム類も充実だし…ワイン飲めて言ってるんか?言ってるんか?!
(誰も言ってませんから…)

もうね、8時前に席について、10時くらいまで粘ってた(笑)
この時期のテラス席は日差しも柔らかいし、そよそよと吹く風は
ひんやりと爽やかで、ほんっと、居心地の良いビュッフェでした♪

以前は旅行に行くと寸暇を惜しんで出歩いていた物ですが、こんな風に、
好きなホテルでゆっくり時間を過ごす、ってのも、良い過ごし方だなー、
なんて思います♪(それ、歳食いましたって言うてるんと同義語やで…)





***** 2014 Feb. *****

さて、東南アジアのホテルのお楽しみと言ったら、朝食ブッフェ!!
言っちゃぁなんだが、東南アジアのそこそこ以上のホテルのブッフェはレベルが高い!
スタッフの多さは人件費の安さからくるものだろうし、品数の多さも物価の違いから
だろうから、一律に並べて日本のそれと比較するのは酷だと十分わかっちゃいるが。。。

朝食で有名な日本の結構良いクラスのホテルで食べても、東南アジアのそれに慣れて
締まった今では、ちょっと物足りない感を感じてしまう始末です。。。
うん、贅沢だよね。でもそのくらい素敵な所が多いのです。

で。
朝食タイム。会場は、ロビー横の大きなレストラン。
おおっ、広々だし、料理がいっぱい!
わーい!!と喜び勇んで会場一巡。

th_IMG_9010.jpg th_IMG_9012.jpg
th_IMG_9011.jpg th_IMG_9013.jpg

チーズにハムにパテにフォー。煮込みにサラダにパン各種。
ラインナップ的にはホーチミンの4つ星以上のランクのお店と変わりないけど、
細々したドレッシングやジャム、付け合わせなんかの種類が豊富で、チョイスが多い、
というゴージャスさに満ちあふれてる♪

器も、所々にアンティークな木製の物を使ってたりして、最初、それが器とは
気づかず、置物か何かかと思ってスルーしたほど。いいわー。

       th_IMG_9031.jpg
th_IMG_9018.jpg th_IMG_9017.jpg

…と、感動してた所に、友人が深刻な顔して寄って来て、
「ちぇりさん、大変っ」
と、報告して来る。すわ、何ごとぞ!と思ったら。。。。

『お外にもビュッフェが!!!(≧∇≦)』

th_IMG_9028.jpg

おーーー!!!
昨日部屋から見下ろしたプールが配置されてるスペース、全域が朝食会場になってる!
屋内も十分広かったから、まさか外にまでスペースがあるとは思わなかった!!!
そして、屋内ほどじゃない物の、ドリンクスタンド、フォースタンド、クレープなどが
屋外カウンターで提供されており、ほんまに一体、何人のスタッフ使ってるのか。。。
と驚くほどの人員配置。すげーなー。

         th_IMG_9020.jpg
th_IMG_9019.jpg th_IMG_9021.jpg 

またこの日は朝の風がさわやかで、日差しも穏やか。
水遊びする子供の声に、ゆったりと朝食を楽しむ宿泊客のみなさんがた。
いやー、雰囲気いい!
そして料理もおいしい!!

th_IMG_9026.jpg th_IMG_9025.jpg

ホーチミンでパンが美味しいのは珍しくないけど、クレープも生地がしっかり
寝かされた滑らかモッチリタイプのもので、めっちゃ好み(*´艸`*)
ちょっとソースの掛け方とかに色気ないけど(笑)、蜂蜜もチョコレートソースも
おいしかったなー♪ 果物はダイスに切ったマンゴー、パイン、バナナなど。

出色だったのは、パンの横、屋内にも屋外にも提供されていたのですが、
手作りジャムの数々。


th_IMG_9023.jpg th_IMG_9035.jpg

ストロベリーにマンゴー、パイン、オレンジ、そしてピーナツバター!
甘みが口説くなく、すごくリアルなフルーツの味。ピーナツバターも手作りならではの
濃厚さとフレッシュさで、ちょーっとこれ、なかなか他所では食べれない!
目の前で圧縮して作るピーナツバターって過去に何回か食べたけど、どこでも
その装置を持ってるわけじゃないものね(^^;

うーん、危険。
パンもおいしい物が多かったので、このジャム達とのコンビネーション、
延々食べ続けてしまいそう(^^;

というわけで、フォーで切り替え(え?)

th_IMG_9033.jpg

これがまた、シッカリお出汁に具沢山で美味しいのっ♪
ブッフェのフォーって、片手間的で期待しないことが多いんだけど、そういえば
ハイアットの朝食ブッフェのフォーもすごく美味しかった。。。そしてここのも
下手なフォー専門店より格段にうまい。。。生肉もタップリ使ってくれてました。

はふーっ、満足!!
おいしい料理に多様なチョイス、何より屋外のプールサイドのテーブルが良い♪
ここで優雅に朝食食べて、12時のチェックアウトまで、居心地の良いお部屋でマターリ。

外部からのお客さんを受け付けて来るか聞かなかったのが最大のミスですが、
おそらくは、有料で受けてくれるとは思います。他のホテルで連泊するときなど、
内、一日だけ朝食をこちらで楽しむって手もありですね♪

いや、調度品からプール、朝食までもが大満足!
ビーチまでも近いし、ちょっとしたショッピングセンターもあり、且つ、
バーやチャイニーズレストラン、海辺のレストランの完備に加えて、朝食会場と
同じ場所で、海鮮BBQメインのディナーブッフェも、700k〜800kドンでやってた。
あの朝食の調子だと、きっとディナーもおいしいと思われ♪

ブンタウ、今はホーチミンからの船が出てなくて、ちょっと行くのが手間ですが、
ご家族なりご友人同士で乗り合わせて行けば、タクシーをチャーターして行っても
そんなに高い額にはならないし、こういうリゾートでホテルライフを楽しむ旅行も
良いんじゃないかと思いますよー♪  おすすめ♡


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Vung Tau トライアングル 〜 ホテルと屋台と遊園地

「ブンタウ」の項目で何度か紹介している場所の再度紹介になるのですが、
今回新しいスポットも加わっていたので、主に我が家が良く宿泊するホテル
周辺の夜の楽しみ方をまとめてご紹介。

まずホテルですが、The Imperial Hotel.
美術品「的」なものを配してゴージャスにみせかけながら、実はちょっと
お茶目だったりする、なにかと「頃合い」で居心地の良いホテル。

th_IMG_1579.jpg


新棟が長いこと工事中だったのですが、先日行ったら出来上がってました。
泊まれる日を楽しみにしていたのですが、残念ながらこちらはレジデンスに
なるようです。

th_IMG_1660_20160205001445ac2.jpg


ここのホテルはプライベートビーチに面したプールが奇麗だと言うのもあり、
夕刻等、日が落ちかけてからのんびりと楽しむには申し分無く、且つ翌朝の
朝食もおいしいので、このホテルに泊まるだけでも楽しみ甲斐があったのですが…

th_IMG_1566_20160205001447738.jpg th_IMG_1568_20160205001448b0e.jpg

th_IMG_1648_20160205001639f51.jpg th_IMG_1654_20160205001641133.jpg


なーんと!!!歩いて数分、お隣に出来た新しい小さなホテルを越えた辺りに、
遊園地が出来てました!(((o(*゚▽゚*)o)))

th_IMG_1627_20160205001847864.jpg

もちろん、映画キャラ総出演とかネズミ王国とかほどのものではないのですが、
良く映画の中で見かける様な移動遊園地的な???
ブランコみたいなのがブンブンまわるやつとか観覧車とか、昭和時代にデパートの
屋上にあった遊園地のような、なんかちょっと素朴なヤツ!

入場は無料で、各アトラクションも100円から高い物でも200円くらいと
大変お手軽♪まとめ券みたいなのもどこかにあるのかもしれませんが、
各アトラクションにチケット売り場があるので、都度そこで買って遊べます。

th_IMG_1617.jpg


小さいお子さんには、ふわふわ、っていうんですか?空気で膨らませた巨大な
滑り台とか、中に入って遊ぶヤツ。あんなのもありましたし、魚釣り的な
遊びもの、射的や輪投げみたいな物も。

th_IMG_1624_20160205001847d85.jpg th_IMG_1619.jpg


遊園地全体にブンチャカブンチャカクラブミュージックみたいなのが
流れているのでそう言うのが苦手な方にはウルサいっちゃーウルサい
かもしれませんが、ただまぁその辺を歩いてるだけでもなんとなく
楽しい気分にはなるものですよ。

実際突っ込みドコロが多くって。。

th_IMG_1618.jpg th_IMG_1614.jpg

6Dってなんやねーん!!とか、お化け屋敷のアトラクションではなぜか
ワン・ダイレクションが陽気にブンチャカしてたりして、悲鳴の上げどころ
どこやねん!!とかw

遠心力でブンブン回されるやつに乗ったんですけど、近くに張り巡らされてた
ハタの装飾にひっかかるんやないけ?!とか、35kドンの割に大サービスの
回しっぷりでいつまで経っても終わらないとかw

まだ抱っこして乗せてもらわないと椅子のイチに届かない様な子が
1人で乗ってて飛ばされやしないかとか、そもそも安全性は大丈夫
なんかとかスリル満点( ̄▽ ̄)
あくまで自己責任でお楽しみください(笑)

意外と飲食店みたいなのは少なくて、限られた場所にドリンクくらいは買える
場所があった気がしますが、純粋に遊びに行く感じでしたね。トイレとか、
意外に奇麗なものが設置されてたので、お散歩途中なんかにも使えるかも。

で、The Imperial Hotel の正面入り口に向かって左手には、ホーチミン市内にも
何店舗かあるVuvuzelaというビアクラブがあり、そちらで飲むことも可能ですが…


th_IMG_1587_201602050029522a2.jpg

なんといっても、そのVuvuzelaがある角を曲がり、突き当たりまで行った所にある
シーフード屋台街が超オススメ!!我が家は夜ご飯、または夜食の定番にしている
のですが、アーケードになっていて、夕方3時過ぎくらいには始まっているそうなので
日よけもあるし、なんだったら日帰りでホーチミンに帰る前でも楽しめそうな様子。

入り口からズラーッと似た様なお店が並んでて、魚介の鮮度や品揃えはさほど
違っていないように思うのですが、お客の入りが全然違う。。。ちなみに我が家の
オススメは、かなり奥の方まで入って行ったとこにある、Kim Anhさんというお店。


th_IMG_1594.jpg


通路の両側に同じ店名の看板掲げてるから分かると思います。
お品書き等ありませんが、食べたい食材を指差して、もし調理法で指定が
あればそれを伝えるとなんとかなります。なんだったら食べたい料理の
写真を見せて指さしで。

なんていう貝かわからないのですが、この合わせ貝の葱油炒めは
アッサリしている中にも旨味があって、ちゅるんちゅるんと食べれてしまう。
というか、食べる手が止まらない(笑)

th_IMG_1592_20160205002953009.jpg th_IMG_1596.jpg

豪快にロブスターを焼いてる方もいらっしゃいましたが、こちらはさすがにお高そう。
ハナから食べる気がなかったので価格を聞かなかったのですが。。。

th_IMG_1590_20160205002952501.jpg

カニ爪は聞けば、100kドン/キロ…えーーーー!!キロ600円?(@@)
ほなら500g貰うわー!とお願いしたら、わしづかみでテキトーに取り分けた
お店のお姉さんがすごかった。ドンピシャ500g。プロだわーっ。

th_IMG_1595.jpg th_IMG_1599.jpg


唐辛子塩で焼いてたんかなぁ。もーすっごい良い頃合いに焼き上げてくれてて、
カニの風味が満点。弾力のある身がしっかり詰まってて、まー美味しい美味しい!

th_IMG_1598.jpg th_IMG_1602_2016020500310265a.jpg

でっかいハマグリみたいなんのネギピー焼きとか牡蠣のネギ焼きとかも美味しかったんですが…
今回ね。もう大感激した一品がこちら。


th_IMG_1603_20160205003103345.jpg

アジ系のお魚だったんですが、ホイルや気にしてくれてたんですよ。
下味をつけて、薬味なんかが焦げない程度に蒸し焼きにしてくれてる。
これがね、もおおおおおおおおっ絶品!!!

なんでこんなシンプルな調理やのにこんなに上手に焼けるの?と。
しかも炭火ですよ?火力の調整がコンロ程出来るわけでもないのに、
まーっ、見事な火入れ具合っ。

骨の近くの中のトコまでしっかり熱は入ってるのに、身がプルップル。
アジ系ですのでそんなに脂の多い魚じゃないと言うのに、どこをとっても
ジューシーで、口の中がぱさつかない。ほら、焼き過ぎたアジとか、
モソモソすることあるじゃないですか。あんなのが一切ない。

どころか、身離れが良くて肉汁がしたたらんばかり!!
私、こんなに上手にお魚焼けた経験ないわー(´Д` )


そう言えば以前サバの丸焼きを食べた時も大層美味しかったと記憶している。
もう、間違いなくこのお店の調理される方はエキスパートっ!!タコやらイカ
やら、お野菜とかもあるんですけどね、きっと何を焼かせても「ほお!」っと
思わせてくれるんじゃないかと、今ではかなりの信頼を寄せている次第。

且つ。。。ビール飲んで、上記以外にも何品か頼んでですね、4人で600k
しなかったんじゃないかな。。1人700円ちょっとくらい。。。安い(´Д` )

昼間に食べに行く、これまた我が家定番のThanh Phatっていう海沿いの
シーフード屋さんも安いのだけど、あそこへはシャコを食べに行く目的が
強いので、シャコは大体デカいの1尾で200kドンしちゃうんですね。
その他の料理は安いんだけど、それがあるから4人で行くと1000kドンは
越えちゃう。いや、それでも安いんだけれどもw、この夜のシーフード
屋台はまた格別。

ってことで、昼は海沿いのシーフードレストランへ行き、夜はホテル裏の
屋台へ、遊園地でチョロっと遊んだりビール飲みに行ったりして、ぺろっと
歩いてお部屋に戻り、グースカ寝たら朝はゴージャスなモーニングビュッフェ。
ええ、食い物中心で回っております、ブンタウ訪問w 

でも歩いて数分圏内にこんだけ集まってたら、便利でしょう?
車を呼んでも知れてはいるけど、気も知的にラクチンですし、他にも素敵な
ホテルはあると思うのですが、この屋台のことや今回の遊園地のことを思うと
あーやっぱりこのホテルが便利だなーと。

っちゅーか、ここのシーフードはちょっと1区に無いコスパなので、
機会があったらぜひ、お試しいただきたいわぁ。ビールお好きな方とか
ガンガン進むんじゃないかと思いますよ♪ 言えば炭水化物系の炒飯とか
麺物もある様なので、ガッツリ行きたい方にもオススメ。

なにはともあれ、週末一泊、なんだったら日帰りでも楽しめてしまう
ブンタウですので、折りを見てぜひ楽しみに行ってくださいませーヾ(@⌒ー⌒@)ノ



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Vuvuzela 〜 ブンタウのビア・バー!

さて、これもお伝え忘れの案件 in ブンタウ。
我が家が大好きなインペリアルホテルには、正面入り口向かって左に、
インペリアルお抱えのショッピングセンターがあり、そこは我が家が毎回
貝料理を楽しむ屋台街に向かうための路地入り口でもあるのですが、
ブンタウにはそんなにローカルの子が気軽にたむろ出来る所が少ないのか
(多分あるのでしょうけれどw)週末の夜ともなると、もの凄い人!!!


th_IMG_0327.jpg



ショッピングモールも遅くまで開いているようでサインボードが明るく、
プラスそこに集まったバイクの明かりで、その一角だけ煌煌としています(^^;


th_IMG_0328.jpg

ちなみに、↑このサインボードが貝屋さん屋台街に続く道の入り口です。

で、その一角、表通りに面した所にビアクラブが♪
昼から開いてはいるようですが、週末の夜が本領発揮、みたいなお店。
その時間になると外でもノリノリになれるような音量でブンチャカブンチャカ
流行の曲が鳴り響き、店内はほぼ箱詰め状態。だけど安いクラブの
ナンパ箱の様な風情はなくて、みんな音楽に軽く載りながら飲み物を飲みつつ、
テーブルで健全に楽しんでる様子(笑)

賑やかなのがダメー!って人はあれですが、音を身体に入れつつお酒飲むの、
楽しー!!でも面倒くさいナンパとか有るのは面倒くさいー!!って方には
面白そうかも♪


外から見ても楽しそうだったのですが、とにかく満杯で、その人ごみの中に
夜は入って行く気力が無かった…ので、翌日の昼、ブンタウを発つ少し前に
軽く一杯飲みに行きました♪


th_IMG_0363.jpg


店内は広々としてていい感じ。
この箱が全部埋まってたのだからすごいよなーっ。
人気のお店なんでしょうね♪

メニューを開くと。。。

th_IMG_0358.jpg


おーーー!!
バドガール的なおねーちゃんが(*´艸`*)
ま、このモデルさん達がお店にいるわけじゃないのですが(笑)
明るく健康的なセクシーねーちゃんがビールを持って来てくれるイメージで、
ってことなんでしょうね。このお姉ちゃん達の写真は他にも大きく飾られてたので、
こちらでも再掲。ドン。

th_IMG_0360.jpg


え?そんなものは要らない???(苦笑)
はい、じゃ、普通のメニューに参りましょう。
結構写真掲載が多く、選び易いです。
西洋メニューも沢山あるけど、意外とベトナムローカル料理も上手にアレンジして
ビールのアテに仕上げてる様子。こりゃ面白い♪


th_IMG_0356.jpg th_IMG_0357.jpg


とりあえずビールを頼んでカンパーイヾ(@⌒ー⌒@)ノ


th_IMG_0361.jpg


ローカルビールも勿論あるけど、見かけない銘柄のものとかもあって面白かった♪
朝ご飯をホテルでいーーっぱい食べてお腹は減ってなかったので、おつまみだけ。
カエルの唐揚げ( ̄▽ ̄)


th_IMG_0367.jpg


家でも何度か食べてるくらい大好きなんだけど、考えたら外であんまり食べた
ことなかった。ってことで頼んでみたのだけど、こーれが美味しいの♪
カエルがってのもあったけど、唐揚げ粉とか揚げ方とかも大変◎。
ちょっと小骨があったけど、身もタップリで食べ易い♪

うん、これはとっても良いビールのアテ♪ 
ま、揚げ物は美味しく揚がってれば何でもビールに合うんだけど(笑)

昼間は流石に人はまばらだったけど、それでもサク飲みして行く人や
グループがボチボチあって、これはこれでいい感じ。ただ週末の夜は
やっぱりかなーりのにぎわいになるんだなーと思ったのが…


th_IMG_0377.jpg


えーっと、トイレに行ったら手洗い場の済みに、手荒いようでは無いシンクが。。。
サインボードを見ると、便器を抱えてガックリしている図…???

はい、スローアップ専用シンクでしたね(苦笑)
あれだけの人が店内に溢れてればトイレを使いたい人も相当数いるはずで、
ご存知の通り、飲み屋のトイレなんて酔っぱらって寝ちゃうひとなんかも
いるわけで、そうなると個室が中々空いてくれない。特に女性は個室1択なので
長い列に並んで自分の順番を待ちわびることもよくありますよね。

で、我慢できる状況ならばいいけれど。。。
気分が悪くなった時に、そんな制御ができるわけもなく。
また、逆にスローアップの為に長々と個室を占有するというのも非効率な話。
というわけで、これ。ある意味とても効率的(笑)

ま、日本でもクラブとかではよく見る光景では有りますが。。。
そんだけ酔っぱらいでにぎわうってことですね(^^;

酔っぱらい相手のお店だけ有って、ジョーク・サインがあっちこっちに
あったりするので、そう言うのを探してみるのも楽しいかもですね。
たとえばこんなのとか。↓


th_IMG_0370.jpg



日中なら軽い食事にも使えるし、夜は夜で適度にジャンク、適度に健全な
飲み場としても楽しめそうなこちらのお店。ブンタウにお越しの際、
賑やかに過ごしたいなー、美味しいビールが飲みたいなーと思う時があったら
思い出して下さいませ♪



Vuvuzela Beer Club
https://www.facebook.com/pages/Vuvuzela-Beer-Club-Vũng-Tàu/305448416308216




Hoa Mai 〜 ブンタウに気軽に行くなら

ブンタウ情報の際にご報告し忘れてましたが、今年に入ってから、
こんなサービスが始まったそうです。


th_IMG_0385_20150418103100afc.jpg


ホーチミン⇔ブンタウ間を走る乗り合いバスのVIPバージョン!

ブンタウと言うと高速船をまず思い浮かべる方もいらっしゃると思いますが、
毎週ブンタウに通ってるうちの旦那さん曰く、時間が拘束されるのがもったいない、と。
確かに日に数本という運行状況にこちらが合わせると、出発時間も切り上げる時間も
臨機応変に、とはいきません。

そこで我が家の旦那さんは路線バスと乗り合いバスを乗り継いで行き来することが
多い様子。路線バスは結構頻繁に走ってるし、乗り合いバスも人数がそろえば出発、
と言うシステムで、6〜7人程度の乗り合いバスならすぐに埋まって随時出発、
って感じなんですって。

で、その乗り合いバスの部分に、最近導入されたと言うのがVIPバージョン。
これまでの乗り合いバスも、そんなに酷いものではなかったように思いますが、
やっぱり座席が狭くて、身体の大きな方にはちょっと窮屈そうでした。
それが。。。

th_IMG_0382_20150418103057b7d.jpg

おおっ、ゆったりシート!!
新しいから奇麗だし、清潔感も十分です。
そして飲み物もついている。これは通常バージョンでも同じですが、席ごとに
ドリンクホルダーが着いてる所が豪華ですねっ( ・`ω・´)b(笑)

th_IMG_0383_2015041810305876c.jpg


私はブンタウ→ホーチミンの経路しか乗った事が無いのですが、
ブンタウでは事前予約し、その時にピックアップ場所を指定。
各ホテルや指定した場所(バス停とかない道端でも指定できるなら)
でピックアップして回って途中休息所を一カ所はさみ、ホーチミンの
ベンタン近くの所定バス停で降ろしてくれました。

料金は全員が揃った後、休息所で集金されます。
お一人さま片道160kドン。安い!!!千円しないのか!!(笑)
いや、通常バージョンの車だと半額…とまではいかないけど、その
4割引くらいだからこれでも高いと言えば高いのだけど。。。

高速道路等の事情が良くなり、順調ならかかる時間は90分くらいの
道のりですからね。それにあれこれ乗り継いだりの手間を考えると、
これはお安い♪

ただホーチミン→ブンタウ方向で乗った事が無いので、ピックアップの際、
ホテル等に来てくれるのか、ブンタウではホーチミン到着時のように
一カ所にしか下ろしてもらえないのかなどはちょっと不明(^^;

且つホームページや電話対応がベトナム語なので、ホテルのフロントの方とか
ローカルのお友達に頼らないといけないのが玉にきず。←いや勉強しろよ
なのでちょっと未確認事項も多いのですが、かなーり快適だったし、
これがあればお友達と誘い合わせてブンタウまで♪みたいなのも気軽に
なるかなーと思ってご報告♪


今度私もローカルの方に詳しく情報聞いてもらうので、何か分かったら、
またご報告しますねー♪



HOA MAI VUNG TAU
http://hoamaivungtau.com.vn





にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Kim Anh 〜 ブンタウ Imperial Hotel 裏の貝通り!

さて、これまた恒例。
ってか、ワンパターンと言ってもよいかもしれませんが(笑)
お気に入りのホテル、Imperial Hotel の裏手にある海鮮通り。
この日は土曜日の、まだそんなに遅くない時間だったので、まー凄い人!


th_IMG_0302.jpg th_IMG_0305.jpg


アーケードがあるので全転校型。だから安心して来れると言うこともあると
思うんですが、両脇には貝料理屋さんが食材と座席並べてワイワイしてて、
人が通れるのは1mも無いくらいの幅なのに。。。

th_IMG_0303.jpg th_IMG_0304.jpg


バイクがバンバン通ります(苦笑)
向こうとこっちからバイクが行き交い、かち合ったら立ち往生して、
そこに居合わせた人はツイスターゲームみたいなことしながらなんとか進みます(笑)
ってか、食べてる横で排ガスバンバンだから、あんまり環境(--)/とは言えませんねー。
気にしないけど(笑)

今回は時間が早かったからか、まだお魚もいっぱいあります♪
前は遅すぎて貝しか残ってなかったからなー。

th_IMG_0308.jpg


で、たっくさんのお店が並んでるわけですが、この日はローカルのお友達が一緒
だったので、彼女に任せたらこちらのお店に連れて来てくれました。

th_IMG_0322.jpg



前回は言葉が全く通じなかったので、お店任せにしてたら殆ど全種類が同じ味付けに
なってしまいましたが(笑)、今回は色々食べるぞーっと♪
といっても、そのローカルのお友達も英語も日本語も殆どできないから
大して変わらないのですが(笑)、日頃からお料理を選んでくれる時は
バリエーションやバランスを考えてくれるタイプなので、なんとか片言で
リクエストしたら通訳してくれた(*´艸`*)

とりあえず注文すると、海鮮料理を食べる際の三種の神器が。
青唐辛子のソースとスイートチリ、ライム塩。
まぁ大抵の料理はこういうプラスαがなくても美味しくし上げられて来るから
殆ど使わないんだけど、風味ががらっと変わるから、チョイチョイ使うのは
楽しいんよね♪


th_IMG_0313_20150405025623b82.jpg


まずは巻貝のタマリンドソース!
これ、ココナツで煮たやつもすきだけど、甘酸っぱいタマリンドソースと
貝の組み合わせ、たまらんのよね!

th_IMG_0312_20150405025622ca7.jpg


で、次がハマグリのレモングラス蒸し。
これがさーっ、ホーチミン市内で食べると、貝なのに何でこんなに味が…
良く言えば奇麗、悪く言えば味気ないの?って思う事が多いのですが、
ここのはガッツリ貝の味!!例えるなら濃厚なシジミ汁。もしくはアサリを
タップリ入れた潮汁。でもそこにレモングラスがタップリ使われてるから
とても爽やか。


th_IMG_0316.jpg th_IMG_0319_20150405025927be4.jpg

しかも見て見てっ。身がぷっくりでしょ?!
貝の口が開いた所で、火を入れ過ぎない様、すぐに下ろしたんでしょうなー。
肉汁湛えてプックリと膨らんではじけんばかりになってるハマグリ。
これはエロいっ。


んで、スープにもすっごい濃い出汁が出てるのに、貝自体もすっごい滋味に
溢れてて、めっちゃくちゃ美味しい。スープ掬うスプーンが止まらんwww

鯖はチリソースでマリネした後に丸ごと炭火焼。
もちろん腹とかは奇麗に出してくれていて、焦げ過ぎない様、アルミホイルで
お布団被せて焼いてくれてた。もちろん脂はそんなに乗ってないけど、焼き方が
上手なので充分シットリ。味は濃厚。それに爽やかな唐辛子の風味がさらっと
聞いててとっても美味しい♪ あ、辛さはそんなに強くないです。


次はth_IMG_0314_20150405025625cb5.jpg th_IMG_0315_20150405025626c6a.jpg


茄子も丸焼き!
炭火の焼き茄子、超贅沢!
ちょっとだけ、甘い唐辛子入りのニョクマムがかかってたけど、その上から
タップリのネギを炒めた油をネギごとかけてる。これ、家でもできそう!!
ってか、美味しい!!!

ベトナムの茄子が火を入れるとトロットロになって美味しいのは知ってたけど、
やっぱり炭火だとまた格別やねーっ。あっという間に無くなったわよ(笑)

ちょっとご飯ものもほしいねーってことで、我が家の大好物のガーリックチャーハンを。
そしたら偉い量がどーんと出てきた。。。(苦笑)


th_IMG_0321.jpg


三人でこの量、どないすんねーん!と思ったけど、あれれれれ?
なんかこの米…めっちゃ軽い!!!
コムタムだってのもあって、米粒も小さかったり丸かったり。
で、なんとうか。。。サラッサラしてる。

お弁当屋さんで買うローカルのお米も日本米に比べるとポロポロはしてるけど
更にサラサラ。で、粒が細かいから、なんか食べてる感覚がクスクスとか
稗とか粟とかを食べてるみたい(笑)

これ、決してけなしてるわけじゃないです。
この粘り気の無いサラサラした感じが心地良く、喉をスルスル下りて行く。
プラス、先ほどのハマグリのスープをかけて頂いたりすると、なんかとても
上等なお茶漬けを頂いているかのよう(笑)

お米自体は、日本人には一般に「おいしくない」とされるものかもしれませんが、
使い様ですよねー。チャーハンにはそもそも適しているテクスチャーだし、
あんかけチャーハンじゃないけれど、水分を他の料理などから足す事で食べ易くなるし
むしろそうする為には粘り気があるお米だったらクドいわ重いわで適さないので
こっちのお米の方が良い、とすら思える調理法。
適材適所で使ってあげると、どれもが魅力を発揮できると言うことですなぁ♪

あっ、そうそう。
岩牡蠣も食べましてん。
こっちの岩牡蠣、殻は立派で中身はそんなに大きくないってのが定番かと
思ってたんだけど、これまでの当たりが悪かっただけのようですなwww
ここのはみっしり!!!

th_IMG_0323_20150405031616847.jpg


ま、時期もあるとは思うんですが、まーでっかい!
これまで食べた事がある牡蠣の最大級では無かろうか???
どーん!


th_IMG_0324.jpg


しかもこれ、ひと口じゃとても無理だから、と、半分ほどに齧り付いたら、
中がウニュウニュするわけでもなく、プリッ!と噛み切れた上に、
シャックリとした歯形が残った。。。

th_IMG_0326.jpg

すんません、お口の中に牡蠣を目一杯頬張って興奮してたんで、↑の写真、
ぶれぶれやね(苦笑)。 しっかし、お前はほんとに牡蠣か?と言う程身が
しっかりしていて、ジューシーなのに、噛み口から肉汁を一滴もこぼす事無く
ぷりんっぷりんっ♪としたまんま。なんぞこれ(^^;


お味は濃厚だけど、多分に漏れずアクが少なく、私、他に料理頼んでなかったら、
この牡蠣、半ダースくらい食べたかったかもしれない。。。(やめなさいって…)

前回のお店も美味しかったですが、そっちは味付けの指定をし損ねたので
真価を問えなかったんですよね。とりあえずこちらのお店の味付けは、
どれもぴしゃりぴしゃりと焦点が合っててメッチャ私好みでした♡


まぁ自然のものだから時期もあろうし、忙しかったからちょっと料理が出て来る
のが遅かったとか、ビール注文しても中々出て来なかったとか言うのはあるけど、
そこは南国の夜店のこと。のんびり構えていかなきゃね。

ってか。。。。
これだけ食べて、いくらだったと思います?
勿論ビールも飲んだし、お腹いっぱいで少し残してしまう程の量だったのですが。。。


なんと420kドン。
2500円してないくらい。
単純に頭割りしたら、1人800円くらいやで。
安いー!!!!(笑)
そりゃ若い人達が押し寄せてくるわなー(笑)

いや、やっぱりここの通りは外せませんなっ。
美味しいし面白い♪
ほぼ貝料理だけで腹一杯って、貝好きな私には最高の幸せっ♡
貝は用心して食べないと言う方も多いので、誰でもお誘いできないのが
残念だけど、大勢でここ来れたら楽しいだろうなー♪



Kim Anh
Imperial Hotel 入り口に向かって左手のImperial Plazaという
ショッピングセンターの道を入って行き、数十mでT時路に突き当たるので右折。
ちょっと歩くとすぐに左手に煌々と明かりのともった通りがあるのですぐに
わかります♪



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Vung Tau の 海鮮屋台♪

さて、夕方プールでひと泳ぎして、ひと眠り。
で、軽く食べてたこともあって、晩ご飯はスキップしてたのですが。。。
夜中になると、土曜日ということもあってか、どこからとも無く、
ブンチャカブンチャカ賑やかな音が。。。(^^;

クラブでも近くにあるのかな?と思って窓を開けてみると、インペリアルホテルの
裏手側に、何やら明るく光る場所がある。一つはクラブと思しき建物で、
もう一つはアーケードが長く続く。。。市場みたいなとこ???

「気になるから行ってみよう!」

と家人が言うので、のこのこ後ろを着いて行ったら。。。

th_IMG_8982.jpg th_IMG_8985.jpg

おー!!!屋台だ屋台だ!!
上(部屋)から見たときは素っ気なかったので、業者向けの卸市場か何かかな?
と思ったのだけど、食べ物屋さんの屋台がズラリ! そしてほとんどが貝料理!!
どのお店も店先に新鮮な貝を並べて、その場で調理してくれるスタイル♪

         th_IMG_8984.jpg
th_IMG_8988.jpg th_IMG_8989.jpg

相変わらず、すごい種類だな(^^;
ベトナムの貝料理って、ほんと豊かだよなー。
で、端から端まで歩いてどのくらい?100mくらい?もうちょっと?
こういう感覚が鈍くてほんと、困ります(^^;

ま、すぐに歩けてしまうくらいの距離ですよ。
で、アーケードがあるので前天候型。観光客を意識してって部分もあるのでしょうが、
週末の夜だけあって、地元のお客さん達も結構来てた。で、結構酔ってた(笑)
みんな賑やかで楽しそう♪

で、何件も似たお店があって、どこも客引きに余念がないのですが、
ベトナムでのこういうときの鉄則は、

『客が入ってる店を選ぶ』


th_IMG_8994.jpg


ってことで、こちらのお店に♪
看板にある、Co Thy というのは、こちらにおらっしゃったおばさまの名前らしく、
英語は殆ど喋れない感じだったけど、通りすがりにチラッと覗くと、すかさず
魚のエラを捲って「ほら!新鮮でしょ!」とアピールして来たり、貝をつついて、
ぴきゃ!っと殻が閉じる所を見せては「生きてるのよ、これ!」と誇らしげ。

こういうとこが、ベトナム、いいなって思うんだよねー。
まず何をどうしたら新鮮さをアピールできるかということを知ってて、それは即ち、
見る側も心得てるってわけで、底が既に食水準の高さを伺わせる。そして良い商品は
自信を持って誇らしげにアピールする。分かる人はそれで分かる。分からん人は、
スカ掴まされてもわからんまんまに鴨になる。消費者として燃えるじゃないか(笑)

で、今回はまず、ホタテ貝と赤貝を所望。

th_IMG_8991.jpg th_IMG_8990.jpg

ホタテは小振りだけど赤貝は大振り。
調理法は、よーわからんかったんで、お任せで♪

th_IMG_8997.jpg th_IMG_8998.jpg

お…同じ調理法だった(笑)
でも! 貝の種類が違うと、味も歴然と違うので、これはこれで美味しかった!
なにより貝が新鮮で、いつも思うけど味が奇麗!! といって、アッサリし過ぎて
物足りない、というわけじゃなく、それぞれの個性がシッカリある味。
うめーな、おい。

写真撮りそこねたけど、キンキンに冷えたビールも出て来てご満悦(*´艸`*)
家人と1本ずつ飲んだけど、あっという間に無くなったので、すぐに補充。
氷無くてもキンキンに冷えてるビールが、こんな屋台で出て来るとは思わなかった。

で、調子に乗って、貝、もう一品注文(笑)
今度は大きめのムール貝みたいなやつで、でも殻の色は白いやつ。
日本ではあんまり見たことないかな? これがちょっと牡蠣のような後口で、
でも全体の口当たりは口説くなく、またもや美味。調理法は同じだったけどw

th_IMG_9003.jpg


ちゃんとリクエストすれば他の味付けもやってくれるんだろうか?
ちょっと次回までの宿題だな。

ちなみにこの貝は、看板の写真にある So という種類の物らしく、
同じ二枚貝ではあるけれど、ハマグリを意味する Ghe とは区別がされてるみたい。
日本の魚の名前もそうだけど、魚貝素材を細分化して呼び分けてるとこにも、
食文化の高さを感じるよねー。

国によっては、これ、美味しいね!なんて魚?と聞いても、帰ってくるのは、
『大きい魚♪』だったりするしね…。いやそうじゃなくて、もっと詳しく。。。と
追求すると、『大きくて赤い魚!』とか返ってくるし。。。
うん、間違っては無いんだけどね。。。(ーー)

にしても、このアーケードの中をバイクが通るってのは普通で、車が通るってのは
どうなんだ(笑) さすがアジア(笑) こういうのも、異国情緒っていうんですかねw

th_IMG_9002.jpg


帰る頃にはもう、夜中の1時を回ってて、大混雑、というほどではなかったけど、
まだまだお客さんいたし、タクシーでワザワザ乗り付けてる人たちもいたんで、
結構有名な屋台なのかも。ブンタウに夜まで居たこと無かったから知らなかった♪

このアーケードの一本となりにも、もう閉じてしまった屋台がいくつも並んでたから、
晩御飯時とかは、もっと賑やかなのかもねー。ブンタウって、詳しく載ってるガイド
ブックも少ないし、詳細情報となると尚更のこと少ないので、全く予備知識無しに来たけど、
この屋台はかなりの収穫♪

あ、ちなみにビール三本、タップリの貝料理3品で200kドン…
千円でした(^^;  

相方さんが料理の名前とか書いてもらって、各価格を手書き
したレシート的な物の写真を撮ってたんだけど、納得以上のお得価格。
観光地とはいえ、ホーチミンとは、全然物価が違うなー(^^;

あ、これ、目印になるかどうか分かりませんが、通りの名前。
有名そうなとこなので、タクシーの運ちゃんとかに見せたら分かってくれるかな?
通りの名前、というよりは、この辺の施設案内みたいな感じだけど(^^;

th_IMG_9005.jpg th_IMG_9006.jpg

インペリアルホテルの真裏です。
建物の正面に向かって左右に路地があるので、そのどっちから行っても建物
裏っかわに出られて、中心部に歩いてるとすぐわかります。何時くらいから
開いてるのかは不明で申し訳ないんだけど、多分夕方もやってるんじゃないかなー。
この日に開いてたのは、長時間営業してたお店だけで、他にもクローズしてる店舗が
沢山あったから。

いいよ、ブンタウ。
ホテルも素敵な所があるし、魚貝も安くてとても美味しい♪
海遊びも出来るし、ホーチミンからも1泊2日、週末だけで十分楽しめる♪
って、まだちぇりも初心者ですが(笑)、また行って開拓したいと思いますー♪

あ,行き方帰り方は今回、おたおたしちゃって詳しい映像とか撮れなかったので、また次回。
早急に知りたい場合は、個別お問い合わせ下さい。家人に確認してからご報告します♪


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪


Vung Tau のThe Imperial Hotel のプール!

さて、The Imperial Hotel の続き。
こちらのホテル、スタッフさんも素晴らしければ、ロビーからお部屋までの
何もかもがシック&ゴージャスで、とても素敵だったのですが、イチオシはプール!!

まず、今回のお部屋はビーチ側ではなかったのですが、このプールが見えます。

th_IMG_8924.jpg


わお!!
数パートに分かれたプールが、庭園のようなスペースに配置されてて、とっても素敵♪

がっ。
このホテルのプールは、ここだけではないのです。

th_IMG_8943.jpg


2階から延びる歩道橋を渡り、片側3車線の道路を渡って海岸沿いに行くと。。。


th_IMG_8944.jpg

ビーチ沿いに、更に別のプールが登場!!!!
うっわー、贅沢!!!(笑)

海は苦手だったり、お子様連れだと、ちょっと怖がったりすることもありますよね。
でもプールだったら入り易い。でも海を見ながらで気分は上々。なんて素敵!!

th_IMG_8948.jpg

も、こんな写真見ると、どこだよここ…って思ってしまう(笑)
夕暮れ時でライトアップされた感じも、また素敵。
この日は日焼けを危惧して4時くらいから入ったもんで、ちょっと寒かったけど(笑)
クリーンでゴージャスで、めちゃくちゃ素敵なプールやった!!

th_IMG_8953.jpg th_IMG_8967.jpg

プールサイドにはレストランがあって、ビーチ沿いでもあるので、言うたら
海の家みたいなもんなんだけど、そこは五つ星。ひじょーにクリーンで優雅な感じ♪

th_IMG_8955.jpg

でもお値段はお手頃で、ちょっと小腹を満たすにはいい感じ♪

        th_IMG_8964.jpg
th_IMG_8961.jpg th_IMG_8966.jpg

ベトナム料理中心で、その時他にお客が全く入ってなかったので、正直、
お味に関しては期待してなかったのだけど。。。いや、美味しかったです(笑)
まぁ、それなりの場所のベトナム料理で大きく外したことはホーチミン市内でも
なかったのだけど、なんせ海の家くらいにしか認識してなかったので(失礼なっw)

あと、写真には収めてないけど、プールサイドには、ソファを置いた、ゆったりとした
お部屋がいくつも用意されてて、プール側はガラス壁。いつでもプールにウォークイン
出来、でも日差しは避けられ、小さなお子様連れのご家族なんかには、子供さんを
ケアするにもいいですね。有料だったけど、空いてればその場で抑えることも可能らしい。
価格はちょっと張るっぽかったけれども、いい設備ですな♪

併設されてるショッピングセンターは、旅人が買うのか?って物もあったけど、
ホーチミン市内で売られてるものとは、ちょーっとセンスが違う感じで(とか言ったら
ホーチミンに失礼かもですが)結構興味引かれるものも。結局翌日、水着と旅行鞄
買ったし、お値段も程々で中々楽しめました♪

あ、本日のオマケネタ。
プールにあるトイレ&更衣室の男性女性のインディケーション。
男性のを撮り忘れたけど。。。

th_IMG_8946.jpg


めっちゃトイレ行きたそうや(笑)
遊んでるなー、デザイナーさん(笑)

そして帰ってからは、またあのゴージャス空間。

th_IMG_8972.jpg

うーん、やっぱりお宿タイムがとても心地いい♪
ってことで、水遊びもゴージャスに。お部屋に帰ってもゴージャスに♪
どこにいても、女性陣はウヒャウヒャ状態(笑)
やっぱいいわ、このお宿ー♪

明日はこちらの朝食情報♪
これがまた、もう(*´艸`*)


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Vung Tau のホテル、The Imperial Hotel

さて今回のブンタウは、一泊旅行。

th_IMG_8899.jpg


相方さんがいつも使ってるサーフショップから程内とお頃にお宿を取ってくれた、
と、言っていたので、海岸沿いのフランクなホテルかと思ってたら。。。

th_IMG_8969.jpg


ちょっとっ、なんかゴージャスなんですけど!!!!
聞けばここ変では別格なホテルで、五つ星!!わお!!!
でも、シンガポールや香港、日本などでの五つ星とは違って、お値段はリーズナブル、
とのこと。いやそれでも大丈夫か、こんなホテル。。。と、ビビるちぇり僧、小心者(^^;

         th_IMG_8903.jpg
th_IMG_8907.jpg th_IMG_8910.jpg

ロビーに入ると、全体的にビクトリア調って言うんですかね。
クラシカルなゴージャス感。

ぶっちゃけ、壁にかけてある西洋画は、おそらくベトナムアーティストさん達による
模写で、その辺はちょっと片目瞑って頂きたいですが(笑)、それでも全体的な統一感を
出す為のアイテムと思えば許容範囲で、同行の友人とちぇりの二人はテンションMAX。
壁紙一つ、サラッとあちこちに置かれてるソファにしてもいい感じ♪

th_IMG_8915.jpg th_IMG_8932.jpg

エレベーターのランプはアンティーク調で、部屋までの廊下もゴージャス感満載。

th_IMG_8916.jpg th_IMG_8917.jpg

お部屋に着いたら着いたで、統一感溢れるアンティーク調の調度品。

         th_IMG_8920.jpg
th_IMG_8921.jpg th_IMG_8922.jpg

このゴミ箱なんか、アンヨあるから、絶対夜中に歩き回ってるよねっ。

th_IMG_8929.jpg


お部屋やベッドも広々で、ウェルカムフルーツも当然のように。
ただ、年季が入ってる建物のせいか、通路で騒ぐ客が居た場合は、ちょっと
音が気になることも。逆に言うと、あんまりお部屋で大騒ぎはできないってこと
ですが、そこは大人だから、そもそもそんなことしない。…はず。

th_IMG_8918.jpg th_IMG_8927.jpg

で、こんなにチャーミングな調度でまとめあげられてしまうと、慣れない人には
窮屈に感じられるんじゃないか、なんて印象をお持ちかもしれませんけど、
こちらのホテル、素敵だなって思ったのが。。。。

th_IMG_9008.jpg th_IMG_9007.jpg

ちょっと写真暗くてみづらいですが、「お掃除してください」「邪魔しないで!」の
サインボードが、女性のお掃除している図、と、男性が口に指を当てて「シー!!!!」
って言ってるイラストになってる(笑) 

実は他の箇所にも見受けられたのだけど、アメリカンなイラストを使って、
ちょっとユーモラスなサインボードがあちこちに。なんか可愛い♪

こういうのって、そんなに高額な経費がかかる物でもないかと思うのですが、
アイデアですよね。ちょっとした所でクスっとさせるチャーミングさ。
それを、重厚、とまでは言わないけれども、落ち着いた調度で統一した中で
光らせる絶妙なセンス。こういう感覚、好きだわー♪

というわけで、チェックインのロビーからお部屋に入っただけで
妙齢…というより、妙な年になってるにも関わらず、女二人が大はしゃぎ♪

以前は、旅先のホテルは寝に帰る為だけの物、って位置づけだったけど、
こういうお部屋だと、お部屋で過ごす時間も旅の醍醐味になってしまう♪
ご家族連れも多かったですが、ご夫婦、カップルさんにもオススメ。
数人のスタッフさんとお話ししたけど、どなたも奇麗な英語を喋られ、且つ、
丁寧でスマートな対応をしてくれたのも印象的。

次回は、このホテルのもっと素敵な所をご紹介。
ブンタウで、こんな楽しみ方ができるんだなー♪


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Vung Tau の 海鮮料理♪

家人が週一でサーフィンをしに出かけているブンタウ。
ちぇりは数回行っただけでスルーしていたのですが。。。

先週末に行った際は収穫続々♪
現在は、ホーチミンからブンタウまでの高速船が出ておらず、車かバス移動に
なるのですが、車で2時間かからないくらい、バスは乗り継いで3時間半くらい?
交通事情によるので一概には言えませんが、ザックリそのくらい。

船が出てると楽なんですが、何でも最近船上火災?というか、丸ごと焼けたとの
話もアリ、それ以降、他の船も自粛している状態の様子。エンジントラブルでも
あったんかいな。。。

ともあれ、手段はなんでもブンタウに行かれたら、是非このエリアに行ってほしい!!

th_IMG_9064.jpg


わー…我ながらザックリ(^^;
でも、ザックリ上写真で赤ピンが立ってる所当たりに行くと、ずらーーーーー!っと
海鮮料理のお店が並んでます。どこも食材を生け簀や、たらいの水に入れて行きたまま
陳列しており、それを選んで調理してもらうという方法。

ただし、英語は殆ど通じないので、調理法はお任せになることが多し(^^;
でもま、下手なことはしませんよ。とりあえず今まで数回行って、外れた
ことはありません。どーしても食べたい調理法があるなら、その名前を前もって
メモっていくか、写真を用意するなどすればなんとかなりそう。

で、数あるお店の中でも、いつも一番賑わってるのがこちら。

th_IMG_8889.jpg th_IMG_8890.jpg

フェリー乗り場方面から行くと、ずらっと並ぶお店群の中程よりちょっと先、
左手(海側)にあるのですが、右手に同店の食材店、左手のお店は、ちょっと
階段を降りて行く形になってて、とにかく人がワンワンと騒いでいるので
すぐに分かると思います。他のお店は結構閑散。ベトナムでの飲食店選びの
鉄則は、「人が居る所を狙え」ですが、こちらも多分に漏れずの結果。

食材はこんな感じで。

th_IMG_8853.jpg th_IMG_8854.jpg

混雑時は客も群がり、店員さんもゆとりがないので、積極的に攻め込んでいきましょう。
ベトナム語も分からず英語も通じないので、今回はガンガン日本語で攻めてみましたよと(笑)

毎回食べてる牡蠣も注文。
ここの牡蠣は生でも提供してもらえる上に、奇麗な味わいで美味しいのですが、
そこはあくまで自己責任で。今回は旅行者同伴だったのでBBQでとお願いすると、
こんなのが出てきましたよ、っと♪

th_IMG_8864.jpg

程よく7割ほど火を入れた牡蠣に、塩とネギとフライドオニオン。
すごいよなー…どローカルな飾り気の無い店でこれだよ。
場合に寄ってはチーズとペッパーできたりするからな。
どんだけ料理基準の底が高いのか。。。

特に今回は時期が良かったのか、いつもは薄めの身もぷっくりとしており、
非常にジューシー、且つ、雑味が無くて、甘みと旨味が加熱により凝縮されてて
ぷるっとした身を口に含んだとたん、舌の上でとろける感じ♪ 更にそこに
サリサリサクサクと香ばしいフライドオニオン。高級料理店で出されても、
何ら遜色無い一品♪

赤貝もおいしかったなー。
こちらは炒められてて、エシャロットとニンニクをジックリ炒めたものが
タップリかかってた。赤貝の、火を通しても潤ったトゥルリとした身と、
コリコリした食感のコントラスト。そこに薬味の香ばしさ。

th_IMG_8867.jpg

これ、延々食べれる(笑)
南国の貝って、最初はどんなに雑雑した味だろう?って思ってたけど、
ほんと、奇麗な物が多いんだよなー。それでいて旨味も充実しているし。
貝の種類も凄まじく多いし、調理法もそれぞれあるし、貝料理はベトナム料理の
代表的なジャンルとしてもっと知られるべきっ。

で、今回のメインは。。。

th_IMG_8858.jpg

シャコ!!!
でかい!!!
30cmくらいある!!!(笑)

前回来たときは時期じゃなかったのか、もっと小さいのしか居なかったのだけど、
そして一度は大きめのシャコを食べたことがあったけど、今回のはこれまで最大級!
水桶の中をスー…っと泳いでる姿見たら、さすがのちぇりも、ちょっと引いた(^^;
こんなの、海の中で遭遇したら、ちょっとしたパニックになるよなぁ。。。(苦笑)

th_IMG_8859.jpg th_IMG_8860.jpg

調理後は一度テーブルの上に持って来てくれて、写真タイムをくれた後、
(心得ていらっしゃるw)はさみで両端のトゲトゲを切り裂き、殻を
剥き易くしてくれます。というか、カパッとハズレる。で、中には。。。

ブリンブリンの弾力の身!!!
これがまた大きいから大味かというと、そんなことはぜんぜんないどころか、
むしろ、こんな濃い味のシャコ食ったことねえ!!というか、これ、ロブスター種にも
負けない旨味があるんじゃないか。。。


えーっと、日本で食べるシャコとは別物です。
縮尺比を考えなければそっくりですが、こんな力強い味のシャコ、食べたこと無い!!
多分食べ方には、ライム塩をつけたりチリソースつけたりとかあるんだろうけど、
これはBBQか塩ゆででそのままいきたい!!!!

デカイから、頭部までしっかり身が詰まっているし、カニのように爪部分も
しっかり食べれる。バルタン星人と戦ってる感は否めませんが、ぜひ、
完食して、勝利して頂きたい!

th_IMG_8866.jpg

やっぱ見た目はちょっとエグイけど(^^;

ちなみにこの日のお会計。
二人ともあまりお腹が減っていなかったので、シャコは一匹。
あと貝2品、ソフトドリンク2杯で300k=1500円!!!!
内、シャコが200k=1000円(笑)
貝料理二品とドリンクで500円。。。(笑)
なんだ、その価格配分。。。(笑)

メニューには麺ものやらその他の魚の揚げ物、蒸し物、鍋類などもあり、
基本的にはすこぶるお安い設定のようです。

th_IMG_8871.jpg th_IMG_8870.jpg
th_IMG_8869.jpg th_IMG_8868.jpg


ただし、巨大なシャコやカニ、エビなどの食材はちょっとお値段が張る様子。
といっても、日本で食べることを考えたら、得難いラインの価格だし、
そもそもホーチミン市内でも、このレベルのコスパを求めるのは難しいと思います。

ブンタウならではの、リーズナブルな海鮮料理♪
言葉の壁と、大忙しの店員さんの雑な感じは否めませんが(笑)
うまいもんのためですもの、ここは気合いで食材選抜、調理注文。
あとは、モッハイバーYO!!の勢いで楽しんじゃって下さいませ♪

th_IMG_8885.jpg

ちなみに、似た名前の看板が周囲に一杯挙ってます。
写真と、客の多さを頼りに探し当てて下さいませ。
真向かいの食材売り場にも、同じ看板を掲げてます。


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Thanh Phat ~ Vung Tau のシーフード

さて、ブンタウでの昼御飯です♪
シーフードが有名なので、それを目指してローカルな食事処へGO♪
数十メートルの両側には、ひたすらシーフード料理のお店が並んでるのですが、
先日書いたように、その客数は明暗くっきり。
そしてこの客の数が、味に直結していることが多いってのはベトナムの鉄則…
らしいです(笑)

実際、似た店が隣同士で並んでるのに、片方には人っ子一人入っていない、
なんてことが結構あって、やはり初めて入る人間としては、ついつい人が
多い方に惹かれますわなぁ。まぁ、どこも結構レベルが高くて、どんな店でも、
今までそんなに鬼外れたことはないのですが、あえてわざわざ人気のなさそうな
お店に入るってことをしなくてもいいかなぁ、って気になり、そのお店の閑古鳥は
ますます高らかになくようになるという悪循環。。(^^;

実際に、客の入ってる店と入ってない店を食べ比べた経験があるわけじゃないし、
時間帯によっても状況は変わるかもしれないので、一概には言えないけれど、
このブンタウのシーフード街でも、思いっきり格差があった(^^;

しかもまた、流行ってるお店の収容客数が半端無く多くって、混んでて入れそうに
無いから別の店で済ませるか…という選択肢も生まれないので、結局その
賑やかな店に客が更に入るという顧客増強スパイラル。

ああ…これ人生でも感じること、ありますねぇ。。。
ツイてる人は、とことんツイてる。
よく、小さなラッキーがあると、そんなことで運を使ってもったいない、
とか言う人いるけど、そこれこそが、ツイていない人の発想で、ツイてる人は、
良い事があったときに、素直に喜ぶと思うのよね。

ビジネス手腕や、もちろんお店の実力が物を言ってる部分もあるだろうけど、
こちらのお店には、人を呼び込む何かがあるなろうなぁ、ってことで、
ちぇり達も迷いなくこちらのお店に入店。

いやぁ、店内は活気がある!!!
大抵は4~10人くらいの大人数で、いかにも週末ちょこっと観光にやってきました、
な、でも、ベトナムの方が多かったかな? 

$☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

メニューも一応英語があったけど、魚介類の名前だからねぇ。
なじみのない単語が並んでいたもんで、ほとんどあいちゃんにお任せ状態。

☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り ☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

まずは…
生ガキ~!!!

食べてみたい食べてみたいと思いつつ、海鮮料理自体、食べに行く機会が
なかなかないので、滞在二か月経っても未だに食べてなかった!!!
あいちゃんも好きみたいで、「生がおいしいですよねー♪」って言ってた♪
うんうん、美味しいねー♪

☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り ☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

まぁ、産地に寄ったり時期にもよるので、一概には言えませんけど、
今回頂いた牡蠣は、日本で食べる際、腹の部分、というか、綿に当たる、
ぷっくりとした部分、ここに水分やら独特の旨味が詰まってたりするのだけど、
そこがスッキリとない感じで、全体にクリュクリュとした良い歯ごたえのある、
いかにも『貝』的な口当たり。

それでいて、牡蠣の味わいはしっかりあって、嫌味な感じのクセがない。
温かい海で育ったものだから、もうちょっと雑味というか、クセがあることを
予想していたのだけど、思いの外きれいな味だし、歯ごたえもいいし、
これは美味しい!!  ちぇりの大好きなライム塩で頂きました♪
お次は…?

☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り


これなんやと思います?
シャコです、シャコ!!!(笑)
でかーーーーい!!!(>▽<)

シャコって好きなんだけど、日本のものはせいぜい18㎝くらいで、
殻を剥くと身は貧相なことも多い。。。もちろん旬のものは身も太いし
卵を抱えてることもあって美味しいんだけど、剥く労力に対しての
見返りが少ない。。。ので、勢い、食べる回数が減っちゃうのですが。。。


でかい。。。
こっちのシャコは、30㎝くらいの大きさがあります。
お口いっぱいにほおばっても、まだまだ食べきることができませんっ!
リアルにバルタン星人成敗しているみたやーっ(>▽<)

実はこれはどーーーしても食べたかったので、席に着く前、店内を歩いてる際
殻に鋏を入れてる場面に遭遇したところをパチリ☆
オーダー取りに来た方にこの写真を見せて、どーーーしても
これが食べたいと積極的にオーダーしたのでした(笑)

$☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り


名前覚えとかないとなー。
これ、確かにエビの仲間なんだろうけど、シュリンプって、他の海老と
混同するような呼ばれ方してるから、しっかり区別つけとかないと
食べ損ねるわっ。

その後も、ハマグリのスパイシー炒めやウツボのカレー炒め、
ガーリックライスなどを頼んだけれど、大変美味しゅうございました♪

$☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り


シンプルな料理が多かったので、ぶっちゃけ、素材が良ければ他のお店も
美味しいのかもしれませんけど、まぁ賑やかに、どんちゃかやってるお店で、
海を見ながら活気に包まれいただくっての、正解だったと思います♪


$☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

他にも、波打ち際で遊んでみたり、そこでアオリイカの子供が打ち上げられてるのを
発見したり、なんか面妖な生き物が打ち上げられてるのを発見したり…???(笑)

            ☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り
☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り ☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

食事の後は、またタクシーで移動して、パラダイスリゾートというホテルに行き、
海岸沿いに並べられたデキチェアーに寝転がって、のーんびり♪


☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り ☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

ここに入るには一人5万ドン(=200円くらい?)いるのですが、海の家みたいな
もんで、他に飲み物などをオーダーする必要もなく、プライベートビーチを
一日満喫できるシステム♪ シーズンオフだったからか、ちょっと閑散としてましたけど、
賑やかな時には、日本の海の家みたいに食べ物屋さんがあったり、ドリンクを
提供してくれるカウンターとかも、もっとオープンにあるんだろうなぁ♪
(この日もあるにはあったのですが、かなり控えめでしたw)

☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り ☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

$☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

そうそう、帰りにフェリー乗り場で買ったのですが(ブンタウのターミナル)
このエビのヌクマム漬けみたいなのが、めっちゃおいしい!!
名前エビを調味料に着けてあるみたいで、まぁ、ベトナム風の塩辛というか
酒のつまみというか…白ワインにも、日本種や焼酎にも合いそうな感じ♪
これはいいっ♪ どうやらスーパーにも他社メーカのはあるらしいから、
色々探してみなくっちゃ♪

これなら料理にしなくても、ちょっと手軽につまめるから、相方さんが食べ
られなくても、手軽に家でエビさんを食べられる~♪

というわけで、実り多かったブンタウ旅行、派手なアトラクションや
子供受けする施設はないけど、景色や海を楽しんで、美味しいごはんを
食べてのんびり楽しむ旅。もしホーチミンに長く滞在する機会があるなら、
おススメなスポットでした♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
sidetitleプロフィールsidetitle

ちぇり

Author:ちぇり
FC2ブログへようこそ!

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleブログ村PVランキングsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
アップグレード 追加 作成済み/作成可能プロファイル数:0/1 キーワードをご入力ください ご指定の条件に該当するデータがありません * 他のユーザーから閲覧もしくは管理権限を与えられたプロファイル ユーザーガイダンス 解析コードの実装方法 Google Tag Manger 1.下記の解析コードをコピーして、解析を行いたい全てのページの から
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
の間に貼付けてください。 解析コードのコピー 2.解析コードが実装されたウェブサイトを開いてください。 3.解析コードが正しく実装されたか確認してください。 チェック 閉じる
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。