スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SAKAI 〜 特バッテラ!!

***** 2017 Mar. *****

わたし、こちらはランチで使う事が多かったんです。
滅多に行かない日本料理屋さんではありますが、特に寿司やら
お出汁がもの言うおいしいお味噌汁とか茶碗蒸しとかなどの
ティピカル和食セットが食べたい時はこちら。同価格帯で
見た時に、個人的には一番コスパが良いと思うので。

そんなこちらで、カウンターのみを先日初めてしてみましたよっと♪
ってか、もうご飯も食べてお酒も飲んで、最後にちょっと寿司を
食べにいきましょうかということになりまして。

なんか、大人(。-_-。)

で、まずは棒寿司!
ここのバッテラがおいしいってのは前から何度も言って来ましたが、
秋刀魚の棒寿司もおいしいねーん♪ バッテラと違って、身の大きさに
合わせて小ぶりなのも良い。シャリに仕込まれたゴマの風味もよろしいねー♪

th_IMG_0791_201703231924513aa.jpg 

そして3貫ばっかしつまんだんですが。。。
このホタテ。。。いっ。いやらしいっ///
炙ってあるんだけど、ものっすご丁寧に炙られてるっ。
フワッと香る香ばしさのあとに、中から弾けてトロけ出す
ホタテのおいしさ。エロい。。いやらしい。。。美味しい。。
(同列の褒め言葉です)

th_IMG_0792_2017032319245385d.jpg

面白かったのはこちらのネタ。キチヌ=黄チヌ=南洋のチヌ、
つまりは黒鯛のことなんですって。これがねー、美味しかった!
この身ならカルパッチョとかシャブっても美味しいかもっ。
勿論寿司ネタとしても素晴らしく、柚子胡椒と合わせてるところが
また。。。

th_IMG_0793_20170323192454627.jpg

で、最後がシマアジ。
これは日本からのものだそう。
うわーー、しばらくぶりに食べたわシマアジ。
すごい品の良い切り出しをしてるんだけど、旨味と甘味が
あるからお口の中でジンワリと。これは美味しい。
いつもあるものじゃないだけに、ラッキーでしたわー。

th_IMG_0794_2017032319245512a.jpg

ってか、お気づきになられましたでしょうか。どの寿司も実に美しい
フォルムをされておる。小さすぎず大きすぎない量のシャリ、それに
こんもりと溶け落ちるがごとく端に重力をかけて覆い被さるネタ。
美しい。

これ、同じ事をしたらどのネタでも同じ仕上がりになると言う
わけじゃないので、個々に仕事を変えたり握り方を変えたり
されていらっしゃるはず。実に繊細。繊細だけども、仕上がり
には、ポッテリとした愛嬌がある。

上が平になり過ぎていたり、ネタがシャリに馴染んでなかったり、
ネタとシャリの比率が色っぽくなかったり、など、パッと見で
分かる寿司の美味しさの上下って結構あるんですが、こちらの
にぎりはどれもたまらん艶っぽさと愛らしさ。

寿司専門店じゃないのに。
そうなの、こちら、専門店じゃないのに、こんだけのお寿司を
出してくれるの。知らんかった。ランチセットも海鮮丼やら
お刺身定食を頼む事が多かったので,気づかなかったわ。
まぁランチと、カウンターで目の前で握ってもらうのとでは、
また違うのかもしれませんが。。。

寿司屋に行っても、こんな愛らしいのはなかなか出てきませんぜ。
それがオールラウンドな和書食を出されるお店の中の一品として。
びっくり。

ネタによっては値の張るものもありますが、特に今回は日本の
シマアジをいただけたり、知らなかった食材(キチヌ)を教えて
頂いたりしたので、お値段以上の価値あるひと時。
勉強になりましたー!



***** 2017 Feb. *****

「今ポセイ丼やってるみたいですー♪」

と、そりゃぁ美味しそうなポセイ丼の写真を友達から送りつけられた
翌日の朝。2時間かけて仕上げた原稿が保存作業のミスにより飛ぶ、
という、大変悲しい出来事があり、床のワックスになってしまう程落胆
したので、ポセイ丼を食べに行くことにしました(・∀・)

凹んだら、美味しいものを。
これ鉄則( ・`ω・´)b


th_IMG_2816.jpg 

おっひょーーーー!!ハイ、忘れた!
悲しかったこと、ぜーんぶ忘れた!(簡単でいいね…
美っつくしいねーヾ(@⌒▽⌒@)ノ

っちゅーか、このウニのエッジ。
どうやってキープしてるんだろうか???

th_IMG_2818_20170210124811d6c.jpg th_IMG_2820_20170210124814adc.jpg

ウニはそもそも生であれば、日本にいても食べる機会が少ないもの。
それをホーチミンでこんなグレードの物を頂けるって、美味しさ倍増。
傷、癒えるわー。言えた上で、更に幸せ上乗せするわー。

ちなみに写真を送って来たお友達。
昨日の今日と言うのに、私がポセイ丼食べに行くと言うと自分も行くと
言って来て、お刺身定食食べてました。ほいで思わず「うま!!」と
声を漏らしてたのがお味噌汁。そう、こちら、お出汁が美味しい。ので、

th_IMG_2819_2017021012481380c.jpg 

茶碗蒸しとかも美味しいんですよね。
すごく丁寧に蒸されていて、もちろんスなんて入ってないし、
液も綺麗に濾されているからムラが無い。出汁の濃さと卵の
割合もものすごく私好み。ここに来たら茶碗蒸し必ず頼む。
できれば4つくらい頼みたいくらい。理想はドンブリ( ・`ω・´)b
(それ、蒸し加減変わって来るから…)

和食屋さん,滅多に行かないけど、食べたくなったらここに来る。
とりあえずお刺身系のメニューはコスパがとても良いし、安心感
安定感がとにかくあるわ。

ポセイ丼、不定期なのでアンテナ張ってないと食べ逃すけど、
その分レア感あって良いかもですね。

Sakaiさん、よかったらポセイ丼予告、ちぇりに頂けたら掲載するんで
よろしくお願い申し上げます。(あ、職権乱用




***** 2016 Jul. *****

やーーーっ(≧∇≦)
不定期に提供されてるポセイ丼、やっと食べれたー!!!
ってか、SAKAIさんに夜伺うのが初めてだったんですが、いいねーっ。
居酒屋メニューが全般に揃ってるし、昼と夜、変わりなく丁寧なお料理!
まずはポセイどーんヾ(@⌒▽⌒@)ノ


th_IMG_2284_20160808001702838.jpg 

うーーーつーーーくーーーしーーーいいいぃぃぃ。
これね、ドンブリは色々組み合わせを自分でチョイスできるらしく、これにサーモン
プラスだったりなんだりで打線を組めるようになってるらしい。もちろん何を選ぶかで
価格が変わってくるんですが、見てー。このウニ。当然持って来る間の時間があるから
若干ミョウバンは使ってるんだろうけど、舌に触る程ではないし、ちょー美味しいっ。

そしてウニ本命だったから特に期待も警戒もしていなかったイクラがまた美味しかった!
コンパで目を付けた女のコ誘い出すのに隣の子ぉにヘルプ出してたら、なんかそっちの
この方が良くなってしもたみたいな。

いやーっ。常時ではないにせよ、ベトナムでこれを頂けるんか。
すごいな。幸せやな。今回は8月1日から開始で、お品が尽き次第終了と言う
ことだったんで、この記事が出せる頃までには終わってしもてるかもしれませんが、
これまでも不定期に度々やってくれていて、都度、各情報誌などで予告されている
ようなので、まだ召し上がった事が無い方で機会を見つけたらぜひぜひ。

で、こちらのお店。
今よりももっと日本食を食べてなかった2年前から1年前の頃にあっても、
ここはええなー、と思ってたとこ。例えばラーメン、例えば焼鳥に特化したら
好みの店は別にもあるんですが、まぁ生ものから寿司、居酒屋メニュー全般と
大層な品数揃えてらっしゃるんで総合力が高いと思うのっ。

th_IMG_2273_2016080800165613c.jpg th_IMG_2274_201608080016580b1.jpgth_IMG_2281.jpg th_IMG_2277_20160808001702c2b.jpg

正式名称覚えてないけど、ピリ辛味の枝豆に、とても美しい出汁巻き。
焼きムラも油の余熱の変色も無い、プロが作るモノの中でも上等な出汁巻き。
んまかった。 あと生肉のタルタルに銀杏に。。。あー酒が捗る。

th_IMG_2276_20160808001754c02.jpg th_IMG_2286_201608080017595fd.jpg

つぶ貝のお刺身とか、アヴォカドの細巻きがつまみに最高!
ええ、もう私くらいになると酢飯がつまみになるんですわw
あと、生わさびをふんだんに使った涙巻きを、目ぇウルウル(இ௦இ)させながら
食べたり、揚げものに手を出したりと、そりゃーもうかなりな種類、ジャンル
のものを頂いたのだけど、まだまだ品書きはありまして。そしてハズレが一品も
なかっというね。

あと大好物のこれ。


th_IMG_2282_20160808001756c19.jpg 

鯖寿司は炙ってもらいましてん(*´艸`*)
しかも酒の途中だからってことで、米は少なめ。そんなオーダーも出来るのね。
あ、酒の途中だからというか、もっと色んな物が食べたいから胃袋のスペース
節約の為ってのもあったなwww 

ジジッと軽く炙られた皮目の香ばしさ、脂の乗り方、〆め方の妙。
うまいわー。やっぱり美味しいわー。
こんなん日本の地方によってはなかなか食べる習慣が無いとこもありますからね。
習慣あっても、皆が一様に高い腕前をお持ちと言うわけでもありませんし。

このお店の素晴らしいとこは、こんだけの物揃えて、お客さん連れてっても
充分なサービスレベルとお料理があるのに高級すぎず、普段使いにも出来るとこやね。
高級一辺倒で行くと言うお店も、場合によっては必要やろうしそれはそれなんですが、
庶民としては、こちらの方がありがたい。そりゃローカル飯に比べたら和食ですから
値は張りますが、和食の中でどーや?という話になったら、やっぱりここ、安定感
あるわー。

ランチに良し。夜飲みによし。
あってくれてよかったーって思うお店ですな(^・^)



***** 2015 Apr. *****

なんだかんだで良く行っているサカイさん。
主にランチタイムに行ってて、都度違うメニューを頼んでみるのですが、
安定してるなーヾ(@⌒ー⌒@)ノ


th_IMG_9822.jpg

お刺身、お寿司系は程々のお値段だけどボリュームタップリだし
見目麗しいし、和食を日常のランチとしていただくにはお休めの価格の割に
かなりリッチな味とボリュームを味わえる気がします♪

th_IMG_9821.jpg

↑これは前も頼んだかな?
ブレが無いです。ここしばらくで数回行ったんだけど、その時々によって
調子が良くないときなんてのも無いし、店員さんの対応も丁寧。
安定しているので、最近は人に「和食食べるならどこに行ってる?」みたいな
質問をされたときは「さかいさん♪」と答えてて、それを聞いて行った人達も
喜んでくれる事が多いみたい。

大振りのお刺身が楽しみでここに来るとツイツイお刺身とかお寿司メニューを
頼んでしまうのだけど、その他にも色んな日本食も有る様なので頼んでみたいなー
と思いつつ、いつも似たのになっちゃう(^^;


th_IMG_9819.jpg


自分では控えめに(まずまず美味しいよねー♪)なんて思ってたつもりだけど、
こうもちょくちょく行って似たメニューを頼んでしまうってのは、実は相当
気に入ってるんですかね、これ(笑)

じっ、次回こそはなんか別のメニュー、頼んでみるぞーっ(笑)




***** 2015 Jan. *****

この年末年始にSakaiさんから嬉しいプロモーションがありました。
以前もご紹介した美味しい特バッテラがお安くなってるヾ(@⌒ー⌒@)ノ


th_IMG_6749.jpg th_IMG_6750.jpg


予約限定ってことだったので電話予約をし、それだけを取りに伺うと言うのも愛想の無い話。
ってことで、ランチを頂きに上がりました。以前の特バッテラはお友達がお家に買ってきて
くれたものだったので、お店で頂くは初めてでした。


th_IMG_6746.jpg th_IMG_6748.jpg

お二階の席に通されたのだけど、程々にシックで良い感じやなー♪
普通に気軽に食べに来易い程度には開放的やし、お仕事がらみのお相手と食事できる
程度には落ち着いてるし。また別の階にはもうちょっとフォーマルな感じの空間も
あるんやろな。宴会メニューも手軽にあるみたいやし、良さそうやな。


で、ランチなんですが、メニューがいっぱい!!


th_IMG_6747.jpg

で、一緒に行った方はお蕎麦と天ぷらのセットを頼まれたのだけど、運ばれてきた
瞬間からお出汁の良い香り!!あらーっ、これはちょっと期待が持てる♪

th_IMG_6751_2015011420164303c.jpg th_IMG_6753.jpg

お蕎麦を頼んだ所、おうどんがきちゃったのはご愛嬌ですが(笑)
このおうどんがまた、ツリっとした肌のやつで食べ易かったし、やっぱりお出汁が美味しかった!
澄んでて金色の関西系のお出汁。これは嬉しい♪(ってかあんた人のまで食べとるんか…)

私はお寿司とお刺身のセットを。
これがまた結構盛りだくさんでビックリした(笑)

th_IMG_6754.jpg

盛りつけには貝殻なんかもあしらって豪華な雰囲気。
ベトナムで海ブドウがポピュラーなのは知っていたけど、なんせ日本では貴重品。
そのイメージが抜けないままなのでやっぱり豪華な雰囲気(笑)
飾り切りの人参や海ブドウの後ろに握り寿司が更に隠れてたのはなぜ?と
思ったけど(主役やねんからもっと前に出してもいいのにw)盛りだくさんやなーっ。

th_IMG_6756.jpg

あとやっぱりこちらのお出汁、美味しいわ。
茶碗蒸しの造りの丁寧だった事。
いえ、別に麺つゆで作るのも悪くはないし、ってか、自分で作る時は手軽に作るし(笑)
どんな時にも頑に良いお出汁を引いて作るべし!なんていうつもりはないのですが、
やはりお外で食べる時に、ちゃんとした茶碗蒸しが出て来ると嬉しいもの。
もー真っ先に頂きました(笑)

th_IMG_6757.jpg


あと、特バッテラを食べた時から思ってたんですが、こちらの酢飯の味が私の
好みなんですよねー。これは個人差があると思うんですが、酢の角が丸めで
気持ち甘め。強過ぎず、薄過ぎず、ネタの旨味が楽しめる、まさに良い「塩梅」。
塩や酢が強いと、ネタの味を邪魔する事があったり、途中で温かいお茶で
口直ししないと、舌が偏る事があるんですよねー。でもこちらのは本当に良い
塩梅なのでバクバクと(笑)


th_IMG_6758.jpg th_IMG_6759.jpg

あと、食べさしの写真で恐縮ですが、お刺身に添えられてたツマが奇麗だったなー。
そもそものお刺身が奇麗で、旨味を逃さない状態で提供されてた事が大きいですが、
一切ドリップが落ちてなかった。お刺身のツマがドリップソーサー的になって
食べる気がしない事が多いのですが、あんまり奇麗でシャキシャキと美味しそうだったので
この日はしっかり頂いてしまいました(笑)

今回頂いたもの(同行の方の天ぷらまで含む)、どれももの凄く個性的とか
突飛な味わいではなく、正統派の「日本の食事」としてとても丁寧に感じました。
例えば特別な日に気張って食べに行く、と言う感じではないかもですが、
日々のご飯に重ねて通うお店としては、ものすごーーーく魅力的。

正直…食べ慣れてるジャンルでもあるせいか、ホーチミンの和食屋さんでは
敢えて重ねて行く事は少ないかなー、とか、美味しいけど結構高いしなー、という
ところに当たることが多く、積極的に攻めてなかったのですが、こちらのお店は、
いいなー。お友達ご夫妻が、ことあるごとに伺うと言っていたのにも凄くなっとく。

あ、もちろん特バッテラもおいしかったですよー♪


th_IMG_6769.jpg


相変わらずの肉厚のサバ。好みの酢飯。
推されることで魚の旨味がお米の方にジンワリ移るので、持ち帰るなりして食べごろ
までに半日程ある方が良い、というのも、気持ちが急かなくていいですね。

そうそう、今回ついてくれた店員の女の子も、出来うる限り丁寧な日本語を
使おうとしてくれてたし、お水やらなにやらの不足がある時はすぐに気がついてくれたりと
大変細やかなサービスだったのにも感心しましたし嬉しかった♪
また他のものも食べに行きたいなー♪ 良い和食屋さんが有ってくれると言うのは
嬉しいもんですね。特バッテラだけじゃない、Sakai さんのホッとできるおいしいご飯。
よろしかったら是非一度ー♪



***** 2014 Jun. *****


先日ご紹介した Dragon Hot Pot のデリバリーで主婦友さんがお祝いしてくれた時に、
わざわざ朝からこちらのお店に走ってくれて、噂の特バッテラまでご用意頂きました!
こちら、和食のお店という事は聞いてたのですが、まだ未訪。でもこの特バッテラの
お噂だけは、あっちこっちからチョイチョイ聞こえて来てたんですよねー♪
はい、ドン♪

th_IMG_2129.jpg

うおう!肉厚!!!
さすがに夏場の国なので、しっかり中まで〆てあるけど、サバや、サバー♪
そう言えばホーチミンで殆ど食べてない♪

で、これがまた食べてみると、大変美味しい♪
どっかからの輸入もんかしら。しっかり〆ててもシットリしてるくらいに脂はあるし、
酢飯の具合もほどよくて、違和感が無いどころか、日本基準で味わってみても十分美味しい♡
酢飯がいいから、海鮮巻寿司もゴーセイで美味しかったぁ♪

th_IMG_2127.jpg

ホーチミンのいろんな所でお寿司、食べられるけど、酢飯が今ひとつ好みじゃなくて
結果、あまりお寿司を食べないようにしてた事が多かったんだけど、ここのはいいなー。
いつかお店にも食べに行かなきゃ。そしてこの特バッテラは時々食べたい♪
押し寿司だから、お家に持ち帰って食べても十分美味しいしね♪

おごちそうさまでした。
最近和食のお店のバリエーションが増えて来たとこでしたが、また一つお気に入りが増えました♪




 





にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑

イイね!の代わりにポチしてくれると、
 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ


☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★
          居候クンが帰国しました
      終了・居候部屋提供期間> 
      更新!(バックナンバーでご覧頂けます) 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】

☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★





スポンサーサイト

Mo Mo Paradise 〜 噂のしゃぶしゃぶ屋さん♪(写真追加)

****** 2017 Mar. ******

他店舗は合間にも行ってましたが、こちらの店舗は久しぶり!
ふと思い立って,くだんの居候君と行ってきました(^・^)

th_IMG_5676_20170304162421881.jpg 

そうそう、味噌キムチって出てるの知ってたんだけど、食べた事が
なかったんだよねー。気になる気になる。でも、もうすぐ帰国の
居候君に、ここの「独特の」すき焼きも食べさせてあげたい(笑)

というわけで、なんとこの日はすき焼きと味噌キムチのコンビネーション。
濃いーーーーー(・∀・;

th_IMG_5685.jpg 

陰陽のシンボルに近いこの鍋見るとテンション上がるよね。
え?上がらない?(笑)
この鍋、家に欲しいなって思うくらい好きなんだけど(笑)

久しぶりの訪問でしたが、店員さんの日本語力が上がっててびっくり。
この日の客層はローカルの方が殆どでしたが、日本人もけっこう訪ねて
いるのかなー。1人だけじゃなく、スタッフさんの何人もがかなり綺麗な
日本語で「こちらのお席へドウゾー♪」とか、「ショウショウ
お待ちください♪」とか。物越しも柔らかだし、大変素晴らしい。

th_IMG_5677_2017030416242296c.jpg th_IMG_5689.jpg

メニューの「コラーゲン『べ』邦題」にツボりながらドリンクバーへ。
居候君曰く「食べ放題ってことは、戦いですね?( ・`ω・´)b」ってことで、
この日はビールも炭酸もナシっ。蓮茶で攻める健全さw

こう言う食べ放題の鍋のお店はローカルにもあるんだけれども、ここの
何が良いかって、お野菜類が綺麗なのよねー♪ いつ行ってもどこの店舗も
徹底してる。そして、ベトナムならではのお野菜もあること。

th_IMG_5683_201703041624250c2.jpg 

カボチャのハナとか♪
これ、花粉あるとこ、1つ1つ取らんとだから、家で調理するの大変。
それがこちらでは山のように♪ 新鮮で色も綺麗で張りもある。
鍋の中で軽く煮ると、ガクの部分がホクリとなって、また美味しい。
白菜や春菊など馴染みの野菜もとても綺麗でおいしいけれども、
カボチャの花を、労をせずして好きなだけ食べられるって、個人的には
かなりのバリュー(^・^)

th_IMG_5684.jpg 

お肉も相変わらず美しいですなっ♪
そして、お客さんがこの日はそこまで多くなかった事もあってか、
店員さん立ちが良く気がつく! ここは食材取りに行くのも客がセルフ
でやるお店だし、彼らの仕事は主に肉と調味料のサプライだから、
やって当たり前じゃないかと思われるかもしれませんが…

その中にもタイミングやら物越しの柔らかさ、察しの良さなどがあり
ましてね。この日は終止満点でした(^・^)
ってか。。。

th_IMG_5686.jpg 

投入 by 居候君。
見事な現役大学生鍋奉行( ̄ー ̄)

肉一皿を、ひと箸で掬い、ベロッと鍋へ。
そして煮えたらザクッと掬ってガブリと食べる。
まとめてやっても追いついてかないスピードで、べろんごっくんべろんごっくん。
肉の皿が、わんこ蕎麦みたいな勢いで取り替えられておりましたw
一枚一枚をシャブリシャブリとかやっとられるかとw

良い。
いかな、自分が食いしん坊といいましてもやね、大学生男子の食欲と
その勢いに敵う訳ない。ちぇりさんは早々に離脱して、彼の食べっぷり
を鑑賞するに徹してました。見てるだけでハラ太る(・∀・;

そう言えば周りのベトナムの方達に、すき焼き頼んでる方が多くって、
みなさん、調味料がサーブされるや否や、なんの躊躇もなく、
流れる様な動作で卵を割ってシャカシャカほぐしてた。。。

th_IMG_5687_201703041624318e1.jpg 

日本以外の方が。
しかも暖かい地方の方が。
生卵を躊躇なく召し上がるとか。

更には「すきやき」という料理が、そしてそれには生卵、
というセオリーまで浸透してるとか。これは…

ホーチミンにおかれましては、Mo Mo Paradiseさんの功績
ではないですかね?生卵=忌避されがちな文化の1つがこんなにも
受け入れられてるって、すごい事だと思いますよ。

まぁ、他所の卵ではやったらあかんよ、というところまでが浸透
していると言う前提で(というか、食べないのが基本だから大丈夫とは
思うんですが)言わせてもらうなら、ここまでシャブシャブって
料理を広めてくれたのもすごい事やし。

あ、あと、麺の美味しさも健在。
特に細めん。好っきゃわー。

th_IMG_5679_2017030416242241b.jpg th_IMG_5680_20170304162424411.jpg

居候君曰く、香港の雲呑麺に使われてるような麺、と。
うん、正確な表現かと。素麺のように細いけれども、かんすい使って
ます系の麺で、輪郭がシャープ。粉の風味がしっかりしてて喉元を
撫でつつ通る感覚が旨い。これ、麺だけ売ってくれんやろか?

時が経つと、お店の味が変わったり、しかもそれには良い方向に
変わった場合とそうでない場合もあって、勿論人の入れ替わりもある。
だからしばらくぶりに行くお店を訪ねる時は、ちょっとドキドキする
んですが…

こちらは食材の品質も変わってなかったし、スタッフさんに関しては
むしろかなりグレードアップしているように感じました。
素晴らしい。

それにしても、居候君の食べっぷりったら気持ちよい程。
あの胃袋、ちぇりにも欲しいなー。
どっかに売ってないかなー。
なんなら胃袋カートリッジでもいいんですが(。-_-。)



****** 2014 July 初訪問の翌日w ******

えーっと、まさかの2連ちゃん(笑)
初訪問の日、「美味しかったよー♪」と相方さんに報告したら、翌日が土曜日で
夕食時感に家に居られる事が分かったため「じゃ、行く?」って話になり
二日連続。。。

th_IMG_3296.jpg

あ、夜も結構表の様子、地味でしたね(笑)
で、店内に入るとフロアマネージャーさんらしき男性に
「あー!昨日の!」見たいな顔されたよね(※ーー※)

夜混雑するかなーと思って予約して行ったのですが、ま、ぼちぼちって感じだったかな。
ローカルの方も多かったです♪ 寿司とか天ぷらとかしゃぶしゃぶとか、
日本の料理がどんどん他の国に浸透してってくれるの、嬉しいですね♪

前日には撮り損ねてたお酒のメニューをアップしときます。
割とお安め?隣のベトナム人カップルさんは、四合瓶くらいの日本酒を
2本くらいガンガン空けてましたw

         th_IMG_3299.jpg
th_IMG_3300.jpg th_IMG_3301.jpg

相変わらずお肉は綺麗だったし、お客さんが多くなったときの親サイバーの補充や
美観は道南だろうと言う心配も一切無用と判明。スタッフさんが昼より増えてて、
それは甲斐甲斐しく動いていたし、相変わらず、目配り気配りが細やかだった♪

th_IMG_3304.jpg

で、前の日には食べ切れなかった細麺にチャレンジしたんですが、これ!ぜひ食べて!
生麺なので、茹でる、という過程が居るため、すき焼きとしゃぶしゃぶ、ミックス鍋を
頼まれているときはシャブシャブのダシの方で茹でた方が良いと思います。
生麺から茹でるため、シャブシャブのダシで茹でるにしても、タップリ目の水分で茹でた
方が良いので、少なくなってたらお願いして足してもらってください。

th_IMG_3306.jpg th_IMG_3307.jpg

そしてくっつきやすいので、入れて直ぐは橋でほぐしつつ火入れ。
細いのでものの1〜2分で食べられるようになりますが、水で締めるわけでもないのに、
1本1本の輪郭がシャキ!としてて、細さからは想像できない程のコシ。
いわゆるMiに分類される中華系の麺だと思うのですが、メッチャ好み!
ちぇりの大好きなアヒル麺 http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-3346.html屋さん
の麺にもちょっと似てる♪

シャブシャブ用のゴマだれに、野菜バーのところにある刻んだチリをタップリ入れたもので
頂いたんですが、ちょっと担々麺チックで美味しかった♪ 太麺も美味しかったけど、
ちぇり的にはこの細麺の方が好みかしら♪ いつも締めの段階で食べるから、おなかが
いっぱいでフーフー言っちゃうんだけど(そーまでして食べるなよ。。。)今度はもう
ちょっと前の段階で投入しても良いなー♪ 

一ヶ月有効の100kドンのバウチャーも頂いたので、また近々行きたいと思います♪
(↑二日続けて食べに行っても、むしろ体重減っていたから調子に乗ってるwww)



****** 2014 July 初訪問 ******

もー、プレオープンの頃から行かれた方のブログで評判が良かった
モーモーパラダイス、略してモーパラ。
HPで営業時間とかが分かりにくかった為に、お昼やってるんかなー、
今度確かめななーと思ってた所に主婦友さんから、

『お昼やってるって!食べに行きたい!』

と、渡りに船のお誘いが♪
行く行く〜♪早速明日行く〜♪と二つ返事でお返事を返して早速訪問。
表は以外と控えめな感じ?夜だともうちょっとサインとかが明るくなるのかな?

th_IMG_3226.jpg

メニューは食べ放題のみ。
種類は、すき焼きかしゃぶしゃぶ。もしくはその二種類を一度に。
時間は90分か120分かで料金が変わります。

th_IMG_3297.jpg th_IMG_3249.jpg

90分で1種類の鍋だと338kドン。
2種類のミックス鍋だと388kドン。
5万ドンの違いです。250円差くらい。それで二種類楽しめるなら絶対お得よね!
ってことで、欲張り食いしん坊達は迷わずに種類の鍋にしたのでした(笑)

追加オプションでコラーゲンも頼んだのはナイショ。。(*´艸`*)

th_IMG_3262.jpg

わかってる。経口摂取じゃコラーゲンなんて大して意味がないってこと。
でも単純人間には、プラセボ効果ってものがあるのよっw
科学では解明できない不思議な事が世の中にはあるの!
信じるものは救われる!! 
↑ こう言うのがカモになりやすいので気をつけましょうね。ガーガー。

th_IMG_3281.jpg th_IMG_3279.jpg


ちなみにセットには、ペプシ、ミリンダ、セブンアップ、紅茶、かな?がフリードリンク
としてついてます♪ ミリンダ!!なんて懐かしい!!(笑)
そしてなんとこの日はオープニングキャンペーン中だったのか、ビールが1杯無料だった♪
わっほい!! (迷わず頼んだよね。。。昼だけど。。。)

th_IMG_3298.jpg

実はビール後に Tra Da (冷たい蓮茶)もフリーかなーと思って頼んだら、これは
ドリンクバーというメニューにしかなかったらしく、ドリンクバーメニュー28kドンの
別料金になりました。紅茶もあるって知ってたら紅茶でも良かったんだけど、
ちゃんと見に行ってなかったから知らなかった(^^; 
後に、一緒に行ったお二人も Tra Da を頼もうとした時に、

『セブンアップやペプシならフリードリンクですが、別注文になさいますか?』

ってわざわざ確認しに来てくれた。。。
黙っときゃ店の売り上げになっただろうに(と言っても28kドンだけどw)丁寧やなー。

で、お野菜は取り放題です♪
サラダもちょっぴりあったけど、お鍋用のお野菜がメイン。

th_IMG_3252.jpg th_IMG_3267.jpg

お野菜綺麗!!白菜ー!!春菊ーー!!そしてキノコ類が満載!!!
これ、家で全種類揃えてやろうと思ったら金額的にもエラい事だし、手間が大変!!
(ベトナムのお野菜、洗ったり選別した利が大変なので。。。)
というわけで、喜び勇んで鍋が卓にやってくる前から取りに行って席に戻ったら。。。


th_IMG_3257.jpg th_IMG_3256.jpg

うおう!最初はお店の方から盛り合わせがく来るのか(^^;
それを食べた後でまた好きなお野菜を取りに行けば良かったのね。。。
プラス、すき焼きには生卵がついてる!!しかも追い生卵(←追加注文のことらしい)も可能!
なにここ天国?!(生卵LOVE♡)って、喜んだのはいいけど。。。

th_IMG_3260.jpg

すき焼き用の割り下やらしゃぶしゃぶ用のポン酢、ゴマだれ、差し水、
そしてメインのお肉などもあるので机の上がぎっちぎっちや。。。(苦笑) 
まっ、食べる自身は満々だったし、実際これに加えてお野菜もお肉も何回も頼んだけどねw

そうそう、お肉がおいしかったのですよ!
牛肉は日本の高級店のようなサシ入りじゃありませんが、牛脂が胃におもたれ気味な
妙齢のワタクシたちには赤身の方が好都合(笑) 豚肉も、ベトナムのは美味しいって
知ってたけど、しゃぶしゃぶ用専門の超薄切りが大変美味しく、べろんゴックン
べろんゴックンと食べるわ食べるわ(その祇園ヤメロ・笑)

th_IMG_3255.jpg


しかも、鍋の中こんな感じ。とても主婦三人の集まりの鍋とは思えないごった煮具合w
お肉しゃぶしゃぶするスペース、ないやーん!(´Д` )

th_IMG_3266.jpg

で、驚きだったのがすき焼き。
薄めの割り下が煮立ってる中に具材を入れる方式ですよ。
しゃぶしゃぶのダシが割り下になってる状態。
焼き付けから始めないすき焼きって、ちぇりがいた地方ではあまり見なくてやったことない。
加えて食べ放題だ。店内の様子は落ち着き感&リッチ感があるけど、そもそも味はそんなに
期待が…とか失礼な事思ってたのに。。。

th_IMG_3275.jpg

うまいがな!!
意外だったけど、他の具材もクツクツやってると程よくちゃんと「すき焼き」になるの。
もちろん焼き付けスタイルよりもアッサリ目になるのですが、このアッサリ感がまたよろし。
なにによろし、かというと、量を食べるために、いとよろしっ。
(学生じゃないんだから。。。)

あ、野菜バーの所に麺も二種類程置いてまして、今回は太いチャンポン麺のようなものを
頂いたんですが、これが生麺。加水率はかなり低めでしっかりしてるので、たっぷりの
水分でしっかり茹でるのが吉。太い麺は結構ふくれるので、1玉から様子見ながら
茹でられる事をお勧めします。これ、3玉とか入れると増えるわかめちゃん並に慌てる事に
なると思う。。。

お水、ゴマだれ、ポン酢などの追加は遠慮なく店員さんに言うといいと思います。
英語より日本語の方が通じました(笑)
そして目に見えるお肉に関しては、お皿が開いたと思ったらすぐに下げに来て、

『次は牛肉、いくつお持ちしますか?豚肉はいかがですか?』

と、甲斐甲斐しい。良く、目配り気配りされてらっしゃったと思います。
おまけに先のドリンクのアドバイス(わざわざ有料のにしなくてもフリードリンクが
ありますが…ってやつ)に続き、90分の時間が近づいて来たのでお会計を頼んだら

『アイスクリームも(セットの中に)あるんですよ!
 とても美味しいです。食べませんか?』

とお勧めしてくださるっ。
大変、美味しいなら食べなくちゃ!ってことでそこから食べたよね。。。
時間、結構延長してたけど、お目こぼしいただいたよね。。。。
90分フルで食べといてまだ入るか。。。

器もアイスクリームと一緒に冷凍庫で冷やされてて、ご配慮も細やかだなと。
んで、これが食べ放題後にふさわしいアッサリ具合で、食べやすかった♪

th_IMG_3280.jpg

これだけ美味しくて店員さんも感じ良いなら、会社の集まりに持つ帰るんじゃないかなー、
と思って、大人数用の席はないかと聞いたら、二階にVIPルームがありました♪
一番大きい所で16人席(ちょっと頑張れば4人くらいは追加できるかな?)、
8人用の半個室なども。1階も落ち着いた雰囲気でしたが、これなら更にゆっくりも
できるんじゃないかしら♪

th_IMG_3253_201407112011454f7.jpg th_IMG_3283.jpg

なんにしても、評判通り思った以上に美味しかったし、感じよかった!
お鍋のブッフェとしてはちょっとお高めかもですが、美味しいのでそれ以上はガッツリ
食べた気がします(笑) お野菜補給にもいいんじゃなかろうか♪

とくに昼夜で値段設定の違いは内容ですので、ご都合のよろしい時にぜひぜひお試しくださいな♪
日本の高級料亭並、とはいかなくっても、誠意のある、居心地の良いお店でした!

th_IMG_3284.jpg 


 

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑

イイね!の代わりにポチしてくれると、
 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ


☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★

      <ちぇりの生態 UBER編> 
      更新!(バックナンバーでご覧頂けます) 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】

☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★


楽天地  〜 「あの」お店、バージョンアップ♪

以前、こちらでご紹介したお店の移転後です。
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-4229.html

今回のご紹介に至るまでの経緯を少しお話したいので少し長くなりますが…

実は移転後のお店を訪問する前に、お店の方からブログを通じてご連絡を頂戴し、
お会いする機会を頂きました。以前のお店はちょっと離れた場所にあり、日本人の
足を運ばせるにはちょっと大変かも?と思う様な場所で頑張っておられていたし、
ローカルの方へのアピールの仕方にも大変なご尽力をされてる様子が見て取れた上、
大変美味しいモツ鍋を食べさせてもらったのでお礼をお伝えしたく、お会いしました。

果たして、お会いできたMさんは、飲食に対してそれはそれは真摯な姿勢を
お持ちの方で、なるほどなぁ、あのお店のご様子は、こう言う方の指揮の
下にあったからこそなのだなぁ、と感心しきりでございました。

が、Mさんは日本でも大変ご活躍なので、ホーチミンにずっとおられるわけではなく、
お会いしたすぐそのあとに日本に戻られた。で、彼が居ない時に私は新しいお店に
お伺いしたのですが。。。

th_IMG_2243_20170122140739a95.jpg 

その時のことは、実はブログに書いていませんでした。
失礼ながら申し上げると、正確には、書けなかったのです。
モツ鍋のお味は変わらず美味しかったのですが、まだ移転してから間もなく、
指揮官が居ない店内の諸々は、残念ながら人に強くお勧めすることが
できませんでした。

私は以前、こちらのブログの「現在の」スタンスとして、こちらの文章を書きました。
http://eatvn.blog.fc2.com/?no=4367
こちらのお店からは特に接待を受けたという様なことはなかったのですが、
近い根拠で、お店の方がとても真摯で良い方だった、とても応援したくなる
姿勢の持ち主であられたからと言って、それはあくまで私と彼との間で認識された
ことであり、お店に訪れるお客さんには関係のないこと。

お店を訪ねられる方には、出されるお料理や接客、お店の環境などが全て。
そこがお勧めできないのであれば書くべきでは無いと思ったし、僭越ながら、
Mさんにも私が感じたあれこれはお伝えしました。前店舗の記事にて、移転先の
お店のことも是非書きたい、とは追記したし、新店もお訪ねして良ければ
ぜひ書かせて頂きますね、と言っていたのですが、それらの理由で今はまだ書く
ことができません、と。

何さまだお前、ですね。
失礼この上ないことだと思います。
ただ読者の方にウソはつけないし、Mさんの真摯なご様子を思い出すにつけ、
見過ごし、何も言わない方が無礼なのではなかろうか、という気持ちもあり、
お叱りを受けることを承知で、色々と口幅ったいことを申し上げました。

Mさんは現場におられなかったので確認のしようもなく、私の言うことを
疑うこともできたでしょうに、1つ1つを丁寧に受け止めてくだいました。
「今後も頑張ります!」とのご意向にてその場は終わり、しばらく後のこと。

「ちぇりさんっ、ホーチミンに戻ってきました!
 工夫して、まぢでおいしいモツ鍋できました!よかったら食べに来て下さい!」

あれだけ失礼な発言をしたこちらに、なんと言う力強い言葉。
あれこれ言われたとか言う細かいことはすっ飛ばして、なにが大事って、
美味しいモツ鍋を提供することだけに尽力されてた様子が言葉の勢いから
伝わってくる様(笑)
書き言葉にも、その人の様子と言うのは写されるものですね(^・^)

そんな勢いで言われては行かない訳にはいきません。
これなら人をお誘いしても大丈夫だろうと、全くの独善的な判断で友人らを
誘い、行って参りました。結果。

th_IMG_2244_20170122140740023.jpg 

初手からどんぴしゃりの味っ。きたこれっ。
前店舗の時にもかなり美味しかったのですが、書けなかった回に行ったときは
初手が少し薄めで、かなり強火で炊き込んでからが本番、という感じでした。
それはそれ、モツ鍋のあり様でもあるので間違いではなかったのですが、
「強火で炊き込んで食べる」という前提がないとちょっと物足りなく感じたかも。

その時のスタッフさんもすぐに火を弱め「どうぞ」と言ってくれたのですが、
元福岡県人二人という客だったのでスタッフの言うことガン無視して強火で
かなり炊き、好きなようにして食べたのでした(笑)
が、今回は。。。

th_IMG_2245_20170122140742fa2.jpg

最初からぴしゃーり!!
これ、もつ鍋を良く食べる福岡で出したとしても、かなりのもんっ。
聞けば、今回モツは日本から持ち込んだものを使っていると言うこともあって、
そもそもの素材から変えられたらしい。

ただ諸々の調合に関しては、日本で美味しいと思うものをそのまんま持って来ても、
気候や風土その他の違いで、こちらで食べれば同じものでも違った味に感じてしまう
訳ですから、こちらで食べて、「福岡の地元で食べてもすんごい美味いと思う味!」
に仕上げるまでには、色々お試しになられたんだろうなー、とお察しします。

あと友人数人から「美味しかった!」と聞いてた焼肉にもトライ。

th_IMG_2246.jpg th_IMG_2247_20170122140744918.jpg

th_IMG_2248_20170122140746577.jpg th_IMG_2249_2017012214074890a.jpg

ホルモンやタン、その他赤身を中心にした4種類。一切れずつが細かく、且つ、
油っこくない部分なので、日本的な焼肉と言うよりかはおつまみ焼肉と言う
感じでしたが、いいね、うまい。味がある。肉の細かさに対して焼き網の目が
ちょっと大きかったので焼き辛さはあったものの、肉自体はよく噛んでジワジワ
味わいたい感じ。しっかりとした下味が着いてるから、やっぱりおつまみ感覚
かなー。焼酎とか合いそうでした(^・^)

th_IMG_2251.jpg 

モツ鍋の閉めに欠かせないチャンポンも、今回は満点ちゅるちゅる(何だその単位)。
実はこれも前回は残念な仕上がりだったのですが、今回はもう見違える様。
スープの味は改良されたと言ってましたが、チャンポンの扱いに関しては、
本来こうだったのだけど、Mさん不在時のオペレーションがうまくいかなかった
時に、たまたま私が当たってしまってたのかなぁ、という感じ。

まぁ麺が生き生きしとる。けどよーくスープを吸って、大変美味しい。
美味しくって最初に3玉??そして2玉??もう一回2玉くらい追加したんじゃ
なかろうか(・∀・; (食い過ぎ。。。)

更に、モツラーメンとかってのも見つけて、それも頼んじゃいましたからね。

th_IMG_2252.jpg th_IMG_2253_20170122140752696.jpg

これ、ラーメンと言いつつ、麺は日本から持って来てる細めのうどんらしいです。
炊き上げたモツ鍋のスープよりも透明感がある味ですが旨味はたっぷり。
コクの部分は「揚げモツ」が補い、良い感じ。昼ご飯とかに、ちるるっと食べたい。

Mさん、日本におられる時には日本のお仕事がおありになろうし、遠隔操作じゃ
こちらのスタッフさんの教育も大変だろうに、短期間でよくぞここまで。
嫌事(いやごと)を本人に直接言うたくらいですから、ワタクシ、おべっかは
申しません。うまいです。じゃなかったらお代わり何ぞもしませんし、今回の
この味が維持されるなら、私の中では間違いなくホーチミンで一番好きなモツ鍋の味。

スタッフさんの対応も今回は素晴らしくフレンドリーで行き届いてたし、
店内の様子やその他に関しては色々これからも出来ることがあろうかと思いますが、
今回は迷いなく記事にさせてもらえるなぁと。

Mさんがいらっしゃらないときにまた行ってみないとなぁ、とは思っていますが、
Mさん、今日からだと数日になってしまいますが、2017年1月24日まで
ホーチミンにいらっしゃり、お店にもお出になっていらっしゃるそうです。
(25日からはお店はテト休みとのこと)

今朝のリリースからだと数日のことにしかなりませんが、もしも偶然お店に
行かれるご予定になさってる方がいて、もしMさんがお忙し過ぎないようで
あれば、素材のこと、お味のこと、色々聞いてみて下さい。おいしいもつ鍋
をホーチミンで、ということに、どれだけお力を注いでいらっしゃるか、
感じてもらえると思います。

お店を開く最初から完璧であることが理想かもしれません。
でも、理想を追求し過ぎて時間ばかりがすぎていくより、とにかく初めて、
トライ&エラーをくり返しつつ登って行く、というやり方もアリだと思います。

当然、エラー時に顧客を失くす可能性もあり、そこはリスクを伴いますし、
飲食のプロの皆さんからは、この素人考えに「何を甘いことを」と
言われるかもしれませんが、Mさんの熱心なご様子や、「美味しかった」と
伝えたときの嬉しそうな笑顔を拝見したら。。。

頑張ってほしいなーと。こういうお店もアリだなーと。
こういうお店があってくれて、ご縁あって接する機会をいただけて良かったなーと。
そんな風にも思います。

前回一緒に行って「残念だったね」と言い合った友人も近々の内に連れて行って
評価の上書きをしてもらっておこうと思います。モツ鍋お好きな方は、ぜひ
お試しくださいませ(^・^)


モツ鍋 楽天地
8 /16 Le Thanh Ton Q1 



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

MARUKAME UDON & TEMPURA〜 タンディン市場近くのお店♪

これまでにも2店舗程レポした事がありましたが、久しぶりに行ってきました、
3件目。タンディン市場の近くの店舗。割とローカルの人が多いイメージの
エリアなんだけど、見てると昼時など、結構入ってるんですよねー。
うどん、エラい事根付いたなぁ♪


th_IMG_8921_201612012226454c0.jpg 


店内はお馴染みのあの光景。
茹で場があって、その先に天ぷらや諸々のトッピングがありまして、
その先にお支払いをするところ。ちなみに別の店舗がどうだったか覚えて
ないのですが、ここではドリンクは全部有料。レジ横の飲み物コーナーの所で
調達しないとセルフサービスでも用意されていないので要注意。

th_IMG_8964_2016120122264747a.jpg 

天ぷら美味しそうだなー。
見て。海老とか、絶対私が揚げるより美味しそう。←天ぷら揚げるのヘタクソな人

th_IMG_8966_201612012226504c1.jpg 

そして取り放題の薬味コーナーには、That's ベトナムな感じのパクチー。
お馴染みですね、もう(笑)
和出汁にも意外と合うのが最初は衝撃だったけど、最近はもう、
ネギくらいの勢いで家でも使っているくらい。

th_IMG_8968.jpg th_IMG_8969_20161201223929ced.jpg

ところで、昨今の日本でのパクチーブーム。
パクチー=ベトナム料理って思ってる人がけっこういるらしく、言う程食べて
ないのになー、どっちかというとタイ料理の方が多用してるし、細かく刻みこん
でたりして除ける事もままならいし、パクチー色が強い気がするのになー、と
常々思ってるんですが、まぁコレ見られたらグゥの音も出ませんね。。。
和食ですけどね。。。(笑)

こちらの店舗、混んでるのを横目に見てたのは一階のお席で、二階のお席は初めて
見たのですが、ファミレスみたいなBOXシートが沢山あって落ち着けます。

th_IMG_8970.jpg 

んで、今回頼んだのは、最近通りがかる度に気になってたこの表に出てたメニューに
あったやつ。

th_IMG_8962.jpg 

左の大きな写真付き上から三番目の「ハマグリうどん」。日本のうどんチェーンでも
春になったらやりますよね、アサリうどんとか。こっちのハマグリ、それでなくても
美味しいんで、絶対合うやろなと。んで、出て来たのがコレ。

th_IMG_8971_20161201223932c84.jpg 

あーーー、ツユが黒い(・∀・;
お澄まし系のを期待してたんで、ちょっと意外&残念でしたけども、まぁ
頂いてみましょう。ズズズ。

……うん、やっぱり塩、強い(´・ω・`)
ただま、ハマグリのお出汁はちゃんとよく出てた。
願わくば、あまり日本のお出汁に拘り過ぎずに、代表的なベトナム料理の
「ハマグリのレモングラス蒸し」を、汁ごと麺にぶっかけてくれたら嬉し
かったかもwww

th_IMG_8974.jpg 

でも、ご覧の通り、身の部分はぷりっぷり。
注文入ってからお出汁つくってくれてたもんなー。
ハマグリのお味もよく出てました♪ 二日酔いの時とかよさそうやな。。。(笑)

th_IMG_8972_20161201225435e9d.jpg th_IMG_8975.jpg

玉子の天ぷらもあったー♪ もう一声、黄身が柔らかくても良かった気がする
けど、こちらの方の好みやなんやらで調整してあるのかもしれませんね。いや、
偶然このくらいになったという可能性も充分にあるんだけどw

th_IMG_8973.jpg 

この日ご一緒した方はカレーうどんをご所望に。
こちら、日本的トロッとしたカレーを和出汁で割った感じのお出しになってて
所謂「蕎麦屋のカレー出汁」。ここ、うどん屋だけど。こちらお手頃で良い感じ。

麺が。。。ハマグリうどんの方に限って言えば、日本の讃岐で言うと、
「エッジが甘い」「活きの弱い」うどんで、讃岐を期待して行くとちょっと
残念かなって。私は福岡のフワフワうどんで育った人なのでこれはこれ、
って感じだし、ローカルのニーズを捉えた結果なら好みの話なんでアレ
なんですけどね。

ところで。。。
私知らなかったんですが、丸亀製麺、かなりスイーツに力をいれてらっしゃる
ようで、こんなに種類がありました(´⊙ω⊙`)

th_IMG_8967_20161201223927810.jpg 

知らんかったわー。
んでその中に、信玄餅があった?!(´⊙ω⊙`)(´⊙ω⊙`)(´⊙ω⊙`)

th_IMG_8976.jpg th_IMG_8978.jpg

スプーンにきな粉がセットされててラップで包まれ添えられてたのはアイデアだなーとw
きな粉、そばに於いておいたりするとかけ放題かけられるからなw
ベトナムのきな粉より粒子が細かかったから、日本のきな粉なのかしら?
こちらのきな粉をふるいにかけてるのかしら?

黒蜜じゃなく、カラメルだったのがちと違和感でしたが、信玄餅自体は上手に
できてました♪ まぁアガー、こっち手軽にあるしね。エアアジアの機内スイーツ
にもあったけど、信玄餅、東南アジアで流行ってるのかしら???
温度の高さに強いから作りやすい&提供しやすいってのもあるんだろうけど。

というわけで、ずば抜けて美味しかった!!ってわけではないけど、たまには
ええなー、と思える憩いのMARUKAME。こう言うのが日常のご飯としては
あってくれると嬉しいお見せになるんでしょうね。毎日毎日飛び抜けたもん
食べてたら疲れてしゃーないw 

他にも気になったメニューがチョイチョイあったから、また来てみないと
アカンねー♪ とりあえず、信玄餅作りたくなった(笑)←そこ?w


MARUKAME UDON & TEMPURA
342 Hai Ba Trung Q3


【移転!】楽天地 〜 ローカルの方に親しまれるモツ鍋屋さん!

読者さんからコメントにて情報を頂戴しましたっ。
こちらのお店、移転されたとの事。
しかもしかも。。。。!!!

8/16 Lê Thánh Tôn Q1

すっごーーーーい!!
レ・タン・トンの4psの路地のところのミルーアの奥に移っていますよ。」
とのこと!!!

美味しいお店だったのだけど、ちょーっと場所的に行き辛かったのだけが
難点かな、と思ってたのですが、こんなに便利な所に移って来てくれてたとは!!

移転の経緯はわかりませんが、やっぱり美味しいお店は求められる
ものなんでしょうねぇ。しかもコメントを下さった方の話によると、
更に美味しくなってると言うお話もっ。これはっ。行かねばっ。

福岡にゆかりのある人間としては、おいしいもつ鍋を異国で食べられる、
というのは、もうものすごくありがたいこと。福岡県人、血中豚骨濃度と
モツ鍋含有量が減ると体調悪くなりますからねっ(嘘です)。

飲食店の入れ替わりや変更情報が多いホーチミン。とても1人ではキャッチ
アップし切れず、最近こうして読者さんに助けられる事が多々で、大変
助かっております!情報ありがとうございました!
そして是非とも近々また、こちらにお伺いしたいと思います♪



***** 2016  May *****

ローカル情報を眺めてて太目に泊ったこちらのお店。
ん??モツ鍋???

モツ鍋のお店は少ないから、あれば耳に届いてそうなのに、これまで
聞いた事が無かったなー。そして見てみると、うん、ちょっと外れに
あるし、価格がメチャクチャローカル価格!なんだなんだ????
と調べてみると。。。

おや、名前が楽天地!
もっ、もしかしてあの楽天地さん?!
福岡に数家の店をお持ちで、通販サイトなんかでも人気のお店。

th_IMG_8641_20160515154755936.jpg 

だったら尚の事色々聞こえてきそうなのに何故???と思い、
友達に聞いてみたらやっぱり知らなくて「とにかく行ってみよう( ・`ω・´)b」
ってことに。

フットワークの軽い友達がいて本当にラッキーだわ、私(*´ω`)

場所は3区なんですが、かなり離れた場所にあって個人的にはあまり
馴染みの無いエリア。でも周りに商店が沢山あって賑わってます♪


th_IMG_8633.jpg 

おー!!
入り口にはベトナムと日本の国旗、モツ鍋のビジュアル、そして
楽天地の文字!!これはー!!!

一階席にもお客さんが入ってましたが、ちょっと熱そうだったので二階席へ。
階段の所にはこんなものが。うん、日本企業ですなっw

th_IMG_8634.jpg 

でもメインはやっぱりローカルの方ターゲットみたい。
メニューもこんな感じで始まります。

th_IMG_8635.jpg 


実際お店の中はローカルの方ばかり。
モツ鍋のお店なのにこんなに日本人がいないのはホーチミンでは初めての事w
それも納得。見て下さい、このお値段。


th_IMG_8636.jpg 

1人前98kドン。
2人前180kドン。
3人前260kドン。
4人前330kドン!!

それでなくても安いのに、量が増える毎に割安になってる!!
1人前500円とは、なんと豪気な!!

いやいや、しかしどんなものが出て来るかによりますわいねー。
高いモツ鍋でも(あ?)ってなのが出てくる事もある訳で、お安いとはいえ
残念だったら意味が無い。さてさてどんなのが出て来るかなーと思いつつ
待ってましたら。。。


th_IMG_8645.jpg 

おおっ、間違うことなき清く正しいモツ鍋のお姿っ。
ってか、3人前ではあったけど、鍋でかいwww

そしてなにがいいって、ここ、醤油1択なんです。
ま、博多では味噌派も結構いるようですが、ワタクシ的には醤油1択なんで、
その潔さには深く共感した次第。醤油が、炊き上げた時のキャベツの旨味、
モツの甘みを一番受け止めてくれ易く、融合して感性に至り易い出汁だと
思うんですよねー。モツ鍋は。

で、これを卓上コンロの強火でゴンゴン炊き上げます。
それを待つ間に。。。


th_IMG_8640.jpg th_IMG_8638.jpg

ビール。安いよー、ビール。
22kドン。先ず飲むわね。
でもこの日は実はワインが手元にありまして。。。


th_IMG_8643.jpg 

これ、ココで飲んでも良い?とお訪ねして見ると、
「へっ?何が悪いの?氷要る?今グラス持ってきますね!」
くらいの勢いで承諾してくれた(・∀・;

大らかだなぁ。。。ベトナムのお店には他にも沢山持ち込みOKなところ
あるの知ってるけど、持ち込み料も取らないってのはあれかなぁ。
自分の所に置いてないものだし、メインの料理は頼んでくれるんだから
別にいいよ、お茶しか飲まない人もいるし、って考え方かな。ありがたい。
もちろんこちらも全く頼まないってことじゃなくて、ビールやらお茶は
お願いするんですけどね。吞ん兵衛には本当に助かる。

アテに酢モツもあるんですよー♪
わかってらっしゃる(*´艸`*)

th_IMG_8646.jpg 

ポン酢、自家製なんかなぁ。モツ自体は噛み応えのあるタイプでしたが、
サッパリとした中にも旨味と甘みがちゃんとあって、まぁビールのアテに
良いこと良いこと。ひと口食べた瞬間に追加、もう一皿お願いしましたw

その間にも、モツ鍋はグツグツグツグツ。
これだけ料が多いと煮えるにも時間がかかるなw
待ち通しけど、段々キャベツの山がシナシナと形を崩して行って、
山ほどのニラがスープに浸かりかけ、更にそれが食ったりとなってゆくのを
見ながら待つのもこれまた味の内。待ち通しのぉ(*´ω`)

th_IMG_8649_20160515160201eac.jpg 

この写真はまだニラが漬かり切ってないのでもうちょっと。
これ、無理に箸で抑えたりするのは野暮ですな。
いや、全く根拠はないんですが、待つ。ひたすら自然に崩れて行くのを
待つ。これが頃合いの見極め方。私個人の、だけどw

th_IMG_8652.jpg 

ちなみにグラスなんかと比べると、鍋の大きさこんな感じ。
やっぱでかいよなwww
あ、お豆腐とかは別注文になるのでお気をつけて。
味が馴染むのにけっこう時間がかかるので、今回は最初に追加で頼んで
煮始める時から入れてました。

そしてさてさて、いただきますよー♪
どーん♪


th_IMG_8653.jpg 

おほー!!!お出汁、美味しい!!
時々モツだけじゃなく、鶏もころんと入ってたりしてたんだけど(笑)
それがまたいいっ( ・`ω・´)b

モツもね、博多の人間が期待するような丸腸はあまり入ってません。
どこの部位か、詳しくは分からないのですが、しっかりした歯応えの
タイプの部位ですから、脂ゲットンゲットンのブニュブニュ丸腸
(愛を込めてそう言っとります)を期待して行くとちょっと違うかも
しれませんが…

最初はちょっと薄めに感じるそのお出汁が、モツが炊きあがるに連れて段々
濃度を増し、そこにキャベツやニラの甘さとモツからの脂もジジッと出て来て
見事に馴染んできましてねー。実に美味しい。

多分最初の頃に味見しちゃう人も居ると思うんですが、モツ鍋の真価は
鍋の中が炊き上がってからのこのタイミングですからね!!こちらの
お出汁この時点での完成系を見据えて用意されてる感がありますので、
グッと堪えて、炊きあがってから是非味わって頂きたい!!

ええ、モツも追加しましょうねっ。
うちは3つ追加しました(笑)

th_IMG_8648.jpg 

んで、嬉しいのは、〆の麺にフォーもあるけどチャンポンもあるっ( ・`ω・´)b
そう、醤油モツ鍋にはチャンポンよね!!Egg Noodleってあった気がする
けど、注文したら「Chanpon デスネ!」と言ってくれたのがまた嬉しい♪

th_IMG_8657_20160515160404a48.jpg th_IMG_8656_20160515160404cad.jpg

うまい。うまいよ、旨味タップリの醤油出汁をじっくり吸ったプリプリ麺。
危険である。モツ鍋でお腹いっぱいのところにツルツル入ってしまう〆の
チャンポン。うっかり追加しそうになったよ。おそろしや。

一点、こちらの二階のお部屋にはあまり大きなクーラーが無くて、ちと暑い。

th_IMG_8655.jpg 

満席だったんですよ。で、メニューはモツ鍋だけですから、どこのテーブルも火を
ガンガン炊いてるわけです。もう凄まじいスチームサウナ状態(・∀・;
ま、そんな中でビール飲むのがうめぇんじゃねーか!!って人には問題ないの
ですが、暑いのが苦手、と言われる方もいらっしゃるかと思いますんで、
そこはご留意の上、涼しい恰好をして行くとかアイスノンを持参するとか
対策をされてお越し下さいw

そこまでして行くヤツおるんかって?
いや、私また是非行きたい(笑)
これまでモツ鍋と言えば、個人的な好みで言うとレタントンの「しょうき」さん
でしたが、こちらもいいっ。趣きも味もしょうゆ一本って所も。

あっ、うっかり忘れる所でしたが、出来心(失礼だなw)で頼んでみたお寿司。
これが当たり!

th_IMG_8637.jpg th_IMG_8647.jpg

握りじゃなくて巻きだし、多分巻きも型使ってはんのかなーという感じでは
あったのですが、酢飯が美味しい!!寿司をメインにやってるレストランの
酢飯より美味しかったでっwww しかも巻きも型を使ってるにしても、
ギウギウ鉛みたいに押し込んでないし、作る方に余程センスがあるのか、
教えられた方が芯を通しておしえてらっしゃったのか。。。
今度はもうちょい色んな種類を頼んでみよっ。

あとね、この日3人でさんざっぱら食べてお腹いっぱいになって、
まぁワインは持ち込みましたが、ドリンクも一人1杯ずつは頼みまして。。。

th_IMG_8662.jpg 

この値段。なんか知らんが割引もしてくれてて、456kドン(´⊙ω⊙`)
3人で2400円くらい。。。えーーーー!!(・∀・;

酒持ち込んでグラスと氷出させて割引までしてもらうってあんたら
追い剥ぎかっちゅーくらいの値段ですがな。。。でもそう言う手軽な
価格もあって、なんだろうなー。

お店の中はローカルの方達ばっかりで満席。ベトナムの方、お鍋料理が
好きな事は知ってたけれども、モツ鍋って日本人でも食べた事無い、
何回かしか経験ないと言う人もいるわけじゃないですか。
それをこんなに親しんでもらってるって…

嬉しいなぁ。
お店の方が出す場所とか価格設定とか、色々考えられたんだろうかなぁ。
ローカルの方にも親しんで頂こうってことを考慮して。日本人をターゲットに
してたら、場所とか、もうちょっと行き易いところにするかもだし、
値段だって倍にしたって良さそうなくらいなのに。。。

英語や、多少の日本語の出来るスタッフさんもいて、机に来る度に
「お味はどうですか?」と聞いてくれて、私達、福岡から来てる人間なんだけど
すごく美味しいよ!というと、それはそれは嬉しそうにしてらして、
それもまたよかったなぁ。

今日はいないけどオーナーさんの日本の方が近々ホーチミンに戻って来るから
伝えておきます!って、それはそれは嬉しそうに。あれ、お店やお店のお料理が
好きじゃないとできん言い方だと思うわー。きっと良い関係を築かれてる
お店なんだろうなーと勝手に想像。

美味しかったのがなによりですが、ここ、なんか色々かっこいいわー。
あらゆる点で心意気が素敵。ちょっと遠い…と言ってもチャッとタクシーで
行けるくらいだし、そんなん何でも無い距離だと思いますんで、またぜひ
寄せて頂きたいと思いますー。福岡に帰ったら福岡の方のお店にも寄らせて
もらお♪ 良いモツ鍋屋さんが見つかりましたー♪




Lẩu Lòng Bò Nhật Bản - Motsunabe Rakutenchi
183 Trần Quốc Thảo, Quận 3
   ↓ 
以下のご住所に移転されてるそうです!
   ↓
8/16 Lê Thánh Tôn Q1




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

GOKU RAKU Ramen 〜 来たっ、牛骨スープ!!

わたくし、ラーメンがあまり得意ではありません。
好きなんですけど、1ポーションの量が最近きつい。
更にベトナムのライトな米麺を麺料理の主とするようになってからは、
小麦の麺が更に辛いー(´Д` ) 歳は取りたくないものだのぉ。。。。

しかし、牛骨と聞いては話は別だっ( ・`ω・´)b
わたくし、牛骨スープが大好物。

広州でいただいた牛骨薬膳スープの火鍋から、北九州は小倉の流浪のラーメン屋、
「ていさんの牛骨ラーメン」、韓国のソルロンタンなど、牛骨スープと名のつく物を
みつけたら、一も二もなく飛びついてしまう。というわけで、こちらに行ってみた!

th_IMG_6385_20161021202339e4d.jpg 


暖簾にもしっかり「牛骨」の文字。
これを見かけてマークしてたの(*´艸`*)

1階はカウンター席のみ。2階にもお席はある様子。
で、この日は13時をすっかりすぎた、ランチタイムからはちょっと外れた時間に
行ったのですが、1階のカウンターには8人くらいのお客様がっ。しかもみんな
ローカルの方!おーーー!日本のラーメン、受け入れてもらえてるんやねー♪

ローカルの方に人気がある要因の一つとしては、日本のラーメンとしては割と
リーズナブルなお値段にもあるのかなと。

th_IMG_6387_20161021202342b26.jpg

小ぶりではあるけどシンプルな物なら79kドン。
ゴージャスに色々乗った物でも100kドンちょっと=500円ちょいというお値段。
トッピグをちょっとしたら千円近くなるものもある中、これはありがたい。

th_IMG_6393_201610212025303b1.jpg 

セットメニューも豊富にあるのであれこれ食べてみたい人にも嬉しい。
そう、小ぶりのラーメンは「そんなもんじゃ足らん!」と言う人の声もあるかと
思うんですが、こういうセットメニューが充実してたら「調整がしやすい」という
風に切り返せるので、個人的にはとても良い戦略だと思うのです。まぁ、お若い方
には、なんのことやらって話なんでしょうが。。(泣)

プロモーションとしてメニューの最初に目玉のラーメンじゃなく、多分次期限定
なのか???サーモンを多用したメニューがあったのには驚きましたが、
いや、確かに食欲そそられはした。うん(笑)

th_IMG_6386_20161021202341841.jpg 

あとここ、表にも掲げられてて(お?)って思ったんだけど、寿司もある。

th_IMG_6389_20161021202344e77.jpg 

そしてレギュラーメニューにもサーモンが。
サーモン推しなのね。お好きな人にはたまりません状態。

th_IMG_6390_20161021202345bb5.jpg

サーモンメニュー中程には、サーモンパフェサラダなんてものもあって、
色々工夫をされてるな、と。

th_IMG_6391_2016102120252955f.jpg 

焼鳥メニューやその他の一品ものもあって、宴会なんかにもサクッと使えそうな
感じ。いやや、その前にラーメンをまず食べてみないとねっ。ってことで、
牛骨ラーメンの一番シンプルな物を頼んでみました。

th_IMG_6394_201610212025314ff.jpg 

うんっ、シンプル!
トッピングはネギとピリ辛で和えたモヤシと、牛丼の具材の様なもの、ごま。
玉ねぎと牛肉を甘辛く煮てるヤツ。面白い構成。モヤシは少し熱を入れて和えてる
おかげでスープが水っぽくなる事も無く、且つちょっとピリ辛で和えて入る部分で
アクセント的な役割にも。

まずはスープ。

th_IMG_6395_20161021202533fd3.jpg 

まろーーーーい!!!
牛骨スープを謳うところでは、澄ませて取ったスープに薬膳的要素を加えて醤油系に
仕上げる所もあるのですが、こちらのお店はソルロンタン系。まろーい♪

でも、豚骨程のアタックは無く、食べ始めは(んーこんなもんかー)ってな印象
でした。でも食べ進めるに連れて、そのまろさ、トロみすら感じる旨味の層、
穏やかながらにピンと合わせて突き詰めてる感に徐々にハマって夢中になって
しまいました。

麺は加水率ちょっと高め?のプリリン・ストレート麺。良きっ( ・`ω・´)b

th_IMG_6397_20161021203813234.jpg 

麺が「どやーーーぁ!!」と主張するラーメンもあって、それはそれなのですが、
スープとうまいこと調和する麺、というのも奥ゆかしくてとても好きだ。
奥ゆかしい割に、スープとタッグを組んだときの「あら、そんなに喜んでくれたら
嬉しいやないですか(※^^※)」という、自分の仕事ぶりに対する肯定感がしっかり
あるところも好ましい。

一点気になったのは、甘辛い牛肉。
見ただけのときは、結構しっかり味がついてるので、このまろやかで完成された
スープの味が変わってしまうやないか、と思って心配だったのですが…

th_IMG_6398.jpg 

考えたら、スープの味が途中で変わって悪いんかっちゅー話です。
なんだったら出て来たラーメンに胡椒やら薬味をバンバン入れる人もおるやんな。
最初からの人もいれば途中からの人もいるけど、デフォのスープの味を途中で
変えて楽しむと言うのは不思議な事でもそんなに無作法な事でもないように思う。

そして考えたら、たいていのラーメンってベースのスープに「元ダレ」ってのを
加えて仕上げることが多い。逆か。元ダレにスープを加えて伸ばすって感じか。
この牛骨スープは、既にそのように仕上げられてるのかもしれませんが、この
牛肉を炊いたんが、更にその元ダレ的なポジションを担っていると考えれば、
全くの不思議は無い。どころか、むしろこれ混ぜたらどんなことになるんやろ?
という期待感の方が高まる。果たして。。。

…美味しい…。静かに、美味しい。
どっひゃー!とか、うおおおおおっ、これは!!!とかじゃなく、
(うんまいなーっ、これ)とミゾオチの中りで呟く美味しさ。

その中にも、変化がある。タレだけであれば全体が均一な変化を受けるけれども、
炊いたお肉ですから、その周辺と肉自体を味わう時には感じ方も変わります。
更にはそこに玉ねぎさんもあったりするので、ひと口事に味わいが変わる。
でもそれは僅かな変化で、全体はまろっとスープが大きく優しく包んでる。
これは…箸が進むはずやわ。うまいこと乗せられてしまう(^^;

麺は喉越し、とばかりに勢い良く啜り混んで呑み込むのではなく、口に含んで
一拍置いて味わいたい感じ。且つ、丁寧に取られてると思われるスープはアクも
塩気も控えめで、飽きがこない。変な喉の乾き方もしない。気がつくと。。。

th_IMG_6402.jpg 

うわー…、スープまで完食(・∀・;
私には滅多にない事です。ラーメン、ここまで平らげるって。

なんやろな。初めて会う事になった子がパッと見そんなに好みじゃなかったのに、
話をしてる内にどんどん良さが見つかってしまって、別れる時には「次、いつ会える?」
と聞かずにはいられない魅力に見入られてしまったみたいな。実際、食べ終わった
直後から(次いつ来よう?)って思ってたし。

派手、では無いと思います。でも派手なやつは、月に一回、なんだったら一回
試したらまぁいいや、みたいになる事もあるじゃないですか。でもこれは違う。
日常の中にあってくれたら、チョイチョイ食べに行きたいなーというラーメン。
良い。ものすごく、良い。穏やかに、良い。

あとね、試しにお寿司も頼んでみたんです。
2貫から頼めるようになってたので。サーモンの炙り。

th_IMG_6400.jpg th_IMG_6401.jpg

うん、ビックリする程薄めやし(コンだけ薄くカッと出来る事が驚愕)、標準より
かなり長細くてちょっと違和感を感じました。正直な所。でも食べてみると…

悪くない。サーモンもめっちゃくちゃ脂が乗っていたので、この薄さでも悪くない。
ってか、このくらいの方がええかもしれん。酢飯の具合も握りの加減も悪くない。
大変失礼ながら、メニューのバリエーションを増やすためだけに寿司メニューを
加えられたのかなと思ったのですが。。。これは今度ちょっと巻物も頼んでみたいわ。

んで、まろっとスープが、このお寿司によー合うねん!
ラーメンと寿司を一緒に出すお店ってのは地方にいくと時々あって、個人的な
記憶に照らしても懐かしく、且つアリな組み合わせなんですが、このまろっと
スープが、酢飯の酸ゆさを上手にカバーし、サーモンの脂動物的な味わいとも
調和し、具合良い。

なんだったら寿司の盛り合わせに、このスープだけ吸い物的に出してくれんやろか?
と思うような取り合わせ。麺を食べたらお寿司よーけ食べられんし、でもスープは
頂きたいし。。。これ、通ってお店の方に「この客は良し」と思ってもらえたら
叶えてもらえませんでしょうか(・∀・; ←わがままな客

どれも。。。個性ごり押しする様なものは無いんです。でも麺とスープ、
スープとお寿司、とかが組合わさると、優しい優しい調和を感じる美味しさ。
いいわー、ここ。個人的にメッチャ好き。

牛骨、お好みはあると思うんですが、お好きな方であれば一度行ってみて頂き
たいし、あんまり食べた事ないなー、という方には、高いお店ではないので
チャレンジしてみて頂ければなーと。

組み合わせにあれだけの妙を生み出してる所や、お寿司への気の使い方を見ると、
他のお料理にも期待が涌くし、ちょっとこれ、お友達誘って宴会しに行きたいわぁ。
おごちそうさまでした。

近々また寄せてもらいます。久しぶりに、ラーメンで通いたいお店見つけました。
嬉しい(※^^※)



th_IMG_6403_201610212038412a6.jpg 

おお。Tan PhuのAeonにも入っておられるのか♪
私が今回行ったのは、Ly Tu Trong の店舗でした(^^)

th_IMG_6404.jpg


Goku Raku Ramen
241 Ly Tu Trong Q1








結 〜 とかいて「むすび」と読む( ・`ω・´)b

懐かしのヤンキーフレーズで入った本日。
大変和の回でございます。

場所は繁華街から外れたところ。
かなぁりローカルな商店が並ぶ中りなので、なにかのついで、というのが
なかなかないかも、とは思うのですが、どこかに行く際に通りがかったら
ちょっとよってみてほしいお店。


th_IMG_4784_20161017212105570.jpg 

しぶいっ。
おむすびのお店!
おにぎりで、いきたいヽ(・∀・)ノ

th_IMG_4785_201610172121071ad.jpg

私、ホーチミンのコンビニのおむすびも場合によっては嫌いじゃないんですが、
(周辺諸外国のコンビニ結びに比べたら頑張ってると思うんですよっ)
まぁ敢えてわざわざ買いに行きたい、というほどではない。そもそも日本でも
必要に迫られないと、コンビニのおむすびって買わなかったんですが…

th_IMG_4791_201610172121112e8.jpg 

イートインスペースもあるこちらは、おむすび専門店っ。
こちらで育てた日本のお米、というのも使ってる様ですが、日本から輸入してる
お米を使ったおむすびもあるのがすごい♪ それはもうお米勝負、ということ
なんでしょうか。いろんな具材のおむすびがある中、輸入してる日本のお米の
おむすびは「塩結び」。かっくいーっ( ・`ω・´)b


th_IMG_4787_20161017212108076.jpg th_IMG_4788_20161017212110e87.jpg

ご覧の通り、綺麗なパッケージで、日本で見たとしても、ええとこのおむすび、
と言う感じ。ましてやホーチミンにあっては、希少価値により燦然と輝いて
見えてしまいます(笑)

th_IMG_4797_20161017214519dcd.jpg th_IMG_4800.jpg

塩昆布のおむすびとか、なつかしなー!!!
なんかシックリ来るわーっ。これ、ベトナム産のお米ってことなんだけど、
結び方もきつすぎずゆるすぎずで、ちゃーんとお米が形を成した状態でまとめ
られtるし、これで充分美味しいわー。

th_IMG_4801_20161017214522049.jpg th_IMG_4802_201610172145233ee.jpg

シンプルなしおむすびも、美味しおました。
こちらは多分日本から輸入したお米かな?冷えると、日本人的に思う所の
「お米のおいしさ」って差が出るって言われますけど、なるほど。
専門のお店で炊き方などにも気を配られてるのか、確かに違いが分かります。

家では、炊飯器、いいやつを買ってはいるけど、言うてもこっちのお米用だから
日本米の本領発揮させられんのかなぁ。こんな風には炊けんなぁ。
まぁ圧力釜使うとか直火で炊くとかやり方はあるんだろうけど、最近家で
あんまりお米炊かなく
なったから、そこら辺気合いもあんまり入らんくなったし。。。

でも、だからこそかな。
たまにおいしいお米食べれると、とても幸せ(*´艸`*)
あれやらこれやら気を使いながら炊く行程が入ると、もういっかー、って
思うこともありますが、こういうお店でひょいっと買えたらウレシイですよね。

しかも1個10kドン。おいしいお米がおごちそう、と思える日本人ニーズが
メインになってしまうかもですが、ありがたい。この周辺でお仕事されてる方
とかには、重宝されるかもしれませんねー♪ 私もたまに周辺に行くから、
その時には買って帰ろ♪


結 Musubi
91 Pho Duc Chinh , Q1
10:00〜17:00だそうですが、無くなり次第、その日はおしまいとの事


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

VJ Star Cafe 〜 ビンズンの和食カフェ

引き続き、ビンズン情報。
以前ご紹介した名源飯店さんがある付近に、別棟でフードコートがありまして。

th_IMG_4155.jpg 

こんな感じの建物なんですが、中はかなり広大。
人がいない時間帯だったから特にそう感じたのかもしれませんが、
相当な収容人数がありそうだなぁ。

th_IMG_4159_20160930220521530.jpg 

店舗数も結構なもんで色んなお店が入ってました。
ベトナミーズもあるのでしょうが、けっこう日本食重視な感じ。
日本人の方がけっこういらっしゃるんでしょうけども、ローカルスタッフさんも
かなりの数利用されると思われるので、日本食の受け具合が気になる所。


         th_IMG_4171_20160930220628e57.jpg
th_IMG_4167.jpg th_IMG_4170_20160930220524e5e.jpg

越南そばって、どげなんじゃろうね(*´艸`*)

同じ建物の中ではあるのですが、そんなフードコートエリアとは一線を画した、
「店舗」として入っているのがこちらの「VJカフェ」さん。
今回は、ビンズンに住むお友達ご夫婦とご一緒させてもらうことに(^・^)

th_IMG_4173_20160930220630691.jpg 

ジャパニーズBBQってのは、あれですかね。焼鳥が売りなんでしょうかね。
まぁ入ってみましょう。

         th_IMG_4183_20160930220632cd6.jpg  
th_IMG_4184_20160930220632f45.jpg th_IMG_4186_20160930220634802.jpg

流行の味付き枝豆にピクルス、ベトナム式のコールドカッツ。
枝豆の加減がすごく美味しくて、プラスにんにく醤油っていうおっっちゃんには
たまらん感じの味付けが良かった!ヽ(・∀・)ノ

……あ、おっちゃんじゃなかった(--)

言うだけあって、焼鳥の種類が豊富な上に、ちょっとこれなに!
夜店の「ジャンボ串」くらいのボリュームあるんちゃう?(・∀・;
1本を2人でシェアしても1片が大きいから、ちょっと「かぶりつく」
くらいのボリュームがあった(笑) 

th_IMG_4201.jpg th_IMG_4204.jpg

そしてベトナムでは期待をはずされる事が少ないとはいえ、グリルの加減が
ドンピシャですわー。トリとかプリップリやし、豚バラは脂ジュワジュワやし。
へーっ、美味しい!プラス。。。


th_IMG_4181_201609302237345d8.jpg 

まず串の種類を選んだら、タレか塩か塩かを選びまして、更につけ合わせを選び、
タレか塩かって味選んでるのにさらにつけダレのバリエーションが。。。
これ、ベトナムチックな感じなんですかね。ベトナム料理でも、もうこれ味
ついててしかもドンピシャ、美味しいやーん!と思う物にもタレがついて来たり
する。あんな感じ?

何種類かの串を頼んだんで、もうソースも適当におすすめ難持ってきてー、
と言う雑な頼み方をしたら。。。

th_IMG_4196.jpg 

マテ。
串1種類につけダレ1つちゃうんかい。
流石に6本もは頼んでなかった気がするぞ、串(笑)

でもそれぞれにこれが美味しくて。。。
まぁ塩ライムは定番ですが、ピーナッツペーストのアレンジだったり、さっぱりとした
ヌクマムベースのタレだったりと、あったらあったでこれは嬉しい。他の料理に
ついて来た野菜を漬けて食べてもよろしいし、ピーナツなんちゃらとかはもう、
箸でチミチミつまみながらお酒のアテにしてみたり(ビンボーくさいことやめなはれ…)

美味しかったのはこのサテ!!

th_IMG_4206_20160930223224b57.jpg 

ちょっと甘ミソ風でぴりりとしてて、メッチャ美味しい!!
コチュジャン的な刺激と食べやすさのバランス。
どこのやろかなー。なんか食べた事がある気もすんねん。多分あれかなー、
と言う当たりをつけながら、(手に入れたら絶対これで白飯食うたろ)と決心( ・`ω・´)b

鍋なんかもありましてね。
と言っても、小さめの魚介スープみたいな感じだったんですが、まぁ豪華。
ハマグリみたいなんはガンガン入ってるし、お鍋小さいから具材は別添え。

th_IMG_4198.jpg 

でも別添えの魚の方が先に来ちゃって、しかも焼きが入っていたので、あらこんなん
頼んだかいなー、まぁええわ食うてまえ食うてまえ、と箸を付けたらあとから鍋来て、
(あっ、この魚鍋に追加するヤツやったんや。。。)とあとで気づくなど(。-_-。)

th_IMG_4199_20160930223144962.jpg

カインチュア的、柔らか酸っぱスープにハマグリのお出汁がガツーンと聞いてて、
うん、これも出汁で酒が飲めるレベル(だからなんでも酒のアテなのな)。

へーーーーっ、こりゃこりゃ!
強豪が少ない中にあると、ついつい安易な方に流れがちと言うのは人の常なのに、
そしてホーチミン1区に比べりゃ、無いに近い競争の中で(他にも和食屋さん
はあるので競争が無い訳じゃない)こんな頑張って張るお店があるんやー!!

競争が厳しい中でも「おい!!」と突っ込みたくなるお店があるというのに、
すごいなぁ! ちょっとウェスタンチックなハンバーガーとかのメニューも
あるんで、完全にガッツリ和食のお店って感じじゃないけど、だからこそ良い。
ちょっとベトナム、ちょっとウェスタン、ベースは和食。
実際日本の身近な食卓なんてそんな感じになってるしなぁ!

うん、面白い。
そもそも日本食レストランにはなかなか足を運ばないので、ビンズンに1人の時に
またここくる?と言われたらいつになるかなーという気はしますが、誘われたら
喜んで行く。んで、今度はあのサテがついて来る串と白飯頼むねん。焼鳥丼にして
ガッツガッツ食うたるねん(*´ω`)

いやー、楽しまさせてもらいましたー♪
ご一緒させてもらったご夫婦もそりゃぁ魅力的なご夫婦で、宴はワンチャカ盛り上がり、
大変楽しいビンズンの夜。おごちそうさん。楽しかったです♪帰りの車の中では
殆ど寝落ちてましたけどねー(・∀・;




VJ Star Cafe
Hòa Phú, tp. Thủ Dầu Một, Binh Duong




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

MISOYA Ramen 〜 ビンズンで味噌ラーメン!

そもそも粉物はワンコインが理想、とかいう昭和の価値観をまだひきずってる
「古風な女」なので(それちょっと違う)、ホーチミンに出来てるラーメン屋さんの
なかなかなお値段にはビビってしまうワタクシ。加えてグルテンフリーの麺に溢れた
ホーチミンでは、ついつい機会を逸しがち。
(グルテンが悪いとは思ってないんですけどね。パン好きだし)

しかしこちらのお店は気になった。
レタントンにもある、田所商店さんと同じ系列と聞いてるのですが、
レタントンの方とワタクシ、あまり相性が良くないようで、何度行っても
トラブル対処中だったり開店が遅れたりと、そもそも店内に入れない事
ばかりだったというね(・∀・; でももしこちらのビンズンのお店のお味が
レタンとのと同じであるなら、念願かなったと言うべきか(笑)


th_IMG_2024.jpg 

ビンズンのイオンに入ってるお店です。
食料品売り場近くにあるエスカレーターを上がって行くと、レストランフロア
手前側にあるのですぐに分かるかと思います。ビンズンにお仕事に行かれてる方
たちの間では、スッカリお馴染みかもしれませんね。

味噌ラーメン、とだけ頭にあって特に深く考えてなかったのですが、
北海道風と東京風????があるのね。東京風の味噌ラーメンってちょっと
よくわからなかったので気になったんだけど、ここはまず初めてだし、
メニューにも北海道味噌ラーメンの方が先に載ってたからそっちがデフォかな、
と思ったので北海道風に。

        th_IMG_2027_20160803142448a97.jpg

th_IMG_2028_20160803142450db8.jpg th_IMG_2029_20160803142451003.jpg

店内は朱が貴重で、壁には日本語の書が前面に。
こういうの、ローカルの人に意味が分かり辛いであろう事はもちろんだけど
どんな風に見えるんだろうなー。ベトナムにも書はあったと思うから、
なんとなくシックリきてはくれるんだろうか(^・^)

th_IMG_2037_201608031426271df.jpg 

さて本題。
北海道味噌ラーメンです。

th_IMG_2040_20160803142629368.jpg 

空いてたので、そこそこの時間でスムーズに着丼。
フライドポテトが乗ってたのには気になったけど、とりあえずそこは
本題じゃないので見ないふりして着手。頂きますっ(`・ω・´)ゞ

th_IMG_2042_20160803142631d97.jpg 

おほーっ、主張し過ぎないプリプリ麺、ほっこりするお味噌の味わい。
つけ麺なんかにありがちなんですが、麺がもうトッピングもスープもすべてを
押しのけ、どやーーーー!!ってしてる感じのあるじゃないですか。そうする
までにはそれなりの味わいを持った麺だからこそで、それはそれの楽しみ方が
あるわけですが、その主張を打って迎える気概がこっちにも求められるから
少々疲れる。たまに食べるだけならいいんだけど。

でもここの歯とってもバランスが良い。
塩や醤油に加えると、調味料自体に旨味が多く含まれるお味噌のスープも
家でここまでやるのは難しいけど、といって、やたらに個性を主張している
ような圧は感じず、すんなりと美味しく頂ける様子。しかもこれ、70kドン
なんですよね。ありがたいお値段。

ラーメン合戦が盛り上がると個性豊かなメニューが楽しめるようになるのは
いいんだけど、あんまり個性が立ちすぎてるのはしょっちゅう食べたいとは
思え難いから、日常使いにはこういうラーメンが嬉しいですね♪
ただし、レタントンのお店は一杯辺りがもう少しお高くなるんだったかな。

あっ、ここ餃子もおいしかった!!

th_IMG_2043_20160803142632a73.jpg 

デフォは5個なんだけど、3個入りの小さいポーションもあったのー♪
これちょっと嬉しい♪

2人で行ってれば1皿頼んでシェアするんだけど、一人だとラーメン食べたら
お腹いっぱい。でも餃子も食べたいと言う欲が出たとき、無理して食べるか
残すか諦めるか。。。どれをとっても悩ましい(笑)
でも3つ入りなら迷わずに頼めちゃう♪

田所商店さんって、確か色んな国にお店を出されてるんですよね。
アメリカ、カナダ、台湾、ブラジル、タイ、中国。そしてベトナム。
確かベトナムは工場もこちらに作ってらっしゃるんでしたっけ。

日本食屋さんって、単にその地に住む日本人のニーズを満たすだけじゃなくて、
食文化をその土地に伝えると言う役割もあると思ってるんですが、こちらは更に
店舗の手前、製造段階にも大きな雇用も生んでいると言うすばらしい会社。

ほっとするようなお味なので、広く受け入れられ易いと思うので、ローカルの
方達にも是非馴染んでもらって、長くこの地に根付いてってほしいですね。
特にビンズンのこのお値段なら、ローカルのお値段に照らしたら少しだけ
お高目だとしても馴染んでもらい易いかもしれないし♪

味噌ラーメンって言うと北海道ってイメージだったから東京バージョンは今回
スルーしたけど(ってか、どっちかしか食べられないしな)こうなると
ちょっと気になって来たなー。またビンズンに行った時にトライしようっと(^・^)


th_IMG_2036_201608031426267cd.jpg 






にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

浦江亭 〜 今更ですが冷麺美味しい♪←無くなった様です(泣)

***** 2016 Jul. *****

悲報です。
最近あちこちにお屋敷の様な店舗を構えて躍進目覚ましい浦江亭さん。
久しぶりにSaigon Square横の店舗にお伺いしたら。。。

イチオシだった冷麺が無くなってた(;ー;)
メニューにも無く,店員さんにこちらのブログの写真を見せて、この冷たい麺は
無くなったのかと確認までしたのですが、無くなったと。。。なんてこった。。。
並みいる本家・韓国料理のものを並べても引けを取らぬどころか、大変細やかな
手が入っていて私的にはホーチミンの中で一番好きな韓国冷麺だったんだけど。。

しかもこの日は、二日酔いでスッキリし何と言われる御仁を伴って、ココの冷麺ならば!
とお連れしたと言うのにないって。。。(´・ω・`)

残念です。
が、無くなった物は仕方ない。ので、下記の以前の記事は過去の物として認識ください。
もしかしたら他の店舗にはあるのかもしれません。すしを扱う七区の店舗では
冷麺では無い物の、お蕎麦に関してやはりキッチリした手入れをされていたようですし、
その辺のご指導・監督はあいかわらず徹底してらっしゃるものと推察します。
まぁそれだけに残念ですが。。。

挙句に何となくピンと来る物が無くて、冷麺のつもりがチゲに大変身でしたよ、この日。

th_IMG_1249_20160711003224f37.jpg th_IMG_1250_20160711003226841.jpg

あっついわ甘いわで、残ねながらこれは半分くらいでご遠慮申し上げました。。。
ベトナムの方がお客さんに多い店舗の様なので、この手のスープは甘め甘めに
なるんですかねー。本筋は焼肉なのでまぁ体勢に影響無しとは思いますし、
むしろ、ローカルの方をターゲットに調整しているのであれば正しいこと。

ってか、私失礼ながらこちらの焼肉食べてないわ。(←本当に失礼だな・苦笑)
こんなサイドメニューでもの言ってるってのもアレですわね。
次回お伺いする事があったらお肉,頂かせてもらいます。
冷麺には未練タラタラですが、日本人からの支持も高いし、
何より目覚ましい拡大展開されているのが人気の証明。
期待を持って、どちらかの店舗でお肉を頂きたいと思いますー。


***** 2014 Jun. *****

大変大変今更ですが、浦江亭さん。
日本人の間では人気の焼き肉屋さんで、焼き肉食べるなら、って話になると
必ず進めてもらってたお店。だけどローカルの焼き肉屋さんの方が興味あって
なかなか足が向いてなかったんだよね(^^;

そしたら冷麺もおいしいって言うじゃないですかっ。
聞き捨てなりませんよ、これは!!(←冷麺Loverなんです)
ってことで、テクテク。こんな場所にあったのかー、などと今更ながらに知ってみるなど。
Saigon Squareの割と近くなんですね♪ 近々買い物に行きたいと思ってたので
偶然にもちょうど良かった♪

th_IMG_2717.jpg

店内に入って嬉しかったのは、焼き肉屋さんなんだけど、お一人様も歓迎ムードな
内装作り。ま、正確に言うと二人用ではあったのですが、カウンター状のテーブルが
並んでて、そこに二人に1つの割合で埋め込まれたコンロがあり、少人数でも
あまり気負う事なく焼き肉を食べに入れる感じ。更にはファブリックパーテションが
あり、必要に応じて気分だけ個室的にしてもらえるとか配慮もなかなか♪

th_IMG_2731.jpg th_IMG_2734.jpg


メニューにはほぼ全部に写真がついていて分かりやすいです。
これは日本人にもローカルの人にもアピールしやすいのか、この日13時くらいで
ちょっとランチタイムを外しましたが、ローカルのお客さんでほぼ満員でした。
週末とかはお仕事お休みの日本の方も多いのかもですが、質とお値段が受け入れ
られてるんですかね。ものすごく日本食前とした構えと内容の割に、ローカルの
方が楽しんでらしてて嬉しかった♪

th_IMG_2720.jpg th_IMG_2721.jpg
th_IMG_2722.jpg th_IMG_2723.jpg

で、まぁこの日は冷麺狙いだったので迷わずそれを。
ランチタイムだったので、うっかり定食にしてしまうミスはあったけど(笑)
金額的には微々たるプラス料金だったし、まぁ良し。
じゃん。

th_IMG_2727.jpg

おー!!!定食内容、ラーメンライスやんけっ(笑)
まさかライスがついてくるとは思わんかったけど、ま、えっか(笑)
付け合わせのキムチその他は、まーぼちぼち。この辺は韓国料理屋さんの
ホスピタリティには叶いませんね。ま、そこ本筋じゃないから良しとしましょう。
で、本命、冷麺〜♪

th_IMG_2729.jpg

うんうん、器もキリッと冷やされてるし、麺もしっかり締められてる。
信じられないことですが、この麺を締める締めない以前に、ムラがあるようにしか
冷やしてないとか、スープが生温いとかいい加減な扱いしてる所もありますからね。
それが出来てるだけでもホーチミンでは得点高いw

ただ不思議な事に、見た目はグレーで細身の平壌系の麺なのに、強靭なコシのものが
少ないんよなー。湯で時間が長いんかな? ここのも手入れはしっかりしてたけど、
そこまでコシの強い冷麺ではありませんでした。ホーチミンのコリアン・キュジーヌ
では、あのコシ、あんまり好まれんのかな?

スープは牛骨。。。の雰囲気はあまり感じず。
不味くはないけど、醤油ダレ勝ち気味のアッサリ。。。といえば聞こえはいいけど、
個人的には、もちょっと突っ込んだベースがほしいかなーって、これがメインの料理じゃ
ないから、そこにだけの為にスープを炊くわけにもいかんわな。。事情はお察しします。

が、まぁ今まで食べた中のホーチミンの冷麺の中ではTOP3入りですかね。
美味しかったです♪ 教えてもらえて良かった良かった♪

それより!!(って、失礼だな、おいw)
お米がおいしかったんですけど!!!(笑)

なんなら食べずに残すか、せいぜい2個の内、1個だけ食べようと思ってたおにぎり、
ペロッと食ってもた!(笑) ゴマが混ぜ込まれていて、風味が良くて、握り方も
程よくて。単体の白米で食べたら左程じゃなかったかもですが、なんか美味しくて
冷麺食べたあとにおにぎりだけバクバク食べてしまいました(笑)

あのお米で、焼き肉食べたらガッツリ行けそうな気がするなー(笑)
定食だったらお手頃価格だったし、今度は焼き肉食べに行こう!

あ、一つだけ難点言うなら、席が割と仕切られてたため、スタフさんの目が行き届かないこと。
目の前に店員さんを呼ぶコールボタンがあったけど機能していなかったようで、
周りに他のお客さんもいなかったことから、なかなか店員さんが寄ってこず、
お会計をお願いするのに人を呼ぶのが一苦労、みたいな場面もありました。
夜、どなたかをお招きしてのお食事の時などは積極的に「エモーイ!!」と
大声あげた方がいいかもです(笑)


th_IMG_2725.jpg th_IMG_2726.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪


山伏 〜 ホーチミンでこんなお蕎麦が!!

当初は夜20時くらいからかな?
しかやっていないという話だったこちらのお蕎麦屋さん。
そもそもThai Van Lungのヘムの中は数える程しか行った事が無く、
(食べるには食べてる。書いてないだけ。)中々機会がありませんでした。

th_IMG_1390.jpg th_IMG_1392_2016071621150608b.jpg


と言いつつ、実はこれまでに3度トライしてたんですが、たまたま
その日がお休みだったり、もしかしたら品切で閉じてしまったのかな
というタイミングだったりで、なかなかありつけなかったのですが、先日やっと!!
この灯りを見る事が出来ましたヽ(;▽;)ノ

でも。。。


th_IMG_1391_20160716211505ec2.jpg 

どこから持って来た、このイラストwww
でもま、お店は開いているらしい。
店主さんがいる時はいる時でまたお伺いすれば良いので、とにかくこの日、
念願叶えるべく入店しました♪

th_IMG_1400.jpg th_IMG_1395_201607162115092dd.jpg

靴を脱いで店内に入ると、へえっ、面白い♪
スツールに座る高さなんだけど囲炉裏の様な物がいくつか置かれ、
その場で焼き物などしながら頂けるようになっている。
最近作られたそうですが、中二階なスペースに和室的なセッティングも
されてあって、色々造りが面白い♪

お蕎麦屋さんということだったので、まずは一杯。
おーーー!升!!

th_IMG_1398_20160716211600536.jpg 

気前よく注いでくれたのは日本酒は、越の一という、ベトナムで造られ
てると言う日本酒。私これまで、ベトナム産の日本酒は飲んだら頭痛く
なるとか美味しくないとかそんな事しか聞いてなくて、そもそも和食屋
さんには滅多に行かんし、行ってもお酒を飲みたくなるような料理に
中々出会えなかったり、出会えたと思ったらお酒がゴッツイお高かったりで、
こちらで日本酒を飲む機会が殆ど無かったんですよねー(^^;

で、今回は銘柄も確かめずにお願いした上に、瓶のラベルをチラッと見て、
「越の一」って感じで書いてあったもんですから、すっかり日本のものかいな、
と思って頂いてみた訳です。ちょっと甘め。でも全然普通に美味しく飲める。
久しぶりの日本酒美味しいなぁ!とか言ってたら、これ、ベトナム産だと発覚。

えーーー!!!!
全然美味しいやん!!(´⊙ω⊙`)
甘めですから好みはあろうが、聞いてた感じとは全然ちゃう。。。
しかもこれ、70kドン。およそ350円。まぁぢか!!!

1件目でビールしか飲んでなかったちぇりさん、久しぶりの日本酒に上機嫌。
ぐびぐび。

で、程なくお蕎麦が出てきましたよ。
おーーーー!!!!ちょっと携帯のカメラじゃ見たままの美しさが出せないのが
お店さんには申し訳ありませんが。。。


th_IMG_1402.jpg 

きれいっ。写真じゃわかんないけど、ものっすごツヤッツヤしてまして、
ぬめるように滑らかな表面が実に涼やか。伸び越しのありそうなテクスチャーで、
十割ではなさそうだなと思いましたが、実に実に食欲をそそる物越し。

こういうルックスのお蕎麦は、そのまま食べても(=つゆナシでも)
美味しいやつや!!と、まずは2スジほどつゆなし、そのままで
ツツツっと啜ってみましたところ。。。。んまーっ清廉!!!

2:8くらいかな。こう、つーーーっと喉を降りる際に、冷やーっとした
清涼感が喉元から胃の腑までを清めるかのように滑って行く。
酒で火照った身体に気持ちの良いこと、気持ちの良いこと♪

茹で時間もキッチリされてるんでしょうし、冷たいお水でキリーッとムラなく
締めてはるんでしょうなぁ。そんなん当たり前やん!と言われる方がおられる
かもしれませんけど、結構やってないとこ多いんですわ。なんならこんな風に
ザルなりなんなり、水が抜けるようにもしてなくて、器の底に水がたまったまま
蕎麦が泳いでるような盛り方してる所もあるらしいですよ(´Д` )

冷たい麺好きなんであっちこっちで食べたんですけど、意外と当たり前が
できてないとこ多くって、もうそれなら家で食べまひょ、
となってたんですが、こーれーはー美味しい!!

そのファーストバイトがすばらしかったので、つゆはひとまず置いといて、
塩とワサビで頂いてみたら。。。

th_IMG_1408.jpg 

ひょっひょひょ(^・^)
んまいがねー!!!

ゴリゴリの挽きぐるみ使った田舎蕎麦みたいなんが良いと言う方にはモノ足り
ないかもしれませんが、こう、ちょっと飲んだあととか、お酒のアテに頂く
にはね、こういうツリーっとした喉越しの良い、そして品よく香る蕎麦が
美味しゅうございますな♪ 塩とワサビで食べたい、とは、よっぽどの蕎麦
じゃないと思わないのですが、ここのはイケる!

もし失礼でなければ自分の好みのわさびと塩を持ち込みたい。
こちらのお店のも充分だったんですが、ガッツリ好みの塩とワサビで食べて
みたい。ちなみに、おつゆも大変追いしかったです。気持ち甘めだった
ので、九州人の私にはピーッタリ♡

th_IMG_1407.jpg th_IMG_1405.jpg

薬味のお大根も、鬼おろし的にザックリされたりまして、いやはや、
気が利いてはりますなぁ(*´艸`*)

なんとまぁ、ホーチミンでこんなお蕎麦を頂けるとは!
しかも驚くなかれ、お値段がこちら。

th_IMG_1394_201607162140416a0.jpg 

ええええええええええええ!!!!!!!(´⊙ω⊙`)
60kドンて!!!!待って、あのレベルのお蕎麦がその値段?!
なんかの間違いちゃいますのん?!大盛りにしても80kドンて。。。

つまみの串ものに至っては、40kドン。200円て。しかも2本で(´Д` )
店主、大丈夫ですのん?!いや、客としては安ぅあんな美味しいお蕎麦を
頂けるってのはありがたい事この上ないけど、ほんっまによろしのん?!
無理せんと続けてってもらう方向で決めて下さいよ???

蕎麦て日本でも高いやんなぁ。安いお蕎麦もあるけども、あれはまた小麦が
ぎょーさん入った別物やし(蕎麦ダイエットで立ち食い蕎麦とか行ってる人
いたけど、あれ逆効果もええとこな気が。。。)ええとこの蕎麦行ったら
1500円、2000円ってしますもんね。ちょろっとで。

それが希少価値のある海外に出て来たら、もっとガッツリ取ったろ、となっても
おかしくないし、それが商売と言うものだと思うんですが…なんてこった。
さっきの「店主がいません」ノーティスのイラスト、逆に私がその場で
同じように土下座をして、

「お御馳走様でしたああああっ!!」

と言いたくなりましたわよ。
あーーーーでもこれでホーチミンでも、蕎麦屋で一杯が楽しめるんやな!!
めちゃくちゃ嬉しいやん!!

今度は一次会からココに来て、焼き物チョイチョイやりながら飲んで、
締めにキリッとした蕎麦頂いて飲んで、ってのやったろ(*´艸`*)

最近は18時くらいからやってはると聞いてます。
遅い時間には二次会なりのお客様がお出でになられることも多かろうと
思いますので、許す限りは早めの時間に行ってサクッと飲む、みたいなの
やりたいなー♪ 今まであんまり通う事のない場所だったけど、先日の
「じゅうじゅう」「まんてん」さんといい、ちょっとこのヘム、
通いたくなったかも♪


山伏
8A/E19 Thai Van Lung  Q1
http://www.so-ba.asia
↑最近はウォークインでもいけるようですが、なにせ手打ちのお蕎麦ですから
人数が多かったり、あまり時間がない時などは予約をしておく方が良いかも
しれません。HPをお持ちでいらっしゃるので、営業時間などはぜひこちらを
ご参考に。





にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

鉄皿居酒屋じゅうじゅう 〜 「まんてん」さんの姉妹店!

「まんてん」さんの!とか言いつつ、まだ記事にしてなかったんですよね。。
お昼はまぜそばで人気を博しているお店。ということで、まぜそばは食べに
伺った事があったのですが、なにせ私のまぜそば歴が浅過ぎて記事にするには
おこがましく、保留のままになってたのですが。。

夜は居酒屋としての実力名高く、焼鳥に関しては四方八方からお噂をきいて
おりました。ただなかなかおうかがいする機会がなく、今回やっと食べる
ことができました、と。

って、やきとりは「まんてん」さんのお品で、今回のタイトルは「じゅうじゅう」
さんになってるじゃないか、どういうこっちゃ!と思われたかもしれませんが、
この7月初旬にオープンされたばかりの「じゅうじゅう」さんは、そのお名前の
通り、鉄皿・鉄板焼き的なお料理をメインとされてるのですが、なーんと!
ナナメお向かいにある「まんてん」さんから、焼鳥も持って来て下さると!!
ってことはなにかい?2軒分のメニューを楽しめてしまうということ?!(≧∇≦)


th_IMG_1365_201607140109305b7.jpg th_IMG_1368.jpg

看板は「じゅうじゅう」でしたが、お箸袋は「まんてん」さんの(笑)
コラボ感が会って良いですねっ( ・`ω・´)b (前向きっ

んで、生ビールが美味しかったわーっ。あれ、注ぎ方がお上手なんで
しょうね。しかもこの生、サッポロさんのなんですけど、35kドン。。。
まぢか。。。。

生ビールって、サーバーのお手入れによっても味って変わってきますよね。
あのお手入れが結構手間かかる。だから日本でもいーかげんなことやってる
所は結構あって(メーカーさんのサポートが追いついてないケースもあるので…)
明確に舌で感じ取って指摘が出来る訳じゃないけども、メンテが入ったり
サーバーを新しく構えた所に行くと、(ああいつものって。。。)ってなったり
することも。

th_IMG_1369.jpg 
(ごめん、写真撮る前に思わず飲んだ。。。ホンマはもっと綺麗な泡が
 ぷわーっとしてましてん。。。待てませんでしたん。。。)

常時暑くて湿度の高いベトナムともなると、そのお手間たるやいかほどかと
思われるのですが、まだオープンされて間がないとは言え、このお値段で
その手間かけたお味を提供してくださるとはありがたい。同価格帯、もしくは
もっと安いお店もあるのは知ってますが、久っさしぶりに美味しい生を頂いて
この日のメンバー上機嫌(^・^)

んで、この日私はちょっと遅れて入ったので、先に入った友達がオーダーして
くれてたのですが、(かつての)女子3人ですからねっ。まずは女子らしく
サラダなど♡


th_IMG_1367_20160714010933199.jpg 

肉・ニンニクがタップリのっ( ・`ω・´)b
これ、中には玉ねぎスライスがたーっぷり盛られてて、それをこの牛の
タタキでワサッと巻いてポン酢で頂くんですが、うんまーいヾ(@⌒▽⌒@)ノ

カルパッチョとかタタキとか、見かけたらとにかくオーダーするんだけど
そこは常夏の国の事。中々美味しいのに当たることがないんだけど。。。
これ、うんまーい!!お肉の味や食感が存分に楽しめる。生肉系、お好きな
方にはチョーお勧め!(そろそろ「チョー」とか言うの、止めようか…)

お店の看板にもある鉄皿ものも、かなぁりの種類色々あります。
モヤシとハツを炒めたヤツは、ハツぷりっぷりに、もやしシャクシャク。
ガッツリ酒飲みには気持ち優しい味付けだったので、胡椒プラスで大満足。
そして下の写真右のつくね!!!これ、メニューに「自慢のつくね」って
あったのですが。。。

th_IMG_1370.jpg th_IMG_1374.jpg

もーめっちゃ自慢したほうがええで、これ!って感じで美味しかった!!!
しっかり目に火は入ってるのに、口に入れるとホロホロとろとろ。ひと口分を
お箸で分けて、卵の黄身をタップリ絡ませ食べるんだけど、タレの味がまた
よー絡んでてめっちゃ美味しいっ。お酒にも合うけど、これで白飯かきこみたいw

あとつくねはもう一種類頼みまして、そっちはネギ塩。
これもおいしかったなー。つくね、焼鳥屋さんに行ったら必ず頼むんで、
かなりピッキーなつもりなんだけど、ここの、メッチャ好みです!!

軟骨の唐揚げ、そして鉄皿ものだったけど、揚げ衣的なガーリックソース???
のかかったお品は。。。

th_IMG_1376_20160714011016a3d.jpg th_IMG_1371_20160714011015f44.jpg

あれ?どっちもカリカリしてる感じかと思った(^^;
味は良いのだけど、どちらも食感がものすごくシットリしていて、
カラッとした感じを期待した口には不思議な感じ。こういうものであるならば
こっちの勝手な期待がハズレただけの話なんですけどね(^^)ゞ

しかし思い出しました。こちらのお店の本領は鉄皿もので、元のお店は
焼鳥が人気のお店です。ならばそのメインのモノを頼みましょうということで…?

th_IMG_1372.jpg 

ちょっとライティングに限界があったので修正してもこれが目一杯。
なのであまり美味しそうに見えないかもしれませんが、この鶏肝、
めーちゃーめーちゃー美味しかった!!!

もともとベトナムの鶏肝は美味しいなーって思ってて、家で調理する時も
楽しくて仕方ないのですが、更にそれをプロが手がけるとこうなるかと!

ちゃーんとしっかり熱は通ってるのに、食むとゆっくり溶けて行く様な
まろやかさ。程よく焼き付けられたタレがとっても香ばしく、マタリとした
口溶けと相まって、手の込んだパテでも頂いてるんかいなと言う風情。
ごろっとしたその大きさもあって、食べ応えまんてんです!

th_IMG_1378.jpg th_IMG_1379_20160714011018eb6.jpg

ネギマのネギはジューシーで、鶏の部分はこれまたゴロッと大きくてプリッと
柔らか。こーれ、日本にいてもなかなか遭遇できないレベルの焼鳥やなっ。

上写真右のは串から外しちゃってますが、鶏皮!!
鶏皮ってなー、焼きが足らんとグニョグニョするし、脂の多い部分だから
焦ると外だけガーッと焦げるしで根気よく気配り目配りしながら焼くことが
必要なんで、他の串にも増して焼き手さんの心が垣間見られる串だなーと
常々思ってるんですが(福岡人、鶏皮にうるさいからなー)まーっお見事っ。

余分な脂は落ちてるけれども、旨味は留める程度にソフトで、薄い皮のさらに
薄い外膜一枚が香ばしく焼き付けられて、はいっ、ビールお代わりー!!!

まぢか。このレベルの焼鳥がホーチミンで食べられるのか!!
いや、鉄皿料理も、さっきのつくねとか、うおー!!!ってテンション上がる
のあったし、今回は「じゅうじゅう」さんのご紹介だから焼鳥こんなに
持ち上げるのはどうなんかって思うけども、これ賞賛せずにはいられない。

どちらのお店にも沢山のメニューがあるので、今回ご紹介できたのはほんの
一部だけのものなんで、これ次回以降もめっちゃ色々楽しみやな!!

ちなみに噂によると、「まんてん」さんは予約しないとお席取るのが難しい
と聞く人気店。そちらのメニュー「も」食べられる「じゅうじゅう」さんも
最近オープンしたばかりとはいえ、予約は必須と思われます。こちらで飲みたい
・食べたいと思われたらば、即刻予約のお電話をされることをお勧めします。

今回は2階のお席で、個室ではないですが、ほどよく臨席と仕切られていて、
適度に快適だったというのもポイント高いかなー。

th_IMG_1366_20160714014721f5a.jpg 

Thai Van Lungには普段、殆ど足を踏み入れないのですが、こんなに美味しい
お店があったとは。。。ここは間違いなくリピ決定。ってか、「まんてん」
さんにもお伺いしたい。でもどちらの料理も食べられるとなると「じゅうじゅう」
さんもまた来たい。大変大変。胃袋がたりません(^^;

ちょっとここんとこ2軒連続で残念和食に当たってたけども、こちらで一気に
取り返した感じ。おいしゅうございましたー!そしてまた是非近々お伺いしたい
と思いますー♪


じゅうじゅう
8A/7C1 Thai Van Lung, Q1

まんてん
8A/A14 Thai Van Lung, Q1




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

寿司香 Sushi Hung 〜 ホーチミンで江戸前寿司!

***** 2016 Apr. *****

二回目レポがスッカリ遅くなってしまいました。
この生地は書いている現在から二ヶ月程前のものになるので、現状と異なる場合の
内容が含まれているかもしれませんが悪しからず。クオリティは変わらず、と信じて
いるのですが。。。

何と言っても海の状況、海産物の状況がこんな状態。
お魚がメインのお料理屋さんはどこも厳しい状況のようで、どうされてるかなー
時係なんですよね。近々また行ってみないと。

ただ、マグロやその他、日本から仕入れた食材も合わせて使っておられたし、
最近は築地から直送のお魚を一般の人が手に入れることもできるようになって
いるので、色々工夫はされているかもしれません。

なんせ二回目の安定感もすばらしかったですからね。
あれはモノを分かって色々考えてないと出せない安定感だと思われました。
前回と重なるものもあるかもしれませんが。。。

揚げ銀杏、美しく艶めく白身の昆布〆、イカの和えもの。

th_IMG_4485.jpg th_IMG_4487.jpg

         th_IMG_4486.jpg

エビなんかさっと霜降りされてるところが酒飲み心をくすぐりますね。
風味も上がるし、中心部との食感のコントラストも楽しくなる上、
ほんの少し熱を入れた方が胃にも優しい=飲む際の負担も減る。
もちろんこのエビの一片を食べたからって大きく影響が出ることではないかも
だけど、このお仕事が粋でございます。


 th_IMG_4488_20160610195147959.jpg th_IMG_4489_2016061019514847b.jpg

貝とかも手が奇麗なんだよなー。どれもこれもが酒飲みには嬉しい一品。
この後に握りが控えてるとか、なんのお祝いだろうと思ってしまう(笑)

th_IMG_4492.jpg th_IMG_4493.jpg

あ、天ぷらがまだあった(笑)
これも上手に揚げられてるし、手製の梅塩が美味しいんですよねー。
あの塩だけで酒飲める。お寿司のあれこれはもう前回散々書いたので
写真ギャラリーで。

th_IMG_4494.jpg th_IMG_4496.jpgth_IMG_4498.jpg th_IMG_4499.jpgth_IMG_4504.jpg th_IMG_4505.jpg
th_IMG_4506.jpg th_IMG_4507.jpg

美しい。
実に美しい。
それぞれに仕事されたネタがシットリとシャリにからんでますよね。
この小ささの握りのシャリ玉にバランス良くネタを切りつけ纏わせ仕込む。
美しい。


ネタの種類こそ、その時々で変わりますが、握りの安定感は抜群です。
そしてどれにも手を抜いてない。この日も満席状態で、大将はかなりお忙しそう
であったにも関わらず、淀みないお仕事振りと穏やかなテンション。寿司の技術
もですが、あの場にあってあのテンションをキープできると言うのも技量の内。
まったくもってすばらしい。

前回から少し時間が経ったので、また近いうちに行ってみたいと思いますー。



***** 2016 Mar. *****


結構あちらこちらで話題になってるようなので、既に行かれたことがある方も
いらっしゃると思いますが。。。


th_IMG_4141_20160301004614434.jpg


完全予約制のお任せオンリーな寿司Hungさん。
香りと書いて、Hung と読むのだそうです。
そしてこれは板さんのお名前だそうで(^^)


th_IMG_4142_201603010046169ac.jpg th_IMG_4143_201603010046160ca.jpg


オリジナルで工夫は凝らしてあるのですが、お店の外から店内まで、ここほんとに
ホーチミン?って感じの造り。日本やな、これ(笑)
お酒はビールしか置いてないので、取りあえずビール。日本酒や焼酎等は
持ち込みが柔軟だそうです。吞ん兵衛にはありがたい。


        th_IMG_4144_2016030100461971a.jpg

th_IMG_4145_201603010046205a9.jpg th_IMG_4147_20160301004658d28.jpg


お通しはギンナンで、それをつまみにチョイチョイやってると、目の前で板さんが
仕込みを終えていたスズキを人数分、小皿に盛りつけてくれています。切り身に
してコンブ出汁に浸けてた様子。なるほど、それなら鮮度を保ちつつ、少し緩めの
ホーチミンで手に入るスズキの身も程よく閉まり、味が引き立つ。賢い。


それを出すとすぐに次の皿に取りかかる。
イカの生姜和え。仕込みを終えたイカに丁寧に包丁を入れ、詰めを少しと鍼生姜で
和え、持ったもの。イカは、うまいねー。そもそもホーチミンで手に入るイカは、
そもそもが美味しいし、寝かすと更に甘味が増す。特にコウイカ、アオリ系。
焼酎が合いますなー♡

th_IMG_4150.jpg th_IMG_4153_20160301004702c46.jpg

あ、今回はお友達が提供してくれた焼酎をカプカプ頂かせてもらいました(^皿^)
これは美味い。

当初から炙りをメニューに組み込まれると決めておられたのでしょう。
専用の炙り台もつくっていらして、手際良くサバを炙られてました。

th_IMG_4152.jpg th_IMG_4154.jpg

包丁がきれいでしょう?
カウンターと作業をされてる場所を仕切る所の高さが低く、手元が逐一見えてた
のですが、それは丁寧に道具の手入れもしていらしたし、板場もきれい。
派手さはないけど、基本に忠実と言うか、丁寧に着実にお仕事をされている感じ。
サバ、うまかった。。。( ̄¬ ̄)

キスの昆布締め。
ベトナムで手に入るキス、大きいし身がプリップリしてて食べ甲斐あって
美味しいですもんねー!私もカルパッチョで食べることがありますが、
なるほど、こうして和食的に生で使ってもよろしいな。

       th_IMG_4158.jpg
th_IMG_4161.jpg th_IMG_4159.jpg

そしてここでイトヨリの煮物。
甘露煮、というほど煮詰めてないけど、グッと甘い感じが九州人には嬉しい限り(*´艸`*)
よーこんな小さな甘鯛があったなーと思いましたが、あれですね。ここまででも結構な
量の一品が出て来てこれからお寿司、という場面ですから、このくらいのサイズであって
くれた方がありがたい。味の緩急もつけてくれてるし、これはなかなか憎い構成。

そしてマグロのナメロウを海苔に包んで頂くと言う趣向のものが出て来たのですが、
まった、海苔がええもんつかってる(^^; 

「ボチボチなんですよー」

とご謙遜はされてましたが、色つやの良さ、香りの高さ、口溶けの良さ。
充分ですね。このレベルのものを選択して来てることが既に素晴らしい。
海苔、以前は意外と気にしてなかったんですが、寿司の勉強をして以来、
ものすごく違いを感じるようになって来たので、余計に嬉しかったですね。

そして揚げ物。
これもボリュームが出過ぎないように、軽い素材でさっくりと。
オクラ、ヤングコーン、美味しいね♪

th_IMG_4166.jpg th_IMG_4170.jpg


埋め風味のお塩が添えられてたのですが、これ、自家製なんですって(´⊙ω⊙`)
ベトナムにも梅干しがありますけど、多分その漬け汁を使って、とかってことかなー。
色的にもそんな感じ。美味しい。これで酒飲めるw
天ぷらは2陣に分けて出て来て、2陣目は茄子とイカゲソ。いい流れ♪

そして、いよいよ始まります。

th_IMG_4164.jpg th_IMG_4171.jpg

最初はサワラのタタキ。
これがまたとても丁寧に仕込みがされてて、パッと見た目にも美味しそう。
切りつけたら更に良し。握りの手元を見てると、やはりとても基本に忠実。
そして丁寧。必要なスピードはあるけど、焦らず飛ばさず、実に着実な手運び。
すごいな。これ日本で勉強したの?と聞いたら、

「いえ、葵に4年勤めてました。日本人に習いましたがそれだけです」

と。こりゃー余程お師匠さんがよかったのかなー(^^;
私、葵さんでお寿司だけを頂いたことが泣く、ランチビュッフェにしか伺ったことが
なかったのですが、焼き物,天ぷら、その他のセクションごとでビックリする程
上手なものを出してくれてたりしたのは覚えてる。彼もあのときどこかのセクションに
いたのかなー(^皿^)

二晩目はマグロ。
どうです、美しいでしょう?(どやっ


th_IMG_4175_20160301010029258.jpg


「ベトナムのは全然味が違うので、日本から取り寄せてます」

とのこと。私的にはベトナムのマグロも、最近は美味しいのが出回ってるなーと
思うのですが、確かにこれは美味しかった。ってか。。。。

写真じゃ分かり難いと思いますが、これ、かなり小さいです。
シャリ玉が多分、11g〜13gくらい。このサイズって、握るのメチャクチャ難しいんですよ(^^;
でもそれを厭わずサラリとやってのけてる辺りに(よー勉強と練習、してはるなー)と
感心しきり。熟練の、年配の板さんの貫禄等はまだまだもちろんありませんが(彼は29歳)
充分見とれるに値する手元。いや、すごい。

一般に、一人頭数万〜、みたいな高いお寿司屋さんに行くと出てくることがありますね。
小さいシャリの握り寿司。女性はこれが食べやすかったり、お酒のみにはこのチョコ
チョコ感が嬉しかったりするのですが、数万もする寿司屋でチョイチョイ食べることは
叶わず、なかなか遭遇できなかったり。(
リクエストしたら握ってくれる所はあると思いますが)

解け具合も、突出した個性を感じる程のものではなかったけれども充分繊細。
それがこのホーチミンで。。。
ありがたいなぁ(;ー;)


次は赤貝。
これこそ更に小さいお寿司で、挙句にシャリに馴染み難いネタだから大層難しいと
思うのだけど難なく仕上げてくれてましたね。小さいでしょー、手に持ってる写真
見ると(^^; でも味が良くっておいしかったですー♡

th_IMG_4176_20160301012124f1b.jpg th_IMG_4177_2016030101212691e.jpg


続いてツブガイが出て来て、お味噌汁。
お出汁はアラで取ってるのかな。品の良い美味しいお出汁のお味噌汁。
お寿司屋さんだなぁ♪


th_IMG_4178_20160301012127e6a.jpg th_IMG_4179_20160301012128f23.jpg

イカは、飾り包丁を奇麗に入れて、塩とライムで。
味は型の良い奴をその場で漬けにしてくれました♪
また漬けの漬け汁が良い感じにお出汁で割られて、頃合いの時間で上げられてて、
あー、お仕事されてるなーと。あ、江戸前ですから、ここまで全てなにかしらの細工が
されて、味が施されているので卓に醤油や醤油皿はありません。

       th_IMG_4180_2016030101212860c.jpg

th_IMG_4184_20160301012254bea.jpg th_IMG_4185_2016030101225698e.jpg


茹で海老って、あんまり好きじゃないのですが、これはちょっと大振りのものを頃合いに
茹でて、手作りデンブをシャリとの間に咬ませた上でツメを塗って軽く炙り、
食べやすいサイズに切って提供してくれました。お気遣いが細やかだ♪


th_IMG_4186_20160301012257b1b.jpg th_IMG_4187_201603010122580d7.jpg

そして焼きたてほっかほかの出し巻き卵。
最初握るのかと思って湯気経つそれを見てギョッとしたけど、卵だけで出してくれた♪
これが出汁の量MAXギリギリまで使ってて、且つ油は最小限に抑え、色も奇麗に、
そして出汁も逃さないように実に上手に作られててビックリした!私、もうちょっと
出汁の量を少なくしてもあんなに奇麗に焼けないかも(^^;

チラと書きましたが、埋め塩屋デンブ、ツメ、梅ダレ、その他諸々は全部お手製なんだそうです。
ガリまで手作り(´⊙ω⊙`) まぁ新生姜が手に入り難そうなので、こちらはもうちょっと…
って感じではありましたが、とにかく仕込みにお手間がかかっておられるようですね(^^

th_IMG_4190_2016030101230094e.jpg th_IMG_4192_20160301013100d37.jpg

ここまで手をかける為に「完全予約制」にしておられるんでしょう。
うん、ロスを出すのももったいないし、最大限手をかけるためには仕事の量を絞り込まねば
とてもじゃないけどあそこまで出来ない。コース全体は充分な量だし、とにかく着実な
お仕事振りを拝見させてもらってるだけでも楽しいですなっt.

ええ、十分だったのですが、もう一つなんか食べたい、とワガママ言いまして、
オクラ巻きを作ってもらっちゃいました(笑)


th_IMG_4191_20160301013059e89.jpg


本当は卵をお願いしたのですが、それはもうその日は出来ない、ということだったので…
どうしても何かをリピートしたいと既に決まっているのだったら、事前にお願いしておいた
方が良いかもですね。まぁ一度食べてみないとどのくらいの量になるかわからないかと
思われますが。

この日はこれにビールが1人2杯くらいの換算になるのかなぁ?
それで700k。ザックリ3500円。安っ(´⊙ω⊙`)

もちろん、日本の一流のお店であったり、老舗の重厚振りというのにはまだまだですし、
そんなの、29歳の方にあったら逆にキモチワルイわけです(笑)
ですが、ホーチミンでこれだけの素材にアレだけのお仕事をされたお寿司でこの
お値段は相当お値打ち!板さんの感じも良いし、板さんがお若いこともあってか、

「日本のカウンターのお寿司屋さんで緊張しながら食べるよりも気楽でいいね♪」

と言う声も。
ここが美味しかったよと言う話をしたら「Sushiko とどっちが好きですか?」と
聞かれることがあるのですが、うん、Sushiko は Sushikoで相変わらず大好きですよw
ただこちらは江戸前。おなじ寿司でもジャンルが違う。あの価格帯のお寿司としては
やっぱりSushikoは素晴らしいし、この価格帯であればこちらの店は圧倒的なお得感。
仕込みの仕方も出されるものも全く違うものなので、比較は出来ないと言うのが
正直な所。

ファミリーにはやはりSushiko の方がよかろうし、大人同士でしっぽりと、
ということになればこちらのお店。一人で週に何度か通いたいならやはりSushikoだろうし、
良いお酒が手に入ったからじっくり美味いもんと頂きたいと言うならこちら。
せっかくどちらもお美味しいお店なので、場合により気分により、使い分けて
楽しまさせてもらうのがよろしいかと思われます。

しかし楽しみなお店ができたもんだ♪あんまりにも気分が良かったから、日本では
中々出来ない「ご祝儀」なんて置いてきちゃったりしましましたよ(笑)

未体験の方はぜひどうぞ。
重厚な接待には、もう少し色々工夫してほしい所もありますが、仕事相手とだけど
フランクな、でもちょっと良い物出してくれるお店でって時なんかにも重宝する
かと思います(^^)




th_IMG_4189_20160301013057b2d.jpg




th_IMG_4189_20160301013057b2d.jpg

Tama River 〜 2区の和食屋さん

2区に用事がある時に、ふと思ったんです。
そうえいば2区で和食を食べる事少ないな、と。

モール内のチョイ食べのお店なんかはあるんですが、独立している和食屋さんにあまり
行った事が無い。2区に行く時はちょっとお洒落なカフェレストランのチョイスが
色々あって、1区にあるそのカテゴリーとも雰囲気が違うからついついそっちに
行っちゃうなーと。

折しもちょっとお寿司が食べたいお朽ちになってた時だったので、どっかめぼしい所は
無いかと探した所、こちらがローカルの人に大人気、と聞いて行って見る事に。

th_IMG_9424.jpg 

Tao Dien 地区に行くと大きなMon Hueさんがあるじゃないですか。そこの路地を入って
右手、二つ目の角にあります。和食屋さんだけど洋館を改装した感じ。

店内に入ると2階席もあってちょっと見てみたかったけど、今回は一人だったので
1階の小さなテーブルに。カウンターでも良かったんだけど、まだテーブル席が
空いていたのでそちらを勧められてしまったので。


th_IMG_9396.jpg

というわけで、残念ながら板さん達の手元が見られなかったのですが。。。
遠目に聞いているだけでも、なんとも小気味良いリズム。
このときカウンター内には3人程の板さんがピリピリするわけでもなく、
でもチャッチャッチャ!と実に気持ち良い動きで着々仕事をこなしてる様子。
これはちょっと期待できるかも?と思い、メニューの選択。


th_IMG_9532.jpg th_IMG_9531.jpg

th_IMG_9530.jpg th_IMG_9529.jpg  

ちなみにこれはデリバリー用のメニュー。
実際のメニューはもっと立派で写真も奇麗で見易かったのですが、
メニューの写真はNGとのことだったので自粛。

ランチにはセットメニューがあって、鮨を含むものはだいたい200k前後くらいから。
でもなんとセットメニューが4〜50セットあったんですよねw
まぁチョコチョコ内容を変えてるだけの部分もありましょうが(笑)、
寿司以外にも天ぷら、ラーメン、ドンブリものなど、日本食全般があるので
かなり幅広い印象。

で、今回はお寿司のセット190kドンにしたのですが。。。

th_IMG_9412.jpg 

ほおおおお。
さしみ+握りセット。それに巻物、魚の焼き物。
お味噌汁に大根・コンニャク・鮭のアラの煮物、茶碗蒸し。
なかなかのボリューム(笑)
汁物と茶碗蒸しあるの、大盤振る舞いやな、と思ったけど、茶碗蒸しは大好きなので
大歓迎。どれどれ。。。。と先ずはお味噌汁から頂いてみたら。。。


 th_IMG_9409.jpg th_IMG_9417.jpg

わーっ。よーお出汁が効いてるなー。ほんのり甘みのあるお味噌汁もとっても
好み♪ そのお出汁の安定感を確認したので、茶碗蒸しへの期待がグンと
高まった訳ですが。。。

めっちゃ美味しい!!!(´⊙ω⊙`)
卵との合わせも丁寧にされてあるし、具材のカットの仕方も頃合い。
大好きな銀杏も入ってるし、なによりちゃーんと蒸してある。
日本でもヘタしたら最近レンチンの茶碗蒸し出して来るもんなぁ(^^;

味にあんまり安定感があったので、もしかして茶碗蒸し用の卵液使ってる?
とか思ったけど、それも考え難いよなぁ、ベトナムじゃ。そこ、コストかける
とこちゃうもん。増してやこんなチャキチャキした板さんたちが居る店で。

鮭のあら煮だけはちょっとベトナムチックな味付けになっててこれはこれ
なんだけど、お寿司の味に触りそうだったので、コンニャクと大根さんを
頂いただけで、ちょっと遠慮。

th_IMG_9414.jpg th_IMG_9415.jpg

さ、上の段から頂きまひょか。
お造り三種。見ただけで包丁の手入れがよーされてるのがわかりますねぇ。
手も奇麗。ただ、かなり大盤振る舞いな厚みに切ってあります(笑)
カンパチの腹と思われる部分はしっかり薄めに切っていたので(これは厚いと
とても噛み切れない)厚めに切ってるマグロと鮭も意図的なものでしょう。
実際、サーモンは中々の迫力で私好み。大変美味しい。

マグロも切り付けはお見事だったのだけど、解凍の仕方かもともとの肉質が層なのか…
ちょっと水っぽかったのが残念。でもほんとにイヤラシい重箱の隅つつきをするならば、
と言う程度であり、且つ、一緒に出て来たのが青魚の腹身とサーモンという脂の
濃いもんだったから気になる程度のものだったかも。

はい、私がここをそんなに責めない事からその後の展開がわかると思います。
となりの巻物。裏巻きで、カニカマが中心に見えたので、まぁスペース埋めの
一品かいねーと思ってたのですが…(でも考えたらカニカマはベトナムでは
結構な高級品なのでそう言うつもりも無いよなぁ、と今になると思います)

食べて驚いた。一緒に巻いてあるのが茄子。
焼いた香りはしてなかったので多分蒸したか軽く煮たか。
これがグジョグジョではなく、その形はしっかり保ってるけどけど、
口に入れるととろりと溶ける!なるほど、この手があったか!!

これ、日本の茄子だと味が薄過ぎて寿司全体が水っぽくなりかねないのですが、
ベトナムの、熱を入れると濃厚な味わいを醸すお茄子だと実に美味。
でも、寿司の具材として使うことはちょっと思い浮かばなかった。。。

フランス料理にも、焼いた茄子を潰して煮詰めてペースト状にした、畑の
キャビアとまで言われる料理がありますが、美味しいお茄子と言うのはそれ
単体で凝縮した旨味を楽しめる大変濃厚なお野菜なんですよね。
そこでアッサリとしたカニカマと合わせる事で、バランスの良い「それらしい」
巻きネタに仕上げてる、と。これ、すばらしいアイデアやなーっ。

よく海外のお寿司はロクなモンじゃない、という価値観の方がいらっしゃって、
そりゃぁ本場の日本に比べたらすばらしいお店と言うのは少なかろうし、レベルも
下回るかもしれませんけど、こういうアイデアって海外ならではじゃないですか。
レベルの高低はあれど、色々学べる事は本当に多い。アイデアを学んでそれを軸に
自分でアレンジして行くこともできるわけですし、個人的には海外のお寿司、
全く持って面白い(*´艸`*)

そしてこの裏巻き、シャリの量がこのサイズにしてはギリギリにしてあって、口の中での
解け加減も良い感じカニカマと茄子、というライトな組み合わせとのバランスもよく、
なるほど、こういう薄いシャリの使い方も面白いなと、そこも感心した次第。

さて、感じんの握りです。


th_IMG_9413.jpg th_IMG_9418.jpg


まぁ裏巻きですらあの加減を出来る板さんですから、当たり前のようにお上手(笑)
米が、多分ローカルのもので水分含有量が若干低く、気持ち、ほんとに気持ーち
軽く、表面のツヤ張りが足りない気がしますけども、シャリの合わせ酢の具合は
物足りなくもなくクドくもなく。程よい甘さ加減があって個人的にピシャリの酢加減。

標準サイズより心持ち小さめ(個人的にはもっと小さくても良いけど)なので食べ易く、
お刺身に比べると、握り用の切り付けらしい厚さに切ったネタとのバランスも大変良い。
まぐろもね、このサイズでこの酢飯と合わせた握りなら美味しく頂けました。

鯖の塩焼きはランチタイムの一品ですから焼き置きのもの。
それでも充分美味しかったですけどね。
玉子は割愛しますが、その間にあったかまぼこが。。。

th_IMG_9416.jpg th_IMG_9420.jpg

お分かり頂けますでしょうか。ギザギザになってるの。
この切り方は珍しくないけど、こんな細かいの初めて見た(´⊙ω⊙`)
最初はこれ、波型のスライサーでやったんかいな?と思ったけれども、扇状に
入ってるから、多分これ手でやってる。

手前斜め上から刃を入れて、小刻みに手首を返しながら刃先の方を円を描くように
大きめに動かしてって最後はスッと切り落とす。よく、玉子の握りをする時に、
シャリに乗らない玉子に引っかかりを作る為にやるワザなんですが、こうして
かまぼこなどの飾り切りにも使う手法。。。は、わかるけど、まぢ細かい( ̄◇ ̄;)

正直。。。セットランチのお得メニューに必要な事とは一切思われません。
こうしてくれればそこには驚嘆があるし、お客さんに楽しんで頂こうと言う
心意気も感じますから客は嬉しいですよ?でもなくても誰も咎めはしないし、
ヘタしたら気づかない方すらいるかもしれない。そこにこんな手間をかけるって。。。

考えられるのは、この細工や、そうやってお客さんをもてなす事が好きな板さん
なんだろうなということ。この店に最初は行った時から感じていた小気味良い空気の
動きと、次々に入って来る客への迅速な皿出し、道具の手入れにセットの盛り込み、
再度ディッシュへの手の掛け方のどれを総合しても、こちらのお店、サービス精神に
溢れていて且つ、それを仕事だからイヤイヤやる、ではなくて、好きな方が自ら
進んでやって居るのではなかろうかと。またそのように従業員が働けるように
マネジメントサイドも店や料理に愛情を持って日々運営されているのではなかろうかと。

はい、全く私の推測でしかありませんが、それ以外考えられない空間でした。
例えばもっと品があり、且つ日本から仕入れたものを普段に使って…というお店も
ありまして、当然味だけを抜き出して言えばこちらのお店以上の所は多々あることと
思います。しかし。。。

千円のランチでここまでやってるお店がホーチミンにどのくらいあるでしょう。
(それが証拠に食べても書いてないお店が沢山あります)
千円だってホーチミンではランチとしては高級品です。
でもま、たまに頂く程度だったら日本人的にはアリな金額。
でも日常用のご飯だからとお座なりにしない、随所に愛を感じるランチ。

あ、おぜんざいのデザートまでついたんですよ。
サラッとしていてチェーに近いものでしたけど、ランチのボリュームが満点だった
ので、このくらいの方がむしろありがたいし最後まで美味しくいただけました。
白玉は由緒正しいヘモグロビン型。

th_IMG_9421_201606052046004f2.jpg th_IMG_9423_20160605204601c48.jpg

板さんに日本人は居ないと言うことだったのですが、監修に入っておられるのかなぁ。
監修してもらっていたとしても、お出汁から寿司の扱い、デザートへの小さな
心遣いまでを維持しているって凄いと思うのっ。

まだ一度しか食べてないので日によっての当たり外れがあるかもしれませんし、
他の料理はどうなのだろうという点もありますが。。。

個人的には、もの凄く珍しい「リピートしたい日本食屋さん」ですねーっ。
同じようにそう思われる方が多いのでしょう。日本人のご家族、韓国の方、
中国の方、フランスの方、アメリカの方と思しきみなさん、色んな所でご飯を
召し上がってそうなお客さんらがひっきりなしに次から次に。常連さんらしき
方も少なくなく、このエリアでは大変人気の高いお店の様でした。

最近立派な門構えの「浦江亭」さんもTao Dien エリアに進出された様ですし、
あのエリアもお洒落カフェレストランばかりじゃなく、これからは日本食も
賑わって来るかもしれませんね♪

いや、良いお店でした♪
ちょっと家から遠いので、チョイチョイってわけにはいきませんが、2区で和食、
と言うキーワードを貰ったらお勧めしたいお店です♪ 美味しかったし何より
気持ちの良い仕事ぶりが実にすばらしいと思える良いお店。すっかりファンに
なりましたーヾ(@⌒ー⌒@)ノ




th_IMG_9425.jpg 





にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Mo Mo Paradise 〜 Vincom Mega Mall店

Vincom Mega Mall、ホーチミンにしてはボチボチ買いたい物があって
適度に物欲が刺激されるんですが(笑)、飲食店も結構色々入ってますねー。
チェーン店とかも多いけど、いつかの、

藤製麺
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-4138.html

さんもこちらに入ってるんですよねー。
意外と侮れないかも( ・`ω・´)b

とか言いつつ新しいお店を開拓せずにMo Mo Paradiseさんに入ったり
してる人(笑)。ホーチミン一号店に暫く行って無かったなーってのとの、
一緒に行ってた旦那さんの気も向いたみたいだったので(^皿^)

th_IMG_8685.jpg 

ま、店舗が違っても何ら変わる事は無かろう、と思ってたのですが、
あまりにしばらく行ってなさすぎて、メニューが変わってた(・∀・;
まずランチセットみたいなのが平日はある様子。55k ドンですって。
安っ。

もう調理されたものが出てくる定食みたいなの。それ、週末は食べられ
なかったから普通のしゃぶしゃぶにでも…と思ったら、


th_IMG_8686.jpg 

あら、味噌キムチスープとかいうのが加わってる!
知らんかったわ、んじゃそれを…と思ったら、

「スミマセン、今日はありません」

とのこと。
ま、よくあることだ…(ノ_・。)

で、今回はすき焼きにしました。
うん、思ったよね。この価格の、しかも食べ放題のお店のすきやきって
どーなんよ、って。でもその結果は以前書いた通り。

Mo Mo Paradise
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-3666.html


意外とイケる。
少し前日本で「ええとこのすき焼き」を頂いて来て、そりゃぁもう美味し
かったのですが、一生のうちに何回か食べれたらエエかなぁ、という感じで
客側は一切の手出しを許されない感じ。それにひきかえ、Mo Moさんとこの
すき焼きは。。。


th_IMG_8695_20160515175037618.jpg 

キノコも豆腐もレンコンとかも入れ放題。
好きなよーに出来るのがいいw
味も悪くないしなー。

砂糖でお肉を焼き付けたり、割り下をジャーッと言わせながら鍋肌に…とか
言うのもなくて、サラッとした割り下に材料放り込んで頂くだけなんだけど
なんかいける。普段使いには気楽でええなぁ、と(笑)

th_IMG_8694.jpg th_IMG_8698_201605151750401e0.jpg

お肉も遠慮なくザクザクたべれちゃう。
一皿分、ひと箸でべろーんと鍋に入れちゃったりも出来ちゃうw

本店と同じで、お野菜バーもとてもキレイ。
日本のお店に入った事が無いので知らないのですが、ホーチミンのMo Moさんの
野菜バーには色んなキノコの種類があるし、大好きな春菊なんかももちろん
取り放題。新鮮なお野菜が色々あって、例えば独身の方で日頃お野菜不足が
気になるなーなんて方にもいいんじゃないかと思うんですよ( ・`ω・´)b

th_IMG_8687.jpg th_IMG_8688.jpg

きくらげなんかもベローンと大きなのがあって、個人的には超贅沢(*´艸`*)
th_IMG_8697_20160515175039076.jpg th_IMG_8701.jpg 

あと、味噌キムチスープが無かった分、しゃぶしゃぶ用の薬味を利用して
手元の卵をちょっとアレンジ。サテとニンニクとタップリのネギ。これを
手元の卵に混ぜて頂くと、なかなかコクのあるピリ辛すき焼きになって
美味しかった♪ これも、ええとこのすき焼きじゃぁ出来んことよなー(・∀・;

あとやっぱり改めて思ったのが、ココの細麺、ホントに美味しい。
いや、太麺もしゃぶしゃぶだったら合うと思うんだけど、今回はすき焼きの
タレだったので細麺で。

th_IMG_8704_201605151801106c0.jpg th_IMG_8705.jpg

加水率ギリギリに抑えた感じのかなりな極細麺を直接鍋に。
打ち粉は着いてるけど、言う程割り下はドロドロにならず、様子をみながら
適度に割り下やお水をちょっと加えて上げれば大丈夫。そして肉や野菜の
旨味をしっかり吸った細麺を30秒くらいで引き上げて、溶いた卵につけて
食べる。味は麺に吸わせて卵で頂く新しいつけ麺スタイル。どうですかね、
これ、商売になりません?(笑)

ってか、この麺メインで小さなお店出しても充分やってけそうな気がするわ。
ホント好き。

この日は、ユニフォームを来たどこかのお店のスタッフさん集団が来てて、
大にぎわい。まだ若い人達ばかりだったけど、みんなほんっとに楽しそうで
なんかよかったなー。

th_IMG_8708.jpg 

ビュッフェのお店であんなにテンション上げられる
もんかと思うほど楽しそうで、日本では最近あまり見かけない光景の様な
気がして、ちょっと羨ましかったり。

なんにしても…先日ご紹介したモツ鍋のお店にしろ、こちらのしゃぶしゃぶにしろ、
ローカルの人に嬉しそうに受け入れてもらえてるって、嬉しいもんですね♪
こちらは同じフロアにベトナム料理も、他の日本の料理もあってなかなか
競合ひしめいてますが、本店に負けないように、頑張ってほしいものです♪


Mo Mo Paradise
Vincom Mega Mall




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Lava Stone 〜 サク飲み&焼肉上々!

***** 2016 Apr. *****

アッと言う間の2回目訪問。
あの焼き肉メニューが気になってw

日頃はなるべく人をお連れする際に、自分が試したことの無い料理を食べさせる
のは気が進まないのですが、この日はまぁ「失敗したらそれもネタよね!(笑)」
と笑ってくれる友達だったんで遠慮なく( ・`ω・´)b(笑)

ランチタイムど真ん中。
先日はちょっとお食事タイムを外れていたので人が殆ど居ませんでしたが、
さすがにこの時間帯だと何組か団体さんが。ローアルの方ばかり。結構人気?
と思ったら、地元の食べ物屋さんサイトでかなりの高得点をたたき出してました。
し、知らなかった…(・∀・;

で、焼き肉メニューなんですが、メニューの写真は前回の枠でご紹介した通り。
実に多種のお肉が取り揃えられてます。今回はサイドディシュのメニューを少々。


th_IMG_5768_20160403030728547.jpg th_IMG_5769.jpg


おーっ、焼鳥とかもあるんだ。
焼肉程はガッツリ要らんが、酒のアテにちょっと欲しい、なんて時に
良さそうじゃないですか。そしてなんですかこの煮込みうどんみたいなやつ。
なんかすき焼きの締めのうどんみたいで、すんごい美味しそうなんですけど!!

いやいやしかし今回は肉が目当てだ。
さあ食べるぞっ。
どーん♪


th_IMG_5771_201604030307331c4.jpg

th_IMG_5772_20160403030734c88.jpg


上はラムレッグ!
ちょっと写真の撮り方が悪くて厚みが分かり難いのですが、ペラペラじゃないんです。
結構な厚み。ちょっとしたステーキかよ!!と言いたくなるボリューム感。
しかもめっさキレイ!全く参加してないように見える赤い色。実際これ、臭いが
少なく、ラムがちょっと苦手…と言う方でも意外といけちゃうんじゃないかと
思われるレベル。ま、私はラム大好きなんであまりアテにならないかもですが(^^;

そして下はオッパイ焼肉!
ただし豚。でもチマタに出回ってるヤギのオッパイ焼肉もメスヤギの個体数が
少ないから、実は豚のオッパイらしい、なんて話も出たりしてますよね。
キッチリ食べらべたことが無いのでどちらがどう、という比較が私にはできない
のですが、豚のオッパイも充分美味しい。しかもこの量!!これで68kドン?

いや、多分ローカルに行けばもしかしたらもっとお安いのかもしれない。
けど、この環境ですよ。カフェバーみたいな小洒落たお店で冷房完備。
且つ、集煙ロースター…ってか、集煙ダクト付きの炭火w


th_IMG_5770_2016040303073132f.jpg


もちろん、暑い中オープンスペースで食べる焼肉もおいしいんですが、暑いのが
苦手な方もおろうし、女性は煙が気になったりもしますよね。もちろんこれで
臭いが完全にシャットアウトされるわけではありませんが、直接煙でいぶされて
自分が薫製になりかける事態は避けられます( ・`ω・´)b


一番気になってたのはこのセット。
色んな部位・種類のお肉がセットになって、2人前とされてて149kドンという
お手頃さ。ちなみにもう少し量が欲しい場合の為に、大きなセットも用意されてました。
ってか、写真ヘタクソ。。。(-“-; 様子があまんまり伝わらないのでメニューの写真を
もう一度載せておきますね。。。


th_IMG_5774_201604030321444f5.jpg th_IMG_5702_2016032801530616c.jpg

しかし、右肩に乗ってたこの豚ロースのロールは見事。これ、ホントに一枚を
ぐるんと巻いてるんです。ってことは、長い。焼きつつハサミでチョキチョキします。
キレイ。ものすごく。そして味も良い。モグモグ。

th_IMG_5775_20160403032146b36.jpg

なんか知らんがよっぽど気が焦ってたのかね。
ホント今回は写真が酷くて申し訳ない(苦笑)
鶏のスライスやカルビも美味しい。何このセット。多少量が控えめとは言え、
このラインナップでこのクオリティ。これ、ちゃんと肉を見極められる人が
準備してるし、ものすごく。。。日本的な焼肉な感じ?

th_IMG_5776_2016040303214728f.jpg 

サラダ菜を頼むとこんな感じで韓国チックに辛味噌がついてくるんだけど
ベトナム式なテイストでもないし、お肉の質感やら、この取り合わせ方が
なんとなく日本式の焼肉っぽい。プラス垂れが美味しかった!!

th_IMG_5786_20160403033122987.jpg


タンまでついてる。
これ、多分根元の方かなって。牛タンの単品メニューもあって、舌先からの
スライスはそっちに使って、根元の、こういうカットにした方が使いやすく且つ、
味わいも引き出せる様なところは、こういうセットものにつかうのかなーなんて
勝手に想像したり。

th_IMG_5777.jpg


じゅううううううう(*´艸`*)

th_IMG_5778.jpg



加えて前回お伝えしたように、こちらにはお刺身メニューがあります。
ランチタイムだったからか、日頃あまりでないからか、本当はマグロを
頼んで様子を見たかった所、この日は鮭しか無いと言われてそちらを注文。


th_IMG_5780_201604030331204af.jpg


こちらもボチボチ。
これで600円弱だから安いとは言いませんが、充分かな。
オーナーさんがお好きで出してると言うことだったので、やっぱり全体的に
日本の味をイメージされていらっしゃるのかも。

この日はこれにビール三本、お茶を貰って全部で600kドンくらい。
え????お一人さま1500円くらいのもの…??
このクオリティで?しかもお肉だけでお腹いっぱいになって?!!

うっそぉん(^^; 
正直一人3000円と言われても、私は納得できるレベルでしたよ、ここのお肉!
しかもこの環境。なにここーっ(≧∇≦)

男性はあまり気にされないのかと思いますが、数ある日式の焼肉屋さん、
客層やら内装やらで女性にはちょっと入り難い麺があったりもしますが、
ここなら全く躊躇無し。いや、私はどんなとこでもそんなに躊躇しない
のですが(笑)、では心引かれて何度も行きたいお店があるかと言われると、
結果として二度目が無いままになっていたので…

うん、ここは「焼肉食べたい」って思った女性には特にオススメかも。
もちろん味の面からは、男性にも強くお勧めします。
面倒くさかったら焼いてもらうこともできるようでした(笑)

うーん、こうなるとここのHot Potとかも気になるな。
肉が食べたい、と思った時、 Elgaucho じゃちょっと高い。
Au Lac Do Brazil ほどまでも量は要らない、
予算もそんなに割きたくない、となったときは(余程量を食べる方は別ですがw)これ、
まずこの店が浮かんで来ちゃいますね。それくらいオススメ。私もまたすぐ行きたい(笑)

こりゃまた良いお店が出来てくれたもんです♪
そして既に高い評価をしていたローカルの皆さん、恐るべし。
みんな美味しいものが大好きなのねーヾ(@⌒ー⌒@)ノ


***** 2016 Mar. *****

すんません、日本に帰る度に「チョーッと離れたら知らん店が増えとるー!」
と言ってる気がしますが、今回なんてたった2週間。もちろんその前に出来てた
ことに気づかなかったと言うのはありますが、ちょろっと街歩きしてみたら
見知らぬお店があっちゃこっちゃに…(・∀・;

わたし。。。自分で言うのもなんですが、結構食べ歩いてる方だと思ってた
のですけど、中々追いつきませんなぁ(´Д` )


さて今回は、街中に出られることが多い方には立ち寄りやすい場所にあるんじゃないかと
思われるNam Ky Khoi Nghia 通りにあるお店。レタントンとクロスする所から
ほどないので分かりやすいかと思います。


th_IMG_5694.jpg


Black基調の中々シックな感じのお店。
表からサクッと見たらカフェバーみたいな感じかな?と。
まぁ喉が渇いてるだけやから、なんか飲むものくらいはあるやろと。

th_IMG_5695_20160328015215236.jpg

th_IMG_5696_2016032801521798c.jpg


大変。
飲み物は飲み物でも殆どアルコールヾ(@⌒▽⌒@)ノ←喜んどるやないかいw
もちろんモクテルなど、ノンアルコールドリンクもありますが、いやー外歩き
してたら暑い日で、こうサッパリしたものが飲みたくなりましてねぇ。

「ライチもヒートがオススメです( ・`ω・´)b」


と自信満々に言われたので、ではそれで、と素直に従うことにしましたよ。
人間、素直さ、大事ですもんね(←都合良い時だけそんなこと言う)


th_IMG_5713.jpg th_IMG_5707_20160328015901940.jpg

かなりの種類のお酒のボトルを取り揃え、それぞれをチョイチョイ使ってる所を見ると、
日頃から幅広いオーダーが出てるのか色々と研究を重ねてるのか。ちょっといい雰囲気。
お兄さんは他にお客がいなかったからか、手際よく、と言うよりはとても丁寧に作って
くれていて、その間のおしゃべりなんかも穏やかで楽しく、英語が中々御上手でした。

そして出て来たのがこれ。
じゃん♪


th_IMG_5711_20160328015906e25.jpg


おおっ、爽やか♪
そして途中で何やらオイルを追加して、とてもバランスの良い香りに仕上げてた♪
飲み口は良いけど、アルコールは結構しっかり入ってて、その点でも楽しめました(^皿^)

th_IMG_5716_20160328020311f55.jpg

こぉんなおっきなライチがゴロンゴロンと2つも入ってたし。
いやー、乾いた喉に爽やかで心地良かった♪

ところでこちら、飲み物メインのお店かと思ったら、お食事も出来るようです。
ってか、むしろそっちがメイン???
しかも肉が中心( ・`ω・´)b


th_IMG_5698_201603280152180c9.jpg th_IMG_5699_20160328015220ec4.jpg

th_IMG_5700_201603280153041dd.jpg th_IMG_5702_2016032801530616c.jpg

th_IMG_5703_20160328015307b09.jpg th_IMG_5704_20160328015309596.jpg

牛、豚、チキン、羊をメインにしたBBQがベースで、似た材料を使っての鍋、
単品料理などが多少ある様子。それに加えて。。。


th_IMG_5709_20160328015903487.jpg th_IMG_5710.jpg

なぜか刺し盛りw
和食って感じでもないのになんで???と聞いたら、オーナーさんのお好みだ
そうで(笑)、他に和食を扱ってる感じでもなかったのでどれほどのものかは
実食してみないとわかりませんが(はい、課題ができたw)まぁ酒に寄っては相性も
よかろうし、和食和食と気張らなくても、つまみとして我が日本の食べ物を選んで
もらえると言うのは嬉しいですね♪

そういえば14時〜19時だったかな?
Happy Hourがあるようですよ♪

この日はちょうど直前で、「今度は是非14時以降に来て下さい(><)」
と申し訳なさそうに言われてしまった。言うても、今回のは100kちょっとで600円も
しない感じだった割に量もアルコール度もタップリだったと思うんだけど(笑)
ま、お得なのは嬉しいので今度はその時間帯におじゃましよう(^皿^)

お腹が減ってれば食事もあるし、飲み物だけでサクッと立ち寄るだけもアリ。
いやまぁ、別にレストランでそれやってもホーチミンのお店ではいやがられないと
思うけど、客側が見てもサク飲み行けそうだな、と思える様な所の方が気が楽
ですし、こじんまりだけどなかなかお洒落な内装で居心地も良かったし、スタッフ
さんたちも親切な方達だったので、個人的にはお気に入り。

肉が売りとはいえ、お値段も結構御手頃だったので(2人前焼き肉セットが150kくらいとか)
美味しかったら儲けもん。今度軽くランチ食べに行ってみようかなー♪


th_IMG_5718_201603280203149c6.jpg

th_IMG_5717_20160328020313d8a.jpg




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Sushi 浦江亭 〜 肉寿司が食べられるぞ!

なかなか行かない7区に行ったので、良く最近話に聞いてたこちらのお店に
ってか、クレセントモール自体が私あんまり経験ないので迷った迷った(・∀・;
建物の中からだといけないのね。総合案内で聞いたら、建物の外に出てから
お店に入ることになってました。

良く聞かれるんでしょうね。案内所の人、私が向かってくだけで(ああ)
みたいな顔をされて、「和食のお店で浦江亭さんっていう…」って途中まで
行った所で「あちらですよー♪」と教えてくれました(^^;


th_IMG_4303.jpg 


この日は土曜日で、もう13時も過ぎていたのですが、店内はほぼ満席!(´⊙ω⊙`)
人気があるのねー!
というわけで、客人が多かったので店内写真を撮れなかったのが残念ですが、
かなり広々としたスペースを取り、木造の感じを全面に出してて、回転寿司と言いながら
高級感すら感じる作りに。贅沢な感じのする空間ですね。これはこれは。

メニューを見てみると。。。


th_IMG_4305.jpg th_IMG_4306.jpg 

th_IMG_4307_20160304221651983.jpg th_IMG_4308.jpg


おーっ、なるほど、聞いていた通り、人気店の Sushi Ko よりも安い、と言う評判は
本当でしたか!!

ただしっ( ・`ω・´)b



正確には、Sushi Ko よりも安いお寿司「も」ある、ですかね。
2貫で10kドンって言う、とんでもなくお安いネタもあるのですが(玉子とか魚系ネタの
一部とか)、いいな!と思えるネタになると59kドンとかのものも結構あったので、
結果としては、値段に関しては Sushi Ko さんとトントンくらいですかねー。


軍艦や巻物など、さすがSushiを名乗ってるだけあって、メニューも充実しています。
工夫は色々されているけど、突飛すぎる様なものは見当たらず、割と真正面から、
と言う印象。


th_IMG_4313_201603042217300a5.jpg th_IMG_4314_20160304221731acb.jpg

th_IMG_4317_201603042217316a1.jpg th_IMG_4318.jpg


一品料理も充実していて、例えば人理絵晩ご飯を食べに来ても、過不足なく楽しめそう。
回転寿し、と聞いてたのですが、実際には殆ど注文になるみたいですけどね。
いや、客としてはそちらの方が握りたてを頂けるのでありがたいんですけども。


で、早速いくつかピックアップしてオーダーしてみたら。。。


th_IMG_4327_20160304223827124.jpg th_IMG_4332_20160304223830cea.jpg

th_IMG_4335_2016030422383304c.jpg th_IMG_4333.jpg


うん、お値段から考えて順等。
タイプとしては、シャリの量がしっかりある「お食事寿司」。
この立地から予想されるニーズを考えると当然ですね。

10kドンの卵焼きは、油を敷き過ぎて少し変色している部分があったので
(これは味の大勢には影響の無い現象です)現場で焼かれているものと思われ、
成形などは頑張ってるなーと思いましたが、好みの味ではなかったのでごめんなさい(^^;
どこ風の味かで、玉子は好みが別れますものねー。これは全く私の都合。

魚のネタ類も概ね良好。
穏やかなクオリティ・ラインをキープしているなと言う印象。
真っ黒いのは「キャビア風」(笑)
魚卵をつかったものですが、どうしても絵面が欲しくて頼んでしまいました(笑)
形は少し自由ですが(笑)、飛び散らないように奇麗に詰めてありますよね。
飛び子系の扱い、けっこう大変なんです(^^;

ってことで、ふむふむ、って感じで冷静にここまでは食べていたのですが。。。
こちらのお店、焼き肉屋さんもをされてらっしゃるじゃないですか?
その流れから。。。

th_IMG_4330.jpg

わーーーっはっはっは!!!
なんと、和牛の刺身の握りがあーる!!!!
うっきゃー(≧∇≦) (いきなりのテンションアップ)

日本でもここ数年はやってる肉寿司。
ホーチミンでも食べられる所があるとは聞いていますが、とーにかく高い!
素材の入手や扱いが大変である限り、金額が高くなるのは当たり前ではあるの
ですが、そう言うものを日常的に頂くと言うのはちょっと無理がある。
そもそも金額自体に無理があったら、食べる機会を持つことすらも躊躇する訳で。。。

半分諦めてたんですけどね。
なんと、こちらで頂ける。
お値段2貫で59kドン!!300円ちょい!!
これならアリやろ!!!!

そーんなね、ゴッテリ厚いお肉が乗ってるわけじゃありません。
が、充分肉の旨味が味わえる上に、むしろこの薄さがあるからこその口溶け、
と言いますかね。ボキャブラリーの少ない食レポーターが言う所の


「お口の中で溶けちゃうー♡」

ってやつ。あれです。あれが楽しめます(笑)
シャリが気持ち大きめなので、このネタに関しては少ーし調整してもらった方が
もっと口溶けが良くなるんじゃないかと思うのですが、シャリ自体は悪くないし
握り方もほどほどなので、「細かいこと言いなさんな!」と自分で自分に言いたく
なるレベルの些細なズレ、程度でしたかね(^皿^)


あとね、一人だったのでメニューとにらめっこしながら食べてたんですが。。。
(行儀悪いしメニューを舐めるように見るなよお前)
ふと目には言ったのがお蕎麦。

th_IMG_4322.jpg

って、あんたそこそこの数の寿司、既に食うてるやん!!!
と突っ込まれるのが目に見えてますが。。。

ちょっとお蕎麦のメニューを見て下さい。
SとLがある!!!
そして思い出したのです。
1区にある浦江亭さんで以前冷麺を頂いたとき、麺の扱いがとても丁寧だったことを。

一時奇麗麺の食べ歩きをしていた頃、まーいい加減な扱いをするお店が多い中、
ダントツで、そして非の打ち所がない加減でピシー!!っと決めて来てたのですよね、
浦江亭さん。「これこれこれこー!!!」と思った記憶があるので間違いないです。
てことは。。。

冷麺と蕎麦は別物ですけど、麺の扱い、という所に共通項があったらば、
もしかしたら美味しいお蕎麦が頂けるんじゃないかしら?と好奇心がムクムクと。
私普段滅多にお蕎麦、外で食べないんですけどね。大抵外すし、何より家にお気に入りの
乾麺の蕎麦を買い置いてて、それがもう下手な生麺食べるよりも絶品なので、ガッカリ
する可能性の高いお外で食べる機会がメッキリ無くなってたんです。これは日本にいる
頃からのお話。


それが何だかこの日に限って、以前の浦江亭さんの冷麺の記憶とも相まって、やたらに
相場を食べたくなってしまったんですねー。Sサイズが39kドンという金額も後押しした。
これなら失敗しても惜しくないし、残さず食べきれる用かもしれないし、とね。

で、結局頼んだのは。。。


th_IMG_4339_2016030423291038e.jpg


えっ、Sサイズだから!!!(・∀・;
なんか天ぷらついてるけど、Sサイズだから!!!!!
いやほら、7区中々来られないし、次は別の店行くかもしれんし、だったら天ぷらの
味も確かめられたらいいかなって。いいかなって!!!(必死に言い訳)

またねー、天ざるでもSサイズが59kドンだったんですよ。
あり得ます?300円。こんな価格だったら、絶対チョイ足しに頼みたくなやろ。
こんな好条件が重なったらもう、内容がどうあれ価値があるなぁ、と思ってた所…


th_IMG_4340_2016030423291131b.jpg th_IMG_4341_201603042329128d5.jpg


ちょっと!!!!
美味しいんですけど!!!!!

乾麺なんでしょうが、しっかり良い頃合いに茹でられて、短い時間でシャキっと〆て
(グダグダやってると蕎麦はすぐにダメになりますもんね)アツアツの天ぷらと
共に良い頃合いで提供されてる! それに蕎麦自体の選抜も素晴らしいっ。
私が家で愛食している蕎麦に近いもの感じるわ。。。

ちなみに私が大好きなのは、妻有蕎麦ってやつ。
楽天とかでも簡単に買えるので、ご興味のある方はどうぞ。
追々、この蕎麦使ったレシピなんかも載せて行こうと思ってた所。
(今和食載せる余地がなくて載せられてませんが)

Unknown_20160304235708689.jpg
※浦江亭さんが使われているものの確認はしていませんので
 上記と混同されないようにお願いします。


まぁ単純に私の好みだっただけと言う話もあるし、そもそも私が蕎麦環境のあまり
豊かでない所で育っているので、私の好きな蕎麦=良い蕎麦ではないと思うのですが、
難にしても私はとても気に入った。つけツユが甘めでしたので、関東の方のお口には
どうなのかなと思いますが、九州人の私にはアリ。しかもこの値段ヾ(@⌒▽⌒@)ノ


よって。。。。
次回こちらのお店に来ることがあったら、私、このお蕎麦と肉寿司頼んで、
勝手に「ちぇりセット」作って食べていると思います(笑)
だってこれですよ、これっ。


th_IMG_4338_20160304232908860.jpg


きれーでしょ。
美味しそーでしょ。
べっぴんさんでしょ♪
(お前が作ってるわけじゃねーけどな)


美味しいお蕎麦と美味しい肉寿司。
こんなのがホーチミンで食べられる日が来ようとは。。。。(T^T)

浦江亭さん、ありがとうっ。
あのお値段ならローカルの方もかなり利用しやすいだろうし、それでいてリッチな
気分が味わえる内装だし(実際この日のお客さんは殆どがベトナムの方だった)
在住の日本人にもこれまで頂けなかったようなお寿司を提供して頂いて。
しかも美味しいお蕎麦まで。

この調子だと、他の一品料理も美味しいものがいっぱいあるんじゃないかと思われる
のですが、何せこの日は一人だったので、今回のレポはこの辺で。

ありがたいなぁ。
こんなん、個人じゃどうにもできん「提供」やもんなぁ。
私が今更言うまでもなく、既に大盛況なので既に行かれた方も多いお店かと思いましたが、
なーんし、こんな組み合わせが、しかもお手軽に楽しめるお店なんてそうはありませんからね。
テンション上がって力説力説(笑)

お肉好きな方、お蕎麦好きな方は、よろしかったら試してみてくださいね♪



Sushi 浦江亭
GF-15B Crescent Mall,
101 Ton DAt Tien Q7





にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

富士製麺 〜 変わりうどんと思いきや?

さて、先日ご紹介した2区にあるVINCOM MEGA MALL内にあるこちらのお店。
映画館の入り口辺りに、他のレストラン群からはちょっと外れてます。

th_IMG_1976_20160203184313f62.jpg


正直、ホーチミンにある「うどん専門店」を謳ったお店で「すっごいここ!」
みたいなのは自分の中に無かったので期待してなかったんです。
というか、入る気なかったんです。ちょっとメニューだけ見てスルーする
つもりだったんですが。。。

th_IMG_1977_2016020318431557a.jpg

レモングラスうどん、とな?!(´⊙ω⊙`)
(ってあんた、一番下にあるのによー、一瞬で見つけるなぁ。。。)

且つ、素うどんとかがやっすーい。35kドンだって。200円くらい。
これ、相当頑張ってるんじゃない?とか興味惹かれてたら、期待に満ち満ちた
浴衣姿のお姉ちゃん達に取り囲まれて、引くに引けなくなってしまい…(笑)

ご入店( ̄ー ̄)
こちらのおみせ、某店のようにセルフサービススタイルなので、まずはトレイを
確保してうどんを注文、その後に天ぷら各種などで欲しい物を取りお会計、
と言うシステム。なんですが。。。


th_IMG_1978.jpg


店が暇すぎて店員さんが余りまくってるためか、こっち客独りやのに2人
くらいつきっきりでお世話してくれてたwww セルフの意味なーい(笑)

お好みでネギや天かす、生姜等を穫り放題の薬味コーナーには、某うどん店
のようにパクチーが山盛りwww まぁ普通のお出汁のうどんだったら私も
パクチー取ったりしないんですけどね、今回はレモングラスうどんだったので
ちょっと増し増し。

ってかさ。。セルフだから注文後、うどんが作られるのを目の前で見てる
わけですよ。するとですね?まぁうどんは茹で置きですよ。それを湯で
温めて湯切り後どんぶりへ。そしてそこへ。。。。

黒っぽい、ドロドロした餡をかけてる!!!(´⊙ω⊙`)
黒っぽいって言っても関東のうどんつゆほどは黒くなく、でも関西の金色の
お出汁よりかは色が濃いって程度なんですが、それに刻み野菜みたいな
ものがたくさん入ってて、ほんと、中華のあんかけみたい。こーら外した
かなーという感もあって、盛大にパクチーを入れることにも躊躇無しだったとw
結果。。。


th_IMG_1981_20160203184318827.jpg


こんな感じです。見た目悪くはない。
ちなみに横のお稲荷さんはサービスで頂きましたw
そしてひと口啜ってみると。。。


th_IMG_1982_20160203185945e9c.jpg th_IMG_1983_20160203185947879.jpg


おーーー!!やぁらかいおうどんさんや!!(((o(*゚▽゚*)o)))
柔らかいうどんて、この讃岐全盛のご時世になんやな、と思われる方も
いらっしゃるかもしれませんが、私が育った福岡では風邪を引いた時に

「お粥さんにする?おうどんにする?」

と言われる程柔らかいのが定番で、コシなんてどこ吹く風。
粉で出来てる分、まだ米粒残るお粥さんより消化が早い代物でして。。。(笑)
これはこれで美味しいんですよー。讃岐ももちろん美味しいですけど、
最初食べた時はビックリしましたもんねー。あんなん風邪のとき食べたら
消化不良で胃がひっくり返ってしまうやないか!と思いましたもん(笑)

んで、柔らかいおうどんにも柔らかいなりに特徴がありましてね?
太くてふっくらフカフカの子ぉとか、細めでツリッとしつつプリプリしたのんとか。
ここのは若干細めで表面ツルツル。柔らかいけどしなやかな柳腰で、
女性的な印象のおうどんさんでした♪

そして特筆すべきはそのとろみのあるおつゆっ。
レモングラスなっ、和出汁との組み合わせ、オイシイで!!!

言われてみれば、日本でもすだちそばとかが地方でここ数年流行ってますやんな。
しかしアレの何が難しいって「酸味」ですわ。すだちそば、あれすだちを輪切りに
したものをたくさん浮かせてるパターンが多いですが、酸が和出汁のジャマをする。

柑橘系の香りと和出汁が合うのは、鍋のお出汁にゆずこしょうやゆずぽん、
なんならレモンやカボスを絞ることから皆さんご存知のことと思いますが、
あれはあくまで「タレ」的に使うんで、酸っぱかったら醤油ぶつける、
みりんぶつけるなどで対応できるんですけど。。。

うどんや蕎麦のおだやかーなお出汁にぶつけるには酸がネック。
しかしっ。しかしですよ?
レモングラスであれば、柑橘形の香りはあるけど酸味が無い!!!
和出汁の良い旨味バランスを崩すこと無く、柑橘系の香りだけをプラス
できるんです。これ、すごくないですか!?

「レモングラス」という言葉が和食に馴染んでないので最初ギョッと
しましたけど、これ、えらい発明ですよっ。日本の農家さんでも
ぼーちぼーちレモングラスを作ってたり、ちょっと良いスーパーなんか
では売られ始めてるじゃないですか。あれ、レモングラスってものは
知ってるけど使い方がわからない、ハーブティじゃそんなに量も消費
しないし…ってことで、そんなにガサガサは売れてないんと思うんです。

そこで( ・`ω・´)b
和食に使ってみませんかと言う話。
和の柑橘類とは確かに香りが少し違っているのですが、レモンはとても
日本人に馴染んでる香りでもありますし、しかも酸味が無くて香りだけ、
となると、酸が必要ない今回のようなうどん出汁だったり、炊きものの
隠し味なんかにも使えるんじゃないかと思うんですよっ。


th_IMG_1985_2016020318594960f.jpg


何か上の写真が、ネギ嫌いの人がネギ残したドンブリみたいになってますがw
レモングラスね。繊維が堅いから食べるもんじゃないんですよね。なので
レモングラスは残しましたが、おつゆはその後一滴残らず頂きました。
おつゆがね、優しいのっ。塩っ気控えめなんだけどお出汁がしっかりしてる
から物足りなさも無いし、しっかりしてると言っても線が細やかでやわらかいし。

気がつかんかったなー。難しいことはなーにもないのに、和出汁にレモングラス、
と言う組み合わせ。使えるでー、これ。ちょっと色々試してみよう。
えらいええとこに目ぇつけはったなぁ、このお店っ。

せやせや、オマケで頂いたお稲荷さんも。。。


th_IMG_1984_201602031859483cd.jpg

んまっ!!!
ゴマが混ざってる!!

そいで、酢飯もちゃんとしてんのよーっ。極上のシャリとは言いませんけど、
西のもんにはうれしい、ちょーっと甘めの素の柔らかい酢飯でね、そこに
お揚げさんの甘く炊いたんがキュッとね。キュッと。お出汁のアミノ酸で
賑やか敷くなった舌が、よー休まる。美味しいやーん、このお稲荷さん!!

ってことで、テンション上がってお持ち帰りまでお願いしたら、お稲荷さんを
お持ち帰りした人はこれまでいなかったのか、おうどんの持ち帰り用スチロール
ドンブリに入れてくれましたwww

th_IMG_2023_201602031859500e8.jpg

酢飯が美味しかったし、見たら巻物もうまいこと巻けてたみたい
だったから、こちらも。


th_IMG_2026_20160203190010961.jpg th_IMG_2025.jpg


持ち帰って食べると、お店で食べた時程の感動は無かったので、
やっぱりお出汁との組み合わせが良かったんかなーとも思ったのですが、
いやいや、それでもやっぱり普通に美味しくて、これ、シャリの美味ない
寿司屋のたべるより、よっぽどえーやんと。

やーっ、冷やかしのつもりだったのに、色々気付きを頂きましたっ。
しかもお安い金額でっ。ありがたいありがたいっ。
片言の日本語を喋られるスタッフさんもいるようで、

「Sanmi Udon、オイシデスヨ♪コンド、ゼヒ♪」

と言われたので、次回はそれも試してみようと思います。
久しぶりのフワフワうどんに、サッパリとしたレモングラス出汁
うんっ、いいっ。もしもこのモールに来られてうどんの気分になられたら
ちょっとお試しくださいませ(^皿^)



th_IMG_2021_20160203190007795.jpg



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Sushi Ko 〜 オープンスペースのお寿司屋さん???

***** 2015 Aug. *****

散々周りにこちらのお店をアピールしているワタクシですが、まぁなんせ「屋台」
ってところが引っかかるみたいで、衛生的に懸念をされる方が結構いらっしゃる。
もちろんそれは賢明なことで、私が保証できることでもないので、ご判断は
ご本人にお任せするしか無いのですが…(個人的経験から言うと屋内調理=
衛生面は大丈夫、とも言い切れないんですけどねw)

涼しい時期の今なら行ける気がする!という方がいらっしゃったので、速攻便乗。
食べに行ってみたかったんですよね。二ヶ月間日本で寿司三昧をして来た後に
食べたらどんな風に思うのかなって興味があって。以前は単に寿司に飢えてたから
美味しいと思ってたんじゃないかなって。でも。。。


th_IMG_1773_20160202034520479.jpg


やーぱ、うまいわ!!
日本だからって美味しいお店ばかりじゃない、ってのは嫌って程身銭を
切って学んだ訳ですが(美味くないどころかヒドイもの出してるところも普通にある)
そう言うお店を知るだけに、こちらのお店は「海外のお店にある中では」とか
「このお値段にしては」というのを取っ払って「美味しい」ですね。
もちろん、それらの要素を加味すると、もっと凄いって話になる。

内容的に、マグロに関してはトロより赤身の方が美味しく、〆鯖などは
さすがに難しい所もありますが、例えば身が厚く安定して供給が見られる
キスなどにはちょっと仕事がなされてあって、大変美味しゅうございました(*´艸`*)


th_IMG_1777_20160202034522c32.jpg


ホタテは毎回、2回か3回はお変わりする美味しさだったし、いくらもあんまり
普段は頼まないけど、一緒に行ったお友達が興味を示したので食べてみたら。。
あら。やだ美味しい。ちょっと醤油が勝ってたので、食べる際の醤油は不要って
感じくらいに味は強めでしたが、ちゃんとした浸け加減、そしてプチプチの歯ごたえ。

th_IMG_1776_20160202034521f13.jpg

あとこの日もう一つ発見したのがイカ!!
イカも私、寿司ネタとしてはあまり好んで食べて来なかったのですが。。。
あっまーい!!(((o(*゚▽゚*)o)))

結構肉厚でしたから甲もの系かと思われます。
それを上手に熟れさせた感じで、ふっかりと柔らかくネットリと甘く。
もしかしたらこちらのイカのそもそもがそんな感じの物なのかもしれませんが、
食感と良い味といい、すんごい美味しかった!のでこれもリピ(笑)

土地の向き不向きがありますから、何が美味しいかは日本のそれと若干
変わって来ると思いますが、お気に入りのネタを見つければ、シャリはちゃんと
してるし、握り方も心得ておられるし(もうちょっと小さい方が、とか
ふんわりした方が、と言う好みはありましょうけど、充分だと思います)
やっぱりすごいわ、こちらのお店。。。

そういえばお酒の種類も豊富になっていた様な。
いや、これはちょっと私の記憶に強くなかったので、単に以前見てなかっただけ
かもしれませんが、程々のお値段で日本のお酒を楽しめるのも嬉しいですね。

th_IMG_1764.jpg th_IMG_1765_20160202034519874.jpg

あんまり美味しかったので、そのときちょうどお友達宅に集まってるお友達が
いるというので、手みやげを持って乱入することに(笑)


th_IMG_1791_201602020355019ae.jpg


酔って寿司折り持って帰宅する(いや、家には帰ってない)なんて、大人になった
なーなんてことを良いながら、他にも焼き物等を少々(笑) これらがまた良い
具合のつまみになって美味しかった♪ 持ち帰って冷えて食べても、だったから
その場で食べたらもっと美味しいんやろうなー。

th_IMG_1786_20160202035444071.jpg th_IMG_1787_20160202035445887.jpg

th_IMG_1788_20160202035445c3d.jpg th_IMG_1789_2016020203544732f.jpg

以前も頼んだけど、マグロの頬焼きとか、肉か?お前は動物の肉か?という位に
ボリュームも歯ごたえも味も会ってオイシイし、串物も細やかな手入れがされて
いたと思いますー。ただ細やかなだけにちょーっと時間がかかるので、焼き物を
食べたい、または持ち帰りたいと思われるかたは、時間にゆとりを持って頼む
ことをお勧めします。待つだけの価値はあると思うので、段取りしてストレス
無いようにタイミングをコントロールするのが吉。

th_IMG_1790_20160202035449b17.jpg


あと巻物も結構行けましてですね。
ウナギロールやスシコスペシャルは、人数が居る時に頼む定番です。
昔はこう言う巻物に顔をしかめる人もいらっしゃいましたが、今となっては、
日本の方が海外に学んでますからね。伝統を守ることも大事だけど、ニーズを
増やしたり開拓するのも大事なことで、そこはお互いサマでやってけるほうが
双方お得になりますもんね♪

あーーーっ、しかし大満足っ。
やっぱり好きだわ、このお店!!
何度も来たい、こちらのお店!!
また誰か行くと言う話を聞きつけたら便乗させてもらおーっと(^皿^)



***** 2015 Aug. *****

いやー、初回行ったのが今年の話ですが、もう6回くらい行ってます。
こちらのお店。あんまりお気に入り過ぎて、逆に他のお寿司屋さんも
気になって、以前より積極的にホーチミンのお鮨を食べ歩いているのですが、
味・コスパ共にこちらに叶う所は中々無いですなぁ。

もちろん屋外と言う点が他の店構えの店舗とは大きく違うので一概に
比べるのもフェアじゃないなとは思うのですが、ホーチミンの、いや、
海外の寿司観をかなりの勢いでひっくり返してくれたこちらのお店。
やっぱり好きだわー。


th_IMG_2698.jpg



とりあえず、私が伺った際にはクオリティが落ちてた、と感じる事は
なかったので、もう確固たるスタイルができあがってるんでしょうなー。
そして火曜度に日本人のお客さんが増えてるような。。。週末はお子様を
連れてのご家族連れ、なんてお客様もいらっしゃってて、屋外を心配される
向きもけっこういらっしゃる中、かなり受け入れられてるなーと。


ただその週末ですが、混み方が事情ではなくなって来ている様子。
私が行った土曜日もその混み方は凄まじく、といって、ネタの処理の手を
省いてごまかす様な事はしないため、まーお寿司が出てくるのが遅かった(^^;

やっと出て来たお寿司のネタの温度が少し低く、キッチリと手順を踏んだ
解凍をした後、ギリッギリで出せる段階で出して来たんだろうなーという感想。
早く食べたい気持ちは山々なれど、ネタに対して真摯に向き合ってる姿勢は
さすがだなー、と、感心しきり。やっぱりすごいわ、このお店。

th_IMG_2697.jpg


既に少し離れたところ(数件隣)に支店的な物を出してましたが、最近は
混雑時には本店のお隣にまで徐々に浸食してってるとかって話も聞きましたw
特に週末はやっぱりそうなるみたいですねー。

週末の混雑は急激な変化なのか、まだ手が追いついていない事も多いようで
ワイワイした中で頂くのは楽しいのですが、スムーズにお食事をするには
ちょっと不向きかなというイメージ。食べたい物を食べたいタイミングで頂く、
ってのも味に関わってきますものねー。

なので出来れば平日に行くのをオススメ。
週末だったら、開店直後の16時くらいを狙って行くとか、
工夫をされた方が良いかもしれませんね。


そういえば回を重ねるごとに徐々に一品料理にもトライしているのですが、
天ぷらとかも頑張ってます。極上ではないけど、少なくとも私が揚げるの
より格段に美味しいw 


th_IMG_2703.jpg


あと、軽めだったらしいですが、お好み焼きを食べた方が、それもほどほど
よろしかったとの話。ボリューム的には薄々だったらしいですが、寿司を
メインに食べ手に来ててお酒も飲んでると、むしろその位でよかったかなーって。

あとはやっぱり私はホタテのお寿司が好きですねー。
1貫だけど、ドアップでいっちゃお。
はいドン。

th_IMG_2700.jpg


愛らしい。
白くつややかにポテリとそこにたたずむ姿。
ホタテ。かわいいよ、ホタテ。。。


なんにしてもますます大繁盛している様子のこちらのお店。
想像には難くなかった事態ですが、嬉しいですね♪
今回色々食いっ逸れたので、また近々ガッツリ食べに行こうっと♪




***** 2015 May *****

かなり前から話には聞いてた「屋外店の寿司屋」。
この常夏の国で…???(^^;

ってことで、なかなか行く機会もなく、いつしか忘れていたのですが、
最近にわかにまた周辺で話題に上るようになり、しかしなかなか行った事が
あるという方が居ないので、これはもう「行け」と言われてるに違いない、
と解釈し、行ってきました、常夏の国の野外の寿司屋。怪しいwww


最近でこそ、割と美味しいお寿司をリーズナブルに頂けるようになった
ホーチミンのお寿司屋さん。お金を出せばそこそこの物は頂けたのですが、
そのコスパレベルのものは日常の中で実用的ではなく、かといって、あまり
残念なお寿司で我慢するのも寂しいので、ほとんど頂く事はなかった状態。
(なんとわたくし、Sushi Barには一度も行った事が無いと言うて体たらく)

ぶっちゃけ、こちらのお店もネタ集めの感覚で、期待は殆どしてなかったのです。
失礼ながら。場所も4区。あまり治安がよろしくないよと言われてるエリア。
なんでも聞く所によると、10年くらい前にやっとマフィアが討伐されたということで、
それ以前はそのエリアが犯罪の温床になっていたとかなかったとか。

この辺小耳に挟んだだけなので、本当の所はわかりませんが、4区に行く、というと、
とりあえずローカルの人達は口を揃えて「気をつけてくださいねっっ」と言っていたので
それなりに評判がよろしくない所ではあるのでしょうな。

場所は、4区の貝料理が沢山集まるエリアの奥にあります。
あら、にぎやか!

th_IMG_1181_201505222011112d4.jpg th_IMG_1182_20150522201113919.jpg

話には聞いていたけど、人気のお店なんですねー。
日本の方もいらっしゃるけど、結構ローカルの人が多い印象。
まぁ地代を考えても1区の和食よりかは安いから、興味のある人、お好きな方は
こちらの方が来易いのかなー、などと通り一辺な感想を持ちつつ着席。

席は表に出された低い椅子とテーブルだけど、調理は一応建物内にある様子。
ネタは冷蔵ケースにおさめられてて、あらら、思ったよりも清潔度高いじゃない(^^;
(↑20年くらい前のアジア暮らしの経験があるから基準がおかしい)

メニューも写真入りで見易いですね♪
寿司だけじゃなく、焼き物、小鉢、焼き肉、鍋などもある様子。
なんとバリエーションに富んでることか。


th_IMG_1996_20150522201113ac5.jpg th_IMG_1998.jpg
th_IMG_1997_20150522201117829.jpg th_IMG_2003.jpg

既にSold Out になっているものもあり、人気のほどが伺えますね。
え?単に品切にしてるだけじゃないかって?そうですね(笑)
ベトナムではメニューにあっても実際にはこれがない、あれがないということ、
よくありますが、まぁそこは穏やかに参りましょうや(笑)

th_IMG_2004_20150522201146e09.jpg th_IMG_2005_20150522201148eca.jpg

お刺身だけのチョイ食べなんてのもありなのかも。
うーん、これ、美味しかったら使い勝手メチャクチャよくない?

で、こちらのお店。以前、ホーチミンの日本食屋さんで修行をされたという方が
ベトナムの方が開かれてる、と聞いてたのですが、メニューの日本語もよく
頑張ってるし、多少日本語が通じる店員さんもいる。そもそもオーダーは
キッチリ日本語で通じるし、よー教育されてあるなーと感心感心。

ま、こんなものもありますが。

th_IMG_2009_201505222011505e8.jpg

「おいしい わ ね!!!」

ごめん。まだ食べてない。
からそんな勢いで同意求められてもまだ答えられないわ。


th_IMG_2010_20150522201150a12.jpg

「食べろ! おなか いっぱい まで に!」

い…頂かせていただきます(^^;
ってことで、実食!!
まずは刺身!


th_IMG_2016.jpg

おーっ、なかなか頑張っとる!
ってか、普通にうまいぞ???
某店で、盛り合わせだと合わない食材も混ざってるからってことで単品頼みの
邦画良いと学んだので今回もそうしたんだけど、殆どハズレが無い。

th_IMG_2017_20150522202129f18.jpg th_IMG_2018_20150522202129d3e.jpg

ニシンの刺身って個人的には珍しいなと思ったら子持ニシンだった!
これ、関西とかでは珍しくないらしいですねー。別のお店での刺身の
盛り合わせにも乗ってて珍しがってたら笑われた(笑)
これはさすがに既製品なのかな。とても美味しかったけど。

th_IMG_2028_20150522202304893.jpg th_IMG_2030_201505222023055b3.jpg

とくにタイとおぼしき刺身は角がしゃんとしてておいしかったし、
付け合わせの海ぶどうとか、大振りでプチップチした後にとろっと
口の中でとろけて、大変良いっヾ(@⌒ー⌒@)ノ

ちょっと酢飯の具合も試してみたくて婚なのも頼んだ。
お店の名前がついた、スシコロール。
私、色んな国の変わった巻物って結構好きなんですよねー(*´艸`*)

th_IMG_2019_201505222021326f9.jpg


でもこちらのは割とマトモだったかな?アボカドとかカニカマとか
タマゴとか入ってた気がする。それをサーモンで外撒き。
キュウリも入っていて食感のアクセントも考えてる。ほおっ。

th_IMG_2026.jpg


酢飯の具合も個人的に頃合いだったし、これ、こちらの米で炊いてるんなら
すんごい頑張ってると思う。巻の具合もほどほど色気のある撒き方してるし、
あっらー、素敵。いいじゃない?

さて、握り。どんなのが来るかなーと思ったら。。。


th_IMG_2021_201505222021337f3.jpg

トロ!!んまそう!!!
もうね、最後の方になると脂物を美味しく食べられないお年頃なので
初手から頼んだ(笑) 作法も何もあったもんじゃねぇ(笑)

th_IMG_2032.jpg th_IMG_2033.jpg

軍艦はちょっと形がゆるかったけど、ウニは上々!!
以前食べたベトナムのウニはきれいすぎてちょっと物足りない感あったけど、
こちらのウニはしっかりとウニ!!磯野香りがほんのりとして、充分濃厚っ。

〆鯖はさすがにギチギチに〆たもんだったからちょっと苦手だったけど
まぁここで半生のサバが出来てもちょっと怖い(笑)
これは好みで頼むかどうかを決めたらええわな。

で、マグロの赤身も頼んだんだけど、これがまた美味しかった!!
最近は旨味のあるマグロを食べられる機会が増えて嬉しいねぇ♪

で、ここに言ったよと言う話をしてほどなく、旦那さんの会社の方も行かれたらしい!
そして、こんな写真を送ってくれました。(掲載了承済み)


th_IMG_2293_20150522230150f27.jpg
(撮影A氏)

ぐはあっ!!!
うちら2人やったけん、こんなゴーカに盛ってもらえんやった(;ー;)
更に更に、舟盛りとかもあったみたい。。。超羨ましー!!!(><)

th_IMG_2292_201505222301488e2.jpg
(撮影A氏)

そして美味しそう。。。
自分らが食べれてないネタがいっぱいある。。。。
くしょーっ、くしょー!!食べたい食べたい!!
またすぐ食べたい!色々食べたい!!!

ってことで、調度客人が来る事になったのをいいことに、
一週間せずに2回目、行ってきました(--)/ (爆)

この日は6人!!
良い人数や!!

で、この人数なら舟盛りやろー!!と思ったんだけど、その日はお客さんが
満員御礼状態で、一度に全てのオーダーを出そうとすると遅くなってしまう
と判断されたのか、少しずつが盛られて来た…orz

でもま、そういう思い遣りが行き届くお店なんですよ。
前に来た時もなにか小さいことなんだけど、気がまわるなーって感じた。
お料理への行き届き方を見たら納得なんだけど、その当たり前になっとくできる
ことがなかなかできないことって多いですから、やはりこちらのお店の形態、
お値段で、それが出来るというのは、素晴らしい事やとおもうんですよ。

th_IMG_2118_20150522230145c32.jpg th_IMG_2123.jpg

ただ、この日のトロはいまひとつだったかなー。赤身は相変わらず美味しかった
んだけど、トロは上の写真の左の方。ちょっと筋張ってて前に食べたのとは
違ってた。が、写真提供してもらった方が行った時のはしっかりと良さそうな
トロだったし、今回は遅めの時間だったから残ってなかったのかもなー。

あ、右の写真の鰻巻も、結構美味しかった!!
ツメの甘味が個人的にめっちゃ好みやったんよなー。
これは好みのある事でしょうが、酢飯も好きやしネタもツメも良い。
しかもここの寿司、握りはなんとこのお値段。


th_IMG_2013_20150522231645b2e.jpg

th_IMG_2012_2015052223164410f.jpg

主要価格帯は25kドン〜35kドン。
150円〜210円くらいでしょうか。
2貫で。

まぢか。。。
まぢでその値段でこのクオリティのシャリの握りが食えるのか。。。
さっきのトロも28k…170円だと????なんと!(´⊙ω⊙`)
リーズナブルさを知ったら更に食べたい意欲倍増よねっ!!
ってことで、お次は貝尽くしー!!!


th_IMG_2122_20150522230146999.jpg


おっほい!これは美しい!
そしてそれだけじゃなくて、どれもうまいっ。
とくにホタテ!!フワッフワなのにキョルキョルっとした歯ごたえもアリ、
甘い!!!これは大変良いホタテ!!!

あとね、ビールだけじゃなく焼酎なんかもあるんですが、
熱燗に至っては70kドン、400円しない価格で頂けます(*´艸`*)
極上っちゃー言わんけど、充分美味しく楽しめる味。


th_IMG_2031.jpg


こーれーはー…
いいわっ。ほんとに。
一品料理も悪くないし、ベトナムの他のお店のように、焼き物は炭火でやってるし、
なによりあの生ものの管理を見たら、衛生面が心配で…とか言っていたのが失礼
千万だったと申し訳ないくらい。食中毒なんか屋内の店でも出るときは出るしなぁ。

もちろん、だからといって絶対に安全と言う保証はできかねますので、そこは
自己責任として頂きたいのですが、個人的な印象として、リスクは他のお店と
どっこいだろうな、という感じです。実際、ちゃんとした街中にあるお店のものを
食べても具合が悪くなったなんて話はチョイチョイあるわけで、少なくとも、

「屋内だから安心、屋外だから心配」

と、イメージだけで思ってしまうのは失礼な事だったなと反省した次第。
場所柄の評判もあるし、1区からはちょっと離れるので気軽に、って感じ
ではありませんが、貝料理屋さんも含めて都合3回こちらのエリアに行った所、
タクシーで店に直接乗り付け、お店からタクシーで帰るという直行直帰を
行う限りは、そんなに危険とも感じませんでした。むしろこちらのお店の周り
には日本人も多く、気が休まることもあるほどで…(^^;

いやーっ、こんなに良いお店だったならもっと早くから来てればよかったなー。
他にも何件か路上・屋台の寿司屋ってあるようですが、その中でも一番評判が
良い様ですし、野外である事を気にされない方で興味がある方がいらっしゃったら、
ほんと、これは是非試してほしい。そして応援して上げてほしい。

日本人がどれだけ関わってるかはわからないのですが、もの凄く頑張ってると
思います。食べたらそれ、分かると思います。ちゃんと和食の道具からの手入れ、
使い方をしてはるお店だと感じました。なにより、自分らの国の代表的な料理が
こんなにも理解してもらえてるってのは、本当に嬉しい事だしすごいこと。

うおーっ。
書いてる間にもまた食べに行きたくなった!!(笑)
交通費かかるから最終的には1区で食べるのとゴッツでも、
味考えたらこちらに足を運ぶ価値あり!
寿司がぐっと身近になったわーヾ(@⌒ー⌒@)ノ



Sushi Ko
122/37/15 Vĩnh Khánh, Quận 4,



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

鮨人 〜 ベトナムの方によるお寿司屋さん

またもやベトナムの方が営まれているお寿司屋さん。
私、ほっとんど聞いた事が無かったのですが、旦那様のお仕事に
接待事が多い方などはよくご利用されてるらしく、結構奥様方にも
知られているお店のようでした。知らんかったー(^^;

で、夜はそこそこなお値段になると言うことだったのですが、
ランチタイムはボチボチリーズナブルってことで行ってみました。

th_IMG_7020_2015101219271640b.jpg

場所はBITEXCOタワーの付近。なので、ランチタイムは近くの
ビジネスマンやビジネスウーマンで一、1階はほぼ満員状態。
リーズナブルとは言え、ローカル飯に比べたらかなりお高いだろうに、
すごいなーっ。

2階に通してもらったのですが、個室が結構たくさんあるのね。そんなに広々、
って感じじゃなかったけど、結構いくつかお部屋があるようで、なるほど、
こういう感じならご接待にも使い易かろう、と納得。


th_IMG_7021_20151012192717751.jpg


今回私達はもちろん接待などではなく、お友達同士の普通のお食事だったの
ですが、酒を飲もうと言う魂胆んだったので

「人から見えない方がいいね( ̄ー ̄)」

ってことで、初手から個室を予約しての来店でした(笑)
しかし、平日日中でもあんなに1階は人がいたので、酒を飲む飲まない、
人に見られて胴のってのを考えなくても予約の電話はしておいた方がいいかも。
あんなに流行ってるお店とはなー。

あとメニューの豊富さにも驚きました。
お昼の定食は195kドン。その他にも丼ものやら焼き魚系やらお弁当やら。

th_IMG_7022_20151012192719f21.jpg

th_IMG_7024_20151012192720f3e.jpg

th_IMG_7027_20151012192722ab9.jpg


お寿司屋さんだけど、カレーやカツ丼、うどんやおそばなんかもかなり
充実してるようですね。食べてないから味の程はわからないけど、ほんとに
メニュー内はキッチリ日本食。それでこんなにローカルの方に支持を得られ
てるんだからすごいよなー。

th_IMG_7027_201510121928263f6.jpg

th_IMG_7029_2015101219282854a.jpg



今回頼んだのはお寿司セット。

th_IMG_7035_20151012194129426.jpg

あら、盛り込み奇麗♪
この「盛り込み」ってのが意外と侮れなくて、これが間抜けてたり雑だったり
ってとこのは、大抵美味しくないんだよなー(^^; でもこちらのはとても手が奇麗
なので、期待で来ます。

実際食べてみると、ネタもいいし、細かな包丁も丁寧な印象。
特筆して「すっごーい!!!」ってのは強くは感じなかったけど、
安心して頂ける感じですかね。

強いて言うなら、シャリの握り込がちょっと重くて、もう少しふんわりだと個人的には
好みでしたが、ビジネス街のランチですよ。若い方の腹が満たせなければ意味が無い。
こちらがどうかはわかりませんが、ランチはズッシリのシャリにして、夜はふんわり、
と、時間帯のニーズに寄って使い分けるお店もあるくらいですから、昼のお寿司だけ
食べてここのお寿司は…って思っちゃうのは、ちょっと危険かもですね。

th_IMG_7036.jpg th_IMG_7037_20151012194131890.jpg

シャリやネタの感じから、もう少し色っぽ握り方も出来そうなのに、敢えてのこれかな?
という印象を受けたので、勝手に妄想。

それにしたって大きなハマグリの入ったお味噌汁のお出汁はとても美味しかったし、
デザートまでついての特上・230kドン。1200円くらい。

th_IMG_7038_20151012194132cfc.jpg th_IMG_7039_201510121941358a5.jpg


デザートはコーヒーかシャーベットが選べるパターンでした。
個室を使わせて貰えてこのお値段でこのお味だったら満足かな。先日ご紹介した
屋台寿司とかだと、もちろんコスパがもっと高くなるので好きずきですが、
落ち着いた雰囲気の中で、安定した味のお寿司を頂けると言うのはありがたいですね。
スタッフさんもよく教育されてらっしゃるようで、確かに接待で利用しても粗相は
なさそうだし。

こうなると、今度は他のメニューも食べてみたい。
鮨を食べる限りでは、ベトナムの方のニーズに修正する一辺倒ではない感じで、
割と筋を通した日本食を出してるのかなって印象だったのでとっても気になります。

ってか、これをベトナムの方が営まれているってのがすごいよなー。
私が好きなお寿司屋さん、トップ4中、3件がベトナムの方がされてるって
結果になってきてます(笑) 街中ですからこちらは「安い!」とは言いませんが、
ビジネスシーンなどでの利用価値が高そうなので、まだ行かれた事が無い方は、
下見がてらに行かれておくのもよろしいかもしれません(^^)



鮨人 Nhân Sushi
62 Ngô Đức Kế, Quận 1

sidetitleプロフィールsidetitle

ちぇり

Author:ちぇり
FC2ブログへようこそ!

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleブログ村PVランキングsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
アップグレード 追加 作成済み/作成可能プロファイル数:0/1 キーワードをご入力ください ご指定の条件に該当するデータがありません * 他のユーザーから閲覧もしくは管理権限を与えられたプロファイル ユーザーガイダンス 解析コードの実装方法 Google Tag Manger 1.下記の解析コードをコピーして、解析を行いたい全てのページの から
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
の間に貼付けてください。 解析コードのコピー 2.解析コードが実装されたウェブサイトを開いてください。 3.解析コードが正しく実装されたか確認してください。 チェック 閉じる
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。