ミミガーの酢の物?

コープのお惣菜コーナーでこんなもン見つけて買ってみました。

th_IMG_2314_201702101732300a6.jpg 

ミミガーの酢の物?!(´⊙ω⊙`)
軟骨のコリュコリュと脂身のネッチリが美味しい豚の耳。
大抵の場合は甘辛系の味で煮付けてあるか、塩胡椒系で炒めて
ある鹿田と思ってたのですが、酢の物!

組み合わせ的には珍しい物ではないから、知ってる人には極
普通の物なんかなぁ。自分的にはミミガーと酢の物って、
経験したことが無かったのでかなり新鮮。

唐辛子とニンニク、エシャロットなどがゴロゴロ入ってたので、
日本の酢の物とはちょっと趣が違いましたが、食べて見ると、
あらアッサリ♪ いいじゃない?

ただ、こちらのお酢を使ってるようで、ちょーっと酸味のパンチが
弱かったので、自分の好みの三杯酢を作ってつけ直し。


th_IMG_2315.jpg 

ラー油も加えてピリ辛に。
辛いのが苦手だったら、ごま油で中華風に。
もちょっとクッキリした味が欲しかったら、お醤油を少々。
アレンジ自在。

で、これが冷蔵状態だったらそこそこ日持ちがするようだし、
サッと出せる良いおつまみに♪

所変わればなんとやら。
なるほどなー、ミミガーの酢の物。
目からウロコの一品でした♪




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ


☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★

 <イライラTrade Off> 更新!(バックナンバーでご覧頂けます) 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】

☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★


スポンサーサイト

牛乳で連敗中

うちの旦那さん、毎週日曜日に Vung Tauにサーフィンしに行ってるんです。
バス乗り継いで。運動不足の解消とか気分転換とか諸々兼ねて。
(平日ちぇりを押さえ難い方、日曜日の昼、狙い目でっせ)

で、帰り道のバスが休憩に寄る所で、いつも牛乳買って来てもらうんです。
ホーチミンの、いわばサービスエリアみたいな所。何か所か寄ったんですが、
フレッシュ牛乳や飲むヨーグルトを目玉商品にしてるところ、けっこうあるん
ですよね。

最近は流通が発達して来てるから街中でも何件も牛乳買える所増えたけど、
ちょっと前までは、もしかしたらあんまりスーパーなんかにも量を置いて
なかったりしたのかなー、などと推測。実際、あの紙パックで賞味期限
1年間とかいう、長期保存用の牛乳が未だに幅を利かせてるし、運搬に必要な
冷蔵車両とか、以前はあまり見かけなかった気がするし。

それで多分、生産地から近いのかどうかは知らんが、なんかの都合が良くて
そう言う所で売ってたのかなーとか想像。実際、お客さん群がるように
買ってることもあったから、特にホーチミンの街中から外れた地域にお住まい
の方とかは、そう言うとこでしか買うチャンスがなかったりしたのかなー。

ってことで、日々のお買い物に1kgの牛乳はなかなかの重さなので、
お願いできるなら旦那さんにお願いしようと、毎週買って来てもらってたん
です。それがここんところ2回程続けて。。。

th_IMG_1937_20170123205737c7d.jpg 

やだ、素敵なグラデーション♡
じゃねぇっ。

おわかりいただけただろうか。
買って来てもらった翌日です。
まだ封を開けていない状態。買って来てもらった当日はなんともなかったと
記憶しているのですが、見事に分離。。。(´Д` )

th_IMG_1938_20170123205738282.jpg

当然、賞味期限内です。
というか、精算日から4日目くらいのものだったようです。
もうケースから透けて見える段階で飲んじゃいけないというのは明白
だったのですが、一応出してみると。。。。(以下閲覧注意)


th_IMG_1939_20170123205739d64.jpg

うん、ヨーグルトになってますね(´Д` )
未だ今回は目視できたからよかったです。前回は悪くなっているように見えなかったし、
封も切っていなかったので、元気にグラスに注いでグビーッとお口に入れましたからね。

そこで「ブーーーー!!!」とミルク・ファウンテインにしなかったのはさすがの
ちぇりさん、大人です( ・`ω・´)b 冷静に席を立ち、シンクのところまで行ってから
以下省略。
歯を磨き直してもキモチワルかったぁん(´Д` )

例えばこれが賞味期限を切れてから一週間、とか開封後、ならわからないでもない
のですが、封を切っていない状態で、しかも賞味期限内に悪くなっていると言うのを
何度も経験してしまうと。。。

「おい現場、どんな衛生管理しとるんな!」

と言いたくもなる。。。
傷んでなくても、この商品大丈夫かいな、と思ってしまうがな。。。
なんだろなー。結構長い間続けて買ってて問題なかったんだけど、ココへ来て
2週連続。ちょっと警戒してこのメーカーのは買わなくなりました。でも
にうにうは飲みたいので、今は近所のスーパーで紙パックのをこまめに買ってる。
旦那さんに買って来てもらえると助かってたのになー。残念。

ともあれ、日本よりも諸々の足が速く感じる面もあるので、みなさんも開封
して冷蔵庫にキープしていた飲み物(特にフレッシュ系のドリンクとか)とか
果物などを口にされるときは、まずひとくち小さく齧って確認してから。
少し古くなって、若干でも心配がある時はゴメンナサイする。もったいなくても
それで中って病院に行く様なことになったら本末転倒どころか、損害が大きいです。

パン類なんかも、半日、常温に晒しておくだけで、目に見えないカビの宝庫に
なっているなどと言う話も聞きます(カビが全くつかないならつかないで
怖いけど)。これは日本でも同じなのですが、家庭でのパン類の管理の甘さは
衛生的な面でかなり指摘がされている所。(だから日本の屋台なんかでのパン
類の販売はものすごく厳しいし、特別な届け出が要る)

食中毒は、お外でばかり心配するもんじゃありません。常在菌も違うであろう
南国では、日本と同じ管理をしてても不十分なことがいっぱい。神経質になり
すぎて疲れちゃっても意味がないけど、十分注意して下さいね。
今回は分かり易い傷み方だったので私も回避できましたが、これを機会に
改めて色々注意しようと思いますー。(在住4年目にしての今更感w)



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

ファミマのキノコ飯

コンビニ飯を買ってる所を見られて「ちぇりさんがそんなもの買うの?!」
とか言われたばかりでございますが、皆さんいかがおすごしでしょうか(--)/

いや、好きですよ。コンビニ飯とか、何だったら日本に居るときはチェーンの
安居酒屋さんにも意図的・定期的に行ってた。ああいう所のレシピって、
価格を作る為の作業効率や材料の組み合わせ、流通時の問題を解決するパッケージ、
保存性、その他諸々、すごい制限が多い中で開発されてるじゃないですか。
そう言う所にレシピのヒントやアイデアがあるし、料理本では得られない
「何か」が潜む事が多いんですよ。

なので、美味しいから・美味しそうだからという理由だけじゃないかもですが、
結構利用します。試してみて美味しかったらめっけもんだし。

で、今回はめっけもんでしてん。

th_IMG_1654_20170105160044be9.jpg 


ファミマのキノコ炊き込みご飯。
ごっつ美味しい。

例えば白飯にタレ焼きのお肉が乗ってる、とかだと、どうしても米の淡泊さとの
コントラストが出過ぎて、日本の米で作るもんにはかなわんなー(あくまで日本的
メニューとして商品にしようとしている場合ですが)と感じてしまうのですが、
炊き込み御飯にしてしまえば、例えば素材が持つ油分だったり旨味成分が、
お米に感じる物足りなさを諸々補う形となって、ヒジョーにバランス良く感じられる。

th_IMG_1655_201701051600462a5.jpg 

そもそもベトナムのキノコ、旨味が強くて美味しいしねぇ(*´艸`*)
なるほどそうか、鍋や挽肉料理の旨味成分プラスの役割やカロリーセーブの
食材としては活用してたけど、炊き込み御飯か。この手があった。

といっても。。。。
なんかこんだけ美味しかったら自分で作らず、これ買い溜めして冷凍しとこか、
という気になるな(・∀・; 

th_IMG_1707.jpg 

th_IMG_1709_20170105160050cdb.jpg

あ…言うてる間にその気になったのね…。
この日、棚にあった分、全部買うてきた( ・`ω・´)b

おにぎりにしても良さそうだし、サクッと簡単にすませたいときの
お昼なんかに重宝するわー。コンビニ飯、しかも海外のコンビニで日本的飯が
おいしいのだろうかと懐疑的な麺があったことをここにお侘びします。

いや、侘びたくないメニューも他には多々あったけど(笑)、
キノコ飯に関しては全面謝罪させていただきます(笑)

th_IMG_1710_201701051600527f0.jpg 

カップに入ってて高さがあるから、冷凍する時にはラップか別容器に移してなるべく
均等に薄い形にしてからね。電子レンジ、高さがあると全体が温まるまで加熱した際、
中と外で温度差が出やすく、物によっては質感も変わってくるので、なるべく均等に
薄めで冷凍すると良いです。早く回答されるしムラもなくなる(^・^)

というわけで、ファミマのキノコ飯。
よろしかったら、お試しあれー♪



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

酸っぱい白菜の漬け物作ってます

台湾や。ああ台湾や、台湾や。
未だ忘れえぬあの美味しさ。

いろいろあるんだけれども、やっぱりの酸っぱい白菜のお鍋がよかったなー。
黒おにぎりや小籠包も美味しかったんだけど、あのお鍋。斬新。
白菜の古漬けがあんなおいしい事になるとは。
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-4445.html

ってことで、白菜の古漬け作ろうぜ企画、実施中。
考えたら白菜の浅漬けはよく作るけど(しかもその時食べる分だけちょっぴり)
ちゃんとした白菜のお漬け物ってわざわざ自分で作った事がなかったかも。

ってことで、まずは天日干しからスタート(^・^)

th_IMG_0031_20161214025633652.jpg 

真の部分に少し切れ目を入れて手で4つに割いた白菜を半日程干しまして。
塩の加減は確か白菜の重さの2%だったか3%だったかとうろ覚え。
直接食べるのではなく、鍋にする為の白菜漬けなので昆布を多めに
しようと思い、少なめの2%を採用。

葉の一枚一枚の間、特に根っこの部分は丁寧に塩を振り入れて残りの塩を全体に。
昆布はハサミでチョキチョキ切った物を適当に。
鷹の爪と柚子がなかったので、赤柚子胡椒で代用。(それはあるんだw)

とりあえず実験的に作るだけなので全体量は1キロ弱。
本当は塩分や酸に強いホーローの容器が良かったと思うんだけど、
少量だし、ホーチミンだと常温に放置するのも憚られる=冷蔵庫保管必須
なので、ここはタッパーで代用。

重石は。。。
水袋で代用(笑)

th_IMG_0146_201612140256366cd.jpg 

白菜量が1キロだからね。もっと大量だと効率良い重石の用がよいだろうけど、
取りあえずこの量ならビニールに水を入れた物で重量稼げる。
白菜の上に、重さが均等に散るように器よりひと回り小さいタッパーの蓋を
噛ませて重石ならぬ重水。で、冷蔵庫へ。

この先、水がちゃんと上がってくれれば(そして塩加減間違えてなければw)
そこそこのもんが出来ると思うんだけどどうかなー、と思いつつ、恐る恐る
翌日冷蔵庫を覗いて見ると…?


th_IMG_0145_20161214025635671.jpg

おおっ。だいぶん水が上がっとるじゃないか!
果たしてこの翌日にはさら水量が増えており、現在順調に育っております(^・^)
酸っぱい白菜のお鍋にする為の白菜なので、今すぐ食べたりはせずにしばし我慢。

ってか、こんなに順調に育ってくれると、大量に作りたくなるな。
といって、重石はかなりの邪魔になるから。。。
あの、あれが欲しい。なんかネジ式で中部がグイグイねじ込んで圧力かける
万力タイプの漬け物容器。昭和の家によくあったヤツ。

そうだ、この時期だもの。
サンタさんにお願いしよう。

サンタさん、ネジ式の漬け物器をちぇりにプレゼントして下さいヽ(・∀・)ノ
ダイヤモンドとかオープンカーより、ちぇりは今、漬け物器が欲しいです。
あーめーん♪ (なんか色々ちがう)





にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

【閑話休題】ミタゾノ・カレーを作ってみました( ・`ω・´)b

日本で放映されてる「家政夫のミタゾノ」。
深夜枠だし,松岡君女装しとるしでなんぞこれ、と思ってたんだけど、
松岡君が思いのほか吹っ切ってて面白い(笑)

プラス、ワタクシの年代的には「トッツィー」を彷彿とさせられ、
なんだかついつい見ています。はい、古いですね。30代以下の方、
知らんですわな。ダスティン・ホフマンの「トッツィー」。

有名どころの助走と言えば故・ロビン・ウイリアムズの「ミセス・ダウト」や
「ヘアスプレー」のジョン・トラボルタとかありますが、あのクラスの男優さんが
やった女装で且つ話題を集めたのは「トッツィー」が走りだったような。

んで、「家政夫」なんです。女装した松岡君。
サスペンスタッチ、時にはミステリータッチな小劇場的ストーリーの中に、
ちょいちょい「お婆ちゃんの知恵袋的」家事技を盛り込んで来てて、
そのバランス感覚が面白い。ついでにいうとその家事技がほんとにすぐに
応用できちゃいそうで、やってみたくなるんですね。

というわけで、先日の回で登場してた、ミタゾノ・カレーを作って来ました( ・`ω・´)b
ええ、もう矢も盾もたまらなくなって(笑)

このカレー、「手軽に一日寝かせたような味を出す」が売りなんですが、
なーんと、最初に野菜類を炒めも煮もせず、いきなりミキサーにかけて砕いて
しまうという!なにーっ(笑)

th_IMG_8702 のコピー 

更に番組の中では、肉も一緒に砕いてしまうと言う設定になってました。
うん、ミンチ上の方が味は出やすいから合理的。ではあるけど、私はお肉は
ゴロゴロがよかったので、お肉だけは別にカットして投入しました。
野菜類は人参・玉ねぎ・ニンニク・生姜・ジャガ芋。量は適当。

ミキサー回す為の水分は、番組内ではリンゴジュースってなってたかな?
ちぇりバージョンでは白いワインで。なんなら水でも問題ないと思うし、
ベトナムに居るならココナツジュースとかデモ美味しいと思うの。

そして、煮る。
どんだけアクが上がって来るかと思いきや、意外と上がって来なくてラクチン。
で、結構煮上げたんだけど、思うほどベースに深みが出てない様な。。。

普段は材料に少しの水分を足しては煮詰め、足しては煮詰めという手法を使ってて
それだともうルーを入れなくてもいいんじゃね?ってくらいの味になるので
ちょっと拍子抜け。コレで本当に一晩寝かせた様なカレーになるのか…?

th_IMG_8705_20161120131919ca4.jpg 

ルーを入れる段階で、カレールーがない事が判明。
え?ヽ(・∀・)ノ

というわけで、ビーフシチューのルーはあったのでそれをベースに、インドネシアの
ソトアヤムや発酵唐辛子、ガラムマサラ、ブラックココアなどを足してカレーっぽい
味に。なんでそんなもんが色々あるのにカレールーが無いんだよ。。。

ミタゾノさんによれば、鍵は「ピーナツバター」。
なるほど、一晩寝かせた様なコクってのは煮込み方や材料を砕いてから煮るって
とこより、この一点の威力が大きいようだな。

th_IMG_8707 (1) 

コク云々に関しては。。。うん、自分の味の調合次第+ピーナツバターがカバー
する所が多いかなって感じたけど、このルーの食感が良い!砕いた野菜の繊維が
全体をフワフワな感じに。同時に、その繊維が水分を含む感じで、全体としては
トロみと言うか濃度があるようにまとまってる。

小麦粉と脂がタップリの日本のカレールーだけで同じトロみを出そうとしたら
かなり重たくなるけれど、この野菜の繊維で濃度を保てるため、例えば粉末の
カレーミックススパイスやその他の調味料を加えるだけでも、十分ぽってりした
感じになる。食感的濃度はあるけど、口当たりや胃には軽く、ふわふわとした
不思議食感。

うんっ、これ味よりこの食感を得る為に、「野菜を砕いてから煮る」って手法は
ものすごくあり!!

玉ねぎとか、フードプロセッサーやミキサーに生でかけると苦味が出ちゃって
調理し難い感があったんだけど、なるほど。カレーならそこもカバーできるし、
むしろココアやコーヒーで苦味を和えてプラス事もある事を考えれば、
カレーに関しては有効な調理法とも言えるか。

ドラマの中では、砕いて全部混ぜちゃうから人参嫌いの子供さんにも美味しく
人参を食べてもらえるって設定でした。わからなくして食べる事が好き嫌いの
克服に繋がるかはわからないし、昨今では好き嫌いを失くす事はそんなに大事か?
って議論もあるので、個々はオマケ的に考えて頂きたいですが(笑)、栄養素的に
摂取してもらった方が良いなとお考えの場合には有功ですね。

別に難しい事でもややこしいことでもないのに、思いつかなかったレシピだなぁ♪
発想の勝利ですね。ええもん教えてもろたーヾ(@⌒ー⌒@)ノ





にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

Bun Bo Hue  〜 お馴染みの料理

もともとは中部・フエ地方の料理なんだけど、ホーチミン市内を歩いてると
めちゃめちゃ多いよね、この料理。すごいポピュラー。

th_IMG_6147_2016102222170066b.jpg

フエで美味っしーの食べちゃったから、なかなか「これ!」ってのに
市内では出会えないけど、まぁよく見かけるし、程々美味しい。
結構「ピリ辛な料理だ」って聞くんだけど、これまでそんなに辛い物には
出会った事が無いんだよなー。自分であとからチリを足す、ってパターンは
あるけど。

th_IMG_6413_2016102222170255c.jpg 
このパッケージにもチリの絵が書いてあるよね。
旨味があるから、上手に調和して辛味だけをそんなに突出しては感じない
バランスになってるのかなー。

あ、この商品、麺がプラスチックケースでガードされてました。

th_IMG_6414.jpg 

お土産に買って帰る麺としては結構良いポイントになるかも。
ってか。。。。

見ての通り、お店で食べるブン程は太くなく、乾麺状態で見たときは
春雨くらいの感覚。湯で戻しても、素麺くらいのもんにしか見えないのですが…


th_IMG_6415.jpg 
うんまいっ。麺がっ。
スープはねー、うーん、こういうブンボーフエもあるんだろうなとは思うし、
バランスも悪くないけど、Bo(ビーフ)の部分がそこまで個性的に取り上げ
られてないんで、「これこそが!」って感じではない。でも。。。

麺がおいしいっ。
こんな細いのに、すっごい輪郭がハッキリしていてエッジが立ってる。
茹でが足りなくて固いんじゃなくて、明らかに気骨のある麺。
それが食べ終わる最後まで持続してた。根性あるなおい。

この手の米麺って、ほんと。茹でて戻す場合に於いてはフライ麺より
アドバンテージ高いよな。あとはそれぞれの麺の性質や形状とスープを
どう合わせるかがポイント、みたいな。

日本ももっと米麺取り入れてくれたらいいのに。
日本の合成調味技術と合わさったら鬼に金棒な気がする。

あと。。。かやく的に入ってたこれ。
多分、Bo=ビーフをイメージした物なんだと思う。
大豆蛋白の代替肉素材。


th_IMG_6416_2016102222170693b.jpg 

日清さんのカップヌードルに入ってる謎肉の素晴らしさがわかりますっw
そういえば「謝肉祭」って、謎肉を大増量したバージョンが限定発売だっけか。
されたらしいですね。


ima_160906meatnoodle01.jpgima_160906meatnoodle02.jpg


確か9月発売だったと思うんだけど、今度一時帰国するときまで出回ってるかなー。。。
謎肉、食べたひ。。。。(ジャンク万歳)






にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

タンディンのワンタン麺 〜 極細強腰麺♪

***** 2016 Oct. *****

タンディン市場にはよく行ってるんだけど、こちらのお店には久しぶりに行った!
うん、あいかわらず美味しい(^・^)

th_IMG_5725_20161021235957018.jpg 

今日は蝦麺。蝦いっぱーいヾ(@⌒▽⌒@)ノ
スープはアッサリで、シャクシャクレタスを余熱でシンナリさせて食べる美味しいやつ。

th_IMG_5726_2016102123595924c.jpg 

麺もあいかわらず輪郭のシッカリしたコシアリ麺だし、うんうん、安定の美味しさ。
でも一緒に行ってた人がワンタン麺食べてて。。。うーん、やっぱりワンタン
美味しそうだった。。。多分よだれたらしてみてたんだろうな。
無言の内に、ワンタン二つ、こっちの丼に乗っけてくれたwww

ごっつぁんです(`・ω・´)ゞ
(いや、遠慮するなり、そう言う気を使わせなさんなよ。。。)

買い物ついでにサクッと食べられる気安さもいいですね♪
御用とお急ぎでない方は、是非是非お試しくださいませ♪



***** 2014 Aug. *****

タンディン市場に、ここ最近行くようになったのですが、もちろんその場で食べれる
食堂的な物もあり、チョロっと覗いてみましたよっと。

大聖堂などがある繁華街からHai Ba Trung を市場方面に行き、この通りに当たったら
右に折れ、左手直ぐあたりから食堂街が始まってます。

th_IMG_3546.jpg

結構な件数があるのですが、なんだかんだで一番入り口手前にあった屋台風のお店、
雲呑麺屋さんに惹かれました♪ 

th_IMG_3536_20140728195404e86.jpg

先日、「雲呑大師」と言うお店を紹介したばかりですが、こちらもドライはあるのかな?
メニューにあった写真的には汁物メインな感じでした。このメニュー板が目印。

th_IMG_3538.jpg

雲呑だけとかエビ入りとかあったけど、雲呑と中華麺が入った物を注文。
35kドン。安いヾ(@⌒ー⌒@)ノ
で、出て来たのがこちら。

th_IMG_3539.jpg

おー!何か色々乗ってて豪華ー♪170円くらいだけど(笑)
雲呑いくつかに、エビ天。。。と言っても、ベトナムに良くあるあれ。
ガリガリの生地を広げた中にポツンとエビが乗ってるるやつ(笑)
ま、エビを楽しみに食べるというよりは、あれですね。崩して天かす的に食べる感じ。
そして雲呑は、ぶりっぶり!!大降りだし食べ応えあるわ。おいしー!

th_IMG_3540.jpg th_IMG_3544.jpg

チャーシューも入ってるし青菜系も。おいおい、なんだか豪華だな(笑)
そしてスープも最低限のところでフレームを保ってる感じ。そのままでも物足りなくは
無い程度に十分美味しかったけれども、卓上にあるチリやニンニク、お醤油などで
ちょっとずつ変化を足しながら食べるのも、また楽しい♪

特筆すべきは麺。ちぇりが愛するアヒル麺屋さん(いーかげん店名で呼んであげるようにしようぜ)
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-3346.html

の麺にもちょっと似た、極細だけど輪郭がシャン!としてるコシのある麺。
こちらのお店の物は、アヒル麺屋さんよりも更にコシがある感じかな?
ちぇりこれ好きなんよねー(*´艸`*)

th_IMG_3542.jpg

スープはサラサラなんだけど、麺が極細で、1箸で掬う本数が多いから、しっかり
汁気を持ち上げられるし、豊富な具材で食感も色々。これ、35kは安いわー。
ただ、麺の量はかなり少ない(笑) あの麺だけを椀子そば的に食べるなら、
4〜5杯は行ける(笑) 

まー具材が多いからこの丼を5杯ってわけにはいかないけど(笑)
麺だけだったらバンバンお代わりしたい感じ。今度食べる時は麺増量をお願い
してみよーかなー。美味しかったけど、ちょっと食べ足りない。。。と思ってた
ところに。。。


市場エリアで、多分食べた物と同じと思われる麺発っ見ー!!!

th_IMG_3548.jpg

特に珍しい麺屋さんって感じじゃなくて、よくある茹でたフォーやブンを、
袋一杯詰め込んで量り売りをしてくれるお店。フォーとかは自分で一杯分のスープ
作るよりお店で食べた方が美味しくて安いや、と思ってたので今まで買った事が
なかったのですが。。。。

この麺は食べれるお店をあまり知らない!!
コシのない、ただの細い中華麺なら結構あちこちで食べれるんだけど、この輪郭が
しっかりとしてコシのある麺は限られる(あくまでちぇりの知る範囲での話ですがw)。
なのでこれは買う価値があるー!!

ってことで買って帰って早速実験♪(実験?w)
手触りも見た目も、日本でよくある、箱に大量に入った輪ゴム、あるじゃないですか。
あれを想像してください(笑)茹でる前はまさにあんな感じ。まとめて手に取り引っ張った
感じも、ミヨーン♪と伸びて、まさにゴム(笑)

なので生じゃなくて、きっと蒸し麺?
日本で愛用していた蒸し麺の太いやつにちょっと似てる。生麺炎天下に置いとくと足、
速いしなぁ。粉の配合や製法はわからないけど、多分熱は一旦通ってる。

が、そのままでは流石に固そうなので茹で時間を調べていると、1分では茹で過ぎでブヨブヨ。
特にその後スープに浸けて頂く際は、折角のコシが台無しに。で、あれこれやってみた所、
たっぷりのお湯に放ってMAX15秒!好みで12秒くらいで上げてもいいかもだけど、そこは好みで。
で、この日は同じくタンディン市場で買ったハマグリで取ったお出汁で頂きました♪

th_IMG_3559.jpg

この時はまだちょっと茹で方が甘かったのですが、それでも相方さんは美味しい美味しいと
食べてくれました♪ その後、好みの固さで茹でた物はもう、なんだったら永谷園のお吸い物
の元で食べても十分美味しいw スーパーにフォーやブンのスープキューブがお手軽にたくさん
売っているので、それらを利用してもいいですね♪

いやー、この麺が自宅で楽しめるとは超嬉しい!
火が入ってるとはいえ、水分が少ないので乾燥を防げば冷蔵保存で結構日持ち
しそうですし(少なくとも4日は問題なかった)、なんてったって
500gで10kドン。。。(笑)
ご…ごじゅうえんかよ。。。安い。。。(笑)

最初は倍量単で売ってたんだけど、あんまりにも多かったし味の具合が分からなかったので
もっと少なく!つって減らしてもらって、半分でも多いかなーって思ったんだけど、
あの金額だと、あれ以上刻むと面倒くさいわな(笑)

今度はオイスターソースとかを使って、ドライタイプを自作してもいいかもなー♪
嬉しい嬉しい♪ この麺大好き♪ 日本の焼きそばソース使って、和風の焼きそばに
してみてもいいかもなー♪ 夢が広がる!

お安い物だし、もし市場で見かけられたら、是非是非お試しくださいね♪
タンディンでは、上の屋台を左手に見ながら先の写真の標識にあった通りを進み、
最初の角、区画が途切れた所を左に入ると、野菜〜お肉〜魚などがならぶ所があって、
それのかなり奥の方、右手にあるお店に売ってました。別にそこが仕込んでるわけじゃ
なくて、どっかからの卸しだろうから、他の麺屋さんにも置いてあるとも居ますけどねー♪



 


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪



Banh Canh Ga 〜 愛するバインカン即席麺編

なんと、我が愛するバインカンまで即席麺であるんですね。
どんな風になってるんだろう。

th_IMG_6148_20161020013104c6e.jpg 


しかもお外で食べる時には、カニスープの事が多いんだよな。
これはチキンのスープらしい。
ま、クセの無い麺だから合わないなんてことはないわな。

th_IMG_6323_20161020013106ded.jpg 


すんません。粉スープの袋が中に残ったまま撮影しちゃいました(・∀・;


麺は袋の中に直で入っております。
麺がシッカリしてるから衝撃にも強いんだろうな。
麺は。。。。平べったーいタイプでした。流石にあの径のある◯断面は
すぐにできるのが売りの即席麺には向いてないわなー(^^;


th_IMG_6324_20161020013107e0e.jpg

じゃ、これフォーとは何が違うんだよって、見た目だけだと思われちゃうかも
しれないんですが…ぜんっぜん違います(・ω・)ノ

インスタントのフォーはテロテロの蕩けそうにヘンニャリな食感のものが多い
気がしますが、コイツは葛切りくらいの弾力がある。さすが澱粉入りの麺。
ただ。。。

ちぇり、知ってる。
これ、丼に麺とお湯入れて蓋して蒸らすだけだと、温度が足りなくて人工樹脂板
切ったの食べてるみたいになるの(笑)

細いブンや薄いフォーは蒸らすだけでも何とかなるんだけど(それでも沸騰した
お湯で茹でるのとは違うけど)コイツばっかりは面倒くさくても麺は茹でる
事をお勧めします。艶かしく半透明になるし、絶対そっちの方が美味しい(笑)
上手に茹でれば、ベロンベローンヽ(・∀・)ノ と美味しい食感に仕上がります♪

スープはチキンベースってことですが、結構複雑。
スープの粉の量はかなり少なく感じるんだけど、味、しっかりしとるなぁ。
エビとかも入ってるんかなー。うまいですが。あと、カットしたチリをサラサラー
っとスープに泳がせたときのサリサリとした辛い感じもしっかりあります。

あの生のバインカン、若しくは店で食べる◯断面のものを期待すると別物
ですが、素材配合的には間違いなくバインカンで、形状が違うとこんなに
味わいも変わるもんだなという好例でもあり、そこを楽しむと言う手もあるかも。

「ワタクシはバインカンが好きです」と言うからには、
あらゆる形のバインカンを愛するのですっ。
完食っ(`・ω・´)ゞ


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

【訂正と読者さん情報!】コンペイ糖的、素朴な砂糖♪

***** 2016 初回買ってから一週間後. *****

旦那さんが痛くお気に入りになったこちらのお砂糖。
一時帰国の際にお土産にする!というので、買ってきました。

でーん。

th_IMG_6226_20161019195223295.jpg 

4kg ( ̄▽ ̄)

お店の人に「ボン(4)キロ〜♪」と言ったら、
「あぁっ?(・д・)」みたいな顔されたw

でもこれ、ガジュガジュ齧りやすいし(そんなに固くはありませんが、歯の弱い
方はお気をつけ下さいね)甘さがクドくないし、ほんと、コンペイ糖代わり。
先日お友達にも配ったんですが、結構好評(^・^)

甘さにくどさがなくて柔らかいため、やっぱりこれをお料理に使ってみりん
代わりにしてもよろしんちゃうか、みたいなご意見も頂きました。
実際それやったけど美味しいですしね。


th_IMG_6321_20161019195224e2b.jpg 

洗って乾かし、一応こんな感じで小分けにしたら。。。それなりに見える?
中身、砂糖やけどw

に、しても。。。
やっぱりこういうとこで売ってるお砂糖、綺麗やなー。


th_IMG_6225_20161019195221fc6.jpg 


似た形の透明なタイプもあったんだけど、まぁ奇麗。
溶けないんだったらわたしこれ、指輪にしたい(おい

細かくグラインドして圧縮成形してるタイプのものもあったんだけど、こっちの
方がお料理とかには使いやすいかもしれませんね。味は近かったけど、如何せん、
粒子の大きさが全然違うので、直接食べた時の味わいが全然違う。

th_IMG_6222_20161019195912594.jpg 

直接雨的に食べるんだったら、前回から推してるガジュガジュの方をお勧めします。
もう我家の中では、すっかりお菓子扱い(笑)
私も自分のお土産用に、ガッツリまた買いに行こうかなーw



***** 2016 Oct. *****

書いたばっかりのこの記事ですが、この砂糖に詳しい読者の方から
情報を頂きました! 管理者だけに届く様、且つ、ご連絡先が添えられない
ままに情報を頂きましたので、ここへの情報転載の許可を頂いていないのですが、
これ、早急に訂正すべき内容も含まれてているので、私の勝手を、どうか
ご容赦願いたいっ。

まず、お知らせいただいたのこが、こちらのリンク。




今回ご紹介したお砂糖の製造工程とおぼしき動画です。
4:00辺り、18:00辺りに、完成品と思しき様子の物が登場。
まさに、このお砂糖。

全部ベトナム語ですが、サトウキビが原料で、どうやら少しずつの糖蜜を
結晶化させてつくっているもののよう。なるほど、それであんなにきれいなのか。

で、それはいいんですが、結晶化させるためには核が要る。
その核が、映像によると…?

糸やん!(´⊙ω⊙`)

糸の様な物、じゃなくて、糸ですっ。みなさん、繊維じゃないですっ。
あれ、「糸」だそうです!! 製造工程の物なので、全く関係のない
異物と言うわけじゃないようですが、「糸」です!
食物由来の繊維じゃないので食わん方ががええっ(・∀・;

糸の様な物を見つけても、たまのこと(そんなに混入量は多くない)で取り除くのが
面倒でもなく、且つ、和えてそれだけ食べるという好奇心にも欠けていたため、
見た目だけの判断で書いていました。が、思いっきり間違ってたし、誤解を招く
書き方をしてしまっていました。申し訳ありませんっ。

改めて訂正します。
この砂糖についている物は糸の様な物、ではなく、「糸」です。
硬質ですぐに体内壁を傷つける様なものではありませんが、素材まではわかりません。
消化不可なものであった場合、胃腸に問題を起こすといけませんので、飲み下す事は
避けておいた方が良いかもしれません。

それでもお砂糖自体は、やっぱりおいしい(*´ω`)
甘すぎず、大きな塊でも割とガジュガジュと噛み砕かれやすく、懐かしくて
幸せな味がするので、その部分はおすすめですが、「糸」には気をつけて
くださいませ。特にお子様がお召し上がりになる時などは、影響も大きいかと
思われますので。


それにしても。。。ありがたい。
情報をお寄せ下さった方、表に出ない形で私にお知らせくださったので
こちらでもお名前を出す事は控えさせて頂きますが、下手をしたら何かの事故に
つながるかもしれなかった誤りでしたので、教えて下さって本当に助かりました。

情報を勝手に転載させて頂いた件に関してもご容赦いただくこと前提で勝手を
させていただき、なにからなにまで甘えさせて頂きました。
お名前も宛てずに申し上げるのもどうかと思いましたが、
ひとまずはこの場でお礼をお伝えさせて下さい。ありがとうございました。

またもし、お手間でなければですが、ご連絡先を頂戴できると幸いです(^^)



**********************************

よく、つるむ人は趣味や価値観が近い人がいい、というのがあって、
最低限のモラルや所作振舞の傾向に関してはそうかなーと思うのですが、
そこさえ許容し合えるなら、目の付け所や興味の対象が自分とは違う人と
一緒に過ごす、というのも、これまた自分の幅が広がって面白い。

例えばわたくし、タンディン市場に行ったら場外でお野菜や生鮮食品も
買ったりしますが、定期的に買っているのがバインカン。

http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-4233.html

キロ単位で買っては小分けして冷凍し、常備食材としているのですが、
なーんと。先日、くだんのUさんと出掛けた際に、タンディン市場内で
こんな物を売ってるお店を教えてもらった!!!

th_IMG_5956_201610152253416f9.jpg 

これ、お砂糖なの。
でもね、普通の砂糖と違い、甘みに実に品があって、素朴で円やか。
なんか懐かしい感じもして、何のお砂糖やろなーと考えてたんですが、
食べてる時に。。。

th_IMG_5971_20161015225417066.jpg 

なんか糸出てる( ̄ー ̄)

すわ!!異物混入か?!(とか言ってもベトナムじゃ珍しくなさそうだけど)
と思ったのですが、よくよく見てみると砂糖全体に見られる傾向。
で、思い至った。これ。。。

サツマイモが原料ちゃうか?と。
いやでも、繊維が鍵なら、単純にサトウキビの可能性もある。

※記事文頭に訂正文を添えました。
 これ、糸の様な物、じゃなくて「糸」でしたのでお気をつけ下さい!!


そう思って味わってみると、味も微かにそんな感じがする。砕いて溶かして
普通にお料理に使っても上品そうだけど(特に煮物や焼鳥のタレに使ったら
かなり美味しそう!!)欠片をポイッと口に放り込んで飴玉みたいにして
食べても美味しい。

先にも言いましたがクドくないので、ずーっと口に入れとけるし、全体は
ゴツゴツして固そうに見えますが、砕く分には歯でカリッと噛むとゴジョゴジョ
ゴジョっと小気味良く砕けて、その食感は上等なコンペイ糖のよう!!
こんなお砂糖あったとは!!

th_IMG_5944_20161015225346039.jpg 

こんなお店で、乾物をメインに扱ってらっしゃるんですけどね、お砂糖類も
色んな種類をお取り扱いでいらっしゃる。

th_IMG_5943_2016101522534505f.jpg th_IMG_5942_201610152253446e8.jpg

氷砂糖なんかもありまして、フルーツ酒やフルーツジュースを作るときなんかにも
重宝しますねぇ♪ 別にスーパーでも氷砂糖は売ってるんですが、なんかこう、
市場で量り売りしてるやつは風情がある。精神論的な話になるんで面倒くさいやっ
ちゃなーと思われそうですが、なんか好き(笑)

こんな感じで売られてましてね。

th_IMG_5941_201610152253434a6.jpg 

この日は500g程買ったのですが、2万ドンせんかった。。。( ꒪⌓꒪)
いやまぁ、2万ドンとしてキロ200円だから、程々のお値段といえば
程々のお値段ですが、そもそもこんなお砂糖日本では中々お目にかかれないので
個人的には大変価値があるため、相対的に安く感じる。

ホコリっぽい市場の中にこんな感じで開けっぴろげに置かれてあるし、ぱっと
見たらちょっとゴミっぽいのが入ってたり、取り分けてもらう時におっちゃん、
ガッスガッス手で掴んでたから(笑)、持ち帰ったら一旦ざっと洗って乾かして
から使ったり食べたりしてるんですが。。。

th_IMG_5973_20161015225419705.jpg 

うちゅくしい。。。(*´ω`)
ちぇりさんには、天然石より価値があるw
っちゅーか、これ美味しいねん。ほんとに。
さっきも言ったけど、上質な甘さのコンペイ糖みたいな感じ。

うちの旦那さんも痛くお気に入りで、今度帰国するときのお土産にするんだと
言うてました(笑)。まぁこれなら料理する人にもしない人にも楽しんでもらえるし
よほど砂糖が嫌い!という方でなければ受け入れてもらいやすそうやし、
確かにお土産にいいかもしれん。パッケージとかないから、自分で袋に小分け
する、とかせんといけんかもだけど。

で、最初の話しに戻るんですけど、このお店が私がいつも生バインカンを買ってた
お店のまさにトイ面。乾物屋さんがあるなーとは思ってたんですが、特に必要も
感じなかったのでガン無視してました。ら、そこにこんなお宝が!!

逆にUさんはそこのバインカンは買った事が無かったとの事。
なので今回はブツブツ交換( ・`ω・´)b

私がUさんにお砂糖のお店教えてもらって、私がバインカンのお店をお教えしました。
違うアンテナ持ってる人といると、こんな風に世界が広がる♪

いままでベトナムには色んなお砂糖があるなーと思いつつ、数年間もこんな
良いお砂糖を知らずにいたとは。。。抜かりました。
ってか、まだまだそう言う物があるんだろうな。
ますます食い歩かねばと改めて決意。食うぞーっヾ(@⌒ー⌒@)ノ







にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

Bun Rieu Qua 〜 あっさりカニ出汁

ブンです。
ホーチミンではフォーと人気を二分するか、単品だけで無く、鍋への添え物、
巻物の具材とかの活躍度合いを勘案したら、フォーよりよっぽどポピュラー
なくらいの麺です。断面◯の細め麺。感覚からいうと、日本のお素麺みたいな。

th_IMG_6145_20161019174740cfb.jpg 

まぁ冷たい出汁につけて食べる事は無いのですが、温かいおつゆの中でで
泳がせて食べる様は、さながら「にゅうめん」。下手をしたら、コシ至上主義の
日本人がフォーを食べた時より、馴染みがあるんじゃないかなーと思われる麺。
日本では、知名度まだまだ低いけど。

その分を使った物の中でも特徴的且つ専門店もよくある、Bun Rieu Quaという
料理。カニのスープがメインです。そこにトマトが入ります。お店に寄っては
ゴロッゴロ入れてるし、スープ炊くときから放り込んでるので、スープが赤い
色になってたりもします。カニのイメージカラーともマッチしてるので、
独特の高揚感を感じます(笑)

th_IMG_6318_201610191747415bd.jpg 

キッチリと包装された麺に、粉末スープ、かやくっぽいもの、そしてレトルトパック。
このレトルトパックは別に温める必要はありませんけど、結構味の要なので、
なるべく中身を残さない様、全部使い切る事を推奨。

いつもの様に麺を別湯でし、お椀にスープを用意しようと、調味料の小さい袋ふたつ
を湯に溶いてみたら。。。すっごい透明。日本でいうところの「おすまし」みたい。
ネギやら何やらの乾燥野菜は散りますけれども、スープ自体がすっごいアッサリ。

そこに麺を加えてレトルトパックの中身をトッピングしますと…?
こんな感じ。


th_IMG_6320_20161019174743607.jpg 

にゅうめんやな( ̄ー ̄)
しっかし、あんな薄薄の味の所に麺とか入れたら、更に味が薄まって、どないにも
こないにもならんのちゃうか?と思ったのですが、レトルトパック内の調味料が、
まーいいお仕事をされますねっ。

トマトと、多分カニの何ぞを煮詰めて作ったペースと的な物なんですが、これが
カニベースのアッサリお出汁に交ざると、途端に旨味の厚みを増して、麺を入れ
た後に物足りなさを感じさせる事無く、かといって、クドすぎる事も無く、
あくまで、お澄ましベースなので、するりスルリと食べれてしまうっ。

お澄ましの全体に、ちょっと辛味ベースが入って、その辛味の粒子が細かいと
言いますか、全体にマットに滲んでるような辛さなのでいたくはないです。
味を構成する上での締めというかストラクチャと言うか。そこの刺激が箸を
次々に進ませる要因になってるんですかね。

プラス、お素麺のようなライトな麺。
いやー、優しいわぁ。これ、飲んだ翌朝とか、おいしいんちゃう?
この手の米麺のインスタントは油っこいスープでないのがいいですね。
且つ、米麺は小麦に比べて圧倒的に胃に優しいので、インスタととは言え、
なんか罪悪感が軽いねん。(そう言う気がしているだけなんやけどね)

インスタント麺に限っては、あかん物はあかん!って言うたろと思って
たけども、これまでのとこ、どれもそこそこ美味しいなぁ(・∀・;

あ、ちなみにこれ、レトルトパックの具材が入ってるからか、高級品です。
これまでご紹介した物が3,000ドン台だったのに比べて、これを私が買った
ときは5,400ドンでした。28円〜30円くらい。
なんてったって、カニ出汁ですからねっ。高級品( ・`ω・´)b

そういえばベースの出汁のあと、ちょっとええとこの「カニ茶漬けの素」
みたいな感じの風味もあったなぁ。日本人もベトナムの人もカニ好きな人、
多いもんねー。なのでインスタントとは言え力が入るんかもですね(*´ω`)




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

Banh Cuon 〜 即席麺でもあるのか?!

ズルズルトスする即席麺に色んな種類があるって言うのは知ってたけれども、
バンクオンもあるのか!!


th_IMG_6144_20161017183411816.jpg 

Banh Cuon ってのは生蒸しライスペーパー。
米粉を溶いた生地を薄く伸ばして蒸したもの。一真一枚を破らぬようにペローンと
蒸し上げる、大変手間のかかるお料理。もっぱら「外で買うもの」として、私は、

Tay Ho
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-3325.html

さんをご贔屓にしているのですが、もちろんインスタントでは、中に具材を
ロールしたりってのは無理な話。生地だけのものなんだろうけど…
(日本の食品技術者さんとかだとやっちゃいそうだけどねw)

th_IMG_6181_201610171834125c6.jpg 

ふぅむ。
麺と言うか生地と言うか。
スクエアタイプで、ちょっとオレンジがかった色味。
さてはて。どんなものになるのやら。

やはりこれもお湯をかけて蒸らし、水気を切ると書いてあるけど、私は
クツクツと涌かして湯でました。湯切りをすると、ぷるんぷるん♪

…は、いいけど。。。
うん、たまーにある、茹で上がりのもわっとした湯気の中に、嗅ぎ慣れない
違和感を感じる香がする(^^; 乾麺には時々ある事なので、特に有害と言う
ものでもなく、且つこの商品だけが特別って訳じゃないと思うんですが、
ちょっと酸っぱい様な無機質感のある香がするんですよね。。。

これ、湯でてる最中はわからなくて、茹で上がった後に水気を切ったり、
火から上げた時にやっとわかるってケースもあるから、やっぱり湯で湯は
捨てるつもりで作業するのが吉だなーと。

th_IMG_6183_201610171834154fa.jpg 

茹で上がった物に粉末調味料乾燥トッピング、そして辛味オイルをかけて、
まぜまぜして頂きます。これ、パッケージにもTOMって書いてあるのですが、
小さい乾燥エビなんかが結構入ってて、調味料自体は良い味付け!

ただ。。。オイル量が少なくて全体に回せない殻か、すぐにダマになる(´Д` )

th_IMG_6184_20161017183416393.jpg 

なんだったら食べるラー油とか、ごま油でもいいから、ちょっと足して、
湯で上がり後になるべく素早く全体に混ぜておくのがいいかも。
加えて、さっきの湯で上がり時のモワンとした臭いが気になったので、
写真を撮り終え、食べる直前までは(んーー…、一応1枚2枚食べてみて
アカンかったらごめんなさいだな…)とか思ってたのですが。。。

あらっ。調味料を混ぜたあとは生地の臭いが気にならない!(´⊙ω⊙`)
どころか。。。麺がすんげーぷるりっぷるりっ!噛み締めるとクニュリとした
コシの様なものまであり、これ、幅をもうちょっと狭くして啜れるきしめん
みたいなんにしたら、日本でもきっと大ヒットするんじゃねーか?というレベル。

更にさっきも言いましたように調味料の味付けが良い、というか、ふんだんに
エビを使ってて、なんだったら贅沢ッつっても良い味わいだったんで、
まぁ箸止まらなかったよね。惜しむらくは、一部団子のようにくっつけあって
しまった部分で、生地同士がくっついてる所には味が行き渡らないので味気ない。

やはり茹で上がり直後が勝負ね。
お好きなオイルを少し足して、手早く全体に混ぜ込みくっつかないようにする。
これがこの麺を食べる時のコツかと思われ。

しかし、今までこんなのがあるって気がつかなかったな。
これ、Lucky PlazaのSatraっていうスーパーで買ったのですが、4500đ。
23円くらい。安いwww
他の店にも売ってるかなぁ、ちょっと気をつけて見てみよう(^・^)



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

チキンソルトなるものを頂きました♪

オーストラリアでは定番のお塩なんですって。
先日頂いたのですが、これがまーっ、ジャンキーなお味で使い甲斐がある!(笑)
(褒め言葉ですw)

th_IMG_6188_20161017190801171.jpg 

チキンフレーバーなので、塩の味自体にボリュームがあるため、マヨネーズと混ぜて
アッサリとした茹で野菜につけたり、シンプルなフライドポテトに降ったり、
目玉焼き、野菜炒めなんかにとても良く合う♪

例えばお肉ちょっとでやる野菜炒めとかも、コイツで味つけると、お野菜自体の
味がボリューミーになり、お肉がそんなにたくさんじゃなくても満足感があるん
ですよねー。

ダイエットとかさ、そういうので何でもかんでもライトにしちゃうと、なんか
「足りない」感があって欠乏しちゃって続かない、またはどっかでヘヴィな物を
どか食いしちゃうなんてことになりかねないんだけど、こうやって、取るべき野菜の
味のボリュームをしっかり確保して頂くと、結果、お野菜メインなのに充分満足、
って結果に持って行けたりするんですよねー(^・^)
ベジタブル炒飯の時なんかにもこれを使えば、はい、リッチ♪


th_IMG_6176_20161017190800103.jpg 

これくれた方、オーストラリアに長くいらした方で、あちらでは
「当然のように」キッチンにあるもののようで、私が初めて使うと言ったら、
「知らないのぉおお?!」
と驚愕されておりました(笑)

クレイジーソルトとかとはまたちょっと違う趣…というか、
ぶちゃけいえば、ジャンキーなんだけど(笑)、分かりやすくて美味しいわこれ。
いまじゃすっかりキッチンのスタメン。なくなったら。。。

買いに行くかな、オーストラリア。←コイツホントにやりかねんぞw






にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

Hu Tieu Bo Kho

えへへ。
新カテゴリー作っちゃった。

軽くて手軽で消えもので、気軽なバラマキ土産として人気のある
インスタント麺。でも、フォーだけでも色んなメーカーのがあって
どれが美味しいか分からないし、なんだったら他の種類の麺も沢山あって、
日本人的には聞いた事も無い「なにそれ?」ってのも沢山あって
どれを買って良いかわからない!!ってなりません?

自分も好きな商品はいくつかあるけど、そう言えばキッチリ違いを試して
なかったなーと思い、ポツポツ書いてくことにしました。忙しい時には
便利だしねー、即席麺(笑)

さて今回紹介する、Hu Tiuというのは麺の種類の一つ。

日本人にも馴染みの深いPhoは本来北の食べ物で、それに南部地方で匹敵するのが

Hu Tiu と言えるかもしれません。ポピュラーな物では、Hu Tieu Nam Van 

と言う料理が南部では人気。


th_IMG_6151.jpg 


丁寧に取った豚骨出汁に干しエビやその他のお出汁を加えて作ったスープで

頂いたり、濃いめのタレで和えて食べるドライタイプのHu Tiu など、

色んなスタイルが。


米から作られているという点ではPho と同じだけど、Phoに比べるとコシがある。

麺を作る際に、米粉をから作った生地を蒸してカットした後に一度感想させる

ことで、輪郭のハッキリしたコシを生み出すんですね。


またBo Khoというのは、ベトナム式のビーフシチュー。朝食の定番メニューで、

ベトナム式のフランスパンをつけて食べたりするのですが、日本のビーフシチュー

とは違い、サラリとしたテクスチャーなので麺にかけて食べたりもします。


インスタントのこのHu Tiue Bo Khoは、先に説明したHu Tieu麺に、Bo Kho=

ベトナム式ビーフシチューをスープにして食べると言う設定の物。

これが。。。よく出来てる(笑)


th_IMG_6153_2016101718343979b.jpg 


且つ、そんなに頑丈でないながらも、麺がプラスチックのケースに入っており、

他の物と鞄に詰め込まれがちなお土産にするなら、気持ちだけでもちょっと安心。


乾燥米麺の再現率はかなり高いので、即席麺の具合が良い事に関してはあまり

驚かないのですが、スープの味わいが秀逸っ。サラッとしたテクスチャーにも

関わらず、折り重なる旨味の層と程よい加減のピリ辛風味。微かに感じるトロみが

麺によく絡んでて、トッピングはチョットした乾燥野菜とアラレ程度なのに、

Bo = ビーフの旨味がしっかりとあるので物足りなさが無い。むしろ充実しまくってる。


th_IMG_6155_2016101718344244a.jpg 


もちろん、お野菜やハム、あれば炒めた牛肉なんかを乗せるともっと美味しいのは

わかるのですが、如何に手をかけずに美味しいかってのがインスタント麺の醍醐味

だもんね。スッピンで、しかもライトな米麺が主体の料理だと言うのに、

こんだけ充実感があったら、ほんと充分でしょ。


これで6200ドン。30円ちょっと。安い(^^;

お店で色々ハーブや香辛料を使いながら頂くってのには及ばないけど、

ほんっとこれ、秀逸。ベトナムの米麺は再現率が高いから、インスタントに

向いているとは思っていたけど、スープもこんだけ充実してると、

常備食にしたくなるなぁ。外にも食べに行きたいお店がたくさんあるのに

困ったもんだ(笑)


ちなみにベトナムの即席麺の作り方には、

「丼に乾麺を入れてお湯をかけて蒸らしてスープ」

となっているものが殆どですが、個人的にはちょっとお湯を沸かした中で

クツクツと炊いて麺を戻すのが好きです。


また湯で湯も、日本の小麦乾麺のように油で揚げた物ではないっぽいので、

麺を湯でたお湯は捨ててスープ用に新たなお湯を…ということをしなくて良いようにも

思いますが、稀に、製造工程で必要とされたのであろう打ち粉やその他の、ちょっと

酸っぱい香がしたり、そのままだとスープの味をジャマするなー、と感じるものが

あったりするので、スープ用のお湯は新たに別に涌かして注いでいます。


例えば麺事態に味がしみ込ませてある様なタイプ(チキンラーメンみたいなの)で

あればもちろん、湯でたり戻したお湯をそのまま使わないといけないのですが、

もしもスープが別添えの場合は、


・湯で湯は捨てる

・スープのお湯は新しいモノを使う


を基本としているので、味の感想はその手順の上での物である。

ということをご了承ください。湯で湯をそのまま使った場合は、ちょっと

感想と食い違いが出て来るかもしれませんので悪しからず。






にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

Bot Banh Ran 〜 味の素さんのホットケーキミックス♪

ホットケーキミックスって、あんまり使わないんですが、
あると何かと便利なので常備はしておくんですが。。。

ホーチミンで見かける輸入ものパンケーキミックスなりホットケーキ
ミックス、買ったのが軒並み美味しくなかったんですよね(´Д` )
しかも1キロ単位とかで売られてて、高いわマズイは処置に困るわ。。。

で、買わなくなってたんですが、しばらく前ごろから、味の素さんが
出されたホットケーキミックスが出回りましたよね。
あれ、200g単にだし使いやすそうだなーと思って買っておいたんです。

th_IMG_6178_20161017174820121.jpg 

で、しばらく使ってなかったんですが、先日ペチョーン(´・ω・`)
となることがあったので、これは元気になるお薬を補充しなければ
ならない( ・`ω・´)b と思い立って焼いてみました。
これがものっすごく優秀♪

まず、卵が要らない。
卵は濃度にムラがあるので、普段は牛乳と混ぜてから粉と合わせる、という
手順を取るのですが、ブレンダーででもミックスしないとやっぱりムラは残るし、
ムラが残るとどうなるかというと、粉との馴染みが悪くなったり、馴染ませたあとも
まだムラが残ったりになるので、混ぜる階数が増えるんですね。

混ぜる階数が増えると、小麦粉からグルテン(粘り)が出て来てモッテリ
と重たい生地なる。お菓子を作る方はご存知と思いますが、軽く仕上げたい
生地を焼く際には、粉と水分、混ぜたらなるべく短時間で火入れを始めるのが
鉄則。なので、なるべく少ない回数で水分と粉を混ぜられるに越した事は
ないのですが。。。。

このホットケーキミックスは、卵を使わず、牛乳を混ぜるだけ。
プラス、お粉の配合にも工夫をされているのかなぁ。ものっすごく
馴染みがよくても、本当に必要最低限で混ぜ合わせる事ができました。
= 生地の状態が大変に良いので。。。

th_IMG_6177_20161017174817c4b.jpg 

焼け具合がとても良いヾ(@⌒ー⌒@)ノ
もうこの時点でなんか幸せになって来た(笑)

焼けたのんにはバターと蜂蜜。
もうお薬だから遠慮せずにドバドバかけたったw
(用法用量は適切に…www)

th_IMG_6191_201610181123268d4.jpg 

中もサックリフワッとしててねー、
なんか自分がホットケーキ焼くの上手になった気分(笑)
食べ口が重たいのも苦手で普通のホットケーキは殆ど作らなかったんだけど、
これならちょっとパッと作って食べたくなるわぁ♪


th_IMG_6180_2016101717482027c.jpg

味もね、あんまり香料は強すぎないけど、でも自前で作ってバニラエッセンス
落としただけでは引き出せん、ホットケーキミックス特有の香ばしくて
甘やかな香があって、ものすごく好み。それでいて甘すぎる事も重い事もないし。

なにより、今まで使った事のあるホットケーキミックス、日本のを併せても
個人的には一番使いやすいんちゃうか?という印象。
何が違うんやろな。すっごい生地が扱いやすいの。
やっぱり卵入れんって所が大きいんかなぁ。

そんな派手なお菓子じゃないけど、ホットケーキって幸せやない?
ポテーッとフライパンに生地を落としたんが、ジワジワ膨らんで来て
フォカーッていい臭い放ち始めて…

うん、元気なくしたときは、ホットケーキ。
特効薬(笑)

お子様のいるご家庭に限らず、休日の朝食とかにも重宝すると思いますんで、
よかったらぜひ試してみて下さいねー♪ チョコチップやらバナナ入れても
美味しそうだし、色々アレンジしても楽しそうなのでぜひぜひですー♪






にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

Cho Dau MOi Binh Dien 〜 市場大冒険②

さて後半戦です。
1棟見て回るだけでも結構大変だったのですが、お魚棟も見ておかないと
なにしにきたのかわからない。Round 2, Go !( ・`ω・´)b

th_IMG_4924.jpg 

うおーーーー。。。こっちも広いわぁ。。。
そして床、わかります?つるっつるでキッレーでしょ。
こんだけのお店があって、こんだけの人がおったら、もーっとゴジャゴジャになって
てもおかしくないのに、常にきれーにされてる。人が通っただけでも床なんか
汚れるもんやのに、こんだけの荷物が行き来してて、これだけ清潔に保てるって
すごいよな。お掃除専門の人とかおるんやろか。

th_IMG_4928_20161009183718cf1.jpg


まぁ、こっちも活気ありますわ。
ってか、魚類の方が貝類より、更に多くのお店が開いてる感じだったから、
こっちの方が最前線って感じかしら。

th_IMG_4937_20161009192406b5f.jpg 

カエルさんもシーフードなのねー(笑)
そういや海鮮料理屋さんで出されるよね。
スーパーに出回ってるのは身が細かったりして中々買う気が起きなくて
(買わない理由はそこですか)ベンタン市場にたまに丸々したのが入って来てるから
買う事あるんだけど、まーーーーここのカエルさんったら、丸々以上!

th_IMG_4938_20161009192408ae2.jpg th_IMG_4973.jpgth_IMG_4974_20161009192412869.jpg th_IMG_4968.jpg


大人の配慮からアップ写真は避けますが、ちょー美味しそうだった(๑・﹃ ・`๑)ジュル”
ニョロニョロのうなぎさんみたいなのもおったし、魚棟はさすがに魚種が圧倒的に
豊富でおもろい!!

th_IMG_4943_201610091924093b7.jpg 

イカとかは綺麗だったなーっ。
皮まで、この段階で剥いであるって、どんだけの仕事量だったんだろう…と、
他人事ながら途方に暮れつつも、多様なイカの種類に圧倒されて、時々
タコにも遭遇しつつ、さながら水族館的楽しみ方をしながら一巡。

th_IMG_4968.jpg 

いや、一巡、はええねんけどな…?
で、買えるん?って話よ。
いくら大勢でBBQやるったって、一種類1kgも買ったら数種類でいっぱいいっぱい。
なんだだったら500gとかで売ってくれたらありがたいんやけど…とかいう、
文字通り「雑魚」客。これまで見た限りではそんな単位で買ってる人は…

いや、たまにお姉ちゃんが小さめの買い物袋に貝を詰めて買ってる場面が
あったな。見ると、お店に寄って買い物袋を軒先にまとめてかけてある所と
ないところがある。もしかしてあの袋をかけてる所は小売りしてくれるんかも?!
と淡い期待を抱きつつも。。。うーむ。

あ、ついでだったんで、お肉の棟もちょっと覗きに行ってきました。

th_IMG_4979_20161009200004ece.jpg 

はいもうこちらは素人さんには絶対無理!(・∀・;
一頭買いらしきお店がズラーット並び、さばいてる所はさばいてる所で、
もう凄まじい作業風景。

th_IMG_4985_20161009200006d01.jpg 

解体し、皮と脂を分けてはいるけど、それでもかなりの大きさのままであっちへ
こっちへと山のように積んだ台車をガラガラと動かしています。こんなところで
「すいません、500gください」とか言う勇気は一切持ち合わせておりません( ー`дー´) 

th_IMG_4986.jpg

まぁ、肉は今回はハナから買う気がなかったので別に良かったのですが。。
魚、なぁ。。。売ってくれるやろか。

時の頃は夜中の一時半過ぎ。
眠いしところに変にテンションが上がって、でも身体はクタクタに疲れて来てて、
なんともいえない微妙な状態。買えるという確証もない。正直、買い物できない
かもしれない、という思いが強い。しかし。。。

それを口に出したら負けだ (´Д` )

そこだけはわかってた。言葉にした時から物事はそっちに動くからね。
だから不安はいっぱいだったんだけど、「さぁて、どーしましょーかー」とか
なんとかいいながらごまかしてた所に。。。

「ちぇりさん、なんか飲んで一服しません?」

と。
おーーーーー!!!ナイス!!!ナイスですよっ、Uさん!!
人間行き詰まったら、寝るか食うかで一泊置くのが一番です!!(雑な人生やな。。。)
というわけで、最初に見かけてた場外にある食事どころの屋台群へ。

th_IMG_4989_20161009195821583.jpg 

th_IMG_4992_20161009195823989.jpg th_IMG_4993_2016100919582449b.jpg

うん、飲み物だけのカフェみたいなんなかったから、フーティウ飲んだ。
フーティウは飲み物。この日からそう決めた。

ってか。。。
ちょっともう失礼承知で汚い言葉使いしますけど、

クッソ美味い!!!ヽ(;▽;)ノ

ウマイの一言で片付けるなよって話ですが、もう許して。
夜中の疲れ切った中のテンションで、手元もブレブレ、写真の酷い有様から
お察しください(苦笑) まぁ、疲れ切ってた所に食べたってのもありますが、
なんだこれ?!

すんごい味が深くって染み渡る感じっ。そら場所が場所やから材料もふんだんに
入るんでしょうけど、25kドンとかそんなもんじゃなかったか。それでこの
上等の味わいは市内じゃちょっと難しかろうなぁ!うんめー!
(はい、時間はそろそろ午前2時)

ここでちょっと気力回復。
とにかく当たって砕けてみましょう!ってことで、目星を付けていたお店に突撃っ。

th_IMG_4954_20161009195826347.jpg 

…したのですが、未だ見切れてないお魚とかいっぱいあって、やっぱりキョロキョロ(笑)
そんなことをしていたら。。。

「エビー!ええのんあるよー!!(みたいなことを言ってたんだと思うw)」

と、さっきまではまるで声がかからなかったのに、お店の方からアピールして来た!
そうかっ、きっとさっきまでは業者さんタイムで、2時くらいになるとそろそろ
大きな取引が終わって、小売りもしてやってもエエでー、みたいなことになったん
やろか?!

なんでもええわっ、買えるー!!買わせてもらえる!!
全ての食材は難しいにしても、ここでいくらかの種類の食材、
明日のBBQの為に買って行けるー!!ヽ(;▽;)ノ
th_IMG_4955_20161009195827921.jpg

こっからはもう、ひたすら買い物に専念するのみ。
市場にいる人出英語出来る人なんて殆どいなかったから、こちらの片言の
ベトナム語でなんとかかんとかやりとりしつつ、この部分は私が、あの部分は
Uさんに任せた!みたいな感じで「力を合わせてやってます」感、満載www

ちょっと慣れて来た頃に、ハマグリ、大きくて綺麗だから欲しいけど、
1kgは多いから500gで聞いてみたら、やっぱりキロ単位でないと、という。
うんじゃ、いくら?と聞くと、4万ドン(・∀・;

ごめんなさいーーー!!そんなんをチミッチャイ量で買おうとして、
ごめんなさいーーーーーヽ(;▽;)ノ 他の貝類もとっても安くて、
値切るとか、細かい量にするとか、申し訳なくてとてもできんし、せんでも
そのくらいの量はさばけるし、万が一にもちょっと多かったとしても、
予算的になんの問題も無い訳で。。。

そんな不慣れで無作法な客であったにも関わらず、市場の人達は常に朗らか。
なんならちょっとオマケでもしてくれる様な感じで、とても親切。
一時は何も買えないかもしれない、売ってくれないかもしれないと思っていた
だけに、ありがたさもひとしおでしたわ。

そんなこんなの市場体験。久しぶりの大冒険。
I'm so thrilled なんて体験、この歳じゃ中々遭遇できんよな。
思い出してもついついニヤリとしちゃう(笑)

引き上げたのはもう朝の3時くらいだったんですが、楽しくて興奮し過ぎて
お目目が爛々www 

ちょっとこぼれ話があるので、それは夕方にでも番外編で。
(まだ続くんかい)





にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

Cho Dau moi Vinh Dien 〜 市場大冒険③番外編

さて。
ちぇりさんを最高に楽しませてくれたこの市場ですが、ちと遠い。
時間にして、ホーチミン1区の中心街から小一時間。
今回はUさんを途中で拾って行ったのでもうちょっと。

タクシー料金にして、片道400kドンほど。
なかなかな金額。とはいえ、結果的に個人的には他に替え難い体験が
できたので、高いとは感じなかったのですが、

「帰る際、市場で車を拾えるか」

というのがとても気がかりでした。
ええ、予想が見事に当たって、その周辺は運搬車や、個人レベルはバイクばかり。
一般的なタクシーも呼べば来てくれるんだろうけど。。。英語出来る人がどれ
だけいるかって話。個人的に英語出来るドライバーさんは何人か連絡着くように
してるけど、夜中の2時3時。。。さて、どうしたもんかと思っていたら…

「ここで待ってるからさぁ!」

と、市場に到着した時の運転手さん。
もちろんベトナム語で多分そのような事を言っている。
しかし、こちとら何時間かかるか分からない。
広大な市場を見て、最低でも2時間はかかると踏み、しかし

「何時間かかるかわかんないけど、大体2時間くらいじゃないかと思うの。
 そんなに長く待ってもらってもいいのかしら?」

なんて文章はとても
ベトナム語では伝えられないので「2 gio(2時間)」と言う単語のみを
ひねり出してみると…(シンプル過ぎや…)

「ああっ、気にしなくていいよ!寝て待ってるからさ!」

とのこと。うん、ジェスチャー交えて言ってくれたから、なんとなくそう言って
るんだろうなと予測しただけだったんだけど、なんとかわかったし、多分正解。
しかしこれは助かる!買い物できたら荷物抱えて途方に暮れるところだった。
朝まで待ったとしてもタクシーがこの市場に来るかは微妙だしな。

電話番号を一応交換し(交換した所で会話できんのにどーすんだって話だが)
市場の中へと挑んだわけですが、ひと息ついたのがもう2時間後の夜中の2時。
すると電話が。

「◯△□※◆▽◎※◯□!!」

全く分からん( ̄ー ̄)
しかしこの時間にかかって来ると言うことは「そろそろ時間やけど、どこおんねん!」
くらいのことだろう。どこにいるかなんてことを説明する技術はもちろんないので、

「xin loi ! Cho mot chut !!(ごめーん、ちょっと待って!)」

という定型でしのぐ。
運ちゃんが、「もうちょっとかかるのか?ダイジョブか?」みたいな事を返して
くれた気がするんだが、数秒でベトナム語力が100倍になる事なんてあり得ないので、

「Cho mot chut !!」
と叫び返すのみ。ああ。。。知性がない。。。
あまりの歯がゆさに英語で色々付け加えたけど、当然相手には伝わってない。
自分の情けなさを慰める為だけの英語の付け加え。。。余計情けなくなったぞ。。。

そしてその後、お買い物に没頭していると、あっという間に一時間。
そろそろ3時と言う時になって、更にもう一度電話が来まして、


「◯△□※◆▽◎※◯□!!」

うーむ、さっきよりもちょっと語気が強い。
そして変わらず、あとちょっとで行くから!というのが口を突いて出て来ない。
運ちゃんにしても、こんだけ待たされて勝手にどっか行かれてしまっては
「どないしてくれんねんっ」って感じだったのもあるでしょうし、こちらを
心配してくれていたこともあるでしょうが、アレやらこれやらと話しかけてくれる。

もうあとちょっとでタクシーの方に向かう、というタイミングだったので、
わけわからんままではあったけど、電話を切らずに何かしら知ってる単語を並べて
なんとかその場を繋ぎ、なんとか運ちゃんのとこまでたどり着き。。。

帰りの足確保。
ほーーーーっ(´Д` )

ベトナム語、まぁぢでもうちょっと頑張らないかんな。
相手の言うことは何となく分かるものの、ちょーっとしたことすら口に上ってこん。


まぁ、そこは利害の一致もありまして、意外に夜が早いホーチミン。
出発時、12時頃1区の繁華街を通って来たけど、殆ど人気がなかったものな。
あれではとても仕事にならない。あってもそんなに遠出の客が何人もいるわけ
じゃなし。となると、仮眠を取って数時間潰したとしても、片道400kドン。
往復800kドンの客を掴んでおく方が得、ともきっと考えたでしょう。

そんだけの額になるまで、街中のチマチマした距離を乗る客を捕まえようと
思ったら大変だしな。今回は、お互い利害の一致があったってことで甘えて
もーたわけですが。。。

なんの用意もせずに、親切に気遣う電話までくれる良い運転手さんに当たった
事は本当にラッキーでした。市場の人らも親切で、朝までやってる市場の
時間の中で、割にゆっくり見れる時間帯と小売りをしてくれる時間帯に行けた
のもまた別の幸運。

もっと「そもそも」の話をすると、Uさんと知り合ったのが未だここ数ヶ月で、
会ったのなんか何回目だよ。。って状況だったのにこんなことに付合ってもらえた
のも、どっから降って涌いた幸運なのかと。

ありがたい。
なんのご褒美か知らんけども、全てがただただ舞い降りて来てくれた幸運によって
こんな体験をさせてもらえるだなんて。市場で見聞きした体験に刺激されたのが
一番でしたが、まぁなんかありがたすぎて、朝方家に帰ってからもしばらく
眠れませんでしたなぁ。何処に何を感謝したらいいかわからなくて、ただひたすら
感激する、みたいな感覚、

自分にとっては、こういう気持ちにさせてくれる事が沢山ある街なんよな、
ホーチミン。丸っ切り主観によるし、パーソナルなことなので、決して
「だから良いよ、ホーチミン!」
と無責任に人に言える様な根拠にはなりませんが(笑)、ほんとに面白い
街だと思います、ホーチミン。

そんだけ感激したのなら、今後もその市場に通うのかという質問に関しては
「否」。

さすがにあの手間隙コストはかけられん(笑)
ただし、飲食関係の方には使える事柄もあれば、単純に面白いと思ってもらえる
場所ではないかなーと思って見たり。決して一般向けじゃありませんが、
プロフェッショナルな方がた、特に今後東南アジアも視野に入れて動きましょう
と思われている様な方は、知ってて損は無い場所かなぁと。

実際、ここに行った直後からあちらこちらで飲食関係の方とお話しする際、
こちらの話が出てきまして、さすがみなさん、お出掛けになられた事がおありに
なると言う方が結構多く、自分が見聞きした物以上のお話をあれこれ聞けたりして
とても面白かったです。

足の確保、安全の確保などは充分にして頂いた上で、となりますが、
こんな素晴らしい場所もあります、ホーチミン。
やっと興奮が治まって書き起こせるようになったのでご報告。



**************************************

それにしても。。。
ペンライトの準備は情けなかった。
あれは意図せず、無意識の内にこちらの諸々の施設なり、
その他の事をナメてかかってたが故の行動だったんだろうなと。

かつて、「中国の地方都市」と聞いて出掛けた広州にても同じ事がありました。
地方都市、と聞いた物だから、(何処とは言わんが)日本の地方都市みたいな
つもりでノコノコ出掛けて行ったら「ここは宇宙都市ですかっ」ってな勢いで、
超近代的。且つ規模が日本のそれとは圧倒的に違う。。。

ビルも道も公園も、モニュメントすら自分が知ってるものとは縮尺が違った( ꒪⌓꒪)
機能的な交通機関。お洒落なショッピングモール。日本の地方都市で叶う所
など滅多にはなさそうで、とにかく圧倒されたことがありました。

ナメてた。
本当に醜いことですが、パラパラと耳に入ってくるイメージだけで、なんとなく
「日本の方が何もかもが優れてる」的なものが自分の中にあったのではないかと
思います。ところが実際には。。。。

太刀打ちできない。

というのが圧倒的且つ唯一の感想でした。
深くその街を知っての事ではないので、異論反論はありましょうけど、
少なくとも、一旅行者として見た時の感想は、そうでした。

その時に知ったんです。
狭量な知識・経験しか持たないままに勝手なイメージを持ち、且つそれが自分の
優越感の上に成り立っているという状態は、自分にとっては好ましくないなと。
自分の価値観の上では、すげーかっこわりぃ、それ。
だからそういうことを知って、改めようと思ったつもりだったのですが。。。

性根、変わっとらんやんけ(-“-;

意識上では、良い所が沢山ある上に料理に関しては敬意に絶えないホーチミン、
であるはずでしたが、今回のことで、無意識の内に「侮り」を持っていた
ことがわかってお恥ずかしい限り。

もちろん、経験してみないと知れない事と言うのはあって、
間違っていた認識は改めてから進んで行けば良いとも思ってますが。。。
「広州ショックのときと変わっとらんなぁ…」
という二重のショックから立ち直れなかったのも、この市場の事を書くのに
時間がかかった理由かも。

まだ知らない場所のことで、こんな風に勝手にイメージを持ってしまってたり
無意識の内に位置づけをしてしまってることが色々あるのかもしれないなー、と
改めて。

無意識だから、もしかしたらこれまでの文章の中にも、これからの中にも、
それを良く知る人からすると「(ヾノ・∀・`)ナイナイ」ということが漏れていることが
あるかもしれません。そう言う時には、どうぞ指摘してやって下さい。

指摘されても、自分が体験してみないと、自分がどう感じるかはわからない
ことですが、少なくとも狭量な視線を改めるキッカケにして、より楽しんで
貰えたり、より正しいレポートができるようになるのでは、と思っています。
もしも、ご協力頂けたらありがたく。
なにとぞ m( . _ . )m





にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

Cho Dau Moi Binh Dien 〜 市場大冒険①

ホーチミン市内に住んでいて楽しみなのは市場でのお買い物。
英語などあまり通じないので、中々ハードルは高いのですが、
日本では見た事が無い食材が沢山並んでいますし、あの活気が良い。

ちょっと高いけどベンタン市場は生鮮食品の品揃えが豊富だし、
タンディン市場はローカルの生活感がありつつも、まだ街中なエリアにあるので
気軽に利用しやすいし、アンドン市場は生活の生鮮用品を買うって感じじゃ
ないけど、乾物系が充実していてその辺の物が欲しい時には、
とてもクオリティの高い物が買えますよね。
これらの市場は割とお手軽に行けるのですが。。

「ちぇりさん、夜中からやってる市場があるの知ってます?」

と、最近ちょいちょいご一緒させてもらってるUさんからの情報。
なんですか、夜中からやってる市場って???

聞けばどうやら、ホーチミン市内の市場や小売りをやる人が買いに行く中央卸売市場
のようなところらしく、なるほど、小売りの人が朝からお店を開こうとすれば、
夜中に仕入れる必要があるわな。日本の市場だって似た様なもんだ。

特に暑い日が殆どのホーチミンでは、日が昇ってからでは扱いが難しい。
ってか、そんな時間にマゴマゴしててはモノがダメになる。
生鮮市場は楽しいけれど、一般客は日が上がってからの買い物になるので
青物などはほぼ全滅に近いんですよね、日本人的に。調理法を選べば
充分活用できるのですが、上物か、といわれると。。。

ふむ。
で、その市場には一般の人は行けるのだろうか?と思ったのだけど、日本のように
許可制ってことはなさそうかなぁ、と勝手に予測。しかし。。。地図で見ると車で
一時間くらいかかるところ。結構遠出。しかも行った事の無い場所。慣れた繁華街
ならまだしも、真夜中にその条件の場所に1人で行くのはさすがにアカン。
でも興味あるなぁ。。。と思ってたら。。。

「以前一度行った時はもう朝10時くらいでモノも無くなってて、
 見に行っただけになったから、買い物に行ってみたいんっすよねー」

などと、Uさんが言われるではありませんか!!
間髪入れずにワタクシ。

「行きたい!!!行く!!!連れてって!!!」

他所様の旦那様を夜中に借り出すと言う蛮行に及ぶちぇりであった。。。
奥様がご理解のある方でよかったわよ、ほんと(^^;

2時頃がピークであるとの事だったので、ちょっと早めの12時着くらいを目指して出発。
どういう所か皆目見当が突かなかったのですが、漠然と、広大なエリアに市を立ててる
東南アジアによくある光景の青空市場だろう、と思い、多少の照明はあるにしても、
詳細を見るにはこれが必要っ、と、

th_IMG_4880_20161009173122e1a.jpg 

ペンライト持参( ・`ω・´)b
かしこいわー。ちぇりさん、準備万端だわー。さすがやわー、とか自画自賛しながら
意気揚揚と向かいましたらば。。。。


th_IMG_4886_201610091731237d4.jpg 

うお…????

th_IMG_4889_20161009173126ada.jpg 


うおーーーー!!!?(・∀・;
ちょーぜつ、立派!!!!ハロゲン並みの照明もバンバン!!!
ゲートから市場に入るまでも、こんな感じのスペースが。

th_IMG_4888_20161009173124f8b.jpg 

ちょーーーーキレイ。。。。
マネーチェンジャーや薬局なども完備されてて、おいおいおいおい。
こんな近代的な卸売り市場、日本の地方でもそうは見らんぞ。
ってか、日本でいま話題の関東の某市場、比べ物にならない。。。。
まぁぢか!!!ペンライトの出番なんてねーじゃねーか(・∀・;

ちなみに「D」と書かれてる上の写真のような大きな棟が、6棟くらいあったんかな?
市場エリアのゲートを潜ったからってすぐにタクシー降りたら大変。お目当ての棟が
端っこにあった場合、凄まじい距離を歩かなくてはならなくなる。感覚的には
幕張メッセくらいの勢い。誇張無しで。暗くて全体を把握できてないから、
ヘタしたらそれ以上の面積があったかもしれん。なんてこった。。。(´Д` )

今回のお目当ての棟はシーフードだったのでこの棟に来たのですが、さすが豊富な
魚介類を誇るホーチミン。シーフードも魚棟と貝・蟹類棟にザックリ分かれていて、
且つ、別棟に日ものが集められていたと言う。。。広大すぎる。。。。

th_IMG_4891_20161009173230c57.jpg 

12時くらいはまだ市場内に空きスペースもあって、準備中なのかなーという
感はありましたが、長距離用らしいトラックもガンガン横付けしてる。
これは気を引き締めないと行けない。とりあえずゲートはノーチェックで通れた。
多分このまま中には入れそうだけど、こちらは言葉も通じないド素人。

且つここの市場の作法もわかっちゃいない。明らかに迷惑な存在でしかないわけで、
加えて自分のみの危険も回避しつつそこにいなければならないわけで。。。


th_IMG_4892_20161009180125566.jpg 

戦場〜(・∀・;
いや、そうやわな。市場なんか目利きと売り場、そして客同士の攻防戦のみが
繰り広げられてるとこだわな。そこにノコノコおジャマしているのだから、
よくよくメイワクにならないように気をつけなければなりません。
とはいえ。。。

th_IMG_4894_20161009173231c5d.jpg 

見て下さい。ちょっと写真ブレてるが、もう貝がさ、すげー単位の袋に
どっちゃー!!入ってるんですよ(笑) モノ自体も珍しい品物多かったけど、
普段ちょっと見られん様な光景に沢山遭遇してあっちキョロキョロこっちキョロ
キョロ。どうやったって注意散漫になってしまう。。。でも。。。

市場の人らな、お客さんも業者の方も、怒鳴ったりしないの。
築地のターレットみたいなんがガーッとは知ってくる時とかは「どけどけどけー!」
くらいは言うけど、それはあくまで自転車のベルみたいなもんで、言うてくれる
方がこちらも避けようがあり、ありがたい。

th_IMG_4899_201610091732339de.jpg 

貝売り場では、ザルにハマグリ乗っけてジャラジャラやってサイズ選別。
アッチコッチでその作業してるのでそこら一体、巨大な雀荘みたいな音になってるわ、
見た事ない様な種類の貝は山積みになてるわ。。。

th_IMG_4900_20161009173235fc5.jpg 

カニなんかももう、ある程度処理がされてるんだけど、この処理も手作業だからな。。。
気が遠くなる。。。小売りの市場の軒先でも色々手入れをしてて、それ見ただけでも
あまりの手数の多さにクラ…っと来てたもんだけど、ここはその量の比じゃないからな…。

th_IMG_4902_20161009173236d55.jpg

もともと料理好きと言う共通項があったUさんとちぇりさん、もう大興奮。
ただ。。。

心配なのは、みんなもうこの写真のカゴ単位で買ってってるんで、素人が
キロ単位、ってか、1キロとか言うても売ってくれないんじゃないかと言うこと。
実は翌日にBBQの予定をしていて、今回はここで仕入れた物でシーフードBBQに
しよう!ってことになってたんだけど。。。

(やべぇ。何も買って帰れなかったら明日どうするよ)

という一抹の不安が。。。
いやいやいやいやいや、市場にはまだ来たばかり。
とにかく全体を把握してから考えよう。他の物ももっと色々見てみねばっ。

大体この棟には貝が多い、みたいなのはあったけど、明確な種類分けがされてる
わけじゃないようで、青物もこの棟にあった。ほいで結構イケてたんよなー。
八つ墓村みたいな並べ方されてたけど。

th_IMG_4935.jpg 

汽水の魚とかもおるんかな。
完全川生息ではなさそうなナマズっぽいのとかもいっぱいあって、それを人海戦術で
バンバンさばいてる光景とかね。お仕事途中をお写真バチバチ撮るのもどうなんかな、
と思ったのだけど、むしろ笑顔でこっち見てくれたりとかして協力的www

th_IMG_4913.jpg

彼ら、若いけど充分職人さん。
そりゃ毎日何百、ヘタしたらもっとの数をさばいてたらプロにもなるわな。
そんな彼らが戦場で戦ってるさなかに、物見遊山な客が来たら鬱陶しい!
と怒られても然るべきなのにこの余裕。。。すげーな。

私なんかクーラーきいてるカフェで、しかも好きでやってる書き物してる
ときにチョッカイ出されても「えぇいジャマ臭い!」とか思ってしまうのに、
なんだこの寛容さはっ。どんだけ懐深いんだっ。

そして床で作業をしている光景を見て、「不潔」と思われる方もおられるかも
しれませんが、要は作業台が床、というだけで、水も氷も豊富にあって、
状態としては日本の市場とあまり変わりない。


そして驚くなかれ。商品近くには大量の氷が常に補充されつつ置かれている為、
床から20cmくらいの高さまでが、まるでドライアイスを炊いているかの様な
冷気に覆われてるんですよ。そしてヒザ上くらいまでの空気もヒンヤリ。
アレにはビックリした。

そしてバンバン水を流すからか、クサくない。
ほんっとにこれ不思議なんだけど、市場特有のクサさが無い。清潔大国と
言われてる日本ですら、市場の一定の時間に行くと、かなり生臭い。
それをどう処理しているのかわからないけど、ほんっとーに臭いが無い。

魚からの臭いはありますよ?もちろん。種類によってはそれを頼りに鮮度を
見極めたりしますから、それも無いようだと困るし怖い(笑)
ただウロコや内臓を処理した後の作業場が、ってか、市場全体が殆ど臭わない、
というのは、ものすごく気になる。どうしてるんだろう????

th_IMG_4909.jpg 

そもそも市内の市場も、東南アジアに於いては驚異的に臭いが無い。
ホーチミンが東南アジア初めてだ、という方は「クサい」と言われる方も
おられるようですが、そもそも日本のスーパーと比べているフシがあり、
それを比べるのはフェアじゃないよねってことが殆ど。

香港、台湾、シンガポール、マレーシア、タイランド、フィリピンくらいの
ものですが、個人的な経験からいくと、それらの市場は必ず臭います。
しかもかなり臭います。

マレーシアに至っては、(こういう言い方をするとマレーシアにお住まいの
方に失礼に当たるかもしれませんが)市場だけでなく、屋台街でもかなり臭う。
それがお洒落なショッピングモールが横にある様な街中でも、(おっと…)と
思うことが度々。まぁ私がそう言う所を巡ってるからだって話もあるんだけど。。。

ベトナムの市場の臭わなさ加減、引いては清潔さ加減と言うのは何か特別な
ことをしているのか、彼らの性分なのか。。。未だに謎です。そしていつも
感心してます。

ただまぁ、歩く場所でもある床なので、「生鮮食品でも使う時は洗って使え」
というのには納得(笑)日本だと、特にパックに入ってる様なお魚はそのまま
使うことができますが、ベトナムで肉魚を使う時は水洗いしてから使えと
言われてて、スーパーに商品が並ぶまでの経緯がわからんので従ってたんだけど、
うん、芯から納得(笑)


th_IMG_4893_201610091837127dc.jpg 

しっかし、活気がすごい。
屋内はとても涼しく保たれてるのだけど、活気と熱気がすごい。
もとより市場が大好きなので楽しいのだけど、とにかく気が抜けない。
屋内にもバイク入ってきてたしなぁ(笑)

th_IMG_4910.jpg

でも。。。騒然とした中にある活気と明るさと思い遣りと興奮と。
なんというか。。。ホーチミン市内に感じるプラスの要素を更に凝縮した様な
パワフルさっ。久しぶりに細胞レベルでワクワクした!!(≧∇≦)

こう、丹田のあたりから沸き上がって来るようなテンションなっ。
周りの空気に呑まれない様、内側からそのテンション張って精一杯突っ張らかって
平気なふりしてるんだけどビビってる部分もあって、そのビビってる部分を
自分自身で(うっわ、しょっぼ!ビビってやんのwww)とか嗤いながら、
でも何事でもない様なふりしてるのwww

子供頃とか若い頃はさ、いろんなことが未体験で、初体験に遭遇する機会
ってのが沢山あって、こういう緊張感を楽しめることがいっぱいあった気が
するんだけど、もうこの歳になってこんなことも、なんだったらあーんなことも
十分過ぎるくらいに経験して来ると、なかなかそういう「初々しい」気持ちに
なれることがないんよな。なんでも「なんとかできるし」って図太さができ
ちゃってて。

だからすごい久しぶりだった。今思い出してもワクワクする。
ってか、これ数週間前の事なんだけど、このくらい時間置かないと書けなかったの。
思い出すともう興奮して完全に頭がトリップしちゃって書き物なんかできやせん(笑)

そのくらい大興奮で楽しかったんだけど、ただそれも圧倒的過ぎたんで、
Uさんなしでは絶対負けてしまってたと思うけど(・∀・;

日頃は図太い事この上ないちぇりさんも、この時ばかりは、すがる…までは
なかったけれども、横にUさんがいるって事実で何とか持ちこたえてた部分あるw
信頼と、こっちはこっちで相手に危険のないようにって気配りと、1人じゃないって
安心感と。ダイビングでバディ組む時ってこんな感じなんかね?とか思って見たり。

1棟見ただけでも結構な広さでグッタリだったんだけど、まぁ魚も見てみないと
始まらない、ってことで、次回は後半戦。もう一回、この市場の話、続きます。





にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

Gach Tom 〜 エビの顆粒出汁

最近の自分の中での大ヒット。
エビの顆粒出汁。


th_IMG_4316.jpg 

ベトナムには日本には無い、たとえば椎茸だけじゃなくて色んな種類の
マッシュルームを使った顆粒出汁とか、豚肉のお出汁など、手軽に使えて
且つ、日本人にも割と馴染みやすい顆粒出汁がたくさんあって重宝売るなー、
と思ってたのですが、これ。どの暗い前からあったのか知りませんけど、
最近見つけて、まー良く使う!

エビのダシ、と聞いて思い浮かべるのがアメリケーヌソースやエビのビスク。
殻を適宜に砕いて焼いたり炒めたりした物を煮込むって手法のお料理。

…んなこと、家庭でそうそうやるかいや(-“-;

でも美味しいのは知ってる。で、どうしても味わいたくなったら、幸いホーチミン
市内のステーキ屋さんやら何やらのお店にサラッと置いてるので、その気になれば
食べられる場所もすぐにある → やっぱり家で作らない、という構造に。

まぁ日本人家庭のお家で「エビのダシ」ってがのどのくらい求められてるか、
っちゅー話はあるんですが、でもエビ好きやん?日本人。手軽に使える、
となったら、色々活用法はあると思うの。

それにこのお出汁、ビックリするほど出しゃばらんと、まぁ使いやすいこと!
たとえば卵焼きとか、錦糸卵を作るときに、少量を湯に溶き、出し巻き卵の
出汁的に使う。

th_IMG_4315_20161008083204bba.jpg 

上の写真は薄焼き卵を作った際のもんですが、アヒルの卵を使ってるので色綺麗でしょー♪
卵自体、黄身の比率が大きくて発色良くし上がると言うのもあるのですが、
出汁の色がジャマをしないと言うのもありますな。もちろん昆布出汁やら
カツオ出汁も、正当な取り方をすればそんなに色濃くなる事は無いのですが、
顆粒の物を使うと結構色がつく事ありますよねー。

あと驚くのは、この海老ダシ、アクが無い。
エビの殻を焼いて煮詰めてという手法でやった場合、確かに濃厚な味わいは取れる
のですが、アク、というか、どんなに煮詰める家庭で灰汁を取っても残る、
エグみのような…、いやエグいとまでは言わんけど、こちらの食べる量に
制限ラインを引く様な、クドい感じが出がちなんだけど…

この顆粒出汁を使うと、エビの風味を優しく演出して、でも塩気すらまろっと
させてあるので、実にほんわりとした仕上がりになる。なんだったらもうこれ
湯に溶いてサーッと卵流し込んでかき玉汁にでもすれば、そりゃぁ美味しい
スープができる。

それをあんかけにしてもよろしそうやなぁ。例えば炒めた野菜だけをこの餡で
まとめても、品が良くなりこそすれ、物足りない感じはない気がします。
旨味はあるけど下世話な感じがあまりしない、とても「上等」な感じになるの。

他にどんな物が合うかなー、と考えて、こんなんもやってみましたん。

th_IMG_4874_20161008083206727.jpg th_IMG_4875_201610080832097ab.jpg


ベシャメルソース。
せっかくエビ出汁の品が良いから、バターは使わず、バターの部分をオリーブオイルにし、
小麦粉にじっくりと火を入れてネットリからポソポソ、それがジュワジュワと変化する
様を楽しみルーを作ったら、牛乳と合わせてトロトロ煮詰める。行程は普通通りですが、
味付けがこのエビのお出汁。

もう自画自賛させて頂きますが、これ、めっちゃ美味しかったですよ(*´ω`)
すげー優しいお味だから、ポテトなどの淡い味の物と会わせても素材が生きるし、
お肉類などの濃厚な味の物と合わせると今度はコントラストが美しい。
なんだったらもう、茹でたパスタに絡めるだけでおごちそう。

あ、そういえばホワイトソース作る時にダマになる、と言う声を最近何件からか
聞いたのですが、ルーと牛乳を混ぜる際に、それまでルーを熱し続けたフライパンの中、
ではなく、一旦ルーを他ボウルなどに取り出して、「少しずつ」牛乳を加えつつ、
「泡立て器で」混ぜて上げると良いです。

ホイッパーを使って手動で混ぜても良いですし、もしあるのなら電動のハンドミキサー
でやるも良し。私は愛用のマジックブレットを使っていますが、見事にフワフワに
なってくれます。

th_IMG_5017_2016100808322932b.jpg 

ここで牛乳の全量を混ぜてしまう必要は無くて、ある程度ルーガ伸びたらフライパンに戻し、
(このとき炒めたルーが残っているとそれがダマの元になるので一旦洗う)
好みの味付けのベースを入れ(今回はエビ出汁、強い味の塩胡椒は仕上げで調整)
今度はホイッパーをゴムベラに持ち替えてパンの底を8の時に耐えずこそぎつつ、
ゆるめの火で煮詰めて行きます。その過程で濃度がグッと上がるので、都度、少しずつ、
残りの牛乳なり、私なんかは計ってないので(笑)、適宜量の牛乳を加えて行ったら
とっても滑らかなベシャメルソースの出来上がり。うん、邪道だけど(笑)

「レンジで簡単にできるベシャメルソース」ってのもあるのは知ってるんだけど、
加熱過程での粉の変化や、牛乳と合わせた時の一瞬で変わる様相の差とか、
それが次第にとろりとろりと心地良さそうに濃度を増して行く様だとかを見つつ、
お話しするように料理してくの、メチャクチャ好きなんよな(*´ω`) ←ヘンタイ

そんな大好きなベシャメル作りに、この海老ダシ、最強の助っ人。
なんか同じ行程しかやってなくても、ええもん創れた気になれます( ・`ω・´)b

ほんと、開くもクセもかなりないので、茶碗蒸し、お澄まし、鍋出汁、煮物のベース。
普通に日本のお出汁を使う感覚で料理に取り入れたらいいと思います。
なんだったら、インスタント麺とかできあいのモノにプラスαするだけで
ちょっと豪華になるかもしれない。これでお雑炊なんか炊いても美味しいなぁ♡

うちは旦那さんが甲殻類アレルギーなんであんまり多様は出来ませんが(笑)
持ちよりパーティなんかの時に使うと大抵、評判が良い。
おススメですよーヾ(@⌒▽⌒@)ノ






にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

モリンガってご存知ですか?

***** 2016 Oct. *****

お友達にモリンガを分けてもらって行こう、しばーーーーらくしてから
来店する機会を得まして行ってきました。木村屋さん。

って、実はお買い物が叶うまでに1回ミスを致しまして。。。
というのもこちら、お店と言う構えでは無く入り口はこんな感じ。

th_IMG_4621.jpg 

th_IMG_4622.jpg

確かに「KIMURA」と書いてあるので、ここで間違いは無いと思うのですが、
門がガッチリ締まってる様な様子でしたので、ああこら今日はお休みやな、と
思って帰ってしまったんです。そしたらあなた、ここは呼び鈴を推して中から
開けてもらうと言うシステムだと言うじゃないですか!勉強不足やったー(´Д` )

というわけで、2回目のチャレンジで念願かなってお買い物!
ちょっと書き込みしてありますけど、お品書きはこんな感じ。
ただまぁ、入って来るもの来ない物があったり、売り切れたりとかもある様なので、
時々で実際に買えるものは変わって来るかもしれませんが、まー品揃え多し。

th_IMG_4627_20161008023500039.jpg 

食材そのものってのもありますが、中食的に、半加工してある物も多くって、
これ、まとめ買いしとくと助かるんよなーっ。急な食卓の準備が必要になったときとか
面倒くさい時とか面倒くさい時とか面倒くさい時とか。揚げる、焼く、温めるを
やれば一品できると言う安心感。心強いわーっ(笑)

ほいで今回はこんなん買ってみましたん。
アジフライ、ミートボール、鶏皮にんにく串。
アジフライは揚げるだけ、ミートボールは温めるだけ、鶏皮にんにく串は焼くだけ。

th_IMG_4664_20161008023101060.jpg 

串ものなんて、直火が無い(熱源が電気の所結構多いですもんね)人どーすんねん!
って思われるかもしれませんが、フライパンでも結構行けます。そりゃ炭火の香ばしさ
とかは望めませんけど、鶏皮なんかだと余分な油はキッチンペーパーで拭き取りながら
丁寧に焼いて上げると美味しいですよー。しかもニンニク1片丸っと使こてる!

th_IMG_4666.jpg 

こら食べる日をちょっと選びますが(翌日人に会う予定が無いとか)いいわー、
鶏皮ニンニク。ビールガンガン行けるっ。

ってかさ。。。ちょっとお気づきになった事、ありませんか?

th_IMG_4669_20161008023502a4f.jpg 

ビジュアルに、ちょっと違和感。
それを齧ると同時に、(うわ…っ!)と思わず感激しました。
串の先端、切ってある。。。。

th_IMG_4674_2016100802350343e.jpg 

尖っていないと綺麗に串打ちをするのは困難。且つ、明らかに人為的に切った跡。
これ。。。。小さいお子さんがおられるご家庭を想定しての事やろか?わざわざ
串打ちしたあとに切ってはるんやろか?

ま、お子さんが鶏皮ニンニクを食べるかどうかは別として(笑)、
串もの全部にこの作業がなされてるのか?まぢかおい?!

果たしてその真相を、その次に行った時に店主の木村さんにお伺いしてみたら、
やはりそうだと。自分が日本にいた頃の地元にあった焼鳥屋さんがこの作業を
されていて、そこにはお子さん連れのご家族が沢山来てたと。こういうことを
するお店だったからお子さん連れのお客が多かったのか、お子さん連れのお客
さんが多かったから店主がそのように配慮したかは存じませんが。。。

木村さんはその体験を元に、ご自分が串物を売られる時に倣われた、という
ことらしい。

ねぇ。想像してみて下さいよ。どのくらい精算されているのか分かりませんが、
今回はワンポーション5本。諸々の食材で同じように串打ちをしたシリーズが
かなりの量ある。それぞれに在庫を持つ事を考えたら、エラい量ですやん?
それに対して全部この作業やってるって。。。相当のお手間じゃないですか?
結果的に師となられてた方がそうされていたからと言って、誰にでも出来ること
ではない気がします。

なんと言うご配慮。
なんと言う思い遣り。

「串の先を切る」ことが直接味に影響を与える事は無いかもしれませんが、
そう言うお心遣いを持っていらっしゃる所の商品は、いったいどういうもので
あろうかと考えたとき、「誠実な商品」としか思えなくないですか?
私、鶏皮ニンニク焼いて食べるとき、思わず一礼しましたもん。

またこちら、商品を買った際に、保冷袋に包んで下さる。
これもまたコストのかかる事で、ベトナムでは中々見かけないサービスかと。

th_IMG_4663_201610080253525e7.jpg 

日本だとあっても有料で、そこは諸々のコストが抑えやすいベトナムだからこそ、
なのかもしれませんが、「他がまだあまりやっていなことを先駆けてやる」
という点に於いてまず素晴らしいし、お客さんが喜ぶ・助かる事に照らして、
自分とこがコストを被ってサービスを提供する親切さ。

買った物のお味もどれも美味しかったのですが、なんというか、ほんの数品
買っただけでこんなに色んな「お心遣い」を感じられるお店って、なんかすごく
ないですか?

モリンガに目を付けられてたときから、どういう方がされてるお店なんだろう、
と興味津々だったのですが、なるほど納得。お気遣いできる方と言うのは、
総合的なことを把握し、知識を持って対処できる方。当然そう言う方の所には
運も多く舞い込みますし(チャンスがあっても知識や経験が無いと取り逃す
ことが多々ある、という方が正しいか)ホーチミンでモリンガをあのような
形で広めるに至られた理由がちょっと分かった気がしました。

実際、中食的な商品で、家事を助けてもらってる方と言うのは結構いらっしゃる
んじゃないかなぁ。私も、ホーチミンでは台所仕事、何でもかんでも自分で
やってましたけど、ちょっと立て込んでる時なんかはすごく助かるし、
何より美味しいし、買って来たもんばっかりよりもホッコリするし。
それも「お気遣い」の気持ちが無いとできない品揃えだと思うんですよね。

いや、ほんまに良いお店だと思います。
主婦としてこういうお店があってくれることは、本当にありがたい。
うん、ちぇりさん、一応主婦なのよ。
なんか今突っ込まれそうな気がしたから言うとくわ。

地域によっては配達もしてくれるようなので、まだお試しになられていない方が
いたら、是非一度お使いになってみて下さい。
「美味しい」とか「安心」とか以上の付加価値のある商品群だと思います。

色々最新情報があるようなので、FBのリンクを貼っておきますね。
https://www.facebook.com/%E6%BC%A2%E3%81%AE%E9%A3%9F%E6%9D%90%E5%BA%97-%E6%9C%A8%E6%9D%91%E5%B1%8B-kimura-ya--354074648129662/
(長げぇ。。。)

食材調達の諸々に不便を感じる事が多い外国にあっては、本当に、
身近にあってくれてありがたいお店だと思います♪



***** 2016 Aug. *****


モリンガと言う植物をご存知でしょうか。
一部、世界展開のマ◯チ業界の商材になるほど価値が認められていて、
スーパーフードの中でもトップクラスと謳われる植物。精製されて
サプリになったりお茶になったりしてる商品が数あるのですが、結構高い。。。

しかし。
ちょっと前に「ちぇりさーん、モリンガ茶を山のように貰って処分に困って
るんですが、要りません?」と言われまして。なーんでーすとーーーーーー!!!
なんやったら買うで?!ベトナムやったら日本で買うよりちょっとは安いン
ちゃうか?などとセコい根性丸出しで食らいついたら。。。

「いえ、貰ってくれたらいいです。私ももらったもんやし、
 そんなに要らんし。。。」

誰ですか。モリンガをそんなぞんざいな扱いしてる人は (-“-;
ちぇりさん的には、価値は感じてるんだが手が届かない高級素材と言うイメージ
なんだが、ベトナムでは違うのか…????

「あー、そのお茶くれた人の庭にはわんさか生えてて、丈夫だからなんか
 観葉植物育てる為の添え木にしてるらしいよ、モリンガ?」

なぁぁぁああああぁぁにいいいいぃぃいいいいい!!!!
添え木?!モリンガを添え木扱い?!(・∀・;
所変わればなんとやら、と言いますけれども、なんという格差。。。。

そういえばベトナムにはモリンガ麺なんてものもありますね。
袋インスタント麺どころか、カップ麺でも出てる。

th_IMG_9800.jpg th_IMG_9820.jpg


別にモリンガの味がするわけではないけど、普通に美味しい即席麺(笑)
ってか、こんな商品に使われてるくらいだからよほど豊富に穫れるんだろうし、
食材としてアピールできるだけの利点があると、随分以前から認識されていた、
ということが想像されますねー。ベトナムの食文化は日本よりも中国に近い
からか、医食同源的な要素を随所に見かけますけれど、これもその中の一つですね。


とかなんとか言う話をしてたら、「木村屋さん」と言う食材店さんで
お取り扱いだと言うじゃないですかー!

漢の食材店 木村屋
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=473665542837238&id=354074648129662

とか言って、私まだお伺いできていないんですが、お友達が利用していて
モリンガを発見。「私のも買ってきてー!!!!(≧∇≦)」とお願いした次第。
5月の情報なので、もしかしたら今は価格が改定されてる可能性がありますが、
140粒50kドン=250円ちょっとって。。。。びっくり(・∀・;

th_IMG_8829.jpg 

こちらでお取り扱いなのは自然の状態の「種」部分なので、所謂サプリなどに
抽出加工された物との違いはあると思うんですが、こんな価格で手に入れ
られる機会なんて、日本にいたら、滅多にあるもんじゃありません( ・`ω・´)b

ってことで早速頂いているのですが。。。。
うん、木村屋さんのご紹介文にもあるように、美味しいものではありません(笑)
種の周りのジャガジャガした部分を剥いて、中の白い所だけを食べるのですが、
別に苦いとか辛過ぎてどうしても食べれないって程じゃないのだけど、噛むと
口の中が渋ーくなります(^^; そしてその渋みがちょっとの間残るのですが。。。

th_IMG_8828.jpg th_IMG_8933.jpg

面白い事に、その後水分を口に含むと甘く甘ーく感じるのです!
ほんのり、とか言うレベルじゃなくて、もうね、どっちゃり砂糖を溶かした
位の勢いで甘く感じる!不思議ーっヽ(・∀・)ノ

渋いなら噛まんで呑み込んだらええやーん、と思ったけど、そこは噛んだ方が良い
とのこと。噛んで唾液と混ぜての粘膜吸収の話なのか、消化の段階での話に
関わるのかは不明なのですが、そのように説明された。

で、栄養分は先程のリンク先に書いてあった通りとても豊富で、ネットの
あちこちにもこんな良いことあるよ的な事が書いてあります。これ、気を
つけててほしいのは、◯◯の何倍!!みたいな書き方をしてても、あくまで
それはその◯◯と同量を取った際の話なので、この種1粒食べたからって
必要量があっという間に取れると誤解しないようにしてくださいませ。

モリンガに関わらず、健康食品の売り文句に関してはよくあることなので
ご留意頂きたいポイントなんですが、逆に言うと、少量でもある程度の補給が
できるというのはありがたいですね。あと同時に取れる栄養素との兼ね合いで
吸収率が変わったりもするかもだし。

ま、なんにしても私は科学的な立証が出来ないので、あくまで体感としての
感想しか書けないのですが…

胃腸がよー動くようになったと感じるかなー。
日頃から鉄壁の胃腸ではありますが、こう、ギュイギュイと元気に良く
動いてるのが良く分かる。結果、胃もたれが軽くなったり、お通じも
よくなったりしております(※--※)

あとね、お酒がちょーし良く飲めるようになりましたわーっ。
お酒、大好きなんだけど、体質的にそんなに強い方じゃないので(これ、
反論してくる人多いと思うがハイそこ黙る)飲む順番やらペースはけっこう
考えてやらんと、すぐ頭打ちが来るんですよ。そのペースを上手いこと運ぶと
ザルなんですが(やっぱり飲むんやん。。。)最初からウワバミのようにという
わけではない。

のですが、モリンガを毎日ポリポリするようになってから、まーえー調子で
サクサクザクザクガブガブ飲む事飲むことっ!酔うには酔うけど、気分よく
酔えるというか、翌日も身体スッキリしてるし、大変に良いっ( ・`ω・´)b

最初は気づかなかったのだけど、ある期間すごく良い感じで飲めてて、
その後また元に戻ってヘロヘロになったことがあったので、調子良かった
のは体調的な物だったのかなーと思ったのですが、良く考えたらヘロヘロに
なる数日前からモリンガを食べ忘れてた。。。

もしや?と思い、再開したら…また飲めるようになったんですよねー。
偶然だったかもしれませんが、プラセボ万歳な単細胞なので、私は
「モリンガのおかげ」と思ってその後も摂取継続しとります(笑)

って、酒量増えたってのはほんまえにええ事なんか?と言う話はありますが…(笑)
諸々、アルコール代謝に関わる物が元気に働いてくれとるんでしょうな。
それはアルコール代謝だけに関するわけじゃなくて多分他にも良い影響を
与えてくれてそうなので、個人的にはモリンガは身体に良し、ということで
落ち着いてます。

ただ妊娠中の方だったり、血糖値を下げるお薬を飲まれてる方は控えた方が、
という話もありますので、摂取に際してはご自分でもお調べになって、
弊害が無いようにしてくださいませ。

人によって感じ方は違うだろうし、医薬品でもなんでもないので、必ず良い
効果がありますよとは言えるものではありませんが、なんし、日本で買ったら
2倍3倍、ヘタしたらもっとお高いお品です。試してみるならベトナムで( ・`ω・´)b
と、思いましたんでお知らせしてみました♪

ちなみに木村屋さんは、生鮮食材からその加工品、お惣菜まで色々あって、
使い易く美味しいという評判を良く耳にしてますんで、お店にも近々伺って
みたいと思ってますー♪ モリンガに目を付けられるくらいですから、きっと
アンテナも立ってて素敵な品揃えをされてらっしゃるんだろうなーと期待。
楽しみヾ(@⌒ー⌒@)ノ


漢の食材店 木村屋
25 Nguyễn Đình Chiểu, P.4, Q.Phú Nhuận




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

【閉店?】Daily Bread ~ お気に入りのバインミー屋さん♪

**** 2016 Sep. *****

ショックー。
店構えのバインミー屋さんの中ではコスパも良くて優秀だと思ってたDaily Breadさん。
なーんと最近、Hai Ba Trung 通り、ハードロックカフェナナメ向かいにあったところの
店舗の名前が変わってしまった棟情報が。

Daily Bread 

ほんまや。。。
Lien Thin って名前に変わってる。。。。

ちなみにバインミーはあるそうです。
私は未だ食べてないので味の程はわかりませんが、似た様な形式のお店なんでしょうね。

数件隣に大きなバインミー屋さんが出来てもモノともしなかったDaily Bread さんが
撤退するって、何があったの?!って感じですが、とても残念。他にも店舗があった
はずなので、そこはどうなってるのか確認しとこう。

新しく入ったお店のバインミーレポもなるべく近いうちにチャンレジしますー。



**** 再訪問 27.Feb.2014 *****

ってか、これまでにも何度も行ってるんですけどね(笑)
こちら、ポークシュレッドやサーディンの具材のバインミーが美味しいお店。
最近来客が遭ったので食べさせようと買いに行ったら。。。


th_IMG_9230.jpg


あら、ラッピングペーパーに日本語が♪
そういえばニューランの近くに別店舗も出来てたなー。
順調に売り上げ延ばしてるらしい♪

前にも書いたと思うけど、18kドンくらいからのラインナップは路上のそれに
比べると、チョピット高い感じもあるけど(路上でもそれくらいの金額のとこある)
ここは一応、テイクアウト専門とはいえ、店構えだから電気の設備があって、
具材を挟んだ後に,バゲットをオーブンで炙ってくれるんだよねー。
おかげで表面パリッパリ!

th_IMG_9232.jpg th_IMG_9231.jpg

日本のモッチリフランスパンだと、とてもこんな量食べれないんだけど、
相変わらずの軽さと、絶妙な具材の加減。やっぱうまいなー。
なんで日本のパン屋がこのレシピ盗みに来ないのか不思議だなー。

食べてもらわないと想像できないと思いますけど、ほんと、オススメの軽さと美味さ。
日本の方にも,もっと知ってもらえたら良いなー♪

**** 初訪問 *****

ベトナムの朝食のお気に入りと言えば、バインミー。
フランスパンに、ハムやら野菜やらを挟み、なんとパンなのに、液体の
ヌクマムをチャーッ!とかけて、パクチーなんかもバンバン入れた、
大変エスニックなサンドイッチ♪

これ、街角のあっちこっち屋台を引いたおばちゃん達が売っていて、
大抵は1万ドンくらい=40円。安すっ(笑)

ただ、他の料理とおんなじで、売られる場所、店によって、かなり価格に
開きがあります。例えば、なんか有名なパン屋さんにて、ハムに拘ったり
なんちゃらかんちゃらゴタク…じゃない、説明をひっつけたようなものは、
5倍とか6倍、平気でしちゃうものもあります。

まぁ、5倍だっても200円だし、それなりの価値もあってのお話なんでしょうが、
日々のことだと、それはあんまり贅沢だなぁ、と思って、最初は道端のものを
買ってました。ってか、数年前のベトナム初体験の頃、初めて食べたのも
屋台のだったしね。あの時は、ベトナム料理の中で一番印象に残った料理だった♪

さてしそれがあるとき、自分が住んでるマンションの目の前に、
バインミー屋さんがあることが判明。


$☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り


メニューボードが掲げられてて、見てみると、何種類もの
バインミーがあり、最安値は1.8万ドンくらい。おお、二倍もしないくらいか、
と、試しに買ってみたのでした。すると。。。?


$☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

うわっ、パリッパリ!!!
そう、こちらは小さな坪数とはいえ、店構えなので、オーブンを設置することが
できるんですね!! で、好みの具材をリクエストして中に具合を詰めた後を
見ていると、客に手渡す前に、30秒~1分ほど、具合を見ながらオーブンで表面を
焼いてくれてる!!(>▽<)

そもそも、パンはおそらく日々、朝配達された焼き立てのものであろうと思われる
ので、焼き目を付ける、まで行かなくても、ちょっとあぶれば、すぐに皮の
パリッパリが戻ってくるんですね♪ 


中の生野菜などには影響がなく、かぶりつくと、ハムや野菜はザグッっと
みずみずしくてジューシーなんです♪サンドイッチにはいろんな具材がありますが、
この、ジューシーな具材が入っていると、すごく食べやすいんですよね。
ピーナツバターサンドなんかだと、美味しいけれども口の中の水分が全部
取られてしまって、ウンガッンッグッっ、となってしまうもの(^^;


そしてベトナムの、街角で売られてるようなバインミーのフランスパンは、
中身の生地が、すっごく軽い!! 聞くところによると、これを「スカスカ」
と表現して、日本でモテはやされる、もーっちりを求め、このパンを美味しくない、
とする方もおられるようなのですが…

ちぇり的には、こんなサイズのサンドイッチ、モッチリした生地なんかで
作られたら、腹にたまって、もたれまくりやん(^^; と思ってしまいます(笑)
まぁ、朝食をしっかり食べたい人にはそっちの方がいいのかもしれませんが、
ちぇりくらいの妙齢ならぬ、妙な年齢になってくると、朝から重たい食事は堪える。

そこで、外はパリッパリとクリスピーで、中にはジューシーなお野菜がタップリ、
そして生地は綿あめのように軽くあってくれると、大変に食べ心地が良い♪
お腹が減ってる時なんかは、うっかりもう一本、食べれてしまうんじゃないか、
と思われる軽さなんですが(笑)、その軽さゆえに、ワインの共にも持って来い。

人の味覚はそれぞれですが、適材適所ってあってですね、この、朝食やおやつ
として重宝されるバインミーには、軽ーい生地の方がいいんじゃないかと思うのです♪

実際、腕に覚えのあるパン屋さんで提供されてるバインミーを何度か食べた
ことがあるのですが、パン単体としてはしっかりしていておいしいだろうな、
と思われるものも、バインミーにすると、とたんに、その魅力をなくしてしまう
気がしましたねー。パンが主張しすぎて、さっぱりとした野菜や、スライスされた
ハムなどを殺してしまってる感じ。

もちろん、ボリュームたっぷりな具材を使えばバランスは取れるのでしょうが、
んなもん、パンも重たい、具材も重たいなんてものが、朝から食べられるもの
ですか。。。(笑)

ってことで、ちぇり的には街角バインミーが価格的にも適正であると思われますし、
パリッと焼いてくれることを思えば、30円ちょっとをプラスしただけで焼いてくれる
この、Daily Bread さんというとこのが、日常使いには最適かと思われる
わけです♪

ってことで、客人が来たときなんかには、人数分の違う種類のものを買い、
人数分に切り分けて、それぞれを組み合わせ、色んな種類をちょっとずつ食べる、
なんて贅沢な事をしてみたり♪

$☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り


ま、手近なところにあるから使いやすいって話も合って、もちろん、同価格帯で
美味しいお店ってのは、他にもあることと思います。名店と言われてる、
『ニューラン』さんなんかも、確かにおいしいし。でもあそこまでは歩くと
20分くらいかかるからなぁ(^^;

ドンコイ周辺に泊まられるのなら、ニューランもこっちも同じくらいの距離かなぁ?
こっちはほんとに、バインミーと、少々の種類のお菓子、ドリンクだけな上に、
テイクアウト専門なので、のんびり腰かけて召し上がりたいならニューランさんへ♪
ちぇりはあそこの店員さんが、あまり親切でないので、積極的には行かないんです
けど、まぁ、それも時の運かもしれませんしね(笑)

Daily Bread さんの方は、いらっしゃるスタッフさんがいつも違いますが、
混雑して居る時には、メニューだけを聞いてくれる人がいて、難しいベトナム語の
表記を読まなくても『2番の下さい』とか言えば通じます。通じるし、親切に
聞こうとしてくれることが多いような気がしますよ♪ 言葉が不自由な旅行者
だからこそ、そういう姿勢、嬉しいですよね~♪


☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り ☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り
sidetitleプロフィールsidetitle

Author:ちぇり
FC2ブログへようこそ!

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleブログ村PVランキングsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR