日本だから食べれたもの

日本だから食べれたもの。
和食? うん、本格的だったり質の良い和食に当たるにはやっぱり日本。
それもあるけど。。。

こういう選択肢もあると思うの。

th_IMG_8217.jpg 

生肉。
ってか、馬(^・^)

お前、海外に住む人間としてどうなんだって話もあるけど、あれだ。
海外にいるときは食わせろなんて無茶言わないから。日本に帰ってる時だけだから。
単純に、福岡の人間は熊本の馬肉が身近にあるので食べたくなっただけだったの
ですが、一緒に行った人が、

「これって日本ならではだよねー!」

と言ったの聞いて思い至った。
そうだな。馬生肉は、日本ならではって気がします。そう言う意味で「日本食」
なんかなと。

th_IMG_8215.jpg th_IMG_8213.jpg

このお店は本気で馬の専門店で、お通しに出て来たのがまず馬の骨のスープでした
からね。汁物をつまみに持って来る辺りがまたコアな感じですが(個人的には好き)
この真っ白く煮出されたスープが、牛骨のそれとも豚骨のそれとも違った旨味で
大変美味しい。焼酎によく合います。

th_IMG_8218.jpg 

th_IMG_8223.jpg  th_IMG_8224.jpg

あとは焼肉。
九州の、熊本にご縁がある人だったらそんなに珍しくはないのですが、馬焼肉。
美味しいよね。羊とかそう言うのと似た脂の軽さと言うか身体への親和性が高くて
牛の脂を摂取するより随分と楽。

熊本は全土が、とはいいませんが、地域によっては花見の時期のBBQ、牛じゃなくて
馬がメインってとこもあるくらいメジャーな食材。ですが東京ではここまで前面に
出したお店をあまり見た事が無かったので、行動圏内にあってくれたのはラッキー
でした♪ 〆は、最初に出してもらった馬骨スープがおいしかったので、その
スープで作ったラーメンを。

あとこちらも日本ならではかなぁ。
半生の鶏!
本当は肝の刺身なんかも食べたかったんですが、それは予約が必要ってことで
今回は見送り。。。でも半生でも十分日本ならでは、ですわな。鶏肉をこんな
火入れで食べる国ってのもあまり聞かない。

th_IMG_8288_20161123225743f9e.jpg 

ここは軍鶏をベースに掛け合わせた特殊な鶏を扱ってるお店だったのですが、
「こんな鶏もあるんけ!?」と驚く様な鶏料理のオンパレードで、目当ての
刺身が食べられなかったのに、それでも色々と驚愕した!

串物とかも美味しかったのですが、メインは鶏すき。
んで、出て来たお肉がこれ。

th_IMG_8291.jpg 

いや、2人前だけどもさっ。
何グラムあんねん、その前に食べた数品も結構な量やったぞね!

いや、1人前から頼めないものか確認しなかった自分が悪いんですが、
「鶏すき」と頼んだら自動的に2人前になってこの量。。。

やらかしたー、と思ったんですけどね。
これがまた美味。火を通してもぶりゅりゅんっ!とした小気味良い弾力があって
旨味はあるのに、あっさりともしており、確かに最後の方は頑張って食べた燗、
あったけども、それでも相当美味しくなければこの量は食べれません ( ー`дー´) 

th_IMG_8294.jpg th_IMG_8293_20161123224834ecc.jpg

さっぱりした割り下でサッと炊いたもも肉、むね肉を、新鮮な玉子にちゅるっと
通して。。。鶏すきなんて想像できそうな気がしてたんですが、見事に裏切られた
その食感と味わい。

鶏よなこれ、と何度も自問しながら着々箸を進めたのだけども、鶏、という身近な
範疇にある食材ですら、まだこんなに驚きがあるのかと我身を振り返るばかりなり。
修行が足らん。(訳:まだ色々食い足りてない)
そもそもこんな鶏の品種がある事すらも知らんかったわ。。。

すげー融通が利かなさそうな親父さんがやっててね。店は確実に昭和の時代から
あるだろうという体で、客に物を言う権限はなく「親父がルール」( ・`ω・´)b
なんだったら親父が板場でタバコ吸ってるわ、女将らしき人と丁々発止やってるわ、
一般的な評価からすると「あかんやろそれ」というのが正義になってしまう空間。

こう言うのを受け入れるのもまた大人の作法。
ってか、一緒に行ってくれた方がその辺承知してくれてる方で助かった(´Д` )
(なんぞ言うてもそのくらい偏屈そうだったw)

th_IMG_8507.jpg 

肉は古来の日本食ではないのかもだけど、昨今の食事上からすると意外に「日本食」
としか言い様の無い食べ方をしてたりするもんですな。和食・日本食と言われて
すぐに「生肉」とは思い浮かばないけど、お魚の刺身と違って、海外に居ると本当に
巡り会えないのが生肉。たまにカルパッチョとかあるけど、そんなに美味しくないしな。

ま、たまにベルギー料理のタルタルステーキってのがありますが、
基本、生肉は和食、と言う定義が自分の中でできつつあります。
ケダモノちぇりによる定義ですが。

日本ならではといえば。。。

th_IMG_8227_20161123232346688.jpg 

行き当たりばったりで見つけたペンギンバー!!(≧∇≦)
もう、見つけて即入店。←ペンギンLOVE
これまでペンギンバーと言えば沖縄と神戸で、これまた偶然に見つけて入った事が
あるのですが、大阪とかそういえば池袋にもあると聞いてたなー、と後で判明。
聞けば、沖縄で行ったお店の姉妹店!

多分調子の良い私この事。
沖縄のお店に入った時に「池袋にも支店があるんですよー」なんてことを聞いた時に
「えー!いつか絶対行きます!」とか言ってた筈。。。。恐るべし言霊。

th_IMG_8231_20161123232207d28.jpg 

かわいい(*´ω`)

th_IMG_8232_20161123232612131.jpg 

ものすごくかわいい(*´艸`*)

こんなん見ながら酒飲めるやなんて、どんな幸せよ。
あれだわ。可愛いお姉ちゃんがそばにいてくれたら酒がうまいってのと
多分同じ仕組み。うん、しっかりチャージ取られたみたいだったけどね。
(だったみたいって、驕らせたんかい。。。)

しかしなー、ペンギンてなー、なんでこんなに幸せな気分になるんやろなー。
ぽってりとしたお腹と短い足でポテポテ歩くの、かぁいらしーなぁ♪


………誰そこ。
同族意識が強いとか言うた人、誰。
ま、ペンギンと同族扱いされるんだったら本望やけども。

そんなこんなで、ほかにもあれこれ食べてるんですが(ペンギンは食べてない)
それは食べログさんのほうでまた。あっちこっちでご一緒して下さった方、
ありがとうございました。慌ただしい中、お時間貰えて嬉しかったです♪

しかし今回もよー食べたな。
満足満足。
さ、ここからはベトナムの味に切り替えて。。。(やっぱりまた食べるのね)

というわけで、明日からはまたベトナムレポに戻ります♪
ベトナムの皆さん、またどうぞよろしうに(^・^)







にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ
スポンサーサイト

羽田で遊ぼう♪

羽田の国際線ターミナルがえらい楽しい事になると言うのは随分前に
聞いてた事ですが、最近はもうすっかりここで遊んで帰るのが定番に。
海外でも結構高い評価を受けてる様ですね。

th_IMG_8565.jpg 

上層階の方にレストランやらアミューズメントやらがあるのですが、日本的な
雰囲気を醸しつつも、バラエティに富んだお店を揃えてて、まぁ楽しい♪

th_IMG_8568_201611221812132e7.jpg th_IMG_8569_20161122181214d95.jpg

th_IMG_8572_20161122181215f00.jpg th_IMG_8590.jpg

見目に楽しいだけじゃなくて、子供さんにはフライトシミュレーターがあったり
(あんたが一番やりたがってたやつやろ。。。)展望台もなかなかの心地良さ。
飛行機好きにはたまりません(^皿^)

th_IMG_8589.jpg th_IMG_8593.jpg       
         th_IMG_8595.jpg
 
th_IMG_8596.jpg

数ヶ月前に帰った時には無かったソラドンキなんてのもできてまして、
お買い物、ここでダメオシ的にしてしまう。。。(笑)

th_IMG_8597_201611221835279f7.jpg 

あと、お寿司屋さん。
日本を後にする最後の〆に食べるに値する、美味しいお寿司屋さんがありましたえ♪
「ありそ鮨し」さん言いまして、表のメニューには明太子鮨とかあって怪しいし
回転寿司やし、どないかなーと思ったんですが。。。

th_IMG_8573.jpg th_IMG_8575.jpg

これがなかなか!
よくある、回転寿司の体ではあるけど、注文したらその場で板さんが握ってくれる
タイプのお店ですな。もちろん流れてるのを取って食べるのもアリなんですが、
「なんでも仰って下さいね!」と声をかけて下さったので、注文スタイルもアリ
だし主流なんでしょう。

th_IMG_8578_201611221835287d0.jpg 

見た目も綺麗ですが、ネタもシャリもほどよく綺麗で、日本最後のご飯にするには
十分なお寿司のレベル。これはありがたい。今後しばらく美味しいお寿司にあり
つけんかも、という方の為にも、空港にあるお寿司屋さんは、こうあってほしいですなぁ。

th_IMG_8577_201611221820109d0.jpg th_IMG_8582.jpg

ちなみに握ってくれてたん、どこぞ外国の方でした。
実に美しい指さばきで、しばし見とれる程の腕前。
どのような経路を通って来られた方かは存じませんが、かつては修行に10年と
言われた日本の伝統的な寿司職人さんも、外国の方が任されてくれるようになって
るんですねぇ。

伊藤園さんのカフェなんぞもありましてね。
ここのソフトクリーム、ゴッツイ美味しい!!( ・`ω・´)b

th_IMG_8585_20161122183530cf1.jpg 

庭園風の店内は、いかにも外国の方が好まれそうですが、日本人だってそんなに
頻繁にこの風情に触れられる訳じゃないから喜びますな(笑)

th_IMG_8587_20161122183531e57.jpg 

ほうじ茶と抹茶のソフトクリーム、おいちぃん(*´ω`)
前回楽しんで、今回は行かなかったのですが、プラネタリウムとかもありますん。

CmHppQiVAAEBtUt.jpg

カフェ併設で、入場料520円。ワンドリンク別に頼むと言うシステムなんだけど
お手軽よねー。私が入ったときは特に入れ替え性でもなく、ずーっと居られる感じ
だった。一日を通してかなりバリエーションのある作品が短時間ずつ流れてて、
まぁ気持ちのいい事♪

うん、一人客は少なかったけどな(笑)

CmHp7sLUgAAjFcT_20161122185003201.jpg 

殆どの人はフライト時間まで、って限定があるから、そこまで長時間居座るって
人もおらんから入れ替えせいとかじゃないのかもしれんね。よほど人が多い時には
対応するのかもしれんけど。

そして羽田、そろそろ中に入っとこうかなーとセキュリティゲートを超えてからも
お食事が充実しているので、食いしん坊さんはお腹に余裕を持って行くことをおすすめ。
なんと六厘舎さんとかもありましてね。私はそこまで食いつかないけど、ご興味の
ある方は、都内のお店だと混雑至極なのでここで食べて帰ると言う手はあるかもしれない。

th_IMG_8620.jpg 

ふと見ると、魚河岸日本一さんもありまして、これは確か五反田、神田で食べた
事がある立ち食い鮨のお店。悪くなかった記憶。ということで、検証( ・`ω・´)b

th_IMG_8619.jpg th_IMG_8624_2016112218500703b.jpg

誰や。。。ありそ鮨しさんが日本を去る前の最後の寿司やとか言うてたのは。。。
まぁでもあれです。がんばってらっしゃいます。空港内の食事所ですから
粋を気取るよりハラふくらせる方が目的の方が多いと踏んでか、シャリは結構大きめ。
その分ネタもガッツリしていて、「お食事寿司」の様層が強いですが、十分アリ。

お刺身だけとかのメニューもあって、とてもゲート前のフードコートとは思えない
クオリティ。これは嬉しいね。その他にもたこ焼き、お好み焼きみたいなお店も
あったし、さらっと済ませたい方にはおうどんのお店も。各社CAさんたちも、
こぞって和食を楽しまれている様子を見るにつけ、羽田、ホンマに頑張ってるなぁ、と。

こんだけ楽しみ甲斐のあるとこなんでね。私、国内トランジットだったんですが、
敢えて丸っと半日時間をここで使えるように組んだりしてます(物好きなw)。
自分の行動範囲の中ではチャンギくらいしかこんな楽しみ方する空港なかったん
ですが、羽田、ホントに楽しいわ♪ 美味しいし、まだまだ開拓途中みたいで、
行く旅に新しいお店できてたり入れ替わったりしててホントに開きません。

ゲート前のレストランやら施設は別に飛行機に乗らんでも楽しめますんで、
羽田デート、とか言う楽しみ方もあるかもですね♪ 日本の空港、世界中の
方にもっともっと楽しんでもらえると良いですねーヾ(@⌒ー⌒@)ノ





にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

日本で水族館三昧(名古屋水族館・沼津深海水族館・池袋サンシャイン水族館)

さて、今回は鹿児島〜東京までを点々としたのですが、時間を見つけて…
いや、作って、水族館三昧をしてきました( ・`ω・´)b

もともと好きだったのですが、バンコクの
Siam Ocean World
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-category-38.html

に行ってから火がついたっ。
実は前回の帰国時にも行ってたんですが、前回のレポができてないままに
ここまできてしまったので、今回は強引にねじ込みますよっ(๑•̀ㅂ•́)و✧

【名古屋水族館】

まずは名古屋水族館。
ちょっとお勉強事があっての名古屋滞在だったのですが、そのご褒美も兼ねて
言って来ました♪ …が…

th_IMG_7654.jpg 

遠いわーっ(´Д` )
地下鉄の駅が最寄りってことだったんだけど、駅から結構歩きます。。。
へとへとに疲れてたところにヒールだったので結構疲れた。。。

しかし一歩館内に入ってからは元気回復。
いきなりの…

th_IMG_7659.jpg 

しゃちー!ヾ(@⌒▽⌒@)ノ
そういや色んな水族館行ったけど、シャチってあんまり見た事無かったかな。
シャチっつったら、ちぇり世代は「オルカ」で散々怖がらされたものだけど(笑)
色味がパンダなんで、水族館で泳いでるのを見るにはとても愛らしい(*´ω`)

th_IMG_7675.jpg th_IMG_7674_2016112211020508d.jpg

こちらの水族館胃はベルーガとかもいましてね。ボールでぷいぷい遊んでる様子が
とてもキュート。シロイルカ共呼ばれてるヤツで、”島根のおじさま”でも親しまれて
おり、とっても愛敬ある生きもの。かわええのぉ(*´ω`)

こちらの水族館、資料館としてもとても優秀で、特にシャチやイルカの実寸サイズの
骨格標本は圧巻。まあ学術的に難しい事は分からないのですが、滅多に目にする
ものでもないので、ほえー…っと眺めるだけでも楽しかったです♪

th_IMG_7683.jpg 

th_IMG_7684.jpg th_IMG_7686_20161122110259cd6.jpg

あといいなー、と思ったのは大水槽の前に広い階段状のスペースが作られており、
沢山の人がそこでゆっくり座り込んで水槽を眺められると言う趣向。水族館、
広いから歩いてると疲れますよね。でもせっかくだから眺めの良い所でゆっくり
すごしたいですよね。

th_IMG_7688.jpg 

そんな時にこんなスペースがあってくれたらとっても嬉しい。
この手の趣向で一番嬉しかったのは沖縄の「美ら海水族館」で、大水槽の前に
カフェがあると言う素晴らしさ。コーヒーでも飲みながらゆっくり水槽を
眺められる、とか最高ですよね。残念ながらこちらはカフェこそなかったけれども
それでもこうしてぼーっと出来るスペースがあるのは嬉しかったな♪

th_IMG_7748.jpg 

イワシの大群がスイミーみたいになってるのも綺麗だったなー。
水槽内のデザインはシンプルだったけど、魚種の配置がお上手なのか、
どこから水槽を覗いても色々楽しめてよかったかな。

th_IMG_7698_20161122110302e81.jpg 

あ、ども(笑)
イルカのショーを見に行ったら始まるまでの間、営業部門の方らしいイルカさんが
ずーっと客席の様子を伺ってくれてました(笑)

こちらのイルカショーが開催されるプールが素晴らしかったのは、なんと超大型
モニターが設置されていた事。狭いプールは観客席からイルカが近くよく見えるけども
迫力に欠ける。でも大きな会場はイルカが小イワシくらいにしか見えなくてちょっと
残念。そんな不満を一挙解決してくれる大型モニター。

th_IMG_7703.jpg 

しかもモニターですから、今やった芸をその場でリプレイとかしてくれる。
どの席からもよく見える。もちろんダイナミックなジャンプとかは肉眼でも
十分に楽しめるのですが、フラフープ回しながらオウオウ泳ぐ姿とか、
一カ所の舞台に上がってクルクル回る芸とかはちょっと遠目すぎて分かり辛い。

th_IMG_7721.jpg 

そういうのをモニター映像がぜーんぶカバーしてくれるんですね。これは素晴らしい。
お目当てのペンギンさんは(←ペンギン超LOVE)、管理されたお部屋の中で
のみの展示で生ペンギンさんには会えなくてちょっとションボリ(´・ω・`) 
でも寒い所のペンギンさんなら仕方ないよね。

th_IMG_7779.jpg 

「Happy Feet 」で、マンブルが網に引っかかった後に収容されたとこみたいだったな。
どの子か踊り出さないかと待ってたけど、うん、まぁ踊らなかったよね。。。ちえっ。



【沼津深海水族館】

次は沼津。
そう、名古屋から東京に移動しようとしたとき、地図を見たら間に静岡があるじゃない!
(ねぇ、もしかして今知った?静岡の位置…)

静岡って行った事ないなーと思ってたら、沼津ってキーワードが出て来て、そういや
面白い水族館があると聞いたぞ、と思い調べてみると、あったあった、深海水族館!

th_IMG_7868.jpg th_IMG_7873.jpg

沼津港の一角が一大観光施設的になってて、いろんな魚介料理のお店が寄り集まって
いるのですが、その一角にあるのが深海水族館。ノーマルバージョンの水族館も
割と近くにあった様ですが、深海水族館ってほかではなかなか見られないので迷い
なく、こちらにGO! 平日だしきっと人もあまり入っとらんだろう、と思ってたら
結構な人出でびっくりした(・∀・;

th_IMG_7878_20161122114012660.jpg th_IMG_7879.jpg

th_IMG_7882_20161122114015177.jpg th_IMG_7884_20161122114056e09.jpg

深海の生物や様子をメインに展示と言うことで、ライティングが一般の水族館と
違うのか、すごい写真映えする展示になってた。ので、ここはもうあまり解説せずに
写真ギャラリーで参りましょう。

th_IMG_7888_2016112211405734e.jpg th_IMG_7905.jpg

th_IMG_7910.jpg th_IMG_7911.jpg

↑あ、この白くてもよ〜んとしたのは剥製?っていうのかな。んでこっちの↑
シャープなヤツは写真。さすがに実物展示は難しい物もあるらしい。

th_IMG_7913.jpg th_IMG_7918_201611221302425c8.jpg

th_IMG_7921.jpg th_IMG_7963_20161122130244cee.jpg

th_IMG_7966.jpg th_IMG_8004_20161122130538661.jpg

おんもしろいよねーっ。ちょっと他では確かに見れない(笑)
他にもサメの玉子の様子とか↓、シーラカンスの冷凍保存サンプルとか、
その筋の方に評価が高いのも頷ける展示物がいっぱい。ひじょーに興味深かった。

th_IMG_7926_20161122130542207.jpg th_IMG_7935_20161122130544635.jpg

ま、割と普通の展示も若干はあるんですけどね。
入り口からお国進む通路壁には、こんな感じのほのぼの魚達もちゃんといました♪

th_IMG_8006.jpg th_IMG_8007_20161122130541a4b.jpg

…ほのぼのしてないか…?

あと、いくら観光地だから色んな方が居るだろうとは言え、1600円の入場料を
払っても見て行こうと言う人はそれなりに深海生物に興味がある人ってフィルターで
市埃混まれた人達なのか、実演イベントの様子が面白かった。

ヌタウナギ、っていう、刺激・ストレスを与えると大量の粘膜を放出して身を守る
って習性があるお魚を水槽の中で刺激して、その粘膜を出す所を実際に見せるって
のをやってたんだけど、そんな地味そうな実演…と思ったら。。。

群がる観衆。成功した時に上がる「うおー!!!」という絶叫に近い盛り上がり方。
下手なイルカショーより盛り上がってたんちゃうか(・∀・; 

というわけけで、深海水族館では観客を観察するのも面白いなと思いました( ・`ω・´)b



【池袋サンシャイン水族館】

無カーしむかしに行ったことがあったのですが、殆ど記憶もないままに再訪。
ってか、記憶があったとしても、きっと色々違っちゃってるよね(・∀・;

ちょうど豪州フェアもやっていて、まずはカラフルなお魚さん達。
ニモだニモだ♪

th_IMG_8316.jpg th_IMG_8317.jpg

th_IMG_8318.jpg th_IMG_8319.jpg

クリスマスが近いからか、アシカさんのショーがクリスマスバージョンになってて
お歌に合わせて踊り踊ったり、何ならクリスマスソングの演奏してたりで
ちょーお利口さん!!めっちゃかわいかった(*´ω`)

th_IMG_8325_201611221427149db.jpg 

割とコンパクト目なスペース使いだと思うんですが、屋外スペースにユニークな水槽が
あったり、それを俯瞰で見る事が出来る室内スペースがあったりと、客を分散させる
工夫も良くされている上、バリエーションに富んだ展示物で客を飽きさせないなど、
都心で人が集まりやすいところにあるからこその仕掛けがいくつもあるのに感心しきり。

th_IMG_8345_20161122142813831.jpg th_IMG_8348_20161122142814607.jpg

th_IMG_8351_20161122142816636.jpg th_IMG_8370.jpg

あと、水槽内のデザインが素晴らしかったなー。
見るのはお魚がメインなんですが、バンコクの水族館でも思ったのだけど、
水槽内のデザインってのも中々大きな見所ですよね、水族館。

th_IMG_8358.jpg 

時に雄大、時に幻想的な眺めを、一つの水槽の中で見る角度により違って楽しめる、
と言うしかけがされてて、本当に見飽きなかった!なんなら私、開場時間から閉館
時間までずーっといられる、この水族館(笑)

大きな水槽には常時ではないけど飼育員さんが登場してエサを上げたり、お魚さんと
コミュニケーションを取る様子も見る事が出来ます。すっごい気持ち良さそうだった
なー。いや、お仕事大変なんだろうけれども。

th_IMG_8365_20161122142817dad.jpg  th_IMG_8397.jpg

th_IMG_8402.jpg 

名前分かりませんが、ずーっと隅っこの方に隠れてた大きなサメ?の仲間かな?
のお魚さん、お姉さんが呼びに来て起こされたらしばらくお姉さんと一緒にずーっと
泳いでた。仲良しさん(*´ω`)

th_IMG_8344.jpg

個人的には嬉しいトカゲさんやカエルさんたちいもいっぱい!!(≧∇≦)
バンコクでも思ったけど、どうやら水族館にカエルが居てくれると私の中では
評価がグンと上がる様です(笑)

th_IMG_8439.jpg th_IMG_8440_2016112214413111d.jpg

th_IMG_8444_201611221441330cb.jpg th_IMG_8445.jpg

th_IMG_8451.jpg 

イグアナさんもおったやで ( *´꒳`*)੭⁾⁾♡”
美味しそうなアオリイカ(おい)とか、マンボーさんとか、ほんっとに魚種多様。

th_IMG_8452.jpg th_IMG_8456.jpg

これまた大好きなクラゲをフィーチャーしたエリアもあり。。。
うーん、ホントに大満足!
都心にあって2000円と言う入場料が安く感じていたので、それに比例して
内容も対した事無いんかな?と思ったら、とんでもないっ。

th_IMG_8459.jpg 

考え方がきっと逆なのね。
都心で沢山の方が来られるから休めの設定でもやっていけるってことなのか。
お子さんの割引や、幼児になると無料だったりという設定もご家族連れには
嬉しいだろうし、都会はやっぱり違うのぉ。。。

いずれにしても、どの水族館もレベルが高いし、それに甘んじず、日々、進化を
遂げている様子。他国の水族館ってせいぜいバンコクのくらいしか知らないのですが、
日本の水族館、結構水準高いんじゃないかなー。美ら海水族館とか、確か建造物
自体も世界中から注目されてて、ナショジオだかなんだかで取り上げられてた気がするし、
そう言う方面から日本の水族館を楽しむの、ありかもしれない。

そう言えばハノイには大きな水族館があると聞いたけど、ホーチミンには無いのかな。
あったら行ってみたいなー。あと外国に行ったときもなるべくチャンスを作って
行ってみよう。各国の 生け簀 水槽、比べてみたーい♪



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

鹿児島〜熊本 オレンジ鉄道♪

オレンジ鉄道てご存知ですか?
正式には、肥薩オレンジ鉄道。
http://www.hs-orange.com/

鹿児島の川内と熊本の八代をを結ぶ路線で、なーんと食堂列車なのです♪
食堂列車って、夢があるヽ(・∀・)ノ

th_IMG_7438.jpg 

JR九州は企画列車、料金体系共に色んな工夫がされていて、各駅での
駅弁も充実しており、列車旅を実に身近で楽しいレジャーにしてくれてる
のですが、このオレンジ列車の事は知らんかった!

本来は事前予約をして詳細が郵便で送られて来て料金を振り込む、という
非常にレトロな手続きが要る様ですが、今回は旅に出掛けてしまう前日に
この列車を見つけて予約をしたため、郵便物を受けとる事がままならず。
当日駅にて現金払いで、ということに。

th_IMG_7437_201611211250530c3.jpg 

結構な金額だったので直前に下ろそうと思ったら、コンビニがうちのメインバンクに
対応してなかったり、地方銀行もその日は祝日で開いてなかったりでちょっと冷え
ましたが、なんとかかんとかで調達が出来て支払い完了。あー冷えた(笑)
コンビニがあるから、といって、日本全国どこでも同じ条件下にあるとは言えない
のねー。気をつけよう(・∀・;

列車はかの水戸岡鋭治先生が手がけられたもの。
わたし、笠沙恵比寿の回で話した通り、建築に詳しい訳でもないし水戸岡先生の
ファンというわけでもないけど、結果的に水戸岡作品に楽しませてもらうことが
多くって、こちらが「好きだから求める」ことがなくっても、魅力のあるモノ
というのは知らず知らずの内に人をひきつける物なんだな、と感じてる所。

th_IMG_7447.jpg th_IMG_7449_201611211250595e9.jpg
th_IMG_7453_20161121125221364.jpg th_IMG_7455.jpg

こういう企画列車は小物も気が利いてて、まずはこの列車に乗った事を証明
していただきました( ・`ω・´)b

そしてまずはウェルカムスイーツ。
季節だからか美味しいモンブランが出てきましてね。これ、沿線で活躍される
有名なパティシエさんの作品らしいです。おいしー(*´ω`)

th_IMG_7473_201611211252274dc.jpg 

途中、3カ所程駅に立ち寄ってお土産を頂きました。
最初に引換券を貰ってて、それを持って駅に降り立ち、見所がある駅はしばし
その風情を楽しんだり、見晴らしの良い場所があるところはガイドさんが連れて
ってくれてプチ観光。

th_IMG_7459_2016112112522488e.jpg  th_IMG_7460_20161121125225727.jpg

th_IMG_7462.jpg

阿久根の駅もきれかったなー。
こちらも水戸岡先生が手がけてらっしゃる駅舎なのだと。

th_IMG_7494_2016112112591007e.jpg 

th_IMG_7495_20161121125911ffc.jpg    th_IMG_7496_201611211259132c8.jpg

待ち合いスペースにはソファやスクリーンがあって、地域住民の方の為の上映会やら
ちょっと下集まり事が出来るようになってるみたい。駅には必要の無い物だけど、
あれば色々と楽しめる仕組みが沢山詰まってる。

下の写真なんか、駅の中のトイレに行く為の通路の様子ですからね(笑)

th_IMG_7498.jpg

水戸岡先生由来の書籍などが沢山置かれてて、チョットした資料館になってるんですが、
これ、必要ないですよね。トイレに行く為の通路には。でもその「無駄」に意味がある、
と証明されたのが水戸岡先生。今でこそ成功例が沢山あるので、ある程度自由な事が
出来るのかもしれませんけど、詳しい事はわかりませんけど、きっと工業デザイナー
さんの世界では当初かなり異端だったのではないでしょうか。

こういう「無駄」を作るには費用も発生しますから、施工主からも色々反発が
あったんじゃないかと想像します。物を創り出すということだけでも凄まじく
エネルギーが要る事だろうに、水戸岡先生はその辺でも戦って来られたのだろうなー、
やっぱりすごい方なんやなー、と思って見たり。

th_IMG_7533_201611211302457be.jpg  th_IMG_7538_201611211302463b6.jpg

水俣の駅も彼が手がけてらっしゃると言われてたなー。
九州に居る人間でも中々用事がないと行かないエリアでしたが、今は水戸岡先生の
ファンがわざわざ見に来られる事もあると言うことで、ほんと、貢献されてますねぇ。

さて、そろそろお食事。
まずは前菜。

th_IMG_7544_20161121130248175.jpg 

うーん、ブレてる(・∀・;
といわけで、旦那さんが撮影したのを追加。
旦那さんの方が絶対写真上手なんだよな。。。

th_S__19218434.jpg 

あーきれい(悔
山海の珍味をあれこれと詰め込んだお膳。
これも沿線で且つ約する若手のフレンチシェフさんが考案されたものなんだ
そうです。さすがに車内で調理は出来ませんから、ある程度作った物を途中で
積み込み、車内でレイアウトし直すというプロセスにて提供されます。

ものすごい制約です。
冷めても美味しく、でもそこに拘り過ぎなくても良い、多少時間が経過しても
美味しく食べられるもの。列車の揺れにも盛りつけが崩れ難く、バリエーションに
富んだラインナップで…って、そんな条件下でメニュー作れと言われたらクラクラ
しますが(・∀・;

下は通常の海老のサラダ。
この盛りつけは車内でされてました。

th_IMG_7545_20161121131256c2e.jpg 

旦那さんは海老を食べられないので事前にお願いして別メニューを。
こちらはツナの叩きにイカ、かな?コレも美味しそうだった(^・^)

th_IMG_7546_20161121131258404.jpg

メインは当然地産の野菜のグリルとローストビーフ。
コレが大変よい仕上がりで、シットリしていて旨味があって、とても上等な
ローストビーフ。グリルなどは焼きたてで無いというハンデを負いつつも、
自前の鮮度と味の良さで勝負していて、気取りの無い素朴な美味しさのお皿でした♪

th_IMG_7554.jpg 

比較。(旦那さん撮影↓

th_S__19218437.jpg 

やっぱ負けとるな(´Д` )

th_IMG_7549.jpg th_IMG_7559_20161121131301f90.jpg

スープ、デザートまで頑張ってはるなぁ、という印象。
絶対値的な評価で行くと、是が非でもこの料理を!というところまでは
いっていなかったと思いますが、なんせこの条件下です。料理+景色+列車旅
というプラスαがあるので、総合的に判断しないとフェアじゃない。

というわけで、個人的には大変大変楽しかった♪
過酷な条件下での料理に関しても、今まで考えた事が無かったので勉強に
なったし、興味深かった。そして電車のスタッフさん、立ち寄った先の地元の皆さん、
みなさん朗らかで、元気に地元を盛り上げようとされていらっしゃったのが印象的。

熊本、鹿児島、大変なことがあって未だご苦労されていらっしゃる農家さんやら
生活されている方がいらっしゃると思うのですが、なんか力強い物を感じましたな。

結局旦那さんと二人で貰ったお土産は、当初の引換券3件分プラスαがあって、
こんなに大量に…(・∀・;

th_IMG_7570_201611211320445ae.jpg 

もし乗られる事があるのなら、大きめの鞄をお持ちになられる事をお勧めします(笑)
そしてこちら。今回はこの片道単品で買ったので割高でしたが、こんなツアーも
ある様です。

th_IMG_7572_20161121132046f01.jpg 

熊本鹿児島間の片道新幹線+どちらかでの宿泊+オレンジ鉄道。
これなら一泊できるしかなりお安いし、週末旅なんかにはもってこいじゃない
でしょうか♪ 今は「九州ふっこう割」ってのもあってお得みたいだし、日本に
おられる方は秋の行楽に。海外におられる方は、いつか日本に帰られたときの
お楽しみに、こんなのもありますよーってことで記憶の片隅にでも置いてて
いただけると嬉しいです♪

南九州、頑張ってましたよーヾ(@⌒▽⌒@)ノ








にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

鹿児島のトロピカルフルーツ農園〜トロピカルファーム山川

さて今回、鹿児島の指宿に泊った事は先に書いた通りですが、
聞けばその近くにネットでお知り合いになったトロピカルフルーツを作られてる
農園さんがあるという!

トロピカルファーム山川さん
http://tropicalfarm-y.info/


ここのコゲちゃんというワンコが可愛くて可愛くて(*´ω`)
飼い主さんが時々アップしてくれるのをいつも楽しみにしてたんですが、
はた、と、「今近くに居るじゃん!」と言う事が判明してお尋ねしてみることに。
そしたらコゲちゃんのお出迎えが! 

th_IMG_6872_201611182348524b1.jpg  th_IMG_6842_20161118234851216.jpg

かーわーえーーーーっ。
なんかもうネットアイドルに会えたかの様な感動が(笑)
そしてわたくし、どんなワンコに遭遇しても同じ態度を取られます。

th_IMG_6840_20161118234849ce8.jpg 

「撫でろや」

はい。
下僕はご奉仕させて頂くのみ。。。。
犬って人を見る、って言うよね。。。ってことは。。。( ̄ー ̄)

肝心の農場ですが、鹿児島がいくら温かいとは言え、そこはやはり日本ですから
ハウス栽培がベースの用で、かなり大きくてプロフェッショナルな様子のハウス。
でも先日の台風でかなりの被害を受けて、まだまだ修復箇所とかがあるんだとか。
オフシーズンとは言え、これから気温が下がる季節になるのに大変だろうなぁ…。

th_IMG_6859_2016111823485576b.jpg 

th_IMG_6852.jpg  th_IMG_6855_20161118235117851.jpg

でも中にいれてもらうと、ワッシャー!!!と元気なん南国フルーツの木々が沢山!
南国フルーツ自体はホーチミンで沢山食べられるけど、こうして成ってる様子や
お花は見た事が無かったので「へーーー!!ほーーーー!!」と感心しきり。

所々にドラゴンフルーツは成ってたかな。
季節になると通販なりなんなりで販売もしているのだそうです。
うーん、食べてみたいな、日本で育ったトロピカルフルーツ。

th_IMG_6860_20161118235120422.jpg th_IMG_6865_201611182351183b2.jpg

さっきご紹介したサイトにはマンゴーについての詳しい記述があったりして、
ベトナムで身近に楽しんでいながら知らない事が沢山あるもんだなーと
とても面白く読めたりします。こちらの農場の最盛期だと、
ホーチミンにいるより色んな種類のマンゴーを楽しめるかもしれない(笑)

しかしそれにしても大変なことだろうなとお察しします。
タダでさえも農業全般はお天気やその他の状況に左右されやすく、思うように
なってくれないのが常。お米や日常野菜など、生活のベースにあって山ほど生産
されてるものですら不作の事があるというのに、まだあまり栽培されていない
作物を手がけるとなると、並大抵の事ではなかろうと思うんです。

最近は輸入されてる果物も増えているようですが、輸入するには時間がかかる→
完熟状態での摘み取りはできず、若い状態を特別環境下で保存し市場に出す、
というロスが少ない経路を辿る物が多いですよね。
となると、それは木で完熟したものとはまた違った味わいになってしまう。

そもそも土壌が違う日本で育ったトロピカルフルーツってどうなのって声を
聞かなくもないですが、それでもやっぱり食べごろまで大切に育てられたものが
流通すると言うのは、ものすごく貴重な事だと思うんですよ。
私も何度も思いましたもん。ベトナムで食べる美味しいフルーツ、
日本の友達にも食べてみてほしいなーって。でも。。。

持って帰れないですものね。
検疫を通すにも、虫は果実の内部に居る為、一定温度で一定時間の殺菌作業が
必要だそうで、そうするともうフレッシュなフルーツではなくなり、実質的に
果物の持ち込みはダメってこと。

これ、「法律が禁止してるからダメ」と捉えられるケースがあるようですが、
その捉え方だと「見つからなければ大丈夫」に繋がりかねないんですよね。
なんだったら「見つかっても没収されるだけだから」までの意見もネット
なんかでは見かけた事が。

でも、そうじゃない。
「なんで法律で禁止されてるか」まで考えないと。
そして考えたら、とてもさっきみたいなことは言えませんよね?

検疫で植物の持ち込みを禁止しているのは害虫の侵入を防ぐため。
言い換えると、不用意な植物・果物の持ち込みは取り返しのつかない害虫を
一緒に持ち込む事に成りかねないと言うこと。

実際、つい最近もあったそうです。
外国からの出入りも多いとある島に、本来ならいるはずのない害虫が持ち込まれ、
作物がほぼやられてしまい、その歳の出荷分が全滅しただけでなく、それが発覚した
事により事後対処が必要で、更に年単位で出荷ができなくなったという事態が。

農家さん達のご心労が如何程だったかと察するに余り有る。
もちろんその成果を心待ちにしていた消費者の皆さんの機会も奪われてしまった
わけで、その損失たるや。。。。

先にも書きましたが、天候その他で、それでなくても農家さんのお仕事は大変。
そのリスクを(自分くらいが持ち込んでも大丈夫だろう)という無責任な気持ちで
部外者が増やしてしまうと言うのは、食いしん坊としてはとても出来る所業では
ない訳です。

しかも、ですよ?
その原因追及がされない・できない事の方が殆どだと思うんです。

経路を辿って「やったのはお前だな!」と突き止められるならまだ良いと思うんです。
自分がやった事に対する責めを負えるならまだマシ。
一生、自覚が無いままに、誰かに凄まじい被害を与えてしまったことがある、
なんてことになったらものすごく怖くないですか?経済的な被害だけじゃなく、
成果を享受する側の機会を奪うことにもなるわけだし…。

それでなくても私なんて、自覚してるだけでも周りに色々と御迷惑をおかけして
お世話になり、更には甘える事も多々あると言うのに、自分の行動で防げる
はずの被害を敢えて引き起こす可能性がある行動を取るなんて、とてもできない。
ええ子ちゃんの意見としてではなく、食いしん坊を真剣にやってる身として、
それは絶対やったらアカンなと思ってるわけです。

大事なご家族とかお友達に、自分が美味しいなぁと思ってるもの、
日本では珍しいものを食べてほしいって気持ちはすっごくよく分かるんです。
そもそもこのブログがそのスタンスだし、持ち込み可能なお菓子や調味料は、
全くその心持ちで持って帰ってますから。
果物も同じように味わってほしいって思う気持ちもすごく分かる。けど。。。

農業に関係無い者が思う以上に、果物の無断持ち込みって危険をはらんだ行動
だと思うんです。

見つからなければOK、じゃないということ。
懸念される事態が起こってしまった場合の被害は、思う以上に深刻であること。
今回身近な方が真摯に運営されておられる農場見学をさせてもらって、尚更
強く認識できた気がします。

と、同時に、これは自分のフィールド(食べ物)内のことだったので気づく
事ができましたが、フィールド外のところでは、自分も知らない内に
非常識だったり迷惑な行動を取ってる事ってあるんだろうなぁ。。。
とも思って見たり。

食いものの事ばっかり見とらんと、色んな事に見聞は広げないけませんねぇ(^^;
いくつに成っても勉強です。はい。




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

鹿児島のお宿♪

普段1人で日本をウロウロしているときは、てきとーなお宿に泊まるん
ですが、珍しく旦那さんが一緒の時にはちょっと良いお宿。
(なんかここまでの2行で色々間違ってる気がするけど、まぁ気にするな)

旅先では食べ物はちぇりさん担当。お宿やお湯、交通機関の手配や
スケジュール管理は旦那さん担当。
……お前、食う事しかやっとらんやんけ(・∀・;

いや、言うたことあるんですよ?なんかお手伝いしましょうかって。
そしたら即座に、

「(超絶方向オンチ・時刻表詠めない)ちぇりさんに行程任せたら
  どんなことになるか…( ̄◇ ̄;)」

という反論しようがない彼の真意を頂いたので大人しくお任せしている次第。
ちぇりさんが食べ物のみに専念しているのは家庭平和のためなのです( ̄ー ̄)

というわけで、途中チョイチョイ便利の良いビジネスホテルも挟みながら、
素敵なお宿にも泊まってきました♪まずはこちら。


【秀水園】(指宿)
砂蒸し風呂で有名な指宿(いぶすき)にあるお宿。
実は日本に帰るまで特に計画は立ててなくて、日本で旦那さんと合流してから
(その前は別行動だったのね。。。)見つけたのですが、決め手は…

「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選 料理部門32年連続1位」

というフレーズ。
これは食べ物のことであるにも関わらず、旦那さんが見つけてくれたヽ(・∀・)ノ
それを選んだプロと言うのがどういうプロなのかまでは書いてないので、
どの程度の信憑性があるのかは別としても、32年、ある種のランキングで
トップを張ってるってのはえらいこっちゃ。
というわけで出向いてみました(^・^)

th_IMG_6899_201611172319030a8.jpg 

th_IMG_6900_20161117231905e6a.jpg  th_IMG_6901_20161117231906640.jpg

しっとりとした佇まいで、ネットで見た「どやー!!」って感じとは正反対(笑)
お部屋も由緒正しき日本の旅館で、海が見えるのどかな風景も良い感じ。
お抹茶とお菓子で迎えてくれて、砂風呂を楽しんだ後はお目当ての御前。

th_IMG_6902_20161117231907a75.jpg    th_IMG_6906_20161117231909653.jpg

おちついたお膳です。
器まで品が良い。
茶碗蒸し、うまみ豆腐にひと口寿司。
今回前菜に小さなお寿司がつく事が多かったんだけど、これは最近の流行なのか
地域亭な事なのか。

th_IMG_6907_20161118000935809.jpg 

印象的だったのはお造りで、どのお魚も非常に良く練られてる。
鮮度が一番と思われがちだったお刺身というお料理も、最近はすっかり「寝かせる」
ことが一般的になって来てて嬉しい限り。もちろん鮮度一番のプリップリ、コリッコリ
した食感の物もよいのですが、しっとりと旨味を増した色香漂うお造りと言うのは
一度食べると後には戻れぬ妖艶な魅力がありますな。


th_IMG_6913_201611180009375d0.jpg

若いピチピチしたのもええけど、ねっとりと熟したもんも良い、と言うのが分かるには、
ある程度経験と歳を重ねた人にしか分からないかと思われるので、お若い方にはどうなの
かなって思いますが、こちらのお宿はご年配の方が多いと思われるので、正しい選択なの
だろうと。

th_IMG_6915_20161118000940385.jpg  th_IMG_6921_201611180009414e8.jpg

コッテリに見える豚の大豆煮も余分な脂が丁寧に取り除かれてて、ふくよかに豊かなのに
後口がさっぱり。豆乳鍋に仕込まれたつみれはふわっふわ。アワビの味噌焼きは、
それまで穏やかな味付けだったところから徐々に濃さを増して行った所の頂点。
この構成が素晴らしい。

th_IMG_6925_20161118001626732.jpg  th_IMG_6928_201611180016286fd.jpg


一つ一つのお料理も、なるほど、実に時間と手間がかけられていて、料理部門32年
連続1位の冠にも納得のお味だったのですが、当たり前ながら、懐石料理と言うものは
始まりから終わりまでの流れの美しさと言うのも大事。例えば初手に濃い味を持って
来られると、身体が受け付ける近くの限界をすぐに超えて、箸が進まなくなってしまう。
といって、同じようにふんわりしたままだと締まりがない。


th_IMG_6923_20161118001625d90.jpg
  th_IMG_6926_20161118001627694.jpg

その点こちらのこの夜のお食事は、穏やかな緩急をつけつつ、最終段階でキュッと
胃の腑が閉まる様な濃い味を配置していて、舌の上の味覚のみならず、胃の腑の事情
まで察した流れを実に滑らかに作っていて見事の一言。

正直。。。最近キツかったんですよね。お宿のご飯。豪華に見せようとするせいか、
品数ばかりが増えて終盤にはお腹がキツキツ。味わう事もままならず、といって
箸も付けずにお残しするのも申し訳なく、もうこれなんの修行だと言わんばかりに
なってしまいヒーヒー言うこと。(歳やな。。。)

でもこんな風に仕立ててもらったら、スルリと入る。
朝食もぺろりと食べた。

th_IMG_6937_20161118004813d2f.jpg 

ぎょーさんは食べられん、というのはこちらの胃袋事情もあるんでしょうけど、
お料理の仕上がりによってこちらの器が知らん間に代えられてしまうことが
あるのだなぁ。

そこで思い出すのが料理モチーフのドラマや創作物に見られる「客の状況を勘案
して料理する」ってやつですな。例えばこれが若い人の多い宿なら、また違った
印象になると思うのですが、一定の経験者以上には味付け、流れ、素材、調理法と
色々考える事で実に「美味しく」仕上がってる。その結果は客の為でもあり、
宿の為でもあり。実に学びの多いお料理でした。

th_IMG_6949_201611180048144b6.jpg



【笠沙恵比寿】(南かごしま市)

秀水園以後の移動はレンタカーを使いました。
今、南九州復興のための補助が出ているそうで、レンタカーがビックリする程安かった(´⊙ω⊙`)
また他の土地でも約安のレンタカーとかカーシェアリングみたいなのが発達してて
すごい便利になってるみたいですね。特に交通の便が不便なエリアでの移動に来やすく使い
安くなったと言うのは、車を持たなくなった身としては有難い限り。

で、こちらのお宿。


th_IMG_7112_20161118004816fe2.jpg 

「宿」「ゆ」て…(笑)
ちなみに個々の敷地内には博物館もあり、ちょっとしたレジャー施設となっています。
かの、水戸岡先生が設計されたと言うお宿。ここに来る事を目的にしないと、他には
あまり観光する様な所も無い感じなんですが、まさに私ら夫婦みたいに、この宿に
泊る事を目的にして来る人もいるので、水戸岡氏のお力たるや。

th_IMG_7114_20161118004817ecf.jpg   th_IMG_7117_2016111800481826e.jpg

お宿の名前に恵比寿さんのお名前が入ってる通り、宿内のあちこちに、おえべっさんが(^・^)
そしてエリア構成から建物の中まで個性的だったけど、お部屋もこんな感じ。

th_IMG_7137_20161118010242d85.jpg 

th_IMG_7135_20161118010240bcc.jpg th_IMG_7131_2016111801023950f.jpg

ロフト付(笑)
広々としてて、外に見えるのは静かな漁港。
和室だけど、座りやすい座椅子が用意されていたりというお心遣いも沢山あって
お風呂も気持ちよく、とても快適。そして…?

th_IMG_7151_20161118010243fb1.jpg 

お料理も評判通り。土地の料理をふんだんに盛り込んでてひと箸ひと箸が新鮮な
美味しさ。ただ前日の秀水園さんに比べると、やぱりちょっと若い人向け。
それは決してマイナス要素ではないのですが、若い人受けを狙う料理と
年配向けを狙う料理の違いが如実に現れていて、とても面白いコントラスト(^・^)

とは言え、繊細さも兼ね備えてて、盛りの演出もすばらしく、見目にも美味しい
お料理の数々。椀には南出は珍しい菊の花びらが使われてたし、お刺身の盛り籠
には氷が敷き詰められており、とても美しい。

th_IMG_7153_20161118010245b12.jpg  th_IMG_7156_201611180213121be.jpg

こちらは鮮度を売りにしたお刺身だったので、秀水園さんのお造りの様な艶っぽさ
にはかけましたが、鮮度の高いプリプリ感とアッサリ感があるからこそ食べられる
たっぷりな量。あ、いっときます?

th_IMG_7158_2016111802131486b.jpg 

はい、あーんヾ(@⌒0⌒@)ノ

不意にラザニア的な物が入って来るとか、そこそこな量の揚げ物が半ば以降に
持って来られる当たりが若者向け(笑)。程よい量に押さえられてたので、
好みによっては良いアクセントになる感じですが、前半の流れから考えると
面白いなーと。

th_IMG_7160_2016111802131527e.jpg  th_IMG_7165_201611180213176c0.jpg

そこにお鍋が登場。
やっぱり豚しゃぶははずせませんやね。

th_IMG_7170_20161118022108346.jpg 

で、お分かりになりますでしょうか。
固形燃料上で調理する場合、火のすぐ上にお鍋を置くのが普通ですが、鍋の下に
網が置かれてある。コレになんの意味があるかというと、火が散るんですね。
鍋底全体に。小さなお鍋とは言え火が偏ると効率が悪いし、更にそこに冷たい
お肉を入れたりすると調理がおぼつきません。

といって、この網一枚分を手入れするにもコストのかかる話。
先程のお刺身の器と言い、本当に手間を惜しんでいない。
その上にしか成り立たないお心遣いも沢山感じる。
場所柄、決して派手な宿ではないのですが、実に実に楽しみ甲斐がある。

th_IMG_7186_201611180221104f8.jpg 

朝食も、地の物満載で大変美味しゅうございました。
ちみっと塩分高いかなって感じは、こっちが歳だから感じた事なんですかね(笑)




【えぐち家】(日置市)

これまた周りにナンにも無い(笑)
いや、海がある。見よこの夕日。これがお部屋からの眺め。

th_IMG_7366_20161118023318f0f.jpg 

駅からタクシーを使うしかなく、こんなに交通手段が無いなら送迎があっても
いいのになーと想うくらいの場所にあるんですが、着いてびっくり。
なんかオサレ!

th_IMG_7347_201611180231536d2.jpg 

th_IMG_7348_20161118023154802.jpg

いやぁ、ロビーからしてすてきやわぁ♡
そしてロビーに据えられたソファからの眺めはこれ。

th_IMG_7350_201611180231556fa.jpg 

何処の国ですかヽ(・∀・)ノ
なーんと優雅な! 失礼ながら滅多に行かない事もあって、こんなひっそりした所に
こんなに素敵な場所があったとは! お部屋もまた素敵でねー。


th_IMG_7353_20161118023157109.jpg 

おーっ、モダン。(という表現も古いな)
コレの手前にダブルベッドが二つあって広々スペース。
お風呂からは海が望め、のんびり入る事ができました。
大きな温泉もまた別にあるんだけどね。

th_IMG_7375.jpg th_IMG_7376_20161118023321f70.jpg

お料理は見目にも可愛く、名残鱧なんて珍しいお椀もあって面白かったのですが、
お食事だけの来訪客もあるようで、焦点の合わせどころがちょっと分かり辛かったかな。
th_IMG_7379.jpg th_IMG_7380_2016111802471936d.jpg

th_IMG_7384_20161118024721855.jpg th_IMG_7385_20161118024722879.jpg

ひと手間かけたお造りや前菜の細工ごと、焚き物の丁寧さなど、前半はとても美し
かったのですが。。。ここから潮目が変わりました。

th_IMG_7387_20161118024723892.jpg 

白み魚のソテーにバターソースをかけたものだったのですが、いきなりものすご
ファミレスの味(´Д` ) そこまで繋がれて来た興が一気に削がれる。加えて
豚しゃぶに至っては、固形燃料に灯をともした際、蓋が閉じられたままだったので
出汁をまず涌かして、素材は後で持ってくるのだろうと思っていたら、中に
野菜もお肉も全てぶち込まれていい他状態。。。

th_IMG_7390.jpg th_IMG_7391.jpg

そんなもん、野菜が炊ける時間、しかも低温から肉を放置すればどんなことになるか
分かりそうな物なのに、中に食材が既に入っており火加減を気をつけるようにとの
指示も無く、こちとら素材が別に出てくる物かと、固形燃料が尽きるまで待っていたので
お肉はガチガチ。お出汁自体はとても美味しく仕上げられてるのに、全く愛を感じない…

加えて、供されたゴマだれがものっすごく濃厚で、これをチミチミ舐めながら酒を
飲むと言うならまだしも、鍋の具材を付けて食べたら全ての素材がゴマだれの味一色。
折角のお出汁の良さもどこへやら。これは。。。

明らかに前半と料理人さんが違っとるやろ(´Д` )
それにしたって総料理長さんはおられるだろうに、このお鍋に於いての蛮行は一体
そういうことなのか。。。

あまりの落胆に、その流れを汲むでアートにも期待はしていなかったのですが、
うん、ねぇ…(・∀・; 見ての通り、水菓子も見た目に悲しい有様で、一応齧って
みたものの。。。。(以下略

th_IMG_7394.jpg th_IMG_7395_20161118024913bf5.jpg

食事だけで訪ねた場合は、恐らくコレと同等レベルが5000円オーバー。
正直、後半が残念すぎたので、その値段取られたらテーブルひっくり返してたかも。
ただしお部屋は素晴らしく良かった。ので、食事をアテにせずお部屋目当てで来るには
とても良いお宿。ってか、周りにレストランが見当たらなかったので、じゃぁ他で
食べるにしてもどーすんのよって話はあるけど。

th_IMG_7403_201611180301191b1.jpg 

朝食も演出は素敵だったけど、全体にかなりしょっぱい(^^;
このおかずを全部食べ切るにはラーメン丼に昔話盛りにした白米を3杯は食べないと
とても持たない。折角のしらす丼も、煮こごりか?と思わせる程濃い「特性ダレ」で
食べるようにとの事だったけども、これ、使ったらシラスの味がないなるが。。。


th_IMG_7411.jpg

というわけで、こちらのちょっと調理場のコンダクターに疑問を持ってしまいましたが、
お部屋が良いので泊りにくるにはありなのかなと。お食事だけに来てたらもっと突っ込む
とこだけど(笑)、反面教師的には良い勉強になりました。料理のコラボ、時々やるけど、
よほどすりあわせておかないと、違和感のある流れ。。。というか、流れを分断させて
しまうなと。


ふむ。それぞれに良いお宿とて、この短期間に食べ比べてみると、色々得意な所
不得意な所、どんな流れに持って来ておられるのか、どのようなところに気を
配られているのか基準を甘くしているのかが如実に分かって面白い。

今回も、旦那さんに大変良い勉強をさせてもらいました。
こういうのは自分の舌で経験せんとわからんからなー(^^;

それにしたって、面白い宿が多いね、鹿児島。
九州に住んでた頃は、1泊すればゆとりの旅程が組めたので、あまりあちこちに
泊る事なく、また若い頃の話であればお外ご飯の方が楽しく、宿は寝に帰るだけで
十分、みたいなスタンスだったので、今回みたいな楽しみ方は初めての事。

日本全国、余り名前が知れてなかったり、ちょっと生き辛い場所にあるお宿で、
こういう素敵な所ってのは沢山あるんだろうなー。以前は休みが取れたら海外!
って感じだったけど、今の環境となっては日本国内も知らない場所がいっぱい、
ってか、知らない場所だらけで探検のし甲斐がありますな。
そんな風に思える様になったのは、海外に出た利点の一つかも(^・^)

熊本や鹿児島、大変なこともありましたけども、地物と方々、頑張って
おられます。もしも旅先のチョイスに悩んでおられたら、南九州、いかがですか?
美味しいもんがいっぱいですよー♪






にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

鹿児島のうまいもん♪

ちょっと日本に行ってました♪
ええ、不在時のネタは事前に書き溜めておいたもの。。。
3週間分ネタがあって、まだ余ってるってすごいなおい(・∀・;

今回は旦那さんも一緒の一時帰国休暇で、鹿児島を巡って参りましたー♪
福岡に住んでいたので鹿児島、そんなに遠い所じゃないけど、仕事や
チョイ寄りくらいしかしたことなかった。

そして1人で仕事で行ったときは、「黒豚しゃぶしゃぶ食べたるわー!
ちょっと高くても奮発すんでー!!」と鼻息荒く行ったのに、

「2人前様分からとなります(ニッコリ」

と、事実上の門前払いを食らった暗い過去が。。。
※事実上の門前払い=タダでさえも一人前が5−6円もすんのにその倍額(;ー;)

しかぁし今回は2人おるぞ!
色々食えるぞ!ってことで、ザクッとご紹介。
鹿児島の美味いもん♪

th_IMG_6714.jpg 

はい、初手は天文館無邪気のシロクマーヾ(@⌒▽⌒@)ノ
信じられない事に旦那さん、これまで鹿児島に来たことあったのに一度も食べた事
なかったんですって!!信じられない!ワタクシなんか夏場に来たら日に2度は食うで。

th_IMG_6730.jpg 

居酒屋さんにはよくあるキビナゴー♪
このお刺身、手開きでやるのがちょっと手間なんだけど、時季になったら
自分でも造って食べてたなぁ。鹿児島ではこのキビナゴのお刺身を酢みそで
食べる事が多い様ですね。もちろんお醤油でもおいしいのですが、どこで
食べても酢みそが添えられてました。

戻り鰹の季節でもあって、タタキなんぞも。
初物よりもこの時期に戻って来たもんの方が個人的には好き(*´ω`)
赤味なんだけど、むっちょりと口の中に吸い付く様な食感でエロエロしい
ったらありゃしない。


th_IMG_6731.jpg

串焼き物の盛り合わせrをお願いしたら、そこにもキビナゴがっ。
焼いても良し。刺身でも良し、炊いてもよし。
キビナゴさんは賢いやねー♪ 唐揚げも美味しいし♪
というわけで、当然串もの盛り合わせにもキビナゴさん。

th_IMG_6734.jpg 

そういや焼酎のお湯割頼んだら徳利に入って来た(´⊙ω⊙`)
鹿児島で「酒」と言うたら焼酎の事やと聞いていたけど、
まさか湯割が徳利で来るとは(笑)
冷め難いしチョイチョイの口で飲めるのは結構好きだけど(^・^)

th_IMG_6735_20161115235605b6f.jpg

枕崎のお魚センターでもお魚堪能。
この一帯で捕れるゴマ鯖は、鮮度を保つ為に上がったら即〆することから
「首折れ鯖」の名称があって、一度食べてみたかったの。


th_IMG_7019_20161116230655084.jpg 

福岡も生鯖食べることで有名な土地で、小さい頃から散々食べて来てたわけです。
なので少々のとこの鯖では何とも思わないんですが。。。

鹿児島の首折れ鯖、すごいですよ。
甘味とムッチリしたテクスチャーがものすごく官能的。
それでいて歯を軽く縦だけでブリュリン!!と跳ねる様な弾力もあり、
福岡で食べる鯖とはまた違う。

th_IMG_7022_201611162306570b5.jpg 

これは漁師茶漬け。
カツオも有名なので、鰹節もまた名物の一つ。
丼に乗ってあるカツオ節、わかります?赤身が少なく色つやが均等で見るからに上等。
私カツオの出汁も鰹節もそんなに好きじゃないんですけど、やっぱり上等の物は美味しいね。
当たり前だけど。この丼にはお出汁をかけて頂くのですが。。。

th_IMG_7027_2016111623070061d.jpg 

普段はほとんど頂かないお出汁をガブガブ頂いてしもた。
尿酸値、気をつけましょう(笑)
あ、ひとくち行っときます?
はい、あーんヾ(@⌒0⌒@)ノ

th_IMG_7033_201611162307006fa.jpg 

旦那さんが頼んだのはあら炊き。
あらだからさ。もっとゴッチャンしたのが出てくるんかと思ったら。。。


th_IMG_7026_20161116230658c4e.jpg

んまあっ、ご立派!!
そしてこれ、骨までを殆ど食べれてしまうと言う柔らかさ!
圧力でやったら皮の内側の油がグジュグジュになってしまうので圧力釜ではないはずだ。
不思議に思って聞いてみたら、なんと3日間くらいコトコト炊いてはるんやって!(´⊙ω⊙`)
どうりで出汁の味は濃くないのによー染み渡ってて、魚の味も行き渡ってた。。。

枕崎の長なセンター、下の写真のように、漁港によくある、土産物屋さんと一体化した
食堂がいくつか集まる施設で、決してシャレた所ではないんですが、この煮物から
垣間見られるだけでも、どんだけお魚丁寧に扱い、どんだけウデの良い方が調理されて
るかがわかりますな。

th_IMG_7006_20161117002151769.jpg 

ちなみに今回は2階の展望レストランで頂きました。
(1階にも何件か食堂が入ってた)

もう一つ忘れられないのが、黒豚のシャブシャブ。
それこそ専門店さんは数えられないくらいある訳ですが、今回は朝食を食べようと
付近を散策していた時に、良いお出汁の香で誘って来たそばつゆ屋さんが経営して
らっしゃるおみせ。「いちにぃさん」。

そのときは朝食だったのでそこが経営する別店舗の「吹上庵」さんという所の
お蕎麦を頂いたのですが、今回はそのつゆを使ったシャブシャブバージョン。

th_IMG_7273_20161117002152c39.jpg 

芸術的に薄くスライスされとるな。。。
んでまこれをしゃぶしゃぶしまして。。。

th_IMG_7280_20161117002153038.jpg 

山ほどのネギをガッツリと抱き込んでそばつゆで食べる!!
うほー!!こういう食べ方があったか!!!


th_IMG_7281_201611170021553ef.jpg 

このネギはお代わりし放題。
なのでガンガン頼みながらもう肉食ってんだかネギ食ってんだかわかんない状態(笑)
実際退席比率で言ったら4:6くらいで肉が辛うじてリードしてるくらいじゃなかった
ろうか。

ポン酢でもなく、ゴマだれでもなく、そばつゆで頂くしゃぶしゃぶ。
アリですっ( ・`ω・´)b

薄く薄くスライされた豚肉を湯に放つと、それは天女の羽衣のようにヒラヒラと舞い、
フリルの様なヒダを造り、出汁に浸すと、そのヒダの合間にたっぷりとやわらかな
そばつゆを蓄える。シャクシャクとしたネギもたっぷり纏わせてお口に入れると、
肉の甘い脂とおだしがジュワッとお口の中で渾然一体。何この幸せ(*´ω`)

そして豚さん追加。
今度は白姫豚というのにしたのですが。。。

th_IMG_7286_2016111700215697b.jpg 

うちゅくしい。。。(*´ω`)
脂ばっかりやん!と思われた方がいらっしゃるかもしれませんが、この脂こそが真骨頂。
当たり前ですが、まずクドくなく、しゃしゃっと湯に通すとこれがホンノリ透けて来る。
よく見てもらえると皮付きなんですね。これがフレームの役割となり、半透明になった
脂の部分はベルベットのようにきめ細やかでしっとりとしてて。。。

ベトナムの豚さんも美味しい美味しいと思ってましたが、こんな繊細な豚もあるのか、
と、改めて日本のブランド豚さんの魅力を再確認。

海の物良し、山の物良し。
美味いもん三昧と言えば、個人的には育った福岡推しだったのですが、
知らんかっただけで鹿児島はまた違う方向で美味しい素材だらけですなぁ♪

本日ご紹介したお店の詳細は、また食べログさんの方でアップしますので、
しばしお待ちを。ちなみにちぇりのページはこちらになります。

https://tabelog.com/rvwr/000071542/

まだ全都道府県は行けてませんが、各地情報、けっこうあります♪
まぁ、個人的にダメだった所も備忘録的に書いてあるので、参考になるお店が
どのくらいあるかはわかりませんけど、何かの折りによろしかったら
覗いてやってくださいませ♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

しばらくおまちください

すみません、現在愛機のMacちゃんがご機嫌を損ねております。
なだめすかしている所ですが、対応に追われている為、
更新に支障がでておりますこと、お侘びします。

このタイミングでまさかタイマーが働いた訳じゃなかろうが。。。
というわけで、ちょっと別環境を探しますのでいましばらく
お待ちください。




Macちゃんや、もどってこーい。。。。




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

Theu Theu

あら珍しい、ちぇりさんが食べ物じゃないお店のご紹介w
ほんっとに私、雑家とかのお店知らなかったり行ったことが無くて、
こちらのお店も、割と最近、友達に教えてもらって行った次第。
超有名なお店だから、今更私がご紹介さし上げることもないかなと
思ったのですが。。。(^^)ゞ


th_IMG_1379_2016030402143509c.jpg th_IMG_1380.jpg

th_IMG_1382_20160304021440fcd.jpg th_IMG_1381_201603040214388ec.jpg

この刺繍の丁寧さ!!!
いや、私こう言う手仕事のことについては(ご存知の通り)まったくもって門外漢
なんですが、パッと見ただけでも、そして素人目にも「きれーだなー!」と
思わせてくれるお仕事振り。

こういうの、ほんっと買ったことが無かったのですが、旅先でのパスポートや
書類入れに良いかなーと思って、こちらを購入。お友達は他の色のものを。

th_IMG_1383.jpg th_IMG_1384.jpg

もの凄く気に入っちゃって、今度の帰国時には親族やお友達へのお土産に
色々買って得ることを決めました( ・`ω・´)b

あと、連れて行った友達に至っては、ピアスの穴が開いてないのに、
あまりの可愛さにピアス先行で買ってしまったという珍事が。。。(笑)


th_IMG_1385_20160304021505dc7.jpg


お店には他にも、シンプルだけど可愛らしくて品が良くて、でも大人の女性が
身につけて引き立つ様な素敵なアクセサリーがたくさん!!!!問題は…

価格がウッカリ買えてしまうくらいの物が多いことですかね(笑)
アレも欲しい、これも欲しいってなっちゃうwww

店内に陳列されてたものだったので、こちらでご紹介ができないのが残念ですが、
Pasteur 通りのお店ですし、まだ行かれたことが無い方は何かの折りにぜひ
お立ち寄りになってみて下さい。さらっと拝見するだけの時もとても丁寧に
接してくれたし、気持ちの良いお店でした♪ 

手刺繍だったり、オリジナルデザインのもの、日本だとかなり高くなって
しまいそうな気がするのですが、普段あまり興味を持たない私までをも
魅了するくらいのもの達ですから、お好きな方にはきっと興味を持って
頂けるんじゃないかと思います♪


th_IMG_1377.jpg



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

【神戸】Kajyu 美味しいコンフィチュールを!

さて、先日ご紹介したオーダーシューズの工房を訪ねた時の帰道。
つらりつらりと周辺を歩いてましたら。。。あらっ。


th_IMG_2922_20150705235238dc2.jpg


コンフィチュールのお店?!
輸入食材店なんかに洒落たボトルで華々しく並べられてるのは良く見かけるけど、
(こう言ってはなんですが)こんな穏やかな場所に???
近づいて見ると。。。


th_IMG_2923.jpg


ルバーブ?!のコンフィチュール???(´⊙ω⊙`)
ルバーブって…んーっと、あんまり使ったことない食材だけど、確かお野菜系
じゃなかったかしら????とにかく気になったので入ってみました♪

店内は割とこじんまりで、どうやら奥に工房がある様子。
商品棚を興味深く見ていたら、大きなボトルの物もあれば、ちょっとお試しに
買える小さなボトルまで大きさ色々。そして何より種類が豊富で、どれも
興味深い物ばかり! どうやら素材にも相当拘ったお店のようですね。


すぐに店主さんが出て来てくれて、こちらが投げかけた質問にはもちろん、
その他のことにも色々と丁寧に教えてくれて、興味を持ったもので可能な
ものは試食もさせて頂いた(*´艸`*)

で、とりあえずこの日はこの3つを買って帰ったのですが。。。

th_IMG_2941.jpg


おいっしー(≧∇≦)
特にお気に入りはイタリアントマトとブラックペッパーっ。
何その取り合わせ?!って最初は思ったんだけど、トマトの風味が
キュッと商店定まった感じでブラックペッパーがチキリと利いてて。。。

パンやクラッカーに塗っても美味しいけど、ブリーなどのミルキーな
チーズに合わせても◎。なにこれおいしーっ。ってことで調べたら、
それを食べたときにいた福岡でも、大丸さんというデパートで買えると言う!

ええ、もう買い占めましたよ、棚にあったの全部(笑)
ほかにも正統派のオレンジとかキウイ、人参のコンフィチュールなんてのも
あって興味津々。福岡のお友達もお気に入りだったから大きいのを15本くらい
買い込んだ(笑)

ついでに父の日が近かったから、ホームページで買って贈ってもらった。
朝はパン食のお家だから喜んでもらえたらしい♪
あ、ちなみにホームページはこちらです。


Confiture kajyu kobe
http://kajyu-kobe.blogspot.com



素材も拘った限定品なので、ご紹介した物がいつもあるとは限らないと思います。
その年のそのシーズンの素材の物が売り消れたら終了、だと思います。
新しい素材のコンフィチュールの販売開始、販売終了情報はHPで知らせてくれる
ご様子。今は桃屋サワーチェリーのコンフィチュールが発売開始ですって!!!
これ、次回帰国まで試せないけど買っとこうかなー。

コンフィチュールとか、結構鈍感だったんですよ。
何処のを買っても今時それなりに美味しいし、強いていうなら素材の
ラインナップと甘さの強さが好みかどうか位の感想で、どうしてもこれじゃ
なくっちゃって言うものは特に無かったんです。でもなんか…

ここのは素材や組み合わせがオリジナリティに溢れてるってのもあるけど、
食べたときの『しっくり感』がすごい。もちろんそれは個人的な好みの
話なので人によって感じ方はそれぞれかと思いますが。。。

もし神戸の街で見かけたり(一部ホテルで扱っていらっしゃるようです)
地方でもデパートにあったりするし(HPに取扱店一覧があります♪)
もしもこちらの店舗にお越しになられる方は、今月18日まで4周年感謝セールで
20%オフらしいですわよっ( ・`ω・´)b (ネット販売では対応されてないようです)

小さい物なら350円とかなのでお試しで買ってみるにもお手軽。
よかったら、是非是非試してみてほしいお味でした♪
いやー、ちぇりも歩けば美味いもんに当たる。
思わぬ所に美味しいお店♪
ラッキーでしたヾ(@⌒▽⌒@)ノ


th_IMG_2942_20150705235242418.jpg

th_IMG_2943.jpg




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

【神戸】Kenji Hashimoto Orthopedic Shoe Maker

今回ご紹介したいのは、オーダーメードのシューズサロンさん。

とあるきっかけでこちらの工房さんの靴を見た時、いやー、衝撃でした。
美しすぎる。自分が一生使うことが無い紳士靴、と言うジャンルなのに
目が離せなかった。

まずはこちらのホームページをどうぞ。
私が撮った写真ではとてもお伝えできないと思ったので、こちらのサイトに
あるお写真を見てもらった方が的確かと思うので。

http://www.kenji-hashimoto.com/index.html
https://jp.pinterest.com/khosm/


以降なにかと、こちらが作られてる靴やら、ご活動の様子を拝見する機会があり、
自分がオーダーする訳ではないのだけど一度お訪ねしてみたくてお訪ねしてみたくて、
先日の神戸訪問の際に図々しくお伺いさせてもらいました♪ 


th_IMG_2897_201507051811358dc.jpg


場所は神戸駅から徒歩で少し。
小さな看板がある工房にたどり着き、中に入らせてもらうと…

th_IMG_2921.jpg

わあ…。
ヨーロッパに行かれた時に手に入れたと言う古い道具達が飾られてる。
これ、実際に使うことも出来るのかもですが、いまはもう作られていない物も多いのだとか。
無作法な人間にはその価値は分かりかねるのですが、職人さんには魅力的だったり
実用的だったり、想いを入れるに値するものなのでしょう。物そのものへの価値は
わからずとも、この保管の仕方を見たら職人さんの愛情なり愛着なりと言うのが
感じられて、思わずウットリ。素敵やわぁ。。。

この時ちょっと、ある場所に行った時のことを思い出しました。
そこはベスパばかりを扱うバイク屋さんで、一階には売り物のバイクを並べ、
二階には部品をストックしていたのですが…そこにあるのは無機質な物なのだけけど
歴代のオーナーに愛情たっぷりに引き継がれて来たからか、なんか生き物がそこに
いるような気配を感じるんですよね。甚だ主観的な感覚で、んなアホな、と言われたら
それまでなんですが(笑)、その時に感じた「気配」みたいな物を感じる靴工場に
ある古い道具。実質の価値が分かってない人間が言うのも何ですが、なんかこう、
あったかーいものを感じるんですよね。


th_IMG_2918_20150705181240d72.jpg th_IMG_2920_20150705181241450.jpg


その空気は工房全体に漂ってて、オーナーさんの人柄も相まってか、とても
居心地が良い♪ ←客じゃないのに居座られても迷惑やっちゅーのw
なんとわたくし、お仕事の手を止めさせた上に2時間くらいお邪魔してしまった…
反省…(-"-)

その間、靴のことなどお伺いしたわけですが、なんせオーダメイドどころか、
既製品のものでも最近は常夏の国にかまけて簡単なサンダルばかり。
且つ、ホーチミンの道路コンディションの悪さにすぐに傷んでしまうことから、
安物を勝手は履き潰す、の繰り返し。そんなことなので実のある質問などできよう
はずもなかったのですが。。。


th_IMG_2914_20150705181135285.jpg

木型など、普段目にしないものも多くて興味津々。
そんな様子を見て取ってか、穏やかにあれこれと靴のことを話してくれるオーナーさん。
更には、

『ちぇりさん、せっかくだから足のサイズ見てみましょうか(^^)』

と言ってくださり、計ってみることに!
えーっ、いいんですかっ?! ←遠慮しない奴。。。

で、取り出されたるは…プリントゴッコ?ヽ(・∀・)ノ(※失礼です)

th_IMG_2898_201507051812066cc.jpg 

なんでっしゃろ、これ。。。
見た事ないしどうやって使うかも想像つかない。。。
きょとーんとして拝見してたら。。。


th_IMG_2901.jpg th_IMG_2903_201507051812096cb.jpg

やっぱりプリントゴッコヽ(・∀・)ノ (ヤメロ…

えーーーーっ、なんこれなんこれっ。
どうすんのどうすんの?足の裏まっ青になるの?
素足は洗ったらいいからストッキング脱ぎましょーか?と喉元まで出掛かったの
ですが、もちろんそんなことはなくてですね…(苦笑)

th_IMG_2905_201507051812115ce.jpg

インクを塗った面を下にして、その裏面、当然ながら足が汚れない面の上に
自分の足を置いて測定。ああああぁぁぁぁ…男性を足元に見るなんて不遜なこと
我が生涯でしたことない。。。。(そういうことではありません)

で、取って頂いたのがこういうものだったのですが…

th_IMG_2906_20150705183835300.jpg

なるほど、裏側にインクを塗った面があったことで、足を乗せた時に圧力がかかる部分は
濃く写り、そうでない所は薄く写り、その様子から立体の木型を起こされて行く…
って、なにその魔法使いさん的技術(´⊙ω⊙`)

そんな手品みたいなことができるようになるには、どれほどの知識や経験が必要なの
だろう、と、門外漢は軽く途方に暮れるわけですが、さすが色々ご存知なだけに、
諸々説明やらアドバイスを下さるときにも大変に分かり易い。足の骨の模型なども
使いながら、実に実用的なアドバイスをもらったり。

言われてみればごもっともなのだけど、今まで自分に疑問にも思わなければ、万が一
疑問を持ったとしても聞く先を知らなかったものとしては目から鱗。実際、この時
頂いたアドバイスを元に靴を買ったり手持ちの靴に手を加えると、あら不思議っ。
とっても歩き心地が良い!

靴を作られるのがお仕事かとは思うのですが、こういうことを教えてくれる授業
してくれるなら私、お金出して喜んで行くわ。この時教えてもらったことは
ほんの少し気をつけたりほんのすこし手を加えるだけのことだったのにこの違い。
なんて効果的なっ。

男性の靴ばかりかと思ったら女性の靴も作られてるそうで(数は少ないとのこと)
見せてもらうと、シンプルだけど素敵なショートブーツ♪ これ、仮の造りで、
お客さんに渡す物は別にあるのだそうですが、素人目にはこれも充分出来上がり品の
ように見える(^^; どれだけの手間をかけていらっしゃるのか…。


th_IMG_2908_2015070518291365a.jpg

靴に使う革のカットした物とかも見せてもらった。
洋服の裁断された状態の物もチンプンカンプンなので靴のこういうのとか見ても
何が何処のどう言う部分になるのやら…(@@)


th_IMG_2912_201507051829110ba.jpg th_IMG_2913_2015070518291116e.jpg


この素材を選んでカットして、いろんなことをお気遣いされながら個人の足に
合わせて靴に仕上げて行くって…うん、やっぱり素人には途方も無く難しかったり
手間のかかる作業だな…やっぱり魔法使いさんの所業としか思えない。。。(^^;


ホームページにある金額を最初拝見したときは…
ごめんなさい、最初は(ちょっと手が出ないわー(^^;)というのが正直な所でした。
でもこちらの工房に出向いてお話を聞いて色々説明を伺うと。。。。

あの金額でよろしいのん?

と思っちゃいましたね。。。
まーず素人には出来ない芸当、なし得ない技術ですし、例えば作ってもらった靴を
日常的に長く履く、という方においては、その履きごこちが「自分だけ」のものな
わけですから、市販のものより当然心地良いケースの方が多いと思うんです。
且つ、メンテナンスも自分の足事情をご存知の方にお願いできるとなれば、
その対価としては全く高くないんじゃないかと。

私が実際に作って履いた感想ではないので推察でしかないのですが、
靴が合わないことによる疲れって足の疲労だけじゃなく、体全体にも及びますし、
それが積み重なれば骨格やら体調やらにまで影響しかねないですものね。。。

うん、俄然欲しくなった(笑)
もちろん今すぐいくつでも気軽に、ってわけにはいかないけれど、
いつかこちらで自分の靴、作ってほしい♪実現できるように頑張ろう♪

最近はこちらの工房、着々知名度も上がられてるようで、関東での受注相談会
なども時折されていらっしゃるご様子。もしもご興味があって靴を作りたいなー、
と思うことがあれば、ぜひともこちらも候補に入れて欲しいなーと思うのでした♪



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

【神戸】ホテル ケーニヒスクローネ

さて、6月の間の三週間、実は日本に帰ってました(^^)ゞ
後悔してたネタはストックネタ。。。
三週間分あったって、どんだけ食い溜めていたのかと。。。(苦笑)

で、今回も色んな方にお会いしたり、新しい場所を見つけたりと、
とても充実してたので、かいつまんでご紹介。
もしも日本でお近くに行かれることがったらお勧めしたいなーと言うところを
駆け足でご紹介して行きたいと思います♪

あ、前回の日本紀行みたいに長くはならない予定ですのでご容赦を(笑)

さて、今回、目的の一つにしてたのがこちら!


th_IMG_2820.jpg

【あの!!】ケーニヒスクローネのホテル!!!
って、もう出来てから1年半ほど時間が経っているのでご存知かもしれませんが…
お宿チョイスが素敵な神戸に新たな選択肢。これはいつか泊まってみたい!
できれば旦那さんがいるときに…と思ってたけどなかなかタイミングが合わないので
ええ、1人で泊まってきましたとも(苦笑)

1階に隣にフロントがあるのですが…


th_IMG_2821_20150704153943444.jpg

th_IMG_2822.jpg th_IMG_2823_20150704153946039.jpg


くーーーーまーーーーー(≧∇≦)


ケーニヒスクローネさんのトレードマークの可愛いクマちゃんがお出迎えーヾ(@⌒▽⌒@)ノ
はい、どうぞ笑ってくださいませ(笑)
良い歳してなにをヌイグルミにテンション上げとんねん、と思われることは百も承知(笑)

これ、しゃーないっ。クマでテンション上がるのはもう条件反射的に
刷り込まれてるんだからもうしゃーないっ。きっとわたくし、ばーちゃんに
なっても「くーーーーまーーーー(≧∇≦)」って叫んでると思う(笑)


プランにもよると思うけど事前予約をするとウェルカムスイーツがついてまして、
フロント横にある「クマぽち亭」さんにて頂きます。
が、そのときはちょうどランチタイム。とても美味しいと評判のパンが食べ放題の
ランチプランがあるらしく、それ目当てのお客でごった返していたので、ちょっと
時間を置いてから出なおしまして。。。


th_IMG_2864_201507041646086c0.jpg

th_IMG_2865_201507041646087d4.jpg th_IMG_2867_2015070416461097f.jpg


ケーニヒスクローネさんの定番且つ人気のコルネ♪
これ、カスタードこそ優しげでほんわりしたかんじなんですけど、
コルネ部分のパイ生地がそりゃーサックサックで美味しいんですよねー♡

もちろんカップにも「クマ」( ・`ω・´)b

th_IMG_2869_201507041646103d3.jpg


お部屋に入ったらもちろんもっともっとクマ(≧∇≦)
いきますよー?


th_IMG_2833_201507041652288a4.jpg th_IMG_2834.jpg
th_IMG_2846.jpg th_IMG_2837.jpg 
th_IMG_2842_201507041653089dc.jpg th_IMG_2844_201507041653096ce.jpg
th_IMG_2847.jpg th_IMG_2838.jpg


クマまみれwww
これ以外にも、ちょっとしたところにクマクマクマっ(≧∇≦)
超テンション上がるっ。1人だったけどっ(笑)

お外に出る予定があったんだけど、もー出かけるのがイヤになるくらいお部屋の中に
いるのが楽しくて(笑)これはお部屋代払うだけの価値はあるなーと。
お部屋全体も落ち着いた感じで感じ良かったし。

で、もう一つのお楽しみが翌朝の朝食。
月曜の朝だったのでさほど混み合っては無かったけど、それでもけっこうな宿泊者の数。
例の、ウェルカムスイーツを頂いたくまポチ亭さんというカフェでいただくのですが、
こちらだけがちょっと残念。カフェテリア形式と言うか、かなりカジュアルなんですよね。
エントランスからお部屋までが徹底してクマワールドで造り上げられてたのに、ここだけ
ちょっと経路が違う感じ。

でもお外の席は中々素敵。
良い気候の頃で良かった♪


th_IMG_2893.jpg

ビュッフェ、というより、ある程度出来上がってる料理を好みでピックップしていく
まさにカフェテリア形式(食堂って言っちゃダメ)。
それぞれのお料理は気が使われてるし、ドイツ菓子のお店らしくソーセージなんかは
美味しい物が取り揃えられてた気がする。オムレツはその場で作ってくれるタイプで
フワッフワだし、美味しいのは美味しかった♪

th_IMG_2881_20150704173127002.jpg th_IMG_2882_20150704173130337.jpg
th_IMG_2883_201507041731295d1.jpg th_IMG_2886.jpg
th_IMG_2890.jpg th_IMG_2888_201507041738377f3.jpg


………1人で泊まってるって言ってたのに食べ物の量が多すぎるように見えるのは気のせいです。
気にしないで下さい。ってか、困ったのがこちらの母体はお菓子屋さん。ってことで。。。

  th_IMG_2895_20150704173838564.jpg

th_IMG_2884_20150704173834639.jpg th_IMG_2891.jpg 

朝からスイーツも充実してたりする(´Д` )
充実されたらそりゃーこっちもたべないわけにはいかないわけで。。。
ふわふわのシフォン、コックリのモンブラン、フルーツタップリのジェロやムース…
い…胃袋が足りないわっ。。。

神戸には「ピエナ」さんという、某サイト朝食人気投票日本一を何度も獲得した
有名なホテルがあって、そこも朝食からスイーツがかなり充実してたりするのですが
(そこは料理も美味しかった。。。)こちらのホテルも美味しかったなー。
もし泊まることがあったら、お昼はもう抜くくらいの覚悟でがっつり朝食楽しんでください(笑)

ホテルのスタッフさん達も和み系の方が多く、とても感じがよかったし、
宿泊者の皆さんの様子を見てると、どうやら地元の方だったり、そんなに遠くない
場所にお住まいらしいのに、このホテルを楽しむ為にご宿泊になられてる方もおられた
ご様子。旅先の宿としてだけでなく、リラックスしたり楽しみにホテルに泊まりに来るって、
贅沢だけど素敵ですね♪

神戸は他にも安くて素敵なホテルがたくさんあるけど、ここは数少ないコンセプト
ホテルのひとつ。且つ、とてもラブリーなホテルだったので、もしも関西でお宿を
捜す機会があったら、是非候補に入れていただきたく♪ くまに囲まれての滞在、
めっちゃ幸せになれますよ(*´ω`) ←いい大人 


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪


和旅【ホテル編】

さて、全てのホテルにあるわけではないのですが、「クラブルーム」という
システム、最近好んで使っています。使ってみるとこれが色々具合が良い♪

ホテルによってシステムは違うのですが、このシステムで予約をすると
まずチェックインがスムーズです。多くの所は別室があって、一般の
フロントとは別の快適なクラブルームにてチェックイン。

同じくそのクラブルームには朝食、軽食、お茶、カクテルタイムと、
決してヘヴィな食事ではありませんが、良質な食べ物と飲み物をビュッフェ
スタイルで揃えてくれてる事が多く、その気になれば一日中、この
クラブフロアで過ごす事も可能。

クラブメンバーのみの利用なので、多少混んでいてもそんなに
騒がしくなる事もなく、お仕事をしたり、ホテルでの時間をのんびり
過ごすにはもってこい。

そもそもクラブフロアというのがあって、一般の方が入れないフロアに
部屋があるので、セキュリティ面でも安心という、諸々特典の使い甲斐が
あるのですね。

もちろん、その分プラス料金になるわけですが…
居心地の良さ、食事の質、ゆとりの空間。
これらの代金として考えるとそんなに高いものでもないかなーと。

あと、アメニティも良い物を揃えてくれてて、普段は使わないものを
知れると言う機会もあります。それを好きか嫌いかは別問題ですが、
「機会」をもらえると言うのは価値のある事ですもんねー。

というわけで、今回泊まったホテルの中で、普通のお部屋もクラブルームも
含めて印象的だった所をご紹介。旅レポの中で力入れて紹介したとこは
省きますね。日本滞在時にご参考になることがありましたら幸いです♪


【東急エクセルホテル渋谷】

渋谷駅の上にある超便利な立地のホテル。
…ですが、渋谷駅自体がダンジョンなので、地理オンチのワタクシメには
ラビリンスに迷い込んだがごとし。。。一歩外に出ると帰ってくるのが
大変でしたわ(^^; 道々、パンをちぎって巻いて道しるべにしておかないと
いけんかと思った…。

th_IMG_7722.jpg th_IMG_7723.jpg


ですけど、ホテル自体はとってもスマートで奇麗でした♪
お部屋は普通のお部屋だったけど、上層階にある朝食会場は大変眺めが
よかったし、サービスもスマート。


th_IMG_7724.jpg


お料理の質も、日々のメニューの変え方も気が利いていて、
連日宿泊するのにも良さげでした。なにより色んな所に行く為の
アクセスが良かったですね。なにせ渋谷駅の上ですから。

th_IMG_7852.jpg

それになにより、同ビル内には豊富なレストラン店舗が揃い、
ドラッグストアやその他諸々のショップもあるので、何かと便利。
フロント階のカフェはかなりお高かったですが(コーヒー1杯千円レベル)
ビジネスの打合せ等で賑わっていたので、お仕事で泊まられるにも
便利なのかも。使い勝手は大変良いと思いました♪



【ANAクラウンホテル神戸】

新神戸駅直結&地下鉄直結のホテル。
こちらはクラブルーム利用だったにも拘らず、通常時のチェックインと同じ
ようにフロントでチェックイン。且つ、大抵の所では早めにチェックインが
可能なようにしてくれてるんだけど、こちらではキッチリチェックイン時間まで
待つ事が要求された。(いやまぁそれは当然なんだけど)んで、荷物を預けよう
としたら「あちらにお持ちください」とポーターさんも来なかったし…

         th_IMG_7587.jpg

th_IMG_7592.jpg th_IMG_7591.jpg


と、ちょっとこれまでに経験して来たクラブルームとは扱いが違うなー、
残念かなーと思ったけど、クラブルームのご飯は頑張ってた。
割とカジュアルなデザインだから気楽な感じではあったけど、
サービスの方も行き届いていて、居心地はよかったです♪


th_IMG_7601.jpg th_IMG_7636.jpg


そういえば、日頃は滅多に宿泊先のホテルで食事をするってことがないのですが、
宿泊者特典のホテル無いレストランの割引や特典が充実してて、これなら使って
見ようかー、って気になったな。考えてみたら宿泊で模してないとホテルご飯とか
もっと食べに来ないし、良い機会かな、と思って。とかなんとかかんとか言って、
おいしいご飯をおねだりしたんですが(笑)

実際、景色も良かったし美味しかったです♪
上層階の大人のレストランでも、下の階のビュッフェでも。
クラブシステムの一部だけがちょっと物足りない気がしましたけど、ほかの
サービスはとってもよかったのでマイナスポイントは帳消し(笑)


【新潟Hotel Mets】

新潟駅直結のホテル。
夫婦二人して旅の中でも一番気に入ったホテル!

th_IMG_8624_20150319134149847.jpg th_IMG_8627.jpg


クラブシステムではなかったけれども、まずはお部屋が広々として、
お仕事にも快適なデスクがあり、バス・トイレは別。且つバスは広々。
ああ、これレポ内でも話したっけ…でも何度でも話したい程お気に入り。
お部屋はちょっと良いグレードの物を押さえてくれたらしいですが、
それにしたって居心地良かった。

th_IMG_8631.jpg


駅ビル内に諸々お買い物する所はあるし、フロント階横にはぽん酒館、
更にその下にはお米や産地の食材が美味しい居酒屋さん。
クラブフロアが無くても大満足の居心地の良さと美味しさ。
ここ、ほんっとオススメ。


th_IMG_8728_20150319134648386.jpg





【名古屋マリオットアソシア】

憧れのマリオット!
こちらはクラブルーム利用です♪
時期的に、フロントロビーには、私にはあまり見慣れない吊るし雛が。


th_IMG_9199.jpg

th_IMG_9166.jpg


美しい。
毎年地域の婦人会の方が手作りしてくれるのだそうです。
すっごーーーい!!


そしてこちらが今回の旅のみならず、これまで泊まったクラブルームの中で
一番ゴージャスでしたっ。まずは上層階のクラブフロアにある専用カウンターで
チェックイン。とても落ち着いている上にクラブルームの調度が素晴らしい。


th_IMG_9110.jpg

th_IMG_9114_20150319141620c44.jpg


そして用意されたお茶やその他のビュッフェも素晴らしかった。
その質といい味といいディスプレイといい、一番ゴージャスでわくわくした(≧∇≦)

th_IMG_9115_20150319142116fc4.jpg

th_IMG_9118.jpg


夕方からのカクテルタイムのお酒も充実。
美味しかったなー。まだ外が明るい時間から飲んだくれてしまったよ。
こう言うゴージャスな空間と食事を楽しめる事を考えたら、プラス料金も
価値があると言うもの。

th_IMG_9121.jpg th_IMG_9203.jpg


そうそう、朝食もこちらのクラブルームが一番美味しかったかもしれない。
一つ一つがとっても美味しかったし、見目にも楽しかった♪


th_IMG_9223.jpg

th_IMG_9224.jpg

里芋一つにもこんな手間かけてくれてるんだもんねー。
うん、ここはゴージャスだった。名古屋市街を一望できる景色もすばらし
かったし、一番優雅に過ごせたホテル。サービスの方の様子から色々
学べる所も多かったし、大事なお客様を接待する時にも良い経験だったなー
ってしみじみ。

観光地巡りをする為に、宿は寝に帰るだけ、という旅であればこんな所に
泊まる必要はないと思うし、外での食事を楽しみにする時も同じですが、
今回のように人に会うのが目的で、旅の大半は移動が多く、宿にいる際は
ゆっくりしたいと思う時等には、こう言う過ごし方が本当に有効でした。

旅先を楽しむ、って項目の中に「ホテルで過ごす」は、若い頃には
なかったお楽しみですが、長丁場をハードに動くには大変な年頃になると
この上ないお楽しみになりますね♪ 国内にいると滅多に出来ない経験
だったので、ホントに楽しかったなー♪

ってことで、今回の和旅のシリーズ、本日で終わり。
端折って端折って書いたつもりだったけど、思いのほか長く長く
なってしまいました(^^; 

しかし国外に出て改めて分かる日本の良さ。
というか、国内にいても知らない土地の事ばかりだったので、再認識、
というよりは、新たに知ったわけですが、これも国外に長く滞在する
機会があってこそのこと。ほんと、良い経験を刺せて頂きましたーヾ(@⌒ー⌒@)ノ


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪


和旅【日本の列車】

さて、一通り回った所は書いたのですが、今回の旅は、そもそも

『トワイライト・エクスプレスに乗りたい!』

ということから始まったのですが…
皆様ご存知の通り、そのアイデアが浮かんで以降に、我が家では、
3月にトワイライト・エクスプレスがおしまいになると知ったのです…orz

はい、少し前に最終便のチケットがアッと言う間に売り切れた事で
ニュースになったあの列車です。一応人づてにお願いしてトライはしてみたの
ですが、まー取れるわけありませんわな、そんな簡単に(^^;

ってことで、その代わりに、ということではないのですが、
吼噦の旅、鉄分がかなり多めヾ(@⌒ー⌒@)ノ
特に詳しい訳じゃないのですが、電車に乗るの、好きなんですよねー♪



【グランクラス】

まずはこちら。
東京→青森に向かう際に乗ったグランクラス!
新幹線のファーストクラスとも呼ばれてる列車♪


th_IMG_7876.jpg th_IMG_7881.jpg


あんまり良い写真じゃありませんが…(笑)
ゆったりとしたゴージャスなシートに、ふっかふかのスリッパ。
チビの私には大きすぎるくらいで、足がブラーンとなっちゃいましたが(笑)
めちゃくちゃ気分の良いお席!席と席の間も広くて、大きな男性でも
ゆーったり。

更に飛行機のファーストクラスと同じように、ドリンクも色々飲めちゃいます。
今回は目的地の青森のシードルを注文。おいし♡

th_IMG_7887.jpg th_IMG_7888.jpg


お弁当も付いている。
これがまたお座なりなものじゃなくて、とっても美味しいお弁当♪
小振りだけど、見目に楽しいお弁当でしたーヾ(@⌒ー⌒@)ノ


th_IMG_7890.jpg


この日は寒かったけどとても日差しの心地良いお天気で、窓からの景色も
気持ちよかったなー♪ 

th_IMG_7900.jpg

ま、人生の中で何回乗るか分からないので、私なんかは大はしゃぎだった
わけですが、車内見てると、いつもこれに乗ってまーすみたいな方も結構
多くて(うわーっ(^^;)て感じだった(笑)

欧米の方を接待しているらしきビジネスマンもいたなー。
日本が誇る新幹線のトップクラスですもんね。
これは良い接待になると思うわ。


【うみねこ列車】

これは八戸から久慈というところに行く時に偶然乗り合わせた列車。
狙っては無かったのですが、旦那さんがなんとなくこの時間のがよさそう、
と選んでくれたのがたまたまこちらの列車だったと。一日一往復しか
しないらしいので、ラッキーでした♡


th_IMG_8055.jpg th_IMG_8058.jpg

車内に入って見ると、前方は展望席になっているし、窓も大きくて
開放感がある♪ 気持ちいいヾ(@⌒ー⌒@)ノ


th_IMG_8066.jpg th_IMG_8068.jpg


で、なにゆえ「うみねこ」号かというと、途中に毎年うみねこが
大挙してやってくるばしょがあるんですって!それで↑の写真の
お土産グッズに、うみねこモチーフの物があるってわけ。

で、大体うみねこさんがやってくるのがもう少し先…と言ってたのですが、
なんとこの日も結構見れた!!

th_IMG_8070.jpg

ま、携帯の写真じゃ捉えられなかったのですが(笑)、↑この神社のある島の
裏っかわが真っ白になるくらい、大量のうみねこさんがくるんですって。
で、この日もチラホラだけどいました。ラッキー♡

あと、この日は数日前に降った雪が残ってて、いかにもな三陸の景色で
きれいだったー♪ とか言ってたら、八戸以南の海岸沿いって、ほとんど
雪がつもらないんですってねヽ(・∀・)ノ 

なーんとなくイメージだけで冬はずーっと雪景色って思ってたんだけど、
そんなことはないどころか、めったに積もってる様子が見られることはない
とかで、お土産売りのスタッフさんが、

「こんなに奇麗に雪景色が見れて、しかも晴れてる日なんて、
 一年のうちに何度もありませんよー!」

って言ってた。
この点もラッキー♡




【コタツ列車】

これっ。
トワイライトがダメだったから、今回一番の目玉!
三陸鉄道がこの季節の土日祝日だけやってる企画列車!!

th_IMG_8136.jpg

きたきたきたーっ♪
さー、乗るぞー!!

th_IMG_8139.jpg


こたーつ!!!(≧∇≦)
ホントに列車内丸ごとコタツだ、コタツ!!!
四人座れるけど、二人で予約したらコタツ一つ貸し切りになるみたい。
特にしていはしなかったんだけど、早めの時期に予約したからか、
景色が良い海側のお席に座らせてもらえたヾ(@⌒▽⌒@)ノ 

そもそも日本にいる時からダイニングテーブルみたいなので生活してたから
コタツって持ってなかったんだよねー。でもいいよねー、コタツ♪
なんかものすごい幸せな気分になる♡

で、チケット予約時に頼んでおいたお弁当を広げて、幸せのコタツで
温まりながら、三陸の海の幸をモグモグモグ。このお弁当がまた美味しくてねー。

         th_IMG_8143.jpg
th_IMG_8145.jpg th_IMG_8147.jpg

ホタテのお弁当と、雲丹アワビ弁当。
ご飯に乗ってる具材に一切エグミやクセが無い上に、たーっぷりのボリューム。
デパートの上でやってるなんとか展で高っかい金額で売ってるものよりずっと良い♪


コタツ列車にはボランティアさんなのかなぁ。土地の方で、このコタツ列車を
盛り上げてくれるスタッフさんがいて、途中列車内が暗くなったと思ったら、
ナマハゲさんのご登場(笑) この道10年というおじいさんが演じてくれてた
のですが、なかなかの迫力。

th_IMG_8165.jpg


途中、被災して復興中のエリアにもさしかかりました。
被災前と後の写真を見せてくれたり、色々と説明をしてくれました。

th_IMG_8153.jpg

意外な事に、その説明をしてくれたスタッフさんやナマハゲを演じてくれた
方達に、悲惨な様子は微塵も感じませんでした。いや、お楽しみに来てくれてる
お客さんの前だから、意識して出さないようにしてくれてたのかもしれませんが、
被災時の様子を語る際も、さらりと語ってくれたんですよね。

そして、あくまでその場では、コタツ列車に乗りに来てくれた人を楽しませようと言う
気概でいっぱい。もちろん、「私らも頑張ってるんで、また来て下さいね♪」
みたいな事はいうわけですが、それがちっとも可哀想ばっかりではなく、
むしろこっちが元気をもらえる気すらして…。


もちろんね。身近な方が大変な目に遭われた方だと、中々そうはいかないかも
しれません。ただ私が知ってる被災された方も、実に前向き。腫れ物に触る様な
扱いをしがちですが、そんな事をするのが失礼にしか当たらないと感じる様な
力強さを感じるんです。

あれやらこれやら憶測から土地の復興について言う人がいますけれども、
ほんっと、そんな事言ってる場合か?って感じちゃいました。もちろん、
そう言う事を語る時に物を見る視点は色々あって、それぞれにご意見もあろう
とは思うのですが、こんな風に元気に明るく前向きに頑張ってる人達がいる、
と肌で知った上でそれを言えるのかなーって。

私も今回初めて知りました。
ホーチミンに帰って来て、友達に「今回の旅行で何が一番良かった?」
と聞かれて、どこのお宿が良かったかな、何が美味しかったかな、って
何が一番だったかを改めて考え直してみたのですが。。。

東北の、被災地の方達の今の姿、頑張ってて明るくてパワフルな人達に
直接触れられた事かなーと。これまでも自分にできることは…と思って
些細な事だけどしてきたつもりではあったけど、ちょっと目線が奢ってた
というか、上からだったというか…上手く言えないのですが、今後はまた
違った気持ちでできることをしよう、と思えるようになったことかなー、と。

こればっかりは実際に行ってみないと芽生えなかった気持ちだと思う。
うみねこ列車のスタフッさんたちも、コタツ列車の方達も、
ほんとにパワフルだったし奇麗だった。
それを知れる機会をもらえて、ホントに良かったと思います。
これが旅一番の出来事だったかな。

こちらも負けないように頑張らねばねーヾ(@⌒ー⌒@)ノ



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

和旅【再び京都】

さて、旅も終盤です。
旦那さんの3週間の休暇も終わりに近づいて来ました。
関空発着だったので、到着地点の京都に再び帰って来ました。
初回の京都であえなかったお友達がまだまだいたので、もうひと勝負(笑)

今回は懐石等は少なく、割と普通のレストランを回ったのですが、
さすが都会。良いお店が尽きませんなー(^^;

あ、そういえば、京都駅の上ってご紹介してましたっけ?
駅構内はラビリンスなのであまり好まないのですが(いっつも迷う…)
伊勢丹さんと合体していて、どちらにも通じるところにすっごい長い
エスカレーターがあるんですよね。伊勢丹の11階かそこらまで、ググー!
と登って行けるエスカレーター。めっちゃ壮観!!


th_IMG_7562_201503182147300a1.jpg

th_IMG_7564_20150318214731f4a.jpg

ご覧のように、お天気の良い日は素晴らしい光景。
用事がなくても登ってみたくなりますね(笑)
上には公園のようなスペースがあり、のんびりすることもできるようです。

で、そのエスカレーターで伊勢丹さんのレストランフロアまで上がって、
建物内に入ったら割とすぐにあったと思います、こちらのお店。


【不二乃】

京都らしくお豆腐料理のお店です♪
デパートのレストラン街って、昔はあまり期待できなかったり雰囲気が残念
だったりしたもんですが、最近の有名どころのデパートのレストランフロアって
すごいですもんね。接客にも充分使える様なお店がいっぱい。


th_IMG_7575.jpg
th_IMG_7574_20150318214733140.jpg th_IMG_7572_20150318214732860.jpg

こちらの2300円くらいのランチコースだったかな?
濃厚な食前豆乳(飲み放題www)があったり、これまた京都らしく
生麩田楽があったりと結構盛りだくさんな内容で、お豆腐とはいえ
大満足の味とボリューム。良く男性はお豆腐尽くしだと物足りなさを
感じる傾向があったりするように思うのですが、こちらのコースは
旦那さんも大満足。

ま…年齢が年齢なので、若い男の子が満足できるかどうかはわかりませんが…(笑)
値段に照らしても充分満足。

開店とほぼ同時に入ったので気づきませんでしたが、出る時には表に
長蛇の列がっ( ̄Д ̄;)  知らなくてのんびりしちゃったよ…申し訳ない
ことした…。お昼時に行かれる際は、早めに出向くか、(できるかどうか
わかりませんが)お電話で予約してみるのがよろしいかと。


【伊人】

近江牛を頂けるお店。
といってもステーキ屋さんじゃなくて、バルみたいな感じ。
だから少人数でもお手軽に頼めるし、ポーションもいい感じ。


th_IMG_9261.jpg th_IMG_9260.jpg
th_IMG_9259.jpg th_IMG_9257.jpg

別に牛だけじゃなく、鶏や豚も良いとこの物を取り揃えてそれぞれ工夫を
凝らしてる感じ。手をかけてます。美味しかった♪
自家製のビクルスも白ワインにピッタリだったなー(*´艸`*)


【中村藤吉】

有名店ですね。
確か私、名古屋のデパートの中に入ってるカフェにも行った事がある気がする。
こちらは京都駅構内にあります。ちょっと分かり難い場所にあったけど、確か
西改札出てすぐの中二階みたいな所にあったような…


th_IMG_9301_2015031822063476a.jpg th_IMG_9303.jpg

カフェも良いけど、和のお茶タイムも良いですよね。
久しぶりの日本だったし。
あ、ちなみにこちら、軽食程度ならお食事も出来ます。
確か茶蕎麦とか茶粥とかもあったような。



【やすい直】


これは旦那さんと京都駅で分かれて1人になってからのお宿の近くにあったのですが
(え、あんた一緒に帰らんかったんかい)
なんと水炊きのお店!水炊きと聞くと博多の白濁スープが私の中のデフォですが、
果たして…?とワクワクしながら入店。

とりあえずは突き出しとビールを…って、オッサンやな、この写真の光景。。。


th_IMG_9317_20150318220735baf.jpg 

お鍋は二人前からだったので諦めて…
あーお出汁の様子がわかんないなーと思ってたら、突き出しを頂く
際に、小さな器でお出汁が出て来た!白濁!博多と一緒!!


「京都の水炊きも白濁のお出汁が多いですねー。
 私は博多からの流れだと思ってるんですがー」

とは店主の談。いや、美味しいお出汁ってつまみになるよね。
この突き出し、超嬉しい♪ その後引き続き、大好きな鶏のタタキやら
おススメのつみれを頼んでグビグビ。

th_IMG_9318_20150318220737668.jpg th_IMG_9319.jpg
th_IMG_9320.jpg th_IMG_9321.jpg

最後は例の鶏出汁でお茶漬け。
うーん、鶏を堪能するには完璧!
1人で行って、鍋はダメでもスープを楽しめるメニューがあるし、素晴らしいっ。
こじんまりしてましたけど、良いお店でした♪ 中国のご家族の方が鍋を囲んで
楽しんでらしたなー。結構マイナーな感じの場所だったのに、有名なのかな。


【京都伊右衛門サロン】

ここは前から行ってみたかったお店!
泊まったホテルは素泊まりにして、朝食にチャレンジ♪
8時に出かけて行ったのに、もういっぱいだった(^^;
私と同じようにキャリーを抱えた人も多く、多分に漏れず、こちらも
外国の方で一杯。ほんと、潤ってますね。外国の方達のおかげで。
最近の日本の観光地。

まずは単品で湯葉のお刺身。
朝食にはセットメニューがあるのですが、これはちょっと外せませんでした(笑)

th_IMG_9330.jpg


そしてこちらがセットメニューのウチの一つ。
シンプルに卵かけ御飯だけ、と言う安価なメニューもあったのですが、
どんなおかずを出されるのかが気になって気になってこちらに。


th_IMG_9331.jpg


かー!!!このつやつやご飯!!
そしてカラスガレイだったかな?もう今まで食べたカレイの中で一番のお煮付けっ。

th_IMG_9333.jpg th_IMG_9332.jpg


ええ、どんな料亭を差し置いてもここの方が美味しい、と迷いなく思える逸品。
もうテーブルに運ばれてくる時からすごく良い香りが漂って来てて、決して
辛く煮付けられてるわけじゃないのに、とても味わいがある。
なにこれ、料亭でもない、お茶のサロンでこんな朝食食べれちゃう訳?
こりゃ人気出るわ(^^;


そして辛抱たまらなかったので、卵も別添えで注文しちゃいました(笑)
まったテーブルに付いててくれたお兄ちゃんが爽やかスマイルで、まーマダムキラーwww


th_IMG_9336.jpg

いや別にお話ししたいから単品頼んだり卵追加した訳じゃないですよっ。
決して決してそんなことは、ええ、はい。


というわけでまぁ、他にもチョイチョイはつまんだのですが、今回京都に行って
美味しかったお店をつらつらと。さすが都会は美味しいお店が多いですなー。
関西には良く行ってても京都はあまり行った事がなくて中々お店を開拓できな
かったけど、今回は心行くまで楽しみました♪ 満足満足♪

(って言いながら、まだ行ってみたいお店は沢山あるんだけどねwww)


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪




和旅【名古屋】

さて、名古屋です。
日本からはセントレア経由でご帰国される方もいらっしゃるかもしれませんね。
私は、大好きなお洋服屋さんが名古屋にあって、且つ名古屋にしかないので、
過去に何度か、そのお洋服屋さんを目指す為だけに名古屋に行った事があったなー。

ま、美味しいものもいっぱいなんですが。。
今回初めて頂いたものもたくさんあった!!まずはこれ!


th_IMG_9175.jpg

ひつまぶし!!
うなぎだったら程々美味しいもの食べた事あるしー、などと呑気に構えて
なんとなく食べそびれていたんですが、これ、めっちゃくちゃ美味しいやん!
名駅続きのビルの中にある◯屋本店さんというところで頂いたのですが、
こんなに香ばしくジューシーに焼き上げられた鰻は、専門店でもなかなか
頂いた事が無かった程っ。

th_IMG_9178.jpg th_IMG_9179.jpg

これを茶漬けにしたりなんじゃーしたりで頂こうってんだから贅沢な話っ。
これは本当に記憶に残った。旦那さんも櫃まぶしは初めてだったらしく、
2人して、おいしーねー!と言いっぱなしだったし、今でも「美味しかったねー、
あれ!」と言ってます(笑)

ちなみに、駅の中に本店があるとは珍しい、と思ったら、名古屋のお店にはよく
あるんだそうです。〜本店、までが店名というパターン(笑)
ということは、◯◯本店△△店、みたいな感じになるんですかね。
じゃ、◯◯本店△△本店ってのもある????
次回もうちょっと気をつけて観察してみよう(笑)


あと、これは初めてじゃありませんが、きしめん!!
これは2回食べた!1回目は季節限定ものらしい、牡蠣入りの味噌きしめん!


th_IMG_9105.jpg th_IMG_9230_201503161453269b3.jpg

もう一回は、ちまたで噂の新幹線ホームにある住よしさんのかき揚げきしめん!
きしめんって、やさしーんですよねー。食感もお味も。なんというか、
生活の中にいつでも食べられるポジションにいてほしい味。食べてびっくりする
ようなお味じゃないんですが、ほっとする。これ、土地の人なら尚更でしょう。

食べてビックリしたのはこっち。
名古屋コーチンのフルコース!
ちょっと見、一見さんでは見つけられないし入れてもらえない様な
ひっそりとした建物の中の個室に通されてのお食事。旦那さんの、
フィリピンの英語留学時代にお世話になった方が今は名古屋におられて、
ご案内下さったのでした。


th_IMG_9135.jpg th_IMG_9136.jpg


お正月みたいに奇麗な先付けに、たーーーーっぷりのササミのタタキ。
いやいやいや、こんなにゴッツイ量食べれんやろ!これ、3人分やろ!
と思ってたけど、美味しすぎてペロッとたべた( ̄ー ̄)

そしてメインで出て来たのが、こちら。


th_IMG_9142.jpg


うおーっ。なんて趣のあるお鍋!
何でもこちらのお店の最年長従業員さんらしく、80年と仰ったか84年と仰ったか…
戦火をくぐり抜け今に生き抜いているお鍋さんらしいですよっ。
それにこちらの食材と、ふくよかで芳醇な香りの八丁味噌をたっぷりと…


th_IMG_9141.jpg

th_IMG_9144.jpg


うおっふぁー!!!
なんだこのオーラ!!!
みなさん、味噌味、しかも八丁味噌味と言うと「濃い」「クドい」などと
思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、八丁味噌と言うのは旨味の
塊ではあるけど、塩っ気がそんなに強い訳じゃないし、ふくよかな風味で
食べさせる感じで、良いお出汁と合わさると、深みがあるのにクドくない、
大変美味しいお味になります♪


最初から結構な量の先付けやらタタキやらが出て来ていたので、メインの
お鍋になる頃にはかなりお腹がいっぱいになって来ていたのですが、いや、
入る入る(笑)

そして驚いたのが。。。
〆の雑炊。なんと、ご飯を入れてひと炊きした後、ふっくらした味噌出汁の
中に生卵を溶かずに人数分、ぽとり。おお!!この方式はやったことない!!


th_IMG_9150.jpg

で、それがポーチドエッグよろしくホンワリと固まって来た所で
ご飯と一緒に小椀に引き上げ、頂く訳です。これ、うめーっ。

th_IMG_9151.jpg th_IMG_9153.jpg

〆はイチゴ。
日本のイチゴ、美味しいよねっ。ベトナムでも作ってるけど、ガッシガシしてて
甘味が無くて、果物としては絶対認めたくない様なもんしか出会えてない…(^^;
日本のイチゴは芸術ですなっ。

考えたら名古屋コーチンって、お弁当になってるようなやつしか
名古屋では食べた事が無かったよ。大きな名古屋名物なのにね。
しかもとーっても趣のあるお店でいただけて、いや、満足満足♪

あ、名古屋駅に行ったら、ぴよりんもお忘れなく♪
最近、セブンイレブンの企画者でヒヨコのスイーツが出てましたけど、
ぴよりんの方がずーっと昔からのセンパイです♪


th_IMG_9198_20150316144736df3.jpg


こんな感じで、「買うてってー♪連れて帰ったってー♪」とピヨピヨされると
買わずにはいられないんですよねー(笑)。優しいお味のプリンケーキで美味しいし。

いやはや名古屋。
何度来ても美味しいものがいっぱいですな♪
まだ味仙さんとかにも行った事ないから、また是非名古屋には伺わねばーっヾ(@⌒ー⌒@)ノ
(しかしほんっと、観光名所とか行ってないのな…)




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

和旅【飛騨高山・白川郷】

書いてて思うんですが…どんだけ回ったんでしょうね、いろんなとこ(笑)
東京とかザクーッと端折ってるし、各地の事もかなり削って印象に残ったとこ
だけを書いてるんだけど、まだ終わらない(^^;

さて、飛騨高山。
秋田に続き、ここでもスキーをお目当てに。
って言う程私は滑れないんだけど、趣味仲間さんのカップルさんが
岐阜にいて、二日間アテンドしてくれると言うので、すかりお世話に♪

…数年間もほぼ音信不通でいきなり連絡とってアテンドしてくれとか、
そんな要求に良く応えてくれるよなー、ありがたやありがたや(-人-)

で、高山です。
もー外歩いたら外人さんばっかり!!
日本人探す方が難しい!(^^; 

いやまぢで。中国語韓国語は言うに及ばず、ヨーロッパからの方も多いようで
英語、フランス語、オランダ語…???とにかく日本語が聞こえて来ない!
コンビニに入っても店員さん、外国の人だし(^^; すごいな、高山の国際化(笑)

宿に入っても外国の人ばかりで、スタッフさんは一生懸命英語で対応されてました。
で、切り替わらないのか、私にも英語で話しかけてた(笑)
いやー、キッチリ国際化に対応されてますっ。

th_IMG_8795_20150316120126894.jpg th_IMG_9094_201503161201318bf.jpg


宿は古くからある所の様で、元は洋室だったのかなー。それを畳敷きにして、
でもベッドはそのままにしたりと、外国の方に使い易い和のお部屋を演出されたり
して、色々努力の跡が。面白かったのはフロントの所で靴を靴箱に預けて、
館内はずーっと裸足・または靴下履きのまま。部屋からお風呂、食事どころへも
スリッパも無しで、なかなか不思議な感覚でした(笑)
日本人でもそうなのだから、外国の方にはもっともっと新鮮だったろうなー(笑)

お食事にも気を使われて、日本の味が満載。
毎朝朝食頂くのが楽しみだったなー。
スタッフさん達も行き届いてて気持ちよかったなー。

th_IMG_9090.jpg th_IMG_8844.jpg

そうそう、高山と言えば朴葉みそ。
朴葉がそこまでインパクトあるかと言われたらアレですが(笑)
この味噌あったらご飯何杯でも食べられるね(^皿^)

th_IMG_8840_20150316120343abc.jpg


しかし豪雪だった。
外を歩くのが大変なくらい。

th_IMG_8850.jpg th_IMG_8853_201503161201308bb.jpg

高山は左程雪が積もる土地じゃないらしいのだけど、すごい雪(@@)
これほんとに友達の車を出してもらってなかったら、にっちもさっちも
行かんかったんじゃなかろうか。

そんな中、とても素晴らしい居酒屋さんに出会え、そりゃー美味しいつまみを
頂き、しっぽり一献。いやー、観光地の裏路地にあんなお店があったとは。


th_IMG_8805.jpg th_IMG_8810.jpg
th_IMG_8811.jpg th_IMG_8814.jpg

偶然にも秋田の方がしていらっしゃるお店で、食べて来てばかりだったのに
恋しかったニシンの切り込みやハタハタ寿司等、高山で再びいただけた♪
ラッキー♡

スキーは、もうアテンドしてくれた友人カップルさんがつきっきりでちぇりのお守り( ̄Д ̄;)
おかげで、秋田の新雪・深雪の時よりかは、ズリズリズリっとズリ落ちる程度には
移動できたかな。。。(それ、スキーちゃうで)

そして翌日はさすがにもうスキーはいいね、ってことであっちこっちに
連れてってもらったのですが。。。その日も雪。大雪。さぁどうする?
ってなって、ふと思い立ったのが。。。

雪の白川郷!!!
コレはまさに千載一遇!!
先も言いましたが、高山だけならず、そのイメージに反して白川郷も
雪に埋もれることは、年にそんなに長い間じゃないのだそうですね。
増してや、毎週を狙って行ける土地に住んでない者にしてみれば、
こんな機会に恵まれるなんて、そうそうないこと!!


th_IMG_9014.jpg

th_IMG_9046.jpg


いやーっ、日本昔話の世界っ。
以前雪の無い白川郷に来た事あったけど、全くの別世界やわー。
白川郷の宣伝にはこの雪の積もった様子を取り上げてる事が多いから、
うっかり、冬はずーっとこんなんなのかなーと思ってたんだけど、とても
貴重な機会だったらしいです♪ラッキー♡

しっかし、合掌造りでもこんなに雪が積もるんやねー。


th_IMG_9041.jpg th_IMG_8997_20150316123920dde.jpg


働く車がたくさんあってちぇり得。
ショベルカーとか、ヘタしたら個人単位で持ってたりするとこもあるそうですね(^^;
それないと、家から出るのもままならなくなるとかで、雪国は装備が違うわー、
と、しみじみ。

そういえば、車停める時の心得持違うんですね。
停める際、何度も車を前後させて、タイヤ周りの雪を踏み固めてから停めないと
翌朝、がっちりタイヤが凍りに掴まれて、出ようにも出られなくなるらしいですね。

『県外の人が来てよくやってるわー』

って言ってたけど、うん、私今回教えてもらってなかったら、
絶対どっかでやってた気がする(苦笑)

しっかし山も奇麗かったなーっ。
何山か知らんけど(おいっ)、雪化粧でピキーっと冷えた空気の中に
凛とそびえる姿の美しい事っ。


th_IMG_8998_20150316123919ec5.jpg


いやー満喫満喫っ。
これ、自分的には一生もんの思い出ですわ。まさかたまたま来たタイミングで
雪の白川郷に連れて来てもらえるやなんて、この上ない嬉しいタイミング♪
普段は観光地巡りってあんまりしないタイプなんですが、さすがにこれには
感動しました♪ お友達あってこその思い出やったなぁ。ありがたや、ありがたや♪


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

和旅【富山】

富山も乗り継ぎ。
富山駅の中にも名物の白エビ専門店があったり、お土産物屋さんが
広く設けられたりしてて面白いんですよねー♪

で、旦那さんがエビがだめなので、エビ専門店は断念して、総合食堂的
お店があったのでそちらに入店。


th_IMG_8756.jpg th_IMG_8768.jpg

サンプルも沢山置いてあるし、一生懸命英語での歓迎メッセージも
書いてたり、手書きのメニューがある=季節の臨時メニューがあるなど、
色々工夫をされてるご様子。


で、こちらのお店にも白エビはありまして、こりゃ良かった!と思った
ものの、中々のお値段。ま、名物だし希少種だから仕方ないですね(^^;
で、私は白エビ三点盛りとビールのセットを頂きました。
2000円チョイだったかな?

th_IMG_8760.jpg


唐揚げと南蛮漬けとお刺身。
うん、白エビってすごい上品な味なんですよね。
それでいて揚げると香ばしくて風味が豊か。
こりゃビールのつまみに持ってこい♪


th_IMG_8761.jpg th_IMG_8762.jpg

一番の好みはお刺身でしたけどね。
甘エビよりも控えめで楚々とした感じがありますが、物足りないわけじゃ
なく、ぷちりぷちりとした小気味良い食感の直後にとろりと変化。
変化した後はまったりと舌にまとわりついて甘ったりと。そこにさっぱりと
したビールをキュッ。くあーっ。たまらんですねっ(≧∇≦) ←真昼の出来事

旦那さんはなめこ蕎麦だったかな???
可もなく不可もなく。
で、ちぇりさん、ツマミだけではやっぱり足りず、名物らしいおでんも注文。
これが…


th_IMG_8763.jpg th_IMG_8757.jpg


外した(´Д` )
おでんなんてお店によりけりなので、コレを富山のおでんは…とか言うつもりは
ないのですが、まー淡い。まだ営業開始して間もない時間だったから染みて
なかったのかなー。

th_IMG_8766.jpg

ツユが染みてないのもあるし、ツユに素材の味が滲んでないのもあるし、
ならば素材にそのまま味が残ってるのかというとそうでもないし。。。
富山とか金沢とかのおでんんは絶品!と聞いていたので期待したけど、
これは別のお店で食べる方が良かったかもですね。。。

さて、充実の富山駅構内のお土産売り場。
いきなり、浄土ヶ浜でお気に入りになった「かもめのたまご」野類似品的
商品に遭遇し軽くショックを受けたりなんて場面もありましたが…笑


th_IMG_8779.jpg


富山と言ったら、薬売り!!
以前釣りで富山の海岸にいた所、同じくつりに来られてた地元の方らしき
おじさまと意気投合し話をしてたら、お酒が好きならコレあげるよ!!
と、古めかしい紙包みの薬をもらって、おお…さすが富山…と感動した
ことがあるんだよな(笑)。それがレアだったのか日常なのかは知りませんが、
イメージに違わぬエピソードを得て大変ご満悦だった記憶が(笑)

もちろん、この土産売り場にもありましたよー♪

th_IMG_8773.jpg


この時代になったら意図的なんでしょうが、ケロリンを初めとする
昭和な空気感が漂うパッケージのお薬がズラーリとならぶ。これ、
使わずに持ち帰って飾っときたい(笑)

個包装ごとの販売もあって、それらを組み合わせたセットパッケージも。
1包みが数百円と中々高級ではありますが、パッケージ込みのお土産、
と考えたら左程高くはないのかも。

私的に気に入ったのはこちらっ。
どーん!

th_IMG_8771.jpg


熊の胆囊が処方された、胃腸薬兼飲み過ぎ対応薬!
これはわたくしのタメのお薬!!!( ・`ω・´)b
で、結構価格がしたんですが、これ、効くんですよーっ。

まぁこういう民間療法的お薬ってのはプラセボ効果が高い単純人間ほど
効くっていうから、わたしにはピッタリなんでしょうねっ。
万人に同じ効果があるかどうかはわかりませんが、飲み食いの機会が多い
旅の間、富山以降は本当に助かった(´Д` )

小さな丸薬で一度にかなりの数を飲むんですが、相当苦い。
苦いけど、良く効く。まさに良薬口に苦しっ。

th_IMG_8778_20150315122740541.jpg

ケロリンの風呂桶がケロロちゃんになっていたのは衝撃でしたが(笑)
中々色々面白かった富山駅。食べ物関係のお土産も豊富だったけど、
富山らしいお薬屋さんは一見の価値アリ・一服の価値もアリ♪
この駅に立ち寄られる事があったら、是非楽しんでってくださいませー♪


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

和旅【新潟】

さて舞台は変わって新潟ですよっ。
この地では特にどなたかに会うと言うことはなかったのですが、
行こうの行程に繋げる為のワンクッション。しかしせっかく行ったのだから
たのしまねばねっ、と思ってたんですが。。。


まず、とても素敵なお宿が駅直結で存在します。

         th_IMG_8624.jpg
th_IMG_8626.jpg th_IMG_8632.jpg


このホテル、今回の旅程中で夫婦共々一番お気に入りでした!
間取りも良かったし居心地が良く、旦那さんはお仕事するにも快適だった
ようで、一泊だけしかしなかったのが大変もったいなかったくらい。

しかも、駅ビル内には。。。


th_IMG_8676.jpg

ぽん酒館ー!!!(≧∇≦)
新潟ですもん!!酒処ですもん!!
にしたって、こんな素敵なワンダーランドがああああああっ!(笑)
更にぽん酒館の奥には…?

th_IMG_8670.jpg


利き酒番所ーーー!!
500円でお猪口とコインが5枚もらえ、ダダーッと並ぶ日本酒を、コインの枚数分
=5種類楽しめると言う寸法。なんですかここは、天国ですかっ?!

あと秋田でも思ったのですが、この辺はお醤油作りにもやはり力を入れてる
らしく、お酒のみならず、お醤油の味比べなんかもありました。

th_IMG_8675.jpg th_IMG_8664.jpg

これがまたバリエーション豊かで面白いったら。
甘い一辺倒じゃなく、辛い物もあったけど、とても面白い旨味を含んでいる
ものや、風味にオリジナリティのあるものがあって、これ、旅の途中じゃ
なかったら何本買っていたかわからない。。。(笑)

そして酒処ってことは米処。
ってことで、こんなお店も。

th_IMG_8656.jpg th_IMG_8657.jpg


いろんな具材を揃えているけど、その場で握ってくれるお握り一個とお味噌汁で
ちゃちゃっと食べて済ましても良いお店。ぽん酒館の中にあります。
例えば乗り継ぎの合間や、電車で食べるのに買って行く際にこのお手軽さ、
いいですね。

ってか、大きいサイズの、でけーよ。漬け物石かっ(((;゚д゚;)))
あんなの(って失礼だなっ)頼む人いるんですか?と聞いたら、結構
いらっしゃるそうで、しかも女性だった事もあるんだとか。。。(^^;
ま、新潟のお米もおいしいからなー。

駅ビル内にはドラッグストアなんかも完備されてて、ちょっとした街のように
なってるんですが、飲食店もとっても充実。お昼に食べたお蕎麦は変わってたなー。

th_IMG_8641.jpg th_IMG_8649.jpg

特にクセを感じたわけじゃないんですが、「からむし」というものを練り込んでる
変わり蕎麦らしい。最初はから蒸し、という蒸し蕎麦か何かなのかな?と思ったの
だけど、珍しいのには変わりなかった。こちら「天地豊作」という駅ビル内のお店
だったのだけど、お米を美味しく食べられる様なお惣菜もいっぱいあっておいしそう
だったなー。

あと、ぽん酒館の下に居酒屋さんがありまして、駅ビル内のお店だから、と
あまり期待をしていなかったのですが、こちらがまた大当たり。
まずは寒ブリ。

th_IMG_8695.jpg


うひょひょひょひょっ(*´艸`*)
これも季節の味ですなーっ。
大根のツマ以外に、人参やカボチャの千切りを使って彩りをだすなど、
見目にも美味しい盛りつけで♡


th_IMG_8703.jpg

ワカメやら、味噌漬けのお豆腐など、シンプルな物から手をかけた物まで
バリエーションもとってもいっぱい。

th_IMG_8697.jpg th_IMG_8698.jpg


お肉も地元の物を使っていらして、これがまた結構美味しい。
主要価格帯が600円〜千円以下くらいだったから、1皿は少量だろうと
思ってたらどれも結構いっぱいだったのは誤算。。。

th_IMG_8704.jpg th_IMG_8700.jpg

お腹が減ってたから最初のうちに丼物を頼んでしまい、それも美味しかったのだけど、
これが大誤算。どーーーーしても気になった土鍋ご飯をお願いしたら、それがまた
結構な量がありまして。。。


th_IMG_8715.jpg

ああ…写真じゃ伝わらないかしら。。。
もうね、フタを開けたらキラッキラしてて、もう…っ、もう…っ(இ௦இ)
私には宝石の輝きよりも、炊きたての新米の輝きの方が価値があるです。。。


th_IMG_8713.jpg th_IMG_8716.jpg

土鍋ご飯には沢山のご飯のお供がついてて、それもたべたかったのですが、
白米のあまりの美味しさに、そっちにはあまり手を付けなかったかも。。。
丼物や、ワンポーションが思いのほかに多い酒菜を色々頂いた後だったのが
悔やまれましたが…

「これ…デザートねっ、デザートも兼ねてるよねっ」

とか言いながら全部食べちゃった(´Д` )
恐ろしい。。。お米の魔力。。。

朝食は和洋でお店を選べたのですが、勿論「和」。
で、結局前夜にしこたま食べた同じお店が朝食会場だったんですよね。
またあの美味しいご飯が食べられるかと思うと、就寝前からウキウキでしたわ(笑)


th_IMG_8730.jpg th_IMG_8735.jpg


新潟駅、すごいなー。
駅直結だからと言う事に甘えず、とても良いホテルだったし、お酒好きには
ぽん酒館。ちょっと下お買い物なら不便なく出来る上に、気軽に食べられる
お店から、腰を据えて食べたいお店まで勢揃い。土産物売り場には、通り一遍
のもののみならず、新潟の魅力を伝えてくれるものがたくさんあって。

寒いお土地柄だから屋内が充実するのかなー。
いやー、新潟に行って観光とか一切してないけど、あの駅ビル内だけでも
メチャクチャ充実。そして一部ではあろうけど、新潟満喫っ。すばらしいわ。
あそこはまた泊まりに行きたい♪用事がなくても、食べに行きたい(笑)
新潟にご出張のある方とか、うらやましいなー。駅ビル内だけであんなに
お楽しみがあるなんて!(笑)




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

和旅【秋田・スキーと乳頭温泉】

すんません、一カ所一回って行ってたけど、また禁を破ります(^^;
せっかくの冬の日本なのでってことで、スキーにも行って来たのです♪
って、私は殆ど滑れないのですが、旦那さんと旦那さんのお友達は
スキー友達だったってことで、東京でウェアを調達して挑んだのでした♪

板は。。。何故か日本から引っ越しする時のドタバタで、私が送ってたん
ですよねー…ホーチミンに(爆) どないすんねん、南国でってね…(´Д` )
ってことで、今回日本に持って帰った次第。
ショートスキーだったんですけどね。
こんな感じ。

th_IMG_8388.jpg


しかし。。。
わたくし、新雪、と言う物の恐ろしさを全く存じませんでした。。。

そもそも、滑ると言うより、西のジャリジャリの雪の上をずり落ちる、
と言った方が正確な位のへっぴりなのに、フォッカフォッカの新雪&深雪に
上級者でも難しかろうと言われる短い板で入ったもんだから、もー、
一切身動きが取れない状態(´Д` )

なんとか片足を上げて次の一歩を進めようとした所で、10cmも前に
出せない状態。頭の中では八甲田山の雪中行軍が延々とリプレイされて
本気で生きて下界まで降りれないんじゃないかと思ったね。。。
新雪で、短い板はアカン。。。と言って長板だったら長板だったで、
取り回しに困ってたんだろうけれど。
つまり…ちぇりはスキーに向いてないっ( ー`дー´)


といわけで、スキーは散々だったのですが(旦那さんとお友達は優雅に
滑っておられたご様子www)、温泉!!温泉が素晴らしかった!!!
乳頭温泉が近いんだよと友達に言ったら、

「その辺いるなら鶴の湯へ!」

との声が多数。
そうか、あの鶴の湯さんが!
全国の、行ってみたい温泉ランキングでは常に上位に入り、温泉好きには
垂涎の的の鶴の湯さん。これはぜひともお願いしたい!と、旦那さんのお友達に
お願いして連れてってもらったのでした♪豪雪で視界がホワイトアウトする中で(^^;

で、やっと来ました鶴の湯さん♪

th_IMG_8410.jpg th_IMG_8409.jpg

もう積もった雪をご覧いただければ寒さが想像できるかと思いますが、
流水で冷していた飲み物の水が当たるキャップ部分の水は凍り、上から
流れ落ちる水も、その軌跡を凍らせつららのようになっている。。。(^^;
こうなったら流水で冷すと言うよりは、中の水が凍らないように流水に
当ててるって方が正しいのかな。。。外に出しときゃ冷えるわけだしな。。。


そんな中での温泉だから、さぞや気持ちよいだろう、という期待の元に
行ってみました鶴の湯さん。こちらには女性・男性にそれぞれのお湯もありますが、
混浴部分が一番風情があると言うのでトライ。してはみたのですが…

えーっと、ぬるい!!(笑)
元々の温度がさほどないのか、溜められる湯量が少ないからからか、流れる水すら
凍る外気温に晒されてるので、36〜7度くらいしかなかったんではなかろうか(^^;

所々、熱いお湯が湧くところがあって、そこを求めてウゴウゴしたけどやっぱり寒いw
ほどほどで内湯に移って、なんとかしのぎましたけど、この温泉はあまり寒過ぎない
時期がいいかもですね(笑) 内湯と混浴の外湯に向かう間の小道は裸足で積もった
雪の上を歩かなきゃだったし、ちょっとした修行でしたわ(笑)
でも風情は本当に素晴らしかったし、お湯の質もとっても良かった♡


th_IMG_8414.jpg


なにより、『鶴の湯』さんに行けたと言う事実を得たのが何よりだよな。
あんなところ、ツアーでもないと中々個人じゃ行けないし(特に冬の雪道は
素人には無理っ)ほんと、良い思い出になりましたーヾ(@⌒ー⌒@)ノ


市内に戻ってからは晩ご飯。
これがまた。。。秋田のご飯って白飯・きりたんぽ以外にあまり詳しく
知らなかったのですが…

th_IMG_8464.jpg

ま、まずお酒やね(笑)
飲み比べセット。お酒も知らない物があって面白い♪
ってか、この器にタップリ×3で千円しなかったんじゃなかろうか…
さすが酒処。豪気な。。。

そして美味しいお魚の数々。
白身の柚子釜、たらの白子の天ぷら、定番のきりたんぽに
ハタハタの姿寿司なんてものもあって、まー珍しい!
西だと、ハタハタ自体が珍しかったりしますしねー。


th_IMG_8466.jpg th_IMG_8468.jpg
th_IMG_8469.jpg th_IMG_8471.jpg

他にもニシンの切り込み、というのがありまして、コレは色んな生魚を
細く切り込み、米麹を足して発酵させる郷土料理らしいです。西では
とんとお目にかからないお料理でしたが、夫婦ともども、これお気に入り。


th_IMG_8460.jpg

これ、真空パックとかで持ち帰れる商品が無いかなーと思って
あっちこっちのお土産物屋さんとかで探したのですが、そういうもの
ではないらしいですねー。中々無かった。だから居酒屋さんとかで
見つけたら注文してた(笑)お酒好きにはたまらない味。

他のお店でも、お魚三昧。タラの白子も良く食べたなー♪
この季節だけの限定品ですもんねっ。刺身も天ぷらも一杯食べたヾ(@⌒ー⌒@)ノ


th_IMG_8551.jpg th_IMG_8577.jpg
th_IMG_8578.jpg th_IMG_8580.jpg

もずくって沖縄の物しか食べた事無かったし、どこのも大して瓦薙いだろうと
思ってたのに、北のもずくは歯ごたえがしっかりしてて存在感がアリアリで
面白かったな。しめ鯖も、西とはちょっと違う〆具合。

そんな感じで随所に違う面はあるのですが、なーんかシックリ来るんですよね。
地域違えば味変わる、と言いますけれども、九州とか西の味覚の自分にしっくり
と来る。色々考えてみたのですが、旨味のあるお醤油が近しい物を醸し出して
いるのかなー、なんて漠然と。

東京の醤油に泣かされた直後だったからそう思ったのかもしれませんが(笑)
いやー秋田、やばいです。美味しい物がてんこ盛り。しかもこれまで食べた事
ないどころか知る事も無かった名品がっ。地方のうまいもん展とか良く行ってる
つもりなのに、まだまだ知らない物がいっぱい。そういえば。。。

秋田に特化した物産展とかってあまりなかったかも。。。
地元の方曰く、あまり大き苦やっていない所が多く、物産展などに手を割く
ゆとりがあまりないかもだし、そもそもそういうところで当たっても生産量が
追いつかないんじゃないか、なんて意見もありましたが、どうなんでしょうねー。
もう全国の酒飲み垂涎の酒の肴がいっぱいありそうなんですけどっ( ・`ω・´)b

というわけで、秋田=美味しい、が、わたくしの頭の中で定着しました(笑)
いいっ。秋田、いいっ。お酒もおいしいしつまみもおいしいっ。
そんなとこだけで評価すんなよ、と怒られそうですが(笑)、とーっても
美味しかったです♪ またご飯食べに行きたいなーヾ(@⌒ー⌒@)ノ


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪





sidetitleプロフィールsidetitle

ちぇり

Author:ちぇり
FC2ブログへようこそ!

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleブログ村PVランキングsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
アップグレード 追加 作成済み/作成可能プロファイル数:0/1 キーワードをご入力ください ご指定の条件に該当するデータがありません * 他のユーザーから閲覧もしくは管理権限を与えられたプロファイル ユーザーガイダンス 解析コードの実装方法 Google Tag Manger 1.下記の解析コードをコピーして、解析を行いたい全てのページの から の間に貼付けてください。 解析コードのコピー 2.解析コードが実装されたウェブサイトを開いてください。 3.解析コードが正しく実装されたか確認してください。 チェック 閉じる
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR