ベトナムと日本・携帯の使い勝手

さて、実はこれを書いている今、ちぇりは日本にいます(笑)
ベトナムには、ノービザだと二週間しかいられないのと、日本で大事な
お友達の結婚パーティがあったので、それに出席させてもらうためもあって、
名残惜し見ながらも、ベトナム初生活から帰ってきたのでした。

で、福山には正味一日半いただけで、福岡に移動w
ちょっとたまった書き物もあるので、それは旅先でやる事にして…と、
iPadを持って出ました。しかしこの子、先日契約丸二年のお役を終えて、
3Gを解約したとこ。

いやいや、でも福岡だしね。Wi-Fiが使えるところはたくさんあろう、と、
楽観したのが甘かった…。

あの、SoftBankの犬のイラストで、『Wi-Fi使えます』ってステッカーを貼ってるとこ、
よく考えたら当たり前なんだけど、SoftBankとの契約を交わしてる間じゃないと、
使わせてもらえないのよね…(苦笑) 3Gで十分通信できる状態で、Wi-Fiが使えても
他所のメリット以上の物があるのかな?と言う気はしますが、とにかくそういうことらしい。

そうよね。。。SoftBankは通信網を提供しているだけ、iPadはアップルの商品。
たまたま連携を組んでいるだけで、通信網に対して金だしていない人間に、
なんで親切にしなくちゃいけないんだって話しよね。。。ケチくさく感じるけど。

となると、フリーWi-Fiを探さねば。
マクド?スタバ?その程度のチョイスしか知らないのですが、まぁないよりマシ
ですかね。。。居心地が良いとは思えないけど。。。もしくは、他の場所。。。


ない。。。ない。。。。ない。。。。っ!!!


ベトナムは、といっても、ホーチミンに限った話なので、全土がということでは
ありませんが、ホーチミンのカフェやレストランでは、かなり小さなところでも
フリーWi-Fiが提供されてて、非常に使い勝手がよかったです。諸外国からの旅行者や
もしかしたら、お仕事で来られてるかもしれない方たちは、気軽にパソコンを開いて
カチャカチャ。仕事なり、ネットライフを楽しんでました。

もちろん、ちぇりもTwitterだ、調べ物だ、時にはお仕事の原稿を書いたり送ったり、
と、非常に便利な状態を経験したばかりだったので、もうその不便な事不便な事(^^;;

以前、アジア周遊をした際にも話しましたが、そもそも日本みたいに携帯端末と
通信網を紐で縛って、多額の通信料を払わないと使えない、って国は少ないみたい
ですね。。。。欧米諸国では使った経験がないし、物価の違いもありますから
一概には言えませんが、東南アジアだと、現地で現地のSIM、というのを格安で
買え、それを端末にセットする事で携帯が使える、というシステムが多いようです。

そのSIMは、金額毎の販売のものもあり、それにチャージすることが可能なものも
あり。日本にもあるプリペイド携帯みたいな感じですかね。チャージをせずに使う
場合は、購入金額分を使ったら番号がターミネイトされるので、個人の番号が
コロコロ変わるってことも、珍しくないとか。

それはちょっと不便な気がしますが、それが嫌ならチャージできるタイプの物を
使えば良いだけの話で、簡単解決。それよりなにより、金額が安い。
相方さん任せなので、詳しい金額は知らないのですが、日本のそれとは到底
比べ物にならないようですね。ま、物価の違いもありますからそこは一概に比べ
られませんが、それにしたって安い。

だから海外でも現地のSIMを仕込んだ携帯やWi-Fiルーターを使うことで、非常に
手軽に、日本で使ってる自分の端末を生かすことができるのですね。ですが。。。

福山にはWi-Fiスポットが少ないことは知ってましたが、福岡ですら、フリーWi-Fiが
少ないことを知って愕然。しかしそれも考えてみれば当然で、そんなことしたら、
そこだけでりようできればいいや、という人から通信料を巻き上げる事ができなく
なるんで、携帯会社が黙ってるはずはないですわなぁ。。。(苦笑)

パブリックの利便よりも、自分とこの利益。
ま、企業としては正しいしせいなのかもしれない。。。
もしくは、ちぇりの知らないところで、通信に関する法律があるとか…?

これ、海外からきた人のケースを考えたら、お気の毒でなりません。
プリペイド携帯ですます、ということもできましょうが、旅行先でネットが使える
のと、使えないのとでは楽しみの幅が全然違うし、ネットを使うとなれば、どう
考えても相当な金額がかかると思んですよね。。。。

レンタル携帯、レンタル携帯Wi-Fiという手もありますが、それにしたって、
物価の安い国からきたら、きっと大変に違いない。
それを大変と思うような人は、そもそも日本に来ないだろう、という話もあるけど、
状況だけみると、日本って、通信網に関しては、海外の方にとても不親切なんでは
ないかしら?????

それって通信網だけの話じゃなくて、鎖国的文化の一面が現れたもんではなかろうか、と。
もちろん、諸外国全てが外国に対してオープンだ、とはいいません。
ベトナムも、英語はほとんど通じませんw その点では、日本と似てるなーと
思ったりもしましたが…

言葉が通じなくても、心から受け入れているかのようなあの笑顔は、日本人には
あまり見られない『武器』だなぁ、と思うし、海外の方が来ても過ごしやすいよう、
動きやすいよう、先に話したフリーWi-Fiもそこかしこにある。

マレーシアなどにおいては、多民族国家だから、自国語以外に英語を話せるのは
ごく普通のことになりつつあるし、異文化を受け入れる、または異文化との距離の
取り方も心得ているような気がします。

もっと身近な例でいうと、海外で道を訪ねたり話しかけたりした場合、言葉が
通じなくても、なにかしら、応対をしてくれようとすることが多い気がします。
わからなくても、こちらと対話をしようとしてくれる。対して日本は…

未だに、目の前でパタパタ手を降りながら、薄笑いを浮かべて逃げるようにそこを
去ったりする人が多かったりしないでしょうか?

対応できないのに無理にその場だけ取り繕うとしても無駄、ということもありましょうが、
手をパタパタしながらエビの様に腰を引いて逃げちゃう時って、その場でベストな
対応を選択した、というよりは、英語や、諸外国の言葉ができない、とか、
コミュニケーション能力がない自分をさらすことが恥ずかしくい、というのが
先に出ている様な気がしてなりません。

ちぇりは、日本人が、あれだけ長い年月をかけて英語の読み書きを勉強するのに
しゃべれないのも、そこに原因があるんじゃないかと思っているので、とっても
とっても残念です。

というか、そんなことを言ってる場合じゃない気がするんですけどね、今の日本(^^;;
よもや、今後もずーっと国内だけの今ある文化、経済環境だけでやっていけるとは
思えないし、自分がでていかなくても、外からどんどん、人も文化も流入してくると
思うんですよ。そうなった時に、知らぬ存ぜぬで通せるわけもないし、もし押し通す
ことができた、としても、時流からは確実に離れるんじゃないかと思います。

誰もが、外国語をしゃべれる様になる必要はないし、人の特性、考え方は色々
なのだから、全ての人が一方向を向く必要はないと思います。
でも、外からの人や文化を受け入れられる器があった方が、お互い楽しいんじゃ
ないかなぁ、と思うのです。

具体的に、それができなかったとしても、せめてオープンマインドに。
その姿勢があれば。。。

話し戻るけど、通信網も、もうちょっと自由度が上がるんじゃないかなぁと思うんですが、
いかがでしょうね?一部、プリペイド&チャージができるWi-Fiルーターを扱ってる会社も
あるようだし、まったくできてないってわけじゃなさそうだけど、もうちょっと、
もうちょっとだけでも、自由度を上げてくれると嬉しいなぁ。。。

日本国内の契約者からガッチリとって、その人たちだけ満足させてればいいや、
という通信環境の状況が表す雰囲気も、決して今後の日本に有益なメンタリティとも
思えないし。ま、ちぇりの預かり知らぬところで、難し事情があるかもしれず、
日本と海外の違いを体験した、素人意見にすぎないのですけどね。

福岡が、まだいいな、と思ったのは、多くの旅行者が使うであろう便利な地下鉄の
ホームでは、フリーWi-Fiが使えます。これはあっぱれ。
ちぇりのように、書き物をしたい人には向かない場所です(笑)、旅行者が活用し、
滞在を有意義なものにしてもらう為には、かなり有効。あと、地下鉄に続く、
地下街全体も使えるんだそう。これはしの努力によるものだそうで、素晴らしいと思いした。

翻って、全国のフリーWi-Fiスポットを検索するサイトを教えてもらったので
福山の状況を調べてみると…カフェなどはほとんどないっ?!
代わりにありましたよ、パチンコ屋さんとか美容室とか(苦笑)
およそ、書き物ができるところではないので、ちぇりには用なし。。。。

それでも、あるだけマシなようですね。
そのサイトに漏れがある場合もあるでしょうが、全くWi-Fiスポットがそんざいしない
場所だって多いし、福岡の超繁華街の天神だって、カフェなどの利用しやすい場所は、
数えられるほどしかありませんでしたから(^^;;


というわけで、通信できないiPadを持って歩き回ったこの数日。
この点においては、圧倒的にベトナム(ホーチミン)の方が過ごしやすいなぁ、
と思った次第。日本にもきっと、細々とでも使い勝手の良いシステムがあるはずだから、
探してみようっと♪
スポンサーサイト

ベトナムで食材探してて思ったこと 

今日はちょっと閑話休題的なお話。

特にベトナムについて、というわけではないのですが、ベトナムでの食材探しに

数日を費やし奮闘したのは、前回に書いた通り。

そして、まだレパートリーは不自由ながらも、相方さんの朝ごはん、

お昼の弁当、晩御飯を作れるようになりました。



☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り


こんな、なんでもない食事です。

が、これを作れるようになるために、4日間ほどかかりました。

技術ではなく、納得な食材を探し回るために。


日本なら、わけなく、どのスーパーにもすべてそろってるようなものです。

この程度のものを作っても、何の自慢にもなりません。

でも、異国の地で、言葉がわからない状況で、『普通の』 食事を作るのは、

やはりちょっと、ハードルが高い。


そういう意味で、この何の変哲もないお弁当は、ちぇりにしてみると、

ちょっと頑張ったお弁当。


ふと、思い出しましてね。

『コヨーテーアグリー』という映画がありまして。


ニューージャージーからソングライターを目指してNYにやって来た女の子が

成功するまでの奮闘記。大きな夢を持った彼女は、なかなかうまくいかない

なりに、頑張ってます。そんなさなかに出会った男の子は、魚市場で仕分けの

バイトをしたり、いろんな仕事を掛け持ちしながら生計を立てています。


彼は彼女を精いっぱい励ますのだけど、スランプに陥った彼女は、ちょっと

につまてつぃまい、彼に当たってしまいます。夢を目指したことのないあなたには

自分の気持ちなんてわからない、と。


ここで彼は、毅然として言います。

虎児となって、里親を転々とした幼少期を送ってきた自分は、いつか大都市に

出てきて、自分の足できちんと立って歩いていく、と。それがぼくの夢で、

その夢を自分は今かなえている、と。


ソングライターになる東井華やかな 『夢』 に比べたら、それは取るに足りない

ささやかなものかもしれませんが、人によって、夢は違う。

目指すべき目標も違えば、それをかなえるための手段も違う。


彼女はもちろん、はっとなって、彼に申し訳ないという気持ちを持つわけですが…


この時の煮詰まった彼女状態の大人は結構多い気がします。

夢を持て。目標を持て。それは希望につながることなので、ちぇりも、

とても有用なことだとは思います。ただし、目立つ職業であったり、収入のよい

仕事だけが夢になりうるのではなくて、個々の環境、性質がまずありきで、

夢というのは、個人個人で違うもの。それをなんだか一律に押し付けてる人が

多いような気がするんですね。


それを受けて、なかなか一般的なところから抜け出せない自分を責める人も多い。

働いて、自らの生計を立て、ちゃんと生活しているのに、それ以上の「なにか」を

しなくちゃいけないような強迫観念に駆られて、自分はだめだなぁ、なんて思ってしまう。


もちろん、今以上の自分になろうと努力するのは、素晴らしいことだと思います。

でも、人から見て「標準」でしかないことが、悪いわけではないと思います。

それが、自分にとっての頑張った結果であるのなら。


人から見たら、どんなに小さいものでも、それが自分にとっての「夢」であるなら、

恥じることはないと思うのです。 先ほど話した彼のように、毅然として、これが自分の

夢で、自分はそれをきちんと叶えてるんだ、と、自信を持って言えることがあるなら、

胸を張っていればいいと思います。そこから、別の夢を目指したいなら、目指せばいいし、

まだその夢をかなえ続けることに必死になりたければ、他から何を言われようと

続ければいい。


そう思うので、何様だかしりませんけど、おおざっぱに、「夢を持って、もっともっと

努力をしなくてはならない」 と、自分の価値観だけで作り上げた義務を押し付ける

人は、害悪だなぁ、と思うのです。もちろん、そういう人が良かれと思ってそういう

ことを言ってるのも、あくまで一般論で言っているのもわかるんですけどね。

それで、自分を責めるような人が増えてしまっては本末転倒。


数日かけて道に迷いつつ歩き回って探した食材フル活用して、何とか作った

最低限のお弁当。これを見ながら、映画のそのシーンを思い浮かべつつ、

ある状態を、そのバックグラウンドも調べもせずに、自分の基準だけでジャッジ

するのは失礼だな、と思った次第。



それを一律な基準でジャッジしないといけない世界ももちろんあるけど、だからこそ

そういう世界は厳しい、と言われるわけで、人生全般にかかわる広い意味合いに

於いては、だれに何を言われようとも、自分自身が誇れるものさえ持っていれば

いいんじゃないか、と思います。


努力しなくていい、って話じゃないですよ。

現状に甘えていい、という話でもない。

自分の『夢』は、人に決めさせてはいけない、というお話です。

そしてその夢をかなえた、または、少なくともその夢に向かって歩いている、

と自信を持って言える人は、堂々と、無責任な大人の発言ははねつけましょう、

というお話。


夢も幸せも、人と比較したり、テストの点数取りみたいに、こうでなくてはいけない、

というラインがあるわけじゃないですからね。自分次第、だと思います(^^)

ベトナムでの食材調達 

さて、今回のベトナム滞在は二週間。

ビザなしで観光客が滞在できるMAX日程。

様子見ということもあり、月末に日本で用事があるということもあり、

ちょうどいいかな、と思ってましたが、まー、よそ尾通り、あっという間!!!(笑)


特に、相方さんも今回ちぇりが到着した日から、ホテル住まいではなく、

「生活」が始まるということで、ちぇりが滞在中にできることは、と、あれこれ

模索してみるのですが・・・


いやー、英語が通じる国なら何とでもなるのですが、ホーチミンでは、大きなホテルや、

観光客が多いレストランならいざ知らず、多くの人は英語を理解されません(^^;

ちょうど日本みたいな感じでしょうか。。。


と、なると、生活に必要な雑貨類や、食料品を売ってる店を探すことが、まずひと仕事。

そして、お店を見つけても、何がどこにあるかを探すのが大変。大体の見当がついた

ところで、商品名、使用用途などがすべて現地語で書かれているため、

たとえば片栗粉がほしいな、と思っても、ただ一言、英語で『starch』と書いてくれてさえ

いれば良いものを、ベトナム語でしか書いてないから、微妙に確信が持てなかったり(^^;


異国の地から日本に来られた方のご苦労がわかります。

マレーシアくらい雑多な民族が共存してると、ラーメンの説明書きにしても、数か国語

+英語で書いてくれてるのが標準ですが、日本の製品でほかの言語を併記している

商品って、ほとんど見ないですもんねー。しかもアルファベットですらない言語。

大変だわ(^^;


さて、宿の近くには、先日紹介したパークソンや、その向かいにあるヴィンコムセンター

という、一大ショッピングセンター(っつっても、普通のデパートなので、人によって魅力

は異なって感じるかと)があり、そこにも食料品売り場はあります。が、街中のデパート

の食品売り場って、なんかすっごい高いイメージがあるじゃないですか(笑)

日常使いにするにはどうなのかな、って懐疑的な気持ちが抜けず、街角で見かけた

コンビニや商店に片っ端から入ってみました。


が、ホーチミンのドンコイ通り周辺といえば、観光の目貫も目貫。

そんな立地にリーズナブルな生活スーパーはないことが殆どとは、考えればわかる事。

されば、数年前に現地在住の奥様に連れて行ってもらった、庶民のスパーを探すべし!

とは思ったのですが、前回はiPhoneもない状態で、その店がどこにあるかもわからない…。

そしてその時、連れてってくれた奥様ももう日本に帰国…。


さて、どうやって探したものかと考えてましたら、ありましたよ!

偶然、目当てのご飯屋さんに出向いたら、あったんですよ、そのお店が!

超ラッキー♪



☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り


COOP MART というこちらのお店は、場所によって規模が違い、ちぇりのお宿に

近いところにもあるのですが、そこはかなりの小規模&ドンキも真っ青なゴチャゴチャ

在庫・狭路通行なお店で購買意欲がわかず。品数も少なかったので論外でしたが、

こちらの店舗は広大な上に、衣料品から雑貨まで揃う、言うたら、小さいイオン

みたいなもん。前回のあのお買い物の楽しさは忘れない!!(>▽<)


ってことで、探検!!

まずはお野菜コーナー!!



☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り


市場くらいの広さがあるぞ!(笑)

ものもデカけりゃ、種類も多い!!(笑)

そしてこちら、すべてが量り売り。好みの野菜を、計り係りのお姉さんのところに

持っていくと、逐一を図って値段シールをつけてくれます。


これだけの広い店ですから、当然お客さんも多いわけで、更には、消費者自身が

選び取ることが義務であれば、量を決める裁量も消費者にあるわけで、じゃが芋

1個だけ、なんてお客さんも少なくない…ので、図り係りのお姉さんは大忙し(^^


時間かかるから、いくつかの商品を置いたまま、別の商品を取に行く人がいたり、

すると当然間に別の人のものを図ることもあったりで、あまり順番も守られておらず、

でも誰も文句言わずに、のんびり待ってるお国柄(笑)



☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り 

お惣菜も量り売りであります。



☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り


おおっ、ウナギみたいなのがいるっ。

結構買ってってる人多かったから、ポピュラーなのかな?




☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り


お肉も基本、ブロックの量り売りなのですが、一応パックにした切り売りもあります。

若干、こっちの方が高い感じ。幸い単位がgやkgなので、英語がわかってもらえなくても

何とか通じます(笑) 




☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り


和食材料はあまりなかったのですが、日本豆腐というのはあった。

なんかこんな赤い実使ったお豆腐なんて日本にはないけどね(笑)


…と、順調に買い物をしておりましたらば…




☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り


ん?発泡スチロールの板状のものを持って、ばふんばふんと煽いでる人がいる?

あれ、何をしてるんだ???と思ったら。。


床をモップで拭いてる人がそばにいて、どうやら濡れた床を乾かしている様子。。。

ど。。。どんだけ人件費を使ってんねん。。。(笑)


のどかというか、のんきというか(笑)

でも、こういうのを無駄、というのは、一面的に過ぎる見方で、


「雇用を生んでいる」


という見方もできるのよね。。。

たとえば、日本ではごみの分別は個人の責任でやって当然って考え方だけど、

分別のお仕事を作ることで、雇用が生まれ、生活が成り立つって人も、世界には

いるわけです。


もちろん、日本社会では成り立たないほどの金額しか得られないし、日本には

日本で、別にやるべきことがたくさんあると思うので、そうすることが一番だと

いってるわけではないのですが、自分の尺度だけで見てると、たとえば、

この発泡スチロールパタパタな方のお仕事も、「無駄」だと見てしまうことが

あるんじゃなかろうか、という自戒も込めて、物事は、そのバックグラウンドまで

よく見て考えないとなぁ、と思うのですよ。


さて、こちらのスーパー、偶然見つけたはいいけど、お宿からはちょっと遠い(^^;

荷物が増えたら、タクシーじゃないとちょっと難しい感じ。

でもまぁ、ほしいものも買えたし、お買い物も楽しいし、片道250円くらいだから

必要経費かなぁ、と覚悟してたのですが。。。


後日、なんと宿から歩いて15分ほどのところに、

同じお店の視点があった(--)


あ…青い鳥というのは、いつも近くにいるものなのね…(笑)

ともあれ、数日をかけて、なんとかある程度の安定した食料仕入れ処を確保しました♪

これで料理ができる~♪


;



バインミー! 

前回のベトナムでの衝撃を受け、今回も絶対に食べてやるんだー!!!

と意気込んでたのが、バインミー という食べ物。


…って、意気込む必要なんてなくって、街角のそこかしこで売っている。。。(笑)

一般に朝食の定番ってことらしいので(といいつつ、一日中売ってるけど)

かなり早起きしても、どっかで売ってる。通勤途中の方がチャチャッと買ってったり

するようですね。


お店構えで売ってる所もあれば、屋台で売ってる所も。

屋台ともいえないほど簡素で、食材そのまま道端に並べて売ってるようなとこも。。。(笑)



☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

↑ これは小さめの屋台。
   「ちゃんと」 食品棚がついてて、周りの埃から守ってますっ(笑)


で、バインミーとは何ぞや、って話ですが、要はフランスパンに具材を色々挟んだ

サンドイッチです。なーんだ、そんなの、珍しくないじゃん?と思ったそこのあなた!!

一度食べてみるがいい!!ベトナムのバインミーを!!(なんでそんなに強気…)


前回も感激したけど、このフランスパンが、まず、うまいっ。

朝焼きたてのものを使っているのか、皮は薄くパリッパリ。

ここで、フランスパンのほめ言葉として、中身に対しては 「もちもち」 みたいな

形容詞を使うのが定番なのかもしれませんが、中は意外とあっさりの軽めの口当たり。

だからこそ、この結構な大きさのパンが、ペロッと食べれてしまうのですが…


なんだろう。日本で食べたことないタイプのフランスパン。

日本のは、中身がモチモチしているほうが持てはやされるせいか、こういうタイプの

軽さを持ったフランスパンを、ちぇりはまだ知らないかも。


パンがおいしいってのは、フランス領時代の置き土産なんでしょうねぇ。

他の食パンとかも、えらいこと美味しかったし、主食の一つがとびきりおいしいってのは、

すごい嬉しいことですね♪



☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り


中身はお店によって様々です。

定番は、レバーパテのようなものに、薄切りのハムが数種類。

それにキュウリやニンジン、レタスなどの野菜類、特にパクチーは入ってる所が

多いかな?それにニョクマムという、日本でいうところの魚醤のようなお醤油と、

ピリ辛のチリソースをかけたもの。


多分言葉ができれば、あれを大目に、これを省いて…とか注文できるものと思われます。

親切で時間のあるバインミー屋さんだと、食材を入れる前に、これ大丈夫?これは?

とかって聞いてくれるのですが、なに分にも通勤ラッシュでごった返す中のやり取りは、

JRのキオスク並みに手際よくやり取りしないと、お店としても損をするだけ。

なので朝、買うときは、お店の方の言うなりになるのが礼儀と心得、黙って

出されたものを頂いてます(笑)


に、しても、うまいっ。

ふつう、こんだけの大きさのパンを食べたら、たいがい、腹がいっぱいになって苦しみそうな

ものですが、先ほども話したように、生地が軽いっ。そして、バター代わりに塗るパテが

全体にコックリとした味わいをもたらしながらも、たっぷりの野菜の、特にそれが細長い

拍子切りだったりした場合には、ザクリザクリと歯ごたえがよく、そこにパリパリとした

パンの表面が香ばしく、エンドレスで食べれるおいしさ!!


屋台のもので、平均1万ドンくらい。はい、お金の計算のお話、しましたね?

10,000ドンだから、下三ケタの0を取って、4倍してみましょう。

10×4………………って、40円かいっ!!!

安いーーーー!!!(笑)


お店構えのものになると、これが18,000ドンだったり、20,000ドンだったり。

人気の高いお店ものになると、4万とか5万ドンするものもあるようですが、

それはそれなりに、中の具材がゴージャスだったり、バリエーションが多かったり

するようです。


ちぇりのお宿の近くのお店のものは、割とお手軽で、高くても2万ドン=80円。

具材にエビを使ったものがあったり、ポーク、チキンなどなどがあって、チョイスが

あるので、さらに楽しい♪ おしてお店構えのお店で買った多くの場合は、サッと

オーブンであぶってくれるという特典もあり。 朝焼きと思われるフランスパンは、

焼かなくても十分パリパリしているのですが、それがさらに香ばしく、

口当たりが軽くなるので、おススメです♪




☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

あと、やっぱりお仕事で来ている相方さんなどは、自己管理のために、衛生面で

気になる屋台のものなどは控えたい、ということで、お店のものだと、

そういう意味の安心感もありますね♪


今のところ、ちぇりが一番気に入ってるのは、そのお宿の近くのお店のやつ。

オーブンであぶってくれるというのもあるけれど、中の野菜のキュウリと大根が、

軽くピクルスにされていて、味も良ければ歯ごたえもよく、さらにバリバリと食べれるのです♪



☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

うぉぅ、ピンボケ、失礼(^^;


難点といえば、口当たりと食べごたえが軽くておいしいので、うっかり2個目を

食べたくなってしまうことかなぁ。。。(苦笑)  いや、食べようと思えば絶対

食べれる量とおいしさなんですが、他に食べたいものもいっぱいあるので、

毎度必死にこらえている次第であります。。。(笑)


ベトナムに来たらぜひ、とか言わなくても、必ず勧められると思うし、やたらに目につくので
買わずにいる方が難しいと思いますが、機会があったらぜひ一度~♪

あの軽いフランスパンさえあれば、日本でも再現できるのになーっ(^^;

ベトナムのお金の話 




さて、ベトナムの通貨はなんでしょう?

答えられる人~?


…………………いませんか?(^^;


まぁ、Cherishでも、すでに何度か使っているので、もうご存知の方もいらっしゃるかと

思いますが、ちぇりは前回ベトナムに来てから知りました(^^;


いやっ、よく考えたら、昔、『世界丸ごとHOWマッチ』っていう番組があって

(またえらいこと古いとこから引っ張ってきたなぁ。。。)

各国のいろんなモノの値段を当てる?みたいなクイズ番組絵聞いたことがあったはず(笑)

しかしやっぱり、自分が使うとか関わることにならない記憶は、お部屋消臭ファブリーズ

並みに跡形残さず消えるもの。。。


というわけで、ベトナムの通貨は、『ドンです。

『ベトナムドン』という言い方もしますが、ベトナム以外に『ドン』を使ってるところは

あまり聞かない気がするので、『ドン』でいいと思います。それに今使ってるPCだと、

『ドン』単体なら変換学習してくれて、ちゃんと『ドン』と出るのですが、『ベトナムドン』と打つと、

なぜか必ず、『ベトナム丼』と変換されます。おいしそうだけど面倒なので、Cherishでは

『ドン』だけで通します。


で、単位はドン。これは問題ありません。

はい、これ『は』、と限定したのは、問題がほかにあるからです。

ジャンっ。


☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り


じゅじゅっ、十万~っ?!(@@)

…って、実はまだまだ上があったんじゃないかな?

今手持ちのお札だと、このバリエーションしかありませんが。。。。。


ゼロ、多いからっ(^^;


そう、インフレのおかげで、お金の単位が、ものっそい大きいのです。

ちぇりみたいな数字に弱いのは、もう、慣れるまでが大変大変(笑)

まず、言われたと同じ額を用意するのだけでも時間がかかる。

なんせ、普段そんなにゼロの多い金額で買い物することがないもんで(笑)


『58,000ドンになります♪』とか言われても、そもそもどんなお札があるのかも把握できてないし、

5 という数字が目に入っても、その後ろに続くゼロの数を確認するのに時間がかかる(苦笑) 

まぁ、もたつくことこの上ない。しびれを切らしたお店の方が、財布の中に手を突っ込んで、

これとこれね!!と、いらだっているだろうに笑顔で対応してくれたりすることも多々(笑)


で、100以下の単位はぶっちゃけ殆ど使われないので、現地の方はコンマ以上で

言い表しているようです。たとえば、32,000だったら、『32』。150,000だったら『150』。

とすると、紙幣を見る際も、下三桁を切り捨てた、コンマより左を見ればいいのでわかりやすい♪


が、日本人の頭の中では、1万は1万であって、千が10個、という単位感覚ではないわけですよ(^^;

なので、お会計で『Two Hundred』 とか言われると、えっと、んっと、2万?いや、20万???

ひーっ!!!20万っていったいいくらよっ?!1万ドンが40円だから、200,000×40=8…


ゼロ幾つになるのよおおおおっっ(><) 


と、たかだが800円くらいの買い物なのに、チョコレートバー二つ分くらいの

脳エネルギーを消費し、ストレスを感じ、ぐったりとしてしまうという事態に。。。

(←ちぇりのほかにそんな話を聞いたことはありませんけども。。。)


でもま、1万ドン=40円なら、千ドン=4円なわけで、単純に、現地価格の下三桁を切り捨てて

4をかければ日本円での価格がわかるって話でね。小学校の算数をしっかり勉強していれば

できる簡単な計算。        ちぇり以外にはねっ(--) 

そんななこんなで当初は四苦八苦していたちぇりですが、


●お釣りでもらったお札は大きい順に並べておく

●100,000 と 1,000,000 など、桁ごとに財布の違う場所に入れる


などの涙ぐましい努力を重ねて、数日かけて、なんとか事態に慣れた次第。

今でも、『1 million(100万)ドンです』 とかって聞くと、ぎょっとするけどね(^^;


で、多くの会計、多くの商品価格はそんな感じで、千以上のところの数字でおさめられて

いるのですが、スーパーで買い物をすると、100の単位に数字がついている子tもあるし、

スーパーでも量り売りが基本のお野菜などだと、デジタルスケールで図って計算されるため、

どうしても小さな数字が出てしまします。でも、、、、、


千ドンが4円ですよ。100ドンだと0.4円。10ドンとかだと、0.04円。

いくらベトナムの物価が安いといって、これではどうしようもありません。

もちろん、チリも積もれば何とやら、なのですが、純粋にものの価値があがったのではなく、

数字の桁が増えたのは、インフレのなせるわざですから、そんなチマチマした金額に

労を割くのはもったいない。なにより、そんな小さい紙幣や通貨が、あまり流通していないw

ではどうするか、というと。。。


切り上げてしまったりしないのが、ベトナムの方の律儀なところ。

といって、切り下げて損をするのも、おかしな話。そもそも生鮮商品や、端数が出るような

買い物で、そんなに大きく利益を上げているとも思えませんしねぇ。ではどうするかと

いいますと、小さな単位のおつりの代わりに…



☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り


飴ちゃん、くれます(笑)

か~わい~。。。。(*^^*)(笑)


以前のベトナム紀行の際にも書いたネタですが、最初は何のことかわかりませんでした。

あれ?御釣り合わないな?と思いながら、計算間違えたかなー、やっぱ東南アジアは

いい加減でおもしろいなー、とか、大変失礼なことを思っていたことを、ここにお詫び申し上げます。

ベトナムの皆さん、ごめんなさい。


いい加減どころか、日ごろは使わないような単位の金額でもおつりはおつり。

でも、お渡しする手段がないから。これでおつりの代わりにしてね。


という、なんとも律儀な対応じゃないか!!(笑)


和むっ。和むわー、ベトナムっ(笑)

これ、最初に考えた人、相当お茶目でキュートな人よねっ?!

いや、もしかしたら国の機関や法律で、大人が真剣に顔つき合わせて協議した結果?

(んなことはないだろ)


というわけです。ベトナムのお金の話。

基礎っちゅーか、常識っちゅーか、ベトナムでの投資の話、とか、高度な話じゃなくて

ごめんなさい(^^;  でもちぇりには結構大変だったのよー(笑)

『50ン万ドンです』って言われてもビビらなくなってきたこと、ほめてやってくださいませ(笑)

ベトナム買物 パークソンとヴィンコムセンター

さて、ベトナム生活に実用的か、と言われたら微妙ですが(笑)、

旅行者の方にはわかりやすいショッピングセンターを二つばっかり。

一応、食品売り場もあるってことだったので、偵察がてらに行ってきました♪


で、Cherish読者の皆さんは、当然期待していないと思いますが、お洋服や

食品以外の、その他のお買いもの情報は殆どありませんので、ご了承ください(笑)


で、まずパークソン。

東南アジア一帯のあちこちに店舗を持つ、大型ショッピングセンター。

何を隠そう、マレーシア在住初期時代には、宿から一番近いスーパーとして、ほぼ毎日

使っていたので、個人的に、とってもなじみの深い響き♪


ただ、場所により、イオン程度の庶民的な内容のところあり、高級百官店の様相を呈している

所あり。ホーチミンの場合は、どっちかというと、高級百貨店路線かな?

食品売り場に向かう前に、リヴィング雑貨の売り場をちらとのぞいたのですが、物はよさそう

なのが置いてありました♪ ただ、わざわざベトナムで買わなければいけないものか?

といわれると疑問ですが(笑)



☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り  ☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り


店内は、日本の地方のデパートといった感じで、こぎれいにはまとめられてるけど、さほど面積が

広いわけではなく、もし、目当てのブランドなどが入ってないなら、わざわざ行くほどのもの

だろうか、という気はしましたが、何せ食品売り場があるというのですから、行ってみないわけ

にはいきません(笑)


ま、百貨店の食料品売り場ですから、さほど安いわけでもないだろうけれど、マンションの一

階にある高級食材店チックな構えのところよりは安かろう、という予測。。。。だったのですが…


あれ?あんまり変わんない?(^^;

やっぱデパートだと高級志向?

というか、食品売り場、客、いない。。。。(苦笑)


まぁ、地元の方が通うような立地じゃないし、滞在型でない限りは旅行者が食材買っても

仕方ない。お土産用のジャンクなお菓子やインスタント麺はコンビニでも買えるし、

買うんだったら、スーパーみたいなところに行ったほうが安く上がる。。。。


となると、人がいないのも当然ね(^^;

南国らしく、果物の種類は多かったし、他のものもそれなりに品ぞろえはよかったけど、

ここじゃなくても、って気はするかも。ただし周囲は、買い物がお目当ての旅行者には

目貫ともいえる環境なので、買い物途中に、あれ買い忘れた!とか、他の場所に行くゆとりがない!

ってときには、とっても重宝。そして知ってておいてほしいのが。。。



☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り


フードコートが、超広大です。。。。

写真の様子は本の一角で、これと同じくらいの広さが、L字に配列されてる感じ。。。。

広い。。。。しかも、一店舗当たりのメニュー数が。。。



☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り


半端ないっ!!!(汗)


チョイスが多いのはうれしいけれど、一店舗でこのメニューの勢い。。。

まだベトナム到着二日目、生活に至っては初日のちぇりには、事前情報がなさすぎる!!!

こんなメニューを抱える店舗が何店あったか数えてないけど、とにかくえらい量。。。


『フードコートはチープだけど、いろいろあって一人でも手軽に食べれますよ♪』


的な紹介のされ方が多いが、それはある程度、絞り込みができる場合に限って、である。

ましてや、ベトナム二日目。ものの相場も全くわかっていない状態で、選択の使用も

ないわけで。いや、それ以前に、通貨換算がおぼついてない。。。。(^^;


フードコートなんて、高かったとしても知れてやん、と思われるかもしれませんが、

味のクオリティにもバラつきがあり、意外とおいしかったやん、と思えるのは、そこそこに

値段が安いものの場合であって、相場より高いものを食べました、おいしくありませんでした、

では、空腹の意に失礼というもの! そのリスクを考えると、この日は。。。。


勇気ある撤退っ(T^T)


空腹ではあったけど、KFC や チェーンのハンバーガー屋などを除いても、何種類の

料理があるか想像すらもできない中で、納得のいくチョイスにチャレンジするのはあまりに無謀!


後で聞いたら、やっぱり某国料理は、10万ドン=400円もするものがあったそうです。

その半分あったら、おいしい地元料理のフォー+副菜が食べれるレベル。

バインミー(ベトナムの代表的な料理のサンドイッチ)なら、10食分!!!

そんな価格をフードコートに費やしてしまうのは、口惜しいことこの上ない。


よかった、あの時勇気を出して撤退してっ。

人間時には引くことも大事なんですねっ!!(大げさ。。。)



というわけで、場所を変えます。

パークソン向かいにある、ヴィンコムセンター♪

こちらもショッピング街目貫にあって、かなり有名。

ついでに、すでにベトナムに暮らしていらっしゃる方の情報によると、パークソンより、

生活物資を調達しやすいとの話。うふふ♪ 


…ってことで行ってみたけど、やっぱり食品売り場はガラガラですなぁ(^^;

先に述べたように、場所柄、生活用品を取り込むには難しく、また、どうしてもここで買いたい、

と思える価格でもないと思われるので、そこは仕方ないでしょうね(^^; でも品ぞろえは、

聞いていた通り、パークソンより良かったかな? 商品配列なども、個人的には楽しめました。


はい、で、フードコートです(笑)

こちらは、パークソンのような、壁沿いに店があって、店舗前スペースが共用の飲食スペース

になっている、というのとはちょっと違い、一店舗ごとがハーフオープンで並んでいる、という感じ。

落ち着いて食べるなら、こちらのほうが落ち着けると思いますが。。。。


結構高いお店もある(^^;

食べ放題なので、一概に高い、と言ってしまうのはどうかと思いますが、30万ドン=1200円の

お店とかもあります。それ、日本でも普通に、高けーっ!!!と思うレベルですが。ランチで。

ましてやフードコートで、それはなかろう。。。と、思うのですが。。。


意外と客が入っている。

しかもどうやら、ローカルの人が多いっぽい。

ベトナム、そんなに給与水準が上がってるのかなぁ、。。。と、しばし呆然。

払えないことはないのですが、東南アジアのごはんに1200円を費やす度胸はない

ちぇりなのであった。。。。


しかし、そろそろ胃袋も泣き方が激しくなってきている。

なんか腹に入れないとね、ということで、ベトナム最初の一人飯は、PHO24 に決定(爆)

って、それならパークソンにもあったやんかーーーーっ(笑)



☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り


このお店はホーチミン各地に店舗がある、ベトナム料理の代表格・フォーのチェーン店。

が、チェーンながらに地元民にもほどほど人気がある御店のようで、大きな外れはないと聞く。

相場価格はわからないけど、点在、ともいえる数がある御店で、確固たる地位を築いている

と聞いているので、不当な価格ではあるまい、という判断から店に入り、牛肉のフォーを注文。


別に牛肉にこだわったわけじゃなく、壁にあったメニューの中で一番目についたから

頼んだだけだったので、意味はないです(笑) というか、ちょっとテンパり気味だったのか、

壁にあるメニューだけしかないと思い込み、メニューがあることに気付かなった。。。(苦笑)



☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り


どうやら、炒め麺やら春巻き料理やら、かなり豊富なメニュー数があった様子。

ま、メニュー見ても、最初はベーシックなフォーで、と思ったと思うんだけどね。。。


で、料理を待ってると、混雑している店内に、新規のお客さんがいらっしゃり、ちぇりと相席

することに。仕事途中の男性のようだったけど、コレマタ、席に着くとニコーッっとされる♪

が、こちらはベトナム語ができるわけじゃないので、その後しばらく料理がくるまで、お互い、

ニコーッ♪と笑いあうだけという不思議な時間が過ぎたのでした(笑)



で、着丼。

印象は、肉うどん?(笑)



☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り


スープは素直な御出汁で、全く抵抗なし。前夜のブンチャーのタレが甘めだったので、

なおさら、日本のうどんにちかいものを感じてみたり。葉っぱがいろいろついてくるのは

チェーン店でも同じようで、何がどの葉っぱかわからないままに、とりあえず手でちぎっては

入れ、ちぎっては入れして頂いてみる。作法が全くわからないので、音を立てて

すすっていいものやら、静かに食べるべきなのやら、おっかなびっくりな感じで食べる(笑)

しまった、その辺勉強してくるのを忘れた。。。


後で、くだんのアイちゃんに聞いたら、やっぱり音はあまり出して食べるものじゃないそうです。

フランス統治の時代が長かったんですものね。食事中にあまり音を立てるものではないのでしょう。

あの時、控えめな音で食べててよかった。。。(^^;


で、おいしいのですが、なんか物足りない。

だって、ベトナムでこういう麺を食べるときには卓上の調味料を自分の好みであれこれ足して

頂くという話を聞いた。が、テーブルの上にはなにもない????このままこのあっさり

フォーを食べグルけるのか? いや、沖縄そばに、こーれーぐ^-すを入れた時の、あの

劇的な変わりように感動した経験があるじゃないか。フォーだってきっと調味料により、グッ

とおいしくなるに違いない!


という食い意地の張った理由から、英語が伝わるか不明な店員さんを呼んで、ヴィネガー?

スパイス?チリ?ヌクマム?と、想像できる限りのこの場の調味料を上げ、テーブルに

ないんだけど、もらえないか?と伝えてみる。最初はきょとんとしていたけれど、丼の上に何か

足すジェスチャーを加えたところで八っ!!!となられて、他のテーブルには備わっている

スパイスいセットをあわてて用意してもらった(笑)



☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り


ら、やっぱり正解♪

ピリ辛と、ヌクマムがちょっぴり入るだけで、スープの表情が、楚々とした印象から、

表情の豊かな、親しみ深い感じに即変。これはぐっとおいしくなったぞ♪。…・と、

一人にひにひしながら食べていると、炒め麺を頼まれていた向かいの男性が、

Can I。。。と、それだけいうのが精いっぱいな感じの英語で話しかけてきた。

どうやらスパイスを一緒に使ってもよいか、ということらしいので、どうぞどうぞ!

とおススメし、また、ニコーッ♪×ニコーッ♪ の応酬開始(笑)


って、それはよかったのだけど、混雑時にこちらのお店に入る際の注意点。

会計は、個々にテーブルで頼むのですが、混雑時には、まずなかなかビルがやってこないw

時間に余裕のない方は注意。


んで、可能なら、金額チョッキ利を渡すべし。

なぜなら、前の男性がおつりをもらうのに、かなりの時間を要していたし、まだ会計が

終わってないちぇりのところに、なぜかおつりが来たりしたから(笑)


まだ払ってないよー。というと、すぐに気付いてくれたけど、あれ、下手したらそのまま

人様のおつりもらってドロンするのもいるかも?(笑)  また、それを逆に考えると、

自分のおつりが別の人の所へ行ったり、状況から推察すると、間違えた請求がくるかも

しれませんw  まぁ、たまたまだったのかおしれませんが、実際店内はお昼時を過ぎて

いたのにてんやわんやだったので、間違いが起こっても仕方ない状態。


ましてや、単位の大きなドンのお札に慣れてないうちは要注意!

トラブル回避は事後責任、ですよー。



あまりにも有名なチェーン店なので、いまさら感が満載ですが、一人初飯だったので、

まぁ、ゆるしてやってくださいませ(^^;



ベトナムの笑顔の人たち

さて、二日目は、相方さんがお仕事で、日中ちぇりは一人行動です。

一応、数年前に一度ベトナム経験があるので、バイクの波を泳ぎ切るのも、

さほど怖くありません。


いや、むしろ、初ベトナム経験後に日本に帰り、車が交通事故に於いて法律的に

弱者であることを縦に無謀な運転をする自転車や、放任すぎる親に連れられた無防備

すぎる子供の予測不能な動きに何度も怖い目にあってきたので、


『そこを人が横切ること前提』


の、ベトナムのバイクの大波の方が、安心感を感じるほどの穏やかさ。

といって、さほどの経験があるわけじゃないので、進行方向の信号機が点滅し始めた

途端に、横方向からのバイクが押し寄せてくるから、絶対にあわてて渡ってはだめだ、

とか、バスの前にとどまってはいけない、などの、相方さんの教えはクドイほど脳内リピート。

自分が納得しようがすまいが、その意味を知ろうが知るまいが、先人の知恵・知識というのは

尊重するに越したことはないのです。


実際、目の前の信号が点滅しだすと、日本なら走り出せば横断歩道を渡りきるのに

間に合うタイミングでも、横からのバイク津波がドドドーっとくるので、いくら人もバイクも

用心しているとはいえ、ベトナムでは自殺行為だということを、しっかり目の当たりに

確認しました(^^;  くわばらくわばら。。。。


というわけで、信号を信じるな。

自分を信じろ!


を、合言葉に、通行時の注意は必要ですが、ベトナム、その他で気持ちをすり減らすことが

いまのところ、ほとんどない。英語がほとんど通じないので、言葉の不便はありますが、

何とか乗り切れてしまうのです。なぜなら。。。。


みぃんな、笑顔が素敵!!!


相方さんから聞いてはいたのですが、まぁ、マンションのレセプションの人などが愛想がいい、

というのは、お仕事だから、というのもあるからだよねー、くらいに思ってたんです。

が、それにしても、そのみなさんの笑顔と言ったら!!!


まるで子供の様に邪気がなく、仕事上の愛想笑いからは遥かに離れた、心からの笑顔っ。

子犬のような、などというと失礼に当たるかもしれませんが、こちらが相好を崩さずには

いられないなんとも天真爛漫な笑顔なのですよ。


そしてそれは、マンションの係の方だけに留まらないことを知るのです。

ベトナムの方と日本人は、顔のつくりは似ていても、やっぱり様子が違うので、

ちぇりが一人で歩いていると、じろじろ見られることもあります。どこか平和ボケしてるの

でしょうね(苦笑) 明らかに外国の人、そして日本人とわかり、なにやら視線を感じることが。


その際、いろんな表情でこちらを見る人がいます。

興味深そうに見る人もいれば、ヤブ睨みのような形相で見る人も(笑)

そんなとき、やだなー、と思って通り過ぎるのではなく、「シンチャオ♪(こんにちわ♪)」

と、笑いかけると、100%、とびっきりの笑顔が返ってきます(笑)


また、観光市場などに行くと、当然ながら客引きが声をかけてくるのですが、

そんな時に、アジア某国では目を合わせたが最後、腕rを引っ掴んで何か買うまで

話さない気負いだったり、その後何百メートル歩こうとも、ずーっと見ていけ、見ていけと

ストーカーまがいに食い下がられて、大層面倒な思いをするので、とにかく目を合わせない

ようにするのが最優先になってしまうのですが…


ベトナムはそんなにしつこくないし、露天商に声をかけられたくらいだったら、にこやかに

スルーできる程度の和やかさです。しかも相手は嫌な顔をするのではなく、笑顔。。。


あー、なんかよさそうなものを置いてるな、と、ガラス越しに店内を見つつ通り過ぎる瞬間で

さえ、店内のスタッフさんと目が合うと、ニコーッ(^▽^) としてくれたりして、その親しげな、

というか、邪気のなさすぎる笑顔に、最初はちょっと戸惑うほど(^^;


気になるレストランがあった際も、場所を覚えておく自信がないため、ショップカードだけ

もらっていこうと、すいません、食事ではないのですが。。。と、こちらは恐縮しながら

入ったところ、手の空いていた店員さんが数人とも寄ってきて、どうぞどうぞと言わんばかりに、

それはそれは嬉しそうにカードを渡してくれたりもしました。


食事じゃない、と告げたらがっかりさせてしまうんじゃないか、なんて心配はこれっぽっちも

必要ないよ、と言われた気がして、それは同時に自分がスタッフだったら、ガッカリしてしまう

可能性をはらんでいるのだな、と思い至り、恥ずかしくなってしまうほどの邪気のなさ。


ショッピングセンターで大きなカートを押す客でひしめく中、当然ながら、あっちこっちで

ぶつかったり、行く道をふさぎあったりする光景があるのですが、その際には、こちらは

反射的に、「うわっ、すみません!!」 と思ってしまうのだけど、そう言おうとして顔を上げると…


にぱーっ!!!(^▽^)


っとした笑顔がそこにあるのです。

ごめんなさい、じゃなく、


うひゃーっ、ぶつかっちゃったねー♪ とか。

おっとっとぉっ、危なかったねー♪  とか。

そんな感じ。


もちろん、人にぶつかって痛い思いをさせてしまった、とかなら、ごめんなさい、

と告げるのは当然だし、相手を気遣う、美しい対応だと思います。

が、あちこちで起こるような不可抗力に対しては、彼らのように、笑顔でやり過ごしたほうが、

どっちも気が楽なんじゃないか?と、生まれて初めて思いました。





日本人の、「すみません」 は、慣用句のようになっており、罪を認めたという意思表示では

ないのはよくよくわかっていますが、英語においては、「すみません、私が悪うございました」

ということにもなりかねません。はたして、狭い通路でカートがちょっと当たってしまったことは、

そんなに悪いことでしょうか? 不可抗力だしお互い様です。


もちろん、泥水はねて知らんぷり、のように、自分は悪くない、という態度が良いというわけでは

ありませんが、必要以上に申し訳ない、と思うことでもないよなぁ、反射的に出る 「すみません」

でも、相手を、謝れる立場に上げるようなものでもないよなぁ、と。


そんな時、まるで子供追いかけっこ途中でぶつかり、それがこの上なく楽しいことのように笑う様子

を思わせるような彼らの笑顔は、とても気持ちの良い対処じゃないかな、と感じるのです。


日本の、「すみません」 が、よくない文化だという意味ではなく、個人的に、その程度のことなら、

「うひゃっ、ぶつかっちゃったね(^▽^)」 みたいなやり過ごし方のほうが、トラブルがトラブルでなく、

むしろ、笑顔があるkとおで、楽しいことにすら感じるんじゃないかな、と。


ええ、この調子でビジネスやら、深刻な事態も笑顔で何とかしようとされたら、きっと、

勘弁してくれ!!と思う場面もあるでしょう(そういおう場面まで、そういう態度かどうかは

予測すらもできませんが。。。)


でも、不慣れで、言葉も不自由な新参者には、彼らの笑顔が、日々、どれだけ力になって

くれているか、そして楽しい気分にさせてもらっていることかわかりません。

もしも彼らがいつもしかめっ面で、些細なことにもささくれ立った対応をし、通りすがりの

人間からはなるべく目をそらすような態度をするようだったら、この国にいることがどんなに

苦痛だったでしょう(^^;


通じないながらにもコミュニケーションが必要な場合も、笑顔が入口だと、理解度も上がる

気がします。何より、こちらに向けられる笑顔は、自分の寛容さを増やしてくれます。

周りに寛容であることは、結局自分を寛容に扱うことでもあり、とても幸せなことだと思います。


また、確実に笑顔を返してくれるので、こちらから笑いかけることへの躊躇もなくなりました。

この調子で日本に帰って、道行く人にニパーッとやったら、きっと気持ち悪がられることでしょう(苦笑)

それはそれぞれの文化であって、優劣ではなく、全く個人的な好みですが。。。


思いっきり、人に笑顔を向けることと、笑顔を向けられることって、こんなに心洗われるものかと

かみしめる日々。旅行者に親切な国は多いけれど、こんなにも、笑顔を注いでくれる国は

初めてかも。ほほえみの国、タイももちろん素敵だったけど、ベトナムはさらに、笑顔パワーが

すごいです♪ 


初めて来た前回はゆとりがなくて、向けられた笑顔を見落としていたり、こちらも笑顔を

返しそびれたことが多かったのかもしれません。のんびりと時間があって、焦ることなく

生活できる今回感じてるベトナムの笑顔。これだけで、この国に滞在する価値があるとさえ

思えるほどです。


もしもベトナム(といっても、ちぇりがいるのは、ホーチミンだけですが) に来る機会があったら、

人にあいさつするときに、何かものを尋ねるときに、躊躇せず、笑顔で話しかけてみてください。

また、笑顔を向けられたら、遠慮なく、受け取ってください。

人によると思いますが、日本にはちょっとないくらいの笑顔の力が満ちています。


いいとこだなぁ、ほんと。ベトナム♪



ベトナムでのご初飯・ブンチャー

さてさて、到着当日は、相方さんも一緒に渡航していたので、夕方前に到着し、

夜までフリー。そこが、生活の場である相方さんにしてみれば、その日はゆっくりしたかった

だろうけど、まだまだ旅行気分のちぇりは、お外の出たくて仕方ない!!!(笑)


晩御飯はぜひっ、お外で食べたい!!!と、おねだりw

相方さんは翌日お仕事なんだから、ちぃたぁ気を遣いなさいよ、ヨメ。


が、そこは用意周到な相方さん。周長滞在中にしっかり現地の方とのコネクションを

作っており、「今晩どっかにつれてってくれない?」と連絡をつけてくれ、日本語の通訳を

しているという、そりゃぁもう、かわいらしい御嬢さんに案内してもらうことに♪


通称、アイちゃんという御嬢さん、小柄でスレンダーで愛嬌があり、且つ日本語ができる、

ということで、日本人赴任者のビザ関係の収得業務に携わったりするしっかり者。

この先、たびたびお世話になる=Cherishに登場することになると思うので、ぜひ、

お見知りおきくださいませ♪


で、彼女。

お仕事が終わってからおつきあいくださるということで、しかも急なお誘いだったから

申し訳ないなぁ、という気持ちもあったのですが、相方さんいわく、


『ベトナムのおいしいものとか、楽しいところを紹介したくて仕方ないって子でさ』


とのこと。

えーっと・・・あなたは、


博多っ子ですかっ(笑)


自分が福岡にいた時もそうだったのですが、飲み食いをすることが大好きで、実際、

相場もかなり安い福岡には、自分の行きつけやらお気に入りに一家言持つ人が多く、

特にちぇりの仲間内には、何度福岡に通っても通いきれないほどの 「手駒」 を

持つ人が多数!!!


友達が福岡に行く、といえば、情報提供はもちろん、アテンドすることもやぶさかではなく

(自分が飲み食いしたいという動機は内緒にしとこう・w)、果ては、知らない人でも、

道中一緒になたtから、とか、おいしいお店を尋ねられたから、そのまま一緒に食べに行った、

なんてことも珍しくない人種(笑)


飲み屋で席が隣になれば、そのまま一緒に二次会に行くとか、次はあの店に一緒に行こう!

となり、その場で飲み仲間契約ができてしまうことも珍しくないラテン気質。

ちぇりが、福岡をいまだに大好きできる理由の一つ♪


で、どうやらアイちゃんには、そういう気質があるようで(笑)、実際、滞在5日の中で、

3回もご一緒してくれたのですw  英語がほとんど通じない環境にあっては、日本語と

現地語を自在に使える存在ってのは、非常に非常にありがたい♪ ってか、そばにいて

くれるだけで、かわええから、おばちゃん、メロメロ・・・(笑)


で、連れて行ってくれたのが、超ローカルなお店♪

しかも、メニュー、これしかないとうい専門店(笑)



☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り


発音表記をまだマスターしてないので、ローマ字表記だけになりますが、

Bun Cha と書かれてあるのが今回食べたもの。

ベトナムといえば、フォーというお米の麺が有名ですが、他にもいっぱい麺の種類があり、

Bun、というのもその一つ。原料はお米で一緒だけど押し出しタイプのものらしく、太さが

いろいろあるんだってー。


で、それを頼むと、まず茹でられた大量の麺が三人分、ひと盛りにされでボン!と出てきます。

ベトナム名物の、わっさり香草類山の如しと共に。そして、はい、ご心配の通り、麺は米麺

ですから、くっつきまくりです(笑) しかも水気のなさから推察するに、茹で置きです。



☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り


麺専門店で茹で置きとは、なんたることか!!

と、海原さんちの雄山さんなら、即座に席を立ち上がり、その場を後にするところですが、

この手の麺はそもそもそんなにコシを求めるものではないし、スープに放つと、あら不思議! 

あっという間に生き生きした体を取り戻すので、これで問題ないのですw


一ついうなら、団子になってとりわけにくいことかな?(笑)

アイちゃんが、スプーンを使って、一善分ずつ一生懸命切り分けてくれてましたw



☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り


しかしこうやって見ると、ちょっとお素麺みたいよねw

フォーとかは、かけうどんのようにお汁に浸かってるものが多いのですが、こちらは

まさに素麺のようなつけ麺スタイル。というわけで、つけ汁が別にやってきます。



☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り


手前の具だくさんの二つがそれ。

つけだれ、っていうより、なんかもう具だくさん過ぎて、麺の入る余地がないんですが…(笑)


ちょっと甘め、と言って、砂糖のような甘さじゃなくて、どっちかというとみりん系?

そんな調味料があるのかどうかは知りませんが、そんな感じのまろい甘味のある御出汁に、

上に乗ってるリンゴのような見た目のものは、シャクシャクとした芋?でも粉っぽくないから

梨のような、いや、そこまで水分は多くないのでやっぱりお芋系なのか。。。よくわからないけど、

口当たりのよいお野菜たっぷり。


んで、その下に隠れて見えませんけど、しっかりとした味をつけられて、炭で網焼きにされた

お肉が数辺、入ってます。たぶん豚肉かなぁ?甘く淡い出汁に、肉の脂がジンワリ滲んでいい感じ♪

そこに、切り分け団子上の麺を箸でつまんで投入すると、それまでの頑なさがうそのように

心を開き、麺と麺の間も開いて、サラリとした麺料理の体が復元されます♪

あ、もちろん、食べるときには山ほどの野菜を手でちぎっては入れ、ちぎっては入れしながら

食べてくださいませね♪



☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

麺の水分が十分切られた状態(むしろ乾き気味?w)なので、出汁に放った瞬間、ほどけるのと

同時に、御出汁がよくよく絡むのですねぇ♪ ツリツリとしたなめらかな米麺の食感に、うまみの

ある出汁、シャクシャクとした食感の野菜は口当たりにアクセントを加え、香草を食むと、

お口の中の表情がガラっと切り替わります。まだその香りに慣れてない分、そのギャップが

とても面白く、且つ、お口の中がさっぱりと♪


そこにお肉をかじりますと、ギョワッと、ジュワっと、ボリュームのある味。これだけだったら

クドそうだけど、ベースの麺やお出汁があっさりだから、全体のバランスがいい♪

んで、お肉でこってりしたところに、またブンをツリツリ。野菜をシャクシャク。香草でホワン♪

お肉、ガジュガジュ。エンドレス。。。(笑)


実際、相方さんは御出汁がおいしいからといって、一人前では事足りず、御出汁を追加。。。

したつもりが、御出汁だけオーダーというのはないようで、麺も追加されてしまって、

あら大変。もうけっこう腹満ちてるのに、またもや麺が山盛りに・・・(^^;



☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り


そうそう、麺料理のお店のテーブルには、いろんな調味料が置いてあることが多いです。

ベースの御出汁があっさりしていることが多いので、辛味やニンニクの風味、お酢の酸味や

ヌクマムの塩気を加えて、自分好みの味に仕上げたり、刻々と味を変えながら楽しむのですねー♪


「俺の味に文句あるなら、出ていきな」


とかいう、頑固おやじのお店は、ベトナムには少ないようですw

なにはともあれ、ヘルシーでベトナムらしいおいしいごはん♪

おご馳走様でした♪


場所、全然わかってないから、もう一回教えてもらおう。。。(笑)






Quán Hồ Tâyベトナム料理 / レタントン通り周辺)

昼総合点★★★☆☆ 3.0


ベトナムでのお家のこと

さて、ちぇりがベトナムに入ったその日から、相方さんの新しいお内に入居でした。

それまでの出張期間は、ホテル住まいだったのだけど、生活となると、また別の話。


とはいえ、お仕事ですから、会社としてもある程度セキュリティのしっかりしたところ

であることや、諸々の理由から、ホーチミン市内の繁華街にある、コンドミニアムのような所。

ベトナムでの一般的なお家からは、ちょっと離れたものになるで、あまり、現地情報としては

参考にならないかもしれませんが・・・


一点だけ、ちぇりの喜びを伝えさせてください。

キッチンが…、キッチンが…っ、



☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!


美しい!!!

しかも・・・

☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!


作業台が、石!!!

炊飯器、レンジオーブン、冷蔵庫はもちろん、食器類もシンプルなデザインのもので

一通りはそろってる。もちろん、ターナーやお鍋もあるので、すぐにでも料理ができる状態!

なんてこと!!!


旅先では観光地巡りより、現地の市場やスーパーマーケットを見て回るのが大好きな

ちぇりですが、残念なのが、土地の生鮮食品を買って使えないということ。

台湾で泊まったお部屋のような、コンドミニアムタイプあったらいいのですが、

それだって、そんなに調理器具があるわけじゃありませんし、調味料を一からそろえる

ことを考えたら、ごくごくシンプルなことに制限されます。でもここなら。。。。


本格的に料理ができるー!!!(>▽<)


この時点で、今回滞在する二週間が、短いものに思えてきた(笑)

というか、日本の我が家より快適・・・というか、あこがれのアイランド&対面キッチン。。。

これなら、一人グラハム・カー(アメリカの有名な料理番組のホスト兼料理人)ごっこが

できるじゃないか!!! 


個人的には、この換気システムも、かっこよくて好き。。。。



☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!


もう、相方さん、様様です。

というか、相方さんは異国の地で激務に励まれるというのに、ちぇりは漁夫の利的に

こんな素晴らしい環境を与えてもらえるのです。これはバチが当たらないよう、

これを、何かの機会にしなければなりませんっ。


俄然、ベトナムレポに気合が入りますっ!!!

の、わりに、更新が遅いじゃないかという突っ込みはなしで!(笑)

なんせ、日々、出歩くたびに道に迷い、灼熱の太陽にあぶられ、無駄な努力をしてますので!(笑)


で、お話を戻しますが、こちらの住まい、ホテルに併設されているおあkげで、一階は、

ホテルの敷地に続き、その道道に、レストランやファーストフードのお店がたくさんある♪

福山に最近できて大喜びをしていた、SUBWAYも、あっさりあります(^^;


SUSHI屋もあります(笑)

あとは日本のスイーツを売りにしているカフェもあります(笑)

対抗して(るかどうかは、わかりませんが)ベトナムのデザート屋さんもあります。

便利~♪


まぁ、ホテル敷地内のものですから、確実に高いだろうし、そんなに頻繁に利用しないにしても、

相方さんが一人の時に、面倒くさくない位置に、あれこれごはん屋さんがあるというのは

安心なことです。加えて、グローサリーもあった!!!



☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!


うん、高そうです(笑)

イメージ的には、以前、ベトナムに来たときに、偶然見つけたフランス資本のグローサリーのよう。

あのお店は、日本でフランスの商品を買うことを考えれば安かったけど、ベトナム物価で考えたら、

かなぁり、高級なお店だったかと。日本円で換算しても、価値を見出さない人には、けっこうな金額

だったものなぁ。。。。


うーん、それでもマンションの一階にコンビニ代わりになるものがあるってのは、ありがたいこと

よね。ちょっとお水がほしい、ちょっと何かがほしいって時に、ずっと遠くまで出かけないと

いけないのは、1度や2度ならいいけど、日常になると面倒だものね。。。。


と、警戒気味に入ってみたのですが。。。。

あれれ?意外とリーズナブル????


フランス資本ってところは同じだったようですが、ジュースなどは日本に比べると格安だし、

輸入物と国内生産もので、かなり格差はあるようだけど、それはそれぞれの商品の値段の

違いってことで、このお店にあるから高い、ってわけじゃなさそう。


もちろん、激安スーパーがあるとして、それに比べたら高いだろうけど。。。。。

ワインいろいろや、調味料類、チーズなどが充実してるところはフランスっぽい(笑)




              ☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!   

☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  ☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!


南国らしくフルーツもあるし、なんかお土産にできそうなスパイス類も充実(笑)
 
☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  ☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!

ちぇりの大好きなパテや、なんとガリガリ君もある!!!

これは140円くらいして、高かったけど(^^;

現地生産はしてないのねー。。。。日本から空輸。。。しかもクール便で持ってきてるのか。。。



☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  ☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!


で、結局初日に、こん紺だけ買い物(爆)



☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!


水とかパンとかヨーグルトとか果物とか。

だから、まだ周辺の相場も知らないうちから、ザクザク買わないんですよ(^^;


でも、フルーツはやっぱりおいしかった♪

右は、丸ごとパイナップルを縦切りしてるだけだから、柑橘、相当大きいよね(笑)


☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  ☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!

ザボンのような柑橘類は、若干大味だったけど、添付の、砂糖と塩とスパイスをミックスした

パウダーをつけて食べると、うまいうまい♪ なにそれ、どんな味よ?って思われるかも

しれませんが、南国のフルーツには、こういうスパイス塩がよくついてきます。

少なくともマレーシアはそうだったし、タイ在住のお友達も言ってました♪


スイカに塩をかけてたべる、みたいな感覚かなぁ?

暑い国なので、果物の栄養分や水分、そして塩分を一緒に摂取するのは、理にかなってる

のかもしれませんねー♪



ちなみに、こちらのお店で一番お手頃だったビールは、タイガービール♪

元はシンガポールのものですが、ベトナム国内に製造工場があるおかげで、ヨーロッパ

から輸入しているハイネケンやら、その他のビールに比べると、その価格なんと、1/3 !!

で、11,500 ベトナムドン。



☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!


約45円???

安っすーーーー!!!

(っちゅーか、飲む前の写真を使いなさいよ。。。空瓶て。。。)

輸入してるエヴィアンなんかに比べたら、水より安い!!!(笑)

きゃーーーーーっ♪


ま、後にものによって安い、そうでもないとういのがあるとわかるので、全部が全部、

ほかの食材もこの調子で安いわけではないのですが、警戒していた当初の予想とは

裏腹に、意外と使いやすいグローサリー。日用品なんかもおいてあるので、ほんとにコンビニ♪

これなら、相方さんが一人の時も、食事の面倒がかなり解消されそうじゃない♪


ってことで、キッチンもグローサリーもお気に入り♪

なんだか楽しい滞在になりそう♪ 


あ、下の写真はおまけです。

子のグローサリーで使われてるカゴ兼カート。

かわいい♪



☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!

ベトナムエアー



さて、ベトナムに行くにはいろいろ方法があるわけですが、今回は相方さんが渡航する
便に合わせて、贅沢にも直行便♪ 最近はLCCがアジア各地に富んでいるので、
とりあえず香港まで行けば、ベトナムへも安くいけるので、今後はそういう手段に
なると思われますが、今回は楽チンな直行便♪ 関空から出て、約五時間ちょっとの
フライトです。近いね♪



ベトナムエアーのアテンダントさんの制服はh、白いボトムに、紫身を帯びた
赤いアオザイ。これが体のラインにぴったり沿って、シュッとしてて、とてもキレイ♪ 
んで、そのアオザイをきれいに着るには、たゆまぬ努力で、体型を維持しないと
いけないんですけどね(^^;  た。。。たいへんな民族衣装だ。。。(笑)

関西発は、午前10時すぎ。
なので、機内食にはランチが出ます♪

この日のメニューにっは、和食と洋食がありまして、洋食が…



☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  ☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!


…いや待てっ。

なんだ、洋食のラインナップ?

パスタにポークカツ丼にパンて!!!(笑)


まぁ、ボリュームを考えたり、作り置きするという縛りがあるから偏るのは仕方ないし、

これはほかのエアラインでもよくあることなんですが、さすがにこの年でそんなに

がつがつ炭水化物はほしくない。。。。(笑)


って、ことで、通常ならできるだけそのエアラインの国の食事をいただくのですが、

なんと、珍しくこの時は和食をチョイス。だって座ってるだけなのに、そんなに炭水化物

ばっかり必要な歳じゃなくなってるもん(苦笑)


ということで、微妙に悔しい理由と状況で和食を選んだのですが…

これが正解!!


☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!


手前左にあるのが、キュウリイクラをあしらったゴマ豆腐。

これがまず結構おいしいw

横にあるのはカニの爪に、わさび風味の出汁&海藻のアンがかかったもの。

手が込んでる。ほどほどの味だったけど、ええんでないかい?


真中はヒジキと山菜の食物繊維群(笑)

山菜は出来合いの化調味だったけど、ちぇり、嫌いじゃない(笑)

ヒジキもおいしい。


☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  ☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!


日本発便だからご飯もおいしかったし、メイン付け合せの野菜は冷凍物で

ちと、あれでしたが、(繊維がぐずぐず)、鶏はふっくらやわらかい照り焼き。

ふつーの食卓にあって十分満足できるレベル。すげい♪


まぁ、パンは余分だなぁとは思ったけれど、こんだけ頑張ってくれているなら

十分でしょう! 日本発でもひどいごはん、平気で出すエアラインもあるものね(^^;


あとトライしてほしいのが、緑茶は緑茶でも、ベトナム緑茶というのがあって、

ハスのお茶じゃないかなぁ、と思うのですが、日本人には新鮮な香りでありながら、

クセが強すぎず飲みやすい。せっかくなので、ベトナムエアに乗る機会があったら

ぜひとも試していただきたい♪ 味見してれば、お土産に買うのも安心だしね♪



 

☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!


プラス、ワインもそこそこおいしかったし、アテンダントさんも、人によるけど、

にこやかな人は、心底、人懐っこい笑顔でかわいい♪ 


到着後の空港の税関などの人も、とてもフランクな感じで(いかつい感じの人もいたけど…)

なんだかとっても気分がいいのです、ベトナム絡み♪


空港にはカフェなどがたくさんあるけど、ほとんど全部が屋外にある、ってのも

東南アジアだなぁ、と(笑)



☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!


そうそう、エコノミーでもパーソナルにスクリーンがあって、10数本の映画はオンデマンド、

ゲームもできるし、5時間一寸のフライトじかじゃ足りないくらいのエンターテイメントも

充実でした。直行便はちょっと高いけど、それだけの価値はあるねw

頻繁に使うとなると安さも重要事項だけど、今回は贅沢させてもらいました♪


個人的に最上級に好きだったのはハワイ・エアだったんだけど、ベトナム・エアも、

今回でお気に入りのエアラインとなりました♪ ベトナムにお越しの際は、ぜひ、

選択肢に入れてみてくださいね♪





Hello from Viietnam!

※別ブログからお引っ越しして来て、ベトナム記事だけを抜粋してこちらの
 サイトを作っています。よって文中、前ブログに関わる文脈などがあり、
 少し話が噛み合ない所があるかもしれませんが,ご容赦下さい。


さて、実は数日前から、ベトナムに来ていますw

前々から出張が多く、ちらほらと話しに出ていた相方さんのベトナム赴任が

本格的に始動となりまして、今月から相方さんはベトナム暮らし。


単身赴任の形をとって、ちぇりは日本とベトナムを行ったり来たりする予定♪

なので、変わらずおつきあいいただけたら、と思いますが、せっかくなので、

カテゴリーに Hello From VETNAM ってのを作って、
ベトナムライフ・ネタをあれこれ書いていこうかと思います♪

ベトナムといえば数年前に一度来たことがあるだけで、且つ、その時は相方さんの
出張にくっついてきていたために、日中はほとんど一人で行動。iPhoneもないころ
だったので、滞在時間のほとんどを、道に迷って過ごしていたような。。。。(笑)

あと、よくよく思い出してみると、行きたいお店のピックアップも、
あんまりしっかりしてなかったし、どうやらガイドブックみたいなものも、
どういうわけだか、あんまり買っていなかったような。。。。

つまりは、手薄状態だったってkとですね。。。もったいない。
でもっ。今度は一回の滞在時間が結構あるし、何度も行く予定にしている上に、
もし気に入っちゃったら、ずっといたくなるかもしれないし(それはビザの
問題があるので、未定ですけどね)のんびりペースで、旅、ではなく、
生活ネタをいろいろ提供できるんじゃないかと思ってます♪

失礼ながら、旅行先としてあまり派手な印象をお持ちでない方も多いと思われる
ベトナムには、おいしいごはん、楽しいお買い物先がたくさんあります♪
ぼちぼち紹介していきますので、

「へーっ、ベトナムって、そんなとこなんだー」 とか、
「行ってみたいなー♪」 と思ってもらえれば幸い♪

おいしいベトナム、おつきあい頂ければ幸いです♪


続きを読む

sidetitleプロフィールsidetitle

Author:ちぇり
FC2ブログへようこそ!

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleブログ村PVランキングsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR