スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ciao Bella 〜 人気のイタリアン!

トリップアドバイザーで、常に人気上位に入るイタリアン。
平日でしたが予約必須、といった状況。
と言ってもこの日はバレンタインだったので、特別だったかな?

テーブルはカップルさんで一杯だったし、お花を抱えた人もたくさん。
いいですねー、ベトナムのバレンタインデー。男性から女性にお花。
昼間も沢山見かけたから、ちょっと憧れる(*´艸`*)

ひとまず席に着くとウェルカムドリンクのスパークリングワイン。
それと三種類のディップがついたパン。これはいつでもデフォみたいですね。

th_IMG_8834.jpg th_IMG_8833.jpg

ガーリックのローストとバルサミコのソース、あと一種類は。。。
なんだったっけ。カボチャのディップ?
ちょっとバタバタしてこれ、食べ損ねた(^^;

で、店が薄暗いので、メニュー見づらい。。。
近い所と暗い所で、視界の自由度が低くなってる今日この頃。。。(まわりくどいっ)

この日頼んだのはズッキーニの花に詰め物をしてあげたもの、サラダ、
パスタの三品。あら少なめ。というのも、やっぱりこの手のお店では、
ポーション気にしながら頼むのが吉。大抵多すぎてポンポンぱんぱんに
なっちゃいますからねー(^^;

th_IMG_8837.jpg th_IMG_8836.jpg

でも、割と抑え目だったかな?
特にパスタは控えめだった。この日のスペシャルで、グラナパダーノのケースに
茹でたてパスタを入れて絡めるやつがあったので注文したけど、
あれ、ペロッと独りで食べれる量だわ。

th_IMG_8838.jpg th_IMG_8839.jpg


あー。写真暗くてご免なさい(^^;
ほんっまに店内暗いんだわ。某ステーキ屋さんもだけど、雰囲気重視もいいが、
実利もね…もちょっと考えて。。。お料理もおいしく見えないから(^^;

ホーチミンで唯一のアルデンテが食べれるお店,と聞いてたんだけど、
この日のパスタは、スパゲティー二(1.5-1.7mm)くらいだったかなー。
アルデンテには茹でたんだろうけど、グラナバダーノ絡めることを考えたら、
気持ち、もうちょっと緩く茹でても良かったかな。ディチェコを自分で茹でたのを
使わせてほしかった感じ(笑)

でもま、全般に美味しかったことは間違いないです。
特に一品料理は,もっと色々食べてみたいなーという構成の物が多くて、
興味津々。さすがに人気のお店だけあって、魅力的だなーと思いました♪

帰り際に、ショットグラスでリモンチェッロが出てきます。
甘いけど美味しい♪ もしデザートとかあったら、それに遭わせても美味しい
だろうけど、デザート、今回頼まなかったんで、デザートと同時期に出してくれる
ものなのか、お会計頼んで完全にテーブルの上が終了してから出て来るデザート
ドリンクなのかがちょっと不明。ってか、昼でも出て来るかなー(飲みたいのねw)

お話メインで、ちょっとお食事がおろそかになっちゃって軽いレビューに
なっちゃったけど、また行きたいなーとは確実に思ってるので、追レポ、
お待ち下さいませ♪


Ciao Bella
http://saigonrestaurantgroup.com/ciao/


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪
スポンサーサイト

Dairy Queen 〜 お手軽アイス♪

Hai Ba Trung と、Ngyen Thi Minh Khai にあるデイリークイーン♪
日本からは完全撤退してしまったので、懐かしく感じる人もいるのではないでしょうか♪

th_IMG_9093.jpg th_IMG_9095.jpg


なんか、アイスクリーム屋さんが青いと、つい Blue Seal を思い出してしまうのですが(笑)
ここは Daily Queen です(笑) 店内も表の青の勢いそのまま、こざっぱり。
まずはカウンターで注文して、且つ、カウンター前のソファで待って商品受け取ってから
店内で食べる場合は席に着く、という流れのようです。


th_IMG_9094.jpg

慣れてないからなのか、こういうものなのか、若干オペレーション遅し(笑)
左上の◯ックフルーリーみたいなのが売りらしく、ひっくり返してもこぼれない、
ってのがキャッチコピー。というわけで、店内で来れた飲んでた人、みんなカップを
ひっくり返してた(笑) 

      th_IMG_9097.jpg
th_IMG_9098.jpg th_IMG_9100.jpg

アイスクリーム自体のバリエーションはそんなに多くなさそうですが、
サンデー系で楽しめるみたい。チョコレートサンデーや、フルーツソース
タップリのバナナスプリット、これはベリーソースが無くてパイナップルソースに
なったけど(臨機応変w)すっごい美味しいソースで、むしろパイナップルでよかったかも!(笑)

ワッフルケースも、チョココーティングされてるものとかあってサックサク。
アイスクリーム自体の味はチープなんだけど(失礼だな、おい)
脇がアクセントつけてくれてるのでちょうどいい感じ。濃厚なアイスもおいしいけど、
暑い国ではアッサリアイスもおいしいですもんね♪(多分かなりライトなラクト系)。

で、ちぇりはこれを食べたんですが。。。

th_IMG_9099.jpg

どーやってるんだろー(^^;
ソフトクリームにチョコレートシェルのコーティング。
確かケンチキにも似た商品があって、人が食べてるのを見て疑問だったの。
アイスにかけたら、その低温でパキっと凍るチョコソースがあるのは知ってるけど、
それを上からかけただけじゃ、下の淵が直線にはならないはずだし、なにより
コーティングが均一。決して上等のチョコじゃないんだけど、とにかくその製法が気になる。。(笑)
しかも中は、ソフトクリームという柔らかい代物。。。謎(笑)

そういえば、フロートに使うクリームのためか、エスプーマを使ってる所を
チラと見ました。Dairy Queen 自体は随分前からある会社なので、エスプーマを
導入したのは最近のことと思いますが、ファーストフード店で使えてしまうのか。。。

あ、ちなみにエスプーマというのは、あらゆる液体食材を泡化するというポータブル
マシンで、ちぇりも持ってます。ただし、ガスを使うので、日本から運んでくるのは
難しかろうと置いて来てしまったのですが、ベトナムでこんなに一般的に使われてるとは…
持ってくればよかったなぁ。。。

すっごい美味しいデザートってわけじゃないけど、お手軽だし、クドくないので
通りがかったらチョイっと寄りたくなる感じですかね。お若い方が店内には
多かったので、お手軽度合いはかなり高いと思います(笑)
日本じゃ、多種類のフレーバーを持つ他社に圧倒されちゃったけど、
ホーチミンではどー出るかなー。その辺の動向も楽しみだったりします♪

Dairy Queen
http://www.dairyqueen.com.vn/en/




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Vung Tau の 海鮮屋台♪

さて、夕方プールでひと泳ぎして、ひと眠り。
で、軽く食べてたこともあって、晩ご飯はスキップしてたのですが。。。
夜中になると、土曜日ということもあってか、どこからとも無く、
ブンチャカブンチャカ賑やかな音が。。。(^^;

クラブでも近くにあるのかな?と思って窓を開けてみると、インペリアルホテルの
裏手側に、何やら明るく光る場所がある。一つはクラブと思しき建物で、
もう一つはアーケードが長く続く。。。市場みたいなとこ???

「気になるから行ってみよう!」

と家人が言うので、のこのこ後ろを着いて行ったら。。。

th_IMG_8982.jpg th_IMG_8985.jpg

おー!!!屋台だ屋台だ!!
上(部屋)から見たときは素っ気なかったので、業者向けの卸市場か何かかな?
と思ったのだけど、食べ物屋さんの屋台がズラリ! そしてほとんどが貝料理!!
どのお店も店先に新鮮な貝を並べて、その場で調理してくれるスタイル♪

         th_IMG_8984.jpg
th_IMG_8988.jpg th_IMG_8989.jpg

相変わらず、すごい種類だな(^^;
ベトナムの貝料理って、ほんと豊かだよなー。
で、端から端まで歩いてどのくらい?100mくらい?もうちょっと?
こういう感覚が鈍くてほんと、困ります(^^;

ま、すぐに歩けてしまうくらいの距離ですよ。
で、アーケードがあるので前天候型。観光客を意識してって部分もあるのでしょうが、
週末の夜だけあって、地元のお客さん達も結構来てた。で、結構酔ってた(笑)
みんな賑やかで楽しそう♪

で、何件も似たお店があって、どこも客引きに余念がないのですが、
ベトナムでのこういうときの鉄則は、

『客が入ってる店を選ぶ』


th_IMG_8994.jpg


ってことで、こちらのお店に♪
看板にある、Co Thy というのは、こちらにおらっしゃったおばさまの名前らしく、
英語は殆ど喋れない感じだったけど、通りすがりにチラッと覗くと、すかさず
魚のエラを捲って「ほら!新鮮でしょ!」とアピールして来たり、貝をつついて、
ぴきゃ!っと殻が閉じる所を見せては「生きてるのよ、これ!」と誇らしげ。

こういうとこが、ベトナム、いいなって思うんだよねー。
まず何をどうしたら新鮮さをアピールできるかということを知ってて、それは即ち、
見る側も心得てるってわけで、底が既に食水準の高さを伺わせる。そして良い商品は
自信を持って誇らしげにアピールする。分かる人はそれで分かる。分からん人は、
スカ掴まされてもわからんまんまに鴨になる。消費者として燃えるじゃないか(笑)

で、今回はまず、ホタテ貝と赤貝を所望。

th_IMG_8991.jpg th_IMG_8990.jpg

ホタテは小振りだけど赤貝は大振り。
調理法は、よーわからんかったんで、お任せで♪

th_IMG_8997.jpg th_IMG_8998.jpg

お…同じ調理法だった(笑)
でも! 貝の種類が違うと、味も歴然と違うので、これはこれで美味しかった!
なにより貝が新鮮で、いつも思うけど味が奇麗!! といって、アッサリし過ぎて
物足りない、というわけじゃなく、それぞれの個性がシッカリある味。
うめーな、おい。

写真撮りそこねたけど、キンキンに冷えたビールも出て来てご満悦(*´艸`*)
家人と1本ずつ飲んだけど、あっという間に無くなったので、すぐに補充。
氷無くてもキンキンに冷えてるビールが、こんな屋台で出て来るとは思わなかった。

で、調子に乗って、貝、もう一品注文(笑)
今度は大きめのムール貝みたいなやつで、でも殻の色は白いやつ。
日本ではあんまり見たことないかな? これがちょっと牡蠣のような後口で、
でも全体の口当たりは口説くなく、またもや美味。調理法は同じだったけどw

th_IMG_9003.jpg


ちゃんとリクエストすれば他の味付けもやってくれるんだろうか?
ちょっと次回までの宿題だな。

ちなみにこの貝は、看板の写真にある So という種類の物らしく、
同じ二枚貝ではあるけれど、ハマグリを意味する Ghe とは区別がされてるみたい。
日本の魚の名前もそうだけど、魚貝素材を細分化して呼び分けてるとこにも、
食文化の高さを感じるよねー。

国によっては、これ、美味しいね!なんて魚?と聞いても、帰ってくるのは、
『大きい魚♪』だったりするしね…。いやそうじゃなくて、もっと詳しく。。。と
追求すると、『大きくて赤い魚!』とか返ってくるし。。。
うん、間違っては無いんだけどね。。。(ーー)

にしても、このアーケードの中をバイクが通るってのは普通で、車が通るってのは
どうなんだ(笑) さすがアジア(笑) こういうのも、異国情緒っていうんですかねw

th_IMG_9002.jpg


帰る頃にはもう、夜中の1時を回ってて、大混雑、というほどではなかったけど、
まだまだお客さんいたし、タクシーでワザワザ乗り付けてる人たちもいたんで、
結構有名な屋台なのかも。ブンタウに夜まで居たこと無かったから知らなかった♪

このアーケードの一本となりにも、もう閉じてしまった屋台がいくつも並んでたから、
晩御飯時とかは、もっと賑やかなのかもねー。ブンタウって、詳しく載ってるガイド
ブックも少ないし、詳細情報となると尚更のこと少ないので、全く予備知識無しに来たけど、
この屋台はかなりの収穫♪

あ、ちなみにビール三本、タップリの貝料理3品で200kドン…
千円でした(^^;  

相方さんが料理の名前とか書いてもらって、各価格を手書き
したレシート的な物の写真を撮ってたんだけど、納得以上のお得価格。
観光地とはいえ、ホーチミンとは、全然物価が違うなー(^^;

あ、これ、目印になるかどうか分かりませんが、通りの名前。
有名そうなとこなので、タクシーの運ちゃんとかに見せたら分かってくれるかな?
通りの名前、というよりは、この辺の施設案内みたいな感じだけど(^^;

th_IMG_9005.jpg th_IMG_9006.jpg

インペリアルホテルの真裏です。
建物の正面に向かって左右に路地があるので、そのどっちから行っても建物
裏っかわに出られて、中心部に歩いてるとすぐわかります。何時くらいから
開いてるのかは不明で申し訳ないんだけど、多分夕方もやってるんじゃないかなー。
この日に開いてたのは、長時間営業してたお店だけで、他にもクローズしてる店舗が
沢山あったから。

いいよ、ブンタウ。
ホテルも素敵な所があるし、魚貝も安くてとても美味しい♪
海遊びも出来るし、ホーチミンからも1泊2日、週末だけで十分楽しめる♪
って、まだちぇりも初心者ですが(笑)、また行って開拓したいと思いますー♪

あ,行き方帰り方は今回、おたおたしちゃって詳しい映像とか撮れなかったので、また次回。
早急に知りたい場合は、個別お問い合わせ下さい。家人に確認してからご報告します♪


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪


Vung Tau のThe Imperial Hotel のプール!

さて、The Imperial Hotel の続き。
こちらのホテル、スタッフさんも素晴らしければ、ロビーからお部屋までの
何もかもがシック&ゴージャスで、とても素敵だったのですが、イチオシはプール!!

まず、今回のお部屋はビーチ側ではなかったのですが、このプールが見えます。

th_IMG_8924.jpg


わお!!
数パートに分かれたプールが、庭園のようなスペースに配置されてて、とっても素敵♪

がっ。
このホテルのプールは、ここだけではないのです。

th_IMG_8943.jpg


2階から延びる歩道橋を渡り、片側3車線の道路を渡って海岸沿いに行くと。。。


th_IMG_8944.jpg

ビーチ沿いに、更に別のプールが登場!!!!
うっわー、贅沢!!!(笑)

海は苦手だったり、お子様連れだと、ちょっと怖がったりすることもありますよね。
でもプールだったら入り易い。でも海を見ながらで気分は上々。なんて素敵!!

th_IMG_8948.jpg

も、こんな写真見ると、どこだよここ…って思ってしまう(笑)
夕暮れ時でライトアップされた感じも、また素敵。
この日は日焼けを危惧して4時くらいから入ったもんで、ちょっと寒かったけど(笑)
クリーンでゴージャスで、めちゃくちゃ素敵なプールやった!!

th_IMG_8953.jpg th_IMG_8967.jpg

プールサイドにはレストランがあって、ビーチ沿いでもあるので、言うたら
海の家みたいなもんなんだけど、そこは五つ星。ひじょーにクリーンで優雅な感じ♪

th_IMG_8955.jpg

でもお値段はお手頃で、ちょっと小腹を満たすにはいい感じ♪

        th_IMG_8964.jpg
th_IMG_8961.jpg th_IMG_8966.jpg

ベトナム料理中心で、その時他にお客が全く入ってなかったので、正直、
お味に関しては期待してなかったのだけど。。。いや、美味しかったです(笑)
まぁ、それなりの場所のベトナム料理で大きく外したことはホーチミン市内でも
なかったのだけど、なんせ海の家くらいにしか認識してなかったので(失礼なっw)

あと、写真には収めてないけど、プールサイドには、ソファを置いた、ゆったりとした
お部屋がいくつも用意されてて、プール側はガラス壁。いつでもプールにウォークイン
出来、でも日差しは避けられ、小さなお子様連れのご家族なんかには、子供さんを
ケアするにもいいですね。有料だったけど、空いてればその場で抑えることも可能らしい。
価格はちょっと張るっぽかったけれども、いい設備ですな♪

併設されてるショッピングセンターは、旅人が買うのか?って物もあったけど、
ホーチミン市内で売られてるものとは、ちょーっとセンスが違う感じで(とか言ったら
ホーチミンに失礼かもですが)結構興味引かれるものも。結局翌日、水着と旅行鞄
買ったし、お値段も程々で中々楽しめました♪

あ、本日のオマケネタ。
プールにあるトイレ&更衣室の男性女性のインディケーション。
男性のを撮り忘れたけど。。。

th_IMG_8946.jpg


めっちゃトイレ行きたそうや(笑)
遊んでるなー、デザイナーさん(笑)

そして帰ってからは、またあのゴージャス空間。

th_IMG_8972.jpg

うーん、やっぱりお宿タイムがとても心地いい♪
ってことで、水遊びもゴージャスに。お部屋に帰ってもゴージャスに♪
どこにいても、女性陣はウヒャウヒャ状態(笑)
やっぱいいわ、このお宿ー♪

明日はこちらの朝食情報♪
これがまた、もう(*´艸`*)


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Vung Tau のホテル、The Imperial Hotel

さて今回のブンタウは、一泊旅行。

th_IMG_8899.jpg


相方さんがいつも使ってるサーフショップから程内とお頃にお宿を取ってくれた、
と、言っていたので、海岸沿いのフランクなホテルかと思ってたら。。。

th_IMG_8969.jpg


ちょっとっ、なんかゴージャスなんですけど!!!!
聞けばここ変では別格なホテルで、五つ星!!わお!!!
でも、シンガポールや香港、日本などでの五つ星とは違って、お値段はリーズナブル、
とのこと。いやそれでも大丈夫か、こんなホテル。。。と、ビビるちぇり僧、小心者(^^;

         th_IMG_8903.jpg
th_IMG_8907.jpg th_IMG_8910.jpg

ロビーに入ると、全体的にビクトリア調って言うんですかね。
クラシカルなゴージャス感。

ぶっちゃけ、壁にかけてある西洋画は、おそらくベトナムアーティストさん達による
模写で、その辺はちょっと片目瞑って頂きたいですが(笑)、それでも全体的な統一感を
出す為のアイテムと思えば許容範囲で、同行の友人とちぇりの二人はテンションMAX。
壁紙一つ、サラッとあちこちに置かれてるソファにしてもいい感じ♪

th_IMG_8915.jpg th_IMG_8932.jpg

エレベーターのランプはアンティーク調で、部屋までの廊下もゴージャス感満載。

th_IMG_8916.jpg th_IMG_8917.jpg

お部屋に着いたら着いたで、統一感溢れるアンティーク調の調度品。

         th_IMG_8920.jpg
th_IMG_8921.jpg th_IMG_8922.jpg

このゴミ箱なんか、アンヨあるから、絶対夜中に歩き回ってるよねっ。

th_IMG_8929.jpg


お部屋やベッドも広々で、ウェルカムフルーツも当然のように。
ただ、年季が入ってる建物のせいか、通路で騒ぐ客が居た場合は、ちょっと
音が気になることも。逆に言うと、あんまりお部屋で大騒ぎはできないってこと
ですが、そこは大人だから、そもそもそんなことしない。…はず。

th_IMG_8918.jpg th_IMG_8927.jpg

で、こんなにチャーミングな調度でまとめあげられてしまうと、慣れない人には
窮屈に感じられるんじゃないか、なんて印象をお持ちかもしれませんけど、
こちらのホテル、素敵だなって思ったのが。。。。

th_IMG_9008.jpg th_IMG_9007.jpg

ちょっと写真暗くてみづらいですが、「お掃除してください」「邪魔しないで!」の
サインボードが、女性のお掃除している図、と、男性が口に指を当てて「シー!!!!」
って言ってるイラストになってる(笑) 

実は他の箇所にも見受けられたのだけど、アメリカンなイラストを使って、
ちょっとユーモラスなサインボードがあちこちに。なんか可愛い♪

こういうのって、そんなに高額な経費がかかる物でもないかと思うのですが、
アイデアですよね。ちょっとした所でクスっとさせるチャーミングさ。
それを、重厚、とまでは言わないけれども、落ち着いた調度で統一した中で
光らせる絶妙なセンス。こういう感覚、好きだわー♪

というわけで、チェックインのロビーからお部屋に入っただけで
妙齢…というより、妙な年になってるにも関わらず、女二人が大はしゃぎ♪

以前は、旅先のホテルは寝に帰る為だけの物、って位置づけだったけど、
こういうお部屋だと、お部屋で過ごす時間も旅の醍醐味になってしまう♪
ご家族連れも多かったですが、ご夫婦、カップルさんにもオススメ。
数人のスタッフさんとお話ししたけど、どなたも奇麗な英語を喋られ、且つ、
丁寧でスマートな対応をしてくれたのも印象的。

次回は、このホテルのもっと素敵な所をご紹介。
ブンタウで、こんな楽しみ方ができるんだなー♪


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Vung Tau の 海鮮料理♪

家人が週一でサーフィンをしに出かけているブンタウ。
ちぇりは数回行っただけでスルーしていたのですが。。。

先週末に行った際は収穫続々♪
現在は、ホーチミンからブンタウまでの高速船が出ておらず、車かバス移動に
なるのですが、車で2時間かからないくらい、バスは乗り継いで3時間半くらい?
交通事情によるので一概には言えませんが、ザックリそのくらい。

船が出てると楽なんですが、何でも最近船上火災?というか、丸ごと焼けたとの
話もアリ、それ以降、他の船も自粛している状態の様子。エンジントラブルでも
あったんかいな。。。

ともあれ、手段はなんでもブンタウに行かれたら、是非このエリアに行ってほしい!!

th_IMG_9064.jpg


わー…我ながらザックリ(^^;
でも、ザックリ上写真で赤ピンが立ってる所当たりに行くと、ずらーーーーー!っと
海鮮料理のお店が並んでます。どこも食材を生け簀や、たらいの水に入れて行きたまま
陳列しており、それを選んで調理してもらうという方法。

ただし、英語は殆ど通じないので、調理法はお任せになることが多し(^^;
でもま、下手なことはしませんよ。とりあえず今まで数回行って、外れた
ことはありません。どーしても食べたい調理法があるなら、その名前を前もって
メモっていくか、写真を用意するなどすればなんとかなりそう。

で、数あるお店の中でも、いつも一番賑わってるのがこちら。

th_IMG_8889.jpg th_IMG_8890.jpg

フェリー乗り場方面から行くと、ずらっと並ぶお店群の中程よりちょっと先、
左手(海側)にあるのですが、右手に同店の食材店、左手のお店は、ちょっと
階段を降りて行く形になってて、とにかく人がワンワンと騒いでいるので
すぐに分かると思います。他のお店は結構閑散。ベトナムでの飲食店選びの
鉄則は、「人が居る所を狙え」ですが、こちらも多分に漏れずの結果。

食材はこんな感じで。

th_IMG_8853.jpg th_IMG_8854.jpg

混雑時は客も群がり、店員さんもゆとりがないので、積極的に攻め込んでいきましょう。
ベトナム語も分からず英語も通じないので、今回はガンガン日本語で攻めてみましたよと(笑)

毎回食べてる牡蠣も注文。
ここの牡蠣は生でも提供してもらえる上に、奇麗な味わいで美味しいのですが、
そこはあくまで自己責任で。今回は旅行者同伴だったのでBBQでとお願いすると、
こんなのが出てきましたよ、っと♪

th_IMG_8864.jpg

程よく7割ほど火を入れた牡蠣に、塩とネギとフライドオニオン。
すごいよなー…どローカルな飾り気の無い店でこれだよ。
場合に寄ってはチーズとペッパーできたりするからな。
どんだけ料理基準の底が高いのか。。。

特に今回は時期が良かったのか、いつもは薄めの身もぷっくりとしており、
非常にジューシー、且つ、雑味が無くて、甘みと旨味が加熱により凝縮されてて
ぷるっとした身を口に含んだとたん、舌の上でとろける感じ♪ 更にそこに
サリサリサクサクと香ばしいフライドオニオン。高級料理店で出されても、
何ら遜色無い一品♪

赤貝もおいしかったなー。
こちらは炒められてて、エシャロットとニンニクをジックリ炒めたものが
タップリかかってた。赤貝の、火を通しても潤ったトゥルリとした身と、
コリコリした食感のコントラスト。そこに薬味の香ばしさ。

th_IMG_8867.jpg

これ、延々食べれる(笑)
南国の貝って、最初はどんなに雑雑した味だろう?って思ってたけど、
ほんと、奇麗な物が多いんだよなー。それでいて旨味も充実しているし。
貝の種類も凄まじく多いし、調理法もそれぞれあるし、貝料理はベトナム料理の
代表的なジャンルとしてもっと知られるべきっ。

で、今回のメインは。。。

th_IMG_8858.jpg

シャコ!!!
でかい!!!
30cmくらいある!!!(笑)

前回来たときは時期じゃなかったのか、もっと小さいのしか居なかったのだけど、
そして一度は大きめのシャコを食べたことがあったけど、今回のはこれまで最大級!
水桶の中をスー…っと泳いでる姿見たら、さすがのちぇりも、ちょっと引いた(^^;
こんなの、海の中で遭遇したら、ちょっとしたパニックになるよなぁ。。。(苦笑)

th_IMG_8859.jpg th_IMG_8860.jpg

調理後は一度テーブルの上に持って来てくれて、写真タイムをくれた後、
(心得ていらっしゃるw)はさみで両端のトゲトゲを切り裂き、殻を
剥き易くしてくれます。というか、カパッとハズレる。で、中には。。。

ブリンブリンの弾力の身!!!
これがまた大きいから大味かというと、そんなことはぜんぜんないどころか、
むしろ、こんな濃い味のシャコ食ったことねえ!!というか、これ、ロブスター種にも
負けない旨味があるんじゃないか。。。


えーっと、日本で食べるシャコとは別物です。
縮尺比を考えなければそっくりですが、こんな力強い味のシャコ、食べたこと無い!!
多分食べ方には、ライム塩をつけたりチリソースつけたりとかあるんだろうけど、
これはBBQか塩ゆででそのままいきたい!!!!

デカイから、頭部までしっかり身が詰まっているし、カニのように爪部分も
しっかり食べれる。バルタン星人と戦ってる感は否めませんが、ぜひ、
完食して、勝利して頂きたい!

th_IMG_8866.jpg

やっぱ見た目はちょっとエグイけど(^^;

ちなみにこの日のお会計。
二人ともあまりお腹が減っていなかったので、シャコは一匹。
あと貝2品、ソフトドリンク2杯で300k=1500円!!!!
内、シャコが200k=1000円(笑)
貝料理二品とドリンクで500円。。。(笑)
なんだ、その価格配分。。。(笑)

メニューには麺ものやらその他の魚の揚げ物、蒸し物、鍋類などもあり、
基本的にはすこぶるお安い設定のようです。

th_IMG_8871.jpg th_IMG_8870.jpg
th_IMG_8869.jpg th_IMG_8868.jpg


ただし、巨大なシャコやカニ、エビなどの食材はちょっとお値段が張る様子。
といっても、日本で食べることを考えたら、得難いラインの価格だし、
そもそもホーチミン市内でも、このレベルのコスパを求めるのは難しいと思います。

ブンタウならではの、リーズナブルな海鮮料理♪
言葉の壁と、大忙しの店員さんの雑な感じは否めませんが(笑)
うまいもんのためですもの、ここは気合いで食材選抜、調理注文。
あとは、モッハイバーYO!!の勢いで楽しんじゃって下さいませ♪

th_IMG_8885.jpg

ちなみに、似た名前の看板が周囲に一杯挙ってます。
写真と、客の多さを頼りに探し当てて下さいませ。
真向かいの食材売り場にも、同じ看板を掲げてます。


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Du Coin Saigon 〜 こじんまりだけど居心地良いカフェ♪

2階が食事処、そこに連携して3階がカフェになっているようで、お食事メニューは
2階から運んで来たりしてくれるようです。昼食時には、3階も食事客で一杯の人気店♪

       th_th_IMG_7207.jpg
th_th_IMG_7211.jpg th_th_IMG_7212.jpg

店内は、基本モノクロームでまとめられてて、コロニアルスタイルとまではいかないけど、
なかなか繊細な感じで素敵♪ その割に空気感がフランクで、お客さんが少ない時間は、
のんびり長居が出来る感じ♪

th_th_IMG_7210.jpg th_th_IMG_7218.jpg

3階はカフェメニューが充実してて、お値段は一般的なカフェ価格だけど、
ワンポーションの量も多いし、中々のお得感。モヒートとか美味しかった♪
(ベトナムにはノンアルコールのモヒートがよくあります。)

th_th_IMG_7216.jpg th_th_IMG_7217.jpg

ここのバインカンクア(タピオカ入り麺のカニ餡ソースみたいなの)が美味しい、
という話を聞いたのですが、この日は食事の後で胃袋が足りず。
街中からはちょっと外れた所にあるので、ちょいちょいは行きにくい感があるのですが、
付近にはお気に入りの食事どころも結構あるし、また是非行きたいなーと思ってる店。

ビルの中にあると、中の雰囲気までは分かりにくいんですよね。
でもここはほんと、程よくカジュアル、程よくお洒落で清潔で良かったですよ♪
あんまり落ち着ける空気感だったから、お友達とお喋りしながらあっという間の
2時間3時間…(笑)  気軽に使いたいカフェの一つです♪

2階の店名の方が外観にも大きく出てるので、Mon Quang の文字を探して来た方が
見つけ易いかもですね。ビル右手にある細い階段を上って行くと見当たります。
良いカフェだけど、こういう状況だと、知らない人は入りにくいのが玉にキズ。。。(^^;
良いカフェだったので、是非ご安心して来られて下さい(笑)

th_th_IMG_7215.jpg th_th_IMG_7214.jpg



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Au Lac Do Brazil 〜 美味シュラスコ!

ご無沙汰してます!
やーっとテト旅行から帰ってきました!
ジャカルタ〜バリ〜ロンボック島〜シンガポールという周遊旅行(笑)
こちらのブログはホーチミン情報なので、その旅先の情報はどうしようかなー
と考えている所なのですが、ひとまず、旅行前で書ききれなかったもの、
旅行直後にも着々溜まってるデータがあるのでアップします。

今回はシュラスコ!!

th_IMG_7412.jpg

はい、賑やかですね(笑)
ブラジルですから当然ですが、思った以上に広い敷地を有していて、なかなか
豪奢な構えです。今回はテラス席で頂いたので、写真が全般に暗く申し訳ないの
ですが、エアコンの効いた室内席も十分な広さが確保されてます。

店内の様子は,ブラジルっぽい様子を醸し出そうとしつつ、ヨーロッパの
複製絵画が飾られてたりして、ちょーっと統一性を欠きましたけど(笑)
デート、接待、大勢のパーティなど、色んなケースに使えそう♪

th_IMG_7397.jpg


で、シュラスコ、とはなんぞや???
という方もおられるかと思いますので簡単に説明致しますと。。。。

鉄串に通した主に肉に岩塩を振り、炭火で焼いたBBQ♪

………簡単すぎますね。。。
でも、そういうシンプルな料理なんです(^^;
だからこそ、本場ブラジルでは肉の熟成にこだわったり、部位が細かく細かく
わけられ、それぞれにプレミアムを持たせていたり、調理法があったりするのです。
しかし。。。。

ホーチミンで牛肉はどうなんだろう。。
豚は素晴らしく美味しいし、鶏も扱いにくさはあるけど、味は良い。
でも牛肉は。。。。少なくとも家庭用に売られてる牛肉は、かなりややこしい。
ベトナム料理として提供されてる場合には、それなりの手入れがされてることが
多いのですが、同じ方法がシュラスコに合うかと言われると。。。。

ってことで興味津々。
こちらのお店,一品料理もあるようで、まずはブッフェかどうかを確認されます。
他の多くのブッフェとは違い、こちらは着席しているところに、どんどこ色んな
お肉や料理が運ばれてくるスタイルです。勧められるままにドンドコ貰ってしまって
いると、お目当ての料理が食べられなくなったりするのでご注意を(笑)

で、表が緑、裏が赤色のコースターのような物を貰いまして。。。

th_IMG_7409.jpg

緑を上にしておくと「さーさー次の料理持ってこーい!」という意思表示で
赤を上にしておくと、「ぐえっふ、ちょっと今はいいわ。。。」ということに
なるらしい。けど、実際には赤にしててもガンガン持って来られたので、気持ちを
強く持って要る要らない、量は殿くらいだけでいい!みたいなのは言ってください(笑)

で、聞く所に寄ると、真打ちピカーニャ(イチボ)が出てくるまでに色んな誘惑が
あるので(お腹がいっぱいにならないように)気をつけろ!ってことだったけど。。。

ど。。。どの肉も美味しい!!!(^^;

手羽は間接を外して食べ易くしており、ぷりっぷりの身がビョルン♪と外れて
とろっとろ。ハムやソーセージも上質でしたが、豚のリブに至っては、そもそも
味の濃さが際立つ部位である上に、肉質がふわっふわ。。。いや、骨周りの肉が
ふわっふわって。。。。どんな手入れしてるんだ????(^^;

th_IMG_7433.jpg th_IMG_7434.jpg

んー、写真がショボクて申し訳ない。。。
牛肉の他の部位も出てくるのですが、個々の特製がシンプルな岩塩に引き出されていて
実に実に実に素晴らしい!!!こんなにバリエーション豊かなお肉の数々を一度に
食べたことは無かったし、その味の奥行きというか個性というか、際立つコントラストが
美しい。。。まさに美味。

ぶっちゃけ、もうちょっとおおざっぱな味を予想してました。
ブラジルに行ったことがある友人が同行していたのですが、本場ですら…いや、
本場だからこそ、かな? シュラスコのグレードも色々あるようで、ずーっと
噛み続けても噛み切れないようなチューイーなお肉を出すお店もあるようです。

それがここ、ホーチミンでは、出される料理にほぼハズレがなく(好みはあると
思います)、ピカーニャに至っては、一切の追加調味料を要しませんでしたね。
赤身なのにフンワリと柔らかく、ジュワッとジューシーで赤身特有のイノシン酸、
グルタミン酸がもうタップリ。肉の旨味は赤身にあり。脂は口当たりがよくなる
けれど、ちぇりが「肉食べたい!」って思うときは、『赤身食べたい!』って
時だわなー。なのでこの店、すごい満足度♪

そうそう、オススメ食材がもう一つ。
焼きパイナップル♪

th_IMG_7435.jpg

これ、かなり最後の方にデザート的に出てくるんだけど、焼いてるとは言え、
中はジューシー、フレッシュに保たれてるので、お肉分解酵素もまだまだ
生きてるはず。なので、もっと前に出してくれ、と願わずにはいられない(笑)

ま、そういうヨコシマな思い無くしても、単純に美味しいですよ、焼きパイナップル♪
南国ですから、これ、家でも安くできるんですが(笑)、そこはそれ、雰囲気という
のもありますし、こちらのお店に来たらぜひぜひお試し下さい♪

ちぇりは待ちきれずに、「パイナップルまだ?」と聞いた挙げ句に、
どのくらい欲しいかと聞かれて「丸ごとでも食べられる!」と言って
お店の人に笑われました(--)/  いや、でも食べれるもん。。。


AU LAC DO BRAZIL I PASTEUR - HO CHI MINH CITY
238 Pasteur, Dist. 3
TEL (08) 3820 7157



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

GAO 〜 お手軽ビュッフェランチならここ!

**** 再訪問 *****

日本からの友達が遊びに来たので、まずはベト飯!
しかもここにくれば、粗方のものが試せるので、大変助かる(笑)


th_IMG_7267.jpg

相変わらず、室内のインテリア、素敵ですしねー♪
この雰囲気は、ほんとコンセプト勝ち。同じビュッフェでも楽しみ方の
方向性が変わってきますよね。女子受け、ばっちり☆

th_IMG_7269.jpg th_IMG_7272.jpg

料理内容は一部日替わりなので単純比較は出来ませんが、相変わらず美味しかったです。
鍋の内容は行く度に変わるのですが、今日はカニ出汁がメインのお鍋。
多分一度殻ごと入れて出汁を取り、甲羅内の身を取り出したものをまた鍋に戻してる感じ。

しかもカニだけじゃなく、エビ、イカ、貝類なども豊富にザクザク入ってて、
この鍋だけで料金分取られても文句言いません、って感じのレベル。
お野菜タップリ入れて食べたのですが,本気で美味しかったー!!
あの出汁でリゾット作りたい。。。

ベトナムの飲食店の傾向で、オープン当初はかなり頑張ってても、評判が人を呼んで
ある程度安定すると手を抜き始める、なんてものがあるようで、こちらのお店も、
あまりの充実ぶりに、当初は喜びつつも、先々、下降線をたどらないかと密かに心配
してたのですが、未だ今の常葉大丈夫なようですね。安心しました。

今後も引き続き、美味しいビュッフェを提供してほしいと思います♪


th_IMG_7273.jpg






**** 初訪問 *****

割と最近出来たらしいのですが、ホテルではない、ビュッフェレストラン。
同名店舗がレタントン通りにもあるそうですが、そちらは単品料理のお店で、
ビュッフェはこちらの、教会や郵便局からNgyuen Du通りをほどなく南下した
ところだけになるのでご注意下さい。

教会を背に進んで行くと右手に見えます。
外観写真が無くて申し訳ないのですが、ホイアンという地方で有名な
ランタン(提灯)を一杯ぶら下げて、大きく『GAO』と看板を掲げてるので
すぐに分かると思います。ただし、表に大きく看板はあるけど、入り口は
その奥にちょっと入って行かないと行けません。

th_IMG_4291.jpg th_IMG_4293.jpg


大抵い大通りに店員さんがいて案内してくれますので、ちょっと奥に連れ
こまれますけど、あまり警戒しなくても大丈夫(笑)

       th_IMG_4524.jpg
th_IMG_4518.jpg th_IMG_4511.jpg

で、薄暗い入り口を上って行くと。。。
まーきれい! オープンテラススペースには緑をたっぷりあしらって、店内の
そこかしこにも、ランタンのデコレーション。とてもベトナムチックで、お洒落な空間♪
店内も、エリアごとにちょっと調度を変えてあったりして素敵。

th_IMG_4297.jpg th_IMG_4296.jpg



お料理のディスプレイも、すっごく落ち着いてて趣がある。
春巻きなどのポーションの小さい物は美しく手をかけられた後に丁寧に並べられ、
お野菜料理の類いも色とりどりに。壷に入った煮物料理、炊き物料理は開けてみるのが
楽しみで、一見それとはわかりにくいですが、どれもウォーマー機能を持ってます。
すばらしい。

th_th_IMG_4516.jpg

機能性だけでなく、ルックスにもこだわってくれてる辺りが嬉しいですね。
なにより、お料理が奇麗なので見て歩くのが楽しいです♪

th_IMG_4512.jpg th_IMG_4513.jpg

先日ご紹介したHotel Nikkoみたいに、伊勢エビやらカニ、牡蠣などの豪華食材は
ありませんが。。。。

th_IMG_4520.jpg th_IMG_4526.jpg

カニの甲羅に詰められたカニ炒飯とか、Oc(オック)と呼ばれる、こちらでは
ポピュラーな巻貝だとか、お野菜料理も各種揃ってて、肉から野菜、お魚系まで
ベトナムのポピュラーなお料理が一通り揃う感じです。エビ料理だけでも数種類
あったりしたしなー。揃いすぎてて、とても全種類制覇は難しいほど(笑)

th_IMG_4522.jpg

なんせ、春巻きだけでも ↑ この通り。
実際にはまだまだありましたからねー。
生春巻きか揚げ春巻きか、くらいしか知らなかったのでびっくり。
エビを表面に乗せてネギで巻いたものなどは、ちょっとデザインが
お寿司インスパイアで可愛いですよね♪ 真似したい♪

th_IMG_4302.jpg th_IMG_4307.jpg
th_IMG_4301.jpg th_IMG_4300.jpg

揚げ物、蒸し物、焼き物などと、調理のバリエーションも豊か。
日によって内容は諸々変わってくるようなのでいつもあるかはわかりませんが、
上の写真のお帽子被ったような料理、美味しかった♪
実は下も揚げ餅で、その上に蒸し餅が乗っているというダブル餅(笑)
こっちの人は、ほんとに色んな種類のお米の使い方をご存知ですね(笑)

で、お料理だけでも盛りだくさんなのですが、食事途中でなにやらスタッフが
◯◯どうされますか?的な事を聞いて来た。英語があまり上手な方ではなかった
ので、ちょっと分からなかったのですが、どうやらHot Pot,と言ってるらしい。
なんか知らんが,熱心に勧めてくれるので、この際別料金でも物は試し、と
お願いしたら。。。


th_IMG_4321.jpg th_IMG_4319.jpg

鍋!
あんだけ沢山お料理用意されてるというのに、テーブルに個別に鍋がつくとな!
しかも、雰囲気のある土鍋で、お野菜入れたり、頃合いを見て魚介を入れたり
する作業は、手のあいてる限り、店員さんがしてくれよった。。。

実はこちらのお店には二回行ったのですが、最初に行った時の写真のお鍋は、
柔らかいお出汁にトマトが入ってる海鮮鍋で、最初にエビやらカニをしっかり
煮だして、それからたっぷりのお野菜を入れてくれてました。
いやこれ。。。この鍋だけで十分一食分にんなるんですけど(笑)

二回目はドジョウみたいなニョロ魚が入ってました(笑)
これ、匂いが心配で今まで調理した事も食べた事も無かったんですが、
奇麗に手入れされてるんでしょうね。ちっとも匂いが無くて、しかも
たっぷりとついた白身はホロホロと身離れが良くて美味しかった♪

th_IMG_4327.jpg

デザートのチェーも、自分で好きな物を組みあわせていただけます♪
ここにくれば、ひと通りのベトナム料理は食べれるし、お店の内装の雰囲気は
いいし、短期間しか滞在期間がなくて、でもあれこれ食べてみたい!という
旅行者にも向いてると思うし、とにかくお野菜が豊富で飽きる事なくたくさん
食べられるし、といって、肉類魚類が少なくて物足りないということもないので
在住者にも良いと思う♪

お値段は、月〜木のランチが200kドン弱ですから、1000円くらい?
安くは、ないです。

日本でもちょっと良いランチの値段。
でも、沢山食べれる人なら量的にも満足できるし、とにかく種類が多いので、
一度にあれこれ味わえる楽しさと利便さ、そして味の質もどれもよかった、と
ちぇりは感じているので、十分価値あるお値段かと。

ただし、金土日の週末ランチと、月〜木のディナーは299kと1500円程度に、
週末、金土日のディナーに至っては、399kとなるのでお気をつけを。
平日ランチの1000円という価格ならものすごくお得感を感じますが、
夜、または週末ランチはあまり内容が変わらないままに金額が高くなって
いるので、満足度があまりない、というご意見もちらほら聞いてます。
ここはちぇり自身が試してないので何とも言えないのですが、ご参考まで。

それにしても、月〜木のランチはお得。
実際以前から有名な別のランチビュッフェレストランに行った事あるけど、
品数こそ張り合えても味が全然だったからなー(^^;
諸々を勘案して、価格帯が安いタイミングであれば、こちらはオススメっ。


GAO
86 Nguyen Du St, Dist 1
月~木 11:00-14:00/17:30-22:00
金~日 10:30-14:30/17:00-22:30

月~木 ランチ 199kドン /ディナー 299kドン
金~日 ランチ 299kドン /ディナー 399kドン


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
sidetitleプロフィールsidetitle

ちぇり

Author:ちぇり
FC2ブログへようこそ!

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleブログ村PVランキングsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
アップグレード 追加 作成済み/作成可能プロファイル数:0/1 キーワードをご入力ください ご指定の条件に該当するデータがありません * 他のユーザーから閲覧もしくは管理権限を与えられたプロファイル ユーザーガイダンス 解析コードの実装方法 Google Tag Manger 1.下記の解析コードをコピーして、解析を行いたい全てのページの から
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
の間に貼付けてください。 解析コードのコピー 2.解析コードが実装されたウェブサイトを開いてください。 3.解析コードが正しく実装されたか確認してください。 チェック 閉じる
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。