スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UT UT 〜 ゴーカイにアメリカンBBQ!!

***** 2014 Aug.下旬 *****

あら、気がついたらひと月のうちに2回目来ちゃった(笑)
今回は家人の会社の方をお連れしての会。
前回の倍の人数、10人で伺いました♪

が、予約が取れないので、みんなで示し合わせて開店直後の16時に入店。
土曜日だったのですが、流石にその時間から満席になる事は内容で、
え、なにもう来たの?みたいなお店の空気は気にせずに(笑)
ほぼ、その日の初来店者となり、2階席へ!!

th_IMG_2103.jpg

おー、ウッディな感じで、スペース広々。
4人席とかもあるけど、中央には20人くらいいけそうな大きなながテーブル、
写真では見えませんが階段を上がってこの大きな中央テーブルを正面に見た
左右手前は小さな袋小路のようになっており、そこには10人がけくらいの席が。
大きなテーブルは大抵の場合少人数グループを相席にさせてる感じでしたが、
この日みたいに早い時間であれば20人くらいの宴会も行けそうですね!

気になったのは壁の写真。。。
ポークBBQのお店のデコレーションとしてふさわしいのか否か。。。
豚さんの在りし日のお尻姿が。。(^^;

th_IMG_2107_201408311048509cf.jpg

あ、前回のレポで2階3階はエアコンが効いてるのかも?と言いましたが、
窓がある割りにそれはなく、沢山の扇風機がブンブン回ってるだけだったので
ここに訂正しておきますm(. . )m


さ、まずは例のタワービール。
こう言う大人数の時には本当にお役立ちだし場が盛り上がるし美味しいし、
いいね!家にちょっと欲しいかも!(笑)

th_IMG_2106_201408311048464b6.jpg th_IMG_2105.jpg

この日は最初のつまみにベーコンと鶏皮フライを頼んでみたのですが、
これが正解!いや、他の物も美味しかったからこれ「も」正解!か(笑)

th_IMG_2108_20140831104850133.jpg th_IMG_2109_20140831104920ad0.jpg

見ての通りきめ細かい衣が着いてて表はサクサクなんだけど、中はしっとり。
ただし、事前に油抜きでもしているのか、グニュグニュだったりブヨブヨ
だったりしゃしてなくて、噛むと旨味だけがジュワッと染み出る感じ。
これは日本の居酒屋の鶏皮唐揚げ歴を含めてもかなりの上位!

お肉料理1品に2付くサイドメニューには、前回食べ損ねたコーンブレッドを
頼んでみましたよ♪ その他のグリーンビーンズ(さやえんどうみたいなの)や
マッシュポテト、コーンも美味しかったですが…

コーンブレッド!映画『グリーンマイル』の中でマイケル・クラーク・ダンカン
扮する死刑囚(冤罪)が最後の食事として、トム・ハンクス扮する守衛の奥さんに
御願いして作ってもらう印象的な一品。日本ではあまりポピュラーじゃないかも
ですが、アメリカでは伝統的なソウルフードとして欠かせない一品。アメリカン
BBQと銘打ってるお店ですから、合ってくれて嬉しいサイドメニューですね♪

そのお味は、蒸しパン的なほんのりとした甘さにコーングリッツ
(粗挽きのトウモロコシ粉)のプチポリした食感。好みだわ♡ 

th_IMG_2113_20140831104922aa5.jpg th_IMG_2114_20140831104923760.jpg

一つだけグリーンサラダを頼んだら、これはありふれた感じだなーと思ったけど、
ちょろっと乗ってるドレッシングがこの日はチーズ入りの物で気が利いてた。。。
好みだなー、こちらのお店。

で、是非食べたかったポークベリーはこの日無くってとても残念だったのだけど、
代わりに骨付きポークリブは、前回の倍人数がいるってことでフルサイズを注文!
どーん!!!

th_IMG_2111_20140831104922941.jpg

デ…デカイ…( ꒪⌓꒪)
これ、メニューにはフルサイズってどっかに乗ってたのかな。
一連の中にはハーフリブしか載ってなくて、それが300kドン。
それが最大サイズなのかと思ったから、ハーフリブ2つちょうだい?って言ったら、

『それならフルサイズお持ちしますよ!そうしたら550kになりますから!』

とアドバイスが。ちょっと割引になるのねー(´∀`)
お肉は相変わらずのフッカフッカぶりで、骨離れもスルン♪と良く、初めて
食べた人達の反応も上々。何よりやっぱりプレゼン力が高いですね!
出て来た瞬間、みなさん、うおー!!ってなってた♪

ソーセージはイタリアンとシカゴソーセージ。イタリアンの方がスパイシー。
結構辛かったので辛いの苦手な方には、シカゴの味わい深さもなかなか。
で、食べ足りなかったので、もう一つ骨付きポークリブのフルサイズをドン(笑)

th_IMG_2120.jpg

で、今回はデザートにもチャレンジ!
大好きなフライドバナナとブラウニー♪


th_IMG_2121.jpg th_IMG_2122_201408311115007cc.jpg

バナナのフリッター衣は軽くてサックサック。中は甘酸っぱいバナナがとろり♪
そこにキャラメルソースがかかって至福の一品♪そして嬉しかったのがブラウ二ー!
色を見てお分かりのように、ブラックココアを使ったレシピ。しかもバター少なめ。
なのでクドさがなく、大人なカカオの風味が高く、小さなカケラを口に入れると
ホロホロさらりと消えてく口溶け。このレシピ知りたーい!!!(笑)

ビールタワーを2本頼み、ソフトドリンクを4〜5杯、フルサイズのリブ、ベーコン、
ソーセージを2つずつに鶏皮やらデザート3品を食べて2,720kドン。
子供が3人居たので、その3人で大人一人分と換算すると、大人8人でその価格。
一人あたま1500円とかそんなもん???こんだけ飲み食いして?!

やっぱここのコスパいいわ。
夕方6時にはもうお客さんでいっぱいになってたので、時間が許すなら先手必勝、
開店直後の16時に来るのが良いようですね♪ 特に大人数の時は、混んでる時だと
待っても席がバラバラになってしまう可能性が(^^; 

th_IMG_2124_201408311115018f3.jpg

聞けば結構日本人のお客様も最近増えて来たそうで、今後ますます混雑する
可能性大。ご興味がある方はぜひお早めにお試しくださいませ♪




***** 2014 Aug.上旬 *****

『こんなとこがあるんだけど行ってみない?!』

と、情報通の主婦友さんから教えてもらって行ってみた!
16時からしか開いてないのでランチは無理。夜かー。
皆さん夜は中々お出かけするのが難しいかも…って、

『行くー!!』

と、総勢4名様からのお返事が。。。
素敵すぎる(*´艸`*)

場所は普段あまり行かないエリア。
地図上では、rach Ben Nghe と表示されてる川沿いで、大聖堂などの中心部からは
車で15分ほど。4区に向かう橋の手前?すんません、言葉ではちょっと上手に説明
できないので、住所で検索してみてください。あと後ほどホームページも張っておきます。

んで、店のイメージはと言うと。。。

th_140415 menu VN

こんな感じ(笑)
食おうぜ、肉!!みたいな。
豚さんに言わせるのは酷だけど(笑)、なかなかセンスあるよね、このロゴ♪
ま、どの国の方のデザインかはわかりませんが、ベトナムって違和感ないどころか、
結構カッコいーなーってセンスのロゴやデザインあるから見逃せん。

川沿いで、かなりローカルな雰囲気の通りなのですが、店はこんな感じでオサレ!
割と周りが暗い中、煌煌と明かりが着いているし、さっきの牛さんもデカデカと
掲げられてるので見つけやすい♪

th_IMG_1228.jpg

で、18時過ぎに着いて見ると。。。お噂通り、超満員(^^;
待ち時間、40分ですって。。。

th_IMG_1234_20140807200358bb9.jpg

ここ、予約ができないから行った時勝負なんですよね。
お付合いくださった方達にそれを周知してなかったのは申し訳なかったのですが、
皆さん快く、「んじゃ待とう待とう♪」と言ってくれたので助かった♪

別の場所のカフェにでも移動して待つ、と言う手もあったのですが、
「まーよかったら隣のカフェで待ってて♪」と言われたので、ビールでも飲みながら
待ってみる事に。カフェと言っても風呂イスの路上カフェ(笑)

おばちゃんが、水やらジュースやらのペットボトルを適当に机に運んで来て、
その中からなんぞ選べ、と言わんばかりでしたが、フリョー主婦5人組、
一斉におばちゃんに、

「ジュースちゃうちゃう、ビールちょーだい!」

この辺に普段日本人が多いのかどうかわかりませんが(多分少なそう)、まー主婦5人が
風呂イスに座ってビールをあおる、と言う光景はあまり無かったのかもしれませんね。
おばちゃん、すっごい意外そうに、あ、そっち?!みたいな顔してた(笑)
ってことで、プシュ♪

th_IMG_1232_201408072003570a7.jpg th_IMG_1231_2014080720035455e.jpg

あー、なんかつまみ持ってくればよかったねー!とか言いながら、ドライフルーツ持ってた
方が袋開けてくれたり、ツマミ売りのおばちゃんから蒸しピーナツ買ったり。
こう言うお店では持ち込みにうるさく言わないのがいいよね、ベトナム(笑)

で、気長ーに待つつもりだったんですが。。。ものの15分もしないうちに、
『1階の小さいテーブルで良かったらお通しできますけどどうします?』
と、お店の方からコールがかかった!
この日はあんまり暑くなかったし、いい、いい! そこの小さい席で!!

こんなことがあるから、割と近くで待ってた方がいいかもですね。
待ち時間もあくまで目安でしかないし、逆にもっと長く待つこともあるかもだけど、
開いてる時にはその場にいた人の方が断然有利!
(名前はリストに残した上で順番に回ってくるルールです)

ちなみに2階3階はエアコンが効いてそうな感じ。
※2回目レポで2階を使いましたがエアコンはありませんでしたw
 そのかわり扇風機がブンブン回ってて十分涼しかったです。

一階は、元は奥の建物内スペースだけだったのが、あまりの客の入り具合に、外まで
スペースを張り出してきたのかなって言う雰囲気(←想像です)。ウッディなデザインで
お店仕様にあつらえてあるようではあったけど、風呂椅子サイズで机も低い。
1階は主にローカルの方でいつも一杯、外国の人は2階3階に通される事が多い様子、
と聞いてたのだけど。。。

まー、隣の店で風呂イスに座ってビール煽ってるような人たちだからね(笑)
問題ないと思われたんでしょう(笑)

隣で買ったビールはまだ半分くらいしか飲めてなかったので、持ち込み。
一応お店の方には断ったんですよ?持ってっていい?って。そしたら、
当たり前じゃないですか!!みたいな感じで笑われた(笑)
大らかだの♪

入り口左側には巨大なドラムグリルが数台ほども並べられてて、ゴーカイに注文品を
焼いてます。おーーーー、このグリルの仕様がアメリカンだわ(笑)

th_IMG_1227.jpg

メニューはこちら。割とシンプル。
(お店のホームページでご覧頂くと、もうちょっと大きい文字で見れます)

th_140621-menu-EN1.jpg

左側はアペタイザー的にスープやビールの為のスナック、サラダ類など。
手っ取り早くハンバーガーなどでお腹を満たしたい人は中央下側にチョイスがあります。
そしてお目当てのお肉類は右上!!バーベキューメニュー!構成がシンプルなので、
あとはもう豚かチキンか、豚ならどの部位かを選ぶ程度でとってもシンプル♪

お肉料理1つにつき、右下にあるサイドディッシュが2品ついてきます。
ワンポーションが結構な量なため、例えば2〜3人などの少人数時の場合は
ハーフポーションも注文できるとか。(その場合のお値段は不明。)

お肉料理の一番上にBBQ Samples ってのがあるので、少人数の場合はこれを頼むと
良いかもですね。メニューにある肉の焼き物が一通りセットになってる盛り合わせのようです。

で、まずはワインで乾杯。
赤も白も、もしかしたら日によって銘柄がちがうかもですが、1択。
この日の白はフランスのシャルドネ。400kドン/ボトル。安い!!
サラッとして飲みやすいワインでした♪

ちゃんとクーラーも用意してくれるけど、机の上には置く場所が無いので、
床がセットポジションね(笑)

th_IMG_1236_20140807200436255.jpg th_IMG_1233_201408072031024b5.jpg

で、来ましたよー、まずは自家製のベーコン!!!
アメリカンなベーコンっつったら、ギットギトのやつをガッリガリに焼き上げてるん
ちゃうかなーとか思ってたのですが。。。

th_IMG_1237.jpg


思いの他、繊細!!
焼き加減も薄いのに表面カリッと、噛み締めるとちょっとしっとりと。
塩加減は控えめで、強すぎないスモークの香りがふんわりと。
余分な脂も適度に落ちてて、んめーな、これ!!

で、お次は本命!!ポークリブ!!!
行くでー?行くでー? ドーン!!

th_IMG_1239_20140807200440793.jpg

うっひゃっひゃっひゃ!!!
なんやこれっ(笑)
骨付きのバーベキューリブ、こんなん漫画の中でしか見た事無いわ(笑)
言うなれば、ギャートルズの骨付き肉にも似たカテゴリー。すげー!!!

し・か・もっ。
切り分ける為に骨と骨の間にナイフを入れてみたところ…

th_IMG_1240_20140807203104b96.jpg

ふ…フカフカしてる???
いやいやいやいや、バーベキューやし!!
炭の焦げ目もしっかりついてて、この大きさなら結構ガッツリ火入れしてるし、
どんなに切るのが難しかろうかと、かなり覚悟して刃を入れたのですが…

ふっかふっかふっかふっか♪

………人間……視覚から予想される感覚と全く違ったものを感じると、相当戸惑うものですね。
肉切りながら、はあああぁぁぁぁぁ????!!!
と、呆れるっちゅーか驚くっちゅーか、なんかの間違いやろこれ?ってずーっと疑ってた(笑)

切ってからもまたすごくってですね、骨からスルン♪って肉が離れる♪
骨だけの写真を取り損ねてたのが大変残念ですが、きれーに離れる。
簡単に。ほんまにスルっと。

多分焼く前に蒸すとかなんとかしてあるんかなー。でないとただではあんなにトロトロ
フワフワにはならんだろうし、骨離れも良くなかろう。その分脂も落ちているのか、
お肉の味としてはかなりアッサリ気味でしたが、そこはBBQソースをガッチョリかけて
補うのがアメリカン。知らんけど(笑) 

例えば濃いーーーーい肉の味とコッテリの脂を食べたい人には気持ち物足りないかも
しれませんが、量を食べるには加減が絶妙。特にワタクシくらいののお年頃になりますと、
こちらの方が胃に優しい…w

といって味が抜けてるわけでもないですしね。これはすごい。リブ自体料理する機械が
少なく、調理比較をあまり細かく出来ないのがあれですが、このプレゼン偏差値の高さと
意外性、そして味。恐るべし。

添えられた焼きトウモロコシ、焼きオクラ、フライドポテト、インゲン豆も、まーうまい!
トウモロコシとオクラは素焼きでしたが、インゲンはただ焼いてるだけじゃなく、少しの
オイルとガーリック。その辺の緩急、心得てはりますなぁ♪

さて、ここでワイン→ビールに移行という何でもアリの5人組(笑)
頼んでみたのは、待ち時間の時からみかけて気になってたビールタワー!!
東南アジアのカジュアルな飲み屋さんでは、これでサーブするとこ、増えてますよね♪

th_IMG_1247.jpg

容器中央に大きな氷柱が入ってるので、時間が経ってもぬるくなりません♪
自分で勝手に注いでも勿論良いのですが、慣れてないと泡泡になるので、お店の方に
お願いするのも勿論あり。Platinum という、商品名かメーカー名かわからないのですが、
バドガールならぬ、プラチナ・ガールもいらっしゃいました♪

th_IMG_1249.jpg th_IMG_1254.jpg

んで、ちぇりなんかはこのタワー頼んでみたいがばっかりだったんですが、これがまた
うんまいねん!!ビールはあまり詳しくないんで、適切な説明が出来るか分かりませんが、
カテゴリはペールエール。地ビールでちょっとライト&フルーティーな感じのありますやん?
あの系統。普通はあんまり得意としない味なんだけど、なんかフレッシュでうんまいの!

他の方も同じだったみたいで、一口飲んだと同時に目を見合わせて、
「これ、美味しくない?!」と嬉しいサプライズをシェアしましたわよ♪
2.5リットルで280kドン=1400円。安い。。。ローカルのビアホイ程じゃないけど、
十分安い!!!この味とこのスタイルの提供様式でその価格!!しかも店員の手を煩わ
さないからってわけでもなくて、可愛いおねーちゃん、注いでくれるし!!(←オヤジ…)

こーら、おっちゃん連中も連れて来んばいけんねー、と思っているうちに次のお皿。
ソーセージー♪ これもデカイ♪

th_IMG_1242_20140807210030480.jpg

こちらは繊細さと言うよりは、ボリュームで勝負。
シャウエッセンのようなパキュパキュ感はないけれど、きめ細かくてしっとりモップリ
した生地が質の良さそうな腸皮にミーッチリと詰まってて、噛むと口の中で凄い存在感!

こちらも味は強すぎることはないのだけど、肉の味と程よい脂とブリンブリンする食感が
たまりまへんなー!!ビールだビールだー!!*\(^o^)/*

さらに、まだまだ食べれるねーってことで追加。
肩ロースを焼いてシュレッドしたものに、タップリのソースの一品。これはチョイチョイ
突きながら食べたい人にいい感じ♪ 

th_IMG_1251.jpg

あと、強力プッシュしたいのがこちら!ポークベリー=バラ肉のBBQ!
添えられてるゴロゴロ切りのものはジャガイモか?と思ったら、なんと熱の入ったリンゴ!!
ベトナムで売られてるリンゴってどこ産か知らないんだけど(この気候でもできるのかな)
紅玉みたいな酸味が強い物が多い気がするんだけど、こちらのリンゴもそのタイプ。
強い酸味に、熱する事で増す甘み。それがクリスピーに焼き上げられたバラ肉のと
すんげー良く合う!!んまい!!!

th_IMG_1250.jpg

んまくてお酒が進むので、更にここでワインのボトル追加ー!!(笑)
どんだけ飲むねーん!!!(笑)
そして料理は5人で5品ですよ。1人1品食べた計算。
すっごい楽しくって美味しくって、料理の見た目にもお店の雰囲気にもテンション上がりっぱなし♪

上がり過ぎてうっかりしてたけど、サイドディッシュにコーンブレッドがあったのに
頼めずじまい。更にはデザート!!後でよくよく見たら、揚げバナナにパイナップルの
蜂蜜グリル、アイスクリームサンデーに、アップルクランブル、MAROUのチョコを
使ったブラウニーとかあるー!!!抜かったー!!!ヽ(;▽;)ノ(←まだ食えたのか…)

これは…っ、これは近々再訪せねばなるまいよ!!!
来たれ肉好き!待ち時間には隣で宴会してればいいってことも分かった!
ちなみにこの日のお会計は、
一人420k。2100円、
もってけドロボー!!!

(↑テンション上がり過ぎて支離滅裂)

そら毎日満席で待ち必須になるわけだわさ。
行かれてる方もおおいのかもしれませんけど、まだあんまりたくさん情報が出てないみたい
なんですよね。ハイソな要素を期待するとアレですが(笑)
安くて美味しくて、ちょっと他では見ないゴーカイさ!

何種類もあるソースとか調理法はアメリカンだけど、デザートにはベトナムのチョコ
(MAROU)を使ってあったりさ。あれ、レストランのメニューに使うにはコスト
安くないと思うんだけど、地産地消の愛があるよね♪いい店だ!!
ガツンと飲んで食べたい時に是非是非どうぞ!


Quan UT UT
168 VO VAN KIET,Quan 1,


http://www.quanutut.com



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

スポンサーサイト

チーズ・サガナキをご自宅で!

サガナキ、というのは、ギリシャ語で「小さなフライパン」という意味だそうで、
他の素材を使うこともあるそうですが、一般には、フライパンで焼いたチーズを
そのまま提供するお料理なんだとか。はい、以前ご紹介した地中海料理のお店、

Saffron
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-3602.html

を訪ねた時に一番食べたかったお料理で、実際とても美味しかった一品。
実はそのとき、Saganaki というのはチーズのカテゴリー、もしくは固有の名称
だと勘違いしてました。。。ブログ内の訂正もしましたが、知識不足で、
長らく紛らわしい書き方をしてしまって申し訳ない(^^;

で、そのチーズ・サガナキ。
ギリシャ料理、地中海料理のお店ではかなりポピュラーな一品らしく、馴染みの
ある方には何を今更。。。と言われるようなお料理っぽいですが、日本で生活
していた際に、自分の周りにはあまり地中海料理がなくて、且つ、あってもこの
お料理が目につかなかった為、個人的には珍しいお料理。

それが。。。お家で食べれると言う♪
ま、チーズの種類は色々な物を使うらしいので、それらの中からチョイスして
小さなフライパンで焼けばそれがチーズ・サガナキ、ってことになるのかもですがw
チーズ選びを間違えると美味く出来ない。

トロけるチーズをカリカリになるまで焼く、というのは日本でも聞く食べ方ですが、
油が多く殆どが溶け出し、焼き上がりに食べられる量はとても少量。歩留まり悪過ぎw
また熱を入れるのに適さないチーズもあろうし、といってあれこれチーズに詳しくも
ないので、なんとなく家では作ってなかったのですが。。。


th_IMG_1877.jpg

ANNAM Gourmet Market にて発見!!
New Arrival の表示があったので、最近入荷し始めたのかな?
もしかしたら在庫が切れた後の再入荷、と言う意味だったかもしれませんがw
とにかく発見。Saganaki の文字もパッケージに強く出されてるし、こんがり
焼かれたイメージも描いてある。

お店の方に、これは焼いて食べるもの?と聞いたら、生で食べても悪くないけど、
フライパンか直火などで焼いて食べると格別ですよ!と教えてくれました。
というわけで、早速トライ♪

th_IMG_1878.jpg th_IMG_1879.jpg

極薄めにオリーブオイルを引いたフライパンを中火で熱してポイっ。
しばし放置。ですが、このチーズかなりしっかりしているらしく、数分しても
デレーッとなったりしない。そこを持ち上げ、チラチラ様子を見、いい具合の
焼き色が付いた所でひっくり返し、同じくらいの時間焼いて出来上がり。
多少油がフライパンに出ましたが、殆ど脂っ気が無い感じ♪

食感は…かなりしっかりしてます。
あまり良い表現ではありませんが、ゴムっぽい???(笑)
すいません、美味しそうじゃ無い表現で申し訳ないのですが、堅さと密度が
そのくらいあって、でも味わいはかなり濃いです。塩分もかなりあるので、
そんなに沢山食べれるものではありませんが、チミチミ齧りながらワインやビール、
個人的には焼酎とかもいけますね。酒飲みのおつまみとしてはとても優秀!

ただ本当に塩っぱいので、最初焼く時は量を少し少なめにしておいた方が良いかも。
写真サイズの物が2枚パックになって売られてて、二人で1枚ボーンと焼いたら
ちょっと多かった。。。(^^; あと、Saffron さんのとは味が違ったかな。
多分チーズの種類も違うのか、お店のはもうちょっとマイルドだった記憶があります。

ただ、クドくはないんですよね。脂っ気が少ないので。
少なめがいいな、というのは塩っけの強さに寄る所です。

価格は、200gで155kドン。
かなり水分量が少なく密度が高いので、ラップなどで包んでしっかり密閉しておけば
そこそこ日持ちもすると思います。うちは二人で1度に50g(全体量1/4)もあれば
十分だったから、4回程ゆっくり楽しめるかなー♪

もしかしたら他のお店でも扱っていrかもしれませんが、ひとまず、いまのところは
ANNAM グルメマーケットにて見つけましたー♪



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪



冷凍鶏胸肉 〜 南国で鶏ハム作る時は気をつけて!

ホーチミンに来て一番使ってるお肉は豚肉。
安いし美味しいし入手もアチコチで可能で便利。
牛肉は最近何度も登場している豪州殻の輸入牛肉屋さんがお気に入り。
でも。。。

鶏肉の使いやすいのがなかなかない(--)
烏骨鶏とか手軽に買えるのは個人的に嬉しいんですが、スーパーで売られてる
やつは身も細いし骨つきでさばくのも大変。生きてる市場のやつになると尚更の事。
ダシを取るにはいいんだけど、諸々の料理には今一つ使いにくくて…(^^;

もも肉は宅配ので良いのがあるよと聞いた事があるのですが、未体験。
あれもはやく試してみないとな。で、これまで使って来てたのが、胸肉限定
なのですが、こちら。

th_IMG_3316.jpg

でっかい(((ʘ ʘ;)))
胸肉だけで1塊が150gとか200gあったりすることも。
冷凍だけど、店舗に寄っては冷蔵解凍しているものもあります。
ただし、冷蔵温度が高い事がチョイチョイあって(おいおい…)真空パックながら
開封するとちょっと鶏の匂いが気になる経験があったため、私は冷凍の物を買って
自宅で使う時間に合わせて冷蔵解凍しています。

厚みもあって、用途に合わせて自由に切り出せるのがいいですし、味も悪くないです。
ただし、ホントにどんなでっかい鶏なんだ?????とは思う(^^;
輸入物かぁ。。。その辺調査が行き届いていないので、自己責任で御願いします。。

で、これを使った、最近お気に入りの調理法が簡単チキンカツ♪
カツって、食材に粉→卵→パン粉をつける行程が面倒だし台所は汚れるし…で
敬遠される方も多いかと思われますが、これは簡単♪


【マヨマスタード・チキンカツ】

5mmくらいにスライスした鶏胸肉、マヨネーズと粒マスタードを同量ずつ
ビニール袋に入れてモミモミ。量の目安は全体にタップリまぶさるくらい。

th_IMG_1769_20140821190638d07.jpg th_IMG_1770_20140821190638035.jpg

ビニールの中の空気を抜いて冷蔵庫で最低30分。私は翌日のメインにするべく、
前日からここまでやって冷蔵庫に寝かせておく事が多いです♪

で、お肉の周りにはネットリとしたマヨマスタードがついているので、
そのままパン粉をまぶして揚げる!!これだけ!!(笑)

th_IMG_2626.jpg th_IMG_3359.jpg

ちなみに ↑ 写真右は、頂いてたのに湿気させてしまったおせんべいを砕いて
衣にしたもの(笑) 作ろうと思った時にパン粉もパンも無かったので苦肉の策
ではあったのですが、これが意外と美味しかった。。。(笑)

マヨネーズの効果でお肉がしっとりなりますが、揚げ過ぎが厳禁。
5mmくらいの薄さにしておけば180度の油で表面がこんがりきつね色に
なったらOK。低すぎる温度でぐずぐずやるのも、高すぎる温度でガリガリに
するの、お肉のパサつきの原因になるので気をつけて。

家人曰く、「トンカツみたいな風味がするね!」とのこと。
マヨネーズのコクと粒マスタードの酸味がトンカツを食べる時に使う
ソースの酸味とリンクするのかなー。お肉自体はヘルシーだけど食べ応も
味にもボリュームがある簡単なチキンカツです。おススメ♡



【温かい国で鶏ハムを作る時の注意点】

ネットにも沢山レシピが出てますし、日本でもかなり流行った事があるので
ご家庭で作られた事がある方も多いかと思われますが、パサパサしがちな胸肉を
シットリ頂く定番レシピですね♪


味付けの分量はお好みですが、砂糖と塩は同量で、150gの胸肉1枚に対して大さじ1
ずつをミックスした物を使っています。最近は塩の代わりにライム塩を使うのも
マイブーム。写真の時はレモンハーブをプラスしました。


           th_IMG_3319.jpg
th_IMG_3321.jpg IMG_1258.jpg

 寝かせる時の注意点 



数日〜4日程冷蔵庫で寝かせる際、一度傷ませかけたことがあるんですよね、
ホーチミンで(^^; そもそものお肉の衛生管理状態の違いとかもあるだろうし、
気温や空気中の細菌の種類も違うと思うので、日本のつもりで同じ事してたら
よろしくないなーと実感した出来事でした。

で、寿k製時には、冷凍庫で半凍り→冷蔵→冷凍庫で半凍り→冷蔵を組み合わせて
菌の繁殖しにくい温度をキープしつつ、キンキンに凍らせて味がしみ込まないという
ことがないように調整してます。

 過熱時の注意点 

あとはラップでロール状にして常温にもどし、空気を抜いたジップロックに包んで
70度のお湯を張った炊飯器で小一時間。一番安心なのは温度計で内部温度が
安全な温度になったかを確認すること。63度以上で30分が指標となっていますが、
内部温度がそこに達してから30分ですから、50分〜60分くらいが適当かと。

 過熱後の注意点 


よくそのままお湯の中で放置、なんて書かれたレシピがありますが、真冬ならいざ
知らず、27度〜31度くらいが室温の事が多い南国ではまず温度が中々下がってくれず、
雑菌が繁殖し安い温度帯が延々キープされる事になってしまいます(@@)
恐ろしい。。。

ということで、加熱後はラップに包んだままの状態ですぐにタップリの氷水に
つけて素早く中まで完全冷却!


ちょっと手間はかかりますが、ヘルシーで美味しい鶏ハムはそのまま食べても
角切りにしてサラダに添えても、マヨネーズとサンドイッチの具にしてもいい
便利食材。日本でも昨年、某大手コンビニチェーンが売り出して大ヒットに
なってましたよね♪ 機会があったらトライしてみてくださいね♪


Tiep Thi & Gia Dinh

◯Intercontinental Asiana Saigon グランドフロア
(Sushi Bar 向かい)
◯Vincom A B2フロア




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪


Napa Wine Mart & Lounge 〜 ナパバレー専門ワインショップ

Nguyen Thi Minh Khai 通りにあるナパバレー専門のワインショップ。
表の装飾も凝ってると言うか、すごいワインのアピールぶりなので気になってる
方も周りに多く、勿論自分も気になってたので行って来ました。

th_IMG_1910.jpg


ワインショップは街中にも数あれど、こちらのお店はかなりの敷地を使ってます。
店内も高級感溢れる調度に統一されてて、応接用のテーブルや椅子も威風堂々。
残念ながら店内で試飲なり、飲食が出来るようには今の所なってない様子。

th_IMG_1911_2014082600143133d.jpg


店内入って直ぐ右手にはかなりの高さまで収納できる棚が会って、自分の視界に
入るエリアにあるものは、600kドン〜1300kドンと言った所でしょうか。
1ラベル(チャームって言うんですかね)につき、3品種毎のワインがあったり。

th_IMG_1912_20140826000954aa6.jpg

殆どのボトルが似た雰囲気だったのでお訪ねしたら、1ワイナリーのものだけを
扱ってらっしゃるご様子。ナパバレー全体のものをアレコレ扱っているのかと誤解してた(^^;
今後はどうなるかまだ未定とのこと。

に、しても、自分が良く知らないワイナリーのものを人に差し上げるわけもなく、
といって自宅のテーブルワインには3千円ものってちょっと予算オーバーなので(主婦だねー(^^;)
もうちょっとあちこちを見せてもらうと。。。入店して右手奥側のとの仕切りのように
なってる低めの棚に、お手頃ラインが。

どう言うランク付けか分かりませんが、どうやら同じシリーズで黒ラベル、赤ラベル、
ゴールドラベルってのがあるっぽい。赤霧・黒霧みたいだな。。。お値段は、
黒赤金の順に、210k, 220k, 230kドン。おお、超お手頃(笑)

というわけで、奮発して230kドンの金ラベルを買ってみましたよっ。(←ドングリや…)
まだ空けてないのでお味はわかりません。残念ながら接客してくれた女性はあまり
ワインに詳しくないのか、説明を求めてもたどたどしい感じの応えしか帰って来ずに
味の傾向も全く分からずのサプライズ(笑) 飲んだらまたレポします。

th_IMG_1915_20140826001017e03.jpg th_IMG_1916_20140826001247930.jpg


でもこの価格帯の物でも箱に入れてくれて
しっかりとした紙袋に入れてくれました。美味しくて気に入ったらこれ、手みやげに
お持ちするのにもいいかもねー♪

th_IMG_1914_20140826000954cdb.jpg


外から垣間見られる店内の雰囲気からはちょっと入りにくいかもしれませんが、
意外とお手頃なものもあったし、チョイスは少ないけれど、その分攻略しやすい
かもですね。ワイン詳しくないと、あまり品揃えが多い所に行くと逆に困ることも
多いから(^^; 

ナパバレー、先日の地震でダメージを受けたワイナリーもあると聞きました。
質が高く、バリエーションもあると聞くナパのワイン。試すのを楽しみにしている
のですが、好みだと良いなぁ。

ホーチミンにはフランス勢やオーストラリア勢の方が良く見かける気がするから、
是非頑張ってほしい。消費者のチョイスが増えるって、嬉しい事ですもんね。
そして被害の結果が大きすぎるダメージにならず、この先も美味しいワインを
沢山作ってほしいですね。
買ったのがもし好みだったら、アレコレ試してみようと思います♪

th_IMG_1925.jpg
th_IMG_1926_20140826001108728.jpg



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

HOTEL NIKKO 〜 噂の海鮮ビュッフェ!(経過情報あり)

**** 2014. Aug ****

さて、数年前に比べると、どうも評判が芳しくなかったこちらのビュッフェ。
その噂に関しては、前回の追記内でもお伝えした所ですが、結局その後自分で確認
しに行く機会も無いままで、どの程度の落胆を誘う物であるかも分からないまま
だったのですが…

とある、このブログの読者さんが、奥様と連れ立ってつい最近おいでになったそうです。
評判が落ちた、との情報をふまえた上で出向かれたそうなのですが、結果は。。。

奥様はお料理の多さを楽しまれ、その読者の方も海鮮料理を楽しまれたそう♪
もちろん、私が見たそれと人様の印象を比較する事は出来ませんから、以前の
レベルに戻ったのかどうかは定かではありません。例えば以前あった伊勢エビの
お刺身がある時と無い時がある、と言う情報も引き続き入って来ているし、
中には牡蠣すらも無かったことがあるという話も。

でも思ったんです。
絶頂期を知っている人には同じ値段でグレードが落ちたと感じる物に魅力がないかも
しれませんが、そもそもベトナムの高ランクホテルのビュッフェって、日本のそれに
比べると、食材・人件費に置ける低コストを武器に、比べられない程豪華ですよね(^^;

好きずきはありましょうが、多様な魚介類にカラフルな果物。ローカル・インター
ナショナルを取り入れたお料理群、最近はスイーツもかなり充実している所が多い
気がします。同金額(5千円〜8千円)で比べれば、日本のものはもっと堅実な
ラインナップに治まりそうだし、同グレードを期待すれば、そんな器楽では済まない気が…

ホーチミンにあっては他のホテルにも素晴らしいビュッフェのチョイスが沢山あり、
その中で優劣をつけてどこに行くかの優先順位をつけるのは当然。
なので、自分基準で納得いかない物に迎合すべし、とは思わないのですが、
例えば旅行者の方や、自分がアテンドするゲスト、ビュッフェ暦があまり多くない
方のチョイスを封じるような言い方をするのはどうかなー、と、ちょっと顧みた次第。

先のような書き方しているのを読めばあまり良い印象も無く、じゃ、他の所にして
おくか、と思われても仕方の無い所、敢えてトライしてくれた方が居て、その方に
とっては十分満足の行く物だったと言う情報、これはこれでとてもありがたい情報でした♪

私は私の主観による感想をここに書いて行くしかありませんが、多方面から頂く
ご感想を、別のご意見もあるよということでご紹介することも、読んで下さる方の
選択基準を広げるには有効じゃないかなと思っているので、頂いたご意見を本人の
ご了承のもと、転載させていただきました。

私も来月ゲストをどこかのビュフェに連れて行く予定なんだけど、
NIKKOもチョイスの一つに入れて検討しようかなー♪




**** 2014.02.08 ****

昨日、下記のURLがつながらない、との連絡をいただきました。
日本語の予約サイトがあるので、日本の方には便利なのですが、
他のデバイスから試してみても無効。。


現在ベトナム国外にいて、手持ちの連絡手段の具合がよろしくなく、
ホテルにも連絡がつかない状態です。ですので、ビュッフェの有無などが
未確認な状態となっています。
ちなみに先月半ばに利用された方は、HP予約フォームを使えたようです。


が。


私のレポとは、遠く離れた残念な内容だったとのこと。
イセエビはおいしかったらしいし、お酒を飲む方には、それでも5千円と
いう価格は日本では味わえないものと思われますが、その他の料理があまりにも
少なかったとのこと。。。。

私が自分の目で見たわけじゃないので、見方の違いかな、とも思ったのですが、
何分にも私が信頼する、食に通じた、そして私とのグルメ話にも共通項が多い方の
お話なので、事実事情を確認しにいかないとなーと思っているところ。


旧正月前だったので、ほかの店にもみられるコスト削減の一環かな、とも思ってますが、
他の方のブログでも、以前に比べると刻々と質が落ちているという話もあり、
下記のレポートを頼りに今後行かれた方を落胆させてしまう可能性が。。。
そもそもHPがダウンしているのを放置してるのも問題ですしね(^^;

というわけで、近々確認には行きますが、現在レポ内容と現状に差がある可能性が
あるようなので、ご注意願います。大好きなビュッフェだったのに、もしそれが
ほんとうなら残念だなー。。。





**** 初回訪問 ****

東南アジア、殊にベトナムのホテルビュッフェは、その価格と質の高さ、
味の良さ、日本人好みのテイストが多い事から、もっと旅行者さんたちにも
アピールして、旅の楽しみの一つにしてもいいんじゃないか、というが持論
なんですが。。。

HOTEL NIKKOの夜の海鮮ビュッフェ。
これはもう、ほんとに名前が聞こえてますね。
長くいらっしゃる駐在の方の中には月一で通う、と言われる方もおられ、
身近にいる食べ好きな方からも、あれはいいよ、とお勧めされた。

というわけで、行ってみない選択肢は無い!とばかりに勇んで出陣。
大変人気のビュッフェらしく、飛び込みで行くのは危険なので、事前に
電話予約をしっかりとして行きました。

ジャン。

th_th_IMG_4649.jpg

まずは牡蠣のお出迎えー♪
この日はフランス産の牡蠣でした。
実は最近ちょっとだけ金額が上がった事や、仕入れが変わったのかも?というのが
あったらしく、常連さんの中には、特に牡蠣は以前ほどではなくなった、との声も
聞かれたのですが、比較を持たないちぇり的には、十分満足。

th_th_IMG_4671.jpg th_th_IMG_4672.jpg

身こそ、日本の物のように厚くないけど、洗練されたお味で、何個でもチュルッチュル
食べれる感じ。牡蠣は補充されていたので、あんまり焦って取りに行かなくても大丈夫かも。
お刺身も解凍の仕方とかにすごく気を使われてるようで、日本で食べるにしても、十分な
レベルの物がでてきましたが、マグロに関しては早々に売り切れることもあるのでお早めに、
とのアドバイスを事前にもらいました(笑)

ちなみに牡蠣、ちぇりは殻ごとテーブルに持ち帰って頂きましたが、人に寄っては、
ディスプレイ箇所で身だけ取り出して殻を置いてってる人たちもいたなー。

テーブル上の使わなくなったお皿は、スタッフさんがこまめに引いてってくれるので、
あまり他の方のご迷惑になったり、ディスプレイを乱すのは美しくないと思うので、
あれもこちらではアリなマナーなのかもしれないけど、個人的には控えたい所(^^;

っちゅーか。。。
海鮮ビュッフェとは聞いてたんだけど、その他の料理もすごく充実してて、
会場が、広い。。。すごく、広い。。

th_IMG_4653.jpg th_IMG_4654.jpg

肉類やチーズ類、それに伴うパンもとっても充実してます。
目当ては他にあるから、それらにはほとんど手を付けなかったけど(笑)

th_IMG_4652.jpg th_IMG_4655.jpg

とりあえず全体を探検してみたら、
スイーツもすんごいスペースを取って並べられてた!
胃袋カートリッジ、欲しいー(><)

      th_IMG_4659.jpg
th_IMG_4656.jpg th_IMG_4657.jpg

では、そろそろ本命にいきましょーかー♪
はい、ドン♪

th_th_IMG_4662.jpg


赤いポッチリつけてますけど、チエちゃんじゃないよ♪(古い。。。)
伊勢エビさーん(≧∇≦)

日本では高級食材の伊勢エビさんでらっしゃいますが、名前からのイメージで、
お伊勢さん周辺の特産なのかと思ってましたら、最近は九州の方でも伊勢エビ海道
なんて物が賑わってまして、伊勢に限らず色んな所で人気者。もっというなら、
これ、熱帯の方が育ちやすい種類なんですってね(^^;

こちらのホテルで出されていたのがベトナム産なのか、たとえばオーストラリアなど
殻の輸入物なのかまでは今回は聞きませんでしたけど、どちらにしても、少なくとも
日本と同じくらいに有利な環境ではあるようで、個人的にはこっちの方が育ちやすく、
結果として、ビュッフェ=食べ放題に出す食材に出来るほど、豊かにあるのだろうなぁ、
という見解。それでも高級品に違いは無いのですが、手の届く贅沢、といいますかね。

伊勢エビが良い食材であり、お客さんに喜んでもらえるということは、スタッフも
もちろん肌身で感じて知っておられるようで、調理前の大量に並ぶ伊勢エビに驚嘆
してると、それはもう嬉しそうにシェフが出て来て色々と解説を(笑)

調理方法には、刺身/茹で/バター焼き/チーズ焼き/タマリンドソース炒め/チリ炒め
バジルソースなどなど、その日に寄って色んな調理法があるようで、量と調理法を
指定すると、その通りにしてくれるという仕組みらしい。ただし、あくまでセルフ
サービスなので、調理に時間がかかる場合は、再度、もらいに行く必要がありますが。

というわけで、写真、いきましょーかぁ!
まずはお刺身!

th_th_IMG_4674.jpg

そしてバター焼きに伊勢エビの天ぷら!

th_th_IMG_4673.jpg th_th_IMG_4684.jpg

めっちゃお気に入りだったのは、タマリンドソース!!

th_th_IMG_4680.jpg


タマリンドってのは、南国ではポピュラーな植物で、豆状のさやの中に
入ってる甘酸っぱい実の部分を使うんですが、ジュースにしたり、エビ・
カニを炒める際のソースとして使われる事が多いです。日本ではあまり馴染みが
ありませんが、肥満防止だったり新陳代謝の促進にも良いと言われてる
昔は薬としても使われていた食材なのです♪ちぇりの大好物(*´艸`*)

他にも,シンプルに茹でた物も、ベトナムの定番、ライム塩で食べるととても
美味しかった♪ ってか、結局独り、多きい伊勢エビ、2匹半〜3匹分は
食べたような。。。 とはいえ、当初目標ではもっと食べれるつもりだったん
ですけどね。。。だいぶ胃袋戦力が落ちて来ている。。。

意外だったのは、一番期待していたお刺身がそうでもなくて、火を入れた
もののほうが食が進んだということ。お刺身も十分おいしく、歯応えはプリップリ
なのですが、日本で食べるエビ・カニのお刺身のような甘みが少ない。
これ、こちらの魚介全体に言えることなんですが、アッサリしたものが多いんですよねー。

ちぇり的には、北海道の牡蠣や他の貝類の味が澄んでいる事から、北の海、
冷たい海だと雑雑したものが省かれて、それを摂取する生物の味もシンプルに
なるのだろう、と勝手に思っていた節があり、これを南の温かい海に当てはめて
想像するに、どんなややこしい味わいなのかと思ってたのですが、ベトナム産の
牡蠣にしてもホタテにしても、実に味がさっぱりしている。

生で食べるにはさっぱりしすぎていて、熱を通して旨味成分を引き出して、やっと
ちょうど良いくらいになる。更には、タンパク質というのは加熱した方が消化吸収が
よろしいですから、結果それが食べやすい、という所に繋がり、今回も、
お刺身よりも、火を通したバター焼きやらタマリンドソース炒めに圧倒的な軍配が。

火を通したエビと言うのは、灰汁も強くなり、そんなに食べられるものではない、
と思ってたけど、ベトナムで頂く分に関しては、火を通した方が食べやすかった(笑)
こうなると、チーズ焼きにまでたどり着けなかったのは口惜しい。。。
次回は初手からガンガン火を入れたエビを楽しみたいと思います(笑)

ちなみに、今回は手を出しませんでしたが、カニも食べ放題です。

th_th_IMG_4735.jpg

チミッと面倒くさいなーと言うのがあって、エビに集中していたのですが
こちらのカニさん、結構な大きさ。これなら食べ甲斐があったかも?(笑)

他にも食べた見たいお料理は数々あったのですが、胃袋に余地がなく。。。

th_th_IMG_4668.jpg th_th_IMG_4665.jpg

でも、パスタだけは食べてきましたっ。
美味しいと噂だったので。

th_th_IMG_4689.jpg


生麺をディスプレイされていて、その日用意されてるソースメニューから
選ぶと、その場で調理をしてくれます。なるほど、生麺だったら茹で時間
少なくて澄むし、実演提供するには向いてるよなー。乾麺を使う際に、アルデンテ、
という概念が殆どないと言われるホーチミンで、生麺だから美味しい、と思われ
てるのかなー、なんて思ってましたら。。。

th_th_IMG_4696.jpg th_th_IMG_4698.jpg

うまい。。。。
特に左のジェノベーゼ。。。右のアラビアータも美味しかったけど、
ジェノベーゼ、作るの見てたらジェノバソースにクリーム混ぜて、更にチーズ
(多分パルメザン)もダッパダッパ使ってた(笑) 

で、最終的にバジルの爽やかさを生かしながらも、ものすごく奥深い味になってて、
パスタの専門店で食べるよりもずっと美味しい。というか、過去食べて来た
ジェノベーゼの中で一番美味しかったかもしれん!!!

これは!!!というわけで、そこで食欲に火がついてしまい、
フォーも食べてしまいました(え?)

th_th_IMG_4710.jpg


いやー、ハイアットのビュッフェで食べたフォーが美味しかったもんで、
こういう場所のフォーも,チャンスがある時に食べておくべきかなーと思いまして。。。
(言い訳女王)
これは、まずまず。フォーの麺を使った炒め麺もあって、いろーんな具材を
自分で指定して作ってもらえるシステムだったみたい。ものすごく惹かれたけど、
さすがにもう無理。。。。

th_th_IMG_4705.jpg

デザート以外は(*´艸`*)
これがまた、海鮮ビュッフェメインだというのに、ものすごい数の種類が取り
揃えられてるし、一つ一つがすっごく丁寧。レモンメレンゲなんて七面倒臭い
ものも、とても美味しく仕上げられてたし、小さなグラスにあしらわれた
ゼリー類、特に杏仁豆腐とおぼしきモッチュモッチュの冷や菓子はドンブリで
食べたい勢いだった(笑)

あ、言い忘れてましたが、こちら、フリーフローのドリンクもついてます。
スパークリングワインに赤、白。ビールや、お酒を飲まない方にはジュースもあった。

th_th_IMG_4697.jpg


さて、これでおいくらだったかと言いますと。。。
税サ込み込みで、1,000kドン弱。
今のレートだと5000円弱、と、少し前に比べたらちょっと割高になりましたが、
ワイン飲み放題付き、伊勢エビ、カニ、牡蠣、その他の料理にスイーツ食べ放題で
その値段ですよ!!!どーですか、これ!!!

ぶっちゃけ、ローカルの海鮮料理のお店で食べても、そこまで安くはありません。
食べる側のキャパにも寄るけど、これは本当にお得な価格!

他一流ホテルのディナービュッフェはどうかというと、ドリンクに制限が
あったり、料理内容がここまででもなかったり、価格がもっと高かったりなど色々
あるので、日本人のエビニーズやらカニニーズの高さを考えても、総合的にはこちらが
一番バランスが良く、エビカニ好きなら楽しめるんじゃないかなー、という見解。

これ、もっと旅行者とかにアピールしてもいいんじゃないかなー。
友達に話したら、これ目的にベトナムに遊びに来てもいいかもしれない!
とまで言ってましたよ(笑)

旅のニーズもそれぞれですが、こんなビュッフェ、日本じゃ中々お目にかかれない。
しかもこんな価格では、中々難しい。
更に言うなら、スタッフさん達がどなたも大変楽しそうに、そして誇りを持って
お仕事をされてる様子が、大変居心地の良い空間を作ってた。

ビュッフェって、ドシャーッと人が押し寄せるイメージで、ちょっとなーってのが
あったんですが、こちらの、それなりのホテルになると、その辺のマナーも心得え
られてる方が多いし、そもそも客に焦りを覚えさせるようなサーヴの仕方をしてない。
常に補充し、なくなるかもしれない、なんて心配はさせないような配慮がされてる。
その辺も、

『ベトナムに来たらぜひ、ビュッフェを楽しもう!』

と、推奨している所以です。
なんにしても、幸せな夜でした♪
飲み食いが大好きな日本の友達、みんな連れて行きたいわぁ♪

再度言いますが、かなり人気のビュッフェなので、当日とかだとお席が無い、
という事もあり得ます。思い立ったら、そして日にちが決まったらなるべく早い
段階で、電話予約されて下さい。少々片言英語でも、外国人対応に慣れてらっしゃる
スタッフさんが、丁寧に対応して下さいます。間違いが無いように折り返し電話も
してくれたし、人気のビュッフェだけあって、対応もきちんとされてます。

もしくは、ホームページからの予約も出来ます。
ラ・ブラッスリーというレストランで、PrtyTypeという項目で、Buffetを選び、
その他の必要事項を記入すれば大丈夫。リプライがあると思うので、それを
スマートフォンなどに入れて行けば完璧ですね♪

http://www.hotelnikkosaigon.com.vn/jp/restaurant_booking.php?id=4


エビはしばらくもういいかなー、と場所をあとにしたちぇりですが、
翌日、既に(次はいつ頃が良いかな。。。)とか思った事はナイショです。。。(笑)
みなさんもぜひ、機会があったらお試し下さいね♪


Hotel Nikko
http://www.hotelnikkosaigon.com.vn/jp/index.php

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村

Nam Giao 〜 ヘムの奥にあるフエ料理♪

以前に聞いた事があったんだけど、なかなか行けてなかったお店。
場所はベンタン市場にほど近い Le Thanh Ton 通り。
正確にはレタントンにあるヘムの奥に入った所。通り沿いはこんな感じ。

th_IMG_1889_20140825211558adf.jpg

なんかたらと「HUE」と言う文字の入った看板が。挙句に、ヘムの入り口右には
MON HUE (フエ料理のチェーン店)が(笑) とにかくこの一角、フエってますw
入って行くのはここですね。↓

th_IMG_1890.jpg

50mくらいかなー。(←距離感取るのヘタクソなのでいい加減)
マニキュアなどを施すお店が両側に沢山あって、おねーさんどう?どう?
と聞かれますが、お腹空いててそれどころじゃないのでニコやかにスルー。

で、突き当たりまで行くと、右手にも左手にもレストラン!
どっちもフエ料理かな?

th_IMG_1893_201408252116001e0.jpg th_IMG_1892.jpg

左右だけど、歩いて来た道により近い右の方が先に目に入って来ます。
ドアが閉まってて、室内が冷房効いてるのかなってイメージなのが右側。
少なくとも1階はオープンスペース(2階があるかは不明)。すごく暑い日だったので、
冷房が恋しくもあったけど、この日の様子では左側のお店の方が圧倒的に客が多い!!

ベトナムで食事どころを選ぶ基準の大きな一つ、「人が入っている所はうまい」を
躊躇無く選択。過去に天の邪鬼根性で、たまたま空いてるだけじゃないかなって
入ったガラ空きのお店で美味しかったためしがなかったもんなー。その後すぐに
潰れたりしてたし(^^;

         th_IMG_1900_20140825211710988.jpg
th_IMG_1894_20140825211600a03.jpg th_IMG_1895_2014082521170793a.jpg


シンプルな店内。写真入り・英語ありの分かりやすいメニュー。
奥まっているとはいえ、場所柄外国のお客さんも多いんでしょうね♪
1枚もののメニューもあったけど、本状になってるグランドメニューもありました。

th_IMG_1898.jpg th_IMG_1899.jpg

フエ料理ってなんとなく蒸し物が多いイメージ。この日は麺を食べたかったので
麺中心に見てましたが、小さな器に生地を入れて器ごと蒸すバイベオなどもあり、
頼んでらっしゃるお客さんも結構いました。

で、今回頼んだのはこれ。シジミの汁なし麺♪
ってかメニュー見て汁有りかと思ってたので、ちょっと肩すかしw

th_IMG_1902.jpg


でも小椀にスープがあるからいっか。
もちろnシジミスープ。薄めだけど、塩っ気はあとで足せるし、余計なもんが入って
無い感じで優しいお味。そして麺は。。。


th_IMG_1903.jpg th_IMG_1904.jpg

バインカンみたいな太めの麺。
そして無数のシジミの身!

フエ料理にはこのシジミの剥き身を使った麺料理や米料理などがありますが、
これ、見るたびに途方に暮れる。。。流石に機械剥きなのかなぁ。。。
もしや、人海戦術でやってるかもしれない、とか想像すると、意味もなく途方に
くれてしまうのです(^^; 真偽不明だからホントに途方に暮れる意味ないんだけど(笑)

他にはパクチーやネギ、モーニンググローリーかなぁ?よくフォーに付いてくる葉っぱ
類は一通り入ってた気がする。どれもかなり細かったり小さく刻まれてたので
混ざりやすいです。それにカリカリに揚げたなにかクリスピーナもの。クルトン的な?

で、どうやら底の方に調味料が少量沈んでいたようなので、しっかり混ぜて食べた方が
いいです。馴染みが悪いなと思ったので、私はスープを少量麺の器に移して混ぜ混ぜ。
お行儀悪いかな(^^; プラス、ピーナッツバターのように滑らかなタイプのマムトム
(エビを発行させた塩辛い調味料)があったのでチョイ足し。

うんうん、ダシの効いたタレの味、様々な薬味の香り、食べやすいし麺がプルプルで
ワシワシ食べられる♪ ただし!麺がすごく少なくて、薬味と言うか野菜類が麺と
1:1くらいかなー。全体量も少なめな上に炭水化物少なめなので相当軽い。。。
なんだったらもう一杯その場で頼んでもペロッと食べれそう(笑)

こう言うのに慣れると、日本のうどん食べる時に野菜が無さ過ぎて罪悪感感じちゃう
ようになるんですよねー(笑) 量的には物足りないけど、身体にはよさそう♪
ダイエットにもいいかなー。うん、その後甘いものを何か食べたりしなければ(笑)

この辺、結構買い物に来たり、旅行者の方をご案内することもあるから、小腹が
空いた時とかにちょっとご案内するのにいいかもなー♪ 全体に価格もお安かったし、
また次回は別のお料理食べてみたいと思います♪


th_IMG_1901.jpg



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪





Quan Nam Giao

昼総合点★★★☆☆ 3.1



関連ランキング:ベトナム料理 | ベンタイン市場周辺


殻付きのマカダミアナッツ!!

先日お友達と寄り集まった時に持って来てくれた方が居て、
ワタクシ、初めて見たのですが。。。


th_IMG_1298.jpg


わーーーっ、こんな風になってるんだ!!
マカダミアナッツって、あれだわ。ハワイのお土産のチョコレートに入ってるやつか、
フレーバード・ローストされて缶々に入ってるやつしかしらなかった(^^;

かなり厚みのある殻には、おそらく電ノコみたいなので切り込みが入れられてて、
それに付属の金属の道具を差し込んで、クイッと捻って殻を割るようです。

th_IMG_1299.jpg th_IMG_1300.jpg

中身は強く味をつけてるわけじゃなくて、マカダミアナッツ本来のコリュコリュ
っとした食感と穏やかなナッツの風味。個体差なのか割る加減なのか、割ったあと、
身がコロン♪と出てくる物もあれば、殻内側にヘバリツイてフォークなどでグリグリ
砕くようにしないと食べられない物などあって、歩留まりはちょっと低いイメージ
でしたが(笑)、食べ過ぎなくていいかもね?(笑)

日常に気楽に食べようとすると手間だったりもったいなかったりするかもだけど、
これ、お土産に上げたり、この日みたいにホームパーティの場に登場させたら
盛り上がるんじゃないかなー♪ 珍しさだけじゃなくて美味しいし、且つ日本人にも
馴染みが全くない訳じゃないから初めての人もトライしやすいし♪

自分が買いに行った訳じゃないのでお店の様子はわからないのですが、
アンドン市場の中にあるお店の物だそうです。
うーん、まだまだ自分は手薄な市場だわ。。。
是非このお店、行ってみなくちゃ♪


th_IMG_1297.jpg



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪



山小屋 〜 筑豊の懐かしの味♪

『ちぇりさん、山小屋ってラーメン屋さんが出来てますよ!』

との一報がお友達から。
おーーー!!ちょうど数日前に行ったマッサージ屋さんで名刺を見つけて、
ん?こんな店あったかな??ってチラッと思ってたとこだった!!
って…

th_IMG_1774_2014082100265088c.jpg

うっわー、喜神さんの三件隣や(^^;
えーっと、何か呼び方あるんでしたっけ、こういうの。ガソリンスタンド屋の向かいや
隣がガソリンスタンドとか、電気関係のお店が集中しているエリアとか、同業種の店が
近くに集まるやつ。あの効果を狙ってるのかな。。。

で、山小屋。
福岡エリアの方にはおなじみかと思いますが、九州筑豊ラーメン山小屋。
あのチェーン店です。アレのホーチミン支店。海外支店としてはミャンマーに
先行して一号店を出されてたそうで、ホーチミンは海外二件目だそうです。

いやー、久しく行ってなかったな。
九州を離れてもう8年だし、九州に居る間も当たらし店が次々出て来てそっちの
味を追いかけるのが楽しかったから、ヘタしたらもう20年以上食べてない(^^;
40年以上続く老舗なので、物心ついた時から身近にあって、今程ラーメン戦国状態
ではなかったため、小さい頃は割と連れてってもらってたけど、大人になってからは
めっきりだったなー。

          th_IMG_1776_20140821002653f65.jpg
th_IMG_1778_20140821002654942.jpg th_IMG_1779_20140821002655810.jpg


写真入りの丁寧なメニュー、替え玉の説明w、昔懐かしい手回しの胡麻擂りが卓上に
あるなど、知ってるお客さんには懐かしく、初見の方にもお心遣いが感じられるね。

th_IMG_1783_20140821002701df7.jpg

この日は一階しか見てませんが、和を意識しながらもスッキリとシンプルに。
清潔感のある店内でした。

で、この日頼んだのはベーシックな「ラーメン」と「餃子」。
ラーメン120kオーバーかー。これがベースでプラスαのメニューは勿論それ以上。
ワンポーションが少なめとはいえ、ラーメン80kドンで出してる喜神さんのことを
思うと中々強気に攻めてますね。これはどうしたって比べてしまう(^^;

で、まず餃子が来たのですが。。。

th_IMG_1784_20140821002722d8b.jpg th_IMG_1785_20140821002725f09.jpg

日本の山小屋の餃子の記憶が無いので、これが本家の味かどうかはわかりませんが…
具がタップリ、なのはいいけれど、餡に水分がありすぎるのか、焼きたてなのに
ぺっちょりしてる。噛んでも肉汁が溢れる、というよりは、べにょんとしてる。 

出来がどうのというよりは多分、こう言うタイプの餃子なんだな。きっと。
なのであとは食べる人の好き嫌いに委ねられるって感じでしょうか。
ワタクシ目には、ちょっと辛かった。喜神さんの餃子がスタイルがあって好みだった
だけに、落胆ひとしお。二つ食べてギブアップ。

でもラーメンは。。。

th_IMG_1786_20140821002725e43.jpg th_IMG_1787_201408210027268a7.jpg


安定感ありますねー♪ すごーく奇麗にまとめられてる印象♪
麺は福岡人には嬉しい風合い♪細めストレート、堅さについては何も言わずに
御願いしてたら、気持ちギリギリ固めがデフォ。わかってらっしゃる。
その堅さがあるから極細麺でも輪郭がしっかりと立っていて、
そのひと筋ひと筋が喉を撫でつつ滑り落ちるのが、また美味しい。

スープに関しては、個人的には成立しない日本語の使い方なんですが、
『食べやすい豚骨スープ』。
丁寧で真摯で誠実な、そして穏やかなイメージ。

久留米やら博多のクセのある所のやらになるともう、店の前通っただけで獣臭に溢れ、
極端に油っこい。ちょっと酔っぱらった時に嗅ぐと具合悪くなる、くらいのキョーレツ
さがデフォになってる身としては、こちらのスープは少し奇麗すぎる気もするのですが、
獣臭に溢れたニッチな層しか狙えない店出してどーすんねんって話でね(笑)

それよりなにより、どことなく懐かしい気がするんですよ、昔食べていたもんで。
獣臭も油ギトギトもなく穏やかに始まって、まろやかなスープをやんわり頂き、
するりするりと麺と具を胃の腑に落として締めにまたスープをクミクミ。
一連の作業がとても滑らかに静かに運ばれ、静かに終わると言う感じ。
バリエーションは色々あるようでしたが、これは食べ飽きしなさそうだなー。

対して、今ホーチミンのラーメンの中で一番お気に入りの喜神さんのラーメンは、
小降りの丼の中に強烈なファーストインプレッションがあり、そこから多様な
山有りカーブ有りで面白いけど忙しい(笑)

なるほど、これなら二件が近くても競合しないね。そもそものスープのお味もですが、
ラーメンのタイプが全く違う。この辺に行けば手頃なラーメン屋さんのチョイスが
二つあるね、ということになれば、一件の時だけ寄りもラーメン屋さんがあるあたり、
と言うイメージをしてもらいやすくなるし、全く違うタイプのお店が二つあるとなれば、
どっちにも行ってみよう、今回はこっち次回はあっち、と言う風に、このエリア自体に
足を運ぶ回数が増えてくれるかもしれない。

またちぇりなんぞは、ラーメン自体、そんなに頻繁に食べに行かないので、たまに
食べるなら、と、ジェットコースターのようなインパクトのある物を選びがちだけど、
ラーメンをしょっちゅう食べる方には、穏やかーな味の物の方が回数食べに行きやすい
かもだし、実際どっちのタイプのお客さんもいらっしゃると思うので。。。

これから先が楽しみですね♪
中華料理やベトナムのローカル料理店が結構ひしめくこの界隈。
ひときわ目立つ、ラーメン2件。相乗効果で、どっちも繁盛してくれるといいですね♪


th_IMG_1803.jpg
th_IMG_1804.jpg




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Grana Padano 〜 グラナパダーノ

Metro
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-3684.html


で買ったチーズ。
既に切り分けられてパックされたものが棚に並んでいるだけなので選ぶ楽しみは
少ないかもしれませんが、価格も明確に書かれているし、お手軽に替えます。
価格は、300gで200kドン前後=千円くらい。

日本のサイトで見てみると、同じグラナパダーノでも質の善し悪しがあるのか
価格差が見られましたが、ブロック状の物だと同じくらいの量で倍額くらいの
販売価格をチラホラ見たので、ホーチミンで入手するのは割とお得と言えるかも。


th_IMG_3801_2014082022122782e.jpg


日本人に馴染みの深い、パルミジャーノ・レッジャーのと良く比較されるチーズ
のようですが、格から言うと、パルミジャーノよりお手軽な部類になるそう。
ただし、イタリアの伝統食材の良質さを示すDOPを取得しており、また熟成期間の
違いから味の違いはあれど、決してパルミジャーノに劣る、というわけではなく、
むしろ、クセが穏やかで気持ちシットリと柔らかいグラナパダーノの方を好む方も
多いとか。

実際、アミノ酸の旨味がギューーーーッと詰まっていて、薄く薄くスライスしても
味わい深い♪ ちみっちみと齧りながら飲むビールやワインの美味しい事♡

また、香りやクセが確かにそんなに強くないので、

・トーストやお好みのパンやクラッカーにに乗せて
・サラダにトッピングして
・細かく擂り下ろしてトマトソースやクリームソースの旨み調味料として
・卵料理…スクランブルエッグに混ぜ込んだり、目玉焼きに黒胡椒とトッピング

などなど、かなり幅広く使えた為に、あっという間になくなりました(^^;
そうやって使う時に、その柔らかさから生まれる削りやすさもあってよかったです♪
おろす際にはチーズ卸しを使ったのですが、スライスする時にチーズスライサーを
持ってなかったので、私は野菜のスライサーを使いました(笑)
 
ワイングラスを用意して、オサレなサラダやパスタを並べ、野菜のスライサーで
チーズを削ぐのは大変色気の無い事でしたが(笑)程よい厚さにスライスできて
ちょうど良かった♪ 使い方に寄ってはピーラーなんかもいいかもですね。
(いーからスライサー買いなさいよw)

日本では家に常備した事は無くて、たまに行くお気に入りのレストランで、
大きな塊の状態のグラナパダーノの中部分にくぼみを開けて、茹でたてのパスタを
入れて絡めて食べる、と言う機会以外に口にした事が無かったのだけど、
これは常備決定ですね。

残念ながら先日行った際のアンナムマーケットには置いてなかったので、
(パルミジャーノはあった)またMETROに行ったらまとめ買いしようと思います♪ 


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪




チーズについて、記録を残そうと思います

ベトナムは食にもフランス文化が色濃く残っているようで、ワインやチーズが
身近にたくさんありますね♪ ヨーロッパにお住まいだった方の話によると、
当然ながら現地価格よりかは高くなってて買いにくく感じることがある、との
ことでしたが…

日本の田舎に住んでた物としては、これだけの種類が身近にあるだけでとても幸せ(*´ω`)
東洋や大阪なら遜色ないのかもしれませんが、買おうにもこんなに充実した種類は
身近に無かったし、通販だったら買えるけれども、なにせ知識が無い物だから、
画面の情報だけを頼りにあれこれ買おう、というモチベーションが中々上がらん。。。

ということで、チーズを好きは好きだったけど、あまり接する機会がないまま
来てたんですね。しかしホーチミンにいれば身近に接する事が出来るし、ワインこそ
日本に比べると価格が高いですが、チーズは結構日本より安い物も多い!!


b42f91d042c2fa861a40d4d647cb86227e3946091403613993.jpg


日本で年に一度、期間限定で売られるモンドールっていうチーズを大枚5000円〜
6000円、年に一度の贅沢だー!と、気合いを入れて買ってたのですが、それが
ホーチミンでは3000円もせずに売られてるのを見た事があります(^^;

調べたら日本はチーズに関して、税金が色々つくみたいですね。
ベトナムのそれがどうなのか詳しい数字は知らないのですが、その辺の絡みで
消費者価格に差が出てるのかな。一律に日本より安いわけではないと思いますが、
見た事も無いチーズに接する事が出来るだけでも個人的には大チャンス♪
ホーチミンにいる間にチーズと仲良くならない手は無い!!

ってことで、ちまっちまと買ったチーズの感想を書いて行こうと思います。
あくまで私個人の感想でしかなく、チーズについての知識も経験もかなり低いので
専門家の方には突っ込みどころ満載になるかもしれませんが(笑)
いろんなチーズを主婦が買うとこうなります、的におおらかに見て頂けると助かりますm(--)m


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪



Food Conexionフードコネクション〜精鋭のランチビュッフェ!

***** 2014.. Aug *****

フードコネクションさん、私の中ではホーチミンのランチビュッフェをリクエスト
された際、まず一番におススメしていたお店なのですが。。。
最近、行かれた方から情報を寄せて頂きました。

『グラスポーションの前菜がなくなっていて…
 内容的にもちぇりさんが行かれた時より落ちてたかも… 』

とのこと。なんてことっ。
メインはともかく、あのビュッフェが特徴的であったことの一つに、
グラスポーションの美しさ、美味しさ、種類の多さがあったというのに、それが
削られてしまっていたとなっては魅了が半減。。。。


以前に別の記事でも書きましたが、オープン当時は華やかにして集客に勤め、
ある程度固定客がついたり客数が安定してくると質を落としたり料金が上がったり、
という変化が見られる事が少なくない、と聞いた事があります。

自分自身はそれをあまり如実に目の当たりにした事が無いし、今回も自分が
体験したことではないのですが、日頃からこのブログを読んで他のお店にも
行ってくださってる読者の方からの情報。信頼できるだけに残念至極。

私も次回行った時は気をつけて比較してみますが、これから行かれるご予定の
方がいらっしゃいましたら、私の以前書いた記事だけでは片手落ちになりそう
ですので、そう言う情報があったということを念頭に置いてお出かけになって
いただけると助かります。

***** 2013. Nov. *****

久しぶりの食べレポです♪
そろそろベトナムご飯だけのサイト作って整理しなければ,と思いつつ、
あれこれジャンル問わずの食レポ&ごっちゃネタになっててすみません(^^;

が、それをやってから、とか言ってたらいつになるかわからないので、
とりあえずぶっ込んどきます(笑)

ホーチミン、色んな食があって楽しいのですが、殊にすばらしいなぁ、
と思うのが、ビュッフェ。ホテルのビュッフェ、レストランのビュッフェ、
お手軽な物からゴージャスな物まで色々なのですが、おしなべて、質の
高い物が多い!!!

今回も素敵なビュッフェに行ってきましたよ!!
場所は、ベンタン市場からもうTran Hung Dao という通りを
少し西に行った所にある、Pullman Saigon Hotel 3F
Food Connectionというお店。
1~2ヶ月前にオープンしたそうです。
ちぇりが日本にいる間になんてこと。(←何の権限もありません)

真新しいビルはまだ塗装や建材の匂いがするほど新しく、泊まった方の
話に寄ると、サービスはいいけど、ちょっと匂いが気になるなー、との
ことでしたけども、レストランはさすがにこなれてきてました。

☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り


イタリアンモダンな感じの、シック&ゴージャスな内装。
やだお洒落(*´艸`*)
そして料理が配置されてるエリアは奥行きも広く、とーっても開放感ある様子。

☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

なにがいいって、こちら、ディスプレイが逐一奇麗なんですよ!!!
お野菜は、生野菜のサラダではなく、グリルドのものがおおかったのですが、
パプリカ、なす、ズッキーニなどはこんな感じに盛られてました。

☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り


一口大にカットされた生春巻きやカプレーゼは、ワンポーションずつ
小皿に盛られているため、取りやすくもあり、取った後のディスプレイ棚も
乱れる事無く美しい。グラスに入ったお肉と野菜のコンビネーションも奇麗ですね♪

☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り ☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

お寿司は、裏巻き中心の巻き物に徹してました。
コストが限られる中、下手に質の良くないネタを持って来て握りにするより
ずっと好いと思います。更にシャリにはかなり気を使っているらしく、気持ち
柔らかめ。でも、長時間空気にさらされる事が必要なビュッフェでは、
これも正解だと個人的には感じました。

☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り ☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

サーモンとアボカド、シーチキンなど、想像突きやすい物もあったのですが、
一つ、何かを甘辛い感じに味付けした上、クリスピーナ食感に仕上げた物を
巻いてたんですよね。あれ、招待がわからなかったけど、すごく美味しかった!
し、ああ、寿司にこういう食感のものを合わせても面白いなぁ、と、ちょっと
感動。あれ、今度行った時に正体聞こう。

↑左の写真はミートパイ!!!と、奥がベーコンのパイですって。
薄めに焼かれてたから最初ピザ??って思ったのですが、珍しい。
で、またこれが美味しいの!!

フィリングの水分を極力無くした状態に仕上げてある為、折パイの生地も
具合よく焼け、生地も具材も味わい深い。悲しいかな、これをガツガツ
食べてしまうと他の物が食べられなくなってしまうので一切れだけで我慢
したけど、あれ、売ってくれるならホールで買って帰りたい。。。(笑)

諸々取って、こんな感じ。
カトラリーやお皿もシンプルだけど好きなデザインだったなー。

☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り ☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り


チーズは4、5種類と少なめだったけど、10種類あったら全部食べるか
って言われるとそうでもないから、個人的には十分。カマンベールやゴーダ、
エメンタールなどあって、ご多分に漏れず素敵無クオリティでした。
ホーチミン、チーズ文化、高い。

☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り ☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

その代わり、といってはなんですが、ハムが個性的な物が多く、種類も
豊富で楽しかった! ビュッフェでは出来るだけ沢山の種類を食べたいので、
一種類、1切れ、1口と自分を律してるのですが(それ、律してるのか?)
ハム、美味しすぎて何種類も二度お代わりした(笑)

ウォーマーにかけられたお料理の蓋は透明で、湯気がこもってなければ逐一
開けなくても中が確認できる仕様。他のお客さんはバッカバッカ蓋を開けて
見ていたので、それがマナー違反という感じでもないのですが、あっちも
こっちも開けては取らずに見て散らかすことがあまり好きじゃない人には
嬉しい心遣い。


あと、ビーフシチューもおいしかったなー。
すごいボリュームのお肉なんだけど、ふぉーっくりした食感に煮られてて、
デミソースほど重くない、ちょっとベトナムチックに甘みを加えたソースが◎。

$☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

お肉とガロ煮の人参だけ取って行こうとしたら、

『あ、ぜひこれも。。。』

と、料理表面にあしらわれていたハーブを強く勧められた。。。
なんというこだわり。。。(笑)

これだけでも、十分心浮き立ち、舌にも嬉しいビュッフェだったのですが、
なーんと、デザートコーナーもすごく充実! このスイーツコーナーだけ
追加料金取られたとしても文句言いません、というラインナップ。

☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

種類が豊富な為に好みは分かれるところでしょうが、全般に美味しかったし、
コーヒーはエスプレッソからカプチーノなどが最新のディスペンサーで
自由にいただけ、紅茶類はちぇりの愛するメーカーのもの。スリランカ産の
もので、廉価だけど香りが良くてお気に入り。家でもずっと使ってるやつ。

☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

あ、あともしバインフラン(プリン)見つけたら必食。
ベトナムではとてもポピュラーなデザートだけど、意外とこれ!!ってのが
見当たらなかったりするのよね。程々に美味しい物はあるんだけど。
でもここのは、その中々無い「これ!」でしたんでぜひ。

更に目玉がありまして、こちらのビュッフェでは、

Liquid Nitrogen Ice Cream

が楽しめます。テレビとかで、最新調理法としてみた事ある方もいらっしゃるんじゃ
ないでしょうか。液体窒素を使ってフォーミングするアイスクリーム。

これが実に美味しい!
材料の合わせ方の妙なのか、この調理法だからなのかはわかりませんが、
デザートコーナーにセットされてたパッションフルーツ、ラムレーズンの
リッチな味わい!!なのに後口の引き際の良さ!!うわっはー♡ と、
喜んでましたら。。。


『もしよろしければテーブルで実演させて頂きますが。。。』


やってやってー!!*\(^o^)/*
ってことでお願いしたら、ワゴンにセットされてるシュガーシロップをまずボウルに。
次に生クリームをザブザブ。その後はお客さんのチョイスにより、チョコレートやら
マンゴー、ヨーグルトなどをプラスして行くのですが,この日はグワバのピュレと
クリームチーズ、ラズベリーをチョイス。で、それらもボウルに加えてグリグリ
かき混ぜた後に。。。。

ポットみたいなのに入った液体窒素、登場ー。
あれだ。ターミネーター2で、しつこいT2000がバッキバッキにやられたやつよね。
もしくは、金魚凍らせて解凍したら生き返る実験のやつ。
ちぇりの乏しい知識では、およそ食欲をそそる物とは結びつけることが
できないアイテムですが。。。(笑)

この液体窒素を、大量にボウルに投入。
そして大きな泡立器で、ぐーりぐーりとかき混ぜる。
ほどなくして黙々としろ煙のようなものが上がり、ボウルを満たしたカと思ったら、
辺り一面にボワーーーー!!!っと!!!

歌う?!ねぇ、ここまで舞台装置そろえてくれたんなら、
ジュディ・オングとか歌っちゃう?!(古い。。。)

☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り


そして更に液体窒素をドバドバ(笑)
なんか。。。思ったよりすごい量を使うらしい。
そのほとんどは気化しちゃうんだろうけど、入れる時は液体ですからね。
透明な水みたいなの。あれをアイスの素材の中に入れちゃって本当に
大丈夫なのか、と、心配になるくらいの量をドバドバ。
煙は更にもっくもく。

やっぱり歌う?!(しつこい)

とか言ってると、数分くらいで出来上がり。
これがまた美味!!!
もーお腹いっぱいで、狙ってたプリンの2ラウンド目すら諦めようか。。。
とか思ってたのに、2スクープほどペロリと。。。

更にそこで勢いがついて、当初からセットアップされていたラムレーズンの
アイスクリームをお代わりに。。。。

写真を撮らせてもらおうと、開始時間ギリギリの11:30に出向き、
終了の14:30までベッタリ居座り、その最後のアイスクリームのお代わりの際には、
スタッフさんから(まだ食べるの?!)と言われんばかりの空気を感じ。。。(笑)

いえ、そりゃ被害妄想ですけどね(笑)
そのくらい食べた。他のホテルに比べると若干品数が少なめですが、
それが物足りなさではなく、程よい絞り込みに感じられ、少数精鋭な感じ。
料理が逐一美味しく、方向性も絞り込まれており、なによりも。。。

平日が、390,000ドンなんですよ。
2000円しないくらい。

ランチには安い金額じゃないけど、日本だと、さほどでもないものでも
場所によっては取られかねない金額。それがこのクオリティのビュッフェで、
ですからね。コスパはそうとういいんじゃないかと♪

オーストラリアの方であられるシェフともしばしお話したのですが、
あれだけのお料理、セットアップするだけでも大変だろうと思われるのに、
大変穏やかで朗らかで、優しい味付けが多いお料理に人柄が現れて
らっしゃるなーと。

作品と作者は別評価で、というのがフェアなのは理解しているのですが、
やはり、お人柄も素敵な事に越した事はなく、個人的にはその二つがとても
合致するナイスなランチビュッフェだったかと♪

ちなみに、日曜ランチビュッフェはアルコールのフリーフローを含む価格に
なるらしく、1,290,000ドン(6千円チョイ)。
夜は平日週末関係ないようで、888,000ドン(4400円くらい?)。
これに税サがかかりますが、各種割引もあるようですので、お店の方に
聞いてみて下さいね。とりあえず、JBAHは10%の割引がありました♪

金曜日のランチ、まだその良さが知られてないのか客足が少なく、
日本人の方は殆ど拝見しなかった状態。↑の価格をご覧の通り、
ランチは,その内容は限定的かもしれませんけど、めっちゃお得だし、
色んな好みの方の幅に対応できる内容だと思いますんで、混雑しだす前に
行かれることをお勧めしますよー*\(^o^)/*

Pullman Saigon Hotel 3F
148 Tran Hung Dao St., Dist.1
ランチ  11:30~14:30(平日)
     11:30~15:00(日曜)
ディナー 18:30~22:30

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村

ベトナムで、ちぇりBBQ♪

身内ではやったことがあったのですが、先日、相方さんの会社のレクリエーションとして
やったBBQのお料理を担当させてもらいました♪ 人数20数人。
日本でやってた最大人数は100人近くになることもあったから、それに比べれば量は
全然楽チンだけど、購入経路を確立し、諸々の装備も何年もかけて完備していた日本での
作業のようにはとてもいかず。。。

日本でやってた物に比べると足りていない部分もあったかもしれませんが、なんとか遂行(^^;
幸い最近美味しい牛肉屋さんもお魚屋さんも教えてもらったので、買い出しも数日前から
あっちへこっちへと大わらわ!ま、それも楽しみだったんですが(笑)

この日のお魚の KHOAI さんでは、でっかいモンゴウイカ?かな?みたいなのが
美しすぎたので即購入。2杯で1kg弱、千円しなかったかな?

th_IMG_1690_20140819004823daf.jpg  th_IMG_1691.jpg

何故か目の上から内蔵にかけての所にゴムが引っ掛けてあった。。。
そこを引っ張ればスルリと内蔵が抜けるって訳でもなかったようなんだけど、
アレjはどう言う意味があるんだろ???お店にいるとき気づかなかったから、
今度聞いてみよう♪

そして折角人数が集まるからと、大きなお魚を塩釜にしようと物色してたら
お!!ヤズ????(下写真の奥)

th_IMG_1687_20140819005935c76.jpg

……と思ったら、ちゃうわ!!!
ゼンゴ(ゼイゴ)があるからアジだこれ!!!(((ʘ ʘ;)))

th_IMG_1714_2014081900482641a.jpg th_IMG_1715 2


確かにお目目もまんまるで、クリッと愛らしいアジさんの目。。。。
これ、体長60cmはあるし、体高に至っては二十数センチはある。
で、でけーっ(^^;

BBQにするんだー、と言うと、お店の人が
「午後なら直前まで冷やしておく手だてを考えておいてね、悪くなるから」
とか、ハラだけさばいて掃除してもらえるよう御願いしたら、
「ヒレはどうする?尾っぽはつけたまま?」
などと甲斐甲斐しい.。時により場合により適宜な処置が必要だと言うのを分かってる方の
お言葉ですねー。他にもちょっと料理のお話ししたけど楽しい♪ 

あと、上の写真にあるように、腹を掃除してと言ったら、日本のように腹沿いに包丁を入れる
んじゃなくて、腹に対して直角に一本。そして恐らくは口中とエラの方から内蔵を抜いたのかな。
まるでなるべく傷を残すまいとする外科手術のようなやり方ですが、興味深かった(笑)

『この調味料を刷り込むと美味しいよ!
 青唐辛子を使って作ったうちのオリジナルなんだ。
 あ、最低焼く15分〜20分前には刷り込んでね。
 お腹の中まで丁寧にね!』


はい、心得ました(`・ω・´)ゞ
ってことで、これを刷り込み、塩竈に。

th_IMG_1733.jpg th_IMG_1717_20140819012157f3c.jpg


家で焼く時は塩のまま焼くんだけど、野外に持ち出す場合は塩の崩れを考えないと行けないので
塩の上からアルミ箔でぐるぐる巻きに。大物は火にかける時間が長くかかりますが、塩竈にして
おけば焦げ付く事無く蒸し焼きになるので、内部温度の確保さえできれば、あとは適当でいい
んですよね(笑) 日本にいた時は豚ロース数キロの塊でやってましたが、今回は豚肉メニューが
他に多かったのでお魚で。

脂も乗ってないだろうし大味かと思ったんだけど、流石に大きなまま調理しただけあって
水分が抜けにくいのもあったのか、シーットリしてたし、日本人にもローカルの方にも
好評でした♪ 素材がいいと料理人は出る幕ないね(笑)

小物のメニューは、

・豚のタマリンド仕立て
・チキンのバジルレモン
・牛肉のピーナツソース
・ネギ塩豚
・タンドール風チキン
・シャリアピンステーキ
・チリつくね
・焼き野菜

th_IMG_1727.jpg th_IMG_1729_201408190120021fd.jpg


などなど。
味付けしとくと、生のままで移送するより傷み方が穏やかだし、焼き肉のタレを浪費しなくてすむ
=コスト削減できるんですよねw だって焼き肉のタレって皿に取ってキッチリ使い切る人ばかり
じゃないじゃないですか?どうしたってある程度ずつお皿に残る。人に寄ってはタプタプ残る(笑)
それが数十人分となるとすごい金額! 増してやベトナムで日本の焼き肉のタレを使えばすごい
金額になるし、作れば手間がかかる。
加えて、色んな味があれば、食べ飽きる事無く量も食べられるし楽しめる♪

はい、高級な素材だったらとんでもないやりかたですね(笑)
しかしそこはリーズナブルな食材で楽しんでナンボ、と言う大義名分を掲げてますので
良しとします(笑) 実際、これはこれで面白いと言ってくださる方も多くて、
とりあえず、ちぇり式のBBQはそのようにしています♪

今回の仲で個人的にお気に入りはステーキだったかな。
先日ご紹介した豪州牛肉のお店、やっぱりいーわ。
炭火でも大変美味しく焼けました♪

th_IMG_1731.jpg th_IMG_1732_20140819012004485.jpg

焼き加減にも好みがあると思うので、ミディアムとウェルダンで。
どっちも柔らかくし上がってたし味も良かったと思う♪
ええ、自画自賛ですが、これはお魚と同じで素材の力。
ちぇりは大した事してないんだけど素材がいいから美味しかった♪

なんだかんだやって、デザート。
これは日本の時にも定番だったのですが、バラ型のゼリーを凍らせたもの♪
ゼリー自体は普通のゼリーのもとみたいなのを使って手間を省くんですが(笑)
型が奇麗なので大好きなんです♪ ←完全に自分の趣味w

th_IMG_1747.jpg

量が2リットルはあるから、一般家庭の通常時には作らないタイプの型。
大勢いるときだからこそ作れる一品。日本では経費削減の為に周りを飾るのは
缶詰の南国フルーツなのですが、ベトナムでは生のフルーツが安いのでふんだんに
ブドウとドラゴンフルーツを…(笑) 自分的にはめっちゃ贅沢(笑)

凍らせて持って言って保冷ケースの蓋を少し空け、徐々に解凍させておくと、ちょうど
デザートタイムの頃には半分シャリシャリになっててサッパリ美味しく食べれます♪
そして何が嬉しいって、大抵の場合女の子達がすごく喜んでくれる事♪
今回もいっぱい写真を一緒に撮ってくれたり、お目目キラキラさせてもらえました(*´艸`*)

日本では依頼を受けて、年にかなりの数をこなしていたちぇりBBQ。
ベトナムに来た当初は買いたいものを買う事すらもままならなくて、とてもできる状態
ではありませんでしたが、色んな人に情報を教えてもらったり一緒に買い物に行って
もらってあれこれ指南してもらったりしてやっとここまでできるようになりました。

まだまだ改善の余地はあるけど、個人的にはやっとこれで(料理的に)スタートラインに
立てた感じ。今後ももっと充実させられるように楽しんで行こう♪
もっと色んな人とBBQ、できるといいなー♪


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪




Nha Tran 4 days 〜 空港までのタクシー料金

さて、今回到着時はホテルのお迎えがあったのですが、帰りはタクシー。
初日のホテルなら送迎があったのですが、二日目からシェラトンに変え、
聞いたら「シャトルバスがある」ってことだったので予約しようと思ったら、
なんと一人14ドルとかって有料だった(^^; 

空港から街中のタクシー価格は300k〜500kドンと聞いていたので、一人旅なら
乗り合わせのそのシャトルの方がお得だけど、二人だったら28ドル。3000円弱。
タクシーで行くのとあんまり変わらない。荷物もあるし、時間に縛られない分、
タクシーの方が良いね、ということに。

で、ニャチャンに言った事がある人の話を聞くと、空港で待ち構えて街中まで
移行とするタクシーは大体500kと言ってくるけど、300kでも行ってくれる車が
あるので、交渉すべし、ということでした。

が、なにせメーターの基準を知らないから、そこまで値切っていい物かどうか分からない。
そのお話もいつ頃の話なのかかわらず、物価が変わってるのに頑に値切るのは双方
気分のいいもんじゃない。ので、次回からのためにも、ま、今回はタクシーのメーター
任せで行ってみようじゃないか、ということに。

で、ニャチャンにはマイリンもヴィナサンも走ってましたが、この時ちょうどお願い
したのはマイリンタクシー。メーターを上げてくれたのを確認して空港まで。
け…けっこうある…(^^;

で、最終的にメーターは617kドンでした。
おうっ、聞いてた価格よりも高いんだな(笑)
情報をくれた人は300kまで値切ったって言ってたけど、正規価格の半額じゃねーかw
500kでもお安いくらい。あんまり値切りすぎるのは申し訳ないかなー、とか思ってたら。。。

「ふぃふてぃ?」

とか聞こえた気がした。(不明瞭でわかりませんでした…)
620k渡そうとした所にそう聞こえたので、ああ、空港利用費用みたいなのが
かかるのかな、650kになるってことなのかなって思ったら、なにやら500k
意外のお札をこちらに返した上に、更におつりを渡そうとする?????

最終的に500kからもらったおつりを確認すると150k。
つまり料金は350k????

なんか協定でもあるのかな???
不自然な回り方をしてる訳でも何でも無いメーターが600オーバーを示してて、
こちらはそれで納得して渡そうとしているのに、わざわざおつりを返すなんて?!

となると、300kってのは、あながち値切り過ぎな数字でもないんですね、きっと。
次回300kで行ってくれるってタクシーがあったら、それに乗ってチップを50kでも
お渡しすれば、双方気分良く治まるのかしら?という感触を得られました♪

(チップは気持ちなのでなくてもいいと思いますが、なにせ距離があったのと荷物の
 扱いなども丁寧だったので、次回も満足すればそのくらいお渡ししてもいいかなーと)

まぁ、運転手さんにもよるかもだし、たった一度の利用体験なのでこれが全てでは
ないんですが、個人的にはそう言う理解をひとまず得ました。
運転手さんは規定などに則っただけなのかもしれませんが、黙っていればわからない
ディスカウントをご本人からして頂いたという、旅の最後の最後で、ちょっと嬉し
かった出来事でした♪


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

nha Tran 4 days 〜 ニャチャンでご飯!

ホテルのクラブサービスもあったので、外で食事する機会は少なかったのですが、
晩ご飯だけは外食で♪ 海岸沿い、歩いて行ける範囲にいろーんなお店があるのですが
海岸沿いは旅行者ターゲットな雰囲気満々です(笑) それだけに奇麗な所が多いかな♪

一本、裏の通りに入ったら、ちょっとローカライズされる感じ。
まだまだ観光客狙いなエリアではあるけど、気持ちベトナムな雰囲気あるかな?(笑)

で、初日はこちらへ♪
チェックイン直後のお散歩中に見つけたお店。

th_IMG_1452.jpg

ブンタウのシーフード料理街のように、店先にタライが沢山並べられてて、
その中にはまだウゴウゴ生きてる貝やエビ、カニなどのシーフードが♪

        th_IMG_1483.jpg
th_IMG_1484.jpg th_IMG_1485.jpg

海外からのお客さんが多いエリアらしく、英語を喋れるスタッフさんが色々
説明してくれます。最初に見かけたときはまだお腹もすいてなかったし、時間も
中途半端だったので「晩ご飯にまたくるね!」と言うと、余計に引き止めるでもなく
「待ってるねー♪」と、屈託の無い笑顔。こういうとこで引き際が良い方が
また来ようって思えますよね(笑)

で、約束通りに夜再訪したわけですが、メニューがあって英語の説明もあった
けれど、店内には料理写真がいっぱいならんでいたので、それを頼りに注文
するのもいいかもですね。勿論素材指定・調理法指定でオーダーするのもアリ
だと思います。

th_IMG_1486.jpg th_IMG_1487.jpg

まずはビール。
なんだろう、ニャチャンについてからビールがテーブルに到着するとともに
蒸発するの。すごい勢いで。不思議(オメーが飲んでるんだろ)

th_IMG_1490.jpg

お腹がすいてたら、大きなエビを一人で一本丸齧りしてやろうかと思ってたんですが
(相方さんが甲殻類アレルギーなので(^^;)、あまり空腹でもなく、ビールのアテが
ちょっとほしいくらいな感じだったので、まずはこちら。

th_IMG_1492.jpg th_IMG_1493.jpg

生牡蠣ー♪
ベトナムの生牡蠣、そんなに回数は食べてないんだけど(5〜6回くらい?)
それぞれ採取されるところによるのか種類も違うのか、味が実に様々で面白い♪
こちらのものも後味スッキリなのに旨味がタップリで、歯ごたえがすごかった!
貝柱の部分が大きくて、ふにふにトロトロよりタイラギの貝柱を頂いてるような感じ。
こればっかりはその日の仕入れに寄ると思うので、いつ行ってもあると言う保証は
できませんが、美味しかったですー(*´艸`*)

        th_IMG_1496.jpg
th_IMG_1494.jpg th_IMG_1495.jpg

タイラギのネギバター炒め、マテ貝のガーリック炒め、野菜炒め麺♪
ほんまにビールのアテやなw ビール2本と4品で3000円ちょっとくらい。
激安じゃないけど街中でこれは十分だよね♪

th_IMG_1489.jpg


翌日は、ちょっと歩いてベトナムのお友達お勧めのSailing Club ってお店に。
Sheratonから海を左手に見て歩いたとしたら20分くらいかなー。
ちょっとあるけど、店構えからしてこちらはもろに観光客用(笑)

th_IMG_1601.jpg

門をくぐると、ライトアップされた素敵なインテリア。
そして右手にはベッドスタイルやらソファスタイルやら半個室な感じの席が
設けられており、カップルさんが一杯(*´艸`*)


th_IMG_1604.jpg


その奥にレストラン席があり、その先は砂浜に続いていて、砂浜にも席が設けられてました。
平日も遅い時間にはLIVEがあったり、週末にはちょっとしたクラブ状態になるんだとか。
年配のお客様も多い感じだったので、あまりスチャラカな感じにはなららないかな?
今回は週末を挟んでなかったので体験できなかったけど、そう言う時に行ってみたいなー♪

お料理はベトナム料理もあるけれど、インターナショナルなジャンルも多く、この日は
パスタとグリーンサラダを注文。席が暗かったので料理写りが悪く掲載できないのですが
サラダはシャクシャクの歯切れ良い野菜に酸味がまろやかなドレッシングで美味しかったし、
パスタはアルデンテでこそなかったものの、お皿もしっかり温められており、ソースも
麺もキリッと熱く、尽くすべき手は尽くしたと言う印象を受けるお皿でした。
ボロネーゼ、美味しかったし。

デザートはなんとか写真撮れたので掲載。

th_IMG_1620.jpg th_IMG_1621_20140817204655bd0.jpg

パンナコッタとコーヒークレームブリュレ。
これがまた。。。。素晴らしかった(>▽<)
何か色々取り揃えてるラインナップだったから、あまり期待してなかったんだけど、
この上滑らかでモチュッとした風合いがあるパンナコッタは果敢なげな甘さがあとを
引いて、お匙が止まらなかったし、ブリュレも大人な感じでよかった♪

ニャチャンに来てわざわざ食べに行くような物ではないかもだけど(笑)
お料理も程々美味しかったし、こちらのクリスピーナピザはファンが多いらしいし、
例えば滞在中の一食を、こういう砂浜近くのお席で楽しむってのもいいかもですね♪

なんかあんまりニャチャンらしくないレポになってしまいましたが(笑)
リゾートで行くには適度に賑やかで適度にのんびり。いいとこですね♪
気に入りました。今度は電車で行きたいなー♪

Sailing Club
http://www.sailingclubnhatrang.com/dining/


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

nha Tran 4 days 〜 sk8と海!

さて、ホテル情報ばかりじゃなくて、遊び情報も♪
ホテルの周りを散策してると。。。おお!!インラインスケートショップが!!

th_IMG_1453.jpg


個々数年はめっきりやってなかったのですが、実は相方さんはこの道のエキスパート。
ちぇりはチィチィパッパでやっと前進できる程度の物ですが、相方さんは人に
教えられる腕前。俄然テンションが上がりまして、店内に入るとあら、お店の方も
いい感じ♪

この日はちょっと時間がなかったので翌日再度訪れると覚えててくれて歓待モード。
で、相方さんはメボしいブーツを試着して、ちゃっちゃと購入(笑)

th_IMG_1566.jpg th_IMG_1568.jpg

諸々の会話やブーツを見るポイントから、お店の人は相方さんが手だれであると
すぐに見抜いて、ちぇりには分からないプロの会話がしばらく続き(笑)
大変スムーズなお買い物。見る目のある相方さんから見て「良いブーツ」が、
8000円弱で買えたようです。日本でそこそこいいブーツ買うと数万〜だから
かなり良いお買い物でご満悦ー(*´艸`*)

飲食店も多い、海岸から一本西、Le Thanh Ton より南に進んでいく
Hung Vuong という通り左手にありました。まぁ、インラインスケートをやる!
って方がどれくらいいらっしゃるかは分かりませんが(笑)、ちょっとホーチミン
では見ないくらいの品揃えだったし、ちゃんと日頃から滑ってるスケーターが集う
お店のようで、非常に使い勝手が良さそうでした。

th_IMG_1571.jpg th_IMG_1580.jpg


で、お店を出て左手に進むと、ナイトマーケットがありましてそこを海岸沿いに
通り抜けるととても広い広場に当たり、そこには沢山のスケーターが!
って、暗かったので分かりづらいですが(笑)、小さい子供連れのご家族から
小学生〜高校生くらいの子供達がワイノワイノ。

th_IMG_1587.jpg th_IMG_1580.jpg

わー!すっごいスケート人口!
やってる子達は小学生くらいの子が多かったんだけど、日本で上手な人たちがやってた
難易度の高いスラロームわざとかもやっている。ヘタクソちぇりは出る幕無かったけど、
相方さんはすぐにその子達と友達になって一緒に練習してました♪ 
うーん、芸は身を助く。いいなー、あんな風にすぐにお友達に慣れるの。
我がオットながらかっこいい。

あ、一般的なレジャーとしては海ですかね、ニャチャンですから!!
海岸沿いの高級ホテルが並ぶ辺りにはせいぜいカフェやレストランしかありませんが、
さきほどのスケートショップがある一本西の通りには、旅行会社もけっこうあります。
適当に飛び込んだ所で見たら。。。

th_IMG_1455.jpg th_IMG_1454.jpg

ワニ釣り、熊釣り(- -)b
って、これはあくまでオマケ程度のものなんでしょうが、結構半日・1日ツアーも
ありました。ニャチャン名物の泥風呂は、そのツアー会社の場合は特に予約する
必要がなくて、行きたい時に申し出たら8ドルくらいで諸々手配をしてくれるとのこと。

今回我が家は、シュノーケリングを選択。朝9時出発〜15時帰着ランチ付きで
一人1600円。ホーチミンから出てる、丸っと一日かかるメコン川ツアーや
クチトンネルツアーを考えると、結構リッチなツアーかな?(笑)

他の旅行会社と比較してないのでこれが高いか安いかはわかりませんが、
ま、この程度のツアーも合ったよということで。快適でしたよ、このツアー♪

th_IMG_1545.jpg th_IMG_1546.jpg

英語のガイドさんですが、船もこぎれい、ライフジャケットもピカピカで
襟が立ってる形の安全な奴。これ、背中浮きする時すごいクビが楽らしい。
こう言うツーアに付いてくるランチってのは、大抵かなりお粗末な物が多いんだけど、
おいしい焼きそばにお野菜の炒め物、揚げ春巻きに白身魚の甘酢あん、卵焼きなど
結構盛りだくさんな上に美味しかったヾ(@⌒ー⌒@)ノ

th_IMG_1557.jpg th_IMG_1559.jpg


防水カメラじゃなかったので海の写真が無いのがあれですが(笑)穏やかだったし、
バリで体験した奴よりもお魚多くて楽しかったし、大満足のツアーでした♪
勿論ホテルまでの送迎付き。楽チン。

th_IMG_1549.jpg

他にももっとタップリの時間を取ったシュノーケリングだったりダイビングだったり
細かく仕様を分けたツアーがたくさんあるようです。この辺にはロシアの方が多いのか、
今回使ったツアー会社の看板も店内の案内も全てロシア語でしたが、大抵の所は
英語のパンフレットも用意していると思われるので、臆せずお店の方に聞いてみてださい。
英語を喋れるスタッフさんも大抵いらっしゃるかと思われます。

って、ここまで書いて思い至ったけど、折角クラブルーム使用で宿泊したんだから
ホテルのコンシェルジュサービス、使ってみればよかった(^^; 経験から言うと
ベトナムでは高級ホテルだから高いツアーしか扱ってないってこともなくて、
割とリーズナブルな物もあるからチェックしてみれば良かったなー。
ってか、クラブルームの取材って側面、すっかり忘れてしまってたわね。。。

ってことで、マリンスポーツは期待してたんだけど、スケートは全くの偶然の
サプライズ。まさかこんな(って言い方すると失礼だけど)場所であんなに沢山の
スケーターに出会えるなんて感激感激♪ 収穫多いニャチャンのレジャーライフでした♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Nha Tran 4 days 〜 Sheraton Spaと朝食

さて、Sheraton Nha Tran で、SPAに行って来ました♪
ほんとは Vinpearl でもトライしようと思ったんですが、当日に聞いても
予約がいっぱい(((;゚д゚;))) そんなに雑雑混んでる様子でもなかったし、
余裕だろうなと思っていたけど、考えてみたらSPAだけ利用する外部の方もいるかもだし、
どうしてもチャンスを逃したくないなら、事前に予約をしておく方が良さそうですね。

それはSheratonでも同じ事。
この日もチェックイン後、15時くらいにカウンターに行ったけど、最早で夜の20時でした。
街の方になると余計にSpa だけ利用するお客さんも多いと思うし、予約が取れても滞在中の
どの時間に入れるかわからないので、これも事前の予約をしておいた方が、他の予定の
邪魔もしなくて良さそうですね。

        th_IMG_1519_201408142158052ee.jpg
th_IMG_1518_201408142158038e5.jpg th_IMG_1520_201408142158061aa.jpg

専用フロアは落ち着いていて、日本語のメニューもあります。
対応してくれるスタッフさんは英語で、ちょっとその英語も分かりづらい所が
ありましたが、親切だったし、二人別々のメニューを選んでいた所、より無駄の無い
こちらに(金銭的な)負担の少ないプランを提案してくれるなど、お心遣いも
嬉しかったです。

th_IMG_1430.jpg th_IMG_1431.jpg

th_IMG_1432.jpg th_IMG_1434.jpg

th_IMG_1435.jpg th_IMG_1437.jpg

4〜5,000円 〜 15,000円くらいのメニューでした。
安いとは言いませんけど、日本よりはお手軽ですね。
カップルで行っても同じ部屋で施術を受けられるし、諸々も清潔。
施術者の方の対応も大変誠実でお値段分はあったかと。

th_IMG_1522.jpg


ただし、相方さんがトライしたアーユルヴェーダのマッサージは、どうもそれっぽく
無かった様子。ベトナムのSPAにはよく見るメニューなのですが、これまで一度も、
あのオイルを多用した独特のマッサージに当たった事が無いので、ベトナムでは例えば
使ってるクリームなどがそれ系統の物で、技術としてはあまりディープな所は伝わって
ないのかも?と思ってみたり(^^;

ま、でも気持ちよかった事に間違いはありません。大変快適なSPAでした♪
で、その日はぐーっすり。いやー、よー寝た♪(*´艸`*)
おかげで朝から食欲満点(笑) 
こちらの朝食会場、とても広々として採光も良く、とても気持ちのよい空間。

th_IMG_1524_20140814221247dff.jpg

料理が並べられてるエリアも広くて各ジャンル種類も充実。
ホーチミンの朝食ビュフェにもあちこち行った上で見てもかなりの充実度。

          th_IMG_1525_201408142209460a8.jpg

  th_IMG_1530.jpg  th_IMG_1528.jpg 

相方さんは、相変わらず温かい麺をご所望に。んでこれがものすごく美味しかった♪
最初の朝の骨付き蓋がホロッホロに煮込まれたバインカンはスープも絶品。
ええ、化調アリっぽい味ではありますけれど(笑)、そこはそれも味の内w

th_IMG_1534.jpg

これまで食べたバインカン(タピオカ粉入りのうどんのような太い麺)のなかでも
太さが最大で、ものすごいプリップリ度。啜るとなかなかお口の中でボリュームが(笑)
いやでもこれ、美味しかった。油分も少ないし胃を温める上に消化の負担が少ない。
ベトナムの麺はほんとに朝ご飯にちょうどいいね♪

th_IMG_1537.jpg


th_IMG_1624.jpg

ものすごーくずば抜けて「これが美味しかった!!」みたいなのはなかったのですが、
全体的に点数高くて、どれを食べても安心して頂ける感じ。パンケーキやワッフルは
人手が足りなかったのか、ちょっと焼き置きされていたので残値でしたが、アカシヤの
蜂蜜やカナダの質の宵メープルシロップが用意されてたりと、脇がしっかり固められて
たので満足(笑)

th_IMG_1531.jpg th_IMG_1626_2014081422110238c.jpg

ハムの種類がとても多かったのが印象的と言えば印象的だったかな。
上の写真右の、煮こごり状のテリーヌみたいなの、大好きなんですよねー♡
クセの強い物もあるけど、こちらのものはスッキリとして旨味だけが閉じ込められてる
美味しい奴でした♪

翌日も基本構成は同じでしたが、麺類やフライドライスの仕様が変わっていたりと
連泊する人へのお気遣いも見られました。コーヒー・紅茶をサーブしてくれる方や
お皿を下げてくれるスタッフさんの目を行き届いてたし、気持ちよくお食事できました♪

東南アジアはどの国に行ってもだけど、ホテルのビュフェ、素敵な所が多いですねぇ♪
満喫満喫♪



SHERATON NHA TRAN
http://www.sheratonnhatrang.com


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪



Nha Tran 4 days 〜 Sheraton クラブルーム

さて、3泊中残りの2泊は街側で過ごす事にしました。
屋台とか美味しいお店屋さんもあるかなーとおもってヾ(@⌒ー⌒@)ノ

で、相方さんが手配してくれたのがこちら。海沿いの、Sheratonホテル。
「クラブルーム仕様にしといたからね」と言われたけど、何それ美味しいの?
状態のちぇり僧さん。

聞けば、Sheratonに限らず、似たシステムを採用しているホテルはあるそうで、
通常料金をアップグレードさせた分、いろんな優先権が得られるらしい。

th_IMG_1429.jpg th_IMG_1428.jpg


・チェックン、チェックアウトをロビーではなくクラブラウンジで
・朝食、午後茶、夕方軽食のサービスがクラブラウンジ限定で受けられる
・到着日のアイロンサービス
・コンシェルジュのサポート
・ビジネスサービス
・クラブラウンジ会議室の利用
・無料ローカル電話

などなど。まぁ利用しないサービスもあるかもですが、お仕事で来られてる方には
便利なサービスも多いですよね。チェックインチェックアウトで込み合わないのも
何かとスムーズだったし、なによりこちらのクラブラウンジは…

th_IMG_1473.jpg

th_IMG_1426.jpg th_IMG_1427.jpg

25階で見晴らしが良い!!
そして落ち着いた雰囲気で静かなラウンジ。
当然チェックイン作業も大変スムーズで、諸々のお知らせ事項をまとめたレターは日本語で。

お部屋は海沿いに対してナナメに構えた配置で、より多くのお部屋がオーシャンビューに
なるように工夫されてます。ま、この立地でわざわざCityサイドを向いた部屋に泊まりたい、
と言われる方も少なかろうから、良いアイデア♪

th_IMG_1461.jpg th_IMG_1462.jpg

Vinpearl ほどの広さもゴージャスさもありませんが、コージーでとても使いやすそう♪
ってことで、お部屋の確認を済ませたら、街をひと歩きして早速クラブ会員特典の午後茶に♪

th_IMG_1471.jpg
th_IMG_1465_20140814110151703.jpg  th_IMG_1467_20140814110152aca.jpg



といっても、4つ星、5つ星のハイティクラスのようにはいかないわけですが、
スイーツにナッツ、チーズ、お茶にフレッシュジュースにコーヒー、軽い食事。
おやつ&水分補給を楽しむには十分ですね♪


夜はドリンクにお酒各種が加わる事と、食事類がちょっとタパス系になる感じ?
飲め、と言わんばかりの内容です(笑)

th_IMG_1508.jpg th_IMG_1510_20140814110425bf4.jpg

以前は、旅先の食事はその土地のローカルの物を!と躍起になってたし、
そもそも宿には寝にしか帰らない、的な動き方しかしてなかったのですが、
最近はチョイチョイ部屋で休み時間を取ったり、ホテル自体のグレードを上げて
ホテルでの時間も楽しむようになって来たので、こう言うサービスがあってくれると
意外と使い勝手が良い事を発見♪ 

th_IMG_1505.jpg th_IMG_1507.jpg

th_IMG_1512.jpg th_IMG_1513.jpg

まずはビールで喉を潤し、ワインにも手を出してみたんですが、高い物ではなかろう
けれども、大変ちぇり好みな白を見つけてご満悦(*´艸`*)

th_IMG_1560.jpg th_IMG_1516_201408141110204e8.jpg

日本人客を意識してか、お蕎麦、なんてタパスもありました(笑)
つゆにつかりきったお蕎麦など美味しくなかろう事はわかってたけど、うっかりトライ(笑)

th_IMG_1561.jpg

 th_IMG_1515_201408141107568c5.jpg  th_IMG_1562.jpg

そしたら、あらあら。意外と美味しい(^^;
ダシは、某コンビニのざるそばのダシを彷彿とさせる方向性の完成度(笑)
焼き物、ケーキ類もまずまず。ただし、そんなに沢山の人数が利用している
わけではない=回転がそんなに良くないこと、厨房直近管轄下で行われている
場ではない事などから、サンドイッチのパンが乾きがちだったり、補充があまり
こまめではなかったことなどは気になったかな。

ま、クラブ特典のメインがそれってわけではないし、そこは厳しく追及する
とこじゃないかもだし、おいしいお酒があるだけで十分だったし、ほかの
こう言うサービスがある所と比べたら、何かと優れたクラスだったようです(笑)
そもそも、東南アジアのビュッフェやこう言うサービスって、コストの違いも
あってか、日本のそれより優雅な事がおおいですしねー(^^;

チェックアウト時もこちらのお部屋で、スムーズにチェックアウト。
言うなれば、テーマークのプライオリティカード、ファストパスを持ってる
ような感覚でしょうか。こう言うサービスに価値を感じる方なら、グレード
アップして利用するのも、楽しみ方の一つとして持っているといいかもですね♪


SHERATON NHA TRAN
http://www.sheratonnhatrang.com


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪


フレンチドレッシングの活用法

先日、主婦友さんにドレッシング作りにお誘い頂きました♪
なんでも以前ご在住だったらヨーロッパ時代の奥さまがたと開発されたレシピらしく、
作る量が大量になるからと、人数を集めて作ってシェアしましょう、ってことで♪
こういうの、楽しい♪

th_IMG_1263.jpg

人様のレシピなので詳しい材料は控えますが、フレンチドレッシングです。
使っている材料はしごくシンプル。酢に油、塩胡椒に薬味を少々。
少量、間に合わせで作る時と使う物は殆ど同じ。ですが。。。

th_IMG_1270.jpg th_IMG_1271.jpg

なんせリットル単位の調味料を合わせて行くので大変な量に(^^;
そしてこの大量な調味料を合わせて行く事も要因なのか、少量だけ作る時とは
明らかに味が違う! まろやかというか柔らかいと言うか。

それに大量なので、それぞれの調味料を合わせるのに人手が要る。
全ての材料を少しずつ少しずつ、ずーっと拡販しながら調合するので時間もかかる。
こりゃー確かに4〜5人は要る(^^; こう言う作業した事無かったからなだか楽しい♪

そして出来上がったドレッシング、めっちゃ美味しい!
瓶などに入れて最初の数日毎日フリフリしてると、だんだん味が馴染んで
行くんだそうな。でも作り立ての状態でもかなり美味しかった♪

th_IMG_1273.jpg

早速生野菜のサラダに馴染ませた物をその場で頂いたのですが。。。
ヤバい。これ、野菜ワッシワッシ食べれるわ(笑)
で、せっかくなので、フレンチドレッシングの活用法を♪

このドレッシング自体のレシピは非公開ですが、市販のお気に入りのドレッシングが
あれば、それで十分。ドレッシング、サラダにかけるだけって思われがちですが、
得にフレンチドレッシングのようなシンプルな物は応用範囲がとても広い♪
では、参りましょう♪


ドレッシングでカッペリーニ

トマトは必須ですが、キュウリ、ズッキーニ、セロリ、パプリカなど、生で食べられる
野菜を角切り・ざく切りにしてドレッシングを注ぎ、塩胡椒少々を足して冷蔵庫で放置(笑)
ドレッシングだけでもいいですが、野菜からの水分をより引き出す為と、水分が出た時
薄まる味を見込んで、塩胡椒を少し足すとより効果的です。

できれば一晩くらい置けると野菜からの水分が出て馴染んでベストですが、全ての作業の
最初、パスタを茹でるお湯を湧かす前に仕込んでおくだけでもOKです♪

th_IMG_1652_20140814021457d46.jpg


その商品の表示時間通りに茹でたカッペリーニを氷水でキリッと冷やして良く
水気を切りお皿に→用意しておいたトマトドレッシングソースをかけるだけ♪
簡単♪


th_IMG_1653_201408140214573e7.jpg

お好みでオリーブを足したり、茹で野菜でも冷やしてあればブロッコリーやらカリフラワー
など、好みの野菜をなんでも使ってOKです♪ ちょっとアッサリしすぎるかなってときは
ハムなどを入れてもいいですね♪

このトマト+他野菜+ドレッシングは、多めに作っておいてもあれこれ使えて便利です。
例えば。。。

・冷や奴に
・そうめんに
・クリームチーズと和えて
・卵と混ぜてオムレツに
・これ自体をどれ寝具としてレタスなどの葉物に和えて


お好みでフレッシュ・乾燥のハーブを加えても美味しいですよ♪



白身魚のドレッシングソテー

白身魚にあう調理法です。
鮭とかでもいいかもですね♪

ドレッシングには玉ねぎが入っていて馴染みが良いので、このお料理の時に玉ねぎは必須で。
あとは人参、玉ねぎ、パプリカなど、お好きなお野菜、冷蔵庫に残ってるお野菜を千切りに。
適量適度にレンジにかけて、シンナリさせていてください。

軽く塩胡椒したお魚をこんがりソテーし、仕上げにドレッシングをジャー!!と
言わせながら多めにかけ、お魚だけを引き上げます。そこにシンナリさせといた
野菜を加え、馴染ませてソース代わりにお魚にかけて出来上がり♪


th_IMG_1659_201408140214596d5.jpg

あら、簡単♪
脂の乗ったお魚だと美味しいのは勿論ですが、ホーチミンでは脂の少ない白身も
多いですよね。でもドレッシングには油分が含まれてますから、ソース代わりに
合わせることで、パサパサ感が抑えられて美味しく食べれる♪ 今回はイトヨリを
使いましたが、切り身の白身魚(鮭を含む)だと食べやすくていいかもですね♪

ドレッシングは少し煮詰まり状態になるので、味が濃くなります。
お魚の塩胡椒は控えめがお勧め。ちなみに豚肉や鶏肉も相性がいいですが、
お肉の場合は焼く前にドレッシングを少量、直接お肉に揉み込み、15分ほど
置いてから調理すると、油と酢の効果で、よりシットリと馴染みよくし上がります♪

フレンチドレッシング、サラダだけじゃもったいない♪
使えば他の調味料や薬味は殆ど不要ですし、簡単で美味しくし上がりますよ(^^)b




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪


Nha Tran 4 days 〜 Vinpearl Luxury の食事

さて、お宿に到着したのが午後の3時すぎあたり。
ランチを食べていないままに微妙な時間。
シティサイドのように島内の近くにレストラン街とかがあるわけじゃなく、
お部屋の居心地があまりに良くて外に行く気がしなかったし、相方さんは
お仕事も少しあったのでルームサービスを頼む事に。

th_IMG_1361.jpg th_IMG_1362.jpg

ピザだけにしようと思ったけど、見たら頼まずにはいられないフォンダンショコラが
あったのでそれも(笑) 二つで1600円くらい。良いグレードのホテルにしては手軽。
しかもピザ、クリスピータイプだわチーズタップリだわ具材の加減もよろしいわで
すごく美味しい!!ペロッと食べた(笑)

フォンダンショコラは、中にチョコレートソースが内包されてるタイプではなかったけど、
メレンゲをメインにしてお粉少なめのしっとり生地。甘めはソースに任せて
プディング部分はカカオの香りを生かした大人味。おいし♡

夜は、ロビー下にあるレストランに。
階段を下りて左側がビュッフェ会場、右側が通常のレストラン。

th_IMG_1399.jpg


夕食はセットになっていないプランだったのでレストランへ。
もちろん、別料金でビュッフェを楽しむ事も出来たのですが、ピザを食べた時間が
結構遅かったし、リーズナブルとはいえ、800kドンオーバーの価格分を食べれる
ほど若くないのでー(笑)


th_IMG_1386_201408132135134d6.jpg

 th_IMG_1385.jpg  th_IMG_1381_20140813213511854.jpg

まずはパンが数種類セットされまして、前菜にはスモークサーモンとアスパラの一品。
主役のサーモンはとても香りが良くシットリしていて上質に感じました。
巻いてあるアスパラの茹で方は完璧。添えられたバタークリームソースってのは
ちょっと探求したくなる味だった♪ 葉物がレモンクリームをどだいにして飾られ
てたのだけど、それがまたサーモンとも合う。おいし♡

th_IMG_1382_201408132205034f0.jpg th_IMG_1388_201408132205057a0.jpg

牡蠣はチーズ焼きのものを。
岩牡蠣、とまではいわないものの、かなりおおきめのものが3つで210kドン。
他の料理もスターターからメインまで、大体逸れ前後だったかな?
一部ボリュームのありそうな肉料理が少し高めだったけど、それでも400kはしなかったかと。

th_IMG_1391_2014081322050542c.jpg th_IMG_1397_2014081322050613e.jpg

この牡蠣がまたコリュッコリュして美味しかったんだわ。。。
旨味はすごく深いんだけど、後口がさっぱりしていてチーズソースもクドくない。
塩分も控えめなチーズで、牡蠣の旨味だけで食わせてるって感じでしたね。
ええ、わたくしが二つ頂きました(笑)

メインは鴨。
と言っても、ベトナミーズスタイルだったので、フレンチの血の滴るようなそれ
ではなく、仕込みをされた鴨胸肉に抑え気味の温度を加えて、全体に弾力のある
ハムのような仕上げにしてた。これがまた味わい深い!

th_IMG_1394.jpg th_IMG_1395.jpg

ちょっと暗めで写真の色味がよろしくなくて恐縮ですが、右側の付け合わせ、
焼きなすのタルタル!!火入れ後皮を取り除いてペースト状にした料理は
畑のキャビア、としてフレンチにもありますが、なるほど、焼きなすにして
皮ごと刻んだものだとまた風味が違う! それにリンゴの赤ワイン煮とパッションフルーツ。
組み合わせが面白い♪

このレストランにはインターナショナル・キュイジーヌってことで、パスタやピザ、
同じ肉料理にしてももっとウェスタンテイストの物もあるようですが、個人的には
この日通しで頼んだベトナムスタイルの物が面白かった♪ といってももちろん、
屋台で出しているような感じではなく、西洋料理の技巧を取り入れてるものもありました
から、ヌーベル・ベトナミーズ、みたいなジャンルかと思われるけど、面白い♪

ホテルの食事って、ちょっと欠けみたいな所があって、国を問わず場所を問わず、
グレードがいいから必ずしも美味しい、とか口に合うってものじゃないし、増してや
こちらのお宿のように近場に選択肢が無い、となると、掛けのリスクが増えるわけ
ですが、いや、こちらは大当たり。

競合レストランが周りに少なそうなのにすごいなー、と思ったけど、競争原理が
どうのこうのというよりは、ホテルの上の方のご教育かな?とにかく接してくれた
スタッフさんのお気遣いが細やかだったし、逐一丁寧、且つマニュアルっぽくない
自然でフレキシブルな会話での対応。お見事。

一点、BGMを流すスピーカーの調子が悪かったのか音が割れてて聞きづらかった上に
音量最小にしてもらってもかなり大きかったので、他にお客さんがいないことを確認して
一時止めてもらいました(^^; 時々あるんだよね、音割れしてても気づかず?気にせず?
流してるお店。音量が小さければ気にならないんだけどねー(^^;

朝食は予約プランについていたビュッフェで。
会場広いし、バリエーションも豊富で中々素敵なビュッフェでした♪

th_IMG_1401_20140813222609d2c.jpg

  th_IMG_1410.jpg  th_IMG_1406.jpg

お腹いっぱいになるからと、自分は敬遠しがちなんだけど、こう言う場所に来ると必ず
温かい麺を所望される相方さんがこの日もフォーを注文。ちょっと味見させてもらったら
こちらも美味しかった♪ 

th_IMG_1412.jpg

フォーって日本人にはベトナム料理の代表格で、街中にある小さなお店の方が
美味しそうなイメージがあったり、個人的にはそうあってほしいなってのが
ちょっとあったんですが、ホーチミンのハイアット然り、こちらのお店然り。
ホテル朝食とかで美味しい所が結構ある(^^; 侮れん。。。

品数が多い分、ちょっと雑に感じる品もなきにしもあらず、ではありましたが、
全体的にはもちろん十分な量と美味しさ。夜に関しては、量が食べられないことも
あって、自分たちにはアラカルトで食べられるレストランで正解だったなってのは
ありましたが、こちらのホテル、全体的にお食事は好みでした♪

こういう他にチョイスが無いお宿で食事が残念だったらほんとにガッカリです
もんね。その分、美味しかったのですごく嬉しかった♪ ごちそうさまです。
こちらのお宿、お部屋の良さだけじゃなく、お料理も、少なくとも自分の好み
ではあったことでおススメできるお味でした♪


VINPEARL LUXURY
http://vinpearl.com/ja-JP/Vinpearl-Luxury-NhaTrang/introduction-729/2013/Story-990



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Nha Tran 4 days 〜 Vinpearl Luxury

繁忙期の激務が続く相方さんにも夏休みがやって来た!
ってことではあったけど、土日を入れて4日間。

最近相当忙しかったようだから、お家でゆっくりってのもアリだよねー
と思ってたけど、切り替えのハッキリしている相方さん。
海外に行くにはちょっと短めだけど、国内だったら、ってことで
ニャチャンに行ってみる事に♪

ホーチミンからは飛行機でカッチリ一時間。
ちょっとウトウトしたら直ぐ着いた(^^;
今回はViet Jetdでしたが、制服、可愛いね♪

th_IMG_1448.jpg
(左側の、お帽子被ってる奴が Viet Jetの制服です♪)

空港に到着し、Arrival ゲート、荷物のピックアップ場所があるフロアにエスカレーターで
降り立った直ぐその目の前に、初日に泊まるホテルのお出迎えカウンターが!!

th_IMG_1312.jpg

今回は移動費が安く上がるので、その分ホテルで贅沢しよう!と相方さんが提案してくれ、
Vinpearl Luxury というお宿を取ったのですが、もうこの待遇から Lucury!
送迎サービスはネット予約とは別に直接連絡する必要がありますが、まさか空港建物内、
しかも荷物のピックアップ前にお出迎え頂けるとは思わなかった!
冷たいおしぼりとドリンク付きでした(*´ω`)

th_IMG_1315.jpg th_IMG_1316.jpg

空港を後に車で走る事30分くらいだったかな?
泊まるホテルも頑張ってるらしく、途中数カ所に大きな看板が。

ホーチミンとは違い、ニャチャンの国際空港周りには建物が殆ど無く、なにもない
道路を延々走るわけですが、何も無い割りに街路樹がとても整備されててほんとに感心。
これ、ニャチャンに限らず、ホーチミンや郊外でもそうですよね。道を整備してる段階から
木を植え、頻繁に手入れをされてる。自分だったらそこは余力でやる部分かなーとか
思っちゃうから、優先順位が違うんだなーと。

th_IMG_1318_20140813203411889.jpg

Vinpearl Luxury は島なので、陸地側からは渡し船で行くらしい。
ってことで、まずは船着き場に着いた訳ですが。。。

th_IMG_1321_20140813203409d30.jpg

え?(^^;
なんですか、このゴージャスな感じの入り口は。
ここが船着き場????

th_IMG_1323_201408132034128ea.jpg

どうやらここは、このホテル専用の船着き場だったらしく、こちらの段階で
パスポートと予約の確認&チェックイン。ほーーーーーーーっ。

とても丁寧なスタッフさんの対応と、冷たいドリンク、冷たいおしぼり。
冷房は無かったけど風通しが良く、日本の橋のようなモチーフもあった♪
下を泳ぐお魚さんは…鯉、じゃなく、なんかでっかい金魚にヒラッヒラの尾ひれが
ついて、なんかゴージャス。お魚、詳しくないんで品種とかわかりませんが、
きれいだったヾ(@⌒ー⌒@)ノ

th_IMG_1325_2014081320341232a.jpg th_IMG_1327.jpg

ほどなくして、船に案内されるわけですが、建物の奥側に行くと桟橋が見えて来て…
嗚呼、南国♪


         th_IMG_1331.jpg

th_IMG_1329_2014081320472612c.jpg


そして見えて来ました、渡し船!!
というには、ちょっとゴージャス!!
わーお♪

th_IMG_1333.jpg th_IMG_1334.jpg

この日この時間に乗り合わせる人はいなかったようで、貸し切り状態。
乗ってる時間は7分くらいのものと聞いたので、日差しはつよかったけど、
ルーフトップのオープン席に♪ 船内の席も奇麗でしっかりしててゴージャスでしたけどね♪
おーーー!!見えて来た見えて来た!!

th_IMG_1339.jpg

島の一部、深い緑に真っ白な『VINPEARL』の文字!!
今回はこの島に一泊だけだったので時間がなかったけど、島には遊園地や水族館も
あるそうです。今度時間あるとき、イルカのショー、見に行きたいな♪

th_IMG_1340.jpg th_IMG_1341.jpg

そして船着き場が見えて来ました。
連携がしっかり取れてるようで、今度は桟橋からホテルまでのカートが待機。
男性スタッフさん達がみなさん物腰柔らかく丁寧で爽やかで感じ良かった♪

そして到着、こちらが本体。
どーん。

th_IMG_1344.jpg

ゴージャスっ。
VILAタイプのお宿なので、ロビーの建物自体はそんなに大きくないのですが、
ゆったりとした構えに迅速な対応。マニュアルでない自然な笑顔と会話。
気分いいなー。

で、お部屋です。
ウッディな調度品でかなり落ち着いてる感じ♪
入ったお部屋はまずリビング使用で、お仕事デスクやくつろぎソファ、コーヒーマシン、
そしてウェルカムフルーツとワインが用意されてました。
チェックアウトの時間や、次の行き先などの確認レターは日本語で印刷されてきました♪

th_IMG_1355.jpg

 th_IMG_1356.jpg  th_IMG_1357.jpg

ウェルカムワイン!(笑)

th_IMG_1358.jpg

相方さんが良いお部屋を取ってくれたってこともありますが、
ワインがフリーで付いてるお部屋には初めて泊まらせていただきましたわ(^^; 

th_IMG_1354.jpg

で、階段を下に下りて行きますと。。。
ここが寝室。わーお。

th_IMG_1346.jpg

ベッドサイドにはタッチパネルでエアコン、ライト、カーテンなどの電動器具を
一括して操作できるコントローラー、テレビの下には冷蔵庫、各種ワイングラスに
その他のドリンクグラス。ちなみに上の階のリビングには、冷蔵庫とは別に
ワインセラーが設置されてました。こう言うリゾートホテルには一泊じゃなく、
長期滞在される人が多いんだろうなー。

嬉しかったのは寝室直ぐ外にあるプライベートプール!って言っても泳げる程広くは
ないけど、これ、ジャグジーなの♪ ちょっとお散歩したりして暑いなーとか思ったら
ドボン。泡ブクブクのジャグジープールにプカプカ浮いてクールダウン。
ベッドもあるので、ウトウトお昼ねしてもいい♪これは気持ちいいわ♪

th_IMG_1350.jpg


お風呂場は、TOTOのバスタブやシンクで揃えられてました。
この卵の殻みたいなデザインの可愛いバスタブ、使いたかったんだけど、
バルコニーのジャグジーとシャワーで満足しちゃって結局使わなかったな(^^;
シャンプー類は使ってみたけど、肌に合ってたみたいでこちらもご満悦。

th_IMG_1351.jpg th_IMG_1352.jpg

タオルローブともっと薄めのバリのバティックぽいデザインのガウン、水着に
ちょい足しで使うと便利なサロンが完備されており、このタオルローブがメッチャ
ふかふか!!!もうね、着るだけでものすごく幸せになれる! 

th_IMG_1376.jpg th_IMG_1379.jpg

ワタクシ目が着ましてもセクシーさからはほど遠く、ゴマフアザラシみたいなことに
しかなりませんので着姿の写真は自粛いたしますが、もーすっかりお気に入り!!

images.jpg


で、売ってくれるなら買って帰ろう!と思って聞いたらお値段、なんと2万円( ꒪⌓꒪)
そら着心地よろしいわなー。流石に手が出ず、せいぜい滞在中にずーっと着て楽しみ
ましたw ←貧乏性w

もうとにかく居心地が良くて、今回は島内のあちこちに行く予定もなかったので、
折角の宿を堪能し尽くすことに決定。日本ではキャンピングカーであっちこっちを
車中泊で泊まり歩いてた二人には、今までで一番ゴージャスなお宿。
広すぎるプールにも結局入りにいかなかったけどw ふーっ、満喫満喫♡

th_IMG_1367.jpg

 th_IMG_1415.jpg  th_IMG_1417.jpg

旅には色んな楽しみ方があると思いますが、『お宿で過ごす』ことを優先させる旅、
っていうのもいいですね♪って、これ、歳重ねて来た兆候ですかね(^^;
ま、若い頃にここに来たら金額的にも雰囲気的にもビビって落ち着かなかったかも
しれませんから、歳重ねるのもまた良し、ってことにしておきましょう(笑)

落ち着くんだけどなんだかワクワクするお部屋。
大当たりのお宿でした♪

VINPEARL LUXURY
http://vinpearl.com/ja-JP/Vinpearl-Luxury-NhaTrang/introduction-729/2013/Story-990



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

sidetitleプロフィールsidetitle

ちぇり

Author:ちぇり
FC2ブログへようこそ!

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleブログ村PVランキングsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
アップグレード 追加 作成済み/作成可能プロファイル数:0/1 キーワードをご入力ください ご指定の条件に該当するデータがありません * 他のユーザーから閲覧もしくは管理権限を与えられたプロファイル ユーザーガイダンス 解析コードの実装方法 Google Tag Manger 1.下記の解析コードをコピーして、解析を行いたい全てのページの から
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
の間に貼付けてください。 解析コードのコピー 2.解析コードが実装されたウェブサイトを開いてください。 3.解析コードが正しく実装されたか確認してください。 チェック 閉じる
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。