清流霧降 〜 お水の配達

浄水器や、「お水を買う」と言う文化がかなり根付いて来た日本ですが、
当初のころは「水をお金だして買うなんて!」って感じの方も結構多かった
ですよねー(^^; でもそれは日本の水道水が安全だから。

はい、ベトナムでは選択しないです。飲むお水は買うしかないです(笑)
まぁしっかり煮沸すれば飲めない事もないんでしょうが、あまり気分の良い
ものでもなく。。。

此方に来た当初から我が家もお水は買ってました。
最初は2リットルのペットボトルを何本もヒーヒー言いながら買って持って帰って
たのですが、料理に使うとあっと言う間に無くなるのよね(^^; 

お米一つ炊くにしても、研ぐ段階のお水を全部ミネラルウォーターにしたら
数リットルはすぐに無くなる。そうめんやうどんを作る時にも茹で湯+洗い水、
〆水とかを考えたらえらいこと。煮物も出来上がりの水分は少なくなっても
煮始める時にはタップリ要るし。。。。とてもじゃないけど自分で運んで帰って
いては追いつかない。

そこでレジデンスが宅配してくれるシステムを使ってたんだけど、19リットルで
40kドン。日本感覚で考えると安い。そして他所のレジデンスにお住まいの方に
お話を聞くと、同じ銘柄なのに50kドンだったりするところもあって、なんだ
我が家は良心的な価格だなーと思っていたら。。。

今回試してみた霧降さんってのは、25kなんですってね(^^;
しかも軟水!!!これは大きい!!!

そう、ベトナムのお水は硬水です。水道水も、一般的な飲み水も。
ミネラル分が摂取できるのはいいとしても、日々の蓄積で余計な物もたまりそう。
体質によるだろうけど、わたくしなんぞは結石しやすい家系だから、カルシウム系
が蓄積するのはちょっと怖い。実際髪の毛なんかも徐々にその辺が溜まって行って
パーマがかかりにくくなるとかゴワつき始めるとか、長く要ると不都合な変化が
あったりするそうですねー。

でもこちらは軟水。
ここ2年程硬水で生活して来たので特にそう感じたのかもしれませんが。。。

th_IMG_2809_201409191836280a9.jpg

うん、軟水だぁ!!ヽ(;▽;)ノ
日頃はそこまで繊細な舌を持っているとは思いませんが、流石に人生の大半を
共にして来た水の質。舌がどうの、味覚がどうのと言うよりは、身体が
うえるかむ!!!!って言ってる感じ。
あー、白湯が美味しいwww

情報誌:スケッチさんにも大抵コマーシャルが載ってます。
HPもあるようなのですが、行ってみたら内容がまだ入っておらず工事中???
http://kirifuri.com.vn/default.aspx

で、お電話すると、ローカルのスタッフさんですが日本語で対応してくれます。
初めてです、と伝えると、料金の説明をします、ということで、お水のサイズごと、
タイプ(蛇口がついたタイプかサーバーに差し込むタイプか)ごとの料金を
知らせてくれるのですが、ちょーっと分かりにくかったかな?
ま、一通り聞いて、必要なタイプと大きさを伝えれば大丈夫。

ホーチミン市内なら(19リットルタイプ)1本から無料で届けてくれるし、
日本の会社が製造しているお水と言うことで、ちょっと安心感もあったりします。
最初だけ、ボトル代金が要るようですね。2本分、100kドン。
あとは1本届けてもらった時に空のボトルを1本返して…ってことになるのかと。
ちょっと高いなーって思ったのですが…

th_IMG_2810_201409191836287ca.jpg th_IMG_2811_201409191836317af.jpg


この容器が結構コストがかかるものらしく、初配達の時に手紙が添えられてありまして、
最近容器のトラブルが増えてるから、使い終わった容器を家の前に置かないでくれ、と。
多分盗難とかがあるんですかね。リユース前提の備品を盗まれてしまってはコストが
合わない。ってことで、利用者の強力を呼びかけていようでした。

これを書いている時点ではまだお水を飲んでるだけで、料理に使ったりしていない
から、その辺どう言う影響があるか分かりませんが、個人的には白湯が美味しいだけ
でも大収穫。お料理も、特にお米を炊くのが楽しみ楽しみ♪

他にも色々お水メーカーさんはあると思いますが、ひとまずこちらはこれまで
使っていたローカルの硬質水よりお気に入り。教えてもらって良かったなー♪


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪


スポンサーサイト

cafe Bene 〜 人気の新カフェ

韓国系で、ホーチミンには初出店ということで、開店当時は芸能人が
やってきたとかなんとかかんとかで大混雑になっていたこちら。

th_IMG_3004.jpg

目立ちますねぇ。Dong Khoi 通りと Mac Thi Buoi が交差する角。
しかも結構な床面積。すごい強気(笑) 韓国系のパン屋さんは東南アジア
各地に展開されてる様ですが、こちらのカフェも大展開中の様ですね。
日本にも最近オープンしたようだし、NYのも話題になってるみたい。
日本は羽田とか言ってたかなー。

で、ワタクシ、こちらのお店の事。
全くの予備知識無し。周りでもまだ行かれたと言う話を聞いておらず、単に
この付近で時間が出来たからちょっと寄ってみたって感じでしたが。。。

ドーンw

        th_IMG_3005.jpg
th_IMG_3006.jpg th_IMG_3008_201409252215256e9.jpg

入り口入って奥側に注文カウンターがあり、こちらでまずオーダーをすませるのですが、
食品サンプルが豊富に並んでて分かりやすい。。。はいいけど、どれも凄い迫力サイズ(^^;
いや、ワッフルとかはベルギーワッフルサイズ(タイプがそうかは不明)でしたが、
カロリー的に迫力サイズ(苦笑) 一目見て、(あ、一日分のカロリーありそう。。。)と
思ってしまいそうになるものばかり(笑)

これなんてあれ。
餅ワッフルですよ。モチモチのワッフルじゃなくて、餅をカリッと焼いたワッフル
でもなくて、ワッフルの上にデローンとした餅が乗ってるっぽい(笑)
食べてないから推察だし、サンプルからの想像だけど、重そう。。。(笑)

th_IMG_3007.jpg th_IMG_3009.jpg

ガーリックチーズトーストとか言うのもありましてね。ええ、美味しそうな響きですね。
数センチ厚さのフル面積食パンにトロトロっぽいチーズがごってりと。。。( ꒪⌓꒪)
いや、すっごい美味しそうだと思うんですが、これ、若い人向けのお店だなーとw
おばちゃんにはちょっと辛いわー(^^;

ですが先ほどの最初の方にあった写真、ショーケースの上に並べられてる大きなボウル。
これはどうやらカキ氷の様で、その食感やら味わいが随分と評判のようですね。
いえ、ベトナムの店舗の物は知らないのですが、日本でオープンした店舗で食べた人の
話を聞くと美味しかったし、その方はこの夏いっぱい、このカキ氷に恋い焦がれて焦がれて…
ってことだったので、多くの人が評価してるんでしょうね。ちょっと1人じゃ
食べられそうにないので、どなたかをお誘いして試してみたい♪

店内は天井がとても高く、室内ながら開放感がとてもあります。
そしてスペースの各所に寄り、ソファの種類を変えたり壁の表情を変えたりして
表情を違えてます。二階席の様なスペースもあって(でも天井はそれより遥かに高いので
圧迫感はない)大量のお客さんを収容する気満々…いえ、備えが十分なお店ですね(笑)

th_IMG_3010.jpg

th_IMG_3012.jpg

th_IMG_3013.jpg

ちなみに頼んだのはこちら。
なんちゃらチョコレートチップとかいうの。
フラペチーノみたいなフローズンタイプ。

th_IMG_3017.jpg


レギュラーとラージは5000ドンしか変わらなかったのでラージを頼んでみたら…
105,000ドン( ꒪⌓꒪) 高いな。。。。いや、こう言うカフェじゃこのくらいが
普通なのか。。。そしてフードも小さなワッフルくらいなら、って思ったんだけど、
それも価格が結構する。安い物は70kドンくらいのもあった気がするけど、
ちょっとボリュームありそうな物だと100k超え。これ、ガチで飲み物とフード
頼んだら千円コースじゃね? 

貧乏性なワタクシにはちと高いー(^^;
ま、シェアしたらさほどでもないか。。。もっと安いドリンクもあるし。。
(いや、良い歳して価格で言うの止めなさいよ…)

で、ドリンクのラージね、結局半分しか飲めませんでした(苦笑)
いえ、味はおいしかったんですけど、あっまーいの(^^;
お店の方も分かってるからか、チェイサー的なお水も最初から着いて来るw

th_IMG_3022_20140925223342bbb.jpg


若い小娘のころであったらいざ知らず、もうさほどカロリーを消費しなくなってる
お年頃になりますと、もう止めよう、とか思わなくてもオートマティックに摂取が
ストップされますな。高いと感じながら残すとは…うーん無念。

ともあれ、日中は大盛況のお店の様ですね。
この日は朝の9時心でしたからまだゆっくりできました。
朝だったら程々のカロリー取っても大丈夫かなと思いますので、次回もまた
来るなら朝にしよう。晩ご飯までにお腹が減る事を祈りつつ…(笑)


Cafe Bene
58 Dong Khoi Street Q1.

とろりコックリな茄子料理色々

ベトナムの食材の中でもかなり上位に来る『茄子』。
そんなの日本にもあるじゃーん、と言われそうですが、火を入れると
日本では食べた事の無い濃厚さと旨味、重厚感。なんだこれ。
蒸しただけでも、なんだかすごく手を入れた様な味になる!!!

日本でもお茄子は大好きな食材だったのですが、ベトナムの茄子の味を
知ってから帰国時に食べて見ると。。。日本の茄子は味が薄い。。。(ノ_・。)
それはそれでお漬け物だったりなんだったりと適した使い方があるのですが、
濃い味の茄子ならではの料理法、せっかくなので楽しみたいですね♪


ってことで、我が家では超ヘヴィな回数で食卓に出現します(笑)
茄子だけで軽く20種類のレシピをローテーションするのですが、
それらをボチボチご紹介しようと思います♪

いえ、特にベトナムテイストを強くするってわけじゃないですw
あくまで簡単に作れるお惣菜の一つとして使って頂ければってことで(^^;


【茄子の蒲焼き】

ホーチミンに限らず、鰻は保護しましょう的方向に向かってて、日本にいても
食べにくくなっているため、時流に乗って今年の土用・丑の日は茄子の蒲焼き
で過ごしましたw味が濃いので物足りなさが無いどころか、実に美味しい。
お試しください♪

th_IMG_3837.jpg

適度な長さに茄子を切り、拍子になるように縦割りします。
縦割り時、両端の皮の部分に一筋剥き後を入れると味が染みやすいですね。

小麦粉を薄くまぶして油を引いたフライパンで焦げ目がつくよう焼き付けて
(この時点で中まで火を入れる必要はありません)、そこにあれば鰻のタレを
(なぜかホーチミンで売っているのを何度も見かけてるw)無ければ味醂と醤油、
砂糖を合わせたお好みの味付けの物に水を少し足してタップリ目にジャーッと
注ぎ煮詰めます。

途中味を見て濃すぎたら少しまた水を足して適当にw
もちろん薄すぎたら各調味料を足して下さい。その程度の手順でも十分
おいしくできるので、気楽に気楽に(笑)

この時に茄子の中まで火が通り、水分もタップリな状態である事から
茄子の中身はトロットロに。小麦粉でコートしてしっかり焼き色をつけることで
型崩れも防ぎます。途中裏返して、まんべんなくタレが絡むようにするといいですね♪



【煮浸し】

アッサリ煮物。
皮を剥いて拍子に切った茄子を水にさらしてアク抜き。
昆布、カツオ、なんだったらベトナムにあるマッシュルーム出汁、ポーク出汁
など、お好みのスープの素をヒタヒタ量薄め味に溶き、小さめの火でコトコトと。
グラグラやると型くずれします。

茄子びたし


火が通ったら茄子を引き上げ皿に並べ、ちょっと厚めの小口に切ったオクラを
入れて煮詰めます。出汁にトロミがついて半量くらいの量になったら、塩・醤油
などで味を整え、ソースとしてお茄子にかけて出来上がり。これ、オクラの
代わりにキノコ類でもいいです。トロミはオクラにかないませんが、良い出汁が
出るし、繊維質が溶け出して若干の濃度がついて美味しいです。

出汁の味があっさりなので、あれば柚子胡椒を入れるのが好き♪
ライムをかけてもさっぱりします。温めても良し。キリッと冷たく
冷やしても良し。作り置きが出来るお役立ちな一品です♪


【茄子の豚巻き煮】

適当な長さに切り、縦6つに切った茄子に軽く片栗粉(コーンスターチでも◯)
をはたいた豚薄切りを巻き付けて巻き終わりを下に鍋に並べます。


th_IMG_3653.jpg

それぞれのご家庭の煮物の味で良いのですが、私は醤油とオイスターソースで
煮るのが好きです。それに仕上げにごま油!食欲をそそります♪

th_IMG_3655.jpg

煮る時に生姜を入れるのも良いですね。
キュッと味を閉めたいなら唐辛子系の物を淹れても良いし、仕上がった後で
七味唐辛子を振るのもあり。醤油の一部をヌックマムにすればベトナム料理風
になるし、甘さを控えめにして黒胡椒をタップリ降ってもおいしい♪
ベースができれば、表情を色々変えて楽しめますよ♪


茄子の味が濃いから、甘辛の濃い味をぶつけても張り合えて相乗効果が狙えるし、
薄味で仕上げる際には、素材の味が引き立ちます。個性の強い食材は味の傾向が
マンネリになり易いと思われがちですが、ぶつけるものにより引き立てるものを
合わせることにより、表情の幅をぐっと広げて楽しませてくれるから面白い♪

もしよかったら、今夜のご飯のおかずのヒントにお使いください♪


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪


ドライライチ 〜 これは美味しい♪

割と最近、スーパーや果物屋さん、野菜屋さんに袋入りのライチが並んでて
なんで袋に入れてるの???と思ったら。。。

th_IMG_2776_201409202227437ad.jpg


これ、ドライライチなんですってね!
そういえば大粒で美味しいフレッシュのライチの時期は終わったなーと
思ってたんだけど、なるほど、フレッシュだけでは売り切れない程沢山採れる
お土地柄なら、ドライフルーツになるわなー。

しかしライチのドライルーツって。。食べた事無い。
ドライにする程日本にはライチ、量が入って来ないと思うし、冷凍ものは保管が
効くから解凍してそのまま食べるわな。加工品はせいぜい缶詰の物くらいか。。。

写真の袋には、ご覧の通り結構な量が入ってますが、ドライだから軽いです。
で、60kドンちょっとくらいだったかな?そんなに高い物じゃないので、モノは
試しと買ってみました。食べてみる時はドキドキ。そもそも中身がどんな感じに
なっているかもわからない(笑)

ぱきぱき!っと割れる外側の殻。
生の時より剥くのが簡単???
で、中身は。。。


th_IMG_2795.jpg


真っ黒(笑)
見た目、巨大な干しぶどうみたいな。
フレッシュの時は白身がかった半透明みたいな感じだから、ちょっと意外!!
おそるおそる口に入れて見ると。。。

キュッと濃く甘酸っぱくて美味しい!!
そして。。。噛んだ奥から広がって来る深みのあるマロミのある香り。。。

そうか、フレッシュの時にはみずみずしく広がるライチ特有の「あの」香りが
干されて凝縮する事で、こんな風に変わるのか!ちょっとリキュールを彷彿と
させるような濃厚で、柔らかな弾力を感じる様な香り。これ。。。
紅茶にも合うし、白ワインとかにも合いそうだなー。

種からの実離れはフレッシュの物より良くて食べやすいし、適度にシットリ
してるので、何かで戻さなくても柔らかく、糖分もほどほどなのでポイポイ
食べてもクドくならない。いいわ、これ。

ちなみにフレッシュライチと同じように、これも期間限定品だそう。
今年作った分、売り切れたらハイ、おしまい、ってことらしいです。
こりゃー今のうちに買いだめしとかにゃw 

ちなみに今回は、Nguyen Thi Minh Khai にあるサマーセット内 CITI MART
で買いましたが、Hai Ba Trung 通り沿いのVG Food (野菜屋さん)右横にある
果物店でも見かけました、市場はここ数日行って無いのでわかりませんが、
きっとあちこちにあるんだろうな。見かけたら是非試して下さいね。私滞在して
2回これ買うチャンスあったのに、知らなかったわ。もったいないことしてしもたー。



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Panini 〜 店名そのままパニーニ食おうぜ!

Hai Ba Trung に出来た、間口の狭い、でもちょっと小洒落た感じのお店。
店名はそのまんま、Panini (笑)
目玉商品はパニーニです(笑)

th_IMG_3100.jpg

大きなショーケースがドンとあって、パニーニやバインミーに使うハムが
塊のまま置かれてあったりするので、最初はここ、食材屋さんかと思ったよw

カウンターとスツールがあるので、そこで食べる事も可能ですが、
まぁバンバン車が通ってる道沿いなので、あまり空気が良いとは言えない。。。(笑)
それでも、散歩途中に小腹が空いてるときとかは、チョイ食べ出来て便利そう♪


メニューは勿論パニーニ推し。
色々タイプの違うパニーニがあって嬉しいけれど、今回はベーシックな
モッツアレラとバジル、トマトのやつを注文。

th_IMG_3103.jpg th_IMG_3102.jpg
th_IMG_3101.jpg th_IMG_3104.jpg

バインミーもあるんですが、こちらは朝7時から10時までのモーニングサービス
があって、なーんとコーヒーとセットで40k!!パニーニが単品で80k前後なのを
考えると激安(笑) 何だ、一つのお店でこの価格差はwww
ま、使ってるパンも具材も違うから、そこは別モノとして考えないとだけどね。

こんな感じで注文後に作業に取りかかってくれます。
おー、オーブンの横にはパニーニー専用の焼き機があるー♪

th_IMG_3106_2014092413364194c.jpg th_IMG_3107_201409241336422ee.jpg

ドリンクは、ビニールのホルダーに。
これ、ベトナムでは普通の事だと思うんだけど、便利よねー。

袋だと余程サイズがぴったりじゃないと不安定になっちゃうし、冷たいドリンク
だと暑い日には水滴が袋の中に溜まったりするし。でもこのホルダーなら、
カップが安定して運べるし、水滴は乾燥に任せられる(笑) はい、時々
服が濡れたりするけど、暑い国はすぐ乾くから無問題。

th_IMG_3108_20140924133643af4.jpg th_IMG_3109_201409241336455ab.jpg

焼き上がったパニーニは、ワックスペーパーに包まれて油が滲まぬ様、そして
ピッチリ包まず蒸気を逃してべちゃべちゃにならないように配慮されてます。


th_IMG_3110_20140924134503454.jpg th_IMG_3111.jpg

焦げ目こそさほどに見えない物の、先ほどの焼き機で、かなりしっかり
焼かれてます。中にはおいしそうなハムとモッツアレラ、そしてバジルや
パクチーなどのお野菜が♪
パニーニにパクチーってとこがベトナムらしいですね(笑)

がぶり!!!と齧り付くと。。。
わー!!!サクサクサクサク!!!って表面が!!!!
そしてシットリ気味のパン生地。でも軽いな。噛んでる最中にネットリ
歯に絡んだりはしない歯切れの良い生地。そして若干少なめに思えた具材も…


th_IMG_3112.jpg

パンの厚さや噛んだ時のボリューム感を考えてのことなのか、ちょーどいい!
ってか、むしろ具材がタップリに感じるくらいのバランス。これ以上だとクドい、
これ以下だと全体が物足りなくなる。よく練られてるバランスだと思います♪

バインミーも至上最強に大好きなサンドイッチだったけど、パニーニはもっと
昔から好きだったサンドイッチ。でもベトナムではやっぱりバインミーが主流で
良いイタリア料理店の高い物しか食べれないかと思ってたけど。。。

このお店だったら比較的手軽に食べれるねー♪
嬉しいヾ(@⌒ー⌒@)ノ

ちなみに夜はワインもあるそうですよ。
いや、多分言ったら朝からも出してくれると思うんだけど、なんせ人通りが多い
Hai Ba Trung 。しかもドア無しオープン席。誰に見られてるかわかんないしね…
(人目が問題ではなくあなたの自主性の問題だと思うんですが。。。)

よし、パニーニが美味しいのは分かった!
豚のナックルのパニーニってのも気になったんだけど、今度はお安いモーニング
サービスのバインミーとコーヒーのセット食べてみよう♪ 欧米人を多分に
意識したお店だからか、スタッフさんは英語が流暢でウイットに富み、とても
チャーミングな女の子だったのが再訪問決意の一番の動機だってことはナイショで!(笑)

タンディン方面(北側)→大聖堂がある中心街方面を進行方向として右手側です。
車でお越しの方はそっち側に回り込んだ方が、ちょっと路駐してテイクアウトが
出来上がるのを待つのに便利かもですね。

あ、デリバリーもやってるそうです。
まだお店の名刺が無いそうで、袋に住所を書いてくれたのでそれをアップしときます♪

th_IMG_3113_201409241345060e3.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪





Tomme de Montagne 〜 トム・ド・モンターニュ

チーズのことは本当に素人なので、ちょいちょい調べつつ、ぼーちぼーちという
感じでご紹介しておりますが、今回は、Tomme de Montagne と言う品種。

Tomme というのはチーズの種類で、バターを作った後のミルクで作っている
物の事を指すらしいです。様々な地域で作られているものらしく、Tomme do
の後に地域の名前を入れて表示している物が多いとか。今回の場合だと、
モンターニュ地方のTomme タイプのチーズ、ってことですかね。

th_IMG_1797_201409112149242ec.jpg


バターを作った後のミルクで作った結果、油脂分はかなり控えめ。持った
感触ではかなり締まったハード系に思えますが、意外にシットリとしていて、
ナイフを入れると、冷蔵庫から出したてでもメチッと吸い付く様な感触で
切れて行きます。牛乳で作る物とかヤギ乳で作るものなどがあるようですが、
ヤギだと、トム・ド・シェーブル〜と入ると思いますので今回のは牛の乳かな?

開封したて、かっと直後はちょっとアンモニア臭の様なツンとした感じの
匂いがありました。シットリめっちりとしたスライスに歯を当てると、
ホロッと崩れ、噛み応えがあるようにも思うのですが、2回3回噛んだだけで
スルするとほどけて行く感じ。油脂分が多いとメッチリと舌にまとわりつく
のでしょうが、少ないからかサラサラとほどけて溶けていくような。

ただし!その軽い溶け具合とは裏腹に、重たささえ感じる旨味の強さが凄い!
塩気もかなりあって、最初に感じたアンモニア臭も若干あり、それらは
あまり自分の好みじゃないのですが、旨味の強さに圧倒されて、それらが
ないと旨味を支えられないんじゃないだろうか?むしろ有ってくれた方が
いいんじゃないだろうか?と感じる程。

ただし、一点どうしても気になったことが。食べ終わりに近づくにつれ、
舌の奥両端に結構な苦みが残る。。。旨味も含んでの苦みなので嫌な味
ばかりの苦みじゃないんだけど、このパートとツンとした匂いの部分は
好き嫌いが分かれそう。

私も最初は、(あー失敗した)と思ったのですが、日を置いて2度3度と
齧って見ると、段々好きになって来た…(笑)それが自分の味覚が慣れて
来たからなのか、カット後のチーズが変化を遂げたせいかはわからないのですが、
最初は(次回は無いなー)と思った物の、安くなってたらまた買ってもいいかな?
と思い始めてたり(^^;

食べにくいな、と思っていた頃に、そのままだと食べ切れないと思ったので、
旨味調味料として小さく刻んでハンバーグの種に混ぜ込んで焼いたりしましたが
コクが出て美味しかったです。コロッケ種に刻み込んでも美味しかったかも。
そのまま食べても美味しいな、と思うようになった今となっては消費方法を
考えなくても良くなりましたが(笑)、そう言う使い方もあるよ、ということで。
安かないので、すげー贅沢な使い方ですけどね(笑)

1.060kドン/kg 
…だから、500円/g

今回はアンナムマーケットでセールになってたので、その半額で買いました。
正規価格でも。。。。買うかな。濃いからちょっとでいいけど(^^;


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪






id Cafe 〜 いまさらですが、いいカフェですね(^^;

もう凄く有名店なので、とっても今更なんですが(笑)
id Cafe。ベンタン近くにありまして、居心地が良いと評判のお店。
こんな感じ。

th_IMG_2456.jpg

1階にもちょろっと飲食スペースはある様ですが、お目当てにしたいのは2階の
スペース。昼でも少し照明を落としてて落ち着いた感じ。きっちりとした仕切りは
ないけど、インテリアでなんとなく数セクションに分かれているのも、席に着いた
人が精神的に落ち着ける工夫がされてるかなー。なるほど、これは落ち着けるかも。

th_IMG_2460.jpg

ってか、全体がおしゃれだわ(´Д` )
ベトナムのカフェにはインテリアセンスに目を見張るお店が珍しくありませんが、
こちらもそんな中の一つ。まぁ日本では田舎に住んでたからお洒落カフェに遭遇
する機会が無かっただけと言う話もありますが。。。いいなー、こう言う空間。

この日はドリンクだけがお目当てだったのでフードメニューには殆ど
目を通さなかったけど、健康的な野菜や果物のスムージーなんかもあって
女子には嬉しいラインナップ。

th_IMG_2457.jpg th_IMG_2461.jpg

自分たちが行ったときはそんなに沢山のお客さんは居ませんでしたが、
場所柄か、外国のお客さんも多かった様子。そういうニーズに合わせてか、
食べやすくアレンジしたベトナム料理のメニューも豊富なんだとか。

ベトナム料理自体が食べやすくてヘルシーで美味しいなーと思ってるので
アレを食べやすくするってどういうことだ?って思わないでも無いけど(笑)
香りものなどを除いてくれたりしてくれてるのかな。ランチセットとか
あるんだったら食べてみたい♪ベトナムのカフェ飯、侮れないからねー(^^;

ちょうど観光エリアの近くにあるし、お近くに居るときで思い出されたら、
ぜひこちらでひと息を。落ち着けますよ♪


id cafe
34D Thu Khoa Huan Street,
http://www.idcafe.net


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪


MONDE カフェ 〜 鮎ランチがイケてました!

***** 2014 Sep. *****

お久しぶりのモンドカフェ。
って、たった4〜5ヶ月ぶりの事ですが、なんか定食の種類が増えたような??
しっかり数を数えてた訳じゃないから、明確な比較はできませんでしたが、
メニューの写真も豊富になったような。。。こんなにチョイすあったっけ(^^;

th_IMG_2439.jpg th_IMG_2440.jpg
th_IMG_2441.jpg th_IMG_2442.jpg

前回はマグロの漬け丼を頼んだので、和食屋さんらしくない雰囲気からあまり
期待してなかった所、奇麗で美味しく驚いたって話でしたが(失礼だな…)
何人かこちらのマグロの漬け丼や海鮮丼を頼んだ人の意見によると、酢飯の
塩分が強すぎる、というのが多かったような。

あー、どうだったかなー、自分が食べたときは強く感じなかった気がするけど、
自分、濃い口だからなー(^^; ちょっと今度食べる時気をつけておこう。
で、今回は。。。台奮発して、鮎、食べてみました!(笑)
な…なぜベトナムに鮎が。。。(笑)

th_IMG_2448.jpg


立派です。
これイワシちゃうけ?って程の大きさです(笑)
しかも丸々と太った。鮎ってこう、シュッとしててもっとスマートな
イメージがあったんだけど…これ、ぼーってり(笑)
子持ち鮎なんですって。

th_IMG_2445.jpg

養殖ものかなって思うし、お店の方に聞いたら冷凍のものではあるらしいのですが、
壁には鮎漁???と思われる釣りのシーンや関連画像があったので、何か思い入れが
おありになるのかなーと思ってみたり。
で、カブリ、と行ってみますと…

th_IMG_2451.jpg

ほっくのっくの、卵びっしり!!!
大きなたらこ1腹分くらいは入ってるんじゃないかって程、たーまーごー!!
特段、強く特徴があると言う感じでもなく、むしろあってほしいコケ臭さ、
というのもあまり無いのが物足りないと言えば物足りなかったのですが、
子持ちの焼き魚としていただくには、まーーーー奇麗なお味で美味しい事♪

鮎なんて1尾程度じゃご飯の於かずには物足りなかろう、と思ってたんですが、
いやいやどーして。十分な大きさと丁寧な丁寧な丁寧な焼き方(本当に丁寧
だったから3回重ねて言いましたよ)。280kドンという金額はランチには
安くはないけど、素直に美味しいし、そもそも日本でも滅多に食べることがない
鮎に出会えるって価値を思えばアリかな?

でー、あれ、やろうと思ってたんですよ。
骨はずし。身の上から箸で順々に全体を押さえていって、身の中で外れた骨を
一気にするっと抜き出す奴。なんかちょっとシャレ者っぽいじゃないですか(笑)
でも。。。

骨も柔らかいし、全体の味があっさりしてる分塩で固められた尻尾の部分が
いいアテになるし、頭の部分まで十分食べられそうな柔らかさだったので。。。

th_IMG_2453.jpg th_IMG_2454.jpg

丸かじり(--)
皿の上には何も残ってない。
シャレ者どころか、クマのように腹から頭から丸かじり。
色気無いなー(´Д` )

でもデザート付きで、大満足。
お腹も満ちたし、「鮎食べたー♪」という事実に満足(笑)
それにしてもなんであんなに骨が柔らかいんですか?ってお店の方に聞いたら
冷凍していることが影響しているかもですねーとは言ってたけど、それ位で
そんなになるかなぁ???美味しかったからいいけどさ(笑)

その他、神戸牛やらなにかと素材に拘ってらっしゃるこちらのお店。
しばらく足が向いてなかったけど、また他の料理を頂きに上がるの、
楽しみだなー♪

しかし、日本での経験も含めて人生数度しか味わってない鮎を
ホーチミンで味わえるとは思ってなかったな。。。(笑)
おもろい。。。(笑)



***** 2014 Apr. *****

大聖堂近くの公園添いに、クレープ屋さんやら、最近話題のベトナム料理のお店やらが
並ぶ中、ちょっとヘム???とまではいわないかな。通り奥に入ったところにあるお店。
表通り沿いにも看板が出てたりするのでわかりやすいとは思います。

th_IMG_0634.jpg th_IMG_0635.jpg

夜はバー&ダイニングになるらしく、質の良さそうなステーキコースなどもあるためか、
もと領事官邸をアレンジしたという店内は、ちょっとシックな感じですが、昼間の陽光の
中で訪れる分には、すてきなカフェ、という風情でそこまで敷居がたかいわけでもないです。

メニューは豊富!!
昼は基本和食のランチメニューみたいです♪

で、今回ちぇりは漬け丼を頼んだのですが。。。

th_IMG_0639.jpg

んまーっ、奇麗!!!
マグロの赤身って、ともすれば水っぽくなることも多いですが、こちらの漬けは
プリプリもっちり。最初からこちらで手入れされてるのか、漬けの商品を使われてる
のかはわかりませんけど、どちでもえーわ。美味しかってんもん(笑)

一緒に行った方はちらし寿司やら、おそばとのセットやらを頼まれてましたが、
こちらも見目美しく、お味もおいしかったとのこと。レタントンの和食屋さんとは
ずいぶん風情が違いますが、期待以上のコストパフォーマンス。
どれも700円〜800円くらいで、1000円はしてなかったかと。


th_IMG_0637.jpg th_IMG_0638.jpg 
th_IMG_0641.jpg th_IMG_0640.jpg

特にかき揚げそばのセットは豪気だったな。
大きなかき揚げにかけそば1杯、それにサラダと細巻きがついてたからな(笑)
ボリューム満点(笑)

夜も和食メインだけど、神戸牛のステーキがあったりと、ゴージャスにも、
ちょっと飲みにも仕えそうな感じ。

         th_IMG_0654.jpg
th_IMG_0655.jpg th_IMG_0656.jpg
th_IMG_0651.jpg th_IMG_0652.jpg

1階には夜しかやってない『会員制』のバーがあるのですが、これがまた雰囲気がいい♪

      th_IMG_0658.jpg
th_IMG_0659.jpg th_IMG_0661.jpg

会員要項などは個別に問い合わせてほしいのですが、大人飲みするにはすごい良さそう。
ってか、こういうバー、ホーチミンではちぇりはまだ知らなかったので、ふらっと
一人飲みしにいきたい♪ お酒の種類も豊富そうだったし、水槽があったりして、
とってもくつろげそう♪ 社用にも使えそうな落ち着きさ加減だけど、プライベートでも
十二分に楽しめそうです。いいとこ見つけた♪

あ、日本にも数店舗お持ちのお店だそうです。
お酒を出してくれるお店、ベースがあるなら、なおさら安心ですね♪

th_IMG_0629.jpg

th_IMG_0633.jpg

場所も便利なので、ぜひぜひお試しくださいませー♪



De Nhat Pho Ngheu 〜 インスタント・ハマグリのフォー

外食する事が多いので、中々食べる機会が無いのですが、たまには
インスタント麺を食べることも。ぼちぼち食べて味を見とかないと、
お土産にお勧めしたいものも決められないしね(^^;

ってことで、久しぶりに買ったのは、こちら。
ハマグリのフォー。

th_IMG_2433.jpg


ベトナムのインスタント麺、作り方を見るとチキンラーメン的に、丼に
麺とお湯を入れて蒸らす方式が多い気がします。が、数分置けばお湯の
熱々じゃなくなるし、丼の形によっては麺全体がトップリ漬からない事も有り、
戻り仁村が出来るため、私はタップリのお湯を沸かして規定の蒸らし時間より
短めに茹でるようにしています。

th_IMG_2434.jpg

スープのためのお湯は別に湧かして熱々のものを。
フォーに関しては、日本のインスタント麺に多いフライド麺のように
茹で湯が濁ったりということは少ないので底までする必要は無いのだけど
なんとなく(笑)
具材は何も入れてませんが、こんな様子ですよ、ということで出来上がり図。

th_IMG_2435.jpg

実はホーチミンに来た頃、ハマグリのフォーの専門店があると聞き、一生懸命
探した記憶があるのですが、ついぞ見つからず。そんな悔しい思いがあるので、
ちょっとこちらの袋麺に期待。

結果、確かに貝のギューッと染み入る様な旨味はあります。
ただし、全体がちょっと甘い(^^;

砂糖甘い、というのではないのですが、例えるならば愛媛は松山の鍋焼きうどん。
味醂がタップリ入ってるような、うどんの出汁としては期待したのよりも大きく
甘さが際立つ味。あんな感じ?(そんなローカルなたとえ出されても…)

個人的にはその甘さを除いて貝の旨味だけにしてほしかったかなーってのは
ありますが、甘めのお出汁がイケる方にはボチボチ好まれるんじゃないかしら♪
甘さが気になる方は、ライムを絞ると随分甘みが隠れてくれます。チリなんかも
合いそうですね。私はその2つを加えて頂きました(笑)

インスタントではありますが、麺を脂で上げてないのと、小麦の麺より軽いので
胃もたれがなく、サラッと入るのがインスタントフォーのいい所。腹持ちが悪い、
と言われれば、それもそうかもしれませんが(笑)、朝軽く食べたい時には
最適ですね♪ 

フォーのバリエーションの一つとして、アリな一品でした♪


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪


VGT Extension & Color

今回は食べ物の話ではないのですが…
ホテルの食事や、ちょっとゴージャスな雰囲気のお店に食べに行く機会の
多いホーチミンでの食事ライフ。殆どの所はフランクで、特に厳しいドレス
コードも無いのですが、コードがどうの、じゃなく、自分がおめかしして
そう言うとこには行きたいな、っての、あるじゃないですか?

で、服はともかく、困るのが髪の毛。
以前は結構頻繁に帰国してたので、ホーチミンに滞在中はだましだまし
過ごしてたのですが、滞在期間が長くなると放っておくわけにもいかず…

といって、中々こちらの美容室に行く勇気がわかない。
というのが、食事と同じく、髪の毛に関しても好奇心丸出しだったホーチミン
生活開始当初。流石にローカルだと勝手が分からないから、日本の方がされてる
お店へ。。。と、ブログの評判などを聞いてトライしてみたのですが。。。

髪の毛をボロボロにされたのです(ノ_・。)
肩くらいまでの髪にパーマをかけたのですが、トップの辺りを4cmくらいの
短さにブッツリ。日本に帰って美容師さんに見てもらった所、ロットに巻いて
カーブに位置した部分=薬液が一番当たりやすい所が切れちゃったんだろうねと。

当然切れていない部分であるその他全体もポッソポッソ。
水分が抜け、チリチリになり、みっともない事この上なく、なにより気分が
どん底まで落ち、酷い気分でしばらく過ごすはめに。

なにが残念だったって、髪の毛が切れていたことは仕上げのブローする時に
美容師さんが気づいてない訳がないのですが、なーんにもいわずにしれっと
やり過ごした事ですかね。失敗されたことは悔しいにしても、意図的にやる
美容師さんなんていないだろうし、せめて分かった時点で謝罪してくれれば
話し合いのしようもあっただろうに、不誠実極まりない。

後から聞いたら、以前その店にいた腕のいい方は独立されたとか。
その後の事にしても評判が良かったのは多分、男性のカットとか毛先を揃える
程度の事に関してだったのかなぁ。。。いえ、男性のカットも腕の有る無しは
影響することだと思いますが、女性程繊細な評価にはなりにくいのかな、と…。

もちろん、そう言う美容師さんばかりでないのは重々承知しているのだけど、
なんだかとっても意欲が削がれてしまいましてね。もうベトナムで施術受けるのは
イヤだなーって、結局現在に至るまでの間、一度もベトナムにいる美容師さんには
お世話にならないようにしていました。

が。。。。

染めが落ちて来るのも、これはこれでストレス(--)
カットだとショックも大きいし、取り返すのにも時間がかかるけど、染めなら
日本の薬剤を使ってるとこでお願いしてみてもいいかなーと思い、こちらのお店に
行ってみました。こちら、髪染めとエクステンション専門のお店なんですって♪

場所は、日本人に人気のTru Nailさんの上。
入り口は同じです。
Pizza 4 P's さんの数件左隣ですね。
こじんまりですが、清潔で、日本人にも違和感のない店内です。

th_IMG_2173.jpg

ボリュームが少ない事が悩みなのだと言うと、カラーの色を指定する際、
私の髪は細くコシが無いので、あまり明るくし過ぎない方がボリュームがある
ように見えていい事、日本人には日本製のカラーリング剤を使うという確約、
施術中に頭皮に異常を感じたらすぐに知らせてほしい、などの説明があり、
まずは洗髪。

th_IMG_2172.jpg

相方さんが行く床屋さんの様な所でシャンプーだけやったことがあるのですが、
そのときは椅子に座る感じでシャンプーを受けたのですが、こちらは日本の
美容室のように仰向けに寝てやる感じ。
顔にガーゼを当てるところも、日本風やなー(笑)

ベトナム人のスタッフさんが洗ってくれたのですが、とても丁寧で気持ち
よかったですよ。そしてその後のカラーリング施術も。。。。

とても丁寧で、非常に集中してやってくれてる様子が印象的でした。
ベトナムの方には勿論、ベトナムの薬剤を使うそうで、その違いだとか
髪に対するケアのアドバイス等、とても細やかにしてくれて、ああ、
プロフェッショナルだなーと感じた次第。

プロフェッショナルじゃない日本人に当たって大変残念な思いもしたけど、
だからって、ベトナムの美容室はーって思い込んじゃうのは狭量の極み、と、
ちょっと反省。自分の気持ちが凹むとついつい原因を攻撃しがちになっちゃう
けれど、それで自分の世界狭めたら、結局自分が損をするよね。気をつけよう。。。

で、カラーリングの結果も上々。
奇麗に好みの色に染まったし、何より髪が殆ど傷まなかったどころか、
以前の、その髪の毛ぶち切ったのにしらばっくれられたダメージが回復しきって
なかった状態より具合良くなった感じ?その後しばらく用心深く観察してたけど、
全く問題ナッシング。

少なくともカラーリングに関する心配はこれでなくなった。
そして、髪を触ってもらうのに、信頼できる人もいる。
これが体感として納得できただけでも相当儲けもの。

8月中の話で半額キャンペーンだった事もアリ、大変リーズナブルでした。
9月は別のキャンペーンのようですが、ヘッドスパなどもあって気持ち良さそうだった♪
頭皮って皮と繋がってるから、顔の上がる下がるにも関係あるって言うし、ちょっと
気になるお年頃。。。(笑)


th_IMG_2171.jpg th_IMG_2170.jpg

スタッフも感じの良い人ばかりだったな。
この時に居た日本人女性は短期間で帰国されるとの事でしたが、別の日本人
女性が常駐されるそうです。なので細かなオーダーも不満なくできますね♪

ホーチミンでのヘアスタイルライフ。
まだカットで喜べるお店に出会っては無いけれど、カラーリングはもう大丈夫!
染めたあとは、気分晴れ晴れでお食事に出かけられるようになりましたー♪

ヘッドスパなら、もしお店の雰囲気が合わなくても実質髪に大きなダメージは
ないだろうから、お試しになってみてはいかがでしょうかー♪


VTG Extension & Color
https://www.facebook.com/VTG.VN


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪


Jin Sun Dae 〜 1人でも大勢でも楽しめる韓国鍋!

***** 2014 Sep. ******

あれ。。。もっと前に行った記憶だったけど、たった二ヶ月前のことだったのか…
自信もって「前回は半年前だったなー」とか言っちゃったよ。おはずかしや。

お店の名前、判明しました!
ってか、お店が入ってるビルの表上のほーーーーーに書いてあった(^^;

『Jin Sun Dae』、
日本語風に発音すると『ジン・スン・デー』だそうです。
ああ、これでやっと「あのアーバンカフェの向かいにある韓国料理の店!」
と言い方でしか人に紹介できない失礼を卒業できる。。。(笑)

運動したあとだったのでビールが飲みたかったのですが、ビアある?って聞くと
無いと言う。なにー!!!!韓国料理みたいにピリ辛料理がおいしいお店で
ビールが無いとは何事ぞ!!!と思いつつも、無いと言う物は仕方ない。
ってことでマッコリを。

th_IMG_2749.jpg th_IMG_2756_2014091720463987a.jpg

発泡性の物のようですが、底に沈殿物が結構あるのでしっかり振って飲む様です。
そろーりそろりとゆっくり振り混ぜようとしてたら、お店の方がツカツカと来て、
ガシャガシャガシャー!!って(笑)
あー、そんなに振っていいんだーと安心してスクリュー蓋を捻ったところ…

ぶしゃー!!!!

はい、マッコリ大噴出(笑)
またもやお店の方があわてて飛んで来て、
「ダメだよダメだよ、ゆっくり開けなきゃ!」
と、開けかけた蓋を一度閉め、ほんのすこーしだけ捻りしばらく静止。
静止。静止。静止…しているかのように見えながら、微量ずつ中の空気を抜いて
たんですねー。20秒くらいかけて無事開栓。

飲む容器が口が広く平たいアルマイトっぽいやつでちょっと驚いた(笑)
お椀みたいなのでマッコリを飲んだ事はあったけど、こういうので飲んだ
ことはなかったなー。絵面はすっかり給食の脱脂粉乳。。。(←いつの時代だ…)

で、これ美味しかったんですけど、あとでお国見える冷蔵庫にビールがあることが
判明(笑)だよねー!こう言う料理のお店でビールがないってことはないのよねーw
多分「ビールある?」って聞いた時に伝わってなかったんだな。。。
ってことで、マッコリ→ビール注文。段々様相がランチレポじゃなくなってきて
いる気がしますが、まぁあまり細かいことは気にせずに(笑)

th_IMG_2751.jpg

相変わらず食事前に並ぶキムチ群がとてもおいしい♪
ヘタしたらこれとライスでランチが完結してしまう(笑)
けど、勿論そんな事はせず、いきますよー、本日のお料理。
メインは鍋だったんですが、それだけじゃ寂しいからもう一品。
どうやら茹で豚か煮蓋かっぽいものがあったので注文すると。。

th_IMG_2752.jpg

はい、どーん!!
マテマテマテマテ(笑)
何人で食うんだよこれ(笑)
確かに料金は380lkドンだか、390kドンだったからそれなりに量はあるんだろうな
とは思ったけれど、盛りすぎやろこれ。ヘタしたら1kgくらいあるんちゃうか?(^^;

th_IMG_2753.jpg th_IMG_2758_20140917210842c90.jpg

白菜やレタス、キュウリ、人参、唐辛子等の野菜と一緒にいただくのですが、
なんだろう、皮付きってことは当然脂部分と思しき白い部分もあるんだけど、
余分なギトギトは一切無くてプリップリ。食感的には「コラーゲンたっぷり!」
な感じで、全く持ってクドくない!!

ヒンヤリと冷たい状態であることから、プリプリこりこりしている様子は不思議
じゃないけど脂が全くギトギトしてないのは、これ如何に。
プラス、ちょっと甘ピリ辛のヤンニョン醤がとても美味しくて箸が進む進む♪
バカみたいに量が多いけど、これ美味しい♪

でも、後で見たら壁にこのお肉とかスンデ(韓国式のソーセージ)や他の部位の
ハムっぽいものの盛り合わせとかあったので、色々食べたいならそっちの方が
お勧めかも。多分、そっちも量は結構ありそうですが(笑)

で、メインの鍋。前回は個人用のチゲでしたが、今回は5人で訪問。
ってことで、大鍋を頼んでみました♪聞けば4〜5人分だと言うことでしたが、
たっぷりサイドの4〜5人分。こちらもすごい量(^^;


th_IMG_2754.jpg

でもま、骨付きの豚肉がゴロッゴロ入っているので、骨部分の嵩も結構あるかな、
と思ったけど、グツグツと似て或る程度お肉を取ってもまだまだ量が減らない…

th_IMG_2757_20140917210841534.jpg

しかしながら、相変わらずのフワッフワのお肉、多少ピリ辛ながらお味噌のような
風味があるスープはコクがあるのにしつこくなく、量が多いなー多いなーと言いながら
スープが鍋底に無くなるまで食べ切っちゃった(笑) 

途中、さきほど豚肉を食べたヤンニョンやら、ちょっとお醤油っぽいタレやら、
オキアミの塩漬けなどをチョイチョイ加えつつ、味のバリエーションを楽しむ
のもまたよし。そしてご飯がまた良く合うヾ(@⌒ー⌒@)ノ

客層は韓国の方が多い様でしたが、途中ベトナムの方も入って来てたり
なんと、一緒に行ってたお友達のお友達(日本の方)グループの方も
いらしてたりして、以前よりは客層も広がってるのかなー、と言う感じ。

店構えが地味なので、歩いてたりタクシーで通ってるだけだとついつい見過ごし
がちなんだけど、やっぱりいいなー、このお店。チゲ「も」ある韓国料理の
お店は他にもいっぱいあるけど、チゲメインで迷いなく推してるお店だと
こちらも迷わず絞り込めるし、いいですね♪ 

あ、食べ切れなかった豚肉は持ち帰って頂きました。
持ち帰るにしても量が多かったので2パックに分けてもらったのですが、
残ってた野菜も奇麗に分けてくれ、且つ、ヤンニョン醤まで小さなケースに
入れてくれた。。。ベトナムのお店って本当にこういうとこ、親切っちゅーか
細やかっちゅーか…嬉しいですねぇ♪

スタッフさんは以前とちょっと変わってた気がしますが、やっぱり親切だったし
英語喋れる女性スタッフさんもいたし、なにより卓上で戸惑う事があったら
すぐに飛んで来てくれてあれこれお世話焼いてくれるし、良いお店だと思います♪
今度はスンデをまた食べたいなー♪


***** 2014 Jul. ******

ごめんなさーい、お店の名刺貰って来たから安心してたんだけど、ハングルでしか
書かれてなくて、店名のアルファベット読みが分かりません。。。…orz
今度行ったとき聞いて来ますので、ひとまず名刺のコピーをば。

※Jin Sun Dae という名前である事を確認しました!

th_IMG_3161.jpg

場所は Guyen Thi Minh Khai通り。
サマーセットを左手に見て進んでると、最近あちこちに規模の大小を変えて
出店している Urban Cafeさんがありまして、そのほぼ真向かいにあるお店です。
直ぐ付近には今の所他に韓国料理屋さんはなさそうなので多分、分かってもらえるかと。
ってか、他力本願な情報でごめんなさい(´Д` )

主婦友さんがもともとUrban Cafeに良く行ってて見つけてくれたお店なんですが、
ちぇりは全く予備知識がなかったし、そもそも韓国料理って7区の方が充実している
イメージがあったので、かるいー気持ちで来店。

th_IMG_3151.jpg

と思ってたら、名刺によると本店が7区にあるようですね。

特にオシャレとか個性的ってわけじゃないけど、シンプルでスッキリとした清潔感のある内装。
丁度12時前くらいだったので、お客さんが既に数組。店長さんかな?韓国語もベトナム語も
流暢に話される男性が笑顔で迎え入れてくれて席にご案内。

        th_IMG_3147.jpg
th_IMG_3148.jpg th_IMG_3149.jpg

単品料理もあるようですが、メニュー全体の構成やら壁に貼ってあるメニュー写真から、
鍋がメインの韓国料理のお店のようです。ちょっとメニュー写真の写りが悪くて分かりにくい
かと思いますが、一番上の写真が1頁目にあるメニューで、確か一番上にあったスンデ
(韓国式ソーセージ)のスープと、左下にある写真のメニュー、スペアリブのスープを注文。

スンデって、日本だとあまり置いてあるお店に出会えなかったので、見たらつい頼んじゃうん
ですよねー(笑) 新大久保とか鶴嘴などのディープなとこならあるんだけど、地方の
お店にはなかなかなかったり。あっても高いし(^^;

そして韓国料理のお決まり。お料理前のキムチ小皿たち♪

th_IMG_3150.jpg th_IMG_3154.jpg

カクテキやらニラのキムチに、マレーシアで良く出て来て大好きだった青唐辛子のピクルス的な物も♪
これ、ビールのお供に最高なんですよねー♪ あ、この日は珍しくビール飲みませんでしたが(笑)
そしてこちらのお店は、追い調味料もたくさんあった♪

th_IMG_3153.jpg

(多分)胡椒に青唐辛子の刻んだ物、ヤンニョン醤にオキアミの塩辛みたいなの♪
胡椒はあまり辛味がなく、香りも強くなかったので、もしかしたら違うものかもしれません(^^;
ヤンニョン醤ってのは写真の中の赤いやつで、醤油、唐辛子、ニンニク、ごま油、ネギなどを
すり潰しながら混ぜ込んで寝かせたもの。お店によって家庭によって味が違うそうですが、
こちらのお店のものはあまり辛くも塩辛くもなかったので、タップリ使っていただきました♪

で、メイン。
ドン。

th_IMG_3156.jpg th_IMG_3159.jpg

まずはスンデのスープ。
石…じゃないんだけど、焼き物の鍋の中でグツグツグツグツグツグツグツーーーー!!
って言ってる状態でご登場。一見、何の変哲もないスープだなーと思ったんだけど、
中にはカットされたスンデがゴロゴロっと入ってるのは勿論、その他にも
豚肉のスライスがたーーーーっぷり入ってる! そしてベースの豚骨スープ!!

コクがあるのに、あまりに香りが良く、動物臭が押さえられてたので、最初、ん?
牛骨を炊き上げた?って思った程綺麗な仕上がり。でも、旨味がコックリ。
塩気はそんなに強くない、どころか、むしろ薄めなのに、旨味だけで匙が次々
止まらない♪すっごい滋養のありそうな味!

九州育ちの人間には、匂いのない豚骨がとても物足りなく感じてしまうことがあるの
ですが、こちらのお味は滋味溢れると言いますか、いかにも身体に良さそうなお味。
ちょっとお疲れ気味の日だったので、コクリコクリと延々底が見えるまで飲んでた。
最後の最後までお肉がいっぱい入ってて、お腹いっぱいになったけど(笑)

タップリ飲むには良い塩梅なんだけど、途中でアミの塩辛を足して変化を付けてもいいかもです。
あ、これ我流なんで、正統派な食べ方かどうかはわかりませんが、美味しかったです。

th_IMG_3160.jpg


そしてこちらの鍋以上に超超お勧めしたいのが。。。
スペアリブのスープ!!
ドーン!!!

th_IMG_3155.jpg

うぉっほー!凄い迫力!
写真の向こう側にあるのはデザートスプーン大の匙。
なので、手前の容器が結構大きな物であることはお分かり頂けると思うのですが、
その中に溢れんばかりの大きさの骨付き肉が、ドーーーーーン!!!
すっごーい!まずビジュアルに圧倒されます。
そしてさぁ頂こうと箸でつついてみると…

th_IMG_3157.jpg


ふぉわっふぉわ!!!
いや、肉がふぉわっふぉわってのはどーいうこった???(笑)
しかも脂がポヨポヨしている部位じゃないのに、ですぜ?

「うおあ?!ほええ!!」

とか、なんか変な叫び声が思わず出たね(笑)
ふぉっくふぉっくにホグれる身を、スープに浸して食べても良し、ヤンニョンをたっぷり
添えて食べるも良し、ちょっと酸味のある専用の垂れにつけて食べるも良し。

で、スープは辛そうに見えるけど、そんなに辛くはありません。
ゴマの風味?みたいなのもあって、ちょっと担々麺のスープのような風情。
そしてベースのスープがやっぱりとってもしっかりしてる!
うんまー!!!

白ご飯もついてて、それにかけてザブザブ食べたらどんなに美味しかろう、と
思ったのだけど(ザブザブて…)とにかくスープの量が多いので、そっちをやっつける
ことを優先すると、ご飯は辛抱せざるを得ず。。。あのスープ、2品を3人くらいで
食べてちょうどいいくらいの量かもなー。

そうそう、不器用に直箸でお肉をほぐしてたら、席に案内してくれたにこやかな男性が
テーブルにやって来て、トングで上手にほぐして、二人のお皿に分けてくれました(笑)

th_IMG_3158.jpg

他のテーブルの方にはされてなかった、か、他のテーブルでは同じメニューを頼んで
なかったのかはわかりませんが、ぎこちなく見えたのかもしれないなー(笑)
このお兄さん、お客さんとの会話を聞いてるとベトナム語も韓国語も堪能で、
ちぇり達と話す時は「オイシ?」などと日本語の単語も交ぜてくれてました♪
ちなみに英語はペラッペラだったので、意思疎通もなんとかなると思います(笑)

そんな親切にされて、タップリの量で美味しくて。。。なのに、お安いんですよ?
スンデのスープが130kドン、スペアリブのスープが150kドン。あの量とクオリティで。
ランチ単価としてはそんなに安い!ってほどじゃないかもですが、個人的には
すげーコスパ!!!

メニュー2ページ目以降は250kドンとか400kドンとかの単価のメニューになるんですが、
多分それは4〜5人くらいで食べても十分な量の鍋とかになると思います。予想ですが、
ホーチミンでの韓国料理歴から探るに、そのくらいの単価のポーション、でっかいですw

単価は高いですが、量も結構あるようで、見てると6人くらいのお客さんが大きめの鍋を
頼んでシェアしてる光景も。それだったら一人当たりの価格も抑えられるし、お気軽
ランチになりますよね♪

一方で、一人でフラッと食べに行っても頼めるポーションがあるのも魅力だなー。
家族連れ、グループ連れを前提に居ているお店だと、それがなくて連れを作らないと
入店が難しいってお店もありますからね。それにしても…

『よかったー♪久しぶりにちぇりさんが「美味しい美味しい!」
 を連発するとこにつれて来れた♪』

とは、こちらのお店を教えてくれた主婦友さん。
すっ、すみません。。。。脳内ダダ漏れ女なので、店によっては愛想も言ってない
ことありますよね(^^; その分、本気で美味しいお店の時には全身から「美味い美味い!」
を発散させてると思うのですが、そうじゃない時もまんまの感情がきっとダダ漏れ。。。

失礼なやつで、ほんっとすみません。。。(。-_-。)

に、しても美味しかった。
他の鍋も食べたいし、単品料理も食べたみたい!
美味しかったなー♪ 家の近くにこんなお店があってくれるなんて超ラッキー♪
1区に当たりの韓国料理屋さんが少ない、って認識も改めないといけないなー(^^;


th_IMG_3152.jpg

うん、おしぼりの袋にもやっぱりお店の名前の読み方、ないですね(^^;
すみません、今度聞いておきます。。。


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Boat House 〜 川沿いの風を感じながら

2区のお店で食事した後、お茶を飲みに行きました。
実際にはお食事メニューも色々ある様ですが、今回はお茶のみ。
室内席もありましたが、今回は気持ちのよい午後だったので屋外席で。
川沿いのテラスにパラソル付きのテーブルが。

th_IMG_3869.jpg

この日頼んだフレッシュココナツジュースを盗り損ねたので、
お店の様子をもう一枚(笑)

th_IMG_3871.jpg

2区だし、オープンな空間だけど雰囲気がすごくよかったから結構
お高めかなーと思ったら、ドリンクに関してはむしろ逆にリーズナブルな感じ。
フレッシュココナツジュース、35kだった(^^;

th_IMG_3875.jpg


th_IMG_3873.jpg

th_IMG_3874.jpg


すいません、情報量がメチャクチャ少ない(^^;
ここはもう一度伺う宿題店にしとかななー。
でも気候の良い日には本当に気持ちがよくて、目の前の川は淀んでますが(笑)
それでも水辺は気持ち良く。。。。

あ、虫除けは持ってってた方が良いです。
一区のこぎれいなお店では殺虫剤を結構撒いてるのか、割と蚊の被害が少ない
様な気がするのですが、2区のこの手の屋外スペースでは水辺が近いわ、
造園が充実してるわで蚊の宝庫、みたいなケースが時々あるので(^^;
自分は持ってってなかったのですが、一緒にいったお友達が虫除け持ってたので
しゅっしゅしゅっしゅと借りました(笑)

ひとまず、場所情報だけでもお伝えしておきますね。
(しかもレシートの一部で色気無くてすみません。。。)
少なくともお茶するにはお手軽価格の割りに雰囲気良いし、よかったですよ♪
食事は全く解りませんが(^^;


th_IMG_3894.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

お家でマレーシアンカレー、いかがですか♪

今回は、ベトナム料理ではないのですが、ホーチミンで気軽に買える調味料で
作れる、我が家超ヘヴィーローテーションのカレーペーストのご紹介。
味付けはほぼ、このペーストを使うだけ(塩胡椒すら足さない)で超絶簡単
なのに、ちゃーんとマレーシアのカレーの風味、風合いがあるんです!

実はワタクシ、独身時代マレーシアに三年半程住んでいた事がありまして、
その頃に現地の味が身体に染み付いたわけですが。。。
いやー、このペーストに出会えたときは嬉しかったですねー。
ものすごくリアルにマレーシア時代の味覚の記憶が蘇ってきましたよ。


th_IMG_2791.jpg


これ、コープマート(Nguyen Dinh Chiew店)で買えます。
49kドンくらいだったかな?

定番以外は…いや、定番でも在庫が切れるとしばらくそのままだったり、
売れ行きが芳しくなければ(理由がそれだけかは分かりませんが)そのまま
入荷がなかったりすることが良くあるベトナムの小売り事情ではございますが、
このカレーペーストは、少なくとも私が見る限り、ここ1年は安定して入荷されて
いるようです、欲しい時に買えなかったってことはこれまではなかったかな。

チキンカレー専用とミートカレー用がありますが、チキンの方が若干柔らかい
風味かな?好みですが、どっち使っても良いですし、どっちも混ぜてもまた美味しい。

用意する物は使いたい具材、何でも良いですがお肉と玉ねぎはマストで。
特にこれぐらいの量が無いといけない!ってことはないのですが、自分の場合は。。。

カレーペースト 1袋
お肉(豚バラ良く使います) 600〜800g
玉ねぎ  大きめ5玉


それに人参・ジャガイモを加えてもいいですし、私は玉ねぎ、10個くらい使いますw
そこはもうお好みだし、その時家にある材料で十分かと♪
まずはそれらを切って軽く炒め、火を弱くしてペースト投入。

ペーストに既に結構な塩気が含まれてるので、具材を炒める段階で塩胡椒を
する場合は、極少量にして下さいね。その後水分で煮込むのではなく、
別肯定を経ますので、この段階で塩気による水分引き出しができなくても大丈夫。

th_IMG_1153.jpg 

水分が少ない状態ですが、よく混ぜてペーストが全体に馴染むように&焦がさない
ように良く混ぜ、極弱火にして蓋をしてしばらくコトコト。かなりスパイシーで、
この時、上がる蒸気に目がしばしばすることもあるかもですのでお気をつけて(笑)
焦げ付きやすいので、時々底をかき混ぜながら馴染ませて行くと。。。

th_IMG_2188.jpg

ペーストの脂分がゆるみ、野菜からの水分がにじみ、豚肉であれば脂の部分、
鶏であれば皮等から脂が溶けだし、かなり水分が上がって来ます。
赤い油が分離した様な状態になったら、これが美味しさの元!

最初から水分をタプタプ加えてもそれなりの味になると思うのですが、
これはマレーシア時代に隣に住んでたおばちゃんからの直伝のワザ。

厳密に、最初から水分タプタプの物と食べ比べた訳じゃないのですが、
フランス料理にも少量の水分で蒸す様にして素材から味を引き出し、
味のベースにする調理法があるわけですし、私はマレーシアンカレーを
作るときは、頑にこの方法を守ってます。

で、水分が上がって来た所で、ココナツミルク。
我が家は、400ml缶を2缶投入しますが、アッサリ目がよかったら、
1缶+お水を200ccくらいでもいいかも。

th_IMG_1157.jpg

水分をココナツミルク2缶と同量に仕様とした場合=水が400ccプラスになると、
ちょっとモノ足りなくなりがちなので、スープストック等をちょっと加えて
あげるといいかも。水の代わりにトマトジュースを入れると、ちょっと日本的な
カレーに近づき、ココナツミルクがあまり好きじゃない、という方も食べやすく。

ココナツミルク、または水分を加えたら、少しだけ火を強めて焦げ付かない様
底部分を時々混ぜながら、まずは沸騰するまで温めて、その後具材が柔らかく
なるまでゆっくりと煮ます。好みで仕上げにヌックマムを大さじ2〜5、
お好きなだけ入れるのもお勧め。匂いはあまり気にならなくなるし、旨味が
グンと深くなります♪

th_IMG_2276_201409172226381cb.jpg


焦げ付かせるのがイヤなので、我が屋はシャトルシェフ(保温調理器)で
一晩寝かせて仕上げてます。材料はシンプルでいいし、手順も難しくない上、
味を調整しなければならない幅が狭いので毎回安定した美味しさが楽しめる、
大変重宝な調味料。よろしかったらお試しあれ♪




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪




Hoi An 〜 質と雰囲気の良いベトナム料理

レタントンのGAOさんが閉店されていたのはご報告した通り。
客人がいたこともあり、さてどこにお連れしようかと思っていた所、
家人が使った事があると言うので、「ここに行こう!」と言ってくれました。

th_IMG_2576.jpg

うん、このお店があったことは知ってる。ただ、予算オーバーだろうなーって
ことも噂に聞いてたので、自分では中々行こうと思えないままで…(^^;
思いがけずチャンスを頂きました(笑)

Hoi An は世界遺産にもなっている古都。
実際に行った事もありますが、シットリと落ち着きがあって本当に素敵。
その風情を、きらびやかなレタントン通りにあって再現している様子は素敵ですね。
店内の調度品も凝ってます。

th_IMG_2579.jpg

テーブルセットもベトナムらしく落ち着いた中にも高級感があって、良さげな
お店だなと言うのは一目瞭然。お仕事で接待等に使うときにこう言うアイテムが
必要な時は便利ですね。場所的にも。

th_IMG_2577.jpg th_IMG_2583.jpg

突き出しのナッツとセロリのベトナム風キムチ。
特にキムチがパリパリして美味しかったー♪
キムチと言っても、ベースは甘辛いヌックマムでしたけどね(笑)
客人にも好評でした♪

定番のロータスと海老のサラダ。
クラッカーに乗せて食べる奴ですね。

th_IMG_2587_2014091621135412d.jpg th_IMG_2588_20140916211355e99.jpg

あ、こう言うお野菜の料理を始め、優しめの味付けの料理を多く選んだので、
今回は白ワインをチョイス。いや、チョイスって言うほど確固たる基準になる知識を
持ってるわけじゃないのですが、ボルドーの白が数種類あって珍しいなーと頼んでみた♪
ボルドーと言うと赤、ってイメージが昔は強かったんですが、白も時々見かけてて、
でもまだ経験値が浅いために興味もあって選びました(^^)ゞ

Hoi An 焦点の定まったキュッと締まりのある白 th_IMG_2582.jpg

何種類かあったのですが、一番リーズナブルな物をw
でもこれが大正解。

焦点が定まった、というか、キュッと鋭角に目指す味が分かりやすく、家人は、
これまで飲んだ白の中でも凄く好みだと言ってました♪
言う程夫婦でそんなに種類飲んでませんけどね(苦笑)

旅行者の方に喜ばれるのが、ハスの葉で包んだチャーハン。
特段、個性的な味わいと言うわけでもないけど無難なお味。
プレゼンテーションがいいですよね♪


th_IMG_2589.jpg th_IMG_2594.jpg

ソフトシェルを食べた事が無いと言う客人にはこちらを。
薄めの衣で揚げて、タマリンドソースかな?を絡めてありました。
この種類のカニはあんまりドぎつくなくてサラッと食べられるところは
他のお店の物と変わらず。

th_IMG_2591_20140916214742a0b.jpg

皿によっては人参の飾り切りがあしらわれてたり、さっきのサラダのように花びらが
あしらわれてたりと、見た目にも楽しいですね♪ ナスと豚肉の炒め物等は質実剛健
な感じでしたが(笑)、お給仕の方も甲斐甲斐しいし、ほんと、接待向きのお店だなー♪

th_IMG_2592.jpg th_IMG_2590_2014091622345098d.jpg

デザートには定番のバインフラン(カスタードプリン)と、相方さんお勧めの
バナナのフランベ!!これ、コンロをテーブルまで持って来て目の前でやって
くれるんです。こう言うアトラクションも楽しいですよね♪

th_IMG_2600_20140916223453069.jpg

バナナのフランベに使われてたのはパイナップルジュースと香り付けのお酒。
バナナのデザートって、最近カラメルソースで食べる事が多かったから、
パイナップルジュースの酸味が新鮮♪ これ美味しい♪

th_IMG_2596_201409162234513fc.jpg th_IMG_2602.jpg

全体に味の品が良く、サービスが細やか。
雰囲気も良いのでおもてなしには最適かと思われます。が。。。。

ベトナム料理って、もっとずーっと安い所でも美味しさは引けを取らないところが
ありますよね(^^; そもそも代表的な料理には高級食材があまり使われていないとか、
ある程度の味までは、調理法に高い技術が必要とされないことであるとかが原因かなー。
価格の価値がどこにつけられるかというと、お店の雰囲気がいい、とか盛りつけが奇麗、
とか、まさにこちらのお店が持つ特色につけられるのかなと。

なので、日常的に使うお店、としてはコスパがあまりよろしくない、という話になります。
この日は4人で料理7品とデザート2品、ワイン1本で3,400kドンほど。ひぃっ(^^;
ワインは1本1,000kドンくらいでしたから、実質4人で12,000円くらい。お酒を入れて
一人4千円は日本の居酒屋程度と言えばそれまでですが、自分的にベトナムに於いては
大変高価。。。

ただ社用であったり、今回のようにおもてなしをと考える席なら、雰囲気代、
サービス代が俄然生きてくる訳で、要はどう言う目的で使うか、によって、
こちらのお店の価値が変わって来るって感じですかね。

ともあれ、このお店を経験させてもらえたのは良かったです。
おもてなし選択肢の中には入れておいて損は無い店。
お気に入りのワインにも遭遇できた訳だし、今回はそこも含んでの価格だった
ってことにしましょう♪ ってか、相方さんにごちそうしてもらったので
四の五の言うなって話ですけどね(笑)

あ、店内で定期的に民族音楽の生演奏などもありました。
一階席はあまり広いスペースではなかったので、ちょっと音が大きすぎる気は
しましたが(笑)、珍しさもあり、お客さんはみんな楽しまれているようでした♪

え?あ、文章が収まりすぎておもろない???
すんません、レシート横に置いて確認しながら書いてたんで、そのお値段を思うと
(自前で払った訳でもないのに)どーしてもテンションがあがりませんで。。。
や…安くて美味いが一番ですね(^^;


Hoi An Vietnamese Restaurant
11 Le Thanh Ton Street, Distrist. 1


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪



Hoi An Vietnamnese Restaurant

夜総合点★★★☆☆ 3.7



関連ランキング:ベトナム料理 | レタントン通り周辺



Cha Time 〜 タピオカ半端ない。。。

ホーチミンのアッチコッチに出来てるチェーン店。
台湾のタピオカ入りミルクティが売りのお店。
VINCOMセンターに入ってたり、ベンタン近くの目立つ位置に大きく店舗を
構えたりして目にした事がある方も多いかと。

この日はHai Ba Trung 通りを、とある場所に向かって歩いていた所、突然の大雨。。。
で、雨宿りがてら入らせてもらったのでした。

th_IMG_3659.jpg th_IMG_3660.jpg

写真を多用したメニュー表示に明るい店内、清潔感のある広々とした空間。
ファーストフードのお手本みたいなところやなw
そして驚いたのが、(これは店舗によるのかもだけど)パンとかエッグタルト
とか、ベーカリー系のものってことで、巨大な源氏パイの様なものまであった??

th_IMG_3663.jpg th_IMG_3664.jpg

ブラックタピオカのミルクティーを頼んだのですが、意外と甘過ぎず、紅茶も
しっかり。この辺は専門店の面目躍如というところでしょうが。。。。

th_IMG_3667.jpg th_IMG_3669.jpg

タピオカ、でか!!!(@◇@)
それが通るだけの太さのストローは勿論ついているのですが、吸い込む時は
くれぐれもお気をつけ下さいね。何も構えず、ちゅーっと数と

ぐぽわ!!!

と口の中が襲撃されます。
得体の知れない(いや知れてる)、通常では経験する事の無いポヨポヨした
巨大な球体に口中が教われる意外感。ちょっと軽くパニックになったわ(^^;
そしてこのタピオカ、早めの退治をお薦めしますっ。なぜならミルクティーが
無くなったにもかかわらず、タピオカだけがカップの底に残った場合、水分
なきままタピオカのみを吸い上げるのは大変困難。。。

そして早々に食べ上げたら食べ上げたで別の問題。でんぷん質であるタピオカ
大玉に胃袋が占拠されてゲーフゲーフ(^^; 
これご飯代わりになるくらいのボリュームあるんちゃうか????(笑)


っていいながら、この日はランチも食べ逃してたから、物色した後にご飯ものを。
もうあまりおかずが残ってなかったので「チキンならあるよ」ってのに同意して
注文。そしたらほんとにおかずがチキンだけだった。。。

th_IMG_3666.jpg

辛うじて青菜のスープはついてたけど、こりゃーシンプル過ぎやな(^^;
40kだからそんなに文句は言えないけど、40k出したら結構色んな種類の
おかず入ったお弁当買えるもんなー。ちょっと残念。

でもま、味は悪くないです。
決して美味しいから食べて!と勧めるレベルじゃないけど、ガッカリしないように
と落としたハードル程は低くなかった。普通に美味しいローストチキンに、
甘いピリ辛ダレが絡まってる感じ。ギリギリご飯を食べ切るための量はあったかな.
タピオカドリンクと、ほぼ同じ値段の商品だったしw

基本、お茶がメインだから、そこに期待する方があかんかーとは思いますが、
一応、時間に寄っては軽食が食べられることがあるということと、ハイバーチュン側
から入ったらパン屋スイーツは奥の方〜にありましたので、見逃さないように
お知らせでした♪


th_IMG_3668.jpg



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪



【閉店】GAO (Le Than Ton店) 〜 使い易くて質も良いベトナム料理♪

***** 2014 Sep.*****

来客があったので、こちらに行こうと思ったら…
閉店、というか、店が物理的にザックリ取り壊されてました(´Д` )
味も悪くなかったし内装もかなり凝ってたし、メニューには写真がたくさん
添えてあって、ベトナム初心者の型をお連れするにはとても重宝してたのに…

残念だなー。ちょっとこちらのお店の開店時期を覚えてませんが、少なくとも、
私がホーチミンにきてしばらくしてからの事だから、一年半くらいの物かなー。
かなりの資金を投入して作ったっぽい様子だったのにとても残念。
ビルの改装による一時的な閉店とか移転とかだといいんだけど。。。

こちらのブログを見て行こう、と思って下さった方がいたらいけないので、
ご報告でした。ぱう。。。



*** 2014 Apr. ***

ディープ&ローカルがお好きな方には、レタントンの日本料理屋さん街近くに
あるお店ってあんまり魅力を感じないかもしれませんが、こちらのお店ね、
安くはないけど、お料理が割り方まんべんなく揃ってるのと、店名の通り、
GAO (お米)が色々充実しているのが嬉しいんですよね。お米はベトナムの
食文化の中でも大事なアイテム。そのあれこれを一同に味わってもらえるという
場所はなかなかなかったりしますから。

プラスお味も悪くないので、今回は日本から来た友人3人をお連れしました♪
まんべんなく、と言いましたが、ちょっと海鮮寄りです。なので、その時の
仕入れにも寄りますが、貝類なんかも、割と安心して食べてもらえます。
まぁ自己責任ではあるんですが(^^;

th_IMG_1589.jpg

定番ですが、日本ではなかなかしない調理法なので、これ、ヒントになりますよね。
ネギとピーナツの塩ダレがけ。これはいろんな貝に応用できるから日本でもぜひ
やってみるべき♪ 

初め頼んだ、蒸し鶏。
ホーチミンで売られてる鶏は痩せてて調理しにくいですが、味がものすごく濃いんですよね。
地鶏みたいな。身もしまってて、よーそこら辺を走り回ってたんだろうなーと(笑)

th_IMG_1590.jpg

あと、ここのブンボー、大好きなんですよねー。
確か60kくらいしてちょっとお高めなんだけど、味、良いと思う。
何なら昼とかにあれだけ食べに行っても良いかなって思うくらい。

th_IMG_1591.jpg

で、今回のハイライトはこれ。
Perfume Rice ってメニューにはあった。
香り米?

th_IMG_1592.jpg

筒に入れて蒸された感じなんだけど、ほんとうにお米の香りが良くて、
これだけでちょっとしたつまみになりそう。その昔日本で米不足があった時には
東南アジアの輸入米を、使い方も知らせず代用米として入れて、まずいだなんだと
メチャクチャなけなし方をしてくれてましたが、最近では料理に合ったもの、
土地の特色を表すものとして、こういうお米を楽しんでくれる日本の方も増えて来て
本当に嬉しい限り。

日本のお米は、もちろん美味しいです。特に日本人には。
その他の国からも評価されてて、絶対値的にも美味しいとされているんだと思います。
ただ、別の国の料理にあわせれば、その国のお米がおいしかったりもする訳ですし、
この香り米のように、単独で十分魅力を放つものもありますからね。

何にしても楽しみの幅は広いに限る。
チョイスは多い方がこちらも楽しい♪
そういえば、三食おにぎり。。。といっても味付けが違うんではなくて、
お米三種類を盛り合わせたおにぎりセットみたいなのもあったなー。
今度こちらのお店に行ったら、もっとお米食べてみよう♪

日本はお米の品質や旨味を追求した品種改良を行ってるけど、
ベトナムには、日本を遥かにしのぐ「種類」のお米がありますからね。
それぞれの美味しい所を楽しまないともったいないー♪




*** 2014 Jan. ***

ベトナム料理のお手軽なビュッフェのお店として以前ご紹介したGAO
その同系列店がLe Than Ton通りにも出来てます。
ただしこちらはビュッフェじゃなくて、単品注文スタイルのお店。
でも、お店の雰囲気は殆ど同じですね(笑)

th_IMG_6260.jpg

ランタンも沢山飾られてて、こちらも共通アイテム。
白馬は何者かしらんけど。。。(笑)

th_IMG_6261.jpg th_IMG_6262.jpg

店内の至る所に、ってか、パーティション的にグリーンがあしらわれてて、
こちらも、ビュッフェ専門店と同じ感じ。ただ、Le Than Ton 店の方がちょっと
こじんまりした感じかな?収容人数は少なそうな割に、ベトナムの方のお客さんで
ランチタイムは溢れ返ってたので、確実に利用したい、ゲスト同伴の時などは
予約するのがベターかも。

           th_IMG_6273.jpg
th_IMG_6272.jpg th_IMG_6271.jpg


メニューです。
長い(笑)

th_IMG_6263.jpg th_IMG_6264.jpg

ただし、どれも写真付きで英語も併記されているため、大変分かり易い。
さすが観光地に作られただけのことはありますね。心得られてる。
価格も観光地価格だけど(笑) 斜め向かいにも、個人じゃちょっと…って思うような
高級ベトナム料理店があるから、高めでも勝ちに行けるんだろうなー(笑)

        th_IMG_6265.jpg
th_IMG_6267.jpg th_IMG_6268.jpg

↑ 写真下右の中程に、違うお米の種類で作った三食おにぎりみたいなの発見(笑)
これ、いつか食べてみたい(笑)

th_IMG_6266.jpg th_IMG_6269.jpg

カエルの唐揚げの写真には、同行者がドン引きしてましたが、ちぇりは自分で
料理もするので、舌なめずり。。。あかん、女子力ってこういう所に出るよね。。
野生力なら負けないんだけど。。。
カニがカニの身抱いてる写真もなかなかシュールで。。。(^^;

とはいえ、お野菜から魚介類、貝類、肉類、米・麺類と、幅広くカバーしてくれているのは
さすがの母体力の高さを見せつけてますね。ほぼ同時に3店舗オープンする位だからなー。
戦略的にやってるんだと思います。

まずはドリンクを。

th_IMG_6279.jpg th_IMG_6280.jpg

ビュッフェのお店でも思ったけど、ここのグラスの装飾、可愛いですよね♪
一個一個手作業でやってるんだろうなー。フルーツドリンクとしては安くないけど、
(70k前後)量が多いのと、この演出があることで、ゲストをおもてなしするとき
などには価値あるね♪

レモングラスレモネードという、そこまでダメ押ししなくても…と突っ込みたくなる
ドリンクを頼んだのですが、レモングラスを惜しげなく使ってました。
最近日本でも若干で回るようになってるけど、高いからこんな使い方は、
育ててる人にしかできないだろうなー(^^;

では、お料理いきます。
ドン。

th_IMG_6286.jpg

汁気の無い物は竹ザルにバナナの葉っぱを敷いた物に盛られてます。
風情があるね♪ あ、右下付近、お豆腐を揚げた料理は、ちょっと食べてます。
本来はもうちょっと量がある。。。(笑)

       th_IMG_6281.jpg
th_IMG_6283.jpg th_IMG_6287.jpg

揚げ豆腐の、炒めレモングラススパイス乗せは、多分木綿系の粗めの生地の豆腐を
シッカリ揚げたもの。豆腐のトロトロを楽しむというよりは、揚げの食感を楽しむ
感じで、おつまみに良さそう。

エビのグリルは、素材の時期が良かったのか、頭からバリバリ食べれる柔らかさ!
殻も薄く、多分脱皮後そんなに経ってないタイミングの物だったのかなー。
調理法云々ではない気がするので、これはその時々に寄るともうけど、
今まで食べたエビのグリルの中で一番口の障りが少なくて、火入れの加減も程よく
大変美味しかった。串以外、跡形も残りませんでした。。。(笑)

ムール貝の塩ネギ+ピーナッツかけは、安定の美味しさ。
ただこの、組合せの妙が鍵になるシンプルなお料理でも、焼き過ぎだったり、
貝の鮮度で残念なお店があることも考えると、安定、ではあるけど、やっぱり優秀。
専門店でもなく、数あるメニューの中の一品だからこそ、こういう料理がおいしいと、
全体にも気を配られてるんだろうな、って思えますねー。

パイナップルケース入りのの炒飯には、なんとご飯の中にも角切りのパイナップルが!

th_IMG_6284.jpg th_IMG_6290.jpg

その実はジュースなどに使って、ご飯には混ぜてない物が多い気がするんだけど、
なぜ混ぜた。。。と、最初は敬遠がちだったのだけど。。。あれ。
程よく若いものに適度な下味を浸けてソテーしてあるからか、違和感が無い。
ってか、美味しい。やだ、なにこれ(笑)

パイナップルが入っている、とはちゃんと確認できるのですが、当初の拒否感を
大きく裏切る自然な溶け込み加減。ほおおおお。あまり料理に果物を入れるのが好き
ではないのに、素直に美味しいと思ったから、これはちょっと意外だった。

で!!!
これ。麺類も頼んだんですが、麺のページの一番上にあったスペシャルっぽいやつ。
(すんません、そのページの写真がない。。。)

th_IMG_6285.jpg th_IMG_6289.jpg

麺はバインカン的タピオカ粉入り麺っぽかったけど、スープはブンボーフエっぽい?
のだけど、これが、これまで食べて来た同系の物の中で一番美味しかったと認定♪
ま、麺は他店のバインカンとあまりさは感じませんでしたが、スープがうまい。

気持ち甘さで厚みがあって、ほどほどの油分も溶け込み、お出汁もしっかり。
トッピングのエビ?カニ?団子は、それ単体で注文したい程味わい深くて
風味良かったし、スネ肉っぽい部分で作ったチャーシュー的スライスもシットリしていて
同じくこれも単体で注文したいくらいの出来映えで。。。。。

価格が確か80Kドンとかだったから、ローカル店のそれの二倍以上はするのですが、
その価値はある一杯だったと思います。なんならこれ一杯だけを食べに来ても
いいんじゃないか。

ちなみに、バインカンクア、という、同じ麺を使ったカニスープの麺はこの日は品切れ。
これも結構ベトナム名物な料理だと思うけども置いてるお店がどこにでもあるって
感じじゃないし、機会があるならお試し推奨。ここのが美味しいかは食べてないから
何とも言えんが、食べた麺があれだけ美味しかったのだから、無粋なことはしてないと推察。

うーん、満足っ。
注文時には,ちょっと価格が高いかなーと思ったし、この日のお支払いは一人頭300k弱、
1500円と、ちょっと贅沢なランチになってしまいましたが、少なくとも今回頼んだお料理は、
どれもとても丁寧だったし美味しかった♪ 加えてこの便利なロケーションと雰囲気
だものね。十分価格は釣り合ってると思います。某高級店よりは遥かに安いし(笑)

そういえば、分かり易い写真が無くて申し訳ないのですが、使ってる器がソンベ焼き。
ホーチミン近郊で昔から作られている素朴な陶器。日本にも、百均商品として入って
来てたりするそうですが、政府の方針で薪釜がどんどん廃止されているそうで、
古来からの製法で作られてるものは刻々減ってるのだとか。
そういう地元色溢れる物を使ってるのも素敵ですよね。

お皿を重ねて焼くことから、表面にざらつきがあったり、欠けてたりするものもあり、
また使ってる最中にも欠け安かったりもするらしく、実際、提供されてるものにも
欠けがチラホラ。でもそれは無精からのものではなく、そもそもの造りから来るもの
なので、そこはそれも味の内、と思って目をつぶってあげて下さいね。

雰囲気が良くて美味しくっても、ご接待やら、おもてなしをしたい方をビュッフェに
連れて行くのは、ちと憚られる。。。と思って、ビュッフェの店舗にはお連れできない
方もいらっしゃったのですが、なるほど、こちらの店舗なら、場所も便利で分かり易いし
今後活躍してくれそう♪

ベトナムの、ティピカルなメニューが大半なので、旅行者の方もぜひどうぞ♪
これは手駒に持っておきたい一件です♪

th_IMG_6277.jpg
(上から2番目が今回ご紹介した店舗、一番下がビュッフェスタイルのお店です。)

GAO
6 Le Than Ton, Dist.1


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪











5ku Station 〜 あっちこっちで大人気!

日本人的には、ゴクーって呼びたくなりますが『ナムクー』だそうです。
今回はレタントン店に行ったのですが、ここ、最初はビル解体後の空き地に
とりあえず机と椅子を置いてビール飲めるようにしたら人気出ちゃって、
照明がつき、看板が上がり、メニューが掲げられ、屋根が出来。。。って、
どんどんグレードアップしていった、みたいな印象が(^^;

th_IMG_2341.jpg


本当の所はしらないのですが、当初から今みたいな感じじゃなく、徐々に徐々に
お店らしくなっていっているような。そしてお客さんもどんどん増えている様な。
他の店舗さんの経緯がわからないので、これがこのチェーンのペースなのか戦略
なのか、なんとも面白い仕上がりです(笑)

この火はもう22時を回ってましたが結構な人出。そしてこの日は欧米の方が多かった!
日中は割とローカルの人で埋め尽くされてて、ちょっと敷居が高いかなーとか
思ってたんですが、ちゃうわ。ここは天下のレタントン(そのフレーズ意味解らん)。
色んな国の方が居て当たり前。結果、メニューも店員さんの接客も大変にスムーズな
英語。これなら楽チンやーん♪

th_IMG_2330.jpg

th_IMG_2331.jpg

暗くてメニューの字が小さくて、ちょっとその場ではあまり良く見れなかった
んだけど(悲しいねぇ。。。)サラダから肉類BBQ、貝料理から鍋料理、
お粥なんかまであるんだねーっ。各々のカテゴリーの品数はそんなに多くないけど、
全体的には幅広い。且つ、野菜料理が54kくらいからあり、高い物でも100kドン台。
量がどのくらいだろう?ってのはあるんだけど、リーズナブル。

実はこの日は既に一件目で食事を済ませ、途中合流する人の食事に付合いつつ
軽く一杯やりましょうやって感じだったのであまり沢山は食べませんでしたが、
お鍋とポークリブのBBQを注文。これが美味しかった!


th_IMG_2339.jpg

デフォルトで3本なのか、こちらが3人だったから3本にしてくれたのかは
わかりませんが、ガッツリ骨ごと食らいつけるナイスなボリューム。甘ピリ辛
ダレの頃合いの絡み方、炭火焼の香ばしさ。おう、ビールに合うねぇこれ!

ベトナムって、結構ワンポーションの量を人数に寄って融通してくれてるよね。
少々割高になろうと、ワンポーション追加して多くを無駄にする寄りいいし、
無理して食べて他の種類の料理を食べれなくなるよりも、これまたいい。
ここの1皿が本来はどのくらいの量か解らなかったけど、ありがたいよね。

そしてもう一つはボチボチ突けるかなってことで、鍋料理。シーフード鍋に
したのですが、結構な量!! 

th_IMG_2332.jpg th_IMG_2334.jpg

野菜わっさー!!ブンもっふぉー!!!(笑)
しまった、そんなに食べるつもりじゃなかったんだけどな(笑)
出汁が入ったお鍋は卓上七輪にかけられます。なかなか風情がありますな♪

th_IMG_2335.jpg

ちなみに具材は結構豊富で、ハマグリ、鮭アラ、ゲソ、海老、牛肉。
おい、リッチだな(笑)

th_IMG_2333.jpg

お出汁はよくある、ちょっと甘酸っぱい系のベトナム出汁で諸好み。
ってか、鍋の出汁で大きく外れた事無いな、ベトナムの鍋で。
和食屋さんの出汁なら失敗した事あるけど。

そんなこんなでビール飲みながらチミチミ食べつつ、満腹満腹。
たかが2品を頼んでどうこう言うのもなんだけど、2つとも美味しかったし、
ベトナムに到着したばかりのイギリスの客人も大満足。残り二人は食事した
にも関わらず、結構な量を食べちゃったよね(笑)

で、ビール3杯、コーラ一杯にこのお料理で。。。。380kドン。
はい?(^^;

メニューの金額細かく写真で見えないから検証できないのですが、ほぼ、
正規のワンポーションの量だったのかなー。どっちも立派な料理でしたし、
なんだったらもう1品もあれば晩ご飯簡潔くするくらいの充実度でしたが、
3人で2000円いかないのかよ。。。

もっとリーズナブルな料理もあるし、チョイチョイつまみながらボチボチ
飲む分には良さそうですなー、こちら♪そら人が集まってくるはずやわ♪

th_IMG_2337 2


写真がちょっと見辛くて申し訳ないのですが、営業時間は16時から朝の
4時まで???(笑) ほんまかいな???でも、12時以降は10%引き、
とか書いてあるからそうなんかなー。このお店を紹介してあるサイトなんかには
23:30までってなってるんやけど。

あと、レディスDayとかも設けてるらしく(多分水曜日で4人以上とか???)
営業促進にも余念がありません。今度昼間で酔ってない時にもうちょっと
情報見ておきます(^^; 
こら、気の置けない人らとつるんで行くのは楽しそうやなぁ♪


5Ku Station
27 Le Thanh Ton Q1.



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪



5ku BBQ Hotpot Beer Bar

夜総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:ベトナム料理 | レタントン通り周辺




餃子の帝王 〜 お安く気軽に

***** 2014 Sep. *****

えーっと、再訪じゃないのですが、
先日通りかかったら看板が変わってまして。。。


餃子の帝王


前は「餃子の帝王」!!って、でかでか日本語を掲げてたのに、ベトナム語に
なってましたー。レタントンにあっては低価格だったけどお味もそれなり
だったから、ターゲットを変えたのかなー。結局一回しか行かなかったけど、
出張者とか単身在住者の方にはボチボチ受けてると聞いた気がしなくもない気が…

写真でも見て取れるように、「餃子の帝王」と書かれたカウンターの様な物が
店内では見られる様ですので、完全に経営が変わったと言うわけではないのかな。
前回掲載の写真を目印に行かれたら解りにくいかなと思ったのでご報告でしたー。



***** 2013 Dec. *****

ちょっと時期的にご紹介するのがどうかと思われたのですが、餃子です。
多分和食屋さんや居酒屋さんの一品としてはあったんだろうけど、専門店って、
ホーチミンには意外に無かった気がします。

th_IMG_4860.jpg th_IMG_4863.jpg


場所は、和食屋さんが多く集まる Le Than Ton通り、1階にファミマが入る、
スカイガーデンというサービスアパートメントの通り向かい辺りにあります。
看板もシンプルに大きく、この辺では珍しいドライミストを店頭にホワホワ
させているので、すぐ分かると思います(笑)

日頃和食のお店にはあまり出向かないのですが、ちょっと行ってみようかな、
と思ったのは…

th_IMG_4861.jpg th_IMG_4862.jpg

安いから!(笑)
上記メニューはお昼の定食などですが、メインの餃子は単品6個で38kドン!190円!(笑)
日本の安い餃子屋さんの単価がどの位かしりませんが、こんなもんではなかろうか。
もちろん、餃子一人前食べて、はいごちそうさん、という方も少ないでしょうが、
これ、美味しかったら、会社帰りのおじさま方に、えらい人気出るんちがいますか?

で、餃子専門店にしか見えない外観、店名ですが、要は町の中華屋さんみたいな
ラインナップで、八宝菜やら野菜炒め、麻婆茄子など、所謂大衆中華がひと通り。
定食は、80k前後からだったので、コレも結構お手軽ですね。

で、餃子。これです。はい。

th_IMG_4864.jpg th_IMG_4867.jpg

由緒正しき餃子の形をしておられる(笑)
中華系の餃子屋さんはホーチミンにもいくつもあって、そこはそこで美味しいのだけど、
やっぱりこのグルテン感のないつるんとした皮、それをぱりっと焼き上げた食感という
のは日本の餃子ならでは。で、お味は。。。

うん、まぁ普通か(^^;
この価格で出されてるから,まさか逐一手包みではないだろうなとは思ってたけど、
大変無難な同じですね。可もなく不可もなく。ってことは、多くの人にボチボチ
浮け入れられるってことだ。

突出した個性が無く、まぁ75点くらいをキープするってのは、それなりの戦略ですね。
飽きがこないとかお客さんの守備範囲を広くもつとか、味のもう一歩感を補間
したくなる欲求をもって、一人単価の拡大につなげる、とかね。お手本はCoCo壱番。

むしろそういう物の方が、「なんでもええから、ちょっとお腹に入れて行こか」という
時には選びやすい物ですし、そこを狙ってのクオリティなら、お見事千万。

あと今回は、どうしても気になったので麻婆定食を注文。
定食にせずに、餃子単品と麻婆豆腐。こちらも至って無難なお味。

th_IMG_4868.jpg


ただ、使われてる山椒がかなり粗挽きで、砂粒ほどの大きさがあり、ご存知の通り、
その粒サイズの乾燥山椒というのは水に溶けるものではないので、お口の中で
ジャーリジャリ、ガリッガリ(^^;  香りはええのんやけど、ああいう山椒の
挽き方するって知らない人には、なんか異物が入ってたと感じられても仕方ないような。。。
ベースのお味が悪くなかっただけにもったいない。

スタッフの子達は日本語を一生懸命使ってて可愛らしかったです♪
頻繁にお茶の補充にも来てくれるし、とにかく感じは始終良かった♪
ちぇりが1階で食べていると、2階から、まだ小さな赤ちゃんを抱えたお母様方が
団体で降りていらしてたので、上には、和みやすいスペースがあるのかもしれませんね。
1階のキャパも相当な物でしたから、2階も合わせるとすごい収容数になるんだろうなー。

場所の利便性と飽きない味のレベルを持って、今後、どこまで人気を博すか、
気になるお店ではございますー。
ってか、冷凍餃子、売ってくれんかな。
あの価格だったら、常備食材として十分有効な気がするんだがなー。

餃子の帝王
15/7 Le Thanh Ton St., Dist.1
11:30 ~ 14:30 / 17:00 ~ 翌1:00


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村

SLⅡ(2) Muffin 〜 シンガポールで人気のマフィン…らしい…

もうタイトルで結果見えてる気がするけど、割と最近オープンした
お店みたいなんでレポしとく。(やめろその低いテンションw)

お店の名前は看板見たときは、SLII(エス・エル・アイ・アイで「スリ」?)
かなと思ったのですが、パンフレットを見たら、SL(ローマ数字の)2
という読み方みたいですね。メールアドレスも sltwomuffin となってましたので。

場所はDinh Tien Hoang の、
Tay Ho
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-3325.html
がある並びをもうちょっと北方向に。Tay Ho さんを左手に見て
ズンズンすすんで行った先ですね。
ちょっと夜なんで雰囲気が解りにくいかもしれませんが。。。


th_IMG_2365.jpg th_IMG_2367.jpg

看板が大きく上がってるので、探している時に見逃す事は無いかと。
色とりどりのバタークリームがこってり盛られたカップケーキのお店はいくつもあるけど、
そういえばマフィンのお店は少数派かも??と思ってとりあえず買ってみる事に。

th_IMG_2366.jpg


店内にも若干のお席はあったようですが、基本テイクアウトのお店の様です。
もう夜8時くらいでしたが、ショーケース内に並ぶ種類は中々の物。
それでも売り切れてるものはあったようで、パンフレットを見るともっと沢山の
種類が通常はあるようですね。

th_IMG_2429.jpg
th_IMG_2430.jpg

メニューはマフィン(20kドン〜24kドン)、豆乳プディング(大小あり・
10k〜26k)、豆乳プディングへのトッピングが5種類程、その他タルト、
ドリンク等と言う構成。マフィンは5個買ったら1個オマケってのがデフォの
ようですが、来週(2014年9月15日の週?)はグランドオープンだから、
もうちょっと高レートでオマケしますとかなんとか言ってた気がしますが、
日にち等定かではないので、出向かれた時にそのサービスに当たったらラッキー、
ってことでm(. .)m

で、肝心のお味は…

th_IMG_2374.jpg th_IMG_2375.jpg

……………………。
…………………………(・・)
…………………………………(ーー)

家でも作れる?
いや、素朴な味わいって言うんですかね?(笑)
フレーバーの種類が豊富な事を考えたらこちらで買うのがお手軽かも
しれません(笑) ただ閉店時間に近い遅い時間での購入だったからか、
表面がちょっと乾いてて堅くなっていた事と、キメはかなり荒…
手作り感満載なアットホームなお味でしたかねっ(無理あるなー…苦笑)

ただま、そもそもこの手のちょっと重ためモッソリ系が苦手なワタクシな
もんですから、好みの問題もあるかと思います。たとえば美味しいドーナツ
屋さんでも、オールドファッションみたいな素朴系は苦手だったりするんですよ。
なので、そう言うシットリずっしり系がお好きな方は、また違ったご感想
を持たれるやも知れません。

ま、それでもワザワザどうぞ!と私からはすすめませんがw、
ご興味のあるかたは通りがかられた時にでもどうぞ♪
好みが合えば、気軽な手みやげ等にはちょうどいいお品じゃないかと思われます♪


th_IMG_2429 2



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪



Querceto Toscana Sangioese 2012 〜 La Bettola にて

ワインを置いているレストランが多いホーチミンですが、なにせ知識が
ないので、どれにしよう?となってみても、せいぜい赤ならボディの軽い思い、
白なら辛口〜甘口の中のどれか、ということと、お財布と相談するくらいしか
決め手が無いというていたらく。。。。

ではありますが、そうやって選んだ中でも、好みに合うもの合わなかったもの
というのはあるもので、備忘録的に結果だけは記して行こうと思います。
あまり参考にはならないと思いますが(^^;

で、今回のこちはらは、最近ヘヴィローテーションで登場している
La Bettola
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-3683.html
にて頂いたワイン。

la bettola600k



ご一緒した方との意見を総合し、ライトボディの赤がいいねと。
La bettorla さんのワインリストの赤に関しては、Light 〜 Full のタイプに
ザックリ分けてリストアップしてくれてるので選びやすかったです。
で、その中で Light タイプの一番リーズナブルな物をw
確か600kドン台でした思います。三千円チョイ。
お店で頂く物としてはお手頃な金額。

開戦時の香りは華やか、とまではいかないのですが、こじんまりとキュートな感じに
まとまっていて、ブドウらしい素直な甘酸っぱい感じ。Light Body と記されていた
通りに舌を滑らせてから喉越しまで、あまり引っかかりが無い感じでサラリと落ちます。

例えばこれだけをじっくり楽しもう!というタイプじゃないですが、いろんな種類の
食事と一緒にいただこうとうするには、そつなくどれとも頂ける感じ。お料理の味を
変える様な決定打にこそならないけれど、その分どれにも寄り添えるんですね。
どれにでも合う、というよりは邪魔にならない、というか。

赤は渋いのが苦手、と言う方も、これならボチボチいけるかも?
癖のあるズッシリした物がお好きな方にはものたりないかもしれませんが、
大勢で色んな好みの方が一同に集まっている場所等には無難な一本かも。
場合によってはそう言うワインが重宝する事ありますもんね。
というわけで、これは知っておいてもいいかなー、と思えるお品でした♪

小売りで探してみるつもりなので、見つけたらまたお値段掲載しますねー♪
ちなみに、某サイトでは15USD平均と書かれてました。国に寄り酒税やら
その他の上乗せ価格幅が違ってくるのでどのくらい参考になるかわかりませんが、
もしその金額で手に入るなら、出す場に寄ってはリーズナブル且つ使い勝手が
いいかなー、というのが個人的な乾燥でした♪


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪


sidetitleプロフィールsidetitle

Author:ちぇり
FC2ブログへようこそ!

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleブログ村PVランキングsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR