ちぇり's Choice【フォンダンショコラ】

色々なジャンルを設けると言ってはいたけど…
なんでホーチミンの美味いもんブログでやるランキング第一弾が
フォンダンショコラなんだよ!って声が聞こえて来そうですが…(笑)

私、ほんっとに感激したんです。
そもそも南国のベトナムに惜しいチョコレートがあるなんて想像すらしてません
でしたから、その存在自体がまず驚きでした。そして食べてみたら。。。

うんまーい!
最初の出会いは旦那さんがワインを買うとき、そのワイン屋さんに偶然
置いてあった MAROU のチョコレート。

日本でもボチボチ輸入が始まり、物の分かったお店に置いてあったりする様です。
ショコラが盛んなヨーロッパのショコラティエからも良い評判があると聞く
ベトナムのカカオは、大変優秀らしいですね。そのカカオから作られるダークな
風味は、本当に品があって素晴らしい。


気温が高い事から融点が高く設定されてるらしく、油脂分が少なく感じるのも特徴。
まったりとした口当たりなどは日本の同等の物に適わないと思いますが、
カカオの風味にだけその魅力を委ねて勝負している姿勢は潔く、全く持って
美しいチョコレート。日本語サイトもありますので、ご興味のある方はぜひこちらを。

MAROU
http://www.marou.jp


で、このチョコレートのおかげですっかりベトナムのチョコレートに興味がわいて
しまったわけですが、各国料理のお店に行くと、デザートにフォンダンショコラが
結構ある!! 美味しいですよね、あの中からトローッとチョコレートが出て来る
温かいケーキ。ソースを閉じ込めて焼くレシピは家で作るには手間だし、
粉少なめの生地を生焼けにするやつは好みじゃないし…

手間がかかるだけあって、日本のカフェ等、気軽に食べれる所には、あまり
見かけなかった気がします。(もしかしたら東京や大阪等大都市圏には
あるのかもしれませんが)

なので最初に見つけた時は、小躍りする程嬉しかった♪
まず最初にいただいたのは、 Skwers さんというレストラン。


th_IMG_7314_20141229212740e69.jpg


上のリンクの記事内でも書いてますが、ぶっちゃけ料理は選ぶものによりけり、
って感じだったんですが(笑)、まー、久しぶり&ホーチミンで初めての
フォンダンショコラだけあって、もの凄く感激しましたね♪
メニューにはフォンダンショコラ、とはなくて、Death by Chocolate 
かなにかだったかな?

その名の通り、ホントに死に悶えそうなくらい嬉しかったし美味しかった(笑)
のもあるけど、量に殺されそうになった所もあるな…。
すっごいボリュームです。食事の後とかなら3〜4人でつついてちょうど良いくらい。
これだけを食べに行ったとしても、1人で全部食べられるかなぁ…(^^;

あと、こちらのお店は夜だけだし、カフェって雰囲気じゃないからこれだけを
食べに行きづらい雰囲気があるのが難点。やった事がなので実際にはどうなのか
わかりませんが、なんとなくお酒と食事メインな感じの雰囲気があるので…。



次に「これは!!!」と思ったのが、最近もチョイチィ更新している
Mekong Merchant


th_IMG_3790_20141229212736343.jpg


こちらは食事もおいしいけどカフェとしても使えるし、なんだったらドリンク
だけでも全然気兼ねなく頂けるお店なので、これだけを食べに来ても頼み易いですね♪

ただ2区なんですよね…。
在住者がたまに行くにはいいけど、旅行者の方が車を出してわざわざ行くか?
となると、ちょっと疑問。周囲には多少お店はあるけど、観光地って感じじゃないし。

あと見ての通り、フォンダンショコラの定義が、チョコレートソースが生地の中に
仕込まれてるもの、とするならば、ちょっと外れるんですよね。スポンジ生地の上に
温かく、ねーーーーっとりとしたチョコレートソースがかかっていると言うスタイル。

一見こじんまりとして見えますが、その味のボリュームが素晴らしいので、
満足度は高いです。メニューには Hot Chocolate Pudding 的な書き方だったと思います。





そして!!!今一番お気に入りなのが、こちら。
R&J


th_IMG_5161_20141229212739d51.jpg


お料理も今の所ハズレなしという、ホーチミンの全てのレストランを合わせた中でも
最強クラスのレストラン、ロミオ&ジュリエットのデザートメニュー!!


チョコレートソースは、今回ご紹介した3件の中で一番洗練されてる気がします。
且つ、生地は粉が少なめのシットリメレンゲ系であるのですが、周囲が荒く
微かにカリカリとした小気味良い食感を散りばめていて、まー見事なハーモニー。
うっとりします。ヘタしたら恍惚レベル。ホーチミンのみならず、過去に食べた
フォンダンショコラ…いや、デザートの中でも屈指に入るかもしれない。

夜からのお店で昼間に頂けないのが残念だし、お料理も美味しいお店なので
デザート前に結構お腹が満ちてしまうのですが、ぜ・ひ・と・も!このケーキや、
ティラミスなどのデザートの為にお腹のスペース、取っておいて頂きたいっ。


この3つ、どれも特徴が違うし、利便性の違いもあるのでどれが一番!とは
一概に言えないのですが、どれも素晴らしく美味しいことは間違いないです。
これまで東南アジア各国を巡って来て、ローカルのものからホテルのものまで
いろんなスイーツを頂いて来ましたが、屈指です。まさかそれをベトナムで頂ける、
とは夢にも思っていなかっただけに、本当に感激しました。

ご旅行で来られた方には意外かもだし、イメージとしてベトナムらしいものでは
ないかもですから興味が湧かないかもしれませんが、ベトナムのチョコレートの
クオリティ、そしてチョコレート使いの妙は、ほんとうに一食の価値アリだと
私は思います。もし時間やその他の条件が許して気が向かれたら、ぜひお試しくださいね♪


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪
スポンサーサイト

ちぇり's Choice、始めました♪

さて、年末です。
年内にしておかなければならないなーと思っていたのに、結局最終日…(--)

で、やりたいなーと思ってたのがこれ。
おススメChoice(^^)b

はい、特に要望されてもないのに始めたくなったきっかけは、
ご旅行に来られる方、お友達界隈から、

「フォーだったらどこがいい?」
「お客さん連れてくんだけどベトナム料理ならどこ?」
「おいしいピザを食べたいんだけど、どこのがいい?」
「色々な国のレストラン知りたいんだけど、おススメは?」


と尋ねられて、逐一サイトをピックアップしてお勧め一覧を都度作ってたんですね。
中には同じカテゴリーのお尋ねを頂く事もあり、それを何度も作るのは手間が
もったいないな、という、殆ど自分の為であることが動機なんですが…(笑)

それも刻々変わるんですよね。
ホーチミンでは残念なことに、オープン当初は素晴らしかったのに、
客足が安定して来ると手を抜く、とか値段が上がる、とかってことが起こるの、
珍しくありません。層なると当然評価も変わるわけですが、過去にそのお店が
美味しかったよ、とお伝えした人全てに訂正情報をお送りする訳にも行かず、
修正ができてこなかった、ということもあります。

そもそも、もうこれだけの件数になって来ると(レストランだけで270件以上とか)
もう自分でも忘れてるお店があったりするし、過去に気に入ってたのに
直近のデータに目が行ってしまって、過去データはおざなりになってしまいがち、
なんてこともあります。

新しくこのブログを読み始めて下さったも、もうそんな昔の記事にまで遡ることも
少ないかもですし、例えば、

◯お店のジャンルごと
◯料理の種類ごと
◯環境の種類ごと
◯エリアごと


など、その時々のお気に入りを記しておいたら、自分も便利かなーと思いまして
何でもChoiceを始める事にしました。

ただし、どのお店も全て直近の状況が分かっている訳ではありません。
ランキングには日付を付けるようにしておきますし、自分で再訪して評価が
変わった場合には、なるべく早いうちに修正するようにしますが、
日にちが経っている場合で再訪が適っていない場合には、そのときの
状況とレポ内容が違っていることがあることをご了承ください。


また、必ずお応えできるかはわかりませんが、こんなランキングがあると嬉しい、
的な物があれば教えて頂けるとありがたいです。自分一人では思いつかない
ものもきっと沢山あると思うので(^^)




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Calibre Lounge 〜 オックステールのフォー!

以前、Nguyen Hue 通り沿いにあるホテル内の溶岩ステーキを食べに行って
凍った肉を出されて鬼外れたという話はした事が合ったと思いますが、
コチラ)そこのオックステールのスープはとても印象的で美味しかったんですよね。

と思ってたら、直後に発行されてた情報誌に、そのオックステールスープを使った
フォーがあるよ、みたいな事が書かれてた(笑) まー、タイムリー♪

ってことでいつか食べてみたいなーと思ってたけど、日頃はあまり行かないエリアに
あることと、なんせ肉の印象が良くなかったのでモチベーションも今ひとつ上がらない。
と、思ってたら…

th_IMG_5914.jpg


あら。ドンコイ通り、Bonsen ホテルの横、というか入り口が違うだけで中は通じてる、
と言うロケーションに、同じ名前のお店が。しーかーも。通り沿いにはメニューサンプル。
しかもしかも、まさにお目当てにしてたオックステールのフォー!!

th_IMG_5915.jpg th_IMG_5916.jpg

このサンプルが超巨大で、洗面器くらいある(笑)
日本だとこれ以下のサイズが提供されるとJAROに訴えられる所ですが(笑)、
まだこちらにはそういうものはないのでしょう。食品サンプルやメニュー写真と
実際の料理の様子が大きく違ってる事等珍しくありませんからね。
これはちょっと誇大気味サイズと捉えるとして…

入店。
あら。いい雰囲気。かなり古そうだけど、昭和の時代からある昔なつかし喫茶店、
を、ちょっとレストラン仕様にした感じ。飛び抜けて凝った造りでもレトロでも
ないけど、ふるさと程々さが逆にリラックスさせてくれる感じかな。


th_IMG_5921.jpg

th_IMG_5924.jpg


そしてメニューは…出たー!
HOT ROCKメニュー=溶岩焼きメニュー!
以前ご紹介した店舗ではメニューが別にはなってませんでしたが、
わざわざグランドメニューとは別にしてあるってことは最近追加されたとか
おススメなんだろうけれど、あの冷凍肉のトラウマは忘れまじ。
(↑意外と執念深い…)


th_IMG_5918.jpg th_IMG_5919.jpg



ってことで、こちらのメニューは早々にスルーし…
表にあったサンプルのフォーの事を尋ねると、こちらですよ、と、グランドメニューの
Hot Rock Bowl メニューを見せてくれました。表で見た所によると、オックステールと
リブ、そしてその二つをミックスしたスペシャルがあるということだったのですが、
スペシャルがメニューに見当たらない…尋ねて見ると、


th_IMG_5920_20141225192734ea3.jpg


「メニューにはありませんが、ございますよ♪」

と言ってくれたので、今回はそれを頼んでみる事に。
セットされた箸袋を見ると、うん、やっぱり先日行った冷凍肉の店(その言い方、
そろそろ止めて差し上げなさい…)と同じ系列だった上に…


th_IMG_5922.jpg



なーんと、VietNam Houseとかも系列だったのか(^^;
見るとBONSENホテルに入ってる旅行会社等も系列店。すごいなー。
地域密着で結構大きな会社がやってる系列店だったんだ。


ってことで出て来たのがこちら。


th_IMG_5925.jpg



はい、よかった普通サイズー(笑)
とはいえ、タプタプスープに大きくゴローっとしたリブ肉やテールがボリューム
満点!!フォーは別添え、あと入れかつけ麺的にして頂きます。
キッチリと根切りされたもやしや、枝先の方だけを選んで持ってる香草類。
それなりにお値段を取るだけ合って、奇麗に手入れされてます♪

以前の店舗のスープとしての内容よりかはスープで煮込まれてる薬味的
野菜は少なかったですが、それはこれからフォーを入れて食べる、という
前提があれば当たり前かもですね。でも、味は同じ。


th_IMG_5929.jpg th_IMG_5926.jpg


同じ牛骨でも、韓国のソルロンタンのようには白濁しておらず、澄んだスープ。
これ、相当長時間且つ丁寧に炊かないと出ないよね。牛骨特有のまろみとホノ
甘さ。これですこれこれ。私牛骨スープが大好きなんだけど、日本だと一部地域を
除いてあまりメジャーじゃないし、広まらないのは手間がかかるってことも
あるんだろうなーと睨んでます。それがホーチミンに来たら色んな所で頂ける…
しかも美味しい。これはありがたい。


またフォー、という麺もこう言うスープには大変重宝。
ゆで置いててもコシがもんだいになるわけじゃないし、放置されてるものだから
水気がしっかり切られてる。勿論乾いてはいないけど、そのまま食べる上で
最低限の水分のみが留まってるので、スープが軽くても馴染み易い。
且つ、小麦麺に比べると、スープに放つとサラッとほどけて食べ易い。

脂の多い豚骨スープの様なものだと完全に負けてしまいますが、こういうやさしい
奇麗なスープには実に良く合う。合うからこう言うメニューが開発されてるので
しょうが…

胃にも軽くて優しくて、お年頃(笑)のワタクシなんぞには大変ありがたいメニュー♪


th_IMG_5930.jpg th_IMG_5933.jpg

そうそう、フォーのスープはアッサリしてるので、勢い、具材として入ってる
肉類もアッサリなので、添付のTuong Den という甘味噌をつけて食べることが
多いですが、こちらのその味噌が美味しかった!!良くある市販のものでなく、
かなり薬味が入ってて、この甘みをを白飯にまぶして食べたらさぞや美味しかろう、
と思われ…(笑)

言わずもがなですが、お肉は柔らかかったですよーっ。
テールは円柱状になっててちょっと一見食べ難そうに見えるかもですが、
とにかくよくよく煮込まれてるので、ちょっとお口の中に入れ、軽く噛むと
ちゅるん♪と取れる♪ 見てこの、奇麗な骨の残り具合!


th_IMG_5934.jpg th_IMG_5935.jpg

そしてリブもミックスされた物にして正解。
骨付き部分のとこもあるけど、テール部分よりこちらは更に食べ易く、
赤身メイン部分ながら、フワッフワに柔らかくて凄く美味しい♪
一旦じっくり煮出された出汁がお肉に戻ってて、美味なり美味なり♪

th_IMG_5932_20141225192246640.jpg


あと石焼ってのはいいですね。冷め難い。
つけ麺とかは食べてると個別のIHヒーターでも提供してくれてるとこじゃないと
途中で生温ーくなって残念な感じになっちゃうのですが、そもそもフォーは
スープの熱量を奪う率が低いし、石焼効果で長ーくチンチン♪

で、麺の量はさほどでもなかったのだけど、スープが優しくて美味しいので
最後の最後まで頂いてゲフーっ、と大満足した次第。


th_IMG_5938.jpg


塩気より旨味で食べさせるタイプで、且つ、牛肉・牛骨のエキスが惜しみなく
抽出されているので、個人的にはもう薬膳なみの扱い。ただ一つ難点を言うと…

高い。
これと冷たいお茶を頼んだのですが、200kドン弱(^^;
いや、価値はあると思うんです。ただ、1区での一般的なフォーの価格を思うと、
チェーンとかでも50kとか60kくらいですかね。すると3倍4倍の価格です。
ミックスにせず、オックステールだけ、リブだけなら130kドン弱。それで2倍。

街中のチェーン店のフォーを安飯、と考えて、1杯350円くらいの激安ラーメンに
例えると、感覚的には単品スープのものが700円前後、リブとテールのダブル版が
全部乗せ的存在で1200円くらいのレベルのものって感じでしょうか。
はい、日本でその価格帯のラーメンって中々食べないですね(笑)

郊外のフォーとなると、もっともっと安いわけですから、単品スープのものでも
かなーりの高級品ですが…ま、この内容と味なら私的には大有りです。
そりゃいつもは食べられませんけど、たまに食べたくなって月一くらいでは
味わいたくなるフォーかもしれない。

安く気軽に食べれてこそのフォー、という気がしないでもないですが、
うまいっすよ、ここのフォー。コラーゲンもタップリそうで、なんとなくお肌に
良さそうな気もするし。うん、コラーゲン、食べるだけじゃ殆ど吸収しないのは
しってるけれど、プラセボプラセボ(笑)

というわけで、たまりはこんな変わりフォー。いかがでしょうか.
そういえば石焼ビビンパ的なメニューもあったな。ベトナムのお米で作ってたら
さぞやそれもおいしかろう。今後、時々行ってみたいなーと画策中です(*´艸`*)



Calibre Lounge Khách sạn Bông Sen
117-123 Đồng Khởi, Q1


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪



Calibre Lounge

昼総合点★★☆☆☆ 2.8



関連ランキング:ベトナム料理 | ドンコイ通り周辺


Mecong Merchant 〜 旨いカフェ飯&デザート!

***** 2014 Dec.2度目 *****

最近2区に行く機会が増えて、他のお店も開拓したいのだっけど、場所柄味柄
品揃え柄、こちらのお店がやっぱりなにかと便利なのよね(^^;

ってことで、先日朝の運動を終えてお買い物がてらにこちらに来ると言うお友達に
便乗して2区に遠征。で、ちょっと軽く食べてかない?ってことになって寄ってみました。

そしたらまだ11時前でメニューがブレックファーストオンリー。
オンリー、と限定されてはいるけれど、いつもランチタイム以降にしか来た事
無かったから、逆に新鮮で嬉しかったり(笑)

で、大好きなエッグベネディクトを発見!!
オムレツやらなにやら別のメニューも色々あったんだけど、
この文字を見つけたら、はい、終了!!大好物だから、それに決定(笑)


嬉しいのは、外でこのメニューを見つけた際は大抵2個セットで供されることが
多いのだけど(マフィンを二つに割って使うからニコイチってことなんですかね)、
なんとシングル・ダブル・トリプルとチョイスがある♪
ホントにこの日は軽く食べたいだけだったから、シングルで♪

半分に割ったイングリッシュマフィンにハム、たーーーっぷりの
「炒め過ぎていない」ほうれん草、ポーチドエッグ、オランデーズソース。
美しい…。

th_IMG_5870.jpg


いつ見ても美しい…。家で作れないメニューじゃないけど、ちょっと手間。
だからお外で見つけたら食べるんだけど、意外に出してる所が少ないので
嬉しさ倍増♡ しかも個数が選べるって、ポイント高いわー♡


そうそう、この日はクリスマス前だったからかな?
こんな物発見♪

th_IMG_5867.jpg th_IMG_5868.jpg

Mulled Wine!
しかも60k ドンですってぇ!

th_IMG_5869.jpg

うん、頼んだよね。速攻。
迷う間なしw

Mulled Wineってあんまり日本では聞かない言い回しかもしれないけど、
甘みやスパイスなどを使ってワインに風味漬けをしたもののこと。
ここのはあったかくはなかったけど常温仕様で、サングリアの冷たくない
バージョン、みたいな雰囲気かな。レシピは色々あると思うんだけど。

これ、レギュラーメニューにしてくれないかなー(笑)
お店もハウスワインやグラスで出したあとの半端ものをアレンジするのに
ちょうど良いと思うんだけど(笑)

ともあれ、朝食メニューも美味しくて色々あって優秀な事がわかりました♪
これはちょっと朝の時間帯メニューも開拓したいかも♪
やっぱり使い勝手が良いです、このお店ーヾ(@⌒ー⌒@)ノ




***** 2014 Dec. *****

いやーっ、久しぶりー♪
8月ぶりです。
2区はなかなか来る機会が無いので、すっかり遠ざかってましたが…

th_IMG_5434.jpg


土曜日の11時頃。
自分たちはすんなり入れたけど、店内はすぐに満席に。
相変わらず繁盛してますなー(^^;

お外もいっぱいでしたが、途中雨が降ったりして、天候が不安定な時は
室内席の方が安心だな、と。ある程度お店の人も席を移動させるなどして
対応はされてたけど。

th_IMG_5443.jpg

で、今回はまた前回とは違うメニューを頼んでみました。
まずは、ゴルゴンゾーラとルッコラ、洋梨のサラダ。
なんと言う組み合わせっ。

th_IMG_5438.jpg


ミニマム・ドレストのルッコラは生き生きしていて新鮮さが全面に出てた。
香りも良く歯ごたえもシャキシャキ。みずみずしくて美味しかったなー。
そこにソテーした洋梨とブルーチーズ、ローストしたクルミとかどんだけ
小洒落てまんのや。うまい。


メインの一つは、全開食べて美味しかったピザ。
ただし今回はマッシュルームバージョン。


th_IMG_5436.jpg th_IMG_5439.jpg


これはかなり大人な味。
あまり塩気を足さずに、多種類のマッシュルームの旨味のみで勝負って感じ。
大好きなこちらのトマトソースも使われてたけど、マルゲリータよりも控えめ。
その分、キノコの風味は際立っていて、いやー、大人な味。

辛くはないけどローストされてるチリを漬け込んだオリーブオイルを
ドバドバかけながら頂くのが個人的には大好き。
そもそものオイルも良質なものだからか風味が良いんだよねー。

プラス、ピザ食べる時は質の良いオリーブオイルを足す事で、チーズの
身体に溜まり易い脂を流してくれると言うし、美味しくてダイエットにも良い、
という一石二鳥を信じてドバドバ。
ってかまぁ、美味しい殻ってのが一番だけどね。

もう一品はフィッシュ&チップス!
珍しくはないけど、意外と美味しいのに当たった事が無かったし、
そもそもこの料理が有名な本国でも(んー…)って感想を聞く事が多かったのですが…

th_IMG_5437_20141207014501062.jpg

おいおい、美味いがな!
お魚の衣はフリッターの様なテクスチャーで、これが本国のそれと近いのかは
分かりかねるのですが(イギリス、行った事がありません…)、サクッと軽くて、
中の白身魚はジューシー。白身魚の香りの良い部分だけがフッカリと蒸気と共に
上がって来て添えられてたタルタルもレモンもなくても十分美味しい♪

日本で食べるフィッシュ&チップスはボチボチなものも多かったのですが、
可もなく不可もなくなラインのものしか記憶に無いかなー。まぁここのも
このメニューを目当てにわざわざ2区に来る、って感じではないけど、
こちらのお店に来る事があってどれにしようかな、とピックアップする段階では
チョイスに十分入るなーと。

デザートは、お気に入りのホッとチョコレート・プディングと、「MM」と
お店の名前を冠したパルフェがあったので頼んでみた。ら…

th_IMG_5449.jpg

チョコ・プディングが美味しかったのは勿論なのですが、パルフェの方!
ベースはホイップクリームにベリーソースなんだけど、そのレイヤーに
カシュカシュと軽いメレンゲが使われてる!!

th_IMG_5450_20141207014521055.jpg

前回のレモンメレンゲパイを食べた時に、こちらのお店のメレンゲの素晴らしさは
知ったけれども、なるほどーっ、パルフェに使うか。メレンゲを。
この発想は無かった。

甘さ控えめとは言えメインボディがホイップクリームなので、クリームはちょっと…
という方には厳しいかもしれませんが、クリームとメレンゲのコントラストは
なかなか面白かったです。色々食べてみるもんだなー。いや、勉強になる。

ってことで、今回も大満足のランチでした。
一緒にお連れしたお初の方もお気に召してくれたご様子。

とびっきり質が高い、とか、個性的な味!ってものではないのですが、
小洒落たカフェスペースでカジュアルにこのくらいのレベルの者がサラリと
食べられると言うのは嬉しいですよね。ワイン飲んで、1人頭2000円強、
というのは安くはないけど、料理がそれなりだしボリュームはたっぷりなので
アリだなーと再認識。そりゃお店も満席になるわな。

しかし…
ホットチョコレート・プディング、ここのはここのでやっぱりうまいな。
遠くで良かった。近くで且つ、それだけを食べに来れる気軽なカフェ的
使い方が出来てしまって近くにあったら偉いこった(笑)
くわばらくわばら(^・^)



***** 2014 Aug. *****

溜めに溜めててまだ書いてなかった。
Mecong Merchant さん。結構続けて行ったんですが、ここほんと
スイーツ美味しいわー。いや、お料理もそれなりに美味しかったんだけど、
スイーツの印象が強すぎて、ちぇりの中ではすっかりスイーツいちおし店(笑)

今回はレモンメレンゲ食べたんだけど、このメレンゲがまた大胆なんだけど
繊細でビックリよ。イタリアンタイプ(水飴状にした糖分を加えつつ卵白を
泡立てるタイプ)だとは思うんだけど、もの凄く肌理が細かくて繊細。
一瞬、フレンチタイプ(粉糖で作る作りにくい方)かなーと思うくらいに
軽くて滑らか。

th_IMG_3884.jpg th_IMG_3885.jpg

表面は薄くカシュカシュっと香ばしく焼き固められてて、中のシットリさ
加減との対比も良いですね。あと、レモンメレンゲパイやタルトのって
レモンクリームが合わさってる事が多いんですが、こちらのはキュッとした
濃い味のジャムの様な物が使われていて、ああ、なるほどなーと。

メレンゲを最大限に生かしつつ、レモンの風味とメレンゲのバランスは
味の強さと量の少なさでクリームに対抗できるジャムを使ったかと。
うーん、勉強になるなー(^^;

ジャムさえ手元にあればこれ、クリーム作る手間がかからず簡単にできるって
ことだし(メレンゲは面倒だけど)色々応用できそうです♪ うん、いいね♪
やっぱりこの店。食べる物毎に発見があるわ。また近々行ってみたいなー♪



***** 2014 Jul. *****


2区にお出かけした際に、どこかでランチを、となったのですが、ちぇりはこれまで
2区のお店には殆ど知らず、どうした物かと思っていたら、一緒にお出かけしていた方が、

「2区なら◯◯と◯◯と◯◯と…」

と、いくつもお店絵をピックアップしてくださるじゃないですか!
心強いー!!ってことで、お任せコースで連れてってもらったのがこちら。
間口は狭くないのですが、ちょっと表からは暗目に見えて、教えてもらったり
連れてってもらわないと自分たちでは中々入らなかったかも。

th_IMG_3776.jpg

でも中に入ると、奥の方にはオープンスペースのカラフルなイメージのスペースがあり、
総面積は結構大きなお店のようです♪ この日は熱かったのでクーラーの効いてる
手前の室内ゾーンに着席。その空間はちょっとしたパブ、もしくはバルと言った雰囲気で
お客さんも殆どが欧米の方。海外に行き慣れてると特段違和感はないのですが、よく
考えたらここはベトナム。でもこの光景。ここは一体何処の国?という雰囲気(笑)

         th_IMG_3777.jpg
th_IMG_3792.jpg th_IMG_3793.jpg

実際自分で見てチョイスできるタパスなんかもあったので、バルっぽい使い方も
できるようだし、いい感じ♪

食事単価はそこそこします。パスタやサンドイッチ、サラダなどがあり、150kドン〜
280kドンくらいの間が主要価格帯かしら?スープなどもあったし、パンもけっこうな
種類がカウンター奥の壁沿いに並べられていたので、軽く済ます事も出来そう。
またサンドイッチなどを頼んだ際は、メニューによってはパンのチョイスも出来るんだとか。
素敵♪

th_IMG_3779.jpg th_IMG_3780.jpg

月代わりだったか、期間限定メニューなどもあり、この日はトマトとマスカルポーネの
キッシュなど、魅力的なメニューが色々。うーんどれにしよーかなーとタップリ迷った挙句に。。。

th_IMG_3782.jpg

トマトとモッツァレラのサラダ。

th_IMG_3789.jpg

シンプルな1品ですが、トマトが完熟で甘く、
チーズはミルキー。卓上に持って来てくれたドライパプリカをタップリつけた
オリーブオイルをダバダバかけていただきました。んまっ。

で、パスタはこちら。
カニとライムとなんちゃらかんちゃらってメニューで、パスタにカニ、といったら
ワタリガニのトマトクリームソースくらいしか思い浮かばなかったのだけど、
いざ出て来てみると、こちらみたいな風貌でした。

th_IMG_3787.jpg

ドライタイプで大量のカニとパクチーが!
本家のパスタ料理からはかなり外れた感じですが、日本にも明太子パスタがあるように、
これがベトナム流パスタなのかも。味は実にシンプルなのですが、とにかくカニが
ゴロッゴロ入ってて、日本人の感覚からするとゴージャスだし、多めに見える量だけど、
この味付けならペロッと1人で食べられてしまいそう(笑)

で、更にイチオシしておきたいのが、こちら。
ピザ!

th_IMG_3786.jpg

これでスモーラーサイズw 
1品のボリュームがあるということは連れて来てくれた方が知っていたのですが、
2皿では3人には少なかろう、でもフルサイズのピザを頼むのは多かろう、ってことで
具材がシンプルなマルゲリータを頼んだのですが。。。

トマトソースが実にフルーティ。チーズもポップリとした量が乗っており、
生地がまたいい。焼き方はわからないけど、まるで窯焼きのように、かなりの高温で
周囲を焼かれた感じがあって、小麦が心地よく焦げた感じが良い雰囲気。クリスピー
と言う感じではなく、中はシットリな生地なんだけど、薄めで且つ、モチモチと思たすぎない。

よくパンやピザ生地が「モチモチしていて美味しい」と言う表現がなされますが、
ちぇり的にはあのモチモチって、口の中で団子になるわ胃には重いわで、あんまり
得意じゃないんですよね(^^; できれば口溶け、腹ごなれのよい生地の方がありがたい。
こちらのピザはまさにそんな感じで、結構腹は既に満たされてたというのに、次から
次に食べれてしまう♪んまーい♪♪♪

で、炭水化物の皿を2皿も平らげご満悦、だったわけですが。。。
デザートを絶妙なタイミングで勧めてもらいましてね。もうスタッフさんったら
商売上手。で、見てたらアップルクランブルの文字!!主婦友さんの大好物なんだよねー♪
ジャン。

th_IMG_3791.jpg

小さなグラタン皿くらいの大きさにタップリ詰まったホカホカのリンゴの甘煮。
それにザグザグとフラジャイルな食感のクランブル。とろけかけたバニラアイス。
これは。。。これは。。。っ。うまあぁぁい!!ヽ(;▽;)ノ

アップルクランブル、日本ではあまりポピュラーじゃないかもだけど、ホーチミンでは
良く見かけるデザートで、結構あちこちで食べたんですが、ここの美味しい!!
主婦友さん達も同意見で、さっきまで食べたご飯何処行った?って勢いで
食べる食べる(笑)

で、ちぇりはちぇりで、チョコレートプレートをいくつか見つけて悩んだ末に。。。
チョコレートプディングにホットチョコレートソースがけってのを頼んでみた。
ジャン。

th_IMG_3790.jpg

ありゃ。プディングっていうからバインフラン(蒸しプリン)のチョコレートバージョン
みたいなのが来るのかと思ってたら、きめ細かでシットリとした軽めのシフォン系
ココア生地に、トロンと側面に滴る絶妙な濃度を保ったチョコファッッジ。。。

甘くない、とは言いません。でも、カカオ成分が高いというか、シフォンっぽい生地は
メレンゲが繊細なのか、シュワシュワとした口溶けの割りにチョコの風味の輪郭がとても
くっきりとしていて、それをまったりとまとめるようにファッジが。。。

食感と風味のコントラストを支えるのに必要な甘さがあると言った感じ。
甘みって、控えめだったらいいってもんじゃなくて、頃合いがあるんだよね。
それ間違えると味がボケる。ここのはちぇり的にその境界線が絶妙で、
ひとくち食べるごとに「んんん〜!!んまいーーー!!」って叫んでたから
うるさいうるさい(笑)

油断すると、Holly s◯◯t!!!っとお行儀悪い単語が口から飛び出しそうに
何度も何度もなったのだけど、そこは主婦会。皆さんの品位を落としてはいけませんので
必至にとどめたのでした(笑)。人間自分のイメージの枠を遥かに超えるものに
遭遇すると、最上級の褒め言葉としてお行儀悪い言葉を使いたくなる物です。はい。
(本当にお行儀いい人はどんな時も使わない)

チョコレートのデザートと言えば、これまではSKEWERS さんのフォンダンショコラが
国内外を問わず自分の中の最高峰だったのですが、うーむ。。。ジャンル違いなので
横一線に並べる事はできないけれども、こちらのこのチョコレートプディングも
負けてない。。。いや、超えてもーたか???

なにはともあれ、ホーチミンにて、ちぇりの中のベスト・オブ・デザートがどんどん
更新されております。しかもスイーツ天国日本のものと比べても、なので驚愕至極。

本当は、カフェ飯ってことで適度に美味しければー程度にしか思ってませんでした。
ごめんなさい(日本のカフェ飯で感心するとこ、ほんのちょっとしか知らないし)。
料理もデザートも、通り一遍に美味しいってだけじゃなく、感嘆符の着く美味しさでした♪
まだまだ食べたい物があったので、このカフェはまた行きたいなー♪

th_IMG_3784.jpg
th_IMG_3785.jpg
th_IMG_3783.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪



Cider de Bretagne bouche BRUT 〜 シードル!

正確にはワイン、じゃないけど、アルコールドリンクカテゴリーってことで(笑)
メトロで以前売ってたシードルです♪ 買った理由はシードルが好きだったから、
ってのもあるけど、安かってん(笑) 確か千円しなかった。


th_IMG_5949.jpg

 La Creperie でも書いたのですが、
シードルって、英国ではかつての労働階級の飲み物とかで、チープなイメージ
なんですってね(^^; 私的にはフレンチのクレープのお店でボウルで出て来て
きゃーお洒落♡みたいな感じだったのですが、もっと気軽な飲み物だったらしい(笑)

突き詰めれば簡単、ということはないのでしょうが、ブドウよりリンゴの方が
扱い易かったりコストが安かったりするのかなー。

日本でもここ数年あたりでハードシードルってのを大手のビール会社が供給
してて、大流行りしたらしいですね。私もかなり飲みました(笑)
何がハードかと言うと炭酸がパキーっと効いてて飲み口スッキリ!!
リンゴの爽やかな後味が意外と色んな料理に合ってて飲み易かったんですよねー♪
でもそう言うのを飲み付けていただけに…


th_IMG_5950.jpg


こちらのシードルの炭酸のマイルドさは、(ん?気が抜けてる?)と思って
しまう程マイルド(^^;(もうちょっと気を使った表現しなさいよw)
と言って、不味い訳ではないんですけどね。ちょっと濁りがあるところも
むしろ味わいの内と思える程まろやかだし、リンゴの風味も満点。
ただやっぱり炭酸がかなり弱めなので、もうちょとシャキ!!ッとはしてほしい。

一応5%アルコールは含まれてますが、吞ん兵衛からするとかなーり穏やか(笑)
ファンタにアップル味があってしばらく放置しといたらこんな感じかなと(笑)
アルコール特有のクワー!!っと来る感覚が少ないので、お酒があまり得意じゃない
けど、ちょっとあると嬉しいな、見たいな方には飲み易いかも♪

ただ、最近メトロで見かけないんですよねー。
標準的なブドウのワインとはカテゴリーも違うのか、ワインショップでも見かけ
ないし、輸入食材店の片隅とかにあるのかなー。めちゃくちゃ骨を折って探す
ほどじゃないんだけど、ストックがあると、強いお酒が苦手なお客さんがいらした
時に重宝するかなーって。

とかなんとかいいながら、ペロッと一度で一本無くなってるから、あんたが
飲みたいのもあるんでしょう、と言われたらそれまでですが(笑)

もしかしたらもっと他のブランドのものもあるかもなので、しばらくシードル、
気をつけて探してみてみますー♪



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪



Gio Thu

多分タイトルがこの食べ物の名前と思われるのですが、英訳も和訳も
ちゃんとしたのが出なくて手探り(^^; もし間違ってて正しい名前を
ご存知の方がいらっしゃったら教えて下さい(笑)


th_IMG_5222.jpg


初めて知ったのは、ローカルのお友達に頂いた時。
テトの前にご親戚が沢山作ったからと頂いて、最初見た時はなんぞこれ?と。
円柱の形はハムの様なれど、見ればそれはゼリー寄せの様な内容。
そしてこれを頂いてみると…


th_IMG_5221.jpg


なんとまぁ、これ、上等なテリーヌやんけ!
メイン素材は豚の耳等軟骨とコラーゲンが豊富な部分。恐らくはそれを煮たものを
メインにキクラゲ、やその他の物を煮こごり的に寄せてる感じ。
そしてベトナムの物として特徴的なところとしては、黒胡椒がかなり荒い状態で
ゴロッゴロとつかわれてるとこ!!
なんやこれ、えらい贅沢やし、洒落とんしゃーねー!!

ま、写真のはCoop Martで買えるる様な量販ものですから程々ですけど、
それでも程々美味しい。黒胡椒がピリリ!と効いてますから、繊細な日本酒の
お供に、と言う訳には行きませんが、パキっと辛口の白ワインとかならドンピシャ
ですし、角切りにしてサラダに散らしてもいいですね。

あと、これを固めてるのはゼラチンなので、熱を加えると解(ほど)けます。
ということで、お湯を沸かしてそこに入れ、軽く煮立てたらゼラチン部分が
溶けて寄せられてた具材はスープの具に。旨味の塊みたいなもんですから、
ベースのお出汁は充分ですし、胡椒も加わってますから、少しのコンソメや
塩だけ等、好みでお味を少し足すだけで、立派な

「コラーゲンたっぷりスープ」


が出来あがります♪
そのスープにご飯を入れてお雑炊にしてもよろしいし、
胡椒以外に強い香りものが入ってないので、実に使い易いのですよ♪ 

ってか、これ、もともとベトナムにあったものなのか、フレンチとかの技法を
ベトナム風にアレンジしたのか…スーパーに売ってるくらいだし、ローカルの
子の、かなり田舎に住まわれてらっしゃるご年配の方が作られたと言うから、
ローカル食として根付いてるものではあるんでしょうけど…

ちょっと、マレーシアとかシンガポールとかタイ、香港などの東南アジア料理には
目立っては見られないカテゴリー。面白いなー、ベトナム料理!!
スーパーのも美味しかったけど、やっぱり一番最初に頂いた物が美味しかったので、
今年もあのお友達にお願いしてみようかなー♪



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Pheva 〜 ダナンで有名なチョコですって♪

チョコレートの話が出たので、こちらをご紹介。
お友達がダナンに行った時に買って来てたののご相伴にあずかりました(^皿^)

th_IMG_5501.jpg

まー、品のあるパッケージ。
ダナンはホイアンに行く時に通過しただけだったので、こんな素敵なチョコを
売ってるお店があるなんて知りませんでした!

種類も沢山あって、小さなカードサイズなので、色々楽しめるのも嬉しいし、
お土産にも良いですよね。

th_IMG_5500.jpg


勧められて躊躇なく手を出したのは(少しは遠慮しなさいよ…)
ブラックペッパーの一枚。考えたらチリとチョコの組み合わせは何度も頂いた
事があって大好きだけど、ブラックペッパーって初めてだったかも!
お料理のソースとしてチョコレートを使う時にはペッパーを合わせることもあるので
考えてみれば特段不思議でもなんともないんだけど、スイーツとして頂いたことは
なかったなー。


結果。
ベースのチョコレート、フレーバーによってもしかしたら若干舌触りが違ったり
するのかもしれませんが、頂いたブラックペッパーのフレーバーのベースは
とても滑らかで、薄さの割にしっかりと存在感のあるお味。

ホーチミンでも手に入る他のベトナムのチョコレートと同じように、
バター成分は少なめな感じだけど、カカオの香りがとても高くて、
口溶けもとても良い♪ そこにピリリとしたブラックペッパー。
カカオがしっかりしてるから、胡椒と合わさってもチョコレートが負けないんですねー。
ちょっと大人な風味のチョコ。ウイスキーとかバーボンとかと頂きたいかも♪


th_IMG_5502.jpg


↑こんな感じの、少し大きめ、お土産に最適サイズもある様です。
あと、日本人もしっかりターゲットにしてあるんでしょうね。
リーフレットに日本語バージョンもしっかりある様です。

th_IMG_5507.jpg


ダナンの空港にも、店舗先より品揃えは少ないけど置いてたよー、とのこと。
私がダナンの空港に突いた時はもう夕方でホイアンへの道のりを急がないといけな
かったし、ホイアンからはそのままバスで北に向かったので、空港を見る暇、
なかったなー。今度行く機会があったら探してみようと思います♪


th_IMG_5508.jpg



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Min Lan Yoo Chu 〜 シャリシャリスープの韓国冷麺!

ちょっと前に連れてってもらってすごく美味しかったのに、色んなネタに
押されてまだ書いてなかった…。

7区です。
7区の土地勘はあまりないので詳しく文章で説明できないのは申し訳ないのですが、
結構大通りにあるコープマートの並びにあります。コープマートを左手に見て
道を進むとしたら、ちょっと手前の位置。日本の方に人気のある鞄屋さんとかも
近くにあるって言ってたかな?

th_IMG_5483.jpg


見るからに奇麗な韓国料理屋さんで、表に料理の写真等も大きく掲げられてるので
この通りにさえ出てくれば見つけられると思います♪
店内も洒落っ気があるわけじゃないけど清潔でいい感じ。


th_IMG_5484.jpg th_IMG_5485.jpg

韓国料理屋さんでは珍しくないのかな。
お箸とスプーンを置く要のくぼみがある、日本で言う所の箸置き的な物が
かわいかった♪ これ、ちょっと欲しいなって思ったけど箸とスプーンを
同時使いする場面、家ではあんまりなかったわ(笑)

三人で行って、みんな冷麺が目当てだったからそれぞれ一人前ずつ頼んで、
多分それでも充分だろうなって気はしてたけど、気になったのでチヂミを一つ。
でまぁ、料理を頼むと色々出てくる定番のキムチやナムル。
はい、ビールも当然頼みましたね(笑)


th_IMG_5486.jpg th_IMG_5487.jpg

ほんと、いつ見ても思うけど、これに白飯があったらそれでランチ完結
する勢いの量だよね。お店によっては(ってか殆ど?)これらはお代わり自由だ
って聞くし。この段階で胃袋一杯にしないようにセーブするの大変なんだよ(^^;

で、冷麺登場。
やっぱりどんぶり、でっかいわー!!(笑)


th_IMG_5489.jpg


そしてスープがシャリショリー!ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
これくらいタップリ氷が入ってると、食べ終わるときまで丼のなかはヒヤヒヤですね♪
ってか、これスープを凍らせてるやつかな。最後まで味が薄まった感じはありませんでした。

麺は細め寄りの中太タイプで、若干水〆に甘い所があった気がしたけど、
とにかくスープがキンキンなので、気になる所をサクッとほぐしてスープに
サラッとひと混ぜすれば無問題。程々の伸びで食べ易く且つ、韓国冷麺に求める
ギュイーンとした弾力、噛んだ時の歯ごたえなどが存分に楽しめます♪

スープも奇麗だったなー。
キリリ!っと冷されてる時点でかなり冷麺のスープの要点は抑えられるのですが、
その抑えた要点を軸にしてどう言う味を展開するかがお店の腕の見せ所。
この冷やし具合と味のバランスを間違えて、良くビンポケになってるお店があるのですが、
いーですねー。さすが美味しいと評判のお店。こちらの水冷麺はキリッと焦点が
定まってました♪ 結構な量があるけど、ぺろーっと行けちゃいます!

あ、水冷麺(ムルネンミョン)、と書きましたが、ピピンネンミョンもありますよ♪
お友達が頼んでたのですが、こちらはスープ無し。

th_IMG_5488.jpg


の、代わりにコチュジャンの様な赤い調味料がどっさり載せられてて、それを
麺に混ぜ混ぜして頂きます♪韓国に行った時、現地の方とお食事をご一緒
する事が何度もあったのですが、私の周りでは水冷麺より、こちらのピピン冷麺を
召し上がる方が多かった様な。もう随分昔の話ですから、流行とかがあったのなら
また変わって来てると思いますが(^^)


でーっ、チヂミ!!
予想通り、やっぱりデカイ!!(笑)


th_IMG_5490.jpg


鉄板ごとでてくる物だから迫力も満点。
ってか、具が多い!!!
ホーチミン、海老イカは豊富だからなー。韓国料理にはほんと、向いた土地柄かも
しれませんね。こんなにふんだんに魚介類使ってるチヂミ、滅多に食べた事無いわ。
ってか、魚介の隙間に生地がちょろっとある感じ?(笑)

なので、噛むと何の調味料をつけなくても魚介の旨味がジュワー!っと。
勿論生地もお出汁で溶いてるのかな、とは思うのですが、明らかに
贅沢に使われた魚介の旨味が隙間なく詰め込まれてます。
うまい。これはうまい。

しかし冷麺も普通に日本人が考える一人前より3割くらいは多い量だったので
(食の細い女性なら1.5人前分くらいはあるのかも?(^^;)チヂミは2切れも
頂けばお腹がいっぱい(^^; 

ま、でもこれは持ち帰ることもできるから、ちょっと全体が多いかなーと思う時でも
是非頼んでみてほしい一品。韓国料理歴、そんなに長いわけじゃないので、
明確な比較ってできないのですが、これまで食べたチヂミの中でもずば抜けて
美味しかったと思います♪

となると、他の料理も気になるなー。
スンデ(韓国式のソーセージ)とかもあったらぜひとも食べてみたい。
冷麺、大好きでホーチミン1区内を結構あちこち食べて回ったんだけど、
美味しいなって思える所が Cho Go Jip  さんくらいだったので、
これは良いとこ教えてもらった♪

ま、7区だと気軽にいつでもって感じにはなりませんが、逆に7区は韓国料理屋
さんが多すぎて選べないので、美味しいお店情報は大変貴重。持つべき物はお友達♪
ありがたいねー♪ また大勢誘ってお出かけしたいお店です♪


th_IMG_5492.jpg



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

メリークリスマス♪

って、暑いとあんまり雰囲気でませんが…(笑)



th_IMG_5944.jpg


我が家のツリーwww
ポテサラ積んでトマトとブロッコリーあしらっただけ(笑)
でもこれ、食べたら片付けも同時に出来てしまう優れもんでっせwww


今年は平日で旦那さんは普通にお仕事。
夜には帰って来るけれど、街はきっと混んでるだろうし…
ってことで、イヴはお家ご飯。ツリーも用意していないズボラ嫁だけど、
ポテトサラダで心ばかりのクリスマス(笑)

豚の肩ロースの美味しそうなのがあったから塩釜にしようと思ったら
レンジオーブンの具合が悪くてパンローストになるし、なにからなにまで
いーかげんやなーと思ってたけど…


th_IMG_5941.jpg th_IMG_5945.jpg

400gくらいの大きさだったからパンローストで。
温度計を駆使しながらやったら結構上手にいけるもんですね♪
下面上面を分けて焼く制か熱の入り方が穏やかで、ぷるっぷるの仕上がりに!
メトロで買うお肉、使い易いなー。安いし質も良くていいわー。


th_IMG_5948.jpg

th_IMG_5947.jpg



これ、フライパンでできるとなったらお手軽だし美味しいし卓の上での
プレゼン力も結構あるからちゃんとレシピ化しないとなー(←例によって目分量&勘)
旦那さんも、「過去のちぇりさんの料理の中でも屈指!」とベタ褒め
してくれて、えーそりゃもー気分がいいったらありゃしない(*´艸`*)


……手抜きの質素クリスマスのつもりでしかやってなかったくせにねーっw

ともあれ、暑かろうがクリスマスはクリスマス。
皆さんも、美味しくて楽しいクリスマスをお過ごしくださいね♪
昨日こんなことしたから、ウチは今夜は普通のご飯かなー(笑)



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Nirvana Cafe 〜 ベジタリアンランチ♪

2区でササッと食事しようか、ということで、こちらのお店をチョイス。
前評判は一切聞いていない状態だったけど、何となくライトな物を、
という理由で。

で、行ってみたら、間口も店内も全体にこじんまりとしててお洒落な感じ♪
椅子やテーブル、ランプシェード。飛び抜けて目立つ!って感じじゃないけど
ちょっと素敵♪ 音楽の方の Nirvana のイメージが強かったから意外だったw

th_IMG_5670.jpg th_IMG_5671.jpg


で、お茶とスコーンのセットがあったからそれにしよう!!と喜んでたのだけど、
この日は準備ができてなかったらしい…。時間帯とお客さんの入りから売り切れ、
って感じじゃなかったんよな。残念。

じゃぁ何にする?と、改めてメニューを読み返すことに。
ローマ字だけのメニュー読むのは時間かかるよねー(´Д` )

th_IMG_5672.jpg

th_IMG_5673.jpg

ひとまず喉が渇いてたのでフルーツジュースを頼み、シェア用にサラダを1品、汁物を
それぞれ一つずつ頼む事に。ジュースは時々シロップの物を提供されてガッカリ、
なことがありますが、こちらはフレッシュである事を確認してオーダーしたので
美味しかった♪ パションフルーツの種のツブツブ、好きだー♪


th_IMG_5677_20141222174925669.jpg


サラダはよくあるクラッカーに載せて頂くタイプのベトナムスタイルでしたが、
ヌックマムチリソースじゃなく、優しい味のドレッシング。

th_IMG_5681.jpg

ベジタリアンハム、という正体不明のハムがけっこうふんだんに使われていて、
あっさりながら食べ応えがある感じ。ベジタリアンって言うからには大豆蛋白
とかの代用品かなーと思ったんだけど、結構肉っ気があって、どう言う加工を
してるんだろうなーと。

いや、他のメニュー見てたら全くお肉を使わない物ばかりでもなさそうだったから、
もしかしたらチープなハムだったのかもしれない(笑)。けどま、良い具合の
野菜との比率で、ワッシワッシ食べれました♪

一緒に行った方はフォーを注文。
そしたらこれには徹底して肉っ毛が無かった!!


th_IMG_5679.jpg


鶏でも牛でもなく、その代わりに入っているのは「お揚げ」。
そして出汁も野菜ベース。ひと口飲んで、最初の印象が「甘!!」だったんだけど、
ホーチミン特有の砂糖甘さじゃなくて野菜の甘さ。そして化学調味料少なめっ
ぽいなーって思ったんだけど、あとで注意書きを見たら、

「うちは化学調味料、使っておりません!」

って誇らしげな一分があった(^^;
失礼しましたーっ(笑)


そのままだとちょっと甘すぎる感じだったけど、添えられてるライムやハーブを
足すとちょうど良い具合になった、と言ってました。麺もなんか軽かったんよねー。
グルテンフリーのメニューもあったけど、米の麺にグルテンってあったけか…

普通のフォーも軽いけど、ここのは更に軽い感じ。
言い方悪いけど、昔のどん兵衛を彷彿とさせるぺらぺら感があって(笑)
個人的にはメッチャ好きだった♪ 安っぽいイメージを想起させる書き方だと
美味しくなさそうに聞こえるかもしれませんが、これ、褒め言葉としての
「ペラペラ」です(笑)←ジャンク舌w


私が頼んだのはカインチュア。トマトを使った、ちょっと酸味のあるスープ。
まーっ、お野菜タップリ!!

th_IMG_5680.jpg

こちらもお野菜ベースの優しい優しいお出汁でしたが、フォーのスープよりかは
ストラクチャがしっかりしてる感じ。麺は入っていませんが、とにかく具材が
いっぱいなので、お腹は十分満ちたしヘルシー♪そして仕事が丁寧です。
買って来た物なのか自分の所で手入れをしたのかはわかりませんが、
もやしもしっかり根切りされてる。こういう丁寧さ、嬉しいですよね。

この日は夜にお肉を食べに行く予定が入ってたので調整も兼ねてちょうど良かった♪
外食でこんなにタップリお野菜を取れるってのはありがたいですねー♪

今回は食べ損ねたけどスコーンも気になる。
全体に、お店の雰囲気とは異なったベトナム料理メインのお店でしたが、
ヘルシーに軽く食事を済ませたい時には重宝しそうです(^_-)



th_IMG_5676.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪



Nirvana Tea House and Vegetarian Delights

昼総合点★★★☆☆ 3.3



関連ランキング:ベトナム料理 | レタントン通り周辺


Lang Ngoi Da 〜 岩塩板に瓦焼き!

さぁ来ましたよ!
久しぶりの(…でもない気がするw)変わり種のベトナム料理♪

以前からチラリチラリと耳にしてて気にはなってたのですが、なにせ情報が
少なくて、どっから手を付けて探し出そうかと思ってたら、ちょうど同じ頃に
お友達の旦那様がローカルの方と行かれたという話と、私のローカルのお友達が

「こんなの食べに来てまーす♪」

とかいうのをSNSに上げてて、もうこれは「行け!」という天の啓示に違いない!
と身勝手に解釈。同行頂ける方を募って行って来ましたー♪

って、自分が行った事の無いお店に人をお連れするのは本来(自分的に)
いかがなものかと思うのですが、

「美味しくても不味くても楽しいじゃーん♪」

と言ってくれるのに甘え切ってる…w
持つべき者は友、ですなぁヽ(;▽;)ノ

さて、場所は Nguyen Thi Minh Khai 通り沿いにあるヘムの中。
ずーーーいぶん前にご紹介した蟹きしめん(風情の無い言い方だなオイ)のお店、
Cua Dong さんがあるヘムの中。 Cua Dong さんを過ぎて更にどんどこ
奥に入って行くと左手側にあります。

th_IMG_5695_2014122118330441a.jpg


誰も行った事がなく、お店の名前もあやふやだったのですが、表にこれが
出てたのでわかった。写真の中の四角いの。これが目当てで来たのですが、
この正体はまた後ほど。

th_IMG_5696.jpg


で、席に着くと…
どローカルでメニューがなかったら気合いで頼むしかないな!とか言ってたら、
ちゃんと英語併記のメニューがあった(^^; しかもこじんまりながら小洒落た
内装。空気感はローカルではありますが、思ってたよりずっと素敵やった…
(失礼だなおい)

th_IMG_5701_2014122118553310b.jpg th_IMG_5702.jpg

th_IMG_5703_20141221185536fc0.jpg th_IMG_5704_20141221185537d53.jpg


ってのもこちら、焼き物のお店なんですよ。
卓上七輪で自分達で焼き焼きしながら食べるお店。
なんで、もっと汚い感じを想像してたんですよねー(^^;
結構な人気店で、自分達のあとに続くお客さんですぐに満席。
そして隣の席の人の注文品を不躾にジロジロ見てましたらば…

th_IMG_5714.jpg th_IMG_5715.jpg


おお!!!瓦焼き!!!ベトナムにもあるのか!(笑)
これは面白い!お目当てのものじゃないけど、これも頼んじゃえ!(笑)
こちらは色んなお肉と魚介、野菜がついたセットもあるけど、各食材単品で
頼む事も可能。七輪におニューな感じの瓦を載せて、脂を塗り塗り。
洗うの大変そうだし、素焼きの鍋やこういうツールってお安いみたいだから
使い捨てタイプなのかなー。

th_IMG_5712.jpg 


素焼きなのかちょっとくっつき易い反面、肉から落ちる余分な脂を良く
吸ってくれるみたいで具合が良い♪
蕎麦持って来て、瓦そばたべたいわぁ♪(西の人にしか通じない話)


th_IMG_5720.jpg


ってか、コチュジャンのような甘ピリ辛のタレに漬け込まれた肉が美味しい!
セット内容は牛・豚・ヤギ・ワニ・タコ・海老だったかな?お肉はコッテリ
味付けされてるので意外と少なめ。これをタップリの葉っぱや野菜で巻いて食べる♪
柔っわーい♪おいしーい!!ってことで、即座に豚のリブも追加したよね…
だからこれ、今日のメインじゃないんだってば…。

そして今度こそ、メイン!
ドン!!

th_IMG_5721.jpg

店先で見かけて、こちらのお店が探してたお店だと判明したアイテム。
なーんとこれ、岩塩板なんですって!!

こちらは注文してから熱し始めて、熱が蓄メラレルまでにかなり時間がかかる
ようなので、これを目当てに来た場合でも、最初は単品料理を頼むか、
ビールグビグビしながら時間をつぶす、位の心づもりがある方が良いかと
思います。瓦焼き、頼んでてよかったわー(笑)

こちらもセットメニューがあって、言ったら単品も出してくれるのかも
しれないけど、メニューには岩塩板用の単品は無かった気がするな…。
こちらもお肉の盛りは少なめ。そしてこちらは油でマリネされてるのかな?
その程度で味付けは殆どされてません。なぜなら…

th_IMG_5725.jpg


ジューヾ(@⌒ー⌒@)ノ
塩の上で焼くから、そりゃ塩の味がするわいねー(笑)
しかもけっこうしっかり味になるので、肉1片も小さめ。
最初はちょっとしょぼいかなーと思ったんだけど、これを野菜やパイナップル
で巻いて、三種類のソースのどれかをつけて食べるとちょうどいい♪

そのまた三種類のソースってのが面白くって、青唐辛子のソースは家でも
よく使うけど(使いませんか…?(^^;)もう2つは擂り下ろしトマトの自家製
(風)ケチャップと、パッションフルーツのソース!洒落とんしゃーねー!!

th_IMG_5711.jpg th_IMG_5726.jpg


そういえば、貝料理の Oc Khan さんでもオレンジソースとか出て来て驚いた
んよな。決して気取った店じゃない…というよりは、ざっくばらんすぎる程の
店なのに、これ持って来るかー!みたいなソース。そしてそれがすごく合うの。


自分達の味やスタイルはキープしつつ、フレンチの要素を極々自然に
日常に取り入れてるこのセンスな。 ほんまに食文化の高い国や。
感心するっ。

そいでこのソース、最初からテーブルに来てたんだけど、瓦焼きが並んだ時に
一旦下げられたんよね。どこにいったんやろ???って思ってたら、岩塩版
に食べるの移行した時に、また出して来てくれた。多分、テーブル狭いし、
この人ら訳わかってないみたいだから、間違えたらいかんと思って下げたん
だろうなーと。お手間やのに、優しいのぉ(ノ_・。)

あ、面白いアイテムもここで知れました。
これ。ライスペーパースタンド。
卓上おたま立てじゃないけど(笑)、とても省スペース。
なだけじゃなく…

th_IMG_5727_201412211856124b6.jpg th_IMG_5728.jpg


上から見ると、ディバイダーで3つに仕切られてまして、ライスペーパーは
真ん中に入れられてます。で、横の2つの部分にはお水が入ってて、
食べる直前にライスペーパーをそこに移し、クルクル回して湿らせる、
と言う寸法。おお!!ライスペーパーをしこたま食べる国ならではの
便利グッズ!!!(笑)ちょっと欲しいぞw

で、まぁ予定外に瓦焼きまで食べちゃったのでありますが…今度は逆となりの
方の鍋が気になりまして…(笑)。体感的には肉:野菜=2:8くらいな
感じだったので、

「まだ行けちゃう?行けるよね?行っちゃおー!!」

と、更に別の料理も注文。。。
言うたら焼き肉屋でファミリーセットを3つ頼んだ様なもので、追加で
注文をした時に、店員さんに(まぢかよっ、まだ食うのかよっ)みたいな
顔された(^^; けどめげないっ( ・`ω・´)b

で、気になったのがこちら。
まずはザルにターーーーっプリのお野菜と焼き物の肉や魚介の盛り合わせ。
そして七里が専用サイズの者に置き換えられて…ジンギスカンの鍋的なものが♪

th_IMG_5732_20141221185615eeb.jpg th_IMG_5730_2014122119021673e.jpg


周りのくぼみにスープをタプタプ注ぎまして、ここでお野菜をグツグツと。
このお出汁がとてもとても優しくて、ガツンがつんとした料理を食べたあとの〆め、
みたいな風情で大変嬉しい♪

山のてっぺんには牛脂を塗り塗り。そこでお肉を焼きまして、落ちた脂が
スープに溶けて、旨味が更に増すと言う寸法。更に、お野菜が煮えて来た所に…
溶き卵!この日の店員さんは、3個ある卵のうち、最初の一個のお尻に箸でスポン!
と穴を開け、反対側からも箸を突き刺し、中をグーリグーリしながら、最初に
開けた穴から「溶き卵」を散らしてくれてました。おお、この発想はなかったw

th_IMG_5740_201412211902228fc.jpg th_IMG_5737_201412211902185d1.jpg


でもま、残りの2つはそのままポチョンと入れてたけどね(笑)
結局この2つも煮え切る前に自分達で崩して溶き卵状態に。
アッサリお出汁で煮込んだ野菜の卵とじ。
なにこれ、米があったら完全に日本の鍋の〆じゃんかヾ(@⌒▽⌒@)ノ

もともとベトナム料理には、和食に通じる要素をよく見かけてて、調味料や
食材の時点から出来上がったお料理にまで親近感を覚える事が多いのですが、
この鍋はとくにホッとさせられる味と言うか…異国の料理になんでこんなに
ホッとしてんねん!と突っ込み必至の優しいお味。

いやー、食べてみて良かった!
最初の2つは味が良い上にプレゼン的に楽しいし、最後のお鍋は馴染みが深くて
幸せな味。何だこの店、優秀すぎるな。ローカルの方にも珍しいのか、皆さん
写真をバシバシ撮ってらっしゃった(笑)

ってか、優秀なのは味だけじゃなくってですね…
この日4人でビール8本、ミネラルウォーター2本、そして上記の料理3種類
頼んで…

お一人サマ、220kドン。
今のレートだと、1300円弱くらいですかね?
食べすぎってくらい食べてるから、もちょっと大人しく食べてれば
1000円前後で収まるんじゃないでしょうか(^^;

優秀っ。
これだけのプレゼン力があり、味も良く、店員さんも甲斐甲斐しくってこの値段。
ここは行くべき。ってか、今度は旦那さんと会社の人を誘って近々また行くっ。
ってか、おススメ度が高すぎて力入って超文章が長くなった(笑)

読んでくれた方、お疲れ様でしたっw
よかったらぜひ、こちらのお店、行ってみて下さいませ♪
きっと楽しんでもらえるんじゃないかと思いますーヾ(@⌒ー⌒@)ノ



th_IMG_5699_201412211906146b0.jpg



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

ポメロの剥き方

ベトナムは果物天国♪
通年夏仕様なお天気とはいえ、果物によって旬はあって、中にはほんの
1〜2ヶ月しか売られないと言うフルーツもあったり。
そんな中にあって、割と通年楽しめるポメロは、我が家の常備フルーツです♪

ってか、わたくし、これまであの手この手で戦って来たのですが、
ポメロを食べるのが一番お通じに良いと言うことを発見(※--※)
無理なく美味しく簡単に。素晴らしい(笑)

我が家の旦那さんも調子が良いらしく、日本ではそんなに果物を食べなかったのに、
ここ一年以上、毎日お弁当に持って行ってる。ポメロの詳しい栄養成分はわからない
けど、繊維質が豊富である事は確実だから、食事の前後に摂るのは有効だと思われるし、
ビタミンもありそうだから、暑い国にあっては食べて悪いことはなさそうですな♪

ってことで、我が家は2人で大体1日2つも消費しております。。。
ってことは、1日2つ、剥くんです。最初はお手軽だから、と剥いたものを
買ってたりしたのですが、高いし、やっぱり剥き身になると傷みが早い。
そうなるとチョイチョイ買いに行かないと行けなくなるし…


th_IMG_2774_201412171911349e0.jpg


ってことで、自宅でムキムキ。
外側の厚い皮の部分だけ取り除いた、白い綿に包まれた状態のものを買うので
そこまで大変な手間でもなく…

と、思ったら、意外とこれが面倒だ、と仰る方が多いみたいですね(^^;
面倒なのと、あとボロボロになっちゃうってやつ。個体差もあると思うんですが、
自分で剥く時には、わりと房の形のままポロッと剥けてしまうんだけどなー。

ってことで、これが最良かはわかりませんが、私流のポメロの剥き方。
まず、外側の厚い皮が突いてる場合は、包丁でザックリと。
そして白い綿がついてる状態でも…


th_IMG_5651.jpg


この程度になるまで、白い綿部分をとってしまいます。
ポメロの房の皮は、とても頑健。そのおかげで、中の果実がかなり長い期間経っても
守られている訳ですが、この外側のカーブしている部分の皮が残っていると、
一つずつばらす時に強い反発テンションとなり、実がボロボロっと割れてしまうんですね。
何が大事って、ここが一番大事。

と言っても、包丁で削るように切る必要はなくて、ヘタがあったと思われる方から
ナナメに少し食い込ませ、ベリ!!と白い綿を剥ぐ程度で大丈夫。完全に取り除こう
とかしたら面倒臭さが先に立つし、この程度やっておけば、完璧に奇麗にしても
大した効果の差はありません(笑)

できるだけ奇麗な剥き身を増やす為に、房と房の間を探して刃を差し入れ、
4つに割ります。

th_IMG_5652_20141217191137a95.jpg th_IMG_5653_20141217191139735.jpg

割ったら、中心部分の鋭角になっている所をザクーッと切り取ってしまいましょう。
日本でハッサクとか夏みかんを食べる時には、房ごとに分けた後に、爪でこの鋭角
部分をピーッと切ったりしますけど、ポメロは相当頑健な上に、結構不要部分も
多いので、若干実が削れることを覚悟で、ここは手間の少なさを優先(笑)


利き手が右手なので左利きの方は逆になりますが、右手で一番右側のひと房を
鋭角の所から外します。このとき、実だけを外すのではなく、隣接した房との
間にある皮ごと外しましょう。真ん中だけ、とか端っこだけ、ではなく、
全体を少しずつはがすのがコツなのですが、皮ごと少しずつ力を入れてはがす
ことにより、一カ所だけに力が集中するのを防ぎ、全体に分散=実が崩れるのを
防ぎます。

th_IMG_5654_20141217191231152.jpg th_IMG_5655.jpg

そして残りをホールドしている左手には力を入れない事。
あくまで、右手で外しているひと房が自ずとホロリとはがれて行くイメージで。
左手に力を入れると、せっかく房と房の間にある皮でホールドしてある
力の一方向性が崩れて上手く行かないことがあります。

で、外れたら、残ってる外側のカーブ部分にある白い所と、房との間にある
皮を取り除き、はい出来上がり♪

th_IMG_5656.jpg th_IMG_5657.jpg

房が2つになり、左手に持つ部分の方が先にはがれそうになったらば、
そこは右手で外す事に拘らず、なすがままに致しましょう(笑)
3:1とかだと、房の多い方に安定性があるのでそちらをホールドした方が
無理無く1房部分の方がはがれ易いですが、1:1になった時は、
なにがなんでも右を先に!!と強硬にならない方が良いです。

人と人とも同じですね。
相対した時は様子を見ながら、相手の出方によってレスポンスを変える。
大事(--)b


というわけで、最初の綿を剥く部分が手間だなーと思われるかもしれませんが、
急がば回れ。そのひと手間をかけることで、その後の作業がずーっと楽に、
そして奇麗に剥き易くなると言うメリットも格段に上がって来ます♪

勿論個体によってはなにをどうしたってボロボロになるのもありますが(笑)
ま、そのときは、「ヨーグルトに混ぜるのにちょうどいいわー」位に思って
やりすごしましょう(笑)


th_IMG_1760_201412171912295ba.jpg


聞く所によると、ポメロの旬は2月前後らしいですね。
最近特にみずみずしくて美味しいものにしか当たらないのですが、
これからの季節はもっともっと美味しくなるんじゃないかと思います♪ 
日常的な果物補給に、健康的なおやつとして、ぜひとも手軽に
楽しんで下さいませー♪


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪


Mi Lua 〜 海鮮丼♪

最近、ホーチミンで食べられる生もの、特にお魚は色々改善されてますよねー。
イオンの中島水産さんで買うお刺身も、ほぼ毎回美味しいし、生もの好きには
本当にありがたい限り。


で、ミルーアさんが海鮮丼を出されていると言う話を聞いたので行ってみました♪
ちょっと前になるのですが、場所をレタントンに変えられたらしいですね。
4P‘sさんとかが入ってるヘムで、レタントン通りから入って突き当たって右側です。
店構えも分かり易く作られてるので、すぐに分かるかと思います。


th_IMG_5204.jpg


一人でも、窓に面してカウンター席があるから気楽だし、チラット見たら全体に
机や席の取り方がゆったりしてて、グループで来られてる方もくつろがれてたご様子。
ホールの対応はベトナムの女の子がしてくれましたが丁寧でしたし、居心地良かった♪

で、ランチには色々メニューがある様ですね。
カレーやパスタ等、日本の洋食的なメニューが並んでてホッとする(笑)
これは出張で長くいらしてたり単身でお過ごしの方には嬉しいでしょうねー。


th_IMG_5205.jpg
th_IMG_5206.jpg


ランチには色々セットがついてて、サラダにお漬け物、お茶、デザートの果物が。
海鮮丼がメインだったから汁物はお澄ましかお味噌汁かなーと思ってたら
お味噌汁…ではあったけど、魚介タップリのベトナム仕様(笑)
ちょっと意表を突かれましたが、個人的には好きな味だったのでラッキー。
ただ魚介がふんだんに使われ過ぎてて、かなり濃厚になっていたので、
せっかくの海鮮丼が少しかすみ気味になってしまってたのはもったいなかったかも。

th_IMG_5207.jpg th_IMG_5210.jpg

味が相当濃厚だったので、適うなら(そして大変お行儀悪いですが)
白飯にかけて食べたかった(笑) めっちゃ濃厚なお出汁でしてん(^^;

で、メインの海鮮丼。
ジャン。


th_IMG_5209.jpg


まーーーゴーカ!
丼はちょっと小降りだったんですが、他に色々ついていたので、自分的にはちょうどいい量。
ウニはどうしてらっしゃるんかなー。奇麗なお味だったけど、以前別のローカルのお店で
食べた時のように水っぽい感じもなかったし、何よりお色が奇麗で新鮮そう。

そして個人的には海老!
海老のブリブリの刺身がおいしかった!!
あれは特別なルートでケアされたものなのかなー。海老の刺身大好きなんですが、
市場のものをそのまま食べていい者かどうかの判断がつかずに食べた事がないまま
なんですよねー。クスリ漬けになってるとか言う話も聞くし、そもそも早朝に行っても
海老はその日の内に売りきりでない事もあるようで、鮮度や諸々が気になって(^^;

ってことで、久しぶりに食べた、大きな海老のブリブリのお刺身♪
その他もきれいなお刺身ばかりで、生もの欲が大変満たされました。
これは好みだろうけど、ご飯が少し固めで刺身が口の中で米に乗ってくれなかったの
だけが残念でしたが、丼物のご飯に関しては、それくらい固い方が良いと言う方も
多いですから、こればっかりは個人の好みに合わせてるわけにも行きませんよね。

それよりなにより、新鮮な魚介類を生で安心して美味しく頂ける場所があるだけで、
ありがたいことです。1500円弱のランチはちょっと贅沢なのでしょっちゅうは
行けませんが、夜、別の店で奇麗なお刺身を食べに行こうと思ったらそんな金額では
すみませんし、また生ものを食べたくなったら伺おうと思います♪

今回みたいな色々乗せじゃなく、ウニ丼とかイクラ丼とかもあったなー。
気になる気になる気になる気になる( ̄¬ ̄)


Mi Lua
8/8 Le Thanh Tong Q1
http://milua.web.fc2.com/index_j.html




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

トマトの美味しい作り置きレシピ

さすが常夏の国なだけあって、いつでも食べられる真っ赤なトマト♪
ま、日本でも食べられるわけですが、気持ち日本のものより野性味が
あって、美味しいですね。さすが夏野菜♪

…は、いいのですが…

パックになって売ってるもの、ホーチミンで買おうとすると、ポーションがデカい(^^;
大玉なら8玉とか、プチトマトでも、500g単位くらいで売られてる…
いや、好きだけどさ。美味しいけどさ。できれば少しずつを毎日頂きたい
タイプの野菜なんです、我が家にとっては。それがそんなにドドン!と来られても
鮮度が落ちる一方だし、冷蔵庫内のスペースにも限りがある。

ってことで、我が家ではよく、シロップ漬けにして保存してます♪
シロップと言ってもベタ甘い感じではなく、リンゴ酢と蜂蜜を使った
自然な感じのシロップで、トマトにも本来ある甘みと酸味を追加で入れて
上げる感じの物。トマトのサイズは問わずに作れますが、プチトマトで作ると
こんな感じ。

th_トマト


うん、ちょっと写真撮るようにオサレな感じに盛ってみたけど、
普段はタッパーに入ってます(笑)

作り方はとても簡単。
湯向きしたトマトを、シロップに漬け込むだけ。
割合は次の様な感じ。

プチトマト 500g
蜂蜜    100cc
リンゴ酢   50cc
水     500cc


結構大きめのタッパーに余裕を持って漬け込める割合。
大きなトマトを使う場合は、シロップの割合はそのままで量を少なめにして
ビニール袋に空気を抜いて入れるなどすれば、もったいなくないかもですね。
ただこのシロップ、漬け込んだあとも更に水で割ればトマト&リンゴ酢ドリンク
として美味しくいただけるので、丸っ切り無駄になる訳じゃありません(^^)b

皮を剥いて使うので、水洗いだけでは落ち難いワックスも気になりませんし、
冷蔵庫に入れる場合もタッパー等、フレームがある物に入れて保存するので、
他の食材に直接当たって傷がつく、という点も解消。味に個体差があったと
しても、この方法で酸味と甘みを入れてあげることでかなり味わいが良くなるし、
料理の付け合わせにも、デザートやおやつとして頂くにもお手軽でいいですよー♪

お裾分けした方のご意見によると、

『スポーツした時に食べる蜂蜜レモン的な感じがする!』

とのこと。
なるほど、運動したあととかこれ、クエン酸も糖分もあるからいいかもしれない(笑)
そもそもトマトには、抗酸化作用があるリコピンが沢山含まれてるので、
おやつと言う手段で食べる機会を増やせるのもいいことかもしれませんし(*´艸`*)

サッパリしているのでミルキーで塩気の低いクリームチーズとも相性が良く、
サラダに一緒に散らしてもいいですね。モッツァレラと合わせてカプレーゼ風に
すれば、日本で流行ったけどホーチミンでは真似の出来ない桃カプレーゼ、
とまではいきませんが、フルーティな味わいの一品に。

th_IMG_1809_20141217014034076.jpg th_IMG_1810_20141217014035042.jpg


写真は、アンナムグルメマーケットで買った小玉モッツァレラと、今回作った
シロップ漬けのトマトを合わせたもの。これにグリーンのハーブでも添えれば、
クリスマスにも使える簡単な一品になるかもですね♪ 
美味しいオリーブオイルがあれば、ここにかけても、また美味です♡


酢が入っている為、ちょっとゼラチンでは固まり難いのですが、漬け込んだトマトと
シロップにゼラチンなど溶かしてをカップで固めれば、ちゅるんと食べられる
ゼリーデザートにも♪

ちなみにシロップは、10日内に2回ほど使い回してます(笑)
ちょいちょいジュース代わりにお水で割って飲んでいるので、シロップも減るし。

あまり回数を重ねると、どんなに奇麗にトマトを扱ってるつもりでも
多少の菌はあるでしょうし、ただ保存しておくにしても長く使いすぎるのも考えもの。
上記の期間と回数は確実に安全と言い切れる物ではありませんが、
とりあえず、私が現状無事でいられてる1例としてお伝えしときます(笑)

お子様にも結構気に入ってもらえることが過去に多くありました♪
料理、というほどのものでもありませんが、その分お手軽なので、
よろしかったらお試しあれー♪



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

ARIUM CAFE 〜 レジェンドホテルのロビーラウンジ

お友達主婦のみなさんが時々行かれてていいよ、と評判を聞いていたこちらのカフェ。
期せずして、Crystal Jade の長蛇の列を待つ間の一服に使わせてもらいました(笑)
アトリウム、と言う名前の通り、吹き抜け感のあるとても採光の良い空間ですね♪

th_IMG_5598.jpg

季節殻、こちらのホテルのメインのクリスマスツリーも、
どーんヾ(@⌒ー⌒@)ノ

th_IMG_5596.jpg

テーブルや椅子は割と落ち着いたデザインで、席間も広く、眼下には
朝食ビュッフェなどを楽しめるであろうメインレストランを広く構え、
視界のその先にはプールがあるという、なかなか贅沢なロケーション。
なるほど、ここは気分良いわ♪

th_IMG_5600.jpg


わかりやすく、ケーキやサンデーのメニュー写真がテーブルに配置されて
ましたが、直後に飲茶が控えていたので我慢ガマンがまんGAMAN…(´Д` )


th_IMG_5597.jpg


コーヒーすら胃に重たいかも、と思って紅茶にしたら、使ってらっしゃるのは
私が日頃愛用しているDilmah の紅茶。これ、お高い物じゃないけど、ご覧の通り、
700mlは入ろうかと言う大きなポットに使っても充分ふくよかな風味が楽しめる程
しっかり出るし、家でザックリした管理をしてても、香りが飛び難いんですよねー。

もちろん、お名前の高い紅茶専門店の物に比べたら味わいの奥行き云々とかは
比較にならないと思いますが、このメーカーのアールグレイは秀逸だと思ってます。

th_IMG_5599.jpg


平日は、そんなに混んでいないと聞きます。
この紅茶で90kドンはしなかったから、ゆーっくりと過ごしたい時には、
なるほど、最適な空間とコスパかもしれませんね♪
こりゃ良いとこ教えてもらいました♪

ホテルのカフェ、もともと好きだったんだけど、ちょっと中々来ないエリア
だったので知りませんでしたー。今度書き物しに行こうっと♪



ATRIUM CAFE
Lotte Legend Hotel Saigon 内
2A-4A Ton Duc Thanh St, Dist.1



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Crystal Jade 〜 噂通りの美味しさ!

ホーチミンで中華の美味しい所、といえば、Crystal Jade!
と、皆さん口を揃えて仰ってました。何度もそう聞きました。
ですが、何となく天の邪鬼な性質と、高そうだな…ってイメージで、
これまで行った事がありませんでした。

元こちらにお勤めだった方がされていると言う オーシャンズパレス 
素晴らしいコスパで飲茶を楽しめることもあり、そこで満足をして開拓心が
少し削がれてたのもありましたねー。しかし飲茶と言えばオーシャンズ、
というのも、度重なると慣れてくる物で…ちょっと別のお店を開拓したいなと。

で、色々情報を探してみた所、どーしても行き着いたのがこちら。
日曜日のランチに行ってみよー、ってことになったのですが…

th_IMG_5601.jpg

ロッテレジェンドホテルの2階。
日曜日の12時前。
満席状態(((;゚д゚;)))

まぁオーシャンズでもそうだったし、考えたら「ランチタイムまでしか飲茶は
やっていない(夜はグランドメニューのみ)」って情報を、なんとなく、ランチ
タイム限定と考えちゃったけど、飲茶だからもうちょっと早い時間からやってても
おかしくないわな。。。ちゃんと予約して行くべきだった…。

写真には映ってませんが、店の外には結構な人数が待ってらしてて、ウェイティング
リストにも結構な人数のお名前が。腹ぺこだったし、あまりに待つのもどうだかなー
と思って、この日は別のお店に行こうかな、と思ったのですが…

『ベトナムの人がこれだけ待ってるってことは、美味しいんじゃない?』

とのご意見が。
なるほど。確かにベトナムのお店で流行ってる所は美味しくて、そうじゃないとこは
食べてみたら当然の結果、と納得する事が多かった(←敢えてガラ空きの店に入った
経験が何度かある…)。ってことで、名前と電話番号を残し、順番が来たら知らせてね、
と伝えてカフェでお茶をしつつ待つ事に。

ええ、当然電話はかかって来ませんでしたね(笑)
30分ほどして様子を見に行くと、すっかり名前が飛ばされてました(笑)

「お呼びしたんですが、ここにいらっしゃならなかったのでー」

と言われたけど、電話してって言ってここに番号残したジャーン!と
軽く抗議したら(あっ…!!)みたいな顔でごめんなさいモードになって
いたのが可愛かった(笑) ま、予約して行けってことですね(--)b

ウェイティングリストはかなり消化されてたとは言え、店内はまだまだ満席。
日曜日だけあってご家族で楽しみに来られてたり、お誕生日パーティをしに
こられてたりって方で賑やか至極♪ コールをすっ飛ばしたのが申し訳ないと
思ったのか、急ごしらえみたいな席だったけど(笑)内装や雰囲気は落ち着いてて素敵。

ではお料理です。
まずは、海老餃子。

th_IMG_5603.jpg

何の変哲もないようですが、まず皮の舌触りがシルキーでとても繊細。
そして、噛むと中からはじけ出る様なブリッブリの海老!大きさはむしろ
小降りかなーと見ていたのに、海老の元気さを口の中で感じるにつけ、
すごい容量を感じます。あの小さな海老であのボリュームのある食感出すって、
どんだけ丁寧に下ごしらえしてんねん。
海老って、手を掛けるか掛けないかで仕上がりがもの凄く違って来ますもんねー。

次は、小籠包!
これが食べたくて飲茶にしようって話になったので、こちらのお店に来る
キッカケにもなった一品。ま、飲茶に来たら外せない一品ですね♪

th_IMG_5606.jpg th_IMG_5607.jpg

いっやー…やられた。
これ、めっちゃ美味い。
持ち上げても形があまりトヨンとならなかったので、皮厚いんかなー、
だったらちょっと好みちゃうなーと思ったんだけど、食べてビックリ。
皮は決して薄くはなかったんだけど、あまり障らずスープの量が凄い!!
海老餃子と同じく、小さいと思って舐めてたら、口の中だブワワワー!!っと!

なんだろう、この食べてみて口の中で感じると、見た目よりもずっとずっと
ボリュームを感じると言うギャップ。しかも美味い!味覚と食感とが驚かされる
美味しさで、こりゃー並んでも食べにくるわと。

こちらの手前にあるのは巨大な小籠包のようなルックスですが、フカヒレ餃子。
スープに浸ってる水餃子式ですね。

th_IMG_5605.jpg th_IMG_5609.jpg

こちらは流石にひと口では食べられないので(笑)、器の中で崩してシェア。
すると…中からはフカヒレだけじゃなく、干し貝柱、海老、椎茸、干しナマコなど
七宝と言える様な具材がゴロゴロ。それらから滲み出た濃厚なスープは、塩気は
そんなに強くないのだけど、一つ一つの出汁が濃く、それが混ざり合っていると言うより、
見事なレイヤーになって密着した層を作っている感じ。美味い。しみじみ美味い。
これ一杯で酒が飲める(笑)

th_IMG_5608.jpg

上の写真は湯葉上げ。湯葉は湯葉だけどとても薄くてフラジャイルなサクサク食感。
それに呼応する弾力のあるすり身のフィリング。愉快。実に愉快。歯触りのコント
ラストと食感が相互の旨味に与える相乗効果。お見事ですっ。

次は腸粉。わたくしの大好物。
日本では中々見る事ができないのですが、米粉の蒸し生地はベトナムのお家芸。
腸粉は広東料理ではありますが、ベトナムではとても美味しい物を食べられる
機会がたくさんあって本当に嬉しい♪

ベトナム料理だと「バインクオン」と言う名前でタレがヌックマムベースなのですが、
飲茶になると、オイスターソースベースやXO醤を使う事が多いですね。

th_IMG_5615.jpg th_IMG_5618.jpg

うっわー。
これも見た目ではちょっと皮が厚そうかなーと思ったら、確かに薄々ではなかった
ですが、表面に適度なざらつきがあり、タレがとっても良く絡む。

で、厚目なんだけど無駄に障る食感がなくて、ぷりゅちゅるり♪っと喉に滑る。
この日はXO醤がなくて叉焼を巻いた物にしたのですが、美味しかったですねー。
目の前に山と積まれたら延々食べていられるくらいに美味しかった。

面白かったのはこちらっ。
なんかおススメありますか?って聞いて勧められたので、出てくるまでその
様相が想像つかなかったのですが…


th_IMG_5610_20141214194206205.jpg th_IMG_5611_20141214194208fdc.jpg


おっ…おこわが蒸しパンの生地に包まれてる????(^^;
ラーメンライスかよっ!と、最初はアカン予感を持ってしまったのですが、
これがまた食べてみてビックリ。フカフカ繊細な蒸し生地に、噛む程に
味が滲む豆の入ったオコワさんが絶妙にマッチ。うまい。特に醤油だなんだと
味をつけなくても、そして薄味なのに、じんわり美味い。なんだこれ(^^;

この日は2人だったので、料理はここまで。
どれもハズレ無し。
いや、ハズレなかったどころか、新鮮な驚きに満ちた味も多く、特に最後の
おこわの蒸しパン包みには、炭水化物の美味しさに開眼さえしましたね。

なんで…なんで来なかった自分。いまのいままで…。
世間の皆さんが随分前からアレだけ美味しいと仰ってたではないですか…。

あ、デザートもおいしかったですよ♪
定番のマンゴーサゴは、ベタですがドライアイスの煙を携えてご登場。
間違いない味。

th_IMG_5617.jpg th_IMG_5620.jpg

右は亀ゼリー。
苦いけどシロップかけて食べると美味しい漢方系の定番デザート。
香港では専門店もあって、街角でチョイ食べする事も多いですね♪

あと、おまけでゴマ団子と、パンダンリーフのババロアみたいなの頂いた♪
どっちもパクパクパク!っと頂きました♪

th_IMG_5619.jpg


アジアで飲茶食べるなら鼎泰豐(ティンタイフォン)かクリスタルジェイド、って
良く聞いてたのだけど、個人的に台湾はコスパで見ると鼎泰豐よりいいなって
思えるお店は多いし、日本にあるクリスタルジェイドの店舗はあまり良い評判を
耳にした事が無かったので(美味しくない訳じゃないけどコスパ的に…という
話を良く耳にした)先入観があったのは認めますが、テメーの嗅覚なんて大した
ことないなー、と反省(^^;

この日は飲み物はジャスミンティーのみで、1人500kドンくらい=2500円くらい。
ザクッと見ると、日本の店舗に比べると半額、とまでは行きませんがかなり安い。
し、思ったよりも高くない?夜のグランドメニューになると高いのかな(^^;

そして店舗によって手腕が違い、味の傾向に違うと思うので、一概には比べられない
と思いますが、コスパの観点からも技術的にもセンスの点でも、ベトナム支店は
素晴らしい、というのが私の中の感想です。これは行っておいた方が良い。

これまで愛して来たオーシャンズパレスも、もちろん美味しい。
そもそもこちらのお店のご出身の方がやってらっしゃると聞いてますし。
比べると、オーシャンズさんの方がちょっと味的に上品かな?
こちらの方が下品というわけじゃなくて(笑)、味の重ね方や口の中に入れた
時のアタックが強い。面白い。こりゃ満席になるのも納得の味。

まだまだ食べてないメニューがあるので、また近々行きたいなー♪
平日だともうちょっと空いてるのかな。しつこいようですが、週末に行くの
だったら予約をおススメ。それだけの価値があると思うので是非どうぞ♪

th_IMG_5602.jpg



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Tous Les Jours 〜 レタントン端っこの新店

もともとレタントン通りには食事スペースがある同店他店舗がありましたが、
更に新しい店舗ができてました。レタントンの端っこ、4P'sさんが
入ってるヘムに向かって、更にちょっと右の方。レンタントン沿いに大きく
看板を掲げてるので、付近に行ったらすぐに分かります。

th_IMG_5336_20141212170947f2a.jpg

通りからも入れますが、属したビルの正面入り口から入り、左手に構える
入り口からも入れ、その様子は大変清潔そうでオープンワイドな視界を確保し、
入り易そうな雰囲気です。

th_IMG_5341.jpg th_IMG_5342.jpg


ミドルポジションのキッチンとなっていて、それを取り囲むようにカウンターが。
こちらで注文して席を確保する訳ですが…こちらは、レタントンにあるもう一件と
違い、料理系メニューは無い様ですね。


th_IMG_5340_2014121217095074f.jpg


あちらも11時までのブランチタイムのみだったかと思いますが、フレンチトーストや
オムレツ等を楽しみたい方は、こちらではなく、こちらからパークソン方面に向かい、
Thai Van Lung を超えた当たりにある店舗に行かれた方がよろしいかと思います。

またこちらには、いまの所、持ち帰り用のパンもそんなに種類を置いてない様でした。
いえ、どのメニューも殆ど持ち帰れるとは思いますが、菓子パンなどを並べた
棚が無く、カウンター下のショーケースにあるバインミーやサンドイッチ、その他
少数種類のスイーツのみって感じ。


th_IMG_5338_201412121709498f7.jpg


ちょっとお値段は高めですが、1品のボリュームはたっぷりありそうなものが
多かったかな。場所柄外国の方も多いだろうし、こじんまりな量でチマチマするより
大きめサイズで単価上げた方が効率的なんだろうな。

この日はバインミーとサンドイッチを注文。
飲み物は極上!!ってほどでもないけど、安定した美味しさですね。
バインミーは、具材はいいけど、パンが結構しっかりバゲットで、
個人的には、道端で売ってる安いバインミーのスッカスカ…もといっ。
フワッフワの方が好みかなー。バインミーつったら、あのパンでしょ。
ただここのは腹持ちは良いかもですね。

th_IMG_5343.jpg

で、私はメニューサンプルがあったほっとサンドを頼んだのですが…


th_IMG_5344_20141212171022cb2.jpg th_IMG_5345_201412121710243de.jpg


げーーーー!!!
見た目はホットサンドだけど、ホットサンドにした後箱詰めして冷えてるヤツや(´Д` )
一度焼いて冷めたパンの不味いことは皆さんご承知の通り…。
なんてこった。。。しかもそれを温め直すなんてこともしない。冷えたまま。
ひでーな。。。。

具材は美味しいし、本来ここのパンは普通に美味しいと思うのですが、
こんな提供の仕方をしたらとても残念。実際食べてみた所、思った程、
パンは劣化していなかった気もしますが、これなら焼いてないサンドイッチを
頼んだ方が絶対良いですっ。

ってか、もう一店舗の方の料理が結構頑張ってるなーって思ってただけに、
こんな不憫なメニューを出すとは思わなかった…。あかんやろ、これ。。。

しかも出来たばかりで清潔そうに見えた店内だったのに、ハエがブンブン(苦笑)
ローカル相手のお店でもハエ対策はしっかりしてるところがけっこうあるのに、
こんな外国人相手の店にこれじゃーいけん。

我が卓上でもひっきりなしにやってくるハエと戦ってましたが、隣におらっしゃった
お一人様の男性なんて、丸めた雑誌を常に持って臨戦態勢。パソコンを開いてたけど、
全然仕事になってなかった(笑)。その攻防の隙間を就いて食べ物にハエが止まった
時とか「ひいい!!!」って声上げながらの大騒動(^^;

せっかくオサレっぽい店内に仕上げてあるのに、あれじゃーティータイムを
優雅に楽しむどころか、落ち着いてすら居られません(^^;
場所的には便利だし、手軽にエアコン効いた所で軽食を食べられるのはとても
嬉しいんだけど、再訪するにしても、もうちょっと色々改善してからなー(^^;


th_IMG_5347.jpg



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

FVにて内視鏡検査

ホーチミン生活で、気になるのは病院ですね。
日本人医師常駐の病院やら、市内にいくつか信頼の置ける大きな病院もあり、
簡単な症状なら特に問題ないどころか、個人的には自分に合うクスリを出して
もらえる事が多く、且つ、抗生物質をどんな症状にでも出したりしない所が
気に入っていたりもします。

症状の説明や治療方針を事前にキチンと説明した上で明確な段取りや
金額提示をしてもらえるのもありがたい。プロセスも自分には合っているかなと。

とはいえ、大きな病気や大けがをしたときは、なにかと心配。
場合によっては他国に緊急搬送されるとか、猶予があるなら日本に帰国してからの
処置を勧められる事もあるとか。本当に気をつけないと行けませんね。

ということで、恒例の健康診断を日本で受けて来たのですが…
なんと人生初。大腸の内視鏡検査が必要と言う結果が(((;゚д゚;)))

まぁ健康診断の結果の「再検査」というのは「念のため」という意味合いも大きく、
そこにはそんなにビビリはしなかったのですが、内視鏡…面倒そうだなー(^^;
って、それだけが気がかりで…(笑)

ってことで、まずは病院に。
7区にあるFVという病院。かなり大きい。
1階のフロアにはカフェテリアがあり、待ち合いやら何やらにも使えるように。

フロア横には生グランドピアノ等が置いてあり、始終、ではないのですが、
生演奏がされてたりします。えーっと…そんなに上手な走者ではなかったの
ですが(笑)、ま、生のピアノの音があると言うことだけでも癒されます(笑)

th_IMG_5473_201412101824084f0.jpg



内視鏡検査と言うのは、当然ですが準備がいるのでその日に受けたりは
出来ないんですね。その日は検査の日にちのスケージューリングと問診、
準備に必要な事の説明等を受けました。で、本来なら麻酔科の先生にも会って
血液検査も必要だったのですが、この日は受信時間がお昼過ぎで、その先生に
あう手続きをしようとしたら、

『今日はもう先生の予定はいっぱいなので会えません』

とのこと(´Д` )
ってことで、本来ならその日と検査当日だけの来院でよかったのに、間にもう一度、
その先生に会う為だけに来院する必要が…。こう言う事があるので皆さん、
可能であるなら、午前中から受信をした方がよろしいかと思います。
こちらの病院、大きいだけあって、諸々が細分化されており、必要だから、といって
その日の内にすべてをスケジューリングするということが出来ない場合がある様です。

あと、逐一同意書を求められるのが日本と違ってちょっと面倒。
日本だったらせいぜい一回だと思うんですが、麻酔に関する同意書、手術内容に
関する同意書。その結果如何で入院が必要になった場合の同意書等々、書類が
たくさん(^^; これがちょっと面倒だった。

大腸の内視鏡検査の場合、簡単なポリープ等であればその場で取ってしまう事が
できるそうなのですが、大腸に穴が空く可能性があること・出血多量の際は
輸血される可能性があること、などの項目があり、今回は検査だけをすることに。

こう言ってはベトナムの医療に対して大変失礼かもしれませんが、私には、
手術レベルや輸血の安全性についての判断ができるほどの情報を集めることが
できなかったんですよね。そんなに難しい手術でないのは分かってたんですが、
万が一と言うこともある。ってことで、旦那さんの助言も受けて、今回は検査
のみをすることに。なにかあったら日本で再度、ということで。

さて、大腸の検査と言うことは、中を奇麗にしないといけないってことで、
日本であれば一般的には前日の食事制限、夜20時くらい以降の絶食、
前夜の下剤服用、検査直前の2リットル程の薬剤摂取、だと思うんですが、
こちらの病院からもらった指示によると…


・前日15時以降は絶食
・15時から0時までの間に4リットルの下剤服用
・0時から検査までは絶飲食


………4リットル?!(((;゚д゚;)))

ってか、絶食時間もかなり長いし、
このクソ暑い国でそんだけの時間の絶飲って…

超、身体に悪そうーヽ(;▽;)ノ

が、やらないことにはどうしようもないので、頑張りましたとも。
前日15時ぎりぎりに食事を終えて、さぁ問題の下剤。
1袋を1リットルの水に溶かして飲むのですが、これが…これが…


クスリ



くっそ不味い!!!!
(ちぇりさん、言葉が汚なくてよ…)

いやー、ほんとに辛かった…。
最初は猶予8時間と考えて、けっこう時間あるから、半分の2リットルを4時間
内に飲めば=8時くらいまでに半分飲めれば…と思ってたのですが、なんというか、
ポカリスウェットの甘みを抜いてプラスチック粉末を加えた様な、医者から
もらったもんでなかったら、絶対身体に毒にしか思えない怪しい風味。
口にする度えづいて涙目。とても飲み勧められない…。

最初は4時間単位だったのが、2時間で1リットルか…になり、1時間で500ml?
30分で250ml…それすらも…無理…と、くじけ気味。。。

日頃は水分、かなり摂る方なんです。
だから正直、楽勝だろうと思ってました。
が、この毒素にしか感じない薬物を飲む事に比べたら、タダの水が甘露ですよ。
コントレックスですら、美酒並みの飲み物に思えます。

しかし、飲まねばならない。。。
なのに、最初の30分ですでにノルマの250mlすら飲めてない。。。
もうね、ペットボトルに手を伸ばそうとすると、身体が拒否って腕が攣りそう
になるくらいイヤだった。。。

で、編み出したのが、とてもこんな不味い思いを何度も出来る気がしないので、
一度に飲み干せる限界の500mlを一気飲みすること。そうすればこの悪夢の
瞬間を一時間に一度しか経験せずに済む。ということで、一気!!!

(ゴクゴクゴクゴクゴク…)

もうね…自分が ( ꒪⌓꒪) ←こんな顔になってるのがよくわかった…。
飲む、と言う行為以外は仮死状態。飲んでる最中は息を詰めてるのでまだ
ましなんですが、飲み終わった時が地獄。息をしたと同時に押し寄せて来る
嘔吐感。でも上から吐いたら意味が無いので必死で堪える…

『ちぇ…ちぇりさん、なんて身も世もない顔してるですか…(;▽;)』

と、旦那さんが気の毒がってくれてました…
ってか、限界。。。下剤ったって、そんなに即効性があるわけじゃなく、
1リットル飲んでも気配がなく、更にそこに水分入れるとかもう、内蔵の
許容量を遥かに超えてる(ビールだったら入るんだが)。もう気持ち悪くて
気持ち悪くて、これまでどんなに具合が悪くても漏らした事無いくらいの
泣き言わめいて、旦那さんを困らせました…(--)


結果、2リットルちょいしか飲めませんでした。。。。
結果的に検査には支障なかったのですが、あれで無理矢理4リットルを強要
されてたらとか、想像するだに恐ろしい。。。


苦しかったのはそこですね。
あとは翌日検査室に入り、麻酔をかけられ、気がついたら終わってました。
検査に入る前は、カーテンで仕切られただけのお部屋でスッポンポンになり(えw
手術儀に着替えるように言われます。着替えや荷物はそこのロッカーに入れ、
鍵は、こちらのサインにてシールドした封筒に入れられ、看護婦さんが保管。


th_IMG_5474_201412101824103ef.jpg


その場面になって「はい、マニキュアは落として下さいねー」とか言われたんだけど、
あれ、事前に言われてなかったら、ジェルの人とかどーすんだろ?
メイクも落とすように言われました。ただし、色味のあった目の周りだけ。
肌はしてないと思われたのかな?その程度のチェックで意味があるのかないのか(^^;

そこからはベッドのまま処置室に運ばれますが、とりあえず大部屋にて、手の甲に
針を刺されたり、問診されたりの準備段階。大部屋…というか、スペースで、
シーツを被っているとはいえ、男女混合(笑)簡単な検査&手術のための待ち
スペースだからか、順番待ちみたいになっててびっくり(´Д` )

th_IMG_5475_20141210182411fa3.jpg

これはベトナムの病院が、というよりは、その看護婦さんがってことだろうけど、
針刺すの、ヘタクソだったなー。いでででで。

そこからやっと本処置室に連れて行かれて、酸素マスク装着。
麻酔をかけられ…気がついたら終わってました(^^;
手術中の感覚・記憶は一切無し。
先生が来て、

「1つだけポリープがあったけど、ほぼ良性だし急がなくて良いから
 日本に帰った時にやるといいよー♪」

と、陽気に結果報告(笑)
本人、うたた寝してたくらいの感覚しかないから、
え?あ?そうなの???くらいの状態(笑)

そして胸に去来したのは…
あのクッソ不味い溶液をまた2リットルも飲まないといけないんだったら、
今回切ってもらっときゃよかった!!!ってこと(^^;

なんかもう、あの極悪な溶液に比べたら、極少ない危険性があることに
関しては賭けに出た方がよかったんじゃないかってくらい辛かった…。
急ぎじゃないとは言え、あれまた日本でやらにゃいけんのよな…。
うげー…。


手術後は、麻酔の影響が無いどころか、むしろ手術前よりスッキリした感じで
楽チンでした。食事は美味しくなかったけど(笑)、とりあえずなにか胃に
入れる物がそこにあったのはありがたかったな。

th_IMG_5476.jpg

そんなこんなで、人生初の内視鏡検査がベトナムでした、と言う話。
ポリープとか何も無い結果を期待しての物だったけど、発生していることを
想定するなら…

・最初から日本又は処置受けられる所で受ける(一度で済む)
・ベトナムで検査も処置も受ける(一度で済むけど処置する場合はリスクを考える)
・ベトナムで検査のみ受ける(処置が必要な場合は別の場所で受ける)

の三択。
まぁ、再検査の指示が出てから早く検査したかったってのもあるわけですが、
次回また内視鏡を、という事態になったら、私は日本に帰って、かなー。
なんでもない可能性が高くて念のための検査とか、事前準備が殆ど要らない
検査だったら、日本に行くコスト考えると、とりあえずベトナムでってのも
ありかもだけど…。

大腸内のポリープは予防のしようがない症状とは聞きます。
食生活などで多少は回避できる要素があるとかないとか聞きますが、
加齢によるものであることがかなりの割合を占めるのだとか。
お年頃のみなさんは、どうぞお気をつけて。

そして見越して検査を受けられるなら、ご帰国時にとか、効率や費用のことも
考え、事前事前に動かれることをお勧めしますー。


あの薬剤とかバリウムとか、もっとなんとかならんのかねー(^^;


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪



Ajisen 〜 東南アジアの定番ラーメン?

割と家の近くに、Ajisen Ramen さんができたので行ってみました。

th_IMG_5458.jpg

もー、上海、香港、タイ、シンガポールなどなど、日本国内の展開店舗数より
東南アジア各地に広がる店舗数の方が多いらしく、この周辺を旅行すれば
必ずと言って良い程目にしますね(笑)

でも旅行中に、わざわざ日本のラーメンを食べよう、とは思わないので、
実は今まで一度も入った事が無かったんです。それでなくても海外で食べる
豚骨ラーメンはガッカリな事が多いので (←福岡県民、厳しいからね)
どっちかと言うと敬遠気味だったのですが、近くに出来たのもご縁だろう、と
行ってみました♪

まだプレオープン的な感じなのか、お店のメインエリアはクローズされてて、
一角のみを開けてる感じ。でも店員さん達は「イラシャマセー♪」と日本語で
歓迎してくれました(笑)

th_IMG_5467_2014121016272131c.jpg th_IMG_5461.jpg

メニューは割と絞り込んであるけど、サイドメニューが結構バラエティに
富んでたかな。シンガポールのメニューとちょっと似てる感じ(HP参照)


th_IMG_5459.jpg

th_IMG_5460_20141210162633aa1.jpg

ラーメンはデフォの豚骨頼んでみるとして、サイドメニューは…
おー!カキフライがある♪ 和食屋さんにはあるんだろうけど、普段殆ど
行かないから、ベトナムで食べた事無かったな。ってことで注文。

お茶は有料でも用意されてないらしく、お水を注文。もちろん有料。
ラーメン店など、塩分が強いものをメインに食べるお店だと、その辺ちょっと
配慮が欲しいな。ま、水分欲しくなる殻こそ有料で稼ぎの足しに…という
考えもアリだろうけど。

他のお客さんが少なかった事もあって着丼までに6−7分くらいだったのは優秀。
まずはカキフライ。

th_IMG_5462_20141210162636fee.jpg


鮮やかだな(笑)
タルタルの代わりにマヨネーズ。
その上にはオレンジの飛び子。
好きだね、東南アジアの人。飛び子使うの(笑)

味は…うん、牡蠣自体は悪くない。水分も含ませたままの火加減だし、
今揚げたてってのは間違いない。けど衣がすごい油っこい(^^;
カリカリ、というが、一応パン粉の歯ごたえ舌触りはあるんだけど、
油が残り過ぎててガジュガジュになってる(苦笑)
食べられない程じゃないけど、揚げ油の温度が低すぎたかなー(^^;

で、ラーメン登場。
わりと小降りのお鉢やね。


th_IMG_5463.jpg


うん、盛りつけも頑張ってるし、もやしとかしっかり根切りしてるし、
チャーシューも型を崩さんように温めた上で並べられてるし、見た目は美味しそう♪
で、スープをいただくと、うん、こちらもボチボチ。そんなにクセのある豚骨
出しても、ニーズが狭まるだけやろから、こんなもんかなーという処ではあるけど、
バランス良ーくお行儀良く仕上げてる感じ。

ただし、ぬるい!!(^^;
70度くらいしかないんちゃうか?せっかくボチボチ美味しいのに、ぬるさで
脂がべっとりしちゃってもったいないー。

th_IMG_5465.jpg


麺も結構気を使ってて、茹で方とかちゃんとしてるのになー。
猫舌さんには嬉しいかもだけど(笑)、このぬるさはちょっとアカン。
個人的には残念ポイント大量追加。


ここは混ぜ麺みたいなものもあったから、そっちの東南アジアオリジナルメニュー
とかを食べた方が得策なんかもしれんなー。まぁまた近いから来る事もあるかも
ですね。その時にでも試してみます。

あ、あとゴマがアカンかった!
普通の、塩胡椒入れみたいなのに粒ゴマを入れてあるんだけど、振り出し口の
穴の方がゴマより小さくて出てきやせん(笑)

th_IMG_5466_20141210162719173.jpg

海外展開に慣れすぎて、日本人監修誰も入ってないんかなー。
日本のラーメン、として食べに行くとガッカリポイントが多すぎるかも。
ローカルの麺屋と考えると、ちょっと値段が高すぎるけど、許容範囲内な
とこもあるけどね。

わたし的に興味なかったからか、ホーチミンで見かけた事無い気がしてたけど、
既に結構店舗数があるそうですね。ってことは、この程度でも遣って行けてる
ってことなんでしょうが、これが日本のラーメンとして周知されると、ちょっと
残念な気がするかなー(^^;

ま、店舗にもよるかもしれませんから、また別の国でも試してみようかねー。
(とか言いながら多分行かない)



Ajisen Ramen
Kumho Asiana
39 Le Duan Street. Q1



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

紫の薔薇の人…ならぬ、山芋の人

山芋がベトナムにもある、と知った時の嬉しさったらありませんでしたが、
これが思った以上に上等な山芋で、ほぼ自然薯。
擂り下ろしたら、モッタリと餅の様な粘りで、そのまま油に落としたら、
上げ芋餅になりそうな勢い!これは美味い!!と思ってたのですが…

生で食べるには、ちょーっとアクが強かった。
個体差もあるだろう、と、ベンタン市場の芋屋に通う事、以降数回。
でもどうやら品種の問題だったらしく、生で食べるには、ちとチクチク。

生卵が中々簡単に頂けないので、せめてトロロご飯が食べたいよぉ(ノ_・。)
と思ってたので残念至極。その後しばらく諦めていたのですが…

先日、例のプレミアムココナツを買う、 Organik Shop でなにげに買った
自然薯が、生で食べても美味しかった!!!
モッタリとした粘りっけは自然薯並みなのですが、アクが少ない。
チクチク強いない。土臭さも気にならない。これはトロロとして
頂くには最適ではないかー!!!ヾ(@⌒▽⌒@)ノ

と、喜んだのは良いのですが、この山芋さん…
紫なんです。。。。

中身の色が、赤紫。
皮を剥いてる時に突如赤紫の素肌が出て来てビックリしたよ(笑)

th_IMG_5249.jpg

皮の内側だけかなーと思ったけど、中までしっかり赤紫。
擂り下ろしても赤紫。
この日は冷しうどんの薬味にしようと摺ったのですが…


th_IMG_5253.jpg


む…無駄に色が鮮やかやな(´Д` )
でもね、味はおいしいの。
モッタリしてるから、出汁に溶いても麺への絡みがすごくいいし、風味も満点。
でも…赤い…orz

人の味覚って、舌が感じる割合は一部でしかなくて、実はその他の五感が占めて
るんですってね。ジュウジュウ言う音とか香りは勿論、視覚というのもかなり大きい。
たとえば、青色の着色を施した料理は、それが本来どんなに美味しい物でも
美味しく感じなくて食欲減退→ダイエットに繋がる、なんて力技な減量方法があるくらい。

今回の紫芋さんみたいなインパクトの強い物を目の前にすると、ものすごくそれ、
感じます(笑)美味しいのに、美味しいのに…っ、赤紫ーっ(^^;

愛する、ベトナムの即席うどん(昔のどん兵衛みたいなペラッペラの麺のやつ)に
試しに入れてみたんですが…うん、やっぱり違和感アリアリですね…(笑)


B36WsppCUAETGjB.jpg

でもこれ本当に美味しいんですっ。
日本で買ったらえれぇ高くつきそうなトロロ芋だろうなって思う。
魚のすり身に混ぜて揚げても美味しいし、粘りがあるから、そのまま海苔に包んで
揚げても、モッチュリとろりで大変美味しい。これでお好み焼きを作っても
さぞや美味しかろうと思うのですが、紅ショウガ入れ過ぎたお好み焼きみたいに
なりそうやな…(笑)

というわけで、おススメなんですけど、この赤紫が玉にきずw
でも、サツマイモ系統の紫芋も、その色素アントシアニンに高酸化作用が
あって、アンチエイジングに良いだとか言われてますから、もしかしたら
この赤紫の山芋も…???とか期待しちゃいますよね(笑)

皮を剥いてからじゃないと色が分からないから、に置いてあるのが確実に
この品種であるかどうかの確約はできないのですが、もしこれに当たったら、
(お、あれか♪)と思い出してやって下さいませ♪

なお、日本の物でも同じですが、生食の場合は皮を剥いたあとにも良く洗い、
皮についてる土成分などが残らないようにお気をつけ下さいね♪



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪
sidetitleプロフィールsidetitle

Author:ちぇり
FC2ブログへようこそ!

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleブログ村PVランキングsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR