Samyan  〜 ソフトシェルクラブのプーパッポン!

『蟹カレー、食べに行かない?』

行く行く!!すぐ行く、今食べに行く!!
蟹カレー、外で食べるのも自分で作って食べるのも好き!
日本じゃあんまり見かけないけど、東南アジアじゃ、蟹をチリソースやカレーソース、
ブラックペッパーのソースで炒める料理って良くあるものねー♪ 大好き♡

(最近食べ物以外に「大好き♡」って使ってない気がする事に気づいたけど
 気がつかなかった事にして先に進みます)

場所はベンタン市場をまだずーっとニューワールドホテルの方に行った
Le Lai 通り沿い。へーっ、こんな所にこんなお店があったんだ。


th_IMG_9850.jpg


店内は割とカジュアルな感じで、タイ料理系のお店の様子。
メニューには写真があるから選び易い♪
これ、助かりますよね。英語読めても、文字列ばかりがずらーっと並ぶ
ばかりじゃ、メニュー見るのだけでも時間かかっちゃうもの(^^;


th_IMG_9852.jpg th_IMG_9851.jpg
th_IMG_9853.jpg th_IMG_9854.jpg


まずはソムタム。
ワンポーションがわからなかったから少なめの品数にしたんだけど、正解。
凄い量(笑)


th_IMG_9861.jpg


でも美味しい♪
結構辛めで気合い要ったけど(笑)、辛くないソムタムなんて腑抜けてるだけだもんねー。
ビールよっ。辛かったらビールを飲めば良いのよっ!問題解決!(笑)

そしてメインの蟹カレー!
はい、どーん!!


th_IMG_9859.jpg



はい来た!これこれ!!
フワッフワの卵でマイルドに仕上げられたプーパッポン!!!
ってかこれも凄い量!(笑) 
1人じゃ食べに来れないなー(^^;

つい先日、タイにあるプーパッポン発祥のお店・ソンブーン本店にも
行って来たばかりですが、これ、美味しいんですよねーっ。
しかもこの店のは、蟹がソフトシェルクラブっ。
ええ、丸ごと食べられるんですのよ!!奥さん!!!

発祥のお店のソンブーンにも、カニの殻を剥いて身だけを使ったバージョンが
あるんですよ。殻付きのままのほうが見栄えが良いし、手と口とシャツをドロドロに
しながら頂くのもまた一興なのですが、食べ易さを優先するなら剥き身のカニ
バージョンもあって食べ易い。

しかーし、こちらのお店のプーパッポンは、ソフトシェルクラブの唐揚げを使ってる!
蟹丸ごとな上に、食べ易く且つ、香ばしい!!!なんと言う贅沢品(≧∇≦)
これはプーパッポンの本場のタイに行ってもあるかないかわかりませんよーっ。

もちろん、カニの種類も違うし、唐揚げにしたソフトシェルクラブをソースに
和えた状態だから、ベーシックなプーパッポンとは味わいが微妙に違うかもですが、
わたくし的には大満足っ。ってか、ソフトシェルのプーパッポンなんて夢の味や!!(≧∇≦)

あ、このカレーを頼んだ時は、バインミーも頼んでくださいね。
サンドイッチじゃなく、パンだけね。

th_IMG_9862.jpg th_IMG_9863.jpg

こーれが合うのよ。
カレーって言っても元々プーパッポンってマイルド、いや、甘口と言って良い
くらいの味付けで、日本のカレーからはほど遠い感じなんだけど、こちらのは
更にマイルド。そのホンワリとした味わいが軽いベトナムのバインミーに大変
良く合うっ。

これが普通のパンだったり、本式フランスパンだったら、重たくてお腹がすぐに
満ちてしまうところだけれども、軽いからその負担も無ければ、味わいに
香ばしさを添えてくれて、蟹カレーの醍醐味が更に増します。
プーパッポンの本場はタイランドだけど、この楽しみ方はホーチミンだけ!
これは食べておいた方が良い!!!

かーっ。なんて幸せなお店なんだ。
日本にいたらプーパッポン自体を見つけることがまず至難。
それがこんなに身近に美味しくお安く頂けるとか、なんのご褒美だヾ(@⌒ー⌒@)ノ

ちなみに、蟹カレー420kドンって単価は安くないけど(2500円くらい)、
4人分くらいありましたからね(笑)
ぜひとも複数人数で行ってシェアしながら召し上がって下さい。
他にもエビ料理やら野菜料理やら、いろいろ美味しそうなものがあったんだけど、
あそこはぜひ6〜10人くらいで行ってあれこれ頼んでみたいわー。

他国の料理ではあるけれど、ホーチミンならではの美味しさもお得さも
あるお店。蟹好きさんには、強力プッシュしたいお店ですー♪


th_IMG_9864_20150327172651136.jpg

th_IMG_9865.jpg



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪
スポンサーサイト

Doraphoe Cafe 〜 2度目を食べてみたら…

***** 2015 Man. *****

ホーチミンでは、一つのお店が提供するものであっても、タイミングにより、
時間の経過に寄り、同じものが提供されないことは多々あります。
オープン当初はすばらくよかったのに、暫くして行ってみたら味の質が
落ちていたとか、下手したら味が全く違うものになっていたとか。
なので、このブログも書いたっきりになっているのがとても気がかり。
美味しい!と勧めてたものが、数ヶ月後にはそうでもなくなってた、なんて
ことはザラなんですよね。。。

今回も少し残念なお知らせ。
こちらのモンブラン、私的にはかなり絶賛対象だったんです。
だから先日客人が来た時にもお出ししようと、喜び勇んで買ってきたの
ですが。。。。


th_IMG_9833.jpg


チョコレートのケーキは問題なかったです。
が…一番目的のモンブランが…モンブランが…
べーーーーったりとハチミツ味ヽ(;▽;)ノ


こういうものだ、と定義するならスイーツとしては成立してるし、あとは
好き嫌いの問題だと思うんですが、見目も姿も以前食べたモンブラン。
だけど、マロンペーストの部分がベーッタリとハチミツ味。
栗どこ行った、栗!!

テクスチャーは辛うじてマロンペーストなのだけど、とにかく風味が
ハチミツ一辺倒。どしたんこれ??????

あんまりにも偏重的な味だったので、感想として出て来たのは、
(レシピ間違えた???)でした。
その後買っていないので、このハチミツ味が定番になったのか、
本当にその時の一時的な間違いだったのかはわかりませんが…

ハチミツ味になってしまったのなら、もうモンブランとしての価値は
感じないなぁ。。。。その他のスイーツは美味しかったので、このお店に
行かなくなる事は無いと思うけど、モンブラン。。。ホーチミンでは
数少ない美味しかったモンブランが食べられなくなるのは悲しいなぁ。。。

もうしばらくしてみてから、もう一度、トライしてみたいと思います。
一度だけの残念賞で諦めるには、本当に惜しい味だったので。
ハチミツバージョン、一時の間違いであってほしいなぁ。。。




***** 2015 Jan. *****

かねてより、自分の中では旨いもん通りとして大好きな Mac Dinh Chi 通り。
そこにまた美味しいお店が出来たみたいです♪

場所は先日もご紹介した SAKAI さんの数件隣。
向かって左側にある、間口が小さめだけどお洒落なお店♪


th_IMG_7184.jpg




入ってすぐの所にあるショーケースの中には色とりどりのショートケーキ。
この日は10種類くらいだったかしら?バリエーションも豊かで、どれを
買ったら良いか迷っちゃうー♪


th_IMG_7186_20150124175346959.jpg



ってことで、6種類ほど買ったよね(--)/

th_IMG_7192_2015012417534968f.jpg



お客さんがいらっしゃったので店内の写真は控えたのですが、カラフルでキュートな
店内はカジュアル且つポップな感じで素敵でした♪2階にはVIPルームもあるんですって!
背もたれの高い座り心地の良さそうな椅子があり、8人くらいかなー。
こじんまりしたパーティとか集まりにはとっても良さそう♪
1間だけのお席ですから、確実に使いたい場合は事前に予約しておいた方が良いかもですね。

th_IMG_7185.jpg


あ、この日は日本の方もいらっしゃいましたが、それ以外にも日本語が出来る
ローカルのスタッフさんがいらっしゃるそうです。なのでお電話での予約、とかも
しやすいですよね。ありがたい♪ ちなみに最初それを知らずに英語でやり取り
してたのですが、英語もかなり出来るスタッフさんが、少なくとも数人はいた。
ありがたいわー。


で、肝心のお味なんですが…
まずね、こちらのお店、モンブランがあるんです!
モンブラン、ホーチミンではそう言えばあんまり見てなかったなー!!
なにげに好きなショートケーキのTOP3に入ると言うのに、ウッカリしてた。
で、こちらにはその珍しいモンブランがある、というだけではなく…


th_IMG_7194_20150124175410cfe.jpg


なにこれ、めっちゃ繊細やーん(≧∇≦)
マロンペースト部分が美味しいのは勿論のこと、クリームとの割合と良い、
ベースにあるメレンゲ生地かなぁ。サクサクとした小気味良いアクセントになる
部分といい…これ、ホーチミンには数少ないから、とかいう状況アドバンテージを
とっぱらっても、とっても質が良くて美味しいモンブランや!!!
やーん、うれしいー!!(≧∇≦)

ティラミス、パンナコッタ、抹茶ムース等の冷製系のケーキもどれもレベル高しっ。
チョコレートケーキに至っては、わたくし、メロメロになるくらい好きな味でした。
濃厚だけどクドすぎず、お気に入りのコーヒーといただいたりしたら恍惚と幸せを
感じる自信があるわ。フランボワーズはメレンゲ使いが丁寧な感じのアッサリ生地に
キュッとフランボワーズの酸味が際立ってて、これまたドンピシャだったし…

ってか、お作りになってる方が1人、または少人数の場合、後口が似てたり
味わいの傾向が単調になりがちなもんだと思うんですが、こちらのケーキ、
各種類ごとに「そのケーキの良い所」にピッと焦点合ってる感じで食べ飽きない!

この日は決め切れずに4人の集まりの所に6つも買ってって、あれこれチョイチョイ
つつきながら頂く、というお行儀悪い食べ方にお友達にはお付き合い頂いたのですが
大正解やったわ。味の傾向に好みはあると思うんですけど、クオリティに関しては
全種類、とっても満足できるので、色々あったことで更に満足度が上がりました♪

いやーっ、ミントランさんが無くなってしまった今、おいしいケーキを食べたかったら
どこで調達した物か…と思っていたけど、これは嬉しい♪

ただ、持ち帰りの箱がロゴ入りオリジナルで作られてる割に、背が高すぎて
ケーキを取り出し難かったのだけがもったいなかった(^^;


th_IMG_7191.jpg


ケースに入ってるムース系はともかく、モンブランとかせっかくスライドしやすい
しっかりした台紙を添えてあるのに、箱の背が高すぎて取り出し難かったのは残念。
いや、自分で食べる分には全く問題ないんですが、お持たせにした時は宅先でスマートに
取り出せることも大事じゃないですか。せっかくお持ちしたケーキが崩れたらもったい
ないですし。

ここのケーキ、暫くはお宅訪問の際の定番にしたいと思ってるので、そこは改善して
もらえると嬉しいなぁ♪ もうちょっとお店の方と仲良くなったら、ホールケーキ
とか注文させてもらえないかなー。また近近伺って、ちょっと相談してみようっと♪


th_IMG_7195.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Book & Juices 〜 観光途中に気軽にシントー

教会正面前方から始まるドンコイ通り。数十m歩いた所左手(VINCOMより手前)に
大きな本屋さんがありますが、そのお隣に小さな小さなジュースショップが。


th_IMG_9793.jpg


これ、もう出来てだいぶ長い事経つので、ご存知の方、ご利用になったことが
ある方も多いと思いますが、何となく機会を逸してて、わたくし、先日やっと
お試ししました。


         th_IMG_9795.jpg
th_IMG_9794_2015032315392076a.jpg th_IMG_9796.jpg

お店に近づいて見ると、表に結構な量のメニューがあります。
店内がもの凄く狭くて、見る時は結構混雑している事が多いから避けてた
ってこともあったんだけど、お店の外にメニューが有ってくれると店内で
あれこれ悩まなくて良いし、頃合いを見計らって中で注文すればいいから
効率的ですね♪


今回頼んだのはパイナップルベースの物。
ぶっちゃけ…


th_IMG_9798.jpg


シントーって、どこもそんなに差がないというか、まず!!ってシントー、
飲んだ事が無いんですよね(笑) 敢えて言うなら、路上のお店で珍しく
ハズレを引いた時には、見るからに手際の悪い作り方をしてて、注文後、
10秒で後悔したお店が1軒だけありましたが、アレは多分特殊例。

少なくとも、シントー専門店、カフェのサイドメニューなどで失敗した事は
ほとんどなく、といって、極上に美味しい!!ってのもそんなに…(^^;
アベレージのレベルが高いのは高いので、シントー飲むなら店舗構えのお店で
って感じかな。

南国の果物をふんだんにつかってると身体を冷すかなーとも思うけど、
考えてみたらかなり贅沢なお話で、味も好みの物が多いので、ついつい頼んで
しまいますね。特にこちらのお店では、ベーシックな配合の物にフルーツの
バリエーションを変えた物が沢山ある上、メニューにはその絵も多く記されて
いて、選び易いのが良いと思います。

且つ、なんてったって教会・郵便局のすぐ近く。
珍しい物ではないとは言え、では、いつでもどこでも飲める物かと言われると
意外にすぐには頭に浮かばず、且つ、カフェのようにコシを据えて飲むのではなく
歩きながらちょいと気軽に頂きたい、となると更にお店のチョイスは絞られる。

しかも一応店内に多少の椅子席はあるようなので、開いていれば休息も可能。
在住者の方であれば、旅行に来たお友達などを周辺にお連れする際知って
おいて損は無いかもしれませんね♪ もちろん、旅行方もこちらは手駒に
持っておいて損は無いお店かと思われますー♪



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪


Gartenstadt Restaurant 〜 手軽にビールとソーセージ!

お友達に「あそこのソーセージ美味しいよ!と言われて尋ねてみたら
ホントに美味しかったので、すでにもう2度行きました(笑)
しかも1度は客人も連れて。はい、大好評でしたよ♪

場所はドンコイ通り、Lucky Plazaの斜め前くらいにあります。
こちらのサイトで何度かご紹介した、R&Jのある所ですね。
地味な構えなので見逃し易いかもですが、小さなオジサンの人形が
目印になってくれると思います。


th_IMG_7414.jpg


一階はカウンター席や少人数用に机があり、喫煙席になっている様でした。
最初の時は二階の席へ。ビールがめいんであるようなのは、店内各所にある
ポスターやビア樽のディスプレイでよくわかったのですが、それだけに
食べ物メニューはどうだろう???と思っていた所、結構色々あるようですね♪

th_IMG_7417.jpg th_IMG_7416.jpg
th_IMG_7418.jpg th_IMG_7419.jpg


ただ、ホーチミンにある欧米料理のレストランの多分に漏れず、
ワンポーションのサイズがデカそうなので、慎重に選ぶ(笑)
日本の感覚で皿数を頼むとえらいことになるからなー(^^;

で、まずビール。
乾杯♡

th_IMG_7420.jpg

色々種類があって、ローカルな物もありましたが、やはり個々はドイツビールで。
その中にも色々あったけど、ごめんなさい。これがなんだか忘れました(笑)
また2回目の時は、そのときやってた Buy 1 Get 1 キャンペーンのやつを頼んだので
またこれ、銘柄を覚えていない(笑) 美味しかったのは覚えている( ー`дー´)

で、初手のサラダでしくじったよね。
あんなに慎重に選んだつもりだったのに。。。
いや、まずかったんじゃないんです。サラダを頼んだんです。
そしたらあーた…


th_IMG_7422.jpg


シュレッドされたハム山盛り(´Д` )
違う、サラダってのは葉っぱが主成分のはずだ。
そんな定義があるかは不明だけれど、私の中では葉っぱがメインだ。
しかもこれからソーセージを食べようとするのに、だれがこんなに
ハムてんこ盛りを頼むと思うかーヽ(`Д´)ノ

いや、美味しかったんだけどね(笑)
酸味の利いたドレッシングで和えられてたので、ビールに合わせるとあれだ。
酢の物をビールのアテにしている様な感じ。うん、これはこれで美味しい。
けど、葉っぱも欲しかった…(笑)

料理の前にはパンが出て来る。
これ、食べると絶対メイン食べる胃袋がなくなるから食べちゃダメ食べちゃダメ
食べちゃダメ食べちゃダメって思うんだけど、おいしいパンを出すお店が多くて
ついついビールのアテに食べちゃうんだよねー(^^; きけん。。。

th_IMG_7421.jpg


そしてお目当てのソーセージ!
はいドン!!

th_IMG_7424.jpg


うおっほー!!これは中々迫力がある!
ホーチミンのグローサリーで買うソーセージは、そこそこ美味しい物もあるけど、
鬼ハズレることもあれば今ひとつの事も大変多く、酷い時は微塵切りにして
ミンチに混ぜてなんとか使い切る始末、なんてこともあるからなー。
(そこまでしても捨てない貧乏性)

フォークを刺そうとしても皮が中々強情である。
これこれ。この張りつめていながら簡単には避けない腸皮。

th_IMG_7425.jpg


シャウエッセン、とまではいかないけれど(それが最上級なのかよw)
刺さると「プチ!」っという音が小気味良く、

これこれこれよ!食べたかったのは!!

感が半端ない(笑)
そしてかなりの大きさだったので、お行儀良くナイフとフォークで切り分けて
一口ぱくっと頂きますと…

おーーーー!!肉肉しい!!そしてジューシー!!!
噛み締めるごとに滲む美味しさ。そこにビールをギューイ!!とね!!
かーっ、書いてたらたまらんくなってきた!!(まだお昼ですよ)

シュニッツェルは、ふつーでした。
身もふたもない言い方をすると、薄いトンカツね。
極々普通。衣も美味しかったし良く出来てるとは思うけど、珍しいものを
期待しても左程ではない感じ。ま、お皿にボリュームが欲しい時には良い
かもですが。

あと、アスパラのサラダは、まぁサラダと言う雰囲気ではなかったけど、
野菜は取れたっ。あとポークBBQだったかな。揚げ焼きの様な食感のもの
だったけど、そちらもとても味わい深くて美味しかった。ホントにベトナムの
豚肉って、質がいいよなー。素材勝負だけに留まらず、キッチリ調味・調理
しているのもすばらしい。

th_IMG_9772_20150323131351081.jpg th_IMG_9775_20150323131353365.jpg


うん、メニューも多いし、ここ、ビール好きにはたまらんね。
ドイツ料理はほかにもあって、これまでは 

Brotzeit
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-3489.html

↑こちらによく行っていたのですが、これからはこちらのお店も
通わねばー。こちらの方がお手軽な雰囲気ですしね。いや、
Brotzeit は Brotzeitで接待や大人数での宴会なんかに良いだけれども…

うん、どっちも行くかっ( ̄▽ ̄)
ビールをお好きな方がいらっしゃったら、ぜひお試しくださいね♪


th_IMG_7451.jpg




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

和旅【ホテル編】

さて、全てのホテルにあるわけではないのですが、「クラブルーム」という
システム、最近好んで使っています。使ってみるとこれが色々具合が良い♪

ホテルによってシステムは違うのですが、このシステムで予約をすると
まずチェックインがスムーズです。多くの所は別室があって、一般の
フロントとは別の快適なクラブルームにてチェックイン。

同じくそのクラブルームには朝食、軽食、お茶、カクテルタイムと、
決してヘヴィな食事ではありませんが、良質な食べ物と飲み物をビュッフェ
スタイルで揃えてくれてる事が多く、その気になれば一日中、この
クラブフロアで過ごす事も可能。

クラブメンバーのみの利用なので、多少混んでいてもそんなに
騒がしくなる事もなく、お仕事をしたり、ホテルでの時間をのんびり
過ごすにはもってこい。

そもそもクラブフロアというのがあって、一般の方が入れないフロアに
部屋があるので、セキュリティ面でも安心という、諸々特典の使い甲斐が
あるのですね。

もちろん、その分プラス料金になるわけですが…
居心地の良さ、食事の質、ゆとりの空間。
これらの代金として考えるとそんなに高いものでもないかなーと。

あと、アメニティも良い物を揃えてくれてて、普段は使わないものを
知れると言う機会もあります。それを好きか嫌いかは別問題ですが、
「機会」をもらえると言うのは価値のある事ですもんねー。

というわけで、今回泊まったホテルの中で、普通のお部屋もクラブルームも
含めて印象的だった所をご紹介。旅レポの中で力入れて紹介したとこは
省きますね。日本滞在時にご参考になることがありましたら幸いです♪


【東急エクセルホテル渋谷】

渋谷駅の上にある超便利な立地のホテル。
…ですが、渋谷駅自体がダンジョンなので、地理オンチのワタクシメには
ラビリンスに迷い込んだがごとし。。。一歩外に出ると帰ってくるのが
大変でしたわ(^^; 道々、パンをちぎって巻いて道しるべにしておかないと
いけんかと思った…。

th_IMG_7722.jpg th_IMG_7723.jpg


ですけど、ホテル自体はとってもスマートで奇麗でした♪
お部屋は普通のお部屋だったけど、上層階にある朝食会場は大変眺めが
よかったし、サービスもスマート。


th_IMG_7724.jpg


お料理の質も、日々のメニューの変え方も気が利いていて、
連日宿泊するのにも良さげでした。なにより色んな所に行く為の
アクセスが良かったですね。なにせ渋谷駅の上ですから。

th_IMG_7852.jpg

それになにより、同ビル内には豊富なレストラン店舗が揃い、
ドラッグストアやその他諸々のショップもあるので、何かと便利。
フロント階のカフェはかなりお高かったですが(コーヒー1杯千円レベル)
ビジネスの打合せ等で賑わっていたので、お仕事で泊まられるにも
便利なのかも。使い勝手は大変良いと思いました♪



【ANAクラウンホテル神戸】

新神戸駅直結&地下鉄直結のホテル。
こちらはクラブルーム利用だったにも拘らず、通常時のチェックインと同じ
ようにフロントでチェックイン。且つ、大抵の所では早めにチェックインが
可能なようにしてくれてるんだけど、こちらではキッチリチェックイン時間まで
待つ事が要求された。(いやまぁそれは当然なんだけど)んで、荷物を預けよう
としたら「あちらにお持ちください」とポーターさんも来なかったし…

         th_IMG_7587.jpg

th_IMG_7592.jpg th_IMG_7591.jpg


と、ちょっとこれまでに経験して来たクラブルームとは扱いが違うなー、
残念かなーと思ったけど、クラブルームのご飯は頑張ってた。
割とカジュアルなデザインだから気楽な感じではあったけど、
サービスの方も行き届いていて、居心地はよかったです♪


th_IMG_7601.jpg th_IMG_7636.jpg


そういえば、日頃は滅多に宿泊先のホテルで食事をするってことがないのですが、
宿泊者特典のホテル無いレストランの割引や特典が充実してて、これなら使って
見ようかー、って気になったな。考えてみたら宿泊で模してないとホテルご飯とか
もっと食べに来ないし、良い機会かな、と思って。とかなんとかかんとか言って、
おいしいご飯をおねだりしたんですが(笑)

実際、景色も良かったし美味しかったです♪
上層階の大人のレストランでも、下の階のビュッフェでも。
クラブシステムの一部だけがちょっと物足りない気がしましたけど、ほかの
サービスはとってもよかったのでマイナスポイントは帳消し(笑)


【新潟Hotel Mets】

新潟駅直結のホテル。
夫婦二人して旅の中でも一番気に入ったホテル!

th_IMG_8624_20150319134149847.jpg th_IMG_8627.jpg


クラブシステムではなかったけれども、まずはお部屋が広々として、
お仕事にも快適なデスクがあり、バス・トイレは別。且つバスは広々。
ああ、これレポ内でも話したっけ…でも何度でも話したい程お気に入り。
お部屋はちょっと良いグレードの物を押さえてくれたらしいですが、
それにしたって居心地良かった。

th_IMG_8631.jpg


駅ビル内に諸々お買い物する所はあるし、フロント階横にはぽん酒館、
更にその下にはお米や産地の食材が美味しい居酒屋さん。
クラブフロアが無くても大満足の居心地の良さと美味しさ。
ここ、ほんっとオススメ。


th_IMG_8728_20150319134648386.jpg





【名古屋マリオットアソシア】

憧れのマリオット!
こちらはクラブルーム利用です♪
時期的に、フロントロビーには、私にはあまり見慣れない吊るし雛が。


th_IMG_9199.jpg

th_IMG_9166.jpg


美しい。
毎年地域の婦人会の方が手作りしてくれるのだそうです。
すっごーーーい!!


そしてこちらが今回の旅のみならず、これまで泊まったクラブルームの中で
一番ゴージャスでしたっ。まずは上層階のクラブフロアにある専用カウンターで
チェックイン。とても落ち着いている上にクラブルームの調度が素晴らしい。


th_IMG_9110.jpg

th_IMG_9114_20150319141620c44.jpg


そして用意されたお茶やその他のビュッフェも素晴らしかった。
その質といい味といいディスプレイといい、一番ゴージャスでわくわくした(≧∇≦)

th_IMG_9115_20150319142116fc4.jpg

th_IMG_9118.jpg


夕方からのカクテルタイムのお酒も充実。
美味しかったなー。まだ外が明るい時間から飲んだくれてしまったよ。
こう言うゴージャスな空間と食事を楽しめる事を考えたら、プラス料金も
価値があると言うもの。

th_IMG_9121.jpg th_IMG_9203.jpg


そうそう、朝食もこちらのクラブルームが一番美味しかったかもしれない。
一つ一つがとっても美味しかったし、見目にも楽しかった♪


th_IMG_9223.jpg

th_IMG_9224.jpg

里芋一つにもこんな手間かけてくれてるんだもんねー。
うん、ここはゴージャスだった。名古屋市街を一望できる景色もすばらし
かったし、一番優雅に過ごせたホテル。サービスの方の様子から色々
学べる所も多かったし、大事なお客様を接待する時にも良い経験だったなー
ってしみじみ。

観光地巡りをする為に、宿は寝に帰るだけ、という旅であればこんな所に
泊まる必要はないと思うし、外での食事を楽しみにする時も同じですが、
今回のように人に会うのが目的で、旅の大半は移動が多く、宿にいる際は
ゆっくりしたいと思う時等には、こう言う過ごし方が本当に有効でした。

旅先を楽しむ、って項目の中に「ホテルで過ごす」は、若い頃には
なかったお楽しみですが、長丁場をハードに動くには大変な年頃になると
この上ないお楽しみになりますね♪ 国内にいると滅多に出来ない経験
だったので、ホントに楽しかったなー♪

ってことで、今回の和旅のシリーズ、本日で終わり。
端折って端折って書いたつもりだったけど、思いのほか長く長く
なってしまいました(^^; 

しかし国外に出て改めて分かる日本の良さ。
というか、国内にいても知らない土地の事ばかりだったので、再認識、
というよりは、新たに知ったわけですが、これも国外に長く滞在する
機会があってこそのこと。ほんと、良い経験を刺せて頂きましたーヾ(@⌒ー⌒@)ノ


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪


和旅【日本の列車】

さて、一通り回った所は書いたのですが、今回の旅は、そもそも

『トワイライト・エクスプレスに乗りたい!』

ということから始まったのですが…
皆様ご存知の通り、そのアイデアが浮かんで以降に、我が家では、
3月にトワイライト・エクスプレスがおしまいになると知ったのです…orz

はい、少し前に最終便のチケットがアッと言う間に売り切れた事で
ニュースになったあの列車です。一応人づてにお願いしてトライはしてみたの
ですが、まー取れるわけありませんわな、そんな簡単に(^^;

ってことで、その代わりに、ということではないのですが、
吼噦の旅、鉄分がかなり多めヾ(@⌒ー⌒@)ノ
特に詳しい訳じゃないのですが、電車に乗るの、好きなんですよねー♪



【グランクラス】

まずはこちら。
東京→青森に向かう際に乗ったグランクラス!
新幹線のファーストクラスとも呼ばれてる列車♪


th_IMG_7876.jpg th_IMG_7881.jpg


あんまり良い写真じゃありませんが…(笑)
ゆったりとしたゴージャスなシートに、ふっかふかのスリッパ。
チビの私には大きすぎるくらいで、足がブラーンとなっちゃいましたが(笑)
めちゃくちゃ気分の良いお席!席と席の間も広くて、大きな男性でも
ゆーったり。

更に飛行機のファーストクラスと同じように、ドリンクも色々飲めちゃいます。
今回は目的地の青森のシードルを注文。おいし♡

th_IMG_7887.jpg th_IMG_7888.jpg


お弁当も付いている。
これがまたお座なりなものじゃなくて、とっても美味しいお弁当♪
小振りだけど、見目に楽しいお弁当でしたーヾ(@⌒ー⌒@)ノ


th_IMG_7890.jpg


この日は寒かったけどとても日差しの心地良いお天気で、窓からの景色も
気持ちよかったなー♪ 

th_IMG_7900.jpg

ま、人生の中で何回乗るか分からないので、私なんかは大はしゃぎだった
わけですが、車内見てると、いつもこれに乗ってまーすみたいな方も結構
多くて(うわーっ(^^;)て感じだった(笑)

欧米の方を接待しているらしきビジネスマンもいたなー。
日本が誇る新幹線のトップクラスですもんね。
これは良い接待になると思うわ。


【うみねこ列車】

これは八戸から久慈というところに行く時に偶然乗り合わせた列車。
狙っては無かったのですが、旦那さんがなんとなくこの時間のがよさそう、
と選んでくれたのがたまたまこちらの列車だったと。一日一往復しか
しないらしいので、ラッキーでした♡


th_IMG_8055.jpg th_IMG_8058.jpg

車内に入って見ると、前方は展望席になっているし、窓も大きくて
開放感がある♪ 気持ちいいヾ(@⌒ー⌒@)ノ


th_IMG_8066.jpg th_IMG_8068.jpg


で、なにゆえ「うみねこ」号かというと、途中に毎年うみねこが
大挙してやってくるばしょがあるんですって!それで↑の写真の
お土産グッズに、うみねこモチーフの物があるってわけ。

で、大体うみねこさんがやってくるのがもう少し先…と言ってたのですが、
なんとこの日も結構見れた!!

th_IMG_8070.jpg

ま、携帯の写真じゃ捉えられなかったのですが(笑)、↑この神社のある島の
裏っかわが真っ白になるくらい、大量のうみねこさんがくるんですって。
で、この日もチラホラだけどいました。ラッキー♡

あと、この日は数日前に降った雪が残ってて、いかにもな三陸の景色で
きれいだったー♪ とか言ってたら、八戸以南の海岸沿いって、ほとんど
雪がつもらないんですってねヽ(・∀・)ノ 

なーんとなくイメージだけで冬はずーっと雪景色って思ってたんだけど、
そんなことはないどころか、めったに積もってる様子が見られることはない
とかで、お土産売りのスタッフさんが、

「こんなに奇麗に雪景色が見れて、しかも晴れてる日なんて、
 一年のうちに何度もありませんよー!」

って言ってた。
この点もラッキー♡




【コタツ列車】

これっ。
トワイライトがダメだったから、今回一番の目玉!
三陸鉄道がこの季節の土日祝日だけやってる企画列車!!

th_IMG_8136.jpg

きたきたきたーっ♪
さー、乗るぞー!!

th_IMG_8139.jpg


こたーつ!!!(≧∇≦)
ホントに列車内丸ごとコタツだ、コタツ!!!
四人座れるけど、二人で予約したらコタツ一つ貸し切りになるみたい。
特にしていはしなかったんだけど、早めの時期に予約したからか、
景色が良い海側のお席に座らせてもらえたヾ(@⌒▽⌒@)ノ 

そもそも日本にいる時からダイニングテーブルみたいなので生活してたから
コタツって持ってなかったんだよねー。でもいいよねー、コタツ♪
なんかものすごい幸せな気分になる♡

で、チケット予約時に頼んでおいたお弁当を広げて、幸せのコタツで
温まりながら、三陸の海の幸をモグモグモグ。このお弁当がまた美味しくてねー。

         th_IMG_8143.jpg
th_IMG_8145.jpg th_IMG_8147.jpg

ホタテのお弁当と、雲丹アワビ弁当。
ご飯に乗ってる具材に一切エグミやクセが無い上に、たーっぷりのボリューム。
デパートの上でやってるなんとか展で高っかい金額で売ってるものよりずっと良い♪


コタツ列車にはボランティアさんなのかなぁ。土地の方で、このコタツ列車を
盛り上げてくれるスタッフさんがいて、途中列車内が暗くなったと思ったら、
ナマハゲさんのご登場(笑) この道10年というおじいさんが演じてくれてた
のですが、なかなかの迫力。

th_IMG_8165.jpg


途中、被災して復興中のエリアにもさしかかりました。
被災前と後の写真を見せてくれたり、色々と説明をしてくれました。

th_IMG_8153.jpg

意外な事に、その説明をしてくれたスタッフさんやナマハゲを演じてくれた
方達に、悲惨な様子は微塵も感じませんでした。いや、お楽しみに来てくれてる
お客さんの前だから、意識して出さないようにしてくれてたのかもしれませんが、
被災時の様子を語る際も、さらりと語ってくれたんですよね。

そして、あくまでその場では、コタツ列車に乗りに来てくれた人を楽しませようと言う
気概でいっぱい。もちろん、「私らも頑張ってるんで、また来て下さいね♪」
みたいな事はいうわけですが、それがちっとも可哀想ばっかりではなく、
むしろこっちが元気をもらえる気すらして…。


もちろんね。身近な方が大変な目に遭われた方だと、中々そうはいかないかも
しれません。ただ私が知ってる被災された方も、実に前向き。腫れ物に触る様な
扱いをしがちですが、そんな事をするのが失礼にしか当たらないと感じる様な
力強さを感じるんです。

あれやらこれやら憶測から土地の復興について言う人がいますけれども、
ほんっと、そんな事言ってる場合か?って感じちゃいました。もちろん、
そう言う事を語る時に物を見る視点は色々あって、それぞれにご意見もあろう
とは思うのですが、こんな風に元気に明るく前向きに頑張ってる人達がいる、
と肌で知った上でそれを言えるのかなーって。

私も今回初めて知りました。
ホーチミンに帰って来て、友達に「今回の旅行で何が一番良かった?」
と聞かれて、どこのお宿が良かったかな、何が美味しかったかな、って
何が一番だったかを改めて考え直してみたのですが。。。

東北の、被災地の方達の今の姿、頑張ってて明るくてパワフルな人達に
直接触れられた事かなーと。これまでも自分にできることは…と思って
些細な事だけどしてきたつもりではあったけど、ちょっと目線が奢ってた
というか、上からだったというか…上手く言えないのですが、今後はまた
違った気持ちでできることをしよう、と思えるようになったことかなー、と。

こればっかりは実際に行ってみないと芽生えなかった気持ちだと思う。
うみねこ列車のスタフッさんたちも、コタツ列車の方達も、
ほんとにパワフルだったし奇麗だった。
それを知れる機会をもらえて、ホントに良かったと思います。
これが旅一番の出来事だったかな。

こちらも負けないように頑張らねばねーヾ(@⌒ー⌒@)ノ



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

和旅【再び京都】

さて、旅も終盤です。
旦那さんの3週間の休暇も終わりに近づいて来ました。
関空発着だったので、到着地点の京都に再び帰って来ました。
初回の京都であえなかったお友達がまだまだいたので、もうひと勝負(笑)

今回は懐石等は少なく、割と普通のレストランを回ったのですが、
さすが都会。良いお店が尽きませんなー(^^;

あ、そういえば、京都駅の上ってご紹介してましたっけ?
駅構内はラビリンスなのであまり好まないのですが(いっつも迷う…)
伊勢丹さんと合体していて、どちらにも通じるところにすっごい長い
エスカレーターがあるんですよね。伊勢丹の11階かそこらまで、ググー!
と登って行けるエスカレーター。めっちゃ壮観!!


th_IMG_7562_201503182147300a1.jpg

th_IMG_7564_20150318214731f4a.jpg

ご覧のように、お天気の良い日は素晴らしい光景。
用事がなくても登ってみたくなりますね(笑)
上には公園のようなスペースがあり、のんびりすることもできるようです。

で、そのエスカレーターで伊勢丹さんのレストランフロアまで上がって、
建物内に入ったら割とすぐにあったと思います、こちらのお店。


【不二乃】

京都らしくお豆腐料理のお店です♪
デパートのレストラン街って、昔はあまり期待できなかったり雰囲気が残念
だったりしたもんですが、最近の有名どころのデパートのレストランフロアって
すごいですもんね。接客にも充分使える様なお店がいっぱい。


th_IMG_7575.jpg
th_IMG_7574_20150318214733140.jpg th_IMG_7572_20150318214732860.jpg

こちらの2300円くらいのランチコースだったかな?
濃厚な食前豆乳(飲み放題www)があったり、これまた京都らしく
生麩田楽があったりと結構盛りだくさんな内容で、お豆腐とはいえ
大満足の味とボリューム。良く男性はお豆腐尽くしだと物足りなさを
感じる傾向があったりするように思うのですが、こちらのコースは
旦那さんも大満足。

ま…年齢が年齢なので、若い男の子が満足できるかどうかはわかりませんが…(笑)
値段に照らしても充分満足。

開店とほぼ同時に入ったので気づきませんでしたが、出る時には表に
長蛇の列がっ( ̄Д ̄;)  知らなくてのんびりしちゃったよ…申し訳ない
ことした…。お昼時に行かれる際は、早めに出向くか、(できるかどうか
わかりませんが)お電話で予約してみるのがよろしいかと。


【伊人】

近江牛を頂けるお店。
といってもステーキ屋さんじゃなくて、バルみたいな感じ。
だから少人数でもお手軽に頼めるし、ポーションもいい感じ。


th_IMG_9261.jpg th_IMG_9260.jpg
th_IMG_9259.jpg th_IMG_9257.jpg

別に牛だけじゃなく、鶏や豚も良いとこの物を取り揃えてそれぞれ工夫を
凝らしてる感じ。手をかけてます。美味しかった♪
自家製のビクルスも白ワインにピッタリだったなー(*´艸`*)


【中村藤吉】

有名店ですね。
確か私、名古屋のデパートの中に入ってるカフェにも行った事がある気がする。
こちらは京都駅構内にあります。ちょっと分かり難い場所にあったけど、確か
西改札出てすぐの中二階みたいな所にあったような…


th_IMG_9301_2015031822063476a.jpg th_IMG_9303.jpg

カフェも良いけど、和のお茶タイムも良いですよね。
久しぶりの日本だったし。
あ、ちなみにこちら、軽食程度ならお食事も出来ます。
確か茶蕎麦とか茶粥とかもあったような。



【やすい直】


これは旦那さんと京都駅で分かれて1人になってからのお宿の近くにあったのですが
(え、あんた一緒に帰らんかったんかい)
なんと水炊きのお店!水炊きと聞くと博多の白濁スープが私の中のデフォですが、
果たして…?とワクワクしながら入店。

とりあえずは突き出しとビールを…って、オッサンやな、この写真の光景。。。


th_IMG_9317_20150318220735baf.jpg 

お鍋は二人前からだったので諦めて…
あーお出汁の様子がわかんないなーと思ってたら、突き出しを頂く
際に、小さな器でお出汁が出て来た!白濁!博多と一緒!!


「京都の水炊きも白濁のお出汁が多いですねー。
 私は博多からの流れだと思ってるんですがー」

とは店主の談。いや、美味しいお出汁ってつまみになるよね。
この突き出し、超嬉しい♪ その後引き続き、大好きな鶏のタタキやら
おススメのつみれを頼んでグビグビ。

th_IMG_9318_20150318220737668.jpg th_IMG_9319.jpg
th_IMG_9320.jpg th_IMG_9321.jpg

最後は例の鶏出汁でお茶漬け。
うーん、鶏を堪能するには完璧!
1人で行って、鍋はダメでもスープを楽しめるメニューがあるし、素晴らしいっ。
こじんまりしてましたけど、良いお店でした♪ 中国のご家族の方が鍋を囲んで
楽しんでらしたなー。結構マイナーな感じの場所だったのに、有名なのかな。


【京都伊右衛門サロン】

ここは前から行ってみたかったお店!
泊まったホテルは素泊まりにして、朝食にチャレンジ♪
8時に出かけて行ったのに、もういっぱいだった(^^;
私と同じようにキャリーを抱えた人も多く、多分に漏れず、こちらも
外国の方で一杯。ほんと、潤ってますね。外国の方達のおかげで。
最近の日本の観光地。

まずは単品で湯葉のお刺身。
朝食にはセットメニューがあるのですが、これはちょっと外せませんでした(笑)

th_IMG_9330.jpg


そしてこちらがセットメニューのウチの一つ。
シンプルに卵かけ御飯だけ、と言う安価なメニューもあったのですが、
どんなおかずを出されるのかが気になって気になってこちらに。


th_IMG_9331.jpg


かー!!!このつやつやご飯!!
そしてカラスガレイだったかな?もう今まで食べたカレイの中で一番のお煮付けっ。

th_IMG_9333.jpg th_IMG_9332.jpg


ええ、どんな料亭を差し置いてもここの方が美味しい、と迷いなく思える逸品。
もうテーブルに運ばれてくる時からすごく良い香りが漂って来てて、決して
辛く煮付けられてるわけじゃないのに、とても味わいがある。
なにこれ、料亭でもない、お茶のサロンでこんな朝食食べれちゃう訳?
こりゃ人気出るわ(^^;


そして辛抱たまらなかったので、卵も別添えで注文しちゃいました(笑)
まったテーブルに付いててくれたお兄ちゃんが爽やかスマイルで、まーマダムキラーwww


th_IMG_9336.jpg

いや別にお話ししたいから単品頼んだり卵追加した訳じゃないですよっ。
決して決してそんなことは、ええ、はい。


というわけでまぁ、他にもチョイチョイはつまんだのですが、今回京都に行って
美味しかったお店をつらつらと。さすが都会は美味しいお店が多いですなー。
関西には良く行ってても京都はあまり行った事がなくて中々お店を開拓できな
かったけど、今回は心行くまで楽しみました♪ 満足満足♪

(って言いながら、まだ行ってみたいお店は沢山あるんだけどねwww)


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪




和旅【名古屋】

さて、名古屋です。
日本からはセントレア経由でご帰国される方もいらっしゃるかもしれませんね。
私は、大好きなお洋服屋さんが名古屋にあって、且つ名古屋にしかないので、
過去に何度か、そのお洋服屋さんを目指す為だけに名古屋に行った事があったなー。

ま、美味しいものもいっぱいなんですが。。
今回初めて頂いたものもたくさんあった!!まずはこれ!


th_IMG_9175.jpg

ひつまぶし!!
うなぎだったら程々美味しいもの食べた事あるしー、などと呑気に構えて
なんとなく食べそびれていたんですが、これ、めっちゃくちゃ美味しいやん!
名駅続きのビルの中にある◯屋本店さんというところで頂いたのですが、
こんなに香ばしくジューシーに焼き上げられた鰻は、専門店でもなかなか
頂いた事が無かった程っ。

th_IMG_9178.jpg th_IMG_9179.jpg

これを茶漬けにしたりなんじゃーしたりで頂こうってんだから贅沢な話っ。
これは本当に記憶に残った。旦那さんも櫃まぶしは初めてだったらしく、
2人して、おいしーねー!と言いっぱなしだったし、今でも「美味しかったねー、
あれ!」と言ってます(笑)

ちなみに、駅の中に本店があるとは珍しい、と思ったら、名古屋のお店にはよく
あるんだそうです。〜本店、までが店名というパターン(笑)
ということは、◯◯本店△△店、みたいな感じになるんですかね。
じゃ、◯◯本店△△本店ってのもある????
次回もうちょっと気をつけて観察してみよう(笑)


あと、これは初めてじゃありませんが、きしめん!!
これは2回食べた!1回目は季節限定ものらしい、牡蠣入りの味噌きしめん!


th_IMG_9105.jpg th_IMG_9230_201503161453269b3.jpg

もう一回は、ちまたで噂の新幹線ホームにある住よしさんのかき揚げきしめん!
きしめんって、やさしーんですよねー。食感もお味も。なんというか、
生活の中にいつでも食べられるポジションにいてほしい味。食べてびっくりする
ようなお味じゃないんですが、ほっとする。これ、土地の人なら尚更でしょう。

食べてビックリしたのはこっち。
名古屋コーチンのフルコース!
ちょっと見、一見さんでは見つけられないし入れてもらえない様な
ひっそりとした建物の中の個室に通されてのお食事。旦那さんの、
フィリピンの英語留学時代にお世話になった方が今は名古屋におられて、
ご案内下さったのでした。


th_IMG_9135.jpg th_IMG_9136.jpg


お正月みたいに奇麗な先付けに、たーーーーっぷりのササミのタタキ。
いやいやいや、こんなにゴッツイ量食べれんやろ!これ、3人分やろ!
と思ってたけど、美味しすぎてペロッとたべた( ̄ー ̄)

そしてメインで出て来たのが、こちら。


th_IMG_9142.jpg


うおーっ。なんて趣のあるお鍋!
何でもこちらのお店の最年長従業員さんらしく、80年と仰ったか84年と仰ったか…
戦火をくぐり抜け今に生き抜いているお鍋さんらしいですよっ。
それにこちらの食材と、ふくよかで芳醇な香りの八丁味噌をたっぷりと…


th_IMG_9141.jpg

th_IMG_9144.jpg


うおっふぁー!!!
なんだこのオーラ!!!
みなさん、味噌味、しかも八丁味噌味と言うと「濃い」「クドい」などと
思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、八丁味噌と言うのは旨味の
塊ではあるけど、塩っ気がそんなに強い訳じゃないし、ふくよかな風味で
食べさせる感じで、良いお出汁と合わさると、深みがあるのにクドくない、
大変美味しいお味になります♪


最初から結構な量の先付けやらタタキやらが出て来ていたので、メインの
お鍋になる頃にはかなりお腹がいっぱいになって来ていたのですが、いや、
入る入る(笑)

そして驚いたのが。。。
〆の雑炊。なんと、ご飯を入れてひと炊きした後、ふっくらした味噌出汁の
中に生卵を溶かずに人数分、ぽとり。おお!!この方式はやったことない!!


th_IMG_9150.jpg

で、それがポーチドエッグよろしくホンワリと固まって来た所で
ご飯と一緒に小椀に引き上げ、頂く訳です。これ、うめーっ。

th_IMG_9151.jpg th_IMG_9153.jpg

〆はイチゴ。
日本のイチゴ、美味しいよねっ。ベトナムでも作ってるけど、ガッシガシしてて
甘味が無くて、果物としては絶対認めたくない様なもんしか出会えてない…(^^;
日本のイチゴは芸術ですなっ。

考えたら名古屋コーチンって、お弁当になってるようなやつしか
名古屋では食べた事が無かったよ。大きな名古屋名物なのにね。
しかもとーっても趣のあるお店でいただけて、いや、満足満足♪

あ、名古屋駅に行ったら、ぴよりんもお忘れなく♪
最近、セブンイレブンの企画者でヒヨコのスイーツが出てましたけど、
ぴよりんの方がずーっと昔からのセンパイです♪


th_IMG_9198_20150316144736df3.jpg


こんな感じで、「買うてってー♪連れて帰ったってー♪」とピヨピヨされると
買わずにはいられないんですよねー(笑)。優しいお味のプリンケーキで美味しいし。

いやはや名古屋。
何度来ても美味しいものがいっぱいですな♪
まだ味仙さんとかにも行った事ないから、また是非名古屋には伺わねばーっヾ(@⌒ー⌒@)ノ
(しかしほんっと、観光名所とか行ってないのな…)




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

和旅【飛騨高山・白川郷】

書いてて思うんですが…どんだけ回ったんでしょうね、いろんなとこ(笑)
東京とかザクーッと端折ってるし、各地の事もかなり削って印象に残ったとこ
だけを書いてるんだけど、まだ終わらない(^^;

さて、飛騨高山。
秋田に続き、ここでもスキーをお目当てに。
って言う程私は滑れないんだけど、趣味仲間さんのカップルさんが
岐阜にいて、二日間アテンドしてくれると言うので、すかりお世話に♪

…数年間もほぼ音信不通でいきなり連絡とってアテンドしてくれとか、
そんな要求に良く応えてくれるよなー、ありがたやありがたや(-人-)

で、高山です。
もー外歩いたら外人さんばっかり!!
日本人探す方が難しい!(^^; 

いやまぢで。中国語韓国語は言うに及ばず、ヨーロッパからの方も多いようで
英語、フランス語、オランダ語…???とにかく日本語が聞こえて来ない!
コンビニに入っても店員さん、外国の人だし(^^; すごいな、高山の国際化(笑)

宿に入っても外国の人ばかりで、スタッフさんは一生懸命英語で対応されてました。
で、切り替わらないのか、私にも英語で話しかけてた(笑)
いやー、キッチリ国際化に対応されてますっ。

th_IMG_8795_20150316120126894.jpg th_IMG_9094_201503161201318bf.jpg


宿は古くからある所の様で、元は洋室だったのかなー。それを畳敷きにして、
でもベッドはそのままにしたりと、外国の方に使い易い和のお部屋を演出されたり
して、色々努力の跡が。面白かったのはフロントの所で靴を靴箱に預けて、
館内はずーっと裸足・または靴下履きのまま。部屋からお風呂、食事どころへも
スリッパも無しで、なかなか不思議な感覚でした(笑)
日本人でもそうなのだから、外国の方にはもっともっと新鮮だったろうなー(笑)

お食事にも気を使われて、日本の味が満載。
毎朝朝食頂くのが楽しみだったなー。
スタッフさん達も行き届いてて気持ちよかったなー。

th_IMG_9090.jpg th_IMG_8844.jpg

そうそう、高山と言えば朴葉みそ。
朴葉がそこまでインパクトあるかと言われたらアレですが(笑)
この味噌あったらご飯何杯でも食べられるね(^皿^)

th_IMG_8840_20150316120343abc.jpg


しかし豪雪だった。
外を歩くのが大変なくらい。

th_IMG_8850.jpg th_IMG_8853_201503161201308bb.jpg

高山は左程雪が積もる土地じゃないらしいのだけど、すごい雪(@@)
これほんとに友達の車を出してもらってなかったら、にっちもさっちも
行かんかったんじゃなかろうか。

そんな中、とても素晴らしい居酒屋さんに出会え、そりゃー美味しいつまみを
頂き、しっぽり一献。いやー、観光地の裏路地にあんなお店があったとは。


th_IMG_8805.jpg th_IMG_8810.jpg
th_IMG_8811.jpg th_IMG_8814.jpg

偶然にも秋田の方がしていらっしゃるお店で、食べて来てばかりだったのに
恋しかったニシンの切り込みやハタハタ寿司等、高山で再びいただけた♪
ラッキー♡

スキーは、もうアテンドしてくれた友人カップルさんがつきっきりでちぇりのお守り( ̄Д ̄;)
おかげで、秋田の新雪・深雪の時よりかは、ズリズリズリっとズリ落ちる程度には
移動できたかな。。。(それ、スキーちゃうで)

そして翌日はさすがにもうスキーはいいね、ってことであっちこっちに
連れてってもらったのですが。。。その日も雪。大雪。さぁどうする?
ってなって、ふと思い立ったのが。。。

雪の白川郷!!!
コレはまさに千載一遇!!
先も言いましたが、高山だけならず、そのイメージに反して白川郷も
雪に埋もれることは、年にそんなに長い間じゃないのだそうですね。
増してや、毎週を狙って行ける土地に住んでない者にしてみれば、
こんな機会に恵まれるなんて、そうそうないこと!!


th_IMG_9014.jpg

th_IMG_9046.jpg


いやーっ、日本昔話の世界っ。
以前雪の無い白川郷に来た事あったけど、全くの別世界やわー。
白川郷の宣伝にはこの雪の積もった様子を取り上げてる事が多いから、
うっかり、冬はずーっとこんなんなのかなーと思ってたんだけど、とても
貴重な機会だったらしいです♪ラッキー♡

しっかし、合掌造りでもこんなに雪が積もるんやねー。


th_IMG_9041.jpg th_IMG_8997_20150316123920dde.jpg


働く車がたくさんあってちぇり得。
ショベルカーとか、ヘタしたら個人単位で持ってたりするとこもあるそうですね(^^;
それないと、家から出るのもままならなくなるとかで、雪国は装備が違うわー、
と、しみじみ。

そういえば、車停める時の心得持違うんですね。
停める際、何度も車を前後させて、タイヤ周りの雪を踏み固めてから停めないと
翌朝、がっちりタイヤが凍りに掴まれて、出ようにも出られなくなるらしいですね。

『県外の人が来てよくやってるわー』

って言ってたけど、うん、私今回教えてもらってなかったら、
絶対どっかでやってた気がする(苦笑)

しっかし山も奇麗かったなーっ。
何山か知らんけど(おいっ)、雪化粧でピキーっと冷えた空気の中に
凛とそびえる姿の美しい事っ。


th_IMG_8998_20150316123919ec5.jpg


いやー満喫満喫っ。
これ、自分的には一生もんの思い出ですわ。まさかたまたま来たタイミングで
雪の白川郷に連れて来てもらえるやなんて、この上ない嬉しいタイミング♪
普段は観光地巡りってあんまりしないタイプなんですが、さすがにこれには
感動しました♪ お友達あってこその思い出やったなぁ。ありがたや、ありがたや♪


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

和旅【富山】

富山も乗り継ぎ。
富山駅の中にも名物の白エビ専門店があったり、お土産物屋さんが
広く設けられたりしてて面白いんですよねー♪

で、旦那さんがエビがだめなので、エビ専門店は断念して、総合食堂的
お店があったのでそちらに入店。


th_IMG_8756.jpg th_IMG_8768.jpg

サンプルも沢山置いてあるし、一生懸命英語での歓迎メッセージも
書いてたり、手書きのメニューがある=季節の臨時メニューがあるなど、
色々工夫をされてるご様子。


で、こちらのお店にも白エビはありまして、こりゃ良かった!と思った
ものの、中々のお値段。ま、名物だし希少種だから仕方ないですね(^^;
で、私は白エビ三点盛りとビールのセットを頂きました。
2000円チョイだったかな?

th_IMG_8760.jpg


唐揚げと南蛮漬けとお刺身。
うん、白エビってすごい上品な味なんですよね。
それでいて揚げると香ばしくて風味が豊か。
こりゃビールのつまみに持ってこい♪


th_IMG_8761.jpg th_IMG_8762.jpg

一番の好みはお刺身でしたけどね。
甘エビよりも控えめで楚々とした感じがありますが、物足りないわけじゃ
なく、ぷちりぷちりとした小気味良い食感の直後にとろりと変化。
変化した後はまったりと舌にまとわりついて甘ったりと。そこにさっぱりと
したビールをキュッ。くあーっ。たまらんですねっ(≧∇≦) ←真昼の出来事

旦那さんはなめこ蕎麦だったかな???
可もなく不可もなく。
で、ちぇりさん、ツマミだけではやっぱり足りず、名物らしいおでんも注文。
これが…


th_IMG_8763.jpg th_IMG_8757.jpg


外した(´Д` )
おでんなんてお店によりけりなので、コレを富山のおでんは…とか言うつもりは
ないのですが、まー淡い。まだ営業開始して間もない時間だったから染みて
なかったのかなー。

th_IMG_8766.jpg

ツユが染みてないのもあるし、ツユに素材の味が滲んでないのもあるし、
ならば素材にそのまま味が残ってるのかというとそうでもないし。。。
富山とか金沢とかのおでんんは絶品!と聞いていたので期待したけど、
これは別のお店で食べる方が良かったかもですね。。。

さて、充実の富山駅構内のお土産売り場。
いきなり、浄土ヶ浜でお気に入りになった「かもめのたまご」野類似品的
商品に遭遇し軽くショックを受けたりなんて場面もありましたが…笑


th_IMG_8779.jpg


富山と言ったら、薬売り!!
以前釣りで富山の海岸にいた所、同じくつりに来られてた地元の方らしき
おじさまと意気投合し話をしてたら、お酒が好きならコレあげるよ!!
と、古めかしい紙包みの薬をもらって、おお…さすが富山…と感動した
ことがあるんだよな(笑)。それがレアだったのか日常なのかは知りませんが、
イメージに違わぬエピソードを得て大変ご満悦だった記憶が(笑)

もちろん、この土産売り場にもありましたよー♪

th_IMG_8773.jpg


この時代になったら意図的なんでしょうが、ケロリンを初めとする
昭和な空気感が漂うパッケージのお薬がズラーリとならぶ。これ、
使わずに持ち帰って飾っときたい(笑)

個包装ごとの販売もあって、それらを組み合わせたセットパッケージも。
1包みが数百円と中々高級ではありますが、パッケージ込みのお土産、
と考えたら左程高くはないのかも。

私的に気に入ったのはこちらっ。
どーん!

th_IMG_8771.jpg


熊の胆囊が処方された、胃腸薬兼飲み過ぎ対応薬!
これはわたくしのタメのお薬!!!( ・`ω・´)b
で、結構価格がしたんですが、これ、効くんですよーっ。

まぁこういう民間療法的お薬ってのはプラセボ効果が高い単純人間ほど
効くっていうから、わたしにはピッタリなんでしょうねっ。
万人に同じ効果があるかどうかはわかりませんが、飲み食いの機会が多い
旅の間、富山以降は本当に助かった(´Д` )

小さな丸薬で一度にかなりの数を飲むんですが、相当苦い。
苦いけど、良く効く。まさに良薬口に苦しっ。

th_IMG_8778_20150315122740541.jpg

ケロリンの風呂桶がケロロちゃんになっていたのは衝撃でしたが(笑)
中々色々面白かった富山駅。食べ物関係のお土産も豊富だったけど、
富山らしいお薬屋さんは一見の価値アリ・一服の価値もアリ♪
この駅に立ち寄られる事があったら、是非楽しんでってくださいませー♪


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

和旅【新潟】

さて舞台は変わって新潟ですよっ。
この地では特にどなたかに会うと言うことはなかったのですが、
行こうの行程に繋げる為のワンクッション。しかしせっかく行ったのだから
たのしまねばねっ、と思ってたんですが。。。


まず、とても素敵なお宿が駅直結で存在します。

         th_IMG_8624.jpg
th_IMG_8626.jpg th_IMG_8632.jpg


このホテル、今回の旅程中で夫婦共々一番お気に入りでした!
間取りも良かったし居心地が良く、旦那さんはお仕事するにも快適だった
ようで、一泊だけしかしなかったのが大変もったいなかったくらい。

しかも、駅ビル内には。。。


th_IMG_8676.jpg

ぽん酒館ー!!!(≧∇≦)
新潟ですもん!!酒処ですもん!!
にしたって、こんな素敵なワンダーランドがああああああっ!(笑)
更にぽん酒館の奥には…?

th_IMG_8670.jpg


利き酒番所ーーー!!
500円でお猪口とコインが5枚もらえ、ダダーッと並ぶ日本酒を、コインの枚数分
=5種類楽しめると言う寸法。なんですかここは、天国ですかっ?!

あと秋田でも思ったのですが、この辺はお醤油作りにもやはり力を入れてる
らしく、お酒のみならず、お醤油の味比べなんかもありました。

th_IMG_8675.jpg th_IMG_8664.jpg

これがまたバリエーション豊かで面白いったら。
甘い一辺倒じゃなく、辛い物もあったけど、とても面白い旨味を含んでいる
ものや、風味にオリジナリティのあるものがあって、これ、旅の途中じゃ
なかったら何本買っていたかわからない。。。(笑)

そして酒処ってことは米処。
ってことで、こんなお店も。

th_IMG_8656.jpg th_IMG_8657.jpg


いろんな具材を揃えているけど、その場で握ってくれるお握り一個とお味噌汁で
ちゃちゃっと食べて済ましても良いお店。ぽん酒館の中にあります。
例えば乗り継ぎの合間や、電車で食べるのに買って行く際にこのお手軽さ、
いいですね。

ってか、大きいサイズの、でけーよ。漬け物石かっ(((;゚д゚;)))
あんなの(って失礼だなっ)頼む人いるんですか?と聞いたら、結構
いらっしゃるそうで、しかも女性だった事もあるんだとか。。。(^^;
ま、新潟のお米もおいしいからなー。

駅ビル内にはドラッグストアなんかも完備されてて、ちょっとした街のように
なってるんですが、飲食店もとっても充実。お昼に食べたお蕎麦は変わってたなー。

th_IMG_8641.jpg th_IMG_8649.jpg

特にクセを感じたわけじゃないんですが、「からむし」というものを練り込んでる
変わり蕎麦らしい。最初はから蒸し、という蒸し蕎麦か何かなのかな?と思ったの
だけど、珍しいのには変わりなかった。こちら「天地豊作」という駅ビル内のお店
だったのだけど、お米を美味しく食べられる様なお惣菜もいっぱいあっておいしそう
だったなー。

あと、ぽん酒館の下に居酒屋さんがありまして、駅ビル内のお店だから、と
あまり期待をしていなかったのですが、こちらがまた大当たり。
まずは寒ブリ。

th_IMG_8695.jpg


うひょひょひょひょっ(*´艸`*)
これも季節の味ですなーっ。
大根のツマ以外に、人参やカボチャの千切りを使って彩りをだすなど、
見目にも美味しい盛りつけで♡


th_IMG_8703.jpg

ワカメやら、味噌漬けのお豆腐など、シンプルな物から手をかけた物まで
バリエーションもとってもいっぱい。

th_IMG_8697.jpg th_IMG_8698.jpg


お肉も地元の物を使っていらして、これがまた結構美味しい。
主要価格帯が600円〜千円以下くらいだったから、1皿は少量だろうと
思ってたらどれも結構いっぱいだったのは誤算。。。

th_IMG_8704.jpg th_IMG_8700.jpg

お腹が減ってたから最初のうちに丼物を頼んでしまい、それも美味しかったのだけど、
これが大誤算。どーーーーしても気になった土鍋ご飯をお願いしたら、それがまた
結構な量がありまして。。。


th_IMG_8715.jpg

ああ…写真じゃ伝わらないかしら。。。
もうね、フタを開けたらキラッキラしてて、もう…っ、もう…っ(இ௦இ)
私には宝石の輝きよりも、炊きたての新米の輝きの方が価値があるです。。。


th_IMG_8713.jpg th_IMG_8716.jpg

土鍋ご飯には沢山のご飯のお供がついてて、それもたべたかったのですが、
白米のあまりの美味しさに、そっちにはあまり手を付けなかったかも。。。
丼物や、ワンポーションが思いのほかに多い酒菜を色々頂いた後だったのが
悔やまれましたが…

「これ…デザートねっ、デザートも兼ねてるよねっ」

とか言いながら全部食べちゃった(´Д` )
恐ろしい。。。お米の魔力。。。

朝食は和洋でお店を選べたのですが、勿論「和」。
で、結局前夜にしこたま食べた同じお店が朝食会場だったんですよね。
またあの美味しいご飯が食べられるかと思うと、就寝前からウキウキでしたわ(笑)


th_IMG_8730.jpg th_IMG_8735.jpg


新潟駅、すごいなー。
駅直結だからと言う事に甘えず、とても良いホテルだったし、お酒好きには
ぽん酒館。ちょっと下お買い物なら不便なく出来る上に、気軽に食べられる
お店から、腰を据えて食べたいお店まで勢揃い。土産物売り場には、通り一遍
のもののみならず、新潟の魅力を伝えてくれるものがたくさんあって。

寒いお土地柄だから屋内が充実するのかなー。
いやー、新潟に行って観光とか一切してないけど、あの駅ビル内だけでも
メチャクチャ充実。そして一部ではあろうけど、新潟満喫っ。すばらしいわ。
あそこはまた泊まりに行きたい♪用事がなくても、食べに行きたい(笑)
新潟にご出張のある方とか、うらやましいなー。駅ビル内だけであんなに
お楽しみがあるなんて!(笑)




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

和旅【秋田・スキーと乳頭温泉】

すんません、一カ所一回って行ってたけど、また禁を破ります(^^;
せっかくの冬の日本なのでってことで、スキーにも行って来たのです♪
って、私は殆ど滑れないのですが、旦那さんと旦那さんのお友達は
スキー友達だったってことで、東京でウェアを調達して挑んだのでした♪

板は。。。何故か日本から引っ越しする時のドタバタで、私が送ってたん
ですよねー…ホーチミンに(爆) どないすんねん、南国でってね…(´Д` )
ってことで、今回日本に持って帰った次第。
ショートスキーだったんですけどね。
こんな感じ。

th_IMG_8388.jpg


しかし。。。
わたくし、新雪、と言う物の恐ろしさを全く存じませんでした。。。

そもそも、滑ると言うより、西のジャリジャリの雪の上をずり落ちる、
と言った方が正確な位のへっぴりなのに、フォッカフォッカの新雪&深雪に
上級者でも難しかろうと言われる短い板で入ったもんだから、もー、
一切身動きが取れない状態(´Д` )

なんとか片足を上げて次の一歩を進めようとした所で、10cmも前に
出せない状態。頭の中では八甲田山の雪中行軍が延々とリプレイされて
本気で生きて下界まで降りれないんじゃないかと思ったね。。。
新雪で、短い板はアカン。。。と言って長板だったら長板だったで、
取り回しに困ってたんだろうけれど。
つまり…ちぇりはスキーに向いてないっ( ー`дー´)


といわけで、スキーは散々だったのですが(旦那さんとお友達は優雅に
滑っておられたご様子www)、温泉!!温泉が素晴らしかった!!!
乳頭温泉が近いんだよと友達に言ったら、

「その辺いるなら鶴の湯へ!」

との声が多数。
そうか、あの鶴の湯さんが!
全国の、行ってみたい温泉ランキングでは常に上位に入り、温泉好きには
垂涎の的の鶴の湯さん。これはぜひともお願いしたい!と、旦那さんのお友達に
お願いして連れてってもらったのでした♪豪雪で視界がホワイトアウトする中で(^^;

で、やっと来ました鶴の湯さん♪

th_IMG_8410.jpg th_IMG_8409.jpg

もう積もった雪をご覧いただければ寒さが想像できるかと思いますが、
流水で冷していた飲み物の水が当たるキャップ部分の水は凍り、上から
流れ落ちる水も、その軌跡を凍らせつららのようになっている。。。(^^;
こうなったら流水で冷すと言うよりは、中の水が凍らないように流水に
当ててるって方が正しいのかな。。。外に出しときゃ冷えるわけだしな。。。


そんな中での温泉だから、さぞや気持ちよいだろう、という期待の元に
行ってみました鶴の湯さん。こちらには女性・男性にそれぞれのお湯もありますが、
混浴部分が一番風情があると言うのでトライ。してはみたのですが…

えーっと、ぬるい!!(笑)
元々の温度がさほどないのか、溜められる湯量が少ないからからか、流れる水すら
凍る外気温に晒されてるので、36〜7度くらいしかなかったんではなかろうか(^^;

所々、熱いお湯が湧くところがあって、そこを求めてウゴウゴしたけどやっぱり寒いw
ほどほどで内湯に移って、なんとかしのぎましたけど、この温泉はあまり寒過ぎない
時期がいいかもですね(笑) 内湯と混浴の外湯に向かう間の小道は裸足で積もった
雪の上を歩かなきゃだったし、ちょっとした修行でしたわ(笑)
でも風情は本当に素晴らしかったし、お湯の質もとっても良かった♡


th_IMG_8414.jpg


なにより、『鶴の湯』さんに行けたと言う事実を得たのが何よりだよな。
あんなところ、ツアーでもないと中々個人じゃ行けないし(特に冬の雪道は
素人には無理っ)ほんと、良い思い出になりましたーヾ(@⌒ー⌒@)ノ


市内に戻ってからは晩ご飯。
これがまた。。。秋田のご飯って白飯・きりたんぽ以外にあまり詳しく
知らなかったのですが…

th_IMG_8464.jpg

ま、まずお酒やね(笑)
飲み比べセット。お酒も知らない物があって面白い♪
ってか、この器にタップリ×3で千円しなかったんじゃなかろうか…
さすが酒処。豪気な。。。

そして美味しいお魚の数々。
白身の柚子釜、たらの白子の天ぷら、定番のきりたんぽに
ハタハタの姿寿司なんてものもあって、まー珍しい!
西だと、ハタハタ自体が珍しかったりしますしねー。


th_IMG_8466.jpg th_IMG_8468.jpg
th_IMG_8469.jpg th_IMG_8471.jpg

他にもニシンの切り込み、というのがありまして、コレは色んな生魚を
細く切り込み、米麹を足して発酵させる郷土料理らしいです。西では
とんとお目にかからないお料理でしたが、夫婦ともども、これお気に入り。


th_IMG_8460.jpg

これ、真空パックとかで持ち帰れる商品が無いかなーと思って
あっちこっちのお土産物屋さんとかで探したのですが、そういうもの
ではないらしいですねー。中々無かった。だから居酒屋さんとかで
見つけたら注文してた(笑)お酒好きにはたまらない味。

他のお店でも、お魚三昧。タラの白子も良く食べたなー♪
この季節だけの限定品ですもんねっ。刺身も天ぷらも一杯食べたヾ(@⌒ー⌒@)ノ


th_IMG_8551.jpg th_IMG_8577.jpg
th_IMG_8578.jpg th_IMG_8580.jpg

もずくって沖縄の物しか食べた事無かったし、どこのも大して瓦薙いだろうと
思ってたのに、北のもずくは歯ごたえがしっかりしてて存在感がアリアリで
面白かったな。しめ鯖も、西とはちょっと違う〆具合。

そんな感じで随所に違う面はあるのですが、なーんかシックリ来るんですよね。
地域違えば味変わる、と言いますけれども、九州とか西の味覚の自分にしっくり
と来る。色々考えてみたのですが、旨味のあるお醤油が近しい物を醸し出して
いるのかなー、なんて漠然と。

東京の醤油に泣かされた直後だったからそう思ったのかもしれませんが(笑)
いやー秋田、やばいです。美味しい物がてんこ盛り。しかもこれまで食べた事
ないどころか知る事も無かった名品がっ。地方のうまいもん展とか良く行ってる
つもりなのに、まだまだ知らない物がいっぱい。そういえば。。。

秋田に特化した物産展とかってあまりなかったかも。。。
地元の方曰く、あまり大き苦やっていない所が多く、物産展などに手を割く
ゆとりがあまりないかもだし、そもそもそういうところで当たっても生産量が
追いつかないんじゃないか、なんて意見もありましたが、どうなんでしょうねー。
もう全国の酒飲み垂涎の酒の肴がいっぱいありそうなんですけどっ( ・`ω・´)b

というわけで、秋田=美味しい、が、わたくしの頭の中で定着しました(笑)
いいっ。秋田、いいっ。お酒もおいしいしつまみもおいしいっ。
そんなとこだけで評価すんなよ、と怒られそうですが(笑)、とーっても
美味しかったです♪ またご飯食べに行きたいなーヾ(@⌒ー⌒@)ノ


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪





和旅【盛岡〜秋田・田沢湖】

さて、盛岡にちょっと寄り道をして(ただの乗換えw)冷麺をチュルリ。


th_IMG_8293.jpg

私、盛岡冷麺って、韓国の冷麺と良く似てるなーって思ってて、どっちも
好きなんだけど明確な違いがわからなくて、特に肩入れしてなかったんですね。
韓国の冷麺、身近に食べる機会沢山あるし。

でも駅前に美味しいお店がある殻と聞いて行ってみたら、あらっ、こりゃ美味しい♪
基本路線は韓国の南の方の冷麺にやっぱり近い気がするんですが、一般的なことを
言えばそうだけど、お店語とのクオリティってのもありますもんね。ここのお店は
その点で秀でていたかと。

th_IMG_8284.jpg th_IMG_8295.jpg


あと、盛岡に行ったら是非食べてみたいと思ってた福田パンさんが駅構内にあるという!
これは買わねば!!ってことで行って来ました♪


        th_IMG_8296.jpg
th_IMG_8297.jpg th_IMG_8299.jpg


パン屋さんなんですが、コッペパンのサンドイッチのお店なんですって。
店頭にかなりの種類のサンドイッチが並んでるんですが、具材がたくさん
用意されてるので、二種類まで自分で選んでカスタマイズしたサンドイッチを
楽しむ事も出来るんだとか。ってことで、カスタードとカボチャクリームを
頼んでみました♪


th_IMG_8335.jpg th_IMG_8334.jpg


うん、シンプルですよね。そんな取り立てて言うほどのもんかい?という
ビジュアルかもしれませんが、これが素朴で美味しいの!!
なんやかんやで翌日に頂いたのですが、これ、もっと買えば良かったわー。
軽めで味わいのあるコッペパンにぽってりクリーム。他のお惣菜系も美味しそう
だったなー♪ TVとかでよく見てたので、念願かなって嬉しかったヾ(@⌒ー⌒@)ノ


で、田沢湖です。
着いてびっくり、すげー雪(((ʘ ʘ;)))

th_IMG_8331_20150311184455575.jpg


ホテルの送迎バスではなく、路線バスでホテルの近くまで行ったんですが、
道路脇の雪の壁が高すぎてホテルへの脇道になんて荷物抱えてとても歩いて
行けそうにない!!(^^;

ってことで、その少し先にあると言うスキー場まで行けばタクシーがあるだろう、と。
ちょっとバスを乗り越して、スキー場に行ってみたんですが、まースキーに行こうと
思う人は車で出迎える方が多いでしょうから、タクシーの需要なんてあまりないよな…

仕方ないからタクシー会社に電話して、駅から来てもらうことにしたのだけど、
バスの待ち合いの為の小さな小屋で待つ事20分。窓に着いた雪が結晶そのまま
みたいな感じで凍り付いてたよね。。。

th_IMG_8326.jpg th_IMG_8325.jpg


そしてこういう所のタクシーさんは観光地価格、雪道価格。スキー場エリアに
来た際は、メーターではなく一律時間料金だと言う。一時間6800円(((;゚д゚;)))
実際には駅から20分弱で、乗った所からホテルまでは5分もかからないところ。
ってことで考慮してくれたのか、元からある料金体系なのかは知りませんが、
30分3400円にしてくれましたよっと。。。。うん、いい勉強代でした。。。
雪国舐めてた。。。

しかしそこに待っていたのは…?


th_IMG_8365.jpg th_IMG_8327.jpg


あらっ、お洒落なロッジ風の素敵なお宿ー♪
田沢湖エリアにある、『四季彩』さんというお宿です。
基本的に洋のペンション風ではあるけど、お部屋には和の空間もあって
まー落ち着く♪ 外の景色はドンドン雪で凄まじくなってってたけど(^^;

th_IMG_8361.jpg th_IMG_8367.jpg

で、旦那さんがこちらのお宿を選んでくれたポイントが、お料理だったんですって。
しかも部屋食。カップルプランみたいなのがあって、意外とお得だったんだよーと。
あ、ちなみに我が家は旅行の際、お宿と交通機関は旦那さんが手配してくれる事に
なってます。


『ちぇりさんに任せておいたら、 
 一体どんなことになるかわかりませんからねっ( ・`ω・´)b』


という絶大な信頼を頂いてるため、ワタクシは食べ物屋さんの手配等を
中心に。。。(あんたそれ普段と変わらんから、旅では旦那さんしか働いてへんやん…)
幸い、そう言う采配手配が「楽しいヾ(@⌒ー⌒@)ノ」と言ってくれる人なので、
もう丸っとお任せしてますね。得意分野が違うって、めっちゃ便利(笑)

で、こちらのお宿のお食事です。
ばーん!


th_IMG_8345.jpg


すっごーい!!
広いお膳に乗り切れない程のお料理の数々!!
しかも今回のカップルプランには、ハーフボトルだったけどワインまでもが
着いて来た♪ しかも、こう言うお宿の食事の場合、皿数を増やす事に
一生懸命になって、いくつかは捨て皿が出てくるもんですが…


th_IMG_8340.jpg th_IMG_8341.jpg
th_IMG_8348.jpg th_IMG_8352.jpg

細かな盛り合わせのひとつひとつまで手がとても奇麗でお気遣いが感じ
られるお味の付け方。お刺身、焼き魚から炊き物、揚げ物、お肉は地産の
牛に鳥に豚さんを少しずつの盛り合わせ。もう量を求める歳じゃないので、
こう言う焼き物一つにしても、色んな素材を2口ずつ、とかで提供してくれる
のんは嬉しいねぇ♪

机の上に並び切れない料理の後に、秋田名物きりたんぽ鍋やデザート
まであって、いやー、しかも最後まできちーんと美味しい。食べる方も、
この皿は手を抜いてちょっと残しちゃえ、というのが殆ど出来ませんでした。
美味しくって。ちょっとした料亭のように料理に特化してるとこでも
こんだけのもん、出すの大変やろなというレベル。

それをお宿代の中に含んで…ってことですからね。しかもこれまでに泊まった
著名なお宿よりもずっとずっと安かったと言っていたので、ほんとにお値打ち。
まぁ私の周りの方で秋田は田沢湖にしょっちゅう行く、なんて人がいないので
勧めにくいとこはありますが(笑)、万が一にもこの周辺でお宿を探される
ことがあったら、ぜひ、選択肢に入れてほしい。

料理長さんお名前入りのお品書きを下さってたので、お宿側としても相当
頑張っていらっしゃるんだと思います。あ、お風呂のお湯もとてもよかった♪
旦那さんが撮影していた写真があったので、ちょっと拝借(*´艸`*)



色彩お風呂



こう言うお宿はぜひ、広く知られて
沢山の人に楽しんでほしいものです(^^)
良いお宿でしたーヾ(@⌒ー⌒@)ノ



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪



和旅【岩手】

はいはい、故あって久慈を経由しましたが、そこは後ほどお伝えするとして、
岩手は浄土ヶ浜に泊まりました。本州最東端ってことらしいですよ♪
ってことは、日の出が本州で一番早い???

th_IMG_8189.jpg

らしいですね(笑)
それを売りに、というほどゴリ押しでもありませんでしたが、館内には日出時間が。
それを楽しみにいらっしゃる方も多いのでしょうねー。そして朝日をのんびり
ロビーから楽しめるように、大きな窓枠の前に美しい曲線を描くように据えられたソファ。


th_IMG_8176.jpg


ちょっと写真一枚では中々お伝えできないのですが、館内の見通しも良く、実際には
そこまで広大と言うわけではないのですが、広々と感じさせてくれるレイアウト。
ちょっと他では見ないタイプのロビーでしたねー。


th_IMG_8255.jpg


お部屋はザ・旅館!って感じのお部屋。いーですね、こういうの♪
そして嬉しかったのがお迎えのお菓子♪


         th_IMG_8179.jpg
th_IMG_8178.jpg th_IMG_8184.jpg


ま、そう言うの自体はどこのお宿にもあるのですが、この「かもめの玉子」ってのが
美味しかったのー♪ 結構知られたお菓子みたいで、友達に贈ったら「コレ大好物や!」
ってお礼が沢山届いた♪ ホワイトチョココーティングした中には薄い生地があり、
中央部にはシットリ黄身餡。結構甘いのでミニタイプの物で私はちょうど良い位でしたが、
甘いお菓子はキッチリ甘く、しかしながらギリギリを責めたものがやっぱり美味しいですねぇ♪

甘さ控えめにしておいしいお菓子も確かにあるのかもしれませんが、久しぶりに思い切って、
でも限度ギリギリで止めてあるこういうタイプのお菓子を食べたわ。賞味期限が短いのが
難点ですが、これ、大ファンになりました♪

ちなみに震災時に、このお菓子を作っていた工場も甚大な被害を受け、看板が流されたりも
したそうですが、その看板、無事その後見つかりまして、工場再建もかない、再び
清算を開始され始めたとの事。「だから」美味しく感じたと言うことはなく、
そう言う事を知る前に「美味い!」と思ったのですが、こんな美味しいお菓子を
作ってくれる会社には長続きしてほしいので、都合10カ所くらいに贈りまくりましたよねw
この土地身体と、物より送料の方が高くつく所も多かったけど(´Д` )

ホテルの周辺にはお散歩コースがあるくらいで、他に特に大きな施設が無いのですが、
その分、ホテル内のお土産売り場はかなり充実していて、先の「かもめの玉子」以外にも
何かと買いたくなるお土産物があれこれと♪


th_IMG_8191.jpg th_IMG_8190.jpg
th_IMG_8194.jpg th_IMG_8195.jpg

華豆のお菓子なんて、包みも上品だったけど、味も良くって、ちょっとした和菓子屋さん
で売ってるくらいのレベルだったし、三陸ならではの魚介類を使ったおせんべいは、
人に挙げるつもりで沢山かったけど、かなりの量を自分で消費しちゃいました(爆)

さて、お夕食は贅沢にお部屋食。
これ、ホテルじゃ少ないサービスだし、1人じゃ中々してもらえる所が無いので
このたびの中でもかなり嬉しかったお食事(笑)
メインは…?


th_IMG_8208.jpg


アンコウ・タラ鍋!
うおー!!シーズンですね!!!
ただ。。。


th_IMG_8204.jpg th_IMG_8211.jpg
th_IMG_8206.jpg th_IMG_8214.jpg


鍋以外のお料理が「なんとか品数増やさなきゃ!」的な物が多かったのがちょっと残念(^^;
お造りとかは美味しかったんだけど、微妙なムール貝の茶碗蒸しとか、鶏肉のソテーは
いいけど、カットして盛りつけた上に冷めた状態だったので、本来は美味しかったのでしょうが
魅力半減。正直量をそんなに食べる歳じゃないし、お鍋があれば満足なので、
無理に品数増やさなくても…とはちょっと思っちゃったかな(^^;

それにしても、それを差し引いても(なんてザックリな展開をするんだ。。。)
アンコウ鍋はおいしかったね!プルップルの冬の味覚。お御馳走!!


あと、こちらのホテルは朝食が楽しかった♪
青森屋さんもそうだったのですが、北の方はよく海藻を食べられるんでしょうか?
ビュッフェの中にもかなり海藻が含まれていてすごくヘルシー♪

あとお野菜。山芋は北の方で良く採れるなんて話も聞いて、知らなかったなーと。
言われてみれば、青森でも岩手でもたくさん山芋出てました。


th_IMG_8228.jpg th_IMG_8237.jpg

th_IMG_8229.jpg th_IMG_8230.jpg


あっ、あと私は見てないんですが、あまちゃんの中で「甘いんだかしょっぱいんだか」と
言われていたらしい、まめぶ汁というのも初めて頂きました!!これ、気になってたから
嬉しかった(笑)


th_IMG_8232.jpg

胡桃と黒砂糖を包んだ小麦団子をお出汁で炊いたお料理なんですって。
ちょっと香川の餡餅雑煮に通じる物が…???(笑)

th_IMG_8243.jpg

コイツがその胡桃と黒砂糖を包んだお団子。
言う程甘くなかったので、そこまで違和感なかったかな???


お魚やお肉類もあるのですが、とにかく野菜と海藻が豊富。
なのでお皿はこんな感じ。


th_IMG_8239.jpg th_IMG_8242.jpg


もうね、めっちゃヘルシーな感じ。
まだまだ先はあるのですが、今回の旅をざくーっと振り返ってみると、青森から南へ
行く程、海藻やお野菜の量が減り、味もガッツリになって行った印象なんですよね。
ま、自分が泊まったとこでしか観察できてないので、それが各地の傾向だと言う
ことにはならないと思うんですが、お醤油がちょっと甘いってのもあって、九州人の
わたしには大変頃合いなお料理が多かった♪

ま、ヘルシーでも米が美味しいからご飯ガッツリたべちゃって、全体的には
どれくらいヘルシーだったのかは疑問ですが。。。(笑)

広々として、朝日をタップリ取り込める、料理も美味しい優雅なお宿。
スタッフさんたちも逐一親切で行き届かれてる方が多かったなー。
良いお宿でした♪ この先にまた伺う機会があるかはわかりませんけれど、
この周辺にお越しになる機会がおありになる方がいたら、おススメしたくなる
お宿でした♪


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪



和旅【八戸】

八戸も青森ですが(笑)、ここで食べたもんも美味しかったのでご報告。
八戸って以前は車でサラッと過ごしたので知りませんでしたが、駅、立派やねんなー。


th_IMG_8041.jpg


携帯のカメラでは全景を撮りきれませんでしたが、こんな様子の建物がかなりの長さに
渡ってドーンと鎮座しておらっしゃる。もの凄くモダンな作りで、旦那さんが、

「これ、裕司の時には宇宙船として飛んで行くんですよ」

って言ってたけど、そうなっても不思議はない様な様相で。。(笑)
そんな駅の中にある数件の中の食堂に立ち寄りました。


【いかめしや烹鱗】

th_IMG_8043.jpg


名前の通り、特産のイカを使ったイカめしがあるのでしょうが、ちぇりさんは
壁に掲げられた心惹かれるメニューに釘付け。。。

ってことで、頼んじゃいました♪
ばくだん丼♪

th_IMG_8044.jpg

イカ刺しをメインにした丼はめずらしくありませんが、面白かったのはこちらの
丼のイカ、さいの目に切ってある!!これは見た事なかった!し、ただ切り方を
変えただけのもん、ありふれたもんだろう、なんて思ったら大間違い。切り方が
違うと当然食感も違うわけで、これがなんとも新しいんですよっ。


th_IMG_8047.jpg

もちろん、それに見合ったタレだったり他の食材との組み合わせだったりと工夫
されてる部分はあるのでしょうが、切り方を変えただけでこんなにも別物に
なるもんだろうかという驚きがあって面白い♪


th_IMG_8046.jpg th_IMG_8048.jpg

また添えられた卵黄が濃厚でまったりと甘く、イカとの相性が良いんですねぇ。
いや、美味しかった。こら何ぞ受賞するのも納得の味(なんぞてなんや…)。

旦那さんは八戸のラーメンとネギトロ丼のセット。
すっごいシンプルに見えるでしょ?でもすごいんですよ?八戸のラーメン。
以前食べた時にも衝撃を受けたのですが、煮干しベースのスープなんです。
そこは珍しくないのですが、頭とか腹とか落として取られてるのかなぁ。
もの凄くスープが奇麗。そのコクや旨味の深さに不釣り合いなくらいに奇麗。


th_IMG_8045.jpg


基本、魚介醤油系のスープ苦手な私が頂くといつもうなります。
しかもここ、専門店じゃないですからね。ある程度プリザーブドな物を使われてる
のかとは思いますが、なんにせよこのスープのセンスはすごいと思う。
どっかで絶対もの凄くてはかけてるはずで、こんな魚介醤油だったら全く問題ない
どころか、時たま無性に食べたくなるレベルやのになーと。

八戸、と聞くとついつい魚介類ばかりをメインに考え勝ちですが、ラーメンもね、
ぜひとも味わっておきたい一品。ご当地ラーメンなんて昨今では珍しくもなく、
数が増えているだけに似たり寄ったりになりがちなこともありますが、八戸の
煮干しベースのラーメンスープはほんとに奇麗で凛としていて美味しいですよー♪


【北三陸鮨市】

上記のいかめしや烹鱗さんのすぐ近くにあるお寿司屋さん。
ただの駅弁、というにはグレードが色々あって、普通に街中にあるお寿司屋さん並みですね。
食事はさっき済ませたばかりで、1人前を買って電車の中のおやつにしよう、ってこと
だったので、特上を( ・`ω・´)b


th_IMG_8054.jpg th_IMG_8091.jpg


お寿司の良い所は、鮮度は勿論新しい方が良いのですが、多少時間を置いても
著しく味が劣化しないという点ですね。基本冷たい物だから温度も気にしなくて良いし。
で、2500円だったかな?の折りを頂いてみたのですが。。。

th_IMG_8092.jpg

んまーっ、ごーか!!!
ネタが新鮮!!失礼ながら、こう言う所で持ち帰り用に買うお寿司としては
かなーり美しいのではないでしょうかっ。そしてカニさんもデデーンと大きく、
雲丹の粒もとてもシャッキリ。素晴らしい。


th_IMG_8093.jpg th_IMG_8094.jpg


もちろん、カウンター越しにお店で頂く様な風情は無い訳ですが、
おやつに買ったものとしてはかなり上級じゃないでしょうか♪

いやー、八戸、今回は駅だけでしたけど、以前と同じくやっぱり美味しいわ。
八戸駅に来られる方、通られることがありましたらば、ちょっと食事の時間を
調整して、駅構内にある食堂で手軽に八戸の味を楽しんでみてはいかがでしょう♪
美味しかったですよー♪



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪



和旅【青森】

実は神戸〜青森の間に東京が入るのですが、そこはまぁご存知の方も多かろうし、
お店の数も多くなったので、東京情報は食べものサイトにまとめて投稿しておきます。
ということで…

青森!
生涯で二度目の土地♪
以前はキャンピングカー走らせて(←あの時はレンタカーだった!と旦那さん
から突っ込みアリ。記憶違い。。。)
青森市内と八戸に行ったんだよなー。


(大間のマグロも食べに行ったじゃん!!という突っ込みも。。。
 大間って青森だったか…←地理弱い)


タヌキ型のケーキ、懐かしくて美味しかった。
味噌カレー牛乳ラーメン、ネタで手を出したのに美味しくてハマった(笑)
市場で丼ご飯を買って、色んなお店で色んなネタを少しずつ買って
オリジナル丼作るのも楽しかったなー♪

しかし今回はその時行った場所には殆ど行かず、三沢、という所に行って来ました。
行くまでその場所知りませんでした(笑)
そこになにがあるかというと…?


th_IMG_7925.jpg


雪んこちゃんのお出迎え。あら可愛い♡
って、これじゃどこかわかんないですね(笑)
ちまたで話題の、星のリゾートさんの中の一つ、『青森屋』さんです♪
小牧温泉という、青森のみさわ市にある温泉施設をテイクオーバーして作られた施設。
星のリゾートさんが運営される施設には色んなランクがあるようですが、こちらは
割とカジュアルなタイプの様ですね♪

お国言葉でのおもてなしが遠来の客にはよろしかろうと、青森弁で、
でもコテコテにそれだと意思疎通が出来ない心配があるので(笑)
それなりにお気を使われながらのご接客。それでも言葉遣いがどうあれ、
温かみと言いますか、客を心から歓迎してくれるお気持ちは滲み出てしまうのか、
もう、長年会ってなかった親戚が迎え入れてくれるかの様な歓待ぶり♪

まずは駅から同じお迎えのバスに乗って来た沢山のお客さんをロビーに設けた
色入り端の様な席に通して、チェックインは座ったままで順番に行われます。
待っている間には。。。

         th_IMG_7930.jpg
th_IMG_7932.jpg th_IMG_7927.jpg

ウェルカムドリンク。振るまい茶ならぬ、振るまいリンゴジュース!
こっれが濃厚でとろーっとしてさえいるかのようなマロみがあって、すっごい美味しい!
青森やもんねっ。青森っちゅったらリンゴやもんね!これは嬉しい♪

お部屋も素敵でしたねー。
どうやら以前からあった施設を改装して使っているようで、建物自体はかなり
年季が入ってるなーって感じでしたが内装には気を使っていたし、なによりも
このベッド。コレが素晴らしかったっ。

th_IMG_7939.jpg


和洋室っていうんですかね。
基本的には畳敷きなんですが、お床はベッド。このベッドがですね。。。
わたくし、技術的な事はちっとも分からないんですが、なんというか、横になるとこう、
全身からの披露がジュワーっと溶け出してベッドに吸い取られて行くかの様な快適さ。
横になるだけ。それだけでものすごくリラックスできるし、いや、ベッドでリラックス
出来るって言うのはこう言う感覚なんだな、と初めて知った勢いで寝心地が良かった!

こう言っては何ですが、ここ数年はかなり良いベッドに寝かせてもらってたと思って
たんですが。。。。なんだろう、この快適さ。というかもう快感。
どんな有名メーカーの物だろうとホテル側に聞いたのですが、地域の布団屋さん、
ということで、特に世界的メーカー云々の…ってことじゃなかったようです。
ひゃーっ、これはこのベッドに寝てみると言うお試しの為だけに此方に来ても
いいかもしれない!


施設は入り口からの本館、そしてかなり広めのエリアであるなんちゃら広場、
と言う所にお土産物屋さんや、青森の象徴的なねぶたの飾り物があったりして
そこがとっても賑やかで♪


th_IMG_8002.jpg


女性客には可愛い浴衣の貸し出し等もアリ、施設の周りに何も無い分、
館内だけで存分に楽しめるように工夫されてます。


th_IMG_8001.jpg th_IMG_8004.jpg

お土産物売り場もまるで夜店の様な賑やかさで、なんかもうその広場にいるだけで
うきうきしちゃう感じですかね♪ 浴場等もそのエリアにあるので、泊まり客は
必ずそこを通るようになってるのですが、そうすることで館内のお楽しみを見逃す
こともないし、ホテル側にしても土産物屋の前をなるべく回数多く通ってくれた方が
購入機会は増えるわけだから、まさに Win x Win。よー考えられてますね。


th_IMG_8007.jpg


あと、遠路はるばる来られた方は、数泊して行かれる方も多い、というか、
ここまで来たら数泊くらいしないともったいないというレベルなのですが(笑)
かといって、いくら居心地良くても何もする事が無くては…ということからか、
オプショナルツアーも豊富に揃ってます。


th_IMG_7989.jpg th_IMG_7990.jpg
th_IMG_7991.jpg th_IMG_7992.jpg


近隣の名所を回る感じの、どれも一万は行かないくらいだったかな?
の予算のツアー。土地の人には普通の事でも遠来の方には珍しいものばかり。
といって、自分でアレコレ手配するのは大変ですから、こう言うツアーは
売り手買い手、どちらにも嬉しい企画ですね♪

とはいえ、頑張ってこちらの宿泊施設に来る事を目的にしました、と言うケースも
あるわけで。。。なかなか宿泊費以上に予算をかけるのはちと大変。。。または、
ご家族で来られてて、小さなお子様にはちょっと退屈そう、という方にはこちら。


th_IMG_7993.jpg


近隣を、馬車で回ってくれるサービス。
時間は程々短かったけど、1000円くらいで滅多に乗れないこう言う風情のある
馬車に乗って思い出作りができるんだったらいいじゃないですか♪

あとはこんなのも。
これ、めっちゃ興味そそられた(笑)

th_IMG_7994.jpg


おお!!
北海道のとある産地では、選手権まで開かれていると聞くホタテ釣り!!(笑)
今回は残念ながら時間が合わずにチャレンジできなかったのですが、
これは楽しそう♪

あと、無料のアクティビティとしてはこんなのも。。。(笑)

th_IMG_7995.jpg


津軽弁のラジオ体操(笑)
館内のスタッフさんが使われたた言葉が津軽弁そのものなのかはわかりませんが、
まーなんとも温ったかみのある抑揚で私は大好きだったんですが、先ほども
行ったように、あまりベタでは意味が通じない事もあるってことで、耳に入る
青森の言葉はほどほど調整された感じのものだったんですね。しかしコレは多分
コッテリ津軽弁。うーん、聞いてみたかった(笑)


あと、宿の楽しみであるお食事も、コレまた大変素晴らしかった!!
ビュフェ形式なのですが、入り口には人気メニューの紹介があり、なるほど、
こう言うのを事前に見ておけば数多い料理の中で見逃す事もなく、また、
事前にお目当てを作る事であっちこっちに目を向けようと言う気にもなると言うもの。
大変お上手。


th_IMG_7996.jpg


館内入り口には、大きなお鍋で名物の「せんべい汁」を炊いてくれてる
「お母さん」がいらっしゃって、まずホッコリ。そして奥は整然と、且つ
広々としたビュッフェ会場が広がるわけですが。。。


th_IMG_7948.jpg


とにかく種類が色々!!
野菜はもちろん、洋食メニューにお刺身、天ぷら、地物のお肉にお魚料理…


th_IMG_7952.jpg th_IMG_7962.jpg
th_IMG_7963.jpg th_IMG_7968.jpg


茹でホヤとか初めて食べたわっ。
生も好きだけどこれもいい!!ってか、西の人間にはホヤ自体、
食べる機会がすくないもんねぇ(^^;


お刺身なんかは、お願いしたら都度、盛りつけてくれるので、
ビュッフェとは言え美しいお膳の様子に仕上がります。こちら。


th_IMG_7960.jpg


あと、お肉をその場で焼いてくれるサービスだとか、特性のラーメンも、
注文したらその場で仕上げてくれます。それだけの人を置いてるってことですね。
料理の補充もきめ細やかだったし、大変な充実ぶり。


th_IMG_7964.jpg th_IMG_7965.jpg

デザートも数が豊富で、フルーツからアイスクリーム、ケーキ類までてんこ盛り
だったのですが、個人的にはコレが一番うれしかった。リンゴのキャラメリゼ。
しかも大量に!!(笑)


th_IMG_7980.jpg


うん、洒落たもんではないですよね。盛りつけからしてザクッとしてる(笑)
でもそこがいい。小洒落た料理はそれ専門のとこに行けばよかとです。
量と種類が求められるこう言う土地柄を売りにしたビュッフェでは、いかに
お客さんを館内にいるだけで青森を体感してもらうかが大事。それを最大限に
楽しんでもらおうと言う意図があってか、とにかく産地の食材がいっぱいあって、
それをなるべく素直に楽しんでもらおうと言うお料理が多かった様な気がします。

美味しい、というのはもちろんでしたが、とにかく楽しかったです。
特産のリンゴを使ったドレッシングやサラダも豊富だったし、ちょっとしたとこまで
地産のものを生かして、お客さんに「青森を楽しんでもらおう!」という気概が
びんびんと伝わって来た。ターゲットが大変明確。

なるほどなー、と。
ちまたで話題だった星のリゾートさん、一度泊まってみたかったのですが、
こりゃ人気でるわいねー、と、心底納得。派手な事はしてないのですが、
エンターテイメント性が半端ない!!

あとね、スタッフの方が皆さん楽しそうに嬉しそうにお仕事をしていらっしゃったのが
とてもとても印象的でした。マニュアルによる、そつのないサービスではないんですよ。
本当に、まるで旧知の仲の友達が来てくれた!と言わんばかりの心からの笑顔と歓迎。
なにを訪ねてもホッとする受け答えが帰って来るし、些細な事にもホッコリさせられる。
ああいう感動というのは、本人達が心底お仕事を誇りに思って、心底お客さんらを
歓迎してないと出て来ないものじゃなかろうか、と。


星のリゾートさんには賛否両論あるそうです。
否定派の中には、実際の所はしりませんが寂れた施設を買い取って、
都合良くご商売されてるんではなかろうか、という味方をされてる方も
いらっしゃるんだとか。

例えそうであったとして…
買い取った後に従業員をほっぽり出して、我がとこの利益だけを追求し…
と言うのではなさそうなんですよね。しかも、青森屋さんに至っては、
土地にゆかりの方の話を聞くと、以前はもう寂れてどうにもこうにもならなくなってた
温泉宿だったとのこと。お湯の質は大変よかったけれども、もしそのままだったら、
その施設自体がどうなっていたかわからない、と。

それを今や、ピーク期には予約を取るのも困難な人気店に押し上げてるわけで、
それによって雇用もきっと増えたでしょう。周辺地域も恩恵にあずかってるかも
しれません。なにより、スタッフさん達の生き生きとお仕事をされる姿が、
今に至って良かった事を物語ってるんじゃないでしょうか。

企業ですから利益を追求するのは当たり前ですが、その上で尚、こちらのお宿は
従業員もお客さんも笑顔にされているし、もっと言うと、館内で使う食材を提供
してくださってる農家の皆さん、流通関係の皆さんにまで影響を及ぼしているのですから…

まさに三方良し。
外部の人間が一度泊まったっきりで見ただけのことですから片手落ちな見方に
なってるかもしれませんが、「仕事できる人」の成果とは、こう言う物の事を
いうのかなぁ、と、ひたすら感心しきりでした。


あ、チラと言いましたが、ほんっとにこちらのお湯が良いお湯で。。。
とぅるっとぅるの美人湯でしたよ♡
元が元なんで美人度の上げ幅には限界がありましたけれども(笑)
この寝坊助のワタクシが、夜のみならず、是非とももう一度入ってみたいと、
温泉に入る為に超絶早起きまでしたほど気持ちよかったです♪


なんというか…
別にワタクシ、宿泊施設関連の仕事をしようなんて思ってませんけど、
色んな仕事に通じる、学びの多いお宿でした。
感動しっぱなしの上に、帰りのマイクロバスで送り出された時には、
お迎え時にお世話をやいてくれたロビースタッフさん達が、寒い寒い中、
大きなハタを大振りしながら、


「ありがとうございましたー!!!!
 お気をつけてー!!!!
 またお待ちしておりますー!!!
 ありがとうございましたー!!!」


と、バスが見えなくなるまでずーっとずーっと、大きな声で叫んでくれてました。
パフォーマンスではなく、そのときの客が来てくれた事を喜んでいたのが伝わるように、
それはそれは嬉しそうに。不覚にも、ちょっと涙出そうになりました(^^;


アッチコッチの媒体に、モデルケースとして取り上げられる理由は多分、
まだまだ数え切れないくらいあると思いますが、取りこぼしても尚、
感動する場面が多々ある素敵なお宿。きっと、他の星のリゾートグループのお宿も
趣こそ違えど、素敵な所なんじゃないかなーという期待を持ってしまいますね。
旅先の宿に宿泊した、と言う以上の物を、たくさんもらえた、大変素敵なお宿でした♪

青森、あまり広範囲には巡ってませんが、前回に続きよい思い出になりました♪
よって、自分の中の青森LOVE度、更にアップ♡
また絶対、遊びに行こうっと♪




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

和旅【神戸】

神戸も観光と言うよりご用事があって&お友達に会いに♪
京都では台湾のお友達に会いに行きましたが、
今回はなんとベトナムのお友達ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

実は去年の秋に日本に帰る際、タンソンニャット空港で「ちぇりさん!」といきなり
声をかけられて、こんな所で誰?!と思ったら、ベトナムの大学の日本語サークルの
女の子達!数回だけボランティアでサークルに行ったり一緒にピクニックに行ったり
したのだけど、彼女達が覚えてくれてたみたい♪

そう、彼女『達』。
なんと5人の女の子達、そのときそれから神戸の大学に留学に行く途中だったん
ですって!こんなこともあるのねー♪ ってことで、席こそ離れてたけど、
同じ飛行機で日本に行ったのでした、という経緯があったのです♪
で、せっかくだから今回は彼女達も誘ってお食事をと。

何か和食が良いかなーと思ったりもしたのだけど、泊まったホテルのレストランで
ちょうど北海道フェアをやっていて、蟹やらエビやらが沢山組み込まれたメニュー
があって、私も食べたかったし、彼女達もエビカニだったら好きだろうってことで
そこに決定♪

ANA Crown Plaza神戸 の The Terrace というお店。

th_IMG_7607.jpg th_IMG_7610.jpg

個人的な経験からすると、ホテルビュフェはベトナムにコスパ内容共に適う所は
なかなかないだろうなぁと思っていたので、エビカニ以外のメニューがどんなもんかなー
とは気になってたけど、一番心配だった混雑して押し合いへし合いするのがやだな、
というのも特に心配無し。男性の団体客(お仕事集団?)はいたけど、オジサン達は
あっさりしてますもんね(笑)


        th_IMG_7611.jpg
th_IMG_7613.jpg th_IMG_7614.jpg

内容もなかなか充実していて、美味しかったし、何よりメインの蟹が全部炭火焼!
普通大量に消費されるこう言うビュッフェでは茹で蟹、更に言うと冷凍茹でガニを
解凍した物が多いと思われるのですが、ここはずーっと1人のシェフがつきっきりで
焼いておられた。これはビックリ。

私、蟹は焼きが一番美味しいと思ってるんですよね。
茹でても味が流れ出るし、蒸しても水分が入って薄まる。
その点焼きだと旨味も逃げず、不要な水分も入り込まないどころか、多少水分が
飛んで味が凝縮される上に、殻を焼いた香ばしさもプラスされる。焼き、最高。


th_IMG_7615.jpg

ああ、うっとり。美しい。
というわけで、彼女達が好きそうだからー、とか言いつつ、自分が一番食べてたよね。
ガッツガッツ。ほら、ホーチミンのカニって小さめだし、大きい奴は高いしさ。


th_IMG_7617.jpg th_IMG_7618.jpg


あと、最近テレビで見たカニ剥き名人さんの技を見よう見まねでやったら
上手にできたことも大きかったですね。こんな感じでずるん♪っと。

th_IMG_7625.jpg

いや、美味しかった♡
難点を言うと、甘酢があってほしかったけど、スイートチリがあったから
まぁ良かったかなと。そしてここ、スイーツも充実♪

ベトナムの女の子達は大学生ですから、こう言うのが好きなお年頃。
且つ、日本のスイーツはコンビニの物でもとても美味しい!と、目を輝かせて
話していたので、選び放題食べ放題のデザートビュッフェにはもうお目目キラキラ☆

ラッキーな事にこの日は休日だったので、休日オンリーのサービスとして
巨大なモンブランと言うのもお目見えしていた!!!


th_IMG_7609.jpg


で…でけぇ…。しかもこれ、すっごい美味しかったんですよ。
マロンペーストは勿論だけど、中にゴロゴロ栗の甘煮が入ってて、
まーゴージャスなことっ。これはお得なビュッフェだったわ。
カニ、死ぬほど食べたし(ゲフ
期間限定ものだけど、全体の印象を見てても、ここのビュッフェはお得なんじゃ
ないかなーと


*****************************************


コレは期待できるかも?ってことで、こちらのホテルの滞在中に、ホテル内の
別のレストランにも行ってみました♪ 宿泊者割引みたいなのがとても充実
していて、普段わざわざは食べに行かなくても、割引があるなら行ってもいいかな、
なんて思い始めてホテル側の思うつぼ(笑)

お店はその名の通り36階にある Level 36 と言うお店。
ライトで店名を床に映し出すなど、すごい大人でお洒落な雰囲気。


th_IMG_7656.jpg

そして神戸を一望する絶景の光の眺め!!
こーりゃ、神戸男子は必須項目ですな(笑)
ここぞって時のデートには知っとかないとっ( ・`ω・´)b


th_IMG_7671.jpg


で、ロケーションに頼ってるかと言うと、これがまたお料理が美味しいっ。
カトラリーからお皿のひとつひとつまでとても洒落てて、それだけでも
気分がうきうきしてくるのですが。。。


th_IMG_7674.jpg


前菜からこの華やかさ。
質の良い素材を素直に生かしてて、頼んだワインにとっても良く合う♪
ワインの難しい事はわからないのでお任せしたのですが、とても良い
チョイスをして下さったみたい♪

th_IMG_7672.jpg th_IMG_7678.jpg


ウニのパスタも美味しかったなー。
全体量は控えめなのだけど、プリッと茹でられたパスタに濃厚なウニのクリームソース。
控えめにフォークに巻いてお口に運ぶとフワッと海の香りがしてググッと深みのある
クリームの味。いやー、これまた酒が進む♪


あと、私のメインのロブスターが。。。ロブスターが。。。
凄まじく美味しかったヽ(;▽;)ノ


th_IMG_7679.jpg

物自体が良かったと言うこともあるかもですが、手入れがお見事!
ロブスターの威風堂々とした様子と力強い味、底に加えられた香ばしい風味。
全ての焦点が合ってる感じで、何も考えずに油断したまま口に運ぶと、
「うおっ!!」とひるんでしまいそうなくらい(笑)

旦那さんが頼んだお肉も美味しかったな。
赤みだけど深みがあって、調理までの時間をしっかりかけられてる感じ。


th_IMG_7681.jpg th_IMG_7685.jpg


私ですね。ホテルのレストランって、超絶一流どころで全く縁がないか、
そこそこ美味しくても価格に縁がないか(笑)どっちかで殆ど食べに行く事は
ないだろうって思ってたんですが、最近は一般の飲食店の価格がかなり下がってる
ことと競争の激しさからか、あまりさをつけ過ぎるとやっていけないんですかね。

そこそこのホテルの中の飲食店とはいえ、そこまで高くはないし、その割には
質の高い所もあるし、特にサービスと、こちらのお店のように夜景が素敵、などの
付加価値があることを考えたら、選択肢としては持っておいても良いんじゃないかなー、
と考えを改めた次第。

いやー、これ何か向こう三年分くらいのお祝い分をしてもらったくらいの満足度(笑)
夜景も見れてロマンチックやったし(その割には興味示してたの料理ばっかりやんな)
だーいまーんぞーくヾ(@⌒ー⌒@)ノ


ちなみにこちらのお店、ソファ席もあって、ラウンジとしてお酒を楽しむだけでも
OKなんですって。ここ、ありだわ。駅以外周りになんにもないけれど(笑)
何でも無い人をここのお酒誘うってなると、ベタな口説きコースと間違えられる
可能性はあるけどね(笑)



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

和旅【京都】

さて、どんな風に書いて行こうかな、時系列だとご紹介するのに時間がかかり
すぎるかな、と思ってたのですが、今回は各所に数日滞在したりして、一カ所
でもご紹介したい場所がたくさん。

ただ毎日のことを伝えていては一ヶ月以上かかる勢い(笑)
なので、せめて一カ所の中で良かった物をピックアップして一回でお伝えできたらな、と。
ま、考えていても仕方ないので、とりあえずやって見る(笑)

ところで旅、と言っても我が家の場合、私は旅=土地の食べ物だし、
旦那さんは各地にいるお友達に会いに行くのが目的。
観光情報は殆ど無いので、事前にご了承くださいませ(笑)

で、日本に到着した当日は、まず京都へ。
こちらへは、5年前に台湾を訪問した時に現地でアテンドをしてくれた、
旦那さんの語学仲間を訪ねに。彼女、なんと今では日本語のみならず、
和服の着付けもマスターし、その特技を行かせる仕事がしたい、ということで
ワーホリで京都の料亭で働き始めたと言う。

マテマテマテマテ。
気着けを自分でして、当然所作も心得て料亭の食事の中居をするとか
日本人の私にも到底無理っ(^^; 5年前にお会いしたときも日本語が
流暢だったけど。。。。


th_IMG_7497.jpg


果たして会いに行ってみると、更に言葉は流暢になり、着物の着こなしもはんなりと。
立ち居振る舞い、お着物の裾さばき等、実に見事に「和」の方になっておられました。
すげーっ(^^;

お店は四条通りから細い路地に入った中にあるお店。
いやー、探した探した(笑)
京都にはこういう雰囲気でたたずむお店、多いんですかね。


th_IMG_7495.jpg th_IMG_7496.jpg


お昼でしたが、当然お酒もいただくことに。
おちょこが沢山用意されてて、お酒ごとに選ばせてもらえるのも楽しかった♪

th_IMG_7499.jpg 


京都のお料理は見目麗しく、皿数を重ねる大変品のあるお料理と言う定義は
知っていますが、日本、特に西日本に住んでいると京都に出かけてもそんなに
遠くに来たと言う感じもなく、よってあまり特別感もなく、お食事もそこまで
奮発しようと言う気にはならなかったのですが、今回は久しぶりの日本。
且つ、以前お世話になったお友達が勤めているお店でもあり、更には別途、
可愛らしくお若いお嬢さんもご一緒して下さっていたので張り込みましたん(笑)


th_IMG_7505.jpg


はい、きれいーヾ(@⌒ー⌒@)ノ


         th_IMG_7503.jpg
th_IMG_7508.jpg th_IMG_7501.jpg

もーひとつひとつが美しいね。
奇麗なお出汁をベースとしながらも一品一品の素材を生かして味を違え、
懐石は量が多いから控えめのペースで、控えめのペースでと思いながらも
美味しいのでついつい箸が(^^;

もう白身の西京焼とか最高でしたね。
サラマンダーをお使いなのか、まー身がぷりっぷりの状態の焼き上がり。
箸を当てるだけで素晴らしい弾力。

th_IMG_7509.jpg th_IMG_7511.jpg

ホーチミンも白身魚はおいしいですが、こういう仕立ては日本の方が
やっぱりしっくり来ますねぇ♪

th_IMG_7513.jpg


こういうのの一つ一つを、台湾のお友達が丁寧に説明してくれて、
まーよくお勉強されている事この上ない。大変やと思うのに、本人、
ニコニコしながらお仕事している。素晴らしい。


th_IMG_7515.jpg


聞けばやっぱり中国や台湾、シンガポールからの中国語を使われる旅行者の方、
というのは大変増えているらしく、なるほど、そこに言葉の分かる中居さんが
いてくれたらば、お客さんも大変心強いと思う。また、あの店には中国語がわかる
人がいるよ、ということになれば、人が集まり店も助かる。

実際旧正月前と言うのもあって、街は中国語で溢れ返っている状態。
こういうスタッフさんがいてくれて、お店も心強いやろうなぁ、と。
もちろん、台湾のお嬢さんとて、大好きな日本に働き口があってくれて
嬉しかろうし。。。Win x Win ですなぁ♪



********************************************


ところで京都では、 別の機会に他の方をホテルの和食屋さんにお招きしたのですが、
こちらはちょっとビックリでした。先の「なん波」さんは大変美味しかったし、所謂、
京都らしいお出汁を大切にされたお味のお店だったのですが、別のお店の方は全体に
味が濃く。。。というか塩っぱいくらいで、小鉢の中さえ浚えなかった。。。

昔の京都は、和食に限らず他の料理に置いても塩気は控えめであったり素材の味を
生かしたりと言うのが定義だった気がするのですが、更に他のお店での洋食などを
頂いても、全体に味が濃くなって来てるのかなーと。

特に海外からのお客さんなどが増えてる事に鑑みると自然な流れかもしれませんが…
それにしても、和食でこれはないなというくらいしょっぱい料理のオンパレード、
なんてお店もありました。

且つ、招待客をこちらがもてなしたかったので、事前にお店にお伺いし、ホテル内の
お店だったので、お部屋に料金をつけてくれるようにお願いしていたのですが…
食事が始まる前に、若いスタッフさんが来て、客のいる前でこうのたまった。

『本日はご利用ありがとうございます。
 本日は◯◯円のお料理を承っておりますので今から初めさせて頂きます』(爆)


オイマテっ。
接待の席と知ってて金額を客の前で言うか?!
重ねて。。。


『宿泊者サービスとして最初のお飲物は無料となっていますので…』


どこまでバカにしとんねん。。。
こう言う事を防ぐ為にわざわざ予約する為に出向いて、こっちが接待すると
言うてたんやん。。。挙句にこっちの部屋につけてくれと言っていたのに、
先方がこちらの見えぬ所で支払いを申し出たのを受けてしまっていたと言う…orz

さすがに客人の前出切れるわけにはいかないので、そこは大人のちぇりさん、
平静を装い、トイレに立つ体ですぐにマネージャーさんらしき人を見つけて
経緯をお話しした所、まずマネージャーさんらしき人が、それの何が悪いのか?
って感じでキョトンとしてましたね。。。

言わせてもらうと、こちら、結構京都でも老舗のいいとこのホテルに入ってるお店
だったんです。ホテルのフロント、ロビーカフェのスタッフさんは素晴らしく行き届いて
いたので、後で思えばこの不埒なお店はテナントなのかな、と思ったのですが、
まぁ、フロントのすぐ横に入り口がある様なお店ですから、うっかり信用したのが
あかんかった。。。。

味も残念だったのでその点でも二度目は無いけど、まかり間違ってもビジネス
なんかでは絶対に使ってはいけないお店。当然そんな調子なので料理提供時の
所作も酷い物で、グラスなんかは両手で持って2個1回で置いてましたよ。。。
家でもそんなことしないだろうによ。。。。


京都と言う日本を代表する旅行地の、しかも老舗のええとこのホテル内にある
それなりの雰囲気がありそうなお店がコレでは本当に情けない。おもてなしの国
ニッポンは一体どこに行った、と、このときは本当に恥ずかしかったですね。
特に最近はホーチミンでも、お心遣いを感じるサービスを感じる事が多くなって
いたので、このあまりの対応には本当にビックリ。かつては世界一のサービス大国、
なんて言われた日本でしたが、色々事情が変わって来てるのかなぁ。。。

勿論、一事が万事、その店がイコール日本のサービスの標準と言うことではないので
そこを持ってして日本のサービスはーというのは乱暴な話なんですが、日本の顔、と
言っても過言ではない様な位置にあるお店がそれだったので、本当にビックリして
しまいました。

ええ、京都に行かれてもしや、ホテル内の和食を使うかもしれないと言うかたは、
コッソリお尋ねくださいませ。店名、お教えいたします。味に関しては好みがあろうか、
と思われますが、本当にあのサービスレベルは大きな実害を伴いかねない。
「事故」を避ける為にも、情報がご必要な方は重しで下さいませ。。。(笑)


というようなことはありましたが。。。
旦那さんが言うには、昼間に大変良いお店を経験してて良かったね、と。
夜があそこまでヒドイお店でも、良いお店もあると知っていたから京都の和食に
酷い一方の印象を持たずに済んだし、いろいろ比較も出来て、何が良くて何が
残念だったかも如実に見て取れたのだから、と。


そもそも自分が行った事が無いお店に人様をお招きすると言うのが無謀だったのですが、
そういう風に言ってもらえると、選択の失敗にも沈み過ぎずに済むと言うもの。
建設的に考えてくれるパートナーがいてくれると言うのはありがたいことですねぇ。


ええ、建設的考え方ワタクシ・バージョンとしましては、この店、しばらく
ネタにさせてもらおうと思っています(笑)。もう何が問題かを把握してる人が
殆どおらず、且つ注意した後にも更に色々重ねてやってくれちゃったというトンデモ店。
パッと見、威厳を持ってそうなお店でもこれですから、気をつけないといけませんねー(^^;




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

ご無沙汰してますm(--)m

ここのところブログをお休みしていて、中にはご心配を下さるかたもいらっしゃり
ほんとにありがとうございました♪ 私は元気に日々過ごしております。
というか、過ごしてました。

日本で(^^;

1月の終わりから1ヶ月ちょっとのお里帰り。。。
じゃなく、旦那さんが3週間と言う長期のお休みを頂けたので、
滅多に日本に帰れない旦那さん(ヨメはしょっちゅう帰ってるw)の、
全国各地にいるお友達に会いに行こうツアーを敢行しておりました♪


th_IMG_8331.jpg


こんな感じの状態の中で(´Д` )
軽く気温差、30度くらいありましたよね。。。ホーチミンと。。。
今回は関西入りはしたものの、巡るのは北中心。
特に親戚等もいないので、日本で住んでる間もなかなか行かなかったエリア。
北に行くとなると、一気に北海道とかになっちゃうんですよねー。

でも旦那さんのスキー友達などはいる、ということで、この先もどれだけ
行く機会があるエリアかもわからないから、この際ドドーンと巡っちゃおう!
という太っ腹な旦那さんからのお誘いに二つ返事でOKしたよね(笑)
北のグルメには、とんと縁がなかったからなー(また食う話か。。。)


というわけで、基本ホーチミン情報の為のブログではありますが、
暫くは日本情報。「行った事がなかった」と言う意味では日本だろうが
ベトナムだろうが同じくらいに新鮮だったし、海外に住んでる状態で巡る
日本だからこその発見もたくさん。なんかね、すごく面白かったんですよ♪

ご当地の方には当たり前の事かもしれませんが、行った事の無い者にしてみると
日本とは言え、ほんと知らない事がたくさんでした。寒い時期に何を好き好んで
ことさら寒い地方に出向くのか、と言われもしたけど、冬ならではの楽しい
こともてんこ盛り。是非シェアさせてもらえればと思うので、お付き合い下さい
ましたら幸いですヾ(@⌒ー⌒@)ノ



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Le Hang 〜 スワロフスキーなどのビーズアクセ!

はいはい、今日はちょっとらしくない内容ですよ(笑)
奥様友達と一緒に時間を過ごしていると、お買い物にご一緒させてもらったり
する事が良くあって、みなさん、お洋服やらバッグ、小物など、素敵なお店を
良くご存知だし、ご自分に似合う物を上手に選ばれてて素敵だなーと思うのですが…

まー、ちぇりさんったら食べ物以外に興味が無いっ(笑)
素敵な物を選ぶ奇麗な奥様達の様子を拝見するのは眼福眼福で楽しいのですが、
申し訳ないくらいに自分からは興味を持たない(^^;

そんなワタクシが食べ物以外で時々リピートしているお店がこちら。


th_IMG_7096_201501252036271b1.jpg

ビーズアクセサリーの、Le Hangさん。
Le Thanh Ton 通り、レックスホテルを過ぎ、Pasteur通りを超え、
更に Nam Ky Khoi Nghia通りを超えたら左手にあります。


th_IMG_7097_2015012520362836f.jpg


間口は小さいですが、ショーウインドーには煌びやかなビーズのアクセサリーが
並んでいるのですぐにお分かりになるかと。

残念ながら店内の撮影はできなかったのですが、指輪にピアス、ネックレス。
ネックレスもさりげないシンプルな物から何連にも重ねたゴージャスな物まで色とりどり。
そしてこちらはビーズ自体も売っていて、スワロフスキーのクリスタルやイタリアの
ビーズなど、品質の良い物が広く取り揃えられている様子。

いや、私はその辺疎いので、どのくらいのクオリティの物かはわからないのですが、
ビーズ細工が好きな友人を連れてった時に、日本寄りも安く買える物がたくさんある、
とは言ってました。

嬉しい事に、店内にある商品でデザインは好きだけど色が…と言う様な場合には
オーダーメイドで作ってもらうこともできるようですし、なんだったら写真や
オリジナルデザインのものを作ってもらう事も出来る様子。そうか、ベトナムの
方は刺繍やら縫製など、手先を器用に使う作業がとても上手。ビーズ細工が上手
ってのも納得だわなー、

で、私がお気に入りなのが、この指輪♪
最初に白い方に一目惚れして、ことあるごとに使ってた♪
でも夏使用なので、冬場に日本に帰った時にと、ゴールドの物も追加で購入。

th_IMG_7252.jpg


大きな意思はつけ慣れないけど、ビーズならキラキラでも取っ付き易いし、
程々にゴージャスで、これまでに飛行機の中のアテンダントさん、キオスクの
レジのおばちゃん、カフェの店員さんなどに、

「その指輪、どこで売ってます?」


と、日本で尋ねられた事数知れず。
お土産にも撮っても重宝してるんです♪
ちなみにこの指輪…

160kドン…800円 (^^;


いかにこう言う物に疎いと言えど、その値段は無いだろーという(笑)
私は残念ながらピアスの穴が無いのでピアスは買えないのだけど、
今度クリップタイプのパーツだけ買って来て作ってもらおうかなーと
思ってるところ。

指輪はもっと小振りな物もあるし、結婚式の出席時にも使えそうなゴージャスな
ネックレスもあるし、と、見てるだけでもとっても楽しいお店です♪
ガイドブックとかにも載ってるのかなー。私はお友達と歩いてる時に偶然見つける
まで知らなかったので、メジャーなお店かどうかはわかりませんが、ビーズアクセ好き、
ビーズアート好きの方には、是非行ってみてほしいお店です♪


th_IMG_7105_201501252036290a8.jpg



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪
sidetitleプロフィールsidetitle

Author:ちぇり
FC2ブログへようこそ!

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleブログ村PVランキングsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR