おねがいごと

いつも訪問ねて来てくださって、ありがとうございます♪
今回はちょっとおねがいごとが。

こちらのブログではコメント欄から送信頂くと、そのままサイト上、
誰にでも見られる形で投稿できる昨日と、管理人の私にだけ送信される
機能があります。

個人的なご旅行の予定や、指摘ごとがある際に気を使ってくださって
ひと目に触れないようにその機能を使って下さる方などがいらっしゃるの
ですが、特にお問い合わせごとに関しては、コメントを送信頂く際に
メールアドレスをご記入頂いていないと返信が出来ない場合があります。

管理人宛で頂いた=表立ってのコメントは望まれない、と解釈していますので、
余程内容に差し支えが無いと思われる場合以外は、なるべく表で回答する
ことを避けています。お名前を勝手に出してしまうのも憚られますし(^^;

そういうわけで、もし表のコメント欄でのやりとりではなく、その後メールなどで
個人的なやりとりを望まれる場合は、アドレスをご記入して送信いただけます
ことをお願い致します。

そしてそう言うケースの場合、ご本人に連絡のしようがないので、
頂いたコメントを掲載している記事のコメント欄(表)にて
再度のご連絡のお願いをすることをお許しください。
ご連絡を下さったかた本人が読めば分かる程度の内容を添えるようにしています。

できるかぎり、ご質問やご要望には対応したいと思っていますので、
ご協力頂けると助かります(^^)
スポンサーサイト

SAVA 〜 ゴージャス輸入食材店♪

輸入食材店というと、アンナム・グルメマーケット。
ただあそこはフランスの物って感じですよね。

http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-3496.html

そして私的には割と身近な場所にあるし、ワインなんかは結構お安い価格で
売られてるしで、高級輸入食材店とは言え、けっこう身近な存在。
しカーしこちらのお店は行った事なかった。お名前だけは聞いてたんですけどね。
何でもフォアグラが買えるとかなんとか。

ただ私はフォアグラは別で調達していたのでそこまでの必要性を感じず、
行かずじまいになっていた(^^; そこをお友達に連れてってもらったら。。。


          th_IMG_5384_20150827161228491.jpg
th_IMG_5387_20150827161229c32.jpg th_IMG_5388_2015082716123095c.jpg

やーっだ、なんか可愛い建物!!
以前はお住まいとして使ってい建物を改造して造ってるって感じかしら。
ベトナムにありながら、ヨーロピアンな雰囲気ぷんぷん。

ワクワクしながら扉を開けて入って見ると、レイアウトがこれまた素敵。


th_IMG_5394.jpg

th_IMG_5389.jpg

th_IMG_5392_20150827161455015.jpg

缶詰類に調味料、製菓材料にハム類・チーズ類。冷凍食品なども少々。
ごあぐらはそこにあったのですが。。。うん、高い(^^;

th_IMG_5395.jpg th_IMG_5397.jpg

これならレストランで食べたい時に食べに行った方がいいかなーって感じ。
いや、もちろん質の話もあるから一概に「高い」とは言え無いんですが、
そもそもキロ単位だと量が多すぎるし、食べる人を募る所から始めないと、
ちょっと実用的じゃないかなーって感じ。でもま、手に入れられるルートの
一つとして知れた事は収穫。

th_IMG_5391_20150827161453cab.jpg


フォアグラのパテのコーナーには、連れてってくれたお友達大絶賛のパテの
缶詰などがあったのですが。。。うん、もの凄く高くって、頂き物で食べた
事があると言ってたお友達もお目目がまん丸(´⊙ω⊙`)
ご贈答品とかにはいいかなー。一度食べてみたいものだけど。

他の物もええもん揃いだったけど、チーズやハムに関しては賞味期限がある為か、
若干ディスカウントしてるものも。いや、少ないけど半額になってるものもあったな。
ええ、すかさずそういうの狙って買いましたとも(笑)


          th_IMG_5400.jpg
th_IMG_5399.jpg th_IMG_5401_2015082716525069a.jpg


ほかにもマスタードだけでもかなりな種類がそろってたり、ドライマッシュルーム
類も色々あって、もうワクワクしっぱなし(笑)
こういうのは実際の使いでもあるけど、列をなして陳列されてる様と言うのが
良かったりもするので、見て良し、買って良し、ですよね(笑)

th_IMG_5403_20150827165251318.jpg th_IMG_5404_2015082716525316c.jpg


他にもエスカルゴ,トリュフ、サフラン、ピメントなど、ちょっと頑張って
お料理したいときの食材から気軽に使って普段の料理をちょこっとグレードアップ
できるものまでが勢揃い。


          th_IMG_5405_20150828173527715.jpg
th_IMG_5406_201508281735286fb.jpg th_IMG_5409_20150828173530755.jpg


結局今回買ったのは値引きになってたチーズとドライハーブを数種類という
大変慎ましやかなお買い物でしたが(笑)このチーズもまたおいしくて!!
ま、これはお店がどうのと言うよりチーズの種類の話かと思いますが、
アンナム以外にもこういうお買い物できる所があるんだなー、と、個人的には
超収穫を上げた気分でウキウキでした♪

th_IMG_5424.jpg

ワインを置いてなかったのは残念でしたが、2区にはアンナムもあるし、
他のオーガニック食材のお店も会ったりするので、それらをチョイチョイ覗きがてら、
食材のウインドウショッピングを楽しみつつ、カフェにも寄って。。。
なんていう2区ツアー、楽しいかもしれませんね♪

そしていつか。。。いつかフォアグラも買ってみよう。。。
まずは人数募ってからだなwww
(そんな思いしながら食べる食材ちゃう気もしますけどw)


th_IMG_5429_20150828173847f4c.jpg

th_IMG_5428_20150828173846fb5.jpg



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

お野菜のドレッシング炒め

お野菜は食べたいけど、生は身体が冷えるし食べ難いし。。。
なんて事が色々あって、温かいサラダが食べたくなると切ってありませんか?
え?あ、お若い方はそんなことない、と。。。(ノ_・。)

冷え症が気になる体質お年頃だと、生はなるべく控えたい。
生野菜はおいしいけれども、たまにでいい。でもお野菜自体はタップリ取りたい。
ってことで、ホットサラダ、良く作ります。

何かそれらしい名前つけてみたけど、単なるドレッシング炒めですw
特に野菜の分量や種類は問わないので、お好きなお野菜を使ってもらったら
良いと思います。ドレッシングも、今回はスーパーで売ってるベトナムの
安いやつですが、イタリアン系の奴だったら何でも合うんじゃないかな。


th_IMG_4692_20150827155803a3c.jpg

パプリカ、玉ねぎ、トマト、葱の青いとこなど余り物を軽く炒めたら、
ドレッシングをジャーッと。はいできあがりヽ(・∀・)ノ

最近のお気に入りはエリンギを使ったもの。
玉ねぎ、人参を細切りにして炒めて多少水分が出た所にエリンギの細切りを。
玉ねぎの旨味を出してからエリンギを加えるのがポイント。エリンギ、
よーく旨味を吸ってくれるからねー。

th_IMG_5426_20150827155800569.jpg

で、軽く炒めたらドレッシングをジャーっ。
はい、できあがりヽ(・∀・)ノ

あと、タマゴを炒めるときもちょっと多めのイタリアンドレッシングを
熱したフライパンでザザザっと大きく混ぜながら作ると、あらふんわり♪


th_IMG_4690_20150827155801e20.jpg


簡単に作れるしハーブやら何やらがドレッシングには含まれてるから
あれこれ下準備に手間かける必要も無いし、オイルも多少入っているので
お野菜だけでも物足りなさが無いんですよね。反対にお肉などのコッテリ
素材を多少使っても酸味があるからサッパリになるし、何かとバランス
良いようで。

お手軽なんで、冷蔵庫に余り物お野菜がある際にはお試しくださいませ♪


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

手作りジンジャーシロップと生姜の佃煮

暑い国なので身体をスッキリ冷却する物が欲しくなる訳ですが、欲求に任せて
冷たい飲み物、南国の果物、冷房の効いた涼しいお部屋に甘えていると、
冷えが気になる方も結構いらっしゃるんじゃないでしょうか。

暑い国なのに冷えが気になるって。。。ってなんだかちょっと理不尽な気も
してきますが(笑)、外気温が暑くても、生活習慣や食べ物の種類で身体の芯を
冷してしまうことってありますものね。ましてやクーラーに当たる環境が長いと
尚の事。ってことで。。。

取り込む物で身体を冷すのだったら取り込むものでバランスを取ろうぜ!
ってことで、私は手作りジンジャーシロップを常備してます。
これを作っておくと炭酸を加えたりお湯割にしたりと気軽に生姜を摂取できるし
何より美味しい♪ 味には好みがあると思いますが、冷えの具合も穏やかになって
一石二鳥。作り方は簡単。

砂糖と生姜のみじん切り、水を同僚程度(甘さはお好みで)火にかけて、弱火で
20分ほどクツクツやるだけ。煮詰めは水分を飛ばす事が目的でなく、生姜の成分を
煮だしてその液を使うことなので、水分と香りが飛び過ぎないよう、蓋をして。


お好みで唐辛子やシナモンを少量加えて仕上げにレモンをサラッと加えればOK。
ベトナムだったら頂き物でお家にあることも多いかと思われる黒胡椒の粒を
何粒か入れて炊いてもいいですね。
そして今回はこんなお砂糖を使ってみました。


th_IMG_4190_20150826013435948.jpg


しっかり素性を調べた訳じゃなく聞いただけの話なのですが、椰子の樹液を煮詰めて
作ったお砂糖だとかなんとか。実はパッと見で「蜜蝋?!」と思って買ったんですが
違ってた。。。蓋を開けると、キャラメルの様な微かに塩気を感じる香り。
舐めてみると、確かにサトウキビの甘さじゃないんですよね。

で、どうしたもんかとしばらく放置してたのですが、ある日お砂糖が切れて煮物に
これを使ってみたら。。あっらーっ。コクはあるけど甘味はスッキリ。なにこれ、
メチャクチャ使えるじゃん!!ってことで今ではすっかりレギュラー選手。

サッパリとした果物の甘味を自然に生かしたいコンフィチュール等には適さない
かもしれませんが、ガツンとパワフルな生姜に併せたり、コックリと仕上げたい
肉じゃがなどの味の濃い煮物にはかなーり使える♪

ま、色がつくのは仕方ないとして。。。(笑)
なんか鍋の中が魔女の媚薬作りみたいになってますねwww


th_IMG_4191.jpg

ちなみに、微塵切りでなくてスライスでも充分生姜のエキスは出ます。
私はその後生姜を佃煮にする時の為に微塵切りにしているだけなので、
塊のまま、ではなくある程度小さく切っておけば大丈夫、ということです。

薄めて飲むのでかなり甘く、かなりピリ辛に仕上げて大丈夫。
煮上がってあら熱が取れたら生姜やその他のスパイス類を取り除き、
ごま油を敷いたフライパンで少し炒めたら醤油を少しずつ加えて炒り付けます。


th_IMG_5036.jpg


ベースに甘い味がしみ込んでるので、このときの調味料はお醤油だけでOK。
スパイス類の香りや風味も、意外といい仕事してるんですよね(笑)
お好みで仕上げにゴマをたくさん加えても美味しいです。
醤油はお好みの味の濃さになるまで少しずつ足しながら煎りつけてください。

ジンジャーシロップのために随分とエキスを抽出した感があるのですが、
生姜ってすごいわ。出がらし状態と思いきや、まだまだしっかり味も風味も
そこにある。この生姜の佃煮は白飯のお供にも良し、冷や奴に乗せて良し、
チャーハンの具材兼薬味に、汁麺のアクセントにと大活躍♪


th_IMG_4192_20150826013657f77.jpg


美味しくて身体を温めてくれる一石二鳥のジンジャーシロップを
一石三鳥にする生姜の佃煮。是非是非試してみてくださいね♪


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Phuong Quan 〜 ローカルの日本の焼き鳥???

個人的にうまいもん通りだと思ってるMac Dinh Thi。
最近は気軽に楽しめる和食のお店なんかも増えて来て、ますます勢い漬けてる感じ。
そんな通りからちょっと曲がった所にある今回のお店。

場所的には Banh Mi Tuoi さんというコッペパンが
おいしいパン屋さんの角を曲がってすぐ右手。
間口の小さいお店ですが、(焼き鳥と聞いてたけどなぜか)たこ焼きの
看板を掲げているのが目印。


th_IMG_5092_201508260022014de.jpg


写真がくらくて看板などが分かり難くてすみませんが、行けばすぐに目に入ると
思います。そして店内はローカルの食堂チックですが、メニューは串焼きメインで
その他にも居酒屋メニューなど。全般に価格抑えめ。


          th_IMG_5071_201508260022073b7.jpg
th_IMG_5070.jpg th_IMG_5069.jpg


串に関しては野菜が5kドン(30円?!)から肉物が18k(100円前後!)ドンと、
他の和食屋さんの価格よりかなーり良心的だし一品料理も、チョイ飲みに具合の良い
量と価格。ほうほう。これは美味しかったらありがたいやねー♪


ってか…メニューがベトナム語の勉強になります(笑)

th_IMG_5074_20150826005919c50.jpg



英語の勉強バージョンもあります。
いやまぢこれ、結構ありがたいかも(笑)

th_IMG_5076_20150826003107c86.jpg

関係ないけど何故かワンコが店内に(-“-;


th_IMG_5079.jpg


ま、吠えたり近寄って来たりしなかったから放置して、オーダーオーダー(笑)
串もの=一品の量が少ないから、自ずとオーダー数が増えるため、
双方がやりやすいよう、オーダーシートがあります。
欲しい物に欲しい数書き込んで店員さんに渡します。


th_IMG_5075_201508260031065c3.jpg

時間帯にもよるのかもだけど程々日本語が出来る店員さんも居て、
気軽っちゃー気軽。愛想も良いし、気分もいいね。
気分がいいっていえば。。。


th_IMG_5078_20150826003109175.jpg


タレかけキャベツが出て来たー!
わかっとんしゃーね!!!

って、西では結構普通なんだけど、日本の東では黙ってたら生キャベツって
出て来ないんだったっけ?そんなこともない?さすがにこちらのお店の
キャベツ、食べ放題ではなかったけど、西だとデフォで出てくるんよなー。
そしてお店によってはキャベツ食べ放題。それに慣れた身体は、まずは生キャベ
がないと焼き鳥食べる体勢にならない、という面倒臭いことになってしまってるので
大変にありがたい。

そしてメインの串。

th_IMG_5080.jpg th_IMG_5081.jpg
th_IMG_5082.jpg th_IMG_5083_20150826003809f40.jpg

きもーち小ぶりですが、値段が値段だし、とても丁寧に焼かれているので
コスパとしてはやっぱり安い。そしてタレの味も個人的には大変好みだった
のですが。。。塩の串が全般に味が薄い(^^; 串に限らず和食ではこの塩振りに
大変な長さの修行が必要とされている事でもあるので、お店でも拘ってのこと
だと思うのですが。。。。

すんません、私みたいな下世話口には、もーっちっと塩気がほしいところ(^^;
ってことで、お店への失礼を省みず(自分にとって美味しく食べた方が良しと言う
判断)お塩とチリ(七味代わり)をお願いしました。


th_IMG_5085_2015082600381183e.jpg

はい、この二つを漬けた途端に、串の味が生き生きと感じられるように(笑)
お店の苦労を何だと思ってるんだって感じですが。。。
ほんと、焼き加減はよかったし、素材の味もわるくなかったので、塩加減
だけだったんですよねー。この塩とチリの追加をお店が許してくれてる限りは
それらを補充してもらうことで問題解決。

他の一品料理でおいしかったのは、キビナゴの唐揚げ。

th_IMG_5087.jpg

そういえば、たまーに見かけた事あるな、きびなご。
手をかけるのが大変なのでまだ買った事無かったけど、
うん、これ旦那さんに食べさせてあげたい(笑)
元々好きだし美味しいわ、やっぱり。

あとはたこ焼き。
こちらは1個単位で頼めるのが良いですね。
周りも含めてムッチリトロトロ。


th_IMG_5088.jpg th_IMG_5090_201508260043187f0.jpg

こんな感じのたこ焼きさんも悪くない♪
というわけで、なんだかんだでビールもカパカパ飲みましたし、上記頼んだ料理は
2人で平らげちゃいましたから、ぼちぼち美味しく、且つお安く上げられた
わけですが、総じて印象が穏やかというか、実直さはあるのだけど、
たとえば「ぜひともここにわざわざ足を運んで…!」と派手さよりは、
普段、ちょいちょいお気軽に使えるといいなーって感じるタイプでしょうか。

まぁあの通りには平日お仕事をされている方も多く、ランチタイムはランチ
タイムでやってらっしゃるようなので、頻度高く日常使いにしたい人は多いと
思われ、ニーズを考えると、敢えてのそう言うスタンスなのかなと。

ベースのお料理には安定感があるのですから、なんか一品、ドーンと
「ここでなければ食べられない!!」みたいなメニューがあると、
更に足を運ぶ人が増えるのかもしれませんね。

しかしそれにしてもお安い。
お腹が減ってるわけじゃないけど、チョイ食べちょい飲みしたいなって時には
安く押さえられるし量も調整できて良いですね♪ 日本の味が、こうやって
現地の方の手によって、ニュアンスまでしっかり理解した上で提供してもらえて
居ると言うのは、やはり嬉しいものです。
競合ひしめく立地ですが、ぜひとも頑張ってほしいですね♪


Phuong Quan
203 Nguyen Van Thu Q1



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Ut Ca Mau 〜 カニ料理専門店!!

Nguyen Thi Minh Khai 通りをずーーーーーっと5区方向に向かって行き、
左手にHotel Nikkoを見て通り過ぎた更に先のロータリ付近にあるお店。
5区に行く度に目にしてて気になってたんですよねー♪


th_IMG_5244.jpg


アイキャッチって大事よね。
カニさんマークが看板に出てたからすぐになんのお店かわかったし、
格式張ることないローカルな雰囲気に心惹かれてしまったのでした(*´艸`*)

入り口には水槽などもあり、スッポンやらドジョウやコイがおりました。
カニさんは、きっともっとキッチンに近いストレスフルな所にキープされて
いるのでしょう。。。(^^;

          th_IMG_5246.jpg
th_IMG_5248_20150820225245f57.jpg th_IMG_5249_20150820225246b88.jpg

1階はちょっとせまめでゴチャついてましたが、2階はエアコンの聞いたお部屋。
そして3階はオープンエアなスペースで、この日は涼しかったので3階へ♪
立派な3階仕立てのお店なのに、椅子とテーブルは超ローカル使用の低いやつ。
これまた乙。

th_IMG_5257.jpg


店内にはマングローブ的な所でカニ漁をしてる良い顔をした少年の写真。
海のカニかと思ってたけど、こちらで扱ってるのは川のカニなのかしら。
扱っている食材は、その写真のようなとこからだけじゃないのかもしれませんが、
雰囲気作りには良いアイデアがいっぱい鏤められてるお店だなー。

メニュー1ページ目には、190kドンのお鍋の写真があったのですが、
残念ながらこちらはお昼だけのランチメニュー。

th_IMG_5250.jpg


ではではと、夜注文できる料理を追って行きますと。。。


th_IMG_5252.jpg th_IMG_5253_201508202302263b5.jpg

th_IMG_5254.jpg th_IMG_5263.jpg

おーーー!
カニ自体を蒸したり焼いたりしたメニューもあったのですが、カニの身を使った
料理色々、それにその他の魚介類を使った料理もかなり豊富で、スッポンやら
カエルなども揃ってます。さっき入り口の水槽で見た奴だな(笑)

メニューの殆どは写真が添えられているので、どんな料理なのかも想像し易い。
一応英語のタイトルも付けられてるので、ベトナム語が読めない外国人にもなんとか
なりそう。で、今回頼んだのは…?


th_IMG_5271_2015082023321658b.jpg

小イカの炒め物ー♪
って、いやカニやないんかい!!(笑)
でもねー、これ、メチャクチャ美味しかったんですよ。
タレに漬け込んだイカを揚げたのかってくらいにガッツリ火を入れてたんですが、
ちょっと甘辛系の味付けが日本人の味覚を刺激。ビールガブガブ。うまいなこれ。

そいでもってお次がこちら。
カニの揚げ春巻きとかにチャーハン♪


th_IMG_5272_201508202332183e6.jpg th_IMG_5273_20150820233219fba.jpg


揚げ春巻きってお店によって随分特徴が違うもんだと思いますが、ここの
お店の皮のフラジャイル感はお見事だったし、中がほぐされたカニ肉で一杯で
ほわっほわ。空気を多く含んでいるので、ガシュっと噛んだ時に蒸気に乗せて
カニの香りがホワッホワしてすごく美味しい!!ヌックマムソースが添えられてた
けど、何も漬けずにとても美味しい。もちろんつけても、それはそれで美味しいけれど、
日本人的にはここで三杯酢が欲しかったかもwww

カニチャーハンは定番の味。
これまたカニの身、米の何割はいってんの?と突っ込みたくなる比率でして、
お米のサラサラ感と合わさり、風味がいい。そのサラサラ感の中に別炒めしたのか
小さくカリカリとしたニンニクの食感と風味がまたそそる。こんなの〆の一品やんか!
と言いたくなりますが、途中で出て来ても軽いし美味しいのでビールのアテになって
しまうのがベトナムのチャーハンのいい所。んまいねーっ♪

そしてお待ちかねの。。。
なべーヾ(@⌒▽⌒@)ノ


th_IMG_5279_201508202332224ae.jpg


鍋のサイズは大中小とありまして、その際に1つにする?2つにする???とベトナム語で
しつこく聞かれて、鍋が小さめだから鍋を二つにするとかってこと???とチンプンカンプン
だったのですが、どうやら注文時に聞かれる数は、「カニ何匹にする?」ってことだったらしい。
今回は全体量もカニの大きさもわからなかったので1匹のみ頼んでみたけど、大きさを問わず、
爪が一匹に2つしかないわけですから、ガッツリ食べたい場合は最低人数の半分個数、もしくは
1人一匹換算ですかね。

カニの価格は大体安定しているようですが、その時々で違うかもしれません。
この日は590kドン/kgと説明されました。まぁでも4人くらいなら500gくらいかなー。
殻があるから、1人が食べる量は実質80gくらいだろうけど、まぁ鍋にするなら
身よりも殻から滲む出汁の部分だし、最初は控えめで様子を見るのがよろしいかと。

で、このお鍋。カインチュアみたいに甘酸っぱい経過と思ったら、ベースは
とても優しい淡味スープ。ちょっと甘め。そこにカニをブチ込みグツグツやったら
カニの旨味がじっくりと滲んで、そりゃーいい感じのお出しになるですよ♪


th_IMG_5280_20150820233253ae0.jpg th_IMG_5275_201508202332204f4.jpg

お野菜がターップリ入るのもいいですよね、こちらのお鍋♪
そしてベースのスープにもお野菜の旨味がとけこんでるし、薬味として放り込んで
あるのが、丸くてコロンとしてたからニンニクかと思ったらなんとエシャロット。
玉ねぎでもなく、エシャロット。洒落とんしゃーねー♪
ブンが別についてくるので、時折麺も楽しみながらのお鍋。

うまいっすよこれ。
ガツンとインパクトのある味ではないけど、じわーりとカニの出汁が滲んだお鍋。
塩気もそんなに強くはなくて、必要だったら手元の調味料で自分で調節する感じ。
塩気があんまり強くないから、スープだってゴクゴク飲める。実際、ウチの卓の
鍋の中には、殆ど何も残ってなかった(^^;

蟹の身もほじくっていただきましたが。。。
きれーな味なの!

牡蠣にしても、その他の貝類にしてもだけど、ベトナム、なーんとなく温かい
海だろうから雑雑した味になるのかなーと思ってたけど、どれもが思いのほか
清廉な味なのよね。カニも然り。カニ特有のアクにも通じる味の強さが見当たらない。
といって、物足りないと言うわけじゃなく、ありきたりな言い方だけど「品の良い味」。
見た目はゴツくて、とてもそんな風には見えないのにね(笑)

こりゃーカニを楽しむ甲斐がありますよっ。
メニューには他にも色んな種類のソースで炒めたフライド・クラブや、シンプルに
蒸しただけの蒸しガニ、カニの実を使った料理がマダマダ色々ありました♪
よほど豊富なんでしょうねー。希少な食材だと試作するにもお金がかかるし、
ついつい安全策に留まるのでしょうが、豊富だったら調理法の開拓もし易いし、
なにより飽きずに食べる為、いろんな手法が編み出されるよね。ちょっと日本では
お目にかかれない様な調理法もいっぱいあるので、ぜひともこれは通わねば♪

…と思ってたら。。。
こちらのお店の支店が、こないだ3区に出来てました(^^;
住所はわからないのですが、127 Pasteur にあるシャーウッド・レジデンスを
左手に見て、100均の得々屋さん、同じく100均のハチハチを右手に見ながら通過し、
Dien Bien Phu 通りを右に曲がるとすぐありました。なんてこったい(笑)

でもやっぱり人気のお店だったのねー。
お料理、どれも美味しかったし、結構お安かったんですよ!
そうそう、伝えてなかった、ビールなんて16kとか17k(笑)
店で飲んで100円しないとはどういうことだ(笑)

で、4人で10本程飲んで、さっきの料理4品ですよ。
それで1人200kドン行きませんでした。おつりが来た。
飲んでお腹いっぱいになって、しかもそのお腹いっぱいの内訳、殆どが
カニでその値段。安くね????(^^;


3区のお店の価格設定が気になるところですが、お味はどうかなー。
同じ系列のお店でも結構味が違うってのは、日本の牛問屋さんでも同じこと。
というわけで、それを確かめに今度は3区のお店に行ってみないとなー♪

カニ好きの皆さん、1区だといいお値段する所が多いですが、
こちらはかなーりリーズナブル。ぜひともお試しくださいませー♪


th_IMG_5258_20150820233256899.jpg



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Com Nieu Saigon 〜 食材が面白い!空飛ぶお焦げの人気店♪

まだベトナムに来て間もなく、ブログも初めて無い頃に一度行ったっきりに
なってたこちらのお店。大体のガイドブックにも載ってる有名店で、まだ
右も左も分からない頃に行った為、人に頼んでもらった物が何かも分からず、
それがどのくらいのグレードかも分からず、印象にも残さないままになって
いたのですが、今回、ご一緒させてもらった方のご指定にて再訪しました♪

th_IMG_5102.jpg


久しぶりだったけど、こちらの程々に雰囲気が良く且つカジュアルな空気感は
お客さんを連れて行くにも、日頃サラッと食べに行くにもちょうどいい感じ。
この印象は最初来たときと変わらないなー♪


今回は1階のスペースがいっぱいだったので、2階の部屋に通してもらいました。
あらっ、素敵*\(^o^)/*


th_IMG_5112.jpg


そして立派なメニューが出て来たと思ったら…
あっれぇ?!こんなにメニューが豊富だったんだ!(´⊙ω⊙`)
いや、品数だけ揃ってるお店はたくさんあるんだけど、観光客の割にはここ、
結構食材の幅が広い!!ま、アヒルとかは割とどこでもありますが、
BaBaがある、BaBaが!BBAじゃないよ!スッポンのこと!


th_IMG_5106.jpg

th_IMG_5103.jpg

しかも英語表記は、Softshell Turtle とかなってる!
ソフトシェルクラブじゃなくて、ソフトシェルタートル!!
ぎゃーーーーーっ、食べてみたい!!と、思ったけど、残念ながらこの日は
この食材が無いと言うことでお預け。くーーーーっ。絶対いつか食べてやる。

スペシャリテも、鳩があったりなんだりで美味しそう。


th_IMG_5105.jpg

th_IMG_5108.jpg

そして。。。ブタの脳みそがある!!!
なっつかしーなー!!随分昔、マレーシア在住時代に何度か食べたことがある。
ほとんど中国の薬膳スープ的な位置づけでの料理だったけど、ベトナムではどんな風に
調理するんだろう???好奇心がムクムクムクムク。ええ、客人がいるにも拘らず
頼んじゃったよね(^^)ゞ

th_IMG_5113.jpg th_IMG_5120.jpg

まずは揚げ豆腐とお魚の煮付け。ど定番。うんうん、程々美味しいね♪
そして、素焼きの鍋で炊いたお焦げご飯。これ、器を客の前でパーン!と割って、
中身のお焦げご飯を、特に意味なくポーンとお部屋の対面にいるスタッフさんに
投げてよこし、それをお皿で見事にキャッチした店員さんがサーブしてくれるという
名物の一品。

th_IMG_5119.jpg

あくまでこれはパフォーマンスが楽しいだけで、実際のお味は。。(ごにょごにょwww)
カリカリの米にネギ塩だから、本来味は美味しい筈なんだけど、ご飯がガッキガッキに
固いんよね(^^; 遠くに投げてよこす意味もわからないし、時々シーリングファンにバン!!
って当たったりするケースもあり、なんだかなー、という気もするのですが、とにもかくにも
名物です(笑)

やはり観光客の方とかが要る席なら頼んでみるのが良いと思いますが、フロアで必ずほかの
お客さんもかなりの人数が頼むので、パフォーマンスを見たいだけなら頼まず様子を
見て、待ってみるのも手。こちらには他にもっとおいしい料理がたくさんあるので、
個人的には食べることを優先したい(笑)

以前来た時、ベトナム料理の経験値が少ないながらに感動したのがこちらの紫芋のスープ。

th_IMG_5118.jpg


すっごい色ですよね(笑)
しかも洗面器くらいはある大きなボウル入り。
2、3人だと飲み干せる気が全くしないのですが、余ったら持ち帰りもさせてもらえます。
今回も持ち帰ったのだけど、やっぱりおいしいなー♡

お芋が濾されて滑らかにチキンベースのスープにとけ込んでいる部分と、荒く潰されてる
ちょっとトロッとちょっとシャク…っとした食感の妙に、潰されたエビのぷりゅぷりゅ感。
優しい優しい味付けなんだけど、滋味があって何度も何度も蓮華を運んで食べてしまう。

他に頼んだお野菜の炒め物なんかは標準的に美味しかったのですが、これですこれっ。
今回ご紹介する中でイチオシのメニュー。反発くらい兼ねない一品ですが、ブタの脳みそ。
Pig's Brain!

th_IMG_5114.jpg th_IMG_5125_201508191939047a8.jpg

うえーーーーっ、って思われる方もいるかと思いますが、何に似ているかと言うと、
フグの白子っ。あのモッタリとミルキーで舌にトロける際、コックリとした甘味がある
フグの白子。あんな感じ。むしろこちらは生臭味が無く、脳みそなんて無菌状態の部位
ですから、内蔵の様な臭みやク、心配事もかなり少ない。

今回はアサリと合わせて蒸した物をいただいたのですが、ほかにも数種類の調理法が。
しかもこれ、70kドンとか80kドン。安い。こちらで日常食的食材なんだろうなー。
あまり1区のレストランでは見かけなかった気がするけど、あると思ってなかったから
見逃してたのかもしれない。

更には、マレーシア時代に食べた奴は、ちょっと苦みやクセがあったんだよね。
そう言う物かと思ってたけど、こちらのお店のはそう言う物が全くない!!
ついでに、先ほど言ったようにフグの白子よりも臭みがないため、濃厚なクリームを
頂いている様なリッチ感。そして加わる貝の旨味。言うてしまいますが、個人的には
もうフグの白子、もー要らん。これがあるならこっち食べる!!!と思うくらいに
美味しかったし感動したっ。どうやって調理したらこんなに奇麗な味になるのか!

そんなゲテモノ食べるかい!!と突っ込まれる方には無理は申し上げませんが、もし
ご興味があってトライしてみたいと言う方がいたら、ほんっとにぜひとも試してほしい。
日本じゃ滅多なことでは食べられない食材ですし、安いししかも、調理の腕はほんとに
素晴らしいですよ。他国で食べて来た上の比較でそう言えます。

デザートはチェーかお豆腐のみのシンプルなラインナップでしたが、料理的には十分満足。
しかも、サーヴィングが丁寧でお店の雰囲気も良い割には結構お安いんですよね。



th_IMG_5129_20150819193906b8f.jpg



もちろん頼む物によりけりだと思いますが、この日は4人で4000円しない感じでした。
お酒飲む人がいなかったから、と言うことを差し引いても、安いがなー(´Д` )

プラス、あの幅広い食材と調理法。
なにここ、めちゃくちゃ楽しいじゃんっ。

とか、ほんっとに今更ながらに言ってたら、お友達が「アテンドでよく使うよー」とか
言っててちょっと恥ずかしくなりました(^^; いやでもほんと、まだまだ食べてみたい
食材がいっぱいあったなー。あそこは客人連れて行くにも調度いいし、タクシー代使っても
1区のベトナム料理屋さんより断然安いし、ちょっとちぇりさんの中で赤丸急上昇。

また近々行って別のメニューを開拓したいと思いますので、レポ、お待ちくださいませ〜♪


th_IMG_5111.jpg

ちなみに何店舗かあるらしい中で、今回は3区の,、名刺にある中では一番下の
お店に行きました。旅行者にも、在住者にも、更にはベトナム料理上級者にも
満足してもらえるお店じゃないかと思われますー♪



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

brotzeit 〜 ドイツ料理とビール堪能♪

***** 2015 Jul. *****

久しぶりですが…ちょいちょい行ってます(笑)
グラスビール(多分種類は限定)で Buy2 Get1 や、ボトルだと
Buy1 Get1 キャンペーンやってて、意外と使い易かったり。

ってか、平日こそ14時〜17時の奥様タイムにしかやってませんが
(あんた、世の奥様が自分と同じことしてるみたいな失礼な言い方止めなさいよ)
日曜日は一日中やってるそうですわよっ。やだっ、知らなかった!!(><)

th_IMG_4153.jpg


料理は大振りの物が多いのですが、サクッと飲むだけでもいいお店なので、
これは活用したい所ー。
先日は大人数の集まりに寄せてもらったので色々頼みましたけどね(笑)


th_IMG_4174.jpg th_IMG_4175.jpg

th_IMG_4176.jpg th_IMG_4179.jpg

プレッツェルは1個から頼めるんだけど、多分焼きたて、あっちあっちのが
やってきます。複数頼むと写真みたいにハンギングしてくれるのが雰囲気あっていいよね。

あとザワークラウトはちゃんと発酵させたっぽいやつだし(たまに単なる酢漬けを
ザワークラウトですとか言ってるお店あるもんね)今回どなたかが初め頼んでた
ポテトフライが、スパイス効いてて美味しかったー!!大ぶりにカットされたもので、
多分一度湯を潜らせてるか冷凍して繊維崩してるかの、外はカリカリ、中は水分を
ふっくり含んだホコホコ仕様。あーーーーさすがビールが売りの店。んまいわーっ。

例のビッグプレートは相変わらずゴージャス!!
そしてソーセージのセレクトもブタのナックルの揚げ方も申し分無し!
なんだけど。。。な…なんか年々食べられる量が減って来てる様な。。。
あ。。。脂ものばっかだもんな。。。と…歳かね、これ…ヽ(;▽;)ノ

th_IMG_4182_201508171629280bb.jpg

にしても、やっぱりこのナックルは一食の価値ありよなー。
日本では中々見かけないし、ブタ料理に賭けてはドイツ料理じゃなくても珠玉な
物が多いのがベトナム。素材もいい物が揃ってるわけで、これは食べんと損よなー。
そろそろちーっと油っこさが気になるお年頃ですが。。。(くどいっ)

th_IMG_4183_20150817162931ace.jpg

忘れてならんのは、やっぱりここのジャーマンピザ。
ライ麦でも練り込んであるんんかなー。薄いんだけど噛めば噛む程、微かな苦みに
旨味が滲む味わい深いクラスとにキュッと味の濃いチーズを「適量」。それに
お好みのペパロにやらベーコンやらお好みの具材を載せて焼いたもの。
チーズ、時々「チーズタップリで美味しい!」みたいなのがあるけど、私は「適量」
が好みで、こちらのお店はそこ心得てるのが素敵やと思うの♪


th_IMG_4177.jpg th_IMG_4180_201508171629270de.jpg


あと、クラスとの控えめな分量と味わいの深さ。
あーこれもビールに合うねー。
うん、久しぶりに行ったけど、やっぱり安定してますね。
ここはこの先も料理にしてもサービスにしても、あまり心配することは無いんじゃ
なかろうか。1人で頼める料理もあるけど、まぁ出来れば大勢で行きたいお店。
日曜日ならビールもお得みたいだし、お休みに人数集まったらぜひ、大試しあれ♪




***** 2014 May. *****


久しぶりに再訪♪
休日の夕方とかに、美味しいビールが飲みたくなったとき、重宝します♪
ドイツから輸入しているビールの種類も豊富だし、ビールはちょっと…という
方にもビールカクテルで飲みやすい物があったり、ほかのドリンクももちろん充実。

今回は4人だったので、あまり巨大プレートは頼めませんでしたが。。。
まずはカンパーイ♪

th_IMG_1917.jpg

グランドメニューとは別に、新作メニューも加わってました。
結構リピーターも多いんでしょうね、ちょいちょいこまめに
メニュー加えたり入れ替えたりしているようです。

th_IMG_1914.jpg


で、この日は定番のライ麦入り記事のジャーマンピザにソーセージ、
新作メニューにあった牛肉の赤ワイン煮・手作りパスタ添え、シーザーサラダ。
頼み過ぎた。。。(笑)

        th_IMG_1919.jpg
th_IMG_1918.jpg th_IMG_1920.jpg

こちらは、者にも寄るけど単品1皿千円前後。安くはないけど、量を思うと
コスパは悪くない。でもポーション多いから、1人1品だとちょーっと多い(^^;
ソーセージを頼んだつもりが、付け合わせにザワークラウとが山盛り添えられてたり
するので、注文するとき最初はちょっと控えめに。前にもこれ、言ったけど、
なんせ自分が学習してないから、口を酸っぱくしときます(笑)

ビール、者にも寄るけど、大中小とあって、ちぇりは小を頼んで種類をいくつも
楽しむのが好き。大だと…相当でっかい量になるので、ビールに対する戦闘力が
ない方は、こちらも加減しながらご注文くださいませー(笑)



**** 2013 Dec. *****

インターコンチネンタル続きのKum Ho ビル2階にあるドイツ料理のお店。
以前ご紹介したGivral Cafe の下ですね。
Hai Ba Trung通りに面していて、人気のテラス席から賑やかな通りが見下ろせます。

インタコンチネンタル続きと聞くと、ちょっと敷居が高い気がしますが、
言う程高くないかな。頼むものにもよるけど、日本で軽く飲む程度の価格。
ただし、お料理のワンポーションが大きいものが多いので、2人で行った時は、
2品でも十分、3品だと、ふーふー言いながら頑張って食べた次第(笑)

加えて、せっかくこちらに来たのだったら、是非召し上がって頂きたいのがこれ。
はい、ドーン!

th_IMG_4211.jpg

左が巨大なシュニッツェル(カツレツ)、右がナックル(豚の足の関節部分)の唐揚げ!
ド迫力!! 特に右は中々日本ではお目にかかれない部位だし料理。
これが関節部分だから食べにくかろうと思ったら、そこは当然シェフがお心
使い下さり、こまめにナイフが入っているので、ざっくざっくと切り離せます。
んでもって、骨周りだから、そりゃ肉の味はいいわなー。

で、ドイツと言えばソーセージ!
上の写真では奥に隠れて見えませんが、盛り合わせの一品として当然あって、
こんな感じ。

th_IMG_4210.jpg

実に多種で味わいも豊富。
というか、ちぇりはドイツに行ったことが無いので、これが本場の味、
なのかどうかはわかりませんけど、ちょっと日本では味わったことのない食感、
風味のものもあって、え?!と驚く場面もしばしば。

日本にもドイツ料理のお店と言うのは多くて、増してやソーセージという食品に
なると、居酒屋でも多様なものが出されてて、かなり色んなタイプの者を食べて
きたつもりだったのですが。。。。

日本ではたまに食べるものが、本国の方には日常の食材。
となると、バリエーションも増えようってもので、分母の違いをまざまざと
見せつけられたと同時に、感心しきりなのでした(^^;

メニューには上の三品の盛り合わせ、5〜6人ポーションと書いてありましたけど、
いやいや、5〜6人でも、結構頑張って食べないと。。。増してや、他のお料理を
頼んだ日には、10人くらいの宴会でちょうどいいくらいじゃなかろうか(^^;
いや、若い人には楽勝なのかな。。。

お値段は1,000kドン超え(5千円)と、料理単価としてはお高いですが、まーず
量がありますからね(笑) 決して高いとは思わない。そしてこのプレゼンテーション、
そのエンターテイメント性を考えたら安いとすら思えますね。特にナックルの唐揚げ。
個人的にはすこぶる感激した一品。

とにかく肉ーーー!!揚げ物ーーー!!脂じゅわじゅわのソーセージー!!!
な、盛り合わせなんで、男性にはこれ、かなり好まれるんじゃなかろうか(*´艸`*)

その他のハムも充実しております。

th_IMG_4215.jpg

すんません、このとき大宴会の最中だったので、写真が間に合わせ程度にしか
撮れておらず、あまり素晴らしさが伝えられてないかもしれませんけど、
見目の美しさから得られる期待に違わぬお味。

th_IMG_4226.jpg

生ハムとかさ。もう仕込みがすごいの。
どんだけこういうカテゴリーの食文化が豊かか一目瞭然というか、
あまりの違いに愕然とするといいますか。

その分日本には日本の優れが食文化というのがあるわけで優劣の問題ではないの
ですが、今まで食べて来たものにはない風味、風合いが明らかにあるのを感じて
楽しかったなー。なんでも『初めて』の時ってワクワクするよね(*´艸`*)

ちなみにサラダやポテト類のディップとして着いて来てた小鉢の中身。
てきとーにタルタルでも作って入れてんのかいな、と思ったら、
おそらくは豚のリエット(肉類を良く煮るなどして火を通し、細かく割いたり
砕いた物を脂と混ぜてペースト状にしたパテのような物)やった。。。
しっ、失礼しましたー!!(^^; (←しかも美味しかったというね。。。)

その他の料理で頂いたのは。。。

th_IMG_4761.jpg th_IMG_4758.jpg

ドイツ風のピザ!
ドイツ風てなんやねん!?と思ってたら、生地にライ麦とか全粒粉を練り込んである!!
そーや、ドイツというたらビール、ビールと言えば麦ですやん!!
もちろん白パンの生地も小麦粉で作ってあるけど、ライ麦だったら香ばしさが違う
上に、腹のもたれもずっと軽い。ビールと合わせて相性が悪いわけがない!!
これ、焦げて黒いんちゃいますよ?(笑)

これ、この発想、なかったなー。
そこがドイツ風、の所以なのかどうかはわかりませんけど、これは絶対に良いアイディア。
ピザ、というとワインと合わせることが多くて、ビールの為のピザって思考がなかったわー。
コロンブスの卵と言うか、いや、勉強になる!!これ、自宅宴会の時にやったろ♪

そういや一番の売りのビールの写真載せてなかったな(笑)

th_IMG_4759.jpg

ま、そんな珍しい画像じゃないけど、大きいサイズのグラス(500ml)で
550円前後。滅多やたらに安いベトナムビールと比べてはいけません(笑)
風味の良いドイツビールだから、これ、十分価値あるし、このビールだけ
ちょいと飲みに行っても良いレベル。 上写真内のような小さいポーションの
ソーセージなどもありますので、少人数、チョイ飲みチョイ食べにも使えます。

ハンギングスタイルで出て来るプレッツェルとかも素敵よね。
個人的には、NYの街角で売ってる、『食えるかこんな量ー!!』と突っ込まずには
居られない、両手で握りしめないと持てないような巨大プレッツェルが基本イメージ
なので、なんだかオサレ♡(←基準置くとこ、そこかい。。。w)

th_IMG_4231.jpg th_IMG_4230.jpg

チーズマカロニも我が家のお気に入り。
たっぷりのチーズソースは味わい深く、ちょみっちょみっと頂きながらビールをグビリ。
ぷはーっ、たまらん(笑)

見た目もシュッとはしてないし、コシ無しパスタは、決して洗練されてるとは
言えませんけど、ほら、ありますでしょ。自分が思う理想のイケメン、美女では
ないけど、なーんかエロスイッチが入るタイプ。親和性が高いというか、
積極的にアプローチしてるつもりは無かったのに、気がついたら押し倒してた、みたいな。
あれに似てる(「あれ」ってどれや…)。この皿も、コレ目当てにワザワザ
食べに来るほどのものではないけど、気がついたらフォークで掬って延々食べてる。
んまい。

あとねー、シュトゥルーデルは、甘い物が嫌いじゃなかったら是非どうぞ!!

th_IMG_4763.jpg th_IMG_4768.jpg


日本では中々出してる所が無い…っていうか、元々ドイツの家庭焼き菓子で、
派手さも無いし、セールスポイントが地味すぎて商品化が難しいんでしょうね。
自分で焼くしか、食べたい時に食べる術がなく、結果、自分で作るのが一番うまいわ、
って認識だったんですが。。。

これがプロのお仕事なんですね、と、一口食べてご免なさいした(笑)
紅玉。。。が、こちらにあるとも思われないのだけど、似た品種があるのか、
柑橘類の酸味を上手に使ってるのか、リンゴの風味にキュッとした酸味、
ドライレーズンを洋酒シロップで戻した甘み、見事に薄いクレープ上のドゥの
焼き加減も素晴らしく、ちぇりは小躍りしながら頂きました(笑)

軽く参考までに、メニューをサクッと。

th_IMG_4221.jpg th_IMG_4220.jpg

th_IMG_4222.jpg th_IMG_4224.jpg

th_IMG_4223.jpg th_IMG_4219.jpg

テラス席で暗かったので、ピンはぼけてるしクリックしても文字が読めるか
微妙ですが、まぁザックリこんな感じ。。。とだけでも。。。(笑)

ビールも美味しいですが、お野菜が多くアッサリ気味のベトナム料理に飽きが来て、
ちょーっとガッツリ行きたいなー,という方には超オススメ♪
ちなみに屋内席もありますので、エアコンが効いてたほうがいいなー、
という方も大丈夫です(笑)

th_IMG_4190.jpg
th_IMG_4190.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪








太田胃酸がベトナムで買える?!

さて、VINCOMセンターの中の VIN MART 、2フロアに
またがってお店があって、食料品は上の階、下の階は日用雑貨やドラッグストア的な
ものが少しだけあるのですが、そこに健康食品的なモノが並ぶ一画がありまして。

          
th_IMG_4826.jpg th_IMG_4828.jpg

まぁ、これらが何なのかはベトナム語なのでわからないのですが、
他の箱を拾い読みするとビタミン剤だったり滋養強壮剤だったり、
みたいな感じかな。医薬品じゃなく、健康食品って感じ。

こんなのになるとますます中身が何だかわからないのですが。。。


th_IMG_4825_20150817123444995.jpg


なーんと!!!そんな中に明確に内容がわかり、且つとても馴染みの
深いパッケジが!じゃじゃん!!


th_IMG_4824.jpg


太田胃酸ーヾ(@⌒▽⌒@)ノ
胃薬、ベトナムの物は試したことがあまりないのですが、手元にあるお気に入りは
シンガポールで買ったもの。その残りも心もとなくなり、今度の帰国時には
買い込んでこなくちゃなーと思ってたのですが…太田胃酸なら馴染みがあるし、
ありがたいかも!!

お値段も、45錠で1,200円ちょっと。
お値段的にはメチャクチャ高いって感じじゃないし、こっちで作ってるのかなー
と思ったけど、パッケージは日本のそのまんまな感じなんだけど、輸入モンかなー。
その辺はちょっと謎。そこはどうでも、ありがたい。

知ればむしろ日本の薬より体に合う物もあるのだけど(鎮痛剤なんてもう
こっちで買う物の方が断然体に合ってるwww)知ってるお薬の安心感ってのも
ありますもんねー。薬とか、どんだけ自分が安心して摂取できるかや信頼
してるかで効き目も変わってきそうだし、これは知ってて損はしない入手先。

旦那さん的には、「顆粒じゃないと効いた気がしないんだよねー」ってことだった
のでこの錠剤には興味がないようでしたが(笑)、錠剤でもいい!って
方は、こちらにあるのでお知り置きをー♪



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

The Organik Shop(移転) 〜 プレミアムココナツジュース!

***** 2015 Jun. *****

ちょっと前の情報になるのですが、久しぶりに行ってみたら移転してました。
といっても、前合った所のすぐ近くなんですけどね(^^;
正確な住所が手元に無くて申し訳ないのですが。。


以前あったお店を背にしたら右手向かい側になります。
サークルKさんが目印かな。


th_IMG_2634.jpg th_IMG_2635_2015081016321522b.jpg


以前のお店よりかなり売り場を広く取ってて、スッキリこぎれいになってる感じ。
当然ながら置いてる商品の品数も随分多くなっていた様な。


th_IMG_2647_20150810163148f2b.jpg th_IMG_2648_201508101632166c1.jpg

早速心引かれる商品がいくつも。。。(笑)
この日前日に既に色々お買い物してたのでグッと堪えてこの場は我慢っ。
使ったことは無いけど使ってみたい魅力的な商品が沢山あったりするんですよねー(^^;
ウオールナッツオイルとか、めっちゃ使ってみたい。
シリアルの箱にいたコアラはちょっと不気味だったけど(笑)
またやってきて色々探してみたいと思いますー♪



***** 2014 Dec. *****

うちの旦那さんもすっかりお気に入りになってしまったプレココ。
先日も2区に行く事があったのでまとめ買い。
でも2人で一日1個飲んだだけでもすぐ無くなるー(^^;

th_IMG_5451_20141208020709161.jpg

ってことで、お店の方に聞いたらば、ある程度まとまった注文だったら
宅配してくれる様ですね♪ プレココは1個25kドンだから、10個も頼めば
きっと配達してくれるはず。これは朗報♪と思ってたら…

『でもマダム、すみまません…』

と、なんだか凄く申し訳なさそうな顔。
どうしました?と尋ねたら…

『1区になるとちょっと離れてるので20kドン、配達料金がかかっちゃうんです…』

なんとまぁ慎ましやかな事でヽ(;−;)ノ
ええよええよ、うちからタクシーで行ったら片道6〜700円はかかりますねんで?
それを100円で届けてくれると言うのなら、そんなありがたい話はございません。
今度はデリバリーで頼んでみようっと♪

で、先日は2区に行ったお友達が買って来てくれたりもしてたんですが、それを
我が家のフロントに預けてもらってた時の事。フロントの女の子が用件を済ませた
あとに、もの凄くもじもじしながら尋ねてくるので、なんだろう?と思ってたら…

『先日のあの小さい丸いのはココナツですか…??』

と、どうやらずーっと気になってたらしい(笑)
そういえば私も1区内では殆ど見かけた事がなくって、買うといえば2区のこちらの
お店ばかり。ローカルの人でもあまり見た事が無いのかなーと思って一つお裾分け。
大変喜んでくれました♪

で、更にその後情報がありまして…
このココナッツ、ローカルの方でも見た事が少ないからか、カンボジアから輸入
してるんじゃないかとか、色々情報が飛び交ってたけど、ベトナムのカントー
地方にあるらしいです。←旦那さんのお友達情報。

しかもカントーなら5000ドンとか聞いたけど( ꒪⌓꒪)
ま、そこは1区への運び賃とかオーガニックショップで売ると言うプレミアム代とか
色々乗るのは仕方ないよね。ってか、それでちっとでもカントーエリアの収入に
なるならいいじゃないですか。実際美味しい訳ですし、こっちは価値を感じて
買ってるんだし。

要領的にはこの3〜4倍はありそうな普通のココナツが郊外では5k、1区でも
10kくらいで売られてることを考えると確かに高くはあるのですが、お店で
飲めば、そんな普通のココナツだって、35k〜高い所では50kとかもしますからね。
それ考えたら安いもの。価値あるものには価値ある価格を、ですやんね♪

ちなみに、ブンタウでもこれを売ってる所があるらしいと言う情報も
うちの旦那さんがキャッチ。また情報入ったらご報告しますー♪



***** 2014 Sep. *****

このお店ではこれしか買わんのかい!と思われそうですが、追記情報(笑)
BBQ第二弾をやったときのお野菜を買いに行ったのですが、ハーブ類
(フレッシュなタイム、レモンリーフ、ローズマリー)まで中々充実の
ラインナップだったし、奇麗なお野菜、多いですねー。もちろんそれは
その日の仕入れに寄ると思うのですが、どれも奇麗で使いやすそうでした。

で、このプレミアムのココナツ、値上がりしてた(´Д` )
単にこの日の仕入れ分が高かったのかもしれませんが、前回25k→28kドンへ。
4つ買った中の1つだけは25kドンだったので、重さに寄るのか仕入れによる
のか…ちょっとその辺定かじゃないですが、そのくらいの誤差はあるのかな。

ココナツストロー


とりあえず前回から通算5個を頂きましたが、どの子も例の丸い紙タグの
丸くパンチされてる穴のところにストローを指したらアッサリ刺せます。
穴をあけてない普通のココナツって、買って帰るとカットするのが結構大変
だったりするので、その点でも便利だし、そこに割いてくれてる手間が
乗ってると思えば、個人的にはやっぱりちょっと高くても価値あるなーと
思っちゃいます。

二日酔いの朝とか良く冷やした物を飲むと、最高に美味しいですよ。。。。(笑)



***** 2014 Aug. *****

先日ご紹介した、2区にあるデザートが珠玉だった

Mekong Merchant
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-3681.html

の左隣(もしかしたら1件挟んでたかもしれない。。。)にあるオーガニック食材の店。
お店の名前の Organik はスペルミスじゃなくて、そう言うお名前のようです(笑)

そんなに広くありませんが、安全性を大事にされたセレクトのようで、
調味料からお野菜、生鮮食品、パンなど、商品幅は結構広いです。
印象としては、Annam Gourmet Market の小ちゃい版みたいな感じ。
タカラのみりんとかも置いてあったなー。あれがオーガニックかどうかは
別として、日本人にはありがたいですね♪

で、この日ちぇりは他のお買い物はせず、気になったこちらを一点買い。
ジャン。

th_IMG_3892.jpg

まるっこくって小さくって、通常頂くものとはルックスが随分違いますが、
これ、ココナツなんですって♪ プレミアムのココナッツ。お店の女の子が
強力プッシュしてきてた(笑)

お値段、25kドン。125円。
普通のココナツがこれの4倍(←ものすごくいい加減な見積もり)の大きさ
だとしたら、四倍どころか、高くても10kくらいで買えちゃうから8〜10倍は
高い事になってしまうけど、日本で缶ジュース買う事考えたら、ま、アリな話。

ってなわけでまずはお試しで買ってみました。
はい、気の回る方は、すぐに疑問に思われたかと思います。
あの、固いココナツの殻に自宅でどうやって穴を開けるの?と。

ここは強力プッシュのお姉さんが、すかさず説明してくれました。
ココナツに着いてる緑の丸いタグ。このタグの一部に小さな◯い穴が空いていて、
そこはどうやら殻を薄くしてくれてるようです。流石にストローで刺せば、
と言う訳には行きませんでしたが、ちょっと固いお箸などで、えい!っと突いたら
簡単に穴があきました♪
で、冷蔵庫でよーく冷やしたそれを頂きましたら。。。

おいっしー!!!
元々ココナツジュースは大好きで、特にベトナムの物は大きさも味もちょうど好み。
(インドネシアなどに行くと、巨大で大味で量も多すぎる(^^;)
なんですが、こちらのココナツ、さすがプレミアムっ。

爽やかさはそのままに、味わいが濃くて甘い。
甘いけれども砂糖の甘さではないので後口もスッキリ。
量は…どれくらいだったんだろう?350ml缶のジュースを飲んだときくらいの印象?
ま、カラッカラに喉が渇いてる時ならちょっと物足りないかもだけど(笑)
ちょうどいいっっちゃぁちょうどいい量。これ、いいなー♪

ココナツの賞味期限がどのくらいかわからないけど、今度行ったら最低数個は
買いたい感じ。長持ちするならもっと買いたい(笑) プチ贅沢と言うにも
プチ過ぎる金額だけど、味わえばとってもリッチな気分よ(笑)

ここだけでしか売ってないってことは無いと思うんで、もし他所でもお見かけになったら
物は試し。ココナツジュースが嫌いじゃなかったら是非是非お試しくださいませ♪

あ、お家にストローがある場合はいいですが、お店側にストロー用意されているので
お支払いのとき、お店の人が入れてくれてないようでしたらリクエストしてくださいね。
私の時は入ってなくて、お店側の人が気づいてあわてて持って来てくれました(笑)
家にストロー無かったから助かったわ(^^;


th_IMG_3893.jpg

↑この住所を背にして、右手道路向かい側方向に移転しています


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Mi Quan My Son(3区新店舗) 〜 大好きな麺屋さん♪

ある日3区を通っていると…見慣れたお店が!!!
これ、Dinh TIen Hoang 通りにあるあのお店やないかーい!!

th_IMG_4781_201508161950444b2.jpg



Mi Quan My Son
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-3617.html

自分的にちょっと行き難い場所なので、ついついご無沙汰してましたけど、
ここの麺自体はスッゴイ好きなんですよねー。少なめ濃いめのタレに絡める
汁無し麺。米麺だけどペロンペロンのきしめんみたいなチープな食感。

いやっ、チープって悪い意味じゃないですからね。
ワタクシ、どん兵衛は昔のジャンクなペラッペラなのが大好きな人。
生麺食いたきゃ生麺食うから、要らんこと「生麺食感!」みたいな改悪は
やめてほしいと、ことあるごとに言ってる人っ。

「チープ」というのは時に揶揄することばでもあるかもしれませんが、
常に卑下すべき言葉じゃなく、1ジャンルとして確率された支持を受けるに
値する表現にもなり得ると固く信じているのであります( ・`ω・´)b

こちらのお店の麺は、愛すべきチープさが嬉しいお店♪
且つ、そこそこ安い。
且つ、迷わない程度のメニュー数。

レストランで絶対に食べ切れない程の数・種類があるお店は素直に
「すっごーい♪」と思うのですが、日常サクッと済ませたい食事を取るのに、
あまりに種類が多いと迷うし、食べたくても食べれなかったものに心が残って
後味がスッキリしない。その点こう言うお店はメインがMi Quan。
食べたかったら肉か魚か。そしてそれにはお野菜がいっぱいついて来ると言う
理想的な栄養バランス。 LOVEっ、ベトナム料理ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

th_IMG_4785_20150816192545291.jpg

気持ち、こっちの店舗の方が広いかなー。
Dinh Tien Hoan 通りのお店は2階席があったから一概には言えんけど。
でも外装から内装まで、雰囲気はそっくり。
チェーン店的な物は色気が無いようにも感じますけど、今回のように
見つけ易い、とか安心感、がある、というのは利点ですよね。

メニューも多分先店と同じ。
Mi Quan という麺のメニューが何種類かあり、おかずがいくつか。
そのおかずのメインには、Banh Trang というライスペーパーで野菜
たっぷりと豚肉やシジミなどを巻く料理が何品か(ブタかシジミか、
みたいなタンパク源部分が違うみたい)。


th_IMG_4796.jpg

th_IMG_4797.jpg

いつもこれと麺の組み合わせを楽しむことが多いかなー。
よー分からん時には、メニュー全てじゃないんですが、壁に大きく
メニュー写真が掲げられてるので、それを指差し確認するのも良いかもしれません。


th_IMG_4782.jpg th_IMG_4783_201508161930469eb.jpg


写真にある品数は多くないですが、そもそものメニューの数が限られてるので、
半分くらいは網羅してそうな気がします(笑)。文字だけでは想像つかない
写真もあってくれたりするし。親切。


この日はもちろんMi Quanを頼み、豚肉のライスペーパー包みを頼みました。
まずは麺。いいっ。ぺろっぺろのこの食感。いいっ( ・`ω・´)b

th_IMG_4788.jpg

別添えでパリッパリのクラッカーとお野菜が出てくるので、それを砕いて
ザックザックと混ぜて食べるのが作法らしい。それがあっても無くても、
わたくしはこのペロンペロンの麺の食感だけで満足する。ホーチミンより
かなり北側にある地方の料理らしく、タレもあまり甘くなく出汁がきいてる
感じ。うまい。

th_IMG_4792.jpg

フォーよりもムッチリ感があるペロンペロン感、それでいて小麦の麺より遥かに
軽い胃の納まり。好きだわーやっぱりこの麺。

そして豚肉のライスペーパー包み。
どどーん。


th_IMG_4789_20150816195046bd3.jpg


いや、お肉自体は薄切りなんでそんなにタップリって感じじゃないんですけどね(笑)
何が嬉しいってこの野菜の量!!!外食で生野菜がたくさん取れるってありがたいよねー。
むしろかつてヘルシーと言われてた日本食の方に野菜不足を感じてしまう今日このごろ。
和食、となるとヘルシーなのかもしれませんが、日本食、となるとカレー、ラーメン、
オムライス、うどん、牛丼、どれも野菜がとても足りない(´Д` )

しかもこっちのお野菜、胃腸に爽やかなハーブ系の物も多く、且つそれを自分の
好みに応じて食べたり食べなかったりのチョイスが出来る別添えスタイル。
いいことづくめっ。

th_IMG_4790_20150816192238f4a.jpg

乾いたライスペーパーに、蒸したポッテリのライスペーパーを載せた上に
肉や野菜を巻くスタイルには、「どんだけ米好きやねん!!」と思いますが…(笑)

th_IMG_4793_20150816192242db7.jpg th_IMG_4794.jpg

この蒸し米紙がまた美味しいんよなーっ。
ペッチョリぽてぽてしているので乾いた方の米紙に置いて他の物を
巻こうとしてる間に段々乾いてる方もシットリして来るし。
んでまぁ手巻きで好きなように好きな具材を巻いて食べる。自分のペースで。

麺も特にのびる心配が無いので、ゆっくりのんびりビールでも飲みつつ
つまみのつもりでお野菜シャリショリ。巻くのが面倒になったら、お野菜だけを
芋虫みたいにシャリショリシャリショリ。そんなときもタレがしっかり味&
お野菜の味も濃いのでけっこうこれがおつまみになる。

th_IMG_4791_201508161945545c9.jpg

ってか量が多いので、まー2人でMi Quanも一つをシェア。
Banh Trangも一つをシェアで充分なくらい。
これにビールを1人1本ずつ頼んでも200k弱。
やすいっщ(゚Д゚щ)


ヘルシーだし、罪悪感なく頂けるのもいい所。
もちろんいつもこんなんじゃ物足りなくなるかもですが(笑)
サクッと軽く済ませたい時には素晴らしくライトで、且つ、物足りなさの無い
選択肢。ありがたいわー。3区は良く行くのでこの辺にあってくれると行き易いし、
これはぜひとも活用せねばっ。

このお店もDinh Tien Hoan 通りのも、お客さんがそんなに入って無い感じなのが
気がかりですが(笑)、店舗を増やすくらいだから、私の見ない時間帯に結構入って
らっしゃるのかもですね。なにはともあれ嬉しいなー♪1人の時にサクッと食べるの
にも便利だし、フォーやブンチャーとはまた趣が違う麺なので、まだ召し上がった
ことが無い方は、一度ぜひともお試しアレ♪


th_IMG_4786_20150816194528593.jpg

th_IMG_4787_20150816194528413.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪


香麻調味油

これ、ベトナムのもんじゃないんですが、美味しいのでオススメ。
METROのオリーブオイルとかが置いてある所で発見。


th_IMG_2498.jpg


これがまーっ、使い勝手が良い。
ごま油をベースに、ニンニクやらなにやらの香りが移されていて、とても香ばしい。
ってか、普通のラーメンとかの仕上げにちょっと足すと、全部出前一丁になる感じ(笑)
それが褒め言葉になってるのかどうかって話なんですが…(笑)

結構ね、炒め物の油をこれに差し替えるだけで、風味が増します。
ただのシンプルな野菜炒めでも、(おや、今日のは何か違う)って
感じでグレードアップ。

これとお塩パラパラくらいを冷やっこにかけても美味しい。
チャイニーズドレッシングを作るにしても便利ですね。
風味が既に色々ついているから、これに醤油や酸味物を少し加えるだけ。
シンプルな野菜スープとかにちょっと加えても良いですね♪

中々重宝する調味料なので、見かけたら是非お試しくださいませー♪


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪


Beer & Barrel 〜 ベルギービール

気になっていたベルギービールのお店。
3区にあるのですが、まず入り口がとーっても煌びやか!!

th_IMG_4748_20150814173740a0a.jpg

入り口左手に小売り用かな?
あまり見たことが無いようなボトルばかりがズラーット並べられてて、
インテリアとしてもとても素敵。陳列も丁寧で、眺めてるだけでも楽しいかも。


th_IMG_4772.jpg th_IMG_4774.jpg


…まではよかったのですが。。。
店内写真。かなり写真の明度を上げているので割とハッキリ色々見えますが、
実際には相当暗かった(^^; 女2人で暗がりでマッタリしても仕方ないので(笑)
二階の席に通してもらうと、オープンスペースで気持ちはよかったけど…


th_IMG_4756_201508141743599f9.jpg



やっぱり暗い…(-“-;
もうちょっと照明、なんとかならんかなー。
どの位くらいかと言うと、せーっかく蒔絵みたいに(物理的に)長い
豊富なメニューがあると言うのに、携帯でライトを当てないと見えやしない(^^;

th_IMG_4763_20150814174402c93.jpg th_IMG_4759_20150814174401bec.jpg

ま、じゃぁ見えた所で選べるだけのビールの知識があるかと言われたら、ええ、
ありませんから見えない程暗かったからといって特に支障が増えた訳ではないの
ですが(笑)、どんなメニューがあるのかなってのもお店を訪れる楽しみの一つ
ではあると思うので、これはもったいないなーと言う感じ。

th_IMG_4760_20150814174943461.jpg th_IMG_4767.jpg

わからなかったので、ドラフトの所にあったもののなかから、
アルコール度数で選んでみました( ・`ω・´)b ←なんちゅーことを。。。
ってか。。。

高い(^^;
ボトル1本千円くらいする。
東京並み。
輸入物だから仕方ないけど、こりゃーなかなかなお値段。
そこで一緒に行ってた友達と、同じことがピーン!と頭に浮かんだわけです。

「ねぇ、思ったんだけど…」
「同じこと思った。一杯だけ飲んで食事は別のトコ行かない?」
「それw」

飲むのが好きなのが2人いて、ビール一杯千円もしてたらいくらかかるか
わかりゃしない(^^; 加えてお料理もあったんだけど、結構ヘヴィそうな
ものが多かったんだよね。


th_IMG_4765.jpg th_IMG_4764.jpg


ちょっと気分でもなかったし、これ以上ビールを重ねたらお勘定が怖いし、
早々に飲んでおいとますることに(笑)
で、肝心のお味なんですが、


th_IMG_4768_20150814174405d71.jpg


おいしかったです。
特に左のボトルのやつは味わい深くて、日本のビールに通じる味わい。
深みがあって、ビールだけでも楽しめる。
右の赤いゾウさんのは。。。


th_IMG_4767.jpg


いわゆるフルーツビール的な奴。
クランベリーっぽい風味と酸味が全面に出てるけどビール。
ただ、私の苦手な甘味の強いフルーツビールではなくて、風味だけがフルーティ。
おおっ、これなら飲める♪

所謂、若い女の子が
「やーんっ、こんなんだったら私にも飲めるぅ♡」
と言ったら似合う様なビール。私がリピートするかはわからないけど、
フルーツ系でいけるな、と思ったビールは少ないので、知れて良かったな、
とは思うかも。

ただ先程も言いましたが、本当に種類をたくさん揃えてるお店なので、ベルギー
ビールに興味ある人には宝の山が控えた素敵なお店なのかもしれませんが、高い(´Д` ) 
そして必要以上の暗さはムーディさよりも不便さが際立ってて、よほどこの店に
慣れた人でなければ居心地はあまりよろしくないかも。

誘われたら行くのはやぶさかではありませんが、誰か人を連れて行くかと言われると…
ちょっと疑問かな(^^;

でもま、見た目に派手なお店で気になってる方もいらっしゃるかなーと思ったので
おせっかいレポ。こんな感じでしたー、ということで(。-_-。)


Beer & Barrel
12 le Quy Don St Q3



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Ba Con Cuu 〜 これはいいぞ、羊の火鍋!!

***** 2015 Aug. *****

旦那さんが興味を持ってくれたので、早々に二回目来店( ・`ω・´)b
日頃から、美味しいものを適量味わうのが美味しい、と言う旦那さんは
(ヨメは美味しいものを腹一杯、の人)食べ放題だからってそれ自体を
魅力に感じることは少なくて、コストのかかるビュッフェなんかは、
めったとご一緒しないのですが。。。

まぁここ、食べ放題っつってもランチなら1200円くらいですからね(。-_-。)
ものは試しです。旦那さん、羊好きだし、行って見よー!ってことで
お連れしました♪

まずは一品料理でビール飲み飲み、鍋の準備を待つ訳です。

th_IMG_4842_201508141708599e7.jpg th_IMG_4843_20150814170900413.jpg


個人的にこの前菜の味はチープ系だなーと思ってたのですが(だからといって
不味い訳じゃない)特に餃子は旦那さんにヒットしてて一安心。
お鍋のスープはセカンドチョイスの方を試してみようかなーとも思ったのですが、
ベーシックの方が前回とても美味しかったので、初めての旦那さんにはそちらを
たべてほしくて、再度同じやつに。お肉はこの日は最初は盛り合わせが出てきました。


th_IMG_4847_201508141709043fc.jpg th_IMG_4846_20150814170903d36.jpg

ま、これはこれですが、脂の少ない所より適度にある所の方が美味しかったので、
リピートオーダする際はお肉指定で。そして揚げ湯葉はやっぱり美味しいねーっ。
凍り豆腐も安定の美味しさ。

th_IMG_4844_201508141709012a5.jpg th_IMG_4849_20150814170937033.jpg


ってか、次に来たら是非試してみよう!
と思ってたのがこちら♪


          th_IMG_4841_2015081417093998a.jpg
th_IMG_4840_201508141709347e1.jpg th_IMG_4839_20150814170932850.jpg

薬味ビュッフェーヾ(@⌒▽⌒@)ノ
そう、前回は勝手が分からず、デフォのタレだけでも充分に美味しかったので
頼まずに済ませましたが、モンゴル鍋と言ったら、この多種類の薬味をタップリ
使ってこその料理!

中国でも地域によっては大量の薬味を楽しむ鍋があって、牛骨鍋、と言うのを
頂いた時に、アッサリとした、それだけではほぼ塩気の無いスープで煮た鍋の
具材を山ほどの紫蘇やニンニク、生姜やトウチで食べた時に初めて知った。
その後モンゴル料理を食べる機会にも同じパターンがあって、こういう料理が
あるのだなーと。

以来家でもアッサリ出汁の鍋をした時には、それこそ小椀一杯ずつのニンニクや
生姜、ネギや紫蘇、パクチーや三つ葉、セロリなどを刻み、野菜で野菜を食べる、
みたいな食べ方を楽しんでます♪

こちらのお店にあったものは、さすがにお店。家で揃えられる物以上の種類の
ソースや薬味が並べられてて、その数全部で20種類!!(´⊙ω⊙`)
中にはコーンなんかもあって、具材にもコーンあるのに、コーン on コーンかい!
と突っ込みたくなる物もありましたが。。。田中一郎先生のお粥ライスを知ってる
世代は驚くに値せず(またそんな分かりにくネタ挟む。。。)

th_IMG_4848_2015081417093602e.jpg th_IMG_4850.jpg

タレはね、やっぱりデフォのが美味しかったんで、ワサビソースダナンだってのは
あまり使わなかったのですが、やっぱりネギとか紫蘇とかは目一杯タレに混ぜた
ほうが美味しいですね♪ 小粒のライムみたいなのも時々混ぜるとさっぱりするし、
フライドオニオンとかも良い仕事、してくれますねーっ。

その組み合わせに寄り味が変わるので、更に食欲が進みます。
旦那さんが、「ふーーーーっ(^^;」となってもまだお肉の追加を頼む
ワタクシ。。。どこまで食うのか。。。

th_IMG_4852_201508141721137a1.jpg

でもお肉に薬味をタップリ包んで頂くと、んまいんだなっ、これが。
もちろん、白菜などの葉物にタップリの薬味を包んで食べると言うのも
また美味しく、野菜を野菜で食べる感覚。薬膳鍋のスープと身体を温める
羊だけでも身体がポカポカしてくるのですが、そこに薬味がプラスされるので
更にホカホカしてきます(笑)


th_IMG_4857_20150814172113f60.jpg



もちろん、前回驚いたあの美味しいおうどん的 Ramen Dac VIet も注文♪
この時にも薬味がいい感じでねー。もうネギまみれ紫蘇まみれにして頂きました(笑)


th_IMG_4857_20150814172113f60.jpg th_IMG_4860_2015081417212368b.jpg


この薬味ビュッフェ、39kドンだったかな?
230円くらい。そもそものビュッフェの価格が安いですからね。
これ、頼んで楽しめる幅を思うと、個人的には頼んだ方が得だと思います。
楽しいしオイシイし、この薬味が無い時とある時の差を考えると充分価値ありっ( ・`ω・´)b

プラス、写真に収め忘れましたが、この薬味ビュッフェの横には4種類くらいだったかなー。
セルフのジュースディスペンサーがあって、それも飲み放題。ビールやら有料のコーラ
等の炭酸飲料しか煎らんわ!と言う人には関係ないかもしれませんが、お子さんとかなら
このジュースも魅力になるかもしれませんね♪ そして写真にあったcaseの中の薬味
意外にも調味料があれやらこれやら。

うーん、モンゴル鍋の魅力の一つは薬味にアリ、やなー。
改めて実感。
集めてるソースや薬味の傾向はちょっとベトナムナイズはされてると思いますが、
もしよかったらぜひ、この薬味も一緒に楽しんでみてくださいね♪

旦那さんは初めての。私は2度目の大満足。
やっぱり好きだわこのお店♪ただ、2人じゃやっぱりあれこれ頼むのに
胃袋が足りない気がするので、できれば4人以上で来るのがいいかなー。
またどなたかご一緒に参りましょーヾ(@⌒▽⌒@)ノ



***** 2015 Jul. *****

ベトナム料理野食材としてはヤギの方がポピュラーかもしれませんが、
羊、美味しいですよねーっ。匂いが苦手、という方もおられましょうが、
私は大好き。(あんた何でも大好きやろ…)

と言っても、日本で住んでた西エリアではそんなにポピュラーではなかったし、
ホーチミンに来てからもあまり機会がなく、一時期ジンギスカンのお店も
できてたようですが、お気に入りのは無くなってしまったし。。。

なかなか食べるチャンスがありませんでした。
しかし聞いていたのです。羊の火鍋を食べられる所があるとっ。
なんですって。大好きな羊と大好きな火鍋がドッキング?!

ってか、むしろモンゴルとか中国の周辺では火鍋に羊を使うことは珍しくない、
または、羊だろ、って所が多いらしいので、火鍋と羊が結びつかない方が
いかにも外国人的発想なのですが。。。何にしても個人的にはそれ、夢の様な
組み合わせ!!食べたいー!!!

ってことで先日連れてってもらいました♪
なんとなく勝手に超どローカルな感じのお店をイメージしてたのですが。。。


th_IMG_4374.jpg th_IMG_4375.jpg

あら、立派なビルっ。
ヘタしたがら屋外かと思ってたので更にビックリ。
お見それしました(^^;

店内も開放的に広い&ちょっと洒落たインテリアで、高級、とはいわないけど
いい感じ。日本のファミレスよりかはもうすこし落ち着けるイメージで
更にビックリ。完全に誤解してたわ(^^;

th_IMG_4377.jpg

そしてこちらのお店、アラカルトでも頼めるのですが、食べ放題セットがあるようです。
食べ放題専用のメニューがあって、オーダー制。価格は、


th_IMG_4378.jpg


10-16時 219kドン
16-22時 239kドン

と、時間帯により変わります。
ってか、昼夜の違い、20kドン。。。
これはランチはお得な価格設定と言うよりは、夜がお安く感じるための
仕組みのように思えるな(笑)

オーダー制の食べ放題だと、グランドメニューに比べると貧相だったら
寂しいなーと思ったのですが、なんのなんの。ご覧の通りのラインナップ。
羊を使った前菜的なお料理も数種類。

th_IMG_4379.jpg th_IMG_4380.jpg th_IMG_4381.jpg th_IMG_4382.jpg 


お肉も種類が豊富です。
つっても、大きくは羊か牛かなのですが、部位にも拘りがあるんですかね。


th_IMG_4385_20150729173443b1c.jpg th_IMG_4387.jpg 
th_IMG_4386_20150729173445cf3.jpg th_IMG_4388.jpg 

th_IMG_4389_20150729173447453.jpg th_IMG_4390_20150729173509d79.jpg


お野菜やキノコ類、上げ湯葉や凍り豆腐なんかもあって、お野菜好きにも
嬉しいサポートサイドメニュー。もちろん、グランドメニューにはこれ以上の物が
あるのかもしれませんが、ま、鍋食べるのにこれだけあれば充分でしょー♪


th_IMG_4391_20150729173510572.jpg th_IMG_4392_2015072917351255e.jpg
th_IMG_4393_201507291735135b3.jpg th_IMG_4394_20150729173514821.jpg

お出汁の組み合わせは2種類あるのですが、取りあえず今回は店の名前の
冠がついたベーシックな奴にしておきました。ベトナム語メインで書かれてて
じっくり読まなかったのでどういう違いがあるのかは不明(^^;


th_IMG_4383.jpg th_IMG_4384.jpg


単品だとお肉1皿が100kドンちょっとだったかな。
一瞬、先日の飲茶食べ放題で、結局食べ放題の価格分食べられなくてアラカルト
計算にしてくれたという嬉しい様な情けない様な事例があったので、アラカルトで
頼んでみるか見当はしたんですが、ざくーっと計算すると、食べ放題の方が
安く上がりそうだったので、今回はそちらにチャレンジ。


まずは乾杯っ。
なんとこちら、1300mlのジャグビールが100kドン以下!!(´⊙ω⊙`)
ええ、速攻で蒸発したよね。

th_IMG_4398.jpg th_IMG_4402.jpg


          th_IMG_4397_20150729174439a3c.jpg
th_IMG_4399.jpg th_IMG_4400.jpg

前菜にあった料理も色々頼んでみました。
焼き餃子的な物、甘辛いオイスターソース的な物がかかっててそれなりにうまし。
ちょっと甘い香りがするフリッター的衣で上げられたミンチは羊、
サモサ的な一品はスパイシーでビールに合うね。どれもカジュアルな居酒屋さんに
ありそうな雰囲気の味わいだけど、これはこれで良しw

th_IMG_4408.jpg

さっ、鍋もグツグツ煮立て来ました♪
火鍋的に薬膳な物が沢山浮かんでます。辛そうな方は(実際はそんなに辛くない)
少しカレーっぽいスパイスの香も。うーん、食欲そそりますね!!

th_IMG_4406.jpg th_IMG_4409.jpg


そして立派なあげ湯葉、氷豆腐、キノコ各種。
このキノコ類は最初に放り込んでお出汁にすると良いと思います。
実に奇麗なキノコを選んでくれてたし、しっかりしたお味が出るもの
ばかりでした。もちろんキノコ自体を食べるのも美味しいのですが、
お出汁といても良いお仕事をしてくれるかと(^_-)


th_IMG_4410_20150729174909977.jpg


お肉も奇麗ー!!
もちろん冷凍の物をスライスしてるのですが、実に薄く繊細に切られてある!!
これならほんと、しゃぶしゃぶーって感じで頂ける♪


th_IMG_4414.jpg th_IMG_4415.jpg

出されてたサテとタレ、お好みの方を漬けていただくのですが。。。
このタレが日本の焼き肉のタレみたいで、めっちゃくちゃ美味しいっ。
ちゃんと羊仕様で甘めにしてあるし。。。

これかけて白飯食べたいっ(行儀悪い。。。)
実際このタレ、この引いた人にはみんなに好評で、2回くらいお代わり貰った…(笑)
羊には特有の香があるので、これくらいアタックの強いタレの方が合うんですよね。
これ、素晴らしい!!

スープは、どちらもあまり触りが無いので、肉の好みはあってもスープに強く
拒否感示す人は少ないんじゃないかなー。少なくとも何方かは普通にいけそう。


進む進む、食が進む。
食が進んだら酒も進む。
ってことで、セカンドジャグ、かもんっщ(゚Д゚щ)

th_IMG_4416.jpg
(いや、そこ大判の写真で出さんで良いと思う。。。)



th_IMG_4403.jpg th_IMG_4417.jpg

用意されてたお野菜もきれいでねー。
特に春菊、メッチャ美味しかった。
ので、盛り合わせを食べ上げた際に残ってた春菊の葉っぱつかんで、

「これっ、この葉っぱだけ頂戴♪」

とわがままなオーダーをしたら、ちゃーんと春菊だけ盛り、作ってくれました(笑)
元々ある物かもしれないけど、全種類が常に揃うとは限らないからか、メニューの
中の写真には春菊、なかったんよねー。ベトナム語で文字メニューとしてはあったの
かもしれないけど、わからなかった。。。

ので、もしメニューの写真にないお野菜で欲しい物があったら、現物を指し示すとか、
ネットで写真引っ張って来てみせるとかしたらいいと思う。あれば快く出してくれる
っぽいです♪あ、スープも足りなくなって来たら遠慮なく言うと良いと思います。


で、お肉ももちろん、ガッツガッツ食べましたよ。
羊って、牛と脂の質が違って軽いんですよねー。実際にダイエットの為には
羊だったら食べた方が良い、とか言われる程の成分構成で、実際、山ほど
食べて満足はしても胃もたれが無い。このお年頃になって来ると、そこ、
結構重要だったり(笑)
で、最初に2皿出された後に、追加で4皿とか頼んでたら、


th_IMG_4419.jpg


え?4皿???一度に???(´⊙ω⊙`)

みたいな顔された。。。
うちら、よー店の人に「(´⊙ω⊙`)」みたいな顔されるなぁ。。。
飲み屋でも飯屋でも。。。

ちなみに牛も1皿頼みました。
ボチボチです。
しっとりじゃないけど、薄切りな分、固すぎて胴のと言うこともないし、
程々に美味しいけど、苦手じゃないならこのお店では圧倒的に羊をオススメ。


そして驚きはここで終わらない。
〆に麺が何種類かあったので頼んだんですよ。
ひとつはMi Trungという乾燥した、多分たまご麺???
そしてメニュー写真の上にあった。。。。うーん、どう見てもラーメンじゃないけど、
Ramen Dac Viet とあった麺。スペシャルラーメン。どんなんだろうと。
そしたらこんなん来ましたよ。


th_IMG_4421.jpg

うどんやん!(((ʘ ʘ;)))
しかも生麺。しかも、生地作りの時からしっかりと仕込んでないと立たないエッジが
シャキッとしていて、グルテンがしっかり組まれてあるからこその滑らかな肌。
どこで…どこでこの麺、作られてるんだ。。。

果たして、これを少し煮つまり、諸々の素材の味が染みたスープにブチ込み、
クツクツ煮ることしばし。そして食べて見ると。。。???

th_IMG_4422.jpg

うっまーい!!!(≧∇≦)
この薄平麺ですから讃岐のように剛のコシは無いのですが、逆にこの薄さなのに
コシがある。そして下に触る肌がとても滑らか。熱と水分を含んだその身は
気持ち透けるような美しさで実に美味しい、このうどんっ。

うん、ラーメンじゃなかったんけ?!という疑問は残るけど、
いーわなんでも、こんだけ美味きゃ!!!
この麺が、サイドディッシュの〆の一品「でしかない」ってのが驚きだわ。
なんだったらこれで商売できる。良いとこの和食屋さんの出汁で出したら、
そら上品なおうどんさんになりまっせ、これ!!

いっやー、メインのお肉も美味しく楽しめたけど、最後の〆でもガツンと
きたね。何だこの店。これで1200円ちょっとだと????しょーもない
適当な料理出しても同じくらいの金額のとこあるぞ。
ビールも安いしなんてお得なっ(≧∇≦)

そういえば途中で冷たいお茶を頼んだら、「有料なんですけどいいでしょうか…」
と、とても控えめに言われたのでいくら?と聞いたら、ジャグで10kドン(笑)
ヘタしたらコップ一杯でもそのくらいとこあるで(笑)
良心的だし、最初の料金説明の時もとても丁寧に教えてくれたのだけど、
気を使って下さる接客やなぁ。

th_IMG_4420.jpg


あっ、あと今回はプラスしなかったんだけど、こちら、有料で薬味の
ビュッフェがあるようです。どん。

th_IMG_4376.jpg

40kドン弱くらいだったかな。
ライムやネギを刻んだ物、生姜、なぜかコーン(笑)、その他の香草類などが
ズラーッとならんでた。なるほど、今回はタレの美味さに夢中になって
しこたま食べても飽きる、ということはなかったけれども、慣れてきたら、
こんな薬味を楽しむのもおもしろいかも!なるほど、スープが素直な味だったのは
こう言うのを楽しむためってのもあったのかもね。今度行ったら、これ、試したい!!

この価格設定だし、食べ放題なんてカジュアルなことやってるし、ローカルの
方がメイン客層なんだろうなと思うのだけど、テーブルにはさりげなくワイン
ボトルが置かれてます。もちろんリストが別にあって、ボチボチそろえたりも
してたりするよう。羊だから確かにワインは合うのだけど、ちょっと意外。

th_IMG_4423.jpg th_IMG_4396_20150729182947aac.jpg

それから朗報。
火曜日は、アラカルトメニューがなんと40%引きらしいですよっ。
時間帯とか書いてなかった気がするんだけど、終日かなー。
今回は確実に食べ放題にしといた方がお得な位食べあげたけど、
チョイ食べしにいくとかなら、この日狙って行くのもいいかも。
今度こっちのプラン使っていくら行くかやってみたいなwww

いやーっ、なんにしても食ったり食ったり。
久しぶりの羊、めっちゃ美味しかった!!
お野菜バランスもどうとでもできるし、何よりコスパがすばらしい ( 。•̀_•́。)b
そしてお肉も途中から質が変わると言うことがなく(一部のこれ系のお店では
途中から肉質が落ちると言う話も。。。)ここ、めっちゃいいやん(≧∇≦)

場所は3区のハズレだからちょっと行き難いかもしれないけれども、行く価値あるわ。
ってか、またすぐ行きたい。SUSHI KO 並みにすぐまた行きたい。
羊、LOVE。食べちゃいたい程愛してる。実際食べるし。

いいお店教えてもろたー♪
誰か行きたいひとで、ちぇり混ぜてくれる人がおらっしゃったら
声かけてーヾ(@⌒▽⌒@)ノ


Ba Con Cuu
106A Cao Thang Q3


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

八十八商店 〜 ハノイの人気店がホーチミンに♪

こちらのお店の名前が出たとき、ハノイに良く行ってた友達が、

「あー、ハノイにあったお店や。ホーチミンにもできたんやねー!」

と。色々調べてみたら評判も上々だったし、存在を知ってたその友達も
割と美味しかったとのこと。最近ホーチミンに出来てる和食屋さんって、
ドンドンレベル上げて来てるし、こりゃーちょっと気になるなー、
ってことで早速伺ってみました♪


場所は Hai Ba Turng通りから Le Than Ton通りに入ってほどなく行った
左手にあるサブウェイ横のヘムを入り、突き当たったら右に折れて更にドンつき。
ドーンと店名を大きく打って出てる広告を目にしていたので、その質素さに
ちょっと意外な感じ(^^;

th_IMG_4721_2015080915382958d.jpg th_IMG_4722_20150809153831f7d.jpg


店内に入ると、1階にもスツール席がありますが、ここはまぁ一応の
スペースっぽく、2階に上がると客席らしき雰囲気が。そしてそこから
下に半分下った所に中二階的スペースがあり。。。


th_IMG_4724_20150809153832822.jpg


なんとゆーことでしょーっ。
と、某前後番組音ナレーションが聞こえてきそうな雰囲気(笑)
ま、スペースを有効利用したデザインなのかな。ちょっと面白い♪
大人数のグループとかが入れる席とかあるんかなぁ。日本人ターゲットにしてたら
宴会用などであると思うんだけど、ごめんなさい、今回は聞きそびれました(。-_-。)

th_IMG_4725_20150809153834369.jpg


広告で「飲み物はホーチミン価格になっています」と遭った様な気がしたので
随分高い価格なのかなって思ったのですが、うん、ホーチミンで見るには普通の
価格でこれまた安心。種類も豊富だったし酎ハイとかあってくれるのは
女性にも嬉しいかもですね。(と、外で酎ハイ頼んだこと無い人が言って見るw)




th_IMG_4728_2015080915391559e.jpg

ちょーっとメニュー全般の写真が残念で、色がものすごくくすみまくり。
最初に言っておきますが、今回頼んだお料理全般は美味しかったので、
すごくもったいないなと。言わせてもらうと、このメニューの写真で食欲減退
してしまいかねない。。。カツオのタタキ、あまりホーチミンでは出してる所が
ないから興味は持ったのだけど、この写真で頼まなかった。。。

実際は、こうでした。
まずお刺身の盛り合わせ。

th_IMG_4733.jpg

th_IMG_4735.jpg th_IMG_4736.jpg


ちょっとライトがキツくて、私が撮った写真もそんなに上手じゃないけど、
それでもメニューで見た印象よりずっと奇麗(^^;
ワサビがついてなかったので頼んだら「こんなにはいらない…」ってほど
頂きましたが、まぁベトナム流ですかね(笑)

鮭はおいしいお刺身出す所多いですよね。このお店でも安定のネタ。
白身もタコの火入れ加減も頃合いで美味しかった♪
カツオのタタキは。。。かなりカツオの味が薄めでしたが、ホーチミンでは
珍しいですよね。こちらのカツオを使ってらっしゃるのかなぁ。
ちょっと他のお刺身を食べた後だと(あれ?)って感じだったかな。

美味しかったのが芝えび?だったっけか???
の唐揚げっ。かなり小粒なエビなんだけど、味が濃くて油も奇麗なものを
使ってらっしゃるのか、ちっとも鼻につかない。

th_IMG_4732_20150809153916efd.jpg

美味しかったなーっ。ビールのつまみには持ってこい♪
そしてビールのつまみと言えば、焼き鳥!!これが美味しかった!!
今回は5種類盛り合わせにしてみたところ、ベーシックなネギマ、砂ズリなどなどで
安心して食べれたのもありましたが、レバーがめっちゃ美味しかったんですよねっ。
焼き過ぎず、事前の手入れもとても丁寧にされてるようで、美味しかったっ。


th_IMG_4737.jpg


串1本の腫瘍価格帯は30kドン前後。
180円と考えると、全般にちょーっと小振りなイメージではありましたが、
この美味しさなら納得です。手間がかかっていらっしゃると受けとれる味わい。



th_IMG_4729_20150809155711638.jpg


あとこちらのお店のイチオシなのが、土鍋ご飯!
これは注文を受けてから炊き初めてくれて、所要時間が40分ということなので
食べたい場合は最初に頼んでおくのが得策。タイ飯と、きのこと鶏ご飯があったので、
今回はキノコと鶏で。

なんだかんだでオペレーションがまだちょっと落ち着いていないみたいで、最初の料理
(エビのからげ)が出て来るまでに30分かかっていたので、ご飯はいつ頃でてくる
かしら、と思っていたら、意外と早くて50分後には出て来てました。

th_IMG_4738.jpg th_IMG_4740.jpg

これが美味しかったーヾ(@⌒▽⌒@)ノ
4人前からなのでちょっと量があるのですが、そこはお店の方も心得ていらしてて、
注文時から「お持ち帰りになれますので」と伝えてくれてました。


th_IMG_4741.jpg

ねっ。粒が立ってて、一粒一粒、ふっくらでしょ?
↑お前が炊いた訳でもないのに偉そうに言うなw

おいしくてお茶碗2杯ずつ頂いたのですが、それでもタップリ残っていたので
お持ち帰り。今度は鯛飯食べてみるかなー。希望としては銀シャリの炊きたての
美味しいの食べたいけれども、さすがにそれはメニューに無かった(^^;
こっちのお米を使われてるのかな。炊き込み御飯ならこちらのお米もおいしく
頂けますものね♪ といって、鍋で炊いたりは家でしないので…(笑)
うん、こういうメニューがあるのは嬉しいですね♪

オペレーションも、もう少ししたら落ち着くだろうし、もうちょっと別の串ものも
食べてみたいし、鯛飯も食べてみたいから、少し時間を置いてまた食べに行って
みたいなー♪



th_IMG_4731.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

オーガニック?スモークサーモン

最初に言うときます。
今回のは残念情報。

ベトナムで買えるスモークサーモンって、けっこう美味しいの多くないですか?
安くはないけど、日本でも厳選して買わないと手に入らない様なムッチリと
脂が乗った美味しい奴。北欧からの仕入れものだと思うのですが、
おもてなしの時にはぜひとも使いたい優良食品。

日頃はアンナムグルメマーケットやMETRO辺りで買うのですが、
先日、スーパーの冷凍食品の所にもスモークサーモンがあるのを見つけて
どんなのがあるのか見てたんです。そしたら。。。

th_IMG_3965_2015081011155299d.jpg


「着色料使ってません」
「化学調味料?的な物も使ってません」
「保存料使ってません」

等と書いてある。
そしてパッケージにある文字のベースはベトナム語…
ってことは、ベトナムで作られてる商品なのかなー。

千円ほどしたので試しに買うにはちょっとお高いかなーと思ったし、
日頃からそんなにオーガニックに拘ってるわけじゃないので一瞬迷ったけど、
まぁモノは試し、と買ってみました。

結果…


th_IMG_3966.jpg


おいしくない(´Д` )
脂が殆ど載ってなくてパサパサのザラザラ。
滑らかさが無いし味気ない。。。

これ、色々オーガニックを気にした結果、というよりは、そもそも
素材が美味しくないのかもしれない。。。加工にもまだ工夫の余地が
あるんだろうけど、これは久々、残念なスモークサーモン。


安いんだったらまだしも、美味しい奴と殆ど値段変わりませんからね。
美味しければなんでもいい、とも思いませんが、オーガニック意識しすぎて
美味しくないってのも私は苦手。

とても生のまま食べる気がしなかったので、もうブツブツにぶった切って
鮭チャーハンにして食べてやりましたよ。千円賭けて鮭チャーハン。
高くついたー(´Д` )


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

おいしいアヴォカド

私、ホーチミンに来て美味しいアヴォカドに当たったことが無くって…。
ってか、あくまで、私が思う美味しい、って意味なんですけどね。
ねーっとりとしててコクのある、わさび醤油で頂くとおいしいやつ。
なんだったらご飯に乗っけてドンブリにしたくなるようなやつ。

でも。。。
こちらってスムージーにしちゃう程アッサリしたアヴォカドが多いじゃないですか(^^;
いや、多いかどうかはわかりませんが、来越当初に買うアヴォカドがことごとく
それで、不味い訳じゃないんだけど、私が求めてる味じゃない。。。って
思って諦めてたんですよ。そしたら奥さん友達が教えてくれたんです。

「細長くて大きい品種のは結構美味しいよ♪」

なんですってー!!しらなかった!!
ってことで、その方とご一緒してる時に教えてもらって買ってみました。


th_IMG_4458.jpg


でっ、デカイ(((;゚д゚;)))
ずっしりと重たく、片手だと溢れんばかりの質量です。。。
外身はまだ緑っぽかったですが、少し柔らかかったので開けてみた所…

th_IMG_4459.jpg th_IMG_4460.jpg

種もデカい(笑)
が、おお!刃を入れた時のメーッチリとした感触。
これは美味しい奴や!!!(≧∇≦)

外観よりも随分と中が熟れ気味だったので、熟れ頃を見計らうタイミングは
少し早めの方が良いのかもしれません。念願のワサビ醤油でいただくと。。。

th_IMG_4461.jpg


おいしぃ〜んヽ(;▽;)ノ
これこれ、これです!!私がずっと食べたかったもの!!
味的にもだし、ビタミン系統の補給にも大変有益なアヴォカドさん。
食べられなかったの、実は結構ストレスだったと、この美味しいのに出会って感じました。
今度これ、是非日本食材さんのマグロと合わせてドンブリにしたいっ。

やーーーっ、美味しいのおしえてもろた!!
ちなみに今回はVIVO CITYの中にあるCoop Xtraで買いました。
が、他でもこの手の大きめのアヴォカドを見つけたら試してみようと思います♪



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Latest Recipe 〜 Le Meridian Saigon のランチビュッフェ

Ton Duc Thang通り=川沿いに出来た新しいホテル。
まだ入り口が工事中だったりするので、もう開いてんのかいなどうかいな、
と、疑問に思いつつ、何度も素通りしてたのですが、どうやらもうホテル内は
営業しているらしいと聞き、ビュッフェに行こう、と誘ってもらいました♪

メリディアン。何処の国のにも泊まったことはありませんが、結構良いランクの
ホテルだってことは知ってる。こりゃちょっと価格を調べてった方がいいな、
ってことでランチビュッフェのお値段を電話で確認したら。。。

なんとっ。
今月いっぱい、2015年8月末まで、オープニング・プロモーションで
30%OFF
らしいですわよっ、おくさま!!!


こりゃー良いタイミングで誘ってもらえた、ってことで、喜び勇んで
行ってきました。お電話で聞いてた所では450k++ ←30%OFF後の価格。
おおっ、それならリーズナブル♪

ってか、この際対応してくれたスタッフさんがとても感じの良い方で印象が
すごくよかったのですが、ホテルについてからも、ドアマンからレストランの
スタッフさんまでが実に細やかで親切な対応!!


th_IMG_4989_20150812000844aa1.jpg

新築だし、フランス系のホテルはどこもインテリアが素敵ですね♪
シンプルだけど軽すぎること無く落ち着いてて、プラス、こちらは川沿いの
景色を取り入れるため、窓が大きく採光も良い。ええ、川が奇麗かどうかは
考えちゃダメです(笑) イマジネーションを膨らませましょうっ ( 。•̀_•́。)b


メインはオーダー制。さすがにランチでお安い価格なので、SOFITELの
シャンパンブランチのように何回でもオーダーOK、というわけにはいきませんが(笑)
チョイスは色々。アジアンスタイルとウェスタンスタイルそれぞれに肉、魚の
お料理があるようです。ウェスタンスタイルにはベジタリアンディッシュも。


th_IMG_4964.jpg

コールドカッツからサラダ類、ハム、チーズ、ホットディッシュにスイーツなどは
ビュッフェ形式で。全般にスペースもほどほどで品数はそんなにたくさん!!
と言う感じではありませんが、どれも厳選されてる感じです。


          th_IMG_4940.jpg
th_IMG_4943_2015081200085091f.jpg th_IMG_4941_20150812000846828.jpg

広大なスペースに大量多種類の料理が並ぶ様も壮観ですが、結局それらは
目を楽しませてくれるだけで全種類を食べるわけにもいかないんですよね。
たまーのシャンパンブランチの時などにはそれもまた一興ですが、
普通のランチ、でもちょっとお洒落にいきまひょかー、ってな程度の時なら、
目に入ったもの、気になった物を制覇できるくらいの方が実用的かも(^皿^)

そしてこちらのランチビュッフェでは特に、シーフードがオススメ!!
特にエビ!!!

th_IMG_4948_20150812001030729.jpg

氷にブッ刺されておりました(笑)
しかもこれ、かなぁり大きいサイズ。加えて、非常に頃合いの火入れ加減。
味が抜けてなかったんだけど、蒸してるのかなぁ。そして芯の所がギリギリ
加熱されてる感じで、身が大きいから全体にブチブチ!!って感じで歯ごたえは
良いんだけど、中はしーっとり。うーん、このエビ、すごい。

実際この日に行った全員にエビは大好評。
こんなに大きいのに食べた人は6尾とか7尾食べちゃってる方も居た(^^;
いやでも、この価格で昼からこんな立派なエビ食べられるって、かなり豪華。

スモーク類は鮭やらシーバスやら三種類もあって、
スモーク好きにはたまりまへん(*´艸`*)


th_IMG_4953_2015081200303591a.jpg th_IMG_4954_20150812003036adb.jpg


↓この貝は大きくて食べ甲斐ありそうだったのに、ちょっとゴムゴム
しててイマイチでしたが。。。。


th_IMG_4955_20150812001032c3d.jpg

シーフードプレートは大満足の内容。
これは嬉しい♪

th_IMG_4962.jpg

あ、お寿司もありました(笑)
ビュッフェ向きにかなーり小振りなため、握り方がすこし固めだけど気にならないし、
酢飯の味的にも米の炊き方も好きだったかな。ネタも奇麗に処理しているので、
お口直し的にポイポイっと頂くのには嬉しいメニュー。どっちかというと握りより
巻物の方が美味しかったかな。

特に花びら型に巻いてるタイプのがシャリと具材のバランスよかった。
卵焼きやら野菜を◯く巻いてるやつは、野菜がゴリゴリすぎてちょっとバランス
悪かったけど、ビュッフェで出すお寿司としては全体的にアリだなーと。

th_IMG_4949.jpg th_IMG_4978_20150812004800fca.jpg



ウェスタンスタイルの食事は、スープやシーフードパイ、ピザなど。
シーフードパイのパイ生地は長時間保温状態で置けるようにと、若干固め。
フラジャイル感のある生地は焼き上げてから食べるまでの時間が勝負だから
ビュッフェには向かないのは分かるのですが、パイとしてというよりは
タルトを食べる的スタンスで行くと楽しめるかも。シーフード、ふんだんに
乗ってて、フィリングは上々だし。

          th_IMG_4945_20150812004051fb5.jpg
th_IMG_4946_201508120040528f9.jpg th_IMG_4985.jpg


ベトナム料理ももちろんあります。
生春巻きはド定番ですが、この盛り方、奇麗ですよね♪
自分でたくさん作った時は、ついベターッと一面に並べてしまいがち
だけど、なるほど、こうやって立体感を出すと接面積も少ないからくっつき難いし
見目も美しいですわね。勉強になりますっ。

th_IMG_4942_20150812000849de7.jpg

その他にエビ餃子やらシュウマイなどの蒸し物、その場で作ってもらえるブンチャーなど。
ただ、ベトナム料理に関して言うと、ここはベトナムなんだけど、外国の人が
作ったベトナム料理と言う感じ。ピリ辛の和え物サラダ系は割と美味しかったのですが
ホーチミンにしても味がかなり濃かったことと、逆にブンチャー、バインクオンなどは
うす味過ぎると言うか、一体感が無いと言うか。いえ、美味しくない訳じゃないんですけどね。
敢えてここでベトナム料理を頂く必要は無いかなーと。ベトナムだけど。いやベトナムだから?

th_IMG_4982.jpg th_IMG_4990_20150812010604e31.jpg


とまぁ、ちょっとイヤごと系になりましたけど、メインがドーンです、ドーン!
はい、三枚、大写真でいきましょうか!!

th_IMG_4974.jpg

th_IMG_4975_20150812010600b7a.jpg

th_IMG_4976_20150812010601680.jpg

上からリブアイステーキ、メカジキのグリル、チキンのアジアンスタイル。
待って。どれもすっごいボリューム(笑)
これにパンとスープでもつければ、もうここのビュッフェ料金取られても
しゃーないんちゃうかというレベル(笑)

メインは最初に聞かれるのですが、出してもらうタイミングはこちら次第。
GOサインを出してから持って来てもらえます。多分これ食べちゃうと
他が食べられなくなりそうなので、ほどほどあっちこっちを軽くつまんでから
頂くのが得策かと(笑)


もちろん、ランチの、しかもビュッフェの中の一品ですから、高級レストラン
のもののように、って訳には行きませんが、ステーキはちゃんとオーダー
した焼き加減で出て来たし(薄めのカットだったから、相当注意してないと
焼き加減厳守するの難しそう)、メカジキは輪をかけてすごいボリューム。
お好きな方はたーっぷり堪能できると思います。

チキンの煮物は「ドライAppleとハーブの煮物」というのに釣られて興味本位で
頼んでみたのですが、これ、めっちゃ美味しい薬膳スープや!!(´∀`)
薬膳系の香りが苦手な方にはちょっと難しいかもですが、私的にはすごくいい。
シンガポール、マレーシアの肉骨茶的な。鶏肉もタップリ入ってましたが、
これはスープが主役やな。ご飯がかなり固くて残念だったけど、いーです。
米は寿司で摂るから(笑)

ってか、すごいなーっ。
ビュッフェをあの価格で出しといて、メインがこのボリュームかー。
どうやって採算合わせてるのか。。。まぁ食後のコーヒー・紅茶以外の飲み物は
別料金だからってのはあるかもだけど、良心的だ。。。

さて、スイーツ。
さすがにフランス系のホテルらしく、デコレーションがいかにもそれ。
見目に楽しいですね♪

th_IMG_4996_201508120130039e8.jpg th_IMG_4959.jpg
th_IMG_4958_2015081201300093f.jpg th_IMG_4960_20150812013001acf.jpg


こういうアシンメトリー且つエレガントなデコレーションはフランス菓子に
多い気がしますね。ドイツとかはシンメトリーなデコレーションにするし
(彼ら曰く、切ったときどれも均一じゃないと美しくないじゃないか、という
大変ドイツらしい理由らしいw)日本ではあまりこういう色使いはしませんね的な(笑)
そう言う意味で見目の特色はフレンチテイストたっぷりかと。

ただ。。。
個人的にスイーツの味は、ぼーちぼちだったかな(^^;
タイミングが悪かったかな。スイーツまで完璧なハイアットの直後だったし。
なのでかなーり舌が厳しくはなってると思いますが、それにしても、微妙に
アジアンなテイストがヒョコ!っと組み込まれてたりしてちょっと違和感。
パンダンリーフ風味とかジャリジャリのココナツとか。好きな人はいいけど
フランス菓子のつもりでいくと、ん???ってなるかも。
全体のレシピも無難無難なとこで収めてる感じかな。
店名が「最新のレシピ」という割には…という感はちょっとあり。

th_IMG_4991_20150812012846ebb.jpg th_IMG_4992_20150812012849132.jpg

あっ、でも果物はものすごく適熟なやつばかりだったので、好みのスイーツが無くても
充分満足できるレベルっ。これは時期にもよるかもだけど、どの種類もドンピシャ
だったから、もの凄く気を使われてるのかなと。紅茶のティーセットも可愛くて
嬉しかったーヾ(@⌒ー⌒@)ノ

とまぁ、ちょいちょいイヤごと挟みましたが、本来そこまで言えたギリじゃない。
結果的に1人、440kドン弱だったんですよね。2600円くらい。
それであれだけ素晴らしいエビ(←とにかくエビ推しw)と、その他シーフード、
種々の料理にボリュームあるオーダー・メイン、食後のコーヒーまでついてるんだから、
四の五の言うなって話ですね(^^;

通常価格になると550kくらいかー。食べる物により好み・感じ方はそれぞれ
あるかと思いますが、雰囲気も込みで、特にこのオープニング・プロモーション
価格だったら全体にとても素敵なビュッフェです。

なにより、最初にも言いましたがスタッフさんが素晴らしいし、気分よく過ごせる
この空間をこんなお手頃な価格で楽しませてもらえるのだったらかなり安いと言って良い。
どのくらいスタッフさんが素晴らしかったかと言うと、BABY連れだった友達が
料理を取りに行ったとき、席に着く時、フロアマネージャーさんらしき紳士な感じの
スタッフさんが、「恋人かっ(´⊙ω⊙`)」ってくらい甲斐甲斐しくケアしてくれてて
「好きになっちゃうかと思ったわ(笑)」と言ってたくらい(笑)

子連れお断り、な所もあって、それはそれでそのお店のスタイルだからアリだとは
思うのですが、やはりこういう姿勢を見せてくれると、子供への配慮だけでなく、
例えば客人を連れて行く際など、いろいろお任せできるかなって思っちゃいますね。

新しくて、まだ入り口の所は工事してたりしますけど、せっかくなので、
このプロモーション期間内にお試しになってはいかがでしょう?
今月いっぱいということなので早くお知らせしたくて、無理矢理この記事、
食べに行った翌日にねじ込みました(笑)

ちなみに、1階カフェではアフタヌーンティーもされてるとか。
1人だと290kドン、2人だと500k弱と聞いたので、偶数人で行くとお得かも。(←セコいw)
日曜日はシャンパンブランチもやっていて、こちらは1400kドン++。
SOFITELと同じく、シャンパンはテタンジェだそうです。

ふむ。
楽しみだな(*´艸`*)


Le Meridian Saigon Hotel ( Latest Recipe)
3C Ton Duc Thang Street,Q1



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Work Shop 〜 これは行くべき!こだわりのコーヒー屋さん

***** Aug. 2015 *****

先日、打合せごとでこちらのお店に久しぶりにやってきました。
相変わらず開放感のある空間。待ち合わせまでにちょっと時間があったので
クイッとエスプレッソを一杯。

th_IMG_4699.jpg th_IMG_4700.jpg

調度ランチタイムだったのですが、ご一緒させてもらった方に、

「ここのランチいいですよ。サンドイッチとかパスタ、いけるんですよ!」

と教えてもらった…は、いいけれど。。。
サンドイッチはともかく、あまりホーチミンで良い思いをしたことが無いパスタ。。。
勧められはしたけども、どうなんだろう。唯一美味しい!と思えたのはこないだの
シャンパンブランチで食べたハイアットのパスタだけど、あそこはチョイチョイ
行ける価格のものじゃないし、ぶっちゃけイタリアン専門レストランでまぁまぁ、
と言われてる所でも、私的にはないなー、ってとこばかりだったのですが。。。

カフェ飯のパスタがうまいとなっ。
いやいや、お勧め頂いた方の舌が確かなのは存じている。
これはひとつ試してみねばなるまいよ、と頼んでみることに。

th_IMG_4701.jpg

th_IMG_4702_201508071719504d8.jpg

th_IMG_4704.jpg


ほうほう、ランチメニューは初めてゆっくり見てみるけど、
サンドイッチにサラダ、パスタメニューと、けっこう色々あるのねー。
こういうカフェのこの価格帯のサラダは、野菜ガッツリ食べられるから
それもいいなと思ってたし、特にグリルドベジタブルのサラダは最近
あっちこっちでお気に入りのメニューなので気になったけど、
この日はパスタ。

の、前に取りあえずコーヒーを頼み直して…
アメリカンって初めて頂いたんだけど、濃いコーヒーにお湯がついてくるのね(^^;
しらなかったわ。


th_IMG_4705.jpg th_IMG_4706.jpg


で、我が愛する平麺タリアテッレをベジタブル仕様で仕上げたものを頼んでみたっ。

th_IMG_4709.jpg


なにこれ、うっまーい!!!(´⊙ω⊙`)
最初生麺か?!と思ったのですが、店員さんに聞いて見ると乾麺だという。
でも絶妙の茹で加減でムッチリぷりぷりっ。そしてタリアテッレの形状に合わせて
ピールされたズッキーニや人参がタップリ。更にはキノコからの出汁がタップリの
スープが実に丁寧に炒めオイルと乳化されてて、まろっとした味わい深いソースに
仕上げられている。。。。

th_IMG_4711_20150807174753b4f.jpg

なんぞー!!!!
ここ、カフェやぞ?!
イタリア料理専門店でも、増してやパスタ専門店でもなく、プロフェッションは
コーヒーの筈なのに、なんでこんなにパスタが美味しいのーーーー!!!ヽ(;▽;)ノ


すげえっ。しかもこれ110kドンだぞ。600円ちょい。
そりゃ道端のフォーとかに比べりゃ高いさ。
でもイタリア料理専門店の千円以上する様なやつより、断然うまいぞ?!

この日はちょっと夜にも予定が入ってて、昼は控えめに、パスタだったら
そうね、半分くらいで申し訳ないけどお残しさせていただいて。。。とか
思ってたけど、うん、途中で止まらなかったよね。ペロッと最後まで頂きましたw

すっごーい、これは教えてもらってほんとによかった!!
同席の方が頼んだPseuto=ジェノベーゼはソースの濃厚さ故に少しぱさつく
感があったらしいのでメニューによるかもしれませんが、この Veggie って
やつは超オススメっす!!!

あのきちんとした乳化のさせ方とか見てたら、アーリオオーリオももちろん美味しい
だろうなー。となるとボロネーゼとかカルボナーラの出来が気になる所ですが、
これはちょっと皆さんをお誘いして食べ比べをしてみたい。←自分があれこれ
試食したいからって巻き込むなよw

          th_IMG_4708.jpg
th_IMG_4707.jpg th_IMG_4713_20150807172405e7a.jpg


クラブサンドも、チキンとベーコンのダブルミートで、濃厚なトマトも水分を
気にしてのスライスがなされてたり(と、受けとれた)して、突飛なことは
してないんだけど、正当に、高い位置で美味しい。
この調子だとハンバーガーとかも美味しそうだなぁ。。。( ̄¬ ̄)


いやー、まさかのランチスポット。
コーヒー専門店だからと、食後に来てはコーヒーを頂くばかりでしたが、
ここ、料理も美味しいですよっ。びっくりっ。
パスタの、特に私が頼んだ野菜のフェトチーネに関しちゃ、
ホーチミンの外食先の中でも屈指!!!

やーっ、やっぱり侮れませんな、ベトナムのカフェ飯!!
日本のカフェ飯で感激することは少なかったけど、こっちではスタートの
期待値が低かったこともあってか、驚かされることが多々だわっ。

おごちそうさまっ。ここは是非また「パスタ食べに」来る♪
もちろんコーヒーも美味しいしっ。

ちなみにこの日、打合せ前に早めに来て書き物するときにエスプレッソ一杯。
食事中にアメリカン一杯。
書き物がし易かったので食後1人で残ってカプチーノを一杯。
合計3杯分居座りました(笑)

th_IMG_4715.jpg th_IMG_4716.jpg


それでもニコニコ親切に丁寧に接してくれるし、ほんと居心地の良いお店♪
お客さんも程々いっぱい入ってたし、良いお店がちゃんと受け入れてもらえてるって、
客として行ってても嬉しいものですね♪ もうちょっと私も足しげく通おうっと♪



***** Dec. 2014 *****


失礼ながら、開店当初は良くっても、監督する人が不在がちになったり、
時間が経つにつれ作業が雑になったり、ということが如実に見て取れる事が多い
ベトナムのお店。いや、実際はこれ、日本でも言えることかもしれませんが、
そうなるとゲストの評判があっちと言う間に悪くなってお店の売り上げに直結
するから、その辺割と寛容な人が多いように思えるベトナムよりかはマシかもですね(^^;

なので、オープン当初に行ったらとてもよかったけど、しばらくして行って見ると、
あれれれれ?ってなる事も多々。そんな中で変わらず品質を保ち、サービスを保ち
やってるお店は素晴らしいなーって思うんですが…


三ヶ月ぶりのこちらのお店、全く質が落ちてなかったです!
それでなくても緻密な作業。豆は注文ごとにグラム単位でキッチリ測り、ミルにかけ、
お湯も、一応97度設定の給湯設備があるとは言え、それを汲み出し、(このお店の)
最適温度の91度〜94度になるまで計り、お湯の量もキッチリ測り…と、
拘らないひとにしてみれば、そこまでやるんか?!とか実も蓋も無い事を
言ってしまいそうになる訳ですが…

今回目にしたスタッフさん達は、みなさん、きっちりされてられましたねー。
それだけじゃなく、カウンターにてのお客さんへのあしらいが慣れて来たのか、
コーヒーの説明をする口調もこなれ、そしてハニカミ気味の嬉しそうな笑顔も健在。
なんやのん、このホッコリ具合(*´ω`)


   
         th_IMG_5623_201412171708591e9.jpg
th_IMG_5624_20141217170901674.jpg th_IMG_5626.jpg


お隣に座られてた白人のお兄さんは、もの凄く熱心にコーヒーについて
質問されてましたね。余程興味があったんでしょう。お二人で来られてたけど、
6種類は最低でもオーダーされてて、アレコレの見比べてらっしゃるようでした。
日本もそうだけど、最近は欧米でもチェーンのカフェみたいなのが多くなって
来てるのかなー。中々コーヒーの話を直に味わいながら聞ける環境ってのも
少なくなって来てるのかもしれませんね。

th_IMG_5630.jpg

逐一器具を(当然ながら)替えながら、いっぱい一杯を丁寧に淹れてくれる様子。
もうその場面からがこのお店の楽しみの一つ。自分はそんなにコーヒーに詳しい
わけでも拘ってるわけでもありませんが、

『拘ったお仕事の様子を間近に拝見できる』


というのは、やはり興味深いし、感服の念に浸れると言うのは、
大変贅沢な事ですよね。


そうそう、前回は記憶に無かったのですが、変わったコーヒーの抽出器機を
みかけました。なんか巨大な注射器みたいな奴(笑)


th_IMG_5632.jpg th_IMG_5634.jpg

th_IMG_5635.jpg th_IMG_5636.jpg

豆を入れてお湯を注いで、フィルターをつけたらカップにひっくり返して
ジューーーーーーーーっと注射器みたいにピストン推して絞り出してた。
おもしろい。あれ、飲みたいと言うよりやってみたい(笑)
今度飲むとき、あの注射器みたいなので注文しよう(笑)


ともあれ、以前行った時と変わらず、いえ、それ以上のサービスになっているのを
見れてとっても嬉しかったです♪ コーヒー空きの人はお連れしたいし、
コーヒーにそんなに興味の無い方でも、あのお仕事ぶりは見てても楽しいし、
オープンな感じのお店の雰囲気もとてもよいので、まだ行かれた事がない方がいたら
ぜひ、お試しくださいませ♪



***** 19 Sep. 2014 *****


開店早々、評判の高いこちらのお店のことを聞いたお友達に連れてってもらいました。
場所はドンコイ通りを川沿いに進み、Ngo Duc Ke通りに当たったら右へ。
進行方向左手、ちょっと表は解りにくいのですが、右となりに最近着々
店舗展開をしている、Phuc Long さんがあります。Work Shop への入り口には、
住所の「27」が入り口の真正面に書かれてますので目印に。

th_IMG_2394.jpg th_IMG_2395.jpg

ちょっとした空間があって、その奥に階段が。
3回くらいまで上がらないと行けないので、がんばりましょうっ。
(ゼーゼー息切らしたのはナイショ。。。)

th_IMG_2396.jpg th_IMG_2398.jpg

入り口にはその日に備えた豆の種類やおススメ等が書かれてるボードが。
そして香ばしいコーヒーの香り♪ そして中に入ると。。。。

th_IMG_2399.jpg


採光が良く、広々とした空間。
全体に白を貴重にし、きゅっと締まった黒に近い色のフレームを巡らせ、
シンプルだけを大きめのランプシェードをあしらったシーリング部分。
ここを勧めてくれた友達の一人は、コーヒーの味だけじゃなく、ここの
雰囲気がとても良くて居心地が良い、と言って勧めてくれたのですが、納得。
座っていて、とても気持ちがいい♪

th_IMG_2400.jpg th_IMG_2401.jpg

メニューは実にシンプルで、当然ですがコーヒーがメイン。
ですが、コーヒーにはメチャクチャこだわりが!!

まずは、Pour Over と、Immersion。
Pour Over というのはドリップ式のお湯を注いで作るタイプ、
Immersion というのはサイフォン式で入れるタイプ。

更に、Pour Over のメニューには、V60, Woodneck, Kone, Chemex,
Kalita などのチョイスがあり、どうやら豆の種類ではない事はわかったけど
なんぞこれ?と思って聞いたら、ドリップする器具の種類の違いだそうな!
Kalita などは知ってる方も居て助け舟を出してくれたからなんとかわかったような
ものの、器具をチョイスできるコーヒー屋さんって日本でもあんまり知らないかも。。。

拘ってるコーヒー屋さんであればあるほど、そこのマスターが「これ!」と
思った物だけを使われてたりしますもんね。それはそれでお店のカラーですが、
器具までお客さんにチョイスさせるとは、なかなかキャパの広いお店。。。

もちろん、それを全て知って自信満々でオーダーするお客さんというのは少ない
かもしれませんが、余程好きな人でなければそれだけの器具を家で揃えてる方も
少ないでしょうし、コーヒーの世界を広げるチャンスを提供しているという点では、
これもコーヒーへの愛の表し方なんだなーと痛く感心。

各種の器具は、店内のディスプレイにも使われていて、コーヒードリップするだけ
でもこんなに種類があるのねー、と、改めて。そして嬉しい事に、こちらの器具の
殆どは、日本から仕入れてらっしゃるんですって♪ 勿論その前に海外から日本に
入ってるものもあると思うので、なにゆえ原産国から買わなかったんだろう?という
疑問はあるのですが(笑)、一挙に取り揃えようとしたら、日本での品揃えが
よかったのかしら?


th_IMG_2403.jpg th_IMG_2427.jpg

あと、陶器のドリッパーには、有田焼、と書かれた物もあって嬉しかったな♪
どちらから来たのか、と聞かれたので、日本からだと伝えたら、うちで出す
コーヒーは日本のコーヒーに対する姿勢にとても敬意を持って淹れてるんですよ、
と言われました。リップサービスだったかもですが、そう言われて悪い気はしませんよね♪

そして実は最初はカウンターから離れたテーブル席に座ってたのですが、
あまりにチラチラとカウンターやら店内を見て興味深くあれこれ話をしていたのが
伝わったのか、「よかったらカウンターにいらっしゃいませか?」と誘ってくれた♪

これが正解。
もし行かれる機会があってカウンター席が空いてたら、是非そちらのお席を希望
されてください。なぜなら。。。。

th_IMG_2407.jpg th_IMG_2413.jpg

スタッフさんたちのお仕事ぶりが、とてもとてもプロフェッショナル。
私はコーヒーの淹れ方に対してそんなに詳しくはないのですが、まず彼らが
一杯ずつキッチリと豆の重さを量り、都度挽くようにし、そしてドリップで
あれば注ぐお湯の量もキッチリと計り、当然ながら冷たい飲み物を入れる器は
氷水で冷やし、温かい飲み物を入れる器はお湯で温め、タイミングを見計らい、
手順良く、真剣な様子で大事に大事に淹れてくれてた。。。

結果そのお味は。。。。

         th_IMG_2417.jpg
th_IMG_2415.jpg th_IMG_2419.jpg

6人で行ってそれぞれ器具を違えて頼んだのですが、どれも雑味がなく、
香りはふくよかなのだけど、実にクリアな味わい。薄い、ではなく、クリア。
特にアイスコーヒーに関しては、水出しで時間を何時間もかけて抽出したものよりも
クリア。清廉さすら感じる程に、とてもスッキリ美しい! なんじゃこりゃ?
と驚いてたら、それを淹れてたお嬢さん、満足そうに静かにニッコリ。

自信と誇りが、あるんだと思います。自分たちが出しているコーヒーに。
決して安い価格じゃないんですよ、シングルで80k?ダブルサイズで135k。
コーヒー1杯に、ヘタしたらランチが食べれる価格。それは彼女達も重々
承知している訳で、その上でも「どうぞ」と自信を持って勧められるというのは
客前に出てくるまでに、相当勉強をして来られてるのではないかと感じました。

豆の事は良く知らなかったし、特に訪ねられもしなかったので、今回は器具
だけリクエストして、後はお任せしていたら、それぞれの淹れ方に合う豆を
数種の中から選んで割り振ってくれてた様です。お詳しい方なら豆と淹れ方の
組み合わせで色んなバリエーションが楽しめるのでしょうねー。

なにより、驚きを持って美味しく感じることを伝えた時に「そうでしょう?!」
と、とても嬉しそうなお顔で喜んでるのがまたいい!自分が手がける商品への
愛情を持っておられる方達の反応とお顔だなー、と、美味しいから以外の
部分でも、とても気分が良くなりました♪

それにしても、奇麗なコーヒーだった。。。
ダラットのオーガニックの豆を使ってるとのことでしたが、それだけでなく、
豆の選別にも相当拘っているのではないかと。店内の別室でローストもしていたの
ですが、私たちが滞在している間、お一人が真剣な様子でつきっきりでやって
らっしゃいましたね。

知り合いにコーヒー屋さんをやってる人が居るのですが、その時々の豆の
コンディションにより、ロースターの様子により、どんなプロでも都度、
真剣勝負。そして100%完璧ということはあり得なく、場合によっては失敗だったり、
自分の気に入らない仕上がりなることはままある、と言っていたのを思い出しました。

コックリとした濃さと甘さのベトナムコーヒーもとても美味しく大好きなのですが、
こういう拘り抜いたコーヒーをゆっくりとした空間でじっくり味わう、というのも
いい物ですね。その拘りも、一方的な物ではなく、客が選べる楽しさの余地を残して
いるというのが、また素晴らしい。というか、ほんと、こんな形のチョイスがある
コーヒーショップってのもホーチミンでは勿論、日本でもあまりないんじゃないで
しょうか?

とても感心させられましたし、触発もされました。
コーヒーへの好奇心、ムクムク。もしも二人以上で行けるなら、同じ豆で
器具を違えての見比べて見る、なんて面白そうだと思いませんか? 

持ち帰り用のお豆は、200kドン/g〜と、なかなかなお値段でしたが、
それだけの価値がある豆だからこそ、多少割高になっても、プロに淹れて
もらってお店で楽しむのがいいかもですね。ここはほんと、1飲の価値有りかと
思いますので、コーヒーにご興味のある方はぜひぜひおいで下さいませ♪

th_IMG_2422.jpg

↑住所がメチャクチャ小さくしか書かれてないなw
27 Ngo Duc Ke Q1.です♪


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Ann Quan 〜 ハノイ料理!

「行ってみたいハノイ料理のお店があるのー!」

と、前々からお友達に誘われてたのに中々行けなくてやっと念願成就。
場所は以前ご紹介した、動物園近くにあるビアクラブ Vuvuzela の
真横にあるヘムを入って、山ほどバイクが止まってるバイク置き場をつっきって
更に奥に行った左手にある大きなお店!!

th_IMG_4655_201508071622085a5.jpg th_IMG_4656_20150807162210107.jpg


ちょっと古風なデザインの入り口。一応エアコンに送風がかかっててはいるけど、
開けっ放しで店内広くて、半屋外と言うか開放感に満ちた店内。
どんだけ開放的かと言うと、足下をネコちゃんがウロウロしてたくらいに開放的でしたw

th_IMG_4658_20150807162211a6f.jpg


ホーチミンに来た頃は、元々舌が甘口な性もあって南部料理が大好きだったし、
今も実際好きですが、一応お出汁の国の人でもあるので、すっきりとした旨味を
ベースにしたハノイ料理にも興味が湧いて来た今日この頃。なんだかんだで
「おいしいなー」と思うお店が実はハノイ料理だった、なんてことも増えて来て
むしろ積極的に食べに行く感、増えて来たかなー。


平日のランチタム、だだっ広い店内ではあったけど、結構な人出!
ざっと見渡した限りはほとんどローカルの方ばかり(^^;
メニューもベトナム語オンリーで、日頃から海外のお客さんはあまり想定
してないんかなー。こりゃオーダーがんばらねばっ。

th_IMG_4661_20150807162213919.jpg th_IMG_4667.jpg
th_IMG_4668_2015080716223077e.jpg th_IMG_4669_20150807162231c0e.jpg
th_IMG_4671_20150807162233b01.jpg th_IMG_4672_20150807162234cb4.jpg


と思ってたら、1人、とても奇麗な英語を喋る礼儀正しく且つ適度にフランクな
ハンサム君がテーブルについてくれて、あれやこれやと甲斐甲斐しくお世話を
してくれました。いやーっ、助かるっ。

遅れてくる友達を待つ間、「とりあえずビール4つ!」(そこに居た全員)
と言ったら、また (´⊙ω⊙`) みたいな顔されたけど、まぁ気にするな。
この日はなんちゃらっていうハノイの方のビールらしいものが最初の一杯
10kドンとか言われたから仕方なくねっ、仕方なくーーーっ!!


結構朝からやってるらしく、大好きなバインクオンとかもメニューにあったけども
それは「朝食メニューです」っつってオーダーできなかった。朝食はその他に
フォーなどの麺類など。今度これ食べに来てみよう。

この日頼んだのは、まずティンリーのガーリック炒め。
ティンリーって花のつぼみってことだけは知ってたんだけど、これ、
夜来香って花のつぼみなんだってね!!って偉そうに言っても、
夜来香、歌でしか知らないんだけれども!(笑)

th_IMG_4675_20150807162241800.jpg


ベトナムはいろんな花を食べますが、花、と言って抱く苦そうなイメージは
どれにも殆ど無くて、それぞれの食感があったり色が奇麗だったりして
とても素敵な食材なんよなー。特にこのティンリーちゃんは炒めるとシャキシャキ
して美味。天ぷらなんかにしても歯ごたえがヘタらないし、おひたしなんかにも◯。
家でも使い勝手がいいんですよね♪

そして大定番のあげ豆腐のレモングラス掛け。どこのレストランにもあるけど
お店によってそれぞれ趣が違ってておもしろいメニューですよね。

th_IMG_4676_201508071629207cd.jpg


ここのは表面サクサクで中がとろりと滑らかタイプ。レモングラス、
もっと一杯乗せてー!って思ったけど、お醤油やらチリソースやらで頂くと
充分美味しい。あ、あとここはマムトムも出て来たな。この日のメンバー、
みんな躊躇なくマムトムつけて、「んまーいヾ(@⌒▽⌒@)ノ」と言ってました。
さすがw


お継ぎはおこげ!お米大好きなベトナムの方の定番メニュー!
コムチャイヾ(@⌒ー⌒@)ノ

th_IMG_4677.jpg


出店もあって、おやつ的に食べることもあるのですが、カリッと揚げた
サクサクお焦げライスに、一見細く裂いたサキイカの様なポークフロストが
乗ってる逸品。これがまービールに合う合う♡
で、出て来た瞬間がっついて素手でボリボリ折って食べようとしたら。。。

「マダム、こちらでお切りしますよ」


th_IMG_4680.jpg


と言われてしまった(。-_-。)
そう、ベトナムはローカルのお店でも細かくお給仕してくれるところ、多いよね…。
すんません、育ちがそんなによくないもんでがっついて。。。(苦笑)

カエルの唐揚げを頼んだら、上にはなんとレモングラスを細く細く裂いて
油で揚げたものがっ。


th_IMG_4679_20150807162922922.jpg


さっきお豆腐にかかってたのは細かくシュレッドしたレモングラスを使ってまして、
繊維質が多くて生ではとても食べられないものもこうやったら食べられるんだなー
と思ってましたが、これは…繊維の方向をそのまんまに残してる。。。
く…食えるのか…?と怖々口に含んでみると…

サクサクサク!
おお!!!ちょっと油っぽいけど、ホロリホロリと口の中で崩れ落ちる!
そしてそのその際、ホワホワリっとレモングラスの爽やかな香が!!
個人的にはもうちょっと油切れの良いオイルを使ってサッパリ仕上げたい
ところですが。。。


レモングラスを縦に割いて、こんなに繊維質が触らず食べられるものなんだ?!
と、新鮮な驚き!確かに自分には使い慣れない食材だから仕方ないっちゃー
仕方ないけど、想像力の欠如を顧みらざるを得ない調理法。。。
驚くなぁ(´Д` )


ちなみにカエル、めっちゃ美味しかったです ( 。•̀_•́。)b
もしかしたら、唐揚げと言う調理法に限ると、今まで食べたカエルの中で
一番美味しかったかもしれない。肉付きぷっくり、ジューシーで骨から
ぷるっとはがれてお口の中でジュワジュワリ。ジューシーだけども油っこさが
なく、ヘタにブヨブヨ太らされたブロイラーのチキンの唐揚げよりも断然
こっちが美味しい♪

th_IMG_4682.jpg


栄養素的には鶏ササミと同じくらいの高タンパク低脂肪のカエルさん、
抵抗あると言われる方が多いのも存じておりますが、美味しくて身体によいのも
これまた事実。ご興味のある方はこちらのお店でのカエル料理、オススメです♪

次は揚げ物のセット…かな?と思ってたら豚足の揚げ物セット。

th_IMG_4683.jpg


皮付き、骨付きで甘い油がじゅわじゅわ美味しい、しゃぶり付きながら食べる
感じの豚料理♪ 皮の部分が香ばしく、ちょーっと油っこい感あったけど
さすが、豚の美味しいお国の料理。味付けもシンプルに塩胡椒のみって感じで
ダイレクトに豚の美味しさが伝わってきます。


付け合わせは高菜のキムチ!
高野香りとキムチ漬けの風味と言うのがちょっと最初相容れなくて戸惑う
人もいたようだけど、私は結構好きでした。豚で口の中が油でじゅわじゅわ
するところを、こいつでキリッと。そこにビールを流してシャキッと。
あーうめーっヾ(@⌒▽⌒@)ノ


ちょっとメニュー構成しくったなーと思ったのは全般に油物に偏り気味だった
ことですが、うんうん、うまいわ、こちらのお店。何より開放的な雰囲気が良いし、
お値段もかなりお手頃です。この日はこれらのボリュームタップリの料理と
ビールを1人1〜2杯飲んで1人150kドンしないくらい。

ちなみにランチセットもあるようで、2人前で180kドン、4人前で360kドン
というセットがありました。何品かが汲み合わさってるセットのようで、
シェアして食べる分量で作り分けるんでしょうね。

th_IMG_4685_20150807163001e27.jpg


って、1人前90kドンかいっщ(゚Д゚щ)
そりゃー昼からローカルの方でいっぱいなわけだ(笑)
朝食も気になるけど、今度はそのランチセットも気になるな。

最初から最後までテーブルに着いてくれた英語喋れる男の子、日本人客が
珍しからか「どうやってこちらのお店を知られたんですか?」と尋ねて来て、
インターネットで見たんだよーと言うと、それを旅行会社なり、案内して
くれそうなところにアピールしたいから、そのURLを教えてもらえないだろうか、
などととてもご商売熱心。

且つ、最後に名刺を頂いたら、

「自分なら英語対応が出来ますから、ご予約の際は僕までご連絡ください」

と。彼、お若そうだったから意外だったけど、お店のメインマネージャーさんらしい。
なんてお仕事熱心なっ。そういえば別のお店でも日本人と見るや、
「この料理に使われてる素材の名前は日本語でなんと言うのですか?」
等と尋ねて来る人がいたりして、こういう自主性と積極性を持つ人が、
先々伸びて行くんだろうなー、と感心させられることが多々。


th_IMG_4687_20150807163002191.jpg


すばらしいよねっ。
「仕事をする」ってこういうことだよね!
と、良い歳をして学ばさせてもらうことばかりでございます(^^;


ってことで、彼の許可を得ましたので、彼の名前入りのお店の名刺を
下記に掲載させてもらいます。ふらりと言ってもだいじょうぶなくらいの
キャパはあると思いますが、大人数で行く時とかは、是非彼に連絡して
上げてください。若しくはお店に行ってベトナム語が通じなかったら、
彼を呼んでもらったら随分助かると思います。

頑張ってる人は応援してあげたいですよねっ。
っちゅーか、サービス受けるこっちも気分いいし。

このお店、まだまだメニューの開拓の余地がありそうなので、また追って報告します♪
またもや良いお店、おしえてもろたーヾ(@⌒ー⌒@)ノ



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪
sidetitleプロフィールsidetitle

ちぇり

Author:ちぇり
FC2ブログへようこそ!

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleブログ村PVランキングsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
アップグレード 追加 作成済み/作成可能プロファイル数:0/1 キーワードをご入力ください ご指定の条件に該当するデータがありません * 他のユーザーから閲覧もしくは管理権限を与えられたプロファイル ユーザーガイダンス 解析コードの実装方法 Google Tag Manger 1.下記の解析コードをコピーして、解析を行いたい全てのページの から の間に貼付けてください。 解析コードのコピー 2.解析コードが実装されたウェブサイトを開いてください。 3.解析コードが正しく実装されたか確認してください。 チェック 閉じる
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR