Mien Ghe Thai 〜 カニ春雨♪

以前ご紹介した

US Maart
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-4088.html

から左程離れていない所にあります。
ってか、US Martさんに行った時に見つけて気になって行ってきましたw
Thaiは特に気にならなかったんだけど、Gheって書いてあるから。
カニ、LOVE。

th_IMG_7473.jpg

ってかこの看板ですもんね。
目に着くやろ。特にカニ好きには。
お上手(。-_-。)

店内はそんなに広くなくて食堂、って感じだけど、気持ちお洒落かな?
清潔感もあるし、割とローカルの方には知られているのか、6〜8人のグループが
この日は4組も入ってました。

th_IMG_7474.jpg


広くないながらに昼から賑やかで、そこそこ人気のお店なのかなーと。
ただメニューを見ると。。。

th_IMG_7475.jpg

th_IMG_7476.jpg

th_IMG_7477.jpg


単品がそこそこの量なのかな。
確かに4人以上くらいで来てシェアするのが賢そう。
こりゃ1人で来たのはもったいなかったかも。
でも英語メニューも添えてくれてるのはありがたい。

で、取りあえずお店の名前でもあるMIen Ghe Thai ってのを探して頼んでみました。
どんな物が来るのかなーと思ってましたら。。。


th_IMG_7482.jpg

おおっ。かなり年季の入った鍋ごと来た(・∀・;
けど、ビジュアルは美味しそうだなおい!!
フォトジェニックなお姿を拡大しますと…?


th_IMG_7484.jpg


おーーーー。
この手のカニはそんなに身があるわけじゃないから、カニの実をガッツリ食べられる
わけじゃないけど、カニの甲羅がこうやって乗ってるだけでなんか豪華感あるwww

麺は太目の春雨って感じで、その色目とは裏腹にアッサリとした風味のお出汁を良く
吸ってます。カニの味は。。。そもそもワタリガニですので割とアッサリ目な上に、
ベトナムではあまりカニカニしたクドさを出さない調理法があるからか、

「カニ食べてますー!!!」

みたいな感覚はなかったけど、アッサリ美味しい。
サッパリ美味しい。

th_IMG_7485.jpg


タイ風、なのかどうかはわからないのですが(こういう料理にタイでまだ
巡り会った事が無かったので)辛さも殆ど無く、むしろ添えられてたチリを
自らガッツリ混ぜ込んだくらい。

でも味が物足りなかったと言うことではありません。
春雨全体にしーっかり味が染みているので、頬張った時の総合的にはちょうど良い味付け。
食感的には、この味の染みた春雨を白飯に乗せて食べたい感じでしたけどねー(笑)


こちらの料理に関しては1人で食べてもちょうど良い量。
4人だったら物足りない感じ。カニは卵を抱えたタイミングの身が詰まった
物を使ってましたが、まぁやっぱりそんなにガッツリ食べれる量でもないので
お味見程度、かな?


th_IMG_7487.jpg


というわけでペロリ。
さっき、ちょうどよい量とは言った物の、なんせ春雨麺なので腹こなれが良い。
食べた直後からちょっとお腹が空いてたり(・∀・;

ところで、これ価格をハッキリ覚えてないのですが、確か結構したんですよね。
日本円換算で600円か700円くらいのイメージ。(もし違ってたらごめんなさい💦)
なので味的コスパは引き合っても、腹持ちコスパはイマイチかなーと言う感じ(笑)

いや、どう言う物か知れたから私的にはデータ料としてアリな価格だったんですが(笑)
他のメニューを見てもエビやらカニがメインなので、こちらのお店だけでお腹いっぱいに
しようとおもったら、結構コストがかかるかなーと。

おつまみ的に、一件目で軽く飲んでつまんでく、くらいに考えてた方がちょうどいいかも。
あとは数人で出掛けてチョイチョイつまむことかなー。
飛びつく程個性的な味ってわけでもなかったけど、このエリアのお店はまだ手薄だし、
一応、ご報告がてら、ということでー♪


th_IMG_7480.jpg




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪
スポンサーサイト

Cuei Cha 〜 お茶カフェでケーキ♪

珈琲メインのカフェも増えてるけど、お茶メインのカフェも増えて来てますよねー♪
主に台湾系が多い気がするんですが、こちらのお店は何系だろうな?
タピオカティがあるから、やっぱり台湾系かしら?

th_IMG_8029.jpg



この日は偶然見かけて持ち帰りのために立ち寄ったのですが、お店の奥、二階には
イートイン席もあり、中で食べるにも持ち帰りするにも両方対応してくれるようでした。
で、何を頼もうかとカウンターの奥を見ていたら。。。


th_IMG_8035.jpg


「こちらのメニューの方が見易いと思いますので、よかったらどうぞ。
 システムがお分かりにならなかったらお尋ねくださいね♪」

と、それは流暢な英語でとても親切で丁寧な対応。
最近奇麗な英語を話す方が、ホーチミンの街に増えたよねー。
それが収入に直結するからモチベーションも違うんだろうけど、本当に頭が下がるわ。
私がホーチミンに澄むようになってからのたったの数年間で凄い進歩。

英語至上主義ってわけじゃないんだけど、現実問題英語ができると世界を相手に
する場合に強い訳で、国際化していく国ってのは、こうあるべきなんだろうなー。

さて、メニュー。
エラい一杯ある(笑)

th_IMG_8030.jpg

th_IMG_8038.jpg

th_IMG_8039.jpg

オススメメニューを基軸に少しずつ色んなアレンジ加えたものがあるんでしょうね。
シントーもあるけれど、基本はやっぱりお茶のよう。そして面白かったのが。。。


th_IMG_8031.jpg

氷とお砂糖の量を細かくオーダーできる事(笑)
これは拘る人には嬉しいですね♪

だるだるに温いのはいやだけど、氷が多すぎて身体が冷えるはちょっと、って
時もあるし、甘さも「あんまり甘くしないでね」と言ったって甘さの基準なんて
人それぞれで「甘くしないでって言ったのにぃ!」となることもしばしば。
だったら細かく指定してもらう手間はあるけど、客が満足度を得られた方が良い
と言う選択なのでしょう。賢いと思う。

ショーケースには何種類かのケーキが。
動物モチーフのは、えーっと…、そ、それなりでしたが…(笑)

th_IMG_8032.jpg th_IMG_8033.jpg


アップルケーキはちょっと見た目においしそうだったので買ってみた。
最近、ホーチミンのケーキ事情もボチボチ変わって来ているようで、甘い一辺倒や
重い一辺倒のものばかりじゃなくなってきてるから、あっちこっちで試しとかなね。

th_IMG_8034.jpg

th_IMG_8045_201512281814543f6.jpg th_IMG_8044_2015122818145387e.jpg

見た目の素朴さの通り、しっとりのクラフティ気味な生地にリンゴの甘煮がちらされていて、
甘酸っぱいナパージュが艶やかさとアクセントをつけてて、うん、普通に美味しいじゃんこれ!
すっごいスペシャルってわけじゃないけど、素直に美味しい。これは珈琲じゃなくてお茶ですね。

肝心の飲み物の方はタピオカ入りのミルクティに下のですが、こちらもタップリ!

th_IMG_8047_20151228181456841.jpg

同じく特筆する様なことはなかったのですが、先に話したように甘さや氷の量を調整できる、
等の細やかなサービスがあるので、より自分用のカスタマイズができますし、元のお茶の
味もしっかり目だったので、ガッカリする事はないんじゃないかな。わざわざ行ってください!
ってお店じゃないけど、通りがかりに見かけてちょっと休んで行きたいなって時にはいいんじゃ
無いかと思いますー♪


th_IMG_8040.jpg

th_IMG_8041_2015122818145268f.jpg



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Delices 〜 ベトナムではここだけのお料理?

「ちぇりさん、このお店知ってますか?」

と言われたのがこちらの店。
ちーーーーっとも知らんかった(((;゚д゚;)))

場所は元アヘン窟と言われている、Hoa TucさんやRefineryさんがある
ヘムの中。以前こちらでご紹介したベイルートさんがあったり、最近では
Juspas さんの支店が入ってたりと賑やかな所ですね。最近では表の
Hai Ba Trung 通りに熟成肉で定評があるEl Gauchoさんができ、
入り口の目印となってます。

しかし。。。そのヘムへは何度も行ってるはずなのに、知らんなーそんなお店。
なにはともあれ、下見しに行こう、ってことで出掛けてみrと。。。ない。。。
そんなお店、やっぱりない。おかしーなーと思ってたら。。。

ヘムに入って左手側。Refineryさんの隣のタパスを出すお店…に入った
その奥にある階段を上がった二階にあるお店だった。
こんなん分かるかいっ(^^;


th_IMG_7333.jpg


しかし入って見ると。。。とっても素敵な空間が!
外から見ただけではとても想像できないような素敵なお店があったりするのが
ホーチミンの素敵な所。ワクワクしますなっ。

th_IMG_7329.jpg

th_IMG_7676.jpg

th_IMG_7678_20151227184827187.jpg


で、この日はメニューやお席の下見をして、改めて出直しました。
メニューにはコースもあるけどアラカルトでもOKなシステム。

         th_IMG_7687.jpg 

th_IMG_7681_20151227184920623.jpg th_IMG_7680.jpg 

お目当ては、カナール・エトゥフェっ。
窒息させて体内に血をうっ血させたまま調理することで鉄分が体中に周り、
鴨特有の風味が突き詰められる、というお料理です。

その体内に残る血液を絞ってソースに生かし、エトゥフェと言う料理を
有名にしたのが、かの、ラ・トゥール・ジャルダン。
訳知り顔で書いていますが、もちろん行った事などありませんヽ(・∀・)ノ

なので本家との比較はできないのですが、そもそもわたくし、カナール・
エトゥフェという方法で調理された物すら頂いた事が無い。
そしてホーチミンでこの料理が頂けるのはこちらのお店だけだという。

「いつ行く?」(お店の提案受けた翌日に決めたよね。。。

この日は女性4人で来店。
お店を入って正面の一番奥にある素敵なスペースを頂きました。
まずはスターターをば。1人送れて来たので、まずは3つ頼んで、あとの
1人が到着したらもう1品頼もうか、と言っていたけど、結局4人で
最初に頼んだ3品のみで充分な量。。。(^^;

ラザニアにゴートチーズのサラダ、そしてフォアグラ。
ラザニアは思ったよりも小ぶり且つ塩気控えめ。これならスターター
として頂いてもありかな、という品の良さ。

        th_IMG_7692.jpg

th_IMG_7694.jpg th_IMG_7695.jpg


フォアグラは結構しっかりした
大きさのカット・テリーヌの写真をネットで見ていて期待していたのですが、
実際にはかなり量は控えめ。同額帯で他店ではもっとボリュームを楽しめる
ので、これはちょっと肩すかし。


th_IMG_7693.jpg

まぁ個人的にコールドタイプよりもソテーされた物が好きだったということも
ありますが、ソフィテルさんのフォアグラのパテはコールドプレートの中にあっても
美味しかったからなー。

実はフォアグラに合わせて甘い白を頼もうとしてたのだけど、ワインリストに
思わしい銘柄の物がなく、仕方なくスパークリングのロゼで治めたのですが、
なるほど、このくらいのライトなフォアグラを出すのだったら、そこまで
こっくりと甘い白は必要ないのかも。とても不思議に感じたワインリスト
だったのですが、お店も考えたラインナップなのですね、きっと。

th_IMG_7686.jpg


ゴートチーズは、ふんわりと生クリームを混ぜられた様な軽さがあって、
こちらはとても美味しかった♪羊特有の風味もありつつ、質感的にも
味覚的にも柔らかさが魅力で、スパークリングを頼んだ甲斐があった、
と思わせてくれる一品。フォアグラへの肩すかしはこの一品で個人的に
救われた感じ。

さて、その次にメインが登場です。
まずは骨と身をスクイーズする器具が登場しまして。。。

th_IMG_7698.jpg



あらかじめローストされたかもがドーンと、お席の横に登場します。
そう、このお料理は下ごしらえをした後にお客さんのお席まで来て最後の
調理をしてくれるんです♪テンション上がる♪


th_IMG_7700.jpg th_IMG_7713.jpg


まずかなりレアめにローストされた鴨が解体され、血の気の多い部分や骨
などがプレスされます。ンギュギュギュギュ。ここで血液を含む鴨のエキスを
直接的に抽出して、用意されたソースベースに混ぜて完成させるんですね。

th_IMG_7724_201512271859380ed.jpg th_IMG_7730.jpg


本来なら、若しくは多くの場合、クセの強い食材を使う際は、より多くの
人に受け入れられるようにそのクセを取り去る方法を見つけようとすることが
多いと思うのですが、この調理法考えた人はすごいですよねぇ。。。
もしかしたら同じ系統の発送で開発された料理が他にもあるのかも知れませんが、
動物の血なんて、真っ先に除去しようとするんじゃないかと思うんですが。

このアイデアから連想する物と言えば、某海外ブランドアイスの小豆味。
日本の開発者の方が日本セクションでの新味開発ってことで苦心惨憺された挙句に
見つけた成功の鍵が、小豆を煮た時にでる「灰汁」だったそうです。

一般には灰汁は悪、くらいに思われてて、灰汁は見つかってしまったら最後、
丹念にできるだけ跡形も無く取り除かれる運命にある事が殆どな訳ですが、
このケースではなんと灰汁が美味しさの鍵になったというね。

取り除くべき灰汁やクセもあれば、それを生かす事で他とは格段に差をつけた
優れた物になり得る事もあると言う話。いやー料理って奥が深い。

食べ易い部分のお肉は、まだ生生なので再度パンローストしてくれます。
お酒を使ってフランベしてくれ、ここでも華やかなプレゼンテーションが
楽しめますね♪どなたかをお連れしてのおもてなしにはとても良いのでは
ないでしょうか。

th_IMG_7745.jpg th_IMG_7754.jpg


ただ。。。個人的には期待したより味のインパクトは少なかったかも。
万人ウケする、と言う点では最大公約数的数値をMAXで捉えてて優秀だな、
と思いますが、この調理法を取った割には無難と言うか。本家を食べた事が
ないので何とも言えないのですが、もっとこう…際キワを攻めた感じを
想像してたんですよね(^^;

これなら値段も勘案した場合、Wine Bar 38 のランチの鴨だったり、
つぼ焼きのアヒルさんの方が野性味あって好きかなーと。

うん、わかってる。
比べるもんじゃないよね。別物なんだし、環境やその他も全く違う。
下世話舌の私にはものたりなかったかもだけど、本来なら「上品な味わいで」
ってな感じで表現されるべきものなのかも。こちらのお店のファンの方が
いたらごめんなさい。あくまでも個人的な感想ってことで(^^;

何よりこのお料理を1,500,000ドンで頂けると言うのは、ちょっと日本じゃ考え
られない話ですし、いつか本家の物を頂くにしても、経験として食べておいて損は
ないかと。本来2人分と書かれてましたが、ホーチミンのフレンチの常で、
1人辺りの量が凄く多く設定されてるので、この日は前菜を頼んでメインを4人で
シェアし、デザートを頼んだだけでも充分でした♪

お料理とは対照的に、デザートはとてもヴィヴィッドな味わい♪
マッシュルームを模したムースとパヴロヴァのコラボレーションは、
そのテクスチャーのコントラストが素晴らしく、ショコラのケーキも
フランボワーズソースとの相性がキュッと決まってて美味しかった♪

th_IMG_7755.jpg th_IMG_7756.jpg


サーヴィングも丁寧だけどかしこまり過ぎず(これはホーチミンのフレンチ
の多くに言えることですが)カジュアルすぎず。なにおよりインテリアも
素敵だったし、料理の味は好みによるとしても、クセが無い分どなたにも間口広く
受け入れてもらい易いという点はあるかもですし(鴨が全くダメと言う方には無理ですがw)
おもてなしにはとても良いお店難じゃないでしょうか♪



Delices
74 Hai Ba Trung St. Q1


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

ティーツリー・スクラブ

今年の始めに帰国した時も季節は冬。
単に寒くて大変だったってのもあったけど。。。
乾燥が酷かったヽ(;▽;)ノ

どのくらい酷かったかと言うと、到着して半日もした頃、ふと鏡に
写った自分を見た時にリアルに悲鳴を上げたくらいに酷かった。

「おいなにちょっと誰だよこのばーちゃん!!!(>△<)」

もー目の周りから口元からがシワッシワ!!!
まぢで怖かった(;ー;)

で、叫んだその足でドラッグストアに駆け込んで、保湿に良さそうな化粧水から
美容液諸々を漁って片っ端から試したのだけど、芳しい効果がなく。。。
最終的に行き着いたのがニベアだったというね( ̄ー ̄) ←安い女

しかも化粧水無しの、洗顔後ダイレクト・ニベア。
これでなんとか収まった。最初に叫んで以来、5〜6回目までは鏡を覗くのが
怖くて仕方なかったのですが、ニベアを塗る事で明らかに肌の感触も変わり、
なんとか「普段の」(若いとは言わない)自分に戻れたのです。

と言う訳で、今回は事前にニベアの準備をバッチリしてから帰国したのですが…
い…意外と乾燥してなかったですね(^^; 10月下旬からだったので、さぞや
もう冷えが来ているだろうと思ったら、帰国する12月下旬に至るまで、
ヘタしたら小春日和もあるくらいで。。。

雨が続いた事もあり、乾燥もそこまで酷くはなく。
ただ、体力的にガタガタに疲れていたので、当然その分、
お肌に影響は出るわけで。栄養補給はしっかりと心がけておりました。

が、その際、新しく何かを入れる前には、お肌をクリーンにしておかないと
いけません。もちろん日々のクレンジングは欠かさないわけですが、
とにかくグダグダに疲れ切ってる生活だったので、雑になっちゃうこともある。

ってことで、週に1〜2度愛用していたのがこちら。


th_IMG_8273.jpg


ティーツリーオイル含有のスクラブ。
アジアでは虫さされ、切り傷、肌荒れなどに幅広く使われているティーツリー
と言うハーブ。医薬品ではないので効き目に関しては個人差があると思われ
ますが、日頃からの汎用で穏やかな効き目を好まれる方には人気のハーブですね。
虫さされなんて、効く方にはびしっと効くし。

そのティーツリーがベースとなって、砂粒の様な細かなスクラブが含まれてます。
本来私の歳になるともう、スクラブとかしない方が良いのですが。。。
丁寧に時間をかけられなくて、老廃物がたまり肌がざらつく様なときは、
当然時間的余裕もないわけだからリカバリーする為の手もかけられず、
悪化の一途を辿るくらいなら、というわけで応急処置的に使ってました。
これがすこぶる具合良かった。

スクラブですから物理的にザラザラを除去してくれる働きもあり、
ベースのティーツリーが肌に合っていたのか仕上がりもしっとり。
こするだけが目的じゃなく、ティーツリー成分との相性も良い気がしたので、
私は軽く撫でたあと、湯船につかりながらパック状態で数分放置して流す
のが常でした。

スクラブってお肌に傷を付けながら研磨しているようなものなので、
洗顔後どんなに肌が乾燥するだろうと最初は恐る恐るだったのですが、
そんなこともなく、むしろその後塗布する化粧水やら美容液が
良く浸透する様な気さえました。

ただまぁ。。。私、面の皮厚いですからね( ̄ー ̄)
自分が良かったからと言ってどなたにも「いいですよ!」と言えない所は
あるんですが、どうでしょう。素肌を外気に晒すことが多いホーチミンライフ。
(え?そんなことない?ちゃんとカバーしてる?)

そんなに高い物でもないので、顔はちょっと…と言う方も、シャワー時に
濡れた状態でうっすら身体にスクラブ兼ボディリンスみたいな形で使って
みるのもありかもです。

もちろん、スクラブを肌に馴染ませるときは決して力を入れない事。
優しく優しく撫でるくらいでちょうど良いです。且つ、スクラブ後、
よく水で流したらタオルで優しく拭いた後に、保湿剤やお手持ちの
お肌用のローションなどを補給して上げてくださいね。

日本にもティーツリー成分が入ったハンドクリームとかあると思うんですが、
そこまでメジャーじゃないと思うので、使って良かったらお土産品リスト
にも加える事ができるかもです。ちなみに、ドンコイ通り、Lucky Plaza内
Satra にて買いましたが、多分ちょっとしたドラッグストア的なものを
置いてるとこにはあるんじゃないかな?

めずらしく食べ物以外の情報ですが、2ヶ月使って個人的にはよかったので、
ご報告でした〜♪



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Merry Christmas Sushi!

そういえば、メリークリスマス♪
せっかくの江戸前寿司の技術習って最初の仕事がこれですか、
っていう…(・∀・;


securedownload2.jpg

securedownload_201512251150453f3.jpg


帰ったばかりで生食用の魚を調達できなかったので、スモークサーモンと
クリームチーズで。。。

がっ、学校の名誉の為に言っておくと、こんなものは指導されておりませんっ💦
わたしがっ、わたくしめが勝手にこのようなことをーっっwww


ってことで、明日からまともなお寿司の練習、頑張ります。
ほんとに。はい。


ともあれみなさん、良いクリスマスを♪


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

ただいまです♪

ながーいこと、不在にしていてすみません。
実はこの二ヶ月間、日本に帰ってました。
その間の記事を書くだけのネタはあったのですが。。。

時間と。
体力と。
気力が無かった(´Д` )

実はワタクシ、日本に逆留学してたのです(๑•̀ㅂ•́)و✧
勉強して来たのは…?

東京すしアカデミー
http://www.sushiacademy.co.jp

じゃぱにーず・すしー!!ヾ(@⌒▽⌒@)ノ
テレビや雑誌などで話題になっている学校なのでご存知の方もおられるかも
しれませんが、これまで5年、10年と修行してやっと一人前になると言われていた
江戸前の寿司の技術を、最短2ヶ月で教えてくれると言う画期的なこちらの学校。

2ヶ月?!
んなわけあるかい!!!

と、叫ばれた方が今、いましたね?
PCの前か携帯握りしめつつ、おへそでお茶をぶんぶく湧かした事でしょう。
私だってそう思いました。そんなことが可能なのか…???

結果どうなったかは…
追々、詳しく別途書こうと思ってるのですが、いやーっ、とにかく有意義な
2ヶ月間でした。そして死ぬ程きつい2ヶ月間でもありました(・∀・;
どのくらいキツかったかと言うと、このネットジャンキーのワタクシが、
SNSでぽつりぽつりと数少なに呟くのが精一杯と言う体たらく。

そんなこんなで、こちらのブログにすっかり穴を空けてしまってました。
途中別途メッセージにてご心配頂いたみなさん、本当にありがとうございました。
とにかく無事に帰って来れたので(どんな修羅場にいたんだよ…)またこちらの
ブログを再開したいと思います。

手持ちデータが出立前=2ヶ月以上も前の物なので、一部少し情報が古くなって
しまっている点はご容赦を。イチオシの所に関しては近々訪問して変動がないか
確認した上でまたご報告しますね♪(自分が食べに行きたいだけだろw)

というわけで、また日々よろしくお願い致しますー♪


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Dalat のフルーツジュース

続きを読む

sidetitleプロフィールsidetitle

Author:ちぇり
FC2ブログへようこそ!

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleブログ村PVランキングsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR