Cocochin Food Court 〜 屋台村出現???

***** 2016 Jun. again *****

気になってた屋台村に行ってみました!
入り口にはFood Courtと書いてあるのですが、構えがまぁそれじゃないよねw

th_IMG_9893_20160619162319a39.jpg th_IMG_9894_20160619162320813.jpg

雰囲気の良いエントランスの両側には使い古したミシンがディスプレイされてて
素敵な感じ。カフェとかでも良くモチーフにしてますよね。縫製業が盛んだから
その影響なのかなー。お洒落な廃品利用。

th_IMG_9897.jpg 

お店に向かって右側はキャッシャーで左側がエントランス。
入ろうとするとこんなカードを渡してくれます。

th_IMG_9898.jpg 

お金は払っていない状態ですが、500k分のクレジットが入ってます。
基本1人に一枚貰えて、これを使い、各店でオーダーを。
使った金額が記録されて行き、帰りにキャッシャーでまとめて清算。

この手のカードの場合、自分でお金を出してチャージして使うケースが結構
ありますが、それだと使い切らなかった場合、払い戻し手続きが必要だったり、
払い戻し損ねて残った分が無駄になったりするケースがありますが、こちらの
方式だと、普通のレストランみたいに色々オーダーして最後にまとめてお会計、
という形なので手続きも一度で済み、合理的だし無駄を心配する気がかりも
なくなるからいいですね。

th_IMG_9899.jpg th_IMG_9903.jpg

薄暗目の店内にはずらりと有名どころのお店が!
いきなり入り口にHa Ha Sushiさんがあったのはなぜ?!と思いましたがw。
そこから先には大好きな愛するKHOAIさんがあったりと、延々とお店が続きます。
各店写真入りメニューが用意されており、分かり易いし、それぞれの店舗
価格からも余り変わらないので予想も付け易い感じ。全体に、70k〜140kドン
くらいの間の料理が多かったかなー。

屋台村、という語感からイメージする程安くはないかもしれませんが。。。
なんと言ってもここの良さは、名店どころのお料理を少しずつ、でも一度に
多種類味わえると言うこと!私が数週間かけて回る数のお店を一気に体験
する事も可能(笑)嬉しい様な悔しい様な(笑)

th_IMG_9908.jpg 

th_IMG_9905.jpg th_IMG_9906.jpg

内装がまたホイアンチックで良い感じ。
フードコートと言うとどうしてもあの味気ないステンの机や椅子をイメージして
しまいがちですが、ここは中々素敵でしたよ。少人数用に池をモチーフにした
水場を取り囲むように作ったカウンター式のテーブルとか、多人数用には長椅子
を設置したロングテーブル、4人がけくらいの机は移動し易く、フレキシブルな
人数調整も可能、と、なかなか考えられてます。

ドリンクはちょっとお高め。
多分殆どのお店で頼めるっぽいんですが、ビールもコーラもお水も45kくらい。
良いブランドのものをつかってるんでしょうが、高い。。。

お水は持ち込んでる人が多かったですね。ビールはさすがにその場で買いますが、
45kドンのお水はさすがにちょっともったいない。。。許容されてるようですから
お水が必要な方は持っていくといいかも。

という点はありましたが。。。
はい、どーんヾ(@⌒ー⌒@)ノ

th_IMG_9921.jpg 

やーーーー!!
各店のお気に入りの料理がテーブルの上に一同に!!
ちょっとこれ超嬉しいんですけど!(≧∇≦)

どれもどこかでは食べる事が出来るティピカルなベトナム料理ではありますが、
土地も違えば麺、お魚、焼き物などのジャンルも違うお料理たち。
これらを一気に頂けるって、旅行者の方にはどんだけ効率良くベトナム料理を
制覇できるん!?って話よね!!ちょー朗報だと思うの、ここっ(≧∇≦)

th_IMG_9918.jpg th_IMG_9916.jpg

ミクアンは専門店知ってるけど、カウラウはあんまり見かけない気がするんよねー。
あるにはあるんだろうけど。そしてここのくらい美味しいのとなると更にハードル
上がるし。ちなみに多分これらを出してる所は1軒なのですぐに分かると思います。

th_IMG_9917.jpg th_IMG_9915.jpg

バインコットは、行ってみたかったお店のものだった!!
前を通りがかるたんびに行ってみたい行ってみたいとは行ってたのだけど、
「行ってみたいお店」に強豪が並び過ぎててなかなかお鉢が回って来て
なかったところ、ここで食べれたヾ(@⌒▽⌒@)ノ

バインコットって、他のお店のサイドメニューで頼むと、小麦粉を入れた
生地を焼いたもの=たこ焼きの半分みたいなものと言う感じのものが多かった
気がするのですが、ここのは玉子…??小さい目玉焼きの様な…??

th_IMG_9925.jpg 

それがカリカリっと良い感じに焼かれててとても美味しい♪
玉子の白身を焼き過ぎた食感って普通嫌いなんだけど、これはなんか
美味しいぞ。まぁ野菜タップリにくるんで食べるから焦げた目玉焼き食べる
のと並べたらアンフェアかもだけど。。。。さすが人気のお店と聞いてた
だけあって、このお店のバインコット、美味しいわ♪

となると気になるのがバインセオ。
ショーケースにあるサンプルを見ると、お気に入りのBanh Xeo Muoi Xenより
も更に大振りな感じで美味しそう!!!追加で頼んじゃえー!
って頼んでみたら…?

th_IMG_9931.jpg 

おーーー!凄い迫力♪
そして生地がメチャクチャ薄い!軽い!!!サクサク!!

th_IMG_9933_20160620145622884.jpg 

これ、中華鍋みたいなのに生地を薄ーく広げて焼くんですが、結構強火で
ガンガンやるのに焦げてないし、丸く焼いた後折り曲げられる程度には
柔らかいのにパリパリしてるし。。。

まぁ決めては大漁の油なんでしょうけどね。。。
焼いてるとこ見たら(ひーっ(・∀・;)って思うくらいに油使ってるw
焼くというより揚げる、に近い感じ。だからヘルシーかと言われるとちょっと
ドキドキするけど美味しいんですよ(笑)

揚げ豆腐は別のお店でしたが、ちょっと面白かったです。
レモングラスのシュレッドなり刻んだものを揚げたフレークがかかってる
事が多いですが、こちらのはココナツ風味でホンワリと甘い香り。

th_IMG_9935.jpg 

あとカニフレークがかかってんだったかな?お豆腐本体は卵豆腐。
お醤油を着けて頂くいつものレモングラス豆腐とは随分趣きが違ってましたが、
いや、これはこれでまた美味しい。

KHOAIさんのこのサラダ(というにはゴージャスですがw)は一緒に行った
人のお気に入りで(尾見で必ず頼むらしい)まぁ定番のライスペーパー巻きで
頂くスタイルですが、巻く中身、野菜や練り物だけじゃなく、更にライスペーパーを
揚げたもの???いや湯葉???ちょっと正体不明だったのですが、サクサクの
揚げた皮を加えると食感が楽しいヾ(@⌒▽⌒@)ノ

th_IMG_9924.jpg 

ただ、こいつにだけは要注意。

th_IMG_9927.jpg 

嫌い過ぎてピンボケしとるわ(´Д` )
日頃は、ベトナムの方と日本人って味覚が似てるかも♡
とか勝手に親近感を抱いてるのですが、この野菜だけはどうにもこうにも。
ひと口噛めばお口の中がギョワギョワギョワー!!っと渋くなり、
口内中の感覚が搾り取られる様な感覚。

バナナの一種って聞いたかなぁ。とにかく渋いっ(・∀・; 
しかし美味しいと思われてるから各種料理に使われてて度々遭遇するん
だろうし。。。これだけは解せぬ。。。。

ともあれ、そこも含めて(笑)お店のものと遜色無い味を出してるようで、
お値段的にはまぁお店とゴッツだと思いますが、何度も言うように、
他店の料理と合わせて楽しめると言うのは、やっぱりメリット。
嬉しいなー、このシステム♪

th_IMG_9907_20160620150236422.jpg 

1階の奥の方には貝料理の専門店も。
貝料理、心配される方が思う所の危険性を考えると奥内だから安心ってわけじゃ
ないけれど、時間的に「夕方からのお店しかない」ケースもあって、時間を
問わずに直射日光を浴びておらず、冷蔵補完している素材を使ってもらえる、
というのは嬉しい所かも。以前別のフードコートにあった貝料理のお店はあっと
言う間になくなったからなぁ。ここもなくならないように、今度は貝を食べても
大丈夫ってメンツ誘って食べに来よう(*´艸`*)

2階にもシャレた席と別店舗があり、タイ料理とかもあったかな?
ランチがお安いMaleeさんの出店だったかと。
ただどうしても1階の方が店舗が多く、2階まで上がるのが面倒、ということ
なのか、余りお客さんはいませんでした。

th_IMG_9911_20160620150233d6c.jpg th_IMG_9913.jpg

ただ1階で頼んだものを2階で食べては行けないと言うことではないでしょう
から、席が混雑しててちょっと落ち着かない、って時には、2階席を覗いて
見るのも手かもです。

なんにせよここ、在住者にも旅行者にも嬉しいばしょじゃないでしょうか!
カジュアルなお客さんならお連れするにも充分素敵な雰囲気ですし、
一気に色んなお店の色んな料理を食べられるなんて、胃袋が限られてる
旅行者の方には最適じゃない?!

中にはチェーン方式のお店もあるのかもだけど、ざっと見た所、付近の街で
実績を上げてる地元の人の人気店を集めているのは明らかで、といって、
この企画を持ちかけた所が全て承諾した訳でもなかろうし、ここの開設に至る
までには相当ご苦労もあったかと思うのですが、モール内のフードコートとは
一線を画す構成とコンセプト。狙いと実現した手腕って、すばらしいと思うんですよ。

もちろんコスト面など、今後どのくらい受け入れてもらえるか、人気を持続する
為のギミックはどうして行くのかなどの課題はあると思いますが、場所もNguyen Hue
ですし、多くの人に知ってもらって活用してもらえたら良いなー、と切に思うのです。

ローカルの方にはかなり人気があるようで、周辺オフィスの方達がランチに
ガンガン押し寄せてました。ので、ランチするなら少し早めの11時過ぎくらいから
行くか、収まった13時後くらいに行くのが狙い目。きちんとしたお料理だけど
1人で行っても気兼ねないし、なんだったらカウンター式のお一人さま的席も
あるし、数人で行ったら数人での楽しみ方も出来ますので、ぜひぜひ試してみて
くださいなーヾ(@⌒ー⌒@)ノ





***** 2016 Jun. *****

Nguyen Hue通り、広々とした歩行者天国ができてほんっと、
贅沢な造りになってますよねー。その通り沿いにある
Daxton Hotel 内のレストランのビュッフェの事は以前ご紹介しましたが、

http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-4219.html

その正面玄関右側にしばらく言った所に。。。。
あらこんなお店が?


th_IMG_9489.jpg 

ベトナム料理かなーと思って詳しく見ようと近寄ってみたら。。

th_IMG_9488.jpg 

th_IMG_9488.jpg


フードコート!!!
フードコートって言ったらショッピングモールの中にあったりするものな
イメージだけど、なるほど、観光客が多い通りならこう言うのがあってもいいよね!
ただし、入ってるお店は、モール内に良くあるチェーン店のライトな感じばかり
ではなく、このブログでもご紹介して来たKhoaiさんなんかも入ってる!

Haha鮨さんは本店改装後、質が落ちたと言う所までレポしましたが、そーか、
まだ支店増やすくらいに復活してるのか。もしかしたらまた板さんが変わった
のかもしれんな。今度行ってみねば。

お店のラインナップから見るに。。。フードコート、というよりは、
屋台村、って感じかしら。店内は見てないのですが、多分そう言う呼称に
している限りは、共同イートインスペースがあって、色んなお店で注文した
ものを持ち寄って食べられる感じなのかなーとイメージ。
これは色々食べてみたい旅行者の方にはありがたいですよね♪
いや、私のあれこれ食べたい欲を満たすのにもすごく良さそうですがw

表の雰囲気は丸っ切り「良さげなレストラン」だったので、フードコートとは言え、
中もそんなにチープな感じじゃないんじゃないかなー。
なんにしても便利そうですね。近々一度探検に行ってみたいと思いますが、
色んな好みの人がいるグループでお出掛けになる際など、結構重宝するんじゃ
無いかと思いますので、一足先にお知らせでしたー♪




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪
スポンサーサイト

Shin Sushi 〜 安っす(´⊙ω⊙`)

Nu Lan があるHam Nghi通り。
輸入食材店さんとかあって、最近はパンの材料を良く買いに行ったりしてる
のですが、お寿司屋さんなんてありましたっけねぇ????

th_IMG_9459.jpg 

余り人の口の端にも上って来ないしどんなもんじゃろ?と思ったんですが、
小腹も好いてた事ですし、ちょろっとつまんでくか、と思って入店。

店内、なんか昭和の食道(笑)
一応それらしいテーブル席はあるんだけれども、なぜか足の入れ口を
仕切っててめっちゃ入り難い(・∀・; タイトスカートのお姉ちゃんとか
やったらどないすねんという感じ。(誰?今、大歓迎って言ったの)

th_IMG_9460.jpg 

(しくったかなー)と思いつつ、メニューを見ると、なかなかな品揃え。

th_IMG_9462.jpg th_IMG_9463.jpg

th_IMG_9464.jpg th_IMG_9465.jpg
th_IMG_9467.jpg th_IMG_9469.jpg


寿司、刺身をベースに、小鉢、揚げもの、焼き物、麺ものととひと通りの
日本食を揃えてるっぽい。巻物なんか、見ただけベースですが、面白そうな
ものもあって、こんだけのメニューを出そうとするだけでも相当やなーと
ちょっと感心。この巻物↓なんてどーなってんの?って思っちゃった(笑)

th_IMG_9468.jpg 

真ん中のヤツ。
食べ難そうだけどちょっと興味ある(笑)

とはいえ、ガッツリ行くのは躊躇われたので、一人前で一貫ずつ数種類、
みたいなセットがないかいなーと思って見て見ると、おや、5貫で
79kドンなんてものがある。安っす!(´⊙ω⊙`)

約400円。まぁ1貫100円弱と思うと、日本の回転寿司なんて2貫で
100円なんてものもあるから劇的に安いと言うわけじゃないけど、
ここホーチミンにあっては、これかなりのお値段設定。

まぁ食べてみないとそれが安いかどうかはわからないんで実食実食。
よいしょ。


th_IMG_9475.jpg 

th_IMG_9476.jpg

おっ、形きれいやん♪
握り手さん、お勉強も修行もしてはる人なんやろなぁ♪
食べた感じも悪くないし、ネタの好みはあれど、全体的にはほどほど美味しい。
ただ酢飯の味がちょっと焦点が淡いと言いますか、自分の好みよりもかなり薄め
だったのでもったいなかった気がしますけども、そこは人の好みだからなー。

日本人以外、外国の方はあまり強い酢の味を酢飯には求めない傾向があるとか
聞いたことがありますし、ローカルターゲットも視野に入れたご商売的には
こちらの方が正解難かもしれませんね。(どこぞの店の、まったく合わせ酢の
味がしない、おにぎりみたいな寿司は論外ですが)

th_IMG_9478.jpg  th_IMG_9479.jpg

握り方も、ギュウギュウしてない。
ネタによってのサイズ調整もされてたようだし(ご本人無意識かもしれませんが)
これ、400円くらいだったらありなんちゃうかなー。

ただ追加で頼んだ茶碗蒸しもかなりうす味で、これも焦点範囲が広いなーって
印象。酢飯の味も淡かったし、全体にうす味好みの方がされてるんやろか。
Tama Riverさんで、とてもピシャリな茶碗蒸しを頂いた直後だったので
余計に比較してしまったのかもしれませんが。。。

その辺から察するに、他の「料理」がどんなもんかはまだわかりませんけど、
このお値段で寿司頂けるってのは、ちょっとありがたいかもしれません。

th_IMG_9483.jpg 

ちょっと添えられてガリの味は日本のそれっぽかったし、
バランやニンジンの飾り切りを見ても、お心遣いが感じられますしね♪
実際店員さんたちもとても細やかで親切且つ愛想がよかったし。

金に糸目はつけないから上手いもん食わせぇ!、という時には他のチョイスを
選んで頂くとして、ほら、あるじゃないですか。なんかちょっとそんな高級な
もんでも、こっちまで緊張するような研ぎすまされた職人さんの味でなくても
よくて、なんとなく「こんなもんが食べたいなー」って漠然と思う時。

あの店のこの料理!!とかじゃなく、「このカテゴリーのもんが食べたいー」
くらいのとき。そんな時ってそこまでコストかける気にならないじゃないですか。
それにそう言う時は少々緩やかなお味の方がほっとしたりすることもありますし、
お値段的にも気軽に来れるお寿司屋さんがあってくれるって、ありがたいなー
と思ったり。

ぶっちゃけ、日本の街の小さな大衆寿司屋さんとか行くと、こちらよりも
アカンところ、いっぱいいっぱいあるのを思えば、ホーチミンでこのお値段、
且つ、品数を出してくれてるってのは、すごいなーと。

失礼ながら、ぜひに!と人を引っ張ってまではいかないかもしれませんが、
この辺に買い物に行った際は、私、ちょろっと寄ってサクッと食べてチャッと
おいとまする、みたいなの、やってるかもしれません。なんかそういう気安さと
ホッとする空気感があるお店でした。

お寿司屋さんも、いろんな様相、色んな価格帯のお店が出て来てるんだなー、
それだけこの国の人に受け入れてもらえてるんだなーと思うと、嬉しい物が
ありますねー♪ なんかそんな風に、ホノボノさせてくれる様なお店でした♪


th_IMG_9470.jpg 








にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

lem lem ly 〜 ローミー、見つけた!!!

所用があって久しぶりにPARKSONへ。
ここのフードコート、ホーチミン初心者の頃によー来てたわー。
他のお店にも行ってたんだけど、今程英語が通じる所も少なかったし
ベトナム語は分からんし、道渡るのもおどおどやったしで、結構食事に
出掛けることでエネルギーを使ってたんですよね(そんな可愛い頃が…)。

でもま、こういうフードコートなら一人飯でも気楽やし、値段は意外と
高めだけど(ホーチミンだとローカル店の方がこう言うとこより易いよな)
ひと通り色々ベト飯もあれば他の料理の気分の時も対応できるしで、
割と気に入ってたんですよ。ここのシンガポール料理に関しては、いつか
レポした事があったんじゃないかなぁ。

で、ちょうどお昼を食べそびれていた時だったので、久々に除いてみました。
そしたら、以前あったお店が続いてる所もあれば様変わりしてるところもあり、
フィリピン料理やらも入ってたなぁ。


th_IMG_9874.jpg 

何となく内装もこぎれいになった気がしたし(相当長い間行ってなかったんで、
改装はそこそこ前のことかもしれませんが)お昼のピークを過ぎた14時くらいからは
ガラッガラでゆっくりできるのもいいですね。

で、フードコート一番奥の左側にお気に入りのシンガポールのお店があって、
それは今も続いてるのですが、右側端にもシンガポール料理のお店ができてまして。


th_IMG_9871.jpg 

フードコートらしく、キャッチーな写真メニューを大きく掲げて、間口は
小さいながらも人目を引きます。しかもどうやら一番中央、一番大きく
写真を出してるイチオシらしい商品は…?

おーーーー!!Lor Mee!!!!
これ、シンガポールと言ってもまぁ、中華食の濃いお料理なんですけど、
福建のあんかけ麺ですね。マレーシアなんかでもよくあるかも。
Lor Meeを漢字で書くと「鹵麺」。この「鹵」っていうのは煮込むって
意味なのかなぁ。よく煮物料理に使われてる気が。

Lor Meeには、日本のあんかけのように、色の薄い出汁系スープに
トロみをつけたあんをチャンポン麺のように太い麺にかけたものなども
あったりして色々なのですが、ここのは写真を見る限り、甘辛系の
あんっぽい。シンガはこれが多いかも。マレーシアは出汁系薄色。

こちらのお皿はお値段65kドン。露店に比べりゃ高いけれども、
なかなか見ないし、好物なので一も二もなくオーダーしました。
で、これ。


th_IMG_9876_20160616003258bbf.jpg 


おおおお!!!
もっと小椀で来るかと思ったら、結構しっかりした量あるやんけ!!
しかも香りがめっちゃいい!!!

強すぎない香りなので、漢方系や薬草系が苦手な方でも行ける範囲じゃなかろうか。
八角とかが突出してる感じでもないし。どっちかというと中央に乗ってる生ニンニク
の微塵切りと、青・赤唐辛子の刻んだ物の辛味香味とフレッシュ感の方が前面に
出てるかも。

これ食べる時は、まず底の方から混ぜッ返してから頂きますよー。
器には麺を入れ、その上からあんをかけてる感じなので混ぜずに食べると
ムラが出ちゃって美味しくないとこが出て来るかもしれませんから( ・`ω・´)b


th_IMG_9878_201606160033342ed.jpg 

おっほー!!!
久々の太麺!!
早々ベトナムにもこの麺、あるんですよね。たまーに見かける。
あったらモツ鍋やる時とか、ふつーにチャンポン作れるなーって思うんですが、
なかなか生麺に出会えない。。。あっても好みの味じゃなかったりとか。。。

でもここの麺はおいしかったですよっ。
餡も結構トロみがついてて、しかも甘辛醤油ベースなので(もちろん濃さの
加減は充分してある)なんかちょっと懐かしい感じすらしてしまう。
そして麺にも良く絡む!!

懐かしい甘辛味の中にニンニクやら唐辛子、ベースに使われてる控えめな
ハーブ類が渾然一体。これね、日本の大衆中華じゃなくて、中華街とかに
あって人気もあるちょっとええとこの中華屋さんで皿を変えて出したら
1,000円くらいは取れそうな代物。まぢで。実際、マレーシアの屋台の雑い
店や、シンガのホーカーセンターのより美味しかったし!


th_IMG_9880.jpg th_IMG_9879.jpg

丼の向こう側に盛られてるカリカリして見えるものは、湯葉、かなー。
だとしたらかなり薄めの物だと思うけど、小麦粉のカリカリではなくて、
汁に使ったらちょっとクニュっとする揚げ湯葉を鍋に入れた時みたいな
味わいのもの。

そのほかにも柔らかく煮たお肉、かまぼこみたいな練り物、煮卵など、
結構具沢山だったし、これ、めちゃめちゃ好みなんですけどー♡

で、あっというまに完食し、最後にジレンマ。


th_IMG_9882.jpg 

こっ、これにっ。
白飯っ。白飯入れて混ぜて食べたいーーーーーー(><)
そこに生卵の黄身とかあったらもうサイコーやな。
今度これ持ち帰りするかな。そしたら心置きなく。。。。
(糖質オーバーです)

それにしても、ほんっとに久しぶりにLor Mee食べたっ。
シンガポール料理のお店なぁ、ホーチミンにもあるにはあるけど、チョーッと
好みのお店じゃないのよね。なのでワザワザ出掛ける事は少ないし、一品頼んで
出て来るってのものなんか愛想が無い様なお店なので、こういうところで
こんなのが食べれるって嬉しいわぁ♪

まぁフードコートなんでムードはありませんけれども(笑)、
どうでしょ。この辺フラリと歩いてる時に小腹すいたなー、とか思ったら、
PARKSONのフードコート。数年前より格段に奇麗になってるし、出店
してるお店も精査された感じで、全部食べた事がある訳じゃないし、
お馴染みのチェーンなんかも入ってて興が削がれる部分もあるかもしれませんが、
色々あるんで結構楽しめる気がします♪

ってか、迷うわー。
シンガポール料理のお店、2軒とも好きやわー。
フードコートやからあっちゃこっちゃのお店から一品ずつ買って来ても
いいんだけど、一人だと一品でいいしなぁw

久しく行ってなかったけれども、このLor Meeのおかげで、またちょっと
ここのフードコート熱が上がって来た気がしております(^皿^)






にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

インスタントにBanh Da Cuaがあった!

インスタント麺レポ、やろうやろうと思いつつ、なかなかスタイルが
決まらないままただ食べてるだけになっていると言う体たらくでございますw

まぁそんなに回数を食べる訳でもないので気がつかなかったのですが。。。
インスタントにもBanh Da Cuaがあるのですね!
知らんかったー(´⊙ω⊙`)

th_IMG_9826.jpg 

お外でもあまり見かけなくって、
Cua Dong
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-3461.html
さんくらいでしか私食べた事ないんじゃないかなぁ。
あまりメジャーじゃないのかなーって思ってたけど、インスタントになるくらい
だからそこそこ人気はあるってことですよねー。いやー、見逃してたわ。

早速実食。

th_IMG_9827.jpg 

このシリーズのカップ麺は、フォーもそうなんですが、レトルトパウチで
具が入ってるんですよねー。ただ別湯で温める程でもないので、カップの
中に麺、湯を入れたら蓋をして、待ってる間、その蓋の上に置いておくだけで
充分。かやく類も対した物はないので(ネギくらい)私はもう麺だけ集中して
戻したら、後で全調味料を放り込んでます。

ただ、こいつ説明書きには300mlの湯を入れる、とあった気がするのですが
200mlでも充分茹だります。ってかカップの内側の線が「ここまででええで」
ってことなら200mlです。しかもそれでもスープの味が全然薄い(´Д` )

とはいえ、麺が湯に全部浸かってくれないと戻る時にムラがが出るので、
一応湯をタップリ入れて麺を戻した後に少し湯を捨てて調味料を入れてます。
濃かった時に湯を足す方が、薄かった時に調整するより楽ですからねw

で、出来上がりがこんな感じ。

th_IMG_9828.jpg 

おーーーー!!それっぽいそれっぽい!!!
麺がね、美味しかった。以前この手のインスタントのピロピロ麺が上手に
戻らずプラスチックみたいなままのことがあってとても美味しくなかったので
ちょーっと警戒してたのだけど、この製品の麺はしっかり戻ってくれました。

そしてレトルトパウチの中身は中央に乗ってる味噌みたいなヤツなんですが、
ご覧のようにカニ風味の甘味噌と言いますか、多分日本の方、好きな人多いん
ちゃうかなー。

スープは、「カニを殻ごとすり潰して水に溶いて越し、煮立てたスープ」という
字面だけ見た時に想像する程カニカニしてなくて、むしろアッサリ。
アッサリしすぎて言われなかったら「なんのスープ?」と思う程アッサリ。
ま、これは店で食べた時にも思った。

加えて湯量と調味料のバランスがよろしくなくて、味の問題と言うよりは
調味料の量の問題で薄い、というのもある気がするので、これはほんと、
最初は湯をガッツリ捨ててかなり少なめで調味してみた方が良いかも(笑)

それにしても。。。まぁボチボチよーできてるんじゃないでしょうか。
このきしめん的な、でもフォー程ヘロヘロでない乾麺ならではの質感を
カップ麺で食べられるってのは結構嬉しい。

お値段、16-17kドンくらい。
ファミリーマートさん、Citi Martさんにも置いてましたんで、
結構手軽に買えるかと。

言うてもインスタントですから大絶賛する味じゃないけど、そろそろ
お土産にフォーを買って帰るのも飽きられて来たし、なんなら自分ちの
買い置き分にも毛色の違ったの買っといてもエエかなーと言う時には、
左程抵抗がなく、でもフォーとはちょっと違う麺、ってことでよろしい
んじゃないかと思われますヾ(@⌒ー⌒@)ノ









にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

唐揚げにタピオカ粉

いつの頃からかなぁ。
鶏のモモ肉の骨無しバージョンを買えるようになった頃から、時々無性に
食べたくなって作ってしまう「唐揚げ」。日本に居る頃もそんなに作ってた
わけじゃなかったんだけど、なんかですねー、ホーチミンで作る唐揚げ、
メチャクチャ美味しいんですよ。自画自賛で恐縮ですが、まぢ美味しい。

唐揚げ 

こりゃぁ鶏が良いのかいきなり自分のウデが上がったのか、とか考え
たんだけど、後者の訳があるわけなくて、日本だと良く客人を呼ぶ際に作ったり
してたので大鍋にタップリの油を入れて揚げていた所、今は2人分なので鍋も
小さめ=油も少なめ。ご覧のように、揚げ方も結構雑(笑)

九州式に(大きく括ったなぁw)醤油、生姜、ニンニク、あればみりん、今は
ハチミツなど、好みの漬けダレをモミモミしたのに片栗粉をまぶして揚げる、
と言うやり方なんですが、いつの事か、片栗粉を切らしまして。しかももう
買いに行けない時間・タイミングにそれに気づき、急遽タピオカ粉で代用したら
それなりのモンができたことがあって、それ以降、ホーチミンでは安くて
手に入り易いタピオカ粉でやってるんですが。。。

お肉がやたらにジューシーなんです。
噛んだらお口の中でブジュワー!!!ってなる。
そして身がフワフワしてる。表はタレと絡んだタピオカ粉がカリッカリに
揚がって小気味良いし、なにこれ自分突然唐揚げ名人になったんか?と
思ってたのですが…(んなわけあるかい)

どーやらタピオカ粉が良い様なんです。
実は同じくタピオカ粉でなんとなくやってみたらメチャクチャ美味しくなった!
と言う声をお友達から聞きまして、これはもしや…?と思い、小麦粉・片栗粉・
タピオカ粉で実験してみた所、個人的にはそれぞれ違いを感じることができ、
タピオカ粉が一番優秀だった!!!

なんというか、水分と絡んだ時のガード力が高いと言うか、しっかりお肉を
コートしてる感じなんですねー。逆にそれが災いして、衣をつけすぎると
衣部分がガッキガッキの歯応えにw つけ込んだタレを一度よく切ってから
タピオカ粉をまぶす、ってのがポイントかな。ペーパーで拭き取るまでは必要
ないけど(それやったら今度は粉が絡み難い)、ザルにあけてしばらく放置、
くらいの水切りはした方が良いみたい。でないと口の中が傷だらけになる様な
衣になってしまいます(笑)

そこら辺の加減は調整してってほしいのですが、どーやらタピオカ粉、
唐揚げに使うと凄い優秀っぽいですよっ( ・`ω・´)b

タレを使わない、塩胡椒だけの肉周りに水分が無い状態でまぶしたらどうなるかは
やっていないのですが、悪い事は無いと思います。もちろん、唐揚げ粉だって充分
美味しくはあるのですが、九州式の唐揚げの場合はどうしてもタレ味+無味の澱粉、
と言う組み合わせになり、その際、小麦粉はともかく片栗粉とタピオカ粉なんて同じ
デンプン質なのに、こんなに仕上がりが違うもんだなぁ、と改めて感心したというお話。

考えてみたらトロみつけるのに使ったって違いが出るから、揚げた時にも違いが
出るのは当然っちゃー当然ですが。。。。

あーっ、しもたー!!!ちょっとほったらかして揚げ過ぎたー!!!とか
思った時ですら(いや、ちゃんとやれや)「じょわああああぁぁあああぁっ」
ってなりますから。まぢ、お勧め。

タピオカ粉、日本じゃちょっと高いかもだけど、ホーチミンではお安い
食材ですからね。よかったら是非是非お試しアレ♪






にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

良い物に、改めて感謝を

このブログ内には和食が少ない、と良く言われます。
お仕事で来られてたり、新しくホーチミンに来られた方で、ローカル料理や
諸外国料理にはまだちょっと馴染めていない、という方もおられて、食べ物
ブログならそう言う方のニーズももっと聞いてほしい、とのお声も頂くのですが。。

行くには行ってるんです。結構な数。

これは日本料理に限りませんが、良いなと思った所はもちろんご紹介しています。
そこまでではなくても、何かしら行くに値する良いポイントがあれば、
「こういとこもありますが、こういうところもありますよ」という書き方で
書いていると思います。

その割合が、5:5くらいだったらいいのですが、
8:2、または割合的には拮抗してても、可もなく不可もなく過ぎて
1:1的な所は敢えて伝える事も無いかなと思って書いてません。

ええ、このブログの裏には、日本食に限らずですが、
「食べたけれども記録していないお店」
ってのがそこそこの数、存在するのです(^^;

自分の興味的にローカル飯や諸外国料理に行きがちな傾向はあると思います。
日本食は自分で作る事も出来るから外に食べに行く必要性をあまり強く感じないのと、
色々知っている分ハードルが上がるせいか、お値段も高く感じてしまう。
そんな理由から、他のジャンルより足を向ける機会が少ないのは否めませんが。。。

そして先日のTama Riverさんのように、こちらが学ばせて頂くことに溢れたお店も
あれば、こちらが学ぶなんて言うのもおこがましい様な、Sushi Hungさんのような
お店もあるので、食わず嫌いはいかんぞーと思うのですが。。。

先日も久しぶりに入った和食のお店のピクルスが、ピクルスと言うよりは砂糖漬けの
ような甘さだったり、揚げ物に、多分その前に揚げたであろう魚の匂いが染み付いており、
更には揚げた素材の表面のくぼみには茶色く変色した油(ごま油を使っていた様子は無い)
がチャプチャプ留まってたりという代物を出されてしまうと、心が折れる。。。
(盛りつけでバレてしまいそうなので写真は控えます。。。)

好みと言うよりはそのずっと前の段階で「これそのまま書いたら営業妨害レベルやな…」
というのに当たる率が自分的に結構多くて、その結果、掲載件数が少なくなっている
という結果に。

もちろん、他のジャンルのお料理にも、そういうことが無い訳じゃないです。
(ってか、結構ありますw)
そして掲載していないお店=残念なお店だったと言う訳でも、もちろん
ありません。ホーチミンのレストラン全件なんてとても行けませんから(笑)

とはいえ、日本食に関しては身近な物だけdに、味・値段共に、やっぱり
ハードルが上がっちゃうんですかね。なるべくニュートラルに、とは思いつつも、
先の様な事が、たまたまでしょうが日本食ジャンルで重なってしまい、足が
遠のいているのも事実かなぁと思い至ったので、もちょっとアンテナ向けても
いいかな、とは思いました。

それでも掲載するかしないかの基準は今の所変えないつもりなので、
増えて行くか行かないかは結果次第と言うことで…(^^;

なるべくなら残念なものには当たりたくありませんが(笑)、先の様なものに
当たれば、美しく調理をされているお店がどれだけ貴重なものかと言う
相対的価値も実感できるし、悪い事ばかりじゃありませんものね。

ご要望下さった方、ありがとうございました♪ 
なるべくなら美味しいお店を引き当てるようにという選定基準は無意識に持つと
思いますが(笑)、自分のカンも、限られた経験や知識内の物でしかありませんから
あまり自分の中の枠にだけ捕われない様、これからも色々チャレンジして行きたいと
思います♪(今以上に食うってか。。。。)









にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

ANNAM Gourmet Market!~ 高級輸入食材店

***** 2016 Jun. ******

しばらく追いレポしてませんでしたが、チョイチョイ行ってました、
Annamさん。この記事の最初の方で紹介したサラダバー、お野菜補充に
いいんですよねー♪

でもここ数ヶ月言って無い間にちょっと様子が変わった様子。
まずサラダバー、以前はチーズや生ハムのグローサリーの所にあったのですが、
最近はカフェのエリアに移動した様子。そして。。。

th_IMG_9768.jpg


以前は確か170kドンだったのが190kドンに。
ただし、ドリンクとスープがつく様子。
ドリンクは以前もセフル式でついてたから(選べなかったけど)ちょっと割高
感あるかもだけど(っていっても100円ですけどねw)、好きなドリンクが選べる
ようになったこととその日のスープがついてることを考えたら、まぁアリかな。

ただ、ちょっと規模が小さくなってるような。
そして内容が肉肉しくなってるような。

th_IMG_9769.jpg 

いやここ、ボリュームが上がって嬉しいってうところかもしれませんが、なんし
ここへは野菜補充に来ているので、できれば茹で野菜とか、大好きなビーツとかが
会ってくれる方が個人的には嬉しかったり。。。(・∀・;
でもま来ちゃった物は仕方ない。他に得にアテもないし、この日はこちらで頂く事に。

1stラウンド。

      th_IMG_9772_20160614180046cb7.jpgth_IMG_9771_201606141800442cb.jpg th_IMG_9770.jpg 

うーん、肉肉しい(笑)
もうサラダのトッピングにダイスに切ったチョリそーですからね(笑)
それ、結構豪華な一品や。トッピングちゃう。
チーズもあったりして、プレートはもうすっかりワインを誘う皿(笑)

2ndラウンド。

th_IMG_9775_20160614180133b55.jpg 

ご飯がサラダ仕様になってて、鶏胸肉のローストか蒸したヤツか知らんけどしっとり
したのがたっぷりと。そしてケバブ。冷えたロースト肉なんて。。。と思ったけれど。。。

th_IMG_9777.jpg th_IMG_9773_201606141801323ad.jpg

サラダ用のバジルペーストをタップリ塗って頂いたら、あらヤダ美味しい♡
サラダ用のドレッシングやソース、トッピングのバリエーションの豊かさは
以前に負け時劣らずだったので、これを上手に料理にも生かして調味すると、
更に美味しく頂けます(*´艸`*)

時間を置いたオープンサンドとかもどうなんかなーと思いつつ頂いたら、
上写真右のはライ麦のパンにレバーペーストが塗られてて、その上にポテトと
ニンジンのハーブロースと、それにローストビーフがたっぷりと。うめぇ。
肉肉しいけど。

ところでそうこうしている内に飲み物が尽きました。
さて、何を頂こうかとメニューを見たら、あっらー♪
こちらKusmi Teaがなんと40kドンで頂けるのね!!!


th_IMG_9776_2016061418013536d.jpg 

そう言えば別のWoek CafeでKusmi Tea を75kで飲める!!と喜んでた事が
あったけど、それどころの話じゃなかったwww さすがグローサリー。
卸値でカフェに持って来れるから、人権費やサービス料を足してもその程度で
出せてしまうのね(・∀・;  個人的に味の好みで言えばそこまで珍重するほど
でもないと思うけれども、かなり価値ある物とする方も要ると聞くのでお知らせまで。

ところでサラダ、トマトをレタスと和えたものとばかりおもってたものに生ハムが
どっさり入ってて、嬉しい気もするんだけど「もっと野菜をー!!!」と叫んで
しまった(笑)どこまで大盤振る舞いなんだ(・∀・;

th_IMG_9778_20160614180138429.jpg


以前のようにケーキまでは無かったけど、フルーツはあるし上等のギリシャ
ヨーグルトもあるし、もう充分な内容かも。以前はヘルシーさを求めて来てた
けど、こりゃワインのアテを求めて来ても充分だなぁ。



         th_IMG_9780.jpg
 th_IMG_9779.jpg th_IMG_9781_20160614182046138.jpg

個人的にはやっぱりもっとお野菜がほしいけど(笑)
ま、この日日曜日だったからちょっと普段とは違ってたのかもしれません。
また平日にでも出向いてみよう。他の単品料理も以前よりグレードアップ
して見えたし(メニューの上では)、ここ、ワインは下のグローサリーで売ってる
値段そのままで持ち込めので、このサラダバーで昼飲みも良さそうだしね(*´艸`*)

冷たいサラダとお料理ばかりとはいえ、ここまでコストをかけられるのは
グローサリーSHOP併設という強みあっての事ですねー。
お得なカフェ飯だと思います♪
 


***** 2014 Dec. ******

ご存知の方も多いかと思われますが、Hai Ba Trung 通りにあるフレンチグローサリーの
こちらのお店の二階のデリで、魚・肉等の生鮮食品が売られる様になりました♪
少し前にお友達から聞いてたのですが、先日この目で確認。

時期やその日の仕入れにも寄ると思うのだけど、この日は魚介は牡蠣、
奇麗な赤身のマグロ、イカ、タコ、蟹等があり、意外と使い勝手が良さそうだった♪ 
丸ままの味やイワシ的な魚はなかったですが、むしろこう言う使い易い魚に特化
してるのはニーズを捉えてるかも。

そしてお肉類。
メインはオーストラリアアメリカからの輸入牛。これはまだ試してないけど、
価格が意外にお手頃だった!赤身牛のミンチに至っては、この日は160円/gくらい
だったかしら。煮込みようの角切りだったりステーキ用のカット肉だったり、
こちらも使い易そうなポーション。塊も置いてたから、希望の重さで切り出しも
可能かと。まだ食べてないからお味の程や固さはわかりませんが、これは近々
試してみましょう。

今回買ってヒットだったのは、魚介では牡蠣!!
大小のサイズがあって、大きい方でも1個13kドン=70円くらい!
市場で買うよりは高いけど、奇麗に洗浄されてるし、冷蔵管理されてるのは魅力!

th_IMG_5783.jpg th_IMG_5786.jpg


こればっかりはその日の仕入れによると思うので、確実に味を保証できるもの
ではありませんが、この日買ったのは美味しかったですよー♪ 
片面のくぼみも十分に深く、身もしっかり詰まってて味も奇麗。
ミルキーさはやや低めでサッパリアッサリ、と言う感じでしたが、それなら
それで、レモンタバスコにとっても良く合う。

以前別のお店で買った時は岩牡蠣みたいに大きかったけど、こびりついた泥がすごくて
洗うのが大変だったし、殻の大きさの割に身はチマッとしか入ってなくて、ちょっと扱い
にくいかなーと思ったのですが、今回のは大当たり。
5つくらい、ちゅるんと食べちゃいましたw


そしてお肉部門でヒットだったのは、Duck のもも肉のハーブマリネ!!
110kドン/kg → 約 60円/g
安い!!!!

th_IMG_5784.jpg

しかも鍋等によく使われてる身つきの良くない出汁目当てのアヒルさんじゃなく、
調理用に飼育されてる奴なんかなー。まー肉付きが良い。桃も肉ですからメインの
骨はついたままですが、チキンのモモよりよほどお肉の割合が大きい。

今回買ったのは350g と言うボリュームで200円以下。骨の分量があるとはいえ、
過食部分はタップリ300gはあったと思うし、そもそも骨が外されたものよりも、
骨付きのままの保管・調理の方が良い味に仕上がる気もしますし、充分すぎる
程安いっ。

実際焼いてみましたら…

th_IMG_5787.jpg


日本の地鶏程強情な固さは無いけど弾力に溢れててジューシー!
そして味が濃いっ。あ、マリネの味も凄く良かったけど、濃かったのは肉自体の味ね。
これ、お安いし、日本では中々手に入り難い食材だし、フライパンでも
オーブンローストでも行けるので、クリスマスのメインディッシュにどうでしょう?

今回はパンローストにしましたが、オーブンの時も一度フライパンで焼き目をつけて
ローストした方がいいかもですね。それとマリネソースがしっかりしみ込んでるので
焦げ易いです。今回ちょっと焦がしました(^^; で、焼いた所の写真がないわけですが、
またすぐ買いに行こうと思っているので、上手に焼けたらアップしますね(笑)

いやー、ますます充実してきましたねー。
1区に住む主婦には本当にありがたい話。
且つ、こちらのお店には高級食材が集まっているイメージがあり、実際、市場等で
買う要理は高いかもしれませんが、今回の生鮮食品などは、充分価格分の価値が
あると思うし、ドンドン消費者が活用してって、お店側にも更なる改善をお願い
したいところですね♪



***** 2014. Aug ******

昨日8月20日にチーズを買いに行きましたら。。。
(こちらのお店はチーズの種類がとっても豊富♡)

th_IMG_1791_20140820213137330.jpg

おーーー!ラッキー!!!
8月20日〜9月14日までバーゲンだって♪♪♪

で、お目当てのチーズも安くなってる物が多かったんだけど、ワタクシの大好きな
ローズマリー風味のポテチ!!!これが Buy 1 Get ! ってことで半額になってた!
いやっほーい!!!(>▽<)

th_IMG_1792_2014082021313868e.jpg

で、他にも買いたかった調味料やら何やらもお安くなっていたので、あれこれ購入。
チーズはまた別にコラム作ってご紹介して行きたいと思うので今回は省きますが、
お買い得ー♪ ま、こちらで売られてるものは元値が結構なお値段ですから、
割引されてもそれなりですけど、50%オフとかになるとさすがにお安い♪

ということで、浮いた分をつぎ込んで、ちょっと良さげなオリーブオイルを購入。
以前日本から持って来てもらった頂き物が凄まじく美味しかったから、それを
探しているんだけどまだ出会えてなくて、現在それに匹敵するオリーブオイルを
探してるところ。だけど日頃はそんな高いのホイホイ買えないので…(笑)


th_IMG_1800_20140820213140a5e.jpg th_IMG_1801_20140820213141bed.jpg

ちょっとチャレンジ。
っていっても、500mlで500kドン弱=2500円くらいだから、日本で買う高級品に
比べたらそんな大した事無いのかな(^^; すんません、オリーブオイル、日頃から
結構ドバドバ使うクチなので、普段はお安目の物を使ってるもんで、こう言う価格でも
えいや!!ってしないと買えないのです(笑)

これ、美味しいと良いなー♪
そしてまだ三週間近くもバーゲン機関はある様子。これをチャンスにチーズや
ハムなど、色々経験を広げてみようと思ってます♪ 

ってか、アンナムのカード作ってるのにバーゲンのお知らせくらいください。。。(笑)
運良く見つけたからよかったけど、ヘタしたらひと月くらいあの辺行かない事が
あるから、見逃してたかもしれないじゃないかーっ(><)

みなさんも、良かった利用されてみてくださいね♪



***** 2014. Jun ******

あらやだ、前回行ったの3月だったのね。
書いてないだけでその後も行ったから、結構チョイチョイ食べに行ってるのか(^^;

主婦友仲間さんが「チーズを食べたい!」と御所望されたのでこちらのカフェへ♪
一人じゃ食べられない量のプレートだから、数人集まってる時にそんなリクエストが
出ると、こっちも「ひゃっほい!」ってなりますね(*´艸`*)

今回は生ハムとチーズのダブルプレート。
はい、どん。

th_IMG_2590.jpg

相変わらずゴージャスよね(笑)
これが17〜800円程度ってんだから、ほんとにお得よね。
お店的にも賞味期限近い物の在庫まわしや、有料試食って側面があるにしろ、
ありがたいわー♪

th_IMG_2591.jpg th_IMG_2593.jpg


今回はこれだけってのもなんだったので、サラダとサンドイッチも注文。
お気に入りのサラダバーは、さすがに数人のグループだとシェアされちゃ困るってんで、
全員が頼む事が前提=一人だけは頼めない事を確認しました(笑)

意外にも好評だったのが、最初の写真手前にある丸いヤギのチーズ。
正式名称知らないけど、ちょっとクセがあるので苦手な人多いかなーと
思ってたら、ご一緒したお二人の一番人気にご指名されてたw

th_IMG_2587.jpg th_IMG_2588.jpg


サラダは一番ベーシックな物で60kドン=300円くらいのものだったかな?
サンドイッチは、今まであまり興味が向かなかったから頼んだ事が無かったんだけど、
すっごい種類があるみたい。且つ、食パンで挟んでる具が違うだけ、じゃなくて、
周りを見てるとスタイルが色々あって、ちぇり達が頼んだのはスモークサーモンの
サンドイッチだったのだけど、ピタパンのようなスタイルで来てました。
生地はちょっと違ってたけど、ドラちゃんのポケットみたいなやつ(笑) 

周りを見てると、欧米系の方がボリュームタップリのオープンサンドを頼んでいたり、
バインミーの様な物をほおばっていたり、正統派のクラブサンどのような物を
パクついてたり。ふむ。あんなにバリエーションが豊富なら、サンドイッチを
制覇しに来ても良いかもここ?とちょっと思いました♪

また、欧米系の一人客が多いなーと前から思ってたのですが、なるほど、
ああいうボリューミーなサンドイッチがあるなら納得。
手軽だし、満足できるし、種類があれば何度も通いたくなるってもんで。

結構回数行ってる割には、いつも決まった物しか食べないので視野狭窄。
たくさんいろんなお店にも行きたいけど、一つのお店をもっと深く知るってのも
楽しそうですねー♪

あ、もちろん飲みましたよ。。。
ここ、下のスーパー部門で売ってるワイン、そのまま持ち込めますからね。
多分得に持ち込み料無し。

「あまったら持ち帰れば良いしね♪」

とか一応行った物の、まー余る分けないわな。3人いれば。
不良主婦、一丁上がりの巻でしたww



***** 2014.3.19 ******

アンナムのカフェには、以前ご紹介したチーズプレートやコールドプレートがあり、
一人ではちょっと多いのですが、何人かで下で買ったワインを開けて頂くなどの
小パーティにはもってこいなのですが、野菜不足甲斐性の為のサラダバーもイチオシです。
やっと写真撮ったので、ご紹介(笑)

th_IMG_0235.jpg

サラダ、と聞いて、そんな頼りない物では腹が太らん、と思われた方。
いやいやいやいや。こちらのサラダバーの十時ツップリッたらないですよ♪

生野菜はもちろんのこと、日によって内容は変わるのですが、ズッキーニや茄子、
カリフラワーやブロッコリーなどの温野菜をオリーブオイルで炒めたものや、
贅沢にゴロゴロと切ったビーツ、それらに会わせるソース類は豊富だし、粉チーズや
シュレッドチーズもたっぷりと。付け合せのオリーブももちろん食べ放題。
これ、めっちゃくっちゃ贅沢なんですが(笑)

       th_IMG_0236.jpg
th_IMG_0238.jpg th_IMG_0237.jpg

ドリンクが日替わりでサラダバーの横にセットされてて、こちらも飲み放題。
大抵はフルーツジュースのことが多いです。絞り立ての。
プラス、サラダの一品としてパスタサラダがあることもあれば、カリカリのラスク
状態のガーリックトーストがあったりもするので、炭水化物もばっちり。あげくに。。

スイーツもあります(^^;
大抵は一品だけど、フルーツとともにケーキが。

サラダに170kドン、と聞くと、高いなーって思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
いっくら食べても言い訳ですし、お野菜はとても美味しいし、家庭で頂くのはとても
難しそうな多種類、多様な調理で存分にお野菜を頂けるのだから、これはなかなかお得では?
時間制限もありませんから、ノーンビリおしゃべりしながらでもいいですしね♪

ベトナム料理はお野菜の多いお料理ですが、こういうテイストで食べる野菜は
少なかったりしますから、ヘルシーにランチを済ませたいときは、是非お試し下さいませ♪

th_IMG_0239.jpg




***** 2013.12.28 ******

グローサリーの方でも紹介したいお店なんですが、フランスの食材を扱うお店。
Hai Ba Trung通り、ハイアットを右手に見て川方面に直進すると、左手にあります。

th_s-IMG_3545.jpg


一階は乾物、調味料、お菓子、ワイン等のグローサリー。

th_s-IMG_3546.jpg th_s-IMG_3547.jpg


で、二階がハムやチーズ、青果などの売り場。これがとてつもなく充実している。

th_th_IMG_4494.jpg

実は、数年前に、将来こちらに住むことになるなんてちっとも思っていなかった頃、
ちょろっと遊びに来たことがあって、手元にiPhone ナビも無く、迷うに任せて
フラフラしてる時に見つけて、ちぇりが狂喜乱舞したお店。

これは去年の写真ですが、日本では年に一度の贅沢、とばかり、かなり気張って
5000円くらい出して買ってたモンドール(季節限定発売のウォッシュチーズ)が、
去年の為替で1700円くらいだったりとかして、度肝抜かれた。。。

th_s-IMG_3549.jpg

ま。。。毎年、清水の舞台から飛び降りるつもりで買ってたのにな。。。(ノ_・。)
ベトナム、ワインは日本より安くないのにチーズはどうやら安いらしい。
ってか、チョイスの数が、まず比じゃない(^^;
さっきのチーズ群の写真なんて、まだまだ一部。

th_th_IMG_4495.jpg

ひとまず食べたいタイプを絞り込んで、あとは都度、違う物を買って
つぶして行くしか無いですね。。。なんせチーズの経験値が低いので、
何が良いかなんてわかんない。。。

で、この二階にはベーカリーカフェがあって、簡単な食事も出来るようになってます。
カフェだけでもOK。

th_s-IMG_3553.jpg th_s-IMG_3554.jpg

フランス文化を何かと取り入れてるホーチミンでは、マカロンが非常に
充実しています。お店のチョイスもだけど、質がほんとに良いものが多い。
イタリアンな作り方ではなく、ちゃんとフレンチスタイルで。

※イタリアンは熱した砂糖と水で作ったシロップでメレンゲを作るため、安定しやすい
 =大量生産に向いてるのだけど、出来上がりの歯触りがネットリしている。
 フレンチはドライな砂糖でメレンゲを作るのだけど、卵白が非常に不安定で繊細な
 作業と見極めが必要になるため、とても難しい。その代わり、歯触りはホロッと
 もろく、儚げな甘さが魅力的。

ちぇりはイタリアンのネットリした歯触りが嫌いで、長くマカロンを疎んじて来たのですが、
幸いにもフレンチスタイルの美味しい物を出すお店を日本で知ってから、ああ、美味しい
マカロンもあるんだ、と知った次第。最近でこそ日本でもフレンチスタイルが増えましたが、
ちょっと前まではイタリアンが多かったような気がします。
だから、美味しいものに中々当たらなかったのかと。

で、ホーチミンに来てみたら、あれまぁ、フレンチスタイルのばっかり!!(笑)
なんてレベルが高いんだ!!(歓喜)

東南アジアにスイーツは期待してなかったのだけど、もう土下座して謝りたい気分。。。
こっちに来たばかりの時は、まぢで二日に一回はマカロン食べてた(笑)
これほどマカロンに恵まれた環境にあったことなんて、生まれて一度も無かったんだもの(^^;

軽い食事もありまして、お値段もほどほど。
ワイン付きのランチとか魅力的よね。

th_s-IMG_3551.jpg th_s-IMG_3552.jpg

最近は日替わりセットランチも始まって、どれも200kドン前後くらいです。
デリカフェ飯とはいえ、味は割としっかりしてるし、コールドカット(ハムやチーズの前菜)
は、テイクアウトのデリ部門から、程よい物を選んでくれるので、内容がリッチ。

th_IMG_4489.jpg th_IMG_4490.jpg

ラザニアなんてものもありまして、ボリューム満点。
っちゅーか、こんな肉比率のラザニア、食べたこと無いわ(苦笑)

人数が居る時だったら、チーズプレートや生ハムとのコンビネーションプレートもオススメ。
内容はその時デリにあるものから、お店側がチョイスしてくれるのだけど、チーズもハムも
それぞれのカテゴリーから良さげな物を選んでくれてて偏りが無いので面白いし勉強になる♪

th_th_IMG_4493.jpg

これで1500円はしなかったと思う。
量もだけど内容を考えたら、日本では一体いくらするかわからない。。。。(冷汗)

お店チョイスだから、自分じゃ選ばないチーズもあり、もちろん外れることもあるかも
だけど、今回はどれも大ヒット。特に好きだった物をお店に確かめ、お持ち帰りまで
してしまった&その後も継続して買いに行ってます。言うなれば、有料試食的な部分も
兼ねてるのかもしれませんねー。だからお安い。

スモークサーモンも絶品。
これもデリで売っているので、後日買いに行きました。
さすがにベトナム産ではなく、北欧の方の物だったと思うけど、まーったりと
脂が乗ってて、これまで食べたことが無いほどのしっとり感に、ギリギリの塩の
艶かしい仕込み。スモークも柔らかめで、エロさ全開。
まろっとした白と合わせて出されたら、すぐ落ちる自信があります(キリっ

th_th_IMG_4491.jpg th_th_IMG_4488.jpg

チーズとハムを頼むのだから、と、当然ワインを頼もうとしたら。。。
『下で見繕って来て下さい』と。。。。???

そうなんです。
こちら、下のワインショップで選んだ物の価格そのままで飲ませてくれるんです!
グラス使うのとか人件費とか無視ですかそーですか…なんて良心的なっっっ(感涙)

まぁ、ワインとチーズという淫媚な組合せを頂く割には、いささかムードに欠ける
わけですが、ソファ席もいくつかありまして、くつろいだ感じで楽しめるのはいいかもですね。
どのみちプレートは二人で頼める量じゃないし、ワインも二人で一本空けたら、
その後の展開も難しかろうて…(何の話…)

写真が手元に無いのですが、サラダバーというのもあって、170kドンくらいだったかな。
それで自慢のきれいなお野菜食べ放題。生だけじゃなく、日によって違うけど、茄子や
パプリカの炒め物やら、チーズやオリーブを使ったピンチョスのような物もアリ、
なんといってもドレッシングが豊富。バゲットのスライスに日替わりでソフトドリンクも
一種類ついており、ケーキも最低一種類はあったかな。千円以内でこれはお得。
ちぇりは野菜部を感じたら、こちらに行って、延々午後の間中食べてます(ヤメ…)

そんなこんなで、何かと使い勝手の良いアンナムグルメマーケット。
当初は高級なイメージで、ちょっと敷居が高い気もしたけど、一流ホテルの
ビュッフェに出入りするようになった今となっては、こちらはむしろフランクな部類。
個人的にはNYのZabarsやD&Dを彷彿とさせられて、伺う度に(むふ♡)っとなってます。

ベトナムに来て、なんでフランス文化だよ、と言われるかもしれませんけど、
ベトナムに居ながらにして、これだけ充実したフランス食材に囲まれるなんて、
むしろすごいラッキーじゃないか♪ ってことで、オススメです♪


Annam Gourmet Market

16-18 Hai Ba Trung, District 1
From 8:00 am to 9:00 pm (Mon to Sat)
8:00 am to 8:00 pm (Sun)
+84 8 3822 9332
http://www.annam-gourmet.com/




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪





Lau Mam Ba Du 〜 お野菜ビュッフェのある鍋屋さん♪

Vincom Mega Mall 内にあるレストラン。
最近チョイチョイこちらに買い物に行く機会があるので、徐々に施設内の
お店を制覇してます( ・`ω・´)b


th_IMG_9724.jpg 

といってもこちら、もともとお店が他に2店舗くらいあって、ローカルの方には
かなり好評なお店の様ですな。ま、でなければこんな施設には入れんだろうし
もとも取れんのだろうけど。

ファミレスっぽい感じではあるけど、単品料理を調理する為のキッチンがオープンに
なっていたり、各テーブルに集煙機があったりと、色々気遣いや演出が見て取れる
内装。ローカルの料理だけどあまり気張らんと、且つ安心して頂ける感じでしょうか。

th_IMG_9725.jpg 

メニューは基本鍋ですが、鍋にも数種類あって、なんとなんと!!
Lau Qua Dong があるじゃないですか!!!!

th_IMG_9728.jpg 

あれです。そーーーとーーー前のことになりますが、こちらで書いた、
蟹出汁の麺。http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-3461.html
店名がCua Dongだったけど、あれってカニのスープの事を指すのか。

この記事にあるちぇりさんの解説によると、

カニを殻ごとすりつぶした物を水に溶いて、カニの味噌やら身の
 部分の旨味が溶け出した所を一旦濾し、それを炊いて、灰汁やら
 淡白分が固まった物を丁寧に取り除き,更に炊き上げ、
 旨味を凝縮したもの。」

のことらしいです。はい。
うおーーーっ、これ食べてみたいっ。
けどこの日は蟹アレルギーの旦那さんが一緒だったので普通のお鍋にw
ちなみに海鮮鍋、というのもあって、鍋のスープの種類は3種類の様でした。

th_IMG_9727.jpg th_IMG_9729_20160615150747071.jpg 

基本の鍋セットを頼んで、好きな具材を更に追加する感じですかねー。
大きい方のセットで約3人分との事でしたが、基本セットで290kドン。
安いっすね。鍋が煮えるまでにちょっと時間がかかるので、その間を繋ぐ
のに、単品の何かを頼むのもお勧め。結構いろんな料理があったな。

th_IMG_9730.jpg th_IMG_9731.jpg

お鍋セットする所がこんな感じで変わってるなーと思ってたら、炭火だった。
焼き物じゃなく煮物も炭火。煮物に炭火の利点はあんまり感じられない気がするけれど、
ガス引いたりするよりコストがかからないんだろうな(笑)
日本だと消防法の直火規制でアウトな事が多そうだけど(^^;


th_IMG_9732.jpg th_IMG_9734.jpg


で、鍋がこれにセットされて、出された具材のセットがこちら。


th_IMG_9737_20160615150811866.jpg 

イカ、エビ、練り物、魚はなんだろ。そしてチリに詰められた豚肉のつみれ的な物。
(豚肉でもつみれって言うのかな)
量はそんなに無いように見えますが、こちらお野菜が取り放題!
ずらーっwww

     th_IMG_9738.jpg 

th_IMG_9739.jpg th_IMG_9740.jpg

鍋に入れる用のお野菜なので、生食用ではありませんが、近くにあるMo Mo Paradise
さん的な雰囲気ですかね(笑) モーニンググローリーやほうれん草、オクラ、茄子、
なんだっけか、あのスポンジみたいに穴がいっぱい開いててスープタップリ吸ってくれ
るのにシャクシャクしてる茎野菜。芋の茎だっけか?(フードアナリストしっかりしろや)
大好きなベトナム野菜がたーっぷりヾ(@⌒ー⌒@)ノ

お鍋屋さんにいくと、割とセットされた量しか出されない事が多くて(言えばきっと
追加してくれるんだけど)もっと食べたいのにぃ。。。と思うことがしばしばでしたが
ここでは夢が叶う様ですよっ(*´艸`*)

お野菜を摂って来たりしている間にスープを湧かして、と。。。
鍋なのに、炭の煙が上がって煙い。。。(笑)
焼肉なら分かるんだが、鍋でこれは初体験(笑)
ま、火力はあるからいいんだけど。
集煙機、がんばれw

th_IMG_9744.jpg 


具材を入れてからもしばらく時間がかかるので、ビールのアテにカエルのフライを。
ここのちょっと変わった味付けで、ベースは甘辛なんだけど、仕上げにマーガリン
使ってるのかな?バターじゃなくてマーガリン(笑) の風味がジュワーッとして
ました。甘辛い上にマーガリンなのでかなりクドいが、そのクドさがビールにはいいっ。


th_IMG_9749.jpg th_IMG_9750.jpg

上に乗ってるモサモサは、ベトナム料理でしばしば出て来るレモングラスを割いて
上げたもの。こちらもじゃっかん脂っぽいけど、サクサクしてて残り香にレモン
グラスの香りがフッと香って美味しいのよね♪日本じゃ中々こんな使い方してるの
見た事なかったから、最初は衝撃だったわー。

んでまぁ、お鍋がグツグツ煮えて来た訳ですが。。。

    th_IMG_9748.jpg 

th_IMG_9746_20160615153619763.jpg th_IMG_9753.jpg

お店の人が鍋に具材を入れてくれる際、お肉は残してくれてんのよね。
野菜や魚が煮えるにはちょっと時間がかかるので、同じタイミングで入れたら
肉が煮え過ぎて固くなってしまうから。そしてエビはエビでこの気遣い。
これ、ベトナムでは珍しくないけど、鋭利な形状で食べ難い口先の所と
ヒゲを一緒にカットしてくれてんのよなぁ。料理にイチイチ、愛がある。

それが別に高級店でない、ファミレスみたいな所でもってところがすごい。
価値観の違いもあって、日本ではシッポ、頭に傷があったらエビの価値が無い、
とされてる部分もあるから敢えてしない、というところもあるんでしょうが、
個人的には頭の中身の味噌部分は傷つけてないし、ベトナムの方もそこが美味しい
と心得てて食えと言うし、こっちの方が食べ易いなーとは思うんですが。

で、鍋のお味は。。。か、かなり甘いです(^^;
お出汁も出てるけど、結構ガッツリ砂糖味(笑)
しかしそれが濃い味のお野菜、トロトロに煮上がったお魚、エビなどとマッチ
していて、悪くない。この甘さが苦手、と言う人は多分沢山いるだろうなー、
とは思うのですが、いかにも南の方の味付けっぽくて私は割とスキ。

th_IMG_9757.jpg 

特にこのお魚、ナマズっぽい感じだったけど泥臭さが一切無くて脂乗ってて
トロリントロリン。美味しかったな。魚の名前、書き留めてもらえばよかった。。。

ただ、素材を食べてというよりは、この甘さでお腹がすぐにいっぱいになる感が
あって(笑)、量を食べ続けられない感じはあったかも。そこでカエル用に
もらってたライムと塩で手元のお椀内を微調整。調味料の鶏過ぎで身体には
よくなさそうだけど、これでかなり味の修正ができました(笑)

あと卓上にヌクマムやお醤油があったから、それをチョイチョイつけて頂く
ことで色々調整できそうですね。

ってか。。。Cua Dong鍋、食べてみたいーっ。
麺を食べた時だけでもえらいこと贅沢な、と思った物だけど、まさかその
スープの鍋があるとは知らなんだ。あれ、蟹を丸ごとすりつぶして…と聞くと
クドそうなイメージがあるんだけど、意外にも淡水蟹だからかアッサリしてて、
カニどこ?!くらいの品の良さなんよな。まぁお店によっても違うだろうから
ここのお店がどうかは知らんが、その辺も含めて食べてみたいー。

1区から行き易い店舗で今度試してみようかな♪



Lau Mam Ba Du
Vincom Mega Mall Thảo Điền, 159 Xa Lộ Hà Nội, P. Thảo Điền Q2







にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Blue Gecko 〜 気楽に一杯♪

Ly Tu Trong通りにある、青いトカゲさんが目印のお店。
食事ではなくバーなので2県目に良さげなお店。

と思いつつもなかなか行き出していなかった所、こちらに行かれた事があるらしい
方に連れて来てもらいました。こういうお店は色々「その店ルール」があったり
するから、知ってる方に連れてってもらえるのが助かりますね♪

th_IMG_9048.jpg 

基本、カジュアルなバーなのですが、ビリヤード台が置いてあります。
良く行く(良く…?)Dublin Gateにもありますが、あそこは「空いてたらご自由に
お使いください」システム。こちらはプレイしたい人がホワイトボードに名前を
順に連ねておき、前にゲームをしてる人の買った方が次に名前を控えた人と勝負
する、と言うシステムらしい。ってことは、見知らぬ人と手合わせする、という
場面の方が多そうですね。

th_IMG_9050.jpg 

ってか、ちぇりのようなヘタクソは名前書いちゃダメ!!(((;゚д゚;)))

というわけでもないようですが、希望する人の心の強さの問題ですかね(笑)
ま、お邪魔する気はさらさらなかったので、この日は私は飲みに徹していい気分。
ってか、何杯飲んだ。。。結構酔ったぞ。


th_IMG_9052.jpg 

Footersじゃありませんが、ホッとパンツのおねいちゃんが何かと気を使ってくれて
グラスが空きそうになるとオーダー取りに来てくれるし愛想はいいし可愛いしで
ついつい。。。ね。。。よーのんだ(^^;

最近こう言うバーに行くようになって思うのですが、どちらのお店もお酒の品揃えが
結構良いんですよね。お店に寄って、ジャンルの得意不得意はありそうですが、
なにかしらに長けてるお店が多い気が。ここもウイスキーとか結構な種類揃ってた
(気がする)し、食事とは別に、2件目でじっくり飲みたいって人には、この街、
結構遊び甲斐あるかも。

ま、酒場で酔いちくれの巣窟なんで、身の周りの物を取られたりしないように気を
つけた方が良いと言うのは万国共通ですが(日本だって例外じゃないもんねw)、
こちらのお店は割と平和な感じでしたし、音楽も左程うるさくなく、若い人から
自分みたいなんでも程々楽しめるお店かなーという感じ。

「もちょっとだけ飲んで行こかー♪」

と言う時に近くにあったら、フラッと寄りたいお店でした♪
最近バーに行く機会増えたから、BARカテゴリー作ろうかなー(笑)



BLUE GECKO
31 Ly Tu Trong Q1





にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Dominique Saint Paul 〜 フレンチ・デザインの革製品

夜遊びしてる時に久しぶりにDong Khoi通りを目指して歩いたら見つけたお店。
もう3年もあったのに、昼間だとあまり目だたないからか自分の興味が
向かないからか気づかなかった(´Д` )


th_IMG_9660.jpg 

th_IMG_9661.jpg

th_IMG_9674.jpg th_IMG_9673.jpg

基本はカラードの男性のシューズ。
我家の旦那さんのテイストじゃないのでうちには縁がないかもだけど(笑)
もの凄いデザインの数!! これ、レディメイドのものなら2万円〜4万円
くらいですって。こう言うのが好きな方には朗報じゃないかしら♪

そしてその倍額くらい出すと。。。


th_IMG_9668_2016061416405908f.jpg 

お店のお国はプライベート・フィッティングルーム。
こちらでオーダーメイドのシューズをお願いできるんですって!!
多分木型から作ってくれるんじゃないかな。
プラス、用意されてるデザインからのアレンジも出来るし(というか足の形や
サイズによってはアレンジせざるを得ないですよね)、カラーリングも注文
できるらしい。

素人さんだと、今あるデザインを参考にせざるを得ないとは思いますが、
限りなくオリジナルに近い物をお願いできるってことですねー。
日本でちょっと知ってる方が靴職人をやって色々お伺いした事があるのですが、
この手のオーダーメイドを損な価格で出来るってのはちょっと驚き。
さすがのベトナム。とはいえ、デザインはフランスの方と言う話だったので、
実際の人件費がどこにかかるのかはわからないけど。。。

ホイアンの靴職人さんの多さも見てるし、なにより手作業て仕事が得意なベトナム
の方達の事。きっと色々修行を積まれてかつやくされてるんじゃなかろうかなぁ。

なんだ、男性物の靴なら私には縁がないじゃないか、と思われた女性陣、
御心配なく。さすがにヒールの靴は無理ですが、男性靴の様なローファー系など
だったら同じようにオーダーメイドを受け付けてくれるそうです♪ レディメイド
が殆ど無かったのが残念ですが、オーダーメイドならデザイナーにお願いできるとのこと。
完全オリジナルの靴なんて、ちょっと憧れだなぁ。

技術の違いが私にはわからないし経験していないので何とも言えませんが、
頼む所に頼めば数十万にもなる靴のオーダーメイドがこのくらいで体験できる、
というのはちょっと魅力かも。とはいえ、私のテイストでもないので頼むことは
いまのところないかなーって感じですが(・∀・;

ただね、ここ靴だけじゃなくて小物も素敵なの!!
今回うっかりこれに一目惚れして買っちゃいました。

th_IMG_9702.jpg 

マネークリップ。
金属製の物は持ってたんだけど、洋服に合ってなかったりする事が多くて
使い辛かったんですよね。でも旅先なんかで現金だけ持ち歩きたい事とかも
けっこうあって、マネークリップ自体は必需品。マグネット式なのも使い易
そうで、これならいろんな場面で使えるかなと♪

他にもブルーやキャメルがあって、お値段は。。。580kドンくらいだったかな?
酔ってたんでちょっとあやふやだけどそのくらい。革せいでこんな可愛いデザイン
のがその値段て、可成りお買い得(´⊙ω⊙`)

ってか、ここ、小物は結構お買い得なの。

th_IMG_9662.jpg  th_IMG_9663.jpg

th_IMG_9664.jpg

ブレスレット、手帳カバー、iPhoneケースに名刺入れ。
いろいろあるけど、靴べらってのもちょっとしたお礼毎とかご挨拶代わりに
プレゼントするのに良さそうじゃない?ここには茶系ばかりだけど、もっと色々
色のバリエーションもあったし、お値段も600k以下。なんだったらキーホルダー
のチャームにしても可愛いサイズでしっかりした革だったから使い易そうでしたよ♪

クラッチはさすがに高そうだったけど、凄く餅心地が良くてかなり心惹かれた。。。

そしてこちらのお店、デザイナーさんやオーナーさんがフランスの方繋がりだからか、
MAROUとタッグを組んでオリジナルのショコラBOX作ってた!!!

th_IMG_9676.jpg 

「ちょっと食べてみますー?」

とかって人懐っこい店員さんが分けてくれたのだけど、うん、安心の味。
そしてオサレなパッケージ。1箱100kドン。これもちょいプレゼントに
よさそうですね♪

さすがにお店のキャラクターから店員さん立ちも白シャツに黒パンツでサクッと
かっこよく、説明その他もスマートだったんだけど、そこはベトナムの方らしく、
チャーミングで人懐っこく、写真を撮るのも快くOKしてくれたし、その日買う
客じゃないと分かってるのに、とても丁寧に接してくれて、話し易くて楽しかった
です。ご興味のある方はまずは様子見だけでも立ち寄られてみてはいかがでしょう?

ホーチミン、こんな魅力もあったんだなぁ。
知らなかったわー。


DOMINIQUE SAIINT PAUL
29 Dong Du Street Q1







にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

卵白だけのチョコスフレ♪

パンを作る時にカスタードなんかも作る事があり、余ってしまった卵白を
どうにかしよう、と思い立って作ってみたら、ヤダ美味しい(*´ω`)
超簡単だったので覚書。


th_IMG_8998_201606132035523d1.jpg 

【材料】
卵白     1個
チョコレート 25g
牛乳     大さじ1

チョコレートは細かく割って牛乳と一緒に耐熱皿に入れ、レンジで軽く
温めて溶かし、良く混ぜ合わせます。

卵白をハンドミキサーで(根性と技術のある方は手動でどうぞっ)
ピンと角が立つまでしっかりと泡立てます。

卵白をひと救い。チョコレートの方に入れてしっかり混ぜ、それを卵白の
方に戻し、サックリと全体を混ぜて160度で15分。


th_IMG_9001.jpg 


コツはチョコレートと卵白を一度に混ぜてしまわない事。
他のお料理でも同じですが、粘度の違うものを混ぜる時は、かならず粘度の
低い物を高い物の方に少し混ぜ、少し緩ませて親和性を高めた後に合わせます。

例えばマヨネーズと液体の何かを混ぜる時に一度に混ぜると分離しますよね?
粘度の高い方=マヨネーズに液体を少しずつ加えて行くと上手く行きます。

残ったカレーにスープや出汁を入れてカレーうどんの出汁にしよう、という
ようなときにも、必ずカレー「に」出汁を少しずつ、と言った具合。
何事も、性質の違うものを合わせようと思うときは「少しずつ」が鍵かもですね(^皿^)

ところで、このレシピに使ったチョコレート、何でも良かったんですが、
手元にあったのがMAROUだったので贅沢にもそれでやってみたら、超絶大人味!
口溶けはかるーいのに、ショコラの旨味がズッシリ。
高いカカオ率が焼く事で更に香り豊かになってて、そりゃーもうブランデー
かけなきゃもったいないでしょ!!ってレベルになってました( ・`ω・´)b

うん、かけたよね、ブランデー。。。
昼だったけどね。美味しかったよね(。-_-。)


牛乳なかったら水でも良いし、最低限の材料でこんな美味しいスフレが
作れるなんて自分で作っておきながらちょっと意外でした(笑)
MAROUのチョコで作ったら、ほんっと、お客さんのおもてなしスイーツにも
ピッタリだと思いますので、もし卵白が余る様な事があったらお試しください♪








にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

CASINO ホッピング♪

ホーチミンにはカジノがあります。
と言われて、最初はピント来ませんでした。あったっけー???と。

でも見てみると結構あるのね、各ハイクラスホテルに併設されてる形で。
マジェスティック、レックス、シェラトン、カラベル、パークハイアット…
他にもまだまだある様です。が。。。もともとギャンブルにあまり興味が無いので
今まで行ってなかったのですが、まぁ様子を見てみよう、と言う話になって、
先日ちょろっと行って来た。

カジノ内は撮影禁止なので記事だけになりますが、もしもご興味がある方の
参考になれば、ってことで情報シェアを。ホーチミンのカジノ情報、あんまり
で回って無いみたいなんですよね。「あった、行って来た」ってのはあっても
いくらくらい用意して行けば良いのかとか、ドレスコードはどうだとか。

まずホーチミンのカジノは、ローカルの人は入れません。
外国人だけ。そして入るにはID=パスポートが必要です。
万が一にもジャックポット当てて大金を手にしても、身元が割れてるので
持ち出し云々、ズルはできないし、何回通ってどのくらい使ってる客なのか
ってのも、きっと把握されてるんだろうなー(^^;

場所によって違うようですが、会員になることで色々特典がついたりするケースも
あるようなので、まずは行きたいカジノの説明を入り口で聞いてみると良いと思います。
って、それが億劫だからなかなか行かない方もきっといるよなー(^^;

今回2件程行ってみて色んな違いがあるのが面白かったので、今後もチョイチョイ
他の所を開拓して行こうと思ってますので、ご興味のある方はご参考まで。




【PARK HAYATT SAIGON】

th_IMG_9656.jpg 

ホテルの入り口とは別に、ハイバーチュン沿いに別の入り口があります。
入り口に行って「初めてです」と言間も無く、パスポートを要求されますので
お渡しします。メンバー登録を勧められて戸惑いましたが、特に費用もかからない
ようなのでお願いして下さい。専用カードを発行してくれ、そのカードにお金を
チャージしてゲームを楽しみます。

チャージの際、マネーチェンジャーが中にあるので、通貨はドルでも日本円でも
ベトナムドンでも良さそうです(レートの善し悪しはありますが)。

いつもなのか、期間限定なのか分かりませんが、6月上旬に行った時は、新規会員
特典としてスロット専用$50相当のプレイポイントを頂きました!ラッキー!

そして会員になるとカジノ内での飲食は基本的に無料。ただし、ずーっと座って
飲み食いしてるだけ、ってのはマナー違反(笑)。ずーっと居座ってた訳じゃない
けど、食事の際のビールのペースが早くて2杯目を頼もうとしたら「ひとゲーム
されてこられてからにされてはどうですか(^^)」とやんわり断られたwwww

そらそうだわな。入って来て一目散にビールを頼みにくる奴らなど、そのくらい
ピシャリと言ってのける権利があるわ、彼らにはwww

食事はパスタ、ビビンバ、ベト飯いくつかなどの簡易なものでしたが、普通に
美味しかったです。ビールももちろん(*´艸`*)

カジノ内は全体にマシンゲームばかりで、床面積は狭いけど3フロア位あったかな。
ホーチミンにはディーラーさんが少ないらしく、カードゲームもマシン式の
ことが多いらしい。べガス、マレーシア、マニラ、マカオでで遊んだり見かけた
カジノとは規模が違い過ぎて、印象としては「大人のゲーセン」と行った感じ。


で、いただいた$50クレジットで挑むスロット。
よくわかりません(--)/
初めての場所だから、というわけではなく、カジノ自体そんなに経験が無いので
スロットのゲーム内容という大枠も理解していない(笑)。でも観光客もウェルカム
なだけあって、お店の方は丁寧に説明してくれます。ハイアットにしてはちょっと
英語のレベルが。。。と思いましたが、まぁなんとか。

なんだかんだで$50つっても、スロットだとあっという間。
特に訳分かってないから更に早い(笑)
でも4人で行って平均一人$10くらいずつキャッシュアウトできましたから
まぁ「新規のお客さん、おいでませ」相場だったのでしょう(笑)

これは今回だけのサービスだったので次回からはもちろん自分でチャージして
遊ぶのですが、特に「いくら使わなければならない」ということはないようです。
そもそも、$10とかいう小額でも換金する事に全く嫌な顔もせず、カードへの
チャージに回す事も勧められなかったので、そんな微々たる金額がどう動こうが
気にされない、ということなんでしょうか(・∀・;

まぁ。。。桁違いの大金を動かしてくれてる方がいるからこそ、タダ飯提供した
上に、ご入会特典相場的にちょっと良い気にさせてくれた離が出来るんですよね。。。
社会の縮図だな。。。これ、タダで遊べたのは驚きだったけど、あまり喜んでは
いけないことなのかもしれない(^^;

ま、そんなこと言っちゃうと新規顧客獲得のチャンスを潰す事になって
返って御迷惑かもですが、多分自分の想像もつかない自体が蠢いてる
場所なのでしょうね、カジノって(^^;



【Hotel Majestic Saigon】

由緒正しいサイゴンの歴史を担うホテル。
趣きがある今の様子が建て変わる事になったと言う話を数年前に聞いたけど
まだそのままですね(笑)

で、ホテル自体は素敵なんですが。。。
カジノはあまりお勧めしません(^^;

というのが、殆ど客が来てないせいもあってか、まずスタッフがやる気ない。
ダラッダラ。パスポートが必要なのはハイアットと同じですが、取ったコピーを
そこいらにベラーッと広げてたりして、個人情報とかの概念は一切無い上、
どこに漏らされても分からない扱いをされてました。。。注意したらすぐに
どこかにしまってましたが、いやいやいや。自分程度はいいけどさ。
立場ある方とかはあれアカンやろ。。。

そういうものが積み重なってのノーゲストに近い状態だったのだろうなー。
カジノ内の活気はゼロ。建物が古いのは承知の上でしたが、ホテルの方は古さが
趣きになっているのに、こちらは単に煤けてるだけ。なんか昭和の時代に乗った
フェリー「さんふらわあ」の船内を彷彿とさせる(というとノスタルジックですがw)
閉塞感と物悲しさが漂ってました。。。

一応ビールなど、ドリンクフリーの様ですが、食べ物もあるのかなぁ。
こちらは特に案内もされなかったのでスルー。




でもよかった。
カジノや賭け事には興味が無くても、ホテルに寄ってこんなに様子が違うとなれば、
その違いに興味が湧いてきます。色々見ておいて損は無い。というか、観光客の方に
時々尋ねられていたのですが、わからなかったから併設ホテルを紹介するに留まって
たんですよね。もちろんマジェスティックも含めて。お勧めした訳じゃないけれど、
もし行かれてたとしたら申し訳ないことした。

ということで、今後も機会を持って他のカジノを探索してみたいと思います♪
正直、他の国のカジノよりかなり敷居が低いですし( ・`ω・´)b

華やかさを楽しみたいという方には物足りない事間違いないのですが(笑)
ドレスコードやらゲームのルールやマナーなどに自信が無くて…って方でも
ホーチミンのカジノだったらサックリ楽しめるようですよ。
(こんなド素人でも雰囲気は味わえましたからw)

何事も経験。
せっかく気軽に行ける環境があるのですから、モノは試しに様子を見に
行ってみるのもありかと思われます♪
(えーっと、賭け事に関しては自己責任でお願いしますm(--)m)







にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

O'brien's Factory 〜 ゴートチーズのピザ美味しい!!

アイリッシュパブ、と言えば Dublin Gate。がスッカリ御用達になってる
のですが(御用達て。。。)そのキーワードで検索してたらこちらのお店が
引っかかった。場所はHai Ba Trung 沿い???しかもレタントン近く???
んーーーー?そんなお店、あったかなー????と半信半疑で行ってみたら、
あった(´⊙ω⊙`)

th_IMG_9572.jpg 

そしてうんうん、見た事あったわ!(笑)
なんとなくなんのお店か特に調べもしないままスルーしてた。
ごめんなさいw

二件目だったので軽く一杯飲むつもりで入ってみたら。。。

th_IMG_9577.jpg 

あら、結構賑わってる。生バンドがアイリッシュミュージックを陽気に演ってて
お客さんたちも楽しそう♪ テーブル席はけっこう埋まってたので、カウンター席へ。


th_IMG_9574.jpg th_IMG_9575.jpg

th_IMG_9576.jpg th_IMG_9578.jpg

バーなので飲み物メニューがメインですが、けっこうフードメニューの数もある。
上4枚目の写真の裏にもびっしりなんだかんだありましたから。ただ入り口に
Pizza 推しのフレーズがあったのを見逃さなかったちぇりさん、二件目にも関わらず

「ピザ頼んで良い?」

とご一緒の方に聞いてみるなど。
まぁ私がこう言う時に使う疑問符は殆ど疑問になってなくて
「これは決定事項だ言うこと聞け」
だよな。。。ほんとうにすんません。。。

th_IMG_9580.jpg th_IMG_9587.jpg 

なんか可愛くDesperadosとか頼んじゃったけど(いやそれ可愛くない)、
見てたら生のグラスへの注ぎ方が凄い美味しそうだったんだよね。
今度行ったらアレ頼もう。

んで、メニューを改めて見てみると。。。


th_IMG_9579.jpg 

ピザだけでも結構あるな!
そして気になったのが「Goat Cheese」!
ピザに使ってあるの珍しい!!
更にその下にある「Bernie's」ってのは、Goat Cheese をベースにいろんな
具材がミックスされてるスペシャル版。これは美味しそう!!と意見が一致して
これに決定。


th_IMG_9582.jpg 

このテーブルセットかっこいいな。
提供されるまでにチョーッと時間がかかりましたが、作り置きとかじゃない
んでしょうねー。待ってる間は酒飲んでりゃいいし音楽はあるし話は尽きんしで
無問題。そしてお待ちかねで出て来たのが…?

th_IMG_9584.jpg 


趣きがあるっ( ̄ー ̄)
窯かどうかはわかりませんが、フチの焦げ色のつきかたからかなり高温を出す
ことができる焼き器を使っておられるようで。生地は薄めのクリスピータイプ。
飲み屋だからね。ここであんまりモッチリな重たい生地が出て来ても困る。
2件目だしなw

で、頬張ってみると。。。あづううううう!!!!!ヽ(;▽;)ノ
上あご、焼いた。。。orz ホントに焼きたて持って来たのね。。。
あづづうづ。。。。

で、今度はフーフーして用心しながら頂きますと。。。
ほおおおおっ、ヤギのチーズの香りは確かにそこにあるけどクドすぎず、
ピザーソースをかなりスパイシーにしてあるので口中へのアタック感がすごい!
でも他の具材と合わせても塩気自体が強すぎるわけじゃないので、ガツガツ
いける。2件目でも。

酔ってるわ暗いわ楽しいわで細かく素材を分析するのはすーーっかり忘れて
ましたが(しっかりレポれや)盛りだくさんな割に一体感があって大変美味しい。
クセのあるお酒と頂いても全く負けない勢いが。ってか。。。

ゴートチーズのピザ自体なかなかなくないですか?
メニューにあったら今回みたいに絶対頼んでると思うんだけど、あんまり記憶に
ないんだよなー。家でやろうったって、まずピザにして美味しいゴートチーズを
選ぶのに手間取るし、焼くと多分部屋中に匂いが籠るしw、これ、お外で頂く
お料理だわ。

th_IMG_9586.jpg th_IMG_9588.jpg

生地はアチアチの時も香ばしさが美味しかったですが、冷めて来たら来たで、
底の部分のクリスピー感が増し、これはこれでまた嬉しい食感。よく、
「冷めたピザのようだ」と、どうにもしようがないものを揶揄する言葉がありますが、
ものによっては冷めても美味しい、冷めないと味わえない味、というのもあります
ので、一事が万事ではない様ですね(^皿^)

あ、モヒートは「原液かこれ」ってくらい濃かったのでご注意ください。
チェイサーにソーダ頼みたくなるほど濃くて殆ど飲めなかった。。。
このわたくしが。。。

でも、もっとお腹をすかせて行ってたら、このモヒートとこのゴートチーズのピザ
の組み合わせ、すっごい美味しかったと思います。こうなると他のメニューも
気になるなぁ。ホーチミンでのパスタは鬼門だけど、なんか面白そうなソース
使ってるのがあったらちょっと食べてみたいかも。

レタントンからも近いせいか、チラホラ日本の方もいらっしゃったような。
多くが欧米の方の様でしたが、年齢層も様々で、1人黙々とカウンターで飲まれる
おじいちゃまがいたり、仲間内とバンドに声援を送る人達、お喋りに興じる
グループ、みんな自由な感じで好きだったなー♪客層がそんな感じなので、
スタッフさんの英語がかなり流暢だったのも嬉しかった♪

少人数での2件目のチョイス、今まであんまり持ってなかったので、
これは良い店を教えてもらった♪ってか、このピザが収穫だったわっ。
1人で行っても平気そうなので、出張者の方や、この辺でふと思い立って
なんか軽く食べようかなって時には重宝するかもですヾ(@⌒ー⌒@)ノ


O'brien's Factory
74 A2 Hai Ba Trung St Q1





にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

寿司香 Sushi Hung 〜 ホーチミンで江戸前寿司!

***** 2016 Apr. *****

二回目レポがスッカリ遅くなってしまいました。
この生地は書いている現在から二ヶ月程前のものになるので、現状と異なる場合の
内容が含まれているかもしれませんが悪しからず。クオリティは変わらず、と信じて
いるのですが。。。

何と言っても海の状況、海産物の状況がこんな状態。
お魚がメインのお料理屋さんはどこも厳しい状況のようで、どうされてるかなー
時係なんですよね。近々また行ってみないと。

ただ、マグロやその他、日本から仕入れた食材も合わせて使っておられたし、
最近は築地から直送のお魚を一般の人が手に入れることもできるようになって
いるので、色々工夫はされているかもしれません。

なんせ二回目の安定感もすばらしかったですからね。
あれはモノを分かって色々考えてないと出せない安定感だと思われました。
前回と重なるものもあるかもしれませんが。。。

揚げ銀杏、美しく艶めく白身の昆布〆、イカの和えもの。

th_IMG_4485.jpg th_IMG_4487.jpg

         th_IMG_4486.jpg

エビなんかさっと霜降りされてるところが酒飲み心をくすぐりますね。
風味も上がるし、中心部との食感のコントラストも楽しくなる上、
ほんの少し熱を入れた方が胃にも優しい=飲む際の負担も減る。
もちろんこのエビの一片を食べたからって大きく影響が出ることではないかも
だけど、このお仕事が粋でございます。


 th_IMG_4488_20160610195147959.jpg th_IMG_4489_2016061019514847b.jpg

貝とかも手が奇麗なんだよなー。どれもこれもが酒飲みには嬉しい一品。
この後に握りが控えてるとか、なんのお祝いだろうと思ってしまう(笑)

th_IMG_4492.jpg th_IMG_4493.jpg

あ、天ぷらがまだあった(笑)
これも上手に揚げられてるし、手製の梅塩が美味しいんですよねー。
あの塩だけで酒飲める。お寿司のあれこれはもう前回散々書いたので
写真ギャラリーで。

th_IMG_4494.jpg th_IMG_4496.jpgth_IMG_4498.jpg th_IMG_4499.jpgth_IMG_4504.jpg th_IMG_4505.jpg
th_IMG_4506.jpg th_IMG_4507.jpg

美しい。
実に美しい。
それぞれに仕事されたネタがシットリとシャリにからんでますよね。
この小ささの握りのシャリ玉にバランス良くネタを切りつけ纏わせ仕込む。
美しい。


ネタの種類こそ、その時々で変わりますが、握りの安定感は抜群です。
そしてどれにも手を抜いてない。この日も満席状態で、大将はかなりお忙しそう
であったにも関わらず、淀みないお仕事振りと穏やかなテンション。寿司の技術
もですが、あの場にあってあのテンションをキープできると言うのも技量の内。
まったくもってすばらしい。

前回から少し時間が経ったので、また近いうちに行ってみたいと思いますー。



***** 2016 Mar. *****


結構あちらこちらで話題になってるようなので、既に行かれたことがある方も
いらっしゃると思いますが。。。


th_IMG_4141_20160301004614434.jpg


完全予約制のお任せオンリーな寿司Hungさん。
香りと書いて、Hung と読むのだそうです。
そしてこれは板さんのお名前だそうで(^^)


th_IMG_4142_201603010046169ac.jpg th_IMG_4143_201603010046160ca.jpg


オリジナルで工夫は凝らしてあるのですが、お店の外から店内まで、ここほんとに
ホーチミン?って感じの造り。日本やな、これ(笑)
お酒はビールしか置いてないので、取りあえずビール。日本酒や焼酎等は
持ち込みが柔軟だそうです。吞ん兵衛にはありがたい。


        th_IMG_4144_2016030100461971a.jpg

th_IMG_4145_201603010046205a9.jpg th_IMG_4147_20160301004658d28.jpg


お通しはギンナンで、それをつまみにチョイチョイやってると、目の前で板さんが
仕込みを終えていたスズキを人数分、小皿に盛りつけてくれています。切り身に
してコンブ出汁に浸けてた様子。なるほど、それなら鮮度を保ちつつ、少し緩めの
ホーチミンで手に入るスズキの身も程よく閉まり、味が引き立つ。賢い。


それを出すとすぐに次の皿に取りかかる。
イカの生姜和え。仕込みを終えたイカに丁寧に包丁を入れ、詰めを少しと鍼生姜で
和え、持ったもの。イカは、うまいねー。そもそもホーチミンで手に入るイカは、
そもそもが美味しいし、寝かすと更に甘味が増す。特にコウイカ、アオリ系。
焼酎が合いますなー♡

th_IMG_4150.jpg th_IMG_4153_20160301004702c46.jpg

あ、今回はお友達が提供してくれた焼酎をカプカプ頂かせてもらいました(^皿^)
これは美味い。

当初から炙りをメニューに組み込まれると決めておられたのでしょう。
専用の炙り台もつくっていらして、手際良くサバを炙られてました。

th_IMG_4152.jpg th_IMG_4154.jpg

包丁がきれいでしょう?
カウンターと作業をされてる場所を仕切る所の高さが低く、手元が逐一見えてた
のですが、それは丁寧に道具の手入れもしていらしたし、板場もきれい。
派手さはないけど、基本に忠実と言うか、丁寧に着実にお仕事をされている感じ。
サバ、うまかった。。。( ̄¬ ̄)

キスの昆布締め。
ベトナムで手に入るキス、大きいし身がプリップリしてて食べ甲斐あって
美味しいですもんねー!私もカルパッチョで食べることがありますが、
なるほど、こうして和食的に生で使ってもよろしいな。

       th_IMG_4158.jpg
th_IMG_4161.jpg th_IMG_4159.jpg

そしてここでイトヨリの煮物。
甘露煮、というほど煮詰めてないけど、グッと甘い感じが九州人には嬉しい限り(*´艸`*)
よーこんな小さな甘鯛があったなーと思いましたが、あれですね。ここまででも結構な
量の一品が出て来てこれからお寿司、という場面ですから、このくらいのサイズであって
くれた方がありがたい。味の緩急もつけてくれてるし、これはなかなか憎い構成。

そしてマグロのナメロウを海苔に包んで頂くと言う趣向のものが出て来たのですが、
まった、海苔がええもんつかってる(^^; 

「ボチボチなんですよー」

とご謙遜はされてましたが、色つやの良さ、香りの高さ、口溶けの良さ。
充分ですね。このレベルのものを選択して来てることが既に素晴らしい。
海苔、以前は意外と気にしてなかったんですが、寿司の勉強をして以来、
ものすごく違いを感じるようになって来たので、余計に嬉しかったですね。

そして揚げ物。
これもボリュームが出過ぎないように、軽い素材でさっくりと。
オクラ、ヤングコーン、美味しいね♪

th_IMG_4166.jpg th_IMG_4170.jpg


埋め風味のお塩が添えられてたのですが、これ、自家製なんですって(´⊙ω⊙`)
ベトナムにも梅干しがありますけど、多分その漬け汁を使って、とかってことかなー。
色的にもそんな感じ。美味しい。これで酒飲めるw
天ぷらは2陣に分けて出て来て、2陣目は茄子とイカゲソ。いい流れ♪

そして、いよいよ始まります。

th_IMG_4164.jpg th_IMG_4171.jpg

最初はサワラのタタキ。
これがまたとても丁寧に仕込みがされてて、パッと見た目にも美味しそう。
切りつけたら更に良し。握りの手元を見てると、やはりとても基本に忠実。
そして丁寧。必要なスピードはあるけど、焦らず飛ばさず、実に着実な手運び。
すごいな。これ日本で勉強したの?と聞いたら、

「いえ、葵に4年勤めてました。日本人に習いましたがそれだけです」

と。こりゃー余程お師匠さんがよかったのかなー(^^;
私、葵さんでお寿司だけを頂いたことが泣く、ランチビュッフェにしか伺ったことが
なかったのですが、焼き物,天ぷら、その他のセクションごとでビックリする程
上手なものを出してくれてたりしたのは覚えてる。彼もあのときどこかのセクションに
いたのかなー(^皿^)

二晩目はマグロ。
どうです、美しいでしょう?(どやっ


th_IMG_4175_20160301010029258.jpg


「ベトナムのは全然味が違うので、日本から取り寄せてます」

とのこと。私的にはベトナムのマグロも、最近は美味しいのが出回ってるなーと
思うのですが、確かにこれは美味しかった。ってか。。。。

写真じゃ分かり難いと思いますが、これ、かなり小さいです。
シャリ玉が多分、11g〜13gくらい。このサイズって、握るのメチャクチャ難しいんですよ(^^;
でもそれを厭わずサラリとやってのけてる辺りに(よー勉強と練習、してはるなー)と
感心しきり。熟練の、年配の板さんの貫禄等はまだまだもちろんありませんが(彼は29歳)
充分見とれるに値する手元。いや、すごい。

一般に、一人頭数万〜、みたいな高いお寿司屋さんに行くと出てくることがありますね。
小さいシャリの握り寿司。女性はこれが食べやすかったり、お酒のみにはこのチョコ
チョコ感が嬉しかったりするのですが、数万もする寿司屋でチョイチョイ食べることは
叶わず、なかなか遭遇できなかったり。(
リクエストしたら握ってくれる所はあると思いますが)

解け具合も、突出した個性を感じる程のものではなかったけれども充分繊細。
それがこのホーチミンで。。。
ありがたいなぁ(;ー;)


次は赤貝。
これこそ更に小さいお寿司で、挙句にシャリに馴染み難いネタだから大層難しいと
思うのだけど難なく仕上げてくれてましたね。小さいでしょー、手に持ってる写真
見ると(^^; でも味が良くっておいしかったですー♡

th_IMG_4176_20160301012124f1b.jpg th_IMG_4177_2016030101212691e.jpg


続いてツブガイが出て来て、お味噌汁。
お出汁はアラで取ってるのかな。品の良い美味しいお出汁のお味噌汁。
お寿司屋さんだなぁ♪


th_IMG_4178_20160301012127e6a.jpg th_IMG_4179_20160301012128f23.jpg

イカは、飾り包丁を奇麗に入れて、塩とライムで。
味は型の良い奴をその場で漬けにしてくれました♪
また漬けの漬け汁が良い感じにお出汁で割られて、頃合いの時間で上げられてて、
あー、お仕事されてるなーと。あ、江戸前ですから、ここまで全てなにかしらの細工が
されて、味が施されているので卓に醤油や醤油皿はありません。

       th_IMG_4180_2016030101212860c.jpg

th_IMG_4184_20160301012254bea.jpg th_IMG_4185_2016030101225698e.jpg


茹で海老って、あんまり好きじゃないのですが、これはちょっと大振りのものを頃合いに
茹でて、手作りデンブをシャリとの間に咬ませた上でツメを塗って軽く炙り、
食べやすいサイズに切って提供してくれました。お気遣いが細やかだ♪


th_IMG_4186_20160301012257b1b.jpg th_IMG_4187_201603010122580d7.jpg

そして焼きたてほっかほかの出し巻き卵。
最初握るのかと思って湯気経つそれを見てギョッとしたけど、卵だけで出してくれた♪
これが出汁の量MAXギリギリまで使ってて、且つ油は最小限に抑え、色も奇麗に、
そして出汁も逃さないように実に上手に作られててビックリした!私、もうちょっと
出汁の量を少なくしてもあんなに奇麗に焼けないかも(^^;

チラと書きましたが、埋め塩屋デンブ、ツメ、梅ダレ、その他諸々は全部お手製なんだそうです。
ガリまで手作り(´⊙ω⊙`) まぁ新生姜が手に入り難そうなので、こちらはもうちょっと…
って感じではありましたが、とにかく仕込みにお手間がかかっておられるようですね(^^

th_IMG_4190_2016030101230094e.jpg th_IMG_4192_20160301013100d37.jpg

ここまで手をかける為に「完全予約制」にしておられるんでしょう。
うん、ロスを出すのももったいないし、最大限手をかけるためには仕事の量を絞り込まねば
とてもじゃないけどあそこまで出来ない。コース全体は充分な量だし、とにかく着実な
お仕事振りを拝見させてもらってるだけでも楽しいですなっt.

ええ、十分だったのですが、もう一つなんか食べたい、とワガママ言いまして、
オクラ巻きを作ってもらっちゃいました(笑)


th_IMG_4191_20160301013059e89.jpg


本当は卵をお願いしたのですが、それはもうその日は出来ない、ということだったので…
どうしても何かをリピートしたいと既に決まっているのだったら、事前にお願いしておいた
方が良いかもですね。まぁ一度食べてみないとどのくらいの量になるかわからないかと
思われますが。

この日はこれにビールが1人2杯くらいの換算になるのかなぁ?
それで700k。ザックリ3500円。安っ(´⊙ω⊙`)

もちろん、日本の一流のお店であったり、老舗の重厚振りというのにはまだまだですし、
そんなの、29歳の方にあったら逆にキモチワルイわけです(笑)
ですが、ホーチミンでこれだけの素材にアレだけのお仕事をされたお寿司でこの
お値段は相当お値打ち!板さんの感じも良いし、板さんがお若いこともあってか、

「日本のカウンターのお寿司屋さんで緊張しながら食べるよりも気楽でいいね♪」

と言う声も。
ここが美味しかったよと言う話をしたら「Sushiko とどっちが好きですか?」と
聞かれることがあるのですが、うん、Sushiko は Sushikoで相変わらず大好きですよw
ただこちらは江戸前。おなじ寿司でもジャンルが違う。あの価格帯のお寿司としては
やっぱりSushikoは素晴らしいし、この価格帯であればこちらの店は圧倒的なお得感。
仕込みの仕方も出されるものも全く違うものなので、比較は出来ないと言うのが
正直な所。

ファミリーにはやはりSushiko の方がよかろうし、大人同士でしっぽりと、
ということになればこちらのお店。一人で週に何度か通いたいならやはりSushikoだろうし、
良いお酒が手に入ったからじっくり美味いもんと頂きたいと言うならこちら。
せっかくどちらもお美味しいお店なので、場合により気分により、使い分けて
楽しまさせてもらうのがよろしいかと思われます。

しかし楽しみなお店ができたもんだ♪あんまりにも気分が良かったから、日本では
中々出来ない「ご祝儀」なんて置いてきちゃったりしましましたよ(笑)

未体験の方はぜひどうぞ。
重厚な接待には、もう少し色々工夫してほしい所もありますが、仕事相手とだけど
フランクな、でもちょっと良い物出してくれるお店でって時なんかにも重宝する
かと思います(^^)




th_IMG_4189_20160301013057b2d.jpg




th_IMG_4189_20160301013057b2d.jpg

Partea 〜 ワクワクするティータイム♪

観光客の多い Nguyen Hue 通り。
一階にあるのは本屋さんなので、観光客の方はあまり熱心に入って行かないかも
しれないし(風景写真集やお料理本とかは見る人いそうだけど)、そのビルの更に
上となると、中々視界に入らないし、派手な装飾をしてるわけでもないので
そもそも何かがあるとすら思わないかもしれませんが。。。


th_IMG_9490.jpg 

th_IMG_9492.jpg

実はこのビルの上には、カフェがいっぱい!!
カフェばかりじゃなく雑貨屋さんやお洋服屋さんも入ってたりするんですが、
とにかくキュートなお店がいっぱいなんです♡
この建物の左側に入り口があるのですが。。。


th_IMG_9493.jpg 

看板がいっぱい(笑)
このビルやヘム内にあるお店の看板を入り口の所にダーーーーっと並べるの、
ホーチミンでは良く見かけるんだけど、これ、ここのお店は目だたないよねw

例によって、ビルの中に入って行くのはちょっと勇気が要ります。
薄暗くてバイクがズラーッと止めてあるだけで、入ってってもいいのかなー、
大丈夫かなーって思っちゃう(笑)


th_IMG_9496.jpg 

で、今回行くお目当てのカフェは4階だったので、階段が大変だなーと思ってたら
エレベーターがあった!!!けども。。。????

th_IMG_9495.jpg 

おっ、おぅ。。。。(・∀・;
1回3000ドンの有料エレベーターだったw
これはホーチミンでは初の経験。
どうやらこのエレベーターはビルの所有ではなく、別の所が権利を持ってて
使うんだったらお金払ってねという仕組みらしい。一度動かすのに実質経費が
どのくらいあるのかわからないけど、適正価格かどうかすらもわからないw

ま、乗りましたけどね。
暑かったしもうここに来るまでにクタクタだったし、番をしていたお兄ちゃんも
親切だったし(どこに行きたいのか聞いてくれて階を確認してくれたり、待ってる
間に一生懸命おもてなししようとしてくれてた♪)平たく言うと4階まで階段上る
のは勘弁してほしかったのよw

で、上がった所の左右に開けてたのはこんな感じ。
th_IMG_9497.jpg th_IMG_9498.jpg

居住スペースっぽい空気感だけど、あるのはお店。
で、お目当てのカフェはこちら♪

th_IMG_9501.jpg 

あら、可愛い雰囲気♪
そして、こちらは靴を脱いでお邪魔するスタイル。
玄関口には可愛い猫ちゃんマットがお出迎え。

th_IMG_9503.jpg th_IMG_9502.jpg 

         th_IMG_9504.jpg


中に入ると。。わぁ!!!
いきなり左手側の壁にはカップがズラリっ。
物販もやってるのかなーと思ったら、なんと好きなカップをお客が選んでセルフで
テーブルに持ってくシステムなんですって!あら楽しいヾ(@⌒ー⌒@)ノ

th_IMG_9506.jpg 

th_IMG_9510.jpg


私、無作法物なのであまりカップの価値とかわからないんだけど、エレガントなもの
からキュートなものまで幅広く、眺めてるだけでも楽しくなっちゃう♪

そして右手側にはこんな棚。
こちらには茶葉がずらりと並んでて、それも自分で選んでオーダー。

th_IMG_9509.jpg 

なんというか。。。自分の部屋に施そうとは思わないけど、とっても
メルヘンな感じで統一されてて、女のコは好きな人多そう♪
こんなおっさん成分満載のちぇりですら「おおっヽ(・∀・)ノ」とテンション
上がったからなwww

実際若いお嬢さん方には大人気のようで、日曜日のこの日はようやく
一人座れるテーブルを見つけたけど、ローカルの子たちでいっぱいでした♪

茶葉は。。。
色んなブレンドがあってよーわからんかった(笑)
ので、ローズ&ライチと言う、なんか女のコらしいものを頼んでみた( ・`ω・´)b

th_IMG_9513.jpg 

これ、ふたを開けて香りを確認してから頼んでも良いそうです。
実際に提供する茶葉はキッチンのほうにあるんでしょうね。
そしてここまですることがわかって、「靴を脱いでお店に入る」意味がわかりました。
カップも茶葉もホールにあるのだからホコリっぽくしちゃいけないよね。納得。

で、出て来たのはこんな感じ。
やだ素敵♪

th_IMG_9518.jpg 

素敵なんだけど、まーず我家には似合わないティーセットなので、こうやって
お外で手軽に楽しめる場所があるってとても嬉しいヾ(@⌒ー⌒@)ノ
ワタクシだっていつもワインボトルを抱えてるわけじゃないんです。
たまにはこういうのも嬉しいのですっw

お茶と一緒に提供される砂時計が面白くて、ライト・ちょうど良い・ちょっと濃いめ
を知らせてくれる、3段階の砂時計になってました。こんなのあるのねー。

th_IMG_9517.jpg  th_IMG_9521.jpg

香りが良くて、カフェインはあまり強くないタイプなのか異にも優しい
感じで、器と光の加減でキラキラしてるお茶を飲むの、美味しい楽しい♡

そういえば、インテリアで置いてるものなのかな、と思ったらこの電気ケトル、
実用品だったようで、一煎目を終えたあとに自由にお湯をポットに足せる様です。

th_IMG_9508.jpg th_IMG_9522.jpg

ホーチミンのティールームでは加水は普通のサービスなんです。
茶葉がしっかりしたものが多く、二煎目でも美味しく頂ける事が多いんですよね。
ただ最初のポットの中のお湯もタップリなので、二煎目まで飲み干すとお腹が
ちゃぽちゃぽになっちゃいますが(笑)

だから実際に飲むかどうかは別として、ですが。。。
これって「ゆっくりしてってくださいね♪」のサインですよね。
ホーチミンのカフェは時間制限とかもないし、なんなら電源も自由に使って良くて
PC作業とかやってても誰もナンにも言わない。むしろ、「ゆっくりできてますか?」
「音楽うるさくないですか?」とか気遣ってもらえる事が多くて、ほんとラク。
ゆーったりと過ごせて、これぞカフェの醍醐味って感じ。

もちろん人気のお店で混雑されてる場合などは程々に引き上げますが、まぁカフェ
天国のホーチミン。いくら人気と言えども待ちが出る様な状態はなかなかなく。。。
(スタバは万国共通ってことでいつも超満員になってますがw)

ホーチミンのカフェライフはやめられまへんw
th_IMG_9524.jpg th_IMG_9526.jpg

採光の良い店内にはスイーツが並ぶショーケースもあって惹かれたのだけど
この日はお腹いっぱいだったので自粛。また次回来たときなんか食べてみようっと♪

あ、ちなみにメニューが無いので心配してましたが、お茶は一人分で100kドンでした。
もしかしたら茶葉によって違いがあるかもしれませんが、そんなに大きく違うことは
ないんじゃないかと。

お安くはないけど、これだけの茶器と雰囲気を楽しめるのだから場所代半分。
お気に入りのカフェがまた増えましたーヾ(@⌒ー⌒@)ノ



Partea
42 Nguyen Hue, 4F





にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Sedona Town Club 〜 シンガポール料理!

***** 206 Jun. *****

ここに前来たのが1年班前とか信じられない。。。
まぁお友達は相変わらず住んでいるけど、せっかくならお食事はお外に行こう!
ってことになるものなー。

今回はちょっとご用事もあってこちらで食事をとるのが便利そうだったので、
念願だったハイナン・チキンライスを。Com Gaという料理もベトナムには
あるので珍しくはないのですが、ことにこちらのチキンライスの胸肉
バージョンが美味しいと何人からか聞いてたんですよねー。

そう、注文すると「胸肉が良いかモモ肉が良いか」とチョイスをくれるんですよ。
それって中々の拘りだなーと。混ぜちゃって出しても問題ないと思うんだけど(笑)
拘る方とか居るのかな。シンガポールやマレーシアではあまり聞かれたことがない
気がするけど(笑)

で、問題のチキンライスがこちら。


th_IMG_9120.jpg 


おーっ、別皿で来るんだ。
ボリュームもかなりのもの。
シャクシャクとしたキュウリやレタスが添えられてるのもレストラン仕様ですな。
ライスにもちゃんとチキンフレーバーがついてます。ほうほう。

で、問題の胸肉はと言うと。。。

th_IMG_9121_20160609174944125.jpg 


ははーっ、なるほどこれはしっとりですな!
狙ってしっかり手順を踏んで、どの段階を外す事無く丁寧に処理されている胸肉。
この手間さえかけられるなら、モモ肉よりも胸肉の方が旨味成分は多いんですよね。
モモ肉は脂や水分があって「ジュワ」っとしてるから旨味が強く感じられ易いけど、
特にこうして冷めてる状態で食べる際には胸肉の方が圧倒的に味が良い。

ただ、水分が抜け易いので食感がパサパサ=美味しくない、って感じちゃう
方が多いと聞くのが残念なところ。でもこちらのお店のはとても美味しく仕上げてる♪
しかぁし。。。


180kドンなんですよね(・∀・;
900円。うん、日本だったらランチ価格としてアリな範囲の価格帯。
味もよかったし、ちゃぶ台ひっくり返す程のご不満はありませんが。。。

やっぱホーチミンじゃ高いよね(^^;
いえ、今回は必要があって頂いたので全く問題はなかったのですが、
この価格を出してまたこのチキンライスを食べるかと言われたら。。。
また必要に駆られないと、ちょっとお財布開き難いかなー(苦笑)

でもま、評判通りに美味しかったのでそれを確認できたのは良し。
ということで、ご報告がてらでしたー♪




***** 2014 Oct *****

こちらのタワーに住んでる友人がこれまでいなかったので全く縁がなかったから
知らんかったわー、こんな落ち着いた素敵なレストランがあっただなんて!


th_IMG_3143_20141013161328925.jpg th_IMG_3157_20141013161430ac9.jpg

わーお、メッチャ落ち着いてるやん♪
聞けば、お住まいの方はこちらで朝食が頂けたりするケースもあって、
お昼時の様子からは、ビル内のオフィスで働いていらっしゃる方達らしき
ビジネスマンで溢れてました。この日は雨が酷かったから尚更だったかな(^^;

メニューは一応、インターナショナルってことになってたようですが。。。

         th_IMG_3145_2014101316133145b.jpg

th_IMG_3146.jpg th_IMG_3147_20141013161334baf.jpg

バクテの文字を見つけて(え?!)と小躍り。
そう、こちらシンガポール料理もかなりの割合で揃えてらっしゃる♪
なにそれ、嬉しい!!(≧∇≦)

わたくし、若い頃マレーシア暮らしが三年半あったので、お隣のシンガポールは
とても身近な存在。またわざわざ行かなくても、ニョニャ料理など、マレーシアは
シンガポールとの接点も多くて、何となく今でも見聞きするとシックリ来るん
ですよねー♪シンガポール料理、美味しいし♪

で、お話を聞いていると、こちらの海南チキンライスが大変おいしいらしい。
シンガポール名物ですね。マレーシアでも地域によっては名物ですが、
粘度の低いポロポロ系のお米をチキンの脂を足した出汁で炊き、蒸し鶏をブツ
切りにしたものを乗せ、チリソース等で頂くと言う、シンプルだけど味わい深い
一品。こちらは胸肉ともも肉を選べるそうですが、胸がイチオシってことでした。

ちょっとそちらの写真はないのですが、ナシラマを頼まれてた方もいたので
そちらの写真をば。。。


th_IMG_3151_201410131614240f1.jpg


うおーっ、なんかゴーカだな(笑)
マレーシアで食べてたナシラマってのは主に朝食に食べるシンプルなご飯で
ココナツライスで炊いたご飯にサンバル、という、ベトナムで言う所のサテ
のようなチリ調味料、カリカリに揚げたイリコであるイカンビリス、
キュウリの薄切り、揚げピーナッツ少量のみで食べるシンプル至極なものでしたが。。。

揚げ魚や卵などのおかず付きっ。
しかも量がタップリと。超絶豪華(笑)
永谷園の茶漬けの素のつもりでお茶漬け頼んだら、鯛出汁に刺身や
薬味が何種類も着いて来た、みたいな豪華さ加減(笑)

私は大好きな肉骨茶(バクテ)を。
シンガポールスタイルのはお出汁が澄んでて、もっと漢方っぽいマレーシアの
それとは違うんですが、やっぱり美味しいんですよねー♪

ちなみに肉骨茶って、知らずに名前の字面だけ見るとおどろおどろしい、って
意見を聞いた事があるのですが、大変ヘルシーな食べ物で、マレーシアではよく
朝食に食べる豚料理。お店にも寄りますが、大体は豚の各部位(内蔵もある)を
分けて炊いてて、注文時に部位ごとに何人前、みたいな頼み方をします。

もちろんミックスってのもあって、余程拘りが無ければそれで頼む事が
多かったのですが、豚肉を使っていながら漢方の作用か脂がスッキリと
落ちていて意外とアッサリ。軽い薬膳っぽい風味に醤油系の味がウッスラと
あるだけなので、味が足りない人はチリを馴染ませたお醤油をチョンチョンと
つけながら食べたり。

日本人的にはちょっとお行儀悪く見えるかもしれませんが、このお出汁を
ご飯のお椀に注いでお茶漬け風に食べるのがまた美味しいんだ♪

         th_IMG_3152_201410131614265c0.jpg
th_IMG_3153_20141013161427195.jpg th_IMG_3156_20141013161429702.jpg


薬草も入ってたけど、ニンニクがホールで丸っと入ってたのにはビックリ(´⊙ω⊙`)
ってかこれ、どうやって房と房の間の所とか皮剥いたんやろ????

お出汁が澄んでいる見た目そのまま、マレーシアンスタイルのものよりさっぱり系。
だけど滋味深い所はやっぱり同じで、肉料理だけどいかにも体に良さそうな感じ。
やっぱり好きだなー、肉骨茶。

写真が無かった海南チキンライスもめっちゃボリュームが合って美味しそうだった!
本来はもうちょっと質素な料理のイメージだったけど、コストが安く上がるからか、
量がタップリ(笑)ま、ベトナムにもコム・ガーっていう似た料理があるから
作りやすかったり提供しやすかったりするのかもしれませんね♪ もも肉よりも
胸肉がおススメってのもちょっと興味あったから、今度はそれを食べに行かなくちゃ♪


すっごく落ち着いた雰囲気だし、ランチタイム以外は割とのびりしている様なので
ちょっと時間を外して行くのも良いかもですね♪
いやー、大好きなシンガポール料理、個人的にはパークソンのフードコートとかしか
気に入った所が無かったんだけど(一緒にすなやw)、こーれはいいとこ
教えてもらったーヾ(@⌒ー⌒@)ノ


Sedona Twon Club
65 Le Loi Boulevard Saigon Centre, Dist. 1

アルミホイルでタワシ代わり

未だに続いているパン作り。
毎日、とまではいきませんが、なんだかんだで時間を見つけて、
週に4〜5日は作ってるなぁ。最近ちょっと安定した感があって、
それがまた楽しくて、旦那さんのランチはいつも菓子パンやサンドイッチ…www


        th_IMG_8994_20160609172147244.jpg
th_IMG_8971.jpg th_IMG_8972_201606091721464d2.jpg


最初は材料がよくないのか、ウデが無いからか、レシピが合ってないのか
見当がつかなかったのですが、なにごとも「回数をこなす」って必要ですね。
ただ回数さえこなせば良いと言うものではありませんが、回数をこなすことで
しかえられないものもあるようで、上手く行かなかった時にはなにがよろしく
なかったのか、段々分かるようになってきました。

それでもパンの生地は生きものなので、その日の気候や手順によって、パン屋
さんみたいに丸っ切り同じものを作れたりはしないのですが、そこは家庭の味、
ってことで(^皿^)

さて、そんなパン生地。
日によっては随分と柔らかくし上がってしまうこともあります。
そうすると作業台にニッチャラネッチャラ引っ付きます(・∀・;

それでも捏ねてるうちに何とかなるんですが、大変なのはその後のお掃除。
油分を含む練り上げた小麦粉がニッチャラネッチャラへばりついたのを奇麗に
するのは中々大変。スポンジやタワシを使うと、目に生地が入り込んで、
作業台は奇麗になってスポンジやタワシの方を洗うのが大変だったり。

ってわけで、私はアルミ箔を使ってます。
まずへばりついた生地に、できれば除脂成分を含んだ水分(重曹水や市販の水系
拭き取り剤など)を足して、適量をのアルミ箔を軽くクシャっと丸めたもので
軽くこすります。無ければ水だけでも良いですが、脂を含む生地の場合、あとの
ふき取りが若干大変になるかな?

スポンジのようにアルミは水分を吸い取りませんから、
こすった部分ばドロドロしたものが残りますが。。。

th_IMG_9244.jpg th_IMG_9245.jpg 

th_IMG_9246.jpg th_IMG_9247.jpg

それをキッチンペーパーで拭き取れば、あらスッキリ。
アルミ箔はゴミ箱にポイ。水や、重曹などの口に含んでも良い成分の洗浄剤を
使えば安心だし二度武器の手間も要りません。(私は「激落ちくん」という
日本の洗浄剤シリーズのキッチン用を使ってます)

ただし、作業台がステンレスの場合、または傷つき易い素材の場合は、
この方法は使わないで下さいね。傷を付けてしまいますから。

こんなん自分、パン作らないから要らん情報だわーと思われるかもしれま
せんが(笑)アルミ箔クシャクシャタワシは、ゴボウの皮剥きとしても
活躍しますし(むしろ包丁を使うより剥きすぎなくて具合が良い)焦げが
ついた焼きアミのお掃除なんかにも重宝します。形状が自由自在だから、
細かい所までこすれるし。

最初は少量とは言え、アルミ箔使い捨てるのがもったいないかなーなんて思った
こともあったのですが、目の詰まったスポンジやタワシに宣材使って水を
ジャージャー流しながら洗うのもドッコイどっこいでもったいないしねw

ま、こんなやりかたもありますよ、ということで♪





にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

生バインカン!!!

***** 2016 Jun ******

すっかり我家の常備食材になったバインカン。
もう最近ではお友達にお裾分けしたり、お招きした時に味見してもらう為に
週2kgは消費してると言う有様(確か2人家族だったはずなんだが。。。)

で、まぁ買ってきたら一食分ずつ冷凍するのですが、2kgもあると結構な作業。
楽しいけど(笑)

th_IMG_9432.jpg 

で、色々やってみたんですけど、最初やってたラップはあまりよろしくない。
外気を遮断すると言う意味では問題ないのだけど、生の状態では結構強情なバインカン。
これがピンピン跳ねる状態だとラップしにくいってのと、どうしてもちょっと押さえ
つける感じになって麺が窮屈そう。加えて、麺と麺の間にラップが入り込んだまま
冷凍されてしまうことがあり、使う時にその部分を取り除くのが面倒だったり。

で、小さなビニール袋を使うことにしました。こっちだと無理ないプレッシャーで
麺が治まってくれる気がします。その際に。。。

th_IMG_9433.jpg th_IMG_9434.jpg

上の写真左のように丸めるのではなく、右の写真見たいになるべく平たくした
状態で冷凍するのが良い様です。というのも、丸めて冷凍すると、茹でる際、
湯に入れた時に中心部に熱が伝わるまでに時間がかかる=外側と内側に熱が
入る際のタイムラグが生まれてしまう。特に外側はすぐにほぐれて茹だり始め、
根内側は固まったまま熱が入り難いまま…でのタイムラグなので、ゆであがりに
相当ムラが出る。

その点薄い形状に収めておくと比較的早く全体がほぐれて、ほぼ同時に茹だり
始めます。特に手間がかかるわけじゃなく、材料も余計にいるわけじゃなく、
収める形状を変えるだけなんですが、仕上がりに随分違いが出るのでお試しアレ。

th_IMG_9435.jpg 

茹でたあとは、うどん屋蕎麦のように一度冷たいお水で〆ても美味しいですが
占めなくても、このボニョンクニューンとした食感はヘタらないので、軽く洗う
だけでも大丈夫。全く洗わなくても問題ないと言えば問題ないけど、何分打ち粉が
タップリとされてあるので、サッとだけでも洗った方が口当たりや香りが良い気が。

先日は鍋の〆に入れたんですが、メチャクチャ美味しかったですよ♡
もうなんならお友達と「これうどんより良くない?」という話が出る程に。
実際にはグルテンが重いうどんよりも胃に軽くて優しいし、もうすっかり
我家の主食の一翼を担ってもらってます(^皿^)

まだお試しでない方は、ぜひぜひ召し上がってみて下さいませー♪



***** 2016 May ******

タンディン市場の一角に、生麺や生地類を売ってるお店がありまして。
そこで先日初めて見かけたのが…?
(ってか、多分ずっとあったんだけど私が見つけ切れていなかったw)


th_IMG_8928.jpg 


生バインカン!!!(≧∇≦)
そう、ワタクシが愛して止まないあのタピオカ麺!!
ブンだと太目のものでも茹でたものが売られてるんだけど、バインカンは
その性質から茹で置きは難しいのか、あまり麺屋さんでみかけなかったん
ですよね。しかしそうか、生なら多少の時間は置ける。何故に今まで気づ
かなかったのか。。。。

業者さん相手のお店かなーと思い、少量でも売ってくれるか心配でしたが、
200gとか300gでアッサリ譲ってくれました♪
他の種類の麺も一緒に買ったので値段がちょっと曖昧ですが、多分、
100gで数千ドンくらいだったかと。今度確認しておきます。

早速茹でてみた所。。。
打ち粉がしてあるのでタップリ目のお湯で2分半〜3分弱。
意外と打ち粉の影響はそんなになくて、茹で湯がドロドロになると言うことは
なかったかな。でもま、ゆとり持った量のお湯の方が安心ですね♪

で、今回は麺の様子をとにかく見たかったのでお出汁は手抜き( ̄ー ̄)
マッシュルームベースのだしの素と今朝ご紹介をしたライムの粉末を
2:1でお湯に溶いただけのもの、ちょっとマレーシアのアサムラクサ風♪

th_IMG_8953_20160522101215816.jpg 粉末ライム


それにタップリの白ネギの微塵切りを加えたら…?


th_IMG_8946_201605221002176ae.jpg 

白いwww
しかし見て下さい、このツヤッツヤっぷり!!!
なんてことだっ、憧れのバインカンを家で好きなだけ食べられるって、
なんのご褒美!?(≧∇≦)←危険。際限なく食べそう。。。

肝心の食感は…?
んむぉーっちゅり(*´ω`)

日本人的にはこの形状、口の中に入れた感覚からついついうどんを想起
するけど、さぬきのような強情で内外に緩急のあるコシではなく、全体に
伸び腰、適度な弾力。と言って、茹で置きの粉練りふわふわうどん、
ともまた違う。
これは何かと聞かれたら、やっぱりこれはバインカン。

茹でたあと、出汁の中に移して気持ち置いて麺が出汁と馴染んだ頃が
一番お勧め。このバインカンが保つ伸び腰やら弾力はすぐになくなって
しまうものじゃないので、「一刻も早く熱いうちに早く食わねば!」
みたいな焦りも必要ありません。むしろのんびり構えて、小さなお子さんが
食べ易いくらいになってからいただきましょうくらいの優しい感じで
居た方がおいしいかも(*´艸`*)

ちなみに小分けにして冷凍保存をしておくと、問題なく保存も出来ます。
生の状態なので1日2日なら冷蔵でもいいのですが、長期になるなら
小分けにしてピッチリラップで包んで冷凍がお勧め。冷凍の物を茹でる
場合は、沸騰したお湯に麺を入れて沸騰してから2分半〜3分くらい。

今回は様子が分からなかったから200gしか買わなかったけど瞬殺だったので
次回はぜひ2kgくらい買っておこう。こんな美味しい麺を家でいつでも、
しかも好みの出汁で食べられるとか、ほんっとに幸せ!!!

また他の麺の作ってみましたレポと共にお店情報も掲載しますが、
もし「いーからサッサと教えろや!」って方がいらっしゃいましたら、
個別にお問い合わせください♪(すんません、ちょっと今時間がなくて💦)

ラーメンやうどん、蕎麦ももちろん日本人的には食べたくなる麺類ですが、
せっかくベトナムに居るのですから、ベトナム麺も色々楽しめると
楽しいですよねーヾ(@⌒▽⌒@)ノ




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

蚊取り空気清浄機

夏に彼の季節が限定される日本では左程ではないかもしれませんが、
東南アジアではかなり話題を呼んでいる上、結構売れている様子。
まずはマレーシアから販売を始められたそうなんですが、
なんと予想販売台数の2倍がサラッと売れてしまったとか。すごい。

蚊の危険性に関しては、日本よりも東南アジアの方が身近な危機として昔から
認識が深い上に、最近また殊更に取りざたされるようになったから、
危機感高いんでしょうねー。

th_IMG_9538.jpg 


仕組みとしては、蚊が好む種類の紫外線ライトでおびき寄せ、空気清浄機能を
働かせた時の空気の吸引時に蚊も吸引。セットしてある粘着シートで蚊を捕獲、
ということらしい。

昔、天井からぶら下げてたハエ取りシートみたいなもんでしょうか。←古い
それに「誘惑」と「物理的な吸引」と言う強引さで積極的にやる仕組み。
夜の街に居たら嫌だな、と思わせる強引な手口( ・`ω・´)b

その蚊がタップリくっついたテープを掃除するのが怖いー!!!
と言う話もある様ですが(笑)、なるほど、ゴキブリホイホイを片付けるのと
同じくらいの勇気が要るね。しかしそれも蚊にもたらされる危険から
家族を守る為と思えば!!www

仕組みが「物理作用で蚊を捕獲する」だから、なんの薬剤も使わないのが
一番の魅力かなーと個人的には思います。先行系もマット系もスプレー系も、
私、すぐ喉が痛くなっちゃうんですよね。いい大人でもそんなですから
赤ちゃんとか居るお家だったら尚の事気になるよなぁと。空気清浄機が
メイン機能だから、そこの部分でも活躍してくれるだろうし。

というわけで、まだ実際の使い勝手と言うのを実感が出来てないのですが、
既に販売されて半年ほど。その間、各国で売れ行きが伸びているとの事なので、
支持を得るだけのものはあるんだろうなーと。市販価格は聞いていないのですが、
日本だと5万円くらいになるそうです。ベトナムだといくらくらいかなー。
今度店頭に並んでるのを見たらチェックしておきますね。


しかし色々考えるもんだ。
100%捕獲できる訳じゃないだろうけど、蚊の多いレストランなんかにはそれが理由で
足を運ばなくなったりするから、ぜひとも導入してもらいたいものです(笑)

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

たまには路上の…

ってか、Hu Tieu 食べたいなーって思って狙ったお店に行ったらお休み。。。
更に1区って少なくないですか、Hu Tieu Nam Van 食べられるとこ。。。
私が知ってるお店はそのとき行った方向と真反対の位置だったし。。。
と、しばらく周囲を徘徊してましたら、


th_IMG_9458.jpg 

おお!!なんか路上だけどそれっぽいもの置いてそう!!
ってことで早速近寄りおばちゃんに「フーティウちょーだーいヾ(@⌒▽⌒@)ノ」
と言ったら、あいよそこに座りな、的なことを言われたので即座り。

th_IMG_9455.jpg 

日陰の席があってよかった。。。
そして表はヘルメット被ったお兄ちゃん客ばかりで、まーちぇりさん場違いな事(・∀・;
すんげジロッジロみられましたわwww 1区では外国人も珍しくなかろうに…
とも思ったけど、まぁ確かにこういう場所に来る日本人のおばちゃんは珍しかろうな…

じろりじろりと見られても、ベトナムの人のそれは無邪気な好奇心からで攻撃性を
感じないのでいいよねー。警戒心や攻撃心からジロジロ見られてる場合の対処は
難しいし億劫だけど、好奇心からの場合は気持ちが楽。「シンチャオ♪」って言って
相手が笑ったらちぇりさんの勝ちーっヾ(@⌒ー⌒@)ノ(笑)

で、待ってましたら出て来た出来た〜♪

th_IMG_9453.jpg 

って…あれ???おばちゃん、私頼んだのフーテ…

「これでしょっ( ー`дー´) 」

いやあの、麺のフー…

「これって言ったよねっ( ー`дー´) 」

はい(´・ω・`)
これ頂きます。
お兄ちゃんたちには買ったけど、おばちゃんには勝てる気がしない。。。
いや、美味しかったんですけどね、普通に。なんか魚の練り物みたいなものの揚げた
ヤツにトマト。シンプルそのものだけどまぁ20kドンだし。うん(´・ω・`)

ま、こういうことでもないと最近路上飯食べてなかったしな。
これはこれで美味しかった。
でもフーティウ、結局食べられなかった(^^;

狙ってたお店、今度こそ開いてるといいなー。
フーティウー。






にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪
sidetitleプロフィールsidetitle

ちぇり

Author:ちぇり
FC2ブログへようこそ!

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleブログ村PVランキングsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
アップグレード 追加 作成済み/作成可能プロファイル数:0/1 キーワードをご入力ください ご指定の条件に該当するデータがありません * 他のユーザーから閲覧もしくは管理権限を与えられたプロファイル ユーザーガイダンス 解析コードの実装方法 Google Tag Manger 1.下記の解析コードをコピーして、解析を行いたい全てのページの から の間に貼付けてください。 解析コードのコピー 2.解析コードが実装されたウェブサイトを開いてください。 3.解析コードが正しく実装されたか確認してください。 チェック 閉じる
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR