スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミストタイプのデオドラント

国内でも国外でも、できればその土地に馴染むべく、なるべくそれまでの
生活環境は引きずらず、その場でその場の物を使って生活しよう、という
姿勢は持っているつもりだったのですが、安全や嗜好を封じるストレスを
考えると、慣れた物を調達する方が良いなと言うことはありまして、
調味料や衛生商品を日本から買ってくる事があるのですが。。。

デオドラントもその一つでした。
こちらのスプレータイプのやつ、真っ白く粉を吹いたようになったり
匂いがキツかったりしてなかなか合うものがなかったのよね。。。

ロールオンタイプの物は結構な品揃えがあるんだけど、あれはこちらの
ものだからというよりは、ロールオンというスタイル自体が自分は苦手。
そんなに潔癖な方でもないと思うのだけど、殺菌作用はあるにしても、
肌に直接着いた物を放置してまた使う、というのに抵抗があって…。

でも、これならOK( ・`ω・´)b

th_IMG_1938_20160731134843644.jpg 

ミストタイプのデオドラント。
これなら肌に直接接触させる事無く塗布できるし、ベタつかないのに
密着率が高いから効果も高い。小振りなので旅行に行く際、持ち運びが
便利だし、スプレーだと飛行機移動の時に気になるし(大丈夫な物も
あるんだけどね)。

これを見つける前までは日本で買った物をこちらで使い、且つ旅行用の
小さいスプレー缶のはかなり割高になるので少量しか買わず、なくなったら
大きな缶を持ち運ぶと言う大変非効率な事をしていたのですが、今となっては
日本に帰る際にもこれを買って持ち歩いてる始末(笑)

43kドン(=220円くらい?)というお手軽価格な割に、スプレーの
小缶よりもちが良い気がするし、スッカリお気に入りです。香りの種類も
何種類もあるので、使い心地の良いデオドラントが見つからないわー、
という方は、お試しになってみてはいかがでしょ。なかなか良いですよ♪






にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪
スポンサーサイト

ヘアトリートメント

***** 2016 Jul. *****

つい先日ご紹介したヘアパック、知り合い数人にお分けして使ってみて
もらっても好評だったので、買い足してみました。が、1区3区当たりでは
あまり見かけないとの話。私は探してないのですが、そのような声を頂いて
ます。ふむ。

というわけで、買い足しが目的だったので前回買ったイオン・ビンズン店
にて再び買い出し。で、以前はスーパーのシャンプーなどが置いてある生活
雑貨コーナーで買ったのですが。。。

テナントとして入ってるドラッグストアを念のために覗いて見ると…?

th_IMG_1933_20160731134838f8b.jpg 

ぬおーーーー!!!
この商品、いろんなバージョンがあったのね!!
前回買ったのはオリーブ配合で、ここにあったのはジャスミン、海泥、バラ
海藻、アロエ、アヴォカドなどなどでした。使い比べてないからどれくらいの
どんな違いがあるかは未知数ですが、こんだけのラインナップを揃えてる
ってことは、やっぱり売れっ子商品なのか。ま、安いしな(笑)

なんだったら1kg入りバージョンのものもありました(笑)
さすがにそれは場所を取るから買わなかったけど、せっかくなので
色んなバージョンのを買ってみたーヾ(@⌒ー⌒@)ノ

th_IMG_1937_20160731134841a5a.jpg 

うん、こんだけ買っても千円ちょっととかね(笑)
まぁ紙質に寄って合う合わないがあるので無条件にお勧めはできないんだけど、
日常使いのトリートメントとしては今の所とても優秀( ・`ω・´)b
500gで200円という価格も日常使い向けっ。

ちなみにこんな名前のドラッグストアでした。
空港近くのイオンにもあるかなー。もしかしたら街中にこのお店がある
やもしれず、そこでは取り扱ってるかもですね。近くで買えるに越した
ことはないので、私もしばらく探してみよーっと♪


th_IMG_1935_201607311348407ec.jpg 




***** 2016 Jul. *****

ホーチミンに来た当初、水の違いか、髪がゴワゴワになりまして。
シャンプーやトリートメントは最初は様子がわからんからと日本から
持って来てたんですけど、ゴワッゴワ。こら水の違いかなぁ、と思い
半ば諦めてたのですが。。。

日本のヘアケアをこちらの水で使うから合わないのでは????と
思い至って、こちらのヘアケア商品を試してみるのはどうだろう?と。
いや、この説が合ってるかどうかはわかりませんけど、こちらで売られてる
ものにトライする動機としては充分だったので、自分の中ではそういうことにw

で、日本でも売られてる廉価商品メーカーの物とか色々試してみたんですが、
どーにもシックリ来ない。最近一番気に入ってたのはフィリピンで買って来た
ヘアトリートメントだったのですが、そんなんフィリピンに定期的に行く
わけでもないからずっと買い続けられるわけもなく…

で、最近こんなん買ったんですが、これがなかなか自分にはヒット。

th_IMG_1348_20160710193139ba1.jpg th_IMG_1347_20160710193138396.jpg

海草成分入りのヘアトリートメント。
これが程々コックリしてるのだけど、流した際にヌラヌラしすぎない。
時々シリコン・ゴテゴテのやつありますやん?手触りはわるくないけど、
いつまで経ってもぬるぬるしてたり、特に私はそう言うの使うとキッチリ
流し切れないせいか、背中が荒れちゃうんですよねー。

頭皮は平気だけど、何故か背中が荒れちゃうの。その後身体も洗うんだけど、
毛穴に入った脂分やシリコン成分って取れ難いのか、すぐに赤く荒れてしまう。

と言ってシリコン抜きのやつに拘りすぎると匂いが気になる。
今は改良されてるのかもですが、シリコンフリーが流行った時に使ってたら
ものっすごいオッサン臭(オジ樣方にはh大変失礼な言葉遣いお許しを)を
放つようになりまして、即刻止めた。聞くと、それを防ぐ為に強力な香料を
混ぜてる商品も多いとかで(「洗っても一日中髪が香る!」みたいなやつ)
どっちにしてもクサい。(←人口集苦手)

というわけで、そこには拘らず且つ肌が荒れないものを、を基準にして
探してたんだけど、これはOK。髪のまとまりも悪くないし、最近では
一番のお気に入り。

タップリ500g入って確か50kしなかったというのも魅力( ・`ω・´)b

ベトナムの方の髪の毛は、人毛売買(ウィグ用など)至上では世界一の
価値を持つと言われる程綺麗で丈夫らしいのですが、そんな丈夫な髪用
のものが自分のヘナチョコ柔ヤワ髪の毛に充分なものを含んでるのだろうか、
と当初は不安だったものの、考えて見ればベトナムの方にも色んな髪タイプ
があるわけだし、色んな商品もありますわな。

ちなみにこれはビンズンのイオンで買いました。
安かったし、多分割とどこにでもある商品じゃないのかなぁ。
これもまた人によって合う合わないはあるかと思いますが、あまりクセの
ある商品には思えなかったしお高くはないのでよろしかったらお試しあれー♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

Bia Tuoi 33 〜 Bui Vienの生ビール屋さん!

Bui Vien続きです。
ええ、La Casaさんに続いて、ハシゴしましたともっ( ・`ω・´)b

こちらも道沿いに椅子を広げたオープンなお店。
ってか、La Casaさんより圧倒的に小さいスペースで、お客さんもギュウギュウ!

th_IMG_1527.jpg 

だけど、最低限しかお店からはみ出してなくて(はみ出てるのははみ出てるんだけどw)
椅子や机を広げる限界はキッチリ守ってるのは律儀と言うかなんというか。
正直、ここよりは行ってないお店もあったので、ガンガンいてまえ!となりかね
ないかなとも思ってたのですが、どんなに混んでも、一定LINEからははみ出そうと
してなかったなー。

ただし、席の入れ替えはよくあります。
例えば4人席に2人で座ってて、あとから4人グループが来た場合は、
女将と思しきおばちゃんが無言のままに、

「あんたたちっ、ほらっ、こっち!」

と誘導…というよりは強制指示をして移動させられます(笑)
あっ、でも無礼でも感じ悪くもないんですよ。
なんかこう、従わざるを得ない畏怖の念を感じさせる何かがあると言うか、
この方に抗うことなど思いつきもしない空気感をまとわれておられる。
戦って、こられたのであろうなぁ(。-_-。) ←憶測です

しかし百戦を超えて来たであろう勇者は人に優しいっ。
見よ、このお値段をっ。


th_IMG_1534_20160725011514f9f.jpg 

生ビール、ジョッキに一杯1万ドンっ!!!!
なんと慈悲深いーーーー!!!!(≧∇≦)
そら、人もワイワイしますわねーっ(笑)
ってことで、カンパーイヾ(@⌒▽⌒@)ノ

th_IMG_1528_2016072501151231c.jpg th_IMG_1530_20160725011513e2b.jpg

光量足りんわ、3件目でいい気分だわでぼけぼけですなっ。
3件目なんでさすがにお腹はすいてなかったけど、なんにもつまみがないという
のも愛想ないので、おつまみ売りのお姉さんからウズラの玉子を。
これ、おいしいよねぇ。別に飲み屋に行ってなくても、道端で売ってたら
おやつに買うもん。

私、ベトナムにきてから、人生のそれまでに食べたウズラ総数をあっという
間に上回るかずを食べてる気がする。日本に居る時は、たまぁに食べる大衆
中華の八宝菜に入ってるとか串揚げ屋のネタで食べるとか程度でそんなに印象
なかったんだけど、こんなに美味しかったっけねー。

添付の塩が美味しいのもあると思うんですが、お酒飲む時のつまみとしては
最も適した蛋白質であるということも関係してる、と個人的には踏んでいる。
ウコンやシジミエキスなんかよりも、酒飲みには良質の蛋白質がなにより大事。

もちろんその場で食べたから速攻効くというものではないし、アルコール
分解時に不足した結果必要となる糖分なりビタミンなりも摂らなきゃですが、
なにせ肝臓自体が蛋白質から出来ている。代謝に必要なエネルギー源となる
のも蛋白質。となれば、摂取しといて悪いことない。少しでも代謝の助けに
なるのなら、翌日に持ち越す率も下がろうと言うもの。

しかも食材としては、玉子、枝豆、肉、魚。どれも美味しくおつまみとして
楽しめるものでありますし、それが身体にええんじゃないかと思いながら
食べて飲めば効く気もする( ・`ω・´)b ←プラセボ万歳の単細胞

酒飲みは損な事イチイチ考えない?
いやいや、酒飲みこそ、どんだけ長く飲める身体でいられるかを考えるでしょ。
どっかいわせて、飲みたくなくなるならまだいいけれども、飲んだらあかんが
飲みたい気持ちが残ったままとか想像もしたくない。
とかいいつつまぁ、ジャンクなもんも食べるんだけどさ(笑)

ま、色々理由はつけましたけど、単純に美味いからってのが一番かな(笑)
しかも20kドンそこらですよ。100円くらい。スナック菓子を買うよりは
身体に良さそうだし美味しいし酒飲む時には良さげだし、ビールの友には
持ってこい♪プラス。。。

これ、いいシステムよね。
お店によっては、外につまみ代を使われるのがもったいないと思われる所も
あるかもですが、それにしたって100円の儲けを出すための設備投資や仕入れ・
調理の手間を考えたら、そこはアウトソーシングして酒に徹する、という考えも
アリだよなと。そしてこのおつまみ売りさんは固定費を負担しなくて良い
と言うメリットがある。

オープンスペースだと食事を出す店にでも売りにくる事があるんですが、
お店の人はとがめませんねぇ。事前に禁止してる所もあるのかもしれませんが、
考えてみたら、おつまみどころか、カフェなどで食べ物に力を入れていない
場合には、お店への食べ物の持ち込みすら許容しているところも多い。
餅は餅屋にまかせましょ的な。自然発生的ワークシェアリング。
棲み分けと助け合いが同居する、実に優しさを感じるシステムだなぁと思うのです。
余裕もあれば度量も感じる業務形態。ベトナムのこう言う所、とても好きだ。
(そればっかりじゃないけどもねw)


しかしそれにしても大盛況だ。お客さんが途切れない。
そりゃこんだけ安けりゃ客も入るだろうけれど、割と狭いスペースで、冷蔵設備も
そんなにガッチリしていないので、売り切れたらそこで終了、ということらしいよ。
この日は平日で且つ22時くらいだったけど、どのくらいまでお酒が持つのかは
運次第ってことですかね。

ややっ、面白いお店に連れてってもらいました♪
今更だけど、Bui Vien、おもれーなぁ。外国人観光客向けの適当なお店が
多いのかなとか勝手に思い込んでたんだけど、これは散策のしがいが
あるかもしれない♪人通りが多いから、現金ポケットに突っ込んでく方が
良さそうだし、あんまり色気はなさそうだけどね(^^;


th_IMG_1536.jpg 
th_IMG_1537_20160725030641e3e.jpg

住所の調べがつかなかったので、このヘムの入り口目指して下さい。
この入り口の右過度にあるのが、Bia Tuoi 33さんになります♪




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

La Casa 〜 Bui Vien通りにある賑やかなメキシカンバー

Bui Vien、楽しい所だってのは知ってるんだけど、なかなか足を運ばない
エリア。特に夜は。どっかでご飯ガッツリ食べて飲んで満足して終了、
ってパターン多いし、飲みに行く時は家の近くで…ってなりがちなので…。

一番最初にホーチミンに来た時は、この辺ばかりウロウロしてたもんですが、
住んで見ると注意を向ける先が変わってしまったようで。。。

そんな状態でしたが、先日サクッとこちらのお店に連れてってもらいました♪
どうやらメキシカンスタイルのバーらしく、入り口…というか、店の通りに
面した部分は殆どオープンスペース状態。

th_IMG_1521_20160725002023675.jpg 

でもこれ、このお店に限った事じゃなくて、この通りにはそう言うお店が沢山
あります。そもそもの人通りが多くて賑やかで、今回のこちらのお店はちょっと
ゆとりがありましたが、鈴なりにお客さんが入ってるお店も珍しくなく、大変賑やか!
シッポリ落ち着いて飲むには向いてないかもしれませんけど、ベトナムの中でも
屈指のバックパッカー街。色んな国から来てると思われる人達がごった煮に
なってて実に面白い♪

今回は二件目だったのでお料理は頼みませんでしたが、
とりあえずメキシカンなのでナチョスをば。←安直だなおい

th_IMG_1524_2016072500202624e.jpg 

えーっと。。。不思議な食感でした(^^;
いえ、パリパリはしてるんだけど、粉っぽいと言うか。。。こういうものなの
かしら。本場のメキシコに行った事ないからわからないんだけど。そういえば
トウモロコシ粉もあんまり使った事ないなー。使う時は小麦粉と混ぜるし、
今一つ特性が良くわかっていない。。。

ま、あくまでつまみのパリパリ感がほしかっただけなので良しとします。
お酒は、珍しくフローズンマルガリータとか頼んでみました♡
たまには女子アピールぅ♪ (いやそれ強ぇだろ。。。)

th_IMG_1522_201607250020256e5.jpg th_IMG_1525_20160725002028d3c.jpg

そしてあっというまに飲み干して、シグナチャー・カクテルのなんかをもらった。
ら、こっちこそ女子っぽいデコレーションが施されてて甘くて可愛かった♪
うん、もちろん鬼のように強かったけどね♡

まぁ、あんまりガラではないお酒をいただいたのですが、環境マジックですかねー♪
おっさんくさい(とかいう表現したら実際のオジ樣方に大変失礼かもですね…
すんません)ところで焼酎やらバーボンダブルやらで飲むのが定番なのですが、
もうそこに何処の国の人がいても全く誰も気にせずに、混沌とした秩序がある様な
お店の中だと、普段らしからぬことをやってみても、不思議とシックリくるもので。

なんとなく…
この店に行ったらこう言う物を頼んで、こういう雰囲気で居る自分、というのが
無意識に出来上がってるのかもしれませんね。そういところでどう自分を変えよう
としても、なかなか負荷が大きいので、今回みたいにガラッと環境を変えてみると、
努力なんてする間もなく、サクッと違う自分を楽しめたりするもんかもですね。

トルティーヤ一品で決めつけるのはあれですが、こちらのお店、あのソースの味や
出し方からすると、割とお料理は素朴系かもしれませんけど(←無根拠な予測です)
なんかもうあのざっくばらんな感じの雰囲気が良いのでその辺、おおらかになれる
気がします。今度はちょっと食べ物も頼んでみようかなー。(ナチョスも食べ物やで…)

ま、気の置けない友達と遠慮なくワイワイできそうなところは魅力だし、
開放的な気分で楽しみたい時には良さげかなーと思いました♪


LA CASA
10A/1 Bui VIen Q1












にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

Bon Bon 〜 季節限定必食フルーツ

***** 2016 Jul. *****

旦那さんが貰って来てくれました。
前回、記事にしたのが今年の4月だったので、結構長いのねー、
出回る季節。

ボンボン3 

うーん、やっぱり美味しいわー♪
久しぶりだったのでうっかり忘れて素手で皮を剥いたらべったベッタ
ベッタベッタベッタw しまったwww

ビニール手袋をして向いた方が良かったんですよね。思い出した思い出した。
そしてあいかわらずのプリンプリンの食感と美味しさ。
これ、やっぱり見かけたらぜひ召し上がってみて下さいね♪
何時頃までが季節なのかもしれませんけど、まだまだ大きさも充分
だったし、お味もとっても美味しかったですヾ(@⌒ー⌒@)ノ


***** 2016 Apr. *****

南国は、日本では高かったりなかなか食べられないフルーツが
豊富で安くて嬉しいですよね♪ 毎日ガツガツなにかしらの果物を
結構な量、食べているので(果糖の過剰摂取はシワ・たるみの原因になる
と言う話もあるので気をつけましょう。。。)日本に帰った時はいつも
果物不足になる始末。
いや、日本にもあるんだけども高くてさ。。。(・∀・;

で、珍しいものを見つけてはあれこれ試してみるわけですが
(お試しするのも安くていいね!)滞在三年を過ぎてもまだまだ
知らないものが。って、単に私の興味がそこに向いてなかっただけかも
しれませんが。。

th_IMG_7039_20160425150648476.jpg 

Bon Bon と言うそうです。
別名、ランサット。

旦那さんが昨年秋に初めてローカルの子に教えてもらって食べたら
すごく美味しかったと。その時期私はホーチミンを不在にしてたので
食べられないままだったのですが、年に二回収穫期ががあり、その
もう一回が今時期だと。ただ、チョット調べてみると5月〜10月くらい
間での季節もの、と言う記述もあり、これはちょっと市場などを
覗いて確認したい所。

うん、なんか薄ら汚れてて、なんだったらその黒いの、カビなんちゃうん?
みたいなルックス。色味や実の成り方から、まーたロンガンとかライチとか
その辺の果肉に似た感じのものでないん?と、しょーじき当初は食指が
動きませんでした。

が、旦那さんが強く強く勧めてくるので、ほなら一粒くらいは頂こうか…
と、まぁ失礼な程に興味なさそうに食べてみたら。。。


th_IMG_7040_20160425150650507.jpg 

おーや、外観とは打って変わって、美しいお姿が革の中に鎮座されとる。
身の色としては白色半透明でライチやロンガンのそれに近い感じですが、
マンゴスチンのように小房に分かれている形状。
ロンガンやライチはおいしいのだけど、種からの身離れがよろしくなくて
ちょっと面倒に感じるのですが、果たしてこれは。。。

th_IMG_7043_2016042515065077d.jpg 

おやまっ。
房の中には種があるものもあるけど無い房の方が多く(個体による)
種があってもちゅるんと取れる。というか。。。

この実が独特!!!
味的にはうん、穏やかなマンゴスチンと言った感じで、甘すぎず酸ゆすぎず。
大変穏やかでバランスが取れ食べ易い。そして食感が。。。これまで食べた
どの果物の様でもないの。強いて言うなら、ゼラチンで固めたゼリーよりも
気持ち弾力があるけれど、コンニャクゼリーほどは強情でないと言うか、
果物でありながらそう言う食感を持ち合わせてる。

見た目から想像したのは薄皮がプチッと弾けて中から果汁がジュワーって
感じだったんだけど(イクラ的なw)全体に程よい食感が均一にあって、
汁がジュワジュワ滴ることなく、それでいてジューシーでもあり、
絶妙な食感も楽しめて…と、実に面白い!!

最初は「こんなんたくさん遭っても食べ切れんから旦那さんに会社に
持ってってもらってみんなで分けてもらおうかしら」と思ってたけど、
パクパクぱくぱく、食うわ食う(笑)
剥く手間こそありますけれども、それに値する食べ応えと味わいがあれば
そんなの問題ではありません( ・`ω・´)b

ただ、皮がチョット厚く、皮に含まれる汁の様なものが指先につくと
べったべったになるんですよね。。。不思議な事に、洗剤で洗ってもこれ、
落ちてくれない。ただ(落ちんなー、落ちんなー)と思いながら30分ほど
放置しとくとサラッと戻るという更に不思議な現象がw

ベタベタのままだと30分とはいえPC触るのに気持ち悪いので、
私はビニール手袋をしてまとめて剥いて、果肉だけをパクパク頂く
ようにしてます。果肉部分は薄膜が張ったようになっているし、万が一
果汁が手についてもベタつかないので、皮に含まれる水分が原因
なんでしょーねー。不思議。

これ、まだ食べた事が無い方にはぜひとも試してもらいたいけど。。。
先に話したように、ローカルのお友達によると販売期間が短いとか。
若しくは生産量が少ないのかも。あまりあちこちにいつでも出回ってる
ものじゃないとか聞きました。5−10月が時期の果物と言う話もあるので
私も気をつけて見てみるつもりですが、もし見かけたらチャンスかも?
と思ってお試しくださいませ。

あまりクセも無く、この手の果物にありがちな薄らボンヤリ感も少なく、
かといって主張しすぎる味でもない、大変バランスの良い果物でした。
販売時期が短いか持ってことで、もともと予定していた記事を急遽差替え、
頂いた翌日の記事作成。よろしかったらお試しあれー♪



] にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Snow Cafe 〜 台湾式だけど日本テイスト???

***** 2016 Apr. *****

スッカリメジャーになったこのタイプのカキ氷、最近アッチコッチに出来てる様ですが、
私はやっぱりココの氷が一番好き。ってことで再訪してるのですが。。。

th_IMG_9712.jpg 

あれ?ちょっと変わった???
盛りつけもアラザンが無くなってるし、クリームが。。。これ、ソフトクリームを
凝固させ途中のヤツやんなぁ。最初に食べた時は甘さ控えめの生クリーム???
って思ったんだけど、今回のは香料バリバリ入ってる、ソフトクリームミックスの味…

いや、だからといって氷の質が変わった訳じゃないし、美味しくない訳じゃないんだけど、
うーん、最初の記事に書いた時とは変わっちゃってたので念のため。

いやほんと、充分美味しいんですよ(笑)
もしかしたら私が最初に食べた時にはそう感じなかっただけで、使ってる物変わって
ないかもしれない。でもこれだけズバリな既製品の味だと、さすがに私も、
「あ、これはソフトクリームの味だ」と気づいたと思うんだけど。。。

盛りつけも変わったからレシピも買えたんかなぁ。
私の思い違いかなぁ。
ともあれ、最近行った際の状態はそういうことでしたので追記でした。
はい。

***** 2016 Apr. *****


微妙に行かないエリアだったので、こんな美味しいお店があるって知らなかった!
実は「カキ氷」をキーワードに探してて見つけたお店。


th_IMG_6059_20160409212913fdc.jpg

湘南美容外科さんのすぐ近くですね。
湘南美容外科さんを背にすると左斜め前にある角っこ。
結構大きく構えてるのに、今まで気づいていませんでした(・∀・;

サーチしてた時に見かけた写真は、果物一杯の台湾スタイル。
氷の様子も、どうやらミルク氷っぽい。あのフォワッフォワのやつ。
しかしいざお店に着いてみると。。。。

th_IMG_6063_20160409212916bf4.jpg th_IMG_6062_20160409212915870.jpg


「雪見亭」って看板があったり、抹茶が売られていたり。
おやや?と思ってもうちょっとググってみると、どうやら日本人オーナーさんのお店とか。
そういやメニューにもお抹茶が。でも基本が日本のカキ氷とは別の質もののの様なので、
全体的には台湾式かな、と言うイメージ。いや、これ大歓迎なんですけどっ。


th_IMG_6060.jpg



私がなんとなくですが記憶している所に夜と、2008年くらいからの数年間、
今のゴーヂャス高級かき氷ブームが来る随分前に、日本でも一度流行ったと思うのですが、
台湾からフランチャイズを仕掛けてたお店が大変しっかりしたところで、エリア制限を
していたり(乱立させ過ぎないようにという配慮だったらしい)真似っこをしていい加減な
者を出してた所にはそれなりに対処されてたのかなぁ。おかげでブランドは確立された
ようでしたが、そこまで爆発的な広まりを見せることが無いままに落ち着いた感じ。

ってか、それだけのブランドをキープしたくらいですから、高かったんですよね。。。
私が食べた所では、ザックリ、1杯700〜800円くらいの価格帯のものが多かった。。
且つ、量もそんなに無くて、このフォワッフォワ加減ですから、1個くらいじゃ食べ足りない。
2人で食べに行って1個ずつ頼み、もう1個頼んでシェアしちゃう?とかになるとあなた、
カキ氷で2000円声ですよ(´Д` ) でも滅多に食べられるものじゃないからってことで
奮発しちゃったのを覚えてます。

最近の状況は知らないので、もしかしたらもう少し廉価になっているかもしれませんが、
なんにしても、そこまでどこででも食べられるって環境に、少なくとも私はいなかったので
やれ、大喜びヾ(@⌒▽⌒@)ノ

ええ、高いところはあるんですよ。
似たように果物をたくさん乗せてるんですが、ラーメン鉢一杯くらいの量があって、
しかも千円オーバーするとかいう、1人では非常に頼み難い形態の物なら某国資本の
カフェにあります。しかも複数社のカフェにあります。が、そんなん、気ぃ張るじゃ
ないですか。カキ氷ですよ?気張らず気軽に食べたいやん。暑いねー!ちょっと
カキ氷でも食べに行く?くらいの感覚で食べたいやん。


そんな時にはこちらはいい!!
先程のメニューの価格を見て頂きたい。
一番安い価格帯のものはスモールサイズで39kドン。200円!!!
値の張りそうなメニューのものでも100kドン以下!!
しかもそのサイズになるともうシェア用の大きさがある。こら安い!!

ま、食べてみんことにはその真価はわからないわけですが。。。
オーダーを済ませて二階にスゴスゴ上がりますと、あら、人気店なのねー。
テーブル席はほぼ満員。3階席もあったようですが、ふと見ると、なんと
窓際に小上がりが!(笑)


th_IMG_6065_20160409212918b99.jpg


ちゃーんと畳が敷いてあって、かかる音楽はJ-POP。
あ、オーナーさんか、関わっていらっしゃる方が日本の方って言ってたなぁ、
と納得の仕様(笑)


喉が渇いていたので、ピーチティ(ホンマに最近フルーツティに縁があるな)
gkgk。これまた程よい感じの甘さと、缶詰だろうに、シャッキリした歯応えある
桃がタップリで大変美味しゅうございました。でもよくよく見たら、セルフ
サービスのお茶があるみたいで、飲み物には拘らん、カキ氷の甘さ和らげる
のにお茶があればいいや、という方はそちらでも良いようです(笑)


th_IMG_6073_20160409220430c94.jpg


で、肝心のカキ氷、
台湾式と聞いたらマンゴーかなと思われたでしょうが、今回はゲストのご希望で
イチゴー!!酸っぱいイチゴもこうしてコンフィチュール的に仕上げると、
むしろ酸味が味方していて美味しいよね!!


th_IMG_6071_2016040922043240a.jpg


ほんのりミルキーなフォワッフォワ氷と合わさって、鉄板の美味しさっ。
しかもどーです、このシロップの量っ。「惜しみなく」って言葉がこれぞ
ピッタリって感じの大盤振る舞いっ。 これでもSサイズ65kドンくらい
だったかなぁ。330円くらい。安い。。。このゴージャスな見た目とお味で
この価格は安い。。。。


そして個人的にものすごおおおおおっくヒットしたのがこちら。
スノーホワイト!


th_IMG_6070.jpg


わーもー写真で伝え切れないのがもったいないー(・∀・;
実物はなんかこう、もっとその何ふさわしい「白雪姫♡」みたいな感じで
もっと美味しそうなオーラー放ってましてん。すんません、写真のウデが
足りませんで。。。。


で、メニューで見た時に勝手に「練乳かなんかをたらしてんのやろなー」と
思ってたのですが、これ、ほんわりと緩く泡立てた生クリーム!甘みはほんのり
としか入れてなくて、実に優しい!!!こう来たかー!!

これね、5分立てくらいかなぁ。これ以上ホイップが過ぎると氷との接地面から
ムラに固まりそうな気もするんですよ。逆にこれ以下だと、氷を早く溶かして
しまいそうな気もする。実に絶妙なとろみ加減。

th_IMG_6072_20160409220433f53.jpg


そして、これがもしスッピン氷(水を凍らせたもの)だったとしたら、練乳くらい
絡み付くほど甘い方が合ってたと思うんです。このホイップをスッピン氷に合わせても、
なんかクリームが水っぽく感じるだけだと思うの。フォワッフォワのこの氷に練乳、
というのも今度はクドそう。そこで、ほんのりミルクの氷にほんわりホイップ。
この親和性と言ったらなかったわーっ。

全く個人的な価値観なんですけども…
珍しい食材やら最新鋭の、家庭ではとても真似の出来ない技術を駆使したお料理
ってのも素晴らしいなと思うんですよ。中々接することが出来ない機会をくれる
わけですから、それこそ本当に外で食べる価値がある。その一方で。。。

誰でも使ったことがある、または食べたことがある食材を、難しい技術
ではなく、でも心を砕いた調理法で思いもかけない組み合わせにより
新しい味わいを作る、というのも、ものっそいカッコいいと思ってるんですよ。

このスノーホワイトはまさにそういうレシピで、自分としてはメチャクチャ
惚れてしまった一品。しかもこれ、Sサイズとはいえ、タップリあって200円ですよ?

このレシピの経緯は存じません。全くのオリジナルなのかなにかにインスパイア
を受けてのことなのか。しかしまぁ、それをこの価格で商品として世に出した、
というのは間違いなくこちらのお店の方の手腕でらっしゃる。
めちゃくちゃかっこええなこれ!

たまぁに「メニューに惚れる」と言う変態的なことをやらかすのですが、
久々に来ましたわこれ。こんな素敵なお店を今までスルーしてた非礼を
お侘びしたいっ。

まぁ、観光目抜きの街中からはちょっとありますけども、周辺にチョイチョイご用事の
ある方もおられましょうし、これからの暑くなる季節、ちょっと氷でも頂いて行こか、
と言う話になりましたらば、ぜひとも思い出してほしいお店。

私もまだまだ食べたいメニューがありましたので、折りを見て食べに行こうと
思ってます。このフォワッフォワの氷がこんなに気軽に食べられるやなんて、
ありがたいことやわー♪ お気に入りのカフェがまた増えたーヾ(@⌒▽⌒@)ノ


th_IMG_6067_20160409220437a73.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪



お豆腐にはご注意を

最近暑いからか、そこかしこで生ものその他の食材の傷みが気になります。
お豆腐は以前ご紹介した配達してもらえるお豆腐を大体愛用してるのですが、
どうしても急遽必要になった時はスーパーで買ったりするんですよ。でも、
ここ3回連続で悪くなっていた(ノ_・。)

同じようにこんな感じ。
味がどうのと言う前に、これじゃ口に入れるのも憚られる。。。


th_IMG_1727_20160725195246c4e.jpg th_IMG_1729_2016072519524741b.jpg
  
         th_IMG_1726_20160725195245251.jpg


ねばーっ(´Д` )
規制が入らないように、ちゃんと豆腐をバックに写しましたよ。
(なんの規制だ)

もちろん賞味期限前。
上の写真は昨日(24日)に買って来て開けた結果。
賞味期限は28日。


th_IMG_1723_201607252002092a1.jpg 


でもま製造からはかなり日数経ってるみたいね。
消えかけてるけど製造日表示はひと桁台の数字のようだから、
最短で見積もって9日だったとしても、二週間は経ってるわな。。。

ここの製造日を見逃した事と、充填豆腐でもないのにこの長い賞味期限に
関して疑問を持たなかった自分が悪いんだけど(その日数に対応する製造
方法を採択してるとは思うのですが、カットして容器に詰めるタイプは
相応の設備が必要と聞いていて、それが採用されているかは確認していない状態)
一ヶ月内に3度もあると、かなり警戒してしまう。

この暑さですから、移送時の保冷に不備があったり、冷蔵状態も
不安定だったりするのかもしれませんね。製造側では行かんともし難い部分が
あるのかもしれません。となると、消費者の自分達も気をつけないと。

買わない、というわけではなく、製造日を確認するとか保管状態が信頼できる
お店で買うようにするとか、自分が持ち帰る時にも保冷剤を用意しておくとか
自衛策をとっておく事が必要かなと。ちなみに今回は3回とも保冷剤を持参して
購入、持ち帰り時間車で5分の間も保冷剤と一緒に保冷袋に入れての持ち帰り
でした。が、原因はどこにあったのかなんて突き止めようも無く。

また突き止めてその原因を責めるよりも大事なのは、まずは自分と家族の健康を
守る事。もしも原因が分かって、それが自分以外にあったとしてそれを責めても、
壊した体調が即座によくなるわけではありません。健康第一。特にホーチミン
に来て間もない方だと常在菌にも慣れてなかったりして、本来軽い食中毒で
済むものも、大ごとになってしまいかねません。

傷み易いと思われる食材は、取れるだけの自衛策を取って、且つ、食べる前には
大丈夫そうかの確認を。色、匂い、手触り、味。しっかり確認してからお使い
ください。このところ、スーパーで買ったお豆腐、宅配でお願いした生鮮食品に
怪しい事が続いたので注意喚起。

安全は、与えられるだけのものではなく、自分で手に入れる確率を上げることが
できるもの。できることを遣り尽くした上で遭遇してしまったトラブルはもう
事故の様な物ですが、避けられる物は避けて、無事に楽しい食卓を目指しましょう♪









にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

Relish & Sons 〜 Phoバーガー!←NEW!

***** 2016 Jul. ***** 

ハンバーガーがメインのお店で、その人気は高く、最近は2区にも
支店ができたようですね。で、先日こちらのおみせにお茶に来たんですよ。
ええ、カフェ使い。食べ物メインのお店でお茶だけ飲んでくって、ちょっと
気が引ける感じもしますが、ここはそもそも明るくてオープンな雰囲気だし、
実際それでも全く問題無しでした。


th_IMG_1475.jpg 

アイスのベトナムコーヒー、最初はこのチョミーっとの量に「なんかの
間違いちゃうか?!」って思ったよね(笑)これがジンワリ溶けてって
少しずつ薄まって来た所が美味しいやねー。そして特筆すべきは、
ここの今回頼んだブラックコーヒー、ホントにブラックやってん!!

そう、ベトナムではブラックコーヒーと砂糖が入ってるのよね、
コッテリと(笑)。それブラックやないやん!って思ってたけど、
確かに色はブラックなんよ。練乳入ったら黒くないもんね。うん、
間違えてない(笑)。郷に入っては郷に従え。これはもう仕方ない、と
諦めてたんだけど…

このお店のブラックコーヒーにはお砂糖、入ってなかったーヽ(;▽;)ノ
これこれ、これが飲みたかったんよ。特に甘いお菓子があるときなんかは
飲み物に砂糖入れて要らんっ。更にここ、私の大好きなベトナムコーヒー+酒
のメニューがありましてーんヾ(@⌒▽⌒@)ノ 今度はそれ頼もう♪

そそ、ここスイーツもありましてん。
バーガー食べに来た時は、それでお腹がいっぱいになるので今まで見向き
もしてなかった、というか、メニュー内にデザートセクションがあること
すら気づいてなかったのですが。。。


th_IMG_1476.jpg th_IMG_1477.jpg

やだ、ちょっと美味しいわよこれ?
しっかりとしたタルト生地にカリカリのキャラメルみたいなレイヤー、そこにまったり
クリームと、ふんわりさっぱりフレッシュクリーム。丁寧にキャラメリゼされた
バナナのスライス。。。見た目は素朴だけど、どれもの味わいが上手に噛み合う
ようにバランス取れていて、いやはやなかなかこれどうして。

ってか、あんまり今まで食べた事の無いタイプの組み合わせと言うかレシピと言うか。
ホーチミンは、スイーツに関してこういう出会いがあるから面白いよなー。
ちょっと日本のカフェではあまり見かけない様なレシピのお菓子がそこかしこにある。
超絶技巧を施した最新鋭のレシピ、とかではないのだけど、コロンブスの玉子的に
「ああ、この手があったか!」みたいな驚き。すばらしい。ホントに楽しい。
しかもケーキ専門店でない、バーガー屋のデザートにこんなレシピがヒョコッと
入ってたりする贅沢。ホンマに楽しい街やなぁ。

ところで私、いままで二階席しか使った事が無かったので気づかなかったのですが、
一階のカウンター壁沿いに黒板がありまして、そこにまぁ色々お勧めなりなんなりが
チョークで描かれてるわけですよ。そしてその下に…蛇口…??

th_IMG_1480.jpg 

でもね、この蛇口から実際にビールが出るんですよ(笑)
注文が入ったらここからビールを注いでた(笑)
壁の中にタンク仕込んであるのか、バックサイドにホース這わせてあるのか。。。。
難にしても面白い造り(^皿^)

ここ、Platinum とかPasteur ブルワリーのクラフトビールとか扱ってるから、
それでなくとも器具の手入れは大変だろうに、拘るねぇ。もしくは、手入れが
しやすいようにということまで考えて、敢えてのこの構造なんかもしれんけど。

ひとまずはここで不味いビールを飲んだ事が無いので、それなりに手入れは
気を使われてるんだろうなーという予測。やっぱり人気があって早々に店舗展開
する様なお店は、色々拘っておられますな♪何度も行ってたのに見逃してたわ。
まだまだ観察眼が足りませんなー。

きっとまだ私が気づいていない素敵な所があるかもなので、近々改めて
またこちらに伺わねば( ・`ω・´)b スイーツも制覇したいぞー(^皿^)





***** 2016 Apr. *****

ちょいちょい行ってるこちらのバーガー。
やっぱり美味しい(※^^※) 
ご一緒した皆さんも一様にお気に召して頂けるので、安心して行ける店。

ゴルゴンゾーラのバーガーとかチーズ好きには涎ものだし、なんたって
ビールとセットにしてくれるのがいいやね。それで千円前後なんだから安いもんです。
このボリュームのバーガーで(^皿^)


th_IMG_7874.jpg th_IMG_7876_20160408161629d6b.jpg

th_IMG_6037_20160408161632ddf.jpg th_IMG_6036_20160408161632d6d.jpg

またそのビールが、いつかご紹介したPasteurのブルワリーのビールか、我が愛する
Plutinumビールっていうチョイスがうれしい。どっちも美味しいもんねっ♡

th_IMG_6035_2016040816200267b.jpg

で、以前からメニューの中に気になるものがありまして。。。
ちょっとこれ見て頂けます?

th_IMG_6033.jpg

中程チョイ下。
Pho Burger、って文字、ご確認頂けますでしょうか。

そう、Pho Burger。
え…(・∀・;


Phoというのは、あのフォーです。お米で作ったピロピロの麺。
バーガーと言うのは一般にはパンにお肉、またはその他蛋白質で作ったパテを
挟んだ食べ物。麺類とパン類ということでジャンルが違うはず。ですが。。。
Pho Burger。

気になる気になる気になる気になる(笑)
ってことで先日食べて来ました。
はい、どーん!!


th_IMG_6038_2016040816200329d.jpg

なーるほどー!!(笑)
茹でたPhoを型に詰めて両面焼きにしたものがパンの代わりになってるのかー(笑)
そしてこれはオーダー時に焼き方を聞かれなかったのでどういうパテが入ってるのかな、
と思ってたら、牛筋肉が入ってました。そうあの牛すじバーガーの、煮込み筋をほぐしたやつ。


th_IMG_6040_20160408162005113.jpg th_IMG_6043.jpg


ほおほおほお。
たしかにあのアッサリしたPHOに牛肉やラムのガッツリした味はバランス悪い。
さっぱりしたスジ肉くらいがちょうど良いかも?

添えられた調味料はチリソースに味噌系のタレ、濃いめの味のダシ(笑)
でもお塩なんかも拘っててくれて、全体的にアッサリだけど、これはこれでwww


th_IMG_6045_20160408163140ddc.jpg

あ、バーガーをフォークとナイフで食べるのは無粋、と思ってた人間ですが、
こればっかりはフォークとナイフ使った方が良いです(笑)
ものすごーく激ウマでこれを食べる食べに遠路はるばるって感じじゃないけど、
意外にイケた。いや、ほんとだってば(笑)

日本にもあったじゃないですか。
ライスバーガーと言う新文化を生み出したバーガーショップが(笑)
あのライスバーガーを食べて尚、バンズ以外のハンバーガーは認めない、
と断言できる者だけがPho バーガーを嗤うがよい(-人-)(笑)

ま、話のタネにはなるんじゃないかと思います♪
なんぞ面白そうなものをー、と言う時にはよろしいんじゃないでしょうか(^皿^)


***** 2015 Oct. *****


数ヶ月前に出来てたらしいこちらのお店。
その外観からライトなカフェくらいかなー、と思っていたら、なーんと、
ハンバーガーがおいしいと聞くっ。


th_IMG_5941_201509101559084f8.jpg


実はお友達のお友達の彼氏さんが(遠いな…)食べたのを彼女さんが聞いて、
私のお友達に伝えて来たと言う、超伝言ゲーム…ってか、食いしん坊の私が
無理矢理そこに割り込んだみたいな形ですが(笑)、美味しいものの情報って、
こうやって色んな人の間を駆け巡って行くのねと。。。(笑)

はい結論から言っちゃいましたが、美味しかったです!!(≧∇≦)
この日は持ち帰りでお願いしたのですが、時間経過が多少あっても充分
美味しい、というか、むしろちょっと置いてから諸々馴染んで
落ち着いてたから食べ易かったかも?(笑)

店内はシンプルなデザインで気張らず奢らずなシュッとカジュアル。
1人でふらりと言っても気にならないカウンター席があり、
お友達と行っても良いし、1人で行って、そこで居合わせた人と軽く
お喋り何ぞをしながらって感じでも楽しいかも。

th_IMG_5942.jpg

普通のビーフバーガーも勿論あったのですが、話に聞いてたスジ肉バーガーと
ラム肉バーガーをお目当てに行ったので、一目散にそれを探したのですが、
メニューの数が結構多くてちょい戸惑った(^^;
でも諦めちゃいけない。探すのだっ。筋と羊を探すのだ!

th_IMG_5943.jpg

ってことで、めでたくあたーーーヾ(@⌒▽⌒@)ノ
早速その二つを注文。なんかドリンクとセットになってるようだったけど、
なぜかコーヒーがセットドリンクの中に無くて(えーーーww)、この日は
どうしてもコーヒーが飲みたくなったので、バーガー単品でお願いしました。

コーヒー単品はあったんだけど、50kドンちょいとけっこうしたので、
コーヒーは近くの別店のその半額くらいの奴を買って帰ることに。。。(せこw)

th_IMG_5948_20150910155911ff7.jpg th_IMG_5949_20150910155913c79.jpg

待ってる間に色々見てたら朝食タイムから開いてるようで、軽いモーニング
セットとか、夕方はハッピーアワーでドリンクが Buy1 Get1になってるようですね♪
バーガー、美味しかったらそう言うので利用するにも良いかもしれない♪


待ってる間に店員さん達が代わる代わる話しかけてくれたりして、退屈しなかった
のもよかったなー♪英語を喋れる子が結構多くて(出してるメニュー柄、欧米の
方も多いんだと思う)若いお嬢さんがたが代わる代わる。
なにこれ、別料金?(≧∇≦)(違)


日本人だと言うと興味津々だったみたいでカタコトの日本語で話しかけてくれたり、
関連レストランがいくつかある事を教えてくれたりと楽しいお喋りタイムはあっと
言う間。まったと言う感覚もないくらいでお持ち帰り準備完了。(それでも10分
くらいは掛かってたと思うけど)


大きな紙袋に入れてくれてたんだけど、その中にはこんなパッケージ。

          th_IMG_5960_20150910160540b4a.jpg
th_IMG_5961.jpg th_IMG_5959_201509101605377d2.jpg


おーっ、シャレとんしゃーねー!
このお店に限らず、名刺、パッケージアイテムに費やす紙質のクオリティが
ベトナムはすごい!と常々行っているわたくしですが、このギミックは初めて見た。
箱のコーナーの所のかませぐあい。これがあればテープで止めたりしなくても
しっかり蓋が閉じられることになる。って、ステッカーもしっかり蓋とボディの
境界部分に貼られてからどんだけ厳重なんだよって気はするけど。。。(笑)

かわいいよな。
センス良い。
潤沢に良い紙を使えて且つ、印刷代もまだ安かったりするんだろうか。
ベトナムの紙ものデザインはほんとに素敵なのが多いね♪

で開けたらこれまた可愛かった。
じゃじゃん!

th_IMG_5962_201509101605416da.jpg

なんか旗が立っとる。
よく見てみるとー?


th_IMG_5970.jpg


牛さんと羊さんや!!(≧∇≦)
箱にもどっちがどっちかは書いてくれてたんですが、これは分かり易い(笑)
し、なにより可愛い(笑)。いいねこういうセンス!!!

ではまずスジ肉いこかー。
はいドン!

th_IMG_5964_2015091016094626a.jpg

うおっふぁー。ごつい(笑)
パテ部分だけで160g以上はありそうな勢い。ヘタしたら180gとかかなー?
そしてスジ肉をどうやってバーガーに仕立ててるのかと思ったら、どうやら一度
炊いた物をほぐしてまとめて整形した後、若干周りを固める為の粉類まぶして
焼いてる感じかしら。

th_IMG_5968_20150910160950e53.jpg


スジ肉だけど、こっちのスジ肉買った時に良くあるように、肉々しい部分が
メインであまりゼラチン質になるトロトロの所は使われてません。結果、
油分も少ないし、パサつきそうなものだれども、そこは煮加減、スープの
含ませ加減で調整してるんでしょうね。程々シットリ。水分が無くて食べ難い、
ということもなく、スジ肉の味わいをガツーンと楽しませてもらえます。
この手があったかー。ちょっと自分の中には無かったレシピ。

そしてもう一つがラム!!!
私はスジ肉も美味しかったんですが、旦那さんにはラムが好評!!


th_IMG_5966_20150910160949782.jpg


ラムの挽肉をハンバーグ仕立てにしてあるのですが、オーダー時には焼き方を
聞かれます。今回はミディアムでお願い下のですが、うまーい具合にふんわり
焼き上げられてまして、そこにコックリのタルタルソースやチーズの旨味が
コートしてきて、食べ甲斐あるあるっ。でも羊肉だからくどくない!

th_IMG_5967.jpg


すんません、ちょっとお家じゃなかったんで、カットするナイフも無く、
かじりついた歯形のついてる写真で恐縮ですが。。。(笑)

うまいわこれっ。ってか、羊は日頃から大好きで、あれば注文しちゃうの
だけど、羊のバーガーって思いつかなかった!!!欧米観光客向けのバーガーは
デカすぎてちょっと胃に重たいのが億劫で割と避けて来たんですが、羊ならっ。
羊なら躊躇なく食べられるぞ!!!羊の脂は胃に優しいからなー♪


というわけで、どっちも片手では持てないくらいのボリュームがあったにも
関わらず、ペロリンちょ♪1つが150kドン〜190kドンくらいの価格帯の
バーガーなので飲み物入れたら千円コース。お手頃、とは言えませんけど、
このお店のバーガーに関しては質とボリュームを勘案したら安いと言える!

っちゅーか、他のお店には無い物を出されていると言うアドバンテージが
あってのこのお値段ですから、充分アリな設定ですねぇ!!!

良いっ。
このバーガー屋さんは良いですよっ。

ちょっと今回はこの二種類のバーガーのみを目当てに行ったのであんまりじっくり
メニューを見て来なかったのですが、あの手腕があるなら他の物も美味しそう。
また是非開拓しに行きたいお店だし、食べたの、作ってもらってから小一時間ほど
あとだったんですが、変にバンズが湿気るでもなく、肉が堅くなるでおなく、
上手ーい具合に仕上げててくれたから、少なくともこの二種類に関してはデリバリーで
お願いしても美味しく頂けるんじゃないかと思われ♪


場所柄も割と便利な所にあるし、こら良い店出来てくれたなー!
バーガー、ランチチョイスには入れてなかったけど、このお店に限り、
ぜひとも取り入れたくなりました♪



th_IMG_5946.jpg




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Japan Mart 〜 Binh Thanh 区にある小さなスーパー

最近日本人が増えてると言うBinh Than区。
とはいえ、この周辺を歩くと、まだ日本人珍しい的な視線を受ける
ことが多い気がするのですが、下町風でみんな親切だし、私的には
とても好きな場所。美味しそうなご飯屋さんも沢山あるし。


th_IMG_1422.jpg 

スーパーと言うよりは、ちょっとした商店と言う感じ。
何となく食品メインで売ってるのかなーって思ってたんですが、
入って見ると…

th_IMG_1425.jpg 

th_IMG_1426_20160722172608eba.jpg 

日本のドラッグストアコスメ的な物が結構多かったかも。
高級路線ではないけど、私、日頃からドラッグストアコスメ使ってたから
問題ナッシング(もうちょっと気ぃ使おうか、いい歳だし…)。

あと目立ったのは、赤ちゃん用品。小さなグッズとかベビーフードとか、
私は使った事が無いので善し悪しはわからないのですが、日本製の物がいくつも。
最近はベトナムのお友達にも、出産祝いは何が良い?と聞くと日本製の物の
ベビーアイテムをリクエストされたりするので、もしかしたらローカルの方にも
需要があるのかもしれませんね。

やっぱり割高ではあるのですが、もともとがドラッグストアに於いてある様な
物だから、超絶高級路線と言うわけでもないし。

食品も一部は置いてました。
主に乾物や乾麺、調味料などですが、中には人気のアイテムもっ。
この下の写真右側中程に映ってる黄色いパッケージのスナック、瀬戸内のレモンを
使ったイカ天菓子なんだけど、日本でも全国レベルで人気あるらしいし、一時期、
Lucky Plaza内のSatraで売られてた時は争奪戦でしたもんね(笑)

th_IMG_1427_20160722172609b8d.jpg 

私もこの日は乾麺のお蕎麦を買って帰って頂きました。
後はインスタント麺くらいかなー。まぁ、日常のグローサリーを買うにはラインナップが
偏ってるから不便かもですが、なにかちょっとしたものを買ったりするには良いし、
洗顔とか歯磨きとか、そういうもので「日本のこれがいいなー」と思われる方には
いいかもですね。

というか、この位置にこういうお店が出来てくれたと言うことが嬉しい。
日本人が増えてるということかもしれないし(海外の人が増えてるってことはその街の
経済の可能性がまだまだあるってことだろうし)ローカルの方が日本のモノに親しんで
くれてるってことかもしれないし、その辺の分析はできないのですが、どっちにしても
いいことかなって♪もちろん、日本人的には便利になってくれるわけだし(^・^)

まだまだ小さなお店で、お店の方も日本語は殆どできないし英語も片言な感じだった
けど、親切にしてくれたし、立ち寄って、ほこっとできたお店でしたヾ(@⌒ー⌒@)ノ


th_IMG_1435_20160722172610aa6.jpg 








にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

ネギの保存と活用法

ベトナムの野菜、安全性云々を言われる方もいらっしゃいますが、
農薬除去など、できることは手を打って、あとはちぇり菌頼み(なんだそれ)。
青々と元気がよくて味が濃く美味しいものが多いので、私は色々楽しんでます♪
ただ。。。。


ワンポーションの量が多いですよね(-“-;


好きなだけとって量り売りにしてもらう分には調整も出来るのだけど、ほら、
葉レタス、芥子菜(みたいなの?)ほうれん草。割と綺麗に洗ってまとめられてる
葉物なんかはすっごく多いじゃないですか。余程集中的に食べないと、2人
暮らしのうちみたいな家だと、食べ切る前に傷ませてしまいかねない(^^;

ネギなんかも、確かに常備はしたいけれども、なんせワンポーションが大きいので
使い切る頃にはシナシナに。。。カットして冷凍すると言う手もあるけど、冷凍
したものは繊維が壊れて食感が悪くなるし香りもイマイチ。といって、カットした
モノを冷蔵してても乾くだけだし。。。

そんな時は、洗ったネギの手元に濡れたキッチンタオルを巻き、全体を
ビニール袋で覆うようにして保存すると、若干は長持ちします。

th_IMG_1358_20160719011938fda.jpg th_IMG_1359_20160719011940fe7.jpg

あっちこっちで言われてるのでご存知の方も多いかもですが、先日知らないと
仰っていた方がいたので覚え書き。

まぁこうしてもやっぱり日ごとに風味は落ちるのですが、青々しさ、みずみず
しさはキープできるので、食感に関してはかなり良いまま。なるべく早く
食べ切る事は鉄則ですが、一週間くらいは元気なままかな?それでも全部は
食べ切れないので、半分はカットして冷凍、半分はこうして冷蔵で、と使い分けてます。
冷凍したのも、例えばオムレツに焼き込むとか、炒飯炒める時にまぜるとか、
加熱する時にはあまり問題ないし。

あと、最近自分の中で流行ってるのは「ネギ塩」。
白ネギでも青ネギでも、白ネギの青い部分でも(笑)、ネギならなんでも微塵切り
にして、お気に入りのまろやかな塩、ごま油、少しの顆粒状マッシュルーム出汁
(味の素さんのを愛用してます)をまぜるだけ。すぐにも使えるけど、そのまま
冷蔵庫で数時間以上寝かした方が馴染んで美味しい。


th_IMG_1483_20160719011941b07.jpg 

例えばそれを、
・冷や奴・油抜きした厚揚げを空焼きしたものなどに乗せる
・豚肉をサッと焼いた物に添えても(イメージは焼肉屋さんのネギタン塩的な)
・白身魚のフライのソースに
・玉子にまぜて焼いても良い。
・なんだったら白飯にこれをのっけるだけ

などなど、色々使える。
特にネギ白飯私は丼でペロッといけます( ・`ω・´)b(いや、ドンブリはやめとけ…)

脂と塩に漬けとく事で生のままより長持ちするし、シンナリなってもただ
水分が飛んだ物とは違って「馴染んだ」状態なのでオイシイし。
ちょっとネギがあまりそうな時はこうしておくと色々使えて便利です♪
最近は気に入り過ぎて、これ作る為にネギ買って来てるとこありますけども…(笑)


余るなら、保存できるようにして使い切る。
折角の美味しいお野菜、最後まで楽しみたいですもんね(^・^)b




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

フルーツかプレーゼ

先日、桃とネクタリンを買ったネタを書きましたが、桃の方は充分桃の
味がしたけども、香りや甘さのアタックが穏やかだったので、最近流行の
百花プレーゼにしようと思ったけど、淡やかなモッツァレラと合わせても
ちょっと味がボケるかなーと思ったので。。。


th_IMG_1458.jpg 

皮を剥かなくても香りが強くて、食べるととても甘かったネクタリンの方を合わせて
みました♪その二つをスライスして盛り、オリーブオイルと美味しいお塩をパラリ
パラリで出来上がり。これ、美味しかったー♪


で、思ったんですが、味の輪郭や糖度が高い南国のフルーツって、カプレーゼとして
モッツァレラに合わせる食材として剥いてるんじゃないかと思うんですよね。

たとえばマンゴーとかも絶対合う筈。パイナップルはちょっと酸が強い気がするけど、
良く熟れた物ならミルキーなモッツァレラが受け止めてくれる感じで美味しいだろうし、
香りがきらいでなければ、ジャックフルーツなんかも面白いかも。パパイヤはよほど
ヴィヴィッドな味の物なら合うかなー。いっそサッパリさせて、ポメロと合わせれば
ざくざく食べれそうな気がするし♪

日本だと、桃のカプレーゼや桃とモッツァレラの冷製パスタが季節限定でこの時期に
代人気になりますよね。残念ながらホーチミンではカプレーゼにするに耐えられる
桃を入手するのは難しいけど、ほぼ一年中、何かしらの果物が手に入ります。
折角の果物天国、色んな形で楽しみたいですねーヾ(@⌒ー⌒@)ノ






にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

生豆でおぜんざい風 

ベトナムは、生のお豆さんが気軽に買えていいですよね♪
塩茹でにして良し、茹でた物をかき揚げの具にして良し。
サヤから出してお豆さんだけパックにして売ってくれてたりするから手軽だし。

で、今回はこの紅いお豆さんを使ってみました。

th_IMG_1485_20160718235547b36.jpg 

小豆みたいな色だけど、小豆より大きい。
キドニービーンズかなぁ。生を見た事が無いので確証はないんだけど、
形は似てる気がします。

で、これを洗ってたっぷり被る量のお湯でコトコト煮る事2〜30分。
その時間を聞くと大変そう!って気がしますけど、乾燥豆だと一晩かけて戻すとか、
更にそこから茹でるとか、もの凄く時間かかるので、それに比べるとお手軽ですね♪
アクは適度に取り除き、指先で豆が簡単に潰れるくらいになったらザルにあげて
茹で汁はボウルに取っておきます。

th_IMG_1490_20160718235550347.jpg th_IMG_1489_20160718235549d32.jpg

豆に同量の砂糖を混ぜて、まずは水分を加えずに砂糖を豆煮含めるように弱火で
10分ほどコトコト煮たら(砂糖が溶けただけで充分な水分が鍋の中にはある状態)
先程とって置いた茹で汁を加え、て少し煮詰めて出来上がり。

今回は茹で汁を加えた段階で顆粒のほうじ茶を加えました。
ほうじ茶とお豆さんの風味って合うんですよねー♪


th_IMG_1493_20160718235552f99.jpg th_IMG_1495_20160718235553722.jpg

顆粒のほうじ茶は珍しいと思うので、お好みのお茶(ほうじ茶・烏龍茶・鉄観音茶
など)をお茶パックに入れて、茹で汁を加えた段階で投入し、一緒にコトコト煮出す
という手もあります。緑茶も合わなくはないと思うのですが、抹茶を使った場合は
色が微妙になる事と、赤いお豆の煮物には茶色いお茶の方がなんとなく合う様な気も。
ここはお好みかなーと思われます。

おぜんざいを頂く時にはお茶が供されるので、その二つが合う、ということは
以前からわかっていたことなので、それをここでドッキング。お茶の濃さも種類も
自分で調整できるので、お好みで是非試してみて下さいね♪

ってか、焼いたお餅を入れた完成品の写真撮り忘れた(・∀・;
ま、よくあるおぜんざいの絵面だったので、ぜひみなさんの想像力をお借りして
ここにその絵があったということに。。。(究極の手抜き)

しかしこの生豆さん、美味しいですわ。
簡単にふっくらなるし、普通に茹でてトマトチリなんかで似てチリコンカン風にしても
美味しそう。まだこれで餡子を作れるかどうかは試してませんが、次回チャレンジして
見たいと思います♪(ベトナムの乾燥小豆、なかなか上手に戻ってくれませんものね(^^;)






にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

Quan 999 〜 ローカルエリアの麺屋さん

いつもは車で通過する所なのですが、珍しく徒歩で通る事があったので
通りがかりに寄ってみました。多分、スープは同じで、いろんな麺を
揃えてる店。


th_IMG_1418.jpg 


この周辺、他にも色々お店があるのですが、ここにしよー、となった決めては、
ズバリ、

th_IMG_1412_20160718013330a5c.jpg 

お客さんが入ってるから。
これ、ベトナムではホントに鉄則。
美味しいお店は人が入ってる。入ってない所は美味しくない。
そうは言ってもそんなに酷い物は出すまいと、以前人の全然入ってない所に
数回トライした事があるのですが、うん、もの凄く美味しくなかった(笑)

でもこれ逆に捉えると、美味しい所には入ってる=人が入ってるとこは美味しい、
って法則。それ意識して選んで外した事が無い。そしてこちらも例外なく
当たりでしたよ!バインカンを頼んだのですが、バーン!


th_IMG_1413.jpg 

なんか色々具が入っとる!!
ボリューム満点!!

th_IMG_1415_20160718013332596.jpg 

そして半透明のプリップリバインカン。
スープも、多分化調は入ってるんだけど、上手けりゃオッケーなんで無問題。
それにしても滋味深く、かなり味が深かったので、なるほどこれならブンでも
バインカンでもフーティウでもいけるなと。

ただ、スペースの割にお客さんが多いので相席必須(笑)
卓上にある調味料も野菜もシェアです。
野菜、こんなに雑に盛られてるのは初めて見たかも(笑)


th_IMG_1416.jpg 

いや、雑っちゅーか、卓上で居合わせた人とシェアものなので、ボウルに
ザクーッと(笑) 水気切れる様、ザルに受けボウルにしてあったのは
良心的だなと思ったけど。野菜洗った後の水なんか雑菌増やす意外の仕事
しぃひんからな。溜まった水気は大敵やし。

そんな雑なサービスやけども、人は丁寧でしたわー。
この界隈、日本人が増えて来てると聞いてたのだけど、このお店ではまだ
珍しかったのか、メニュー頼もうとした時も凄い構えられて、こっちが明確に
「バインカン!」って注文したらメチャクチャホッとした顔されたもん(笑)

あと、席どこにしよーかいなー、と眺めてたら、「こっちこっち!!」って
用意してくれたし、着丼時も「これ入れたらオイシイでー、野菜はここから
取ってなー」って、もうそりゃぁ甲斐甲斐しく世話してくれて(笑)
こういうの、何度も日本路が来なさそうなお店でやってもらったことあるんだ
けど、ほんっと親切よなー。勝手がそこそこ分かってても、その気持ちが嬉しいわ♪

ま、味的には、もう是非タクシー代出しても来てみて!って言う程じゃないけど
充分美味しく、何と言っても25kドンというお安さが魅力!1区じゃなかなか
その値段で出してるお店は少ないわなー、あるにはあるけど。

そんなに良く歩くエリアじゃないけど、なんかの時には重宝しそうだし、
なにより「アットホームってなぁこういうこった」的サービスが個人的にはツボ。
お料理にも人にもホッコリさせていただきましたーヾ(@⌒ー⌒@)ノ


th_IMG_1417_20160718013350d5b.jpg 







にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

浦江亭 〜 今更ですが冷麺美味しい♪←無くなった様です(泣)

***** 2016 Jul. *****

悲報です。
最近あちこちにお屋敷の様な店舗を構えて躍進目覚ましい浦江亭さん。
久しぶりにSaigon Square横の店舗にお伺いしたら。。。

イチオシだった冷麺が無くなってた(;ー;)
メニューにも無く,店員さんにこちらのブログの写真を見せて、この冷たい麺は
無くなったのかと確認までしたのですが、無くなったと。。。なんてこった。。。
並みいる本家・韓国料理のものを並べても引けを取らぬどころか、大変細やかな
手が入っていて私的にはホーチミンの中で一番好きな韓国冷麺だったんだけど。。

しかもこの日は、二日酔いでスッキリし何と言われる御仁を伴って、ココの冷麺ならば!
とお連れしたと言うのにないって。。。(´・ω・`)

残念です。
が、無くなった物は仕方ない。ので、下記の以前の記事は過去の物として認識ください。
もしかしたら他の店舗にはあるのかもしれません。すしを扱う七区の店舗では
冷麺では無い物の、お蕎麦に関してやはりキッチリした手入れをされていたようですし、
その辺のご指導・監督はあいかわらず徹底してらっしゃるものと推察します。
まぁそれだけに残念ですが。。。

挙句に何となくピンと来る物が無くて、冷麺のつもりがチゲに大変身でしたよ、この日。

th_IMG_1249_20160711003224f37.jpg th_IMG_1250_20160711003226841.jpg

あっついわ甘いわで、残ねながらこれは半分くらいでご遠慮申し上げました。。。
ベトナムの方がお客さんに多い店舗の様なので、この手のスープは甘め甘めに
なるんですかねー。本筋は焼肉なのでまぁ体勢に影響無しとは思いますし、
むしろ、ローカルの方をターゲットに調整しているのであれば正しいこと。

ってか、私失礼ながらこちらの焼肉食べてないわ。(←本当に失礼だな・苦笑)
こんなサイドメニューでもの言ってるってのもアレですわね。
次回お伺いする事があったらお肉,頂かせてもらいます。
冷麺には未練タラタラですが、日本人からの支持も高いし、
何より目覚ましい拡大展開されているのが人気の証明。
期待を持って、どちらかの店舗でお肉を頂きたいと思いますー。


***** 2014 Jun. *****

大変大変今更ですが、浦江亭さん。
日本人の間では人気の焼き肉屋さんで、焼き肉食べるなら、って話になると
必ず進めてもらってたお店。だけどローカルの焼き肉屋さんの方が興味あって
なかなか足が向いてなかったんだよね(^^;

そしたら冷麺もおいしいって言うじゃないですかっ。
聞き捨てなりませんよ、これは!!(←冷麺Loverなんです)
ってことで、テクテク。こんな場所にあったのかー、などと今更ながらに知ってみるなど。
Saigon Squareの割と近くなんですね♪ 近々買い物に行きたいと思ってたので
偶然にもちょうど良かった♪

th_IMG_2717.jpg

店内に入って嬉しかったのは、焼き肉屋さんなんだけど、お一人様も歓迎ムードな
内装作り。ま、正確に言うと二人用ではあったのですが、カウンター状のテーブルが
並んでて、そこに二人に1つの割合で埋め込まれたコンロがあり、少人数でも
あまり気負う事なく焼き肉を食べに入れる感じ。更にはファブリックパーテションが
あり、必要に応じて気分だけ個室的にしてもらえるとか配慮もなかなか♪

th_IMG_2731.jpg th_IMG_2734.jpg


メニューにはほぼ全部に写真がついていて分かりやすいです。
これは日本人にもローカルの人にもアピールしやすいのか、この日13時くらいで
ちょっとランチタイムを外しましたが、ローカルのお客さんでほぼ満員でした。
週末とかはお仕事お休みの日本の方も多いのかもですが、質とお値段が受け入れ
られてるんですかね。ものすごく日本食前とした構えと内容の割に、ローカルの
方が楽しんでらしてて嬉しかった♪

th_IMG_2720.jpg th_IMG_2721.jpg
th_IMG_2722.jpg th_IMG_2723.jpg

で、まぁこの日は冷麺狙いだったので迷わずそれを。
ランチタイムだったので、うっかり定食にしてしまうミスはあったけど(笑)
金額的には微々たるプラス料金だったし、まぁ良し。
じゃん。

th_IMG_2727.jpg

おー!!!定食内容、ラーメンライスやんけっ(笑)
まさかライスがついてくるとは思わんかったけど、ま、えっか(笑)
付け合わせのキムチその他は、まーぼちぼち。この辺は韓国料理屋さんの
ホスピタリティには叶いませんね。ま、そこ本筋じゃないから良しとしましょう。
で、本命、冷麺〜♪

th_IMG_2729.jpg

うんうん、器もキリッと冷やされてるし、麺もしっかり締められてる。
信じられないことですが、この麺を締める締めない以前に、ムラがあるようにしか
冷やしてないとか、スープが生温いとかいい加減な扱いしてる所もありますからね。
それが出来てるだけでもホーチミンでは得点高いw

ただ不思議な事に、見た目はグレーで細身の平壌系の麺なのに、強靭なコシのものが
少ないんよなー。湯で時間が長いんかな? ここのも手入れはしっかりしてたけど、
そこまでコシの強い冷麺ではありませんでした。ホーチミンのコリアン・キュジーヌ
では、あのコシ、あんまり好まれんのかな?

スープは牛骨。。。の雰囲気はあまり感じず。
不味くはないけど、醤油ダレ勝ち気味のアッサリ。。。といえば聞こえはいいけど、
個人的には、もちょっと突っ込んだベースがほしいかなーって、これがメインの料理じゃ
ないから、そこにだけの為にスープを炊くわけにもいかんわな。。事情はお察しします。

が、まぁ今まで食べた中のホーチミンの冷麺の中ではTOP3入りですかね。
美味しかったです♪ 教えてもらえて良かった良かった♪

それより!!(って、失礼だな、おいw)
お米がおいしかったんですけど!!!(笑)

なんなら食べずに残すか、せいぜい2個の内、1個だけ食べようと思ってたおにぎり、
ペロッと食ってもた!(笑) ゴマが混ぜ込まれていて、風味が良くて、握り方も
程よくて。単体の白米で食べたら左程じゃなかったかもですが、なんか美味しくて
冷麺食べたあとにおにぎりだけバクバク食べてしまいました(笑)

あのお米で、焼き肉食べたらガッツリ行けそうな気がするなー(笑)
定食だったらお手頃価格だったし、今度は焼き肉食べに行こう!

あ、一つだけ難点言うなら、席が割と仕切られてたため、スタフさんの目が行き届かないこと。
目の前に店員さんを呼ぶコールボタンがあったけど機能していなかったようで、
周りに他のお客さんもいなかったことから、なかなか店員さんが寄ってこず、
お会計をお願いするのに人を呼ぶのが一苦労、みたいな場面もありました。
夜、どなたかをお招きしてのお食事の時などは積極的に「エモーイ!!」と
大声あげた方がいいかもです(笑)


th_IMG_2725.jpg th_IMG_2726.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪


Ba Huyen 〜 ホーチミンで、どぜう鍋

行った後に気づいたんですが、そう言えばここ、以前人から聞いてて
気になってたとこでしたわ。たまたま自分で情報集めてて興味持って、
人に言ったら「そこ行った事あるよー」ってことだったんで「連れてって、
今すぐっ、今夜っ」ってことで連れてってもらいました♪ドジョウのお店!

th_IMG_1500.jpg th_IMG_1515_201607172033235ac.jpg

わーーー!!
もっと小さなローカルのお店かと思ってたら、すんごい大きいお店!
そしてその広いお店が超満員!!!金曜の夜だってのがあったにしても、
すっごーい!!ヾ(@⌒▽⌒@)ノ

いいねいいねー!活気があって!!
大人同士で来てるグループもあれば小さいお子さんのいる家族連れも
たくさんいて、あらゆるローカルそうに人気な感じ。あんまり人が
集まってるので、子供向けの風船やらオモチャ売りさんやらがたくさん
集まって来てましたわ。日頃からこの店、繁盛してはるんやろなー♪

メニューね、かなり色々あるようだったんですが、とにかく試して
みたかったのがこれ。

th_IMG_1502_2016071720331997c.jpg 

背筋シャキーン!!!(笑)
姿勢よろしなー!!!(笑)
日本人的にはどーーー見てもドジョウに見えんwww
ってか、これ串刺しにするお仕事のことを思うと目眩がするわ(´Д` )
ほんっま、ベトナムの人の手仕事、すごいなぁ!

ほいで、肝心のお味なんですが…
ドジョウ、みなさんどのくらい召し上がった事がありますか?
私過去に一度だけ、九州の柳川と言うところで、どぜう鍋を頂いたのですが、
あんまり記憶に残ってない位チョコマカっとしたちっこいのんで、ドジョウを
食べたと言う事実を手に入れたというだけの記憶しか残ってなかった。

あと妄想で予想してたのは、クセがあるだろうということ。
なんせドジョウです。ぬらぬらしてるやろし、なんとなーく生臭そうな
イメージがある。なのになんでこのお店に興味を持ったかといいますと、
ナマズや山羊など、クセの強い食材をベトナムでは実に上手に調理して、
そのクセを旨味に昇華してる例を沢山味わって来たから。

ドジョウが本来、クセのあるモノかどうかは比較対象が充分じゃないので
何とも言えないのですが、もし万が一クセがあるモノだったとしても
ベトナムでは美味しく調理してくれるじゃないかなと言う期待を込めての
来店だったのです。しかして。。。

th_IMG_1504.jpg 

めっちゃうまいっすよ、この串焼きっ( ・`ω・´)b
美味しくってもうウキャウキャしてたんで、焦点どこに当ててんねんって
写真になってますが、なーにーこーれーーーーーーーっ(≧∇≦)

皮の部分はサリーッと薄く香ばしい焼き目になってまして、程よいスパイス。
でも塩気は抑えめでドジョウの身の味を生かす構成。
良ーーーーく素材を知ってる人がやってる味付けだと思います。

そのドジョウの身ですが、白身なんですね。ものすごっく品が良い。
もう(生臭いんちゃうか?)とか思ってたの、心の底から謝った。
気持ちの上では今週2回目の土下座っ。

ちなみにご一緒して頂いた方は骨出してました。
聞いたらウチの旦那さんも食べた事あって、「あーあのちょっと齧ったまま
ピーって串引っ張って身の部分だけ食べるヤツね」って言ってたから多分
骨は残すもんなんだと思います。←全部食った

ちみっとは口に当たったけど、普通に噛み砕けたで。。。。
カルシウムやし。。。




そしてお鍋。
小さいバージョンのお鍋はホントにこじんまりなんだけど、3人くらいは
このサイズで行けるかなー。場合によっては後で追いドジョウ(ドジョウ追加)
もできるそうなので、4人の時でもこれを頼んで様子見ながら加減するのが
良いかもしれない。


th_IMG_1506.jpg th_IMG_1507_201607172033226f8.jpg

アルミくらいの薄さ敷かない鍋、めっちゃ薄いし蓋までガチで熱いから、
蓋を取る時はこの方法を取るんだとか(笑) 賢いww

浮いてる葉っぱはあれや。熱を入れると酸っぱいやつ。未だに名前知らないけど、
お鍋に良く入ってるね。スープ全般はカインチュアっぽいけど、トマトは見あたら
なかったし、甘みもそんなに無くてスッキリな感じ。

そう言えばスッポン食べた時もかなりの紫蘇の葉と酸味のあるこの葉っぱで
サッパリ系に仕上げてあったなー。それでクセのある素材が食べ易くなってる
けど素材を殺しはしてなくて、絶妙なハーブ使い。西洋のハーブはアクセント的に
使われる事が多い気がするけど、アジアのハーブ、特にベトナムのハーブは漢方的に
多方面からのアプローチがされてる感あって、ほんと面白い。そして感心する。

でー、こちらに入ってるドジョウさんは、さっきの背筋シャキーン!の
ドジョウさんとはちょっと様相が違ってまして、かなりドジョウです。
人によってはあかんかと思います。ので、ちょっとスペース空けます。







ほんまにええ?
ホビロンの時には無かったこの心遣い、ちょっと人並みに気ぃ使うように
なったやろ?(*´艸`*)









いくで?













th_IMG_1511.jpg 

おこんにちわーっ(笑)
わーーーっ、ドジョウやドジョウやっ(笑)
想像してた通りのやつやwww

まぁワタクシ的には普通なんですが、これ、一般の人にはどうなんやろなー。
(一応自分が規格外との自覚はある)
やっぱちょっと引きます?
でもこれ、めっちゃくちゃ上品な白身なんですよ!

膜が張ってるように見えるから滑りを心配される方がおられるかもですが、
それはまずないし、上がる蒸気に微かにお魚の風味としての良い香りはあるけど、
嫌な匂いは全くないし、焼きと違って身の水分が飛んでしまうことがないから
食感が、とぅるっとぅる♪小さい身体でありながら、ほどよーく全体に脂が
乗ってて(やだそれ鏡で見た事ある)、それが白身に適度な滑らかさを持たせてる。
淡泊な味わいをその滑らかさと脂が助けて、いーい具合に舌に旨味を乗せるんよね。

で、ジンワリとその身を味わった所に旨味と酸味のあるスープをキュッと。
するとそこでまたドジョウの白身と対比が出来て、よりドジョウのみに甘みを
感じると言うね。なにこれ。ドジョウって、こんなに美味しいものやったん?

うまいわーっ、すごいわーっていいながら、食べ切れんだろうと思ってた串は
もちろん、鍋も麺まで食べ上げたよね。。。

th_IMG_1514_20160717203359f93.jpg 

麺と野菜は、客が鍋を頼むのがデフォと思ってるのか、注文前からテーブルに
セットされていたので、麺がかなり乾き気味だったため、いつもは手元の
小椀に直接麺を入れてスープをかける、というやり方ですが、今回は乾燥した
のを戻す為に鍋に一度投入してしばらくグツグツ。ブンじゃなく、かなり
しっかりした食感のフーティウみたいな麺だったので、鍋で炊いても大丈夫
だったし、なんならちょっと乾燥してたのが奏功してスープを良く吸い美味しかった!

んで、隣のグループ見てたら、もっと巨大なドジョウの丸煮(www)とか、
唐揚げとかなんかオモロそうなもん一杯頼んでた!!今回は基本の二品で手一杯
だったけど、ここはちょっと多人数でまた行きたい!!!巨大ドジョウの丸煮
とか、付合ってくれる人がおるかどうかはわからんけど!(笑)

っちゅーか、始終賑わってる店内がよかったわ♪
みんなスッゴイ楽しそうに飲み食いしてて活気があって。
週末やったもんなぁ♪ 友達とも家族とも、あんなやって美味しく楽しく過ごす
のが、多々しい過ごし方っちゅーもんよなぁ♪そう言う場所を提供できてる
こちらのお店って、すばらしいと思いましたわ♪

んで、帰り際に見つけたんですが、串焼き現場。


th_IMG_1517_20160717203400450.jpg 

わぁっwww 焼く前の串刺しドジョウ。。。。
ここにあるだけでも「あんたこれ串打っといて」って言われたら目眩するわ。。。
ぬるぬるヌメヌメうねうねツルツルのドジョウを一直線にとか、無理。。。

んで、炭火にしちゃぁ、えらいキレイに表面サリーッとまんべんなく薄く
焼いてんなぁ!と思ったら、でーーーーかい規模のサラマンダーが
置いてあった!(´⊙ω⊙`)

th_IMG_1519_2016071720340216f.jpg 

なーーーるーーーほーーーどーーーー。
そら綺麗に焼けるし、あの規模の店内の客殆どが頼んでも追いつくわね。
ゲスの勘繰りをすると、多分昔は普通に炭火で焼いてたんじゃないかと思います。
それが儲かったんでしょうなぁ、いくら手入れが良いにしたって、機体の綺麗さ
加減から見ても、割と最近手に入れたんじゃないかな、と。少なくともこの数年。

推察でしかないのですが、もしそうだったらすばらしい。
お店の効率を上げる物ではありますが、これ、客の利益にもなることですもんね。
儲かったらもちろん従業員さんとか経営者さんに還元されるのは当たり前ですが、
内何%かでも設備投資やサービス向上の為のなにかに投資するのは正しい姿。

そういうのあからさまに言わんくても、みんながこの焼き器を見る事がなくっても、
分かる客には分かってもらえるし、そういう直接的でない事って、ジンワリ、
でも深く客の間に広まっていくもんじゃないかなーと。もしそういうのを体現
されてるお店だとしたらこれ、ほんとすばらしい事ですよね♪
実際そのレスポンスが、お客さんの多さ、にぎわいとして現れてらっしゃる
んじゃないかと思うし。

うんっ、美味しいしお店自体も良さげだし、賑やかだし楽しんでる人いっぱい
いるし、このお店気に入った!!今度は別のお友達引き連れて大勢で行こう。
日本でどぜうとか言うと高級品だけど、ここならお手軽♪
お勧めしたいベトナムグルメのTOPグループに入れとくですーヾ(@⌒▽⌒@)ノ



th_IMG_1501_201607172033563b3.jpg 
↑ 87 Ba Huyen Thanh Q3 に行きました。
 ちょっと番地の所が見難かったので捕捉











にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

山伏 〜 ホーチミンでこんなお蕎麦が!!

当初は夜20時くらいからかな?
しかやっていないという話だったこちらのお蕎麦屋さん。
そもそもThai Van Lungのヘムの中は数える程しか行った事が無く、
(食べるには食べてる。書いてないだけ。)中々機会がありませんでした。

th_IMG_1390.jpg th_IMG_1392_2016071621150608b.jpg


と言いつつ、実はこれまでに3度トライしてたんですが、たまたま
その日がお休みだったり、もしかしたら品切で閉じてしまったのかな
というタイミングだったりで、なかなかありつけなかったのですが、先日やっと!!
この灯りを見る事が出来ましたヽ(;▽;)ノ

でも。。。


th_IMG_1391_20160716211505ec2.jpg 

どこから持って来た、このイラストwww
でもま、お店は開いているらしい。
店主さんがいる時はいる時でまたお伺いすれば良いので、とにかくこの日、
念願叶えるべく入店しました♪

th_IMG_1400.jpg th_IMG_1395_201607162115092dd.jpg

靴を脱いで店内に入ると、へえっ、面白い♪
スツールに座る高さなんだけど囲炉裏の様な物がいくつか置かれ、
その場で焼き物などしながら頂けるようになっている。
最近作られたそうですが、中二階なスペースに和室的なセッティングも
されてあって、色々造りが面白い♪

お蕎麦屋さんということだったので、まずは一杯。
おーーー!升!!

th_IMG_1398_20160716211600536.jpg 

気前よく注いでくれたのは日本酒は、越の一という、ベトナムで造られ
てると言う日本酒。私これまで、ベトナム産の日本酒は飲んだら頭痛く
なるとか美味しくないとかそんな事しか聞いてなくて、そもそも和食屋
さんには滅多に行かんし、行ってもお酒を飲みたくなるような料理に
中々出会えなかったり、出会えたと思ったらお酒がゴッツイお高かったりで、
こちらで日本酒を飲む機会が殆ど無かったんですよねー(^^;

で、今回は銘柄も確かめずにお願いした上に、瓶のラベルをチラッと見て、
「越の一」って感じで書いてあったもんですから、すっかり日本のものかいな、
と思って頂いてみた訳です。ちょっと甘め。でも全然普通に美味しく飲める。
久しぶりの日本酒美味しいなぁ!とか言ってたら、これ、ベトナム産だと発覚。

えーーー!!!!
全然美味しいやん!!(´⊙ω⊙`)
甘めですから好みはあろうが、聞いてた感じとは全然ちゃう。。。
しかもこれ、70kドン。およそ350円。まぁぢか!!!

1件目でビールしか飲んでなかったちぇりさん、久しぶりの日本酒に上機嫌。
ぐびぐび。

で、程なくお蕎麦が出てきましたよ。
おーーーー!!!!ちょっと携帯のカメラじゃ見たままの美しさが出せないのが
お店さんには申し訳ありませんが。。。


th_IMG_1402.jpg 

きれいっ。写真じゃわかんないけど、ものっすごツヤッツヤしてまして、
ぬめるように滑らかな表面が実に涼やか。伸び越しのありそうなテクスチャーで、
十割ではなさそうだなと思いましたが、実に実に食欲をそそる物越し。

こういうルックスのお蕎麦は、そのまま食べても(=つゆナシでも)
美味しいやつや!!と、まずは2スジほどつゆなし、そのままで
ツツツっと啜ってみましたところ。。。。んまーっ清廉!!!

2:8くらいかな。こう、つーーーっと喉を降りる際に、冷やーっとした
清涼感が喉元から胃の腑までを清めるかのように滑って行く。
酒で火照った身体に気持ちの良いこと、気持ちの良いこと♪

茹で時間もキッチリされてるんでしょうし、冷たいお水でキリーッとムラなく
締めてはるんでしょうなぁ。そんなん当たり前やん!と言われる方がおられる
かもしれませんけど、結構やってないとこ多いんですわ。なんならこんな風に
ザルなりなんなり、水が抜けるようにもしてなくて、器の底に水がたまったまま
蕎麦が泳いでるような盛り方してる所もあるらしいですよ(´Д` )

冷たい麺好きなんであっちこっちで食べたんですけど、意外と当たり前が
できてないとこ多くって、もうそれなら家で食べまひょ、
となってたんですが、こーれーはー美味しい!!

そのファーストバイトがすばらしかったので、つゆはひとまず置いといて、
塩とワサビで頂いてみたら。。。

th_IMG_1408.jpg 

ひょっひょひょ(^・^)
んまいがねー!!!

ゴリゴリの挽きぐるみ使った田舎蕎麦みたいなんが良いと言う方にはモノ足り
ないかもしれませんが、こう、ちょっと飲んだあととか、お酒のアテに頂く
にはね、こういうツリーっとした喉越しの良い、そして品よく香る蕎麦が
美味しゅうございますな♪ 塩とワサビで食べたい、とは、よっぽどの蕎麦
じゃないと思わないのですが、ここのはイケる!

もし失礼でなければ自分の好みのわさびと塩を持ち込みたい。
こちらのお店のも充分だったんですが、ガッツリ好みの塩とワサビで食べて
みたい。ちなみに、おつゆも大変追いしかったです。気持ち甘めだった
ので、九州人の私にはピーッタリ♡

th_IMG_1407.jpg th_IMG_1405.jpg

薬味のお大根も、鬼おろし的にザックリされたりまして、いやはや、
気が利いてはりますなぁ(*´艸`*)

なんとまぁ、ホーチミンでこんなお蕎麦を頂けるとは!
しかも驚くなかれ、お値段がこちら。

th_IMG_1394_201607162140416a0.jpg 

ええええええええええええ!!!!!!!(´⊙ω⊙`)
60kドンて!!!!待って、あのレベルのお蕎麦がその値段?!
なんかの間違いちゃいますのん?!大盛りにしても80kドンて。。。

つまみの串ものに至っては、40kドン。200円て。しかも2本で(´Д` )
店主、大丈夫ですのん?!いや、客としては安ぅあんな美味しいお蕎麦を
頂けるってのはありがたい事この上ないけど、ほんっまによろしのん?!
無理せんと続けてってもらう方向で決めて下さいよ???

蕎麦て日本でも高いやんなぁ。安いお蕎麦もあるけども、あれはまた小麦が
ぎょーさん入った別物やし(蕎麦ダイエットで立ち食い蕎麦とか行ってる人
いたけど、あれ逆効果もええとこな気が。。。)ええとこの蕎麦行ったら
1500円、2000円ってしますもんね。ちょろっとで。

それが希少価値のある海外に出て来たら、もっとガッツリ取ったろ、となっても
おかしくないし、それが商売と言うものだと思うんですが…なんてこった。
さっきの「店主がいません」ノーティスのイラスト、逆に私がその場で
同じように土下座をして、

「お御馳走様でしたああああっ!!」

と言いたくなりましたわよ。
あーーーーでもこれでホーチミンでも、蕎麦屋で一杯が楽しめるんやな!!
めちゃくちゃ嬉しいやん!!

今度は一次会からココに来て、焼き物チョイチョイやりながら飲んで、
締めにキリッとした蕎麦頂いて飲んで、ってのやったろ(*´艸`*)

最近は18時くらいからやってはると聞いてます。
遅い時間には二次会なりのお客様がお出でになられることも多かろうと
思いますので、許す限りは早めの時間に行ってサクッと飲む、みたいなの
やりたいなー♪ 今まであんまり通う事のない場所だったけど、先日の
「じゅうじゅう」「まんてん」さんといい、ちょっとこのヘム、
通いたくなったかも♪


山伏
8A/E19 Thai Van Lung  Q1
http://www.so-ba.asia
↑最近はウォークインでもいけるようですが、なにせ手打ちのお蕎麦ですから
人数が多かったり、あまり時間がない時などは予約をしておく方が良いかも
しれません。HPをお持ちでいらっしゃるので、営業時間などはぜひこちらを
ご参考に。





にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

インスタントコーヒー、飲み比べ♪

***** 2016 Jul. *****

下記記事の飲み比べをして以降、安心してTung NguyenのG7を愛飲している
のですが(ベトナムコーヒーに関してはインスタント万歳な人)最近はこれに
BAILEYS をタパタパ入れて飲むのがお気に入り(タパタパ…?)。

th_IMG_1454_20160714022203d4b.jpg 

…ちょっと。
コード。背景にコードが写ってますよっ(・∀・;
大して写真上手くないんだから、そう言うとこくらい気をつけなさいよ。。。
(といいつつそのまま載せる人)

カフェなんかでも時々ありますよね。アルコールプラスのベトナムコーヒー。
アルコールの種類意は色々だと思うんですが、もともとエスプレッソに
同僚くらいのウイスキーを入れて飲むのが好きだったので、濃いベトナム
コーヒーにお酒を足すのは至極自然な流れでしたが(どんな自然の流れだよ…)
まさかクリーム系(1リットル中250g以上の糖分を含むリキュール)に行くとは
思わなんだなーっ(笑)

ってか、そもそも特にこのインスタントのベトナムコーヒーは甘い上のに、
さらに甘いリキュール。。。昔だったら背スジがゾゾゾとしていたかもしれま
せんが、慣れって怖い。大量の練乳が入ったベトナムコーヒーにも慣れたし、
そこに更に甘いBAILEYSたらしても大丈夫、というか、むしろそうした方が好き
になるとか。糖質制限とやらが流行ってるらしい世間様と真っ向勝負。

エスプレッソにはあいかわらずウイスキーなんだけど、ベトナムコーヒーには
なぜかこれ。多分ウイスキーでもイケるとは思うんだけど、この組み合わせ、
相性良いと思います( ・`ω・´)b

今思うとあれだな。
グーグーガンモがコーヒー飲んで酔っ払ってたのって、もしかしたらBAILEYS
入れて飲んでたのかもしれんな(んなわけないし話題が古い)。

すんません、話締め損ねた。
なにはともあれ、ご興味のある方はお試しアレ。。。
アイスもホットも美味しいですよ♡


***** 2015 Mar. *****

私、日本ではインスタントコーヒーって飲まなかったのですが、
ベトナムコーヒーの、特に3 in 1 のタイプのやつは好きでよく飲んでます。
元々ベトナムコーヒーってガッツリ味だから、インスタントにしても落差が
少ないのか、むしろその良さが生かされてるというか。。。

濃くて甘くて、クセになっちゃう味なんですよねー(笑)
書きもの途中に眠くなった時なんかにはもの凄く重宝しています( ・`ω・´)b

で、私の友達にもファンが多くて、帰国時には大抵依頼されて、結構な
数の袋入りの物を買って帰ります。甘いので仕事合間の空腹時とか、
眠気覚ましに重宝してるとか(笑)

ミルクのは言って無いバージョンものものありますが、ベトナムコーヒーと言うと、
やっぱりSuaが入ってる物の方がそれっぽいかなーってことで3 in 1。


で、なんとなくVina Cafeってメーカーの物を買ってました。
こちらのメーカー。パッケージも何となく好きで。

th_IMG_0098_20150325203157b4d.jpg

家で飲む分には、ネスカフェも良く買ってたんです。
何となく少しさっぱり目かなって感じで。

th_IMG_0096_20150325203158a8e.jpg

しかしながら、一度買うと20数袋入ってるものだから、中々別の物と
飲み比べない。飲み慣れてるからつい、次の時も同じ物を買ってしまったり、
別のを買っても、全く違うタイミングで飲むから如実な違いが分からない。

ってことで、良く見かける数種類を飲み比べてみました♪
これまでどれも飲んだ事があって、私的にはどれも悪くないなーって言う
いー加減な感想しか持ってなかったので、主婦友建ちの皆さんのお力も借りて
飲み比べ大会。

色んな方の意見があった方が、サンプル数が少ないながらも、より多くの方に
受け入れてもらえる結果になるだろうし、なにより、遠慮しなくて良い仲間内の
みなさんなので、変な同調もしないだろうから、ここは全幅の信頼を置いての
飲み比べw

で、特に予告もせずに持ってって、「ご意見聞かせてー」とかお気楽にお願いしたら、

『じゃ、お湯の量はキッチリ測った方がいいよね。
 試飲用の小さいカップあるよ!あ、どれがどれかわからなくなるから、
 それぞれにカラーテープでマークしとく?』


と、手際良く比較の準備が。。。
す。。。すんません、言い出しっぺが何も準備してなかった(^^;
出来る友達がいると助かるわーっ(はい、そこ人任せにしないっw)

ってことで、比べたのはこの四つ。

①               ②
th_IMG_0098_20150325203157b4d.jpg th_IMG_0099_201503252032006be.jpg 

th_IMG_0096_20150325203158a8e.jpg th_IMG_0095.jpg
③               ④




割とどこのスーパーでも土産物売り場にも見られるメーカー。
他にも色々あるようで、それは追々。ひとまず今回はこちらの四つで。

で、並べて見ると。。。意外と香りにも差があるんですねーっ。
ガッツリ濃い味が売りのベトナムコーヒーだから、振れ幅が小さいかなって
思ってたんですが、そんなことないない。濃いのは濃いなりに個性がバンと出てる。

まず最初に気がついたのが…
①②の商品、醤油臭くね?(爆)

コーヒーなのに醤油臭いとは、こは如何にー!と思われるかもしれませんが、
これ、みんな一斉に言ってた感想だから多分比喩に間違いはないと思われる(笑)
この二つ、使われてる豆の割合が違うだけの同じ会社の商品なんですが、
バターローストの風味を強く出しているからか、味的にもキャラメル的なものが
感じられ、他とは一線を画して個性的。それが不味いかと言うとそんなことは
ないのですが…

キャラメルの味の基本構成はミルクと塩気のあるバターと甘味。
こちらのコーヒーもミルクと塩気を連想させるバターローストされた豆を使い
甘味が加わってるので、似通ってても不思議は無いのですねー。で、そこに

そういえば醤油蔵に言った際に食べた醤油ソフトクリームもキャラメルっぽい
味がした。豆を使ってて塩気としょっぱさとが加わる構成の味覚には、
何かしら繋がったものがあるのかもしれない。。。いや、書いてて自分でも
ものっそいこじつけっぽいなおい、って思ってるとこなんですが、とにかく
匂いが醤油。でも飲んだらキャラメルチックにも感じるベトナムコーヒー。

③のネスカフェは、家で結構飲んでたんですが、こうやって飲み比べてみると
酸味がやや強めな感じ。これは日本で飲んだことのあるネスカフェのインスタント
にも感じられた特徴ではなかったかなー、と微かな記憶が蘇りました。
といって、もちろんミルクもタップリの砂糖も入ってるので、ブルーマウンテン的な
酸味がある訳ではありません(当たり前や)。あくまで比較して、という話。

で、④がダントツで一番人気でしたヾ(@⌒ー⌒@)ノ
以前飲んだ時は、苦みが強い気がしたのですが、香りも皆さん一致のご意見で
一番よかったし、口に入れた時の広がる様な感じが一番心地良い、との
ご意見も。これ、最初にも言いましたが決して同調力を強く書ける様な皆さん
ではないのに同意見でしたし、私も同じように感じたので、割と万人に
受け入れてもらえるジャッジなんじゃないかと思われます♪


というわけで、味的なもので選ぶならダントツ人気は④
サッパリ系なら③

と言って、ちょっと変な書き方しちゃいましたけど(笑)、
①②は個性的である、という点で、お土産にはむしろ面白いんじゃないか、
という結論に。実際これまで私は日本の友達にせがまれて何度も買い込み、
帰国時ごとに供給してるのが①②なので、味的にも突飛なものじゃないと
思うんですよ。あくまで「比較したらこうだった」と言うお話で。

というわけで、絶対値的な表現はできませんが、
日頃召し上がる際やお土産にされる時のご参考まで、ということっで
インスタントコーヒーの比較結果でしたー♪


え?あ、インスタントなんて飲まないって…???
まま、そんなことはおっしゃらず、ものは試しと言うことで…(^^;


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

シシャモの変わり揚げ

日本で食べてるシシャモの多くはベトナムから輸出されてるものだと、ベトナムにきてから
知ったワタクシ。本物のシシャモはとても貴重で、加工された物が海外から入れられてる、
というのは聞いてたのですが、そこに特に注目する機会も無かったので、それがまさか
ベトナムとは終ぞ思わず。。。

大変失礼し増しました、と一礼してからベトナムでのシシャモライフ(と言う程のもんか?w)
を享受させて頂いてるわけですが、悩みと言えば、1パックのポーションがデカい( ・`ω・´)b
10尾くらいのものもあって、たとえば4人のご家族だったらペロッと食べられちゃうかも
だけど、ウチみたいに2人だとちょっと…(´・ω・`)

ましてや、METROみたいなところで買うと更に多い(・∀・;
20尾〜30尾くらいのポーションの物があったりして、買うのにちょっと躊躇したり。
食べる機会があっても、そんなにシシャモばっかり食べないしなぁ、と思ってたの
ですが。。。

ベトナム料理に習って加工すると、これが結構コンスタントに減って行く!
ってか、モシャモシャ食べられる!
ベトナム料理に習う方法とは。。。。

シシャモのフライ♪
ローカルのお店にたまに置いてあったりするんですよねー。
炙ったりグリルで焼いて頂くだけの事が多いシシャモですが(多分日本人の多くは
それがベースではないでしょうか)揚げる。この発想は私はベトナムに来るまで持って
なかった。シシャモのフライ。フライドシシャモ。どちらの語感もベトナムで初めて
口にした。

ベトナムでシシャモは冷凍で売られてるので、本来なら解凍後すぐに調理するのが
望ましいのですが、数が多いポーションを買ってしまった時は、バラバラに離れる
程度に解凍したら(完全には解凍しない)バッターを浸けて衣をつけて再冷凍。
こうしておくと、いつでもサッと揚げるだけで美味しいおつまみ&おかずに♪

th_IMG_8802.jpg 

衣に今回は手持ちにあった蕎麦茶をパン粉に混ぜてみたのですが、これがまた
風味が良い。蕎麦茶なんてないわよッて方は、

・日本茶・中国茶などを手揉みで細かくした物
・ドライバジルやパセリ
・粉チーズ
・余ってるふりかけ

なんかを混ぜちゃってもいいかもですね。チーズやふりかけなどの場合は既に塩味
がそこにあるので、揚げたあと食べる際に塩を振る必要もありません。

バッターは、

・小麦粉 …3
・タピオカ粉、片栗粉、コーンスターチなどの穀類澱粉 …1
・水 …4

の割合でよく混ぜるだけ。(全体量は仕込む量によって調整して下さい)
これに素材のシシャモを潜らせ、お好みのハーブやお茶を混ぜたパン粉をまぶすだけ。

パン粉:混ぜ物 = 5:1

くらいですが、あるだけでいいし、その風味が好きだったら多めでも。
ただ塩気のあるふりかけやチーズを入れる時には、チロッと味見してみて下さい。
揚げると油の作用でちょっと味を感じ難くなるので、ちょっと濃かったなくらいは
大丈夫。ま、味が足りなきゃあとで食べる際にパラリと美味しいお塩でも降れば
いいだけですので、控えめトライでやってみるのがよろしいかと。

th_IMG_8801.jpg 

すぐに揚げない場合は、なるべく短時間で上の作業を終わらせ、なるべくシシャモを
解凍しないうちに再冷凍。ほんとはこういうやりかた、あまり良くないんですが、
幸いにもシシャモは水分が少ないお魚凍ってるうちに作業してなるべく手早く再冷凍
すれば食感も味もそこまで酷く損なうことはない気がします。←テキトー

たださすがに一度完全解凍してしまうとその限りではありませんし、なにより
衛生面が心配ですからくれぐれもお気をつけ下さいね。

で、これをくっつかないよう、あまり重ねないようにして少量ずつ(私は5尾ずつくらい)
ラップに包んで冷凍してます。平らなお皿やバットにラップを敷き、隙間を置いて並べ、
更に上からラップ、というやり方だとシシャモが冷凍庫の中で傷つかなくて良いですね。

揚げる時は冷凍のまま。
一般的な180度でキツネ色になるまで揚げればOKです。

揚げ物に魅力を感じなくなって来たお年頃なのだけど(笑)、特に茶葉衣にした
菜は揚げ物ながら口上がりがさっぱりしていて、結構食が進みます。

ちなみにこの衣は他の素材。。。エビや白身魚等にも使えますので試してみて下さいね。
パン粉にプラス1するだけで、手間は変わらず、料理のバリエーションが増えますよ♪




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

確かに出てくるのはExpressやったけれども。。。

ひっさしぶりのNot Recommended。
イヤ他にも書いてない所は沢山あるんですが、敢えて書く程でもないかなーという
程度だったり、書いてどうなる、という感じでもあるので秘めたままにしてあったの
ですが、いや、今回のは中々どうして。

ビンズンのイオン内の店舗に行ったのですが、ホーチミン市内にもいくつも
店舗を構えてるお店です。ファミレス系統。そう言う風貌の所ですから特に
期待していた訳でもないのですが、予想を遥かに裏切られた(´Д` )


料理が出てくるのは店名にある通り、超特急で出てきましたね。
ビックリする程。このパッタイなんかオーダー後数分で出てきた。
いや、確かに数分あったらつくれるけれども、他の料理との兼ね合い
っちゅーもんも考えてやな(笑)

th_IMG_1302.jpg 

すんごい味が濃くて、この麺数筋で茶碗一杯のご飯が食べられる勢いでしたわ。
不味い訳じゃないけれども団子にもなってるし、扱いがあかん。
パッタイと言うより茹で置きフォーの使い回しっぽい出来やったし。

マッサマンカレーは、ガッツンガッツンに焼かれた石鍋で出て来た。
香りもへったくれもあったもんじゃない(´Д` )

th_IMG_1304_20160711004831438.jpg th_IMG_1305_2016071100483249a.jpg

タイ料理定番の春雨麺も出て来たけどこれも全く諸々のバランス考えておらず。
特に残念だったのは下の二つで、ソフトシェルクラブのプーパッポがあると勇んで
頼んだら、まぁ解凍の仕方を見事に間違えた「水気タップリ」のソフトシェルクラブ。
ジューシーな、ではなく、ドリップグジョグジョと言う感じ。

葉っぱ巻きグリルのも冷凍なんかなぁ。いや、チェーンだし、冷凍はええねん。
問題はその取り扱いで、レンチンか室温で適当に戻したのを揚げたか、ヘタしたら
凍ったままのをガリガリ油で揚げてしもたか。。。水分もなんも抜けてしまって
パサパサやわ味しぃひんわ。

th_IMG_1306.jpg th_IMG_1308.jpg


経験から、日本だったら絶対に入らないタイプのお店だったのですが、
ベトナムはチェーンと言っても侮れん所があって、特にベトナム料理のチェーン店
とか、極上とまではいかなくても地の利や価格を考えたらば「アリなんちゃうん♪」
という所が少なくなく、チェーン、ファミレスっぽいと言うだけでは忌避する
理由にならないなぁと学んだのですが、まぁ他国料理に関しては結構やっぱり
ハズしますねw

この時は連れてる人もいたし、旦那さんに御馳走になったのでこんな物言いするのも
大変恐縮な気はするのですが、すくなくともビンズンの店舗には行かぬが吉。
もしかしたら他の店舗はうまいことやってるところもあるのかもですが。。。
まぁ自分ならもう二度目は無いかな、店舗がどこでも。。。

良いながら一通りは食べたんですけどね。客人たちの手前があったのと、
空腹だったのと。人間、何事も飢えたらあかん。飢えたら本来箸にも棒にも
引っかからん程度のもんでも、そこそこのもんとして受け入れられてしまうもんです。
満ち足りていれば、「そんなんやったら要らんー」と言えるものを、
飢えてるが故に欲してしまうという悲しさ。。。

口惜しい。
ワタクシの空腹、一回分もったいない事してしもた(-“-;

久しぶりにものすごくいい加減な食材の扱いをしているお店に出会いましたわ。
でもまぁこれも経験やわな。こんだけ一から十まで残念やと、それはそれで、
って感じにもなりますし、書いてない残念なお店の中では群を抜いてた。

店名は、タイトルと料理内容からお察しください。
ほんとにメジャーなチェーンですわ。

ホーチミンのタイ料理は中々厳しいなぁ、と思ってたけども(美味しくても値段が
高い・程々価格だとかなりラフなど)ここまで元気よく残念だと、更にその認識が
深まってしまいましたわなー。残念。






にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

鉄皿居酒屋じゅうじゅう 〜 「まんてん」さんの姉妹店!

「まんてん」さんの!とか言いつつ、まだ記事にしてなかったんですよね。。
お昼はまぜそばで人気を博しているお店。ということで、まぜそばは食べに
伺った事があったのですが、なにせ私のまぜそば歴が浅過ぎて記事にするには
おこがましく、保留のままになってたのですが。。

夜は居酒屋としての実力名高く、焼鳥に関しては四方八方からお噂をきいて
おりました。ただなかなかおうかがいする機会がなく、今回やっと食べる
ことができました、と。

って、やきとりは「まんてん」さんのお品で、今回のタイトルは「じゅうじゅう」
さんになってるじゃないか、どういうこっちゃ!と思われたかもしれませんが、
この7月初旬にオープンされたばかりの「じゅうじゅう」さんは、そのお名前の
通り、鉄皿・鉄板焼き的なお料理をメインとされてるのですが、なーんと!
ナナメお向かいにある「まんてん」さんから、焼鳥も持って来て下さると!!
ってことはなにかい?2軒分のメニューを楽しめてしまうということ?!(≧∇≦)


th_IMG_1365_201607140109305b7.jpg th_IMG_1368.jpg

看板は「じゅうじゅう」でしたが、お箸袋は「まんてん」さんの(笑)
コラボ感が会って良いですねっ( ・`ω・´)b (前向きっ

んで、生ビールが美味しかったわーっ。あれ、注ぎ方がお上手なんで
しょうね。しかもこの生、サッポロさんのなんですけど、35kドン。。。
まぢか。。。。

生ビールって、サーバーのお手入れによっても味って変わってきますよね。
あのお手入れが結構手間かかる。だから日本でもいーかげんなことやってる
所は結構あって(メーカーさんのサポートが追いついてないケースもあるので…)
明確に舌で感じ取って指摘が出来る訳じゃないけども、メンテが入ったり
サーバーを新しく構えた所に行くと、(ああいつものって。。。)ってなったり
することも。

th_IMG_1369.jpg 
(ごめん、写真撮る前に思わず飲んだ。。。ホンマはもっと綺麗な泡が
 ぷわーっとしてましてん。。。待てませんでしたん。。。)

常時暑くて湿度の高いベトナムともなると、そのお手間たるやいかほどかと
思われるのですが、まだオープンされて間がないとは言え、このお値段で
その手間かけたお味を提供してくださるとはありがたい。同価格帯、もしくは
もっと安いお店もあるのは知ってますが、久っさしぶりに美味しい生を頂いて
この日のメンバー上機嫌(^・^)

んで、この日私はちょっと遅れて入ったので、先に入った友達がオーダーして
くれてたのですが、(かつての)女子3人ですからねっ。まずは女子らしく
サラダなど♡


th_IMG_1367_20160714010933199.jpg 

肉・ニンニクがタップリのっ( ・`ω・´)b
これ、中には玉ねぎスライスがたーっぷり盛られてて、それをこの牛の
タタキでワサッと巻いてポン酢で頂くんですが、うんまーいヾ(@⌒▽⌒@)ノ

カルパッチョとかタタキとか、見かけたらとにかくオーダーするんだけど
そこは常夏の国の事。中々美味しいのに当たることがないんだけど。。。
これ、うんまーい!!お肉の味や食感が存分に楽しめる。生肉系、お好きな
方にはチョーお勧め!(そろそろ「チョー」とか言うの、止めようか…)

お店の看板にもある鉄皿ものも、かなぁりの種類色々あります。
モヤシとハツを炒めたヤツは、ハツぷりっぷりに、もやしシャクシャク。
ガッツリ酒飲みには気持ち優しい味付けだったので、胡椒プラスで大満足。
そして下の写真右のつくね!!!これ、メニューに「自慢のつくね」って
あったのですが。。。

th_IMG_1370.jpg th_IMG_1374.jpg

もーめっちゃ自慢したほうがええで、これ!って感じで美味しかった!!!
しっかり目に火は入ってるのに、口に入れるとホロホロとろとろ。ひと口分を
お箸で分けて、卵の黄身をタップリ絡ませ食べるんだけど、タレの味がまた
よー絡んでてめっちゃ美味しいっ。お酒にも合うけど、これで白飯かきこみたいw

あとつくねはもう一種類頼みまして、そっちはネギ塩。
これもおいしかったなー。つくね、焼鳥屋さんに行ったら必ず頼むんで、
かなりピッキーなつもりなんだけど、ここの、メッチャ好みです!!

軟骨の唐揚げ、そして鉄皿ものだったけど、揚げ衣的なガーリックソース???
のかかったお品は。。。

th_IMG_1376_20160714011016a3d.jpg th_IMG_1371_20160714011015f44.jpg

あれ?どっちもカリカリしてる感じかと思った(^^;
味は良いのだけど、どちらも食感がものすごくシットリしていて、
カラッとした感じを期待した口には不思議な感じ。こういうものであるならば
こっちの勝手な期待がハズレただけの話なんですけどね(^^)ゞ

しかし思い出しました。こちらのお店の本領は鉄皿もので、元のお店は
焼鳥が人気のお店です。ならばそのメインのモノを頼みましょうということで…?

th_IMG_1372.jpg 

ちょっとライティングに限界があったので修正してもこれが目一杯。
なのであまり美味しそうに見えないかもしれませんが、この鶏肝、
めーちゃーめーちゃー美味しかった!!!

もともとベトナムの鶏肝は美味しいなーって思ってて、家で調理する時も
楽しくて仕方ないのですが、更にそれをプロが手がけるとこうなるかと!

ちゃーんとしっかり熱は通ってるのに、食むとゆっくり溶けて行く様な
まろやかさ。程よく焼き付けられたタレがとっても香ばしく、マタリとした
口溶けと相まって、手の込んだパテでも頂いてるんかいなと言う風情。
ごろっとしたその大きさもあって、食べ応えまんてんです!

th_IMG_1378.jpg th_IMG_1379_20160714011018eb6.jpg

ネギマのネギはジューシーで、鶏の部分はこれまたゴロッと大きくてプリッと
柔らか。こーれ、日本にいてもなかなか遭遇できないレベルの焼鳥やなっ。

上写真右のは串から外しちゃってますが、鶏皮!!
鶏皮ってなー、焼きが足らんとグニョグニョするし、脂の多い部分だから
焦ると外だけガーッと焦げるしで根気よく気配り目配りしながら焼くことが
必要なんで、他の串にも増して焼き手さんの心が垣間見られる串だなーと
常々思ってるんですが(福岡人、鶏皮にうるさいからなー)まーっお見事っ。

余分な脂は落ちてるけれども、旨味は留める程度にソフトで、薄い皮のさらに
薄い外膜一枚が香ばしく焼き付けられて、はいっ、ビールお代わりー!!!

まぢか。このレベルの焼鳥がホーチミンで食べられるのか!!
いや、鉄皿料理も、さっきのつくねとか、うおー!!!ってテンション上がる
のあったし、今回は「じゅうじゅう」さんのご紹介だから焼鳥こんなに
持ち上げるのはどうなんかって思うけども、これ賞賛せずにはいられない。

どちらのお店にも沢山のメニューがあるので、今回ご紹介できたのはほんの
一部だけのものなんで、これ次回以降もめっちゃ色々楽しみやな!!

ちなみに噂によると、「まんてん」さんは予約しないとお席取るのが難しい
と聞く人気店。そちらのメニュー「も」食べられる「じゅうじゅう」さんも
最近オープンしたばかりとはいえ、予約は必須と思われます。こちらで飲みたい
・食べたいと思われたらば、即刻予約のお電話をされることをお勧めします。

今回は2階のお席で、個室ではないですが、ほどよく臨席と仕切られていて、
適度に快適だったというのもポイント高いかなー。

th_IMG_1366_20160714014721f5a.jpg 

Thai Van Lungには普段、殆ど足を踏み入れないのですが、こんなに美味しい
お店があったとは。。。ここは間違いなくリピ決定。ってか、「まんてん」
さんにもお伺いしたい。でもどちらの料理も食べられるとなると「じゅうじゅう」
さんもまた来たい。大変大変。胃袋がたりません(^^;

ちょっとここんとこ2軒連続で残念和食に当たってたけども、こちらで一気に
取り返した感じ。おいしゅうございましたー!そしてまた是非近々お伺いしたい
と思いますー♪


じゅうじゅう
8A/7C1 Thai Van Lung, Q1

まんてん
8A/A14 Thai Van Lung, Q1




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪
sidetitleプロフィールsidetitle

ちぇり

Author:ちぇり
FC2ブログへようこそ!

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleブログ村PVランキングsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
アップグレード 追加 作成済み/作成可能プロファイル数:0/1 キーワードをご入力ください ご指定の条件に該当するデータがありません * 他のユーザーから閲覧もしくは管理権限を与えられたプロファイル ユーザーガイダンス 解析コードの実装方法 Google Tag Manger 1.下記の解析コードをコピーして、解析を行いたい全てのページの から
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
の間に貼付けてください。 解析コードのコピー 2.解析コードが実装されたウェブサイトを開いてください。 3.解析コードが正しく実装されたか確認してください。 チェック 閉じる
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。