GOKU RAKU Ramen 〜 来たっ、牛骨スープ!!

わたくし、ラーメンがあまり得意ではありません。
好きなんですけど、1ポーションの量が最近きつい。
更にベトナムのライトな米麺を麺料理の主とするようになってからは、
小麦の麺が更に辛いー(´Д` ) 歳は取りたくないものだのぉ。。。。

しかし、牛骨と聞いては話は別だっ( ・`ω・´)b
わたくし、牛骨スープが大好物。

広州でいただいた牛骨薬膳スープの火鍋から、北九州は小倉の流浪のラーメン屋、
「ていさんの牛骨ラーメン」、韓国のソルロンタンなど、牛骨スープと名のつく物を
みつけたら、一も二もなく飛びついてしまう。というわけで、こちらに行ってみた!

th_IMG_6385_20161021202339e4d.jpg 


暖簾にもしっかり「牛骨」の文字。
これを見かけてマークしてたの(*´艸`*)

1階はカウンター席のみ。2階にもお席はある様子。
で、この日は13時をすっかりすぎた、ランチタイムからはちょっと外れた時間に
行ったのですが、1階のカウンターには8人くらいのお客様がっ。しかもみんな
ローカルの方!おーーー!日本のラーメン、受け入れてもらえてるんやねー♪

ローカルの方に人気がある要因の一つとしては、日本のラーメンとしては割と
リーズナブルなお値段にもあるのかなと。

th_IMG_6387_20161021202342b26.jpg

小ぶりではあるけどシンプルな物なら79kドン。
ゴージャスに色々乗った物でも100kドンちょっと=500円ちょいというお値段。
トッピグをちょっとしたら千円近くなるものもある中、これはありがたい。

th_IMG_6393_201610212025303b1.jpg 

セットメニューも豊富にあるのであれこれ食べてみたい人にも嬉しい。
そう、小ぶりのラーメンは「そんなもんじゃ足らん!」と言う人の声もあるかと
思うんですが、こういうセットメニューが充実してたら「調整がしやすい」という
風に切り返せるので、個人的にはとても良い戦略だと思うのです。まぁ、お若い方
には、なんのことやらって話なんでしょうが。。(泣)

プロモーションとしてメニューの最初に目玉のラーメンじゃなく、多分次期限定
なのか???サーモンを多用したメニューがあったのには驚きましたが、
いや、確かに食欲そそられはした。うん(笑)

th_IMG_6386_20161021202341841.jpg 

あとここ、表にも掲げられてて(お?)って思ったんだけど、寿司もある。

th_IMG_6389_20161021202344e77.jpg 

そしてレギュラーメニューにもサーモンが。
サーモン推しなのね。お好きな人にはたまりません状態。

th_IMG_6390_20161021202345bb5.jpg

サーモンメニュー中程には、サーモンパフェサラダなんてものもあって、
色々工夫をされてるな、と。

th_IMG_6391_2016102120252955f.jpg 

焼鳥メニューやその他の一品ものもあって、宴会なんかにもサクッと使えそうな
感じ。いやや、その前にラーメンをまず食べてみないとねっ。ってことで、
牛骨ラーメンの一番シンプルな物を頼んでみました。

th_IMG_6394_201610212025314ff.jpg 

うんっ、シンプル!
トッピングはネギとピリ辛で和えたモヤシと、牛丼の具材の様なもの、ごま。
玉ねぎと牛肉を甘辛く煮てるヤツ。面白い構成。モヤシは少し熱を入れて和えてる
おかげでスープが水っぽくなる事も無く、且つちょっとピリ辛で和えて入る部分で
アクセント的な役割にも。

まずはスープ。

th_IMG_6395_20161021202533fd3.jpg 

まろーーーーい!!!
牛骨スープを謳うところでは、澄ませて取ったスープに薬膳的要素を加えて醤油系に
仕上げる所もあるのですが、こちらのお店はソルロンタン系。まろーい♪

でも、豚骨程のアタックは無く、食べ始めは(んーこんなもんかー)ってな印象
でした。でも食べ進めるに連れて、そのまろさ、トロみすら感じる旨味の層、
穏やかながらにピンと合わせて突き詰めてる感に徐々にハマって夢中になって
しまいました。

麺は加水率ちょっと高め?のプリリン・ストレート麺。良きっ( ・`ω・´)b

th_IMG_6397_20161021203813234.jpg 

麺が「どやーーーぁ!!」と主張するラーメンもあって、それはそれなのですが、
スープとうまいこと調和する麺、というのも奥ゆかしくてとても好きだ。
奥ゆかしい割に、スープとタッグを組んだときの「あら、そんなに喜んでくれたら
嬉しいやないですか(※^^※)」という、自分の仕事ぶりに対する肯定感がしっかり
あるところも好ましい。

一点気になったのは、甘辛い牛肉。
見ただけのときは、結構しっかり味がついてるので、このまろやかで完成された
スープの味が変わってしまうやないか、と思って心配だったのですが…

th_IMG_6398.jpg 

考えたら、スープの味が途中で変わって悪いんかっちゅー話です。
なんだったら出て来たラーメンに胡椒やら薬味をバンバン入れる人もおるやんな。
最初からの人もいれば途中からの人もいるけど、デフォのスープの味を途中で
変えて楽しむと言うのは不思議な事でもそんなに無作法な事でもないように思う。

そして考えたら、たいていのラーメンってベースのスープに「元ダレ」ってのを
加えて仕上げることが多い。逆か。元ダレにスープを加えて伸ばすって感じか。
この牛骨スープは、既にそのように仕上げられてるのかもしれませんが、この
牛肉を炊いたんが、更にその元ダレ的なポジションを担っていると考えれば、
全くの不思議は無い。どころか、むしろこれ混ぜたらどんなことになるんやろ?
という期待感の方が高まる。果たして。。。

…美味しい…。静かに、美味しい。
どっひゃー!とか、うおおおおおっ、これは!!!とかじゃなく、
(うんまいなーっ、これ)とミゾオチの中りで呟く美味しさ。

その中にも、変化がある。タレだけであれば全体が均一な変化を受けるけれども、
炊いたお肉ですから、その周辺と肉自体を味わう時には感じ方も変わります。
更にはそこに玉ねぎさんもあったりするので、ひと口事に味わいが変わる。
でもそれは僅かな変化で、全体はまろっとスープが大きく優しく包んでる。
これは…箸が進むはずやわ。うまいこと乗せられてしまう(^^;

麺は喉越し、とばかりに勢い良く啜り混んで呑み込むのではなく、口に含んで
一拍置いて味わいたい感じ。且つ、丁寧に取られてると思われるスープはアクも
塩気も控えめで、飽きがこない。変な喉の乾き方もしない。気がつくと。。。

th_IMG_6402.jpg 

うわー…、スープまで完食(・∀・;
私には滅多にない事です。ラーメン、ここまで平らげるって。

なんやろな。初めて会う事になった子がパッと見そんなに好みじゃなかったのに、
話をしてる内にどんどん良さが見つかってしまって、別れる時には「次、いつ会える?」
と聞かずにはいられない魅力に見入られてしまったみたいな。実際、食べ終わった
直後から(次いつ来よう?)って思ってたし。

派手、では無いと思います。でも派手なやつは、月に一回、なんだったら一回
試したらまぁいいや、みたいになる事もあるじゃないですか。でもこれは違う。
日常の中にあってくれたら、チョイチョイ食べに行きたいなーというラーメン。
良い。ものすごく、良い。穏やかに、良い。

あとね、試しにお寿司も頼んでみたんです。
2貫から頼めるようになってたので。サーモンの炙り。

th_IMG_6400.jpg th_IMG_6401.jpg

うん、ビックリする程薄めやし(コンだけ薄くカッと出来る事が驚愕)、標準より
かなり長細くてちょっと違和感を感じました。正直な所。でも食べてみると…

悪くない。サーモンもめっちゃくちゃ脂が乗っていたので、この薄さでも悪くない。
ってか、このくらいの方がええかもしれん。酢飯の具合も握りの加減も悪くない。
大変失礼ながら、メニューのバリエーションを増やすためだけに寿司メニューを
加えられたのかなと思ったのですが。。。これは今度ちょっと巻物も頼んでみたいわ。

んで、まろっとスープが、このお寿司によー合うねん!
ラーメンと寿司を一緒に出すお店ってのは地方にいくと時々あって、個人的な
記憶に照らしても懐かしく、且つアリな組み合わせなんですが、このまろっと
スープが、酢飯の酸ゆさを上手にカバーし、サーモンの脂動物的な味わいとも
調和し、具合良い。

なんだったら寿司の盛り合わせに、このスープだけ吸い物的に出してくれんやろか?
と思うような取り合わせ。麺を食べたらお寿司よーけ食べられんし、でもスープは
頂きたいし。。。これ、通ってお店の方に「この客は良し」と思ってもらえたら
叶えてもらえませんでしょうか(・∀・; ←わがままな客

どれも。。。個性ごり押しする様なものは無いんです。でも麺とスープ、
スープとお寿司、とかが組合わさると、優しい優しい調和を感じる美味しさ。
いいわー、ここ。個人的にメッチャ好き。

牛骨、お好みはあると思うんですが、お好きな方であれば一度行ってみて頂き
たいし、あんまり食べた事ないなー、という方には、高いお店ではないので
チャレンジしてみて頂ければなーと。

組み合わせにあれだけの妙を生み出してる所や、お寿司への気の使い方を見ると、
他のお料理にも期待が涌くし、ちょっとこれ、お友達誘って宴会しに行きたいわぁ。
おごちそうさまでした。

近々また寄せてもらいます。久しぶりに、ラーメンで通いたいお店見つけました。
嬉しい(※^^※)



th_IMG_6403_201610212038412a6.jpg 

おお。Tan PhuのAeonにも入っておられるのか♪
私が今回行ったのは、Ly Tu Trong の店舗でした(^^)

th_IMG_6404.jpg


Goku Raku Ramen
241 Ly Tu Trong Q1








スポンサーサイト

【訂正と読者さん情報!】コンペイ糖的、素朴な砂糖♪

***** 2016 初回買ってから一週間後. *****

旦那さんが痛くお気に入りになったこちらのお砂糖。
一時帰国の際にお土産にする!というので、買ってきました。

でーん。

th_IMG_6226_20161019195223295.jpg 

4kg ( ̄▽ ̄)

お店の人に「ボン(4)キロ〜♪」と言ったら、
「あぁっ?(・д・)」みたいな顔されたw

でもこれ、ガジュガジュ齧りやすいし(そんなに固くはありませんが、歯の弱い
方はお気をつけ下さいね)甘さがクドくないし、ほんと、コンペイ糖代わり。
先日お友達にも配ったんですが、結構好評(^・^)

甘さにくどさがなくて柔らかいため、やっぱりこれをお料理に使ってみりん
代わりにしてもよろしんちゃうか、みたいなご意見も頂きました。
実際それやったけど美味しいですしね。


th_IMG_6321_20161019195224e2b.jpg 

洗って乾かし、一応こんな感じで小分けにしたら。。。それなりに見える?
中身、砂糖やけどw

に、しても。。。
やっぱりこういうとこで売ってるお砂糖、綺麗やなー。


th_IMG_6225_20161019195221fc6.jpg 


似た形の透明なタイプもあったんだけど、まぁ奇麗。
溶けないんだったらわたしこれ、指輪にしたい(おい

細かくグラインドして圧縮成形してるタイプのものもあったんだけど、こっちの
方がお料理とかには使いやすいかもしれませんね。味は近かったけど、如何せん、
粒子の大きさが全然違うので、直接食べた時の味わいが全然違う。

th_IMG_6222_20161019195912594.jpg 

直接雨的に食べるんだったら、前回から推してるガジュガジュの方をお勧めします。
もう我家の中では、すっかりお菓子扱い(笑)
私も自分のお土産用に、ガッツリまた買いに行こうかなーw



***** 2016 Oct. *****

書いたばっかりのこの記事ですが、この砂糖に詳しい読者の方から
情報を頂きました! 管理者だけに届く様、且つ、ご連絡先が添えられない
ままに情報を頂きましたので、ここへの情報転載の許可を頂いていないのですが、
これ、早急に訂正すべき内容も含まれてているので、私の勝手を、どうか
ご容赦願いたいっ。

まず、お知らせいただいたのこが、こちらのリンク。




今回ご紹介したお砂糖の製造工程とおぼしき動画です。
4:00辺り、18:00辺りに、完成品と思しき様子の物が登場。
まさに、このお砂糖。

全部ベトナム語ですが、サトウキビが原料で、どうやら少しずつの糖蜜を
結晶化させてつくっているもののよう。なるほど、それであんなにきれいなのか。

で、それはいいんですが、結晶化させるためには核が要る。
その核が、映像によると…?

糸やん!(´⊙ω⊙`)

糸の様な物、じゃなくて、糸ですっ。みなさん、繊維じゃないですっ。
あれ、「糸」だそうです!! 製造工程の物なので、全く関係のない
異物と言うわけじゃないようですが、「糸」です!
食物由来の繊維じゃないので食わん方ががええっ(・∀・;

糸の様な物を見つけても、たまのこと(そんなに混入量は多くない)で取り除くのが
面倒でもなく、且つ、和えてそれだけ食べるという好奇心にも欠けていたため、
見た目だけの判断で書いていました。が、思いっきり間違ってたし、誤解を招く
書き方をしてしまっていました。申し訳ありませんっ。

改めて訂正します。
この砂糖についている物は糸の様な物、ではなく、「糸」です。
硬質ですぐに体内壁を傷つける様なものではありませんが、素材まではわかりません。
消化不可なものであった場合、胃腸に問題を起こすといけませんので、飲み下す事は
避けておいた方が良いかもしれません。

それでもお砂糖自体は、やっぱりおいしい(*´ω`)
甘すぎず、大きな塊でも割とガジュガジュと噛み砕かれやすく、懐かしくて
幸せな味がするので、その部分はおすすめですが、「糸」には気をつけて
くださいませ。特にお子様がお召し上がりになる時などは、影響も大きいかと
思われますので。


それにしても。。。ありがたい。
情報をお寄せ下さった方、表に出ない形で私にお知らせくださったので
こちらでもお名前を出す事は控えさせて頂きますが、下手をしたら何かの事故に
つながるかもしれなかった誤りでしたので、教えて下さって本当に助かりました。

情報を勝手に転載させて頂いた件に関してもご容赦いただくこと前提で勝手を
させていただき、なにからなにまで甘えさせて頂きました。
お名前も宛てずに申し上げるのもどうかと思いましたが、
ひとまずはこの場でお礼をお伝えさせて下さい。ありがとうございました。

またもし、お手間でなければですが、ご連絡先を頂戴できると幸いです(^^)



**********************************

よく、つるむ人は趣味や価値観が近い人がいい、というのがあって、
最低限のモラルや所作振舞の傾向に関してはそうかなーと思うのですが、
そこさえ許容し合えるなら、目の付け所や興味の対象が自分とは違う人と
一緒に過ごす、というのも、これまた自分の幅が広がって面白い。

例えばわたくし、タンディン市場に行ったら場外でお野菜や生鮮食品も
買ったりしますが、定期的に買っているのがバインカン。

http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-4233.html

キロ単位で買っては小分けして冷凍し、常備食材としているのですが、
なーんと。先日、くだんのUさんと出掛けた際に、タンディン市場内で
こんな物を売ってるお店を教えてもらった!!!

th_IMG_5956_201610152253416f9.jpg 

これ、お砂糖なの。
でもね、普通の砂糖と違い、甘みに実に品があって、素朴で円やか。
なんか懐かしい感じもして、何のお砂糖やろなーと考えてたんですが、
食べてる時に。。。

th_IMG_5971_20161015225417066.jpg 

なんか糸出てる( ̄ー ̄)

すわ!!異物混入か?!(とか言ってもベトナムじゃ珍しくなさそうだけど)
と思ったのですが、よくよく見てみると砂糖全体に見られる傾向。
で、思い至った。これ。。。

サツマイモが原料ちゃうか?と。
いやでも、繊維が鍵なら、単純にサトウキビの可能性もある。

※記事文頭に訂正文を添えました。
 これ、糸の様な物、じゃなくて「糸」でしたのでお気をつけ下さい!!


そう思って味わってみると、味も微かにそんな感じがする。砕いて溶かして
普通にお料理に使っても上品そうだけど(特に煮物や焼鳥のタレに使ったら
かなり美味しそう!!)欠片をポイッと口に放り込んで飴玉みたいにして
食べても美味しい。

先にも言いましたがクドくないので、ずーっと口に入れとけるし、全体は
ゴツゴツして固そうに見えますが、砕く分には歯でカリッと噛むとゴジョゴジョ
ゴジョっと小気味良く砕けて、その食感は上等なコンペイ糖のよう!!
こんなお砂糖あったとは!!

th_IMG_5944_20161015225346039.jpg 

こんなお店で、乾物をメインに扱ってらっしゃるんですけどね、お砂糖類も
色んな種類をお取り扱いでいらっしゃる。

th_IMG_5943_2016101522534505f.jpg th_IMG_5942_201610152253446e8.jpg

氷砂糖なんかもありまして、フルーツ酒やフルーツジュースを作るときなんかにも
重宝しますねぇ♪ 別にスーパーでも氷砂糖は売ってるんですが、なんかこう、
市場で量り売りしてるやつは風情がある。精神論的な話になるんで面倒くさいやっ
ちゃなーと思われそうですが、なんか好き(笑)

こんな感じで売られてましてね。

th_IMG_5941_201610152253434a6.jpg 

この日は500g程買ったのですが、2万ドンせんかった。。。( ꒪⌓꒪)
いやまぁ、2万ドンとしてキロ200円だから、程々のお値段といえば
程々のお値段ですが、そもそもこんなお砂糖日本では中々お目にかかれないので
個人的には大変価値があるため、相対的に安く感じる。

ホコリっぽい市場の中にこんな感じで開けっぴろげに置かれてあるし、ぱっと
見たらちょっとゴミっぽいのが入ってたり、取り分けてもらう時におっちゃん、
ガッスガッス手で掴んでたから(笑)、持ち帰ったら一旦ざっと洗って乾かして
から使ったり食べたりしてるんですが。。。

th_IMG_5973_20161015225419705.jpg 

うちゅくしい。。。(*´ω`)
ちぇりさんには、天然石より価値があるw
っちゅーか、これ美味しいねん。ほんとに。
さっきも言ったけど、上質な甘さのコンペイ糖みたいな感じ。

うちの旦那さんも痛くお気に入りで、今度帰国するときのお土産にするんだと
言うてました(笑)。まぁこれなら料理する人にもしない人にも楽しんでもらえるし
よほど砂糖が嫌い!という方でなければ受け入れてもらいやすそうやし、
確かにお土産にいいかもしれん。パッケージとかないから、自分で袋に小分け
する、とかせんといけんかもだけど。

で、最初の話しに戻るんですけど、このお店が私がいつも生バインカンを買ってた
お店のまさにトイ面。乾物屋さんがあるなーとは思ってたんですが、特に必要も
感じなかったのでガン無視してました。ら、そこにこんなお宝が!!

逆にUさんはそこのバインカンは買った事が無かったとの事。
なので今回はブツブツ交換( ・`ω・´)b

私がUさんにお砂糖のお店教えてもらって、私がバインカンのお店をお教えしました。
違うアンテナ持ってる人といると、こんな風に世界が広がる♪

いままでベトナムには色んなお砂糖があるなーと思いつつ、数年間もこんな
良いお砂糖を知らずにいたとは。。。抜かりました。
ってか、まだまだそう言う物があるんだろうな。
ますます食い歩かねばと改めて決意。食うぞーっヾ(@⌒ー⌒@)ノ







にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

Big C スーパー外部のパン屋さん

***** 2016 Oct. *****

改めて、こちらのパン、もっと色々食べてみたいなーと思ったので、
今回はブールと雑穀食パンを買って来てもらいましてん♪


th_IMG_5290_201610191438297cd.jpg 
あー、そうそう、この表面の粉粉がフランスっぽいよねー♪
果たしてカットしてみると。。。

th_IMG_5291_2016101914383014b.jpg 

おっ、割と肌理が揃ってる。
香ばしいのとお粉の味がふんわり甘い。そしてそれを保つ塩がえらい。
素ぅで食べても美味しいですけど、ちょっと炙ってオリーブオイルとか
かけてもおいしい。もちろんバターは言わずもがな。でもなくても美味しい。

th_IMG_5354_20161019143841195.jpg

今回は他にも買って来てもらったんだけど、この雑穀入りの黒食パンが一番の
お気に入り。雑穀入りとは言え、ベースの生地はふんわりと柔らかな食感で
微かな粒粒類が時々歯に心地良く当たるので、しっかりとそれを噛み締め
ながら頂く感じ。滋味がある。 フォンダンクリームを作ってシンプルにハムと
挟んでホットサンドに。



………美味しくて、最後のひと口をモグモグしながら
2セット目を焼いたよね(・ω・)ノ

近くにあったら通うよなー。日常のパンとしてはコスパも味も含めて優秀!
出所がフランスだからといって、オペレーションはベトナムの方がやって
らっしゃるわけですから、これはやはり素晴らしいとしか言い様が無い。

いいなー。BIG Cさんのパン屋さん、支店ださないかなー。
出したら結構、ぶっちぎりで人気出ると思うんだけど。
また次回、合う時に何か買って来てもらおうっと♪(甘えすぎ…



***** 2016 Sep. *****

ちょっとひと口メモなんですけど。。。
今朝( 19 Sep.2016)アップした「The Mach House」さんって
あったじゃないですか。カジュアルなフレンチだけど、随所に素敵なギミックが
噛まされてる料理が楽しいお店。そこ、とあるフランスの方が教えてくれたと
書いたんですが。。。
その方がそのお店のパンを好きだと言ってた際に、


「ぼく、Big Cのパンも大好きなんですよね!」

と。おおおおおお!!!!
ちぇりも好きー!!!!ヾ(@⌒▽⌒@)ノ

いやま、フランスの方といったって色んな好みの方、経験値の方がおられましょう
と思うのですが、まず教えて頂いた The Mach House さんのお味がドンピシャ
でしたし、本国のお味に関しては、少なくとも他国人の私よりも遥かに長けてる
わけじゃないですか。そんな方が「好きや」と言われるのを聞けば、やっぱあの味、
すごいねんなー!!ってなるじゃないですか。

私の周りでもBig Cさんのパンの評価はすこぶる高く、ただ気安くチョイチョイ行く
と言う距離にはないので、付近に住んでるお友達と遊ぶ際には、

「なぁ、ちょっと悪いけど買って来てくれん?」

などと甘えて買って来てもらっている次第。
美味い美味いとは思ってたけど、ほんっまに安っすいのに、本場フランスの方も
唸らせる力量があるパンだったとは。すばらしいなっ。

かなり多種類がそろっているので、全部が全部当たりなんかはわかりませんが、
そんな話で、やっぱりコスパは最強っぽいですね、ここのパン屋。
機会があったら是非お試しになられて下さいませーヾ(@⌒▽⌒@)ノ



***** 2016 Jan. *****

相変わらずおいしいねー、こちらのパン屋さん。
自分じゃなかなか行けないもんで、この付近にお住まいのお友達と会う時に、
「なぁ、買うてきてくれん?」等と甘えて買って来てもらってます(。-_-。)

バゲッド等も相変わらず大変安くて美味しく、某他国チェーン店に比べると
そのコスパたるや比べ物にならず、感心しきりなわけですが。。。


th_IMG_1321_201602011151022d7.jpg


おーーーー!!

ワタクシ:「巨大な源氏パイや!!」
旦那さん:「うわあっ、おいしそうなリーフパイ!!」

こ…っ、この辺に育ちの違いが垣間見られる凸凹夫婦(。-_-。)

写真は比較対象が無いのでちょっと分かり難いのですが、私の手のひら広げた
よりも、更に大きいサイズの物で、んまーご立派、と言うサイズ。
実はちょっとバタバタしていて、頂いてから二日後くらいに食べてない事に
ハっ!!と気づき、慌てて食べてみたのですが。。。

バターやショートニングを多用しているものにも関わらず、生地がダレること
なく、湿気る事無く(一応冷蔵庫で保管してました)小気味良い歯触りな上に
ジャリジャリのお砂糖が美味しくって(←カステラは底にジャリジャリお砂糖が
ついてるのが好き)これ、ちょっと奇麗に箱詰めしたら、お持たせに買っても
ええんちゃう?ってレベル。まぢ美味しいっ(*´艸`*)

ただ、美味しいだけに食べ過ぎ注意。
でっかい1枚があっという間に無くなったりする。
カロリー考えたら怖い怖いw

天使の味わい、悪魔のカロリー。
でもこれ、次回はリクエストして買って来てもらおう。超美味しい。
大変おごちそうさまでした♪
やっぱりこのパン屋さん、素敵やなー♡


***** 2015 Oct. *****


先日、Phú Nhuận  にある Big Cに初めて連れてってもらいました♪
Big C自体は、ビンズンにある店舗のに行った事があったのですが、いつもお友達が
パンを買って来てくれるのはこちらの店舗で、一度行ってみたかったんですよねー。


で、店内に入り、スーパーの入り口部分まで行くと。。。


th_IMG_6988_20151005002258c85.jpg


あらっ。
スーパーの中には中でパンコーナーがあるのですが、その外にもパン屋さんが。
多分中の安いパン屋さんとはラインナップがちがうんかな。
ってか、この外のもそんなに高くなかったけど(^^;

th_IMG_6989.jpg th_IMG_6990_20151005002301126.jpg

ショーケースに奇麗に入れられて、なんかケーキ並みの扱いやわぁ♪
そしてどれも美味しそう!!!

BIG Cのパンは、スーパーの内外を問わず何度もお友達から頂いて、すっごい美味しいのは
わかってたので迷わず購入を決断。でも。。。。どれを買うかにはものっそい迷った(^^;
小さい店舗ながら魅力体なラインナップがいっぱいで。。。(苦笑)

で、今回はまぁるい大きなブールみたいなやつと、巨大なスコーン?ビスケット???
みたいなのんを買ってみましたヾ(@⌒▽⌒@)ノ


th_IMG_7008_20151005002305616.jpg


でーっ、このビスケットみたいなヤツが個人的に大ヒット!!
タマゴをタップリ使ってるのか、ほんのり黄味がかった生地は加水率かなり低めで、
パンと言うより、半分お菓子みたいな食感でしたが、バターの香りが濃厚で、
たくさん鏤められてるレーズンがまた良い仕事してるっ( ・`ω・´)b


th_IMG_7009_2015100500230361d.jpg



食後に、「冷凍する前にちょっと味見を。。。」と思っただけだったのに、
全部食っちまったじゃねーかっヽ(;▽;)ノ
紅茶との相性が良すぎます、これ。。。
結構大きなカットのものが、15kドンだったかなー。

そして大きな半球状のパンは、中味がしっとりきめ細やかで、サッと表面を焼いて
ザクッとさせると、また味わい深い。ちゃーんと小麦が行きた味わいなんよなー。
こっちは値段覚えてないけど、まー知れてますわ。

th_IMG_7010_201510050023219ab.jpg


なんやろ。一応、Big プロデュースの、みたいな表記はしてあるんだけど、
スーパーのパン屋でここまでのレベル出せるもの????
私が日本で時々行ってたスーパー内のベーカリーは酷かったぞ???


やっぱり好きだわ、Big Cのパン。
このスタイルの、スーパー外での単独採算的お店がどこのBig Cさんにもあるのかは
わかりませんが、もしお見かけになったら試してみてー。そりゃ、ヨーロッパ
とかの、著名シェフが作る様な最先端の者じゃないかもけど、滋味のある、日常に
頂くにはとっても美味しいパンだと思います、ここの♪ 
コスパ考えたら最高ですよーヾ(@⌒ー⌒@)ノ


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Bun Rieu Qua 〜 あっさりカニ出汁

ブンです。
ホーチミンではフォーと人気を二分するか、単品だけで無く、鍋への添え物、
巻物の具材とかの活躍度合いを勘案したら、フォーよりよっぽどポピュラー
なくらいの麺です。断面◯の細め麺。感覚からいうと、日本のお素麺みたいな。

th_IMG_6145_20161019174740cfb.jpg 

まぁ冷たい出汁につけて食べる事は無いのですが、温かいおつゆの中でで
泳がせて食べる様は、さながら「にゅうめん」。下手をしたら、コシ至上主義の
日本人がフォーを食べた時より、馴染みがあるんじゃないかなーと思われる麺。
日本では、知名度まだまだ低いけど。

その分を使った物の中でも特徴的且つ専門店もよくある、Bun Rieu Quaという
料理。カニのスープがメインです。そこにトマトが入ります。お店に寄っては
ゴロッゴロ入れてるし、スープ炊くときから放り込んでるので、スープが赤い
色になってたりもします。カニのイメージカラーともマッチしてるので、
独特の高揚感を感じます(笑)

th_IMG_6318_201610191747415bd.jpg 

キッチリと包装された麺に、粉末スープ、かやくっぽいもの、そしてレトルトパック。
このレトルトパックは別に温める必要はありませんけど、結構味の要なので、
なるべく中身を残さない様、全部使い切る事を推奨。

いつもの様に麺を別湯でし、お椀にスープを用意しようと、調味料の小さい袋ふたつ
を湯に溶いてみたら。。。すっごい透明。日本でいうところの「おすまし」みたい。
ネギやら何やらの乾燥野菜は散りますけれども、スープ自体がすっごいアッサリ。

そこに麺を加えてレトルトパックの中身をトッピングしますと…?
こんな感じ。


th_IMG_6320_20161019174743607.jpg 

にゅうめんやな( ̄ー ̄)
しっかし、あんな薄薄の味の所に麺とか入れたら、更に味が薄まって、どないにも
こないにもならんのちゃうか?と思ったのですが、レトルトパック内の調味料が、
まーいいお仕事をされますねっ。

トマトと、多分カニの何ぞを煮詰めて作ったペースと的な物なんですが、これが
カニベースのアッサリお出汁に交ざると、途端に旨味の厚みを増して、麺を入れ
た後に物足りなさを感じさせる事無く、かといって、クドすぎる事も無く、
あくまで、お澄ましベースなので、するりスルリと食べれてしまうっ。

お澄ましの全体に、ちょっと辛味ベースが入って、その辛味の粒子が細かいと
言いますか、全体にマットに滲んでるような辛さなのでいたくはないです。
味を構成する上での締めというかストラクチャと言うか。そこの刺激が箸を
次々に進ませる要因になってるんですかね。

プラス、お素麺のようなライトな麺。
いやー、優しいわぁ。これ、飲んだ翌朝とか、おいしいんちゃう?
この手の米麺のインスタントは油っこいスープでないのがいいですね。
且つ、米麺は小麦に比べて圧倒的に胃に優しいので、インスタととは言え、
なんか罪悪感が軽いねん。(そう言う気がしているだけなんやけどね)

インスタント麺に限っては、あかん物はあかん!って言うたろと思って
たけども、これまでのとこ、どれもそこそこ美味しいなぁ(・∀・;

あ、ちなみにこれ、レトルトパックの具材が入ってるからか、高級品です。
これまでご紹介した物が3,000ドン台だったのに比べて、これを私が買った
ときは5,400ドンでした。28円〜30円くらい。
なんてったって、カニ出汁ですからねっ。高級品( ・`ω・´)b

そういえばベースの出汁のあと、ちょっとええとこの「カニ茶漬けの素」
みたいな感じの風味もあったなぁ。日本人もベトナムの人もカニ好きな人、
多いもんねー。なのでインスタントとは言え力が入るんかもですね(*´ω`)




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

Banh Cuon 〜 即席麺でもあるのか?!

ズルズルトスする即席麺に色んな種類があるって言うのは知ってたけれども、
バンクオンもあるのか!!


th_IMG_6144_20161017183411816.jpg 

Banh Cuon ってのは生蒸しライスペーパー。
米粉を溶いた生地を薄く伸ばして蒸したもの。一真一枚を破らぬようにペローンと
蒸し上げる、大変手間のかかるお料理。もっぱら「外で買うもの」として、私は、

Tay Ho
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-3325.html

さんをご贔屓にしているのですが、もちろんインスタントでは、中に具材を
ロールしたりってのは無理な話。生地だけのものなんだろうけど…
(日本の食品技術者さんとかだとやっちゃいそうだけどねw)

th_IMG_6181_201610171834125c6.jpg 

ふぅむ。
麺と言うか生地と言うか。
スクエアタイプで、ちょっとオレンジがかった色味。
さてはて。どんなものになるのやら。

やはりこれもお湯をかけて蒸らし、水気を切ると書いてあるけど、私は
クツクツと涌かして湯でました。湯切りをすると、ぷるんぷるん♪

…は、いいけど。。。
うん、たまーにある、茹で上がりのもわっとした湯気の中に、嗅ぎ慣れない
違和感を感じる香がする(^^; 乾麺には時々ある事なので、特に有害と言う
ものでもなく、且つこの商品だけが特別って訳じゃないと思うんですが、
ちょっと酸っぱい様な無機質感のある香がするんですよね。。。

これ、湯でてる最中はわからなくて、茹で上がった後に水気を切ったり、
火から上げた時にやっとわかるってケースもあるから、やっぱり湯で湯は
捨てるつもりで作業するのが吉だなーと。

th_IMG_6183_201610171834154fa.jpg 

茹で上がった物に粉末調味料乾燥トッピング、そして辛味オイルをかけて、
まぜまぜして頂きます。これ、パッケージにもTOMって書いてあるのですが、
小さい乾燥エビなんかが結構入ってて、調味料自体は良い味付け!

ただ。。。オイル量が少なくて全体に回せない殻か、すぐにダマになる(´Д` )

th_IMG_6184_20161017183416393.jpg 

なんだったら食べるラー油とか、ごま油でもいいから、ちょっと足して、
湯で上がり後になるべく素早く全体に混ぜておくのがいいかも。
加えて、さっきの湯で上がり時のモワンとした臭いが気になったので、
写真を撮り終え、食べる直前までは(んーー…、一応1枚2枚食べてみて
アカンかったらごめんなさいだな…)とか思ってたのですが。。。

あらっ。調味料を混ぜたあとは生地の臭いが気にならない!(´⊙ω⊙`)
どころか。。。麺がすんげーぷるりっぷるりっ!噛み締めるとクニュリとした
コシの様なものまであり、これ、幅をもうちょっと狭くして啜れるきしめん
みたいなんにしたら、日本でもきっと大ヒットするんじゃねーか?というレベル。

更にさっきも言いましたように調味料の味付けが良い、というか、ふんだんに
エビを使ってて、なんだったら贅沢ッつっても良い味わいだったんで、
まぁ箸止まらなかったよね。惜しむらくは、一部団子のようにくっつけあって
しまった部分で、生地同士がくっついてる所には味が行き渡らないので味気ない。

やはり茹で上がり直後が勝負ね。
お好きなオイルを少し足して、手早く全体に混ぜ込みくっつかないようにする。
これがこの麺を食べる時のコツかと思われ。

しかし、今までこんなのがあるって気がつかなかったな。
これ、Lucky PlazaのSatraっていうスーパーで買ったのですが、4500đ。
23円くらい。安いwww
他の店にも売ってるかなぁ、ちょっと気をつけて見てみよう(^・^)



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

Vi Saigon 〜 カレー風味のブンチャーヽ(・∀・)ノ

日本ではフォーや生春巻きばかりが知られてますが、
ブンチャー、美味しいですよね。美味しいんだけど。。。

何処も結構美味しいんだよ(´Д` )
だから新しいお店で食べても、レポにならんのだよ。
料理の内容からものすごく突出する事は難しいし、と言って、美味しくない
わけでもなくて、どう書くかなぁ、と結構悩ましい場面が多々。

そんな中で誘われたのがこちらのお店。
以前ご紹介した、MoTeさんを左手に見て更に進んで行った先にある感じ。
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-4343.html

歩いてて気づいたんだけど、このエリアには、
ru Pho Bar
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-3841.html

さんもあったりした(・∀・; 暫く行って無かったし、この店に行く為だけ
にしかこの周辺に来たこと無かったから脳内でリンクしてなかったわ。。。(苦笑)
なによ、このシャレなお店の集まる地域。割と周りはローカルっぽいのに、
ちょっと友達誘って行きたいお店いっぱいあるんじゃん。

th_IMG_5928_201610172014505e7.jpg 

今回のお店もおしゃれざんしょー。
一階はオープンスペースだったからちょっと暑かったけど、清潔感あったし
2階席とか所望したら涼しく過ごせるんじゃ無いかな。

お昼時だったからお客さんいっぱい。
まだ出来て間もないって話だったけど、みんな美味しい所は良く知ってるねー(笑)

th_IMG_5929_20161017201451e45.jpg 

当たらしお店らしく、メニューは写真入りで分かりやすい♪
ブンチャーが売りっぽいけど、その他のBanh Cuon系の巻物や、
ちょいちょいつまめるベトナム料理も結構な種類揃えてるっぽい。
夜にはちょっと軽いかなーと思われるけど、ランチにはもってこいですな♪
(いや、夜は軽めに済まそうよ…)

th_IMG_5930_2016101720145280d.jpg

でーーー。
ブンチャーなんですが、もうね、ありがたいよ、ライター側には。
カレー風味のブンチャー!!いえーい、取りあえず書く甲斐があるー(笑)

th_IMG_5932_2016101720145492b.jpg 

カレーッつっても、エビをカレー風味に炒めた物を乗せたブンチャーって感じで、
できれば、「追加料金払うから、もっとカレーくれー!!」って感じなんですが(笑)
これに卓上にあるヌクチャム+Sateを混ぜたタレをかけて混ぜ混ぜ。

th_IMG_5933_201610172014550b8.jpg 


エビのカレー炒めに絡まってるカレーソースはほんとにエビをギリギリ覆うくらいの
ものだし、そんなにツンツンした辛さじゃなくて、どっちかというとマイルドな
カレーソースなんで、ほんとカレー「風味」って感じなのですが、なるほど、
このアプローチはあまり他では見かけなかった。これ美味しい。ヌクチャムとも合う。

更には、お野菜が別添えでなく、既に丼の中に仕込まれてるのですが、日本で
食べる所の冷し中華的な細切りにされたキュウリやもやし、その他のお野菜が
実に丁寧にサイズを揃えて切られてて、交ざり具合が大変良いっ。

th_IMG_5934_201610172016042e2.jpg 

これなー、野菜の大きさがまちまちすぎたり、麺とそぐわない大きさだと、
無っか仲間皿ないし味も口の中で分離するのね。その辺分かった上での
調理だと思うんだけど、お野菜すっごい沢山入ってるのに食べやすい♪

ただやっぱり。。。
「もっとカレーくれー!!」
と言う心の叫びは消えないままに食べ勧める事になりましたが(笑)
うん、いいね♪ カレーとヌクチャム、家でもちょっと併せてみよう♪

場所柄か、英語が出来るスタッフさんが少ないみたいで、オーダースッとば
されたり、なかなか席に来てもらえなかったりってことはありましたけど、
んなことでメゲてたらホーチミンじゃ飯は食えん。
もしもそんな目にあったとしても、気合いで乗り切りましょう( ・`ω・´)b

ま、少なくとも写真が沢山の若いりやすいメニューがあるし、味的にも
環境的にも、ここは人をお誘いしやすい♪ カレーブンチャーは
イカバージョンもありましたし、ほかのメニューも色々食べてみたいかも。

カレー増し増しバージョンが出てくれる事を切に願いながら、次はいつ
行こうかなーと思っているのでありました(^・^)




th_IMG_5949_201610172016059f4.jpg th_IMG_5954_20161017201606582.jpg


Vi Saigon
41 Tran Nhat Duat Q1 







にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

CAT TUONG ~ 濃厚鶏出汁のフォー! ますます繁盛してる様子

***** 2016 Oct. *****
 
いやん、ブンチャーの写真ってろくすっぽ上げてなかったのね。。。
ここのブンチャー、下手なブンチャー専門店より美味しいのに。


th_IMG_5119_201610181129313b5.jpg 

ハノイ本場のタレ入り丼に比べたらかなり小さいけど、それでもお肉が盛りだくさん!
なんとなく「肉=ごちそう!」みたいな価値観があるので(中学男子かっ)
ここのブンチャー、個人的にはすっごいお御馳走なんよなー(*´ω`)

th_IMG_5122_2016101811293380d.jpg 

もう1個小さい殻のお椀出してもらえるから、ホーチミン的にはそこにブンちょっと、
お肉や野菜を入れてタレをチョロっとかける、って食べ方なんだろうけど、
ちぇりさん、面倒くさがりだからハノイ式。既にタレやお肉が入ってる器に
ブンを突っ込んでワシワシ。あんた食い方、もうちょっときれいに。。。

ホーチミンもなー、ハノイみたいにもうちょっと器大きくしてくれたらええのに。
ほいでその器に併せてタレをもっと多めにしてくれたらええのに。
ほいでその量を増やしたタレに併せて具材も増やしてくれたええのに。
(あんな、それぜんっぜん「もうちょっと」やあらへんで…)

とまぁ人間(いや主にちぇり)の欲望には尽きる所が無いのですが、
そんな中にあってもこちらのブンチャーは本当に秀逸。炭火焼つくねだけじゃ
なくて、豚バラ肉も結構入ってましてな。

th_IMG_5123.jpg 

肉祭りで御座いますヽ(・∀・)ノ
ちなみにこちらのメニューの殆どは持ち帰りも出来るのですが、スープ麺とか
だと、スープはやっぱり温め直した方が美味しいし、フォーだって、そんなに
伸びる物ではないとは言え、あんまり時間を置きたくない。

が、ブンチャーなら!
ブンはそもそも麺が細くて伸びを感じにくいタイプの麺だし(伸びないとは言わない)
このタレに関しては店で食べると気も別に熱いわけじゃない。お肉は温かい方が
美味しいかもしれないけど、脂身ジョワジョワの霜降り肉って訳じゃないし、
ベトナムの豚の脂は冷めても美味しいと言う神の様な御技をお持ちになって
おられるので、常温で食べても全く問題がないと言う、もうこれは持ち帰りの為に
生まれたメニューではないだろうかと思わずにはいられない一品。

というわけで、お持ち帰りブンチャーとしてのファンも多い様ですよ、こちら。
土曜の昼とかさ。朝のうちにベンタンで生鮮仕入れて帰りにここでブンチャー
買ってお昼はそれで済ます、みたいなん、自分の中ではスッゲー正しい土曜日の
過ごし方(笑)

肉肉しいから夜の一品に加えてもいいかと思うし、折角の持ち帰り天国に住んでる
わけなんで、こういうの上手に活用してラクチン美味しいご飯ライフ、送りましょー♪

***** 2015 Oct. *****

相変わらずチョイチョイ行ってます。
個人的にホーチミン市内だったらフォーより美味しい麺は色々あるけど、
旅行者の方が来られた際にはフォーを所望される事が多く、そういうときには
大抵こちらに連れてくる〜ですねー。

味が良いのもありますが、ブンチャーなど他の麺料理も美味しく頂けること、
ローカル食は強いけれども、そこそこ奇麗で清潔感があること、ってのがポイント。
だけど、私が最初に行き始めた頃は、全然今みたいじゃなかったよなー。
こないだなんか、壁に絵が掛かってましたよっ(´⊙ω⊙`)


th_IMG_6827_20151013182103c03.jpg

かーーーっ。昔はステンのテーブルと椅子があっただけだったのに、
看板や入り口が奇麗になって、その次は椅子・テーブルがお洒落になり、
壁の様子も奇麗になったと思ったら、今度は「絵」。フォー屋さんで「絵」。
そりゃ高尚な物じゃないかもですが、「絵」。

そういえばTシャツとは言えユニフォームができたりもしてたし、
上がった利益をちゃんとそう言う投資に回して客足二繋げようとする姿勢は
素晴らしいよね。フォー屋さんに「絵」要るか?とはお儲けど(笑)

ま、客としては、味も安定していて落ちる事が無いので安心していつでも
人を連れて行けます。


th_IMG_6825_20151013182102fdd.jpg



th_IMG_6826_2015101318210391a.jpg
 
これからも頑張ってほしい物ですが、こうやってドンドン投資してったら、
今後どんなフォー屋さんになっていくのか楽しみですね。いえ、味的な
面でってことじゃなくて見た目的な事。。。この調子で行くと、いつか
ベルサイユ宮殿みたくなるんじゃないですかね…(それはならないw



***** 2015 May. *****

あっりゃーっ、なんだかんだで更新してなかったのか。
以前にも書いた通り、1区ではトップレベルにお気に入りのお店なのでかなり何度も
行ってるのですが、あまり追記をしてなかったですね。

知らない間に2度くらいお店がリニューアルされてて、すっかりきれいになって
ましたよ!当初はすてんのベコベコに傷ついたテーブルと丸椅子だったりしたのですが、
今はこぎれいな木目調…のプラスチックのテーブルになり(豪華なんだかどうなんだかw)
表の看板は割と前から変わってましたが、外観から内装までからなりサッパリ♪

th_IMG_1807_20150510184102346.jpg


当初は鶏のフォー一辺倒だったのですが、あれこれ全部乗せのフォーも美味しく、
フォーだけのローテーションでも通ってたのですが、途中、この店のブンチャーも
素晴らしいと聞いてトライした事がありました。ら、これがボリューム満点だわ
お肉はタップリで香ばしいわですっごい美味しかった!!

すんません、随分前のえことだったんで、写真を無くしてしまったのが大変残念なの
ですが。。。。ブンチャー、オススメ。そしてつい最近教えてもらったのが、
MIEN という春雨の様な麺のもの。!

th_IMG_1809_20150510184105ecd.jpg th_IMG_1808_2015051018410533d.jpg

メニューの内容は多分変わってないのですが、メニュー自体も何かしっかり
した感じの質感になってて、「もーかってまんなー!」と言う感じ。
で、食べてみました、Mien のメニュー。今回は鶏のタマヒモとかレバーとかが
入った内蔵バージョン♪でもスープはスッキリ、フォーの為の鶏出汁でした♪


th_IMG_1810_20150510184106282.jpg


うんうん、かなり太目の春雨ですが、タップリの汁の中にあってグダグダにならず
程よい歯ごたえがあって、こりゃ確かに美味しいわ!フォーも、そもそもGI値が低い、
と言われるベトナムのお米で作られてるから、小麦の麺より圧倒的に軽いけれども、
春雨だと、なんだか更にヘルシーな気がして来ますね♪ 基本、緑豆の粉等の澱粉が
現在料だからカロリがずば抜けて低い訳でもないけど、イメージイメージwww

というわけで、楽しめるメニューも沢山あることが分かったこちらのお店。
ますます利用頻度が上がりそう。
お店がこぎれいになった事で、旅行者さんたちにも使い易くなっただろうし、
もしも数少ない食事の機械の中でフォーを食べたいなと思った時には、
ぜひともピックアップしてほしいお店です♪


***** 2012 Dec. *****


ちぇりが住んでるホーチミンの一区という所は、超絶観光地ど真ん中。
といっても、結構美味しいお店もあって、値段が若干お高めなことを
覗いては、食道楽もまぁまぁ楽しめるんです。
高いと言っても、日本円に換算すると、それでも安いし(^^;

ただ、フォーに関しては、イマイチ美味しいお店がない。。。
チェーン店は点在してるんですけどね、そしてそれもまずくはないけど、
まぁ、それなりで、たとえば人が来た時にわざわざお連れしたい、
と思うかというと、そこまではない。

また、ホーチミン在住歴の長い方の話を聞いても、1区に美味しいフォーはない、
というのが定説。せいぜい、3区(と言ってもそんなに遠いわけじゃない)
まで出向かないと、まともなのはないなぁ。。。という意見を聞き、先日
出向いたのが、

『PHO HOA』
http://ameblo.jp/cherish-your-life/entry-11397612401.html

さん。うん、ここはボチボチ美味しかった。
でも相方さんの会社近くで食べたフォー(遠すぎてちょくちょくは食べに行けない)
には遠く及ばず、まぁ、お客さんを連れてくるなら、ここでなんとかイケるかなぁ、
という選択肢でした。

んがっ。

ベンタン市場の近くに、地鶏スープが美味しいフォーがあると聞きつけ
行ってきましたよー♪ 実はハマグリスープのフォーのお店も近くに
あると聞いてたのだけど、残念ながら、そこはもう閉店されてるようでした。。。
というわけで、その日のセカンドチョイスのお店、


$☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

CAT TUONG

さんにお伺いしましたよ♪
板ってローカルな感じの店内。
しかし入口には。。。



$☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

うぉぅっ、これが噂の鶏出汁ですねっ!?
巨大な寸胴鍋の淵には丸ごと鶏が、ずらーりと並べかけられている。。。
確かにすごい量の出汁ではあるけど、なんというぜいたくな。。。


この鍋の近くに陣取って、鶏のフォーを注文した後、観察してると。。。
大きなガス火を使ってはいるのだけど、出汁をグラグラと沸かさないよう、
絶妙な温度をキープしながら炊きだしている様子。そのおかげで、
出てきたフォーのお出汁は、スッキリと透き通ってる♪

$☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

ちぇりの中の最近の定説ですが、フォーにしてもほかのスープ系の麺にしても、
玉ねぎのスライス煮込みが上に載ってるタイプのものは、当たりのことが多いような。
そしてさっそくひと口、そのスープをすすってみると…?


$☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

うおっほぉぉぉぉい!!!
なにこの、深くて味わい深いお出汁は!!!
お野菜の甘み…も、裏打ちとしてはあるけれど、それよりもとにかく、
全面に鶏の濃厚なお出汁が、シャープな輪郭を持って主張してる!!!

ちぇりが作る鶏出汁は、骨まで砕いて白濁させたものなのですが、
これは透き通っているのに、それと同じくらいのパンチがある!!!
クリーミーさこそありませんが、それでも、下に乗せるとトロミを錯覚
させられてしまうほど出汁が濃く、気持ち、塩も強い感じ。

そう、ホーチミンのフォーが今一つ。。。と言われる原因には、
出汁の味が薄めすぎて、物足りない、というのがあるんですね。
それはその後、チリやヌクマム、ライムなどを投入し、自分好みに仕上げる
ためのベースだから、ということもあるのですが、自分好みの調味というのが
どういう物かがわからず、慣れてない人はそのまま食べることになる→
なんかイマイチものたりないねー、という感想になりがち。

でもこちらのフォーは、見事にうまいっ。
なーにも足さなくてもうまいっ。
ってか、なんか足したら、このバランスが崩れそう???

そうは思いつつ、やはりちょっと気になったので、チリをひと欠け。
そしてライムをキュっとひと絞り。

☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り ☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

うぉぅ…チリのサリサリと細やかな辛さがサーっとスープに広がって、
コックリな鶏出汁にアクセント。さらにパンチがきいた感じで、食欲増進。
ライムは邪魔かなーと思ったんだけど、もともとがしっかりしたお出汁だから、
少々の酸味が加わったところで邪魔されないどころか、出汁のお味とライムの
酸味が、双方向から押し合っていて、口に入れる際にはその頂点が味わえる感じ。
うまいじゃーん!!!

ちょっと誰よっ、1区に美味しいフォーはない、なんていったのっ。
(あんたも信じてたよね)。確かに鶏に特化したスープだから、一般的な
フォーとはまた違うかもだけど、これは美味しいわよっ。ってか、過去の
鶏出汁の中でも、最強級に、ちぇりの中では美味しかった!!!
もう、一滴でも残したら罰が当たりそうなくらい、滋養タップリの深い味!!

$☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

しかも場所もベンタン市場の近くだから、割と観光客にも行きやすい店。
しもたーっ。やっぱ味覚ってのは人それぞれだし、その人がどれだけ
足を使っているかにもよるよね。やっぱり味は、自分の足で歩いて求めないとアカン!
諦めてもアカン!!アンテナ張って、探し続けなっ!!

こちらのお店、スタッフさんが、店名入りのお揃いのTシャツとか着てたから、
それなりに収益が上がってる=人気のお店なんだろうなあ。ちぇりがのんびり
食べてる間にも、持ち帰り客の注文が電話でひっきりなしで、バンバン鶏フォー、
作られてました。

若いスタッフさんはそれなりの動き方だったけど、一人男性の総元締めみ
たいな人がいて(笑)、ちょっとボーっとしてる人がいたら、チャッチャと
支持をだして動かしてたなぁ。 ホーチミンのお店ではオーダーミスや遅れ、
忘れられたりが結構あるのだけど(さすが南国・笑)、ちぇりのも、ちょっと
忘れかけられてる?と心配し出すと同時に、この元締めさんが、

「おいっ、ここのお客さんのはどうしたよっ?
 さっき、早く出せって言っただろう?!」

みたいなことを言ってくれて、事なきを得ました(笑)
メニューもね、一応写真つきだったし、何より安いっ。
豆乳飲んでも、53,000ドンだった。しかも100,000ドン出したら、
お釣りに50,000返してくれた(笑)

お釣りの端数を切り捨てて渡されることもあるけど、逆にこういうことも
あるから、きっと長い目で見るとトントンなんだろうねー(笑)
いいなぁ、南国のこういうゆるさ(笑)

例えば日本のラーメンにもいろいろあるように、こちらのフォーも、
色んな味の中の一つだとは思うけど、おススメですよっ、こちらのフォー。
ってか、ここの鶏出汁は、ぜひ一度味わってほしいっ。味はクッキリ
してるけど、スープ全部すすって喉が渇くってこともなかったから、
ほんとにお出汁の部分で勝負してるんだろうなぁ。

客人をフォーのお店に案内する際の優先順位が PHO HOA さんから
変わりました♪ 来週ゲストが来る予定だから、お連れしようっと♪


$☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村

結 〜 とかいて「むすび」と読む( ・`ω・´)b

懐かしのヤンキーフレーズで入った本日。
大変和の回でございます。

場所は繁華街から外れたところ。
かなぁりローカルな商店が並ぶ中りなので、なにかのついで、というのが
なかなかないかも、とは思うのですが、どこかに行く際に通りがかったら
ちょっとよってみてほしいお店。


th_IMG_4784_20161017212105570.jpg 

しぶいっ。
おむすびのお店!
おにぎりで、いきたいヽ(・∀・)ノ

th_IMG_4785_201610172121071ad.jpg

私、ホーチミンのコンビニのおむすびも場合によっては嫌いじゃないんですが、
(周辺諸外国のコンビニ結びに比べたら頑張ってると思うんですよっ)
まぁ敢えてわざわざ買いに行きたい、というほどではない。そもそも日本でも
必要に迫られないと、コンビニのおむすびって買わなかったんですが…

th_IMG_4791_201610172121112e8.jpg 

イートインスペースもあるこちらは、おむすび専門店っ。
こちらで育てた日本のお米、というのも使ってる様ですが、日本から輸入してる
お米を使ったおむすびもあるのがすごい♪ それはもうお米勝負、ということ
なんでしょうか。いろんな具材のおむすびがある中、輸入してる日本のお米の
おむすびは「塩結び」。かっくいーっ( ・`ω・´)b


th_IMG_4787_20161017212108076.jpg th_IMG_4788_20161017212110e87.jpg

ご覧の通り、綺麗なパッケージで、日本で見たとしても、ええとこのおむすび、
と言う感じ。ましてやホーチミンにあっては、希少価値により燦然と輝いて
見えてしまいます(笑)

th_IMG_4797_20161017214519dcd.jpg th_IMG_4800.jpg

塩昆布のおむすびとか、なつかしなー!!!
なんかシックリ来るわーっ。これ、ベトナム産のお米ってことなんだけど、
結び方もきつすぎずゆるすぎずで、ちゃーんとお米が形を成した状態でまとめ
られtるし、これで充分美味しいわー。

th_IMG_4801_20161017214522049.jpg th_IMG_4802_201610172145233ee.jpg

シンプルなしおむすびも、美味しおました。
こちらは多分日本から輸入したお米かな?冷えると、日本人的に思う所の
「お米のおいしさ」って差が出るって言われますけど、なるほど。
専門のお店で炊き方などにも気を配られてるのか、確かに違いが分かります。

家では、炊飯器、いいやつを買ってはいるけど、言うてもこっちのお米用だから
日本米の本領発揮させられんのかなぁ。こんな風には炊けんなぁ。
まぁ圧力釜使うとか直火で炊くとかやり方はあるんだろうけど、最近家で
あんまりお米炊かなく
なったから、そこら辺気合いもあんまり入らんくなったし。。。

でも、だからこそかな。
たまにおいしいお米食べれると、とても幸せ(*´艸`*)
あれやらこれやら気を使いながら炊く行程が入ると、もういっかー、って
思うこともありますが、こういうお店でひょいっと買えたらウレシイですよね。

しかも1個10kドン。おいしいお米がおごちそう、と思える日本人ニーズが
メインになってしまうかもですが、ありがたい。この周辺でお仕事されてる方
とかには、重宝されるかもしれませんねー♪ 私もたまに周辺に行くから、
その時には買って帰ろ♪


結 Musubi
91 Pho Duc Chinh , Q1
10:00〜17:00だそうですが、無くなり次第、その日はおしまいとの事


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

Ut Ca Mau 〜 カニが食いたきゃここへ行け!

***** 2015 Sep. *****

やだ。一年くらい更新してなかったのね。
でもチョイチョイ行ってます。やっぱり美味しいこちらのお店。
ただ男性を誘うときが難関なんよなー。

「カニ=面倒くさい」

公式があるから、なかなか良い顔してもらえない。
そんな時は…?
こんな攻め方もありますよシリーズ、参りますっ( ・`ω・´)b

th_IMG_4211_201610160059481db.jpg th_IMG_4212_20161016005950b89.jpg

カニ炒飯に、ほぐしたカニの身入りサラダっ。
これなら面倒くさくあるまいよっ(笑)
そして今回ヒットだったのがこれ♪

th_IMG_4214_20161016005953e20.jpg 

太目の春雨にタップリの甘辛スープをしみ込ませた麺料理。もちろんトッピングは
ほぐしたカニ!!このしっかりした味の麺にカニの必要性がどれだけあるかは
わかりませんが、とにかくカニだっ(笑)

ってか、なんで春雨に濃い味染みさせたの食べると白飯が欲しくなるんだろうなー。
永谷園さんの刷り込みやろか?麻婆春雨、白飯に乗っけて食べるの美味しいもん
なぁ!炭水化物 on 炭水化物だけど気にしなーい(笑)

th_IMG_4215_2016101601000129b.jpg th_IMG_4216.jpg

カニのピリ辛サラダとかカニの揚げ春巻きとか、殻と格闘しなくてもカニを楽しめる
メニューが意外と沢山あるの♪個人的にはやっぱりここのデッカい半ソフトシェルの
カニをがぶりとやってみてほしいとこなんだけども、面倒くさいとかって要素が入ると
味は半減するものね。だから無理強いはしたくない、でもこの店の味は食べてもらい
たい、ってことで今回はこう言う攻め方に。

ま、ランチとかだとこういう方がお手軽だしね。
鍋とかだとさ、絶対ビール飲みたくなるし(それはあなたの問題

この他にも色々メニューはあったので、カニは剥くのが面倒くさいなぁ、という方
でもこちらのお店、楽しんでで貰えますよー、という情報でした♪


***** 2015 Oct. *****

まーた行ったんんかい!!と言う声が聞こえそうですが、ここに書いてる
以上に実は行ってます。。。 アイキャッチがいいんでしょうか。旅行者の方、
在住者の方を問わず、「ここに行きたい!」と言うリクエストがかなり多い(^^;

で、あんまり同じ事を書き続けててもしかたないなーと更新を省いてたのですが…
今回はランチタイムに行ってきました!一部朝だけ、とか夕方からと言うお店も
ありますが、ベトナムの飲食店は朝から晩まで通しのところが多いのがいい所。
今回も時間の都合で13時からと少し遅目のランチでしたが、もちろん問題なく、
且つ時間制限もなく楽しめました♪

ただし、ランチタイムのお得メニューってのがあって、こちらは11時〜14時
までの限定メニュー。居座る分にはその後も居座ってて問題ないようですが、
オーダーするならこの時間ないがオススメ( ・`ω・´)b


th_IMG_7247_20151007192834299.jpg

カニ炒飯が70kドンとか、カニスープに至っては18kドンって…
駄菓子かい(´Д` ) みたいな価格。手をげっちょげっちょさせて食べるのは
面倒だし、なんとなくカニというと、「食うぞー!!」って気合い入れて
行きたくなる日本人って多い気がしますが(ハイそこ,自分だけを基準にしないっ)
こういうメニューで「気軽にカニを楽しむ」ってのもいいじゃないですかね♪
カニ炒飯、間違いなく美味しいし♡

th_IMG_7231_201510071928327cb.jpg


あとね、10月中は大カニがなんと3割引らしいですよ!
これこれ!!


th_IMG_7246_20151007192833960.jpg


オープニングセールの時でさえ2割引だったのに3割引とは…(´Д` )
ちなみにこれ、料理全部が、ってことじゃなくて、量り売りで買える
カニが、ってことなのでお間違えなく。でもま、ここに行ったらどうせ
カニ食べたくなる訳だし、こりゃこの機会に食べてた方がお得でしょう♪

メニューの最初に、この看板と同じ様なCMが出てるのでそれで指定してください。
全てのカニが30%OFFになると言うわけじゃないようで、このサービスに該当
するサイズのものがあるようなので、普通にメニューを見てカニの大中小で
オーダーすると、割引にならない事が有るかも。

「この割引のヤツをお願いします( ・`ω・´)b」


つって強調してください(笑)
でも割引なくても、これも外せないのよねー。
ソフトシェルクラブ。ソルト&ガーリック炒め。前にも食べたし写真も
載せたけどもっ回載せちゃう♡

th_IMG_7232.jpg

相変わらず、身がミッシリで味噌もタップリ。
薬味として炒められてるガーリックやネギ、パプリカなどがまた美味しいのよねーっ。
なんだったらこれ、白飯にまぶして食べたい感じ(笑)

th_IMG_7233.jpg


でもお店の人的には調理中に使う「薬味」としか捉えてないのか、
カニを取ったら速攻お皿を下げられて、残ってたその薬味類、とっとと下げ
られてしまい、まだ取り分けてなかった人は (´・ω・`)みたいになってた…
こっ、これだから食材が豊富な国の人達ってば…(泣

ランチメニューにあった野菜のガーリク炒めがあったから初めて頼んでみた
のですが、これがまたゴリュゴリュとした小気味良い歯ごたえはあるんだけど、
噛むうちにちょっとトロっとした食感もアリ、山菜のなんかのような美味。

th_IMG_7235.jpg

なんだろなー。ホーチミンでも初めて食べた。
美味しい。これもっとゴリュゴリュ食べたい。

んーで、チリクラブー♪
夜と昼では作る人が違うのか、日本人だけだからと手加減してくれたのか、
夜食べるのより幾分辛味がマイルドだった様な。。。でもやっぱり美味しかった♪

th_IMG_7234.jpg

味に幅があるってことは、例えばお子さんとかが一緒の時には、あんまり辛く
しないでほしいと伝えたら聞き入れてもらえるかもしれないですね。
かなうかどうかは分からないけど、言うだけ言うてみるのはありかも。

所で今回の大カニ、相当身がズッシリしてました。
今までこの店で食べた中で一番ズッシリしてたかも。
成長度合いにもよるんだろうけど、時期があるのかなぁ。
もう甲羅一杯と言って良い程、タマゴがギッシリ!!すげえ!!

th_IMG_7238_2015100719345164a.jpg th_IMG_7239_20151007193452d17.jpg

大きかったから1杯を半分ずつして食べたんですが、それでも、
「食った食ったー!」感ハンパなかった(^^;

そしてお昼にもっとお得なのはこちら!!


th_IMG_7242_201510071938244e5.jpg

鍋なんですけどね、カニが2杯入ってのセット価格。
通常夜は鍋セット(スープと野菜)にカニが量り売りでプラスされるって感じ。
鍋セットが70kドンかなんかで、それにキロいくらのカニがついて来るわけで、
小さなカニでも2杯頼んだらそこそこの金額になるし、カニ付きで190kドン
って金額は、試しにお鍋を食べて見るにしてもめっちゃお得!!
サービスランチにしても安すぎるやろー♪

ちなみに2〜3人で食べられるくらい。
この日は他に色々頼んでたから4人でシェアしてもお腹いっぱい。
例えばこの鍋をメインにして炒飯と野菜を頼んで何か飲んでも、
1人200kはいかんでしょうね。カニランチでこの価格なら相当ありじゃね?

あ、ちなみに昼でしたけど、うっかりこれ、頼んじゃいました(^^)ゞ


th_IMG_7229_2015100720001215d.jpg


今回はタイガーのタワービール。
2リットルのを頼んだつもりが、3リットルのが来ちゃってもう大変よっ。
(全然大変そうじゃない)
しかしオーダーミスでも気にならない。だってこれで170kドン。
遷延しない。飲む所で飲んだら4人でジョッキ1杯ずつでもその倍するぞ。

カニが美味くてビールが安い。
ビールはお店の女の子が椀子そばのように甲斐甲斐しく注いでくれる。
天国ですかねっ、ここっ( ・`ω・´)b


短期間にアホ程来ているこちらのお店でありますが、今の所味にぶれも無いし、
英語は通じ難いものの、お店の人はどのローテーションでも大体親切だし、
すっかり人をお連れするお店リストの常連店となっておりますー♪
お昼はとてもお手軽なので、よろしかったら是非一度ヾ(@⌒▽⌒@)ノ



***** 2015 Sep. *****

反響が大きくて、10日の間に本店も含むと3回目のこちらのお店。
プ…プリン体が…(´Д` )

………うん、いや一応言ってみただけ(笑)
いつもあんなにビール飲んでる奴が今更何がプリン体だよって話よね(。-_-。)

ともあれ、お連れする方する方に大好評だし、今回は前回と違う
食べ方をしてとても美味しかったのでご報告。

取りあえずかにチャーハンは外せないとして。。。
これ、小さい器に見えるけど、結構あります。
お米は軽いし美味しいからワシワシ食べられるけど、
一度量を見てから追加を頼むかどうかを考えた方が良いかもです(^^;

th_IMG_5770_20150909164227730.jpg th_IMG_5771_20150909164228b1f.jpg

そして今回の美味しかった物第一弾は。。。?

th_IMG_5772.jpg

チリクラブ!!(≧∇≦)
他にもブラックペッパー炒めだなんだってのがあって気になったけど、
とりあえずはこちら。多分私が知らないだけか、オーダーし切れてなかっただけだと
思うんだけど、ホーチミンではチリクラブ、食べれてなかったんですよねーっ。


はいもう手がデロデロになるので汚れても良い服着て万全の体勢でお望み下さいね(笑)
カニの旨味がとけ込みながらもかなりのスパイシーさ。それでいて甘味もあって、
こりゃカニ好き、辛いもの好きにはたまりまへんな!

th_IMG_5773_201509091642309c5.jpg


ソースはバインミーをつけていただきます。
そうよなー、こんな美味しいソース、余らせとくのはもったいない。

昔はマレーシアやシンガポールで、チリクラブ「だけ」を食べてお腹いっぱいに
しても、そりゃー安かった物だけど、最近では物価も上がって、特にシンガポール
ではこれが名物料理になってる割に高くて高くて…(^^;
多分、ローカルのお店に行けば美味しくてお安いお店もあるんだろうけど、
観光客のリサーチ力ではそこまでいかず。。。

それがこちらのお店ではお手軽に頂ける。
これ、超嬉しい♪
そして更に美味しかった食べ方がこちら!!

th_IMG_5774_201509091642325e0.jpg

ソフフォシェルクラブを「Fried Crab Salt & Garlic」って調理法で料理
してもらったもの。ソフトシェルクラブもデッカいカニも、基本的に
種類選んだら調理法も指定するのがオーダーの仕方の基本みたい。
なので、普通のカニでこの調理法をオーダーする事も可能なんですが。。。

th_IMG_5775.jpg

ソフトシェルクラブの状態は前回と同じく脱皮直前な感じ?
一番外側の殻ははがれてますが、その他の部分は爪の所以外殆ど丸ごと頂けます。
前回と同じくらいの成長度合いな感じでしたが、そこそこの大きさの物を
前回は蒸しカニにしたのでやっぱり殻の部分が食べられなかったんですね。でも。。

これは油で揚げてあるので、爪の固い所意外は、サックサックとおかきの
ように齧れてしまう。結果。。。そもそも300gくらいあったソフトシェルクラブの
一番外側、若干の爪の部分の殻が食べられなかったので、可食部分は230gくらい
ってとこかしら。これだけでも充分満足できるレベル。

そしてガーリックが香る塩胡椒加減がとても頃合いで、揚げてあるのにちっとも
油っこくないし、食べ易いし味は良いし、これ、お店の方がお勧めしてくれた
食べ方だったんだけど、ほんっとに勧めてもらってよかったっ。


th_IMG_5776.jpg th_IMG_5780.jpg

相変わらず味噌もタップリだったし、ほんっとにビールのアテに良い!(またかwww)
1杯の食べられる所が200gオーバーくらいあるので、他のお料理や他のカニもいくつか
頼むなら人数の半分の数を頼むくらいで調度いいかもですね。カニ200gって、かなり
ありますよ(笑)。足の部分などもサクサク食べちゃうからけっこうボリュームも感じるし。

他にもブラックペッパー炒めもやっぱり気になるし、定番のタマリンドソースも
間違いなく美味しいよなー。ここ、本当にカニだけでも何度も通いたくなるお味。
ニッコーホテルの近くにあった本店らしき所も趣があって良かったけど、
1区に在住する物としては割と近くで便利な場所に出来てくれて本当にラッキー♡

ちなみにこの日はローカルの方で超満員。
前回もあわせるとまだまだ外国の方には知られていないのかもしれませんが、
ローカルの方達には大人気の様子!美味しいものが大好きで勝つ厳しいジャッジの
彼らの足がこれだけ向いているのですから、やっぱり信頼できるお店なのかもですね♪

カニを食べたくなったら、ぜひぜひこちらのお店を候補に加えてやって
くださいませー♪ さまざまなカニ料理が楽しめますよ!!

***** 2015 Aug. *****

先日紹介したばかりのこちらのお店。
前回はホテルニッコーの近くの店舗でしたが、
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-4017.html


なーんと、美味しかったー!美味しかったー!と人に言いふらかしてる
その最中に3区にでも出来たのを発見!!(≧∇≦)

th_IMG_5623_20150830192215afc.jpg

カニ道楽さん張りのこのカニマーク、分かり易いよね(笑)
緑で美味しくなさそう(><)って声もあったけど(笑)、
泥ガニ美味しいからねー♪

前のお店は場所柄もあってかなりローカル寄りだなって思ったけど、こちらも
3区と言う場所柄ながらに結構なローカル度合い。でもエアコンスペースもあるし、
こぎれい、というか、ローカルチックなデザインに敢えてしてるのかなって感じで、
むしろ私は人を連れてくのに嬉しいかもって感じ。

th_IMG_5588.jpg


メニューは。。。おおっ、あっちのお店でも見かけたスマイリーな
カニ捕りのおにーちゃんの笑顔が(笑)

th_IMG_5579.jpg th_IMG_5578.jpg

カニを丸ごと使ったものだけじゃなく、やはりカニの身を使った春巻きやチャーハン、
その他の料理も大変充実。且つ、お店を外から見たら分かるのですが、なぜかヤギも
扱っているようで、BBQメニューもいっぱいあった!!!カニ食べてヤギ食べてって、
ベトナムローカル飯大堪能できるな、ここ!!

そして皆さん、朗報です。
ビールが安いっ ( 。•̀_•́。)b


th_IMG_5575.jpg

th_IMG_5576.jpg

1杯1杯も安いんですが、タワービールがありまして、サッポロさんので、なななんとっ。
2.5 リットル入りが170kドン!ええっ、千円?!(´⊙ω⊙`)
ちなみにこれ、タイガーだったらもっと安い模様。。。まぢか。。。

ワタクシ普段は実はタイガー派、クリスタルバージョンをよく飲んでいるのですが、
この日はサッポロガールちゃんが居て、席に着くなりサッポロのボトルをコツン♪
と置いてはニーッコリ(^^)  うーん、でもタイガーが…コツン♪ニーッコリ(^^)
あら、タワービルがあるわ、だったら銘柄が何でもタワービルを。。。

「サッポロ♪(ニーッコリ(^^))」

負けたwww
サッポロさん、サッポロガールの功績、大きいと思います(笑)
ということで。。。?


th_IMG_5587.jpg


どーんヾ(@⌒▽⌒@)ノ
やーっ、いいね!やっぱこれテンション上がる!
東南アジアじゃ珍しくないけど、これ頼める面子と言うのが中々無いので
たまに頼める機会があると、ちょー嬉しい♪

…は、よかったけど…サッポロガールのお姉ちゃん、大変そうだったよね。。。
机が小さかったから後ろ側の机にタワーを置いたままにして、グラスが開いたら
都度お姉ちゃんが注いでくれてたんだけど、すごい早いペースで4人がガンガン
飲むから殆どうちのテーブルに付きっきり(苦笑)。もう椀子そばなみのペースで
注いでもらわないと間に合わないと言う忙しさ。お疲れ様っす(^^;

まずはビールのつまみに定番のカニ揚げ春巻き。
やっぱりうまいのー♡

th_IMG_5589.jpg th_IMG_5593.jpg

気のせいか、こちらのお店の方がカニの身がゴロゴロしているような。。。
いやっ、多分気のせいです。こっちのお店の方が明るいからちゃんと
中身が見えるだけかとw

んで、こちらは女性陣が大好きなベトナム風のバーニャカウダ(と勝手に呼んでるw)。
茹で野菜に、エビや豚を使ったヌックマムベースの甘辛いタレに漬けて食べる
ヘルシーな一品。

th_IMG_5592.jpg


茹で野菜じゃつまみにならんんだろー、と思われるかもしれませんが、そもそも
お野菜の味が濃いし、タレの味がしっかりしてる上、お店に寄ってはピリ辛で、
これがなかなかつまみによろし♪ 
ゴッテリとしたつまみ食べるより罪悪感が少ないし、なにかと嬉しい一品なのです♪


さて今回は丸っとしたカニも頂きたくて頼んでみました。
そしたらこんなので出て来た!!


th_IMG_5594.jpg


なんぞなんぞー???と思ったら。。。
おおっ、中にカニさんが♪

th_IMG_5596_20150830194107351.jpg

お外に出て来て頂きますと…
あーら、でっかい!(≧∇≦)

th_IMG_5599_20150830194107bf6.jpg

それになによっ、すっかり照れて赤くなっちゃって(※^^※)(大間違い)
そしてちょっとこんな感じに見えなくもない。。。(はいそこ、読者さんを置き去りにしないっ)


qdZwZ.jpg


ところであれ???ソフトシェルクラブは唐揚げにしてもらいたかったのに
通じてなかったか?(^^; 柔らかい子も蒸されてた(笑)


th_IMG_5602_20150830194109a53.jpg

整列!!(`・ω・´)ゞ
って感じで可愛いからまぁ許そうwww

しかもこれが味噌いっぱい!!
今回のはソフトシェルと言えど、脱皮直後じゃなく直前って感じかな。
外側にまだ固い殻がついててて中身がベロッと食べられるタイプのものでした。
なるほど、これじゃ唐揚げにできん。

th_IMG_5605_20150830194231370.jpg th_IMG_5604.jpg

とはいえ、やっぱり可食部分が多いので食べ易いし、味噌ー!!!
味噌がうまいぞな!!!!
コックリと味が濃くて風味がいいのに臭みがなくて、日本のカニとはまた
違った趣。ってか多分これ、マングローブの下とかに居る奴っぽいから
そら海のカニとは違うよな。

殻の固いカニの方も見てこれ、みっしり!!!
4人+お子さん1人でシェアしたんだけど、それでも食べる甲斐があったわー。

th_IMG_5611_20150830194234cc9.jpg

調理法がいいよね。塩蒸し。日本でもカニ食べるなら蒸しか焼きが一番味が逃げない
だけじゃなく、カニの持ち味にプラスαが加わって美味しいと思ってるので、
カニ自身をしっかり味わいたいときはベストに近い調理法。

で、仕上げはお鍋。
お鍋はデフォルトらしい、ココナツジュースを入れて炊くタイプのもの、
タイのスープ風の辛いものとかあったけど、今回は小さいお子さんも居たので
辛くなさそうなデフォルトタイプを。

th_IMG_5615_20150830194928ec5.jpg th_IMG_5614.jpg


で、鍋を頼むときなんですが、メニューには価格として「70k」って書いてます。
でもこれはスープ+野菜、ブンのお鍋セットの価格です。


th_IMG_5580.jpg


カニはグラムごとの金額になりまして、大中小タイプ、タマゴを持ってる雌、
ソフトシェルクラブ、という5種類があり、そのタイプ×何杯頼むかを
決めたら実際に重さを量ってくれてお会計、と言う事になります。
(カニの数え方って「杯」だったっけ?)

やはりタマゴを持つ雌カニが一番美味しいとされ、480k/kg.
でも小さいのでも300k/kgだし、1kgのカニなんて化け物みたいなカニだろう
からそうそうあるもんじゃなく、今回頼んだのも大きい雌を頼んでみたけど
それでも600gと刻んでくるので、実質はそんなに金額に差が出るもんじゃない。
小さいのは頼んだ事無いけど、食べ易さや美味しさを考えると、大きいのを
頼んだ方がお得じゃないかな、という目算。

もちろんその日の仕入れや在庫によるから化け物しかいないときには高く
つくかもしれませんが、それでも言うても2000円前後ですよ。
タラバや松葉食う事考えたら安いもの。

このシステムが外国人には一般的でないと認識してるのか、カタコトなりにも
英語が出来る方がわざわざ出て来て、

「先程ご注文頂いたカニ鍋ですが、メニューにあった金額は鍋セットだけの
 金額でカニは別注文となりますが大丈夫でしょうか」


と、お断りが入り、且つどの大きさのカニを何杯下さいって指定したら、
一旦それを受けて奥に行き、適当と思われるカニをピックアップした後計量し、
その結果、

「600gのカニを使おうと思いますがよろしいでしょうか」

的なことを聞いて来た。
こいつらわからないから適当に高いの売りつけちゃえ!じゃないんですねーっ。
親切だし、こっちが大丈夫大丈夫!と言ってもきちんと最後まで説明してくれて
齟齬がないようにというお心遣いをしかと感じました。
ほんっと、こういうところ優しいし、心の砕き方が細かいよね、ベトナムって。


ちなみに今回は鍋の前に散々カニを食べていたので、鍋にはデッカい
雌カニを1杯でお願いしました。それを四人で分け分けしたけど充分な量。

ってか、食べ終わった頃にはすげーカニ臭くなってた(笑)
あ、ちゃんとフィンガーボウルでてくるから大丈夫ですよ♪

th_IMG_5622.jpg


あと今回はお子様がいたから控えたんですが、各種の香辛料やソースで炒めた
チリクラブ的な物もたくさんメニューにありました!!昔はマレーシアで、
チリクラブだけでお腹いっぱいになるほど食べても大した金額じゃなかったの
だけど、今やすっかり高級品。チリクラブを売りにしてるシンガポールでなんて
食べた日にゃぁ、日本の「日帰りカニ食べ放題バスツアー」の金額が
可愛らしすぎて笑けてくるほどのお高さです。

もちろん全く同じ物、とは言いませんけど、シンガで食べるチリクラブも
こういうタイプのカニを使った物が多い気がするし、味付けは違えど、
カニ自体の味が劣るとも思えない。

ほんっとに不思議なんですが、泥ガニのくせに(失礼っ!)めちゃくちゃ
味が奇麗なんですよ。うま味はしっかりあるし出汁も出るけど、カニ特有の
アクが少なく、胃袋に余裕さえあれば延々食べられる「上品」とすら言える味。

もーこれ食っとかないと損でしょ、ベトナムで!
おハイソな店で食べたらホーチミンでも高いけど、こういうお店なら多少食べた
ところで、日本の居酒屋さんで飲み食いするにもまだ届かない金額ですよ!

ちなみに4人でこんだけカニ食ってビール、タワーで飲んで、
おなかいーーーっぱいになって1人400kドンしないくらい。2000円くらいですかね。
前回本店(と思しきお店)では半額くらいだったのですが、そのときはカニ丸ごとを
頼まなかったし、今回はカニ三昧だったので充分にリーズナブル。

そういえば。。。
日本で結婚して引っ越しした際、好きなお店が自分の家のすぐ近くに支店をだしてくれた
ことがあったな。今回もそれに似た物を感じます(笑)
ニッコーの近くにある本店の住所は1区だけど、実質的には今回ご紹介した
3区のお店の方が遥かに家に近いので、今後からは行くならこちらかしら。

こんなにカニをバリバリと気安く食べられるお店、そんなにたくさん知らなかったから、
このお店は大きな収穫!しかもお店は親切で、新規店舗をオープンさせるくらいだから
味に厳しいベトナムローカルの方らの支持も得てるってことよね。

さあさあ、カニ好きさんはぜひこちらへ!!
あっ、そういえば以前、オープニングフェアかなんかで

2015年9月5日までは20%オフ


って表に書いてありました!
実はお店に行く一週間前にその表示を見たのですが、この日は何故かその
看板が出てなくて、やめちゃったのかなーって思ったんですが、お会計は
しっかり20%引きだったようです♪だからもし表に表示が出てなくても
2割引の可能性は高い? 私がお約束できることではないのですが、
もし5日までに行く機会があって割引があったらラッキーですね、ということで♪



Ut Ca Mau
215 Dien Bien Phu Q3

※Dien Bien Phu と Pasteur が交わる交差点の角の一つになります。
 上記住所をGoogleマップで検索した所、あらぬ場所が指されてしまうことがあるようで…
 
 ちなみに 213 Dien Bien Phu と入力したら私のマップではほぼ正しい場所を
 指していたと言うことが判明。。。名刺はもらっておらず、他サイトでの確認情報
 だったのですが、なるべく早く確認したいと思います。

 行かれるれる際は、Dien Bien Phu と Pasteur が交わる交差点の角
 を目指して行かれてください。読者の方のお問い合わせを頂き判明したのですが、
 もしこれまでにも誤った誘導をしておりましたらお詫び申し上げます。


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

チキンソルトなるものを頂きました♪

オーストラリアでは定番のお塩なんですって。
先日頂いたのですが、これがまーっ、ジャンキーなお味で使い甲斐がある!(笑)
(褒め言葉ですw)

th_IMG_6188_20161017190801171.jpg 

チキンフレーバーなので、塩の味自体にボリュームがあるため、マヨネーズと混ぜて
アッサリとした茹で野菜につけたり、シンプルなフライドポテトに降ったり、
目玉焼き、野菜炒めなんかにとても良く合う♪

例えばお肉ちょっとでやる野菜炒めとかも、コイツで味つけると、お野菜自体の
味がボリューミーになり、お肉がそんなにたくさんじゃなくても満足感があるん
ですよねー。

ダイエットとかさ、そういうので何でもかんでもライトにしちゃうと、なんか
「足りない」感があって欠乏しちゃって続かない、またはどっかでヘヴィな物を
どか食いしちゃうなんてことになりかねないんだけど、こうやって、取るべき野菜の
味のボリュームをしっかり確保して頂くと、結果、お野菜メインなのに充分満足、
って結果に持って行けたりするんですよねー(^・^)
ベジタブル炒飯の時なんかにもこれを使えば、はい、リッチ♪


th_IMG_6176_20161017190800103.jpg 

これくれた方、オーストラリアに長くいらした方で、あちらでは
「当然のように」キッチンにあるもののようで、私が初めて使うと言ったら、
「知らないのぉおお?!」
と驚愕されておりました(笑)

クレイジーソルトとかとはまたちょっと違う趣…というか、
ぶちゃけいえば、ジャンキーなんだけど(笑)、分かりやすくて美味しいわこれ。
いまじゃすっかりキッチンのスタメン。なくなったら。。。

買いに行くかな、オーストラリア。←コイツホントにやりかねんぞw






にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

Hu Tieu Bo Kho

えへへ。
新カテゴリー作っちゃった。

軽くて手軽で消えもので、気軽なバラマキ土産として人気のある
インスタント麺。でも、フォーだけでも色んなメーカーのがあって
どれが美味しいか分からないし、なんだったら他の種類の麺も沢山あって、
日本人的には聞いた事も無い「なにそれ?」ってのも沢山あって
どれを買って良いかわからない!!ってなりません?

自分も好きな商品はいくつかあるけど、そう言えばキッチリ違いを試して
なかったなーと思い、ポツポツ書いてくことにしました。忙しい時には
便利だしねー、即席麺(笑)

さて今回紹介する、Hu Tiuというのは麺の種類の一つ。

日本人にも馴染みの深いPhoは本来北の食べ物で、それに南部地方で匹敵するのが

Hu Tiu と言えるかもしれません。ポピュラーな物では、Hu Tieu Nam Van 

と言う料理が南部では人気。


th_IMG_6151.jpg 


丁寧に取った豚骨出汁に干しエビやその他のお出汁を加えて作ったスープで

頂いたり、濃いめのタレで和えて食べるドライタイプのHu Tiu など、

色んなスタイルが。


米から作られているという点ではPho と同じだけど、Phoに比べるとコシがある。

麺を作る際に、米粉をから作った生地を蒸してカットした後に一度感想させる

ことで、輪郭のハッキリしたコシを生み出すんですね。


またBo Khoというのは、ベトナム式のビーフシチュー。朝食の定番メニューで、

ベトナム式のフランスパンをつけて食べたりするのですが、日本のビーフシチュー

とは違い、サラリとしたテクスチャーなので麺にかけて食べたりもします。


インスタントのこのHu Tiue Bo Khoは、先に説明したHu Tieu麺に、Bo Kho=

ベトナム式ビーフシチューをスープにして食べると言う設定の物。

これが。。。よく出来てる(笑)


th_IMG_6153_2016101718343979b.jpg 


且つ、そんなに頑丈でないながらも、麺がプラスチックのケースに入っており、

他の物と鞄に詰め込まれがちなお土産にするなら、気持ちだけでもちょっと安心。


乾燥米麺の再現率はかなり高いので、即席麺の具合が良い事に関してはあまり

驚かないのですが、スープの味わいが秀逸っ。サラッとしたテクスチャーにも

関わらず、折り重なる旨味の層と程よい加減のピリ辛風味。微かに感じるトロみが

麺によく絡んでて、トッピングはチョットした乾燥野菜とアラレ程度なのに、

Bo = ビーフの旨味がしっかりとあるので物足りなさが無い。むしろ充実しまくってる。


th_IMG_6155_2016101718344244a.jpg 


もちろん、お野菜やハム、あれば炒めた牛肉なんかを乗せるともっと美味しいのは

わかるのですが、如何に手をかけずに美味しいかってのがインスタント麺の醍醐味

だもんね。スッピンで、しかもライトな米麺が主体の料理だと言うのに、

こんだけ充実感があったら、ほんと充分でしょ。


これで6200ドン。30円ちょっと。安い(^^;

お店で色々ハーブや香辛料を使いながら頂くってのには及ばないけど、

ほんっとこれ、秀逸。ベトナムの米麺は再現率が高いから、インスタントに

向いているとは思っていたけど、スープもこんだけ充実してると、

常備食にしたくなるなぁ。外にも食べに行きたいお店がたくさんあるのに

困ったもんだ(笑)


ちなみにベトナムの即席麺の作り方には、

「丼に乾麺を入れてお湯をかけて蒸らしてスープ」

となっているものが殆どですが、個人的にはちょっとお湯を沸かした中で

クツクツと炊いて麺を戻すのが好きです。


また湯で湯も、日本の小麦乾麺のように油で揚げた物ではないっぽいので、

麺を湯でたお湯は捨ててスープ用に新たなお湯を…ということをしなくて良いようにも

思いますが、稀に、製造工程で必要とされたのであろう打ち粉やその他の、ちょっと

酸っぱい香がしたり、そのままだとスープの味をジャマするなー、と感じるものが

あったりするので、スープ用のお湯は新たに別に涌かして注いでいます。


例えば麺事態に味がしみ込ませてある様なタイプ(チキンラーメンみたいなの)で

あればもちろん、湯でたり戻したお湯をそのまま使わないといけないのですが、

もしもスープが別添えの場合は、


・湯で湯は捨てる

・スープのお湯は新しいモノを使う


を基本としているので、味の感想はその手順の上での物である。

ということをご了承ください。湯で湯をそのまま使った場合は、ちょっと

感想と食い違いが出て来るかもしれませんので悪しからず。






にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

**** お礼 *****

今朝起きたらお友達から連絡が入ってまして。
そしたらコメントやらブログ経由からも何本か連絡が入ってまして。
こら、朝から珍しい事やなーと思ってましたら。。。


「ランキング1位おめでとう!」

と。ランキング。ブログで関わってる物と言ったら、ブログ村くらいのもの。
確認しに行くと(←しばらく見に行ってなかった人w)



① ② ③ 

おー!3種類あるランキングが全部同時に1番になっとるーヾ(@⌒▽⌒@)ノ

これもそもそも、「ホーチミンの美味いもん」ブログを初めてしばらくしてから
お友達が、

「あれ、やったらいいのにー」

と勧めてくれたんで試しにやってみよか、とのんびり始めたくらいのものなので
日頃あんまり自分で見てなかったんですよね。。。結果、お友達なり読者の方が
知らせてくれるまで気づかなかったと言う罰当たり(・∀・;

あ、PVラんキングだけは見てました。これはブログ村のシステムがカウントした
「閲覧数」のことで、横にある数字は直近7日間の累計だそうで、毎日更新される
ので日々変動がある数字です。

まぁ目的は数字を追う事ではなく、ひたすら食ってひたすら書いて(←書くのも
好きな人なので)楽しくやらせてもらった上で、もしも目にしてくれた人の
「美味しい」が1個でも増えてくれたら嬉しいなーというのが主旨なので、
一喜一憂すべきものではないのですが、「こういう記事のときは見てくれた人が
多いんだな、こういう記事はニーズが無いのね」と言う様な事を把握するのは
自分的にも楽しい事だったのでたまに見てました。

その他二つのランキング、IN Point というのは、いつも記事下に設置している


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 

これ。これをポチしてくれもらった数のランキング。
言うたら「イイね」的なものなんだけど、「イイね」は害がないと知っていても
このバナーだと、ブログ村を知らない人がなんか不安になるのも分かる気がする(笑) 

なので、日々ブログを楽しんで下さってるとしても「押したくない」って方がいる、
というのも分かるんですよねーw 「何処に飛ばされるか分からないから怖い」
って意見、よく頂きます。そして「ごめんねぇ」と謝って下さるのですが…

知らない物には近寄らない、って、リテラシーの基本。
むしろ不用意でない、そう言う人がお友達で良かったなぁ、と思います(^・^)
でもま、危険な物でない事はここでお伝えしておきます(笑)
ポチしてもらえると、その記事に「イイね」をしたことになって、
ブログ総合サイト内での評価を上げて貰えることになるようです。はい。

OUT Point、というのは、このポチを設置しているブログ総合サイトみたいなところ
があって、そこから海外生活→各国情報というように地域で絞り込んで行ったり
趣味や興味対象のカテゴリーで絞り込んで、そこから自分のブログにたどり着いた
と言う数字。これは自分のブログを何処から探し当ててくれたのかなってことを
知る一端にはなるので、有難いといえばありがたい。

ただま、やっぱり実感として一番意味があるかなーと思ってたのはPVポイントで
それ以外は気にしていなかったのですが。。。それぞれ一位になることはあっても
3カテゴリーが全部同時に一番になったのを目にしたのは初めて♪ 
これはさすがになんかめでたい気持ちにヾ(@⌒ー⌒@)ノ

このランキングにある意味や自分にとっての価値がどうかということはさて置くと
しても、それだけ多くの方の目にして頂けていれる、と言う事の表れであるのは
間違いのないこと。これが嬉しい。この部分が、本当に嬉しい。

あとコメントやメッセージ、メールで今回の事を知らせてくれた上でとても
喜んでくれた皆さん。私の事でそんなに喜んで下さるん?と何とも感慨深く。
今日は朝からホントに幸せいっぱいな気持ちでした(^^)

私が美味しい、と言った物が皆さんにとって必ず美味しいものとは限りませんが、
これまで試した事が無いお店や料理にトライするキッカケにしてもらって、もし
気に入ってもらえたらこれ幸い。気に入らなかった場合は「好きな物への選択肢を
絞り込めた」と思って頂き、今後の「美味しいもの、好きな物」を一つでも増やす
ツールとしてもらたらなによりです。

人生には、1つでもたくさんの「好きな物」がある方が良い。

まぁ私の場合は、1でもたくさんの「美味いもん」がある方が良い、
ってことになるんですが(笑)それを信条にこれからもやって行こうと思っています。
今後ともどうぞよろしくお付合い頂いて、一緒に美味しいもの・好きな物を
増やして行ってもらえたら、とてもとても嬉しく思います(※^^※)




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 

↑「イイね!」の代わりにポチしてくれると、
参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

ABC Aozai 〜 アオザイの布を買うなら

アオザイ、憧れてました。
ホーチミンに来るまでは。
ホーチミンに行ったら、なんかアオザイ貸してくれて写真撮ってくれる所も
あるらしいとか聞き、ほなそれぜひやってみたいわあ♡とか思ってたんですが。。。

いざホーチミンに来てみてこっちの人のシュー!!!っとした着こなし見たら、
もうとてもとても、ちぇりタヌキが出る膜は無いなと。もっと言うなら、
こんなんが着たら失礼にすら当たるのではないか?とすら思ってしまい、
すっかりアオザイ熱は冷めてました。

が、先日、「みんなで一緒に作らへん?」と言う話になり、頑に誇示する理由も
なかったので一緒に作る事に下のでした。その時に連れて行ってもらったのがこちら。

あーーーー電線が(´Д` )


th_IMG_3728.jpg 

左に見える、「313」 の看板右の路地を挟んで2件目,赤い看板があるところです。
タンディン市場の向かい側、ピンクの教会のを左手に見て前方にしばらく進んだ所。
この辺は布屋さんが集まっていて、私も周辺店で良く買うのですが、こちらのお店は
アオザイ用の布専門店っぽくて殆ど見た事が無かったなー。

しかしさすが専門店。
一歩店に入ると…?

th_IMG_3729.jpg 

とにかく布の種類がすごーい!!
日本ではオーダーメイドすることとかなかったので知らなかったのですが、
好きな服を作るって、まず布からイメージしなくてはならず、その色や柄のみ
ではなく、テクスチャーも気になる所。となると、中々素人ではうまくいかない。
この生地で作ったら良さそう!と思っても、出来上がってみたら(あれ???)
見たいな事はよくある話。

ましてやアオザイ。
馴染みの無いお洋服を作るのに、どうやってこの中から探した物か。。。と、
一瞬途方に暮れますが、ご心配なく。なんとこちらのお店の店内には、モニターが
多数用意されてて、そこに順次、アオザイレパートリーが映し出されてくるのです!

th_IMG_3732.jpg

おおっ、ハイテク!!
んでもって、各デザイン事に番号が振られているので、それをお店の人に伝えれば
呼応した布を持って来てくれます。なんて便利!!

ただ、画面は数秒事に変わっていいくので「これがいい!」と店員さんを呼んで
来た時にはもう画面が変わってしまってる、なんてこともあるので、携帯カメラを
構えておくか、冊子の方で探すと言う手もあります。

th_IMG_3733.jpg 

こちらならゆっくり見れるね(^・^)
そして店員さんが布を持って来てくれたら、下のパンツ部分の色を決め、お会計。
その際には、指定した布で作られるアオザイデザインの写真をつけてくれるので、
仕立て屋さんには、それと布を一緒に出すと同じデザインが出来て来る、と言う寸法。

th_IMG_3754.jpg 

ま、仕立て屋さんにもよりますので、もし柄物の配置とかに拘られるなら、
しっかり細かく支持した方が良いですけどね。私のは、布は間違いなく写真にあった
ものだったけれども、柄の配置がけっこう違って出来て来てしまった(・∀・;
まぁ、それも悪くはないからよかったんだけど、写真通りの物が欲しい場合には、
どの仕立て屋さんにお願いするにしても、気をつけた方がよろしいかと。

ま、そこは次の段階のお話で、布を選ぶと言う点においては、こちらのお店、
かなり優秀!必ず買わなければならないと言うものでもないので、ちょっと
覗きに行ってみるだけでも楽しいかも?また、旅行者の方でも、翌日や2日くらいで
仕上げてくれる仕立て屋さんが街中にあるので、たとえば3泊4日とかあれば
アオザイを作る事も可能かも? 私の友達は、結婚式に出席する際などによく
着てましたよ、アオザイ(^・^)

物により値段はピンキリ。今回の私のは、3500円くらいだったかな?
プラス仕立て代がかかりますが、オーダーメイドをその価格でできるっていうのは
ベトナムならでは。これを機会に、ぜひぜひ試してみてはいかがでしょう♪


ABC Aozai 
319 Hai Ba Trung  Q1





にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

The Vintage Emporium 〜 諸々センスの良いデザインドカフェ

***** 2016 Oct. コンスタントに通ってます *****

前回、帰る際に、よくお話をしてた店員さんが表に出て来てなかったので、
休憩時間かなーと思いつつ、そのまま席を立ち、店の外に出た所。。。

私が席にいない事に気づいてか、全速力でお店の外に飛び出して来て、
とびっきりの笑顔で「アリガト!!See you soon again!!」なんて
無邪気に言われちゃったもんだから「来るっ。またすぐに来るからね!!」
と条件反射で言うてしまったので、すぐ再訪w

キャバ嬢の営業にすぐ引っかかるでコイツ。。。

今回のドリンクは、スイカとライチのナンチャラカンチャラ。
これ頼んだら「スイカ、お好きなんですね!この間も頼まれてましたもね♪」
だって。おいおい、客の頼んだもん全部覚えてるのかよっ(´⊙ω⊙`)

th_IMG_5590.jpg 

って、これもまたホーチミンでは珍しい事じゃないんだけどね。
似た様な経験、何度もしてる。平気でオーダーすっ飛ばす人もいるけど、
こういう人がいるのも確かなんだよなぁ。ホンマに感心する。

んで、本日のお料理は…?

th_IMG_5593_20161016000634361.jpg 

エッグベネディクトー!!!
ホーチミンはこのメニュー食べれる所が多くて良い!!
私が住んでた日本の地方では中々お目にかかれなかった!(笑)

そして珍しく、これはブールの様なパンのレシピ。
そうか。イングリッシュマフィンが定番だけども、べつにそれでなければ
いけないわけじゃないもんな。それよりなにより。。。

もうこのオランデーズソース、見てーっ。
ポーチドエッグの上に一定の厚みを保って滑らかにピッタリと張り付くように
かけられてる。こんなん見ただけで間違いなく美味しいってわかるやん(*´ω`)

緩すぎるとパンをズブズブにしていまうし、濃すぎると卵と味が分離する。
半熟に仕上げてある黄身と固まってる白身を足して2で割ったくらいの濃度で
まさに写真のように、白身に寄り添い、足れたフチがユタユタとふくよかな
曲線を保つような濃度の物が好ましい。

そしてこの濃度って、手際と化学反応の賜物。
オラデーズソースって、バターとレモンと卵黄で作られてるので、レモンが多過ぎたり
それらを混ぜ合わせる際の手際が悪いと分離したり固くなり過ぎたりと、不都合が
色々生じるの。だから結果、全体がとても滑らかで且つ適切な濃度になってるって
ことは、それだけで「このソースうまいはず」となるんですね。食べてみないと
わからないものもあるけど、見ただけで判断できるものもあるってこと。

あと、添え物のなー、ホウレンソウ一つにしても、きちーんと茎から湯に入れてるし、
グリルドトマトなんて、まぁ丁寧にやってるわ。色も味もコントラストが素晴らしく、
まったりとした、エッグベネディクト本体の味に程よい切り替えを与えてましてね。
シェフが何を意図して何処に心を砕き、レシピを組み立て作業をしたかが手に
取るように分かります。

th_IMG_5596_20161016000635ccf.jpg th_IMG_5599_20161016000637df1.jpg

技術的な事とか知名度とかはまた別の話になるとして。。。
良いシェフの形の一つとして、皿の上の物に語らせる、というのがあると思うんです。
客とシェフは、ほどほどハイクラスかそう言う趣向の店でないと、なかなか直接
話が出来ない。でも皿の上の料理にシェフのお心向きを語らせてくれたら。。。

客はシェフと会話ができる。
このカフェで食事をするときは1人の事が多いのですが、まったくもって退屈しない。
むしろお喋りに忙しい。皿の上のお料理とのお喋りに。

客はシェフへの言葉を、空の皿でしか返す事が出来ないので、何処のどういう所が
素晴らしかったかをお皿を下げに来たスタッフさんに告げるのですが、できれば
いつかこちらの料理人さんとお話したい。その機会があるといいなー。気鋭とか
そういうのじゃなく、実直なレシピを誠実に作って下さっていると言う印象。

ほんっと、良い店教えてもろたわ。
カフェでこんなに料理にハマるとは予想外の事だったけれども、
美味しいお店を一つでも多く知れるのは嬉しい事(^・^) 
また今度はなんか他のメニュー、食べてみようっと♪



***** 2016 Sep. 前回から一週間もしない内に…*****

ちょっと朝方気持ちの沈む事があったので、これはいけない。
幸せになるお薬を摂取しに行かなければ( ・`ω・´)b
という使命感のもと、早朝から訪れました。
といっても、こちらのお店は8時から。6時開いてるカフェも珍しくない
ホーチミンでは、ゆっくりな方かwww

th_IMG_4828_20161001000136886.jpg 

さすがにまだちょっと準備途中な感はあったけど、各テーブルに置く小さな
お花を運んで来ながら、

「今朝はこの花があなたをお待ちしてましたよ〜♪」

なんて台詞が出てくるのは英語ならではって感じですな(^・^)
うん、幸せな気分になりに、この店に来て正解。
そんなに流暢ではなくても、こちらのお店の店員さんは皆さん英語を解されるので
必要なコミュニケーション以上のやり取りができるのが素敵だわ♪

th_IMG_4829_20161001000138ba2.jpg th_IMG_4831_20161001000139835.jpg

朝の間は1階の籍にも柔らかく光が差し込んできて良い感じ。
気持ちがよいってわかってるんだから、朝カフェ、もっとやってもいいなぁ。

この日は飲み物も気になっていた物を注文。
スイカとペパーミントのアイスティwww
なんやそのバラバラの感じ、絶対おいしくないやろ、とネタのつもりで頼んだら、
あらやだ。爽やか。スイカもミントもアイスティもそこにあるのに、渾然一体。
誰や、こんな組み合わせ思いついたのはw

th_IMG_4834.jpg 

この時点でかなり気分が浮上しては来たのですが、お目当ての「幸せになるお薬」、
パンケーキで気分はあっという間に急浮上。だって、見てこれー!!

th_IMG_4837_201610010001420ed.jpg 

もぉどーーーー見ても美味しいヤツやん!!
このフチのたわみ方で生地がフライパンに落とされたときの様子がわかるっ。
ホントに程よい粘度でないと、こうはならん。

しかもこのトッピング。
リンゴのローズコンポートがどうしたこうしたと書いてあった気がしたので、すっかり
皮ごとコンポートにしてバラ色になったリンゴを煮たのが乗ってるだけやろ、と思ったら、
確かにそう言う処理をされたリンゴは乗っていたけれどもやね、バラの花びらが散らされ
てる!!!しかも。。。

このバラ、ものすご品があって美味しいのっ。
ちなみにわたくし、バラは食うもんじゃねー、と思ってるタイプだし、なんなら
ローズウォーターとか頂いても、あの甘ったるい臭いにむせて、ケフンケフンして
しまうような風情の無い女です。そんなワタクシが言うのです。このバラ美味しいっ。

恐らくアクを充分に抜いてコンポートにし、更にはそれをセミドライにした感じ。
グッとくるわーっ。中身おっちゃんのちぇりさんでも、ちょっと弱ってる時に、
こんなポワポワのパンケーキの熟れにバラが散ってたりしたら、グッとくるわーっ(笑)

ほいで、見てこれ、この生地!!

th_IMG_4839_20161001000317855.jpg 

細かいやろー!メレンゲを混ぜたスフレパンケーキ、か、共立てでホイップした
卵を使ったかまではちょっとわかりませんけど、粉と水分混ぜただけではこうは
ならん。卵の扱いがものっすご丁寧。手間かけてあるわーっ。

なんか肌理が細か過ぎてグルテンも最小限に抑えられてて、サラッサラなテクスチャー。
ともすれば、堅さではなく、その繊細さからサクサクとした粉の食感を感じる程。
すっごーーーーい。

実はオーダー後しばらくしてから店員さんがすまなさそぉに言って来たんです。

「すみません、パンケーキはご注文を頂いてから作り始めるので15分程お時間を
 いただいてしまうんです。お待たせして本当に申し訳ありません」

と。
いやいや、わかるよ。いや、そのときはまだこんなに手間をかけてくれてるって
知らんかったけど、ベーキングパウダーを含んだ粉は、水分と合わせてから如何に
素早く火入れを始めるかが勝負。コシのある食感を目標とするなら別ですが、
フワフワを目指すなら特にそう。なので、生地の作り置きなんてもってのほか。
だから、

「謝ることないわー。だってそれベストの状態で出してくれようとしてくれてるんやろ?
 私の為に時間使ってくれてるなんて、ありがとうやわー♪」

これだけ言えば、向こうもこっちが道理の分かった人と知れたのか、ものっすごい
ホッとした顔で「ありがとうございます!」と。なにその安堵。もしかしたら、
「なに客をこんな待たせとんねん、さっさ持って来んかい!」とか言う人が
いるってことやろか(・∀・; まぁ料理せん人なら「ただ待たされてるだけ」って
ことになるんかもしれんけどなぁ。。。

あとなー、器が可愛かった♪
チーズクリームが入ってる器も、メープルシロップが入ってる器も、お魚さん柄♪

th_IMG_4842_20161001000318648.jpg th_IMG_4845_201610010003215da.jpg

メープルの方は魚醤的に見えるからどうかと思ったけど(笑)
ちょっと欲しいわ、この器。かわええ(*´ω`)

th_IMG_4844_20161001000320250.jpg 

に、しても、止まらん。
最初3枚?!って思った時には食べ切るかどうか自信なかったけど、いやいや、
ぜんぜん入ったわ。サラッサラでフワッフワやし、クドくないけど「甘さ控えめ」
とか腑抜けたことは言わん程度に(甘いもんは甘く食わせぇ、と言うタイプ)
ギリを攻めたウマ甘みがあって、ほんっまにひと口食べる毎に幸せやの!!

あんまりバランスが良過ぎて、クリームもメープルシロップも時々思い出した
時に強制的に使わないと、殆ど残してしまうくらいにパンケーキ単体でものすごい
成立感。実を言うと私パンケーキ、ヤイヤイ言う程好きじゃないんけど、ここのは
まぁぢで素晴らしかった!!!

美味しいだけじゃなく、幸せな気分になれますよっ。
お忙しくてセカセカしたり、気持ちがキリキリしちゃった時には、
かなり有功と思われます( ・`ω・´)b

いやーっ、グリとグラのパンケーキ屋さん(そんなものはありません)
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-3614.html
が無くなってしまったと聞いていたし、日本のパンケーキを売りにしたお店のものは
凄まじく酷かったしで、まぁホーチミンではパンケーキ文化はあまり育たんのかなー
とか勝手に思ってたけど、こんな素晴らしいシェフがこんな所にいらっしゃったとは。

これは他のメニューも気になるわー♪
カフェだけど、フード目当てにちょっと通わないけんかもしれん。こちらのお店。
こんな見事なパンケーキ、500円ちょっとで食べれるとこなんてそうはないですよ!
お茶タイムのお店に困ったら、ぜひとも行ってみて下さいませ!!


***** 2016 Sep. *****


ランチのあとで連れてってもらった素敵なカフェ。
って、ホーチミン、素敵なカフェが死ぬ程あるから、もうどうやって
紹介したら良いかそろそろ分からなくなって来た(・∀・;

カフェって、食事に行くならまだしも、今回みたいに飲み物だけって時も
多くて、そうなると尚更、紹介が単調になりがちなんですが。。。

th_IMG_4062_20160922003600e36.jpg 

間口は小さいながら、素敵そうなカフェ♪
入ってすぐの一階席は満員御礼。入れないかなーと思ったら2階にお席があると
言うので通してもらいました。その2階にも結構人がいたんだけどね。
人気のカフェなのねー。

th_IMG_4073_201609220037139a8.jpg 

壁はレンガ調、床は可愛いタイルワークでフレームは黒。
そこに、採光。このお日様の光がホーチミンのカフェデザインの大きな要素の
一つよね。デザイン自体が日本のそれとは趣が違う、ってのあると思うけど、
もし同じものを作ったとしても、このお日様の光の具合で様子がガラッと違いそう。

th_IMG_4067_20160922003604b13.jpg 




あら、結構フードメニューも充実してるのね。
しかも、「アップルローズコンポートとレモンホイップのパンケーキ」とか
「チーズとパイナップルドレッシングの地中海風サラダ」とか、
「マッシュルームとセミドライトマト添えマッシュドアヴォカドトースト」
とか、うおーーーーーっ。ワタクシの中にわずかに残る女子の部分が
メチャクチャ反応しとるがなっ。ご飯食べてなかったら絶対頼んだ。

th_IMG_4069.jpg

お野菜のスムージーや、フルーツジュースもブレンドバージョンがあるなど素敵。
朝のコーヒーもいいけど、こういうヘルシーな感じなのもいいなー。
生野菜やフルーツのスムージー、ヴィタミン摂れてもメチャクチャ体冷して
代謝落とすから、あくまで「ヘルシーな『感じ』」でしかないとは思うが、
まぁプラセボってこともあるしな(笑)
状況と摂取する人のメンタルによって体に良い事もある筈だっ( ・`ω・´)b
(なんだその精神力に頼る言い方w)

th_IMG_4068.jpg

コーヒー、お茶類にもオリジナリティを感じます。
なんだよ、「スイカとペパーミントのアイスティー」って。
ビーツのジュースが美味しいのは経験済みだけど、「ライムとカイエンヌ
ペッパーとメープルシロップ」なんてチャレンジングなメニューも。
なんぞねー(笑)

んで、結局ライムとミントのドリンクを頼もうとしたら、
「あのぉ。。。」と女のコが控えめな感じで来たので、お、品切か?と思ったら、
「こっちの方が美味しいと思います♪いかがですか?」って、ライムとミントの
ソルベを勧めてくれた。決して押し付けがましくなく、ちょっとハニカミながら
かわいらしく言われたので、断る理由などひとかけらも無いっ。それをお願い
しましたよっ。そしたら。。。


th_IMG_4072_201609220037112c4.jpg 

あーーーーー!!!これーーーーー!!!
お店に入って二階の席に着くまでに何人かの人が飲んでたヤツだ!!
気になってたのっ。よくぞ勧めてくれましたー!!!(≧∇≦)

ライムと生ミントのフローズンドリンク。。。。
毒素満載のちぇりさんボディすらも清められるかのような爽やかさ!
わーい、おいっしー!!!

ライムもミントもこれだけ鮮明で且つ、キンキンの温度で飲み易いってことは
糖分かなり気になるけども、そんな事実より私は爽やかな味を信じると決めて
覚悟をしながら頂きましたよっ( ー`дー´) 

不思議な事にこのフローズン状の飲み物、かなり量が多かったので時間を
かけて飲んだのに、ほぼ最後の頃まで溶けなかったのよねー。不思議。

あーでも個々のメニュー、ほんと面白い。
食べれてないけど、メニューを読み込むだけでどんなものか、なんでそんな
レシピが出来たのか、どんな風に作ってるのかとか想像・妄想が止まりません(笑)
目の前にいる人と結構お話ししてたんだけど、ごめん、4割くらいはずっとメニュー
のことを考えてた(笑)

内装が素敵ってのも好ましいカフェの条件の一つだけど、こういうストーリー
を感じるメニューがあるってのも大きいわよね。お店の気概が感じられる。
いいカフェなのね。だからお客さんも多いんだろうし、連れて来てくれた人が、

「いつか連れてきたくてメモってた( ・`ω・´)b」

とか言ってくれる人のリストに入るんだろうな。
うん、好きだわここ。もの凄く興味引かれました。
連れて来てくれてありがとなの♪

今度ここに朝食を食べに行ってみよう。
光が沢山入ってたから、きっと気持ち良く過ごせそう♪


th_IMG_4078_20160922003714f13.jpg 

The Vintage Emporium
95B Nguyễn Văn Thủ




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

OMG ! 〜 ベンタン市場近くのルーフトップバー!

自分的に、意外と行かないベンタン周り。
だったのですが、先日素敵なバーに連れてってもらいまして(^・^)

ベンタン市場の南西側、Pho 2000を目印に Phan Chu Trinh という通り側に
まず出て、大通りのLe Loiの裏の一本奥に入った Nguyen An Ninhという通りに
入ると、この入り口が左手に。

th_IMG_5690.jpg 

ああ、ごめんよ。この時既に酔っててブレブレ(´Д` )
この入り口さえみつければ、お姉さんがエレベーターまでガイドしてくれます。
で、上に上がると。。。?

まず奥内スペースが!
あら素敵♪

th_IMG_5718_20161016003544708.jpg 

この席に座ると、カウンターを挟んで向かい側は全面窓ガラスになってて見通しがよく、
屋内ながら中々の開放感。その窓側にもソファ席などがあって眺めが良さそうなので
すが、さすがに人気のシートみたいで、確実に座りたかったら予約が必須。


th_IMG_5720_201610160050440c0.jpg 

そして屋外席。
結構な座席数があって、開放的♪
時々イベントが会ってる夜は貸し切りで、この屋外には部外者立ち入り禁止に
なったりもするようですが、まぁ平日は大丈夫そう。

th_IMG_5693_201610160034297be.jpg 

うん、照明がかなりカラフルでチカチカ変わるのと、音が結構大きめなので、
ゆっくりしっとりシッポリお話ししたいわあ、と言う相手とは屋内の方が良いかもね。
ただ、(うーむちょっとソリがあわんぞ、でも取りあえず一杯くらいは飲まねばな)
みたいな時には間が持ってくれてええかもしれんっ( ・`ω・´)b 

th_IMG_5696_20161016003431f6b.jpg 

ここのメニューで私が気に入ってるのがShot Cocktail.
食事の直後や、もうビールは散々飲んで来たわーって時は、もうチャポチャポする
ロングのカクテルとか欲しくなくて、でも折角こんな素敵な所に来てるのに

「バーボンダブルで( ー`дー´) 」

とか言うのも味気ないっちゅーか色気無いっちゅーか、別にええのやけど
私もたまにはありますの。ちょっと可愛い感じのもん、飲んでみたいなーってことが。
Shot Cocktailが可愛いかどうかは置いといてw

th_IMG_5699_20161016003538f73.jpg th_IMG_5700_20161016003539ced.jpg

お気に入りは、Broken Heart って、カテゴリーのトップにあるヤツ。
シグナチャーカクテルのOMGなんちゃらってのも個性的で美味しかったけど、
Broken Heart ってやつがフルーティで且つキュッとアルコールのアタック強くて
あら美味しい(*´ω`)

スペースのフチまで行くと、ベンタン前のロータリーを見下ろせます。
もう少ししたら地下鉄工事の為にこの周辺が全面通行止めになるとかで、
ちょっと寂しい夜景になりそう。完成したらまた賑やかになるのでしょうけれど、
この景色を楽しみたければお早めにトライ♪

th_IMG_5712_20161016003540511.jpg 

市街地の方も結構見渡せて、ここはあまり高いビルじゃないけれど、むしろ下の
ロータリーと遠景を楽しむには、これくらいの高さが良いのかなーなんて思ったり。

th_IMG_5713_20161016003542575.jpg 

あとね、毎日入ってると言うDJさんが、かなりEdgy な感じでかっこ良かったよー♪
ギークな煽り入れたら客も客で歓声上げて応えてたしな。多分固定客がいるんだ
ろうなー。平日だったから踊りこそして無かったけど、なかなか良い空間になってました♪

しかしこんな所にこんな素敵なバーがあったのねー♪
ホーチミン、ルーフトップバーがいくつかあるとは聞いてたんだけど、
他にも巡ってお気に入りを見つけて見るの、楽しいかもね(^・^)


OMG Rooftop 
15-17-19 Nguyễn An Ninh






にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

【閉店?】SWISS HOUSE SAIGON 〜 チーズフォンデュにラクレットも加わりました♪

***** 2016 Oct ***** 

つい一ヶ月半前まではやってらしたのに。。。
しょぼーん(´・ω・`)

昨日行こうとしたら、お店なかってん。。。
全く別の店舗になってしもてて、特に移転のお知らせとかも無く。。。
8月末までは割引プロモーションやってるでー!みたいなの貼ってたのに…。

ラクレット、美味しかったのになぁ。。。
残念。。。



***** 2014 Aug. *****

チーズフォンデュが食べたいと言う客人のリクエストがあったので、
久しぶりのSwiss House。いつもの様ににこやかに迎えられ、親しげな
おくさまと、シェフの旦那様に歓迎されつつ着席。で、メニューを拝見
しはじめまいしたら。。。

おや!ラクレットがメニューに増えてる!!

th_IMG_2047_201408301620319ea.jpg


こちらでのチーズメニューと言うとチーズフォンデュ。
ラクレットは、

ALPS
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-3534.html

に行かないと食べられないなー、でもあちらはそれ以外のお料理が。。。。
ってのがあったから、美味しいチーズフォンデュをその他の料理を近くで楽しめる
だけよし、としてたのですが、なんとなんと、これからはラクレットも近くで
食べられる!!!

そしてメニューをよく見てると、日本語のメニュー名がしっかりしてる。
以前もあった気がするけど、ちょっと怪しげなところがあったんだよね(笑)
そして、価格に関して、大体の日本円価格の目安が書かれてある。

          th_IMG_2048_20140830162032db2.jpg
th_IMG_2050.jpg th_IMG_2051_20140830162036cc0.jpg

この日もランチタイムだったけど日本人のお客さんいたし、場所が何てったって
Le Thanh Ton通り。よりニーズを提供してサービスを充実させたんですかね。
すばらしい。この数ヶ月のうちに数回行ったけど何かしら都度、進化している気が。
営業熱心ですね♪

で、ラクレット。
出てくるのはこんな感じ。

th_IMG_2054_20140830162115c23.jpg

ポテトとサラミ数種類がセットになっているようですね。
本来ラクレットというのは「削る」と言うような意味で、チーズの塊を熱し、
溶けた所を削り落としていただく、いわばハイジのチーズのような食べ方のものを
指すのですが、お店で提供する場合にはそれでは効率がよろしくない。
定量も測れないし品質劣化も招きやすいし。

というわけで、チーズは最初からスライスされた物が提供され、それを専用の
鉄板でフツフツと焼きます。するとチーズがとろとろぉっと♪

th_IMG_2056_201408301621156bd.jpg th_IMG_2061.jpg

ALPSさんでは、大きな石焼式器機のセットで下が、こちらはもっとライトな
仕様。焦げ付きにくい加工をされた細長い鉄板の片方側に取っ手が着いてて、
チーズが焼けたらその取っ手を持ち上げ、鉄板全体に傾斜をつけられるように
なっており、溶けたチーズが傾斜の下の方にたらーっと流れて行くと言う塩梅。
チーズが落ちてくる下に具材を乗せた皿をスタンバイしておいてかければ出来上がり♪

ちょっと美味しそうな写真が撮れなかったのであれですがw
こんな感じ。

th_IMG_2059.jpg

こちらのお店のチーズフォンデュは、割と味加減がアッサリ目でタップリ
食べられるのが良い所なんですが、コッテリ派なら、このラクレットをお勧め。
自分のペースで都度焼いて楽しめますから、お酒飲みつつ、のんびり楽しみたい
ってときにも良いですね。フォンデュにしろラクレットにしろ、家でやると
後片付けが大変なので(笑)、お外でこそ楽しみたいメニューですね♪

おお、そういえば今回はお子様も居たので、サーモンのパスタなんて物も
頼んでみました。横取りして食べてみるとw、ショートパスタの茹で方はまぁ
ホーチミン仕様でしたが、ソースは重からず軽からず。粉チーズがついていた
ので、濃厚度はそれで調整する感じ。そしてゴロッゴロ入ったサーモンソテー。

th_IMG_2052.jpg

サーモンって、結構高くないですか、ホーチミン相場。。。
そう言う意味で、こちらも(我が家では)家庭でなかなか買わない食材なので、
個人的にはお外で食べるお料理。って意味で、アリでしたねー(笑)

あと相変わらず奥様の采配が素晴らしい。
数品のお料理を同時に運んで来たとき、スタッフさん達が適当に置こうとしたら、

「お子さんがチーズをつけやすいようにフォンデュは子供側へ
 ラクレットは手が掛かるから、親御さん達の居る大人側へ。
 ソーセージは食べたそうにしているあのお子さんが居る所に先にね」

と、全体を見て的確な采配を…(笑)
全てが客の都合に良いようになるかはその時々で違うかもしれませんが、
少なくとも、お客様に寄り楽しく美味しく過ごしてもらおう、というその
お心遣いが嬉しいですよね。そう言う心持ちがいつもあるから、メニューも
ああやって進化し続けてるんだろうなー。

「子供達が、チーズ、メチャクチャ美味しかったって言ってましたよ!」

と、伝えると、シェフがとても嬉しそうに相好崩して笑ってらしたのが
印象的でした♪ またチーズ好きな方が居たらお連れしようっと♪



***** 2014 May. *****

レタントン通りにあるスカイガーデンやらファミマの並びをハイバーチュン通り
近くにまで行ったところにあるお店。近くにはちぇりの大好きな 

La Cuisine
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-3434.html

があったりします。
二件となりくらいだったかな?

入り口はめっちゃ地味な感じですが、一応電飾のサインボードが出ているので
割と見つけやすいかと。

th_IMG_1709.jpg

入り口にはランチメニューとは別にグランドメニューも置いてあるので、
これ確認してから入ってもいいですね。
ちなみにランチは 160k。この日はサラダにシーバスのメインにデザートですって。
場所柄を考えてもかなりリーズナブル??

         th_IMG_1710.jpg
th_IMG_1711.jpg th_IMG_1712.jpg

メニュー構成はアペタイザーにシュニッツェル(カツレツ)数種類、
チーズフォンデュにお肉料理やステーキ類、デザートと行ったところ。
ランチタイムに行ったのでランチを食べてみたい気もしたけど、全会一致で、

『チーズフォンデュよねっ』

ってことになって、その他チョイチョイ頼みつつ、ワインも頼んで不良主婦w
外観も地味なら1階も地味で、ちょっと外から見ただけだと、あまりそそられないかも
ですが、にかいの通されてみたら、あらキュート♪

th_IMG_1713.jpg

えーっと、チャチといえばチャチですが(笑)、かわいいですよ♪
スイスというと、木目にヴィヴィッドな山景色ってのが相場なのかもですね。
以前、ラクレットを食べに行った、

ALPS
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-3534.html

も、雰囲気似てました♪
で、まずドイツパンとフランスパンがバターと出て来て、ワインをぐびり。
この穀物たっぷりのずっしりパンが旨いのなんの!
ベースがライかな?だから香ばしくて、少しずつを噛み締めて食べてると、
いくらでもワインが飲めちゃいそう!

th_IMG_1717.jpg th_IMG_1718.jpg

ご一緒した主婦友さんが、「これもしかして…」と気づかれたのでお訪ねしてみると、
教会近くのシュナイダーさんとこのパンだそうです。これ、買いに行こう。

で、まずはサラダ。
わーお♪

th_IMG_1719.jpg

中心に生の葉レタスがあるものの、インゲン、カブ、人参、コーンにキドニービーンズ、
ザワークラウとなどなどが、それぞれ違う味付けで和えられて奇麗に盛られた逸品です。
種類が多いし味にバリエーションが多い上に、豆類などの炭水化物系も盛られているので、
3人で食べても満足感が高かった♪ これが180kドン弱くらいだったかな?

お次はソーセージ!!でかい!!
そしてザワークラウトたっぷり!!!

th_IMG_1729.jpg

しかも多分これ、ちゃんと発酵させてるタイプで、ピクルスタイプで
ごまかしたりしていない。且つ、これが仕入れたものであったとしても、
一度温めてくれてるんだよね。愛があるなぁ。。。

ソーセージは脂の多いタイプじゃなかったけど、味が良くて食べ応えあり。
辛くない練りマスタードをたっぷりつけて食べると、またまたワインが進んじゃうー*\(^o^)/*

で、来ましたよ、メインのチーズフォンデュ!!
はい、ドン!!

th_IMG_1723.jpg


フォンデュパンはベトナムチックな陶器鍋だけどw、いやこれいいよね。
色のコントラストもいいし、耐熱性あるから向いてると思うわ。
角切りフランスパンがたくさんついてくるんだけど、茹で芋がないか聞いて、
メニューにあったのかなかったのかしらないけど、新ジャガをゆでてもらいました♪
合うのよねー、これ♪

th_IMG_1732.jpg th_IMG_1730.jpg

フォンデュソースも軽過ぎず重すぎず、ワインの配合も程々で食べやすくて
味わい深い。ちぇり的にはかなり理想のフォンデュソース!!危険や!!!
これでまたまたワインが進むーーーー!!!
やばいっ、誰か止めてーーーーー!!!(←止まる気ないやつw)

ってことで、はふー!!!!
どれもかなりのボリュームで、ぽんぽんパンパン、酔っぱらい!!
もー入らんー!!!!とかいいながら、

『よろしかったらデザート、いかがですか?』

と、店員さん。
やだっ、チョコレートムースがあるじゃない!?
ホーチミンのチョコレートムース、結構当たりが多いのよね!
お値段も、確か300円だか500円だかとお手軽だったので誘惑に負けて、

『チョコレートムース1個頼んでシェアしてもらってもいいですか?』

と同席のお二方にお尋ねしたら、

『キャロットケーキも1個いい?』

と、心強いご提案がwwww
だから好きよ、このお二人w

で、でてきたのがこちら。
ドン!

th_IMG_1735.jpg

でけーよw
これ、一人じゃ絶対食えないだろw
食事直後だったとはいえ、三人でも結構四苦八苦w

味は、チョコ成分はそんなに強く主張してなかったけど、クリームとメレンゲが丁寧に
混ぜ合わされてあって、しっかり冷やされた分、少しスプーンでの取り口は固めに
感じたけれども、大変にまろやか♪ 変にスパイスや香りの強い洋酒をあまり使って
ないので、素直な味で、心地よい口溶け。んまいな。

で、こちらがキャロットケーキ。ドン。

th_IMG_1736.jpg

うぉっほ、アイスクリーム添え♪
その冷たさに対比させるように、ケーキはほんのり温められており、
スパイスや人参の香りが、効果的にふわっと上がってくるようになってる。
パウンド系の様子だったけど、メレンゲを多用したレシピなのか、共立ての
卵をベースにしてるのか、脂っぽさはあんまりなくて、ふか…っとした口当たり。

お口に入れると、ふぉふふぉふとした軽さに含まれた風味が、優しい蒸気と共に
ほわあ…っと広がり、こーりゃ美味しい!!そしてその温かいところに、冷たい
バニラのアイスクリームな。ケーキの油脂分が少ないから、温度のコントラストの中に
味の重さのバランスができてて、いや、お見事お見事。これ美味しいわ。

ってか、この日頼んだ料理全般、デザートまで完璧やん!!
ここはちょっと、ほかのお料理も食べてみたいかも?

シェフは欧米の方らしく、スイスの方かは聞かなかったけど、優しそうな方で、
途中お料理の様子を聞きに来てくれました。ホールの女性は非常にくっきりとした
日本人に聞き取りやすい英語を話してくださる方で、一生懸命な感じ&なにかと
気を使ってくださったので、始終、気持ちよく過ごせました。

3人でワイン2杯ずつ飲んで料理三品、デザート二品。
ボトル入れた方が良かったねー、と話しながらのお会計は1700kドンと、ちょっと
ランチには値が張りましたが、飲んでるからねーw そしてあのクオリティの
お料理だったら大満足! お酒飲まなきゃ、一人350kドンくらいだったから、
めちゃくちゃ高いわけじゃないです。

んで、先にも書きましたが、ランチメニューなら160kで、使い方次第で
お手軽にも、ガッツリディナーにも行かせそうなお店ですね。

いやー、我が家から割と近いんですよ。
こんなお店ができてくれて、めっちゃ嬉しい!
ってか La Cuisine さんと数件隣って、どんなグルメストリートなのよ!!

すてきなお店ができてくれました♪
まだ知名度が低いのか、ランチタイムのお客さん数が少なかったけど、ここはぜひぜひ
知ってもらって活用していただきたい店!! 今度はステーキかカツレツ食べたいー♪


th_IMG_1714.jpg



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Coffee Factory 〜 コーヒー以外のドリンクも美味しい!

出始めの頃は、工事中の場所を利用した小さな間口のカフェだったのに、
最近は大きな店舗が続々出て来ているCoffee Factoryさん。
自分の行動圏内で割に最近見かけた物と言えば、Nguyen Thi MInh Khai通りから
Phung Khac Khoan 通りに入る所の角に出来た店舗。看板でかくて堂々と
してて、

「まーっ、しばらく見ん内に立派になって!」

と、親戚のおばちゃんのような気持ちになってしまう外観(笑)

th_IMG_5532_201610131250526a1.jpg 

店内はそんなに広く感じなかったけど、結構な席数があり、ゆったりする
感じじゃないけど、歩いてる途中なんかにサクッとひと息入れたい時には
充分な感じ。メニューが多くて驚いたなーっ。

th_IMG_5533_20161013125051899.jpg 

写真を多用し、分かりやすいし。レイアウトやフォントもポップな感じで可愛いね♪
シンプルなハイセンスさを打ち出してるカフェも好きだけど、こう言うフランクな
ところも好きだわ。ってかこれ、ホントにフランクにしか出来ない人がやったら
失敗するパターンのやつやんな(笑) 
いいなぁ、こういうポップなセンスを嫌み無く出せるデザイナーさん。羨ましい。

th_IMG_5534_20161013125051c9e.jpg

さて、お値段もお手頃な様ですね♪
Coffee Factoryとあるから、コーヒーメインなイメージでしたが、コーヒー以外の
ドリンクの品揃えが半端ない。ケーキなんかも結構種類がある。

th_IMG_5535.jpg 

一点、この名称はどうかと思ったけどね(^^;

th_IMG_5536_2016101312504755c.jpg 

言いたい事も恐らく悪気が無いのも分かるんだけども(悪気あったらあんな可愛らしく
愛想の良い対応はしてくれないと思うw)、その言葉をそう言う意味に受けとる
人がお客にいたらお店の評価が下がらんだろうか。ちと細かい指摘だけども。


ま、気を取り直して、飲み物注文。
チョーッと歩いた後だったので、もう汗だく。なんかさっぱりした物が飲みたい!
ってことで、コーヒーショップであると看板にあるのをガン無視してこんなドリンクw

th_IMG_5541_20161013135003bf1.jpg 

ライチアイスティーみたいなのと、モモのモヒート。
うん、ごめん。メニューの写真指サシで注文したから正式名称覚えてない(笑)
たしかベトナム語のメニューしか見なかったし(・∀・; (英語版があるかは不明)

しっかしこれがさーっ、美味しいの!2つとも!!
量はタップリだし、ハーブやライムがタップリ入ってて爽やかだし、まさに、
クールダウンしたい時にはピーッタリのドリンク♪ 

th_IMG_5542_20161013135006529.jpg 

ホーチミンに来て何に驚いたって、この豊富なハーブ使いよね。
日本で飲んでたモヒートってなんだったのって思うしか無い「別物」仕様。

更には、お酒の場で飲むモヒートだけじゃなく、こういうカフェのモクテル
でもあるんだよね、モヒートって呼ばれるカテゴリーが。お酒と同じく、
こちらもミントやらその他のハーブが一杯使われてる。

ガショガショストローでハーブを傷つけたりステアしなくても、その量の多さで
ハーブの魅力が充分ドリンク内に滲んでて、しかも傷つけていないからこその
開くやエグミの無い「風味」だけが生きてるんよな。なんと言う贅沢。

多分ホーチミンの人にしてみれば、そんな雑草なんかただ同然なのになにを
大げさなって話かもしれませんが(笑)、「間違えてなんか葉っぱがちょろ
っと入っとるでー(・∀・)」みたいなモヒートしか飲んだ事が無かった身と
しては大御馳走。ぜいたくやわぁ♪

食事直後と言うのにで出来心で頼んでしまったバインフランも美味しゅうございました♪

th_IMG_5538.jpg th_IMG_5539.jpg

チェーっぽく、上に綺麗な氷がザグザグかかってるのがベトナム流。
すごく特徴的に美味しいってわけじゃないけど、素直に穏やかに可愛らしい
蒸しプリンで、そこの方にはキュッとビターなカラメルが。生地が穏やかな分、
コントラストが心地良くって、且つキリッと氷で冷されてて美味しかったな。

とろとろプリンがあんまり好きじゃないので、こういう正当派な感じで且つ、
卵の扱いが上手なプリン、大好き(*´艸`*)

いやー、何処のカフェも美味しいドリンク取り揃えてらっしゃるんで、どうしても
ここでなければってことはありませんが、看板見て(コーヒーメインかー、
ちょっとコーヒーの気分じゃないんだけどなー)って時でも、良かったメニュー
見てみて下さい。爽やかライトなドリンクも沢山ありましたよ♪最近店舗拡大中
なようですし、お気に入りのドリンク見つけといたら、あっちこっちで楽しめて
便利かも♪

ハーブや果物の贅沢三昧。
日本だといくらするか分かりませんから、日本人的にはお得感も満載です( ・`ω・´)b



Coffee Factory
Nguyen Thi MInh Khai × Phung Khac Khoan

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

Bot Banh Ran 〜 味の素さんのホットケーキミックス♪

ホットケーキミックスって、あんまり使わないんですが、
あると何かと便利なので常備はしておくんですが。。。

ホーチミンで見かける輸入ものパンケーキミックスなりホットケーキ
ミックス、買ったのが軒並み美味しくなかったんですよね(´Д` )
しかも1キロ単位とかで売られてて、高いわマズイは処置に困るわ。。。

で、買わなくなってたんですが、しばらく前ごろから、味の素さんが
出されたホットケーキミックスが出回りましたよね。
あれ、200g単にだし使いやすそうだなーと思って買っておいたんです。

th_IMG_6178_20161017174820121.jpg 

で、しばらく使ってなかったんですが、先日ペチョーン(´・ω・`)
となることがあったので、これは元気になるお薬を補充しなければ
ならない( ・`ω・´)b と思い立って焼いてみました。
これがものっすごく優秀♪

まず、卵が要らない。
卵は濃度にムラがあるので、普段は牛乳と混ぜてから粉と合わせる、という
手順を取るのですが、ブレンダーででもミックスしないとやっぱりムラは残るし、
ムラが残るとどうなるかというと、粉との馴染みが悪くなったり、馴染ませたあとも
まだムラが残ったりになるので、混ぜる階数が増えるんですね。

混ぜる階数が増えると、小麦粉からグルテン(粘り)が出て来てモッテリ
と重たい生地なる。お菓子を作る方はご存知と思いますが、軽く仕上げたい
生地を焼く際には、粉と水分、混ぜたらなるべく短時間で火入れを始めるのが
鉄則。なので、なるべく少ない回数で水分と粉を混ぜられるに越した事は
ないのですが。。。。

このホットケーキミックスは、卵を使わず、牛乳を混ぜるだけ。
プラス、お粉の配合にも工夫をされているのかなぁ。ものっすごく
馴染みがよくても、本当に必要最低限で混ぜ合わせる事ができました。
= 生地の状態が大変に良いので。。。

th_IMG_6177_20161017174817c4b.jpg 

焼け具合がとても良いヾ(@⌒ー⌒@)ノ
もうこの時点でなんか幸せになって来た(笑)

焼けたのんにはバターと蜂蜜。
もうお薬だから遠慮せずにドバドバかけたったw
(用法用量は適切に…www)

th_IMG_6191_201610181123268d4.jpg 

中もサックリフワッとしててねー、
なんか自分がホットケーキ焼くの上手になった気分(笑)
食べ口が重たいのも苦手で普通のホットケーキは殆ど作らなかったんだけど、
これならちょっとパッと作って食べたくなるわぁ♪


th_IMG_6180_2016101717482027c.jpg

味もね、あんまり香料は強すぎないけど、でも自前で作ってバニラエッセンス
落としただけでは引き出せん、ホットケーキミックス特有の香ばしくて
甘やかな香があって、ものすごく好み。それでいて甘すぎる事も重い事もないし。

なにより、今まで使った事のあるホットケーキミックス、日本のを併せても
個人的には一番使いやすいんちゃうか?という印象。
何が違うんやろな。すっごい生地が扱いやすいの。
やっぱり卵入れんって所が大きいんかなぁ。

そんな派手なお菓子じゃないけど、ホットケーキって幸せやない?
ポテーッとフライパンに生地を落としたんが、ジワジワ膨らんで来て
フォカーッていい臭い放ち始めて…

うん、元気なくしたときは、ホットケーキ。
特効薬(笑)

お子様のいるご家庭に限らず、休日の朝食とかにも重宝すると思いますんで、
よかったらぜひ試してみて下さいねー♪ チョコチップやらバナナ入れても
美味しそうだし、色々アレンジしても楽しそうなのでぜひぜひですー♪






にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

Saigon Kitchen(Mgallery) 〜 木・金限定シーフードビュッフェ!!

以前こちらのランチビュッフェのことを書き、
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-4167.html

同じお店の事なので、重ねて書いても良いかなーと思ったのですが、
あまりにも趣きが違っていたので別記事にしました。

SOFITEL系列のこちらのお店は、SOFITEL本体に比べると若干カジュアル
ラインですが、デザインドホテルとしてとても素敵だし実際人気もあるみたい
だし、個人的にもとても好み。

th_IMG_5868_20161015231649801.jpg th_IMG_5874_201610152316531eb.jpg

ビュッフェの規模も、SOFITEL に比べると若干こじんまり感はあるのですが、
少数精鋭と言いますか、いや、小数というには充分すぎる品数があり、
小規模だと言ってもとても全種類食べきれる物ではありません。

th_IMG_5876_20161015231655e3a.jpg 

th_IMG_5872_20161015231650d7d.jpg th_IMG_5873_2016101523165282f.jpg


且つ。。。
何度も言うけど、ここはSOFITEL系列。
ということは、フレンチスタイルのレシピが多い。
というわけで。。。

th_IMG_5869_20161015232046df9.jpg th_IMG_5870_20161015232048fdd.jpg

スイーツ類が秀逸なんですっ。
特にショコラ!!!(≧∇≦)
ミルフィーユにムース、ガトーショコラとよりどりみどり!!
みんなが頼んでた焼きたてクレープにかけてたチョコレートソースも美味しそう
だったなぁ。。。。。

th_IMG_5896_2016101523205200a.jpg th_IMG_5900_20161015232050a5d.jpg

もうオペラなんか、アップで上げちゃおうかしら。
はい、どーん♡

th_IMG_5898_20161015232048675.jpg 

さすがにビュッフェ仕様なので小振りに仕上げたるのですが、それでも存在感が
半端ないっ。ちみっちみ頂いたのだけど、それでもひと口ひと口の充実感が
たまりませんでしたわよっ、おくさまっ。後ろにあるホワイトチョコレートの
ケーキもミルキーで美味しかったなぁ。

でーっ。
今回お伝えしたかったのは、こちら、木金に限り、シーフードナイトをされてるんだって!
この情報知らずに、たまたま行ったのが木曜の夜。予約もせずに行ってみたら、

「今夜はシーフードナイトを開催してるんですよ!」

と、誇らしげに言われて我ら歓喜。
How lucky we are!!

大きなハマグリみたいなのをガーリック焼きにしてもらったり、牡蠣もネギ焼きやら
チーズ焼きやら。まぁ私は生で頂きましたが、多分国内産のやつ。小振りだけど、
とってもミルキー♡ いきなり私「生で4つ♪」とか頼んでたけど、食べ放題です。
これだけでも私、元取れる( ・`ω・´)b (←コイツの胃腸は尋常な強さじゃないので、
イコール安全、とは言いきれませんので、生食の際は自己責任で。。。)

th_IMG_5889_20161015232643c83.jpg th_IMG_5888.jpg

こっちのシーフードビュッフェなり、シーフードレストランではあまり見なかった
気がするのですが、タラバ的なカニの足!!やーん、美味しい!!!
美保関の宿で習ったカニ足の剥き方に習って、ベローンとさせて頂きましたよ!
日本だったらここで生姜甘酢を。。ってとこですがライム塩、うまかったぇー(*´ω`)

th_IMG_5877_20161015232638696.jpg th_IMG_5894_20161015232939a34.jpg

あとこの子!!
このカニが美味しかった!!!

th_IMG_5892.jpg 

スチームしてもらっただけなんだけど、味噌が結構入ってて、身が甘い!!
まぁこういうもんは時期もあるし個体差もあるから、いつでも確実に美味しい!!
と、言い切れるものではありませんが、トライする価値はあるかも。一緒に行った
みなさんは、剥くのがめんどい、ということで、当初食べる気がなかったようですが、

「カニ剥き、ばっちこーいヽ(・∀・)ノ」

な、ちぇりさんがそこにいたので、バキバキと食べやすいように解体したら
食べてもらえたw しかも「これ、メインよりも美味しいかも?!」との声続出。
この手のカニ、日本では少ないし、機会がある人はほんっとこれ、食べてみてほしい。
蒸し加減も絶妙で、ぷるっとみずみずしいし甘いし、ほんま最高。

でまぁ、そんな磐余片したあとに出すのもなんですが。。。(笑)

th_IMG_5880_20161015232640d00.jpg 

は、ロブスター、食べ放題ですよっ( ・`ω・´)b
刺身はお訊ねしなかったのですが、チーズ焼き、ガーリックバター焼き、タマリンド
ソースなど、お好みの味付けで調理してくれる様子。鮮度が良いなら今度自分で
刺身にさばかしてもらおうかな。。。。w

th_IMG_5891_20161015232644eba.jpg 

見た目そんなに変わりませんけど↑チーズ焼き。
↓ガーリックバター焼き。

th_IMG_5899_2016101523294058d.jpg

昭和の結婚式やと、これが出てくると「奮発したなー!」みたいなバロメーターに
なってたよね。。。いやま、こちらの国でも高級品ではあるんだけどね。。。
食べ放題。。。なんならこれだけでお腹いっぱいにしても誰も文句を言いません。。。
所変わればなんとやら、ですなぁ。。。

ホーチミンに来た当初は、このロブスターが食べれて、お刺身でも頂ける、という
こともあって、シーフードビュッフェといえば、Nikkoさんという話を聞き、
そこにしかないものであろうくらいの勢いで珍重してた物ですが、結構そうでも
なかったw そういえばロブスターはこちらのビュッフェにもありましたしね。
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-4127.html

ただま、料理全般、今回のMgalleryさんの方が1段2段、上ですなぁ。
スイーツまで入れると、規模は小さい物の、個人的にはこちらの圧勝。

あとこちらのレストランの何が良いって、スタッフさんがみなさんとにかく
よく気がつくし親切ですねっ。フレンドリーでもあり、大変に居心地が良い。
あと、まだあまりここのシーフードビュッフェなり、ビュッフェとしての価値が
知られていないのか、お席がゆったりしていて、ガヤガヤし過ぎていないのも良い。

価格設定も2段階あって、
食事+コーヒー・紅茶・お水 の場合は、880k ドン。
食事+ワイン・ビール。ソフトドリンク類 の場合は1088kドン。

まぁこれに税金・サービス料が付くのでそこそこなお値段にはなるのですが、
たしかこちらは、飲む人飲まない人がグループ内に混在してもちゃんとカウント
してくれたと思います。ランチの時にそれやった。

SOFITEL系列なので、ACCORクラブメンバーカードが使えたため、今回は
1人1,000k ドンにて収まりました。あれだけの質の良い料理にスイーツ、
プラス酒が飲み放題で5000円。毎日の食事では無いけど、たまぁにちょっと
した集まり事がある時何ぞには大変お得なプランじゃないかと♪

やーっ、それにしてもラッキーだった♪
通常ディナービュッフェだったとしてもそんなに金額大きく違わない筈なので
これはお得!次回は木金狙い撃ちにして、また行きたいと思いますヾ(@⌒ー⌒@)ノ


Saigon Kitchen (Mgallery)
76 78 Nguyen Thi Minh Kha





にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

Than Phat 〜 ブンタウの名物海鮮料理屋,偽物に注意!

***** 2016 Sep. ******

なーんと、ランチに別のお店で海鮮食べたのに、ちょっとお茶して帰る前にもう
一件、と、更に海鮮料理のお店に行ってしまったワタクシたち。。。(笑)
女性だけで行動すると、思いつきで無茶を言っても結構実現しちゃうから好きよ。

え?女性全般を一緒にするな?
そ、そうですね(・∀・;

この日の前後はお天気が不安定だったので、良い素材が上がってるかなーと心配
でしたが、魚種も豊富で、特に牡蠣なんかとても立派な物が入ってた♪

th_IMG_4385_201610012245142b8.jpg th_IMG_4386_20161001224516a4c.jpg


ここで必要量を選んで調理法を指定しても良いけど、料理の事がよくわからないなら
メニューを見て注文しても大丈夫。合わせ技で、見かけた素材の写真を撮っておいて、
注文を取りに来てくれた人に、「これを炒めてほしい」とか「蒸してほしい」とか
言うのもあり。ただしあんまり英語通じるスタッフさんいないけどね(^^;

th_IMG_4388_20161001224519d68.jpg 

今回はものすごーーーーくりっぱなマテ貝が入ってて興味が有ったので頼んでみました。
グリーンオニオンでBBQ。これが。。。好評だった!グループの中でも「これがこの日の
一番のヒットだった!」って言う人もいて、選んだちぇりさんご満悦(^・^)

th_IMG_4395_20161001224550bb5.jpg 

で、でけぇ…(・∀・;
日本で食べられるマテ貝って中指くらいのサイズだと思うんですが、
「お前シャウエッセンか?!」って位の太さと長さ。むふ。美味しそう(*´艸`*)

ちょっと一本丸ごとだと食べ難いのでカットしてもらうと良いですね。
貝のギョルッギョルとした小気味良い食感に深い旨味。でもアクは強くない。
確かに美味しい。これまであんまり頼んで来なかった気がするけど、これ、
今後も結構使えるかも!


th_IMG_4392_20161001224549432.jpg 

シンプルに海老を蒸しただけの物をライム塩で食べるのも、散々海鮮食べた後だと
グッと来た。このシチュエーションをなぞろうと思う人がいるかどうかは別ですが(笑)
こういうシンプルな料理は後に持って来ておくと良いかもですね。

th_IMG_4391_2016100122454782f.jpg

牡蠣のネギオイル焼きは安定の美味しさ。
私は生で食べましたけど(*´ω`)

あとはお粥。Chaoって言うんですよね、ベトナムで。
朝食なんかにもよく食べるけど、お粥文化って本当にありがたい。

th_IMG_4390_20161001224546b79.jpg 

日本にもお粥はあるけど、お外で食べられる機会って少ないし、
美味しいお出汁で炊いた中国系のお粥となると更に巡り会うの難しいから
日本にいる時よりお粥食べる機会増えちゃった。

ほら、今回みたいに海鮮でランチ食べた後の追い海鮮する今回みたいな
時にも、軽いベトナムのお米で作ったヤツだと胃袋に優しくて。。。
(だからそんなことする人いないってば。。。)

うん、やっぱりこちらのお店は定番。
この日は平日だったので、いつもの週末のにぎわいは無かったけど、
それはそれでまたゆっくりした雰囲気でよかったかも。
安定の美味しさです。ブンタウに行ったらぜひどうぞ♪



***** 2015 Apr. *****

さて、ブンタウに来たらこちらも毎回来てる海鮮料理屋さん。
で、料理は何度もレポートしてるので、今回は重要なお知らせを。。。

実はこちらの海鮮料理がある場所には、他にも似た様な料理屋さんが並んでます。
しかもよく見てみると、アルファベットの綴りが同じお店が何件もある。
まぁ商売繁盛して拡張したのかなーなんて思ってましたが。。。

先日うっかりいつも行く場所所の一つ手前に入っちゃったんですよ。
そしたら。。。


          th_IMG_0249.jpg
th_IMG_0252.jpg th_IMG_0253.jpg

いつも食べてるシャコの塩の仕方は甘いわ、ガーリックライスの炒め方もイマイチ。
揚げ魚なのに身がゆるく、多分油の温度を間違えてる感じ。まずいって訳じゃなく、
ほどほど美味しく頂けるんだけど、明らかに冴えが無い。エッジが立ってない。

おかしい。こんなゆるゆるな感じな事はなかったのになー。
ってか、むしろ感心する事が沢山毎回あってたのに。。。
と思ってたらあなた、。。。


                     X
th_IMG_6075_20150405014631c16.jpg th_IMG_0254.jpg


うっがー!!!!!
アルファベットよ魅した時の音が似てる!!
でも綴りは違うし発音記号も全然違う。。。

やられた。。。
同じなのか、と店の人に聞いたら自信満々に隣のお店と同じだと言われたので、
キッチリ看板見比べるのを怠った。。。。


実はこの記事を見て行ってくれた方が以前いて、でもその方、どうやらこちらの
お店に入ってしまったようだったのです。で、その方曰く、どうも私が紹介した
お店とは違ってたようで悔しかった、ちゃんと確かめれば良かった、と言われてたの
ですが、まぁ同じ場所で捕れてるもののことだし、海鮮料理なんて素材が命。
あの辺のお店だったらどこもそれなりに美味しいんじゃないかしら?なーんて呑気な
ことを言ってたのですが。。。

うん、その方が言われてた事、全く正しいっ。
全然違うわっ(屮゜Д゜)屮

その方が私の味覚をどうやって感知したかは疑問ですが(笑)
よく違う店だったと気づかれたなー。
だって何度も行ってる私でも、「お店拡張したのかなー」なんて呑気な事を
考えながら見逃してたのに、何かおかしいと思って確認されたんだろうから。。。

あれですな。街中でも良くある、流行った店があるようだから、となりに似た
名前(又は同じ名前)の店を出したろ。間違えて来る客もいるんじゃね?
もしくは片方が混雑している時のおこぼれもらえりゃ、ちったー儲けになる
んじゃね??みたいなやつ(-”-)

いやー、体験してないままに大変いい加減なことを申し上げてしまいました。
断言します。この二つの店、ゼンッゼン味が違いますっ。なのでこれはキッチリ
区別したい。そしてできるなら確認して、いつものおススメ店の方に行ってみて
ほしい。味の攻め加減が全然違います。

外観の違いも出しときますね。
並んでるのでうっかりしやすいですが←うっかりした人
綴りも違うし、発音記号も違います。


                     X
th_IMG_0264.jpg th_IMG_0266.jpg

で、本家の方には、真向かいに同じ名前の別店舗があります。
この向かいの方に桶に入った魚介類がビッチバッチしてるので、そこで選んで
その二階か、海沿い側の方の広い広い座席の方に案内されます。そうそう、
本家(と勝手に決めてますが)は海側に面した客席部分が

th_IMG_0267.jpg

ものすごーーーく広いです。そして食事時には殆どそれが埋まってワイワイ
していることが多いです。パチもん(これも勝手に決めつけてますが)の方は、
割と人目で見渡せる程度の、さして広いとは感じないごく普通の食堂店舗の様相。

もしもブンタウで海鮮料理を、とお考えで、こちら周辺のお店に行かれる際は、
ぜひぜひ、ご注意されて下さいませー。


***** 2015 Feb. *****


旦那さんはブンタウにサーフィンをしに行ってるわけですが、
わたくしはもっぱらインペリアルホテルに泊まることと、
こちらの海鮮料理屋さんに行くのが目的!(笑)

ベトナムに来た当初はどんなに海鮮料理が安くて美味しいのだろうと期待に
胸を膨らませていた物ですが、ホーチミン市内の海鮮料理屋さんって結構高い…。
日本に比べれば安いかもだけど…いや、最近では日本の方が安いかもなぁ。
ベトナムならではのものもあるとはいえ、ちょーっと日常使いにするには
コストがあわない。

でも、ニャチャンとかブンタウとか、海に近くのリゾート地に行くと、
途端にお安くなるんですよね♪ 土地ならではの物も沢山あるし♪
ただ…

ウチの旦那さんは甲殻類アレルギー。
2人で行くと食べる物が限られる!ヽ(;▽;)ノ

「ちぇりさんは海老蟹、食べたらいいじゃないですか♪」

とは言ってくれる物の、1人で海老カニの山に食らいつくのも気が引けまして…
ってことで、今回は別のご家族と合流しての念願の海鮮料理。
さー行ってみよう!!


まずは店頭に並ぶ魚介類を指定。
これが込んでる時はまー積極的に行かないとなかなか係の人に取り合ってもらえない(^^;
日本語でも何でもいいから主張しましょう。嫌な顔されてもひるんではいけません。


          th_IMG_6084.jpg
th_IMG_6083_20150125170240615.jpg th_IMG_6082.jpg

カキ、カニ、シャコ、海老、その他のお魚。色々あります♪
シャコ2匹!!と言ったら2キロくらいを取り分けられそうになって、
ちがーうちゃうちゃう!!!2匹ー!!ハイカーイ!!(←これも正解か分からん)
と叫ぶ場面も少々(^^;


貝類が奇麗に整列してお出迎えしてくれてたり、蟹を一杯一杯、目にも留まらぬ
早業で〆ていたりと、なかなか珍しい光景にも出会えます。


         th_IMG_6104.jpg
th_IMG_6106.jpg th_IMG_6105.jpg


行きたまま調理するより〆て調理した方がストレスが無くて味の落ち方が
緩やかで済むんやろうな。ホントに細やかだねぇ。


で、本来は選んでどう調理するかってのを伝えないといけないんだけど、
伝わらない場合は「グリル!!」と行っておけば良きに計らってくれます(笑)
ちなみに、店内には別にメニューがあるので、ここでのやり取りが面倒くさいと言う
メニューからご注文を。全部じゃないけどイラストがあったりしてなんとなく
推察もできます。英語も書いてあったし。

まずはカキのグリルー♪
ネギ油とナッツがかけてありますね。定番ですが、これ、美味しい♪


th_IMG_6085.jpg


そしてシャコ!!
でっかいシャコ!!!
こんなの日本じゃなかなか食べれない!!


th_IMG_6086_20150125170241b2d.jpg

もう、身がプリップリ。
大きいから手間もかからん。
そしてシャコの身だけをお口の中一杯に頬張れる幸せ。。。


th_IMG_6087_201501251738250a2.jpg


こればっかりはベトナムでのお楽しみやなー。
むふふ(*´艸`*)

貝類もおいしいですな。ちょっと小さめだから手間だけど、ひじょーに
奇麗なお味をしてる。アクが無い。茹でただけっぽいシンプルなものに
ライム塩をつけてペロリ。

th_IMG_6090.jpg th_IMG_6091.jpg


ガーリックチャーハンは定番なのですが、ハマグリのカインチュア
(ちょっと酸っぱみのあるスープ)もうましっ。ハマグリは剥き身。
贅沢よなっ。


th_IMG_6093_20150125173108dcf.jpg th_IMG_6088.jpg

で、今回お初で頼んだのがこれ。
なんと、ハター!!!!ヾ(@⌒▽⌒@)ノ

th_IMG_6094.jpg

でっかいでー!!
30cmはあったんちゃうか?
竿に当たってあげようったって、なかなか上がらんレベルの太さ!!
こんなん日本で食べたら一体いくらすることやら…(((;゚д゚;)))
で、写真の様な様子で来たから早速食べよう!と箸を付けたら…


『待って待って待って待ってーーー!!!
 まだ!!まだだから!!!』


と、店員さんが必死の形相で飛んで来た。。。
お魚ももう蒸されてたし、感性経過と思ってたら、垂れの入ったお皿の上で
薬味のネギとかがシンナリするまで温め直してから頂くんだって…
どんだけ欠食児童だとおもわれたのか…(^^;


というわけで、ゴーーーーーーーーーーっ。


th_IMG_6097.jpg


うおっふぁー♪
身がホックホク!
こんだけデカかったら、少々雑にむしっても身だけがゴローっと取れるし、
食べ易いわ美味しいわ、上がる蒸気からもハタの風味がホコホコ上がってお御馳走♪

で、食べ進めてって驚いた。
腹の部分、もちろん食べられない部分は奇麗に掃除されてるんですが…


th_IMG_6099.jpg th_IMG_6100.jpg


ちょっと分かり難いし写真グロくてごめんなさいよ(笑)
あのね、胃袋と肝がちゃーんと残されてましてん。
これくらい大降りの魚になると、胃袋って美味しいんですよね。コリッコリして。
タラの胃袋をキムチにしているチャンジャなら召し上がった事ある方も多いんじゃ
ないでしょうか。

でも手間がかかります。
ここだけ残してお腹掃除するって。
自分でやるときもまずガーッサリと内蔵出してザーッと洗ってしまう。
蒸し物なら特に匂いが残らないように、奇麗サッパリ取り出してしまう。
逆に言うと、残したまま臭みを残さず調理しようと思ったら、相応の手入れが必要です。

それを、やってくれてはんねんなー。
冒頭のカニ〆もやけど、ほんっとに丁寧。
有名店ではあるけれど、決して高級店じゃないんですよ。
雰囲気も気軽な食堂。それでこんな手間をかけて下さる。
美味しい所をご存知で、ちゃーんと楽しませてくれる。

素晴らしい。
もうベトナムでは何度もこんな場面にであった事があるけど、やっぱり感動するわ。
この人ら、どんだけ食を大事にしてんのやろなー。食を大事に、というか、
美味しいもんを追求する、というか。はーっ。感心したっ。


加えて、この日は海辺の席が一杯で(何百人も入りそうなスペースなのに!)陸側の
二階席に通されており、そちらもほぼ満席になりつつ、てんてこ舞いだったと言うのに
料理は足りてるか、とか、飲み物はどうする、とか何かと気を使ってくれてたし、
お魚の件だって目を配ってくれてたから「まだやでー!!」と教えてもらえたものの、
ほっとかれたらあのまま食べ尽くしてたとこやったわ(笑)

ザックリ感はぬぐえないので、高級な場所でおもてなしを、と言うケースには向かない
かもしれませんが、良いお店だと思いますー。美味しいし安いし♪
周りには類似のお店が沢山並んでいるのですが、いつ行ってもこの店だけが繁盛
してるし、繁盛してる店=美味しいお店というのはベトナムの鉄則。
ブンタウに行かれたら、ぜひともお試しくださいませー♪



th_IMG_6075.jpg

334 Trần Phú, 5, tp. Vũng Tàu
↑2号店とかもあったりする様ですが、レストラン名を見せると、大抵私が行ってる
本店らしき方に連れて行ってくれる様です。フェリー乗り場からタクシーで
10〜15分くらい。150k〜180kドンくらいだったかな?




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪



Vựa Hải Sản Thành Phát

昼総合点★★★☆☆ 3.8



関連ランキング:ベトナム料理 | グエンフエ通り周辺


sidetitleプロフィールsidetitle

Author:ちぇり
FC2ブログへようこそ!

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleブログ村PVランキングsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
アップグレード 追加 作成済み/作成可能プロファイル数:0/1 キーワードをご入力ください ご指定の条件に該当するデータがありません * 他のユーザーから閲覧もしくは管理権限を与えられたプロファイル ユーザーガイダンス 解析コードの実装方法 Google Tag Manger 1.下記の解析コードをコピーして、解析を行いたい全てのページの から の間に貼付けてください。 解析コードのコピー 2.解析コードが実装されたウェブサイトを開いてください。 3.解析コードが正しく実装されたか確認してください。 チェック 閉じる
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR