今年もお世話になりました

年末年始のごあいさつを、こちらのブログでさせてもらうのは
もう何回目になるでしょう。

今年は特に、みなさんにお礼を申し上げたい。
自分の趣味であったり、右も左もわからなかったホーチミン暮らし初期の
頃に、何か自分にできることを、と思って始めたこのブログ。

言って見れば、自分の為だけにやってたところがあるのですが、
気がついて見ると、たくさんの方が読んで下さって、時に厳しい
ご意見を頂いたり、時に、

「ブログを頼りに行ってきました!」

のような嬉しいご報告を頂いたり、お店の情報を寄せてもらったり、
あまりの食べっぷり飲みっぷりに呆れられたり(笑)としている内に、
今年に入ってから急速に読んで下さっている方との距離が縮まったような
気持ちに勝手になっております(^^)

いくら自分のために自分が始めた自分が好きなこととはいえ、レスポンスが
あるのとないのとではモチベーションが間違いなく変わってきます。
ほったらかされていたとしても、多分この食いしん坊は勝手にあれこれ
食べていたものと思われますが…(笑)

より楽しく、より好奇心を持って楽しく食べ歩き、記事にできているのは
偏に皆さんのおかげと感謝しています。今年も一年、ありがとうございました。
来年は、より楽しんでもらえるように色々企んでいますので、今後とも
引き続き、よろしくお付合いして頂けたらとても嬉しく思います♪

では皆様、良いお年をお迎えくださいませ(^^)


ちぇり




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、 
参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ
スポンサーサイト

Vung Tauで海鮮食べまくり♪ 〜 プライベートリムジンで楽々♪

そういえば、Vung Tau ツアーにまた行ってきましてん。
ツアーと言っても自分で車をチャーターして、行きたい所を指定し、
現地であちこち行った後にホーチミンに帰って来ると言う完全オーダーメイドです。

車をお願いしたのはこちら。

th_IMG_0768.jpg 

こちら、基本ベトナム語なので最初に繋いでもらうにはマンションのスタッフさん
の手を借りなければならならないのですが、あとはSMSでなんとかかんとか。
時間、人数、行き先などの基本情報は最初に伝えてもらっとくのですが、重ねて
基本情報を相手に知らせて返事が来たら予約完了。

まぁシステム化されてるわけでもなさそうなんで、運ちゃんにもよりけりなのかな
って感じなんですが、今回は相手が若干英語ができたので、これまたこちらの
若干のベトナム語で何とかやり取りして成立。

今回は以前より一人多い7人で申し込み、且つ、リムジンでお願いしたので、
朝9:30出発で、19時にはホーチミンに帰って来る段取りで2,500,000ドン。
一人頭、往復で1600円くらい。うん、バスならもっと安いんだけども、
その人数になると同時に一つの車で移動できない可能性もある。みんなで
楽しくワイワイやろーぜ、が一番目的なので、ここは必要経費ってことで(^^)ゞ

th_IMG_0731_20161228112604d59.jpg th_IMG_0735.jpg
 
往復の快適さも大きいかな。片道1時間半〜2時間。ボチボチな距離ですので、
ここで疲れてしまうと旅が台無し。しかも当然酒を飲むメンバーなので、あまり
過酷だと色々面倒。前回6人だったときよりひと回り大きな車になってて、
天井もプ…ッ、プラネタリウム仕様…???(・∀・;
一歩間違えればヤン車仕様ですが。。。(笑) 

まぁベトナムではこういうもののポジショニングが日本とは違うのでしょう。
今回の運転手さん、ものすごく丁寧だったし愛想は良いし笑顔爽やかだし、
ええ方でした(^・^)

まずは毎回ご紹介してるGanh Haoさん。
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-4181.html

th_IMG_0741.jpg th_IMG_0742_20161228112611033.jpg

th_IMG_0743_20161228112612996.jpg th_IMG_0744_20161228112614f31.jpg

海沿いで景色が良く、ロケーションの価値も高いが、メニューが種類が豊富で
適当に頼んでも、自分の場合はあまり外した事がないのでかなり信頼を置いてる
お店。人によっては「前に来た時は酷かったのに。。。」というご意見の方も
いたので、物によりけりなのかもですが、私的にはお気に入り♪

特に揚げ物が得意とお見受けしていて、ソフトシェルクラブなんぞは、過去に
食べた物の中でこの店が一番ですわ。前回も食べ、今回も食べて確信したので
間違いない。あとなんの変哲もないイカリングが美味しかったり、貝料理が
充実してたり。

エビの刺身も外せませんなぁっ(*´ω`)

th_IMG_0747_2016122811261788e.jpg

これ、うんまいのよ。すっごい綺麗に手入れしてあるし、身がプリップリ。
というか、歯を入れると「ブチブチ!」って言うくらいに活きが良い。うまい。
これは500g単位で注文できるっぽいです。600gって言われたら断られたw

そしてシャコも外せんなー。

th_IMG_0745_20161228112615d92.jpg 

今はシーズンなんだろうか?かなり大振りで身もミッシリ。いや、以前来た時も
そうだったから、季節あんまり関係無いんかな?(笑) これは一人一尾食べたい
ところでしたが、他の料理もあれこれ頼んだので、人数÷2匹分頼んで半分にカット。
それでも充分満足感あり。ってか、炒める時に使ってるニンニクフレークがまたおいしい!
ニンニクだけでビール飲んでた( ̄ー ̄)

平日だとお客さんも少なく、料理もパッパと出てくるので、一時間もしないうちに
シーフードの数々をぺろりと平らげ、お次はカフェに。カフェは毎回新しい所を
探して点々としている感じ。目的は、お茶を飲むと言うよりお喋りだったりゲーム
だったりなのでどこでもいいっちゃどこでもいいんですが、今回はこちらに。

th_IMG_0761_201612281433518c5.jpg 

スイーツとかは、うん…まぁ…そのなんだ。うん。ねっ。
(なにw)

          th_IMG_0765_20161228143355990.jpg 

th_IMG_0763_2016122814335402d.jpg th_IMG_0766_20161228143357fff.jpg 

ドリンク類は普通に美味しく豊富な種類が揃ってました。まる。以上。
で、ここで二時間弱くらいかな?楽しく時間を過ごしたあと、車を呼んで次の場所へ。

「運転手さん、ここへ行って下さい」
「マダム???レストランですよね、これ???(・∀・;」

思いっきり確認されました(笑)
そらそう思うわな。
あんたらついさっき、別のレストランでしっかり飯食べてたやん!って話で(^^)ゞ

でもお店が違えば味も違う。得意分野も違うだろうということで、こちらもお馴染み、
Thanh Phat さんへ。
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-3858.html

同じエリアにあるシーフードのお店だからそんなに変わらんやろ!
と思われると思いますが、まぁこちらの方がローカル色がとても強くて
雰囲気からして違いますし、オーダーする物をダブらさなければですねっ( ・`ω・´)b
(ただ、ヴンタウで目一杯食べて帰りたいだけやろそれw)

th_IMG_0769.jpg  th_IMG_0771_20161228145201ec5.jpgth_IMG_0776_20161228145203faf.jpg  th_IMG_0777_20161228145205acf.jpg  

牡蠣の葱油焼きに牡蠣のおかゆ、巨大マテ貝のBBQ、巻き貝の蒸したん。
特に好評なのはマテ貝で、日本では見られないサイズで且つ、味もいい。
1個を3つくらいにカットしてくれてるのですが、それでも充分な食べ応え。
そして今回ヒットだったのは、このエビさん。

th_IMG_0778_20161228145206e79.jpg 

わっはーっ、立派!!
正直、素材選びをする時に見たら高そうだったのでやめとこ、と思い、
小さい海老を頼んだつもりだったんだけど、出て来たらコレw
まー出て来たもんはしゃーない。食べるべし。と、食べて見ると…?

ちょーーーおいしいっ。
海老自体の味もすごく良いんだけど、ライム塩が合う合う。
もう、私日本に帰っても、塩茹での海老、ライム塩無くしては食べられないかもしれないw

うーん満足満足。
7時にホーチミンに着く事が今回の条件なので、5時半前にお店を出発。
ひたすら食べてたVung Tauツアー。

いや、あるんですよ?
キリスト像のある小高い丘とか遊園地とかビーチレジャーだって楽しめる所は
あるわけですが。。。ひたすら食う旅( ・`ω・´)b(笑)
日帰りなんだけど、充実感が半端ない。

疲れない車を選ぶってのも結構ポイントかもしれない。
うちの旦那さんみたいにローカルバスを乗り継いで行くと言うアドベンチャーも
悪くないですけどね(^・^)

どうですか。週末にちょっとVung Tauまで。
海鮮料理がお好きな人は、美味しい週末を過ごせると思いますよー♪





にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

An Nam Quan 〜 鶏好き集まれ♪

お友達に連れてってもらいました♪
いろいろあるんだけど、鶏料理が美味しいとの事。

th_IMG_1080_20161228093138600.jpg 

場所は、GEMセンターを右手に見つつ、北西に①ブロック程進んだ辺り、左手。
すぐにイメージは出来るエリアだけど、あまり用事がなくて行った事が無いなー。

th_IMG_1081_201612280931404bb.jpg 

ローカル店で、椅子もそんなに高くないのですが(低い、と聞いていたので、
あのプラスチックの風呂イスみたいなの想像してたらお洒落だったw)
こぎれい且つ、ちょっと可愛い感じに仕上がってるお店、2階まではオープン
スペースなので時期に寄っては暑そうですが、3階はエアコンがあります。
ギリギリ働いてくれてる感じの(笑)

メニューがねー、また品数が多いの!!

th_IMG_1083_20161228093142d71.jpg

th_IMG_1085_201612280931436b8.jpg

朝9時くらいから夜10時まで開いているお店らしく、なるほど、朝食に良さそうな
物もあればランチにサクッと食べて行けそうな物もあって盛りだくさん。

th_IMG_1086.jpg


th_IMG_1087.jpg

とりあえずこの日は夜に出向き、ビールも飲もうぜってなっていたので、
まずはこんな物を頼んでみました♪
実は出て来たのは一番最後だったんで、リアルレポとしてはちょっと時間が前後
してますけどご了承を(笑)

th_IMG_1101.jpg 

おっほー!!鶏尽くし!
一番向こうが、独特のスパイスで下味をつけたからげ、右側が鶏肝の甘辛煮的お品。
私特に、鶏肝がスキでした。レバーである事はその形状や様子からも明らかなのに
食感が独特!砂肝は砂肝であったから混同してる訳じゃ無いと思うんだけど、歯切れ
が良くて、レバー特有のぬたぬたがない。おいっし。

th_IMG_1102.jpg th_IMG_1104.jpg

手前にワッサリと盛られてるのは胸の辺りかなー。細く裂かれてタップリの玉ねぎと
サラダ仕立てにされたもの。それぞれの部位で味付けが違ってて賑やかしい♪

th_IMG_1103.jpg th_IMG_1105.jpg

おこわかな?と思ったお米は、そこまで強い粘り越しでなく食べやすい。
海外のお米の臭いが苦手だ、という方の話は良く聞くのですが、その土地の料理を
食べるときはそのお米の香りがあってこそって部分もあって、私はスキなんですよねー♪
もちろん日本の甘くてふっくらしたお米も好きですが(^・^)

うん、コレはかなり良いつまみ。
ただ量が結構あるので、そうだなー、最低4人とか。できれば6人くらいあった方が
他のお料理も楽しみやすいかも。2人だったらこの一品で完結しそうw

th_IMG_1106_20161228094414a1f.jpg th_IMG_1107.jpg

苦手な方はギョットするかもしれませんが、頭付き。
これがスキな人にはたまらんのよなー!
ひっくり返すと味噌的な物がありまして(それが何か詳しく言及するのは避けましょう)
小さいながら良いお味なのっ。この日は6人いたのですが、私以外のみなさん、
ご遠慮なさって、なーんと私1人に食べさせてくれた!なんて心が広い!
(多分反れちょっと違う気がするw)

あとおつまみ的に良かったのは、ちっこいイカの炒め物。
コレが甘ピリ辛で、日本人絶対スキやろ?!って味。

th_IMG_1093_20161228094406049.jpg 

当然ながらビールに良く合う。これ1人飲みで来てチョイチョイつまみつつ
やるんもええんちゃうか?(それ、寂しいから…)

そしてこの日のお目当ては鍋でしたー!

th_IMG_1095_20161228094409a49.jpg 

鍋にもシーフードやら何やらと色々種類はあったのですが、今回は無難に鶏鍋で。
でも所謂日本の鶏鍋とは違ってまして、かなりたくさんの骨付き鶏をガッツリ
煮出した旨味タップリなとこに、このお野菜の量。

th_IMG_1094.jpg 

あっ。かぽちゃのお花もある♪
5種類くらいのお野菜がとても綺麗に御手入れされてて美味しそう♪
特にカボチャの花って手入れが大変。花の一つ一つにあるおしべやらめしべを綺麗に
取り除いてから調理するんだよね。イッパイ食べたいときはちょー面倒臭い(笑)

th_IMG_1099_20161228094411db0.jpg 

面白いのはこの葉っぱ。別のお店で頂いたことがあるんですが、酸っぱいんですよねー(笑)
生のまま齧ってもすっぱいけど、お鍋でクタクタに煮ても酸っぱい。多少その風味が
スープに移るのか、結果、スープにも酸味が少しついて実に食欲をそそるのです。

柑橘類でも酢でもない酸味。葉っぱを齧ると感じる事が多い青臭さや苦味などより
真っ先に酸味が来る葉っぱ。面白いなー。食感もシャキシャキしていて、炊いても
割とシッカリしてるこのはっぱ。確かスッポンのお鍋にも入っていた事があったような。
コックリトしたコクが出るスープを食べやすくする為に良いコンビネーションなんです
かねー。

ところで心優しい皆さんは、鍋に入ってた頭もワタクシにくれたんです!

th_IMG_1098_20161228094410440.jpg 

どーゆーこと?!
こんな美味しいところを独り占めさせてくれるって、みんなどんだけ優しいん?!
(だから多分動機がちょっと違うと思うよ。。。)

タップリの鶏とタップリのお野菜。それでいて、酸味が加わると言うベトナム
料理独特の味付け。且つ、それでも日本人に馴染みやすいお味。
鶏自体は地鶏っぽい風合いで、炊き上げられたあとも身はプリップリと
しており、小振りなので若干の食べ難さはあったものの、味は逸品。

うーん、ここの他のお鍋も気になるなー。
とりあえず、鶏鍋が逸品だった事はお伝えしておきますね。

こじんまりとしてますが、コンセプトが統一されてるし、大勢で突き合うには
手頃な料理が揃っているこちらのお店。ローカル店の魅力が満載ながら、
清潔感も充分にあるので、プライベートな集まりだったら本当に重宝しそうです♪
ええとこ教えてもらいましたーヾ(@⌒▽⌒@)ノ


An Nam Quan 
59 Nguyen Binh Khiem Q1

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、 
参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

Singapore Food 〜 メニュー多っ!!

前々から気になってたお店ではあったけど、何故か通るのがいつも
食事の後だったり、予定先に向かうときだったりして機会を逸していたお店。
この店の近くで「お昼食べよかー」みたいな話になったのでこれはチャンス!
と、お連れ酸を道連れに。。。(笑)

th_IMG_0879_2016122400141018b.jpg 

いや待って。
お店の名前、ダイレクト過ぎやない?(笑)
分かりやすくていいけどさwww

店内は極々シンプルな「食堂」。気取りもなく、愛想もあまりあるとは言えないけど、
店員さんたちはとても親切♪ そして男性客が多かったかな。もっというと男性の
一人客。かなり慣れた感じの方もいらっしゃったから、常連さんかもしれんなー。

th_IMG_0883.jpg 


で、メニューなんですが。。。


th_IMG_0880.jpg 

th_IMG_0881_20161224001413940.jpg
th_IMG_0882.jpg

おっほー!!!すごい品数!!しかも見る限りは、どれもちゃんとシンガポール料理
しとる!!!シンガポールとマレーシアの料理って、そうと謳いながらも、いざ蓋を
開けてみたら、なんか東南アジアのあっちゃこっちゃのもんが交じってて、印象が
ぼやけてしまうってことありません?そもそもシンガポール料理ってどんなんよ?と
言われたら、シンガポールに欲行くとか住んでる人じゃないと、困る人の方が多い
んじゃないかと。

そもそもシンガポール自体が、公用語に4カ国語を採用し、それに呼応する人種が
住んでいて文化も生活も多国籍なわけだから、印象が散らばって当たり前っちゃ
当たり前。そしてニョニャ系食事文化も地理的に入って来てるだろうから、中華?
と思っちゃうような見た目の料理も多いから、混同しやすいと思うんですが、味は

「あーーーっ、シンガポールで食べるやつや!」

って特徴があるんですよね。
で、喜び勇んで食べたのが、まずこれ。
ラクサ!

th_IMG_0886.jpg 

ココナツベースのカレースープで食べる麺♪
オリジナルと蒸し鶏が入ったヤツがあって、今回は蒸し鶏入りの豪華版(^・^)
ついてくる、ベトナムで言う所のサテは海老ベースで、辛いけれども旨味タップリ♪
鶏や厚揚げなどの具材を漬けて食べるも良し、スープに少しずつ溶かして味の変化を
楽しむのも良し♪

シンガポール料理の特徴として、卓上にあったチリがあります。
ベトナムのサテに比べるとアッサリしていて、ニンニクや玉ねぎなんかの比率が
高く、辛いのは辛いんだけど薬味色が強いんですよね。

th_IMG_0890.jpg th_IMG_0888_20161224001419ea7.jpg

チキンライスなんかにドパー!!っとかけて、良く食べてました。
薬味一つでも、やっぱり国の違い、感じられるなー。面白い♪

そしてもう一品はシンガポールヌードル。

th_IMG_0889.jpg 

ケンミンの焼きビーフンちゃうでw
卵も仕上げに一緒に炒ってあって、奥の方に感じるカレー味がその特徴。
塩胡椒とかオイスターソースだけでも美味しいと思うんだけども、このちょっと
奥の方にあるスパイスの風味が特徴的。ぶっちゃけ、私はあんまりシンガポールで
この麺食べた事なかったんだけど、一緒に炒った人が好きだったんだって。

そして…?

th_IMG_0891.jpg 

肉骨茶ーヾ(@⌒▽⌒@)ノ
マレーシアのそれより色が白く、風味もアッサリ仕手いるのがシンガポール流で、
もともと私はマレーシア派だったのですが、先日のシンガポールで肉骨茶の名店に
行き、その美味しさに目覚めた次第。

うぉー。でも来れ頼むなら白飯欲しい。
白飯、小椀に取り分けて、肉骨茶のスープをザブザブかけて流し込みたい。
うまいがな。

ってか。。。
このクオリティであの品数、控えてるのか( ꒪⌓꒪)
そしてあの量。

頼んでみて食べてみて分かった。なぜ男性の1人客が多いのか。
腹をしっかり満たしに来てるなw

あのメニューにある品数にしてもワンポーションが大きい事にしても、
行くなら最低2人、できれば4〜6人くらいいると随分楽しめそうでよす♪
すんごいたくさんの種類があったもんなーっ。アレを攻略するのは並大抵
ではなさそうだっ(食う気満々w)。

お店の外見からはもうちょっと品数も合わせてシンプルなお店と思ってた
だけに、嬉しい意外性だったかな。今度は隣の席の人が食べてた、
チキンライスを食べてみたいぞー(^・^)


Singapore Food
54 Tuong Dinh Q1


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

Dong Nhan 〜 ベンタン近くのコムビンザン!

前回日本からホーチミンに帰って来たときの『ベト飯恋しい欲』ったらなかった
わけですが、その時行ったコムビンザン(惣菜定食屋みたいなとこ?)の美味し
かったのが忘れられない!!でも。。。

Minh Duc
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-4427.html

さんは、ちょーっと遠い。なのでそんなにチョイチョイ行けない。
せめてもちっと近くに無い物か…と思っていたら。。。

そーだそーだ!!
ベンタン市場の割と近い所に一件あったじゃないか!!
ちぇりさんが、生まれて初めてベトナムに来た時、アレもコレもと欲張って、
ガーツガーツ食べたお店が!その頃はブログやってなかったからデータも取って
ないけれど、あったあった、またいつか行こうと思っていたのに行けてない店が!

ってことで、こちらでございます♪

th_IMG_0862_2016122323311423e.jpg 

Dong Nhanって、どんにゃん?













ごめんなさい。






ベンタン横のLe Thanh Ton通りを一本北に行った、Ly Tu Trong通りと
Truong Dinh通りが交差する角の一つにあります。昼間とか、いーーーーっつも
お客さんがわんさかしてる所。角で目立つし、指差し注文できそうだったから、
初期の頃にも入れたの。マレーシア時代からぶっかけ飯、大好きだったし。

で、今回はお持ち帰りと言うか持ち寄りと言うか、間に合わせ的な感じだったから
器もなくて、綺麗に紹介できないのが大変申し訳なかったのですが、次回同じ物を
買って並べ直して写真を撮るまで待てなかった!!その位美味しかったの(≧∇≦)

th_IMG_0864.jpg 

この日は夜だったからか、昼より若干品数が少なかった気がしたけど、それでも
お野菜の出汁炒めいたいなんから魚の揚げ物,チャーカー(魚のすり身の揚げ物)、
豚の煮物、高菜の炒め煮、カレーなどなどがあり、どれにしようか迷う迷う(^・^)

並べられているものだけじゃなく、その横ではザックザックと豚肉の焼いたの
(挙げたの?)の塊をスライスしているお兄さん。手が休まる間がありません!

th_IMG_0865_20161223233117e78.jpg 

で、お持ち帰りの状態は。。。

th_IMG_0868_201612232331203df.jpg 

うん、ごめん。美しくないよね(・∀・;
でっ、でもこれ、ゴミが少なくてええねんで?ビニール袋に食べ物飲み物入れるの
見慣れない日本人はギョットするかもしれませんけど(笑)、慣れるとなかなか
機能的なんです( ・`ω・´)b

器のふた部分に乗せられたのだけ見せたらこんな感じ。

th_IMG_0869_2016122323312165d.jpg 

この豚肉が。。。メーチャクチャ美味しかった!
皮の部分は薄くカリッカリ、その下の脂が暑すぎる事なくくどすぎることなく、
赤身の部分はしーっとり。味の染み方も程よい加減で、この料理としてはこれまで
食べて来た物の中でもトップクラスやったかもしれん!

そして器に出せなかったからあまりに見目が美しくなく、写真は控えさせて
もらいますが、チキンカレー!!これがドンピシャ好みでさっ。

擂り下ろした薬味とスパイス、鶏肉を少量のココナツミルクでじっくり蒸して
鶏の味が溶け込んだエキスをしっかり出してから更にココナツミルクを入れて炊く
マレーシア式チキンカレーに味がそっくり。ココナツオイルの油の分離加減を
見ても、残った旨味部分とスパイスが馴染んでるコックリした部分の様子を
見てもほんと良く似てる。

これが美味しいのよ。
サラサラしているけど、インドのそれとも違ってて、甘味に感じる鶏の旨味が
余す所なく引き出されており、ホロホロとした東南アジアのお米に合うこと合う
ことっ。

ゴロゴロとしたジャガ芋が入っていますが、コレはあまりに混まれず、火が入った
後にカレーソースの中に長時間あったから味が染みてる、と言う風情。それが良い。
トロけてなくなるほど煮込んだジャガ芋も悪くはないけど、ホクホクとしつつ
カレーの風味とチキンの旨味をシーッカリ吸ったジャガ芋さん。それをハフっと
ホロッと、お口の中で崩すときの至福と言ったら(^・^)

あーーーっ、やっぱり絵面が欲しいなっ。近々行って食べて来ます!(笑)
焼き茄子も美味しかったし、白菜の炒めもんとかも、大量に買って大皿に盛って
食卓に出したら、ものすごくええとこの中華料理に見えるかもしれん( ー`дー´) 

ちなみに盛って帰った写真にあるだけの量を買って180kドンくらいだったかしら。
ごはんがもう1パックあって、軽くなら4人分くらいの量だし、おつまみとして
なら、6人分くらいはあったと思われ。安いわーっ。

ここはちょっと場所もお値段も行きやすいと思うので、ベトナム的お惣菜を
あれこれ楽しんでみたいと言う人には推し推しです♪定番だから、何を今更、
という方もおられましょうが、改めて再認識、ということで♪


Dong Nhan (Com Ba Ca)←ローカル記事だと( )内表記のことも多い
42 Tuong Dinh Q1




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

【閉店】Blanchy Street  〜 ペルー風の和食???

***** 2016 Dec. ******

久しぶりにこのお店があるヘムに入ったらお店が無くなってました(´Д` )
でも料理人さんとかは同じなのかなー。以前は日本とペルーのフュージョンという
なかなか想像し難いジャンルのお料理を出されてましたが、今度はペルー料理
一本になったようです。うん、ペルー料理って言われてもおいそれと想像は
つかないのですが…(笑)

なんか、「ペルー料理はおいしい」というのが定説なんですって。
お友達の知り合いが「あちこち行った中で一番ペルー料理が好きだ!」という
人が居ると聞いたので、私もペルーに行った事がある人に聞いてみたのですが、
同じく、「あそこはうまい!!」と間髪入れずに帰って来た。。。

まぁ、料理のジャンルとして美味しくてもお店によってその味は変わるので、
今、以前ここで紹介したお店跡地にあるお店の味がどうなのかってのはまた
別の話かもしれませんが。。。気になるー!ヾ(@⌒▽⌒@)ノ

というわけで、行って来たらまたレポしますね♪
楽しい楽しみ♪

***** 2016 Mar. ******


何を言ってるか分からないと思うけど、事実そのように名刺に
書いてあったのでそのまんまをお伝えしました。ペルー風和食。
そもそもペルー料理に明るくないので一切想像がつきませんが…(^^;

そしてこちらのお店、結構高いとの噂を聞いてて、まぁ必要がなければ
行くことは無いかなーと思ってたのだけど、最近Hai Ba Trung 通り沿いから
ハッキリ見えるように、ランチセットの売り出しがされてまして。。。

th_IMG_4439_20160306153657cbd.jpg

場所派、Hoa Tuc さんやもう一件の和食屋さんの杏さん、
リファイナリーさん(綴りが出て来んかった)とかがある、あの
元アヘン工場があった所といわれてるヘムの中、入ってすぐ右手です。

th_IMG_4440_20160306153658088.jpg

1階はカウンター席と少数のテーブル席になっていて、少人数や一人でも
フラリと立ち寄れる感じで好かねー。ポーチのとこにも席があったけど
この日はちょっと暑かったので店内で。


th_IMG_4450.jpg



295kドンで2人分のセットランチ、と言う売り文句に釣られて来たのでそれを
お願いしようと思ったら、その価格だけどチョイスがいろいろ。あれっ。
1種類じゃないんだっ(´⊙ω⊙`)


th_IMG_4441.jpg

th_IMG_4442_201603061537015b5.jpg


ほかにも普通に一人分のランチとかあったんですが、言う程高くないなぁ。
いや、ローカルご飯に比べたら当然高いんですが、200kドン台で色々あるし、
和食屋さんとしては割とアベレージ。


       th_IMG_4444_201603061537027f1.jpg

th_IMG_4445_20160306153737792.jpg th_IMG_4446_20160306153739e61.jpg


グランドメニューも見たんですが、前評判よりは全然お値段、アリな感じでしたね。
寿司が「タパス」担ってたりして、なかなかその無いように独創性はありそうでしたがw
メインでガッツリ寿司、ではなく、飲みながらチョイチョイ気楽につまむ、
みたいなことをしたい時には、スタイル的にはありかなーとか。ま、お料理を
頼んでみないとわかりませんが。


th_IMG_4451.jpg


意味なくビール(笑)
取りあえず飲みながら待つよね(笑)
そして頼んだのはシェフのオススメ的セット。出て来たのが…?



th_IMG_4458_20160306153743e87.jpg



おおおお!!結構ゴーカじゃん!
サラダにグリルドチキン、揚げ豆腐にフリッター…もとい、天ぷらっ。
和食屋さんだから天ぷらなっ(笑) それに巻き寿司、それに合わせた
まさかの白飯(笑)、そして汁物、デザートと続きます。へーーーー!
エラい大サービスやなぁ♪


では一つ一つ食べてみまひょ。サラダは普通だったので割愛しますね。
まずはフリッt…、あいえ、イカの天ぷらっ。天ぷらですよっ、これわ!w

th_IMG_4460_20160306162403281.jpg

うん、普通に美味しいですよ♪
油切れも良いし、さくさくとした薄衣。ベトナムの烏賊がおいしいのはご存知の通り。
ビールのつまみにええですなぁ♪

面白かったのがこれ!
揚げ豆腐!!


th_IMG_4463_20160306163049d04.jpg



でも超スパイシーwww
パプリカとかその他のスパイスを片栗粉なりスターチ類に混ぜて衣にしてあります。
これが意外に美味しいのっ(笑)。和食か?と言われたら、いんにゃ、こんな味は
和食には無い、ってことになるんですが、手法はしっかり和の手法で、とても丁寧に
衣がつけられていたし、お豆腐本体が先ず美味しかった。

一緒に行ったお友達となんかの味に似てるなー、ということになって思い出して
みたところ、タンドーリチキン的な風味があった♪ これ、おもしろい。
お豆腐なんだけど衣にアタックを与えることで味にボリュームが出ますから、
食べ応えも出て来るし、カレー粉なんかでやったらお子さんとかも喜ばれる
んじゃないですかねー♪(実際の会話の中では男の人も喜ぶんではないかなどと
いうちょっと失礼に当たるかもしれない発想もあったことをここに白状して
おきます。。。)


ライム?レモン?にも焼き入れがされてあって、素敵やね♪
私は冷凍して保存しておいた生レモンを解凍して使うことでより絞りやすくしているの
ですが、こうして少し焼いたり熱を入れるのも絞りやすくしてくれるんですよね。
レンジでも良いけど、こうして焼き色をつけてあげると、見栄えもいいし♪

メインの肉ものはこちら。
ちょっと写真が上下それ反対やろ、という向きになってしまいましたがwww


th_IMG_4462.jpg


グリルなんです。鶏胸肉の。
ですから外側は香ばしく焼き上げられているんですが、中身が驚く程しっとり!
これ、仕込みが余程丁寧か、火入れが余程繊細にされてるか。そういえば
以前別のお店…地中海料理やったかなー。で頂いた鶏胸肉もものすごいお上手に
調理されてはったんよな。諸外国シェフって、鶏肉の扱い、お上手でらっしゃるん
かなぁ。パプリカ風味のオーロラソースで頂くんですが、超美味しかった。
この一品見ても、料理の腕は高いし、筋を通したスタイルを持った調理人さん
なんやろなー、というのが窺い知れる感じ。

巻き寿司あんのに白飯でてくるてどないやねーん!って所や、色から見て赤出汁?
と思ったのが、ベトナム風のシーフードピリ辛スープだったり(チゲっぽい味だった)
それをレンゲで頂く所などは外国人さん仕様やなーって気がしましたけれども…(笑)

th_IMG_4453.jpg th_IMG_4455.jpg


どれも美味しいんですよ。それぞれ。お米すら美味しかった。巻き寿司を頂いたので
白飯は途中で残してしまいましたが、お外で頂くお米としては悪くない出来だったかと。
そしてその白飯と合わせて出されて来た巻物も。。。


th_IMG_4467.jpg th_IMG_4452.jpg


悪くなかったんですよー♪
諸外国で頂くシャリの風味の限界は、適量のゴマで補われてたり、具材の種類が色々で、
でもバランスを取りつつ、歯ごたえや味わいもよく、こりゃちょっと今度は握りも
食べて見ようかな?と思うくらいには美味しかったです。


そしてデザート。


th_IMG_4468.jpg



うん、悪くないんじゃないですかね?
おそらく、あまり良い評価を感じられなかった人は、「和食」を期待して行かれた場合
だったのかもしれませんね。確かにこれを「伝統的な和食です」と言われてしまうと
おいおいおいってなるわけですが(笑)、諸外国に出てった和食は現地ニーズに合わせて
親しんでもらってナンボの所がありますし、そこから新しいアイデアを逆に日本人の私が
もらうこともありますし、結果が「美味しい」に行き着いてるなら、本来の和食では
しない手法をとることもアリかなぁ?と思うんですよね。

そう言うのを食べて日本食のファンになってくれた方が、いつかは本場の日本に行って
食べてみよう、とか思ってくれたら更に嬉しい訳ですし、最低限、この素材にこういう
扱いをすると良さがダメになるからやらない方が良いですよ、ということはあっても、
美味しいに繋げる為のルールは料理に無いと思ってるので、ドンドンやってほしいと
思いますね。

っちゅーか、今回初めて知ったのですが、こちらの監修をされてる方、あの
「NOBU LONDON」におられたことがある方なんですってね(´⊙ω⊙`)
直接料理を作られてる方がそうなのかどうかは存じませんが、なるほど、そりゃー
諸々の料理の手入れがお見事な上に、バシーッと決めた所に持ってってる感、ありましたわ。
物の分かった方のお料理って、ピンとの合わせどころとそこへの持って行き方が
勢いとして伝わってきますもんねー♪

うん、面白いですよ、こちらのお料理。
和食、と思って行くとビックリしちゃうかもですが、そんなアホ程高いわけでもなく、
チョイ飲みにも良い感じ。あ、お酒の価格をあまりしっかり見てなかったので、
もしかしたらたくさんお飲みになる方にはコストがかかることになっちゃうかもしれません
ので、そこはご確認の上ご利用ください(・∀・;


人それぞれ好みはあるので、ご意見はご意見として伺うとして、やっぱり自分の舌で
確かめに言ってみないと行けませんねー♪お御馳走様でしたー♪



th_IMG_4448_201603061630470c7.jpg

th_IMG_4449_2016030616512367a.jpg




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Bep Me In 〜 キッチュな魅力のベトナム料理屋さん

***** 2016 Dec *****

ふと気がつくと、あっという間に某旅サイトのホーチミン人気レストラン
ランキングでもトップになっていたこちらのお店。美味しいしロケーションも
良いし、いいお店だなーと思ってたけど、やっぱりなぁ。

https://www.tripadvisor.com/Restaurants-g293925-Ho_Chi_Minh_City.html

リンク先は日々順位が変わるかもですが、コレを書いてる日は「ノワール」
と言う暗闇レストランが一番だったけど、まぁそれはちょっと特殊なので、
ベトナム料理部門で言えば、実質トップがこちらのお店。すげーな。
まだ一年経ってないと言うのに、旅行者からの支持が高い。

そんなこちらにスイーツメニューが加わりましたん♪

th_IMG_1071.jpg 

前からアイスクリームはあったんだけど、これ!っていうデザートがなかった
のだけが残念だったのですが。。。キタキタキタキタ(・∀・)
3種類の写真はこちら。

th_IMG_9148_20161227132534bc2.jpg 

ああ、あまりのウットリさそのままに画面にもソフトフォーカスが。。。
(また光量待ちがやがったな)

パウンドケーキはバナナケーキ、奥左がパンダンドーム。
そして一番お気に入りなのが…?

th_IMG_1075_20161227132531091.jpg 

バナナクリームシュー!!!
もうこのクリーム、見ただけでちょっと違うって思いません?
もちろんカスタードじゃない。と言って生クリームだけでもなければ
バターオンリーでもない。食感はちょっとアイシングに近いものを
感じるのですが、そこにバナナのマッタリした風味が加わり、テクスチャーは
もーーーーってり。

「こんなの初めて♡」
とか陳腐な言葉は使いたくないが、なんぞこれ。すげー面白い。
そしてテクスチャーがヘヴィな分、大きさは小ぶりにまとめられていて、
食後感がジャストな感じ。ボリューム調整も味の内だもんなー。

その他二つも美味しかったのですが、私は特にこのシュークリームがお気に入り♪
で、時々、コレとフレッシュココナツだけを楽しみに行ったりもしてます(笑)

日本の様なケーキが少ないホーチミン。
そこにご不満を持ってらっしゃる方も多いんじゃないかと思いますが、
だってここは日本じゃないんだもの。そして欧米各国から日本人が知らない
レシピがバンバン持ち込まれてるんですもの(こちらのオーナーはフランスの方)。

それなら「日本と違うなにか」を楽しむ方がお得ってもの。
日本のモノは日本で楽しめばいいんだし(^・^)

お菓子作りとかかなりやったつもりだったけど、こんなレシピは出会った
事がなかったわー。面白いし美味しいし、もしここでご飯食べる機会が
あったら、ちょっとだけお腹をデザートの為に空けておいてもらって
試してほしい一品です(^・^)


***** 2016 Nov.again *****

ブログを見ててくれるかたであればお気づきかもしれませんが、私、

そーんなに同じお店の追加記事、沢山は書いてないと思うんです。


一つは、そのお店に何度も行っててもついついお気に入りメニューばかりを

楽しんでしまって、記事にしても目新しさがなかろうと言うことから書かない

と言うパターン。また別のケースでは、新しく試してみたいお店が多くて

3度目4度目になかなか機会が回らない、ということも。


胃袋がカートリッジ式になってくれたらどんなによいかと以前から切に願いつつ、

またあのお店に行きたい、あのお店の別のメニューを食べてみたいと言う願いを

持っていながら叶えられていないことを残念にも思う日々。


そんな中でも何かとご縁があったり、強固な意志によって回を重ねるお店もあります。

極稀ですが。こちらはそんなお店の中の一つ。


正直。。。初回、2回目は美味しさもありつつ、お店の雰囲気や立地、メニューの

ラインナップの便利さに引かれた面もありました。それがなんだかんだでお誘い

頂いた先から指定されたのがこちらのお店だったりなんだりでご縁があり、

この短期間に結構な回数、お伺いしている次第。


まぁそれだけなら書く事もないかと思っていたのですが。。。

書かねばならぬ事態に遭遇。


th_IMG_9140.jpg th_IMG_9144_20161208025435c4d.jpg


この蓮の葉包みご飯、私がいままで食べたどの蓮の葉ご飯よりも美味しかったのっ。

葉っぱの風味が蒸気に染みて、ふーっくらと米粒の間に行き渡り、ホクホクとした

蓮の実が愛嬌を添え、豊かな具材が美味しさと共に満足感をお口にもたらす。

お前どこの回し者だと言われても良い。いいから食べて。ここの蓮の葉包みご飯。

旅行者やらハイソな方に人気の某所の同じ料理がどんなに味気ない物か、これを

食べて明確に意識したわ。( ↑ 皆さんの想像力に委ねた部分)



あとね、ベトナムに豚の煮物あるじゃないですか。

クレイポットに入ってて、甘辛く炊き上げられてるヤツ。

よくある味です。多少香辛料に特徴があっても、ベースは日本人にも馴染みやすい

系統の味。だから抵抗もなければ気遣いもなく、割と雑にどんなとこのも美味しく

頂いてたんですが。。。


th_IMG_9142_20161208025434860.jpg 


こちらも食べて。いいから食べて。

写真では肉がかなり締まって見えるじゃないですか。この見た目から判断するに、

脂以外の部分が煮上げることでギチギチに閉まってしまい、また脂は外に流れて

しまってパサパサするんじゃないかと思いません?


それ、間違いです。

まず私が間違えた。


侮って最初箸を付けてなかったんです。そしたら同席してた方がコレをひと口

食べて驚愕。完全に動きを止めて、人の会話に割って入らずにはいられぬ様子で、

「これは素晴らしい!!」と大感激の様相。


失礼ながら、おいおいこれが?と、私はまだまだ疑心暗鬼で、そんなに言うなら

食ってやろうかと、無意味な高飛車を噛ましてたんですが。。。


ほろりトロリン。

無駄な脂はキレイに抜かれて、甘くて美味しく、繊維質を感じさせつつもトロける

脂が、しっとりと下赤味の部分に絡まって、ぱさつかないどころかトロける食感!

うん知ってる、こんな手あかベットリな表現使っちゃアカンことはっ。でもトロ

けたのよっ。嘘は言われんっ(笑)


且つ、ココナツのカラメルかな。あれの風味を煮る事で紛らわすで無く、主張

させすぎるでなく存在させてて、なるほど、これは「日本の角煮みたいな」もの

ではなく、「ベトナムの豚の煮物である」と認識させるに十分な個性。


むーーーーーーーーー。

高価なレストランでもなく(むしろ安い)、お洒落なカフェ風のライトテイストな

ベトナム料理店に、こんな味を教わるとは!!お店には失礼だけど、使い勝手の

方が先に来ていた当初の数回をかるーく裏切られてしまいました!このお店、

こちらの予想や期待以上や!


まだ全品は食べ切れていないのですが、ほかにもなんか掘り出しメニューがありそうやなぁ。

なんだかんだでご縁があったのは、もっとこの店の味を知れ、という神の采配に

違いない( ・`ω・´)b  


神の采配なら仕方ない。

もっと通わないと仕方ない。

あー仕方ない仕方ない♪



ちなみに近く新しいデザートメニューが加わるそうです。

まだどうなるか分からないらしいので詳しいお知らせはできませんが、

いましばらくお待ちください。期待できる一品をお伝えできると思われます♪




***** 2016 Nov.*****

なんだかんだで、既に数回行ってます。
やっぱりあの可愛らしい感じの内装が、人を連れて行きたい気になるんよなー。
実際女のコとか連れて行ったら、えらいこと喜んでくれるし(*´ω`)

可愛い若い女のコが喜んでくれたらこんな嬉しい事は無い、
というスタンスで日々過ごしている今日この頃。
いよいよ自分の性別がわからなくなって参りました(・ω・)ノ

さて今回は、お二階のお席にて。

th_IMG_5780_2016101922485705e.jpg 

あー、2階は2階でまたよろしいですなぁ。
クーラーも入れてくれるんで、こっちの方が快適と言えば快適。
1階程ポップじゃないけど、エリアごとにいろんなパターンを取りれて、
混沌とならないように上手にまとめてるといいますか、良い感じのガチャ感。

th_IMG_5781.jpg

あと壁にかかってる「ベトナムのお母さん」的な写真が、良い感じでねー。

th_IMG_5782_20161019224859f2d.jpg 

こういう写真集あったらちょっと欲しいかも。
皆さん、ええお顔をされておられる♪

th_IMG_5783_201610192249013f0.jpg

で、前回と同様、豆腐のゴマフライとかブンチャーは頼んだのですが、
正統派の生春巻きを頼んでみました所。。。

th_IMG_5789_20161019224941927.jpg 

漬けダレが、お醤油!(´⊙ω⊙`)
いや、日本人的には全然アリなんだけど、意外と無くない?生春巻きをお醤油に
つけて食べて下さいって。自分でもしなかったし、なんかぐるっと一周回って、
ああこれアリか、と。

ただま、通常のベトナム式のままだったらTuong Den とかチリソースとかつける方が
きっと美味しい。お醤油で食べさせようとする殻には、ちょっと仕込まれてるわけで、
巻いてあるものが「ああ、なるほどなー」と思わせる、日本人には身近な食材だったり
しました。それは。。。

お揚げさんヾ(@⌒ー⌒@)ノ

なるほど、他の具材はほぼベトナム式なんだけど、揚げが入る事で全体の味の
ボリュームも上がるし、日本人にはものすごくシックリと来る組み合わせ。
もちろん揚げだけを絶えてる訳ではありませんが、醤油と揚げの大豆親和が
他の食材も引っぱってってくれる感じ。この手があったかーっ。

「生春巻きなんか、冷蔵庫に余ってるもんなんでも巻いたらよろしーが♪」

とか言ってる割には、全く思いつかんかったな(´⊙ω⊙`)
そういえばこちらのお料理は全般に、ちょっとそういう小技が聞いてるというか、
見た目に分からなくても、調味料ギミックが効いてるというか。
トラディショナルな感じの味を期待して行くと(ん?)と思う所があるかも
しれませんが、それが良い( ・`ω・´)b


th_IMG_5791_2016101922494335d.jpg 

豚肉のタマリンドソースナンチャラってのを頼んだら、こちらもちょっと予想と違ってて
細切り豚肉さんにタマリンドで味付けしたんかな。それに衣をつけて揚げてあるやつが
出てきました。クニュリと柔らかく味わい深い。1片は小さいけれども、満足感がある。
ビールに合うね。

あと前回も写真しか載せてないままでしたが、こちら。
一時期ちぇりさんがハマってた、プレミアムココナッツを飲むことができます。
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-3695.html

th_IMG_5785.jpg 

これねーっ、今、どのくらいの販路で売られてるのか分かんないけど、私が毎週
まとめ買いをしてた頃には、一部のオーガニックショップでしか売ってなかったんよな。
在住者の方は食材宅配サービスで買えるはずだけど、旅行者の方だとなかなかそういう
のを利用するのも難儀だったりしますから、美味しいココナツウォーター飲んで
みたいなー、と思った時にはぜひこちらで( ・`ω・´)b

考えてみたら、もっと飲食店で出回っても良かろうに、あんまり見かけん気がするなー。
自分が気にしてなかったから目に入ってなかっただけなんかな。これ、大きいヤツとは
味が全然違ってハズレもないし、こちらのお店のはキリッと冷してくれてるから
美味しさも倍増よ。久しぶりに飲んだら、お代わりしそうな勢いで飲んでしまいましたわw

やっぱね、こう言う所にも拘り出るよね♪
これ、知ってて且つ、ご商売に乗せようとするくらいだから、未だ食べてない
メニューにも色々工夫がされてそうやなぁ♪今後も楽しみなお店の一つです(^・^)



***** 2016 Oct.*****

「ちぇりさん、美味しいベトナム料理のお店があるから行きませんか!」

と、教えて頂き、ランチをご一緒してきました。
場所はベンタン市場の近く。

th_IMG_5607_20161009012456670.jpg 

このヘム内には他にも増え料理のお店があったりするので、もしかしたら
ご存知の方も多いかもしれません。Le Thanh Ton 通りからヘム内に
入るところはこんな感じで、底から先には途中には沢山のローカルの
ネイル屋さんがあり…

th_IMG_5606_20161009012454110.jpg th_IMG_5608_20161009012457e73.jpg

目指すお店の看板もちゃんとあるので分かり難いようで分かりやすい???

th_IMG_5610_20161009012458515.jpg 

突き当たりに見えるのがこのお店。結構有名なフエ料理のお店。この左右にもお店が
連なってるのですが、右手の方にあるのが今回のお目当てのお店。

th_IMG_5647.jpg

このロゴもセンスいいなーって思ったんだけど、店内がめちゃくちゃキッチュ!
じゃん!

th_unnamed (1) 
(Photo by Bep Me in)

やーーーー!かわいいいっ(≧∇≦)
2階席もいい空間になってるよ?っていわれたけど、この階がいいーーー♡
もう見てーっ。プラスチックの風呂椅子の背ぇ高バージョン、なんでもない椅子
やのに、45度に構えて綺麗にどれも並べられてる。それだけで雰囲気違うって。
全体が黄色を基調にした中でのコントラストも計算づくやな、これ。
色彩、配置、そして全体が醸す雰囲気。なんというアイキャッチ。

th_unnamed.jpg 
(Photo by Bep Me in)

壁には窓の絵。
そしてその中?外?の景色。
ちょっとニョニャな雰囲気漂う配色がまたよろしいなー。

あと、こんなアートも。

th_IMG_5636_2016100901443747d.jpg

ほんまもんの自転車と壁の絵をコラボさせた壁の一角。
最初の、店内全体図の左の方に自転車を立てかけてるのが見えると思いますが、
それを横から見たらこんな仕掛けになってましたよ、と。ひらりひらりと風に
アオザイなびかせてるの、天女さんみたいやなぁ。

場所柄外国の人も多いのか、メニューは写真入りでとても分かりやすく、
チョイスも豊富。

th_IMG_5626_20161009014432dd1.jpg

チョイ食べからシェア用ポーションまで色々あるので使い勝手が良さそうです。
お野菜メニューもたっぷりーヾ(@⌒ー⌒@)ノ

th_IMG_5625.jpg 

th_IMG_5622_20161009012529af0.jpg

英語が出来るスタッフさんも多くいらっしゃって、諸々スムーズだったのもラク
だったな。実は最初に話したスタッフさんが、どーもどっかで見た事ある顔だな、
と思いつつ話をしてると、のちに、以前良く通ってたお店(今はなくなった)の
スタッフさんだった事が判明して「あーーーー!!!」ってお互いになってた(笑)
長い事ひとつの街にいると、こんなこともあるもんだわな(^・^)

th_IMG_5629_20161009014436ba0.jpg th_IMG_5635_20161009015116707.jpg

驚いたのはその方の記憶力で、「(あのお店では)よく◯◯を召し上がってました
よねー♪」と私の食べてた物を覚えてた事。これまで何人の接客をして来たのか
しらないけど、人気店だったから半端な数じゃなかろうに、すげーな(´⊙ω⊙`)

一品目はこちら。お豆腐のゴマフライ。
これがベトナム料理なのか、ここの創作料理なのかはわかりませんが、中身、
充填卵豆腐を使ってて、しっかりしたバッターで覆った衣はカリッとしっかり
してるのに、中〜でてくる豆腐がトロリとしていて絶妙なコントラスト。

th_IMG_5631.jpg 

2種類のタレの片方はキューピーさんのゴマだれだと思われます(笑)
なんか身近なお味で嬉しいわ(笑)

そしてこちら。ホーチミンではお馴染みのパンプキンフラワーの炒め物。
ただでさえも花芯の部分を逐一摂らないといけなくて手間がかかる食材なのに、
こちらのにはさらに中に魚のすり身が仕込まれているという手の込みよう。

th_IMG_5634_2016100901511571d.jpg 

でもその手間を「大変やったんよー、あーしんど」とはみじんも感じさせず、さらっと
食べさせてくれる所が奥ゆかしい。これ、あんた作れ言われたら面倒やでー(笑)

このお花、特に強い苦味も旨味もあるわけではないのですが、そのクセの無さが
逆に意外さを持ち、且つ、シャキシャキとした食感が心地良く、お野菜的で
ありながら見た目に優雅さもあり、女性のゲストがいる時に頼むと、まず間違いが
無い一品。中身おっちゃんの私でもちょっと嬉しくなるくらいだから鉄板です( ・`ω・´)b

そしてこの日のメインは、ブンチャーヾ(@⌒ー⌒@)ノ

th_IMG_5632_201610090151138b0.jpg 

うおぅ、豪華!
こ、これで1ポーション????(・∀・;
2人いたから2人前にしてくれたんかな???にしても、この日のお会計は
この3品で210kとかやったし、やっぱり1人前かしら。。。????
なんか、焼肉定食食べに来たくらいのボリューム感あるよな(笑)

つけダレは定番の味のものだったけど、なんかこうひとくふされてる感があって、
すごく好みではあったな。なにがどうってとこまではちょっとわからんかったけど。

聞けばオーナーさんはフランスの方なんですって。
それでこのセンスなのか?!(´⊙ω⊙`)
いや、フランスの方が全員センス良いかは知りませんけど(笑)、
ベトナムオンリーな感時ではないテイストが随所に。

食べ終わった後、2階席も見せてもらったのですが、なるほど、すすめられるだけ
あって素敵だわ。お客さんも結構いっぱい。ローカルの方がこの日は多かったかな。

th_IMG_5639_20161009020936535.jpg th_IMG_5644_20161009020939b89.jpg

th_IMG_5643_201610090209380a4.jpg th_IMG_5646_20161009020941760.jpg

うーん、これはお客さんお連れしたい♪
ぶっちゃけベトナム料理って、その店にしかないものがあるとか、ずば抜けた
シグナチャーディッシュがないと、値段が違ったとしてもそこそこどこも美味しい、
って印象があるから、こういう、内装が特徴的で魅力的な所って結構選択の
決め手になる。

ゴージャスすぎず、でもとてもキュートで、なんかその場所にいる事自体が
お御馳走。まだあまり品数は食べてないので全体の味の評価は出来ませんが、
少なくともこの日食べた物はどれも美味しかったし、もうね、この雰囲気が。

ベンタン市場の近くなので観光客の方にも使ってもらいやすいんじゃないかなー。
在住者の方も知ってて損は無いと思うので、よろしかったらぜひ一度♪



Bep Me In







にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

Kendy Coffee 〜 書斎の様な居間のような

パスターを空港方面の突き当たりまで行って左折、Nam Ky Khoi Ghiaに
出たところにあるロッテリアのほぼお隣に出来てるカフェ。
あんまり見かけた事がない名前のカフェだな。

th_IMG_0917_20161223220401da9.jpg

th_IMG_0918.jpg 

ちょっと一日過ぎちゃいましたが、行った日はまだクリスマス前で、店内には
ツリーがあり、賑やかな感じ♪ ま、ベトナムはクリスマス終わった後もしばらく
クリスマスデコレーション放置してるから、年末くらいまではあるかもしれない?w

th_IMG_0919.jpg 

1階の席も空いてたんだけど、2階の方が落ち着いてそうだったので遠慮なく
2階のお席を。おおっ、2階もクリスマスバージョンで、デッカいクマも居た!!

th_IMG_0920_20161223220406a56.jpg 
注:二日酔い時のワタクシではありません(--)/

ちょっとお客さんが多かったので写真に撮れなかったのですが、フロア中央付近には
書棚の様なパーティションが置いてあり、席の殆どにはゆったりとしたソファや
クッションをあしらった椅子が用意されてて、全体にゆーったりとした雰囲気。

th_IMG_0926.jpg 

まぁ、かなりの一角スペースを使ってクリスマスの暖炉そばを表現していること
からだけでも「ゆとり」が伺えるわな。。。スペースにしてもそうだし、コーヒー
イッパイでゆっくりしたいだけしてっても良いし、ホーチミンのカフェには
ゆとりがある。

一部外資系チェーンカフェなんかはひしめき合ってることもあるけど、他に行く
べきカフェはいっぱいあるしね。このゆとりに慣れるとほんと、日本に帰った
ときが辛い(^^;

メニューは、ベトナミーズコーヒーからマシンで淹れる物に関しては割と普通な価格。
ストリートより高いけれども、カフェとしてはアリな感じ。だけど。。。

th_IMG_0921.jpg 

th_IMG_0922_20161223220409b58.jpg

th_IMG_0923.jpg

サイフォンや水だしコーヒーになrと、いきなり130kドンとか160kドンになるので
値段は確認してからオーダーしましょう(・∀・; ←ビビリw
いやま、日本の良いカフェに行けばそれくらいの価格はするんだけどさ。。。

でも水だしコーヒーは好きだから、一度は飲んでみたいかもなー。琥珀の女王とか、
こっちの国の人きっと好きな味だと思うんだけどな。いくら美味しくてもコーヒーに
底までの価格を払うかどうかは別としても。

で、この日は連れもいたので普通価格帯のラインナップの中から…?

th_IMG_0927.jpg 

エッグコーヒー!おーーー!!!
ホーチミンでは滅多に見かけないと思っていたけど、こんな所にありましたか!
濃いベトナムコーヒーに、共立てにした玉子を泡立てたものを載せたもの。

しかしベトナムコーヒーはミルク(練乳)入りなので既に甘い上に、アワを安定
させるために必要なお砂糖×10倍くらいは行った甘い甘ぁい玉子のアワアワが
乗っているので、全体がすんげーーーーーーー甘いです(笑)
なので、チミリチミリ舐めるように頂きましたw それはそれで美味しいんだけど、
チェイサーが要る。。。(笑)

エッグコーヒーなら、カルダモンさんのがやっぱり美味しいなー。
でも珍しいし、とにかくコーヒー以外のドリンクの種類も数多く、シントーや
フルーツジュースの類いも豊富。何より店内がゆっくりできるので、落ち着いて
過ごしたいと気なんかにはおススメ♪

カフェの手駒は多い方が重宝しますもんね♪
この辺にはオロミアカフェさんもありますし(最近猫さま、いなくなってるみたいだけど)
この辺はカフェ充実地帯かもしれません。今度もちょっとヘムの中とか探ってみようっと♪


Kendy Coffee
256B Nam Ky Khoi Ghia Q3




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

お豆腐のデザート

お豆腐に甘いシロップかけて食べるのは、台湾なら「豆花」といって
ポピュラーなデザートですが、ベトナムにもそれがあるんですね。
お店で売ってる所もあると思うんですが、良く見かけるのはこの天秤で
売ってるおやつ屋さん。

th_IMG_9029_20161223202428d56.jpg 
この日は珍しく観光客の多いエリアで見つけて、おや、と思って寄っていき、
「ひとつちょーだい♪」と言ったら、私が手に持ってた携帯を見て、写真
だけ撮らせろと言われたと思ったらしく「ダメダメ!!」ってシッシと追い
払われそうになったのですが、「なんでーっ、お豆腐食べたい(ノ_・。)」
と言ったらすぐに誤解が解けたらしく、バツ悪そうに作ってくれました(笑)

この天秤の器の中にたっぷりとほかほか豆腐が入っています。
それを薄く広口のレンゲのようなスプーンで少しずつ少しずつ、薄く拾う
ようにして、何度も何度もその作業を繰り返し、持ち帰り用のカップに
移してくれます。

th_IMG_9033_20161223202430d68.jpg 

なんで一度にゴポッと入れんとや???と思った方もおられるかと
思いますが、あれです。まず豆腐を容器に移した後に、生姜味のシロップを
かけてくれるのですが、薄く削ぐようにして掬われた豆腐が層のように
なって折り重なっている状態なので、その間にシロップが入り込み、
全体に美味しくいただけるんです。なんて思い遣りのある。


th_IMG_9036_2016122320243118b.jpg th_IMG_9037_20161223202433628.jpg 

見てーっ。もうとろっとろ。コレがほんのり温かくって、ぷわんとやさしい。
そこにかなり生姜のきいた甘いシロップ、そして底の方にはタピオカのなんか
なんかなぁ。クニョンプニョンした食感の餅のようなゼリーのようなものが。
もちゅもちゅ。

めちゃくちゃお腹に優しそうで、食欲がない時のサポート食としてはかなり
いいんじゃなかろうか。お豆腐に甘い味ぃ〜?と、コレを初めて見る人は
結構いうのですけど、美味しいですよー。私もすんごい大豆臭さのある豆腐豆腐
したやつに甘いシロップはあまり得意じゃないのですが、ホーチミンでこうして
デザートとして売られてるものは割と甘味に馴染みやすい物が多い気が。

100円くらいのものなので、ご興味のある方で街のどこかで見かけたら
是非試してみて下さいませ(^・^)



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

ベトナムでも、X'masケーキ♪

クリスマスにデコレーションケーキを「食わねばならぬもの」のように
しちゃってるのは日本人くらいのもんだー!とかいうご意見を聞いた事が
あるんですが、あれ、世界で見るとどのくらいの割合の人がやってること
なんでしょうね???

シュトーレンとかはちょっと性質が違うので、デコレーションケーキに
限ったら。。。うん、確かにあまり聞かないかもしれない(笑)
でも、ベトナムでは珍しい事ではなくなるかもしれませんよ。

去年もあったのかなぁ。気がつかなかっただけかもだけど、今年は
ファミリーマートにて、大々的にクリスマスケーキが売られている様です!

th_IMG_0911_201612232139325ab.jpg 

th_IMG_0910.jpg

チラッと中身を覗けただけで下が、ドラちゃんはけっこう再現性が高かった様なっ( ・`ω・´)b
お味の程はわかりませんが、お値段の割にはかなりの大きさで、テーブルを賑やか
にはしてくれそう♪

これ、日本人を当て込んだ商品でレタントン店だけかと思ったら、他店舗でも
表に大きくPRして売ってました。全店舗ではないんだろうけど、このサイズの
デコレーションケーキがこう言う小さいコンビニで売られるのってあまりなかっ
たんじゃないかなー。

今年はこういうデコレーションケーキでクリスマスを楽しむ人、ホーチミンで増えた
かも知れませんね。今後は段々そういう風になってったりするのかなー。

ともあれ、ケーキがあろうとなかろうと、みなさん、楽しいクリスマスを!(^・^)


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、 
参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

【周知のお願い】チエリ氏は、私とは一切関係ありません

実はときどき、ブログに書いた事がないお店や事実に関して、


「この間書いてたあのことだけど」と話を切り出されたり、

「ちぇりさんが書いている別のサイトの事だけど


みたいな切り出し方をされ、「???」となることがあり、まぁその話の

内容が自分の知っている事であればその場で対応し、なんか変だな、と

思いつつもスルーすることが過去複数回。


どうやら理由がわかりました。

先日、読者のかたから「ちぇりさんが書いてる『ブログとは別の』記事だけど

と言って、このブログではないサイトのアドレスを送って来てくれたのです。

なんだなんだ?こんなサイト知らないぞ?と、思って見てみたら、


夫とベトナムに住んで数年経ち、観光客にベトナム現地人と間違われる

 くらい馴染んでしまいました。ベトナムの穴場情報をお届けします。


というプロフィールの、『チエリ』という方がいらっしゃる様です。

旅行ライターで、主にホーチミンの食べものや飲食店の事を、

某キュレーションサイト的なところに記事を寄せている、と。


なるほどーホーチミンに来た経緯も名前も私とそっくり。

これじゃ、その名前から私を連想しても仕方ない(・∀・;


しかし、私の名前は「ちぇり」です。

彼女は「チエリ」

平仮名表記とカタカナ表記。それが違えば別人です。


「ぇ」の部分は私は小さい「ぇ」ですが、彼女は大きな「エ」なので、

物を書く人間の見地からは「別物」です。


別物なんですが、ややこしい事に、取り上げているお店が随分と重なって

いたり、感性が似ている方なのか、書いている内容や食べ物に対する説明、

考察、その視点がチョイチョイ似てる。なので更に間違えられやすい様子。

食べ物のアップの写真を載せる際に「はい、どーん」みたいな表現を

使うセンスまで似てる。


でも、見て頂ければ分かりますが、文章は別もの。

そして彼女が掲げるテーマ通りに「穴場」を推奨するなら、あのラインナップは

自分なら挙げないし(超メジャー所がかなりを占めてる)、このブログを

読みこんで下さっている方なら、随所に「違う人が書いたもの」という要素を

見つけて下さるんじゃないかと思います。


そして今回こうして皆さんに、私と彼女が別人であることを

強く主張させてもらいたかった理由は、


私的に、記事に不足な部分があったり、逆に私なら書かないであろう

内容や考察、人への推奨がそこに書かれているから。


お店に関して、私ならここは推さない、そんな推し方もしないぞ、というものが


どれもこれも実際に私が足を運んで訪れた、

 チエリお墨付きのお店なので自信を持っておススメできます!」


とされていて、それを「私が書いたもの」とされると、こちらのブログとの

整合性が取れません。記事に日付を入れないと言うのも誤解のもとなので

私はしない。私自身、価格変動の大きいホーチミンに関することで、日付を

無視してかなり過去の記事だった事に気づかず、値段が倍になっていた、

みたいなことを経験しているので、日付の重要性は身にしみています。


また、もっと大事な、例えば人様の安全に関わることで、私ならとても言い

切れないな、と思うことがそこでは断言されていたり、物事に対する認識が

違う部分が多々あって、これを私が主張したと思われたら困るし、責任を

取り切れない部分があるからです。


特に気になったのは、

「ホーチミンがアジアで元も治安のよい街として知られている」とした上で、

ぜひ、あなたもホーチミンで暮らしてみるのはいかがですか?」

と、誘う文言で文を締めていた回。


彼女にはそう言えるだけの比較例とデータ、保証する手だてがおありになる

のかもしれませんが、私にはそれはとても言えません。旅行に遊びに来てほしい、

とは思いますが、生活となると、足の確保やそれに伴う危険、その危険に

対処する保険、就労するにしても観光滞在するにしても必要なVISAの取得に

関するあれこれなどなど、問題は山積み。語学の問題。生活環境の確保、

維持、それへの適応まで考えると、人によってはかなりのリスクを負う事にも。


私自身、海外で暮らした経験が過去にもあり、今現在謳歌しているので、

こういう暮らし方もありますよ、という一例は提示して行きたいと思って

いますが「海外移住の勧め」みたいなことは、不特定多数に対して不用意に

口にするものではない、というのが自分の持つ認識です。


もしかしたら過去、未だ経験が浅い時期に、舞い上がってそのような口を

きいた事があったとしても、今はそう認識を改めています。先方の記事には

日付を見つけられなかったので、いつ頃書かれた物か正確な日付は分かり

ませんが、前後の記事にあるお店やその他様子、情報から、そのように私が

認識を改めた後に書かれた物であることは明白なので、これを私が書いた、

と思われたら大変に困ることの一つです。

(ほかにも困る事は多々あるのですが…)



ただしもちろん、私の認識が常に正しい訳ではありません。

彼女の認識が正しいかもしれません。

で、あれば、彼女側も不利益を被る事もありましょうし、ここはしっかり、


「ちぇり」と「チエリ」氏 は別人である


ことを明確に提示させて頂きたいと思った次第です。

先方サイトでのそういう内容の掲示は難しいと思われるので、

せめてこちら側でだけでも掲示。 


「チエリ」の名前を見かけても、それは 私ではありません。


こちらのブログを活用して下さっている読者のみなさんにおかれましては、

特に、ご周知いただけるとありがたいです。




20161224


ちぇり

【2017年1月22日まで!残りチャンスあとわずか】Lady Hau 〜 ナイトクルーズディナー

ナイトクルーズディナー、海や川が近くにある観光地にはよくある
メニューですよね。今回お誘い頂いたのですが、ぶっちゃけ。。。
いや、これほんまに、お誘い頂いた
方には失礼千万なのですが、

(ああ言うのは肝心の飯がなー…)

と言う感じでした。
いやっ、ホンマに失礼致しましたっ(・∀・;
でも正直何処の国のこういう企画のに乗っても、楽しくはあってもお食事を
目的にするってほどのものに出会った事はなかったので、期待しないように
なっちゃったんですよね。ま、私のように食うだけがクルーズの目的では
ない、という紳士淑女の方が多いだろうから、ご飯への期待度だけで物を
見るクセ、やめなはれ、という気もするんですけど。。。

とにもかくにもお約束当日。
船着き場まではタクシーで。
4区の、Dim Tu Tacがあるとこかしら?と思ってたら、全く違う2区の
方向へ進んで行き、どこやろここ、と思ってたらこんなとこに到着。

th_IMG_9118_20161221173728f6a.jpg 

川っぺりのスペースなんだけど、外庭も上手に使いながらいくつものレストランが
集まってる感じのところ。この日この時間に営業しているお店は1つだけでしたが
看板は3つくらい見たかな?ガーデンウェディングとかするのに良さそうな感じ。

th_IMG_9049.jpg th_IMG_9051.jpg

そこらにいるスタッフさんに「Lade Hau??」って聞いたら、あっちだあっちだ、
通し得てくれて、そこで各方面から集まって来る乗船客が来るのを待ち、ザックリ
点呼がとれたところで乗船。

そしてこれが、Lady Hau。全容がが撮れてなくて申し訳ないw
少なくとも怖い長魚のお顔が船頭にあるお船じゃなくて、極クラシックな感じの、
華美さはないけどベトナムらしい草食のお船でセンスよかった♪

th_IMG_9055.jpg 

まずはウェルカムドリンクでお出迎え。
残念ながらアルコールではありませんが(笑)、気持ちが嬉しい。
そしてこのお給仕の方の笑顔が素敵♪ 片言でしたが、日本語でご挨拶も(^・^)

th_IMG_9060.jpg th_IMG_9065.jpg

船上のこことは言え、テーブルセッティングはしっかりしてるし、なかなか素敵な
雰囲気です。と言ってそこは南国の事。服装は皆さんカジュアルで、ラフな感じで
十分OK。もちろんドレストアップして行くのもアリですが、あんまり気張らなくて
よさそうです(笑)

飲み物メニューが充実していてホテルのバーもかくやな品揃え。すごい!

th_IMG_9066.jpg th_IMG_9061.jpg 

th_IMG_9074.jpg 

んで今回は、Signatureカクテルの中の一つ、Cucumber Gin Coolerってのを。
そう、南国でしばしば見られるキューリのカクテル(笑) 
はいそこ、カメムシカクテルかい!なんて言わない(笑)
キュウリは、まぁお嫌いな人にはナシなんでしょうけど、ウリの仲間だし、
クセ少ないし、体を冷す作用もあって、上手に使えば清涼感を上手に演出
してくれるんですよねー♪ 加えてジン。なかなかの相性でした♪

さぁではお料理に行きましょう!
まずはサラダや前菜類。

th_IMG_9085.jpg th_IMG_9086.jpgth_IMG_9087.jpg th_IMG_9079.jpg 

あ…あれ???
めっちゃ美味しそうなんですけど???しかも盛りつけも気が利いていて
とても綺麗♪ コールドディッシュなので船に持ち込む前に手をかけられた
ものではあろうけれども、素晴らしいじゃないですか♪

この小皿にチョイチョイ持って出すオードブルって可愛いけど、めっちゃ
手間がかかるし、食べた後のお皿の手入れも大変ですよね。労を惜しまれて
ないなぁ。

th_IMG_9081.jpg 

th_IMG_9083.jpg  th_IMG_9097_20161221174841efa.jpg

ベトナムらしい籠天秤をを使ったディスプレイなんかも雰囲気あります。
生春巻きは、この日は海老を使った物とベジタリアンの二種類が用意されていて
この日の大半を占めていた欧米のお客さんへのお気遣いの程がわかりますね。

th_IMG_9084.jpg 

そしてホットディッシュも素晴らしかった。
全ての温かくあるべき食べ物がクレイポットに陶器を中敷きした湯煎で温め
られており、豚と蓮の実の煮物、トロみのあるカニのスープ、お野菜の炊き合わせ、
オイスターソースと豊富な海鮮を使った汁無しヌードルなどなど、バラエティも
とても豊か。

華やかなお料理ではないかもしれませんが、ベトナムらしく、そして奇を衒わない、
正統派のベトナム家庭料理と言った感じ。ま、日本人から見るからそう感じるだけ
で、欧米の方から見ると珍しいものだったりするのかもしれませんけどね♪

th_IMG_9099_20161221174844d02.jpg th_IMG_9105_2016122117484592c.jpg

んで、肝心のお味が。。。悪くないんですよー。
いや、十分美味しかったな。
物により、どうしても時間の経過と共に質を落とす物がないとはいわないけど、
お手入れ、味付け、どちらを取っても、今まで食べた船上のお料理より随分美味しい!

こういう、キッチンに制限がある場所での多人数への提供って、ものすごく
大変な部分もあろうかと思うのですが、それを言い分けにしておらず、できる
限りの事をしてる感があるし、唸る料理もいくつもある。これは。。。

「侮ってごめんなさい(・∀・;」

と言うしかないです、はい。。。
聞けばこちら。ハノイやベトナム中部にホテルを持つVICTORIAグループという
ホテルなどを経営する所がやってるそうです。残念ながらホーチミンには
そのグループのホテルもレストランもまだないそうなので、私個人が真偽を
確かめる術がないのですが(ハノイ、行っちゃう?)、どうやらお料理には
随分と定評のあるグループなんですって。

こちらのお料理をいただいたてその話をきいたら、さもありなん、と納得
したけど、こりゃーちょっと旅行の際にはチェックしたい。

食事に夢中ですっかり忘れちゃってましたが、ここは船の上。そして川べり
には、普段車で通ったり歩いたりするホーチミンの街並。

th_IMG_9101.jpg 

これがいつもとは違う角度から見ると、また趣が違うんですねーっ。
船頭部分にデッキがあって、誰でも底に出て行くことができ、気持ちの良い
夜風に吹かれて夜景を楽しむ事ができます。百万$の夜景、とまではいわない
までも、うん、百万ドンくらいとなら自信を持って言える( ・`ω・´)b
(安いから、それw)

th_IMG_9059_20161221181737664.jpg th_IMG_9072.jpg

最初から最後の方まで、民族楽器を使った生演奏があってて、コレがまたいい感じ。
船によっては、ものすごくドンチャカするのがあって、折角人と一緒に行っても
話も出来ない、なんてことがあるのですが、こちらのお船はちょうど良い感じでした。
これならお仕事関係の方を連れて行く、とかにも良さそうです。

気取らず気張らず、おいしいご飯を食べながら夜景眺めて90分。
デートの食事にも良い感じ。日常のご飯にしては高いですけど、たまーに
お休みを取れた週末だとか、なんかのお祝いだとか、折角旅行にきたのだから、
と言う時のメニューとしては、知っておくといいんじゃないかなー…

…と、思ってたのですが、このLady Hau。
せっかくお気に入りの、人にお勧めできるクルーズディナーが見つかったと
思ったのに、なーんと2016年、1月(時期不明)でクローズすると言うお話が
入ってきました(ノ_・。) 記事を書くのもグズグズしてたら、残りもうちょっと
になってしもた。。。

もったいないなぁ。
でも、クルーズ線でもお料理に真摯な姿勢を持たれている所がある、と学べた
のは、個人的に大収穫。何度もやらかしてるんですが、何事も偏見を持って
見ては自分が損をしちゃいますね。

Lady Hauさんは2017年1月22日まで運行されている様です。
それまでの間にご旅行やらお客さんを招く方がいらっしゃったら、いかがでしょう。

ちなみに今回はスケッチトラベルさんを利用しました。
http://www.sketch-travel.com/vietnam/tour/tour.php?id=435

一人当たり45ドル。在住者である事を証明できる方は割引システムがあって、
40ドルだそうですよ!( ・`ω・´)b

ちょっと正確な期間はわからないのですが、チャンスは残り僅かとの事。
まぁ私が知らないだけでほかにも素敵なクルーズディナーってあるのかもしれま
せんが、旅行者の方も在住者の方も、コレを機会に一度くらいは…とお試し
頂くのもよいのではないでしょうか(^・^)

Lady Hau
http://www.sketch-travel.com/vietnam/tour/tour.php?id=435







にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

Ganges 〜 「あの」お店のお味???

えーっと、確認できてはいない情報なのですが、一説によると、
こちらの付近にあるインドカレーの人気店の料理人さんが独立して
出されたお店だとか何とか。真実の程はわからないのですが、そういえば
元店とされる所、ランチビュッフェがなくなってたりと、若干営業形態が
変わってたのはその辺が関係していたのかしら。。。

th_IMG_6299_20161219235856be4.jpg 

どちらもハイバーチュンのえー場所にありますわ。
メニューの豊富さを見てみても、そして南北インド料理を食べられる所を見てみても…


th_IMG_6300.jpgth_IMG_6301_20161219235859c6a.jpg


つ、潰しにかかってるんかしら?という状況(・∀・;
いやでも、先方はかなり以前からのファンをたくさん抱えてるからな。
もしも味の傾向が違えば「インド料理のバリエーション」ってことにはなっても
潰し合いにはならんだろ、と気を取り直してメニューを熟読。

th_IMG_6302_20161219235900506.jpg 

おー!この店にもドーサがあるーヾ(@⌒ー⌒@)ノ ←大好物
ドーサってのは豆の粉を水で溶いて発酵させた生地を薄くクレープ状に焼いたもの。
クレープ状とはいえ、しんなりとした柔らかさがあるわけじゃなく、どちらかと言うと
薄く乾いててパリパリした感じ。これが薄いながらに微かな酸味と旨味を湛えてて
カレーに合う!

そして米やナンと違って軽いので、カレーをたくさん食べられるのが大きなメリット。
うん、ガッツリいけちゃうお若い人には全く同意できない話なんだろうけど、
ちぇり僧さんはもう若くないのでわかっておくれw
そして早速頼んでみると…?


th_IMG_6306.jpg 


ドーン!(笑)
で、デカイ。。。(笑)
噂されてる元店のもこんなに大きかったっけか。。。
でもま極薄なんで、全体量はそんなに多い訳じゃないです。食べられます。
ぺろりと。うん、問題なく美味しいです。やっぱり味わい深くて好きだ。

th_IMG_6310_201612192359087ec.jpg 

カレーが背の高い、でも大きさ的には小さなバケツみたいな容器に入ってくるのも、
元店に近い発想ですね。これ、日本人のカレー感からすると不思議な感じがする
かもですが、実情的にはテーブル上のスペースを取らなくて大変具合が良い。

もっと言うと人数辺りの机面積を節約できるので、デザイン次第ではお店にとっても
収容客数を増やせる要因となり得る、大変頭の良い容器採用ではなかろうかと思って
います( ・`ω・´)b 
ま、少数皿数でも食卓を豪華に見せたい場合には逆に不向きなんですけどw

で、こういう本格的なインド料理のお店に来たらオーダーしたいのがビリヤニ。
この料理に使われてるような細長いお米は日常的には使わないし、結構手間も
かかるので、いざ本格的に家で作ろうと思ったらえらいこっちゃ。
なので、こう言うのはお外で食べるに限る(^・^)

th_IMG_6308_20161219235906fca.jpg 

ベジタリアン仕様の物もあればノンベジのものもあり、ビリヤニとひと口に言っても
いろいろなのですが、個人的にはマトンのビリヤニとか好きですねー。お米はホロホロ
として軽いのに味わいはしっかり。ガッツガッツ食べてもお腹がキツくなりにくいし
お酒のお伴にチョミチョミ食べてもいいし。

あまりお違和感のなさに。。。
噂で聞いた、元のお店から移って来た方がやっておられるのでは?と言う話を
ウッカリ信じてしまいそうな錯覚に(笑)。この部分は確かめてないし、確かめ
るったってあなた「あなた、前の店独立して元店つぶしにかかってるんですか?」
とかとても聞けない。。。(いや後半は聞かんでもええやろw)

逆に…元店に行って食べてみろよって話ですかね。
全く同じメニューを食べ比べた訳じゃないので正確な比較が出来る訳じゃないけれど、
大きく変わってるなら、その話の信憑性も上がりそうだし。
ま、実際には美味しければそこは重要ではないんで気にする事もないといえば
ないんだけれどもw

こちらのお店とくだんのもう一件。結構至近距離にあるので、今後、どうなって
いくかが気になります。お客さんの奪い合いじゃなく、それぞれに特徴を保って
美味しいバリエーションをキープしてくれるるといいんですけどね(^^;



Ganges
74a2 Hai Ba Trung Q1 




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

【シェフご退職】Doctor's Cafe and Restaurant Hiro 〜 公邸料理人さんのお料理!

***** 2016 Dec. *****

こちらは閉店情報ではありませんが、シェフがご退職され、
今までの様なお料理は出さなくなったとのご連絡を、これまた読者の方
数名から頂きました。

今後はカフェとしてリニューアルされるそうです。
コンセプトとしてなかなか他に類のなかったお店だったため、大変残念です。
しょぼん(´・ω・`)



***** 2016 Jan. 2回目 *****

同じ月にもう2回目行ったんかーい!
というのも、1月中?旧正月前だったら、ランチコースが1品プラスになる
と言う話を聞いたから、もう無理矢理スケジュールつけて伺ってきましたw
ランチのコースは前日14時までだったかな?の予約が必要になります。

お料理を待ってる間に、夜に来た時等のワインがどのくらいの価格帯に
なってるのかなーと気になったのでリストを見せてもらいました。


th_IMG_1840_201602041746264b7.jpg

th_IMG_1841_2016020417462751f.jpg

あらっ、意外にリーズナブル(´⊙ω⊙`)
ホーチミンのフレンチレストランは、その質の高さと内装のゴージャスさ
などから充分いく価値はあるのですが、時々ワインがとても高い所があって
最終的な金額がすごいことになることもあるんですよね(^^;

でもこちらの価格だったら充分お手軽に楽しめるし、あまり飲まないと
言う方にはグラスサーヴもあったりするというのがまた嬉しい。

さて、一品目はスープです。
って、でかっ(´⊙ω⊙`)
洗面器ぐらいありますがなこの器(笑)


th_IMG_1836_20160204174624174.jpg th_IMG_1835_20160204174626905.jpg

蓋を明けると、うわぁっ、ものすごーくふくよかな香り!!
なるほど器が大きいと、この香りが余白の部分にたっぷりと溜まって、
席で蓋を明けた時に、それが一気にほわぁっと立ち上るんですねっ。
香りから御馳走♪

この日は魚介のチャウダーと言うことで、ものすごく豊かな旨味が凝縮されつつ、
テクスチャーはサラリとしていて、お野菜の甘味もほっこりと含ませてくれてる
優しいしあがりになっていて、白のワインが進む進む。まだスープやっちゅーのにw

チャウダーは時々ポッテリとしたとろみをつけられてる物があって、それは
それで美味しいのですが、コース料理の始まりに出されると、それだけで
お腹がいっぱいになってあとへの食欲が抑えられてしまうことがままあるの
ですが、こちらのスープはそんなこともなく、むしろその後への食欲を更に
そそってくれる、濃度も塩気も抑えた旨味で食べさせる一品。美味しかった♪

次はお魚のお皿。
ジャン。


th_IMG_1837_20160204174649926.jpg
 
th_IMG_1838_20160204174651e53.jpg th_IMG_1839_20160204174652faf.jpg



きれーなぁ(※^^※)
この日はスズキを薄ーい生地に巻いてパリッとさせた一品。
この日は4人で伺ったので、当然4人分をセットする時間と言うのが必要ですから、
料理の温度と言うのはそれなりに穏やかになる物だと思ってたのですが。。。

ナイフを入れて口に運ぶ数秒ですら随分と冷えることもあるというのに、
お口に入れると、アッチッチ!(・∀・; それと同時に、口の中にスズキの
香りがブワーっと広がる!!おっほー!!!

スズキって、プロがお料理するとこうして香りがとても芳醇なお料理に
なるんですよね。素人がしくじると生臭くなる(^^; 
素材選びから保存の仕方、手入れの仕方等全ての行程が整っての結果
ですから、私みたいなザックリした人が扱うと全く別もんの味になる(苦笑)
このお魚ばっかりは、プロにお願いしたいお魚だなーと思う次第。

ここで白ワイン終わって赤ワインに切り替え。


th_IMG_1842_201602041746531cd.jpg


出してもらった物がかなりズッシリした感じのヤツで、もちろん次の
お肉の料理に合うものだろうという推察から、どんなお料理が出てくる
のかワクワク(*´艸`*) で、きたのがこちら。


th_IMG_1843_201602041746555e2.jpg

ラムだ!!!
いやっほーい!!大好物ヾ(@⌒▽⌒@)ノ

あ、ちなみに予約時にはご丁寧に「苦手な物はありませんか?」とお尋ね
くださいましたので、こういう料理も出て来る可能性があることを念頭に
置いて、なにかあるならリクエストしてくださいね。アレルギーとか以外で
自分が調理しない物だととっさに出て来ない物もあると思いますから。

今回もご一緒した方の中に普段はラムはちょっと…と言う方がいて、予約を
した私が迂闊だったなーと思ったのですが、幸いにも「苦手」と言う彼女を
しても、こちらのラムは美味しかった!!!あんまり美味しかったから写真
もっ回貼っちゃう!!!どーん!


th_IMG_1846_20160204191224a8f.jpg

ラムの旨味がギューーーッと凝縮された感じで、小さく切った一切れが
口の中で広がる広がる。またそのラムの旨味とワインの旨味がコックリと
合わさったソースが。。。( ̄¬ ̄)

ワインがかなりしっかりしていた理由がよーくよーく分かりました。
もうね、ひと口食べるごとに机バンバン叩いて喜びたいくらい美味しかった。
(お客様、品のない行動はお止めになって…)

まぁさすがにそれはしませんでしたが、骨周りのお肉はもう
フォークとナイフじゃまどろっこしくて、骨もって齧り付いたよね( ̄▽ ̄) 
だって美味しいとこ残したらもったいないし。なんだったら骨まで
しゃぶり付きたいくらいだったけど、そこは思いとどまったちぇりさん、
大人だねっ(当たり前だ


ここまででももうかなーり味覚的には満足でしたが、美味しいお料理って
胃袋に余裕を作るんですよねー(笑)。食べてるはずなのに食欲が治まらないw
そんなタイミングでこちらです。


th_IMG_1847_20160204191224525.jpg


ちょっぴりカレーヾ(@⌒ー⌒@)ノ
前回食べて美味しかったヤツ…とはちょっとルーが違ってて
おたずねしたら、やはりコースの中に入れるものとしては、単品で出してる
ものと同じタイプだとボリュームがですぎるから、ベースは同じだけど
前回表現したフワフワ感の元のお野菜分のボリュームは出していないとのこと。

マッシュルームのカレーだったのですが、なるほど、今回のルーは
滑らかでサラッとしてて、全体の量も少ないので、このタイミングでも
食べ易い。さすが色々考えてくれはってるんですなぁ。

そしてデザートとコーヒー。
ここまでついて、この日は500kドン。
そこからJBAHの割引までしてもらって。。。。

th_IMG_1849_201602041912253c8.jpg th_IMG_1850_20160204191227474.jpg


うちら、追い剥ぎか?!って位の満足度。
先にも書きましたが、これはテト前の特別仕様で、普段のランチコースより
皿数が一つ多くなっているそうです。通常はお肉かお魚か、どちらか1つ。

でもせっかくこちらのお店まで来たのだったら…
もちろん有料で、1品プラスのコースも作ってくれたら嬉しいなぁ。
お手間のかかることなので、単純に料理分の値段を増やせば良いと言う
ものでもなし、他のお料理との兼ね合いもあるので簡単にお願いするのも
失礼かもしれませんが。。。

例えばこれが200kプラスの700kドンランチだったとしても、
私だったら行きますなっ。500kドンと言う価格は確かにキャッチー
なんですが、チョイスがあるなら、もっと嬉しいなーってことで。
お近くにお住まいのはチョイチョイ行けると思うのですが、1区にいると、
そう頻繁にはって部分もあって、行ったからには、ってついつい思って
しまう食いしん坊なので(^^)ゞ


ともあれ、無理くりスケジュール作って行って良かったですっ。
ほんっとに御馳走様でした。ホールを担当されてる日本人男性も、
いつもお忙しそうにされてる中、電話対応から当日のおもてなしまで明るく
細やかにしていただいて、ホーチミンであのようなスタッフさんを確保
されてるお店さんはさすがでらっしゃいますな。お料理からサーヴィングまで
一貫されてて、ほんとにお見事。またぜひお伺いさせていただきたいなー♪



***** 2016 Jan. *****

もう開店されてしばらく経つので、既に行かれた方も多くてらっしゃるかと
思いますが、かつては公邸の料理人でいらして、フランスの三ツ星レストランも
いくつも経験していらっしゃると言うシェフのお料理を楽しませてもらえるという
こちらのお店。やーっと伺えましたー♪

とか言う割には、その日に思い立って行ったので、コースランチはお預け。
ランチコースは前日のお昼までくらいに予約をしておく事が必要だそうです。
お忙しい方等は、思い立って行けないのが残念、と仰ってる方もおいででしたが、
それだけ出されるお料理に手をかけておられるということですし、私的には
次回予約をしてランチコースを楽しめるのがとても楽しみ♪


予約無しでも頂けるのは、カレーランチ。
カレーかー。実は私ホーチミンに来てインド料理以外のカレーを食べてなかった
んですよね。自画自賛で恐縮ですが、自分のカレーが結構好きで(笑)、
加えてホーチミンで美味しいカレーペースト見つけたし、そもそも日本のルーで
作った脂分が多いカレーがちょっと苦手だったもので。
それだけにこちらのカレーはどんなだろう、と興味津々。

場所がちょっと分かり難いとは聞いてたのですが…
うん、ホントに分かり難かった(笑)
幸い、店名で検索したらGoogleマップでピンポイントで出て来てくれたので
タクシーの運ちゃんに支持しながらたどり着けましたが、正直ちょっと不安だった(^^;

場所は2区のビッグCを右手に迎えたら建物の先の方にある角を右手に折れて、
ほぼ突き当たり(今の所)まで進んで行きます。その間が。。。住宅地と言うか、
まだ未開拓値と言うか、地図を見ながらこの道で間違いない!と確信を持ちつつも、
(いや、時々Google先生、全く違う所を指したりするからなぁ。。。)と弱気に
なったのもほんとw でもほぼ突き当たり右手にあります。
角ッこで、進んでくる方向からは看板も見え難いので不安になりますが、信じて進んでくださいw

th_IMG_1463.jpg

カレーランチは予約無しでも頂けるそうですが、事前に電話しておいた所、
時間を見繕ってくれていたのか車の音を聞きつけてか、わざわざお出迎えに
出て来てくださる丁寧振り。急な訪問だったのに嬉しかったな♪

th_IMG_1465_20160125162121da9.jpg

この日はお外の席だったのですが、幸いそんなに暑くなくて爽やかな雰囲気。
店内にはご予約をされたであろうお客様がちらほらだったので写真は控えたの
ですが、全体であの広さだったらカレーランチに予約が無いとは言え、
あまり大勢でいきなり伺うのは大変かもですね。どちらにしろ事前にお電話して
伺った方がよろしいのかなと。

th_IMG_1464.jpg th_IMG_1466_201601251621225ce.jpg

カレーランチはドリンク付き。
自家製のジンジャーエールとレモネードが人気だということだったので友人と2人で
それを頼んでみました。レモネードのお砂糖は椰子糖を使われてると言うことで
体にも舌にも優しいお味。ジンジャーエールは爽やかだけどスパイス使いも手を
かけられてる感があってリッチな感じ〜♪家でジンジャーシロップ作ると、
せいぜい胡椒やシナモン、唐辛子程度で終わっちゃうからなー(笑)


サラダはオーガニックの野菜を使ったライトなドレッシング和え+カボチャのムース。
エスプーマかな??お野菜でお野菜を食べるパターン、嬉しいですよね♪
焼いて味が濃くなる野菜やパプリカをソース代わりに使うパターンはよく
あったけど、カボチャのムースは初めてだったな。優しいけど、お野菜の
一つ一つの味もしっかりしていて満足感のあるサラダでした♪

th_IMG_1467_2016012516212683f.jpg th_IMG_1468_20160125162148068.jpg


カレーの薬味に、と出されたのは、ラッキョウ・福神漬けの微塵切りに、ベトナムの
ピクルス!!あーっ、好意の嬉しいっ。ご自身がこれまで築き上げて来たスタイルも
おありになる事と思うのですが、こうして現地の食材や一品をさりげなく合わせて、
且つ、あまり日本人にも抵抗感の無いものをチョイスして楽しませてくれるお心遣い。
素敵やなぁ。実際、この刻んであるのが「薬味」としてとても頂き易かったし。

大きな粒のラッキョウヤ厚みのある福神漬けだと口が一時的にでも全部その味に
なるんですよね。それをして「口直しと言うんや!」というご意見もあると思うの
ですが、個人的にカレーにはそんなに口直しってあんまり必要と思ってないんで(笑)
カレーの味にプラスαで楽しめる薬味的に楽しめた方が嬉しい。
素敵なアイディア(※^^※)

そしてこちらが噂のカレー。
ジャジャーン♪


th_IMG_1470_20160125162149f93.jpg


この日はハンバーグカレーでしたーヾ(@⌒▽⌒@)ノ
どうやら数種類のカレーがあって、その日その日で違えてらっしゃるようですね。
噂では牛タンカレーが大層美味しいというお話でしたが。。。

ハンバーグもめっさ美味いやん!!!(´⊙ω⊙`)

ってかまずルーなっ。
見た目めっちゃ滑らかです。ええお店のカレーってこんなんよなっ(笑)
ウチのは入れた野菜の溶けかかった野菜がそこかしこにゴロゴロしてる感じ
なんですが、まー丁寧な感じっ。実際このルーにはお野菜が何種類もとけ込んで
らっしゃるとか。その言葉は、ひと口食べたらわかります。

ふんわり。

カレーのルーがふんわりてっ。
でもふんわり。野菜をとけ込ませる、というのにどう言う方法を使われてるのか
存じませんが、炊いて蕩けたのを濾したのか、全体を拡販して一体としたのか…
なんにしても、口当たりがふんわりしてましたの。

そしてまたそれが優しい一辺倒でなくて、スパイシーさがシャーッと薄氷を
張ったように薄く全体に敷かれててスッキリともしており、更にその後に
追っかけてくる旨味、甘味、ふくよかさ。程よくグリルされたズッキーニや
パプリカともコントラストを成しつつ、野菜の旨味の部分で共通項を持ち、
大変おいしかったです。

いやーっ、技術のおありになる方がカレーを作るとこんなことになるのかー(´Д` )

これを食べても尚自分が作るカレーは好きですが、私の、ガーン!!と辛くて
シャーッ!!!と後味で口の中切り裂いて、ドーン!!と使った食材の味
(鶏とか豚とか羊とか)をぶつけて来る、食べてるこっちと戦いになるような
カレーやからなー。食卓が最前線(笑)

それに比べてこちらのカレーの優雅な事!
それでいてシャープさもあって。。。。

あっ、そうそう。ハンバーグもメッチャおいしかったんですよ。
ハンバーグ手前にした写真も貼っときまひょか。


th_IMG_1471_2016012516215040f.jpg

見ただけでもー、ふーーっくら。
そしてスプーンで優しく切れる程柔らかくもあったのですが、噛むと肉肉しい
食感もしっかりあって、小振りに見えたけれども実際食べ始めると食べ応えがある。
肉汁は、切り口から溢れる様な仕上げにはされておりません。しっかり肉内に
留まって、噛むとジュワー、ジュワーっと旨味とともにしみ出して来る。

前にもどっかで書きましたけど私、あの切ったらすぐにブシュワー!と肉汁が
流れてしまう状態のはあまり好みませんの。画像撮影には効果的かもしれませんが、
あの肉汁に旨味が詰まってるのに、切った瞬間皿に流れてしまったら食べる時に
肉パサパサやし旨味も無いやん?もったいない。

その点、こちらのハンバーグはしっかりと肉汁を中に湛えて食べられるのを穏やかに
待っておられる感じでしたなぁ。実際旨味がすごくって、風味豊か且つシャープな
辛さがあるカレーと一緒に食べても尚、肉の旨味を十二分に感じましたからね。
その旨味とカレーを合わせるとこれまたウットリな感じになりますし。
味の充実感も手伝って、見た目少なめかな?と思ったけれども食べ終わってみれば
大満足。お腹も一杯。超幸せ。

ハンバーグカレーとか言うと男子的な語感を感じてしまいますが、こちらのハンバーグ
カレーは、歴戦の(「れきせん」てあんた…)奥様方のお口にもきっと叶うことと
思いますっ( ・`ω・´)b

また、特に調べず食べに行って噂の牛タンカレーじゃなかったことを
「美味しかったけど、牛タン食べられなくて残念だったー」と言う声も
チラホラ聞いた事があるのですが…


これ、どのカレー食べても、それぞれにすっごい美味しいン違います?
もちろん私も牛タンはいつか頂いてみたいと思ってますけど、このハンバーグも
えっらいこと美味しかったですよーっ。これでサラダ飲み物ついて200kドン。
丁寧なサーヴィングも受けてサービス料とかタックスなし。
まぢでっ?(´⊙ω⊙`)(席の店内外の違いがあるかは不明ですが…)

噂に違わぬ、というか、聞いてた以上のカレーランチ、往復のタクシー代出しても
私的にはアリでしたわーっ。デリバリーなら150kドンですって?こらお得♪

ってか、こうなると更に高まるランチコースへの期待。
そしていつかは、夜のコース!!200万ドン(12000円前後)からでしたっけ?
お値段だけ伺うと、そんな簡単には伺えないなーというのがありましたけれども。。。


th_IMG_0879.jpg


お友達の所に来た案内をちょっと拝借させて頂きますと、こんな風なお心遣いを
持って予約を受けてくださるそうです。このご案内から少し時間が経ってますので、
その後変わられた部分もあろうし、そこはご予約の際の相談によりけりだと思いますが、
そのお値段でもしかるべき、と思われる内容ですね。
気になります。ものすごーく気になります(笑)

でもまずは最初カレーから初めて良かったかもなー。
コースを頂いてもカレーがおいしい事には変わりないだろうけれど(笑)
徐々にランクアップして行く楽しみが出来たかも(*´艸`*)

ランチコース、是非とも近々伺いたいと思います♪
またすぐにレポできる事よう、頑張ります〜♪(←頑張る…???)




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Quyenky Migia 〜 アヒルの薬膳麺♪ 

***** 2016 Nov. *****

わー…。最初の投稿、もう4年前やって。
結構何度も行ってたんだけど、他に優先すべきお店がいっぱいあって、
同じメニューしか食べてないから更新してなかったんやろなー。
というわけで、久しぶりの掘り起こし。

th_IMG_5529_20161214040245150.jpg 

うーん、やっぱりこのアヒルのモモ肉の薬膳スープ、おいしーわー。
麺や野菜の加減、ガリッガリのエビ天なんかも変わってない。
閉店移転情報が相次ぐ中で、変わらぬお味。
ここに来たらあいかわらずこのアヒルか雲呑、水餃子しか食べてないから
こっちも変わっていないんだけど。

th_IMG_5528_20161214040244c94.jpg 

このまま食べると口の中傷だらけになりそうなガキガキのエビ天。
コレを砕いてスープに入れて少しふやかしつつ、それでも染みない部分を
ガリュガリュっとやるのも美味しいんよなー。

th_IMG_5527_20161214040243f01.jpg 

そっけないくらいのこの食堂の風景もそのまんま。
入り難い入り口の割には奥行きがあって席数が多く、すごいアンバランス
なんだけど、お昼時にはたくさんの人が入ってると言う人気店。ええね。
今後もずっと続いてってほしい。

あ、コレだけ変わってた。
果物は多分まだ食べ放題なんかなぁ。
でもおぜんざいが。。。あのアッサリ味で美味しかったおぜんざいが、
有料になってました。5000đだけど(笑)

th_IMG_5526_2016121404024190b.jpg 

HOPってのは翻訳機にかけたら「箱」って出たんだけど、カクテルで言う所の
ジャグ、ビールで言うところのピッチャー的なポジションのものかしら???
まぁなー、アレ無料で出してたのがおかしかったよな(笑)
ここぞとばかりにガンガン食べてた人いたしw

あのおぜんざい、アッサリして美味しいから今度はそれもたべれるくらいの
お腹を用意して行こう。アヒル麺と共に時々無性に食べたくなるわ。
この街では「外国人」の私だけれども、徐々に、時々行きたくなる行きつけの
「あの店」が増えてきてるかなー♪


***** 2012 Dec. *****



まー、もー、ほんとに、食べ物の話題ばっかりで、すみませんねぇ(^^;
でもまだまだネタにストックが…(苦笑)

というわけで、今回もチャチャっと行きます。
ベトナムだけど、ちょいと中華系のテイストが入った、麺屋さん♪

$☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

店名も漢字で書かれてます。
入口には、ラッシュに備えての下準備された土鍋がずらーり並べられてたり、
従業員さんがたくさんいて、とても一般の人が入ってよいような雰囲気じゃ
ないが(笑)、奥の方には食堂的広さの席が用意されてるし、二階もあります。
なので、ひるまず、ズンズン進んでいきましょう(笑)

中国系の料理だけあって、漢字表記されたメニューもあって、
それでも中国語だから、そんなにわかるわけじゃないけど、なんとなくわかる(笑) 
言えば英語表記のものもあるので、ローカルなお店にしては旅行者にやさしいかな♪


$☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

メニュー、ちょっとぶれちゃってますが(笑)、こちら基本麺屋さんで、
チャーシュー麺や、水餃子麺、雲呑麺など、日本人にもなじみのある、
でも香港チック(広東料理系?)なメニューがずらり♪

で、こちらのお店のおススメで、ちぇりのお気に入りが、メニューの下部にある
『特別』って書いてある中の一番上の、アヒルのモモを使った薬膳チックなメニュー♪

☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

え?あ、絵面が地味?(笑)
よね。でもね、これが美味しいのですよ♪
アヒルのモモ肉が一本、ゴンッと入ってる鍋はふつふつと煮立ってて、
ほんのりと香る薬膳な香りが少し甘やかな感じ。
麺は別で出てきます。

☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

おおおおおおっ!!こっ、この麺は!!
まさに香港で食べる雲呑麺(ワンタンミー)の、細腰麺!!
これ、美味しいのよねー!!

基本ベトナムでは米粉から作った麺が多くて、コシは二の次な感じのものが
主流。といって、別にモッチリどっしりまでは求めてないので、特に不満は
なかったのだけど、この細くて輪郭がはっきりした麺、喉を撫でる感じが
とーっても美味しいの♪ 

この麺をスープの方に入れてもいいし、シェアをするなら小椀に取り分けてもいい。
ナツメなどが入った滋味あふれるスープは、いかにも体によさそうで、
ジュワーっとしみいる感じです♪お肉もホロホロと箸で簡単にほぐせる軟さ♪

☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り ☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り


見た目、麺が少なそうに見えるのだけど、これがチマチマ食べ進めてくと、
意外と満腹になったりします(笑) ま、メインがスープなんで、一時的に
腹が膨れるだけ、というのはあるかもだけど(笑)、まぁ、その方がローカロリーで
済みそうだし、健康的かと♪

基本、麺+スープと別皿で出てくるようで、雲呑麺も、こんな感じで出て
きてました♪ 結構肉餡がギッシリ詰まった雲呑で、食べ応えがありましたよ♪
写真はないけど、チャーシューも美味♪

☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り ☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

麺の上に乗ってる揚げ物は、エビのかき揚げ。。。だったらいいなぁ(笑)
生地が広く広げられてガリッガリにあげられたとこに、エビがちょこんと
いる感じ(笑)  おそらくはグルテンの高い粉で作っていると思われるのですが、
とにかく固い。そのままバリバリかじったら、間違いなく口の中が傷だらけに
なっちゃいます(笑)

ので、スープに入れてふやかして食べるが吉。
そんなに脂っぽくはないのですが、うどんやそばに入れる天かすのような
役割を果たすのでしょうか、ちょっと全体にコクが加わって美味しくなります♪

こちらのお店の嬉しいところは、食後にフルーツビュッフェがあるところ♪
と言っても、内容は日替わりだし、そんなにおいしいゴージャスなフルーツが
並べられてるわけじゃないのですが…(笑)

       ☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り
☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り ☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

ローカルの女の子たちなどは、食事の前から、山盛り、更にフルーツを取ってきて
きゃいきゃい言いながら食べてます(笑) スイカは普通に美味しいですし、
グワバやアセロラは、添え付けの唐辛子塩を付けて食べます。そんなに美味しく
なくても、日本人には珍しい食べ物だから、ま、話の種にはなるでしょう(笑)

あと、これも食べ放題のデザートの中に含まれている、赤豆のチェー!!
これが美味しい!!!

温かいので、平たく言うと、日本のぜんざいのようなものですが、さらっとしていて
小粒の赤豆(小豆よりずいぶん小さい)は、よく炊かれてるけど荷崩れしてなくて
上品な甘さに仕上げられてる。そして何と言っても特徴的なのが…

$☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

陳皮が入ってるんです(^^)b

陳皮というのは、熟れた後のミカンの皮を乾燥させたもの。
健胃薬の漢方として用いられることもあれば、日本では、お正月のお屠蘇にも
使われており、中華料理では五香粉(ウーシャンフェン)という調味料にも
使われてるので、知らないうちに、食べた事がある方も多いかもしれませんね♪

そういえば香港の市場では、果物屋さんがミカンを売るとき、丁寧に剥いて
中身だけを売ってました。渇いちゃうのに、なんで???と思ってたら、
美しく等分に切り目を入れられた皮たちが横に山積みにされてた…
あれも陳皮として売り物になるんだな、きっと(笑)  商売上手♪(笑)

って、話が横にそれちゃいましたが、この陳皮とサラサラぜんざいの相性が
思いの外絶妙で、へーっ、こんな組み合わせがあったのか、と、大変感心した次第。
これ、難しいものでもないから、日本に帰ったらぜひ作ろう♪

というわけで、お食事からデザートまで、とにかく体によさそうな物づくし。
それでいて、料理には適度な肉っ気、油っ気があるので満足感も十分あるし、
料理の傾向も広東系なので、お味もとっても日本人好み♪
更にいうと、ちぇりが住んでるお部屋から、歩いて5分くらいなのよねー(^m^)

というわけで、とってもお気に入りの麺のお店、ベトナム料理ではないけれど、
一度は食べてみてほしい、身体にやさしいお店の味です♪

☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

Luong Son ~ ベトナム式焼肉?

***** 2016 Dec. *****

台湾からの客人があったのでお連れしました。

th_IMG_0135.jpg 

そのお友達には、同じく台湾の方であるけれども、もう22年もベトナムに
お住まいであると言う方も居て、一応こちらでメニューを選んでみた物の、
あれこれと(ベトナム語で)サポートをしてくれました。
曰く。。。

「このヤギのオッパイ焼肉、豚のじゃね?」

「ヤギですっ( ー`дー´)」 と店員さんは言い張っていましたが、心無しか
半笑い…www まぁ公然の事実と言いますか、よく言われますよね。貴重な
ヤギのチチ肉がそんなに出回ってるわけがない。街中でヤギチチの焼肉だと言う
てるやつの多くが豚のチチ肉だと。ヤギ専門店で食べてたときも「いつも食べて
るのと違う!」と思ったし、その「いつも食べてる」ってのがここのなんだよな…。
ま、美味しいからいいんだけどさ。。。

牛肉の漬け焼きは、あいかわらず美味しかったです。
これは鉄板。コレも最初はダチョウだって言い含められてたんだけど、
んなわけあるかい!と、何回目かで認めさせたっけwww

th_IMG_0136.jpg th_IMG_0137.jpg

「何そのいい加減なお店!」って怒らないで下さいね。
食うてわかって指摘をすれば相手は認める(時間かかることもあるけどw)。
食うて分からんかったら騙して良いって物ではないけど、まぁ取りあえずは美味しい
ので(ええのかそれで)。ってか、言葉の行き違いでこっちが勝手に思い込んでた
だけかもしらんので、強く言えないってのもあるの(^^;

そういば最近、ミントがタップリ乗ったポークリブも最近は定番になりつつあるな。

th_IMG_0138.jpg 

そしてリベンジで頼んだ山羊鍋。鍋っつってもあらかじめ火が入ったものを
温め直す程度の物だったけど。。。

th_IMG_0139.jpg 

葉っぱで肉が見えんがなっщ(゚Д゚щ)
くたりくたりと煮て行きますと、うん、これはまごう事無きヤギの肉。


th_IMG_0140_20161214041710e5a.jpg 

皮の厚み、それが少しヨレヨレしてる感じ。豚なら皮の下の脂がもっと厚いだろうし、
牛肉ならもっと赤い。鳥では全くあり得ない形状だし、これは食べ慣れてるヤギだわ。
と迷いなく納得してたら、さっきヤギチチ肉を豚チチ肉だろ、と指摘された店員さん。

「さ、こちらが【豚肉の】煮物になります( ̄ー ̄)」

とやり返してきた(笑)
おい若けーの、いい根性してるじゃねーかw

ちなみにこの鍋、メッチャおいしかったです。よく出来てるけど量が控えめなので
ちょっとヤギ肉試してみたいなーと言う時に良さそう。いきなりヤギ専門店に行って
ダメだったら食べるものなくなるしね(笑)

そう言えば今回ヒット商品がもう一つ。

th_IMG_0141_20161214041711a6c.jpg 

eelって書いてたから…うなぎ?
の、所々骨まで刃を入れ、ぐるりと巻きやすくして丸揚げにしてるもの。
うん、半分冗談で試してみたら、あらおいしい!!

腹部付近になると若干一般的に嫌われる臭いがありましたが、唐揚げだし、
個人的にはそんなに気にならず、そこよりむしろ、そのままにされたスキ骨
の辺りがカリッカリにあがってて香ばしい!ビールもってこーい!*\(^o^)/*

th_IMG_0144_20161214041714dbc.jpg 

もう頭までしゃぶったわ。
まだ色々食べてないメニューがあるんだけどここ、底知れないわー。
もっと果敢にキワキワのもん、食べてみららなっ( ・`ω・´)b


***** 2016 Apr. *****

久しぶり!!
ってか、結構行ってはいるんですけど、記事にするのは久しぶり!(笑)
なんだかんだで場所柄内容価格柄、ベトナム式の焼肉となると、
ここが一番使い易くはあるんですよね。外だけど。これからの季節暑いけど。

でも行っちゃう、昼焼肉っ( ・`ω・´)b
暑いからこそビールがうまい!!(いやお昼ご飯食べに行ってるんだよね?
ビールのみに行ってるんじゃないんだよね?ね?)

th_IMG_6091_2016042020315308c.jpg th_IMG_6090_20160420203152756.jpg

じゅううぅぅぅぅ(*´ω`)
ま、夜と変わらぬスタイルです。
多分ランチセット的なものはありません。
夜とスタッフさんがすこし違ってフランクな気はしますが、問題なく
お世話してもらえます。ほっといてくれっつったらほっといてくれるし。

え?上の写真で何焼いてるんだって?
ああこれ、かえりゅー♪ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

th_IMG_6092_20160420203154dae.jpg


仕入れによりけりだと思うんだけど、まーこの日のカエルは見ての通り、
ぷりっぷり!!!肉付きが良く新鮮でチュルン!!と骨からの身離れも良い。
程よい弾力があって実に美味しい。これまで食べて来た幾多のカエルの
中でも出色。(幾多の…???)

手前はオッパイ焼肉ね。
先日の小綺麗なお店の豚のオッパイ焼肉もおいしかったけど、どちらにも
一緒に食べに行った友達によると「ここの方が美味しいね!」とのこと。
私的にはどっちも美味しかったのだけど(笑)、たしかにま、こっちの方が
勢いがあると言いますか、圧倒的にお店やってる年月も長いし、こなれた
感がありますな。

th_IMG_6094_20160420203157737.jpg th_IMG_6097_20160420212341af3.jpg

上記写真右側はワニのフライ。
超筋肉質で弾力あるけど、品のある白身の旨味は、上等な魚のそれのよう。

そう、ここのお店はこんな風に色んなお肉を楽しめるっていうメリットもある。
そう言うお店は他にもたくさんあるのだけれど、ローカル色が強過ぎたりして、
旅行者だったり、在住者でも言葉の面でハードルが高かったりするのですが、
ここは何とか英語通じるし、何よりメニューに英語があるし、街中近くなので
場所的にも利用し易いってのが強みよなー。

ローカル店に比べたらちょーっと高めではあるけれど、充分お値打ちかと
思われます。そういやこないだ食べたカエルのカレーもおいしかったのに
写真がないわ。ほかにもダチョウ、カンガルー、蛇、サソリ、虫など、
日本じゃチョット食べられない様なお肉も色々揃ってるので、ご興味ある方は
ぜひどうぞー♪
ゲテモノってだけじゃなく、普通に美味しいもの満載ですので(^・^)




***** 2015 Aug. *****

半年振りー♪
たまーに無性に食べたくなるのよね。
どローカル向けよりお高めなんだけど、お高いだけの事はあるって感じかしら。
ボリューム、味とも、やっぱり好きだわこちらのお店。


th_IMG_5348.jpg

お店の味、ではないけど、ラルーのレモン味みたいなのが出てたから飲んでみたら
個人的には「レモンスカッシュやんけっщ(゚Д゚щ)」 って感じのお子ちゃま味。
しまった(。-_-。)


久しぶりだったんでやっぱり定番が食べたくなって、あんまり珍しいメニュはありません。
既出の物が多いです。が、ひとつ(今頃)気になったのが、七輪を置くためのこのプレート。
2角が内側に織り込みになり、反対側の2角が逆側に折られてる???
結果、卓上に置いた時にもの凄く緩やかな傾斜ができてる。

th_IMG_5351.jpg th_IMG_5355.jpg


でも、上に乗っかるのは網焼き七輪なんだよなー。
傾斜掛かってて利点があるのは、鉄板で何かを焼く時。脂が片方に寄って行くから、
無駄な脂で食材がギトギトにならずにすむ(サムギョプサルみたいなイメージ)。
こちらのお店にそう言う鉄板焼き料理があるってことかなー。まぁわずかな傾斜なので
網焼きを置いたからって不都合があるわけじゃないんですけどね(笑)

そして相変わらず美味しいこのサラダ。
焼き物全部についてくるのかなぁ。基本、こちらのお店の名物の牛肉の付け焼きを
頼んだらついてくる。これは間違いない。

th_IMG_5350.jpg


持ち帰りで生肉買ったときも別袋でついて来たから。他の焼き物でも来るかどうかはちょっと不明。
でもリクエストしたらきっと作ってくれる筈♪


th_IMG_5356_201508310336341e8.jpg


牛肉の他に頼んだのはヤギのおっぱいとワイルドポーク。ポークはちょっと失敗。
味はすごくいいんだけど、歯ごたえがワイルドすぎて、こっちが野生を取り戻さないと
中々噛み切れない強情さ(笑)


あっ、巨大タニシはおいしかったです♪
カニにしてもカキにしても貝にしても、品種がそうなのか手入れが良いのか、ベトナムは
味の奇麗な海産物がおおいですなぁ。あ、タニシを海産物と呼んでいよいのかどうかは
わかりませんが(^^;


th_IMG_5358_20150831033636e02.jpg th_IMG_5359.jpg


帰り際に近くのテーブルが頼んでた魚のカゴ盛りをチラ見。
焼くのかなー、蒸すのかなー。なんにしても編みザルの上にたくさんのグリーンと一緒に
盛ると、いやー、豪華で美味しそうですねー。そういえば大物の魚は頼んだ事がなかったな。
そういえばここの鍋もあまり食べてない。大変。時間を置くとまた定番メニューが食べたく
なるから、近々重ねてこなければっ(何を使命感に燃えて。。。www)

焼き肉、ポピュラーだからきっとたくさんお店あるはずなんだけど、ついつい足が向いて
しまうこちらのお店。実際美味しいからそうなるのも必然なんだけど、何度足を運んでも
商いの、すごいなぁ。多少英語が出来るスタッフさんもいるので、まだのかたは是非一度♪


***** 2014 Dec. *****


さて、前回2週間滞在した時にも、2回も行った焼肉屋さん。
相方さんが開拓してくれた、部屋から割と近くにあるお店なのですが、
オープンスペースで、ものによっては、卓上七輪で焼き焼きしていただける
とっても開放的なお店なのです♪

☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り


ビール会社直営っぽい看板があるけど、いろんなメーカーのものが置いてあるから、
真偽はわからず(笑) んで、ビールを頼むとついてくるのか、飲み物は何を頼んでも
ついてくるのかわからないけど、アテに出てくる小粒のピーナッツが香ばしくて
美味しいんだ、これが! 他のお店でもピーナッツ出て来るけど、微妙に味が違うんだよねー。

$☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

そしてこちらのお店で、ちぇりが毎回必ず頼むのが、牛の焼き肉!
ニンニク&しょうゆベースのタレを絡ませてるのですが、これが美味しい!!

s-IMG_3670.jpg


もともとこちらの牛肉は脂が少なく、ヘルシーで大好きだったのですが、
ここまであの脂っけのないお肉を柔らかく、癖がなく、且つ、タレと相性良く
合わせたものは初めて食べた♪ L−カルチニンたっぷりで、ダイエットに
よさそうですな♪ 牛脂が厳しいお年頃の胃袋には嬉しい限り(笑)


単価は500円だったか600円くらいと、ローカルの料理に比べれば高いわけですが、
量が結構ありますので、2人でつついても多いくらい、3人くらいいてくれると
助かるかなぁ、という感じ。

1品だけってのも愛想がないので、いつももう1~2品頼むのですが、
ビールを飲んじゃうこともあって、大抵食べきれずに終わってしまう。。。
多くても、一人1皿の計算じゃないと、こちらのお店、全体に料理の
ポーション当たりの量が多いです(^^;

お肉を頼むとついてくるサラダも美味しい。
オニオンスライスやトマト、レタスに軽いイタリアンドレッシングを
かけてあるのだけど、さっぱりあっさりで、ちぇりは結構これもお目当て。


$☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

日本に居るとなんてことないサラダ、いやむしろこれは貧相に見えるほどかも
しれませんが、意外にこの手のサラダって、アジアでは見ないのでね。
オニオンスライスも、適度なものを使ってるのか、きちんと手を入れているのか、
変な辛味やえぐみがなくて、サクサク食べれる♪


焼肉にはほかに、ベトナムでは有名なヤギの焼き肉、ワニやカエル、
サソリなんかの変わり種もあって、食通を誇る猛者にも楽しんでもらえそう(笑)

焼肉だけじゃなく、他の料理も美味しいんですよ♪
水分の少ないお米が主流だからか、どこで頼んでも美味しい事が多いチャーハン、
こちらでも絶品。特にガーリックフライドライスがお気に入り。これ、お米料理で
ありながら、ビールの摘みにもなる一品。でもやっぱり、1ポーションが多い(笑)

今回は初めて皿うどんを頼んでみたのですが(Crispy Noodleとなっていた)
これももう、皿からあふれんばかりの麺がまずやってきまして・・・(笑)

s-IMG_3673.jpg

うわっはーい*\(^o^)/* と思ってたら、それだけで一品料理と言って良いような
あんかけ野菜が出てきた。これを麺にかけて食べるのですね。

☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り ☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

何人分になるんだよ、これ(笑)
でも美味しいから、ついつい食べ過ぎちゃうのよねー。
特にこれ、なんか麺が味わい深いというか、しっかりと旨味があって、正直、
長崎皿うどんと肩を並べられる硬焼きそばって、初めてだったかも。
かなりの太麺をジックリ揚げてる感じだったから、あんをかけても、
なかなかシナらないし(笑)


別の時は、煮豆腐? みたいな物を注文したら、やっぱりデカ盛り。。。(笑)

s-IMG_3677.jpg

甘辛ダレにお野菜がいっぱいで、なんかすき焼きの豆腐的にすごくすごく美味しかった
んだけど、これもまぁ、主食みたいな勢いで食べないと減らない減らない。。。(苦笑)

ということで、理想としては最低3人、できれば5~6人いれば料理もいれば
あれこれ楽しめるしお腹も程々、そしてお安くあげられるんじゃないかなぁ、と思う次第。
写真がありませんが、ポークリブのBBQ とかもめっちゃ美味しかった上に人様情報によると、
スモークサーモンの極上品もあったりするとか。1回に食べられるメニューが少なすぎて、
中々制覇できないままだけど、都度、試してない物を頼んで少しずつレパートリーを
増やして行かねば。。。

でもダチョウは外せん。ガーリクッ炒飯も。ああ、あの堅焼きそばも捨てがたい。。。
誰か…っ、誰か胃袋カートリッジの開発ををををを…(笑)

メニューには、ほとんど英語が添えられてるので、わかりやすいです。
(添えられてない料理もあるんだけど、あれは現地の人しか食べないって前提なのかなぁ???)

単価は安くはないけど、量と質を勘案すると妥当な金額。
雰囲気も客層も、ローカルな人が多い気がするけど、英語喋れる方が常に一人は居るので、
その方がケアしてくれるか、その場に居なかったら、誰かが呼びに行ってくれます(笑)
外国人慣れはしてそうな感じ。

ちまたに韓国料理のお店とか、日本式の焼き肉のお店が溢れてますが、短期滞在の方になら
特にですし、前述したようにダチョウはヘルシーなので、長期滞在の方にもオススメ。
同じ焼き肉食べるのでも、ベトナムスタイルだとヘルシーですね♪
飲み過ぎずに、他の料理も食べ過ぎなければ♪
ま、それが出来れば苦労ないんだけど♡ (←♡なんかでごまかされねーぞ)

Luong Son
31 Ly Tu Trong | District 1


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪



Luong Son

夜総合点★★★☆☆ 3.8



関連ランキング:ベトナム料理 | レタントン通り周辺


【閉店】Papaya 〜 ハノイ料理をリーズナブルに!

***** 2016 Dec. ***** 

しょぼーん(´・ω・`)
こちらのお店が閉店したとの情報を、3名の読者の方から
頂きました。。。。それを知った皆がみんな、ご報告を下さる
わけではありませんから、それくらいお店を贔屓にしていたとか、
行こうと思っていた方が多かったと言うことだと思うのですが。。。

美味しかったよな、ここのブンチャー。
残念です。
しょぼん。。。



***** 2015 Oct. *****

お久しぶりだー♪と思ったら、割と最近記事上げてたw
単品しか食べてなかった時の記事だったから、ちょっと記憶に薄かったのね。
でも私の周りでもこちらのお店は結構重宝されてるようで、凄く身近になってるお店。
お味がおいしいのとリーズナブル、小さいけど小ぎれいだしワインもある、
ってことで、汎用性が高いんですよね♪

この日は初めてお食事をご一緒するICONICさんにお勤めの皆さんからのリクエスト。
さすがです。お目が高いっ( ・`ω・´)b
私も入れて総勢4名でアレコレ頼んだのですが。。。


th_IMG_7604.jpg

↑エビのタマリンドソース炒め

おお、タマリンドソースを使っていながらマイルドな甘酢ソースに仕上げてる。
そう、ここのお料理は全般に優し目なんですよね。それぞれに個性をちゃんと
持った上での優しさなので物足りないと言うこともないし。これまで食べた
タマリンドソースの炒め物の中で一番ソフトで穏やかな美味しさでした♪
ガツンと来る味も美味しいんですけどね、タマリンド(笑)


th_IMG_7605.jpg

↑牛肉のレモングラス揚げ

おそらくはローカルの牛肉を使ってると思うんですが、お店で食べると柔らかいのよねー(^^;
あの手この手でイマひとつ美味しく出来ない。諦めて、牛肉を使いたい時は
豪州産を使ったりしてるんだけど、ほんと、どうやってるんだろう。
ここのもご多分に漏れず柔らかくて美味しいの。レモングラスを衣にしてるってのが
ベトナムっぽくていいですね♪赤身なのでクドくないのもポイント( ・`ω・´)b


th_IMG_7603.jpg

↑これはこないだも食べた、サツマイモのかき揚げ。
エビが乗っかっててアクセントに。全体は香ばしく甘い香りのあのサツマイモ♪
おやつ的な感じもするけど、ビールのお供にも持ってこいヾ(@⌒▽⌒@)ノ

そしてそして以前から食べてみたかった。。。

th_IMG_7606.jpg

シーフードのパッションフルーツソース添え!
パッションフルーツソースを使った料理は他にハマグリやエビなんかもありましたが、
今回は白身魚で。もっと絡まった形で出て来るかなーと思ったら別添えだったので
ちょっと拍子抜けしましたが、合いますねーっ。パッションフルーツはもともと酸味が
強くてそんなに甘味が強くないので、ちょっと塩気をきかせた素材とは合い易いの
かも。中々日本では提供し難いメニューなので、日本からの客人をもてなす際に
さらっとこういうのをオーダーすると楽しんでもらえるかもですね♪

これに炒飯とドリンクをそれぞれが1杯ずつ頼んで、全部で2500円しなかった。。。
お酒飲んだり、もっとガッツリ食べればもうちょっと行くでしょうが、
1人頭600円て、日本人的にはランチ価格やんけ(^^;

でも内容は美味しいし見た目も洒落てて、女子会には持ってこいって感じですね。
ええっ。皆さんお若かったので、勝手に混ざって女子会とか言っちゃってますよw
初めてお会いしたのにとてもそうは思えないくらい話が弾んで楽しかったーヾ(@⌒▽⌒@)ノ

ちなみに、ICONICさん側でもこちらのお店情報を書いてくれていて、
私とはまた違った視点が楽しめるかもです♪
https://blog.iconic-jp.com/enjoy_hanoi_meal/



やーっ、美味しかったし楽しかった!
店内はローカルの方ばかりでしたが、1人のお客さんあり、女性同士の
お客さんあり、ご家族連れの様な方ありで、かなり幅広い方達で楽しんで
いるようす。愛されてるんでしょうね。うん、やっぱり良いお店です♪




***** 2015 Aug. *****

「この辺にブンチャーの美味しいお店があるよ!」

と教えてもらったので行ってみた…ら、ハノイ料理のPapayaさんだった!(笑)
そう言えばこちらのお店に来たときは一品料理を頼んでばかりで、麺料理に
目が行ってなかったー!!!不覚!!

というわけで、この日はブンチャーまっしぐら。
シンプルにそれを頼んでみたら、チャチャチャッと素早く出てきました。
もう今回は率直に行きますよ。どーん!!!


th_IMG_5756.jpg


おーーーー!美しい!!
そしてつけダレがタップリ!!
ハノイでブンチャーを食べた時に思ったのだけど、ハノイはこのお店の量
どころじゃなくて丼くらいの大きさの鉢いっぱいに入ってて、それはさすがに
多すぎだろ、と思ってたんだけど、ホーチミンのブンチャーのつけダレは
反対に「こんだけでどないせーっちゅーねん!!」ってくらいに少ない事が多い(^^;
足りなくなってタレを追加することも多々。そんな中、こちらのお店のは
結構頃合い。いい感じ♪


th_IMG_5760.jpg th_IMG_5761_20150910011910c23.jpg

茹でブンは、複数人で行くとワッサリ数人分盛られてくる事もあるのですが、
くっついちゃってますから、スプーンなどでザクザク切り分けてから取るとスムーズです。
くっついてるけど、タレをかけると麺同士はサラッと離れてくれるから食べる際には問題無し。

ヌックマムベースのタレは甘味ちょちょっと酸味がが利いてて、うん、うまい!
入ってる炭火焼の豚肉さんもつくねさんも、たーっぷり!

th_IMG_5762_201509100125384e9.jpg

この炭火で焼いたお肉の脂と香りがタレに移ってて、それだけだとアッサリしすぎる
位の味付けなのが、グッと旨味とボリューム感を増すのよね。余分な脂は落とされてる
から、お肉の量が多くてもクドくないし、タップリのハーブ類を一緒に食べれば
胃もたれも無し。ほんと、ベトナム料理の麺料理ってバランスいいわぁ。


そうそう、チョイおつまみにサツマイモかなぁ。
お芋のかき揚げみたいな奴頼んだ!これ、メチャクチャおいしい!!

th_IMG_5763_20150910011912caa.jpg

お芋好き女子ならもう間違いなくお好みかと。
スティックに切ったイモを寄せてあげてあるだけのシンプルな物なのだけど、
お芋自体が甘いのか、ユーックリと日を通しているから糖化がちゃんと成されているのか。
ちょろっと上に乗ったエビさんがかき揚げ感を出していますが、これは単体でおやつの
要に頂いても良いし、汁物の麺料理に浸して食べても美味しそうだなぁ。。。( ̄¬ ̄)


いやー、教えてもらわないと多分手を出してなかったわ、ブンチャーには。
ブンチャーは何となく専門店で、みたいな感覚があって、他のお料理が揃ってる
レストランでは頼んだ事が無かったのだけど、盲点だったわ。

ってことで、こちらのお店。店内もこじんまりだけどスッキリと洒落てて
ちょっとお友達同士で来るにも雰囲気良いし料理も美味しい。
お値段そこそこでワインもある。と、レストランとしても使い勝手が良いですが、
たとえば1人2人でサクッとブランチを食べにくるにもいいかもですね。

この日は何も考えずに10:40くらいに着いちゃったら、まだオープンしてなかったの
だけど(多分11時開店くらいなのかな)大勢でぞろぞろ押し掛けちゃってたからか、
その場で「OPEN」に表示を変えて入れてくれた。。。優しい(;ー;)

ので基本ランチタイムからと思っていた方が良いようですが、色々と使い勝手の
良いお店だし、色々美味しいものがあるなぁと再確認。ハノイ料理なので気持ち、
味わいもスッキリですし(南の物程味が甘くない)ベトナム料理がいいけれども、
ちょっとテイストを変えたいなーと言う時にはとってもオススメのお店です♪



***** 2015 Apr. *****

1区と2区の間くらいにあるローカルエリア。
住宅地とローカルの商業店が並んでて、1区は中々賑やかな感じです。
お店の構えはそんなに派手じゃないので、知ってる方に連れてって
もらわないと入ろうとは思ってなかったかも(^^;


th_IMG_0660_20150417213441813.jpg th_IMG_0662.jpg


ただ店内はこざっぱりして、むしろお洒落カフェ感すら漂う感じ。
この雰囲気ならローカルなお店が苦手って方でもお誘いし易いかも♪

メニューを開くと、あっらー♪
ベトナム料理ではあるけれど、聞いていた通りハノイの方のお料理だからか、
あまりになれないものも多数あって、これは楽しい♪


          th_IMG_0663.jpg
th_IMG_0664.jpg th_IMG_0666.jpg


エビのオレンジソースとかハマグリのパッションフルーツソースとか、
タイトルだけ見てると「フランス料理?!」って思っちゃう(笑)
もちろん盛りつけはローカルなんだけど、この食材の組み合わせ見てるだけで
ワクワクしてきちゃいますね♡

あと、南部の料理も勿論私は好きなんだけど、これからの暑いシーズンには
あっさりした味付けのものを欲しくなってきますよね。以前ご紹介した、

Thi Quan
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-3805.html


のお料理も、最初そうとは知らず、何か違うなー美味しいなーと思っていたら
ハノイ料理だったと後で知りました。どうやら最近の私の舌は、ハノイ料理を
求めてるらしいです(笑)


あと、お友達から聞いたのですが、日本からのお客さんをおもてなしする際にも、
いらっしゃる地域によってはホーチミンの甘い味付けよりもハノイ方面の
スッキリした味の方が喜ばれる事が多いとの事。ご接待などの機会が多い方は、
この辺もふまえてお店のチョイスを持ってるといいかもしれませんね♪


さて、今回頼んだのは、こちら。
まずはマンゴーのサラダ。パパイヤと同様、青い状態のマンゴーを使ったもの。
デザートに青いマンゴーを出されるとテンションが下がってしまうのですが(笑)
サラダとして出される分には美味しいですね(笑)

タイのソムタムに近いイメージですが、あんまり辛くはありません。
ご飯の前に、食物繊維っ。ヘルシーな食べ方としてもこのサラダが先に
出てくるのは大正解ですよねー(笑)


th_IMG_0668.jpg th_IMG_0669.jpg

チャーハンはシーフードのものを頼んだのですが、小盛りの割にエビやイカが
ゴロッゴロで食べ応えありっ。風味も良いし、目にも奇麗で楽しい盛りつけ。
ローカルのお店の決して高くないお皿でもこういう盛りつけをしてくれるところが
ベトナム料理の素敵な所。食を楽しもうっていう気持ちが特別なものでなく、
日常のベースにあるんだろうなーって勝手に思っては敬服してます♪

チャーハンの中に小さくシャリシャリする食感のものがあったんだけど、
あれはなんだったのかなー。焦がしたニンニクって感じでもなく、なんか
小さくシャリシャリっと。小気味良くて食が進む食感でした。でも謎(笑)


th_IMG_0670.jpg th_IMG_0671.jpg


揚げ春巻きは鉄板の美味しさ。
でもこれも私、北の方のお料理を出すお店で食べたものの方が好きなものが
多かったんですよねー。先ほどの Thi Quan というお店のは貝の春巻きだったり
して、メインの具材からして違ってたんですが、こちらのは正統派の豚肉の
揚げ春巻き。でもやっぱり美味しかった。

多分1ポーションとしては2本だったからか、3人で行っていたので
6つに切り分けてくれてたのもお心遣いだよねー。嬉しい。

ハノイ料理がどうしたこうしたという事以前にお店のシェフの腕の違いってのも
あるんだろうけど、なーんかハノイ料理のお店でビンゴ!!ってことが
多いんだよなー。今後ももっと気をつけて色んなお店の揚げ春巻き食べてみよう。

そして面白かったのは、チキンのレモングラス焼き!
とりあえず、全く関係ないけど牛さんの鉄板で出て来てくれたのでテンションUP!
(↑単純)

って、そこだけじゃなくて…
胸肉がとてもジューシーに柔らかく仕上がってた上にハーブの香りがふんわりと、
でもしっかり馴染んでてとても美味しかった♪ ハーブを存分に生かしたお肉料理に
遭遇する事が増えて来たんだけど、おいしいなーっ。こういうの、お家でも実践したい。

うん、まだまだ試してみたいお料理がいくつもあったけど、またの機会に取って
おこう。美味しかったし、なんかワクワクするお料理が満載だった!
今度はパッションフルーツソースのものを何か食べてみたいなー♡
良いお店だと思いますヾ(@⌒ー⌒@)ノ



Papaya
68 Pham Viet Chanh Street, Binh Thanh District


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪




Chi Nghia Papaya Restaurant

昼総合点★★★☆☆ 3.6



関連ランキング:ベトナム料理 | レタントン通り周辺

酸っぱい白菜の漬け物作ってます

台湾や。ああ台湾や、台湾や。
未だ忘れえぬあの美味しさ。

いろいろあるんだけれども、やっぱりの酸っぱい白菜のお鍋がよかったなー。
黒おにぎりや小籠包も美味しかったんだけど、あのお鍋。斬新。
白菜の古漬けがあんなおいしい事になるとは。
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-4445.html

ってことで、白菜の古漬け作ろうぜ企画、実施中。
考えたら白菜の浅漬けはよく作るけど(しかもその時食べる分だけちょっぴり)
ちゃんとした白菜のお漬け物ってわざわざ自分で作った事がなかったかも。

ってことで、まずは天日干しからスタート(^・^)

th_IMG_0031_20161214025633652.jpg 

真の部分に少し切れ目を入れて手で4つに割いた白菜を半日程干しまして。
塩の加減は確か白菜の重さの2%だったか3%だったかとうろ覚え。
直接食べるのではなく、鍋にする為の白菜漬けなので昆布を多めに
しようと思い、少なめの2%を採用。

葉の一枚一枚の間、特に根っこの部分は丁寧に塩を振り入れて残りの塩を全体に。
昆布はハサミでチョキチョキ切った物を適当に。
鷹の爪と柚子がなかったので、赤柚子胡椒で代用。(それはあるんだw)

とりあえず実験的に作るだけなので全体量は1キロ弱。
本当は塩分や酸に強いホーローの容器が良かったと思うんだけど、
少量だし、ホーチミンだと常温に放置するのも憚られる=冷蔵庫保管必須
なので、ここはタッパーで代用。

重石は。。。
水袋で代用(笑)

th_IMG_0146_201612140256366cd.jpg 

白菜量が1キロだからね。もっと大量だと効率良い重石の用がよいだろうけど、
取りあえずこの量ならビニールに水を入れた物で重量稼げる。
白菜の上に、重さが均等に散るように器よりひと回り小さいタッパーの蓋を
噛ませて重石ならぬ重水。で、冷蔵庫へ。

この先、水がちゃんと上がってくれれば(そして塩加減間違えてなければw)
そこそこのもんが出来ると思うんだけどどうかなー、と思いつつ、恐る恐る
翌日冷蔵庫を覗いて見ると…?


th_IMG_0145_20161214025635671.jpg

おおっ。だいぶん水が上がっとるじゃないか!
果たしてこの翌日にはさら水量が増えており、現在順調に育っております(^・^)
酸っぱい白菜のお鍋にする為の白菜なので、今すぐ食べたりはせずにしばし我慢。

ってか、こんなに順調に育ってくれると、大量に作りたくなるな。
といって、重石はかなりの邪魔になるから。。。
あの、あれが欲しい。なんかネジ式で中部がグイグイねじ込んで圧力かける
万力タイプの漬け物容器。昭和の家によくあったヤツ。

そうだ、この時期だもの。
サンタさんにお願いしよう。

サンタさん、ネジ式の漬け物器をちぇりにプレゼントして下さいヽ(・∀・)ノ
ダイヤモンドとかオープンカーより、ちぇりは今、漬け物器が欲しいです。
あーめーん♪ (なんか色々ちがう)





にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

お子様連れに朗報@Hard Rock Cafe!


ハードロックカフェのそばを通ったらこんな触れ込みが。
日曜日、一日中どの時間に行っても、12歳以下のお子さんにはフリーフードが
あるんですって♪まぁさすがに決められた子供用メニューの中からってこと
だと思うんですが、それにしたってあらお得。

th_IMG_0207_20161213003434618.jpg

ここに書かれてるのは「キッズパスタ」「チキン料理」ってことだけなんで
あんまりチョイスはないかもですが、それでもまぁね。この店結構メニュー
単価高いんで、お得と言えばお得。年齢確認の為の何かが必要家まではここで
見て取れなかったんですが、例えば明らかに12歳以下であればいいんですが、
微妙に判別し難いお年頃であれば、何か持って行った方が良いかも。

th_IMG_0208_20161213003436eb1.jpg

特にこのチケットは必要ないと思われますが、「お友達にも良かったら〜」と
渡されたので、ここに貼っておきますわ(笑)

あと、上写真のQRコードになんか書いてあるかなーと思ってリンク先に飛んで
みたら、一般メニューが書かれてました。


th_IMG_0282_2016121301025566f.jpg th_IMG_0283_201612130102578f7.jpg

th_IMG_0284.jpg th_IMG_0285_201612130103001a6.jpg

th_IMG_0286_20161213010301de6.jpg th_IMG_0287.jpg

アメリカンなお店なんで、ザックリした感じの物が多いですが、たまーに行きたく
なるんですよね(笑)

というわけで、お子様がいらっしゃる方へのインフォメーションでした(^・^)



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

Victory Hotel  〜 驚愕のコスパ朝食ビュッフェ

以前からビュッフェに関しては東南アジアに於いてホーチミンに並ぶ
都市は少ないんじゃないかと思っているワタクシ。それは別に5つ星の
高級ホテルに限った事ではなく、4つ星、3つ星にも言えること。

とはいえ、やはりネタになるのはどかんとデカい5つ星の事が多く、
そのクラスなら何処の国とか関係なくそれなりにすごいやろー?というわけで…

今回は3つ星ホテルを見て頂きましょう。
場所は、3区のコープマート近くにあるVICTORY HOTEL。

th_IMG_0060.jpg 

地味なホテルです。内装も割と古くなっ…いえ、アンティーク調で、
まぁお若いカップルさんや女子同士がキャピキャピしながら訪ねるホテルでは
ないかもしれません。

が…。
ちょっと見て下さいコレ。
建物の表に掲げられてるんですが、これが気になって気になって。

th_IMG_0110.jpg 

朝食ビュッフェ、109kドン。昼食ビュッフェ、200kドン。夕食ビュフェ220kドン。
うそやん(´Д` )

趣きのあるホテルの様子と宿泊料(5千円ちょっとからあるっぽい)からして、
このお値段の朝食となると、B&Bくらいのもんしかないんかなぁ、と思いつつ
ガラス越しにチラ見すると。。。あら。なんか結構並んでる。しかし550円の
ビュッフェ。。。気になる気になる気になる気になる。

というわけで、行ってきましたヽ(・∀・)ノ
はい、ドーン♪


th_IMG_0096_20161212231935c6e.jpg 

あらぁ、結構ご立派!
このメインアイランドの他に、向こう側にはパンやジャムなどのパン類が。
手前にはフルーツ、ドリンク、スイーツの数々。しかもその数が結構揃ってる。

th_IMG_0070_20161212233221b8d.jpg th_IMG_0065.jpg

th_IMG_0094.jpg 

ベトナムお得意のハム類なども充実していて、当然ながら生春巻きやら
米粉の蒸し物も色々と。

th_IMG_0067.jpg 

お粥もあれば、ホットディッシュの中に焼きそばなんかもありますし、
お肉が良ければボーコー(ベトナム式ビーフシチュー)もあり、これがまた大層美味しかったり。

th_IMG_0073_20161212233446c5c.jpg th_IMG_0074_2016121223344250e.jpg

th_IMG_0069_20161212231926f1d.jpg 

更に手前奥の方にはフォースタンドがありまして、この日はブンボーフエとフォーボー
の二種類が用意されてました。

th_IMG_0079.jpg

th_IMG_0075_20161212231929b89.jpg th_IMG_0076_20161212231931b62.jpg

悔しいかな。。。路上のお店より設備も食材の回しも効く、こういうホテルの
麺類って美味しいんですよね。本当は「こんなの路上で食うからうめーんじゃねーかっ、
てやんでぃ!」って言いたい所なのですが(その「てやんでぃ!」ってのはどこから…)
経験上、ホテルの麺類はおいしい物が多い。そしてここのブンボーフエもご多分に
漏れず美味しかった。コレをわんこ蕎麦的に何倍でも食べて良い、というだけでも
109kドンの価値はある。(ちなみに普通の大きさのドンブリでした。。。)


th_IMG_0078.jpg th_IMG_0080.jpg

この葉っぱに包まれた米粉…かな?の蒸し物も美味しかったなー。
ミンチが鏤められてたんで味的なボリューム感はあるのに、ちゅるりとお腹に
優しい食感。朝食には持ってこいね♪(他に山ほど食べれば焼け石に水だがな)

小さく焼かれたパンケーキもおいしかった。
食べやすいし量も調整しやすいし、小さく焼くと、アラが出難いのと生地のダメージが
少ないので、焼いた後しばらく時間を置く場合も食べやすいままなんですよね。

th_IMG_0081.jpg th_IMG_0082.jpg

お菓子類は素朴でしたが、アカンくはなかったなー。普通に美味しく頂けた。
オイスターソース味の焼きそばもおいしかったし、食べるものイッパイ。
例えば高級なチーズは並ばないし、こまめなサーヴィングもありません。
料理も素朴な物が多くて煌びやかさはないかもですが。。。

550円でこれって、すごくないです?
しかもそれぞれが、普通に美味しい。
ちょーお得じゃない?これ。

ってことは。。。
ランチはディナーのビュッフェも、期待できたりするんじゃないか( ・`ω・´)b
ってか。。。

th_IMG_0066.jpg 

ソフトクリームの機械あってんけど、これ、ディナーのときだけなんだって(ノ_・。)
カップもってカシャンカシャンしてしもたやんけ。。。(←意地汚い)

コスパで行けば、5つ星の「フォアグラがあるのにこの値段!」「シャンパン
飲み放題なのにこの価格!」とか言うのよりもずっとすごいんじゃなかろうか。
こりゃー千円ランチ、1100円ディナーも楽しみだ(^・^)

VICTORY HOTEL
14 Vo Van Tan Q3




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ
sidetitleプロフィールsidetitle

Author:ちぇり
FC2ブログへようこそ!

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleブログ村PVランキングsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR