Com Ga Hoi An 〜 チキンライスの美味しいお店♪

噂に聞いてたんですよ。
Com Ga(チキンライス)専門店なんですが、デフォメニューが40kドン。
だけど100kドンのメニューもあるお店なんだと。
th_IMG_5429_20170226172317c4b.jpg

中部料理のお店に良くある黄色の配色。分かり易い。
オープンドアのようにみせかけ、サッシがしっかりしめたるので、
「おおっ、クーラーが効いてるんや!」と入店前から期待をそそる。
暑い日にはありがたいですもんねー(´Д` )

店内はウナギの寝床。そんなに広くはありません。
極々シンプル。だからランチタイムなどは避けて、ちょっとハズした
時間に行く方が良いかもですね.この辺オフィスとかけっこうあって、
ランチタイムはどこのお店も混むみたいだし。

th_IMG_5433.jpg 

あ、ちなみにいつぞやのベルギー料理屋さんの通りにあって割に近く。
この辺、意外と色んなお店があるのねー。

th_IMG_5432.jpg

黒板に色々書いてますけど、特別にその日のスペシャルがあるような
感じではなく、卓上にあるメニューと変わらない内容の様です。

th_IMG_5431_20170226172319a16.jpg 

あとは

ほんまやっ。
40kドンのコムガーと、100kドンのコムガーがあるっ。
何その価格差。まさか量?!

パパイヤサラダがあるようで、コムガー以外だとホイアン風お粥って
言うのと、手羽先やドラムスティックっていう部位指定+パパイヤサラダ、
みたいな組み合わせ。メニュー自体はとてもシンプル。

th_IMG_5430.jpg 

良いですね。
出す物を特化してるお店ってロスが少ない。ロスに回す分を品質に回す
こともできるし、手間も決まった作業に集約できるから、作り手さんに
よるムラが減る。チョイスを求めるお客さんには物足りなさを与えるかも
しれませんけど、一定数の顧客を確保してるなら、それを食べにきてる
人ばかりなんで、モノの回転も上がる=フレッシュな物を頂けるって
利点もあるしね。

th_IMG_5435_201702261723232ae.jpg th_IMG_5441_20170226172331088.jpg

特化しているお店らしく、コムガーを頼むとチキンスープが着いてきます。
そしてタレの様な物が着いて来て、これが内臓を活用したもの。
実に美味しい。コムガー自体の味が完成していたのでタレなんか
必要ないのですが、このタレ自体が美味しかったり。

ちなみにチリは甘辛ネットリ系。これ、普通にご飯に乗せて食べても
美味しいよね(・∀・) 多分市販品にも良くある味。おいちぃ。

で、お待ちかね。
th_IMG_5436_20170226172325b02.jpg 

おおおおっ。手前が100k。奥が40k。
なるほど、まず量は確かにちょっと違う。
でも価格に比例した倍以上、ってことはない。で、良く良く見たら…

th_IMG_5438_20170226172328cd5.jpg 

なるほど、40kの方は胸肉ですな♪
それを割いてる。食べ易い。
日本でも鶏肉は胸肉の方が安い。それはパサパサして美味しくないからっ
って理由もあるけど、それは調理法でなんとでもなるんだよね。実際、
ベトナムで食べる胸肉料理はおいしいの多い。ってか、旨味成分だけで
いくと、胸肉使う方がお得って話もあるしなぁ。

th_IMG_5437_20170226172326d2a.jpg 

とはいえ、弾力も油分もあるモモの方が分かり易く美味しいってのも
わからなくはない。実際こちらで使われてるモモ肉の蒸したのを
割いたものは、いやこれ割いてくれてないと食えないよね?って
くらいの弾力、そして歯応え。うんうん、美味しい♪100kって
価格はそれでも結構なもんだなーと思うけど、もしかしたら鶏自体にも
相当拘ってるのかもしれませんな。

量が結構あるので、二人で来たらこれともう一品をシェアする感じでも
いいかも。単品のパパイヤサラダもかなりの量でしたしね。

th_IMG_5439_20170226172329204.jpg 

チョーッとカットが長くてしかもパパイヤ自体が元気なので、
大口空けて押し込まねばならず、おしとやかに振る舞いたい方には不向き
ですが、タイのソムタムとは違う、ベトナム風の味付けのパパイヤサラダ、
美味しかったですよ♪

60kするので量が結構なものだったことと、これにも鶏肉が使われ
てるので、ボリューム感も満点です。

コムガーなー。おやつ程度に食べるタイプのチミっとサイズのものとか、
なんか貧相な物とかが多くて、東南アジア各国にあるメニューとは言え
ホーチミンのは今一つ馴染まない事も多かったけども、こういう

「コレで勝負してますっ」

みたいな気概のあるのはやっぱいいわ♪
美味しかったです、御馳走様♪
40kと100kの違いも分かって大満足。

単品狙いでコムガーのお店を探すんだったらおススメですよ♪


th_IMG_5442.jpg 


Com Ga Hoi An
31C Tran Quoc Toan Q3
にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

※台湾の食べ物じゃないアレコレをメルマガに追記しました♪↓

☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★

<モノ知らずは失礼のもと> 更新!(バックナンバーでご覧頂けます) 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】

☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★


スポンサーサイト

丸っと台湾食べてきた♪⑪ 〜 墾丁満喫バイクと夜店

さてやっとこさっとこベトナム情報最終回。
端折ったつもりなんだけど、結局2週間の日数分近くになったなぁ。。
だめだ、書きたいこと多すぎる。。。(笑)

さて墾丁。
その後にもう一度台北に帰ったのだけど、その時にはもう旅
終盤ってことでスローペースだったから、この墾丁で締めくくり。
墾丁の街中、と言っても一本道沿いにある飲食店や土産物屋さん
の中の一角ですが、レンタルバイクのお店があります。

th_IMG_5025_20170225231336730.jpg 

ファーストクラスって意味のお店。
付近には他にも沢山レンタルバイクのお店があるのですが、
決め手はこれっ( ・`ω・´)b

th_IMG_5023.jpg 

ぱーんだーヾ(@⌒▽⌒@)ノ
性能とか二の次。コレに乗りたいっ(笑)
電動バイクで、パスポートを預けないといけないけれど(そこちょっと
不安だったけど、そう言うお店が多いらしい)丸っと1日、開始時間が
わからないけど、午前中に借りて夜の23時まで借りて二人で1000元。

一日中乗り回すかどうかは別ですが、1人1500円でかなりの距離を
移動でき、且つ、景色の良い写真スポットが沢山あるので、これは
アリな価格かと。

電動バイクなのでとても静か、ってか、静か過ぎて怖いんだけどもw
割と誰でも乗りこなせるんじゃないかなー。

th_IMG_5028_20170225231335679.jpg 

th_IMG_5029_201702252313381c1.jpg

こーんな景色があちこちにあって、すんごく気持ちよかったです♪
日焼け対策は必要だけど(笑)

th_IMG_5066_20170225231344744.jpg 

バイクなー、私が日本で乗ってたのはMagnaだったからスクーター
タイプは足下がおぼつかなくてドキドキしたけど、ちぇりでも行けた
んだからきっとどなたもそれなりに楽しめると思います(^・^)

th_IMG_5067_20170225231345e2c.jpg 

陸蟹出没、見て見たい(笑)
台湾の最南端ってところもあって、街中から止まらず行ったら、
20分?30分?くらいでいけるからちょうど良いドライブコースですし。

th_IMG_5054.jpg 


さすが一応名所らしく、いくらくか払ってバイクを置いてちょっとお散歩。
こういう道を歩いて行くと…?

th_IMG_5064_20170225232423d5f.jpg 

th_IMG_5063.jpg th_IMG_5062.jpg

台湾の最南端には靴底みたいなモニュメントが立っていました( ̄ー ̄)
ま、うん。いいの。どっかの端っこにタッチするのが我家の趣味なの。
観光地とか観光名所って、まーず訪ねないんだけれども、なんかの最南端、
最西端とかそういうとこはなんかスキ。何があるってわけじゃないけどw

さて、夜市情報。
どこの街にも夜市があるけど、場所に寄って出てる物が違っていたり、
同じ場所にはあまり同じものが重ならずに色々出てるのも台湾夜市の
楽しい所。墾丁の夜市も賑やかで楽しかったなー。

th_IMG_4803_2017022523293868c.jpg 

th_IMG_4802_20170225232938f04.jpg  th_IMG_4806_20170225232940bad.jpg

th_IMG_4823_20170225233231475.jpg 

th_IMG_4825_201702252332335a8.jpg 

そうそう、今回食べた物の中でヒットだったのが、台湾風のバナナクレープ。
数件のお店があって、そのマスコットが。。。

th_IMG_4808_20170225232944c8f.jpg 

悪っるい顔してるんやけどさぁ(笑)
ちょっと甘いものも食べてみたかったんで頼んでみたのよ。
そしたら。。。



すごい早業!
それよりもなによりも、見て生地!!
ちょっと取り出す所を撮れなかったのが申し訳なかったンけど、
まさに、ロッティチャナイの様な、良ーく寝かせた、そして向こうが
透けるくらいに薄く伸びる丁寧な生地!!うおっほー!!ここで一気に
テンション上がるっ。だってあんな生地、なかなか家では扱えんもん!

グルテンが充分に形成されてるシンプルなその生地にバナナを切り込み
四方から畳み、バターで焦げ目を表裏に付けたらできあがり、という
大変シンプルなものなのですが、練乳や蜂蜜、チョコレートソースを
好みでプラスできて、これがまた美味。

th_IMG_4875_20170225234135c0c.jpg 

クレープと言ってもフレンチスタイルの物でもなく、でも味は洋風、
伸びのある薄くちょっとパリッと、全体シットリに焼き上げられた
こちらのお菓子、お気に入り。

でも翌日別のお店で買ったら、生地が春巻きの皮やっった。。。(-“-;

th_IMG_4973_201702260004038db.jpg ←これはだめなやつ


きちんと自分とこで仕込んで伸ばす生地を使ってる方のお店が多分
オリジナル。それが売れてるのを見て、でも技術がないとこが、
端折った手順で追随したんでしょうなぁ。

もしもこちらでこの台湾風バナナクレープを書いたかったら他の
方が買う所を見て、ちゃんと自分ところで仕込んだ生生地を使っているか、
春巻きの皮を使っていないかどうかをご確認の上、生木時の方をおススメ
します( ・`ω・´)b

チョイ食べだと、こう言うのも美味しかった。
手羽先のご飯詰め焼き。日本にも手羽先餃子ってのはあるけどなー(笑)
ご飯の方が旨い気はする。鶏の旨味と油を米が吸ってて美味しいわ♪

th_IMG_4819_201702252341321ae.jpg th_IMG_4821_2017022523413449e.jpg

甘いものでオモロかったのは、なんと「揚げ牛乳」ってのがあるらしい。
これ、ネットで見てたんで是非トライしてみたく、観察してたら。。。

th_IMG_4827_201702252341360a0.jpg 

th_IMG_4829_20170225234139374.jpg  th_IMG_4830_20170225234140402.jpg

ほうほう、既に用意されてる種に衣をつけて揚げるのね。
食べて見ると、なるほどっ。ミルクを甘くしてコーンスターチみたいな
加熱後冷すと粘度を増して生地を固めるデンプン質で固めておいて、
揚げると熱でそれがトロリ、という寸法のもの。

th_IMG_4831_20170225234141a25.jpg th_IMG_4832_201702252341421d8.jpg

うんうん、確かに揚げ牛乳やわw 
メチャクチャコスト安そうだけども美味しいわ♡

数件ある鮮魚屋さんできになったのが、大振り…っちゅーか、
化け物の様なハマグリさん。これ、海の栄養価の問題なのか、
違う品種なのかいったいどんなことになったらこんなに育つの
ハマグリさんと尋ねずにはいられない大きさ。

th_IMG_4844_201702252350139aa.jpg 

しかも綺麗!!
これは食べねばっ( ・`ω・´)b

th_IMG_4852_20170225235017965.jpg

他にも伊勢エビ、牡蠣、蟹その他、色々あったけど…

th_IMG_4850_20170225235015054.jpg th_IMG_4851.jpg

気になったのがこれでしたなっ。
銀魚とかかれてあった。

th_IMG_4848_2017022523501221f.jpg th_IMG_4849_2017022523501443d.jpg

ちょっとライトの加減でわかりにくいけど、お顔はプラナリアみたいな
キョトンとした目をしてまして、全体は真っ白。半透明。例えるならば、
春の白魚、の、巨大版。こいつにも尋ねたかった。
「どないしてん?!」と。

そんくらいデカイ。無謀にデカい。
見た目白魚なのに拡大鏡で見てるみたいや(´Д` )
調理法はお任せしたら、ガリッガリの衣タップリフリッターになって
出てきました。味は上品、やっぱり味も白魚っぽい。

th_IMG_4854.jpg th_IMG_4864_201702252354491a2.jpg

衣な、サクサクしてて美味しくはあるけど、ちょーっと多い。
行儀悪いが、ちょっと衣を脱がせ脱がせしましたら。。。

白いその身が「ふるんっ♪」と出て来たのは良いのですが、骨がな、
触る。口の中で。魚の身ぃは上品でとてもおいしいけれども、背骨
が当たる。しかしガリガリの衣と食べると気にならない。

なるほど。衣の付け具合は、単に嵩ましする目的でなく、
この骨が口に当たって感じないようにする役目もあったのかも。
なるほどな、こういうバランスの撮り方もあんのか。

ハマグリも最高やったわーっ。
あのね、日本規格より大きな魚介類を見ると「味が大味でー」とか言う
人居ますけど、それは同じ条件の海で育った大きな物の話。
ベトナムもそうですけど、海中の栄養バランス、高いンかな。
大きな物でも大味でない。

th_IMG_4857_2017022523544745c.jpg th_IMG_4859_20170225235449beb.jpg

旨味がギッチリ詰まってるだけで、そりゃぁデカさに価格が比例するわ、
という感じ。今回のこのハマグリさんも、調理法が良いのもあって、
まぁ美味しい♡ 薬味で軽く蒸してる感じ。もうテラッテラに光る
潤んだ御身がぷわんぷわんで、エロエロしい。うましうまし。

面白かったのはこちら。
th_IMG_4962_201702260003572c0.jpg 

6種類のなんかが並んでて、どれか3種類をお選びください
とあるのですが、実はこれ、ぜーんぶポテト!それの切り方や
形を変えて、まるで違うもののようにアレンジを加えて楽しむ寸法。

th_IMG_4969_201702260003597b6.jpg th_IMG_4971_20170226000403183.jpg

こんな感じでザックリいれてくれるんですが、かけるチーズは擂り下ろし。
しかも計算し尽くされた「違い」は素材が同じものとは思えぬバリエーション。
これは。。。

th_IMG_4970_2017022600040126f.jpg

賢いなー。だってロスがメチャクチャ少ない。ジャガ芋なのでそもそもの
コストも安い。でもしっかりお御馳走に仕上がっている。もしかしたら
もともとこうおいうのを仕込んで売ってる中間業者がいるのかもですが、
どちらにしても頭良い。

ジャガ芋1つでこんなに味にバリエーションを出せる物かと感心しきり。
最初は「ちょっとヘヴィすぎたか…」と後悔したけど、うん、全部きれいに
なくなったよね。ペロリ♪

         th_IMG_4877_20170226000351451.jpg 

th_IMG_4935_201702260003534af.jpg th_IMG_4936.jpg

他にもピンクグワバとか、翌日になっても固くならないお餅?
みたいなんとか。水分を黒蜜に置き換えてるお餅おいしかったなぁ。
これならきな粉をまぶした上からかけた蜜がコロコロこぼれて
一緒に食べられない、という筑紫餅(ローカルな…)の悲劇を
味あわなくて済むわな。

そんなこんなで、驚き有り、楽しみ有りの夜店巡り。
他の地域のもオモロいけれども、墾丁は結局3日間とも晩ご飯は
夜店で済ませたw それでもまだ試したかった物はあったけど、
うっかり食べ過ぎて胃袋の空きを潰してしまった…うーん、不覚。

なにはともあれ、よー食べた♪
かなり端折って、まだまだ紹介し切れてない食べ物もあるけど(え…?)
細々した物はまた改めて。美味しかったよ、勉強になったよ台湾。
いままで知った気になっててごめん。そしてまだまだ知らない魅力が
あるんだろうなー(^・^)

あ、今回の台湾で気になったこと気づいたことなど、メモ的に
メルマガの方に残してます。よろしかったらそちらもどうぞ(^・^)
          ↓↓↓↓↓↓
http://www.mag2.com/m/0001678179.html


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ


☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★

<モノ知らぬは失礼のもと> 更新!(バックナンバーでご覧頂けます) 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】

☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★


打倒・アリさん大(名)行列

さて昨年お引越しをした我家。
以前のお家はペストコントロール(害虫駆除・予防)が徹底していて、
むしろそれ人間には影響ないんですか?って心配が必要なくらいに
虫がいなかった。

が。

今度のお家はそうはいかない。
11階という高さがあるので,蚊がブンブン入って来ると言う
ことはないけど(それでも灯りをつけた夜間に窓を開けるのは危険)
何が困ったって、アリさんの大行列!!

日本で見るより小っこいチッコイアリさん達で、何故か甘い
ものにはあまり見向かず、料理の際に片付け損ねたハムの
切れっ端とかそういうものにあっという間に黒山のアリだかり。
ま、甘いものにもたかることはあるのですが…

何にたかるかが予測がつかない上に、まーどこからともなく
やってくるのよ(´Д` )
こんなときの強い味方、蟻の巣コロリも試してみたけど効果無し。

まぁ、蟻の動きって嫌いじゃないし、身の丈以上にデッカい物を
一生懸命運んでる姿は応援摺らしたくなるタイプなので、できる
だけ食べ物を放置しないようにして、やらかしたときは行列が
収まるまで放置しつつ観察なんぞしてたのですが。。。

奴ら、害を成し始めた。
虫に刺され易いちぇりさん、手足がアリにやられて真っ赤!!
パンパン!!パンパンはもともやろと思われるかもしれませんが、
もっとパンパン!!ヽ(;▽;)ノ

蚊に刺されたのとは明らかに様子が違う。
熱を持ち、痛痒くなってその部位が倍以上に固く腫れる。
蟻酸の影響、恐るべし。ってか、痛い。。。痒い…っヽ(;▽;)ノ

生きとし生けるものは愛おしい…とか口が裂けてももう言えないっ。
仇を成されたあととなっては、情けは無用。
徹底抗戦( ・`ω・´)b

は、いいけれど、アリの巣コロリも効かないとなるとどうしたもんか。
そこでふと思いついて、先日頂き物をした、本来はお部屋の隅に
チュッチュ!とスプレーしたら虫がそのエリアには来なくなります
よーってやつを吹いてみた。

th_IMG_5486_2017022614005195d.jpg 

確かファミマとかでも売ってるポピュラーなやつ。
我らがフマキラーさんの商品ですよ。
そしたら。。。

チュっ♡(それなんか擬音間違い)

ワラワラワラワラワラワラーーーーー!!!(動画撮っとけば良かった)
っと、アリさんなのに蜘蛛の子散らし寿司!!
や、風圧で吹っ飛んだだけかもしれん。スプレーやしな。
もっ回別の場所でやってみよ。

チュっ♡

ワラワラワラワラワラワラーーーーー!!!
(やっぱり動画撮っとけばよかった)

こっ、これは!!
スプレーをした局所以外に居たアリたちも、一気にデザスター・
ムーヴィーの出演者。大混乱の大慌て。「The Day After Tomorrow」と
「2012」と 「San Andreas」をあわせて煮詰めた様な状況。お気の毒。

しかし少なくとも食卓には居られては困る。
ので、ここは対抗させてもらう。
ってか、その後数日経ってもアリさん達は現れる素振りもないぞ。

th_IMG_5487_2017022614004976f.jpg 

ここ。このガラスと木材の間の所に大名行列作ってたのが
さっぱりといなくなりました。メーカーさんに置かれましては、
本来の使い方以外の用途に使われると言うのは好ましくないことかも
しれませんし、アリ対策用では無いと思うので、アリに効きます!
とは私の口からは言えませんけど、現実にあったレポとしてご紹介。

木目だったから成分がしみ込んでアリさん来んくなったんかなぁ。
もしもこんでアリが入って来てる間口を見つけたら、そこにもチュっ♡
としてみよう。あとは窓のレールのとことか、外衣からの入り口付近に
チュっ♡

幸い他の虫にはあまり悩まされていないので、アリ以外の効果の
ほどはご報告できないんですが、こんな事がありましたよーということで。
いや、まぢ、報告せずにはいられないくらいに劇的な効果でしたわよ。。。
ええもんもろたわー。






にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ


☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★

 <テンポラリー家族> 更新!(バックナンバーでご覧頂けます) 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】

☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★


丸っと台湾食べてきた♪⑩ 〜 墾丁の宿泊地と飲食事情

墾丁=ケンティンという場所が台湾の南にあります。
台南は今回は行けなかったのですが、旦那さんが珍しく
以前に見たドラマ(普段はほとんどそんなの見ない)の
舞台の地だったらしく、一度行ってみたかった、と。

th_IMG_4794_20170225203235e3e.jpg 

th_IMG_4789_2017022520323286d.jpg

おーーーっ、南国ーっ、リゾートーっヾ(@⌒ー⌒@)ノ
そう、墾丁は海辺のリゾート。最寄りの鉄道駅からバスで二時間弱、
とちょっと離れていますが、それだけに台湾の方にも人気の、
「ちょっと遠出する国内の旅先」となってるようで大人気。
そしてとても綺麗♪

th_IMG_4793_201702252032334ae.jpg 

こんな感じの海辺が見える小さなホテルに初日は宿泊。
まだ大型リゾートホテルなんかはあまり出て来てないようで、
初日に泊った海辺のホテルはどこも小ぶりな間口の小さなお宿。

th_IMG_4791_201702252032339a2.jpg 

簡素だけどその分お安く、海に近いからシーズンにはマリンスポーツを
楽しむ人達が多く泊ったりするのかな、と。

th_IMG_4888_20170225203237217.jpg th_IMG_4797_2017022520323934b.jpg

小さなホテルだったので、朝食も簡素な物だったけど、
とにかく景色がお御馳走。小さいながらもベランダに出て気分の良い
ビールやご飯。良きかな良きかな♪

2晩目以降は場所を変えてリゾートホテルに。
有名どころじゃないけれど、地場の有力宿泊施設?

th_IMG_4910_2017022520392720e.jpg  th_IMG_4916_20170225203927d76.jpg

th_IMG_4923.jpg th_IMG_4924_2017022520392955b.jpg

どこもスペースが取ってあって広々ゆったり♪
どっちかというとのどかな雰囲気。ゴージャス感ってのは程々でしたが、
例えばベランダに隣の部屋の人がミカンを置いていた所…



うひょひょひょひょ。
リスってミカン、食べるのねー(笑)

ビュッフェのご飯はボチボチでしたが、敷地内レストランの麺料理は中々。
で、ここのビュッフェで学だんですが。。。

th_IMG_5003.jpg  th_IMG_5010_2017022520393593e.jpg


セルフの麺料理を取る際、麺の種類を指定すると(中華麺みたいなのと
米粉があることが多い)ドンブリに少量の野菜とスープを盛ってくれるの
ですが…以前、別の場所でものすごっく美味しくない麺を食べたことが
あったんです。スープに殆ど味がなくて、ほぼ白湯みたいな。なんかの間違い?
と思ってその時は残して終わったのですが。。。

なんとこのホテルの麺もそのタイプ!
そういえば別のホテルでもそういうのあった。

th_IMG_5006_20170225203935758.jpg  th_IMG_5012.jpg

一件だけたまたまそういうハズレがあったというならわからないでは
ないけれど、ここは大きなホテルだし、全く同じ様な味わい(のない味わい)
が再現されてるとは、こは如何に?と観察をしていた所…

どうやら仕上げに、ミンチを炊いたものを汁ごと入れて味を仕上げる
ものらしい(・∀・; そういえば美味しくなかった別のホテルの麺の
所にも、ミンチを炊いた鍋があったような。。。
ミンチ炊いたのが、ラーメンで言う所の元ダレ的な役割で、なるほど、
それがなかったら味もへったくれもないわなぁ、と(苦笑)

これ、台湾に行かれた方には当たり前のことだったのかもしれませんが
私今回初めて発見。おはずかしや。。。。

あとこの墾丁の最初のホテルや二日目のホテルがあるあたりって
海近くの一本道です。シンプルです。リゾートとはいえ、いや、リゾート
だからか、割に狭い地域に限られたエリア。夜には屋台が出るのですが,
飲食店少なめ&結構お高い(・∀・;

そんな中でもここはおススメ。

th_IMG_4755_201702252050327d8.jpg th_IMG_4760_201702252050332a6.jpg

「まさる」って呼び方だったかな?日本人の名前に当て字?とか
思ったら、原住民ってのをアピールしてるお店で彼らの言葉で、
挨拶の中の1つっぽい。台湾の言葉だったのね(笑)

th_IMG_4759_20170225205034dde.jpg 

メニューは色々あるのですが、その中から適当に選んだ3種類が
とってもヒット♪

th_IMG_4769_2017022520503890c.jpg 

羊の炒め物は、小さい頃焼肉と言えばマトンだったワタクシには大変に
懐かしい味!タレ漬けのマトン、安かったのよ。牛肉より豚肉より。
うち、ビンボーだったから焼肉=マトンだったw

th_IMG_4772_2017022520504181d.jpg 

この葉っぱが珍しくて美味しかったなー。
ちょっとキャベツの固い所の様な感じもあるけど、かんでみると柔らかく、
甘味も旨味もあって美味しいお野菜♪ シンプルなガーリック炒め。

そしてこれ!!

th_IMG_4767_2017022520503597c.jpg th_IMG_4770_2017022520503903e.jpg

アサリを使った炒め麺なんだけど、お出汁がよーく染みててねー!!
お醤油ベースの出汁が良く染みた焼うどんのようなヌードル。うましっ。

そのほかにも数件付近のお店に入ったんだけど、残念ながらちょっと
手が雑な印象。墾丁に並ぶお店の中でどこに入る?と聞かれたら、
個人的にはここ1択。あ、夜店は話が別ですけどね♪

あ、一人鍋のお店は結構重宝するかも。
メインのお肉は選べるんだけど、かなり色々な具材が入ってて
満足度高し。600円〜だったから安くはないけど。

th_IMG_4952_20170225205840a21.jpg 

th_IMG_4946_201702252058389f7.jpg  th_IMG_4954_20170225205840528.jpg

台湾の都会の方でも結構一人鍋のお店があって(チェーン店みたいなのも
多かった)旅行者さんとかにも使い易いかもですね♪

まぁでも墾丁に来たら夜店楽しむのがいいかなー♪
次回は夜店情報中心に。あと、街を楽しむレンタルバイクの情報もー(^・^)







にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ



☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★

 <テンポラリー家族> 更新!(バックナンバーでご覧頂けます) 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】

☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★


The Mach House 〜 フランスの方のお墨付き!

*****  2017  Feb. *****

最近チョイチョイ動画入れてみてるんですが、どうでしょね?


撮り方がまだ試行錯誤中なので、チョピッとだけだし、あんまり上手
とも言えませんけど、お料理の臨場感が伝わると良いなーと思いまして。
まずは愛するThe Mach Houseさんのランチで料理撮ってみました。

こちらはデザートのチョコレートムース。
アイスクリームも美味しいし、クレームブリュレも捨て難いけど、
セットランチのチョイスの中では、このムースがダントツおススメ。


はい、あーんヾ(@⌒0⌒@)ノ


*****  2017  Jan. *****

<<2017年1月26日〜2月6日まで、テト休みに入るそうです>>

最近こちらのブログを見て、私の大のお気に入りのこのフレンチに行って
下さる方が多いようで、お店の方からも「最近日本人が多くて嬉しいよ!」
とのお言葉を頂きました♪ 

召し上がってみられて、お口に合うかどうかはその方次第だと思うのですが、
合えば嬉しいし、合わなくても、好きなお味やお店への選択肢が絞られて、
その方に撮ってのより良い選択をしてもらえるキッカケになれたら嬉しい
なーと常々思っているので、本当に願ってもないことですヾ(@⌒ー⌒@)ノ

さて、こちらのお店。
2017年1月26日〜2月6日まで、テト休みに入るそうです。
ベトナム国外へご旅行などに出掛ける方も多いかと思いますが、
のんびりと街でお過ごしになる方の中で、お休み中にこちらのお店に行こう、
と思って下さってる方が居てはいけないので、お知らせでした♪


*****  2017  Jan. again *****

かなり通ってます。
お友達との新年会もこちらでしました。
まずはピンクの泡で、女子会らしく(いつ女子だったかの明記は控える)。

th_IMG_1728.jpg th_IMG_1737_2017011812074045c.jpg

アイスバッグで保冷ってのがこの店らしくて良い感じ。
私にとって泡はやっぱりちょっと特別なときの為のものだったり、スペシャル感が
あるんだけれども、このお店で飲むと、普通に飲んでる感が味わえるんよね。

th_IMG_1734_201701181207370e6.jpg th_IMG_1735_201701181207372da.jpg

th_IMG_1736_201701181207387f5.jpg th_IMG_1739_20170118120741607.jpg

フォアグラ好きの友達にどーしても食べさせたかったテリーヌ、限定ものかと
思ってたら年が明けてからも置いててくれて、食べてもらうことができました♪
聞いてないのだけど、自家製なのか、とても甘酸っぱくて味の良いドライトマトを
散らしたサラダや、ラムの煮込みを頼んだら、これがなんとホワイトソース!

「ラムにおススメのワインを選んでくれますか?」とお願いしたら白が来たので
ブラウンソースを想像していた自分たちにはなんのこっちゃら???だったのですが、
へーーー!!ラムのホワイトソース煮込み、初めて食べたわ!
そして…?

th_IMG_1740_201701181207435ae.jpg 

フォアグラのソテー!ヾ(@⌒▽⌒@)ノ
これで2千円ちょっとだったかな。焼き方やソースの味に関してはもう言わない。
言うことなんて「最高」の一言に決まってるから。そしてほんの少し干してから
ソテーしてるっぽいキノコたちと一緒に食べると、またこれが別の料理の様な含みを
持つから面白い。

単体じゃないの。皿の上のものと合わせて完結する「料理」になっている。
体中がほどかれて行く様な多幸感。美味しいものがあったら変なクスリなんぞ、
ほんとに不要。まぁ脳内麻薬が分泌されると言う点では食べ物もクスリも似た
とこあるけどw

そして別の日。(えっw

やっと旦那さんを連れて行けたんです!
ホントは大晦日のディナーを頂こうかと言ってたんだけど、急遽旅に出てしまった
のでリベンジ。ランチのラムのラザニアに興味を持ってくれていたのでお昼に出陣。

そういえばこちら、グラスワインもありますが、少しだけお得に、カラフェでの
提供もありまして。

th_IMG_1958_20170118121636bf4.jpg th_IMG_1959_201701181216374b6.jpg

量は変わらないんだけど、グラスワイン1杯×2人分を頼むより、2人分として
カラフェを頼んだ方が10kドン安い(笑)
4人分としたカラフェ(ハーフボトル分)はお値段変わりないんだけども、
ボトルにすると更にお得と言うのが分かるし、少しでもお得にっていうお店のお気遣いが
感じられて嬉しいよね♪

で、旦那さんはお目当てのラムのラザニアとガスパチョのランチコースを頼んだの
ですが、ラザニアの量が半端ないと知ってたちぇりさんはサラダと、どうやら限定
っぽチーズがあったので軽く。

th_IMG_1960_20170118121639f20.jpg 

スモークサーモンのサラダ、もうなんかメインと言ってもおかしくないくらいの
肉厚サーモンがドーッシャリ乗ってる(笑)ハッパ部分はあいかわらずのバジル
風味のドレッシングをオーバードレストにならないようにちりばめていて美しい。

そして限定のチーズと言うのが…

th_IMG_1962_2017011812164085f.jpg 

こちら。Saint Marcellin という、極々小さな村で作られる地方のチーズらしいの
ですが、シェフが生まれ育った街のものなんですって!

「これだけを食べても美味しいんだけど、ニョッキに絡めたりして食べると
 最高でさぁ!街のみんなの大好物なんですよ!ああ、僕このチーズのこと話し 
 だしたら止まらないからもうやめとくけど、気に入ってくれると嬉しいな!」

と、それはそれは嬉しそうに紹介して下さったシェフ。
あんな顔して勧められたら頼まない訳に行かないじゃない?(笑)

個人的に…「良い料理人」というのは、美味しいものを作れることは大前提として、
ああやって素材や調理法なり調理道具に愛情を注げる人のことを言うんだろうな
と思っています。故・私が最も影響を受けて彼を越えるフレンチにであったことがない、
というシェフもそうでした。料理を褒めると厨房から肉のかたまりを出して来て、

「だって見て下さいよ!こんなに美人さんなんですよっ。美味しくならない
 わけがない。。。(うっとり)」

と恍惚の表情を浮かべておられた。
チーズの説明をしてくれた時のシェフの表情や、このチーズを紹介できると言う心の
底から喜んでいる空気感、ホントにチャーミングだったなぁ(※^^※)

th_IMG_1966_2017011812164285a.jpg 

そしてこのチーズ。常温でもこの蕩け具合。
聞いていた程クセがあるようには感じなかったけど、ミルキーでネットリと舌に絡み、
ふくよかな香りを鼻腔に膨らませた後に、旨味を味蕾にグンッと染ませる力強さ。
こーれーはー旨い!!!

ってことで、無理を言ってお持ち帰りさせてもらいました。
お店で提供されていたのがハーフポーションということだったので、ワンホール( ・`ω・´)b

th_IMG_1969.jpg 

今後人気があれば定期的に入荷されるかもしれませんが、当面は限定っぽいです。
フランス料理屋さんによくある、アホ程の量は出てきませんので、チーズお好きな
方が居たらぜひ試してみて下さいね。私はチーズにそんなに詳しくないので、
なおさらのこと、ええもん教えてもらいましたー(^・^)



*****  2017  Jan *****

さて、実質今年一発目のホーチミン美味いもん情報はこちら。
実は他にも山ほどお知らせしたいお店や料理があるのでどれにするか
とても悩んだのだけど、こちら。ものすごーく美味しかったのと、
ものすごーく素敵な事実がわかったから。

食べに行ったのはランチだったのだけど、今回はランチセットを頼まずに、
アラカルトからチョイス。というのが、グリーティングシーズンだった
からか、黒板に見つけてしまったの。

th_IMG_1131_2017010813044144c.jpg 

フォアグラのテリーヌ!!(お目目キラキラ☆)
でもまさかこんなボリュームで出て来るとは思わなかったー!(笑)
6〜7mmはあろうかという分厚いカットが3つも…(笑)
嬉しいけど、これ、1人で食べるんっすか?(・∀・;

値段が200kだったのよ。その金額で誰がこの量出て来るって思うよ。
大盤振る舞いにも程があるっ(もぐもぐ)。
あーけしからんけしからんっ(もぐもぐもぐもぐ)

…うまい…(笑)
素晴らしく滑らかで、口内の温度でふわぁ…っと溶けてく。
合わせてるのはタンジェリンソース。なにこの組み合わせ。
美しすぎる。。。

これは黒板に書いてあった限定品なので、いつもあるメニューでは
ないそうです。ただある程度の人数がいるなら、事前に言ってもらえれば
作る事は可能、と。まぁフォアグラのテリーヌ、最低丸一日はかかりそう
だものね。だから。。。

もし冷静のフォアグラがお嫌いでなくて、運良く来店した時にこの料理の
文字を黒板に見かけたら、ぜひとも試して。1人じゃちょっと量多かった
けど、まぁこの店に1人で来る人も少なかろうし。。。(苦笑)

そして驚くのは未だ早い。
この日のメインはダックのコンフィ。

th_IMG_1135_20170108130440c51.jpg 
手前の付け合わせはキノコのムース。
これがまたものすごくふくよか。やっぱりベトナムのキノコは使い甲斐が
ありますなぁ。とても風味が豊か。それよりなにより、ダックのコンフィ…

運ばれて来て、5m先まで近づいた所で(くら…っ)するような香ばしい
香りが!自分のテーブルと皿の間にはまだ別の客席があったと言うのに、
間違いなく自分の所に来ると言う確信を感じつつ、みるみる近づき、
みるみる芳香が強くなり。。。

目の前に置かれた時には、もうウットリよ…
コンフィの周りにある空気のテクスチャが明らかに柔らかくふくよかで
魅惑的。深呼吸すると「幸福」年か言い様が無い気分に満たされて…

…なんかヤバいもん吸ってるときの感想みたいだなw

th_IMG_1140_20170108130442951.jpg 

ナイフを置いてみてまた(´⊙ω⊙`)。
コンフィだから、火入れの段階では表面はしっとりやわらかなところを
客に出す直前の仕上げの時にカリッと焼きます、表面を。見ての通り焦げ
もあるし、さぞやクリスピーな感覚だろうと思ったら…

おわかりいただけるだろうか( ・`ω・´)b
ナイフがフックリとその身に沈む柔らかさ。といって、なすがままに
任せるのではなく、内側から穏やかに押し返す抵抗がまたエロティック。

あまりの妖婉さに思わず(あ…♡)と、ナイフを一旦持ち上げて切るのを
躊躇ってしまったほど。なんかもうとてつもなくいやらしいことしてる
錯覚に陥ったわ。

肉への仕込みも去ることながら、コンフィの調理時間の間、よほど温度に
気をつけて丁寧に作業してらしたんだろうな。コゲのある香ばしい表面
部分もありながら、全体は素晴らしくシットリとしあがっていて、一度
刃を入れるとほろっほろ。

ほろっほろ状態ってモソモソっぽくなることあるけど、ほろっほろだけど
シットリ。そしてそのほぐれた繊維と繊維の間に、ダックの風味が
ふぉくふぉくと籠っていて、ひと噛みするごとに、嗚呼…(リアルに
思い出してしまって筆が止まるの巻)

これは夜、またはその後に人に会う用事がない時に食べるべき。
その後にちょっと人と会う予定があったから、なーんとこの世にも魅惑的な
料理をお酒抜きで食べたのよ…(ノ_・。) 未だに信じられないわ。
セルフ拷問状態。

身悶えしてるとお店の人が、「飲めばいいのに。グラスで出せるワイン
あるよ?」と言うのだけれども、私、飲むとすぐに顔が真っ赤になる
のよね…(´・ω・`)

というわけで、この二つの料理がおススメだったってのもあるのだけど、
お知らせしたいニュースはここから。デザートに、フォンダンショコラを
見つけたので頼んでみたら…

th_IMG_1144_20170108130444976.jpg 
んんっ?!
このギリギリな生地の感じ…。フォンダンショコラって時々中の蕩けた
ショコラに全てを預けてしまって甘味が足りなさ過ぎたり食感がたより
無さ過ぎたり、逆に重た過ぎたりなどがあって微妙な部分なんだけれども、
これは絶妙。くどすぎず、頼りなさ過ぎもせず、突き詰められた感じの生地。

食べ覚えのあるこれは。。。?と思って、「このレシピって…?」と
シェフに水を向けたら…

「ああ、これはポールボキューズのレシピですよ。
 僕フランスで系列のお店に勤めてたんでその時に学んだヤツ」

あー、それでか。
どーりで食べたことがあると思…っ…た…って、
ええええええ!!(´⊙ω⊙`)
なんかいま、サラッとすごいこと聞いた気がする?!

「直属じゃないんですけどね、関連のレストランで働いてたんですよ」

って、事も無げにサラリサラリとっ!!!!
いや、系列だって大変なことでしょっ。センスがあるとは思ってたけど、
まさかそんな筋の方でいらしたとは。。。

こんな逸材が、ブティックの上にあるカジュアルなフレンチビストロで
腕を振るってるなんて、ホーチミンはこれだからやめられないっ( ・`ω・´)b
これは他のお料理も着々頂いてみないとですねっ。
楽しみ〜♪(^・^)




***** 2016 Dec. *****

気になっていたこちらのランチに行ってきました。
ランチタイムからグランドメニューも頼める様ですが、セットランチがある、
ということで、そちらを。

th_IMG_0236_20161213013520029.jpg 

前回と少し雰囲気が変わったかしら?
昼間に見ても良い具合のお店ですなー。フォーマルすぎず、カジュアルすぎず。
入り口が、一階のブティックを鳥抜けないと上がって来れないってことを
覗けば、とても踏み込みやすいし過ごしやすい。

th_IMG_0237_2016121301352231a.jpg

メニューとデザートで160kドン。
それにスターターがついて200kドン。
フレンチのコースにしては価格もお手頃。

th_IMG_0238_20161213013523ce9.jpg 

例の美味しいパンとガスパチョ。
この日は3人いたので、もう一つのチョイスのダックのテリーヌも。
こーーーーれがあなた、酒飲まずに食べるのが苦行苦行。その後に人に会う
予定があって、赤い顔していくわけにいかなかったので飲まなかったんだけど、
美味し過ぎて辛かった(ノ_・。)

th_IMG_0240.jpg

そしてお次がメイン。
これは5種類あった中の3つ。
まずはサーモンのサラダ。

th_IMG_0241.jpg 

サーモンサラダは二種類あったけど、これはCured Salmonの方。
Cured FIsh と書かれてある場合は塩漬けか薫製。この場合は冷燻ですね。
ちょっと写真じゃゴッチャリして見えるけど、肉厚で大きめのサーモンは
見るからにモッチリしていてとても食べ甲斐がありました。サラッとした
バジル風味のドレッシングも素敵。うんめっ。(ここで更にワイン飲めない
辛さが倍)

th_IMG_0242_20161213013528946.jpg 

これはラムのラザニア。
ゴッツイ量やなーw
そしてお味もとても濃厚。幸い3人だからシェアできたけども、これ、1人で
食えって言われたらなかなかの量。スターターなしにしたら何とか行けるかしら。
もしくは、今日はガッツリ食いたいぞー!って人には持ってこいの一品。

嗚呼ワイン…ワインが飲みたい。。。
砂漠に3日取り残されてもこんなに渇望するまいよ。。。
そしてステーキっ。

th_IMG_0243.jpg 

そんなに大振りじゃありませんけどね、もう見るからにワイルドでしょ?
味も超ワイルドなのこれがっ。いや、ワイルドっていうと粗野な感じしか
イメージできないか。。。切り口とかは確かに粗野になるんだけども、
味わいが、柔らかくて旨味がギューッと凝縮してて、肉ってこんなに美味いかね、と。

ここのお店に限りませんが、ホーチミン、美味しいお肉食べさせてくれる所、
けっこうあるよねー。お高いお店じゃなくても美味しい。決して高くない、
むしろ安いってところでこの味の質。なんという恵まれた街なんでしょう。

そしてデザートのチョイス3種は一つずつ全部頼んじゃいました。

th_IMG_0248.jpg 

アイスクリーム(チョコ、クランベリー、抹茶のチョイス)と、クレームブリュレ。
そしてチョコレートムース。アイス、自家製なのかなぁ。すごい美味しい。
クランベリーのジェラートっぽくなってるんだけど、コレまで食べたクランベリー
味の中では一番美味しかった。

ブリュレは素直ながらにリキュールの風味が効いててこれまた美味。そして一番
推したいのが、チョコレートムース!めっちゃビターで大人の味で美味しかった!
コレも赤ワインと一緒に頂いたらメチャクチャ美味しそう!

いやーっ、1人で食べる分にはもちろんスターター、メイン、デザートと
一品ずつですが、これで200kドン、千円ですか。。。なんだよこのレベルの高さ…。
これを…ワイン無しで食べ切っただなんて奇跡だわ。。。

今度は飲める時に行こう。
絶対飲める時に行こう。
飲むんだ。あのセットランチで飲むんだいっ(ノ_・。)




***** 2016 Oct. *****

最近知り合ったフランスの方とホーチミングルメ談義をしている際に、

「ぼく、ここのパンが大好きなんです!」

と言っていたので早速行ってみた。
ってか、知らんかった。いや、何となくフレンチの看板が出てるのは見たこと
あるんだけど、ここ、一階がブティック。そしてレストランはそのブティックに
入って店内を横切り、奥にある階段を上がった所にあると言う、

なにこのちぇり除け

みたいな見つけ難さ。
こだわりなんだろうけど、入り難いっちゅーねん(・∀・;


th_IMG_4474_20160916014512ab5.jpg th_IMG_4475_201609160145138c1.jpg

階段登り口にはhオリジナルハニーや委託物らしきジャムも売っていて
すでにここからちょっと惹かれる。特にハチミツがなー。
今度荷物持ち歩いても良い時に買ってみよ♪

th_IMG_4476_201609160145133f5.jpg 


階段を上がって、さぁレストランに到着してみると…?

th_IMG_4477_201609160145157df.jpg th_IMG_4478.jpg

あらぁ、意外にカジュアルでいいんじゃない?!
ちょっとチビちぇりが苦手な背ぇ高椅子が多かったけど、ちゃんと低いソファの
席もあったので、そのときの運によっては、好みの席に座れそうやし(^・^)

ざくーっとワインリストを見るとそんなに高くはなくて、例えばプロセッコは
ボトルで650kドンくらい。複数人数でいけば全然アリなお値段。もちろん
グラスもあるわけですが、お会計から考えて見ると、1杯150k前後くらいだった
のかな???いや、モノにもよると思うんだけど、悪くないお値段だったような。

th_IMG_4484.jpg 

th_IMG_4485_20160916014859330.jpg 


メニューはかなぁり絞り込んである感じですが、単品でも良ければスターターと
メインでコースも組み易く、あまりフランス料理に詳しくない方でも割と
選び易かったり、口に合い易いんじゃないかなーと言うモノを揃えてる
気がしました。

こういうところは。。。その一品一品への創意工夫やアイデアが詰まってることが
多いんですよね。品数や突飛な物で勝負しないんだったらそこらへんで仕掛けて
来る事が多い。よし、これは楽しみだぞ?とワクワクしながら、まずは
コールドカッツとチーズのミックスプレートを注文。はい、きたー!!

th_IMG_4488_20160916014900b80.jpg 


しもた、2人で食べるにしちゃ、すごい量!!…と思ったのですが。。。
ご覧下さい。チーズもコールドカッツも、ものすごおおおおおおく薄い!!!
多分オートスライサーでやってるんだろうけど、この手があったかー!!って感じ!

だってほら、ワイン飲みたいときのチーズって、その味が欲しい訳じゃないですか。
もちろんハラペコの時には、トロトロふんにゃりのミルキーなブリーをハプー!!
っと、お口一杯に頬張りたい、という欲求に教われる事もありますが、単につまみ
としてのチーズが欲しい場合には、そのボリュームはちょっとジャマ。

その味わいさえあれば言い訳ですから、こうやって味覚は充分に提供し、質量は
落とすと言うやり方で提供してくれると、メッチャ嬉しい!!じゃないと、次の
料理に続かないから、飲食店側にしてもこれは結構賢い戦略なんじゃなかろうか♪

もうこれ、見てー♪

th_IMG_4490_20160916020049566.jpg

私、お洋服のフリルには一切興味がございませんが(なんかカイカイになる)
このチーズのフリルには、じょーに胸がときめきます♡ 美しい!!

且つ、とてもしっかりした味のモノだったので、この薄さでもじゅーぶんな味。
オイリーさも控えめに感じるのでひと口、ふた口と重ねていき易いし、ワインと
一緒にお口の中に含んでも、親和性が高い。何故これを今まで自分もやってみな
かったのか。

まぁ、この薄さでも充分に楽しめるだけの、旨味の凝縮度ってのが必要だと思う
んで、良いチーズが身近に無いと中々出来ない発想なのかもしれませんが、
いやー、参った。 ハムはハニーハムっぽかったですが、これも薄々にスライス
されてて、でも美味しくてよろしかったわー。

んで何が良かったって、くだんのフランスの方がおっしゃってたように、パンが
秀逸!!!なにこれ、フランスの人って、こんなレベルのパンが日常食なの?!

th_IMG_4489_20160916022650fa0.jpg 


周りにお粉がタップリ振られてるのって、フランスのパンによくある気がするんだけど
どうなんでしょね。私フランス行った事ないからしらんのだけども。とにかくその
粉がたっぷりまぶさっている皮の部分がカリッカリ!!そして中のクラスともしっとり
してるのに重たくなくて、添え付けのバターを乗せて食べたら、まぁお御馳走♪
あのフランスの方が大好きだと言うのも頷ける。

薄く薄くスライスされたハムやチーズがまたこういうパンを食べる時に相性が良い
のですよね。少人数でワインメインに楽しむ方は、このプレートだけでもけっこう
満足できるかもしれない。なんと言う幸せなプレート。

しかし何かメインも欲しい。
と言う事で、ラムがいいかサーモンが良いかと見ていたら。。。
あっらぁ、フォアグラがある♡

ベトナムって、以前のフランスとの兼ね合いの影響からか、フォアグラが比較的
カジュアルに頂けてしまうんですよね。なんだったら自分で生のを買って来て、
家で調理する事も出来る。ベトナムに来たばかりのころ、自分でフォアグラ焼く、
という愉悦にしばらく浸ってた物でした(笑)
ってなわけで、こちら。

th_IMG_4492_20160916020049025.jpg 

これで400kですって。
そりゃーお料理一品に400kって、ベトナムでは大ごとですよ?
でもでも、もー焼き方が完璧なの!!

フォアグラソテーは、自分でやってみると分かりますが、火が入りすぎると、
あのプワプワとして口内で押しつぶしたときのトロッとする食感も旨味も
無くなるし、火入れが足りんと、大層色気の無いものになってしまう。
いろんなところで潔さを求められるお料理。まぁ料理全般そうだろうなとは
思うのですが、特に、見極めと「ここ!」みたいな決断を強く要される
お料理だと思うんです。

その観点から行くと、こちらのフォアグラソテーは、んまーっ男前!
私、人の顔の造作なんかはそこまで気にならない人なんですが(ハンサムさんは
ハンサムさんで楽しませて頂くけど)料理に見られる男前度には大変弱いっ。
すんげーカッコいいな、こちらのシェフ!(料理の腕前的に)

手前右にある丸ぁるいのは、スタックドポテト。日本でも最近カフェ飯の
付け合わせとして流行ってる様ですが、ここのはカリッカリに仕上げられてて
ですね、これまた美味しい。フォアグラがトロトロなだけに、食感の
コントラストが大変楽しい。

フォアグラの下に敷かれてるのはポレンタかな?と思ったら、ポルチーニ風味の
パンプキンペースト。その香と甘みがトロトロのフォアグラと相まって、
ほよほよとつかみ所の無い、それでいて確実にこちらの快感中枢を刺激して来る。
なんだよこの攻撃力。もうアッと言うまに籠絡されてしまいましたよ。。。
しかも、お店の方に会わせてもらったのは、トカイ。

th_IMG_4493_20160916104357757.jpg 

ハンガリーの甘ぁい白。ドイツの貴腐やカナダのアイスワインほどベタ甘では
ないのだけど(まぁその不達にも色々ある訳ですが一般的に)トロリと舌に
乗る甘さと爽やかな風味は、まさにフォアグラの為にある様な金の雫。
好きなんですよ、ちょっと塩を効かせたフォアグラのソテーと甘いワイン。
自宅で調理する際も、ソースはリンゴを煮詰めた甘いものにしたりしますしねー。

結局ワインはあれこれ飲んで、8杯くらい飲んだかな?
1杯200kドンだったとしたら、それだけで1600kになるわけで、きっと
なかなかな値段になったなーと思ってたら、最終的には料理を含んでも
それ以下の価格(´⊙ω⊙`) グラスワインが150k前後だったのだろうな
というのは、最終的な価格から推察した話。

あんまりカパカパ飲むもんだから、途中シェフが心配して、
「あの、なんだったらボトルでお入れした方がお安くなるかと…」
って気遣ってくれてたの、笑った(笑) そりゃそうなんだけど、
取りあえず初訪問のお店はグラスで管理度合いやセレクト見とくの、楽しいしね♪

ベトナミーズのテイストを入れた料理もあるらしく、こちらのお店を以前から
知ってる友達によると、当初はベトナム料理のイメージの方が強かったとか。
メニューを見る限り、この日のラインナップにそれは感じなかったけど、
ランチが3コースで200k、メインとデザートだと160kからあってかなり
リーズナブルだから、その辺に今も現れてたりもするのかなー。

とにかく、気軽にこんなレベルのお料理を楽しめるフレンチがあるって、
めっちゃ嬉しい!ガッツリコースを組んで食べるのも良いのだけれども、
ほら、美味しい料理でちょっと飲みたいって時あるじゃないですか。
でもそのときの料理はチップスとかじゃなくって、ちゃんとしたのが良いの。

これだけの味を出せるフレンチレストランで単品ひとつだけ頼んでダラダラ
楽しんでOKって、ホーチミン、なんていいとこなのかしらっ(≧∇≦)
今度はデザートまで楽しまないとなー。んふふふふ。
別のお友達も誘って近々また行こうっと!



th_IMG_4513_2016091602005152e.jpg 

th_IMG_4514_20160916111607905.jpg 

The Mach House
75 Pasteur Q1





にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

丸っと台湾食べてきた♪⑩ 〜 新竹のお寺フードコート???

新竹ではとにかく沢山の場所に連れてってもらいました。
そもそも新竹ってばしょがどういうことかすら、ろくすっぽ調べてないままに
旦那さんについてった状態だったので、ほんとに何も知らなかったのですが、
まぁ現地のお友達のおかげで、コレまでの台湾で一番充実した二日間に!

二日目の夜はまた脅威深い所に連れてってもらいましたよーっ。
結構街中なんですが、お寺があるんですって。ふむふむ。
以前は神社仏閣に全く興味がなかったけれども、上海の豫圓でアホ程の
労力つぎ込んだ造形物を目の当たりにしたり、お伊勢さんにて尋常ならざる
空気に触れてから、少しばかりは興味を持つようになったのでこれは楽しみ。

th_IMG_4549_20170222104959d11.jpg 

お寺にいくんだよね。今から。
うんうん、賑やかな街並だね。
あ、新竹名物の米粉(ビーフン)専門店もある!風の街・新竹ならではの
ビーフンが出来るって言ってたもんねー。賑やか賑やか。

th_IMG_4553.jpg   th_IMG_4555_2017022210500708c.jpg

th_IMG_4551_20170222105001fb5.jpg 

色んなお店があるもんだねー。
怪しげな日本語のお店もあって、見てて飽きない。

th_IMG_4550_2017022210500175e.jpg 

「味覚は新しく体現してぃる」
この場合は特に小さい「ぃ」がポイントですかねっ。
高度な日本語を使われておられるっ( ・`ω・´)b
で、お寺はどの辺にあるんだって??

th_IMG_4552.jpg 

あ…???

th_IMG_4554.jpg 

あぁあっ?!
もしいやこの右やかな出店に取り巻かれてる所がお寺なの?!(´⊙ω⊙`)(笑)
中に入ると、おおっ、お寺だ!(寺やっちゅーとるやんけw)

th_IMG_4557_201702221100063de.jpg 

しかも旧正月明けの大切なお祝いの日(確か満月とか言うてた?)直後で
飾り付けがものすごく賑やか♪

th_IMG_4558_201702221100087b7.jpg  th_IMG_4560_20170222110008c11.jpg

立派なお寺やないのー!それをあなた、あんな(と言うたら失礼ですが)
出店に取り囲まれてて大丈夫なのか(・∀・; いや、大丈夫そうである。
よくよくお寺内の有難い装飾箇所などを見ていると。。。

th_IMG_4564_20170222110013692.jpg   ん…?????

th_IMG_4565_2017022211001559f.jpg 

んんん???!!!
カニだーーーーー!ヾ(@⌒▽⌒@)ノ(笑)
お寺にカニっ。このお寺さんは食べ物の神様がおられるんかの?(笑)
台湾の豊受大神(とようけのおおかみ)差までもお住まいになって
おられるのだろうかっw

境内入り口に立つとこんな感じ。

th_IMG_4566_201702221109450ee.jpg 

お寺さんの前に若干のスペースがあるけど、即、フードコート!!
なんと有難いお寺なのか!!!(笑)

th_IMG_4567.jpg  th_IMG_4568_20170222110948c2f.jpg

右を見ても左を見ても、飯屋飯屋飯屋!!!
すーばーらーしーいーーーー!(笑)
あっちこっちで色んな物が作られていて目移り三昧。

th_IMG_4571_20170222111157d02.jpg  th_IMG_4572_201702221111593d9.jpg

th_IMG_4571_20170222111157d02.jpg  th_IMG_4573_20170222111159297.jpg

ご家族経営でやられている小さなお店が寄り集まってて、看板娘
さんも元気にお手伝いしてました(^・^) 即お母さんが来て、
すいませんねぇ…と言いながら娘さんが拭き残したところを拭いていったり、
こぼしそうになりながら料理の皿を運ぶ娘さんを後ろからハラハラしながら
ついていったり、中々大変そうでしたが、娘さんはやる気満々(๑•̀ㅂ•́)و✧
かわいらしかったw

ここで食べたのは新竹名物のビーフンと、肉圓という、日本人がその色に
ビビって食べ損ね易いと言う一品w 私もちょろっとしか食べたことが
なかったので今一度。

th_IMG_4580_20170222111203595.jpg 

ビーフンはこのシンプルさ。一定の出汁なりなんなりは吸わせてるようですが、
サラッとした醤油ベースのたれをかけるだけ。これが。。。うんまいのっ(笑)
多分ちらっと入ってる粒粒は豚の脂をカリッと焼いたやつかいな。その脂を
また全体に絡めてるんでしょうけど、それだけで十分おいしいっ。

ケンミンの焼きビーフンでも大層美味しいと私は思い続けて来たけど、
なるほど、こういう活き活きとした主張の強いビーフンもあるのね。
うまいわ。

th_IMG_4579_20170222111202b4b.jpg 

そしてこちらが肉園。「バーワン」と言うそうです。
感じの読み方としては別の読み方があったように聞きましたが、
料理名としては「バーワン」で通っているっぽい。

何ぞのお芋の澱粉らしき物で皮を作り、その中には肉餡。
それにタップリかかるは紅麹餡。この「どピンク」が日本人ドン引きの
理由なんですが、紅麹って日本では取っても高級品。紅麹を使った
沖縄の豆腐蓉「お前、天然石か?!」ってくらいの価格。

しかし台湾ではそんなに希少な物でもないのか、なんだったらスーパーで
売ってるクラッカーとかにも使われてるくらいで、実に豊かな使い方を
しておられる様子。知らんかったわ。更にこのバーワン、透明でモチモチ
した様子の見た目からすっかり蒸すか茹でるかしてる物かと思いきや…?

th_IMG_4588_20170222111205970.jpg 

なんと、揚げてる?!
しかもかなりの低温。ブツを入れても泡立ちもしなければ、ジジっとの
音もしない。揚げてるの?!あの生地、揚げてあんなになってるの??!

焦げ目がないから恐らく最後まで低温で揚げているんだろうな。
なんで蒸すのじゃダメなんだろう、と思ったのですが。。。

そうか生地が水水しいので、余計な水分が入るとべっちゃべっちゃに
なるのかもしれん。その点油なら生地が持つ水分が熱を与える油を
弾いて生地の中の水分を増やしたりしない。言わば、表皮は油に
接しているけど、それを膜とした油の中での「蒸し物仕様」。

おおおおおお…。かつて天ぷらの名店にて、店主から「天ぷらは最高の
蒸し料理です」と言われたことがあってキョトンとしたのを思い出す。
なるほどな。焦げ目を付ける付けないはあれども、衣や、この場合は
生地の表皮と油の境目をバリアにしての蒸し料理。。。。

低温の油を蒸す事に使うのか。。。目からウロコや。。。

さて、それらを食べてちょっとお散歩した後に、そのお寺周辺から
ちょっと逸れた小道に入った小伊勢に案内されましたよ。

th_IMG_4609_20170222112509274.jpg 

絶対来ぃひん。なんか薄暗い古くからある市場の一角みたいな所で、
業者さんしか入らへんようなとこ。でも行列してる。どうやら台湾で
ポピュラーな調味料、沙茶醤(サーチャージャン)を作ってこの道50年、
というお店らしく、なかなかの雰囲気。

だけど、調味料のお店に来てどないすんやろ?と思いましたら、
こちら、沙茶醤を使った牛肉鍋ってのが売り物らしい。
またそれが朝〆ホヤホヤとかで、薄切りにした牛の赤身肉はしゃぶしゃぶ
的にちょっとピンクの状態で食べても大丈夫なんやで、とのご紹介。

うん、以前メルマガ(http://www.mag2.com/m/0001678179.html  
バックナンバー「生肉欲」)でも話した通りに、新鮮だからどうのという
だけの話でもない気はするのですが、まぁあれだ。鮮度云々に気を使って
売りにするのは、南国にあっては貴重な要素。

ましてやタイで生レバー食ってる人間がなにをかを言える道などございま
せんので、今回も大変嬉しく頂きました(苦笑) ま、肉部分やしな。
(だからそれも安心要素ではないってばっw)

th_IMG_4610_201702221125114e7.jpg  th_IMG_4612_2017022211251295a.jpg

お店はかなりの超満員。英語は殆どつうじなくて、現地の人が一緒じゃないと
かなりハードル高そうでしたが、まぁ漢字なんで何とか分かる。鍋を頭数より
少なめに頼んで、あとはお肉や野菜を単品頼み。肉はもちろんのことですが、
ここは肉団子もおいしいってことでそれも注文。

th_IMG_4614_20170222112512d64.jpg 

これが話題のサーチャーです。鍋のスープ自体にも溶き込んであるのですが、
そんなに濃くはしていいので、漬けダレにも沙茶醤。香りが良いわ(^・^)
ヒラメなどの白み魚を乾燥させて粉末状にしたのなどもタップリ入って
居る為に、出汁に入れても良いお味が出るんでしょうな♪

th_IMG_4616_20170222112516865.jpg th_IMG_4617_2017022211251826f.jpg

トマトの入ったスープですが、ベトナムのカインチュアの様な酸っぱさはなく、
コッテリなりがちな全体をちょっとサッパリする為の役割の様子。白菜とかは
バンバンて出ちぎっていれちゃいます( ・`ω・´)b 
そして、肉っ。

th_IMG_4615_201702221125151c8.jpg 

ベローン(笑)
ちょっと照明の都合であまり美味しそうに撮れなかったのが残念ですが、
真っ赤な綺麗なお肉でした♪ 薄さはシャブシャブほどは薄くないけど、
むしろこれ、熱を入れると食べ応えがあって、噛み締めた際に牛の旨味が
ジジッと出て来て良い感じ(^・^)

th_IMG_4621_2017022211252171d.jpg th_IMG_4622_2017022211252124d.jpg

この太いチャンポン麺みたいなのの焼きそばも名物らしいのですけども、
これも沙茶醤味(笑) 育ち盛り男子がメチャクチャ好きそうな味(笑)
そして人気の肉団子。これ、最初魚のすり身かな?と思ったんだけど、
牛肉でできてるんですって。でも食べた感じはかまぼこのような、滑らか
且つ、キチキチした食感でとても牛肉とは思えない。でも味は牛肉(笑)

特にコレを死ぬ程食べたい!とは思わんかったが、どういう加工をして
いるのかには興味津々。牛肉の、しかも油の少ない部分を使ってそうなのに、
どうやったらあんな滑らかになるの????

面白かったのはガスコンロ。
日本のものらしいけど、見た事無い。

th_IMG_4620_20170222112519b34.jpg 

そして「昭和から使い続けられてます感」すごい。
更にこれ、カセットコンロじゃなくて、ガス管で供給されてるタイプ
なんだけども、つまみを調整しなくても、勝手に急に火が小さくなったり
ブオオオオオオ!!!と大きくなったりしてビックリする(笑)

あれかしら。昔のNYネットカフェみたいに、その時店内に居る人数が多く
なったら供給が細って、人数減って利用者が少なくなると供給大になる、
みたいな?(絶対違う)

こちらの意志と関係なく且つ、何時何時火の加減がどうなるか
わからないので、スリルのあるお鍋となっております(・ω・)ノ

しかしそれにしても新竹恐るべし。
賑わいも楽しい門前街から客家の文化、夜市の賑わい、港の豊かさ、
歴史を湛えた食文化。今まで全く知らなかった街だったのに大好きに
なったよ♪これもお友達のおかげじゃね。げに人の親切の力なり。
ありがたやありがたやー♪





にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ


☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★

<そうだったのね台湾!> 更新!(バックナンバーでご覧頂けます) 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】

☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★


ミミガーの酢の物?

コープのお惣菜コーナーでこんなもン見つけて買ってみました。

th_IMG_2314_201702101732300a6.jpg 

ミミガーの酢の物?!(´⊙ω⊙`)
軟骨のコリュコリュと脂身のネッチリが美味しい豚の耳。
大抵の場合は甘辛系の味で煮付けてあるか、塩胡椒系で炒めて
ある鹿田と思ってたのですが、酢の物!

組み合わせ的には珍しい物ではないから、知ってる人には極
普通の物なんかなぁ。自分的にはミミガーと酢の物って、
経験したことが無かったのでかなり新鮮。

唐辛子とニンニク、エシャロットなどがゴロゴロ入ってたので、
日本の酢の物とはちょっと趣が違いましたが、食べて見ると、
あらアッサリ♪ いいじゃない?

ただ、こちらのお酢を使ってるようで、ちょーっと酸味のパンチが
弱かったので、自分の好みの三杯酢を作ってつけ直し。


th_IMG_2315.jpg 

ラー油も加えてピリ辛に。
辛いのが苦手だったら、ごま油で中華風に。
もちょっとクッキリした味が欲しかったら、お醤油を少々。
アレンジ自在。

で、これが冷蔵状態だったらそこそこ日持ちがするようだし、
サッと出せる良いおつまみに♪

所変わればなんとやら。
なるほどなー、ミミガーの酢の物。
目からウロコの一品でした♪




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ


☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★

 <イライラTrade Off> 更新!(バックナンバーでご覧頂けます) 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】

☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★


【移転】Mi Tau 〜 街中にあるリーズナブルなフエ料理!

***** 2017  Feb.*****

移転しました!
新しい住所は、30/2 Hai Ba Trung Q1

って、殆ど場所変わってないやーん(笑)
ま、なんぞご事情があったんでしょう(皆まで言うまい)。
移転自体は半年前くらい前だったようですが、やっと新店舗に
伺ってみました。

Hai Ba Trung通り沿いにはこんな感じで看板があるので割と
分かり易いかも。そしてそこから伸びる路地に沿って数十m程
奥に行くと…?

th_IMG_5257_20170222025204ed1.jpg th_IMG_5259_20170222025206995.jpg

左手にあります。
あら、素敵な佇まい。

th_IMG_5260_20170222025206798.jpg 

1階は小分けされたスペースがいくつかあって、ちょっとせせこましい感じ
でしたが(お客さんが一杯だったので写真撮れず)、二階は結構ゆったり目。
前よりも雰囲気が良くなった感じ(^・^)

th_IMG_5261_201702220252089bb.jpg 

メニューはそのまま、変わってませんでした。
が、お値段が張り替えられてる物が多かったので、もしかしたらちょっと
値上がりしてるかな?まぁ、元がこの場所にしちゃかなりお安目だったからね。
少々上がった所で、って感じ。 お味のクオリティも変わってませんでした♪

手軽に食べて、客人も連れて行けるフエ料理のお店、覚えておいて損は
ないので、しばらくぶりに思い出してくださいませー♪

th_IMG_5266_20170222025209baf.jpg 



***** 2016 Mar.*****

こちらのお店、考えてみたら今まで最低4人以上で行くことが多く、ワイノワイノと
いくつもの料理をつつき合うことがおおかったのですが、サクッと食べられる
単品メニューもあるので、1人ご飯の時にも重宝します。


例えばブンボーフエ。
フエ料理だからありますわな。
路面店に比べるとお高いけども(6〜70kドンくらいだったかと)
充分な量があるし、味も安定しておいしい。


th_IMG_5436_20160409210557199.jpg


あと単品でオススメなのはコムヘン。
シジミのご飯。

th_IMG_5435.jpg


ご飯ものとは言え、軽いベトナムのお米ですし、米と同量くらいの具材が入ってるので
どっちかって言うとサラダみたいな感覚で、たくさん食べたい方にはちょっと
物足りないかもしれませんが(笑)、このあとにカフェに行くとか飲み過ぎて
胃がちょっとキツいけど何か食べとかなくちゃとか言う方には持ってこい。
(だれのことですかね…)


中程にマムトム、という紫色のエビを発酵させた塩辛い調味料があって、クセが
あるとされている為、苦手意識をお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、
紫蘇やその他のハーブ類、香ばしいピーナッツなどと相まると、さほどに強くは
感じないかなーと言う感じ。ま、私は好きだから気にならないだけかもしれませんがw

全体を良くまぜて頂きますが、そこについて来るシジミのスープを足してお茶漬け
の様にして食べても良し。スープは別に飲んでも良し。日本のシジミのお出汁程、
グウッとくる旨味は無いのですが、サラッとしていて大変品のあるお味。
これ、茹で溢したりしているのか、もともとベトナムの貝はあっさり味のものが
多いから、シジミも多分に漏れずなのかはわからないのですが、スッと身体には
馴染みそうな味。

サクッと食べたい1人ご飯の時にはとても重宝すると思います♪
場所も割と便利な所にありますし、一人ご飯のリストに加えていて損はないかと
思います〜(^_-)



***** 2015 Oct.*****

ちょーっと前の話になるのですが、ちょっとすげーなって思った話。
こちらのお店に伺うと、目につくのが数々のトロフィーと、世界の
あらゆる観光地を背景にしたニコやかなお母さんの写真。
その数ざっと見ても。。。軽く20は越えてる???

th_IMG_6916_20160115190528d0b.jpg


我が家も結構色んな国に言ったと思ってたけど、その数も範囲もとても叶わない(^^;
あれ???けっこうあっちゃこっちゃ訪れるのに大変だと聞いてた気がした
んだが、どういこっちゃ…(・∀・;

息子さんがゴルフプレイヤーだと言うことはチラと聞いた事があったので、
トロフィーは息子さんので、お母さんそれについてったりしてたのかなー、
なーんて思ってたんですが。。。

th_IMG_6923.jpg


つらりつらりと話をしてると、

「日本人はみんなお仕事熱心だけど、あなたたち、自分のやりたいこと、
 しっかりやらなきゃダメよー♪人生愉しんだもん勝ちなんだから!」

みたいな話になりまして。。。
お母さんはいつも生き生きお仕事してるよねー♪
いつも親切にしてくれてありがとう♪みたいな話の進め方をしてたら、

「これも私の楽しみだから!」

と。これ「も」?ってことは、他にも何かやってるの?
お母さん???と尋ねたら。。。

「もちろんよ!今朝も朝から回って来たわよっ」

回って来た???どこを???

「ゴルフよーっ♪こないだも入賞したばっかりで…」

入賞?!(´⊙ω⊙`)
お母さん、ゴルフする上に、なんかコンペティションにでも出てるの?!
と、失礼ながら驚いたら。。。


th_IMG_6927.jpg


おおおお!!!
息子さんのだとばかり思ってたトロフィー群は、なんと殆ど
お母さんのものだった!!!(・∀・;

もちろん息子さんも優秀だそうで、ちょっと写真を撮りそこねてしまったのだけど、
とても立派な、恐らくはベトナム国内ではかなりメジャーっぽいゴルフ雑誌の表紙を
でかでか飾ってた。。。やだ、イケメン…(*´艸`*)

そしてその雑誌にはお母さんの最近の成果も記事も載ってて、そりゃー大々的に
取り扱われてらっしゃった。。。まぢか。。。

th_IMG_6925_20160115190531358.jpg

(↑左から2番目がお母さん)

おっ、お見それしましたーっ。
お母さん、ただ優しくて親切なベトナム料理屋さんのお母さんでは
なかったのね(・∀・;


th_IMG_6911_20160115191216966.jpg th_IMG_6912_201601151912174c5.jpg

th_IMG_6913_201601151912189fa.jpg th_IMG_6915_20160115191219a2a.jpg

もちろんこの日も美味しく食事を頂いてたのですが、もうお母さんの話が
聞きたくて聞きたくて、この日は正直、食事どころじゃなかったかも(笑)
だってお母さん、もう50半ばくらいではあろうし、もしかしたらもうちょっと
お歳を召してらっしゃるかも。それであーた、毎日のようにゴルフを愉しみ、
お店にも出て、且つ、とても穏やかで親切な接客をして。。。

「だーってそりゃあなた、これ私の楽しみだもの!(笑)」

と、軽々と笑い飛ばせてしまうバイタリティ。
それがただの楽しみで終わらず、実績をキッチリ残してらっしゃると言うすごさ。
かっ、カッコいーなー!!!!

もちろん、そう言うご自身の生き方に自信もあればプライドもおありに
なるんでしょう。こちらが聞いたら諸々を嬉しそうに話してくれて、

「すごいでしょ(^_-)」

と、押し付けがましくならない程度に、チャーミングに誇らしげなのも素晴らしい。
自慢の押売は迷惑だけども、愉しんでいることを褒められり興味を持って
貰った事を素直に嬉しく思えて、それを表に出せるってのは、実に
素晴らしい事だと思うのですよ。謙虚・謙遜がすぎて、それをまだできて
いない人を前に「いやいや私なんてまだまだですよ」と言って無意識の
刃物を向けるより。

一般に、芸術作品であったり仕事の成果であったりなどは、その作者と
切り離して考えるのがフェアである、とされてますよね。作者の人となりが
どうあれ、作品の素晴らしさには影響しない、と。
そうあるべきなんだろうなーとは思うのですが、私はその辺切り話すのヘタ(苦笑)

なので逆に、もとから好きなお店ではあったけど、こんなかっこい女性が
やっていらっしゃるとなると、ますます肩入れしたくなってしまいました(笑)
例えばこれがお店やお料理の絶対的評価に関わることであるなら正しい
評価の方法ではないのかもしれませんが。。。

ちょっとこの日は、しばらく興奮が止まりませんでしたね。
穏やかで優しくて小柄で、とてもゴルフで一線を張ってる方のようには
(失礼ながら)お見受けしてなかったのだけど、どっこいどっこい。
若くてもヘタレにはとても真似できないかっこよさを持ったお母さん。
すげーわ、ほんと。

ゴルフでそこまで名が通ってれば、お店には出なくてもそれなりの暮らしは
できるでしょうに、、、って考え方が違うんだな。お店は儲けの為と言うより、
多分お母さんの楽しみのため。たくさんの人に郷の料理を愉しんでほしい、
という動機でやってらっしゃるんだな。と、考えれば、あの立地であの価格
というのも頷ける。

お店をやることで、お母さんも楽しい。お客も嬉しい。
素晴らしいご商売をされていらっしゃるなぁ。
この日ゆっくりお母さんと話せて、ますますこちらのお店が大好きになったのでした♪
フエ料理、美味しいしなぁ♪

お母さんのお人柄だけじゃなく、日常ご飯にも気軽に使える料理内容だし
美味しいので、まだお試しになってない方はぜひどうぞ♪


***** 2015 Sep.*****

なんと。。。。まだこのお店を記事にしていなかった事に今ごろ気づいた(((;゚д゚;)))
ホーチミンに来て間もない頃に旦那さんに連れてってもらって以降、
なにかと折りを見て行くお店。

th_IMG_5542_201509011910410e2.jpg


理由は、

・ツアーではそんなに食べに行く事が少ないフエ料理であること
・チェーン店ではない
・美味しい
・場所が便利
・安い

等色々です。Dong Khoi 通りから一本違いの Hai Ba Trung という便利な
通り・且つ中心地に近い所にありながら、もの凄くリーズナブルなんですよ。
日本人野お客さんが多いからか、ここのおばちゃまも片言の日本語で甲斐甲斐しく
接客してくれて、その温かさも私は大好き。

ただし、増え料理によく見られる宮廷料理的な「鳳凰ーーーっ」とか
「孔雀ーーーー」みたいな飾り付けは無くて、もっと家庭的な感じのフエ料理。
だからお安いのかもだけど、それにしたってこの周辺の観光客価格バリバリの
お店に比べたら、相当にリーズナブル。

そんなお値段でももちろん場所柄観光客は意識しているようで、メニューは
分かり易い写真入り。うん、その写真に写ってるのが何かってのが分かってれば
便利って話だけど(笑)、まぁ文字だけでイメージし辛いよりかはありがたい(笑)


th_IMG_5543_201509011910437b0.jpg th_IMG_5544_20150901191045f10.jpg
th_IMG_5545_20150901191045fbb.jpg th_IMG_5546.jpg
th_IMG_5547_20150901191105e64.jpg th_IMG_5548_2015090119110680b.jpg


フエ料理の特徴は蒸し物が多い事。米粉やタピオカ粉などを水で溶いた生地を
器ごと蒸したり蒸して整形し直したりしたものがたくさんあるのですが。。。
なんで粉溶いて蒸かしただけのもんにこんなにバリエーションがあるの?!
という食感と味。いやー、突き詰めてるわー。これはこの店が、というよりは、
フエ料理と言う文化が突き詰められてるってことなんでしょうが。


まずは大好きなこちら。
ムチムチぷるん♪の透明生地にエビが包まれてる一品。


th_IMG_5549_20150901191108704.jpg


モッチラモッチラしているなかに、エビの香りとプチプリ食感。
ベンタン市場の中にも似た料理を食べさせてくれるお店があるけど、
いつもお客さんが多くて落ち着かないし、圧倒されて買えない事すらあるから
買いに行くのにパワーが要るのよね(^^;

そして定番のこちら。
宮廷料理程派手じゃないにしても奇麗ですよね♪


th_IMG_5550_20150901191109a72.jpg

甘いお芋さんを蒸かした物とブン、紫蘇、葱などをライスペーパーで巻いたもの。
日本のお寿司の飾り巻きみたい♪ これに茹で豚とエビの酸っぱ甘辛い発酵食品を
乗せてパクリと頂きます。炭水化物にビタミン類に蛋白質。豚を作る脂もかすかに
ありますし、味的にも栄養的にも、もの凄いバランスの良いお料理やなこれ。。。

th_IMG_5551_20150901191110f4f.jpg

これやお野菜やエビの炒め物をパリパリのおせんべいに乗せて頂くもの。
いいつまみになるわー。はい、ビール追加w

豚のつくねの炭火焼。これは日本の串物のようにそのまま齧り付くんじゃなくて、
お肉の部分を分け分けし、ライスペーパーにお野菜類と一緒に包んで頂きます。


th_IMG_5560.jpg


炭火焼にしているので香りが良いし、レモングラスも利かせてるのかなー。
お肉なんだけどサッパリ風味♪ これを包む薄い薄い、でもオブラートよりは
少し厚めのライスペーパーはこのお店で知って、以来、自宅でも買って使っております。
ゴワゴワしないし、濡らす手間も要らないしで便利よね。


th_IMG_5561.jpg th_IMG_5562.jpg

またこのピーナツソースが美味しいんだよなー。
どの料理にもお野菜が多くてアッサリ目なのに、こうやってタレなどでアクセントや
バリエーションをつけ飽きさせないのも魅力の一つ。


あとこちらのお店に来たら絶対頼むのがコムヘン!
シジミの混ぜご飯!!


th_IMG_5553_2015090119195206b.jpg


ご飯の上にシジミの剥き身(!!)、紫蘇、ピーナッツ、エビを発酵させた調味料の
マムトム、ゴマ、その他の菜ものなど、やっぱりこれもお野菜たくさん!
ってか。。。シジミの剥き身って…ヽ(;▽;)ノ

th_IMG_5554_20150901191952550.jpg th_IMG_5555.jpg


ハマグリの剥き身が売られてるのを見ただけでも感涙したのに、シジミ…だと…?
シジミのお汁のシジミの身を食うか食わないかとか論争するどころの話じゃないですよ。
機械なのか手作業なのか知りませんが、どっちにしたってかなりのお手間。
自分がもしこれ作れと言われた事を想像すると涙でてくる。。。(;ー;)

食べ方としては上の写真の右側のように、最初ひたすら混ぜ倒します。
ご飯がこちらのホロホロ枚なのでだんごになることは滅多に無いです。
思いっきりまぜ倒しましょう。マムトム、と言うエビの発酵調味料は
その特徴的な匂いで外国人には敬遠される事が多いようですが、この料理に
関しては量も少ないし、他に紫蘇などの香りも加わり、そんなに強くないので
是非試してみて頂きたい。旨味がタップリの調味料ですからねーっ。


で、混ぜたおしたご飯をまずはそのまま味わいます。うーん♡
ご飯の料理とは言え、具材もすごく多いしご飯も軽いので、さらりサラリと
食べれてしまう♪ そして2杯目は、これについてくるシジミのスープをかけて
お茶漬け風に。このスープがまた、大変上品なシジミのスープ。ガツー!!っと
貝の味がするのかと思ったら、きれーなお出汁なんですよねー。


th_IMG_5557_20150901193705bec.jpg


そして〆は大抵出してもらえる温かいお茶と生姜のチップス。
このチップス、砂糖漬けにして干されてるので甘いんだけど、
元の生姜がかなりのヒネものでピリリと辛い。結果、お口スッキリ。
無料の物なのでいつも出してもらえる、とは確約できないのですが、
私が行くときは毎回出してくれてるから多分定番なのかなー。

ブボーフエもあるので、ランチにサクッと麺だけ、さっきのコムヘンだけ、
とか言うのも有りだと思います。ブンボーフエは90kとローカルのお店に
比べたらお高いのですがお味は確か。それに照らすと不思議なのですが
今回ご紹介したお料理たちは70kとか、ブンボー以下の物も多く。。。(笑)

数人でシェアすると大抵1人千円とかなんですよね(^^;
もちろん頼む量やモノにも寄りますが、かなーりお安い!!

揚げ物はともかく脂っ気の少ない料理も多くサッパリあっさり済ませたい時にも
いいですし、何より全体が家庭的な味なのでホッとします。お世話してくれる
おばちゃんも感じ良くて温かいし(でもこの方、世界中を旅してる!店内の
写真を見つけたらじっくり見てみてください。合成か?!って思うくらい色んな
場所を背景にしてるwww)、とっても良いお店だと思います♪

今まで書いてなかったなんて、失態だったわー(^^;


th_IMG_5266_20170222025209baf.jpg 

2017 Feb.時点新住所  30/2 Hai Ba Trung Q1


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

丸っと台湾食べてきた♪⑨ 〜 北埔の擂茶(読めねぇ…)

さて新竹では本当に色んな所に連れてってもらったのですが、
「いい加減長いぞ台湾レポ」という声が聞こえてきそうなので、
絶対に書きたいことを先に書いておこう。

北埔(ベイプ)という、あるお寺とその周りの参道が大変賑やかな
観光地がありまして。ただし、土日だけの賑わいだとか。たまたま
日曜日に新竹に居合わせた自分達、ホントにラッキー♡

th_IMG_4455_20170216183604617.jpg 

th_IMG_4400_2017021618360239c.jpg    th_IMG_4458_20170216183605ad8.jpg

かなぁり賑わってる!そして聞こえてくるのは中国語のみっ。
しかし、大変穏やかな中国語なので、恐らくは殆ど台湾内からの
お客さんたち。西洋人も見かけなかったし、日本語も少なくとも
自分達には聞こえて来なかった。。。まだあんまりメジャーじゃない
旅行先なのかしら???こんだけ賑やか敷くやってれば、そんな
ことも無いと思うんだけど。

th_IMG_4417_20170216184919416.jpg th_IMG_4423_20170216184920189.jpg

th_IMG_4426_201702161849221bb.jpg th_IMG_4428_20170216184923447.jpg

地方・地域によって出店してるお店が色々違うのが台湾夜市や出店市場の
良い所。北埔では客家料理を出してるお店が多く目に着いたかな。
定番の台湾的煮物や果物、お菓子など。

th_IMG_4437_20170216184925a70.jpg th_IMG_4465_201702161849296c5.jpg

th_IMG_4470.jpg th_IMG_4471.jpg

ビールが飲みたくなる様なチョイ食べも沢山あって、コレとか美味しかったなー。
もみじ、ってわかります?鶏の足先。指がワキーっとしてるやつ。
あれ、小骨が多くて食べ難いのが難点ですが…

th_IMG_4443_20170216184926452.jpg  th_IMG_4444_20170216184927773.jpg

これはんと、骨が取り除かれている。まぢか。すんごい食べ易い。
そして散らされてるのはアーモンド?と思ったらニンニクスライス。。。
うーん、ビール欲しいw

コレも美味しかったな。一見お餅の用でヘヴィかな、と思いきや、
米粉団子みたいな生地で意外と軽かった。

th_IMG_4462_20170217165334bcb.jpg th_IMG_4467_20170217165345272.jpg

随分昔に食べて、でも街中では中々見かけられなくって食べたかったものも
発見!杏仁茶に油條を浸して食べるやつ!

th_IMG_4483_201702171654416dd.jpg th_IMG_4490_2017021716544827c.jpg

うひひ。これ、豆乳を浸して食べたりもするんだけど、美味しいんだよねー(^・^)
ホーチミンにもフォーやお粥に入れる為の見た目が似た物あるんだけど、
あれ、パン生地の味がする。多分イーストの発酵物。中華系にある油條は、
重炭酸アンモニウムの発泡力を使ったものだから、同じ小麦粉を使ってても
味が違うのよね。

あ、お味見、いっとく?
ひとくち、いっとく?


はい、あーんヾ(@⌒0⌒@)ノ

さて、今回の目玉がこちらのお店。
実は同じ様な物を出してるお店が周囲には沢山ある北埔の名物。
というか、客家文化が集まってる北埔だから沢山ある=客家の名物、か。

th_IMG_4496_2017021716540323e.jpg 

連れてってくれたお友達も初訪問とのことだったのだけど、随分と色々
調べた上で厳選してくれてたみたい。内装は民族調の良い雰囲気♪

th_IMG_4498_201702171653553af.jpg

で、まず出て来たのは、これ。擂茶(れいちゃ)。
で、すり鉢…????

th_IMG_4499_20170217172314d00.jpg 

そう、擂の擂には「擂(す)る」という意味。だからお茶をすり潰すんですって。
おおおっ、これは日本家電が誇る技術、お茶プレッソの源流にも近い、
お茶を飲む為の手法ではないか!!(んーー、石臼とはちょっと違う気がするw

茶葉はくるくるんっ♪っと、ちょっと丸まったように固まってるタイプのもの。
中国茶に良くあるタイプの。それをゴリゴリやってますと、意外と速く挽け
ました。さぁ、これをお湯に溶いて頂くのかな,と思いきや…?

th_IMG_4501_2017021717242606a.jpg 

え。
ごま?ピーナッツ?カボチャの種?え???
ざーーーーーっ。
えええええええ????!!!(´⊙ω⊙`)

なんとすり潰したお茶の粉に、上記ナッツ類を加えるだと???え??
で、どうするのかと言いますと、引き続き…

th_IMG_4510_20170217171705905.jpg th_IMG_4511_20170217172236bb2.jpg

ごーりごーりごーりごーり(笑)
比喩じゃなく、調理方法の1つとしてゴマを摺ったことがある人はいます
でしょうか。アレと同じく、ごまもピーナツも摺っていると徐々に油が
染み出して来て、全体が細かくなると共にシットリとしてきます。

種類の違う種子類全部が渾然一体となって、もっと言うならドロドロになるまで
ひたすらゴリゴリ。えっと…ワタクシたちがいただくのは「お茶」と言ってた
気がするのですがこれはいったい…???(・∀・;

そしてこの作業は、女将のOKが出るまで続けなければなりません。
女将が言う所の滑らかなペースト状にならないと、お湯を注いで
もらえないのです。即ち、茶をいただくことができないのです!
というわけで、ひたすらゴリゴリ、ゴーリゴリ。

th_IMG_4516_20170217171939ab9.jpg th_IMG_4512_20170217171817707.jpg  

やっと女将からの許可が下りてお湯を注げた時にはクタクタ…(笑)
しかし、これが…お茶?

th_IMG_4509_201702171722418ff.jpg 

お茶請けセットはこんな感じで用意されています。
きな粉餅、サツマイモチップス、アズキの甘煮、ジンジャーチップスなどなど。
こちらはなんとなく、日本のお茶請けにも出てきそうなメンツですよねw

お餅はお箸2本を逆手に持ってクロスさせながら綺麗に切れると。
ほんとだ、スパリ。

th_IMG_4520_20170217173251e29.jpg  th_IMG_4521.jpg

肝心のお茶はご覧の通り濁っていて、正直、美味しそう、には見えない
かもしませんが。。。驚きますよ。ものすごく滋味深くてとても美味しい。
芝麻なんちゃらって、ゴマペーストを溶いたような飲み物がありますが、
それに数種類別のナッツ類のコクがあって、でも全体のテクスチャーとしては
サラリとしていて、味わい深い。

そして、ゴマやナッツ類に比べるとその量、1割にもなってないんじゃなかろうか、
と思われたお茶。これがキリッと苦めのお茶で、縁取りこそ極細ユニボールシグノ
0.28mmって感じですが、お茶としての輪郭を保ち、且つ全体に霧の様な繊細さ
で茶の風味を満たしており、まごうことなく、これはお茶。

th_IMG_4525.jpg 

しかしその枠内にはゴマやナッツの油分や旨味がふくよかに含まれていて、
複雑なようで居てシンプル、シンプルなようで居て深淵なお味。

全部。
知ってる材料じゃないですか。
カボチャの種は日本人はそんなに食べないかもしれませんが(あれ、煎ってる
やつ、美味しいですよ、ポリポリ食える)ゴマもピーナッツもお茶も全部。
日本人が良く知りよく使い親しんで来てる食材。

でもそれをこんな風に組み合わせるなんて思いも寄りませんでした。
しかも、実に美味しい。且つ、エンターテイメント性も秘めており、
例えば気心の知れた友人と集まった時になどは、話の種にもなり、
且つ身体にも良く、突飛すぎないから特に拒絶され易い要素も無い、
実に優秀なお茶になりはしないだろうか。


th_IMG_4526_20170217173318954.jpg
  th_IMG_4527.jpg

ちなみにポン菓子のように軽く弾けさせたお米を浮かしても香ばしく、
あんこを口に含みながらでもお茶に混ぜても美味しく、小さな急須には
甘いシロップが入っているので、茶にそれを混ぜても良く。

目からウロコ。
コロンブスの卵。
何口飲んでも美味しいなーっ、と感心し、何口飲んでもすごいなーっ、と
延々言い続けてました。

げに、客家のお料理、素晴らしい。初日に食べたお料理といい、この
お茶といい。日本人の私にしてみればインスピレーションと知恵と
工夫の塊みたいなレシピである。

自分、いっぱしの食いしん坊(ってなんですか)のつもりだったんですが、
こんなに身近な国なのに、口にしたこともその存在すらも無かった料理が
今回どれだけあったことか。フードアナリストとか、まだまだ名乗っては
いけないのかもしれない、とすら思ってしまいましたよホント。

th_IMG_4532_20170217195212308.jpg th_IMG_4537_20170217195214b12.jpg 

th_IMG_4541_20170217195215755.jpg th_IMG_4543_2017021719521777b.jpg

ちなみにこの日は殆ど日本人を見かけませんでしたが、こちらの店主さん、
月に一度訪ねて来ると言う日本人ご夫婦に間貸しをしていらっしゃるとの
こと。日本語は殆ど喋れませんが、挨拶などは日本語でしてくれて、
私達のことをとても歓迎してくれて、お手製の楽器を披露したりお歌を
きかせてくれたりもして、楽しいひと時をいただきました。

焼き物までされる趣味人で、お友達の通訳を介して聞くお話の楽しいこと
ったら!さすが、厳選に厳選を重ねて選んでくれた店。なかなか行ける
場所じゃないかもしれませんが、北埔に行くならこちらのお店。
是非おススメです。参道エリアはそんなに広くありませんから、
あちらこちらと歩いていると、見つかると思います。確かお寺正面を
ずっと真っ直ぐに歩いて行った辺りだったかと。

帰ったら、すり鉢買おう。
台湾の良きお茶、沢山お家にあるので、みんなに振る舞わせていただこう。
今回のお土産は、擂茶と麻油雛のレシピやな。帰ったら早速トライしよう♪






にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ


☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★

  <優先順位> 更新!(バックナンバーでご覧頂けます) 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】

☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★


【メニュー変更?】 NANA 〜 統一会堂付近くの広々としたカフェビストロ

***** 2017 Feb. *****

展開が早いなぁ。。。
未だお店こそあるのですが、メニューが大幅に変わった様です。
残念ながらお客があまり入っていないようで(価格が問題か?)
多種類のメニューを抱えることが難しくなったのか、前回ご紹介
した写真メニューが殆ど適用されていないとのこと。

代わりのメニューも悪くはなかった、とは、訪問された方の談
でしたが、前回までに此方のブログでご紹介した料理は食べられない
可能性が大きいのでお気をつけ下さいませ。

料理のラインナップ、クオリティ共に悪くなかったんだけど、
ちょーっと高めだったかなぁ。。。。飲食店には美味しさだけ
でなく、別の要素も必要とは言え、中々難しいですなぁ。



***** 2017 Jan. *****

ホーチミンの飲食店さんは日進月歩。
時々その料理のクオリティが対抗したりするケースがあったりと、
日進月歩とはいえ、不安定さも兼ね備えてたりもするのですが…

こちらのお店。ツイ先日ご紹介したばかりだったのですが、チラと
写真でお魅せした通り、メニューが文字だけだったんですよね。
それが先日行ってみたら。。。

th_IMG_1657_20170112205456466.jpg  th_IMG_1658.jpg

th_IMG_1659_2017011220545982b.jpg th_IMG_1660_20170112205500f09.jpg

th_IMG_1661_20170112205502e90.jpg th_IMG_1663_20170112205503abd.jpg

おー!これは分かり易い!
しかも盛りつけのセンスがすごく素敵。
まぁそれは実物が写真通りだったらって話ですが(笑)、よくよく見てみると
こちらのメニューに取り揃えられてるお料理、ベトナムの北から南迄のものを
カテゴライズしてご用意されてるみたいなんですねー。

th_IMG_1667_20170112205505a5b.jpg 

th_IMG_1668_20170112205506b5c.jpg

th_IMG_1669_20170112205508bb0.jpg

同じように各地の料理を取り揃えてらっしゃるお店は珍しくないかもしれませんが、
メニューの左肩の所に「北部」「中部」「南部」というというように明確に記されて
いて、どれがどこの料理か知らずに食べていた人にも分かり易い。

th_IMG_1670_20170112210116ca6.jpg th_IMG_1671_20170112210118c74.jpg

特にホーチミンには総合的なレシピを出してくれてるお店が多いので、こういう
ところで改めて認識しておくのも楽しいかもしれません(^・^)
そしてこちらのお店、色々食べてみたのですが、お味もよいしプレゼンもよい。

th_IMG_1672_20170112210119dbe.jpg  th_IMG_1673_20170112210119edf.jpg

あと、お店全体がこぎれいでお洒落なんで、これまで食べるのを躊躇してた食べ物にも
チャレンジしようかな、と思えるようになるのか、この日ご一緒してもらった方達の
なかでは、ベトナムの代表的なお料理の「タニシの肉詰め」、初体験って方も多かったw

これ、私今迄可もなく不可もなくって感じだったんですが、こちらのお店のは貝が
結構大粒に切られていて、豚肉ミンチの中でもコリュッコリュって歯応えがよい。
私が今迄食べて来たこの料理の中では(といっても10回くらいしか食べてないけど)
一番好きだったかも(^・^)

th_IMG_1675_2017011221012299c.jpg th_IMG_1676.jpg

麺ものはやっぱり定番として頼むべき。
もう数種類ここの麺食べたけど、好きだわ。フォーにしろブンボーにしろフーティウに
しろ専門店の一定傾向に照らすと個性があるので、好き嫌いはあるかなーと思いますが
私は今の所当たり続き。

th_IMG_1680.jpg 

         th_IMG_1683_201701122110445ee.jpg

th_IMG_1684_2017011221012847f.jpg th_IMG_1682_20170112210126061.jpg

牛肉のフライドライスって珍しかったから頼んでみたら土鍋に入って雰囲気良いわ味
良いわだし、中部の蒸し物の盛り合わせも色々と。あと、女子大好きなコークエット、
勝手に「ベトナム式バーニャカウダ」って呼んでるヤツも、お野菜きれーで美味しかった
なー。この料理、私は Secret Gardenさんのが一番好きなんだけど、ここのも
負けじ劣らずだったかなぁ。

th_IMG_1679.jpg 

お値段単価、例えば麺料理なんかはローカル店に比べたらそりゃちょっと高めです。
ただこれだけの種類とクオリティが、この立地、環境で頂けるとなると、例えば
お偉いさんを連れて行く様なお店じゃないかもだけど、お友達が日本から遊びに
来た時のアテンドなんかではメチャクチャ重宝するんじゃないかなー。

見てると欧米のお客さんが多いので、お店の方も英語対応頑張ってるし(全員が
流暢とは言いませんがw)バラエティに富んだ料理を置いてあるお店が良いな
って時には重宝させてもらってます♪

なんかね、表から見るとカフェにしか見えなくて、まさかこんなに料理の種類が
あるって思えないし、カフェ飯って印象よくないケースが結構あるからスルー
しちゃってる人、結構いるようなんですけども、まぁ一度お味を試してもらって
人をお連れするお店の駒の一つにもっておくと便利難じゃないかなーと思います(^・^)



***** 2016 Dec. *****

Nam Ky Khoi Nghia通りを挟んだ、統一会堂向かい側にできてる
大きなカフェビストロ。大きなグラスゥォールで外から内部の様子が
殆ど見えてしまう構造で人目を引くので、もう既に行った、とか気になってる
方も多い筈。


th_IMG_0782.jpg 

で、ビストロ、とあったので、洋風の料理があるのかな、と思ったらけっこう
しっかりベトナム料理。観光客を当て込んでる場所柄なので、ベトナミーズと
書くよりもビストロ、とした方が食事所として分かりやすいからかしら。

オープニングセールなのか、25日までサービスセットのメニューがある様です。
結構大きめのセットっぽいので、1人で行った私にはあまり勧められません
でしたが、なんかお酒を1杯かったら1杯無料ってのは勧めてくれても良かった
かも(。-_-。)


th_IMG_0783_2016122018300595a.jpg th_IMG_0793.jpg

店内はこんな感じでひたすら明るく開放的なイメージ!
うんっ、晴れてる日は暑いぞーっ、これ!(笑)

th_IMG_0791.jpg 

th_IMG_0790_20161220183012313.jpg 

要は温室みたいな感じだもんね。涼しい今の気候ならともかく、暑くなる4月5月
とかは、どんなにクーラーきかせてもおいつかないんじゃなかろうか(・∀・;

訪問した時、喉がカラッカラだったので、まずは飲み物を。
タマリンドとジンジャーのドリンクってのがったからそれを。
タマリンドジュース、もっと見かけても良いと思うのに、意外と見かけない気が。

th_IMG_0794_2016122018301835c.jpg 

で、これ。
ピピピ、ピーナッツ?(´⊙ω⊙`)(笑)

いや、ピーナッツは好きなんだけども、ドリンクの上にトッピングされてるのは
初めてかな(笑) どないやんねこれーwww と突っ込みつつ、いざ飲もうと
ストローに口を近づけると。。。?

あらっ。
タマリンドの甘酸っぱい香りとピーナッツの香ばしい香りが意外に合う????
甘酸っぱいとは言え、タマリンドはかなりコクがある甘酸っぱさなので、
ナッツの香りと合わさっても負けないのかな。

実際、ピーナツを口の中にいれてカリッと噛み、更にその風味を口に満たした
後にジュースを飲んでも分離しない。むしろ良い感じ。こりゃ面白い。
また底の方にはタマリンドの…種部分???実…の部分になるのかな????
それともタマリンドで作ったジェリーみたいなもの???

th_IMG_0795_2016122018302003e.jpg 

噛めば味は確かにタマリンド。わざわざ手をかけた物を使うこともなかろうと
思われるので、恐らくは自然由来のものだと思うんですが、コリュンプリュン
しておいしいがな(*´ω`)

折角来たのだからなんか食べてみよう、と思ってメニューを開くと…?

th_IMG_0785_20161220183008615.jpg 

th_IMG_0786_20161220183009a0f.jpg

th_IMG_0788.jpg

ほっほっほー。
さすが観光客価格。といってもまぁ、1区ならよくある価格帯かもしれませんが、
うん、路上店とかと比べたらすごい値段差(笑) 麺もの、80k弱くらいのものが
ゴロゴロある。言うても400円くらいだから、欧米の観光客価格を考えたら安い
もんだけど、ローカルを知る人間からすると結構お高め。ならばなおさら二度目が
あるかわからんぞ?と思って頼んでみました。

th_IMG_0796_20161220185217b38.jpg 

フーティウナンヴァーンヾ(@⌒ー⌒@)ノ
天井も半ガラスだからスープに光が反射して見難いぞーwww
まーたこんなローカルメニューを、高い金出してこんな所で食べるかね?
と思われた方。仰る通り、粋狂です。ただ、こういう設備・保持食材量が
しっかりあるところだからこそ作れる味ってのもあって、路上のものとは
また別枠で探してみる事で、美味しいのに出会えることがあるんですよねー。

th_IMG_0798.jpg th_IMG_0799.jpg

添えられたお野菜のメインはモヤシ(下の方にある)と春菊。
アウトラインがしっかりとした腰を感じる細い麺。そしてスープが。。。
おいっしー!!!けっこうシッカリした塩味ついてて、まぁ化調もそこそこ
使われて入る様ですが、非常に味が明確。

自然素材に拘った上でコスト勘案されたものは「優しいお味」と表現されつつ
うすらぼんやりしたものもあるわけですが、それはそれ。卓上調味料を使い
こなせるローカル食が得意な人には、美味しく食べるのは造作もない事。
でも観光客の方などは。。。(こ、こんなもんなのかな…)って思っちゃう
こともありますよね。

その点こちらのこのスープはすごく分かりやすい。
ドンブリにあるスープ全部を飲むのは、ちょっと塩が強くて遠慮しようかな
って感じだったけども、豚をベースにスルメや野菜を使ってるのかな。
麺や野菜はおいしく最後まで頂けました。この位分かりやすい味の方が、
不特定多数の国からいらっしゃる観光客の皆さんには受けが良いのかもしれませんね。

th_IMG_0801_20161220185215c51.jpg th_IMG_0802_201612201852150be.jpg

具材の、海老の頭の先の所はカットしてあるベトナム式。
あの先端が固くて痛いし、あると食べ難いんですよね。剥くのが面倒くさいから、
と食らいつくと、口の中がズタズタになる。そんなら頭を落とせばいいじゃん、
と思われる方がいらっしゃるかもしれませんが…

いやいやいやいや。
頭のところは味噌が入っててうまいじゃないか。そんなうまいところを、
食材に精通し、食材を愛するベトナムの方が無駄にする訳ない。
これ、ここだけじゃなくて他のお店にもよく見られる手法。
最初見た時感動したわ。

そして豚レバーをボイルして薄くスライスしたもの。見てこの滑らかさ。
レバーと言いつつ、プリンプリンとした弾力があってみずみずしい。
加熱した牛のレバーにあるようなモソモソ感がない。そもそもこのクセの
少ない麺とスープの中にあって、レバーがこんなに綺麗な味で頂けるのだから
すごいよなぁ。

コレはちょっと他のメニューも期待できるかもしれません。
いつまで、と言うのは書いていなかった様ですが、旅行者の方、バックパッカー
の方は15%オフ、ってことになるそうです。ジャッジは彼ら。私はここに在住
してますが、勝手に15%引いててくれました(笑) 特に在住証明とかVISA
提示が必要と言うわけじゃないようです。

え?引かれなかった?
ということは、現地の人と見間違われたと言うことで。
それだけ馴染んでいたと言うことで。
うん、ネタにしたら15%分くらい、すぐに取り返せる気がしますw

なかなか便利な所にあるので、お散歩途中のチョイ休憩にも良さそうです。
朝早く(確か7時から)やっているので、お散歩&朝食を食べに行っても
よさそうですね。なんにしても素敵なカフェやビストロが増えてくれるのは
嬉しい限り。

観光客にも在住者にも親しまれるお店になってってくれると良いですね♪



NANA
152 Nam Ky Khoi Nghia Q1




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

丸っと台湾食べてきた♪⑧ 〜 新竹で必食お菓子と麻油鶏!

新竹では色々連れてってもらったのですが、まずはお出かけ前の腹ごしらえ。
街中にあるのですが、なにやらかなりの行列が。

th_IMG_4083.jpg 

どこのお店か、何売ってるとこなのかも分からないままに私も行列。
どうやらお友達カップルさん立ちが学生の頃からあるお店の様子。
チラと見えた所によると、なんだカステラみたいな生地のやつか。。。

と、ちょっと落胆。いくら美味しくてもあの手のやつはそんなに好み
ではなく、且つ腹もたれがその後に影響するからなー、しかし折角
勧めてくれてるんやし、断る訳にも行かず。。。

th_IMG_4093.jpg 

んっ?いやでも、あのおっちゃんの手つき。素晴らしい。
それにあの3連のハケ。多分手作り。自分の商売に特化した物を
作った物と推察。且つ、焼き込まれてる鉄板にササッと塗ってるのは、
オリーブオイル?!

th_IMG_4095.jpg th_IMG_4089_2017021419213515e.jpg

「そんなん使ってるンやー!」と思わず日本語で声に出すと、外国人が
並ぶのがすごく珍しかったようでビックリして振り返ってた。場所柄、
観光客も多かろうから、日本路が珍しいとも思わないけど、友達が
話しかけたらそう言ってたらしい。邪魔してごめんやで、おっちゃん(^^;

th_IMG_4096_20170214191722e91.jpg 

焼き上がっても、しばらくは放置。すぐに取ってはいけないそうです。
メッシュ棚の上で且つ、小さなファンで蒸気が周りに溜まることを
避けるのがポイントとと。そしておじちゃんのゴーサインがでたら…?

th_IMG_4091_201702141917237ee.jpg  th_IMG_4104.jpg

自分で袋に入れる( ̄▽ ̄)
個数を申告し、支払いも横に置いてあるザルの中に自分で放り込む。
おつりもそこから掴んでもらっていく。香川の田舎のうどん屋方式やな。

でー、こちら。
うん,良くある大判焼きとか今川焼とかそんな感じよな。
ま、友達の手前もあるから食べとこか。。。って…???

th_IMG_4110_2017021419172880f.jpg th_IMG_4111_20170214191729631.jpg

軽いーーーー!!(´⊙ω⊙`)
持った瞬間、期待した数分の一しかない重さにまず驚いてみる。
そして一口かじって見ると…?サクサクサク!!とした表面!
なるほど、この食感を出す為に焼きたてから蒸気を飛ばして
若干冷却させてたのね。

そして最初に見た手つき。生地を片方の方に流して数秒感。
その後すぐ、同じ型を上に被せてひっくり返す。被せた方には
生地を入れていないので、片側分の生地を、もう半分の方の型に
焼き付ける様なことになる。

すると中が空洞状態。生地は¥遠慮なく自体に気泡を入れて
膨らませることが出来、味的には誰もが食べたことがあるような
卵とバターとお粉の味でしかないというのに、外サクサク、中は
シットリした生地でありながらシューの様な軽さも持ち合わせた
新しい味!!へえええええ!!!!

th_IMG_4107_201702141930123e7.jpg 

連れてってくれたお二人が「自分達は1人3個ずつ食べるよ!」
等と言ってて、そんなに食うのかー!と思ったけれども、
うん、私も2個はペロッと食べたw 軽い。旨い。なにより
おっちゃんの手さばきがすばらしい!!惚れた!

またもや。。。食べ慣れてて食べ飽きたと思う様な材料の組み合わせ、
出来上がりのルックスの物に大感動。なんぞねこれ。。。
如何に自分の頭が凝り固まってるかと言うのを思い知らされる台湾
テイスト。ちぇりさん、ホントに反省しきり。

ちなみにこれに似た物を売るお店は他にも沢山あるそうですが、
ここに叶う所は無い、とはお友達二人の談。さもありなん。


++++++++++++++++++++++++++++++++


さてもう一品、シンプルなのに、叶うならもう一度この度の間に食べたい!
と熱望してしまった料理が一品。

th_IMG_4238.jpg 

こちらもさっきのお菓子のように、道沿いの一角を使った小さなお店。
ですが大行列!台湾の方達は、美味しいもの為なら行列を厭わない様子。

th_IMG_4242_20170214194048d28.jpg 

こちらは麻油鶏(マーヨージィ)という料理のお店。うーむ、知らん。
なんぞねそれ、と思いつつ、鶏が良いか豚が良いかレバーが良いかなどと
聞かれ、内容が分からないままに雛鶏が良いと応えたけれども売り切れ
とのこと。やっぱりこいつが人気商品。すぐに売り切れるんだって。

日本語で「いらっしゃい」と書いてあるけど、これは日本人が多いから
のサービスじゃなく、台湾的「デザイン」っぽい。メニューには一切
日本語が無くて、お友達のガイド無しでは難しかった。。。

実際、この日あれだけ人が並んでたのに日本人は皆無。聞けば彼女達も
「見た事無い」と。すっごい街中にあるお店なので、日本人の通りが
無い訳じゃないし、こちらもやっぱり幾分かは日本の方もいらしていない
とおかしいのだけど、この日は一切お見かけせず。


th_IMG_4240_20170214194045124.jpg th_IMG_4241_20170214194046470.jpg

コレが調理場の全てで、ビルの一階のちょっとしたスペース使わせて
貰ってます程度のとこ。そこで寒っむいのに流水で丁寧に鶏肉の掃除を
している方やら、スープの灰汁をとにかく丁寧に取ってる図など。
人気の裏打ちをする光景が展開されておりました。

ふむ。一体どんな物なのか、麻油鶏。
で、出て来たのは…??

th_IMG_4245.jpg 

うわっはー!!!胡麻油の良い香り!そしてボリューム満点な肉の量!
手前が鶏肉(雛モモではない)、奥が豚肉。どんだけガッツリ入ってんのw
そしてスープの上麺から数ミリもの厚さで全体に蓋をする胡麻油。。。
シンプルだけどかなりクるぞこれ、と覚悟を決めるワタクシ。
相当クドいと踏んだのです。

しかし。。。ひと口食べて見るや、ええ?!えっええええっ?!
なにこれ???胡麻油の香りがすごくって、且つ見た目にもギラギラ
してるのに、口当たりが全然クドくない?そして鶏肉トロトロ。
えっ、なにこれ???

th_IMG_4247_20170214194051733.jpg 

そしてこちらが麺線だ。見た目、素麺。しかし量が半端ない。
素麺で言うと、2束半くらいはありそうな量。やばい。
食べ切れないかもしれない。旦那さんと二人で1つにしとけば
よかったかなー、と思ったのですが…

はい、そこのあなた正解っ。
ペロリ(^^;

もーねっ!この麺線のエッジの立ち方、すごいから!その輪郭が何本も
連なってツツーッと喉を撫でてく快感。ゾクゾクする。ほいでもって
スープと同じもんがかかって、こちらも胡麻油がたっぷたっぷ。

「お素麺はぁ、伸ばす時に胡麻油を使ってるからぁ、他の麺類よりもぉ、
 アッサリしてる割にはカロリが高くってぇ、ダイエットには不向きなのぉ♪」

とかヌルいこと言ってんじゃねーぞ、ゴルァ!
こちとら胡麻油の中に麺突っ込んでるわ!って感じ。なのに。。。
クドくない。食べてると唇がヌラヌラのテラテラになるから間違いなく
そこに油分はある筈なのに。。。

なぜだ。。。なぜ食えてしまうんだ。。。
しかもスープの方も、もっともっとと思ってしまう。
何だこの油地獄。

あとで調べると米酒をタップリ使ってるそうで(というか水分は
米酒だけというレシピも見た)、そこら辺がクドさを打ち消してる
要素かなーと思うけども。。。

食べた直後に(も、もう一杯食べたいな。。。)とか思った程に
中毒性高い。やばい。これ絶対日本人好きな味やろ。

「日本人、この店で見た事無いですねー。
 日本の人、ちゃんとしたお店で食べるの方が多い気がします」

そうか?そんなことも無いと思うぞ?確かにこの日は居なかったけど、
ローカル好きはどこにでも居るし、台湾の新竹ともなれば
日本の方もかなり多くお住まいだろうし、きっとファンは多い筈!

因みに身体をぽかぽかと暖めてくれるこちらの料理。
寒い時にはもちろんですが、冷えが起こり易い女性のサイクルに合わせた
タイミングでも良く食べられている様です。医食同源なんですな。

あああ…しかしそれにしても。。。これ、肉骨茶と合わせた
レシピにしても行けるんちゃうかなー。多分台湾にあるような米種は
ホーチミンには無い気がするので、漢方系でちょっと試して見るか。
これ、絶対自分のレシピに入れたる!ちょー美味しい!!!

th_IMG_4251.jpg 

新築の街中なんで、タクシーの運転手さんにこの住所見せたらすぐに
行ってくれると思います。確か夕方からしかやってないかな。
Googleマップだとこの辺です。

ああ、ダメだ。。。早く台湾記事を進めようと、1回に数種類の料理を
サクッと紹介,と思ってるのに、単にコレ、2回分の記事を長い1回に
して書いてるだけやんな。。。すまん、長くて申し訳ない。
でも削っても削っても書きたいことが出て来て止まない。。。

ワタクシが悪いのではなく、台湾が悪いっ。
美味しすぎる台湾が悪いー!!!(責任転嫁)


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ


☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★

  <優先順位> 更新!(バックナンバーでご覧頂けます) 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】

☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★


【閉店?】Saigon's Lookout 〜 まぢでLook out! 肉好きに朗報!

***** 2017 Feb. *****

まさかの閉店。。。
私が現地で確認したわけではないのですが、昨年末のクリスマス
辺りにて閉店したらしいとの情報をキャッチ。我が目で確かめる
までは信じたくないのですが、辛い。。。お気に入りのステーキ
屋さんだっただけに。。。

しょぼん(´・ω・`)

***** 2016 Jul. 前回から5日後 *****

あんまりおいしかったので、一週間と間を置かずに再訪。
日曜日、珍しく旦那さんがお仕事でお家にいたので一緒にお肉♪

「あんなローカルな所にあんな綺麗なお店があるとか信じられんし、
 質もスッゴイ良かったのー!!!」

とあんまりギャーギャー騒ぎ立てていたので旦那さんから、

「それ。。。キツネさんに騙されたんじゃないですか?(ーдー)」

と言われてしまい、なんか本当にそんな気がして来たので確かめに
行きたかったのもあるんですよね。。。
いやまぢで、そのくらい夢見心地だったもんで。。。(笑)
でも化かされてませんでしたっ。ちゃんとお店、あったよ( ・`ω・´)b

この日は朝食が遅かったので、たっぷり食べることになるであろうことを想定し、
ランチを食べずに15時頃来店。こちらのお店、11時〜0時まで通し営業なんですよね。
でも。。。

th_IMG_2230_2016073120441858e.jpg 

シーン…。
15時なんて中途半端な時間だから人は少なかろうとは思ってたけど、
夜と違って灯りもないし、ガードの方もおいでにならない。ふむ。。。
通し営業とはなってても日曜だしなー、お休みかなーと思ったのだけど、
一応聞いてみよう、と店に向かった所でガードの方が現れて「開いてるよ!」と。
昼訪れた方は、この静けさに負けずに踏み込んでってくださいね(笑)


th_IMG_2199_201607312044148de.jpg th_IMG_2200_2016073120441489f.jpg

あいかわらず素敵な店内ですが、夜の方が雰囲気あるかな。まぁ昼から
雰囲気出してどーすんだって話もあるけど、昼は昼にふさわしい
カジュアルさが出てるのがまた良いね。

んで、前記事の中のランチが少しお安くなるかもっての、記事中でも訂正
しましたが、どうやらランチタイムに5人以上で来られたグループは一人頭が
少し安くなりますよ、ということだったらしいです。もしランチ価格を期待して
既にご訪問されてしまった方がいらっしゃったら、大変申し訳ありませんでした。

前回はワインしか頼まなかったのですが、今回は旦那さんがビールを注文。
お値段はそれなりでしたが、グラスがキンキンに冷されており、ボトルの
タイガークリスタルだったこともあって、まるで生ビールの様な味わい。。
んまい(*´ω`)(あれ?旦那さんが頼んだんじゃなかったの?)

th_IMG_2201_201607312044177c1.jpg th_IMG_2202_20160731204417137.jpg

前回サラッとしか写せてなかったサラダはこちら。
さして特徴の強いものではありませんが、実にしゃきっとし上げられてて爽やか。
ドレッシングが前回とは違ってマスタード風味だった♪

そして、芋ーヾ(@⌒▽⌒@)ノ

th_IMG_2205_201607312044522c5.jpg 

やっぱり美味しいわー。
この日、お給仕をしてくれた方もご自慢だったようで、
「ホーチミンでこんなフライドポテトを出すのはうちだけですから!」
と、誇らしげにサーヴしてくれました。こういう、自分が働いているお店の
ものを大好きだと言う風情で勧めてもらえるのは気持ち良いですね♪

そして「ソースとポテトはUnlimitedです( ・`ω・´)b」と今回はキッチリ
お伺いできました。さあ、ポテトラヴァーよ、存分に食べるが良いっ(笑)

さすがに細かいレシピまでは聞けませんでしたが、どうやらどこかの段階で
チーズを使っているんだそうな。なるほど、随分と旨味が強いと思ったら。
チーズをどこでどう使ってるのかは不明なんだけどね。

そして、肉ー(*´ω`)


th_IMG_2204_20160731204451538.jpg 

やっぱり美味しい。
とても美味しい。

またもや、私がレアで旦那さんがミディアムと言う組み合わせで焼いてもらいました。
旦那さん、日頃からミディアム派の人。前回一緒に行ったお友達と同じ。
レアの方が気に入るよ、と言いかけたのですが、まぁ比較して食べてみた方が
納得できるか、と思い、希望通りのミディアムに。

しかして。。。「レアの方が美味しいね?!」ですって(笑)
いや、ミディアムも充分美味しく焼けているのですが、前回のお友達も、
この店でレアの美味しさに目覚めてて、全くおんなじリアクションだったので
ちょっと面白かったかも(笑)

th_IMG_2208_20160731204455459.jpg 

またお肉を皿に取ってしばらく置いておくと。。。冷めて食感が変わったり、
味わいももちろんそれに連れて違っていたり。やはりこの肉をユルユルと
温めるサーヴィング・プレートが良い仕事をしているのだなぁ、と実感。

で、2人分をペロリ。
で、また1人前追加(笑)
このとき、旦那さんが迷わず「レアで( ・`ω・´)b」と言ったのも、
前一緒に行ったお友達と同じリアクションだった(笑)

もちろん比較後、「やっぱりミディアムが美味しいわ、ウェルダンが好きだわ」
と思われる方も当然いらっしゃるわけですが、レアをなんとなく試さずにいた
だけで食べなかったけど、美味しく調理してくれる所で試してもらって好きに
なってもらえた、というのは、彼らの選択肢が増えたと言うことでもあるので
嬉しいなと。

th_IMG_2211_20160731210808151.jpg 

ミディアムも今まで好きで食べてたのだから嫌いになったわけじゃないし、
食べ方も食べ物の種類も、選択肢が増えれば、幸せでいられる道が増えるって
ことだもんね。えかったえかった♪(お前の幸せ食いもんだけなんかい。。。)

あと可愛かったのが、前回追加を頼んだら、サラダもパンもワンセットついてきて、
さすがにもうそこは要らなかったからもったいなかったなーと思い、今回は追加
する際に、パンとサラダは要らないわー、とお伝えしたの。価格はそのままでかま
わないから残させないでくれーってつもりで。そしたら。。。

th_IMG_2217_2016073121081294c.jpg 

ちゃんと引いててくれました(笑)
上からビール、グラスワイン、カクテル、そして2人前のセット、そして最期が
追加分のステーキのみの価格。ランチの団体さん割引の価格になってますね♪
ポテトはUnlimitedだからドンドン追加を注文できます(笑)。あ、あと、
やっぱりソースもナンボでも頼んで下さいってことでした。

th_IMG_2206_20160731204453dd2.jpg 

粋がってた訳じゃないのですが、美味しいお肉は塩胡椒で、とか結構
拘ってたんですが、ここのソース、まぢで美味しい。前にも言ったけど、
ソースが美味しい、というよりは、ソースと肉を合わせた時がとても美味しい。

お肉自体も充分旨味があって、塩で食べれば食べたでそれもまた美味しいのだけど
ソースまみれにして食べるのがまた美味しい。こういうとこは拘り捨てて、
臨機応変に選択肢を広げた方がお得ですな。塩でも美味しい。ソースでも美味しい。
どっちも食べたい。なのでもう一枚( ・`ω・´)b

ここでは2人で3枚、600g食い上げるのがデフォになりつつありますわ(´Д` )

th_IMG_2213_20160731210809604.jpg th_IMG_2214_2016073121081085c.jpg

ちなみにここのお塩も胡椒も、おいっしーのでお試しくださいね。
あと今回はお客さんが他にいなかったこともあってか、デザートスイーツを
ちょこっとサービスしてくれたん(*´艸`*) パッションフルーツのレアチーズと
ダークショコラのチーズケーキ。メニューで見たけど前回はとても入らなかった
ので、気にはなっていたけど頼めなかった品。

どっちもすんごく美味しかったけど、めちゃくちゃ濃厚。。。というか、
ヘヴィと言って良い程のボリューム感だったので、このデザート(実際の
ワンポーションはもうちょっと大きい筈)を食べたいならお肉の追加を諦めろ
って感じかな。。。若しくはお酒だけ飲みに来たとき、通しなのでカフェ使い
で寄った時に楽しむか。

ところでこちらのバックサイド、2階には、貸し切り部屋がある様ですよ♪
ちょーっと薄暗かったので写真が心許ないのですが、10人程度で使える
個室+バー付き、そして更に上には立派なバーカウンターのある、
4〜50人は入れられそうなしたクラブルームのようなスペースが。
DJブースなんかもついてる。
こういうとこを借り切ってパーティやるのも一興ですな(*´ω`)

th_IMG_2220.jpg  th_IMG_2222_20160731212931536.jpg

th_IMG_2224_20160731212933ea0.jpg th_IMG_2227_201607312129349bd.jpg

またこの日もサーヴしてくれた男の子が流暢な英語使い且つ丁寧な人で、
店を誇りに思ってることが伝わる、実に気持ちの良い接客をしてくれました。
色々とお話をしたのだけれど、日本語で一つだけ知ってる言葉がある、と
言うのでそれはなにかと尋ねたら、

「omotenashi(※^^※)」

と。ホスピタリティを学んだ時に覚えた言葉だと言ってたのですが、もしかしたら
フーンライとかKOTOさんなど、サービス業関連に従事する人を育てるところで
学ばれたりしたのかなぁ。彼が学んで来たこと、良く活かされてると思います。
マニュアルどおりではなく、ホスピタリティとは、ということを自分なりにしっかり
解釈している方の接客振り。勉強の成果と言うのは、こういう風に実らせるもの
なんだなと感心しきり。あれなら大事なお客さんとか連れてっても心配なさそう♪

いろんな面で、本当に良いお店だと思います。
ホーチミンには珍しくないことだけれども、気分よく美味しい時間を楽しめる
空間の選択肢が増えると言うのも、これやっぱり嬉しいこと。
ここ、色んな方に知ってほしいなー♪


***** 2016 Jul. *****

もーあんまり感動しまくったので緊急差し替え。
(2週間分の記事書き溜めてる+手持ちネタがまだまだあるのに
 こんなことするから更に溜まる。。。)
肉好き…つっても、ステーキになりますが、お好きな方には超絶朗報。

ステーキっつったら、ホーチミンで有名なのは、El Gauchoさんや、
最近では私も推してたStokerさん。どちらもうまいよね。うん。
でも、高い(^^;  

たまーに行く分にはアリですが、そんなにしょっちゅう行けるもんじゃない。
群を抜いて美味しいのは間違いないので、特別なオケイションとかお接待とか
そう言う場面ではむしろそのお値段の方が良い、ということもありましょうが、
あー肉食べたいなーと、ふと思い立ったらすぐに行ける、と言う感じじゃない。
どっちかというと、行く!と決めてから日ごとその日が近づいてくるのを
指折り数えて楽しみにする様なお店。
でも本日は、普段使いに出来るお店のご紹介。しかもお味的にも素晴らしい!

それは以前、麺を食べに来た事があるエリアの近くにあって
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-4187.html
街中からそんなに外れても無いし遠くもないけど、どローカルな感じのエリア。
食べ物屋さんこそ何件かありましたけど、目に入る範囲は一面、超ローカル。
且つ、バイクの修理屋さんや部品屋さん、工具関係の商店がずらりと
並んでる感じで、観光客はまーず来ないだろうなーっていう。

プラス、事前の情報収集で見かけた料理写真がステンレスっぽい素材のトレイに
ドン!とお肉が乗ってるだけのものだったので、小雨模様だったこの日、
「青空飯屋だったら別のとこ行かなきゃねー」とか言ってたんです。
超ローカル店だと思って。そして付近に行くと。。

真っ暗。
一件だけ煌煌と灯りを放つ「SL」と書かれた高級クラブみたいなのがあって、
怪しげだなーって思ったんだけど、あとは真っ暗。ありゃーっ、今日は店休日?
それとも雨だから早く閉めた?こんな所にステーキ屋さんなんて流行らなくて
もうお店が無くなったとか…???とか最初は思ったのですが…

今一度手元の資料で店名を調べると…Saigon's Lookout。。。。
えっ、SL?!(´⊙ω⊙`)


th_IMG_1866_20160727005707bc2.jpg

住所を照らし合わせると、なんと怪しげな高級クラブと思って素通り
してしまったこちらの白亜の建物が目当てのお店でしたよと。なにー!!!!
誰やー!!青空飯屋とか言うてたのはー!!(お前やー!!!)

一転して、怪しげな高級クラブから素敵でお洒落なステーキ屋さんと
改められたその建物にはガードの方がおられて、うやうやしくお迎えしてくれ
ました。。。なんか。。。いろいろごめんなさい。。。

そして店内に入って更にビックリ。

th_IMG_1867_20160727005707a5b.jpg 

オサレざんすーっ(・∀・;
バーカウンターがあるし、シグナチャー・カクテルなどもあって、出されるそれらを
見てると大変美味しそうだったので、バー使いとしてもサクッと利用できるのでしょう。
更に、尋ねはしませんでしたが、奥の方に仕切られたお部屋もあったような。。。

th_IMG_1884_20160727005711b0d.jpg 

割にカジュアルだけど、内装凝ってるし高級感あるし、あとサービスが
ものすごくスマートでしたわっ。この日対応してくれた全てのスタッフさんは
見事に流暢な英語を話され、コミュニケーションがスムーズだったのも
ポイント高しっ。言葉は流暢だったけど、慇懃無礼になることなく、
本質はベトナムの方の朗らかな対応だったし。

こういうの、外国人には最高よな。
美しい英語でやり取りがラクチンだっても、高慢ちきな対応されたら気ぃ悪い。
といって、朗らかは良いけど言葉が通じず、コミュニケーションが全く取れない、
というのもこれまたストレス。

例えこちらの英語がさほどでなくても、この朗らか対応だったら、
きっと嫌な思いはせずになんとかなると思うんですよ?
ベトナムの良い所やねぇ♪

th_IMG_1869_20160727005708110.jpg 

まずは飲み物メニューを出されまして。。。
おお、割かた安いな。紅茶類とかは35kドンくらいからある。
ビールは50kドン。ローカルの飯屋に比べたらそら高いけども、それでも250円。
ワインリストは別にあって、グラスは120kドンくらいから。
じゃ、次は食べ物のメニューを…とお願いしたら、

「お客様、当店にフードメリストはございません」

と。
お????

「当店はオーストラリアンビーフのリブアイステーキのみの提供となって
 おりまして、パン、サラダ、フライドポテトがセットになっております」

うぉっほーーーーっ。黙って座ればピシャリと出て来る一品だけの専門店!
そら潔いなぁ!!!オーダーするのは焼き方だけと!

th_IMG_1871_20160727011250450.jpg th_IMG_1879_20160727011255728.jpg

まずはホカホカのパンとシーザー風のサラダ。パンはバターの風味が聞いた
テーブルロール的なもので風味が良く、サラダもオーバードレストにならない
程良い感じ。生野菜の、しかも新鮮で美味しいお野菜のサラダをあっちこっちで
結構気楽に食べられるってのは東南アジアでは嬉しい事ですよね。
オリジナルのコースターなんかも作られてあって、拘りが見られます。

そしてこのお店のサブの名物であるフレンチフライ!!!
ドッサー!!!!(笑)

th_IMG_1874_20160727011252393.jpg 

聞く所によると、このフライドポテトは言うたら追加してくれる
とかしてくれないとか。食べ放題との噂もあるけど定かじゃないのでご確認を。
ただ少々追加料金出しても追加を食べたくなる味ではあった。微かに纏わせ
られた衣が小気味良い口当たりを醸し、味わいがあるっ!!

これ、油になんか細工してんのかなぁ。トスカーナ・フライドポテト(ハーブ
などを大量に揚げ油に入れ低温からじっくり揚げるフライドポテト)的な様相
がある。そのくらいに味わい深い。

え?Macのポテトに見た目が似てる?
そうなんです。例えるならばこれはその高級バージョン。
高級なMacポテト。←食レポ失格w

で、本命のステーキ。
灯りが少なかったので写真がちょっと情けないのが申し訳ありませんが…

th_IMG_1881_20160727011339320.jpg th_IMG_1875_20160727011254293.jpg

なるほど。ネットの写真でステンのトレイに乗ってたのは、こういう理屈が
あったからかっ。固形燃料を使ってウォーマーの役目を果たしてたんですねっ!!!

日頃から、鉄板ではステーキが煮えてしまうのでよろしくない、といって、
皿だと保温力に限界がある、と思ってまして。特に200g以上となると食べる
のにそこそこ時間もかかるし、そもそもそんなにガッついて食べるのは
好ましくない。美味しいお肉はおいしいワインとじっくり味わって食べたいもの。

ましてや、素敵なお相手と差し向かいにてのお食事だったら尚の事。
肉が冷めないうちにとケモノのようにむしゃぶりつくのも興ざめですし、
(それでもセクシーでいられるのが理想ではあるけど、私の場合ほんとに
ケダモノになってしまうので。。。)肉を冷えるまで放置するのも、
これまた料理へのないがしろ感が半端ない。

となると。。。
これはベストの提供方法の一つではなかろうかっ( ・`ω・´)b

ああ…重ね重ねすんません。。。安っぽいお店だなんて思ってしまって。。。
青空飯屋とか誤解しててホンマにホンマにごめんなさい(´Д` )

この提供方法を採用した、というだけでも、素材や料理への愛を感じる。
一品のみのメニュー提供、相当覚悟が要ったと思うんですが、覚悟をする
ってのは恐れに対して見て見ぬ振りをして振り切るってことではなく、
リスクに対抗できる策を貫く、と捉えての戦略なのでしょう。

あっぱれです。カッコいい。この一点を見てもこの店の料理がまずい
わけがない、と分かりましたわ。食べる前から。しかして。。。


th_IMG_1873.jpg 

うん、ごめん。
あんまり美味しそうに見えないよね(笑)
盛りつけはザックリですねん。ワイルドっちゃーワイルド。
光量も圧倒的に不足してる(修正してこれ)。
ネットの写真がどれも安っぽく見えてたのにはここで納得。ただ。。。

めっちゃくっちゃ美味しいです(≧∇≦)
赤身メインなのですが、なにゆえかユンルリと柔らかく、うまみがすんごい。
私より先にひと口食べた連れが、「いーから早く食べて!!!」と急かして
くるほどの印象深さっ。

ただし、ドライエイジングした様な口当たりでも味わいでもなかったので
どうやってオーストラリアンビーフをあんなに旨味で満ちさせたのかは不明。
そもそもの牛さんの出自が飛び抜けてたりするんだろうか。

でもこれ。。。350kドンなんです。ビックリ(´⊙ω⊙`)
パンもサラダも凝ったお味のたっぷりポテトも込みで、1800円弱。
これ、日本のファミレスステーキにフルでセットつけたら同じくらいじゃ
ありません?質は間違いなく格段にこちらが上ですが。
この味をこの値段で食べられるって。。。。どないなってんのや(´Д` )

th_IMG_1876_20160727011334d2d.jpg th_IMG_1877_20160727011335726.jpg

日頃肉は、塩胡椒で頂くのが好きなのですが、強烈にプッシュされて「うちの
ソース、自慢なんです!」と言われたので使ってみると。。。牛骨から仕込
まれたというデミグラスソース、過去食べた物の中でも最上位クラス。。。。

ソース単体でもうまいなーっと思ったのですが、ギューッと旨味の詰まった肉と
一緒に噛み締めると、合う、というよりは渾然一体となる感じで口内調味の悦
がある( ー`дー´)  肉の味がソースに負けない、とかソースが肉の味を引き立てる、
じゃなく、渾然一体。このバランスに持ってくるまでに、一体どれだけの時間と
手間を費やしたのか。。。

プラス、エッグヨークとアヴォカドで作ったというソースも添えられており
(ちょっとマヨネーズチック)、いかな柔らかさと旨味があるとはいえ、
赤身では油脂分が足りなさすぎる、と思われる向きへのサポートも忘れてはいない。
万全を期していらっしゃる。

で、このソースポット、小さめだったんで、なるほど、コストがかかってるから
量の調整でセーブをかけてるんだろうなーと思ってたら、なくなるころには追加が
ドンドン持って来られて、言えばいくらでも出してくれそうな勢い。あれ?(・∀・;

ポテトにつけて食べても美味しかったので、お気に召した方でもっと欲しいと
思われた方は遠慮なく言ってみたら良いと思う。

あと、レアとミディアムでお願いしたのですが、私はレアが圧倒的に好きでした。
まぁ元からレアが好きだと言うのもあるのですが、赤身は特に火を入れるにつれ、
堅さやパサつきが目立つ部位。赤身は適温と余熱で上手に熱を入れられたものが
ジューシー且つ旨味もしっかり引き出されていて美味しいと思います。

th_IMG_1880_20160727011337451.jpg 

ところでレアって、決して生という意味ではないのですが、誤解されてる方が
時々いらっしゃるようなんですよね。「海外だからレアは止めとく=生ものは
怖いから止めとく」的な言い回しを時折聞く事があったりします。

好みで、レアよりミディアム、ウェルダンが良し、としてる方に何も言うことは
ないのですが、そう言う誤解をしている方で試すチャンスを逃してるケースは、
ちょっともったいないなと思ったり。(試した後でどう思われるかはそれぞれかと)

そもそも周りだけチャッと焼いて中は生って、それレアじゃなくて、タタキですし。
表面を焼いた上で中が生なのはブルーかブルーレアなんですよね。

ただ思い返すと、レア=生と解釈して中心が冷たい肉を平気で出してるお店に
日本で過去に何件か遭遇してきたので、そう言う誤解が招かれても仕方ないのかも
しれません。日本だと最大4段階の焼き方(レア・ミディアム・ミディアムレア・
ウェルダン)ってのが主流なのも原因かも。

照らしてホーチミンでも焼き方はやはり10段階まではなく、せいぜい日本と
同じ4段階だと思うのですが、ステーキを謳い、名を馳せているお店であれば
生なレアを出されたことがこれまでないのは、本当に素晴らしい事だと思います。

と言った所で思い至った。私、日本で名を馳せてる店でステーキ食べた事ないわ。
街の老舗のステーキ屋でも5〜6千円〜小一万はかかろうと言う食べ物。
都会の有名所なんかで食べたら一体いくらすることやら。。。

対してホーチミンは手の届く範囲に有名所があるので、比較対象が適切
ではなかったな。。。すんません。。。

ってことで、1人前200gを感嘆の内に食べ終わった私と連れ。
ワインのグラスを重ねる為のオーダー時に、さして互いに打ち合わせることも
なく「肉、もう一枚」と、全く自然な流れでオーダー。(ええ?!www

というわけで、都合2人で600g。1人300gをぺろりと平らげ、
それでもなおかつ、

「なんだろー!満足はしてるけどお腹が苦しくないー!ってか、軽いー!」

とか言ってる始末。普段は150gも食べれば満足するのにどうしたことかっ。
うまいものには魔力があるねっ。←責任転嫁


ランチは更にお手頃で275kドン。さすがにサイズは少し小さめになるかも
ですが、たとえば150gだったとしても悪くない量だと思います。これも
近々確かめにいかなければ。

※訂正します。ランチは、5人以上のグループで行ったら一人頭275kドン
 になるとのことでした。もし既にランチ価格を期待して行かれてしまった
 方がいたらごめんなさい!


更に更に、お会計を追えた時にスタンプカードくれましたwww
500kドンに1スタンプかな?

th_IMG_1888_201607270222283d2.jpg th_IMG_1883.jpg

高級感があるお店なのに、とか、そもそもお手頃価格やのに、とか思いましたが、
この調子なら結構すぐに溜まりそうだし(どんだけ食うねん…)スタンプの数に
よってはドリンクのサービスやらワインボトルでプレゼントとかなんならステーキ
1コース丸っとプレゼントみたいなのもあるようなので俄然貯める気満々ですわっ。
( ̄‥ ̄)=3 フン

エスプレッソは安定のillyだったし内装は素敵だし、音楽もセンス良かったし
ワインも美味しく人も良く、まぁとにかく幸福感に満ちあふれて帰途に着き
ましたわよ。

肉好きの人はぜひぜひトライしてみて下さい。
私、高級店に行くなら、その分2回こちらに来たい。
味の(方向性は違うけれども)ヴァリューも落とさずに楽しめるんだから
味覚的にもコスパ的にも美味しいです( ・`ω・´)b

ああしかし…こう言うてはなんですが、こんな所にこんなお店があるなんて。
ほんまにホーチミンは街中で宝もん探しが出来るなぁ!ワクワクするわ♪
この記事、食べた直後に書いてるんだけど、思い返してたらもうまた食べたく
なりましたわ(笑)。ランチの追記、また改めて書きますねー♪
(←行く気満々w


th_IMG_1887_20160727022226fac.jpg th_IMG_1886_20160727024047c8b.jpg

写りが悪いな。 37 Bis Ky Con Q1  が住所です。
名刺も拘ってはりますなーっ。特殊刷りの赤金にエンボスですわ。
おされ。







にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

丸っと台湾食べてきた♪⑦ 〜 新竹の客家料理!

うん、台中でも言ったよね。「ここ良いわっ」って。
大きな理由としては、旦那さんのお友達がいて、私も過去数回
会ったことがあり、とても感じが良く且つ可愛らしいお嬢さん方+男子
がアテンドしてくれたからってこともあると思う。それにしても。。。

あまりにもTaste of Wonderに満ちた台湾の味。
もうワタクシ、驚愕感動の繰り返しで、興味尽きることが無かったです。
まずお出迎え頂いて即食べに行った料理はこちら。お友達カップルさん
イチオシ、街でも一番と彼らが言う所の客家(ハッカ)料理。

th_IMG_4052_2017021418191503d.jpg 

小さな佇まいだけど、普段彼らが来る時にも予約必須と言う人気振り。
この日も殆ど超満員で、私達の席もしっかり予約されてました。
で、料理はお任せ。中国語だから漢字でなんとか出来るかと思ったけど、
うん、難関すぎた(・∀・;

th_IMG_4053_20170214181917755.jpg th_IMG_4054.jpg

まずはこちら。卵豆腐に軽く粉をハタいて揚げたもの。普通の豆腐
じゃなく卵豆腐を揚げ物に使う利点は、Bep Me Inさんのメニューに
教えてもらった所ですが、なんとこちらっ。コレにある塩味の物を
まぶしている。それは、塩蛋。

th_IMG_4055_201702141819189ce.jpg 

シェンタン、と読むそうです。
私は広東語で覚えてたのでつい「ハムタン」と言ってしまうのですが(^^)ゞ
で、これが実にまろやか!実は私、塩卵って苦手だったんですよ。
ゆで卵でも茹で過ぎたモッサラモッサラした黄身の様子がいやなのに、
塩卵となると更にそれれがザラリとし、口当たりが大変苦手。
食べられないわけじゃないけど、月餅の中に入ってるのもすごい苦手。

しかし。。。刻んでまぶす、という調味料的な使い方をするとは
思いつかなかった!(´⊙ω⊙`) もしくは生の状態の塩卵で炒めた
野菜を閉じる、なんて食べ方もあるそうで、なるほどなーっと。

th_IMG_4056_20170214181920bc3.jpg th_IMG_4057.jpg

ホルモン(主に大腸)の炒め物の味のベースはなんと酢!薬味としてニンニクや
タップリの生姜も入ってたのだけどベースは酢。酢の炒め煮。へーっっ。
そして豆腐の炒め物には、ネギが豆腐とおなじくらいの量入ってるw
ベトナムも結構大胆なネギの使い方するけど、うちもこれくらいの勢いで
使って大量消費したい( ・`ω・´)b

th_IMG_4058_201702141819230ae.jpg

ビックリする程美味しかったのがこちらの蒸し鶏。
そんなもん、アジアのアッチコッチにあるやーんと思った?思ったよね?
私も思った。そしたらまぁこの味の入れ方が全然違う!旨みのある塩気
というか、鶏自身が持つ旨味が更に濃厚にされてると言うか。

タレついてたけど一切使わなかったわー。美味しすぎる。
そしてとどめがこれ。

th_IMG_4062_20170214181924928.jpg 

Soup Of the Dayってことで、このお店では日替わりでスープが
用意されているそうです。この日はクコの実や干したキノコ類、
鶏肉を煮出した、実に身体に良さそうな優しいお味。

その後の経験からも、台湾でいただく薬膳スープや煮物は、そんなに
クセが強くない物がメインのイメージ。なので機会があったら是非トライ
してみてほしい。私はホーチミンでは烏骨鶏のスープを時々作るのですが、
台湾の漢方スープのお味も大好きなので、帰ったら早速作ろうと決意した
次第。身体に染みたわー。

ってか、台湾のお料理は創意工夫に溢れてて、知ってて使ったことも
あり、且つ場合によっては良く使う食材なのに使い方が違うだけだったり、
組み合わせにより全く別の味にしちゃってるのが素晴らしい。こちらに
してみりゃコロンブスの卵ですよ。目からウロコがボロボロ落ちてた。

新竹、食べた物がいっぱいあったからザクザク紹介したかったんだけど、
取りあえず今回はこちらの客家料理の素晴らしさに敬意を示して、
こちらのみのご紹介。ごちそうさまでしたっ(^人^)




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ


☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★

  <優先順位> 更新!(バックナンバーでご覧頂けます) 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】

☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★


Tous Les Jours 〜 …のケーキやパン

***** 2017 Feb. *****


台湾ネタが終わらない内にドンドン溜まるホーチミン情報…
というわけで、夕刊です(--)/

取り急ぎのものだったり、移転・閉店情報その他、小ネタを
夕方にお届けして行きますね。じゃないと処理し切れん…。

期間限定(不明)の様ですが、現在Tous Les Joursさんにて、
「シナモンコーヒー」ってメニューが出てる様です。

th_IMG_5383_201702220234061c8.jpg 

エスプレッソに濃厚クリームを浮かせ、シナモンをたっぷり
と言う、めちゃくちゃちぇりさん好みのセッティング。
ニッキはダメ(だから八つ橋ニガテ…)なクセにシナモン
大好きというワガママっぷりですが、特に濃いコーヒーと
会わせた物は大好物(^・^)

んでもってこのメニュー自体も限定品っぽかったのですが、
(すんません、ボードちゃんと読んでなかった)
今なら、マドレーヌ2個がオマケについて来るらしいヽ(・∀・)ノ
※こちらのキャンペーン、3/17までとの情報を得ました。

th_IMG_5382_20170222023405b43.jpg 
最初わかんなくて「こんなの頼んでないよー」って言ったら、
なんでか店員さんの方が嬉しそうに「今オマケでついてくるんです!」
って言ってくれた(笑)

その笑顔に釣られて「オマケ?!やったーヾ(@⌒▽⌒@)ノ」って
思わず言ったら、向こうの方に居た店員さんにまで笑われたわ。。。

th_IMG_5384_20170222023408d40.jpg 

シナモンコーヒーは45kドン。
どうやらマドレーヌは通常からの売り物らしく、15kって値段が
ついてました。まぁ15kドンのオマケ、金額的には大きくないけど、
「マドレーヌ2個」という単位になったらちょっと嬉しい(笑)

極上、とは言わないけど、こちらのケーキ類悪くないし、
シンプルなこの焼き菓子に関してはかなり正統派のレシピの
ように思えたし、表面の糖分がちょっとジリっと焼けて、
それが時間型って落ちついてちょっと湿気てはいるんだけど、
生地面の美味しい風味を持ってたし。

またこのサイズのコーヒーって、例えばコーヒーが飲みたくて、
ってより、時間調整や作業の為にカフェに入った時、食前で
お腹がチャポチャポに鳴りたくないときとか最適よね。

ちょっと期限がわからないのですが、このごろこんなことやって
ましたよーというお知らせでした♪


***** 2015 Aug. *****

なんだかんだで良く利用してるのが、レタントンのサブウェイ斜め向かいくらいにある
店舗。ここ、二階のカフェがそこそこ居心地よいし、電源とかもあるからPC持ち込むにも
良いし、テラス席があるから、タバコ吸う人をお連れするにも便利なのねー。

あと、朝食メニューが充実してるの。
意外と紹介してなかったかもしれないけど、ここのフレンチトースト、めっちゃ好き。
オムレツメニューもイケてたなー。朝10時か11時くらいまでの限定メニューなんだけど、
ボリューミーで朝昼兼用のブランチなんかには持ってこい♪


あとチョイ食べのパンも結構買ってたりするかなー。
本国にお住まいの方からは、「このお店が美味しいなんて信じられない!」と
言われましたが(笑)、ホーチミンの中ではボチボチ美味しいし、なにより
バリエーションが多いし悪くはないと思うんよなー。ちょっと意外なこともあるけどw
例えばこちら。


          th_IMG_3836.jpg
th_IMG_3838.jpg th_IMG_3839.jpg

中央のまん丸い奴ね、コーヒーナンチャラって書いてたからコーヒーメロンパンみたいな
感じかなーと思って買ったの。そしたら食べようと持った時に底の方がちょっとベタついてて
あれ???って思ったら、中にいっぱいブルーベリージャムが入ってた!(笑)

もしかしたら商品名、私が読み違えただけかもだけど、こっちはコーヒーのつもり
だったし、色もいかにもそんな感じだったのでちょっとびっくり(笑)
でもこれがアレ。日本でほら、大手メーカーが量産してるスーパーで売ってる
ジャムパンがあるじゃないですか?あんたこれ、小さめのだったら瓶入りジャムの
半分くらい使ってるんちゃうけ?!ってくらいタップリジャムが入ってるやつ。
アレ並みっ(笑)。タマーに食べたくなるんだけど、意外とセルフピックのパン屋
さんにはなかったりするんよねー。うひひ、これは嬉しい(笑)

更には揚げあんぱん。
私自身はあまりあんぱんに重きを置かないのですが、旦那さんがたまーにあんこ欲
全開になるのよね(笑)。でもベトナムの小豆は上手に炊けないともっぱらの噂。
チェーのように形を残して味わう分には良いのですが、潰して滑らかにするアンコには
どーも向かないみたいなんですよね。ってことで、水煮のあずきを日本から運んでたり
したのですが。。。


th_IMG_4867_201508091938112f3.jpg th_IMG_4868_201508091938126e3.jpg


頂き物なんで、本来なら表面についているであろうお砂糖が溶けてしまってますけど、
中、ちゃーんとアンコ!!やだっ、これ本国からの取り寄せかなぁ。ベトナムで調達
してるのかしら?だったらアンコだけ分けてくんないかなー(´Д` )

普通に美味しいアンコなんですよ、これ。
包み方が中々斬新な感じですが、限られた量を均等に行き渡らせると言う意味では
効率的な包み方、かな?アンコどっさり、じゃなくても美味しいから充分満足感
あるし。

うあー、舐めてた。
別にバカにしてたつもりはなかったけど、こっちのあんぱんなんてー、と思ってた
節があったんだなと、食べて気づいた。ごめんなさい(^^;

特にこのサブウェイ前のお店はいつも種類豊富に取り揃えてるし、店員さんも親切なので
割とお気に入り。上記二つが定番かどうかはわからないので常にあるかはわかりませんが、
もうちょっと発掘してみる価値はあるかなーと思い直させてもらった2品でした♪



***** 2014 Jun. *****


ホーチミンではおなじみのパン屋さん。
韓国系だったかな?かなり大規模に展開されていると思います。
東南アジアの他の国でも見かけた気が。

菓子パンや総菜パン各種を棚に並べて、お客さんがセルフで選んで
レジに持ってく日本のアンデルセン方式。中には日本の菓子パンを
モチーフにしてる?と思しき物もあって、価格的には日本のパン屋さんと
あまり変わらないくらいなので「ベトナムだから安い!」って感じでは
ありませんが、日本人的にコスパは悪くないと思います。

且つ、カフェが併設されてるレタントン店などで提供されてる朝食メニューは
なかなかのもの。フレンチトーストとかほんとに美味しい♪

今回は、手みやげとしてホールケーキを頂きました♪
東南アジアのケーキの水準の上がり方は目を見張る物がありますが、
バラつきがあるのも確かで、特にフレッシュクリーム系には、ついつい構えて
しまうのですが。。。

th_IMG_0625.jpg

これね、美味しかった!!
ミントランさんのケーキの様な繊細さとか、最新技術を使った云々、とまでは
いいませんけど、軽くて肌理の整ったスポンジ、甘さ控えめのフレッシュクリーム、
ぷっちぷっちのハチ切れそうな張りのあるブドウ山盛り!!!

デコレーションこそシンプルですが、シンプルなケーキってガツガツ食べれていいですよね(笑)
ふんわりなスポンジと対比した、ジューシーで歯ごたえの良いブドウが
アクセントになって、わっしわっしと食べれてしまう(笑)

極上のって感じではなくても、期待以上。
ケーキでありながら爽やかとも言える風味なので、香りの良い紅茶とすごく合ってました♪
侮りまくってて、ごめんなさーい!!(^^;

店舗に寄っておいてるケーキが違うかもだし、季節やタイミングに寄っても
ラインナップが違うかもなので、必ずあるものではないかもしれませんが、
ちょっとこちらのベーカリーで売られてるケーキへの印象が変わりました♪

ホーチミン市内に何店舗もあるお店です。
中心市街には

ビンコムセンターB(古い方)の地下 72 Le Thanh Ton,Dist1
Hai Ba Trung 店 180 Hai Ba Trung St., Dist.1
Tran Hung Dao通り店 59 Trần Hưng Đạo,,Dist.1
ダイヤモンドプラザ店 Diamond Plaza, 3rd floor, 34 Le Duan St., Dist.1
レタントン店 17/14 Lê Thánh Tôn, Bến Nghé Dist.1

などが点在。もしかした現在もうちょっと増えてるかも?
テイクアウトにも便利ですし、カフェスペースはカジュアルなので気軽に
時間を過ごすにも良し。お手軽に使える「いつものパン屋さん。
お酒の入ってない、でもハーブたっぷりのソフトドリンク・モヒート
なんかも美味しかったので、お散歩中の水分補給にもどうぞ♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

丸っと台湾食べてきた♪⑥ 〜 台中、いいぞー!

さて台中です。色々会ってるんですが、
もう食べ物だけに特化してサクサク行こうサクサクと。

台中ではお友達がお食事にずっとアテンドしてくれてたので、
自分じゃなかなか行けない所にイッパイ連れてってもらえました(・∀・)
まずはこちら。

th_IMG_3923_20170214115229bf3.jpg 

裏通りにひっそりとあるお店で何屋さんかしら?と思ったら、
ベジタリアンのお店だと。そして店内に入ると、グリーンの飾りも
美しく…

th_IMG_3925_2017021411523277b.jpg 

って、コレよく見たら野菜やないかーい!(笑)
どうやらこちらは小分けにされたお野菜類を自分でピックアップして
それをスープで炊いてくれるハーフセルフなベジタリアン料理のお店。
へえっ、面白い(・∀・)

th_IMG_3926_20170214115235bc6.jpg th_IMG_3927_201702141152359a4.jpg

野菜の1つ1つに値段がついてて、カゴの中にそれらを詰めたら
スープを指定してお会計。麺もあるので、一回の食事としては充分な
量をいただける,と。

th_IMG_3928_20170214115237304.jpg th_IMG_3929_20170214115239d77.jpg

葉物だけじゃなく、豊富なキノコ類、ヤングコーン、お豆腐や大豆の
疑似肉類など、種類様々。モノにもよるけど一品20元〜30元くらいの
物が多かったかな。100円〜180円くらいかしら???
だからあれもこれもとやってると、結構な額になる。でもなんなら、
野菜一品でもいいらしいので、安く上げたければ自制心を働かせればOK(笑)

th_IMG_3931_20170214120125f90.jpg th_IMG_3933_20170214120139d29.jpg

th_IMG_3932.jpg th_IMG_3934_20170214120446049.jpg

麺も色々あって面白かった♪ 意麺(イーミェン)も好きなのですが、
今回は蒸煮麺ってのを。スープは3種類の中から選んでオーダーを。
これは無料でお代わりも出来るんですって(・∀・)

th_IMG_3935_2017021412014588b.jpg 

台湾の薬膳スープはそんなに香りもキツくなくてじみ深い物が多いです。
いや、スッゴイざっくりした言い方だけど、こういうとこでの薬膳って
そんなに恐れることが無いよと言う意味で。

二番目の四神ってのはいろんなとこで見たな。オーソドックスなスープ
みたい。三番麺のはタイ式のピリ辛スープ。私は薬膳を選択。
出来てくるまでしばし待機。

th_IMG_3936_20170214121032c61.jpg 

「取り戻そう、台湾人の人情味」
と、日本語で書いてるのが面白い(笑)
で、こちら。

th_IMG_3944_201702141210315af.jpg 

ううん、具沢山!手前の方に見えてる長丸い白いのはマコモダケ。
食感良くて惜しいんだよね♪ 野菜タップリに滋味あるスープ。
この日は予想外に寒くって、台湾なのに凍えるという理不尽な気候
だったのですが、まーっ暖ったまる!しかも身体の芯から!
コレは美味しい!

このシステム、良くないですか?プロセスはどの料理も同じなので
麺の茹で時間さえ把握しておけばオペレーションもシンプルだし
あれもこれもとやってると、客単価も結構上がる。面白いご商売(^・^)
残念ながら台中にしかないお店の様ですが、台中に来たら是非お試しあれ。

食事の後は、台湾定番、タピオカミルクティー♪
の、元祖と言われてるところに出陣!

th_IMG_3966_20170214134905f78.jpg 

発祥は台中なんですよ、とも台中のお友達が教えてくれた。
しかもこの店が元祖とのこと。(ワタクシ調べは行き届いてないので、
あくまでお友達談ってことでw)

春水堂さん、有名なんですってね。台湾のあちこちにあるそうで。
ってか日本にもあるって知らなかった(・∀・; タピオカミルクティー、
好きだけど、まぁどこもそれなりだものねーって思ってたから特に
注意を払ってなかったんだけど。。。

th_IMG_3975_20170214134329c34.jpg 

まずデカイ!(苦笑)
アイスバージョンは500mlくらいあるぞ。大ジョッキくらいw
いやーホットにしといてよかったわー、と思ってたら。。。

th_IMG_3973.jpg 

ポットで来たわ。当たり前だけどアイスと同じ値段なんだから量同じだわ。
しかもポットの中が見えない分、飲んでも飲んでも減らない感。
養老のタピオカ。
ご飯直後はかなりきつい。これをランチ代わりにしても良いくらいだ(笑)

ってか、味がっ。メチャクチャ美味しい!そもそもタピオカミルクティって
言ってもジャスミンティで作ったり、烏龍茶で作ったりってバージョンが
あるのも知らなかった。で、今回鉄観音茶のミルクティをお願いしたんだけど、
まーっ、お茶のストラクチャがしっかりしてて、ミルキーな柔らかい感じは
まったりとあるのに、お茶の風味がしっかりあってそれが分離していない。
なんなの、こんなに美味しいものだったの、タピオカミルクティ?!

th_IMG_3977_2017021413482275c.jpg th_IMG_4367_201702141343322ca.jpg

しかも温かいのって初めて飲んだ。タピオカがグダグダになるんじゃないか?
って思ったけど、冷たいのより若干柔いくらいでモチュモチュぷるりん。
おいちいっ。これが本場の味ですかっ。今まで飲んでたのは何だったの。
ほんとびっくり。

そしてこちらのお店の台湾全土にあるようで行き易いお店。
「八方雲集」。実際その後行った街でも良く見かけました。
台湾的全国チェーンのお店なのかな?

th_IMG_3987_20170214141511773.jpg 

多分ファーストフード的な位置づけのお店なのかな。注文をレジの所で
済ませたらビーパー持たされ出来上がりを待つ。自分で取りに行って、
調味料その他は自分で小皿に取りわける。そして安い!

th_IMG_3998_201702141415163d6.jpg th_IMG_3989_2017021414191150b.jpg

バーン!水餃3種に焼き餃子1種、スープ二つに豆乳1つ、
麺料理1つで千円行かなかった(・∀・;

th_IMG_3995_20170214141513e6e.jpg 

あ,麺類はお勧めしません(笑)
豚リブと大根のスープは絶品。酸ラータンはボチボチ。水餃子は3種類
どれも秀逸!!焼きも悪くなかったけど、ここに来たら水餃子1択かなー。

水餃子は1個5元。一種類につき5個からの注文。
つまりミニマム25元。100円しない!まぢか!!

まぁ大事なお客さんを連れてく様なとこじゃないとは思いますが、
実際、台湾の方の日常には密着しているお店のようで、お客さんが
ひっきりなし。冷凍水餃子も売ってるようで、まとめ買いをして行く人、
店内に1人で来てサクッと食べて行かれる人、会社帰りらしき
男の人同士で賑やかに食べてる人、色々いたなー。

th_IMG_3993_201702141415137e7.jpg th_IMG_3997_20170214141515925.jpg

水餃子、あんまり皮が厚くてモッチリしたやつはお腹に持たれて苦手
なんだけど、ここのはちょうどいい感じ。安いし気軽に入り易いし、
知ってて損はないかもですね♪

あと台中にももちろん屋台はあって、今回はこの大学の近くにある
お店をぐるりと巡ってみました。

th_IMG_3811_201702141513017e3.jpg 

さすが学生街だけあって、洋服や靴も
安可愛い物が揃ってたのでお若い人にはより楽しいかも(・∀・)
あと、食べ物屋さんの量が半端なかったです(笑)
とりあえず一巡するだけでもかなりの範囲!

th_IMG_3796_20170214151257198.jpg th_IMG_3797_20170214151258f3a.jpg

th_IMG_3803_20170214151300e3a.jpg th_IMG_3820_20170214151303e27.jpg

ベトナムの朝の早さに慣れてしまうと、10時や11時にしかお店が
開かない街と言うのは、随分とお寝坊さんに感じてしまうのだけど、
朝ご飯を売ってくれてるお店も多少はあって、こちら発見。
そう前回の台湾で見つけた黒米おにぎり!
参考:http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-4445.html

th_IMG_3878.jpg   th_IMG_3881_20170214151246ffa.jpg

th_IMG_3887.jpg th_IMG_3889_201702141512517a9.jpg

くっつき難いビニールの上に黒米か白米か選んだのを広げて、
豚肉のフロスたカリカリの油条などをタップリ乗せて、
ぎゅっぎゅっぎゅっと握ったやつ。これ美味しいねん(^・^)

th_IMG_3920_201702141512521e6.jpg th_IMG_3922_2017021415125480c.jpg

見た目無骨だけど、シッカリシッカリか見しめながら食べるおにぎり。
ホロットした中にもムチットした食感のあるお米の中にサクサク油条。
噛み締める程に馴染む豚肉の味。おいちぃ(^・^)

うーん、伝統的な物からチェーン店の味まで色々美味しい台中エリア。
なにより、大きなデパート(SOGOとか三越)がものすごく充実しているのと
(まぁ旅行者にはその辺アレかもですがw)その周辺が素敵なお散歩コースに
なっていたり、お洒落なカフェがあちこちにあったりと、街歩きが好きな
人にはメッチャ良さげ。

台北ももちろん充実してると思うんだけど、台中の方が個人的にはキュッと
お楽しみが詰まってて動き易いし過ごし易いかも。台中は直行便が飛んで
るんだっけか。今度一人旅に行くなら台中、狙い目かもと思っております♪



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ


☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★

  <優先順位> 更新!(バックナンバーでご覧頂けます) 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】

☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★


丸っと台湾食べてきた♪⑤ 〜 高雄の六合夜市

台湾は、ホントどこの都市に行っても夜市が賑やか♪
高雄ももちろん賑やかでした(^・^)
高雄の中にもいくつかあるのですが、今回は六合夜市。

th_IMG_3575_201702140128433ee.jpg 

旧正月のあとだからか、混み合って身動きが取れないと言うこともなく、
といって寂しくもなく程々で楽しみ易い感じ。こちらは「観光夜市」なんて
揶揄されてることもあり、台湾在住の方達の一部では「行くもんじゃない」
的なことが言われてたのを何例か目にしましたが、ま、行った事の無い
人間には十分楽しい(^・^)

th_IMG_3581.jpg  th_IMG_3583_20170214012846fdf.jpg

th_IMG_3584_20170214012848f71.jpg  th_IMG_3586_20170214012849dcd.jpg

あまり巨大な市場ではないので、各ブログや情報サイトに取り上げられてる
お店はすぐに見つけられました。下の串焼き屋さんもその中の1つ。
かなぁり色んな種類の串モノが♪ 既に調理はされているけど、注文すると
焼き直してくれます。

th_IMG_3587_20170214012851da2.jpg  th_IMG_3590_2017021401333608d.jpg

th_IMG_3591.jpg 

多分これより易いローカル市場も沢山あるんでしょうね。
高い、とか値段の割に。。。とかいうネガティブな発信をしてる日本語
ブログが多かったので若干の躊躇はありましたけど、旅行者には旅行者の
楽しみ方や予算ってあるし、英語情報源ではかなり楽しんだ記事が多かった
ので、まずはこちらで。

th_IMG_3587_20170214012851da2.jpg 

焼き物は少し時間がかかるようだったので、こちらの麺を席で待ちながら
串モノの焼き上がりも同時に待つ。で、麺が先に来たのですが…

th_IMG_3596.jpg 

th_IMG_3597_20170214012855ca4.jpg  th_IMG_3598_20170214012857c44.jpg

担々麺的になってましたが、麺は二種類。1つはチャンポン麺の
ようなものでもう1つは細い春雨、かなり小さめのお椀で40元。
150円くらいかな?

安いとは言いませんけど、この量が良い。食べ歩きをしたい
人間には、ワンポーションが小さいって嬉しくないです?
割高になっても、私はその方が有難いかも。別に残しても
良いのでしょうけど、なんかもたいなくて、ね(^^;

th_IMG_3602_2017021401424171a.jpg th_IMG_3603.jpg

串モノは羊とボンジリ!最初はチキンかなと思ってたんだけど、
「おしり?(・∀・)」と言われて、ああボンジリかとw
これが鶏の質が良いのか手入れが良いのか、脂が全然クドくなくて
シャクシャクしててスッゴイ美味しい!手羽先の方も食べ甲斐が
あってよかったなぁ。。。このお店の串を「まずい」という人は、
普段どんなすごい串モノを食べているんか興味ある( ・`ω・´)b

あとこれがメッチャ美味しかった!
臭豆腐!そう、あの匂いがキツいと、台湾の方でも好き嫌いがある
という、日本で言う所の納豆とかそう言う感じの位置づけの食べ物。

th_IMG_3605_2017021401424594e.jpg th_IMG_3607_20170214014247c65.jpg

ですが、これは細長いスティック状にされていて、且つ、かなりカリッと
上げられてる上に匂いが抑えられててすごく食べ易い♪ってか、ふんわり
残る臭豆腐の香りが旨味をプラスしてる感じ。横にケチャップをつけて
くれてたけど、軽く振った塩味だけでもう十分。美味しかったっ。

ところでこのソースの添え方、可愛いですよね。
ホッチキスで止められてた。効率的だし良いアイデア♪
それとも、食品入れる容器なのにホッチキスを使うとか非常識、
とか言われるのかなぁ(^^;

th_IMG_3611_20170214015206c03.jpg 

この日は食べられなかったけど大好きな蒸し落花生、客引きをしているかの
ような焼き海老、台湾お得意の各食材の煮物類。

th_IMG_3615_20170214015206f4f.jpg   th_IMG_3614_20170214015206cb1.jpg

そして見つけたのが、豚足ーヾ(@⌒▽⌒@)ノ
よしっ。次はここだ♪

th_IMG_3619_20170214015208609.jpg 

ついでにそこのお店にあった小籠包もヽ(・∀・)ノ
100元で5つ、と聞いてて、それはさすがにちょっと高いなーと思った
けど食べたかったし、ま、いっかと思ってたけど、出て来たら1ダース分
でした。うひゃ(^^;

th_IMG_3631.jpg th_IMG_3632_20170214015523604.jpg

ちなみにこちらは故宮博物館に行った時の写真です(ウソ

th_IMG_3623.jpg 

それにしても美しい。。。
少なくとも私には宝石並みに綺麗に見えるw
他にも食べたい物は沢山あったけど…予想外の数の小籠包で
お腹がいっぱいw 

th_IMG_3639_20170214015526146.jpg  th_IMG_3640_20170214015527e2b.jpg

th_IMG_3652_2017021401593411a.jpg  th_IMG_3663_20170214015936f52.jpg

th_IMG_3649_20170214015931035.jpg  th_IMG_3650.jpg

六合夜市、大きすぎず混雑し過ぎず、
頃合いですごく楽しみ易かったですよ♪




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ


☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★

  <優先順位> 更新!(バックナンバーでご覧頂けます) 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】

☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★


丸っと台湾食べてきた♪④ 〜 知本温泉編

花蓮の次は、知本温泉♪
なんだこの日本的な響きは(笑)

th_IMG_3368_20170212135141474.jpg th_IMG_3377.jpg

ここの駅が面白くってね。
ホームから階段で降りて通路通って駅舎の方に行く正規ルートの他に、
ホームの一部が電動リフトになってて、それで線路内に降りて、それ
用に作られてる通路とって駅舎の方に行くと言う特別手段がっ(笑)

th_IMG_3369_201702121353037ea.jpg th_IMG_3371.jpg

かっこいい!!
多分これも、ご高齢の方とか車いすの方とか用なんかなー。
台湾、駅構内が広いとことか、ご年配の方の為にすぐ専用カート走らせて
くれたり、エレベーターも「こういう人は是非使って下さい」って中に
「大きなお荷物持たれてる方とかも遠慮なく」とか書いててくれてて、
なんか色々親切なんよな。

th_IMG_3386_20170212135307048.jpg 

そして見て。この素晴らしく定番を押さえた感じの温泉宿を(笑)
知本は、ここで殆ど缶詰状態なので、食べ物のことはこのホテルの
ご飯だけなんですが…

そう言う環境下だからこそっ。
お宿の食事って大事だと思うんです。あの青森屋さんのように、
隔絶された、その施設内で過ごすしか方法が無いからこそ、
人一倍のおもてなしとお料理で楽しませる。そうすることで
価値が上がると思うんですよね。果たしてこちらのお宿のご飯は…?

th_IMG_3425_20170212135835add.jpg th_IMG_3427_20170212135836294.jpg

th_IMG_3428_20170212135837df6.jpg th_IMG_3429.jpg

やーっ、豪華っ。1人2千円くらいのビュッフェなんで、台湾のローカル
ご飯価格からするとかなりの高級ご飯なんですが、内容が素晴らしい!
ので、コスパは充分!鴨のスモークなんかちゃんとしてたしな。

日本の居酒屋さんとかバルで出て来る鴨のスモークには、業務用の
画一化された味の物が出てくる確率すごく多いんでガッカリすること
多いのですが、久しぶりにちゃんとしたの食べた。

あと、温泉宿と言うシッポリした雰囲気から豪奢なムードでは
ないのですが、スタッフさん達が一流と言うか、大変細やかな
お心遣いをされる方達ばかりで、ひっじょーに気分が良かったです。

th_IMG_3430.jpg th_IMG_3454.jpg

例えばこれ。ビュッフェの中の逸品でトマトのマリネなんですが、
上に粉チーズがかけられてます。それを誰かが取ると、当然、
粉チーズがかかった所が欠けて、かかってない所が顔を出す。
それを通りがかる度に気にかけていらっしゃって、少し寄せては
チーズをふり、というのをやってくれていたため、いつ取りに行っても
新品の盛りをとっているかのような感覚。

th_IMG_3432_20170212135842513.jpg 

そんなお心遣いを全品に対してやっているので、お料理がみんな
いつも綺麗な状態で盛られていると言う。しかも「やってますー!」
みたいな感は出さずに、いつの間にかさりげなく。

ビュッフェはその味や内容も重要ですが、どう、ビュッフェ台の上を
美しくキープするかと言うのもとても重要。みんなの食べ残しみたいに
なってる状態より、綺麗な盛りつけの物を頂いた方がそりゃぁ気分は
良いですものね。

面白かったのはお刺身エリア。

th_IMG_3441_201702121406006cb.jpg th_IMG_3443_20170212140602c5b.jpg

白身のお魚の刺身はあったのですが、諸々のお刺身のロスって
金額が大きいし、ロスが出なくても、管理環境や人手を考えると
ビュッフェ料理の中で見ても、結構コスパのよくないもんやと
思うんです。そこで!このホテルではカニカマや茹でイイダコを活用!

いやいやいやいや、カニカマ…って、私、最初笑ってたんです。
ホーチミンで食べる輸入もんのも安っすいやつで美味しくないし、
家でもそんなに食べる機会なかったし。

th_IMG_3453.jpg 

そしたらあなた、最近カニカマはよーできてるんですねぇ!
これが台湾製なのか日本の物を輸入してるのかは不明ですが、
日本では今「カニちゃいまっせ」という商品が大変なクオリティで
出てるとか。これがそうかはわかりませんけど、見た目それにとても
近いとの情報あり。

しかも心得ていらっしゃることには、生姜三杯酢を用意してくれている!

th_IMG_3450.jpg 

わかっとんしゃーねー!!ってことで、私このカニカマ、何本
食べたか分かりません(笑) しかもカニではないので特有の
灰汁が無く、食べ疲れることが無いんですね。カニの灰汁って、
身体が許容できる限界ってあるじゃないですか。それがない。
もう私、この先このカニカマがあればええわ、とまで思った。

因みにカニアレルギーの旦那さんがこれ食べても大丈夫でした(・∀・)
まぁ成分まで見た訳じゃなく、旦那さんは軽度なので、重度の
方には手放しではお勧めできませんけど、旦那さんと一緒にカニ(カマ)
を食べると言う貴重な体験(・∀・)w

th_IMG_3466_20170212141657cee.jpg 

あとサラダの枝豆!
以前台湾に来た時に余市で覚えた「枝豆のコマ油まぶし」。
茹でたか、もしくは解凍した冷凍枝豆に塩胡椒とコマ油をまぶすだけ、
という料理が、5〜6年来、野外ランチやディナーで大活躍しましてね。

台湾の枝豆の食べ方にはものすごく感謝していたのですが、
こちらのホテルのはスターアニス入りでした!八角ですな(^・^)
そうか、胡麻油バージョンがあんまりにも美味しいんで他を考えて
なかったけど、諸々のスパイス類を活用すると言う手もあるなぁ。

朝食より、やっぱりディナービュッフェの方が格段に味が良かった
気がしますけども、朝食も満足。

th_IMG_3467_20170212142022ec1.jpg th_IMG_3469.jpg

目玉焼きじゃなく、文字通りのフライドエッグでしたが、
ご覧の通りの黄身の様子。エロい。

しかしン十年前に初めて東南アジアのフライドエッグを知ったときは
衝撃だな。こちとら、いかにあの白身の底のガビガビしたのを作らぬ
ように焼くべきかって、四六時中考えてたのに、煮えたぎる油の中に
卵割ってそのまま放り込むんだからカルチャーショックもいいころ(笑)

しかし、それもこうして半熟で仕上げることが普通になって来たと言う
のは、中々感慨深い物が。うん、安全かどうかは置いといてねw
(置くなwww)

ところでお食事も良かったが,何と言っても湯がよろし!
大浴場もあると言う話だったのですが、そこは水着と帽子が義務で
ちょっと面倒だったのと、部屋温泉でもう十分!な気持ちよさだったので、
お部屋で何度も何度もお風呂入った(笑)

th_IMG_3407.jpg 

蛇口を捻ると温泉がジャバジャバ出てくるの。
足をそろりと入れただけで、染み入る様な温かさ。手と肌の間に感じる
までもなく、もうただ身体の一部を入れただけでじぃんわりと。

とっぷり浸かって方や顔などを撫でてみますと、とぅるっとぅる。
美人湯ですなぁ。大好きな、島根の三又温泉程はpH高くなかった
けれども、8.0とか言ってたかなぁ。いやぁもう超気持ち良い!

完全缶詰な知本ステイではありましたけど、むしろ缶詰だからこそ良い、
というような温泉エリア。素晴らしい。超気に入った。
HOYA ホテル、のんびりお湯を楽しみに行くにはおススメです♪





にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ


☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★

<イライラTrade Off> 更新!(バックナンバーでご覧頂けます) 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】

☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★


丸っと台湾食べてきた♪③ 〜 花蓮(ホアリェン)のパン?!

さて、電車でガタゴト移動して、お次は花蓮。
綺麗な名前の所ですね(^・^)

th_IMG_3096_20170211003103b12.jpg 

th_IMG_3078_20170211003054da5.jpg th_IMG_3091.jpg

th_IMG_3079_20170211003057330.jpg  th_IMG_3089_2017021100305982d.jpg

th_IMG_3092.jpg

電車にはコンビニで買った恐竜卵(ちぇり的呼び方)もとい、
茶葉蛋(チャーイェタン)と駅弁を!シンプルだけども美味しいの、
これ!鶏のタレ焼きに春雨炒め、シャキシャキとしたキャベツの炒め煮、
高菜の漬け物。。しかもお米がおいしい!良い!

さて花蓮は、台湾東海岸一の地方都市って聞こえ通り、大きな街!
海沿い近くにレンタル自転車屋さんを見つけたので借りて見ました。
午後〜夜9時までで1人250元。

th_IMG_3146_20170211010545954.jpg th_IMG_3147_20170211010547d03.jpg

th_IMG_4029_20170211011419c10.jpg

午前中からだともう少し上がるのかなー。そこはちょっと不明ですが、
この街は小回りのきく、乗り降りがすぐにできる自転車、かなり有功!
良かったら行ってみて下さいね♪

ちなみにこちらを営まれているお家のお嬢さんが日本が堪能で、
レンタルの手続きも簡単にできた(^・^) 彼女,もう少ししたら
日本留学するんですって♪LINE交換したから日本で会えることも
あるかもしれないーヾ(@⌒ー⌒@)ノ

そして街並。台北とは違って未だ巨大なビル群は少なくて、
昔ながらの街並が残っていて良い雰囲気♪ 

th_IMG_3169_20170211004442fcf.jpg 

レンタルサイクルを借りて街中を回ったのだけど、食べ物屋さんも
多いし、こんな物も見つけました。チリ専門店。

th_IMG_3171_201702110044444da.jpg 

th_IMG_3173_201702110044456e0.jpg th_IMG_3174_20170211004447e57.jpg 

あー、これ絶対美味しそう。
最近チリ好きなお友達と、旅先のチリコレクションを楽しむ
のが楽しいので、これは!と思い、もちろん購入。

チョイ食べ街も楽しかった(^・^)

th_IMG_3182.jpg  th_IMG_3184_201702110044503f5.jpg

お惣菜も美味しそうだったけど、胃袋セーブの為に小ぶりの肉まんをつまみ食い。

th_IMG_3200_20170211004451e4f.jpg  th_IMG_3201_20170211004452b91.jpg

th_IMG_3203_201702110044547c2.jpg

こ、こんなに高く蒸篭を積んでるの、初めて見た(・∀・;
チャンとてっぺんから蒸気が出てる、ってことは、蒸せてる
ってことなんだよな。。。。すげー(笑)

th_IMG_3158_201702110044371a3.jpg th_IMG_3160_20170211004439f21.jpg

定番の豆花(トゥファ)や、ベトナムのチェー的デザートを堪能。
右のは大麦を炊いたのと牛乳の組み合わせ。なんか台湾で牛乳
使った料理やデザート、良く見たなー。

あと大きな夜市がありましてね。

th_IMG_3231_201702110959290b4.jpg th_IMG_3233.jpg

th_IMG_3257_2017021109593232c.jpg th_IMG_3259_2017021109593352b.jpg
 
th_IMG_3284_20170211095936ab0.jpg th_IMG_3271_201702110959358ec.jpg

にぎやかですが、ザックリ写真を並べた所でお察しください(笑)
こちらの下調べ不足であまり大当たりな物は無かったのですが、
兎に角規模が大きいんでお散歩するだけでも楽しい。

と、ここまでは台湾旅行紀らしい内容でしたが、
そうじゃないもを書かせて下さいっ。

Frech Bakery。
なぜ、台湾の花蓮で。

th_IMG_3212_20170211101211ab4.jpg 

th_IMG_3312.jpg  th_IMG_3313.jpg

ええ、普段なら旅先でのパン屋さんはスルーです。土地の物をより沢山
食べたいので、パンは胃袋の無駄遣い( ・`ω・´)b(パンがダメと言ってる
わけじゃないので悪しからず)。ですが。。。

「ちぇりさん、このお店石臼があるよ(・∀・)」

旦那さんが気がついたのは店先左側にあった石臼デモンストレーション。
流石に全商品を自家製挽きの小麦で賄うわけにはいかないようでしたが、
限定品として、自家製挽きの小麦でパンを焼かれているのだとか。

th_IMG_3213_20170211102047058.jpg 

ほうっ。これはかなりの拘り。しかも足下には多種類の小麦粉が。
多くのパン屋さんがされてることで、粉の使い分けは珍しいことでは
無いと思いますが、それを明確に提示して分かる人には分かるように
アピールしてる。よほどの自信があると見た。

で、入ってみてすぐにそれが正解と判明。
見て。このクロワッサンのエッジ,見て。

th_IMG_3226_201702111012175e6.jpg 

これ見て買わずに居られる人なんている?!(あんた自分が変態だって
そろそろ自覚しようね)。これ、相当な手練でないと出せないエッジ。
しかも台湾、温かい国でバターの多い生地のエッジをこんなに立たせる
って、尋常なことじゃありませんよ?もちろん温度管理がなされた部屋で
作業はされてるはずですが、もうその設備に心砕いてるってのが素晴らしい。

果たして齧ると。。。実に。実に深い。
唇に感じる明確なエッジに抗い歯を立てると(サリサリサリっ)と
小気味良い音を立てて崩れ、バターの香りがジュンワリと。

素晴らしい。
私、日本で評判の高いクロワッサンってかなり食べたつもりでしたが
(飛騨高山の名店にわざわざ食べに行ったこともある)こちらのクロ
ワッサン、日本のトップクラスに楽々食い込んでると思う。

別所で作られてる冷凍モノかも?とも思ったのですが、その他のパンも
素晴らしかったの!

th_IMG_3225_20170211101215bd7.jpg 

th_IMG_3227_20170211101218d50.jpg  th_IMG_3367_2017021110122457b.jpg

ドーナツは、油っけと砂糖っけを十分に備えつつ、中の生地がフワッフワ!
ドーナツフリークの旦那さんが目をひん剥いて喜ぶレベル。
逆にあまりドーナツに惹かれない自分がその辺駆け回って喜ぶレベル(笑)

カヌレも見事。日本では一時期のブームが去ったあと、たまにしか
見かけず、しかもなんだか「カヌレを置いてる」って事実を満たす
ためだけに、おためごかした商品が多い中、キッチリした蜜蝋使い、
しっとりもっちり仕上げたカスタード生地、どれもがベスト。久しぶり
に食べたわ、美味しいカヌレ。

翌日花蓮を発つ前にも寄ったよね。あのドーナツ求めて。
でも開店直後の時間にしか寄れなくてドーナツはなし。
ちょっとガッカリしたけれど、こう言うときはこう考える。

「他のパンを買いなさい。他の悦楽を覚えるが良い」

了解したです(`・ω・´)ゞ

th_IMG_3352.jpg  th_IMG_3354.jpg

パズーの朝食的パンは卵の黄身がネットリと。マヨベースのソースが全体に
かかってるんだけど、これが実に良いバランスで水分を与えてて、全体を
ぺろりと美味しく食べられる。もちろん調理パン用に調合された生地が
素晴らしい、張りがあってフカフカで。

th_IMG_3473_2017021110122673a.jpg  th_IMG_3669_20170211101227e5a.jpg

カヌレがあのレベルだったのだから、クイニーアマンはいわずもがな。
やはりエッジがきいたデニッシュ生地にキャラメライズドされた
タップリのミックスナッツが美味しい菓子パンは「リッチ」のひとこと。
かなうなら、上等のコーヒーをお伴にしたかった。

th_IMG_3360.jpg 

きれいな絞り目がつぶれちゃったけど、このクリームパンの色気ったら
なかったわよ。ふっくりと膨らんだ両側の生地の割れ目にトロトロ
マッタリのカスタード。とても滑らかだったので、濾しも数回入れ
られてシッカリ練り上げられてる感じ。

口に入れると、フカフカのパン生地もトロけるように消えかけるの
だけど、そこにマッタリとしたクリームが合わさり、舌にまとわり
着く様な感覚。至福。こんなシンプルなタダのクリームパンなのに
我を忘れて食べ尽くすまでむしゃぶりついてしまったわ。。。

ワタクシ、今後花蓮に行く目的は、このパン屋さんになると思います。
パンを食べに花蓮へ行く。粋狂も極まれりですが、それくらいの価値が
あると思われました。予想外のこれは幸運なのか悪魔の誘いか。

花蓮がパンにたけた街ということではなく、単にこのお店のレシピと
姿勢と誇りが素晴らしいのだと思いますが、いやー旅の間中、この
パン屋のことを思い出してはため息をついておりました。

花蓮に、どれほどの方がおいでになる機会があるかわかりませんが、
起こしの際はぜひとも寄ってみて下さいね。A級のパンをお手軽価格で
頂けます( ・`ω・´)b





にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ


☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★

<イライラTrade Off> 更新!(バックナンバーでご覧頂けます) 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】

☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★


丸っと台湾食べて来た♪② 〜 台北ちょい食べ編

台北、一泊しかしてなかったんだけど、まぁレポ1回では終わらんわな…。
まず台北駅内。前述したように、とにかく日本食系のお店が多い!
ビックリする程多い!!旅行者には微妙ですが、それだけ地元の方に
親しんでもらえてると言うのは嬉しい限り。

そんな中でも、もちろんローカルご飯はあります。
駅の中ですから、ちょっと綺麗でお洒落なとこがおおいのですが、
こちらなんかはどうでしょう?

なるほど、ラースタ(ラーメンスタジアム)的ななにかの牛肉麺
(ニューローメン)バージョン。台湾では定番グルメの1つです。

th_IMG_2989_201702102300406a4.jpg

エリア全体はフードコート的なカジュアルな感じで、
各店の様子も見放題。値段もオープンにされてあるので
ひと通り見て決めるといいかも。

ところで日本のラーメン屋さんが写真に撮られるときは腕組みを
してることが多い気がしますが、台湾の牛肉麺屋さんは手先を組むのね。
勉強になった。(使い道のナイ勉強。。。)

th_IMG_2991_201702102300428c8.jpg 

th_IMG_2992_201702102300430e4.jpg th_IMG_2993_20170210230045f2d.jpg

スープは割とさっぱりめだけど、よーくお出汁が効いていて美味しい♪
プラス、麺は伸び腰のある細めのおうどんって感じかしら。トッピング
の牛肉が色んな部位の組み合わせで、特に筋が美味しかったなー♡

駅の中にもお店は沢山ありますが、駅周りにも小さなチョイ食べ店が
色々。ほんとにちょこっと食べられる焼き饅頭とか美味しかったなー。

th_IMG_2953_20170210193109b21.jpg 

ニラまんじゅうと豚肉まんじゅうを選んだんだけど。。。。
見てこれ。豚肉の方は予想した通りに美味しかったんだけど、
ニラっ。ニラがこんなにっ。

th_IMG_2954_20170210230723450.jpg th_IMG_2957_201702101914337df.jpg 

ニラまんじゅうとかニラ餃子とか今まで好きだと思ってたけど、
こんなにニラニラしたの、食べたこと無い!油はラードなのかなー。
旨味があって、ものすごくニラと絡んでてめっちゃ美味しい♪
ニラまんじゅうと言うからには、これくらいニラを使ってないと
言っちゃいけないって気がしたくらいに、ものすごいニラ。良い。

あとは前回食べ損ねた胡椒餅!
なんか人気店らしいのが宿の近くにあって並んでみた。

th_IMG_3009_20170210231457a88.jpg 

取材された記事とかもイッパイあって、日本のガイドブックにも
載ってるようだったから、結構知られたお店なのかな?並んでは
いるけど、一度に焼ける量が結構あるようで、焼き上がり時間が
来たらかなりハケます。

th_IMG_3013_20170210231459c71.jpg th_IMG_3014.jpg

手際よく記事に肉あんを包む様子や、大きな石釜で焼いている様子を
見てたらあっという間なので、ちょっと並んでるくらいだったら
諦めずにどうぞ。

th_IMG_3016_201702102315026ce.jpg th_IMG_3018_201702102315035e8.jpg

外はパン生地的な物をカリッと焼いた感じでかなりしっかり目。
中には荒めに叩いた感じの牛肉、しっかりとした味付けに胡椒。
うまし。でもかなりズッシリ。1人で1個全部食べたら、それ
だけでポンポンパンパン。なので他にも,とかその後すぐに別の
ものを、と思ってる人は要注意。同行の人が居るならシェアが◯。

そのすぐ近くにこんなお店も。

th_IMG_3003.jpg 

ルーローファーン!!ヾ(@⌒▽⌒@)ノ
豚肉の煮物のぶっかけ飯な。台湾来たらこれを食べんば。

th_IMG_3027.jpg 

持ち帰りに使用としたら「スープは?」とおばちゃん。
いや、ルーローファンを食べたいだけだから…と思ったけど、
「スープはっ」と、おばちゃん。こ、断れない(・∀・;

しかしこれが大正解。少しトロミのあるスープで、旨味がすんごいの!
すっごいゴージャス!ご覧のように30元とかそのくらいのルーローファン
って、ゴッツイお肉が載ってるわけじゃなく、煮クズみたいなのと
汁がかかったみたいなのなんですよね。

それはそれでもちろん旨いが、それを圧倒するスープの旨味。
存在感。おばちゃん、正しい。圧かけて客に買わせるだけのことはある。

いいなぁ、こんなスープをいつでも買えたら、ダイエットも
捗どろうやー。味覚のボリュームがあると、満足度も上がるから
食べ過ぎ防止になるし、なんせスープだし。いいなー。
(←ぜったい他のもんも食べるくせに)

そんなこんなで台湾滞在、一泊、終了。
うん、これ一泊分な。昨日のレポと合わせて。
かなりこれでも我慢した方。えらい。うん。



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ


☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★

  <エレキの天使 更新!(バックナンバーでご覧頂けます) 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】

☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★


丸っと台湾食べてきた♪① 〜 台北編

あんたこないだ行ってなかった?!
はい、行ってましたね。
今回は旦那さんと一緒です。2週間の台湾一周ぐるり旅♪

旦那さんにとっては2週間と言う時間が。私にとっては旦那さん
というナビゲーターが居なければ動けない範囲の旅行。ホーチミン
にて、色々立て込んでいる時期でもあったのでちょっと躊躇はた
のですが、こんな機会は滅多に無ーい!ってことで強行( ・`ω・´)b

ただ2週間のことをあまりダラダラ書いていてもホーチミン情報が
溜まっちゃいますから、サクッと行くよサクッとね!
(いっつもそんなことを言ってて有言不実行。。。)
出発のときの空港での大騒動は、メルマガのバックナンバーで。
http://www.mag2.com/m/0001678179.html

いやー、この辺のことをブログに書かなくて良くなったのはメルマガ
の利点。スペースの省略。とか書いてるところが省略になってない(-“-;

まずは台北。初日台湾のお友達に会いに行く予定があってお店は彼女
任せでした。場所は前回カキ氷をチョイ食べしたエリア付近。
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-4446.html

th_IMG_3032.jpg 

あ、なんか見知った街感。たかだか2度目なのに、ちょっと上級者
ぶりたくなる感(笑) しかしどこやここ!

th_IMG_3034_2017021018503173d.jpg 

築地にワープしてしもたんか?(´⊙ω⊙`)
あらやだ、行列人気のウナギ屋さんも。浅草かしら?

th_IMG_3033.jpg 

よくよく周りを見てみると、なんと地名が昭和町。。。
どこやねんほんとに(・∀・;

th_IMG_3035_20170210185033527.jpg 

台湾駅の中のレストラン街も、半分近くが日本食屋さんだったのではないかしら?
流石に半分は言い過ぎかもだけど、兎に角日本食が多くって、駅の外回りにも、
湯布院の蕎麦屋さんや、お寿司屋さんの看板があちこちに。。。

愛されてるんやなぁ、日本のご飯。
旅行に来た見としては「台湾ご飯が食べたいのー!」って感じでしたが、
つくづく有難いし嬉しいことです。だって外国のことを考える時、国に
よって高感度に幅はあれども、食の話となったら違いますやん?今時、
特に日本とか色んな国の要素を取り入れたご飯が日常食な訳ですし。
美味しいものって、国を繋ぐ役割も担ってると思うんですよ。

th_IMG_3037_201702101915149ba.jpg 

そんな中にある、こちらはお友達が推選してくれた台湾居酒屋さん。
こじんまりとした店内ですが、ほぼ満席ですごい賑わい!
1階はイッパイだったので2階に通されたのですが、畳や!!(´⊙ω⊙`)

th_IMG_3056_201702101850464d5.jpg 

壁にはお客さん等が残した落書きだったりサインだったりでゴッチャゴチャ(笑)
日本私が個人的に知ってる、役者さん等がよー集まる居酒屋のようだ(笑)
おもろいところやなーと余裕をかましてたら。。。

th_IMG_3046_20170210185040a2d.jpg 

シジミ、かな?日本で見る物よりちょっと大振り。汁が下に溜まって
いたので、軽くさっと煮付けた感じの物かいな、と思ったら、
なんとこれが生!!!そう、シジミの漬けなんです!!
えーーーー!!!(´⊙ω⊙`)

せやな、魚の漬けがあるんだから貝の漬けがあってもおかしくないわいね。
だけど、だけど…My 発想に一切無かったっ。しかもこれ、めちゃくちゃ
美味しい!!!食べるのに夢中で生状態の身を写真に収めていなかったのは
不覚でしたが…

こう、醤油にちょっとのみりん加えた様な甘味と、ガッツリのニンニクの
香りが良く染み、テラテラとヌメる肌をプリプリさせながらこちらを誘う
様に理性保てる人間が、そうそう居るとは思えない。むしゃぶり付くやろ、
躊躇なく。据え膳食わぬは何とやらです。

th_IMG_3044_20170210185037ae7.jpg 

あと面白かったのがこちら。
うん、見た目はよくない(笑) けどこれピータン豆腐。
水気少なめの木綿豆腐を、ざっくりカットしたピータンと合わせて、
手で揉み揉みした感じかしら。これが。。。実に良く馴染んでる!!

お洒落な奥さま料理じゃないかもしれませんけど、ごっつ旨い!
これ、白飯にかけて、更にご飯とぐしゃぐしゃにしてかきこみたい!
(どこまで行儀が悪いのか…)

ってか、今後ピータン豆腐を家で食べるときは絶対こうする!!
間違いなく旨味が違う!!

th_IMG_3053_201702101850433fa.jpg th_IMG_3054.jpg

豚の冷製、牡蠣の揚げ物等も美味しかったのですが、前出二つと、次にご紹介
する料理の名前が衝撃でした。「油飯」(笑)

th_IMG_3052.jpg 

所謂、魯肉飯(ルーローファン:煮豚ぶっかけ飯)的な味わいですが、
主に肉でなく、それを煮た汁と浮いた油の部分をかけてる感じ???(笑)
油飯、とあり、その説明に「ラードご飯」とか書いてあったから
恐る恐るの注文でしたが、やだ美味しい♡

ドンブリは、すべからくメインの食材より、それを調理した煮汁が
染みた飯がうまい、というのがワタクシの常なので(ウナギも実は
身は興味ない。うなぎの汁が染みた米が好きだ)ハイ来た、これ来た。
やばいやつ。これは小皿で出されたけど、ドンブリで来ても無問題。
小皿で出してくれるのは、食べ過ぎぬようにとの女将の配慮だと思う ( ・`ω・´)b

いやー、実はその空港の大騒ぎのせいで殆ど寝ずに行動してたんで、
この店に来る前はグッタリでした。旦那さんと地下鉄に乗ってここに
到着するまでに、なんども「おんぶする?(´・ω・`)」と聞かれる
くらいに死にかけてた。

けど一気に回復!台湾の家庭ご飯的居酒屋さん。ゴッツいい!!
屋台でもなく、高級飯屋の類いでもなく、家庭料理のええやつ
みたいなご飯居酒屋。超よろし!!!

忘れられない生シジミの漬けの味。
今も思い出してはタメイキつく程。
淫靡な記憶。もう恋しい。。。






にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ


☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★

 <エレキの天使> 更新!(バックナンバーでご覧頂けます) 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】

☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★


sidetitleプロフィールsidetitle

Author:ちぇり
FC2ブログへようこそ!

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleブログ村PVランキングsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
アップグレード 追加 作成済み/作成可能プロファイル数:0/1 キーワードをご入力ください ご指定の条件に該当するデータがありません * 他のユーザーから閲覧もしくは管理権限を与えられたプロファイル ユーザーガイダンス 解析コードの実装方法 Google Tag Manger 1.下記の解析コードをコピーして、解析を行いたい全てのページの から の間に貼付けてください。 解析コードのコピー 2.解析コードが実装されたウェブサイトを開いてください。 3.解析コードが正しく実装されたか確認してください。 チェック 閉じる
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR