スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

快適なサランラップ 

海外に来ると、身にしみます。
日本の。。。気遣いとうか、気配りというか、繊細な思いやりに。
ええ、ベトナムの方は朗らかで、最近でいうと、もしかしたら日本人より、
『察する』という事ができて、思いやりのある人たちだとは思うんですよ。
でも。。。

例えばラーメンのスープの小袋。
麺はたいてい揚げて乾燥させてますから、その麺を持った手でスープの袋を
開けようとすると、当然滑る。

しかしっ!

日本の小袋には仕掛けがあって、何十年も前であっても切り口がつけられてたし、
ここしばらくでは、「こちらがわのどこからでも開けられます」みたいなことに
なってますよねっ。少々指先が油ってても、問題なく開けられます。
すばらしい。

そんな些細な事…と思われなさったか?
生活というのは、そういう小さい事の積み重ねなんです。
ちりも積もればなんとやら。
逐一の事に(むむむ。。。)となるってのは、度重なると結構クるもんですよ。。。
例えば。。。


$☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

調味料やドリンクなどの内蓋についてるリングプル。プラスチックでできてる
このパーツなんですが、ま、指引っ掛けて引っ張り上げると、あらかじめ入れ
られてる切り目なりからが避けて開封されるわけですが。。。

$☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

こういう事になる事がよくある(ーー)
ぶちっと。リングプルのリングが切れて、プルできないという悲しい事態。
これが今回だけじゃないんです。あらゆる食品の容器で起こる。

相方さんからは、『ちぇりさんの開け方が悪いんじゃないですかぁ?』と、
反論しにくい指摘も受けたのですが、よほど気をつけていても、こうなることが
よくあります。おかげで、残されたシールドにナイフを突き立て、クリッと
手首を返してくりぬくのが上手になるなる。。。(←潰しの利かない特技)

あと辟易(うんざり、とかいうレベルじゃない)したのが、サランラップの
箱の脆弱さ!!!20m巻きくらいのサランラップだと、半分くらいで
箱がヨレヨレになってきて、ギザギザのカッター部分は本体から一部~半分
ほどはがれてしまい、切りづらい事この上ない。

というか、そもそもサランラップ自体がへのへの。
ピッと切った瞬間に、張りがないため、あっちへくっつき、こっちへくっつき。。。
目的とする容器にかけるときはもう、ひっつきもっつき。そんな状態に
持ってきて、ケースがヨレヨレ、派もヨレヨレなんだから、まー使いづらいっ。

そんなときに主婦友さんからのアドバイス。
『こういうのがあるの、知ってる?』

見るとそれは、なんと150m巻きのサランラップ。
横幅は二十数センチくらいと、よく使うサイズですが、なんせ巻きが長いので
奥行きと高さが7~8センチくらいある。。。これ、実際に見てみると、
想像するより遥かに大きく、どっしりとした質量感。細々した調味料ボトルが
並ぶキッチンにおいては、黒船の来襲くらいの脅威。

でけー。こんなもん置いてたら邪魔で仕方ないやんけっ、と、正直最初は
思いました(主婦友さん、ごめんなさい。。。)
しかし、その素晴らしい機能を披露してもらった瞬間、決意したねっ。
明日にでも自分も買いに行こうと。

で、行ってきた。

$☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

なんかしらんが、サランラップ売り場、充実してます。
こんだけ商品並べて競合させるなら、もう少しはこの強度や刃の質が上がっても
いいのにな。。。と思うのですが、それはどこのメーカーも似たり寄ったりのようで、

「こんくらいでいいよね、使い切れるまでなんとか持てば」

的なラインで収まっている様子。しかし20mでも使い切るまで持つか持たぬか
ハラハラさせられるものが、150m分ものラップを使い切るまで、どうやったら
持つというのか。。。という疑問は、こちらで解決されるわけです。

まず、箱の横麺を開けて、芯の中に仕込まれている棒上の物を取り出します。


$☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

で、その棒裏面に貼られている両面テープをはがして、箱の上麺所定辺に装着。
次に上面にある点線を便りに面をくりぬき中からラップを引っ張りだしてきて
先ほど装着した棒の上を通過させます。そして棒の端っこについてる青い
チップをスライドさせると。。。


$☆1日1笑!☆Cherish Your Life!!  時々ベトナム便り

なんと、この棒部分、スライドカッターになっている!!!
ラップは特にテンションをかける必用もなく、ふわっと棒の上に置いただけで、
そして青いチップをスルスルっと通過させるだけで、ラップが美しく切れる!!
負荷がかからないから、ラップは手前に引いてきたままの美しい平面のまま
そこにたたずみ、気をつけるべきは、それをヨレさせたりしないように持ち上げて、
目的の容器に(ふわんりっ♪)とかけるだけ。。。。これは。。。

ものっすごい快適っ(T^T)

場所は取るけど、頑丈に作られ、手首をまわしてくるっとすれば切れる
日本のラップよりも使いやすいかもしれない。
使用量が増えるから、箱を丈夫にしましょう、という発想じゃなく、
さすがにそんなに量が増えるなら、カッターにしちゃいましょう、という
発想に触れたのは初めてだったので目から鱗で驚きましたが、いや、これ便利ー。

そして知ったのです。ベトナムでの数ヶ月。楽しい事も数多く、お料理しやすい
キッチンにも恵まれて、何不自由なく暮らしてきたと思ってましたが、

ラップの扱いに、
めちゃくちゃストレスを感じてたことをっ。

ええ、お笑いください。
なんという小さな世界の小事にこだわるのか、と。
そんなことにとらわれていて、ほかのどんな事ができるのかと。

でも、真実だから仕方ない。
人間、それしかないと思うと、それでなんとかしようと思うし、足るを知る
ってのは大事だけどね。知識がないばっかりに不要なストレスを溜め込むことも
あるのだな、と。そもそも、仕方がない、とあきらめて、それが自分にとって
どんなにストレスフルなことかすら自覚できない事があるのだな、と。

大海ならぬ、長巻きのラップの存在を知って、驚きとともに、それまで
気づかなかったストレスから解放された事を喜ぶちぇり蛙。ケロケロ。
ベトナム暮らしには、至る所にこんな驚きがいっぱいです。
いくつになっても、どこに住んでても、学ぶ事がいっぱいあるのぉ。。。

ちなみに、日本でも業務用などのラップにはこの方式を使った物があるようですね。
あんまりスーパーとかで見かけないし、そもそも場所を取るから日本のキッチン
向きとはいえないので、あまり一般的じゃないと思われますが、お仕事で、
大量のお料理を提供するお仕事についておられる方が使われていると言ってました。

不便もいっぱい感じるけれど、このスライドカッター付きサランラップに関しては、
日本に帰っても使い続けたいと思える便利さですわよ。快適。うん。


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. 無題

こんばんは。
いいものを見つけられましたね。
商売柄ラップを使いますが、イラッ・・・あります。

2. >カネショウのだいちぱぱさん

お分かりいただけますかっ(泣)
日本の商品は優秀な物が多いと思いますが、
それでも扱いにくいときはありますよね。
その100倍イラちになると思って下さい…orz
でもま、打開策が得られたので良しとします。
逆に今度は、このスライドカッター無しだと
物足りなくなるんじゃないかという懸念はありますが(^^;
sidetitleプロフィールsidetitle

ちぇり

Author:ちぇり
FC2ブログへようこそ!

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleブログ村PVランキングsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
アップグレード 追加 作成済み/作成可能プロファイル数:0/1 キーワードをご入力ください ご指定の条件に該当するデータがありません * 他のユーザーから閲覧もしくは管理権限を与えられたプロファイル ユーザーガイダンス 解析コードの実装方法 Google Tag Manger 1.下記の解析コードをコピーして、解析を行いたい全てのページの から
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
の間に貼付けてください。 解析コードのコピー 2.解析コードが実装されたウェブサイトを開いてください。 3.解析コードが正しく実装されたか確認してください。 チェック 閉じる
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。