スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Non La(ノンラー)〜 アレンジド・ベトナム料理、うまし♪

***** 2015 Oct. *****

お客さんを接待するほどかしこまってないけど、ちょっと個室があって良い感じの
ベトナム料理どっか無い?と言われたら、位置関係も含めて総合的に便利だな、
と思うのがこちらのお店。なので、あまり頻繁にはかき込んでませんが、
チョイチョイ通ってます。


th_IMG_6833_20160128010053265.jpg th_IMG_6835_20160128010055fab.jpg

メニュー内容はあまり頻繁には変わりませんが、メニュー本自体のクオリティが
上がっていたりと備品関連にも割と気を使われている様子。煌びやかではない
けども、ほどほど人をお招きするに耐えうる感じのLINEを守って、相変わらず、
美味しく丁寧な対応をしてもらえます。突き出しのシットリした蓮の実も美味しい
ですしねー♪ これ、意外と突き出しでは見ないので個人的にちょっとうれしい♪


th_IMG_6836_201601280100559bf.jpg

蓮の芽かな?とシーフードのサラダは鉄板の美味しさ。器にライスクラッカーを
使ってくれてるのも、見た目に華やかで奇麗ですね♪こういう細工を難なく
さりげなくやってしまえるのがベトナム料理のすごいところ。食べ物を器に
使う、飾りとして活用すると言う部分に「ゆとり」が見られますよねー。


th_IMG_6837_20160128010057d93.jpg

ここに来たらついついメニューが同じ物を繰り返してしまいがちになるのですが、
意外と春巻きを食べてなかったので頼んでみたら、これが改めて美味しかったっ。
揚げ春巻きなんて割とブレが少ない料理のように思えてたんですが、いやいや、
やはり個性が出るもんですね。こちらの春巻きはなんのソースもたさずに美味しく
頂ける程に味わいがしっかりとあって皮も小気味良いフラジャイルさを持っており、
食べてて飽きのこない一品でした。ビールがお好きな方には持ってこいかと(^皿^)


th_IMG_6840_20160128010439b56.jpg th_IMG_6845.jpg

大体個室に一名ついてくれる方が、エビなんかは丁寧にムキムキしてくれますし、
何かを葉っぱやライスペーパーで包んで食べる際にはマキマキしてくれます。
そう言うのが面倒くさいわー!という方もご心配なく。
ってか、お姉ちゃん可愛い事が多いので食事が楽しい(*´ω`)

th_IMG_6839_201601280101033b9.jpg th_IMG_6845.jpg

BBQポークや何某かの炒飯も欠かせませんなぁ。
いやはや、安定のクオリティ。びっくりするような最先端技術を駆使してるわけじゃ
ありませんが、いつも安心して色々な料理を楽しめる抜群の安定感は、品質の変化が
激しいホーチミンでは中々貴重。且つ、ローカルすぎずかしこまり過ぎずお値段程々、
なので、お連れする人のそうを広く広く構えられるのも魅力ですな♪

美味しいってことがまずありきではありますが、
諸々、やっぱり使い勝手が良いお店だと思います♪





***** 2015 Apr. *****

暫くレポしてませんでしたが、結構チョイチョイ行ってます(笑)
店によっての振れ幅が少ない印象のベトナム料理は、店の雰囲気や価格帯で
絞り込み易くはあるのですが、招待する側の人間としては飽きがちなもの。
でもここの虜裏はオリジナリティ高いこともあるし見栄えもいいので、
客人にも喜ばれるし、自分も美味しく楽しめるので好きなんですよね(笑)

で、今回は20人程の宴会を開くので個室がある所を、というオーダーを受けて
こちらを紹介しました。で、まぁ紹介された側が下見に行きたい、と仰られる
ので、私も動向したってお話。

ただいつも5〜6人程度でしか伺った事がなく、いつも個室には通してもらって
いたのですが、20人ってなるとどーかなーという点だけが気になってたのですが。。。


th_IMG_0111_20150404223818c40.jpg

おーっ、ちょうど20人用の部屋、あったー!ヾ(@⌒▽⌒@)ノ
ご奇麗にしてるし、こりゃーいいやってんで喜んで予約。
マネージャーさんらしきベトナム人の男性の方が英語が堪能でいらっしゃるので、
その場で日時を伝えて部屋をブッキング。いやー、助かったよー♪なんてことを
言ってたら気を良くしたのか、

『なんだったらもっと大人数用のお部屋もあるんですよ♪』

と、ホクホク顔でおっしゃる。
へーっ、ちょっとどんなもんか見せてくんない?と言うと、待ってましたと
言わんばかりに連れてってくれて、明かりの付いていないお部屋に灯をいれ
見せてくれたのが。。。


th_IMG_0113.jpg


おー!!!立派なバンケットじゃな!!!
こちら、なんと80人程入るんだとか!
調度は豪華って感じじゃないけど、彫り物のある木製の雰囲気のいいやつ。
プロジェクターや音響セットもある程度揃ってそうだし、こりゃーちょっとした
会社の集まりとかにもいいんじゃないか?


定番の料理(前回下記にご紹介したもの)は割と定番的に毎回お願いするのですが、
今回よかったのは豚足のディープフライ。豚足、と言っても日本でよく食べる
ゼラチン室の部分だけのものじゃなく、結構お肉部分も付いていながら皮部分も
ついたままで調理されてるので、そこがカリッとしているのと、油の部分がメットリ
してるのと肉肉敷い部分があって、ほんっとに美味しい。


th_IMG_0125.jpg

えっと、ちょっと遠かったので写真ブレててごめんなさいwww
でもこれおススメ。特にビールとかお好きな人はドンピシャかも。
煮ても揚げても、やっぱり皮付きが美味しいなー。
日本でも豚の皮付き、売ってくれたらいいのになー。


宴会を予約する際、ちょっと大人数であまり最初をお待たせしたくなかったので、
4〜5品事前に注文しておいて、予約時間にはそれらを出してもらえるようにしておいて、
それらを食べながらその場で追加注文をしたものを待つか立ちにしてもらっても良いか、
と言う話もすんなりと受け入れてくれたし(むしろそっちの方が店も助かる、みたいな
事すら言ってた)ちょっと日本のお客さんも多かったので、別料金を払うから、
焼酎等を持ち込みさせてもらえないだろうかというお願いも快く承諾してくれて、
実に手配がし易かったです。

ちなみにこの時は料理を事前に頼んだり、人数が多かったと言うこともあってか、
焼酎1本分の持ち込みはフリーで承諾してくれたヽ(;▽;)ノ

もちろん、ビールは沢山その場で頼んだし、ワインは沢山種類を揃えていらっしゃる
から、ワインの持ち込みをするのはどうかと思いますが、お店に置いてないお酒を
どうしても持ち込みたいときは交渉してみる価値はあるかも。その時の人数や
注文料理の数、多忙度合いによって必ず承諾してもらえるとは限りませんが、
マネージャーさん、ほんっと親切で色々察して下さる方だし、私はこちらのお店で
宴会をお願いするの、結構信頼しています。

あと、ちょっというと、個室にはスタッフさんがついてくれて、料理の取り分けや
飲み物の補充等をこまめにしてくれます。ちょーっとセクシーなユニフォームを着た
お姐さん達ですが(笑)、丸っ切り健全なサービスで、愛嬌も良く、中には大変
機転の利くお嬢さん方もいて、ほんと、助かる。大人数の、(失礼ながら)特に男性
ばかりの宴と言うことになると、どなたか限られた方だけが話を中断してお給仕をする、
というのもあまりスマートじゃないじゃないですか。

いえ、男性に限った事じゃなく、女性だって宴の途中で接待をする側の人間が
せせこましく動くと言うのもスマートではない。そこでやっぱりお給仕をして
くれるお店の方が居るとスマートだし、食べ方その他も教えてもらえるし、
とてもありがたいと思うんですよ。

そしてこれまで頼んだお料理にハズレはなかったし、私的にはかなり重宝しているお店。
あまり煌びやかなお店じゃないので、豪華さを求められると物足りなさがあるかもですが、
お客様をお連れするのにほどほどのグレードで、あれこれ便宜を図ってもらえる便利な
お店。お客様をお連れする機会のある方は、一度下見に行かれておいてもいいんじゃないかなー
と思われます♪




***** 2013 Dec. *****

ネットで調べても、情報誌さんが発信してるくらいで、ブログではあまり
見かけなかったお店。お客さんを連れて行くのにベトナム料理を探してたの
だけど、ベトナム料理って、一定以上のお店になると、どこもそこそこ
美味しいんですよね。好みはあれど、鬼ハズレたことって、あんまりない。

どうしてもここに行かなきゃ食べられない!って物だったらば,狙い撃ちで
決まるのですが、例えば国外からのお客様が来て、何かしらベトナム料理を…
となった場合、価格帯やお店の雰囲気、個室の有無など、スペックが条件に
なりがちなんですよね。。。いえ、あくまで個人の意見ですが。

ただ、そこそこの旅行者ベーシックなお店には既に行ったことがある、という
方をお連れする場合、しかしながらしばらくぶりのベトナムで、というパターン
だと、似たり寄ったりなお店にお連れするのも芸が無いし、といって、
リクエストが無い限り、イタ飯やらステーキ食べに連れて行くのも風情が無い。

というわけで、こちら。

th_IMG_5699.jpg

夜なので分かりにくいですが、藁葺きな感じの素朴な外観。
お店の名前の通り、大きなノンラー(三角錐状の藁笠)モチーフが掲げられてます。
昼間の方が特徴的に見えるかな?通りかかったらすぐに分かると(^^)b

決め手は、クラシックなベトナム料理をベースにしつつ、素材を変えたり、調理法を
工夫したりしつつも、華やかさを失わないようにしている、というお店のアピール
ポイント。まさに、ベトナム料理だけどベーシックな物は経験済み、という方を
お連れするには打ってつけ♪

一階は屋内ながら半オープンスペースのようになっており、開放的な雰囲気。
二階以上に個室があるようです。この日は特に予約せずに行ったのですが、
時間が早かったからか、個室に通してもらえました♪

th_IMG_5700.jpg th_IMG_5701.jpg

一点、心配だったのは、数少ないブログ情報の中で、お姉さんの衣装が
セクシーすぎる、とあったことでしたが。。。いや、そんなでもないよ(^^;
チューブブラにベアバックのトップス、ロングスカート。
背中がガッツリ開いてるからセクシーっちゃぁセクシーかもだけど、別にヤらしい
感じじゃないし、むしろ、眼福眼福、と飯がうまくなるだけでした(*´艸`*)

お店のコンセプトを忠実に追って、メニューもノンラーもチーフ(笑)

th_IMG_5703.jpg th_IMG_5704.jpg

全て、ではないのですが、写真も豊富で、その中から指差しで選ぶだけでも、
十分な品数がありました。英語が併記されていたので、ゆっくり読んで選ぶも良し。

      th_IMG_5708.jpg
th_IMG_5707.jpg th_IMG_5706.jpg

蒸したか茹でたかしてる、柔らかい蓮の実をつまみにビール飲みながら
お料理を待ちます。フンさんという可愛らしいお嬢さんがお部屋の中に
ずーっとついててくれて、かいがいしくビールをついでくれたりなんだり、
お世話を焼いて下さる。むふ(*´艸`*)

th_IMG_5730.jpg

で、お料理。まずはパパイヤのサラダ。

th_IMG_5731.jpg

まー、華やか♪
ベースは細ギリパパイヤに香草類、エビ。それらを、添えられてるクラッカーに
乗せて、お好みでヌックマムをチョイチョイっとつけて頂くのですが。。。

th_IMG_5732.jpg th_IMG_5733.jpg

ほっほーっ。生野菜だけじゃなく、山菜の天ぷらみたいなのもミックスされてる!
この衣が、ほんっとに上手に出来てる和式の天ぷらの衣のようで、且つ、山菜の
ような強い風味こそ無かったけども、ふぉくふぉくとした茎系のお野菜が,またおいしい。

ぱりぱりとしたクラッカー、シャキシャキとしたパパイヤ、ふわっと薫る香草の類い、
少し油っ気を持たす天ぷらと、さっぱりとしたぷりぷりのエビのマリネ。
サラダ一品に、これだけの食感、風味と面白さ。これ、うまいわ。
ビールのつまみにもなります。4〜5人でちょうどいいかな?

お次は、お腹減ってたんでいきなり飯もの(笑)
Com Khang Chien 、抗戦めし、という大変勇ましい名前のお料理。
その具材はともかく、似たような形状で戦時中には兵士がご飯を持ち歩いてたのだとか。

th_IMG_5735.jpg th_IMG_5736.jpg

中身はニンニクとイワシでんぶの炒飯。
塩気がしっかりしたでんぶを使ってるんでしょうね。ご飯に沁みる塩気には、
まんべんなく旨味の層があって、そこにほんのり香ばしいニンニク。

これ、ドンブリで食べたい(--)/

次はお肉。豚の焼き物。
盛りつけがきれーやなー♪

th_IMG_5738.jpg

周りの葉っぱ、香りはそんなに強くなかったけど、紫蘇のような感じのもので、
葉脈をもデザインとするため、裏返して配置されてました。美しい。
で、その葉っぱや、添えられた別の香草類を豚と一緒に巻いて食べるのですが、
葉っぱ類がある分さっぱりですけど、豚の旨味も十分で、これはいい♪

豚料理ではあるのだけれども、クドくなく、といって物足りない感じでもない
ベストな感じ。ただ、紫蘇っぽい葉っぱの上に菱形にカットされてた白い片は
生姜だったようで、これはメチャクチャ辛かった!(^^;  辛いショウガは嫌い
じゃないけど、せっかくの豚さんのお味がわからなくなりそうだったので、
今回ははずさせてもらいましたー(笑)  

th_IMG_5716.jpg th_IMG_5743.jpg

定番の生春巻きやら、上右写真は、メニュー写真を見て最初、バインセオかな?
と思って頼んだら、米を薄く広げて焼き付けたおかきみたいなお焦げ料理だった(^^;
結果的にとても香ばしくて、付け合わせのドジョウ??みたいなののディープフライも
大変美味しく、なんだったらこれ、米料理ではあるけれど、前半で頼んでビールの
アテにしてもいいかもしれない。

好きだったのはこれ!

th_IMG_5739.jpg th_IMG_5740.jpg

海苔巻き揚げのように見えますが。。。(笑)
最初、これまたベトナム名物のOcという巻貝料理を頼んだのですが品切れで、
では、こちらはどうかと勧められたお料理でした。しかし実は巻貝にするか、
こちらにするかで迷っていたので、二つ返事で了解。

これも中身は、そのOcっていう貝なんですよね。
男性が多い席だったので、結果的にこっちのほうが面倒くさがられなくて
よかったかも(笑)

で、その貝の実に旨味を施し、葉っぱで巻いたものを揚げてあります。
これが美味しい。味わい深い。貝ですけど灰汁や生臭さは一切なくて、
旨味がぎゅーっと詰まってます。巻いた葉っぱは柔らかく、油が沁みてるん
ちゃうか?と思ったけど、さほど油っこくもなく。これ、美味しいわぁ。。。

麺ものは、ブンの炒め物。海鮮が苦手な人がいたので、オールベジタブルで
お願いしたので物足りないかと思いきや、これがまー、いいお味!!
オイスターソース系かなー。すごく味わい深くて、麺の輪郭がシッカリしており、
その食感もまた食欲をそそる。

th_IMG_5734.jpg th_IMG_5742.jpg

上写真右の揚げ豆腐の上には、レモングラスを揚げたやつかな。
それに少しスパイスが混ざってて、美味しいこちらのお醤油をつけ、ジュっと頂く。
うまいがな。あつあつで、揚げてすぐのものなんでしょうね。表面がサラッとサクッと。

デザートが果物しか無い、というのがちょっと残念でしたけど、5人中3人が
ほどほどビールもいただきまして、上記の抗戦飯を再度頼み、ハマグリのレモン
グラス蒸し(写真撮り忘れた。。。)も食べて1,500kドンしませんでした。
一人300kドン。多く見積もって1500円。 個室で、お姉ちゃんがお世話してくれて、
このルックスのおいしいお料理をこんだけ食べて、ですから、
これは安いんちゃいます?

ワンポーションが、どれも4〜5人前でしたから、例えば二人で色々頼む、
となったら、単価はもうちょっと上がるかもしれませんが、ある程度に人数で
宴会するには中々良さげ♪

サラダに天ぷら加えてるように、ちょっとひと手間かかってるぶん、男性でも
物足りなさを感じない、日本人好みの味ちゃうかなー。

そうそう、男性のマネージャーさんだか、フロアトップらしき方が、
日本語喋れてビックリだった!メニューのちょっとしたことを聞いたり、
やり取りするには十分なレベル。常駐されてるかはわかりませんが、助かった♪
おねえちゃんも、英語が通じる人だったしなー。

お姉ちゃん達の、背中飽き・ちょっとだけセクシー路線な制服が、
家族連れなどを敬遠させてる感がなきにしもあらずですが(笑) 個人的には
好きな味だったし、いいお店だったと思います♪
おごちそうさん。

ランチも100kドン前後くらいからあるようなので、
手軽に様子見に行ってみるのもいいかもですねー♪

th_IMG_5745.jpg th_IMG_5746.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村




Non La

夜総合点★★★☆☆ 3.6



関連ランキング:ベトナム料理 | レタントン通り周辺


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ちぇり

Author:ちぇり
FC2ブログへようこそ!

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleブログ村PVランキングsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
アップグレード 追加 作成済み/作成可能プロファイル数:0/1 キーワードをご入力ください ご指定の条件に該当するデータがありません * 他のユーザーから閲覧もしくは管理権限を与えられたプロファイル ユーザーガイダンス 解析コードの実装方法 Google Tag Manger 1.下記の解析コードをコピーして、解析を行いたい全てのページの から
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
の間に貼付けてください。 解析コードのコピー 2.解析コードが実装されたウェブサイトを開いてください。 3.解析コードが正しく実装されたか確認してください。 チェック 閉じる
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。