スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ACC 〜 カイロプラクティック

***** 2014 Oct. *****

プチ情報です。
情報誌等でも伝えられていましたが、こちらのカイロプラクティックのクリニックに、
日本人の先生が来られる事になった様です。こう言うとクリニックに失礼ですが、
カイロ自体、以前お話ししたように、今ひとつ信頼性や支持が上がり切れず、
興味を持たれない方も多いかと思うのですが、ホーチミンのクリニックに関しては、

「言葉が伝わらないのでちょっと…」

という障壁。
医療行為ともまた違うので保険が利かない=通訳を保険範囲内でつけるわけにも
いかず、そもそも診療費が自己負担なのに通訳まで自分で雇って…とまでは
なかなかならないのが現状だったそう。

でも、日本の先生がいらっしゃるとなれば、そこの壁は少し低くなったのでは?
と思う次第。もちろん、要点を伝えられても、私は個人的にはこう言う治療には
患者と先生との相性も大事だろうと思っているので、確実に有効だから!!
みたいな言い方はできないのですが、言葉だけがネックだった、という方には
朗報かと思われるので、お伝えでした〜♪

***** 2014 Oct. *****

さて本日は珍しく食べ物の話ではありません(笑)
カイロプラクティックってご存知ですか?
アメリカで発案、研究されて来た手技医療で、骨の位置を正したり、
体勢や一定の動きを咥える事で所所の痛みを緩和したり不調を和らげる
代替医療、または民間療法。日本では整体のそれと様子が似ている事から
混同されがちですが、個人的にはどちらも何度も受けて別物だなーと感じてます。

WHOの定義でも、補完代替医療、ということになっているので、外科や内科などの
医療とはちょっと違います。発案地のアメリカやヨーロッパでも法整備こそされては
いるし、Doctor の称号を取得する為の法整備もされているのですが、いわゆる医者、
とは違い、一定の学位が授与されているだけな上に、日本ではこの技術に関しての
国家資格が存在せず、誰でも医療類似好意として施術が行えることから、その
クオリティもまちまちで。。。

施術を受けて残念だったという方の話もいくつか聞いた事がありました。
まぁ損な人の所に患者は居着かないだろうから長くは続かんだろうって話ですが、
日本では名乗れば出来る、ということから「うさんくさい」と敬遠する方も多い様です。

ただ幸運なことに、私は日本で受けた数回の施術でとても救われた事があって、
割と好意的にこの技術を受け止めてました。で、なんとホーチミンにもあったんですね。
アメリカのドクターがいらっしゃるカイロプラクティックのクリニックが!

th_IMG_2942.jpg


ACC.
アメリカン・カイロプラクティック・クリニック。

実は知り合いで腰の具合がよろしくない方が通っていると聞いていて、
自分も腰の調子が悪くなった時と、筋トレでちょっと無理して足の付け根を
動かせない程傷めてしまったときにお世話になりました(^^;

私の場合は保険対象外でしたから全額自費。
大体1症状の初心が8000円くらいだったかな?で、フォロー診療が5000円くらい。
安くはないです。でも、2回とも私には確実に効果を発揮してくれたので、
それはもうお金には替えられないよねって話で。。。(^^;

th_IMG_3001.jpg


診療の様子は、予約時間に行くと大抵キッチリ時間通りに案内されて、個別の
診察室に通されます。待ち合いの様子も大変清潔且つ、なにより案内して下さる
担当の方が丁寧で感じが良い。感心したのは、初心→2回目の予約で伺った際、
入った瞬間、顔を見ただけで、

「Ms.○◯、おはようございます!足の具合はどうですか?」

などとこちらの名前と様子を把握していた事!
カルテを見る間すらなかっただろうに!!
しかも受付嬢な。ドクターや看護師さんじゃなく。
どんな高級ホテルのサービスだよ(笑)

且つ、人当たりよく和やかで、例えば初回は様子がわからず、飛び込みで行って
しまったのですが、いつも混雑して迷惑だろうに、損な事はおくびにも出さず、
こちらの事情を注意深く聞き、なるべく早くドクターの手配が出来るようにと
采配して下さったなー。

別の時はクリニックに到着してドアを開けたとき、受付は朝のラッシュでテンヤ
ワンヤ。みんなインカムで慌ただしく電話対応をしながら指先はパソコンを叩き、
ちょっと殺気立ってもおかしくない状態なのに、こちらの顔を見るとにっこりと
目を合わせ、口の動きだけで

「ごめんなさい!ちょっと座ってお待ちくださいね!」

のジェスチャー。これ、大事ですよねー。
忙しいのは百も承知だから、こちらも多少は待つつもりでいたけれど、
「あなたのことは把握しています、気にかけていますよ」というサインが
あるのとないのとでは、全く持って待つ間の心持ちが違う。

サービス業のプロであれば当然のマナーではあるのですが、ここはクリニック。
確かに物価に照らせば高級な施設かとは思いますが、それにしたって行き届いてる。
またそれが教育されてマニュアル的にやってるって感じじゃなく、その人の裁量で、
その方の思い遣りから自然に出て来てるって感じなのが好ましい。

内科や外科を包する別の病院(そちらもそこそこ良い施設)でも感じたのですが、
英語対応するホーチミンのクリニックは、医療や治療好意を行う場所でありながら、
サービス業である的な認識なのかなぁ。治療を受けるだけでなく、毎回実に色んな
ことを学ばしてもらっている気がします。


診療の様子は、症状を聞かれ、どのような様子でどのくらいの長さ煩っているか
などを伝えつつ診察台に寝かされて様子を診られ、特定の位置に腕や足の姿勢を
誘導された後に、それらの位置を整えるため、少しギュッギュと推されたり、
ペキパキっと骨の位置を調整されたり。特に強い痛みはありません。
ぶっちゃけ、えー?こんなことで良くなるのー?と言うくらいにあっけない(笑)

ただ、初回の腰の骨がなんかズレてる様な違和感と痛みがあった時は、このペキパキ
ってした直後から、かなり具合が良くなって驚いたのを覚えています。全く痛みが
消えるまでには数日かかったし、二回目の足の付け根を傷めた時は症状が重かった
せいで3回の通院、電気治療なども合わせたオプション施術ではありましたが、
これも一週間かからずほぼ完治だったなー。

長く慢性的に煩っている症状等はまた話が違うだろうし、例えば事故等でひどく深部を
傷めたと言う様な場合は損なに簡単には行かないと思うのですが、軽めの痛みや、
筋を違えた、等の突発的な不具合、酷い肩こりなどの外科に行く程ではないけども、
どーも調子がよろしくない等の時は、私はまずこちらに先に伺ってます(笑)

先生もすごくフランクで良いんですよね♪
冒頭に載せたパンフレットの写真に映ってる Dr.Wade が私は一番好き。
いつも陽気でお喋り好きで、朝から晩まで患者さんがひっきりなしだろうに、
常に朗らか。足の長さが違うことによる不具合を悩むお子さんたちに特製の
靴をつくったりもするようなのですが、子供達もこのドクターにかかると、
いつもケラケラ笑ってる(笑)

日本が大好きとかで、ちょっとした日本語を交えつつ、とても好意的に接して
くださるし、とにかく診察中に笑いが絶えない(笑)次の診療が楽しみに
なるんですよ、この先生に会えると思うと(笑)これ、治療に関してはかなり
大きいと思うんですよねー。パッチ・アダムスじゃありませんが、笑いって、
諸症状の回復にとても有効だって言われているし、自分もそれは賛同してるし。

ただし、最初に述べましたように、これは世界的な認識としても医療ではありません。
まぁ医療であれば完璧であるという話でもないんでしょうが(笑)、そこはある程度
受診するか否かの判断基準になると思いますのでご了承を願います。また、この手の
代替医療というのは、日本の整体師さんにもあるように「相性」というものがある気がします。
医療もそうだと言われればそうですが、私にとってこちらの施術の具合がいいから、といって、
必ずしも万人の方に有効だと言う事もいえません。

が。
ホーチミンでは外科の施術を受けようとしても予約が取りにくいだとか、適宜な
処置が受けられなかったと言う様な話もたまに聞きます。もちろん、最優先で
外科治療が必要な大きな怪我や症状には、それでも外科を受ける必要があると思いますが。。。

軽度のものや、長らく煩っていた物が病院では改善されなかった、という症状に
関しては、こう言う選択肢もあるんじゃないかな、と思ってご紹介してみました。

ネックは、先ほど言ったようにちょっと受診料がかかることと保険が利かない事が
多い事(これは個人が属する保険によりますのでご確認ください)。プラス、
英語対応しかできないんですよね。そこが壁になって敬遠される日本人も多い様ですが…

何処が痛いか、どんな風に痛いか、何をしている時にその痛みが起こったか、くらいは
Google先生で調べてメモって行けば良いですし、最低限の様子が分かれば先生の方で
把握してくれると思います。実際、そのくらいしか伝えなくても「いつもこんな姿勢で
すごしてませんか?こんなことしませんでしたか?」と、言って無い事までズバズバ
言い当てられるのが常ですので(^^;

なんだったら、身体の不調の事ですからね。場合によっては一大事。
私の体が空いてる時であれば、そして私の英語でよろしければコメント欄に
メールアドレスを添付しておきますのでご連絡ください。お伴します。

急には対応できないかもしれませんし、ホーチミンを不在にしている事も
あるので、いつもお応えできるとは限りませんが、自分が体の不調を覚えて
えらいこと不便を経験したので、そうなった時のお辛さは察するにあまりある(^^;

異国の地にあるからこそ、少しの不調もなるべく早く対処してストレスは減らしたいもの。
お元気である事が一番ですが、私も元気を過信してやらかしたクチw いつなんどき
不調に教われるかもしれませんから、そのときの為の選択肢として知っててもらって
損は無いかな、という思いでのご紹介でした。

ACC
161 Hai Ba Trung Street, District 3,

http://www.vietnamchiropractic.com/en?PHPSESSID=9537115f074aab1937d13c339b15f395
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ご挨拶

ちぇり様、
ご記事ありがとうございます。

ちぇり様の治療経験について伺いたいと思いますが、ご連絡先(メールアドレスなど)を教えていただけないでしょうか。

宜しくお願いいたします。
チャン。

ACC

チエリさん

ACCの日本人のドクターにかかったことありますか?

>akiさん

こんにちわ♪
私は数回、こちらの病院で施術を受けましたが、まだ日本人の先生がいらっしゃる
前のお話だったんですよー。日本人の先生がいらっしゃってからは幸いにも調子が良く、
まだお伺いできていません(^^;

私の知人が施術を受けたと言う話を聞きましたが、その方は介抱に向かっているようです。
私がお世話になった先生(多分アメリカの方)はいつも陽気で会話も楽しく、
身体が辛いときでも通院が楽しくなる様な先生だったので(笑)多分私は今後もその
先生がいらっしゃる限りはお願いするかと思いますが、身体が辛い時に日本語で対応
してくれると言うのはありがたいですよね。私の実体験でないのが申し訳ありませんが、
受け付けの方や看護師さんたちもとても親切な医院なので、機会があればぜひどうぞ。
もちろん、通院しなくてもよい健康な状態がなによりですが(^^)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
sidetitleプロフィールsidetitle

ちぇり

Author:ちぇり
FC2ブログへようこそ!

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleブログ村PVランキングsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
アップグレード 追加 作成済み/作成可能プロファイル数:0/1 キーワードをご入力ください ご指定の条件に該当するデータがありません * 他のユーザーから閲覧もしくは管理権限を与えられたプロファイル ユーザーガイダンス 解析コードの実装方法 Google Tag Manger 1.下記の解析コードをコピーして、解析を行いたい全てのページの から
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
の間に貼付けてください。 解析コードのコピー 2.解析コードが実装されたウェブサイトを開いてください。 3.解析コードが正しく実装されたか確認してください。 チェック 閉じる
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。