スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和旅【青森】

実は神戸〜青森の間に東京が入るのですが、そこはまぁご存知の方も多かろうし、
お店の数も多くなったので、東京情報は食べものサイトにまとめて投稿しておきます。
ということで…

青森!
生涯で二度目の土地♪
以前はキャンピングカー走らせて(←あの時はレンタカーだった!と旦那さん
から突っ込みアリ。記憶違い。。。)
青森市内と八戸に行ったんだよなー。


(大間のマグロも食べに行ったじゃん!!という突っ込みも。。。
 大間って青森だったか…←地理弱い)


タヌキ型のケーキ、懐かしくて美味しかった。
味噌カレー牛乳ラーメン、ネタで手を出したのに美味しくてハマった(笑)
市場で丼ご飯を買って、色んなお店で色んなネタを少しずつ買って
オリジナル丼作るのも楽しかったなー♪

しかし今回はその時行った場所には殆ど行かず、三沢、という所に行って来ました。
行くまでその場所知りませんでした(笑)
そこになにがあるかというと…?


th_IMG_7925.jpg


雪んこちゃんのお出迎え。あら可愛い♡
って、これじゃどこかわかんないですね(笑)
ちまたで話題の、星のリゾートさんの中の一つ、『青森屋』さんです♪
小牧温泉という、青森のみさわ市にある温泉施設をテイクオーバーして作られた施設。
星のリゾートさんが運営される施設には色んなランクがあるようですが、こちらは
割とカジュアルなタイプの様ですね♪

お国言葉でのおもてなしが遠来の客にはよろしかろうと、青森弁で、
でもコテコテにそれだと意思疎通が出来ない心配があるので(笑)
それなりにお気を使われながらのご接客。それでも言葉遣いがどうあれ、
温かみと言いますか、客を心から歓迎してくれるお気持ちは滲み出てしまうのか、
もう、長年会ってなかった親戚が迎え入れてくれるかの様な歓待ぶり♪

まずは駅から同じお迎えのバスに乗って来た沢山のお客さんをロビーに設けた
色入り端の様な席に通して、チェックインは座ったままで順番に行われます。
待っている間には。。。

         th_IMG_7930.jpg
th_IMG_7932.jpg th_IMG_7927.jpg

ウェルカムドリンク。振るまい茶ならぬ、振るまいリンゴジュース!
こっれが濃厚でとろーっとしてさえいるかのようなマロみがあって、すっごい美味しい!
青森やもんねっ。青森っちゅったらリンゴやもんね!これは嬉しい♪

お部屋も素敵でしたねー。
どうやら以前からあった施設を改装して使っているようで、建物自体はかなり
年季が入ってるなーって感じでしたが内装には気を使っていたし、なによりも
このベッド。コレが素晴らしかったっ。

th_IMG_7939.jpg


和洋室っていうんですかね。
基本的には畳敷きなんですが、お床はベッド。このベッドがですね。。。
わたくし、技術的な事はちっとも分からないんですが、なんというか、横になるとこう、
全身からの披露がジュワーっと溶け出してベッドに吸い取られて行くかの様な快適さ。
横になるだけ。それだけでものすごくリラックスできるし、いや、ベッドでリラックス
出来るって言うのはこう言う感覚なんだな、と初めて知った勢いで寝心地が良かった!

こう言っては何ですが、ここ数年はかなり良いベッドに寝かせてもらってたと思って
たんですが。。。。なんだろう、この快適さ。というかもう快感。
どんな有名メーカーの物だろうとホテル側に聞いたのですが、地域の布団屋さん、
ということで、特に世界的メーカー云々の…ってことじゃなかったようです。
ひゃーっ、これはこのベッドに寝てみると言うお試しの為だけに此方に来ても
いいかもしれない!


施設は入り口からの本館、そしてかなり広めのエリアであるなんちゃら広場、
と言う所にお土産物屋さんや、青森の象徴的なねぶたの飾り物があったりして
そこがとっても賑やかで♪


th_IMG_8002.jpg


女性客には可愛い浴衣の貸し出し等もアリ、施設の周りに何も無い分、
館内だけで存分に楽しめるように工夫されてます。


th_IMG_8001.jpg th_IMG_8004.jpg

お土産物売り場もまるで夜店の様な賑やかさで、なんかもうその広場にいるだけで
うきうきしちゃう感じですかね♪ 浴場等もそのエリアにあるので、泊まり客は
必ずそこを通るようになってるのですが、そうすることで館内のお楽しみを見逃す
こともないし、ホテル側にしても土産物屋の前をなるべく回数多く通ってくれた方が
購入機会は増えるわけだから、まさに Win x Win。よー考えられてますね。


th_IMG_8007.jpg


あと、遠路はるばる来られた方は、数泊して行かれる方も多い、というか、
ここまで来たら数泊くらいしないともったいないというレベルなのですが(笑)
かといって、いくら居心地良くても何もする事が無くては…ということからか、
オプショナルツアーも豊富に揃ってます。


th_IMG_7989.jpg th_IMG_7990.jpg
th_IMG_7991.jpg th_IMG_7992.jpg


近隣の名所を回る感じの、どれも一万は行かないくらいだったかな?
の予算のツアー。土地の人には普通の事でも遠来の方には珍しいものばかり。
といって、自分でアレコレ手配するのは大変ですから、こう言うツアーは
売り手買い手、どちらにも嬉しい企画ですね♪

とはいえ、頑張ってこちらの宿泊施設に来る事を目的にしました、と言うケースも
あるわけで。。。なかなか宿泊費以上に予算をかけるのはちと大変。。。または、
ご家族で来られてて、小さなお子様にはちょっと退屈そう、という方にはこちら。


th_IMG_7993.jpg


近隣を、馬車で回ってくれるサービス。
時間は程々短かったけど、1000円くらいで滅多に乗れないこう言う風情のある
馬車に乗って思い出作りができるんだったらいいじゃないですか♪

あとはこんなのも。
これ、めっちゃ興味そそられた(笑)

th_IMG_7994.jpg


おお!!
北海道のとある産地では、選手権まで開かれていると聞くホタテ釣り!!(笑)
今回は残念ながら時間が合わずにチャレンジできなかったのですが、
これは楽しそう♪

あと、無料のアクティビティとしてはこんなのも。。。(笑)

th_IMG_7995.jpg


津軽弁のラジオ体操(笑)
館内のスタッフさんが使われたた言葉が津軽弁そのものなのかはわかりませんが、
まーなんとも温ったかみのある抑揚で私は大好きだったんですが、先ほども
行ったように、あまりベタでは意味が通じない事もあるってことで、耳に入る
青森の言葉はほどほど調整された感じのものだったんですね。しかしコレは多分
コッテリ津軽弁。うーん、聞いてみたかった(笑)


あと、宿の楽しみであるお食事も、コレまた大変素晴らしかった!!
ビュフェ形式なのですが、入り口には人気メニューの紹介があり、なるほど、
こう言うのを事前に見ておけば数多い料理の中で見逃す事もなく、また、
事前にお目当てを作る事であっちこっちに目を向けようと言う気にもなると言うもの。
大変お上手。


th_IMG_7996.jpg


館内入り口には、大きなお鍋で名物の「せんべい汁」を炊いてくれてる
「お母さん」がいらっしゃって、まずホッコリ。そして奥は整然と、且つ
広々としたビュッフェ会場が広がるわけですが。。。


th_IMG_7948.jpg


とにかく種類が色々!!
野菜はもちろん、洋食メニューにお刺身、天ぷら、地物のお肉にお魚料理…


th_IMG_7952.jpg th_IMG_7962.jpg
th_IMG_7963.jpg th_IMG_7968.jpg


茹でホヤとか初めて食べたわっ。
生も好きだけどこれもいい!!ってか、西の人間にはホヤ自体、
食べる機会がすくないもんねぇ(^^;


お刺身なんかは、お願いしたら都度、盛りつけてくれるので、
ビュッフェとは言え美しいお膳の様子に仕上がります。こちら。


th_IMG_7960.jpg


あと、お肉をその場で焼いてくれるサービスだとか、特性のラーメンも、
注文したらその場で仕上げてくれます。それだけの人を置いてるってことですね。
料理の補充もきめ細やかだったし、大変な充実ぶり。


th_IMG_7964.jpg th_IMG_7965.jpg

デザートも数が豊富で、フルーツからアイスクリーム、ケーキ類までてんこ盛り
だったのですが、個人的にはコレが一番うれしかった。リンゴのキャラメリゼ。
しかも大量に!!(笑)


th_IMG_7980.jpg


うん、洒落たもんではないですよね。盛りつけからしてザクッとしてる(笑)
でもそこがいい。小洒落た料理はそれ専門のとこに行けばよかとです。
量と種類が求められるこう言う土地柄を売りにしたビュッフェでは、いかに
お客さんを館内にいるだけで青森を体感してもらうかが大事。それを最大限に
楽しんでもらおうと言う意図があってか、とにかく産地の食材がいっぱいあって、
それをなるべく素直に楽しんでもらおうと言うお料理が多かった様な気がします。

美味しい、というのはもちろんでしたが、とにかく楽しかったです。
特産のリンゴを使ったドレッシングやサラダも豊富だったし、ちょっとしたとこまで
地産のものを生かして、お客さんに「青森を楽しんでもらおう!」という気概が
びんびんと伝わって来た。ターゲットが大変明確。

なるほどなー、と。
ちまたで話題だった星のリゾートさん、一度泊まってみたかったのですが、
こりゃ人気でるわいねー、と、心底納得。派手な事はしてないのですが、
エンターテイメント性が半端ない!!

あとね、スタッフの方が皆さん楽しそうに嬉しそうにお仕事をしていらっしゃったのが
とてもとても印象的でした。マニュアルによる、そつのないサービスではないんですよ。
本当に、まるで旧知の仲の友達が来てくれた!と言わんばかりの心からの笑顔と歓迎。
なにを訪ねてもホッとする受け答えが帰って来るし、些細な事にもホッコリさせられる。
ああいう感動というのは、本人達が心底お仕事を誇りに思って、心底お客さんらを
歓迎してないと出て来ないものじゃなかろうか、と。


星のリゾートさんには賛否両論あるそうです。
否定派の中には、実際の所はしりませんが寂れた施設を買い取って、
都合良くご商売されてるんではなかろうか、という味方をされてる方も
いらっしゃるんだとか。

例えそうであったとして…
買い取った後に従業員をほっぽり出して、我がとこの利益だけを追求し…
と言うのではなさそうなんですよね。しかも、青森屋さんに至っては、
土地にゆかりの方の話を聞くと、以前はもう寂れてどうにもこうにもならなくなってた
温泉宿だったとのこと。お湯の質は大変よかったけれども、もしそのままだったら、
その施設自体がどうなっていたかわからない、と。

それを今や、ピーク期には予約を取るのも困難な人気店に押し上げてるわけで、
それによって雇用もきっと増えたでしょう。周辺地域も恩恵にあずかってるかも
しれません。なにより、スタッフさん達の生き生きとお仕事をされる姿が、
今に至って良かった事を物語ってるんじゃないでしょうか。

企業ですから利益を追求するのは当たり前ですが、その上で尚、こちらのお宿は
従業員もお客さんも笑顔にされているし、もっと言うと、館内で使う食材を提供
してくださってる農家の皆さん、流通関係の皆さんにまで影響を及ぼしているのですから…

まさに三方良し。
外部の人間が一度泊まったっきりで見ただけのことですから片手落ちな見方に
なってるかもしれませんが、「仕事できる人」の成果とは、こう言う物の事を
いうのかなぁ、と、ひたすら感心しきりでした。


あ、チラと言いましたが、ほんっとにこちらのお湯が良いお湯で。。。
とぅるっとぅるの美人湯でしたよ♡
元が元なんで美人度の上げ幅には限界がありましたけれども(笑)
この寝坊助のワタクシが、夜のみならず、是非とももう一度入ってみたいと、
温泉に入る為に超絶早起きまでしたほど気持ちよかったです♪


なんというか…
別にワタクシ、宿泊施設関連の仕事をしようなんて思ってませんけど、
色んな仕事に通じる、学びの多いお宿でした。
感動しっぱなしの上に、帰りのマイクロバスで送り出された時には、
お迎え時にお世話をやいてくれたロビースタッフさん達が、寒い寒い中、
大きなハタを大振りしながら、


「ありがとうございましたー!!!!
 お気をつけてー!!!!
 またお待ちしておりますー!!!
 ありがとうございましたー!!!」


と、バスが見えなくなるまでずーっとずーっと、大きな声で叫んでくれてました。
パフォーマンスではなく、そのときの客が来てくれた事を喜んでいたのが伝わるように、
それはそれは嬉しそうに。不覚にも、ちょっと涙出そうになりました(^^;


アッチコッチの媒体に、モデルケースとして取り上げられる理由は多分、
まだまだ数え切れないくらいあると思いますが、取りこぼしても尚、
感動する場面が多々ある素敵なお宿。きっと、他の星のリゾートグループのお宿も
趣こそ違えど、素敵な所なんじゃないかなーという期待を持ってしまいますね。
旅先の宿に宿泊した、と言う以上の物を、たくさんもらえた、大変素敵なお宿でした♪

青森、あまり広範囲には巡ってませんが、前回に続きよい思い出になりました♪
よって、自分の中の青森LOVE度、更にアップ♡
また絶対、遊びに行こうっと♪




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ちぇり

Author:ちぇり
FC2ブログへようこそ!

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleブログ村PVランキングsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
アップグレード 追加 作成済み/作成可能プロファイル数:0/1 キーワードをご入力ください ご指定の条件に該当するデータがありません * 他のユーザーから閲覧もしくは管理権限を与えられたプロファイル ユーザーガイダンス 解析コードの実装方法 Google Tag Manger 1.下記の解析コードをコピーして、解析を行いたい全てのページの から
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
の間に貼付けてください。 解析コードのコピー 2.解析コードが実装されたウェブサイトを開いてください。 3.解析コードが正しく実装されたか確認してください。 チェック 閉じる
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。