スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Opera 〜 PARK HAYATT SAIGON のシャンパンブランチ!

さあさあ!!以前から行ってみたかったPARK HAYATT SAIGONの
シャンパンブランチ。先月リニューアルオープンしたと言うので早速(*´艸`*)

th_IMG_4557.jpg

以前から素敵なエントランスだったけど、更に明るくなった感じ。
ドアマンも、予約を受け付けてくれたレストランの女性も以前と変わらず親切で、
良いクラスのホテルなのに、肩肘張らなくて良い感じがいいよね、このホテル。

th_IMG_4533.jpg

で、予約に行った日(電話でも可能)にドリンクのリストを貰ったのですが。。。
わーお!シャンパンがボランジェだ!!(((o(*゚▽゚*)o)))
あの、ジェームズ・ボンド御用達のっ(それ言うなら女王陛下のっていいなさいよw)
ネームバリューはバッチリな逸品。シャンパンの中でも安定感が抜群で
信頼を置く泡ファンも多いと言われてますよね。

インターコンチはヴーヴでソフィテルはテタンジェ。ハイアット、以前はモエ
だったと記憶してたんだけど、ボランジェだなんて!さすがのハイアット。
ホーチミンの他のシャンパンブランチで、これ出してるとこあるのかなー。

th_IMG_4558.jpg

ってことで、席について早々注いでもらって早速乾杯。
少こーし樽香が奥に控えている爽やかだけど大人な味わい。
おいしいーねっ。


th_IMG_4566.jpg th_IMG_4575_20150803144103a6a.jpg


さて、PARK HAYATT さんには朝食ビュッフェと、土曜日の午後限定のアフタヌーンティーに
来たことがあります。つまり、今回がこのホテルの3つ目のビュッフェ体験。こんなに
ビュッフェを楽しみに来てるホテルは他に無いかも(笑)

また過去2回のどちらもとても素敵で美味しく、申し分が無かったんですよね。
アフタヌーンティーは競合が少ないからあれですが、朝食に関してはいくつか体験
したところ、ここ、ハイアットさんが一番じゃないかと思ってるくらいにお気に入り。
なので否が応でもシャンパンブランチへの期待が高まります♪

          th_IMG_4570_20150803145204111.jpg
th_IMG_4562.jpg th_IMG_4560.jpg


ホットスタッフからビーフやラムの塊のロースト(その場でスライスしてくれます)、
フィンガーフードまで色とりどりに美しく並べられてます♪
コールドカッツは朝食の中でもずば抜けて美味しかったのですが、今回も品揃えが
とても素敵♪ 

th_IMG_4561.jpg


生ハムやサラミに関しては、オープンキッチン内でこまめにスライス
してはお皿に補充してました。しかもなるべく人目につかないようにさりげなく。
この心遣いと細やかさが素晴らしいのよね、ここ。

そうそう、結果的にあまり今回は食べられなかったんだけど、パンもおいしいんだよねー。
チーズに添えられてたドライフルーツもセミドライタイプでとても上質なものばかり。

           th_IMG_4571_20150803145603580.jpg
th_IMG_4572_20150803145604aa5.jpg th_IMG_4574_20150803145605b89.jpg


ハチミツ漬けにしたフルーツをブリーに添えたら、もうウットリ。。。
チーズにハニーにフルーツとシャンパン。なんのご褒美。。。


th_IMG_4593_20150803145834c61.jpg


ああ、それよりなにより、こちら、シーフードも素晴らしいのっ。
種類や盛り方はシンプルで、目を見張る様な華やかさと言うのはないのだけど、
質にとびっきりの拘りを見せてる感じ。


th_IMG_4563.jpg th_IMG_4564.jpg

カニはちょっと面倒そうだったから食べなかったけど(笑)、エビは芯をほんの少し
残した感じのジューシーな火入れ。ハマグリは小さめだったけど、プックリする所で
熱を止めて蒸し上げられてて味がとても濃厚。

th_IMG_4582_20150803150242bda.jpg

そしてなにより…今回一番印象深かったのは、この食材。
牡蠣!!

th_IMG_4583_201508031502443f7.jpg th_IMG_4599.jpg

私、日本なら北は北海道から三陸、岡山、広島、熊本と色んな所の牡蠣を食べて来たし、
毎年、牡蠣を山ほど食べに行ってたし、他にもフランスやオーストラリアなど、色んな
国の牡蠣も頂いて来たけど。。。

こんっなにミルキーな牡蠣は生まれて初めてっ(´⊙ω⊙`)
というか、ミルキーってのは、こう言う牡蠣に対して使う表現で、
今までの牡蠣には使っちゃいけなかったんだなーって思ったくらいっ。

日本の牡蠣は、もちろん好きです。
食べてきた中のものにはコクがあり、これはミルキーと言う表現をしてよいもの
だろうなって思ったものも沢山あったのですが、今にして思うとどちらかというと
清廉さや爽やかな旨味のものが多かったなーと。

対してこちらの牡蠣は。。。もうまるでフグの白子っ。
舌に乗せると、まるで滑らかなベシャメルを口に含んだ彼の様なまったりとした
重みとまろみ。雑味やアクは殆ど感じなくて、ただトロォリとポッテリと舌に
まとわりつく濃厚さ。なんだこれっ。最初(今食べたの、牡蠣だったよな…??)
って不思議な気持ちになってしまった(^^;

どっちがどう、というよりは、別物って言った方が良いくらいの違い。
こちらが動物性の濃厚な生クリームだとしたら、今までのは低脂肪乳くらいに
広い開きを感じた。。。その濃厚でまーったりとした牡蠣でお口の中がコテコテに
なったところに、爽やかなシャンパン。ああ…胃袋カートリッジがあるなら永遠に
繰り返していたいこの快楽。。。

とにかくすばらしかった、こちらの牡蠣っ。
聞くと、カナダ産のものだそうです。初めて頂いた♪
まぁ、カナダも広いし種類も色々あるだろうからもの凄くザックリした手がかりだし
毎度カナダ産のものを出しているかも、時期によっても質が変わると思うので、
確実にこれに巡り会えるとは限りませんが。。。

ホーチミンのみならず、これまでの自分の牡蠣歴通して考えてみても間違いなく
最上級。いんやーっ、おいしかった♡


th_IMG_4584_201508031502459e0.jpg

シーフードは、他にもサラダとして調味されてるものもあって、ホタテの貝柱は小粒
ながら、とてもふっくら仕上げられて、サラダコーナーにさりげなく置かれてたけど
うっかり見逃す所だった。そんなさりげない置き方されてる中にこんな美味しい料理が
潜められてるだなんて侮れない。。。

あとちょっと添えてるビーツのサラダね。ミックスされてるのが白い干しぶどうを
ふっくらと戻したもの。洒落てるわーっ。ビーツも程良い堅さでサラッとした
ドレッシングであえてあって、実にシャンパンに良く合うのです♪

そういえば見ただけで素晴らしいだろうなと感じられた生ハムは肌理が細かく
ベルベットの様な舌触りで、塩気は抑えめ。旨味は全開。添えられたメロンと
合わせて頂くと、まーっ至福っ。

th_IMG_4588.jpg


お肉のプレートもとても充実。
ローストビーフはテーブル中の賞賛を浴びてた。私もとても気に入ったけど、
ラムレッグのローストも捨て難い!!!


th_IMG_4585_20150803150246916.jpg

大きな塊のローストをその場でスライスしてくれるので、厚みなどにお好みがあれば
リクエストすると良いと思います♪

そういえばこちらはソフィテルほてるのように、オーダー制のメニューもあります。
ソフィテルはメインメニューがオーダー制でしたが、こちらはパスタ類がオーダー制。

th_IMG_4605.jpg


全部で5種類。
とりあえず、どのくらいの大きさで出て来るかわからなかったので、
カボチャのリゾットとアサリとルッコラのフェトチーネを注文。


th_IMG_4594_20150803150326fe5.jpg th_IMG_4595_20150803150328042.jpg

あらっ、小ぶりのお皿で、4人で少しずつ味見するにはちょうど良い感じ♪
これは他の3種類も頼んでみねば(*´艸`*)

そしてカボチャのリゾットは芯を残したちゃんとしたアルデンテなリゾット。
濃厚過ぎないかポチャがほんのり甘味を添える中、程よいブイヨンと塩気が美味しい。
そしてフェトチーネ!!生麺なんだけどプリップリの弾力があってソースも良く絡み
とても美味しい!!

私、実は生パスタあんまり好きじゃないし、ホーチミンでは乾麺で作ってる所で
すら、あまりパスタがおいしいと思えたことが無かったのですが、ここのは美味しい!
ホーチミンにしては、ではなく、純粋に美味しい!!これは嬉しい♪


          th_IMG_4600_20150803153319530.jpg
th_IMG_4603_20150803152818bba.jpg th_IMG_4604_2015080315282099b.jpg



スパゲティーニもチーズを包み込んだラビオリもキノコのリガトーニも、どれも秀逸!
ホーチミンでこんな美味しいパスタが食べられるなんて!こちら、ビュッフェ以外にも
単品を食べられるレストランだったりするのかなぁ。ここのパスタならわざわざ
食べに来たい♪



土曜の午後にだけ開催されてるハイティで、こちらのホテルのパティシエさんの腕が
確かなことは知っていたけど、ビュッフェのデザートも間違い無しっ。
レアチーズケーキもティラミスも、ギリギリの所を攻め込みながら絶妙なバランスを
取ってる、実に見事な味わいで、甘過ぎないからこれをつまみにシャンパンを頂くのも
また美味しかったり。


th_IMG_4608_20150803163239f39.jpg



フランボワーズを使ったミルフィーユは、サクサクの生地にバターがそれなりに
使われてると思われるのに爽やかな美味しさがあるし、アイスクリームは
どのフレーバーも素材の味がとてもヴィヴィッドで、例えばイチゴはとても
フレッシュな風味だし、ヘーゼルナッツはこの上なく濃厚だけど後口サッパリ。
すばらしい。


          th_IMG_4579_20150803152948654.jpg
th_IMG_4578_20150803152946484.jpg th_IMG_4580_201508031528171ea.jpg

バインフランは濃厚な生クリームとバニラビーンズを豊富につかったリッチ仕様、
パンナコッタはこの上なく滑らかで、どれもが上品な甘さで次々食べられてしまう♪


全体的に。。。
品数はインターコンチネンタルの方があって煌びやかさもそっちにあるけど、
少数精鋭。いや、決して少数じゃないんだけど、ほぼチョイチョイ全部食べて
どれとしてハズレがない。ハズレじゃない、どころか、どれもがとても突き詰め
られてて、そもそも素材からの厳選ッぷりがハンパなく、それを生かした
イタリアンの生き生きした様子がどの料理にも感じられた♪

デザートのマカロンがイタリアンレシピだったように、スイーツまで徹底して
イタリアンで通されていて、例えばオーダー制のメイン料理の追求っぷりだったら
SOFITELのフレンチのオーダービュッフェが群を抜いてたけど、目の前にある
料理の平均点の高さと「イタリアン」というジャンルを隅から隅まで楽しみたいなら、
迷わずハイアット。


こちら、シャンパンブランチの私が知る中ではホーチミン1、高い価格設定の
1,800kドン++。結局2,000kドンちょいになりましたが。。。
そしてその単価は安い、とは言えませんが。。。

内容を考えたら実に価値ある2,000kドン。
飲めない人にはお高いかもですが、椀子そばのようにシャンパン横から注がれても
ひるまない私たちの様なウワバ…あ、いえ、お酒好きなら、シャンパンだけでも
元取れる。プラス、あの素晴らしいお料理達。アジアの別歳で行くとこに行けば、
この倍の価格はしようかという内容ですから、ものっすごい穴場。

もちろん、そんなにチョイチョイ行けるものではありませんが(笑)
リピートしたいビュッフェの一つ。

そうそう、他のブランチでは時々あるのですが、有料のスティルウォーター。
ここでもそうかなーなんて思いながら頼んだら、なんとこれも料金に含まれてた!!

th_IMG_4612_20150803164857acb.jpg


まぁベトナムだったら有料だったとしても千円は取られないと思いますが、
なんだかんだで三時間、しかもその間ずーっと酒を飲み続けているわけですから、
お水もほしくなるわけです。結局私たちは今回3本分以上いただいたし、食後の
コーヒーや紅茶も当然含まれてる。

ナーンてことを考えてたら、単価としては他に比べると高いけど、実質そこまで
性あるものでもないのかなーと。あと、スタッフさん達がみなさん素晴らしく
良く気がついてて親切でしたね。この水のボトルのラベルを見ようと手に取ったら、
自分達で注ごうとしているのかと思ったのか、猛ダッシュで駆け寄って来て、

「お客様に注がせんなんてとんでもない!!」

と言わんばかりに対応してくれたり(^^;
どこまで細かく気を配っていてくれるのか。。。

食事やお酒は15時までだったのですが、最後に注いでもらったシャンパンを
その後もゆっくり飲みながら、結局16時半くらいまで居座ってしまったけど
特に追い出されることもなく、のんびり。ああ、なんて優雅。

知る中で一番高くはあったけど、充実度もハンパなかったし、期待以上の
クオリティ。お客さんもせかせかしたり料理に押し寄せる様なことも無いし、
とても居心地の良い空間。同レベルの他地域のホテルに比べればずーっと
お安く頂けるわけだし。。。

ほんと、ホーチミンって、ビュッフェを楽しむのにめちゃくちゃ「今」が
いいですよねっ。このタイミングでホーチミンにいられてラッキーやわぁ。。。
ここね、欧米の年配の方とかも結構折られて楽しまれてたので、ちょっとした
客人をお連れしても喜んでもらえるんじゃないかと思いますよ♪
きちんとしたお料理でもてなすのももちろん素敵ですが、こういうクラスの
ビュッフェになったら、ビュッフェといえどもおもてなしになると思う♪

シャンパンブランチでどこにいくか迷ったら、ぜひとも候補に入れてほしい
レストランの一つです♪



Park Hayatt Saigon
2 Lam Son Square, District 1




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ちぇり

Author:ちぇり
FC2ブログへようこそ!

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleブログ村PVランキングsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
アップグレード 追加 作成済み/作成可能プロファイル数:0/1 キーワードをご入力ください ご指定の条件に該当するデータがありません * 他のユーザーから閲覧もしくは管理権限を与えられたプロファイル ユーザーガイダンス 解析コードの実装方法 Google Tag Manger 1.下記の解析コードをコピーして、解析を行いたい全てのページの から
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
の間に貼付けてください。 解析コードのコピー 2.解析コードが実装されたウェブサイトを開いてください。 3.解析コードが正しく実装されたか確認してください。 チェック 閉じる
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。