Che Nam Bo 〜 色んなチェーが一同に!


***** 2015 Nov. *****

ちょっと前の事になるんですが、ちょっとメニューが新しくなってました。
物理的にメニューのラミネート加工されたものが新しくなってたって意味で(笑)
内容はそんなに変わってなかった気がしますが、ちょっとだけ入れ替わりが
あったのかな?


th_IMG_7607_201511211428027aa.jpg

th_IMG_7608.jpg


相変わらずの日本語も健在。これ助かりますよね。
まぁ、日本語で書かれてても分からない事あるんですが。
なんですか、パンの実って。


th_IMG_7609_20151121142805898.jpg

今度食べてみないと行けませんね。
食べてそれが何かわかるのか、と言われたらちょっと不安なんですが、
まぁどんな物かの解説くらいはできるかと(^^;

あと、ザボンのチェーって多べった殊なかったのですが、こんなんだっけ。
何かすんごいネットリめっとりしてるんです。
日本で言う所の葛湯を冷たくして頂いているような。


th_IMG_7611_201511211428074ca.jpg th_IMG_7610_201511211428063cd.jpg

うん、オーダーミスで来たんですけど(笑)、まぁこれも経験経験。
たくさん頼む時は違うものがよく交じって来たりするので、どーーーしても
それがイヤだ、頼んだ物がいい!と言うことがあれば、しっかりお伝え
してください(笑)。悪びれもしませんが、イヤな顔もされません( ・`ω・´)b

ただ、まぁ自分チョイスじゃない物が意外としっくりきたりする、という
こともあるので、「これもご縁♪」と思われるなら、今回のように試して
見るのも悪くないかも♪ 在住者のみなさんにも旅行者さんにも人気のお店。
せっかくだからストレスのないように、長く付合って行けるチョイスをしながら
お楽しみくださいませーヾ(@⌒▽⌒@)ノ



***** 2015 Sep. *****


わたし、ビックリしました。
このお店、来越当初から数え切れないくらい行ってるのに、
まだ記事にしていなかった(´Д` )


ブログを始める前から何度も何度も行き過ぎてて、すっかり書いた気に
なってたんですねー。。。在住者の皆さんにも当然お馴染みのお店かと
思われますので、ほんっと今更なんですが、日本からご旅行で来る方にも
是非ご覧いただきたく(意外と日本からのアクセスが多い。ありがとうございます。)
ここで敢えてのご紹介。ほんっと今さらだなー(^^;

お店はその昔、私がベトナムに来た当初は、今あるお店のすぐ近くのヘムの
奥の奥にあったのですが、お商売が成功したのか、今では表の大通り沿いに
移転されて、より見つけ易い場所になりました♪

1階席もありますが、私は2階席がお気に入り。
3階もあるようですが、そこまでは自分もキツいしお店の人も大変なので、
余程混んでいる時以外は2階にて(笑)


th_IMG_5516.jpg

オープンスペースですが、一応扇風機はあります。
が、酷暑の頃にはちょっと辛いかな(^^;
涼し目の時期、涼し目の時間に行くのがオススメ。
上の階の床下が天井になっているから、直射日光をうけることはないのだけど。

チェーというのはベトナムのおやつ。
ローカルの人にはよく、「ベトナムのぜんざいです♪」と紹介されます(笑)
確かに、色んな食材を甘く炊いた、おぜんざいのような作り方。
ただし。。。


th_IMG_5519.jpg

th_IMG_5520.jpg


その材料が日本ではちょっと考えられないものばかり♪
蓮の実はそもそも日本では殆ど見かけませんが、レンコンや銀杏、クワイなんかも
甘く炊いてチェーにしてる。ただし!日本のおぜんざいほど濃厚でも甘くもなく、
サラッとしたほの甘いシロップで炊いてあるもの。だから暑いときでも食べ易いんですね♪

同時に、温かくして頂くタイプのチェーもあり、本当バリエーションがとっても豊富。
レストランでもデザートとしてチェーは良く見かけるけれども、2〜4種類くらいかなー。
一つのお店に用意されてるのは。なので、こんなにたくさんのチェーを一同に集めて、
且つ、ビニールやカップに入れる持ち帰りタイプでなく、お店でのんびり頂ける所、
というのは、1区ではあまり他に知りません。多分あるのだとは思うのですが、
私は未だに行き当たらず。。。(どなたか情報をお持ちの方がいらっしゃったら教えてください♪)

屋台は時々見かけるんですけどね。
お客さんを連れた食べ歩きの際に、炎天下、そこらにしゃがんで頂くというのも
中々ハード。でもこちらのお店ならエアコンこそ無い物の日陰はあるし、
冷たいお茶は無料でタップリ提供してくれるし、色々とても頃合いなのです♪


色々あるから色々頼めば良さそうな物なんですが、どーしても外せないチェーが
あって、中々新規開拓ができないでいるのが悩みと言えば悩み。私的に定番なのは…


th_IMG_5788.jpg


ココナツ入りのバインフラン(プリン)とココナツゼリー。
プリンは濃厚タイプではなく、多分ココナツジュースも合わせて作ってるのかなー。
アッサリとしたまろやかタイプで、一見量が多そうに見えますが、問題なく
ペロッと食べれてしまいます( ̄▽ ̄)

ココナツゼリーは上部にミルクを重ねた真っ白の部分がありますが、その下は
ココナツジュースをゼリー状にしたアッサリタイプ。
その自然な透明感、自然な甘さが心地良く、成分的にも疲れて乾いた身体に
すぅっと溶けてしみ込むよう。


th_IMG_5790.jpg


蓮の実もやっぱり美味しいですねー。
ベトナムの象徴的な食べ物でもありますし、特に客人をお連れしている時には、
食べ見てほしくてついつい頼んでしまう一品。もちろん美味しいからってのが
一番の理由なんですけどね♪

th_IMG_5789.jpg th_IMG_5791_20150905002200b2f.jpg


温かいチェーでは、バナナとタピオカのココナツミルクかけ、ってのが大好物♪
南国の食材に南国のココナツミルクを合わせた、温かいけど南国感満載の一品。
熱が加わって甘酸っぱくなった、ちょっと固めのバナナにコックリ甘いココナツミルク。
ホクホクしたお芋さんにタピオカパール、そしてクニュクニュとした葛切りのような
透明の食材。トロピカル、って言葉を聞くとカラフルでヒンヤリしたデザートや
カクテルを思い浮かべがちですが、温かいトロピカルもあるんだなーと(*´艸`*)


こちらのお店、ランチには子豚を丸焼きにしてカットした定食的な物があったり
夜には意外とベトナムステーキを目当てに来られるお客さんも多い様子。
夜の店先にはステーキの写真を掲げた看板が煌煌と照らされ、実際私が夜に
行ったときも周りでこのステーキを食べてるご家族がたくさんいました。
朝食べるもんだと聞いてた気がしたんだけど、夜にも結構食べるのねー。


th_IMG_5514.jpg

th_IMG_5521.jpg


その他、生春巻きやら揚げ春巻き、お米メニューやちょい食べおかずなどが
結構な数揃っていて、特にランチタイムは周辺のオフィスで働く方達が殺到してます(^^;
なのでちょっと早めにいくか、ランチタイムを超えた頃に行くのがいいかも。
ま、ランチタイム後は終了してるランチメニューもあるかもだから、ランチが
食べたかったら早めに行く事をお勧めします。

店名を見て、チェーだけの専門店かと思ったら、意外とお食事用途に使う方も
多いらしいと知って、なるほど。一杯100円前後のチェーだけで、なんで大通りに
進出して来れたのかが不思議だったのだけど、納得しました。もちろん、
大量に仕込んだチェーをどこかにおろす、とか、何かしらのビジネスを店先
意外にもお持ちなのかもしれませんが…(笑)


1区にありながらチェーも食事もリーズナブルで、気軽にベトナムの食文化を
楽しませてくれる貴重なお店。料理物は帰国中に自分で作る事も出来るのですが、
チェーばっかりは手間だったり手に入らない食材もあるので、私が一番恋しく
なってしまうベトナムの食べ物なんですよねー。最初はその控えめな甘さに
物足りなさを感じていたけど、今ではもう日本のおぜんざいが重たく感じて
しまうように…(^^;

愛すべきベトナム食文化の一つだと思います。
未体験の方はぜひどうぞ。
行った事がある人も、お嫌いでなかったらベトナムにおられる間にぜひ再び♪
今度はお食事メニュー、食べてみようかなー♪


Che Nam Bo
16/1A Đinh Tiên Hoàng, P Q1




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
sidetitleプロフィールsidetitle

ちぇり

Author:ちぇり
FC2ブログへようこそ!

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleブログ村PVランキングsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
アップグレード 追加 作成済み/作成可能プロファイル数:0/1 キーワードをご入力ください ご指定の条件に該当するデータがありません * 他のユーザーから閲覧もしくは管理権限を与えられたプロファイル ユーザーガイダンス 解析コードの実装方法 Google Tag Manger 1.下記の解析コードをコピーして、解析を行いたい全てのページの から の間に貼付けてください。 解析コードのコピー 2.解析コードが実装されたウェブサイトを開いてください。 3.解析コードが正しく実装されたか確認してください。 チェック 閉じる
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR