スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おおぶりのお豆さん

時々見かけるサヤから取り出された大きなお豆。
日本では(地域によると思いますが)乾燥させたものは見かけるけれども、
大きなお豆さんって、生ではあんまりみかけないような。せいぜい春先から
出て来る空豆さんとか、そのくらいかなー。

なのでベトナムで良く見かけるのを気になってはいたのですが、なんだんだで
最初頃はあまり調理してませんでした。が、最近ではすっかり常食になり、
普通の事になっていたので特に書こうともしてなかったのですが、使い方が
わからない、という方がいらっしゃったので、一応のご紹介。
今回のはこんなお豆。名称不詳(^^;

th_IMG_7463.jpg

花豆さんみたいなもんかなー、と生を齧ってみるとあまり癖が無かったので、
これは単純に塩茹でにしてみました。茹でると表面の模様の色が少し落ちるのか、
ちょっとお湯が濁ったかな。最初汚れかと思って「え?洗ったよね?!」
と、自分の行動を疑ってしまいました(苦笑)

th_IMG_7465.jpg th_IMG_7467.jpg

食べてみて味が足らなかったら茹で上げて蒸気で少し水分が飛び、
でもまだ熱いうちにパラリとお塩をかけて回しておいてもいいかもです。
皮は結構柔らかくて食べられますが、口に障るのが苦手、という方は剥いて
食べ手もよろしいかと。どっか一カ所ピリっと破けばつるりと剥けます。


th_IMG_7470.jpg


中には少し透け感すらあるような乳白色の奇麗なお豆!!!
美味しい枝豆があまり手に入らなくて残念な限りだったのですが、
こういうお豆さんの塩茹で、美味しいですよっ。ビールのお供にもいいし、
茹でた物を更に炒め物に加えたらボリューム感も出ますしね。

あと、素揚げ、なんてのも美味しいかも。
その際は皮が硬くなるだろうけど、湯でよりもホクホク感が増しそうだし、
これまたビールのおつまみによろしいでしょうなー(*´艸`*)(そればっかりやなw

茹で時間や火入れ時間はほんの数分と言った所でしょうか。
調理時間も短くて済むしお手軽ですよね。
甘く煮たら、お茶請けにもなりそうな大振りの生豆。
サヤから出す所までやってくれてる物もたくさんあるので、
是非是非活用してみてくださいませ♪


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ちぇり

Author:ちぇり
FC2ブログへようこそ!

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleブログ村PVランキングsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
アップグレード 追加 作成済み/作成可能プロファイル数:0/1 キーワードをご入力ください ご指定の条件に該当するデータがありません * 他のユーザーから閲覧もしくは管理権限を与えられたプロファイル ユーザーガイダンス 解析コードの実装方法 Google Tag Manger 1.下記の解析コードをコピーして、解析を行いたい全てのページの から
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
の間に貼付けてください。 解析コードのコピー 2.解析コードが実装されたウェブサイトを開いてください。 3.解析コードが正しく実装されたか確認してください。 チェック 閉じる
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。