スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Com Nieu Saigon 〜 食材が面白い!空飛ぶお焦げの人気店♪

***** 2015 Oct. *****

ご縁があって結構短い間に3回来る事になってしまったこちらのお店(笑)
まぁ、メニューの種類も豊富だし食べてみたい物が色々あったから
いいんだけどね(^^;

今回は初めて1階のスペースに着席。2階も豪華だったけど、
1階もそこそこ重厚な感じがあって、お客さん連れて行くにもいいけど、
でもスタッフさんはカジュアルだし、料理もそんなに値が張らないって
ことで、有名だけどそれに奢る事の無い使い易いお店だと思います。


th_IMG_5668_20151115234233ce9.jpg


で、今回も頼みましたよー。
Pig’s Brain。豚の脳みそw
もうほんっとわたし、これがあったらこれから先一生タラの白子、
フグの白子、食べられなくてもいいわ。そのくらい好き。
むしろその二つよりも味が洗練されてる感じだしなー。

th_IMG_5678.jpg


調理法もあるのかもしれませんが、試すんだったらベトナムで試すことを
オススメ。別の国でも試した事ありますけど、こんなに美味しくなかった
ですもん。さすがのベトナム料理。

今回美味しかったのは豚の蒸し物。
珍しい物ではありませんが、皮付きのお肉が丁寧に蒸されてスライス
されていて、それ自体も美味しいのですが、エビを甘辛い調味液に
漬けて発酵させたヤツと一緒に食べる、というのがよかったですねーっ。


th_IMG_5679_20151115234307c12.jpg

th_IMG_5680_20151115234307a87.jpg th_IMG_5683.jpg


陶然ながらライスペーパーに巻いて食べるのかな?と思いきや、
葉っぱ類と一緒に食べるだけってのは意外でしたが、美味しかった。
エビは姿を残していても殆どこれ調味料扱いなんでしょうね。

それでもエビと豚を合わせる、豚の脳みそみたいに動物系とアサリを
合わせる、などってのは、日本料理ではあまり考えられない組み合わせ。
それがちっとも喧嘩せずにシックリ合わさってるってのがまたねー。
いかに自分が既成概念に捕われてるかってことに気づかされます。

そうそう、今回は美味しくない物ありました!(笑)
前菜に頼んだロータスサラダ。よくある甘ピリ辛のヌクマムダレで
和えたヤツだったのですが。。。

全体的には美味しかったんです。
ただその中に入ってた。。。こいつっ。
ナスか?と思ったのですが、聞くとどうやらバナナ???の一種??
と言ってた様な。。。すみません、食材の正体は不明なんだけど。。。

th_IMG_5677_201511152342385d6.jpg


こいつ、小さいくせにひと口噛むと、口の中の全細胞をギョワワワワー!!
と搾り取る様な渋みを発揮して、お口の中がギョワギョワになります(^^;
一つ救いなのは、ちょっと油っこいものを食べたり、少しの時間で回復する
ことなのですが、食べた瞬間はもうこれどうする、これから先の食事の味が
一切わからなくなるんじゃないか?!ってくらいの渋々さっ。間違えて渋柿を
食べた事のある方なら、ちょっと想像がつくのかも。。。

これ。。。美味しい、と思って入れてるんですかね。。。
それともなんか薬味的な効果があって、必ず何か他の食材と食べないと
いけないとか、これを1枚食べたら寿命が一年伸びるとか、そういうこと
でもあるんでしょうか。ないなら。。。

何でこんな物を食うっ(-“-;

常々ベトナムの人と自分の舌は合うなぁ、と思ってたのですが、これは
断固拒否しますっ。人の好みはそれぞれだとか言いますが、それぞれ過ぎるわっ。
これ美味い言う人いるなら、ホント見てみたい(^^;

別にこの店だけが使ってる食材ってこともないでしょうから、みなさんも
どこかのベトナム料理屋さんでこの食材を見かけた時にはお気をつけ下さい。
もちろん、好奇心に任せて齧ってみるのも良し、なのですが、お口の中が
ギョワッギョワになります。どなたかこれの美味しい食べ方ご存知だったら
お知らせください。。。。あー。。。思いだしただけでもお口がギョワギョワ…。



***** 2015 Aug. *****


まだベトナムに来て間もなく、ブログも初めて無い頃に一度行ったっきりに
なってたこちらのお店。大体のガイドブックにも載ってる有名店で、まだ
右も左も分からない頃に行った為、人に頼んでもらった物が何かも分からず、
それがどのくらいのグレードかも分からず、印象にも残さないままになって
いたのですが、今回、ご一緒させてもらった方のご指定にて再訪しました♪

th_IMG_5102.jpg


久しぶりだったけど、こちらの程々に雰囲気が良く且つカジュアルな空気感は
お客さんを連れて行くにも、日頃サラッと食べに行くにもちょうどいい感じ。
この印象は最初来たときと変わらないなー♪


今回は1階のスペースがいっぱいだったので、2階の部屋に通してもらいました。
あらっ、素敵*\(^o^)/*


th_IMG_5112.jpg


そして立派なメニューが出て来たと思ったら…
あっれぇ?!こんなにメニューが豊富だったんだ!(´⊙ω⊙`)
いや、品数だけ揃ってるお店はたくさんあるんだけど、観光客の割にはここ、
結構食材の幅が広い!!ま、アヒルとかは割とどこでもありますが、
BaBaがある、BaBaが!BBAじゃないよ!スッポンのこと!


th_IMG_5106.jpg

th_IMG_5103.jpg

しかも英語表記は、Softshell Turtle とかなってる!
ソフトシェルクラブじゃなくて、ソフトシェルタートル!!
ぎゃーーーーーっ、食べてみたい!!と、思ったけど、残念ながらこの日は
この食材が無いと言うことでお預け。くーーーーっ。絶対いつか食べてやる。

スペシャリテも、鳩があったりなんだりで美味しそう。


th_IMG_5105.jpg

th_IMG_5108.jpg

そして。。。ブタの脳みそがある!!!
なっつかしーなー!!随分昔、マレーシア在住時代に何度か食べたことがある。
ほとんど中国の薬膳スープ的な位置づけでの料理だったけど、ベトナムではどんな風に
調理するんだろう???好奇心がムクムクムクムク。ええ、客人がいるにも拘らず
頼んじゃったよね(^^)ゞ

th_IMG_5113.jpg th_IMG_5120.jpg

まずは揚げ豆腐とお魚の煮付け。ど定番。うんうん、程々美味しいね♪
そして、素焼きの鍋で炊いたお焦げご飯。これ、器を客の前でパーン!と割って、
中身のお焦げご飯を、特に意味なくポーンとお部屋の対面にいるスタッフさんに
投げてよこし、それをお皿で見事にキャッチした店員さんがサーブしてくれるという
名物の一品。

th_IMG_5119.jpg

あくまでこれはパフォーマンスが楽しいだけで、実際のお味は。。(ごにょごにょwww)
カリカリの米にネギ塩だから、本来味は美味しい筈なんだけど、ご飯がガッキガッキに
固いんよね(^^; 遠くに投げてよこす意味もわからないし、時々シーリングファンにバン!!
って当たったりするケースもあり、なんだかなー、という気もするのですが、とにもかくにも
名物です(笑)

やはり観光客の方とかが要る席なら頼んでみるのが良いと思いますが、フロアで必ずほかの
お客さんもかなりの人数が頼むので、パフォーマンスを見たいだけなら頼まず様子を
見て、待ってみるのも手。こちらには他にもっとおいしい料理がたくさんあるので、
個人的には食べることを優先したい(笑)

以前来た時、ベトナム料理の経験値が少ないながらに感動したのがこちらの紫芋のスープ。

th_IMG_5118.jpg


すっごい色ですよね(笑)
しかも洗面器くらいはある大きなボウル入り。
2、3人だと飲み干せる気が全くしないのですが、余ったら持ち帰りもさせてもらえます。
今回も持ち帰ったのだけど、やっぱりおいしいなー♡

お芋が濾されて滑らかにチキンベースのスープにとけ込んでいる部分と、荒く潰されてる
ちょっとトロッとちょっとシャク…っとした食感の妙に、潰されたエビのぷりゅぷりゅ感。
優しい優しい味付けなんだけど、滋味があって何度も何度も蓮華を運んで食べてしまう。

他に頼んだお野菜の炒め物なんかは標準的に美味しかったのですが、これですこれっ。
今回ご紹介する中でイチオシのメニュー。反発くらい兼ねない一品ですが、ブタの脳みそ。
Pig's Brain!

th_IMG_5114.jpg th_IMG_5125_201508191939047a8.jpg

うえーーーーっ、って思われる方もいるかと思いますが、何に似ているかと言うと、
フグの白子っ。あのモッタリとミルキーで舌にトロける際、コックリとした甘味がある
フグの白子。あんな感じ。むしろこちらは生臭味が無く、脳みそなんて無菌状態の部位
ですから、内蔵の様な臭みやク、心配事もかなり少ない。

今回はアサリと合わせて蒸した物をいただいたのですが、ほかにも数種類の調理法が。
しかもこれ、70kドンとか80kドン。安い。こちらで日常食的食材なんだろうなー。
あまり1区のレストランでは見かけなかった気がするけど、あると思ってなかったから
見逃してたのかもしれない。

更には、マレーシア時代に食べた奴は、ちょっと苦みやクセがあったんだよね。
そう言う物かと思ってたけど、こちらのお店のはそう言う物が全くない!!
ついでに、先ほど言ったようにフグの白子よりも臭みがないため、濃厚なクリームを
頂いている様なリッチ感。そして加わる貝の旨味。言うてしまいますが、個人的には
もうフグの白子、もー要らん。これがあるならこっち食べる!!!と思うくらいに
美味しかったし感動したっ。どうやって調理したらこんなに奇麗な味になるのか!

そんなゲテモノ食べるかい!!と突っ込まれる方には無理は申し上げませんが、もし
ご興味があってトライしてみたいと言う方がいたら、ほんっとにぜひとも試してほしい。
日本じゃ滅多なことでは食べられない食材ですし、安いししかも、調理の腕はほんとに
素晴らしいですよ。他国で食べて来た上の比較でそう言えます。

デザートはチェーかお豆腐のみのシンプルなラインナップでしたが、料理的には十分満足。
しかも、サーヴィングが丁寧でお店の雰囲気も良い割には結構お安いんですよね。



th_IMG_5129_20150819193906b8f.jpg



もちろん頼む物によりけりだと思いますが、この日は4人で4000円しない感じでした。
お酒飲む人がいなかったから、と言うことを差し引いても、安いがなー(´Д` )

プラス、あの幅広い食材と調理法。
なにここ、めちゃくちゃ楽しいじゃんっ。

とか、ほんっとに今更ながらに言ってたら、お友達が「アテンドでよく使うよー」とか
言っててちょっと恥ずかしくなりました(^^; いやでもほんと、まだまだ食べてみたい
食材がいっぱいあったなー。あそこは客人連れて行くにも調度いいし、タクシー代使っても
1区のベトナム料理屋さんより断然安いし、ちょっとちぇりさんの中で赤丸急上昇。

また近々行って別のメニューを開拓したいと思いますので、レポ、お待ちくださいませ〜♪


th_IMG_5111.jpg

ちなみに何店舗かあるらしい中で、今回は3区の,、名刺にある中では一番下の
お店に行きました。旅行者にも、在住者にも、更にはベトナム料理上級者にも
満足してもらえるお店じゃないかと思われますー♪



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ちぇり

Author:ちぇり
FC2ブログへようこそ!

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleブログ村PVランキングsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
アップグレード 追加 作成済み/作成可能プロファイル数:0/1 キーワードをご入力ください ご指定の条件に該当するデータがありません * 他のユーザーから閲覧もしくは管理権限を与えられたプロファイル ユーザーガイダンス 解析コードの実装方法 Google Tag Manger 1.下記の解析コードをコピーして、解析を行いたい全てのページの から
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
の間に貼付けてください。 解析コードのコピー 2.解析コードが実装されたウェブサイトを開いてください。 3.解析コードが正しく実装されたか確認してください。 チェック 閉じる
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。