スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【また来たっタイ♪】ナイトマーケット!!

今回超超楽しかったのが、ナイトマーケット!!
タイには、曜日によって色んな場所でやってる夜市があるようなのですが、
以前から有名だった、Rodfai Night Market の縮小凝縮版が交通の便の
良い所に出来たと言うので行ってみました!オリジナルの方はとても大きく、
盛況ではあったけどあまりにしないから遠くて旅行者が行き難い、ってのが
あったようですねー。

こちらは地下鉄MRTタイカルチャーセンター駅の3番出口をめざし地上に
出て振り返ると、大きなショッピングモールがあるからそちらの方へ。
周りがあんまり明るくなくて、このビルが煌煌と輝いてるので、
心を虫にすれば自然に吸い込まれて行くと思います( ・`ω・´)b

th_IMG_0593_20160110154703798.jpg


このビルの2階とか3階の駐車場からそばにある Rodfai Night Market
Ratchada(カタカナだと「ロットファイ ラチャダー」などで検索結果が
たくさん出てきます)の全容を見る事が出来ます。おおっ、縮小版と聞いて
いたけど、結構デカい!

th_IMG_0596_201601101547112e0.jpg


そして適度な通路間隔、適度な人出。まぁ人出はその時々に寄って変わるわけ
ですが、この日はギュウギュウ過ぎず寂しいと言う感じも無く良い感じでした♪

会場に入ると、早速生バンド演奏しながらドンチャカ飲んでる一画が。
そもそも東南アジアは街中でも生音聞きながら飲める文化があるから
いいですよねー。日本もあるにはあるけど数少ないし、ちょっと名のある
方が来るとなるとビックリする程高かったりしてあんまり日常的じゃなかったり
するので、こういう文化は本当に羨ましい。


th_IMG_0607.jpg

th_IMG_0608.jpg th_IMG_0609.jpg

入り口手前はまず食べ物やタイが一杯並んでます。
結構整然と配置が管理されている事と、多少同じ物を出してるお店はあるけど、
とにかくバラエティーに富んでいるので、気になった物をすぐに買っちゃってると
オーバークオンティティになっちゃいますね(笑)。ドリンクとかめっちゃ
でっかいカップのが80円くらいだったりと、かなりお安い!

1品の量もモノによってはそこそこあるので、お腹には少し余裕を持って、
ひと通り見回ってから食べた方が、「アレも食べたかったのにー!!」ってな
ことがないかもです(笑)

th_IMG_0602_20160110161235879.jpg

すっごい店舗数なんですが、座って食べるスペースも結構たくさん用意されてて、
そこを片付けてくれる人もいるので、あまり荒れない状態のまま、始終みんな
楽しめてました。これは夜市の清潔感が心配で…ッて方にもハードルは低いかも。
ま、あくまで当社比なんで通用しない方もいらっしゃるかもですが(^^;

ローカル食はもちろんですが、餃子やたこ焼きみたいなものもたくさん出てました。
たこ焼きみたいなのは丸くせずに半円のままの生地にエビ、タコ、チーズ、カニカマ
など、すっごい自由に色んなもん突っ込んでましたね(笑)
多分食べる時もチリソースやら何やら自由な物をつけて食べるんだと思います(笑)

th_IMG_0606.jpg th_IMG_0615.jpg

あと驚いたのが、なぜかお刺身を売ってるんですよ、屋台で!(笑)
日本でもしないそんなことを常夏の国の屋台でなんて!!
と思われる方は多いと思いますが、とりあえずワタクシはホーチミンのSushi Koさんで
鍛えてもらっているので平気ですwww(やっぱりアテにならない当社比www)

th_IMG_0613.jpg th_IMG_0614.jpg

どんな食べ方するのか見てみたい、と思って買おうと思って近づいたら
(買うつもりやったんかーい!)、なんとお寿司もあるじゃないか!!
ここはちょっと確かめておかねばなるまいよ。この一件でタイのお寿司事情が
わかるわけではないが、経験値は少しでも重ねておいた方が良い。

        th_IMG_0621_20160110161732cbe.jpg

th_IMG_0622.jpg th_IMG_0623_20160110161733fa8.jpg


まーカラフル(・∀・;
緑のはどうやら和布蕪のようです。
タイはホントに日本食材が手に入り易いので、こんな商品まであるのですねー。
いや、でもこの色はどうやらこっち仕込みの物の様な気もするけど、
商品があるだけでも凄い。

他に気になったのは、何件か見かけたこの白いプヨプヨしたやつの炒め物。
なんだろうなんだろう、と夫婦で興味が一致したので購入。

th_IMG_0601_201601101612343d6.jpg th_IMG_0616.jpg

結果、これはどうやらイカをどうにか加工して生地に仕立てた炒め物。
イカそのものではないのだけれど、米粉かなぁ、なんかの生地と上手いこと
融合させてて、イカっぽいキュニュっとした歯ごたえを持ちつつプリュリュン♪
モチュモチュン♪とした食感もあり、グリーンチリのピリ辛タレでキリっと
引き締まった味でバランスを取ってる美味しい一品。良きかな良きかな。

あとあまりに見事な手つきでパッタイを炒めてるおっちゃん(の手元)に
一目惚れ。麺もこれ。もうつやっつやっ。これは買わずにおれまいよ、
ってことでこちらも購入。ええ、間違いの無い味でしたねっ( ・`ω・´)b

th_IMG_0625_20160110162329bfa.jpg th_IMG_0627_2016011016233141b.jpg

th_IMG_0628.jpg


ドリンクはくり抜いたスイカを氷とお砂糖とブレンダーにかけて、くり抜いた
あとのスイカの半分を器にしたジュース(笑)。お砂糖が入ってるから、
スイカそのものって味じゃないんだけど、旦那さん的には「これまで飲んだ
スイカジュース史上トップクラスっ ( 。•̀_•́。)」だったらしく、こちらも
えがったえがった。

え?寿司はどうなったって?
あ、こちらです(笑)


th_IMG_0631_2016011016233556d.jpg

中々ネタの盛りが良いですが(笑)、1貫10バーツ=40円くらい。
安かったのでウッカリ4貫も。。。(笑)

で、結果ですが。。。ネタはねっ、美味しかったの!
特にサーモンは出色で、なるほど、これなら刺身も売れるわと。
結構お手頃価格で仕入れができるのかな。タップリ贅沢に使われてたし、
ヒンヤリした所から口の中でトロッとトロけるところまで流れも秀逸。

ただ。。。。シャリはもう持ちの様な柔らかさと強圧での握られ方で、
ちょーっと残念(・∀・;  ってか、シャリは食べられなかったと言うのが
ほんとのところ(苦笑) まぁ屋台の寿司だしね。。。多分見よう見まねで
やってるんだろうな。これだけのネタが扱えるのだから、シャリの部分を
もっとちゃんとしたら結構行けそうなのにな。ってか、寿司はやっぱり
シャリだのぉ(^^; ま、これも経験経験。

食べ物エリアが終わると今度は雑貨エリア。
生活用品からTシャツ、ワンピース、アクセサリーに鞄、その他、そりゃもう
いろいろ。ちょっとローカルすぎてスルーってものもありましたが「お?」
と思える物も多くて、取りあえず歩いてるだけでもとても楽しい♪

th_IMG_0641_20160110162938894.jpg 

特にこれ良いな!って思ったのが革細工。
ストラップや手帳カバー、財布、パスケース等いろいろあるんだけど、
ベースと タグの皮の色選んでリクエストしたら、その場で文字も入れてもらえる♪
プラス、お好みのチャームセレクト付き。こんなにカスタマイズしても、携帯
ストラップくらいだったら2〜300円(^^;

th_IMG_0644_20160110162940a9e.jpgth_IMG_0646.jpg

私も買えばよかったなー。
旦那さんが携帯ストラップを作ったんだけど、めっちゃ可愛かった。

雑貨エリアを越えるとバーエリアがブワー!っと開ける!
食べ物屋台エリア+雑貨エリアだけでも結構な広さがあったのに、更に
バーだけが集まったエリアがあり、各所でブンチャカブンチャカ音があって
軽くオープンクラブみたいになっている。いいねー、こういうの!

th_IMG_0652_20160110163627c85.jpg

th_IMG_0653_201601101629411c2.jpg

バスを改造してバーカウンターにしてるお店とか、それぞれにスタイルがあって、
もうね、その場に居るのが楽しいと言うか。たくさんのバーが集まってるので
下手な物を出しててはすぐに客を取られるから、5〜600円くらいのカクテルでも
タップリの量でとても美味しい物が出てきました♪

th_IMG_0659_20160110163631af9.jpg th_IMG_0656_20160110163629f5c.jpg

お店に寄っては、ビールとかは普通の価格なのに、ウイスキーがやたら高い
料金設定になってビビったのですが、どーやらこっちの方はボトルをオーダー
するスタイルも珍しくないようですねw 見てると机にボトルをドーンと据えて、
ソーダやアイスなど、格安価格の再度オーダーをしている人が多かったです。

グラスだ、と思ったから高い!!って思ったけど、物によってはウイスキー、
ボトルで2000円くらいの設定もあったから、飲み倒す人にはオススメwww
欧米の人の比率が少ないなーと思ってたら、主にこのバーセクションに集まってた
ようでした。吞ん兵衛多いのなwww←お前が言うか

あと、もともとのマーケットの方もそうだったらしいのですが、クラシカルな
車をオブジェにしてるので、独特の雰囲気が。旧車好きなのでちぇりさん
うほうほ。


th_IMG_0655_20160110163628c7a.jpg th_IMG_0661_201601101636334ed.jpg

th_IMG_0663_20160110163909a25.jpg th_IMG_0668_2016011016391078c.jpg

なんだかんだで、タップリしっかり数時間。
もちろん街中には楽しいクラブや飲み屋さんも溢れてるわけですが、
もうそう言うとこに行く気分でもないなー、でもタイの夜は楽しみたいなー、
またはお子さん連れだから飲み屋はちょとー、と言う様な場合に、この位
オープンな世遊び場ってのは、結構楽しいんじゃないかなーと。

他にも魅力的な夜市はいろいろありそうですが、とりあえずこちらは
木曜日〜日曜日、という、週末を絡めて行く人には使い易いスケジュール。
他の夜市もそれぞれ曜日が限定されてたりするので、行かれる際はお気をつけて。

ってか、この凝縮版でこれだけ楽しめるのなら、オリジナルはどんだけ広かったのか…
あんまり広すぎても疲労しそうだから、このくらいがちょうど良いかも。
タイミングが合って、夜はどうしよようかー、というノープランの時には、
ぜひとも候補に加えてほしいタイの夜の過ごし方でしたー♪


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ちぇり

Author:ちぇり
FC2ブログへようこそ!

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleブログ村PVランキングsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
アップグレード 追加 作成済み/作成可能プロファイル数:0/1 キーワードをご入力ください ご指定の条件に該当するデータがありません * 他のユーザーから閲覧もしくは管理権限を与えられたプロファイル ユーザーガイダンス 解析コードの実装方法 Google Tag Manger 1.下記の解析コードをコピーして、解析を行いたい全てのページの から
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
の間に貼付けてください。 解析コードのコピー 2.解析コードが実装されたウェブサイトを開いてください。 3.解析コードが正しく実装されたか確認してください。 チェック 閉じる
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。