Dim Tu Tac 〜 飲茶ランキング、アッサリ奪取!

***** 2016 Apr.***** 

またまた行って来ました。 最近もう、飲茶と行ったらここしか行ってない(^^; 
もう定番の料理は何度も写真を載せてますから今回は印象に残ったものと 
お持ち帰り情報を。って、やっぱり重複するんだけど、いつも行くメンバーに 
大好評なのが、飲茶外の料理のこちら。 


  th_IMG_6614.jpg th_IMG_6623.jpg 

えのきの唐揚げとサヤインゲンの炒め物。 液の唐揚げはビールのつまみに持ってこい。
時間をかけてゆっくり摘んでもずっとサクサク してくれてるのも嬉しい所。
エノキをこんな風に調理するなんてなぁ。何度頼んで目の前に しても感心する。 

そしてサヤインゲンも! これもサイド的な食材として扱いがちだけど、これもドドンと
主役に据えてる。 サヤインゲン自体の味がしっかりしてるから、ちっとも物足りない
感じがしない。 ミンチを使ってる分ボリュームもあるのでしょうが、お持ち帰り品と
しても大人気。 実際今回私もお持ち帰りしたし(笑) 

あと、これは私あ今回初めて食べたのですがゴマ団子!! 
でもチョーッと一般的なものとは違い、ふにょっふにょのお持ちの周りは摺った 
ゴマとピーナッツ、かな?それに中には黒ごま餡。いや、餡というよりソースかな? 
トローリトロトロの黒ごまソース!!


  th_IMG_6631_20160419210506a54.jpg th_IMG_6633_201604192105066de.jpg 


はい、めちゃくちゃ熱っついですからねっ(笑) 猫舌さんは気をつけて! 
写真を撮りたくて齧った絵面を載せましたけども、これ、ある程度冷めるまで待って、 
ひと口でお口にポイッと入れてムチュッと潰してみてほしい。中から黒ごまのソースが 
プチャー!!と溢れ出す瞬間は中々快感(*´艸`*) 

 そしてもう一品お持ち帰りしたのがこちら。


  th_IMG_6646.jpg 


これね、酢豚なんです。 こちらの酢豚はカリッカリに揚げたてのお肉を
とろみ餡に絡めてあるので、 トロトロ餡を楽しみながらも肉の衣のサクサク感を
楽しめます。しかし、 お持ち帰りで時間が経ってはそこは楽しめないだろうなーと
思っていたら、 こんな風に出してくれた。愛がある。 これ、お肉は7分通り揚げて
くれてます。だから持ち帰る最中、生肉が傷む ことを気にしなくても大丈夫。

そして再度家で揚げ直すことでカリッカリの 食感を楽しめるって寸法。 
餡の方も片栗粉を混ぜただけでは持ち帰った頃沈殿してる。 だから片栗を溶いて
2分通りほどは煮てあります。 そもそもこの段階で仕上げられてては、温める際に
ガッチガッチになってしまう。 片栗粉は混ぜ溶けてすこし熱を入れたら軽くトロみ
がつきますが、そこから更に グッと煮詰めないとすぐにサラサラに戻ってしまう
わけですが、そこの「グッと 煮詰める」と言う段階を「温め直す」手順に重ねて、
余地としておいてくれてるんですね。 なんて合理的な。 

というわけで、お肉を揚げ直しながらフライパンでこのタレを温め、 
しっかりトロみがつくまで煮詰め、カリッカリに揚げたお肉を絡めて出来たのがこれ。


  th_IMG_6649_2016041921052197b.jpg 


 丸っ切りお店の仕上がり!(´⊙ω⊙`) すばらしい。。。

私、何も言ってなかったんですよ?ただ持ち帰りたいと お願いしたらこんな風に
準備をしてくれたんです。なんて食材に愛情のある。 そしてなんと客を尊重して
くれてる良いお店かと。 と、個人的には大変感激したのですが、話を聞いた人に
よると 「えーーーっ、楽しようと思って持ち帰りするのにめんどくさ!」 と言う声も。 
あ、なるほど(^^; わたくし的には美味しさ一番に考えてくれてたお店のお心遣いに
感激するだけ だったのですが、そうかそうか、惣菜、としてのメリットは一つ
削ぐ事になるなw ってことで、もしも酢豚を持ち帰りたいけど手を加えるのが面倒くさい、
ッて方は、 最後まで調理してくれるように念を押した方が良いと思います。

しかしお店の味を お家で再現できるって嬉しい♪ お忙しくてなかなかお店に
行けない旦那さんや ご家族に食べてもある事も可能。よかったら是非試してみて下さいね。
最後だけ でも手をかけることで、チョット自分が上手に作れた気分も味わえたりもします(^皿^) 



 ***** 2016 Mar.***** 


ここしばらくは落ち着きましたが、初めて行ってからは結構詰めて行きましたねー、ここ。
 特に夜にも飲茶の一部があると分かってからは、夜しか行けない(昼間お仕事をされてる 方など)
とご一緒する機会が増えました♪ 一度など、2階の個室を借り切っての宴会を。

残念ながらあまり英語の達者な方がおられなかったので、レジデンスのスタッフさんに 
予約をしてもらい、また予約前日に再確認の連絡をしたのですが、その際に、 20名弱
という多人数だったので、なんだったらいくつかメニューを先に決めておいては どうか
というご提案を頂きました。 「せっかく来て頂くのに混雑時でその人数となると御待たせ
することがあるかもだから」 と。中々のお気遣い。 

ただ、メニューを全部覚えていた訳じゃないし、量の調整もあったので、電話では無理、 
と判断し、この日は昼間に直接出向いて交渉しました。そしたらもう若干英語の出来る 
スタッフさんが、あれやらこれやら提案をしてくれて大変親身。 

そして提案はしてくれるのだけど、決して高いものばかりを進めるのではなく、 
時にこちらが(このメニューは多めで頼んどいた方がいいかな)と思うものも 
「いや、それは多すぎるから減らしましょう」 など、大変的確なアドバイスをして下さった。

多い分にはこっちが言うだけ 受けときゃいいのに、謙虚である。ホーチミンの
お店にはそういうとこ多いよね。 客の言うに任せて無駄なオーダーをさせないと言うか。

実際宴会が終わって みたら、程々にお腹が満ちる量でちょうど良かったからなー♪ 
あ、2階のお部屋はこんな感じです。 7〜8人の個室から20人くらいの部屋、
もっと多人数の大広間など、色々使い 勝手が良い様子。このひもとなりで50人くらい
の大宴会があっていたようでした♪        


 

          th_IMG_2070_2016032819111751c.jpg

th_IMG_2069.jpg th_IMG_2068.jpg 


これならお仕事関係の会食なんかにも使えるんじゃないですかね♪ 
個室がある美味しいお店は知っとくと便利(^・^)b 


  th_IMG_2072_2016032819111912f.jpg
 th_IMG_4286.jpg  th_IMG_4292_20160328191449d45.jpg  th_IMG_4294.jpg th_IMG_4284_20160328191448691.jpg

 th_IMG_4296_20160328191452067.jpg 

料理は被ってたのでザックリとした御伝えになりますが、干しナマコの煮物や 麻婆茄子、
初めて頼んだけど美味しかったなぁ!!あと、最後のショットの魚の蒸し物! 
これはもうその日のオススメのお魚になるので常にあるものではないかもですが、
ハタ っぽい白身のお魚をオイスターソースベースのソースで蒸しててプリップリのトロットロ。 
美味しかったわー♡ 

ちょっとね、見た目が豪華版になるのでお値段が張るんじゃないかしら?と思ったけど、 
もちろん事前にキロいくら、と言うのを提示してくれるし、写真ので700gくらいかなぁ。 
この日は千円ちょっとくらいで、一尾を7人くらいで分ける計算でしたから全然大した 
ことがなかった(笑) 

丸蒸しのハタなんて、なんか日本人的にはすっごい豪華に感じる んですけどね(笑) 
多人数だったことと、お店が大盛況だったようで1階も大混雑だったので、ちょーっと 
料理が出てくるテンポが気になりましたが、許容範囲。でもそれもこれも、あの 
スタッフさんが気を聞かせて事前に打合せをしてくれていたから。

大勢の方が 楽しめる料理も多いので、是非活用してほしいとは思いますが、もし許すなら、 
多人数の際は事前にメニューを最低でも半分くらい決めておくといいかもですね♪ 
なんなら全部決めておいた方が楽。 最後に、打合せさせてもらったスタッフさんに
お礼を言うと「みなさんどうでした?」と。 彼女は持ち場が違ったからか二階の席に
はあまり来れなかったので余計に心配して くれてたみたいで、

「すっごく喜んでくれてたよーヾ(@⌒ー⌒@)ノ」

と伝えたら 心底ホッとした顔をしてました。嬉しいなぁ。言葉がやっと通じる様な客なんて
面倒だろうに、そんなに気にしてくれてたなんて。 良いお店ですね、やっぱり♪ 
美味しいだけじゃなくて、良いお店。 気分が良くなり、楽しい気分になるお店は
ホーチミンにたくさんあるけど、 こちらもそんなお店の一つですね(^・^)  


 ***** 2016 Jan.初回訪問翌週***** 

既に2回目。 初回訪問時のことを興奮しながら旦那さんに話してたら旦那さんも
乗り気に なってくれて、訪問。ただし、昼は中々チャンスが無いので夜訪問。 
夜は飲茶がないからなー、と思ってましたら。。。 

一部だけ、飲茶があった!!!(≧∇≦) 
ということで、まずはワタクシ一押しの小籠包ーヾ(@⌒▽⌒@)ノ

  th_IMG_1512_20160202024525925.jpg th_IMG_1514_201602020245259e8.jpg 

これには旦那さんも大満足っ。 「小籠包だけでお腹いっぱいになるくらい食べたい。。。」 
とのお褒めの言葉を頂きましたよっ( ・`ω・´)b あと餃子っ。 でっかいやつっ。
 海外では珍しく焼き餃子だったのですが。。。


  th_IMG_1516_20160202024525c92.jpg th_IMG_1518_20160202024526590.jpg 

うおっほーい♪ これもスープだくだく。 そしてこの繊細な羽!! 
スープダクダクだけど生地がヨレることなく、且つ、若干集めの餅モチだけど
 口の中でだんごになったり胃に凭れる様なことも無く。。。厚い皮が苦手な 私でも
「うんめーなっ」と両手放しで頂きました(*´艸`*) メニューで気になったのは、これ。

  th_IMG_1508_20160202024608505.jpg 

上から二晩目のヤツ。 ゆで卵のトリュフ添えだと???? 何で中華にそんな物が???
と思いつつ頼んでみたら、残念。 この日はもうないとのこと。まぁそんなに出る
メニューでもないんだろうけど、 この金額でどのくらいの物を出しているのかメチャクチャ
興味津々なので、 また夜来た時チャレンジするっ。 


グランドメニューからは、エノキの唐揚げ、麻婆豆腐。 エノキの唐揚げって、
ちょっと発想が無かったなー。。。 素材も調理法も極一般的な物なんだけど、
その組み合わせが自分の中には なかったですw 一見珍しくもなんともないんですが。。。

  th_IMG_1509.jpg th_IMG_1510_20160202024607546.jpg 

こんな一本一本均等に衣をつけてバラけて揚げるとか、やれっていわれても ヤだわヽ(;▽;)ノ
且つ、これ相当美味しかったですよ。キノコの旨味って 水分を凝縮することでかなり際立つ
と思うんですが、エノキもまさにそれで キノコとしての味わいがしっかりしてたし、
サクサクの衣が小気味良いし、 ビール好きな方はもう、たまりません状態になると
思われます(笑) 

麻婆豆腐がこれまた、甘味がクドくなくて出汁が聞いており、シャプな辛さが 
ピシャーッと来てる。豆腐は絹ごしで喉越しが良く、ホーチミンで探し求めてた 
麻婆豆腐にヤーッと出会えたと言う感じ。今までどんなに評判のお店の物を 食べても、
甘すぎたり辛さが鈍かったりベースがクドかったりでピンときて なかったのですが、
ここのは相当好きでしたわっ(^・^) いやーっ、夜も充実! グランドメニューでも
お手頃だったし、やっぱりすごいぞ、このお店! 次回はエッグトリュフ、
食べれると良いなー(^皿^) 


 ***** 2016 Jan.***** 

 ホーチミンでベトナム料理が美味しいのは当たり前ですが、 (帰国時に色んなベトナム
料理屋さんに行って再確認した) わたくし、ホーチミンの中華並びに飲茶にも並々
ならぬ敬意を抱いておりまして、 特に飲茶は日本、中国、香港、台湾、マレーシア、
シンガポールと色んな ところで食べて来た中でも出色であるとの確信を持ち
(あくまで個人比) ホーチミンにいられることをラッキーに思う大きな要因の
一つでもあったわけです。 

まぁ、本場中国・香港・台湾では旅行者として行って数度食べただけなので、 
そんなお前に何が分かる、と言われたらそれまでですが。。。ホーチミンだって 
そんなに毎日食べてるわけではないので、確率としては同じくらいかなと。 
そんな中で全自分が大絶賛している状態なので、個人的には 「ホーチミンの飲茶、万歳」
なのであります。 

やると言いつつ、殆どアップされていないちぇり's Choiceの記事にも飲茶を 
取り上げたくらいですから、その意気込みは汲んでいただけたらと。 
で、これまでのTop2といえば、もう有名ところすぎて、わざわざあんたから 
聞くまでもないわ、と思われてもし方の無い「Ocean's Palace」と「Crystal Jade」
だったわけですが。。。 撤回。(アッサリ) 先日お友達に連れてってもらった
こちらのお店、 自分の中の飲茶1位をアッサリ奪取しましたっヽ(;▽;)ノ

  th_IMG_1204_2016012413250538c.jpg 



 住所は4区なんですが、観光フェリーの乗り場んところです。 
幹線道路から門構えの中に入って行くと、結婚式場とかもある広々清潔な 感じの所。
ってか、入り口が既に立派だわ、中も悠々としたスペースだわ、 
調度はほどよくチャイナだわで、エエ店に見えますなぁ♪

  th_IMG_1206_20160124132507b80.jpg 


この日はベビーカーにお子さんを乗せたお友達も居たのですが、スペースに 
余裕があるから店内移動するのにも困らないし、お店の方も鷹揚に対応して くださるし、
このときのお子さん、とても大人しくしてくれてたけど、万が一、 賑やかにしても、
空間にゆとりがあるから全然大丈夫そうな感じ。 ってか、うちらが賑やかすぎた気が…(((;゚д゚;)))

  th_IMG_1209_20160124132510208.jpg th_IMG_1210_2016012413251138d.jpg th_IMG_1213_20160124132818787.jpg th_IMG_1214.jpg th_IMG_1215_2016012413282182a.jpg th_IMG_1219.jpg 


 全商品ではないけどメニューには写真があって分かり易い。 
もちろん英語併記。加えて、これは日によるかもしれませんが、日本語が 少し出来る
フロアマネージャーさんみたいな方が居て(女性)、点心の数を、 本来5つな所
人数分の6つにしてくれるとか融通をきかしてくれたのも ポイント高し。 
しかーし、それらがこちらのお店の真価と思ってるわけではありません。 
本筋は味っ。味ですよね。 見てください、この小籠包っ。


  th_IMG_1224.jpg th_IMG_1223.jpg 



 おわかりいただけるだろうか(心霊写真ナレーション風)。 この生地の伸び。
湛えたスープを一滴たりとも逃さない強靭な弾力。 それでいて、口の中に残らない
程度の繊細さを持ち、実に理想的な生地。 これ、蒸篭の中から取り出す時に
破れたりとかってのが、名店と言われる お店でも結構あるのでポイント高い。

かといって、皮の重さでお腹がいっぱいに なるなんて無粋この上ないしねー。
そしてこの中にタプタプと閉じ込められてた スープのおいしかった事と言ったら!! 
とろみすら感じる濃厚さでフーックリとした旨味が凝縮。またその量が尋常 でなく、
飲んだ瞬間から脳内の飲茶ランキングTOPににピコーン!!と 躍り出たという次第。
そんな小籠包だけで決めるなや、とも思う訳ですが、 この生地の具合から行くと、
他の生地物も相当期待できる。。。との予測を コンマ何秒で立てた訳ですが。。。。    

     th_IMG_1227_20160124141821608.jpg

th_IMG_1231_201601241418245d0.jpg th_IMG_1232_20160124141826647.jpg 


 この焼き肉まんみたいなの。 生地の種類は小籠包と違うけど、さすがでしたわーっ。
予測大当たり。 生地自体がキメ細かくて美味しかったと言うこともあるけど、この底の 
焼き加減。別生地を噛ましてある細やかさ。そして何より中の肉汁!! 

気をつけてください。普通の肉まんのつもりでパクつくと、思わぬスープの 攻撃にあいます。
ぶしょわーーー!!って。途中ジュイジュイスープを吸いながら (行儀わりーな)頂いても尚、
まだタプタプ。それでいて生地の中はグショグショに ならず、タネギリギリの所までふかふかで。。。

 どないなってんねん(-“-; 


  th_IMG_1229_20160124141822394.jpg 

ピリ辛の水餃に関しては言うに及ばず。 程よいピリ辛加減に気持ち酸味が利いた
タレが茹でた皮に良く馴染み、 中身もそれに負けない力強い味があって、
それでいてクドくない。 それぞれカッチリ自分の役割果たしてるけど、それが
ガチ合って全体が 強くなりすぎる事無く、べろんごっくんべろんごっくんの勢いで食べれて 
しまいます。Oh.....



. th_IMG_1222.jpg th_IMG_1226.jpg 


連れて来てくれたお友達が食べた事があって勧めてくれたサヤインゲンの炒め物も秀逸。 
ミンチが調味料的に使われてるのだけど、油通しされていると思われるさやインゲンに 
良く馴染み、お野菜の一品でありながら味的ボリュームがあり、今夜のおかずの一品に、 
とお持ち帰りになられる方もいたくらい好評メニュー。 


海鮮あんかけ揚げ豆腐に関しては、他にも美味しいお店、たくさんありますが、 
こちらのお店も安定の美味しさ。充填の玉子豆腐使ってるっぽい。 
冷や奴として食べるにはあまり好まないのですが、この料理にはこの豆腐、 って気がしますねー。


  th_IMG_1233_201601241746009e8.jpg th_IMG_1238_201601241746057ed.jpg 

 エビシュウマイはねっ、もう口の中で自分とエビの戦いになるくらいプリップリ だった(笑) 
ペチョモッチュリした皮がやはり美味しかったんだけど、 とにかくエビが主役。
食べた瞬間あまりの活きの良さに(いや活きてない) ビックリして顔を上げたら、
ほぼ同時に食べたお友達もビックリしてたみたいで 2人で目を合わせて無言の内に
(すごいねこれ!)と(笑) シューマイの方もたくさんの食材が使われててとても
リッチなお味。 こちらも歯ごたえギョルッギョル。醤油やらチリソースやら出されてたけど、
 まぁ要らないわ。美味しいから。単体で。


  th_IMG_1234_201601241746003f9.jpg th_IMG_1235_20160124174604038.jpg 

そして飲茶を食べに来た時の(私的)定番の腸粉! これが人数分に切り分けられて来て、
テーブルの上でソースをかけられました。 単なるプレゼンテーションかと思ったのですが、
これには理由があった。 ジャンっ。


  th_IMG_1241_201601241747142ef.jpg 


 なんとこの腸粉、具材を湯葉のように薄い衣で巻いて揚げた物をBanh Quon的 
米粉の蒸し生地で巻いてある!!!周りはプルップルのツルッツルなんだけど、 
噛むとサリサリとした薄氷を食む様な小気味良い衣の感触があり、その中に またもや
エビを多用した跳ねるような食感の半練り物の様な具材。おぉぉ… これ、新食感。
手が込んでる。美味しい。口触りを「美しい」と感じる料理って なかなかない
んじゃなかろうか。。。。 そしてこれまでのもん全部推しなんだけど、
殊更に推したいのがこちら。 ドン。

  th_IMG_1225_20160124180134e25.jpg 


端的に言うと、酢豚。 ロースっぽい所を中心に使ってて衣は薄く、しかしカリッと
揚げられてて、 甘酢を絡めてもその食感が小さくカリカリと残る具合。 
この無駄なソースが皿に散ってないのが物語るその味。 ジャストの味をジャストの量、
食材に絡めてあるからこその様相。 過不足が無く、濃度が的確だからこそ、この食感が
キープできるんですね。 そしてそのソースがあなたっ。もうねっ。ドンピシャリ!!! 

黒酢使用かなー。コクのある酸味にキワを攻めた甘味。 ちょっと醤油っぽい風味も。
それらが絶妙なバランスでねー、 食べた瞬間、 「そーそーこれこれ!!これですわー!!」 
と叫びたくなる程どんぴしゃり。そして驚くなかれ。この酢豚の甘味と酸味の サポート
として使われてる果物は、熟れ熟れマンゴー!!!贅沢!! 

ケチャップ系の餡の酢豚にパイナップルは良く見かけるけど、あれはあまり 餡との
融合性が高くなくて、肉柔らかくしたり食後の胃の為に食ってる薬 みたいなもんだなー
と思ってましたが(酵素も消えてる缶詰のを使ってる のは個人的に論外)こーれーはー
美味いっ。 人によっては、この料理にマンゴー合うね、じゃなく、このソースをかけた 
マンゴーをもっとたらふく食べたい!という人も居て、ああ、東南アジアだなと。 

たしかマレーシアやインドネシア、シンガポール…はどうだったか忘れたけど、
 Rojakと呼ばれる、ピリ辛(そして若干甘い)ソースを絡めたサラダの発想と 
どこか通じるものがあるなーと。 6人でどんだけ食うてるんや、と言う話ですがもう一品。 

アザ…ラシ…?(・∀・;

  th_IMG_1237_20160124174712c57.jpg 


 太った銘菓ひよこ、にも見えなくはない(-“-; ま、あれです。芋餅(多分ヤム芋使ってる?)
的な物で肉餡を包んで揚げた物。 点心出す所では割と定番ですが、この形は初めて見た。
うん、やっぱり どう見てもアザラシ(笑)


  th_IMG_1240_20160124174714579.jpg 

ただこれがまた、ホンノリ甘い芋の風味と優しい味の餡が合ってて 大変美味しい。
ただし芋なので前半で食べると腹が太って他が食べられ 無くなる可能性があるので
頼むタイミング、食べるタイミングはよくよく 見計らってどうぞwww ただ一点、
気になったこのデザートの米餅は残念だった(^^; これだけはお勧めしません。
他のスイーツ頼んでないのでスイーツ全般が、 とはいいませんが、とりあえずこれだけは
日本人には受けないと思うww


  th_IMG_1243_201601241747171c9.jpg 


 ともあれ。。。 いやはや、ものっすごい勢いで食べちゃいました。 
この日はお酒を飲まずにお茶で過ごしましたが、それでもこんだけの量と種類を 
食べて、お一人様300kちょい。まぢかっ(´⊙ω⊙`) これまでのイチオシ2件の
飲茶店に比べると、庶民的な味ではあります。 

ただそれが安っぽいという意味のものではなく、親しみ易さを突き詰めた、
庶民的だけど店でなければ中々頂けないお味、という意味で、価格、環境 も勘案
するともうこれはダントツのコスパだし、何より好きだわ、お味が。 お店の様子、
味に於いてのおハイソ感はそこまで高くないけれど、充分に きれいな店内だし、
6人テーブルは少し仕切られてる(個室ではない)感も あり、オープンな雰囲気
ながら落ち着ける空間にもなっているので人を連れて 行くにも良し。

素晴らしいわ。もうちぇりさん手放しっ。 最後のデザートのように地雷メニューも
いくつか潜んでるのかもしれませんが(笑) 定番系の特に点心に関しては、
文句無しの大絶賛です。お友達、こちらの お店は中国系のお友達に教えて
もらったとの事でしたが… 

全然知らなかったわー。やはり情報源を広げるって大事ですね。 
今回はすっかりご相伴にあずからせて頂きました(^皿^) 飲茶好き、中華好きの方、
お好みはあろうかと思いますが、こちら、 ぜひともお試しください。
ちょー美味しかったですよ♡←最後の最後で雑だなオイw

  th_IMG_1207_20160124180134fe2.jpgth_IMG_1208_20160124180136ab7.jpg にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。以前、ホーチミン旅行の際にブッフェレストランについてアドバイス頂いたココです。来月、またホーチミンに行きます♪今度はツアーの特典で何回か食事がついているので、限られた回数しか自分で選んだところへ行けないのですが、サンデーブランチと飲茶は必ず行きたいと思ってます。
ちぇりさんの飲茶のお勧めはやっぱりここですか?日本であまり食べる機会のない点心や腸粉を色々食べたいと思ってます😄サンデーブランチは前にお勧めして頂いたハイアットを予約しました^o^あと、この前偶然食べたブンチャーがすごく美味しかったので、また食べれたらなと思うのですが、どこかお勧めはありますか?前にちぇりさんの記事で見かけた覚えはあるのですが、検索しても見当たらず‥。度々厚かましいですが、よろしかったらまたアドバイスいただけますと嬉しいです。

>ココさんへ♪

わぁっ、お久しぶりです!!
またホーチミンにいらっしゃるんですね!
厚かましいなんてとんでもない!!嬉しいですよ(^・^)

はい、飲茶は最近すっかりこちらにハマっています。
ロッテレジェンドホテル内の Crystal Jade という中華料理や
以前は一押しだった Ocean's Palace というお店も相変わらず
美味しくはあるのですが、とにかく混雑が凄くて落ち着かないのが難点(^^;

その点こちらのお店はローカルのお客さんが多いですが、まだそんなに
ギュウギュウしてませんし、お味は庶民的なんですけどものすごく手入れが
良くて、お値段もお手頃。特に小籠包は私の一番のお気に入りです( ・`ω・´)b

街中からちょっとだけ離れてるので歩いては難しいですが、タクシーで60kドン〜
80kドン(300円〜400円)もしないですし、船上レストランの乗り場にもなるので
そんなに危ない感じもありませんし、帰りもお店の人か外にいるガードマンに言えば
タクシーはすぐに呼んでもらえます。

ブンチャーは、色々美味しい所ありますが、お手軽なのはベンタン近くにある
地鶏のフォーが美味しいお店にあるブンチャー。
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-3361.html
って、今見返したらまだブンチャーの記事上げてないし(--)

あと、専門店がこちら。
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-3428.html

後もう一件、お気に入りの所があるのですが、こちらに来た初期の頃に
良く行ってただけでデータがなく、まだ記事に上げられてないんですが、
来月お越しになられる前に行けたらなるべく早くご紹介します!!

美味しいですよねー、ブンチャー♪
私も大好きなベトナム料理です。
今日、さっき旅先から帰って来たばかりなのですが、スッカリ口が
ブンチャーになってしまったので明日にでも食べにいこうかな(^皿^)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

行ってきました♪

こんにちは!
先日3度目のホーチミン旅行から帰って来ました。
教えて頂いたこちらの飲茶、2人ではたくさん種類が食べられず心残りはありますが、堪能してきました‼
本当に安くて美味しくて、お店も綺麗で申し分なかったです。ありがとうございました。
ブンチャーは結局お腹の具合や観光等の都合で食べられませんでした…次回のお楽しみにします。
他にはオペラのサンデーブランチに行けたし、The Reverieでの滞在を満喫できてとても満喫できました。
またブログを参考にさせていただき、美味しいホーチミン再訪したいと思います♪

>ココさん

おー♪行かれましたか!
お口に合ったようでなによりですヾ(@⌒ー⌒@)ノ
サンデーブランチも堪能されたとのこと。あれは胃袋が一日分必要なので(笑)
滞在が短くあれこれローカルのご飯を召し上がりたい方には手放しでは勧められないので
残念に思っている所なのですが、こうしてココさんのように共有できる方がいらっしゃると
とても嬉しいです♪ アジア各国遊びに行ったらホテルのビュッフェには気をつけて目を
配ってるのですが、ベトナムのビュッフェ、ホントにお得だと思うので。

なにはともあれ、次回は4度目になるのですね!
次回も是非是非美味しい旅を楽しんでもらえることを願っています!
sidetitleプロフィールsidetitle

ちぇり

Author:ちぇり
FC2ブログへようこそ!

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleブログ村PVランキングsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
アップグレード 追加 作成済み/作成可能プロファイル数:0/1 キーワードをご入力ください ご指定の条件に該当するデータがありません * 他のユーザーから閲覧もしくは管理権限を与えられたプロファイル ユーザーガイダンス 解析コードの実装方法 Google Tag Manger 1.下記の解析コードをコピーして、解析を行いたい全てのページの から の間に貼付けてください。 解析コードのコピー 2.解析コードが実装されたウェブサイトを開いてください。 3.解析コードが正しく実装されたか確認してください。 チェック 閉じる
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR