Bun Riew Nguyen Canh Chan 〜 黙って座ればピタリと出て来る♪

とある方に教えてもらって、一緒に行こうねー、と言ってもらってたんですが、
事情により叶わなくなってしまったので、トコトコ1人で行って参りました♪

ちょーっと辺鄙な場所にあります。
今回はタクシーの運ちゃんに言うと、Hai Ba Tringを川まで南に降りて川沿いに4区方面に。
橋を渡らず、測道には言ってから回り込みましたが、帰り道にそれを折り返すのではなく、
来た道を進行方向に進んだ先で折り返す、というルートを取ると、なるほどなるほど、
以前レポした US MART 辺りに出てくる様子ですね。あの変か。←地図だけじゃ把握で居ない人

この店がある通り自体は超ローカルな感じですが、食べ物屋さんが他にもあって、
且つ、食事時には人気店もあるようで、中々人気の通りのようでした。日本人は
珍しいみたいですっごいジロジロ見られましたが(笑)
ホーチミン、かなり外国人慣れしていてそんなに見られることが最近なかった
気がしてたので、なんか新鮮www

th_IMG_4562_2016040304165953f.jpg


こちらのお店。
決して派手じゃないし、本当にどこにでもある様なお店なので、こりゃ教えてもらわないと
なかなか入る機会が無いな。場所柄も馴染みがあまりなかったし。

店先では店主らしきオヤジさんが、とても丁寧に大釜のスープを見ていました♪
ちょうど沿う言うタイミングだったのか、あまり目を離さず、丁寧にアクを取り、
慈しむように育てていたのが印象的だったなぁ♪

th_IMG_4579_2016040304192291f.jpg


店内も左程広くなくてシンプルそのもの。
テーブルセットもローカル店に良くある感じのもので特筆するものはあまりなかった
用に思いますが、清潔感はありましたねー。ベトナムのローカル店、日本に比べれば
まだまだなお店も結構あって、衛生面が不安。。。。と言われる方の声も時々聞かれる
のですが、東南アジアの中にあっては屈指の清潔さだと思うんですよね。


th_IMG_4568.jpg th_IMG_4569_20160403041701f82.jpg


まぁ大都市として成功しているエリアでは店舗型が増えて来て単純比較ができませんが、
先日行ったフィリピンとかでも感じました。レストランの体をしているお店ならともかく、
ローカル店の清潔さの基準が違う。個人的にはベトナムのローカル店、あんまり支障を
感じたことが無いんですよねー。まぁ私がザッパだと言う話もありますが(^^)ゞ

さ、こちらのお店は注文不要。席に黙って座っていれば、ピタリとお料理が出てきます。
まるで良く当たる占い師さんのようなお店。なんで私の食べたいものがわかったの?
的な。いや、それしかメニューが無いからなんだけど(笑)

というわけで、このお店の看板料理のBun Rieuがこちら。
じゃじゃん。


th_IMG_4571_20160403041703986.jpg

ひゃー!キレイ!!
そしてこの色合い。美味しそう!!いかにも食欲をそそります♡
そしてスープをひと口。
うっわー、すっごいカニ!!


でもアクの強さは無くて、お野菜の甘味も滲む、上品なカニの出汁。
トマトの酸味のさっぱりさもあり、まーっ美味しい!!
麺はこんな感じ。

th_IMG_4572_20160403041705fda.jpg th_IMG_4576_201604030419211e0.jpg


カニだけじゃなくOc、貝も入ってる。
しかも4〜5個。まぁご存知の通り、ベトナムの貝はそんなに濃厚な味わいってわけ
ではないので、どちらかと言うと食感を楽しむ感じですが、貝好きとしては勝手に
感じる豪華感( ・`ω・´)b ←単純

ってか、豪華って言えば、こちらの麺の(個人的には)一番ゴージャスな所は
カニの玉子がザクーッと入っている所!!!うひょー!!

th_IMG_4575_20160403041919a7b.jpg

これもね、日本でカニを頂く時に食べるかに味噌とか、そこまでの旨味アタックは
ないんですよ。でもホロホロほこほこして美味しい♪ 何よりワタクシ的には希少感が
否めません。何だこの料理。盆と正月が一度にやってきてるようなにぎわい。

th_IMG_4573.jpg

あ、他の麺料理と同じく、お野菜もタップリついてきますよ。
ほんとにこの、「炭水化物を食べる時には繊維質も一緒にタップリ」っての、
日本では割と最近出て来た「太り難い食べ方」だと思うんですが、ベトナムでは
きっと随分前からこういう食べ方をしてたんでしょうねー。知ってか知らずかは
存じませんが、素晴らしい生活の知恵。これに慣れるともう日本でうどんやラーメン
食べるのに罪悪感を感じてしまうほど(^^;(野菜少ない。。。w)


しかし。。。本当に専門店なんですね。
◯◯専門店、と謳ってもサイドメニューに何やかやあるお店が多い中、
ここまで潔いお店は珍しい。そしてそうするだけに値するお味があると思います。
お値段、ちょっと失念してしまったのですが、確か50kか60kくらいだったような。

お店の方が「食べ方分かる?トッピングはこれに浸けると美味しいよ?熱くない?」
とか、ベトナム語だったけど色々気遣ってくれたのも印象的だったなー。
心配そうにずーっとこっちを見てるから、丼から顔を上げる度に目が会ってたので
都度、二コーヾ(@⌒ー⌒@)ノっと笑って「ンゴーン♪」と言ってたらメチャクチャ
嬉しそうな顔してたなぁ。(単に珍しい生きものを見ている感覚だったかもしれない…)

料理のおいしさや賢さもさることながら、ベトナムのお店はこういうホッコリする
場面をたくさんくれるのがいいよね、また。東南アジア各地回ってつくづく思う。

良いお店を教えてもらいました。
教えてくれた方と一緒に来れなくなったのは残念ですが、「美味しかったよー♡」
と、せいぜい伝えて羨ましがってもらおうと思ってます(^皿^)


th_IMG_4570_201604030418132b7.jpg



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ちぇり

Author:ちぇり
FC2ブログへようこそ!

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleブログ村PVランキングsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
アップグレード 追加 作成済み/作成可能プロファイル数:0/1 キーワードをご入力ください ご指定の条件に該当するデータがありません * 他のユーザーから閲覧もしくは管理権限を与えられたプロファイル ユーザーガイダンス 解析コードの実装方法 Google Tag Manger 1.下記の解析コードをコピーして、解析を行いたい全てのページの から の間に貼付けてください。 解析コードのコピー 2.解析コードが実装されたウェブサイトを開いてください。 3.解析コードが正しく実装されたか確認してください。 チェック 閉じる
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR