タイをもっと楽しみタイ 〜 HOTEL HOPPING♪

タイは今後もチョコチョコ行くよねー、って話で、ならば定宿になる
要な所を探す旅もしなければならないのではなかろうかっ( ・`ω・´)b
という使命感に燃え、今回は色んなお宿に泊まってみました♪
うん、一日ずつチェックイン・チェックアウトしては移動(笑)

備忘録的に加工と思ったんだけど結局かなり長くなったので、
お時間の無い方は後ほどに回して下さい(笑)




タイのお宿と言うと、これまでで印象に残ってるのはやっぱり

★お勧め★ Dusi Thani Hotel
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-3831.html

国賓の方も使われると言う立派なホテルで、とてもゆったりとした雰囲気。
BTSの駅にもすぐ近くだから便利だし、中心街からもすぐ。
場所も良いし、なんだったら朝散歩する公園も近くにある師で色々と素敵。

グレードにもよるけど、平日だったらホテル予約サイトで1部屋1万円くらい
から泊れてしまうと言うのも嬉しい。もちろん頭数は関係無し(部屋によって
MAXはある)。1部屋いくらの換算なのでとってもお得。タイは宿代が
お手軽なのが嬉しいよね♪

Renaissance Hotel
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-category-38.html

マリオット系列のこちらも、ゆったりとして落ち着いたホテルでした。
特にクラブルームを取ったからってのもあったと思うんですが、
こちらも通常平日価格であれば12000円くらいから。お部屋がとにかく
広々してて落ち着いたわー。とても居心地の良い宿だった。


★到着時間によってはお勧め★ AMARI HOTEL
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-category-38.html

ドンムアン空港直結のホテル。
例えば金曜の夜にホーチミンを出るとバンコクに着くのは夜中近く。
その時間から市内に動くのは大変だし危険。そこでこちらのホテル。
単純に移動無しだから便利というだけじゃなく、ルームサービスの
クオリティが安定してて、それが楽しみ。最初は利便性だけで旦那さんが
取ってくれたんだけど、いまじゃすっかりこちらのルームサービスを楽しむ、
というのが定番にw


と言うのがこれ間でのお宿。
今回はまた色々面白い所に行って来たのでご紹介。
数があるからザクッと行きます(もう既に長げーよ、この回。。。)



★お勧め★ Terminal 21
2, 88 Sukhumvit Soi 19 (Wattana)Sukhumvit Rd.,
BTS アソーク駅直結
th_IMG_7243_20160525190201d6f.jpg 

バンコクは初めて!という方には最適と言っても過言ではないホテル。
主要BTS乗換駅で且つMTR(地下鉄)駅も近くにあるので、観光客が
行きたいと思う代表的な場所にはどこにでもアクセスできるんじゃないかな。

更には隣が有名なショッピングセンター、Terminal 21。
更に更にそこにあるフードコートは、安さ、美味しさ、種類の多さを兼ね備えて
いて、確かにこれまで行ったフードコートの中でも相互内はトップレベル。

今回は一緒に行ったお友達家族が宿泊されたのですが、お部屋も奇麗でコージー。
且つ、このお部屋には(全ての部屋ではないかもしれない)キッチンがついていた!

        th_IMG_7246_20160525190205095.jpg
th_IMG_7244_20160525190202cbd.jpgth_IMG_7245_20160525190203cd1.jpg

街中なので外の光景はこんな感じですが、まぁとにかく色々便利そう。
動き易いし過ごし易い。ハイシーズンには満室になることも多い様なので
旅行日が決まってココを狙うならお早めに。

th_IMG_7247_2016052519020745d.jpg



★朝食以外はお勧め★ MADUZI HOTEL
9/1 The Corner of Soi Sukhumvit 16

th_IMG_7277_201605251916262f6.jpg 

th_IMG_7363_20160525191632773.jpg th_IMG_7276.jpg

こちらは私達が最初に泊ったお宿。
先程のTerminal 21があるアソークと言う駅が最寄りですが、さすがに直結程の
近さではなく、5分程歩きます。この日は雨が降っていたので、途中までは駅から
続きのビルの中を通り、ホテルまでほんの数十mのところまで行って雨宿り(^^;
荷物もちぇりサンもいるから旦那さんが凄く気を使ってくれてたけど、
ま、南国の雨は待ってりゃすぐ止むことが殆どで。。。(笑)

で、場所は駅からほんの少し離れますが、この宿メチャクチャ良かったですよ。
レジデンス用に作ってあるのか、外観に派手さはありませんが、中が徹底的に
拘られてる。お部屋も、お仕事デスクがゆったりあって、その他のくつろぎスペースも
潤沢。お仕事をしない人もくつろげるようにリラックスチェアがあり、

th_IMG_7282_20160525191628181.jpg th_IMG_7283_201605251916290d0.jpg

         th_IMG_7287_20160525192124922.jpg

この椅子に座って私、延々PC触ってましたからね。
更にこの広いお部屋の突き当たりから廊下が延びてて、
その先にはバスルームエリアが。といっても、脱衣所だけで一部屋ありそうな広さが
あったし、そこにある簡易ソファでもう1人寝れるんじゃね?
床に雑魚寝したらここだけであと4人くらいはいけるんじゃね?って感じ(^^;

th_IMG_7288_201605251917063cd.jpg th_IMG_7290.jpg

th_IMG_7292.jpg th_IMG_7293_201605251917113c6.jpg

引き戸の和風な造りのトイレに、面白かったのはお風呂のお湯が出て来るカランが
見つからず、コックはあったので捻って見ると、天井からズドドドドド!!!って
バスタブにお湯が落ちて来てたwww 初めて見るデザインだったなw
それが何ってわけじゃないけど、うん、新鮮だったの(笑)
打たせ湯楽しみたい人は、首折らないように気をつけてw

th_IMG_7281_20160525192624e66.jpg th_IMG_7280_2016052519262313c.jpg


日本人も多いみたいでノーティスが日本語だったのも分かり易かったけど、
その中に「チップは頂きません」「食事の時間は融通します」「ミニバー内は無料
(アルコールは有料)」など、お客に大変便利なシステムになっていて、且つ、
お部屋にコーヒーマシンもあるのだけど、「面倒だったらお申し付けいただければ
24時間いつでもお淹れしてお持ちします」と。
それでもチップ受けとらんのかーい(・∀・;

諸々「お客様の為に」と言うサービスが溢れていて気分が良かった上に、ハードが
大変充実している。こちらも平日価格だと9000円くらいからとか、もうタイやっぱり
お宿天国!!ただ一点。。。

          th_IMG_7420_20160525192626afe.jpg 

th_IMG_7421_20160525192627185.jpg th_IMG_7422_201605251926294f4.jpg

th_IMG_7429.jpg th_IMG_7431_20160525193239c8c.jpg

朝食会場の雰囲気も、ホットディッシュは結構な種類の中からオーダー制になって
いるのも嬉しいし、造りも悪くなければ手抜きもしていないのですが。。。。
ことごとく口に合わなかった(・∀・; 丁寧な造りでこれなので、多分お料理としての
優劣と言うよりは好みの違いなんでしょうなぁ。。。このズレ具合、タイで時々
見かけられる傾向。例えばクレープの生地がボテボテして野暮ったいとか、
ココットの中のベシャメルが水っぽいとか。

ま、旅行先では朝食からお外に出て、特にタイは屋台文化も賑やかですし、
そもそもこちらの宿のお値段がそんなに高い訳でもないので朝食はないもの、
と考えた所で有り余るコスパの良さ。好みの話なのでお口に合うかたもいらっしゃ
るかもしれませんし、料理の評価を厳しくしなければとてもお勧めなホテルです♪



★う〜ん…★ LIT HOTEL
36/1 Soi Kasemsan 1, Rama 1 Rd.Pathumwan, 

th_IMG_7458_20160525200917ce9.jpg

エントランスが美術館のようですw
BTS National Studium駅 から歩いて3分ほど。
個性的で面白そうだなーと最初は思ったのですが。。。
個性的過ぎた(・∀・;

th_IMG_7540.jpg th_IMG_7465_20160525200918bab.jpg

部屋に入るとかなり細長い造りを横にベッドで区切ってあるので更に狭く感じ、
上写真右手前にカーテンで区切られてるとこがあるのですが、ここがトイレ。
いや、カーテンだけって心許なさ過ぎるやろ(^^;

その左手側、ベッドの裏手には細い廊下があって奥がバスタブ。
どーすんのこの廊下のスペース。

th_IMG_7467_2016052520091986c.jpg th_IMG_7468.jpg

この廊下の一部がクローゼットになってて寝室と通じるようになってるんだけど
どんな時に使えと?と言う感じでよーわからん。且つ、ソケットが不便な場所に
しかなくて、ドライヤーが使い難い。ソケット場所に鏡があるのでそこでやれ
と言われたらそれまでですが、お化粧しながら神もセットしたいと思って、
バスタブ手前左のシンクの所に持って行こうとすると…
th_IMG_7580.jpg th_IMG_7581.jpg

こんな感じ( ̄ー ̄)
うん、なんかデザインドの個性的なお部屋を目指したんだろうけど、機能性が
悪すぎる(笑)。デザインでもやはり極端に機能美から遠ざかると居心地も
よくないし、ここはちょっと残念な感じ。変わった造りの珍しいタイプに
泊ってみたいと言うホテルホッパーとかには面白ネタになるかもですが、
落ち着いて居座れる感じじゃなかったかなー(^^;



★意外にお勧め★ Shangri-La Hotel
89 Soi Wat Suan Plu, New Road, 

th_IMG_7619_20160526012720019.jpg th_IMG_7622.jpg


5つ星を捕まえて「意外に」ってどういうこっちゃねん、というのは、
市内の賑やかなエリアからちょーっと離れた所にあるから。
ホテルを出て歩いたらすぐにショピングセンターが…みたいな立地じゃないので
名前には憧れるけど利便性でアウト、としてしまう方の声をチョイチョイ聞きます。

が、こはBTS Saphan Taksin 駅からほぼ直結と言って良い位置にある。

どこかに行きたいと思ったら、玄関を出て数十m行けば駅。

乗ってしまえば10分15分でメジャーで賑やかな所に出れるので、「意外と」

不便じゃないですよ。


それどころか、アジアンティークという観光施設に行く為の船乗り場がすぐ

近くにあったりと、プランによってはかなり便利なお土地柄。

そして落ち着いた周囲の環境。少し古めかしいけど、その分新し過ぎて

ピリピリしない安心感のある装飾。シンガポールのシャングリラほどの絢爛さは

ない気がしましたが、素直に「良いホテルだなー」と思える佇まい。

素敵なホテルでも、舞い上がる様な印象だと落ち着かなかったりしますもんねw


th_IMG_7625_2016052601272359f.jpg 


お部屋も広々。

こちらも調度は最新鋭ではありませんし、かといってタメイキが出るようなアンティーク

でもないのですが、しっとり落ち着き、どこの空間にも落ち着きを感じます。

古さの中に多少の不便さを感じたりはしますが、居心地の良い空間。


それでも何となく名前に威圧を感じる皆さん。

タイのシャングリラは宿泊料もお手頃ですよ。

平日だったら1.5万円くらい。クラブルームでも2万円ちょいなんですよ。

ええそりゃ数千円で泊れる宿が沢山あるバンコクの中では高級です。


しかしクラブルームは、アフタヌーンティーからイブニングカクテルタイム、

そして朝食が専用エリアでゆっくりと頂けると言う特典つき。


th_IMG_7718.jpg   th_IMG_7720.jpg

th_IMG_7724_201605260129381e9.jpg th_IMG_7758.jpg


せっかく良いホテルに泊まるのだから、日程に予定があるのならホテルにお籠もりを

決め込んで、それらを活用するプランもありだと思うし、外での食事の費用を思えば、

そんなにむちゃくちゃは高くない。だって一泊する間の食費3食2人分を考えたら

1万円くらい行くことあるし、吞ん兵衛ならそんなもんじゃ済まないケースだって。。。


th_IMG_7723_201605260129376cb.jpg 


いや、安く済まそうと思えば数千円で済ませられるとは思うんですがw

そこは「どう楽しむか」のプランニングによる訳で、こんな過ごし方もあるんじゃ

ないかなーという選択肢の一つとして持っておくと楽しいかなと。それに。。。

他所の国のシャングリラじゃ、こんな価格じゃ泊れない気が(^^;

シンガポールだと倍、まではしなくてもそれに近い金額だもんなぁ。

いや、こういうホテルに泊まるのにミミッチぃこと言うんじゃないよって話ですがw


th_IMG_7758.jpg  th_IMG_7770.jpg


th_IMG_7777.jpg 

お買い物メインでバンコクに行くなら、もちょっと都心の方が便利ですが、
何度目かのバンコクでホテルライフを楽しもう、と思われる際には
ぜひとも候補に入れてほしいホテルです。



★コージー&快適!★ OAKWOOD
15 Sukhumvit Soi 24Klongtoey,

さて、シャングリラを最後に旦那さんは仕事に戻り、ちぇり1人が残ったバンコク。
ちょうどこのエリアに所用があったのでこちらのお宿に1人。

th_IMG_7806.jpg 

BTS Phrom Phong駅から歩いて数分。
しかも駅から地上に降りた所からホテルまではお店が色々並んでいて、且つ
屋台も多く、街中とは違った活気が見られます。チョイ食べしたくなる屋台が
沢山で、個人的にはとても好きだったエリア。

ここはレジデンスタイプなのでキッチンが着いているのが魅力。
小さいお子さんがいらっしゃったりすると、その方が便利な事もありますよね。

th_IMG_7810_20160526021210c49.jpg 

th_IMG_7918.jpg

広々とした間取りに、ベッド再度に充分なスペースのソファ席とビジネスデスク。
我家みたいに、旦那さんがお仕事をして、私はPCをカチャカチャする時間が長い
夫婦にはそれぞれの空間がキープできて大変快適。それにこの適度なホテル感と
お家感のバランス。とても良い。

そして個人的にはキッチンが良かった。
実に充実したキッチングッズの揃え方。
チョットした料理なら問題なくできるし、3人4人くらいだったら余裕のストック。

th_IMG_7808.jpg   th_IMG_7916.jpg

th_IMG_7914.jpg th_IMG_7915.jpg

1日2日なら外食ばかりになるでしょうが、ちょっとばかり長期になると、
朝やお昼は部屋でいいや、ってことにもなるかもしれません。特に屋台分かな
タイだと、持ち帰ってお家でご飯ってパターンも。もちろんそのままの容器でも
いいのですが、色々買ってみんなでシェアして、なんて楽しみ方をするには、
ちょっとした食器やカトラリーがあってくれると大変便利。

バスタブが無いのだけが日本人的には残念ですが、充分な水量。。。というか、
調整を誤るとイダダダ!!となるほどの水圧で気持ちよかった♪
ちょろちょろパッパのとこ多いですもんねw

お仕事でお籠もり、なんて時には、電話帳くらいありそうなデリバリーリストも
お部屋にあります。あと、お土産セットを宅配してくれるサービスも。
さすがバンコク、色んなニーズを捉えてますなw そしてチョイスが潤沢。



th_IMG_7856_2016052602210817b.jpg   th_IMG_7857_20160526022110e11.jpg 

th_IMG_7862_201605260221114c8.jpg th_IMG_7863.jpg
       
そしてなにより。。
ココはスタッフさん達がお見事でした。
アットホームで親切でとても気安い。

旦那さんが半日だけ荷物を置いて一緒に出掛けたのですが、宿泊者でない彼まで
「外は暑かったでしょう?」と言ってお水をくれたり、すぐに名前を覚えてくれて
出入りする時には名前で呼びかけてご挨拶。チェックイン時にホテル側から住所が
書かれたカードをくれて「タクシーで帰ってくるときはこれを見せたら大丈夫ですよ」
と。中には英語のわからないドライバーさんもいるからこれは助かる。

それらはもちろん彼らのセキュリティ上、必要なことでもあったのだろうけど、
とにかく感じが良い。帰って来たらホッとする。お部屋も使い勝手が良い。
これで1部屋、この時で6千円くらいでした。じきによって若干上がりはするようですが、
ご家族で泊られる分にはお得じゃないかなー。実際駐在の方なのか、生活されてる
らしい日本の方も何人かお見かけしたし、「ちょっとだけタイ生活」を楽しむには
打ってつけのお部屋かと。

ちなみにこの周辺には早めに取れば3千円台のお宿も結構あっていいですよー。
ショッピング街ど真ん中の喧噪はありませんが、充分楽しめるだけのお店や雰囲気が
あって楽しかった♪私はあまり重要視しないのですが、日本食のお店も沢山あった
ので、お仕事で来られて日本食があった方が、ッて方にも向いてる。
街中へも数駅のポジションなので便利です♪





こんな感じで、今回はホテル・ホッピングを楽しんだわけですが、タイはこういう
楽しみ方ができるってのもいいですよねー。旅先で宿は確実に確保しなければ
ならない事項。再現なく予算をかけられるなら話は別だけど、ある程度の上限を
持ってもチョイスが多いってのはタイの醍醐味。ショッピングも楽しい街だけど、
ホテルライフもとても楽しいですよ、バンコク♪






にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ちぇり

Author:ちぇり
FC2ブログへようこそ!

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleブログ村PVランキングsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
アップグレード 追加 作成済み/作成可能プロファイル数:0/1 キーワードをご入力ください ご指定の条件に該当するデータがありません * 他のユーザーから閲覧もしくは管理権限を与えられたプロファイル ユーザーガイダンス 解析コードの実装方法 Google Tag Manger 1.下記の解析コードをコピーして、解析を行いたい全てのページの から の間に貼付けてください。 解析コードのコピー 2.解析コードが実装されたウェブサイトを開いてください。 3.解析コードが正しく実装されたか確認してください。 チェック 閉じる
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR