Cocochin Food Court 〜 屋台村出現???

***** 2016 Jun. again *****

気になってた屋台村に行ってみました!
入り口にはFood Courtと書いてあるのですが、構えがまぁそれじゃないよねw

th_IMG_9893_20160619162319a39.jpg th_IMG_9894_20160619162320813.jpg

雰囲気の良いエントランスの両側には使い古したミシンがディスプレイされてて
素敵な感じ。カフェとかでも良くモチーフにしてますよね。縫製業が盛んだから
その影響なのかなー。お洒落な廃品利用。

th_IMG_9897.jpg 

お店に向かって右側はキャッシャーで左側がエントランス。
入ろうとするとこんなカードを渡してくれます。

th_IMG_9898.jpg 

お金は払っていない状態ですが、500k分のクレジットが入ってます。
基本1人に一枚貰えて、これを使い、各店でオーダーを。
使った金額が記録されて行き、帰りにキャッシャーでまとめて清算。

この手のカードの場合、自分でお金を出してチャージして使うケースが結構
ありますが、それだと使い切らなかった場合、払い戻し手続きが必要だったり、
払い戻し損ねて残った分が無駄になったりするケースがありますが、こちらの
方式だと、普通のレストランみたいに色々オーダーして最後にまとめてお会計、
という形なので手続きも一度で済み、合理的だし無駄を心配する気がかりも
なくなるからいいですね。

th_IMG_9899.jpg th_IMG_9903.jpg

薄暗目の店内にはずらりと有名どころのお店が!
いきなり入り口にHa Ha Sushiさんがあったのはなぜ?!と思いましたがw。
そこから先には大好きな愛するKHOAIさんがあったりと、延々とお店が続きます。
各店写真入りメニューが用意されており、分かり易いし、それぞれの店舗
価格からも余り変わらないので予想も付け易い感じ。全体に、70k〜140kドン
くらいの間の料理が多かったかなー。

屋台村、という語感からイメージする程安くはないかもしれませんが。。。
なんと言ってもここの良さは、名店どころのお料理を少しずつ、でも一度に
多種類味わえると言うこと!私が数週間かけて回る数のお店を一気に体験
する事も可能(笑)嬉しい様な悔しい様な(笑)

th_IMG_9908.jpg 

th_IMG_9905.jpg th_IMG_9906.jpg

内装がまたホイアンチックで良い感じ。
フードコートと言うとどうしてもあの味気ないステンの机や椅子をイメージして
しまいがちですが、ここは中々素敵でしたよ。少人数用に池をモチーフにした
水場を取り囲むように作ったカウンター式のテーブルとか、多人数用には長椅子
を設置したロングテーブル、4人がけくらいの机は移動し易く、フレキシブルな
人数調整も可能、と、なかなか考えられてます。

ドリンクはちょっとお高め。
多分殆どのお店で頼めるっぽいんですが、ビールもコーラもお水も45kくらい。
良いブランドのものをつかってるんでしょうが、高い。。。

お水は持ち込んでる人が多かったですね。ビールはさすがにその場で買いますが、
45kドンのお水はさすがにちょっともったいない。。。許容されてるようですから
お水が必要な方は持っていくといいかも。

という点はありましたが。。。
はい、どーんヾ(@⌒ー⌒@)ノ

th_IMG_9921.jpg 

やーーーー!!
各店のお気に入りの料理がテーブルの上に一同に!!
ちょっとこれ超嬉しいんですけど!(≧∇≦)

どれもどこかでは食べる事が出来るティピカルなベトナム料理ではありますが、
土地も違えば麺、お魚、焼き物などのジャンルも違うお料理たち。
これらを一気に頂けるって、旅行者の方にはどんだけ効率良くベトナム料理を
制覇できるん!?って話よね!!ちょー朗報だと思うの、ここっ(≧∇≦)

th_IMG_9918.jpg th_IMG_9916.jpg

ミクアンは専門店知ってるけど、カウラウはあんまり見かけない気がするんよねー。
あるにはあるんだろうけど。そしてここのくらい美味しいのとなると更にハードル
上がるし。ちなみに多分これらを出してる所は1軒なのですぐに分かると思います。

th_IMG_9917.jpg th_IMG_9915.jpg

バインコットは、行ってみたかったお店のものだった!!
前を通りがかるたんびに行ってみたい行ってみたいとは行ってたのだけど、
「行ってみたいお店」に強豪が並び過ぎててなかなかお鉢が回って来て
なかったところ、ここで食べれたヾ(@⌒▽⌒@)ノ

バインコットって、他のお店のサイドメニューで頼むと、小麦粉を入れた
生地を焼いたもの=たこ焼きの半分みたいなものと言う感じのものが多かった
気がするのですが、ここのは玉子…??小さい目玉焼きの様な…??

th_IMG_9925.jpg 

それがカリカリっと良い感じに焼かれててとても美味しい♪
玉子の白身を焼き過ぎた食感って普通嫌いなんだけど、これはなんか
美味しいぞ。まぁ野菜タップリにくるんで食べるから焦げた目玉焼き食べる
のと並べたらアンフェアかもだけど。。。。さすが人気のお店と聞いてた
だけあって、このお店のバインコット、美味しいわ♪

となると気になるのがバインセオ。
ショーケースにあるサンプルを見ると、お気に入りのBanh Xeo Muoi Xenより
も更に大振りな感じで美味しそう!!!追加で頼んじゃえー!
って頼んでみたら…?

th_IMG_9931.jpg 

おーーー!凄い迫力♪
そして生地がメチャクチャ薄い!軽い!!!サクサク!!

th_IMG_9933_20160620145622884.jpg 

これ、中華鍋みたいなのに生地を薄ーく広げて焼くんですが、結構強火で
ガンガンやるのに焦げてないし、丸く焼いた後折り曲げられる程度には
柔らかいのにパリパリしてるし。。。

まぁ決めては大漁の油なんでしょうけどね。。。
焼いてるとこ見たら(ひーっ(・∀・;)って思うくらいに油使ってるw
焼くというより揚げる、に近い感じ。だからヘルシーかと言われるとちょっと
ドキドキするけど美味しいんですよ(笑)

揚げ豆腐は別のお店でしたが、ちょっと面白かったです。
レモングラスのシュレッドなり刻んだものを揚げたフレークがかかってる
事が多いですが、こちらのはココナツ風味でホンワリと甘い香り。

th_IMG_9935.jpg 

あとカニフレークがかかってんだったかな?お豆腐本体は卵豆腐。
お醤油を着けて頂くいつものレモングラス豆腐とは随分趣きが違ってましたが、
いや、これはこれでまた美味しい。

KHOAIさんのこのサラダ(というにはゴージャスですがw)は一緒に行った
人のお気に入りで(尾見で必ず頼むらしい)まぁ定番のライスペーパー巻きで
頂くスタイルですが、巻く中身、野菜や練り物だけじゃなく、更にライスペーパーを
揚げたもの???いや湯葉???ちょっと正体不明だったのですが、サクサクの
揚げた皮を加えると食感が楽しいヾ(@⌒▽⌒@)ノ

th_IMG_9924.jpg 

ただ、こいつにだけは要注意。

th_IMG_9927.jpg 

嫌い過ぎてピンボケしとるわ(´Д` )
日頃は、ベトナムの方と日本人って味覚が似てるかも♡
とか勝手に親近感を抱いてるのですが、この野菜だけはどうにもこうにも。
ひと口噛めばお口の中がギョワギョワギョワー!!っと渋くなり、
口内中の感覚が搾り取られる様な感覚。

バナナの一種って聞いたかなぁ。とにかく渋いっ(・∀・; 
しかし美味しいと思われてるから各種料理に使われてて度々遭遇するん
だろうし。。。これだけは解せぬ。。。。

ともあれ、そこも含めて(笑)お店のものと遜色無い味を出してるようで、
お値段的にはまぁお店とゴッツだと思いますが、何度も言うように、
他店の料理と合わせて楽しめると言うのは、やっぱりメリット。
嬉しいなー、このシステム♪

th_IMG_9907_20160620150236422.jpg 

1階の奥の方には貝料理の専門店も。
貝料理、心配される方が思う所の危険性を考えると奥内だから安心ってわけじゃ
ないけれど、時間的に「夕方からのお店しかない」ケースもあって、時間を
問わずに直射日光を浴びておらず、冷蔵補完している素材を使ってもらえる、
というのは嬉しい所かも。以前別のフードコートにあった貝料理のお店はあっと
言う間になくなったからなぁ。ここもなくならないように、今度は貝を食べても
大丈夫ってメンツ誘って食べに来よう(*´艸`*)

2階にもシャレた席と別店舗があり、タイ料理とかもあったかな?
ランチがお安いMaleeさんの出店だったかと。
ただどうしても1階の方が店舗が多く、2階まで上がるのが面倒、ということ
なのか、余りお客さんはいませんでした。

th_IMG_9911_20160620150233d6c.jpg th_IMG_9913.jpg

ただ1階で頼んだものを2階で食べては行けないと言うことではないでしょう
から、席が混雑しててちょっと落ち着かない、って時には、2階席を覗いて
見るのも手かもです。

なんにせよここ、在住者にも旅行者にも嬉しいばしょじゃないでしょうか!
カジュアルなお客さんならお連れするにも充分素敵な雰囲気ですし、
一気に色んなお店の色んな料理を食べられるなんて、胃袋が限られてる
旅行者の方には最適じゃない?!

中にはチェーン方式のお店もあるのかもだけど、ざっと見た所、付近の街で
実績を上げてる地元の人の人気店を集めているのは明らかで、といって、
この企画を持ちかけた所が全て承諾した訳でもなかろうし、ここの開設に至る
までには相当ご苦労もあったかと思うのですが、モール内のフードコートとは
一線を画す構成とコンセプト。狙いと実現した手腕って、すばらしいと思うんですよ。

もちろんコスト面など、今後どのくらい受け入れてもらえるか、人気を持続する
為のギミックはどうして行くのかなどの課題はあると思いますが、場所もNguyen Hue
ですし、多くの人に知ってもらって活用してもらえたら良いなー、と切に思うのです。

ローカルの方にはかなり人気があるようで、周辺オフィスの方達がランチに
ガンガン押し寄せてました。ので、ランチするなら少し早めの11時過ぎくらいから
行くか、収まった13時後くらいに行くのが狙い目。きちんとしたお料理だけど
1人で行っても気兼ねないし、なんだったらカウンター式のお一人さま的席も
あるし、数人で行ったら数人での楽しみ方も出来ますので、ぜひぜひ試してみて
くださいなーヾ(@⌒ー⌒@)ノ





***** 2016 Jun. *****

Nguyen Hue通り、広々とした歩行者天国ができてほんっと、
贅沢な造りになってますよねー。その通り沿いにある
Daxton Hotel 内のレストランのビュッフェの事は以前ご紹介しましたが、

http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-4219.html

その正面玄関右側にしばらく言った所に。。。。
あらこんなお店が?


th_IMG_9489.jpg 

ベトナム料理かなーと思って詳しく見ようと近寄ってみたら。。

th_IMG_9488.jpg 

th_IMG_9488.jpg


フードコート!!!
フードコートって言ったらショッピングモールの中にあったりするものな
イメージだけど、なるほど、観光客が多い通りならこう言うのがあってもいいよね!
ただし、入ってるお店は、モール内に良くあるチェーン店のライトな感じばかり
ではなく、このブログでもご紹介して来たKhoaiさんなんかも入ってる!

Haha鮨さんは本店改装後、質が落ちたと言う所までレポしましたが、そーか、
まだ支店増やすくらいに復活してるのか。もしかしたらまた板さんが変わった
のかもしれんな。今度行ってみねば。

お店のラインナップから見るに。。。フードコート、というよりは、
屋台村、って感じかしら。店内は見てないのですが、多分そう言う呼称に
している限りは、共同イートインスペースがあって、色んなお店で注文した
ものを持ち寄って食べられる感じなのかなーとイメージ。
これは色々食べてみたい旅行者の方にはありがたいですよね♪
いや、私のあれこれ食べたい欲を満たすのにもすごく良さそうですがw

表の雰囲気は丸っ切り「良さげなレストラン」だったので、フードコートとは言え、
中もそんなにチープな感じじゃないんじゃないかなー。
なんにしても便利そうですね。近々一度探検に行ってみたいと思いますが、
色んな好みの人がいるグループでお出掛けになる際など、結構重宝するんじゃ
無いかと思いますので、一足先にお知らせでしたー♪




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ちぇり

Author:ちぇり
FC2ブログへようこそ!

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleブログ村PVランキングsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
アップグレード 追加 作成済み/作成可能プロファイル数:0/1 キーワードをご入力ください ご指定の条件に該当するデータがありません * 他のユーザーから閲覧もしくは管理権限を与えられたプロファイル ユーザーガイダンス 解析コードの実装方法 Google Tag Manger 1.下記の解析コードをコピーして、解析を行いたい全てのページの から の間に貼付けてください。 解析コードのコピー 2.解析コードが実装されたウェブサイトを開いてください。 3.解析コードが正しく実装されたか確認してください。 チェック 閉じる
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR