スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カルダモン 〜 スパイスがカッコいい!

***** 2016 Dec. *****

カシミールカレーと言えば、その昔、ロイヤルホストと言う西のファミレスが
初夏当たりに毎年やってたカレーフェアでの目玉商品(またローカルな…)。
まだ昔の話なので今のように本格的なインド料理がナチュラルに街に存在する
時代でもなく、その個性的な味わいに魅せられて、フェアの間中は胃炎起こす
まで毎日食べてた。(←バカw

で、知識もなかった頃だったので、ワタクシすっかりこれ、カシミール地方の
名物料理だと思ってたんですが、違うんですってね。カルダモンの店主さん曰く、

th_IMG_0008_20170105134133723.jpg 

だそうです。
うん、私も調べてそう聞いてたけどほんとにそうだったのね(笑)
そもそもの発祥となったお店「デリー」は上野にあるお店だったかな?

そう、カシミールカレーは、なんと日本生まれだったという衝撃の事実(笑)
また定義も曖昧な為に、どういうスパイスをどのくらい使った物の事を指す、
とか言う記述もないので、実に倍レーション豊かな結果を出してるカレーなのです。
それはそれで、お店の個性が出て面白い。というわけで、こちら。

th_IMG_0010_201701051341368da.jpg 

シンプルっ( ・`ω・´)b
だがこのシンプルさが良いっ。
そもそもこちらのお店のレギュラーメニューも、個人的にはとてもスパイス使いが
独創的で、「楽しませてくれる」カレーだった訳ですが、このカシミールもまた
おもしろい。

濃度、油分が低めで胃に重たくないのも好ましい。
しかし食べ応えはしっかりなのです。カレー食った!という満足感があるし、
なんかありふれたもんじゃない「特別なカレー食ったぞ!」という充実感もある。

日本に居る頃は、自分のカレーが大好きで(自分の料理フェチなもんで…)
外でカレーを食べることなど、ついぞなかったのですが、カルダモンさんを
知ってから、チョイチョイお外で食べたくなるし、自分が作るカレーもチョイチョイ
アレンジを加えるようになったかなー。

そういえばこちらで夜ご飯をいただいたこともあるのですが、

th_IMG_3774_201701051351503df.jpg th_IMG_3777_20170105135151e11.jpg

th_IMG_5739_2017010513515592b.jpg th_IMG_5740_2017010513515514b.jpg

th_IMG_5736_20170105135152878.jpg th_IMG_3772.jpg

バリエーションに富んでて面白い(笑)
当初入るのを躊躇っていた理由である「あれもこれものメニューどないやねん」
ってのも、それぞれを食べてみると「色々あってくれて嬉しいやん」に変わるから
面白い(笑) 言うほど通ってるわけじゃないのですが、もしこのお店が近くに
あってくれてて外食する機会が多いのなら重宝するんだろうなーって。

行ったらやっぱりカレーが食べたくなっちゃうんですが、サイドとして何かを
追加するも良し。単品料理を酒のつまみにするも良し。

ってか、いつ伺っても馴染みらしきお客さんをお見受けするので、愛されてる
お店なんだろうなーと。
ちなみに今度試したいのは2種類盛りのカレー。

th_IMG_0007_2017010513413246d.jpg 

「同時に食べ比べる」って、違いを感じるには一番なので、こういうメニュー、
嬉しいのよね(*´艸`*) 店主さんから違いを詳しく聞きながらとか食べられたら
面白そう。あー、話してたらカレー食べたくなって来た〜(笑)



***** 2016 Aug. *****

これまでなかなか足を中々踏み入れなかったのに、美味しいお店を立て続けに
見つけて俄然開拓意欲を刺激されてるThai Van Lung内のお店群。
今回は、最近ご紹介したお蕎麦屋さんの「山伏」さんのすぐ近くにある
カレー屋さんです。

th_IMG_1682.jpg 

おや、肉料理もあるのね、と思いつつ近づいてみると…


th_IMG_1684_2016072520343936b.jpg 

……か、かなりバラエティに富んだラインナップ。。。
えっと…うん、わからなくはない。なんとなくシルクロード的なものを感じる
気もする。とりとめがないようで、何となく繋がりを感じる様な…(←もの
凄い漠然としてるんですけどね)。

と、ともかく入ってみましょう。

th_IMG_1690_201607252035231db.jpg 

おお。程よいスペースの中に漂う、そこはかとないエキゾチック感。
そしてスパイス推しのインテリア。雑然としているように見えて、まとまりがある。
おや、それってさっきのメニューそのもの?バラバラなものが集まってるように
見えて、なんか統一感があるというか。へーっ。面白いバランス感覚。
なんかカッコいいぞ。

th_IMG_1689.jpg

表のメニューで見たキノコのテリーヌと言うのが大好物で気になったので頼んで
みよう、と思ってたのだけど、お昼は限定メニューになる様です。と言っても
かなりの種類があるんだけれども。

th_IMG_1686_20160725203442c80.jpg 

うおー。担々麺とかも気になるけど、やっぱりここはカレーよなぁ。
そしてドライカレーも気になるけど、メニューのトップを最初は食べておきたい
よなー、ということで、今回は看板メニューのスパイスカレーを。

そしてもう迷わないようになるべく視線を移さないようにしてたのですが、
こんな組み合わせのランチもある様です。


th_IMG_1687_20160725203443bdb.jpg 

麻婆豆腐ー!!手作り餃子ー!!!
見かけたらまずは試してみたいアイテムがががが。
でも今日はもうお口がカレーになってるしなぁ(ノ_・。)
ということで、泣く泣く我慢。最初は取り留めないラインナップだと思った
けれども、この内容、どれもけっこう魅力的じゃない?しかも10万ドンとか。
美味しかったら日常ご飯に超嬉しいじゃん。

とか考えてたら、早々に着丼。
はいっ。


th_IMG_1694_201607252035264a2.jpg 

シンプル( ・`ω・´)b
パッと見、日本のルーで作った感じのカレーに見えるけど。。。

th_IMG_1697_20160725221546b89.jpg 

油脂分がもっとライトで、スパイスが…っ、スパイスが…っ、かっこいい!!!
ごめん、私スパイス使いそんなに経験ないんで、なんて表現したらいいか的確な
言葉が見つからないんですが(笑)、そのルックスと口に入れる前の風味から、
なんかなつかし感じの、日本の喫茶店なんかに良くあるタイプのカレーかなー、
それはそれで嬉しいやーん、みたいなことをフッと思い浮かべたりしてたのですが…

確実に、スパイスの使い方が全く別もの。
なんやろなー、なにがどうとは言えないんだけど、カシミールカレーっぽい
大人っぽさというか、なんか「かっこいい」ねん。スパイスがかっこいいって
どういうこっちゃと思うのですが、色々な香りが絡まりつつシュッと抜けた
筋が通ってるというか、うん、やっぱりかっこいいのw

カシミールっぽいというなら、それはまさに日本のカレーじゃないかと言う話
なんで(カシミールカレーはカシミール地方のカレーじゃなくて日本のカレー屋さんが
客の要望に応えて作った和製メニュー)、店主が拘ってるものに沿わない表現だったら
本当に申し訳ないのですが…

例えばホーチミンで食べられる、北や南インドのカレーは、日本の特に地方では
なかなかありつけないものだったりするので、ちょっと気合い入れて「行こか!」
みたいな空気になるのですが、それよりもっと家庭的。ただし、このスパイス使い
の男前さ加減はルーではもちろん、素人がなんぞチョチョっとやって出せる風味
でもないと思うので、「外で食べる甲斐のある日常使いにしたい味」と言いますか。
なんかもう諸々絶妙。価格も安いし。

ほいで添えてもらったお漬け物がまた美味しくて…

th_IMG_1696_201607252035273b4.jpg th_IMG_1699_20160725221548bda.jpg

せやねん。このカレーには福神漬けじゃなくて、さっぱりとした柔らかい塩味の
ゴーヤやニンジン、お大根さんのお漬け物。これが良く合うっ。そして漬け物、
単体でももの凄く美味しい!!

結構大きな容器にタップリ入れてくれてたんですが、もうちぇりさん、サラダの
ようにシャリショリシャリショリシャリショリシャリショリシャリショリシャリ
ショリシャリショリシャリショリシャリショリシャリショリシャリショリシャリ…

きっ、気がついたら、なんと…

th_IMG_1703_20160725222902a6d.jpg 

空っぽ(・∀・;
ごーめーんーなーさーーーーーい(><)
これはもう、お漬け物代を取って頂かないと申し訳ないっ、と申し出たのですが、
「お好きなだけ召し上がって頂けたらいいですよー♪」と鷹揚な店主。
優しい(;ー;)

カレー自体の辛さはそんなでもなくて、スパイスの妙をじっくり楽しめるゆとりのある
辛さだったので、別に刺激を和らげる為のお野菜摂取ではなかったのだけど、いーわ。
ゴーヤのライトなお漬け物。カレーに合うわ。この発想はなかったわ。
初訪問でレシピを伺うなど、失礼千万なのでお尋ねはしませんでしたが、ちょっと
自分でもチャレンジしてみようかなー。美味しかった、ゴーヤの漬け物。

というわけで、カレーを食べ終え、次のお楽しみ。
そう、このお店が気になってた理由は、「エッグコーヒー」を置いてある事!
ハノイ名物…というか、ハノイのあるお店の名物、なんだと思うんですが、
ホーチミンではあまり見かけないベトナムコーヒーのアレンジメニュー。
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-3589.html

なにがなんでも今一度!!と思ってた訳でもないのですが、ほら、手に入り難い
状況にあると気になるじゃないですか(笑)。あるんやったらまた飲んでみたいなー
と思ってたんですよ。というわけで、こちらもオーダー。


th_IMG_1700_201607252215503a7.jpg th_IMG_1704.jpg


ハノイで頂いたのは温かいバージョンでしたが、こちらのはなにも指定しない
状態で冷たい物が出てきました。しかも!!!コーヒー部分が甘くない!!!
良い!!!!

エッグコーヒーはコーヒーの上に砂糖で共立て(卵黄と卵白を一緒に泡立てた)に
したと思われる卵のアワアワを乗せたコーヒーなんですが、味の面と、おそらく
泡を安定させるためにというのもあるのか、結構しっかりした甘みがつけられる。
(砂糖により泡立てた卵の泡は安定し易くなります)
ので、コーヒーが甘いと甘いもんの上に更に甘い物が加わって、背筋がウゾウゾウゾ!
っとする程甘くなる(・∀・;

ですが、こちらのコーヒーは甘くなかったので、卵のアワアワをざくざく混ぜ
ながら頂くとちょうど良い。いいわーっ、これ!!しかも私、コーヒーとカレー
の組み合わせって、そもそもカレー作る時の隠し味としてコーヒー使ったりする
ことあるし、スパイスとカフェインは刺激物と言う共通項を持っていて、食材的
にバランスいいよなーと思ってたんで、カレー屋さんで拘ったコーヒーを出して
くれるのはとても嬉しい。

更にこれ、3万ドンですからね。
この周辺、特に表通りとかに出たら、ノーマルなコーヒーでもこの倍額取る所が
あるというのに、なんて安さだ!!!!(´⊙ω⊙`)
ってか。。。


th_IMG_1692_201607252035243f0.jpg 

ミルクチャイ、杏仁豆腐、ゴマ団子、エッグコーヒー、一律3万ドンなんですて(´⊙ω⊙`)
しかもしかも、目玉料理がカレー、というか、料理屋さんではありながら、

「カフェ使いだけでももちろんどうぞ(^^)」

と、店主さん。
やっぱり優しいヽ(;▽;)ノ
だって飲み物とちょっとしたデザート頼んでも6万ドンでっせ?
300円。ありがたいわーっ。
th_IMG_1698_20160725221547a21.jpg th_IMG_1685.jpg


ちなみに夜は赤身ステーキやらローストビーフやらなど、外の看板にあったように
お肉好きには嬉しいメニューもあるそうで。←超肉食
んでお酒類もお安いんなぁ。万の所でコンマ打ってあるから最初ビックリした
けど(ひと桁少ないんかと思ったw)それにしたってお安いわけで。

うーむ。Thai Van Lung、侮り難し。
個人的に残念なお店もあったけど、だからといってエリア一帯を同じに見ては
失礼ですね。お味も良くてお値段もお手頃。これ、この周辺で夕食を食べる方
には嬉しいお店なんじゃないですかねー♪

ガッカリすることもあったけど、またもやThai Van Lungを見直すお店が
自分の中に増えました。おごちそうさま♪またカレーを食べに行きたいし、
麻婆豆腐や餃子、お肉もぜひとも食べに伺いたいです♪




Cardamon
15B/83 Lê Thánh Tôn Q1




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

で、夕食はここに行ってきました。
ここ、いい店ですね。

チキンカレーをいただきましたが、
世界のどこにもないオリジナルのカレーでした。
ちょっとびっくりしました。
ハッカクみたいな香りがするなあ、と思って聞いたら、
多分、クローブ。
これはすごい。

また行きたいと思わせる味でした。

>くにさん

もうくにさん、ちぇり既訪店スタンプラリー、できますやん(笑)
嬉しいなぁ♪

そしてこちらっ。わかってくれます?!
スッゴイオリジナルでしょう?!日本人に馴染みがない訳じゃないんだけど、
食べた事がないスパイス使い。かっこいいなーと、私もいつも感心してます♪
最近出してらっしゃるカシミールカレーもおいしかったですよ♪
私も未だ他に色々試してみたいのですが、よかったらくにさんも試してみてください♪
sidetitleプロフィールsidetitle

ちぇり

Author:ちぇり
FC2ブログへようこそ!

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleブログ村PVランキングsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
アップグレード 追加 作成済み/作成可能プロファイル数:0/1 キーワードをご入力ください ご指定の条件に該当するデータがありません * 他のユーザーから閲覧もしくは管理権限を与えられたプロファイル ユーザーガイダンス 解析コードの実装方法 Google Tag Manger 1.下記の解析コードをコピーして、解析を行いたい全てのページの から
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
の間に貼付けてください。 解析コードのコピー 2.解析コードが実装されたウェブサイトを開いてください。 3.解析コードが正しく実装されたか確認してください。 チェック 閉じる
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。