スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市内でお引越しの巻 ②不動産会社の仲介

さて、まずは自分で飛び込み調査をしてみた上で、不動産会社に最終的に
お願いしよう、と思った理由。それは、

①個人契約では高くなる事がある

え?そんなん業者さん介したら手数料がかかる分高くなるんじゃないの?
と、私も思ってました。じゃなきゃ、彼らはどうやってご飯食べるの、と。
そもそも日本でもお引越しの際は、不動産会社を通すことが大前提だったん
ですよね。あまり個人で直接交渉できるような物件もコネクションも持って
なかった。。。

なので、家を借りるときは不動産会社を通すもの。
そこには手数料が発生するもの、という固定概念があったのです。
そこはもう必要経費として考えてた。

しかし、ベトナムでは。。いや、他の国にもあることなのかもしれませんが、
違うケースもあるんだそうです。多分、今回の自分の体験だけでいくと、
やすこなるケースがかなり多い。なぜなら。。。

貸す側が仲介業者を求めてるから。

特に、多国籍な方々を相手にする場合は、個人オーナーであればもちろんのこと、
一定の組織立ったとしても、考えてみて下さい。言葉も違えば文化も違う人達を
相手に営業する手間とリスクを。大変なことです。

しかし、最低限英語ができる仲介業者さんがいれば(もちろんベトナム語が
出来るに越したことはないんでしょうが)、少なくとも彼らの国の人達のことは
自分達よりわかるわけで、話がスムーズに進む。

しかも業者さんとなれば「家を借りたい」と思ってる人たちが集ってくるのです。
自分から不特定多数に営業をかけるよりも絶対に効率が良い。且つ、自分のとこ
とタッグを組んで実績を上げた業者さんで、客筋も良いとなると、そりゃー
多少はなんとかしましょう、というお話しになる。
結果、リスクの多い個人客より安くなることがある、と。なるほど。

もちろん、一部人気の物件で貸す側が強気な場合=不動産屋さんの力を必要と
しない物件の場合は、個人の方が安くなるケースもあるので、必ずしも不動産
屋さんを通せば安くなるわけではありませんが、それを調べるのは造作も無い
ことなので、気になる物件があるのであれば、調べる価値はあるかと思います。



②個人契約の場合トラブルが多いと言う話を聞いたので

組織的にサービスアパートメントを経営している所もありますが、分譲
マンションを個人が部屋貸ししているケースも結構あるわけですが、
個人:個人で契約をした場合、まず大家さんが英語か日本語ができないと
諸々大変。

そして家具家電が備え付けだとそれらのこと、水周りのこと、その他諸々
不具合が起きる事もある訳ですが、大家さんによってはなかなか対処して
くれないと。知る人は、何もかもを自分で対応せねばならず、仕事にまで
支障をきたしている、なんてことを言ってたり。

もちろんそんな大家さんばかりではなく、良心的な方もいらっしゃるのですが、
ちゃんと契約書を交わしたのに入居日に部屋が空いておらず、数日間ホテル
ぐらしを余儀なくされたとか(荷物が無かったからまだ良かった様な物の…)
もちろんそのエクストラ費用は保証されなかったりとか。。。

酷い話になると、ある日突然家賃が法外に値上げされたり、追い出された、
なんて話すら(・∀・; 日本にそう言う話が一切無いとはいいませんけど、
聞けば聞く程、自分の経験値や想像力の貧困さに驚愕するばかりの事実が続々。
ほんとに信じられないことが沢山起こるんですよ、ベトナムでは(笑)

その点、不動産屋さんが間に入ってくれると、諸々の対処がスムーズです。
単純に不動産屋さんが尽力して下さると言うだけでなく、もし不誠実な対応を
すれば、その不動産屋さんは次回から自分のところに客を紹介してくれなくなる
恐れがあるから、という利害関係が生まれ、結果顧客が利用し易くなる、
って話。これも、なるほど。


③不動産屋さんの方が絶対にベトナムの住宅事情に詳しい

もう長年ベトナムに住まれてるなら話は変わってきますが、先にも話したように
ベトナムでは実に色んな事件が起こります。その背景には、こちらが想像も
つかないような原因があったりするのです。

そもそも…ワーゲン自慢じゃありませんが、玄関先のチャイムのパネルがナナメ
ってるなんてよくあること。その調子でコンセントを刺すソケットがユルユル
なことも稀でなく、よくよく調べてみないと風呂場の水圧がトロットロに弱か
たりお湯がでないなど珍しくない。

そもそも日常生活にだって、スーパーの買い物袋の取っ手部分に穴が開いてない
(そう言う物と言うわけではなく、片側は開いてたりする)、プルタブの筈なのに
リングが無い、ストローの非ぬ所に穴が開いてて、どんな強靭な肺活量を駆使
しても飲み物が飲めない、ということがあるくらいなので、それが建築技術に
繋がると考えると。。。お察しください(笑)

あと、地域の傾向。
これは日本だって住んで数年してみなければ、周囲の事がわからないですよね。
それが住んで月日の浅いベトナムとなれば。。。挙句に現地の言葉も出来ずに
直接の交流をそんなに持ててないとなれば。。。正確に、どころか、ボンヤリ
とすら、その傾向をつかみ取るのは難しいでしょう。

部屋を決め、住んで見た後に、どーも周辺の環境が思わしくない、とか
なってしまったら目も当てられない。もちろん自分の目で確かめることも
できるのですが、経験豊富な業者さんのご意見を拝聴できるってのは、
このベトナムではかなり貴重だと思うんです。

もちろん、「海外に出て来て人に頼る事ばかりを考えてどうする」という
方もいらっしゃると思うんです。それはそれで素晴らしいと思います。
個人交渉の結果、少々高くても払えるだけの甲斐性があって、どんなトラブル
も1人で乗り越えられる、となれば、それこそお手本にしたいわけですが…

エネルギーを注ぐことのプライオリティは人それぞれ。
もしも、そこは助けてもらって自分はもっと別の所に力を注ぎたい、
という主旨の方であれば。。。不動産屋さんのお話、聞いてみる価値、
あると思います。日本的に、「仲介料分高くなるんじゃないか」という疑い
だけで敬遠されている方がいたら、もったいないなというのが個人的な感想。

今回私がお会いした不動産屋さんはどちらも親切でしたし、独自の実績と
交渉力を持って、私が個人で見たときよりも「はるかに安い」金額で
物件を押さえてらっしゃるケースがありました。物件を見て回る段階も、
契約に至る間での段階も丁寧だったし、居てくれたことで助かったなーと
思うことも多々。


ベトナムでの生活を始めようかなと思っている方。
今現在住んでいるけど、住み替えをお考えの方。
別にワタクシ、不動産会社の回しもんでもなんでもありませんが(笑)
今回本当にお世話になったし、色々お話を伺って、固定概念をひっくり返される
ことが多々あったので覚書がてらにご報告です。
ホーチミンの不動産会社さん方、頼りになりますよ(^・^)








にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ちぇり

Author:ちぇり
FC2ブログへようこそ!

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleブログ村PVランキングsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
アップグレード 追加 作成済み/作成可能プロファイル数:0/1 キーワードをご入力ください ご指定の条件に該当するデータがありません * 他のユーザーから閲覧もしくは管理権限を与えられたプロファイル ユーザーガイダンス 解析コードの実装方法 Google Tag Manger 1.下記の解析コードをコピーして、解析を行いたい全てのページの から
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
の間に貼付けてください。 解析コードのコピー 2.解析コードが実装されたウェブサイトを開いてください。 3.解析コードが正しく実装されたか確認してください。 チェック 閉じる
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。