スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市内でお引越しの巻 ④ローカルの引っ越し業者さん

さて、お引っ越しに欠かせないのが引っ越し業者さん。
若い頃は一人暮らしだったんで、スーパーで段ボール貰って来て自分で詰めて、
どっかから軽トラ借りて来て友人総出で運んでもらったりしてたもんですが、
所帯持ちとなるとそうもいかんし、ベトナムだとそもそも段ボール、どこで
貰う?それとも買う?って話しだし、運ぶ手段も乗用車では一体何往復必要に
なるやら。

費用を聞くと、日系の業者さんを使った一人暮らしの方が$250くらいでお願い
できた、なんて話を聞いたので、まぁ、うちはそれより多いけど、同じ間取りに
住まれてる方の話だったし、そんなに違わんだろう、そのくらいなら許容範囲だ、
と思って御見積を依頼した所。。。

$510....
うんまぁ、単純に人数2倍=荷物2倍って考えれば妥当か。。。
日本人の方がアテンドして下さるそうだし、日本式で作業してくれるなら安心だし、
そのくらいはするよな。。。しかしちょっと当初の予算をオーバーしてしまったなぁ、
どうしよう、と思案してたら。。

土日の場合は+$350とな!?
旦那さん、最近お仕事忙しくって、それでなくても土曜日お仕事していることがある
ので、平日にお休みを取ってもらうなんてとてもとても。じゃ、平日にちぇりさん
1人でやる?んーーっ、新居のチェックインも同時だから、ちっと手が足りん気が
するなぁ。。。しかし$350プラス。。。トータルすると$860(´⊙ω⊙`)

更に保険がミニマム$60。保証依頼金額が増えれば更に高くなり。。。
ざっと見積もって$900くらいか。。。うーむ。日本でも引っ越しにそんな金額
かけたことない(^^;

いや、日本と全く同じクオリティと言うなら日本価格を持って来られてもアリ
なんだろうと思いますが、ベトナムの物価から考えると、ちーっと我家には
贅沢かなーと。。。。

というわけで、知り合いから紹介してもらったローカル業者さんに、御見積に
来てもらいました。結果!!!御見積金額 1,000,000 vnd.

(;゚Д゚)(゚Д゚;)(;つД⊂)ゴシゴシ(゚Д゚)え?


日本円に直すと、ごっ、5千円?!
んなわけあるかい!ちょっと数字間違ってやしませんか?ほらベトナムの金額って
ゼロ多いから間違い易いしさっ(って、ローカルの人に言う気かお前)。
と、確認するも。。。やっぱりその金額だと仰る。


……。
保証費用は抜いて考えたとしても、日系企業御見積の約1/17。。。
もちろんサービス内容は違うと思う。格段に。別物と言って良いレベルだろうと
思われますが。。。。すごい金額差だなおいっ(・∀・;


ここまで違うと、一体それがどんなサービスなのかが気になります(笑)
日系の方は、御見積に来てもらった方のご様子からしても丁寧なのは間違いないし、
その金額取ってコンプレが出るようでは、このホーチミンでは続けられないだろう
から、ほぼ間違いなく日本クオリティで安心なんだと思います。梱包作業からやって
下さると言うお話でしたし。しかし。。。

我家には、壊れて困る高価な食器もオーディオ機器とかもありませんっ( ・`ω・´)b
だったら。。。ローカルの業者さん、試してみたいー(≧∇≦)
ということで、ほぼちぇりさんの独断でローカル業者さんに決定。
だって5千円ですよ?お引越しが。引っ越しなんてそんなに何回もする訳じゃ
なし、試してみなきゃもったいない〜♪ってことで、試してみました♪

ただまぁどのくらいのレベルなのか全く想像がつかない事と、日系の企業に
頼んだとしても、他人には触られたくない物と言うのがありますから、
事前に段ボールを複数貰って、8割方の物は事前に自分達で詰めました。

手間に思われるかもですが、業者さんがやってくれると言ったって、どれと
どれを同じ箱にまとめるかとかはこちらが指示を出さなければなりません。
これ、日本からホーチミンに来る時に1人でやったんですが、当日現場で
やろうとすると、かなり大変。

事前に家の中の物に付箋を貼りまくって指示してたつもりでも、こちらが
思ってる準備では足りない事も多く、当日は大混乱。結果…
スキー板がホーチミンに来てましたからね(´Д` )

家の物を実家、レンタル倉庫、日本、廃棄と4カテゴリーに分けてたのですが、
本来倉庫に預けるべき物がホーチミンに来て、必要な物が倉庫に。。。とか、
いくら切羽詰まってたからと言って(半泣きになるくらいには追い詰まってた)
この事務能力なさと言ったら、溶けて床のワックスになって見えなくなりたい
くらいに恥ずかしかったわ。。。

というわけで、当日は旦那さんが早起きをして「運び出すもの」「部屋に残すもの」
を徹底的に分けてくれてました(いや、お前も起きろ)。住んでたお部屋は家具や
色々な備品が備え付けの物だったので、置いてく荷物が結構あったんですよね。
それを現場で指示することすら、絶対に混乱が起こるから、と、2つあるお部屋の
一つのお部屋は完全に残す物だけにして、もうその部屋には入らないように、って
とこまでお膳立て。


th_IMG_3493_201608300034137ac.jpg th_IMG_3494.jpg
(運び出す物があるお部屋)       (運び出す物が無いお部屋)

残りのひと部屋には置いて行くもの、運び出す物が混在するけど、まぁ大体大きな
家具は置いて行くと言ってあるのでそこまで混乱はしないはず、と。この辺の
マネジメント能力が旦那さんはとっても高い。日常にもそれが発揮されることが
よくあって、時間にゆとりが持て且つ段取り良く行く=余裕が生まれる=
心穏やかに過ごせる、というHappyスパイラルを作ってくれる。我が旦那さん
ながらすばらしい。彼だったら決して決して、常夏の国ベトナムにスキー板を送り
つける様な事は無かったと思われる…orz

そして業者さん登場。若いお兄ちゃん2人組。
テキパキテキパキ。

th_IMG_3496_20160830003416d06.jpg 

しかし英語が全くできません(´Д` )
それは事前に聞いていたので、ローカルの女のコに通訳をお願い。
アルバイト料を払った所で、引っ越し代は5千円である。無問題。

でも、ダイレクトに指示ができないって点で不安感を感じるかたもおられましょうし、
日本人がアテンドして下さると言う業者さんは、やっぱり料金が高くても乞われる
価値があるんだろうなぁと。

とか、そんなレベルで話をするのはここまでだ。
見るが良い。この梱包状態(笑)

th_IMG_3499_201608300034176dc.jpg 

ちっ、ちぇりが詰めた時はちゃんと蓋ができてたんだからねっ(・∀・;
でも持って来た箱数が少なくてギリギリだからって、蓋が閉まり切れなくなるまで詰め
替えられてこんなことに。。。ってか、これスタックする時、どーすんだ(笑)
私が引っ越し会社でバイトしたときは、蓋はちょっとでも浮いてたらアカン!
言われてどつかれたもんですが。。。(笑)

あと、さすがにそれはーーー!!と思ったのが、こういうやつ。

th_IMG_3516.jpg 


完っ全に蓋部分が閉まらない、というか、蓋部分を立てて容量を上げて
(上がったことになるのかこれw)テープで面シールドー!!!(笑)
ってこれ、箱内のものに直接当たらないときはいいけど(いいのか…)
本をびっしり入れた箱の上もテープでシールドして、粘着部分が本の表紙に
べったりついてたのには参った(´Д` ) コート紙だったから剥がせたけど、
紙一枚を噛ませればすむことなのになー(^^; ちょっと目が行き届いていなかった…。

食器類はどうしたかというと。。業務用のラップで少量ずつをグルグル!
これは賢いと思った!!

th_IMG_3503.jpg th_IMG_3502.jpg

要は食器と食器がカチャカチャなると賭けちゃう割れちゃうってことだから、
ひとまとめをガッツリ固定し、且つ周囲は何重にもしたラップが緩衝材代わりに
なってくれると言う寸法。もちろん充分ではありませんし、任せておくと、
大きな鬱差の中に小さな器を入れてカチャカチャなってるものもあったので、
お高い食器、拘りの食器をお持ちの方は「やぁーーーーめぇーーーてぇーーーー!!」
となること請け合い。

ま、我家のは買い替えができるものだし、数もそんなに無いし、むしろアンパック
した時のゴミが少なくて、この方式は「採用っ( ・`ω・´)b」って思いました。

家電でパーツ部分が離れ易いものなどもこれでグルグル。
我家の御茶プレッソさんも、ミイラのようにされてました(笑)
おかげで無事、新居に到着。


th_IMG_3515_20160830003551aa2.jpg 

特筆すべきは。。。たった2人のスタッフさんで、到着から一時間ちょっとで、
私が詰め切れなかった物を全て梱包、運び出しまでやってしまったこと!
なんと言う働き者!10時の作業開始だったので、インベントリーは11時半くらい
かなーと思ってたのだけど、10:40にはチェックしに来てもらいましたからね。
40分で備品チェック。

その建物に彼らは初めて来たらしく、駐車場の勝手が分からず、且つ、部屋から
駐車場がかなり離れていたため、積み込みに時間がかかったようですが。。。
それでも新居への運び込みも、13時過ぎには完了。朝の10時にスタートしたので、
その間、なんと3時間!!すっげー!!!!

まぁ、殆どの荷物の準備をして一カ所にまとめ、ほぼ運び出すだけにしておいた、
というのがあるにしろ、たった2人でどんだけ要領がいいのかと。そして我家、
13時半くらいにはランチを食べに出掛けてましたからね。。。

あ、もちろん、アンパキングは自分達でやりました。
ただ、当初の話では詰め込みもやってくれると言うお話でしたし、料金我意に
なるかもですが、アンパッキングも言えばやってくれるのかもしれません。
ただま、諸々の取り扱いで、書いてきたように突っ込みどころが満載だったのでw
自分でやった方が納得が行く、という面はあるかもですね。

そう言う点も、日系の企業さんなら心配が要らないんだと思います。
お仕事がお忙しかったり小さなお子さんがいらっしゃるところなどは、
これなかなかハードルが高い、となると、利便性と安心感を買うと言う意味で
日系の企業さんはやっぱり心強い存在なのだろうなーと。

ただ我家に限って言えば。。。全く問題ないどころか、むしろ次回もローカルの
企業さんにお願いするな、という勢い。もちろん市内移動に限っての事で、
あんまり遠方になったり、もちろん海外等は煩雑な手続きが必要ですから
選択肢からははずれますが。。。。

うん、もっと色々やらかしてくれるかと思ってたけど(失礼だなおい)
うち程度の持ちもんだったら充分でしたわー。だって5千円ですよ?
思わず、お心付けを弾みたくなったお仕事振り。ありがたかったわー。

日系さんとの内容は確かに違う(であろうと思われる)。
しかし、安いのは信用ならん、というわけではなくて、安いなりに彼らもプロ。
値段相応のサービスだったかと言われたら、それ以上の働きをしてくれたと思います。

あまりに価格差があると、その価格だけからイメージして、なにをやらかして
くれるのかと思ってしまう気持ちも分からないではないのですが(わたしもそれ
期待してたw)、日本だって最近は「安い国」になって来てるわけで、ではそう
思われると共に品質が下がっているかと言われたらそんなことはありませんものね。
ま、日本の場合は安くてもクオリティが高いから受けているという点で、ちょっと
今回とは事情が違うかもですが…

安いからここまでのサービス(でも価格に照らすと充分以上)。
高いからこんなに素晴らしいサービス。

至極健全ですよねっ。
価格差は、やはありちょっとアリ過ぎやろー!と思わないではありませんが、
ニーズがある限り、存在存続する価格は正しい訳で、消費者としては選択の幅が
広く持てる環境にあることを喜ばしく思うべきでしょうねー。

安くて高いサービスは、一時的に消費する分には消費する側に嬉しい物ですが、
それが当然、更にはもっとそれを追求せよ、としてしまうと、企業側は無理が来る。
企業に無理が行くと、そこの社員に無理が来る。企業が消費する金額が減ると、
社会全体の経済が萎縮、世間にお金が回らなくなる。すると社会全体が不況になって、
結局消費者の状況も悪くなる。

長い目で見ると、度を超した安くて良いものっていうのは、実に怖いなと、
私個人は考えてます。しかし、高いもの一辺倒でも不便が生じる。そこで、

安いものは安いなりのサービスを。
高いものは、それに値する素晴らしいクオリティ。

金額に見合った、それぞれの精一杯があってくれるというのは、消費者にとっても
ありがたいし、全体を締め付けて行く物でもないと思うんです。
みなが一律の高サービスを目指して価格競争をやっていくより、こういう選択肢が
あってくれる方が健全な事だなぁ、思うのですよ。

とか言いながら、日本に帰ったら100均行くし、やはり私も安くて良ければ
喜んじゃうクチなんですけどね(^^)ゞ ま、無限にお金があるわけじゃないので
支出先のどこに重きを置くかというのは、人それぞれ、ということで。

ともあれ、無事にお引越しが終わってやれやれ。
ちなみに業者さんはこちらの会社。



th_IMG_3696.jpg 


恐らく英語も通じないと思いますので、私はもう見積もり依頼の段階から
ローカルの女のコにお願いしてしまいました(・∀・;
言葉の事は自前で準備してもらう必要がありますが、そんな感じでうちはけっこう
気にいりましたというお話でしたー♪



Thanh HUng
http://vantaithanhhung.org









にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ちぇり

Author:ちぇり
FC2ブログへようこそ!

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleブログ村PVランキングsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
アップグレード 追加 作成済み/作成可能プロファイル数:0/1 キーワードをご入力ください ご指定の条件に該当するデータがありません * 他のユーザーから閲覧もしくは管理権限を与えられたプロファイル ユーザーガイダンス 解析コードの実装方法 Google Tag Manger 1.下記の解析コードをコピーして、解析を行いたい全てのページの から
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
の間に貼付けてください。 解析コードのコピー 2.解析コードが実装されたウェブサイトを開いてください。 3.解析コードが正しく実装されたか確認してください。 チェック 閉じる
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。