酸っぱい白菜の漬け物作ってます

台湾や。ああ台湾や、台湾や。
未だ忘れえぬあの美味しさ。

いろいろあるんだけれども、やっぱりの酸っぱい白菜のお鍋がよかったなー。
黒おにぎりや小籠包も美味しかったんだけど、あのお鍋。斬新。
白菜の古漬けがあんなおいしい事になるとは。
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-4445.html

ってことで、白菜の古漬け作ろうぜ企画、実施中。
考えたら白菜の浅漬けはよく作るけど(しかもその時食べる分だけちょっぴり)
ちゃんとした白菜のお漬け物ってわざわざ自分で作った事がなかったかも。

ってことで、まずは天日干しからスタート(^・^)

th_IMG_0031_20161214025633652.jpg 

真の部分に少し切れ目を入れて手で4つに割いた白菜を半日程干しまして。
塩の加減は確か白菜の重さの2%だったか3%だったかとうろ覚え。
直接食べるのではなく、鍋にする為の白菜漬けなので昆布を多めに
しようと思い、少なめの2%を採用。

葉の一枚一枚の間、特に根っこの部分は丁寧に塩を振り入れて残りの塩を全体に。
昆布はハサミでチョキチョキ切った物を適当に。
鷹の爪と柚子がなかったので、赤柚子胡椒で代用。(それはあるんだw)

とりあえず実験的に作るだけなので全体量は1キロ弱。
本当は塩分や酸に強いホーローの容器が良かったと思うんだけど、
少量だし、ホーチミンだと常温に放置するのも憚られる=冷蔵庫保管必須
なので、ここはタッパーで代用。

重石は。。。
水袋で代用(笑)

th_IMG_0146_201612140256366cd.jpg 

白菜量が1キロだからね。もっと大量だと効率良い重石の用がよいだろうけど、
取りあえずこの量ならビニールに水を入れた物で重量稼げる。
白菜の上に、重さが均等に散るように器よりひと回り小さいタッパーの蓋を
噛ませて重石ならぬ重水。で、冷蔵庫へ。

この先、水がちゃんと上がってくれれば(そして塩加減間違えてなければw)
そこそこのもんが出来ると思うんだけどどうかなー、と思いつつ、恐る恐る
翌日冷蔵庫を覗いて見ると…?


th_IMG_0145_20161214025635671.jpg

おおっ。だいぶん水が上がっとるじゃないか!
果たしてこの翌日にはさら水量が増えており、現在順調に育っております(^・^)
酸っぱい白菜のお鍋にする為の白菜なので、今すぐ食べたりはせずにしばし我慢。

ってか、こんなに順調に育ってくれると、大量に作りたくなるな。
といって、重石はかなりの邪魔になるから。。。
あの、あれが欲しい。なんかネジ式で中部がグイグイねじ込んで圧力かける
万力タイプの漬け物容器。昭和の家によくあったヤツ。

そうだ、この時期だもの。
サンタさんにお願いしよう。

サンタさん、ネジ式の漬け物器をちぇりにプレゼントして下さいヽ(・∀・)ノ
ダイヤモンドとかオープンカーより、ちぇりは今、漬け物器が欲しいです。
あーめーん♪ (なんか色々ちがう)





にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ちぇり

Author:ちぇり
FC2ブログへようこそ!

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleブログ村PVランキングsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
アップグレード 追加 作成済み/作成可能プロファイル数:0/1 キーワードをご入力ください ご指定の条件に該当するデータがありません * 他のユーザーから閲覧もしくは管理権限を与えられたプロファイル ユーザーガイダンス 解析コードの実装方法 Google Tag Manger 1.下記の解析コードをコピーして、解析を行いたい全てのページの から の間に貼付けてください。 解析コードのコピー 2.解析コードが実装されたウェブサイトを開いてください。 3.解析コードが正しく実装されたか確認してください。 チェック 閉じる
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR