An Nam Quan 〜 鶏好き集まれ♪

お友達に連れてってもらいました♪
いろいろあるんだけど、鶏料理が美味しいとの事。

th_IMG_1080_20161228093138600.jpg 

場所は、GEMセンターを右手に見つつ、北西に①ブロック程進んだ辺り、左手。
すぐにイメージは出来るエリアだけど、あまり用事がなくて行った事が無いなー。

th_IMG_1081_201612280931404bb.jpg 

ローカル店で、椅子もそんなに高くないのですが(低い、と聞いていたので、
あのプラスチックの風呂イスみたいなの想像してたらお洒落だったw)
こぎれい且つ、ちょっと可愛い感じに仕上がってるお店、2階まではオープン
スペースなので時期に寄っては暑そうですが、3階はエアコンがあります。
ギリギリ働いてくれてる感じの(笑)

メニューがねー、また品数が多いの!!

th_IMG_1083_20161228093142d71.jpg

th_IMG_1085_201612280931436b8.jpg

朝9時くらいから夜10時まで開いているお店らしく、なるほど、朝食に良さそうな
物もあればランチにサクッと食べて行けそうな物もあって盛りだくさん。

th_IMG_1086.jpg


th_IMG_1087.jpg

とりあえずこの日は夜に出向き、ビールも飲もうぜってなっていたので、
まずはこんな物を頼んでみました♪
実は出て来たのは一番最後だったんで、リアルレポとしてはちょっと時間が前後
してますけどご了承を(笑)

th_IMG_1101.jpg 

おっほー!!鶏尽くし!
一番向こうが、独特のスパイスで下味をつけたからげ、右側が鶏肝の甘辛煮的お品。
私特に、鶏肝がスキでした。レバーである事はその形状や様子からも明らかなのに
食感が独特!砂肝は砂肝であったから混同してる訳じゃ無いと思うんだけど、歯切れ
が良くて、レバー特有のぬたぬたがない。おいっし。

th_IMG_1102.jpg th_IMG_1104.jpg

手前にワッサリと盛られてるのは胸の辺りかなー。細く裂かれてタップリの玉ねぎと
サラダ仕立てにされたもの。それぞれの部位で味付けが違ってて賑やかしい♪

th_IMG_1103.jpg th_IMG_1105.jpg

おこわかな?と思ったお米は、そこまで強い粘り越しでなく食べやすい。
海外のお米の臭いが苦手だ、という方の話は良く聞くのですが、その土地の料理を
食べるときはそのお米の香りがあってこそって部分もあって、私はスキなんですよねー♪
もちろん日本の甘くてふっくらしたお米も好きですが(^・^)

うん、コレはかなり良いつまみ。
ただ量が結構あるので、そうだなー、最低4人とか。できれば6人くらいあった方が
他のお料理も楽しみやすいかも。2人だったらこの一品で完結しそうw

th_IMG_1106_20161228094414a1f.jpg th_IMG_1107.jpg

苦手な方はギョットするかもしれませんが、頭付き。
これがスキな人にはたまらんのよなー!
ひっくり返すと味噌的な物がありまして(それが何か詳しく言及するのは避けましょう)
小さいながら良いお味なのっ。この日は6人いたのですが、私以外のみなさん、
ご遠慮なさって、なーんと私1人に食べさせてくれた!なんて心が広い!
(多分反れちょっと違う気がするw)

あとおつまみ的に良かったのは、ちっこいイカの炒め物。
コレが甘ピリ辛で、日本人絶対スキやろ?!って味。

th_IMG_1093_20161228094406049.jpg 

当然ながらビールに良く合う。これ1人飲みで来てチョイチョイつまみつつ
やるんもええんちゃうか?(それ、寂しいから…)

そしてこの日のお目当ては鍋でしたー!

th_IMG_1095_20161228094409a49.jpg 

鍋にもシーフードやら何やらと色々種類はあったのですが、今回は無難に鶏鍋で。
でも所謂日本の鶏鍋とは違ってまして、かなりたくさんの骨付き鶏をガッツリ
煮出した旨味タップリなとこに、このお野菜の量。

th_IMG_1094.jpg 

あっ。かぽちゃのお花もある♪
5種類くらいのお野菜がとても綺麗に御手入れされてて美味しそう♪
特にカボチャの花って手入れが大変。花の一つ一つにあるおしべやらめしべを綺麗に
取り除いてから調理するんだよね。イッパイ食べたいときはちょー面倒臭い(笑)

th_IMG_1099_20161228094411db0.jpg 

面白いのはこの葉っぱ。別のお店で頂いたことがあるんですが、酸っぱいんですよねー(笑)
生のまま齧ってもすっぱいけど、お鍋でクタクタに煮ても酸っぱい。多少その風味が
スープに移るのか、結果、スープにも酸味が少しついて実に食欲をそそるのです。

柑橘類でも酢でもない酸味。葉っぱを齧ると感じる事が多い青臭さや苦味などより
真っ先に酸味が来る葉っぱ。面白いなー。食感もシャキシャキしていて、炊いても
割とシッカリしてるこのはっぱ。確かスッポンのお鍋にも入っていた事があったような。
コックリトしたコクが出るスープを食べやすくする為に良いコンビネーションなんです
かねー。

ところで心優しい皆さんは、鍋に入ってた頭もワタクシにくれたんです!

th_IMG_1098_20161228094410440.jpg 

どーゆーこと?!
こんな美味しいところを独り占めさせてくれるって、みんなどんだけ優しいん?!
(だから多分動機がちょっと違うと思うよ。。。)

タップリの鶏とタップリのお野菜。それでいて、酸味が加わると言うベトナム
料理独特の味付け。且つ、それでも日本人に馴染みやすいお味。
鶏自体は地鶏っぽい風合いで、炊き上げられたあとも身はプリップリと
しており、小振りなので若干の食べ難さはあったものの、味は逸品。

うーん、ここの他のお鍋も気になるなー。
とりあえず、鶏鍋が逸品だった事はお伝えしておきますね。

こじんまりとしてますが、コンセプトが統一されてるし、大勢で突き合うには
手頃な料理が揃っているこちらのお店。ローカル店の魅力が満載ながら、
清潔感も充分にあるので、プライベートな集まりだったら本当に重宝しそうです♪
ええとこ教えてもらいましたーヾ(@⌒▽⌒@)ノ


An Nam Quan 
59 Nguyen Binh Khiem Q1

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、 
参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ちぇり

Author:ちぇり
FC2ブログへようこそ!

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleブログ村PVランキングsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
アップグレード 追加 作成済み/作成可能プロファイル数:0/1 キーワードをご入力ください ご指定の条件に該当するデータがありません * 他のユーザーから閲覧もしくは管理権限を与えられたプロファイル ユーザーガイダンス 解析コードの実装方法 Google Tag Manger 1.下記の解析コードをコピーして、解析を行いたい全てのページの から の間に貼付けてください。 解析コードのコピー 2.解析コードが実装されたウェブサイトを開いてください。 3.解析コードが正しく実装されたか確認してください。 チェック 閉じる
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR