丸っと台湾食べてきた♪⑨ 〜 北埔の擂茶(読めねぇ…)

さて新竹では本当に色んな所に連れてってもらったのですが、
「いい加減長いぞ台湾レポ」という声が聞こえてきそうなので、
絶対に書きたいことを先に書いておこう。

北埔(ベイプ)という、あるお寺とその周りの参道が大変賑やかな
観光地がありまして。ただし、土日だけの賑わいだとか。たまたま
日曜日に新竹に居合わせた自分達、ホントにラッキー♡

th_IMG_4455_20170216183604617.jpg 

th_IMG_4400_2017021618360239c.jpg    th_IMG_4458_20170216183605ad8.jpg

かなぁり賑わってる!そして聞こえてくるのは中国語のみっ。
しかし、大変穏やかな中国語なので、恐らくは殆ど台湾内からの
お客さんたち。西洋人も見かけなかったし、日本語も少なくとも
自分達には聞こえて来なかった。。。まだあんまりメジャーじゃない
旅行先なのかしら???こんだけ賑やか敷くやってれば、そんな
ことも無いと思うんだけど。

th_IMG_4417_20170216184919416.jpg th_IMG_4423_20170216184920189.jpg

th_IMG_4426_201702161849221bb.jpg th_IMG_4428_20170216184923447.jpg

地方・地域によって出店してるお店が色々違うのが台湾夜市や出店市場の
良い所。北埔では客家料理を出してるお店が多く目に着いたかな。
定番の台湾的煮物や果物、お菓子など。

th_IMG_4437_20170216184925a70.jpg th_IMG_4465_201702161849296c5.jpg

th_IMG_4470.jpg th_IMG_4471.jpg

ビールが飲みたくなる様なチョイ食べも沢山あって、コレとか美味しかったなー。
もみじ、ってわかります?鶏の足先。指がワキーっとしてるやつ。
あれ、小骨が多くて食べ難いのが難点ですが…

th_IMG_4443_20170216184926452.jpg  th_IMG_4444_20170216184927773.jpg

これはんと、骨が取り除かれている。まぢか。すんごい食べ易い。
そして散らされてるのはアーモンド?と思ったらニンニクスライス。。。
うーん、ビール欲しいw

コレも美味しかったな。一見お餅の用でヘヴィかな、と思いきや、
米粉団子みたいな生地で意外と軽かった。

th_IMG_4462_20170217165334bcb.jpg th_IMG_4467_20170217165345272.jpg

随分昔に食べて、でも街中では中々見かけられなくって食べたかったものも
発見!杏仁茶に油條を浸して食べるやつ!

th_IMG_4483_201702171654416dd.jpg th_IMG_4490_2017021716544827c.jpg

うひひ。これ、豆乳を浸して食べたりもするんだけど、美味しいんだよねー(^・^)
ホーチミンにもフォーやお粥に入れる為の見た目が似た物あるんだけど、
あれ、パン生地の味がする。多分イーストの発酵物。中華系にある油條は、
重炭酸アンモニウムの発泡力を使ったものだから、同じ小麦粉を使ってても
味が違うのよね。

あ、お味見、いっとく?
ひとくち、いっとく?


はい、あーんヾ(@⌒0⌒@)ノ

さて、今回の目玉がこちらのお店。
実は同じ様な物を出してるお店が周囲には沢山ある北埔の名物。
というか、客家文化が集まってる北埔だから沢山ある=客家の名物、か。

th_IMG_4496_2017021716540323e.jpg 

連れてってくれたお友達も初訪問とのことだったのだけど、随分と色々
調べた上で厳選してくれてたみたい。内装は民族調の良い雰囲気♪

th_IMG_4498_201702171653553af.jpg

で、まず出て来たのは、これ。擂茶(れいちゃ)。
で、すり鉢…????

th_IMG_4499_20170217172314d00.jpg 

そう、擂の擂には「擂(す)る」という意味。だからお茶をすり潰すんですって。
おおおっ、これは日本家電が誇る技術、お茶プレッソの源流にも近い、
お茶を飲む為の手法ではないか!!(んーー、石臼とはちょっと違う気がするw

茶葉はくるくるんっ♪っと、ちょっと丸まったように固まってるタイプのもの。
中国茶に良くあるタイプの。それをゴリゴリやってますと、意外と速く挽け
ました。さぁ、これをお湯に溶いて頂くのかな,と思いきや…?

th_IMG_4501_2017021717242606a.jpg 

え。
ごま?ピーナッツ?カボチャの種?え???
ざーーーーーっ。
えええええええ????!!!(´⊙ω⊙`)

なんとすり潰したお茶の粉に、上記ナッツ類を加えるだと???え??
で、どうするのかと言いますと、引き続き…

th_IMG_4510_20170217171705905.jpg th_IMG_4511_20170217172236bb2.jpg

ごーりごーりごーりごーり(笑)
比喩じゃなく、調理方法の1つとしてゴマを摺ったことがある人はいます
でしょうか。アレと同じく、ごまもピーナツも摺っていると徐々に油が
染み出して来て、全体が細かくなると共にシットリとしてきます。

種類の違う種子類全部が渾然一体となって、もっと言うならドロドロになるまで
ひたすらゴリゴリ。えっと…ワタクシたちがいただくのは「お茶」と言ってた
気がするのですがこれはいったい…???(・∀・;

そしてこの作業は、女将のOKが出るまで続けなければなりません。
女将が言う所の滑らかなペースト状にならないと、お湯を注いで
もらえないのです。即ち、茶をいただくことができないのです!
というわけで、ひたすらゴリゴリ、ゴーリゴリ。

th_IMG_4516_20170217171939ab9.jpg th_IMG_4512_20170217171817707.jpg  

やっと女将からの許可が下りてお湯を注げた時にはクタクタ…(笑)
しかし、これが…お茶?

th_IMG_4509_201702171722418ff.jpg 

お茶請けセットはこんな感じで用意されています。
きな粉餅、サツマイモチップス、アズキの甘煮、ジンジャーチップスなどなど。
こちらはなんとなく、日本のお茶請けにも出てきそうなメンツですよねw

お餅はお箸2本を逆手に持ってクロスさせながら綺麗に切れると。
ほんとだ、スパリ。

th_IMG_4520_20170217173251e29.jpg  th_IMG_4521.jpg

肝心のお茶はご覧の通り濁っていて、正直、美味しそう、には見えない
かもしませんが。。。驚きますよ。ものすごく滋味深くてとても美味しい。
芝麻なんちゃらって、ゴマペーストを溶いたような飲み物がありますが、
それに数種類別のナッツ類のコクがあって、でも全体のテクスチャーとしては
サラリとしていて、味わい深い。

そして、ゴマやナッツ類に比べるとその量、1割にもなってないんじゃなかろうか、
と思われたお茶。これがキリッと苦めのお茶で、縁取りこそ極細ユニボールシグノ
0.28mmって感じですが、お茶としての輪郭を保ち、且つ全体に霧の様な繊細さ
で茶の風味を満たしており、まごうことなく、これはお茶。

th_IMG_4525.jpg 

しかしその枠内にはゴマやナッツの油分や旨味がふくよかに含まれていて、
複雑なようで居てシンプル、シンプルなようで居て深淵なお味。

全部。
知ってる材料じゃないですか。
カボチャの種は日本人はそんなに食べないかもしれませんが(あれ、煎ってる
やつ、美味しいですよ、ポリポリ食える)ゴマもピーナッツもお茶も全部。
日本人が良く知りよく使い親しんで来てる食材。

でもそれをこんな風に組み合わせるなんて思いも寄りませんでした。
しかも、実に美味しい。且つ、エンターテイメント性も秘めており、
例えば気心の知れた友人と集まった時になどは、話の種にもなり、
且つ身体にも良く、突飛すぎないから特に拒絶され易い要素も無い、
実に優秀なお茶になりはしないだろうか。


th_IMG_4526_20170217173318954.jpg
  th_IMG_4527.jpg

ちなみにポン菓子のように軽く弾けさせたお米を浮かしても香ばしく、
あんこを口に含みながらでもお茶に混ぜても美味しく、小さな急須には
甘いシロップが入っているので、茶にそれを混ぜても良く。

目からウロコ。
コロンブスの卵。
何口飲んでも美味しいなーっ、と感心し、何口飲んでもすごいなーっ、と
延々言い続けてました。

げに、客家のお料理、素晴らしい。初日に食べたお料理といい、この
お茶といい。日本人の私にしてみればインスピレーションと知恵と
工夫の塊みたいなレシピである。

自分、いっぱしの食いしん坊(ってなんですか)のつもりだったんですが、
こんなに身近な国なのに、口にしたこともその存在すらも無かった料理が
今回どれだけあったことか。フードアナリストとか、まだまだ名乗っては
いけないのかもしれない、とすら思ってしまいましたよホント。

th_IMG_4532_20170217195212308.jpg th_IMG_4537_20170217195214b12.jpg 

th_IMG_4541_20170217195215755.jpg th_IMG_4543_2017021719521777b.jpg

ちなみにこの日は殆ど日本人を見かけませんでしたが、こちらの店主さん、
月に一度訪ねて来ると言う日本人ご夫婦に間貸しをしていらっしゃるとの
こと。日本語は殆ど喋れませんが、挨拶などは日本語でしてくれて、
私達のことをとても歓迎してくれて、お手製の楽器を披露したりお歌を
きかせてくれたりもして、楽しいひと時をいただきました。

焼き物までされる趣味人で、お友達の通訳を介して聞くお話の楽しいこと
ったら!さすが、厳選に厳選を重ねて選んでくれた店。なかなか行ける
場所じゃないかもしれませんが、北埔に行くならこちらのお店。
是非おススメです。参道エリアはそんなに広くありませんから、
あちらこちらと歩いていると、見つかると思います。確かお寺正面を
ずっと真っ直ぐに歩いて行った辺りだったかと。

帰ったら、すり鉢買おう。
台湾の良きお茶、沢山お家にあるので、みんなに振る舞わせていただこう。
今回のお土産は、擂茶と麻油雛のレシピやな。帰ったら早速トライしよう♪






にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ


☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★

  <優先順位> 更新!(バックナンバーでご覧頂けます) 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】

☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ちぇり

Author:ちぇり
FC2ブログへようこそ!

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleブログ村PVランキングsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
アップグレード 追加 作成済み/作成可能プロファイル数:0/1 キーワードをご入力ください ご指定の条件に該当するデータがありません * 他のユーザーから閲覧もしくは管理権限を与えられたプロファイル ユーザーガイダンス 解析コードの実装方法 Google Tag Manger 1.下記の解析コードをコピーして、解析を行いたい全てのページの から の間に貼付けてください。 解析コードのコピー 2.解析コードが実装されたウェブサイトを開いてください。 3.解析コードが正しく実装されたか確認してください。 チェック 閉じる
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR