Oc Dao 〜 ちゃんとした店舗の貝料理屋さん

これまで貝料理って道端か、それに類する様な所に出してる
お店にしか行かなかったんだけど…

th_IMG_0454.jpg 

おーっっ。二件続きで同じ名前のお店がある。
これ、かなりはやって、途中から隣を買収したパターンですかね。
とりあえず左が賑わっていたし、待ち合わせの人達が先に
そちらに行ってたと言うことで左の方に。

th_IMG_0455.jpg 

店頭にはお馴染みの光景。
ほんと圧巻。この貝の種類。しかもこれそれぞれに何種類か
調理法があるって言うんだから驚くよねーっ。東南アジア各国
行ったけど、こういう食文化が特別でなく、普通の日常にある所って
あんまり見かけた事が無いかも。まぁ他の国は観光で行ってるから
目につかないだけってのもあるかもだけど。

注文して良いよーと任されたので、食べたいものをザクザク頼んでみましたよ(^・^)
まずは巻貝のココナツ煮。これ、見て。巻貝の先っぽが全部カットされている。
これ、実際に市場でおばちゃんが鉈の様な包丁使って、カンカン地道に
やってるの見た事ある。

th_IMG_0456_20170326182351f99.jpg 

ものすごく庶民的な逸品なんだけど、いつも目の前に出されたときは
拝みたくなる(笑) これやれって言われたら絶対言うもん。
「やだ!」ってw

で、その1つ1つカットされてるてっぺんの方からチューッと吸います。
すると甘やかなココナツミルクの風味と共に、ちゅるっと貝の身が
お口の中に飛びこんできて、とろんと舌に絡まります。ココナツ風味
ってとこで可愛さ演出しておきながら、めちゃくちゃ食感エロいです。

小さなホタテのネギ油グリルはもうお馴染みね。

th_IMG_0457_20170326182353d18.jpg

こちらの赤貝モドキも似たタイプのグリル。
ただしピーナッツ一杯。貝とピーナッツの相性ってなんでこんなに
良いのでしょう。貝に脂っ気が少ないから,ナッツのそれが補うのかな。
栄養素的にもなんか相性よかったりするんかなぁ。
日本もこれ、もっとやればいいのに。

th_IMG_0458_20170326182355027.jpg

お次は大好きな、赤貝(もどき?)のタマリンドソース!
この甘酸っぱいソース、貝や海老と相性良過ぎ!!

th_IMG_0459_20170326182356041.jpg 

まずは指でつまんで口に放り込み、貝の周りのソースを下でいたぶり
ナメ取ってからソッと貝をこじ開けます。ここ、乱暴にしちゃダメ。
びゅしゃ!!って中からお汁が飛び散る事があるから。そうっと、そうっと。

んで、人気のある貝屋さんってのは心得てるから、中の貝も半生、
っちゅーか、ジュワッと滴るジューシーさをキープしながら温かく。
中にソースは入ってないけど、貝の味だけで十分美味しいというクオリティ

牡蠣は定番。Pho Mai とオーダーすると、このチーズグリルが
やってきます。個人的には生で行きたい所だったけど、人数いたし、
ローカルの方から「火は入れた方が( ・`ω・´)b」と言われたので
チーズグリル。

th_IMG_0460_20170326182358b60.jpg

わかります?
この、ぷくーっとはち切れそうになってる牡蠣の身。
ちょうど良い火加減の証。牡蠣に限らず、貝類は熱を入れた方が
味わいが濃く感じられると思うのですが、熱入れすぎると食感が
色気無くなってしまいます。そこを上手に、温めながらも乾かぬ
ように調整するのが料理人のウデの見せ所。

「ルックスじゃなく中身で勝負よ!」とかいうのは、お料理には通用
しない事が多いです。美味しさは外見に表れるんです。その外見が語る
調理の美しさが、即ち美味しさ。ああ、ウットリ。

th_IMG_0461_20170326182359f7f.jpg 

こちらはマテ貝。
あら、裸にされて、あられもな姿にされて出て来るマテ貝、初めて見たわ(笑)
食べ易くていいですが、「剥くのが好き」な客としてはちょっと残念。
いきなり齧り付くよりも、ジワジワ剥くとこから楽しむ方が美味しくない?
(多分、ないw)

面白かったのはこちら、イカのくちばし!
トンビ、と呼ばれる所ですな。
そういえばあのトンビばかりを集めて干物として売ってあるのを見た事がある。

th_IMG_0462_20170326182401ee9.jpg 

ただ大きめのものになると固くて、ほんとしゃぶるだけ。
しかしこれはかなり小ぶりのイカのトンビであるらしく、若干、
軟骨の様なものがあり、たまーに口から出したくなる部分もありますが、
殆どはそのまま食べられる。スイートチリソースにからまり、まぁ良い
ビールにアテになるわw

あとこちらのチャーハンが美味しいと聞いたので頼んでみたら。。。

th_IMG_0463_20170326182402035.jpg 

おや珍しい、牛肉のチャーハン!
ってか、ご飯全体に味が染みてて、パエリヤとかピラフみたいな風情のお皿!
美味しかった!!!

そうだよねー、ちょっとくらい、炭水化物入れないと、お腹がもたんw
うんうん、自分がよく行くOc Khanhさんとはまた味の傾向が違って
たけども、こちらはこちらでまた美味しい!! 

当初は貝料理屋さんって敷居が高いと感じてたり、あまり自分の行動範囲の
目につく所に無かったので,中々機会が無いのかなーと思っていたけど
いやいやどうして。結構あるのね♪

メニューが完全にベトナム語で且つ、フロアを仕切ってた綺麗なお姉さん、
すっげクールでちょっと取っ付き難かったけど、大丈夫。美味しい顔して
楽しみながらお願いしたら、色々察してやってくれます( ・`ω・´)b

各料理のソースはパンでぬぐいながら食べるととても美味しいので、
Banh Miを頼むのもお忘れなく。
あ、この場合はサンドイッチじゃなく、あのパンだけのBanh Miね。

ってか…7人でけっこうビールも飲んで、お会計がね。

th_IMG_0464_20170326182403f47.jpg 

わーー!!丁度ひゃくまんどーんヾ(@⌒▽⌒@)ノ(笑)
ちょっと嬉しい。幸せのハードルが低すぎるのがバレてしまうが、
なんか嬉しい(笑)  
7人で、ビール飲んでお腹いっぱいで5000円。安い!!

路上にお連れするのはちょっと、という方がいたら、この店の方が
若干、グレードが上な感じに見えるかなー。いや、ええとこ教えて
もらいました。今後も活用させてもらおーっと♪


Oc Dao
132 Nguyen Thai Hoc Q1



 


  にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ


☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★
     
         個人的な好みですけど…
         <アンチもちもち 
      更新!(バックナンバーでご覧頂けます) 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】

☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お久しぶりでございます。

Oc Dao僕もよくいきますよ。
ローカル貝料理店では、高級(?)な部類ですので、そこそこのお値段しますね。

写真を見る限り、Oc Dao 2だと思いますが、1というかただのOc Daoの方が美味しいという噂を聞いた事があります。実際に食べても、僕は違いがわからなかったのですが。

Oc Dao 2が閉まってた!ってときによく行く隣の中華のお店もまぁまぁ美味しいです。

>ICONIC IT部長さま

ごぶさたしております!
おおっ、よく行かれるお店だとは奇遇です♪
ってか。。。こちらもよくある、「流行った店のパチもん作ったろ」ってパターン
なのかしら?いや、ナンバリングされてるってことは、さすがに同じお店が店舗
広げただけなんですかね?お隣の中華料理も気になります。あまり開拓できていない
エリアなので、よかったらぜひいつかご一緒させてくださいまし(*´艸`*)
sidetitleプロフィールsidetitle

ちぇり

Author:ちぇり
FC2ブログへようこそ!

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleブログ村PVランキングsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
アップグレード 追加 作成済み/作成可能プロファイル数:0/1 キーワードをご入力ください ご指定の条件に該当するデータがありません * 他のユーザーから閲覧もしくは管理権限を与えられたプロファイル ユーザーガイダンス 解析コードの実装方法 Google Tag Manger 1.下記の解析コードをコピーして、解析を行いたい全てのページの から の間に貼付けてください。 解析コードのコピー 2.解析コードが実装されたウェブサイトを開いてください。 3.解析コードが正しく実装されたか確認してください。 チェック 閉じる
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR