ベトナムローカル、高菜のお漬け物♪

以前から野菜専門店にはあって、チョイチョイ使っていたのですが、
最近は日本語表記がされてるようです。

th_IMG_5701_20170315235617ed4.jpg 

コープで見つけた(笑)
味は…うん、まんま日本の高菜漬け!
ただ。。。


th_IMG_5702_20170315235616dbc.jpg

芯部分が多いwww
葉っぱの部分はお料理とかに使ってしまうんかなぁ(笑)
いや、芯は芯で美味しいのでいいのですが、葉っぱで巻く
おにぎりとかはできんかもだけど、芯の部分は…

・細かく刻んで胡麻油+唐辛子で炒める+胡麻和え
・みりん(又は砂糖)と醤油で軽く炒めて厚揚げと炒める
・微塵切りにしてチャーハンに
・スープの具材に
・野菜のかき揚げのアクセントに

などなど、使い方色々。
お漬け物なのでそのままでも結構日持ちしますし、
炒めて常備菜としておいてけば、なにかと便利。
ご飯にも、麺類のトッピングにも、冷や奴のトッピングにも。

もともとホーチミンにあった商品に日本語表記を加えた
だけのものなので、あまり高くもありませんし、日本人には
嬉しい食材。是非是非活用して下さいね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ


☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★

      <どど、どうでした?> 
      更新!(バックナンバーでご覧頂けます) 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】

☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★


【Cooking】野菜のオーブン焼き

おいしそうなジャガ芋さんとハーブが手元にあったので、
冷蔵庫に残ってた別の野菜も使って、オーブン焼きにしてみました♪

th_IMG_5707_201703041837009fc.jpg th_IMG_5708_20170304183702273.jpgth_IMG_5718_20170304183706d14.jpg

冷蔵庫にはこのジャガ芋さん。
この、サツマイモの皮にも似た色のジャガ芋さん。
赤いお洋服を脱がすとお肌が真っ白でみずみずしくって綺麗なんよね!
肌理が細かいけど粘りがないので煮物には向かなさそうだったけど、
ベイクドポテトには良さそうな感じ。

基本野菜を焼くだけなので、基本シンプル。だからそこに好みの
ハーブをふんだんに使うと、美味しさが倍増します。
幸いホーチミンはハーブ類が安いしね(^・^)

th_IMG_5713_20170304183702b98.jpg 

今回は、
・皮を剥いてカット→茹でたジャガ芋
・乱切りにして軽く炒めたズッキーニ
・コープマートで買った、トマトの肉詰め(調理前)

トマトの肉詰めはチーズ乗っけてるからわかりにくいですが…(笑)
これもレンジで粗方の熱を入れてから配置します。

野菜は他にも玉ねぎ、カボチャ、オクラ、カブ、人参、パプリカ
などなどなんでもお好きな物を♪

最初っから全部オーブンでやっても良いけど時間がかかるのと
材料に寄って火が入る時間が違う。だから「あと15分程焼くと
ちょうど良い」って加減に各食材を仕上げておくと、
サーヴィングがスマート。

天板に全部を乗せたら軽く塩胡椒をしてオリーブオイルを回しかけて、
250度くらいの高温で約10〜15分。ご家庭のオーブンによって様子が
変わって来ると思うので、ケースバイケースで。

ちなみにこの赤い皮のジャガ芋さん。
メッチャ肌理が細かくってサラサラサラっと口の中で解ける感じ。
男爵みたいなホクホク感とか粉っぽさではないのだけど、
例えるなら。。。和三盆の干菓子が口の中でほどけるような。
美味しかったな(^・^)

そうするためにも、茹でて水分を与えておいて、最後の焼きで
余分な水分を飛ばすイメージでやるといいかも。


【アレンジ】
・焼く前にマヨネーズを全体に細く回しかけて焼く
・胡椒の代わりにカレー粉を
・オリーブオイルの変わりにイタリアンドレッシングをかけて焼く
・ベーコン等の肉っ気をプラス
・旨味のある粉チーズを塩代わりに
・仕上げにバターを散らす
 (焼く前に置くと焦げ易く、且つ香りも飛んでしまう)

冷蔵庫のお掃除料理な割に、見栄えがいいので重宝します(笑)
ボリュームも出るし、焼く事で味が凝縮されるので、野菜を
美味しく食べられると思います♪ ってか、美味しかった。。。
また着くろ♪







にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ


☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★

  <優先順位> 更新!(バックナンバーでご覧頂けます) 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】

☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★


【Delivery】 Pasta Box

デリバリーはとっても便利。
特に最近,ちょっと出掛ける間も惜しい、ってな状況があるから、
ちょっと注文に数分かけるだけで用事をしながら配達を待って、
お片づけもしなくて良いって、すんごい有難い。

ただ。。。
どうやったって出来立てよりかは状態が劣るものもある。
例えばサラダや暖め直しの利くようなもの、麺とスープが別に
宅配されるベトナムの麺料理などならタイムラグがそこまで
響きはしないのですが…

パスタなんて、出来上がってからどんだけ速くサーヴするかが
美味しさの要素でもあり、これまでは候補にすら上げた事が
なかったです。デリバリーの。

しかし先日居候君が「ここの前頼んだら美味しかったですよ!」と言い、
「今日頼みたいから一緒にどうですか?」というお誘いを。

ふむ。断る事も出来ました。
が、日頃から舌があう人の言葉だし、自分の中でだけ決めてる基準が
必ずしもいつも正しいとは限らない。ので、乗ってみました。

日によって違うこともあるのでしょうが、ランチ前から夜9時まで、
ミニマムオーダーは60kドンから、宅配費用は20kドンかかるけど、
120kドン分頼めばフリー。諸々条件がよろしいね。

メニュー 

アラビアータ、フンギ、ソーセージ、ミートボール、シーフード、サーモン、
ペスト、カルボナーラ、ラザニア、アジアンソースなんてものもある。
そしてそれぞれのパスタに、「スパゲッティ、リングイネ、ペンネ」の
チョイスがヽ(・∀・)ノ

th_IMG_5693_2017030417592427e.jpg 

試される消費者w
こういうチョイスがある場合、それらをどう組み合わせるかで結果が
大きく変わって来たりするから面白い。勿論思いつくまま気軽に
やるのもありなんだけど、個人的にはメニュー全体からお店の
強みを想像したり、宅配時間に耐えられそうな物はどれかと考えて
みたりと、あれこれやるのが面白い(笑)

居候君はリングイネのサーモンソース、私はフンギのペンネをチョイス。
30分後にはお伺いしますよ!とSMSが来たんだけれども,実際には
20分くらいで到着した。。。
ねぇ、パスタ茹でる時間、なかったくない?(・∀・;


th_IMG_5694_20170304175925e50.jpg
 


まぁやり方は色々あって、9割茹でた状態のものを冷凍しておき、白ワイン
(又は水)で数分茹で戻す方法とか、もちろん茹でたてには敵わないけど
飲食店では良くあるやり方。(こちらのお店がどうされているかは不明)。

しかもそんなに酷くないので、自宅でも大勢の客人をもてなす時には
使える手。大量のパスタ、一緒に茹でることはできても、ソースと
合わせたりの行程が一度にたくさん出来ないものね。

で、サーモンのリングイネはこちら。

th_IMG_5695_2017030417592759d.jpg 

おっ、見た目、旨そうじゃーん。
ってか、ちょっと味見させてもらったら、ソースはイケましたよっ、
十分美味しい。麺が気持ち柔らかかったけど、コレよりベタベタに
柔い麺を店で出された事もあるので、まぁ及第点。ってか、なんも
かんもアルデンテだったらいいって話でもないですしねw

ぷりっぷりの跳ね返る様な食感じゃないとって方には頼りないかも
しれませんが、ソースの美味しさ、パスタ自体の味わいが相まって、
私的にはアリでした。そして…?

th_IMG_5696_2017030417592702d.jpg 

見た目がちょっとあれですがw フンギは当たり!
もともとキノコ系が好きだってのもありますが、調理後、
サーヴするまでに時間がかかる場合には、ショートパスタの
方がロングパスタよりダメージが少ないです。

ダメージがあったところで、生地が厚めであることと短い形状
ということで、「麺」というより「個体」を食べる感覚があり、
麺に求めるコシなり喉越しなりを期待しない分、感じる
ダメージが少なくなるって部分もあるかも。

だからパーティ料理だったり、作り置きのサラダに使う場合には、
ショートパスタを選ぶのが無難、と、自分の中では思ってます。

実際、今回のこれ、かなーりいけた!(´⊙ω⊙`)
ってか、ここサーモンの方もそうだったけど、味のセンスが良いと見たっ。
旨味のバランスがどちらもよかった。

プラス、好みで粉チーズをふりかけたり、黒胡椒を散らしたり
すれば、もっと完璧じゃなかろうか。

一般に、ホーチミンで出されるパスタはやわやわで不味い!
って、もう何度も何度も聞かされたけど、恐る恐る頼んでみると、
今回も然り、Napoly  http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-4376.html
さんも然りで、決して悪くないんだよなー。
私の舌がジャンクだからかなーw

あの味のセンスだったら、メニューにあったバーガーとかも気になるな。
ちょっとこちらのお店、チェック。次回もなんか頼んでみよう。
一人頭、500円くらいでこのくらいのパスタだったら、
個人的には全然アリだと思いましたーヽ(・∀・)ノ


Pasta Box
https://www.vietnammm.com/en/pasta-box



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ


☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★

    <ちぇり in Vietnam ができるまで 
     更新!(バックナンバーでご覧頂けます) 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】

☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★


My Life Coffee 〜 24時間営業のカフェ

割に探すとヒットする「ホーチミン 24時間営業のカフェ」。
日本からのフライトが深夜便で早朝に到着、ホテルのチェックイン
までには未だ時間があるし、といって荷物もあるからあまり
ブラブラってのもちょっとなー…ってこと、ありますもんね。

ホテルがちょうど良い場所にある場合は荷物だけ先に預けて
朝のお散歩、ってのもいいかもですが、フライト直後じゃ疲れてるし
ゆっくりしたいですもんね。だからそういう情報がヒットするんだと
思いますが。。。

意外と情報通りじゃないこともあるのでご注意(・∀・;
まぁ事前に電話して確認出来ればいいけれど、国際電話までして
確かめるか?っちゅー話もあるし、結局現場に行くのが現実的
かなー、とは思うんですが…


th_IMG_5285_201703041738446b8.jpg 

th_IMG_5286_20170304173846079.jpg th_IMG_5287_20170304173847a2c.jpg

先日、早朝にカフェを使う機会があって、こちらの事を思い出し提案
したんですよ。場所は、New Worldホテルより少し西にあるロータリー沿い。
Nguyen Trai入り口にあるとこ。目立ってて、且つ、ツイ最近利用した上、
ご覧のように堂々と24時間営業を謳っていたので安心して出向いたら…

th_IMG_5471_2017030417384913f.jpg 

はい、閉まってたー(・∀・;
まぢか。あんなにデカデカ「24hours」って書いてるくせに。

でもま、少なくないんですよね。
オープン時には24時間を謳ってるんだけど、客足その他に寄って
調整するんですかね。それはそれ、マネジメントとしては正しいの
だと思いますが、「営業時間を変えたんだったらアナウンスしてくれ」
と、切に思います。。。…orz

ってことで、この日はセカンドチョイスのお店へ。
こういうこともあろうかと、いくつかピックアップしといてよかった。

th_IMG_5473_20170304173850017.jpg 

Tran Hung Dao通り沿い、Pullman Hotel 向かいにあるMy Life Coffee。
週末の早朝は、付近のクラブの音楽がまだ聞こえて来てて若干賑やかでは
あり、且つ夜明かししたのか、ソファには身体を横たえソファと同化
してるような人等が何人かいたけど(笑)、基本的には穏やかな空気。

th_IMG_5474_201703041738528b1.jpg 

th_IMG_5478.jpg th_IMG_5483_201703041739022a4.jpg

分煙もしっかり出来ている上に、特に禁煙ルームの方はちょっとした
大きなミーティングデスクなんかもあって、その時の空き具合にもよる
だろうけど、多人数でも楽しそう。

th_IMG_5480.jpg 

他店舗にも行った事が無かったので知らなかったんですが、結構フード
メニューもある様ですね。今回は頂かなかったからどんな具合かわかり
ませんが、フードも24時間提供してくれてるとしたら重宝するかも。

th_IMG_5481.jpg 

th_IMG_5482.jpg

今回訪れたのが5時半くらいだったかなぁ。その時間にはすっかりそこに
腰を落ち着けてる人達がいたので、きっとその前から、つまりは24時間営業を
ホントにやってるんだろうなーという印象。夜通しそこに居た訳じゃないから
確実には分かんないけど、多分、ねw

そんな夜中や早朝のカフェ利用がどんな頻度で必要なんだよって話はあるけど、
意外と問い合せがあったりもするので、知っておくと便利かも。

そういえば、中心部の大聖堂近くにも何件か24時間表示のカフェがあった
から、ほんとに開いてるのかどうかチェックしといた方が良さそうだなー。
ウチのブログもそうだけど、情報内容が結構コロコロかわるから、
出来る限りフォローアップしとかなね。。。

とりあえず、こちらのお店は大丈夫でした。
アイスコーヒーはかなりヘヴィで、チェイサーが欲しいくらいの重さ
でしたけど、脳みそ叩き起こすにはちょうどよかったし、白々と夜が
開ける様を,カフェの中から見るというのも、なかなかオツなものでした(^・^)


昔はこれを夜通しの流れでやってたよなー…(笑)
もう今はそんな元気ないけども(・∀・;


My Life Coffee (24h営業)
257 Tran Hung Dao Q1



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ


☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★

      <ちぇりの生態 UBER編> 
      更新!(バックナンバーでご覧頂けます) 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】

☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★


Mo Mo Paradise 〜 噂のしゃぶしゃぶ屋さん♪(写真追加)

****** 2017 Mar. ******

他店舗は合間にも行ってましたが、こちらの店舗は久しぶり!
ふと思い立って,くだんの居候君と行ってきました(^・^)

th_IMG_5676_20170304162421881.jpg 

そうそう、味噌キムチって出てるの知ってたんだけど、食べた事が
なかったんだよねー。気になる気になる。でも、もうすぐ帰国の
居候君に、ここの「独特の」すき焼きも食べさせてあげたい(笑)

というわけで、なんとこの日はすき焼きと味噌キムチのコンビネーション。
濃いーーーーー(・∀・;

th_IMG_5685.jpg 

陰陽のシンボルに近いこの鍋見るとテンション上がるよね。
え?上がらない?(笑)
この鍋、家に欲しいなって思うくらい好きなんだけど(笑)

久しぶりの訪問でしたが、店員さんの日本語力が上がっててびっくり。
この日の客層はローカルの方が殆どでしたが、日本人もけっこう訪ねて
いるのかなー。1人だけじゃなく、スタッフさんの何人もがかなり綺麗な
日本語で「こちらのお席へドウゾー♪」とか、「ショウショウ
お待ちください♪」とか。物越しも柔らかだし、大変素晴らしい。

th_IMG_5677_2017030416242296c.jpg th_IMG_5689.jpg

メニューの「コラーゲン『べ』邦題」にツボりながらドリンクバーへ。
居候君曰く「食べ放題ってことは、戦いですね?( ・`ω・´)b」ってことで、
この日はビールも炭酸もナシっ。蓮茶で攻める健全さw

こう言う食べ放題の鍋のお店はローカルにもあるんだけれども、ここの
何が良いかって、お野菜類が綺麗なのよねー♪ いつ行ってもどこの店舗も
徹底してる。そして、ベトナムならではのお野菜もあること。

th_IMG_5683_201703041624250c2.jpg 

カボチャのハナとか♪
これ、花粉あるとこ、1つ1つ取らんとだから、家で調理するの大変。
それがこちらでは山のように♪ 新鮮で色も綺麗で張りもある。
鍋の中で軽く煮ると、ガクの部分がホクリとなって、また美味しい。
白菜や春菊など馴染みの野菜もとても綺麗でおいしいけれども、
カボチャの花を、労をせずして好きなだけ食べられるって、個人的には
かなりのバリュー(^・^)

th_IMG_5684.jpg 

お肉も相変わらず美しいですなっ♪
そして、お客さんがこの日はそこまで多くなかった事もあってか、
店員さん立ちが良く気がつく! ここは食材取りに行くのも客がセルフ
でやるお店だし、彼らの仕事は主に肉と調味料のサプライだから、
やって当たり前じゃないかと思われるかもしれませんが…

その中にもタイミングやら物越しの柔らかさ、察しの良さなどがあり
ましてね。この日は終止満点でした(^・^)
ってか。。。

th_IMG_5686.jpg 

投入 by 居候君。
見事な現役大学生鍋奉行( ̄ー ̄)

肉一皿を、ひと箸で掬い、ベロッと鍋へ。
そして煮えたらザクッと掬ってガブリと食べる。
まとめてやっても追いついてかないスピードで、べろんごっくんべろんごっくん。
肉の皿が、わんこ蕎麦みたいな勢いで取り替えられておりましたw
一枚一枚をシャブリシャブリとかやっとられるかとw

良い。
いかな、自分が食いしん坊といいましてもやね、大学生男子の食欲と
その勢いに敵う訳ない。ちぇりさんは早々に離脱して、彼の食べっぷり
を鑑賞するに徹してました。見てるだけでハラ太る(・∀・;

そう言えば周りのベトナムの方達に、すき焼き頼んでる方が多くって、
みなさん、調味料がサーブされるや否や、なんの躊躇もなく、
流れる様な動作で卵を割ってシャカシャカほぐしてた。。。

th_IMG_5687_201703041624318e1.jpg 

日本以外の方が。
しかも暖かい地方の方が。
生卵を躊躇なく召し上がるとか。

更には「すきやき」という料理が、そしてそれには生卵、
というセオリーまで浸透してるとか。これは…

ホーチミンにおかれましては、Mo Mo Paradiseさんの功績
ではないですかね?生卵=忌避されがちな文化の1つがこんなにも
受け入れられてるって、すごい事だと思いますよ。

まぁ、他所の卵ではやったらあかんよ、というところまでが浸透
していると言う前提で(というか、食べないのが基本だから大丈夫とは
思うんですが)言わせてもらうなら、ここまでシャブシャブって
料理を広めてくれたのもすごい事やし。

あ、あと、麺の美味しさも健在。
特に細めん。好っきゃわー。

th_IMG_5679_2017030416242241b.jpg th_IMG_5680_20170304162424411.jpg

居候君曰く、香港の雲呑麺に使われてるような麺、と。
うん、正確な表現かと。素麺のように細いけれども、かんすい使って
ます系の麺で、輪郭がシャープ。粉の風味がしっかりしてて喉元を
撫でつつ通る感覚が旨い。これ、麺だけ売ってくれんやろか?

時が経つと、お店の味が変わったり、しかもそれには良い方向に
変わった場合とそうでない場合もあって、勿論人の入れ替わりもある。
だからしばらくぶりに行くお店を訪ねる時は、ちょっとドキドキする
んですが…

こちらは食材の品質も変わってなかったし、スタッフさんに関しては
むしろかなりグレードアップしているように感じました。
素晴らしい。

それにしても、居候君の食べっぷりったら気持ちよい程。
あの胃袋、ちぇりにも欲しいなー。
どっかに売ってないかなー。
なんなら胃袋カートリッジでもいいんですが(。-_-。)



****** 2014 July 初訪問の翌日w ******

えーっと、まさかの2連ちゃん(笑)
初訪問の日、「美味しかったよー♪」と相方さんに報告したら、翌日が土曜日で
夕食時感に家に居られる事が分かったため「じゃ、行く?」って話になり
二日連続。。。

th_IMG_3296.jpg

あ、夜も結構表の様子、地味でしたね(笑)
で、店内に入るとフロアマネージャーさんらしき男性に
「あー!昨日の!」見たいな顔されたよね(※ーー※)

夜混雑するかなーと思って予約して行ったのですが、ま、ぼちぼちって感じだったかな。
ローカルの方も多かったです♪ 寿司とか天ぷらとかしゃぶしゃぶとか、
日本の料理がどんどん他の国に浸透してってくれるの、嬉しいですね♪

前日には撮り損ねてたお酒のメニューをアップしときます。
割とお安め?隣のベトナム人カップルさんは、四合瓶くらいの日本酒を
2本くらいガンガン空けてましたw

         th_IMG_3299.jpg
th_IMG_3300.jpg th_IMG_3301.jpg

相変わらずお肉は綺麗だったし、お客さんが多くなったときの親サイバーの補充や
美観は道南だろうと言う心配も一切無用と判明。スタッフさんが昼より増えてて、
それは甲斐甲斐しく動いていたし、相変わらず、目配り気配りが細やかだった♪

th_IMG_3304.jpg

で、前の日には食べ切れなかった細麺にチャレンジしたんですが、これ!ぜひ食べて!
生麺なので、茹でる、という過程が居るため、すき焼きとしゃぶしゃぶ、ミックス鍋を
頼まれているときはシャブシャブのダシの方で茹でた方が良いと思います。
生麺から茹でるため、シャブシャブのダシで茹でるにしても、タップリ目の水分で茹でた
方が良いので、少なくなってたらお願いして足してもらってください。

th_IMG_3306.jpg th_IMG_3307.jpg

そしてくっつきやすいので、入れて直ぐは橋でほぐしつつ火入れ。
細いのでものの1〜2分で食べられるようになりますが、水で締めるわけでもないのに、
1本1本の輪郭がシャキ!としてて、細さからは想像できない程のコシ。
いわゆるMiに分類される中華系の麺だと思うのですが、メッチャ好み!
ちぇりの大好きなアヒル麺 http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-3346.html屋さん
の麺にもちょっと似てる♪

シャブシャブ用のゴマだれに、野菜バーのところにある刻んだチリをタップリ入れたもので
頂いたんですが、ちょっと担々麺チックで美味しかった♪ 太麺も美味しかったけど、
ちぇり的にはこの細麺の方が好みかしら♪ いつも締めの段階で食べるから、おなかが
いっぱいでフーフー言っちゃうんだけど(そーまでして食べるなよ。。。)今度はもう
ちょっと前の段階で投入しても良いなー♪ 

一ヶ月有効の100kドンのバウチャーも頂いたので、また近々行きたいと思います♪
(↑二日続けて食べに行っても、むしろ体重減っていたから調子に乗ってるwww)



****** 2014 July 初訪問 ******

もー、プレオープンの頃から行かれた方のブログで評判が良かった
モーモーパラダイス、略してモーパラ。
HPで営業時間とかが分かりにくかった為に、お昼やってるんかなー、
今度確かめななーと思ってた所に主婦友さんから、

『お昼やってるって!食べに行きたい!』

と、渡りに船のお誘いが♪
行く行く〜♪早速明日行く〜♪と二つ返事でお返事を返して早速訪問。
表は以外と控えめな感じ?夜だともうちょっとサインとかが明るくなるのかな?

th_IMG_3226.jpg

メニューは食べ放題のみ。
種類は、すき焼きかしゃぶしゃぶ。もしくはその二種類を一度に。
時間は90分か120分かで料金が変わります。

th_IMG_3297.jpg th_IMG_3249.jpg

90分で1種類の鍋だと338kドン。
2種類のミックス鍋だと388kドン。
5万ドンの違いです。250円差くらい。それで二種類楽しめるなら絶対お得よね!
ってことで、欲張り食いしん坊達は迷わずに種類の鍋にしたのでした(笑)

追加オプションでコラーゲンも頼んだのはナイショ。。(*´艸`*)

th_IMG_3262.jpg

わかってる。経口摂取じゃコラーゲンなんて大して意味がないってこと。
でも単純人間には、プラセボ効果ってものがあるのよっw
科学では解明できない不思議な事が世の中にはあるの!
信じるものは救われる!! 
↑ こう言うのがカモになりやすいので気をつけましょうね。ガーガー。

th_IMG_3281.jpg th_IMG_3279.jpg


ちなみにセットには、ペプシ、ミリンダ、セブンアップ、紅茶、かな?がフリードリンク
としてついてます♪ ミリンダ!!なんて懐かしい!!(笑)
そしてなんとこの日はオープニングキャンペーン中だったのか、ビールが1杯無料だった♪
わっほい!! (迷わず頼んだよね。。。昼だけど。。。)

th_IMG_3298.jpg

実はビール後に Tra Da (冷たい蓮茶)もフリーかなーと思って頼んだら、これは
ドリンクバーというメニューにしかなかったらしく、ドリンクバーメニュー28kドンの
別料金になりました。紅茶もあるって知ってたら紅茶でも良かったんだけど、
ちゃんと見に行ってなかったから知らなかった(^^; 
後に、一緒に行ったお二人も Tra Da を頼もうとした時に、

『セブンアップやペプシならフリードリンクですが、別注文になさいますか?』

ってわざわざ確認しに来てくれた。。。
黙っときゃ店の売り上げになっただろうに(と言っても28kドンだけどw)丁寧やなー。

で、お野菜は取り放題です♪
サラダもちょっぴりあったけど、お鍋用のお野菜がメイン。

th_IMG_3252.jpg th_IMG_3267.jpg

お野菜綺麗!!白菜ー!!春菊ーー!!そしてキノコ類が満載!!!
これ、家で全種類揃えてやろうと思ったら金額的にもエラい事だし、手間が大変!!
(ベトナムのお野菜、洗ったり選別した利が大変なので。。。)
というわけで、喜び勇んで鍋が卓にやってくる前から取りに行って席に戻ったら。。。


th_IMG_3257.jpg th_IMG_3256.jpg

うおう!最初はお店の方から盛り合わせがく来るのか(^^;
それを食べた後でまた好きなお野菜を取りに行けば良かったのね。。。
プラス、すき焼きには生卵がついてる!!しかも追い生卵(←追加注文のことらしい)も可能!
なにここ天国?!(生卵LOVE♡)って、喜んだのはいいけど。。。

th_IMG_3260.jpg

すき焼き用の割り下やらしゃぶしゃぶ用のポン酢、ゴマだれ、差し水、
そしてメインのお肉などもあるので机の上がぎっちぎっちや。。。(苦笑) 
まっ、食べる自身は満々だったし、実際これに加えてお野菜もお肉も何回も頼んだけどねw

そうそう、お肉がおいしかったのですよ!
牛肉は日本の高級店のようなサシ入りじゃありませんが、牛脂が胃におもたれ気味な
妙齢のワタクシたちには赤身の方が好都合(笑) 豚肉も、ベトナムのは美味しいって
知ってたけど、しゃぶしゃぶ用専門の超薄切りが大変美味しく、べろんゴックン
べろんゴックンと食べるわ食べるわ(その祇園ヤメロ・笑)

th_IMG_3255.jpg


しかも、鍋の中こんな感じ。とても主婦三人の集まりの鍋とは思えないごった煮具合w
お肉しゃぶしゃぶするスペース、ないやーん!(´Д` )

th_IMG_3266.jpg

で、驚きだったのがすき焼き。
薄めの割り下が煮立ってる中に具材を入れる方式ですよ。
しゃぶしゃぶのダシが割り下になってる状態。
焼き付けから始めないすき焼きって、ちぇりがいた地方ではあまり見なくてやったことない。
加えて食べ放題だ。店内の様子は落ち着き感&リッチ感があるけど、そもそも味はそんなに
期待が…とか失礼な事思ってたのに。。。

th_IMG_3275.jpg

うまいがな!!
意外だったけど、他の具材もクツクツやってると程よくちゃんと「すき焼き」になるの。
もちろん焼き付けスタイルよりもアッサリ目になるのですが、このアッサリ感がまたよろし。
なにによろし、かというと、量を食べるために、いとよろしっ。
(学生じゃないんだから。。。)

あ、野菜バーの所に麺も二種類程置いてまして、今回は太いチャンポン麺のようなものを
頂いたんですが、これが生麺。加水率はかなり低めでしっかりしてるので、たっぷりの
水分でしっかり茹でるのが吉。太い麺は結構ふくれるので、1玉から様子見ながら
茹でられる事をお勧めします。これ、3玉とか入れると増えるわかめちゃん並に慌てる事に
なると思う。。。

お水、ゴマだれ、ポン酢などの追加は遠慮なく店員さんに言うといいと思います。
英語より日本語の方が通じました(笑)
そして目に見えるお肉に関しては、お皿が開いたと思ったらすぐに下げに来て、

『次は牛肉、いくつお持ちしますか?豚肉はいかがですか?』

と、甲斐甲斐しい。良く、目配り気配りされてらっしゃったと思います。
おまけに先のドリンクのアドバイス(わざわざ有料のにしなくてもフリードリンクが
ありますが…ってやつ)に続き、90分の時間が近づいて来たのでお会計を頼んだら

『アイスクリームも(セットの中に)あるんですよ!
 とても美味しいです。食べませんか?』

とお勧めしてくださるっ。
大変、美味しいなら食べなくちゃ!ってことでそこから食べたよね。。。
時間、結構延長してたけど、お目こぼしいただいたよね。。。。
90分フルで食べといてまだ入るか。。。

器もアイスクリームと一緒に冷凍庫で冷やされてて、ご配慮も細やかだなと。
んで、これが食べ放題後にふさわしいアッサリ具合で、食べやすかった♪

th_IMG_3280.jpg

これだけ美味しくて店員さんも感じ良いなら、会社の集まりに持つ帰るんじゃないかなー、
と思って、大人数用の席はないかと聞いたら、二階にVIPルームがありました♪
一番大きい所で16人席(ちょっと頑張れば4人くらいは追加できるかな?)、
8人用の半個室なども。1階も落ち着いた雰囲気でしたが、これなら更にゆっくりも
できるんじゃないかしら♪

th_IMG_3253_201407112011454f7.jpg th_IMG_3283.jpg

なんにしても、評判通り思った以上に美味しかったし、感じよかった!
お鍋のブッフェとしてはちょっとお高めかもですが、美味しいのでそれ以上はガッツリ
食べた気がします(笑) お野菜補給にもいいんじゃなかろうか♪

とくに昼夜で値段設定の違いは内容ですので、ご都合のよろしい時にぜひぜひお試しくださいな♪
日本の高級料亭並、とはいかなくっても、誠意のある、居心地の良いお店でした!

th_IMG_3284.jpg 


 

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑

イイね!の代わりにポチしてくれると、
 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ


☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★

      <ちぇりの生態 UBER編> 
      更新!(バックナンバーでご覧頂けます) 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】

☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★


Wheel House Cafe 〜 車コンセプトのキュートなカフェ♪

開拓したいしたいと思ってる割に、なかなか調査が進んでいない
Phu Nhuan エリア。どうしても日頃の行動範囲圏から外れるので、
読者の方からの情報が頼り。で、今回行ってみたいお店を教えて
もらったのですが、その日に限ってその店お休み(´Д` )

タクシー代を払ってわざわざ行ったのに、何も収穫ナシで帰っては
もったいない(ケチ)。ので、ぐるりと見回してみました所…

th_IMG_5541_2017030414320924b.jpg 

おおっ、目的地だった所の真向かいに、なんか良さげなカフェあるやん♪
しかも食事を全面に押し出している。

知ってるよ、ちぇり。
ホーチミンのカフェ飯はあなどっちゃいけないんだ。
日本では何度もカフェ飯の残念さに泣いた事があったけど、
ホーチミンのカフェでは美味しいとこが多いんだよねっ。
ちぇり知ってる( ・`ω・´)b

th_IMG_5543_20170304143210cf4.jpg 

しかもエリアがらか、結構お手軽価格だわ♪
小腹を満たす程度で良いし、こりゃ試しとかなな(^・^)
ってことで突撃。

th_IMG_5544_201703041441196b1.jpg th_IMG_5545_20170304144122573.jpg

カフェらしく、ドリンクやスイーツのメニューがまず展開されるわけですが、
その数がかなり豊富!実際にどのくらい取り揃えていらっしゃるのかは
未知数ですが(笑)、気概は感じる( ・`ω・´)b

そしてお食事メニューも…

th_IMG_5548_2017030414321581b.jpg  th_IMG_5551_20170304143216bc9.jpg

オマケ程度にあるんかいなと思ってたら、結構な種類がありました。
そしてBanh Canh は「udon」と英語で表記されてるなど、
こういうローカルなとこにまで日本の料理名が浸透してくれてるのだなぁ、
とちょっと嬉しかったり。

ってか。。。

th_IMG_5562_20170304144124605.jpg 

かわいくない?ヽ(・∀・)ノ
ほらほら、こっちも♡

th_IMG_5560_20170304144123b1c.jpg 

うきゃーーーーっ(≧∇≦)
しまった、もっと良く見て席を選べば良かった。
この「きょん♪」としたお顔の車のソファに座ればよかった。
座りたい座りたい座りたい…(子供かっw

お店の名前通り、こちらの店内、モチーフは車。
日本製のミニカーなんかもたくさん置いてあって、小さな男の子とか
連れて来ちゃうと大変かもっ(ちぇりでも大喜びだったからなっw)

th_IMG_5558_20170304144118aef.jpg 

全体もアメリカンダイナー風のデザインでポップな感じ。
ただ所々創り込みが甘い、もしくはぞんざいな扱い(掃除道具がその辺に
置かれていたりとかw)があったので、世界観が確立出来てないのが
残念でしたが、まぁいい。車がたくさんあるのでそれで良しっw

th_IMG_5557_20170304144118d10.jpg 

表にフーティウがイチオシとあったので頼んでみたら品切との事。
次におススメと言うバインカンを頼んでみました。
ら?

おーっ、これは!
ウチがタンディン市場で買って冷凍常備しているやつではないか!
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-4233.html
うん、このバインカンはまさにうどんなんよなー♪

th_IMG_5568_201703041441285cb.jpg 

クリアスープはしっかりめの旨味出汁。
うん、化調は使われてるだろうけども、この乗り難い目の表面にも
上手に乗ってて良い感じ♪ 具材の骨付き肉もほろっほろで、
骨から肉がスルッと外れる。
やっぱりカフェとは言えど、ちゃんと料理してるんよなぁ。

th_IMG_5569.jpg  th_IMG_5572_201703041441309df.jpg

各種類の料理を各店からデリばってる、なんてお店もあるようですが、
それはそれ、どこから入れるかがお店のウデの見せ所だし、なんにしても
消費者的にはその場で旨い物をいただけるんなら良い訳で。

そういえば、夜はちょっとカフェバーっぽくもなったりするのか、
おつまみ系の小さな食事も色々と。
例えばBap Xao.


th_IMG_5564_201703041441256fe.jpg 

おーーーーっ。
綺麗な更に乗ったBap Xaoとか,初めてみたわーwww
大体が屋台か飲み屋に売りにくる移動店のもんだもんな。
発泡スチロールの容器に入ってて、小さいアイスクリーム用の
スプーンで、

「うおーっ、掬い難いーー!食べ難いー!!」

とイラチになりながら食べるのが常なのでちょっと新鮮(笑)
コーンとバターと干しエビのコンビネーション。ほんと好き。
正確にはちょっとの砂糖と塩も入ってるし、バターもマーガリン
のことが多いけど(笑)、干しエビ合わせる当たりとか、ちょっと
なかなか発想出来んわ。海老が豊かにある土地ならではなんかもねー。

ご飯を食べに行く為に、わざわざこちらに、って選択はしない
かもしれませんが、なんしお店がキュートなんでまた行きたい(笑)
お子様連れの時とか楽しんでもらえるかも?(^・^)

ってか、自分が楽しかったわ(笑)
今度行ったら、絶対あの車のソファに座るんだ♪
青い子が良いかな。楽しみにしとこーっと♪


Wheel House Cafe
313 Nguyễn Trọng Tuyển,  Q. Phu Nhuan



にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ


☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★

      <ちぇりの生態 UBER編> 
      更新!(バックナンバーでご覧頂けます) 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】

☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★


【閉店、というか壊滅】MIN Coffee 〜 Non Coffeeってなんぞ???

***** 2017 Mar.*****

こちらのカフェだけでなく、こちらのカフェの後ろにあった
体育館もろとも取り壊しになっておりまして、閉店、というか、
壊滅状態(´Д` )

th_IMG_5719_20170304133028aef.jpg 

ボルダリングとかテニスコートとかもあったかなり広い土地。
なにができるんだろうなー。MINカフェさん、私が2週間台湾に
行ってる間にないなってた。最後に見た時はまだまだお客さんも入って
お元気そうだったのに…(ノ_・。) (なんか表現違うw)

この敷地だとショッピングセンターとかかなぁ。
レジデンスやホテルは過密状態のこのエリア。でもそれでも1区から
移って来てる人が多いと聞くから、まだ居住用ビルの可能性もあるなー。
なんにしても、またMINカフェさんが不カッツしてくれる事を願いつつ。



***** 2016 Nov.*****

チェーン…っぽいメニューの造りなんだけど、あんまり他で見た事ないなー、
でもコージーそうだなー、と思い入ってみました。

th_IMG_5909.jpg 

場所柄か、結構おっちゃんとかも入ってて、のんびりするひとアリ、
パソコンパチパチお仕事してる人もあり。

th_IMG_5910_201610192137582e9.jpg

いいわー。このゆるっと加減。
PC開いてもなんも言われんどころか電源まで提供してくれるし、店員さん
親切やし、空間ノビノビやし。ベトナムはほんっと、カフェにゆとりが
あって良いね。一部、人気チェーンを覗いての話だけど(笑)

th_IMG_5914_2016101921380159b.jpg 

システムとしては、入り口のレジの所で先にオーダーしてから席につくタイプ。
番号札を貰ってて、混んでなければ店員さんが持って来てくれるし、混んでれば
呼ばれるんで適当に取りに行くみたい。まーず自分で取りに行った事無いけど(笑)

ところで、前からあったのはあったんだけど、最近富みにこの手のタイル使ってる
お店、ふえてる気がしますね♪

th_IMG_5915_20161019214047159.jpg
 

お洒落な奥さんやったら、こんなタイル使ってなんかセンスのええ事されるん
やろなぁ。え?私?無理無理無理無理。だってタイル、食べれんし。

でな?
ちょっと見てくれる、このメニュー。

th_IMG_5913_201610192138006ab.jpg 

この日暑くて、ここにくるまでに結構歩いてたから冷たいのがいいなーと思って
見てたら。。。

なに。
Coffee & Non Coffee って。

見ると下にフレーバードシロップの種類が書いてあるから、それを混ぜたもの
なんだろうなーとは分かったけど、なに。Non Cooffeeって。
しかもCoffee & Non Coffeeって。

とりあえず、指差して「これ」って言ってみたら「どっちになさいますかー(^^)」
との質問。どっちってシロップの事?と聞いたら「いえ、Coffee か Non Coffeeか」。

そじゃったらCoffee or Non Coffee、ちゃうんけщ(゚Д゚щ)
ってか、じゃぁNon Coffeeってなによ。
水でも酒でもみっくちゅじゅーちゅでもNon Coffeeやでっ。
何出してくんのん?!

という疑問に駆られておもしろそうだったので頼んでみた。
結果。。。

th_IMG_5918_2016101921380271f.jpg 


まっちろ( ̄ー ̄) 
※容器は透明です

これ…ミルクやんけ!(笑)
んなら、ミルクて書けやー!(笑)

いや、別ににゅうにゅう嫌いやないからええけどもやな。
にゅうにゅうにヘーゼルナッツのフレーバードシロップって、甘やかやでー(・∀・;
しかもなに。こうなると知ってたら乗せてくれるなと言っておいたのに、
生クリームがてんこ盛り。。。にゅうにゅうに、生クリームて。。。

いや、不味い訳や無いんですよ。
でもわたし、この時メッチャ喉乾いてたんです(笑)
結構な距離を歩いて来てて、汗だくだったんです。早く速やかにさっぱりとした
水分補給をしたかったんです。そこに、甘いにゅうにゅうに甘いクリーム。。。

th_IMG_5921_20161019214049f81.jpg 

速やかにブラックコーヒーをチェイサーに( ・`ω・´)b
真っ白の飲んだら真っ黒の飲んでバランスとったらええねんという理論。
お腹の中でカフェスダー。

まぁなんやかやで、この日4〜5時間ここに居座ってたので、2杯くらい頼んでも
タリんくらいなんですけどね(^^; 音楽もこの日は選曲が良くて、PC仕事が着々捗り
ついつい長居を。

ちょこっとならフードメニューもあった様なので、今度また長居をすることが
あったら、ご飯も食べてみよーかなー。Non coffeeはもう要らんけどもw
(サラリとしたバニラシェイクの様でお好きな方は好きだと思う)
店員さんもお店の雰囲気も程よい感じで居心地良かったし、
作業スペースとしてはリストに加えたいカフェでしたー♪


th_IMG_5917.jpg 



Min Coffee
8 Vo Van Tan Q3





にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

【Cooking】紫芋のスープ


Com Nieu Sai Gon
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-4016.html

Huong Lai
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-4128.html


など、一般的且つあまりスタックアップでないベトナム料理を
揃えてるお店には良く見かけるメニューです。
うん、最初出て来た時はびっくりしたよね、その色に(笑)

ベースは紫色の山芋さん。
これを荒めに擂り下ろして、各種お好みスープで伸ばしたもの。
ほんのりトロリと口当たりに、ザグザグとした欠片の食感、
山芋の素朴な風味。それにベースのお出汁のテイスト。
良いっヾ(@⌒ー⌒@)ノ

確か、Com Nieu Sai Gonさんの方はベースに叩いた海老を
使われてたかな。もしかしたら使う食材、選べたかも。
例えば鶏のミンチとか、豚のミンチでも美味しく出来そう。

ただこれお店で頼むと量がすごい(笑)
1人2人じゃ、とてもじゃないけど飲み切れない(笑)
でも無駄にしたくないから大体持ち帰るんですが、
先日こんなものを発見@CoopMart。

th_IMG_5703_20170304140904650.jpg 

擂り下ろしてある紫山芋。しかも鬼おろしでやりました的仕上がりで、
適度に滑らか、適度に荒さがあって非情に理想的。しかも安い( ・`ω・´)b

この料理、簡単だけども、山芋を擂り下ろすのが大変なのよね。
プラ手袋をするだとか色々工夫の余地はあるけど、フープロじゃ
細かくし過ぎちゃうし、鬼おろしを持ってりゃ良いけど、なければ
おろし方をあれこれ手元で変えながら、とか、すごい手間。
でも。。。卸した物があるなら後は簡単!

大和芋は熱を加えると色が黒ずんでしまうので、出汁を合わせる際には
出汁を覚ましてからが鉄則ですが、こちらのお芋はそんなに神経質に
ならなくても良い様です。ってか、ちょっとだけ最初熱湯と混ぜみたの
ですが、ほぼ色は変わらず。

ただし、デンプン質があるからか、一気に加熱するとダマになってしまう
傾向がある様なので気持ち気をつけた方が良いかも。



【材料】                      

擂り下ろした紫山芋   今回は300gくらいでした
水           ほぼ同量
お好みスープストック  普通に頂くスープより1.5倍程の濃さ  


①水を火にかけ濃いめにスープストックを溶きあら熱を取ります。
 味は後で調整できるので適当に。

※海老や鶏肉・豚肉のミンチなどを使う場合はこの段階で炊いておきます。


th_IMG_5710_201703041330506dd.jpg

②ボウルに入れた擂り下ろした紫芋に、冷めた出汁を少しずつ
 加えて伸ばして行きます。

※濃度の違う物を混ぜる時は、固い物に緩いものを少しずつ足して行くのが鉄則

③②を鍋に戻して中火にかけ、かき混ぜながらゆっくり温める。
 デンプン質がトロミをもたらすので、濃度が上がり過ぎたら水を足し、
 味の調整をして出来上がり。

th_IMG_5712_20170304133050a9c.jpg 

うん、見た目はやっぱり絵にならんよね(笑)
でも今回は肉も海老も使いませんでしたが、お気に入りの
マッシュルームのだしの素を使って大変好みのお味になりましたん(^・^)

簡単でしょう?
これ、スープとして頂いても良いし、もし素麺とか、素麺なかったら
ブンでもいいわ。そう言う麺類入れて食べてもおいしいかも。

色はともかく、この山芋さんの味の質はホントに良いです。
日本でこのレベルの山芋さんを楽しもうと思ったら、けっこうお高く
着くと思います。せっかくなので、ベトナムに頂く自然の恵み、
目一杯楽しませていただきましょうヾ(@⌒ー⌒@)ノ




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ


☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★

    <ちぇり in Vietnamができるまで> 
     更新!(バックナンバーでご覧頂けます) 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】

☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★


【閉店?】Son Tai 〜 山羊食べるなら!

***** 2017 Mar, *****

うーむ、ここ美味しかったしおススメだったのになぁ。
入れ替わりの多いホーチミンとはいえ、繁盛されてたこちらまで
なくなってしまうとは。。。

しょぼーんです、しょぼーん(´・ω・`)

お勧めしてお店にまで行ってもらったのに「閉まってた」って。
申し訳なかったなぁ。情報が遅くてすみません。
そして情報寄せてくれてありがとうございました。

しょぼーん(´・ω・`)

***** 2016 Aug. 初回から一週間後 *****

こちらのお店、結婚反響が大きくて「私も行きたい!!と言うお声をたくさん
いただきました。ありがとうございます。ベト飯ルーティンの中に是非加えて
頂きたい「ヤギ肉」、もっと日本の方の間でポピュラーになってほしい(*´艸`*)

ってことで、初回から一週間しないうちに再訪。
エラいお気に入りやね、ちぇりさん(笑)
といっても、前回とは違うメンバーとなんですけどね(^・^)

そして今回は夜に訪問。
なんとなく、ヤギ肉屋さんには夕方位からおっちゃんたちがワイノワイノ
やってるイメージだったんですが、この日は雨が酷かったせいか客足もまばらで、
あんまり人目も気にならなかったし、なんだったら若いグループにお嬢さんも
いらしたし、そこまで女性から嫌われてる感じでもないのかな?と勝手な解釈(笑)

プラス、お店のお兄ちゃんが覚えてくれてたようで、あいかわらず無愛想では
あったけど、ハニカミながら(あ…)みたいな顔してくれたのが萌えたwww
テーブルに着いてお世話をしてくれた別のお兄ちゃんは若干の英語も喋れて
愛想良く、かいがいしくもしてくれたけどね。

で、そんな彼のお勧めで今回初めて食べたのがこれ。

th_IMG_3475.jpg 

ヤギ肉のレモングラス蒸し!!!
恐らくは生肉の状態でしっかり下味につけ込まれた物に刻んだ生のレモングラスを
たっぷりまぶして蒸してある。蒸した時に脂や水分が底にたまってしまわないよう、
穴の開いた受け皿に乗せ、下はボウル状態の器にて、美味しいとこだけがしっかり
残るような調理法。これが。。。

バッカうま!!!(≧∇≦)
歯応えはあるんです。でもやっぱり柔らかい。コリコリした感じは地鶏の様な食感
ですが、地鶏やヒネ鶏程強情ではなく、歯を入れるとすんなりと噛み切れる。
良く締まってるのに柔らかい。うまい。なにこれ。

この調理法、他のお肉でもやってみたいなってちょっと思ったけど、どうだろう。
しっかりとしたヤギのお肉の味があってこそかもしれない。他の肉にも合うのなら
もっと色んなお店のいろんな場面で見かけるだろうし、ヤギ向きの調理法なのかもね。


th_IMG_3489_20160831180544e7c.jpg 

メニュー左のSteamカテゴリー4番の、Steam Goat with Lemongrass
ってヤツだったと思います。分かり易い。そしてちょっと不思議な感覚だったのが、
日本にはほぼない味なのに、全く抵抗感がないどころか、なんか馴染んですらいたことw

その場に居た3人が3人とも同意見で、ヤギなんて食べた事殆ど無いのにねー、
と、クビかしげてた。うん、ビールぐびぐび、ヤギばくばくやってる合間の
ほんのちょっとの間だけだったけど(笑)

まぁベトナム料理全般に言える事でもあるんだけど、出汁文化と言う共通項が
そんな感覚を抱かせるのか、傾向は違うとは言え、お米大好きな国同士だからか。
もちろんマムトム(エビの発酵調味料)とか突き抜けて個性が強くて好き嫌いの
ある食材もあるんだけど、そういうのは日本の梅干し納豆塩辛と同じ位置づけでさ。

しかしヤギもレモングラスも日本人にはそんなに馴染みが無い筈なのになー。
面白いなー。よっぽどヤギ・レモングラスが嫌いな人じゃなければこれ、
絶対美味しく食べられると思います。ビールのアテにも良いし、お勧めっ( ・`ω・´)b

そしてあとは前回と同じくオッパイ焼肉と山羊鍋です。
この二つだけはどうしてもハズせない。となると新規メニュー開拓がなかなか
進まない。これはやはり大勢でおしかけるしか。。。

th_IMG_3477.jpg 


オッパイ焼肉、前回は小さいサイズのものを2人でぺろりと食べてしまったので、
今回は大きい物を。なかなか迫力。そしてそれを焼いて、ジュウジュウジュウ!
やーーーーー!!やっぱり美味しい!!(≧∇≦)


th_IMG_3480_20160831180542bd4.jpg 

たっぷり添えられてるオクラもまたおいしいんよなー。
つけダレで程よく水分を与えられてるからカスカスにならないし、味が濃いから
肉と一緒に食べてても全く引けを取らない存在感。またベトナムのオクラって
デッカいくせに筋張ってなくて美味しいんだよねー。大きい=収穫時を過ぎて陳ねて
しまった、ではなく、栄養と太陽が潤沢な中で育ったから単純に収穫時には気が
ついたらデッカくなっちゃってましたってことなんだろうね。豊かな事だ。


th_IMG_3481_201608311805439a4.jpg th_IMG_3486_20160831183030318.jpg

鍋はあいかわらずお野菜がわっしゃー!!!と出てきまして、うん、女性的にとても嬉しい。
ってか、男性ばかりのテーブルでも、殆ど残さず食べていたからエラいねっ、ベトナムの人。
お野菜たっぷりが日常のご飯。素晴らしい。

ってか、こちらも肉と食べても負けない濃い味。
スープがあわやかな味わいだから一層引き立つってのもあるんだけど、芥子菜とか、
ほろっとした苦味があってうまいよなぁ。ベトナムのお野菜、コークエット(茹で野菜を
甘辛いタレにつけるベトナム式バーニャカウダみたいなの)なんかにしても、ほぼ野菜
だけで食べさせる料理なんだけど、野菜自体の味が濃いから充分つまみになるんだよなー。


昼と夜は若干オップションが違うのか、麺は種類が2つ出てきました。
鍋の大きさの違いかな???今回は鍋も前回より大きかったし。



          th_IMG_3482_201608311830469c7.jpg   
  
th_IMG_3487.jpg th_IMG_3488_2016083118303541d.jpg

完全なる乾麺が出て来た上に、ついて来たフォー的な物も乾燥し切っては無かったけど、
そのまま食べられる感じではなかったので、鍋をさらった後に投入。そしたらあなた
これがまた。。。美味しいっヽ(;▽;)ノ

そう、こういう、お出汁があまり塩味濃くなく、滋味で頂くタイプの場合は、
ちょっと乾いた麺にダイレクトに入れて吸わせて馴染ませる方が美味しいですね。
ブンとかは鍋の中に入れるとどこ行ったかわかんなくなっちゃうから、小椀に取って
そこにスープをかけるもんだと思ってましたが、吸わせた方が美味しいのもあるなー。

なんにしても、最初から最後まで美味しかったです。
雨が降ってた事もありますが、夜はこの時期、少し涼しい風が入って来てたし、
雨が降ってもちゃんと屋根あるところだし(野外のお店も多いのでねw)スペースは充分。

一点、言うとしたら、椅子とテーブルが低く且つ、椅子にクッションなんてありませんから、
長時間居座って飲み食いしようとすると、お尻がいたくなっちゃいます(笑)
お尻イタいの我慢してダラダラ食べるか、食べたい物を絞り込んで一気にオーダー、
一気に食べてチャッと出るか(笑)

なにはともあれ、やっぱり美味しいお店でした♪
もっと色々食べてみたいぞーヾ(@⌒▽⌒@)ノ



***** 2016 Aug. *****


「ちぇりさん山羊鍋食べに来ませんか?( ・`ω・´)」

と、かなり真剣な面持ちで友達に言われて、おぅ行こう行こうと気軽に返事。
その後彼女は他のお友達にも声をかけたそうなのですが、

「ローカルの山羊肉屋はちょっと…」

みたいな感じで一様に断られたのだとか。
それは実は私も同じで、

「今度ヤギ鍋食べに行くんだけどさー、良かったら一緒に…」

と、切り出しても皆まで言う前に「そうなんだー、行ってらっしゃい(^^)」
と、他人事。どうやら一般的な日本人奥様方にはウケ、またはイメージが
良くない食材なのかなと認識した次第。

ところがそれが日本人の奥さんばかりのことじゃなかった。
ローカルの女のコに声をかけても「山羊は食べたことないわー」
「いや、私は遠慮します」の声が相次ぐと言うじゃないですか。

そういえば以前旦那さんの会社の女のコが「一緒にご飯食べに行きましょう♡」
と、愛らしくお誘いして下さったので「じゃぁ山羊鍋なるものを食べてみたい!」
と言った瞬間、困惑の色を瞳に浮かべ、しかし日本人のサポート役がお仕事である、
と言う日頃の彼女の立場がNOと彼女に言わせなかったのか、

「わ、わかりました。。私、良く知りませんから調べますね!」

と、ワザワザ探してくれた事があったのを思い出した。
聞けば。。。


山羊肉と言うのは、どうやら日本で言う所のスッポンだったりニンニク料理的
ポジションにあり、合法的ドーピングを好むおっちゃん達に人気の食べ物で
あるらしい。しかもその味云々と並んで、あるとされる効果への期待が高く、
その使い道があろうと無かろうと好まれるという点でも共通しており、ベトナムの
山羊肉料理屋さんを覗くと、9割方がおっちゃんである。男性で、まぁそういう
お年頃の男性たち。同じ男性でも、ドーピングが必要ないと思われる若い人は
あまり見かけない。

なるほど。そりゃあ若い女のコが誘われたら戸惑うわ。
これ、私がおっちゃんだったら、セクハラ案件であったかもしれない。

私に「山羊鍋食べに行こう!」と誘われた時の女のコの心境を推察するに、
風邪っぽい上司の様子を気遣い「栄養ドリンクでも買ってきましょうか?」
と言ったら「じゃぁ凄十買って来て 」とか言われてしまった時rくらい気まずく、
さりとて断り辛く、窮地に追い込まれたのではなかろうかと思われる。
まったくお気の毒な事をしてしまった。

というわけで、結局他に同行する人は見つからず、女2人で昼から山羊鍋。
朝10時から開いてて、入り口には膨大な数のバイクが停まる駐輪場があり、
その奥にお店があると信じて数十メートルほど歩いて行かないと行きつかない
そうこのような造りのお店。


th_IMG_2632.jpg th_IMG_2634_2016082102181797b.jpg

th_IMG_2635.jpg 


ベトナムローカルの証である、丈の低いテーブルと椅子がずらりと並び、
店員さんは殆ど英語を使われず、最近行った店の中でもなかなかグッとくる雰囲気です。
ただ清潔感がとてもあって、夜は賑わうのだろうけれど、昼はそんなに人もおらず
快適空間。ってかガラガラ。やっぱり夜の食べ物なんですかね。

th_IMG_2641_20160821021903a76.jpg 

th_IMG_2657_20160821023741f5c.jpg 

なぜかシドニーのオペラハウスの写真があったのは不思議でしたが、もっと不思議
だったのは、大量の山羊が群れてる写真。黒いタレ耳の山羊は遠目にスヌーピー。
その種の山羊を扱っていらっしゃるのかは知りませんが、あんな山羊さん見た事
なかったなー。こういうもかぁいらしーなー、と思ってるすぐそばで。。。

th_IMG_2643_20160821023346756.jpg 

解体中(--)/
リブの所を薄刃のカッターナイフで丁寧に丁寧に骨かハズす繊細な作業をして
おられました。山羊の解体、最初っから見てみたい。

意外な事にメニューには英語が記されてました。中心街からもかなり離れた
場所にあるのに、外国の人が来るんだろうか。それとも場所など関係無い程
有名人気店なんだろうか。


th_IMG_2637.jpg th_IMG_2638_2016082102185977f.jpg

th_IMG_2639_20160821021901ddd.jpg th_IMG_2642_20160821021904518.jpg


トライしてみた物の、やっぱ苦手だ(´Д` )と言う方には、シーフード等もある様子。
とりあえず、山羊料理屋に来たら焼肉を食べて鍋、と言う流れが定番と聞くので
ホーチミンでは定番の山羊のオッパイ焼肉を注文。熟れた練炭がテーブルに運ばれ、
その上でジュジュウジュウ。焼き箸と食べる箸が、素材も色も異にして出されている
のが意識高い。

th_IMG_2646_20160821023349778.jpg th_IMG_2644_201608210233486c7.jpg

これ、この店でいつ頃からされてた事なのか知りませんが、日本ではこの7〜8年
じゃないですかね。焼肉食べる時にはそこ気をつけろという注意が浸透し始めたの。
日本に比べると全体の衛生面ガー、と言う話は良く聞くし、実際そういうところは
あるのですが、殊、温度湿度が高い所ならではの菌対策と言うのは、やはり南国の
方が民間レベルで古くから知られて馴染んでいるのかな、なんて想像したり。

さてオッパイ(オッパイだ凄十だと連呼してるけど、この回、管理サイドから
チェック入りませんかね…)。見た目は、これまでに食べてきたのと同じだった
のですが。。。

th_IMG_2650_2016082102373510f.jpg 

これ、違う!!!
タンの様にシャクシャクとした小気味良い歯応えは似てるのですが、もう少し
全体に味がさっぱりしており、舌の端、両奥部分に微かな、本当に微かな
苦味を感じる。

苦味と言っても嫌な意味での苦味ではなく、例えるなら銀杏を食べた時にほんのり
と染みる美味しい苦味。あんな感じ。それがなんとも「大人のニガ旨」という
感じで実に美味っ。小さいサイズの盛りを頼んだのに結構な量が出て来て、
(うあー、頼み過ぎたぁ。。。)と思った10分後には完食してましたねっ( ・`ω・´)b

しかもひと口食べる毎に「こんなの初めて!」と山羊鍋がもたらす可能性に
ふさわしい賞賛を幾度となく繰り返す始末。もっと他の場面で使いたい台詞である。

しかしそれにしてもこれは。。。今までのと明らかに違う。
それが、山羊の種類が違うのか、今までのが実は山羊ではなかったのか。
チマタでは山羊のオッパイって数がかなり限られるので(雌雄で個体数が1/2、
ある程度育つ事が必要だろうから、さらに何分の一かになり、且つ、彼女達は
更なる個体を生み出す母体でもあるので、そこを絶やしては後が続かぬ。そう
考えると、山羊のオッパイ焼肉なんぞ、そんなに大量に出回らない=豚の
オッパイを山羊のオッパイと偽って出している所がかなりある、とのこと。

と言われても、山羊のオッパイも豚のオッパイも食べる機会が少ない日本で
育ったので、これが山羊のオッパイですよと言われて出された物は、さいですか、
と言って頂くしか無い訳で、更にはこれまで20回は頂いたと思われる「山羊の
オッパイ」とされたもの、大体どれも同じ味だった。ので、こんなものなん
だろうなと思うしか無かったのだけど。。。

こんなにあからさまに違う山羊を食べさせ羅得た上に、目の前で、あきらかに
豚とは違う物が解体されてる所を見た直後となっては、こりゃーこれが本物で
いままでのはもしや…?と思わざるを得ないのであります。もしもそれが正しい
としたら、自分、よーこれまで「山羊のオパーイ、おいしーヽ(・∀・)ノ」とか
言うとったな、恥ずかしい。。。

ただ真真偽の程は分かりませんし、この店は、壁にある写真に見られたスヌーピー
山羊を使ってて、街中のお店はユキちゃん山羊を使ってる、そこに違いがある、
という可能性が無きにしもあらずなので断言はできないんですけどね。。。

ともあれ、うまいのであります。
そしてぺろりと食べてしまったので、鍋へと移行するのであります。
鍋になると、これまで肉を焼いてた網がはずされて、同じ炭火に出汁がかけられ、
山羊肉と、大量のお野菜が運ばれてきます。お野菜わっしゃー!

th_IMG_2654.jpg th_IMG_2653.jpg

2人だったので小さいサイズを、と言ったら、ホントにちょうど頃合いのサイズで
これは嬉しいジャストサイズ。中を見ると少し済んだ醤油ベースにも見えるお出汁に
お豆腐やら薬味やら。そこに生の山羊肉をザザーっ。後はグツグツ煮立てまして、
仕上げにお野菜を入れてちょっと炊いたらできあがり。おっほーヾ(@⌒▽⌒@)ノ

th_IMG_2658_20160821024206d9f.jpg 

まずはスープを頂いてみると。。。?
おおおっ、ほのかな薬膳テイストっ。スターアニス(八角)や生姜などがほんのり
と香る。山羊の風味なのか、植物性ではない旨味が滲んでて、ベースの出汁は
ちょっとわからなかったのですが、凄くシュッとした大人な滋味。甘くもなく、
塩気が主張するでもなく、旨味と薬膳の香りが滲んだ、おいしい鉄観音茶のスープ
みたいな。

んで肝心の山羊さんは、きっと固いだろうなーと想像してたら。。。
やわい?(´⊙ω⊙`)

th_IMG_2661_20160821024051ed9.jpg 

いや、ソフトな砂ズリくらいのゴリュゴリュ感はあるのですが歯切れが良く、
その後の租借時、「やわ!!」と声が出る程柔い。いや、さっき入れたの、
モロ生肉やったよな?事前に蒸すとかなんとか模してなさそうだったし、
このクリアで品のある出汁の味をジャマしないと言うことは、なんぞの調味料に
つけ込んでたって感じでもない、色合いから見てもそうだし、スパイスがまぶ
されたとかでないのも一目瞭然。

ただ、包丁がもの凄く丁寧に入れられてましてねー。筋切りも兼ねてなんでしょうけど、
そのお仕事の成果が大きいと思われます。小粒に切られてるんだけど、そのどれもに
丁寧な仕事がされてて、そのどれもが古物なのに旨味をギュッと蓄えてて。
またその出汁吸ったお豆腐のおいしい事と言ったら。。。

なにこれ。こんなおいしいお鍋あんの?
何で自分今までたどり着かんかってん!

いや、派手じゃないんですよ?
ガツーンと辛いとかコテーッと濃いとか、そんな美味さじゃなくってね。
身体に染みる滋味芳醇。スープなんかもう湯飲み茶碗入れてたら、御茶代わりに
ずーっと飲んでられる感じよ。しかも。。。

山羊って「温」の食べ物なのね。身体を温めると言われてます。
身体が温まるということは、血流が良くなると言うことで、そこが男性には
「合法ドーピング」と言われてる所以。血流、大事やしなっ(ナニによ)。

実際食べた後は、遠赤外線を当てられてるかの様な温かさ。
っちゅーか、熱い。ただ外からの熱さじゃなくて、身体の芯からジワーッと
ポッポポッポする感じ。一緒に行ったお友達はどんなにお部屋を温めても
手足の先が冷たいらしいのですが、その時ばかりはポカポカしてたんですって。

これ。。。メチャクチャ美容にええんちゃう?
いや、ナニにもいいかんもしれませんけど、血流良くなるって身体が温まる、
代謝が上がるで、女性が求めるもんでもあるんちゃう?お肉もヘルシー、
脂もくどくない。実際あれだけの焼き肉と鍋をペローッと食べても胃が軽かった。
食べた感はあって満足はしてるんだけど、胃袋がちっとも重くない。苦しくない。
発汗すればお肌にも良いし、これ女性が食べんでどーすんの?!

しかもここ、2人で2品とはいえ、こんだけ食べてビール1本ずつ飲んで…

th_IMG_2666_20160821024054029.jpg 


258kドン。まーぢかっ!!!2人で1300円くらいだとぉ?!(´⊙ω⊙`)
ありがたい。。。ありがたすぎる。。。
エキスパートプレミアムバージョンなら凄十1本分にしかなってないぞ。。。
(ところでちぇりさん、なんで値段を知っている)

なんならワタクシ、周囲に1度、健康を慮ってジムに行くのと同じくらいの
心持ちで、この山羊鍋食べに伺いたい。ここ、昼だったら人も少ないし、
ポーションもボチボチやから一人山羊鍋しにきたろかいな。

でもでも。その他のメニューも山羊三昧だったんよなー。
開拓したいっ。山羊料理、自分で作る機会は殆ど無かろうと思われるけど、
色んな料理食べてみたい!!
ホーチミンのワンダーランド、また見つけたーヾ(@⌒▽⌒@)ノ

いやー、この時のお友達、よくぞ誘ってくれました!
英語メニューがあった事から察するに、結構メジャーなお店なんかもしれませんが、
私の回りではあまり口の端に上って来ないお店だったので、ご存じなかった方が
いたら、そして山羊に興味をお持ちの方には、まぁとにかく一度食べて下さい、
と、お勧めしたいっ!

ナニを頼んでいいかよくわからないって方には、セットメニューもある様です。
何人分・山羊コース、山羊+海鮮コース、みたいな感じで。

th_IMG_2667_20160821024056ffe.jpg 

シーフードにしてもスパイスがベトナムならではの味だと思うし、
観光客の方にも、ぜひ食べてってみてほしいなー♪




SON TAI
111C Lý Chính Thắng, Q3




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

今週のお気に入り【1st - 4th Mar. 2017】

タイや台湾旅行記が入ったので暫くお休みしていましたが、
何とか思い出しました(おいっ。

今週のお気に入り、数少ないチョイスだったからさすがに2つ
選ぶのはどうかと思ったけれども、やっぱりどちらも外せない…

【Oc Khan】
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-3737.html

th_IMG_5646_20170303131628612.jpg th_IMG_5651_2017030313163295b.jpg 

th_IMG_5649_201703031316316be.jpg th_IMG_5653_20170303131634ad2.jpg 

美味しさ健在、客足増大。
新しくトライした料理も美味しかったけど、印象的だったのは文章に
あった通りのMi Xao。改めて、料理に対するスタンスを教えられたわー。
即席麺もチーフで。


そして同じくシーフードのお店、
The Crab Shack
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-3606.html


th_IMG_5490_20170226200231496.jpg 

ホーチミン市内、ローカルなお店はお安いけれども、
ちゃんとした箱のお店でのシーフードはお高い所も多くない。
ま、こちらのベーシックなメニューはそんな豪華な食材じゃないけど、
それでもあれだけの美味しさを出してるって、優秀っ( ・`ω・´)b

ちょっと1人じゃ「あの」メニューは食べ辛いけど(笑)
ワンプレートディッシュもあるようだし、一人ご飯もチャレンジ
してみようかな♪ シーフードが食べたくなったらこの二件、
思い出してみて下さいね(^・^)




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ


☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★

   <ちぇり in Vietnamができるまで> 
    更新!(バックナンバーでご覧頂けます) 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】

☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★


Oc Khanh 〜 興味津々貝料理!

***** 2017 Feb. *****

前回記事からも何度か行ってたんですが、今回相当久しぶり。
で、行ってみたら、えーーー!!!

th_IMG_5639_20170303131622512.jpg 
看板ができとるがな!!
しかも立派な!!!

th_IMG_5641_201703031316233f7.jpg 

見ると店員さん達ユニフォームまで作ってる。
儲かってまんなー!!!
ってか、今回7時くらいに行ったら待たされたよ。。。
私らの前にも20人くらい待ち。すげーっ。

ってか、ホーチミンでよく体験するんだけど、小さな小さなローカル
のお店でも儲かって来ると看板なり内装なり従業員のユニフォームなり
にお金をちゃんと回してるんだよね。けっこう昔ながらのままで行って
そこには経費かけないって例を見て来ただけに、へーって最初はよく
思ったな。

th_IMG_5643_201703031316241c4.jpg th_IMG_5644_20170303131625680.jpg

th_IMG_5646_20170303131628612.jpg th_IMG_5648_20170303131629fea.jpg

ワタクシが最初大層感心したオレンジソース健在。
そこに塩蟹。コレ一皿でどんだけビール飲めるか分からん。
身を食べたあとも殻をしゃぶりつつビールグビグビ(やめなさいよ…

マテ貝のガーリック炒めは鉄板よね。
ほんとにホーチミンで頂くマテ貝は味が良い。し、調理も上手。

th_IMG_5649_201703031316316be.jpg 

牡蠣はここのご自慢料理の1つでもあるのでとりあえず食っとく。
今日はフォーマイ(チーズ)。岩牡蠣くらいのでっかさがあるな。
食べ甲斐あるある。

ブリッとデッカい牡蠣の身をベロンと口元に寄せましてね?
唇の周りをチーズソースだらけにしつつ、ジュルっと口の中に
半ば吸い込むように取り込む訳ですよ。すぐに噛んだらダメ。
ぷよっぷよっとした柔肌を舌で転がししばし堪能。

そしてゆっくり、とてもゆっくり、舌と上あごでジュンワリ
押し潰すと、ぶじゅわーっ♡と染み出る牡蠣の肉汁。それと
チーズソースが交ざると、あーーーーーーーーっっ、うまい!
書いてて涎が!!!

th_IMG_5651_2017030313163295b.jpg th_IMG_5652_20170303131633b2e.jpg

今回、日本でお住まいになっておられるベトナムの方もご一緒しまして、
彼女がこんなの頼んでくれたんですがこれがまた美味。貝の正体は不明
なんですが、バターソース炒め。というか、ほぼアヒージョに近い。
そしてバターと言う名の紛うことなきマーガリンだw

貝の身自体はコリコリあっさりなんで好き嫌いは少ないと思われます。
そしてこのソースにバインミー(ベトナム式フランスパン)浸して
食べたらもう、身体に悪い事はわかっていてもヤメられない止まらない。
これは次回からの定番にしよう。

そして貝じゃないけど、超おススメなのがMi Xao!炒め麺!

th_IMG_5653_20170303131634ad2.jpg 

わかる?この輪郭のハッキリした麺、わかる?
インスタント麺ですわ。安っちぃ食材ですわ。でもね。炒める時に水分
のある調味料を使う事を計算しての麺の茹で具合。野菜と調味料から
出る水分を計算し切った上での配慮。

ちょーーーー美味しかったの。
むしろこれは生麺じゃダメ。即席麺でないといけないのです。
そうでなければこの味にはならないのです。縮れがもたらすふるふると
口の中で踊る食感。その際に魅力となる弾力を出す為の調理加減。
多分彼らは極自然にそれをやってて、何も難しい事をやってる感は
ないのだろうけど、すばらしいっ。目指す物がコレ、と定まってないと
たどり着けない仕上がりですよっ、これはっ。

安い食材を「それでならなければならない」ものに仕上げる感性。
あーもーやっぱり好きだわこの店っ。かっこえーっっ。

行列になるのも当然だわな。
料理に愛を込める人がいて、それを受け取る客がいる。
すばらしきかな、ホーチミンの飲食店。
今回も大変満足且つ、学びがあったわ。
VIVA! Oc Khan !




***** 2014 Nov. *****

二度目です。
お仕事で来られてた御仁の帰国が決まり、最後に飯でも…と言う話になりまして、
どこにしましょ、といくつか提案しましたら、ローカルなお店が良い!ということで。
平日の夕刻でしたが…

th_IMG_4751.jpg

大混雑ー(´Д` )
基本、ローカルのスタッフさんのみなので(タイミング良ければ英語出来る人がいる)
電話して席押さえてくれてるかどうかってとこから尋ねるのもままならない…。
ってことで、こちらに行くときは並ぶ事覚悟。ま、店内が満員だったら、
外に椅子とテーブル出して、客席を広げてはくれるんだけどねw

表では大きな牡蠣や仕込まれたタコが炭火でジュウジュウ。
海老は竹串に刺されて姿勢良く真っ直ぐ人され焼きムラができないように。
見てると大変丁寧なお仕事ぶり。

th_IMG_4753.jpg


メニューには一部写真も入ってるので頼み易くはあるのですが、やはり外せない
ものもあるので、前回の自分のサイトを読み出しておいて身振り手振り(笑)

th_IMG_4746.jpg th_IMG_4747.jpg
th_IMG_4748.jpg th_IMG_4756.jpg

そして前回食べてなかった、大好きな巻貝のココナツ煮♪
先端の尖った所が全てカットされてて、そこからチューっ♡って吸うと
キュポン!って身が飛び出て包んだよね♪ ココナツの煮汁もジュウジュウ吸いながら
行儀悪い事のこの上ないけど、楽しいしおいちい(*´艸`*)


あと、これも全開食べてなかったんですが、タコ!!
タライの中にタレやらスパイスやらにドゥエー!!!っと漬け込まれてたのは
見たんだけど、調理したのは食べてなくて、あまり東南アジアで見かける事が
少なかったタコをどうやって調理してるのかなーって興味津々だったのよね。
で、炭火焼だったわけですが…」

th_IMG_4763_2014120418443356b.jpg

柔っわ!!!
ole  で頂く地中海料理のタコも
相当柔らかくてビックリしたんだけど、ここのお店のも柔い!!

自分で調理するとき、あの手この手の下ごしらえを駆使してもこんなに柔らかく
なったことないんだけど…ミートテンダー的な何かを使ってるのかなぁ…。
おいしいヾ(@⌒ー⌒@)ノ

あと、前回出てたかどうか覚えてなかったのですが、この小鉢のタレ。
これが美味しかった♪

タマリンドソースとかココナツミルクとか、貝料理のソースをパンにつけて
頂くのが美味しいのですが、これをつけて食べるのもまた美味しい!
って、多分これ料理のどれかにつけて食べるもんだと思うんだけどw
なんというか、こんな雰囲気のお店だからそうとは思えないけれど、ちょっと
フレンチのソースにも通じる組み合わせ。温州みかん的な甘さのある柑橘果汁に
バターと薬味が足してある感じ。これ、家でも使えるなー。

うーん、やっぱりベトナム料理、面白い。
アジアンだし、こちらのお店に至っては、手もクチもベタベタぎとぎとになりながら
低い椅子に路上で座って頂くワイルドスタイルだし(笑)、ちっともお洒落じゃない
んだけど、調理の方法の想像がつかない様な仕上がりの料理があったり、煮詰めたら
ジビエのソースになるんじゃないかって言う様な洒落た組み合わせのタレが出て来たり。
まだまだ奥が深そうだなー。そしてこの店はまだまだ美味しい物がありそう♪
また近々出かけようっと♪


 
***** 2014 Sep. *****


友達が、習い事メンバーと行くと言うのに、部外者のワタクシ目も便乗。
図々しくご一緒させてもらってきました(^皿^)

場所は動物園に向かって、オーシャンズパレスを左に曲がります。
テケテケ数十m歩いてるとこういう表示がかかってるヘムが左手に
あるので、そこを入ります。

th_IMG_2491.jpg th_IMG_2492.jpg

歩道には『HEM25』と言う表示もありますね。
これは解りやすい♪
そしてHEMに入ると、右手にこちらのお店があります。
超ローカル♪

th_IMG_2468.jpg th_IMG_2467.jpg

中に入ると、平日のお昼ながら大混雑。人気のお店なんですねー♪
今回連れて行って下さった方も、最初はローカルのお友達に教えてもらったとか。
さすが。なかなかガイドブック等には載ってなさそうなお店ですね(笑)
素敵(*´艸`*)

入り口には機能的そうなシンプルキッチン。アーンド、タコ!!
なんか調味料に浸けられたタコ!!スペイン料理屋さんでも、ランチビュッフェでも
タコ最近食べたけど、なんかやーらかいしプリップリのプチプチで美味しいタコが
多いんよなー。そう言う種類のタコなのか調理法が特殊なのか。食べてみたい♪

th_IMG_2470.jpg th_IMG_2469.jpg

メニューは貝の種類毎に調理法がいくつか書かれてます。
事前勉強して行けばなんとか…なる?(笑)
今回は連れてって下さった方が全てオーダーしてくれたのでお任せーヾ(@⌒ー⌒@)ノ

th_IMG_2471.jpg th_IMG_2472.jpg
th_IMG_2473.jpg th_IMG_2474.jpg

まず最初に来たのがマテ貝〜♪ っぽいやつ♪
ベトナムでは貝の種類が正確にはわからない(笑)けど、形とかそれっぽかったなー。
ニンニクベースの塩胡椒でシンプルに。でも身がデカくてプリプリしてて美味しい!
で、牡蠣とかを食べたときの印象と同じく、雑味が少ない。養殖してるわけでも
なかろうに、不思議ー。

th_IMG_2478.jpg th_IMG_2480.jpg

次はハマグリのレモングラス蒸し。。。かと思ったら、ちょっとトムヤムクン
っぽいタイっぽい味のスープ蒸しだった♪ でもそんなに辛くない。
驚いたのは、テーブルに出て来た瞬間はまだグーツグツグツグツグツ!!!!
って、鍋の中が煮えくり返ってた事。そして。まだ貝が口を開いてなかった事。

甲斐甲斐しい様子の店員さんが蓋を取らずに行ったので取ろうとしたら
「ちょっと待ったーーーー!」のジェスチャーが入りましたので、しばし放置。
するとほどなくして、ポク♪ポクポク♪という音を立てて貝の口が開き始めた♪
なるほど、余熱まで考慮した熱配分だったのかー!!

って、これがたまたまだったのか、いつもそう言うタイミングを心がけて
おられるのかはわかりませんが、ホーチミンで食べるハマグリの火の入り方って
絶妙な物がありませんか??? しっかり火を入れた物じゃないと怖くてダメ!!
って言う人はちょっと躊躇するくらいのギリレアな感じ。煮過ぎて身がしょぼしょぼに
なってしまった、なんてやつには当たった事が無いんですよね。それでいて口は開き、
お出汁はスープに滲ませてる。それを意識しての上の卓上采配だったとしたら。。。

素晴らしすぎるっ。
真意はわかりませんが(笑)

とびきり気に入ったのは、こちら。巻貝のタマリンドソース炒め。
タマリンドソース、甘酸っぱいベースに醤油等を加えて私も良く家の料理に
使うのですが、お肉料理がメインで貝に使った物を食べるのはこれが二回目!

th_IMG_2479.jpg

ちょっとお行儀悪く見えますが、ローカルの方に習った食べ方を実行。
一度ポイッと口に殻ごと入れてソースをしゃぶり尽くし、中の身を取り出して
食べる。そして別注文しておいたバインミーをソースに浸して食べる!!
んまい!!!

th_IMG_2487.jpg

面白かったのは、この炒め物に白い小さな角切りの何かが混ざっていて、
何だろうと食べて見ると。。。サクリ…ジュワ…っ!!とする豚の脂を
香ばしく揚げた物でした!!なるほど!!確かに巻貝程度の穏やかな旨味と
サッパリ味のタマリンドだけでは今一つパンチに欠ける。そこで豚脂。。。

貝と豚脂って、ちょっと日本人にはなかなか出て来ない発想じゃないですか?
私にはありませんでした(^^; 以前、

Saffron
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-3602.html

で豚肉とアサリの煮物を食べた時にも驚いたけど、面白いなー、こういう
組み合わせ。海の物と山の物ってだけでも合わない確率高そうなのに、
豚に貝。この組み合わせはちょっと研究してみる余地があるかもしれない♪

改めて見てみると、マテ貝の炒め物にも豚の脂と思しき物がサクッと揚げられ
入ってました♪うーん、面白い。

面白かったと言えば、こちらも相当驚いたし気に入った!!
左が蟹で右が貝なんですが、恐らくは同じ調理法。
唐辛子入りのエビ塩。。。かなぁ?ちょっと柔らかめの辛さのお塩を水分
少なめの衣に入れてまぶした食材を『殻ごと』火入れ!!!

th_IMG_2481.jpg th_IMG_2483.jpg

全体が均等に色づいてたから多分あれ、揚げてるんだと思う。
でも当然ですが、貝の殻は食べられないし味も中に浸透しない。
蟹の殻だって外して食べる。ならそんな衣浸ける意味ないじゃん!!
って思うかもしれませんが。。。

さっきのタマリンドソースの巻貝みたいに、口の中に放り込んでしゃぶればよろしw
特に蟹はさほど固い殻ではないので、カニペンチを一応用意はしてくれてたけど、
自前の歯で噛みついてバリバリ。その際に殻にしっかりしがみついてる水分
少なめのガリガリ衣をイヤでも味わうことになる。これが。。。。

th_IMG_2486.jpg th_IMG_2484.jpg 


美味しい!なんならこの蟹の殻しゃぶるだけでビール飲めるわ!
いや食べるけど、他の料理も!(笑)
そしてこの調理法も、ちょっと自分の中には無かった発想。
貝や蟹を殻後と炒める、ってのはマレーシアやシンガポールで経験済みだったけど、、
塩気の強い衣を浸けて揚げるっちゅーのは想定外。おもろい。

あと蟹の味が、こちらに良くあるアッサリ味じゃなく、ちょっと日本で
味わう蟹の様な、蟹蟹しい風味を持ってて、小さいながら大満足。

ってか、衣の塩気と唐辛子が結構強くて、口の中が塩っぱいわピリピリ
するわな状態になってるのに、ちゃんと味わえるくらいの旨味があったからなー。
蟹。優秀。ってかここの料理、酒飲みにはたまらんですばい。。。。( ̄¬ ̄)

〆は、牡蠣のお粥。
先日雲丹のお粥を堪能したばかりでしたが、牡蠣のお粥もええねー♪

th_IMG_2489.jpg

やーっ、昼から貝料理とビール、大堪能!!
図々しくも紛れさせてもらった甲斐がありましたー(>▽<)
ここ、絶対ええやん!もう既に連れてったら喜んでくれる人の顔が
何人も浮かぶ(笑) ビール飲む人、周りに結構いるからなー(笑)

ええとこ教えてもろた!!
あ、意外と英語のできるお嬢さんがこの日は居てくれたのも頼もしかった♪
連れてってくれた方はもうベトナム語でやり取りされてましたが(すげー!(^^;)
自分みたいな無作法もんにはありがたいかぎり。

ここはまた近々ぜひとも行きたいなー♪
貝料理は、鍋料理並みに独りで食べると寂しそうなので何人かで繰り出す
のが良さそうですが、店内あまり広くないので、たとえば10人以上とかの
大人数になりそうなときはお気をつけ下さいませ♪


ちなみに、今回お世話になった方、これまで失礼ながら存じ上げなかったのですが、
なんと、ワタクシがホーチミンに越して来た当初から随分お世話になったブログを
書かれていた方でビックリ!!!(´⊙ω⊙`)

ホーチミン暮らし
http://blogs.yahoo.co.jp/yasukowww/


こちらの、9月12日に同じ日の事を書かれていて、
http://blogs.yahoo.co.jp/yasukowww/archive/2014/9/12

↑こちらのブログの、またその他の先人のみなさまの情報があったからこそ、
初期、全く独りで行動していた数ヶ月感、のりきれたようなようなもの。
また自分の微々たる体験でも、なんぞ見てくれた方の役に立てれば、と思ったのが、
ホーチミンでのブログ開始の動機でもありまして…

もっときちんとご挨拶すればよかったと今になって思うのですが、目の前の
美味しそうなものに夢中になって挨拶もそこそこ…( ꒪⌓꒪)  
いい歳をして無礼なやつめ…(苦笑)

ホーチミン暮らしさんの頁では、詳しいメニュー名(in ベトナム語)なども
掲載してくれてます!あーっ、これ親切!
私いっつも食べるの優先で、メニューの写真こそ撮るものの、ベトナム語の
紹介してないなー(^^; 写真指さしでお願いします、なスタンス(苦笑)

とかいいつつ、多分このお店に次回行くときは、とくに自分の頁を改善する
こともなく、ホーチミン暮らしさんの頁を携帯に開いて持ってくだろうなw 
お世話になりますm(. . )m ←仕事しろw



th_IMG_2482.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪



Oc Khanh

夜総合点★★★☆☆ 3.8



関連ランキング:ベトナム料理 | レタントン通り周辺


~日本の「おいしい」をホーチミンへ~ JETROホーチミンさん主催の会

台湾に居る時に、JETROさんからご連絡を頂きました。

「唐突ですが、今度このような展示会をするのですが、 
 ご興味ございませんでしょうか」(要旨)

内容は,日本から30社の水産物関連会社が参加されるとの
ことで、日本産水産商談会としては、ベトナム国内で最大級の
規模になられると。

th_IMG_5320_20170227114702bf9.jpg

実はワタクシ、独身時代に国際食品見本市をオーガナイズする側の
仕事をしていまして、展示会と言う者自体にも興味があるし、
なんといってもモチーフが水産物!!興味がない訳がありませんっ( ・`ω・´)b

が、別に私自身が飲食業や小売業をしてるわけでもなく、行った所で
お役に立てる事があるんかいな?と、お誘いはありがたかったものの、
一抹の申し訳なさも感じながら、さりとて好奇心には勝てずにノコノコ
お伺いした次第(笑)
 th_IMG_5321_20170227114703dc7.jpg 
今現在ホーチミンオフィスにおられる皆さんには直接関わったことは
ありませんが、JETROさんには、その独身時代のお仕事の頃にも大変
お世話になっていたので、こちらは勝手に親近感を抱いてましたが、
まぁ今回お誘いくださったJETROのスタッフさんがたのご親切な事!

何でもブログを読んで下さっているとかで、今回のご連絡もブログの
連絡フォームを通じての物だったのですが、お仕事真っ最中の大変な
時にノコノコ現れたちぇり僧にも、それは丁寧なご対応を。
その節は、本当にありがとうございました♪

th_IMG_5322_20170227114704d3e.jpg 
で、先程から写真にあるように、会場内は大盛況。
各所・各社さんの所で商談が盛り上がっており、大変活気のある会場。
日本人にはお馴染みの商品(特定銘柄と言うわけでなく、商品の
ジャンルとしてという意味で)ですが、ベトナムの方には目新しさも
あるのか、興味津々でご質問をされてる場面も。

そこがまた、日本語を解されるベトナムの方も多く来られてて、
より良い商材を探そうと言う意気込みが、そばに居るだけでも
伝わってくるほど。ご熱心でいらっしゃる。

th_IMG_5332_20170227121727952.jpg 

こういう商談会は、出店してくれる会社を引っぱってくるのも主催
側のお仕事ですが、その商品に興味が有りそうで、且つ、取引先に
なってくれそうな所に引き合いを出し、マッチングするのも主催側の
大事なお仕事。コレだけ盛り上がってたってことは、そこの作業が
細やかだったってことなんでしょうね。

日本国内でも難航するその作業を国外でされてらっしゃるって、
JETROさんのお仕事って、ほんとすごい。しかもこのイベント
だけが対象ではなく、今回の様な展示会は全体のほんの一部。

食べ物関係だけでなく、その他のジャンルでも日本とベトナムを
繋ぐお仕事をしてらっしゃるのだから、すごいことです。

私も、ホーチミンに住む日本の方や、旅行で来られる日本に
お住まいの日本の方とホーチミンを、ちょっとでも繋げられたら
いいなぁ、という壮大な夢はあるのですが、こんな風にビジネス
なりなんなりで具体的な利益を出す形ではまだまだなので、
ひたすら尊敬。

th_IMG_5328_20170227121719423.jpg  th_IMG_5331_20170227121721b4e.jpg

th_IMG_5329_20170227121721cc4.jpg  th_IMG_5333_20170227121722f47.jpg

出店物は加工品から冷凍で輸出できる海産物までさまざまで、
ほんとに興味深かった♪ 牡蠣はホーチミンの方、結構生で召し上がる
ケースも一般的になってるようで、お店でダースのフレッシュオイスター
プレートを見かける事も少なくありませんが、そうなったからこそ、
日本の各地の美味しい牡蠣を紹介できるようになったら嬉しいですよね。

ベトナム産の地元の牡蠣も美味しいですが、輸入物となるとフランスや
カナダからのものが多く見受けられていて、日本のモノに遭遇するのは
機会が少ない気がしてますし。

毛がに、なんてのもまだ余り見かけない。King Crab (タラバ)や
Snow Crab(ズワイ)は結構見かけるようになったので、もともと
カニが好きな方達の間に更なるカニブームが来てるようだし、
毛がには、その食べ方と味の特徴推しで、結構イケるんじゃないかなぁ。

th_IMG_5323_20170227114705b01.jpg th_IMG_5325_20170227114706a05.jpg

こないだの九州旅の時にのったオレンジ鉄道の停車駅…水俣駅やったかなぁ。
水戸岡先生の手がけられた駅舎の中のお土産コーナーで見かけた商品も!
ネーミングがユニークだったから覚えてるんよね。煮干しをオイル漬けに
した、おつまみ感覚で食べられる瓶詰め。1個買って味見しとけばよかった
なー。名前しか知ってる事がなくて、お店の方とお話しするのも恐縮したわ。

th_IMG_5339.jpg  th_IMG_5340_2017022712313423c.jpg

th_IMG_5341_20170227123135a61.jpg  th_IMG_5336_20170227123132a46.jpg

明太子とかもなー。使い方の提示次第でかなり需要ありそうな気がする。
飛び子なんかには馴染んでるから魚卵に抵抗は無いだろうし、色味も
きっと問題ない。けど味が強いから飛びこと同じように使われては困る。
その辺どんな風に提示されてるのか気になったけども、ご商談が忙し
そうだったのでお伺いすることが叶わず。

th_IMG_5342_20170227123138c19.jpg  th_IMG_5343_20170227123139095.jpg

この辺のブランド魚は、水揚げ時の対処から移送の段階まで兎に角手を
賭けておられると利いているし、実際、食べて見ると従来の同種類の
一般的なお魚とは違いは歴然なんですが、それは「一般レベルが浸透した
環境」で価値が生まれる物だと思うので、その辺をホーチミンでどんな
風にアピールされたのか興味津々。

四国には、各所で取れる魚の持ち味をそれぞれ生かしたブランド魚が
沢山あって、愛南のびやびや鰹とか、初めて食べた時は腰抜けるかと
思ったし、ムラさんのスズキなんて口にした瞬間ひれ伏しましたからね。
四国のブランド魚、圧倒的な魅力を持ってるケースがホントに多いんです。


それに続く独特な手入れをされて居ると思われるブランド魚の輸出が
海外に居る日本人,海外の日本食Loverの食味レベルを上げてくれる
ことを切望します。


th_IMG_5352_201702271243134b8.jpg 

th_IMG_5349.jpg 

そういえば、ヒラメのお刺身なんてものもあって、これは日本食だけで
なく、ホーチミンで人気のフレンチやイタリアンの店も視野に入るから、
(白身は刺身状態でも洋風のアレンジ効かせ易いと思うんで)
売り込み易いんじゃなかろうか、いや、売り込んでほしいな=食べたいな、
という希望満々でお話をお伺いしてみたり。

th_IMG_5347_201702271243105f2.jpg  th_IMG_5348_2017022712431265d.jpg

海草類はあまり料理屋さんでみかけず、ただし海ぶどうなんかはとても
人気の様なので、今ホーチミンでは強みになる「ヘルシーさ」を
推してレシピや取り入れ方と共に紹介したら受け入れてもらえないかなー
とか思って見たり。

どローカルのファーマシーには日本のサプリがわんさと並ぶこのご時世。
且つ、ファーストフードなどの進出で、かつて世界一肥満率が低かった国にも
ちゃぴちゃぴさんが増えて来てるから、海藻って結構強みになったりしないかなー。

専門店を出すのが難しかったらどっかのお店と提携して、海藻専門メニュー
を作って、その味わいと効果の説明を一度にするとかね。ヘルシー志向の
現地メディアを使ってもいいかも。あと海藻って、乾燥商品にする時に、
あまり色んな添加物を使わなくて良いケースもあると思われるので、
そう言う商品はオーガニック食材店にアピールするとか。ああ言うお店、
「こんなん売れんのんん?この値段で?!」みたいなのが結構売れてたり
するしなー(・∀・;

なにはともあれ、可能性を感じる商品が沢山あって、こちらもワクワク
しっぱなし。一点、気になったのは、輸出に際してどうしてもかかる
コストについて、

「日本と比べてこんなに値段が違ってしまってはきっと売れない」

と思われてしまってる方がいらっしゃったこと。
勿論物の価値に見合ってなければ難しいと思いますが、手に入りにくい
海外にあっては、それだけで価値が生まれるし、その商品自体に更に
価値があるのだったら。。。

お金を惜しまない人、多いですよね。
ホーチミンの富裕層の勢い、ほんとにすごいですもん。

最近日本は緊縮傾向にあるせいか、とにかく安くないとモノが売れない、
みたいな感じになってきてるのかもしれませんが、そんなこともないと
思うなぁ。。。所変わればなんとやら、だし、価値ある物にお金を払う、
という健全なサイクルは、あってくれないとむしろヤバい。

「安くなければ話にならない」って所に留まるのはもったいない
ことかもしれないな、と、ちょっと思う場面もあったり。
我身の事も考え合わせて、色々反省致しました。

今回の展示会は一般公開されておらず、私もお誘い頂かなかったら、
その開催を知る事もなく、ここから始まったお取引の結果、
ホーチミンで味わえる「日本の美味しい」を、ただ

「ワーイヾ(@⌒ー⌒@)ノ」

と喜んでいただけだったと思いますが。。。
こうやって、ご尽力して下さってる方がいるんですよね。
日本人がより過ごし易くなったり、日本の美味しいものを、
より多くの現地の方に伝えてくれてるみなさんが。

JETROホーチミンのみなさん、今回はお招き,本当にありがとうございました。
直接の利益に役立つことはかないませんが、大事な事を今一度教えて
頂いたと思っています。そこをベースに、コレからもホーチミンの飲食事情を
色々ご紹介していけたらなぁ、と心しました。

また、この日お仕事で会場に行くことができなかった関連事業に携わって
おられるみなさん。飲食事業には素人の私が言うのもおこがましいこと
ですが、有力な商材が多々あった展示会だったと思います。
ここにご紹介さし上げましたもの意外にも沢山の商材がおありになったので、
ご興味がおありになられましたら、お問い合わせはJETROさんへ。

これもまでもすごい勢いで変わって来ている日本食シーン、
日本文化シーンですが、今後もますます楽しみですね♪


日本貿易振興機構(JETRO)ホーチミン事務所
14th Sun Wah Tower
115 Nguyen Hue Q1
TEL 84 08 3821 9363

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ


☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★

<モノ知らぬは失礼のもと> 更新!(バックナンバーでご覧頂けます) 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】

☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★


Five Boys 〜 由緒正しくシントーを楽しめるお店!

「ちぇりさん、ココナツのシントーを飲んでみたいです!」

アテンドしてた客人からそのように言われて困ったちぇりさん。
シントー、意外と自分が飲まないのよね。

食事の時には重すぎる。
朝の食事代わりには身体を冷しすぎる。
デザートにと思っても,ご飯を食べる時はたらふく食ってしまうので
(あんたいい大人なんだから加減しなさいよ)お茶かコーヒーくらい
しか入らない。そもそもカロリーがとんでもない。

となると、ランチを食べ損ねたまま次のアポにGO!な時の
ウィダー in ゼリー的なタイミングでしか飲むことない。
ので、勢い機会が減ってしまう。ので、マンゴーやらバナナやら、
ティピカルな物しか思い浮かばない。

店のメニューなんかじっくり見てないわけですよ。そもそも、
ココナツのシントーがある事自体、彼のリクエストを聞いて知った。
シントーが飲める所は知っているけど、ピンポイントでココナツの
モノがのめるとことなると…???

検索検索w 
いや、ココナツシントーで検索した訳じゃないのだけど、めぼしいお店
情報ピックして、メニュー表が見れる資料を漁ってですな、見つけました( ・`ω・´)b

th_IMG_5235_20170228115359c01.jpg 

店、どこよ(´Д` )
場所はBui Vien 当たりの一角。
入るべきヘムの向かい側はこんな感じのならびになってましたわ。

th_IMG_5237_20170228115445cae.jpg 

まぁ,とにかく、最初の写真のヘムの所を入って行くと、おばあちゃまが
イチゴを剥き剥きしておられました。あ、ヘタ取ってたってことねw
単純にイチゴ屋さんなのかなーと思ったけど、多分あれ、このシントーの
お店の食材準備。

th_IMG_5238_20170228115412c12.jpg 

そして先程の入り口から10数メートルも行くと右側に、

th_IMG_5242_20170228115400794.jpg 

果物が積んである。
コレが目印(笑)
え?店ないやん、って?

th_IMG_5243.jpg 

ありますがな。ちゃんとした椅子がっ( ・`ω・´)b
私が見たベトナムの椅子の中でもコレ、過去最上級に低いかも(笑)
That's ベトナムっ。

店内?いや、青空店内?(笑)はこんな感じですが、メニューは
しっかりしてますのんよ。こんな感じ。

th_IMG_5247.jpg 

th_IMG_5246_20170228115400278.jpg 

単品でも良いし、好みで3種類までミックスできるんだったかな?
既に用意されてる定番のミックスメニューもあるので、迷った時はお手軽にこれ。
コーヒー10kドンってのもすごいなぁ!(・∀・;

で、ちぇりさんが頼んだのはピンクグワバ。
これまでhum...さんでしか見かける事がないかと思ってたピンクグワバ、
こんな所にあったのか。しかも激安で。

th_IMG_5251_20170228115426c9e.jpg 

客人は念願のココナツシントーを頼んでて、何かとミックスした方が良いよ
と言われた時に迷わずドリアン選んでたっ(´⊙ω⊙`) やるなおぬしっ。
で、このテーブル、すごくない?!

th_IMG_5250_20170228115412207.jpg 

本来椅子である筈のプラスチックの物体に穴を開けただけで、自社製品
(ヘノッヘノの耐久性のなさそうなプラカップ入りシントー)に特化した
省スペースで安全性も兼ね備えた(ガタガタさせたり少々手が当たった所で
倒れない)すばらしいテーブルに設えてるっ。

これをテーブルたらしめるために、あの極端に低い椅子を置いてたのか…
(いや知らん)

ところで客人のココナツ・ドリアン・シントー。
ご本人は大変置きに召したようでご満悦でいらっしゃいました。
私も味見をさせてもらったのですが、ものっすごいドリアンで、
ココナツどこ行った???って感じではありましたけども、ドリアン
苦手な私でも結構行けた!

ここのシントーは砂糖や練乳を使ってないと言う情報も見たのですが、
今回頼んだ物には二つともに入ってた様子。ってか練乳入らなくても
シントーの定義に入るのか?って気はしますし、甘すぎることなく
味のバランスはとてもよかったので、これは入ってた方がいいのかな
とすら。物によってはサッパリさせる為に入れてないのもあるのかも?

そして甘過ぎないように仕立ててあるから、練乳は加えててもメインの
果物の味は健在。且つ、その果物がトッピングされてるのも嬉しいですよね。
ドリアンは、ネットリした果肉がポテッと載せられてました(笑)

どうですかね。ドリアンは試してみたいけど、市場で買える果肉は
ポーションが大きすぎる。でも、これならお手軽。万が一にも美味しく
ないと感じてしまっても、まあ経験代だと笑って過ごせる金額ですし、
なんといってもドリアン強い子、負けない子。多少他の果物と混ぜても
その主張は雄々しく強く、さすが果物の王様です。

お試しするならシントーで。
うんこれ使える。なんなら他の果物に対しても。
こちらならかなりの種類がありますし、シントー自体がベトナム
名物でもありますしね♪ 
アテンド何度もしてるけど、未だに勉強になりますなー(^・^)

ってことで、日常のちょっとひと息つきたい時にも、お客さんに
ベトナムテイストを味わってもらうにも、中々使えるお安いシントー
専門店。知ってて損は無いと思いますよー♪

Five Boys
84/7 Bui Vien Q1
09:00am - 01:00am




にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ


☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★

      <モノを知らぬは失礼のもと> 
       更新!(バックナンバーでご覧頂けます) 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】

☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★


The Crab Shack 〜 カニさんソースまぶしの刑!

***** 2017 Feb. *****

うおー!先日思い立って寄ってみたら、すっかり門を閉ざしていたので
無くなってしまったのかと思っていたら。。。あるわ。あったわ。
しっかり改装して再開してたヾ(@⌒▽⌒@)ノ

th_IMG_5490_20170226200231496.jpg 






ほいでもってメニューも一新。
メインは変わっていないのですが(お値段はちょっと上がったかな?)
単品で頼めるメニューも増えてて、気軽に1人で来てビールと一品、
なんて方もお出でになったご様子。

th_IMG_5492_20170226200232eb2.jpg 

これはまぁ、こんな魚介類がありますよと言うご紹介。
これらを自由に組み合わせる事も出来ますが、グラム売り
ですし、ま、高くはなると思われます。

そこで…?

th_IMG_5493.jpg 

ケイジャンクラブにはコンボ1、コンボ2、コンボ3という
組み合わせがあるのでこちらを選ぶのがよろしいかと。
最低重量が2kg?!ってことでギョッとされるかもですが、
そもそも殻が殆どのザリガニや貝などを多く含んだ構成なので、
そんなに多すぎると言うこともなく、今回は2人でペロリ(・∀・)
ただ結構量はあるので、3人でも行けると思われ。

th_IMG_5494.jpg 

ほかにも生牡蠣や単品で頼めるサラダや揚げ物なども増えてた♪

th_IMG_5495.jpg

この辺があれば、手を汚す食べ方はニガテ、という人も楽しめるし、
気楽さが違いますよね♪

th_IMG_5496.jpg 

カニ料理も満載。
こちらの蟹は多分グラム売りで時価になるので、そこそこの
お値段になるとは思いますが、シンガポールとかで食べるより
安いのは確実。ソースのバリエーションも沢山あって美味しそう( ̄¬ ̄)

th_IMG_5497.jpg

カニは高そうだけど、イヤやっぱりエビくらいは食べたいわって
ことであればこんな感じのメニューも。
そういえばタラバがメニューに加わってたのはなによりだわね。
高そうだけども。

th_IMG_5498.jpg

ご飯メニューも増えてたーヾ(@⌒▽⌒@)ノ
普通にフライドライスみたいなのもあったけど、そこはさすがに魚介類を
売りにしているお店のメニュー。パエリヤ風のものもあってなかなか。

th_IMG_5499.jpg

で、ケイジャンクラブのオーダーの仕方ですが、まず単品で頼みたい場合は
魚介類を選びます。が、さっき言ったようにこれはちと高く着く可能性有り。
色々面倒くさかったら、コンボを頼みましょう。コンボも内容が色々ですが、
個人的にはクラム(ハマグリ)が入ったコンボ2がお好み(^・^)
出汁が美味しいのよねー♪

th_IMG_5501_20170226200243d4a.jpg 

その次がソースの選択。
ベーシックなケイジャンソース、レモン&ペッパー、ガーリックバター、
それらを混ぜたALL in One、そしてオレンジソース!!洒落とーねー!
以前ローカルの貝料理屋さんでも出された事あるけど、このセンス、
素晴らしい。


th_IMG_5502_20170226200244a52.jpg

で、今回はAll in Oneをオーダーしました。
ほいでもってお気に入りのサイド(と言っても中に入ってるんですが)
があれば追加を注文。ソースはデフォでもタップリあるので、例えば
4人くらいで言ったときは、コンボ1つにこのサイドを増やす事で
量を調整するのもアリかなと。

th_IMG_5503.jpg

絶対頼んでおいた方が良いサイドは「Bread」。ま、Banh Mi でベトナム式の
軽いフランスパンなんですが、言うたらこれが「肝」になるので、絶対頼む
ことを推奨。こればっかりはベースのセットに入って無いし( ・`ω・´)b

th_IMG_5493 のコピー 

辛さは今回真ん中当たりのBurningってのにしたんですが、これでも
結構来てました(・∀・; ファーストバイトのアタックはそんなでも
なかったですが、全体に来る。ずしっと来る。昼に食べて夜まで胃袋
カッカしてたw これ、最上級の「Oh my god」にしたらどんな
ことになるんでしょうね。。。恐いもの見たさで食べてみたい気はします…。

注文後は用意されたビニール手袋をご確認ください。
これは途中汚れたり破れたりしたらまた持って来てもらえるので
必ず使ってくださいね。

th_IMG_5507_20170226203331225.jpg 

2年くらい前かな。日本二もこの手の料理を出すお店が上陸したって
ニュースを見てたら、なーんと客に素手で食わせてた(((;゚д゚;)))

口に入れるモノへの衛生配慮ってこともあるけど、これね、結構チリが
効いたソースの場合が多いんですよ。レモンペッパーにしたって胡椒
効かせてる。なのに素手。。。

唐辛子などの辛味は味、というより、痛覚で感じるものですから、
当然、手の皮膚にも染みればピリピリすることがあります。そして
細かい粒子がしみ込んだら中々落ちない。お水でザーザー洗っても、
です。もしその唐辛子成分が残った手で目やその他の粘膜をこすり
でもしたら…

考えるだに恐ろしい。
持ち帰りは衛生上の問題があるから禁止とか、あれだけ厳しい日本で
あれが放置されてるってのは本当に不思議。いやでも最近音沙汰
聞いてないし、さすがにもう改善されてるかな?

そういえば待ってる間にこんな突き出しも着いてきました。
カニクラッカーヽ(・∀・)ノ

th_IMG_5510.jpg th_IMG_5511.jpg

スピンみたいな素材のもんだと思いますが、わーい、こういう
可愛いのスキヾ(@⌒ー⌒@)ノ ←単純で良い顧客だと思う

ってわけで、そういうのをバリバリ食べながら待つこと暫し。
はいっ。登場!!

 


うおっふぁー!アッチアッチでホッコホッコ!!
熱っついんでね、お気をつけ下さい。ソースにはかなり油が使われてて
それが蓋をする状態になり、底の部分まで中々冷えない。

th_IMG_5518.jpg 

なので両手で食べようとすると結構大変。
というわけで、ちぇりさん的には左手で素材を抑え、利き手の右手には
フォークを持って挑むのを良しとしています。人間は道具を使える生きもの
なのだなと再確認。

中身はクラム、ソーセージ、ザリガニ、海老、ポテト、トウモロコシ等々。
どれも美味しいのですが、海老こそ食べ甲斐があるものの、ザリガニは
小さめで殆ど出汁用と言った感じかしら。いやでも出汁を出したあとでも
十分美味しいので、ぜひトライしてみてほしい。








食べる部分は小さいけれども旨味は充分。
殻もそんなに固くないので、口の中に放り込み、ガジューガジュガジュと
噛み砕いてからジューッと味わい、殻入れにペッとしてもよいのですが、
それではあまりに行儀が悪い(一番効率的と思われるんですけどね…)
って場合は。。。

th_IMG_5529_201702262048439cc.jpg th_IMG_5530_20170226204844921.jpg

左手でザリガニを抑えて右手のフォークで頭と胴体切り離し、
頭の下部分をフォークで抑えて上の殻の部分をカパッと開ける。
こうすると当たりの場合味噌が入ってて取っても美味しい(^・^)

そしてなにより美味しいのがこれよっ、奥さん!

th_IMG_5522.jpg 

全ての素材のエキスが集約されたソースにパンを浸して食べる悦楽!!
またBanh Miで軽くって、霞を食べてるが如くなので、食欲と煩悩に
まみれた仙人、延々御代わりし続けるよね、Banh Miを。。。

今回も二人で御代わりして食べたんだけども、ソースは完食に至らず。
うーん、これ、パスタ絡めても美味しいよなぁ。。。持って帰りたい。。。
でもさすがにそれは。。。うーんヽ(;ー;)ノ

th_IMG_5531_20170226204845a4b.jpg 

ってことで、大堪能の久しぶりのケイジャンクラブ。
男性はこういうの、面倒くさいと思われる方もいらっしゃると思いますが、
人数居るときは頼むだけ頼んで、ゴチャゴチャしたのを食べるのは人に
任せて(なんならちぇりが参上します(--)/)このソースをBanh Miで味わう
だけでも価値ありまっせっ。

って、それではあんまりやって方は、他にも沢山頼める料理が増えてたし、
ますます楽しみ易くなったんじゃないですかね、こちらのお店♪

あっ、もしあれば、もう捨ててもええわ、というTシャツを着ていく
事をお勧めします。うん。なぜかというと、この大人で淑女のちぇり
さんですら、服に赤いスポットが点々と(´・ω・`)

ひ…漂白剤でなんとかなるかな。。。




***** 2014 May. *****

三区のコープマートからちょっとの位置に、カニ屋ができた!
なぜわかったかというとこれ!

th_IMG_1646.jpg


ハイもうどう見てもカニ屋!!(笑)
でも意外に高いホーチミンは1区のエビ、カニ。ちょっと小奇麗な海鮮料理専門店に
行ったら、結構な金額を取られるというね。ってか、ベンタン横の屋台とかでも、
エビやらカニやらは結構高い。まぁエビは種類に寄っては大したことないんだけど…

で、まぁこちらのお店も、ゴツいMud Crab とかを食べようとすると結構します。
店内オサレなだけあって。生け簀にはワタリガニとか、同じMud Crabでも雌と雄で
価格が違ったり。例えばワタリガニはキロ500円くらいだけど、Mud Crab の雄は卵持ってなくて
小さめだけど2500円/キロ、大きいメスは4〜5000円/キロ。

th_IMG_1647.jpg


まー、「これでっか!!」と思う物でも700gくらいだったから、実際に食べた時の
単価はもうちょっと低いけど、けっこうねー(^^;

で、これらのカ二をシングルで合わせることもできるんだけど、あれです。
いつかご紹介したケイジャンクラブのお店と同じく
http://eatvn.blog.fc2.com/blog-entry-3491.html

諸々のミックスシーフードとソースをビニール袋に一緒に入れて
ワッシャワッシャした後に手づかみでゲッショゲッショと食べるタイプのやつで、
コンボメニューがありましたよっと♪

th_IMG_1649.jpg th_IMG_1651.jpg

コンボ1だとちょっと寂しいけど、コンボ3だと大したカニが入ってるわけでも
ないのに値が張るなー、と、日本人のお手本のような選択思考回路に入ってたら、
お店の人から、『コンボ2がお得だしよろしいと思いますよ♪』とおススメ頂いたので、
これ幸いとそれにフォーカス。だいたい2〜3人前。

th_IMG_1652.jpg th_IMG_1655.jpg

前述の類似別店と同じく、テーブルの上には模造紙が敷かれてて、ビニール製の
エプロンもある。もう遠慮なくワシワシできる準備が万端ですぞ!!(笑)
はい、ドン!

th_IMG_1653.jpg


お…おぅ…。。。ドン、と言った割にはビジュアルが弱いな。。。(苦笑)
でも中にはプリップリのハマグリやらエビさんがケイジャンソースにまみれていっぱい!

th_IMG_1654.jpg

ただし、カニは入ってなくて。。。こいつw

th_IMG_1660.jpg th_IMG_1661.jpg

ザ…ザリガニ???(^^;
身は小さくて食べにくいけど、カニのようなエビのような独特の風味でちぇりは好き♪
奇麗に食べようとせず、ちぇりは頭をへし折って上部のからを外し、ミソのところを
ちゅうちゅうちゅう。胴体の方は殻ごと口に入れてガシガシ噛んで、ペっぺっぺっ!!!
超行儀悪い(笑)

でもこういう料理は行儀悪く、その上でセクシーに食べてなんぼだわさ。

th_IMG_1659.jpg

ファッションと同じで。テーブルマナーも一通りそつなくこなせる技量がある上で、
崩してやんちゃにセクシーに。って、ちぇりのそれがセクシーだってわけじゃないんだけどね。
エプロンしたら、よだれかけみたいになってたし(´Д` )

ちなみに、食べる魚介類の身の部分ってのは、そんなにたくさんないのだけど、
慣れぬ作業で食べるから時間かかるってことと、ビニール内に溶け出たエキスが
ケイジャンソースと相まって素晴らしく、それにパンをつけて食べると、
上等なブイヤベースに浸して食べてるような感じでナンボでも入り、お腹いっぱい!



ちなみにちぇりは、左手にビニール手袋をして、利き手の右にはカトラリーを持ち、
わしょわしょ食べるのが好きでした。ビニール手袋は両手分支給されるし、
言ったら途中で補充してもらえると思います。パンも補充してもらった♪

あ、ソースはケイジャンソースのほかに、レモンペッパーとかバターなんちゃら
とかもありました。オールインワン、的なものもあって、それはそれらを全部混ぜるのか
どうなのかはちょっと謎でしたけど(笑)、個人的な見解+ご一緒した方達の感想は

『別店より味いいね』

という結論。
ただし、別店の似たメニューには入ってたジャガイモがこっちには入ってなかったので、
あれがあってくれるといいねー、という希望はあったけど。

どうですかね。
奇麗なレストランでオサレに食べるランチもいいけど、たまにはワイルド&セクシーに♪
ケイジャン・クラブ、いかがですかー♪


th_IMG_1657.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログ村ランキング参加中。
あなたに貰ったクリックがランキングに影響します♪

Com Ga Hoi An 〜 チキンライスの美味しいお店♪

噂に聞いてたんですよ。
Com Ga(チキンライス)専門店なんですが、デフォメニューが40kドン。
だけど100kドンのメニューもあるお店なんだと。
th_IMG_5429_20170226172317c4b.jpg

中部料理のお店に良くある黄色の配色。分かり易い。
オープンドアのようにみせかけ、サッシがしっかりしめたるので、
「おおっ、クーラーが効いてるんや!」と入店前から期待をそそる。
暑い日にはありがたいですもんねー(´Д` )

店内はウナギの寝床。そんなに広くはありません。
極々シンプル。だからランチタイムなどは避けて、ちょっとハズした
時間に行く方が良いかもですね.この辺オフィスとかけっこうあって、
ランチタイムはどこのお店も混むみたいだし。

th_IMG_5433.jpg 

あ、ちなみにいつぞやのベルギー料理屋さんの通りにあって割に近く。
この辺、意外と色んなお店があるのねー。

th_IMG_5432.jpg

黒板に色々書いてますけど、特別にその日のスペシャルがあるような
感じではなく、卓上にあるメニューと変わらない内容の様です。

th_IMG_5431_20170226172319a16.jpg 

あとは

ほんまやっ。
40kドンのコムガーと、100kドンのコムガーがあるっ。
何その価格差。まさか量?!

パパイヤサラダがあるようで、コムガー以外だとホイアン風お粥って
言うのと、手羽先やドラムスティックっていう部位指定+パパイヤサラダ、
みたいな組み合わせ。メニュー自体はとてもシンプル。

th_IMG_5430.jpg 

良いですね。
出す物を特化してるお店ってロスが少ない。ロスに回す分を品質に回す
こともできるし、手間も決まった作業に集約できるから、作り手さんに
よるムラが減る。チョイスを求めるお客さんには物足りなさを与えるかも
しれませんけど、一定数の顧客を確保してるなら、それを食べにきてる
人ばかりなんで、モノの回転も上がる=フレッシュな物を頂けるって
利点もあるしね。

th_IMG_5435_201702261723232ae.jpg th_IMG_5441_20170226172331088.jpg

特化しているお店らしく、コムガーを頼むとチキンスープが着いてきます。
そしてタレの様な物が着いて来て、これが内臓を活用したもの。
実に美味しい。コムガー自体の味が完成していたのでタレなんか
必要ないのですが、このタレ自体が美味しかったり。

ちなみにチリは甘辛ネットリ系。これ、普通にご飯に乗せて食べても
美味しいよね(・∀・) 多分市販品にも良くある味。おいちぃ。

で、お待ちかね。
th_IMG_5436_20170226172325b02.jpg 

おおおおっ。手前が100k。奥が40k。
なるほど、まず量は確かにちょっと違う。
でも価格に比例した倍以上、ってことはない。で、良く良く見たら…

th_IMG_5438_20170226172328cd5.jpg 

なるほど、40kの方は胸肉ですな♪
それを割いてる。食べ易い。
日本でも鶏肉は胸肉の方が安い。それはパサパサして美味しくないからっ
って理由もあるけど、それは調理法でなんとでもなるんだよね。実際、
ベトナムで食べる胸肉料理はおいしいの多い。ってか、旨味成分だけで
いくと、胸肉使う方がお得って話もあるしなぁ。

th_IMG_5437_20170226172326d2a.jpg 

とはいえ、弾力も油分もあるモモの方が分かり易く美味しいってのも
わからなくはない。実際こちらで使われてるモモ肉の蒸したのを
割いたものは、いやこれ割いてくれてないと食えないよね?って
くらいの弾力、そして歯応え。うんうん、美味しい♪100kって
価格はそれでも結構なもんだなーと思うけど、もしかしたら鶏自体にも
相当拘ってるのかもしれませんな。

量が結構あるので、二人で来たらこれともう一品をシェアする感じでも
いいかも。単品のパパイヤサラダもかなりの量でしたしね。

th_IMG_5439_20170226172329204.jpg 

チョーッとカットが長くてしかもパパイヤ自体が元気なので、
大口空けて押し込まねばならず、おしとやかに振る舞いたい方には不向き
ですが、タイのソムタムとは違う、ベトナム風の味付けのパパイヤサラダ、
美味しかったですよ♪

60kするので量が結構なものだったことと、これにも鶏肉が使われ
てるので、ボリューム感も満点です。

コムガーなー。おやつ程度に食べるタイプのチミっとサイズのものとか、
なんか貧相な物とかが多くて、東南アジア各国にあるメニューとは言え
ホーチミンのは今一つ馴染まない事も多かったけども、こういう

「コレで勝負してますっ」

みたいな気概のあるのはやっぱいいわ♪
美味しかったです、御馳走様♪
40kと100kの違いも分かって大満足。

単品狙いでコムガーのお店を探すんだったらおススメですよ♪


th_IMG_5442.jpg 


Com Ga Hoi An
31C Tran Quoc Toan Q3
にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

※台湾の食べ物じゃないアレコレをメルマガに追記しました♪↓

☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★

<モノ知らずは失礼のもと> 更新!(バックナンバーでご覧頂けます) 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】

☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★


丸っと台湾食べてきた♪⑪ 〜 墾丁満喫バイクと夜店

さてやっとこさっとこベトナム情報最終回。
端折ったつもりなんだけど、結局2週間の日数分近くになったなぁ。。
だめだ、書きたいこと多すぎる。。。(笑)

さて墾丁。
その後にもう一度台北に帰ったのだけど、その時にはもう旅
終盤ってことでスローペースだったから、この墾丁で締めくくり。
墾丁の街中、と言っても一本道沿いにある飲食店や土産物屋さん
の中の一角ですが、レンタルバイクのお店があります。

th_IMG_5025_20170225231336730.jpg 

ファーストクラスって意味のお店。
付近には他にも沢山レンタルバイクのお店があるのですが、
決め手はこれっ( ・`ω・´)b

th_IMG_5023.jpg 

ぱーんだーヾ(@⌒▽⌒@)ノ
性能とか二の次。コレに乗りたいっ(笑)
電動バイクで、パスポートを預けないといけないけれど(そこちょっと
不安だったけど、そう言うお店が多いらしい)丸っと1日、開始時間が
わからないけど、午前中に借りて夜の23時まで借りて二人で1000元。

一日中乗り回すかどうかは別ですが、1人1500円でかなりの距離を
移動でき、且つ、景色の良い写真スポットが沢山あるので、これは
アリな価格かと。

電動バイクなのでとても静か、ってか、静か過ぎて怖いんだけどもw
割と誰でも乗りこなせるんじゃないかなー。

th_IMG_5028_20170225231335679.jpg 

th_IMG_5029_201702252313381c1.jpg

こーんな景色があちこちにあって、すんごく気持ちよかったです♪
日焼け対策は必要だけど(笑)

th_IMG_5066_20170225231344744.jpg 

バイクなー、私が日本で乗ってたのはMagnaだったからスクーター
タイプは足下がおぼつかなくてドキドキしたけど、ちぇりでも行けた
んだからきっとどなたもそれなりに楽しめると思います(^・^)

th_IMG_5067_20170225231345e2c.jpg 

陸蟹出没、見て見たい(笑)
台湾の最南端ってところもあって、街中から止まらず行ったら、
20分?30分?くらいでいけるからちょうど良いドライブコースですし。

th_IMG_5054.jpg 


さすが一応名所らしく、いくらくか払ってバイクを置いてちょっとお散歩。
こういう道を歩いて行くと…?

th_IMG_5064_20170225232423d5f.jpg 

th_IMG_5063.jpg th_IMG_5062.jpg

台湾の最南端には靴底みたいなモニュメントが立っていました( ̄ー ̄)
ま、うん。いいの。どっかの端っこにタッチするのが我家の趣味なの。
観光地とか観光名所って、まーず訪ねないんだけれども、なんかの最南端、
最西端とかそういうとこはなんかスキ。何があるってわけじゃないけどw

さて、夜市情報。
どこの街にも夜市があるけど、場所に寄って出てる物が違っていたり、
同じ場所にはあまり同じものが重ならずに色々出てるのも台湾夜市の
楽しい所。墾丁の夜市も賑やかで楽しかったなー。

th_IMG_4803_2017022523293868c.jpg 

th_IMG_4802_20170225232938f04.jpg  th_IMG_4806_20170225232940bad.jpg

th_IMG_4823_20170225233231475.jpg 

th_IMG_4825_201702252332335a8.jpg 

そうそう、今回食べた物の中でヒットだったのが、台湾風のバナナクレープ。
数件のお店があって、そのマスコットが。。。

th_IMG_4808_20170225232944c8f.jpg 

悪っるい顔してるんやけどさぁ(笑)
ちょっと甘いものも食べてみたかったんで頼んでみたのよ。
そしたら。。。



すごい早業!
それよりもなによりも、見て生地!!
ちょっと取り出す所を撮れなかったのが申し訳なかったンけど、
まさに、ロッティチャナイの様な、良ーく寝かせた、そして向こうが
透けるくらいに薄く伸びる丁寧な生地!!うおっほー!!ここで一気に
テンション上がるっ。だってあんな生地、なかなか家では扱えんもん!

グルテンが充分に形成されてるシンプルなその生地にバナナを切り込み
四方から畳み、バターで焦げ目を表裏に付けたらできあがり、という
大変シンプルなものなのですが、練乳や蜂蜜、チョコレートソースを
好みでプラスできて、これがまた美味。

th_IMG_4875_20170225234135c0c.jpg 

クレープと言ってもフレンチスタイルの物でもなく、でも味は洋風、
伸びのある薄くちょっとパリッと、全体シットリに焼き上げられた
こちらのお菓子、お気に入り。

でも翌日別のお店で買ったら、生地が春巻きの皮やっった。。。(-“-;

th_IMG_4973_201702260004038db.jpg ←これはだめなやつ


きちんと自分とこで仕込んで伸ばす生地を使ってる方のお店が多分
オリジナル。それが売れてるのを見て、でも技術がないとこが、
端折った手順で追随したんでしょうなぁ。

もしもこちらでこの台湾風バナナクレープを書いたかったら他の
方が買う所を見て、ちゃんと自分ところで仕込んだ生生地を使っているか、
春巻きの皮を使っていないかどうかをご確認の上、生木時の方をおススメ
します( ・`ω・´)b

チョイ食べだと、こう言うのも美味しかった。
手羽先のご飯詰め焼き。日本にも手羽先餃子ってのはあるけどなー(笑)
ご飯の方が旨い気はする。鶏の旨味と油を米が吸ってて美味しいわ♪

th_IMG_4819_201702252341321ae.jpg th_IMG_4821_2017022523413449e.jpg

甘いものでオモロかったのは、なんと「揚げ牛乳」ってのがあるらしい。
これ、ネットで見てたんで是非トライしてみたく、観察してたら。。。

th_IMG_4827_201702252341360a0.jpg 

th_IMG_4829_20170225234139374.jpg  th_IMG_4830_20170225234140402.jpg

ほうほう、既に用意されてる種に衣をつけて揚げるのね。
食べて見ると、なるほどっ。ミルクを甘くしてコーンスターチみたいな
加熱後冷すと粘度を増して生地を固めるデンプン質で固めておいて、
揚げると熱でそれがトロリ、という寸法のもの。

th_IMG_4831_20170225234141a25.jpg th_IMG_4832_201702252341421d8.jpg

うんうん、確かに揚げ牛乳やわw 
メチャクチャコスト安そうだけども美味しいわ♡

数件ある鮮魚屋さんできになったのが、大振り…っちゅーか、
化け物の様なハマグリさん。これ、海の栄養価の問題なのか、
違う品種なのかいったいどんなことになったらこんなに育つの
ハマグリさんと尋ねずにはいられない大きさ。

th_IMG_4844_201702252350139aa.jpg 

しかも綺麗!!
これは食べねばっ( ・`ω・´)b

th_IMG_4852_20170225235017965.jpg

他にも伊勢エビ、牡蠣、蟹その他、色々あったけど…

th_IMG_4850_20170225235015054.jpg th_IMG_4851.jpg

気になったのがこれでしたなっ。
銀魚とかかれてあった。

th_IMG_4848_2017022523501221f.jpg th_IMG_4849_2017022523501443d.jpg

ちょっとライトの加減でわかりにくいけど、お顔はプラナリアみたいな
キョトンとした目をしてまして、全体は真っ白。半透明。例えるならば、
春の白魚、の、巨大版。こいつにも尋ねたかった。
「どないしてん?!」と。

そんくらいデカイ。無謀にデカい。
見た目白魚なのに拡大鏡で見てるみたいや(´Д` )
調理法はお任せしたら、ガリッガリの衣タップリフリッターになって
出てきました。味は上品、やっぱり味も白魚っぽい。

th_IMG_4854.jpg th_IMG_4864_201702252354491a2.jpg

衣な、サクサクしてて美味しくはあるけど、ちょーっと多い。
行儀悪いが、ちょっと衣を脱がせ脱がせしましたら。。。

白いその身が「ふるんっ♪」と出て来たのは良いのですが、骨がな、
触る。口の中で。魚の身ぃは上品でとてもおいしいけれども、背骨
が当たる。しかしガリガリの衣と食べると気にならない。

なるほど。衣の付け具合は、単に嵩ましする目的でなく、
この骨が口に当たって感じないようにする役目もあったのかも。
なるほどな、こういうバランスの撮り方もあんのか。

ハマグリも最高やったわーっ。
あのね、日本規格より大きな魚介類を見ると「味が大味でー」とか言う
人居ますけど、それは同じ条件の海で育った大きな物の話。
ベトナムもそうですけど、海中の栄養バランス、高いンかな。
大きな物でも大味でない。

th_IMG_4857_2017022523544745c.jpg th_IMG_4859_20170225235449beb.jpg

旨味がギッチリ詰まってるだけで、そりゃぁデカさに価格が比例するわ、
という感じ。今回のこのハマグリさんも、調理法が良いのもあって、
まぁ美味しい♡ 薬味で軽く蒸してる感じ。もうテラッテラに光る
潤んだ御身がぷわんぷわんで、エロエロしい。うましうまし。

面白かったのはこちら。
th_IMG_4962_201702260003572c0.jpg 

6種類のなんかが並んでて、どれか3種類をお選びください
とあるのですが、実はこれ、ぜーんぶポテト!それの切り方や
形を変えて、まるで違うもののようにアレンジを加えて楽しむ寸法。

th_IMG_4969_201702260003597b6.jpg th_IMG_4971_20170226000403183.jpg

こんな感じでザックリいれてくれるんですが、かけるチーズは擂り下ろし。
しかも計算し尽くされた「違い」は素材が同じものとは思えぬバリエーション。
これは。。。

th_IMG_4970_2017022600040126f.jpg

賢いなー。だってロスがメチャクチャ少ない。ジャガ芋なのでそもそもの
コストも安い。でもしっかりお御馳走に仕上がっている。もしかしたら
もともとこうおいうのを仕込んで売ってる中間業者がいるのかもですが、
どちらにしても頭良い。

ジャガ芋1つでこんなに味にバリエーションを出せる物かと感心しきり。
最初は「ちょっとヘヴィすぎたか…」と後悔したけど、うん、全部きれいに
なくなったよね。ペロリ♪

         th_IMG_4877_20170226000351451.jpg 

th_IMG_4935_201702260003534af.jpg th_IMG_4936.jpg

他にもピンクグワバとか、翌日になっても固くならないお餅?
みたいなんとか。水分を黒蜜に置き換えてるお餅おいしかったなぁ。
これならきな粉をまぶした上からかけた蜜がコロコロこぼれて
一緒に食べられない、という筑紫餅(ローカルな…)の悲劇を
味あわなくて済むわな。

そんなこんなで、驚き有り、楽しみ有りの夜店巡り。
他の地域のもオモロいけれども、墾丁は結局3日間とも晩ご飯は
夜店で済ませたw それでもまだ試したかった物はあったけど、
うっかり食べ過ぎて胃袋の空きを潰してしまった…うーん、不覚。

なにはともあれ、よー食べた♪
かなり端折って、まだまだ紹介し切れてない食べ物もあるけど(え…?)
細々した物はまた改めて。美味しかったよ、勉強になったよ台湾。
いままで知った気になっててごめん。そしてまだまだ知らない魅力が
あるんだろうなー(^・^)

あ、今回の台湾で気になったこと気づいたことなど、メモ的に
メルマガの方に残してます。よろしかったらそちらもどうぞ(^・^)
          ↓↓↓↓↓↓
http://www.mag2.com/m/0001678179.html


にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ


☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★

<モノ知らぬは失礼のもと> 更新!(バックナンバーでご覧頂けます) 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】

☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★


打倒・アリさん大(名)行列

さて昨年お引越しをした我家。
以前のお家はペストコントロール(害虫駆除・予防)が徹底していて、
むしろそれ人間には影響ないんですか?って心配が必要なくらいに
虫がいなかった。

が。

今度のお家はそうはいかない。
11階という高さがあるので,蚊がブンブン入って来ると言う
ことはないけど(それでも灯りをつけた夜間に窓を開けるのは危険)
何が困ったって、アリさんの大行列!!

日本で見るより小っこいチッコイアリさん達で、何故か甘い
ものにはあまり見向かず、料理の際に片付け損ねたハムの
切れっ端とかそういうものにあっという間に黒山のアリだかり。
ま、甘いものにもたかることはあるのですが…

何にたかるかが予測がつかない上に、まーどこからともなく
やってくるのよ(´Д` )
こんなときの強い味方、蟻の巣コロリも試してみたけど効果無し。

まぁ、蟻の動きって嫌いじゃないし、身の丈以上にデッカい物を
一生懸命運んでる姿は応援摺らしたくなるタイプなので、できる
だけ食べ物を放置しないようにして、やらかしたときは行列が
収まるまで放置しつつ観察なんぞしてたのですが。。。

奴ら、害を成し始めた。
虫に刺され易いちぇりさん、手足がアリにやられて真っ赤!!
パンパン!!パンパンはもともやろと思われるかもしれませんが、
もっとパンパン!!ヽ(;▽;)ノ

蚊に刺されたのとは明らかに様子が違う。
熱を持ち、痛痒くなってその部位が倍以上に固く腫れる。
蟻酸の影響、恐るべし。ってか、痛い。。。痒い…っヽ(;▽;)ノ

生きとし生けるものは愛おしい…とか口が裂けてももう言えないっ。
仇を成されたあととなっては、情けは無用。
徹底抗戦( ・`ω・´)b

は、いいけれど、アリの巣コロリも効かないとなるとどうしたもんか。
そこでふと思いついて、先日頂き物をした、本来はお部屋の隅に
チュッチュ!とスプレーしたら虫がそのエリアには来なくなります
よーってやつを吹いてみた。

th_IMG_5486_2017022614005195d.jpg 

確かファミマとかでも売ってるポピュラーなやつ。
我らがフマキラーさんの商品ですよ。
そしたら。。。

チュっ♡(それなんか擬音間違い)

ワラワラワラワラワラワラーーーーー!!!(動画撮っとけば良かった)
っと、アリさんなのに蜘蛛の子散らし寿司!!
や、風圧で吹っ飛んだだけかもしれん。スプレーやしな。
もっ回別の場所でやってみよ。

チュっ♡

ワラワラワラワラワラワラーーーーー!!!
(やっぱり動画撮っとけばよかった)

こっ、これは!!
スプレーをした局所以外に居たアリたちも、一気にデザスター・
ムーヴィーの出演者。大混乱の大慌て。「The Day After Tomorrow」と
「2012」と 「San Andreas」をあわせて煮詰めた様な状況。お気の毒。

しかし少なくとも食卓には居られては困る。
ので、ここは対抗させてもらう。
ってか、その後数日経ってもアリさん達は現れる素振りもないぞ。

th_IMG_5487_2017022614004976f.jpg 

ここ。このガラスと木材の間の所に大名行列作ってたのが
さっぱりといなくなりました。メーカーさんに置かれましては、
本来の使い方以外の用途に使われると言うのは好ましくないことかも
しれませんし、アリ対策用では無いと思うので、アリに効きます!
とは私の口からは言えませんけど、現実にあったレポとしてご紹介。

木目だったから成分がしみ込んでアリさん来んくなったんかなぁ。
もしもこんでアリが入って来てる間口を見つけたら、そこにもチュっ♡
としてみよう。あとは窓のレールのとことか、外衣からの入り口付近に
チュっ♡

幸い他の虫にはあまり悩まされていないので、アリ以外の効果の
ほどはご報告できないんですが、こんな事がありましたよーということで。
いや、まぢ、報告せずにはいられないくらいに劇的な効果でしたわよ。。。
ええもんもろたわー。






にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ


☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★

 <テンポラリー家族> 更新!(バックナンバーでご覧頂けます) 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】

☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★


丸っと台湾食べてきた♪⑩ 〜 墾丁の宿泊地と飲食事情

墾丁=ケンティンという場所が台湾の南にあります。
台南は今回は行けなかったのですが、旦那さんが珍しく
以前に見たドラマ(普段はほとんどそんなの見ない)の
舞台の地だったらしく、一度行ってみたかった、と。

th_IMG_4794_20170225203235e3e.jpg 

th_IMG_4789_2017022520323286d.jpg

おーーーっ、南国ーっ、リゾートーっヾ(@⌒ー⌒@)ノ
そう、墾丁は海辺のリゾート。最寄りの鉄道駅からバスで二時間弱、
とちょっと離れていますが、それだけに台湾の方にも人気の、
「ちょっと遠出する国内の旅先」となってるようで大人気。
そしてとても綺麗♪

th_IMG_4793_201702252032334ae.jpg 

こんな感じの海辺が見える小さなホテルに初日は宿泊。
まだ大型リゾートホテルなんかはあまり出て来てないようで、
初日に泊った海辺のホテルはどこも小ぶりな間口の小さなお宿。

th_IMG_4791_201702252032339a2.jpg 

簡素だけどその分お安く、海に近いからシーズンにはマリンスポーツを
楽しむ人達が多く泊ったりするのかな、と。

th_IMG_4888_20170225203237217.jpg th_IMG_4797_2017022520323934b.jpg

小さなホテルだったので、朝食も簡素な物だったけど、
とにかく景色がお御馳走。小さいながらもベランダに出て気分の良い
ビールやご飯。良きかな良きかな♪

2晩目以降は場所を変えてリゾートホテルに。
有名どころじゃないけれど、地場の有力宿泊施設?

th_IMG_4910_2017022520392720e.jpg  th_IMG_4916_20170225203927d76.jpg

th_IMG_4923.jpg th_IMG_4924_2017022520392955b.jpg

どこもスペースが取ってあって広々ゆったり♪
どっちかというとのどかな雰囲気。ゴージャス感ってのは程々でしたが、
例えばベランダに隣の部屋の人がミカンを置いていた所…



うひょひょひょひょ。
リスってミカン、食べるのねー(笑)

ビュッフェのご飯はボチボチでしたが、敷地内レストランの麺料理は中々。
で、ここのビュッフェで学だんですが。。。

th_IMG_5003.jpg  th_IMG_5010_2017022520393593e.jpg


セルフの麺料理を取る際、麺の種類を指定すると(中華麺みたいなのと
米粉があることが多い)ドンブリに少量の野菜とスープを盛ってくれるの
ですが…以前、別の場所でものすごっく美味しくない麺を食べたことが
あったんです。スープに殆ど味がなくて、ほぼ白湯みたいな。なんかの間違い?
と思ってその時は残して終わったのですが。。。

なんとこのホテルの麺もそのタイプ!
そういえば別のホテルでもそういうのあった。

th_IMG_5006_20170225203935758.jpg  th_IMG_5012.jpg

一件だけたまたまそういうハズレがあったというならわからないでは
ないけれど、ここは大きなホテルだし、全く同じ様な味わい(のない味わい)
が再現されてるとは、こは如何に?と観察をしていた所…

どうやら仕上げに、ミンチを炊いたものを汁ごと入れて味を仕上げる
ものらしい(・∀・; そういえば美味しくなかった別のホテルの麺の
所にも、ミンチを炊いた鍋があったような。。。
ミンチ炊いたのが、ラーメンで言う所の元ダレ的な役割で、なるほど、
それがなかったら味もへったくれもないわなぁ、と(苦笑)

これ、台湾に行かれた方には当たり前のことだったのかもしれませんが
私今回初めて発見。おはずかしや。。。。

あとこの墾丁の最初のホテルや二日目のホテルがあるあたりって
海近くの一本道です。シンプルです。リゾートとはいえ、いや、リゾート
だからか、割に狭い地域に限られたエリア。夜には屋台が出るのですが,
飲食店少なめ&結構お高い(・∀・;

そんな中でもここはおススメ。

th_IMG_4755_201702252050327d8.jpg th_IMG_4760_201702252050332a6.jpg

「まさる」って呼び方だったかな?日本人の名前に当て字?とか
思ったら、原住民ってのをアピールしてるお店で彼らの言葉で、
挨拶の中の1つっぽい。台湾の言葉だったのね(笑)

th_IMG_4759_20170225205034dde.jpg 

メニューは色々あるのですが、その中から適当に選んだ3種類が
とってもヒット♪

th_IMG_4769_2017022520503890c.jpg 

羊の炒め物は、小さい頃焼肉と言えばマトンだったワタクシには大変に
懐かしい味!タレ漬けのマトン、安かったのよ。牛肉より豚肉より。
うち、ビンボーだったから焼肉=マトンだったw

th_IMG_4772_2017022520504181d.jpg 

この葉っぱが珍しくて美味しかったなー。
ちょっとキャベツの固い所の様な感じもあるけど、かんでみると柔らかく、
甘味も旨味もあって美味しいお野菜♪ シンプルなガーリック炒め。

そしてこれ!!

th_IMG_4767_2017022520503597c.jpg th_IMG_4770_2017022520503903e.jpg

アサリを使った炒め麺なんだけど、お出汁がよーく染みててねー!!
お醤油ベースの出汁が良く染みた焼うどんのようなヌードル。うましっ。

そのほかにも数件付近のお店に入ったんだけど、残念ながらちょっと
手が雑な印象。墾丁に並ぶお店の中でどこに入る?と聞かれたら、
個人的にはここ1択。あ、夜店は話が別ですけどね♪

あ、一人鍋のお店は結構重宝するかも。
メインのお肉は選べるんだけど、かなり色々な具材が入ってて
満足度高し。600円〜だったから安くはないけど。

th_IMG_4952_20170225205840a21.jpg 

th_IMG_4946_201702252058389f7.jpg  th_IMG_4954_20170225205840528.jpg

台湾の都会の方でも結構一人鍋のお店があって(チェーン店みたいなのも
多かった)旅行者さんとかにも使い易いかもですね♪

まぁでも墾丁に来たら夜店楽しむのがいいかなー♪
次回は夜店情報中心に。あと、街を楽しむレンタルバイクの情報もー(^・^)







にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ



☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★

 <テンポラリー家族> 更新!(バックナンバーでご覧頂けます) 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】

☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★


The Mach House 〜 フランスの方のお墨付き!

*****  2017  Feb. *****

最近チョイチョイ動画入れてみてるんですが、どうでしょね?


撮り方がまだ試行錯誤中なので、チョピッとだけだし、あんまり上手
とも言えませんけど、お料理の臨場感が伝わると良いなーと思いまして。
まずは愛するThe Mach Houseさんのランチで料理撮ってみました。

こちらはデザートのチョコレートムース。
アイスクリームも美味しいし、クレームブリュレも捨て難いけど、
セットランチのチョイスの中では、このムースがダントツおススメ。


はい、あーんヾ(@⌒0⌒@)ノ


*****  2017  Jan. *****

<<2017年1月26日〜2月6日まで、テト休みに入るそうです>>

最近こちらのブログを見て、私の大のお気に入りのこのフレンチに行って
下さる方が多いようで、お店の方からも「最近日本人が多くて嬉しいよ!」
とのお言葉を頂きました♪ 

召し上がってみられて、お口に合うかどうかはその方次第だと思うのですが、
合えば嬉しいし、合わなくても、好きなお味やお店への選択肢が絞られて、
その方に撮ってのより良い選択をしてもらえるキッカケになれたら嬉しい
なーと常々思っているので、本当に願ってもないことですヾ(@⌒ー⌒@)ノ

さて、こちらのお店。
2017年1月26日〜2月6日まで、テト休みに入るそうです。
ベトナム国外へご旅行などに出掛ける方も多いかと思いますが、
のんびりと街でお過ごしになる方の中で、お休み中にこちらのお店に行こう、
と思って下さってる方が居てはいけないので、お知らせでした♪


*****  2017  Jan. again *****

かなり通ってます。
お友達との新年会もこちらでしました。
まずはピンクの泡で、女子会らしく(いつ女子だったかの明記は控える)。

th_IMG_1728.jpg th_IMG_1737_2017011812074045c.jpg

アイスバッグで保冷ってのがこの店らしくて良い感じ。
私にとって泡はやっぱりちょっと特別なときの為のものだったり、スペシャル感が
あるんだけれども、このお店で飲むと、普通に飲んでる感が味わえるんよね。

th_IMG_1734_201701181207370e6.jpg th_IMG_1735_201701181207372da.jpg

th_IMG_1736_201701181207387f5.jpg th_IMG_1739_20170118120741607.jpg

フォアグラ好きの友達にどーしても食べさせたかったテリーヌ、限定ものかと
思ってたら年が明けてからも置いててくれて、食べてもらうことができました♪
聞いてないのだけど、自家製なのか、とても甘酸っぱくて味の良いドライトマトを
散らしたサラダや、ラムの煮込みを頼んだら、これがなんとホワイトソース!

「ラムにおススメのワインを選んでくれますか?」とお願いしたら白が来たので
ブラウンソースを想像していた自分たちにはなんのこっちゃら???だったのですが、
へーーー!!ラムのホワイトソース煮込み、初めて食べたわ!
そして…?

th_IMG_1740_201701181207435ae.jpg 

フォアグラのソテー!ヾ(@⌒▽⌒@)ノ
これで2千円ちょっとだったかな。焼き方やソースの味に関してはもう言わない。
言うことなんて「最高」の一言に決まってるから。そしてほんの少し干してから
ソテーしてるっぽいキノコたちと一緒に食べると、またこれが別の料理の様な含みを
持つから面白い。

単体じゃないの。皿の上のものと合わせて完結する「料理」になっている。
体中がほどかれて行く様な多幸感。美味しいものがあったら変なクスリなんぞ、
ほんとに不要。まぁ脳内麻薬が分泌されると言う点では食べ物もクスリも似た
とこあるけどw

そして別の日。(えっw

やっと旦那さんを連れて行けたんです!
ホントは大晦日のディナーを頂こうかと言ってたんだけど、急遽旅に出てしまった
のでリベンジ。ランチのラムのラザニアに興味を持ってくれていたのでお昼に出陣。

そういえばこちら、グラスワインもありますが、少しだけお得に、カラフェでの
提供もありまして。

th_IMG_1958_20170118121636bf4.jpg th_IMG_1959_201701181216374b6.jpg

量は変わらないんだけど、グラスワイン1杯×2人分を頼むより、2人分として
カラフェを頼んだ方が10kドン安い(笑)
4人分としたカラフェ(ハーフボトル分)はお値段変わりないんだけども、
ボトルにすると更にお得と言うのが分かるし、少しでもお得にっていうお店のお気遣いが
感じられて嬉しいよね♪

で、旦那さんはお目当てのラムのラザニアとガスパチョのランチコースを頼んだの
ですが、ラザニアの量が半端ないと知ってたちぇりさんはサラダと、どうやら限定
っぽチーズがあったので軽く。

th_IMG_1960_20170118121639f20.jpg 

スモークサーモンのサラダ、もうなんかメインと言ってもおかしくないくらいの
肉厚サーモンがドーッシャリ乗ってる(笑)ハッパ部分はあいかわらずのバジル
風味のドレッシングをオーバードレストにならないようにちりばめていて美しい。

そして限定のチーズと言うのが…

th_IMG_1962_2017011812164085f.jpg 

こちら。Saint Marcellin という、極々小さな村で作られる地方のチーズらしいの
ですが、シェフが生まれ育った街のものなんですって!

「これだけを食べても美味しいんだけど、ニョッキに絡めたりして食べると
 最高でさぁ!街のみんなの大好物なんですよ!ああ、僕このチーズのこと話し 
 だしたら止まらないからもうやめとくけど、気に入ってくれると嬉しいな!」

と、それはそれは嬉しそうに紹介して下さったシェフ。
あんな顔して勧められたら頼まない訳に行かないじゃない?(笑)

個人的に…「良い料理人」というのは、美味しいものを作れることは大前提として、
ああやって素材や調理法なり調理道具に愛情を注げる人のことを言うんだろうな
と思っています。故・私が最も影響を受けて彼を越えるフレンチにであったことがない、
というシェフもそうでした。料理を褒めると厨房から肉のかたまりを出して来て、

「だって見て下さいよ!こんなに美人さんなんですよっ。美味しくならない
 わけがない。。。(うっとり)」

と恍惚の表情を浮かべておられた。
チーズの説明をしてくれた時のシェフの表情や、このチーズを紹介できると言う心の
底から喜んでいる空気感、ホントにチャーミングだったなぁ(※^^※)

th_IMG_1966_2017011812164285a.jpg 

そしてこのチーズ。常温でもこの蕩け具合。
聞いていた程クセがあるようには感じなかったけど、ミルキーでネットリと舌に絡み、
ふくよかな香りを鼻腔に膨らませた後に、旨味を味蕾にグンッと染ませる力強さ。
こーれーはー旨い!!!

ってことで、無理を言ってお持ち帰りさせてもらいました。
お店で提供されていたのがハーフポーションということだったので、ワンホール( ・`ω・´)b

th_IMG_1969.jpg 

今後人気があれば定期的に入荷されるかもしれませんが、当面は限定っぽいです。
フランス料理屋さんによくある、アホ程の量は出てきませんので、チーズお好きな
方が居たらぜひ試してみて下さいね。私はチーズにそんなに詳しくないので、
なおさらのこと、ええもん教えてもらいましたー(^・^)



*****  2017  Jan *****

さて、実質今年一発目のホーチミン美味いもん情報はこちら。
実は他にも山ほどお知らせしたいお店や料理があるのでどれにするか
とても悩んだのだけど、こちら。ものすごーく美味しかったのと、
ものすごーく素敵な事実がわかったから。

食べに行ったのはランチだったのだけど、今回はランチセットを頼まずに、
アラカルトからチョイス。というのが、グリーティングシーズンだった
からか、黒板に見つけてしまったの。

th_IMG_1131_2017010813044144c.jpg 

フォアグラのテリーヌ!!(お目目キラキラ☆)
でもまさかこんなボリュームで出て来るとは思わなかったー!(笑)
6〜7mmはあろうかという分厚いカットが3つも…(笑)
嬉しいけど、これ、1人で食べるんっすか?(・∀・;

値段が200kだったのよ。その金額で誰がこの量出て来るって思うよ。
大盤振る舞いにも程があるっ(もぐもぐ)。
あーけしからんけしからんっ(もぐもぐもぐもぐ)

…うまい…(笑)
素晴らしく滑らかで、口内の温度でふわぁ…っと溶けてく。
合わせてるのはタンジェリンソース。なにこの組み合わせ。
美しすぎる。。。

これは黒板に書いてあった限定品なので、いつもあるメニューでは
ないそうです。ただある程度の人数がいるなら、事前に言ってもらえれば
作る事は可能、と。まぁフォアグラのテリーヌ、最低丸一日はかかりそう
だものね。だから。。。

もし冷静のフォアグラがお嫌いでなくて、運良く来店した時にこの料理の
文字を黒板に見かけたら、ぜひとも試して。1人じゃちょっと量多かった
けど、まぁこの店に1人で来る人も少なかろうし。。。(苦笑)

そして驚くのは未だ早い。
この日のメインはダックのコンフィ。

th_IMG_1135_20170108130440c51.jpg 
手前の付け合わせはキノコのムース。
これがまたものすごくふくよか。やっぱりベトナムのキノコは使い甲斐が
ありますなぁ。とても風味が豊か。それよりなにより、ダックのコンフィ…

運ばれて来て、5m先まで近づいた所で(くら…っ)するような香ばしい
香りが!自分のテーブルと皿の間にはまだ別の客席があったと言うのに、
間違いなく自分の所に来ると言う確信を感じつつ、みるみる近づき、
みるみる芳香が強くなり。。。

目の前に置かれた時には、もうウットリよ…
コンフィの周りにある空気のテクスチャが明らかに柔らかくふくよかで
魅惑的。深呼吸すると「幸福」年か言い様が無い気分に満たされて…

…なんかヤバいもん吸ってるときの感想みたいだなw

th_IMG_1140_20170108130442951.jpg 

ナイフを置いてみてまた(´⊙ω⊙`)。
コンフィだから、火入れの段階では表面はしっとりやわらかなところを
客に出す直前の仕上げの時にカリッと焼きます、表面を。見ての通り焦げ
もあるし、さぞやクリスピーな感覚だろうと思ったら…

おわかりいただけるだろうか( ・`ω・´)b
ナイフがフックリとその身に沈む柔らかさ。といって、なすがままに
任せるのではなく、内側から穏やかに押し返す抵抗がまたエロティック。

あまりの妖婉さに思わず(あ…♡)と、ナイフを一旦持ち上げて切るのを
躊躇ってしまったほど。なんかもうとてつもなくいやらしいことしてる
錯覚に陥ったわ。

肉への仕込みも去ることながら、コンフィの調理時間の間、よほど温度に
気をつけて丁寧に作業してらしたんだろうな。コゲのある香ばしい表面
部分もありながら、全体は素晴らしくシットリとしあがっていて、一度
刃を入れるとほろっほろ。

ほろっほろ状態ってモソモソっぽくなることあるけど、ほろっほろだけど
シットリ。そしてそのほぐれた繊維と繊維の間に、ダックの風味が
ふぉくふぉくと籠っていて、ひと噛みするごとに、嗚呼…(リアルに
思い出してしまって筆が止まるの巻)

これは夜、またはその後に人に会う用事がない時に食べるべき。
その後にちょっと人と会う予定があったから、なーんとこの世にも魅惑的な
料理をお酒抜きで食べたのよ…(ノ_・。) 未だに信じられないわ。
セルフ拷問状態。

身悶えしてるとお店の人が、「飲めばいいのに。グラスで出せるワイン
あるよ?」と言うのだけれども、私、飲むとすぐに顔が真っ赤になる
のよね…(´・ω・`)

というわけで、この二つの料理がおススメだったってのもあるのだけど、
お知らせしたいニュースはここから。デザートに、フォンダンショコラを
見つけたので頼んでみたら…

th_IMG_1144_20170108130444976.jpg 
んんっ?!
このギリギリな生地の感じ…。フォンダンショコラって時々中の蕩けた
ショコラに全てを預けてしまって甘味が足りなさ過ぎたり食感がたより
無さ過ぎたり、逆に重た過ぎたりなどがあって微妙な部分なんだけれども、
これは絶妙。くどすぎず、頼りなさ過ぎもせず、突き詰められた感じの生地。

食べ覚えのあるこれは。。。?と思って、「このレシピって…?」と
シェフに水を向けたら…

「ああ、これはポールボキューズのレシピですよ。
 僕フランスで系列のお店に勤めてたんでその時に学んだヤツ」

あー、それでか。
どーりで食べたことがあると思…っ…た…って、
ええええええ!!(´⊙ω⊙`)
なんかいま、サラッとすごいこと聞いた気がする?!

「直属じゃないんですけどね、関連のレストランで働いてたんですよ」

って、事も無げにサラリサラリとっ!!!!
いや、系列だって大変なことでしょっ。センスがあるとは思ってたけど、
まさかそんな筋の方でいらしたとは。。。

こんな逸材が、ブティックの上にあるカジュアルなフレンチビストロで
腕を振るってるなんて、ホーチミンはこれだからやめられないっ( ・`ω・´)b
これは他のお料理も着々頂いてみないとですねっ。
楽しみ〜♪(^・^)




***** 2016 Dec. *****

気になっていたこちらのランチに行ってきました。
ランチタイムからグランドメニューも頼める様ですが、セットランチがある、
ということで、そちらを。

th_IMG_0236_20161213013520029.jpg 

前回と少し雰囲気が変わったかしら?
昼間に見ても良い具合のお店ですなー。フォーマルすぎず、カジュアルすぎず。
入り口が、一階のブティックを鳥抜けないと上がって来れないってことを
覗けば、とても踏み込みやすいし過ごしやすい。

th_IMG_0237_2016121301352231a.jpg

メニューとデザートで160kドン。
それにスターターがついて200kドン。
フレンチのコースにしては価格もお手頃。

th_IMG_0238_20161213013523ce9.jpg 

例の美味しいパンとガスパチョ。
この日は3人いたので、もう一つのチョイスのダックのテリーヌも。
こーーーーれがあなた、酒飲まずに食べるのが苦行苦行。その後に人に会う
予定があって、赤い顔していくわけにいかなかったので飲まなかったんだけど、
美味し過ぎて辛かった(ノ_・。)

th_IMG_0240.jpg

そしてお次がメイン。
これは5種類あった中の3つ。
まずはサーモンのサラダ。

th_IMG_0241.jpg 

サーモンサラダは二種類あったけど、これはCured Salmonの方。
Cured FIsh と書かれてある場合は塩漬けか薫製。この場合は冷燻ですね。
ちょっと写真じゃゴッチャリして見えるけど、肉厚で大きめのサーモンは
見るからにモッチリしていてとても食べ甲斐がありました。サラッとした
バジル風味のドレッシングも素敵。うんめっ。(ここで更にワイン飲めない
辛さが倍)

th_IMG_0242_20161213013528946.jpg 

これはラムのラザニア。
ゴッツイ量やなーw
そしてお味もとても濃厚。幸い3人だからシェアできたけども、これ、1人で
食えって言われたらなかなかの量。スターターなしにしたら何とか行けるかしら。
もしくは、今日はガッツリ食いたいぞー!って人には持ってこいの一品。

嗚呼ワイン…ワインが飲みたい。。。
砂漠に3日取り残されてもこんなに渇望するまいよ。。。
そしてステーキっ。

th_IMG_0243.jpg 

そんなに大振りじゃありませんけどね、もう見るからにワイルドでしょ?
味も超ワイルドなのこれがっ。いや、ワイルドっていうと粗野な感じしか
イメージできないか。。。切り口とかは確かに粗野になるんだけども、
味わいが、柔らかくて旨味がギューッと凝縮してて、肉ってこんなに美味いかね、と。

ここのお店に限りませんが、ホーチミン、美味しいお肉食べさせてくれる所、
けっこうあるよねー。お高いお店じゃなくても美味しい。決して高くない、
むしろ安いってところでこの味の質。なんという恵まれた街なんでしょう。

そしてデザートのチョイス3種は一つずつ全部頼んじゃいました。

th_IMG_0248.jpg 

アイスクリーム(チョコ、クランベリー、抹茶のチョイス)と、クレームブリュレ。
そしてチョコレートムース。アイス、自家製なのかなぁ。すごい美味しい。
クランベリーのジェラートっぽくなってるんだけど、コレまで食べたクランベリー
味の中では一番美味しかった。

ブリュレは素直ながらにリキュールの風味が効いててこれまた美味。そして一番
推したいのが、チョコレートムース!めっちゃビターで大人の味で美味しかった!
コレも赤ワインと一緒に頂いたらメチャクチャ美味しそう!

いやーっ、1人で食べる分にはもちろんスターター、メイン、デザートと
一品ずつですが、これで200kドン、千円ですか。。。なんだよこのレベルの高さ…。
これを…ワイン無しで食べ切っただなんて奇跡だわ。。。

今度は飲める時に行こう。
絶対飲める時に行こう。
飲むんだ。あのセットランチで飲むんだいっ(ノ_・。)




***** 2016 Oct. *****

最近知り合ったフランスの方とホーチミングルメ談義をしている際に、

「ぼく、ここのパンが大好きなんです!」

と言っていたので早速行ってみた。
ってか、知らんかった。いや、何となくフレンチの看板が出てるのは見たこと
あるんだけど、ここ、一階がブティック。そしてレストランはそのブティックに
入って店内を横切り、奥にある階段を上がった所にあると言う、

なにこのちぇり除け

みたいな見つけ難さ。
こだわりなんだろうけど、入り難いっちゅーねん(・∀・;


th_IMG_4474_20160916014512ab5.jpg th_IMG_4475_201609160145138c1.jpg

階段登り口にはhオリジナルハニーや委託物らしきジャムも売っていて
すでにここからちょっと惹かれる。特にハチミツがなー。
今度荷物持ち歩いても良い時に買ってみよ♪

th_IMG_4476_201609160145133f5.jpg 


階段を上がって、さぁレストランに到着してみると…?

th_IMG_4477_201609160145157df.jpg th_IMG_4478.jpg

あらぁ、意外にカジュアルでいいんじゃない?!
ちょっとチビちぇりが苦手な背ぇ高椅子が多かったけど、ちゃんと低いソファの
席もあったので、そのときの運によっては、好みの席に座れそうやし(^・^)

ざくーっとワインリストを見るとそんなに高くはなくて、例えばプロセッコは
ボトルで650kドンくらい。複数人数でいけば全然アリなお値段。もちろん
グラスもあるわけですが、お会計から考えて見ると、1杯150k前後くらいだった
のかな???いや、モノにもよると思うんだけど、悪くないお値段だったような。

th_IMG_4484.jpg 

th_IMG_4485_20160916014859330.jpg 


メニューはかなぁり絞り込んである感じですが、単品でも良ければスターターと
メインでコースも組み易く、あまりフランス料理に詳しくない方でも割と
選び易かったり、口に合い易いんじゃないかなーと言うモノを揃えてる
気がしました。

こういうところは。。。その一品一品への創意工夫やアイデアが詰まってることが
多いんですよね。品数や突飛な物で勝負しないんだったらそこらへんで仕掛けて
来る事が多い。よし、これは楽しみだぞ?とワクワクしながら、まずは
コールドカッツとチーズのミックスプレートを注文。はい、きたー!!

th_IMG_4488_20160916014900b80.jpg 


しもた、2人で食べるにしちゃ、すごい量!!…と思ったのですが。。。
ご覧下さい。チーズもコールドカッツも、ものすごおおおおおおく薄い!!!
多分オートスライサーでやってるんだろうけど、この手があったかー!!って感じ!

だってほら、ワイン飲みたいときのチーズって、その味が欲しい訳じゃないですか。
もちろんハラペコの時には、トロトロふんにゃりのミルキーなブリーをハプー!!
っと、お口一杯に頬張りたい、という欲求に教われる事もありますが、単につまみ
としてのチーズが欲しい場合には、そのボリュームはちょっとジャマ。

その味わいさえあれば言い訳ですから、こうやって味覚は充分に提供し、質量は
落とすと言うやり方で提供してくれると、メッチャ嬉しい!!じゃないと、次の
料理に続かないから、飲食店側にしてもこれは結構賢い戦略なんじゃなかろうか♪

もうこれ、見てー♪

th_IMG_4490_20160916020049566.jpg

私、お洋服のフリルには一切興味がございませんが(なんかカイカイになる)
このチーズのフリルには、じょーに胸がときめきます♡ 美しい!!

且つ、とてもしっかりした味のモノだったので、この薄さでもじゅーぶんな味。
オイリーさも控えめに感じるのでひと口、ふた口と重ねていき易いし、ワインと
一緒にお口の中に含んでも、親和性が高い。何故これを今まで自分もやってみな
かったのか。

まぁ、この薄さでも充分に楽しめるだけの、旨味の凝縮度ってのが必要だと思う
んで、良いチーズが身近に無いと中々出来ない発想なのかもしれませんが、
いやー、参った。 ハムはハニーハムっぽかったですが、これも薄々にスライス
されてて、でも美味しくてよろしかったわー。

んで何が良かったって、くだんのフランスの方がおっしゃってたように、パンが
秀逸!!!なにこれ、フランスの人って、こんなレベルのパンが日常食なの?!

th_IMG_4489_20160916022650fa0.jpg 


周りにお粉がタップリ振られてるのって、フランスのパンによくある気がするんだけど
どうなんでしょね。私フランス行った事ないからしらんのだけども。とにかくその
粉がたっぷりまぶさっている皮の部分がカリッカリ!!そして中のクラスともしっとり
してるのに重たくなくて、添え付けのバターを乗せて食べたら、まぁお御馳走♪
あのフランスの方が大好きだと言うのも頷ける。

薄く薄くスライスされたハムやチーズがまたこういうパンを食べる時に相性が良い
のですよね。少人数でワインメインに楽しむ方は、このプレートだけでもけっこう
満足できるかもしれない。なんと言う幸せなプレート。

しかし何かメインも欲しい。
と言う事で、ラムがいいかサーモンが良いかと見ていたら。。。
あっらぁ、フォアグラがある♡

ベトナムって、以前のフランスとの兼ね合いの影響からか、フォアグラが比較的
カジュアルに頂けてしまうんですよね。なんだったら自分で生のを買って来て、
家で調理する事も出来る。ベトナムに来たばかりのころ、自分でフォアグラ焼く、
という愉悦にしばらく浸ってた物でした(笑)
ってなわけで、こちら。

th_IMG_4492_20160916020049025.jpg 

これで400kですって。
そりゃーお料理一品に400kって、ベトナムでは大ごとですよ?
でもでも、もー焼き方が完璧なの!!

フォアグラソテーは、自分でやってみると分かりますが、火が入りすぎると、
あのプワプワとして口内で押しつぶしたときのトロッとする食感も旨味も
無くなるし、火入れが足りんと、大層色気の無いものになってしまう。
いろんなところで潔さを求められるお料理。まぁ料理全般そうだろうなとは
思うのですが、特に、見極めと「ここ!」みたいな決断を強く要される
お料理だと思うんです。

その観点から行くと、こちらのフォアグラソテーは、んまーっ男前!
私、人の顔の造作なんかはそこまで気にならない人なんですが(ハンサムさんは
ハンサムさんで楽しませて頂くけど)料理に見られる男前度には大変弱いっ。
すんげーカッコいいな、こちらのシェフ!(料理の腕前的に)

手前右にある丸ぁるいのは、スタックドポテト。日本でも最近カフェ飯の
付け合わせとして流行ってる様ですが、ここのはカリッカリに仕上げられてて
ですね、これまた美味しい。フォアグラがトロトロなだけに、食感の
コントラストが大変楽しい。

フォアグラの下に敷かれてるのはポレンタかな?と思ったら、ポルチーニ風味の
パンプキンペースト。その香と甘みがトロトロのフォアグラと相まって、
ほよほよとつかみ所の無い、それでいて確実にこちらの快感中枢を刺激して来る。
なんだよこの攻撃力。もうアッと言うまに籠絡されてしまいましたよ。。。
しかも、お店の方に会わせてもらったのは、トカイ。

th_IMG_4493_20160916104357757.jpg 

ハンガリーの甘ぁい白。ドイツの貴腐やカナダのアイスワインほどベタ甘では
ないのだけど(まぁその不達にも色々ある訳ですが一般的に)トロリと舌に
乗る甘さと爽やかな風味は、まさにフォアグラの為にある様な金の雫。
好きなんですよ、ちょっと塩を効かせたフォアグラのソテーと甘いワイン。
自宅で調理する際も、ソースはリンゴを煮詰めた甘いものにしたりしますしねー。

結局ワインはあれこれ飲んで、8杯くらい飲んだかな?
1杯200kドンだったとしたら、それだけで1600kになるわけで、きっと
なかなかな値段になったなーと思ってたら、最終的には料理を含んでも
それ以下の価格(´⊙ω⊙`) グラスワインが150k前後だったのだろうな
というのは、最終的な価格から推察した話。

あんまりカパカパ飲むもんだから、途中シェフが心配して、
「あの、なんだったらボトルでお入れした方がお安くなるかと…」
って気遣ってくれてたの、笑った(笑) そりゃそうなんだけど、
取りあえず初訪問のお店はグラスで管理度合いやセレクト見とくの、楽しいしね♪

ベトナミーズのテイストを入れた料理もあるらしく、こちらのお店を以前から
知ってる友達によると、当初はベトナム料理のイメージの方が強かったとか。
メニューを見る限り、この日のラインナップにそれは感じなかったけど、
ランチが3コースで200k、メインとデザートだと160kからあってかなり
リーズナブルだから、その辺に今も現れてたりもするのかなー。

とにかく、気軽にこんなレベルのお料理を楽しめるフレンチがあるって、
めっちゃ嬉しい!ガッツリコースを組んで食べるのも良いのだけれども、
ほら、美味しい料理でちょっと飲みたいって時あるじゃないですか。
でもそのときの料理はチップスとかじゃなくって、ちゃんとしたのが良いの。

これだけの味を出せるフレンチレストランで単品ひとつだけ頼んでダラダラ
楽しんでOKって、ホーチミン、なんていいとこなのかしらっ(≧∇≦)
今度はデザートまで楽しまないとなー。んふふふふ。
別のお友達も誘って近々また行こうっと!



th_IMG_4513_2016091602005152e.jpg 

th_IMG_4514_20160916111607905.jpg 

The Mach House
75 Pasteur Q1





にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ ブログ村ランキング参加中。 クリックよろしくおねがいします♪

丸っと台湾食べてきた♪⑩ 〜 新竹のお寺フードコート???

新竹ではとにかく沢山の場所に連れてってもらいました。
そもそも新竹ってばしょがどういうことかすら、ろくすっぽ調べてないままに
旦那さんについてった状態だったので、ほんとに何も知らなかったのですが、
まぁ現地のお友達のおかげで、コレまでの台湾で一番充実した二日間に!

二日目の夜はまた脅威深い所に連れてってもらいましたよーっ。
結構街中なんですが、お寺があるんですって。ふむふむ。
以前は神社仏閣に全く興味がなかったけれども、上海の豫圓でアホ程の
労力つぎ込んだ造形物を目の当たりにしたり、お伊勢さんにて尋常ならざる
空気に触れてから、少しばかりは興味を持つようになったのでこれは楽しみ。

th_IMG_4549_20170222104959d11.jpg 

お寺にいくんだよね。今から。
うんうん、賑やかな街並だね。
あ、新竹名物の米粉(ビーフン)専門店もある!風の街・新竹ならではの
ビーフンが出来るって言ってたもんねー。賑やか賑やか。

th_IMG_4553.jpg   th_IMG_4555_2017022210500708c.jpg

th_IMG_4551_20170222105001fb5.jpg 

色んなお店があるもんだねー。
怪しげな日本語のお店もあって、見てて飽きない。

th_IMG_4550_2017022210500175e.jpg 

「味覚は新しく体現してぃる」
この場合は特に小さい「ぃ」がポイントですかねっ。
高度な日本語を使われておられるっ( ・`ω・´)b
で、お寺はどの辺にあるんだって??

th_IMG_4552.jpg 

あ…???

th_IMG_4554.jpg 

あぁあっ?!
もしいやこの右やかな出店に取り巻かれてる所がお寺なの?!(´⊙ω⊙`)(笑)
中に入ると、おおっ、お寺だ!(寺やっちゅーとるやんけw)

th_IMG_4557_201702221100063de.jpg 

しかも旧正月明けの大切なお祝いの日(確か満月とか言うてた?)直後で
飾り付けがものすごく賑やか♪

th_IMG_4558_201702221100087b7.jpg  th_IMG_4560_20170222110008c11.jpg

立派なお寺やないのー!それをあなた、あんな(と言うたら失礼ですが)
出店に取り囲まれてて大丈夫なのか(・∀・; いや、大丈夫そうである。
よくよくお寺内の有難い装飾箇所などを見ていると。。。

th_IMG_4564_20170222110013692.jpg   ん…?????

th_IMG_4565_2017022211001559f.jpg 

んんん???!!!
カニだーーーーー!ヾ(@⌒▽⌒@)ノ(笑)
お寺にカニっ。このお寺さんは食べ物の神様がおられるんかの?(笑)
台湾の豊受大神(とようけのおおかみ)差までもお住まいになって
おられるのだろうかっw

境内入り口に立つとこんな感じ。

th_IMG_4566_201702221109450ee.jpg 

お寺さんの前に若干のスペースがあるけど、即、フードコート!!
なんと有難いお寺なのか!!!(笑)

th_IMG_4567.jpg  th_IMG_4568_20170222110948c2f.jpg

右を見ても左を見ても、飯屋飯屋飯屋!!!
すーばーらーしーいーーーー!(笑)
あっちこっちで色んな物が作られていて目移り三昧。

th_IMG_4571_20170222111157d02.jpg  th_IMG_4572_201702221111593d9.jpg

th_IMG_4571_20170222111157d02.jpg  th_IMG_4573_20170222111159297.jpg

ご家族経営でやられている小さなお店が寄り集まってて、看板娘
さんも元気にお手伝いしてました(^・^) 即お母さんが来て、
すいませんねぇ…と言いながら娘さんが拭き残したところを拭いていったり、
こぼしそうになりながら料理の皿を運ぶ娘さんを後ろからハラハラしながら
ついていったり、中々大変そうでしたが、娘さんはやる気満々(๑•̀ㅂ•́)و✧
かわいらしかったw

ここで食べたのは新竹名物のビーフンと、肉圓という、日本人がその色に
ビビって食べ損ね易いと言う一品w 私もちょろっとしか食べたことが
なかったので今一度。

th_IMG_4580_20170222111203595.jpg 

ビーフンはこのシンプルさ。一定の出汁なりなんなりは吸わせてるようですが、
サラッとした醤油ベースのたれをかけるだけ。これが。。。うんまいのっ(笑)
多分ちらっと入ってる粒粒は豚の脂をカリッと焼いたやつかいな。その脂を
また全体に絡めてるんでしょうけど、それだけで十分おいしいっ。

ケンミンの焼きビーフンでも大層美味しいと私は思い続けて来たけど、
なるほど、こういう活き活きとした主張の強いビーフンもあるのね。
うまいわ。

th_IMG_4579_20170222111202b4b.jpg 

そしてこちらが肉園。「バーワン」と言うそうです。
感じの読み方としては別の読み方があったように聞きましたが、
料理名としては「バーワン」で通っているっぽい。

何ぞのお芋の澱粉らしき物で皮を作り、その中には肉餡。
それにタップリかかるは紅麹餡。この「どピンク」が日本人ドン引きの
理由なんですが、紅麹って日本では取っても高級品。紅麹を使った
沖縄の豆腐蓉「お前、天然石か?!」ってくらいの価格。

しかし台湾ではそんなに希少な物でもないのか、なんだったらスーパーで
売ってるクラッカーとかにも使われてるくらいで、実に豊かな使い方を
しておられる様子。知らんかったわ。更にこのバーワン、透明でモチモチ
した様子の見た目からすっかり蒸すか茹でるかしてる物かと思いきや…?

th_IMG_4588_20170222111205970.jpg 

なんと、揚げてる?!
しかもかなりの低温。ブツを入れても泡立ちもしなければ、ジジっとの
音もしない。揚げてるの?!あの生地、揚げてあんなになってるの??!

焦げ目がないから恐らく最後まで低温で揚げているんだろうな。
なんで蒸すのじゃダメなんだろう、と思ったのですが。。。

そうか生地が水水しいので、余計な水分が入るとべっちゃべっちゃに
なるのかもしれん。その点油なら生地が持つ水分が熱を与える油を
弾いて生地の中の水分を増やしたりしない。言わば、表皮は油に
接しているけど、それを膜とした油の中での「蒸し物仕様」。

おおおおおお…。かつて天ぷらの名店にて、店主から「天ぷらは最高の
蒸し料理です」と言われたことがあってキョトンとしたのを思い出す。
なるほどな。焦げ目を付ける付けないはあれども、衣や、この場合は
生地の表皮と油の境目をバリアにしての蒸し料理。。。。

低温の油を蒸す事に使うのか。。。目からウロコや。。。

さて、それらを食べてちょっとお散歩した後に、そのお寺周辺から
ちょっと逸れた小道に入った小伊勢に案内されましたよ。

th_IMG_4609_20170222112509274.jpg 

絶対来ぃひん。なんか薄暗い古くからある市場の一角みたいな所で、
業者さんしか入らへんようなとこ。でも行列してる。どうやら台湾で
ポピュラーな調味料、沙茶醤(サーチャージャン)を作ってこの道50年、
というお店らしく、なかなかの雰囲気。

だけど、調味料のお店に来てどないすんやろ?と思いましたら、
こちら、沙茶醤を使った牛肉鍋ってのが売り物らしい。
またそれが朝〆ホヤホヤとかで、薄切りにした牛の赤身肉はしゃぶしゃぶ
的にちょっとピンクの状態で食べても大丈夫なんやで、とのご紹介。

うん、以前メルマガ(http://www.mag2.com/m/0001678179.html  
バックナンバー「生肉欲」)でも話した通りに、新鮮だからどうのという
だけの話でもない気はするのですが、まぁあれだ。鮮度云々に気を使って
売りにするのは、南国にあっては貴重な要素。

ましてやタイで生レバー食ってる人間がなにをかを言える道などございま
せんので、今回も大変嬉しく頂きました(苦笑) ま、肉部分やしな。
(だからそれも安心要素ではないってばっw)

th_IMG_4610_201702221125114e7.jpg  th_IMG_4612_2017022211251295a.jpg

お店はかなりの超満員。英語は殆どつうじなくて、現地の人が一緒じゃないと
かなりハードル高そうでしたが、まぁ漢字なんで何とか分かる。鍋を頭数より
少なめに頼んで、あとはお肉や野菜を単品頼み。肉はもちろんのことですが、
ここは肉団子もおいしいってことでそれも注文。

th_IMG_4614_20170222112512d64.jpg 

これが話題のサーチャーです。鍋のスープ自体にも溶き込んであるのですが、
そんなに濃くはしていいので、漬けダレにも沙茶醤。香りが良いわ(^・^)
ヒラメなどの白み魚を乾燥させて粉末状にしたのなどもタップリ入って
居る為に、出汁に入れても良いお味が出るんでしょうな♪

th_IMG_4616_20170222112516865.jpg th_IMG_4617_2017022211251826f.jpg

トマトの入ったスープですが、ベトナムのカインチュアの様な酸っぱさはなく、
コッテリなりがちな全体をちょっとサッパリする為の役割の様子。白菜とかは
バンバンて出ちぎっていれちゃいます( ・`ω・´)b 
そして、肉っ。

th_IMG_4615_201702221125151c8.jpg 

ベローン(笑)
ちょっと照明の都合であまり美味しそうに撮れなかったのが残念ですが、
真っ赤な綺麗なお肉でした♪ 薄さはシャブシャブほどは薄くないけど、
むしろこれ、熱を入れると食べ応えがあって、噛み締めた際に牛の旨味が
ジジッと出て来て良い感じ(^・^)

th_IMG_4621_2017022211252171d.jpg th_IMG_4622_2017022211252124d.jpg

この太いチャンポン麺みたいなのの焼きそばも名物らしいのですけども、
これも沙茶醤味(笑) 育ち盛り男子がメチャクチャ好きそうな味(笑)
そして人気の肉団子。これ、最初魚のすり身かな?と思ったんだけど、
牛肉でできてるんですって。でも食べた感じはかまぼこのような、滑らか
且つ、キチキチした食感でとても牛肉とは思えない。でも味は牛肉(笑)

特にコレを死ぬ程食べたい!とは思わんかったが、どういう加工をして
いるのかには興味津々。牛肉の、しかも油の少ない部分を使ってそうなのに、
どうやったらあんな滑らかになるの????

面白かったのはガスコンロ。
日本のものらしいけど、見た事無い。

th_IMG_4620_20170222112519b34.jpg 

そして「昭和から使い続けられてます感」すごい。
更にこれ、カセットコンロじゃなくて、ガス管で供給されてるタイプ
なんだけども、つまみを調整しなくても、勝手に急に火が小さくなったり
ブオオオオオオ!!!と大きくなったりしてビックリする(笑)

あれかしら。昔のNYネットカフェみたいに、その時店内に居る人数が多く
なったら供給が細って、人数減って利用者が少なくなると供給大になる、
みたいな?(絶対違う)

こちらの意志と関係なく且つ、何時何時火の加減がどうなるか
わからないので、スリルのあるお鍋となっております(・ω・)ノ

しかしそれにしても新竹恐るべし。
賑わいも楽しい門前街から客家の文化、夜市の賑わい、港の豊かさ、
歴史を湛えた食文化。今まで全く知らなかった街だったのに大好きに
なったよ♪これもお友達のおかげじゃね。げに人の親切の力なり。
ありがたやありがたやー♪





にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村 ↑ ↑ ↑ ↑ イイね!の代わりにポチしてくれると、
 参加してるランキングが上がって喜びますヾ(@⌒ー⌒@)ノ


☆★☆*…*…*…* 無料メルマガ登録・解除はこちらから *…*…*…*★☆★

<そうだったのね台湾!> 更新!(バックナンバーでご覧頂けます) 
    【ホーチミンの美味いもん〜ちぇりのココだけの話】

☆★☆*…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…**…*…*…*…*…*…*…*★☆★


sidetitleプロフィールsidetitle

Author:ちぇり
FC2ブログへようこそ!

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleブログ村PVランキングsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
アップグレード 追加 作成済み/作成可能プロファイル数:0/1 キーワードをご入力ください ご指定の条件に該当するデータがありません * 他のユーザーから閲覧もしくは管理権限を与えられたプロファイル ユーザーガイダンス 解析コードの実装方法 Google Tag Manger 1.下記の解析コードをコピーして、解析を行いたい全てのページの から の間に貼付けてください。 解析コードのコピー 2.解析コードが実装されたウェブサイトを開いてください。 3.解析コードが正しく実装されたか確認してください。 チェック 閉じる
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR